平家物語 巻第八  総かな版(元和九年本)
「さんもんごかう」(『さんもんごかう』)S0801じゆえいにねんしちぐわつにじふしにちのやはんばかり、ほふわうはあぜつしだいなごんすけかたのきやうのしそく、むまのかみすけときばかりをおんともにて、ひそかにごしよをいでさせたまひて、くらまのおくへごかうなる。じそうども、「これはなほみやこちかうてあしうさふらひなん」とまうしければ、さらばとて、ささのみね、やくわうざかなどいふさがしきけんなんをしのがせたまひて、よかはのげだつだにじやくぢやうばうへいらせおはします。だいしゆおこつて、「とうだふへこそごかうはなるべけれ」とまうしければ、とうだふのみなみだにゑんゆうばうごしよになる。かかりしかば、しゆともぶしも、みなゑんゆうばうをしゆごしたてまつる。ほふわうはせんとうをいでててんだいさんへ、しゆしやうはほうけつをさつてさいかいへ、せつしやうどのはよしののおくとかや。にようゐんみやみやは、やはた、かも、さが、うづまさ、にしやま、ひがしやまのかたほとりについて、にげかくれさせたまひけり。へいけはおちぬれど、げんじはいまだいりかはらず、すでにこのきやうはぬしなきさととぞなりにける。かいひやくよりP70このかた、かかることあるべしともおぼえず。しやうとくたいしのみらいきにも、けふのことこそゆかしけれ。さるほどにほふわうてんだいさんにわたらせたまふときこえしかば、おんむかひにはせまゐらせたまふひとびと、そのころのにふだうどのとは、さきのくわんばくまつどの、たうとのとはこんゑどの、だいじやうだいじん、さうのだいじん、ないだいじん、だいなごん、ちうなごん、さいしやう、さんみしゐごゐのてんじやうひと、すべてよにひととかぞへられ、くわんかかいにのぞみをかけ、しよたいしよしよくをたいするほどのひとの、いちにんももるるはなかりけり。ゑんゆうばうには、あまりにひとおほくまゐりつどひて、たうしやうたうか、もんげもんない、ひまはざまもなうぞみちみちたる。さんもんはんじやう、もんぜきのめんぼくとこそみえたりけれ。おなじきにじふはちにち、ほふわうみやこへくわんぎよなる。きそごまんよきでしゆごしたてまつる。あふみげんじやまもとのくわんじやよしたか、しらはたさいてせんぢんにぐぶす。このにじふよねんみざりつるしらはたの、けふはじめてみやこへいる、めづらしかりしけんぶつなり。じふらうくらんどゆきいへ、すせんぎでうぢばしをわたいてみやこへいる。みちのくにのしんはうぐわんよしやすがこ、やだのはんぐわんだいよしきよ、おほえやまをへて、しやうらくす。またつのくにかはちのげんじらどうしんして、おなじうみやこへみだれいる。およそきやうぢうにはげんじのせいみちみちたり。かでのこうぢのちうなごんつねふさのきやう、けんびゐしのべつたうさゑもんのかみさねいへりやうにん、ゐんのてんじやうのすのこにさふらひて、よしなかゆきいへをめす。きそそのひのしやうぞくには、あかぢのにしきのひたたれにP71、からあやをどしのよろひきて、いかものづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみわきにはさみ、かぶとをばぬいでたかひもにかけ、ひざまづいてぞさふらひける。じふらうくらんどゆきいへは、こんぢのにしきのひたたれに、くろいとをどしのよろひきて、こくしつのたちをはき、にじふしさいたるおほなかぐろのやおひ、ぬりごめどうのゆみわきにはさみ、これもかぶとをぬいでたかひもにかけ、かしこまつてぞさふらひける。さきのないだいじんむねもりこうをはじめとして、へいけのいちぞくみなつゐたうすべきよしおほせくださる。りやうにんていしやうにかしこまりうけたまはつてまかりいづ。おのおのしゆくしよなきよしをそうもんす。きそはだいぜんのだいぶなりただがしゆくしよ、ろくでうにしのとうゐんをくださる。じふらうくらんどゆきいへは、ほふぢうじどののみなみどのとまうすかやのごしよをぞたまはりける。
しゆしやうはぐわいせきのへいけにとらはれさせたまひて、さいかいのなみのうへにただよはせたまふことを、ほふわうなのめならずおんなげきあつて、しゆしやうならびにさんじゆのしんき、ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべきよし、さいこくへおほせくだされけれども、へいけもちひたてまつらず。たかくらのゐんのわうじは、しゆしやうのほかさんじよおはしましき。なかにもにのみやをば、まうけのきみにしたてまつらんとて、へいけとりたてまつて、さいこくへおちくだりぬ。さんしはみやこにましましけり。はちぐわついつか、ほふわうこのみやたちむかへよせまゐらさせたまひて、まづさんのみやのごさいにならせましましけるを、ほふわう、「あれはいかに」とおほせければ、ほふわうをみまゐらさせたまひて、おほきにむつからせたまふあひだ、「とうとう」とていだしまゐらさせたまひけり。そののちしのみやのしさいにならせましましけるを、ほふわう、「あれはいかに」とP72おほせければ、やがてほふわうのおんひざのうへにまゐらさせたまひて、なのめならずなつかしげにてぞましましける。ほふわうおんなみだをながさせたまひて、「げにもすぞろならんものの、このおいぼふしをみて、いかでかなつかしげにはおもふべき。これぞまことのわがおんまごにておはします。こゐんのをさなおひにすこしもたがはせたまはぬものかな。これほどのわすれがたみを、いままでごらんぜられざりつることよ」とて、おんなみだせきあへさせたまはず。じやうどじのにゐどの、そのときはいまだたんごどのとてごぜんにさぶらはれけるが、「さておんくらゐはこのみやにてこそわたらせたまひさぶらはめなう」とまうされたりければ、ほふわう、「しさいにや」とぞおほせける。ないないみうらのありしにも、「しのみやくらゐにつかせたまはば、はくわうまでもにつぽんごくのおんあるじたるべし」とぞかんがへまうしけり。おんぼぎはしちでうのしゆりのだいぶのぶたかのきやうのおんむすめなり。ちうぐうのおんかたにみやづかへたまひしを、しゆしやうつねはめされまゐらせけるほどに、みやあまたいできまゐらさせたまひけり。こののぶたかのきやうは、おんむすめおほくおはしましければ、いづれにてもにようごきさきにたてまゐらせたくおもはれけるが、ひとのいへにしろいにはとりをせんかひつれば、そのいへにかならずきさきのいできたるといふことのあればとて、にはとりのしろきをせんそろへてかはれたりけるゆゑにや、このおんむすめわうじあまたうみまゐらさせたまひけり。のぶたかのきやうもないないうれしくおもはれけれども、あるひはへいけにもおそれをなし、あるひはちうぐうをはばかりたてまつて、もてなしたてまつることもなかりしを、にふだうしやうこくのきたのかた、はちでうのにゐどの、「よしよしくるしかるまじ。P73われそだてまゐらせて、まうけのきみにしたてまつらん」とて、おんめのとあまたつけてもてなしまゐらさせたまひけり。なかにもしのみやは、にゐどののおんせうと、ほつしようじのしゆぎやうのうゑんほふいんのやしなひぎみにてぞましましける。しかるをほふいんへいけにぐせられて、みやをもにようばうをもきやうとにすておき、さいかいへおちくだられたりけるが、ほふいんさいこくよりひとをのぼせ、「みやいざなひまゐらせていそぎくだりたまへ」とまうしあげられたりければ、きたのかたなのめならずによろこび、みやいざなひまゐらせて、にしのしちでうまでいでられたりけるを、にようばうのせうときのかみのりみつ、「これはもののついてくるひたまふか。このみやのごうんは、ただいまひらけさせたまはんずるものを」とて、とりとどめたてまつりたりけるつぎのひぞ、ほふわうよりおんむかひのおんくるまはまゐりたりけるとかや。なにごともしかるべきこととはまうしながら、きのかみのりみつは、しのみやのおんためには、さしもほうこうのひととぞみえし。されどもそのちうをもおぼしめしよらざりけるにや、むなしうとしつきをおくりけるが、あるときのりみつ、もしやとにしゆのうたをよみて、きんちうにらくしよをぞしたりける。
ひとこえはおもひいでてなけほととぎすおいそのもりのよはのむかしを W059
このうちもなほうらやましやまがらのみのほどかくすゆふがほのやど W060
しゆしやうこのよしきこしめして、「これほどのことをいままでおぼしめしよらざりけるこそ、かへすがへすもおろかなれ」とて、やがててうおんかうむつて、じやうざんみにじよせられけるとぞきこえし。P74
「なとら」(『なとら』)S0802おなじきとをかのひ、きそさまのかみになつて、ゑちごのくにをたまはる。そのうへあさひのしやうぐんといふゐんぜんをぞくだされける。じふらうくらんど、びんごのかみになりて、びんごのくにをたまはる。きそ、ゑちごをきらへば、いよをたぶ。じふらうくらんど、びんごをきらへば、びぜんをたまはる。そのほかげんじじふよにん、じゆりやう、けんびゐし、ゆぎへのじよう、ひやうゑのじようにぞなされける。おなじきじふろくにち、さきのないだいじんむねもりこういげ、へいけのいちぞくひやくろくじふにんがくわんしよくをとどめて、てんじやうのみふだをけづらる。そのなかにへいだいなごんときただのきやう、くらのかみのぶもと、さぬきのちうじやうときざね、ふしさんにんをばけづられず。そのゆゑはしゆしやうならびにさんじゆのしんき、ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつれと、ときただのきやうのもとへ、たびたびおほせくだされけるによつてなり。あくるじふしちにち、へいけはちくぜんのくにみかさのこほりださいふにこそつきたまへ。きくちのじらうたかなほは、みやこよりへいけのおんともにさふらひけるが、「おほづやまのせきあけてまゐらせん」とて、ひごのくににうちこえ、おのれがじやうにひきこもつて、めせどもめせどもまゐらず。そのほかきうしうにたうのものども、みなまゐるべきよしのおんりやうじやうをばまうしながら、いちにんもまゐらず。たうじはP75いはどのしよきやうおほくらのたねなほばかりぞさふらひける。おなじきじふはちにち、へいけあんらくじにまゐり、よもすがらうたよみれんがして、みやづかへたまひしに、なかにもほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、
