更科紀行

さらしなの里、姨捨山の月見んこと、しきりにすゝむる秋風の心に吹さわぎて、倶に風雲の情を狂すもの又ひとり、越人と云。木曾路は山深く道さかしく、旅寐の力も心もとなしと、荷兮子が奴僕をして送らす。おの/\こゝろざし尽すといへども、駅旅の事心えぬさまにて、ともにおぼつかなく、物ごとのしどろに跡さきなるも、なか/\におかしき事のみ多し。何々と云処にて、六十ばかりの道心の僧、おもしろげもおかしげもあらず、只むつ/\としたるが、腰たわむまで物おひ、息はせはしく、足はきざむやうにあゆみ来れるを、伴ひける人のあはれがりて、おの/\肩にかけたる物ども、かの僧のおひね物と一にからみて、馬につて我を其上にのす。高山奇峰頭の上におほひかさなりて、ひだりは大河ながれ、岸下千尋のおもひをなし、尺地も平らかならざれば、鞍の上しづかならず。只あやふき煩ひのみやむ時なし。かけはし、ねざめなど過て、猿が馬場たち峠などは、四十八まがりとかや、九折かさなりて、雲路にたどる心地せらる。かちよりゆくものさへ、めくるめき、たましひしぼみて、足さだまらざりけるに、かのつれたる奴僕いともおそるゝけしき見えず、馬の上にてたゞねぶりに眠りて、落ぬべき事あまたたびなりけるを、跡より見あげて危き事かぎりなし。仏の御心に、衆生のうき世を見給ふも、かゝる事にやと、無常迅速のいそがはしきも、我身にかへり見られて、阿波の鳴戸は波風もなかりけり。夜は草の枕をもとめて、ひるのうち思ひまうけたるけしき、結び捨たる発句など、矢立取出て、燈のもとに目をとぢ頭をたゝきてうめきふせば、かの道心の坊、旅懐の心うくて物思ひするにやと推量し、我を慰んとす。わかき時拝みめぐりたる地、あみだの尊き数を尽し、おのがあやしと思ひし事ども、噺つゞくるぞ、風情のさはりと成て、何を云出ることもせず。とてもまぎれたる月影の、壁の破れより木間がくれにさし入て、引板の音、鹿おふ声、処/゛\に聞えける。まことに悲しき秋のこゝろ、ここに尽せり。いでや月のあるじに酒ふるまはんといへば、盃持出たり。よのつねに一めぐりも大きに見えて、ふつゝかなる蒔絵をしたり。都の人は斯るものは風情なしとて、手にもふれざりけるに、思ひもかけぬ興に入て、●(オウヘン+「青」)●(オウヘン+「宛」)玉巵の心地せらるゝも処がら也。
 あの中に蒔絵書たし宿の月
 かけはしやいのちをからむ蔦かづら
 かけはしやまづおもひ出駒むかひ
 霧はれて桟は目もふさがれず 越人
姨捨山は八幡と云里より一里ばかり南に、西南に横をれてすさまじく高くもあらず、かど/\しき岩なども見えず、只あはれ深き山のすがたなり。なぐさめかねしといひけんもことわりしられて、そゞろに悲しきに、何故にか老たる人を捨たらんと思ふに、いとゞ涙も落そひければ、(原本此一段なし。一本によりて補ひたり)
 俤や姨ひとり泣月の友
 いざよひもまだ更科の郡かな
 更科や三よさの月見雲もなし 越人
 ひよろ/\と猶露けしやをみなへし
 身にしみて大根からし秋の風
 木曾の橡うき世の人の土産かな
 送られつ別れつはては木曾の秋
   (「送られつおくりつ」をよしとす)
   善光寺
 月影や四門四宗も只ひとつ
 吹飛す石は浅間の野分かな

此紀行終て後、乙州以謂、猶翁之友文かさね及ビ烏の賦、集/\に洩ぬることを惜み、後集を加ンとおもひ企ぬ。

宝永六年孟春慶旦
     江南●(キヘン+「代」)々庵乙州梓之
    書林 二条通高倉東ヘ入ル町
         平野屋佐兵衛開版



(奥付)
昭和四年四月二十九日印刷
昭和四年五月一日発行
日本名著全集
第一期出版
江戸文芸之部
第三巻
芭蕉全集
(非売品)
編輯発行兼印刷者 東京市日本橋区馬喰町二丁目一番地
         日本名著全集刊行会
         代表者 石川寅吉
発行所      東京市日本橋区馬喰町二丁目一番地
         日本名著全集刊行会
         電話浪花一八四〇番一八四一番
         振替東京一八四四番