平家物語 巻第十一  総かな版(元和九年本)
「さかろ」(『さかろ』)S1101げんりやくにねんしやうぐわつとをかのひ、くらうたいふのはうぐわんよしつねゐんざんして、おほくらのきやうやすつねのあそんをもつて、そうもんせられけるは、「へいけはしんめいにもはなたれたてまつり、きみにもすてられまゐらせて、ていとをいでてなみのうへにただよふおちうととなれり。しかるをこのさんがねんがあひだ、せめおとさずして、おほくのくにぐにをふさげられぬることこそくちをしうさふらへ。こんどよしつねにおいては、きかい、かうらい、けいたん、くものはて、うみのはてまでも、へいけをほろぼさざらんかぎりは、わうじやうへかへるべからざる」よし、そうもんせられたりければ、ほふわうおほきにぎよかんあつて、あひかまへてよをひについで、しようぶをけつすべきよしおほせくださる。はうぐわんしゆくしよにかへつて、とうごくのさぶらひどもにむかつてのたまひけるは、「こんどよしつねこそゐんぜんをうけたまはり、かまくらどののおんだいくわんとして、へいけつゐたうのために、さいこくへはつかうすなれ。くがはこまのひづめのかよはんをかぎり、うみはろかいのたたんところまで、せめゆくべし。それにP248すこしもしさいをぞんぜんひとびとは、これよりとうとうかまくらへくだるべし」とぞのたまひける。さるほどにやしまには、ひまゆくこまのあしはやくして、しやうぐわつもたち、にんぐわつにもなりぬ。はるのくさくれて、あきのかぜにおどろき、あきのかぜやんで、またはるのくさにもなれり。おくりむかへて、すでにみとせになりにけり。へいけさぬきのやしまへわたりたまひてのちも、とうごくよりあらてのぐんびやうすまんぎ、みやこについてせめくだるともきこゆ。またちんぜいより、うすき、へつき、まつらたうどうしんして、おしわたるともきこえけり。かれをききこれをきくにも、ただみみをおどろかし、きもたましひをけすよりほかのことぞなき。にようゐん、きたのまんどころ、にゐどのいげのにようばうたちさしつどひたまひて、こんどわがかたざまに、いかなるうきことをきき、いかなるうきめをかみんずらんと、なげきあひかなしみあはれけり。なかにもしんぢうなごんとももりのきやうののたまひけるは、「とうごくほつこくのきようとらも、ずゐぶんぢうおんをかうぶつたりしかども、たちまちにおんをわすれ、ちぎりをへんじて、よりともよしなからにしたがひき。ましてさいこくとても、さこそはあらんずらめとおもひしかば、ただみやこのうちにて、いかにもならせたまへと、さしもまうしつるものを。わがみひとつのことならねば、こころよわうあこがれいでて、けふはかかるうきめをみるくちをしさよ」とぞのたまひける。まことにことわりとおぼえてあはれなり。さるほどににんぐわつみつかのひ、くらうたいふのはうぐわんよしつね、みやこをたつて、つのくにわたなべ、ふくしまP249りやうしよにてふなぞろへし、やしまへすでによせんとす。あにのみかはのかみのりよりも、どうにちにみやこをたつて、これもつのくにかんざきにて、ひやうせんそろへて、せんやうだうへおもむかんとす。おなじきとをかのひ、いせ、いはしみづへくわんぺいしをたてらる。しゆしやうならびにさんじゆのしんき、ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべきよし、じんぎくわんのくわんにん、もろもろのしやし、ほんぐう、ほんじやにてきせいまうすべきむねおほせくださる。おなじきじふろくにち、わたなべ、ふくしまりやうしよにて、そろへたりけるふねどもの、ともづなすでにとかんとす。をりふしきたかぜきををつて、はげしうふいたりければ、ふねどもみなうちそんぜられていだすにおよばず。しゆりのために、そのひはとどまりぬ。
さるほどにわたなべにはとうごくのだいみやうせうみやうよりあひて、「そもそもわれらふないくさのやうはいまだてうれんせず。いかがせん」とひやうぢやうす。かぢはらすすみいでて、「こんどのふねには、さかろをたてさふらはばや」とまうす。はうぐわん、「さかろとはなんぞ」。かぢはら、「むまはかけんとおもへばかけ、ひかんとおもへばひき、ゆんでへもめてへもまはしやすうさふらふが、ふねはさやうのとき、きつとおしまはすがだいじでさふらへば、ともへにろをたてちがへ、わいかぢをいれて、どなたへもまはしやすいやうにしさふらはばや」とまうしければ、はうぐわん、「まづかどでのあしさよ。いくさにはひとひきもひかじとおもふだに、あはひあしければひくはつねのならひなり。ましてさやうににげまうけせんに、なじかはよかるべき。とのばらのふねには、さかろをもかへさまろをも、ひやくちやうせんぢやうもたてたまへ。よしつねはただもとのろでP250さふらはん」とのたまへば、かぢはらかさねて、「よきたいしやうぐんとまうすは、かくべきところをもかけ、ひくべきところをもひき、みをまつたうして、かたきをほろぼすをもつて、よきたいしやうとはしたるざふらふ。さやうにかたおもむきなるをば、ゐのししむしやとて、よきにはせず」とまうす。はうぐわん、「ゐのししかのししはしらず、いくさはただひらぜめにせめて、かつたるぞここちはよき」とのたまへば、とうごくのだいみやうせうみやう、かぢはらにおそれて、たかくはわらはねども、めひきはなひき、ききめきあへり。そのひはうぐわんとかぢはらと、すでにどしいくさせんとす。されどもいくさはなかりけり。はうぐわん、「ふねどものしゆりして、あたらしうなつたるに、おのおのいつしゆいつぺいして、いはひたまへ、とのばら」とて、いとなむていにもてなし、ふねにひやうらうまいつみ、もののぐいれ、むまどもたてさせ、「ふねとうつかまつれ」とのたまへば、すゐしゆかんどりども、「これはじゆんぷうにてはさふらへども、ふつうにはすこしすぎてさふらふ。おきはさぞふいてさふらふらん」とまうしければ、はうぐわんおほきにいかつて、「かいしやうにいでうかうだるとき、かぜこはければとてとどまるべきか。のやまのすゑにてしに、うみかはにおぼれてうするも、みなこれぜんぜのしゆくごふなり。むかひかぜにわたらんといはばこそ、よしつねがひがごとならめ。じゆんぷうなるが、ふつうにすこしすぎたればとて、これほどのおんだいじに、ふねつかまつらじとは、いかでかまうすぞ。ふねとうつかまつれ。つかまつらずは、しやつばらいちいちにいころせ、ものども」とぞげぢしたまひける。「うけたまはつてさふらふ」とて、いせのさぶらうよしもり、あうしうのさとうさぶらうびやうゑつぎのぶ、おなじきしらうびやうゑただのぶP251、えだのげんざう、くまゐたらう、むさしばうべんけいなどいふ、いちにんたうぜんのつはものども、「ごぢやうであるぞ、ふねとうつかまつれ。つかまつらずは、おのればらいちいちにいころさん」とて、かたてやはげて、はせまはるあひだ、すゐしゆかんどりども、「ここにていころされんもおなじこと、かぜこはくば、おきにてはせじににもしねや、ものども」とて、にひやくよそうがなかよりも、ただごそういでてぞはしりける。ごそうのふねとまうすは、まづはうぐわんのふね、つぎにたしろのくわんじやのふね、ごとうびやうゑふし、かねこきやうだい、よどのがうないただとしとて、ふなぶぎやうののつたるふねなりけり。のこりのふねは、かぢはらにおそるるか、かぜにおづるかしていでざりけり。はうぐわん、「ひとのいでねばとて、とどまるべきにあらず。つねのときはかたきもおそれて、ようじんすらん。かかるおほかぜおほなみに、おもひもよらぬところへよせてこそ、おもふかたきをばうたんずれ」とぞのたまひける。はうぐわん、「おのおののふねにかがりなともいそ。ひかずおほうみえば、かたきもおそれてようじんしてんずぞ。よしつねがふねをほんぶねとして、ともへのかがりをまぼれ」とて、よもすがらわたるほどに、みつかにわたるところを、ただみときばかりにぞはしりける。にんぐわつじふろくにちのうしのこくに、つのくにわたなべ、ふくしまをいでて、あくるうのこくには、あはのぢへこそふきつけけれ。P252
「かつうらかつせん」(『かつうら つけたり おほざかごえ』)S1102あけければ、なぎさにはあかはたせうせうひらめいたり。はうぐわん、「すはわれらがまうけをばしたりけるぞ。なぎさちかうなつて、むまどもおひおろさんとせば、かたきのまとになつていられなんず。なぎさちかうならぬさきに、ふねどものりかたぶけのりかたぶけ、むまどもおひおろしおひおろし、ふねにひきつけひきつけおよがせよ。むまのあしたち、くらづめひたるほどにもならば、ひたひたとうちのつて、かけよ、ものども」とぞげぢしたまひける。ごそうのふねには、ひやうらうまいつみ、もののぐいれたりければ、むまかずごじふよひきぞたてたりける。あんのごとくなぎさちかうなりしかば、ふねどものりかたぶけのりかたぶけ、むまどもおひおろしおひおろし、ふねにひきつけひきつけおよがす。むまのあしたち、くらづめひたるほどにもなりしかば、ひたひたとうちのつて、はうぐわんごじふよき、をめいてさきをかけたまへば、なぎさにひかへたりけるひやくきばかりのつはものども、しばしもたまらず、にちやうばかりざつとひいてひかへたり。はうぐわんなぎさにあがり、じんばのいきやすめておはしけるが、いせのさぶらうよしもりをめして、「あのせいのなかに、さりぬべきものあらば、いちにんぐしてまゐれ。たづぬべきことあり」とP253のたまへば、よしもりかしこまりうけたまはつて、ひやくきばかりのせいのなかへ、ただいつきかけいつて、なんとかいひたりけん、としのよはひしじふばかんなるをのこの、くろかはをどしのよろひきたるを、かぶとをぬがせ、ゆみのつるはづさせ、かうにんにぐしてまゐりたり。はうぐわん、「あれはなにものぞ」とのたまへば、「たうごくのぢうにんばんざいのこんどうろくちかいへ」となのりまうす。はうぐわん、「たとひなにいへにてもあらばあれ、しやつにめはなすな。もののぐなぬがせそ。やがてやしまへのあんないしやにぐせんずるぞ。にげてゆかばいころせ、ものども」とぞげぢしたまひける。はうぐわんちかいへをめして、「ここをばいづくといふぞ」ととひたまへば、「かつうらとまうしさふらふ」。はうぐわんわらつて、「しきだいな」とのたまへば、「いちぢやうかつうらざふらふ。げらふのまうしやすきままに、かつらとはまうせども、もじにはかつうらとかいてさふらふ」とまうしければ、はうぐわんなのめならずによろこびたまひて、「あれききたまへとのばら、いくさしにむかふよしつねが、かつうらにつくめでたさよ。もしこのへんにへいけのうしろやいつべきじんはたれかある」とのたまへば、「あはのみんぶしげよしがおとと、さくらばのすけよしとほとてさふらふ」とまうす。「いざさらばけちらしてとほらん」とて、こんどうろくがせいのひやくきばかりがなかより、むまやひとをすぐつて、さんじつきばかり、わがせいにこそぐせられけれ。よしとほがじやうにおしよせてみたまへば、さんばうはぬま、いつぽうはほりなり。ほりのかたよりおしよせて、ときをどつとぞつくりける。じやうのうちのつはものども、「ただいとれやいとれ」とて、さしつめひきつめさんざんにいけれども、げんじのつはものどもこれをことともせず、ほりをこえ、かぶとのしころをかたぶけて、をめきさけんでP254せめければ、よしとほかなはじとやおもひけん、いへのこらうどうどもにふせぎやいさせ、わがみはくつきやうのむまをもつたりければ、それにうちのり、けうにしておちにけり。のこりとどまつてふせぎやいけるつはものども、にじふよにんがくびきりかけさせ、いくさがみにまつり、よろこびのときをつくり、「かどでよし」とぞよろこばれける。
