平家物語 巻第六  総かな版(元和九年本)
「しんゐんほうぎよ」(『しんいんほうぎよ』)S0601ぢしようごねんしやうぐわつひとひのひ、だいりには、とうごくのひやうがく、なんとのくわさいによつて、てうはいとどめられて、しゆしやうしゆつぎよもなし。もののねもふきならさず、ぶがくもそうせず、よしののくずもまゐらず、とうじのくぎやういちにんもさんぜられず。これはうぢでらぜうしつによつてなり。ふつかのひてんじやうのえんすゐもなく、なんにようちひそめて、きんちういまいましうぞみえし。ならびにぶつぽふわうぼふともにつきぬることぞあさましき。ほふわうおほせなりけるは、「しだいのていわう、おもへばこなり、まごなり。いかなればばんきのせいむをとどめられて、むなしうとしつきをおくるらん」とぞおんなげきありける。おなじきいつかのひ、なんとのそうがうらけつくわんぜられて、くじやうをちやうじし、しよしよくをもつしうせらる。さればかたのやうにても、ごさいゑはあるべきものをと、そうみやうのさたありしに、なんとのそうがうらは、みなけつくわんぜられぬ。ほくきやうのそうがうをもつておこなはるべきかと、くぎやうせんぎありしかども、P347さればとて、いまさらなんとをもすてはてさせたまふべきならねば、さんろんじうのがくしやう、じやうほふいかうがしのびつつ、くわんじゆじにかくれゐたりけるをめしいだいて、ごさいゑかたのごとくとげおこなはる。しゆとはみな、おいたるも、わかきも、あるひはいころされあるひはきりころされて、けぶりのうちをいでず、ほのほにむせんでほろびにしかば、わづかにのこるともがらは、さんりんにまじはつて、あとをとどむるものいちにんもなし。なかにもこうぶくじのべつたうけりんゐんのそうじやうやうえんは、ぶつざうきやうくわんのけぶりとたちのぼらせたまふをみまゐらせ、あなあさましとて、むねうちさわがれけるよりやまひついて、つひにうせたまひぬ。このやうえんはいうにやさしきひとにておはしけり。あるときほととぎすのなくをきいて、
きくたびにめづらしければほととぎすいつもはつねのここちこそすれ W041
といふうたをようでこそ、はつねのそうじやうとはいはれたまひけれ。しやうくわうは、をとどしほふわうのとばどのにおしこめられてわたらせたまひしおんこと、こぞたかくらのみやのうたれさせたまひしおんありさま、さしもたやすからぬてんがのだいじ、みやこうつりなどまうすことに、ごなうつかせたまひて、おんわづらはしうきこえさせたまひしが、いままたとうだいじこうぶくじのほろびぬるよしきこしめして、ごなういとどおもらせおはします。ほふわうなのめならずおんなげきありしほどに、おなじきじふしにちろくはらいけどのにて、しんゐんつひにほうぎよなりぬ。ぎようじふにねん、とくせいせんばんたん、ししよじんぎのすたれぬるみちをおこし、りせいあんらくのたえたるP348あとをつぎたまふ。さんみやうろくつうのらかんもまぬかれたまはず、げんじゆつへんげのごんじやものがれぬみちなれば、うゐむじやうのならひとはいひながら、ことわりすぎてぞおぼえける。やがてそのよ、ひがしやまのふもと、せいがんじへうつしたてまつり、ゆふべのけぶりにたぐへつつ、はるのかすみとのぼらせたまひぬ。ちようけんほふいん、ごさうそうにまゐりあはんとて、いそぎやまよりくだられけるが、はやみちにてけぶりとたちのぼらせたまふをみまゐらせて、なくなくかうぞえいじたまひける。
つねにみしきみがみゆきをけふとへばかへらぬたびときくぞかなしき W042
またあるにようばうの、みかどかくれさせたまひぬとうけたまはつて、なくなくおもひつづけけり。
くものうへにゆくすゑとほくみしつきのひかりきえぬときくぞかなしき W043
おんとしにじふいち、うちにはじつかいをたもつてじひをさきとし、ほかにはごじやうをみだらせたまはず、れいぎをただしうせさせおはします。まつだいのけんわうにておはしければ、よのをしみたてまつること、つきひのひかりをうしなへるがごとし。かやうにひとのねがひもかなはず、たみのくわはうもつたなき、ただにんげんのさかひこそかなしけれ。
「こうえふ」(『こうやう』)S0602たかくらのゐんございゐのおんとき、ひとのしたがひつきたてまつることは、おそらくはえんぎてんりやくのみかどとP349まうすとも、これにはいかでまさらせたまふべきとぞ、ひとまうしける。おほかたはけんわうのなをあげ、じんとくのかうをほどこさせおはしますことも、きみごせいじんののち、せいだくをわかたせたまひてのうへのおんことでこそあるに、むげにこのきみは、いまだえうしゆのおんときより、せいをにうわにうけさせおはします。さんぬるしようあんのころほひは、おんとしじつさいばかりにもやならせおはしましけん、あまりにこうえふをあいせさせたまひて、きたのぢんにこやまをつかせ、はじかへでの、まことにいろうつくしうもみぢたるをうゑさせ、もみぢのやまとなづけて、ひねもすにえいらんあるに、なほあきたらせたまはず。しかるをあるよのわきはしたなうふいて、こうえふみなふきちらし、らくえふすこぶるらうぜきなり。とのもりのとものみやづこ、あさぎよめすとて、これをことごとくはきすててげり。のこれるえだ、ちれるこのはをばかきあつめて、かぜすさまじかりけるあしたなれば、ぬひどののぢんにて、さけあたためてたべけるたきぎにこそしてげれ。ぶぎやうのくらんど、ぎやうがうよりさきにと、いそぎゆいてみるに、あとかたなし。「いかに」ととへば、しかじかとこたふ。「あなあさまし。さしもきみのしつしおぼしめされつるこうえふを、かやうにしつることよ。しらず、なんぢらきんごくるざいにもおよび、わがみもいかなるげきりんにかあづからんずらん」と、おもはじことなうあんじつづけてゐたりけるところに、しゆしやういとどしくよるのおとどをいでさせもあへず、かしこへぎやうがうなつて、もみぢをえいらんあるに、なかりければ、いかにとおんたづねありけり。くらんどなにとそうすべきむねもなし。ありのままにP350そうもんす。てんきことにおんこころよげにうちゑませたまひて、「りんかんにさけをあたためてこうえふをたくといふしのこころをば、さればそれらにはたれがをしへけるぞや。やさしうもつかまつたるものかな」とて、かへつてえいかんにあづかつしうへは、あへてちよくかんなかりけり。またあんげんのころほひ、おんかたたがひのぎやうがうのありしに、さらでだにけいじんあかつきをとなふこゑ、めいわうのねぶりをおどろかすほどにもなりしかば、いつもおんねざめがちにて、つやつやぎよしんもならざりけり。いはんやさゆるしもよのはげしきには、えんぎのせいたい、こくどのたみどもが、いかにさむかるらんとて、よるのおとどにしてぎよいをぬがせたまひけることなどまでも、おぼしめしいでて、わがていとくのいたらぬことをぞおんなげきありける。ややしんかうにおよんで、ほどとほくひとのさけぶこゑしけり。ぐぶのひとびとはききもつけられず。しゆしやうはきこしめして、「ただいまさけぶはなにものぞ。あれみてまゐれ」とおほせければ、うへぶししたるてんじやうびと、じやうにちのものにおほせてたづぬれば、あるつじにあやしのめのわらはの、ながもちのふたさげたるが、なくにてぞありける。「いかに」ととへば、「しうのにようばうの、ゐんのごしよにさぶらはせたまふが、このほどやうやうにしてしたてられたりつるきぬをもつてまゐるほどに、ただいまおとこのにさんにんまうできて、うばひとつてまかりぬるぞや。いまはおんしやうぞくがあらばこそ、ごしよにもさぶらはせたまはめ。またはかばかしうたちやどらせたまふべき。したしきおんかたもましまさず。これをおもひつづくるになくなり」とぞいひける。さてかのめのわらはをぐしてまゐり、このよしそうもんしたりければ、しゆしやうきこしめしてP351、「あなむざん、なにもののしわざにてかあるらん」とて、りようがんよりおんなみだをながさせたまふぞかたじけなき。「げうのよのたみは、げうのこころのすなほなるをもつてこころとするゆゑに、みなすなほなり。いまのよのたみは、ちんがこころをもつてこころとするゆゑに、かだましきものてうにあつてつみををかす。これわがはぢにあらずや」とぞおほせける。「さるにてもとられつらんきぬは、なにいろぞ」とおほせければ、しかじかのいろとそうす。けんれいもんゐん、そのときは、いまだちうぐうにてわたらせたまふときなり。そのおんかたへ、「さやうのいろしたるぎよいやさふらふ」とおんたづねありければ、さきのよりはるかにいろうつくしきがまゐりたるを、くだんのめのわらはにぞたまはせける。「いまだよふかし。またさるめにもぞあふ」とて、じやうにちのものをあまたつけて、しうのにようばうのつぼねまで、おくらせましましけるぞかたじけなき。されば、あやしのしづのを、しづのめにいたるまで、ただこのきみせんしうばんぜいのはうさんをぞいのりたてまつる。
