平家物語 巻第二  総かな版(元和九年本)
「ざすながし」(『ざすながし』)S0201ぢしようぐわんねんごぐわついつかのひ、てんだいざすめいうんだいそうじやう、くじやうをちやうじせらるるうへ、くらんどをおつかひにて、によいりんのごほんぞんをめしかへいて、ごぢそうをかいえきせらる。すなはちしちやうのつかひをつけて、こんどしんよだいりへふりたてまつししゆとのちやうぼんをめされけり。かがのくににざすのごばうりやうあり。こくしもろたかこれをちやうはいのあひだ、そのしゆくいによつて、だいしゆをかたらひそしようをいたさる。すでにてうかのおんだいじにおよぶべきよし、さいくわうほふしふしがざんそうによつて、ほふわうおほきにげきりんありけり。ことにぢうくわにおこなはるべしときこゆ。めいうんはゐんのごきしよくあしかりければ、いんやくをかへしたてまつて、ざすをじしまうされけり。おなじきじふいちにち、とばのゐんのしちのみやかくくわいほつしんわう、てんだいざすにならせたまふ。これはしやうれんゐんのだいそうじやうぎやうげんのおんでしなり。あくるじふににち、せんざすしよしよくをもつしゆせらるるP110うへ、けんびゐしににんをつけて、ゐにふたをし、ひにみづをかけて、すゐくわのせめにおこなはるべきよしきこゆ。これによつて、だいしゆなほさんらくすときこえしかば、きやうぢうまたさわぎあへり。
おなじきじふはちにちだいじやうだいじんいげのくぎやうじふさんにんさんだいして、ぢんのざにつき、さきのざすざいくわのことぎぢやうあり。はちでうのちうなごんながかたのきやう、そのときはいまださだいべんのさいしやうにて、ばつざにさぶらはれけるが、すすみいでてまうされけるは、「ほつけのかんじやうにまかせて、しざいいつとうをげんじて、をんるせらるべしとはみえてさふらへども、せんざすめいうんだいそうじやうはけんみつけんがくして、じやうぎやうぢりつのうへ、だいじようめうきやうをくげにさづけたてまつり、ぼさつじやうかいをほふわうにたもたせたてまつる。おんきやうのし、おんかいのし、ぢうくわにおこなはれんことは、みやうのせうらんはかりがたし。げんぞくをんるをなだめらるべきか」と、はばかるところもなうまうされたりければ、たうざのくぎやう、みなながかたのぎにどうずとまうしあはれけれども、ほふわうおんいきどほりふかかりければ、なほをんるにさだめらる。だいじやうのにふだうもこのことまうさんとて、ゐんざんせられたりけれども、ほふわうおんかぜのけとて、ごぜんへもめされたまはねば、ほいなげにてたいしゆつせらる。そうをつみするならひとて、どえんをめしかへし、げんぞくせさせたてまつり、だいなごんのたいふふじゐのまつえだといふぞくみやうをこそつけられけれ。このめいうんとまうすは、かけまくもかたじけなく、むらかみのてんわうだいしちのわうじ、ぐへいしんわうよりろくだいのおんすゑ、こがのだいなごんあきみちのきやうのおんこなり。まことにぶさうのせきとく、てんがP111だいいちのかうそうにておはしければ、きみもしんもたつとみたまひて、てんわうじ、ろくしようじのべつたうをもかけたまへり。されどもをんやうのかみあべのやすちかがまうしけるは、「さばかりのちしやの、めいうんとなのりたまふこそこころえね。うへにはじつげつのひかりをならべ、したにくもあり」とぞなんじける。にんあんぐわんねんにんぐわつはつかのひ、てんだいざすにならせたまふ。おなじきさんぐわつじふごにちごはいだうあり。ちうだうのほうざうをひらかれけるに、しゆじゆのちようほうどものなかに、はういつしやくのはこあり。しろいぬのにてつつまれたり。いつしやうふぼんのざす、かのはこをあけてみたまふに、わうしにかけるふみいつくわんあり。でんげうだいし、みらいのざすのみやうじを、かねてしるしおかれたり。わがなのあるところまではみて、それよりおくをばみたまはず、もとのごとくまきかへしておかるるならひなり。さればこのそうじやうも、さこそはおはしけめ。かかるたつときひとなれども、ぜんぜのしゆくごふをばまぬかれたまはず、あはれなりしことどもなり。おなじきにじふいちにち、はいしよいづのくにとさだめらる。ひとびとやうやうにまうされけれども、さいくわうほふしふしがざんそうによつて、かやうにはおこなはれけるなり。けふやがてみやこのうちをおひいださるべしとて、おつたてのくわんにん、しらかはのごばうにゆきむかつておひたてまつる。そうじやうなくなくごばうをいでつつ、あはたぐちのほとり、いつさいきやうのべつしよへいらせおはします。さんもんには、せんずるところ、われらがかたきは、さいくわうほふしふしにすぎたるものなしとて、かれらふしがみやうじをかいて、こんぽんちうだうにおはしますじふにじんじやうのうち、こんぴらだいじやうのP112ひだんのみあしのしたにふませたてまつり、「じふにじんじやう、しちせんやしや、じこくをめぐらさず、さいくわうほふしふしがいのちをめしとりたまへや」と、をめきさけんでしゆそしけるこそ、きくもおそろしけれ。
おなじきにじふさんにちいつさいきやうのべつしよより、はいしよへおもむきたまひけり。さばかりのほふむのだいそうじやうほどのひとのおつたてのうつしがさきにけたてられて、けふをかぎりにみやこをいでて、せきのひがしへおもむかれけんこころのうち、おしはかられてあはれなり。おほつのうちでのはまにもなりぬれば、もんじゆろうののきばのしろじろとしてみえけるを、ふためともみたまはず、そでをかほにおしあててなみだにむせびたまひけり。さんもんにはしゆくらうせきとくおほしといへども、ちようけんほふいん、そのときはいまだそうづにておはしけるが、あまりになごりををしみたてまつり、あはづまでおくりまゐらせて、それよりいとまこうてかへられけるに、そうじやうこころざしのせつなることをかんじて、ねんらいこしんぢうにひせられたりし、いつしんさんぐわんのけつみやくさうじようをさづけらる。このほうはしやくそんのふぞく、はらないこくのめみやうびく、なんてんぢくのりうじゆぼさつよりしだいにさうでんしきたれるを、けふのなさけにさづけらる。さすがわがてうはそくさんへんぢのさかひ、じよくせまつだいとはいひながら、ちようけんこれをふぞくして、ほふえのたもとをしぼりつつ、みやこへかへりのぼられけん、こころのうちこそたつとけれ。
さるほどにさんもんにはだいしゆおこつてせんぎす。「そもそもぎしんくわしやうよりこのかた、てんだいざすはじまつて、ごじふごだいにいたるまで、いまだるざいのれいをきかず。つらつらことのこころをあんずるに、P113えんりやくのころほひ、くわうていはていとをたて、だいしはたうざんによぢのぼりて、しめいのけうぼふをこのところにひろめたまひしよりこのかた、ごしやうのによにんあとたえて、さんぜんのじやうりよきよをしめたり。みねにはいちじようどくじゆとしふりて、ふもとにはしちしやのれいげんひあらたなり。かのぐわつしのりやうぜんは、わうじやうのとうぼく、だいしやうのいうくつなり。このじちゐきのえいがくもていとのきもんにそばだちてごこくのれいちなり。だいだいのけんわうちしん、このところにだんぢやうをしむ。まつだいならんがらんに、いかでかたうざんにきずをばつくべき。こはこころうし」とて、をめきさけぶといふほどこそありけれ、まんざんのだいしゆ、のこりとどまるものもなく、みなひがしざかもとへおりくだる。(『いちぎやうあじやりのさた』)S0202じふぜんじごんげんのおんまへにて、だいしゆまたせんぎす。「そもそもわれらあはづへゆきむかつて、くわんじゆをばうばひとどめたてまつるべし。ただしおつたてのうつし、りやうそうしあるなれば、さうなうとりえたてまつらんことありがたし。いまはさんわうだいしのおんちからのほか、またたのみたてまつるかたなし。まことにべつのしさいなく、とりえたてまつるべくは、ここにてまづひとつのずゐさうをみせしめたまへ」と、らうそうどもかんたんをくだいてきねんしけり。ここにむどうじぼふしじようゑんりつしがめしつかひけるつるまるといふわらはあり。しやうねんじふはつさいになりけるが、しんじんをくるしめ、ごたいにあせをながいて、にはかにくるひいでたり。「われじふぜんじごんげんのりゐさせたまへり。まつだいといふとも、いかでかわがやまのくわんじゆをば、たこくへはうつさるべき。しやうじやうせせにこころうし。さらんにとつては、われこのふもとにあとをとどめてもなににかはせん」とて、さうのそでをかほにおしあてて、さめざめとなきければ、P114だいしゆこれをあやしみて、「まことにじふぜんじごんげんのごたくせんにておはしまさば、われらしるしをまゐらせん。
いちいちにもとのぬしにかへしたまへ」とて、らうそうどもしごひやくにん、てんでにもつたるじゆずどもを、じふぜんじごんげんのおほゆかのうへへぞなげあげたる。かのものぐるひはしりまはり、ひろひあつめてすこしもたがへず、いちいちにみなもとのぬしにぞくばりける。だいしゆしんめいのれいげんあらたなることのたつとさに、みなたなごころをあはせてずゐきのかんるゐをぞもよほしける。「そのぎならば、ゆきむかつてうばひとどめたてまつれや」といふほどこそありけれ、うんかのごとくにはつかうす。あるひはしがからさきのはまぢにあゆみつづけるだいしゆもあり。あるひはやまだやばせのこしやうにふねおしいだすしゆともあり。これをみてさしもきびしげなりつるおつたてのうつし、りやうそうし、ちりぢりにみなにげさりぬ。だいしゆこくぶんじへまゐりむかふ。せんざすおほきにおどろかせたまひて、「およそちよくかんのものは、つきひのひかりにだにあたらずとこそうけたまはれ。いかにいはんや、じこくをめぐらさず、いそぎおひくださるべしと、ゐんぜんせんじのなりたるに、すこしもやすらふべからず。しゆととうとうかへりのぼりたまふべし」と、はしちかくゐいでてのたまひけるは、「さんだいくわいもんのいへをいでて、しめいいうけいのまどにいつしよりこのかた、ひろくゑんじうのけうぼふをがくして、けんみつりやうしうをまなびき。ただわがやまのこうりうをのみおもへり。またこくかをいのりたてまつることもおろそかならず。しゆとをはぐくむこころざしもふかかりき。りやうじよさんしやうさだめてせうらんしたまふらん。みにあやまつことなし。むじつのつみによつて、をんるのぢうくわをかうむれば、よをもひとをもかみをもほとけをも、P115うらみたてまつるかたなし。まことにはるばるとこれまでとぶらひきたりたまふしゆとのはうしこそ、しやうじやうせせにもほうじつくしがたけれ」とて、かうぞめのおんころものそでをしぼりもあへさせたまはねば、だいしゆもみなよろひのそでをぞぬらしける。すでにおんこしさしよせて、「とうとうめさるべうさふらへ」とまうしければ、せんざすのたまひけるは、「むかしこそさんぜんのしゆとのくわんじゆたりしか。いまはかかるるにんのみとなつて、いかでかやんごとなきしゆがくしや、ちゑふかきだいしゆたちにかきささげられてはのぼるべき。たとひのぼるべきなりとも、わらんづなどいふものをしばりはいて、おなじやうにあゆみつづいてこそのぼらめ」とて、のりたまはず。
ここにさいたふのぢうりよ、かいじやうばうのあじやりいうけいといふあくそうあり。たけしちしやくばかりありけるが、くろかはをどしのよろひの、おほあらめにかねまぜたるを、くさずりながにきなし、かぶとをばぬいで、ほふしばらにもたせつつ、しらえのなぎなたつゑにつき、だいしゆのなかをおしわけおしわけ、せんざすのおんまへにまゐり、だいのまなこをみいからかし、せんざすをしばしにらまへたてまつて、「そのおんこころでこそ、かかるおんめにもあはせたまひさふらへ。とうとうめさるべうさふらふ」とまうしければ、せんざすおそろしさに、いそぎのりたまふ。だいしゆとりえたてまつることのうれしさに、いやしきほふしばらにはあらず、やんごとなきしゆがくしやどもがかきささげたてまつてのぼるほどに、ひとはかはれどもいうけいはかはらず、さきごしかいて、こしのながえも、なぎなたのえも、くだけよととるままに、さしもさがしきひがしざか、へいぢをゆくがごとくなり。P116
だいかうだうのにはに、おんこしかきすゑて、だいしゆまたせんぎす。「そもそもわれらあはづにゆきむかつて、くわんじゆをばうばひとどめたてまつりぬ。ただしちよくかんをかうむりてをんるせられたまふひとを、くわんじゆにもちひまうさんこと、いかがあるべかるらん」とひやうぢやうす。かいじやうばうのあじやりいうけい、またさきのごとくすすみいでてせんぎしけるは、「それわがやまはにつぽんぶさうのれいち、ちんごこくかのだうぢやう、さんわうのごゐくわうさかんにして、ぶつぽふわうぼふごかくなり。さればしゆとのいしゆにいたるまでならびなく、いやしきほふしばらまでも、よもつてかろしめず。いはんやちゑかうきにして、さんぜんのしゆとのくわんじゆたり。とくぎやうおもうしていつさんのわじやうたり。つみなくしてつみをかうむりたまふこと、さんじやうらくちうのいきどほり、こうぶくをんじやうのあざけりにあらずや。このときわれらけんみつのあるじをうしなつて、すはいのがくりよ、ながくけいせつのつとめおこたらんこと、こころうかるべし。せんずるところ、いうけいちやうぼんにしようぜられ、きんごくるざいにもおよび、かうべのはねられんこと、こんじやうのめんぼく、めいどのおもひでなるべし」とて、さうがんよりなみだをはらはらとながしければ、すせんにんのだいしゆも、みなもつとももつともとぞどうじける。それよりしてこそ、いうけいをばいかめばうとはいはれけれ。そのでしゑけいりつしをば、ときのひとこいかめばうとぞまうしける。P117