「おほさかごえ」はうぐわんまたばんざいのこんどうろくちかいへをめして、「やしまにはへいけのせいいかほどあるぞ」ととひたまへば、「せんぎにはよもすぎさふらはじ」とまうす。はうぐわん、「などすくないぞ」。「かやうにしこくのうらうらしまじまに、ごじつきひやくきづつさしおかれてさふらふ。そのうへあはのみんぶしげよしがちやくし、でんないざゑもんのりよしは、いよのかはののしらうが、めせどもまゐらぬをせめんとて、さんぜんよきで、いよへこえてさふらふ」とまうす。はうぐわん、「さてはよきひまござんなれ。これよりやしまへは、いかほどあるぞ」とのたまへば、「ふつかぢでさふらふ」とまうす。「いざさらばかたきのきかぬさきによせん」とて、はせつひかへつ、かけつあゆませつ、あはとさぬきのさかひなる、おほさかごえといふやまを、よもすがらこそこえられけれ。そのよのやはんばかりに、たてぶみもつたるをとこいちにん、はうぐわんにゆきつれたり。よるのことではP255あり、かたきとはゆめにもしらず、みかたのつはものどものやしまへまゐるとやおもひけん、うちとけてものがたりをぞしける。はうぐわん、「われもやしまにまゐるが、あんないをしらぬぞ。じんじよせよ」とのたまへば、「このをとこはたびたびまゐつて、あんないよくぞんじてさふらふ」とまうす。はうぐわん、「さてそのふみは、いづくよりいづかたへまゐらせらるるぞ」とのたまへば、「これはきやうよりにようばうの、やしまのおほいとのへまゐらせられさふらふ」。「さてなにごとにや」ととひたまへば、「べつのしさいでは、よもさふらはじ。げんじすでによどがはじりにいでうかうでさふらへば、さだめてそれをこそつげまうされさふらふらめ」とまうしければ、はうぐわん、「げにさぞあるらん。そのふみうばへ」とて、もつたるふみをうばひとらせ、「しやつからめよ。つみつくりにくびなきつそ」とて、やまなかのきにしばりつけさせてこそとほられけれ。はうぐわんさてかのふみをあけてみたまへば、まことににようばうのふみとおぼしくて、「くらうはすすどきをのこなれば、いかなるおほかぜおほなみをもきらひさぶらはで、よせさぶらふらんとおぼえさぶらふ。あひかまへておんせいどもちらさせたまはで、よくよくようじんせさせたまへ」とぞかかれたる。はうぐわん、「これはよしつねに、てんのあたへたまふふみや。かまくらどのにみせまうさん」とて、ふかうをさめてぞおかれける。あくるじふはちにちのとらのこくに、さぬきのくにひけたといふところにおちついて、じんばのいきをぞやすめける。それよりしろとり、にふのや、うちすぎうちすぎ、やしまのじやうへぞよせたまふ。はうぐわんまたちかいへをめして、「これよりやしまへのたちは、いかやうなるぞ」ととひたまへばP256、「しろしめされねばこそ。むげにあさまにさふらふ。しほのひてさふらふときは、くがとしまとのあひだは、むまのふとばらもつかりさふらはず」とまうす。「かたきのきかぬさきに、さらばとうよせよや」とて、たかまつのざいけにひをかけて、やしまのじやうへぞよせられける。
さるほどにやしまには、あはのみんぶしげよしがちやくし、でんないざゑもんのりよしは、いよのかはののしらうが、めせどもまゐらぬをせめんとて、さんぜんよきで、いよへこえたりしが、かはのをばうちもらしぬ。いへのこらうどうひやくごじふにんがくびきつて、やしまのだいりへまゐらせたるを、「だいりにて、ぞくしゆのじつけんしかるべからず」とて、おほいとののおんしゆくしよにて、くびどものじつけんしておはしけるところに、ものども、「たかまつのざいけよりひいできたり」とて、ひしめきけり。「ひるでさふらへば、てあやまちにては、よもさふらはじ。いかさまにも、かたきのよせてひをかけたるとおぼえさふらふ。さだめておほぜいでぞさふらふらん。とりこめられてはかなひさふらふまじ。とうとうめさるべくさふらふ」とて、そうもんのまへのみぎはに、いくらもつけならべたるふねどもに、われもわれもとあわてのりたまふ。ごしよのおんふねには、にようゐん、きたのまんどころ、にゐどのいげのにようばうたちめされけり。おほいとのふしは、ひとつふねにぞのりたまふ。そのほかのひとびとは、おもひおもひにとりのつて、あるひはいつちやうばかり、あるひはしちはつたんごろくたんなど、こぎいだしたるところに、げんじのつはものども、ひたかぶとしちはちじつき、そうもんのまへのなぎさに、つつとぞうちいでたる。しほひがたの、をりふししほひるさかりなりければ、むまのからすがしら、むながいづくし、ふとばらにたつところもあり、それよりあさきところもありP257。けあぐるしほのかすみとともに、しぐらうだるなかより、しらはたざつとさしあげたれば、へいけはうんつきて、おほぜいとこそみてげれ。はうぐわんかたきにこぜいとみえじとて、ごろつき、しちはつき、じつきばかり、うちむれうちむれいできたり。
(『つぎのぶさいご』)S1103はうぐわんそのひのしやうぞくには、あかぢのにしきのひたたれに、むらさきすそごのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、こがねづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみのまんなかとり、おきのかたをにらまへ、だいおんじやうをあげて、「いちゐんのおんつかひ、けんびゐしごゐのじようみなもとのよしつね」となのる。つぎになのるは、いづのくにのぢうにん、たしろのくわんじやのぶつな、つづいてなのるは、むさしのくにのぢうにん、かねこのじふらういへただ、おなじきよいちちかのり、いせのさぶらうよしもりとぞなのつたる。つづいてなのるは、ごとうびやうゑさねもと、しそくしんびやうゑのじようもときよ、あうしうのさとうさぶらうびやうゑつぎのぶ、おなじきしらうびやうゑただのぶ、えだのげんざう、くまゐたらう、むさしばうべんけいなどいふいちにんたうぜんのつはものども、こゑごゑになのつてはせきたる。へいけのかたには、これをみて、「あれいとれや、いとれ」とて、あるひはとほやにいるふねもあり、あるひはさしやにいるふねもあり。げんじのかたのつはものども、これをことともせず、ゆんでになしては、いてとほり、めてになしては、いてとほる。あげおいたるふねどものかげを、むまやすめどころとして、をめきさけんでせめたたかふ。P258
「つぎのぶさいご」なかにもごとうびやうゑさねもとは、ふるづはものにてありければ、いそのいくさをばせず、まづだいりへみだれいり、てんでにひをはなつて、へんしのけぶりとやきはらふ。おほいとの、さぶらひどもに、「げんじがせいはいかほどあるぞ」ととひたまへば、「しちはちじつきにはよもすぎさふらはじ」。「あなこころうや、かみのすぢをひとすぢづつ、わけてとるとも、このせいにはたるまじかりつるものを。なかにもとりこめてうたずして、あわててふねにのつて、だいりをやかせぬることこそくちをしけれ。のとどのはおはせぬか、くがにあがつて、ひといくさしたまへかし」とのたまへば、「うけたまはりさふらふ」とて、ゑつちうのじらうびやうゑもりつぎをさきとして、つがふごひやくよにん、こぶねにのり、やきはらひたるそうもんのまへのみぎはにおしよせてぢんをとる。はうぐわんもはちじふよき、やごろによせてひかへたり。へいけのかたより、ゑつちうのじらうびやうゑ、ふねのやかたにすすみいで、だいおんじやうをあげて、「そもそもいぜんなのりたまひつるとはききつれども、かいじやうはるかにへだたつて、そのけみやうじつみやうぶんみやうならず。けふのげんじのたいしやうぐんは、たれびとにてましますぞ。なのりたまへ」といひければ、いせのさぶらうすすみいでて、「あなこともおろかや、せいわてんわうにじふだいのP259こういん、かまくらどののおんおとと、たいふのはうぐわんどのぞかし」。もりつぎきいて、「さることあり。さんぬるへいぢのかつせんに、ちちうたれてみなしごにてありしが、くらまのちごして、のちにはこがねあきんどのしよじうとなり、らうれうせおうて、おくのかたへおちくだりし、そのこくわんじやめがことか」とぞいひける。よしもりあゆませよつて、「したのやはらかなるままに、きみのおんことなまうしそ。さいふわひとどもこそ、ほつこくとなみやまのいくさにうちまけ、からきいのちいきつつ、ほくろくだうにさまよひ、こつじきしてのばつたりし、そのひとか」とぞいひける。もりつぎかさねて、「きみのごおんにあきみちて、なんのふそくあつてか、こつじきをばすべき。さいふわひとどもこそ、いせのくにすずかやまにてやまだちし、さいしをもはぐくみ、わがみもしよじうも、すぎけるとはききしか」といひければ、かねこのじふらうすすみいでて、「せんないとのばらのざふごんかな。われもひともそらごといひつけ、ざふごんせんに、たれかはおとるべき。こぞのはる、つのくにいちのたににて、むさしさがみのわかとのばらの、てなみのほどをばみてんものを」といふところに、おととのよいち、そばにありけるが、いはせもはてず、じふにそくみつぶせとつてつがひ、よつぴいてひやうどはなつ。じらうびやうゑがよろひのむないたに、うらかくほどにぞたつたりける。さてこそたがひのことばだたかひはやみにけれ。
のとどの、「ふないくさはやうあるものぞ」とて、よろひびたたれをばきたまはず、からまきぞめのこそでに、からあやをどしのよろひきて、いかものづくりのたちをはき、にじふしさいたる、たかうすべうのやおひ、しげどうのゆみをもちたまへり。わうじやういちのつよゆみせいびやうなりければ、のとどののP260やさきにまはるもの、いちにんもいおとされずといふことなし。なかにもげんじのたいしやうぐん、くらうよしつねを、ただひとやにいおとさんと、ねらはれけれども、げんじのかたにもこころえて、いせのさぶらうよしもり、あうしうのさとうさぶらうびやうゑつぎのぶ、おなじきしらうびやうゑただのぶ、えだのげんざう、くまゐたらう、むさしばうべんけいなどいふ、いちにんたうぜんのつはものども、むまのかしらをいちめんにたてならべて、たいしやうぐんのやおもてにはせふさがりければ、のとどのもちからおよびたまはず。のとどの、「そこのきさふらへ、やおもてのざふにんばら」とて、さしつめひきつめさんざんにいたまへば、やにはによろひむしやじつきばかりいおとさる。なかにもまつさきにすすんだるあうしうのさとうさぶらうびやうゑつぎのぶは、ゆんでのかたよりめてのわきへ、つといぬかれて、しばしもたまらず、むまよりさかさまにどうどおつ。のとどののわらはに、きくわうまるといふだいぢからのかうのもの、もよぎをどしのはらまきに、さんまいかぶとのををしめ、うちもののさやをはづいて、つぎのぶがくびをとらんと、とんでかかるを、ただのぶそばにありけるが、あにがくびをとらせじと、よつぴいてひやうどはなつ。きくわうまるがくさずりのはづれを、あなたへ、つといぬかれて、いぬゐにたふれぬ。のとどのこれをみたまひて、ひだんのてにはゆみをもちながら、みぎのてにて、きくわうまるをつかんで、ふねへからりとなげいれたまふ。かたきにくびはとられねども、いたでなればしににけり。このわらはとまうすは、もとはゑちぜんのさんみみちもりのきやうのわらはなり。しかるをさんみうたれたまひてのち、おととのとどのにぞつかはれける。しやうねんじふはつさいとぞきこえし。のとどのこのわらはをうたせて、あまりにあはれにおもはれければ、そののちはいくさをもしたまはず。P261はうぐわんは、つぎのぶをぢんのうしろへかきいれさせ、いそぎむまよりとんでおり、てをとつて、「いかがおぼゆる、さぶらうびやうゑ」とのたまへば、「いまはかうにこそさふらへ」。「このよにおもひおくことはなきか」とのたまへば、「べつになにごとをかおもひおきさふらふべき。さはさふらへども、きみのおんよにわたらせたまふをみまゐらせずして、しにさふらふこそこころにかかりさふらへ。ささふらはでは、ゆみやとりは、かたきのやにあたつてしぬること、もとよりごするところでこそさふらへ。なかんづくげんぺいのごかつせんに、あうしうのさとうさぶらうびやうゑつぎのぶといひけんもの、さぬきのくにやしまのいそにて、しゆのおんいのちにかはりて、うたれたりなど、まつだいまでのものがたりに、まうされんこそ、こんじやうのめんばく、めいどのおもひでにてさふらへ」とて、ただよわりにぞよわりける。はうぐわんはたけきもののふなれども、あまりにあはれにおもひたまひて、よろひのそでをかほにおしあてて、さめざめとぞなかれける。「もしこのへんにたつときそうやある」とて、たずねいださせ、「ておひのただいましにさふらふに、いちにちぎやうかいてとぶらひたまへ」とて、くろきむまのふとうたくましきに、よいくらおいて、かのそうにぞたびにける。このむまは、はうぐわんごゐのじようになられしとき、これをもごゐになして、たいふぐろとよばれしむまなり。いちのたにのうしろ、ひよどりごえをも、このむまにてぞおとされける。おととただのぶをはじめとして、これをみるさぶらひども、みななみだをながして、「このきみのおんために、いのちをうしなはんことは、まつたくつゆちりほどもをしからず」とぞまうしける。P262
