平家物語 巻第九  総かな版(元和九年本)
「こでうはい」(『いけずきのさた』)S0901じゆえいさんねんしやうぐわつひとひのひ、ゐんのごしよはだいぜんのだいぶなりただがしゆくしよ、ろくでうにしのとうゐんなりければ、ごしよのていしかるべからずとて、ゐんのはいらいもおこなはれず。ゐんのはいらいなかりければ、だいりのこでうはいもおこなはれず。へいけはさぬきのくにやしまのいそにおくりむかへて、としのはじめなれども、ぐわんにちぐわんざんのぎしきことよろしからず。しゆしやうわたらせたまへども、せちゑもおこなはれず、しはうはいもなし。はらかもそうせず、よしののくずもまゐらず。「よみだれたりしかども、みやこにてはさすがかくはなかりしものを」とぞ、おのおののたまひあはれける。せいやうのはるもきたり、うらふくかぜもやはらかに、ひかげものどかになりゆけど、ただへいけのひとびとは、いつもこほりにとぢこめられたるここちして、かんくてうにことならず。とうがんせいがんのやなぎちそくをまじへ、なんしほくしのうめ、かいらくすでにことにして、はなのあしたつきのよ、しいかくわんげん、まり、こゆみ、あふぎあはせ、P116ゑあはせ、くさづくし、むしづくし、さまざまきようありしことどもおもひいで、かたりつづけて、ながきひをくらしかねたまふぞあはれなる。
「うぢがは」おなじきしやうぐわつじふいちにち、きそのさまのかみよしなかゐんざんして、へいけつゐたうのために、さいこくへはつかうすべきよしをそうもんす。おなじきじふさんにち、すでにかどいですときこえしかば、かまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、きそがらうぜきしづめんとて、のりよりよしつねをさきとして、すまんぎのぐんびやうをさしのぼせられけるが、すでにみののくに、いせのくににもつくときこえしかば、きそおほきにおどろき、うぢせたのはしをひいて、ぐんびやうどもをもわかちつかはす。をりふしせいこそなかりけれ。まづせたのはしへは、おほてなればとて、いまゐのしらうかねひら、はつぴやくよきにてさしつかはす。うぢばしへは、にしな、たかなし、やまだのじらう、ごひやくよきでつかはしけり。いもあらひへは、をぢのしだのさぶらうせんじやうよしのり、さんびやくよきでむかひけり。さるほどにとうごくよりせめのぼるおほてのたいしやうぐんには、かまのおんざうしのりより、からめでのたいしやうぐんには、くらうおんざうしよしつね、むねとのだいみやうさんじふよにん、つがふそのせいろくまんよきとぞきこえし。そのころかまくらどのには、いけずき、するすみとて、きこゆるめいばありけり。いけずきをばP117かぢはらげんだかげすゑしきりにしよまうまうしけれども、「これはしぜんのことのあらんとき、よりともがもののぐしてのるべきむまなりこれもおとらぬめいばぞ」とて、かぢはらにはするすみをこそたうでげれ。そののちあふみのくにのぢうにん、ささきしらうのおんいとままうしにまゐられたるに、かまくらどのいかがおぼしめされけん。「しよまうのものはいくらもありけれども、そのむねぞんぢせよ」とて、いけずきをばささきにたぶ。ささきかしこまつてまうしけるは、「こんどこのおむまにて、うぢがはのまつさきわたしさふらふべし。もししにたりときこしめされさふらはば、ひとにさきをせられてげりと、おぼしめされさふらふべし。いまだいきたりときこしめされさふらはば、さだめてせんぢんをば、たかつなぞしつらんものをと、おぼしめされさふらへ」とて、おんまへをまかりたつ。さんくわいしたるだいみやうせうみやう、「あつぱれくわうりやうのまうしやうかな」とぞ、ひとびとささやきあはれける。おのおのかまくらをたつて、あしがらをへてゆくもあり、はこねにかかるせいもあり、おもひおもひにのぼるほどに、するがのくにうきしまがはらにて、かぢはらげんだかげすゑ、たかきところにうちあがり、しばらくひかへて、おほくのむまどもをみけるに、おもひおもひのくらおかせ、いろいろのしりがいかけ、あるひはのりくちにひかせ、あるひはもろくちにひかせ、いくせんまんといふかずをしらず、ひきとほしひきとほししけるなかにも、かげすゑがたまはつたるするすみにまさるむまこそなかりけれと、うれしうおもひてみるところに、ここにいけずきとおぼしきむまこそいつきいできたれ。きんぶくりんのくらおかせ、こぶさのしりがいかけ、しろぐつわはげ、しろあわかませて、とねりあまたP118ついたりけれども、なほひきもためず、をどらせてこそいできたれ。かぢはらうちよつて、「これはたがおむまぞ」。「ささきどののおむまざふらふ」とまうす。「ささきはさぶらうどのかしらうどのか」。「しらうどののおむまざふらふ」とてひきとほす。かぢはら、「やすからぬことなり。おなじやうにめしつかはるるかげすゑを、ささきにおぼしめしかへられけることこそ、ゐこんのしだいなれ。こんどみやこへのぼり、きそどののみうちに、してんわうときこゆるいまゐ、ひぐち、たて、ねのゐとくんでしぬるか、しからずは、さいこくへむかつて、いちにんたうぜんときこゆるへいけのさぶらひどもといくさして、しなんとこそおもひしに、このごきしよくでは、それもせんなし。せんずるところ、ここにてささきをまちうけ、ひつくみ、さしちがへよきさぶらひににんしんで、かまくらどのにそんとらせたてまつらん」と、つぶやいてこそまちかけたれ。ささきなにごころもなうあゆませていできたり。かぢはらおしならべてやくむ、むかうざまにあてやおとすべきとおもひけるが、まづことばをぞかけける。「いかにささきどのは、いけずきたまはらせたまひてのぼらせたまふな」といひければ、ささき、あつぱれ、このじんも、ないないしよまうまうしつるとききしものをとおもひ、「ささふらへば、こんどこのおんだいじにまかりのぼりさふらふが、さだめてうぢせたのはしをやひきたるらん。のつてかはをわたすべきむまはなし。いけずきをまうさばやとはぞんじつれども、ごへんのまうさせたまふだに、おんゆるされなきとうけたまはつて、ましてたかつななどがまうすとも、よもたまはらじとおもひ、ごにちにいかなるごかんだうもあらばあれとぞんじつつ、あかつきたたんとてのよ、とねりにP119こころをあはせて、さしもごひざうのいけずきを、ぬすみすまして、のぼりさうはいかに、かぢはらどの」といひければ、かぢはらこのことばにはらがゐて、「ねつたい、さらばかげすゑもぬすむべかりけるものを」とて、どつとわらうてぞのきにける。
(『うぢがはのせんぢん』)S0902ささきしらうのたまはられたりけるおむまは、くろくりげなるむまの、きはめてふとうたくましきが、むまをもひとをも、あたりをはらつてくひければ、いけずきとはつけられたり。やきのむまとぞきこえし。かぢはらがたまはつたりけるおむまも、きはめてふとうたくましきが、まことにくろかりければ、するすみとはつけられたりいづれもおとらぬめいばなり。さるほどにとうごくよりせめのぼるおほてからめでのぐんびやう、をはりのくによりふたてにわかつてせめのぼる。おほてのたいしやうぐんには、かまのおんざうしのりより、あひともなふひとびと、たけだのたらう、かがみのじらう、いちでうのじらう、いたがきのさぶらう、いなげのさぶらう、はんがへのしらう、くまがへのじらう、ゐのまたのこへいろくをさきとして、つがふそのせいさんまんごせんよき、あふみのくにのぢしのはらにぞぢんをとる。からめでのたいしやうぐんには、くらうおんざうしよしつね、おなじくともなふひとびと、やすだのさぶらう、おほうちのたらう、はたけやまのしやうじじらう、かぢはらげんだ、ささきしらう、かすやのとうだ、しぶやのむまのじよう、ひらやまのむしやどころをさきとしてつがふそのせいにまんごせんよき、いがのくにをへて、うぢばしのつめにぞおしよせたる。うぢもせたもはしをひき、みづのそこにはらんぐひうつておほづなはり、さかもぎつないでながしかけたり。ころはむつきはつかあまりのことなれば、ひらのたかね、しがのやま、むかしながらのゆきもきえ、P120たにだにのこほりうちとけて、みづはをりふしまさりたり。はくらうおびたたしうみなぎりおち、せまくらおほきにたきなつて、さかまくみづもはやかりけり。よはすでにほのぼのとあけゆけど、かはぎりふかくたちこめて、むまのけも、よろひのけもさだかならず。たいしやうぐんくらうおんざうし、かはのはたにうちいで、みづのおもてをみわたいて、ひとびとのこころをみんとやおもはれけん、「よどいもあらひへやむかふべき、またかはちぢへやまはるべき。みづのおちあしをやまつべき、いかがせん」とのたまふところに、ここにむさしのくにのぢうにんはたけやまのしやうじじらうしげただ、しやうねんにじふいちになりけるがすすみいでて、「このかはのごさたは、かまくらにてもよくよくさふらひしぞかし。かねてもしろしめされぬうみかはの、にはかにいできてもさふらはばこそ。あふみのみづうみのすゑなれば、まつともまつともみづひまじ。はしをばまたたれかわたいてまゐらすべき。さんぬるじしようのかつせんに、あしかがのまたたらうただつなが、しやうねんじふしちさいにてわたしけるも、おにがみにてはよもあらじ。しげただまづせぶみつかまつらん」とて、たんのたうをむねとして、ごひやくよきひしひしとくつばみをならぶるところに、ここにびやうどうゐんのうしとら、たちばなのこじまがさきより、むしやにきひつかけひつかけいできたり。いつきはかぢはらげんだかげすゑ、いつきはささきしらうたかつななり。ひとめにはなにともみえざりけれども、ないないさきにこころをかけたるらん、かぢはらはささきにいつたんばかりぞすすんだる。ささき、「いかにかぢはらどの、このかははさいこくいちのたいがぞや。はるびののびてみえさうぞ。しめたまへ」といひければ、かぢはらさもあるらんとやおもひけん、たづなをむまのゆがみにすて、さうのあぶみをP121ふみすかし、はるびをといてぞしめたりける。ささき、そのまに、そこをつとはせぬいて、かはへざつとぞうちいれたる。かぢはらたばかられぬとやおもひけん、やがてつづいてうちいれたり。かぢはら、「いかにささきどの、かうみやうせうとてふかくしたまふな。みづのそこにはおほづなあるらん、こころえたまへ」といひければ、ささきさもあるらんとやおもひけん、たちをぬいて、むまのあしにかかりけるおほづなどもをふつふつとうちきりうちきり、うぢがははやしといへども、いけずきといふよいちのむまにはのつたりけり。いちもんじにざつとわたいて、むかふのきしにぞうちあげたる。かぢはらがのつたりけるするすみはかはなかよりのためがたにおしながされ、はるかのしもよりうちあげたり。そののちささきあぶみふんばり、だいおんじやうをあげて「うだのてんわうにくだいのこういん、あふみのくにのぢうにん、ささきさぶらうひでよしがしなん、ささきしらうたかつな、うぢがはのせんぢんぞや」とぞなのつたる。はたけやまごひやくよきうちいれてわたす。むかひのきしよりやまだのじらうがはなつやに、はたけやまむまのひたひをのぶかにいさせ、はぬれば、ゆんづゑをついておりたつたり。いはなみかぶとのてさきへざつとおしかけけれども、はたけやまこれをことともせず、みづのそこをくぐつて、むかひのきしにぞつきにける。うちあがらんとするところに、うしろよりものこそむずとひかへたれ。「たそ」ととへば、「しげちか」とこたふ。「おほぐしか」。「さんざふらふ」。おほぐしのじらうは、はたけやまがためには、ゑぼしごにてぞさふらひける。「あまりにみづがはやうて、むまをばかはなかよりP122おしながされさふらひぬ。ちからおよばでこれまでつきまゐつてさふらふ」といひければ、はたけやま、「いつもわどのばらがやうなるものは、しげただにこそたすけられんずれ」といふまま、おほぐしをつかんできしのうへへぞなげあげたる。なげあげられて、ただなほり、たちをぬいてひたひにあて、だいおんじやうをあげて、「むさしのくにのぢうにん、おほぐしのじらうしげちか、うぢがはのかちだちのせんぢんぞや」とぞなのつたる。かたきもみかたもこれをきいて、いちどにどつとぞわらひける。そののちはたけやまのりがへにのつて、をめいてかく。ここにぎよりようのひたたれに、ひをどしのよろひきて、れんぜんあしげなるむまに、きんぷくりんのくらをおいて、のつたりけるむしやいつき、まつさきにすすんだるを、はたけやま、「ここにかくるはいかなるものぞ、なのれや」といひければ、「これはきそどののいへのこに、ながせのはんぐわんだいしげつな」となのる。はたけやま、けふのいくさがみいははんとて、おしならべてむずとくんでひきおとし、わがのつたりけるくらのまへわにおしつけ、ちつともはたらかさず、くびねぢきつて、ほんだのじらうがくらのとつつけにこそつけさせけれ。これをはじめて、うぢばしかためたりけるつはものども、しばしささへてふせぎたたかふといへども、とうごくのおほぜいみなわたいてせめければ、ちからおよばず、こはたやま、ふしみをさしてぞおちゆきける。せたをばいなげのさぶらうしげなりがはからひにて、たなかみのぐごのせをこそわたしけれ。P123
「かはらがつせん」(『かはらがつせん』)S0903いくさやぶれにければ、くらうおんざうしよしつね、ひきやくをもつてかまくらどのへ、かつせんのしだいをくはしうしるいてまうされけり。かまくらどの、まづおつかひに、「ささきはいかに」とおんたづねありければ、「うぢがはのまつさきざふらふ」とまうす。さてにつきをひらいてみたまへば、「うぢがはのせんぢん、ささきしらうたかつな、にぢん、かぢはらげんだかげすゑ」とぞかかれたる。うぢせたやぶれぬときこえしかば、きそはさいごのいとままうさんとて、ゐんのごしよろくでうどのへはせまゐる。きそもんぜんまでまゐりたりしかども、さしてそうすべきむねもなくして、とつてかへし、ろくでうたかくらなるところに、はじめてみそめたりけるにようばうのありければ、そこにうちよつて、さいごのなごりをしまんとて、とみにいでもやらざりけり。ここにいままゐりしたりけるゑちごのちうだいへみつといふものあり。「おんかたきすでにかはらまでせめいつてさふらふに、なんとてさやうにうちとけてはわたらせたまひさふらふやらん。ただいまいぬじにせさせたまひさふらひなんず。とうとうおんいでさふらへ」とまうしけれども、なほいでもやらざりければ、「ささふらはば、いへみつはまづさきだちまゐらせて、しでのやまにてこそまちまゐらせさふらはめ」とて、はらかききつてぞしににける。きそ、「これはP124われをすすむるじがいにこそ」とて、やがてうつたちたまひけり。ここにかうづけのくにのぢうにん、なはのたらうひろずみをさきとして、そのせいひやくきばかりにはすぎざりけり。ろうでうかはらにうちいでてみれば、とうごくのせいとおぼしくて、まづさんじつきばかりでいできたる。そのなかよりむしやにきさきにすすんだり。いつきはしほのやのごらうこれひろ、いつきはてしがはらのごさぶらうありなほなり。しほのやがまうしけるは、「ごぢんのせいをやまつべき」。またてしがはらがまうしけるは、「いちぢんやぶれぬればざんたうまつたからず。ただかけよや」とて、をめいてかく。きそはけふをさいごとたたかへば、とうごくのおほぜい、きそをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。たいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、いくさをばぐんびやうどもにせさせ、わがみは、ゐんのごしよのおぼつかなきに、しゆごしたてまつらんとて、ひたかぶとごろくき、ゐんのごしよろくでうどのへはせまゐる。ごしよには、だいぜんのだいぶなりただ、ごしよのひんがしのついがきのうへにのぼりあがつて、わななくわななくみわたせば、ぶしごろくきのけかぶとにたたかひなつて、いむけのそではるかぜにふきなびかさせ、しらはたざつとさしあげ、くろけぶりけたててはせまゐる。なりただ、「あなあさまし、きそがまたまゐりさふらふ」とまうしければ、ゐんぢうのくぎやうてんじやうびと、かたへのにようばうたちにいたるまで、こんどぞよのうせはてとて、てをにぎり、たてぬぐわんもましまさず。なりただかさねてそうもんしけるは、「けふはじめてみやこへいるとうごくのぶしとおぼえさふらふ。いかさまにもみなかさじるしがかはつてさふらふ」とまうしもはてぬに、たいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、もんぜんにてむまよりP125
