平家物語 灌頂卷(くわんぢやうのまき) 総かな版(元和九年本)
「にようゐんごしゆつけ」(『にようゐんしゆつけ』)S1301けんれいもんゐんは、ひんがしやまのふもと、よしだのへんなるところにぞ、たちいらせたまひける。ちうなごんのほふいんきやうゑとまうすならぼふしのぼうなりけり。すみあらしてとしひさしうなりければ、にはにはくさふかく、のきにはしのぶしげれり。すだれたえねやあらはにて、あめかぜたまるべうもなし。はなはいろいろにほへども、あるじとたのむひともなく、つきはよなよなさしいれども、ながめてあかすぬしもなし。むかしはたまのうてなをみがき、にしきのちやうにまとはれて、あかしくらさせたまひしが、いまはありとしあるひとにも、みなわかれはてて、あさましげなるくちばうに、いらせたまひけんおんこころのうち、おしはかられてあはれなり。うをのくがにあがれるがごとく、とりのすをはなれたるがごとし。さるままには、うかりしなみのうへ、ふねのうちのおんすまひも、いまはこひしうぞおぼしめされける。さうはみちとほし、おもひをさいかいせんりのくもによす。はくをくこけふかくして、なんだとうざんいつていのつきにおつ。かなしともいふはかりなし。P351かくてにようゐんは、ぶんぢぐわんねんごぐわつひとひのひ、おんぐしおろさせたまひけり。おんかいのしには、ちやうらくじのあしようばうのしやうにんいんせいとぞきこえし。おんふせには、せんていのおんなほしなり。すでにいまはのときまでも、めされたりければ、そのおんうつりがもいまだうせず、おんかたみにごらんぜんとて、さいこくよりはるばるとみやこまで、もたせたまひたりしかば、いかならんよまでも、おんみをはなたじとこそおぼしめされけれども、おんふせになりぬべきもののなきうへ、かつうはかのおんぼだいのためにもとて、なくなくとりいださせおはします。しやうにんこれをたまはつて、なにとそうすべきむねもなくして、すみぞめのそでをかほにおしあててなくなくごしよをぞまかりいでられける。くだんのぎよいをば、はたに、ぬうて、ちやうらくじのぶつぜんにかけられけるとぞきこえし。にようゐんはじふごにて、にようごのせんじをかうぶり、じふろくにてこうひのくらゐにそなはり、くんわうのかたはらにさぶらはせたまひて、あしたにはあさまつりごとをすすめ、よるはよをもつぱらにしたまへり。にじふににてわうじごたんじやうあつて、くわうたいしにたち、くらゐにつかせたまひしかば、ゐんがうかうぶらせたまひて、けんれいもんゐんとぞまうしける。にふだうしやうこくのおんむすめなるうへ、てんしのこくもにてましませば、よのおもうしたてまつることなのめならず。ことしはにじふくにぞならせましましける。たうりのおんよそほひなほこまやかに、ふようのおんかたちもいまだおとろへさせたまはねども、ひすゐのおんかんざしつけても、なににかは、せさせたまふべきなれば、つひにおんさまをかへさせたまひてげり。うきよをいとひ、まことのみちにいらせたまへども、おんなげきはさらにつきせず。P352ひとびといまはかくとてうみにしづみしありさま、せんてい、にゐどののおんおもかげ、ひしとおんみにそひて、いかならんよに、わするべしともおぼしめさねば、つゆのおんいのちの、なにしにいままでながらへて、かかるうきめをみるらんとて、おんなみだせきあへさせたまはず。さつきのみじかよなれども、あかしかねさせたまひつつ、おのづからうちまどろませたまはねば、むかしのことをばゆめにだにもごらんぜず。かべにそむけるのこんのともしびのかげかすかに、よもすがらまどうつくらきあめのおとぞさびしかりける。しやうやうじんがしやうやうきうにとぢられたりけんかなしみも、これにはすぎじとぞみえし。むかしをしのぶつまとなれとてや、もとのあるじのうつしうゑおきたりけん、はなたちばなのかぜなつかしく、のきちかくかをりけるに、やまほととぎすのふたこゑみこゑおとづれてとほりければ、にようゐん、ふるきことなれども、おぼしめしいでて、おんすずりのふたにかうぞあそばされける。
ほととぎすはなたちばなのかをとめてなくはむかしのひとぞこひしき W093
