平家物語 巻第十  総かな版(元和九年本)
「くびわたし」(『くびわたし』)S1001P187じゆえいさんねんにんぐわつなぬかのひ、つのくにいちのたににてうたれたまひしへいじのくびども、じふににちにみやこへいる。へいけにむすぼれたりしひとびとは、こんどわがかたざまに、いかなるうきことをかきき、いかなるうきめをか、みんずらんと、なげきあひかなしみあはれけり。なかにもだいかくじにかくれゐたまへるこまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうのきたのかたは、いとどおぼつかなうおもはれけるに、こんどいちのたににて、いちもんのひとびとのこりすくなにうちなされ、いまはさんみのちうじやうといふくぎやういちにん、いけどりにせられてのぼるなりとききたまひて、このひとはなれたまはじものをとて、もだえこがれたまひけり。あるにようばうのだいかくじにまゐつてまうしけるは、「さんみのちうじやうどのとは、これのおんことにてはさぶらはず、ほんざんみのちうじやうどののおんことなり」とまうしければ、さてはくびどものなかにこそあるらめとて、なほこころやすうもおもひたまはず。P188おなじきじふさんにち、たいふのはうぐわんなかよりいげのけんびゐしども、ろくでうかはらにいでむかつて、へいじのくびどもうけとり、ひんがしのとうゐんをきたへわたいて、ごくもんのきにかけらるべきよし、のりよりよしつねそうもんす。ほふわう、このこといかがあらんずらんと、おぼしめしわづらはせたまひて、だいじやうだいじん、さうのだいじん、ないだいじん、ほりかはのだいなごんただちかのきやうにおほせあはせらる。ごにんのくぎやうまうされけるは、「むかしよりけいしやうのくらゐにいたるひとのくび、おほちをわたさるることせんれいなし。なかにもこのともがらは、せんていのおんときよりせきりのしんとして、ひさしくてうかにつかうまつる。はんらいぎけいがまうしじやう、あながちにごきよようあるべからず」とまうされければ、わたさるまじきにさだめられたりしかども、のりよりよしつねかさねてそうもうしけるは、「ほうげんのむかしをおもへば、そぶためよしがあた、へいぢのいにしへをあんずるに、ちちよしともがかたきなり。さればきみのおんいきどほりをやすめたてまつり、ちちのはぢをきよめんがために、いのちをすてててうてきをほろぼす。こんどへいじのくびおほちをわたされざらんにおいては、じこんいごなんのいさみあつてかきようとをしりぞけんや」と、しきりにうつたへまうされければ、ほふわうちからおよばせたまはず、つひにわたされけり。みるひといくせんばんといふかずをしらず。ていけつにそでをつらねしいにしへは、おぢおそるるともがらおほかりき。ちまたにかうべをわたさるるいまは、またあはれみかなしまずといふことなし。なかにもだいかくじにかくれゐたまへる、こまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうのわかぎみ、ろくだいごぜんにつきたてまつたりけるさいとうご、さいとうろく、あまりのおぼつかなさに、さまをやつしてみければ、P189おんくびどもは、みなみしりたてまつりたれども、さんみのちうじやうどののおんくびはみえたまはず。されどもあまりのかなしさに、つつむにたへぬなみだのみしげかりければ、よそのひとめもおそろしくて、いそぎだいかくじへぞかへりまゐりける。きたのかた、「さていかにやいかに」ととひたまへば、「ひとびとのおんくびどもは、みなみしりたてまつたれども、さんみのちうじやうどののおんくびは、みえさせたまひさふらはず。ごきやうだいのおんなかには、びつちうのかうのとののおんくびばかりこそ、みえさせたまひさふらひつれ。そのほかは、そんぢやうそのくび、そのおんくび」とまうしければ、きたのかた、「それもひとのうへとはおぼえず」とて、ひきかづいてぞふしたまふ。ややあつて、さいとうごなみだをおさへてまうしけるは、「このいちりやうねんはかくれゐさふらひて、ひとにもいたうみしられさふらはねば、いましばらくさふらひて、みまゐらせたうぞんじさふらひつれども、よにあんないくはしうしりたるもののまうしさふらひしは、『こんどのかつせんに、こまつどののきんだちたちは、あはせたまはず。そのゆゑは、はりまとたんばのさかひなる、みくさのてをかためさせたまひさふらひけるが、くらうよしつねにやぶられて、しんざんみのちうじやうどの、おなじきせうしやうどの、たんごのじじうどのは、はりまのたかさごよりおんふねにめして、さぬきのやしまへわたらせたまひさふらひぬ。なにとしてかははなれさせたまひてさふらひけるやらん、そのなかにびつちうのかうのとのばかりこそ、こんどいちのたににてうたれさせたまひてさふらへ』とかたりまうしさふらひしほどに、さてさんみのちうじやうどののおんことは、いかにととひさふらひつれば、『それはいくさいぜんより、P190だいじのおんいたはりとて、さぬきのやしまへわたらせたまひて、このたびはむかはせたまはず』と、まうすものにこそあうてさふらひつれ」と、こまごまとかたりまうしたりければ、きたのかた、「それもわれらがことをこころぐるしうおもひたまひて、あさゆふなげかせたまふが、やまふとなつたるにこそ。かぜのふくひは、けふもやふねにのりたまふらんときもをけし、いくさといふときは、ただいまもやうたれたまひぬらんとこころをつくす。ましてさやうのおんいたはりなんどをば、たれかこころやすうあつかひたてまつるべき。それをくはしうきかばや」とのたまへば、わかぎみひめぎめも、「などなにのおんいたはりとはとはざりけるぞ」とのたまひけるこそあはれなれ。さんみのちうじやうも、かよふこころなれば、さてもみやこには、いかにこころもとなうおもふらん。たとひくびどものなかにこそなくとも、やにあたつてもしに、みづにおぼれてうせぬらん、いままでこのよにあるものとは、よもおもひたまはじ。つゆのいのちのきえやらで、いまだうきよにながらへたるを、しらせたてまつらんとて、つかひをいちにんしたてて、のぼせられけるが、みつのふみをぞかかれける。まづきたのかたへのおんふみには、「みやこにはかたきみちみちて、おんみひとつのおきどころだにあらじに、をさなきものどもひきぐして、いかにかなしうおはすらん。これへむかへまゐらせて、ひとつところにていかにもならばやとはおもへども、わがみこそあらめ、おんためいたはしくて」なんど、こまごまとかいて、おくにはいつしゆのうたぞありける。P191
いづくともしらぬあふせのもしほぐさかきおくあとをかたみともみよ W073
さてをさなきひとびとのおんもとへは、「つれづれをばなにとしてかはなぐさむらん。やがてこれへむかへとらうずるぞ」と、ことばもかはらずかいてのぼせらる。つかひみやこへのぼり、きたのかたにおんふみとりいだいてたてまつる。これをあけてみたまひて、いとどおもひやまさられけん、ひきかづいてぞふしたまふ。かくてしごにちもすぎしかば、つかひ、「おんぺんじたまはつて、かへりまゐりさふらはん」とまうしければ、きたのかたなくなくおんぺんじかきたまふ。わかぎみひめぎみも、めんめんにふでをそめて、「さてちちごぜんへのおんぺんじをば、なにとかきまうすべきやらん」ととひたまへば、きたのかた、「ただともかくも、わごぜたちがおもはうずるやうをまうすべし」とぞのたまひける。「などやいままではむかへさせたまひさふらはぬぞ。あまりにおんこひしうおもひまゐらせさふらふに、とくむかへさせたまへ」と、おなじことばにぞかかれたる。つかひおんふみたまはつて、やしまへかへりまゐつて、さんみのちうじやうどのに、おんぺんじとりいだいてたてまつる。まづをさなきひとびとのおんぺんじをみたまひて、さんみのちうじやうどのに、おんぺんじとりいだいてたてまつる。まづをさなきひとびとのおんぺんじをみたまひて、いとどせんかたなげにぞみえられける。「そもそもこれよりゑどをいとふにいさみなし。えんぶあいしふのつなつよければ、じやうどをねがはんもものうし。ただこれよりやまづたひにみやこへのぼり、こひしきものどもをも、いまいちどみもしみえてのち、じがいをせんにはしかじ」とぞ、なくなくかたりたまひける。P192
「だいりにようばう」(『だいりにようばう』)S1002おなじきじふしにち、いけどりほんざんみのちうじやうしげひらのきやう、みやこへいつておほちをわたさる。こばちえふのくるまのぜんごのすだれをあげ、さうのものみをひらく。とひのじらうさねひらは、むくらんぢのひたたれにこぐそくばかりして、ずゐびやうさんじふよきひきぐして、くるまのぜんごをうちかこんでしゆごしたてまつる。きやうぢうのじやうげこれをみて、「あないとほし。いくらもましますきんだちのなかに、このひといちにんかやうになりたまふことよ。にふだうどのにもにゐどのにも、おぼえのおんこにてましませば、いちもんのひとびともおもきことにして、ゐんうちへまゐらせたまひしにも、おいたるもわかきも、ところをおきてもてなしたてまつらせたまひしぞかし。いままたかやうになりたまふことは、いかさまにもならをやきたまへるがらんのばち」といひあへり。ろくでうをひんがしへかはらまでわたいて、それよりかへつて、こなかのみかどのとうぢうなごんかせいのきやうのみだう、はちでうほりかはなるところにすゑたてまつて、きびしうしゆごしたてまつる。ゐんのごしよよりおつかひあり。くらんどのさゑもんのごんのすけさだなが、はちでうほりかはへぞむかひける。せきいにけんしやくをぞたいしたりける。さんみのちうじやうは、こんむらごのひたたれに、をりゑぼしひきたてておはします。ひごろはなにともおもはれざりしさだながを、いまはめいどにてざいにんどもが、P193みやうくわんにあへるここちぞせられける。おほせくだされけるは、「やしまへかへりたくば、いちもんのかたへいひおくつて、さんじゆのしんきをみやこへかへしいれたてまつれ。しからばやしまへかへさるべし」とのごきしよくなり。さんみのちうじやうまうされけるは、「さしもにわがてうのちようほう、さんじゆのしんきを、しげひらいちにんにかへまゐらせんとは、だいふいげいちもんのものどもが、よもまうしさふらはじ。によしやうでさふらへば、もしぼぎのにほんなんどもや、さもまうしさふらはんずらん。さりながらも、ゐながらゐんぜんをかへしたてまつらんことは、そのおそれもさふらへば、すみやかにまうしおくつてこそみさふらはめ」とぞまうされける。ゐんぜんのおつかひは、おつぼのめしつぎはなかた、さんみのちうじやうのつかひは、へいざうざゑもんしげくにといふものなり。おほいとの、へいだいなごんへは、ゐんぜんのおもむきをまうさる。にゐどのへはおんふみこまごまとかいてまゐらせらる。わたくしのふみをばゆるされなければ、ひとびとのもとへはことばにてことづてらる。きたのかただいなごんのすけどのへも、ことばにてまうされけり。「たびのそらにても、ひとはわれになぐさみ、われはひとになぐさみしものを、ひきわかれてのち、いかにかなしうおはすらん。ちぎりはくちせぬものとまうせば、のちのよにはかならずむまれあひたてまつるべし」と、なくなくことづてたまへば、しげくにもまことにあはれにおぼえて、なみだをおさへてたちにけり。ここにさんみのちうじやうのとしごろのさぶらひに、むくむまのじようともときといふものあり。はちでうのにようゐんにけんざんのものにてさふらひけるが、とひのじらうさねひらがもとにゆいて、「これはねんらいさんみのちうじやうどのにP194めしつかはれさふらひし、それがしとまうすものにてさふらふが、けふおほちでみまゐらせさふらへば、めもあてられず、あまりにおんいたはしうおもひまゐらせさふらふ。なにかくるしうさふらふべき。ともときばかりはおんゆるされをかうぶつて、いまいちどちかづきまゐつて、はかなきむかしがたりをもまうして、なぐさめたてまつらばやとぞんじさふらふ。ゆみやをとるみにてもさふらはねば、いくさかつせんのおんともつかまつたることもさふらはず。あさゆふただおまへにしこうせしばかりでさふらひき。それもなほおぼつかなうおぼしめされさふらはば、こしのかたなをめしおかれて、まげておんゆるされをかうぶりさふらはばや」とまうしければ、とひのじらう、なさけあるものにて、「まことにごいつしんは、なにかくるしうさふらふべき。さりながらも」とて、こしのかたなをこひとつてぞいれてげる。むまのじようなのめならずよろこび、いそぎまゐつておんありさまをみたてまつるに、まことにふかうおもひいれたまへるとおぼしくて、おんすがたもいたくしをれかへつておはしけるを、みまゐらするに、ともときなみだもさらにおさへがたし。ちうじやうもゆめにゆめみるここちして、とかうのことをものたまはず。ややあつて、むかしいまのものがたりどもしたまひてのち、「さてもなんぢしてものいひしひとは、いまだだいりにとやきく」。「さこそうけたまはりさふらへ」。ちうじやう、「われさいこくへくだりしとき、ふみをもやらず、いひおくこともなかりしかば、よよのちぎりは、みないつはりになりにけるよと、おもふらんこそはづかしけれ。ふみをやらばやとおもふはいかに。たづねてゆきてんや」とのたまへば、ともとき、「やすいほどのおんことざふらふ」とまうす。ちうじやうなのめならずよろこび、やがてかいてぞたうでげる。P195