おり、もんをたたかせ、だいおんじやうをあげて、「かまくらのさきのひやうゑのすけよりともがおとと、くらうよしつねこそ、うぢのてをせめやぶつて、このごしよしゆごのためにはせまゐつてさふらへ。あけていれさせたまへ」とまうされたりければ、なりただあまりのうれしさに、いそぎついがきのうへよりをどりおるるとて、こしをつきそんじたりけれども、いたさはうれしさにまぎれておぼえず、はふはふごしよへまゐつて、このよしそうもんしたりければ、ほふわうおほきにぎよかんあつて、もんをあけさせてぞいれられける。よしつねそのひのしやうぞくには、あかぢのにしきのひたたれに、むらさきすそごのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみのとりうちのもとを、かみをひろさいつすんばかりにきつて、ひだりまきにまいたる。これぞけふのたいしやうぐんのしるしとはみえし。ほふわう、ちうもんのれんじよりえいらんあつて、「ゆゆしげなるものどもかな。みななのらせよ」とおほせければ、まづたいしやうぐんくらうよしつね、つぎにやすだのさぶらうよしさだ、はたけやまのしやうじじらうしげただ、かぢはらげんだかげすゑ、ささきしらうたかつな、しぶやのむまのじようしげすけとぞなのつたれ。よしつねぐしてぶしはろくにん、よろひはいろいろかはつたりけれども、つらだましひことがら、いづれもおとらず。なりただおほせうけたまはつて、よしつねをおほゆかのきはへめして、かつせんのしだいをくはしうおんたづねあり。よしつねかしこまつてまうされけるは、「かまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、きそがらうぜきしづめんとて、のりよりよしつねをさきとして、つがふろくまんよきをさしのぼせさふらふが、のりよりはせたよりまゐりさふらへども、いまだいつきもみえさふらはず。P126よしつねはうぢのてをせめやぶつて、このごしよしゆごのためにはせさんじてさふらへ。きそはかはらをのぼりにおちさふらひつるを、ぐんびやうどもをもつておはせさふらひつるが、いまはさだめてうつとりさふらひなんず」と、いとこともなげにぞまうされける。ほふわうおほきにぎよかんあつて、「またきそがよたうなどまゐつて、らうぜきもぞつかまつる。なんぢはこのごしよよくよくしゆごつかまつれ」とおほせければ、かしこまりうけたまはつて、しはうのもんをかためてまつほどに、つはものどもはせあつまつて、ほどなくいちまんよきばかりになりにけり。きそはしぜんのことあらば、ほふわうとりたてまつて、さいこくへおちくだり、へいけとひとつにならんとて、りきしやにじふにんそろへてもつたりけれども、ごしよにはまたくらうよしつねまゐつて、きびしうしゆごしたてまつるときいて、いまはかなはじとやおもひけん、かはらをのぼりにおちゆきけるが、ろくでうかはらとさんでうかはらのあひだにて、すでにうつとられんとすることどどにおよぶ。きそなみだをながいて、「かくあるべしともごしたりせば、いまゐをせたへはやらざらまし。えうせうちくばのむかしより、しなばいつしよでしなんとこそちぎりしか。いまはところどころでうたれんことこそかなしけれ。さりながら、いまいちどいまゐがゆくへをきかん」とて、かはらをのぼりにかくるほどに、ろくでうかはらとさんでうかはらのあひだにて、かたきおそひかかれば、とつてかへしとつてかへし、きそわづかなるこぜいにて、うんかのごとくなるかたきのおほぜいを、ごろくどまでおひかへし、かもかはざつとうちわたり、あはたぐち、まつざかにもかかりけり。きよねんしなのをいでしには、ごまんよきときこえしが、けふしのみやがはらをP127すぐるには、しゆじうしちきになりにけり。ましてちううのたびのそら、おもひやられてあはれなり。
「きそさいご」(『きそのさいご』)S0904きそはしなのをいでしより、ともゑ、やまぶきとてににんのびぢよをぐせられたり。やまぶきはいたはりあつてみやこにとどまりぬ。なかにもともゑはいろしろうかみながく、ようがんまことにびれいなり。くつきやうのあらむまのりの、あくしよおとし、ゆみやうちものとつては、いかなるおににもかみにもあふといふ、いちにんたうぜんのつはものなり。さればいくさといふときは、さねよきよろひきせ、つよゆみ、おほだちもたせて、いつぱうのたいしやうにむけられけるに、どどのかうみやう、かたをならぶるものなし。さればこんどもおほくのものおちうせ、うたれけるなかに、しちきがうちまでも、ともゑはうたれざりけり。きそはながさかをへて、たんばぢへともきこゆ。りうげごえにかかつて、またほくこくへともきこえけり。かかりしかども、いまゐがゆくへのおぼつかなさに、とつてかへして、せたのかたへぞおちゆきたまふ。いまゐのしらうかねひらも、はつびやくよきにてせたをかためたりけるが、ごじつきばかりにうちなされ、はたをばまかせてもたせつつ、しゆのゆくへのおぼつかなさにP128、みやこのかたへのぼるほどに、おほつのうちでのはまにて、きそどのにゆきあひたてまつる。なかいつちやうばかりより、たがひにそれとみしつて、しゆじうこまをはやめてよりあひたり。きそどの、いまゐがてをとつてのたまひけるは、「よしなかろくでうかはらにて、いかにもなるべかりしかども、なんぢがゆくへのおぼつかなさに、おほくのかたきにうしろをみせて、これまでのがれたるはいかに」とのたまへば、いまゐのしらう、「ごぢやうまことにかたじけなうさふらふ。かねひらもせたにてうちじにつかまつるべうさふらひしかども、おんゆくへのおぼつかなさに、これまでのがれまゐつてさふらふ」とまうしければ、きそどの、「さてはちぎりはいまだくちせざりけり。よしなかがせい、さんりんにはせちつて、このへんにもひかへたるらんぞ。なんぢがはたあげさせよ」とのたまへば、まいてもたせたるいまゐがはたさしあげたり。これをみつけて、きやうよりおつるせいともなく、またせたよりまゐるものともなく、はせあつまつて、ほどなくさんびやくきばかりになりたまひぬ。きそどのなのめならずによろこびて、「このせいにてはさいごのいくさ、ひといくさなどかせざるべき。あれにしぐらうてみゆるは、たがてやらん」。「かひのいちでうのじらうどののおんてとこそうけたまはつてさふらへ」。「せいいかほどあるらん」。「ろくせんよきときこえさふらふ」。「さてはたがひによいかたき、おなじうしぬるとも、おほぜいのなかへかけいり、よいかたきにあうてこそうちじにをもせめ」とて、まつさきにぞすすみたまふ。きそどのそのひのしやうぞくには、あかぢのにしきのひたたれに、からあやをどしのよろひきて、いかものづくりのたちをはき、くはがたうつたるかぶとのををしめ、にじふしさいたるいしうちのやの、P129そのひのいくさにいて、せうせうのこつたるを、かしらだかにおひなし、しげどうのゆみのまんなかとつて、きこゆるきそのおにあしげといふむまに、きんぷくりんのくらをおいてのつたりけるが、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「ひごろはききけんものを、きそのくわんじや、いまはみるらん、さまのかみけんいよのかみあさひのしやうぐんみなもとのよしなかぞや。かひのいちでうのじらうとこそきけ。よしなかうつて、ひやうゑのすけにみせよや」とてをめいてかく。いちでうのじらうこれをきいて、「ただいまなのるは、たいしやうぐんぞや。あますなものども、もらすなわかたう、うてや」とて、おほぜいのなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。きそさんびやくよき、ろくせんよきがなかへかけいり、たてさまよこさま、くもでじふもんじにかけわつて、うしろへつといでたれば、ごじつきばかりになりけり。そこをやぶつてゆくほどに、とひのじらうさねひら、にせんよきでささへたり。そこをもやぶつてゆくほどに、あそこにてはしごひやくき、ここにてはにさんびやくき、ひやくしごじつき、ひやくきばかりがなかを、かけわりかけわりゆくほどに、しゆじうごきにぞなりにける。ごきがうちまでも、ともゑはうたれざりけり。きそどのともゑをめして、「おのれはをんななれば、これよりとうとういづちへもおちゆけ。よしなかはうちじにをせんずるなり。もしひとでにかからずは、じがいをせんずれば、よしなかがさいごのいくさに、をんなをぐしたりなどいはれんこと、くちをしかるべし」とのたまへども、なほおちもゆかざりけるが、あまりにつよういはれたてまつて、「あつぱれよからうかたきのいでこよかし。きそどのにさいごのいくさしてみせたてまつらん」とて、P130
ひかへてかたきをまつところに、ここにむさしのくにのぢうにん、おんだのはちらうもろしげといふだいぢからのかうのもの、さんじつきばかりでいできたる。ともゑそのなかへわつていり、まづおんだのはちらうにおしならべ、むずとくんでひきおとし、わがのつたりけるくらのまへわにおしつけて、ちつともはたらかさず、くびねぢきつてすててんげり。そののちもののぐぬぎすて、とうごくのかたへぞおちゆきける。てづかのたらううちじにす。てづかのべつたうおちにけり。きそどのいまゐのしらうただしゆじうにきになつてのたまひけるは、「ひごろはなにともおぼえぬよろひが、けふはおもうなつたるぞや」とのたまへば、いまゐのしらうまうしけるは、「おんみもいまだつかれさせたまひさふらはず、おむまもよわりさふらはず。なにによつていちりやうのおんきせながを、にはかにおもうはおぼしめされさふらふべき。それはみかたにつづくせいがさふらはねば、おくびやうでこそさはおぼしめしさふらふらめ。かねひらいつきをば、よのむしやせんぎとおぼしめしさふらふべし。ここにいのこしたるやななつやつさふらへば、しばらくふせぎやつかまつりさふらはん。あれにみえさふらふは、あはづのまつばらとまうしさふらふ。きみはあのまつのなかへいらせたまひて、しづかにごじがいさふらへ」とて、うつてゆくほどに、またあらてのむしやごじつきばかりでいできたる。「かねひらはこのおんかたきしばらくふせぎまゐらせさふらふべし。きみはあのまつのなかへいらせたまへ」とまうしければ、よしなか、「ろくでうかはらにて、いかにもなるべかりしかども、なんぢといつしよでいかにもならんためにこそ、おほくのかたきにうしろをみせて、これまでのがれたんなれ。ところどころでうたれんより、いつしよでこそうちじにをもせめ」とて、むまのはなをならべてP131、すでにかけんとしたまへば、いまゐのしらう、いそぎむまよりとんでおり、しゆのむまのみづつきにとりつき、なみだをはらはらとながいて、「ゆみやとりは、としごろひごろいかなるかうみやうさふらへども、さいごにふかくしぬれば、ながききずにてさふらふなり。おんみもつかれさせたまひさふらひぬ。おむまもよわつてさふらふ。いふかひなきひとのらうどうにくみおとされて、うたれさせたまひさふらひなば、さしもにつぽんごくにおにがみときこえさせたまひつるきそどのをば、なにがしがらうどうのてにかけて、うちたてまつたりなんぞまうされんこと、くちをしかるべし。ただりをまげて、あのまつのなかへいらせたまへ」とまうしければ、きそどの、さらばとて、ただいつきあはづのまつばらへぞかけたまふ。いまゐのしらうとつてかへし、ごじつきばかりがせいのなかへかけいり、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「とほからんものはおとにもきけ、ちかからんひとはめにもみたまへ。きそどののめのとごに、いまゐのしらうかねひらとて、しやうねんさんじふさんにまかりなる。さるものありとは、かまくらどのまでもしろしめされたるらんぞ。かねひらうつてひやうゑのすけどののおんげんざんにいれよや」とて、いのこしたるやすぢのやを、さしつめひきつめさんざんにいる。ししやうはしらず、やにはにかたきはちきいおとし、そののちたちをぬいてきつてまはるに、おもてをあはするものぞなき。ただ、「いとれやいとれ」とて、さしつめひきつめ、さんざんにいけれども、よろひよければうらかかず、あきまをいねばてもおはず。きそどのはただいつき、あはづのまつばらへかけたまふ。ころはしやうぐわつにじふいちにち、いりあひばかりのP132ことなるに、うすごほりははつたりけり。ふかたありともしらずして、むまをざつとうちいれたれば、むまのかしらもみえざりけり。あふれどもあふれども、うてどもうてどもはたらかず。かかりしかどもいまゐがゆくへのおぼつかなさに、ふりあふのぎたまふところを、さがみのくにのぢうにん、みうらのいしだのじらうためひさおつかかり、よつぴいてひやうどはなつ。きそどのうちかぶとをいさせ、いたでなれば、かぶとのまつかふをむまのかしらにおしあててうつぶしたまふところを、いしだがらうどうににんおちあひて、すでにおんくびをばたまはりけり。やがてくびをばたちのさきにつらぬき、たかくさしあげ、だいおんじやうをあげて、「このひごろにつぽんこくにおにがみときこえさせたまひつるきそどのをば、みうらのいしだのじらうためひさが、うちたてまつるぞや」となのりければ、いまゐのしらうはいくさしけるが、これをきいて、「いまはたれをかばはんとて、いくさをばすべき。これみたまへ、とうごくのとのばら、につぽんいちのかうのもののじがいするてほんよ」とて、たちのきつさきをくちにふくみ、むまよりさかさまにとびおち、つらぬかつてぞうせにける。
