平家物語 巻第七  総かな版(元和九年本)
「ほくこくげかう」(『しみづのくわんじや』)S0701 P13じゆえいにねんさんぐわつじやうじゆんに、きそのくわんじやよしなか、ひやうゑのすけよりとも、ふくわいのことありときこえけり。さるほどにかまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、きそつゐたうのためにとて、そのせいじふまんよきで、しなののくにへはつかうす。きそはそのころよだのじやうにありけるが、そのせいさんぜんよきで、しろをいでて、しなのとゑちごのさかひなるくまさかやまにぢんをとる。ひやうゑのすけもおなじきくにのうち、ぜんくわうじにこそつきたまへ。きそ、めのとごのいまゐのしらうかねひらをししやにて、ひやうゑのすけのもとへつかはす。「そもそもごへんはとうはつかこくをうちしたがへて、とうかいだうよりせめのぼり、へいけをおひおとさんとはしたまふなり。よしなかもとうせんほくろくりやうだうをうちしたがへて、ほくろくだうよりせめのぼり、いまいちにちもさきにへいけをほろぼさんとすることでこそあるに、いかなるしさいあつてか、ごへんとよしなか、なかをたがうて、へいけにわらはれんとはおもふべき。ただしをぢのじふらうくらんどどのこそ、ごへんをうらみたてまつることありとて、よしなかがP14もとへおはしつるを、よしなかさへ、すげなうあひしらひもてなしまうさんこと、いかんぞやさふらへば、これまではうちつれまうしたり。よしなかにおいてはまつたくいしゆおもひたてまつらず」とのたまひつかはされたりければ、ひやうゑのすけのへんじに、「いまこそさやうにのたまへども、まさしうよりともうつべきよしのむほんのくはたてありと、つげしらするものあり。ただしそれにはよるべからず」とて、とひ、かぢはらをさきとして、すまんぎのぐんびやうをさしむけらるるよしきこえしかば、きそしんじついしゆなきよしをあらはさんがために、ちやくしにしみづのくわんじやよししげとて、しやうねんじふいつさいになりけるこくわんじやに、うみの、もちづき、すは、ふぢさはなどいふ、いちにんたうぜんのつはものをあひそへて、ひやうゑのすけのもとへつかはす。ひやうゑのすけ、「このうへはまことにいしゆなかりけり。よりともいまだせいじんのこをもたず。よしよし、さらばこにしまうさん」とて、しみづのくわんじやをあひぐして、かまくらへこそかへられけれ。
(『ほつこくげかう』)S0702さるほどにきそよしなかは、とうせんほくろくりやうだうをうちしたがへて、すでにみやこへみだれいるよしきこえけり。へいけはこぞのふゆのころより、「みやうねんはむまのくさがひについて、いくさあるべし」とひろうせられたりければ、せんをんせんやう、なんかいさいかいのつはものども、うんかのごとくにはせあつまる。とうせんだうはあふみ、みの、ひだのつはものはまゐりたれども、とうかいだうはとほたふみよりひんがしのつはものはいちにんもまゐらず、にしはみなまゐりたり。ほくろくだうはわかさよりきたのつはものはいちにんもまゐらず。へいけのひとびと、まづきそよしなかをうつてのち、ひやうゑのすけよりともをうつべきよしのくぎやうせんぎありて、ほくこくへうつてをさしむけらる。たいしやうぐんには、こまつのさんみのちうじやうこれもりP15、ゑちぜんのさんみみちもり、ふくしやうぐんには、さつまのかみただのり、くわうごぐうのすけつねまさ、あはぢのかみきよふさ、みかはのかみとものり、さぶらひだいしやうには、ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、かづさのたいふのはうぐわんただつな、ひだのたいふのはうぐわんかげたか、かはちのはうぐわんひでくに、たかはしのはうぐわんながつな、むさしのさぶらうざゑもんありくにをさきとして、いじやうたいしやうぐんろくにん、しかるべきさぶらひさんびやくしじふよにん、つがふそのせいじふまんよき、しんぐわつじふしちにちのたつのいつてんにみやこをたつて、ほくこくへこそおもむかれけれ。かたみちをたまはつてげれば、あふさかのせきよりはじめて、ろしにもつてあふけんもんせいけのしやうぜいくわんもつをもおそれず、いちいちにみなうばひとる。しが、からさき、みつかはじり、まの、たかしま、しほつ、かひづのみちのほとりを、しだいにつゐふくしてとほりければ、にんみんこらへずして、さんやにみなでうさんす。
「ちくぶしままうで」(『ちくぶしままふで』)S0703たいしやうぐんこれもり、みちもりはすすみたまへども、ふくしやうぐんただのり、つねまさ、きよふさ、とものりなどは、いまだあふみのくにしほつ、かひづにひかへたまへり。なかにもくわうごぐうのすけつねまさは、えうせうのときより、しいかくわんげんのみちにちやうじたまへるひとにておはしければ、かかるみだれのなかにもこころをすまし、あるあした、みづうみのはたにうちいで、はるかのおきなるしまをみわたいて、ともにさふらふP16とうびやうゑのじようありのりをめして、「あれはいかなるしまぞ」ととひたまへば、「あれこそきこえさふらふちくぶしまにてさふらへ」とまうしければ、つねまさ、「さることあり。いざやまゐらん」とて、とうびやうゑのじようありのり、あんゑもんのじようもりのりいげ、さぶらひろくにんめしぐして、こぶねにのり、ちくぶしまへぞまゐられける。ころはうづきなかのやうかのことなれば、みどりにみゆるこずゑには、はるのなさけをのこすかとうたがはれ、かんこくのあうぜつのこゑおいて、はつねゆかしきほととぎす、をりしりがほにつげわたり、まつにふぢなみさきかかつて、まことにおもしろかりければ、つねまさいそぎふねよりおり、きしにあがつて、このしまのけしきをみたまふに、こころもことばもおよばれず。かのしんくわう、かんぶ、あるひはどうなんくわぢよをつかはし、あるひははうしをしてふしのくすりをもとめしむ。「ほうらいをみずは、いなやかへらじ」といひて、いたづらにふねのうちにておい、てんすゐばうばうとして、もとむることをえざりけん、ほうらいどうのありさまも、これにはすぎじとぞみえし。あるきやうのもんにいはく、「えんぶだいのうちにみづうみあり。そのなかにこんりんざいよりおひいでたるすゐしやうりんのやまあり。てんによすむところ」といへり。すなはちこのしまのおんことなりとて、つねまさ、みやうじんのおんまへについゐたまへり。「それだいべんくどくてんは、わうごのによらい、ほつしんのだいじなり。めうおんべんざいにてんのなは、かくべつなりとはまうせども、ほんぢいつたいにして、しゆじやうをさいどしたまへり。いちどさんけいのともがらは、しよぐわんじやうじゆゑんまんすとうけたまはれば、たのもしうこそさふらへ」とて。しづかにほつせまゐらせてゐたまへば、やうやうひくれ、ゐまちのつきさしいでて、P17かいじやうもてりわたり、しやだんもいよいよかかやいて、まことにおもしろかりければ、じやうぢうのそう、「これはきこゆるおんことなり」とて、おんびはをたてまつる。つねまさこれをとつてひきたまふに、しやうげん、せきしやうのひきよくには、みやのうちもすみわたり、まことにおもしろかりければ、みやうじんもかんおうにたへずやおぼしけん、つねまさのそでのうへにびやくりうげんじてみえたまへり。つねまさあまりのかたじけなさに、しばらくおんびはをさしおかせたまひて、かうぞおもひつづけらる。
ちはやぶるかみにいのりのかなへばやしるくもいろのあらはれにけり W049
めのまへにててうのをんできをたひらげ、きようとをしりぞけんことうたがひなしとよろこんで、またふねにのり、ちくぶしまをぞいでられける。ありがたかりしことどもなり。
「ひうちかつせん」(『ひうちがつせん』)S0704さるほどにきそよしなかは、みづからはしなのにありながら、ゑちぜんのくにひうちがじやうをぞかまへける。かのじやうくわくにこもるせい、へいせんじのちやうりさいめいゐぎし、とがしのにふだうぶつせい、いなづのしんすけ、さいとうだ、はやしのろくらうみつあきら、いしぐろ、みやざき、つちだ、たけべ、にふぜん、さみをはじめとして、ろくせんよきこそこもりけれ。ところもとよりくつきやうのじやうくわく、ばんじやくそばだちめぐつて、しはうにみねをつらねたり。やまをうしろにし、やまをまへにあつ。じやうくわくのまへには、のうみがは、P18しんだうがはとてながれたり。かのふたつのかはのおちあひに、たいせきをかさねあげ、おほぎをきつて、さかもぎにひき、しがらみをおびたたしうかきあげたれば、とうざいのやまのねに、みづせきこうで、みづうみにむかへるがごとし。かげなんざんをひたし、あをくしてくわうやうたり。なみせいじつをしづめて、くれなゐにしていんりんたり。かのむねつちのそこには、こんごんのいさごをしき、こんめいちのなぎさには、とくせいのふねをうかべたり。わがてうのひうちがじやうのつきいけは、つつみをつき、みづをにごして、ひとのこころをたぶらかす。ふねなくしては、たやすうわたすべきやうなかりければ、へいけのおほぜい、むかひのやまにしゆくして、いたづらにひかずをぞおくりける。かのじやうくわくにこもつたるへいせんじのちやうりさいめいゐぎし、へいけにこころざしふかかりければ、やまのねをまはり、せうそくをかき、ひきめにいれ、へいじのぢんへぞいいれたる。つはものどもこれをとつて、たいしやうぐんのおんまへにまゐり、ひらいてみるに、「このかはとまうすは、わうごのふちにあらず。いつたんやまがはをせきとめ、みづをにごしてひとのこころをたぶらかす。よにいつてあしがるどもをつかはして、しがらみをきりおとさせられなば、みづはほどなくおつべし。いそぎわたさせたまへ。ここはむまのあしだちよきところにてさふらふ。うしろやをばつかまつらん。かうまうすものは、へいせんじのちやうりさいめいゐぎしがまうしじやう」とぞかいたりける。へいけなのめならずによろこび、よにいり、あしがるどもをつかはして、しがらみをきりおとさせられたりければ、まことのやまがはではあり、みづはほどなくおちにけり。へいけしばしのちちにもおよばず、ざつとわたす。じやうのうちにもろくせんよき、ふせぎたたかふといへども、たぜいにぶぜい、P19かなふべしともみえざりけり。へいせんじのちやうりさいめいゐぎしは、へいけについてちうをいたす。とがしのにふだうぶつせい、いなづのしんすけ、さいとうだ、はやしのろくらうみつあきら、かなはじとやおもひけん、かがのくにへひきしりぞき、しらやまかはちにぢんをとる。へいけやがてかがのくににうちこえ、とがし、はやしがじやうくわくにかしよやきはらふ。なにおもてをむかふべしともみえざりけり。くにぐにしゆくじゆくよりひきやくをもつて、このよしみやこへまうしたりければ、おほいとのをはじめたてまつりて、いちもんのひとびといさみよろこびあはれけり。おなじきごぐわつやうかのひ、へいけはかがのくにしのはらについて、おほてからめでふたてにわかつ。おほてのたいしやうぐんには、こまつのさんみのちうじやうこれもり、ゑちぜんのさんみみちもり、さぶらひだいしやうにはゑつちうのじらうびやうゑもりつぎをはじめとして、つがふそのせいしちまんよき、かがゑつちうのさかひなるとなみやまへぞむかはれける。からめでのたいしやうぐんには、さつまのかみただのり、くわうごぐうのすけつねまさ、あはぢのかみきよふさ、みかはのかみとものり、さぶらひだいしやうにはむさしのさぶらうざゑもんありくにをさきとして、つがふそのせいさんまんよき、のとゑつちうのさかひなるしほのやまへぞむかはれける。きそはそのころゑちごのこふにありけるが、これをきいて、ごまんよきでこふをたつて、となみやまへはせむかふ。よしなかがいくさのきちれいなればとて、ごまんよきをななてにわかつ。まづをぢのじふらうくらんどゆきいへ、いちまんよきでしほのやまへぞむかひける。ひぐちのじらうかねみつ、おちあひのごらうかねゆき、しちせんよきで、きたぐろさかへさしつかはす。にしな、たかなし、やまだのじらう、しちせんよき、みなみぐろさかへつかはしけり。いちまんよきはとなみやまのすそ、まつながのやなぎはら、ぐみのきんばやしにひきかくす。いまゐのしらうかねひらP20、ろくせんよき、わしのせをうちわたり、ひのみやばやしにぢんをとる。きそわがみいちまんよきで、をやべのわたりをして、となみやまのきたのはづれ、はにふにぢんをぞとつたりける。