にようばうたちは、にゐどの、ゑちぜんのさんみのうへのやうに、さのみたけうみづのそこにもしづみたまはねば、もののふのあらけなきにとらはれて、きうりにかへり、おいたるもわかきも、あるひはさまをかへ、あるひはかたちをやつし、あるにもあらぬありさまどもにて、おもひもかけぬたにのそこ、いはのはざまにてぞ、あかしくらさせたまひける。すまひしやどは、みなけぶりとたちのぼりにしかば、むなしきあとのみのこつて、しげきのべとなりつつ、みなれしひとのとひくるもなし。せんかよりかへつて、しちせのまごにあひけんも、かくやとおぼえてあはれなり。P353
「をはらへのじゆぎよ」さんぬるしちぐわつここのかのひのおほぢしんに、ついぢもくづれ、あれたるごしよもかたぶきやぶれて、いとどすませたまふべきおんたよりもなし。りよくいのかんし、きうもんをまもるだにもなし。こころのままにあれたるまがきは、しげきのべよりもつゆけく、をりしりがほに、いつしかむしのこゑごゑうらむるもあはれなり。さるままには、よもやうやうながくなれば、いとどおんねざめがちにて、あかしかねさせたまひけり。つきせぬおんものおもひに、あきのあはれさへうちそひて、いとどしのびがたうぞおぼしめされける。なにごともみなかはりはてぬるうきよなれば、おのづからなさけをかけたてまつるべき、むかしのくさのゆかりもみなかれはてて、たれはぐくみたてまつるべしともおぼえず。(『おほはらいり』)S1302されどもれんぜいのだいなごんたかふさのきやうのきたのかた、しちでうのしゆりのだいぶのぶたかのきやうのきたのかたより、しのびつつ、つねはこととひまうされけり。にようゐん、「そのむかし、あのひとどものはぐくみにてあるべしとは、つゆもおぼしめしよらざりしものを」とて、おんなみだをながさせたまひければ、つきまゐらせたるにようばうたちも、みなそでをぞぬらされける。P354このおんすまひも、なほみやこちかくて、たまぼこのみちゆきびとの、ひとめもしげければ、つゆのおんいのちのかぜをまたんほど、うきこときかぬふかきやまの、おくのおくへも、いりなばやとはおぼしめされけれども、さるべきたよりもましまさず。あるにようばうのよしだにまゐつてまうしけるは、「これよりきた、をはらやまのおく、じやくくわうゐんとまうすところこそ、しづかにさぶらへ」とぞまうしける。にようゐん、「やまざとはもののさびしきことこそあんなれども、よのうきよりはすみよかんなるものを」とて、おぼしめしたたせたまひけり。おんこしなどをば、のぶたかたかふさのきたのかたより、おんさたありけるとかや。ぶんぢぐわんねんながつきのすゑに、かのじやくくわうゐんへいらせおはします。みちすがらも、よものこずゑのいろいろなるを、ごらんじすぎさせたまふほどに、やまかげなればにや、ひもやうやうくれかかりぬ。のでらのかねのいりあひのこゑすごく、わくるくさばのつゆしげみ、いとどおんそでぬれまさり、あらしはげしく、このはみだりがはし。そらかきくもり、いつしかうちしぐれつつ、しかのねかすかにおとづれて、むしのうらみもたえだえなり。とにかくにとりあつめたるおんこころぼそさ、たとへやるべきかたもなし。うらづたひしまづたひせしかども、さすがかくはなかりしものをと、おぼしめすこそかなしけれ。いはにこけむして、さびたるところなれば、すままほしくぞおぼしめす。つゆむすぶにはのをぎはらしもがれて、まがきのきくのかれがれに、うつろふいろをごらんじても、おんみのうへとやおぼしけん。ほとけのおんまへにまゐらせたまひて、「てんししやうりやう、じやうどうしやうがく、いちもんばうこん、とんしようぼだい」といのりまうさせP355たまひけり。いつのよにもわすれがたきは、せんていのおんおもかげ、ひしとおんみにそひて、いかならんよにも、わするべしともおぼしめさず。さてじやくくわうゐんのかたはらに、はうぢやうなるおんあんじつをむすんで、ひとまをばぶつしよにさだめ、ひとまをばごしんじよにしつらひ、ちうやてうせきのおんつとめ、ぢやうじふだんのおんねんぶつ、おこたることなくして、つきひをおくらせたまひけり。かくてかみなづきなかのいつかのくれがたに、にはにちりしくならのはを、ものふみならしてきこえければ、にようゐん、「よをいとふところに、なにもののとひくるやらん。あれみよや。しのぶべきものならば、いそぎしのばん」とてみせらるるに、をじかのとほるにてぞありける。にようゐん、「さていかにやいかにや」とおほせければ、だいなごんのすけのつぼねなみだをおさへて、
