平家物語 百二十句本(国会図書館本)

P1024
目録
第一句 殿上の闇討 てんじやうのやみうち
序 
忠盛昇殿 
忠盛・季仲・家成五節の舞 
忠度の母の事 
第二句 三台上禄 さんだいじやうろく
忠盛死去 
清盛官途 
清盛五十一出家 
かぶろの沙汰 
第三句 二代后 にだいきさき
宮中御艶書の事 
二化の御宇の沙汰 
きさき御入内 
きさき障子の御歌の事 
第四句 額打論 がくうちろん
二条の院皇子親王宣旨の事 
二条の院崩御廿三 
きさき御出家の事 
清水炎上 
第五句 義王 ぎわう
妹の義女が事 
母のとぢの事 
仏御前の事 
白拍子の因縁 
第六句 義王出家 ぎわうしゆつけ
義女出家 
とぢ出家 
仏出家 
四人後白河法皇の過去帳にある事 
第七句 殿下乗合 てんがのりあひ
後白河院御法体の事 
左衛門入道西光、近習騒口の事 
主上高倉の院御即位 
資盛伊勢の国へ追つくださるる事 
第八句 成親大将謀叛 なりちかだいしやうむほん
主上高倉の院御元服 
新大納言祈請 
師経狼藉 
白山みこし東坂本へ入御 
第九句 北の政所誓願 きたのまんどころせいぐはん
仲胤法師後二条の関白殿呪咀 
関白殿御病の事 
関白殿平癒の事 
関白殿御薨御の事 
第十句 神輿振り みこしふり
渡辺の長七唱頼政の御使する事 
平大納言時忠山門勅使の事 
師高・師経御裁断 
内裏そのほか京中焼失の事 
P1025
平家物語 巻第一
第一句 殿上の闇討 てんじやうのやみうち
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響有り。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる者も久しからず、唯春の夜の夢の如し。たけき者も遂には亡びぬ、偏に風の前の塵に同じ。遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱■、唐の禄山、これらは皆旧主先王の政にもしたがはず、楽しみをきはめ、諫をも思ひいれず、天下の乱れん事をもさとらずして、民間のうれふる所を知らざりしかば、
P1026
久しからずして亡びし者どもなり。近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平冶の信頼、これらは皆おごれる事も、たけき心も、皆とりどりにこそ有りしか、まぢかくは六波羅の入道前の太政大臣平朝臣清盛公と申せし人の有様、伝へ聞くこそ心も詞も及ばれね。
その先祖を尋ぬれば、桓武天皇第五の皇子、一品式部卿葛原の親王、九代の後胤讃岐守正盛が孫、刑部卿忠盛の朝臣の嫡男なり。かの親王の御子高見の王、無官無位にしてうせ給ひぬ。その御子高望の王のとき、始て平の姓を賜はりて、上総介になり給ひしよりこのかた、たちまちに王氏を出でて人臣につらなる。その子鎮守府の将軍良望、後には常陸大掾国香とあらたむ。国香より正盛まで六代は、諸国の受領たりしかども、殿上の仙籍をばいまだゆるされず。
然るに忠盛、いまだ備前守たりしとき、鳥羽の院の御願得長寿院
P1027
を造進し、三十三間の御堂を建て、一千一体の御仏を据ゑ奉る。供養は天承元年三月十三日なり。勧賞には闕国を賜はるべきよし仰せ下されける。折節播磨の国のあきたりけるを賜はりける。上皇御感のあまりに内の昇殿をゆるさる。忠盛三十六にて始て昇殿す。
雲の上人これをそみねいきどほり、同じき年の十一月二十三日、五節の豊明の節会の夜、忠盛を闇討にせんとぞ擬せられける。忠盛このよしを伝へ聞きて、「われ右筆の身に有らず、武勇の家にむまれて、いま不慮の難に合はん事、身の為、家の為、心憂かるべし。詮ずる所「身を全うして君につかへよ」といふ本文有り」とて、かねて用意をいたす。
参内の始より、大きなる鞘巻を束帯の下にさし、灯のほのぐらきかたに向かつてこの刀をぬき出だし、鬢にひきあてけるが、よそよりは氷などのやうに見えたり。諸人目をぞすましける。其上
P1028
忠盛の郎等、もとは一門たりし平の木工助貞光が孫、進の三郎大夫家房が子に、左兵衛尉家貞といふ者有り。木賊色の狩衣の下に、萠黄威の腹巻を着て、弦袋つけたる太刀わきばさみ、殿上の小庭にかしこまつてぞ侍ひける。貫首以下あやしみをなし、「うつほ柱よりうち、鈴のつなの辺に、布衣の者の侍ふは何者ぞ。まかり出でよ。狼藉なり」と、六位をもつて言はせられたりければ、家貞かしこまつて、「相伝の主備前守殿〔の〕今夜闇討にせられ給ふべきよし、伝へ承つて、そのならんやうを見んとて、かくて侍ふ。えこそまかり出づまじう候へ」とて、かしこまつて侍ひければ、これらをよしなしとや思はれけん、その夜の闇討はなかりけり。
忠盛又御前の召によて舞はれけるを、人々拍子をかへて、
伊勢へいじはすがめなりけり
とぞはやされける。かけまくもかたじけなくも、この人は柏原の天皇
P1029
の御すゑとは申しながら、中ごろは都のすまひもうとうとしく、地下にのみ振舞ひなつて、伊勢の国に住国ふかかりければ、その国のうつはものにことよせて、「伊勢へいじ」とぞはやされける。其上忠盛の、目のすがまれたりければ、かやうにははやされけるなり。
忠盛いかにすべきやうなくて、御前をまかり出でられけるが、紫宸殿のうしろにして、かたへの殿上人の見給ふ前にて、主殿司を召して、よこたへさされたりける刀を、あづけおきてぞ出でられける。家貞待ちうけて、「さていかが候ひけるやらん」と申しければ、忠盛、かくとも言はまほしくは思はれけれども、言ひつるものならば、殿上までも斬りのぼらんずるもののつらたましひにて有る間、「べちの事なし」とぞ答へられける。五節には、
白うすやう 
P1030
こぜんじの紙 
〔まきあげの筆〕 
巴かきたる筆の軸
なんど、さまざまおもしろき事をのみうたひ舞はれしに、中比太宰権帥季仲卿といふ人有り。あまりに色のくろかりければ、見る人「くろ師」とぞ申しける。この人いまだ蔵人頭たりしとき、これも五節に舞はれけるに、人々拍子をかへて、
あな、くろ、くろ 
くろき頭かな 
いかなる人のうるし塗りけん
とぞはやされける。
又、花山の院のさきの太政大臣忠雅公、いまだ十歳と申せしとき、父中納言忠家【*忠宗】の卿におくれ給ひて、みなしごにておはせしを、故中の御門藤中納言家成の卿、其時はいまだ播磨守たりしとき、
P1031
婿にとりてはなやかにもてなし給ひければ、〔これも〕拍子をかへて、
播磨米は 
木賊か、むくの葉か 
人の綺羅をみがくは
とぞはやされける。「上古にはかやうの事も有りしかども、事いでこず。末代いかが有らんずらん、おぼつかなし」とぞ人々申し合はれける。
案にたがはず、五節はてにしかば、殿上人、一同に訴へ申されけるは、「夫雄剣を帯して公宴に列し、兵仗を賜はりて宮中を出入するは、皆格式の礼をまぼる綸命よし有る先規なり。然るに忠盛、或は相伝の郎従と号して、布衣のつはものを殿上の小庭に召しおき、その身は腰の刀をよこたへさして、節会の座につらなる。両条希代いまだきかざる狼藉也。事既に重畳せり、罪科尤のがれがたし。早く御札をけづりて、解官、停任におこなは