ともときこれをたまはつて、まかりいでんとしければ、しゆごのぶしども、「いかなるおんふみにてかさふらふらん。みまゐらせさふらはん」とまうしければ、ちうじやう、「みせよ」とのたまへば、みせてげり。くるしかるまじとて、とらせてげり。ともときこれをとつて、いそぎだいりへまゐり、ひるはひとめのしげければ、そのへんちかきせうをくにたちより、ひをまちくらし、たそがれどきにまぎれいつて、くだんのにようばうのつぼねのしもぐちへんにたたずんでききければ、このにようばうのこゑとおぼしくて、「あないとほし。いくらもましますきんだちのなかに、このひといちにんかやうになりたまふことよ。ひとはみなならをやきたるがらんのばちといひあへり。ちうじやうもさぞいひし。わがこころにおこつてはやかねども、あくたうおほかりしかば、てんでにひをはなつて、おほくのだうたふをやきほろぼす。すゑのつゆもとのしづくのためしあれば、わがみひとつのざいごふにこそならんずらめといひしが、げにさとおぼゆるぞや」とてなかれければ、ともとき、これにもかくなげきたまふことのいとほしさよとおもひ、「ものまうさう」どいへば、「なにごと」とこたふ。「これにほんざんみのちうじやうどのよりのおんふみのさふらふ」とまうしたりければ、ひごろははぢてみえたまはぬひとの、「いづらやいづら」とてはしりいで、てづからこのふみをとつてみたまふに、さいこくにていけどりにせられたりしありさま、けふあすをもしらぬみのゆくへなど、こまごまとかいて、おくにはいつしゆのうたぞありける。
なみだがはうきなをながすみなりともいまひとたびのあふせともがな W074 
P196にようばうこのふみをかほにおしあてて、とかうのことをものたまはず、ひきかづいてぞふしたまふ。かくてじこくはるかにおしうつりければ、ともとき、「おんぺんじたまはつて、かへりまゐりさふらはん」とまうしければ、にようばうなくなくおんぺんじかきたまへり。こころぐるしういぶせくて、このふたとせをおくつたりしありさま、こまごまとかいて、
きみゆゑにわれもうきなをながすともそこのみくづとともになりなむ W075
ともときこれをたまはつて、かへりまゐりたりければ、しゆごのぶしども、また、「いかなるおんふみにてかさふらふらん。みまゐらせん」とまうしければ、みせてげり。「くるしうさふらふまじ」とてたてまつる。ちうじやうこれをみたまひて、いとどおんものおもひやまさられけん、ややあつて、とひのじらうさねひらをめしてのたまひけるは、「さてもこのほどおのおののなさけふかうはうじんせられつるこそ、ありがたううれしけれ。いまいちどはうおんかうぶりたきことあり。われはいちにんのこなければ、うきよにおもひおくことなし。としごろちぎつたりしによばうに、いまいちどたいめんして、ごしやうのことをもいひおかばやとおもふはいかに」とのたまへば、とひのじらうなさけあるものにて、「まことににようばうなどのおんことは、なにかくるしうさふらふべき。とうとう」とてゆるしたてまつる。ちうじやうなのめならずよろこび、ひとにくるまかつてつかはされたりければ、にようばうとりあへず、いそぎのつてぞおはしける。えんにくるまやりよせ、このよしかくとまうしたりければ、ちうじやうくるまよせまでいでむかひ、「ぶしどものみまゐらせさふらふに、おりさせたまふべからず」とて、くるまのすだれをうちかづき、てにてをとりくみ、P197
かほにかほをおしあてて、しばしはとかうのことをものたまはず、ただなくよりほかのことぞなき。ややあつて、ちうじやうなみだをおさへてのたまひけるは、「さいこくへくだりさふらひしときも、いまいちどおんげんざんにいりたかりしかども、おほかたのよのものさわがしさ、まうしおくるべきたよりもなくして、まかりくだりさふらひき。そののちおんふみをもたてまつり、おんかへりことをもみまゐらせたうさふらひつれども、たびのそらのものうさ、あさゆふのいくさだちにひまなくて、むなしうまかりすぎさふらひき。こんどいちのたににていかにもなるべかりしみの、いきながらとらはれて、ふたたびみやこへまかりのぼりさふらふも、おんげんざんにいるべきとのことにてさふらふぞや」とて、またなみだをおさへてぞふしたまふ。たがひのこころのうち、おしはかられてあはれなり。かくてさよもやうやうふけゆけば、しゆごのぶしども、「このほどはおほちのらうぜきもぞさふらふに、とうとう」とまうしければ、ちうじやうちからおよびたまはず、やがてかへしたまふ。くるまやりいだせば、ちうじやうにようばうのそでをひかへて、
あふこともつゆのいのちももろともにこよひばかりやかぎりなるらむ W076
にようばうとりあへず、
かぎりとてたちわかるればつゆのみのきみよりさきにきえぬべきかな W077
さてにようばうはだいりへまゐりたまひぬ。そののちはしゆごのぶしどもゆるさねば、ときどきただおんふみばかりぞかよひける。このにようばうとまうすは、みんぶきやうにふだうしんぱんのむすめなり。みめかたちよにすぐれ、なさけふかきひとなれば、ちうじやうなんとへわたされて、きられたまひぬときこえしかば、P198やがてさまをかへ、こきすみぞめにやつれはて、かのごせぼだいをとぶらひたまふぞあはれなる。
「やしまゐんぜん」(『やしまゐんぜん』)S1003ひかずふれば、ゐんぜんのおつかひ、おつぼのめしつぎはなかた、おなじきにじふはちにちさぬきのくにやしまのいそにくだりついて、ゐんぜんをとりいだいてたてまつる。おほいとのいげのけいしやううんかくよりあひたまひて、このゐんぜんをひらかれけり。「いちじんせいたい、ほつけつのきうきんをいでて、しよしうにかうし、さんじゆのしんき、なんかいしこくにうづもれてすねんをふ、もつともてうかのなげき、ばうこくのもとゐなり。そもそもかのしげひらのきやうは、とうだいじぜうしつのぎやくしんなり。すべからくよりとものあつそんまうしうくるむねにまかせて、しざいにおこなはるべしといへども、ひとりしんぞくにわかれて、すでにいけどりとなる。ろうてうくもをこふるおもひ、はるかにせんりのなんかいにうかび、きがんともをうしなふこころ、さだめてきうちようのちうとにとうぜんか。しかればすなはちさんじゆのしんき、みやこへかへしいれたてまつらんにおいては、かのきやうをくわんいうせらるべきなり。ていればゐんぜんかくのごとく、よつてしつたつくだんのごとし。じゆえいさんねんにんぐわつじふしにち、だいぜんのだいぶなりただがうけたまはり、きんじやう、さきのへいだいなごんどのへ」とぞかかれたる。P199
「うけぶみ」(『うけぶみ』)S1004おほいとの、へいだいなごんのもとへ、ゐんぜんのおもむきをまうされけり。にゐどの、ちうじやうのふみをあけてみたまふに、「しげひらをこんじやうでいまいちどごらんぜんとおぼしめされさふらはば、さんじゆのしんきのおんことを、よきやうにまうさせたまひて、みやこへかへしいれさせたまへ。さらずはおんめにかかるべしともぞんじさふらはず」とぞかかれたる。にゐどの、このふみをかほにおしあてて、ひとびとのおはしけるうしろのしやうじをひきあけて、おほいとののおんまへにたふれふし、しばしはものをものたまはず。ややあつておきあがり、なみだをおさへてのたまひけるは、「これみたまへ、むねもり、きやうよりちうじやうがいひおこしつることのむざんさよ。げにもこころのうちにいかばかりのことをかおもふらん。ただわれにおもひゆるして、さんじゆのしんきのおんことを、よきやうにまうして、みやこへかへしいれたてまつらせたまへ」とのたまへば、おほいとのまうさせたまひけるは、「むねもりもさこそはぞんじさふらへども、さしもにわがてうのちようほうさんじゆのしんきを、しげひらいちにんにかへまゐらせんこと、かつうはよのためしかるべからず。かつうはよりともがかへりきかんずるところも、いふかひなうさふらふ。そのうへ、ていわうのおんよをたもたせたまふおんことも、ひとへにこのないしどころのわたらせたまふおんゆゑなり。さてよのこども、したしきひとびとをば、P200ちうじやういちにんにおぼしめしかへさせたまふべきか。このかなしいといふことも、ことにこそよりさふらへ。ゆめゆめかなひさふらふまじ」とのたまへば、にゐどの、よにもほいなげにて、かさねてのたまひけるは、「われこにふだうしやうこくにおくれてのちは、いちにちへんしいのちいきて、よにあるべしとはおもはざりしかども、しゆしやうのいつとなく、さいかいのなみのうへに、ただよはせたまふおんこころぐるしさ、ふたたびよにあらせたてまつらんがために、うきながらけふまでもながらへたれ。ちうじやういちのたににて、いけどりにせられぬとききしのちは、いとどむねせきて、ゆみづものどへいれられず。ちうじやうこのよになきものときかば、われもおなじみちにおもむかんとおもふなり。ふたたびものをおもはせぬさきに、ただわれをうしなへや」とて、をめきさけびたまへば、まことにさこそはといたはしくて、みなふしめにぞなられける。しんぢうなごんとももりのきやうのいけんにまうされけるは、「さしもにわがてうのちようほう、さんじゆのしんきをみやこへかえしいれたてまつたりとも、しげひらかへしたまはらんことありがたし。ただそのやうをおそれなく、おんうけぶみにまうさせたまふべうもやさふらふらん」とまうされければ、このぎもつともしかるべしとて、おほいとのおんうけぶみをまうさる。にゐどのはなみだにくれて、ふでのたてどもおぼえたまはねども、こころざしをしるべに、なくなくおんかへりことかきたまへり。きたのかただいなごんのすけどのは、とかうのことをものたまはず、ひきかづいてぞふしたまふ。そののちへいだいなごんときただのきやう、ゐんぜんのおつかひ、おつぼのめしつぎはなかたをめして、「なんぢほふわうのおつかひとして、おほくのなみぢをしのいで、はるばるとこれまでくだつたるしるしに、なんぢいちごがあひだのP201おもひでひとつあるべし」とて、はなかたがつらに、なみかたといふやいじるしをぞせられける。みやこへかへりのぼつたりければ、ほふわうえいらんあつて、「なんぢははなかたか」。「さんざふらふ」。「よしよし、さらばなみかたともめせかし」とて、わらはせおはします。そののちうけぶみをぞひらかれける。「こんぐわつじふしにちのゐんぜん、おなじきにじふはちにち、さぬきのくにやしまのいそにたうらい、つつしんでもつてうけたまはるところくだんのごとし。ただしこれについてかれをあんずるに、みちもりのきやういげ、たうけすはい、せつしういちのたににてすでにちうせられをはんぬ。なんぞしげひらいちにんがくわんいうをよろこぶべきや。それわがきみは、こたかくらのゐんのおんゆづりをうけさせたまひて、ございゐすでにしかねん、まつりごとげうしゆんのこふうをとぶらふところに、とういほくてき、たうをむすびぐんをなしてじゆらくのあひだ、かつうはえうていぼこうのおんなげきもつともふかく、かつうはぐわいせききんしんのいきどほりあさからざるによつて、しばらくくこくにかうす。くわんかうなからんにおいては、さんじゆのしんきいかでかぎよくたいをはなちたてまつるべきや。それしんはきみをもつてこころとし、きみはしんをもつてたいとす。きみやすければすなはちしんやすく、しんやすければすなはちくにやすし。きみかみにうれふればしんしもにたのしまず。しんぢうにうれへあれば、たいぐわいによろこびなし。なうそへいしやうぐんさだもり、さうまのこじらうまさかどをつゐたうせしよりこのかた、とうはつかこくをしづめて、ししそんぞんにつたへて、てうてきのぼうしんをちうばつして、だいだいせぜにいたるまで、てうかのせいうんをまぼりたてまつる。しかればすなはちこばうふだいじやうだいじん、ほうげんへいぢりやうどのげきらんのとき、ちよくめいをおもんじてわたくしのめいをかろんず。これP202ひとへにきみのためにして、まつたくみのためにせず。なかんづく、かのよりともは、さんぬるへいぢぐわんねんじふにんぐわつ、ちちさまのかみよしともがむほんによつて、すでにちうばつせらるべきよし、しきりにおほせくださるるといへども、こにふだうたいしやうこく、じひのあまり、まうしなだめられしところなり。しかるにむかしのこうおんをわすれて、はういをぞんぜず、たちまちにらうるゐのみをもつて、みだりにほうきのらんをなす。しぐのはなはだしきことまうしてあまりあり。はやくしんめいのてんばつをまねき、ひそかにはいせきのそんめつをごするものか。それじつげつはいちもつのために、そのあきらかなることをくらうせず。めいわうはいちにんがために、そのほふをまげず。いちあくをもつてそのぜんをすてず、せうかをもつてそのこうをおほふことなかれ。かつうはたうけすだいのほうこう、かつうはばうぶすどのちうせつ、おぼしめしわすれずは、きみかたじけなくもしこくのごかうあるべきか。ときにしんらゐんぜんをうけたまはつて、ふたたびきうとにかへつて、くわいけいのはぢをきよめん。もししからずは、きかい、かうらい、てんぢく、しんだんにいたるべし。かなしきかな、にんわうはちじふいちだいのぎようにあたつて、わがてうかみよのれいほう、つひにむなしくいこくのたからとなさんか。よろしくこれらのおもむきをもつて、しかるべきやうにもらしそうもんせしめたまへ。むねもりとんじゆ、つつしんでまうす。じゆえいさんねんにんぐわつにじふはちにち、じゆいちゐさきのないだいじんたひらのあそんむねもりがうけぶみ」とこそかかれたれ。P203