いはねふみたれかはとはんならのはのそよぐはしかのわたるなりけり W094
にようゐんこのうたあまりにあはれにおぼしめして、まどのこしやうじにあそばしとどめさせおはします。かかるおんつれづれのなかにも、おぼしめしなぞらふことどもは、つらきなかにもあまたあり。のきにならべるうゑきをば、しちぢうほうじゆとかたどれり。いはまにつもるみづをば、はつくどくすゐとおぼしめす。むじやうははるのはな、かぜにしたがつてちりやすく、うがいはあきのつき、くもにともなつてかくれやすし。せうやうでんにはなをもてあそんじあしたには、かぜきたつてにほひをちらし、ちやうしうきうにP356つきをえいぜしゆふべには、くもおほうてひかりをかくす。むかしはぎよくろうきんでんに、にしきのしとねをしき、たへなりしおんすまひなりしかども、いまはしばひきむすぶくさのいほ、よそのたもともしをれけり。
「をはらごかう」(『おほはらごかう』)S1303かかりしほどにほふわうは、ぶんぢにねんのはるのころ、けんれいもんゐんのをはらのかんきよのおんすまひ、ごらんぜまほしうおぼしめされけれども、きさらぎやよひのほどは、あらしはげしうよかんもいまだつきず。みねのしらゆききえやらで、たにのつららもうちとけず。かくてはるすぎなつきたつて、きたまつりもすぎしかば、ほふわうよをこめて、をはらのおくへごかうなる。しのびのごかうなりけれども、ぐぶのひとびとには、とくだいじ、くわざんのゐん、つちみかどいげ、くぎやうろくにん、てんじやうびとはちにん、ほくめんせうせうさぶらひけり。くらまどほりのごかうなりければ、かのきよはらのふかやぶがふだらくじ、をののくわうだいこうぐうのきうせきえいらんあつて、それよりおんこしにぞめされける。とほやまにかかるしらくもは、ちりにしはなのかたみなり。あをばにみゆるこずゑには、はるのなごりぞをしまるる。ころはうづきはつかあまりのことなれば、なつくさのしげみがすゑをわきいらせたまふに、はじめたるごかうなれば、ごらんじなれたるかたもなく、じんせきたえたるP357ほどもおぼしめししられてあはれなり。にしのやまのふもとに、いちうのみだうあり。すなはちじやくくわうゐんこれなり。ふるうつくりなせるせんずゐこだち、よしあるさまのところなり。いらかやぶれてはきりふだんのかうをたき、とぼそおちてはつきじやうぢうのともしびをかかぐとも、かやうのところをやまうすべき。にはのわかぐさしげりあひ、あをやぎいとをみだりつつ、いけのうきぐさなみにただよひ、にしきをさらすかとあやまたる。なかじまのまつにかかれるふぢなみの、うらむらさきにさけるいろ、あをばまじりのおそざくら、はつはなよりもめづらしく、きしのやまぶきさきみだれ、やへたつくものたえまより、やまほととぎすのひとこゑも、きみのみゆきをまちがほなり。ほふわうこれをえいらんあつて、かうぞあそばされける。
いけみづにみぎはのさくらちりしきてなみのはなこそさかりなりけれ W095
ふりにけるいはのたえまより、おちくるみづのおとさへ、ゆゑびよしあるところなり。りよくらのかき、すゐたいのやま、ゑにかくともふでもおよびがたし。さてにようゐんのおんあんじつをえいらんあるに、のきにはつた、あさがほはひかかり、しのぶまじりのわすれぐさ、へうたんしばしばむなし、くさがんゑんがちまたにしげし、れいでうふかくさせり、あめげんけんがとぼそをうるほすともいつつべし。すぎのふきめも、まばらにて、しぐれもしももおくつゆも、もるつきかげにあらそひて、たまるべしともみえざりけり。うしろはやま、まへはのべ、いざさをざさにかぜさわぎ、よにたたぬみのならひとて、うきふししげきたけばしら、みやこのかたのことづては、まどほにゆへるませがきや、わづかにこととふものとては、みねにこづたふさるのこゑ、しづがつまぎのをののP358おと、これらがおとづれならでは、まさきのかづら、あをつづら、くるひとまれなるところなり。