P1032
るべき」よし一同に訴へ申されけり。
上皇大きにおどろかせ給ひて、忠盛を召して御尋ね有り。陳じ申されけるは、「まづ郎従小庭に祗候の事、まつたく覚悟つかまらず。但、近日あひたくまるるよし、年来の家人伝へ承るによつて、その恥をたすけんが為に、忠盛に知らせずしてひそかに参候の条、力及ばぬ次第なり。つぎに刀の事は、主殿司にあづけ置きをはんぬ。召し出だされて、刀の実否によつて咎の左右有るべきか」と申す。「然るべき」とて、刀を召し出だし、法皇叡覧有るに、うへは鞘巻の黒く塗りたりけるに、中は木刀に銀薄をぞ押したりける。「当座の恥辱をのがれんが為に、刀を帯するよしあらはすといへども、後日の訴訟を存知して、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙なれ。弓箭に携らん者のはかりごとは、尤かうこそ有らまほしけれ。かねて又、郎従小庭に司候の条、かつうは武士の郎従のならひなり。忠盛がとがに有らず。」とて、
P1033
かへりて叡感にあづかりしうへは、あへて罪科の沙汰もなかりけり。
その子どもは諸衛の佐になりて昇殿しけるに、殿上のまじはりを人きらふに及ばず。
そのころ忠盛、備前の国よりのぼりたりけるに、鳥羽の院「明石の浦はいかに」と仰せければ、忠盛、
有明の月もあかしの浦風に波ばかりこそよると見えしか
と申したりければ、御感有りて、やがてこの歌をば金葉集にぞ入れられける。
又そのころ、忠盛、仙洞に最愛の女房有りてかよはけれけるが、あるとき、かの女房の局に、つまに月いだしたりける扇をとり忘れてぞ出でられける。かたへの女房たち「いづくよりの月影ぞや、出で所おぼつかなし」なんど、笑ひ合はれければ、かの女房
P1034
雲井より唯漏りきたる月なれば、おぼろけにてはいはじとぞおもふ
と詠みたりければ、いとどあさからずぞ思はれける。薩摩守忠度の母これなり。似るを友とかやの風情にて忠盛も歌に好いたりければ、この女房も優なりけり。
第二句 三台上禄 さんだいじやうろく
忠盛、刑部卿にいたつて、仁平三年正月十五日歳五十八にてうせ給ひぬ。清盛嫡男たるによつて、そのあとを継ぐ。
保元元年七月に宇治の左大臣殿世を乱し給ひしに、安芸守とて御方にて勲功有りしかば、播磨守にうつりて、同じき三年に太宰大弐になり、つぎに平治元年十二月信頼の卿の謀叛のとき、又御方にて
P1035
先を駆けたりければ、「勲功ひとつに有らず、恩賞これおもかるべき」とて、つぎの年正三位に叙せられ、うちつづき、宰相、衛府督、検非違使の別当、中納言、大納言に経あがつて、左右を経ずして内大臣より太政大臣従一位にあがる。大将に有らねども、兵仗を賜はりて随身を召し具して、牛車、輦車に乗りながら宮中を出で入りぬ。偏に執政の臣の如し。
「太政大臣これ一人の師範として四海に儀形せり。国ををさめ、道を論じ、陰陽をやはらげをさむ。その人に有らずんば則ち闕けよ」といへり。されば、「則闕の官」とも名づけられたり。その人ならでは、けがすべき官ならねども、一天四海をたなごころににぎり給ふうへは、子細に及ばず。
そもそも、平家かやうに繁昌せられける事を、いかにといふに、熊野権現の御利生にてぞ有りける。その故は、清盛いまだ安芸守にておはせしとき、伊勢の国安濃の津より船にて熊野へ参られける
P1036
に、大きなる鱸の船に踊入りたりけるを、先達申しけるは、「昔、周の武王の船にこそ白魚は踊入りて候ひしか。これをば参るべし」と申されければ、さしもの精進潔斎の道なれども、みづから調味して、わが身食ひ、家の子、朗等どもにも食はせられける故にや、子孫〔の〕官途も龍の雲にのぼるよりもなほすみやか也。九代のおんしう【*先蹤】超え給ふこそめでたけれ。かくて清盛、仁安三年十一月十一日歳五十一にて病に冒され、たちまちに出家入道す。法名を「浄海」とこそ名のられけれ。そのしるしにや、宿病たちどころに癒えて、天命を全うす。人のしたがひつく事、吹く風の草木をなびかすが如し。世のあまねくあふげる事も、降る雨の国土をうるほすに同じ。「六波羅殿の御一家の公達」とだに言ひてんしかば、肩をならべ、おもてを向かふる者もなし。入道相国の小舅平大納言時忠卿宣ひけるは、「この一門に有らざらん者は人非人たるべし。」とぞ宣ひける。されば、
P1037
「いかにもしてこの一門にむすぼほれん」とぞしける。衣文のかきやうより始て、烏帽子のためやうにいたるまで、「六波羅様」とだに言ひてんしかば、一天四海の人皆これをまなぶ。
いかなる賢王賢主の御政、摂政関白の御成敗をも、世にあまされたるいたづら者などの、かたはらにてそしりかたぶけ申す事は、常のならひなれども、この禅門の世ざかりのほどは、いささかいるがせに〔も〕申す者なし。その故は、入道相国はかりごとに、十四五六ばかりの童部を三百人揃へて、髪を禿にきりまはし、赤き直垂を着せて、召し使はれけるが、京中にみちみちて往反しけり。おのづから、平家の御事をあしきさまに申す者有れば、一人聞き出ださるるほどこそ有れ、三百人に触れまはして、その家に乱れ入り、資材雑具を追捕して、その奴をからめて六波羅に率てまゐる。されば、目に見、心に知るといへども、言葉にあらはして申す者なし。「六波羅殿の禿」とだに言ひてければ、道をすぐる馬、車も、皆
P1038
よけてぞとほしける。「禁門を出入すといへども、姓名を尋ねらるるに及ばず。京師の長吏これが為に目をそばむ」と見えたり。わが身栄華をきはめ給ふのみならず、一門皆繁昌して、嫡子重盛、内大臣左大将。次男宗盛、中納言右大将。三男知盛、三位の中将。四男重衡、蔵人頭。嫡孫維盛、四位の少将。すべて一門の公卿十六人。殿上人三十余人。そのほか諸国の受領、衛府、諸司、都合六十余人なり。世には又人なきとぞ見えたりける。
昔、奈良の帝の御時、神亀五年近衛大将を始おかれてよりこのかた、兄弟左右にあひ並ぶ事、わづかに三四箇度なり。文徳天皇の御時、左に良房、右大臣の左大将。右に良相、大納言右大将。これは閑院の左大将冬嗣公の御子なり。朱雀院の御宇に、左に実頼小野の宮殿。右に師輔九条殿。貞信公の御子なり。後冷泉院の御時、左に教通大二条殿。右に頼宗堀河殿。御堂の関白の御子なり。二条院の御時、左に基房松殿。右に兼実月の輪殿。これは皆摂禄の
P1039
臣の御子息なり。凡人にとりてはその例なし。殿上のまじはりをだにきらはれし人の子孫にて、禁色雑袍をゆるされ、綾羅錦繍を身にまとひ、大臣の大将になつて、兄弟左右にあひ並ぶ事、末代といひながら不思議なりし事共なり。
そのほか入道相国の御娘八人おはしき。皆とりどりにさいはひし給ふ。一人は始は桜町の中納言成範卿の北の方にておはすべかりしが、八歳の年、平治の乱れ以後ひきちがへられ、後には花山の院左大臣殿の御台所にならせ給ひて、公達数多ましましけり。
