野ざらし紀行(甲子吟行)
                   芭蕉

千里に旅立ちて路粮をつゝまず、三更月下無何に入るといひけん、昔の人の杖にすがりて、貞享甲子秋八月、江上の破屋を出づる程、風の声そゞろ寒げなり。
  野ざらしを心に風のしむ身かな
  秋十とせかへつて江戸をさす古郷
関越ゆる日は、雨降りて、山みな雲に隠れけり。
  霧しぐれ富士を見ぬ日ぞおもしろき
何某千里といひけるは、此たび路のたすけとなりて、万いたはり心を尽し侍る。常に莫逆の交ふかく、朋友に信あるかな此の人。
  深川や芭蕉を富士に預け行く  千里
富士川のほとりを行くに、三つばかりなる捨子の哀げに泣くあり。此の川の早瀬にかけて、浮世の波をしのぐにたへず、露ばかりの命まつ間と捨て置きけん、小萩がもとの秋の風、こよひや散るらん、あすや萎れんと、袂より喰物投げて通るに、
  猿を聞く人捨子に秋の風いかに
いかにぞや、汝父に悪まれたるか、母に疎まれたるか。父は汝を悪むにあらじ、母は汝を疎むにあらじ。たゞこれ天にして、汝が性の拙なきを泣け。
大井川越ゆる日は、終日雨降りければ、
  秋の日の雨江戸に指折らん大井川  千里
    眼前
  道のべの木槿は馬にくはれけり
二十日余りの月のかすかに見えて、山の根ぎはいと闇きに、馬上に鞭を垂れて、数里いまだ鶏鳴ならず。杜牧が早行の残夢、小夜の中山に到りて忽ち驚く。
  馬に寝て残夢月遠し茶の煙
松葉屋風瀑が伊勢に有りけるを尋ね音信れて、十日ばかり足を留む。
暮れて外宮に詣で侍りけるに、一の鳥居の陰ほのぐらく、御燈処々に見えて、また上もなき峰の松風、身にしむばかり深き心を起して、
  三十日月なし千とせの杉を抱く嵐
腰間に寸鉄を帯びず、襟に一嚢を懸けて、手に十八の珠を携ふ。僧に似て塵あり。俗に似て髪なし。我僧にあらずといへども、鬟なきものは浮屠の属にたぐへて、神前に入るをゆるさず。
西行谷の麓に流れあり。女どもの芋洗ふを見るに、
  芋洗ふ女西行ならば歌よまん
其の日のかへさ、ある茶屋に立寄りけるに、てふといひける女あが名に発句せよと言ひて、白き絹出しけるに書付け侍る。
  蘭の香や蝶の翅にたきものす
    閑人の茅舍をとひて
  蔦植ゑて竹四五本のあらし哉
長月の初め故郷に帰りて、北堂の萱草も霜枯れ果てて、今は跡だになし。何事も昔にかはりて、はらからの鬢白く、眉皺よりて、たゞ命有りてとのみ言ひて言葉はなきに、兄(このかみ)の守袋をほどきて、母の白髮をがめよ、浦島の子が玉手箱、汝が眉もやゝ老いたりと、しばらく泣きて、
  手にとらば消えん涙ぞあつき秋の霜
大和の国に行脚して、葛下の郡竹の内と云ふ所にいたる。此処は例の千里が旧里なれば、日頃とゞまりて足を休む。
    藪より奥に家あり
  綿弓や琵琶に慰む竹のおく
二上山当麻寺に詣でて、庭上の松を見るに、凡そ千歳も経たるならん。大いさ牛をかくすともいふべけん。かれ非情といへども、仏縁にひかれて、斧斤の罪を免がれたるぞ幸にしてたつとし。
  僧朝顔いく死にかへる法の松
独り吉野の奥に辿りけるに、まことに山深く白雲峯に重なり、煙雨谷を埋んで、山賤の家所々にちひさく、西に木を伐る音東に響き、院々の鐘の声心の底にこたふ。昔より此の山に入りて世を忘れたる人の、多くは詩にのがれ、歌に隠る。いでや唐土の廬山といはんも亦むべならずや。
    ある坊に一夜をかりて
  砧打つて我に聞せよや坊が妻
西上人の草の庵の跡は、奥の院より右の方二町ばかり分け入るほど、柴人の通ふ道のみわづかに有りて、嶮しき谷を隔てたるいとたふとし。かのとく/\の清水は昔にかはらずと見えて、今もとく/\と雫落ちける。
  露とく/\こゝろみに浮世すゝがばや