「かいもん」(『かいもん』)S1005さんみのちうじやう、このよしをききたまひて、さこそはあらんずれ、いかにいちもんのひとびとのわるうおもはれけんと、こうくわいせられけれどもかひぞなき。げにもしげひらいちにんををしみて、さしもにわがてうのちようほう、さんじゆのしんきをかへしたまふらんともおぼえねば、このおんうけぶみのおもむきは、かねてよりおもひまうけられたりしかども、いまださうをまうされざりつるほどは、なにとなうこころもとなうおもはれけるに、うけぶみすでにたうらいして、くわんとうへくだらるべきにさだまりしかば、さんみのちうじやう、みやこのなごりも、いまさらをしうやおもはれけん、とひのじらうさねひらをめして、「しゆつけせばやとおもふはいかに」とのたまへば、このよしをくらうおんざうしへまうす。ゐんのごしよへそうもんせられたりければ、ほふわう、「よりともにみせてのちこそ、ともかうもはからはめ。ただいまはいかでかゆるすべき」とおほせければ、このよしをちうじやうどのにまうす。「さらばねんらいちぎつたるひじりに、いまいちどたいめんして、ごしやうのことをもまうしだんぜばやとおもふはいかに」とのたまへば、とひのじらう、「ひじりをばたれとまうしさふらふやらん」。「くろだにのほふねんばうといふひとなり」。「さてはくるしうさふらふまじ、とうとう」とてゆるしたてまつる。P204さんみのちうじやうなのめならずによろこび、やがてひじりをしやうじたてまつて、なくなくまうされけるは、「こんどさいこくにていかにもなるべかりしみの、いきながらとらはれて、まかりのぼりさふらふは、ふたたびしやうにんのおんげんざんにいるべきにてさふらひけり。さてもしげひらがごしやういかがつかまつりさふらふべき。みのみにてさふらひしほどは、しゆつしにまぎれ、せいむにほだされ、けうまんのこころのみふかうして、たうらいのしようちんをかへりみず。いはんやうんつきよみだれて、みやこをいでしのちは、ここにたたかひかしこにあらそひ、ひとをほろぼしみをたすからんとおもふあくしんのみさへぎつて、ぜんしんはかつておこらず。なかんづくなんとえんしやうのことは、わうめいとまうしぶめいといひ、きみにつかへよにしたがふほふのがれがたうして、しゆとのあくぎやうをしづめんがためにまかりむかつてさふらへば、ふりよにがらんのめつばうにおよびぬることは、ちからおよばざるしだいなり。されどもときのたいしやうぐんにてさふらひしあひだ、せめいちじんにきすとかやまうしさふらふなれば、しげひらいちにんがざいごふにこそなりさふらひぬらめとおぼえさふらふ。いままたかれこれはぢをさらすも、しかしながらそのむくいとのみこそおもひしられてさふらへ。いまはかみをそり、こつじきづだのぎやうをもして、ひとへにぶつだうしゆぎやうしたくさふらへども、かかるみにまかりなつてさふらへば、こころにこころをもまかせさふらはず。いかなるぎやうをしゆしても、いちごふたすかるべしともおぼえぬことこそくちをしうさふらへ。つらつらいつしやうのけぎやうをあんずるに、ざいごふはしゆみよりもたかく、ぜんごんはみぢんばかりもたくはへなし。かくていのちむなしうをはりさふらひなば、くわけつたうのくくわ、あへてうたがひなし。ねがはくは、しやうにんじひをおこし、あはれみをたれたまひて、かかるP205あくにんのたすかりぬべきほうぼふさふらはば、しめしたまへ」とまうされければ、しやうにんなみだにむせびうつぶして、しばしはとかうのことものたまはず。
ややあつてしやうにんのたまひけるは、「まことにうけがたきにんじんをうけながら、むなしくさんづにかへりましまさんこと、かなしんでもなほあまりあり。しかるにいまゑどをいとひ、じやうどをねがはんとおぼしめさば、あくしんをすててぜんしんをおこしましまさんにおいては、さんぜのしよぶつもさだめてずゐきしたまふらん。それしゆつりのみちまちまちなりとはまうせども、まつぽふぢよくらんのきには、しようみやうをもつてすぐれたりとす。こころざしをくほんにわかち、ぎやうをろくじにつづめて、いかなるぐちあんどんのものもとなふるにたよりあり。つみふかければとて、ひげしたまふべからず。じふあくごぎやくゑしんすればわうじやうをとぐ。くどくすくなければとて、のぞみをたつべからず。いちねんじふねんのこころをいたせばらいかうす。せんしやうみやうがうしさいはうとしやくして、もつぱらみやうがうをしようずれば、さいはうにいたり、ねんねんしようみやうじやうざんげとのたまひて、ねんねんにみだをとなふれば、ざんげするなりとぞをしへける。りけんそくぜみだがうをたのめば、まえんちかづかず。いつしやうしようねんざいかいぢよとねんずれば、つみみなのぞけりとみえたり。じやうどしうのしごくは、おのおのりやくをぞんじて、たいりやくこれをかんじんとす。ただしわうじやうのとくふは、しんじんのいうぶによるべし。ただこのをしへをふかくしんじて、ぎやうぢうざぐわ、じしよしよえんをきらはず、さんげふしゐぎにおいて、しんねんくしようをわすれたまはずは、ひつみやうをごとして、このくゐきのかいをいでて、かのごくらくじやうどのふたいのどにわうじやうしたまはんこと、なんのうたがひかあらんや」とP206けうげしたまへば、さんみのちうじやうなのめならずよろこび、「ねがはくは、このついでにかいをたもたばやとはぞんじさふらへども、しゆつけつかまつらではかなひさふらふまじや」とまうされたりければ、しやうにん、「しゆつけせぬひとも、かいをたもつことはつねのならひなり」とて、ひたひにかみそりをあて、そるまねをして、じつかいをさづけらる。ちうじやうずゐきのなみだをながいて、これをうけたもちたまふ。しやうにんもよろづものあはれにおぼえて、かきくらすここちして、なくなくかいをぞとかれける。おんふせとおぼしくて、ひごろおはしてあそばれけるさぶらひのもとにあづけおかれたりけるおんすずりを、ともときしてめしよせて、しやうにんにたてまつり、「これをばひとにたびさふらはで、つねにおんめのかからんずるところにおかれさふらひて、それがしがものぞかしとごらんぜられんたびごとには、おんねんぶつさふらふべし。またおんひまには、きやうをもいつくわんごゑかうさふらはば、しかるべうさふらふ」とまうされければ、しやうにんとかうのへんじにもおよびたまはず、これをとつてふところにいれ、すみぞめのそでをかほにおしあて、なくなくくろだにへぞかへられける。くだんのすずりは、しんぷにふだうしやうこく、そうてうのみかどへ、しやきんをおほくまゐらさせたまひたりしかば、へんぱうとおぼしくて、につぽんわだのへいたいしやうこくのもとへとて、おくられたりけるとかや。なをばまつかげとぞまうしける。P207
「かいだうくだり」(『かいだうくだり』)S1006さるほどにほんざんみのちうじやうしげひらのきやうをば、かまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、しきりにまうされければ、さらばくださるべしとて、とひのじらうさねひらがてより、くらうおんざうしのしゆくしよへわたしたてまつる。おなじきさんぐわつとをかのひ、かぢはらへいざうかげときにぐせられて、くわんとうへこそくだられけれ。さいこくにていかにもなるべかりしひとの、いきながらとらはれて、みやこへのぼりたまふだにくちをしきに、いまさらまたせきのひんがしへおもむかれんこころのうち、おしはかられてあはれなり。しのみやがはらになりぬれば、ここはむかしえんぎだいしのわうじせみまるの、せきのあらしにこころをすまし、びはをひきたまひしに、はくがのさんみといつしひと、かぜのふくひもふかぬひも、あめのふるよもふらぬよも、みとせがあひだあゆみをはこび、たちききて、かのさんきよくをつたへけん、わらやのとこのいにしへも、おもひやられてあはれなり。あふさかやまうちこえて、せたのからはし、こまもとどろとふみならし、ひばりあがれるのぢのさと、しがのうらなみはるかけて、かすみにくもるかがみやま、ひらのたかねをきたにして、いぶきのだけもちかづきぬ。こころをとむとしなけれども、あれてなかなかやさしきは、ふはのせきやのいたびさし、いかにP208なるみのしほひがた、なみだにそではしをれつつ、かのありはらのなにがしの、からごろもきつつなれにしとながめけん、みかはのくにのやつはしにもなりぬれば、くもでにものをとあはれなり。はまなのはしをわたりたまへば、まつのこずゑにかぜさえて、いりえにさわぐなみのおと、さらでもたびはものうきに、こころをつくすゆふまぐれ、いけだのしゆくにもつきたまひぬ。かのしゆくのちやうじやゆやがむすめ、じじうがもとに、そのよはさんみしゆくせられけり。じじう、さんみのちうじやうどのをみたてまつて、「ひごろはつてにだにおぼしめしよりたまはぬひとの、けふはかかるところへいらせたまふことのふしぎさよ」とて、いつしゆのうたをたてまつる。
たびのそらはにふのこやのいぶせさにふるさといかにこひしかるらむ W078
ちうじやうのへんじに、
ふるさともこひしくもなしたびのそらみやこもつひのすみかならねば W079
ややあつて、ちうじやう、かぢはらをめして、「さてもただいまのうたのぬしは、いかなるものぞ。やさしうもつかまつたるものかな」とのたまへば、かげときかしこまつてまうしけるは、「きみはいまだしろしめされさふらはずや。あれこそやしまのおほいとのの、いまだたうごくのかみにてわたらせたまひしとき、めされまゐらせて、ごさいあいさふらひしに、らうぼをこれにとどめおき、つねはいとまをまうししかども、たまはらざりければ、ころはやよひのはじめにてもやさふらひけん、
いかにせむみやこのはるもをしけれどなれしあづまのはなやちるらむ W080
とP209いふめいかつかまつり、いとまをたまはつてまかりくだりさふらひし、かいだういちのめいじんにてさふらふ」とぞまうしける。みやこをいでてひかずふれば、やよひもなかばすぎ、はるもすでにくれなんとす。ゑんざんのはなはのこんのゆきかとみえて、うらうらしまじまかすみわたり、こしかたゆくすゑのことどもをおもひつづけたまふにも、「こはさればいかなるしゆくごふのうたてさぞ」とのたまひて、ただつきせぬものはなみだなり。おんこのいちにんもおはせぬことを、ははのにゐどのもなげき、きたのかただいなごんのすけどのも、ほいなきことにしたまひて、よろづのかみほとけにかけていのりまうされけれども、そのしるしなし。「かしこうぞなかりける。こだにもあらましかば、いかばかりおもふことあらむ」とのたまひけるこそせめてのことなれ。さやのなかやまにかかりたまふにも、またこゆべしともおぼえねば、いとどあはれのかずそひて、たもとぞいたくぬれまさる。うつのやまべのつたのみち、こころぼそくもうちこえて、てごしをすぎてゆけば、きたにとほざかつて、ゆきしろきやまあり。とへばかひのしらねといふ。そのときさんみのちうじやうおつるなみだをおさへつつ、