「あふひのまへ」(『あふひのまへ』)S0603それになによりもまたあはれなりしことには、ちうぐうのおんかたにさぶらはれけるにようばうのめしつかひけるしやうとう、おもはざるほか、りようがんにしせきすることありけり。ただよのつねあからさまにてもなくして、まめやかにおんこころざしふかかりければ、しうのにようばうもめしつかはず、かへつてしうのごとくにぞP352、いつきもてなしける。『そのかみえうえいにいへることあり、をとこをうんでもきくわんすることなかれ、ぢよをうんでもひさんすることなかれ。なんはこれこうにだもほうぜられず、ぢよはひたり』とて、きさきにたつといへり。めでたかりけるさいはひかな。「このひとにようごきさきとももてなされ、こくもせんゐんともあふがれなんず」とて、そのなを、あふひのまへとまうしければ、ないないはあふひのにようごなどぞささやきあはれける。しゆしやうはこれをきこしめして、そののちはめさざりけり。これはおんこころざしのつきぬるにはあらず、ただよのそしりをはばからせたまふによつてなり。さればおんながめがちにて、つやつやぐごもきこしめさず、ごなうとてつねはよるのおとどにのみいらせおはします。そのときのくわんばくまつどの、このよしをうけたまはつて、「しゆしやうおんこころのつきぬることこそおはすなれ。まうしなぐさめまゐらせん」とて、いそぎごさんだいあつて、「さやうにえいりよにかからせましまさんにおいては、なんでふことかさふらふべき。くだんのにようばうめされまゐらすべしとおぼえさふらふ。しなたづねらるるにおよばず、もとふさやがていうしにつかまつりさふらはん」とそうせさせたまへば、しゆしやうおほせなりけるは、「いさとよ、そこにはからひまうすもさることなれども、くらゐをすべつてのちは、ままさるためしもあるなり。まさしうざいゐのとき、さやうのことはこうたいのそしりなるべし」とて、きこしめしもいれざりければ、くわんばくどのちからおよばせたまはず、おんなみだをおさへて、ごたいしゆつありけり。そののちしゆしやう、みどんのうすやうの、にほひことにふかかりけるに、ふるきことなれども、おぼしめしいでてP353、かうぞあそばされける。
しのぶれどいろにいでにけりわがこひはものやおもふとひとのとふまで W044
れんぜいのせうしやうたかふさ、これをたまはりついで、くだんのあふひのまへにたばせたれば、これをとつてふところにいれ、かほうちあかめ、れいならぬここちいできたりとて、さとへかへり、うちふすことごろくにちして、つひにはかなくなりにけり。きみがいちじつのおんのために、せふがはくねんのみをあやまつとも、かやうのことをやまうすべき。「むかしたうのたいそうの、ていじんきがむすめをげんくわんでんにいれんとせさせたまひしを、ぎちよう、かのむすめすでにりくしにやくせりといさめまうしたりければ、てんにいれらるることをとどめられたりしには、すこしもたがはせたまはぬ、いまのきみのおんこころばせかな」とぞ、ひとまうしける。
「こがう」(『こがう』)S0604しゆしやうはれんぼのおんなみだにおぼしめししづませたまひたるを、まうしなぐさめまゐらせんとて、ちうぐうのおかたより、こがうのとのとまうすにようばうをまゐらせらる。そもこのにようばうとまうすは、さくらまちのちうなごんしげのりのきやうのおんむすめ、きんちういちのびじん、ならびなきことのじやうずにてぞましましける。れんぜいのだいなごんりうはうのきやう、いまだせうしやうなりしとき、みそめたりしにようばうなり。はじめはP354うたをよみ、ふみをばつくされけれども、たまづさのかずのみつもりて、なびくけしきもなかりしが、さすがなさけによわるこころにや、つひにはなびきたまひけり。されどもいまはきみへめされまゐらせて、せんかたもなくかなしくて、あかぬわかれのなみだにや、そでしほたれて、ほしあへず。せうしやういかにもして、こがうのとのをいまいちどみたてまつることもやと、そのこととなくつねはさんだいせられけり。こがうのとののおはしけるつぼねのへん、かなたこなたへ、たたずみありきたまひけれども、こがうのとの、われきみへめされまゐらせぬるうへは、せうしやういかにまうすとも、ことばをもかはすべからずとて、つてのなさけをだにもかけられず。せうしやうもしやと、いつしゆのうたをようで、こがうのとののましましけるつぼねのみすのうちへぞなげいれける。
おもひかねこころはそらにみちのくのちかのしほがまちかきかひなし W045
こがうのとの、やがてへんじもせまほしうはおもはれけれども、きみのおんため、おんうしろめたしとやおもはれけん、てにだにとつてもみたまはず、やがてしやうとうにとらせて、つぼのうちへぞなげいださる。せうしやうなさけなううらめしけれども、さすがひともこそみれと、そらおそろしくて、いそぎとつてふところにひきいれていでられけるが、なほたちかへり、
たまづさをいまはてにだにとらじとやさこそこころにおもひすつとも W046
いまはこのよにてあひみんこともかたければ、いきてゐて、とにかくにひとをこひしとおもはんより、ただしなんとのみぞねがはれける。P355
にふだうしやうこく、このよしをつたへききたまひて、「ちうぐうとまうすもおんむすめ、れんぜいのせうしやうもまたむこなり。こがうのとのに、ふたりのむこをとられては、よのなかよかるまじ。いかにもして、こがうのとのをめしいだいてうしなはん」とぞのたまひける。こがうのとの、このよしをききたまひて、わがみのうへはとにもかくにもなりなん、きみのおんためおんこころぐるしとおもはれければ、あるよだいりをばまぎれいでて、ゆくへもしらずぞうせられける。しゆしやうおんなげきなのめならず、ひるはよるのおとどにのみいらせたまひて、おんなみだにしづませおはします。よるはなんでんにしゆつぎよなつて、つきのひかりをごらんじてぞ、なぐさませましましける。にふだうしやうこくこのよしをうけたまはつて、「さてはきみは、こがうゆゑにおぼしめししづませたまひたんなり。さらんにとつては」とて、おんかいしやくのにようばうたちをもまゐらせられず、さんだいしたまふひとびともそねまれければ、にふだうのけんゐにはばかつて、まゐりかよふしんかもなし。なんにようちひそめて、きんちういまいましうぞみえし。ころははちぐわつとをかあまりのことなれば、さしもくまなきそらなれども、しゆしやうはおんなみだにくもらせたまひて、つきのひかりもおぼろにぞごらんぜられける。ややしんかうにおよんで、「ひとやあるひとやある」とめされけれども、おいらへまうすものもなし。ややあつて、だんじやうのだいひつなかくに、そのよしもおとのゐにまゐりて、はるかにとほうさふらひけるが、「なかくに」とおいらへまうす。「なんぢちかうまゐれ。おほせくださるべきむねあり」とおほせければ、なにごとやらんとおもひ、ごぜんちかうぞさんじたる。「なんぢもしこがうがゆくへやしつたる」とおほせければP356、「いかでかしりまゐらせさふらふべき」とまうす。「まことやこがうは、さがのへん、かたをりどとかやしたるうちにありと、まうすもののあるぞとよ。あるじがなをばしらずとも、たづねてまゐらせてんや」とおほせければ、なかくに、「あるじがなをしりさふらはでは、いかでかたづねあひまゐらせさふらふべき」とまうしければ、しゆしやう、げにもとて、おんなみだせきあへさせましまさず。
なかくにつくづくものをあんずるに、まことやこがうのとのは、ことひきたまひしぞかし。このつきのあかさに、きみのおんことおもひいでまゐらせて、ことひきたまはぬことはよもあらじ。だいりにてことひきたまひしとき、なかくにふえのやくにめされまゐらせしかば、そのことのねは、いづくにてもききしらんずるものを。さがのざいけいくほどかあらん、うちまはつてたづねんに、などかききいださであるべきとおもひ、「ささふらはば、あるじがなはしらずさふらふとも、たづねまゐらせさふらふべし。たとひたづねあひまゐらせてさふらふとも、ごしよなどさふらはずは、うはのそらとやおぼしめされさふらはんずらん。ごしよをたまはつて、まゐりさふらはん」とまうしければ、しゆしやう、げにもとて、やがてごしよあそばいてぞくだされける。「れうのおむまにのりてゆけ」とおほせければ、なかくにれうのおむまたまはつて、めいげつにむちをあげ、にしをさしてぞあゆませける。をしかなくこのやまざととえいじけん、さがのあたりのあきのころ、さこそはあはれにもおぼえけめ。かたをりどしたるやをみつけては、このうちにもやおはすらんと、ひかへひかへききけれども、ことひくところはなかりけり。P357みだうなどへもまゐりたまへることもやと、しやかだうをはじめて、だうだうみまはれども、こがうのとのににたるにようばうだにもなかりけり。むなしうかへりまゐりたらんは、まゐらざらんより、なかなかあしかるべし。これよりいづちへも、まよひゆかばやとはおもへども、いづくかわうぢならぬ、みをかくすべきやどもなし。いかがせんとあんじわづらふ。まことやほふりんはほどちかければ、つきのひかりにさそはれて、まゐりたまへることもやと、そなたへむいてぞあくがれける。