すみなれしふるきみやこのこひしさはかみもむかしにおもひしるらむ W061
ひとびとまことにあはれにおぼえて、みなそでをぞぬらされける。おなじきはつかのひ、みやこにはほふわうのせんみやうにて、しのみや、かんゐんどのにてくらゐにつかせたまふ。せつしやうはもとのせつしやう、こんゑどのかはらせたまはず。とうやくらんどなしおいて、ひとびとみなたいしゆつせられけり。さんのみやのおんめのとなきかなしみこうくわいすれどもかひぞなき。てんにふたつのひなし、くににふたりのわうなしとはまうせども、へいけのあくぎやうによつてこそ、きやうゐなかにふたりのわうはましましけれ。むかしもんどくてんわう、てんあんにねんはちぐわつにじふさんにちかくれさせたまひぬ。おんこのみやたちあまたおんくらゐにのぞみをかけてましましければ、ないないおんいのりどもありけり。いちのみここれたかのしんわうをば、こばらのわうじともまうしき。わうしやのざいりやうをおんこころにかけ、しかいのあんきはたなごころのうちにてらし、はくわうのりらんはおんこころにかけたまへり。さればけんせいのなをも、とらせましましぬべききみなりとみえたまへり。にのみやこれひとのしんわうは、そのころのしつぺいちうじんこうのおんむすめ、そめどののきさきのおんはらなり。いちもんのくぎやうれつしてもてなしたてまつらせたまひしかば、これもまたさしおきがたきおんことなり。かれはしゆぶんけいていのきりやうあり、これはばんきふさのしんしやうあり。かれもこれもいたはしくて、いずれもおぼしめしP76わづらはれき。いちのみここれたかのしんわうげのおんいのりには、かきのもとのきそうじやうしんぜいとて、とうじのいちのちやうじや、こうぼふだいしのおんでしなり。にのみやこれひとのしんわうげのおんいのりには、ぐわいそちうじんこうのごぢそう、ひえいさんのゑりやうくわしやうぞうけたまはられける。いづれもおとらぬかうそうたちなり。とみにことゆきがたうやあらんずらんと、ひとびとないないささやきあはれけり。あんのごとくみかどかくれさせたまひしかば、くぎやうせんぎありけり。「そもそもしんらがおもんぱかりをもつて、えらんでくらゐにつけたてまつらんこと、ようしやわたくしあるににたり。ばんじんくちびるをかへすべし。しらずけいばすまふのせちをとげ、そのうんをしり、しゆうによつて、はうそさづけたてまつるべし」とぎぢやうをはんぬ。
さるほどにおなじきくぐわつふつかのひ、ににんのみやたち、うこんのばばへぎやうげいありけり。ここにわうこうけいしやうたまのくつばみをならべ、はなのたもとをよそほひ、くものごとくにかさなり、ほしのごとくにつらなりたまへり。これきたいのしようし、てんがのさかんなるみもの、ひごろこころをよせたてまつりしげつけいうんかく、りやうばうにひきわかつて、てをにぎりこころをくだきたまへり。おんいのりのかうそうたち、いづれかそりやくあらんや。しんぜいそうじやうはとうじにだんをたて、ゑりやうくわしやうはたいだいのしんごんゐんにだんをたてていのられけるが、ゑりやうはうせたりといふひろうをなさば、しんぜいそうじやうすこしたゆむこころもやおはすらんとて、「ゑりやうはうせたり」といふひろうをなして、かんたんをくだいていのられけり。すでにじふばんのけいばはじまる。はじめしばんはいちのみここれたかのしんわうげかたせたまふ。のちろくばんはP77
にのみやこれひとのしんわうげかたせたまふ。やがてすまふのせちあるべしとて、いちのみここれたかのしんわうげよりは、なとらのうひやうゑのかみとて、およそろくじふにんがちからあらはしたるゆゆしきひとをいだされたり。にのみやこれひとのしんわうげよりは、よしをのせうしやうとて、せいちひさうたへにして、かたてにあふべしともみえぬひと、ごむさうのおんつげありとて、まうしうけてぞいでられける。さるほどに、なとらよしをよりあひて、ひしひしとつまどりしてのきにけり。しばらくありて、なとらつとより、よしををとつてささげ、にぢやうばかりぞなげあげたる。ただなほつてたふれず。よしをまたつとより、なとらをとつてふせんとす。されどもなとらはだいのをのこ、かさにまはる。よしをなほあぶなうみえければ、おぼぎそめどののきさきより、おつかひくしのはのごとくに、しげうはしりかさなつて、「みかたすでにまけいろにみゆ、いかがせん」とおほせければ、ゑりやうくわしやうは、だいゐとくのほふをおこなはれけるが、「こはこころうきことなり」とて、とくこをもつてかうべをつきやぶり、なづきをくたし、にうにわして、ごまにたき、くろけぶりをたてて、ひともみもまれたりければ、よしをすまふにかちにけり。にのみやくらゐにつかせたまふ。せいわのみかどこれなり。のちにはみづのをのてんわうともまうしき。それよりしてさんもんには、いささかのことにも、「ゑりやうなづきをくだけば、じていくらゐにつき、そんいちけんをふつしかば、くわんしやうなふじゆしたまふ」ともつたへたり。これのみやほふりきにてもありけん、そのほかはみなてんせうだいじんのおんぱからひなりとぞ、みえたりける。P78
「うさぎやうがう」へいけはつくしにてこのよしをつたへききたまひて、「あはれさんのみやをも、しのみやをも、ぐしたてまつりておちくだるべきものを」とまうしあはれければ、へいだいなごんときただのきやう、「さらんにはたかくらのみやのおんこのみやを、おんめのとさぬきのかみしげひでが、ごしゆつけせさせたてまつり、ぐしたてまつてほくこくへおちくだりたりしを、きそよしなかしやうらくのとき、しゆにしまゐらせんとて、げんぞくせさせたてまつり、ぐしたてまつりて、みやこへのぼりたるをぞ、くらゐにはつけまゐらせんずらん」とのたまへば、ひとびと、「いかでかげんぞくのみやをば、くらゐにつけたてまつるべき」とまうされければ、ときただのきやう、「さもさうず。げんぞくのこくわうのためし、いこくにはそのれいもやあるらん。わがてうには、まづてんむてんわういまだとうぐうのおんとき、おほとものわうじにおそはれさせたまひて、びんぱつをそり、よしののおくへにげこもらせたまひたりしが、おほとものわうじをほろぼして、つひにくらゐにつかせたまひき。またかうけんてんわうとまうせしも、だいぼだいしんをおこさせたまひて、おんかざりをおろし、みなをほふきにとまうせしかども、ふたたびくらゐにつかせたまひて、しようとくてんわうとまうししぞかし。いはんやきそがしゆにしまゐらせたるげんぞくのみやなれば、しさいにおよぶべき」とぞのたまひける。P79おなじきくぐわつみつかのひ、いせへくぎやうのちよくしをたてらる。ちよくしはさんぎながのりとぞきこえし。だいじやうほふわういせへくぎやうのちよくしをたてらるることは、しゆしやく、しらかは、とばさんだいのじようせきありとはまうせども、これはみなごしゆつけいぜんなり。ごしゆつけいごのれい、これはじめとぞうけたまはる。
(『をだまき』)S0803へいけはつくしにみやこをさだめ、だいりつくらるべしと、くぎやうせんぎありしかども、みやこもいまださだまらず。しゆしやうはそのころいはどのしよきやうおほくらのたねなほがしゆくしよにぞましましける。ひとびとのいへいへは、のなかたなかなりければ、あさのころもはうたねども、とをちのさとともいつつべし。だいりはやまのなかなれば、かのきのまるどのも、かくやありけんと、なかなかいうなるかたもありけり。まづうさのみやへぎやうがうなる。だいぐうじきんみちがしゆくしよくわうきよになる。しやとうはげつけいうんかくのきよしよになる。くわいらうはごゐろくゐのくわんにん、ていしやうにはしこくちんぜいのつはものども、かつちうきうせんをたいして、うんかのごとくなみゐたり。ふりにしあけのたまがき、ふたたびかざるとぞみえし。しちにちさんろうのあかつき、おほいとののおんために、むさうのつげぞありける。ごほうでんのみとおしひらき、ゆゆしう、けだかげなるおんこゑにて、
よのなかのうさにはかみもなきものをなにいのるらむこころづくしに W062
おほいとのうちおどろき、むねうちさわぎ、あさましさに、
さりともとおもふこころもむしのねもよわりはてぬるあきのくれかな W063
といふふるうたを、こころぼそげにぞくちずさみたまひける。さてださいふへくわんかうなる。P80さるほどにくぐわつもとをかあまりになりぬ。をぎのはむけのゆふあらし、ひとりまるねのとこのうへ、かたしくそでも、しをれつつ、ふけゆくあきのあはれさは、いづくもとはいひながら、たびのそらこそしのびがたけれ。くぐわつじふさんやは、なをえたるつきなれども、そのよはみやこをおもひいづるなみだに、われからくもりて、さやかならず。きうちようのくものうへ、ひさかたのつきにおもひをのべしゆふべも、いまのやうにおぼえて、さつまのかみただのり、
つきをみしこぞのこよひのとものみやみやこにわれをおもひいづらむ W064
しゆりのだいぶつねもり、