をしからぬいのちなれどもけふまでにつれなきかひのしらねをもみつ W081
きよみがせきうちこえて、ふじのすそのになりぬれば、きたにはせいざんががとして、まつふくかぜさくさくたり。みなみにはさうかいまんまんとして、きしうつなみもぼうぼうたり。「こひせばやせぬべし、こひせずもありけり」と、みやうじんのうたひはじめたまひけん、あしがらのやまうちこえて、P210こゆるぎのもり、まりこがは、こいそ、おほいそのうらうら、やつまと、とがみがはら、みこしがさきをもうちすぎて、いそがぬたびとはおもへども、ひかずやうやうかさなれば、かまくらへこそいりたまへ。
「せんじゆ」(『せんじゆのまへ』)S1007さるほどにひやうゑのすけどの、さんみのちうじやうどのにたいめんあつてまうされけるは、「そもそもよりとも、きみのおんいきどほりをやすめたてまつり、ちちのはぢをきよめんとおもひたちしうへは、へいけをほろぼさんこと、あんのうちにぞんぜしかども、まさしうかやうにおんめにかかるべしとは、かけてはぞんじさふらはず。このぢやうでは、やしまのおほいとののげんざんにもいりぬべしとおぼえさふらふ。さてもなんとえんしやうのことは、こにふだうしやうこくのごせいばいにてさふらひけるか、またときにとつてのおんぱからひか、もつてのほかのざいごふでこそさふらふめれ」とまうされければ、さんみのちうじやうのたまひけるは、「まづなんとえんしやうのことは、こにふだうしやうこくのせいばいにもあらず、またしげひらがわたくしのほつきにてもさふらはず。しゆとのあくぎやうをしづめんがために、まかりむかつてさふらひしほどに、ふりよにがらんのめつぼうにおよびさふらひぬることは、ちからおよばざるしだいなり。ことあたらしきまうしごとにてさふらへども、むかしはげんぺいさうにあらそひて、てうかのおんかためたりしかども、P211ちかごろはげんじのうんかたぶきたつしこと、ひとみなぞんぢのむねなり。なかんづくたうけはほうげんへいぢよりこのかた、どどのてうてきをたひらげ、けんじやうみにあまり、かたじけなくもいつてんのきみのごぐわいせきとして、ていそだいじやうだいじんにいたり、いちぞくのしようじんろくじふよにん、にじふよねんがこのかたは、くわんかかいてんがにかたをならぶるものもさふらはず。それにつきさふらひては、ていわうのおんかたきうつたるものは、しちだいまでてうおんつきずとまうすことは、きはめたるひがごとにてぞさふらひける。そのゆゑは、まのあたりこにふだうしやうこくは、きみのおんためにいのちをうしなはんとすることどどにおよぶ。されどもそのみいちだいのさいはひにて、しそんかやうになるべきやは。うんつきよみだれて、みやこをいでしのちは、かばねをさんやにさらし、うきなをさいかいのなみにながさばやとこそぞんぜしに、いきながらとらはれて、これまでくだるべしとは、ゆめゆめぞんじさふらはず。ただぜんぜのしゆくごふこそくちをしうさふらへ。ただしいんたうはかたいにとらはれ、ぶんわうはいうりにとらはるといふもんあり。しやうこなほかくのごとし。いはんやまつだいにおいてをや。ゆみやとるみの、かたきのてにわたつて、いのちをうしなはんこと、まつたくはぢにてはぢならず。ただはうおんには、とくとくかうべをはねらるべし」とて、そののちはものをものたまはず。かぢはらこれをうけたまはつて、「あつぱれたいしやうぐんや」とてなみだをながす。さぶらひどももみなそでをぞぬらしける。ひやうゑのすけどのもまことにあはれにおもはれければ、「そもそもへいけを、よりともがわたくしのかたきとは、ゆめゆめおもひたてまつらず。ただていわうのおほせこそおもうさふらへ。さりながらもなんとをほろぼされたるP212がらんのかたきなれば、だいしゆさだめてまうすむねもやあらんずらん」とて、いづのくにのぢうにん、かののすけむねもちにぞあづけられける。そのてい、めいどにてしやばせかいのざいにんを、なぬかなぬかにじふわうのてへわたさるらんも、かくやとおぼえてあはれなり。されどもかののすけは、なさけあるものにて、いたうきびしうもあたりたてまつらず、やうやうにいたはりまゐらせ、あまつさへゆどのしつらひなんどして、おんゆひかせたてまつる。ちうじやうみちすがらのあせいぶせかりければ、みをきよめてうしなはれんにこそとおもひて、まちたまふところに、ややあつて、としのよはひにじふばかんなるにようばうの、いろしろうきよげにて、かみのかかりまことにうつくしきが、めゆひのかたびらに、そめつけのゆまきして、ゆどののとおしあけてまゐりたり。そのあとに、じふしごばかんなるめのわらはの、かみはあこめだけなりけるが、こむらごのかたびらきて、はんざふたらひにくしいれてもつてまゐりたり。このにようばうかいしやくにて、ややひさしうおゆひかせたてまつり、かみあらひなんどして、いとままうしていでけるが、「をとこなんどはことなうもぞおぼしめす。をんなはなかなかくるしかるまじとて、かまくらどのよりまゐらせられてさぶらふ。なにごともおぼしめすことあらば、うけたまはつてまうせとこそ、ひやうゑのすけどのはおほせさぶらひつれ」。ちうじやう、「いまはかかるみとなつて、なにごとをかおもふべき。ただおもふこととては、しゆつけぞしたき」とのたまへば、かのにようばうかへりまゐつて、ひやうゑのすけどのにこのよしをまうす。ひやうゑのすけどの、「それおもひもよらず。わたくしのかたきならばこそ。てうてきとしてあづかりたてまつたれば、かなふまじ」とぞのたまひける。かのをんなまゐつて、さんみのちうじやうどのにこのよしをP213まうし、いとままうしていでければ、ちうじやう、しゆごのぶしにのたまひけるは、「さてもただいまのにようばうは、いうなりつるものかな。なをばなにといふやらん」ととひたまへば、かののすけまうしけるは、「あれはてごしのちやうじやがむすめでさふらふが、みめかたち、こころざま、いうにわりなきものとて、このにさんかねんは、すけどのにめしおかれてさふらふ。なをばせんじゆのまへとまうしさふらふ」とぞまうしける。
そのゆふべあめすこしふつて、よろづものさびしげなるをりふし、くだんのにようばう、びはこともたせてまゐりたり。かののすけも、いへのこらうどうじふよにんひきぐして、ちうじやうどののおんまへちかうさふらひけるが、しゆをすすめたてまつる。せんじゆのまへしやくをとる。ちうじやうすこしうけて、いときようなげにておはしければ、かののすけまうしけるは、「かつきこしめされてもやさふらふらん。むねもちは、もといづのくにのものにてさふらへば、かまくらではたびにてさふらへども、こころのおよばんほどはほうこうつかまつりさふらふべし。なにごともおぼしめすことあらば、うけたまはつてまうせと、ひやうゑのすけどのおほせさふらふ。それなにごとにてもまうして、しゆをすすめたてまつりたまへ」といひければ、せんじゆのまへ、しやくをさしおき、「らきのちよういたる、なさけなきことをきふにねたむ」といふらうえいを、いちりやうへんしたりければ、さんみのちうじやう、「このらうえいをせんひとをば、きたののてんじん、まいにちさんどかけつて、まぼらんとちかはせたまふとなり。されどもしげひらは、こんじやうにては、はやすてられたてまつたるみなれば、じよいんしてもなにかせん。ただしざいしやうかるみぬべきことならば、したがふべし」とのたまへば、せんじゆのまへやがて、「じふあくといへどもP214
なほいんぜふす」といふらうえいをして、「ごくらくねがはんひとは、みなみだのみやうがうをとなふべし」といふいまやうを、しごへんうたひすましたりければ、そのときちうじやうさかづきをかたぶけらる。せんじゆのまへたまはつてかののすけにさす。むねもちがのむときに、ことをぞひきすましたる。さんみのちうじやう、「ふつうにはこのがくをば、ごしやうらくといへども、いましげひらがためには、ごしやうらくとこそくわんずべけれ。やがてわうじやうのきふをひかん」とたはぶれ、びはをとり、てんじゆをねぢて、わうじやうのきふをぞひかれける。かくてよもやうやうふけ、よろづこころのすむままに、「あなおもはずや、あづまにもかかるいうなるひとのありけるよ。それなにごとにてもいまひとこゑ」とのたまへば、せんじゆのまへかさねて、「いちじゆのかげにやどりあひ、おなじながれをむすぶも、みなこれぜんぜのちぎり」といふしらびやうしを、まことにおもしろうかぞへたりければ、さんみのちうじやうも、「ともしびくらうしては、すかうぐしがなんだ」といふらうえいをぞせられける。たとへばこのらうえいのこころは、むかしもろこしにかんのかうそとそのかううとくらゐをあらそひ、かつせんすることしちじふにど、たたかひごとにかううかちぬ。されどもつひには、かううたたかひまけてほろびしとき、すゐといふむまのいちにちにせんりをとぶにのつて、ぐしといふきさきとともに、にげさらんとしたまへば、むまいかがおもひけん、あしをととのへてはたらかず。かううなみだをながいて、わがゐせいすでにすたれたり。かたきのおそふはことのかずならず。ただこのきさきにわかれんことをのみ、なげきかなしみたまひけり。ともしびくらうなりしかば、ぐしこころぼそさになみだをながす。ふけゆくままには、ぐんびやうしめんにときをつくる。このこころをきつしやうこうのしにつくれるを、P215さんみのちうじやういまおもひいで、くちずさびたまふにや、いとやさしうぞきこえし。さるほどによもあけければ、かののすけいとままうしてまかりいづ。せんじゆのまへもかへりけり。そのあしたひやうゑのすけどのは、ぢぶつだうにほけきやうようでおはしけるところへ、せんじゆのまへかへりまゐりたり。ひやうゑのすけどのうちゑみたまひて、「さてもゆふべちうじんをば、おもしろうもしつるものかな」とのたまへば、さいゐんのじくわんちかよし、おんまへにものかいてさふらひけるが、「なにごとにてさふらふやらん」とまうしければ、すけどののたまひけるは、「へいけのひとびとは、このにさんかねんは、いくさかつせんのいとなみのほかは、またたじあるまじきとこそおもひしに、さてもさんみのちうじやうのびはのばちおと、らうえいのくちずさび、よもすがらたちききつるに、いうにやさしきひとにておはしけり」とのたまへば、ちかよしまうしけるは、「たれもゆふべうけたまはりたくさふらひしかども、をりふしあひいたはることのさふらひて、うけたまはらずさふらふ。こののちはつねにたちききさふらふべし。へいけはだいだいかじんさいじんたちにてわたらせたまひさふらふ。せんねんあのひとびとを、はなにたとへてさふらひしには、このさんみのちうじやうどのをば、ぼたんのはなにたとへてさふらひしか」とぞまうしける。さんみのちうじやうのびはのばちおと、らうえいのくちずさみ、ひやうゑのすけどの、のちまでもありがたきことにぞのたまひける。そののちちうじやうなんとへわたされて、きられたまひぬときこえしかば、せんじゆのまへは、なかなかものおもひのたねとやなりにけん、やがてさまをかへ、こきすみぞめにやつれはてて、しなののくにぜんくわうじにおこなひすまして、かのごせぼだいを、とぶらひけるぞあはれなる。P216
「よこぶえ」(『よこぶえ』)S1008さるほどにこまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうは、みがらはやしまにありながら、こころはみやこへかよはれけり。ふるさとにとどめおきたまひしきたのかたをさなきひとびとのおもかげのみ、みにひしとたちそひて、わするるひまもなかりければ、あるにかひなきわがみかなとて、じゆえいさんねんさんぐわつじふごにちのあかつき、しのびつつやしまのたちをばまぎれいで、よさうびやうゑしげかげ、いしどうまるといふわらは、ふねにこころえたればとて、たけさとといふとねり、これさんにんをめしぐして、あはのくにゆふきのうらよりふねにのり、なるとのおきをこぎすぎて、きのぢへおもむきたまひけり。わか、ふきあげ、そとほりひめのかみとあらはれたまへるたまつしまのみやうじん、にちぜんこくけんのおまへをすぎて、きのみなとにこそつきたまへ。それよりやまづたひにみやこへのぼり、こひしきものどもをも、いまいちどみもし、みえばやとはおもはれけれども、をぢほんざんみのちうじやうどののいけどりにせられて、きやうかまくらはぢをさらさせたまふだにもくちをしきに、このみさへとらはれて、ちちのかばねにちをあやさんこともこころうしとて、ちたびこころはすすめども、こころにこころをからかひて、かうやのおやまへまゐりたまふ。かうやにとしごろしりたまへるひじりあり。さんでうのさいとうざゑもんもちよりがこに、さいとうたきぐちときよりとて、P217もとはこまつどののさぶらひたりしが、じふさんのとしほんじよへまゐりたり。けんれいもんゐんのざふしよこぶえといふをんなあり。たきぐちこれにさいあいす。ちちこのよしをつたへきいて、「よにあらんもののむこごにもなし、しゆつしなんどをも、こころやすうせさせんとおもひゐたれば、よしなきものをおもひそめて」など、あながちにいさめければ、たきぐちまうしけるは、「せいわうぼといつしひとも、むかしはあつていまはなし。とうばうさくとききしものも、なをのみききてめにはみず。らうせうふぢやうのさかひは、ただせきくわのひかりにことならず。たとひひとぢやうみやうといへども、しちじふはちじふをばすぎず。そのうちにみのさかんなることは、わづかににじふよねんなり。ゆめまぼろしのよのなかに、みにくきものを、かたときもみてなにかせん。おもはしきものをみんとすれば、ちちのめいをそむくににたり。これぜんぢしきなり。しかじ、うきよをいとひ、まことのみちにいりなん」とて、じふくのとしもとどりきつて、さがのわうじやうゐんにおこなひすましてぞゐたりける。