「なすのよいち」(『なすのよいち』)S1104さるほどにあはさぬきにへいけをそむいて、げんじをまちけるつはものども、あそこのみね、ここのほらより、じふしごきにじつき、うちつれうちつれはせきたるほどに、はうぐわんほどなくさんびやくよきになりたまひぬ。「けふはひくれぬ、しようぶをけつすべからず」とて、げんぺいたがひにひきしりぞくところに、おきよりじんじやうにかざつたるこぶねいつそう、みぎはへむいてこぎよせ、なぎさよりしちはつたんばかりにもなりしかば、ふねをよこさまになす。「あれはいかに」とみるところに、ふねのうちよりとしのよはひじふはつくばかんなるにようばうの、やなぎのいつつぎぬに、くれなゐのはかまきたるが、みなぐれなゐのあふぎの、ひいだしたるを、ふねのせがいにはさみたて、くがへむいてぞまねきける。はうぐわんごとうびやうゑさねもとをめして、「あれはいかに」とのたまへば、「いよとにこそさふらふらめ。ただしたいしやうぐんのやおもてにすすんで、けいせいをごらんぜられんところを、てだれにねらうていおとせとのはかりごととこそぞんじさふらへ。さりながらあふぎをば、いさせらるべうもやさふらふらん」とまうしければ、はうぐわん、「みかたにいつべきじんは、たれかある」ととひたまへば、「てだれどもおほうさふらふなかに、しもづけのくにのぢうにん、なすのたらうすけたかがこに、よいちむねたかこそ、こひやうではさふらへども、てはきいてさふらふ」とまうす。はうぐわんP263、「しようこがあるか」。「さんざふらふ。かけどりなどをあらそうて、みつにふたつは、かならずいおとしさふらふ」とまうしければ、はうぐわん、「さらば、よいちよべ」とてめされけり。よいちそのころは、いまだはたちばかんのをのこなり。かちに、あかぢのにしきをもつて、おほくびはたそでいろへたるひたたれに、もよぎをどしのよろひきて、あしじろのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、うすぎりふに、たかのはわりあはせて、はひだりける、ぬためのかぶらをぞさしそへたる。しげどうのゆみわきにはさみ、かぶとをばぬいでたかひもにかけ、はうぐわんのおんまへにかしこまる。はうぐわん、「いかによいち、あのあふぎのまんなかいて、かたきにけんぶつせさせよかし」とのたまへば、よいち、「つかまつともぞんじさふらはず。これをいそんずるものならば、ながきみかたのおんゆみやのきずにてさふらふべし。いちぢやうつかまつらうずるじんに、おほせつけらるべうもやさふらふらん」とまうしければ、はうぐわんおほきにいかつて、「こんどかまくらをたつて、さいこくへむかはんずるものどもは、みなよしつねがげぢをそむくべからず。それにすこしもしさいをぞんぜんひとびとは、これよりとうとうかまくらへかへらるべし」とぞのたまひける。よいちかさねてじせば、あしかりなんとやおもひけん、「ささふらはば、はづれんをばぞんじさふらはず、ごぢやうでさふらへば、つかまつてこそみさふらはめ」とて、おんまへをまかりたち、くろきむまのふとうたくましきに、まろぼやすつたるきんぷくりんのくらおいてのつたりけるが、ゆみとりなほし、たづなかいくつて、みぎはへむいてぞあゆませける。みかたのつはものども、よいちがうしろをはるかにみおくつて、「このわかもの、いちぢやうつかまつらうずると、おぼえさふらふ」とP264まうしければ、はうぐわんもたのもしげにぞみたまひける。やごろすこしとほかりければ、うみのなかいつたんばかりうちいれたりけれども、なほあふぎのあはひは、しちたんばかりもあるらんとこそみえたりけれ。ころはにんぐわつじふはちにちとりのこくばかんのことなるに、をりふしきたかぜはげしうふきければ、いそうつなみもたかかりけり。ふねはゆりあげゆりすゑただよへば、あふぎもくしにさだまらず、ひらめいたり。おきにはへいけふねをいちめんにならべてけんぶつす。くがにはげんじくつばみをならべてこれをみる。いづれもいづれもはれならずといふことなし。よいちめをふさいで、「なむはちまんだいぼさつ、べつしてはわがくにのしんめい、につくわうのごんげん、うつのみや、なすのゆぜんだいみやうじん、ねがはくは、あのあふぎのまんなかいさせてたばせたまへ。これをいそんずるものならば、ゆみきりをりじがいして、ひとにふたたびおもてをむかふべからず。いまいちどほんごくへかへさんとおぼしめさば、このやはづさせたまふな」と、こころのうちにきねんして、めをみひらいたれば、かぜもすこしふきよわつて、あふぎもいよげにこそなつたりけれ。よいちかぶらをとつてつがひ、よつぴいてひやうどはなつ。こひやうといふでう、じふにそくみつぶせ、ゆみはつよし、かぶらはうらひびくほどにながなりして、あやまたずあふぎのかなめぎは、いつすんばかりおいて、ひいふつとぞいきつたる。かぶらはうみへいりければ、あふぎはそらへぞあがりける。はるかぜにひともみふたもみもまれて、うみへさつとぞちつたりける。みなぐれなゐのあふぎの、ゆふひのかかやくに、しらなみのうへにただよひ、うきぬしづみぬゆられけるを、おきにはへいけふなばたをたたいてかんじたり。P265くがにはげんじえびらをたたいて、どよめきけり。
「ゆみながし」(『ゆみながし』)S1105あまりのおもしろさに、かんにたへずやおもひけん、ふねのうちより、としのよはひごじふばかんなるをのこの、くろかはをどしのよろひきたるが、しらえのなぎなたつゑにつき、あふぎたてたるところにたつて、まひすましたり。いせのさぶらうよしもり、よいちがうしろにあゆませよつて、「ごぢやうであるぞ。これをもまたつかまつれ」といひければ、よいちこんどはなかざしとつてつがひ、よつぴいてひやうどはなつ。まひすましたるをのこの、まつただなかを、ひやうつばといて、ふなぞこへまつさかさまにいたふす。「ああいたり」といふものもあり、「いやいやなさけなし」といふものもおほかりけり。へいけのかたには、しづまりかへつておともせず、げんじはまたえびらをたたいて、どよめきけり。へいけこれをほいなしとやおもひけん、ゆみもつていちにん、たてついていちにん、なぎなたもつていちにん、むしやさんにんなぎさにあがり、「げんじここをよせよや」とぞまねきける。はうぐわん、「やすからぬことなり。むまづよならんわかたうども、はせよせてけちらせ」とのたまへば、むさしのくにのぢうにん、みをのやのじふらう、おなじきしらう、おなじきとうじち、かうづけのくにのぢうにん、にふのしらうP266、しなののくにのぢうにん、きそのちうじ、ごきつれて、をめいてかく。まづたてのかげより、ぬりのにくろぼろはいだるだいのやをもつて、まつさきにすすんだる、みをのやのじふらうが、むまのひだんのむながいづくしを、はずのかくるるほどにぞいこうだる。びやうぶをかへすやうに、むまはどうどたふるれば、ぬしはゆんでのあしをこえ、めてのかたへおりたつて、やがてたちをぞぬいたりける。またたてのかげより、おほなぎなたうちふつてかかりければ、みをのやのじふらう、こだちおほなぎなたにかなはじとやおもひけん、かいふいてにげければ、やがてつづいておつかけたり。なぎなたにてながんずるかとみるところに、さはなくして、なぎなたをばゆんでのわきにかいはさみ、めてのてをさしのべて、みをのやのじふらうがかぶとのしころをつかまうどす。つかまれじとにぐる。さんどつかみはづいて、しどのたび、むずとつかむ。しばしぞたまつてみえし。はちつけのいたより、ふつとひつきつてぞにげたりける。のこりしきは、むまををしうでかけず、けんぶつしてぞゐたりける。みをのやのじふらうは、みかたのむまのかげににげいつて、いきつぎゐたり。かたきはおうてもこず。そののちかぶとのしころをば、なぎなたのさきにつらぬき、たかくさしあげ、だいおんじやうをあげて、「とほからんものはおとにもきけ、ちかくはめにもみたまへ。これこそきやうわらんべのよぶなる、かづさのあくしちびやうゑかげきよよ」となのりすてて、みかたのたてのかげへぞのきにける。
へいけこれにすこしここちをなほいて、「あくしちびやうゑうたすな、ものども、かげきようたすな、つづけや」とて、にひやくよにんなぎさにあがり、たてをめんどりばにつきならべ、「げんじここをP267よせよや」とぞまねいたる。はうぐわんやすからぬことなりとて、たしろのくわんじやをまへにたて、ごとうびやうゑふし、かねこきやうだいをゆんでめてになし、いせのさぶらうをうしろとして、はうぐわんはちじふよきをめいてさきをかけたまへば、へいけのかたには、むまにのつたるせいはすくなし、たいりやくかちむしやなりければ、むまにあてられじとやおもひけん、しばしもたまらずひきしりぞき、みなふねにぞのりにける。たてはさんをちらしたるやうに、さんざんにけちらさる。げんじかつにのつて、むまのふとばらつかるほどに、うちいれうちいれせめたたかふ。ふねのうちよりくまでないがまをもつて、はうぐわんのかぶとのしころに、からりからりとうちかけうちかけ、にさんどしけれどもみかたのつはものども、たちなぎなたのさきにて、うちはらひうちはらひせめたたかふ。されどもいかがはしたまひたりけん、はうぐわんゆみをとりおとされぬ。うつぶし、むちをもつてかきよせ、とらんとらんとしたまへば、みかたのつはものども、「ただすてさせたまへすてさせたまへ」とまうしけれども、つひにとつて、わらうてぞかへられける。おとなどもは、みなつまはじきをして、「たとひせんびきまんびきに、かへさせたまふべきおんだらしなりとまうすとも、いかでかおんいのちには、かへさせたまふべきか」とまうしければ、はうぐわん、「ゆみのをしさにも、とらばこそ。よしつねがゆみといはば、ににんしてもはり、もしはさんにんしてもはり、をぢためともなどがゆみのやうならば、わざともおといてとらすべし。わうじやくたるゆみを、かたきのとりもつて、これこそげんじのたいしやうぐん、くらうよしつねがゆみよなど、てうろうぜられんがくちをしさに、いのちにかへてとつたるぞかし」とのたまへば、みなまたこれをぞP268かんじける。いちにちたたかひくらしよにいりければ、へいけのふねはおきにうかび、げんじはくがにうちあがつて、むれたかまつのなかなるのやまに、ぢんをぞとつたりける。げんじのつはものどもは、このみつかがあひだはねざりけり。をととひつのくにわたなべ、ふくしまをいづるとて、おほかぜおほなみにゆられて、まどろまず、きのふあはのくにかつうらについていくさし、よもすがらなかやまこえ、けふまたいちにちたたかひくらしたりければ、ひともむまもみなつかれはてて、あるひはかぶとをまくらにし、あるひはよろひのそで、えびらなどをまくらとして、ぜんごもしらずぞふしにける。されどもそのなかに、はうぐわんといせのさぶらうはねざりけり。はうぐわんはたかきところにうちあがつて、かたきやよすととほみしたまふ。いせのさぶらうは、くぼきところにかくれゐて、かたきよせば、まづむまのふとばらいんとてまちかけたり。へいけのかたには、のとどのをたいしやうぐんとして、そのよようちにせんと、したくせられたりけれども、ゑつちうのじらうびやうゑと、えみのじらうが、せんぢんをあらそふほどに、そのよもむなしくあけにけり。よせたりせば、げんじなじかはたまるべき、よせざりけるこそ、せめてのうんのきはめなれ。P269
「しどかつせん」(『しどかつせん』)S1106あけければ、へいけはたうごくしどのうらへこぎしりぞく。はうぐわんはちじふよき、しどへおうてぞかかられける。へいけこれをみて、「げんじはこぜいなりけるぞ。なかにとりこめてうてや」とて、せんよにんなぎさにあがり、げんじをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。さるほどにやしまにのこりとどまつたるにひやくよきのせいども、おくればせにはせきたる。へいけこれをみて、「あはやげんじのおほぜいのつづいたるは。なんじふまんぎがあるらん、とりこめられてはかなふべからず」とてひきしりぞき、みなふねにぞのりにける。しほにひかれ、かぜにまかせて、いづちをさすともなく、ゆられゆくこそかなしけれ。しこくをばくらうたいふのはうぐわんせめおとされぬ。くこくへはいれられず、ただちううのしゆじやうとぞみえし。はうぐわんはしどのうらにおりゐて、くびどものじつけんしておはしけるが、いせのさぶらうよしもりをめして、「あはのみんぶしげよしがちやくし、でんないざゑもんのりよし、いよのかはののしらうが、めせどもまゐらぬをせめんとて、そのせいさんぜんよきで、いよへこえたりけるが、かはのをばうちもらしぬ。いへのこらうどうひやくごじふにんがくびきつて、やしまのだいりへまゐらせたるがP270、けふこれへつくときく。なんぢゆきむかつて、こしらへてみよ」とのたまへば、よしもりかしこまりうけたまはつて、しらはたひとながれたまはつてさすままに、てぜいじふろくき、みなしらしやうぞくにいでたつて、はせむかふ。