「きそのぐわんじよ」(『ぐわんじよ』)S0705きそどののたまひけるは、「へいけはおほぜいであんなれば、いくさはさだめてかけあひのいくさにてぞあらんずらん。かけあひのいくさといふは、せいのたせうによることなれば、おほぜいかさにかけてとりこめられてはかなふべからず。まづはかりごとにしらはたさんじふながれさきだてて、くろさかのうへにうつたてたらば、へいけこれをみて、あはやげんじのせんぢんのむかうたるは。なんじふまんきかあるらん。とりこめられてはかなふまじ。このやまはしはうがんぜきなれば、からめでよもまはらじ。しばらくおりゐてむまやすめんとて、となみやまにぞおりゐんずらん。そのときよしなかしばらくあひしらふていにもてなして、ひをまちくらしよにいつて、へいけのおほぜい、うしろのくりからがたにへおひおとさん」とて、まづしらはたさんじふながれ、くろさかのうへにうつたてたれば、あんのごとくへいけこれをみて、「あはやげんじのおほぜいのむかうたるは。とりこめられてはかなふまじ。ここはむまのくさがひ、すゐびんともによげなり。しばらくおりゐてむまやすめん」とて、となみやまのやまなか、さるのばばといふところにぞおりゐたる。きそはP21はにふにぢんとつて、しはうをきつとみまはせば、なつやまのみねのみどりのこのまより、あけのたまがきほのみえて、かたそぎづくりのやしろあり。まへにはとりゐぞたつたりける。きそどの、くにのあんないしやをめして、「あれをばいづくとまうすぞ。いかなるかみをあがめたてまつたるぞ」とのたまへば、「あれこそはちまんにてわたらせたまひさふらへ。ところもやがてやはたのごりやうでさふらふ」とまうす。きそどのなのめならずによろこび、てかきにぐせられたりける、だいぶばうかくめいをめして、「よしなかこそなにとなうよするとおもひたれば、さいはひにいまやはたのごはうぜんにちかづきたてまつて、かつせんをすでにとげんとすれ。さらんにとつては、かつうはこうたいのため、かつうはたうじのきたうのために、ぐわんじよをひとふでかいてまゐらせうどおもふはいかに」とのたまへば、かくめい、「このぎもつともしかるべうさふらふ」とて、むまよりおりてかかんとす。かくめいがそのひのていたらく、かちのひたたれにくろいとをどしのよろひきて、こくしつのたちをはき、にじふしさいたるくろぼろのやおひ、ぬりごめどうのゆみわきにはさみ、かぶとをばぬいでたかひもにかけ、えびらのはうだてよりこすずり、たたうがみとりいだし、きそどののおんまへにかしこまつてぐわんじよをかく。あつぱれぶんぶにだうのたつしやかなとぞみえたりける。このかくめいとまうすは、もとはじゆけのものなり。くらんどみちひろとて、くわんがくゐんにぞさふらひける。しゆつけののちは、さいじようばうしんぎうとぞなのりける。つねはなんとへもかよひけり。ひととせたかくらのみや、をんじやうじへじゆぎよのとき、やま、ならへてふじやうをつかはされけるに、なんとのだいしゆいかがおもひけん、そのへんてふをば、このしんぎうにぞかかせける。「そもそもきよもりにふだうは、P22へいじのさうかう、ぶけのぢんがい」とぞかいたりける。にふだうおほきにいかつて、「なんでふそのしんぎうめが、じやうかいほどのものを、へいじのぬかかす、ぶけのちりあくたとかくべきやうこそきくわいなれ。いそぎそのほふしからめとつて、しざいにおこなへ」とのたまふあひだ、これによつてなんとにはこらへずして、ほくこくへおちくだり、きそどののてかきして、だいぶばうかくめいとなのる。そのぐわんじよにいはく、「きみやうちやうらい、はちまんだいぼさつは、じちゐきてうていのほんじゆ、るゐせいめいくんのなうそたり。はうそをまもらんがため、さうせいをりせんがために、さんじんのきんようをあらはし、さんじよのけんびをおしひらきたまへり。ここにしきりのとしよりこのかた、へいしやうこくといふものあつて、しかいをくわんりやうし、ばんみんをなうらんせしむ。これすでにぶつぽふのあた、わうぼふのかたきなり。よしなかいやしくもきうばのいへにむまれて、わづかにききうのちりをつぐ。かのばうあくをあんずるに、しりよをかへりみるにあたはず。うんをてんたうにまかせて、みをこくかになぐ。こころみにぎへいをおこしてきようきをしりぞけんとほつす。しかるにとうせんりやうかぢんをあはすといへども、しそついまだいつちのいさみをえざるあひだ、まちまちのこころおそれたるところに、いまいちぢんはたをあぐ。せんぢやうにしてたちまちにさんじよわくわうのしやだんをはいす。きかんのじゆんじゆくあきらかなり。きようとちうりくうたがひなし。くわんぎなんだこぼれて、かつがうきもにそむ。なかんづくぞうそぶさきのみちのくにのかみぎかのあそん、みをそうべうのしぞくにきふして、なをはちまんたらうよしいへとかうせしよりこのかた、そのもんえふたるもの、ききやうせずといふことなし。よしなかそのこういんとして、かうべをかたぶけてとしひさし。いまこのP23たいこうをおこすこと、たとへばえいじのかひをもつてきよかいをはかり、たうらうがをのをいからかいてりうしやにむかふがごとし。しかりといへどもくにのため、きみのためにしてこれをおこす。まつたくみのため、いへのためにしてこれをおこさず。こころざしのいたり、しんかんそらにあり。たのもしきかな、よろこばしきかな。ふしてねがはくは、みやうけんゐをくはへ、れいしんちからをあはせて、かつことをいつしにけつし、あたをしはうへしりぞけたまへ。しかればすなはちたんきみやうりよにかなひ、げんかんかごをなすべくば、まづひとつのずゐさうをみせしめたまへ。じゆえいにねんごぐわつじふいちにち、みなもとのよしなかうやまつてまうす」とかいて、わがみをはじめて、じふさんきがうはやのかぶらをぬき、ぐわんじよにとりそへて、だいぼさつのごほうでんにぞをさめける。たのもしきかな、はちまんだいぼさつ、しんじつのこころざしふたつなきをや、はるかにせうらんしたまひけん、くものなかより、やまばとみつとびきたつて、げんじのしらはたのうへにへんぱんす。むかしじんぐうくわうごうしんらをせめさせたまひしとき、みかたのたたかひよわく、いこくのいくさこはくして、すでにかうとみえしとき、くわうごうてんにごきせいありしかば、くものうちよりれいきうみつとびきたつて、みかたのたてのおもてにあらはれて、いこくのいくさやぶれにけり。またこのひとびとのせんぞらいぎのあそん、あうしうのえびすさだたふむねたふをせめたまひしとき、みかたのたたかひよはく、きようぞくのいくさこはくして、すでにかうとみえしかば、らいぎのあそんかたきのぢんにむかつて、「これはまつたくわたくしのひにあらず。しんくわなり」とてひをはなつ。かぜたちまちにいぞくのかたへふきおほひ、くりやかはのじやうやけおちぬ。そのときいくさやぶれてさだたふむねたふほろびにけり。きそどのかやうのP24せんじようをおもひいでて、いそぎむまよりおり、かぶとをぬぎ、てうづうがひをして、いまこのれいきうをはいしたまひける、こころのうちこそたのもしけれ。
「くりからおとし」(『くりからをとし』)S0706さるほどにげんぺいりやうばうぢんをあはす。ぢんのあはひ、わづかさんちやうばかりによせあはせたり。げんじもすすまず、へいけもすすまず。ややありてげんじのかたより、せいびやうをすぐつて、じふごき、たてのおもてにすすませ、じふごきがうはやのかぶらを、ただいちどにへいじのぢんへぞいいれたる。へいけもじふごきをいだいて、じふごのかぶらをいかへさす。げんじさんじつきをいだいて、さんじふのかぶらをいさすれば、へいけもさんじつきをいだいて、さんじふのかぶらをいかへさす。げんじごじつきをいだせば、へいけもごじつきをいだし、ひやくきをいだせば、ひやくきをいだす。りやうばうひやくきづつぢんのおもてにすすませ、たがひにしようぶをせんとはやりけるを、げんじのかたよりせいして、わざとしようぶをばせさせず。かやうにあひしらひ、ひをまちくらし、よにいつて、へいけのおほぜいを、うしろのくりからがたにへおひおとさんとたばかりけるを、へいけこれをばゆめにもしらず、ともにあひしらひ、ひをまちくらすこそはかなけれ。さるほどにきたみなみよりまはるからめでのせいいちまんよき、くりからのだうのへんにまはりあひ、P25えびらのはうだてうちたたき、ときをどつとぞつくりける。おのおのうしろをかへりみたまへば、しらはたくものごとくにさしあげたり。「このやまはしはうがんぜきであるなれば、からめでよもまはらじとこそおもひつるに、こはいかに」とぞさわがれける。さるほどにおほてよりきそどのいちまんよき、ときのこゑをあはせたまふ。となみやまのすそ、まつながのやなぎはら、ぐみのきんばやしにひきかくしたりけるいちまんよき、ひのみやばやしにひかへたるいまゐのしらうろくせんよきも、おなじうときのこゑをぞあはせける。ぜんごしまんよきがをめくこゑに、やまもかはも、ただいちどにくづるるとこそきこえけれ。さるほどにしだいにくらうはなる、ぜんごよりかたきはせめきたる、「きたなしや、かへせやかへせや」といふやからおほかりけれども、おほぜいのかたぶきたつたるは、さうなうとつてかへすことのかたければ、へいけのおほぜいうしろのくりからがたにへ、われさきにとぞおちゆきける。さきにおとしたるもののみえねば、「このたにのそこにも、みちのあるにこそ」とて、おやおとせばこもおとし、あにがおとせばおとともおとし、しゆおとせばいへのこらうどうもつづきけり。むまにはひと、ひとにはむま、おちかさなりおちかさなり、さばかりふかきたにひとつを、へいけのせいしちまんよきでぞうめたりける。がんせんちをながし、しがいをかをなせり。さればこのたにのほとりには、やのあな、かたなのきずのこつて、いまにありとぞうけたまはる。へいけのかたのさぶらひだいしやう、かづさのたいふのはうぐわんただつな、ひだのたいふのはうぐわんかげたか、かはちのはうぐわんひでくにも、このたにのそこにうづもれてぞうせにける。またびつちうのくにのぢうにん、せのをのたらうかねやすは、きこゆるつはものにてありけれども、うんやつきにけん、かがのくにのぢうにん、くらみつのじらうなりずみがてにP26かかつて、いけどりにこそせられけれ。またゑちぜんのくにひうちがじやうにてかへりちうしたりけるへいせんじのちやうりさいめいゐぎしも、とらはれていできたる。きそどの、「そのほふしはあまりににくきに、まづきれ」とてきらせらる。たいしやうぐんこれもりみちもり、けうにしてかがのくにへひきしりぞく。しちまんよきがなかより、わづかににせんよきこそのがれたれ。おなじきじふににち、おくのひでひらがもとより、きそどのへりようていにひきたてまつる。いつぴきはしらつきげ、いつぴきはれんぜんあしげなり。やがてこのむまにかがみくらおいて、はくさんのやしろへじんめにたてらる。きそどの「いまはおもふことなし」とておはしけるが、「ただしをぢのじふらうくらんどどののしほのたたかひこそおぼつかなけれ。いざやゆいてみん」とて、しまんよきがなかより、むまやひとをすぐつて、にまんよきではせむかふ。ここにひみのみなとをわたらんとしたまひけるが、をりふししほみちて、ふかさあささをしらざりければ、きそどのまづはかりごとに、くらおきむまじつぴきばかりおひいれられたりければ、くらづめひたるほどにて、さうゐなくむかひのきしにぞつきにける。きそどのこれをみたまひて、「あさかりけるぞ、わたせや」とて、にまんよきざつとわたいてみたまへば、あんのごとくじふらうくらんどどのは、さんざんにかけなされ、ひきしりぞき、じんばのいきやすむるところに、あらてのげんじにまんよき、へいけさんまんよきがなかへかけいり、もみにもうで、ひいづるほどにぞせめたりける。たいしやうぐんみかはのかみとものりうたれたまひぬ。これはにふだうしやうこくのばつしなり。そのほかつはものおほくほろびにけり。へいけそこをもおひおとされて、かがのくにへひきしりぞく。きそどのはしほのやまうちこえて、P27のとのこだなか、しんわうのつかのまへにぞぢんをとる。