よこぶえこのよしをつたへきいて、われをこそすてめ、さまをさへかへけんことのうらめしさよ。たとひよをばそむくとも、などかはかくとしらせざらん。ひとこそこころづよくとも、たづねてうらみんとおもひつつ、あるくれがたにみやこをいでて、さがのかたへぞあくがれける。ころはきさらぎとをかあまりのことなれば、うめづのさとのはるかぜに、よそのにほひもなつかしく、おほゐがはのつきかげも、かすみにこめておぼろなり。ひとかたならぬあはれさも、たれゆゑとこそおもひけめ。わうじやうゐんとはききつれども、さだかにいづれのばうともしらざれば、P218ここにやすらひかしこにたたずみ、たづねかぬるぞむざんなる。すみあらしたるそうばうに、ねんじゆのこゑしけるを、たきぐちにふだうがこゑとききすまして、「おんさまのかはりておはすらんをも、みもしみえまゐらせんがために、わらはこそこれまでまゐつてさぶらへ」と、ぐしたるをんなにいはせければ、たきぐちにふだう、むねうちさわぎ、あさましさに、しやうじのひまよりのぞきてみれば、すそはつゆ、そではなみだにうちしをれつつ、すこしおもやせたるかほばせ、まことにたづねかねたるありさま、いかなるだいだうしんじやも、こころよわうなりぬべし。たきぐちにふだう、ひとをいだいて、「まつたくこれにはさるひとなし。もしかどたがへにてもやさふらふらん」と、いはせたりければ、よこぶえなさけなううらめしけれども、ちからおよばず、なみだをおさへてかへりけり。そののちたきぐちにふだう、どうしゆくのそうにかたりけるは、これもよにしづかにて、ねんぶつのしやうげはさふらはねども、あかでわかれしをんなに、このすまひをみえてさふらへば、たとひいちどはこころづよくとも、またもしたふことあらば、こころもはたらきさふらひなんず。いとままうす」とて、さがをばいでてかうやへのぼり、しやうじやうしんゐんにおこなひすましてぞゐたりける。よこぶえもやがてさまをかへぬるよしきこえしかば、たきぐちにふだう、いつしゆのうたをぞおくりける。
そるまではうらみしかどもあづさゆみまことのみちにいるぞうれしき W082
よこぶえがへんじに、
そるとてもなにかうらみむあづさゆみひきとどむべきこころならねば W083 
P219そののちよこぶえは、ならのほつけじにありけるが、そのおもひのつもりにや、いくほどなくて、つひにはかなくなりにけり。たきぐちにふだうこのよしをつたへきいて、いよいよふかうおこなひすましてゐたりければ、ちちもふけうをゆるしけり。したしきものどももみなもちひて、かうやのひじりとぞまうしける。さんみのちうじやう、このひじりにたづねあひてみたまふに、みやこにありしときは、ほういにたてゑぼし、えもんをつくろひ、びんをなで、はなやかなりしをのこなり。しゆつけののちは、けふはじめてみたまふに、いまださんじふにもならざるが、らうそうすがたにやせおとろへ、こきすみぞめにおなじけさ、かうのけぶりにしみかをり、さかしげにおもひいつたるだうしんじや、うらやましうやおもはれけん。かのしんのしちげん、かんのしかうがすみけん、しやうざん、ちくりんのありさまも、これにはすぎじとぞみえし。
「かうやのまき」(『かうやのまき』)S1009たきぐちにふだう、さんみのちうじやうをみたてまつり、「こはうつつともおぼえさふらはぬものかな。さてもやしまをば、なにとしてかはのがれさせたまひてさふらふやらん」とまうしければ、さんみのちうじやう、「さればとよ、みやこをばひとなみなみにいでて、さいこくへおちくだりたりしかども、P220ふるさとにとどめおきたりしをさなきものどもがおもかげのみ、みにひしとたちそひて、わするるひまもなかりしかば、そのものおもふこころや、いはぬにしるくやみえけん、おほいとのもにゐどのも、このひとはいけのだいなごんのやうに、よりともにこころをかよはして、ふたごころありなんとおもひへだてたまふあひだ、いとどこころもとどまらで、これまであくがれいでたんなり。これにてしゆつけして、ひのなかみづのそこへも、いりなばやとはおもへども、ただしくまのへまゐりたきしゆくぐわんあり」とのたまへば、たきぐちにふだうまうしけるは、「ゆめまぼろしのよのなかは、とてもかくてもさふらひなんず。ただながきよのやみこそこころうかるべうさふらへ」とぞまうしける。やがてこのたきぐちにふだうをせんだちにて、だうたふじゆんれいして、おくのゐんへぞまゐられける。かうやさんはていせいをさつてじはくり、きやうりをはなれてむにんじやう、せいらんこずゑをならしては、せきじつのかげしづかなり。はちえふのみね、やつのたに、まことにこころもすみぬべし。はなのいろはりんぶのそこにほころび、れいのおとはをのへのくもにひびけり。かはらにまつおひかきにこけむして、せいざうひさしくおぼえたり。むかしえんぎのみかどのおんとき、ごむさうのおんつげあつて、ひはだいろのぎよいをまゐらさせたまふに、ちよくしちうなごんすけずみのきやう、はんにやじのそうじやうくわんげんをあひぐして、このおやまにのぼり、みめうのとびらをおしひらき、おんころもをきせたてまつらんとしけるに、きりあつうへだたつて、だいしをがまれさせたまはず。ときにくわんげんふかくしうるゐして、「われひものたいないをいでて、ししやうのしつにいつしよりこのかた、いまだきんかいをぼんぜず、さればなどかP221をがみたてまつらざるべき」とて、ごたいをちになげ、ほつろていきふしたまへば、やうやうきりはれて、つきのいづるがごとくに、だいしをがまれさせたまひけり。そのときくわんげんずゐきのなみだをながいて、おんころもをきせたてまつり、おんぐしのながうおひのびさせたまひたるをも、そりたてまつるぞありがたき。ちよくしとそうじやうはをがみたまへども、そうじやうのおんでし、いしやまのないくしゆんいう、そのときはいまだとうぎやうにてぐぶせられたりしが、だいしををがみたてまつらずして、ふかうなげきしづんでおはしけるを、そうじやうてをとつて、だいしのおんひざにおしあてられたりければ、そのていちごがあひだ、かうばしかりけるとかや。そのうつりがは、いしやまのしやうげうにのこつて、いまにありとぞうけたまはる。だいし、みかどのおんぺんじにまうさせたまひけるは、「われむかしさつたにあひて、まのあたりことごとくいんみやうをつたふ。むびのせいぐわんをおこして、へんりのいゐきにはんべり。ちうやにばんみんをあはれんで、ふげんのひぐわんにぢうせり。にくしんにさんまいをしようじて、じしのげしやうをまつ」とぞまうさせたまひける。かのまかかせふのけいそくのほらにこもつて、しづのはるのかぜをこしたまふらんも、かくやとぞおぼえける。ごにふぢやうは、しようわにねんさんぐわつにじふいちにち、とらのいつてんのことなれば、すぎにしかたはさんびやくよさい、ゆくすゑもなほごじふろくおくしちせんまんざいののち、じそんのしゆつせ、さんゑのあかつきをまたせたまふらんこそひさしけれ。P222
「これもりのしゆつけ」(『これもりのしゆつけ』)S1010「これもりがみのいつとなく、せつせんのとりのなくらんやうに、けふよあすよとおもふことを」とて、なみだぐみたまふぞあはれなる。しほかぜにくろみ、つきせぬものおもひにやせおとろへて、そのひととはみえたまはねども、なほよのひとにはすぐれたまへり。そのよはたきぐちにふだうがあんじつにかへつて、むかしいまのものがたりどもしたまひけり。ふけゆくままに、ひじりがぎやうぎをみたまへば、しごくじんじんのゆかのうへには、しんりのたまをみがくらんとみえて、ごやじんでうのかねのこゑには、しやうじのねぶりをさますらんともおぼえたり。のがれぬべくは、かくてもあらまほしうやおもはれけん。あけければ、とうぜんゐんのちかくしやうにんとまうすひじりをしやうじたてまつて、しゆつけせんとしたまひけるが、よさうびやうゑしげかげ、いしどうまるをめしてのたまひけるは、「これもりこそひとしれぬおもひをみにそへながら、みちせばうのがれがたきみなれば、いかにもなるといふとも、なんぢらはいのちをすつべからず。このごろはよにあるひとこそおほけれ。われいかにもなりなんのち、いそぎみやこへのぼつて、おのおのがみをもたすけ、かつうはさいしをもはぐくみ、かつうはこれもりがごせをもとぶらへかし」とのたまへば、ににんのものども、なみだにむせびうつぶして、しばしはとかうのP223おんぺんじにもおよばず。ややあつて、しげかげなみだをおさへてまうしけるは、「しげかげがちちよさうざゑもんかげやすは、へいじのげきらんのとき、ことののおんともにさふらひて、にでうほりかはのへんにて、かまだびやうゑとくんで、あくげんだにうたれさふらひぬ。しげかげもなじかはおとりさふらふべきなれども、そのときはいまだにさいになりさふらへば、すこしもおぼえさふらはず。ははにはしちさいにておくれさふらひぬ。なさけをかくべきしたしきもの、いちにんもさふらはざりしに、こおほいとの、おんあはれみさふらひて、あれはわがいのちにかはりたりしもののこなればとて、あさゆふおんまへにて、そだてられまゐらせて、しやうねんここのつとまうししとき、きみのおんげんぶくさふらひしよ、かたじけなくもかしらをとりあげられまゐらせて、『もりのじはいへのじなれば、ごだいにつく。しげのじをばまつわうに』とおほせられて、しげかげとはめされまゐらせけるなり。そのうへわらはなをまつわうとまうしけることも、うまれていみごじふにちとまうすに、ちちがいだいてまゐりたりしかば、『このいへをこまつといへば、いはうてつくるなり』とおほせられて、まつわうとはつけられまゐらせてさふらひけるなり。ちちがようてしにけるも、わがみのみやうがとおぼえさふらふ。ずゐぶんどうれいどもにも、ほうじんせられてこそまかりすぎさふらひしか。さればごりんじうのおんときも、このよのなかのことをば、おぼしめしすてて、いちじもおほせられざりしに、しげかげをおんまへへめして、『あなむざん、なんぢはしげもりをちちがかたみとおもひ、しげもりはなんぢをかげやすがかたみとおもひてこそすごしつれ。こんどのぢもくにゆきへのじようになして、ちちかげやすをよびしやうに、めさばやとこそおぼしめしつるに、むなしうなるこそP224かなしけれ。