かめやまのあたりちかく、まつのひとむらあるかたに、かすかにことぞきこえける。みねのあらしかまつかぜか、たづぬるひとのことのねか、おぼつかなくはおもへども、こまをはやめてゆくほどに、かたをりどしたるうちに、ことをぞひきすまされたる。ひかへてこれをききければ、すこしもまがふべうもなく、こがうのとののつまおとなり。がくはなにぞとききければ、をつとをおもうてこふとよむ、さうぶれんといふがくなりけり。なかくに、さればこそ、きみのおんことおもひいでまゐらせて、がくこそおほけれ、このがくをひきたまふことのやさしさよとおもひ、こしよりやうでうぬきいだし、ちつとならいて、かどをほとほととたたけば、ことをばやがてひきやみたまひぬ。「これはだいりよりなかくにがおつかひにまゐりてさふらふ。あけさせたまへ」とて、たたけどもたたけども、とがむるものもなかりけり。ややありて、うちよりひとのいづるおとしけり。うれしうおもひてまつところに、ぢやうをはづし、かどをほそめにあけ、いたいけしたるこにようばうの、かほばかりさしいだいて、「これはP358さやうにだいりよりおつかひなどたまはるべきところでもさぶらはず。もしかどたがへにてぞさぶらふらん」といひければ、なかくに、へんじせばかどたてられ、ぢやうさされなんずとやおもひけん、ぜひなくおしあけてぞいりにける。つまどのきはなるえんにゐて、「なんとてかやうのところにおんわたりさふらふやらん。きみはおんゆゑにおぼしめししづませたまひて、おんいのちもすでにあやふくこそみえさせましましさふらへ。かやうにまうさば、うはのそらとやおぼしめされさふらふらん。ごしよをたまはつてまゐりてさふらふ」とてとりいだいてたてまつる。ありつるにようばうとりついで、こがうのとのにぞまゐらせける。これをあけてみたまふに、まことにきみのごしよにてぞありける。やがておんぺんじかいてひきむすび、にようばうのしやうぞくひとかさねそへてぞいだされたる。なかくに、「おんぺんじのうへは、とかうまうすにおよびさふらはねども、べつのおつかひにてもさふらはばこそ。ぢきのおんぺんじうけたまはらでは、いかでかかへりまゐりさふらふべき」とまうしければ、こがうのとの、げにもとやおもはれけん、みづからへんじしたまひけり。「そこにもききたまひつらんやうに、にふだうあまりにおそろしきことをのみまうすとききしがあさましさに、あるよひそかにしのびつつ、だいりをばまぎれいでて、いまはかかるところのすまひなれば、ことひくこともなかりしが、あすよりおはらのおくへおもひたつことのさぶらへば、あるじのにようばう、こよひばかりのなごりををしみ、いまはよもふけぬ、たちきくひともあらじなどすすむるあひだ、さぞなむかしのなごりもさすがゆかしくて、てなれしことをひくほどに、やすうもききいだされけりな」とて、おんなみだせきあへたまはねば、なかくにもそぞろにP359そでをぞしぼりける。ややあつて、なかくになみだをおさへてまうしけるは、「あすよりおはらのおくへおぼしめしたつこととさふらふは、さだめておんさまなどもやかへさせたまひさふらはんずらん。しかるべうもさふらはず。さてきみをばなにとか、しまゐらせたまふべき。ゆめゆめかなひさふらふまじ。あひかまへてこのにようばういだしまゐらすな」とて、ともにめしぐしたるめぶ、きじちやうなどとどめおき、そのやをしゆごせさせ、わがみはれうのおむまにうちのつて、だいりへかへりまゐつたれば、よはほのぼのとぞあけにける。なかくに、やがてれうのおむまつながせ、にようばうのしやうぞくをば、はねむまのしやうじにうちかけて、いまはさだめてぎよしんもなりつらん、たれしてかまうすべきとおもひ、なんでんをさしてまゐるほどに、しゆしやうはいまだゆうべのござにぞましましける。「みなみにかけりきたにむかふ、かんうんをあきのかりにつけがたし。ひがしにいでにしにながる、ただせんばうをあかつきのつきによす」と、おんこころほそげにうちながめさせたまふところに、なかくにつとまゐりつつ、こがうのとののおんぺんじをこそまゐらせけれ。しゆしやうなのめならずにぎよかんあつて、「さらばなんぢやがてゆふさりぐしてまゐれ」とぞおほせける。なかくに、にふだうしやうこくのかへりききたまはんところはおそろしけれども、これまたちよくぢやうなれば、ひとにくるまかつて、さがへゆきむかふ。こがうのとのまゐるまじきよしのたまへども、やうやうにこしらへたてまつりて、くるまにのせたてまつりて、だいりへまゐりたりければ、かすかなるところにしのばせて、よなよなめされまゐらせけるほどに、ひめみやごいつしよいできさせたまひけり。ばうもんのによゐんとはこのみやのおんことなり。P360
にふだうしやうこく、「こがうがうせたりといふは、あとかたもなきそらごとなり。いかにもしてうしなはん」とのたまひけるが、なにとしてかはたばかりいだされたりけん、こがうのとのをとらへつつ、あまになしてぞおつぱなたる。としにじふさん。しゆつけはもとよりのぞみなりけれども、こころならずあまになされ、こきすみぞめにやつれはて、さがのおくにぞすまれける。むげにうたてきことどもなり。しゆしやうはかやうのことどもにごなうつかせたまひて、つひにかくれさせたまひけるとかや。ほふわううちつづき、おんなげきのみぞしげかりける。さんぬるえいまんには、だいいちのみこにでうのゐんほうぎよなりぬ。あんげんにねんのしちぐわつには、おんまごろくでうのゐんかくれさせたまひぬ。てんにすまばひよくのとり、ちにあらばれんりのえだとならんと、あまのがはのほしをさして、さしもおんちぎりあさからざりしけんしゆんもんゐん、あきのきりにをかされて、あしたのつゆときえさせたまひぬ。としつきはへだたれども、きのふけふのおんわかれのやうにおぼしめして、おんなみだもいまだつきせざるに、ぢしようしねんのごぐわつには、だいにのわうじたかくらのみやうたれさせたまひぬ。げんぜごしやうたのみおぼしめされつるしんゐんさへ、さきだたせたまひぬれば、とにかくに、かこつかたなきおんなみだのみぞしげかりける。「かなしみのいたつてかなしきは、おいてのち、こにおくれたるよりもかなしきはなし。うらみのいたつてうらめしきは、わかうしておやにさきだつよりも、うらめしきはなし」と、かのあさつなのしやうこうの、しそくすみあきらにおくれて、かきたりけるふでのあと、いまこそおぼしめししられけれ。かのいちじようめうでんのP361ごどくじゆも、おこたらせたまはず、さんみつぎやうぼふのごくんじゆも、こうつもらせおはします。てんがりやうあんになりしかば、おほみやびともおしなべて、はなのたもとややつれけん。
「めぐらしぶみ」(『めぐらしぶみ』)S0605にふだうしやうこく、かやうにいたくなさけなうあたりたてまつられたりけることを、さすがそらおそろしうやおもはれけん、ほふわうなぐさめまゐらせんとて、あきのいつくしまのないしがはらのひめぎみの、しやうねんじふはちになりたまふをぞ、ほふわうへはまゐらせらる。たうけたけのくぎやうおほくぐぶして、ひとへににようごまゐりのごとくにてぞありける。しやうくわうかくれさせたまひて、わづかにしちにちだにすぎざるに、しかるべからずとぞ、ひとびとささやきあはれける。さるほどにそのころしなののくにに、きそのじらうよしなかといふげんじありときこえけり。かれはこたてはきせんじやうよしかたがじなんなり。しかるをちちよしかたは、さんぬるきうじゆにねんはちぐわつじふににち、かまくらのあくげんだよしひらがためにちうせられぬ。そのときはいまだにさいなりしを、ははかかへて、なくなくしなのへくだり、きそのちうざうかねとほがもとにゆいて、「これいかにもしてそだてて、ひとになして、われにみせよ」といひければ、かねとほかひがひしううけとつてやういくす。やうやうちやうだいするままに、ようぎたいはいひとにすぐれ、こころもならびなくかうなりけり。P362ちからのつよさ、ゆみやうちものとつては、すべてしやうこのたむら、としひと、よごしやうぐん、ちらい、ほうしやう、せんぞらいくわう、ぎかのあつそんといふとも、これにはいかでかまさるべきとぞひとまうしける。