こひしとよこぞのこよひのよもすがらちぎりしひとのおもひいでられて W065
くわうごぐうのすけつねまさ、
わきてこしのべのつゆともきえずしておもはぬさとのつきをみるかな W066
「をだまき」ぶんごのくには、ぎやうぶきやうざんみよりすけのきやうのくになりけり。しそくよりつねのあそんをだいくわんにおかれたりけるが、きやうよりよりつねのもとへししやをたてて、へいけはすでにしんめいにもはなたれたてまつり、きみにもすてられまゐらせて、ていとをいでて、なみのうへにただよふおちうととなれり。P81しかるをきうしうにたうのものどもがうけとつて、もてあつかふらんことこそしかるべからね。たうごくにおいては、いつかうしたがふべからず。とうほくこくといちみどうしんして、くこくのうちをおひいだしたてまつるべきよし、のたまひつかはされたりければ、これををがたのさぶらうこれよしにげぢす。かのこれよしとまうすは、おそろしきもののすゑにてぞさふらひける。たとへば、むかしぶんごのくにあるかたやまざとにをんなありき。あるひとのひとりむすめ、をつともなかりけるがもとへ、をとこよなよなかよふほどに、としつきもへだたれば、みもただならずなりぬ。ははこれをあやしんで、「なんぢがもとへかよふものは、いかなるものぞ」ととひければ、「くるをばみれども、かへるをしらず」とぞいひける。「さらばあさがへりせんとき、しるしをつけてつないでみよ」とぞをしへける。むすめははのをしへにしたがひて、あさがへりしけるをとこの、みづいろのかりぎぬをきたりけるくびかみにはりをさし、しづのをだまきといふものをつけて、へてゆくかたをつないでみれば、ぶんごのくににとつてもひうがのさかひ、うばだけといふだけのすそ、おほきなるいはやのうちへぞつなぎいれたる。をんないはやのくちにたたずんでききければ、おほきなるこゑしてにえびけり。をんなまうしけるは、「おんすがたをみまゐらせんがために、わらはこそこれまでまゐつてさぶらへ」といひければ、いはやのうちよりこたへていはく、「われはこれひとのすがたにはあらず。なんぢわがすがたをみては、きもたましひもみにそふまじきぞ。はらめるところのこは、なんしなるべし。ゆみやうちものとつては、きうしうにたうにかたをならぶるものあるまじきぞ」とぞをしへける。P82をんなかさねて、「たとひいかなるすがたにてもあらばあれ、ひごろのよしみいかでかわするべきなれば、たがひのすがたをいまいちど、みもしみえられん」といひければ、さらばとて、いはやのうちより、ふしだけはごろくしやく、あとまくらべはじふしごぢやうもあるらんとおぼゆるだいじやにて、どうえうしてぞはひいでたる。をんなきもたましひもみにそはず、めしぐしたるじふよにんのしよじうども、をめきさけんでにげさりぬ。くびかみにさすとおもひしはりは、だいじやののどぶえにぞたつたりける。をんなかへりてほどなくさんをしたりければ、なんしにてぞありける。ははかたのおほぢ、そだててみんとてそだてたれば、いまだじつさいにもみたざるに、せいおほきうかほながかりけり。しちさいにてげんぶくせさせ、ははかたのおほぢを、だいたいふといふあひだ、これをばだいたとこそつけたりけれ。なつもふゆもてあしにひまなくあかがりわれたりければ、あかがりだいたともいはれけり。かのこれよしは、くだんのだいたにはごだいのそんなり。かかるおそろしきもののすゑなればにや、こくしのおほせをゐんぜんとかうして、きうしうにたうにめぐらしぶみをしたりければ、しかるべきものどもも、これよしにみなしたがひつく。くだんのだいじやは、ひうがのくににあがめられさせたまふ、たかちをのみやうじんのしんたいなりとぞうけたまはる。P83
「ださいふおち」(『ださいふおち』)S0804さるほどにへいけは、つくしにみやこをさだめ、だいりつくらるべしと、くぎやうせんぎありしかども、これよしがむほんによつて、それもかなはず。しんぢうなごんとももりのきやうのいけんにまうされけるは、「かのをがたのさぶらうは、こまつどののごけにんなり。しかればきんだちごいつしよむかはせたまひて、こしらへてごらんぜらるべうもやさふらふらん」とまうされければ、「このぎもつともしかるべし」とて、しんざんみのちうじやうすけもり、そのせいごひやくよき、ぶんごのくににうちこえ、やうやうにこしらへのたまへども、これよししたがひたてまつらず。あまつさへ、「きんだちをも、これにてとりこめまゐらすべうさふらへども、だいじのなかのせうじなしとて、とりこめまゐらせずは、なにほどのことかさふらふべき。ただださいふへかへらせたまひて、ごいつしよでいかにもならせたまへ」とて、おつかへしたてまつる。そののちこれよしがじなん、のじりのじらうこれむらをししやにて、ださいふへまうしけるは、「へいけこそぢうおんのきみにてましましさふらへば、かぶとをぬぎゆみのつるをはづいて、かうにんにまゐるべくさふらへども、いちゐんのおほせには、すみやかにくこくのうちをおひいだしたてまつるべきよしさふらふ」とまうしおくつたりければ、へいだいなごんときただのきやう、ひをくくりのはかま、いとくずのひたたれ、P84たてゑぼしにて、これむらにいでむかひてのたまひけるは、「それわがきみはてんそんしじふくせのしやうとう、じんむてんわうよりにんわうはちじふいちだいにあたらせたまふ。さればてんせうだいじんしやうはちまんぐうも、わがきみをこそまもりまゐらさせたまふらめ。なかんづくたうけは、ほうげんへいぢよりこのかた、どどのげきらんをしづめて、きうしうのものどもをば、みなうちさまへこそめされしか。しかるにそのおんをわすれて、とうごくほくこくのきようとら、よりともよしなからにかたらはれて、しおほせたらばくにをあづけん、しやうをたばんとまうすを、まこととおもひて、そのはなぶんごがげぢにしたがふらんことこそしかるべからね」とぞのたまひける。ぶんごのこくしぎやうぶきやうざんみよりすけのきやうは、きわめてはなのおほきなりければ、かやうにはのたまひけるなれ。これむらかへつてちちにこのよしつげたりければ、「こはいかに、むかしはむかし、いまはいま、そのぎならば、くこくのうちをおひいだしたてまつれや」とて、せいそろゆるときこえしかば、げんたいふのはうぐわんすゑさだ、つのはうぐわんもりずみ、「きやうこうはうばいのためきくわいにさふらふ。めしとりさふらはん」とて、そのせいさんぜんよきで、ちくごのくににうちこえ、たかののほんじやうにはつかうして、いちにちいちやせめたたかふ。されどもこれよしがかたのせい、うんかのごとくにかさなれば、ちからおよばでひきしりぞく。へいけは、をがたのさぶらうこれよしが、さんまんよきのせいにて、すでによすときこえしかば、とるものもとりあへず、ださいふをこそおちたまへ。さしもたのもしかりつるてんまんてんじんのしめのあたりを、こころぼそくもたちわかれ、かよちやうもなければ、そうくわほうれんは、ただなをのみP85ききて、しゆしやうえうよにめされけり。こくもをはじめまゐらせて、やんごとなきにようばうたちは、はかまのすそをたかくとり、おほいとのいげのけいしやううんかくは、さしぬきのそばをたかくはさみ、かちはだしでみづきのとをいでて、われさきにわれさきにと、はこざきのつへこそおちたまへ。をりふしくだるあめしやぢくのごとし。ふくかぜいさごをあぐとかや。おつるなみだふるあめ、わきていづれもみえざりけり。すみよし、はこざき、かしひ、むなかたふしをがみ、しゆしやうただきうとのくわんかうとのみぞいのられける。たるみやま、うづらばまなどいふさがしきけんなんをしのがせたまひて、べうべうたるへいさへぞおもむかれける。いつならはしのおんことなれば、おんあしよりいづるちはいさごをそめ、くれなゐのはかまはいろをまし、しろきはかまはすそぐれなゐにぞなりにける。かのげんざうさんざうのりうさそうれいをしのがれたりけんかなしみも、これにはいかでかまさるべき。それはぐほふのためなれば、じたのりやくもありけん、これはとうせんのみちなれば、らいせのくるしみ、かつおもふこそかなしけれ。
はらたのたいふたねなほは、にせんよきで、きやうよりへいけのおんともにまゐる。やまがのひやうどうじひでとほ、すせんぎでへいけのおんむかひにまゐりけるが、たねなほひでとほ、もつてのほかにふわなりければ、たねなほはあしかりなんとて、みちよりひつかへす。それよりあしやのつといふところを、すぎさせたまふにも、「これはみやこよりわれらがふくはらへかよひしとき、あさゆふみなれしさとのななれば」とて、いづれのさとよりもなつかしく、いまさらあはれをぞもよほされける。しんら、はくさい、かうらい、けいたん、くものはてうみのはてまでも、おちゆかばやとはおもはれけれども、P86なみかぜむかうてかなはねばちからおよばず、ひやうどうじひでとほにぐせられて、やまがのじやうにぞこもりたまふ。やまがへもまたかたきよすときこえしかば、とるものもとりあへず、へいけこぶねどもにとりのつて、よもすがらぶぜんのくにやなぎがうらへぞわたられける。ここにみやこをさだめて、だいりつくらるべしと、くぎやうせんぎありしかども、ぶんげんなければそれもかなはず。またながとよりげんじよすときこえしかば、とるものもとりあへず、あまをぶねにめして、うみにぞうかびたまひける。かんなづきのころほひ、こまつどののさんなん、ひだんのちうじやうきよつねは、なにごともふかうおもひいれたまへるひとにておはしけるが、あるつきのよ、ふなばたにたちいでて、やうでうねとりらうえいして、あそばれけるが、みやこをばげんじのためにせめおとされ、ちんぜいをばこれよしがためにおひいだされ、あみにかかれるうをのごとし。