もしこれ扶桑に伯夷あらば、必ず口を漱がん。もしこれ許由に告げば、耳を洗はん。山を登り坂を下るに、秋の日すでに斜になれば、名ある所々見残して、まづ後醍醐帝の御陵を拝む。
  御廟年を経てしのぶは何を忍草
大和より山城を経て、近江路に入て美濃に至るに、今須・山中を過ぎて、いにしへ常盤の塚あり。伊勢の守武がいひける、義朝殿に似たる秋風とは、いづれの処か似たりけん。我もまた、
  義朝の心に似たりあきの風
    不破
  秋風や藪も畠も不破の関
大垣にとまりける夜は、木因が家をあるじとす。武蔵野を出でし時、野ざらしを心に思ひて旅立ちければ、
  死にもせぬ旅寝の果よ秋の暮
    桑名本当寺にて
  冬牡丹千鳥よ雪のほとゝぎす
草の枕に寝あきて、まだほの暗き中に、浜のかたへ出でて、
  曙やしら魚白き事一寸
熱田に詣づ。社頭大いに破れ、築地は倒れて草むらに隠る。かしこに縄を張りて、小社の跡をしるし、ここに石を据ゑて、其の神と名のる。蓬・荵心のまゝに生えたるぞ、なか/\にめでたきよりも心とまりける。
  しのぶさへ枯れて餅買ふやどり哉
    名護屋に入る道のほど諷吟す
  狂句木がらしの身は竹斎に似たる哉
  草枕犬も時雨るゝか夜の声
    雪見にありきて
  市人よこの笠売らう雪の傘
    旅人を見る
  馬をさへながむる雪の朝かな
    海辺に日暮して
  海くれて鴨の声ほのかに白し
爰に草鞋をとき、かしこに杖をすてて、旅寝ながらに年のくれければ、
  年くれぬ笠きて草鞋はきながら
といひ/\も山家に年を越して、
  誰が聟ぞ歯朶に餅おふうしの年
    奈良に出づる道のほど
  春なれや名もなき山の朝霞
    二月堂に籠りて
  水とりや氷の僧の沓の音
京に登りて三井秋風が鳴滝の山家をとふ。
    梅林
  梅白し昨日や鶴をぬすまれし
  樫の木の花にかまはぬすがたかな
    伏見西岸寺任口上人に逢うて
  我が衣にふしみの桃の雫せよ
    大津に出づる道、山路を越えて
  山路来て何やらゆかしすみれ草
    湖水眺望
  辛崎の松は花よりおぼろにて
    昼の休らひとて旅店に腰をかけて
  躑躅いけてその蔭に干鱈さく女
    吟行
  菜畠に花見顔なる雀かな
    水口にて廿年を経て古人に逢ふ
  命二つ中に活たる桜かな
伊豆の国蛭が小島の桑門、これも去年の秋より行脚しけるに、我が名を聞きて草の枕の道づれにもと、尾張の国まで跡を慕ひ来たりければ、
  いざともに穂麦くらはん草枕
此の僧我に告げて曰、円覚寺大顛和尚、ことしむ月のはじめ、遷化し給ふよし。まことや夢の心地せらるゝに、まづ道より其角が方へ申し遣しける。
  梅恋ひて卯の花拝む涙かな
    贈杜国子
  白けしに羽もぐ蝶のかたみ哉
二度桐葉子がもとに有りて、今や東に下らんとするに、
  牡丹蘂ふかく分け出る蜂の名残哉
甲斐の国の山家に立ち寄りて、
  行く駒の麦に慰むやどりかな
卯月の末いほりに帰り、旅のつかれをはらす。
  夏ごろもいまだ虱をとり尽さず



(奥付)
昭和十四年六月十五日第一刷印刷
昭和十四年六月二十日第一刷発行
昭和十七年五月二十五日第六刷発行(五〇〇〇部)
日本古典読本10 芭蕉 奥付
停 定価壱円五拾銭
著者    潁原退蔵
発行者   東京市京橋区京橋三丁目四番地
      鈴木利貞
印刷者   東京市神田区錦町三丁目十一番地
      白井赫太郎
配給元   東京市神田区淡路町二丁目九番地
      日本出版配給株式会社
発行所   東京市京橋区京橋三丁目四番地
      株式会社 日本評論社
      電話京橋(56)六一九一・九一九二
             六一九三・六一九四
      振替口座東京一六番
      日本出版文化協会員番号第一二二五四〇号
 (青木兄弟製本)
(精興社印刷)