「いちぎやうあじやり」だいしゆせんざすをば、とうだふのみなみだに、めうくわうばうにいれたてまつる。ときのわうざいをば、ごんげのひともまぬかれたまはざりけるにや。むかしたうのいちぎやうあじやりは、げんそうくわうていのごぢそうにておはしけるが、げんそうのきさきやうきひになをたちたまへり。むかしもいまも、だいこくもせうこくも、ひとのくちのさがなさは、あとかたもなきことなりしかども、そのうたがひによつて、くわらこくへながされさせたまふ。くだんのくにへはみつのみちあり。りんちだうとてごかうみち、いうちだうとてざふにんのかよふみち、あんけつだうとてぢうくわのものをつかはすみちなり。されば、かのいちぎやうあじやりはだいぼんのひとなればとて、あんけつだうへぞつかはされける。しちにちしちやがあひだ、つきひのひかりもみずしてゆくところなり。みやうみやうとしてひともなく、かうほにせんどまよひ、しんしんとしてやまふかし。ただかんこくにとりのひとこゑばかりにて、こけのぬれぎぬほしあへず、むじつのつみによつて、をんるのぢうくわをかうむりたまふことを、てんだうあはれみたまひて、くえうのかたちをげんじつつ、いちぎやうあじやりをまもりたまふ。ときにいちぎやうみぎのゆびをくひきり、ひだんのたもとにくえうのかたちをうつされけり。わかんりやうてうに、しんごんのほんぞんたるくえうのまんだらこれなり。P118
「さいくわうがきられ」(『さいくわうがきられ』)S0203さるほどにさんもんのだいしゆ、せんざすとりとどめたてまつたること、ほふわうきこしめして、いとどやすからずおぼしめしけるところに、さいくわうほふしまうしけるは、「むかしよりさんもんのだいしゆは、はつかうのみだりがはしきうつたへつかまつること、いまにはじめずとはまうしながら、こんどはもつてのほかにくわぶんにさふらふ。よくよくおんぱからひさふらふべし。これらをおんいましめさふらはずは、こののちはよがよでもさふらふまじ」とぞまうしける。ただいまわがみのほろびうせんずることをもかへりみず、さんわうだいしのしんりよにもはばからず、かやうにまうしてしんきんをなやましたてまつる。ざんしんはくにをみだるといへり。まことなるかな。さうらんしげからんとすれども、あきのかぜこれをやぶり、わうじやあきらかならんとすれども、ざんしんこれをくらうすとも、かやうのことをやまうすべき。しんだいなごんなりちかのきやういげきんじゆのひとびとにおほせて、ほふわうやませめらるべしときこえしかば、さんもんのだいしゆは、さのみわうぢにはらまれて、ぜうめいをたいかんせんもおそれなりとて、ないないゐんぜんにしたがひたてまつるしゆともありなどきこえしかば、せんざすはとうだふのみなみだに、めうくわうばうにおはしけるが、だいしゆふたごころありとききたまひて、「またいかなるうきめにかあふべきやらん」と、こころぼそげにぞのたまひける。されどもP119るざいのさたはなかりけり。さるほどにしんだいなごんは、さんもんのさうどうによつて、わたくしのしゆくいをばしばらくおさへられけり。そもないぎしたくはさまざまなりしかども、ぎせいばかりで、このむほんかなふべしともみえざりければ、さしもたのまれたりつるただのくらんどゆきつな、このことむやくなりとおもふこころやつきにけん、ゆぶくろのれうにとておくられたりけるぬのどもをば、ひたたれ、かたびらにたちぬはせ、いへのこ、らうどうどもにきせつつ、めうちしばだたいてゐたりけるが、つらつらへいけのはんじやうするありさまをみるに、たうじたやすうかたぶけがたし。もしこのこともれぬるほどならば、ゆきつなまづうしなはれなんず。たにんのくちよりもれぬさきにかへりちうして、いのちいかうどおもふこころぞつきにける。
おなじきにじふくにちのさよふけがたに、にふだうしやうこくのにしはちでうのていにまゐつて、「ゆきつなこそまうすべきことあつて、これまでまゐつてさふらへ」と、あんないをいひいれたりければ、にふだう、「つねにもまゐらぬもののさんじたるはなにごとぞ、あれきけ」とて、しゆめのはんぐわんもりくにをいだされたり。「まつたくひとづてにはまうすまじきことなり」といふあひだ、にふだう、さらばとて、みづからちうもんのらうにぞいでられたる。「よははるかにふけぬらんに、いかにただいまなにごとぞ」とのたまへば、「ひるはひとめのしげうさふらふあひだ、よにまぎれてまゐつてさふらふ。このほどゐんぢうのひとびとのひやうぐをととのへ、ぐんびやうもよほされしことをば、なにとかきこしめされてさふらふやらん」。にふだう、「いさとよ、それはほふわうのやませめらるべきP120ごけつこうとこそきけ」と、いとこともなげにぞのたまひける。ゆきつなちかうよりこごゑになつて、「そのぎではさふらはず。いつかうたうけのおんうへとこそうけたまはりさふらへ」。にふだう、「さてそれをばほふわうもしろしめされたるか」。「しさいにやおよびさふらふ。しつじのべつたうなりちかのきやうのぐんびやうもよほされさふらひしにも、ゐんぜんとてこそめされしか。やすよりがとまうして、しゆんくわんがかくまうして、さいくわうがとふるまうて」など、ありのままにはさしすぎていひちらし、わがみはいとままうすとていでければ、そのときにふだうおほごゑをもつてさぶらひどもよびののしりたまふことおびたたし。ゆきつななまじひなることまうしいでて、しようにんにやひかれんずらんとおそろしさに、ひともおはぬにとりばかまし、おほのにひをはなちたるここちして、いそぎもんぐわいへぞにげいでける。そののちにふだう、ちくごのかみさだよしをめして、「たうけかたぶけうどするむほんのともがらこそ、きやうぢうにみちみちたんなれ。いそぎいちもんのひとびとにもふれまうせ。さぶらひどももよほせ」とのたまへば、はせまはつてひろうす。うだいしやうむねもり、さんみのちうじやうとももり、とうのちうじやうしげひら、さまのかみゆきもりいげのいちもんのひとびと、かつちうきうせんをたいしてさしつどふ。そのほかさぶらひどももうんかのごとくにはせあつまつて、そのよのうちににふだうしやうこくのにしはちでうのていには、つはものろくしちせんきもあるらんとぞみえし。
あくればろくぐわつひとひのひなり。いまだくらかりけるに、にふだうしやうこくあべのすけなりをめして、「ゐんのごしよへまゐり、だいぜんのだいぶのぶなりをよびいだいて、きつとまうさんずることはよな、P121しんだいなごんなりちかのきやういげ、きんじゆのひとびと、このいちもんほろぼしててんがみだらんとするむほんのくはだてあり。いちいちにからめとつて、たづねさたつかまつりさふらふべし。それをばきみもしろしめさるまじうさふらふとまうすべし」とぞのたまひける。すけなりいそぎゐんのごしよにはせまゐり、のぶなりをまねいてこのことまうすに、いろをうしなふ。やがておんまへへまゐりてこのよしかくとそうもんまうしければ、ほふわう「ああはや、これらがないないはかりしことのもれきこえけるにこそ。さるにても、こはなにごとぞ」とばかりおほせられて、ふんみやうのおんぺんじもなかりけり。すけなりいそぎはしりかへつて、このよしかくとまうしければ、にふだう、「さればこそゆきつなはまことをまうしたれ。ゆきつなこのことつげしらせずは、じやうかいあんをんにてやはあるべき」とて、ちくごのかみさだよし、ひだのかみかげいへをめして、たうけかたむけうどするむほんのともがら、いちいちにからめとるべきよしげぢせらる。よつてにひやくよき、さんびやくよき、あそこここにおしよせおしよせからめとる。にふだうしやうこくまづざつしきをもつて、なかのみかどからすまるのしんだいなごんのしゆくしよへ、「きつとたちよりたまへ。まうしあはすべきことのさふらふ」と、のたまひつかはされければ、だいなごんわがみのうへとはつゆしらず、あはれ、これはほふわうのやませめらるべきごけつこうのあるを、まうしなだめられんずるにこそ。おんいきどほりふかげなり。いかにもかなふまじきものを」とて、ないきよげなるほういたをやかにきなし、あざやかなるくるまにのり、さぶらひさんしにんめしぐして、ざつしきうしかひにいたるまで、つねよりもなほひきつくろはれたり。そもさいごとはP122のちにこそおもひしられけれ。
にしはちでうちかうなつてみたまへば、しごちやうにぐんびやうどもみちみちたり。「あなおびたたし、こはなにごとなるらんと、むねうちさわがれけれども、もんぜんにてくるまよりおり、もんのうちへさしいつてみたまへば、うちにもつはものどもひまはざまもなうぞなみゐたる。ちうもんのくちにはおそろしげなるものども、あまたまちうけたてまつり、だいなごんをとつてひつぱり、「いましむべうさふらふやらん」とまうしければ、にふだうれんちうよりみいだしたまひて、「あるべうもなし」とのたまへば、さぶらひどもじふしごにん、ぜんごさうにたちかこみ、だいなごんのてをとつて、えんのうへへひきあげたてまつり、ひとまなるところにおしこめたてまつてげり。だいなごんはゆめのここちして、つやつやものもおぼえたまはず。ともにありつるさぶらひども、おほぜいにおしへだてられて、ちりぢりになりぬ。ざふしきうしかひいろをうしなひ、うしくるまをすてて、みなにげさりぬ。さるほどに、あふみちうじやうにふだうれんじやう、ほつしようじのしゆぎやうしゆんくわんそうづ、やましろのかみもとかぬ、しきぶのたいふまさつな、へいはうぐわんやすより、そうはうぐわんのぶふさ、しんへいはうぐわんすけゆきも、とらはれてこそいできたれ。さいくわうほふしこのよしをきいて、わがみのうへとやおもひけん、むちをうつていそぎゐんのごしよへまゐる。ろくはらのつはものども、みちにてゆきあひ、「にしはちでうどのよりめさるるぞ。きつとまゐれ」といひければ、「これはそうすべきことあつて、ゐんのごしよへまゐる。やがてこそかへりまゐらめ」といひければ、「につくいにふだうめが、なにごとをかP123そうすべかんなるぞ」とて、しやむまよりとつてひきおとし、ちうにくくつてにしはちでうどのへさげてまゐる。ひのはじめよりごんげんよりきのものなりければ、ことにつよういましめて、おんつぼのうちにぞひつすゑたる。にふだうしやうこくおほゆかにたつて、しばしにらまへ、「あなにくや、たうけかたぶけうどするむほんのやつがなれるすがたよ。しやつここへひきよせよ」とて、えんのきはへひきよせさせ、ものはきながら、しやつらをむずむずとぞふまれける。「もとよりおのれらがやうなるげらふのはてを、きみのめしつかはせたまひて、なさるまじきくわんしよくをなしたび、ふしともにくわぶんのふるまひをするとみしにあはせて、あやまたぬてんだいざするざいにまうしおこなひ、あまつさへたうけかたぶけうどするむほんのともがらにくみしてげるなり。ありのままにまうせ」とこそのたまひけれ。
さいくわうもとよりすぐれたるだいかうのものなりければ、ちともいろもへんぜず、わろびれたるけしきもなく、ゐなほり、あざわらつてまうしけるは、「ゐんぢうにちかうめしつかはるるみなれば、しつじのべつたうなりちかのきやうのぐんびやうもよほされさふらふことにも、くみせずとはまうすべきやうなし。それはくみしたり。ただし、みみにあたることをものたまふものかな。たにんのまへはしらず、さいくわうがきかんずるところにては、さやうのことをば、えこそのたまふまじけれ。そもそもごへんは、こぎやうぶきやうただもりのちやくしにておはせしが、じふしごまではしゆつしもしたまはず。こなかのみかどのとうぢうなごんかせいのきやうのへんにたちいりたまひしをば、きやうわらんべはれいのたかへいだとこそいひしか。しかるをほうえんのころ、かいぞくのちやうぼんさんじふよにんからめしんぜられたりしP124けんじやうにしほんしてしゐのひやうゑのすけとまうししをだに、ひとみなくわぶんとこそまうしあはれしか。てんじやうのまじはりをだにきらはれしひとのしそんにて、いまだいじやうだいじんまでなりあがつたるやくわぶんなるらん。もとよりさぶらひほどのものの、じゆりやうけんびゐしにいたること、せんれい、ほうれいなきにしもあらず。なじかはくわぶんなるべき」と、はばかるところもなういひちらしたりければ、にふだうしやうこくあまりにはらをすゑかねて、しばしはものをものたまはず。ややあつてにふだうのたまひけるは、「しやつがくびさうなうきるな。よくよくきうもんしてことのしさいをたづねとひ、そののちかはらへひきいだいて、かうべをはねよ」とぞのたまひける。まつうらのたらうしげとしうけたまはつて、てあしをはさみ、さまざまにしていためとふ。さいくわうもとよりあらそはざりけるうへ、がうもんはきびしかりけり。はくじやうしごまいにきせられて、そののちくちをさけとて、くちをさかれ、ごでうにしのしゆしやかにして、つひにきられにけり。ちやくしかがのかみもろたかはけつくわんぜられて、をはりのゐどたへながされたりしを、おなじきくにのぢうにんをぐまのぐんじこれすゑにおほせてうたせらる。じなんこんどうはんぐわんもろつねをば、ごくよりひきいだいて、ちうせらる。そのおととさゑもんのじようもろひら、らうどうさんにんをもおなじうかうべをはねられけり。これらはみないふかひなきもののひいでて、いろふまじきことをのみいろひ、あやまたぬてんだいざするざいにまうしおこなひ、くわはうやつきにけん、さんわうだいしのしんばつみやうばつをたちどころにかうむつて、かかるうきめにあへりけり。P125
「こげうくん」(『こげうくん』)S0204しんだいなごんはひとまなるところにおしこめられて、あせみづになりつつ、「あはれこれはひごろのあらましごとの、もれきこえけるにこそ。たれもらしぬらん。さだめてほくめんのともがらのなかにぞあるらん」なんど、おもはじことなうあんじつづけておはしけるところに、うしろよりあしおとのたからかにしければ、すはただいまわがいのちうしなはんとて、もののふどものまゐるにこそとおもはれければ、さはなくして、にふだういたじきたからかにふみならし、だいなごんのおはしけるうしろのしやうじを、さつとひきあけていでられたり。そけんのころものみじからかなるに、しろきおほくちふみくくみ、ひじりづかのかたなおしくつろげてさすままに、もつてのほかにいかれるけしきにて、だいなごんをしばしにらまへて、「そもそもごへんは、へいぢにもすでにちうせらるべかりしを、だいふがみにかへてまうしうけ、くびをつぎたてまつしはいかに。しかるにそのおんをわすれて、なんのゐこんあつてか、たうけかたぶけうどはしたまふなるぞ。おんをしるをもつてひととはいふぞ。おんをしらざるをばちくしやうとこそいへ。されどもたうけのうんめいいまだつきざるによつて、これまではむかへたんなり。ひごろのあらましのしだい、ぢきにうけたまはらん」とのたまへば、だいなごん、「まつたくさることさふらはず。いかさまにもP126ひとのざんげんにてぞさふらふらん。よくよくおんたづねさふらふべし」とまうされければ、にふだういはせもはてず、「ひとやある、ひとやある」とめされければ、さだよしつとまゐりたり。「