ほふわう、「ひとやある、ひとやある」とめされけれども、おんいらへまうすものもなし。ややあつておいおとろへたるあまいちにんまゐりたり。「にようゐんはいづくへごかうなりぬるぞ」とおほせければ、「このうへのやまへはなつみにいらせたまひてさぶらふ」とまうす。「さこそよをいとふおんならひといひながら、さやうのことにつかへたてまつるべきひともなきにや、おんいたはしうこそ」とおほせければ、このあままうしけるは、「ごかいじふぜんのおんくわはうつきさせたまふによつて、いまかかるおんめをごらんぜられさぶらふにこそ。しやしんのぎやうに、なじかはおんみををしませたまひさぶらふべき。いんぐわきやうには、『よくちくわこいん、けんごげんざいくわ、よくちみらいくわ、けんごげんざいいん』ととかれたり。くわこみらいのいんぐわを、かねてさとらせたまひなば、つやつやおんなげきあるべからず。むかししつだたいしは、じふくにてがやじやうをいで、だんどくせんのふもとにて、このはをつらねてはだへをかくし、みねにのぼつてたきぎをとり、たににくだりてみづをむすび、なんぎやうくぎやうのこうによつてこそ、つひにじやうとうしやうがくしたまひき」とぞまうしける。このあまのありさまをごらんずれば、みにはきぬぬののわきもみえぬものを、むすびあつめてぞきたりける。あのありさまにても、かやうのことまうすふしぎさよとおぼしめして、「そもそもなんぢはいかなるものぞ」とおほせければ、このあまさめざめとないて、しばしは、おんぺんじにもおよばず。ややあつてなみだをおさへて、「まうすにつけてはばかりおぼえさぶらへども、こせうなごんにふだうしんせいがむすめ、あはのないしとまうすものにてさぶらふなり。P359はははきのにゐ、さしもおんいとほしみふかうこそさぶらひしに、ごらんじわすれさせたまふにつけても、みのおとろへぬるほどおもひしられて、いまさらせんかたなうこそさぶらへ」とて、そでをかほにおしあてて、しのびあへぬさま、めもあてられず。ほふわう、「げにもなんぢは、あはのないしにてあるござんなれ。ごらんじわすれさせたまふぞかし。なにごとにつけても、ただゆめとのみこそおぼしめせ」とて、おんなみだせきあへさせたまはねば、ぐぶのくぎやうてんじやうびとも、ふしぎのことまうすあまかなとおもひたれば、ことわりにてまうしけりとぞ、おのおのかんじあはれける。
さてかなたこなたをえいらんあるに、にはのちぐさつゆおもく、まがきにたふれかかりつつ、そとものをだもみづこえて、しぎたつひまもみえわかず。さてにようゐんのおんあんじつへいらせおはしまし、しやうじをひきあけてえいらんあるに、ひとまにはらいかうのさんぞんおはします。ちうぞんのみてには、ごしきのいとをかけられたり。ひだんにふげんのゑざう、みぎにぜんだうくわしやう、ならびにせんていのみえいをかけ、はちぢくのめうもん、くでふのごしよもおかれたり。らんじやのにほひにひきかへて、かうのけぶりぞたちのぼる。かのじやうみやうこじの、はうぢやうのしつのうちに、さんまんにせんのゆかをならべ、じつぱうのしよぶつをしやうじたまひけんも、かくやとぞおぼえける。しやうじにはしよきやうのえうもんども、しきしにかいてところどころにおされたり。そのなかにおほえのさだもとぼつしが、せいりやうぜんにしてえいじたりけん、「せいがはるかにきこゆこうんのうへ、しやうじゆらいかうすらくじつのまへ」ともかかれたり。すこしひきのけて、にようゐんのぎよせいとおぼしくて、P360
おもひきやみやまのおくにすまひしてくもゐのつきをよそにみんとは W096
