平家物語 巻第五  総かな版(元和九年本)
「みやこうつり」(『みやこうつり』)S0501¥ぢしよう−しねん−ろくぐわつ−みつかのひ、¥ふくはら/へ¥ご=かう¥なる/べし/と¥きこゆ。¥この¥ひごろ¥みやこうつり¥ある/べし/と¥きこえ/しか/ども、¥たちまち/に¥きんみやう/の¥ほど/と/は、¥おもは/ざり/し/ものを/とて、¥きやう−ぢう/の¥じやうげ¥さわぎ−あへ/り。¥みつか/と¥さだめ/られ/たり/しか/ども、¥あまつさへ¥いま¥いちにち¥ひき−あげ/られ/て、¥ふつか/に¥なり/ぬ。¥ふつか/の¥う/の−こく/に、¥ぎやうがう/の¥み=こし/を¥よせ/たり/けれ/ば、¥しゆしやう/は¥こんねん¥さんざい、¥いまだ¥いとけなう¥ましまし/けれ/ば、¥なにごころ/も¥なう/ぞ¥めさ/れ/ける。¥しゆしやう¥をさなう¥わたら/せ¥たまふ¥とき/の¥ご=とうよ/に/は、¥ぼこう/こそ¥まゐらせ¥たまふ/に、¥これ/は¥その¥ぎ¥なし。¥おん=めのと¥そつのすけ=どの/ばかり/こそ、¥ひとつ¥おん=こし/に/は¥まゐら/れ/けれ。¥ちうぐう、¥いちゐん、¥しやうくわう/も¥ご=かう¥なる。¥せつしやう=どの/を¥はじめ¥たてまつ/て、¥だいじやうだいじん¥いげ/の¥けいしやう−うんかく、¥われ/も¥われ/も/と¥ぐぶ−せ/らる。¥へいけ/に/は¥だいじやう/の−にふだう/を¥はじめ¥まゐらせ/て、¥いちもん/の¥ひとびと¥みな¥まゐら/れ/けり。¥あくる¥みつかのひ、¥ふくはら/へ¥いら/せ¥おはします。¥にふだう−しやうこく/の¥おとと、¥いけの−ちうなごん−よりもりの−きやう/のP295¥さんざう、¥くわうきよ/に¥なる。¥おなじき−よつかのひ、¥よりもり、¥いへ/の¥しやう/とて¥じやう−にゐ−し¥たまふ。¥くでう=どの/の¥おん=こ、¥うだいしやう−よしみちの−きやう、¥かかい¥こえ/られ/させ¥たまひ/けり。¥せふろく/の¥しん/の¥ご=しそく、¥はんじん/の¥じなん/に¥かかい¥こえ/られ/させ¥たまふ¥こと、¥これ¥はじめ/と/ぞ¥うけたまはる。¥にふだう−しやうこく¥やうやう¥おもひ−なほつ/て、¥ほふわう/を/ば¥とば/の¥きた=どの/を¥いだし¥まゐらせ/て、¥みやこ/へ¥くわんぎよ¥なし¥たてまつら/れ/たり/し/が、¥たかくらのみや/の¥ご=むほん/に¥よつ/て、¥おほき/に¥いきどほり、¥また¥ふくはら/へ¥ご=かう¥なし¥たてまつり、¥しめん/に¥はたいた−し/て、¥くち¥ひとつ¥あき/たる¥うち/に、¥さんげん/の¥いたや/を¥つくつ/て、¥おし−こめ¥たてまつる。¥しゆご/の−ぶし/に/は、¥はらだの−たいふ−たねなほ/ばかり/ぞ¥さふらひ/ける。¥たやすう¥ひと/の¥まゐり−かよふ/べき¥やう/も¥なけれ/ば、¥わらんべ/など/は、¥ろう/の−ごしよ/と/ぞ¥まうし/ける。¥きく/も¥いまいましう、¥あさましかり/し¥こと=ども/なり。¥ほふわう、「¥いま/は¥よ/の¥まつりごと/を¥しろしめさ/ばや/と/は、¥つゆ/も¥おぼしめし−よら/ず。¥ただ¥やまやま¥てらでら¥しゆぎやう−し/て、¥おん=こころ/の¥まま/に¥なぐさま/ばや」/と/ぞ¥おほせ/ける。「¥へいけ/の¥あくぎやう/に¥おいて/は、¥ことごとく¥きはまり/ぬ。¥さんぬる¥あんげん/より¥この−かた、¥おほく/の¥だいじん¥くぎやう、¥あるひは¥ながし¥あるひは¥うしなひ、¥くわんばく¥ながし¥たてまつ/て、¥わが¥むこ/を¥くわんばく/に¥なし、¥ほふわう/を¥せいなん/の−りきう/に¥おし−こめ¥たてまつり、¥あまつさへ¥だいに/の¥わうじ¥たかくらのみや¥うち¥たてまつ/て、¥いま¥のこる¥ところ/の¥みやこうつり/なれ/ば、¥かやう/に¥し¥たまふ/に/や」/と/ぞ¥ひと¥まうし/ける。¥
みやこうつり/は¥これ¥せんじよう¥なき/に¥あら/ず。¥じんむ−てんわう/と¥まうす/は、¥ぢじん¥ごだい/の¥てい、¥ひこなぎさたけうがやふきあはせずのみこと¥だいし/の¥わうじ、¥おん=はは/は¥たまよりひめ、¥かいじん/の¥むすめ/なり。¥かみ/の¥よ¥じふにだい/のP296¥あと/を¥うけ、¥にんだい−はくわう/の¥ていそ/なり。¥かのとのとり/の−とし、¥ひうがの−くに¥みやざき/の−こほり/に/して、¥くわうわう/の¥ほうそ/を¥つぎ、¥ごじふくねん/と¥いひ/し¥つちのとひつじ/の−とし¥じふぐわつ/に¥とうせい−し/て、¥とよあしはら−なかつくに/に¥とどまり、¥この−ころ¥やまとの−くに/と¥なづけ/たる、¥うねび/の−やま/を¥てんじ/て、¥ていと/を¥たて、¥かしはら/の¥ち/を¥きり−はらつ/て、¥きうしつ/を¥つくり¥たまへ/り。¥これ/を¥かしはらのみや/と¥なづけ/たり。¥それ/より¥この−かた、¥だいだい/の¥ていわう、¥みやこ/を¥たこく¥たしよ/へ¥うつさ/るる¥こと、¥さんじふど/に¥あまり、¥しじふど/に¥およべ/り。¥じんむ−てんわう/より¥けいかう−てんわう/まで¥じふにだい/は、¥やまとの−くに¥こほりごほり/に¥みやこ/を¥たて/て、¥たこく/へ/は¥つひに¥うつさ/れ/ず。¥しかる/を¥せいむ−てんわう−ぐわんねん/に、¥あふみの−くに/に¥うつつ/て、¥しが/の−こほり/に¥みやこ/を¥たつ。¥ちうあい−てんわう−にねん/に、¥ながとの−くに/に¥うつつ/て、¥とよら/の−こほり/に¥みやこ/を¥たつ。¥その¥くに¥かの¥みやこ/に/して、¥みかど¥かくれ/させ¥たまひ/しか/ば、¥きさき¥じんぐう−くわうこう、¥おん=よ/を¥うけ−とら/せ¥たまひ、¥によたい/と/して、¥きかい、¥かうらい、¥けいたん/まで¥せめ−したがへ/させ¥たまひ/けり。¥いこく/の¥いくさ/を¥しづめ/させ¥たまひ/て、¥きてう/の¥のち、¥ちくぜんの−くに¥みかさ/の−こほり/に/して¥わうじ¥ご=たんじやう、¥やがて¥その¥ところ/を/ば、¥うみのみや/と/ぞ¥まうし/ける。¥かけ/ま−く/も¥かたじけなく¥やはた/の¥おん=こと¥これ/なり。¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまひ/て/は、¥おうじん−てんわう/と/ぞ¥まうし/ける。¥その−のち¥じんぐう−くわうこう/は、¥やまとの−くに/に¥うつつ/て、¥いはれわかざくらのみや/に¥おはします。¥おうじん−てんわう/は、¥おなじき−くに¥かるしまあかりのみや/に¥すま/せ¥たまふ。¥にんとく−てんわう−ぐわんねん/に、¥つの−くに¥なんぱ/に¥うつつ/て、¥たかつのみや/に¥おはします。¥りちう−てんわう−にねん/に、¥また¥やまとの−くに/に¥うつつ/て、¥とをち/の−こほり/に¥みやこ/を¥たつ。¥はんせい−てんわう−ぐわんねん/に、¥かはちの−くに/に¥うつつ/て、¥しばがきのみや/に¥すま/せ¥たまふ。¥いんぎよう−てんわう−しじふにねん/に、¥また¥やまとの−くに/に¥うつつ/て、¥とぶ−とり/のP297¥あすかのみや/に¥おはします。¥ゆうりやく−てんわう−にじふいちねんに、¥おなじき−くに¥はつせ−あさくら/に¥みやゐ−し¥たまふ。¥けいたい−てんわう−ごねん/に、¥やましろの−くに¥つづき/に¥うつつ/て¥じふにねん、¥その−のち¥おとぐん/に¥みやゐ−し¥たまふ。¥せんくわ−てんわう−ぐわんねん/に、¥また¥やまとの−くに/に¥うつつ/て、¥ひのくま/の−いるののみや/に¥すま/せ¥たまふ。¥かうとく−てんわう¥たいくわ−ぐわんねん/に、¥つの−くに¥ながら/に¥うつつ/て、¥とよざきのみや/に¥おはします。¥さいめい−てんわう−にねん/に、¥また¥やまとの−くに/に¥うつつ/て、¥をかもとのみや/に¥すま/せ¥たまふ。¥てんぢ−てんわう−ろくねん/に、¥あふみの−くに/に¥うつつ/て、¥おほつのみや/に¥おはします。¥てんむ−てんわう−ぐわんねん/に、¥なほ¥やまとの−くに/に¥かへつ/て、¥をかもとのみなみのみや/に¥すま/せ¥たまふ。¥これ/を¥きよみばらの−みかど/と¥まうし/き。¥ぢどう¥もんむ¥にだい/の¥せいてう/は、¥ふぢはらのみや/に¥おはします。¥げんめい−てんわう/より¥くわうにん−てんわう/まで¥しちだい/は、¥なら/の−みやこ/に¥すま/せ¥たまふ。¥
しかる/を¥くわんむ−てんわう/の¥ぎよ=う、¥えんりやく−さんねん−じふぐわつ−みつかのひ、¥なら/の−きやう¥かすが/の−さと/より、¥やましろの−くに¥ながをか/に¥うつつ/て、¥じふねん/と¥いつ/し¥しやうぐわつ/に、¥だいなごん−ふぢはらの−をぐるまる、¥さんぎ−さだいべん−きの−こさみ、¥たいそうづ−げんけい=ら/を¥つかはし/て、¥たう−ごく¥かどの/の−こほり¥うだ/の−むら/を¥みせ/らるる/に、¥りやうにん¥とも/に¥そうし/て¥いはく、「¥この¥ち/の¥てい/を¥み¥さふらふ/に、¥さしやうりう、¥うびやくこ、¥ぜんしゆじやく、¥ごげんむ、¥しじん¥さうおう/の¥ち/なり。¥もつとも¥ていと/を¥さだむる/に¥たれ/り」/と¥まうす。¥これ/に¥よつ/て¥おたぎ/の−こほり/に¥おはします¥かもの−だい−みやうじん/に、¥この¥よし/を¥つげ¥まうさ/せ¥たまひ/て、¥えんりやく−じふさんねん−じふいちぐわつ−にじふいちにち、¥ながをか/の−きやう/より¥この¥きやう/へ¥うつさ/れ/て、¥ていわう/は¥さんじふにだい、¥せいざう/は¥さんびやくはちじふ−よ−さい/の¥しゆんじう/を¥おくり−むかふ。¥それ/より¥この−かた¥だいだい/の¥みかど、¥くにぐに¥ところどころ/へ、¥おほく/の¥みやこ/を¥うつさ/れ/しか/ども、¥かく/の/ごとき/の¥しようち/は¥なし/と、¥くわんむ−てんわう¥こと/に¥しつ/しP298¥おぼしめし/て、¥だいじん¥くぎやう、¥しよ−こく/の¥さいじん=ら/に¥おほせ/て、¥ちやうきう/なる/べき¥さう/とて、¥つち/にて¥はつしやく/の¥にんぎやう/を¥つくり、¥くろがね/の−よろひ−かぶと/を¥きせ、¥おなじう¥くろがね/の¥ゆみ−や/を¥もた/せ/て、¥まつだい/と¥いふ/とも、¥この¥きやう/を¥たこく/へ¥うつす¥こと¥あら/ば、¥しゆごじん/と¥なら/ん/と¥ちかひ/つつ、¥ひがしやま/の¥みね/に、¥にしむき/に¥たて/て/ぞ¥うづま/れ/ける。¥され/ば¥てんが/に¥こと¥いで−こ/ん/とて/は、¥この¥つか¥かならず¥めいどう−す。¥しやうぐん/が−つか/とて¥いま/に¥あり。¥なかんづく¥この¥きやう/を/ば、¥へいあんじやう/と¥なづけ/て、¥たひら¥やすき¥みやこ/と¥かけ/り。¥もつとも¥へいけ/の¥あがむ/べき¥みやこ/ぞ/かし。¥くわんむ−てんわう/と¥まうす/は、¥へいけ/の¥なうそ/にて¥おはします。¥せんぞ/の¥きみ/の¥さ/しも¥しつし¥おぼしめし/つる¥みやこ/を、¥させる¥ゆゑ¥なう/して、¥たこく¥たしよ/へ¥うつさ/れ/ける/こそ¥あさましけれ。¥ひととせ¥さがの−くわうてい/の¥おん=とき、¥へいぜいの−せんてい、ないしのかみ/の¥すすめ/に¥よつ/て、¥すでに¥この¥きやう/を¥たこく/へ¥うつさ/ん/と¥せ/させ¥たまひ/しか/ども、¥だいじん¥くぎやう¥しよ−こく/の¥にんみん¥そむき¥まうし/しか/ば、¥うつさ/れ/ず/して¥やみ/に/き。¥いつてん/の−きみ¥ばんじよう/の−あるじ/さへ、¥うつし−え¥たまは/ぬ¥みやこ/を、¥にふだう−しやうこく¥じんしん/の¥み/と/して、¥うつさ/れ/ける/ぞ¥あさましき。¥きうと/は¥あはれ¥めでたかり/つる¥みやこ/ぞ/かし。¥わうじやう−しゆご/の¥ちんじゆ/は、¥しはう/に¥ひかり/を¥やはらげ、¥れいげん−しゆしよう/の¥てらでら/は、¥じやうげ/に¥いらか/を¥ならべ/たり。¥ひやくしやう¥ばんみん¥わづらひ¥なく、¥ごき−しちだう/も¥たより¥あり。¥され/ども¥いま/は¥つじつじ/を¥ほり−きつ/て、¥くるま/など/の¥たやすう¥ゆき−かふ¥こと/も¥なく、¥たまさか/に¥ゆく¥ひと/は、¥こぐるま/に¥のり、¥みち/を¥へ/て/こそ¥とほり/けれ。¥のき/を¥あらそひ/し¥ひと/の¥すまひ、¥ひ/を¥へ/つつ¥あれ−ゆく。¥いへいへ/は¥かもがは、¥かつらがは/に¥こぼち−いれ、¥いかだ/に¥くみ−うかべP299、¥しざい−ざふぐ¥ふね/に¥つみ、¥ふくはら/へ/とて¥はこび−くだす。¥ただなり/に、¥はな/の−みやこ、¥ゐなか/に¥なる/こそ¥かなしけれ。¥なにもの/の¥しわざ/に/や¥あり/けん、¥ふるき¥みやこ/の¥だいり/の¥はしら/に、¥にしゆ/の¥うた/を/ぞ¥かき−つけ/ける。¥
ももとせ/を¥よかへり/まで/に¥すぎ−き/に/し¥おたぎ/の−さと/の¥あれ/や¥はて/なむ W030¥
さき−いづる¥はな/の−みやこ/を¥ふり−すて/て¥かぜ¥ふく¥はら/の¥すゑ/ぞ¥あやふき W031¥
「しんと」¥おなじき−ろくぐわつ−ここのかのひ、¥しんと/の¥ことはじめ¥ある/べし/とて、¥しやうけい/に/は¥とくだいじの−さだいしやう−じつていの−きやう、¥つちみかどの−さいしやう/の−ちうじやう−とうしんの−きやう、¥ぶぎやう/の−べん/に/は、¥さきの−させうべん−ゆきたか、¥おほく/の¥くわんにん=ども¥めし−ぐし/て、¥たう−ごく¥わだ/の−まつばら、¥にしのの/を¥てんじ/て、¥くでう/の¥ち/を¥わら/れ/ける/に、¥いちでう/より/しも、¥ごでう/まで/は¥その¥ところ¥あり/て、¥それ/より¥しも/は¥なかり/けり。¥ぎやうじくわん¥かへり−まゐつ/て、¥この¥よし/を¥そうもん−す。¥さら/ば¥はりま/の¥いなみの/か、¥なほ¥つの−くに/の¥こやの/か/なんど、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ども、¥こと−ゆく/べし/と/も¥みえ/ざり/けり。¥きうと/は¥すでに¥うかれ/ぬ。¥しんと/は¥いまだ¥こと−ゆか/ず。¥あり/と/し−ある¥ひと/は、¥みな¥み/を¥うきくも/の¥おもひ/を¥なし、¥もとこ/の¥ところ/に¥すむ¥もの/は、¥ち/を¥うしなつ/て¥うれへ、¥いま¥うつる¥ひとびと/は、¥どぼく/のP300¥わづらひ/を/のみ¥なげき−あへ/り。¥すべて¥ただ¥ゆめ/の¥やう/なつ/し¥こと=ども/なり。¥つちみかどの−さいしやう/の−ちうじやう−とうしんの−きやう/の¥まうさ/れ/ける/は、「¥いこく/に/は¥さんでう/の¥くわうろ/を¥ひらい/て、¥じふじ/の¥とうもん/を¥たつ/と¥みえ/たり。¥いはんや¥ごでう/まで¥あら/ん¥みやこ/に、¥など/か¥だいり/を¥たて/ざる/べき。¥かつがつ¥まづ¥さとだいり¥つくら/る/べし」/と¥くぎやう−せんぎ¥あつ/て、¥ごでうの−だいなごん−くにつなの−きやう、¥りんじ/に¥すはうの−くに/を¥たまはつ/て、¥ざうしん−せ/らる/べき¥よし、¥にふだう−しやうこく¥はからひ¥まうさ/れ/けり。¥この¥くにつなの−きやう/と¥まうす/は、¥ならび−なき¥だいふく−ちやうじや/にて¥おはし/けれ/ば、¥だいり¥つくり−いださ/れ/ん¥こと、¥さう/に¥およば/ね/ども、¥いかんが¥くに/の¥つひえ、¥たみ/の¥わづらひ¥なかる/べき。¥まことに¥さし−あたつ/たる¥てんが/の¥だいじ、¥だいじやうゑ/など/の¥おこなは/る/べき/を¥さし−おい/て、¥かかる¥よ/の¥みだれ/に、¥せんと、¥ざうだいり、¥すこし/も¥さうおう−せ/ず。「¥いにしへ/の¥かしこき¥みよ/に/は、¥すなはち¥だいり/に¥かや/を¥ふき、¥のき/を/だに/も¥ととのへ/ず、¥けぶり/の¥とぼしき/を¥み¥たまふ¥とき/に/は、¥かぎり−ある¥みつぎもの/を/も¥ゆるさ/れ/き。¥これ¥すなはち¥たみ/を¥めぐみ、¥くに/を¥たすけ¥たまふ/に¥よつ/て/なり。¥そ¥しやうくわ/の−たい/を¥たて/て¥れいみん¥あらけ、¥しん¥あはうのてん/を¥おこい/て/は、¥てんが¥みだる/と¥いへ/り。¥ばうし¥きら/ず、¥さいてん¥けづら/ず、¥しうしや¥かざら/ず、¥いふく¥あや−なかり/ける¥よ/も¥あり/けん/ものを。¥され/ば¥たう/の¥たいそう/の¥りさんきう/を¥つくつ/て、¥たみ/の¥つひえ/を/や¥はばから/せ¥たまひ/けん、¥つひに¥りんかう¥なく/して、¥かはら/に¥まつ¥おひ、¥かき/に¥つた¥しげつ/て、¥やみ/に/ける/に/は¥さうゐ/かな」/と/ぞ¥ひと¥まうし/ける。P301¥