「ひぐちのきられ」(『ひぐちのきられ』)S0905いまゐがあにのひぐちのじらうかねみつは、じふらうくらんどうたんとて、そのせいごひやくよきで、かはちのくにP133ながののじやうへこえたりけるが、そこにてはうちもらしぬ。きのくになぐさにありときいて、やがてつづいてよせたりけるが、みやこにいくさありときいて、とつてかへしてのぼるほどに、よどのおほわたりのはしにて、いまゐがげにんにゆきあうたり。「これはされば、いづちへとてわたらせたまひさふらふやらん。みやこにはいくさいできて、きみうたれさせたまひさふらひぬ。いまゐどのもおんじがいさふらふ」といひければ、ひぐちのじらう、なみだをはらはらとながいて、「これききたまへとのばら、きみにおんこころざしおもひまゐらせんひとびとは、これよりとうとういづちへもおちゆき、いかならんこつじきづだのぎやうをもして、きみのごぼだいをとぶらひまゐらさせたまへ。かねみつはみやこへのぼりうちじにして、めいどにても、きみのおんげんざんにいり、いまゐをもいまいちどみばやとおもふためなり」とて、うつてゆくほどに、ごひやくよきのせいども、あそこここにひかへひかへおちゆくほどに、とばのみなみのもんをすぐるには、そのせいわづかににじふよきにぞなりにける。ひぐちのじらう、けふすでにみやこへいるときこえしかば、たうもかうけも、しちでうしゆしやか、つくりみち、よつづかへはせむかふ。ひぐちがてに、ちののたらうみつひろといふものあり。よつづかにいくらもありけるせいのなかへかけいり、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげ、「このせいのなかに、かひのいちでうのじらうどのおんてのひとやまします」ととひければ、「いちでうのじらうがてでないは、いくさをばせぬか。たれにもあへかし」とて、どつとわらふ。わらはれてなのりけるは、「かうまうすものは、しなののくにすはのかみのみやのぢうにん、ちののたいふみついへがP134こに、ちののたらうみつひろといふものなり。かならずいちでうのじらうどののおんてのひとをたづぬるにはあらず。おととのしちらうそれにあり。こどもににんしなののくににおいたるが、あつぱれわがちちは、ようてやしんだるらん、あしうてやしんだるらんと、なげかんずるところに、おととのしちらうがまへにてうちじにして、こどもにたしかにきかせんとおもふためなり。かたきをばきらふまじ」とて、あれにはせあひ、これにはせあひ、むしやさんききつておとし、しにんにあたるかたきにおしならべ、むずとくんでどうどおち、さしちがへてぞしににける。ひぐちのじらうはこだまたうにむすぼほれたりければ、こだまのひとどもよりあひて、「そもそもゆみやとりの、われもひともひろなかへいるといふは、しぜんのときひとまづのいきをもつぎ、しばしのいのちをもいかうどおもふためなり。さればひぐちがわれらにむすぼほれけんも、さこそありけめ。いのちばかりをたすけん」とて、ひぐちがもとへししやをたてて、「きそどののみうちに、いまゐ、ひぐち、たて、ねのゐときこえさせたまひてさふらへども、きそどのうたれさせたまひさふらひぬ。いまゐどのもおんじがいさふらふうへは、なにかくるしうさふらふべき。われらがなかへかうにんになりたまへ。こんどのくんこうのしやうにまうしかへて、おんいのちばかりをば、たすけたてまつらん」といひおくつたりければ、ひぐちのじらうはきこゆるつはものなりしかども、うんやつきにけん、おめおめとこだまたうのなかへ、かうにんにこそなりにけれ。たいしやうぐんのりよりよしつねにこのよしをまうす。ゐんへうかがひまうされたりければ、ゐんぢうのくぎやうてんじやうびと、P135
つぼねのにようばう、めのわらはにいたるまで、「きそがほふぢうじどのへよせて、ごしよにひをかけやきほろぼし、おほくのかうそうきそうをうしなひたりしには、あそこにもここにも、いまゐ、ひぐちといふこゑのみこそありしか。これらをたすけられんは、むげにくちをしかるべし」と、くちぐちにまうされたりければ、かなはずして、またしざいにぞさだめられける。おなじきにじふににち、しんせつしやうどのとどめられさせたまひて、もとのせつしやうくわんちやくしたまふ。わづかろくじふにちのうちにかへられさせたまひぬれば、いまだみはてぬゆめのごとし。むかしあはたのくわんばくはよろこびまうしののち、ただしちかにちだにありしぞかし。これはろくじふにちとはまうせども、そのあひだにせちゑもぢもくもおこなはれぬれば、おもひでなきにあらず。おなじきにじふしにち、きそのさまのかみ、よたうごにんがくびみやこへいつて、おほぢをわたさる。ひぐちのじらうはかうにんたりしが、しきりにくびのともせんとまうしければ、さらばとてあゐずりのひたたれ、たてゑぼしにてぞわたされける。あくるにじふごにち、ひぐちのじらうつひにきられにけり。のりよりよしつね、さまざまにまうされけれども、いまゐ、ひぐち、たて、ねのゐとて、きそがしてんわうのそのいつなれば、これらをたすけられんは、やうこのうれへあるべしと、ことにさたあつてきられけるとぞきこえし。つてにきく、こらうのくにおとろへて、しよこうはちのごとくにおこつしとき、はいこうさきにかんやうきうへいるといへども、かううがのちにきたらんことをおそれて、さいはびじんをもをかさず、きんぎんしゆぎよくをもかすめず、いたづらにかんこくのせきをまもつて、ぜんぜんにかたきをほろぼして、てんがをぢするP136ことをえたりき。さればいまのきそのさまのかみも、まづみやこへいるといへども、よりとものあそんのめいにしたがはましかば、かのはいこうがはかりごとにはおとらざらまし。さるほどにへいけはこぞのふゆのころより、さぬきのくにやしまのいそをいでて、つのくになにはがたにおしわたり、にしはいちのたにをじやうくわくにかまへ、ひんがしはいくたのもりをおほてのきどぐちとぞさだめける。そのあひだふくはら、ひやうご、いたやど、すまにこもるせい、せんやうだうはつかこく、なんかいだうろくかこく、つがふじふしかこくをうちしたがへて、めさるるところのぐんびやう、じふまんよきとぞきこえし。いちのたにはきたはやま、みなみはうみ、くちはせばくておくひろし。きしたかくしてびやうぶをたてたるにことならず。きたのやまぎはより、みなみのうみのとほあさまで、たいせきをかさねあげ、おほぎをきつてさかもぎにひき、ふかきところにはおほふねどもをそばだてて、かいだてにかき、じやうのおもてのたかやぐらには、しこくちんぜいのつはものども、かつちうきうせんをたいして、うんかのごとくになみゐたり。やぐらのまへには、くらおきむまども、とへはたへにひつたてたり。つねにたいこをうつてらんじやうす。いつちやうのゆみのいきほひは、はんげつむねのまへにかかり、さんじやくのけんのひかりは、あきのしもこしのあひだによこだへたり。たかきところにはあかはたおほくうつたてたれば、はるかぜにふかれて、てんにひるがへるは、ただくわえんのもえあがるにことならず。P137
「ろくかどかつせん」(『ろくかどのいくさ』)S0906さるほどにへいけいちのたにへわたりたまひてのちは、しこくのものどもいつかうしたがひたてまつらず、なかにもあはさぬきのざいちやうら、みなへいけをそむいて、げんじにこころをかよはしけるが、さすがきのふけふまで、へいけにしたがひたてまつたるみの、けふはじめてげんじへまゐりたりとも、よももちひたまはじ。へいけにやひとついかけたてまつて、それをおもてにしてまゐらんとて、かどわきのへいぢうなごんのりもり、ゑちぜんのさんみみちもり、のとのかみのりつねふしさんにん、びぜんのくにしもつゐにましますときいて、ひやうせんじふよそうでぞよせたりける。のとどのおほきにいかつて、「きのふけふまで、われらがむまのくさきつたるやつばらが、いつしかちぎりをへんずるにこそあんなれ。そのぎならば、いちにんももらさずうてや」とて、こぶねどもおしうかべておはれければ、しこくのものども、ひとめばかりにやひとついて、のかんとこそおもひしに、のとどのにあまりにていたうせめられたてまつて、かなはじとやおもひけん、とほまけにしてひきしりぞき、あはぢのくにふくらのとまりにつきにけり。そのくににげんじににんありときこえけり。ころくでうのはんぐわんためよしがばつし、かものくわんじやよしつぎ、あはぢのくわんじやよしひさときこえしを、たいしやうにたのうで、じやうくわくをかまへてまつところに、のとどのおしよせて、さんざんにせめたまへば、P138
かものくわんじやうちじにす。あはぢのくわんじやはいたでおうて、いけどりにこそせられけれ。のこりとどまつてふせぎやいけるものども、にひやくさんじふよにんがくびきりかけさせ、うつてのけうみやうしるいて、ふくはらへこそまゐらせられけれ。それよりかどわきどのは、いちのたにへぞまゐられける。しそくたちは、いよのかはののしらうがめせどもまゐらぬをせめんとて、しこくへぞわたられける。あにゑちぜんのさんみみちもりのきやうは、あはのくにはなぞののじやうにぞつきたまふ。おととのとのかみのりつねは、さぬきのやしまにつきたまふよしきこえしかば、いよのくにのぢうにん、かはののしらうみちのぶは、あきのくにのぢうにん、ぬたのじらうはははかたのをぢなりければ、ひとつにならんとて、あきのくにへおしわたる。のとどのこのよしをききたまひて、やしまをたつておはれけるが、そのひはびんごのくにみのしまといふところについて、つぎのひぬたのじやうへぞよせられける。ぬたのじらう、かはののしらうひとつになつて、じやうくわくをかまへてまつところに、のとどのやがておしよせて、さんざんにせめたまへば、ぬたのじらうかなはじとやおもひけん、かぶとをぬぎゆみのつるをはづいてかうにんにまゐる。かはのはなほもしたがはず、そのせいごひやくよきありけるが、ごじつきばかりにうちなされ、じやうをおちてゆくところに、ここにのとどののさぶらひに、へいはちびやうゑためかずといふもの、にひやくきばかりがなかにとりこめられ、しゆじうしちきにうちなされ、たすけぶねにのらんとて、ほそみちにかかつてみぎはのかたへおちゆくところを、へいはちびやうゑがしそく、さぬきのしちらうよしのり、くつきやうのゆみのじやうずなりければ、おつかかり、よつびいて、しちきをごきいおとす。しゆじうにきにぞなりにける。かはのがみにかへておもひけるらうどうに、さぬきのしちらうP139おしならべ、むずとくんで、どうどおち、とつておさへて、くびをかかんとするところに、かはののしらうとつてかへし、わがらうどうのうへなるさぬきのしちらうがくびかききつてふかたへなげいれ、だいおんじやうをあげて、「いよのくにのぢうにん、かはののしらうをちのみちのぶ、しやうねんにじふいち、いくさをばかうこそすれ。われとおもはんひとびとは、よつてとどめよや」となのりすてて、らうどうをかたにひつかけ、そこをばなつくにげのび、いよのくにへおしわたる。のとどのかはのをばうちもらされたりけれども、ぬたのじらうがかうにんたるをめしぐして、いちのたにへぞまゐられける。またあはのくにのぢうにん、あまのろくらうただかげ、これもへいけをそむいて、げんじにこころをかよはしけるが、おほぶねにそうにひやうらうまいつみ、もののぐいれ、みやこをさしてのぼりけるを、のとどのふくはらにて、このよしをききたまひて、こぶねどもおしうかべておはれければ、にしのみやのおきにて、かへしあはせてふせぎたたかふ。のとどの、「あますな、もらすな」とて、さんざんにせめたまへば、あまのろくらうかなはじとやおもひけん、いづみのくにふけひのうらにたてこもる。またきのくにのぢうにん、そのべのひやうゑただやす、これもへいけにこころよからざりけるが、あまのろくらうがのとどのにていたうせめられたてまつて、いづみのくにふけひのうらにありときいて、そのせいひやくきばかりで、いづみのくにへうちこえて、あまのろくらう、そのべのひやうゑひとつになつて、じやうくわくをかまへてまつところに、のとどのやがておしよせて、さんざんにせめたまへば、あまのろくらう、そのべのひやうゑかなはじとやおもひけん、みがらはにげてきやうへのぼる。のこりとどまつて、ふせぎやP140いけるつはものども、ひやくさんじふよにんがくびきつて、ふくはらへこそまゐられけれ。またぶんごのくにのぢうにん、うすきのじらうこれたか、をがたのさぶらうこれよし、いよのくにのぢうにん、かはののしらうみちのぶひとつになつて、つがふそのせいにせんよにん、こぶねどもにとりのつて、びぜんのくにへおしわたり、いまぎのじやうにたてごもる。のとどの、ふくはらにて、このよしをききたまひて、やすからぬことなりとて、そのせいさんぜんよきで、びぜんのくににはせくだり、いまぎのじやうをせめたまふ。のとどの、きやつばらはこはいおんかたきでさふらふ。かさねてせいをたまはるべきよしまうされたりければ、ふくはらよりすまんぎのぐんびやうをさしむけらるるよしきこえしかば、じやうのうちのつはものども、てのきはたたかひ、ぶんどりかうみやうしきはめて、かたきはたぜいなり、みかたはこぜいなりければ、「とりこめられてはかなふまじ。ここをばおちて、しばしのいきをつげや」とて、うすきのじらうこれたか、をがたのさぶらうこれよしは、ぶんごのくにへおしわたり、かはのはいよへぞわたりける。のとどの、いまはせむべきかたきなしとて、ふくはらへこそまゐられけれ。おほいとのいげのげつけいうんかくよりあひたまひて、のとどののまいどのかうみやうをぞ、かんじあはれける。
「みくさせいぞろへ」(『みくさせいぞろへ』)S0907おなじきしやうぐわつにじふくにち、のりよりよしつねゐんざんして、へいけつゐたうのために、さいこくへはつかうすべきP141よしをそうもんす。ほんてうには、じんだいよりつたはれるおんたからみつあり。しんし、ほうけん、ないしどころこれなり。ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべきよしおほせくださる。りやうにんていしやうにかしこまりうけたまはつてまかりいづ。にんぐわつよつかのひ、ふくはらにはこにふだうさうこくのきにちとて、ぶつじかたのごとくとげおこなはる。あさゆふのいくさだちに、すぎゆくつきひはしらねども、こぞはことしにめぐりきて、うかりしはるにもなりにけり。よのよにてあらましかば、いかなるきりふたふばのくはだて、くぶつせそうのいとなみも、あるべかりしかども、ただなんによのきんだちたちさしつどひて、なげきかなしみあはれけり。ふくはらには、このついでにぢもくおこなはれて、そうもぞくもみなつかさなされけり。なかにもかどわきのへいぢうなごんのりもりのきやうをば、じやうにゐのだいなごんにあがりたまふべきよし、おほいとのよりのたまひつかはされたりければ、のりもりのきやう、