じふさんでげんぶくしたりしにも、まづやはたへまゐり、つやして、「わがしだいのそぶぎかのあつそんは、このおんがみのおんことなして、なをはちまんたらうよしいへとかうしき。かつうはそのあとをおふべしとて、ごほうぜんにてもとどりとりあげ、きそのじらうよしなかとこそつけたりけれ。つねはめのとのちうざうにぐせられて、みやこへのぼり、へいけのふるまひありさまどもをも、よくよくみうかがひけり。きそあるときめのとのかなとほをようで、「そもそもひやうゑのすけよりともは、とうはつかこくをうちしたがへて、とうかいだうよりせめのぼり、へいけをおひおとさんとすなり。よしなかもとうせんほくろくりやうだうをしたがへて、いまいちにちもさきにへいけをほろぼして、たとへばにつぽんごくにふたりのしやうぐんとあふがれんとおもふはいかに」とのたまへば、かねとほおほきにかしこまりよろこんで、「そのれうにこそ、きみをばこのにじふよねんまでやういくしたてまつてさふらへ。かやうにおほせらるるこそ、はちまんどののおんすゑともおぼえさせましませ」とて、やがてむほんをくはだつ。「まづめぐらしぶみさふらふべし」とて、しなののくにには、ねのゐのこやたしげののゆきちかをかたらふに、そむくことなし。これをはじめてしなのいつこくのつはものども、みなしたがひつきにけり。かうづけのくにには、たごのこほりのつはものども、ちちよしかたがよしみによつて、これもしたがひつきにけり。へいけのすゑにP363なりぬるをりをえて、げんじねんらいのそくわいをとげんとす。
「ひきやくたうらい」(『ひきやくたうらい』)S0606きそといふところは、しなのにとつてもみなみのはし、みのざかひなれば、みやこもむげにほどちかし。へいけのひとびと、「とうごくのそむくだにあるに、ほくこくさへこはいかに」とて、おほきにおそれさわがれけり。にふだうしやうこくのたまひけるは、「たとひしなのいつこくのものどもこそ、きそにしたがひつくといふとも、ゑちごのくにには、よごしやうぐんのばつえふ、じやうのたらうすけなが、おなじきしらうすけもち、これらはきやうだいともにたぜいのものなり。おほせくだしたらんに、やすううつてまゐらせてんず」とのたまへば、「げにも」とまうすひともあり、「いやいや、ただいまおんだいじにおよびなんず」と、ささやくひとびともありけるとかや。にんぐわつひとひのひ、ぢもくおこなはれて、ゑちごのくにのぢうにん、じやうのたらうすけなが、ゑちごのかみににんず。これはきそつゐたうせらるべきはかりごととぞきこえし。おなじきなぬかのひ、だいじんくぎやう、いへいへにして、そんじようだらにならびにふどうみやうわうかきくやうせらる。これはひやうらんつつしみのためとぞきこえし。おなじきここのかのひ、かはちのくにのいしかはのこほりにきよぢうしけるむさしのごんのかみにふだうよしもと、しそくいしかはのはんぐわんだいよしかぬ、これもへいけをそむいて、よりともにこころをかよはしてP364、とうごくへおちくだるべしなどきこえしかば、へいけやがてうつてをつかはす。たいしやうぐんにはげんだいふのはうぐわんすゑさだ、つのはうぐわんもりずみ、つがふそのせいさんぜんよきで、かはちのくにへはつかうす。じやうのうちには、よしもとぼつしをはじめとして、わづかひやくきばかりにはすぎざりけり。うのこくよりやあはせして、ひとひたたかひくらし、よにいりければ、よしもとぼつしうちじにす。しそくいしかはのはんぐわんだいよしかぬは、いたでおうていけどりにこそせられけれ。おなじきじふいちにち、よしもとぼつしがかうべ、みやこへいつておほぢをわたさる。りやうあんにぞくしゆをわたさるること、ほりかはのゐんほうぎよのとき、さきのつしまのかみみなもとのよしちかがかうべをわたされし、そのれいとぞきこえし。
あくるじふににち、ちんぜいよりひきやくたうらい、うさのだいぐうじきんみちがまうしけるは、ちんぜいのものども、をがたのさぶらうこれよしをはじめとして、うすき、へつぎ、まつらたうにいたるまで、いつかうへいけをそむいて、げんじにどうしんのよしまうしたりければ、へいけのひとびと、「とうごくほくこくのそむくだにあるに、さいこくさへこはいかに」とて、てをうつてあさみあはれけり。おなじきじふろくにち、いよのくによりひきやくたうらい、こぞのふゆのころより、いよのくにのぢうにん、かはののしらうみちきよ、いつかうへいけをそむいて、げんじにどうしんのあひだ、びんごのくにのぢうにん、ぬかのにふだうさいじやくは、へいけにこころざしふかかりければ、そのせいさんぜんよきでいよのくにへおしわたり、だうぜんだうごのさかひなるたかなほのじやうにおしよせて、さんざんにせめければ、かはののしらうみちきようちじにす。しそくかはののしらうみちのぶは、あきのくにのぢうにん、ぬたのじらうはははかたのをぢなりければ、それへこえてありあはず、ちちをうたせてやすからずおもひけるが、いかにもしてP365さいじやくをうつとらんとぞうかがひける。ぬかのにふだうさいじやくは、しこくのらうぜきをしづめて、こんねんしやうぐわつじふごにち、びんごのともへおしわたり、いうくんいうぢよどもめしあつめて、あそびたはぶれ、さかもりけるところへ、かはののしらうみちのぶ、おもひきつたるものども、ひやくよにんあひかたらつて、ばつとおしよす。さいじやくがかたにもさんびやくよにんありけれども、にはかごとにてありければ、おもひまうけず、あわてふためきけるが、たてあふものをばいふせきりふせ、まづさいじやくをいけどつて、いよのくにへおしわたり、ちちがうたれたるたかなほのじやうまでさげもてゆき、のこぎりにてくびをきつたりともきこゆ。またはつつけにしたりともきこえけり。(『にうだうしきよ』)S0607そののちはしこくのものども、かはののしらうにしたがひつく。またきのくにのぢうにん、くまののべつたうたんぞうは、へいけぢうおんのみなりしが、たちまちにこころがはりして、げんじにどうしんのよしきこえしかば、へいけのひとびと、とうごくほくこくのそむくだにあるに、なんかいさいかいかくのごとし。いてきのほうきみみをおどろかし、げきらんのせんべうしきりにそうす。しいたちまちにおこれり。よすでにうせなんとすることは、かならずへいけのいちもんにあらねども、こころあるひとびとの、なげきかなしまぬはなかりけり。P366
「にふだうせいきよ」おなじきにじふさんにち、ゐんのてんじやうにて、にはかにくぎやうせんぎあり。さきのうだいしやうむねもりのきやうのまうされけるは、こんどばんどうへうつてはむかうたりといへども、させるしいだしたることもなし。こんどはむねもりたいしやうぐんをうけたまはつて、とうごくほくこくのきようとらをつゐたうすべきよしまうされければ、しよきやうしきだいして、「むねもりのきやうのまうしじやう、ゆゆしうさふらひなんず」とぞまうされける。ほふわうおほきにぎよかんありけり。くぎやうてんじやうびとも、ぶくわんにそなはり、すこしもきうせんにたづさはらんほどのひとびとは、むねもりをたいしやうぐんとして、とうごくほくこくのきようとらを、つゐたうすべきよしおほせくださる。おなじきにじふしちにちかどでして、すでにうつたたんとしたまひけるやはんばかりより、にふだうしやうこくゐれいのここちとて、とどまりたまひぬ。あくるにじふはちにち、ぢうびやうをうけたまへりときこえしかば、きやうぢうろくはらひしめきあへり。「すはしつるは」。「さみつることよ」とぞささやきける。にふだうしやうこくやまひつきたまへるひよりして、ゆみづものどへいれられず、みのうちのあつきことは、ひをたくがごとし。ふしたまへるところ、しごけんがうちへいるものは、あつさたへがたし。ただのたまふこととては、「あたあた」とばかりなり。まことにただごとともP367みえたまはず。あまりのたへがたさにや、ひえいさんよりせんじゆゐのみづをくみくだし、いしのふねにたたへ、それにおりてひえたまへば、みづおびたたしうわきあがつて、ほどなくゆにぞなりにける。もしやとかけひのみづをまかすれば、いしやくろがねなどのやけたるやうに、みづほとばしつてよりつかず。おのづからあたるみづは、ほむらとなつてもえければ、こくえんてんちうにみちみちて、ほのほうづまいてぞあがりける。これやむかしほふざうそうづといひしひと、えんわうのしやうにおもむいて、ははのしやうじよをたづねしに、えんわうあはれみたまひて、ごくそつをあひそへて、せうねつぢごくへつかはさる。くろがねのもんのうちへさしいつてみれば、りうしやうなどのごとくに、ほのほそらにうちのぼり、たひやくゆじゆんにおよびけんも、これにはすぎじとぞおぼえける。またにふだうしやうこくのきたのかた、はちでうのにゐどのの、ゆめにみたまひけることこそおそろしけれ。