そもそもこの成範卿を「桜町の中納言」と申しける事は、すぐれて心すき給へる人にて、つねは吉野の山を恋ひつつ、町に桜をうゑ並べ、そのうちに家を建てて住み給ひければ、見る人「桜町」とぞ申しける。桜は咲きて七か日に散るを、名残を惜しみ、天照御神に祈り申されければにや、三七日まで名残有り。君も賢王にて
P1040
ましましければ、神も神徳をかがやかし、花も心有りければ、二十日のよはひをたもちけり。
一人はきさきに立たせ給ふ。皇子御誕生有りて皇太子に立ち、位につかせ給ひしかば、院号かうぶらせ給ひて、「建礼門院」とぞ申しける。
一人は六条の摂政殿の北の政所にならせ給ふ。
一人は普賢寺殿の北の方にならせ給ふ。
一人は後白河の法皇に参り給ひて、女御のやうにてまします。これは安芸の厳島の内侍が腹の姫宮なり。
一人は冷泉の大納言隆房の卿の北の方にならせ給ふ。
一人は七条の修理大夫信隆の卿にあひ具し給ふ。
そのほか九条の院の雑仕常盤が腹にも一人。これは花山の院殿に参らせ給ひて、上臈女房にて「臈の御方」とぞ申しける。
日本秋津島はわづかに六十六箇国。平家の知行の国三十余箇国、
P1041
すでに半国にこえたり。そのほか荘園田畠いくらといふ数を知らず。綺羅みちみちて堂上花の如し。軒騎群集して、門前市をなす。楊州の金、荊州の珠、呉郡の綾、蜀江の錦、七珍万宝一として闕たる事なし。歌堂舞閣の基、魚龍爵馬のもてあそび、おそらくは帝闕、仙洞も是には過ぎじとぞ見えし。
昔よりいまにいたるまで、源平両氏朝家に召し使はれて、王化にしたがはず朝憲をかろんずる者には、たがひにいましめをくはへしかば、世の乱れもなかりしに、保元に為義斬られ、平治に義朝誅せられて後は、末々の源氏ども或は流され、或はうしなはれて、いまは平家〔の〕一類のみ繁昌して、かしらをさし出だす者もなし。さればいかならん末の世までもなにごとか有らんとぞ見えし。
P1042
第三句 二代后 にだいきさき
鳥羽の院の御晏駕の後、兵革うちつづきて、死罪、流刑、解官、停任おこなはれて、海内もしづかならず。世間もいまだ落居せず。なかんづく永暦、応保のころより、院の近習者をば内より御いましめ有り、内の近習をば院よりいましめらるる間、上下おそれをののいて、やすき心もなし。唯深淵にのぞんで薄氷をふむが如し。
主上、上皇、父子の御間になにごとの御へだてか有るべきなれども、思ひのほかの事共有りけり。主上、院の仰せをつねは申しかへさせましましける中にも、人耳目をおどろかし、世もつて大きにかたぶけ申す事有りけり。
P1043
そのころ故近衛の院の后、太皇太后宮と申せしは、大炊の御門の右大臣公能の御娘なり。先帝におくれ奉らせ給ひて後は、近衛河原の御所に〔ぞ〕うつり住ませ給ひける。長寛のころは御年二十二三にもやならせましましけん。御さかりも過ぎさせ給ひたり。
されども天下第一の美人の聞こえましましければ、主上色に染みたる御心して、ひそかに高力士にみことのりして、この大宮へひきもとめしむるに及んで、御艶書有り。大宮あへて聞こしめしもいれざりけり。されどもこの事ほにあらはれて、后御入内有るべきよし、右大臣家に宣旨を下さる。この事天下においてことなる勝事なれば、公卿僉議あつて、おのおの意見を申さる。
まづ、異朝の先蹤を尋ぬるに、則天皇后は唐の太宗の后、高宗皇帝の継母なり。太宗崩御の後皇后尼になりて、盛興寺といふ寺にこもり給へり。高宗「ねがはくは宮室にかへり、政をたすけ給へ」とて、御使かさねて五たび来たるといへども、あへて
P1044
したがはず。帝、盛興寺に臨幸なつて、「朕まつたくわたくしの心ざしをとげんとには有らず。先帝太宗の世をながからしめ給へとなり」。皇后宣はく「われ太宗の菩提をとぶらはんが為に、すでに釈門に入りぬ。ふたたび塵屋にかへるべからず」とて、確然としてひるがへさず。ここに高宗の近臣たち、よこしまにとり奉るが如くにして、皇后を内裏へ入れ奉る。その後皇后と高宗と二人、政をめでたうし給ひしかば、「二化の御宇」とぞ申しける。かくて帝世ををさめ給ふ事三十三年。国富み、民ゆたかなり 高宗崩御の後、皇后女帝として世をうけとり、位をつぎ給へり 皇后世をあらためて、年号を神功元年と号す。この人は周王の孫なる故に大周則天太上皇帝とぞ聞こえし。その後中宗皇帝に世をゆづり給ふ。中宗世をあらためて年号を神龍元年と号す 在位七年 これはわが朝の文武天皇にあたり給へり。
「されどもそれは異国の先規たるうへ、別段の事なり。本朝には
P1045
神武天皇よりこのかた、人皇七十余代にいたるまで、いまだ二代の后に立ち給ふ事、その例を開かず」と諸卿一同に申させ給へども、主上仰せなりけるは、「天子に父母なし。われ十善の戒功によて万乗の宝位をたもつ。などかこれほどの事叡慮にまかせざるべき」とて、すでに御入内の日宣下せられけるうへは、力及ばせ給はず。
大宮かくと聞こしめされけるより、御涙にむせばせおはします。先帝におくれまゐらせにし久寿の秋の始、同じ草葉の露とも消え、出家をもし、世をものがれたりせば、いまかかる憂き事は聞かざらまし」とぞ、御なげき有りける。父の大臣こしらへ申させ給ひけるは、「『世にしたがはざるをもつて狂人とす』と見えたり。すでに詔命を下さるるうへは、子細を申すに所なし。唯すみやかに御入内し給へ。もし皇子御誕生有らば、君も国母と言はれ、愚老も外祖とあふがるべき瑞相にてもや候ふらん。偏に愚老を
P046
たすけさせおはします、御孝行のいたりなるべし」とこしらへ申させ給へども、なほ御かへしもなかりけり。大宮そのころなにとなき御手ならひのついでに、
うきしに沈みもやらで河竹の 世にためしなき名をやながさん
世にはなにとして漏れたりけん、やさしき御事にぞ申しける。すでに御入内の日にもなりしかば、父の大臣、供奉の上達部、出車の儀式なんど、心の如く仕立てまゐらせ給ひける。大宮もの憂き御出でたちなれば、とくも出で給はず、はるかに夜ふけ、小夜もなかばになつて後、御車にたすけ乗せられさせ給ひけり。ことに色ある御衣をば召されず、しろき御衣をぞ召されける。御入内の後は麗景殿にぞましましける。ひたそらあさまつりごとをすすめ申させ給ふ御さまなり。
彼紫宸殿の皇居には、賢聖の障子を立てられたり。伊尹・第伍倫・
P1047
虞世南、太公望・角里先生・李勣・思摩。手長、足長、馬形の障子。鬼の間、尾張守小野の道風が「七廻賢聖の障子」と書きたりしも理とぞ見えし。かの清涼殿の絵図の御障子には、昔金岡が書きたりし遠山のありあけの月も有りとかや。故院のいまだ幼少にてましましけるそのかみ、なにとなき御手ならひに、ありあけの月の出でたるを書きくもらかさせ給ひたりしが、有りしながらにすこしもたがはぬを御覧じ、先帝の昔もや御恋ひしくおぼしめされけん、
思ひきやうき身ながらにめぐりきて おなじ雲井の月を見んとは
世には又哀なる御事にぞ申しける。その間の御仲は、言ひ知らず哀にやさしき事共なり。
P1048
第四句 額打論 がくうちろん