「しのはらかつせん」(『しのはらがつせん』)S0707きそどのやがてそこにてしよしやへじんりやうをよせらる。ただのやはたへはてふやのしやう、すがふのやしろへはのみのしやう、けひのやしろへははんばらのしやう、はくさんのやしろへはよこえ、みやまるにかしよのしやうをきしんす。へいせんじへはふぢしましちがうをぞよせられける。さんぬるぢしようしねんはちぐわついしばしやまのかつせんのとき、ひやうゑのすけどのいたてまつりしぶしども、みなにげのぼつて、へいけのみかたにぞさふらひける。むねとのひとびとには、ながゐのさいとうべつたうさねもり、うきすのさぶらうしげちか、またののごらうかげひさ、いとうのくらうすけうぢ、ましものしらうしげなほなり。これらはみないくさのあらんほどしばらくやすまんとて、ひごとによりあひよりあひ、じゆんしゆをしてぞなぐさみける。まづながゐのさいとうべつたうがもとによりあひたりけるひ、さねもりまうしけるは、「つらつらたうせいのていをみさふらふに、げんじのかたはいよいよつよく、へいけのおんかたはまけいろにみえさせたまひてさふらふ。いざおのおのきそどのへまゐらう」どいひければ、みな、「さんなう」とぞどうじける。つぎのひ、またうきすのさぶらうがもとによりあひたりけるとき、さいとうべつたう、「さてもきのふさねもりがまうししことはいかに、おのおの」といひければ、そのなかにP28またののごらうかげひさ、すすみいでてまうしけるは、「さすがわれらは、とうごくではひとにしられて、なあるものでこそあれ。きちについて、あなたへまゐりこなたへまゐらんことは、みぐるしかるべし。ひとびとのおんこころどもをばしりまゐらせぬざふらふ。かげひさにおいては、こんどへいけのおんかたで、うちじにせんとおもひきつてさふらふぞ」といひければ、さいとうべつたうあざわらつて、「まことにはおのおののおんこころどもを、かなびかんとてこそまうしたれ。さねもりもこんどほくこくにて、うちじにせんとおもひきつてさふらへば、ふたたびいのちいきて、みやこへはかへるまじきよし、おほいとのへもまうしあげ、ひとびとにもそのやうをまうしおきさふらふ」といひければ、みなまたこのぎにぞどうじける。そのやくそくをたがへじとや、たうざにありけるにじふよにんのさぶらひどもも、こんどほくこくにていつしよにしににけるこそむざんなれ。へいけはかがのくにしのはらにひきしりぞいて、じんばのいきをぞやすめける。おなじきごぐわつはつかのひ、きそどのごまんよき、しのはらへぞむかはれける。きそどののかたより、いまゐのしらうかねひら、まづごひやくよきにてはせむかふ。へいけのかたには、はたけやまのしやうじしげよし、をやまだのべつたうありしげ、うつのみやのさゑもんともつな、これらはおほばんやくにて、をりふしざいきやうしたりけるを、おほいとの、「なんぢらはふるいものなり。いくさのやうをもおきてよ」とて、こんどほくこくへむけられたり。かれらきやうだいさんびやくよきでうちむかふ。はたけやま、いまゐ、はじめはごきじつきづついだしあはせて、しようぶをせさせけるが、のちにはりやうばうみだれあうてぞたたかひける。おなじきにじふいちにちのうまのこく、くさもゆるがずてらすひに、げんぺいのつはものども、われおとらじとたたかへば、P29へんしんよりあせいでて、みづをながすにことならず。いまゐがかたにも、つはものおほくほろびにけり。はたけやま、いえへのこらうどうおほくうたせ、ちからおよばでひきしりぞく。つぎにへいけのかたより、たかはしのはうぐわんながつな、ごひやくよきではせむかふ。きそどののかたより、ひぐちのじらうかねみつ、おちあひのごらうかねゆき、さんびやくよきでうちむかふ。げんぺいのつはものども、しばしささへてふせぎたたかふ。されどもたかはしがかたのせいは、くにぐにのかりむしやなりければ、いつきもおちあはず、われさきにとぞおちゆきける。たかはしこころはたけうおもへども、うしろあばらになりければ、ちからおよばずただいつき、みなみをさしてぞおちゆきける。ここにゑつちうのくにのぢうにん、にふぜんのこたらうゆきしげ、よいかたきとめをかけ、むちあぶみをあはせてはせきたり、おしならべてむずとくむ。たかはし、にふぜんをつかうで、くらのまへわにおしつけ、ちつともはたらかさず、「さてわぎみはなにものぞ。なのれ、きかう」どいひければ、「ゑつちうのくにのぢうにん、にふぜんのこたらうゆきしげ、しやうねんじふはつさい」とぞなのつたる。たかはしなみだをはらはらとながいて、「あなむざん、こぞおくれたるながつながこもあらば、ことしはじふはつさいぞかし。わぎみねぢきつてすつべけれども、さらばたすけん」とてゆるしけり。たかはしのはうぐわんはみかたのせいまたんとて、むまよりおりていきつぎゐたり。にふぜんもやすみゐたりけるが、あつぱれよきかたき、われをばたすけたれども、いかにもしてうたばやとおもひゐたるところに、たかはしこれをばゆめにもしらず、うちとけてものがたりをぞしゐたる。にふぜんはきこゆるはやわざのをのこにてありければ、たかはしがみぬひまに、かたなをP30ぬき、たちあがり、たかはしのはうぐわんがうちかぶとをしたたかにさす。さされてひるむところに、にふぜんがらうどう、おくればせにさんきはせきたつておちあひたり。たかはしこころはたけうおもへども、かたきはあまたあり、てはおうつ。うんやつきにけん、そこにてつひにうたれぬ。つぎにへいけのかたより、むさしのさぶらうざゑもんありくに、さんびやくよきでをめいてかく。きそどののかたより、にしな、たかなし、やまだのじらう、ごひやくよきでうちむかふ。これもしばしささへてふせぎたたかふ。されどもありくには、あまりにふかいりしてたたかひけるが、むまをもいさせ、かちだちになり、かぶとをもうちおとされ、おほわらはになつて、やだねみなつきければ、うちものぬいてたたかひけるが、やななつやついたてられ、かたきのかたにらまへ、たちじににこそしににけれ。たいしやうかやうになるうへは、そのせいみなおちぞゆく。
「さねもりさいご」(『さねもり』)S0708おちゆくせいのなかに、むさしのくにのぢうにん、ながゐのさいとうべつたうさねもりは、ぞんずるむねありければ、あかぢのにしきのひたたれに、もよぎをどしのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみもつて、れんぜんあしげなるP31むまに、きんぷくりんのくらをおいてのつたりけるが、みかたのせいはおちゆけども、ただいつきかへしあはせかへしあはせふせぎたたかふ。きそどののかたより、てづかのたらうすすみいでて、「あなやさし、いかなるひとにてわたらせたまへば、みかたのおんせいは、みなおちゆきさふらふに、ただいつきのこらせたまひたるこそいうにおぼえさふらへ。なのらせたまへ」とことばをかけければ、「まづかういふわどのはたそ」。「しなののくにのぢうにん、てづかのたらうかなざしのみつもり」とこそなのつたれ。さいとうべつたう、「さてはたがひによきかたき、ただしわどのをさぐるにはあらず。ぞんずるむねがあれば、なのることはあるまじいぞ。よれ、くまう、てづか」とて、はせならぶるところに、てづかがらうどう、しゆをうたせじとなかにへだたり、さいとうべつたうにおしならべてむずとくむ。さいとうべつたう、「あつぱれおのれは、につぽんいちのかうのものとくんでうずよなうれ」とて、わがのつたりけるくらのまへわにおしつけて、ちつともはたらかさず、くびかききつてすててげる。てづかのたらう、らうどうがうたるるをみて、ゆんでにまはりあひ、よろひのくさずりひきあげて、ふたかたなさし、よわるところをくんでふす。さいとうべつたうこころはたけうおもへども、いくさにはしつかれぬ、てはおうつ、そのうへおいむしやではあり、てづかがしたにぞなりにける。てづかのたらう、はせきたるらうどうにくびとらせ、きそどののおんまへにまゐりかしこまつて、「みつもりこそきいのくせものとくんで、うつてまゐつてさふらへ。さぶらひかとみさふらへば、にしきのひたたれをきてさふらふ。またたいしやうぐんかとみさふらへば、つづくせいもさふらはず。なのれなのれとせめさふらひつれども、つひになのりさふらはず。P32こゑはばんどうごゑにてさふらひつる」とまうしければ、きそどの、「あつぱれこれは、さいとうべつたうにてあるござんなれ。それならんには、よしなかがかうづけへこえたりしとき、をさなめにみしかば、しらがのかすをなつしぞかし。いまははやしちじふにもあまり、はくはつにこそなりぬらんに、びんひげのくろいこそあやしけれ。ひぐちのじらうかねみつは、としごろなれあそんで、みしりたるらん。ひぐちめせ」とて、めされけり。ひぐちのじらうただひとめみて、「あなむざん、さいとうべつたうにてさふらひけり」とて、なみだをながす。きそどの、「それならんには、はやしちじふにもあまり、はくはつにこそなりぬらんに、びんひげのくろいはいかに」とのたまへば、ややあつてひぐちのじらう、なみだをおさへてまうしけるは、「ささふらへば、そのやうをまうしあげんとつかまつりさふらふが、あまりにあはれにおぼえさふらうて、まづふかくのなみだのこぼれさふらひけるぞや。さればゆみやとりは、いささかのところにても、おもひでのことばをば、かねてつかひおくべきことにてさふらひけるぞや。さいとうべつたう、つねはかねみつにあうて、ものがたりしさふらひしは、『ろくじふにあまつて、いくさのぢんへむかはんときは、びんひげをくろうそめて、わかやがうとおもふなり。そのゆゑはわかどのばらにあらそうて、さきをかけんもおとなげなし。またおいむしやとて、ひとのあなどられんもくちをしかるべし』とまうしさふらひしが、まことにそめてさふらひけるぞや。あらはせてごらんさふらへ」とまうしければ、きそどのさもあるらんとて、あらはせてごらんずれば、はくはつにこそなりにけれ。またさいとうべつたう、にしきのひたたれをきけることも、さいごのいとままうしにおほいとのへまゐつて、P33「かうまうせば、さねもりがみひとつにてはさふらはねども、せんねんばんどうへまかりくだりさふらひしとき、みづとりのはおとにおどろき、やひとつをだにいずして、するがのかんばらよりにげのぼつてさふらひしこと、おいののちのちじよく、ただこのことにさふらふ。こんどほくこくへまかりくだりさふらはば、さだめてうちじにつかまつりさふらふべし。さねもりもとはゑちぜんのくにのものにてさふらひしが、きんねんごりやうにつけられて、むさしのくにながゐにきよぢうつかまつりさふらひき。ことのたとへのさふらふぞかし。こきやうへはにしきをきてかへるとまうすことのさふらへば、なにかくるしうさふらふべき。にしきのひたたれをごめんさふらへかし」とまうしければ、おほいとの、「やさしうもまうしたりけるものかな」とて、にしきのひたたれをごめんありけるとぞきこえし。むかしのしゆばいしんは、にしきのたもとをくわいけいざんにひるがへし、いまのさいとうべつたうさねもりは、そのなをほくこくのちまたにあぐとかや。くちもせぬむなしきなのみとどめおいて、かばねはこしぢのすゑのちりとなるこそあはれなれ。さんぬるしんぐわつじふしちにち、へいけじふまんよきにて、みやこをいでしことがらは、なにおもてをむかふべしともみえざりしに、いまごぐわつげじゆんに、みやこへかへりのぼるには、そのせいわづかににまんよき、「ながれをつくしてすなどるときは、おほくのうををうるといへども、めいねんにうをなし。はやしをやいてかるときは、おほくのけだものをうるといへども、めいねんにけだものなし。のちをぞんじて、せうせうはのこさるべかりけるものを」と、まうすひとびともありけるとかや。P34