さるほどにいせのさぶらう、でんないざゑもんゆきあうたり。あはひいつちやうばかりをへだてて、たがひにあかはたしらはたうつたてたり。よしもり、のりよしがもとへししやをたてて、「かつきこしめされてもやさふらふらん、かまくらどののおんおとと、くらうたいふのはうぐわんどのこそ、へいけつゐたうのゐんぜんをうけたまはつて、さいこくへむかはせたまひてさふらふ。そのみうちに、いせのさぶらうよしもりとまうすものにてさふらふが、いくさかつせんのれうでさふらはねば、もののぐをもしさふらはず、きうせんをもたいしさふらはず。たいしやうにまうすべきことあつて、これまでまかりむかつてさふらふぞ。あけていれさせたまへ」といひおくつたりければ、さんぜんよきのつはものども、みななかをあけてぞとほしける。いせのさぶらう、でんないざゑもんにうちならべていひけるは、「かつききたまひてもさふらふらん。かまくらどののおんおとと、くらうたいふのはうぐわんどのこそ、へいけつゐたうのために、これまでむかはせたまひてさふらふが、をととひあはのくにかつうらについて、ごへんのをぢ、さくらばのすけどのうつとり、きのふやしまについていくさし、ごしよだいりみなやきはらひ、しゆしやうはうみへいらせたまひぬ。おほいとのふしをば、いけどりにしまゐらせてさふらふ。のとどのもおんじがい、そのほかのひとびとは、あるひは、おんじがい、あるひはうみへいらせたまふ。よたうのせうせうのこつたるをば、けさしどのうらにてみなうつとりさふらひぬ。ごへんのちちあはのみんぶどのは、かうにんにまゐらせたまひてさふらふを、P271よしもりがあづかりたてまつてさふらふが、『あなむざん、でんないざゑもんのりよしが、これをばゆめにもしらずして、あすはいくさしてうたれんずることのむざんさよ』と、よもすがらなげきたまふがいたはしさに、つげしらせまゐらせんがために、これまでまかりむかつてさふらふぞ。いまはいくさしてうたれたまはんとも、またかぶとをぬぎゆみのつるをはづし、かうにんにまゐつて、ちちをいまいちどみたまはんとも、ともかうもごへんのおんぱからひぞ」といひければ、でんないざゑもん、「かつきくことにすこしもたがはず」とて、かぶとをぬぎゆみのつるをはづして、かうにんにまゐる。たいしやうかやうになるうへは、さんぜんよきのつはものどもも、みなかくのごとし。よしもりがわづかじふろくきにぐせられて、おめおめとかうにんにこそなりにけれ。よしもりでんないざゑもんをあひぐして、はうぐわんのおんまへにかしこまつて、このよしかくとまうしければ、「よしもりがはかりごと、いまにはじめぬことなれども、しんべうにもつかまつたるものかな」とて、やがてでんないざゑもんをば、もののぐめされて、いせのさぶらうにあづけらる。「さてあのつはものどもはいかに」とのたまへば、「ゑんごくのものどもは、たれをたれとかおもひまゐらせさふらふべき。ただよのらんをしづめて、くにをしろしめされんを、しゆにしまゐらせん」とまうしければ、はうぐわん、「このぎもつともしかるべし」とて、さんぜんよきのつはものどもを、みなわがせいにぞぐせられける。さるほどにわたなべふくしまりやうしよに、のこりとどまつたりけるにひやくよそうのふねども、かぢはらをさきとして、おなじきにじふににちのたつのいつてんに、やしまのいそにぞつきにける。「しこくをばP272くらうはうぐわんせめおとされぬ。いまはなんのようにかあふべき。むゆかのしやうぶ、ゑにあはぬはな、いさかひはててのちぎりきかな」とぞわらはれける。はうぐわんやしまへわたりたまひてのち、すみよしのかんぬしつもりのながもり、みやこへのぼりゐんざんして、「さんぬるじふろくにちのうしのこくばかり、たうしやのだいさんのじんでんより、かぶらやのこゑいでて、にしをさしてまかりさふらひぬ」と、そうもんせられたりければ、ほふわうおほきにぎよかんあつて、ぎよけんいげ、しゆじゆのじんぼうを、ながもりしてすみよしのだいみやうじんへまゐらせらる。むかしじんぐうくわうごう、しんらをせめさせたまひしとき、いせだいじんぐうより、にじんのあらみさきをさしそへさせたまひけり。にじんおんふねのともへにたつて、しんらをやすうせめしたがへさせたまひけり。いこくのいくさをしづめさせたまひて、きてうののち、いちじんはつのくにすみよしのこほりに、とどまらせおはします。すみよしだいみやうじんこれなり。いまいちじんは、しなののくにすはのこほりにあとをたる。すはのだいみやうじんのおんことなり。「むかしのせいばつのことを、おぼしめしわすれさせたまはで、いまもてうのをんできを、ほろぼしたまふべきにや」と、きみもしんもたのもしうぞおぼしめされける。
「だんのうらかつせん」(『とりあわせ だんのうらかつせん』)S1107さるほどにはうぐわんやしまのいくさにうちかつて、すはうのぢへおしわたり、あにのみかはのかみとひとつにP273なる。へいけはながとのくにひくしまにつくときこえしかば、げんじもおなじくにのうち、おひつにつくこそふしぎなれ。ここにきのくにのぢうにん、くまののべつたうたんぞうは、へいけぢうおんのみなりしが、たちまちにこころがはりして、へいけへやまゐらん、げんじへやまゐらんとおもひけるが、まづたなべのいまぐまのにしちにちさんろうし、みかぐらをそうして、ごんげんへきせいまうしければ、「ただしらはたにつけ」とのごたくせんありしかども、なほうたがひをなしまゐらせて、しろきにはとりななつ、あかきにはとりななつ、これをもつてごんげんのおんまへにて、しようぶをせさせけるに、あかきにはとりひとつもかたず、みなまけてぞにげにける。さてこそげんじへまゐらんとはおもひさだめけれ。さるほどにいちもんのものどもあひもよほし、つがふそのせいにせんよにん、にひやくよそうのひやうせんにとりのり、にやくわうじのおんしやうだいを、ふねにのせまゐらせ、はたのよこがみには、こんがうどうじをかきたてまつて、だんのうらへよするをみて、げんじもへいけもともにはいしたてまつる。されどもこのふねげんじのかたへつきければ、へいけきようさめてぞみえられける。またいよのくにのぢうにん、かはののしらうみちのぶも、ひやくごじつそうのたいせんに、のりつれてこぎきたり、これもおなじうげんじのかたへつきければ、へいけいとどきようさめてぞおもはれける。げんじのせいはかさなれば、へいけのせいはおちぞゆく。げんじのふねはさんぜんよそう、へいけのふねはせんよそう、たうせんせうせうあひまじれり。げんりやくにねんさんぐわつにじふしにちのうのこくに、ぶぜんのくにたのうら、もんじのせき、ながとのくにだんのうら、あかまがせきにて、げんぺいのやあはせとぞさだめける。そのひはうぐわんとかぢはらと、すでにどしいくさせんとP274す。かぢはらすすみいでて、「けふのせんぢんをば、かげときにたびさふらへかし」。はうぐわん、「よしつねがなくばこそ」とのたまへば、かぢはら、「まさなうさふらふ。とのはたいしやうぐんにてましましさふらふものを」とまうしければ、はうぐわん、「それおもひもよらず、かまくらどのこそたいしやうぐんよ。よしつねはいくさぶぎやうをうけたまはつたるみなれば、ただわどのばらとおなじことよ」とぞのたまひける。かぢはら、せんぢんをしよまうしかねて、「てんぜいこのとのは、さぶらひのしゆにはなりがたし」とぞつぶやきける。はうぐわん、「わどのはにつぽんいちのをこのものかな」とて、たちのつかにてをかけたまへば、かぢはら、「こはいかに、かまくらどのよりほか、べつにしゆをばもちたてまつらぬものを」とて、これもおなじうたちのつかにてをぞかけける。ちちがけしきをみて、ちやくしのげんだかげすゑ、じなんへいじかげたか、おなじきさぶらうかげいへ、おやこしゆじうじふしごにん、うちもののさやをはづいて、ちちといつしよによりあうたり。はうぐわんのけしきをみたてまつて、いせのさぶらうよしもり、あうしうのさとうしらうびやうゑただのぶ、えだのげんざう、くまゐたらう、むさしばうべんけいなどいふ、いちにんたうぜんのつはものども、かぢはらをなかにとりこめて、われうつとらんとぞすすみける。されどもはうぐわんには、みうらのすけとりつきたてまつり、かぢはらには、とひのじらうつかみついて、りやうにんてをすつてまうしけるは、「これほどのおんだいじをまへにかかへながら、どしいくさしたまひなば、へいけにせいつきさふらひなんず。かつうはかまくらどののかへりきこしめされんずるところも、をんびんならず」とまうしければ、はうぐわんしづまりたまひぬ。かぢはらすすむにおよばず。それよりして、かぢはらはうぐわんをにくみそめたてまつて、ざんげんしてつひにP275うしなひたてまつたりとぞ、のちにはきこえし。さるほどにげんぺいりやうばうぢんをあはす。ぢんのあはひ、うみのおもてわづかにさんじふよちやうをぞへだてたる。もんじ、あかま、だんのうらは、たぎりておつるしほなれば、へいけのふねはこころならず、しほにむかつておしおとさる。げんじのふねはおのづから、しほにおうてぞいできたる。おきはしほのはやければ、みぎはについて、かぢはらかたきのふねのゆきちがふを、くまでにかけてひきよせ、のりうつりのりうつり、おやこしゆじうじふしごにん、うちもののさやをはづいて、ともへにさんざんにないでまはり、ぶんどりあまたして、そのひのかうみやうのいちのふでにぞつきにける。
「とほや」さるほどにげんぺいりやうばうぢんをあはせて、ときをつくる。かみはぼんでんまでもきこえ、しもはけんらうぢじんも、おどろきたまふらんとぞおぼえたる。ときのこゑもしづまりしかば、しんぢうなごんとももりのきやう、ふねのやかたにすすみいで、だいおんじやうをあげて、「てんぢくしんだんにも、につぽんわがてうにも、ならびなきめいしやうゆうしといへども、うんめいつきぬればちからおよばず。されどもなこそをしけれ。とうごくのものどもによわげみすな。いつのためにかいのちをばをしむべき。いくさようせよ、ものども、ただこれのみぞおもふことよ」とのたまへば、ひだのさぶらうざゑもんかげつねP276、おんまへにさふらひけるが、「これうけたまはれ、さぶらひども」とぞげぢしける。かづさのあくしちびやうゑすすみいでて、「そればんどうむしやは、むまのうへにてこそ、くちはききさふらふとも、ふないくさをばいつてうれんしさふらふべき。たとへばうをのきにのぼつたるでこそさふらはんずらめ。いちいちにとつて、うみにつけなんものを」とぞまうしける。ゑつちうのじらうびやうゑすすみいでて、「おなじうはたいしやうのげんくらうとくみたまへ。くらうはせいのちひさきをのこの、いろのしろかんなるが、むかばのすこしさしいでて、ことにしるかんなるぞ。ただしよろひひたたれをつねにきかふなれば、きつとみわけがたかんなり」とぞまうしける。あくしちびやうゑかさねて、「なんでふそのこくわんじやめ、たとひこころこそたけくとも、なにほどのことかあるべき。しやかたわきにはさんで、うみにいれなんものを」とぞまうしける。しんぢうなごんとももりのきやうは、かやうにげぢしたまひてのち、こぶねにのり、おほいとののおんまへにおはしてまうされけるは、「みかたのつはものども、けふはようみえさふらふ。ただしあはのみんぶしげよしばかりこそ、こころがはりしたるとおぼえさふらへ。かうべをはねさふらはばや」とまうされければ、おほいとの、「さしもほうこうのものであるに、みえたることもなくして、いかでかかうべをばはねらるべき。しげよしめせ」とてめされけり。しげよしそのひのしやうぞくには、むくらんぢのひたたれに、あらひがはのよろひきて、おんまへにかしこまつてぞさふらひける。おほいとの、「いかにしげよしは、こころがはりしたるか。けふはわるうみゆるぞ。しこくのものどもに、いくさようせよとげぢせよ。おくしたんな」とのたまへば、「なんでふおくしさふらふべき」とてP277、おんまへをまかりたつ。しんぢうなごんは、たちのつかくだけよとにぎるままに、「あつぱれしげよしめがくびうちおとさばや」と、おほいとののおんかたを、しきりにみまゐらさせたまへども、おんゆるされなければ、ちからおよびたまはず。さるほどにへいけはせんよそうをみてにつくる。まづやまがのひやうどうじひでとほ、ごひやくよそうでせんぢんにこぎむかふ。まつうらたうさんびやくよそうで、にぢんにつづく。へいけのきんだちたち、にひやくよそうでさんぢんにつづきたまへり。なかにもやまがのひやうどうじひでとほは、くこくいちのつよゆみせいびやうなりければ、われほどこそなけれども、ふつうざまのせいびやうごひやくにんすぐつて、ふねぶねのともへにたて、かたをいちめんにならべて、ごひやくのやをいちどにはなつ。げんじのかたにもさんぜんよそうのふねなりければ、せいのかずさこそはおほかりけめども、あそこここよりいけるほどに、いづくにせいびやうありともみえざりけり。なかにもたいしやうぐんげんくらうよしつねは、まつさきにすすんでたたかひけるが、たてもよろひもこらへずして、さんざんにいしらまさる。へいけ、みかたかちぬとて、しきりにせめつづみをうつて、をめきさけんでせめたたかふ。