けふまでもあればあるかのわがみかはゆめのうちにもゆめをみるかな W067
とおんぺんじまうさせたまひて、つひにだいなごんにはなりたまはず。だいげきなかはらのもろなほがこ、すはうのすけもろずみだいげきになる。ひやうぶのせうまさあき、ごゐのくらんどになされて、くらんどのせうとぞめされける。むかしまさかどとうはつかこくをうちしたがへて、しもふさのくにさうまのこほりにみやこをたて、わがみをへいしんわうとしようじて、ひやくくわんをなしたりしには、こよみのはかせぞなかりける。これはそれにはにるべからず。しゆしやうきうとをこそいでさせたまふといへども、さんじゆのしんきをたいして、ばんじようのくらゐにそなはりたまへば、じよゐぢもくおこなはれんもひがごとにはあらず。P142へいじすでにふくはらまで、せめのぼつたるよしきこえしかば、ふるさとにのこりとどまりたまふひとびと、みないさみよろこびあはれけり。なかにもにゐのそうづせんしんは、かぢゐのみやのとしごろのごどうじゆくにておはしければ、かぜのたよりにもまうされけり。みやよりもまたおんふみあり。「たびのそらのよそほひ、おんこころぐるしけれども、みやこもいまだしづまらず」など、こまごまとあそばいて、おくにはいつしゆのうたぞありける。
ひとしれずそなたをしのぶこころをばかたぶくつきにたぐへてぞやる W068
そうづこれをかほにおしあてて、かなしみのなみだせきあへず。さるほどにこまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうは、としへだたりひかさなるにしたがつて、ふるさとにとどめおきたまへるきたのかた、をさなきひとびとのことをのみなげきかなしみたまひけり。あきんどのたよりに、ふみなどのかよふにも、きたのかたのみやこのおんすまひ、こころぐるしうききたまひて、さらばこれへむかへまゐらせて、いつしよでいかにもならばやとはおもはれけれども、わがみこそあらめ、おんためいたはしくてなど、おぼしめししづんで、あかしくらしたまふにぞ、せめてのおんこころざしのふかさのほどはあらはれにける。にんぐわつよつかのひ、げんじふくはらをせむべかりしかども、こにふだうしやうこくのきにちときいて、ぶつじとげさせんがために、そのひはよせず。いつかはにしふさがり、むゆかはだうこにち、なぬかのひのうのこくに、いちのたにのひんがしにしのきどぐちにて、げんぺいやあはせとぞさだめける。P143
されどもよつかはきちにちなればとて、おほてからめでのぐんびやう、ふたてにわかつてせめくだる。おほてのたいしやうぐんには、かまのおんざうしのりより、あひともなふひとびと、たけだのたらうのぶよし、かがみのじらうとほみつ、おなじきこじらうながきよ、やまなのじらうのりよし、おなじきさぶらうよしゆき、さぶらひだいしやうには、かぢはらへいざうかげとき、ちやくしのげんだかげすゑ、じなんへいじかげたか、おなじきさぶらうかげいへ、いなげのさぶらうしげなり、はんがへのしらうしげとも、おなじきごらうゆきしげ、をやまのこしらうともまさ、なかぬまのごらうむねまさ、ゆふきのしちらうともみつ、さぬきのしらうだいふひろつな、をのでらのぜんじたらうみちつな、そがのたらうすけのぶ、なかむらのたらうときつね、えどのしらうしげはる、たまのゐのしらうすけかげ、おほかはづのたらうひろゆき、しやうのさぶらうただいへ、おなじきしらうたかいへ、しやうだいのはちらうゆきひら、くげのじらうしげみつ、かはらのたらうたかなほ、おなじきじらうもりなほ、ふぢたのさぶらうだいふゆきやすをさきとして、つがふそのせいごまんよき、にんぐわつよつかのひのたつのいつてんにみやこをたつて、そのひのさるとりのこくには、つのくにこやのにぢんをぞとつたりける。からめでのたいしやうぐんには、くらうおんざうしよしつね、おなじうともなふひとびと、やすだのさぶらうよしさだ、おほうちのたらうこれよし、むらかみのはんぐわんだいやすくに、たしろのくわんじやのぶつな、さぶらひだいしやうには、とひのじらうさねひら、しそくのやたらうとほひら、みうらのすけよしずみ、しそくのへいろくよしむら、はたけやまのしやうじじらうしげただ、おなじきながののさぶらうしげきよ、さはらのじふらうよしつら、わだのこたらうよしもり、おなじきじらうよしもち、さぶらうむねざね、ささきしらうたかつな、おなじきごらうよしきよ、くまがへのじらうなほざね、しそくのこじらうなほいへ、P144ひらやまのむしやどころすゑしげ、あまののじらうなほつね、こがはのじらうすけよし、はらのさぶらうきよます、たたらのごらうよしはる、そのこのたらうみつよし、わたりやなぎのやごらうきよただ、べつぷのこたらうきよしげ、かねこのじふらういへただ、おなじきよいちちかのり、げんぱちひろつな、かたをかのたらうつねはる、いせのさぶらうよしもり、あうしうのさとうさぶらうつぎのぶ、おなじきしらうただのぶ、えだのげんざう、くまゐのたらう、むさしばうべんけい、これらをさきとして、つがふそのせいいちまんよき、おなじひのおなじときにみやこをたつて、たんばぢにかかり、ふつかぢをひとひにうつて、たんばとはりまのさかひなるみくさのやまのひんがしのやまぐち、おのばらにぢんをぞとつたりける。
「みくさかつせん」(『みくさがつせん』)S0908へいけのかたのたいしやうぐんには、こまつのしんざんみのちうじやうすけもり、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、びつちうのかみもろもり、さぶらひだいしやうには、いがのへいないびやうゑきよいへ、えみのじらうもりかたをさきとして、そのせいさんぜんよきで、みくさのやまのにしのやまぐちにおしよせてぢんをとる。そのよのいぬのこくばかりに、たいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、さぶらひだいしやうとひのじらうさねひらをめして、「へいけはこれよりさんりへだてて、みくさのやまのにしのやまぐちに、おほぜいでひかへたり。ようちにやすべき、またあすのいくさか」とのたまへば、たしろのくわんじやすすみいでて、P145「へいけのせいはさんぜんよき、みかたのおんせいはいちまんよき、はるかのりにさふらふ。あすのいくさとのべられさふらひなば、へいけにせいつきさふらひなんず。ようちよかんぬとおぼえさふらふ」とまうされければ、とひのじらう、「いしうもまうさせたまふたしろどのかな。たれもかうこそまうしたうさふらひつれ。ようちよかんぬとおぼえさふらふ」とまうしければ、つはものども、「くらさはくらし、いかがせん」とくちぐちにまうしければ、おんざうし、「れいのおほだいまつはいかに」とのたまへば、とひのじらう、「さることさふらふ」とて、をのばらのざいけにひをぞかけたりける。これをはじめて、のにもやまにも、くさにもきにもひをかけたれば、ひるにはちつともおとらずして、さんりのやまをぞこえゆきける。このたしろのくわんじやとまうすは、ちちはいづのくにのさきのこくし、ちうなごんためつなのばつえふなり。はははかののすけもちみつがむすめをおもうてまうけたりしを、ははかたのそぶにあづけて、ゆみやとりにはしたてたんなり。ぞくしやうをたづぬれば、ごさんでうのゐんのだいさんのわうじ、すけひとのしんわうにごだいのそんなり。ぞくしやうもよきうへ、ゆみやをとつてもよかりけり。へいけのかたには、そのよ、ようちにせんずるをばゆめにもしらず、「いくさはさだめてあすのいくさにてぞあらんずらん。いくさにもねぶたいはだいじのものぞ。よくねていくさせよものども」とて、せんぢんはおのづからようじんしけれども、ごぢんのつはものどもは、あるひはかぶとをまくらにし、あるひはよろひのそでえびらなどをまくらとして、ぜんごもしらずぞふしたりける。そのよのやはんばかり、げんじいちまんよき、みくさのやまのにしのやまぐちにおしよせて、ときをどうとぞP146つくりける。へいけのかたには、あまりにあわてさわいで、ゆみとるものはやをしらず、やをとるものはゆみをしらず、あわてふためきけるが、むまにあてられじとやおもひけん、みななかをあけてぞとほしける。げんじはおちゆくへいけを、あそこにおつかけ、ここにおつつめ、さんざんにせめければ、やにはにごひやくよにんうたれぬ。ておふものどもおほかりけり。たいしやうぐんしんざんみのちうじやうすけもり、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、みくさのてをやぶられて、めんぼくなうやおもはれけん、はりまのたかさごよりふねにのつて、さぬきのやしまへわたりたまひぬ。びつちうのかみもろもりばかりこそ、なにとしてかはもれさせたまひたりけん、へいないびやうゑ、えみのじらうをめしぐして、いちのたにへぞまゐられける。
「らうば」(『らうば』)S0909おほいとの、あきのむまのすけよしゆきをししやにて、ひとびとのもとへのたまひつかはされけるは、「くらうよしつねこそ、みくさのてをせめやぶつて、すでにみだれいるよしきこえさふらふ。やまのてがだいじでさふらへば、おのおのむかはれさふらひなんや」とのたまひつかはされたりければ、みなじしまうされけり。のとどののもとへも、「たびたびのことではさふらへども、こんどもまたごへんむかはれさふらひなんや」とのたまひつかはされたりければ、のとどののへんじに、「いくさはさやうにP147かりすなどりなどのやうに、あしだちのよからうかたへはむかはう、あしからんかたへはむかはじなどさふらはんには、いくさにかつことはよもさふらはじ。いくたびでもさふらへ、こはからんかたへは、のりつねうけたまはつて、まかりむかひさふらふべし。いつぱううちやぶつてまゐらせさふらはん。おんこころやすうおぼしめされさふらふべし」とまうされたりければ、おほいとのなのめならずによろこびたまひて、ゑつちうのせんじもりとしをさきとして、いちまんよき、のとどのにぞつけられける。あにゑちぜんのさんみみちもりのきやうをあひぐして、やまのてへぞむかはれける。このやまのてとまうすは、いちのたにのうしろ、ひよどりごえのふもとなり。みちもりのきやう、のとどののかりやへ、きたのかたむかへよせたまひて、さいごのなごりをしまれけり。のとどのおほきにいかつて、「このてはだいじのかたとて、のりつねむけられさふらふが、まことにこはうさふらふなり。ただいまもうへのやまよりかたきおとすほどならば、とるものもとりあへさふらふまじ。たとひゆみをばもつたりとも、やをはげずはあしかるべし。たとひやをばはげたりとも、ひかずはなほもあしかるべし。ましてさやうにうちとけてわたらせたまひては、なんのようにあはせたまふべき」といさめられて、みちもりのきやうげにもとやおもはれけん、いそぎもののぐして、ひとをばかへしたまひけり。いつかのひのくれがたに、げんじこやのをたつて、やうやういくたのもりへせめちかづく。すずめのまつばら、みかげのまつ、こやののかたをみわたせば、げんじてんでにぢんをとつて、とほびをたく。ふけゆくままにながむれば、やまのはいづるつきのごとし。へいけもとほびたけやとて、P148いくたのもりにもかたのごとくぞたいたりける。あけゆくままにみわたせば、はれたるそらのほしのごとし。これやむかしかはべのほたるとえいじたまひけんも、いまこそおもひしられけれ。かやうにげんじは、あそこにぢんとつてはむまやすめ、ここにぢんとつてはむまかひなどしけるほどにいそがず。へいけのかたには、いまやよす、いまやよするとあひまつて、やすいこころもせざりけり。おなじきむゆかのひのあけぼのに、たいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、いちまんよきをふたてにわけて、とひのじらうさねひらに、しちせんよきをさしそへて、いちのたにのにしのきどぐちへさしつかはす。わがみはさんぜんよきで、いちのたにのうしろ、ひよどりごえをおとさんとて、たんばぢよりからめでへこそむかはれけれ。つはものども、「これはきこゆるあくしよにてあんなり。おなじうしぬるとも、かたきにあうてこそしにたけれ。あくしよにおちてはしにたからず。あつぱれこのやまのあんないしややある」とくちぐちにまうしければ、ここにむさしのくにのぢうにん、ひらやまのむしやどころすすみいでて、「すゑしげこそこのやまのあんないよくぞんぢつかまつてさふらへ」とまうしければ、おんざうし、「わとのはとうごくそだちのものの、けふはじめてみるさいこくのやまのあんないしや、おほきにまことしからず」とのたまへば、すゑしげかさねてまうしけるは、「こはごぢやうともおぼえさふらはぬものかな。よしのはつせのはなをば、みねどもかじんがしり、かたきのこもつたるじやうのうしろのあんないをば、かうのむしやがしりさふらふ」とぞまうしける。これまたばうじやくぶじんにぞきこえし。P149
またむさしのくにのぢうにん、べつぷのこたらうきよしげとて、しやうねんじふはつさいになりけるが、すすみいでてまうしけるは、「ちちにてさふらひしよししげぼふしがをしへさふらひしは、たとへばやまごえのかりをせよ、またはかたきにもおそはれよ、しんざんにまよひたらんずるときは、らうばにたづなむすんでうちかけ、さきにおつたててゆけ、かならずみちへいでうずるぞとこそをしへさふらひしか」とまうしければ、おんざうし、「やさしうもまうしたるものかな。ゆきはのばらをうづめども、おいたるむまぞみちはしるといふためしあり」とて、しらあしげなるらうばに、かがみぐらおき、しろぐつわはげ、たづなむすんでうちかけ、さきにおつたてて、いまだしらぬしんざんへこそいりたまへ。ころはきさらぎはじめのことなれば、みねのゆきむらぎえて、はなかとみゆるところもあり、たにのうぐひすおとづれて、かすみにまよふところもあり。のぼればはくせつかうかうとしてそびえ、くだればせいざんががとしてきしたかし。まつのゆきだにきえやらで、こけのほそみちかすかなり。あらしにたぐふをりをりは、ばいくわともまたうたがはれ、とうざいにむちをあげ、こまをはやめてゆくほどに、やまぢにひくれぬれば、みなおりゐてぢんをとる。ここにむさしばうべんけい、あるらうおういちにんぐしてまゐりたり。おんざうし、「あれはいかに」とのたまへば、「これはこのやまのれふしでさふらふ」とまうしければ、「さてはあんないよくしつたるらん」。「いかでかぞんぢつかまつらではさふらふべき」。おんざうし、「さぞあるらん。これよりへいけのじやうくわくいちのたにへおとさうとおもふはいかに」。「ゆめゆめかなひさふらふまじ。およそさんじふぢやうのたに、じふごぢやうのいはさきなどをば、たやすうひとのかよふべきやうもP150さふらはず。そのうへ、じやうのうちには、おとしあなをもほり、ひしをもうゑてまちまゐらせさふらふらん。ましておむまなどはおもひもよりさふらはず」とまうしければ、おんざうし、「さてさやうのところは、ししはかよふか」。「ししはかよひさふらふ。せけんだにあたたかになりさふらへば、くさのふかきにふさんとて、はりまのししはたんばへこえ、せけんだにさむくなりさふらへば、ゆきのあさりにはまんとて、たんばのししははりまのいなみのへこえさふらふ」とぞまうしける。おんざうし、「さてはばばござんなれ。ししのかよはんずるところを、むまのかよはざるべきやうやある。さらばやがてなんぢあんないしやせよ」とのたまへば、「このみはとしおいて、いかにもかなひさふらふまじ」とまうす。「さてなんぢにこはないか」。「さふらふ」とて、くまわうとてしやうねんじふはつさいになりけるせうくわんをたてまつる。おんざうし、やがてもとどりとりあげさせたまひて、ちちをばわしのをのしやうじたけひさといふあひだ、これをばわしのをのさぶらうよしひさとなのらせて、いちのたにのさきうちせさせ、あんないしやにこそぐせられけれ。へいけほろび、げんじのよになつてのち、かまくらどのとなかたがうて、あうしうへくだりうたれたまひしとき、わしのをのさぶらうよしひさとなのつて、いつしよでしににけるつはものなり。P151