さてかたはらをえいらんあるに、ぎよしんじよとおぼしくて、たけのおんさをに、あさのおんころも、かみのふすまなんどかけられたり。さしもほんてうかんどのたへなるたぐひかずをつくし、りようらきんしうのよそほひも、さながらゆめにぞなりにける。ほふわうおんなみだをながさせたまへば、ぐぶのくぎやうてんじやうびとも、まのあたりみたてまつりしことども、いまのやうにおぼえて、みなそでをぞしぼられける。ややあつてうへのやまより、こきすみぞめのころもきたりけるあまににん、いはのかけぢをつたひつつ、おりわづらひたるさまなりける。ほふわう、「あれはいかなるものぞ」とおほせければ、らうになみだをおさへて、「はながたみひぢにかけ、いはつつじとりぐして、もたせたまひてさぶらふは、にようゐんにてわたらせたまひさぶらふ。つまぎにわらびをりそへてもちたるは、とりかひのちうなごんこれざねがむすめ、ごでうのだいなごんくにつなのやうじ、せんていのおんめのと、だいなごんのすけのつぼね」とまうしもあへずなきけり。ほふわうおんなみだをながさせたまへば、ぐぶのくぎやうてんじやうびとも、みなそでをぞぬらされける。にようゐんは、よをいとふおんならひといひながら、いまかかるありさまをみえまゐらせんずらんはづかしさよ、きえもうせばやとおぼしめせどもかひぞなき。よひよひごとのあかのみづ、むすぶたもともしをるるに、あかつきおきのそでのうへ、やまぢのつゆもしげくして、しぼりやかねさせたまひけん。やまへもかへらせたまはず、またおんあんじつへもいらせおはしまさず、P361あきれてたたせましましたるところに、ないしのあままゐりつつ、はながたみをばたまはりけり。
「ろくだう」(『ろくだうのさた』)S1304「よをいとふおんならひ、なにかくるしうさぶらふべき。はやはやおんげんざんあつて、くわんぎよなしまゐらさせさぶらへ」とまうしければ、にようゐんおんなみだをおさへて、おんあんじつにいらせおはします。「いちねんのまどのまへには、せつしゆのくわうみやうをごし、じふねんのしばのとぼそには、しやうじゆのらいかうをこそまちつるに、おもひのほかのごかうかな」とて、おんげんざんありけり。ほふわうこのおんありさまをえいらんあつて、おほせなりけるは、「ひさうのはちまんごふ、なほひつめつのうれへにあひ、よくかいのろくてん、いまだごすゐのかなしみをまぬかれず。きけんじやうのしようめうのらく、ちうげんぜんのかうだいのかく、ゆめのうちのくわはう、またまぼろしのあひだのたのしみ、すでにるてんむぐうなり。しやりんのめぐるがごとし。てんにんのごすゐのかなしみ、にんげんにもさふらひけるものかな。さるにてもたれかこととひまゐらせ(さふらふ)。なにごとにつけても、さこそいにしへをのみこそおぼしめしいづらめ」とおほせければ、にようゐん、「いづかたよりもおとづるることもさぶらはず。のぶたかたかふさのきやうのきたのかたより、たえだえまうしおくることこそさぶらへ。そのむかしあのひとどものP362はぐくみにてあるべしとは、つゆもおぼしめしよらざりしものを」とて、おんなみだをながさせたまへば、つきまゐらせたるにようばうたちも、みなそでをぞぬらされける。ややあつてにようゐんなみだをおさへてまうさせたまひけるは、「いまかかるみになりさぶらふことは、いつたんのなげきまうすにおよびさぶらはねども、ごしやうぼだいのためには、よろこびとおぼえさぶらふなり。たちまちにしやかのゆゐていにつらなり、かたじけなくもみだのほんぐわんにじようじて、ごしやうさんじゆうのくるしみをのがれ、さんじにろくこんをきよめて、ひとすぢにくほんのじやうせつをねがひ、もつぱらいちもんのぼだいをいのり、つねにはしやうじゆのらいかうをごす。いつのよにもわすれがたきは、せんていのおんおもかげ、わすれんとすれどもわすられず、しのばんとすれどもしのばれず。ただおんあいのみちほど、かなしかりけることはなし。さればかのごぼだいのために、あさゆふのつとめおこたることさぶらはず。これもしかるべきぜんぢしきとおぼえさぶらふ」とまうさせたまへば、ほふわうおほせなりけるは、「それわがくにはそくさんへんどなりといへども、かたじけなくもじふぜんのよくんにこたへ、ばんじようのあるじとなり、ずゐぶんひとつとしてこころにかなはずといふことなし。なかんづくぶつぽふるふのよにむまれて、ぶつだうしゆぎやうのこころざしあれば、ごしやうぜんしようたがひあるまじきことなれば、にんげんのあだなるならひ、いまさらおどろくべきにはさふらはねども、おんありさまみまゐらせさふらふに、せんかたなうこそさふらへ」とて、おんなみだせきあへさせたまはず。
