平家物語 巻第八  総かな版(元和九年本)
「さんもんごかう」(『さんもんごかう』)S0801¥じゆえい−にねん−しちぐわつ−にじふしにち/の¥やはん/ばかり、¥ほふわう/は¥あぜつし−だいなごん−すけかたの−きやう/の¥しそく、¥むま/の−かみ−すけとき/ばかり/を¥おん=とも/にて、¥ひそか/に¥ごしよ/を¥いで/させ¥たまひ/て、¥くらま/の¥おく/へ¥ご=かう¥なる。¥じそう=ども、「¥これ/は¥なほ¥みやこ¥ちかう/て¥あしう¥さふらひ/な/ん」/と¥まうし/けれ/ば、¥さら/ば/とて、¥ささのみね、¥やくわうざか/など¥いふ¥さがしき¥けんなん/を¥しのが/せ¥たまひ/て、¥よかは/の¥げだつだに¥じやくぢやう−ばう/へ¥いら/せ¥おはします。¥だいしゆ¥おこつ/て、「¥とうだふ/へ/こそ¥ご=かう/は¥なる/べけれ」/と¥まうし/けれ/ば、¥とうだふ/の¥みなみだに¥ゑんゆう−ばう¥ごしよ/に¥なる。¥かかり/しか/ば、¥しゆと/も¥ぶし/も、¥みな¥ゑんゆう−ばう/を¥しゆご−し¥たてまつる。¥ほふわう/は¥せんとう/を¥いで/て¥てんだいさん/へ、¥しゆしやう/は¥ほうけつ/を¥さつ/て¥さいかい/へ、¥せつしやう=どの/は¥よしの/の¥おく/とかや。¥にようゐん¥みやみや/は、¥やはた、¥かも、¥さが、¥うづまさ、¥にしやま、¥ひがしやま/の¥かたほとり/に¥つい/て、¥にげ−かくれ/させ¥たまひ/けり。¥へいけ/は¥おち/ぬれ/ど、¥げんじ/は¥いまだ¥いり−かはら/ず、¥すでに¥この¥きやう/は¥ぬし¥なき¥さと/と/ぞ¥なり/に/ける。¥かいひやく/よりP70¥この−かた、¥かかる¥こと¥ある/べし/と/も¥おぼえ/ず。¥しやうとくたいし/の¥みらいき/に/も、¥けふ/の¥こと/こそ¥ゆかしけれ。¥さる−ほど/に¥ほふわう¥てんだいさん/に¥わたら/せ¥たまふ/と¥きこえ/しか/ば、¥おん=むかひ/に¥はせ¥まゐらせ¥たまふ¥ひとびと、¥その−ころ/の¥にふだう=どの/と/は、¥さきの−くわんばく−まつ=どの、¥たう=との/と/は¥こんゑ=どの、¥だいじやうだいじん、¥さう/の−だいじん、¥ないだいじん、¥だいなごん、¥ちうなごん、¥さいしやう、¥さんみ¥しゐ¥ごゐ/の¥てんじやうひと、¥すべて¥よ/に¥ひと/と¥かぞへ/られ、¥くわん−かかい/に¥のぞみ/を¥かけ、¥しよたい¥しよしよく/を¥たいする/ほど/の¥ひと/の、¥いち−にん/も¥もるる/は¥なかり/けり。¥ゑんゆう−ばう/に/は、¥あまり/に¥ひと¥おほく¥まゐり−つどひ/て、¥たうしやう−たうか、¥もんげ¥もんない、¥ひま−はざま/も¥なう/ぞ¥みちみち/たる。¥さんもん¥はんじやう、¥もんぜき/の¥めんぼく/と/こそ¥みえ/たり/けれ。¥おなじき−にじふはちにち、¥ほふわう¥みやこ/へ¥くわんぎよ¥なる。¥きそ¥ごまん−よ−き/で¥しゆご−し¥たてまつる。¥あふみ−げんじ¥やまもとの−くわんじや−よしたか、¥しらはた¥さい/て¥せんぢん/に¥ぐぶ−す。¥この¥にじふ−よ−ねん¥み/ざり/つる¥しらはた/の、¥けふ¥はじめて¥みやこ/へ¥いる、¥めづらしかり/し¥けんぶつ/なり。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ、¥すせんぎ/で¥うぢばし/を¥わたい/て¥みやこ/へ¥いる。¥みちの−くにの−しん−はうぐわん−よしやす/が¥こ、¥やだの−はんぐわんだい−よしきよ、¥おほえやま/を¥へ/て、¥しやうらく−す。¥また¥つの−くに¥かはちの−げんじ=ら¥どうしん−し/て、¥おなじう¥みやこ/へ¥みだれ−いる。¥およそ¥きやう−ぢう/に/は¥げんじ/の¥せい¥みちみち/たり。¥かでのこうぢの−ちうなごん−つねふさの−きやう、¥けんびゐし/の−べつたう−さゑもん/の−かみ−さねいへ¥りやうにん、¥ゐん/の¥てんじやう/の¥すのこ/に¥さふらひ/て、¥よしなか¥ゆきいへ/を¥めす。¥きそ¥その−ひ/の¥しやうぞく/に/は、¥あかぢ/の−にしき/の−ひたたれ/にP71、¥からあや−をどし/の−よろひ¥き/て、¥いかもの−づくり/の−たち/を¥はき、¥にじふし¥さい/たる¥きりふ/の−や¥おひ、¥しげどう/の−ゆみ¥わき/に¥はさみ、¥かぶと/を/ば¥ぬい/で¥たかひも/に¥かけ、¥ひざまづい/て/ぞ¥さふらひ/ける。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ/は、¥こんぢ/の−にしき/の−ひたたれ/に、¥くろいと−をどし/の−よろひ¥き/て、¥こくしつ/の−たち/を¥はき、¥にじふし¥さい/たる¥おほ−なかぐろ/の−や¥おひ、¥ぬりごめどう/の−ゆみ¥わき/に¥はさみ、¥これ/も¥かぶと/を¥ぬい/で¥たかひも/に¥かけ、¥かしこまつ/て/ぞ¥さふらひ/ける。¥さきの−ないだいじん−むねもり=こう/を¥はじめ/と/して、¥へいけ/の¥いちぞく¥みな¥つゐたう−す/べき¥よし¥おほせ−くださ/る。¥りやうにん¥ていしやう/に¥かしこまり−うけたまはつ/て¥まかり−いづ。¥おのおの¥しゆくしよ¥なき¥よし/を¥そうもん−す。¥きそ/は¥だいぜん/の−だいぶ−なりただ/が¥しゆくしよ、¥ろくでう−にし/の−とうゐん/を¥くださ/る。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ/は、¥ほふぢうじ=どの/の¥みなみ=どの/と¥まうす¥かや/の−ごしよ/を/ぞ¥たまはり/ける。¥
しゆしやう/は¥ぐわいせき/の¥へいけ/に¥とらはれ/させ¥たまひ/て、¥さいかい/の¥なみ/の¥うへ/に¥ただよは/せ¥たまふ¥こと/を、¥ほふわう¥なのめ/なら/ず¥おん=なげき¥あつ/て、¥しゆしやう¥ならびに¥さんじゆ/の−しんき、¥ことゆゑ−なう¥みやこ/へ¥かへし−いれ¥たてまつる/べき¥よし、¥さいこく/へ¥おほせ−くださ/れ/けれ/ども、¥へいけ¥もちひ¥たてまつら/ず。¥たかくらのゐん/の¥わうじ/は、¥しゆしやう/の¥ほか¥さん−じよ¥おはしまし/き。¥なか/に/も¥に/の−みや/を/ば、¥まうけ/の−きみ/に¥し¥たてまつら/ん/とて、¥へいけ¥とり¥たてまつ/て、¥さいこく/へ¥おち−くだり/ぬ。¥さんし/は¥みやこ/に¥ましまし/けり。¥はちぐわつ−いつか、¥ほふわう¥この¥みや=たち¥むかへ−よせ¥まゐら/させ¥たまひ/て、¥まづ¥さん/の−みや/の¥ごさい/に¥なら/せ¥ましまし/ける/を、¥ほふわう、「¥あれ/は¥いか/に」/と¥おほせ/けれ/ば、¥ほふわう/を¥み¥まゐら/させ¥たまひ/て、¥おほき/に¥むつから/せ¥たまふ¥あひだ、「¥とうとう」/とて¥いだし¥まゐら/させ¥たまひ/けり。¥その−のち¥し/の−みや/の¥しさい/に¥なら/せ¥ましまし/ける/を、¥ほふわう、「¥あれ/は¥いか/に」/とP72¥おほせ/けれ/ば、¥やがて¥ほふわう/の¥おん=ひざ/の¥うへ/に¥まゐら/させ¥たまひ/て、¥なのめ/なら/ず¥なつかし=げ/にて/ぞ¥ましまし/ける。¥ほふわう¥おん=なみだ/を¥ながさ/せ¥たまひ/て、「¥げに/も¥すぞろ/なら/ん¥もの/の、¥この¥おい−ぼふし/を¥み/て、¥いかで/か¥なつかし=げ/に/は¥おもふ/べき。¥これ/ぞ¥まこと/の¥わが¥おん=まご/にて¥おはします。¥こ=ゐん/の¥をさな−おひ/に¥すこし/も¥たがは/せ¥たまは/ぬ/ものかな。¥これ−ほど/の¥わすれ−がたみ/を、¥いま/まで¥ごらんぜ/られ/ざり/つる¥こと/よ」/とて、¥おん=なみだ¥せき−あへ/させ¥たまは/ず。¥じやうどじ/の¥にゐ=どの、¥その−とき/は¥いまだ¥たんご=どの/とて¥ごぜん/に¥さぶらは/れ/ける/が、「¥さて¥おん=くらゐ/は¥この¥みや/にて/こそ¥わたら/せ¥たまひ¥さぶらは/め/なう」/と¥まうさ/れ/たり/けれ/ば、¥ほふわう、「¥しさい/に/や」/と/ぞ¥おほせ/ける。¥ないない¥みうら/の¥あり/し/に/も、「¥し/の−みや¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまは/ば、¥はくわう/まで/も¥につぽんごく/の¥おん=あるじ/たる/べし」/と/ぞ¥かんがへ¥まうし/けり。¥おん=ぼぎ/は¥しちでうの−しゆり/の−だいぶ−のぶたかの−きやう/の¥おん=むすめ/なり。¥ちうぐう/の¥おん=かた/に¥みやづかへ¥たまひ/し/を、¥しゆしやう¥つね/は¥めさ/れ¥まゐらせ/ける/ほど/に、¥みや¥あまた¥いで−き¥まゐら/させ¥たまひ/けり。¥この¥のぶたかの−きやう/は、¥おん=むすめ¥おほく¥おはしまし/けれ/ば、¥いづれ/にて/も¥にようご¥きさき/に¥たて¥まゐらせ/たく¥おもは/れ/ける/が、¥ひと/の¥いへ/に¥しろい¥にはとり/を¥せん¥かひ/つれ/ば、¥その¥いへ/に¥かならず¥きさき/の¥いで−き/たると¥いふ¥こと/の¥あれ/ば/とて、¥にはとり/の¥しろき/を¥せん¥そろへ/て¥かは/れ/たり/ける¥ゆゑ/に/や、¥この¥おん=むすめ¥わうじ¥あまた¥うみ¥まゐら/させ¥たまひ/けり。¥のぶたかの−きやう/も¥ないない¥うれしく¥おもは/れ/けれ/ども、¥あるひは¥へいけ/に/も¥おそれ/を¥なし、¥あるひは¥ちうぐう/を¥はばかり¥たてまつ/て、¥もてなし¥たてまつる¥こと/も¥なかり/し/を、¥にふだう−しやうこく/の¥きたのかた、¥はちでうの−にゐ=どの、「¥よしよし¥くるしかる/まじ。P73¥われ¥そだて¥まゐらせ/て、¥まうけ/の−きみ/に¥し¥たてまつら/ん」/とて、¥おん=めのと¥あまた¥つけ/て¥もてなし¥まゐら/させ¥たまひ/けり。¥なか/に/も¥し/の−みや/は、¥にゐ=どの/の¥おん=せうと、¥ほつしようじ/の−しゆぎやう−のうゑん−ほふいん/の¥やしなひぎみ/にて/ぞ¥ましまし/ける。¥しかる/を¥ほふいん¥へいけ/に¥ぐせ/られ/て、¥みや/を/も¥にようばう/を/も¥きやうと/に¥すて−おき、¥さいかい/へ¥おち−くだら/れ/たり/ける/が、¥ほふいん¥さいこく/より¥ひと/を¥のぼせ、「¥みや¥いざなひ¥まゐらせ/て¥いそぎ¥くだり¥たまへ」/と¥まうし−あげ/られ/たり/けれ/ば、¥きたのかた¥なのめ/なら/ず/に¥よろこび、¥みや¥いざなひ¥まゐらせ/て、¥にしの−しちでう/まで¥いで/られ/たり/ける/を、¥にようばう/の¥せうと¥きの−かみ−のりみつ、「¥これ/は¥もの/の¥つい/て¥くるひ¥たまふ/か。¥この¥みや/の¥ご=うん/は、¥ただいま¥ひらけ/させ¥たまは/んずる/ものを」/とて、¥とり−とどめ¥たてまつり/たり/ける¥つぎ/の−ひ/ぞ、¥ほふわう/より¥おん=むかひ/の¥おん=くるま/は¥まゐり/たり/ける/とかや。¥なにごと/も¥しかる/べき¥こと/と/は¥まうし/ながら、¥きの−かみ−のりみつ/は、¥し/の−みや/の¥おん=ため/に/は、¥さ/しも¥ほうこう/の¥ひと/と/ぞ¥みえ/し。¥され/ども¥その¥ちう/を/も¥おぼしめし−よら/ざり/ける/に/や、¥むなしう¥としつき/を¥おくり/ける/が、¥ある−とき¥のりみつ、¥もしや/と¥にしゆ/の¥うた/を¥よみ/て、¥きんちう/に¥らくしよ/を/ぞ¥し/たり/ける。¥
ひとこえ/は¥おもひ−いで/て¥なけ¥ほととぎす¥おいそ/の−もり/の¥よは/の¥むかし/を W059¥
こ/の¥うち/も¥なほ¥うらやまし¥やまがら/の¥み/の−ほど¥かくす¥ゆふがほ/の¥やど W060¥
しゆしやう¥この¥よし¥きこしめし/て、「¥これ−ほど/の¥こと/を¥いま/まで¥おぼしめし−よら/ざり/ける/こそ、¥かへすがへす/も¥おろか/なれ」/とて、¥やがて¥てうおん¥かうむつ/て、¥じやう−ざんみ/に¥じよせ/られ/ける/と/ぞ¥きこえ/し。P74¥
「なとら」(『なとら』)S0802¥おなじき−とをかのひ、¥きそ¥さま/の−かみ/に¥なつ/て、¥ゑちごの−くに/を¥たまはる。¥その−うへ¥あさひ/の−しやうぐん/と¥いふ¥ゐんぜん/を/ぞ¥くださ/れ/ける。¥じふらう−くらんど、¥びんごの−かみ/に¥なり/て、¥びんごの−くに/を¥たまはる。¥きそ、¥ゑちご/を¥きらへ/ば、¥いよ/を¥たぶ。¥じふらう−くらんど、¥びんご/を¥きらへ/ば、¥びぜん/を¥たまはる。¥その−ほか¥げんじ¥じふ−よ−にん、¥じゆりやう、¥けんびゐし、¥ゆぎへの−じよう、¥ひやうゑ/の−じよう/に/ぞ¥なさ/れ/ける。¥おなじき−じふろくにち、¥さきの−ないだいじん−むねもり=こう¥いげ、¥へいけ/の¥いちぞく¥ひやくろくじふにん/が¥くわんしよく/を¥とどめ/て、¥てんじやう/の¥み−ふだ/を¥けづら/る。¥その¥なか/に¥へい−だいなごん−ときただの−きやう、¥くら/の−かみ−のぶもと、¥さぬきの−ちうじやう−ときざね、¥ふし¥さん−にん/を/ば¥けづら/れ/ず。¥その¥ゆゑ/は¥しゆしやう¥ならびに¥さんじゆ/の−しんき、¥ことゆゑなう¥みやこ/へ¥かへし−いれ¥たてまつれ/と、¥ときただの−きやう/の¥もと/へ、¥たびたび¥おほせ−くださ/れ/ける/に¥よつ/て/なり。¥あくる¥じふしちにち、¥へいけ/は¥ちくぜんの−くに¥みかさ/の−こほり¥ださいふ/に/こそ¥つき¥たまへ。¥きくちの−じらう−たかなほ/は、¥みやこ/より¥へいけ/の¥おん=とも/に¥さふらひ/ける/が、「¥おほづやま/の¥せき¥あけ/て¥まゐらせ/ん」/とて、¥ひごの−くに/に¥うち−こえ、¥おのれ/が¥じやう/に¥ひき−こもつ/て、¥めせ/ども¥めせ/ども¥まゐら/ず。¥その−ほか¥きうしう−にたう/の¥もの=ども、¥みな¥まゐる/べき¥よし/の¥おん=りやうじやう/を/ば¥まうし/ながら、¥いち−にん/も¥まゐら/ず。¥たうじ/はP75¥いはど/の−しよきやう−おほくら/の−たねなほ/ばかり/ぞ¥さふらひ/ける。¥おなじき−じふはちにち、¥へいけ¥あんらくじ/に¥まゐり、¥よ/も−すがら¥うた¥よみ¥れんが−し/て、¥みやづかへ¥たまひ/し/に、¥なか/に/も¥ほん−ざんみ/の−ちうじやう−しげひらの−きやう、¥