「いちにのかけ」(『いちにのかけ』)S0910むゆかのやはんばかりまでは、くまがへ、ひらやまからめでにぞさふらひける。くまがへ、しそくのこじらうをようでいひけるは、「このてはあくしよであんなれば、たれさきといふこともあるまじきぞ。いざうれ、とひがうけたまはつてむかうたるにしのてへよせて、いちのたにのまつさきかけう」どいひければ、こじらう、「このぎもつともしかるべうさふらふ。たれもかくこそまうしたうさふらひつれ。さらばとうよせさせたまへ」とまうす。くまがへ、「まことやひらやまもこのてにあるぞかし。うちごみのいくさこのまぬものなれば、ひらやまがやうみてまゐれ」とて、げにんをみせにつかはす。あんのごとくひらやまは、くまがへよりさきにいでたつて、「ひとをばしるべからず、すゑしげにおいてはひとひきもひくまじいものを、ひくまじいものを」と、ひとりごとをぞしゐたる。げにんがむまをかふとて、「につくいむまのながぐらひかな」とてうちければ、ひらやま、「さうなせそ。そのむまのなごりもこよひばかりぞ」とてうつたちけり。げにんわしりかへつて、しゆにこのよしつげければ、さらばこそとて、これもやがてうつたちけり。くまがへがそのよのしやうぞくには、かちのひたたれに、あかがはをどしのよろひきて、くれなゐのほろをかけ、P152ごんだくりげといふきこゆるめいばにぞのつたりける。しそくのこじらうなほいへは、おもだかをひとしほすつたるひたたれに、ふしなはめのよろひきて、せいろうといふしらつきげなるむまにぞのつたりける。はたさしはきぢんのひたたれに、こざくらをきにかへいたるよろひきて、きかはらげなるむまにぞのつたりける。しゆじうさんきうちつれ、おとさんずるたにをばゆんでになし、めてへあゆませゆくほどに、としごろひともかよはぬたゐのはたといふふるみちをへて、いちのたにのなみうちぎはへぞうちいでける。いちのたにちかうしほやといふところあり。いまだよふかかりければ、とひのじらうさねひら、しちせんよきでひかへたり。くまがへよにまぎれて、なみうちぎはより、そこをばつとはせとほり、いちのたにのにしのきどぐちにぞおしよせたる。そのときもいまだよふかかりければ、じやうのうちにはしづまりかへつておともせず。くまがへ、しそくのこじらうにいひけるは、「このてはあくしよであんなれば、われもわれもとさきにこころをかけたるものどもおほかるらん。すでによせたれども、よのあくるをあひまつて、このへんにもひかへたるらんぞ。こころせばうなほざねいちにんとおもふべからず。いざなのらん」とて、かいだてのきはにあゆませより、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「むさしのくにのぢうにんくまがへのじらうなほざね、しそくのこじらうなほいへ、いちのたにのせんぢんぞや」とぞなのつたる。じやうのうちにはこれをきいて、「よしよしおとなせそ。かたきのむまのあしつからかさせよ。やだねをいつくさせよ」とて、あひしらふものこそなかりけれ。ややあつてうしろよりむしやこそにきつづいたれ。「たそ」ととへば、「すゑしげ」とこたふ。「P153とふはたそ」。「なほざねぞかし」。「いかにくまがへどのはいつよりぞ」。「よひより」とこそこたへけれ。「すゑしげもやがてつづいてよすべかりつるを、なりだごらうにたばかられて、いままではちちしたりつるなり。なりだがしなばいつしよでしなんとちぎりしあひだ、うちつれてよせつれば、『いたうひらやまどのさきがけばやりなしたまひそ。いくさのさきをかくるといふは、みかたのせいをうしろにおいて、さきをかけたればこそ、かうみやうふかくをもひとにしらるれ。あのおほぜいのなかへただいつき、かけいつてうたれたらんは、なんのせんにかあふべき』といふあひだ、げにもとおもひ、こざかのありつるをうちのぼせ、くだ(原本かな無し)りさまにむまのかしらをひきたてて、みかたのせいをまつところに、なりだもつづいていできたり、うちならべていくさのやうをもいひあはせんずるかとおもひたれば、さはなくして、すゑしげがかたをばすげなげにみなしつつ、そばをつとはせとほるあひだ、あつぱれこのものすゑしげたばかつて、さきかくるよとおもひ、ごろくたんばかりすすんだるを、あれがむまはわがむまよりよわげなるものをとめをかけ、ひとむちうつておつつき、『いかになりだどのは、まさなうもすゑしげほどのものを、たばかりたまふものかな』といひかけ、うちすててよせつれば、いまははるかにさがりぬらん。よもうしろかげをばみたらじ」とこそかたりけれ。さるほどにしののめやうやうあけゆけば、くまがへひらやま、かれこれごきでぞひかへたる。くまがへはさきになのつたりけれども、ひらやまがきくまへにて、またなのらんとやおもひけん、かいだてのきはへあゆませより、あぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「そもそもP154いぜんなのつつるむさしのくにのぢうにんくまがへのじらうなほざね、しそくのこじらうなほいへ、いちのたにのせんぢんぞや」とぞなのつたる。じやうのうちにはこれをきいて、「いざよもすがらなのるくまがへおやこをひつさげてこん」とて、すすむへいけのさぶらひたれたれぞ。ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、かづさのごらうびやうゑただみつ、あくしちびやうゑかげきよ、ごとうないさだつねをさきとして、むねとのつはものにじふよき、きどをひらいてかけいでたり。ここにひらやまはしげめゆひのひたたれに、ひをどしのよろひきて、ふたつひきりやうのほろをかけ、めかすげといふきこゆるめいばにぞのつたりける。はたさしはくろかはをどしのよろひに、かぶとゐくびにきなしつつ、さびつきげなるむまにぞのつたりける。「ほうげんへいぢにかどのいくさに、さきがけてかくみやうしたるむさしのくにのぢうにん、ひらやまのむしやどころすゑしげ」となのつてをめいてかく。くまがへかくればひらやまつづき、ひらやまかくればくまがへつづき、たがひにわれおとらじと、いれかへいれかへ、なのりかへなのりかへ、もみにもうで、ひいづるほどにぞせめたりける。へいけのさぶらひども、くまがへひらやまにあまりにていたうせめられて、かなはじとやおもひけん、じやうのうちへざつとひいて、かたきをとざまになしてぞふせぎける。くまがへはむまのふとばらいさせ、はぬれば、ゆんづゑついておりたつたり。しそくのこじらうなほいへも、しやうねんじふろくさいとなのつて、まつさきかけてたたかひけるが、ゆんでのかひなをいさせ、これもむまよりおり、ちちとならんでぞたつたりける。くまがへ、「いかにこじらうはておうたるか」。「さんざふらふ」。「よろひづきをつねにせよ。うらかかすな。しころをかたぶけよ、うちかぶといさすな」とこそP155をしへけれ。くまがへはよろひにたつたるやどもかなぐりすて、じやうのうちをにらまへ、だいおんじやうをあげて、「こぞのふゆ、かまくらをたちしよりこのかた、いのちをばひやうゑのすけどのにたてまつり、かばねをいちのたにのみぎはにさらさんと、おもひきつたるなほざねぞかし。さんぬるむろやまみづしまにかどのいくさにうちかつて、かうみやうしたりとなのるなる、ゑつちうのじらうびやうゑ、かづさのごらうびやゑ、あくしちびやうゑはないか。のとどのはおはせぬか。かうみやうふかくもかたきによつてこそすれ。ひとごとにはえせじものを。ただくまがへおやこにおちあへや、くめやくめ」とぞののしつたる。じやうのうちにはこれをきいて、ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、このむしやうぞくなれば、こむらごのひたたれに、あかをどしのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみわきにはさみ、れんぜんあしげなるむまに、きんぷくりんのくらをおいてのつたりけるが、くまがへおやこをめにかけてあゆませよる。くまがへおやこもなかをわられじと、あひもすかさずたちならび、たちをぬいてひたひにあて、うしろへはひとひきもひかず、いよいよまへへぞすすんだる。ゑつちうのじらうびやうゑこれをみて、かなはじとやおもひけん、とつてかへす。くまがへ、「あれはいかに、ゑつちうのじらうびやうゑとこそみれ。かたきにはどこをきらはうぞ。おしならべてくめやくめ」といひけれども、じらうびやうゑ、「さもさうず」とてひつかへす。かづさのあくしちびやうゑこれをみて、「きたないとのばらのふるまひかな。しやくまんずるものを。おちあはぬことはよもあらじ」とて、P156すでにかけいでくまんとしければ、じらうびやうゑ、あくしちびやうゑがよろひのそでをひかへて、「きみのおんだいじこれにかぎるべからず。あるべうもなし」とせいせられて、ちからおよばでくまざりけり。そののちくまがへはのりがへにのつてをめいてかく。ひらやまもくまがへおやこがたたかふまに、むまのいきやすめ、これもおなじうつづいたり。へいけのかたにはこれをみて、ただいとれやいとれとて、さしつめひきつめ、さんざんにいけれども、かたきはこぜいなり、みかたはおほぜいなりければ、せいにまぎれてやにもあたらず。「ただおしならべてくめやくめ」とげぢしけれども、へいけのかたのむまはかふはまれなり、のりしげし。ふねにひさしうたてたりければ、みなゑりきつたるやうなりけり。くまがへひらやまがのつたるむまは、かひにかうたるだいのむまどもなり。ひとあてあてば、みなけたふされぬべきあひだ、さすがおしならべてくむむしやいつきもなかりけり。ここにひらやまは、みにかへておもひけるはたさしをうたせて、やすからずやおもひけん、じやうのうちへかけいり、やがてそのかたきがくびとつてぞいでたりける。くまがへおやこも、ぶんどりあまたしてげり。くまがへはさきによせたれども、きどをひらかねばかけいらず。ひらやまはのちによせたれども、きどをあけたればかけいりぬ。さてこそくまがへひらやまが、いちにのかけをばあらそひけれ。P157
「にどのかけ」(『にどのかけ』)S0911さるほどになりだごらうもいできたる。とひのじらうさねひらしちせんよき、いろいろのはたさしあげ、をめきさけんでせめたたかふ。おほていくたのもりをば、げんじごまんよきでかためたりけるが、そのせいのなかに、むさしのくにのぢうにん、かはらたらう、かはらじらうとておとといあり。かはらたらう、おととのじらうをようでいひけるは、「だいみやうはわれとてをおろさねども、けにんのかうみやうをもつてめいよす。われらはみづからてをおろさではかなひがたし。かたきをまへにおきながら、やひとつをだにいずしてまちゐたれば、あまりにこころもとなきに、たかなほはじやうのうちへまぎれいつて、ひとやいんとおもふなり。さればせんまんがいつも、いきてかへらんことありがたし。なんぢはのこりとどまつて、のちのしようにんにたて」といひければ、おととのじらう、なみだをはらはらとながいて、「ただきやうだいににんあるものが、あにをうたせて、おととがあとにのこりとどまつたればとて、いくほどのえいぐわをかたもつべき。ところどころでうたれんより、いつしよでこそうちじにをもせめ」とて、げにんどもよびよせ、さいしのもとへ、さいごのありさまいひつかはし、むまにはのらでげげをはき、ゆんづゑをついて、いくたのもりのさかもぎをのぼりこえて、じやうのうちへぞいつたりける。ほしあかりによろひのけさだかならず。かはらたらうだいおんじやうをP158あげて、「むさしのくにのぢうにん、かはらたらうきさいちのたかなほ、おなじきじらうもりなほ、いくたのもりのせんぢんぞや」とぞなのつたる。じやうのうちにはこれをきいて、「あつぱれとうごくのぶしほどおそろしかりけるものはなし。このおほぜいのなかへ、ただきやうだいににんかけいつたらば、なにほどのことをかしいだすべき。ただおいてあいせよや」とて、うたんといふものこそなかりけれ。かはらきやうだい、くつきやうのゆみのじやうずなりければ、さしつめひきつめさんざんにいる。じやうのうちにはこれをみて、「いまはこのものあいしにくし。うてや」といふほどこそありけめ、さいこくにきこえたるつよゆみせいびやう、びつちうのくにのぢうにん、まなべのしらう、まなべのごらうとておとといあり。あにのしらうをばいちのたににおかれたり。おととのごらうはいくたのもりにありけるが、これをみて、よつぴき、しばしたもつてひやうどいる。かはらのたらうがよろひのむないたを、うしろへつといぬかれて、ゆんづゑにすがりすくむところを、おととのじらうはしりより、あにをかたにひつかけて、いくたのもりのさかもぎのぼりこえんとするところを、まなべがにのやに、おととのじらうがよろひのくさずりのはづれをいさせて、おなじまくらにふしにけり。まなべがげにんおちあはせて、かはらきやうだいがくびをとる。たいしやうぐんしんぢうなごんとももりのきやうのおんげんざんにいれたりければ、「あつぱれかうのものや、これらをこそ、いちにんたうぜんのよきつはものどもともいふべけれ。あつたらものどもがいのちをたすけてみで」とぞのたまひける。そののちかはらがげにんはしりちつて、「かはらどのきやうだいこそ、ただいまじやうのうちへまつさきかけて、P159うたれさせたまひぬるは」とよばはつたりければ、かぢはらへいざうこれをきいて、「これはしのたうのとのばらのふかくでこそ、かはらきやうだいをばうたせたれ。ときよくなりぬるぞ、よせよや」とて、かぢはらごひやくよき、いくたのもりのさかもぎをとりのけさせて、じやうのうちへをめいてかく。じなんへいじあまりにさきをかけうどすすむあひだ、ちちへいざうししやをたてて、「ごぢんのせいのつづかざらんに、さきがけたらんずるものには、けんじやうあるまじきよし、たいしやうぐんよりのおほせぞ」といひおくつたりければ、へいじしばらくひかへて、「