さるほどに、永万元年の春の始より主上御不予のよし聞こえさせ給ひしが、夏の始になりしかば、ことのほかにおもらせ給ふ。これによつて、大蔵大輔壱岐の兼盛が娘の腹に、今上一の宮の二歳にならせ給ふを、「太子に立てまつらせ給ふべし」と聞こえしほどに、同じき六月二十五日、にはかに親王の宣旨を下され給ふ。やがてその夜受禅有りしかば、天下なにとなうあわてたるやうなり。其時有識の人々申し合はれけるは、「本朝童帝の例を尋ぬるに清和天皇九歳にして文徳天皇の御ゆづりをうけさせ給ふ。これはかの周公旦の、成王にかはりて、南面にして一日万機の政ををさめ給ひしに准へて、外祖忠仁公幼主を扶持し給ふ。
P1049
これぞ摂政の始なる。鳥羽の院五歳。近衛の院三歳。これをこそ『いつしかなり』と申せしに、これは二歳にならせ給ふ。先例なし。ものいそがはしともおろかなり。」
七月二十七日、上皇遂に崩御なりぬ。御年二十三、つぼめる花の散るが如し。玉のすだれ、錦の帳のうち、御涙にむせばせおはします。御位を去らせ給うて、はつかに三十余日にぞ有りける。やがてその夜、香隆寺のうしとら、蓮台野の奥、船岡山にをさめ奉る。少納言入道の子息澄憲、御葬送を見奉り給ひて、泣く泣くかうぞ申されける。
つねに見し君がみゆきをけふとへば かへらぬ[* 「かへらん」と有るのを他本により訂正]たびと聞くぞ悲しき
大宮、このたびもさまでの御さいはひもわたらせ給はず。この君にさへおくれ奉り給ひしかば、やがて御出家有りて、近衛河原の御所へうつしまゐらせ給ひける。
P1050
御葬送の夜、延暦寺、興福寺の大衆ども額打論といふ事をしいだして、たがひに狼藉に及ぶ。一天の君崩御なりて後、御墓所へわたし奉るときの作法、南北二京の大衆ことごとく供奉して、御墓所のまはりにわが寺々の額を打つ事有り。まづ聖武天皇の御願所、あらそふべき寺なければとて、「東大寺」の額を打つ。つぎに淡海公の御願とて、「興福寺」の額を打つ。北京には興福寺とむかひて「延暦寺」の額を打つ。つぎに天武天皇の御願、あらそふべきやうなし、智証大師の草創とて、「園城寺」の額を打つ。そのほか末寺末寺の額ども打ちならぶる。然るを、山門の大衆いかが思ひけん、先例をそむきて東大寺のつぎ、興福寺の上に、延暦寺の額を打つ間、南都の大衆、「とやせまし、かくやせまし」と僉議する所に、興福寺の西金堂の衆、観音房、勢至房とて大悪僧二人有り。観音房は黒糸威の腹巻に白柄の長刀のさやはづし、勢至房は萠黄威の腹巻に、黒漆の大太刀もつて、二人づんと走り出で、
P1051
延暦寺の額を切つて落し、散々に打ち破り、
うれしや、鳴るは滝の水 日は照れどもたえず、とうたへや
とはやしつつ、南都の衆都の中へぞ入りにける。帝かくれさせ給ひて後は、心なき草木にいたるまでうれへたる色にてこそ有るべきに、この騒動のあさましさに、たかきもいやしきも、肝魂をうしなつて四方へ皆退散す。山門の大衆、狼藉をいたさば手むかひすべき所に、心ふかうねらふかたもや有りけん、一詞も出ださざりけり。
同じき二十九日の午剋ばかりに、「山門の大衆おびたたしく下洛す」と聞こえしかば、武士、検非違使西坂本に行きむかつて防ぎけれども、事ともせず、押し破り乱入す。又、何者の申し出だしけるやらん、「一院、山門の大衆に仰せ、平家を追討せらるべき」と聞こえしかば、「軍兵、内裏に参じて、四方の陣頭警固すべし」とて、
P1052
一類、皆六波羅へ馳集る。小松殿、そのころは中納言右大将にてましましけるが、「当時、なにごとによつてさある事有るべき」としづめられけれども、上下ののじりさわぐ事おびたたし。法皇もいそぎ六波羅へ御幸なる。山門の大衆、六波羅へは寄せずして、そぞろなる清水寺へ押し寄せて、仏閣、僧房、一宇ものこさず皆焼きはらふ。これは去んぬる葬送の夜の会稽の恥をきよめんが為とぞ聞こえける。清水寺は興福寺の末寺たるによてなり。
清水寺焼けたるあした、落書有り。「観音火坑変成池はいかに」と札を書きて、大門の前に立てたりければ、次の日又、「歴劫不思議力及ばず」とかへしの札をぞ立てたりける。
衆徒帰りのぼりければ、一院も六波羅より還御なる。重盛の卿ばかりこそ御おくりに参られけれ。父の卿は参られず。なほも用心の為とぞ聞こえし。重盛の卿御おくりより帰られたりければ、父の卿宣ひけるは、「さても一院の御幸こそ大きにおそれおぼゆれ。
P1053
かけてもおぼしめしより仰せらるるむねの有ればこそ、かうは聞こゆらめ。それにもうちとけ給ふべからず。」と宣へば、小松殿「此事ゆめゆめ御詞にも出させ給ふべからず。なかなか人に心づけ顔に、あしき御事なり。それにつけても、叡慮にそむかせ給はで、いよいよ人に御なさけをほどこさせ給はば、神明三宝の加護有るべし。さあらんにとりては、御身のおそれ候ふまじ」とて起たれければ、「あはれ、重盛はゆゆしうもおほやうなる者かな」と、父の卿も宣ひける。
一院還御の後、御前にうとからぬ近習たち数多侍はれけるに、仰せられけるは、「さても不思議の事を申し出だしたるものかな。おぼしめしよらぬものを」と宣ひければ、院中のきり者に西光法師といふ者有り。「『天に口なし。人をもつて言はせよ』と申す事候。平家もつてのほかに過分に候へば、天の御告げにてもや候ふらん」とぞ申しける。人々、「この事よしなし。『壁に耳有り』おそろし、
P1054
おそろし」とぞ申し合はれける。
さるほどにその年も天下諒闇なりければ、御禊大嘗会もおこなはれず。建春門院そのころはいまだ「東の御方」と申しける、その御腹に一院の宮おはしけり。同じき十二月二十四日、にはかに親王の宣旨をかうぶらせ給ふ。
あくれば、改元有りて仁安と号す。「ことしは大嘗会有るべき」とて、そのいとなみ有り。
同じく十月八日、去年親王の宣旨をかうぶり給ひし皇子、東三条にて春宮に立たせ給ふ。春宮は御叔父、六歳。主上は御甥、三歳。昭穆にあひかなはず。但寛和二年に、一条の院五歳、三条の院十一歳にて春宮に立たせ給ふ。先例なきに有らず。
主上わづかに二歳にて御ゆづりをうけさせ給ひて、五歳と申せし二月十九日、春宮践祚有りしかば、位をすべりて「新院」とぞ申しける。いまだ御元服もなくして「太上天皇」の尊号有り。漢家本朝
P1055
これや始なるらん。
同じき二十日、新帝大極殿にして御即位有り。この君の位につかせ給ふは、いよいよ平家の栄華とぞ見えし。国母建春門院と申すも平家の一門にておはしけるうへ、とりわき入道相国の北の方八条の二位殿は、女院の御姉なり。平大納言時忠卿と申すも、女院の御弟【*御兄】にておはしければ、内外につけて執権の臣とぞ見えし。玄宗皇帝に楊貴妃がさいはひせしとき、楊国忠がさかえしが如し。世のおぼえ、時の聞こえ、めでたかりき。入道相国、天下の大小事を宣ひ合はせられければ、時の人、「平関白」とぞ申しける。
第五句 義王 ぎわう
入道相国かやうに天下をたなごころににぎり給ふ間、世のそしり
P1056