すみ−なれ/し¥ふるき¥みやこ/の¥こひし−さ/は¥かみ/も¥むかし/に¥おもひ−しる/らむ W061¥
ひとびと¥まことに¥あはれ/に¥おぼえ/て、¥みな¥そで/を/ぞ¥ぬらさ/れ/ける。¥おなじき−はつかのひ、¥みやこ/に/は¥ほふわう/の¥せんみやう/にて、¥し/の−みや、¥かんゐん=どの/にて¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまふ。¥せつしやう/は¥もと/の¥せつしやう、¥こんゑ=どの¥かはら/せ¥たまは/ず。¥とう/や¥くらんど¥なし−おい/て、¥ひとびと¥みな¥たいしゆつ−せ/られ/けり。¥さん/の−みや/の¥おん=めのと¥なき−かなしみ¥こうくわい−すれ/ども¥かひ/ぞ¥なき。¥てん/に¥ふたつ/の¥ひ¥なし、¥くに/に¥ふたり/の¥わう¥なし/と/は¥まうせ/ども、¥へいけ/の¥あくぎやう/に¥よつ/て/こそ、¥きやう¥ゐなか/に¥ふたり/の¥わう/は¥ましまし/けれ。¥むかし¥もんどく−てんわう、¥てんあん−にねん−はちぐわつ−にじふさんにち¥かくれ/させ¥たまひ/ぬ。¥おん=こ/の¥みや=たち¥あまた¥おん=くらゐ/に¥のぞみ/を¥かけ/て¥ましまし/けれ/ば、¥ないない¥おん=いのり=ども¥あり/けり。¥いち/の−みこ¥これたかの−しんわう/を/ば、¥こばらの−わうじ/と/も¥まうし/き。¥わうしや/の¥ざいりやう/を¥おん=こころ/に¥かけ、¥しかい/の¥あんき/は¥たなごころ/の¥うち/に¥てらし、¥はくわう/の¥りらん/は¥おん=こころ/に¥かけ¥たまへ/り。¥され/ば¥けんせい/の¥な/を/も、¥とら/せ¥ましまし/ぬ/べき¥きみ/なり/と¥みえ¥たまへ/り。¥に/の−みや¥これひとの−しんわう/は、¥その−ころ/の¥しつぺい¥ちうじん=こう/の¥おん=むすめ、¥そめ=どの/の−きさき/の¥おん=はら/なり。¥いちもん/の¥くぎやう¥れつし/て¥もてなし¥たてまつら/せ¥たまひ/しか/ば、¥これ/も¥また¥さし−おき−がたき¥おん=こと/なり。¥かれ/は¥しゆぶんけいてい/の¥きりやう¥あり、¥これ/は¥ばんきふさ/の¥しんしやう¥あり。¥かれ/も¥これ/も¥いたはしく/て、¥いずれ/も¥おぼしめしP76¥わづらは/れ/き。¥いち/の−みこ¥これたかの−しんわう−げ/の¥おん=いのり/に/は、¥かきのもとの−きそうじやう−しんぜい/とて、¥とうじ/の¥いち/の−ちやうじや、¥こうぼふ−だいし/の¥おん=でし/なり。¥に/の−みや¥これひとの−しんわう−げ/の¥おん=いのり/に/は、¥ぐわいそ¥ちうじん=こう/の¥ごぢそう、¥ひえいさん/の¥ゑりやう−くわしやう/ぞ¥うけたまはら/れ/ける。¥いづれ/も¥おとら/ぬ¥かうそう=たち/なり。¥とみ/に¥こと−ゆき−がたう/や¥あら/んず/らん/と、¥ひとびと¥ないない¥ささやき−あは/れ/けり。¥あん/の/ごとく¥みかど¥かくれ/させ¥たまひ/しか/ば、¥くぎやう−せんぎ¥あり/けり。「¥そもそも¥しん=ら/が¥おもんぱかり/を¥もつて、¥えらん/で¥くらゐ/に¥つけ¥たてまつら/ん¥こと、¥ようしや¥わたくし¥ある/に¥に/たり。¥ばんじん¥くちびる/を¥かへす/べし。¥しら/ず¥けいば¥すまふ/の¥せち/を¥とげ、¥その¥うん/を¥しり、¥しゆう/に¥よつ/て、¥はうそ¥さづけ¥たてまつる/べし」/と¥ぎぢやう−をはん/ぬ。¥
さる−ほど/に¥おなじき−くぐわつ−ふつかのひ、¥ににん/の¥みや=たち、¥うこん/の−ばば/へ¥ぎやうげい¥あり/けり。¥ここ/に¥わうこう¥けいしやう¥たま/の¥くつばみ/を¥ならべ、¥はな/の¥たもと/を¥よそほひ、¥くも/の/ごとく/に¥かさなり、¥ほし/の/ごとく/に¥つらなり¥たまへ/り。¥これ¥きたい/の¥しようし、¥てんが/の¥さかん/なる¥みもの、¥ひごろ¥こころ/を¥よせ¥たてまつり/し¥げつけい¥うんかく、¥りやうばう/に¥ひき−わかつ/て、¥て/を¥にぎり¥こころ/を¥くだき¥たまへ/り。¥おん=いのり/の¥かうそう=たち、¥いづれ/か¥そりやく¥あら/ん/や。¥しんぜい−そうじやう/は¥とうじ/に¥だん/を¥たて、¥ゑりやう−くわしやう/は¥たいだい/の¥しんごんゐん/に¥だん/を¥たて/て¥いのら/れ/ける/が、¥ゑりやう/は¥うせ/たり/と¥いふ¥ひろう/を¥なさ/ば、¥しんぜい−そうじやう¥すこし¥たゆむ¥こころ/も/や¥おはす/らん/とて、「¥ゑりやう/は¥うせ/たり」/と¥いふ¥ひろう/を¥なし/て、¥かんたん/を¥くだい/て¥いのら/れ/けり。¥すでに¥じふばん/の¥けいば¥はじまる。¥はじめ¥しばん/は¥いち/の−みこ¥これたかの−しんわう−げ¥かた/せ¥たまふ。¥のち¥ろくばん/はP77¥
に/の−みや¥これひとの−しんわう−げ¥かた/せ¥たまふ。¥やがて¥すまふ/の¥せち¥ある/べし/とて、¥いち/の−みこ¥これたか/の¥しんわう−げ/より/は、¥なとらの−うひやうゑ/の−かみ/とて、¥およそ¥ろくじふにん/が¥ちから¥あらはし/たる¥ゆゆしき¥ひと/を¥いださ/れ/たり。¥に/の−みや¥これひとの−しんわう−げ/より/は、¥よしをの−せうしやう/とて、¥せい¥ちひさう¥たへ/に/して、¥かたて/に¥あふ/べし/と/も¥みえ/ぬ¥ひと、¥ご=むさう/の¥おん=つげ¥あり/とて、¥まうし−うけ/て/ぞ¥いで/られ/ける。¥さる−ほど/に、¥なとら¥よしを¥より−あひ/て、¥ひしひし/と¥つまどり−し/て¥のき/に/けり。¥しばらく¥あり/て、¥なとら¥つと¥より、¥よしを/を¥とつ/て¥ささげ、¥にぢやう/ばかり/ぞ¥なげ−あげ/たる。¥ただ¥なほつ/て¥たふれ/ず。¥よしを¥また¥つと¥より、¥なとら/を¥とつ/て¥ふせ/ん/と¥す。¥され/ども¥なとら/は¥だい/の¥をのこ、¥かさ/に¥まはる。¥よしを¥なほ¥あぶなう¥みえ/けれ/ば、¥お=ぼぎ¥そめ=どの/の−きさき/より、¥お=つかひ¥くし/の¥は/の/ごとく/に、¥しげう¥はしり−かさなつ/て、「¥み=かた¥すでに¥まけいろ/に¥みゆ、¥いかが−せ/ん」/と¥おほせ/けれ/ば、¥ゑりやう−くわしやう/は、¥だいゐとく/の−ほふ/を¥おこなは/れ/ける/が、「¥こ/は¥こころ−うき¥こと/なり」/とて、¥とくこ/を¥もつて¥かうべ/を¥つき−やぶり、¥なづき/を¥くたし、¥にう/に¥わし/て、¥ごま/に¥たき、¥くろけぶり/を¥たて/て、¥ひともみ¥もま/れ/たり/けれ/ば、¥よしを¥すまふ/に¥かち/に/けり。¥に/の−みや¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまふ。¥せいわの−みかど¥これ/なり。¥のち/に/は¥みづのをの−てんわう/と/も¥まうし/き。¥それ/より/して¥さんもん/に/は、¥いささか/の¥こと/に/も、「¥ゑりやう¥なづき/を¥くだけ/ば、¥じてい¥くらゐ/に¥つき、¥そんい¥ちけん/を¥ふつ/しか/ば、¥くわんしやう¥なふじゆ−し¥たまふ」/と/も¥つたへ/たり。¥これ/のみ/や¥ほふりき/にて/も¥あり/けん、¥その−ほか/は¥みな¥てんせうだいじん/の¥おん=ぱからひ/なり/と/ぞ、¥みえ/たり/ける。P78¥
「うさぎやうがう」¥へいけ/は¥つくし/にて¥この¥よし/を¥つたへ−きき¥たまひ/て、「¥あはれ¥さん/の−みや/を/も、¥し/の−みや/を/も、¥ぐし¥たてまつり/て¥おち−くだる/べき/ものを」/と¥まうし−あは/れ/けれ/ば、¥へい−だいなごん−ときただの−きやう、「¥さら/ん/に/は¥たかくらのみや/の¥おん=こ/の¥みや/を、¥おん=めのと¥さぬきの−かみ−しげひで/が、¥ご=しゆつけ−せ/させ¥たてまつり、¥ぐし¥たてまつ/て¥ほくこく/へ¥おち−くだり/たり/し/を、¥きそ−よしなか¥しやうらく/の¥とき、¥しゆ/に¥し¥まゐらせ/ん/とて、¥げんぞく−せ/させ¥たてまつり、¥ぐし¥たてまつり/て、¥みやこ/へ¥のぼり/たる/を/ぞ、¥くらゐ/に/は¥つけ¥まゐらせ/んず/らん」/と¥のたまへ/ば、¥ひとびと、「¥いかで/か¥げんぞく/の−みや/を/ば、¥くらゐ/に¥つけ¥たてまつる/べき」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、¥ときただの−きやう、「¥さ/も−さう/ず。¥げんぞく/の¥こくわう/の¥ためし、¥いこく/に/は¥その¥れい/も/や¥ある/らん。¥わが¥てう/に/は、¥まづ¥てんむ−てんわう¥いまだ¥とうぐう/の¥おん=とき、¥おほともの−わうじ/に¥おそは/れ/させ¥たまひ/て、¥びんぱつ/を¥そり、¥よしの/の¥おく/へ¥にげ−こもら/せ¥たまひ/たり/し/が、¥おほともの−わうじ/を¥ほろぼし/て、¥つひに¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまひ/き。¥また¥かうけん−てんわう/と¥まうせ/し/も、¥だい−ぼだいしん/を¥おこさ/せ¥たまひ/て、¥おん=かざり/を¥おろし、¥み=な/を¥ほふきに/と¥まうせ/しか/ども、¥ふたたび¥くらゐ/に¥つか/せ¥たまひ/て、¥しようとく−てんわう/と¥まうし/し/ぞ/かし。¥いはんや¥きそ/が¥しゆ/に¥し¥まゐらせ/たる¥げんぞく/の−みや/なれ/ば、¥しさい/に¥およぶ/べき」/と/ぞ¥のたまひ/ける。P79¥おなじき−くぐわつ−みつかのひ、¥いせ/へ¥くぎやう/の¥ちよくし/を¥たて/らる。¥ちよくし/は¥さんぎ−ながのり/と/ぞ¥きこえ/し。¥だいじやう−ほふわう¥いせ/へ¥くぎやう/の¥ちよくし/を¥たて/らるる¥こと/は、¥しゆしやく、¥しらかは、¥とば¥さんだい/の¥じようせき¥あり/と/は¥まうせ/ども、¥これ/は¥みな¥ご=しゆつけ¥いぜん/なり。¥ご=しゆつけ¥いご/の¥れい、¥これ¥はじめ/と/ぞ¥うけたまはる。¥
(『をだまき』)S0803¥へいけ/は¥つくし/に¥みやこ/を¥さだめ、¥だいり¥つくら/る/べし/と、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ども、¥みやこ/も¥いまだ¥さだまら/ず。¥しゆしやう/は¥その−ころ¥いはど/の−しよきやう−おほくら/の−たねなほ/が¥しゆくしよ/に/ぞ¥ましまし/ける。¥ひとびと/の¥いへいへ/は、¥のなか¥たなか/なり/けれ/ば、¥あさ/の¥ころも/は¥うた/ね/ども、¥とをち/の−さと/と/も¥いつ/つ/べし。¥だいり/は¥やま/の¥なか/なれ/ば、¥かの¥きのまる=どの/も、¥かく/や¥あり/けん/と、¥なかなか¥いう/なる¥かた/も¥あり/けり。¥まづ¥うさのみや/へ¥ぎやうがう¥なる。¥だいぐうじ−きんみち/が¥しゆくしよ¥くわうきよ/に¥なる。¥しやとう/は¥げつけい¥うんかく/の¥きよしよ/に¥なる。¥くわいらう/は¥ごゐ¥ろくゐ/の¥くわんにん、¥ていしやう/に/は¥しこく−ちんぜい/の¥つはもの=ども、¥かつちう¥きうせん/を¥たいし/て、¥うんか/の/ごとく¥なみ−ゐ/たり。¥ふり/に/し¥あけ/の−たまがき、¥ふたたび¥かざる/と/ぞ¥みえ/し。¥しちにち¥さんろう/の¥あかつき、¥おほい=との/の¥おん=ため/に、¥むさう/の¥つげ/ぞ¥あり/ける。¥ご=ほうでん/の¥み=と¥おし−ひらき、¥ゆゆしう、¥けだか=げ/なる¥おん=こゑ/にて、¥
よ/の−なか/の¥うさ/に/は¥かみ/も¥なき¥もの/を¥なに¥いのる/らむ¥こころ−づくし/に W062¥
おほい=との¥うち−おどろき、¥むね¥うち−さわぎ、¥あさまし−さ/に、¥
さり/とも/と¥おもふ¥こころ/も¥むし/の¥ね/も¥よわり−はて/ぬる¥あき/の¥くれ/かな W063
/と¥いふ¥ふるうた/を、¥こころ−ぼそ=げ/に/ぞ¥くちずさみ¥たまひ/ける。¥さて¥ださいふ/へ¥くわんかう¥なる。P80¥さる−ほど/に¥くぐわつ/も¥とをか−あまり/に¥なり/ぬ。¥をぎ/の¥はむけ/の¥ゆふあらし、¥ひとり¥まるね/の¥とこ/の¥うへ、¥かたしく¥そで/も、¥しをれ/つつ、¥ふけ−ゆく¥あき/の¥あはれ−さ/は、¥いづく/も/と/は¥いひ/ながら、¥たび/の¥そら/こそ¥しのび−がたけれ。¥くぐわつ−じふさんや/は、¥な/を¥え/たる¥つき/なれ/ども、¥その¥よ/は¥みやこ/を¥おもひ−いづる¥なみだ/に、¥われ/から¥くもり/て、¥さやか/なら/ず。¥きうちよう/の¥くも/の¥うへ、¥ひさかた/の¥つき/に¥おもひ/を¥のべ/し¥ゆふべ/も、¥いま/の¥やう/に¥おぼえ/て、¥さつまの−かみ−ただのり、¥
つき/を¥み/し¥こぞ/の¥こよひ/の¥とも/のみ/や¥みやこ/に¥われ/を¥おもひ−いづ/らむ W064¥
しゆり/の−だいぶ−つねもり、¥
こひし/とよ¥こぞ/の¥こよひ/の¥よ/も−すがら¥ちぎり/し¥ひと/の¥おもひ−いで/られ/て W065¥
くわうごぐう/の−すけ−つねまさ、¥