「つきみ」(『つきみ』)S0502¥ろくぐわつ−ここのかのひ、¥しんと/の¥ことはじめ、¥はちぐわつ−とをかのひ¥しやうとう、¥じふいちぐわつ−じふさんにち¥せんかう/と¥さだめ/らる。¥ふるき¥みやこ/は¥あれ−ゆけ/ど、¥いま/の¥みやこ/は¥はんじやう−す。¥あさましかり/つる¥なつ/も¥くれ/て、¥あき/に/も¥すでに¥なり/に/けり。¥あき/も¥やうやう¥なかば/に¥なり−ゆけ/ば、¥ふくはら/の¥しんと/に¥ましまし/ける¥ひとびと、¥めいしよ/の¥つき/を¥み/ん/とて、¥あるひは¥げんじ/の−だいしやう/の¥むかし/の¥あと/を¥しのび/つつ、¥すま/より¥あかし/の¥うら−づたひ、¥あはぢ/の−せと/を¥おし−わたり、¥ゑじま/が−いそ/の¥つき/を¥みる。¥あるひは¥しらら、¥ふきあげ、¥わか/の−うら、¥すみよし、¥なには、¥たかさご、¥をのへ/の¥つき/の¥あけぼの/を、¥ながめ/て¥かへる¥ひと/も¥あり。¥きうと/に¥のこる¥ひとびと/は、¥ふしみ、¥ひろさは/の¥つき/を¥みる。¥なか/に/も¥とくだいじの−さだいしやう−じつていの−きやう/は、¥ふるき¥みやこ/の¥つき/を¥こひ/つつ、¥はちぐわつ−とをか−あまり/に、¥ふくはら/より/ぞ¥のぼり¥たまふ。¥なにごと/も¥みな¥かはり−はて/て、¥まれ/に¥のこる¥いへ/は、¥もんぜん¥くさ¥ふかく/して、¥ていじやう¥つゆ¥しげし。¥よもぎ/が−そま、¥あさぢ/が−はら、¥とり/の¥ふしど/と¥あれ−はて/て、¥むし/の¥こゑごゑ¥うらみ/つつ、¥くわうぎく¥しらん/の¥のべ/と/ぞ¥なり/に/ける。¥いま¥こきやう/の¥なごり/とて/は、¥こんゑかはら/の−おほみや/ばかり/ぞ¥ましまし/ける。¥だいしやう¥その¥ごしよ/へ¥まゐり、¥まづ¥ずゐじん/を¥もつて、¥そうもん/を¥たたか/せ/らるれ/ば、¥うち/より¥をんな/の¥こゑ/にて、「¥た/そ/や、¥よもぎふ/の¥つゆ¥うち−はらふ¥ひと/も¥なき¥ところ/に」/とP302¥とがむれ/ば、「¥これ/は¥ふくはら/より¥だいしやう=どの/の¥おん=のぼり¥ざふらふ」/と¥まうす。「¥さ¥さぶらは/ば、¥そうもん/は¥ぢやう/の¥ささ/れ/て¥さぶらふ/ぞ。¥ひがし/の−こもん/より¥いら/せ¥たまへ」/と¥まうし/けれ/ば、¥だいしやう、¥さら/ば/とて、¥ひがし/の−こもん/より/ぞ¥まゐら/れ/ける。¥おほみや/は、¥おん=つれづれ/に、¥むかし/を/や¥おぼしめし−いで/させ¥たまひ/けん、¥なんめん/の¥み=かうし¥あけ/させ、¥おん=びは¥あそばさ/れ/ける¥ところ/へ、¥だいしやう¥つと¥まゐら/れ/たれ/ば、¥しばらく¥おん=びは/を¥さし−おか/せ¥たまひ/て、「¥ゆめ/か/や¥うつつ/か、¥これ/へ−これ/へ」/と/ぞ¥おほせ/ける。¥げんじ/の−うぢ/の−まき/に/は、¥うばそくのみや/の¥おん=むすめ、¥あき/の¥なごり/を¥をしみ/つつ、¥びは/を¥しらべ/て¥よ/も−すがら¥こころ/を¥すまし¥たまひ/し/に、¥ありあけ/の−つき/の¥いで/ける/を、¥なほ¥たへ/ず/や¥おぼし/けん、¥ばち/にて¥まねき¥たまひ/けん/も、¥いま/こそ¥おぼしめし−しら/れ/けれ。¥まつよひ/の−こじじう/と¥まうす¥にようばう/も、¥この¥ごしよ/に/ぞ¥さふらは/れ/ける。¥そもそも¥この¥にようばう/を¥まつよひ/と¥めさ/れ/ける¥こと/は、¥ある−とき¥ごぜん/より、「¥まつ¥よひ、¥かへる¥あした、¥いづれ/か¥あはれ/は¥まされ/る」/と¥おほせ/けれ/ば、¥かの¥にようばう、¥
まつ¥よひ/の¥ふけ−ゆく¥かね/の¥こゑ¥きけ/ば¥かへる¥あした/の¥とり/は¥もの/かは W032
/と¥まうし/たり/ける¥ゆゑ/に/こそ、¥まつよひ/と/は¥めさ/れ/けれ。¥だいしやう¥この¥にようばう/を¥よび−いで/て、¥むかし−いま/の¥ものがたり=ども¥し¥たまひ/て¥のち、¥さ−よ/も¥やうやう¥ふけ−ゆけ/ば、¥ふるき¥みやこ/の¥あれ−ゆく/を、¥いまやう/に/こそ¥うたは/れ/けれ。¥
ふるき¥みやこ/を¥き/て¥みれ/ば¥あさぢ/が−はら/と/ぞ¥あれ/に/けるP303¥
つき/の¥ひかり/は¥くまなく/て¥あきかぜ/のみ/ぞ¥み/に/は¥しむ
/と、¥おし−かへし−おし−かへし¥さんべん¥うたひ−すまさ/れ/たり/けれ/ば、¥おほみや/を¥はじめ¥たてまつ/て、¥ごしよ−ぢう/の¥にようばう=たち、¥みな¥そで/を/ぞ¥ぬらさ/れ/ける。¥さる−ほど/に¥よ/も¥やうやう¥あけ−ゆけ/ば、¥だいしやう¥いとま¥まうし/つつ、¥ふくはら/へ/ぞ¥かへら/れ/ける。¥とも/に¥さふらふ¥くらんど/を¥めし/て、「¥じじう/が¥なに/と¥おもふ/やらん、¥あまり/に¥なごり−をし=げ/に¥みえ/つる/に、¥なんぢ¥かへつ/て、¥と/も−かう/も¥いう/て¥こよ」/と¥のたまへ/ば、¥くらんど¥はしり−かへり、¥かしこまつ/て、「¥これ/は¥だいしやう=どの/の¥まうせ/と¥ざふらふ」/とて、¥
もの/かは/と¥きみ/が¥いひ/けむ¥とり/の−ね/の¥けさ/しも¥など/か¥かなしかる/らむ W033¥
にようばう¥とり−あへ/ず、¥
また/ば/こそ¥ふけ−ゆく¥かね/も¥つらから/め¥かへる¥あした/の¥とり/の−ね/ぞ¥うき W034¥
くらんど¥はしり−かへつ/て、¥この¥よし¥まうし/たり/けれ/ば、「¥さて/こそ¥なんぢ/を/ば¥つかはし/たれ」/とて、¥だいしやう¥おほき/に¥かんぜ/られ/けり。¥それ/より/して/こそ、¥ものかは/の−くらんど/と/は¥めさ/れ/けれ。P304
「もつけ」(『もつけのさた』)S0503¥へいけ¥みやこ/を¥ふくはら/へ¥うつさ/れ/て¥のち/は、¥ゆめみ/も¥あしう、¥つね/は¥こころ−さわぎ/のみ¥し/て、¥へんげ/の−もの=ども¥おほかり/けり。¥ある¥よ¥にふだう/の¥ふし¥たまひ/たり/ける¥ところ/に、¥ひとま/に¥はばかる/ほど/の¥もの/の¥おもて/の¥いで−きたつ/て¥のぞき¥たてまつる。¥にふだう¥ちつと/も¥さわが/ず、¥はつた/と¥にらまへ/て¥おはし/けれ/ば、¥ただきえ/に¥きえ−うせ/ぬ。¥をか/の−ごしよ/と¥まうす/は、¥あたらしう¥つくら/れ/たり/けれ/ば、¥しかる/べき¥たいぼく/なんど/も¥なかり/ける/に、¥ある¥よ¥おほぎ/の¥たふるる¥おと−し/て、¥ひと/なら/ば¥にさんぜんにん/が¥こゑ−し/て、¥こくう/に¥どつと¥わらふ¥おと−し/けり。¥いかさま/に/も¥これ/は¥てんぐ/の¥しよゐ/と¥いふ¥さた/にて、¥ひる¥ごじふにん、¥よる¥ひやくにん/の¥ばんしゆ/を¥そろへ、¥ひきめ/の−ばん/と¥なづけ/て、¥ひきめ/を¥い/させ/られ/ける/に、¥てんぐ/の¥ある¥かた/へ¥むかつ/て¥い/たる/と¥おぼし/き¥とき/は、¥おと/も¥せ/ず。¥また¥ない¥かた/へ¥むかつ/て¥い/たる¥とき/は、¥どつと¥わらひ/なんど¥し/けり。¥また¥ある¥あした¥にふだう−しやうこく¥ちやうだい/より¥いで/て、¥つまど/を¥おし−ひらき、¥つぼ/の−うち/を¥み¥たまへ/ば、¥しにん/の¥しやれかうべ=ども/が、¥いくら/と¥いふ¥かず/を¥しら/ず、¥つぼ/の−うち/に¥みちみち/て、¥うへ/なる/は¥した/に¥なり、¥した/なる/は¥うへ/に¥なり、¥なか/なる/は¥はし/へ¥ころび−いで、¥はし/なる/は¥なか/へ¥ころび−いり、¥ころび−あひ、¥ころび−のき、¥からめき−あへ/り。¥にふだう−しやうこく、「¥ひと/や¥ある¥ひと/や¥ある」/とP305¥めさ/れ/けれ/ども、¥をりふし¥ひと/も¥まゐら/ず。¥かく−し/て¥おほく/の¥どくろ=ども/が、¥ひとつ/に¥かたまり−あひ、¥つぼ/の−うち/に、¥はばかる/ほど/に¥なつ/て、¥たかさ/は¥じふしごぢやう/も¥ある/らん/と¥おぼゆる¥やま/の/ごとく/に¥なり/に/けり。¥かの¥ひとつ/の¥おほがしら/に、¥いき/たる¥ひと/の¥め/の¥やう/に、¥だい/の¥まなこ/が¥せんまん¥いで−き/て、¥にふだう−しやうこく/を¥きつと¥にらまへ、¥しばし/は¥まだたき/も¥せ/ず。¥にふだう¥ちつと/も¥さわが/ず、¥ちやうど¥にらまへ/て¥たた/れ/たり/けれ/ば、¥つゆ¥しも/など/の¥ひ/に¥あたつ/て¥きゆる¥やう/に、¥あとかた/も¥なく¥なり/に/けり。¥
また¥にふだう−しやうこく、¥いち/の−おん=むまや/に¥たて/て、¥とねり¥あまた¥つけ/て、¥あさゆふ¥なで−かは/れ/ける¥むま/の¥を/に、¥ねずみ¥いち−や/の¥うち/に¥す/を¥くひ¥こ/を/ぞ¥うん/だり/ける。¥これ¥ただごと/に¥あら/ず、¥みうら¥ある/べし/とて¥じんぎくわん/に/して、¥みうら¥あり。¥おもき¥おん=つつしみ/と¥うらなひ¥まうす。¥この¥むま/は、¥さがみの−くに/の¥ぢうにん、¥おほばの−さぶらう−かげちか/が、¥とう−はつ−か−こく¥いち/の¥むま/とて、¥にふだう−だいしやうこく/に¥まゐらせ/たり/ける/とかや。¥くろき¥むま/の¥ひたひ/の¥すこし¥しろかり/けれ/ば、¥な/を/ば¥もちづき/と/ぞ¥いは/れ/ける。¥おんやう/の−かみ−あべの−やすちか¥たまはつ/てげり。¥むかし¥てんぢ−てんわう/の¥ぎよ=う/に、¥れう/の−お=むま/の¥を/に、¥ねずみ¥いち−や/の¥うち/に¥す/を¥くひ、¥こ/を¥うん/だり/ける/に/は、¥いこく/の¥きようぞく¥ほうき−し/たり/と/ぞ、¥につぽんぎ/に/は¥みえ/たり/ける。¥また¥げん−ぢうなごん−がらいの−きやう/の¥もと/に、¥めし−つかは/れ/ける¥せいし/が¥み/たり/ける¥ゆめ/も、¥おそろしかり/けり。¥たとへば¥たいだい/の¥じんぎくわん/と¥おぼし/き¥ところ/に、¥そくたい¥ただしき¥じやうらふ/の、¥あまた¥より−あひ¥たまひ/て、¥ぎぢやう/の¥やう/なる¥こと/の¥あり/し/に、¥ばつざ/なる¥じやうらふ/の、¥へいけ/の¥かたうど−しP306¥たまふ/と¥おぼし/き/を、¥その¥なか/より/して¥おつ−たて/らる。¥はるか/の¥ざじやう/に¥けだか=げ/なる¥おん=しゆくらう/の¥ましまし/ける/が、「¥この¥ひごろ¥へいけ/の¥あづかり¥たてまつる¥せつたう/を/ば¥めし−かへい/て、¥いづの−くに/の−るにん−さきの−うひやうゑ/の−すけ−よりとも/に¥たば/うずる/なり」/と¥おほせ/けれ/ば、¥その¥そば/に¥なほ¥おん=しゆくらう/の¥ましまし/ける/が、「¥その−のち/は¥わが¥まご/に/も¥たび¥さふらへ」/と/ぞ¥おほせ/ける。¥せいし¥ゆめ/の¥うち/に、¥ある¥らうをう/に、¥しだい/に¥これ/を¥とひ¥たてまつる。「¥ばつざ/なる¥じやうらふ/の、¥へいけ/の¥かたうど−し¥たまふ/と¥おぼし/き/は、¥いつくしまの−だい−みやうじん、¥せつたう/を¥よりとも/に¥たば/う/と¥おほせ/らるる/は、¥はちまん−だい−ぼさつ、¥その−のち¥わが¥まご/に/も¥たべ/と¥おほせ/ける/は、¥かすがの−だい−みやうじん、¥かう¥まうす¥おきな/は、¥たけうちの−みやうじん」/と¥こたへ¥たまふ/と¥いふ¥ゆめ/を¥み/て、¥さめ/て¥のち、¥ひと/に¥これ/を¥かたる/ほど/に、¥にふだう−しやうこく¥もれ−きき¥たまひ/て、¥がらいの−きやう/の¥もと/へ¥ししや/を¥たて/て、「¥それ/に¥ゆめみ/の¥せいし/の¥さふらふ/なる/を¥たまはつ/て、¥くはしう¥たづね¥さふらは/ばや」/と¥のたまひ/て、¥つかはさ/れ/たり/けれ/ば、¥かの¥ゆめ¥み/たり/ける¥せいし、¥あしかり/な/ん/と/や¥おもひ/けん、¥やがて¥ちくでん−し/てげり。¥その−のち¥がらいの−きやう、¥にふだう−しやうこく/の¥てい/に¥ゆい/て、「¥まつたく¥さる−こと¥さふらは/ず」/と、¥ちんじ¥まうさ/れ/たり/けれ/ば、¥その−のち/は¥さた/も¥なかり/けり。¥それ/に¥また¥なに/より¥ふしぎ/なり/ける¥こと/に/は、¥きよもり¥いまだ¥あきの−かみ/たり/し¥とき、¥じんぱい/の¥ついで/に¥れいむ/を¥かうぶつ/て、¥いつくしま−だい−みやうじん/より¥うつつ/に¥たまはら/れ/たり/ける¥しろがね/の¥ひるまき−し/たる¥こなぎなた、¥つね/の¥まくら/を¥はなた/ず¥たて/られ/たり/し/が、¥ある¥よ¥にはか/に¥うせ/に/ける/こそ¥ふしぎ/なれ。¥へいけ¥ひごろ/は¥てうか/の¥おん=かため/にて、¥てんが/を¥しゆご−せ/しか/ども、¥いま/は¥ちよくめい/に/もP307¥そむき/ぬれ/ば、¥せつたう/を/も¥めし−かへさ/るる/に/や、¥こころ−ぼそく/ぞ¥きこえ/し。¥
「おほばがはやむま」¥なか/に/も¥かうや/に¥おはし/ける¥さいしやう−にふだう−せいらい、¥この¥こと=ども/を¥つたへ−きい/て、「¥あは¥はや¥へいけ/の¥よ/は¥やうやう¥すゑ/に¥なり/ぬる/は。¥いつくしまの−だい−みやうじん/の、¥へいけ/の¥かたうど−し¥たまふ/と¥いふ/も、¥その¥いはれ¥あり。¥ただし¥この¥いつくしまの−だい−みやうじん/は、¥しやかつらりうわう/の¥だいさん/の¥ひめみや/なれ/ば、¥ぢよじん/と/こそ¥うけたまはれ。¥はちまん−だい−ぼさつ/の¥せつたう/を¥よりとも/に¥たば/う/と¥おほせ/られ/つる/も¥ことわり/なり。¥かすが−だい−みやうじん/の¥その−のち/は¥わが¥まご/に/も¥たび¥さふらへ/と¥おほせ/られ/ける/こそ¥こころ−え/ね。¥それ/も¥へいけ¥ほろび、¥げんじ/の¥よ¥つき/な/ん¥のち、¥たいしよくくわん/の¥おん=すゑ、¥しつぺいけ/の¥きんだち=たち/の¥てんが/の¥しやうぐん/に¥なり¥たまふ/べき/か/なんど¥のたまひ/ける。¥をりふし¥ある¥そう/の¥き/たり/ける/が¥まうし/ける/は、「¥それ¥しんめい/は、¥わくわう−すゐじやく/の¥はうべん、¥まちまち/に¥ましませ/ば、¥ある−とき/は¥ぢよじん/と/も¥なり、¥また¥ある−とき/は¥ぞくたい/と/も¥げんじ¥たまへ/り。¥まことに¥この¥いつくしまの−だい−みやうじん/は、¥さんみやう¥ろくつう/の¥れいしん/にて¥ましませ/ば、¥ぞくたい/と¥げんじ¥たまは/ん¥こと/も¥かたかる/べき/に¥あら/ず/や」/と/ぞ¥まうし/ける。¥うき−よ/を¥いとひ、¥まこと/の−みち/に¥いり¥たまへ/ば、¥ひとへに¥ごせ−ぼだい/の¥ほか/は、¥また¥たじ¥ある/まじき¥こと/なれ/ども、¥ぜんせい/を¥きい/て/は¥かんじ、¥うれへ/をP308¥きい/て/は¥なげく、¥これ¥みな¥にんげん/の¥ならひ/なり。¥