もののふのとりつたへたるあづさゆみひいてはひとのかへすものかは W069
とまうさせたまへや」とて、をめいてかく。かぢはらこれをみて、「へいじうたすなものども、かげたかうたすなつづけや」とて、ちちのへいざう、あにのげんだ、おなじきさぶらうつづいたり。かぢはらごひやくよきの、おほぜいのなかへかけいり、たてさま、よこさま、くもで、じふもんじにかけわつて、ざつとひいていでたれば、ちやくしのげんだはみえざりけり。かぢはららうどうどもに、「げんだはいかに」ととひければ、「あまりにふかいりして、うたれさせたまひてさふらふやらん。はるかにみえさせたまひさふらはず」とまうしければ、かぢはらなみだをはらはらとながいて、「いくさのさきをかけうどおもふもこどもがため、げんだうたせて、かげときいのちいきてもなににかはせんなれば、かへせや」とて、またとつてかへす。そののちかぢはらあぶみふんばりたちあがり、だいおんじやうをあげて、「むかしはちまんどののごさんねんのおんたたかひに、ではのくにせんぶくかなざはのじやうをせめたまひしとき、しやうねんじふろくさいとなのつて、まつさきP160かけ、ゆんでのまなこをかぶとのはちつけのいたにいつけられながら、そのやをぬかで、たうのやをいかへし、かたきいおとし、けんじやうかうぶり、なをこうだいにあげたりしかまくらのごんごらうかげまさに、ごだいのばつえふ、かぢはらへいざうかげときとて、とうごくにきこえたるいちにんたうぜんのつはものぞや。われとおもはんひとびとは、よりあへやげんざんせん」とて、をめいてかく。じやうのうちにはこれをきいて、「ただいまなのるはとうごくにきこえたるつはものぞや。あますな、もらすな、うてや」とて、かぢはらをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。かぢはらまづわがみのうへをばしらずして、げんだはいづくにあるやらんと、かけわりかけまはりたづぬるほどに、あんのごとく、げんだは、むまをもいさせかちだちになり、かぶとをもうちおとされ、おほわらはにたたかひなつて、にぢやうばかりありけるきしをうしろにあて、らうどうににんさうにたて、うちものぬいて、かたきごにんがなかにとりこめられて、おもてもふらずいのちもをしまず、ここをさいごとせめたたかふ。かぢはらこれをみて、げんだはいまだうたれざりけりとうれしうおもひ、いそぎむまよりとんでおり、「いかにげんだ、かげときここにあり。おなじうしぬるとも、かたきにうしろをみすな」とて、おやこしてごにんのかたきをさんにんうつとり、ににんにておはせて、「ゆみやとりは、かくるもひくもをりにこそよれ。いざうれげんだ」とて、かいぐしてぞいでたりける。かぢはらがにどのかけとはこれなり。P161
「さかおとし」(『さかおとし』)S0912これをはじめて、みうら、かまくら、ちちぶ、あしかが、たうには、ゐのまた、こだま、のゐよ、よこやま、にしたう、つづきたう、そうじて、しのたうのつはものども、げんぺいたがひにみだれあひ、をめきさけぶこゑはやまをひびかし、はせちがふるむまのおとはいかづちのごとく、いちがふるやはあめのふるにことならず。あるひはうすでおうてたたかふものもあり、あるひはひつくみさしちがへてしぬるもあり、あるひはとつておさへてくびをかくもあり、かかるるもあり、いづれひまありともみえざりけり。かかりしかども、げんじおほてばかりでは、いかにもかなふべしともみえざりしに、なぬかのひのあけぼのに、たいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、そのせいさんぜんよき、ひよどりごえにうちあがつて、じんばのいきやすめておはしけるが、そのせいにやおどろきたりけん、をじかふたつめじかひとつ、へいけのじやうくわくいちのたにへぞおちたりける。へいけのかたのつはものどもこれをみて、「たとひさとちかからんししだにも、われらにおそれてやまふかうこそいるべきに、ただいまのししのおちやうこそあやしけれ。いかさまにも、これはうへのやまよりかたきおとすにこそ」とて、おほきにさわぐところに、ここにいよのくにのぢうにん、たけちのむしやどころきよのりすすみいでてP162、「たとひなにものにてもあらばあれ、かたきのかたよりいできたらんずるものを、とほすべきやうなし」とて、をじかふたついとどめて、めじかをばいいでぞとほしける。ゑつちうのせんじこれをみて、「せんないとのばらのししのいやうかな。ただいまのやひとすぢでは、かたきじふにんをばふせがんずるものを。つみつくりにやだうなに」とぞせいしける。さるほどにたいしやうぐんくらうおんざうしよしつね、へいけのじやうくわくはるかにみくだしておはしけるが、むまどもおといてみんとて、せうせうおとされけり。あるひはちうにてころんでおち、あるひはあしうちをつてしぬるもあり。されどもそのなかに、くらおきむまさんびき、さうゐなくおちついて、ゑつちうのせんじがやかたのまへに、みぶるひしてこそたつたりけれ。おんざうし、「むまはぬしぬしがこころえておとさんには、いたうはそんずまじかりけるぞ。くはおとせ、よしつねをてほんにせよ」とて、まづさんじつきばかり、まつさきかけておとされければ、さんぜんよきのつはものども、みなつづいておとす。そこしもこいしまじりのまさごなりければ、ながれおとしににちやうばかりざつとおといて、だんなるところにひかへたり。それよりしももみくだせば、だいばんじやくのこけむしたるが、つるべおろしにじふしごぢやうぞくだつたる。それよりさきへはすすむべきともみえず。またうしろへとつてかへすべきやうもなかりしかば、つはものども、ここぞさいごとまうして、あきれてひかへたるところに、みうらのさはらのじふらうよしつら、すすみいでてまうしけるは、「われらがかたでは、とりひとつたつてだにも、あさゆふかやうのところをばはせありけ。これはみうらのかたのばばぞ」とて、まつさきかけておとしければ、おほぜいみなつづいてP163おとす。ごぢんにおとすもののあぶみのはなは、せんぢんのよろひかぶとにさはるほどなり。あまりのいぶせさに、めをふさいでおとしける。えいえいごゑをしのびにして、むまにちからをつけておとす。おほかたひとのしわざとはみえず、ただきじんのしよゐとぞみえし。おとしもはてぬに、ときをどつとぞつくりける。さんぜんよきがこゑなれども、やまびここたへてじふまんよきとぞきこえける。むらかみのはんぐわんだいやすくにがてよりひをいだいて、へいけのやかたかりやを、へんしのけぶりとやきはらふ。くろけぶりすでにおしかけければ、へいけのつはものども、もしやたすかると、まへなるうみへぞおほくはしりいりける。なぎさにはたすけぶねどもいくらもありけれども、ふねいつそうにはよろうたるものどもが、しごひやくにん、せんにんばかりこみのつたらうに、なじかはよかるべき。なぎさよりさんちやうばかりこぎいでて、めのまへにておほぶねさんぞうしづみにけり。そののちは、よきむしやをばのするとも、ざふにんばらをばのすべからずとて、たちなぎなたにてうちはらひけり。かくすることとはしりながら、かたきにあうてはしなずして、のせじとするふねにとりつきつかみつき、あるひはひぢうちきられ、あるひはうでうちおとされて、いちのたにのみぎはに、あけになつてぞなみふしたる。さるほどにおほてにもはまのてにも、むさしさがみのわかとのばら、おもてもふらずいのちもをしまず、ここをさいごとせめたたかふ。のとどのはどどのいくさに、いちどもふかくしたまはぬひとの、こんどはいかがおもはれけん、うすずみといふむまにうちのつて、にしをさしてぞおちたまふ。はりまのたかさごより、おふねにめして、P164さぬきのやしまへわたりたまひぬ。
「もりとしさいご」(『ゑつちゆうのせんじさいご』)S0913しんぢうなごんとももりのきやうは、いくたのもりのたいしやうぐんにておはしけるが、ひんがしにむかつてたたかひたまふところに、やまのそばよりよせけるこだまたうのなかより、ししやをたてて、「きみはひととせむさしのこくしにてわたらせたまへば、そのよしみをもつて、こだまのものどもがなかよりまうしさふらふ。いまだおんうしろをばごらんぜられさふらはぬやらん」とまうしければ、しんぢうなごんいげのひとびと、うしろをかへりみたまへば、くろけぶりおしかけたり。「あはや、にしのてはやぶれにけるは」といふほどこそありけれ、とるものもとりあへず、われさきにとぞおちゆきける。ゑつちうのせんじもりとしは、やまのてのさぶらひだいしやうにてましましけるが、いまはおつともかなはじとやおもひけん、ひかへてかたきをまつところに、ゐのまたのこべいろくのりつな、よきかたきとめをかけ、むちあぶみをあはせてはせきたり、おしならべてむずとくんでどうどおつ。ゐのまたははつかこくにきこえたるしたたかものなり。かのつののいちにのくさかりをば、たやすくひきさきけるとぞきこえし。ゑつちうのせんじも、ひとめにはにさんじふにんがちからあらはすといへども、ないないはP165ろくしちじふにんしてあげおろすふねを、ただいちにんしておしあげおしおろすほどのだいぢからなり。さればゐのまたをとつておさへてはたらかさず、ゐのまたしたにふしながら、かたなをぬかうどすれども、ゆびのまたはだかつて、かたなのつかをにぎるにもおよばず、ものをいはうどすれども、あまりにつようおさへられてこゑもいでず。されどもゐのまたはだいかうのものにてありければ、しばしのいきをやすめて、「かたきのくびをとるといふは、われもなのつてきかせ、かたきにもなのらせて、くびとつたればこそたいこうなれ。なもしらぬくびとつて、なににかはしたまふべき」といひければ、ゑつちうのせんじげにもとやおもひけん、「もとはへいけのいちもんたりしが、みふせうなるによつて、たうじはさぶらひになされたるゑつちうのせんじもりとしといふものなり。わぎみはなにものぞ。なのれ、きかう」どいひければ、「むさしのくにのぢうにん、ゐのまたのこべいろくのりつなといふものなり。ただいまわがいのちたすけさせおはしませ。さだにもさふらはば、ごへんのいちもん、なんじふにんもおはせよ、こんどのくんこうのしやうにまうしかへて、おんいのちばかりをばたすけたてまつらん」といひければ、ゑつちうのせんじおほきにいかつて、「もりとしみふせうなれども、さすがへいけのいちもんなり。もりとしげんじをたのまうどもおもひもよらず。げんじまたもりとしにたのまれうども、よもおもひたまはじ。にくいきみがまうしやうかな」とて、すでにくびをかかんとしければ、「まさなうざふらふ。かうにんのくびかくやうやある」といひければ、「さらばたすけん」とてゆるしけり。まへはかただのはたけのやうなるが、うしろはみづたのごみふかかりけるくろのうへに、ふたりながらP166こしうちかけて、いきつぎゐたり。ややあつて、ひをどしのよろひきて、つきげなるむまに、きんぷくりんのくらおいてのつたりけるむしやいつき、むちあぶみをあはせてはせきたる。ゑつちうのせんじあやしげにみければ、「あれはゐのまたにしたしうさふらふひとみのしらうでさふらふが、のりつながあるをみて、まうでくるとおぼえさふらふ。くるしうもさふらはぬ」といひながら、あれがちかづくほどならば、しやくまんずるものを、おちあはぬことはよもあらじとおもひてまつところに、あはひいつたんばかりにはせきたる。ゑつちうのせんじ、はじめはふたりのかたきをひとめづつみけるが、しだいにちかづくかたきをはたとまぼつて、のりつなをみぬひまに、ゐのまたちからあしをふんでたちあがり、こぶしをつよくにぎり、ゑつちうのせんじがよろひのむないたを、ばくとついて、うしろへのけにつきたふす。おきあがらんとするところを、ゐのまたうへにのりかかり、ゑつちうのせんじがこしのかたなをぬき、よろひのくさずりひきあげて、つかもこぶしもとほれとほれと、みかたなさいてくびをとる。さるほどにひとみのしらうもいできたり。かやうのときはろんずることもありとて、やがてくびをばたちのさきにつらぬき、たかくさしあげ、だいおんじやうをあげて、「このひごろへいけのおんかたにおにかみときこえつるゑつちうのせんじもりとしをば、むさしのくにのぢうにん、ゐのまたのこべいろくのりつながうつたるぞや」となのつて、そのひのかうみやうのいちのふでにぞつきにける。P167
「ただのりさいご」(『ただのりのさいご』)S0914さつまのかみただのりは、にしのてのたいしやうぐんにておはしけるが、そのひのしやうぞくには、こんぢのにしきのひたたれに、くろいとをどしのよろひきて、くろきむまのふとうたくましきに、いかけぢのくらおいてのりたまひたりけるが、そのせいひやくきばかりがなかにうちかこまれて、いとさわがず、ひかへひかへおちたまふところに、ここにむさしのくにのぢうにん、をかべのろくやたただずみ、よきかたきとめをかけ、むちあぶみをあはせておつかけたてまつり、「あれはいかに、よきたいしやうぐんとこそみまゐらせてさふらへ。まさなうもかたきにうしろをみせたまふものかな。かへさせたまへ」とことばをかけければ、「これはみかたぞ」とて、ふりあふのぎたまふうちかぶとをみいれたれば、かねぐろなり。「あつぱれみかたに、かねつけたるものはなきものを。いかさまにもこれはへいけのきんだちにてこそおはすらめ」とて、おしならべてむずとくむ。これをみてひやくきばかりのつはものども、みなくにぐにのかりむしやなりければ、いつきもおちあはず、われさきにとぞおちゆきける。さつまのかみはきこゆるくまのそだちのだいぢから、くつきやうのはやわざにておはしければ、ろくやたをつかうで、「につくいやつが、みかたぞといはばいはせよかし」とて、ろくやたをとつてひきよせ、むまのうへにてふたかたな、おちつくところでひとかたなP168、みかたなまでこそつかれけれ。ふたかたなはよろひのうへなればとほらず、ひとかたなはうちかぶとへつきいれられたりけれども、うすでなればしなざりけるを、とつておさへて、くびをかかんとしたまふところに、ろくやたがわらは、おくればせにはせきたつて、いそぎむまよりとんでおり、うちがたなをぬいて、さつまのかみのみぎのかひなを、ひぢのもとよりふつとうちおとす。さつまのかみいまはかうとやおもはれけん。「しばしのけ、さいごのじふねんとなへん」とて、ろくやたをつかうで、ゆんだけばかりぞなげのけらる。そののちにしにむかひ、「くわうみやうへんぜうじつぱうせかい、ねんぶつしゆじやうせつしゆふしや」とのたまひもはてねば、ろくやたうしろよりより、さつまのかみのくびをとる。よいくびうちたてまつたりとはおもへども、なをばたれともしらざりけるが、えびらにゆひつけられたるふみをとつてみければ、りよしゆくのはなといふだいにて、うたをぞいつしゆよまれたる。