わき/て¥こ/し¥のべ/の¥つゆ/と/も¥きえ/ず/して¥おもは/ぬ¥さと/の¥つき/を¥みる/かな W066¥
「をだまき」¥ぶんごの−くに/は、¥ぎやうぶきやう−ざんみ−よりすけの−きやう/の¥くに/なり/けり。¥しそく¥よりつねの−あそん/を¥だいくわん/に¥おか/れ/たり/ける/が、¥きやう/より¥よりつね/の¥もと/へ¥ししや/を¥たて/て、¥へいけ/は¥すでに¥しんめい/に/も¥はなた/れ¥たてまつり、¥きみ/に/も¥すて/られ¥まゐらせ/て、¥ていと/を¥いで/て、¥なみ/の¥うへ/に¥ただよふ¥おちうと/と¥なれ/り。P81¥しかる/を¥きうしう−にたう/の¥もの=ども/が¥うけ−とつ/て、¥もて−あつかふ/らん¥こと/こそ¥しかる/べから/ね。¥たう−ごく/に¥おいて/は、¥いつかう¥したがふ/べから/ず。¥とうほくこく/と¥いちみ−どうしん−し/て、¥くこく/の¥うち/を¥おひ−いだし¥たてまつる/べき¥よし、¥のたまひ−つかはさ/れ/たり/けれ/ば、¥これ/を¥をがたの−さぶらう−これよし/に¥げぢ−す。¥かの¥これよし/と¥まうす/は、¥おそろしき¥もの/の¥すゑ/にて/ぞ¥さふらひ/ける。¥たとへば、¥むかし¥ぶんごの−くに¥ある¥かた−やまざと/に¥をんな¥あり/き。¥ある¥ひと/の¥ひとりむすめ、¥をつと/も¥なかり/ける/が¥もと/へ、¥をとこ¥よなよな¥かよふ/ほど/に、¥としつき/も¥へだた/れ/ば、¥み/も¥ただ/なら/ず¥なり/ぬ。¥はは¥これ/を¥あやしん/で、「¥なんぢ/が¥もと/へ¥かよふ¥もの/は、¥いか/なる¥もの/ぞ」/と¥とひ/けれ/ば、「¥くる/を/ば¥みれ/ども、¥かへる/を¥しら/ず」/と/ぞ¥いひ/ける。「¥さら/ば¥あさがへり−せ/ん¥とき、¥しるし/を¥つけ/て¥つない/で¥みよ」/と/ぞ¥をしへ/ける。¥むすめ¥はは/の¥をしへ/に¥したがひ/て、¥あさがへり−し/ける¥をとこ/の、¥みづいろ/の¥かりぎぬ/を¥き/たり/ける¥くびかみ/に¥はり/を¥さし、¥しづ/の−をだまき/と¥いふ¥もの/を¥つけて、¥へ/て¥ゆく¥かた/を¥つない/で¥みれ/ば、¥ぶんごの−くに/に¥とつ/て/も¥ひうが/の¥さかひ、¥うばだけ/と¥いふ¥だけ/の¥すそ、¥おほき/なる¥いはや/の¥うち/へ/ぞ¥つなぎ−いれ/たる。¥をんな¥いはや/の¥くち/に¥たたずん/で¥きき/けれ/ば、¥おほき/なる¥こゑ−し/て¥にえび/けり。¥をんな¥まうし/ける/は、「¥おん=すがた/を¥み¥まゐらせ/ん/が¥ため/に、¥わらは/こそ¥これ/まで¥まゐつ/て¥さぶらへ」/と¥いひ/けれ/ば、¥いはや/の¥うち/より¥こたへ/て¥いはく、「¥われ/は¥これ¥ひと/の¥すがた/に/は¥あら/ず。¥なんぢ¥わが¥すがた/を¥み/て/は、¥きも−たましひ/も¥み/に¥そふ/まじき/ぞ。¥はらめ/る¥ところ/の¥こ/は、¥なんし/なる/べし。¥ゆみ−や¥うちもの¥とつ/て/は、¥きうしう−にたう/に¥かた/を¥ならぶる¥もの¥ある/まじき/ぞ」/と/ぞ¥をしへ/ける。P82¥をんな¥かさね/て、「¥たとひ¥いか/なる¥すがた/にて/も¥あら/ば¥あれ、¥ひごろ/の¥よしみ¥いかで/か¥わする/べき/なれ/ば、¥たがひ/の¥すがた/を¥いま−いちど、¥み/も¥し¥みえ/られ/ん」/と¥いひ/けれ/ば、¥さら/ば/とて、¥いはや/の¥うち/より、¥ふしだけ/は¥ごろくしやく、¥あとまくらべ/は¥じふしごぢやう/も¥ある/らん/と¥おぼゆる¥だいじや/にて、¥どうえう−し/て/ぞ¥はひ−いで/たる。¥をんな¥きも−たましひ/も¥み/に¥そは/ず、¥めし−ぐし/たる¥じふ−よ−にん/の¥しよじう=ども、¥をめき−さけん/で¥にげ−さり/ぬ。¥くびかみ/に¥さす/と¥おもひ/し¥はり/は、¥だいじや/の¥のどぶえ/に/ぞ¥たつ/たり/ける。¥をんな¥かへり/て¥ほど−なく¥さん/を¥し/たり/けれ/ば、¥なんし/にて/ぞ¥あり/ける。¥ははかた/の¥おほぢ、¥そだて/て¥み/ん/とて¥そだて/たれ/ば、¥いまだ¥じつさい/に/も¥みた/ざる/に、¥せい¥おほきう¥かほ¥ながかり/けり。¥しちさい/にて¥げんぶく−せ/させ、¥ははかた/の¥おほぢ/を、¥だいたいふ/と¥いふ¥あひだ、¥これ/を/ば¥だいた/と/こそ¥つけ/たり/けれ。¥なつ/も¥ふゆ/も¥てあし/に¥ひま¥なく¥あかがり¥われ/たり/けれ/ば、¥あかがりだいた/と/も¥いは/れ/けり。¥かの¥これよし/は、¥くだん/の¥だいた/に/は¥ごだい/の¥そん/なり。¥かかる¥おそろしき¥もの/の¥すゑ/なれ/ば/に/や、¥こくし/の¥おほせ/を¥ゐんぜん/と¥かうし/て、¥きうしう−にたう/に¥めぐらしぶみ/を¥し/たり/けれ/ば、¥しかる/べき¥もの=ども/も、¥これよし/に¥みな¥したがひ−つく。¥くだん/の¥だいじや/は、¥ひうがの−くに/に¥あがめ/られ/させ¥たまふ、¥たかちを/の−みやうじん/の¥しんたい/なり/と/ぞ¥うけたまはる。P83
「ださいふおち」(『ださいふおち』)S0804¥さる−ほど/に¥へいけ/は、¥つくし/に¥みやこ/を¥さだめ、¥だいり¥つくら/る/べし/と、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ども、¥これよし/が¥むほん/に¥よつ/て、¥それ/も¥かなは/ず。¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう/の¥いけん/に¥まうさ/れ/ける/は、「¥かの¥をがたの−さぶらう/は、¥こまつ=どの/の¥ご=けにん/なり。¥しかれ/ば¥きんだち¥ご=いつしよ¥むかは/せ¥たまひ/て、¥こしらへ/て¥ごらんぜ/らる/べう/も/や¥さふらふ/らん」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、「¥この¥ぎ¥もつとも¥しかる/べし」/とて、¥しん−ざんみ/の−ちうじやう−すけもり、¥その¥せい¥ごひやく−よ−き、¥ぶんごの−くに/に¥うち−こえ、¥やうやう/に¥こしらへ¥のたまへ/ども、¥これよし¥したがひ¥たてまつら/ず。¥あまつさへ、「¥きんだち/を/も、¥これ/にて¥とり−こめ¥まゐらす/べう¥さふらへ/ども、¥だいじ/の¥なか/の¥せうじ¥なし/とて、¥とり−こめ¥まゐらせ/ず/は、¥なに/ほど/の¥こと/か¥さふらふ/べき。¥ただ¥ださいふ/へ¥かへら/せ¥たまひ/て、¥ご=いつしよ/で¥いか/に/も−なら/せ¥たまへ」/とて、¥おつ−かへし¥たてまつる。¥その−のち¥これよし/が¥じなん、¥のじりの−じらう−これむら/を¥ししや/にて、¥ださいふ/へ¥まうし/ける/は、「¥へいけ/こそ¥ぢうおん/の¥きみ/にて¥ましまし¥さふらへ/ば、¥かぶと/を¥ぬぎ¥ゆみ/の¥つる/を¥はづい/て、¥かうにん/に¥まゐる/べく¥さふらへ/ども、¥いちゐん/の¥おほせ/に/は、¥すみやか/に¥くこく/の¥うち/を¥おひ−いだし¥たてまつる/べき¥よし¥さふらふ」/と¥まうし−おくつ/たり/けれ/ば、¥へい−だいなごん−ときただの−きやう、¥ひを−くくり/の−はかま、¥いとくず/の−ひたたれ、P84¥たて−ゑぼし/にて、¥これむら/に¥いで−むかひ/て¥のたまひ/ける/は、「¥それ¥わが¥きみ/は¥てんそん¥しじふくせ/の¥しやうとう、¥じんむ−てんわう/より¥にんわう¥はちじふいちだい/に¥あたら/せ¥たまふ。¥され/ば¥てんせうだいじん¥しやう−はちまんぐう/も、¥わが¥きみ/を/こそ¥まもり¥まゐら/させ¥たまふ/らめ。¥なかんづく¥たうけ/は、¥ほうげん¥へいぢ/より¥この−かた、¥どど/の¥げきらん/を¥しづめ/て、¥きうしう/の¥もの=ども/を/ば、¥みな¥うちさま/へ/こそ¥めさ/れ/しか。¥しかる/に¥その¥おん/を¥わすれ/て、¥とうごく¥ほくこく/の¥きようと=ら、¥よりとも¥よしなか=ら/に¥かたらは/れ/て、¥しおほせ/たら/ば¥くに/を¥あづけ/ん、¥しやう/を¥たば/ん/と¥まうす/を、¥まこと/と¥おもひ/て、¥その¥はなぶんご/が¥げぢ/に¥したがふ/らん¥こと/こそ¥しかる/べから/ね」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥ぶんご/の¥こくし¥ぎやうぶきやう−ざんみ−よりすけの−きやう/は、¥きわめて¥はな/の¥おほき/なり/けれ/ば、¥かやう/に/は¥のたまひ/ける/なれ。¥これむら¥かへつ/て¥ちち/に¥この¥よし¥つげ/たり/けれ/ば、「¥こ/は¥いか/に、¥むかし/は¥むかし、¥いま/は¥いま、¥その¥ぎ¥なら/ば、¥くこく/の¥うち/を¥おひ−いだし¥たてまつれ/や」/とて、¥せい¥そろゆる/と¥きこえ/しか/ば、¥げん−たいふ/の−はうぐわん−すゑさだ、¥つの−はうぐわん−もりずみ、「¥きやうこう¥はうばい/の¥ため¥きくわい/に¥さふらふ。¥めし−とり¥さふらは/ん」/とて、¥その¥せい¥さんぜん−よ−き/で、¥ちくごの−くに/に¥うち−こえ、¥たかの/の−ほんじやう/に¥はつかう−し/て、¥いちにち−いち−や¥せめ−たたかふ。¥され/ども¥これよし/が¥かた/の¥せい、¥うんか/の/ごとく/に¥かさなれ/ば、¥ちから¥およば/で¥ひき−しりぞく。¥へいけ/は、¥をがたの−さぶらう−これよし/が、¥さんまん−よ−き/の¥せい/にて、¥すでに¥よす/と¥きこえ/しか/ば、¥とる¥もの/も¥とり−あへ/ず、¥ださいふ/を/こそ¥おち¥たまへ。¥さ/しも¥たのもしかり/つる¥てんまんてんじん/の¥しめ/の¥あたり/を、¥こころ−ぼそく/も¥たち−わかれ、¥かよちやう/も¥なけれ/ば、¥そうくわ¥ほうれん/は、¥ただ¥な/を/のみP85¥きき/て、¥しゆしやう¥えうよ/に¥めさ/れ/けり。¥こくも/を¥はじめ¥まゐらせ/て、¥やんごとなき¥にようばう=たち/は、¥はかま/の¥すそ/を¥たかく¥とり、¥おほい=との¥いげ/の¥けいしやう−うんかく/は、¥さしぬき/の¥そば/を¥たかく¥はさみ、¥かちはだし/で¥みづき/の¥と/を¥いで/て、¥われ¥さき/に¥われ¥さき/に/と、¥はこざき/の−つ/へ/こそ¥おち¥たまへ。¥をりふし¥くだる¥あめ¥しやぢく/の/ごとし。¥ふく¥かぜ¥いさご/を¥あぐ/とかや。¥おつる¥なみだ¥ふる¥あめ、¥わき/て¥いづれ/も¥みえ/ざり/けり。¥すみよし、¥はこざき、¥かしひ、¥むなかた¥ふし−をがみ、¥しゆしやう¥ただ¥きうと/の¥くわんかう/と/のみ/ぞ¥いのら/れ/ける。¥たるみやま、¥うづらばま/など¥いふ¥さがしき¥けんなん/を¥しのが/せ¥たまひ/て、¥べうべう/たる¥へいさ/へ/ぞ¥おもむか/れ/ける。¥いつ¥ならはし/の¥おん=こと/なれ/ば、¥おん=あし/より¥いづる¥ち/は¥いさご/を¥そめ、¥くれなゐ/の¥はかま/は¥いろ/を¥まし、¥しろき¥はかま/は¥すそ−ぐれなゐ/に/ぞ¥なり/に/ける。¥かの¥げんざう−さんざう/の¥りうさ¥そうれい/を¥しのが/れ/たり/けん¥かなしみ/も、¥これ/に/は¥いかで/か¥まさる/べき。¥それ/は¥ぐほふ/の¥ため/なれ/ば、¥じた/の¥りやく/も¥あり/けん、¥これ/は¥とうせん/の¥みち/なれ/ば、¥らいせ/の¥くるしみ、¥かつ¥おもふ/こそ¥かなしけれ。¥
はらたの−たいふ−たねなほ/は、¥にせん−よ−き/で、¥きやう/より¥へいけ/の¥おん=とも/に¥まゐる。¥やまがの−ひやうどうじ−ひでとほ、¥すせんぎ/で¥へいけ/の¥おん=むかひ/に¥まゐり/ける/が、¥たねなほ¥ひでとほ、¥もつて/の−ほか/に¥ふわ/なり/けれ/ば、¥たねなほ/は¥あしかり/な/ん/とて、¥みち/より¥ひつ−かへす。¥それ/より¥あしや/の−つ/と¥いふ¥ところ/を、¥すぎ/させ¥たまふ/に/も、「¥これ/は¥みやこ/より¥われ=ら/が¥ふくはら/へ¥かよひ/し¥とき、¥あさゆふ¥み−なれ/し¥さと/の¥な/なれ/ば」/とて、¥いづれ/の¥さと/より/も¥なつかしく、¥いまさら¥あはれ/を/ぞ¥もよほさ/れ/ける。¥しんら、¥はくさい、¥かうらい、¥けいたん、¥くも/の¥はて¥うみ/の¥はて/まで/も、¥おち−ゆか/ばや/と/は¥おもは/れ/けれ/ども、P86¥なみかぜ¥むかう/て¥かなは/ね/ば¥ちから¥およば/ず、¥ひやうどうじ−ひでとほ/に¥ぐせ/られ/て、¥やまが/の−じやう/に/ぞ¥こもり¥たまふ。¥やまが/へ/も¥また¥かたき¥よす/と¥きこえ/しか/ば、¥とる¥もの/も¥とり−あへ/ず、¥へいけ¥こ−ぶね=ども/に¥とり−のつ/て、¥よ/も−すがら¥ぶぜんの−くに¥やなぎがうら/へ/ぞ¥わたら/れ/ける。¥ここ/に¥みやこ/を¥さだめ/て、¥だいり¥つくら/る/べし/と、¥くぎやう−せんぎ¥あり/しか/ども、¥ぶんげん¥なけれ/ば¥それ/も¥かなは/ず。¥また¥ながと/より¥げんじ¥よす/と¥きこえ/しか/ば、¥とる¥もの/も¥とり−あへ/ず、¥あま¥を−ぶね/に¥めし/て、¥うみ/に/ぞ¥うかび¥たまひ/ける。¥かんなづき/の¥ころほひ、¥こまつ=どの/の¥さんなん、¥ひだん/の−ちうじやう−きよつね/は、¥なにごと/も¥ふかう¥おもひ−いれ¥たまへ/る¥ひと/にて¥おはし/ける/が、¥ある¥つき/の¥よ、¥ふなばた/に¥たち−いで/て、¥やうでう¥ねとり¥らうえい−し/て、¥あそば/れ/ける/が、¥みやこ/を/ば¥げんじ/の¥ため/に¥せめ−おとさ/れ、¥ちんぜい/を/ば¥これよし/が¥ため/に¥おひ−いださ/れ、¥あみ/に¥かかれ/る¥うを/の/ごとし。