(『とほや』)S1108げんじのかたには、わだのこたらうよしもり、ふねにはのらずむまにうちのり、あぶみのはなふみそらし。へいけのせいのなかを、さしつめひきつめさんざんにいる。もとよりせいびやうのてききにてありければ、さんちやうがうちのものをば、はづさず、つよういけり。なかにもことにとほういたるとおぼしきやを、「そのやたまはらん」とぞまねきける。しんぢうなごんとももりのきやう、このやをぬかせてみたまへば、しらのにつるのもとじろ、こうのはわりあはせてはいだるやの、じふさんぞくみつぶせありけるにP278、くつまきよりいつそくばかりおいて、わだのこたらうたひらのよしもりと、うるしにてぞかきつけたる。へいけのかたにもせいびやうおほしといへども、さすがとほやいるじんやなかりけん。ややあつていよのくにのぢうにん、にゐのきしらうちかきよ、このやをたまはつていかへす。これもさんちやうよを、つといわたいて、わだがうしろいつたんばかりにひかへたる、みうらのいしざこんのたらうが、ゆんでのかひなに、したたかにこそたつたりけれ。みうらのひとどもよりあひて、「あなにくや、わだのこたらうが、われほどのせいびやうなしとこころえて、はぢかきぬるをかしさよ」とわらひければ、よしもり、やすからぬことなりとて、こんどはこぶねにのつてこぎいだし、へいけのせいのなかを、さしつめひきつめさんざんにいければ、ものどもおほくておひいころさる。ややあつておきのかたより、はうぐわんののりたまひたるふねに、しらののおほやをひとついたて、これもわだがやうに、「そのやたまはらん」とまねきけり。はうぐわんこのやをぬかせてみたまへば、しらのにやまどりのををもつてはいだるやの、じふしそくみつぶせありけるに、くつまきよりいつそくばかりおいて、いよのくにのぢうにん、にゐのきしらうちかきよと、うるしにてぞかきつけたる。はうぐわん、ごとうびやうゑさねもとをめして、「みかたにこのやいつべきじんはたれかある」とのたまへば、「かひげんじに、あさりのよいちどのこそ、せいびやうのてききにてさふらへ」とまうしければ、はうぐわん、「さらばよいちよべ」とてめされけり。あさりのよいちいできたり。はうぐわん、「いかによいち、このやただいまおきよりいてさふらふが、そのやたまはらんとP279まねきさふらふ。ごへんいられさふらひなんや」とのたまへば、「たまはつてみさふらはん」とて、とつてつまよつて、「これはのがよわうさふらふ。やづかもすこしみじかうさふらへば、おなじうはよしなりがぐそくにてつかまつりさふらはん」とて、ぬりのにくろぼろはいだるだいのやの、わがおほでにおしにぎつて、じふごそくみつぶせありけるを、ぬりごめどうのゆみの、くしやくばかりありけるに、とつてつがひ、よつぴいてひやうどはなつ。これもしちやうよを、つといわたいて、おほふねのへにたつたる、にゐのきしらうちかきよが、まつただなかを、ひやうつばといて、ふなぞこへまつさかさまにいおとす。もとよりこのあさりのよいちは、せいびやうのてききにて、にちやうがうちをわしるしかをばはづさず、つよういけるとぞきこえし。そののちはげんぺいのつはものども、たがひにおもてもふらず、いのちもをしまずせめたたかふ。されどもへいけのおんかたには、じふぜんていわう、さんじゆのしんきをたいしてわたらせたまへば、げんじいかがあらんずらんと、あやふうおもふところに、しばしはしらくもかとおぼしくて、こくうにただよひけるが、くもにてはなかりけり。ぬしもなきしらはたひとながれまひさがつて、げんじのふねのへに、さをづけのをの、さはるほどにぞみえたりける。P280
「せんていのごじゆすゐ」はうぐわん、「これははちまんだいぼさつのげんじたまへるにこそ」とよろこんで、かぶとをぬぎ、てうづうがひして、これをはいしたてまつりたまふ。つはものどももみなかくのごとし。またおきよりいるかといふうを、いちにせんはうで、へいけのふねのかたへぞむかひける。おほいとの、こばかせはるのぶをめして、「いるかはつねにおほけれども、いまだかやうのことなし。きつとかんがへまうせ」とのたまへば、「このいるかはみかへりさふらはば、げんじほろびさふらひなんず。はみとほりさふらはば、みかたのおんいくさあやふうおぼえさふらふ」とまうしもはてぬに、へいけのふねのしたを、すぐにはうでぞとほりける。よのなかはいまはかうとぞみえし。あはのみんぶしげよしは、このさんがねんがあひだ、へいけについてちうをいたしたりしかども、しそくでんないざゑもんのりよしを、いけどりにせられて、いまはかなはじとやおもひけん、たちまちにこころがはりして、げんじとひとつになりにけり。しんぢうなごんとももりのきやう、「あつぱれしげよしめを、きつてすつべかりつるものを」と、こうくわいせられけれどもかひぞなき。へいけのかたのはかりごとには、よきむしやをばひやうせんにのせ、ざふにんばらをばたうせんにのせて、げんじこころにくさに、たうせんをせめば、なかにとりこめてうたんと、したくせられたりしかどもP281、しげよしがかへりちうのうへは、たうせんにはめもかけず、たいしやうぐんのやつしのりたまへるひやうせんをぞせめたりける。そののちはしこくちんぜいのつはものども、みなへいけをそむいて、げんじにつく。いままでしたがひつきたりしかども、きみにむかつてゆみをひき、しゆにたいしてたちをぬく。かしこのきしにつかんとすれば、なみたかうしてかなひがたし。ここのみぎはによらんとすれば、かたきやさきをそろへてまちかけたり。げんぺいのくにあらそひ、けふをかぎりとぞみえたりける。
(『せんていみなげ』)S1109さるほどにげんじのつはものども、へいけのふねにのりうつりければ、すゐしゆかんどりども、あるひはいころされ、あるひはきりころされて、ふねをなほすにおよばず、ふなぞこにみなたふれふしにけり。しんぢうなごんとももりのきやう、こぶねにのつて、いそぎごしよのおんふねへまゐらせたまひて、「よのなかはいまはかうとおぼえさふらふ。みぐるしきものをば、みなうみへいれて、ふねのさうぢめされさふらへ」とて、はいたり、のごうたり、ちりひろひ、ともへにはしりまはつて、てづからさうじしたまひけり。にようばうたち、「ややちうなごんどの、いくさのやうはいかにやいかに」ととひたまへば、「ただいまめづらしきあづまをとこをこそ、ごらんぜられさふらはんずらめ」とて、からからとわらはれければ、「なんでふただいまのたはぶれぞや」とて、こゑごゑにをめきさけびたまひけり。にゐどのは、ひごろよりおもひまうけたまへることなれば、にぶいろのふたつぎぬうちかづき、ねりばかまのそばたかくとり、しんしをわきにはさみ、ほうけんをこしにさし、しゆしやうをいだきまゐらせて、P282「われはをんななりとも、かたきのてにはかかるまじ。しゆしやうのおんともにまゐるなり。おんこころざしおもひたまはんひとびとは、いそぎつづきたまへや」とて、しづしづとふなばたへぞあゆみいでられける。しゆしやうことしは、はつさいにぞならせおはします。おんとしのほどより、はるかにねびさせたまひて、おんかたちいつくしう、あたりもてりかかやくばかりなり。おんぐしくろうゆらゆらと、おんせなかすぎさせたまひけり。しゆしやうあきれたるおんありさまにて、「そもそもあまぜ、われをばいづちへぐしてゆかんとはするぞ」とおほせければ、にゐどの、いとけなききみにむかひまゐらせ、なみだをはらはらとながいて、「きみはいまだしろしめされさふらはずや。ぜんぜのじふぜんかいぎやうのおんちからによつて、いまばんじようのあるじとはうまれさせたまへども、あくえんにひかれて、ごうんすでにつきさせたまひさぶらひぬ。まづひんがしにむかはせたまひて、いせだいじんぐうにおんいとままうさせおはしまし、そののちにしにむかはせたまひて、さいはうじやうどのらいかうにあづからんとちかはせおはしまして、おんねんぶつさぶらふべし。このくにはそくさんへんどとまうして、ものうきさかひにてさぶらふ。あのなみのしたにこそ、ごくらくじやうどとて、めでたきみやこのさぶらふ。それへぐしまゐらせさぶらふぞ」と、さまざまになぐさめまゐらせしかば、やまばといろのぎよいにびんづらゆはせたまひて、おんなみだにおぼれ、ちひさううつくしきおんてをあはせ、まづひんがしにむかはせたまひて、いせだいじんぐう、しやうはちまんぐうに、おんいとままうさせおはしまし、そののちにしにむかはせたまひて、おんねんぶつありしかば、にゐどのやがていだきまゐらせて、「なみのそこにもみやこのさぶらふぞ」となぐさめまゐらせて、ちひろのそこにぞしづみたまふ。かなしきかな、むじやうのはるのかぜ、P283たちまちにはなのおんすがたをちらし、いたましきかな、ぶんだんのあらきなみ、ぎよくたいをしづめたてまつる。てんをばちやうせいとなづけて、ながきすみかとさだめ、もんをばふらうとかうして、おいせぬとざしとはかきたれども、いまだじつさいのうちにして、そこのみくずとならせおはします。じふぜんていゐのおんくわはう、まうすもなかなかおろかなり。うんしやうのりようくだつて、かいていのうをとなりたまふ。だいぼんかうだいのかくのうへ、しやくだいきけんのみやのうち、いにしへはくわいもんきよくろのあひだに、きうぞくをなびかし、いまはふねのうちなみのしたにて、おんみをいつしにほろぼしたまふこそかなしけれ。
「のとどのさいご」(『のとどのさいご』)S1110にようゐんはこのありさまをみまゐらせたまひて、いまはかうとやおぼしめされけん、おんすずり、おんやきいし、さうのおんふところにいれて、うみにいらせたまふを、わたなべのげんごむまのじようむつる、こぶねをつとこぎよせて、おんぐしをくまでにかけてひきあげたてまつる。だいなごんのすけのつぼね、「あなあさまし、それはにようゐんにてわたらせたまふぞ。あやまちつかまつるな」とまうされたりければ、はうぐわんにまうして、いそぎごしよのおんふねへうつしたてまつる。さてだいなごんのすけのつぼねは、ないしどころのおんからうとをとつて、うみにいらんとしたまひけるが、はかまのすそをP284ふなばたにいつけられて、けまとひたふれたまひけるを、ぶしどもとりとどめたてまつる。そののちおんからうとのぢやうをねぢきつて、おんふたをすでにひらかんとす。たちまちにめくれはなぢたる。へいだいなごんときただのきやうは、いけどりにせられておはしけるが、「あれはいかに、ないしどころにてわたらせたまふぞ。ぼんぶはみたてまつらぬことぞ」とのたまへば、つはものどもしたをふつておそれをののく。そののちはうぐわんときただのきやうにまうしあはせて、もとのごとくからげをさめたてまつらる。さるほどに、かどわきのへいぢうなごんのりもり、しゆりのだいぶつねもり、きやうだいてにてをとりくみ、よろひのうへにいかりをおうて、うみにぞしづみたまひける。こまつのしんざんみのちうじやうすけもり、おなじきせうしやうありもり、いとこのさまのかみゆきもりも、てにてをとりくみ、これもよろひのうへにいかりをおうて、いつしよにうみにぞいりたまふ。ひとびとはかやうにしたまへども、おほいとのふしは、さもしたまはず、ふなばたにたち、しはうみめぐらしておはしければ、へいけのさぶらひども、あまりのこころうさに、そばをつとわしりとほるやうにて、まづおほいとのをうみへがばとつきいれたてまつる。これをみてゑもんのかみ、やがてつづいてとびいりたまひぬ。ひとびとは、よろひのうへに、おもきものをおうたりいだいたりして、いればこそしづめ、このひとおやこは、さもしたまはず。なまじひにすゐれんのじやうずにておはしければ、おほいとのは、ゑもんのかみしづまば、われもしづまん、たすからば、われもともにたすからんとおもひ、たがひにめをみかはして、かなたこなたへおよぎありきたまひけるを、いせのさぶらうよしもり、こぶねをつとこぎよせてP285、まづゑもんのかみを、くまでにかけてひきあげたてまつる。おほいとの、いとどしづみもやりたまはざりしを、いつしよにとりあげたてまつてげり。めのとごのひだのさぶらうざゑもんかげつね、このよしをみたてまつて、「わがきみとりたてまつるはなにものぞ」とて、こぶねにのり、よしもりがふねにおしならべてのりうつり、たちをぬいてうつてかかる。よしもりあぶなうみえけるところに、よしもりがわらは、しゆをうたせじと、なかにへだたり、さぶらうざゑもんにうつてかかる。さぶらうざゑもんがうつたちに、よしもりがわらは、かぶとのまつかううちわられて、にのたちにくびうちおとさる。よしもりはなほあぶなうみえけるを、となりのふねより、ほりのやたらうちかつね、よつぴいてひやうどはなつ。さぶらうざゑもん、うちかぶとをいさせてひるむところに、ほりのやたらう、よしもりがふねにのりうつり、さぶらうざゑもんにくんでふす。ほりがらうどうやがてつづいてのりうつり、さぶらうざゑもんがこしのかたなをぬき、よろひのくさずりひきあげて、つかもこぶしも、とほれとほれとみかたなさいて、くびをとる。おほいとのは、めのとごがめのまへにて、かやうになるをみたまひて、いかばかりのことをかおもはれけん。