「げんばう」(『げんばう』)S0709かづさのかみただきよ、ひだのかみかげいへは、をととしにふだうしやうこくこうぜられしとき、ににんともにしゆつけしてありけるが、こんどほくこくにて、こどもみなうたれぬときいて、そのおもひのつもりにや、つひになげきじににぞしににける。これをはじめて、おやはこにおくれ、めはをつとにわかれて、なげきかなしむことかぎりなし。およそきやうぢうには、いへいへにもんこをとぢて、あさゆふかねうちならし、こゑごゑにねんぶつまうし、をめきさけぶことおびたたし。またゑんごくきんごくもかくのごとし。ろくぐわつひとひのひ、さいしゆじんぎのごんのたいふおほなかとみのちかとしを、てんじやうのしもぐちへめされて、こんどひやうがくしづまらば、いせだいじんぐうへぎやうがうあるべきよしおほせくださる。だいじんぐうはむかしたかまのはらよりあまくだらせたまひて、すゐにんてんわうのぎよう、にじふごねんさんぐわつに、やまとのくにかさぬひのさとより、いせのくにわたらひのこほりいすずのかはかみ、したついはねにおほみやばしらをふとしきたてて、あがめそめたてまつしよりこのかた、につぽんろくじふよしう、さんぜんしちひやくごじふよしやの、だいせうのじんぎみやうだうのなかにはぶさうなり。されどもよよのみかど、つひにりんかうはなかりしに、ならのみかどのおんとき、さだいじんふひとうのまご、さんぎしきぶきやううがふのこ、うこんゑのせうしやうけんだざいのせうに、P35ふぢはらのひろつぎといふひとありけり。てんぴやうじふごねんじふぐわつに、ひぜんのくにまつらのこほりにして、すまんのぐんびやうをそつして、こくかをすでにあやぶめんとす。そのときおほののあづまうどをたいしやうぐんとして、ひろつぎつゐたうせられしとき、みかどおんいのりのために、いせだいじんぐうへはじめてぎやうがうありし、そのれいとぞきこえし。かのひろつぎはひぜんのまつらより、みやこへいちにちにおりのぼるむまをぞもつたりける。さればつゐたうせられしとき、みかたのつはものども、おちうせうたれしかば、くだんのむまにうちのり、ただいつきかいちうへはせいりけるとぞきこえし。そのばうれいあれて、つねはおそろしきことどもおほかりけり。てんぴやうじふはちねんろくぐわつじふはちにち、ちくぜんのくにみかさのこほり、だざいふのくわんぜおんじくやうぜられしだうしには、げんばうそうじやうとぞきこえし。かうざにのぼりかねうちならすとき、にはかにそらかきくもり、いかづちおびたたしうなつて、かのそうじやうのうへにおちかかり、そのかうべをとつて、くものなかへぞいりにける。これはひろつぎてうぶくせられし、そのゆゑとぞきこえし。このそうじやうは、きびのだいじんにつたうのとき、あひともなつてわたり、ほつさうしうわたしたりしひとなり。たうじんがげんばうといふなをわらつて、「げんばうとはかへつてほろぶといふこゑあり。いかさまにもこのひときてうののち、なんにあふべきひとなり」とさうしたりけるとかや。おなじきじふくねんろくぐわつじふはちにち、しやれかうべにげんばうといふめいをかいて、こうぶくじのにはにおとし、ひとならばにさんびやくにんばかりがこゑして、こくうにどつとわらふおとしけり。こうぶくじはほつさうしうのてらたるによつてなり。そのでしどもこれをとつてつかにつき、そのうちにをさめて、づはかとP36なづけていまにあり。これによつてひろつぎがばうれいをあがめられて、ひぜんのくにまつらのいまのかがみのみやとかうす。さがのくわうていのおんとき、へいぜいのせんてい、ないしのかみのすすめによつて、すでによをみだらんとせさせたまひしとき、みかどおんいのりのために、だいさんのくわうぢよいうちないしんわうをかものさいゐんにたてまゐらさせたまふ。これぞさいゐんのはじめなる。しゆしやくゐんのおんときも、すみともつゐたうのれいとて、やはたにてりんじのみかぐらあり。こんどもそのれいたるべしとて、さまざまのおんいのりどもありけり。
「きそさんもんてふじやう」(『きそさんもんてうじやう』)S0710さるほどにきそよしなかはゑちぜんのこふについて、いへのこらうどうめしあつめてひやうぢやうす。「そもそもよしなか、あふみのくにをへてこそ、みやこへはのぼるべきに、れいのさんぞうどもの、ふせぐこともやあらんずらん。かけやぶつてとほらんことはやすけれども、たうじはへいけこそ、ぶつぽふともいはず、てらをほろぼしそうをうしなひ、あくぎやうをばいたすなれ。それをしゆごのためにしやうらくせんずるよしなかが、へいけとひとつなればとて、さんもんのしゆとにむかつてかつせんせんこと、すこしもたがはぬにのまひなるべし。これこそさすがやすだいじよ。いかがせん」とのたまへば、てかきにぐせられたりけるだいぶばうかくめい、すすみいでてまうしけるはP37、「さんもんのだいしゆはさんぜんにんさふらふなるが、かならずいちみどうしんなることはさふらはず。あるひはへいけにどうしんせんとまうすしゆともさふらふらん。あるひはげんじにつかんとまうすだいしゆもさふらふらん。せんずるところ、てふじやうをつかはしてごらんさふらへ。へんてふにこそ、そのやうはみえさふらはんずらめ」とまうしければ、きそどの、「このぎもつともしかるべし。さらばかけ」とて、かくめいにてふじやうをかかせて、さんもんへおくらる。そのじやうにいはく、「よしなかつらつらへいけのあくぎやくをみるに、ほうげんへいぢよりこのかた、ながくじんしんのれいをうしなふ。しかりといへども、きせんてをつかね、しそあしをいただく。ほしいままにていゐをしんだいし、あくまでこくぐんをりよりやうす。だうりひりをろんぜず、けんもんせいけをつゐふくし、うざいむざいをいはず、けいしやうししんをそんまうす。そのしざいをうばひとつて、ことごとくらうじうにあたへ、かのしやうゑんをもつしゆして、みだりがはしくしそんにはぶく。なかんづくさんぬるぢしようさんねんじふいちぐわつ、ほふわうをせいなんのりきうにうつしたてまつり、はくりくをかいせいのぜつゐきにながしたてまつる。しゆそものいはず、だうろめをもつてす。しかのみならずおなじきしねんごぐわつ、にのみやのしゆがくをかこみたてまつり、きうちようのこうぢんをおどろかさしむ。ここにていしひぶんのがいをのがれんがために、ひそかにをんじやうじへじゆぎよのとき、よしなかせんにちにりやうじをたまはるによつて、むちをあげんとほつするところに、をんできちまたにみちて、よさんみちをうしなふ。きんけいのげんじなほさんこうせず。いはんやゑんけいにおいてをや。しかるにをんじやうはぶんげんなきによつて、なんとへおもむかしめたまふあひだ、うぢばしにしてかつせんす。たいしやうさんみにふだうよりまさふし、いのちをかろんじぎをおもんじて、いつせんのP38こうをはげますといへども、たぜいのせめをまぬかれず。けいがいをこがんのこけにさらし、せいめいをちやうかのなみにながす。りやうじのおもむききもにめいじ、どうるゐのかなしみたましひをけす。これによつてとうごくほくこくのげんじら、おのおのさんらくをくはだてて、へいけをほろぼさんとほつす。よしなかいんじとしのあき、しゆくいをたつせんがために、はたをあげけんをとつて、しんしうをいでしひ、ゑちごのくにのぢうにん、じやうのしらうながもち、すまんのぐんびやうをそつしてはつかうせしむるあひだ、たうごくよこたがはらにしてかつせんす。よしなかわづかにさんぜんよきをもつて、かのすまんのつはものをやぶりをはんぬ。ふうぶんひろきにおよんで、へいじのたいしやうじふまんのぐんしをそつして、ほくろくにはつかうす。ゑつしう、かしう、となみ、くろさか、しほさか、しのはらいげのじやうくわくにして、すかどかつせんす。はかりごとをゐあくのうちにめぐらして、かつことをしせきのもとにえたり。しかるにうてばかならずふし、せむればかならずくだる。あきのかぜのばせををやぶるにことならず。ふゆのしものくんいうをからすにあひおなじ。これひとへにしんめいぶつだのたすけなり。さらによしなかがぶりやくにあらず。へいじはいぼくのうへは、さんらくをくはだつるなり。いまえいがくのふもとをすぎて、らくやうのちまたにいるべし。このときにあたつて、ひそかにぎたいあり。そもそもてんだいのしゆとは、へいじにどうしんか、げんじによりきか。もしかのあくとをたすけらるべくは、しゆとにむかつてかつせんすべし。もしかつせんをいたさば、えいがくのめつばうくびすをめぐらすべからず。かなしいかな、へいじしんきんをなやまし、ぶつぽふをほろぼすあひだ、あくぎやくをしづめんがために、ぎへいをおこすところに、たちまちにさんぜんのしゆとにむかつて、ふりよのかつせんをいたさんことを。いたましきかな、いわうさんわうにP39はばかりたてまつて、かうていにちりうせしめば、てうていくわんたいのしんとして、ながくぶりやくかきんのそしりをのこさんことを。しんだいにまどつて、かねてあんないをけいするところなり。こひねがはくはてんだいのしゆと、かみのためほとけのためくにのためきみのために、げんじにどうしんして、きようとをちうし、こうくわによくせん。こんたんのいたりにたへず。よしなかきようくわうつつしんでまうす。じゆえいにねんろくぐわつとをかのひ、みなもとのよしなかしんじやう。ゑくわうばうのりつしのおんばうへ」とぞかかれたる。
「さんもんへんてふ」(『へんでう』)S0711さんもんのだいしゆこのじやうをひけんして、あんのごとくあるひはへいけにどうしんせんといふしゆともあり、あるひはげんじにつかんといふだいしゆもあり、おもひおもひこころこころ、いぎまちまちなり。らうそうどものせんぎしけるは、われらもつぱらきんりんせいしゆてんちやうちきうといのりたてまつる。なかにもへいけはたうだいのごぐわいせき、さんもんにおいてことにききやうをいたす。しかりといへどもあくぎやうほふにすぎて、ばんにんこれをそむき、くにぐにへうつてをつかはすといへども、かへつていぞくのためにほろぼさる。げんじはきんねんよりこのかた、どどのいくさにうちかつて、うんめいすでにひらけんとす。なんぞたうざんひとりしゆくうんつきぬるへいけにどうしんして、うんめいひらくるげんじをそむかんや。すべからくへいじちぐのぎをひるがへして、げんじがふりよくのむねにぢうすべきよし、さんぜんいちどうにP40せんぎして、へんてふをこそおくりけれ。きそどの、またいへのこらうどうめしあつめて、かくめいにこのへんてふをひらかせらる。「ろくぐわつとをかのひのてふじやう、おなじきじふろくにちたうらい、ひえつのところに、すうじつのうつねんいつしにげさんす。およそへいけのあくぎやくるゐねんにおよんで、てうていのさうどうやむことなし。ことじんこうにあり、ゐしつするにあたはず。それえいがくにいたつては、ていととうぼくのじんしとして、こくかせいひつのせいきをいたす。しかりといへども、いつてんひさしくかのえうげきにをかされて、しかいとこしなへにそのあんせんをえず。けんみつのほふりんなきがごとし。おうごのしんゐしばしばすたる。ここにきかたまたまるゐだいぶびのいへにむまれて、さいはひにたうじせいせんのじんたり。あらかじめきぼうをめぐらしてぎへいをおこし、たちまちにばんしのめいをわすれて、いつせんのこうをたつ。そのらういまだりやうねんをすぎざるに、そのなすでにしかいにながる。わがやまのしゆと、かつがつもつてしようえつす。こくかのため、るゐかのため、ぶこうをかんじぶりやくをかんず。かくのごとくならば、さんじやうのせいきむなしからざることをよろこび、かいだいのゑごおこたりなきことをしんぬ。じじたじ、じやうぢうのぶつぽふ、ほんしやまつしやさいてんのしんめい、ふたたびけうぼふのさかえんことをよろこび、すきやうのふるきにふくせんことをずゐきしたまふらん。しゆとらがしんぢうただけんさつをたれよ。しかればすなはちみやうにはじふにじんじやう、かたじけなくいわうぜんぜいのししやとして、きようとつゐたうのようしにあひくははり、けんにはまたさんぜんのしゆと、しばらくしゆがくさんぎやうのきんせつをやめて、あくりよぢばつのくわんぐんをたすけしめん。しくわんじふじようのぽんぷうは、かんりよをわてうのほかにはらひ、ゆがさんみつのP41ほふうは、しぞくをげうねんのむかしにかへさん。しゆとのせんぎかくのごとし。つらつらこれをさつせよ。じゆえいにねんしちぐわつふつかのひ、だいしゆら」とぞかいたりける。