にようゐんかさねてまうさせたまひけるは、「わがみへいしやうこくのむすめとして、てんしのこくもとなりしかば、いつてんしかいはみなたなごころのままなりき。さればはいらいのはるのはじめより、いろいろのP363ころもがへ、ぶつみやうのとしのくれ、せふろくいげのだいじんくぎやうにもてなされしありさまは、ろくよくしぜんのくものうへにて、はちまんのしよてんにゐねうせられさぶらふらんやうに、ひやくくわんことごとくあふがぬものやさぶらひし。せいりやうししんのゆかのうへ、たまのすだれのうちにもてなされ、はるはなんでんのさくらにこころをとめて、ひをくらし、きうかさんぷくのあつきひは、いづみをむすんでこころをなぐさみ、あきはくものうへのつきを、ひとりみんことをゆるされず。けんとうそせつのさむきよは、つまをかさねてあたたかにす。ちやうせいふらうのじゆつをねがひ、ほうらいふしのくすりをたづねても、ただひさしからんことをおもへり。あけてもくれても、たのしみさかえさぶらひしこと、てんじやうのくわはうも、これにはすぎじとこそおぼえさぶらひしか。さてもじゆえいのあきのはじめ、きそよしなかとかやにおそれて、いちもんのひとびと、すみなれしみやこをば、くもゐのよそにかへりみて、ふるさとをやけのがはらとうちながめ、いにしへはなをのみききし、すまよりあかしのうらづたひ、さすがあはれにおぼえて、ひるはまんまんたるたいかいに、なみぢをわけてそでをぬらし、よるはすざきのちどりとともになきあかす。うらうらしまじま、よしあるところをみしかども、ふるさとのことはわすられず。かくてよるかたなかりしは、ごすゐひつめつのかなしみとこそおぼえさぶらひしか。およそにんげんのことは、あいべつりく、をんぞうゑく、しくはつく、ともにひとつとして、わがみにしられて、のこるところもさぶらはず。さてもちくぜんのくにださいふとかやについて、すこしこころをのべしかば、これよしとかやにくこくのうちをもおひいだされ、さんやひろしといへども、たちよりやすむべきところもなし。おなじあきのくれにもなりしかば、むかしはここのへのくものうへにてみしつきを、やへのP364しほぢにながめつつ、あかしくらしさぶらひしほどに、かみなづきのころほひ、きよつねのちうじやうが、『みやこをばげんじがためにせめおとされ、ちんぜいをばこれよしがためにおひいださる。あみにかかれるうをのごとし。いづくへゆかばのがるべきかは。ながらへはつべきみにもあらず』とて、うみにしづみさぶらひし。これぞうきことのはじめにてはさぶらひしか。なみのうへにてひをくらし、ふねのうちにてよをあかす。みつぎものもなければ、ぐごをそなふることもなく、たまたまぐごをそなへんとすれども、みづなければまゐらず。たいかいにうかむといへども、うしほなればのむことなし。これまたがきだうのくるしみとこそおぼえさぶらひしか。かくてむろやまみづしまにかどのいくさにかちしかば、いちもんのひとびと、すこしいろなほつてみえさぶらひしかば、つのくにいちのたにとかやに、じやうくわくをかまへ、おのおのなほしそくたいをひきかへて、くろがねをのべてみにまとひ、あけてもくれても、いくさよばひのこゑのたゆることもなかりしは、しゆらのとうじやう、たいしやくのあらそひも、これにはすぎじとこそおぼえさぶらひしか。いちのたにをせめおとされてのち、おやはこにおくれ、めはをつとにわかる。おきにつりするふねをば、かたきのふねかときもをけし、とほきまつにしろきさぎのむれゐるをみては、げんじのはたかとこころをつくす。かくてもんじあかまだんのうらのいくさ、すでにけふをかぎりとみえしかば、にゐのあまなくなくまうしさぶらひしは、『このよのなかのありさま、いまはかうとおぼゆるなり。こんどのいくさに、をのこのいのちのいきのこらんことは、せんまんがひとつもありがたし。