およそのとどののやさきにまはるものこそなかりけれ。のりつねはけふをさいごとやおもはれけん、あかぢのにしきのひたたれに、からあやをどしのよろひきて、くはがたうつたるかぶとのををしめ、いかものづくりのたちをはき、にじふしさいたるきりふのやおひ、しげどうのゆみもつて、さしつめひきつめ、さんざんにいたまへば、ものどもおほくておひいころさる。やだねみなつきければ、こくしつのおほたち、しらえのおほなぎなた、さうにもつて、さんざんにないでまはりたまふ。P286しんぢうなごんとももりのきやう、のとどののもとへししやをたてて、「いたうつみなつくりたまひそ。さりとてはよきかたきかは」とのたまへば、のとどの、「さてはたいしやうにくめござんなれ」とて、うちものくきみじかにとり、ともへにさんざんにないでまはりたまふ。されどもはうぐわんをみしりたまはねば、もののぐのよきむしやをば、はうぐわんかとめをかけてとんでかかる。はうぐわんもないないおもてにたつやうにはしたまへども、とかうちがへて、のとどのにはくまれず。されどもいかがはしたまひたりけん、はうぐわんのふねにのりあたり、「あはや」とめをかけて、とんでかかる。はうぐわんかなはじとやおもはれけん、なぎなたをばゆんでのわきにかいはさみ、みかたのふねの、にぢやうばかりのきたりけるに、ゆらりととびのりたまひぬ。のとどのはやわざやおとられたりけん、つづいてもとびたまはず。のとどのいまはかうとやおもはれけん、たちなぎなたをもうみへなげいれ、かぶともぬいですてられけり。よろひのそで、くさずりをもかなぐりすて、どうばかりきておほわらはになり、おほてをひろげて、ふねのやかたにたちいで、だいおんじやうをあげて、「げんじのかたにわれとおもはんものあらば、よつてのりつねくんでいけどりにせよ。かまくらへくだり、ひやうゑのすけにものひとことばいはんとおもふなり。よれやよれ」とのたまへども、よるものいちにんもなかりけり。ここにとさのくにのぢうにん、あきのがうをちぎやうしけるあきのだいりやうさねやすがこに、あきのたらうさねみつとて、およそにさんじふにんがちからあらはしたるだいぢからのかうのもの、われにちつともおとらぬらうどういちにんぐしたりけり。おととのじらうも、ふつうにはすぐれたるつはものなり。かれらP287さんにんよりあひて、「たとひのとどの、こころこそかうにおはすとも、なにほどのことかあるべき。たけじふぢやうのおになりとも、われらさんにんがつかみついたらんに、などかしたがへざるべき」とて、こぶねにのり、のとどののふねにおしならべてのりうつり、たちのきつさきをととのへて、いちめんにうつてかかる。のとどのこれをみたまひて、まづまつさきにすすんだる、あきのたらうがらうどうに、すそをあはせて、うみへどうどけいれたまふ。つづいてかかるあきのたらうをば、ゆんでのわきにかいはさみ、おととのじらうをば、めてのわきにとつてはさみ、ひとしめしめて、「いざうれおのれら、しでのやまのともせよ」とて、しやうねんにじふろくにて、うみへつつとぞいりたまふ。
「ないしどころのみやこいり」(『ないしどころのみやこいり』)S1111しんぢうなごんとももりのきやうは、「みるべきほどのことをばみつ、いまはただじがいをせん」とて、めのとごのいがのへいないざゑもんいへながをめして、「ひごろのけいやくをばたがへまじきか」とのたまへば、「さることさふらふ」とて、ちうなごんどのにも、よろひにりやうきせたてまつり、わがみもにりやうきて、てにてをとりくみ、いつしよにうみにぞいりたまふ。これをみて、たうざにありける、にじふよにんのさぶらひども、つづいてうみにぞしづみける。されどもそのなかに、ゑつちうのじらうびやうゑP288、かづさのごらうびやうゑ、あくしちびやうゑ、ひだのしらうびやうゑなどは、なにとしてかはのがれたりけん、そこをもつひにおちにけり。かいしやうにはあかはた、あかじるしども、きりすてかなぐりすてたりければ、たつたがはのもみぢばを、あらしのふきちらしたるにことならず。みぎはによするしらなみは、うすぐれなゐにぞなりにける。ぬしもなきむなしきふねどもは、しほにひかれかぜにしたがひて、いづちをさすともなく、ゆられてゆくこそかなしけれ。いけどりには、さきのないだいじんむねもりこう、へいだいなごんときただ、ゑもんのかみきよむね、くらのかみのぶもと、さぬきのちうじやうときざね、おほいとののはつさいのわかぎみ、ひやうぶのせふまさあきら、そうにはにゐのそうづせんしん、ほつしようじのしゆぎやうのうゑん、ちうなごんのりつしちうくわい、きやうじゆばうのあじやりゆうゑん、さぶらひにはげんだいふのはうぐわんすゑさだ、つのはうぐわんもりずみ、とうないさゑもんのじようのぶやす、きちないさゑもんのじようすゑやす、あはのみんぶしげよしふし、いじやうさんじふはちにんなり。きくちのじらうたかなほ、はらだのたいふたねなほは、いくさいぜんよりかぶとをぬぎ、ゆみのつるをはづいて、かうにんにまゐる。にようばうたちには、にようゐん、きたのまんどころ、らふのおんかた、だいなごんのすけどの、そつのすけどの、ぢぶきやうのつぼねいげ、いじやうしじふさんにんとぞきこえし。げんりやくにねんのはるのくれ、いかなるとしつきにて、いちじんかいていにしづみ、ひやくくわんはしやうにうかぶらん。こくもくわんぢよは、とういせいじゆのてにしたがひ、しんかけいしやうは、すまんのぐんりよにとらはれて、きうりへかへりたまひしに、あるひはしゆばいしんがにしきをきざることをなげき、あるひはわうぜうくんがここくにおもむきしうらみも、これにはすぎじとぞみえし。
しんぐわつみつかのひ、くらうたいふのはうぐわんよしつね、げんはちひろつなをもつて、ゐんのごしよへそうもんせられけるはP289、「さんぬるさんぐわつにじふしにちのうのこくに、ぶぜんのくにたのうら、もんじがせき、ながとのくにだんのうら、あかまがせきにて、へいけをことごとくせめほろぼし、ないしどころ、しるしのおんはこ、ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべき」よし、そうもんせられたりければ、ほふわうおほきにぎよかんあつて、ひろつなをおつぼのうちへめして、かつせんのしだいをくはしうおんたづねあつて、ぎよかんのあまりに、ひろつなをたうざにさひやうゑにぞなされける。おなじきいつかのひ、ほくめんにさふらふとうはうぐわんのぶもりをめして、「ないしどころ、しるしのおんはこ、いちぢやうかへりいらせたまふか、みてまゐれ」とて、さいこくへつかはさる。のぶもりやがてゐんのおむまたまはつて、しゆくしよへもかへらず、むちをあげ、にしをさしてぞはせくだる。さるほどにくらうたいふのはうぐわんよしつね、へいじなんによのいけどりども、あひぐしてのぼられけるが、おなじきじふしにちはりまのくにあかしのうらにぞつかれける。なをえたるうらなれば、ふけゆくままにつきすみのぼり、あきのそらにもおとらず。にようばうたちは、さしつどひて、「ひととせこれをとほりしには、かかるべしとはおもはざりしものを」とて、しのびねになきぞあはれける。そつのすけどの、つくづくつきをながめたまひて、いとおもひのこせることもおはせざりければ、なみだにとこもうくばかりにて、かうぞおもひつづけらる。
ながむればぬるるたもとにやどりけりつきよくもゐのものがたりせよ W085
ぢぶきやうのつぼね、
くものへにみしにかはらぬつきかげのすむにつけてもものぞかなしき W086 
P290だいなごんのすけのつぼね、
わがみこそあかしのうらにたびねせめおなじなみにもやどるつきかな W087
はうぐわんはたけきもののふなれども、さこそおのおのの、むかしこひしう、ものがなしうもやおはすらんと、みにしみてあはれにぞおもはれける。おなじきにじふごにち、ないしどころ、しるしのおんはこ、とばにつかせたまふときこえしかば、だいりよりおんむかひにまゐらせたまふひとびと、かでのこうぢのちうなごんつねふさのきやう、けんびゐしのべつたうさゑもんのかみさねいへ、たかくらのさいしやうのちうじやうやすみち、ごんのうちうべんかねただ、えなみのちうじやうきんとき、たぢまのせうしやうのりよし、ぶしにはいづのくらんどのたいふよりかぬ、いしかはのはんぐわんだいよしかぬ、さゑもんのじようありつなとぞきこえし。そのよのねのこくに、ないしどころ、しるしのおんはこ、だいじやうぐわんのちやうにいらせおはします。ほうけんはうせにけり。しんしはかいしやうにうかびたるを、かたをかのたらうつねはるがとりあげたてまつたりけるとかや。
(『けん』)S1112
「いちもんおほぢわたされ」(『いちもんおほちわたし』)S1113さるほどににのみやかへりいらせたまふときこえしかば、ほふわうよりおんむかひのおんくるまをまゐらせらる。おんこころならず、ぐわいせきのへいけにとらはれさせたまひて、さいかいのなみのうへにただよはせP291たまふおんことを、おんぼぎもおんめのとぢみやうゐんのさいしやうも、なのめならずおんなげきありしに、いままちうけまゐらせたまひて、いかばかりらうたくおぼしめされけん。おなじきにじふろくにち、へいじのいけどりども、とばについて、やがてそのひみやこへいつておほぢをわたさる。こはちえふのくるまの、ぜんごのすだれをあげ、さうのものみをひらく。おほいとのはじやうえをきたまへり。ひごろはさしもいろしろうきよげにおはせしかども、しほかぜにやせくろみて、そのひとともみえたまはず。されどもしはうをみめぐらして、いとおもひいれたまへるけしきもおはせざりけり。おんこゑもんのかみきよむねは、しろきひたたれにて、ちちのおんくるまのしりにぞまゐられける。なみだにむせびうつぶして、めもみあげたまはず、まことにふかうおもひいれたまへるけしきなり。へいだいなごんときただのきやうのくるまも、おなじうやりつづけられたり。さぬきのちうじやうときざねも、どうしやにわたさるべかりしかども、げんじよらうとてわたされず。くらのかみのぶもとは、きずをかうむつたりしかば、かんだうよりいりにけり。これをみんとて、ゑんごくきんごく、やまやまてらでら、きやうぢうのじやうげおいたるもわかきも、おほくきたりあつまつて、とばのみなみのもん、つくりみち、よつづかまで、はたとつづいて、いくせんまんといふかずをしらず。ひとはかへりみることをえず、くるまはわをめぐらすことあたはず。さんぬるぢしようやうわのききん、とうごくさいこくのいくさに、ひとだねおほくほろびうせたりといへども、なほのこりはおほかりけりとぞみえし。みやこをいでてなかいちねん、むげにまぢかきほどなれば、めでたかりしこともわすられず。さしもおそれをののきしひとの、けふのありさま、ゆめうつつともわきかねたり。P292こころなきあやしのしづのをしづのめにいたるまで、みななみだをながし、そでをぬらさぬはなかりけり。ましてなれちかづきたりしひとびとのこころのうち、おしはかられてあはれなり。ねんらいぢうおんをかうむつて、ふそのときよりしこうせしともがらの、さすがみのすてがたさに、おほくはげんじにつきたりしかども、むかしのよしみたちまちにわするべきにもあらねば、さこそはかなしうもおもひけめ。みなそでをかほにおしあてて、めをみあげぬものもおほかりけり。おほいとののうしかひは、きそがゐんざんのとき、くるまやりそんじてきられたりしじらうまるがおとと、さぶらうまるにてぞありける。さいこくにては、かりをのこになつたりけるが、とばにてはうぐわんにまうしけるは、「とねりうしかひなどまうすものは、いやしきげらふのはてにて、こころあるべきではさふらはねども、ねんらいめしつかはれまゐらせさふらひしおんこころざしあさからずさふらふ。なにかくるしうさふらふべき。おんゆるされをかうむつて、おほいとののごさいごのおんくるまを、いまいちどつかまつりさふらはばや」とまうしければ、はうぐわんなさけあるひとにて、「もつともさるべし。とうとう」とてゆるされけり。さぶらうまるなのめならずによろこび、じんじやうにしやうぞくき、ふところよりやりなはとりいだいてつけかへ、なみだにくれて、ゆくさきはみえねども、うしのゆくにまかせつつ、なくなくやつてぞまかりける。ほふわうはろくでうひんがしのとうゐんに、おんくるまをたててえいらんある。ぐぶのくぎやうてんじやうびとのくるまどもも、おなじうたてならべられたり。さしもおんみちかうめしつかはせたまひしかば、ほふわうもおんこころよわう、いまさらあはれにぞおぼしめされける。「ひごろはいかなるひとも、あのひとびとのP293めにもみえ、ことばのすゑにもかからばやとこそおもひしに、けふかやうにみなすべしとは、たれかおもひよりしぞや」とて、じやうげそでをぞぬらされける。ひととせむねもりこうないだいじんになつて、よろこびまうしのありしとき、くぎやうにはくわざんのゐんのちうなごんかねまさのきやうをはじめたてまつて、じふににんこしようしてやりつづけらる。くらんどのかみちかむねいげのてんじやうびとじふろくにんせんぐす。ちうなごんしにん、さんみのちうじやうもさんにんまでおはしき。くぎやうもてんじやうびとも、けふをはれとときめきたまへり。そのときこのときただのきやう、ごぜんへめされまゐらせて、やうやうにもてなされ、しゆじゆのひきでものたまはつて、いでられたまひしは、めでたかりしぎしきぞかし。けふはげつけいうんかくいちにんもしたがはず。おなじうだんのうらにていけどりにせられたりしにじふよにんのさぶらひどもも、みなしろきひたたれにて、くらのまへわにしめつけてぞわたされける。ろくでうをひんがしへかはらまでわたいて、それよりかへつて、はうぐわんのしゆくしよ、ろくでうほりかはなるところにすゑたてまつて、きびしうしゆごしたてまつる。おほいとのはおんものまゐらせけれども、むねせきふさがつて、おはしをだにもたてられず。よるになれども、しやうぞくをだにもくつろげたまはず。そでかたしいてふしたまひたりけるが、おんこゑもんのかみに、おんじやうえのそでをうちきせたまへるを、しゆごのぶしどもみたてまつて、「あはれたかきもいやしきもおんあいのみちほどかなしかりけることはなし。おんじやうえのそでをうちきせたまひたればとて、なにほどのことかおはすべき。せめてのおんこころざしのふかさかな」とて、みなよろひのそでをぞぬらしける。P294
(『かがみ』)S1114