いづちへゆかばのがるべきかは。ながらへはつべきみにもあらずとて、しづかにきやうよみねんぶつして、うみにぞしづみたまひける。なんによなきかなしめどもかひぞなき。ながとのくにはしんぢうなごんとももりのきやうのくになりけり。もくだいはきのぎやうぶのたいふみちすけといふものなり。へいけあまをぶねにめしたるよしうけたまはつて、おほぶねひやくよそうてんじてまゐらせたりければ、へいけこれにのりうつり、しこくへぞわたられける。あはのみんぶしげよしがさたとして、さぬきのくにやしまのいそにかたのやうなるいたやのだいりや、ごしよをぞつくらせける。そのほどはあやしのみんをくをくわうきよとするにおよばねば、ふねをごしよとぞさだめける。おほいとのP87いげのけいしやううんかくは、あまのとまやにひをくらし、ふねのうちにてよをあかす。りようどうげきしゆをかいちうにうかべ、なみのうへのかうきうは、しづかなるときなし。つきをひたせるうしほのふかきうれへにしづみ、しもをおほへるあしのはのもろきいのちをあやぶむ。すさきにさわぐちどりのこゑは、あかつきうらみをまし、そはゐにかかるかぢのおとは、よはにこころをいたましむ。はくろのゑんしようにむれゐるをみては、げんじのはたをあぐるかとうたがはる。やがんのれうかいになくをきいては、つはものどものよもすがらふねをこぐかとおどろかる。せいらんはだへををかしては、すゐたいこうがんのいろやうやうおとろへ、さうはまなこうげて、ぐわいとばうきやうのなんだおさへがたし。すゐちやうこうけいにかはれるは、はにふのこやのあしすだれ、くんろのけぶりにことなる、あまのもしほびたくいやしきにつけても、にようばうたちは、つきせぬものおもひに、くれなゐのなみだせきあへたまはねば、みどりのまゆずみみだれつつ、そのひとともみえたまはず。
「せいいしやうぐんのゐんぜん」(『せいいしやうぐんのゐんぜん』)S0805さるほどにかまくらのさきのうひやうゑのすけよりとも、ぶようのめいよちやうじたまへるによつて、ゐながらせいいしやうぐんのゐんぜんをくださる。おつかひはさししやうなかはらのやすさだとぞきこえし。じふぐわつよつかのひくわんとうへげちやく。ひやうゑのすけどののたまひけるは、「そもそもよりともぶようのめいよちやうぜるによつて、P88ゐながらせいいしやうぐんのゐんぜんをかうぶる。さればわたくしにてはいかでかうけとりたてまつるべき。わかみやのはいでんにして、うけとりたてまつるべし」とて、わかみやへこそまゐりむかはれけれ。はちまんはつるがをかにたたせたまふ。ちけいいはしみづにたがはず。くわいらうあり、ろうもんあり、つくりみちじふよちやうをみくだしたり。そもそもゐんぜんをば、たれしてかうけとりたてまつるべきとひやうぢやうあり。みうらのすけよしずみして、うけとりたてまつるべし。そのゆゑははつかこくにきこえたるゆみやとり、みうらのへいたらうためつぎがばつえふなり。ちちおほすけもきみのためにいのちをすてしつはものなれば、かのぎめいがくわうせんのめいあんをてらさんがためとぞきこえし。ゐんぜんのおつかひやすさだは、いへのこににん、らうどうじふにんぐしたり。みうらのすけも、いへのこににん、らうどうじふにんぐしたりけり。ににんのいへのこは、わだのさぶらうむねざね、ひきのとうしらうよしかずなり。らうどうじふにんをば、だいみやうじふにんして、ひとりづつにはかにしたてられたり。みうらのすけ、そのひは、かちんのひたたれに、くろいとをどしのよろひきて、こくしつのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみわきにはさみ、かぶとをばぬいでたかひもにかけ、こしをかがめてゐんぜんをうけとりたてまつらんとす。さししやうまうしけるは、「ただいまゐんぜんうけとりたてまつらんとするはたれびとぞ。なのりたまへ」といひければ、ひやうゑのすけのすけのじにやおそれけん、みうらのすけとはなのらずして、ほんみやうみうらのあらじらうよしずみとこそなのつたれ。ゐんぜんをばらんばこにいれられたり。ひやうゑのすけどのにたてまつる。ややあつてらんばこをばかへされけり。おもかりければ、やすさだこれをひらいてみるに、しやきんP89ひやくりやういれられたり。わかみやのはいでんにして、やすさだにさけをすすめらる。さいゐんのじくわんはいぜんす。ごゐいちにんやくそうをつとむ。むまさんびきひかる。いつぴきにくらおいたり。みやのさぶらひかののくどういちらふすけつねこれをひく。ふるきかややをしつらうて、やすさだをいれらる。あつわたのきぬにりやう、こそでとかさね、ながもちにいれてまうけたり。こんあゐずり、しろぬのせんだんをつめり。はいばんゆたかにしてびれいなり。つぎのひひやうゑのすけのたちにむかふ。うちとにさぶらひあり。ともにじふろくけんまでありけり。とさぶらひには、いへのこ(原本いへこの)らうどうかたをならべ、ひざをくんでなみゐたり。うちさぶらひには、いちもんのげんじしやうざして、ばつざにははつかこくのだいみやうせうみやうゐながれたり。げんじのしやうざには、やすさだをすゑらる。ややあつてしんでんにむかふ。うへにはかうらいべりのたたみをしき、ひろびさしにはむらさきべりのたたみをしいて、やすさだをすゑらる。みすたかくまきあげさせて、ひやうゑのすけどのいでられたり。そのひはほういにたてゑぼしなり。かほおほきにしてせいひきかりけり。ようばういうびにしてげんぎよぶんみやうなり。まづしさいをいちじのべたり。「そもそもへいけよりともがゐせいにおそれて、みやこをおつ。そのあとにきそよしなか、じふらうくらんどらがうちいつて、わがかうみやうがほに、くわんかかいをおもふさまにつかまつり、あまつさへくにをきらひまうすでうきくわいなり。またおくのひでひらがみちのくにのかみになり、さたけのくわんじやがひたちのかみになつて、これもよりともがげぢにしたがはず。かれらをもいそぎつゐたうすべきよしのゐんぜん、たまはるべき」よしをまうさる。やすさだ、「やがてこれにてみやうぶをもまゐらせたうはさふらへども、たうじはおつかひのみでさふらへば、P90まかりのぼつて、やがてしたためてこそまゐらせめ。おととでさふらふしのたいふしげよしも、このぎをまうしさふらふ」とまうしければ、ひやうゑのすけどのあざわらうて、「たうじよりともがみとして、おのおののみやうぶおもひもよらず。さりながらもいたされば、さこそぞんぜめ」とぞのたまひける。やすさだやがてこんにちしやうらくのよしをまうす。けふばかりはとうりうあるべしとてとどめらる。つぎのひまたひやうゑのすけのたちへむかふ。もよぎのいとをどしのはらまきいちりやう、しろうつくつたるたちひとふり、しげどうのゆみにのやそへてたぶ。むまじふさんびきひかる。さんびきにくらおいたり。じふににんのいへのこらうどうどもにも、ひたたれ、こそで、おほぐち、むま、もののぐにおよべり。むまだにもさんびやくひきまでありけり。かまくらいでのしゆくよりも、あふみのくにかがみのしゆくにいたるまで、しゆくじゆくにじつこくづつのよねをおかれたりければ、たくさんなるによつて、せぎやうにひきけるとぞきこえし。
「ねこま」(『ねこま』)S0806やすさだみやこへのぼりゐんざんして、おつぼのうちにかしこまつて、くわんとうのやうをつぶさにそうもんまうしたりければ、ほふわうおほきにぎよかんありけり。くぎやうもてんじやうびとも、ゑつぼにいらせおはしまし、P91いかなればひやうゑのすけは、かうこそゆゆしうおはせしか。たうじみやこのしゆごしてさふらはれけるきそよしなかは、にもにずあしかりけり。いろしろうみめはよいをのこにてありけれども、たちゐのふるまひのぶこつさ、ものいひたることばつづきのかたくななることかぎりなし。ことわりなるかな、にさいよりさんじふにあまるまで、しなののくにきそといふかたやまざとにすみなれておはしければ、なじかはよかるべき。そのころねこまのちうなごんみつたかのきやうといふひとありけり。きそにのたまひあはすべきことあつて、おはしたりけるを、らうどうども、「ねこまどののいらせたまひてさふらふ」といひければ、きそおほきにわらうて、「ねこはひとにたいめんするか」とぞいひける。「これはねこまのちうなごんどのとて、くぎやうにてわたらせたまひさふらふ」といひければ、さらばとてたいめんす。きそ、ねこまどのとはえいはで、「ねこどののけどきに、まればれわいたに、ものよそへ」とぞいひける。ちうなごんどの、「いかでかただいまさるおんことのおはすべき」とのたまへども、きそ、なにをもあたらしきものをば、ぶえんといふぞとこころえて、「ぶえんのひらたけここにあり。とうとう」といそがす。ねのゐのこやたはいぜんす。ゐなかがふしのきはめておほきに、くぼかりけるに、はんうづたかうよそひ、ごさいさんじゆして、ひらたけのしるにてまゐらせたり。きそがまへにも、おなじていにてすゑたりけり。きそはしとつてしよくす。ちうなごんはあまりにがふしのいぶせさに、めさざりければ、きそ、「きたなうなおもひたまひそ。それはよしなかがしやうじんがふしでさふらふぞ。とうとう」とすすむるあひだ、ちうなごんどの、P92めさでもさすがあしかりなんとやおもはれけん、はしとつてめすよしして、さしおかれたりければ、きそおほきにわらつて、「ねこどのはせうじきにておはすよ。きこゆるねこおろししたまひたり。かいたまへかいたまへや」とぞせめたりける。ちうなごんどのは、かやうのことに、よろづきようさめて、のたまひあはすべきことども、ひとことばもいひいださず、いそぎかへられけり。