ゆきくれてこのしたかげをやどとせばはなやこよひのあるじならまし W070
ただのりとかかれたりけるゆゑにこそ、さつまのかみとはしりてげれ。やがてくびをばたちのさきにつらぬき、たかくさしあげ、だいおんじやうをあげて、「このひごろにつぽんごくにおにかみときこえさせたまひたるさつまのかみどのをば、むさしのくにのぢうにん、をかべのろくやたただずみがうちたてまつたるぞや」と、なのつたりければ、かたきもみかたもこれをきいて、「あないとほし、ぶげいにもかだうにもすぐれて、よきたいしやうぐんにておはしつるひとを」とて、みなよろひのそでをぞぬらしける。P169
「しげひらいけどり」(『しげひらいけどり』)S0915ほんざんみのちうぢやうしげひらのきやうは、いくたのもりのふくしやうぐんにておはしけるが、そのひのしやうぞくには、かちにしろうきなるいとをもつて、いはにむらちどりぬうたるひたたれに、むらさきすそごのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみもつて、どうじかげといふ、きこゆるめいばに、きんぷくりんのくらおいてのりたまへり。めのとごのごとうびやうゑもりながは、しげめゆひのひたたれに、ひをどしのよろひきて、さんみのちうじやうのさしもひざうせられたる、よめなしつきげにぞのせられたる。しゆじうにきたすけぶねにのらんとて、なぎさのかたへおちたまふところに、しやうのしらうたかいへ、かぢはらげんだかげすゑ、よきかたきとめをかけ、むちあぶみをあはせておつかけたてまつる。なぎさにはたすけぶねどもおほかりけれども、うしろよりかたきはおつかけたり。のるべきひまもなかりければ、みなとがは、かるもがはをもうちわたり、はすのいけをめてにみて、こまのはやしをゆんでになし、いたやど、すまをもうちすぎて、にしをさしてぞおちたまふ。さんみのちうじやうは、どうじかげといふきこゆるめいばにのりたまへり。もりふせたるむまども、たやすうおつつくべしともみえざりければ、かぢはら、もしやと、とほやによつぴいてひやうどはなつ。さんみのちうじやうのP170むまのさんづをのぶかにいさせてよわるところに、めのとごのごとうびやうゑもりなが、わがむまめされなんとやおもひけん、むちをうつてぞにげたりける。さんみのちうじやう、「いかにもりなが、われをばすてていづくへゆくぞ。ひごろはさはちぎらざりしものを」とのたまへども、そらきかずして、よろひにつけたるあかじるしどもかなぐりすてて、ただにげにこそにげたりけれ。さんみのちうじやう、むまはよわる、うみへざつとうちいれたまふ。みをなげんとしたまへども、そこしもとほあさにて、しづむべきやうもなかりければ、はらをきらんとしたまふところに、しやうのしらうたかいへ、むちあぶみをあはせてはせきたり、いそぎむまよりとんでおり、「まさなうざふらふ。いづくまでもおんともつかまつりさふらはんずるものを」とて、わがのつたりけるむまにかきのせたてまつり、くらのまへわにしめつけたてまつて、わがみはのりがへにのつて、みかたのぢんへぞいりにける。めのとごのもりながは、そこをばなつくにげのびて、のちにはくまのぼふしに、をなかのほつけうをたのうでゐたりけるが、ほつけうしんでののち、ごけのにこうのそしようのために、みやこへのぼるにともしてのぼつたりければ、さんみのちうじやうのめのとごにて、じやうげおほくはみしられたり。「あなにくや、ごとうびやうゑもりながが、さんみのちうじやうのさしもふびんにしたまひつるに、いつしよでいかにもならずして、おもひもよらぬごけのにこうのともしてのぼつたるよ」とて、みなつまはじきをぞしける。もりながもさすがはづかしうやおもはれけん、あふぎをかほにかざしけるとぞきこえし。P171
「あつもり」(『あつもりのさいご』)S0916さるほどにいちのたにのいくさやぶれにしかば、むさしのくにのぢうにん、くまがへのじらうなほざね、へいけのきんだちのたすけぶねにのらんとて、みぎはのかたへやおちゆきたまふらん、あつぱれよきたいしやうぐんにくまばやとおもひ、ほそみちにかかつてみぎはのかたへあゆまするところに、ここにねりぬきにつるぬうたるひたたれに、もよぎにほひのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみもち、れんぜんあしげなるむまに、きんぷくりんのくらおいてのつたりけるものいつき、おきなるふねをめにかけ、うみへざつとうちいれ、ごろくたんばかりぞおよがせける。くまがへ、「あれはいかに、よきたいしやうぐんとこそみまゐらせてさふらへ。まさなうもかたきにうしろをみせたまふものかな。かへさせたまへかへさせたまへ」と、あふぎをあげてまねきければ、まねかれてとつてかへし、みぎはにうちあがらんとしたまふところに、くまがへなみうちぎはにておしならべ、むずとくんで、どうどおち、とつておさへてくびをかかんとて、かぶとをおしあふのけてみたりければ、うすげしやうしてかねぐろなり。わがこのこじらうがよはひほどして、じふろくしちばかんなるが、ようがんまことにびれいなり。「そもそもいかなるひとにてわたらせたまひさふらふやらん。なのらせたまへ。たすけまゐらせん」とP172まうしければ、「まづかういふわとのはたそ」。「ものそのかずにてはさふらはねども、むさしのくにのぢうにん、くまがへのじらうなほざね」となのりまうす。「さてはなんぢがためにはよいかたきぞ。なのらずともくびをとつてひとにとへ。みしらうずるぞ」とぞのたまひける。くまがへ、「あつぱれたいしやうぐんや。このひといちにんうちたてまつたりとも、まくべきいくさにかつべきやうなし。またたすけたてまつたりとも、かちいくさにまくることもよもあらじ。けさいちのたににて、わがこのこじらうがうすでおうたるをだにも、なほざねはこころぐるしくおもふに、このとの(のちち)、うたれたまひぬとききたまひて、さこそはなげきかなしみたまはんずらめ。たすけまゐらせん」とて、うしろをかへりみたりければ、とひ、かぢはらごじつきばかりでいできたる。くまがへなみだをはらはらとながいて、「あれごらんさふらへ。いかにもしてたすけまゐらせんとはぞんじさふらへども、みかたのぐんびやううんかのごとくにみちみちて、よものがしまゐらせさふらはじ。あはれおなじうは、なほざねがてにかけたてまつて、のちのおんけうやうをもつかまつりさふらはん」とまうしければ、「ただなにさまにも、とうとうくびをとれ」とぞのたまひける。くまがへあまりにいとほしくて、いづくにかたなをたつべしともおぼえず、めもくれこころもきえはてて、ぜんごふかくにおぼえけれども、さてしもあるべきことならねば、なくなくくびをぞかいてげる。「あはれゆみやとるみほどくちをしかりけることはなし。ぶげいのいへにうまれずは、なにしにただいまかかるうきめをばみるべき。なさけなうもうちたてまつたるものかな」と、そでをかほにおしあてて、さめざめとぞなきゐたる。くびをつつまんとてP173、よろひひたたれをといてみければ、にしきのふくろにいれられたりけるふえをぞこしにさされたる。「あないとほし、このあかつきじやうのうちにて、くわんげんしたまひつるは、このひとびとにておはしけり。たうじみかたにとうごくのせい、なんまんぎかあるらめども、いくさのぢんにふえもつひとはよもあらじ。じやうらふはなほもやさしかりけるものを」とて、これをとつてたいしやうぐんのおんげんざんにいれたりければ、みるひとなみだをながしけり。のちにきけば、しゆりのだいぶつねもりのおとご、たいふあつもりとて、しやうねんじふしちにぞなられける。それよりしてこそ、くまがへがほつしんのこころはいできにけれ。くだんのふえは、おほぢただもり、ふえのじやうずにて、とばのゐんよりくだしたまはられたりしを、つねもりさうでんせられたりしを、あつもりふえのきりやうたるによつて、もたれたりけるとかや。なをばさえだとぞまうしける。きやうげんきぎよのことわりといひながら、つひにさんぶつじようのいんとなるこそあはれなれ。
「はまいくさ」(『ともあきらのさいご』)S0917かどわきどののばつし、くらんどのたいふなりもりは、ひたちのくにのぢうにん、ひぢやのごらうしげゆきとくんでうたれたまひぬ。くわうごぐうのすけつねまさは、むさしのくにのぢうにん、かはごえのこたらうしげふさがてにとりこめP174たてまつて、つひにうちたてまつる。をはりのかみきよさだ、あはぢのかみきよふさ、わかさのかみつねとし、さんぎつれてかたきのなかへわつていり、さんざんにたたかひ、ぶんどりあまたして、いつしよでうちじにしてげり。しんぢうなごんとももりのきやうは、いくたのもりのたいしやうぐんにておはしけるが、そのせいみなおちうせうたれにしかば、おんこむさしのかみともあきら、さぶらひにけんもつたらうよりかた、しゆじうさんぎみぎはのかたへおちたまふところに、ここにこだまたうとおぼしくて、うちはのはたさしたるものどもがじつきばかり、むちあぶみをあはせておしかけたてまつる。けんもつたらうは、くつきやうのゆみのじやうずなりければ、とつてかへし、まづまつさきにすすんだるはたさしがくびのほねを、ひやうつばといて、むまよりさかさまにいおとす。そのなかのたいしやうとおぼしきもの、しんぢうなごんにくみたてまつらんとてはせならぶるところに、おんこむさしのかみともあきら、ちちをうたせじと、なかにへだたり、おしならべ、むずとくんで、どうどおち、とつておさへてくびをかき、たちあがらんとしたまふところに、かたきがわらはおちあはせて、むさしのかみのくびをとる。けんもつたらうおちかさなり、むさしのかみうちたてまつたりけるかたきのわらはをもうちてげり。そののちやだねのあるほどいつくし、うちものぬいてたたかひけるが、ゆんでのひざぐちをしたたかにいさせ、たちもあがらでゐながらうちじにしてげり。このまぎれにしんぢうなごんとももりのきやうは、そこをつとにげのびて、くつきやうのいきながきめいばにはのりたまひぬ。うみのおもてにじふよちやうおよがせて、おほいとののおんふねへぞまゐられける。P175ふねにはひとおほくとりのつて、むまたつべきやうもなかりければ、むまをばなぎさへおつかへさる。あはのみんぶしげよし、「おむまかたきのものになりさふらひなんず。いころしさふらはん」とて、かたてやはげていでければ、しんぢうなごん、「たとひなんのものにもならばなれ、ただいまわがいのちたすけたらんずるものを。あるべうもなし」とのたまへば、ちからおよばでいざりけり。このむま、ぬしのわかれををしみつつ、しばしはふねをはなれもやらず、おきのかたへおよぎけるが、しだいにとほくなりければ、むなしきなぎさへおよぎかへり、あしたつほどにもなりしかば、なほふねのかたをかへりみて、にさんどまでこそいななきけれ。そののちくがにあがつてやすみゐたりけるを、かはごえのこたらうしげふさ、とつてゐんへまゐらせたり。もともこのむまゐんのごひざうにて、いちのみむまやにたてられたりしを、ひととせむねもりこうないだいじんになつて、よろこびまうしのありしとき、くだしたまはられたりしを、おととちうなごんにあづけられたりしかば、あまりにひざうして、このむまのいのりのためにとて、まいぐわつついたちごとに、たいざんぶくんをぞまつられける。そのゆゑにやむまのいきもながう、しゆのいのちをもたすけけるこそめでたけれ。このむまもとはしなののくにゐのうへだちにてありければ、ゐのうへぐろとぞめされける。こんどはかはごえがとつてゐんへまゐらせたりければ、かはごえぐろとぞめされける。そののちしんぢうなごんとももりのきやう、おほいとののおんまへにおはして、なみだをながいてまうされけるは、「むさしのかみにもおくれさふらひぬ。けんもつたらうをもうたせさふらひぬ。いまはこころぼそうこそP176まかりなつてさふらへ。さればこはあつて、おやをうたせじと、かたきにくむをみながら、いかなるおやなれば、このうたるるをたすけずして、これまでのがれまゐつてさふらふやらん。あはれひとのうへならば、いかばかりもどかしうさふらふべきに、わがみのうへになりさふらへば、よういのちはをしいものにてさふらひけりと、いまこそおもひしられてさふらへ。ひとびとのおぼしめさんおんこころのうちどもこそ、はづかしうさふらへ」とて、よろひのそでをかほにおしあてて、さめざめとなかれければ、おほいとの、「まことにむさしのかみのちちのいのちにかはられけるこそありがたけれ。てもきき、こころもかうにして、よきたいしやうぐんにておはしつるひとを。あのきよむねとどうねんにて、ことしはじふろくな」とて、おんこゑもんのかみのおはしけるかたをみたまひて、なみだぐみたまへば、そのざにいくらもなみゐたまへるひとびと、こころあるもこころなきも、みなよろひのそでをぞぬらされける。
「おちあし」(『おちあし』)S0918こまつどののばつしびつちうのかみもろもりは、しゆじうしちにんこぶねにのりおちたまふところに、ここにしんぢうなごんとももりのきやうのさぶらひに、せいゑもんきんながといふもの、むちあぶみをあはせてはせきたり、「あれはいかに、びつちうのかうとののおんふねとこそみまゐらせてさふらへ。まゐりさふらはん」とまうしければP177、ふねをなぎさへさしよせたり。だいのをとこのよろひきながら、むまよりふねへかはととびのらうに、なじかはよかるべき。ふねはちひさし、くるりとふみかへしてげり。びつちうのかみ、うきぬしづみぬしたまふところに、はたけやまがらうどう、ほんだのじらうちかつね、しゆじうじふしごき、むちあぶみをあはせてはせきたり、いそぎむまよりとんでおり、びつちうのかみをくまでにかけてひきあげたてまつり、つひにおんくびをぞかいてげる。しやうねんじふしさいとぞきこえし。ゑちぜんのさんみみちもりのきやうは、やまのてのたいしやうぐんにておはしけるが、そのせいみなおちうせうたれ、おほぜいにおしへだてられて、おととのとのかみにはおくれたまひぬ。こころしづかにじがいせんとて、ひんがしにむかつておちゆきたまふところに、あふみのくにのぢうにん、ささきのきむらのさぶらうなりつな、むさしのくにのぢうにん、たまのゐのしらうすけかげ、かれこれしちきがなかにとりこめまゐらせて、つひにうちたてまつてげり。そのときまでは、さぶらひいちにんつきたてまつたりけれども、これもさいごのときはおちあはず。およそとうざいのきどぐち、ときうつるほどにもなりしかば、げんぺいかずをつくしてうたれにけり。やぐらのまへ、さかもぎのしたには、じんばのししむらやまのごとし。いちのたにをざさはら、みどんのいろをひきかへて、うすくれなゐにぞなりにける。いちのたに、いくたのもり、やまのそば、うみのみぎはに、いられきられてしぬるはしらず、げんじのかたにきりかけらるるくびども、にせんよにんなり。こんどいちのたににてうたれさせたまへるむねとのひとびとには、まづゑちぜんのさんみみちもり、おととくらんどのたいふなりもり、さつまのかみただのり、むさしのかみともあきら、びつちうのかみもろもり、をはりのかみきよさだ、P178あはぢのかみきよふさ、つねもりのちやくしくわうごぐうのすけつねまさ、おととわかさのかみつねとし、そのおととたいふあつもり、いじやうじふにんとぞきこえし。いくさやぶれにければ、しゆしやうをはじめまゐらせて、ひとびとみなおふねにめして、いでさせたまふこそかなしけれ。しほにひかれかぜにしたがつて、きのぢへおもむくふねもあり、あしやのおきにこぎいでて、なみにゆらるるふねもあり。あるひはすまよりあかしのうらづたひ、とまりさだめぬかぢまくら、かたしくそでもしをれつつ、おぼろにかすむはるのつき、こころをくだかぬひとぞなき。あるひはあはぢのせとをおしわたり、ゑじまがいそにただよへば、なみぢはるかになきわたり、ともまよはせるさよちどり、これもわがみのたぐひかな。ゆくすゑいまだいづくとも、おもひさだめぬかとおぼしくて、いちのたにのおきにやすらふふねもあり。かやうにうらうらしまじまにただよへば、たがひのししやうもしりがたし。くにをしたがふることもじふしかこく、せいのつくこともじふまんよき、みやこへちかづくこともわづかにいちにちのみちなれば、こんどはさりともとたのもしうこそおもはれつるに、いちのたにをもせめおとされて、いとどこころぼそうぞなられける。