¥いづち/へ¥ゆか/ば¥のがる/べき/かは。¥ながらへ−はつ/べき¥み/に/も¥あら/ず/とて、¥しづか/に¥きやう¥よみ¥ねんぶつ−し/て、¥うみ/に/ぞ¥しづみ¥たまひ/ける。¥なんによ¥なき−かなしめ/ども¥かひ/ぞ¥なき。¥ながとの−くに/は¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう/の¥くに/なり/けり。¥もくだい/は¥きの−ぎやうぶ/の−たいふ−みちすけ/と¥いふ¥もの/なり。¥へいけ¥あま¥を−ぶね/に¥めし/たる¥よし¥うけたまはつ/て、¥おほ−ぶね¥ひやく−よ−そう¥てんじ/て¥まゐらせ/たり/けれ/ば、¥へいけ¥これ/に¥のり−うつり、¥しこく/へ/ぞ¥わたら/れ/ける。¥あはの−みんぶ−しげよし/が¥さた/と/して、¥さぬきの−くに¥やしま/の−いそ/に¥かた/の¥やう/なる¥いたや/の¥だいり/や、¥ごしよ/を/ぞ¥つくら/せ/ける。¥その/ほど/は¥あやし/の¥みんをく/を¥くわうきよ/と¥する/に¥およば/ね/ば、¥ふね/を¥ごしよ/と/ぞ¥さだめ/ける。¥おほい=とのP87¥いげ/の¥けいしやう−うんかく/は、¥あま/の−とまや/に¥ひ/を¥くらし、¥ふね/の¥うち/にて¥よ/を¥あかす。¥りようどう−げきしゆ/を¥かいちう/に¥うかべ、¥なみ/の¥うへ/の¥かうきう/は、¥しづか/なる¥とき¥なし。¥つき/を¥ひたせ/る¥うしほ/の¥ふかき¥うれへ/に¥しづみ、¥しも/を¥おほへ/る¥あし/の¥は/の¥もろき¥いのち/を¥あやぶむ。¥すさき/に¥さわぐ¥ちどり/の¥こゑ/は、¥あかつき¥うらみ/を¥まし、¥そはゐ/に¥かかる¥かぢ/の¥おと/は、¥よは/に¥こころ/を¥いたま/しむ。¥はくろ/の¥ゑんしよう/に¥むれ−ゐる/を¥み/て/は、¥げんじ/の¥はた/を¥あぐる/か/と¥うたがは/る。¥やがん/の¥れうかい/に¥なく/を¥きい/て/は、¥つはもの=ども/の¥よ/も−すがら¥ふね/を¥こぐ/か/と¥おどろか/る。¥せいらん¥はだへ/を¥をかし/て/は、¥すゐたい¥こうがん/の¥いろ¥やうやう¥おとろへ、¥さうは¥まなこ¥うげ/て、¥ぐわいと¥ばうきやう/の¥なんだ¥おさへ−がたし。¥すゐちやう¥こうけい/に¥かはれ/る/は、¥はにふ/の¥こや/の¥あしすだれ、¥くんろ/の¥けぶり/に¥こと/なる、¥あま/の¥もしほび¥たく¥いやしき/に¥つけ/て/も、¥にようばう=たち/は、¥つきせ/ぬ¥もの−おもひ/に、¥くれなゐ/の¥なみだ¥せき−あへ¥たまは/ね/ば、¥みどり/の¥まゆずみ¥みだれ/つつ、¥その¥ひと/と/も¥みえ¥たまは/ず。¥
「せいいしやうぐんのゐんぜん」(『せいいしやうぐんのゐんぜん』)S0805¥さる−ほど/に¥かまくら/の−さきの−うひやうゑ/の−すけ−よりとも、¥ぶよう/の¥めいよ¥ちやうじ¥たまへ/る/に¥よつ/て、¥ゐ/ながら¥せいい−しやうぐん/の¥ゐんぜん/を¥くださ/る。¥お=つかひ/は¥さししやう−なかはらの−やすさだ/と/ぞ¥きこえ/し。¥じふぐわつ−よつかのひ¥くわんとう/へ¥げちやく。¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥のたまひ/ける/は、「¥そもそも¥よりとも¥ぶよう/の¥めいよ¥ちやうぜる/に¥よつ/て、P88¥ゐ/ながら¥せいい−しやうぐん/の¥ゐんぜん/を¥かうぶる。¥され/ば¥わたくし/にて/は¥いかで/か¥うけ−とり¥たてまつる/べき。¥わかみや/の¥はいでん/に/して、¥うけ−とり¥たてまつる/べし」/とて、¥わかみや/へ/こそ¥まゐり−むかは/れ/けれ。¥はちまん/は¥つるがをか/に¥たた/せ¥たまふ。¥ちけい¥いはしみづ/に¥たがは/ず。¥くわいらう¥あり、¥ろうもん¥あり、¥つくりみち¥じふ−よ−ちやう/を¥み−くだし/たり。¥そもそも¥ゐんぜん/を/ば、¥たれ/して/か¥うけ−とり¥たてまつる/べき/と¥ひやうぢやう¥あり。¥みうら/の−すけ−よしずみ/して、¥うけ−とり¥たてまつる/べし。¥その¥ゆゑ/は¥はつ−か−こく/に¥きこえ/たる¥ゆみ−や−とり、¥みうらの−へいたらう−ためつぎ/が¥ばつえふ/なり。¥ちち¥おほすけ/も¥きみ/の¥ため/に¥いのち/を¥すて/し¥つはもの/なれ/ば、¥かの¥ぎめい/が¥くわうせん/の¥めいあん/を¥てらさ/ん/が¥ため/と/ぞ¥きこえ/し。¥ゐんぜん/の¥お=つかひ¥やすさだ/は、¥いへのこ¥ににん、¥らうどう¥じふにん¥ぐし/たり。¥みうら/の−すけ/も、¥いへのこ¥ににん、¥らうどう¥じふにん¥ぐし/たり/けり。¥ににん/の¥いへのこ/は、¥わだの−さぶらう−むねざね、¥ひきの−とうしらう−よしかず/なり。¥らうどう¥じふにん/を/ば、¥だいみやう¥じふにん/して、¥ひとり−づつ¥にはか/に¥したて/られ/たり。¥みうら/の−すけ、¥その−ひ/は、¥かちん/の−ひたたれ/に、¥くろいと−をどし/の−よろひ¥き/て、¥こくしつ/の−たち/を¥はき、¥にじふし¥さい/たる¥きりふ/の−や¥おひ、¥しげどう/の−ゆみ¥わき/に¥はさみ、¥かぶと/を/ば¥ぬい/で¥たかひも/に¥かけ、¥こし/を¥かがめ/て¥ゐんぜん/を¥うけ−とり¥たてまつら/ん/と¥す。¥さししやう¥まうし/ける/は、「¥ただいま¥ゐんぜん¥うけ−とり¥たてまつら/ん/と¥する/は¥たれびと/ぞ。¥なのり¥たまへ」/と¥いひ/けれ/ば、¥ひやうゑ/の−すけ/の¥すけ/の¥じ/に/や¥おそれ/けん、¥みうら/の−すけ/と/は¥なのら/ず/して、¥ほんみやう¥みうらの−あらじらう−よしずみ/と/こそ¥なのつ/たれ。¥ゐんぜん/を/ば¥らんばこ/に¥いれ/られ/たり。¥ひやうゑ/の−すけ=どの/に¥たてまつる。¥やや¥あつ/て¥らんばこ/を/ば¥かへさ/れ/けり。¥おもかり/けれ/ば、¥やすさだ¥これ/を¥ひらい/て¥みる/に、¥しやきんP89¥ひやくりやう¥いれ/られ/たり。¥わかみや/の¥はいでん/に/して、¥やすさだ/に¥さけ/を¥すすめ/らる。¥さいゐん/の−じくわん¥はいぜん−す。¥ごゐ¥いち−にん¥やくそう/を¥つとむ。¥むま¥さんびき¥ひか/る。¥いつぴき/に¥くら¥おい/たり。¥みや/の¥さぶらひ¥かのの−くどう−いちらふ−すけつね¥これ/を¥ひく。¥ふるき¥かやや/を¥しつらう/て、¥やすさだ/を¥いれ/らる。¥あつわた/の¥きぬ¥にりやう、¥こそで¥とかさね、¥ながもち/に¥いれ/て¥まうけ/たり。¥こんあゐずり、¥しろぬの¥せんだん/を¥つめ/り。¥はいばん¥ゆたか/に/して¥びれい/なり。¥つぎ/の−ひ¥ひやうゑ/の−すけ/の¥たち/に¥むかふ。¥うちと/に¥さぶらひ¥あり。¥ともに¥じふろくけん/まで¥あり/けり。¥とさぶらひ/に/は、¥いへのこ(原本いへこの)¥らうどう¥かた/を¥ならべ、¥ひざ/を¥くん/で¥なみ−ゐ/たり。¥うちさぶらひ/に/は、¥いちもん/の¥げんじ¥しやうざ−し/て、¥ばつざ/に/は¥はつ−か−こく/の¥だいみやう−せうみやう¥ゐ−ながれ/たり。¥げんじ/の¥しやうざ/に/は、¥やすさだ/を¥すゑ/らる。¥やや¥あつ/て¥しんでん/に¥むかふ。¥うへ/に/は¥かうらいべり/の¥たたみ/を¥しき、¥ひろびさし/に/は¥むらさきべり/の¥たたみ/を¥しい/て、¥やすさだ/を¥すゑ/らる。¥み=す¥たかく¥まき−あげ/させ/て、¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥いで/られ/たり。¥その−ひ/は¥ほうい/に¥たて−ゑぼし/なり。¥かほ¥おほき/に/して¥せい¥ひきかり/けり。¥ようばう¥いうび/に/して¥げんぎよ¥ぶんみやう/なり。¥まづ¥しさい/を¥いちじ¥のべ/たり。「¥そもそも¥へいけ¥よりとも/が¥ゐせい/に¥おそれ/て、¥みやこ/を¥おつ。¥その¥あと/に¥きそ−よしなか、¥じふらう−くらんど=ら/が¥うち−いつ/て、¥わが¥かうみやうがほ/に、¥くわん−かかい/を¥おもふ¥さま/に¥つかまつり、¥あまつさへ¥くに/を¥きらひ¥まうす¥でう¥きくわい/なり。¥また¥おくの−ひでひら/が¥みちの−くにの−かみ/に¥なり、¥さたけの−くわんじや/が¥ひたちの−かみ/に¥なつ/て、¥これ/も¥よりとも/が¥げぢ/に¥したがは/ず。¥かれ=ら/を/も¥いそぎ¥つゐたう¥す/べき¥よし/の¥ゐんぜん、¥たまはる/べき」¥よし/を¥まうさ/る。¥やすさだ、「¥やがて¥これ/にて¥みやうぶ/を/も¥まゐらせ/たう/は¥さふらへ/ども、¥たうじ/は¥お=つかひ/の¥み/で¥さふらへ/ば、P90¥まかり−のぼつ/て、¥やがて¥したため/て/こそ¥まゐらせ/め。¥おとと/で¥さふらふ¥し/の−たいふ−しげよし/も、¥この¥ぎ/を¥まうし¥さふらふ」/と¥まうし/けれ/ば、¥ひやうゑ/の−すけ=どの¥あざ−わらう/て、「¥たうじ¥よりとも/が¥み/と/して、¥おのおの/の¥みやうぶ¥おもひ/も¥よら/ず。¥さり/ながら/も¥いたさ/れ/ば、¥さ/こそ¥ぞんぜ/め」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥やすさだ¥やがて¥こんにち¥しやうらく/の¥よし/を¥まうす。¥けふ/ばかり/は¥とうりう¥ある/べし/とて¥とどめ/らる。¥つぎ/の−ひ¥また¥ひやうゑ/の−すけ/の¥たち/へ¥むかふ。¥もよぎ/の−いと−をどし/の−はらまき¥いちりやう、¥しろう¥つくつ/たる¥たち¥ひとふり、¥しげどう/の−ゆみ/に¥のや¥そへ/て¥たぶ。¥むま¥じふさんびき¥ひか/る。¥さんびき/に¥くら¥おい/たり。¥じふににん/の¥いへのこ−らうどう=ども/に/も、¥ひたたれ、¥こそで、¥おほぐち、¥むま、¥もののぐ/に¥およべ/り。¥むま/だに/も¥さんびやくひき/まで¥あり/けり。¥かまくら−いで/の−しゆく/より/も、¥あふみの−くに¥かがみ/の−しゆく/に¥いたる/まで、¥しゆくじゆく/に¥じつこく−づつ/の¥よね/を¥おか/れ/たり/けれ/ば、¥たくさん/なる/に¥よつ/て、¥せぎやう/に¥ひき/ける/と/ぞ¥きこえ/し。¥
「ねこま」(『ねこま』)S0806¥やすさだ¥みやこ/へ¥のぼり¥ゐんざん−し/て、¥お=つぼ/の−うち/に¥かしこまつ/て、¥くわんとう/の¥やう/を¥つぶさ/に¥そうもん¥まうし/たり/けれ/ば、¥ほふわう¥おほき/に¥ぎよ=かん¥あり/けり。¥くぎやう/も¥てんじやうびと/も、¥ゑつぼ/に¥いら/せ¥おはしまし、P91¥いか/なれ/ば¥ひやうゑ/の−すけ/は、¥かう/こそ¥ゆゆしう¥おはせ/しか。¥たうじ¥みやこ/の¥しゆご−し/て¥さふらは/れ/ける¥きそ−よしなか/は、¥に/も¥に/ず¥あしかり/けり。¥いろ¥しろう¥みめ/は¥よい¥をのこ/にて¥あり/けれ/ども、¥たちゐ/の¥ふるまひ/の¥ぶこつ−さ、¥もの¥いひ/たる¥ことばつづき/の¥かたくな/なる¥こと¥かぎり−なし。¥ことわり/なる/かな、¥にさい/より¥さんじふ/に¥あまる/まで、¥しなのの−くに¥きそ/と¥いふ¥かた−やまざと/に¥すみ−なれ/て¥おはし/けれ/ば、¥なじか/は¥よかる/べき。¥その−ころ¥ねこまの−ちうなごん−みつたかの−きやう/と¥いふ¥ひと¥あり/けり。¥きそ/に¥のたまひ−あはす/べき¥こと¥あつ/て、¥おはし/たり/ける/を、¥らうどう=ども、「¥ねこま=どの/の¥いら/せ¥たまひ/て¥さふらふ」/と¥いひ/けれ/ば、¥きそ¥おほき/に¥わらう/て、「¥ねこ/は¥ひと/に¥たいめん−する/か」/と/ぞ¥いひ/ける。「¥これ/は¥ねこまの−ちうなごん=どの/とて、¥くぎやう/にて¥わたら/せ¥たまひ¥さふらふ」/と¥いひ/けれ/ば、¥さら/ば/とて¥たいめん−す。¥きそ、¥ねこま=どの/と/は¥え¥いは/で、「¥ねこ=どの/の¥けどき/に、¥まればれ¥わい/た/に、¥もの¥よそへ」/と/ぞ¥いひ/ける。¥ちうなごん=どの、「¥いかで/か¥ただいま¥さる−おん=こと/の¥おはす/べき」/と¥のたまへ/ども、¥きそ、¥なに/を/も¥あたらしき¥もの/を/ば、¥ぶえん/と¥いふ/ぞ/と¥こころ−え/て、「¥ぶえん/の¥ひらたけ¥ここ/に¥あり。¥とうとう」/と¥いそが/す。¥ねのゐの−こやた¥はいぜん−す。¥ゐなか¥がふし/の¥きはめ/て¥おほき/に、¥くぼかり/ける/に、¥はん¥うづたかう¥よそひ、¥ご=さい¥さんじゆ−し/て、¥ひらたけ/の¥しる/にて¥まゐらせ/たり。¥きそ/が¥まへ/に/も、¥おなじ¥てい/にて¥すゑ/たり/けり。¥きそ¥はし¥とつ/て¥しよく−す。¥ちうなごん/は¥あまり/に¥がふし/の¥いぶせ−さ/に、¥めさ/ざり/けれ/ば、¥きそ、「¥きたなう¥な¥おもひ¥たまひ/そ。¥それ/は¥よしなか/が¥しやうじん−がふし/で¥さふらふ/ぞ。¥とうとう」/と¥すすむる¥あひだ、¥ちうなごん=どの、P92¥めさ/で/も¥さすが¥あしかり/な/ん/と/や¥おもは/れ/けん、¥はし¥とつ/て¥めす¥よし/して、¥さし−おか/れ/たり/けれ/ば、¥きそ¥おほき/に¥わらつ/て、「¥ねこ=どの/は¥せうじき/にて¥おはす/よ。¥きこゆる¥ねこおろし−し¥たまひ/たり。¥かい¥たまへ¥かい¥たまへ/や」/と/ぞ¥せめ/たり/ける。¥ちうなごん=どの/は、¥かやう/の¥こと/に、¥よろづ¥きよう¥さめ/て、¥のたまひ−あはす/べき¥こと=ども、¥ひとことば/も¥いひ−いださ/ず、¥いそぎ¥かへら/れ/けり。