たとひまたとほきゆかりは、おのづからいきのこることありといふとも、わらはがごしやうとぶらはんこともありがたし。むかしよりをんなはころさぬP365ならひなれば、いかにもしてながらへて、しゆしやうのおんぼだいをとぶらひ、われらがごしやうをもたすけたまへ』とまうしさぶらひしを、ゆめのここちしておぼえさぶらひしほどに、かぜたちまちにふき、ふうんあつくたなびき、つはものどものこころをまどはし、てんうんつきて、ひとのちからにもおよびがたし。すでにかうとみえしかば、にゐのあませんていをいだきまゐらせて、ふなばたにいでしとき、あきれたるおんありさまにて、『そもそもあまぜ、われをばいづちへぐしてゆかんとするぞ』とおほせければ、にゐのあま、なみだをはらはらとながいて、いとけなききみにむかひまゐらせて、『きみはいまだしろしめされさぶらはずや。ぜんぜのじふぜんかいぎやうのおんちからによつて、いまばんじようのあるじとはむまれさせたまへども、あくえんにひかれて、ごうんすでにつきさせたまひさぶらひぬ。まづひんがしにむかはせたまひて、いせだいじんぐうふしをがませおはしまし、そののちさいはうじやうどのらいかうにあづからんと、ちかはせおはしまして、おんねんぶつさぶらふべし。このくにはそくさんへんどとまうして、こころうきさかひにてさぶらふ。あのなみのそこにこそ、ごくらくじやうどとまうして、めでたきみやこのさぶらふ。それへぐしまゐらせさぶらふぞ』と、やうやうになぐさめまゐらせしかば、やまばといろのぎよいにびんづらゆはせたまひて、おんなみだにおぼれ、ちひさううつくしきおんてをあはせ、まづひんがしにむかはせたまひて、いせだいじんぐうにおんいとままうさせたまひ、そののちにしにむかはせたまひて、おんねんぶつありしかば、にゐのあませんていをいだきまゐらせて、うみにしづみしありさま、めもくれ、こころもきえはてて、わすれんとすれどもわすられず。しのばんとすれどもしのばれず。かくていきのこりたるものどもの、をめきさけびしありさまは、けうくわん、P366だいけうくわん、むげんあび、ほのほのそこのざいにんも、これにはすぎじとこそおぼえさぶらひしか。さてもののふどものあらけなきにとらはれて、のぼりさぶらひしほどに、はりまのくにあかしのうらとかやについて、ちとまどろみたりしゆめに、むかしのだいりにははるかにまさりたるところに、せんていをはじめまゐらせて、いちもんのげつけいうんかく、おのおのゆゆしげなるれいぎどもにてなみゐたり。みやこをいでてのち、いまだかかるところをみず。『ここをばいづくといふぞ』ととひさぶらひしかば、にゐのあまこたへまうしさぶらひしは、『りうぐうじやうとまうすところなり』。『さてはめでたきところかな。このくににくはなきやらん』ととひさぶらひつれば、『りうちくきやうにみえてさぶらふ。ごせよくよくとぶらはせたまへ』とまうすとおぼえてゆめさめぬ。そののちはいよいよきやうよみねんぶつして、かのおんぼだいをとぶらひたてまつる。これひとへにろくだうにたがはじとこそおぼえさぶらへ」とまうさせたまへば、ほふわうおほせなりけるは、「いこくのげんざうさんざうは、さとりのまへにろくだうをみき。わがてうのにちざうしやうにんは、ざわうごんげんのおんちからによつて、ろくだうをみたりとこそうけたまはれ。まのあたりごらんぜられけるこそ、ありがたうさふらへ」とぞおほせける。P367
「ごわうじやう」(『にようゐんしきよ』)S1305さるほどにじやくくわうゐんのかねのこゑ、けふもくれぬとうちしられ、せきやうにしにかたぶけば、おんなごりはつきせずおぼしめされけれども、おんなみだをおさへて、くわんぎよならせたまひけり。にようゐんはいつしかむかしをやおぼしめしいださせたまひけん、しのびあへぬおんなみだに、そでのしがらみせきあへさせたまはず。おんうしろをはるかにごらんじおくつて、くわんぎよもやうやうのびさせたまへば、おんあんじつにいらせたまひて、ほとけのおんまへにむかはせたまひて、「てんししやうりやう、じやうとうしやうがく、いちもんばうこん、とんしようぼだい」と、いのりまうさせたまひけり。むかしはまづひんがしにむかはせたまひて、いせだいじんぐう、しやうはちまんぐうふしをがませおはしまし、「てんしはうさんせんしうばんぜい」とこそいのりまうさせたまひしに、いまはひきかへて、にしにむかはせたまひて、「くわこしやうりやう、かならずいちぶつどへ」と、いのらせたまふこそかなしけれ。にようゐんはいつしかむかしこひしうもやおぼしめされけん。おんあんじつのおんしやうじに、かうぞあそばされける。