「こざいしやう」(『こざいしやうみなげ』)S0919ゑちぜんのさんみみちもりのきやうのさぶらひに、くんだたきぐちときかずといふものあり。いそぎきたのかたのおふねにP179まゐつてまうしけるは、「きみはけさみなとがはのしもにて、かたきしちきがなかにとりこめまゐらせて、つひにうたれさせたまひてさふらひぬ。なかにもことにてをおろいてうちたてまつたりしは、あふみのくにのぢうにん、ささきのきむらのさぶらうなりつな、むさしのくにのぢうにん、たまのゐのしらうすけかげとぞ、なのりまゐらせてさふらひつれ。ときかずもいつしよでうちじにつかまつり、さいごのおんともつかまつるべうさふらひつれども、かねてよりおほせさふらひしは、みちもりいかになるとも、なんぢはいのちをすつべからず。いかにもしてながらへて、おんゆくへをもたづねまゐらせよと、おほせさふらひしほどに、かひなきいのちばかりいきて、つれなうこそこれまでまゐつてさふらへ」とまうしければ、きたのかた、とかうのへんじにもおよびたまはず。ひきかづいてぞふしたまふ。いちぢやううたれたまひぬとはききたまへども、もしひがごとにてもやあるらん、いきてかへらるることもやと、にさんにちは、あからさまにいでたるひとを、まつここちしておはしけるが、しごにちもすぎしかば、もしやのたのみもよわりはてて、いとどこころぼそくぞなられける。ただいちにんつきたてまつりたりけるめのとのにようばうも、おなじまくらにふししづみにけり。かくとききたまひしなぬかのひのくれほどより、じふさんにちのよまでは、おきもあがりたまはず。あくればじふしにち、やしまへおしわたるよひうちすぐるまでは、ふしたまひたりけるが、ふけゆくままに、ふねのうちしづまりければ、めのとのにようばうにのたまひけるは、「けさまでは、さんみうたれにしとはききしかども、まことともおもはでありつるが、このP180くれほどより、げにさもあらんとおもひさだめてあるぞとよ。そのゆゑは、みなひとごとに、みなとがはとやらんにて、さんみうたれにしとはいひしかども、そののち、いきてあうたりといふものいちにんもなし。あすうちいでんとてのよ、あからさまなるところにて、ゆきあひたりしかば、いつよりもこころぼそげにうちなげいて、『みやうにちのいくさには、かならずうたれんとおぼゆるはとよ。われいかにもなりなんのち、ひとはいかがはしたまふべき』などいひしかども、いくさはいつものことなれば、いちぢやうさるべしともおもはでありつることこそかなしけれ。それをかぎりとだにおもはましかば、などのちのよとちぎらざりけんと、おもふさへこそかなしけれ。ただならずなりたることをも、ひごろはかくしていはざりしかども、あまりにこころぶかうおもはれじとて、いひいだしたりしかば、なのめならずうれしげにて、『みちもりさんじふになるまで、こといふものもなかりつるに、あはれおなじうはなんしにてもあれかし。うきよのわすれがたみにもとおもひおくばかりなり。さていくつきにかなるらん、ここちはいかがあるらん。いつとなきなみのうへ、ふねのうちのすまひなれば、しづかにみみとならんとき、いかがはしたまふべき』などいひしは、はかなかりけるかねごとかな。まことやらん、をんなはさやうのとき、とをにここのつはかならずしぬるなれば、はぢがましう、うたてきめをみて、むなしうならんもこころうし。しずかにみみとなつてのち、をさなきものをそだてて、なきひとのかたみにもみばやとはおもへども、それをみんたびごとには、むかしのひとのみこひしくて、おもひのかずはまさるとも、なぐさむことはよもあらじP181。つひにはのがるまじきみちなり。もしふしぎにこのよをしのびすごすとも、こころにまかせぬよのならひは、おもはぬほかのふしぎもあるぞとよ。それもおもへばこころうし。まどろめばゆめにみえ、さむればおもかげにたつぞとよ。いきてゐて、とにかくにひとをこひしとおもはんより、みづのそこへもいらばやと、おもひさだめてあるぞとよ。そこにいちにんとどまつて、なげかんずることこそこころぐるしけれども、わらはがしやうぞくのあるをばとつて、いかならんそうにもたてまつり、なきひとのごぼだいをもとぶらひまゐらせ、わらはがごしやうをもたすけたまへ。かきおきたるふみをばみやこへつたへてたべ」など、こまごまとのたまへば、めのとのにようばう、なみだをおさへて、「いとけなきこをもふりすて、おいたるおやをもとどめおき、はるばるとこれまでつきまゐらせてさぶらふこころざしをば、いかばかりとかおぼしめされさぶらふらん。こんどいちのたににてうたれさせたまふごいつけのきんだちたちのきたのかたのおんなげき、いづれかおろかにおぼしめされさぶらふべき。かならずひとつはちすへとおぼしめされさぶらふとも、しやうかはらせたまひなんのち、ろくだうししやうのあひだにて、いづれのみちへかおもむかせたまはんずらん。ゆきあはせたまはんこともふぢやうなれば、おんみをなげてもよしなきおんことなり。しづかにみみとならせたまひて、いかならんいはきのはざまにても、をさなきひとをそだてまゐらせ、おんさまをかへ、ほとけのみなをとなへて、なきひとのごぼだいをとぶらひまゐらせたまへかし。そのうへみやこのおんことをば、たれみつぎまゐらせよとて、かやうにはおほせられさぶらふやらん。うらめしうもうけたまはりさぶらふものかな」とて、さめざめとかきくどきければ、きたのかたP182、このことあしうもしらせなんとやおもはれけん、「これはこころにかはつても、おしはかりたまふべし。おほかたのよのうらめしさ、ひとのわかれのかなしさにも、みをなげんなどいふは、つねのならひなり。されどもさやうのことは、ありがたきためしぞかし。まことにおもひたつことあらば、そこにしらせずしてはあるまじきぞ。いまはよもふけぬ。いざやねん」とのたまへば、めのとのにようばう、このしごにちはゆみづをだに、はかばかしうごらんじいれさせたまはぬひとの、かやうにこまごまとおほせらるるは、まことにおぼしめしたつこともやとかなしうて、「およそはみやこのおんことも、さるおんことにてさぶらへども、げにおぼしめしたつことならば、わらはをもちひろのそこまでも、ひきこそぐせさせたまはめ。おくれまゐらせなんのち、さらにかたときながらふべしともおぼえぬものかな」とまうして、おんそばにありながら、ちとうちまどろみたりけるひまに、きたのかたやはらふなばたへおきいでたまひて、まんまんたるかいしやうなれば、いづちをにしとはしらねども、つきのいるさのやまのはを、そなたのそらとやおぼしけん、しづかにねんぶつしたまへば、おきのしらすになくちどり、あまのとわたるかぢのおと、をりからあはれやまさりけん、しのびごゑにねんぶつひやくぺんばかりとなへさせたまひつつ、「なむさいはうごくらくせかいのけうじゆ、みだによらい、ほんぐわんあやまたず、あかでわかれしいもせのなからひ、かならずひとつはちすに」と、なくなくはるかにかきくどき、なむととなふるこゑともに、うみにぞしづみたまひける。いちのたによりやしまへおしわたらんとての、やはんばかりのことなりければ、ふねのうちしづまつてP183、ひとこれをしらざりけり。そのなかにかんどりのいちにんねざりけるが、このよしをみたてまつて、「あれはいかに。あのおんふねより、にようばうのうみへいらせたまひぬるは」とよばはつたりければ、めのとのにようばううちおどろき、そばをさぐれどもおはせざりければ、ただ「あれよあれよ」とぞあきれける。ひとあまたおりて、とりあげたてまつらんとしけれども、さらぬだに、はるのよは、ならひにかすむものなれば、よものむらくもうかれきて、かづけどもかづけども、つきおぼろにてみえたまはず。はるかにほどへてのち、とりあげたてまつりたりけれども、はやこのよになきひととなりたまひぬ。しろきはかまに、ねりぬきのふたつぎぬをきたまへり。かみもはかまもしほたれて、とりあげけれどもかひぞなき。めのとのにようばう、てにてをとりくみ、かほにかほをおしあてて、「などやこれほどにおぼしめしたつことならば、わらはをもちひろのそこまでも、ひきこそぐせさせたまふべけれ。うらめしうもただいちにんとどめさせたまふものかな。さるにても、いまいちどものおほせられて、わらはにきかさせたまへ」とて、もだえこがれけれども、はやこのよになきひととなりたまひぬるうへは、いちごんのへんじにもおよびたまはず。わづかにかよひつるいきも、はやたてはてぬ。さるほどにはるのよのつきも、くもゐにかたぶき、かすめるそらもあけゆけば、なごりはつきせずおもへども、さてしもあるべきことならねば、うきもやあがりたまふと、こさんみどののきせながのいちりやうのこつたるを、ひきまとひたてまつり、つひにうみにぞしづめける。めのとのにようばうP184、こんどはおくれたてまつらじと、つづいてうみにいらんとしけるを、ひとびととりとどめければ、ちからおよばず。せめてのこころのあられずさにや、てづからかみをはさみおろし、こさんみどののおんおとと、ちうなごんのりつし、ちうくわいにそらせたてまつり、なくなくかいをたもつて、しゆのごせをぞとぶらひける。むかしよりをとこにおくるるたぐひおほしといへども、さまをかふるはつねのならひ、みをなぐるまではありがたきためしなり。さればちうしんはじくんにつかへず、ていぢよはじふにまみえずとも、かやうのことをやまうすべき。このにようばうとまうすは、とうのぎやうぶきやうのりかたのむすめ、きんちういちのびじん、なをばこざいしやうどのとぞまうしける。じやうせいもんゐんのにようばうなり。このにようばうじふろくとまうししあんげんのはるのころ、によゐんほつしようじへはなみのごかうのありしに、みちもりのきやう、そのころは、いまだちうぐうのすけにてぐぶせられたりけるが、みそめたりしにようばうなり。はじめはうたをよみ、ふみをつくされけれども、たまづさのかずのみつもつて、とりいれたまふこともなし。すでにみとせになりしかば、みちもりのきやう、いまをかぎりのふみをかいて、こざいしやうどののもとへつかはす。あまつさへとりつたへけるにようばうにだにあはずして、つかひむなしうかへりけるみちにて、をりふしこざいしやうどのは、さとよりごしよへぞまゐられける。つかひむなしうかへりまゐらんことのほいなさに、そばをつとはしりとほるやうにて、こざいしやうどのののりたまへるくるまのすだれのうちへ、みちもりのきやうのふみをぞなげいれたる。とものものどもにとひたまへば、「しらず」とまうす。さてかのふみをあけてみたまへば、みちもりのきやうのふみなりけり。くるまにおくべきやうもなし。おほぢにP185すてんもさすがにて、はかまのこしにはさみつつ、ごしよへぞまゐりたまひける。さてみやづかへたまひしほどに、ところしもこそおほけれ、ごぜんにふみをおとされたり。にようゐんこれをとらせおはしまし、いそぎぎよいのたもとにひきかくさせたまひて、「めづらしきものをこそもとめたれ。このぬしはたれなるらん」とおほせければ、ごしよぢうのにようばうたち、よろづのかみほとけにかけて、「しらず」とのみぞまうしける。そのなかにこざいしやうどのばかりかほうちあかめて、つやつやものもまうされず。にようゐんも、ないないみちもりのきやうのまうすとはしろしめされたりければ、さてこのふみをあけてごらんずれば、きろのけぶりのにほひことにふかきに、ふでのたてどもよのつねならず。「あまりにひとのこころづよきも、いまはなかなかうれしくて」など、こまごまとかいて、おくにはいつしゆのうたぞありける。
わがこひはほそたにがはのまろきばしふみかへされてぬるるそでかな W071
にようゐん、「これはあはぬをうらみたるふみや。あまりひとのこころづよきも、なかなかいまはあたとなんなるものを。なかごろをののこまちとて、みめかたちうつくしう、なさけのみちありがたかりしかば、みるひときくもの、きもたましひをいたましめずといふことなし。されどもこころづよきなをやとりたりけん、はてにはひとのおもひのつもりとて、かぜをふせぐたよりもなく、あめをもらさぬわざもなし。やどにくもらぬつきほしは、なみだにうかび、のべのわかな、さはのねぜりをつみてこそ、つゆのいのちをばすごしけれ」。にようゐん、「これはいかにもへんじあるべきことぞ」とて、おんすずりめしよせて、かたじけなくもみづからおんぺんじあそばされけり。P186
ただたのめほそたにがはのまろきばしふみかへしてはおちざらめやは W072
むねのうちのおもひは、ふじのけぶりにあらはれ、そでのうへのなみだは、きよみがせきのなみなれや。みめはさいはひのはななれば、さんみこのにようばうをたまはつて、たがひのこころざしあさからず。さればさいかいのなみのうへ、ふねのうちまでもひきぐして、つひにおなじみちへぞおもむかれける。かどわきのちうなごんは、ちやくしゑちぜんのさんみ、ばつしなりもりにもおくれたまひぬ。いまたのみたまへるひととては、のとのかみのりつね、そうにはちうなごんのりつしちうくわいばかりなり。こさんみどののかたみとも、このにようばうをこそみたまふべきに、それさへかやうになりたまへば、いとどこころぼそうぞなられける。P187

 

入力者:荒山慶一

[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻八にもどる]

[『平家物語』巻十にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com