笈の小文
                    芭蕉

百骸九竅の中に物有り、かりに名付けて風羅坊といふ。誠にうすものの風に破れやすからん事をいふにやあらむ。かれ狂句を好むこと久し。終に生涯のはかりごととなす。ある時は倦みて放擲せん事を思ひ、ある時は進んで人に勝たむ事を誇り、是非胸中に戦うて是が為に身安からず。暫く身を立てむ事を願へども、これが為にさへられ、暫く学んで愚を暁ん事を思へども、是が為に破られ、終に無能無芸にして只此の一筋に繋る。西行の和歌に於ける、宗祇の連歌に於ける、雪舟の絵に於ける、利休が茶における其の貫道する物は一なり。しかも風雅におけるもの、造化に随ひて四時を友とす。見る処花にあらずといふ事なし。思ふ所月にあらずといふ事なし。像(かたち)花にあらざる時は夷狄にひとし。心花にあらざる時は鳥獣に類す。夷狄を出で、鳥獣を離れて、造化に随ひ造化に帰れとなり。
神無月の初空、定めなきけしき、身は風葉の行末なき心地して、
  旅人と我が名よばれん初しぐれ
   又山茶花を宿々にして
岩城の住、長太郎と云ふもの此の脇を付けて其角亭において関送りせんともてなす。
  時は冬よしのをこめん旅のつと
此の句は露沾公より下し給はらせ侍りけるを、はなむけの初として、旧友、親疎、門人等、あるは詩歌文章をもて訪ひ、あるは草鞋の料を包みて志を見す。かの三月の糧を集むるに力を入れず、紙布・綿小などいふもの、帽子・したうづやうのもの、心々に送りつどひて、霜雪の寒苦を厭ふに心なし。あるは小船をうかべ、別墅にまうけし草庵に酒肴携へ来りて、行衛を祝し、名残を惜しみなどするこそ、故ある人の首途するにも似たりと、いと物めかしく覚えられけれ。
抑々道の日記といふものは、紀氏・長明・阿仏の尼の文をふるひ情を尽してより、余は皆俤似通ひて、其の糟粕を改むる事能はず。まして浅智短才の筆に及べくもあらず。其の日は雨降り、昼より晴れて、そこに松あり、かしこに何と云ふ川流れたりなどいふ事、誰々もいふべく覚え侍れども、黄奇蘇新のたぐひにあらずば云ふ事なかれ。されども其の所々の風景心に残り、山館・野亭の苦しき愁も、かつは話の種となり、風雲のたよりとも思ひなして、忘れぬ所々跡や先やと書き集め侍るぞ、猶酔へる者の猛語にひとしく、寝ねる人の譫言する類に見なして、人又亡聴せよ。
     鳴海にとまりて
  星崎の闇を見よとや啼く千鳥
飛鳥井雅章公の此の宿に泊らせ給ひて、「都も遠くなるみがたはるけき海を中にへだてて」と、詠じ給ひけるを自ら書かせ給ひて、賜はりける由を語るに、
  京まではまだ半空や雪の雲
三川の国保美といふ処に、杜国が忍びて有りけるをとぶらはむと、まづ越人に消息して、鳴海より跡ざまに二十五里尋ね帰りて、其の夜吉田に泊る。
  寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき
あまつ縄手、田の中に細道ありて、海より吹上ぐる風いと寒き所なり。
  冬の日や馬上に氷る影法師
保美村より伊良古崎へ壱里ばかりも有るべし。三河の国の地つゞきにて、伊勢とは海隔てたる所なれども、いかなる故にか、万葉集には伊勢の名所の内に撰び入れられたり。此の洲崎にて碁石を拾ふ。世にいらご白といふとかや。骨山と云ふは鷹を打つ処なり。南の海の果にて、鷹の初めて渡る所と云へり。いらこ鷹など歌にもよめりけりと思へば、猶あはれなる折ふし、
  鷹一つ見付て嬉しいらこ崎
    熱田御修覆
  磨直す鏡も清し雪の花
蓬左の人々に迎ひとられて、暫く休息する程、
  箱根越す人も有るらし今朝の雪
    ある人の会
  ためつけて雪見にまかるかみこ哉
  いざ行かむ雪見にころぶ所まで
    ある人興行
  香を探る梅に蔵見る軒端哉
此の間美濃・大垣・岐阜のすきものとぶらひ来りて、歌仙、あるは一折など度々に及ぶ。
師走十日余り、名古屋を出でて旧里に入らんとす。
  旅寝してみしやうき世の煤はらひ
桑名よりくはで来ぬればと云ひ、日永の里より馬借りて杖つき坂上るほど、荷鞍うちかへりて馬より落ちぬ。
  歩行ならば杖つき坂を落馬哉
と物うさのあまり云ひ出で侍れども、終に季ことば入らず。