¥その−のち¥よしなか¥ゐんざん−し/ける/が、¥くわん−かかい−し/たる¥もの/の¥ひたたれ/にて¥しゆつし−せ/ん¥こと、¥ある/べう/も¥なし/とて、¥にはか/に¥ほうい¥とり、¥しやうぞく、¥かぶりぎは、¥そで/の¥かかり、¥さしぬき/の¥りん/に¥いたる/まで、¥かたくな/なる¥こと¥かぎり−なし。¥よろひ¥とつ/て¥き、¥や¥かき−おひ、¥ゆみ¥おし−はり、¥かぶと/の¥を/を¥しめ、¥むま/に¥うち−のつ/たる/に/は、¥に/も¥に/ず¥あしかり/けり。¥され/ども¥くるま/に¥こがみ¥のん/ぬ。¥うしかひ/は¥やしま/の¥おほい=との/の¥うしかひ/なり。¥うし¥くるま/も¥そ/なり/けり。¥いちもつ/なる¥うし/の、¥すゑ¥かう/たる/を、¥かど¥いづる/とて、¥ひとずばえ¥あて/たら/う/に、¥なじか/は¥よかる/べき。¥うし/は¥とん/で¥いづれ/ば、¥きそ/は¥くるま/の¥うち/にて、¥あふのき/に¥たふれ/ぬ。¥てふ/の¥はね/を¥ひろげ/たる¥やう/に、¥さう/の¥そで/を¥ひろげ、¥て/を¥あがい/て、¥おき/ん¥おき/ん/と¥し/けれ/ども、¥なじか/は¥おき/らる/べき。¥きそ、¥うしかひ/と/は¥え¥いは/で、「¥やれ¥こうし−こでい/よ、¥やれ¥こうし−こでい/よ」/と¥いひ/けれ/ば、¥くるま/を¥やれ/と¥いふ/ぞ/と¥こころ−え/て、¥ごろくちやう/こそ¥あがか/せ/けれ。¥いまゐの−しらう¥むち−あぶみ/を¥あはせ/て¥おつ−つき、「¥なに/とて¥おん=くるま/を/ば、¥かやう/に/は¥つかまつる/ぞ」/と¥いひ/けれ/ば、「¥あまり/に¥お=うし/の¥はな/が¥こはう¥さふらう/て」/と/ぞ¥のべ/たり/ける。¥うしかひ、P93¥きそ/に¥なかなほり−せ/ん/と/や¥おもひ/けん、「¥それ/に¥さふらふ¥てがた/と¥まうす¥もの/に、¥とり−つか/せ¥たまへ」/と¥いひ/けれ/ば、¥きそ¥てがた/に¥むずと¥つかみ−つい/て、「¥あつぱれ¥したく/や、¥うし−こでい/が¥はからひ/か、¥との/の¥やう/か」/と/ぞ¥とう/たり/ける。¥さて¥ゐん/の−ごしよ/へ¥まゐり、¥もんぜん/にて¥くるま¥かけ−はづさ/せ、¥うしろ/より¥おり/ん/と¥し/けれ/ば、¥きやう/の¥もの/の¥ざつしき/に¥めし−つかは/れ/ける/が、「¥くるま/に/は¥めさ/れ¥さふらふ¥とき/こそ、¥うしろ/より/は¥めさ/れ¥さふらへ。¥おり/させ¥たまふ¥とき/は、¥まへ/より/こそ¥おり/させ¥たまふ/べけれ」/と¥いひ/けれ/ば、¥きそ、「¥いかで/か¥くるま/なら/ん/がら/に、¥なんでふ¥すどほり/を/ば¥す/べき」/とて、¥つひに¥うしろ/より/ぞ¥おり/てげる。¥その−ほか¥をかしき¥こと=ども¥おほかり/けれ/ども、¥おそれ/て¥これ/を¥まうさ/ず。¥うしかひ/は¥つひに¥きら/れ/に/けり。¥
「みづしまがつせん」(『みづしまがつせん』)S0807¥さる−ほど/に¥へいけ/は、¥さぬき/の¥やしま/に¥あり/ながら、¥せんやうだう¥はつ−か−こく、¥なんかいだう¥ろくかこく、¥つがふ¥じふしかこく/を/ぞ¥うつ−とり/ける。¥きそ¥やすから/ぬ¥こと/なり/とて、¥やがて¥うつて/を¥むけ/らる。¥たいしやうぐん/に/は¥みちの−くにの−しん−はうぐわん−よしやす/が¥こ、¥やたの−はんぐわんだい−よしきよ、¥さぶらひ−だいしやう/に/は、¥しなのの−くに/の¥ぢうにん¥うみのの−やへい−しらう−ゆきひろ/を¥さき/と/して、¥つがふ¥その¥せい¥しちせん−よ−き、¥せんやうだう/へP94¥はつかう−す。¥びつちうの−くに¥みづしま/の−と/に¥ふね/を¥うかべ/て、¥やしま/へ¥すでに¥よせ/ん/と¥す。¥うるふ−じふぐわつ−ひとひのひ、¥みづしま/が−と/に¥こ−ぶね¥いつそう¥いで−き/たり。¥あま−ぶね、¥つり−ぶね/か/と¥みる¥ところ/に、¥さ/は¥なく/して、¥へいけ/の¥かた/より/の¥てふ/の¥つかひ/の¥ふね/なり/けり。¥げんじ/の¥かた/の¥つはもの=ども、¥これ/を¥み/て、¥ほし−あげ/たり/ける¥ごひやく−よ−そう/の¥ふね=ども/を、¥みな¥われ¥さき/に¥われ¥さき/に/と/ぞ¥おろし/ける。¥へいけ/は¥せん−よ−そう/で/ぞ¥よせ/たり/ける。¥たいしやうぐん/に/は¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう、¥ふくしやうぐん/に/は¥のとの−かみ−のりつね/なり/けり。¥のと=どの¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥いか/に¥しこく/の¥もの=ども、¥ほくこく/の¥やつ=ばら/に¥いけどり/に¥せ/られ/ん/を/ば、¥こころ−うし/と/は¥おもは/ず/や。¥み=かた/の¥ふね/を/ば¥くめ/や」/とて、¥せん−よ−そう/の¥ともづな、¥へづな/を¥くみ−あはせ、¥なか/に¥もやひ/を¥いれ、¥あゆみ/の¥いた/を¥ひき−わたし−ひき−わたし¥わたい/たれ/ば、¥ふね/の¥うち/は¥へいへい/たり。¥とき¥つくり、¥や−あはせ−し/て、¥とほき/を/ば¥い/て¥おとし、¥ちかき/を/ば¥たち/で¥きる。¥あるひは¥くまで/に¥かけ/て¥ひき−おとさ/るる¥もの/も¥あり。¥あるひは¥ひつ−くみ¥さし−ちがへ/て、¥うみ/へ¥とび−いる¥もの/も¥あり。¥いづれ¥ひま¥あり/と/も¥みえ/ざり/けり。¥げんじ/の¥かた/の、¥さぶらひ−だいしやう¥うみのの−やへい−しらう−ゆきひろ¥うた/れ/ぬ。¥これ/を¥み/て¥やたの−はんぐわんだい−よしきよ、¥やすから/ぬ¥こと/なり/とて、¥しゆじう¥しちにん¥こ−ぶね/に¥のり、¥まつさき/に¥すすん/で¥たたかひ/ける/が、¥ふね¥ふみ−しづめ/て¥うせ/に/けり。¥へいけ/は¥ふね/に¥むま/を¥たて/たり/けれ/ば、¥ふね=ども¥のり−かたぶけ−のり−かたぶけ、¥むま=ども¥おひ−おろし−おひ−おろし、¥ふね/に¥ひき−つけ−ひき−つけ¥およが/す。¥むま/の¥あしだち、¥くらづめ¥ひたる/ほど/に/も¥なり/しか/ば、¥ひたひたと¥うち−のつ/て、¥のと=どの¥ごひやく−よ−き、¥をめい/て¥さき/を¥かけ¥たまへ/ば、¥げんじ/の¥かた/に/は¥たいしやうぐん/は¥うた/れ/ぬ、¥われP95¥さき/に/と/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥へいけ/は¥こんど¥みづしま/の−いくさ/に¥かつ/て/こそ、¥くわいけい/の−はぢ/を/ば¥きよめ/けれ。¥
「せのをさいご」(『せのをさいご』)S0808¥きその−さま/の−かみ、¥この¥よし/を¥きい/て、¥やすから/ぬ¥こと/なり/とて、¥その¥せい¥いちまん−よ−き/で、¥びつちうの−くに/へ¥はせ−くだる。¥ここに¥へいけ/の¥み=かた/に¥さふらひ/ける、¥びつちうの−くに/の¥ぢうにん、¥せのをの−たらう−かねやす/は、¥きこゆる¥つはもの/にて¥あり/けれ/ども、¥さんぬる¥ごぐわつ¥ほくこく/の¥たたかひ/の¥とき、¥うん/や¥つき/に/けん、¥かがの−くに/の¥ぢうにん、¥くらみつの−じらう−なりずみ/が¥て/に¥かかつ/て、¥いけどり/に/こそ¥せ/られ/けれ。¥その−とき¥すでに¥きら/る/べかり/し/を、¥きそ=どの、「¥あつたら¥をのこ/を¥さう−なう¥きる/べき/に¥あら/ず」/とて、¥おとと¥さぶらう−なりうぢ/に¥あづけ/られ/て/ぞ¥さふらひ/ける。¥ひとあひ¥こころざま、¥まことに¥いう/なり/けれ/ば、¥くらみつ/も¥ねんごろ/に¥もてなし/けり。¥そしけい/が¥ここく/に¥とらはれ、¥りせうけい/が¥かんてう/へ¥かへら/ざり/し/が/ごとし。¥とほく¥いこく/に¥つける¥こと/も、¥むかし/の¥ひと/の¥かなしめ/り/し/が¥ところ/なり/と¥いへ/り。¥おしかは/の¥たまき、¥かも/の¥ばく、¥もつて¥ふうう¥を¥ふせぎ、¥なまぐさき¥しし、¥らく/の−つくりみづ、¥もつて¥きかつ/に¥あつ。¥よる/は¥いぬる¥こと¥なく、¥ひる/は¥ひねもす/に¥つかへ/て、¥き/を¥きり¥くさ/を¥から/ず/と¥いふ/ばかり/に¥したがひ/つつ、¥いか/に/も−し/て¥かたき/を¥うかがひ−うつ/て、¥いま−いちど¥きうしゆ/をP96¥み/ばや/と、¥おもひ−たち/ける¥かねやす/が、¥こころ/の¥うち/こそ¥おそろしけれ。¥ある¥とき¥せのをの−たらう、¥くらみつの−さぶらう/に¥いひ/ける/は、「¥さんぬる¥ごぐわつ/より¥かひ−なき¥いのち/を¥たすけ/られ¥まゐらせ/て¥さふらへ/ば、¥たれ/を¥たれ/と/か¥おもひ¥まゐらせ¥さふらふ/べき。¥こんど¥ご=かつせん¥さふらは/ば、¥いのち/を/ば¥まづ¥きそ=どの/に¥たてまつら/ん。¥それ/に¥つき¥さふらひ/て/は、¥せんねん¥かねやす/が¥ちぎやう−し¥さふらひ/し¥びつちう/の¥せのを/と¥いふ¥ところ/は、¥むま/の¥くさがひ¥よき¥ところ/にて¥さふらふ。¥ご=へん¥まうし/て¥たまはら/せ¥さふらへ。¥あんないしや−せ/ん」/と¥いひ/けれ/ば、¥くらみつの−さぶらう、¥きそ=どの/に、¥この¥よし/を¥まうす。¥きそ=どの、「¥さて/は¥ふびん/の¥こと/を/も¥まうす¥ござんなれ。¥まことに/は¥なんぢ¥まづ¥くだつ/て、¥むま/の¥くさ/など/を/も¥かまへ/させよ」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥くらみつの−さぶらう¥かしこまり−うけたまはつ/て、¥てぜい¥さんじつき/ばかり、¥せのをの−たらう/を¥あひ−ぐし/て、¥びつちうの−くに/へ¥はせ−くだる。¥せのを/が¥ちやくし¥こたらう−むねやす/は、¥へいけ/の¥み=かた/に¥さふらひ/ける/が、¥ちち/が¥きそ=どの/より¥いとま¥たまはつ/て¥くだる/と¥きい/て、¥としごろ/の¥らうどう=ども¥もよほし−あつめ/て、¥その¥せい¥ひやくき/ばかり/で、¥ちち/が¥むかひ/に¥のぼり/ける/が、¥はりま/の¥こふ/で¥ゆき−あう/たり。¥それ/より¥うち−つれ/て¥くだる/ほど/に、¥びぜんの−くに¥みついし/の−しゆく/に¥とどまつ/たり/ける¥よ、¥せのを/が¥あひ−しつ/たる¥もの=ども、¥さけ/を¥もた/せ/て¥きたり−あつまり、¥よ/も−すがら¥さかもり−し/ける/が、¥くらみつ/が¥せい¥さんじつき/ばかり/を¥しひ−ふせ/て、¥おこし/も¥たて/ず、¥くらみつの−さぶらう/を¥はじめ/と/して、¥いちいち/に¥みな¥さし−ころし/てげる。¥びぜんの−くに/は¥じふらう−くらんど/の¥くに/なり/けり。¥その¥だいくわん/の¥こふ/に¥あり/ける/を/も、¥やがて¥おし−よせ/て¥うち/てげり。¥せのをの−たらう¥まうし/ける/は、「¥かねやす/こそ¥きそ=どの/より¥いとま¥たまはつ/て、¥これ/まで¥まかり−くだつ/たれ。P97¥へいけ/に¥おん=こころざし¥おもひ¥まゐらせ/ん¥ひとびと/は、¥こんど¥きそ=どの/の¥くだり¥たまふ/に、¥や¥ひとつ¥い−かけ¥たてまつれ/や」/と¥ひろう−し/たり/けれ/ば、¥びぜん、¥びつちう、¥びんご¥さんかこく/の¥つはもの=ども、¥しかる/べき¥むま¥もののぐ、¥しよじう/など/を/ば、¥へいけ/の¥おん=かた/へ¥まゐらせ/て、¥やすみ−ゐ/たり/ける¥らうしや=ども、¥せのを/に¥もよほさ/れ/て、¥あるひは¥かき/の−ひたたれ/に¥つめひも−し、¥あるひは¥ぬの/の¥こそで/に¥あづまをり−し、¥やぶれ−はらまき¥つづり−き、¥やまうつぼ、¥たかえびら/に¥や=ども¥せうせう¥さし、¥かき−おひ−かき−おひ、¥つがふ¥その¥せい¥にせん−よ−にん、¥せのを/が¥たち/へ¥はせ−あつまる。¥びぜんの−くに¥ふくりうじなはて、¥ささのせまり/を¥じやうくわく/に¥かまへ/て、¥くち¥にぢやう¥ふか−さ¥にぢやう/に¥ほり/を¥ほり、¥かいだて¥かき、¥たかやぐら−し、¥さかもぎ¥ひい/て¥まち−かけ/たり。¥じふらう−くらんど/の¥だいくわん、¥せのを/に¥うた/れ/て、¥その¥げにん/の¥にげ/て¥きやう/へ¥のぼる/が、¥はりま/と¥びぜん/の¥さかひ/なる¥ふなさかやま/にて、¥きそ=どの/に¥ゆき−あひ¥たてまつり、¥この¥よし¥かくと¥まうし/けれ/ば、¥きそ=どの、「¥にくから/ん¥せのを−め/を、¥きつ/て¥すつ/べかり/つる/ものを、¥てのび/に/して¥たばから/れ/ぬる¥こと/こそ¥やすから/ね」/と¥こうくわい−せ/られ/けれ/ば、¥いまゐの−しらう、¥まうし/ける/は、「¥きやつ/が¥つらだましひ、¥ただもの/と/は¥みえ¥さふらは/ず。¥ちたび¥きら/う/と¥まうし¥さふらひ/し/も、¥ここ¥ざふらふ/ぞ/かし。¥さり/ながら¥なに/ほど/の¥こと/か¥さふらふ/べき。¥かねひら¥まづ¥まかり−むかつ/て、¥み¥さふらは/ん」/とて、¥その¥せい¥さんぜん−よ−き/で、¥びぜんの−くに/へ¥はせ−くだる。¥びぜんの−くに¥ふくりうじなはて/は、¥はたばり¥ゆんづゑ¥ひとつゑ/ばかり/にて、¥とほ−さ/は¥さいこく−みち/の¥いちり/なり。¥さう/は¥ふかた/にて、¥むま/の¥あし/も¥およば/ね/ば、¥さんぜん−よ−き/が¥こころ/は¥さき/に¥すすめ/ども、¥ちから¥およば/ず、¥むま¥しだい/に/ぞ¥あゆま/せ/ける。P98¥