をもはばかり給はず、不思議の事をのみし給へり。たとへば、そのころ京中に白拍子の上手、義王、義女とておととい有り。これはとぢといふ白拍子の娘なり。姉の義王を入道最愛せられければ、妹の義女をも世の人もてなす事かぎりなし。母とぢにもよき家つくりてとらせ、毎月百石百貫をぞおくられける。家のうち富貴にして楽しき事かぎりなし。
そもそもわが朝に白拍子のはじまりける事は、昔鳥羽の院の御宇に、島の千歳、若の前、これら二人が舞ひいだしけるなり。始は水干に立烏帽子、白鞘巻をさして舞ひければ、「男舞」とぞ申しける。然るを中ごろより烏帽子、刀をばのけられて、水干ばかりを用ひたり。さてこそ「白拍子」とは名づけけれ。
義王がさいはひのめでたき事を、京中の白拍子ども伝へ聞きて、うらやむ者も有り。「あなめでたの義王がさいはひや。同じ遊びの者とならば、たれもあのやうにこそ有りたけれ。
P1057
あはれ、これは『義』といふ文字をついて、かやうにめでたきやらん。いざ、わらはもついてみん」とて、或は「義一」とつき、或は「義二」とつき、「義福」「義徳」といふも有り。ねたむ者は、「なにとて文字にはよるべき。さいはひは先の世のむまれつきにこそ有るなれ」とて、つかぬ者もおほかりけり。
かくて三年と申すに、京中に又白拍子の上手一人出できたり。これは加賀の国の者なり。名をば仏とぞ申しける。年十六とぞ聞こえし。「昔よりおほくの白拍子の有りしかども、かかる舞はいまだ見ず」とて、京中の上下もてなす事なのめならず。
あるとき仏御前申しけるは、「われ天下に聞こえたれけども、当時さしもめでたうさかえさせ給ふ太政入道殿へ召されぬ事こそ本意なけれ。遊び者のならひ、なにかはくるしかるべき。推参して見ん」とて、あるとき西八条へぞ参じける。
人参りて、「当時都に聞こえ候ふ仏御前こそ参りて候へ」と申し
P1058
ければ、「なんでう、さやうの遊び者は人の召しにしたがひてこそ参れ、左右なう推参するやうや有る。其上義王が有らん所へは、神といもいへ、仏ともいへ、かなふまじきぞ、とくとくまかり出でよ」とぞ宣ひける。
仏御前すげなう言はれ奉りて、すでに出でんとしけるを、義王、入道殿に申しけるは、「遊び者の推参はつねのならひにてこそさぶらへ。其上年もいまだをさなうさぶらふなるに、たまたま思ひたちて参りてさぶらふを、すげなう仰せられて返させ給はん事こそ不便なれ。いかばかりはづかしく、かたはらいたくさぶらふらん。わがたてし道なれば、人の上ともおぼえず。たとひ舞を御覧じ、歌をこそ聞こしめされずとも、御対面ばかりはさぶらひて、返させ給はんは、ありがたき御なさけにてさぶらふべし」と申しければ、入道、「いでいで、さあらば、我御前があまりに言ふ事なれば、見参してかへさん」とて、御使をたてられたり。
P1059
仏御前すげなう言はれ奉り〔て〕、すでに車に乗りて出でけるが、召されて帰り参りたり。入道出であひ対面して、「けふの見参有るまじかりつるを、義王あまりに申しすすむる間、かやうに見ざんしつ。見参するほどにては、いかでか声をも聞かでは有るべき。今様一つうたへかし」。仏御前「承りさぶらふ」とて、今様一つぞうたうたる。
君を始て見るときは 千代も経ぬべしひめ小松 
おまへの池なる亀岡に 鶴こそむれゐてあそぶめれ
と、おし返しおし返し、三返うたひすましたりければ、一門の人々耳目をおどろかし、入道相国もおもしろげに思ひ給ひて、「我御前は今様は上手なり。この定にては舞もさだめてよかるらん。一番見ばや。つづみうち召せ」とて召されけり。仏御前、つづみうたせて
P1060
一番舞うたりけり。仏御前は髪すがたより始て、みめかたち世にすぐれ、声よく、節も上手なりければ、なじかは舞も損ずべき。心も及ばず舞ひすましたり。
君が代をももいろといふうぐひすの 声の響ぞ春めきにける
とうたひて踏みめぐりければ、入道相国、舞にめで給ひて、仏に心をうつされけり。
仏御前申しけるは、「こはさればなにごとさぶらふぞや。もとよりわらはは推参の者にて、出だされまゐらせさぶらひつるを、義王御前の申し様にてこそ召し返されてさぶらふに、かやうに召しおかれさぶらひなば、義王御前の思ひ給はんずる心のうちこそはづかしうさぶらふへ。はやはやいとまを賜はりて出ださせ給へ」と申しけれども、入道「なんでう、その儀有るべし【*べき】。但義王が有るをはばかるか。その儀ならば義王をこそ出ださめ」と宣ふ。仏御前申し
P1061
けるは、「それ又いかでかさる事さぶらふべき。もろともに召しおかれんだにもかたはらいたうさぶらふに、義王御前を出だされまゐらせて、わらは一人召し置かれ参らせなば、いとど心憂くさぶらふべし。おのづから後までもわすれぬ御事ならば、召されて又は参るとも、けふのいとまを賜はらん」とぞ申しける。入道「すべてその儀有るまじ。唯義王とくとくまかり出でよ」と御使かさねて三度までこそたてられけれ。
義王、もとより、思ひまうけたる道なれども、さすがきのふけふとは思ひよらざりしに、いそぎ出づべきよし、しきりに宣ひける間、掃き、のごひ、塵ひろはせ、出づべきにこそさだまりけれ。一樹のかげにやどりあひ、同じ流れをむすぶだに、わかれの道は悲しきならひなるに、いはんやこれは、この三年がほど住みなれし所なれば、名残も惜しく悲しくて、かひなき涙ぞこぼれける。さてしも有るべき事ならねば、「いまはかう」とて出でけるが、
P1062
「なからんあとの形見にもや」と思ひけん、障子に泣く泣く一首の歌をぞ書きつけける。
もえいずる〔も〕枯るるもおなじ野べの草 いづれか秋に合はではつべき
さて、車に乗りて宿所に帰り、障子のうちにたふれ臥し、唯泣くよりほかの事ぞなき。母や妹これを見て、「いかにや、いかにや」と問ひけれども、とかうの返事にも及ばず。具したる女に尋ねてぞ、去事有りとも知りてけり。
さるほどに、毎月おくられける百石百貫も、はやとどめられて、いまは仏御前のゆかりの者ぞ始て楽しみさかえける。京中の上下、「義王こそ入道殿のいとま賜はりて出でたるなれ。いざや、見参してあそばん」とて、或は文をやり、或は使をたつる者も有り。義王さればとて、今更人に見参してあそびたはぶれべきに有らず」とて、文をとり入るる事もなし。まして使
P1063
にあひしらふまでもなかりけり。これにつけても悲しくて、涙にのみぞ沈みける。
かくてことしも暮れぬ。あくる春のころ、入道相国義王がもとへ使者をたてて、「いかに義王。その後なにごとか有る。さては仏御前のあまりにつれづれげに見ゆるに、なにかくるしかるべき、参りて今様をもうたひ、舞なんどをも舞うて、仏なぐさめよ」とぞ宣ひける。義王かへりごとに及ばず、涙をおさへて臥しにけり。入道かさねて使をたて、「義王、など返事をばせぬぞ。参るまじきか。参るまじくはそのやうを申せ。浄海がはからふむね有り」とぞ宣ひける。
母のとぢ、これを聞きて、「いかにや、義王御前。ともかうも御返事を申せかし。かやうにしかられまゐらせんよりは」と言へば、義王涙をおさへて申しけるは、「参らんと思ふ道ならばこそ、やがて『参らん』とも申さめ。参らざらんもの故に、なにと返事を申す