「へいけさんもんへのれんじよ」(『へいけさんもんへのれんじよ』)S0712へいけこれをばゆめにもしりたまはず、「こうぶくをんじやうりやうじは、うつぷんをふくめるをりふしなれば、かたらふともよもなびかじ。たうけはさんもんにおいて、いまだあたをむすばず。さんもんまたたうけのためにふちうをぞんぜず。せんずるところ、さんわうだいしにきせいまうして、さんぜんのしゆとをかたらはばや」とて、いちもんのくぎやうじふにん、どうしんれんじよのぐわんじよをかいて、さんもんへおくらる。そのぐわんじよにいはく、「うやまつてまうす。えんりやくじをもつてうぢてらにじゆんじ、ひよしのやしろをもつてうぢやしろとして、いつかうてんだいのぶつぽふをあふぐべきこと。みぎたうけいちぞくのともがら、ことにきせいすることあり。しいしゆいかんとなれば、えいざんはこれくわんむてんわうのぎよう、でんげうだいしにつたうきてうののち、ゑんどんのけうぼふをこのところにひろめ、しやなのだいかいをそのうちにつたへてよりこのかた、もつぱらぶつぽふはんじやうのれいくつとして、ひさしくちんごこくかのだうぢやうにそなふ。まさにいまいづのくにのるにん、みなもとのよりとも、みのとがをくいず、かへつててうけんをあざける。しかのみならずかんぼうにP42くみしてどうしんをいたすげんじら、よしなかゆきいへいげ、たうをむすんでかずあり。りんけいゑんけいすこくをしやうりやうし、とぎとこうばんもつをあふりやうす。これによつてあるひはるゐだいくんこうのあとをおひ、あるひはたうじきうばのげいにまかせて、すみやかにぞくとをちうし、きようたうをがうぶくすべきよし、いやしくもちよくめいをふくんで、しきりにせいばつをくはだつ。ここにぎよりんかくよくのぢん、くわんぐんりをえず、せいばうてんげきのゐ、ぎやくるゐかつにのるににたり。もししんめいぶつだのかびにあらずは、いかでかはんぎやくのきようらんをしづめん。いかにいはんや、しんらがなうそ、おもへばかたじけなく、ほんぐわんのよえいといつつべし。いよいよそうちようすべし。いよいよくぎやうすべし。じごんいごさんもんによろこびあらば、いちもんのよろこびとし、しやけにいきどほりあらば、いつけのいきどほりとして、おのおのしそんにつたへてながくしつだせじ。とうじはかすがのやしろこうぶくじをもつて、うぢやしろうぢてらとして、ひさしくほつさうだいじようのしうにきす。へいじはひよしのやしろえんりやくじをもつてうぢやしろうぢてらとして、まのあたりゑんじつとんごのけうにちぐせん。かれはむかしのゆゐせきなり。いへのためえいかうをおもふ。これはいまのせいきなり。きみのためつゐばつをこふ。あふぎねがはくは、さんわうしちしや、わうじけんぞく、ごほふしやうじゆ、とうざいまんざん、じふにじようぐわん、いわうぜんぜい、につくわうぐわつくわう、むにのたんぜいをてらして、ゆゐいつのけんおうをたれたまへ。しかればすなはちじやぼうぎやくしんのぞく、おのおのてをくんもんにつかね、ほんぎやくざんがいのともがら、かうべをけいとにつたへん。よつていちもんのくぎやうら、いくどうおんにらいをなして、きせいくだんのごとし。じゆざんみぎやうけんゑちぜんのかみたひらのあそんみちもり、じゆざんみぎやうけんうこんゑのちうじやうたひらのあそんすけもり、じやうざんみぎやううこんゑのちうじやうけんいよのかみたひらのあそんこれもり、P43じやうざんみぎやうさこんゑのごんのちうぢやうけんはりまのかみたひらのあそんしげひら、じやうざんみぎやうゑもんのかみけんあふみとほたふみのかみたひらのあそんきよむね、さんぎじやうざんみくわうだいこうぐうのごんのだいぶけんしゆりのだいぶかがゑつちうのかみたひらのあそんつねもり、じゆにゐぎやうちうなごんせいいたいしやうぐんけんさひやうゑのかみたひらのあそんとももり、じゆにゐぎやうごんぢうなごんけんひぜんのかみたひらのあそんのりもり、じやうにゐぎやうごんだいなごんけんみちではあぜつしたひらのあそんよりもり、じゆいちゐさきのないだいじんたひらのあそんむねもり。じゆえいにねんしちぐわついつかのひ、うやまつてまうす」とぞかかれたる。くわんじゆこれをあはれみたまひて、さうなうしゆとにひろうもしたまはず、じふぜんじごんげんのしやだんにこめ、さんにちかぢして、そののちしゆとにひろうせらる。はじめはありともみえざりけるぐわんじよのうはまきに、うたこそいつしゆいできたれ。
たひらかにはなさくやどもとしふればにしへかたぶくつきとこそみれ W050
さんわうだいしこれをあはれみたまひて、さんぜんのしゆとちからをあはせよとなり。されどもとしごろひごろのふるまひしんりよにもたがひ、じんばうにもそむきぬれば、いのれどもかなはず、かたらへどもなびかざりけり。だいしゆもまことにさこそはと、ことのていをばあはれみけれども、げんじがふりよくのへんてふをおくりぬるうへは、いままたかろがろしく、そのぎをひるがへすにおよばねば、これをきよようするしゆともなし。P44
「しゆしやうのみやこおち」(『しゆしやうのみやこおち』)S0713おなじきしちぐわつじふしにち、ひごのかみさだよし、ちんぜいのむほんたひらげて、きくち、はらだ、まつらたうさんぜんよきをめしぐしてしやうらくす。ちんぜいのむほんをば、わづかにたひらげたれども、とうごくほくこくのいくさは、いかにもしづまらず。おなじきにじふににちのやはんばかり、ろくはらのへんおびたたしうさうどうす。むまにくらおき、はるびしめ、ものどもとうざいなんぼくへはこびかくす。ただいまかたきのうちいつたるさまなりけり。あけてのちきこえしは、みのげんじに、さどのゑもんのじようしげさだといふものあり。さんぬるほうげんのかつせんのとき、ちんぜいのはちらうためともがゐんがたのいくさにまけて、おちうとなつたりしを、からめていだしたりしけんじやうに、もとはひやうゑのじようたりしが、そのときうゑもんのじようになりぬ。これによつていちもんにはあたまれて、このころへいけをへつらひけるが、そのよろくはらにはせまゐり、「きそすでにほくこくよりごまんよきでせめのぼり、てんだいさん、ひがしざかもとにみちみちてさふらふ。らうどうにたてのろくらうちかただ、てかきにだいぶばうかくめい、ろくせんよきてんだいさんにきほひのぼり、さんぜんのしゆとどうしんして、ただいまみやこへみだれいる」よしまうしければ、へいけのひとびとおほきにさわいで、はうばうへうつてをさしむけらる。たいしやうぐんにはしんぢうなごんとももりのきやう、ほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、さんぜんよきでまづやましなにP45しゆくせらる。ゑちぜんのさんみみちもり、のとのかみのりつね、にせんよきでうぢばしをかためらる。さまのかみゆきもり、さつまのかみただのり、いつせんよきでよどぢをしゆごせられけり。げんじのかたにはじふらうくらんどゆきいへ、すせんぎでうぢばしをわたつてみやこへいる。みちのくにのしんはうぐわんよしやすがこ、やたのはんぐわんだいよしきよ、おほえやまをへてしやうらくすともまうしあへり。またつのくにかはちのげんじらどうしんして、おなじうみやこへみだれいるよしまうしければ、へいけのひとびと、「このうへはちからおよばず、ただいつしよでいかにもなりたまへ」とて、はうばうへむけられたりけるうつてども、みなみやこへよびかへされけり。ていとみやうりのち、にはとりないてやすきことなし。をさまれるよだにもかくのごとし。いはんやみだれたるよにおいてをや。よしのやまのおくのおくへもいりなばやとはおぼしめされけれども、しよこくしちだうことごとくそむきぬ。いづくのうらかおだしかるべき。さんがいむあん、いうによくわたくとして、によらいのきんげん、いちじようのめうもんなれば、なじかはすこしもたがふべき。おなじきにじふしにちのさよふけがたに、さきのないだいじんむねもりこう、けんれいもんゐんのわたらせたまふろくはらいけどのにまゐつてまうされけるは、「きそすでにほくこくよりごまんよきでせめのぼり、ひえいさんひがしざかもとにみちみちてさふらふ。らうどうにたてのろくらうちかただ、てかきにだいぶばうかくめい、ろくせんよきてんだいさんへきほひのぼり、さんぜんのしゆとひきぐして、ただいまみやこへみだれいるよしきこえさふらふ。ひとびとはただみやこのうちにて、いかにもならんとまうしあはれけれども、まのあたりにようゐん、にゐどのに、うきめをみせまゐらせんことのくちをしくさふらへば、ゐんをもうちをもP46とりたてまつて、さいこくのかたへごかうぎやうがうをも、なしまゐらせばやとおもひなつてこそさふらへ」とまうされければ、にようゐん、「いまはただともかうも、そこのはからひでこそあらんずらめ」とて、ぎよいのおんたもとにあまるおんなみだ、せきあへさせたまはねば、おほいとのもなほしのそでしぼるばかりにぞみえられける。