いまゐの−しらう¥おし−よせ/て¥み/けれ/ば、¥せのをの−たらう/は、¥いそぎ¥たかやぐら/に¥はしり−あがり、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥さんぬる¥ごぐわつ/より、¥かひ−なき¥いのち/を¥たすけ/られ¥まゐらせ/て¥さふらふ、¥おのおの/の¥はうし/に/は、¥これ/を/こそ¥ようい¥つかまつ/て¥さふらへ」/とて、¥にじふし¥さい/たる¥や/を、¥さしつめ−ひきつめ、¥さんざん/に¥いる。¥いまゐの−しらう、¥みやざき−さぶらう、¥うみの、¥もちづき、¥すは、¥ふぢさは/など¥いふ¥いち−にん−たうぜん/の¥つはもの=ども、¥これ/を¥こと/と/も¥せ/ず、¥かぶと/の¥しころ/を¥かたぶけ、¥い−ころさ/るる¥じんば/を/ば、¥とり−いれ¥ひき−いれ¥ほり/を¥うめ、¥あるひは¥さう/の¥ふかた/に¥うち−いれ/て、¥むま/の¥くさわき、¥むながい−づくし、¥ふとはら/に¥たつ¥ところ/を/も¥こと/と/も¥せ/ず、¥むらめかい/て¥おし−よせ、¥あるひは¥たにふけ/を/も¥きらは/ず、¥かけ−いり−かけ−いり¥をめき−さけん/で¥せめ−いり/けれ/ば、¥せのを/が¥かた/の¥つはもの=ども、¥たすかる¥もの/は¥すくなく、¥うた/るる¥もの/ぞ¥おほかり/ける。¥よ/に¥いつ/て、¥せのを/が¥たのみ−きつ/たる¥ささのせまり/の¥じやうくわく/を¥やぶら/れ/て、¥かなは/じ/と/や¥おもひ/けん、¥ひき−しりぞく。¥びつちうの−くに¥いたくらがは/の¥はた/に、¥かいだて¥かい/て¥まち−かけ/たり。¥いまゐの−しらう¥やがて¥つづい/て¥せめ/けれ/ば、¥せのを/が¥かた/の¥つはもの=ども、¥やまうつぼ、¥たかえびら/に、¥やだね/の¥ある/ほど/こそ¥ふせぎ/けれ、¥やだね¥みな¥つき/けれ/ば、¥ちから¥およば/ず、¥われ¥さき/に/と/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥せのをの−たらう¥ただ¥しゆじう¥さんき/に¥うち−なさ/れ、¥いたくらがは/の¥はた/に¥つい/て、¥みどろやま/の¥かた/へ¥おち/ぞ¥ゆく。¥さんぬる¥ごぐわつ¥ほくこく/にて、¥せのを¥いけどり/に¥し/たり/ける¥くらみつの−じらう−なりずみ/は、¥おとと/の¥さぶらう−なりうぢ/を¥うた/せ/て、¥やすから/ず/や¥おもひ/けん、¥こんど/も¥また¥せのを−め/に¥おいて/は、¥いけどり/に¥せ/ん/とて、¥ただ¥いつき¥ぐん/に¥ぬけ/て¥おう/て¥ゆく。¥あはひ¥いつちやう/ばかり/に¥おつ−つき、「¥あれ/はP99¥いか/に、¥せのを/と/こそ¥みれ。¥まさなう/も¥かたき/に¥うしろ/を¥みする/ものかな。¥かへせ/や¥かへせ」/と¥ことば/を¥かけ/けれ/ば、¥せのをの−たらう/は、¥いたくらがは/を¥にし/へ¥わたす/が、¥かはなか/に¥ひかへ/て¥まち−かけ/たり。¥くらみつの−じらう、¥むち−あぶみ/を¥あはせ/て¥おつ−つき、¥おし−ならべ¥むずと¥くん/で、¥どうど¥おつ。¥たがひ/に¥おとら/ぬ¥だい−ぢから/で/は¥あり、¥うへ/に¥なり¥した/に¥なり、¥ころび−あひ/ける/が、¥かはぎし/に¥ふち/の¥あり/ける/に¥ころび−いり/ぬ。¥くらみつ/は¥ぶすゐれん、¥せのを/は¥くつきやう/の¥すゐれん/にて¥あり/けれ/ば、¥みづ/の¥そこ/にて¥くらみつ/が¥こし/の¥かたな/を¥ぬき、¥よろひ/の¥くさずり¥ひき−あげ/て、¥つか/も¥こぶし/も¥とほれ¥とほれ/と、¥み−かたな¥さい/て¥くび/を¥とる。¥せのをの−たらう、¥わが¥むま/を/ば¥のり−そんじ/たり/けれ/ば、¥くらみつ/が¥むま/に¥うち−のつ/て¥おち/て¥ゆく。¥ちやくし/の¥こたらう−むねやす/は、¥とし/は¥にじふ/に¥なり/けれ/ども、¥あまり/に¥ふとつ/て、¥いつちやう/と/も¥え¥はしら/ず。¥これ/を¥み−すて/て、¥せのを/は¥にじふ−よ−ちやう/ぞ¥のび/たり/ける。¥せのをの−たらう、¥らうどう/に¥いひ/ける/は、「¥ひごろ/は¥せんばん/の¥かたき/に¥あう/て¥いくさ−する/に/は、¥しはう¥はれ/て¥おぼゆる/が、¥けふ/は¥こたらう−むねやす/を¥すて/て¥ゆけ/ば/に/やらん、¥いつかう¥さき/が¥くらう/て¥みえ/ぬ/なり。¥こんど/の¥いくさ/に¥いのち¥いき/て、¥ふたたび¥へいけ/の¥おん=かた/へ¥まゐり/たり/とも、¥かねやす/は¥ろくじふ/に¥あまつ/て、¥いく−ほど¥いか/う/ど¥おもう/て、¥ただ¥ひとり¥ある¥こ/を¥すて/て、¥これ/まで¥のがれ−まゐり/たる/らん/など、¥どうれい=ども/に¥いは/れ/ん¥こと/こそ¥くちをしけれ」/と¥いひ/けれ/ば、¥らうどう、「¥さ¥さふらへ/ば/こそ、¥ただ¥ご=いつしよ/で¥いか/に/も−なら/せ¥たまへ/と¥まうし/つる/は、¥ここ¥ざふらふ/ぞ/かし。¥かへさ/せ¥たまへ」/とて、¥また¥とつ/て¥かへす。¥あん/の/ごとく¥こたらう−むねやす/は、¥あし¥かん/ばかり/に¥はれて¥ふせり−ゐ/たる¥ところ/へ、¥せのをの−たらう¥とつ/て¥かへし、P100¥いそぎ¥むま/より¥とん/で¥おり、¥こたらう/が¥て/を¥とつ/て、「¥なんぢ/と¥いつしよ/で¥いか/に/も−なら/ん/と¥おもふ¥ため/に、¥これ/まで¥かへり/たる/は¥いか/に」/と¥いひ/けれ/ば、¥こたらう¥なみだ/を¥はらはら/と¥ながい/て、「¥たとひ¥この¥み/こそ¥ぶきりやう/に¥さふらへ/ば、¥ここ/にて¥じがい/を¥つかまつり¥さふらふ/とも、¥われ¥ゆゑ¥おん=いのち/を/さへ¥うしなひ¥まゐらせ/ん¥こと、¥ごぎやくざい/に/や¥さふらは/んず/らん。¥ただ¥とうとう¥のび/させ¥たまへ」/と¥いひ/けれ/ども、¥おもひ−きつ/て/ん¥うへ/は/とて、¥やすみ−ゐ/たり/ける¥ところ/に、¥また¥あらて/の¥げんじ¥ごじつき/ばかり/で¥いで−きたる。¥せのをの−たらう、¥い−のこし/たる¥やすぢ/の¥や/を、¥さしつめ−ひきつめ¥さんざん/に¥いる。¥ししやう/は¥しら/ず、¥やにはに¥かたき¥はちき¥い−おとし、¥その−のち¥たち/を¥ぬい/て、¥まづ¥こたらう/が¥くび¥ふつと¥うち−おとし、¥かたき/の¥なか/へ¥かけ−いり、¥たてさま、¥よこさま、¥くもで、¥じふもんじ/に¥かけ−まはり、¥さんざん/に¥たたかひ、¥かたき¥あまた¥うつ−とつ/て、¥そこ/にて¥うちじに−し/てげり。¥らうどう/も¥しゆ/に¥ちつと/も¥おとら/ず¥たたかひ/ける/が、¥いたで¥おう/て¥いけどり/に/こそ¥せ/られ/けれ。¥なか−いちにち¥あつ/て、¥やがて¥しに/に/けり。¥かれ=ら¥しゆじう¥さん−にん/が¥くび/を/ば、¥びつちうの−くに¥さぎがもり/に/ぞ¥かけ/たり/ける。¥きそ=どの、「¥あはれ¥かう/の−もの/や。¥これ=ら/が¥いのち/を¥たすけ/て¥み/で」/と/ぞ¥のたまひ/ける。P101
「むろやまかつせん」(『むろやま』)S0809¥さる−ほど/に¥きそ/は¥びつちうの−くに¥まんじゆ/の−しやう/にて¥せいぞろへ−し/て、¥やしま/へ¥すでに¥よせ/ん/と¥す。¥その¥あひだ¥みやこ/の¥るす/に¥おか/れ/たり/ける¥ひぐちの−じらう−かねみつ、¥さいこく/へ¥ししや/を¥たてまつ/て、「¥との/の¥わたら/せ¥たまは/ぬ¥ま/に、¥じふらう−くらんど=どの/こそ、¥ゐん/の¥きりびと/して、¥やうやう/に¥ざんそう−せ/られ¥さふらふ/なれ。¥さいこく/の¥いくさ/を/ば¥しばらく¥さし−おか/せ¥たまひ/て、¥いそぎ¥のぼら/せ¥たまへ」/と¥いひ/けれ/ば、¥きそ、¥さら/ば/とて、¥よ/を¥ひ/に¥つい/で¥はせ−のぼる。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ/は、¥きそ/に¥なか¥たがう/て¥あしかり/な/ん/と/や¥おもは/れ/けん、¥その¥せい¥ごひやく−よ−き/で、¥たんばぢ/に¥かかつ/て、¥はりまの−くに/へ¥おち−くだる。¥きそ/は¥つの−くに/を¥へ/て¥みやこ/へ¥いる。¥へいけ/は¥きそ¥うた/ん/とて、¥たいしやうぐん/に/は¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう、¥ほん−ざんみ/の−ちうじやう−しげひらの−きやう、¥さぶらひ−だいしやう/に/は、¥ゑつちうの−じらう−びやうゑ−もりつぎ、¥かづさの−ごらう−びやうゑ−ただみつ、¥あく−しち−びやうゑ−かげきよ、¥いがの−へいないざゑもん−いへなが/を¥さき/と/して、¥つがふ¥その¥せい¥にまん−よ−き、¥はりまの−くに/に¥おし−わたり、¥むろやま/に¥ぢん/を/ぞ¥とつ/たり/ける。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ/は、¥へいけ/と¥いくさ−し/て、¥きそ/に¥なかなほり−せ/ん/と/や¥おもひ/けん、¥その¥せい¥ごひやく−よ−き、¥むろやま/へ/こそ¥かから/れ/けれ。¥へいけ/は¥ぢん/を¥いつつ/に¥はる。¥まづ¥いがの−へいないざゑもん−いへなが、¥にせん−よ−き/で¥いちぢん/を¥かたむ。¥ゑつちうの−じらう−びやうゑ−もりつぎ、P102¥にせん−よ−き/で¥にぢん/を¥かたむ。¥かづさの−ごらう−びやうゑ−ただみつ、¥あく−しち−びやうゑ−かげきよ、¥さんぜん−よ−き/で¥さんぢん/を¥かたむ。¥ほん−ざんみ/の−ちうじやう−しげひらの−きやう、¥さんぜん−よ−き/で¥しぢん/を¥かため¥たまふ。¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう、¥いちまん−よ−き/で¥ごぢん/に¥ひかへ¥たまへ/り。¥まづ¥いちぢん¥いがの−へいないざゑもん−いへなが、¥しばらく¥あひ−しらふ¥てい/に¥もてなし/て、¥なか/を¥あけ/て/ぞ¥とほし/ける。¥にぢん¥ゑつちうの−じらう−びやうゑ、¥これ/も¥あけ/て/ぞ¥とほし/ける。¥さんぢん¥かづさの−ごらう−びやうゑ、¥あく−しち−びやうゑ、¥とも/に¥あけ/て/ぞ¥とほし/ける。¥しぢん¥ほん−ざんみ/の−ちうじやう−しげひらの−きやう/も、¥おなじう¥あけ/て/ぞ¥いれ/られ/ける。¥せんぢん/より¥ごぢん/まで、¥かねて¥やくそく−し/たり/けれ/ば、¥げんじ/を¥なか/に¥とり−こめ/て、¥われ¥うつ−とら/ん/と/ぞ¥すすみ/ける。¥じふらう−くらんど−ゆきいへ、¥こ/は¥たばから/れ/に/けり/と/や¥おもは/れ/けん、¥おもて/も¥ふら/ず、¥いのち/も¥をしま/ず、¥ここ/を¥さいご/と¥せめ−たたかふ。¥しん−ぢうなごん/の¥むねと¥たのま/れ/たり/ける¥きしちゑもん、¥きはちゑもん、¥きくらう/など¥いふ¥いち−にん−たうぜん/の¥つはもの=ども、¥みな¥そこ/にて¥じふらう−くらんど/に¥うつ−とら/れ/ぬ。¥かく−し/て¥ごひやく−よ−き/の¥せい=ども、¥わづか¥さんじつき/ばかり/に¥うち−なさ/れ、¥うんか/の/ごとく/なる¥かたき/の¥なか/を¥わつ/て¥いづれ/ども、¥わが−み/は¥て/も¥おは/ず、¥にじふしちき¥たいりやく¥て¥をひ、¥はりまの−くに¥たかさご/より¥ふね/に¥のつ/て、¥いづみの−くに¥ふけひ/の−うら/へ¥おし−わたり、¥それ/より¥かはちの−くに¥ながの/の−じやう/に¥たて−ごもる。¥へいけ/は¥むろやま¥みづしま¥にかど/の¥いくさ/に¥かつ/て/こそ、¥いよいよ¥せい/は¥つき/に/けれ。P103¥