「へいだいなごんのふみのさた」(『ふみのさた』)S1115へいだいなごんときただのきやうふしも、はうぐわんのしゆくしよちかうぞおはしける。よのなかはかくなるうへは、とてもかうてもとこそおもはるべきに、だいなごんいのちをしうやおもはれけん、しそくさぬきのちうじやうときざねをまねいて、「ちらすまじきふみどもいちがふ、はうぐわんにとられてあるぞとよ。これをかまくらのげんにゐにみせなば、ひともおほくほろび、わがみもいのちたすかるまじ。いかがせん」とのたまへば、ちうじやうまうされけるは、「くらうはたけきもののふなれども、にようばうなどのうつたへなげくことをば、いかなるだいじをも、もてはなれずとこそうけたまはつてさふらへ。ひめぎみたちあまたましましさふらへば、いづれにてもごいつしよみせさせおはしまし、したしうならせたまひてのち、おほせいださるべうもやさふらふらん」とまうされたりければ、そのときだいなごん、なみだをはらはらとながいて、「さりともわれよにありしときは、むすめどもをば、にようごきさきにたてんとこそおもひしか。なみなみのひとにみせんとは、つゆもおもはざりしものを」とてなかれければ、ちうじやう、「いまはさやうのこと、ゆめゆめおぼしめしよらせたまふべからず、たうぷくのひめぎみの、しやうねんじふしちになりたまふを」とまうされけれども、だいなごん、それをばなほいとほしきことにおぼしてP295、さきのはらのひめぎみの、しやうねんにじふいちになりたまふをぞ、はうぐわんにはみせられける。これはとしこそすこしおとなしけれども、みめすがたよにすぐれ、こころざまいうにおはしければ、はうぐわんも、よにありがたきことにおもひたまひて、さきのうへの、かはごえのたらうしげふさがむすめもありけれども、それをばべつのところにうつしたてまつて、ざしきしつらうてぞおかれける。さてにようばう、かのふみのことをのたまひいだされたりければ、はうぐわんあまつさへふうをだにとかずして、いそぎだいなごんのもとへつかはさる。なのめならずよろこびて、やがてやいてぞすてられける。いかなるふみどもにてかありけん、おぼつかなうぞみえし。へいけほろび、いつしかくにぐにしづまつて、ひとのかよひもわづらひなく、みやこもおだしかりければ、よにはただ、「はうぐわんほどのひとぞなき。かまくらのげんにゐ、なにごとをかしいだしたる。よはいつかうはうぐわんのままにてあらばや」なんどいふことを、げんにゐもれききたまひて、「こはいかに、よりともがよくはからひて、つはものどもをさしのぼせたればこそ、へいけはたやすうほろびたれ。くらうばかりしては、いかでかよをばしづむべき。ひとのかくいふにおごつて、いつしかよをわがままにすることでこそあれ。ひとこそおほけれ、へいだいなごんのむこにおしなつて、だいなごんもてあつかふらんもうけられず。またよにもはばからず、だいなごんのむこどりいはれなし。さだめてこれへくだつても、くわぶんのふるまひをせんずらん」とぞのたまひける。P296
「ふくしやうきられ」(『ふくしやうきられ』)S1116げんりやくにねんごぐわつむゆかのひ、くらうたいふのはうぐわんよしつね、おほいとのふしぐそくしたてまつて、くわんとうへくだらるべきにさだまりしかば、おほいとのはうぐわんのもとへししやをたてて、「みやうにちくわんとうへげかうのよしそのきこえさふらふ。それにつきさふらひては、いけどりのうちに、はつさいのわらはとつけられまゐらせてさふらふは、いまだうきよにさふらふやらん。たまはつていまいちどみさふらはばや」とのたまひつかはされたりければ、はうぐわんのへんじに、「たれとてもおんあいのみちは、おもひきられぬことにてさふらへば、まことにさこそはおぼしめされさふらふらめ」とて、かはごえのこたらうしげふさがもとにあづけおきたてまつたりけるわかぎみを、いそぎおほいとののもとへぐそくしたてまつるべきよし、のたまひつかはされたりければ、かはごえ、ひとにくるまかつて、のせたてまつる。ににんのにようばうどもも、ともにのつてぞいでにける。わかぎみはちちをはるかにみまゐらせたまはねば、よにもなつかしげにてぞおはしける。おほいとの、わかぎみをみたまひて、「いかにふくしやう、これへ」とのたまへば、いそぎちちのおんひざのうへへぞまゐられける。おほいとの、わかぎみのかみかきなで、なみだをはらはらとながいて、「これききたまへ、おのおの、このこはははもなきものにてあるぞとよ。このこがははは、これをP297うむとて、さんをばたひらかにしたりしかども、やがてうちふしなやみしが、つひにはかなくなるぞとよ。『こののちいかなるひとのはらに、きんだちをまうけたまふとも、これをばおぼしめしすてずして、わらはがかたみにごらんぜよ。さしはなつてめのとなどのもとへもつかはすな』といひしことのふびんさよ。てうてきをたひらげんとき、あのゑもんのかみには、たいしやうぐんをせさせ、これにはふくしやうぐんをせさせんずればとて、なをふくしやうとつけたりしかば、なのめならずうれしげにて、いまをかぎりのときまでも、なをよびなどしてあいせしが、なぬかといふに、つひにはかなくなつてあるぞとよ。このこをみるたびごとには、そのことがわすれがたくおぼゆるぞや」とてなかれければ、しゆごのぶしどもも、みなよろひのそでをぞぬらしける。ゑもんのかみもなきたまへば、めのともそでをぞしぼりける。ややあつておほいとの、「いかにふくしやう、はやとうかへれ」とのたまへども、わかぎみかへりたまはず。ゑもんのかみこれをみたまひて、あまりにあはれにおもはれければ、「ふくしやうこよひはとうかへれ。ただいままらうとのこうずるに。あしたはいそぎまゐれ」とのたまへども、ちちのおんじやうえのそでにひしととりついて、「いなや、かへらじ」とこそなかれけれ。かくてはるかにほどふれば、ひもやうやうくれかかりぬ。さてしもあるべきことならねば、めのとのにようばう、いだきとつて、つひにくるまにのせたてまつる。ににんのにようばうどもも、ともにのつてぞいでにける。
おほいとの、わかぎみのおんうしろを、はるかにごらんじおくつて、「ひごろのこひしさはことのかずならず」とぞP298かなしみたまひける。このこはははのゆゐごんのむざんさに、さしはなつてめのとなどのもとへもつかはさず、あさゆふおんまへにてそだてたまふ。さんざいでうひかうぶりして、よしむねとぞなのらせける。やうやうおひたちたまふほどに、みめすがたよにすぐれ、こころざまいうにおはしければ、おほいとのも、いとしううれしきことにおぼして、さればさいかいのなみのうへ、ふねのうちまでもひきぐして、かたときもはなれたまはず。しかるをいくさやぶれてのちは、けふぞたがひにみたまひける。しげふさ、はうぐわんにまうしけるは、「そもそもわかぎみをばなにとおんぱからひさふらふやらん」とまうしければ、「かまくらまでぐそくしたてまつるにおよばず。なんぢこれにてともかうもあひはからへ」とのたまへば、しげふさしゆくしよにかへつて、ににんのにようばうどもにいひけるは、「おほいとのはあすくわんとうへげかうさふらふ。しげふさもおんともにまかりくだりさふらふあひだ、わかぎみをばきやうとにとどめおき、をがたのさぶらうこれよしがてへわたしまゐらせさふらふべし。とうとうめされさふらへ」とて、おんくるまをよせたりければ、わかぎみはまたさきのやうに、ちちのおんもとへかと、うれしげにおぼしたるこそいとほしけれ。ににんのにようばうも、ひとつくるまにのつてぞいでにける。ろくでうをひんがしへ、かはらまでやつてゆく。めのとのにようばう、「あはれこれはあやしきものかな」と、きもたましひをけしておもふところに、ややあつてつはものどもごろくじつきがほど、かはらなかへうつていでたり。やがてくるまをやりとどめ、「わかぎみおりさせたまへ」とて、しきがはしいてすゑたてまつる。わかぎみあきれたるおんありさまにて、「そもそもわれをばいづちへぐしてゆかんとはP299するぞ」とのたまへば、ににんのにようばうども、とかうのおんぺんじにもおよばず、こゑをはかりにをめきさけぶ。しげふさがらうどう、たちをひきそばめ、ひだんのかたよりわかぎみのおんうしろにたちまはり、すでにきりたてまつらんとしけるを、わかぎみみつけたまひて、いくほどのがるべきことのやうに、いそぎめのとのふところのうちへぞにげいらせたまひける。ににんのにようばうども、わかぎみをいだきたてまつて、「ただわれわれをうしなひたまへ」とて、てんにあふぎちにふして、なきかなしめどもかひぞなき。ややあつてしげふさ、なみだをおさへてまうしけるは、「いまはいかにもかなはせたまふべからず」とて、いそぎめのとのふところのうちより、わかぎみひきいだしまゐらせ、こしのかたなにておしふせて、つひにくびをぞかいてげる。くびをばはうぐわんにみせんとてとつてゆく。ににんのにようばうども、かちはだしにておつつき、「なにかくるしうさぶらふべき。おんくびをばたまはつて、おんけうやうしまゐらせさぶらはん」とまうしければ、はうぐわんなさけあるひとにて、「もつともさるべし。とうとう」とてたびにけり。ににんのにようばうども、なのめならずによろこび、これをとつてふところにひきいれて、なくなくきやうのかたへかへるとぞみえし。そののちごろくにちして、かつらがはににようばうににんみをなげたりといふことありけり。いちにんをさなきひとのくびをふところにいれて、しづみたりしは、このわかぎみのめのとのにようばうにてぞありける。いまいちにんむくろをいだいてしづみたりしは、かいしやくのにようばうなり。めのとがおもひきるは、せめていかがせん、かいしやくのにようばうさへ、みをなげけるこそあはれなれ。P300
「こしごえ」(『こしごえ』)S1117げんりやくにねんごぐわつなぬかのひ、くらうたいふのはうぐわんよしつね、おほいとのふしぐそくしたてまつて、すでにみやこをたちたまふ。あはだぐちにもかかりたまへば、おほうちやまはくもゐのよそにへだたりぬ。せきのしみづをみたまひて、おほいとのなくなくえいじたまひけり。
みやこをばけふをかぎりのせきみづにまたあふさかのかげやうつさん W089
みちすがらもこころぼそげにおはしければ、はうぐわんなさけあるひとにて、やうやうになぐさめたてまつりたまふ。おほいとの、「あはれいかにもして、こんどのいのちをたすけてたべ」とぞのたまひける。はうぐわん、「ささふらへばとて、おんいのちうしなひたてまつるまでは、よもさふらはじ。たとひささふらふとも、よしつねかうてさふらへば、こんどのくんこうのしやうにまうしかへて、おんいのちばかりをばたすけたてまつらん。さりながらも、とほきくに、はるかのしまへもうつしぞやりまゐらせんずらん」とまうされたりければ、おほいとの、「たとひえぞがちしまなりとも、いのちだにあらば」とのたまひけるこそくちをしけれ。ひかずふれば、おなじきにじふさんにち、はうぐわんかまくらへくだりつきたまふべきよしきこえしかば、かぢはらへいざうかげとき、はうぐわんにさきだつて、かまくらどのへまうしけるは、「いまはにつぽんごくのこるP301ところもなう、したがひつきたてまつてさふらふ。さはさふらへども、おんおととくらうたいふのはうぐわんどのこそ、つひのおんかたきとはみえさせたまひてさふらへ。そのゆゑはいちをもつてまんをさつすとて、『いちのたにをうへのやまよりおとさずは、とうざいのきどぐちやぶれがたし。さればいけどりをも、しにどりをも、まづよしつねにこそみすべきに、もののようにもあひたまはぬかばどののげんざんにいるべきやうやある。ほんざんみのちうじやうどのを、いそぎこれへたびさふらへ。たばずは、よしつねまゐつてたまはらん』とて、すでにこといでこんとしさふらひしをも、かげときがよくはからひて、とひにこころをあはせて、ほんざんみのちうじやうどのを、とひのじらうさねひらがもとにあづけおきたてまつてのちこそ、よはしづまつてさふらへ」とまうしければ、かまくらどのおほきにうちうなづいて、「くらうがけふこれへいるなる。おのおのよういしたまへ」とのたまへば、だいみやうせうみやうはせあつまつて、かまくらどのはほどなくすせんぎにこそなりたまへ。かまくらどのは、ぐんびやうななへやへにすゑおき、わがみはそのうちにおはしながら、「くらうはすすどきをのこなれば、このたたみのしたよりもはひいでんずるものなり。されどもよりともは、せらるまじ」とぞのたまひける。かねあらひざはにせきすゑて、おほいとのふしうけとりたてまつて、それよりはうぐわんをばこしごえへおひかへさる。はうぐわん、「こはさればなにごとぞや。こぞのはる、きそよしなかをつゐたうせしよりこのかた、ことしのはる、へいけをことごとくほろぼしはてて、ないしどころ、しるしのおんはこ、ことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつり、あまつさへたいしやうぐんおほいとのふしいけどりにして、これまでくだりたらんにはP302たとひいかなるふしぎありとも、いちどはなどかたいめんなからん。およそくこくのそうづゐぶしにもふせられ、せんおん、せんやう、なんかいだう、いづれなりともあづけられ、いつぱうのおんかためにもなされんずるかとこそおもひたれば、さはなくして、わづかにいよのくにばかりちぎやうすべきよしのたまひて、かまくらぢうへだにいれられずして、こしごえへおひのぼせられしことはいかに。およそにつぽんこくぢうをしづむることは、よしなかよしつねがしわざにあらずや。たとへばおなじちちがこにて、さきにうまるるをあにとし、のちにうまるるをおとととするばかりなり。てんがをしらんに、たれかはしらざらん。しやするところをしらず」とつぶやかれけれどもかひぞなき。はうぐわんなくなくいつつうのじやうをかいて、ひろもとのもとへつかはさる。