さるほどにほふわうをばへいけとりたてまつて、さいこくのかたへおちゆくべしなどまうすことを、ないないきこしめすむねもやありけん、そのよのやはんばかり、あぜつしだいなごんすけかたのきやうのしそく、むまのかみすけときばかりをおんともにて、ひそかにごしよをいでさせたまひて、おんゆくへもしらずぞごかうなる。ひとこれをしらざりけり。へいけのさぶらひにきちないざゑもんのじようすゑやすといふものあり。さかざかしきをのこにて、ゐんにもめしつかはれけるが、そのよしもおとのゐにまゐつて、はるかにとほうさふらひけるが、つねのごしよのおんかたざま、よにものさわがしう、にようばうたちしのびねになきなどしたまへり。なにごとなるらんとききければ、「にはかにほふわうのみえさせましまさぬは、いづかたへのごかうやらん」とまうすこゑにきくほどに、あなあさましとて、いそぎろくはらへはせまゐり、このよしまうしたりければ、おほいとの、「さだめてひがごとでぞあるらん」とはのたまひながら、いそぎまゐつてみまゐらさせたまふに、げにもほふわうわたらせましまさず。ごぜんにさぶらはせたまふにようばうたち、にゐどのたんごどのいげいちにんもはたらきたまはず。「いかにや」ととひまゐらさせたまへども、「われこそほふわうのおんゆくへしりまゐらせたり」とまうさるるにようばうたち、いちにんもおはせざりければ、P47おほいとのもちからおよばせたまはず、なくなくろくはらへぞかへられける。さるほどに、ほふわうみやこのうちにわたらせたまはずとまうすほどこそありけれ、きやうぢうのさうどうなのめならず。いはんやへいけのひとびとのあわてさわがれけるありさまは、いへいへにかたきのうちいつたりとも、かぎりあれば、これにはすぎじとぞみえし。へいけひごろはゐんをもうちをもとりたてまつて、さいこくのかたへごかうぎやうがうをもなしまゐらせんとしたくせられたりしかども、かくうちすてさせたまひぬれば、たのむこのもとにあめのたまらぬここちぞせられける。「せめてはぎやうがうばかりをもなしまゐらせよや」とて、あくるうのこくにぎやうがうのみこしをよせたりければ、しゆしやうはこんねんろくさい、いまだ、いとけなうましましければ、なにごころなくぞめされける。ごどうよには、おんぼぎけんれいもんゐんまゐらせたまふ。「しんし、ほうけん、ないしどころ、いんやく、ときのふだ、げんじやう、すずかなどをもとりぐせよ」と、へいだいなごんときただのきやうげぢせられたりけれども、あまりにあわてさわいで、とりおとすものぞおほかりける。ひのござのぎよけんなどをも、とりわすれさせたまひけり。やがてこのときただのきやう、くらのかみのぶもと、さぬきのちうじやうときざね、ふしさんにん、いくわんにてぐぶせらる。こんゑつかさ、みつなのすけ、かつちうきうせんをたいして、ぎやうがうのおんともつかまつる。しちでうをにしへ、しゆしやかをみなみへぎやうがうなる。あくればしちぐわつにじふごにちなり。かんてんすでにひらけて、くもとうれいにたなびき、あけがたのつきしろくさえて、けいめいまたいそがはし。ゆめにだにかかることはみず。ひととせみやこうつりとて、P48にはかにあわたたしかりしは、かかるべかりけるぜんべうとも、いまこそおもひしられけれ。せつしやうどのもぎやうがうにぐぶして、ぎよしゆつありけるが、しちでうおほみやにて、びんづらゆうたるどうじの、おんくるまのまへを、つとはしりとほるをごらんずれば、かのどうじのひだんのたもとに、はるのひといふもじぞあらはれたる。はるのひとかいては、かすがとよめば、ほつさうおうごのかすがだいみやうじん、たいしよくくわんのおんすゑをまもりたまふにこそと、たのもしうおぼしめすところに、くだんのどうじのこゑとおぼしくて、
いかにせむふぢのすゑばのかれゆくをただはるのひにまかせたらなむ W051
ともにさふらふしんどうさゑもんのじようたかなほをめして、「このよのなかのありさまをごらんずるに、ぎやうがうはなれどもごかうはならず。ゆくすゑたのもしからずおぼしめすはいかに」とおほせければ、おんうしかひにめをきつとみあはせたり。やがてこころえて、おんくるまをやりかへし、おほみやをのぼりに、とぶがごとくにつかまつり、きたやまのへん、ちそくゐんへぞいらせたまひける。
「これもりのみやこおち」(『これもりのみやこおち』)S0714ゑつちうのじらうびやうゑ、たちわきばさみ、せつしやうどののおんとどまりあるをおしとどめまゐらせんと、しきりにすすみけれども、ひとびとにせいせられて、ちからおよばでとどまりぬ。P49
なかにもこまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうは、ひごろよりおもひまうけたまへることなれども、さしあたつてはかなしかりけり。このきたのかたとまうすは、こなかのみかどのしんだいなごんなりちかのきやうのむすめ、ちちにもははにもおくれたまひて、みなしごにておはせしかども、たうがんつゆにほころび、こうふんまなこにこびをなし、りうはつかぜにみだるるよそほひ、またひとあるべしともみえたまはず。ろくだいごぜんとて、しやうねんとをになりたまふわかぎみ、そのいもとはつさいのひめぎみおはしけり。このひとびともめんめんにおくれじとしたひたまへば、さんみのちうじやうのたまひけるは、「われはひごろまうししやうに、いちもんにぐせられて、さいこくのかたへおちゆくなり。いづくまでもぐそくしたてまつるべけれども、みちにもかたきまつなれば、こころやすくとほらんことありがたし。たとひわれうたれたりとききたまふとも、さまなどかへたまふことは、ゆめゆめあるべからず。そのゆゑは、いかならんひとにも、みもしみえて、あのをさなきものどもをも、はぐくみたまへ。なさけをかくべきひとも、などかなくてさふらふべき」と、やうやうになぐさめのたまへども、きたのかたとかうのへんじをもしたまはず、ひきかづいてぞふしたまふ。ちうじやうすでにうつたたんとしたまへば、きたのかたたもとにすがり、「みやこにはちちもなし、ははもなし。すてられたてまつてのち、またたれにかはみゆべきに、いかならんひとにもみえよなどうけたまはるこそうらめしけれ。ぜんぜのちぎりありければ、ひとこそあはれみたまふとも、またひとごとにしもやなさけをかくべき。いづくまでもともなひたてまつり、おなじのばらのつゆともきえ、ひとつそこのみくづともならんとこそちぎりしに、さればさよのねざめのむつごとは、みないつはりになりにけり。P50せめてはみひとつならばいかがせん。すてられたてまつるみのうさを、おもひしつてもとどまりなん。をさなきものどもをば、たれにみゆづり、いかにせよとかおぼしめす。うらめしうもとどめたまふものかな」とて、かつうはうらみかつうはしたひたまへば、さんみのちうじやう、「まことにひとはじふさん、われはじふごより、みそめたてまつたれば、ひのなかみづのそこへも、ともにいりともにしづみ、かぎりあるわかれぢまでも、おくれさきだたじとこそおもひしか。けふはかくものうきありさまどもにて、いくさのぢんへおもむけば、ぐそくしたてまつて、ゆくすゑもしらぬたびのそらにて、うきめをみせまゐらせんも、わがみながらうたてかるべし。そのうへこんどはよういもさふらはず、いづくのうらにもこころやすうおちつきたらば、それよりむかひにひとをこそまゐらせめ」とて、おもひきつてぞたたれける。ちうもんのらうにいでて、よろひとつてき、むまひきよせさせ、すでにのらんとしたまへば、わかぎみひめぎみはしりいでて、ちちのよろひのそで、くさずりにとりつき、「これはされば、いづちへとてわたらせたまひさふらふやらん。われもまゐらん、われもゆかん」としたひなきたまへば、うきよのきづなとおぼえて、さんみのちうじやう、いとどせんかたなげにぞみえられける。おんおととしんざんみのちうじやうすけもり、ひだんのちうじやうきよつね、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、びつちうのかみもろもり、きやうだいごき、むまにのりながら、もんのうちへうちいれ、にはにひかへ、だいおんじやうをあげて、「ぎやうがうははるかにのびさせたまひぬらんに、いかにやいままでのちさんざふらふ」と、こゑごゑにまうされければ、さんみのちうじやうむまにうちのつていでられけるが、またP51ひつかへし、えんのきはにうちよせ、ゆみのはずにてみすをざつとかきあげて、「これごらんさふらへ。をさなきものどもがあまりにしたひさふらふを、とかうこしらへおかんとつかまつるほどに、ぞんのほかのちさんざふらふ」とのたまひもあへず、はらはらとなきたまへば、にはにひかへたまへるひとびとも、みなよろひのそでをぞぬらされける。ここにさんみのちうじやうのとしごろのさぶらひに、さいとうご、さいとうろくとて、あにはじふく、おととはじふしちになるさぶらひあり。さんみのちうじやうのおむまのさうのみづつきにとりついて、いづくまでもおんともつかまつりさふらはんとまうしければ、さんみのちうじやうのたまひけるは、「なんぢらがちちながゐのさいとうべつたうさねもりが、ほくこくへくだりしとき、ともせうどいひしを、ぞんずるむねがあるぞとて、なんぢらをとどめおき、つひにほくこくにてうちじにしたりしは、ふるきものにて、かかるべかりけることを、かねてさとつたりけるにこそ。あのろくだいをとどめてゆくに、こころやすうふちすべきもののなきぞ。ただりをまげてとどまれかし」とのたまへば、ににんのものどもちからおよばず、なみだをおさへてとどまりぬ。きたのかたは、「としごろひごろ、かくなさけなきひととこそ、かけてはおもはざりしか」とて、ひきかづいてぞふしたまふ。わかぎみひめぎみにようばうたちは、みすのほかまでまろびいで、こゑをはかりにをめきさけびたまひけり。そのこゑごゑみみのそこにとどまつて、さればさいかいのたつなみのうへ、ふくかぜのおとまでも、きくやうにこそおもはれけれ。へいけみやこをおちゆくに、ろくはら、いけどの、こまつどの、はちでう、にしはちでういげ、ひとびとのいへいへ、にじふよかしよ、そのほかつぎつぎのともがらのしゆくしよじゆくしよ、きやうしらかは、しごまんげんがP52ざいけにひをかけて、いちどにみなやきはらふ。
「せいしゆりんかう」(『せいしゆりんかう』)S0715あるひはせいしゆりんかうのちなり。ほうけつむなしくいしずゑをのこし、らんよただあとをとどむ。あるひはこうひいうえんのみぎりなり。せうばうのあらしこゑかなしみ、えきていのつゆいろうれふ。さうきやうすゐちやうのもとゐ、よくりんてうしよのたち、くわいきよくのざ、えんらんのすみか、たじつのけいえいをむなしうして、へんしのくわいしんとなりはてぬ。いはんやらうじうのほうひつにおいてをや。いはんやざふにんのをくしやにおいてをや。よえんのおよぶところ、ざいざいしよしよすじつちやうなり。きやうごたちまちにほろびて、こそたいのつゆけいきよくにうつり、ぼうしんすでにおとろへて、かんやうきうのけぶり、へいけいをかくしけんも、かくやとぞおぼえける。ひごろはかんこくじかうのさがしきをかたうせしかども、ほくてきのためにこれをやぶられ、いまはこうかけいゐのふかきをたのみしかども、とういのためにこれをとられたり。あにはかりきや、たちまちにれいぎのきやうをせめいだされて、なくなくむちのさかひにみをよせんと。きのふはくものうへにてあめをくだすしんりようたりき。けふはいちぐらのほとりにみづをうしなふこぎよのごとし。くわふくみちをおなじうし、じやうすゐたなごころをかへす。いまめのまへにあり。たれかこれをかなしまざらん。ほうげんのむかしははるのはなとさかえしかども、じゆえいのいまはまたあきのもみぢとおちはてぬ。P53はたけやまのしやうじしげよし、をやまだのべつたうありしげ、うつのみやのさゑもんともつな、これらはさんぬるぢしようよりじゆえいまで、めしこめられてありしが、そのときすでにきらるべかりしを、しんぢうなごんとももりのきやうのいけんにまうされけるは、「かれらひやくにんせんにんがくびをきらせたまひてさふらふとも、ごうんつきさせたまひなば、おんよをたもたせたまはんことありがたし。こきやうにさふらふさいししよじうら、いかばかりなげきかなしみさふらふらん。ただりをまげてくださせたまへ。もしうんめいひらけて、みやこへかへりのぼらせたまふこともさふらはば、ありがたきおんなさけでこそさふらはんずれ」とまうされければ、おほいとの、「さらばとうくだれ」とこそのたまひけれ。これらかうべをかたぶけたなごころをあはせて、「いづくまでもおんともつかまつりさふらはん」とまうしければ、おほいとの、「なんぢらがたましひはみなとうごくにこそあるべきに、ぬけがらばかりさいこくへめしぐすべきやうなし。ただとうくだれ」とこそのたまひけれ。これらもにじふよねんのしゆなりければ、わかれのなみだおさへがたし。