  旧里や臍の緒に泣くとしの暮
宵のとし空の名残惜しまむと、酒呑み夜更かして、元日寝忘れたれば、
  二日にもぬかりはせじな花の春
    初春
  春立ちてまだ九日の野山哉
  枯芝ややゝかげらふの一二寸
伊賀の国阿波の庄といふ所に、俊乗上人の旧跡有り。護峰山新大仏寺とかや云ふ名ばかりは千歳の形見となりて、伽藍は破れて礎を残し、坊舎は絶えて田畑と名の替り、丈六の尊像は苔の緑に埋もれて、御ぐしのみ現前と拝まれさせ給ふに、聖人の御影はいまだ全くおはしまし侍るぞ、其の代の名残疑ふ所なく、泪こぼるゝばかりなり。石の蓮台、獅子の座などは、蓬・葎の上に堆く、双林の枯れたる跡もまのあたりにこそ覚えられけれ。
  丈六にかげらふ高し石の上
  さま/゛\の事おもひ出す桜哉
    伊勢山田
  何の木の花とはしらず匂哉
  裸にはまだ衣更着の嵐哉
    菩提山
  此の山のかなしさ告げよ野老掘
    龍尚舎
  物の名を先づとふ蘆の若葉哉
    網代民部雪堂に会
  梅の木になほやどり木や梅の花
    草庵会
  いも植ゑて門は葎のわか葉哉
神垣のうちに梅一木もなし。いかに故有る事にやと神司などに尋ね侍れば、只何とはなしおのづから梅一もともなくて、子良の館の後に、一もと侍る由を語り伝ふ。
  御子良子の一もとゆかし梅の花
  神垣やおもひもかけず涅槃像
弥生半ば過ぐる程、そゞろに浮き立つ心の花の、我を導く枝折となりて、吉野の花に思ひ立たんとするに、かの伊良古崎にて契り置きし人の伊勢にて出迎ひ、共に旅寝のあはれをも見、かつは我が為に童子となりて、道の便りにもならんと、自ら万菊丸と名をいふ。まことに童らしき名のさまいと興有り。いでや門出のたはぶれ事せんと、笠のうちに落書す。
    乾坤無住同行二人
  よし野にて桜見せうぞ檜の木笠
  よし野にて我も見せうぞ檜の木笠  万菊丸
旅の具多きは道ざはりなりと、物皆払ひ捨てたれども、夜の料にと紙衣(かみこ)壱つ、合羽やうの物、硯、筆、紙、薬等、昼笥(ひるげ)なんど物に包みて、後に背負ひたれば、いとゞ脛(すね)弱く力なき身の跡ざまにひかふるやうにて、道なほ進まず。たゞ物うき事のみ多し。
  草臥れて宿かる頃や藤の花
    初瀬
  春の夜や籠り人ゆかし堂の隅
  足駄はく僧も見えたり花の雨  万菊
    葛城山
  猶みたし花に明け行く神の顔
    三輪 多武峯
    臍峠 多武峯ヨリ龍門ヘ越ス道也
  雲雀より空にやすらふ峠哉
    龍門
  龍門の花や上戸の土産(つと)にせん
  酒のみに語らんかゝる滝の花
    西河
  ほろ/\と山吹ちるか滝の音
    蜻蛉が滝
布留の滝は布留の宮より二十五丁山の奥也。
 津国幾田の川上に有
   布引の滝
 大和
   箕面の滝
   勝尾寺へ越る道に有り。
    桜
  桜がりきどくや日々に五里六里
  日は花に暮て淋しやあすならう
  扇にて酒くむかげやちる桜
    苔清水
  春雨の木下につたふ清水哉
吉野の花に三日とゞまりて、曙黄昏のけしきに向ひ、有明の月の哀なるさまなど、心にせまり胸にみちて、あるは摂政公のながめに奪はれ、西行の枝折に迷ひ、かの貞室が是は/\と打ちなぐりたるに、我いはん言葉もなくて、いたづらに口を閉ぢたるいと口をし。思ひ立ちたる風流いかめしく侍れども、爰に至りて無興の事なり。
    高野
  ちゝはゝのしきりにこひし雉の声
  散る花にたぶさはづかし奥の院  万菊
    和歌
  行く春にわかの浦にて追付きたり
    紀三井寺
跪はやぶれて西行にひとしく、天龍の渡しをおもひ、馬をかる時はいきまきし聖の事心に浮ぶ。山野海浜の美景に造化の功を見、あるは無依の道者の跡を慕ひ、風情の人の実をうかがふ。猶栖を去りて器物の願ひなし。空手なれば途中の愁もなし。寛歩駕籠にかへ、晩食肉よりも甘し。とまるべき道に限りなく、立つべき朝に時なし。只一日の願ひ二つのみ。今宵よき宿からん、草鞋のわが足に宜しきを求めんとばかりは、いさゝかの思ひなり。時々気を転じ日々に情をあらたむ。もしわづかに風雅ある人に出合ひたる悦限りなし。日頃は古めかしくかたくななりと、悪み捨てたる程の人も、辺土の道づれに語りあひ、埴生葎のうちにて見出したるなど、瓦石のうちに玉を拾ひ、泥中に金を得たる心地して、物にも書付け人にも語らんと思ふぞ、又是旅の一つなりかし。