P1064
べしともおぼえず。このたび『召さんに参らずは、はからふむね有り』と仰せらるるは、都のほかへ出ださるるか、さらずは命を召さるるか、この二つにはよも過ぎじ。たとひ命を召さるるとも、惜しかるべきわが身かは。又都のほかへ出ださるるとも、なげくべきに有らず。ひとたび憂きものに思はれまゐらせ、ふたたびむかふべきに有らず」とて、なほ返事を申さず。
母とぢかさねて教訓しけるは、「あめが下に住まん者は、ともかうも入道殿の仰せをばそむくまじき事に有るぞ。をとこをんなの縁、宿世、いまに始ぬ事ぞかし。千年、万年とちぎれども、やがてはなるる事も有り。あからさまとは思へども、ながらへはつる仲も有り。世にさだめなきは男女のならひなり。それに、我御前は、三年まで思はれまゐらせたれば、ありがたき事にこそ有れ。このたび召さんに参らねばとて、命を召さるるまではよも有らじ。都のほかへぞ出だされんずらん。たとへ都を出ださるるとも、我御前
P1065
たちは年若ければ、いかならん岩木のはざまにても、すごさん事やすかるべし。但、わが身年老い、よはひおとろへて、都のほかへ出だされなば、ならはぬひなのすまひこそかねて思ふに悲しけれ。唯われを都のうちにて住みはてさせよ。それぞ今生、後生の孝養にて有らんずる」と言へば、義王、憂しと思ひし道なれど、親の命をそむかじと、泣く泣く出でたちける心のうちこそ無慚なれ。涙のひまよりも、
露の身のわかれし秋にきえはてで 又ことの葉にかかるつらさよ
「ひとり参らんはあまりにもの憂し」とて、妹の義女をもあひ具しける。そのほか白拍子二人、総じて四人、ひとつ車に乗り具して、西八条へぞ参りける。日ごろ召されける所へは入れられずして、はるかにさがりたる所に、座敷をしつらうて置かれたり。義王「こはさればなにごとぞや。わが身にあやまる事はなけれども、捨てられ
P1066
奉るだに有りし、いまさら座敷をさへさげらるる事のくちをしさよ。いかにせん」と思ふに、知らせじとする袖のしたよりも、あまりて涙ぞこぼれける。仏御前哀に思ひ、入道殿に申しけるは、「さきに召されぬ所にてもさぶらはず、これへ召されさぶらへかし。さらずは、わらはにいとま賜はりて、出でて見参せん」と申しけれども、入道「すべてその儀有るまじ」と宣ふ間、力及ばで出でざりけり。
入道出であひ対面し給ひて、「いかに義王、なにごとか有る。さては、仏御前があまりにつれづれげに見ゆるに、なにかくるしかるべき、今様一つうたへかし」義王「参るほどではともかくも仰せをばそむくまじきものを」と思ひければ、落つる涙をおさへて、今様一つうたひける。
月もかたぶき夜もふけて、心のおくを尋ぬれば、
P1067
仏も昔は凡夫なり、われらも遂には仏なり、
いづれも仏性具せる身を、へだつるのみこそ、悲しけれ
と、泣く泣く二三返うたひたりければ、その座に並みゐ給へる一門の公卿、殿上人、諸大夫、侍にいたるまで、皆感涙をぞ流されける。入道もおもしろげにて、「時にとりては神妙に申したり。この後は、召さずともつねに参りて、今様をもうたひ、舞などをも舞うて、仏をなぐさめよ」とぞ宣ひける。義王かへりごとに及ばず、涙をおさへて出でにけり。「親の命をそむかじとて、つらき道におもむき、ふたたび憂き目を見つるくちをしさよ」
第六句 義王出家 ぎわうしゆつけ
P1068
「生きてこの世に有るならば、又憂き目をも見んずらん。いまは唯身を投げんと思ふなり」と言ひければ、妹の義女も、「姉の身を投げば、われもともに投げん」と言ふ。母とぢこれを聞き悲しみて、いかなるべしともおぼえず、泣く泣く又教訓しけるは、「誠に我御前がうらむるも理なり。かやうの事有るべしとも知らずして、教訓して参らせつる事のくちをしさよ。但二人の娘共におくれなば、年老い、よはひおとろひたる母、とどまりてもなにかせん。われもともに身を投げんなり。いまだ死期もきたらぬ親に身を投げさせん事、五逆罪にや有らんずらん。この世はわづかに仮の宿りなり。恥ぢてもなにならず。今生でこそ有らめ、後生でだにも悪道へおもむかん事の悲しさよ」と袖を顔に押しあてて、さめざめとかきくどきければ、義王涙をおさへて、「一旦恥を見つる事のくちをしさにこそ申すなれ。誠
P1069
にさやうにさぶらはば、五逆罪はうたがひなし。さらば自害は思ひとどまりぬ。かくて都に有るならば、又憂き目をも見んずらん。いまは都のうちを出でん」とて、義王二十一にて尼になり、嵯峨の奥なる山里に、柴のいほりをひきむすび、念仏してぞゐたりける。
妹の義女も、「姉の身を投げば、ともに投げんとだにちぎりしに、まして世をいとはんには、たれかはおとるべき」とて、十九にて様をかへ、姉と一所にこもりゐて、後世をねがふぞ哀なる。母とぢこれを見て、「若き娘共だにも様をかゆる世の中に、年老い、よはひおとろへて、白髪つけてもなにかせん」とて、四十五にて髪を剃り、二人の娘もろともに一向専修に念仏して、偏に後世をねがふぞ哀なる。
かくて春過ぎ夏たけて、秋の初風吹きぬれば、星合の空をながめつつ、天の戸わたるかぢの葉に思ふ事書くころなれや。夕日のかげの西の山の端にかくるるを見ては、「日の入り給ふ所は西方
P1070
浄土にて有るなり。いつかわれらもかしこにむまれて、ものを思はですごさんずらん」と、かかるにつけても、唯つきせぬものは涙なり。
たそがれ時も過ぎければ、竹の編戸をとぢふさぎ、灯かすかにかきたてて、親子三人念仏してゐたる所に、竹の編戸をほとほとと打ちたたく者出できたり。其時尼ども肝をけし、「あはれ、これはいふかひなきわれらが、念仏してゐたるをさまたげんとて、魔縁きたりてぞ有るらん。昼だにも人も訪ひこぬ山里の、柴のいほりのうちなれば、夜ふけてたれか尋ぬべき。わづかの竹の編戸なれば、あけずとも押し破らん事やすかるべし。なかなか唯あけて入れんと思ふなり。それになさけをかけずして、命をうしなふものならば、年ごろたのみ奉る弥陀の名号をとなへ奉るべし。声を尋ねてむかへ給ふなる聖衆の来迎にてましませば、などかは引摂なかるべき。あひかまへて念仏おこたり給ふな」と、たがひに
P1071
心をいましめて、竹の編戸をあけたれば、魔縁にてはなかりけり、仏御前ぞ出できたる。
義王「あれはいかに、仏御前と見奉るは、夢かや、うつつかや」と言ひければ、仏御前、涙をおさへて、「かやうの事申せば、なかなか事あたらしき事にてさぶらへども、申さずは又思ひ知らぬ身となりぬべければ、始よりして申すなり。もとよりわらはは推参の者にて、出だされまゐらせさぶらひしを、義王御前の申し様によりてこそ召し返されてさぶらひしに、をんなのかひなさは、わが身を心にまかせずして、おしとどめられまゐらせし事、心うくこそさぶらひしか。我御前を出だされ給ひしを見るにつけても、『いつかわが身の上とならん』と思ひしかば、うれしとはさらに思はず。障子に又『いづれか秋にあはではつべき』と書きおき給ひし筆のあと、『げにも』と思ひ知られてさぶらふぞや。いつぞや又召されまゐらせて、今様うたひ給ひしにも、思ひ知られ