そのじやうにいはく、「みなもとよしつねおそれながらまうしあげさふらふいしゆは、おんだいくわんのそのひとつにえらばれ、ちよくせんのおんつかひとして、てうてきをたひらげ、くわいけいのちじよくをすすぐ。くんしやうおこなはるべきところに、おもひのほかにここうのざんげんによつて、ばくたいのくんこうをもだせらる。よしつねをかすことなうしてとがをかうぶる。こうあつてあやまりなしといへども、ごかんきをかうぶるのあひだ、むなしくこうるゐにしづむ。ざんしやのじつぷをただされず、かまくらぢうへだにいれられざるあひだ、そいをのぶるにあたはず。いたづらにすじつをおくる。このときにあたつて、ながくおんがんをはいしたてまつらず。こつにくどうはうのぎすでにたえ、しゆくうんきはめてむなしきににたるか。はたまたぜんぜのごふいんをかんずるか。かなしきかな、このでう、こばうぶそんりやうさいたんしたまはずんば、たれのP303ひとかぐいのひたんをまうしひらかん。いづれのひとかあいれんをたれんや。ことあたらしきまうしでう、じゆつくわいににたりといへども、よしつねしんだいはつぷをふぼにうけ、いくばくのじせつをへずして、こかうのとのごたかいのあひだ、みなしごとなつてははのふところのうちにいだかれて、やまとのくにうだのこほりにおもむきしよりこのかた、いちにちへんしあんどのおもひにぢうせず、かひなきいのちはそんすといへども、きやうとのけいぐわいなんぢのあひだ、みをざいざいしよしよにかくし、へんどゑんごくをすみかとして、どみんひやくしやうらにぶくじせらる。しかれどもかうけいたちまちにじゆんじゆくして、へいけのいちぞくつゐたうのために、しやうらくせしむるてあはせに、まづきそよしなかをちうりくののち、へいけをせめかたぶけんがために、あるときはががたるがんぜきに、しゆんめにむちうつて、かたきのためにいのちをほろぼさんことをかへりみず、あるときはまんまんたるだいかいに、ふうはのなんをしのぎ、みをかいていにしづめんことをいたまずして、かばねをけいげいのあぎとにかく。しかのみならずかつちうをまくらとし、きうせんをげふとするほんい、しかしながらばうこんのいきどほりをやすめたてまつり、ねんらいのしゆくばうをとげんとほつするほかはたじなし。あまつさへよしつねごゐのじようにふにんのでう、たうけのちようじよくなにごとかこれにしかん。しかりといへども、いまうれへふかくなげきせつなり。ぶつしんのおんたすけにあらずよりほかは、いかでかしうそをたつせん。これによつてしよじしよしやのごわうはういんのうらをもつて、まつたくやしんをさしはさまざるむね、につぽんごくちうのだいせうのじんぎみやうだうをしやうじおどろかしたてまつて、すつうのきしやうもんをかきしんずといへども、なほもつてごいうめんなし。それわがくにはしんこくなり。しんはひれいをうけたまふべからず。たのむところたにあらず。ひとへにきでんくわうだいのじひをP304あふぎ、べんぎをうかがひ、かうぶんにたつせしめ、ひけいをめぐらして、あやまりなきむねをいうぜられ、はうめんにあづからば、しやくぜんのよけいかもんにおよび、えいぐわながくしそんにつたへ、よつてねんらいのしうびをひらき、いちごのあんねいをえん。しよしにつくさず。しかしながらせいりやくせしめさふらひをはんぬ。よしつねきようくわうつつしんでまうす。げんりやくにねんろくぐわついつかのひ、みなもとのよしつねしんじやう、いなばのかうのとのへ」とぞかかれたる。
「おほいとのちうばつ」(『おほいとのきられ』)S1118さるほどにかまくらどの、おほいとのにたいめんある。おはしけるところ、にはをひとつへだてて、むかひなるやにすゑたてまつり、すだれのうちよりみいだしたまひて、ひきのとうしらうよしかずをもつてまうされけれるは、「そもそもへいけをよりともがわたくしのかたきとは、ゆめゆめおもひたてまつらず。そのゆゑはこにふだうしやうこくのおんゆるされさふらはずは、よりともいかでかたすかるべき。さてこそにじふよねんまでまかりすぎさふらひしか。されどもてうてきとならせたまひてのちは、いそぎつゐたうすべきよしのゐんぜんをたまはつてさふらへば、さのみわうぢにはらまれて、ぜうめいをそむくべきにもあらねば、これへむかへたてまつたり。さりながらもかやうにおんげんざんにいりさふらひぬることこそ、かへすがへすもほんいにさふらへ」とぞまうされける。よしかずこのことまうさんとてP305、おほいとののおんまへへまゐつたりければ、ゐなほりかしこまりたまふぞくちをしき。しよこくのだいみやうせうみやうおほうなみゐたりけるなかに、きやうのものいくらもあり、またへいけのけにんたつしものもあり。みなつまはじきをして、「あないとほし。あのおんこころでこそ、かかるおんめにもあはせたまへ。ゐなほりかしこまりたまひたればとて、いまさらおんいのちのたすかりたまふべきか。さいこくにていかにもなりたまふべきひとの、いきながらとらはれて、これまでくだりたまふもことわりかな」といひければ、「げにも」とまうすひともあり、またなみだをながすものもおほかりけり。そのなかにあるひとのまうしけるは、「まうこしんざんにあるときは、すなはちはくじうふるひおづ。かんせいのうちにあるときは、すなはちををふつてじきをもとむとて、たけきとらのしんざんにあるときは、もものけだものおぢおそるといへども、とつておりのなかにこめられてのちは、ををふつてひとにむかふらんやうに、いかにたけきたいしやうぐんも、うんつきかくなつてのちは、こころかはるならひなれば、このおほいとのも、さこそおはすにや」と、まうすひとびともありけるとかや。はうぐわんやうやうにちんじまうされけれども、かげときがざんげんのうへは、かまくらどのさらにもちひたまはず。おほいとのふしぐしたてまつて、いそぎのぼりたまふべきよしのたまふあひだ、ろくぐわつここのかのひ、またおほいとのふしうけとりたてまつて、みやこへかへりのぼられけり。おほいとのは、かやうにいちにちもひかずののぶることを、うれしきことにおぼしけるこそいとほしけれ。みちすがらも、「ここにてやここにてや」とおもはれけれども、くにぐにしゆくじゆくうちすぎうちすぎとほりぬP306。をはりのくにうつみといふところあり。「これはひととせこさまのかみよしともがちうせられしところなれば、ここにてぞいちぢやうきられつらん」とおもはれけれども、そこをもつひにすぎしかば、「さてはわがいのちのたすからんずるにこそ」と、おぼしけるこそはかなけれ。ゑもんのかみは、さはおもひたまはず、「かやうにあつきころなれば、くびのそんぜぬやうにはからひて、みやこちかうなつてこそきられんずらめ」とおもはれけれども、ちちのあまりになげきたまふがいたはしさに、さはまうされず、ひとへにねんぶつをのみぞすすめまうされける。
おなじきにじふさんにち、あふみのくにしのはらのしゆくにつきたまふ。きのふまではふしひとつところにおはせしかども、けさよりひきわかつて、べつのところにすゑたてまつる。はうぐわんなさけあるひとにて、みつかぢよりひとをさきだてて、ぜんぢしきのためにとて、おほはらのほんしやうばうたんがうとまうすひじりをしやうじくだされたり。おほいとの、ぜんぢしきのひじりにむかつてのたまひけるは、「さてもゑもんのかみは、いづくにさふらふやらん。たとひかうべをこそはねらるるとも、むくろはひとつむしろにふさんとこそおもひしに、いきながらわかれぬることこそかなしけれ。このじふしちねんがあひだ、いちにちへんしもはなれず、こんどさいこくにて、いかにもなるべかりしのみの、いきながらとらはれて、きやうかまくらはぢをさらすも、ひとへにあのゑもんのかみゆゑなり」とてなかれければ、ひじりもあはれにおもはれけれども、われさへこころよわうては、かなはじとやおもはれけん、なみだおしのごひ、さらぬていにもてなし、「あはれたかきもいやしきも、おんあいのP307みちは、おもひきられぬことにてさふらへば、まことにさこそはおぼしめされさふらふらめ。しやうをうけさせたまひてよりこのかた、たのしみさかえむかしもたぐひさふらはず。いつてんのきみのごぐわいせきとしてしようじやうのくらゐにいたらせたまへば、こんじやうのごえいぐわ、いちじものこるところましまさず。いままたかかるおんめにあひたまふおんことも、ぜんぜのしゆくごふなれば、よをもひとをもかみをもほとけをも、うらみおぼしめすべからず。だいぼんわうぐうのじんぜんぢやうのたのしみ、おもへばほどなし。いはんやでんくわうてうろのげかいのいのちにおいてをや。たうりてんのおくせんざい、ただゆめのごとし。さんじふくねんをすぎさせたまひけんも、わづかにいつしのあひだなり。たれかなめたりしふらうふしのくすり、たれかたもちたりけんとうぶせいぼがいのち、しんのしくわうのおごりをきはめたまひしも、つひにはりさんのつかにうづもれ、かんのぶていのいのちををしみたまひけんも、むなしくとりようのこけにくちにき。しやうあるものはかならずめつす。しやくそんいまだせんだんのけぶりをまぬかれたまはず。たのしみつきてかなしみきたる。てんにんなほごすゐのひにあへりとこそうけたまはれ。さればほとけは、『がしんじくう、ざいふくむしゆ、くわんじんむしん、ほふふぢうほふ』とて、ぜんもあくもくうなりとくわんずるが、まさしうほとけのおんこころにあひかなふことにてさふらふなり。いかなればみだによらいは、ごこふがあひだしゆゐして、おこしがたきぐわんをおこしましますに、いかなるわれらなれば、おくおくまんごふがあひだ、しやうじにりんゑして、たからのやまにいつて、てをむなしうせんこと、うらみのなかのうらみ、おろかなるがなかの、くちをしきことにてはさふらはずや。いまはゆめゆめよねんをおぼしめすべからず」とて、かいたもたせたてまつり、しきりにねんぶつをすすめたてまつればP308、おほいとのも、しかるべきぜんぢしきとおぼしめし、たちまちにまうねんをひるがへし、にしにむかひてをあはせ、かうじやうにねんぶつしたまふところに、きつむまのじようきんなが、たちをひきそばめ、ひだんのかたよりおほいとののおんうしろにたちまはり、すでにきりたてまつらんとしければ、おほいとのねんぶつをとどめて、「ゑもんのかみもすでにか」とのたまひけるこそあはれなれ。きんながうしろへよるかとみえしかば、くびはまへへぞおちにける。ぜんぢしきのひじりもなみだにむせび、たけきもののふどもも、みなそでをぞぬらしける。このきんながとまうすは、へいけさうでんのけにんにて、なかんづくしんぢうなごんとももりのきやうのもとに、あさゆふしこうのさぶらひなり。「さこそよをへつらふならひとはいひながら、むげになさけなかりけるものかな」とぞ、ひとみなざんぎしける。ゑもんのかみにも、またさきのごとくかいたもたせたてまつり、ねんぶつすすめまうされけり。ゑもんのかみ、ぜんぢしきのひじりにむかつてのたまひけるは、「さてもちちのごさいごは、いかがましましさふらひつるやらん」とのたまへば、「めでたうましましさふらひつる。おんこころやすうおぼしめされさふらへ」とまうされければ、ゑもんのかみ、「いまはうきよにおもひおくことなし。さらばきれ」とて、くびをのべてぞきらせらる。こんどはほりのやたらうちかつねきりてんげり。むくろをばきんなががさたとして、ふしひとつあなにぞうづみける。これはおほいとのの、あまりにつみふかうのたまひけるによつてなり。おなじきにじふしにち、おほいとのふしのくび、みやこへいる。けんびゐしども、さんでうかはらにいでむかつて、これをうけとり、さんでうをにしへ、ひんがしのとうゐんをきたへわたして、ごくもんのひだんのP309あふちのきにぞかけられける。むかしよりさんみいじやうのひとのくび、おほぢをわたさるること、いこくにはそのれいもやあるらん、わがてうにはいまだせんじようをきかず。へいぢにものぶよりのきやうは、さばかりのあくぎやうにんたりしかば、かうべをばはねられたれども、おほぢをばわたされず、へいけにとつてぞわたされける。さいこくよりのぼつては、いきてろくでうをひんがしへわたされ、とうごくよりかへつては、しんでさんでうをにしへわたさる。いきてのはぢ、ししてのはぢ、いづれもおとらざりけり。P310

 

入力者:荒山慶一

[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻八にもどる]

[『平家物語』巻九にもどる]

[『平家物語』巻十にもどる]

[『平家物語』巻十二にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com