(『はやむま』)S0504¥さる−ほど/に¥おなじき−くぐわつ−ふつかのひ、¥さがみの−くに/の¥ぢうにん、¥おほばの−さぶらう−かげちか、¥ふくはら/へ¥はやむま/を¥もつて¥まうし/ける/は、「¥さんぬる¥はちぐわつ−じふしちにち、¥いづの−くに/の−るにん−さきの−ひやうゑ/の−すけ−よりとも、¥しうと¥ほうでう−しらう−ときまさ/を¥かたら/う/て、¥いづの−くに/の¥もくだい、¥いづみ/の−はんぐわん−かねたか/を、¥やまき/が−たち/にて¥ようち/に¥うち¥さふらひ/ぬ。¥その−のち¥とひ、¥つちや、¥をかざき/を¥はじめ/と/して¥さんびやく−よ−き、¥いしばしやま/に¥たて−こもつ/て¥さふらふ¥ところ/を、¥かげちか¥み=かた/に¥こころざし/を¥ぞんずる¥もの=ども、¥いつせん−よ−き/を¥いんぞつ−し/て、¥おし−よせ/て¥さんざん/に¥せめ¥さふらへ/ば、¥ひやうゑ/の−すけ¥わづか¥しちはつき/に¥うち−なさ/れ、¥おほ−わらは/に¥たたかひ−なつ/て、¥とひ/の¥すぎやま/へ¥にげ−こもり¥さふらひ/ぬ。¥はたけやま¥ごひやく−よ−き/で、¥み=かた/を¥つかまつる。¥みうらの−おほすけ/が¥こども、¥さんびやく−よ−き/で¥げんじ−がた/を/して、¥ゆゐ¥こつぼ/の−うら/で¥せめ−たたかふ。¥はたけやま¥いくさ/に¥まけ/て¥むさしの−くに/へ¥ひき−しりぞく。¥その−のち¥はたけやま/が¥いちぞく、¥かはごえ、¥いなげ、¥をやまだ、¥えど、¥かさい、¥そうじて¥ななたう/の¥つはもの=ども、¥ことごとく¥おこり−あひ、¥つがふ¥その¥せい¥にせん−よ−き、¥みうら¥きぬがさ/の−じやう/に¥おし−よせ/て、¥いちにち−いち−や¥せめ¥さふらひ/し/ほど/に、¥おほすけ¥うた/れ¥さふらひ/ぬ。¥こども/は¥みな¥くりばま/の−うら/より¥ふね/に¥のつ/て、¥あは¥かづさ/へ¥わたり/ぬ/と/こそ、¥ひと¥まうし/けれ。P309¥
「てうてきぞろへ」¥へいけ/の¥ひとびと、¥みやこうつり/の¥こと/も、¥はや¥きよう¥さめ/ぬ。¥わかき¥くぎやう−てんじやうびと/は、「¥あはれ¥とく/して、¥こと/の¥いで−こよ/かし。¥われ¥さき/に¥うつて/に¥むかは/う」/など¥いふ/ぞ¥はかなき。¥はたけやまの−しやうじ−しげよし、¥をやまだの−べつたう−ありしげ、¥うつのみやの−さゑもん−ともつな、¥これ=ら/は¥おほばんやく/にて、¥をりふし¥ざいきやう−し/たり/ける/が、¥はたけやま¥まうし/ける/は、「¥したしう¥なつ/て¥さふらふ/なれ/ば、¥ほうでう/は¥しり¥さふらは/ず。¥じよ/の¥ともがら/は、¥よ/も¥てうてき/の¥かたうど/は¥つかまつり¥さふらは/じ。¥ただいま¥きこしめし−なほさ/んずる/ものを」/と¥まうし/けれ/ば、「¥げに/も」/と¥まうす¥ひと/も¥あり、「¥いやいや¥ただいま¥おん=だいじ/に¥および¥さふらひ/な/んず」/と¥ささやく¥ひと/も¥あり/ける/とかや。¥にふだう−しやうこく/の¥いから/れ/ける¥さま¥なのめ/なら/ず、「¥そも¥かの¥よりとも/は、¥さんぬる¥へいぢ−ぐわんねん−じふにんぐわつ、¥ちち¥よしとも/が¥むほん/に¥よつ/て、¥すでに¥ちうせ/らる/べかり/し/を、¥こ=いけの−ぜんに/の¥あながち/に¥なげき−のたまふ¥あひだ、¥るざい/に/は¥なだめ/られ/たん/なり。¥しかる/に¥その¥おん/を¥わすれ/て、¥たうけ/に¥むかつ/て¥ゆみ/を¥ひき、¥や/を¥はなつ/に/こそ¥あん/なれ。¥その¥ぎ/なら/ば、¥しんめい/も¥さんぽう/も、¥いかで/か¥ゆるし¥たまふ/べき。¥ただいま¥てん/の¥せめ¥かうぶら/んずる¥よりとも/かな」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥
(『てうてきぞろへ』)S0505¥そもそも¥わが¥てう/に¥てうてき/の¥はじまり/ける¥こと/は、¥むかし¥やまといはれひこのみこと/の¥ぎよ=う¥しねん、¥きしうP310¥なぐさ/の−こほり¥たかを/の−むら/に、¥ひとつ/の¥ちちう¥あり。¥み¥みじかく¥てあし¥ながく/して、¥ちから¥ひと/に¥すぐれ/たり。¥にんみん¥おほく¥そんがい−せ/しか/ば、¥くわんぐん¥はつかう−し/て、¥せんじ/を¥よみ−かけ、¥かづら/の¥あみ/を¥むすん/で、¥つひに¥これ/を¥おほひ−ころす。¥それ/より¥この−かた、¥やしん/を¥さし−はさん/で、¥てうゐ/を¥ほろぼさ/ん/と¥する¥ともがら、¥おほいしの−やままる、¥おほやまの−わうじ、¥やまだの−いしかは、¥もりやの−だいじん、¥そがの−いるか、¥おほともの−まとり¥ぶんやの−みやだ、¥きつ−いつせい、¥ひかみの−かはつぎ、¥いよの−しんわう、¥ださい/の−せうに−ふぢはらの−ひろつぎ、¥ゑみの−おしかつ、¥さはらの−たいし、¥ゐがみの−くわうこう、¥ふぢはらの−なかなり、¥たひらの−まさかど、¥ふぢはらの−すみとも、¥あべの−さだたふ¥むねたふ¥さきの−つしまの−かみ−みなもとの−よしちか、¥あく−さふ、¥あく−ゑもん/の−かみ/に¥いたる/まで、¥その¥れい¥すでに¥にじふ−よ−にん、¥され/ども¥いち−にん/と/して、¥そくわい/を¥とぐる¥もの¥なし。¥みな¥かばね/を¥さんや/に¥さらし、¥かうべ/を¥ごくもん/に¥かけ/らる。¥この−よ/こそ¥わうゐ/も¥むげ/に¥かろけれ。¥むかし/は¥せんじ/を¥むかつ/て¥よみ/けれ/ば、¥かれ/たる¥くさき/も¥たちまち/に¥はな¥さき¥み¥なり、¥とぶ¥とり/も¥したがひ/き。¥ちかごろ/の¥こと/ぞ/かし。¥えんぎ/の−みかど¥しんぜんゑん/へ¥ぎやうがう¥なつ/て、¥いけ/の¥みぎは/に¥さぎ/の¥ゐ/たり/ける/を、¥ろくゐ/を¥めし/て、「¥あの¥さぎ¥とつ/て¥まゐれ」/と¥おほせ/けれ/ば、¥いかんが¥とら/る/べき/と/は¥おもへ/ども、¥りんげん/なれ/ば¥あゆみ−むかふ。¥さぎ¥はねづくろひ−し/て¥たた/ん/と¥す。「¥せんじ/ぞ」/と¥おほす/れ/ば、¥ひらん/で¥とび−さら/ず。¥すなはち¥これ/を¥とつ/て¥まゐらせ/たり/けれ/ば、「¥なんぢ/が¥せんじ/に¥したがひ/て¥まゐり/たる/こそ¥しんべう/なれ。¥やがて¥ごゐ/に¥なせ」/とて、¥さぎ/を¥ごゐ/に/ぞ¥なさ/れ/ける。¥けふ/より¥のち、¥さぎ/の¥なか/の¥わう/たる/べし/と¥いふ¥おん=ふだ/を、¥みづから¥あそばい/て、¥くび/に¥つけ/て/ぞ¥はなた/せP311¥たまふ。¥まつたく¥これ/は¥さぎ/の¥おん=れう/に/は¥あら/ず、¥ただ¥わうゐ/の¥ほど/を¥しろしめさ/ん/が¥ため/なり。¥
「かんやうきう」(『かんやうきう』)S0506¥また¥いこく/に¥せんじよう/を¥とぶらふ/に、¥えん/の¥たいし−たん、¥しん/の¥しくわうてい/に¥とらはれ/て、¥いましめ/を¥かうぶる¥こと¥じふにねん、¥ある−とき¥えん−たん¥なみだ/を¥ながい/て、「¥われ¥こきやう/に¥らうぼ¥あり。¥いとま/を¥たまはつ/て、¥いま−いちど¥かれ/を¥み/ん」/と/ぞ¥なげき/ける。¥しくわうてい¥あざ−わらつ/て、「¥なんぢ/に¥いとま¥たば/ん¥こと、¥むま/に¥つの¥おひ、¥からす/の¥かしら/の¥しろく¥なら/ん/を¥まつ/べき/なり」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥えん−たん¥てん/に¥あふぎ¥ち/に¥ふし/て、「¥ねがは−く/は¥むま/に¥つの¥おひ、¥からす/の¥かしら/を¥しろく¥なし¥たべ。¥ほんごく/へ¥かへつ/て¥いま−いちど¥はは/を¥み/ん」/と/ぞ¥いのり/ける。¥かの¥めうおん−ぼさつ/は、¥りやうぜん−じやうど/に¥けいし/て、¥ふけう/の¥ともがら/を¥いましめ、¥くじ¥がんくわい/は、¥しな−しんだん/に¥いで/て、¥ちうかう/の¥みち/を¥はじめ¥たまふ。¥みやうけん/の¥さんぽう、¥かうかう/の¥こころざし/を¥あはれみ¥たまふ¥こと/なれ/ば、¥むま/に¥つの¥おひ/て¥きうちう/に¥きたり、¥からす/の¥かしら¥しろく¥なつ/て、¥ていぜん/の¥き/に¥すめ/り/けり。¥しくわうてい、¥うとう−ばかく/の−へん/に¥おどろき、¥りんげん¥かへら/ざる¥こと/を¥ふかく¥しんじ/て、¥たいし−たん/を¥なだめ/つつ、¥ほんごく/へ/こそ¥かへさ/れ/けれ。¥しくわう¥なほ¥くやしみ¥たまひ/て、¥しん/の−くに/と¥えん/の¥さかひ/に¥そこく/と¥いふ¥くに¥あり。¥おほい/なる¥かはP312¥ながれ/たり。¥かの¥かは/に¥わたせ/る¥はし/を、¥そこく/の−はし/と¥いへ/り。¥しくわう¥さき/に¥くわんぐん/を¥つかはし/て、¥えん−たん/が¥わたら/ん¥とき、¥かはなか/の¥はし/を¥ふま/ば、¥おつる¥やう/に¥したため/て、¥わたさ/れ/たり/けれ/ば、¥なじか/は¥よかる/べき。¥まんなか/にて¥おち−いり/ぬ。¥され/ども¥みづ/に/は¥ちつと/も¥おぼれ/ず、¥へいち/を¥ゆく/が/ごとく/にて、¥むかひ/の¥きし/に/ぞ¥つき/に/ける。¥えん−たん¥こ/は¥いか/に/と¥おもひ/て、¥うしろ/を¥かへり−み/たり/けれ/ば、¥かめ=ども/が¥いくら/と¥いふ¥かず/を¥しら/ず、¥みづ/の¥うへ/に¥うか/れ¥き/て、¥かふ/を¥ならべ/て¥その¥うへ/を¥とほし/ける。¥これ/も¥かうかう/の¥こころざし/を、¥みやうけん/の¥あはれみ¥たまふ/に¥よつ/て/なり。¥
えん−たん¥なほ¥うらみ/を¥ふくん/で、¥しくわうてい/に¥したがは/ず。¥しくわう¥くわんぐん/を¥つかはし/て、¥えん−たん/を¥ほろぼさ/ん/と¥す。¥えん−たん¥おほき/に¥おそれ−をののい/て、¥けいか/と¥いふ¥つはもの/を¥かたら/う/て¥だいじん/に¥なす。¥けいか¥また¥でんくわう−せんせい/と¥いふ¥つはもの/を¥かたらふ/に、¥せんせい¥まうし/ける/は、「¥きみ/は¥この¥み/が¥わかう¥さかん/なつ/し¥こと/を¥しろしめし/て、¥かく/は¥たのみ−おほせ/らるる/か。¥きりん/は¥せんり/を¥とぶ/と¥いへ/ども、¥おい/ぬれ/ば¥どば/に/も¥おとれ/り。¥この¥み/は¥とし¥おい/て、¥いか/に/も¥かなひ¥さふらふ/まじ。¥せんずる−ところ、¥よき¥つはもの/を¥かたらつ/て/こそ¥まゐらせ/め」/と¥まうし/けれ/ば、¥けいか、「¥あな−かしこ、¥この¥こと¥ひろう−す/な」/と¥いふ。¥せんせい¥きい/て、「¥この¥こと¥もれ/ぬる¥もの/なら/ば、¥われ¥まづ¥さきに¥うたがは/れ/な/んず。¥ひと/に¥うたがは/れ/ぬる/に¥すぎ/たる¥はぢ/こそ¥なけれ」/とて、¥けいか/が¥もんぜん/なる¥すもも/の−き/に¥かしら/を¥つき−あて、¥うち−くだい/て/ぞ¥しに/に/ける。P313¥また¥はんよき/と¥いふ¥つはもの¥あり。¥これ/は¥しん/の−くに/の¥もの/なり/し/が、¥しくわう/の¥ため/に、¥おや¥をぢ¥きやうだい¥ほろぼさ/れ/て、¥えん/の−くに/に¥にげ−こもり/ぬ。¥しくわう¥しかい/に¥せんじ/を¥なし−くだし、¥えん/の¥さしづ¥ならびに¥はんよき/が¥かうべ/を¥もつ/て¥まゐり/たら/んずる¥もの/に/は、¥ごひやくこん/の¥きん/を¥あたへ/ん/と¥ひろう−せ/らる。¥けいか、¥はんよき/が¥もと/に¥ゆい/て、「¥われ¥きく、¥なんぢ/が¥かうべ¥ごひやくこん/の¥きん/に¥ほうぜ/られ/たん/なり。¥なんぢ/が¥かうべ¥われ/に¥かせ。¥とつ/て¥しくわうてい/に¥たてまつら/ん。¥よろこび/て¥えいらん/を¥へ/ら/れ/ん/とき、¥つるぎ/を¥ぬい/て¥むね/を¥ささ/ん/は¥やすかり/な/ん」/と¥いひ/けれ/ば、¥はんよき¥をどり−あがり−をどり−あがり、¥おほいき¥つい/て¥まうし/ける/は、「¥われ¥おや¥をぢ¥きやうだい/を、¥しくわうてい/に¥ほろぼさ/れ/て、¥よる¥ひる¥これ/を¥おもふ/に、¥こつずゐ/に¥とほつ/て¥しのび−がたし。¥まことに¥しくわうてい¥うつ/べから/ん/に¥おいて/は、¥わが¥かうべ¥あたへ/ん¥こと、¥ちり¥あくた/より/も¥やすし」/とて、¥みづから¥かうべ/を¥きつ/て/ぞ¥しに/に/ける。¥また¥しんぶやう/と¥いふ¥つはもの¥あり。¥これ/も¥しん/の−くに/の¥もの/なり/し/が、¥じふさん/の¥とし¥かたき/を¥うつ/て、¥えん/の−くに/へ¥にげ−こもり/ぬ。¥かれ/が¥ゑん/で¥むかふ¥とき/は、¥みどりご/も¥いだか/れ、¥また¥いかつ/て¥むかふ¥とき/は、¥だい/の¥をとこ/も¥ぜつじゆ−す。¥ならび−なき¥つはもの/なり。¥けいか¥かれ/を¥かたらつ/て、¥しん/の¥みやこ/の¥あんないしや/に¥ぐし/て¥ゆく/に、¥ある¥かた−やまざと/に¥しゆくし/たり/ける¥よ、¥その¥へん¥ちかき¥さと/に¥くわんげん/を¥する/を¥きい/て、¥てうし/を¥もつて¥ほんい/の¥こと/を¥うらなふ/に、¥かたき/の¥かた/は¥みづ/なり、¥わが¥かた/は¥ひ/なり。¥はくこう¥ひ/を¥つらぬい/て¥とほら/ず。「¥わが¥ほんい¥とげ/ん¥こと¥あり−がたし」/と/ぞ¥まうし/ける。P314¥