そののちよしなかゐんざんしけるが、くわんかかいしたるもののひたたれにてしゆつしせんこと、あるべうもなしとて、にはかにほういとり、しやうぞく、かぶりぎは、そでのかかり、さしぬきのりんにいたるまで、かたくななることかぎりなし。よろひとつてき、やかきおひ、ゆみおしはり、かぶとのををしめ、むまにうちのつたるには、にもにずあしかりけり。されどもくるまにこがみのんぬ。うしかひはやしまのおほいとののうしかひなり。うしくるまもそなりけり。いちもつなるうしの、すゑかうたるを、かどいづるとて、ひとずばえあてたらうに、なじかはよかるべき。うしはとんでいづれば、きそはくるまのうちにて、あふのきにたふれぬ。てふのはねをひろげたるやうに、さうのそでをひろげ、てをあがいて、おきんおきんとしけれども、なじかはおきらるべき。きそ、うしかひとはえいはで、「やれこうしこでいよ、やれこうしこでいよ」といひければ、くるまをやれといふぞとこころえて、ごろくちやうこそあがかせけれ。いまゐのしらうむちあぶみをあはせておつつき、「なにとておんくるまをば、かやうにはつかまつるぞ」といひければ、「あまりにおうしのはながこはうさふらうて」とぞのべたりける。うしかひ、P93きそになかなほりせんとやおもひけん、「それにさふらふてがたとまうすものに、とりつかせたまへ」といひければ、きそてがたにむずとつかみついて、「あつぱれしたくや、うしこでいがはからひか、とののやうか」とぞとうたりける。さてゐんのごしよへまゐり、もんぜんにてくるまかけはづさせ、うしろよりおりんとしければ、きやうのもののざつしきにめしつかはれけるが、「くるまにはめされさふらふときこそ、うしろよりはめされさふらへ。おりさせたまふときは、まへよりこそおりさせたまふべけれ」といひければ、きそ、「いかでかくるまならんがらに、なんでふすどほりをばすべき」とて、つひにうしろよりぞおりてげる。そのほかをかしきことどもおほかりけれども、おそれてこれをまうさず。うしかひはつひにきられにけり。
「みづしまがつせん」(『みづしまがつせん』)S0807さるほどにへいけは、さぬきのやしまにありながら、せんやうだうはつかこく、なんかいだうろくかこく、つがふじふしかこくをぞうつとりける。きそやすからぬことなりとて、やがてうつてをむけらる。たいしやうぐんにはみちのくにのしんはうぐわんよしやすがこ、やたのはんぐわんだいよしきよ、さぶらひだいしやうには、しなののくにのぢうにんうみののやへいしらうゆきひろをさきとして、つがふそのせいしちせんよき、せんやうだうへP94はつかうす。びつちうのくにみづしまのとにふねをうかべて、やしまへすでによせんとす。うるふじふぐわつひとひのひ、みづしまがとにこぶねいつそういできたり。あまぶね、つりぶねかとみるところに、さはなくして、へいけのかたよりのてふのつかひのふねなりけり。げんじのかたのつはものども、これをみて、ほしあげたりけるごひやくよそうのふねどもを、みなわれさきにわれさきにとぞおろしける。へいけはせんよそうでぞよせたりける。たいしやうぐんにはしんぢうなごんとももりのきやう、ふくしやうぐんにはのとのかみのりつねなりけり。のとどのだいおんじやうをあげて、「いかにしこくのものども、ほくこくのやつばらにいけどりにせられんをば、こころうしとはおもはずや。みかたのふねをばくめや」とて、せんよそうのともづな、へづなをくみあはせ、なかにもやひをいれ、あゆみのいたをひきわたしひきわたしわたいたれば、ふねのうちはへいへいたり。ときつくり、やあはせして、とほきをばいておとし、ちかきをばたちできる。あるひはくまでにかけてひきおとさるるものもあり。あるひはひつくみさしちがへて、うみへとびいるものもあり。いづれひまありともみえざりけり。げんじのかたの、さぶらひだいしやううみののやへいしらうゆきひろうたれぬ。これをみてやたのはんぐわんだいよしきよ、やすからぬことなりとて、しゆじうしちにんこぶねにのり、まつさきにすすんでたたかひけるが、ふねふみしづめてうせにけり。へいけはふねにむまをたてたりければ、ふねどものりかたぶけのりかたぶけ、むまどもおひおろしおひおろし、ふねにひきつけひきつけおよがす。むまのあしだち、くらづめひたるほどにもなりしかば、ひたひたとうちのつて、のとどのごひやくよき、をめいてさきをかけたまへば、げんじのかたにはたいしやうぐんはうたれぬ、われP95さきにとぞおちゆきける。へいけはこんどみづしまのいくさにかつてこそ、くわいけいのはぢをばきよめけれ。
「せのをさいご」(『せのをさいご』)S0808きそのさまのかみ、このよしをきいて、やすからぬことなりとて、そのせいいちまんよきで、びつちうのくにへはせくだる。ここにへいけのみかたにさふらひける、びつちうのくにのぢうにん、せのをのたらうかねやすは、きこゆるつはものにてありけれども、さんぬるごぐわつほくこくのたたかひのとき、うんやつきにけん、かがのくにのぢうにん、くらみつのじらうなりずみがてにかかつて、いけどりにこそせられけれ。そのときすでにきらるべかりしを、きそどの、「あつたらをのこをさうなうきるべきにあらず」とて、おととさぶらうなりうぢにあづけられてぞさふらひける。ひとあひこころざま、まことにいうなりければ、くらみつもねんごろにもてなしけり。そしけいがここくにとらはれ、りせうけいがかんてうへかへらざりしがごとし。とほくいこくにつけることも、むかしのひとのかなしめりしがところなりといへり。おしかはのたまき、かものばく、もつてふううをふせぎ、なまぐさきしし、らくのつくりみづ、もつてきかつにあつ。よるはいぬることなく、ひるはひねもすにつかへて、きをきりくさをからずといふばかりにしたがひつつ、いかにもしてかたきをうかがひうつて、いまいちどきうしゆをP96みばやと、おもひたちけるかねやすが、こころのうちこそおそろしけれ。あるときせのをのたらう、くらみつのさぶらうにいひけるは、「さんぬるごぐわつよりかひなきいのちをたすけられまゐらせてさふらへば、たれをたれとかおもひまゐらせさふらふべき。こんどごかつせんさふらはば、いのちをばまづきそどのにたてまつらん。それにつきさふらひては、せんねんかねやすがちぎやうしさふらひしびつちうのせのをといふところは、むまのくさがひよきところにてさふらふ。ごへんまうしてたまはらせさふらへ。あんないしやせん」といひければ、くらみつのさぶらう、きそどのに、このよしをまうす。きそどの、「さてはふびんのことをもまうすござんなれ。まことにはなんぢまづくだつて、むまのくさなどをもかまへさせよ」とぞのたまひける。くらみつのさぶらうかしこまりうけたまはつて、てぜいさんじつきばかり、せのをのたらうをあひぐして、びつちうのくにへはせくだる。せのをがちやくしこたらうむねやすは、へいけのみかたにさふらひけるが、ちちがきそどのよりいとまたまはつてくだるときいて、としごろのらうどうどももよほしあつめて、そのせいひやくきばかりで、ちちがむかひにのぼりけるが、はりまのこふでゆきあうたり。それよりうちつれてくだるほどに、びぜんのくにみついしのしゆくにとどまつたりけるよ、せのをがあひしつたるものども、さけをもたせてきたりあつまり、よもすがらさかもりしけるが、くらみつがせいさんじつきばかりをしひふせて、おこしもたてず、くらみつのさぶらうをはじめとして、いちいちにみなさしころしてげる。びぜんのくにはじふらうくらんどのくになりけり。そのだいくわんのこふにありけるをも、やがておしよせてうちてげり。せのをのたらうまうしけるは、「かねやすこそきそどのよりいとまたまはつて、これまでまかりくだつたれ。P97へいけにおんこころざしおもひまゐらせんひとびとは、こんどきそどののくだりたまふに、やひとついかけたてまつれや」とひろうしたりければ、びぜん、びつちう、びんごさんかこくのつはものども、しかるべきむまもののぐ、しよじうなどをば、へいけのおんかたへまゐらせて、やすみゐたりけるらうしやども、せのをにもよほされて、あるひはかきのひたたれにつめひもし、あるひはぬののこそでにあづまをりし、やぶれはらまきつづりき、やまうつぼ、たかえびらにやどもせうせうさし、かきおひかきおひ、つがふそのせいにせんよにん、せのをがたちへはせあつまる。びぜんのくにふくりうじなはて、ささのせまりをじやうくわくにかまへて、くちにぢやうふかさにぢやうにほりをほり、かいだてかき、たかやぐらし、さかもぎひいてまちかけたり。じふらうくらんどのだいくわん、せのをにうたれて、そのげにんのにげてきやうへのぼるが、はりまとびぜんのさかひなるふなさかやまにて、きそどのにゆきあひたてまつり、このよしかくとまうしければ、きそどの、「にくからんせのをめを、きつてすつべかりつるものを、てのびにしてたばかられぬることこそやすからね」とこうくわいせられければ、いまゐのしらう、まうしけるは、「きやつがつらだましひ、ただものとはみえさふらはず。ちたびきらうとまうしさふらひしも、ここざふらふぞかし。さりながらなにほどのことかさふらふべき。かねひらまづまかりむかつて、みさふらはん」とて、そのせいさんぜんよきで、びぜんのくにへはせくだる。びぜんのくにふくりうじなはては、はたばりゆんづゑひとつゑばかりにて、とほさはさいこくみちのいちりなり。さうはふかたにて、むまのあしもおよばねば、さんぜんよきがこころはさきにすすめども、ちからおよばず、むましだいにぞあゆませける。P98