さいくわうめがはくじやうとつてまゐれ」とのたまへば、もつてまゐりたり。にふだうこれをとつて、おしかへしおしかへしにさんべんたからかによみきかせ、「あなにくや、このうへをばなにとかちんずべかんなるぞ」とて、だいなごんのかほにさつとなげかけ、しやうじをちやうどひきたてていでられけるが、なほはらをすゑかねて、つねとほかねやすとめす。なんばのじらう、せのをのたらうまゐりたり。「あのをのことつて、にはへひきおとせ」とのたまへども、これらさうなうもしたてまつらず、「こまつどののごきしよく、いかがさふらはんずるやらん」とまうしければ、にふだう、「よしよし、おのれらは、だいふがめいをおもんじて、にふだうがおほせをばかるうしけるござんなれ。このうへはちからおよばず」とのたまへば、これらあしかりなんとやおもひけん、たちあがり、だいなごんのさうのてをとつて、にはへひきおとしたてまつる。そのときにふだうここちよげにて、「とつてふせてをめかせよ」とぞのたまひける。ににんのものども、だいなごんのさうのみみにくちをあてて、「いかさまにもおんこゑのいづべうさふらふ」と、ささやいてひきふせたてまつれば、ふたこゑみこゑぞをめかれける。そのてい、めいどにて、しやばせかいのざいにんを、あるひはごふのはかりにかけ、あるひはじやうはりのかがみにひきむけて、つみのきやうぢうにまかせつつ、あはうらせつがかしやくすらんも、これにはすぎじとぞみえし。P127せうはんとらはれとらはれて、かんはうにらぎすされたり。てうそりくをうけ、しうぎつみせらる。たとへば、せうが、はんくわい、かんしん、はうゑつ、これらはみなかうそのちうしんたりしかども、せうじんのざんによつて、くわはいのはぢをうくとも、かやうのことをやまうすべき。しんだいなごんは、わがみのかくなるにつけても、しそくたんばのせうしやうなりつねいげ、をさなきものどものいかなるうきめにかあふらんと、おもひやるにもおぼつかなし。さばかりあつきろくぐわつに、しやうぞくをだにもくつろげられず、あつさもたへがたければ、むねもせきあぐるここちして、あせもなみだもあらそひてぞながれける。さりともこまつどのはおぼしめしはなたじものをとはおもはれけれども、たれしてまうすべしともおぼえたまはず。
こまつのおとどは、れいのぜんあくにさわぎたまはぬひとにておはしければ、はるかにひたけてのち、ちやくしごんのすけぜうしやうこれもりを、くるまのしりにのせつつ、ゑふしごにん、ずゐじんにさんにんめしぐして、ぐんびやうどもをばいちにんもぐせられず、まことにおほやうげにておはしたれば、にふだうをはじめたてまつて、いちもんのひとびと、みなおもはずげにぞみたまひける。おとどちうもんのくちにて、おんくるまよりおりたまふところへ、さだよしつとまゐつて、「などこれほどのおんだいじに、ぐんびやうをばいちにんもめしぐせられさふらはぬやらん」とまうしければ、おとど、「だいじとはてんがのことをこそいへ。かやうのわたくしごとを、だいじといふやうやある」とのたまへば、ひやうぢやうをたいしたりけるつはものども、みなそぞろいてぞみえたりける。そののちおとど、だいなごんをばいづくにおきたてまつたるやらんと、ここかしこをひきあけひきあけP128みたまふに、あるしやうじのうへに、くもでゆうたるところあり。ここやらんとてあけられたれば、だいなごんおはしけり。なみだにむせびうつぶして、めもみあげたまはず。「いかにや」とのたまへば、そのときみつけたてまつて、うれしげにおもはれたるけしき、ぢごくにてざいにんどもが、ぢざうぼさつをみたてまつるらんも、かくやとおぼえてあはれなり。「なにごとにてさふらふやらん。けさよりかかるうきめにあひさふらふ。さてわたらせたまへば、さりともとこそふかうたのみたてまつてさふらへ。へいぢにもすでにちうせらるべかりしを、ごおんをもつてくびをつがれまゐらせ、あまつさへじやうにゐのだいなごんまでへあがつて、としすでにしじふにあまりさふらふごおんこそ、しやうじやうせせにもはうじつくしがたうさふらへども、こんどもまたかひなきいのちをたすけさせおはしませ。さだにもさふらはば、しゆつけにふだうつかまつり、いかならんかたやまざとにもこもりゐて、ひとすぢにごせぼだいのつとめをいとなみさふらはん」とぞまうされける。
おとど、「ささふらへばとて、おんいのちうしなひたてまつるまでのことはよもさふらはじ。たとひささふらふとも、しげもりかうてさふらへば、おんいのちにはかはりまゐらせさふらふべし。おんこころやすうおぼしめされさふらへ」とて、ちちのぜんもんのおんまへにおはして、「あのだいなごんうしなはれんことは、よくよくごしゆゐさふらふべし。そのゆゑはせんぞしゆりのだいぶあきすゑ、しらかはのゐんにめしつかはれまゐらせしよりこのかた、いへにそのれいなきじやうにゐのだいなごんにへあがつて、あまつさへたうじ、きみぶさうのおんいとほしみ、かうべをはねられんことしかるべうもさふらはず(す)。ただみやこのほかへいだされたらんに、P129ことたりさふらひなんず。
きたののてんじんは、しへいのおとどのざんそうにて、うきなをさいかいのなみにながし、にしのみやのだいじんは、ただのまんぢうのざんげんによつて、うらみをせんやうのくもによす。おのおのむじつなりしかども、るざいせられたまひにき。これみなえんぎのせいだい、あんわのみかどのおんひがこととぞまうしつたへたる。しやうこなほかくのごとし。いはんやまつだいにおいてをや。けんわうなほおんあやまりあり、いはんやぼんにんにおいてをや。すでにめしおかれぬるうへは、いそぎうしなはれずとも、なにのおそれかさふらふべき。けいのうたがはしきをばかろんぜよ、こうのうたがはしきをばおもんぜよとこそみえてさふらへ。ことあたらしきまうしごとにてさふらへども、しげもりかのだいなごんがいもうとにあひぐしてさふらふ。これもりまたむこなり。かやうにしたしうまかりなつてさふらへば、まうすとやおぼしめされさふらふらん。いつかうそのぎではさふらはず。ただきみのため、くにのため、よのため、いへのためのことをおもつてまうしさふらふ。ひととせこせうなごんにふだうしんせいがしつけんのときにあひあたつて、わがてうにはさがのくわうていのおんとき、うひやうゑのかみふぢはらのなかなりをちうせられてよりこのかた、ほうげんまでは、きみにじふごだいのあひだ、おこなはれざりししざいを、はじめてとりおこなひ、うぢのあくさふのしがいをほりおこいて、じつけんせられたりしことなんどまでは、あまりなるおんまつりごととこそぞんじさふらへ。さればいにしへのひとも、しざいをおこなへば、かいだいにむほんのともがらたえずとこそまうしつたへてさふらへ。このことばについて、なかにねんあつて、へいぢにまたよみだれて、しんせいがうづまれたりしをほりおこし、かうべをはねておほぢをわたされさふらひき。ほうげんにまうしおこなひしことの、いくほどもなくて、はやP130みのうへにむくはれにきとおもへば、おそろしうこそさふらへ。これはさせるてうてきにてもさふらはず、かたがたおそれあるべし。ごえいぐわのこるところなければ、おぼしめさるることはあるまじけれども、ししそんぞんまで、はんじやうこそあらまほしうはさふらへ。さればふそのぜんあくは、かならずしそんにおよぶとこそみえてさふらへ。しやくぜんのいへにはよけいあり、せきあくのかどにはよあうとどまるとこそみえてさふらへ。いかさまにもこんやかうべをはねられんことは、しかるべうもさふらはず」とまうされたりければ、にふだうげにもとやおもはれけん、しざいをばおもひとどまりたまひけり。そののちおとどちうもんにいでて、さぶらひどもにのたまひけるは、「おほせなればとて、あのだいなごんうしなはんこと、さうなうあるべからず。にふだうはらのたちのままに、ものさわがしきことしたまひて、のちにはかならずくやみたまふべし。ひがごとしてわれうらむな」とのたまへば、ひやうぢやうをたいしたりけるつはものども、みなしたをふるつておそれをののく。「さてもけさつねとほかねやすが、あのだいなごんになさけなうあたりたてまつたることこそ、かへすがへすもきくわいなれ。などしげもりがかへりきかんずるところをば、はばからざりけるぞ。かたゐなかのさぶらひは、みなかかるぞとよ」とのたまへば、なんばもせのをも、ともにおそれいつたりけり。おとどはかやうにのたまひて、こまつどのへぞかへられける。
さるほどにだいなごんのさむらひども、いそぎなかのみかどからすまるのしゆくしよにかへりまゐつて、このよしかくとまうしければ、きたのかたいげのにようばうたち、こゑごゑにをめきさけびたまひけり。「せうしやうどのをP131はじめまゐらせて、をさなきひとびとも、みなとられさせたまふべきよしうけたまはりてさふらへ。いそぎいづかたへもしのばせたまふべうもやさふらふらん」とまうしければ、きたのかた、「いまはこれほどになつて、のこりとどまるみとても、あんをんにてなににかはせんなれば、ただおなじひとよのつゆともきえんことこそほいなれ。さてもけさをかぎりとしらざりつることのかなしさよ」とて、ひきかづいてぞふしたまふ。すでにぶしどものちかづくよしきこえしかば、かくてはぢがましう、うたてきめをみんも、さすがなればとて、とをになりたまふによし、はつさいのなんし、ひとつくるまにとりのつて、いづちをさすともなくやりいだす。さてしもあるべきことならねば、おほみやをのぼりに、きたやまのへんうんりんゐんへぞおはしける。そのへんなるそうばうにおろしおきたてまつり、おくりのものどもは、みみのすてがたさに、みないとままうしてかへりにけり。いまはいとけなきひとびとばかりのこりゐて、またこととふひともなくしておはしけるきたのかたのこころのうち、おしはかられてあはれなり。くれゆくかげをみたまふにつけても、だいなごんのつゆのいのち、このゆふべをかぎりなりと、おもひやるにもきえぬべし。しゆくしよにはにようばうさぶらひおほかりけれども、ものをだにとりしたためず、かどをだにおしもたてず。むまやにはむまどもおほくなみたちたれども、くさかふものいちにんもなし。よあくればむまくるまかどにたちなみ、ひんかくざにつらなつて、あそびたはぶれまひをどり、よをよともしたまはず。ちかきあたりのものどもは、ものをだにたかくいはず、おぢおそれてこそきのふまでもありしに、よのまにかはるありさま、じやうしやひつすゐのP132ことわりはめのまへにこそあらはれたれ。「たのしみつきてかなしみきたる」とかかれたる、かうしやうこうのふでのあと、いまこそおもひしられけれ。
「せうしやうこひうけ」(『せうしやうこひうけ』)S0205たんばのせうしやうなりつねは、そのよしもゐんのごしよほふぢうじどのにうへぶしして、いまだいでられざりけるに、だいなごんのさぶらひども、いそぎゐんのごしよにはせまゐり、せうしやうどのをよびいだしたてまつり、このよしかくとまうしければ、せうしやう、「これほどのこと、などやさいしやうのもとより、いままでつげしらせざるらん」とのたまひもはてぬに、さいしやうどのよりとておつかひあり。このさいしやうとまうすは、にふだうしやうこくのおんおとと、しゆくしよはろくはらのそうもんのわきにおはしければ、かどわきのさいしやうとぞまうしける。たんばのせうしやうにはしうとなり。「なにごとにてさふらふやらん。けさにしはちでうのていより、きつとぐしたてまつれとさふらふ」と、のたまひつかはされたりければ、せうしやうこのことこころえて、きんじゆのにようばうたちをよびいだしまゐらせて、「ゆふべなにとなうものさわがしうさふらひしを、れいのやまぼふしのくだるかなんど、よそにおもひてさふらへば、はやなりつねがみのうへにまかりなつてさふらひけるぞや。ゆふさりだいなごんきらるべうさふらふなれば、なりつねとてもどうざいにてぞさふらはんずらん。いまいちどごぜんへさんじて、P133きみをもみまゐらせたくさふらへども、かかるみにまかりなつてさふらへば、はばかりぞんじさふらふ」とまうされたりければ、にようばうたちいそぎごぜんへまゐつて、このよしそうもんせられたりければ、ほふわうけさのぜんもんのつかひにはやおんこころえあつて、「これらがないないはかりしことのもれきこえけるにこそ。さるにてもいまいちどこれへ」とごきしよくありければ、せうしやうごぜんへまゐられたり。ほふわうおんなみだをながさせたまひて、おほせくださるるむねもなく、せうしやうもまたなみだにむせんで、まうしあげらるることもなし。ややあつてせうしやうごぜんをまかりいでられけるに、ほふわううしろをはるかにごらんじおくつて、「ただまつだいこそこころうけれ。これがかぎりにてまたもごらんぜぬこともやあらんずらん」とて、おんなみだせきあへさせたまはず。せうしやうごぜんをまかりいでられけるに、ゐんぢうのひとびと、つぼねのにようばうたちにいたるまで、なごりををしみ、たもとにすがり、なみだをながし、そでをぬらさぬはなかりけり。