あひかまへてせうしやうどののおんこころにばしたがひまゐらすな』とこそおほせさふらひしか。ひごろはしぜんのこともさふらはば、まづまつさきにいのちをたてまつらうどこそぞんじさふらひしに、みすてまゐらせておつべきものとおぼしめされさふらふおんこころのうちこそはづかしうさふらへ。『このごろはよにあるひとこそおほけれ』と、おほせをかうむりさふらふは、たうじのごとくんば、みなげんじのらうどうどもこそさふらふらめ。きみのかみにもほとけにもならせたまひなんのち、たのしみさかえさふらふとも、せんねんのよはひをふるべきか。たとひまんねんをたもちさふらふとも、つひにはをはりのなかるべきかは。これにすぎたるぜんぢしき、なにごとかさふらふべき」とて、てづからもとどりきつて、たきぐちにふだうにぞそらせける。いしどうまるもこれをみて、もとゆひぎはよりかみをきる。これもやつよりつきまゐらせて、しげかげにもおとらず、ふびんにしたまひしかば、おなじうたきぐちにふだうにぞそられける。これらがさきだつてかやうになるをみたまふにつけても、いとどこころぼそうぞなられける。「あはれいかにもして、かはらぬすがたをいまいちど、こひしきものどもにみえてのち、かくならばおもふことあらじ」とのたまひけるこそせめてのことなれ。さてしもあるべきことならねば、「るてんさんがいちう、おんあいふのうだん、きおんにふむゐ、しんじつはうおんじや」とさんべんとなへたまひて、つひにそりおろさせたまひてげり。さんみのちうじやうとよさうびやうゑは、どうねんにてことしはにじふしちさいなり。いしどうまるはじふはちにぞなりにける。ややあつてとねりたけさとをめして、「あなかしこ、なんぢはこれよりみやこへはのぼるべからずP225。そのゆゑはつひにはかくれあるまじけれども、まさしうこのありさまをきいては、やがてさまをもかへんずらんとおぼゆるぞ。ただこれよりやしまへまゐつて、ひとびとにまうさんずることはよな。『かつごらんじさふらひしやうに、おほかたのせけんもものうく、あぢきなさもよろづかずそひておぼえしほどに、ひとびとにかくともしらせまゐらせずして、かやうにまかりなりさふらひぬることは、さいこくにてひだんのちうじやううせさふらひぬ。いちのたににてびつちうのかみうたれさふらひぬ。これもりさへかやうになりさふらへば、いかにおのおののたよりなうおぼしめされさふらはんずらんと、それのみこそこころぐるしうさふらへ。そもそもからかはといふよろひ、こがらすといふたちは、へいしやうぐんさだもりよりこのかた、たうけにつたへて、これもりまではちやくちやくくだいにあひあたる。こののちもしうんめいひらけて、みやこへかへりのぼらせたまふこともさふらはば、ろくだいにたぶべし』とまうすべし」とぞのたまひける。たけさとなみだにむせびうつぶして、しばしはとかうのおんぺんじにもおよばず。ややあつてなみだをおさへてまうしけるは、「いづくまでもおんともまうし、さいごのおんありさまをもみまゐらせてのちこそ、やしまへもまゐらめ」とまうしければ、さらばとてめしぐせらる。ぜんぢしきのためにとて、たきぐちにふだうをもぐせられけり。かうやをばやまぶししゆぎやうじやのやうにいでたつて、おなじきくにのうち、さんどうへこそいでられけれ。ふじしろのわうじをはじめたてまつて、わうじわうじをふしをがみ、まゐりたまふほどに、せんりのはまのきた、いはしろのわうじのおんまへにて、かりしやうぞくなるもの、しちはつきがほどゆきあひたてまつる。「すでにからめとらんずるにこそ。はらをきらん」とおのおのこしのかたなにてをかけたまふところにP226、さはなくして、むまよりおり、ちかづきたてまつたりけれども、すこしもあやまつべきけしきもなく、ふかうかしこまつてとほりぬ。このへんにもみしりまゐらせたるもののあるにこそ、たれなるらんとはづかしくて、いとどあしばやにぞさしたまふ。これはたうごくのぢうにん、ゆあさのごんのかみむねしげがこ、ゆあさのしちらうびやうゑむねみつといふものなり。らうどうども、「あれはいかに」ととひければ、「あれこそこまつのおほいとののおんちやくし、さんみのちうじやうどのよ。そもそもやしまをば、なにとしてかはのがれさせたまひたりけるやらん。はやおんさまかへさせたまひたり。よさうびやうゑ、いしどうまるもおなじうしゆつけして、おんともにぞまゐりける。ちかづきまゐつて、おんげんざんにもいりたかりつれども、おんはばかりもぞおぼしめすとてとほりぬ。あなあはれなりけるおんことかな」とて、そでをかほにおしあてて、さめざめとなきければ、らうどうどももみなかりぎぬのそでをぞぬらしける。
「くまのさんけい」(『くまのさんけい』)S1011やうやうさしたまふほどに、いはだがはにもつきたまひぬ。このかはのながれをいちどもわたるものは、あくごふぼんなうむしのざいしやうきゆなるものをと、たのもしうぞおぼしめす。ほんぐうしようじやうでんのごぜんにて、しづかにほつせまゐらせて、よもすがらおやまのていをながめたまふに、こころもことばもP227およばれず。だいひおうごのかすみは、ゆやさんにたなびき、れいげんぶさうのしんめいは、おとなしがはにあとをたる。いちじようしゆぎやうのきしには、かんおうのつきくまもなく、ろくこんざんげのにはには、まうざうのつゆもむすばず。いづれもいづれもたのもしからずといふことなし。よふけひとしづまつてのち、けいびやくしたまひけるは、ちちのおとどのこのおんまへにて、いのちをめしてごせをたすけさせたまへと、いのりまうさせたまひしおんことなどまでも、おぼしめしいでてあはれなり。「なかにもたうざんごんげんは、ほんぢあみだによらいにておはします。せつしゆふしやのほんぐわんあやまたず、じやうどへみちびきたまへ」と、いのりまうされける。なかにもふるさとにとどめおきたまひしさいしあんをんにと、いのられけるこそかなしけれ。うきよをいとひ、まことのみちにいりたまへども、まうじふはなほつきずとおぼえて、あはれなりしことどもなり。あけければ、ほんぐうよりふねにのり、しんぐうへぞまゐられける。かんのくらををがみたまふに、がんしようたかくそびえて、あらしまうざうのゆめをやぶり、りうすゐきよくながれて、なみぢんあいのあかをすすぐらんともおぼえたり。あすかのやしろふしをがみ、さののまつばらさしすぎて、なちのおやまにまゐりたまふ。さんぢうにみなぎりおつるたきのみづ、すせんぢやうまでよぢのぼり、くわんおんのれいざうは、いはのうへにあらはれて、ふだらくせんともいつつべし。かすみのそこにはほつけどくじゆのこゑきこゆ。りやうじゆせんともまうしつべし。そもそもごんげんたうざんにあとをたれさせましましてよりこのかた、わがてうのきせんじやうげ、あゆみをはこび、かうべをかたぶけ、たなごころをあはせて、りしやうにあづからずといふことなし。そうりよさればいらかをならべ、だうぞくそでをつらねたり。くわんわのなつのころ、くわざんのほふわうP228、じふぜんのていゐをすべらせたまひて、くほんのじやうせつをおこなはせたまひけんごあんじつのきうせきには、むかしをしのぶとおぼしくて、おいきのさくらぞさきにける。いくらもなみゐたりけるなちごもりのそうどものなかに、このさんみのちうじやうどのを、みやこにてよくみしりまゐらせたるとおぼしくて、どうぎやうのそうにかたりけるは、「これなるしゆぎやうじやをたれやらんとおもひゐたれば、あなこともおろかや、こまつのおほいとののおんちやくし、さんみのちうじやうどのにてましますなり。あのとののいまだしゐのせうしやうなりしあんげんのはるのころ、ゐんのごしよほふぢうじどのにて、ごじふのおんがのありしに、ちちこまつどのは、ないだいじんのさだいしやうにておはします。をぢむねもりのきやうは、だいなごんのうだいしやうにて、かいかにちやくざせられき。そのほかさんみのちうじやうとももり、とうのちうじやうしげひらいげ、いちもんのくぎやうでんじやうびと、けふをはれとときめき、かいしろにたちたまひしなかより、このさんみのちうじやうどの、さくらのはなをかざいて、せいがいはをまうていでられたりしかば、つゆにこびたるはなのおんすがた、かぜにひるがへるまひのそで、ちをてらしてんもかかやくばかりなり。にようゐんよりくわんばくどのをおつかひにて、ぎよいをかけられしかば、ちちのおとどざをたち、これをたまはつて、みぎのかたにかけ、ゐんをはいしたてまつりたまふ。めんぼくたぐひすくなうぞみえし。かたへのてんじやうびとも、いかばかりうらやましうやおもはれけん。だいりのにようばうたちのなかには、みやまぎのなかのやうばいとこそおぼゆれなんど、いはれたまひしひとぞかし。ただいまだいじんのだいしやうをまちかけたまへるひととこそみたてまつりしに、けふはかくやつれはてたまへるおんありさま、かねてはおもひよらざりしをや。うつればかはるよのP229ならひとはいひながら、あはれなりけるおんことかな」とて、そでをかほにおしあてて、さめざめとなきければ、なちごもりのそうどもも、みなうちごろものそでをぞしぼりける。
「これもりのじゆすゐ」(『これもりのじゆすい』)S1012みつのおやまのさんけい、ことゆゑなうとげたまひしかば、はまのみやとまうしたてまつるわうじのおんまへより、いちえふのふねにさをさして、ばんりのさうかいにうかびたまふ。はるかのおきにやまなりのしまといふところありき。ちうじやうそれにふねこぎよせさせ、きしにあがり、おほきなるまつのきをけづりて、なくなくめいせきをぞかきつけられける。「そぶだいじやうだいじんたひらのあそんきよもりこう、ほふみやうじやうかい、しんぷこまつのないだいじんのさだいしやうしげもりこう、ほふみやうじやうれん、さんみのちうじやうこれもり、ほふみやうじやうゑん、としにじふしちさい、じゆえいさんねんさんぐわつにじふはちにち、なちのおきにてじゆすゐす」とかきつけて、またふねにのり、おきへぞこぎいでたまひける。おもひきりぬるみちなれども、いまはのときにもなりぬれば、さすがこころぼそうかなしからずといふことなし。ころはさんぐわつにじふはちにちのことなれば、かいろはるかにかすみわたり、あはれをもよほすたぐひかな。ただおほかたのはるだにも、くれゆくそらはものうきに、いはんやこれはけふをさいご、ただいまかぎりのことなれば、さこそはこころぼそかりけめ。おきのつりぶねのなみにきえいるやうにおぼゆるがP230、さすがしづみもはてぬをみたまふにつけても、おんみのうへとやおもはれけん。おのがひとつらひきつれて、いまはとかへるかりがねの、こしぢをさしてなきゆくも、こきやうへことづてせまほしく、そぶがここくのうらみまで、おもひのこせるくまもなし。「こはさればなにごとぞや。なほまうじふのつきぬにこそ」とおもひかへし、にしにむかひてをあはせ、ねんぶつしたまふこころのうちにも、「さてもみやこには、いまをかぎりとはいかでかしるべきなれば、かぜのたよりのおとづれをも、いまやいまやとこそまたんずらめ」とおもはれければ、がつしやうをみだり、ねんぶつをとどめ、ひじりにむかつてのたまひけるは、「あはれひとのみに、さいしといふものをば、もつまじかりけるものかな。こんじやうにてものをおもはするのみならず、ごせぼだいのさまたげとなりぬることこそくちをしけれ。ただいまもおもひいでたるぞや。かやうのことをしんぢうにのこせば、あまりにつみふかかんなるあひだ、ざんげするなり」とぞのたまひける。ひじりもあはれにおもひけれども、われさへこころよわうては、かなはじとやおもひけん、なみだおしのごひ、さらぬていにもてなし、「あはれたかきもいやしきも、おんあいのみちは、おもひきられぬことにてさふらへば、まことにさこそはおぼしめされさふらふらめ。なかにもふさいは、いちやのまくらをならぶるも、ごひやくしやうのしゆくえんとうけたまはれば、ぜんぜのちぎりあさからずさふらふ。しやうじやひつめつ、ゑしやぢやうりは、うきよのならひにてさふらふなり。すゑのつゆもとのしづくのためしあれば、たとひちそくのふどうありといふとも、おくれさきだつおんわかれ、つひになくてしもやP231さふらふべき。