さる−ほど/に¥てん/も¥あけ/ぬ。¥され/ども¥かへる/べき¥みち/に¥あら/ね/ば、¥しん/の¥みやこ¥かんやうきう/に¥いたり/ぬ。¥えん/の¥さしづ¥ならびに¥はんよき/が¥かうべ、¥もつ/て¥まゐり/たる¥よし/を¥そうもん−す。¥しんか/を¥もつて¥うけ−とら/ん/と¥し¥たまへ/ば、「¥まつたく¥ひとづて/に/は¥まゐらせ/じ。¥ぢき/に¥たてまつら/ん」/と¥そうする¥あひだ、¥さら/ば/とて¥せちゑ/の−ぎ/を¥ととのへ/て、¥えん/の¥つかひ/を¥めさ/れ/けり。¥かんやうきう/は、¥みやこ/の¥めぐり、¥いちまんはつせんさんびやくはちじふり/に¥つもれ/り。¥だいり/を/ば¥ち/より¥さんり¥たかく¥つき−あげ/て、¥その¥うへ/に/ぞ¥たて/られ/たる。¥ちやうせいでん¥あり。¥ふらうもん¥あり。¥こがね/を¥もつて¥ひ/を¥つくり、¥しろがね/を¥もつて¥つき/を¥つくれ/り。¥しんじゆ/の¥いさご、¥るり/の¥いさご、¥こがね/の¥いさご/を¥しき−みて/り。¥しはう/に/は¥くろがね/の¥ついぢ/を、¥たかさ¥しじふぢやう/に¥つき−あげ/て、¥てん/の¥うへ/に/も¥おなじう¥くろがね/の¥あみ/を/ぞ¥はつ/たり/ける。¥これ/は¥めいど/の¥つかひ/を¥いれ/じ/と/なり。¥あき/は¥たのも/の¥かり、¥はる/は¥こしぢ/へ¥かへる/に/も、¥ひぎやう−じざい/の¥さはり¥あり/とて、¥ついぢ/に/は¥がんもん/と¥なづけ/て、¥くろがね/の¥もん/を¥あけ/て/ぞ¥とほさ/れ/ける。¥その¥なか/に¥あはうでん/とて、¥しくわう/の¥つね/は¥ぎやうがう¥なつ/て、¥せいだう¥おこなは/せ¥たまふ¥てん¥あり。¥とうざい/へ¥くちやう、¥なんぼく/へ¥ごちやう、¥たかさ/は¥さんじふろく−ぢやう/なり。¥うへ/を/ば¥るり/の¥かはら/を¥もつて¥ふき、¥した/に/は¥こんごん/を¥みがけ/り。¥おほ−ゆか/の¥した/に/は、¥ご=ぢやう/の¥はたぼこ/を¥たて/たれ/ども、¥なほ¥およば/ぬ/ほど/なり。¥けいか/は¥えん/の¥さしづ/を¥もち、¥しんぶやう/は¥はんよき/が¥かうべ/を¥もつ/て、¥たま/の¥きざはし/を¥なから/ばかり¥のぼり−あがり/ける/が、¥あまり/に¥だいり/の¥おびたたしき/を¥み/て、¥しんぶやう¥わなわな/と¥ふるひ/けれ/ば、¥しんか¥これ/を¥あやしん/で、「¥けいじん/を/ば¥きみ/の¥かたはら/に¥おか/ず。¥くんし/は¥けいじん/に¥ちかづか/ず。P315¥ちかづけ/ば¥すなはち¥し/を¥かろんずる¥みち/なり」/と¥いへ/り。¥けいか¥たち−かへつ/て、「¥ぶやう¥まつたく¥むほん/の¥こころ¥なし。¥ただ¥でんじや/の¥いやしき/に/のみ¥ならつ/て、¥かかる¥くわうきよ/に¥なれ/ざる/が¥ゆゑ/に、¥こころ¥めいわく−す」/と¥いひ/けれ/ば、¥その−とき¥しんか¥みな¥しづまり/ぬ。¥よつて¥わう/に¥ちかづき¥たてまつり、¥えん/の¥さしづ¥ならびに¥はんよき/が¥かうべ/を¥げんざん/に¥いるる¥ところ/に、¥さしづ/の¥いつ/たる¥ひつ/の¥そこ/に、¥こほり/の¥やう/なる¥つるぎ/の¥あり/ける/を、¥しくわうてい¥ごらんじ/て、¥やがて¥にげ/ん/と¥し¥たまへ/ば、¥けいか¥おん=そで/を¥むず/と¥ひかへ¥たてまつり、¥つるぎ/を¥むね/に¥さし−あて/たり。¥いま/は¥かう/と/ぞ¥みえ/たり/ける。¥すまん/の¥ぐんりよ/は、¥ていじやう/に¥そで/を¥つらぬ/と¥いへ/ども、¥すくは/ん/と¥する/に¥ちから¥なし。¥ただ¥この¥きみ¥ぎやくしん/に¥をかさ/れ/させ¥たまは/ん¥こと/を/のみ、¥なげき−かなしみ−あへ/り/けり。¥しくわうてい、「¥われ/に¥ざんじ/の¥いとま/を¥え/させよ。¥きさき/の¥こと/の¥ね/を、¥いま−いちど¥きか/ん」/と¥のたまへ/ば、¥けいか¥しばし/は¥をかし/も¥たてまつら/ず。¥しくわうてい/は¥さんぜんにん/の¥きさき/を¥もち¥たまへ/り。¥その¥なか/に¥くわやう−ぶにん/とて、¥ならび−なき¥こと/の¥じやうず¥おはし/き。¥およそ¥この¥きさき/の¥こと/の¥ね/を¥きけ/ば、¥たけき¥もののふ/の¥いかれ/る¥こころ/も¥やはらぎ、¥とぶ¥とり/も¥ち/に¥おち、¥くさき/も¥ゆるぐ/ばかり/なり。¥いはんや¥いま/を¥かぎり/の¥えいぶん/に¥そなへ/ん/と、¥なくなく¥ひき¥たまへ/ば、¥さ/こそ/は¥おもしろかり/けめ。¥けいか¥かうべ/を¥うなだれ、¥みみ/を¥そばだて/て、¥ほとんど¥ぼうしん/の¥こころ/も¥たゆみ/に/けり。¥その−とき¥きさき¥はじめて¥さらに¥いつきよく/を¥そうす。「¥しちせき/の¥へいふう/は¥たかく/とも、¥をどら/ば¥など/か¥こえ/ざら/ん。¥いちでう/の¥らこく/は¥つよく/とも、¥ひか/ば¥など/か¥たえ/ざら/ん」/と/ぞ¥ひき¥たまふ。P316¥けいか/は¥これ/を¥きき−しら/ず。¥しくわうてい/は¥きき−しり/て、¥おん=そで/を¥ひつ−きつ/て、¥しちしやく/の¥びやうぶ/を¥をどり−こえ、¥あかがね/の¥はしら/の¥かげ/へ¥にげ−かくれ/させ¥たまひ/けり。¥その−とき¥けいか¥いかつ/て、¥つるぎ/を¥なげ−かけ¥たてまつる。¥をりふし¥ごぜん/に¥ばん/の¥いし/の¥さふらひ/ける/が、¥つるぎ/に¥くすり/の¥ふくろ/を¥なげ−あはせ/たり。¥つるぎ¥くすり/の¥ふくろ/を¥かけ/られ/ながら、¥くち¥ろくしやく/の¥あかがね/の¥はしら/を、¥なから/まで/こそ¥きつ/たり/けれ。¥けいか¥また¥つるぎ/も¥もた/ざれ/ば、¥つづい/て/も¥なげ/ず。¥わう¥たち−かへつ/て、¥おん=つるぎ/を¥めし−よせ/て、¥けいか/を¥やつざき/に/こそ¥し¥たまひ/けれ。¥しんぶやう/も¥うた/れ/ぬ。¥やがて¥くわんぐん/を¥つかはし/て、¥えん−たん/を/も¥ほろぼさ/る。¥さうてん¥ゆるし¥たまは/ね/ば、¥はくこう¥ひ/を¥つらぬい/て¥とほら/ず。¥しん/の¥しくわう/は¥のがれ/て、¥えん−たん¥つひに¥ほろび/に/けり。¥され/ば¥いま/の¥よりとも/も、¥さ/こそ/は¥あら/んず/らめ/と、¥しきだい¥まうす¥ひとびと/も¥あり/ける/とかや。¥
「もんがくのあらぎやう」(『もんがくのあらぎやう』)S0507¥しかる/に¥かの¥よりとも/は、¥さんぬる¥へいぢ−ぐわんねん−じふにんぐわつ、¥ちち¥さま/の−かみ−よしとも/が¥むほん/に¥よつ/て、¥すでに¥ちうせ/らる/べかり/し/を、¥こ=いけの−ぜんに/の¥あながち/に¥なげき−のたまふ/に¥よつ/て、¥しやうねん¥じふしさい/と¥まうし/し¥えいりやく−ぐわんねん−さんぐわつ−はつかのひ、¥いづ/の¥ほうでう¥ひるがこじま/へ¥ながさ/れ/て、¥にじふ−よ−ねん/の¥しゆんしう/を¥おくり−むかふ。¥ねんらい/も¥あれ/ば/こそ¥あり/けめ、¥ことし¥いか/なる¥こころ/にて、P317¥むほん/を/ば¥おこさ/れ/ける/ぞ/と¥いふ/に、¥たかを/の¥もんがく−しやうにん/の¥すすめ¥まうさ/れ/ける/に¥よつ/て/なり。¥そもそも¥この¥もんがく/と¥まうす/は、¥わたなべの−ゑんどう−さこん/の−しやうげん−もちとほ/が¥こ/に、¥ゑんどう−むしや−もりとほ/とて、¥じやうせいもんゐん/の¥しゆ/なり。¥しかる/を¥じふく/の¥とし、¥だうしん¥おこし、¥もとどり¥きり、¥しゆぎやう/に¥いで/ん/と¥し/ける/が、¥しゆぎやう/と¥いふ/は、¥いか/ほど/の¥だいじ/やらん、¥ためい/て¥み/ん/とて、¥ろくぐわつのひ/の¥くさ/も¥ゆるが/ず¥てつ/たる/に、¥ある¥かた−やまざと/の¥やぶ/の¥なか/へ¥はひり、¥はだか/に¥なり、¥あふのけ/に¥ふす。¥あぶ/ぞ、¥か/ぞ¥はち¥あり/など¥いふ¥どくちう=ども/が、¥み/に¥ひし/と¥とり−つい/て、¥さし−くひ/など¥し/けれ/ども、¥ちつと/も¥み/を/も¥はたらか/さ/ず。¥なぬか/まで/は¥おき/も¥あがら/ず、¥やうか/と¥いふ/に¥おき−あがり/て、「¥しゆぎやう/と¥いふ/は、¥これ−ほど/の¥だいじ/やらん」/と¥ひと/に¥とへ/ば、「¥それ−ほど/なら/ん/に/は、¥いかで/か¥いのち/も¥いく/べき」/と¥いふ¥あひだ、「¥さて/は¥あんぺい¥ござんなれ」/とて、¥やがて¥しゆぎやう/に/こそ¥いで/に/けれ。¥くまの/へ¥まゐり、¥なち−ごもり−せ/ん¥と¥し/ける/が、¥まづ¥ぎやう/の¥こころみ/に、¥きこゆる¥たき/に¥しばらく¥うた/れ/て¥み/ん/とて、¥たきもと/へ/こそ¥まゐり/けれ。¥ころ/は¥じふにんぐわつ−とをか−あまり/の¥こと/なれ/ば、¥ゆき¥ふり−つもり、¥つらら¥い/て、¥たに/の¥をがは/も¥おと/も¥せ/ず。¥みね/の¥あらし¥ふき−こほり、¥たき/の¥しらいと¥たるひ/と¥なつ/て、¥みな¥しろたへ/に¥おし−なべ/て、¥よも/の¥こずゑ/も¥みえ−わか/ず。¥しかる/に¥もんがく¥たきつぼ/に¥おり−ひたり、¥くび−きは¥つかつ/て、¥じく/の−しゆ/を¥み/て/ける/が、¥にさんにち/こそ¥あり/けれ、¥しごにち/に/も¥なり/しか/ば、¥もんがく¥こらへ/ず/して¥うき−あがり/ぬ。¥すせんぢやう¥みなぎり−おつるP318¥たき/なれ/ば、¥なじか/は¥たまる/べき、¥ざつと¥おし−おとさ/れ、¥かたな/の¥は/の/ごとく/に、¥さ/しも¥きびしき¥いはかど/の¥なか/を、¥うき/ぬ¥しづみ/ぬ、¥ごろくちやう/こそ¥ながれ/けれ。¥とき/に¥うつくしき¥どうじ¥いち−にん¥きたつ/て、¥もんがく/が¥て/を¥とつ/て¥ひき−あげ¥たまふ。¥ひと¥きどく/の¥おもひ/を¥なし/て、¥ひ/を¥たき¥あぶり/など¥し/けれ/ば、¥ぢやうごふ/なら/ぬ¥いのち/で/は¥あり、¥もんがく¥ほど−なく¥いき−いで/ぬ。¥だい/の¥まなこ/を¥み−いからかし、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥われ¥この¥たき/に¥さんしち−にち¥うた/れ/て、¥じく/の¥さんらくしや/を¥み/て/う/と¥おもふ¥だい=ぐわん¥あり。¥けふ/は¥わづか¥ごにち/に/こそ¥なれ。¥いまだ¥なぬか/だに/も¥すぎ/ざる/に、¥なにもの/が¥これ/まで/は¥とつ/て¥きたれ/る/ぞ」/と¥いひ/けれ/ば、¥きく¥ひと¥み/の−け¥よだつ/て¥もの¥いは/ず。¥また¥たきつぼ/に¥かへり−たつ/て/ぞ¥うた/れ/ける。¥だいににち/と¥まうす/に、¥はちにん/の¥どうじ¥きたつ/て、¥もんがく/が¥さう/の¥て/を¥とつ/て、¥ひき−あげ/ん/と¥し¥たまへ/ば、¥さんざん/に¥つかみ−あう/て¥あがら/ず。¥だいさんにち/と¥まうす/に、¥つひに¥はかなく¥なり/ぬ。¥とき/に¥たきつぼ/を¥けがさ/じ/と/や¥びんづら¥ゆう/たる¥てんどう¥ににん、¥たき/の¥うへ/より¥おり−くだら/せ¥たまひ/て、¥よ/に¥あたたか/に¥かうばしき¥おん=て/を¥もつて、¥もんがく/が¥ちやうじやう/より¥はじめ/て、¥てあし/の¥つまさき、¥たなうら/に¥いたる/まで、¥なで−くださ/せ¥たまへ/ば、¥もんがく¥ゆめ/の¥ここち−し/て¥いき−いで/ぬ。「¥そもそも¥いか/なる¥ひと/にて¥ましませ/ば、¥かく/は¥あはれみ¥たまふ/やらん」/と¥とひ¥たてまつれ/ば、¥どうじ¥こたへ/て¥いはく、「¥われ/は¥これ¥だいしやう−ふどう−みやうわう/の¥お=つかひ/に、¥こんがら、¥せいたか/と¥いふ¥にどうじ/なり。¥もんがく¥むじやう/の¥ぐわん/を¥おこし、¥ゆうみやう/の−ぎやう/を¥くはだつ。¥ゆい/て¥ちから/を¥あはせよ/と、¥みやうわう/の¥ちよく/に¥よつ/て¥きたれ/る/なり」/と/ぞ¥こたへ¥たまふ。¥もんがく¥こゑ/を¥いからかい/て、「¥さて¥みやうわう/はP319¥いづく/に¥まします/ぞ」。「¥とそつてん/に」/と¥こたへ/て、¥くもゐ¥はるか/に¥あがり¥たまひ/ぬ。¥もんがく¥たなごころ/を¥あはせ/て、¥さて/は¥わが¥ぎやう/を/ば、¥だいしやう−ふどう−みやうわう/まで/も、¥しろしめさ/れ/たる/に/こそ/と、¥いよいよ¥たのもしう¥おもひ、¥なほ¥たきつぼ/に¥かへり−たつ/て/ぞ¥うた/れ/ける。¥その−のち/は¥まことに¥めでたき¥ずゐさう=ども¥おほかり/けれ/ば、¥ふき−くる¥かぜ/も¥み/に¥しま/ず、¥おち−くる¥みづ/も¥ゆ/の/ごとし。¥かく/て¥さんしち−にち/の¥だい=ぐわん¥つひに¥とげ/しか/ば、¥なち/に¥せんにち¥こもり/けり。¥おほみね¥さんど、¥かつらぎ¥にど、¥かうや、¥こがは、¥きんぶうせん、¥はくさん、¥たてやま、¥ふじのだけ、¥いづ、¥はこね、¥しなの/の¥とがくし、¥では/の¥はぐろ、¥そうじて¥につぽんごく¥のこる¥ところ¥なう¥おこなひ−まはり、¥さすが¥なほ¥ふるさと/や¥こひしかり/けん、¥みやこ/へ¥かへり−のぼつ/たり/けれ/ば、¥およそ¥とぶ¥とり/を/も¥いのり−おとす/ほど/の、¥やいば/の−げんじや/と/ぞ¥きこえ/し。¥
「くわんじんちやう」(『くわんじんちやう』)S0508¥その−のち¥もんがく/は、¥たかを/と¥いふ¥やま/の¥おく/に、¥おこなひ−すまし/て/ぞ、¥ゐ/たり/ける。¥かの¥たかを/に¥じんごじ/と¥いふ¥やまでら/あり。¥これ/は¥むかし¥しようとく−てんわう/の¥おん=とき、¥わけの−きよまろ/が¥たて/たり/し¥がらん/なり。¥ひさしく¥しうざう¥なかり/しか/ば、¥はる/は¥かすみ/に¥たち−こめ/て、¥あき/は¥きり/に¥まじはり、¥とびら/は¥かぜ/に¥たふれ/て、¥らくえふ/の¥した/に¥くち、¥いらか/は¥うろ/に¥をかさ/れ/て、¥ぶつだん¥さらに¥あらは/なり。P320¥ぢうぢ/の¥そう/も¥なけれ/ば、¥まれ/に¥さし−いる¥もの/とて/は、¥ただ¥つきひ/の¥ひかり/ばかり/なり。¥もんがく¥いか/に/も−し/て、¥この¥てら/を¥しうざう−せ/ん/と¥おもふ¥だい=ぐわん¥おこし、¥くわんじんちやう/を¥ささげ/て、¥じつぱう¥だんな/を¥すすめ−ありく/ほど/に、¥ある−とき¥ゐん/の−ごしよ−ほふぢうじ=どの/へ/ぞ¥さんじ/たる。¥ご=ほうが¥ある/べき¥よし/を¥そうもん−す。¥ぎよ=いう/の¥をりふし/にて、¥きこしめし/も¥いれ/ざり/けれ/ば、¥もんがく/は¥もと/より¥ふてき¥だいいち/の¥あらひじり/で/は¥あり、¥ごぜん/の¥こと−なき¥やう/を/ば¥しら/ず/して、¥ただ¥ひと/の¥まうし−いれ/ぬ/ぞ/と¥こころ−え/て、¥ぜひ−なく¥お=つぼ/の−うち/へ¥やぶり−いり、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥だいじ−だいひ/の−きみ/にて¥まします。¥これ−ほど/の¥こと¥など/か¥きこしめし−いれ/ざる/べき」/とて、¥くわんじんちやう/を¥ひき−ひろげ/て、¥たからか/に/こそ¥よう/だり/けれ。「¥