P1072
てこそさぶらひしか。このほど御ゆくへをいづくにとも知らざりつるに、かやうに様をかへて一所にと承りて後は、あまりにうらやましくて、つねはいとまを申せしかども、入道殿さらに御もちひましまさず。つくづく物を案ずるに、娑婆の栄華は夢のうちの夢、楽しみさかえてもなにかせん。人身は受けがたく、仏教にはあひがたし。比度泥犁に沈みなば、多生曠劫を経るとも、浮かび難し。年の若きをたのむべきにも有らず。老少不定のさかひなり。出づる息の入るをも待つべからず。かげろふ、いなづまよりもなほはかなし。一旦の楽しみにほこりて、後生を知らざらん事の悲しさに、今朝まぎれ出でて、かくなりてこそ参りたれ」とて、かづきたる衣をうちのけたるを見れば、尼になりて出できたる。
「かやうに様をかへて参りたれば、日ごろのとがをゆるし給へ。『ゆるさん』と仰せられば、もろともに念仏して、ひとつ蓮の身とならん。それもなほ心ゆかずは、これよりいづちへも迷ひゆき、いか
P1073
ならん苔のむしろ、松が根にもたふれ臥し、命の有らんかぎりは念仏して、往生の素懐をとげん」と言ひて、袖を顔に押しあてて、さめざめとかきくどきければ、義王、涙をおさへて申しけるは、「誠に、それほどに我御前の思ひ給ひけるとは夢にも知らず、憂き世の中のさがなれば、身を憂しとこそ思ふべきに、ともすれば我御前をうらみて、往生をとげん事もかなふべしともおぼえず。今生も、後生も、なまじひにし損じたる心地して有りつるに、かやうに様をかへておはしたれば、日ごろのとがは露塵ほどものこらず。いまは往生うたがひなし。このたび素懐をとげんこそ、なによりもつてうれしけれ。われらが尼になりしをこそ、世にありがたきやうに、人も言ひ、わが身も思ひしが、それは世をうらみ、身をうらみてなりしかば、様をかゆるも理なり。我御前の出家にくらぶれば、事の数にも有らざりけり。我御前はなげきもなし、うらみもなし。今年はわづかに十七にこそなる人の、かやうに穢土をいとひ、
P1074
浄土をねがはんと思ひ入り給ふこそ、誠の大道心とはおぼえたれ。うれしかりける善知識かな。いざ、もろともにねがはん」とて、四人一所にこもりゐて、朝夕仏の前に花香をそなへ、余念もなくねがひければ、遅速こそ有りけれども、四人の尼ども皆往生の素懐をとげけるとぞ聞こえし。
されば、後白河の法皇の長講堂の過去帳にも、「義王、義女、仏、とぢが尊霊」と四人一所に入れられけり。哀なりし事共なり。
第七句 殿下乗合 てんがのりあひ
さるほどに、嘉応元年七月十六日、一院御出家有り。御出家の後も万機の政を聞こしめされければ、院、内分くかたなし。
P1075
院に召し使はるる公卿、殿上人、上下の北面にいたるまで、官位俸禄身にあまるばかりなり。されども人の心のならひにて、なほあきたらず」「あはれ、その人が失せたらばその国はあきなんず」「その人が亡びたらばその官にはなりなん」などと、うとからぬどしは寄りあひ寄りあひささやきあへり。一院も内々仰せなりけるは、「昔より朝敵をたひらぐる者おほしといへども、いまだかやうの事なし。貞盛、秀郷が将門を討ち、頼義が貞任、宗任を亡ぼし、義家が武衡、家衡を攻めたりしも、勧賞おこなはるる事、わづかに受領には過ぎざりき。清盛がかく心のままに振舞ふこそ然るべからね。これも世の末になりて、王法の尽きぬる故なり」とおぼしめせど〔も〕、ついでなければ御いましめもなし。
又平家もあながちに朝家をうらみ奉る事もなかりしに、世の乱れそめぬる根本は、去んぬる嘉応二年十月十六日、小松殿の次男新三位の中将資盛、其時はいまだ越前守とて、十三になら
P1076
れけるが、雪ははだれに降りたり、枯野のけしきも誠におもしろかりければ、若侍ども二三十騎ばかり召し具して、蓮台野や紫野、右近の馬場にうち出でて、鷹ども数多据ゑさせて、鶉、雲雀追つたて追つたて、ひめむすに狩りくらし、薄暮に及び六波羅へこそかへられけれ。
其時の御摂禄は松殿にてぞましましける。中の御門の東の洞院の御所より御参内有り。郁芳門より入御有るべきにて、中の御門東の洞院の大路を南へ、大炊の御門を西へ御出なる。資盛の朝臣大炊の御門猪熊にて、殿下の御出に鼻突に参りあふ。殿下の御供の人々、「何者ぞ、狼藉なり。御出の有るに、おり候へ」と言ひてけれども、あまりに勇み誇りて、世を世ともせざりけるうへ、召し具したる侍ども、皆二十よりうちの若き者どもにて、礼儀骨法をわきまへたる者一人もなし。殿下の御出ともいはず、一切下馬の礼儀にも及ばず、駆け破りて通らんとする間、暗さはくらし、殿下
P1077
の御供の人々、つやつや太政入道殿の孫とも知らず少々は又知りたりけれどもそら知らずして、資盛朝臣を始として、侍ども馬より取つて引き落し、頗る恥辱に及びけり。資盛朝臣はふはふ六波羅へおはして、祖父相国禅門へこのよし訴へ申されたり。入道、最愛の孫にてはおはします、おほきに怒つて、「たとえ殿下なりとも、浄海があたりをば一度はなどかはばかり給はざるべき。をさなき者に左右なう恥辱をあたへらるるこそ遺恨の次第なれ。かかる事よりして、人にはあざむかるるぞ。この事思ひ知らせ奉らでは、えこそ有るまじけれ。殿下をうらみ奉らばやと思ふはいかに」と宣へば、小松殿申されけるは、「これはすこしもくるしく候ふまじ。頼政、時光なんどと申す源氏どもにあざむかれ候はんには、誠に一門の恥辱にても候ふべし。重盛が子どもにて候はんずる者が、殿下の御出に参りあひ奉り、乗物よりおり候はぬこそ尾籠に候へ」とて、その
P1078
とき行きむかひたる侍ども皆召し出だし、「自今以後もなんぢらよく心得べし。重盛はこれより殿下へ、あやまつて無礼の[* 「あやまつて、重盛はこれより殿下へ、無礼の」と有るのを訂正]おそれをこそ申さんと思へ」と宣へば、その後は入道相国、小松殿にはかくとも宣ひも合はせられず、かた田舎の侍どもの、「入道の仰せよりほかはおそろしき事なし」と思ふ、難波、瀬尾を始として都合六十余人召し寄せ、「来る二十一日、主上御元服の御さだめに殿下参内有らんとき、いづくにても待ちうけ奉りて、前駆、随身どもがもとどり切つて、資盛が恥をそそげ」とぞ宣ひける。兵どもかしこまり承りてまかり出づ。
殿下これをば夢にも知ろしめされず、主上明日【*明年】御元服、御加冠、拝官御さだめの為に、御直盧にしばらく御座有るべきにて、つねの御出よりひきつくろはせ給ひて、今度は待賢門より入御有るべきにて、中の御門を西へ御出なる。六波羅の兵ども、猪熊堀川の辺に、ひた兜三百騎ばかりにて待ちうけ奉り、殿下をうち
P1079