いまゐのしらうおしよせてみければ、せのをのたらうは、いそぎたかやぐらにはしりあがり、だいおんじやうをあげて、「さんぬるごぐわつより、かひなきいのちをたすけられまゐらせてさふらふ、おのおののはうしには、これをこそよういつかまつてさふらへ」とて、にじふしさいたるやを、さしつめひきつめ、さんざんにいる。いまゐのしらう、みやざきさぶらう、うみの、もちづき、すは、ふぢさはなどいふいちにんたうぜんのつはものども、これをことともせず、かぶとのしころをかたぶけ、いころさるるじんばをば、とりいれひきいれほりをうめ、あるひはさうのふかたにうちいれて、むまのくさわき、むながいづくし、ふとはらにたつところをもことともせず、むらめかいておしよせ、あるひはたにふけをもきらはず、かけいりかけいりをめきさけんでせめいりければ、せのをがかたのつはものども、たすかるものはすくなく、うたるるものぞおほかりける。よにいつて、せのをがたのみきつたるささのせまりのじやうくわくをやぶられて、かなはじとやおもひけん、ひきしりぞく。びつちうのくにいたくらがはのはたに、かいだてかいてまちかけたり。いまゐのしらうやがてつづいてせめければ、せのをがかたのつはものども、やまうつぼ、たかえびらに、やだねのあるほどこそふせぎけれ、やだねみなつきければ、ちからおよばず、われさきにとぞおちゆきける。せのをのたらうただしゆじうさんきにうちなされ、いたくらがはのはたについて、みどろやまのかたへおちぞゆく。さんぬるごぐわつほくこくにて、せのをいけどりにしたりけるくらみつのじらうなりずみは、おととのさぶらうなりうぢをうたせて、やすからずやおもひけん、こんどもまたせのをめにおいては、いけどりにせんとて、ただいつきぐんにぬけておうてゆく。あはひいつちやうばかりにおつつき、「あれはP99いかに、せのをとこそみれ。まさなうもかたきにうしろをみするものかな。かへせやかへせ」とことばをかけければ、せのをのたらうは、いたくらがはをにしへわたすが、かはなかにひかへてまちかけたり。くらみつのじらう、むちあぶみをあはせておつつき、おしならべむずとくんで、どうどおつ。たがひにおとらぬだいぢからではあり、うへになりしたになり、ころびあひけるが、かはぎしにふちのありけるにころびいりぬ。くらみつはぶすゐれん、せのをはくつきやうのすゐれんにてありければ、みづのそこにてくらみつがこしのかたなをぬき、よろひのくさずりひきあげて、つかもこぶしもとほれとほれと、みかたなさいてくびをとる。せのをのたらう、わがむまをばのりそんじたりければ、くらみつがむまにうちのつておちてゆく。ちやくしのこたらうむねやすは、としはにじふになりけれども、あまりにふとつて、いつちやうともえはしらず。これをみすてて、せのをはにじふよちやうぞのびたりける。せのをのたらう、らうどうにいひけるは、「ひごろはせんばんのかたきにあうていくさするには、しはうはれておぼゆるが、けふはこたらうむねやすをすててゆけばにやらん、いつかうさきがくらうてみえぬなり。こんどのいくさにいのちいきて、ふたたびへいけのおんかたへまゐりたりとも、かねやすはろくじふにあまつて、いくほどいかうどおもうて、ただひとりあるこをすてて、これまでのがれまゐりたるらんなど、どうれいどもにいはれんことこそくちをしけれ」といひければ、らうどう、「ささふらへばこそ、ただごいつしよでいかにもならせたまへとまうしつるは、ここざふらふぞかし。かへさせたまへ」とて、またとつてかへす。あんのごとくこたらうむねやすは、あしかんばかりにはれてふせりゐたるところへ、せのをのたらうとつてかへし、P100いそぎむまよりとんでおり、こたらうがてをとつて、「なんぢといつしよでいかにもならんとおもふために、これまでかへりたるはいかに」といひければ、こたらうなみだをはらはらとながいて、「たとひこのみこそぶきりやうにさふらへば、ここにてじがいをつかまつりさふらふとも、われゆゑおんいのちをさへうしなひまゐらせんこと、ごぎやくざいにやさふらはんずらん。ただとうとうのびさせたまへ」といひけれども、おもひきつてんうへはとて、やすみゐたりけるところに、またあらてのげんじごじつきばかりでいできたる。せのをのたらう、いのこしたるやすぢのやを、さしつめひきつめさんざんにいる。ししやうはしらず、やにはにかたきはちきいおとし、そののちたちをぬいて、まづこたらうがくびふつとうちおとし、かたきのなかへかけいり、たてさま、よこさま、くもで、じふもんじにかけまはり、さんざんにたたかひ、かたきあまたうつとつて、そこにてうちじにしてげり。らうどうもしゆにちつともおとらずたたかひけるが、いたでおうていけどりにこそせられけれ。なかいちにちあつて、やがてしににけり。かれらしゆじうさんにんがくびをば、びつちうのくにさぎがもりにぞかけたりける。きそどの、「あはれかうのものや。これらがいのちをたすけてみで」とぞのたまひける。P101
「むろやまかつせん」(『むろやま』)S0809さるほどにきそはびつちうのくにまんじゆのしやうにてせいぞろへして、やしまへすでによせんとす。そのあひだみやこのるすにおかれたりけるひぐちのじらうかねみつ、さいこくへししやをたてまつて、「とののわたらせたまはぬまに、じふらうくらんどどのこそ、ゐんのきりびとして、やうやうにざんそうせられさふらふなれ。さいこくのいくさをばしばらくさしおかせたまひて、いそぎのぼらせたまへ」といひければ、きそ、さらばとて、よをひについではせのぼる。じふらうくらんどゆきいへは、きそになかたがうてあしかりなんとやおもはれけん、そのせいごひやくよきで、たんばぢにかかつて、はりまのくにへおちくだる。きそはつのくにをへてみやこへいる。へいけはきそうたんとて、たいしやうぐんにはしんぢうなごんとももりのきやう、ほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、さぶらひだいしやうには、ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、かづさのごらうびやうゑただみつ、あくしちびやうゑかげきよ、いがのへいないざゑもんいへながをさきとして、つがふそのせいにまんよき、はりまのくににおしわたり、むろやまにぢんをぞとつたりける。じふらうくらんどゆきいへは、へいけといくさして、きそになかなほりせんとやおもひけん、そのせいごひやくよき、むろやまへこそかかられけれ。へいけはぢんをいつつにはる。まづいがのへいないざゑもんいへなが、にせんよきでいちぢんをかたむ。ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、P102にせんよきでにぢんをかたむ。かづさのごらうびやうゑただみつ、あくしちびやうゑかげきよ、さんぜんよきでさんぢんをかたむ。ほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、さんぜんよきでしぢんをかためたまふ。しんぢうなごんとももりのきやう、いちまんよきでごぢんにひかへたまへり。まづいちぢんいがのへいないざゑもんいへなが、しばらくあひしらふていにもてなして、なかをあけてぞとほしける。にぢんゑつちうのじらうびやうゑ、これもあけてぞとほしける。さんぢんかづさのごらうびやうゑ、あくしちびやうゑ、ともにあけてぞとほしける。しぢんほんざんみのちうじやうしげひらのきやうも、おなじうあけてぞいれられける。せんぢんよりごぢんまで、かねてやくそくしたりければ、げんじをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。じふらうくらんどゆきいへ、こはたばかられにけりとやおもはれけん、おもてもふらず、いのちもをしまず、ここをさいごとせめたたかふ。しんぢうなごんのむねとたのまれたりけるきしちゑもん、きはちゑもん、きくらうなどいふいちにんたうぜんのつはものども、みなそこにてじふらうくらんどにうつとられぬ。かくしてごひやくよきのせいども、わづかさんじつきばかりにうちなされ、うんかのごとくなるかたきのなかをわつていづれども、わがみはてもおはず、にじふしちきたいりやくてをひ、はりまのくにたかさごよりふねにのつて、いづみのくにふけひのうらへおしわたり、それよりかはちのくにながののじやうにたてごもる。へいけはむろやまみづしまにかどのいくさにかつてこそ、いよいよせいはつきにけれ。P103
「つづみはうぐわん」(『つづみはうぐわん』)S0810およそきやうぢうにはげんじのせいみちみちて、ざいざいしよしよにいりどりおほし。かも、やはたのごりやうともいはず、あをたをかりてまぐさにし、ひとのくらをうちあけてものをとり、ろしにもつてあふものをうばひとる。「へいけのみやこにおはせしほどは、ろくはらどのとて、ただおほかたおそろしかりしばかりなり。いしやうをはぎとるまではなかりしものを。へいけにげんじかへおとりしたり」とぞひとまうしける。ほふわうよりきそのさまのかみのもとへ、「らうぜきしづめよ」とおほせくださる。おつかひはいきのかみともちかがこに、いきのはうぐわんともやすといふものなり。てんがにきこえたるつづみのじやうずにてありければ、ときのひとつづみはうぐわんとぞまうしける。きそたいめんして、まづゐんのおんぺんじをばまうさで、「そもそもわどのをつづみはうぐわんといふは、よろづのひとにうたれたうたか、はられたうたか」とぞとうたりける。ともやすへんじにおよばず、いそぎかへりまゐつて、「よしなかをこのものにてさふらふ。はやくつゐたうせさせたまへ。ただいまてうてきとなりさふらひなんず」とまうしければ、ほふわうやがておぼしめしたたせたまひけり。さらばしかるべきぶしにもおほせつけられずして、やまのざす、てらのちやうりにおほせられて、やま、みゐでらのあくそうどもをぞP104めされける。くぎやうてんじやうびとのめされけるせいといふは、むかへつぶて、いんぢ、いふかひなきつじくわんじやばら、さてはこつじきほふしばらなり。またしなのげんじむらかみのさぶらうはんぐわんだい、これもきそをそむいてほふわうへぞまゐりける。きそのさまのかみ、ゐんのごきしよくあしうなるときこえしかば、はじめはきそにしたがうたるごきないのものども、みなきそをそむいて、ゐんがたへまゐる。いまゐのしらうまうしけるは、「これこそもつてのほかのおんだいじにてさふらへ。さればとてじふぜんのきみにむかひまゐらせて、いかでごかつせんさふらふべき。ただかぶとをぬぎゆみのつるをはづいて、かうにんにまゐらせたまふべうもやさふらふらん」とまうしければ、きそおほきにいかつて、「われしなのをいでしより、をみ、あひだのかつせんよりはじめて、ほくこくにては、となみ、くろさか、しほさか、しのはら、さいこくにては、ふくりうじなはて、ささのせまり、いたくらがじやうをせめしかども、いちどもかたきにうしろをみせず。たとひじふぜんのきみにてわたらせたまふとも、かぶとをぬぎゆみのつるをはづいて、かうにんにはえこそまゐるまじけれ」。