たとへばみやうくわのおびたたしうもえたるくるまの、ぬしもなきを、もんのうちへやりいれたるをみれば、くるまのぜんごにたつたるものは、あるひはうしのおもてのやうなるものもあり、あるひはむまのやうなるものもあり。くるまのまへには、むといふもじばかりあらはれたる、くろがねのふだをぞうつたりけり。にゐどのゆめのうちに、「これはいづくよりいづちへ」ととひたまへば、「へいけだいじやうのにふだうどののあくぎやうてうくわしたまへるによつて、えんまわうぐうよりのおんむかひのおんくるまなり」とまうす。「さてあのふだはいかに」ととひたまへば、「なんえんぶだいこんどうじふろくぢやうのるしやなぶつ、やきほろぼしたまへるつみによつて、むげんのそこにしづめたまふべきよし、えんまのちやうにておんさたありしが、むげんのむをばかかれたれども、いまだけんのP368じをばかかれぬなり」とぞまうしける。にゐどのゆめさめてのち、あせみづになりつつ、これをひとにかたりたまへば、きくひとみなみのけよだちけり。れいぶつれいしやへこんごんしつぱうをなげ、むまくらよろひかぶとゆみやたちかたなにいたるまで、とりいではこびいだして、いのりまうされけれども、かなふべしともみえたまはず。ただなんによのきんだち、あとまくらにさしつどひて、なげきかなしみたまひけり。うるふにんぐわつふつかのひ、にゐどのあつさたへがたけれども、にふだうしやうこくのおんまくらによつて、「おんありさまみたてまつるに、ひにそへてたのみすくなうこそみえさせおはしませ。もののすこしもおぼえさせたまふとき、おぼしめすことあらば、おほせおかれよ」とぞのたまひける。にふだうしやうこく、ひごろはさしもゆゆしうおはせしかども、いまはのときにもなりしかば、よにもくるしげにて、いきのしたにてのたまひけるは、「たうけはほうげんへいぢよりこのかた、どどのてうてきをたひらげ、けんじやうみにあまり、かたじけなくもいつてんのきみのごぐわいせきとして、しようじやうのくらゐにいたり、えいぐわすでにしそんにのこす。こんじやうののぞみは、いちじもおもひおくことなし。ただおもひおくこととては、ひやうゑのすけよりともがかうべをみざりつることこそ、なによりもまたほいなけれ。われいかにもなりなんのち、ぶつじけうやうをもすべからず、だうたふをもたつべからず。いそぎうつてをくだし、よりともがかうべをはねて、わがはかのまへにかくべし。それぞこんじやうごしやうのけうやうにてあらんずるぞ」とのたまひけるこそ、いとどつみふかうはきこえし。もしやたすかると、いたにみづをおきて、ふしまろびたまへども、たすかるここちもしP369たまはず。おなじきしにちのひ、もんぜつびやくちして、つひにあづちじににぞしたまひける。むまくるまのはせちがふおとは、てんもひびきだいぢもゆるぐばかりなり。いつてんのきみ、ばんじようのあるじの、いかなるおんことましますとも、これにはいかでかまさるべき。こんねんはろくじふしにぞなられける。おいじにといふべきにはあらねども、しゆくうんたちまちにつきぬれば、だいほふひほふのかうげんもなく、しんめいぶつだのゐくわうもきえ、しよてんもおうごしたまはず。いはんやぼんりよにおいてをや。みにかはりいのちにかはらんと、ちうをぞんぜしすまんのぐんりよは、たうしやうたうかになみゐたれども、これはめにもみえず、ちからにもかかはらぬむじやうのせつきをば、ざんじもたたかひかへさず、またかへりこぬしでのやま、みつせがは、くわうせんちううのたびのそらに、ただいつしよこそおもむかれけれ。されどもひごろつくりおかれしざいごふばかりこそ、ごくそつとなつてむかひにもきたりけめ。あはれなりしことどもなり。さてしもあるべきことならねば、おなじきなぬかのひ、おたぎにてけぶりになしたてまつり、こつをばゑんじつほふげんくびにかけ、つのくにへくだり、きやうのしまにぞをさめける。さしもにつぽんいつしうになをあげ、ゐをふるひしひとなれども、みはひとときのけぶりとなつて、みやこのそらへたちのぼり、かばねはしばしやすらひて、はまのまさごにたはぶれつつ、むなしきつちとぞなりたまふ。P370
「きやうのしま」(『つきしま』)S0608さうそうのよ、ふしぎのことありけり。たまをのべ、きんぎんをちりばめて、つくられたりけるにしはちでうどの、そのよにはかにやけにけり。ひとのいへのやくることは、つねのならひなれども、なにもののしわざにやありけん、はうくわとぞきこえし。またろくはらのみなみにあたつて、ひとならばにさんじふにんばかりがこゑして、「うれしやみづ、なるはたきのみづ」といふひやうしをいだいて、まひをどり、どつとわらふこゑしけり。さんぬるしやうぐわつには、しやうくわうかくれさせたまひて、てんがりやうあんになりぬ。わづかいちりやうぐわつをへだてて、にふだうしやうこくこうぜられぬ。こころなきあやしのものも、いかがうれへざるべき。いかさまこれはてんぐのしよゐといふさたにて、へいけのはやりをのつはものどもひやくよにん、わらふこゑについてこれをたづぬるに、ゐんのごしよほふぢうじどのには、このさんかねんはゐんもわたらせたまはず。ごしよあづかりびぜんのぜんじもとむねといふものあり。かのもとむねがあひしつたるものども、さけをもつてきたりあつまり、のみけるが、「かかるをりふしにおとなせそ」とてのみけるが、しだいにのみゑひて、かやうにはまひをどりけるなり。ろくはらのつはものどもこれをききつけ、ばつとおしよせ、さけにゑひどもにさんじふにんからめとつて、ろくはらへゐてまゐり、つぼのうちにP371ひつすゑさせ、さきのうだいしやうむねもりのきやう、おほゆかにたつて、ことのしさいをたづねききたまひて、「げにもさやうにのみゑひたらんずるものを、さうなくきるべきやうなし」とて、みなかへされけり。じやうげひとのうせぬるあとには、あさゆふにかねうちならし、れいじせんぼふすることは、つねのならひなれども、このぜんもんこうぜられてのちは、いささかくぶつせそうのいとなみといふこともなし。あさゆふただいくさかつせんのいとなみのほかは、またたじなしとぞみえし。
およそはさいごのしよらうのありさまどもこそ、うたてけれども、まことには、ただびとともおぼえぬことどもおほかりけり。ひよしのやしろへまゐりたまひしにも、たうけたけのくぎやうおほくぐぶして、「せふろくのしんのかすがのごさんけい、うぢいりなどまうすとも、これにはいかでかまさるべき」とぞひとまうしける。なによりもまたふくはらのきやうのしまついて、じやうげわうらいのふねの、いまのよにいたるまで、わづらひなきこそめでたけれ。かのしまは、さんぬるおうほうぐわんねんにんぐわつじやうじゆんに、つきはじめられたりけるが、おなじきはちぐわつふつかのひ、にはかにおほかぜふきおほなみたつて、みなゆりうしなひてき。おなじきさんねんさんぐわつげじゆんに、あはのみんぶしげよしをぶぎやうにてつかれけるに、ひとばしらたてらるべきなんど、くぎやうせんぎありしかども、それはなかなかざいごふなるべしとて、いしのおもてにいつさいきやうをかいて、つかれたりけるゆゑにこそ、きやうのしまとはなづけけれ。P372
「じしんばう」(『じしんばう』)S0609あるひとのまうしけるは、きよもりこうはただびとにはあらず。じゑそうじやうのけしんなり。そのゆゑは、つのくにせいちようじのひじり、じしんばうそんゑとまうししは、もとはえいざんのがくりよ、たねんほつけのぢしやなり。しかるをだうしんおこしりさんして、このてらにすみけるを、ひとみなきえしけり。さんぬるじようあんにねんじふにんぐわつにじふににちのよにいつて、そんゑじやうぢうのぶつぜんにいたり、けふそくによりかかつて、ほけきやうよみたてまつりけるところに、ゆめともなくうつつともなく、じやうえにたてゑぼしきて、わらんづはばきしたるをとこににん、たてぶみをもつてきたり。そんゑゆめのうちに、「あれはいづくよりぞ」ととひたまへば、「えんまわうぐうよりせんじのさふらふ」とてそんゑにわたす。そんゑこれをひらいてみるに、「なんえんぶだいだいにつぽんごくつのくにせいちようじのひじり、じしんばうそんゑ、らいにじふろくにちえんまらじやうだいこくでんにして、じふまんぶのほけきやうあり。じふまんごくよりじふまんにんのそうをくやうし、ほつけてんどくせらるべきなり。そんゑもそのにんずたるうへ、いそぎさんきんせらるべし。えんわうせんよつてくつしやうくだんのごとし。じようあんにねんじふにんぐわつにじふににち、えんまのちやう」とぞかかれたる。そんゑいなみまうすにおよばねば、やがてりやうじようのうけぶみをたてまつるとおぼえて、ゆめさめぬ。これをゐんじゆのくわうやうばうにP373かたりたりければ、きくひとみのけよだちけり。そののちはひとへにしきよのおもひをなして、くちにはぶつみやうをとなへ、こころにいんぜふのひぐわんをねんず。おなじきにじふごにちのよにいつて、またじやうぢうのぶつぜんにまゐり、れいのごとくねんじゆどくきやうす。ねのこくばかり、ねぶりせつなるがゆゑに、ぢうばうにかへつてうちふす。うしのこくばかり、またさきのごとくにをとこににんきたつて、とうとうとすすむるあひだ、そんゑさんけいいたさんとすれば、えはつさらになし。えんわうせんをじせんとすれば、はなはだそのおそれあり。このおもひをなすところに、ほふえじねんにみにまとつてかたにかかり、てんよりこがねのはちくだる。ににんのじゆぞう、ににんのどうじ、じふにんのげそう、しつぽうのだいしや、じばうのまへにげんず。そんゑよろこんでくるまにのり、せいほくにむかつてそらをかけるとおぼえて、ほどなくえんまわうぐうにいたりぬ。