「つづみはうぐわん」(『つづみはうぐわん』)S0810¥およそ¥きやう−ぢう/に/は¥げんじ/の¥せい¥みちみち/て、¥ざいざいしよしよ/に¥いりどり¥おほし。¥かも、¥やはた/の¥ご=りやう/と/も¥いは/ず、¥あをた/を¥かり/て¥まぐさ/に¥し、¥ひと/の¥くら/を¥うち−あけ/て¥もの/を¥とり、¥ろし/に¥もつ/て¥あふ¥もの/を¥うばひ−とる。「¥へいけ/の¥みやこ/に¥おはせ/し/ほど/は、¥ろくはら=どの/とて、¥ただ¥おほかた¥おそろしかり/し/ばかり/なり。¥いしやう/を¥はぎ−とる/まで/は¥なかり/し/ものを。¥へいけ/に¥げんじ¥かへおとり−し/たり」/と/ぞ¥ひと¥まうし/ける。¥ほふわう/より¥きその−さま/の−かみ/の¥もと/へ、「¥らうぜき¥しづめよ」/と¥おほせ−くださ/る。¥お=つかひ/は¥いきの−かみ−ともちか/が¥こ/に、¥いきの−はうぐわん−ともやす/と¥いふ¥もの/なり。¥てんが/に¥きこえ/たる¥つづみ/の¥じやうず/にて¥あり/けれ/ば、¥とき/の−ひと¥つづみはうぐわん/と/ぞ¥まうし/ける。¥きそ¥たいめん−し/て、¥まづ¥ゐん/の¥おん=ぺんじ/を/ば¥まうさ/で、「¥そもそも¥わ=どの/を¥つづみはうぐわん/と¥いふ/は、¥よろづ/の¥ひと/に¥うた/れ/たう/た/か、¥はら/れ/たう/た/か」/と/ぞ¥とう/たり/ける。¥ともやす¥へんじ/に¥およば/ず、¥いそぎ¥かへり−まゐつ/て、「¥よしなか¥をこ/の−もの/にて¥さふらふ。¥はやく¥つゐたう−せ/させ¥たまへ。¥ただいま¥てうてき/と¥なり¥さふらひ/な/んず」/と¥まうし/けれ/ば、¥ほふわう¥やがて¥おぼしめし−たた/せ¥たまひ/けり。¥さら/ば¥しかる/べき¥ぶし/に/も¥おほせ−つけ/られ/ず/して、¥やま/の¥ざす、¥てら/の−ちやうり/に¥おほせ/られ/て、¥やま、¥みゐでら/の¥あくそう=ども/を/ぞP104¥めさ/れ/ける。¥くぎやう−てんじやうびと/の¥めさ/れ/ける¥せい/と¥いふ/は、¥むかへつぶて、¥いんぢ、¥いふ−かひ−なき¥つじくわんじや=ばら、¥さて/は¥こつじき¥ほふし=ばら/なり。¥また¥しなの−げんじ¥むらかみの−さぶらう−はんぐわんだい、¥これ/も¥きそ/を¥そむい/て¥ほふわう/へ/ぞ¥まゐり/ける。¥きその−さま/の−かみ、¥ゐん/の¥ご=きしよく¥あしう¥なる/と¥きこえ/しか/ば、¥はじめ/は¥きそ/に¥したがう/たる¥ごきない/の¥もの=ども、¥みな¥きそ/を¥そむい/て、¥ゐんがた/へ¥まゐる。¥いまゐの−しらう¥まうし/ける/は、「¥これ/こそ¥もつて/の−ほか/の¥おん=だいじ/にて¥さふらへ。¥され/ば/とて¥じふぜん/の−きみ/に¥むかひ¥まゐらせ/て、¥いかで¥ご=かつせん¥さふらふ/べき。¥ただ¥かぶと/を¥ぬぎ¥ゆみ/の¥つる/を¥はづい/て、¥かうにん/に¥まゐらせ¥たまふ/べう/も/や¥さふらふ/らん」/と¥まうし/けれ/ば、¥きそ¥おほき/に¥いかつ/て、「¥われ¥しなの/を¥いで/し/より、¥をみ、¥あひだ/の−かつせん/より¥はじめ/て、¥ほくこく/にて/は、¥となみ、¥くろさか、¥しほさか、¥しのはら、¥さいこく/にて/は、¥ふくりうじなはて、¥ささのせまり、¥いたくら/が−じやう/を¥せめ/しか/ども、¥いちど/も¥かたき/に¥うしろ/を¥みせ/ず。¥たとひ¥じふぜん/の−きみ/にて¥わたら/せ¥たまふ/とも、¥かぶと/を¥ぬぎ¥ゆみ/の¥つる/を¥はづい/て、¥かうにん/に/は¥え/こそ¥まゐる/まじけれ」。¥
「ほふぢうじかつせん」811「¥たとへば¥みやこ/の¥しゆご−し/て¥あら/んずる¥もの/が、¥むま¥いつぴき−づつ¥かう/て¥のら/ざる/べき/か。P105¥いくら/も¥ある¥た=ども¥から/せ/て¥まぐさ/に¥せ/ん/を、¥あながち/に¥ほふわう/の¥とがめ¥たまふ/べき¥やう/や¥ある。¥ひやうらうまい¥つき/ぬれ/ば、¥くわんじや=ばら=ども/が、¥にしやま¥ひがしやま/の¥かたほとり/に¥つい/て、¥ときどき¥いりどり−せ/ん/は、¥なじか/は¥くるしかる/べき。¥だいじん¥いげ、¥みやみや/の¥ごしよ/へ¥まゐら/ば/こそ、¥ひがごと/なら/め。¥いかさま¥これ/は¥つづみはうぐわん/が¥きようがい/と¥おぼゆる/ぞ。¥その¥つづみ−め¥うち−やぶつ/て¥すてよ。¥こんど/は¥よしなか/が¥さいご/の¥いくさ/にて¥あら/んずる/ぞ。¥かつうは¥ひやうゑ/の−すけ−よりとも/が¥かへり−きか/んずる¥ところ/も¥あり。¥いくさ¥よう¥せよ、¥もの=ども」/とて¥うち−いで/けり。¥ほくこく/の¥もの=ども、¥はじめ/は¥ごまん−よ−き/と¥きこえ/し/が、¥みな¥おち−くだつ/て、¥わづか¥ろくしちせんき/ぞ¥あり/ける。¥よしなか/が¥いくさ/の¥きちれい/なれ/ば/とて、¥ななて/に¥わかち、¥まづ¥ひぐちの−じらう−かねみつ、¥にせん−よ−き/で¥いまぐまの/の¥かた/より、¥からめで/に¥さし−つかはす。¥のこる¥むて/は、¥おのおの/が¥ゐ/たら/んずる¥でうりこうぢ/より¥みな¥うつ−たつ/て、¥ろくでうかはら/で¥ひとつ/に¥なれ/と、¥あひづ/を¥さだめ/て¥うつ−たち/けり。¥み=かた/の¥かさじるし/に/は、¥まつ/の¥は/を/ぞ¥つけ/たり/ける。¥いくさ/は¥じふいちぐわつ−じふくにち/の¥あした/なり。¥ゐん/の−ごしよ−ほふぢうじ=どの/に/も、¥ぐんびやう¥にまん−よ−にん¥まゐり−こもり/たる¥よし¥きこえ/けり。¥きそ、¥ほふぢうじ=どの/の¥にし/の¥もん/へ¥おし−よせ/て¥み/けれ/ば、¥つづみはうぐわん−ともやす/は、¥いくさ/の¥ぎやうじ¥うけたまはつ/て、¥ごしよ/の¥にし/の¥ついがき/の¥うへ/へ¥のぼり−あがつ/て¥たつ/たり/ける/が、¥あかぢ/の−にしき/の−ひたたれ/に、¥かぶと/ばかり/ぞ¥き/たり/ける。¥かぶと/に/は¥してん/を¥かい/て/ぞ¥おし/たり/ける。¥かたて/に/は¥ほこ/を¥もち、¥かたて/に/は¥こんがうれい/を¥もつ/て、¥うち−ふり−うち−ふり、¥ときどき/は¥まふ¥をり/も¥あり/けり。¥くぎやう−てんじやうびと/は、「¥ふぜい¥なし。¥ともやす/に/は¥てんぐ¥つい/たり」/と/ぞP106¥わらは/れ/ける。¥ともやす¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥むかし/は¥せんじ/を¥むかつ/て¥よみ/けれ/ば、¥かれ/たる¥くさき/も¥たちまち/に¥はな¥さき¥み¥なり、¥とぶ¥とり/も¥ち/に¥おち、¥あくき¥あくじん/も¥したがひ/き。¥まつだい¥げうき/なれ/ば/とて、¥いかで/か¥じふぜん/の−きみ/に¥むかひ¥まゐらせ/て、¥ゆみ/を¥ひき¥や/を/ば¥はなつ/べき。¥はなた/ん¥や/は、¥かへつて¥なんぢ=ら/が¥み/に¥たつ/べし。¥ぬか/ん¥たち/は、¥かへつて¥み/を¥きる/べし」/など、¥ののしつ/たり/けれ/ば、¥きそ、「¥さ¥な¥いは/せ/そ」/とて、¥とき/を¥どつと¥つくり/ける。¥さる−ほど/に¥ひぐちの−じらう−かねみつ¥にせん−よ−き、¥いまぐまの/の¥かた/より、¥おなじう¥とき/の−こゑ/を/ぞ¥あはせ/ける。¥いまゐの−しらう−かねひら、¥かぶら/の¥なか/に¥ひ/を¥いれ/て、¥ほふぢうじ=どの/の¥ごしよ/の¥むね/に¥い−たて/たり/けれ/ば、¥をりふし¥かぜ/は¥はげしし、¥みやうくわ/は¥てん/に¥もえ−あがつ/て、¥ほのほ/は¥こくう/に¥みちみて/り。¥くろけぶり¥おし−かけ/けれ/ば、¥いくさ/の¥ぎやうじ¥ともやす/は、¥ひと/より¥さき/に¥おち/に/けり。¥ぎやうじ/が¥おつる¥うへ/は/とて、¥にまん−よ−にん/の¥つはもの=ども、¥われ¥さき/に/と/ぞ¥おち−ゆき/ける。¥あまり/に¥あわて−さわい/で、¥ゆみ¥とる¥もの/は¥や/を¥しら/ず、¥や¥とる¥もの/は¥ゆみ/を¥しら/ず。¥あるひは¥なぎなた¥さかさま/に¥つい/て¥わが¥あし¥つき−つらぬく¥もの/も¥あり、¥あるひは¥ゆみ/の¥はず¥もの/に¥かけ/て、¥え¥はづさ/で¥すて/て¥にぐる¥もの/も¥あり。¥しちでう/が¥すゑ/を/ば、¥つの−くに−げんじ/の¥かため/たり/ける/が、¥ゐん/の−ごしよ/より、「¥おちうと¥あら/ば、¥ようい−し/て¥みな¥うち−ころせ」/と、¥げぢ−せ/られ/たり/けれ/ば、¥ざいぢ/の¥もの=ども、¥やねゐ/に¥たて/を¥つき−ならべ、¥おそへ/の¥いし/を¥とり−あつめ/て、¥まち−ゐ/たる¥ところ/に、¥つの−くに−げんじ/の¥おち/ける/を、「¥あはや¥おちうと」/とて、¥いし/を¥ひろひ−かけ、¥さんざん/にP107¥うち/けれ/ば、「¥ゐんがた/で¥ある/ぞ、¥あやまち−す/な」/と¥いひ/けれ/ども、「¥さ¥な¥いは/せ/そ。¥ゐんぜん/で¥ある/に、¥ただ¥うち−ころせ¥うち−ころせ」/とて¥うつ/ほど/に、¥あるひは¥かしら¥うち−わら/れ、¥あるひは¥こし¥うち−をら/れ/て、¥むま/より¥おち、¥はふはふ¥にぐる¥もの/も¥あり、¥あるひは¥うち−ころさ/るる¥もの/も¥おほかり/けり。¥はちでう/が¥すゑ/を/ば、¥さんそう=ども/の¥かため/たり/ける/が、¥はぢ¥ある¥もの/は¥うちじに−し、¥つれ¥なき¥もの/は¥おち/て¥ゆく。¥ここ/に¥もんどの−かみ−ちかなり/は、¥うすあを/の¥かりぎぬ/の¥した/に、¥もよぎ−をどし/の−はらまき/を¥き、¥しろ−つきげ/なる¥むま/に¥のつ/て、¥かはら/を¥のぼり/に¥おち/ける/を、¥いまゐの−しらう−かねひら、¥おつ−かかり、¥よつぴい/て、¥しや¥くび/の¥ほね/を、¥ひようつば/と¥い/て、¥むま/より¥さかさま/に¥い−おとす。¥せい−だいげき−よりなり/が¥こ/なり/けり。¥みやうぎやうだう/の¥はかせ、¥かつちう/を¥よろふ¥こと¥これ¥はじめ/と/ぞ¥うけたまはる。¥あふみの−ちうじやう−ためきよ、¥ゑちぜんの−せうしやう−のぶゆき、¥はうきの−かみ−みつつな、¥しそく¥はうきの−はうぐわん−みつつね/も、¥い−おとさ/れ/て¥くび¥とら/れ/ぬ。¥また¥きそ/を¥そむい/て、¥ゐん/へ¥まゐり/たる¥しなの−げんじ¥むらかみの−さぶらう−はんぐわんだい/も¥うた/れ/ぬ。¥あぜつ/の−だいなごん−すけかたの−きやう/の¥まご、¥うせうしやう−まさかた/も、¥よろひ¥たて−ゑぼし/で、¥いくさ/の¥ぢん/へ¥いで/られ/たり/ける/が、¥ひぐちの−じらう−かねみつ/が¥て/に¥かかつ/て、¥いけどり/に/こそ¥せ/られ/けれ。¥てんだい−ざす−めいうん−だいそうじやう、¥てら/の−ちやうり−ゑんけい−ほつしんわう/も、¥ごしよ/に¥まゐり¥こもら/せ¥たまひ/たり/ける/が、¥くろけぶり¥すでに¥おし−かけ/けれ/ば、¥お=むま/に¥めし/て、¥いそぎ¥いで/させ¥たまひ/ける/を、¥ぶし=ども¥さんざん/に¥い¥たてまつる。¥めいうん−だいそうじやう、¥ゑんけい−ほつしんわう/も、¥お=むま/より¥い−おとさ/れ/て、¥おん=くび¥とら/れ/させ¥たまひ/けり。P108¥ほふわう/は¥おん=こし/に¥めし/て、¥たしよ/へ¥ご=かう¥なる。¥ぶし=ども¥さんざん/に¥い¥たてまつる。¥ぶんごの−せうしやう−むねなが、¥むくらんぢ/の−ひたたれ/に、¥をり−ゑぼし/で¥ぐぶ−せ/られ/たり/ける/が、「¥これ/は¥ゐん/にて¥わたら/せ¥たまふ/ぞ。¥あやまち¥つかまつる/な」/と¥まうさ/れ/たり/けれ/ば、¥ぶし=ども¥みな¥むま/より¥おり/て¥かしこまる。「¥なにもの/ぞ」/と¥おん=たづね¥あり/けれ/ば、「¥しなのの−くに/の¥ぢうにん¥やしまの−しらう−ゆきしげ」/と¥なのり¥まうす。¥やがて¥おん=こし/に¥て¥かけ¥まゐらせ/て、¥ごでう−だいり/へ¥いれ¥たてまつ/て、¥きびしう¥しゆご−し¥たてまつる。¥ぶんごの−こくし¥ぎやうぶきやう−ざんみ−よりすけの−きやう/も、¥ごしよ/に¥まゐり−こもら/れ/たり/ける/が、¥くろけぶり¥すでに¥おし−かけ/けれ/ば、¥いそぎ¥かはら/へ¥にげ−いで/られ/ける/が、¥ぶし/の¥しもべ=ども/に、¥いしやう¥みな¥はぎ−とら/れ/て、¥まつぱだか/にて¥たた/れ/たり。¥ころ/は¥じふいちぐわつ−じふくにち/の¥あした/なれ/ば、¥かはら/の¥かぜ¥さ/こそ/は¥はげしかり/けめ。¥さんみ/の¥せうと¥ゑちぜんの−ほつけう−しやうい/が¥ちうげん−ぼふし/の¥あり/ける/が、¥いくさ¥み/ん/とて¥いで/たり/ける/が、¥さんみ/の¥はだか/にて¥たた/れ/たる/を¥み−つけ/て、「¥あな¥あさまし」/とて、¥いそぎ¥はしり−よる。¥この¥ほふし/は¥しろき¥こそで¥ふたつ/に¥ころも/を/ぞ¥き/たり/ける。¥さら/ば¥こそで/を/も¥ぬい/で¥きせ¥たてまつれ/かし。¥ころも/を¥ぬい/で¥なげ−かけ/たり。¥みじかき¥ころも¥うつほ/に¥かぶつ/て、¥おび/も¥せ/ず、¥うしろ/の¥てい、¥さ/こそ/は¥み−ぐるしかり/けめ。¥さら/ば¥いそぎ/も¥あゆみ/も¥たまは/で、¥びやくえ/なる¥ほふし/を¥とも/に¥ぐし/て¥おはし/ける/が、¥あそこ−ここ/に¥たち−やすらひ、「¥あれ/なる/は¥た/が¥いへ/ぞ。¥ここ/なる/は¥なにもの/の¥しゆくしよ」/なんど¥とひ¥たまへ/ば、¥みる¥ひと¥て/を¥たたい/て¥わらひ−あへ/り/けり。P109¥しゆしやう/は¥お=ふね/に¥めし/て、¥いけ/に¥うかば/せ¥たまひ/たり/ける/に、¥ぶし=ども¥しきり/に¥や¥まゐらせ/けれ/ば、¥しちでうの−じじう−のぶきよ、¥きの−かみ−のりみつ、¥お=ふね/に¥さふらは/れ/ける/が、「¥これ/は¥うち/にて¥わたら/せ¥たまふ/ぞ/や。¥あやまち¥つかまつる/な」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、¥ぶし=ども¥みな¥むま/より¥おり/て¥かしこまる。¥やがて¥かんゐん=どの/へ¥ぎやうがう¥なし¥たてまつる。¥ぎやうがう/の¥ぎしき/の¥あさまし−さ、¥まうす/も¥なかなか¥おろか/なり。¥