しうとのさいしやうのもとへいでられたれば、きたのかたはちかうさんすべきひとにておはしけるが、けさよりこのなげきをうちそへて、すでにいのちもきえいるここちぞせられける。せうしやうごしよをまかりいでられけるより、ながるるなみだつきせぬに、いまきたのかたのありさまをみたまひて、いとどせんかたなげにぞみえられける。せうしやうのめのとにろくでうといふをんなあり。「われおんちにまゐりはじめさぶらひて、きみをちのなかよりいだきあげたてまつり、おほしたてまゐらせしよりこのかた、つきひのかさなるにしたがつて、わがみのとしのゆくをばなげかずして、P134ひとへにきみのおとなしうならせたまふことをのみよろこび、あからさまとはおもへども、ことしはにじふいちねん、かたときもはなれまゐらせさぶらはず。ゐんうちへまゐらせたまひて、おそういでさせたまふだに、こころぐるしうおもひまゐらせさぶらひつるに、つひにいかなるうきめにかあはせたまふべきやらん」とてなく。せうしやう、「いたうななげいそ。さてさいしやうおはすれば、さりともいのちばかりをば、こひうけたまはんずるものを」と、やうやうになぐさめのたまへども、ろくでうひとめもはぢず、なきもだえけり。さるほどににしはちでうどのよりつかひしきなみにありしかば、さいしやう、「いまはただいでむかつてこそ、ともかうもならめ」とていでられければ、せうしやうもさいしやうのくるまのしりにのつてぞいでられける。ほうげんへいぢよりこのかた、へいけのひとびとは、たのしみさかえのみあつて、うれへなげきはなかりしに、このさいしやうばかりこそ、よしなきむこゆゑに、かかるなげきをばせられけれ。にしはちでうちかうなつて、まづあんないをまうされたりければ、せうしやうをばもんのうちへはいれらるべからずとのたまふあひだ、そのへんなるさぶらひのもとにおろしおき、さいしやうばかりぞ、もんのうちへはまゐられける。いつしかせうしやうをば、ぶしどもしはうをうちかこんで、きびしうしゆごしたてまつる。せうしやうのさしもたのもしうおもはれつるさいしやうどのにははなれたまひぬ。せうしやうのこころのうち、さこそはたよりなかりけめ。
さいしやうちうもんにゐたまひたれども、にふだういでもあはれず。ややあつてさいしやう、げんだいふのはんぐわんすゑさだをもつてまうされけるは、「のりもりこそよしなきものにしたしうなつて、かへすがへすP135くやしみさふらへども、かひもさふらはず。あひぐせさせてさふらふものの、このほどなやむことのさふらふなるが、けさよりこのなげきをうちそへて、すでにいのちもたえさふらひなんず。のりもりかうてさふらへば、なじかはひがごとせさせさふらふべき。せうしやうをばしばらくのりもりにあづけさせおはしませ」とまうされければ、すゑさだまゐつてこのよしをまうす。にふだう、「あはれれいのさいしやうがものにこころえぬよ」とて、とみにへんじもしたまはず。ややあつてにふだうのたまひけるは、「しんだいなごんなりちかのきやういげきんじゆのひとびと、このいちもんほろぼしててんがみだらんとするくはだてあり。すでにこのせうしやうはかのだいなごんがちやくしなり。うとうもなれ、したしうもなれ、えこそまうしゆるすまじけれ。もしこのむほんとげなましかば、ごへんとてもおだしうてやはおはすべきといふべし」とのたまへば、すゑさだかへりまゐつて、さいしやうどのにこのよしをまうす。さいしやうよにもほいなげにて、かさねてまうされけるは、「ほうげんへいぢよりこのかた、どどのかつせんにも、おんいのちにはかはりまゐらせんとこそぞんじさふらひしか。こののちもあらきかぜをば、まづふせぎまゐらせさふらふべし。たとひのりもりこそとしおいてさふらふとも、わかきこどもあまたさふらへば、いつぱうのおんかためにも、などかならではさふらふべき。それにしばらくせうしやうをあづからうどまうすに、おんゆるされなきは、いつかうのりもりをふたごころあるものとおぼしめされさふらふにこそ。それほどまでうしろめたうおもはれまゐらせては、よにあつてもなににかはしさふらふべきなれば、みのいとまをたまはつて、しゆつけにふだうつかまつり、かうや、こがはにもこもりゐて、ひとすぢにごせぼだいのつとめをいとなみさふらはん。P136
よしなきうきよのまじはりなり。よにあればこそのぞみもあれ、のぞみのかなはねばこそうらみもあれ。しかじうきよをいとひ、まことのみちにいりなんには」とぞのたまひける。すゑさだまゐりて、「さいしやうどのははやおぼしめしきつてさふらふぞ。ともかくもよきやうにおんぱからひさふらへ」とまうしければ、にふだう、「いやいやしゆつけにふだうまではあまりにけしからず。そのぎならば、せうしやうをばしばらくのりもりにあづくるといふべし」とぞのたまひける。すゑさだかへりまゐつて、さいしやうどのにこのよしをまうす。さいしやう、「あはれひとのこをばもつまじかりけるものかな。わがこのえんにむすぼほれざらんには、これほどまでこころをばくだかじものを」とていでられけり。せうしやうまちうけたてまつて、「さていかがさふらひつるやらん」とまうされければ、「にふだうあまりにいかつて、のりもりにはつひにたいめんもしたまはず、いかにもかなふまじきよしをしきりにのたまふあひだ、しゆつけにふだうまでまうしたればにやらん、そのぎならば、ごへんをばしばらくのりもりにあづくるとのたまひつれども、それもしじうはよかるべしともおぼえず」とのたまへば、せうしやう、「さてはなりつねはごおんをもつてしばしのいのちののびさふらはんずるにこそ。それにつきさふらうては、ちちでさふらふだいなごんがことをば、なにとかきこしめされてさふらふやらん」。さいしやう、「いさとよ、ごへんのことをこそ、やうやうにまうしたれ。それまでのことはおもひもよらざりつれ」とのたまへば、そのときせうしやうなみだをはらはらとながいて、「いのちのをしうさふらふも、ちちをいまいちどみばやとおもふためなり。ゆふさりだいなごんきられP137さふらはんにおいては、なりつねいのちいきてもなににかはしさふらふべきなれば、ただいつしよでいかにもなるやうにまうしてたばせたまふべうもやさふらふらん」とまうされければ、さいしやうよにもくるしげにて、「いさとよ、ごへんのことをこそやうやうにまうしたれ。それまでのことはおもひもよらざりつれども、けさうちのおとどのやうやうにまうさせたまひつれば、それもしばしはよきやうにこそきけ」とのたまへば、せうしやうききもあへたまはず、なくなくてをあはせてぞよろこばれける。こならざらんものが、たれかただいまわがみのうへをさしおいて、これほどまではよろこぶべき。まことのちぎりはおやこのなかにぞありける。こをばひとのもつべかりけるものかなと、やがておもひぞかへされける。さてけさのごとく、どうじやしてかへられたれば、しゆくしよにはにようばうさぶらひさしつどひて、しにたるひとのいきかへりたるここちして、みなよろこびなきをぞせられける。
「けうくん」(『けうくんじやう』)S0206だいじやうのにふだうは、かやうにひとびとあまたいましめおいても、なほこころゆかずやおもはれけん、すでにあかぢのにしきのひたたれに、くろいとをどしのはらまきのしろかなものうつたるむないたせめ、せんねんあきのかみたりしとき、じんばいのついでにれいむをかうむつて、いつくしまのだいみやうじんよりうつつにたまはられたりける、P138しろかねのひるまきしたるこなぎなた、つねのまくらをはなたずたてられたりしをわきにはさみ、ちうもんのらうにぞいでられたる。おほかたそのきしよくゆゆしうぞみえし。「さだよし」とめす。ちくごのかみさだよしは、むくらんぢのひたたれに、ひをどしのよろひきておんまへにかしこまつてぞさふらひける。にふだうのたまひけるは、「いかにさだよし、このこといかがおもふぞ。ほうげんにへいうまのすけをはじめとして、いちもんなかばすぎて、しんゐんのみかたにまゐりにき。いちのみやのおんことは、こぎやうぶきやうのとののやうくんにてましまししかば、かたがたみはなちまゐらせがたかりしかども、こゐんのごゆゐかいにまかせて、みかたにてさきをかけたりき。これひとつのほうこう。つぎにへいぢぐわんねんじふにんぐわつ、のぶよりよしともがむほんのとき、ゐんうちをとりたてまつて、たいだいにたてごもり、てんがくらやみとなつたりしにも、にふだうずゐぶんみをすてて、きようとをおひおとし、つねむねこれかたをめしいましめしにいたるまで、きみのおんために、すでにいのちをうしなはんとすることどどにおよぶ。さればひとなにとまうすとも、いかでかこのいちもんをば、しちだいまではおぼしめしすてさせたまふべき。それになりちかといふむようのいたづらもの、さいくわうとまうすげせんのふたうじんがまうすことに、きみのつかせたまひて、ややもすれば、このいちもんほろぼさるべきよしのごけつこうこそしかるべからね。こののちもざんそうするものあらば、たうけつゐたうのゐんぜんをくだされつとおぼゆるぞ。てうてきとなつてのちは、いかにくゆともえきあるまじ。しばらくよをしづめんほど、ほふわうをばとばのきたどのへうつしまゐらするか、しからずはこれへまれ、ごかうをなしまゐらせんとおもふはいかに。そのぎならば、さだめてP139ほくめんのものどもがなかより、やをもひとついんずらん。そのよういせよとさぶらひどもにふるべし。おほかたはにふだうゐんがたのほうこうおもひきつたり。むまにくらおかせよ。きせながとりいだせ」とこそのたまひけれ。
しゆめのはんぐわんもりくに、いそぎこまつどのへはせまゐつて、「よははやかうざふらふ」とまうしければ、おとどききもあへたまはず、「ああはやなりちかのきやうのかうべのはねられたんな」とのたまへば、「そのぎにてはさふらはねども、にふだうどののおんきせながをめされさふらふうへは、さぶらひどももみなうつたつて、ただいまゐんのごしよほふぢうじどのへよせんとこそいでたちさふらひつれ。しばらくよをしづめんほど、ほふわうをばとばのきたどのへうつしまゐらするか、しからずはこれへまれ、ごかうをなしまゐらせうどはさふらへども、ないないはちんぜいのかたへながしまゐらせんとこそぎせられさふらひつれ」とまうしければ、おとど、なにによつて、ただいまさるおんことのおはすべきとはおもはれけれども、けさのぜんもんのきしよく、さるものぐるはしきこともやおはすらんとて、いそぎくるまをとばせて、にしはちでうどのへぞおはしたる。もんぜんにてくるまよりおり、もんのうちへさしいつてみたまふに、にふだうはらまきをきたまふうへ、いちもんのけいしやううんかくすじふにん、おのおのいろいろのひたたれに、おもひおもひのよろひきて、ちうもんのらうににぎやうにちやくせられたり。そのほかしよこくのじゆりやう、ゑふ、しよしなどはえんにゐこぼれ、にはにもひしとなみゐたり。はたざをどもひきそばめひきそばめ、むまのはるびをかため、かぶとのををしめ、ただいまみなうつーたたんずるけしきどもなるに、こまつどのゑぼしなほしに、P140だいもんのさしぬきのそばとつて、ざやめきいりたまへば、ことのほかにぞみえられける。
にふだうふしめになつて、あはれれいのだいふが、よをへうするやうにふるまふものかな。おほきにいさめばやとはおもはれけれども、さすがこながらも、うちにはごかいをたもつて、じひをさきとし、ほかにはごじやうをみだらず、れいぎをただしうしたまふひとなれば、あのすがたにはらまきをきてむかはんこと、さすがおもばゆう、はづかしうやおもはれけん、しやうじをすこしひきたてて、はらまきのうへに、そけんのころもをあわてぎにきたまひたりけるが、むないたのかなものの、すこしはづれてみえけるを、かくさうど、しきりにころものむねをひきちがへひきちがへぞしたまひける。おとどはしやていむねもりのきやうのざしやうにつきたまふ。にふだうのたまひいださるることもなく、おとどもまたまうしあげらるるむねもなし。ややあつてにふだうのたまひけるは、「あのなりちかのきやうがむほんは、ことのかずにもさふらはず、いつかうほふわうのごけつこうにてさふらひけるぞや。しばらくよをしづめんほど、ほふわうをばとばのきたどのへうつしまゐらするか、しからずはこれへまれ、ごかうをなしまゐらせんとおもふはいかに」とのたまへば、おとどききもあへたまはず、はらはらとぞなかれける。にふだう、「さていかにやいかに」とあきれたまへば、ややあつておとどなみだをおさへて、「このおほせうけたまはりさふらふに、ごうんははやすゑになりぬとおぼえさふらふ。ひとのうんめいのかたぶかんとては、かならずあくじをおもひたちさふらふなり。またおんありさまをみまゐらせさふらふに、さらにうつつともおぼえさふらはず。さすがわがてうは、へんぢそくさんのさかひとはまうしながら、てんせうだいじんのごしそん、P141くにのあるじとして、あまのこやねのみことのおんすゑ、てうのまつりごとをつかさどらせたまひしよりこのかた、だいじやうだいじんのくわんにいたるひとのかつちうをよろふこと、れいぎをそむくにあらずや。なかんずくごしゆつけのおんみなり。それさんぜのしよぶつ、げだつどうさうのほふえをぬぎすてて、たちまちにかつちうをよろひ、きうせんをたいしましまさんこと、うちにははかいむざんのつみをまねくのみならず、ほかにはじんぎれいちしんのほふにもそむきさふらひなんず。かたがたおそれあるまうしごとにてさふらへども、こころのそこにしいしゆをのこすべきにもさふらはず。