「ただのりのみやこおち」(『ただのりのみやこおち』)S0716さつまのかみただのりは、いづくよりかかへられたりけん。さぶらひごきわらはいちにん、わがみともにひたかぶとしちきとつてかへし、ごでうのさんみしゆんぜいのきやうのもとにおはしてみたまへば、もんこをP54とぢてひらかず。「ただのり」となのりたまへば、おちうとかへりきたれりとて、そのうちさわぎあへり。さつまのかみいそぎむまよりとんでおり、みづからたからかにまうされけるは、「これはさんみどのにまうすべきことあつて、ただのりがまゐつてさふらふ。たとひかどをばあけられずとも、このきはまでたちよりたまへ。まうすべきことのさふらふ」とまうされたりければ、しゆんぜいのきやう、「そのひとならばくるしかるまじ。あけていれまうせ」とて、もんをあけてたいめんありけり。ことのていなにとなうものあはれなり。さつまのかみまうされけるは、「せんねんまうしうけたまはつてよりのちは、ゆめゆめそりやくをぞんぜずとはまうしながら、このにさんかねんは、きやうとのさわぎ、くにぐにのみだれいでき、あまつさへたうけのみのうへにまかりなつてさふらへば、つねにまゐりよることもさふらはず。きみすでにていとをいでさせたまひぬ。いちもんのうんめいけふはやつきはてさふらふ。それにつきさふらひては、せんじふのおんさたあるべきよしうけたまはつてさふらひしほどに、しやうがいのめんぼくに、いつしゆなりともごおんをかうむらうどぞんじさふらひつるに、かかるよのみだれいできて、そのさたなくさふらふでう、ただいつしんのなげきとぞんずるざふらふ。こののちよしづまつて、せんじふのおんさたさふらはば、これにさふらふまきもののなかに、さりぬべきうたさふらはば、いつしゆなりともごおんをかうむつて、くさのかげにてもうれしとぞんじさふらはば、とほきおんまもりとこそなりまゐらせさふらはんずれ」とて、ひごろよみおかれたるうたどものなかに、しうかとおぼしきを、ひやくよしゆかきあつめられたりけるまきものを、いまはとてうつたたれけるとき、これをとつてもたれたりけるを、よろひのひきあはせよりP55とりいでて、しゆんぜいのきやうにたてまつらる。さんみこれをひらいてみたまひて、「かかるわすれがたみどもをたまはりさふらふうへは、ゆめゆめそりやくをぞんずまじうさふらふ。さてもただいまのおんわたりこそ、なさけもふかう、あはれもことにすぐれて、かんるゐおさへがたうこそさふらへ」とのたまへば、さつまのかみ、「かばねをのやまにさらさばさらせ、うきなをさいかいのなみにながさばながせ、いまはうきよにおもひおくことなし。さらばいとままうして」とて、むまにうちのりかぶとのををしめて、にしをさしてぞあゆませたまふ。さんみうしろをはるかにみおくつてたたれたれば、ただのりのこゑとおぼしくて、「せんどほどとほし、おもひをがんざんのゆふべのくもにはす」と、たからかにくちずさみたまへば、しゆんぜいのきやうも、いとどあはれにおぼえて、なみだをおさへていりたまひぬ。そののちよしづまつて、せんざいしふをせんぜられけるに、ただのりのありしありさま、いひおきしことのは、いまさらおもひいでてあはれなりけり。くだんのまきもののなかに、さりぬべきうたいくらもありけれども、そのみちよくかんのひとなれば、みやうじをばあらはされず、こきやうのはなといふだいにて、よまれたりけるうたいつしゆぞ、よみびとしらずといれられたる。
さざなみやしがのみやこはあれにしをむかしながらのやまざくらかな W052
そのみてうてきとなりぬるうへは、しさいにおよばずといひながら、うらめしかりしことどもなり。P56
「つねまさのみやこおち」(『つねまさのみやこおち』)S0717しゆりのだいぶつねもりのちやくし、くわうごぐうのすけつねまさは、えうせうのときより、にんわじのおむろのごしよに、とうぎやうにてさぶらはれしかば、かかるそうげきのなかにも、きみのおんなごりきつとおもひいでまゐらせ、さぶらひごろくきめしぐして、にんわじどのへはせまゐり、いそぎむまよりとんでおり、もんをたたかせまうしいれられけるは、「きみすでにていとをいでさせたまひさふらひぬ。いちもんのうんめいけふすでにつきはてさふらひぬ。うきよにおもひおくこととては、ただきみのおんなごりばかりなり。はつさいのとしこのごしよへまゐりはじめさふらひて、じふさんでげんぶくつかまつりさふらひしまでは、いささかあひいたはることのさふらはんよりほかは、あからさまにごぜんをたちさることもさふらはず。けふすでにさいかいせんりのなみぢにおもむきさふらへば、またいづれのひいづれのとき、かならずたちかへるべしともおぼえぬことこそくちをしうさふらへ。いまいちどごぜんへまゐつて、きみをもみまゐらせたうぞんじさふらへども、かつちうをよろひきうせんをたいして、あらぬさまなるよそほひにまかりなつてさふらへば、はばかりぞんじさふらふ」とまうされければ、おむろあはれにおぼしめして、「ただそのすがたをあらためずしてまゐれ」とこそおほせけれ。つねまさそのひは、むらさきぢのにしきのひたたれに、もよぎにほひのよろひきて、ながぶくりんのたちをはき、P57にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみわきにはさみ、かぶとをばぬいでたかひもにかけ、ごぜんのおつぼにかしこまる。おむろやがてぎよしゆつあつて、みすたかくあげさせ、「これへこれへ」とめされければ、つねまさおほゆかへこそまゐられけれ。ともにさぶらふとうびやうゑのじようありのりをめす。あかぢのにしきのふくろにいれたりけるおんびはをもつてまゐりたり。つねまさこれをとりついで、ごぜんにさしおき、まうされけるは、「せんねんくだしあづかつてさふらひし、せいざんもたせてまゐつてさふらふ。なごりはつきずぞんじさふらへども、さしものわがてうのちようほうを、でんじやのちりになさんことのくちをしうさふらへば、まゐらせおくざふらふ。もしふしぎにうんめいひらけて、みやこへたちかへることもさふらはば、そのときこそかさねてくだしあづかりさふらはめ」とまうされたりければ、おむろあはれにおぼしめして、いつしゆのぎよえいをあそばいてぞくだされける。
あかずしてわかるるきみがなごりをばのちのかたみにつつみてぞおく W053
つねまさおんすずりくだされて、
くれたけのかけひのみづはかはれどもなほすみあかぬみやのうちかな W054
さてつねまさごぜんをまかりいでられけるに、すはいのとうぎやう、しゆつせしや、ばうくわん、さぶらひそうにいたるまで、つねまさのなごりををしみ、たもとにすがりなみだをながし、そでをぬらさぬはなかりけり。なかにもえうせうのとき、こじでおはせしだいなごんのほふいんぎやうけいとまうししは、はむろのだいなごんくわうらいのきやうのおんこなり。あまりになごりををしみまゐらせて、かつらがはのはたまでうちおくり、P58それよりいとまこうてかへられけるが、ほふいんなくなくかうぞおもひつづけたまふ。
あはれなりおいきわかきもやまざくらおくれさきだちはなはのこらじ W055
つねまさのへんじに、
たびごろもよなよなそでをかたしきておもへばわれはとほくゆきなむ W056
さてまいてもたせられたりけるあかはた、ざつとさしあげたれば、あそこここにひかへひかへまちたてまつるさぶらひども、あはやとてはせあつまり、そのせいひやくきばかりむちをあげ、こまをはやめて、ほどなくぎやうがうにおつつきたてまつらる。
「せいざんのさた」(『せいざんのさた』)S0718このつねまさじふしちのとし、うさのちよくしをうけたまはつてくだられけるに、そのときせいざんをたまはつて、うさへまゐり、ごてんにむかひたてまつて、ひきよくをひきたまひしかば、とものみやびとおしなべて、りよくいのそでをぞしぼりける。こころなきやつこまでも、いつききなれたることはなけれども、むらさめとはまがはじな。めでたかりしことどもなり。かのせいざんとまうすおんびはは、むかしにんみやうてんわうのぎよう、かしやうさんねんさんぐわつに、かもんのかみていびん、とたうのとき、たいたうのびはのはかせれんせふぶにあひ、さんきよくをつたへてきてうせしに、P59そのときけんじやう、ししまる、せいざん、さんめんのびはをさうでんしてわたりけるが、りうじんやをしみたまひけん、なみかぜあらくたちければ、ししまるをばかいていにしづめぬ。いまにめんのびはをわたいて、わがてうのみかどのおんたからとす。むらかみのせいたいおうわのころほひ、さんごやちうのしんげつのいろしろくさえ、りやうふうさつさつたりしよなかばに、みかどせいりやうでんにして、けんじやうをぞあそばされける。ときにかげのごとくなるもの、ごぜんにさんじて、いうにけだかきこゑをもつて、しやうがをめでたうつかまつる。みかどしばらくおんびはをさしおかせたまひて、「そもそもなんぢはいかなるものぞ。いづくよりきたれるぞ」とおほせければ、こたへまうしていはく、「これはむかしていびんにさんきよくをつたへさふらひし、たいたうのびはのはかせ、れんせふぶとまうすものにてさふらふが、さんきよくのなかに、ひきよくをいつきよくのこせるつみによつて、まだうにちんりんつかまつる。いまきみのおんばちおと、たへにきこえはんべるあひだ、さんにふつかまつるところなり。ねがはくはこのきよくをきみにさづけまゐらせて、ぶつくわぼだいをしようずべき」よしまうして、ごぜんにたてられたりけるせいざんをとり、てんじゆをねぢて、このきよくをきみにさづけたてまつる。さんきよくのなかにしやうげんせきしやうこれなり。そののちはきみもしんも、おそれさせたまひて、あそばしひくことも、せさせたまはざりしを、にんわじのおむろのごしよへ、まゐらさせたまひたりしを、このつねまささいあいのとうぎやうたるによつて、くだしたまはられたりけるとかや。かふはしとうのかふ、なつやまのみねのみどりのこのまより、ありあけのつきのいでけるを、ばちめんにかかれたりけるゆゑにこそ、せいざんとはなづけけれ。けんじやうにもあひおとらぬきたいのめいぶつなり。P60
「いちもんのみやこおち」(『いちもんのみやこおち』)S0719いけのだいなごんよりもりのきやうも、いけどのにひかけていでられたるが、とばのみなみのもんにて、わすれたることありとて、よろひにつけたるあかじるしどもかなぐりすてさせ、そのせいさんびやくよき、みやこへかへりのぼられけり。ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、ゆみわきばさみ、おほいとののおんまへにはせまゐり、いそぎむまよりとんでおり、かしこまつて、「あれごらんさふらへ。いけどのおんとどまりによつて、おほくのさぶらひどもとどまりさふらふが、きくわいにおぼえさふらふ。いけどのまではそのおそれもさふらへば、さぶらひどもにやひとついかけさふらはばや」とまうしければ、おほいとの、「いまこれほどのありさまどもを、みはてぬほどのふたうじんは、さなくともありなん」とのたまへば、ちからおよばでいざりけり。「さてこまつどののきんだちはいかに」とのたまへば、「いまだごいつしよもみえさせたまひさふらはず」とまうす。おほいとの、「みやこをいでて、いまいちにちだにすぎざるに、はやひとびとのこころどものかはりゆくうたてさよ」とぞのたまひける。しんぢうなごんとももりのきやう、「ゆくすゑとてもたのもしからず。ただみやこのうちにていかにもならせたまへと、さしもまうしつるものを」とて、おほいとののおんかたを、よにもうらめしげにぞみたまひける。P61そもそもいけどののおんとどまりをいかにといふに、ひやうゑのすけよりとも、つねはなさけをかけたてまつて、「まつたくおんかたをばおろかにおもひたてまつらず、ひとへにこいけどののおんわたりとこそぞんじさふらへ。はちまんだいぼさつもごせうばつさふらへ」など、たびたびせいじやうをもつてまうされけり。へいけつゐたうのうつてのつかひののぼるごとに、「あひかまへていけどののさぶらひにむかつてゆみひくな」なんど、ことにふれてはうじんせられたりければ、「いちもんのへいけはうんつきて、みやこをおちぬ。いまはひやうゑのすけにこそたすけられんずれ」とて、おちとどまられたりけるとぞきこえし。はちでうのにようゐんは、みやこをばいくさにおそれさせたまひて、にんわじのときはどのにしのうでましましけるところへまゐりこもられけり。