しやみ¥もんがく¥うやまつ/て¥まうす。¥こと/に/は¥きせん¥だうぞく/の¥じよじやう/を¥かうぶつ/て、¥たかをさん/の¥れいち/に¥いちゐん/を¥こんりふ−し、¥にせ¥あんらく/の¥だいり/を¥ごんぎやう−せ/ん/と¥こふ¥くわんじん/の−じやう。¥それ¥おもんみれ/ば、¥しんによ¥くわうだい/なり。¥しやうぶつ/の¥けみやう/を¥たつ/と¥いへ/ども、¥ほつしやう¥ずゐまう/の¥くも¥あつく¥おほつ/て、¥じふに−いんえん/の¥みね/に¥たなびき/し/より¥この−かた、¥ほんう−しんれん/の¥つき/の¥ひかり¥かすか/に/して、¥いまだ¥さんどく−しまん/の¥たいきよ/に¥あらはれ/ず。¥かなしき/かな、¥ぶつにち¥はやく¥ぼつし/て、¥しやうじ−るてん/の¥ちまた¥みやうみやう/たり。¥ただ¥いろ/に¥ふけり、¥さけ/に¥ふける。¥たれ/か¥きやうざう−てうゑん/の¥まどひ/を¥しやせ/ん。¥いたづら/に¥ひと/を¥ばうじ¥ほふ/を¥ばうず。¥これ¥あに¥えんら−ごくそつ/の¥せめ/を¥まぬかれ/ん/や。¥ここ/に¥もんがく、¥たまたま¥ぞくぢん/を¥うち−はらつ/て、¥ほふえ/を¥かざる/と¥いへ/ども、¥あくぎやう¥なほ¥こころ/に¥たくましう/して、¥にちや/に¥つくり、¥ぜんべう¥また¥みみ/に¥さかつ/て¥てうぼ/に¥すたる。¥いたましき/かな、¥ふたたび¥さんづ/の−くわきやう/に¥かへつ/て、¥ながく¥ししやう/の¥くりん/を¥めぐら/んP321¥こと/を。¥この¥ゆゑ/に¥むに/の¥けんしやう¥せんまん−じく、¥ぢくぢく/に¥ぶつしゆ/の¥いん/を¥あかし、¥ずゐえん−しじやう/の−ほふ、¥ひとつ/と/して¥ぼだい/の¥ひがん/に¥いたら/ず/と¥いふ¥こと¥なし。¥かるがゆゑ/に¥もんがく、¥むじやう/の¥くわんもん/に¥なみだ/を¥おとし、¥じやうげ/の¥しんぞく/を¥すすめ/て、¥じやうぼん−れんだい/に¥えん/を¥むすび、¥とうめうがくわう/の¥れいぢやう/を¥たて/ん/と/なり。¥それ¥たかを/は¥やま¥うづたかう/して¥じゆぶぜん/の¥こずゑ/を¥へうし、¥たに¥しづか/に/して¥しやうざんとう/の¥こけ/を¥しけ/り。¥がんせん¥むせん/で¥ぬの/を¥ひき、¥れいゑん¥さけん/で¥えだ/に¥あそぶ。¥にんり¥とほう/して¥けんぢん¥なし。¥しせき¥こと−なう/して¥しんじん/のみ¥あり。¥ちけい¥すぐれ/たり。¥もつとも¥ぶつてん/を¥あがむ/べし。¥ほうが¥すこしき/なり。¥たれ/か¥じよじやう−せ/ざら/ん。¥ほのか/に¥きく¥じゆしやゐ−ぶつたふ、−くどく¥たちまち/に¥ぶついん/を¥かんず。¥いはんや¥いつし−はんせん/の¥ほうざい/に¥おい/て/を/や。¥ねがは−く/は¥こんりふ¥じやうじゆ/して、¥きんけつ−ほうれき、−ご=ぐわん−ゑんまん、¥ないし¥とひ−ゑんきん、−りみん−しそ、¥げう−しゆん¥ぶゐ/の−くわ/を¥うたひ、¥ちんえふ¥さいかい/の¥ゑみ/を¥ひらか/ん。¥こと/に/は¥また¥しやうりやう−いうぎ、−ぜんご−だいせう、¥すみやか/に¥いちぶつ−しんもん/の−うてな/に¥いたり、¥かならず¥さんじん−まんどく/の¥つき/を¥もてあそば/ん。¥よつて¥くわんじん−しゆぎやう/の¥おもむき、¥けだし¥もつて¥かく/の/ごとし。¥ぢしよう−さんねん−さんぐわつ/の−ひ¥もんがく」/と/こそ¥よみ−あげ/たれ。¥
「もんがくながされ」(『もんがくながされ』)S0509¥をりふし¥ごぜん/に/は、¥めうおんゐん/の−だいじやう/の−おほい=どの、¥おん=びは¥あそばし、¥らうえい¥めでたう¥せ/させP322¥おはします。¥あぜち/の−だいなごん−すけかたの−きやう、¥わごん¥かき−ならし、¥しそく¥うま/の−かみ−すけとき、¥ふうぞく−さいばら¥うたは/る。¥しゐ/の−じじう−もりさだ¥ひやうし¥とつ/て、¥いまやう¥とりどり¥うたは/れ/けり。¥ゐん−ぢう¥ざざめき−わたつ/て、¥まことに¥おもしろかり/けれ/ば、¥ほふわう/も¥つけうた−せ/させ¥おはします。¥それ/に¥もんがく/が¥だい−おんじやう¥いで−き/て、¥てうし/も¥たがひ、¥ひやうし/も¥みな¥みだれ/に/けり。「¥ぎよ=いう/の¥をりふし/で¥ある/に、¥なにもの/ぞ。¥らうぜき/なり。¥そ−くび¥つけ」/と¥おほせ−くださ/るる/ほど/こそ¥あり/けれ、¥ゐん−ぢう/の¥はやりを/の¥もの=ども、¥われ¥さき/に¥われ¥さき/に/と¥すすみ−いで/ける¥なか/に、¥すけゆき−はうぐわん/と¥いふ¥もの¥すすみ−いで/て、「¥ぎよ=いう/の¥をりふし/で¥ある/に、¥なにもの/ぞ。¥らうぜき/なり。¥とうとう¥まかり−いでよ」/と¥いひ/けれ/ば、¥もんがく、「¥たかを/の¥じんごじ/へ、¥しやう/を¥いつしよ¥よせ/られ/ざら/ん¥かぎり/は、¥まつたく¥いづ/まじ」/とて¥はたらか/ず。¥よつて¥そ−くび/を¥つか/う/と¥すれ/ば、¥くわんじんちやう/を¥とり−なほし、¥すけゆき−はうぐわん/が¥ゑぼし/を、¥はた/と¥うつ/て¥うち−おとし、¥こぶし/を¥つよく¥にぎり、¥むね/を¥ばく/と¥つい/て、¥うしろ/へ¥のけ/に¥つき−たふす。¥すけゆき−はうぐわん/は¥ゑぼし¥うち−おとさ/れ/て、¥おめおめ/と¥おほ−ゆか/の¥うへ/へ/ぞ¥にげ−のぼる。¥その−のち¥もんがく¥ふところ/より¥むま/の¥を/で¥つか¥まい/たり/ける¥かたな/の、¥こほり/の¥やう/なる/を¥ぬき−もつ/て、¥より−こ/ん¥もの/を¥つか/う/と/こそ¥まち−かけ/たれ。¥ひだり/の¥て/に/は¥くわんじんちやう、¥みぎ/の¥て/に/は¥かたな/を¥もつ/て¥はせ−まはる¥あひだ、¥おもひ/も¥まうけ/ぬ¥にはかごと/で/は¥あり、¥さう/の¥て/に¥かたな/を¥もつ/たる¥やう/に/ぞ¥みえ/たり/ける。¥くぎやう/も¥てんじやうびと/も、¥こ/は¥いか/に/と¥さわが/れ/て、¥ぎよ=いう/も¥すで/に¥あれ/に/けり。¥ゐん−ぢう/の¥さうどう¥なのめ/なら/ず。¥
ここ/に¥しなのの−くに/の¥ぢうにん、¥あんどう−むしや−みぎむね、¥その−とき/の¥たうしよく/の¥むしやどころ/にて¥あり/ける/が、「P323¥なにごと/ぞ」/とて¥たち/を¥ぬい/て¥はしり−いで/たり。¥もんがく¥よろこん/で¥とん/で¥かかる。¥あんどう−むしや、¥きつ/て/は¥あしかり/な/ん/と/や¥おもひ/けん、¥たち/の¥むね/を¥とり−なほし、¥もんがく/が¥かたな¥もつ/たる¥みぎ/の¥かひな/を¥したたか/に¥うつ。¥うた/れ/て¥ちつと¥ひるむ¥ところ/に、「¥え/たり/や、¥をう」/と、¥たち/を¥すて/て/ぞ¥くん/だり/ける。¥もんがく¥した/に¥ふし/ながら、¥あんどう−むしや/が¥みぎ/の¥かひな/を¥したたか/に¥つく。¥つか/れ/ながら/ぞ¥しめ/たり/ける。¥たがひ/に¥おとら/ぬ¥だい−ぢから、¥うへ/に¥なり¥した/に¥なり、¥ころび−あひ/ける¥ところ/を、¥じやうげ¥よつ/て、¥かしこがほ/に、¥もんがく/が¥はたらく¥ところ/の¥ぢやう/を¥がうし/てげり。¥その−のち¥もんぐわい/へ¥ひき−いだい/て、¥ちやう/の¥しもべ/に¥たぶ。¥たまはつ/て¥ひつぱる。¥ひつぱら/れ/て¥たち/ながら、¥ごしよ/の¥かた/を¥にらまへ、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥たとひ¥ほうが/を/こそ¥し¥たまは/ざら/め、¥あまつさへ¥もんがく/に¥これ−ほど/まで、¥からき¥め/を¥みせ¥たまひ/つれ/ば、¥ただいま¥おもひ−しらせ¥まうさ/んずる/ものを。¥さんがい/は¥みな¥くわたく/なり、¥わうぐう/と¥いふ/とも、¥いかで/か¥その¥なん/を/ば¥のがる/べき。¥たとひ¥じふぜん/の−ていゐ/に¥ほこつ/たう/と¥いふ/とも、¥くわうせん/の¥たび/に¥いで/な/ん¥のち/は、¥ごづ¥めづ/の¥せめ/を/ば、¥まぬかれ¥たまは/じ/ものを」/と、¥をどり−あがり−をどり−あがり/ぞ¥まうし/ける。「¥この¥ほふし¥きくわい/なり。¥きんごく−せよ」/とて¥きんごく−せ/らる。¥すけゆき−はうぐわん/は¥ゑぼし¥うち−おとさ/れ/たる¥はぢがまし−さ/に¥しばし/は¥しゆつし/も¥せ/ざり/けり。¥あんどう−むしや/は¥もんがく¥くん/だる¥けんじやう/に、¥いちらふ/を¥へ/ず/して、¥たうざ/に¥うま/の−じよう/に/ぞ¥なさ/れ/ける。¥その−ころ¥びふくもんゐん¥かくれ/させ¥たまひ/て、¥たいしや¥あり/しか/ば、¥もんがく¥ほど−なく¥ゆるさ/れ/けり。P324¥しばらく/は¥いづく/にて/も¥おこなふ/べかり/し/を、¥また¥くわんじんちやう/を¥ささげ/て、¥じつぱう¥だんな/を¥すすめ¥ありき/ける/が、¥さら/ば¥ただ/も¥なく/して、「¥あはれ¥この¥よ/の−なか/は、¥ただいま¥みだれ/て、¥きみ/も¥しん/も¥とも/に¥ほろび−うせ/んずる/ものを」/など、¥かやう/に¥おそろしき¥こと/を/のみ¥まうし−ありく¥あひだ、「¥この¥ほふし¥みやこ/に¥おい/て/は¥かなふ/まじ。¥をんる−せよ」/とて、¥いづの−くに/へ/ぞ¥ながさ/れ/ける。¥
げん−ざんみ−にふだう/の¥ちやくし¥いづの−かみ−なかつな、¥その−とき/の¥たうしよく/にて¥ある¥あひだ、¥その¥さた/と¥し/て、¥とうかいだう/より¥ふね/にて¥くださ/る/べし/とて、¥いづの−くに/へ¥ゐ/て¥まかる/に、¥はうべん¥りやうさん−にん/を/ぞ¥つけ/られ/たる。¥これ=ら/が¥まうし/ける/は、「¥ちやう/の¥しもべ/の¥ならひ、¥かやう/の¥こと/に¥つい/て/こそ、¥おのづから/の¥えこ/も¥さふらへ。¥いか/に¥ひじり/の−おん=ばう/は、¥しりうど/は¥もち¥たまは/ぬ/か。¥をんごく/へ¥ながさ/れ¥たまふ/に、¥とさん−らうれう/ごとき/の¥もの/を/も¥こひ¥たまへ/かし」/と¥いひ/けれ/ば、「¥もんがく/は、¥さやう/の¥えうじ¥いふ/べき¥とくい/は¥なし。¥さり/ながら¥ひがしやま/の¥へん/に/こそ¥とくい/は¥あれ。¥いで¥さら/ば¥ふみ/を¥やら/う」/と¥いひ/けれ/ば、¥けしかる¥かみ/を¥え/させ/たり。¥もんがく¥おほき/に¥いかつ/て、「¥かやう/の¥かみ/に¥もの¥かく¥やう¥なし」/とて¥なげ−かへす。¥さら/ば/とて、¥こうし/を¥たづね/て¥え/させ/たり。¥もんがく¥わらつ/て、「¥この¥ほふし/は¥もの/を¥え¥かか/ぬ/ぞ。¥おのれ=ら¥かけ」/とて¥かか/する¥やう、「¥もんがく/こそ¥たかを/の¥じんごじ¥ざうりふ−くやう/の¥ため/に、¥くわんじんちやう/を¥ささげ/て、¥じつぱう¥だんな/を¥すすめ−ありき/ける/が、¥かかる¥きみ/の¥よ/に/しも¥あう/て、¥ほうが/を/こそ¥し¥たまは/ざら/め、¥あまつさへ¥をんる−せ/られ/て、¥いづの−くに/へ¥まかりP325¥さふらふ。¥ゑんろ/の¥あひだ/で¥さふらへ/ば、¥とさん−らうれう/ごとき/の¥もの/も¥たいせつ/に¥さふらふ。¥この¥つかひ/に¥たべ」/と¥いふ。¥いふ¥まま/に¥かい/て、「¥さて¥たれ=どの/へ/と¥かき¥さふらふ/べき/やらん」。「¥きよみづ/の−くわんおん−ばう/へ/と¥かけ」/と¥いふ。「¥それ/は¥ちやう/の¥しもべ/を¥あざむく/に/こそ」/と¥いひ/けれ/ば、「¥いつかう¥あざむく/に/は¥あら/ず。¥さり/とて/は、¥もんがく/は、¥きよみづ/の−くわんおん/を/こそ、¥ふかう¥たのみ¥たてまつ/たれ。¥さら/で/は¥たれ/に/かは¥ようじ/を/も¥いふ/べき」/と/ぞ¥まうし/ける。¥さる−ほど/に¥いせの−くに¥あの/の−つ/より¥ふね/にて¥くだり/ける/が、¥とほたふみの−くに¥てんりうなだ/にて、¥にはか/に¥おほ−かぜ¥ふき¥おほ−なみ¥たつ/て、¥すでに¥この¥ふね/を¥うち−かへさ/ん/と¥す。¥すゐしゆ−かんどり=ども、¥いか/に/も−し/て¥たすから/ん/と¥し/けれ/ども、¥かなふ/べし/と/も¥みえ/ざり/けれ/ば、¥あるひは¥くわんおん/の¥みやうがう/を¥となへ、¥あるひは¥さいご/の¥じふねん/に¥およぶ。¥され/ども¥もんがく/は¥ちつと/も¥さわが/ず、¥ふなそこ/に¥たかいびき¥かい/て/ぞ¥ふし/たり/ける。¥すで/に¥かう/と¥みえ/し¥とき、¥かつぱ/と¥おき−あがり、¥ふなばた/に¥たつ/て、¥おき/の¥かた/を¥にらまへ、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥りうわう/や¥ある¥りうわう/や¥ある」/と/ぞ¥よう/だり/ける。「¥なに/とて¥かやう/に¥だい=ぐわん¥おこし/たる¥ひじり/が¥のつ/たる¥ふね/を/ば、¥あやまた/う/と/は¥する/ぞ。¥ただいま¥てん/の¥せめ¥かうぶら/んずる¥りうじん=ども/かな」/と/ぞ¥いひ/ける。¥その¥ゆゑ/に/や、¥なみかぜ¥ほど−なく¥しづまり/て、¥いづの−くに/に/ぞ¥つき/に/ける。¥もんがく¥きやう/を¥いで/ける¥ひ/より/して、¥こころ/の¥うち/に¥きせい−する¥こと¥あり/けり。¥われ¥みやこ/に¥かへつ/て、¥たかを/の¥じんごじ¥ざうりふ−くやう−す/べくん/ば、¥しぬ/べから/ず。¥この¥ぐわん¥むなしかる/べくん/ば、¥みち/にて¥しぬ/べし/とて、¥きやう/より¥いづ/へ¥つき/ける/まで、¥をりふし¥じゆんぷう¥なかり/けれ/ば、¥うら−づたひ¥しま−づたひ−し/て、¥さんじふいちにち/が¥あひだ/は、P326¥いつかう¥だんじき/にて/ぞ¥あり/ける。¥され/ども¥きりよく¥すこし/も¥おとろへ/ず、¥ふなぞこ/に¥おこなひ¥うち−し/て/ぞ¥ゐ/たり/ける。¥まことに¥ただびと/と/も¥おぼえ/ぬ¥こと=ども¥おほかり/けり。¥