まづよにしおんさふらふ。てんちのおん、こくわうのおん、ぶものおん、しゆじやうのおんこれなり。そのなかにもつともおもきはてうおんなり。ふてんのした、わうぢにあらずといふことなし。さればかのえいせんのみづにみみをあらひ、しゆやうざんにわらびををりしけんじんも、ちよくめいそむきがたきれいぎをばぞんぢすとこそうけたまはれ。いかにいはんや、せんぞにもいまだきかざつしだいじやうだいじんをきはめさせたまふ。いはゆるしげもりがむざいぐあんのみをもつて、れんぷくわいもんのくらゐにいたる。しかのみならずこくぐんなかばはいちもんのしよりやうとなつて、でんをんことごとくいつけのしんじたり。これきたいのてうおんにあらずや。いまこれらのばくたいのごおんをおぼしめしわすれさせたまひて、みだりがはしくほふわうをかたぶけまゐらさせたまはんこと、てんせうだいじん、しやうはちまんぐうのしんりよにもそむかせたまひさふらひなんず。それにつぽんはしんこくなり。しんはひれいをうけたまふべからずしかればきみのおぼしめしたたせたまふところ、だうりなかばなきにあらず。なかにもこのいちもんはだいだいのてうてきをたひらげて、しかいのげきらうをしづむることは、ぶさうのちうなれども、そのしやうにほこることは、P142ばうじやくぶじんともまうしつべし。しやうとくたいしじふしちかでうのごけんぼふに、『ひとみなこころあり。こころおのおのしふあり。かれをぜし、われをひし、われをぜし、かれをひす。ぜひのことわり、たれかよくさだむべき。あひともにけんぐなり。たまきのごとくしてはしなし。ここをもつて、たとひひといかるといふとも、かへつてわがとがをおそれよ』とこそみえてさふらへ。しかれどもたうけのうんめいいまだつきざるによつて、ごむほんすでにあらはれさせたまひさふらひぬ。そのうへおほせあはせらるるなりちかのきやうを、めしおかれぬるうへは、たとひきみいかなるふしぎをおぼしめしたたせたまふとも、なんのおそれかさふらふべき。しよたうのざいくわおこなはれぬるうへは、しりぞいてことのよしをちんじまうさせたまひて、きみのおんためには、いよいよほうこうのちうきんをつくし、たみのためには、ますますぶいくのあいれんをいたさせたまはば、しんめいのかごにあづかつて、ぶつだのみやうりよにそむくべからず。しんめいぶつだかんおうあらば、きみもおぼしめしなほすこと、などかさふらはざるべき。きみとしんとをくらぶるに、しんそわくかたなし。だうりとひがごとをならべんに、いかでかだうりにつかざるべき」。
「ほうくわ」(『ほうくわのさた』)S0207「これはもつともきみのおんことわりにてさふらへば、かなはざらんまでも、ゐんぢうをしゆごしまゐらせP143さふらふべし。そのゆゑは、しげもりはじめじよしやくより、いまだいじんのだいしやうにいたるまで、しかしながらきみのごおんならずといふことなし。このおんのおもきことをおもへば、せんくわばんくわのたまにもこえ、そのおんのふかきいろをあんずるに、いちじふさいじふのくれなゐにもなほすぎたらん。しからばゐんぢうへまゐりこもりさふらふべし。そのぎにてさふらはば、しげもりがみにかはり、いのちにかはらんとちぎりたるさぶらひどもせうせうさふらふらん。これらをめしぐしてゐんのごしよほふぢうじどのをしゆごしまゐらせさふらはば、さすがもつてのほかのおんだいじでこそさふらはんずらめ。かなしきかな、きみのおんためにほうこうのちうをいたさんとすれば、めいろはちまんのいただきよりもなほたかきちちのおんたちまちにわすれんとす。いたましきかな、ふけうのつみをのがれんとすれば、きみのおんためにはすでにふちうのぎやくしんともなりぬべし。しんだいこれきはまれり。ぜひいかにもわきまへがたし。まうしうくるしよせんは、ただしげもりがくびをめされさふらへ。そのゆゑは、ゐんざんのおんともをもつかまつるべからず。またゐんぢうをもしゆごしまゐらすべからず。さればかのせうがはたいこうかたへにこえたるによつて、くわんたいしやうこくにいたり、けんをたいしくつをはきながら、てんじやうへのぼることをゆるされしかども、えいりよにそむくことありしかば、かうそおもういましめて、ふかうつみせられにき。かやうのせんじようをおもへば、ふつきといひ、えいぐわといひ、てうおんとまうし、ちようじよくといひ、かたがたきはめさせたまひぬれば、ごうんのつきんことかたかるべきにあらず。ふつきのいへにはろくゐちようでふせり。ふたたびみなるきは、そのねかならずいたむとみえてさふらふ。こころぼそうこそさふらへ。いつまでかP144いのちいきて、みだれんよをもみさふらふべき。ただまつだいにしやうをうけて、かかるうきめにあひさふらふしげもりがくわはうのほどこそつたなうさふらへ。ただいまもさぶらひいちにんにおほせつけられ、おんつぼのうちへひきいだされて、しげもりがかうべのはねられんずることは、いとやすいほどのおんことでこそさふらはんずらめ。これをおのおのききたまへ」とて、なほしのそでもしぼるばかりに、かきくどき、さめざめとなきたまへば、そのざになみゐたまへるへいけいちもんのひとびと、みなそでをぞぬらされける。
にふだう、たのみきつたるだいふは、かやうにのたまふ。よにもちからなげにて、「いやいやそれまでのことはおもひもよりさうず。あくたうどものまうすことに、きみのつかせたまひて、いかなるひがごとなどもや、いでこんずらんとおもふばかりでこそさふらへ」。おとど、「たとひいかなるひがごといできさふらへばとて、きみをばなにとかしまゐらさせたまふべき」とて、ついたつてちうもんにいで、さぶらひどもにのたまひけるは、「ただいまこれにてまうしつることどもをば、なんぢらはよくうけたまはらずや。けさよりこれにさふらうて、かやうのことどもをもまうししづめんとはぞんじつれども、あまりにひたさわぎにみえつるあひだ、まづかへりつるなり。ゐんざんのおんともにおいては、しげもりがかうべのはねられたらんをみてつかまつれ。さらばひとまゐれ」とて、こまつどのへぞかへられける。そののちおとどしゆめのはんぐわんもりくにをめして、「しげもりこそけさべつしててんがのだいじをききいだしたんなれ。われをわれとおもはんずるものどもは、もののぐしていそぎまゐれともよほせ」とP145のたまへば、はせまはつてひろうす。おぼろげにてはさわぎたまはぬひとの、かやうのひろうのあるは、まことにべちのしさいのあるにこそとて、われもわれもとはせまゐる。よど、はつかし、うぢ、をかのや、ひの、くわんじゆじ、だいご、をぐるす、むめづ、かつら、おはら、しづはら、せれふのさとにあぶれゐたるつはものども、あるひはよろひきて、いまだかぶとをきぬもあり、あるひはやおうていまだゆみをもたぬもあり。かたあぶみふむやふまずにて、あわてさわいではせまゐる。
こまつどのにさわぐことありときこえしかば、にしはちでうにすせんきありけるつはものども、にふだうにはかうともまうしもいれず、ざやめきつれて、みなこまつどのへぞはせたりける。きうせんにたづさはるほどのものは、いちにんものこらず。ちくごのかみさだよしがただいちにんさふらひけるをごぜんへめして、「だいふはなにとおもひて、これらをばみなかやうによびとるやらん。けさこれにていひつるやうに、じやうかいがもとへうつてなどもやむけんずらん」とのたまへば、さだよしなみだをはらはらとながいて、「ひともひとにこそよらせたまひさふらへ。いかでかただいまさるおんことさふらふべき。けさこれにてまうさせたまひつるおんことどもをば、はやみなごこうくわいぞさふらふらん」とまうしければ、にふだう、いやいやだいふになかたがうては、あしかりなんとやおもはれけん、ほふわうむかへまゐらせんとおもはれけるこころもやはらぎ、いそぎはらまきぬぎおき、そけんのころもにけさうちかけて、いとこころにもおこらぬねんじゆしてこそおはしけれ。そののちこまつどのには、もりくにうけたまはつて、ちやくたうつけけり。はせさんじたるさぶらひども、P146いちまんよきとぞしるしける。ちやくたうひけんののち、おとどちうもんにいでて、さぶらひどもにのたまひけるは、「ひごろのけいやくをたがへずして、みなかやうにまゐりたるこそしんべうなれ。いこくにさるためしあり。しうのいうわう、はうじといへるさいあいのきさきをもちたまへり。てんがだいいちのびじんなり。されどもいうわうのおんこころにかなはざりけることには、はうじゑみをふくまずとて、すべてわらふことしたまはず、いこくのならひに、てんがにひやうらんのおこるときは、しよしよにひをあげ、たいこをうつて、つはものをめすはかりごとあり。これをほうくわとなづく。あるときてんがにひやうがくおこつて、しよしよにほうくわをあげたりければ、きさきこれをごらんじて、『あなおびたたし、ひもあれほどまでおほかりけりな』とて、そのときはじめてわらひたまへり。ひとたびゑめばもものこびありけり。いうわうこれをうれしきことにしたまひて、そのこととなく、つねはほうくわをあげたまふ。しよこうきたるにあたなし、あたなければすなはちかへりさんぬ。かやうにすることどどにおよべば、つはものもまゐらず。あるときりんごくよりきようぞくおこつて、いうわうのみやこをせめけるに、ほうくわをあぐれども、れいのきさきのひにならつて、つはものもまゐらず。そのときみやこかたぶいて、いうわうつひにほろびにけり。さてかのきさき、やかんとなつてはしりうせけるぞおそろしき。かやうのことのあるときは、じこんいご、これよりめさんには、みなかくのごとくまゐるべし。しげもりけさべつしててんがのだいじをききいだしてめしつるなり。されどもこのことききなほしつつ、ひがごとにてありけり。さらばとうかへれ」とて、さぶらひどもみなかへされけり。まことにさせることをもききいだされざりけれども、P147けさちちをいさめまうされけることばにしたがつて、わがみにせいのつくか、つかぬかのほどをもしり、またふしいくさをせんとにはあらねども、かうしてにふだうたいしやうこくのむほんのこころも、やはらぎたまふかとのはかりごととぞきこえし。きみきみたらずといへども、しんもつてしんたらずんばあるべからず。ちちちちたらずといへども、こもつてこたらずんばあるべからず。きみのためにはちうあつて、ちちのためにはかうあれと、ぶんせんわうののたまひけるにたがはず。きみもこのよしきこしめして、「いまにはじめぬことなれども、だいふがこころのうちこそはづかしけれ。あたをばおんをもつてはうぜられたり」とぞおほせける。「くわはうこそめでたうて、いまだいじんのだいしやうにいたらめ。ようぎたいはいひとにすぐれ、さいちさいかくさへよにこえたるべきやは」とぞ、ときのひとびとかんじあはれける。くににいさむるしんあれば、そのくにかならずやすく、いへにいさむるこあれば、そのいへかならずただしといへり。しやうだいにもまつだいにも、ありがたかりしだいじんなり。
「しんだいなごんのながされ」(『だいなごんるざい』)S0208さるほどにろくぐわつふつかのひ、しんだいなごんなりちかのきやうをば、くぎやうのざにいだしたてまつて、おんものまゐらせけれどもむねせきふさがつて、おはしをだにもたてられず。あづかりのぶしP148なんばのじらうつねとほ、おんくるまをよせて、「とうとう」とまうしければ、だいなごんこころならずぞのりたまふ。あはれいかにもして、いまいちどこまつどのにみえたてまつらばやとはおもはれけれども、それもかなはず。みまはせば、ぐんびやうども、ぜんごさうにうちかこんで、わがかたさまのものはいちにんもなし。たとひぢうくわをかうぶつて、ゑんごくへゆくものも、ひといちにんみにそへざるべきことやあると、くるまのうちにてかきくどかれければ、しゆごのぶしどもも、みなよろひのそでをぞぬらしける。にしのしゆしやかをみなみへゆけば、おほうちやまをもいまはよそにぞみたまひける。としごろみなれたてまつりしざふしきうしかひにいたるまで、みななみだをながしそでをぬらさぬはなかりけり。ましてみやこにのこりとどまりたまふきたのかた、をさなきひとびとのこころのうち、おしはかられてあはれなり。とばどのをすぎたまふにも、このごしよへごかうなりしには、いちどもおんともにははづれざりしものをとて、わがさんざう、すはまどのとてありしをも、よそにみてこそとほられけれ。とばのみなみのもんいでて、ふねおそしとぞいそがせける。だいなごん、「おなじくうしなはるべくは、みやこちかきこのへんにてもあれかし」とのたまひけるこそ、せめてのことなれ。ちかうそひたてまつたるぶしを、「たそ」ととひたまへば、「あづかりのぶしなんばのじらうつねとほ」となのりまうす。「もしこのへんにわがかたさまのものやある、いちにんたづねてまゐらせよ。ふねにのらぬさきにいひおくべきことあり」とのたまへば、つねとほそのへんをはしりまはつてたづねけれども、われこそだいなごんどののおんかたとP149まうすもの、いちにんもなし。
そのときだいなごんなみだをはらはらとながいて、「さりともわがよにありしときは、したがひつきたりしものども、いちにせんにんもありつらんに、いまはよそにてだにこのありさまをみおくるもののなかりけるかなしさよ」とて、なかれければ、たけきもののふどもも、みなよろひのそでをぞぬらしける。ただみにそふものとては、つきせぬなみだばかりなり。くまのまうで、てんわうじまうでなどには、ふたつがはらのみつむねにつくつたるふねにのり、つぎのふねにさんじつそうこぎつづけてこそありしに、いまはけしかるかきすゑやかたぶねにおおまくひかせ、みもなれぬつはものどもにぐせられて、けふをかぎりにみやこをいでて、なみぢはるかにおもむかれけん、こころのうち、おしはかられてあはれなり。しんだいなごんは、しざいにおこなはるべかりしひとの、るざいになだめられけることは、ひとへにこまつどののやうやうにまうされけるによつてなり。そのひはつのくにだいもつのうらにぞつきたまふ。あくるみつかのひ、だいもつのうらへはきやうよりおつかひありとて、ひしめきけり。だいなごんそこにてうしなへとにやとききたまへば、さはなくして、びぜんのこじまへながすべしとのおつかひなり。またこまつどのよりおんふみあり。「あはれいかにもして、みやこちかきかたやまざとにもおきたてまつらばやと、さしもまうしつることのかなはざりけることこそよにあるかひもさふらはね。さりながらもおんいのちばかりをば、こひうけたてまつてさふらふぞ。おんこころやすうおぼしめされさふらへ」とて、なんばがもとへも、「よくよくみやづかへP150たてまつれ。あひかまへて、おんこころにばしたがふな」などのたまひつかはし、たびのよそほひ、こまごまとさたし、おくられたり。しんだいなごんはさしもかたじけなうおぼしめされつるきみにも、はなれまゐらせ、つかのまもさりがたうおもはれけるきたのかた、をさなきひとびとにも、みなわかれはてて、こはいづちへとてゆくらん。ふたたびこきやうにかへつて、さいしをあひみんこともありがたし。ひととせさんもんのそしようによつて、すでにながされしをも、きみをしませたまひて、にしのしちでうよりめしかへされぬ。さればこれはきみのおんいましめにもあらず、こはいかにしつることどもぞや」と、てんにあふぎちにふして、なきかなしめどもかひぞなき。あけければ、ふねおしいだいてくだりたまふにみちすがらただなみだにのみむせんで、ながらふべしとはおぼえねども、さすがつゆのいのちはきえやらず、あとのしらなみへだつれば、みやこはしだいにとほざかり、ひかずやうやうかさなれば、ゑんごくはすでにちかづきぬ。びぜんのこじまにこぎよせて、たみのいへのあさましげなるしばのいほりにいれたてまつる。しまのならひ、うしろはやま、まえはうみ、いそのまつかぜなみのおと、いづれもあはれはつきせず。