このごろはいつならひてかわがこころおほみやびとのこひしかるらん W097
いにしへもゆめになりにしことなればしばのあみどもひさしからじな W098 
P368またごかうのおんともにさぶらはれける、とくだいじのさだいしやうさねさだこう、おんあんじつのはしらに、かきつけられけるとかや。
いにしへはつきにたとへしきみなれどそのひかりなきみやまべのさと W099
にようゐんはこしかたゆくすゑの、うれしう、つらかりしことども、おぼしめしつづけて、おんなみだにむせばせたまふをりふし、やまほととぎすのふたこゑみこゑおとづれてとほりければ、にようゐん、
いざさらばなみだくらべんほととぎすわれもうきよにねをのみぞなく W100
そもそもだんのうらにて、いけどりにせられたりけるにじふよにんのひとびと、あるひはかうべをはねておほちをわたされ、あるひはさいしにわかれてをんるせらる。いけのだいなごんのほかは、いちにんもいのちをいけてみやこにおかず。しじふよにんのにようばうたちのおんことは、なんのさたにもおよばず。しんるゐにしたがひ、しよえんについてぞましましける。しのぶおもひはつきせねども、さてこそなげきながらもすごされけれ。かみはたまのすだれのうちまでも、かぜしづかなるいへもなく、しもはしづがふせやのうちまでも、ちりをさまれるやどもなし。まくらをならべしいもせも、くもゐのよそにぞなりはつる。やしなひたてしおやこも、ゆきかたしらずわかれけり。これはにふだうしやうこく、かみはいちじんをもおそれず、しもはばんみんをもかへりみず、しざいるけい、げくわんちやうにん、おもふさまにつねにおこなはれしがいたすところなり。さればふそのぜんあくは、かならずしそんにおよぶといふことはうたがひなしとぞみえける。かくてにようゐんはむなしうとしつきをおくらせたまふほどに、れいならぬおんここちいできさせたまひて、P369うちふさせたまひしが、ひごろよりおぼしめしまうけたるおんことなれば、ほとけのみてにかけられたりける、ごしきのいとをひかへつつ、「なむさいはうごくらくせかいのけうしゆ、みだによらい、ほんぐわんあやまちたまはずは、かならずいんぜふしたまへ」とて、おんねんぶつありしかば、だいなごんのすけのつぼね、あはのないし、さうにさぶらひて、いまをかぎりのおんなごりのをしさに、こゑごゑにをめきさけびたまひけり。おんねんぶつのおんこゑ、やうやうよわらせましましければ、にしにしうんたなびき、いぎやうしつにみちて、おんがくそらにきこゆ。かぎりあるおんことなれば、けんきうにねんにんぐわつちうじゆんに、いちごつひにをはらせたまひけり。ににんのにようばうたちは、きさいのみやのおんくらゐよりつきまゐらせて、かたときもはなれまゐらせずしてさぶらはれしかば、わかれぢのおんときも、やるかたなくぞおもはれける。このにようばうたちは、むかしのくさのゆかりも、みなかれはてて、よるかたもなきみなれども、をりをりのおんぶつじ、いとなみたまふぞあはれなる。このひとびとも、つひにはりうによがしやうがくのあとをおひ、ゐだいけぶにんのごとくに、みなわうじやうのそくわいをとげけるとぞきこえし。

 

入力者:荒山慶一

[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻八にもどる]

[『平家物語』巻九にもどる]

[『平家物語』巻十にもどる]

[『平家物語』巻十一にもどる]

[『平家物語』巻十二にもどる]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com