わうぐうのていをみるに、ぐわいくわくくわうくわうとして、そのうちべうべうたり。そのなかにしつぽうしよじやうのだいこくでんあり。かうくわうこんじきにして、さらにぼんぶのまなこにおよびがたし。そのひのほふゑをはつてのち、よそうらみなかへりさんぬ。そんゑはだいこくでんのなんぱうのちうもんにたつて、はるかのだいこくでんをみわたせば、みやうくわんみやうじゆ、みなえんまほふわうのおんまへにかしこまる。ありがたきさんけいなり。このついでにごしやうのざいしやうをたづねまうさんとおもつてあゆみむかふ。そのあひだにににんのじゆそうはこをもち、ににんのどうじかいをさし、じふにんのげそうれつをひいて、やうやうあゆみちかづくとき、えんまほふわう、みやうくわんみやうじゆ、ことごとくおりむかふ。やくわうぼさつ、ゆうぜぼさつ、ににんのじゆそうにへんじ、たもんぢこく、ににんのどうじにげんず。じふらせつによ、じふにんのげそうにP374へんじて、ずゐちくきふじしたまへり。えんわうとつてのたまはく、「よそうらみなかへりさんぬ。おんばういちにんきたることいかん」。そんゑこたへまうされけるは、「われえうせうより、ほつけてんどくまいにちおこたらずといへども、ごしやうのざいしやうをいまだしらず、たづねまうさんがためなり」。えんわうおほせけるは、「わうじやうふわうじやうはひとのしんふしんにありとうんぬん。それほつけはさんぜのしよぶつのしゆつせのほんくわい、しゆじやうじやうぶつのぢきだうなり。いちねんしんげのくどくは、ごはらみつのぎやうにもこえ、ごじふてんでんのずゐきのくどくは、はちじつかねんのふせにもすぐれたり。さればなんぢかのくりきによつて、とそつのないゐんにしやうずべし」とぞおほせける。えんわうまたみやうくわんにちよくしておほせけるは、「このひとのいちごのぎやう、さぜんのふばこにあり。とりいだいてけたのひもんみせたてまつれ」とおほせければ、みやうくわんかしこまりうけたまはつて、なんぱうのほうざうにゆいて、かのひとつのふばこをとつてまゐり、すなはちふたをひらいてよみきかす。いちごがあひだおもひとおもひ、せしとせしことの、ひとつとしてあらはれずといふことなし。そんゑひたんていきふして、「ただねがはくは、しゆつりしやうじのはうほふををしへ、しようだいぼだいのぢきだうをしめしたまへ」となくなくまうされければ、えんわうあいみんけうげして、しゆじゆのげをじゆす。
さいしわうゐざいけんぞくしこむいちらいさうしん
じやうずゐごふきけいばくがじゆくけうくわんむへんざい
このげをじゆしをはつて、そんゑにふぞくす。そんゑなのめならずによろこび、「なんえんぶだいだいにつぽんごくに、P375へいだいしやうこくとまうすひとこそ、つのくにわだのみさきをてんじて、しめんじふよちやうにやをたて、けふのじふまんぞうゑのごとく、おほくのぢきやうじやをくつしやうじて、ばうばうにいちめんにざにつけ、ねんじゆどくきやう、ていねいにごんぎやういたされさふらふ」とまうす。えんわうずゐきかんたんしたまひて、「くだんのにふだうはただびとにはあらず、まことにはじゑそうじやうのけしんなり。そのゆゑは、てんだいのぶつぽふごぢのために、かりににつぽんにさいたんするゆゑに、われかのひとをにちにちにさんどらいするもんあり。くだんのにふだうにえさすべし」とて、
きやうらいじゑだいそうじやうてんだいぶつぽふおうごしや
じげんさいしよしやうぐんしんあくごふしゆじやうどうりやく
このもんをよみをはつて、そんゑにまたふぞくす。そんゑよろこびのなみだをながいて、なんぱうのちうもんをいづるとき、じふよにんのじゆそうら、くるまのぜんごをしゆごし、とうなんにむかつてそらをかけり、ほどなくかへりきたるかとおぼえて、ゆめのここちしていきいでぬ。そののちみやこへのぼり、にふだうしやうこくのにしはちでうのていにゆいて、このよしまうしたりければ、にふだうしやうこくなのめならずによろこび、やうやうにもてなし、さまざまのひきでものたうで、そのときのけんじやうには、りつしになされけるとぞきこえし。それよりしてこそ、きよもりこうをば、じゑそうじやうのけしんとは、ひとみなしりてげり。ぢきやうしやうにんは、こうぼふだいしのさいたん、しらかはのゐんはまたぢきやうしやうにんのけしんなり。このきみはくどくのはやしをなし、ぜんごんのとくをかさねさせおはします。まつだいにもきよもりこう、じゑそうじやうのけしんにて、あくごふもぜんごんもともにP376こうをつんで、よのためひとのために、じたのりやくをなすとみえたり。かのだつたとしやくそんの、どうしゆじやうのりやくにことならず。
「ぎをんにようご」(『ぎをんにようご』)S0610またふるいひとのまうしけるは、きよもりこうはただびとにはあらず。まことにはしらかはのゐんのおんこなり。そのゆゑはさんぬるえいきうのころほひ、ぎをんにようごとて、さいはひじんおはしき。くだんのにようばうのすまひどころは、ひがしやまのふもと、ぎをんのほとりにてぞありける。しらかはのゐんつねはかしこへごかうなる。あるときてんじやうびといちりやうにん、ほくめんせうせうめしぐして、しのびのごかうありしに、ころはさつきはつかあまり、まだよひのことなるに、さみだれさへかきくれて、よろづものいぶせかりけるをりふし、くだんのにようばうのしゆくしよちかうみだうあり。みだうのかたほとりより、ひかりものこそいできたれ。かしらはしろがねのはりをみがきたてたるやうにきらめき、かたてにはつちのやうなるものをもち、かたてにはひかるものをぞもつたりける。これぞまことのおにとおぼゆる。てにもてるものは、きこゆるうちでのこづちなるべし。いかがせんとて、きみもしんもおほきにさわがせおはします。そのときただもり、ほくめんのげらふにて、ぐぶせられたりけるを、ごぜんへP377めして、「このなかにはなんぢぞあるらん。あのものいもころし、きりもとどめなんや」とおほせければ、かしこまりうけたまはつてあゆみむかふ。ただもりないないおもひけるは、このものさしてたけきものとはみえず、おもふにきつねたぬきのしわざにてぞあるらん。これをいもころし、きりもとどめたらんは、むげにねんなからまし。おなじくはいけどりにせんとおもうて、あゆみむかふ。とばかりあつてはさつとはひかり、とばかりあつてはさつとはひかり、にさんどしけるを、ただもりはしりよつてむずとくむ。くまれて、「こはいかに」とさわぐ。へんげのものにてはなかりけり。ひとにてぞさふらひける。そのときじやうげてんでにひをともいて、これをごらんじみたまふに、ろくじふばかりのほふしなり。たとへばみだうのじようじぼふしにてありけるが、ほとけにみあかしをまゐらせんとて、かたてにはてがめといふものにあぶらをいれてもち、かたてにはかはらけにひをいれてぞもつたりける。あめはいにいてふる。ぬれじとて、こむぎのわらをひきむすんでかづいたりけるが、かはらけのひにかがやいて、ひとへにしろがねのはりのごとくにはみえけるなり。ことのていいちいちしだいにあらはれぬ。「これをいもころし、きりもとどめたらんは、いかにねんなからまし。ただもりがふるまひこそまことにしりよふかけれ。ゆみやとりはやさしかりけるものかな」とて、さしもごさいあいときこえしぎをんにようごを、ただもりにこそくだされけれ。このにようごはらみたまへり。「うめらんこ、によしならばちんがこにせん。なんしならば、ただもりとりて、ゆみやとりにしたてよ」とぞおほせける。すなはちなんをうめり。ことにふれてはひろうせざりけれども、P378ないないはもてなしけり。
このこといかにもしてそうせばやとおもはれけれども、しかるべきびんぎもなかりけるが、あるときしらかはのゐん、くまのへごかうなる。きのくにいとがさかといふところに、おんこしかきすゑさせ、しばらくごきうそくありけり。そのときただもり、やぶにいくらもありけるぬかごを、そでにもりいれ、ごぜんへまゐりかしこまつて、
