鹿島紀行
                    芭蕉

洛の貞室、須磨の浦の月見にゆきて、
 松かげや月は三五夜中納言
と云けん、狂夫のむかしもなつかしきまゝに、此秋かしまの山の月見んと思ひ立つことあり。伴ふ人ふたり、浪客の士ひとり、一人は水雲の僧。々はからすのごとくなる墨の衣に、三衣の袋を衿に打かけ、出山の尊像を厨子にあがめ入てうしろにせおひ、柱杖引ならして無門の関もさはるものなく、あめつちに独歩して出ぬ。今ひとりは僧にもあらず、俗にもあらず、鳥鼠の間に名をかうぶりの鳥なき島にもわたりぬべく、門より舟にのりて行徳と云処に至る。舟をあがれば、馬にものらず細脛のちからをためさんと、かちよりぞゆく。甲斐国より或人のえさせたるひの木もてつくれる笠を、おの/\いたゞきよそひて、やはたと云里を過れば、かまかいが原と云ひろき野あり。秦甸の一千里とかや、目もはるかに見わたさるゝ。筑波山むかふに高く、二峰並び立り。かの唐土に双剣のみねありと聞えしは、廬山の一隅なり。
 雪は申さずまづむらさきのつくば哉
と詠しは、我門人嵐雪が句なり。すべて此山は日本武尊のことばをつたへて、連歌する人のはじめにも名付たり。和歌なくば有べからず、句なくば過べからず。まことに愛すべき山のすがたなりけらし。萩は錦を地にしけらんやうにて、為仲が長櫃に折入て、都のつとに持せたるも、風流にくからず。きちかう女郎花かるかや尾花みだれあひて、小男鹿のつまこひわたる、いとあはれ也。野の駒処えがほにむれありく、又あはれ也。日既に暮かゝるほどに、利根川のほとりふさと言処につく。此川にて鮭のあじろと云ものをたくみて、武江の市にひさぐものあり。宵のほど、漁家に入てやすらふ。よるのやどなまぐさし。月くまなくはれけるまゝに、夜ふねさし下して、鹿島に至る。ひるより雨しきりに降て、月見るべくもあらず。麓に根本寺のさきの和尚、今は世をのがれて、此処におはしけると云を聞て、尋ね入て臥ぬ。すこぶる人をして深省を発せしむと吟じけん、しばらく清浄の心をうるに似たり。暁の空いさゝかはれ間ありけるを、和尚おこし驚し侍れば、人/゛\起出ぬ。月の光、雨の音、只あはれなるけしきのみむねにみちて、いふべきことの葉もなし。はる/゛\と月見に来たるかひなきこそ、ほいなきわざなれ。かの何がしの女すら、時鳥の歌えよまで帰りわづらひしも、我ためにはよき荷担の人ならんかし。
               和尚
おり/\にかはらぬ空の月かげも
ちゞのながめは雲のまに/\
月はやし梢は雨を持ながら 桃青
寺にねてまことがほなる月見かな ゝ
雨にねて竹おきかへる月見かな ソラ
月さびし堂の軒端の雨しづく 宗波
  神前
此松の実ばえせし代や神の秋 桃青
ぬぐはゞや石のおましの苔の露 宗波
膝折やかしこまりなく鹿の声 ソラ
  田家
かりかけし田面の鶴や里の秋 桃青
夜田かりに我やとはれん里の月 宗波
賤の子や稲すりかけて月をみる 桃青
芋の葉や月まつ里の焼ばたけ ゝ
  野
もゝひきや一花すりの萩ごろも ソラ
花の秋草にくひあく野馬かな ゝ
萩原や一夜はやどせ山の犬 桃青
  帰路自準に宿す
塒せよわら干宿の友すゞめ 主人
秋をこめたるくねのさし杉 客
月見んと汐ひきのぼる舟とめて ソラ
(文化板「主人」を「松江」、「客」
を「桃青」に作る)

貞享丁卯仲秋末五日



(奥付)
昭和四年四月二十九日印刷
昭和四年五月一日発行
日本名著全集
第一期出版
江戸文芸之部
第三巻
芭蕉全集
(非売品)
編輯発行兼印刷者 東京市日本橋区馬喰町二丁目一番地
         日本名著全集刊行会
         代表者 石川寅吉
発行所      東京市日本橋区馬喰町二丁目一番地
         日本名著全集刊行会
         電話浪花一八四〇番一八四一番
         振替東京一八四四番