このよりもりのきやうとまうすは、にようゐんのおんめのとさいしやうどのとまうすにようばうに、あひぐせられたりけるによつてなり。「しぜんのこともさふらはば、よりもりたすけさせおはしませ」とまうされければ、にようゐん、「いまはよがよであらばこそ」と、よにたのもしげもなうぞおほせける。およそはひやうゑのすけばかりこそ、はうじんをぞんずといへども、じよのげんじらはいかがあらんずらん。なまじひにいちもんにはひきわかれて、おちとどまりぬ。なみにもいそにもつかぬここちぞせられける。さるほどにこまつどののきんだちきやうだいろくにん、つがふそのせいいつせんよき、よどのむつだがはらにて、ぎやうがうにおつつきたてまつらる。おほいとのなのめならずうれしげにて、「いかにやいままでのちさんざふらふ」とのたまへば、さんみのちうじやう、「をさなきものどもがあまりにしたひさふらふを、とかうこしらへおかんとつかまつるほどに、ぞんのほかのちさん」とまうされければ、おほいとの、P62「などろくだいどのをばめしぐせられさふらはぬぞ。こころつよくもとどめたまふものかな」とのたまへば、さんみのちうじやう、「ゆくすゑとてもたのもしうもさふらはず」とて、とふにつらさのなみだをながされけるこそかなしけれ。おちゆくへいけはたれたれぞ。さきのないだいじんむねもりこう、へいだいなごんときただ、へいぢうなんごんのりもり、しんぢうなごんとももり、しゆりのだいぶつねもり、ゑもんのかみきよむね、ほんざんみのちうじやうしげひら、こまつのさんみのちうじやうこれもり、おなじきしんざんみのちうじやうすけもり、ゑちぜんのさんみみちもり、てんじやうびとには、くらのかみのぶもと、さぬきのちうじやうときざね、ひだんのちうじやうきよつね、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、くわうごぐうのすけつねまさ、さまのかみゆきもり、さつまのかみただのり、むさしのかみともあきら、のとのかみのりつね、びつちうのかみもろもり、をはりのかみきよさだ、あはぢのかみきよふさ、わかさのかみつねとし、くらんどのたいふなりもり、つねもりのおとごたいふあつもり、ひやうぶのせふまさあきら、そうにはにゐのそうづせんしん、ほつしようじのしゆぎやうのうゑん、ちうなごんのりつしちうくわい、きやうじゆばうのあじやりいうゑん、ぶしにはじゆりやう、けんびゐし、ゑふ、しよしのじようひやくろくじふにん、つがふそのせいしちせんよき、これはこのさんかねんがあひだ、とうごくほくこくどどのいくさにうちもらされて、わづかにのこるところなり。へいだいなごんときただのきやう、やまざきせきどのゐんにたまのみこしをかきすゑさせ、をとこやまのかたふしをがみ、「なむきみやうちやうらいはちまんだいぼさつ、ねがはくはきみをはじめまゐらせて、われらをいまいちどこきやうへかへしいれさせたまへ」といのられけるこそかなしけれ。おのおのうしろをかへりみたまへば、かすめるそらのここちして、けぶりのみこころぼそうぞたちのぼる。P63へいぢうなごんのりもり、
はかなしなぬしはくもゐにへだつればやどはけぶりとたちのぼるかな W057
しゆりのだいぶつねもり、
ふるさとをやけのがはらとかへりみてすゑもけぶりのなみぢをぞ W058
ゆくまことにこきやうをば、いつぺんのえんぢんにへだてつつ、せんどばんりのうんろにおもむかれけん、こころのうちおしはかられてあはれなり。ひごのかみさだよしは、かはじりにげんじまつときいて、けちらさんとて、そのせいごひやくよきではつかうしたりけるが、ひがごとなればとてとつてかへしてのぼるほどに、うどののへんにてぎやうがうにまゐりあひ、いそぎむまよりとんでおり、おほいとののおんまへにまゐりかしこまつて、「あなこころうや、こはいづちへとてわたらせたまひさふらふやらん。さいこくへくだらせたまひたらば、おちうととて、あそこここにてうちもらされて、うきなをながさせましまさんこと、くちをしうさふらふべし。ただみやこのうちにて、いかにもならせたまふべうもやさふらふらん」とまうしければ、おほいとの、「さだよしはいまだしらぬか。きそすでにほくこくよりごまんよきでせめのぼり、ひえいさんひがしざかもとにみちみちたり。ほふわうもすぎしやはんに、うせさせたまひぬ。ひとびとはみやこのうちにていかにもならんとまうしあはれけれども、まのあたりにようゐん、にゐどのにうきめをみせまゐらせんも、わがみながらくちをしければ、せめてぎやうがうばかりをもなしたてまつり、おのおのをもひきぐして、さいこくのかたへP64おちくだり、ひとまづもとおもふぞかし」とのたまへば、「ささふらはば、さだよしはみのいとまをたまはつて、みやこのうちにていかにもなりさふらはん」とて、めしぐしたりけるごひやくよきのせいをば、こまつどののきんだちたちにつけまゐらせ、てぜいさんじつきばかりみやこへとつてかへす。へいけのよたうのみやこにのこりとどまつたるをうたんとて、さだよしがかへりいるよしきこえしかば、いけのだいなごんはよりもりがみのうへでぞあらんずらんと、おほきにおそれさわがれけり。されどもさだよしは、にしはちでうのやけあとにおほまくひかせ、いちやしゆくしたりけれども、かへりいらせたまふへいけのきんだちいちにんもおはせざりければ、さすがよのありさまこころぼそくやおもひけん、げんじのこまのひづめにかけさせじとて、こまつどののおんはかほらせ、ごこつにむかひたてまつて、なくなくまうしけるは、「あなあさまし、ごいちもんのおんはてごらんさふらへ。しやうあるものはかならずめつす。たのしみつきてかなしみきたるといふことをば、むかしよりかきおきたることにてさふらへども、まのあたりかかるうきことさふらはず。きみはかかるべかりけることを、かねてさとらせたまひて、ぶつしんさんぽうにごきせいあつて、おんよをはやうせさせましましけることこそ、ありがたうさふらへ。いかにもしてそのとき、さだよしもごせのおんともつかまつるべうさふらひしものを、かひなきいのちながらへて、けふはかかるうきめにあひさふらふことこそ、くちをしうさふらへ。しごのときは、かならずいちぶつどへむかへさせたまへ」となくなくはるかにかきくどき、こつをばかうやへおくり、あたりのつちをばかもがはへながさせ、P65ゆくすゑたのもしからずやおもひけん、しゆとうしろあはせに、とうごくのかたへぞおちゆきける。さだよしはせんねんうつのみやをまうしあづかつて、そのときなさけありしかば、こんどもまたうつのみやをたのうでくだつたりければ、そのよしみにやはうじんしけるとぞきこえし。
(『ふくはらおち』)S0720へいけはこまつのさんみちうじやうこれもりのきやうのほかは、おほいとのいげ、さいしをぐせられけれども、つぎざまのひとびとは、さのみひきしろふにもおよばねば、こうくわいそのごをしらず、みなうちすててぞおちゆきける。ひとはいづれのひいづれのとき、かならずたちかへるべしと、そのごをさだめおくだにも、わかれはかなしきならひぞかし。いはんやこれはけふをさいご、ただいまかぎりのことなれば、ゆくもとまるも、たがひにそでをぞしぼりける。さうでんふだいのよしみ、としごろひごろのぢうおん、いかでかわするべきなれば、おいたるもわかきも、みなあとをのみかへりみて、さきへはすすみもやらざりけり。あるひはいそべのなみまくら、やへのしほぢにひをくらし、あるひはとほきをわけ、はげしきをしのいで、こまにむちうつひともあり。ふねにさをさすものもあり、おもひおもひこころごころにぞおちゆきける。
「ふくはらおち」へいけはふくはらのきうりについて、おほいとの、しかるべきさぶらひらうせうすひやくにんめしてのたまひけるはP66、「しやくぜんのよけいいへにつき、せきあくのよあうみにおよぶがゆゑに、しんめいにもはなたれたてまつり、きみにもすてられまゐらせて、ていとをいでてりよはくにただよふうへは、なんのたのみかあるべきなれども、いちじゆのかげにやどるも、ぜんぜのちぎりあさからず。おなじながれをむすぶも、たしやうのえんなほふかし。いはんやなんぢらは、いつたんしたがひつくもんきやくにあらず、るゐそさうでんのけにんなり。あるひはきんしんのよしみ、たにことなるもあり。あるひはぢうだいはうおんこれふかきもあり。かもんはんじやうのいにしへは、そのおんぱによつてわたくしをかへりみき。なんぞいまそのはうおんをむくはざらんや。しかればじふぜんていわう、さんじゆのしんぎをたいしてわたらせたまへば、いかならんののすゑ、やまのおくまでも、ぎやうがうのおんともまうして、いかにもならんとはおもはずや」とのたまへば、らうせうみななみだをおさへて、「あやしのとりけだものも、おんをはうじとくをむくふこころはさふらふなり。いはんやじんりんのみとして、いかでかそのことわりをぞんぢつかまつらではさふらふべき。なかんづくきうせんばじやうにたづさはるならひ、ふたごころあるをもつてはぢとす。そのうへこのにじふよねんがあひだ、さいしをはぐくみ、しよじうをかへりみさふらふことも、しかしながらきみのごおんならずといふことなし。しかればにつぽんのほか、しんら、はくさい、かうらい、けいたん、くものはてうみのはてまでも、ぎやうがうのおんともつかまつり、いかにもなりさふらはん」と、いくどうおんにまうしたりければ、ひとびとみなたのもしげにぞみたまひける。さるほどにへいけはふくはらのきうりにして、いちやをぞあかされける。をりふしあきのつきはしものゆみはりなり。しんこうくうやしづかにして、たびねのとこのくさまくら、つゆもなみだにあらそひて、ただもののみぞP67かなしき。いつかへるべしともおぼえねば、こにふだうしやうこくのつくりおきたまへるふくはらのところどころをみたまふに、はるははなみのをかのごしよ、あきはつきみのはまのごしよ、いづみどの、まつかげどの、ばばどの、にかいのさじきどの、ゆきみのごしよ、かやのごしよ、ひとびとのたちども、ごでうのだいなごんくにつなのきやうのうけたまはつてざうしんせられしさとだいり、をしのかはら、たまのいしだたみ、いづれもいづれも、みとせがほどにあれはて、きうたいみちをふさぎ、あきのくさかどをとづ。かはらにまつおひかきにつたしげれり。だいかたぶいてこけむせり。まつかぜのみやかよふらん。すだれたえねやあらはなり。つきかげのみぞさしいりける。あけぬればふくはらのだいりにひをかけて、しゆしやうをはじめまゐらせて、ひとびとみなおんふねにめす。みやこをいでしほどこそなけれども、これもなごりはをしかりけり。あまのたくものゆふけぶり、をのへのしかのあかつきのこゑ、なぎさなぎさによするなみのおと、そでにやどかるつきのかげ、ちぐさにすだくしつしゆつのきりぎりす、すべてめにみ、みみにふるることの、ひとつとしてあはれをもよほし、こころをいたましめずといふことなし。きのふはとうくわんのふもとにくつばみをならべて、じふまんよき、けふはさいかいのなみのうへに、ともづなをといてしちせんよにん、うんかいちんちんとして、せいでんすでにくれなんとす。こたうにせきぶへだてて、つきかいしやうにうかべり。きよくほのなみをわけ、しほにひかれてゆくふねは、はんでんのくもにさかのぼる。ひかずふれば、みやこはさんせんほどをへだてて、くもゐのよそにぞなりにける。はるばるきぬとおもへども、ただつきせぬものはなみだなり。なみのうへにしろきとりのむれゐるをみたまひては、かれならん、P68ありはらのなにがしの、すみだがはにてこととひけん、なもむつまじきみやこどりかなとあはれなり。じゆえいにねんしちぐわつにじふごにちに、へいけみやこをおちはてぬ。P69

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻八にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com