    衣更
  一つぬいで後に負ひぬ衣がへ
  吉野出て布子売りたし衣がへ  万菊
灌仏の日は奈良にて爰かしこ詣で侍るに、鹿の子を産むを見て、此の日においてをかしければ、
  灌仏の日に生れあふ鹿の子哉
招提寺鑑真和尚来朝の時、船中七十余度の難をしのぎ給ひ、御目のうち塩風吹入て、終に御目盲ひさせ給ふ尊像を拝して、
  若葉して御目の雫ぬぐはばや
旧友に奈良にて別る
  鹿の角先づ一節の別れかな
    大坂にてある人の許にて
  杜若語るも旅のひとつ哉
    須磨
  月はあれど留守のやう也須磨の夏
  月見ても物たらはずや須磨の夏
卯月中頃の空も朧に残りて、はかなきみじか夜の月もいとゞ艶なるに、山は若葉に黒みかゝりて、時鳥鳴き出づべきしのゝめも、海の方よりしらみそめたるに、上野とおぼしき所は、麦の穂波あからみあひて、漁人の軒近き芥子の花の、たえ/゛\に見渡さる。
  海士の顔先づ見らるゝやけしの花
東須磨・西須磨・浜須磨と三所に分れて、あながちに何わざするとも見えず。藻塩たれつゝなど歌にも聞え侍るも、今はかゝるわざするなども見えず、きすごといふ魚を網して、真砂の上に干し散らしけるを、鳥の飛び来りてつかみ去る。是をにくみて弓をもておどすぞ海士のわざとも見えず。もし古戦場の名残をとゞめて、かゝる事をなすにやといとゞ罪深く、猶昔の恋しきまゝに、鉄枴が峯に上らんとする、導きする子の苦しがりて、とかく言ひ紛らはすを様々にすかして、麓の茶店にて物食はすべきなど云ひて、わりなき体に見えたり。彼は十六と云ひけん里の童子よりは、四つばかりも弟なるべきを、数百丈の先達として、羊腸険岨の岩根を這ひ登れば、辷り落ちぬべき事あまたたびなりけるを、躑躅根笹に取りつき、息を切らし汗をひたして、漸く雲門に入るこそ心もとなき導師の力なりけらし。
  須磨の蜑の矢先に鳴くか郭公
  ほとゝぎす消え行く方や嶋一つ
  須磨寺や吹かぬ笛聞く木下やみ
    明石夜泊
  蛸壺やはかなき夢を夏の月
かゝる所の秋なりけりとかや。此の浦の実は秋をむねとするなるべし。悲しさ淋しさ、云はむかたなく、秋なりせばいささか心のはしをもいひ出づべき物をと思ふぞ、我が心匠の拙きを知らぬに似たり。淡路嶋手に取るやうに見えて、須磨・明石の海右左に分る。呉楚東南の詠もかゝる所にや。物知れる人の見侍らば、さま/゛\の境にも思ひなぞらふるべし。又後の方に山を隔てて田井の畑といふ所、松風・村雨故郷といへり。尾上つゞき丹波路へ通ふ道あり。鉢伏のぞき、逆落など恐ろしき名のみ残りて、鐘懸松より見下すに、一の谷内裏やしき目の下に見ゆ。其の代の乱れ其の時の騒ぎ、さながら心に浮び俤につどひて、二位の尼君、皇子を抱き奉り、女院の御裳に御足もたれ、船やかたにまろび入らせ給ふ御有様、内侍局・女嬬・曹子のたぐひ、さま/゛\の御調度もて扱ひ、琵琶・琴なんどしとね蒲団にくるみて船中に投げ入れ、供御はこぼれてうろくづの餌となり、櫛笥は乱れて海士の捨草となりつゝ、千歳のかなしび此の浦にとゞまり、素波の音にさへ愁多く侍るぞや。




(奥付)
昭和十四年六月十五日第一刷印刷
昭和十四年六月二十日第一刷発行
昭和十七年五月二十五日第六刷発行(五〇〇〇部)
日本古典読本10 芭蕉 奥付
停 定価壱円五拾銭
著者    潁原退蔵
発行者   東京市京橋区京橋三丁目四番地
      鈴木利貞
印刷者   東京市神田区錦町三丁目十一番地
      白井赫太郎
配給元   東京市神田区淡路町二丁目九番地
      日本出版配給株式会社
発行所   東京市京橋区京橋三丁目四番地
      株式会社 日本評論社
      電話京橋(56)六一九一・九一九二
             六一九三・六一九四
      振替口座東京一六番
      日本出版文化協会員番号第一二二五四〇号
 (青木兄弟製本)
(精興社印刷)