「ほふぢうじかつせん」811「たとへばみやこのしゆごしてあらんずるものが、むまいつぴきづつかうてのらざるべきか。P105いくらもあるたどもからせてまぐさにせんを、あながちにほふわうのとがめたまふべきやうやある。ひやうらうまいつきぬれば、くわんじやばらどもが、にしやまひがしやまのかたほとりについて、ときどきいりどりせんは、なじかはくるしかるべき。だいじんいげ、みやみやのごしよへまゐらばこそ、ひがごとならめ。いかさまこれはつづみはうぐわんがきようがいとおぼゆるぞ。そのつづみめうちやぶつてすてよ。こんどはよしなかがさいごのいくさにてあらんずるぞ。かつうはひやうゑのすけよりともがかへりきかんずるところもあり。いくさようせよ、ものども」とてうちいでけり。ほくこくのものども、はじめはごまんよきときこえしが、みなおちくだつて、わづかろくしちせんきぞありける。よしなかがいくさのきちれいなればとて、ななてにわかち、まづひぐちのじらうかねみつ、にせんよきでいまぐまののかたより、からめでにさしつかはす。のこるむては、おのおのがゐたらんずるでうりこうぢよりみなうつたつて、ろくでうかはらでひとつになれと、あひづをさだめてうつたちけり。みかたのかさじるしには、まつのはをぞつけたりける。いくさはじふいちぐわつじふくにちのあしたなり。ゐんのごしよほふぢうじどのにも、ぐんびやうにまんよにんまゐりこもりたるよしきこえけり。きそ、ほふぢうじどののにしのもんへおしよせてみければ、つづみはうぐわんともやすは、いくさのぎやうじうけたまはつて、ごしよのにしのついがきのうへへのぼりあがつてたつたりけるが、あかぢのにしきのひたたれに、かぶとばかりぞきたりける。かぶとにはしてんをかいてぞおしたりける。かたてにはほこをもち、かたてにはこんがうれいをもつて、うちふりうちふり、ときどきはまふをりもありけり。くぎやうてんじやうびとは、「ふぜいなし。ともやすにはてんぐついたり」とぞP106わらはれける。ともやすだいおんじやうをあげて、「むかしはせんじをむかつてよみければ、かれたるくさきもたちまちにはなさきみなり、とぶとりもちにおち、あくきあくじんもしたがひき。まつだいげうきなればとて、いかでかじふぜんのきみにむかひまゐらせて、ゆみをひきやをばはなつべき。はなたんやは、かへつてなんぢらがみにたつべし。ぬかんたちは、かへつてみをきるべし」など、ののしつたりければ、きそ、「さないはせそ」とて、ときをどつとつくりける。さるほどにひぐちのじらうかねみつにせんよき、いまぐまののかたより、おなじうときのこゑをぞあはせける。いまゐのしらうかねひら、かぶらのなかにひをいれて、ほふぢうじどののごしよのむねにいたてたりければ、をりふしかぜははげしし、みやうくわはてんにもえあがつて、ほのほはこくうにみちみてり。くろけぶりおしかけければ、いくさのぎやうじともやすは、ひとよりさきにおちにけり。ぎやうじがおつるうへはとて、にまんよにんのつはものども、われさきにとぞおちゆきける。あまりにあわてさわいで、ゆみとるものはやをしらず、やとるものはゆみをしらず。あるひはなぎなたさかさまについてわがあしつきつらぬくものもあり、あるひはゆみのはずものにかけて、えはづさですててにぐるものもあり。しちでうがすゑをば、つのくにげんじのかためたりけるが、ゐんのごしよより、「おちうとあらば、よういしてみなうちころせ」と、げぢせられたりければ、ざいぢのものども、やねゐにたてをつきならべ、おそへのいしをとりあつめて、まちゐたるところに、つのくにげんじのおちけるを、「あはやおちうと」とて、いしをひろひかけ、さんざんにP107うちければ、「ゐんがたであるぞ、あやまちすな」といひけれども、「さないはせそ。ゐんぜんであるに、ただうちころせうちころせ」とてうつほどに、あるひはかしらうちわられ、あるひはこしうちをられて、むまよりおち、はふはふにぐるものもあり、あるひはうちころさるるものもおほかりけり。はちでうがすゑをば、さんそうどものかためたりけるが、はぢあるものはうちじにし、つれなきものはおちてゆく。ここにもんどのかみちかなりは、うすあをのかりぎぬのしたに、もよぎをどしのはらまきをき、しろつきげなるむまにのつて、かはらをのぼりにおちけるを、いまゐのしらうかねひら、おつかかり、よつぴいて、しやくびのほねを、ひようつばといて、むまよりさかさまにいおとす。せいだいげきよりなりがこなりけり。みやうぎやうだうのはかせ、かつちうをよろふことこれはじめとぞうけたまはる。あふみのちうじやうためきよ、ゑちぜんのせうしやうのぶゆき、はうきのかみみつつな、しそくはうきのはうぐわんみつつねも、いおとされてくびとられぬ。またきそをそむいて、ゐんへまゐりたるしなのげんじむらかみのさぶらうはんぐわんだいもうたれぬ。あぜつのだいなごんすけかたのきやうのまご、うせうしやうまさかたも、よろひたてゑぼしで、いくさのぢんへいでられたりけるが、ひぐちのじらうかねみつがてにかかつて、いけどりにこそせられけれ。てんだいざすめいうんだいそうじやう、てらのちやうりゑんけいほつしんわうも、ごしよにまゐりこもらせたまひたりけるが、くろけぶりすでにおしかけければ、おむまにめして、いそぎいでさせたまひけるを、ぶしどもさんざんにいたてまつる。めいうんだいそうじやう、ゑんけいほつしんわうも、おむまよりいおとされて、おんくびとられさせたまひけり。P108ほふわうはおんこしにめして、たしよへごかうなる。ぶしどもさんざんにいたてまつる。ぶんごのせうしやうむねなが、むくらんぢのひたたれに、をりゑぼしでぐぶせられたりけるが、「これはゐんにてわたらせたまふぞ。あやまちつかまつるな」とまうされたりければ、ぶしどもみなむまよりおりてかしこまる。「なにものぞ」とおんたづねありければ、「しなののくにのぢうにんやしまのしらうゆきしげ」となのりまうす。やがておんこしにてかけまゐらせて、ごでうだいりへいれたてまつて、きびしうしゆごしたてまつる。ぶんごのこくしぎやうぶきやうざんみよりすけのきやうも、ごしよにまゐりこもられたりけるが、くろけぶりすでにおしかけければ、いそぎかはらへにげいでられけるが、ぶしのしもべどもに、いしやうみなはぎとられて、まつぱだかにてたたれたり。ころはじふいちぐわつじふくにちのあしたなれば、かはらのかぜさこそははげしかりけめ。さんみのせうとゑちぜんのほつけうしやういがちうげんぼふしのありけるが、いくさみんとていでたりけるが、さんみのはだかにてたたれたるをみつけて、「あなあさまし」とて、いそぎはしりよる。このほふしはしろきこそでふたつにころもをぞきたりける。さらばこそでをもぬいできせたてまつれかし。ころもをぬいでなげかけたり。みじかきころもうつほにかぶつて、おびもせず、うしろのてい、さこそはみぐるしかりけめ。さらばいそぎもあゆみもたまはで、びやくえなるほふしをともにぐしておはしけるが、あそこここにたちやすらひ、「あれなるはたがいへぞ。ここなるはなにもののしゆくしよ」なんどとひたまへば、みるひとてをたたいてわらひあへりけり。P109しゆしやうはおふねにめして、いけにうかばせたまひたりけるに、ぶしどもしきりにやまゐらせければ、しちでうのじじうのぶきよ、きのかみのりみつ、おふねにさふらはれけるが、「これはうちにてわたらせたまふぞや。あやまちつかまつるな」とまうされければ、ぶしどもみなむまよりおりてかしこまる。やがてかんゐんどのへぎやうがうなしたてまつる。ぎやうがうのぎしきのあさましさ、まうすもなかなかおろかなり。