(『ほふぢゆうじかつせん』)S0811¥げん−くらんど−なかかぬ/は、¥その¥せい¥ごじつき/ばかり/で、¥ほふぢうじ=どの/の¥にし/の¥もん/を¥かため/て¥ふせぐ¥ところ/に、¥あふみ−げんじ¥やまもとの−くわんじや−よしたか、¥むち−あぶみ/を¥あはせ/て¥はせ−きたり、「¥いか/に¥おのおの/は¥たれ/を¥かばは/ん/とて、¥いくさ/を/ば¥し¥たまふ/ぞ。¥ご=かう/も¥ぎやうがう/も、¥たしよ/へ¥なり/ぬ/と/こそ¥うけたまはれ」/と¥いひ/けれ/ば、¥さら/ば/とて¥おほぜい/の¥なか/に¥かけ−いり、¥さんざん/に¥たたかへ/ば、¥しゆじう¥はつき/に¥うち−なさ/る。¥はつき/が¥なか/に、¥かはち/の¥くさか−たう/に、¥かが−ばう/と¥いふ¥ほふしむしや¥あり。¥つきげ/なる¥むま/の、¥くち/の¥こはき/に/ぞ¥のつ/たり/ける。「¥この¥むま/は¥あまり/に¥くち/が¥つよう/て、¥のり¥たまつ/つ/べし/と/も¥ぞんじ¥さふらは/ず」/と¥いひ/けれ/ば、¥げん−くらんど、「¥さら/ば¥この¥むま/に¥のり−かへよ」/とて、¥くりげ/なる¥むま/の¥したを¥しろい/に¥のり−かへ/て、¥ねのゐの−こやた/が¥にひやく−よ−き/ばかり/で¥ひかへ/たる、¥かはらざか/の¥せい/の¥なか/へ¥かけ−いり、¥さんざん/に¥たたかひ、¥そこ/にて¥はつき/が¥ごき¥うた/れ/ぬ。¥かが−ばう/は¥わが¥むま/の¥ひあい/なり/とて、¥しゆ/の¥むま/に¥のり−かへ/たり/けれ/ども、¥うん/や¥つき/に/けん、¥そこ/にて¥つひに¥うた/れ/に/けり。¥ここ/に¥げん−くらんど/の¥いへのこ/に、¥じらう−くらんど−なかより/と¥いふ¥もの¥あり。¥くりげ/なる¥むま/の、¥したをP110¥しろい/が¥かけ−いで/たる/を¥み−つけ/て、¥げにん/を¥よび、「¥ここ/なる¥むま/は、¥げん−くらんど/の¥むま/と¥みる/は¥ひがごと/か」。「¥さん−ざふらふ」/と¥まうす。「¥さて¥どの¥ぢん/へ/や¥かけ−いり/たる/と¥み/つる」。「¥かはらざか/の¥せい/の¥なか/へ/こそ¥いら/せ¥たまひ/つる/なれ。¥お=むま/も¥やがて¥あの¥せい/の¥なか/より¥いで−き/て¥さふらふ」/と¥まうし/けれ/ば、¥じらう−くらんど、¥なみだ/を¥はらはら/と¥ながい/て、「¥あな¥むざん、¥はや¥うた/れ¥たまひ/たり。¥えうせう¥ちくば/の¥むかし/より、¥しな/ば¥いつしよ/で¥しな/ん/と/こそ¥ちぎり/し/に、¥いま/は¥ところどころ/に¥ふさ/ん¥こと/こそ¥かなしけれ」/とて、¥さいし/の¥もと/へ¥さいご/の¥ありさま¥いひ−つかはし、¥ただ¥いつき¥かはらざか/の¥せい/の¥なか/へ¥かけ−いり、¥あぶみ¥ふんばり¥たち−あがり、¥だい−おんじやう/を¥あげ/て、「¥あつみの−しんわう/に¥はちだい/の¥こういん、¥しなのの−かみ−なかしげ/が¥こ/に、¥じらう−くらんど−なかより/とて、¥しやうねん¥にじふしち/に¥まかり−なる。¥われ/と¥おもは/ん¥ひとびと/は、¥より−あへ/や¥げんざん−せ/ん」/とて、¥たてさま、¥よこさま、¥くもで、¥じふもんじ/に¥かけ−わり¥かけ−まはり¥たたかひ/ける/が、¥かたき¥あまた¥うつ−とつ/て、¥つひに¥うちじに−し/てげり。¥げん−くらんど¥これ/を/ば¥しり¥たまは/ず、¥あに/の¥かはちの−かみ−なかのぶ¥うち−ぐし/て、¥しゆじう¥さんき¥みなみ/を¥さし/て¥おち−ゆき/ける/が、¥せつしやう=どの/の¥みやこ/を/ば¥いくさ/に¥おそれ/させ¥たまひ/て、¥うぢ/へ¥ぎよ=しゆつ¥あり/ける/に、¥こはたやま/にて¥おつ−つき¥たてまつり、¥むま/より¥おり/て¥かしこまる。「¥なにもの/ぞ」/と¥おん=たづね¥あり/けれ/ば、「¥なかのぶ、¥なかかぬ」/と¥なのり¥まうす。「¥とうごく¥ほくこく/の¥きようと=ら/か/なんど¥おぼしめし/たれ/ば」/とて、¥ぎよ=かん¥あり。「¥やがて¥なんぢ=ら/も¥おん=とも/に¥さふらへ」/と¥おほせ/けれ/ば、¥うけたまはつ/て、¥うぢ/の¥ふけ=どの/まで¥おくり¥まゐらせ/て、¥それ/より¥この¥ひとびと/は、¥かはちの−くに/へ/ぞ¥おち−ゆき/ける。P111¥あくる¥はつかのひ、¥きその−さま/の−かみ−よしなか¥ろくでうかはら/に¥うつ−たつ/て、¥きのふ¥きる/ところ/の¥くび=ども、¥みな¥かけ−ならべ/て¥しるい/たれ/ば、¥ろつぴやくさんじふ−よ−にん/なり。¥その¥なか/に¥てんだい−ざす−めいうん−だいそうじやう、¥てら/の−ちやうり−ゑんけい−ほつしんわう/の¥おん=くび/も¥かから/せ¥たまひ/たり。¥これ/を¥みる¥ひと、¥なみだ/を¥ながさ/ず/と¥いふ¥こと¥なし。¥きその−さま/の−かみ、¥つがふ¥その¥せい¥しちせん−よ−き、¥むま/の¥かしら¥いちめん/に¥ひんがし¥むけ/て、¥てん/も¥ひびき¥だいぢ/も¥ゆるぐ/ばかり/に、¥とき/を/ぞ¥さん−か−ど¥つくり/ける。¥きやう−ぢう¥また¥さわぎ−あへ/り。¥ただし¥これ/は¥よろこび/の¥とき/と/ぞ¥きこえ/し。¥さる−ほど/に¥こ=せうなごん−にふだう−しんせい/の¥しそく、¥さいしやう−ながのり、¥ほふわう/の¥わたら/せ¥たまふ¥ごでう−だいり/へ¥まゐつ/て、¥もん/より¥いら/ん/と¥すれ/ば、¥しゆご/の−ぶし=ども¥ゆるさ/ず。¥あんない/は¥しつ/たり。¥ある¥せうをく/に¥たち−いり、¥にはか/に¥かみ¥そり−おろし、¥すみぞめ/の¥ころも¥はかま¥き/て、「¥この−うへ/は¥なにか¥くるしかる/べき、¥あけ/て¥いれ/よ」/と¥のたまへ/ば、¥その−とき¥ゆるし¥たてまつる。¥なくなく¥ごぜん/へ¥まゐつ/て、¥こんど¥うた/れ¥たまふ¥ひとびと/の¥こと、¥いちいち/に¥まうし/たり/けれ/ば、¥ほふわう、「¥めいうん/は¥ひごふ/の¥しに¥す/べき¥もの/と、¥つゆ/も¥おぼしめし−よら/ざり/し/ものを。¥こんど/は¥ただ¥わが¥いか/に/も−なる/べかり/つる¥おん=いのち/に¥かはり/たる/に/こそ」/とて、¥おん=なみだ¥せき−あへ/させ¥たまは/ず。¥おなじき−にじふさんにち、¥さんでうの−ちうなごん−ともかたの−きやう¥いげ、¥しじふくにん/が¥くわんしよく/を¥とどめ/て、¥おひ−こめ¥たてまつる。¥へいけ/の¥とき/は¥しじふさん−にん/を/こそ¥とどめ/られ/しか。¥これ/は¥すでに¥しじふくにん/なれ/ば、¥へいけ/の¥あくぎやう/に/は、¥なほ¥てうくわ−せ/り。¥まつ=どの/の¥ひめぎみ¥とり¥たてまつ/て、¥くわんばく=どの/のP112¥むこ/に¥おし−なる。¥
その−ひ¥また¥きその−さま/の−かみ、¥いへのこ−らうどう¥めし−あつめ/て、¥ひやうぢやう−す。「¥そもそも¥よしなか¥いつてん/の−きみ/に¥むかひ¥まゐらせ/て、¥いくさ/に/は¥うち−かち/ぬ。¥しゆしやう/に/や¥なら/まし、¥ほふわう/に/や¥なる/べき。¥ほふわう/に¥なら/う/ど¥おもへ/ども、¥ほふし/に¥なら/ん/も、¥をかしかる/べし。¥しゆしやう/に¥なら/う/ど¥おもへ/ども、¥わらは/に¥なら/ん/も¥しかる/べから/ず。¥よしよし¥さら/ば¥くわんばく/に¥なら/う」/と¥いひ/けれ/ば、¥てかき/に¥ぐせ/られ/たり/ける¥だいぶ−ばう−かくめい¥すすみ−いで/て、「¥くわんばく/に/は、¥たいしよくくわん/の¥おん=すゑ、¥しつぺいけ/の¥きんだち=たち/こそ¥なら/せ¥たまへ。¥との/は¥げんじ/にて¥わたら/せ¥たまへ/ば、¥それ/こそ¥かなひ¥さふらふ/まじ」/と/ぞ¥まうし/ける。¥さら/ば/とて、¥ゐん/の¥おん=むまや/の−べつたう/に¥おし−なつ/て、¥たんばの−くに/を/ぞ¥ちぎやう−し/ける。¥ゐん/の¥ご=しゆつけ¥あれ/ば¥ほふわう/と¥まうし、¥しゆしやう/の¥いまだ¥おん=げんぶく¥なき/ほど/は、¥ご=とうぎやう/にて¥ましまし/ける/を、¥しら/ざり/ける/こそ¥うたてけれ。¥さる−ほど/に¥かまくら/の−さきの−ひやうゑ/の−すけ−よりとも、¥きそ/が¥らうぜき¥しづめ/ん/とて、¥のりより¥よしつね/に¥ろくまん−よ−き/を¥あひ−そへ/て、¥さし−のぼせ/られ/ける/が、¥みやこ/に/は¥いくさ¥いで−き/て、¥ごしよ¥だいり¥みな¥やき−はらひ、¥てんが¥くらやみ/と¥なつ/たる¥よし¥きこえ/しか/ば、¥さう−なう¥のぼつ/て¥いくさ−す/べき¥やう/も¥なし/とて、¥をはりの−くに¥あつた/の¥へん/なる¥ところ/に/ぞ¥ましまし/ける。¥ほくめん/に¥さふらひ/ける¥くない−はうぐわん−きんとも、¥とうない−はうぐわん−ときなり、¥この¥こと¥うつたへ/ん/とて、¥をはりの−くに/へ¥はせ−くだり、¥この¥よし¥かく/と¥まうし/けれ/ば、¥のりより¥よしつね、「¥これ/は¥きんとも/の¥くわんとう/へ¥くだら/る/べき/で¥さふらふ/ぞ。¥その¥ゆゑ/は¥しさい/を¥ぞんぜ/ぬ¥つかひ/は、¥かへし/て¥とは/るる¥とき、¥ふしん/の¥のこる/に」/と/ぞ¥のたまひ/ける。¥こんど/のP113¥いくさ/に¥しよじう¥みな¥おち−うせ¥うた/れ/に/しか/ば、¥しそく¥くないどころ−きんもち/とて、¥しやうねん¥じふごさい/に¥なり/ける/を¥あひ−ぐし/て/ぞ¥くだり/ける。¥よ/を¥ひ/に¥つい/で¥かまくら/へ¥はせ−くだり、¥この¥よし¥うつたへ¥まうさ/れ/けれ/ば、¥かまくら=どの、「¥これ/は¥つづみはうぐわん/が¥ふしぎ/の¥こと¥まうし−いで/て、¥きみ/を/も¥なやまし¥たてまつり、¥おほく/の¥かうそう¥きそう/を/も¥うしなひ/ける¥こと/こそ、¥かへすがへす/も¥きくわい/なれ。¥これ=ら/を¥めし−つかはせ¥たまは/ば、¥この−のち/も¥てんが/の¥さうどう¥たゆ/まじう¥さふらふ」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、¥ともやす¥この¥こと¥ちんぜ/ん/とて、¥よ/を¥ひ/に¥つい/で¥かまくら/へ¥はせ−くだり、¥かぢはら−へいざう−かげとき/に¥つい/て、¥さまざま/に¥ちんじ¥まうし/けれ/ども、¥かまくら=どの、「¥しやつ/に¥め¥な¥かけ/そ。¥あひ−しらひ¥な¥せ/そ」/と¥のたまへ/ば、¥ひ−ごと/に¥ひやうゑ/の−すけ/の¥たち/へ¥むかふ。¥つひに¥めんぼく−なく/して、¥また¥みやこ/へ¥かへり−のぼり、¥からき¥いのち¥いき/つつ、¥いなり/の¥へん/なる¥ところ/に、¥かすか/なる¥てい/にて¥すまひ/ける/と/ぞ¥きこえ/し。¥きそ¥さいこく/へ¥ししや/を¥たて/て、¥いそぎ¥のぼら/せ¥たまへ、¥ひとつ/に¥なつ/て¥くわんとう/へ¥はせ−くだり、¥ひやうゑ/の−すけ¥うつ/べき¥よし、¥いひ−つかはし/たり/けれ/ば、¥おほい=との/を¥はじめ¥たてまつ/て、¥いちもん/の¥ひとびと/は¥みな¥よろこば/れ/けれ/ども、¥しん−ぢうなごん−とももりの−きやう/の¥いけん/に¥まうさ/れ/ける/は、「¥たとひ¥よ¥すゑ/に¥なつ/て¥さふらへ/ば/とて、¥きそ/なんど/に¥かたらは/れ/て、¥いかで/か¥みやこ/へ¥のぼら/せ¥たまふ/べき。¥じふぜん−ていわう、¥さんじゆ/の−しんき/を¥たいし/て、¥わたら/せ¥たまへ/ば、¥かぶと/を¥ぬぎ¥ゆみ/の¥つる/を¥はづい/て、¥これ/へ¥かうにん/に¥まゐれ/と¥まうさ/せ¥たまふ/べう/も/や¥さふらふ/らん」/と¥まうさ/れ/けれ/ば、¥おほい=との¥その¥やう/を¥おん=ぺんじ¥あり/しか/ども、¥きそ¥もちひ¥たてまつら/ず。P114¥にふだう/の−まつ=どの−てんが、¥きそ/を¥めし/て、¥きよもり=こう/は¥あくぎやうにん/たり/しか/ども、¥きたい/の¥ぜんごん/を¥し−おい/たれ/ば/に/や、¥よ/を/ば¥おだしう¥にじふ−よ−ねん/まで¥たもち/たん/なり。¥あくぎやう/ばかり/にて¥よ/を¥をさむる¥こと/は¥なき/ものを、¥させる¥ゆゑ¥なう/て¥おし−こめ¥たてまつ/たる¥ひとびと/の¥くわんど=ども、¥みな¥ゆるす/べき¥よし¥おほせ/けれ/ば、¥ひたすら¥あらえびす/の¥やう/なれ/ども、¥したがひ¥たてまつ/て、¥おし−こめ¥たてまつ/たる¥ひとびと/の¥くわんど=ども、¥みな¥ゆるし¥たてまつる。¥まつ=どの/の¥おん=こ¥もろいへ=こう、¥その−とき/は¥いまだ¥じゆ−にゐ/の−ちうなごん/にて¥ましまし/ける/を、¥きそ/が¥はからひ/にて、¥だいじん−せつしやう/に¥なし¥たてまつる。¥をりふし¥だいじん¥あか/ざり/けれ/ば、¥とくだいじ=どの、¥その−ころ/は¥ないだいじん/の−さだいしやう/にて¥ましまし/ける/を、¥かり¥たてまつ/て、¥だいじん−せつしやう/に¥なし¥たてまつる。¥いつしか¥ひと/の¥くち/なれ/ば、¥しん−せつしやう=どの/を/ば¥かるの−だいじん/と/ぞ¥まうし/ける。¥おなじき−じふにんぐわつ−とをかのひ、¥ほふわう/を/ば¥ごでう−だいり/を¥いだし¥たてまつ/て、¥だいぜん/の−だいぶ−なりただ/が、¥しゆくしよ、¥ろくでう−にし/の−とうゐん/へ¥ご=かう¥なし¥たてまつる。¥おなじき−じふさんにち、¥さいまつ/の¥み=しほ¥はじめ/らる。¥その−ひ¥ぢもく¥おこなは/れ/て、¥きそ/が¥はからひ/にて、¥ひとびと/の¥くわん−かかい、¥おもふ¥さま/に¥なし−おき/てげり。¥へいけ/は¥さいこく/に、¥ひやうゑ/の−すけ/は¥とうごく/に、¥きそ/は¥みやこ/に¥はり−おこなふ。¥ぜんかん¥ごかん/の¥あひだ、¥わうもう/が¥よ/を¥うつ−とつ/て、¥じふはちねん¥をさめ/たり/し/が/ごとし。¥しはう/の¥せきぜき¥みな¥とぢ/たれ/ば、¥おほやけ/の¥みつぎもの/を/も¥たてまつら/ず、¥わたくし/の¥ねんぐ/も¥のぼら/ね/ば、¥きやう−ぢう/の¥じやうげ、¥ただ¥せうすゐ/の¥うを/に¥こと/なら/ず。¥あぶな/ながら/に¥とし¥くれ/て、¥じゆえい/も¥みとせ/に¥なり/に/けり。P115¥

 

入力者:荒山慶一



[『平家物語』巻一にもどる]

[『平家物語』巻二にもどる]

[『平家物語』巻三にもどる]

[『平家物語』巻四にもどる]

[『平家物語』巻五にもどる]

[『平家物語』巻六にもどる]

[『平家物語』巻七にもどる]

[『平家物語』巻九にすすむ]

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com