「いづゐんぜん」(『ふくはらゐんぜん』)S0510¥その−のち¥もんがく/を/ば、¥たう−ごく/の¥ぢうにん¥こんどう−しらう−くにたか/に¥おほせ/て、¥なごや/が¥おく/に/ぞ¥すまは/せ/ける。¥さる−ほど/に¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥おはし/ける¥ひるがこじま/も¥ほど−ちかし。¥もんがく¥つね/は¥まゐり、¥おん=ものがたり=ども¥まうし/ける/と/ぞ¥きこえ/し。¥ある−とき¥もんがく、¥ひやうゑ/の−すけ=どの/に¥まうし/ける/は、「¥へいけ/に/は¥こまつの−おほい=どの/こそ、¥こころ/も¥かう/に、¥はかりごと/も¥すぐれ/て¥おはせ/しか。¥へいけ/の¥うんめい/の¥すゑ/に¥なる/やらん、¥こぞ/の¥はちぐわつ¥こうぜ/られ/ぬ。¥いま/は¥げんぺい/の¥なか/に、¥ご=へん/ほど¥てんが/の¥しやうぐん/の¥さう¥もつ/たる¥ひと/は¥なし。¥はやはや¥むほん¥おこさ/せ¥たまひ/て、¥につぽんこく¥したがへ¥たまへ」/と¥いひ/けれ/ば、¥ひやうゑ/の−すけ=どの、「¥それ¥おもひ/も¥よら/ず。¥われ/は¥こ=いけの−ぜんに/に¥たすけ/られ¥たてまつ/たれ/ば、¥その¥おん/を¥はうぜ/ん/が¥ため/に、¥まいにち¥ほけきやう¥いちぶ¥てんどく−し¥たてまつる/より¥ほか/は、¥また¥たじ¥なし」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥もんがく¥かさね/て、「¥てん/の¥あたふる/を¥とら/ざれ/ば、¥かへつて¥その¥とが/を¥うく。¥とき¥いたり/たる/を¥おこなは/ざれ/ば、¥かへつて¥その¥あう/を¥うく/と¥いふ¥ほんもん¥あり。¥かやう/に¥まうせ/ば、¥ご=へん/の¥おん=こころ/を¥かなびか/ん/とて、¥まうす/と/や¥おぼしめさ/れP327¥さふらふ/らん。¥その¥ぎ/で/は¥さふらは/ず。¥まづ¥ご=へん/の¥ため/に、¥こころざし/の¥ふかい¥やう/を¥み¥たまへ」/とて、¥ふところ/より¥しろい¥ぬの/にて¥つつん/だる¥どくろ/を¥ひとつ¥とり−いだす。¥ひやうゑ/の−すけ=どの、「¥あれ/は¥いか/に」/と¥のたまへ/ば、「¥これ/こそ¥ご=へん/の¥ちち、¥こ=さま/の−かう/の=との/の¥かうべ/よ。¥へいぢ/の¥のち/は、¥ごくしや/の¥まへ/の¥こけ/の¥した/に¥うづもれ/て、¥ごせ¥とぶらふ¥ひと/も¥なかり/し/を、¥もんがく¥ぞんずる¥むね¥あり/て、¥ごくもり/に¥こひ、¥くび/に¥かけ、¥やまやま¥てらでら¥しゆぎやう−し/て、¥この¥にじふ−よ−ねん/が¥あひだ¥とぶらひ¥たてまつ/たれ/ば、¥いま/は¥さだめて¥いちごふ/も¥うかび¥たまひ/ぬ/らん。¥され/ば¥こ=かう/の=との/の¥おん=ため/に/は、¥さ/しも¥ほうこう/の¥もの/にて¥さふらふ/ぞ/かし」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、¥ひやうゑ/の−すけ=どの、¥いちぢやう/と/は¥おぼえ/ね/ども、¥ちち/の¥かうべ/と¥きく¥なつかし−さ/に、¥まづ¥なみだ/を/ぞ¥ながさ/れ/ける。¥やや¥あり/て¥ひやうゑ/の−すけ=どの、¥なみだ/を¥おさへ/て¥のたまひ/ける/は、「¥そもそも¥よりとも¥ちよくかん/を¥ゆり/ず/して/は、¥いかで/か¥むほん/を/ば¥おこす/べき」/と¥のたまへ/ば、¥もんがく、「¥それ¥やすい/ほど/の¥こと/なり。¥やがて¥のぼつ/て¥まうし−ゆるし¥たてまつら/ん」。¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥あざ−わらう/て、「¥わが−み/も¥ちよくかん/の¥み/にて¥あり/ながら、¥ひと/の¥こと¥まうさ/う/ど¥のたまふ¥ひじり/の−おん=ばう/の¥あてがひ−やう/こそ、¥おほき/に¥まことしから/ね」/と¥のたまへ/ば、¥もんがく¥おほき/に¥いかつ/て、「¥わが−み/の¥とが/を¥ゆり/う/ど¥まうさ/ば/こそ¥ひがごと/なら/め、¥わ=どの/の¥こと¥まうさ/う/に、¥なじか/は¥ひがごと/なら/ん。¥これ/より¥いま/の¥みやこ¥ふくはら/の¥しんと/へ¥のぼら/う/に、¥みつか/に¥すぐ/まじ。¥ゐんぜん¥うかがふ/に、¥いちにち/の¥とうりう/ぞ¥あら/んず/らん。¥つがふ¥なぬか¥やうか/に/は¥すぐ/まじ」/とて、¥つき−いで/ぬ。¥
ひじり¥なごや/に¥かへり/て、¥でし=ども/に/は、¥ひと/に¥しのう/で、¥いづ/の−お=やま/に¥なぬか¥さんろう/のP328¥こころざし¥あり/とて¥いで/に/けり。¥げに/も¥みつか/と¥いふ/に/は、¥ふくはら/の¥しんと/に¥のぼり−つい/て、¥さきの−うひやうゑ/の−かみ−みつよしの−きやう/の¥もと/に、¥いささか¥ゆかり¥あり/けれ/ば、¥それ/に¥たづね−ゆい/て、「¥いづの−くに/の−るにん、−さきの−ひやうゑ/の−すけ−よりとも、¥ちよくかん/を¥ゆるさ/れ/て、¥ゐんぜん/を/だに¥かうぶり¥さふらは/ば、¥はつ−か−こく/の¥けにん=ども¥もよほし−あつめ/て、¥へいけ/を¥ほろぼし、¥てんが/を¥しづめ/ん/と/こそ¥まうし¥さふらへ」。¥みつよしの−きやう、「¥いさ/とよ、¥わが−み/も¥たうじ/は¥さんくわん¥とも/に¥とどめ/られ/て、¥こころ−ぐるしき¥をりふし/なり。¥ほふわう/も¥おし−こめ/られ/て¥わたら/せ¥たまへ/ば、¥いかが¥あら/んず/らん。¥さり/ながら/も¥うかがう/て/こそ¥み/め」/とて、¥この¥よし¥ひそか/に¥そうもん−せ/られ/たり/けれ/ば、¥ほふわう¥おほき/に¥ぎよ=かん¥あつ/て、¥やがて¥ゐんぜん/を/ぞ¥くださ/れ/ける。¥もんがく¥よろこん/で¥くび/に¥かけ、¥また¥みつか/と¥いふ/に/は、¥いづの−くに/へ¥くだり−つく。¥ひやうゑ/の−すけ=どの、¥ひじり/の−おん=ばう/の¥なまじひ/なる¥こと¥まうし−いだし/て、¥よりとも¥また¥いか/なる¥うき−め/に¥あは/んず/らん/と、¥おもは/じ¥こと¥なう、¥あんじ−つづけ/て¥おはし/ける。¥やうか/と¥いふ¥うま/の−こく/に、¥くだり−つい/て、「¥くは¥ゐんぜん/よ」/とて¥たてまつる。¥ひやうゑ/の−すけ=どの、¥ゐんぜん/と¥きく¥かたじけな−さ/に、¥あたらしき¥ゑぼし¥じやうえ/を¥き、¥てうづ−うがひ/を¥し/て、¥ゐんぜん/を¥さんど¥はいし/て¥ひらか/れ/けり。「¥しきり/の−とし/より¥この−かた、¥へいじ¥わうくわ/を¥べつじよ−し/て、¥せいだう/に¥はばかる¥こと¥なし。¥ぶつぽふ/を¥はめつ−し、¥わうぼふ/を¥みだら/ん/と¥す。¥それ¥わが¥くに/は¥しんこく/なり。¥そうべう¥あひ−ならん/で、¥しんとく¥これ¥あらた/なり。¥かるがゆゑに¥てうてい¥かいき/の¥のち、¥すせん−よ−さい/の¥あひだ、¥ていゐ/を¥かたぶけ、¥こくか/を¥あやぶめ/ん/と¥する¥もの、¥みな¥もつて¥はいぼく−せ/ず/と¥いふ¥こと¥なし。¥しかれ/ば−すなはち¥かつうは¥しんたう/の¥めいじよ/に¥まかせ、P329¥かつうは¥ちよくせん/の¥しいしゆ/を¥まもつ/て、¥はやく¥へいじ/の¥いちるゐ/を¥ほろぼし/て、¥てうか/の¥をんでき/を¥しりぞけよ。¥ふだい¥さうでん/の¥へいりやく/を¥つぎ、¥るゐそ¥ほうこう/の¥ちうきん/を¥ぬきんで/て、¥み/を¥たて¥いへ/を¥おこす/べし。¥ていれば¥ゐんぜん¥かく/の/ごとく、¥よつて−しつたつ−くだん/の/ごとし。¥ぢしよう−しねん−しちぐわつ−じふしにち、¥さきの−うひやうゑ/の−かみ−みつよし/が¥うけたまはつ/て、¥きんじやう、¥さきの−ひやうゑ/の−すけ=どの/へ」/と/ぞ¥かか/れ/たる。¥この¥ゐんぜん/を/ば¥にしき/の¥ふくろ/に¥いれ/て、¥いしばしやま/の−かつせん/の¥とき/も、¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥くび/に¥かけ/られ/ける/と/ぞ¥きこえ/し。¥
「ふじがは」(『ふじがは』)S0511¥さる−ほど/に¥うひやうゑ/の−すけ=どの、¥むほん/の¥よし¥しきり/に¥ふうぶん¥あり/しか/ば、¥ふくはら/に/は¥くぎやう−せんぎ¥あつ/て、¥いま¥いちにち/も¥せい/の¥つか/ぬ¥さき/に、¥いそぎ¥うつて/を¥くださ/る/べし/とて、¥たいしやうぐん/に/は¥こまつの−ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり、¥ふくしやうぐん/に/は¥さつまの−かみ−ただのり、¥さぶらひ−だいしやう/に/は¥かづさの−かみ−ただきよ/を¥さき/と/して、¥つがふ¥その¥せい¥さんまん−よ−き、¥くぐわつ−じふはちにち/に¥しんと/を¥たつ/て、¥あくる¥じふくにち/に/は¥きうと/に¥つき、¥やがて¥おなじき−はつかのひ、¥とうごく/へ/こそ¥おもむか/れ/けれ。¥たいしやうぐん−こまつの−ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり/は、¥しやうねん¥にじふさん、¥ようぎ−たいはい、¥ゑ/に¥かく/とも、¥ふで/も¥および−がたし。¥ぢうだい/の¥きせなが、¥からかは/と¥いふ¥よろひ/を/ば、¥からと/に¥いれ/て¥かか/せ/らる。P330¥みちうち/に/は、¥あかぢ/の−にしき/の−ひたたれ/に、¥もよぎ−にほひ/の−よろひ¥き/て、¥れんぜん−あしげ/なる¥むま/に、¥きんぷくりん/の−くら/を¥おい/て¥のり¥たまへ/り。¥ふくしやうぐん−さつまの−かみ−ただのり/は、¥こんぢ/の−にしき/の−ひたたれ/に、¥くろいと−をどし/の−よろひ¥き/て、¥くろき¥むま/の¥ふとう¥たくましき/に、¥いかけぢ/の−くら/を¥おい/て¥のり¥たまへ/り。¥むま¥くら、¥よろひ−かぶと、¥ゆみ−や、¥たち、¥かたな/に¥いたる/まで、¥てり−かかやく/ほど/に¥いで−たた/れ/たれ/ば、¥めづらしかり/し¥けんぶつ/なり。¥なか/に/も¥ふくしやうぐん−さつまの−かみ−ただのり/は、¥ある¥みやばら/の¥にようばう/の¥もと/へ¥かよは/れ/ける/が、¥ある¥よ¥おはし/たり/ける/に、¥この¥にようばう/の¥つぼね/に、¥やんごとなき¥にようばう¥まらうと¥きたつ/て、¥さ−よ/も¥やうやう¥ふけ−ゆく/まで¥かへり¥たまは/ず。¥ただのり¥のきば/に¥たたずん/で、¥あふぎ/を¥あらく¥つかは/れ/けれ/ば、¥かの¥にようばう、「¥のもせ/に¥すだく¥むし/の¥ね/よ」/と、¥いう/に¥くちずさみ¥たまへ/ば、¥あふぎ/を¥やがて¥つかひ−やみ/て/ぞ¥かへら/れ/ける。¥その−のち¥おはし/たる¥よ、「¥いつ/ぞ/や、¥なに/とて¥あふぎ/を/ば¥つかひ−やみ/し/ぞ/や」/と¥とは/れ/けれ/ば、「¥いさ、¥かしがまし/など¥きこえ¥はんべり/し/ほど/に、¥さて/こそ¥あふぎ/を/ば¥つかひ−やみ/て/は¥さふらひ/しか」/と/ぞ¥まうさ/れ/ける。¥その−のち、¥この¥にようばう、¥さつまの−かみ/の¥もと/へ、¥こそで/を¥ひとかさね¥つかはす/とて、¥せんり/の¥なごり/の¥をし−さ/に、¥いつしゆ/の¥うた/を¥かき−そへ/て¥おくら/れ/ける。¥
あづまぢ/の¥くさば/を¥わけ/む¥そで/より/も¥たた/ぬ¥たもと/の¥つゆ/ぞ¥こぼるる W035¥
さつまの−かみ/の¥へんじ/に、¥
わかれぢ/を¥なにか¥なげか/む¥こえ/て¥ゆく¥せき/も¥むかし/の¥あと/と¥おもへ/ば W036 P331¥せき/も¥むかし/の¥あと/と¥よめ/る¥こと/は、¥せんぞ¥たひらの−しやうぐん−さだもり、¥たはら−とうだ−ひでさと、¥まさかど¥つゐたう/の¥ため/に、¥あづま/へ¥げかう−し/たり/し¥こと/を、¥いま¥おもひ−いで/て¥よみ/たり/ける/に/や、¥いと¥やさしう/ぞ¥きこえ/し。¥むかし/は¥てうてき/を¥たひらげ/に、¥ぐわいと/へ¥むかふ¥しやうぐん/は、¥まづ¥さんだい−し/て¥せつたう/を¥たまはる。¥しんぎ¥なんでん/に¥しゆつぎよ−し/て、¥こんゑ¥かいか/に¥ぢん/を¥ひき、¥ないべん¥げべん/の¥くぎやう¥さんれつ−し/て、¥ちうぎ/の−せちゑ/を¥おこなは/る。¥たいしやうぐん¥ふくしやうぐん、¥おのおの¥れいぎ/を¥ただしう/して、¥これ/を¥たまはる。¥しようへい¥てんぎやう/の¥じようせき/も、¥とし¥ひさしう¥なつ/て、¥なぞらへ−がたし/とて、¥こんど/は¥さぬきの−かみ−たひらの−まさもり/が、¥さきの−つしまの−かみ−みなもとの−よしちか¥つゐたう/の¥ため/に、¥いづもの−くに/へ¥げかう−せ/し¥れい/とて、¥すず/ばかり¥たまはつ/て、¥かは/の¥ふくろ/に¥いれ/て、¥ざつしき/が¥くび/に¥かけ/させ/て/ぞ¥くだら/れ/ける。¥いにしへ¥てうてき/を¥たひらげ/ん/とて、¥みやこ/を¥いづる¥しやうぐん/は、¥みつ/の¥ぞんぢ¥あり。¥せつたう/を¥たまはる¥ひ¥いへ/を¥わすれ、¥いへ/を¥いづる/とて¥さいし/を¥わすれ、¥せんぢやう/に/して¥かたき/に¥たたかふ¥とき¥み/を¥わする。¥され/ば¥いま/の¥へいじ/の¥たいしやうぐん−これもり¥ただのり/も、¥さだめて¥さやう/の¥こと=ども/を/ば、¥ぞんぢ−せ/られ/たり/けん、¥あはれ/なり/し¥こと=ども/なり。¥
おのおの¥くぢう/の¥みやこ/を¥たつ/て、¥せんり/の¥とうかい/へ¥おもむか/れ/ける。¥たひらか/に¥かへり−のぼら/ん¥こと/も、¥まことに¥あやふき¥ありさま=ども/にて、¥あるひは¥のばら/の¥つゆ/に¥やど/を¥かり、¥あるひは¥たかね/の¥こけ/に¥たびね/を¥し、¥やま/を¥こえ¥かは/を¥かさね、¥ひかず¥ふれ/ば、¥じふぐわつ−じふろくにち/に/は、¥するがの−くに¥きよみ/が−せき/に/ぞ¥つき¥たまふ。¥みやこ/を/ば¥さんまん−よ−き/で¥いで/たれ/ども、¥ろし/の¥つはもの¥つき−そひ/て、¥しちまん−よ−き/と/ぞP332¥きこえ/し。¥せんぢん/は¥かんばら、¥ふじがは/に¥すすみ、¥ごぢん/は¥いまだ¥てごし、¥うつのや/に¥ささへ/たり。¥たいしやうぐん−ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり、¥さぶらひ−だいしやう−かづさの−かみ−ただきよ/を¥めし/て、「¥これもり/が¥ぞんぢ/に/は、¥あしがら/の−やま¥うち−こえ、¥ひろみ/へ¥いで/て¥いくさ/を¥せ/ん」/と¥はやら/れ/けれ/ども、¥かづさの−かみ¥まうし/ける/は、「¥ふくはら/を¥おん=たち¥さふらひ/し¥とき、¥にふだう=どの/の¥おほせ/に/は、¥いくさ/を/ば¥ただきよ/に¥まかせ/させ¥たまへ/と/こそ¥おほせ¥さふらひ/つれ。¥いづ¥するが/の¥せい/の¥まゐる/べき/だに、¥いまだ¥いつき/も¥みえ¥さふらは/ず。¥み=かた/の¥おん=せい¥しちまん−よ−き/と/は¥まうせ/ども、¥くにぐに/の¥かりむしや、¥むま/も¥ひと/も¥みな¥つかれ−はて/て¥さふらふ。¥とうごく/は¥くさ/も¥き/も、¥みな¥ひやうゑ/の−すけ/に¥したがひ−つい/て¥さふらふ/なれ/ば、¥なんじふまんぎ/か¥さふらふ/らん。¥ただ¥ふじがは/を¥まへ/に¥あて/て、¥み=かた/の¥おん=せい/を¥また/せ¥たまふ/べう/も/や¥さふらふ/らん」/と¥まうし/けれ/ば、¥ちから¥およば/で¥ゆらへ/たり。¥さる−ほど/に¥ひやうゑ/の−すけ−よりとも¥かまくら/を¥たつ/て、¥あしがら/の−やま¥うち−こえ、¥きせがは/に/こそ¥つき¥たまへ。¥かひ¥しなの/の¥げんじ=ども、¥はせ−きたつ/て¥ひとつ/に¥なる。¥するがの−くに¥うきしま/が−はら/にて¥せいぞろへ¥あり。¥つがふ¥その¥せい¥にじふまんぎ/と/ぞ¥しるい/たる。¥ひたち−げんじ¥さたけの−しらう/が¥ざつしき/の、¥ふみ¥もつ/て¥きやう/へ¥のぼり/ける/を、¥へいけ/の−さぶらひ−だいしやう−かづさの−かみ−ただきよ、¥この¥ふみ/を¥うばひ−とつ/て¥みる/に、¥にようばう/の¥もと/へ/の¥ふみ/なり。¥くるしかる/まじ/とて、¥とら/せ/てげり。¥さて、「¥げんじ/が¥せい/は、¥いか/ほど¥ある/ぞ」/と¥とひ/けれ/ば、「¥げらふ/は¥しごひやくせん/まで/こそ、¥もの/の¥かず/を/ば¥しつ/て¥さふらへ。¥それ/より¥うへ/を/ば¥しり¥まゐらせ/ぬ¥ざふらふ。¥おほい/やらう、¥すくない/やらう、¥およそ¥なぬか¥やうか/が¥あひだ/は、¥はたと¥つづい/て、¥の/も¥やま/も¥うみ/も¥かは/も、¥みな¥むしや/でP333¥さふらふ。¥きのふ¥きせがは/にて、¥ひと/の¥まうし¥さふらひ/つる/は、¥げんじ/の¥おん=せい¥にじふまんぎ/と/こそ¥まうし¥さふらひ/つれ」/と¥まうし/けれ/ば、¥かづさの−かみ、「¥あな¥こころ−う/や。¥たいしやうぐん/の¥おん=こころ/の¥のび/させ¥たまひ/たる/ほど、¥くちをしかり/ける¥こと/は¥なし。