「あこやのまつ」(『あこやのまつ』)S0209およそしんだいなごんいちにんにもかぎらず、いましめをかうむるともがらおほかりき。あふみのちうじやうにふだうれんじやうP151さどのくに、やましろのかみもとかぬはうきのくに、しきぶのたいふまさつなはりまのくに、そうはうぐわんのぶふさあはのくに、しんへいはうぐわんすけゆきはみまさかのくにとぞきこえし。をりふしにふだうしやうこくは、ふくはらのべつげふにおはしけるが、おなじきはつかのひ、つのさゑもんもりずみをししやにて、かどわきどののもとへ、「それにあづけおきたてまつたるたんばのせうしやうを、いそぎこれへたべ。ぞんずるむねあり」とのたまひつかはされたりければ、さいしやう、「さらばただありしとき、ともかうもなりたりせば、いかにかせん。ふたたびものをおもはせんずることのかなしさよ」とて、いそぎふくはらへくだりたまふべきよしのたまへば、せうしやうなくなくいでたたれけり。きたのかたいげのにようばうたちは、「かなはざらんものゆゑに、なほもさいしやうのよきやうにまうさせたまへかし」となげかれければ、さいしやう、「ぞんずるほどのことをばまうしつ。いまはよをすてんよりほか、またなにごとをかまうすべき。たとひいづくのうらにもおはせよ、わがいのちのあらんかぎりは、とぶらひたてまつるべし」とぞのたまひける。せうしやうはことしみつになりたまふをさなきひとのおはしけれども、ひごろはわかきひとにて、きんだちなどのことをばさしもこまやかにもおはせざりしかども、いまはのときにもなりぬれば、さすがなつかしうやおもはれけん、「をさなきものをいまいちどみばや」とのたまへば、めのといだいてまゐりたり。せうしやうひざのうへにおき、かみかきなで、なみだをはらはらとながいて、「あはれなんぢしちさいにならば、をとこになして、きみへまゐらせんとこそおもひしに、されどもいまはいふかひなし。P152もしふしぎにいのちいきて、おひたちたらば、ほふしになつて、わがのちのよをよくとぶらへよ」とぞのたまひける。いまだいとけなきおんこころに、なにごとをかききわきたまふべきなれども、うちうなづきたまへば、せうしやうをはじめたてまつて、ははうへめのとのにようばう、そのざにいくらもなみゐたまへるひとびと、こころあるもこころなきも、みなそでをぞぬらされける。
ふくはらのおつかひ、こんやとばまでいでさせたまふべきよしをまうす。せうしやう、「いくほどものびざらんものゆゑに、こよひばかりはみやこのうちにてあかさばや」とのたまへども、いかにもかなふまじきよしを、しきりにまうしければ、ちからおよばず、そのよとばへぞいでられける。さいしやうあまりのものうさに、こんどはのりもぐしたまはず、せうしやうばかりぞのりたまふ。おなじきにじふににちせうしやうふくはらへくだりつきたまふ。にふだうしやうこく、びつちうのくにのぢうにんせのをのたらうかねやすにおほせて、びつちうのくにへぞながされける。かねやすはさいしやうのかへりききたまはんずるところをおそれて、いたうきびしうもあたりたてまつらず、みちすがらもやうやうにいたはりまゐらせけれども、せうしやうすこしもなぐさみたまふこともなく、よるひるただほとけのみなをのみとなへて、ひとへにちちのことをぞいのられける。さるほどにしんだいなごんなりちかのきやうは、びぜんのこじまにおはしけるを、これはなほふなつきちかうて、あしかりなんとて、ぢへわたしたてまつり、びぜんびつちうのさかひ、にはせのがう、きびのなかやま、ありきのべつしよといふやまでらにおきたてまつる。それよりせうしやうのおはしけるびつちうのせのをと、ありきのべつしよのあひだは、わづかごじつちやうにたらぬところなれば、せうしやうさすがP153そなたのかぜもなつかしうやおもはれけん、あるときかねやすをめして、「これよりちちだいなごんどののおんわたりあんなるありきのべつしよとかやへはいかほどあるぞ」ととひたまへば、かねやすすぐにしらせたてまつては、あしかりなんとやおもひけん、「かたみちじふにさんにちさふらふ」とまうしければ、そのときせうしやうなみだをはらはらとながいて、「につぽんはむかしさんじふさんかこくにてありしを、なかごろろくじふろくかこくにはわけられたんなり。さいふびぜんびつちうびんごも、もとはいつこくにてありけるなり。またあづまにきこゆるではみちのくにも、むかしはろくじふろくぐんがいつこくなりしを、じふにぐんさきわかつてのち、ではのくにとはたてられたんなり。さればさねかたのちうじやうあうしうへながされしとき、たうごくのめいしよ、あこやのまつをみんとて、くにのうちをたづねまはるに、もとめかねてすでにむなしうかへらんとしけるが、みちにてあるらうをうにゆきあひたり。ちうじやう、『ややごへんはふるいひととこそみれ。たうごくのめいしよ、あこやのまつといふところやしつたる』ととふに、『まつたくくにのうちにはさふらはず、ではのくににぞさふらふらん』とまうしければ、『さてはなんぢもしらざりけり。いまはよすゑになつて、くにのめいしよをも、はやみなよびうしなひけるにこそ』とて、すでにすぎんとしたまへば、らうをうちうじやうのそでをひかへて、『あはれきみは、
みちのくのあこやのまつにこがくれていづべきつきのいでもやらぬか W008
といふうたのこころをもつて、たうごくのめいしよ、あこやのまつとはおんたづねさふらふか。それはむかしりやうこくがいつこくなりしとき、よみはんべりしうたなり。じふにぐんさきわかつてのちは、ではのくににぞP154さふらふらん』とまうしければ、さらばとてさねかたのちうじやうも、ではのくににこえてこそ、あこやのまつをばみてげれ。つくしのださいふよりみやこへ、はらかのつかひののぼるこそ、かちぢじふごにちとはさだめたなれ。すでにじふにさんにちとまうすは、これよりほとんどちんぜいへげかうござんなれ。とほしといふとも、びぜんびつちうびんごのあひだは、りやうさんにちにはよもすぎじ。ちかいをとほうまうすは、ちちだいなごんどののおんわたりあんなるところを、なりつねにしらせじとてこそまうすらめ」とて、そののちはこひしけれどもとひたまはず。
「しんだいなごんのしきよ」(『だいなごんのしきよ』)S0210さるほどにほつしようじのしゆぎやうしゆんくわんそうづ、たんばのせうしやうなりつね、へいはうぐわんやすより、これさんにんをば、さつまがたきかいがしまへぞながされける。かのしまへはみやこをいでて、はるばるとおほくのなみぢをしのいでゆくところなり。おぼろげにてはふねもかよはず、しまにはひとまれなりけり。おのづからひとはあれども、いしやうなければ、このどのひとにもにず、いふことばをもききしらず。みにはしきりにけおひつつ、いろくろうしてうしのごとし。をとこはゑぼしもきず、をんなはかみもさげざりけり。しよくするものもなければ、つねにただせつしやうをのみさきとす。しづがやまだをかへさねば、べいこくのるゐもなく、そののくはをとらざれば、P155けんばくのたぐひもなかりけり。しまのうちにはたかきやまあり。とこしなへにひもゆ。いわうといふものみちみてり。かるがゆゑにこそいわうがしまとはなづけたれ。いかづちつねに、なりあがり、なりくだり、ふもとにはあめしげし。いちにちへんしひとのいのちのたえてあるべきやうもなし。しんだいなごんはすこしくつろぐこともやとおもはれけるが、しそくたんばのせうしやうなりつねいげさんにん、さつまがたきかいがしまへながされぬときいて、いまはなにをかごすべきとて、しゆつけのこころざしのさふらふよしを、たよりにつけて、こまつどのへまうされたりければ、ほふわうへうかがひまうして、ごめんありけり。えいぐわのたもとをひきかへて、うきよをよそにすみぞめのそでにぞやつれたまひける。さるほどにだいなごんのきたのかたは、みやこのきたやまうんりんゐんのへんにしのうでおはしけるが、さらぬだに、すみなれぬところはものうきに、いとどしのばれければ、すぎゆくつきひをあかしかね、くらしわづらふさまなりけり。しゆくしよにはにようばうさぶらひおほかりけれども、あるひはよをおそれ、あるひはひとめをつつむほどに、とひとぶらふものいちにんもなし。されどもそのなかにげんざゑもんのじようのぶとしといふさぶらひいちにん、なさけあるものにて、つねはとぶらひたてまつる。あるとききたのかた、のぶとしをめして、「まことやこれには、びぜんのこじまにおはしけるが、このほどきけば、ありきのべつしよとかやにおはすなり。あはれいかにもして、はかなきふでのあとをもたてまつり、おんかへりごとをもいまいちどみばやとおもふはいかに」とのたまへば、のぶとしなみだをはらはらとながいて、「われえうせうのときより、おんあはれみをかうぶつてめしつかはれ、P156かたときもはなれまゐらせさふらはず。
めされまゐらせしおんこゑのみみにとどまり、いさめられまゐらせしおんことばのきもにめいじて、わするることもさふらはず。さいこくへおんくだりさふらひしときも、おんともつかまつるべうさふらひしかども、ろくはらよりゆるされなければ、ちからおよびさふらはず。たとひこんどはいかなるうきめにもあひさふらへ、おんふみたまはつてまゐりさふらはん」とまうしければ、きたのかたなのめならずによろこび、やがてかいてぞたうでげる。わかぎみひめぎみもめんめんにおんふみあり。のぶとしこのおんふみどもをたまはつて、はるばるとびぜんのくにありきのべつしよへたづねくだり、まづあづかりのぶしなんばのじらうつねとほに、あんないをいひいれたりければ、つねとほこころざしのほどをかんじて、やがておんげんざんにいれてげり。だいなごんにふだうどのは、ただいましもみやこのことをのみのたまひいだして、なげきしづんでおはしけるところに、「きやうよりのぶとしがまゐつてさふらふ」とまうしければ、だいなごんおきあがつて、「いかにやいかに、ゆめかやうつつか、これへこれへ」とぞのたまひける。のぶとしおんそばちかうまゐつて、おんありさまをみたてまつるに、まづおんすまひどころのものうさは、さることなり。すみぞめのおんそでをみたてまつるに、めもくれこころもきえはてて、なみだもさらにとどまらず。ややあつてなみだをおさへて、きたのかたのおほせかうぶつししだい、こまごまとかたりまうす。そののちおんふみとりいだいてたてまつる。これをあけてみたまふに、みづぐきのあとはなみだにかきくれて、そこはかとはみえねども、をさなきひとびとのあまりにこひかなしみたまふありさま、わがみもつきせぬものおもひに、たへしのぶべうもなしなどかかれたれば、ひごろのこひしさはことのかずならずとぞかなしみたまひける。P157
かくてしごにちもすぎしかば、のぶとし、「これにさふらひて、ごさいごのおんありさまをもみまゐらせん」とまうしければ、あづかりのぶし、いかにもかなふまじきよしをまうすあひだ、だいなごん、「いくほどものびざらんものゆゑにただとうかへれ」とこそのたまひけれ。「われはちかううしなはれんとおぼゆるぞ。このよになきものときかば、わがのちのよをよくとぶらへよ」とぞのたまひける。おんぺんじかいてたうだりければ、のぶとしこれをたまはつて、「またこそまゐりさふらはめ」とて、いとままうしていでければ、「なんぢがまたこんたびをまちつくべしともおぼえぬぞ。あまりになごりをしうおぼゆるに、しばししばし」とのたまひて、たびたびよびぞかへされける。さてしもあるべきことならねば、のぶとしなみだをおさへつつ、みやこへかへりのぼりけり。きたのかたに、おんぺんじとりいだいてたてまつる。これをあけてみたまへば、はやおんさまかへさせたまひたりとおぼしくて、おんふみのおくにおんぐしのひとふさありけるを、ふためともみたまはず、かたみこそいまはなかなかあだなれとて、ひきかづいてぞふしたまふ。わかぎみひめぎみも、こゑごゑにをめきさけびたまひけり。さるほどにおなじきはちぐわつじふくにち、だいなごんにふだうどのをば、びぜんびつちうのさかひ、にはせのがう、きびのなかやま、ありきのべつしよにてぞつひにうしなひたてまつる。そのさいごのありさまやうやうにぞきこえける。はじめはさけにどくをいれてまゐらせけれども、かなはざりければ、にぢやうばかりありけるきしのしたにひしをうゑて、つきおとしたてまつれば、ひしにつらぬかつてぞうせられける。むげにうたてきことどもなり。ためしすくなうぞきこえし。P158
きたのかたこのよしをつたへききたまひて、「あはれいかにもして、かはらぬすがたを、いまいちどみもし、みえばやとおもひてこそ、けふまでさまをばかへざりつれ。いまはなににかはせん」とて、ぼだいゐんといふてらにおはして、おんさまをかへ、かたのごとくのぶつじいとなみたまふぞあはれなる。このきたのかたとまうすは、やましろのかみあつかたのむすめ、ごしらかはのほふわうのおんおもひびと、ならびなきびじんにておはしけるを、このだいなごんありがたきごちようあいのひとにて、くだしたまはられたりけるとかや。わかぎみひめぎみも、めんめんにはなをたをり、あかのみづをむすんで、ちちのごせをとぶらひたまふぞあはれなる。かくてときうつりことさつて、よのかはりゆくありまさは、ただてんにんのごすゐにことならず。