いもがこははふほどにこそなりにけれ
とまうされたりければ、ゐんやがておんこころえあつて、
ただもりとりてやしなひにせよ W047
とぞつけさせましましける。さてこそわがことはもてなされけれ。このわかぎみ、あまりによなきをしたまひしかば、ゐんきこしめして、いつしゆのごえいをあそばいてぞくだされける。
よなきすとただもりたてよすゑのよにきよくさかふることもこそあれ W048
それよりしてこそきよもりとはなのられけれ。じふにのとしげんぶくしてひやうゑのすけになり、じふはちのとししほんして、しゐのひやうゑのすけとまうせしを、しさいぞんぢせぬひとは、「くわぞくのひとこそかうは」とまうされければ、とばのゐんはしろしめして、「きよもりがくわぞくはひとにおとらじ」とこそおほせけれ。むかしもてんぢてんわう、はらみたまへるにようごをたいしよくくわんにたまふとて、「このにようごのうめらんP379こ、によしならばちんがこにせん、なんしならばしんがこにせよ」とおほせけるに、すなはちなんをうめり。たふのみねのほんぐわんぢやうゑくわしやうこれなり。しやうだいにもかかるためしありければ、まつだいにもきよもりこう、まことにはしらかはのゐんのわうじとして、さしもたやすからぬてんがのだいじ、みやこうつりなどいふことをも、おもひたたれけるにこそ。
「すのまたかつせん」おなじきはつかのひ、ごでうのだいなごんくにつなのきやうもうせたまひぬ。にふだうしやうこくとさしもちぎりふかうおはせしが、どうにちにやまひついて、おなじつきうせたまひけるこそふしぎなれ。おなじきにじふににち、さきのうだいしやうむねもりのきやうゐんざんして、ゐんのごしよをほふぢうじどのへごかうなしたてまつるべきよしそうせらる。かのごしよはさんぬるおうほうぐわんねんしんぐわつじふごにちにつくりいだされて、いまびよし、いまぐまの、まぢかうくわんじやうしたてまつり、せんずゐこだちにいたるまで、おぼしめすままなりしが、へいけのあくぎやうによつて、このにさんかねんは、ゐんもわたらせたまはず。ごしよのはゑしたるをしゆりして、ごかうなしまゐらすべきよし、そうもんせられたりければ、ほふわう、「なんのやうもあるべからず。ただとうとう」とてごかうなる。まづP380こけんしゆんもんゐんのおはしけるおんかたをごらんずれば、きしのまつ、みぎはのやなぎ、としへにけりとおぼしくて、こだかくなれり。たいえきのふよう、びあうのやなぎ、これにむかふにいかんがなんだすすまざらん。かのなんだいせいきうのむかしのあと、いまこそおぼしめししられけれ。さんぐわつひとひのひ、なんとのそうがうら、みなゆるされてほんぐわんにふくす。まつじしやうゑんいつしよもさうゐあるべからざるよしおほせくださる。おなじきみつかのひ、だいぶつでんことはじめあり。ことはじめのぶぎやうには、さきのさせうべんゆきたかぞまゐられける。このゆきたか、せんねんやはたへまゐり、つやせられたりけるゆめに、ごはうでんのみとおしひらき、びんづらゆうたるてんどうのいでて、「これはだいぼさつのおつかひなり。だいぶつでんことはじめのぶぎやうのときは、これをもつべし」とて、しやくをたまはるといふゆめをみて、さめてのちみたまへば、うつつにまくらがみにぞさふらひける。あなふしぎ、たうじなにごとあつてか、だいぶつでんことはじめのぶぎやうにはまゐるべしとおもはれけれども、ごれいむなれば、くわいちうしてしゆくしよにかへり、ふかうをさめておかれけるが、へいけのあくぎやうによつて、なんとえんしやうのあひだ、おほくのべんのなかに、このゆきたかえらびいだされて、だいぶつでんことはじめのぶぎやうにまゐられけるしゆくえんのほどこそめでたけれ。
おなじきとをかのひ、みののくにのもくだい、はやむまをもつてみやこへまうしけるは、げんじすでにをはりのくにまでせめのぼり、みちをふさいで、ひとをいつかうとほさぬよしまうしたりければ、へいけやがてうつてをさしむけらる。たいしやうぐんには、さひやうゑのかみとももり、さちうじやうきよつね、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、さぶらひだいしやうには、ゑつちうのじらうひやうゑもりつぎ、かづさのごらうひやうゑただみつ、P381あくしちびやうゑかげきよをさきとして、つがふそのせいさんまんよき、をはりのくにへはつかうす。にふだうしやうこくこうぜられて、わづかにごじゆんをだにみたざるに、さこそみだれたるよといひながら、あさましかりしことどもなり。げんじのかたには、じふらうくらんどゆきいへ、ひやうゑのすけのおとときやうのきみぎゑん、つがふそのせいろくせんよき、をはりがはをへだてて、げんぺいりやうばうにぢんをとる。おなじきじふろくにちのよにいつて、げんじろくせんよきかはをわたいて、へいけさんまんよきがせいのなかへかけいり、とらのこくよりやあはせして、よのあくるまでたたかふに、へいけのかたにはちつともさわがず。「かたきはかはをわたいたれば、むまもののぐもみなぬれたるぞ。それをしるしにうてや」とて、げんじをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。ひやうゑのすけのおとときやうのきみぎゑん、ふかいりしてうたれにけり。じふらうくらんどゆきいへさんざんにたたかひ、いへのこらうどうおほくいさせ、ちからおよばで、かはよりひがしへひきしりぞく。へいけやがてかはをわたいて、おちゆくげんじを、おふものいにいてゆくに、あそこここにてかへしあはせて、ふせぎたたかふといへども、たぜいにぶぜい、かなふべしともみえざりけり。「すゐえきをうしろにすることなかれとこそいふに、こんどのげんじのはかりごとはおろかなり」とぞひとまうしける。じふらうくらんどゆきいへはひきしりぞき、みかはのくににうちこえて、やはぎがはのはしをひき、かいだてかいてまちかけたり。へいけやがてつづいてせめたまへば、そこをもつひにせめおとされぬ。なほもつづいてせめたまはば、みかはとほたふみのせいは、たやすうつくべかりしを、たいしやうぐんさひやうゑのかみとももり、P382いたはりありとて、みかはのくによりみやこへかへりのぼられけり。こんどもわづかにいちぢんをこそやぶられたれども、ざんたうをせめざれば、させるしいだしたることなきがごとし。へいけはきよきよねんこまつのおとどこうぜられぬ。こんねんまたにふだうしやうこくうせたまひぬ。うんめいのすゑになることあらはなりしかば、ねんらいおんこのともがらのほかは、したがひつくものなかりけり。とうごくはくさもきも、みなげんじにぞなびきける。
「しはがれごゑ」(『しはがれごゑ』)S0611さるほどにゑちごのくにのぢうにん、じやうのたらうすけなが、ゑちごのかみににんぜらる。てうおんのかたじけなさに、きそつゐたうのためにとて、そのせいさんまんよきで、しなののくにへはつかうす。ろくぐわつじふごにちにかどでして、すでにうつたたんとしけるやはんばかり、にはかにそらかきくもり、いかづちおびたたしうなつて、おほあめくだり、てんはれてのち、こくうにしはがれたるこゑをもつて、「なんえんぶだいこんどうじふろくぢやうのるしやなぶつやきほろぼしたてまつたるへいけのかたうどするものここにあり。よつてめしとれや」と、みこゑさけんでぞとほりける。じやうのたらうをはじめとして、これをきくつはものども、みなみのけよだちけり。らうどうども、「これほどおそろしきてんのおんつげのさふらふに、P383ただりをまげてとまらせたまへ」といひけれども、「ゆみやとるみの、それによるべからず」とて、じやうをいでて、わづかにじふよちやうぞゆきたりける。またくろくもひとむらたちきたつて、すけなががうへにおほふとみえしが、たちまちにみすくみこころほれて、らくばしてけり。こしにかかれてたちへかへり、うちふすことみときばかりあつて、つひにしににけり。ひきやくをもつてみやこへこのよしまうしたりければ、へいけのひとびと、おほきにおそれさわがれけり。おなじきしちぐわつじふしにちかいげんあつて、やうわとかうす。そのひぢもくおこなはれて、ちくごのかみさだよし、ひごのかみになつて、ちくぜんひごりやうごくをたまはつて、ちんぜいのむほんたひらげに、そのせいさんぜんよきで、ちんぜいへはつかうす。またそのひひじやうのしやおこなはれて、さんぬるぢしようさんねんにながされたまひしひとびと、みなみやこへめしかへさる。にふだうまつどのてんが、びぜんのくによりのぼらせたまふ。めうおんゐんのだいじやうのおほいどの、をはりのくによりごしやうらく、あぜちのだいなごんすけかたのきやうは、しなののくによりきらくとぞきこえし。