¥いま¥いちにち/も¥さき/に¥うつて/を¥くださ/せ¥たまひ/たら/ば、¥おおば−きやうだい、¥はたけやま/が¥いちぞく、¥など/か¥まゐら/で¥さふらふ/べき。¥これ=ら/だに¥まゐり¥さふらは/ば、¥いづ¥するが/の¥せい/は¥みな¥したがひ−つく/べかり/つる/ものを」/と、¥こうくわい−すれ/ども¥かひ/ぞ¥なき。¥たいしやうぐん−ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり、¥とうごく/の¥あんないしや/とて、¥ながゐ/の−さいとう−べつたう−さねもり/を¥めし/て、「¥なんぢ/ほど/の¥つよゆみ−せいびやう、¥はつ−か−こく/に/は¥いか/ほど¥ある/ぞ」/と¥とひ¥たまへ/ば、¥さいとう−べつたう¥あざ−わらつ/て、「¥さ¥さふらへ/ば、¥きみ/は¥さねもり/を¥おほや/と¥おぼしめさ/れ¥さふらふ/に/こそ。¥わづか¥じふさんぞく/を/こそ¥つかまつり¥さふらへ。¥さねもり/ほど¥い¥さふらふ¥もの/は、¥はつ−か−こく/に/は¥いくら/も¥さふらふ。¥おほや/と¥まうす¥ぢやう/の¥もの/の、¥じふごそく/に¥おとつ/て¥ひく/は¥さふらは/ず。¥ゆみ/の¥つよさ/も、¥したたか/なる¥もの/の¥ごろくにん/して¥はり¥さふらふ。¥かやう/の¥せいびやう=ども/が¥い¥さふらへ/ば、¥よろひ/の¥にさんりやう/は¥たやすう¥かけ/ず¥い−とほし¥さふらふ。¥だいみやう/と¥まうす¥ぢやう/の¥もの/の、¥ごひやくき/に¥おとつ/て¥もつ/は¥さふらは/ず。¥むま/に¥のつ/て¥おつる¥みち/を¥しら/ず、¥あくしよ/を¥はすれ/ど¥むま/を¥たふさ/ず。¥いくさ/は¥また¥おや/も¥うた/れよ、¥こ/も¥うた/れよ、¥しぬれ/ば¥のり−こえ−のり−こえ¥たたかふ¥ざふらふ。¥さいこく/の¥いくさ/と¥まうす/は、¥すべて¥その¥ぎ¥さふらは/ず。¥おや¥うた/れ/ぬれ/ば¥ひき−しりぞき、¥ぶつじ¥けうやう−し、¥いみ¥あけ/て¥よせ、¥こ¥うた/れ/ぬれ/ば、¥その¥うれへ¥なげき/とて、¥よせ¥さふらは/ず。¥ひやうらうまい¥つき/ぬれ/ば、P334¥はる/は¥た¥つくり、¥あき¥かり−をさめ/て¥よせ、¥なつ/は¥あつし/と¥いとひ、¥ふゆ/は¥さむし/と¥きらひ¥さふらふ。¥とうごく/の¥いくさ/と¥まうす/は、¥すべて¥その/ぎ¥さふらは/ず。¥その−うへ¥かひ¥しなの/の¥げんじ=ら、¥あんない/は¥しつ/たり、¥ふじ/の¥すそ/より、¥からめで/に/や¥まはり¥さふらは/んず/らん。¥かやう/に¥まうせ/ば、¥たいしやうぐん/の¥おん=こころ/を¥おくせ/させ¥まゐらせ/ん/とて、¥まうす/と/や¥おぼしめさ/れ¥さふらふ/らん。¥その¥ぎ/で/は¥さふらは/ず。¥ただし¥いくさ/は¥せい/の¥たせう/に/は¥より¥さふらは/ず。¥たいしやうぐん/の¥はかりごと/に¥よる/と/こそ¥まうし−つたへ/て¥さふらへ」/と¥まうし/けれ/ば、¥これ/を¥きく¥つはもの=ども、¥みな¥ふるひ−わななき−あへ/り/けり。¥
さる−ほど/に¥おなじき−にじふしにち/の¥う/の−こく/に、¥ふじがは/にて、¥げんぺい/の¥や−あはせ/と/ぞ¥さだめ/ける。¥にじふさんにち/の¥よ/に¥いつ/て、¥へいけ/の¥つはもの=ども、¥げんじ/の¥ぢん/を¥み−わたせ/ば、¥いづ¥するが/の¥にんみん−ひやくしやう=ら/が、¥いくさ/に¥おそれ/て、¥あるひは¥の/に¥いり¥やま/に¥かくれ、¥あるひは¥ふね/に¥とり−のつ/て、¥うみかは/に¥うかび/たる/が、¥いとなみ/の¥ひ/の¥みえ/ける/を、「¥あな¥おびたたし/の¥げんじ/の¥ぢん/の¥とほび/の¥おほ−さ/よ。¥げに/も¥の/も¥やま/も¥うみ/も¥かは/も、¥みな¥むしや/で¥あり/けり。¥いかが−せ/ん」/と/ぞ¥あきれ/ける。¥その¥よ/の¥やはん/ばかり、¥ふじ/の¥ぬま/に¥いくら/も¥あり/ける¥みづとり=ども/が、¥なに/に/かは¥おどろき/たり/けん、¥いちど/に¥ばつと¥たち/ける¥はおと/の、¥いかづち¥おほ−かぜ/など/の¥やう/に¥きこえ/けれ/ば、¥へいけ/の¥つはもの=ども、「¥あはや¥げんじ/の¥おほぜい/の¥むかう/たる/は。¥きのふ¥さいとう−べつたう/が¥まうし/つる¥やう/に、¥かひ¥しなの/の¥げんじ=ら、¥ふじ/の¥すそ/より、¥からめで/へ/や¥まはり¥さふらふ/らん。¥かたき¥なんじふまんぎ/か¥ある/らん。¥とり−こめ/られ/て/は¥かなふ/まじ。¥ここ/を/ば¥おち/て、P335¥をはりがは¥すのまた/を¥ふせげ/や」/とて、¥とる¥もの/も¥とり−あへ/ず、¥われ¥さき/に¥われ¥さき/に/と/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥あまり/に¥あわて−さわい/で、¥ゆみ¥とる¥もの/は¥や/を¥しら/ず、¥や¥とる¥もの/は¥ゆみ/を¥しら/ず、¥わが¥むま/に/は¥ひと¥のり、¥ひと/の¥むま/に/は¥われ¥のり、¥つない/だる¥むま/に¥のつ/て¥はすれ/ば、¥くひ/を¥めぐる¥こと¥かぎり−なし。¥その¥へん¥ちかき¥しゆくじゆく/より、¥いうくん−いうぢよ=ども¥めし−あつめ、¥あそび¥さかもり/ける/が、¥あるひは¥かしら¥け−わら/れ、¥あるひは¥こし¥ふみ−をら/れ/て、¥をめき−さけぶ¥こと¥おびたたし。¥おなじき−にじふしにち/の¥う/の−こく/に、¥げんじ¥にじふまんき、¥ふじがは/に¥おし−よせ/て、¥てん/も¥ひびき¥だいぢ/も¥ゆるぐ/ばかり/に、¥とき/を/ぞ¥さん−か−ど¥つくり/ける。¥
(『ごせつのさた』)S0512¥へいけ/の¥かた/に/は、¥しづまり−かへつ/て¥おと/も¥せ/ず。¥ひと/を¥いれ/て¥みせ/けれ/ば、「¥みな¥おち/て¥さふらふ」/と¥まうす。¥あるひは¥かたき/の¥わすれ/たる¥よろひ¥とつ/て¥まゐる¥もの/も¥あり、¥あるひは¥へいけ/の¥すて−おい/たる¥おほまく¥とつ/て¥かへる¥もの/も¥あり。「¥およそ¥へいけ/の¥ぢん/に/は、¥はい/だに/も¥かけり¥さふらは/ず」/と¥まうす。¥ひやうゑ/の−すけ、¥いそぎ¥むま/より¥おり、¥かぶと/を¥ぬぎ、¥てうづ−うがひ/を¥し/て、¥わうじやう/の¥かた/を¥ふし−をがみ、「¥これ/は¥まつたく¥よりとも/が¥わたくし/の¥かうみやう/に/は¥あら/ず、¥ひとへに¥はちまん−だい−ぼさつ/の¥おん=ぱからひ/なり」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥やがて、¥うつ−とる¥ところ/なれ/ば/とて、¥するがの−くに/を/ば、¥いちでうの−じらう−ただより、¥とほたふみの−くに/を/ば、¥やすだの−さぶらう−よしさだ/に¥あづけ/らる。¥なほ/も¥つづい/て¥せむ/べかり/しか/ども、¥うしろ/も¥さすが¥おぼつかなし/とて、¥するがの−くに/より¥かまくら/へ/ぞ¥かへら/れ/ける。¥かいだう¥しゆくじゆく/の¥いうくん−いうぢよ=ども、「¥あな¥いまいまし/の¥うつて/の¥たいしやうぐん/や。¥いくさ/に/は¥みにげ/を/だに¥あさましき¥こと/に¥する/に、P336¥へいけ/の¥ひとびと/は¥ききにげ−し¥たまへ/り」/と/ぞ¥わらひ/ける。¥さる−ほど/に¥らくしよ=ども¥おほかり/けり。¥みやこ/の¥たいしやうぐん/を/ば¥むねもり/と¥いひ、¥うつて/の¥だいしやう/を/ば、¥ごん/の−すけ/と¥いふ¥あひだ、¥へいけ/を¥ひらや/に¥よみ−なし/て、¥
ひらや/なる¥むねもり¥いか/に¥さわぐ/らむ¥はしら/と¥たのむ¥すけ/を¥おとし/て W037¥
ふじがは/の¥せぜ/の¥いは¥こす¥みづ/より/も¥はやく/も¥おつる¥いせ−へいじ/かな W038¥
また¥かづさの−かみ−ただきよ/が、¥ふじがは/に¥よろひ¥すて/たり/ける/を/も¥よめ/り。¥
ふじがは/に¥よろひ/は¥すて/つ¥すみぞめ/の¥ころも¥ただ¥きよ¥のち/の−よ/の¥ため W039¥
ただきよ/は¥にげ/の/むま/に/ぞ¥のり/てげる¥かづさ¥しりがひ¥かけ/て¥かひ¥なし W040¥
「ごせつのさた」¥おなじき−じふいちぐわつ−やうかのひ、¥たいしやうぐん−ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり、¥ふくはら/へ¥かへり−のぼり¥たまふ。¥にふだう−しやうこく¥おほき/に¥いかり/て、「¥これもり/を/ば¥きかいがしま/へ¥ながす/べし。¥ただきよ/を/ば¥しざい/に¥おこなふ/べし」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥これ/に¥よつ/て¥おなじき−ここのかのひ、¥へいけ/の¥さぶらひ、¥らうせう¥すひやくにん¥さんくわい−し/て、¥ただきよ/が¥しざい/の¥こと、¥いかが¥ある/べから/ん/と¥ひやうぢやう−す。¥しゆめ/の−はうぐわん−もりくに¥すすみ−いで/て、「¥この¥ただきよ/を¥ひごろ¥ふかくじん/と/は¥ぞんじ¥さふらは/ず。¥あれ/が¥じふはち/の¥とし/とP337¥おぼえ¥さふらふ。¥とば=どの/の¥ほうざう/に、¥ごきない¥いち/の¥あくたう¥ににん、¥にげ−こもり/たり/し/を、¥よつ/て¥からめ/う/と¥まうす¥もの¥いち−にん/も¥さふらは/ざり/し/に、¥この¥ただきよ¥ただ¥いち−にん、¥はくちう/に¥ついぢ/を¥こえ、¥はね−いつ/て、¥いち−にん/を/ば¥うち−とり、¥いち−にん/を/ば¥からめ−とつ/て、¥な/を¥こうだい/に¥あげ/たり/し¥もの/ぞ/かし。¥こんど/の¥ふかく/は、¥ただごと/と/も¥おぼえ¥さふらは/ず。¥これ/に¥つけ/て/も、¥よくよく¥ひやうらん/の¥おん=つつしみ¥さふらふ/べし」/と/ぞ¥まうし/ける。¥おなじき−とをかのひ、¥ぢもく¥おこなは/れ/て、¥ごん/の−すけ−ぜうしやう−これもり、¥うこんゑ/の−ちうじやう/に¥あがり¥たまふ。¥こんど¥ばんどう/へ¥うつて/に¥むかは/れ/たり/と/は¥まうせ/ども、¥させる¥し−いだし/たる¥こと/も¥さふらは/ず。¥これ/は¥され/ば¥なん/の¥けんじやう/ぞ/や/と/ぞ、¥ひとびと¥ささやき−あは/れ/ける。¥むかし¥へい−しやうぐん−さだもり、¥たはら−とうだ−ひでさと、¥まさかど/を¥つゐたう/の¥ため/に、¥あづま/へ¥げかう−し/たり/しか/ども、¥てうてき¥たやすう¥ほろび−がたかり/しか/ば、¥かさね/て¥うつて/を¥くださ/る/べし/と、¥くぎやう−せんぎ¥あつ/て、¥うぢの−みんぶきやう−ただふん、¥きよはらの−しげふぢ、¥ぐんけん/と¥いふ¥つかさ/を¥たまはり/て¥くだる/ほど/に、¥するがの−くに¥きよみ/が−せき/に¥しゆくし/たり/ける¥よ、¥かの¥しげふぢ、¥まんまん/たる¥かいじやう/を¥ゑんけん−し/て、「¥ぎよしう/の¥ひ/の¥かげ/は¥さむう/して¥なみ/を¥やき、¥えきろ/の¥すず/の¥こゑ/は¥よる¥やま/を¥すぐ」/と¥いふ¥からうた/を、¥たからか/に¥くちずさみ¥たまへ/ば、¥ただふん¥いう/に¥おぼえ/て、¥かんるゐ/を/ぞ¥ながさ/れ/ける。¥さる−ほど/に¥まさかど/を/ば、¥さだもり¥ひでさと/が¥つひに¥うち−とつ/て、¥その¥かうべ/を¥もた/せ/て¥のぼる/ほど/に、¥するがの−くに¥きよみ/が−せき/にて¥ゆき−あう/たり。¥それ/より¥ぜんご/の¥たいしやうぐん¥うち−つれ/て¥しやうらく−す。¥さだもり¥ひでさと/に¥けんじやう¥おこなは/れ/けり。¥とき/に¥ただふん¥しげふぢ/に/も¥けんじやう¥ある/べき/か/と、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ば、P338¥
くでうの−いうしようじやう−もろすけ=こう、「¥こんど¥ばんどう/へ¥うつて¥むかう/たり/と¥いへ/ども、¥てうてき¥たやすう¥ほろび−がたかり/し¥ところ/に、¥この¥ひとびと¥ちよくぢやう/を¥うけたまはり/て、¥せき/の¥ひがし/へ¥おもむき/し¥とき、¥てうてき¥すでに¥ほろび/たり。¥され/ば¥ただふん¥しげふぢ/に/も、¥など/か¥けんじやう¥なかる/べき」/と¥まうさ/せ¥たまへ/ども、¥その−とき/の¥しつぺい¥をののみや=どの、「¥うたがはしき/を/ば¥なす¥こと¥なかれ/と、¥らいき/の¥もん/に¥さふらへ/ば」/とて、¥つひに¥なさ/せ¥たまは/ず。¥ただふん¥これ/を¥くちをしき¥こと/に¥おもう/て、¥をののみや=どの/の¥おん=すゑ/を/ば、¥やつこ/に¥みなさ/ん、¥くでう=どの/の¥おん=すゑ/は、¥いつ/の¥よ/まで/も¥しゆごじん/と¥なら/ん/と¥ちかひ/つつ、¥つひに¥ひじに/に/こそ/は¥しに/に/けれ。¥され/ば¥くでう=どの/の¥おん=すゑ/は、¥めでたう¥さかえ/させ¥たまへ/ども、¥をののみや=どの/の¥おん=すゑ/に/は、¥しかる/べき¥ひと/も¥ましまさ/ず、¥いま/は¥たえ−はて¥たまひ/ける/に/こそ。¥おなじき−じふいちにち、¥にふだう−しやうこく/の¥しなん、¥とう/の−ちうじやう−しげひら、¥さこんゑ/の−ごん/の−ちうじやう/に¥あがり¥たまふ。¥おなじき−じふさんにち、¥ふくはら/に/は、¥だいり¥つくり−いださ/れ/て、¥しゆしやう¥ご=せんかう¥あり/けり。¥だいじやうゑ¥おこなは/る/べかり/しか/ども、¥だいじやうゑ/は¥じふぐわつ/の¥すゑ、¥とうか/に¥みゆき−し/て¥ご=けい¥あり。¥たいだい/の¥きた/の¥の/に、¥さいぢやうじよ/を¥つくり/て、¥じんぷくじんぐう/を¥ととのふ。¥だいこくでん/の¥まへ、¥れうびだう/の¥だんか/に、¥くわいりふでん/を¥たて/て、¥お=ゆ/を¥めす。¥おなじき¥だん/の¥ならび/に、¥だいじやうぐう/を¥つくつ/て、¥しんぜん/を¥そなふ。¥しんえん¥あり、¥ぎよ=いう¥あり、¥だいこくでん/にて¥たいれい¥あり、¥せいしよだう/にて¥み=かぐら¥あり、¥ぶらくゐん/にて¥えんくわい¥あり。¥しかる/を¥この¥ふくはら/の¥しんと/に/は、¥だいこくでん/も¥なけれ/ば、¥たいれい¥おこなは/る/べき¥やう/も¥なく、¥せいしよだう/も¥なけれ/ば、¥み=かぐら¥そうす/べき¥ところ/もP339¥なし。¥ぶらくゐん/も¥なけれ/ば、¥えんくわい/も¥おこなは/れ/ず。¥こんねん/は¥ただ¥しんじやうゑ、¥ごせつ/ばかり/で¥ある/べき¥よし、¥くぎやう−せんぎ¥あつ/て、¥なほ¥しんじやう/の¥まつり/を/ば、¥きうと/の¥じんぎくわん/にて/ぞ¥とげ/られ/ける。¥ごせつ/は¥これ¥きよみはら/の−その−かみ、¥よしの/の−みや/に/して、¥つき¥しろく¥さえ、¥かぜ¥はげしかり/し¥よ、¥おん=こころ/を¥すまし/て、¥きん/を¥ひき¥たまひ/しか/ば、¥しんによ¥あま−くだつ/て、¥いつたび¥そで/を¥ひるがへす。¥これ/ぞ¥ごせつ/の¥はじめ/なる。¥