「とくだいじのいつくしままうで」(『とくだいじのさた』)S0211ここにとくだいじのだいなごんじつていのきやうは、へいけのじなんむねもりのきやうにだいしやうをこえられて、しばらくよのならんやうをみんとて、だいなごんをじしてろうきよしておはしけるが、しゆつけせんとのたまへば、みうちのじやうげみななげきかなしびあへりけり。そのなかにとうくらんどのたいふしげかぬといふしよだいぶあり。しよじにこころえたるひとにてありけるが、あるつきのよ、とくだいじどのただいちにん、なんめんのみかうしあげさせ、つきにうそぶいておはしけるところへ、とうくらんどまゐりたり。P159「たそ」ととひたまへば、「しげかぬざふらふ」。「よははるかにふけぬらんに、いかにただいまなにごとぞ」とのたまへば、「こんやはつきさえ、よろづこころのすむままにまゐつてさふらふ」とまうす。とくだいじどの、「しんべうにもまゐりたり。まことにこよひはなにとやらんこころぼそうて、よにとぜんなるに」とぞのたまひける。さてむかしいまのものがたりどもしたまひてのち、だいなごんのたまひけるは、「つらつらへいけのはんじやうするありさまをみるに、ちやくししげもり、じなんむねもり、さうのだいしやうなり。やがてさんなんとももり、ちやくそんこれもりもあるぞかし。かれもこれもしだいにならば、たけのひとびとは、いつだいしやうにあたりつくべしともおぼえず。さればつひのことなり、しゆつけせん」とぞのたまひける。とうくらんどなみだをはらはらとながいて、「きみのごしゆつけさふらはば、みうちのじやうげみなまどひものとなりさふらひなんず。しげかぬこそ、このごろめづらしきことをあんじいだしてさふらへ。たとへばあきのいつくしまをば、へいけなのめならずあがめうやまはれさふらふ。これへおんまゐりさふらへかし。かのやしろにはないしとて、いうなるまひひめあまたさふらふなれば、めづらしくおもひまゐらせて、もてなしまゐらせさふらはんずらん。なにごとのごきせいやらんとたづねまうしさふらはば、ありのままにおほせさふらふべし。さておんげかうのとき、むねとのないしいちりやうにん、みやこまでめしぐせさせたまひてさふらはば、さだめてにしはちでうのていへぞまゐりさふらはんずらん。にふだうなにごとぞとたづねまうされさふらはば、ありのままにぞまうしさふらはんずらん。にふだうはきはめてものめでしたまふひとなれば、しかるべきはからひもあんぬとおぼえさふらふ」とまうしければ、とくだいじどの、「P160
これこそおもひよらざりつれ。さらばやがてまゐらん」とてにはかにしやうじんはじめつつ、いつくしまへぞまゐられける。げにもいうなるまひひめどもおほかりけり。「
そもそもたうしやへは、われらがしうの、へいけのきんだちたちこそ、おんまゐりさぶらふに、これこそめづらしきおんまゐりにてさぶらへ」とて、むねとのないしじふよにん、よるひるつきそひまゐらせて、やうやうにもてなしたてまつる。さてないしども、「なにごとのごきせいやらん」とたづねさふらへば、「だいしやうをひとにこえられて、そのいのりのためなり」とぞのたまひける。いちしちにちごさんろうあつて、かぐらをそうし、ふうぞく、さいばらうたはる。そのあひだにぶがくもさんかどまでありけり。さておんげかうのとき、むねとのないしじふよにん、ふねおしたてて、ひとひぢおくりたてまつる。とくだいじどの、「あまりになごりをしきに、いまひとひぢ、いまふつかぢ」とのたまひて、みやこまでめしぐせさせたまひ、とくだいじのていへいれさせおはしまし、やうやうにもてなし、さまざまのひきでものたうでかへされけり。ないしども、「はるばるこれまでのぼりたらんずるに、いかでかわれらがしうの、へいけへまゐらであるべきか」とて、にしはちでうどのへぞさんじたる。にふだうやがていであひたいめんしたまひて、「いかにないしどもは、ただいまなにごとのれつさんぞや」とのたまへば、「とくだいじどののいつくしまへおんまゐりさぶらふほどに、われらがふねをしたてて、ひとひぢおくりまゐらせて、それよりいとままうしければ、とくだいじどの、さりとてはなごりをしきに、いまひとひぢ、いまふつかぢとおほせられて、これまでめしぐせられてさふらふ」とまうす。にふだう、「とくだいじはP161なにごとのきせいに、いつくしまへはまゐられけるやらん」ととひたまへば、「だいしやうをひとにこえられて、そのいのりのためとこそおほせはんべりつれ」とまうしければ、そのときにふだうおほきにうちうなづいて、「わうじやうにさしもあらたなるれいぶつれいしやのいくらもましますをさしおいて、じやうかいがあがめたてまつるいつくしまへはるばるとまゐられけるこそいとほしけれ。それほどまでせつならんうへは」とて、ちやくししげもりないだいじんのさだいしやうにておはしけるをじせさせたてまつり、じなんむねもりだいなごんのうだいしやうにておはしけるをこえさせて、とくだいじをさだいしやうにぞなされける。あはれかしこきはからひかな。しんだいなごんも、かやうのはかりごとをばしたまはで、よしなきむほんおこして、わがみもしそんも、ほろびぬるこそうたてけれ。
「さんもんめつばう」(『さんもんめつばう だうじゆかつせん』)S0212さるほどに、ほふわうはみゐでらのこうけんそうじやうをごしはんとして、しんごんのひほふをでんじゆせさせおはします。だいにちきやう、こんがうちやうきやう、そしつぢきやう、このさんぶのひきやうをうけさせたまひて、くぐわつよつかのひ、みゐでらにてごくわんぢやうあるべきよしきこゆ。さんもんのだいしゆいきどほりまうしけるは、「むかしよりごくわんぢやうおんじゆかい、みなたうざんにしてとげさせたまふことせんぎなり。P162なかんづくさんわうのけだうは、じゆかいくわんぢやうのためなり。しかるをいまみゐでらにてとげさせおはしまさば、てらをいつかうやきはらふべし」とぞまうしける。ほふわう、「これむやくなり」とて、おんけぎやうばかりごけつぐわんあつて、ごくわんぢやうをばおぼしめしとどまらせたまひけり。されどもごほんいなればとて、こうけんそうじやうをめしぐしつつ、てんわうじへごかうなつて、ごちくわうゐんをたて、かめゐのみづをごびやうのちすゐとさだめ、ぶつぽふさいしよのれいちにてぞ、でんぽふくわんぢやうをばとげさせおはします。さんもんのさうどうをしづめられんがために、みゐでらにてごくわんぢやうはなかりしかども、さんもんにはだうじゆがくしやう、ふくわいのこといできて、かつせんどどにおよぶ。まいどにがくりようちおとさる。さんもんのめつばう、てうかのおんだいじとぞみえし。だうじゆといふは、がくしやうのしよじうなりけるわらんべの、ほふしになりたるや、もしはちうげんぼふしばらにてもやありけん。ひととせこんがうじゆゐんのざす、かくじんごんそうじやうぢさんのとき、さんたふにけつばんして、げしゆとかうしてほとけにはなまゐらせしものどもなり。しかるをきんねんぎやうにんとて、だいしゆをもことともせず、かくどどのいくさにうちかちぬ。だうじゆらししゆのめいをそむいて、すでにむほんをくはだつ、すみやかにちうばつせらるべきよし、だいしゆくげへそうもんし、ぶけにふれうつたふ。これによつてにふだうしやうこくゐんぜんをうけたまはつて、きのくにのぢうにん、ゆあさのごんのかみむねしげいげ、きないのつはものにせんよにん、だいしゆにさしそへて、だうじゆをせめらる。だうじゆひごろはとうやうばうにありけるが、これをきいて、あふみのくにさんがのしやうにげかうして、すたのせいをそつしてまたとうざんし、さういざかにP163じやうくわくをかまへてたてこもる。おなじきくぐわつはつかのひのたつのいつてんに、だいしゆさんぜんにん、くわんぐんにせんよにん、つがふそのせいごせんよにん、さういざかにおしよせて、ときをどつとぞつくりける。じやうのうちよりいしゆみはづしかけたりければ、だいしゆくわんぐんかずをつくしてうたれにけり。だいしゆはくわんぐんをさきだてんとす、くわんぐんはまただいしゆをさきだてんとあらそふほどに、こころごころになつて、はかばかしうもたたかはず。だうじゆにかたらふあくたうといふは、しよこくのせつたうがうたうさんぞくかいぞくらなり。よくしんしじやうにして、ししやうふちのやつばらなりければ、われいちにんとおもひきつてたたかふほどに、こんどもまたがくしやういくさにまけにけり。
(『さんもんめつばう』)S0213そののちはさんもんいよいよあれはてて、じふにぜんじゆのほかは、しぢうのそうりよまれなり。たにだにのかうえんまめつして、だうだうのぎやうぼふもたいてんす。しゆがくのまどをとぢ、ざぜんのゆかをむなしうせり。しけうごじのはるのはなもにほはず、さんだいそくぜのあきのつきもくもれり。さんびやくよさいのほふとうをかかぐるひともなく、ろくじふだんのかうのけぶりもたえやしにけん。だうじやたかくそびえて、さんぢうのかまへをせいかんのうちにさしはさみ、とうりやうはるかにひいでて、しめんのたるきをはくぶのあひだにかけたりき。されどもいまはくぶつをみねのあらしにまかせ、きんようをこうれきにうるほし、よるのつきともしびをかかげて、のきのひまよりもり、あかつきのつゆたまをたれて、れんざのよそほひをそふとかや。それまつだいのぞくにいたつては、さんごくのぶつぽふもしだいにすゐびせり。とほくてんぢくにぶつせきをとぶらふに、むかしほとけののりをときたまひしちくりんしやうじや、ぎつこどくをんも、このごろはこらうやかんのP164すみかとなつて、いしずゑのみやのこるらん。はくろちにはみづたえて、くさのみふかくしげれり。たいぼんげじようのそとばもこけのみむしてかたぶきぬ。しんだんにもてんだいさん、ごだいさん、はくばじ、ぎよくせんじも、いまはぢうりよなきさまにあれはてて、だいせうじようのほふもんも、はこのそこにやくちぬらん。わがてうにもなんとのしちだいじあれはてて、はつしうくしうもあとたえ、あたごたかをも、むかしはだうたふのきをならべたりしかども、いちやのうちにあれはてて、てんぐのすみかとなりはてぬ。さればにや、さしもやんごとなかりつるてんだいのぶつぽふも、ぢしようのいまにおよんで、ほろびはてぬるにや。こころあるひとのなげきかなしまぬはなかりけり。なにもののしわざにてやありけん、りさんしけるそうのばうのはしらに、いつしゆのうたをぞかきつけたる。
いのりこしわがたつそまのひきかへてひとなきみねとあれやはてなむ W009
これはむかしでんげうだいし、たうざんさうさうのはじめ、あのくたらさんみやくさんぼだいのほとけたちにいのりまうさせたまひしことを、いまおもひいでてよみたりけるにや。いとやさしうぞきこえし。やうかはやくしのひなれども、なむととなふるこゑもせず、うづきはすゐじやくのつきなれども、へいはくをささぐるひともなく、あけのたまがきかみさびて、しめなはのみやのこるらん。P165
「ぜんくわうじえんしやう」(『ぜんくわうじえんしやう』)S0214そのころしなののくにぜんくわうじえんしやうのことありけり。かのによらいは、むかしちうてんぢくしやゑこくに、ごしゆのあくびやうおこつて、じんそうおほくほろびしとき、ぐわつかいちやうじやがちせいによつて、りゆうぐうじやうよりえんぶだごんをえて、ほとけ、もくれんちやうじや、こころをひとつにして、いあらはしたまへるいつちやくしゆはんのみだのさんぞん、さんごくぶさうのれいざうなり。ぶつめつどののち、てんぢくにとどまらせたまふことごひやくよさい、されどもぶつぽふとうぜんのことわりにて、はくさいこくにうつらせたまひて、いつせんざいののち、はくさいのみかどせいめいわう、わがてうのみかどきんめいてんわうのぎようにおよびて、かのくによりこのくにへうつらせたまひて、つのくになんばのうらにして、せいざうをおくらせおはします。つねにこんじきのひかりをはなたせたまふ。これによつてねんがうをばこんくわうとかうす。おなじきさんねんさんぐわつじやうじゆんに、しなののくにのぢうにんおほみのほんだよしみつ、みやこへのぼり、によらいにあひたてまつり、やがていざなひまゐらせてくだりけるが、ひるはよしみつによらいをおひたてまつり、よるはよしみつによらいにおはれたてまつて、しなののくにへくだり、みのちのこほりにあんぢしたてまつしよりこのかた、せいざうはごひやくはちじふよさい、されどもえんしやうはこれはじめとぞうけたまはる。わうぼふつきんとては、ぶつぽふまづばうずといへり。さればにや、さしもやんごとなかりつるれいじP166れいさんのおほくほろびうせぬることは、わうぼふのすゑになりぬるぜんべうやらんとぞひとまうしける。
「やすよりのつと」(『やすよりのつと』)S0215さるほどにきかいがしまのるにんども、つゆのいのちくさばのすゑにかかつて、をしむべしとにはあらねども、たんばのせうしやうのしうとへいさいしやうのりもりのりやう、ひぜんのくにかせのしやうより、いしよくをつねにおくられたりければ、それにてぞしゆんくわんもやすよりもいのちいきてはすごしける。なかにもやすよりはながされしとき、すはうのむろづみにてしゆつけしてげり。ほふみやうをばしやうせうとこそついたりけれ。しゆつけはもとよりのぞみなりければ、
つひにかくそむきはてけるよのなかをとくすてざりしことぞくやしき W010
たんばのせうしやうとやすよりにふだうは、もとよりくまのしんじんのひとびとにておはしければ、「いかにもしてこのしまのうちに、さんじよごんげんをくわんじやうしたてまつて、きらくのことをいのらばや」といふに、てんぜいこのしゆんくわんは、ふしんだいいちのひとにて、これをもちひず、ににんはおなじこころにて、もしくまのににたるところもやあると、しまのうちをたづねまはるに、あるひはりんたうのたへなるあり、こうきんしうのよそほひしなじなに、あるひはうんれいのあやしきあり、へきらりようのいろひとつにP167あらず。