(『ほふぢゆうじかつせん』)S0811げんくらんどなかかぬは、そのせいごじつきばかりで、ほふぢうじどののにしのもんをかためてふせぐところに、あふみげんじやまもとのくわんじやよしたか、むちあぶみをあはせてはせきたり、「いかにおのおのはたれをかばはんとて、いくさをばしたまふぞ。ごかうもぎやうがうも、たしよへなりぬとこそうけたまはれ」といひければ、さらばとておほぜいのなかにかけいり、さんざんにたたかへば、しゆじうはつきにうちなさる。はつきがなかに、かはちのくさかたうに、かがばうといふほふしむしやあり。つきげなるむまの、くちのこはきにぞのつたりける。「このむまはあまりにくちがつようて、のりたまつつべしともぞんじさふらはず」といひければ、げんくらんど、「さらばこのむまにのりかへよ」とて、くりげなるむまのしたをしろいにのりかへて、ねのゐのこやたがにひやくよきばかりでひかへたる、かはらざかのせいのなかへかけいり、さんざんにたたかひ、そこにてはつきがごきうたれぬ。かがばうはわがむまのひあいなりとて、しゆのむまにのりかへたりけれども、うんやつきにけん、そこにてつひにうたれにけり。ここにげんくらんどのいへのこに、じらうくらんどなかよりといふものあり。くりげなるむまの、したをP110しろいがかけいでたるをみつけて、げにんをよび、「ここなるむまは、げんくらんどのむまとみるはひがごとか」。「さんざふらふ」とまうす。「さてどのぢんへやかけいりたるとみつる」。「かはらざかのせいのなかへこそいらせたまひつるなれ。おむまもやがてあのせいのなかよりいできてさふらふ」とまうしければ、じらうくらんど、なみだをはらはらとながいて、「あなむざん、はやうたれたまひたり。えうせうちくばのむかしより、しなばいつしよでしなんとこそちぎりしに、いまはところどころにふさんことこそかなしけれ」とて、さいしのもとへさいごのありさまいひつかはし、ただいつきかはらざかのせいのなかへかけいり、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「あつみのしんわうにはちだいのこういん、しなののかみなかしげがこに、じらうくらんどなかよりとて、しやうねんにじふしちにまかりなる。われとおもはんひとびとは、よりあへやげんざんせん」とて、たてさま、よこさま、くもで、じふもんじにかけわりかけまはりたたかひけるが、かたきあまたうつとつて、つひにうちじにしてげり。げんくらんどこれをばしりたまはず、あにのかはちのかみなかのぶうちぐして、しゆじうさんきみなみをさしておちゆきけるが、せつしやうどののみやこをばいくさにおそれさせたまひて、うぢへぎよしゆつありけるに、こはたやまにておつつきたてまつり、むまよりおりてかしこまる。「なにものぞ」とおんたづねありければ、「なかのぶ、なかかぬ」となのりまうす。「とうごくほくこくのきようとらかなんどおぼしめしたれば」とて、ぎよかんあり。「やがてなんぢらもおんともにさふらへ」とおほせければ、うけたまはつて、うぢのふけどのまでおくりまゐらせて、それよりこのひとびとは、かはちのくにへぞおちゆきける。P111あくるはつかのひ、きそのさまのかみよしなかろくでうかはらにうつたつて、きのふきるところのくびども、みなかけならべてしるいたれば、ろつぴやくさんじふよにんなり。そのなかにてんだいざすめいうんだいそうじやう、てらのちやうりゑんけいほつしんわうのおんくびもかからせたまひたり。これをみるひと、なみだをながさずといふことなし。きそのさまのかみ、つがふそのせいしちせんよき、むまのかしらいちめんにひんがしむけて、てんもひびきだいぢもゆるぐばかりに、ときをぞさんかどつくりける。きやうぢうまたさわぎあへり。ただしこれはよろこびのときとぞきこえし。さるほどにこせうなごんにふだうしんせいのしそく、さいしやうながのり、ほふわうのわたらせたまふごでうだいりへまゐつて、もんよりいらんとすれば、しゆごのぶしどもゆるさず。あんないはしつたり。あるせうをくにたちいり、にはかにかみそりおろし、すみぞめのころもはかまきて、「このうへはなにかくるしかるべき、あけていれよ」とのたまへば、そのときゆるしたてまつる。なくなくごぜんへまゐつて、こんどうたれたまふひとびとのこと、いちいちにまうしたりければ、ほふわう、「めいうんはひごふのしにすべきものと、つゆもおぼしめしよらざりしものを。こんどはただわがいかにもなるべかりつるおんいのちにかはりたるにこそ」とて、おんなみだせきあへさせたまはず。おなじきにじふさんにち、さんでうのちうなごんともかたのきやういげ、しじふくにんがくわんしよくをとどめて、おひこめたてまつる。へいけのときはしじふさんにんをこそとどめられしか。これはすでにしじふくにんなれば、へいけのあくぎやうには、なほてうくわせり。まつどののひめぎみとりたてまつて、くわんばくどののP112むこにおしなる。
そのひまたきそのさまのかみ、いへのこらうどうめしあつめて、ひやうぢやうす。「そもそもよしなかいつてんのきみにむかひまゐらせて、いくさにはうちかちぬ。しゆしやうにやならまし、ほふわうにやなるべき。ほふわうにならうどおもへども、ほふしにならんも、をかしかるべし。しゆしやうにならうどおもへども、わらはにならんもしかるべからず。よしよしさらばくわんばくにならう」といひければ、てかきにぐせられたりけるだいぶばうかくめいすすみいでて、「くわんばくには、たいしよくくわんのおんすゑ、しつぺいけのきんだちたちこそならせたまへ。とのはげんじにてわたらせたまへば、それこそかなひさふらふまじ」とぞまうしける。さらばとて、ゐんのおんむまやのべつたうにおしなつて、たんばのくにをぞちぎやうしける。ゐんのごしゆつけあればほふわうとまうし、しゆしやうのいまだおんげんぶくなきほどは、ごとうぎやうにてましましけるを、しらざりけるこそうたてけれ。さるほどにかまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、きそがらうぜきしづめんとて、のりよりよしつねにろくまんよきをあひそへて、さしのぼせられけるが、みやこにはいくさいできて、ごしよだいりみなやきはらひ、てんがくらやみとなつたるよしきこえしかば、さうなうのぼつていくさすべきやうもなしとて、をはりのくにあつたのへんなるところにぞましましける。ほくめんにさふらひけるくないはうぐわんきんとも、とうないはうぐわんときなり、このことうつたへんとて、をはりのくにへはせくだり、このよしかくとまうしければ、のりよりよしつね、「これはきんとものくわんとうへくだらるべきでさふらふぞ。そのゆゑはしさいをぞんぜぬつかひは、かへしてとはるるとき、ふしんののこるに」とぞのたまひける。こんどのP113いくさにしよじうみなおちうせうたれにしかば、しそくくないどころきんもちとて、しやうねんじふごさいになりけるをあひぐしてぞくだりける。よをひについでかまくらへはせくだり、このよしうつたへまうされければ、かまくらどの、「これはつづみはうぐわんがふしぎのことまうしいでて、きみをもなやましたてまつり、おほくのかうそうきそうをもうしなひけることこそ、かへすがへすもきくわいなれ。これらをめしつかはせたまはば、こののちもてんがのさうどうたゆまじうさふらふ」とまうされければ、ともやすこのことちんぜんとて、よをひについでかまくらへはせくだり、かぢはらへいざうかげときについて、さまざまにちんじまうしけれども、かまくらどの、「しやつにめなかけそ。あひしらひなせそ」とのたまへば、ひごとにひやうゑのすけのたちへむかふ。つひにめんぼくなくして、またみやこへかへりのぼり、からきいのちいきつつ、いなりのへんなるところに、かすかなるていにてすまひけるとぞきこえし。きそさいこくへししやをたてて、いそぎのぼらせたまへ、ひとつになつてくわんとうへはせくだり、ひやうゑのすけうつべきよし、いひつかはしたりければ、おほいとのをはじめたてまつて、いちもんのひとびとはみなよろこばれけれども、しんぢうなごんとももりのきやうのいけんにまうされけるは、「たとひよすゑになつてさふらへばとて、きそなんどにかたらはれて、いかでかみやこへのぼらせたまふべき。じふぜんていわう、さんじゆのしんきをたいして、わたらせたまへば、かぶとをぬぎゆみのつるをはづいて、これへかうにんにまゐれとまうさせたまふべうもやさふらふらん」とまうされければ、おほいとのそのやうをおんぺんじありしかども、きそもちひたてまつらず。P114にふだうのまつどのてんが、きそをめして、きよもりこうはあくぎやうにんたりしかども、きたいのぜんごんをしおいたればにや、よをばおだしうにじふよねんまでたもちたんなり。あくぎやうばかりにてよををさむることはなきものを、させるゆゑなうておしこめたてまつたるひとびとのくわんどども、みなゆるすべきよしおほせければ、ひたすらあらえびすのやうなれども、したがひたてまつて、おしこめたてまつたるひとびとのくわんどども、みなゆるしたてまつる。まつどののおんこもろいへこう、そのときはいまだじゆにゐのちうなごんにてましましけるを、きそがはからひにて、だいじんせつしやうになしたてまつる。をりふしだいじんあかざりければ、とくだいじどの、そのころはないだいじんのさだいしやうにてましましけるを、かりたてまつて、だいじんせつしやうになしたてまつる。いつしかひとのくちなれば、しんせつしやうどのをばかるのだいじんとぞまうしける。おなじきじふにんぐわつとをかのひ、ほふわうをばごでうだいりをいだしたてまつて、だいぜんのだいぶなりただが、しゆくしよ、ろくでうにしのとうゐんへごかうなしたてまつる。おなじきじふさんにち、さいまつのみしほはじめらる。そのひぢもくおこなはれて、きそがはからひにて、ひとびとのくわんかかい、おもふさまになしおきてげり。へいけはさいこくに、ひやうゑのすけはとうごくに、きそはみやこにはりおこなふ。ぜんかんごかんのあひだ、わうもうがよをうつとつて、じふはちねんをさめたりしがごとし。しはうのせきぜきみなとぢたれば、おほやけのみつぎものをもたてまつらず、わたくしのねんぐものぼらねば、きやうぢうのじやうげ、ただせうすゐのうをにことならず。あぶなながらにとしくれて、じゆえいもみとせになりにけり。P115

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻九にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com