「みやこがへり」(『みやこがへり』)S0513¥こんど/の¥みやこうつり/を/ば、¥きみ/も¥しん/も¥なのめ/なら/ず¥おん=なげき¥あり/けり。¥やま¥なら/を¥はじめ/て、¥しよじ¥しよしや/に¥いたる/まで、¥しかる/べから/ざる¥よし¥うつたへ¥まうし/たり/けれ/ば、¥さ/しも¥よこがみ/を¥やら/れ/し¥だいじやう/の−にふだう=どの、「¥さら/ば¥みやこがへり¥ある/べし」/とて、¥おなじき−じふにんぐわつ−ふつかのひ、¥にはか/に¥みやこがへり¥あり/けり。¥しんと/は¥きた/は¥やまやま/に¥そびえ/て¥たかく、¥みなみ/は¥うみ¥ちかく/して¥くだれ/り。¥なみ/の¥おと¥つねに¥かまびすしく、¥しほかぜ¥はげしき¥ところ/なり。¥され/ば¥しんゐん、¥いつ/と−なく¥ご=なう/のみ¥しげかり/けれ/ば、¥これ/に¥よつ/て¥いそぎ¥ふくはら/を¥いで/させ¥おはします。¥ちうぐう、¥いちゐん、¥しやうくわう/も¥ごかう¥なる。¥せつしやう=どの/を¥はじめ¥たてまつり/て、¥だいじやうだいじん¥いげ/の¥けいしやう−うんかく、¥われ/も¥われ/も/と¥ぐぶ−せ/らる。¥へいけ/に/は¥だいじやう/の−にふだう/を¥はじめ¥たてまつり/て、¥いちもん/のP340¥ひとびと¥みな¥のぼら/れ/けり。¥さ/しも¥こころ−うかり/つる¥しんと/に、¥たれ/か¥かたとき/も¥のこる/べき。¥われ¥さき/に¥われ¥さき/に/と/ぞ¥のぼら/れ/ける。¥さんぬる¥ろくぐわつ/より、¥や=ども¥せうせう¥こぼち−くだし、¥かた/の/ごとく¥とり−たて/られ/しか/ども、¥いま¥また¥もの−ぐるはしう、¥にはか/に¥みやこがへり¥あり/けれ/ば、¥なん/の¥さた/に/も¥およば/ず、¥みな¥うち−すて−うち−すて¥のぼら/れ/けり。¥りやうゐん/は¥ろくはら¥いけ=どの/へ¥ご=かう¥なる。¥ぎやうがう/は¥ごでう−だいり/と/ぞ¥きこえ/し。¥おのおの/の¥しゆくしよ/も¥なけれ/ば、¥やはた、¥かも、¥さが、¥うづまさ、¥にしやま、¥ひがしやま/の¥かたほとり/に¥つい/て、¥あるひは¥み=だう/の¥くわいらう、¥あるひは¥やしろ/の¥ほうでん/など/に、¥しかる/べき¥ひと/も¥たち−やどつ/て¥ましまし/ける。¥そもそも¥こんど/の¥みやこうつり/の¥ほんい/を¥いか/に/と¥いふ/に、¥きうと/は¥やま¥なら¥ちかく/して、¥いささか/の¥こと/に/も、¥ひよし/の¥しんよ、¥かすが/の¥じんぼく/など¥いひ/て¥みだりがはし。¥しんと/は¥やま¥へだたり¥え¥かさなつ/て、¥ほど/も¥さすが¥とほ/けれ/ば、¥さやう/の¥こと/も¥たやすかる/まじ/とて、¥にふだう−しやうこく¥はからひ¥まうさ/れ/ける/とかや。¥おなじき−にじふさんにち、¥あふみ−げんじ/の¥そむき/し/を¥せめ/ん/とて、¥たいしやうぐん/に/は¥さひやうゑ/の−かみ−とももり、¥さつまの−かみ−ただのり、¥つがふ¥その¥せい¥さんまん−よ−き、¥あふみの−くに/へ¥はつかう−す。¥やまもと、¥かしはぎ、¥にしごり/など¥いふ¥あぶれ−げんじ=ども¥せめ−おとし、¥それ/より¥やがて¥みの¥をはり/へ/ぞ¥こえ/られ/ける。P341¥
「ならえんしやう」(『ならえんしやう』)S0514¥みやこ/に/は¥また、「¥なんと¥みゐでら¥どうしん−し/て、¥あるひは¥みや¥うけ−とり¥まゐらせ、¥あるひは¥おん=むかひ/に¥まゐる¥でう、¥これ¥もつて¥てうてき/なり。¥しから/ば¥なら/を/も¥せめ/らる/べし」/と¥きこえ/しか/ば、¥だいしゆ¥おほき/に¥ほうき−す。¥くわんばく=どの/より、「¥ぞんぢ/の¥むね¥あら/ば、¥いく−たび/も¥そうもん/に/こそ¥およば/め」/とて、¥うくわん/の−べつたう−ただなり/を¥くださ/れ/たり/ける/を、¥だいしゆ¥おこつ/て、「¥のりもの/より¥とつ/て¥ひき−おとせ、¥もとどり¥きれ」/と¥ひしめく¥あひだ、¥ただなり¥いろ/を¥うしなひ/て¥にげ−のぼる。¥つぎに¥うゑもん/の−かみ−ちかまさ/を¥くださ/れ/たり/けれ/ども、¥これ/を/も、「¥もとどり¥きれ」/と¥ひしめき/けれ/ば、¥とる¥もの/も¥とり−あへ/ず、¥いそぎ¥みやこ/へ¥のぼら/れ/けり。¥その−とき/は¥くわんがくゐん/の¥ざつしき¥ににん/が¥もとどり¥きら/れ/て/けり。¥なんと/に/は¥また¥おほき/なる¥ぎつちやう/の¥たま/を¥つくり/て、¥これ/こそ¥にふだう−しやうこく/の¥かうべ/と¥なづけ/て、「¥うて、¥ふめ」/など/ぞ¥まうし/ける。「¥ことば/の¥もらし−やすき/は、¥わざはひ/を¥まねく¥なかだち/なり。¥ことば/の¥つつしま/ざる/は、¥やぶれ/を¥とる¥みち/なり」/と¥いへ/り。¥かけ/ま−く/も¥かたじけなく、¥この¥にふだう−しやうこく/は、¥たうぎん/の¥ぐわいそ/にて¥おはします。¥それ/を¥かやう/に¥まうし/ける¥なんと/の¥だいしゆ、¥およそ/は¥てんま/の¥しよゐ/と/ぞ¥みえ/し。¥にふだう−しやうこく、¥かつがつ¥まづ¥なんと/の¥らうぜき/を¥しづめ/ん/とて、¥せのをの−たらう−かねやす/を、¥やまとの−くに/のP342¥けんびしよ/に¥ふせ/らる。¥かねやす¥ごひやく−よ−き/で¥はせ−むかふ。「¥あひ−かまへ/て、¥しゆと/は¥らうぜき/を¥いたす/とも、¥なんぢ=ら/は¥いたす/べから/ず。¥もののぐ¥な¥せ/そ、¥きうせん¥な¥たいせ/そ」/とて¥つかはさ/れ/たり/ける/を、¥なんと/の¥だいしゆ、¥かかる¥ないぎ/を/ば¥しら/ず/して、¥かねやす/が¥よせい¥ろくじふ−よ−にん¥からめ−とつ/て、¥いちいち/に¥くび/を¥きつ/て、¥さるさは/の−いけ/の¥はた/に/ぞ¥かけ−ならべ/たり/ける。¥にふだう−しやうこく¥おほき/に¥いかり/て、「¥さら/ば¥なんと/を/も¥せめよ/や」/とて、¥たいしやうぐん/に/は、¥とう/の−ちうじやう−しげひら、¥ちうぐう/の−すけ−みちもり、¥つがふ¥その¥せい¥しまん−よ−き、¥なんと/へ¥はつかう−す。¥なんと/に/も¥らうせう¥きらは/ず¥しちせん−よ−にん、¥かぶと/の¥を/を¥しめ、¥ならざか、¥はんにやじ、¥に−か−しよ/の¥みち/を¥ほり−きつ/て、¥かいだて¥かき、¥さかもぎ¥ひい/て¥まち−かけ/たり。¥へいけ¥しまん−よ−き/を¥ふたて/に¥わかつ/て、¥ならざか、¥はんにやじ、¥に−か−しよ/の¥じやうくわく/に¥おし−よせ/て、¥とき/を¥どつと/ぞ¥つくり/ける。¥だいしゆ/は¥かちだち¥うちもの/なり。¥くわんぐん/は¥むま/にて¥かけ−まはし−かけ−まはし¥せめ/けれ/ば、¥だいしゆ¥かず/を¥つくし/て¥うた/れ/に/けり。¥う/の−こく/より¥や−あはせ−し/て、¥いちにち¥たたかひ−くらし、¥よ/に¥いり/けれ/ば、¥ならざか、¥はんにやじ、¥に−か−しよ/の¥じやうくわく¥とも/に¥やぶれ/ぬ。¥おち−ゆく¥しゆと/の¥なか/に、¥さかの−しらう−やうがく/と¥いふ¥あくそう¥あり。¥これ/は¥ちから/の¥つよさ、¥ゆみ−や¥うちもの¥とつ/て/は、¥しちだいじ¥じふごだいじ/に/も¥すぐれ/たり。¥もよぎ−をどし/の−よろひ/に、¥くろいと−をどし/の−はらまき¥にりやう¥かさね/て/ぞ¥き/たり/ける。¥ばうし−かぶと/に¥ごまい−かぶと/の¥を/を¥しめ、¥ち/の−は/の/ごとく/に¥そつ/たる¥しらえ/の−おほ−なぎなた、¥こくしつ/の−おほ−だち、¥さう/の¥て/に¥もつ¥まま/に、¥どうしゆく¥じふ−よ−にん¥ぜんご¥さう/に¥たて、¥てんがい/の¥もん/より¥うつ/て¥いで/たり。¥これ/ぞ¥しばらく¥ささへ/たる。¥おほく/の¥くわんびやう=ら¥むま/の¥あし¥ながれ/て、¥おほく¥ほろび/に/けり。P343¥され/ども¥くわんぐん/は¥おほぜい/にて、¥いれ−かへ−いれ−かへ¥せめ/けれ/ば、¥やうがく/が¥ふせぐ¥ところ/の¥どうじゆく¥みな¥うた/れ/に/けり。¥やうがく¥こころ/は¥たけう¥おもへ/ども、¥うしろ¥あばら/に¥なり/しか/ば、¥ちから¥およば/ず、¥ただ¥いち−にん¥みなみ/を¥さし/て/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥よいくさ/に¥なつ/て、¥たいしやうぐん−とう/の−ちうじやう−しげひら、¥はんにやじ/の¥もん/の¥まへ/に¥うつ−たつ/て、¥くら−さ/は¥くらし、「¥ひ/を¥いだせ」/と¥のたまへ/ば、¥はりまの−くに/の¥ぢうにん、¥ふくゐ/の−しやう/の¥げし、¥じらう−たいふ−ともかた/と¥いふ¥もの、¥たて/を¥わり¥たいまつ/に¥し/て、¥ざいけ/に¥ひ/を/ぞ¥かけ/たり/ける。¥ころ/は¥じふにんぐわつ−にじふはちにち/の¥よ/の、¥いぬ/の−こく/ばかり/の¥こと/なれ/ば、¥をりふし¥かぜ/は¥はげしし、¥ほもと/は¥ひとつ/なり/けれ/ども、¥ふき−まよふ¥かぜ/に、¥おほく/の¥がらん/に¥ふき−かけ/たり。¥およそ¥はぢ/を/も¥おもひ、¥な/を/も¥をしむ/ほど/の¥もの/は、¥ならざか/にて¥うちじに−し、¥はんにやじ/に/して¥うた/れ/に/けり。¥ぎやうぶ/に¥かなへ/る¥もの/は、¥よしの¥とつかは/の¥かた/へ/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥あゆみ/も¥え/ぬ¥らうそう/や、¥じんじやう/なる¥しゆがくしや、¥ちご=ども¥をんな¥わらんべ/は、¥もしや¥たすかる/と、¥だいぶつでん/の¥にかい/の¥うへ、¥やましなでら/の¥うち/へ、¥われ¥さき/に/と/ぞ¥にげ−いり/ける。¥だいぶつでん/の¥にかい/の¥うへ/に/は、¥せん−よ−にん¥のぼり−あがり、¥かたき/の¥つづく/を¥のぼせ/じ/とて、¥はし/を¥ひき/てげり。¥みやうくわ/は¥まさしう¥おし−かけ/たり。¥をめき−さけぶ¥こゑ、¥せうねつ、¥だいせうねつ、¥むげん−あび、¥ほのほ/の¥そこ/の¥ざいにん/も、¥これ/に/は¥すぎ/じ/と/ぞ¥みえ/し。¥
こうぶくじ/は¥たんかいこう/の¥ご=ぐわん、¥とうじ¥るゐだい/の¥てら/なり。¥とうこんだう/に¥おはします¥ぶつぽふ¥さいしよ/の¥しやか/の¥ざう、¥さいこんだう/に¥おはします¥じねん−ゆじゆつ/の¥くわんぜおん、¥るり/を¥ならべ/し¥しめん/のP344¥らう、¥しゆたん/を¥まじへ/し¥にかい/の¥ろう、¥くりん¥そら/に¥かがやき/し¥にき/の¥たふ、¥たちまち/に¥けぶり/と¥なる/こそ¥かなしけれ。¥とうだいじ/は¥じやうざい−ふめつ、¥じつぱう−じやくくわう/の¥しやうじん/の¥おん=ほとけ/と¥おぼしめし−なぞらへ/て、¥しやうむ−くわうてい、¥てづから−みづから¥みがき−たて¥たまひ/し¥こんどう−じふろく−ぢやう/の¥るしやなぶつ、¥うしつ¥たかく¥あらはれ/て、¥はんでん/の¥くも/に¥かくれ、¥びやくがう¥あらた/に¥をがま/れ/させ¥たまへ/る¥まんぐわつ/の¥そんよう/も、¥み=ぐし/は¥やけ−おち/て¥だいぢ/に¥あり、¥ごしん/は¥わき−あひ/て¥やま/の/ごとし。¥はちまんしせん/の¥さうがう/は、¥あき/の¥つき¥はやく¥ごぢう/の¥くも/に¥かくれ、¥しじふいちぢ/の¥えうらく/は、¥よる/の¥ほし¥むなしう¥じふあく/の¥かぜ/に¥ただよひ、¥けぶり/は¥ちうてん/に¥みちみち/て、¥ほのほ/は¥こくう/に¥ひま/も¥なし。¥まのあたり¥み¥たてまつる¥もの/は¥さらに¥まなこ/を¥あて/ず、¥かすか/に¥つたへ−きく¥ひと/は、¥きも−たましひ/を¥うしなへ/り。¥ほつさう¥さんろん/の¥ほふもん−しやうげう、¥すべて¥いつくわん/も¥のこら/ず。¥わが¥てう/は¥まうす/に¥およば/ず、¥てんぢく¥しんだん/に/も¥これ−ほど/の¥ほふめつ¥ある/べし/と/も¥おぼえ/ず。¥うでんだいわう/の¥しまごん/を¥みがき、¥びしゆかつま/が¥しやくせんだん/を¥きざみ/し/も、¥わづか/に¥とうじん/の¥おん=ほとけ/なり。¥いはんや¥これ/は¥なんえん−ぶだい/の¥うち/に/は、¥ゆゐいつ−ぶさう/の¥おん=ほとけ、¥ながく¥きうそん/の¥ご¥ある/べし/と/も¥おもは/ざり/し/に、¥いま¥どくえん/の¥ちり/に¥まじはつ/て、¥ひさしく¥かなしみ/を¥のこし¥たまへ/り。¥ぼんじやく¥しわう、¥りうじん−はちぶ、¥みやうくわん−みやうしう/も、¥おどろき−さわぎ¥たまふ/らん/と/ぞ¥みえ/し。¥ほつさう−おうご/の¥しゆんにち−だい−みやうじん、¥いか/なる¥こと/を/か¥おぼし/けん、¥され/ば¥かすがの/の¥つゆ/も¥いろ¥かはり、¥みかさやま/の¥あらし/の¥おと/も¥うらむる¥さま/に/ぞ¥きこえ/ける。¥ほのほ/の¥なか/にて¥やけ−しぬる¥にんじゆ/を¥かぞへ/たれ/ば、¥だいぶつでん/の¥にかい/の¥うへ/に/は¥いつせんしちひやく−よ−にん、¥やましなでら/に/は¥はつぴやく−よ−にん、¥ある¥み=だう/に/は¥ごひやく−よ−にん、¥ある¥み=だう/に/は¥さんびやく−よ−にん、¥つぶさ/に¥しるい/たり/けれ/ば、P345¥さんぜんごひやく−よ−にん/なり。¥せんぢやう/に/して¥うた/るる¥だいしゆ¥せん−よ−にん、¥せうせう/は¥はんにやじ/の¥もん/に¥きり−かけ/させ、¥せうせう/は¥くび=ども¥もつ/て¥みやこ/へ¥のぼら/れ/けり。¥あくる¥にじふくにち、¥とう/の−ちうじやう−しげひら、¥なんと¥ほろぼし/て¥ほくきやう/へ¥かへり−いら/る。¥およそ/は¥にふだう−しやうこく/ばかり/こそ、¥いきどほり¥はれ/て¥よろこば/れ/けれ。¥ちうぐう、¥いちゐん、¥しやうくわう/は、「¥たとひ¥あくそう/を/こそ¥ほろぼさ/め、¥おほく/の¥がらん/を¥はめつ−す/べき/やは」/と/ぞ¥おん=なげき¥あり/ける。¥ひごろ/は¥しゆと/の¥くび¥おほぢ/を¥わたい/て、¥ごくもん/の−き/に¥かけ/らる/べし/と、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ども、¥とうだいじ¥こうぶくじ/の¥ほろび/ぬる¥あさまし−さ/に、¥なん/の¥さた/に/も¥およば/ず。¥ここ/や¥かしこ/の¥みぞ/や¥ほり/に/ぞ¥すて−おき/ける。¥しやうむ−くわうてい/の¥しんぴつ/の¥ご=きもん/に/も、「¥わが¥てら¥こうぶく−せ/ば、¥てんが/も¥こうぶく−す/べし。¥わが¥てら¥すゐび−せ/ば、¥てんが/も¥すゐび−す/べし」/と/ぞ¥あそばさ/れ/たる。¥され/ば¥てんが/の¥すゐび−せ/ん¥こと、¥うたがひ¥なし/と/ぞ¥みえ/たり/ける。¥あさましかり/つる¥とし/も¥くれ/て、¥ぢしよう/も¥ごねん/に¥なり/に/けり。P346¥

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻六にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com