かのりさんきうのあきのゆふべのちぎりも、つひにはこころをくだくはしとなり、かんせんでんのしやうぜんのおんも、をはりなきにしもあらず。しようしばいせいしやうがいのうらみあり。とうがくじふぢなほしやうじのおきてにしたがふ。たとひきみちやうせいのたのしみにほこりたまふとも、このおんうらみはつひになくてしもやさふらふべき。たとひまたひやくねんのよはひをたもたせたまふとも、このおんわかれは、いつもただおなじこととおぼしめさるべし。だいろくてんのまわうといふげだうは、よくかいのろくてんをみなわがものとりやうじて、なかにもこのかいのしゆじやうの、しやうじにはなるることををしみ、あるひはめとなり、あるひはをつととなつて、これをさまたげんとするに、さんぜのしよぶつは、いつさいしゆじやうをいつしのごとくにおぼしめして、かのごくらくじやうどのふたいのどにすすめいれんとしたまふに、さいしはむしくわうごふよりこのかた、しやうじにりんゑするきづななるがゆゑに、ほとけはおもういましめたまふなり。さればとておんこころよわうおぼしめすべからず。げんじのせんぞ、いよのにふだうらいぎは、ちよくめいによつて、あうしうのえびすあべのさだたふむねたふをせめたまひしとき、じふにねんがあひだにひとのくびをきること、いちまんろくせんよにんなり。そのほかさんやのけだもの、がうがのうろくづ、そのいのちをたつこと、いくせんまんといふかずをしらず。されどもしうえんのとき、いちねんのぼだいしんをおこせしによつて、わうじやうのそくわいをとげたりとこそうけたまはれ。なかんづくごしゆつけのくどくばくたいなれば、ぜんぜのざいしやうはみなほろびたまひぬらん。もしひとあつてしつぱうのたふをたてんこと、たかささんじふさんてんにいたるといふとも、いちにちのしゆつけのくどくにはおよぶべからず。またひとあつてひやくせんざいがあひだ、ひやくらかんをくやうじたらんずるよりも、いちにちのしゆつけのくどくにはP232およばずとこそとかれたれ。つみふかかりしらいぎも、こころたけきがゆゑに、わうじやうをとぐ。まうしさふらはんや、きみはさせるおんざいごふもましまさざらんに、などかじやうどへまゐらせたまはではさふらふべき。そのうへたうざんごんげんは、ほんぢあみだによらいにておはします。はじめむさんあくしゆのぐわんより、をはりとくさんぽふにんのぐわんにいたるまで、いちいちのせいぐわん、しゆじやうけどのぐわんならずといふことなし。なかにもだいじふはちのぐわんに、『せつがとくぶつ、じつばうしゆじやう、ししんしんげう、よくしやうがこく、ないしじふねん、にやくふしやうじや、ふしゆしやうがく』ととかれたれば、いちねんじふねんのたのみあり。ただこのをしへをふかくしんじて、ゆめゆめうたがひをなすべからず。むにのこんねんをいたして、もしはいつぺんも、もしはじつぺんもとなへたまふものならば、みだによらい、ろくじふまんおくなゆたがうがしやのおんみをつづめ、ぢやうろくはつしやくのおんかたちにて、くわんおんせいし、むしゆのしやうじゆ、けぶつぼさつ、ひやくぢうせんぢうにゐねうし、ぎがくかやうじて、ただいまごくらくのとうもんをいでて、らいかうしたまはんずれば、おんみこそさうかいのそこにしづむとおぼしめさるとも、しうんのうへにのぼりたまふべし。じやうぶつとくだつして、さとりをひらきたまひなば、しやばのこきやうにたちかへつて、さいしをみちびきたまはんこと、げんらいゑこくどにんでん、すこしもあやまちたまふべからず」とて、しきりにかねうちならし、ねんぶつをすすめたてまつれば、ちうじやうもしかるべきぜんぢしきとおぼしめし、たちまちにまうねんをひるがへし、にしにむかひてをあはせ、かうじやうにねんぶつひやくぺんばかりとなへたまひて、なむととなふるこゑともに、うみにぞとびいりたまひける。よさうびやうゑ、いしどうまるも、おなじうみなをとなへつつ、つづいてうみにぞしづみける。P233
「みつかへいじ」(『みつかへいじ』)S1013とねりたけさとも、つづいてうみにいらんとしけるを、ひじりとりとどめ、なくなくけうくんしけるは、「いかにうたてくも、きみのごゆゐごんをば、たがへまゐらせんとはするぞ。げらふこそなほもうたてけれ。いまはいかにもしてながらへて、ごぼだいをとぶらひまゐらせよ」といひければ、「おくれたてまつたるかなしさに、のちのおんけうやうのこともおぼえず」とて、ふなぞこにたふれふし、をめきさけびしありさまは、むかししつだたいしのだんどくせんへいらせたまひしとき、しやのくとねりが、こんでいこまをたまはつて、わうぐうにかへりしかなしびも、これにはすぎじとぞみえし。うきもやあがりたまふと、しばしはふねをおしまはしてみけれども、さんにんともにふかくしづんでみえたまはず。いつしかきやうよみねんぶつして、ゑかうしけるこそあはれなれ。さるほどにせきやうにしにかたぶいて、かいじやうもくらくなりければ、なごりはつきせずおもへども、さてしもあるべきことならねば、むなしきふねをこぎかへる。とわたるふねのかいのしづく、ひじりがそでよりつたふなみだ、わきていづれもみえざりけり。ひじりはかうやへかへりのぼり、たけさとはなくなくやしまへまゐりけり。おんおととしんざんみのちうじやうどのに、おんふみとりいだいてたてまつる。これをあけてみたまひて、P234「あなこころうや。わがおもひたてまつるほど、ひとはおもひたまはざりけることよ。さらばひきぐして、いつしよにもしづみはてたまはで、ところどころにふさんことこそかなしけれ。おほいとのもにゐどのも、よりともにこころをかよはして、みやこへこそおはしたるらめとて、われらにもこころをおきたまひしに、さてはなちのおきにて、おんみをなげてましましけるござんなれ。さておんことばにておほせられしことはなきか」とのたまへば、「おんことばでまうせとおほせさふらひしは、かつごらんじさふらひしやうに、おほかたのせけんもものうく、あぢきなさもよろづかずそひて、おぼえさせましましさふらふほどに、ひとびとにもしらせまゐらせずして、かやうにならせたまふおんことは、さいこくにてひだんのちうじやうどのうせさせたまひさふらひぬ。いちのたににてびつちうのかうのとのうたれさせましましさふらひぬ。おんみさへかやうにならせましましさふらへば、いかにおのおののたよりなうおぼしめされさふらふらんと、ただこれのみこそおんこころぐるしうおほせられさふらひつれ」。からかは、こがらすのことまでも、こまごまとかたりまうしたりければ、しんざんみのちうじやうどの、「いまはわがみとてもながらふべしともおぼえぬものを」とて、そでをかほにおしあてて、さめざめとぞなかれける。こさんみどのにいたくにまゐらさせたまひたりしかば、これをみるさぶらひどもも、さしつどひてそでをぞぬらしける。おほいとのもにゐどのも、「このひとはいけのだいなごんのやうに、よりともにこころをかよはして、みやこへこそおはしたるらめなど、おもひゐたれば、さはおはせざりしか」とて、いまさらまたもだえこがれたまひけり。P235しんぐわつひとひのひ、かいげんあつてげんりやくとかうす。そのひぢもくおこなはれて、かまくらのさきのひやうゑのすけよりとも、じやうげのしゐしたまふ。もとはじゆげのごゐにておはせしが、たちまちにごかいをこえたまふこそめでたけれ。おなじきみつかのひ、しゆとくゐんをかみとあがめたてまつらるべしとて、むかしごかつせんありしおほひのみかどがすゑに、やしろをたててみやうつしあり。これはゐんのおんさたにて、だいりにはしろしめされずとぞきこえし。ごぐわつよつかのひ、いけのだいなごんよりもりのきやうくわんとうへげかう。ひやうゑのすけどのつねはなさけをかけたてまつて、「おんかたをばまつたくおろかにおもひたてまつらず、ひとへにこあまごぜんのわたらせたまふとこそぞんじさふらへ。はちまんだいぼさつもごしやうばつさふらへ」なんど、たびたびせいじやうをもつてまうされけり。およそはひやうゑのすけばかりこそ、かうはおもはれけれども、じよのげんじらは、いかがあらんずらんと、おぼつかなうおもはれけるに、かまくらよりししやをたてまつて、「いそぎくだりたまへ。こあまごぜんをみたてまつるとぞんじて、とくげんざんにいりさふらはん」とまうされたりければ、だいなごんくだりたまひけり。
ここにやへいびやうゑむねきよといふさぶらひあり。さうでんせんいちのものなりしが、あひぐしてもくだらず。「さていかにや」とのたまへば、「きみこそかくてわたらせたまひさふらへども、ごいつけのきんだちたちの、さいかいのなみのうへにただよはせたまふおんことが、こころぐるしくさふらひて、いまだあんどしてもおぼえさふらはねば、こころすこしおとしすゑて、おつさまにこそまゐりさふらはめ」とぞまうしける。だいなごん、はづかしう、かたはらいたくおぼしめして、「まことにいちもんにひきわかれてP236、おちとどまつしことをば、わがみながらいみじとはおもはねども、さすがいのちもをしう、みもすてがたければ、なまじひにとどまりにき。このうへはくだらざるべきにもあらず。はるかのたびにおもむくに、いかでかみおくらざるべき。うけずおもはば、おちとどまつしとき、などさはいはざりしぞ。たいせうじいつかうなんぢにこそいひあはせしか」とのたまへば、むねきよゐなほりかしこまつてまうしけるは、「あはれたかきもいやしきも、ひとのみにいのちほどをしいものやはさふらふ。さればよをばすつれども、みをばすてずとこそまうしつたへてさふらふなれ。おんとどまりをあしとにはぞんじさふらはず。ひやうゑのすけも、かひなきいのちをたすけられまゐらせてさふらへばこそ、けふはかかるさいはひにもあひさふらへ。るざいせられさふらひしとき、こあまごぜんのおほせにて、あふみのくにしのはらのしゆくまで、うちおくつたりしことなど、いまにわすれずとさふらふなれば、おんともにまかりくだつてさふらはば、さだめてひきでものきやうおうなどしさふらはんずらん。それにつけても、さいかいのなみのうへに、ただよはせたまふごいつけのきんだちたち、またはどうれいどものかへりきかんずるところも、いふかひなうおぼえさふらふ。はるかのたびにおもむかせたまふおんことは、まことにおぼつかなうおもひまゐらせさふらへども、かたきをもせめにおんくだりさふらはば、まづいちぢんにこそさふらふべけれども、これはまゐらずとも、さらにおんことかけさふらふまじ。ひやうゑのすけどのたづねまうされさふらはば、をりふしあひいたはることあつてと、おほせられさふらふべし」とて、なみだをおさへてとどまりぬ。これをきくさぶらひども、みなそでをぞぬらしける。だいなごん、にがにがしう、かたはらいたくおもはれけれども、このうへはくだらざるべきにもP237あらずとて、やがてたちたまひぬ。おなじきじふろくにち、いけのだいなごんよりもりのきやうくわんとうへげちやく。ひやうゑのすけどのいそぎたいめんをしたまひて、まづ、「むねきよはいかに」ととはれければ、「をりふしあひいたはることあつて」とのたまへば、「いかになにをいたはりさふらふやらん。なほいしゆをぞんじさふらふにこそ。せんねんあのむねきよがもとにあづけおかれさふらひしとき、ことにふれてなさけふかうさふらひしかば、あはれおんともにまかりくだりさふらへかし。とくげんざんにいらんとこひしうぞんじてさふらへば、うらめしうもくだりさふらはぬものかな」とて、ちぎやうすべきしやうゑんじやうどもあまたなしまうけ、さまざまのひきでものをたばんと、よういせられたりければ、とうごくのだいみやうせうみやう、われもわれもとひきでものをよういしてまつところに、くだらざりければ、じやうげほいなきことどもにてぞありける。ろくぐわつここのかのひ、いけのだいなごんよりもりのきやうみやこへかへりのぼりたまふ。ひやうゑのすけどの、「いましばらくはかくてもおはせよかし」とのたまへども、だいなごん、みやこにおぼつかなうおもふらんとて、やがてたちたまひぬ。ちぎやうしたまふべきしやうゑんしりやう、いつしよもさうゐあるべからず、ならびにだいなごんになしかへさるべきよし、ほふわうへまうさる。くらおきむまさんじつぴき、はだかむまさんじつぴき、ながもちさんじふえだに、こがね、まきぎぬ、そめものふぜいのものをいれてたてまつらる。ひやうゑのすけどのかやうにしたまふうへは、とうごくのだいみやうせうみやう、われもわれもとひきでものをたてまつらる。むまだにもさんびやつぴきまでありけり。いけのだいなごんよりもりのきやうは、いのちいきたまふのみならず、P238かたがたとくついてみやこへかへりのぼられけり。おなじきじふはちにち、ひごのかみさだよしがをぢ、ひらたのにふだうさだつぐをさきとして、いがいせりやうこくのくわんびやうら、あふみのくにへうつていでたりければ、げんじのばつえふらはつかうして、かつせんをいたす。おなじきはつかのひ、いがいせりやうこくのくわんびやうら、しばしもたまらずせめおとさる。へいけさうでんのけにんにて、むかしのよしみをわすれぬことはあはれなれども、おもひたつこそおほけなけれ。みつかへいじとはこれなり。
「ふぢと」さるほどにこまつのさんみのちうじやうこれもりのきやうのきたのかたは、かぜのたよりのおとづれも、たえてひさしくなりければ、つきにいちどなんどは、かならずおとづるるものをとおもひてまたれけれども、はるすぎなつにもなりぬ。「さんみのちうじやう、いまはやしまにもおはせぬものを」なんどまうすものありとききたまひて、きたのかたあまりのおぼつかなさに、とかうしてつかひをいちにんしたてて、やしまへつかはされたりけれども、つかひやがてたちもかへらず。なつたけあきにもなりぬ。しちぐわつのすゑにかのつかひかへりまゐりたり。きたのかた、「さていかにや」ととひたまへば、「すぎさふらひしさんぐわつじふごにちのあかつき、よさうびやうゑしげかげ、いしどうまるばかりP239おんともにて、さぬきのやしまのたちをばおんいであつて、かうやのおやまへまゐらせたまひて、ごしゆつけせさせおはしまし、そののちくまのへまゐらせたまひて、なちのおきにて、おんみをなげてましましさふらふとこそ、おんともまうしたりしとねりたけさとは、まうしさふらひつれ」とまうしければ、きたのかた、「さればこそ、あやしとおもひたれば」とて、ひきかづいてぞふしたまふ。わかぎみひめぎみも、こゑごゑにをめきさけびたまひけり。わかぎみのめのとのにようばう、なみだをおさへてまうしけるは、「これはいまさらなげかせたまふべからず。ほんざんみのちうじやうどののやうに、いきながらとらはれて、きやうかまくらはぢをさらさせたまひなば、いかばかりこころううさぶらふべきに、これはかうやのおやまへまゐらせたまひて、ごしゆつけせさせおはしまし、そののちくまのへまゐらせたまひて、ごせのおんことよくよくまうさせたまひて、なちのおきとかやにて、おんみをなげましましさぶらふことこそ、なげきのなかのおんよろこびにてはさぶらへ。いまはいかにもしておんさまをかへ、ほとけのみなをとなへさせたまひて、なきひとのごぼだいをとぶらひまゐらさせたまへかし」とまうしければ、きたのかたやがてさまをかへ、かのごせぼだいをとぶらひたまふぞあはれなる。