やまのけしき、きのこだちにいたるまで、ほかよりもなほすぐれたり。みなみをのぞめば、かいまんまんとして、くものなみけむりのなみふかく、きたをかへりみれば、またさんがくのががたるより、はくせきのりうすゐみなぎりおちたり。たきのおとことにすさまじく、まつかぜかみさびたるすまひ、ひれうごんげんのおはしますなちのおやまにさもにたりけり。さてこそやがて、そこをばなちのおやまとはなづけけれ。このみねはしんぐう、かれはほんぐう、これはそんじやうそのわうじ、かのわうじなど、わうじわうじのなをまうして、やすよりにふだうせんだちにて、たんばのせうしやうあひぐしつつ、ひごとにくまのまうでのまねをして、きらくのことをぞいのりける。「なむごんげんこんがうどうじ、ねがはくはあはれみをたれさせおはしまし、われらをいまいちどこきやうへかへしいれさせたまひて、さいしをもみせしめたまへ」とぞいのりける。ひかずつもつて、たちかふべきじやうえもなければ、あさのころもをみにまとひ、さはべのみづをこりにかいては、いはだがはのきよきながれとおもひやり、たかきところにあがつては、ほつしんもんとぞくわんじける。
やすよりにふだうは、まゐるたびごとに、さんじよごんげんのおんまへにてのつとをまうすに、ごへいがみもなければ、はなをたをつてささげつつ、「ゐあたれるさいし、ぢしようぐわんねんひのとのとり、つきのならびはとつきふたつき、ひのかずさんびやくごじふよかにち、きちにちりやうしんをえらんで、かけまくもかたじけなくにつぽんだいいちだいりやうげん、ゆやさんじよごんげん、ひれうだいさつたのけうりやう、うづのひろまへにして、しんじんのだいせしゆ、うりんふぢはらのなりつね、ならびにしやみしやうせう、いつしんしやうじやうのまことをいたし、さんごふP168さうおうのこころざしをぬきんでて、つつしんでもつてうやまつてまうす。それしようじやうだいぼさつは、さいどくかいのけうしゆ、さんじんゑんまんのかくわうなり。あるひはとうばうじやうるりいわうのしゆ、しゆびやうしつぢよのによらいなり。あるひはなんぱうふだらくのうげのしゆ、にふぢうげんもんのだいじ、にやくわうじはしやばせかいのほんじゆ、せむいしやのだいじ、ちやうじやうのぶつめんをげんじて、しゆじやうのしよぐわんをみてしめたまへり。これによつて、かみいちじんよりしもばんみんにいたるまで、あるひはげんぜあんをんのため、あるひはごしやうぜんしよのために、あしたにはじやうすゐをむすんでぼんなうのあかをすすぎ、ゆふべにはしんざんにむかつてほうがうをとなふるに、かんおうおこたることなし。ががたるみねのたかきをば、しんとくのたかきにたとへ、けんけんたるたにのふかきをば、ぐぜいのふかきになぞらへて、くもをわきてのぼり、つゆをしのいでくだる。ここにりやくのちをたのまずんば、いかでかあゆみをけんなんのみちにはこばん。ごんげんのとくをあふがずんば、なんぞかならずしもいうゑんのさかひにましまさんや。よつてしようじやうごんげん、ひれうだいさつた、おのおのしやうれんじひのまなじりをあひならべ、さをしかのおんみみをふりたてて、われらがむにのたんぜいをちけんして、いちいちのこんしをなふじゆしたまへ。しかればすなはち、むすぶはやたまのりやうじよごんげん、きにしたがつて、あるひはうえんのしゆじやうをみちびき、あるひはむえんのぐんるゐをすくはんがために、しつぽうしやうごんのすみかをすてて、はちまんしせんのひかりをやはらげ、ろくだうさんうのちりにどうじたまへり。かるがゆゑにぢやうごふやくのうてん、ぐぢやうじゆ、とくぢやうじゆのらいはいそでをつらね、へいはくれいてんをささぐることひまなし。にんにくのころもをかさね、かくだうのはなをささげて、じんでんのゆかをうごかし、しんじんのみづをすまして、りしやうのいけをたたへたり。しんめいなふじゆしたまはば、P169しよぐわんなんぞじやうじゆせざらん。あふぎねがはくは、じふにしよごんげん、おのおのりしやうのつばさをならべ、はるかにくかいのそらにかけり、させんのうれへをやすめて、すみやかにきらくのほんくわいをとげしめたまへ。さいはい」とぞやすよりのつとをばまうしける。
「そとばながし」(『そとばながし』)S0216さるほどにににんのひとびと、つねはさんじよごんげんのおんまへにまゐり、つやするをりもありけり。あるよににんまゐつて、よもすがらいまやううたひ、まひなんどまひて、あかつきがたくるしさに、ちつとうちまどろみたりつるゆめに、おきよりしろいほかけたるこぶねをいつそう、みぎはへこぎよせ、ふねのうちよりくれなゐのはかまきたりけるにようばうたち、にさんじふにんなぎさにあがり、つづみをうち、こゑをととのへて、
よろづのほとけのぐわんよりもせんじゆのちかひぞたのもしき
かれたるくさきもたちまちにはなさきみなるとこそきけ
とおしかへしおしかへしさんべんうたひすまして、かきけすやうにぞうせにける。やすよりにふだうゆめさめてのち、きいのおもひをなしつつ、「いかさまにもこれはりうじんのけげんとおぼえさふらふ。くまのさんじよごんげんのうちに、にしのごぜんとまうしたてまつるは、ほんぢせんじゆくわんおんにておはします。P170りうじんはすなはちせんじゆのにじふはちぶしゆのそのひとつにておはしませば、もつてごなふじゆこそたのもしけれ」。あるよまたににんまゐつてつやしたりけるゆめに、おきよりもふきくるかぜに、このはをふたつ、ににんがたもとにふきかけたり。なんとなうこれをとつてみければ、みくまののなぎのはにてぞありける。かのふたつのなぎのはに、いつしゆのうたをむしぐひにこそしたりけれ。
ちはやぶるかみにいのりのしげければなどかみやこへかへらざるべき W011
やすよりにふだうは、あまりにこきやうのこひしきままに、せめてのはかりごとにや、せんぼんのそとばをつくり、あじのぼんじ、ねんがうつきひ、けみやうじつみやう、にしゆのうたをぞかきつけける。
さつまがたおきのこじまにわれありとおやにはつげよやへのしほかぜW012
おもひやれしばしとおもふたびだにもなほふるさとはこひしきものを W013
これをうらにもつていでて、「なむきみやうちやうらい、ぼんでんたいしやく、しだいてんわう、けんらうぢじん、わうじやうのちんじゆしよだいみやうじん、べつしてはくまののごんげん、あきのいつくしまのだいみやうじん、せめてはいつぽんなりとも、みやこへつたへてたべ」とて、おきつしらなみの、よせてはかへすたびごとに、そとばをうみにぞうかべける。そとばはつくりいだすにしたがつて、うみにいれければ、ひかずつもれば、そとばのかずもつもりけり。そのものおもふこころやたよりのかぜともなりたりけん、またしんめいぶつだもやおくらせたまひたりけん、せんぼんのそとばのなかに、いつぽんあきのくにいつくしまのだいみやうじんのおまへのなぎさにうちあげたり。P171
ここにやすよりにふだうがゆかりありけるそうの、もししかるべきたよりもあらば、かのしまへわたつて、そのゆくへをもたづねんとて、さいこくしゆぎやうにいでたりけるが、まづいつくしまへぞまゐりける。ここにみやうどとおぼしくて、かりぎぬしやうぞくなるぞくいちにんいできたり。このそうなんとなうものがたりをしけるほどに、「それしんめいは、わくわうどうぢんのりしやう、さまざまなりとはまうせども、なかにもこのおんかみは、いかなるいんえんをもつて、かいまんのうろくづにえんをばむすばせたまふらん」ととひたてまつれば、みやうどこたへていはく、「それはよな、しやかつらりうわうのだいさんのひめみや、たいざうかいのすゐじやくなり」。このしまへごやうがうありしはじめより、さいどりしやうのいまにいたるまで、じんじんきどくのことどもをぞかたりける。さればにや、はつしやのごてんいらかをならべ、やしろはわだづみのほとりなれば、しほのみちひにつきぞすむ。しほみちくれば、おほどりゐ、あけのたまがき、るりのごとし。しほひきぬれば、なつのよなれども、おまへのしらすにしもぞおく。このそういよいよたつとくおもひ、しづかにほつせまゐらせてゐたりけるが、やうやうひくれつきさしいでて、しほのみちくるに、おきよりそこはかとなくゆられよりけるもくづどものなかに、そとばのかたのみえけるを、なんとなうこれをとつてみければ、「さつまがたおきのこじまにわれあり」と、かきながせることのはなり。もじをばゑりいれきざみつけたりければ、なみにもあらはれず、あざあざとしてこそみえたりけれ。
このそうふしぎのおもひをなし、おひのかたにさして、みやこへかへりのぼり、やすよりにふだうがP172らうぼのにこう、さいしどもの、いちでうのきた、むらさきのといふところにしのびつつかくれゐたりけるに、これをみせたりければ、「さらば、このそとばが、もろこしのかたへもゆられゆかずして、なにしにこれまでつたへきて、いまさらものをおもはすらん」とぞかなしみける。はるかのえいぶんにおよんで、ほふわうこれをえいらんあつて、「あなむざん、このものどもがいのちのいまだいきてあるにこそ」とて、おんなみだをながさせたまふぞかたじけなき。これをこまつのおとどのもとへつかはされたりければ、ちちのぜんもんにみせたてまつらる。かきのもとのひとまるは、しまがくれゆくふねをおもひ、やまべのあかひとは、あしべのたづをながめたまふ。すみよしのみやうじんは、かたそぎのおもひをなし、みわのみやうじんは、すぎたてるかどをさす。むかしすさのをのみこと、さんじふいちじのやまとうたをよみはじめたまひしよりこのかた、もろもろのしんめいぶつだも、かのえいぎんをもつて、はくせんばんたんのおもひをのべたまふ。
「そぶ」にふだうもいはきならねば、さすがあはれげにこそのたまひけれ。(『そぶ』)S0217にふだうかくあはれみたまふうへは、きやうぢうのじやうげ、おいたるもわかきも、きかいがしまのるにんのうたとて、くちずさまぬはなかりけり。せんぼんまでつくりいだせるそとばなれば、さこそはちひさうもありけめ、P173さつまがたよりはるばるとみやこまでつたはりけるこそふしぎなれ。あまりにおもふことには、むかしもかくしるしありけるにや。いにしへかんわう、ここくをせめたまひしとき、はじめはりせうけいをたいしやうぐんにて、さんじふまんぎをむけらる。かんのたたかひよわくして、ここくのいくさかちにけり。あまつさへたいしやうぐんりせうけい、こわうのためにいけどらる。つぎにそぶをたいしやうぐんにて、ごじふまんぎをむけらる。こんどもまたかんのたたかひよわくして、ここくのいくさかちにけり。つはものろくせんよにんいけどりにせらる。そのなかにそぶをはじめとして、むねとのつはものろつぴやくさんじふよにん、すぐりいだいて、いちいちにかたあしをきつておつぱなたる。すなはちしぬるものもあり、ほどへてしするものもあり。そのなかにそぶはいちにんしなざりけり。かたあしをばきられながら、やまにのぼつてはこのみをひろひ、さとにいでてはねぜりをつみ、あきはたづらのおちぼひろひなんどしてぞ、つゆのいのちをばすごしける。たにいくらもありけるかりども、そぶにみなれておそれざりければ、これらはみなわがこきやうへかよふものぞかしとなつかしくて、おもふことひとふでかいて、「あひかまへてこれかんわうにえさせよ」といひふくめて、かりのつばさにむすびつけてぞはなちける。
かひがひしくもたのものかり、あきはかならずこしぢよりみやこへかよふものなるに、かんのせうていしやうりんゑんにぎよいうありしに、ゆうざれのそらうすくもり、なにとなくものあはれなりけるをりふし、ひとつらのかりとびわたる。そのなかよりがんひとつとびさがつて、おのがつばさにむすびつけたるP174たまづさを、くひきつてぞおとしける。くわんにんこれをとつて、みかどへまゐらせたりければ、ひらいてえいらんあるに、「むかしはがんくつのほらにこめられてさんしゆんのしうたんをおくり、いまはくわうでんのうねにすてられて、こてきのいつそくとなれり。たとひかばねはこのちにちらすといふとも、たましひはふたたびくんべんにつかへん」とぞかいたりける。それよりしてこそ、ふみをばがんしよともいひ、がんさつともまたなづけけれ。「あなむざん、そぶがほまれのあとなりけり。このものどもがいのちのいまだいきてあるにこそ」とて、りくわうといふしやうぐんにおほせて、ひやくまんぎをむけらる。こんどはかんのたたかひつよくして、ここくのいくさやぶれにけり。みかたたたかひかちぬときこえしかば、そぶはくわうやのなかよりはひいでて、「これこそいにしへのそぶよ」となのる。かたあしはきられながら、じふくねんのせいざうをおくりむかへ、こしにかかれてきうりへぞかへりける。そぶはじふろくのとし、ここくへむけられしとき、みかどよりくだしたまはつたりけるはたをば、まいてみをはなたずもちたりしを、いまとりいだいて、みかどのごげんざんにいれたりければ、きみもしんもかんたんなのめならず。そぶはきみのおんためにたいこうならびなかりしかば、だいこくあまたたまはつて、そのうへ、てんしよくこくといふつかさをぞくだされける。あまつさへりせうけいは、ここくにとどまつてつひにかへらず。いかにもしてかんてうへかへらんとのみなげきけれども、こわうゆるさねばちからおよばず。かんわうこれをばゆめにもしりたまはず、りせうけいはきみのおんために、すでにふちうなるものなりとて、むなしくなれるにしんがかばねをほりおこしてうたせらる。P175そのほかろくしんをみなつみせらる。りせうけいこのよしをつたへきいて、うらみふかうぞなりにける。さりながらもなほこきやうをこひつつ、まつたくふちうなきよしを、いつくわんのしよにつくつて、みかどへまゐらせたりければ、かんわうこれをえいらんあつて、「さてはふちうなかりけり。ふびんなることござんなれ」とて、ふぼがかばねをほりおこしてうたせられたりけることをぞ、かへつてくやしみたまひける。かんかのそぶは、しよをかりのつばさにつけてきうりへおくり、ほんてうのやすよりは、なみのたよりにうたをこきやうへつたふ。かれはいつぴつのすさみ、これはにしゆのうた、かれはじやうだい、これはまつだい、ここくきかいがしま、さかひをへだてて、よよはかはれども、ふぜいはおなじふぜい、ありがたかりしことどもなり。P176

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻三にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com