おなじきにじふはちにち、めうおんゐんどのごゐんざん、さんぬるちやうくわんのきらくには、ごぜんのすのこにして、がわうおん、げんじやうらくをひきたまひしが、やうわのいまのききやうには、せんとうにしてしうふうらくをぞあそばされける。いづれもいづれもふぜいをりをおぼしめしよらせたまひける、おこころばせこそめでたけれ。あぜちのだいなごんすけかたのきやうも、そのひおなじうゐんざんせらる。ほふわうえいらんあつて、「いかにやいかに、このころはならはぬひなのすまひして、えいきよくなども、いまはさだめてあとかたあらじとこそおぼしめせども、まづいまやうひとつあれかし」とP384おほせければ、だいなごんひやうしとつて、「しなのにあんなるきそぢがは」といふいまやうを、これはまさしうみきかれたりしかば、「しなのにありしきそぢがは」とうたはれけるこそ、ときにとつてのかうみやうなれ。
「よこたかはらかつせん」(『よこたがはらのかつせん』)S0612はちぐわつなぬかのひ、くわんのちやうにしてだいにんわうゑおこなはる。これはまさかどつゐたうのれいとぞきこえし。くぐわつひとひのひ、すみともつゐたうのれいとて、いせだいじんぐうへくろがねのよろひかぶとをまゐらせらる。ちよくしはさいしゆじんぎのごんのたいふおほなかとみのさだたか、みやこをたつて、あふみのくにかふがのうまやよりやまひついて、おなじきみつかのひ、いせのりきうにしてつひにしにぬ。またてうぶくのために、ごだんのほふうけたまはつておこなひけるこうざんぜのだいあじやり、だいぎやうじのひがんじよにして、ねじににしにぬ。しんめいもさんぱうも、ごなふじゆなしといふこといちじるし。まただいげんのほふうけたまはつておこなひける、あんじやうじのじつげんあじやりが、おんくわんじゆをまゐらせたるを、ひけんせられければ、へいじてうぶくのよしをちうしんしけるこそおそろしけれ。「こはいかに」とおほせければ、「てうてきてうぶくせよとおほせくださる。つらつらたうせいのていをみさふらふに、へいけもつぱらてうてきとみえたり。よつてかれをてうぶくす。なんのとがやさふらふべき」とぞまうしける。P385このほふしきくわいなり、しざいかるざいかとさたありしかども、だいせうじのそうげきにうちまぎれて、なんのさたにもおよばず。へいけほろびげんじのよになつて、かまくらへくだり、このよしかくとまうしければ、かまくらどのかんじたまひて、そのけんじやうにそうじやうになされけるとぞきこえし。おなじきじふにんぐわつにじふしにち、ちうぐうゐんがうかうぶらせたまひて、けんれいもんゐんとぞまうしける。しゆじやういまだえうしゆのおんとき、ぼこうのゐんがう、これはじめとぞうけたまはる。さるほどにことしもくれてやうわもにねんになりにけり。せちゑいげつねのごとし。にんぐわつにじふいちにち、たいはくばうせいををかす。てんもんえうろくにいはく、「たいはくばうせいををかせば、しいおこる」といへり。また、「しやうぐんちよくめいをうけたまはつて、くにのさかひをいづ」ともみえたり。さんぐわつとをかのひ、ぢもくおこなはれて、へいけのひとびとたいりやくくわんかかいしたまふ。しんぐわつじふごにち、さきのごんせうそうづけんしん、ひよしのやしろにして、によほふにほけきやういちまんぶてんどくいたさるることありけり。ごけちえんのためにとてほふわうもごかうなる。なにもののまうしいだしたりけるやらん、いちゐんさんもんのだいしゆにおほせて、へいけつゐたうせらるべしときこえしかば、ぐんびやうだいりへさんじて、しはうのぢんどうをけいごす。へいじのいちるゐ、みなろくはらへはせあつまる。ほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、そのせいさんぜんよきで、ひよしのやしろへさんかうす。さんもんにまたきこえけるは、へいけやませめんとて、とうざんすときこえしかば、だいしゆひがしざかもとへおりくだつて、こはいかにとせんぎす。ほふわうもえいりよをおどろかさせおはします。くぎやうてんじやうびともいろをP386うしなひ、ほくめんのともがらどものなかには、あまりにあわてさわいで、わうずゐつくものおほかりけり。さんじやうらくちうのさうどうなのめならず。さるほどにしげひらのきやう、あなふのへんにて、ほふわうむかひとりまゐらせて、みやこへくわんぎよなしたてまつる。「いちゐんさんもんのだいしゆにおほせて、へいけつゐたうせらるべしといふことも、へいけまたやませめんといふことも、あとかたなきそらごとなり。ただてんまのよくあれたるにこそ」とぞひとまうしける。ほふわうおほせなりけるは、「かくのみあらんには、こののちはおんものまうでなどまうすおんことも、おんこころにはまかすまじきことやらん」とぞおほせける。おなじきはつかのひ、にじふにしやへくわんぺいしをたてらる。これはききんしつえきによつてなり。おなじきごぐわつにじふしにちにかいげんあつて、じゆえいとかうす。そのひぢもくおこなはれて、ゑちごのくにのぢうにんじやうのしらうすけもち、ゑちごのかみににんず。あにすけながせいきよのあひだ、ふきつなりとて、しきりにじしまうしけれども、ちよくめいなればちからおよばず。これによつてすけもちをながもちとかいみやうす。
さるほどにくぐわつふつかのひ、ゑちごのくにのぢうにん、じやうのしらうながもち、きそつゐたうのためにとて、ゑちご、では、あひづしぐんのつはものどもをいんぞつして、つがふそのせいしまんよき、しなののくにへはつかうす。おなじきここのかのひ、たうごくよこたがはらにぢんをとる。きそはよだのじやうにありけるが、さんぜんよきでじやうをいでてはせむかふ。ここにしなのげんじ、ゐのうへのくらうみつもりがはかりごとに、さんぜんよきをななてにわかち、にはかにあかはたななながれつくつて、てんでにさしあげ、あそこのみね、ここのほらよりよせければ、ゑちごのせいどもこれをみて、「あはやこのP387くににもみかたのありけるは。ちからつきぬ」とていさみよろこぶところに、しだいにちかうなりければ、あひづをさだめて、ななてがひとつになり、あかはたどもきりすてさせ、かねてよういしたりけるしらはたを、ざつとさしあげて、ときをどつとつくりければ、ゑちごのせいどもこれをみて、「こはたばかられにけり。かたきなんじふまんぎかあるらん、とりこめられてはかなふまじ」とて、あわてふためきけるが、あるひはかはへおつぱめられ、あるひはあくしよへおひおとされて、たすかるものはすくなう、うたるるものぞおほかりける。じやうのしらうがむねとたのみきつたるゑちごのやまのたらう、あひづのじようたんばうなどいふいちにんたうぜんのつはものども、そこにてみなうつとられぬ。じやうのしらう、わがみておひ、からきいのちをいきつつ、かはについてゑちごのくににひきしりぞく。ひきやくをもつてみやこへこのよしをまうしたりけれども、へいけのひとびとこれをことともしたまはず。おなじきじふろくにち、さきのうだいしやうむねもりのきやう、だいなごんにくわんぢやくして、じふぐわつみつかのひ、ないだいじんになりたまふ。おなじきなぬか、よろこびまうしのありしに、くぎやうにはくわざんのゐんちうなごんをはじめたてまつて、じふににんこしようしてやりつづけらる。くらんどのとうちかむねいげ、てんじやうびとじふろくにんぜんくす。ちうなごんしにん、さんみのちうじやうもさんにんまでおはしき。とうごくほくこくのげんじら、はちのごとくにおこりあひ、ただいまみやこへみだれいるよしきこえしかども、へいけのひとびとは、かぜのふくやらん、なみのたつやらんをもしりたまはず。かやうにはなやかなりしことども、なかなかいふかひなうぞみえし。P388さるほどにことしもくれて、じゆえいもにねんになりにけり。せちゑいげつねのごとし。しやうぐわついつかのひ、てうきんのぎやうがうありけり。これはとばのゐんろくさいにて、てうきんのぎやうがうありし、そのれいとぞきこえし。にんぐわつにじふいちにち、むねもりこうじゆいちゐしたまふ。やがてそのひないだいじんをばじやうへうせらる。これはひやうらんつつしみのためとぞきこえし。なんとほくれいのだいしゆ、ゆやきんぽうせんのそうと、いせだいじんぐうのさいしゆじんぐわんにいたるまで、いつかうへいけをそむいて、げんじにこころをかよはしけり。しかいにせんじをなしくだし、しよこくへゐんぜんをつかはせども、ゐんぜんせんじをも、みなへいけのげぢとのみこころえて、したがひつくものなかりけり。

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻七にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com