(『ふじと』)S1014かまくらどのこのよしをつたへききたまひて、「あはれへだてなううちむかひてもおはしたらば、さりともいのちばかりをばたすけたてまつてまし。そのゆゑはこいけのぜんにのつかひとして、よりともるざいになだめられけることは、ひとへにかのだいふのはうおんなり。そのなごりにておはすれば、しそくたちをもまつたくおろそかにおもひたてまつらず。ましてさやうにしゆつけなどせられなんP240うへは、しさいにやおよぶべき」とぞのたまひける。さるほどにへいけさぬきのやしまへわたりたまひてのちは、とうごくよりあらてのぐんびやうすまんぎ、みやこについて、せめくだるともきこゆ。またちんぜいより、うすき、へつぎ、まつらたうどうしんして、おしわたるともきこえけり。かれをききこれをきくにも、ただみみをおどろかし、きもたましひをけすよりほかのことぞなき。にようゐん、きたのまんどころ、にゐどのいげのにようばうたちよりあひたまひて、こんどわがかたざまに、いかなるうきことをかきき、いかなるうきめをかみんずらんと、なげきあひかなしびあはれけり。こんどいちのたににて、いちもんのくぎやうてんじやうびと、たいりやくうたれ、むねとのさぶらひ、なかばすぎてほろびにしかば、いまはちからつきはてて、あはのみんぶしげよしがきやうだい、しこくのものどもかたらつて、さりともとまうしけるをぞ、たかきやまふかきうみともたのみたまひける。さるほどにしちぐわつにじふごにちにもなりぬ。にようばうたちはさしつどひて、「こぞのけふはみやこをいでしぞかし。ほどなくめぐりきにけり」とて、にはかにあわただしう、あさましかりしことどものたまひいでて、なきぬわらひぬぞしたまひける。おなじきにじふはちにち、みやこにはしんていのごそくゐありけり。しんし、ほうけん、ないしどころもなくしてごそくゐのれい、にんわうはちじふにだい、これはじめとぞうけたまはる。おなじきはちぐわつむゆかのひ、ぢもくおこなはれて、たいしやうぐんかまのくわんじやのりより、みかはのかみになる。くらうくわんじやよしつね、さゑもんのじようになる。すなはちつかひのせんじをかうむつて、くらうはうぐわんとぞまうしける。P241さるほどにをぎのうはかぜも、やうやうみにしみ、はぎのしたつゆも、いよいよしげく、うらむるむしのこゑごゑ、いなばうちそよぎ、このはかつちるけしき、ものおもはざらんだに、ふけゆくあきのたびのそらは、かなしかるべし。ましてへいけのひとびとのこころのうち、おしはかられてあはれなり。むかしはここのへのくものうへにて、はるのはなをもてあそび、いまはやしまのうらにして、あきのつきにかなしぶ。およそさやけきつきをえいじても、みやこのこよひいかなるらんとおもひやり、なみだをながしこころをすましてぞ、あかしくらさせたまひける。さまのかみゆきもり、
きみすめばここもくもゐのつきなれどなほこひしきはみやこなりけり W084
さるほどにおなじきくぐわつじふににち、たいしやうぐんみかはのかみのりより、へいけつゐたうのためにとて、さいこくへはつかうす。あひともなふひとびと、あしかがのくらんどよしかぬ、ほうでうのこしらうよしとき、さいゐんのじくわんちかよし、さぶらひだいしやうには、とひのじらうさねひら、しそくのやたらうとほひら、みうらのすけよしずみ、しそくのへいろくよしむら、はたけやまのしやうじじらうしげただ、おなじきながののさぶらうしげきよ、さはらのじふらうよしつら、わだのこたらうよしもり、ささきのさぶらうもりつな、つちやのさぶらうむねとほ、あまののとうないとほかげ、ひきのとうないともむね、おなじきとうしらうよしかず、はつたのしらうむしやともいへ、あんざいのさぶらうあきます、おほごのさぶらうさねひで、ちうでうのとうじいへなが、いつぽんばうしやうげん、とさばうしやうしゆん、これらをさきとして、つがふそのせいさんまんよき、みやこをたつてはりまのむろにぞつきにける。へいけのかたのたいしやうぐんには、こまつのしんざんみのちうじやうすけもり、おなじきせうしやうありもり、たんごのじじうただふさ、さぶらひだいしやうには、ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎ、かづさのごらうびやうゑただみつ、あくしちびやうゑかげきよをP242さきとして、ごひやくよそうのひやうせんにのりつれてこぎきたり、びぜんのこじまにつくときこえしかば、げんじやがてむろをたつて、これもびぜんのくににしかはじり、ふぢとにぢんをぞとつたりける。
さるほどにげんぺいりやうばうぢんをあはす。ぢんのあはひ、うみのおもて、わづかにじふごちやうばかりをぞへだてたる。げんじこころはたけうおもへども、ふねなかりければちからおよばず、いたづらにひかずをぞおくりける。おなじきにじふごにちのたつのこくばかりに、へいけのかたのはやりをのつはものども、こぶねにのつてこぎいだし、あふぎをあげて、「げんじここをわたせや」とぞまねきける。げんじのかたのつはものども、「いかがせん」といふところに、あふみのくにのぢうにん、ささきのさぶらうもりつな、にじふごにちのよにいつて、うらのをとこをいちにんかたらひ、ひたたれ、こそで、おほくち、しろざやまきなんどをとらせ、すかしおほせて、「このうみにむまにてわたしぬべきところやある」ととひければ、をとこまうしけるは、「うらのものどもいくらもさふらへども、あんないしつたるはまれにさふらふ。しらぬものこそおほうさふらへ。このをとこはあんないよくぞんじてさふらふ。たとへばかはのせのやうなるところのさふらふが、つきがしらにはひんがしにさふらふ。つきずゑにはにしにさふらふ。くだんのせのあはひ、うみのおもて、じつちやうばかりもさふらふらん。これはおむまなどにては、たやすうわたさせたまふべし」とまうしければ、ささき、「いざさらば、わたいてみん」とて、かのをとことににんまぎれいでて、はだかになり、くだんのかはのせのやうなるところをわたつてみるに、げにもいたうふかうはなかりけり。ひざ、こし、かたにたつところもあり、びんのぬるるところもP243あり、ふかきところをおよいで、あさきところにおよぎつく。をとこまうしけるは、「これよりみなみは、きたよりはるかにあさうさふらふ。かたきやさきをそろへてまちまゐらせさふらふところに、はだかにてはいかにもかなはせたまひさふらふまじ。ただこれよりかへらせたまへ」といひければ、ささき、げにもとてかへりけるが、「げらふは、どこともなきものにて、またひとにもかたらはれて、あんないもやをしへんずらん。わればかりこそしらめ」とて、かのをとこをさしころし、くびかききつてぞすててげる。あくるにじふろくにちのたつのこくばかり、またへいけのかたのはやりをのつはものども、こぶねにのつてこぎいだし、あふぎをあげて、「ここをわたせ」とぞまねいたる。ここにあふみのくにのぢうにん、ささきのさぶらうもりつな、かねてあんないはしつたり、しげめゆひのひたたれに、ひをどしのよろひきて、れんぜんあしげなるむまに、きんぷくりんのくらをおいてのつたりけるが、いへのこらうどうともにしちき、うちいれてわたす。たいしやうぐんみかはのかみのりより、これをみたまひて、「あれせいせよ、とどめよ」とのたまへば、とひのじらうさねひら、むちあぶみをあはせておつつき、「いかにささきどのは、もののついてくるひたまふか。たいしやうぐんよりのおんゆるされもなきに、とどまりたまへ」といひけれども、ささきみみにもききいれず、わたしければ、とひのじらうもせいしかねて、ともにつれてぞわたしける。むまのくさわき、むながいづくし、ふとばらにたつところもあり、くらつぼこすところもあり、ふかきところをおよがせて、あさきところにうちあがる。たいしやうぐんこれをみたまひて、「ささきにたばかられぬるは。あさかりけるぞ、わたせやわたせ」とP244げぢしたまへば、さんまんよきのつはものども、みなうちいれてわたす。へいけのかたにはこれをみて、ふねどもおしうかべおしうかべ、やさきをそろへて、さしつめひきつめさんざんにいけれども、げんじのかたのつはものども、これをことともせず、かぶとのしころをかたぶけ、くまで、ないがまをもつて、かたきのふねをひきよせひきよせをめきさけんでたたかふ。ひとひたたかひくらし、よにいりければ、へいけのふねはおきにうかび、げんじはこじまのぢにうちあがつて、じんばのいきをぞやすめける。あけければ、へいけはさぬきのやしまへこぎしりぞく。げんじこころはたけうおもへども、ふねなかりければ、やがてつづいてもせめず。「むかしよりむまにてかはをわたすつはものおほしといへども、むまにてうみをわたすこと、てんぢくしんだんはしらず、わがてうにはきたいのためしなり」とて、びぜんのこじまをささきにたぶ。かまくらどののみげうしよにものせられたり。
「だいじやうゑのさた」おなじきにじふはちにち、みやこにはまたぢもくおこなはれて、くらうはうぐわんよしつね、ごゐのじようになされて、くらうたいふのはうぐわんとぞまうしける。さるほどにじふぐわつにもなりぬ。やしまにはうらふくかぜもはげしく、いそうつなみもたかかりければ、つはものもせめきたらず、しやうかくのゆきかふもP245まれにして、みやこのつてもきかまほしく、そらかきくもり、あられうちちり、いとどきえいるここちぞせられける。みやこにはだいじやうゑあるべしとて、じふぐわつみつかのひ、しんていのごけいのぎやうがうありけり。ないべんをばとくだいじどのつとめらる。をととしせんていのごけいのぎやうがうには、へいけのないだいじんむねもりこうつとめらる。せつげのあくやについて、まへにりようのはたたててゐたまひたりしけしき、かぶりぎは、そでのかかり、うへのはかまのすそまでも、ことにすぐれてみえたまへり。そのほかさんみのちうじやうとももり、とうのちうじやうしげひらいげ、こんゑづかさ、みつなにさふらはれしには、またたちならぶかたもなかりしぞかし。けふはくらうたいふのはうぐわんよしつね、せんぢんにぐぶす。これはきそなどにはにず、もつてのほかにきやうなれたりしかども、へいけのなかのえりくづよりもなほおとれり。おなじきじふはちにち、だいじやうゑかたのごとくとげおこなはる。さんぬるぢしよう、やうわのころよりして、しよこくしちだうのにんみんひやくしやうら、あるひはへいけのためになやまされ、あるひはげんじのためにほろぼさる。いへかまどをすててさんりんにまじはり、はるはとうさくのおもひをわすれ、あきはせいじゆのいとなみにもおよばず。いかにしてかやうのたいれいなどおこなはるべきなれども、さてしもあるべきことならねば、かたのごとくぞとげられける。たいしやうぐんみかはのかみのりより、やがてつづいてせめたまはば、へいけはたやすうほろぶべかりしに、むろ、たかさごにやすらひ、いうくんいうぢよどもめしあつめ、あそびたはぶれてのみ、つきひをおくりたまひけり。とうごくのだいみやうせうみやうおほしといへども、たいしやうぐんのげぢにしたがふことなればP246、ちからおよばず。ただくにのつひえ、たみのわづらひのみあつて、ことしもすでにくれにけり。P247
(『こうやごこう』)S1015

 

入力者:荒山慶一

[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻八にもどる]

[『平家物語』巻九にもどる]

[『平家物語』巻十一にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com