にとりこめ、前後より鬨をどつとぞつくりける。前駆や随身どもが今日を晴れと装束したるを、あそこに追つかけ、ここに追つつめ、馬よりとつて引き落し、散々に陵轢して、いちいちに皆もとどりを切る。随身十人がうち、右の府生武基がもとどりも切られてんげり。その中に藤蔵人大夫高範がもとどりを切るとて、「これはまつたくなんぢがもとどりと思ふべからず。主のもとどりと思ふべし」と言ひふくめてぞ切りてける。その後は御車のうちへも弓の筈つき入れなんどして、簾かなぐり落し、御牛のしりがい・むながい切りはなち、散々にしちらして、よろこびの鬨をつくり、六波羅へこそ参りけれ。入道「神妙なり」とぞ宣ひける。御車副には鳥羽の先使国久丸といふをのこ、下臈なれども心有る者にて、様々にしつらひ、御車つかまつりて、中の御門の御所へ還御なし奉り、束帯の御袖にて涙をおさへつつ、還御の儀式のあさましさ申すもなかなかおろかなり。大織冠、淡海公の御事
P1080
はなかなか申すに及ばず、忠仁公、昭宣公よりこのかた、摂政関白のかかる御目に合はせ給ふ事、いまだ承り及ばず。これぞ平家の悪行の始なる。
小松殿これを聞き、大きにおどろき、其時行きむかひたる侍ども、皆勘当せらる。「およそは資盛奇怪なり。『栴檀は二葉より香ばし』とこそ見えたれ。すでに十二三にならんずる者は、礼儀、骨法を存知してこそ振舞ふべきに、かく尾籠を現じて、入道の悪名をたて、不孝のいたり、なんぢひとりに有り」とてしばらく伊勢の国へ追ひ下さる。さればこの大将を、君も臣も御感有りけるとぞ聞こえし。
これによりて、主上御元服の御さだめ、その日は延べさせ給ひて、同じき二十五日、院の殿上にてぞ御元服の御さだめは有りける。摂政殿さてもわたらせ給ふべきならねば、同じき十一月九日、兼宣旨[* 「かのせんし」と有るのを他本により訂正]〔を〕かうぶらせ給ひて、十四日、太政大臣にあがらせ給ふ。やがて同じく
P1081
十七日、慶申し有りしかども、世の中なほもにがにがしうぞ見えし。さるほどに、今年も暮れ、嘉応も三年になりにけり。
第八句 成親大将謀叛 なりちかだいしやうむほん
同じき三年正日五日、主上御元服有りて、同じき十三日、朝覲の行幸有りけり。法皇、女院待ちうけさせ給ひて、初冠の御よそほひいかばかりらうたくおぼしめされけん。主上御年十三歳、入道相国の御娘、女御に参らせ給ふ。法皇御猶子の儀なり。
そのころ、妙音院の太政大臣、内大臣の左大将にておはしけるが、大将を辞し申させ給ひけるときに、徳大寺の大納言実定の卿も所望有り。そのほか、故中の御門の藤中納言家成の卿の三男、新大納言
P1082
成親卿もひらに申されけり。これは院の御気色よかりければ、さまざまの祈りを始らる。八幡に百人の僧を籠めて真読の大般若を七日読ませられける間に、高良の大明神の御前なる橘の木に、男山のかたより山鳩二つ飛びきたりて、くひあうてぞ死ににける。「鳩は、これ八幡の第一の使者なり。宮寺にかかる不思議なし」とて、時の検校慶清法印このよし内裏へ奏聞せられたりければ、神祇官にして御占かた有り。「重き御つつしみ、但君の御つつしみには有らず。臣下の御つつしみ」とぞうらなひ申しける。
新大納言それにおそれをもいたさず、昼は人目しげければ、夜な夜な歩行にて、中の御門烏丸の宿所より賀茂の上の杜へ七夜つづけて参られけり。七夜に満ずる夜、宿所に下向して、苦しさにちとまどろみたる夢に、加賀の上の社へ参りたるとおぼしくて、御宝殿の御戸を押し開き、ゆゆしうけだかき御声にて、
さくら花賀茂の川風うらむなよ 
P1083
散るをばえこそとどめざりけれ
新大納言、なほもそれにおそれをもいたさず、賀茂の上の社の御宝殿のうしろなる大杉のほらに壇をたてて、ある聖を籠めて、百日拏吉尼の法をおこなはせられけるに、いかづちおびたたしく鳴りて、かの杉に落ちかかり、雷火もえあがつて宮中もすでにあやふく見えしかば、神人はしり集まりて、これをうち消しつ。さて、かの外法をおこなひける聖を追ひ出ださんとしけるに、「われ百日参籠の大願有り。今日七十五日にあたる。まつたく出でまじ」とてはたらかず。社家よりこのよし内裏へ奏聞したりければ、「唯法にまかせよ」と仰せらるる間、其時、神人白杖をもつて、〔かの〕聖のうしろをしらげて、一条大路より南へ追ひ出だしてんげり。「神は非礼をうけ給はず」と申すに、この大納言非分の大将を祈り申されければにや、かかる不思議も出できたる。
そのころ叙位、除目と申すは、院、内の御はからひにも有らず、
P1084
摂政、関白の御成敗にも及ばず。唯一向平家のままにて有りければ、徳大寺、花山の院もなり給はず。入道相国の嫡男小松殿、大納言の右大将にてましましけるが、左にうつりて、次男宗盛、中納言にておはしけるが、数輩の上臈を超越して、右に加はられけるこそ申すばかりもなかりしか。
中にも徳大寺殿は一の大納言にて、華族英雄、才学優長におはしけるが、越えられ給ひぬるこそ遺恨の次第なれ。「さだめて御出家なんどや有らずらん」と、人々ささやき合はれけれども、「しばらく世のならんやうを見ん」とて、籠居とぞ聞こえし。
新大納言宣ひけるは、「徳大寺、花山の院に越えられたらんはいかがせん、平家の次男宗盛の卿に超えられぬるこそ遺恨の次第なれ。これもよろづ思ふさまなるがいたす所なり。いかにもして平家を亡ぼし、本望をとげん」と宣ひけるこそおそろしけれ。平治にも越後の中将とて、信頼の卿に同心の間、すでに誅
P1085
せらるべかりしを、小松殿やうやうに申して、頸をつぎ奉る。然るにその恩をわすれ、かかる心のつかれける、偏に天魔の所為とぞ見えし。外人なき所に兵具をととのへ、軍兵をかたらひおき、そのいとなみのほかは他事なし。
東山のふもと鹿の谷といふ所は、うしろは三井寺につづきて、ゆゆしき城郭にてぞ有りける。これに俊寛僧都の山荘有り。つねはその所に寄りあひ寄りあひ、平家を亡ぼすべきはかりごとをぞめぐらしける。あるとき法皇も御幸なる。故少納言入道信西の子息静憲法印も御供申す。その夜の酒宴に、静憲法印にこの事仰せ合はせられたりければ、法印「あなおそろし。人の数多承り候ひぬ。唯今漏れ聞こえて、天下の御大事に及び候はん」とあわてさわぎければ、大納言気色かはつて、御前をざつと起たれけるが、御前に候ひける瓶子を狩衣の袖にかけてひき倒されたりければ、法皇「あれはいかに」と仰せければ、大納言たちかへりて、「へいじすでに
P1086
倒れ候ひぬ」と申されければ、法皇、ゑつぼにいらせおはしまして、「者ども、参りて猿楽つかまつれ」と仰せければ、平判官康頼つと出でて、「あまりにへいじのおほく候ふに、もち酔ひて候」と申す。俊寛僧都「それをばいかがつかまつり候ふべき」と申せば、西光法師「首をとるにはしかじ」とて、瓶子の首をとりてぞ入りにける。かへすがへすもおそろしかりし事共なり。静憲法印はあまりのあさましさに、つやつや物も申されず。
与力のともがらは誰々ぞ。近江の中将入道俗名成雅、法勝寺の執行俊寛僧都、山城守基兼、式部大輔章綱、平判官康頼、宗判官信房、新平判官資行、摂津の国の源氏多田の蔵人行綱を始として、北面のともがら多く与力したりけり。
あるとき新大納言、多田の蔵人行綱を呼びて、「御辺をば一方の大将軍にたのむなり。この事しおほせつるほどならば、国をも、荘をも、所望は請ふによるべし。まづ弓袋の料に」とて、白布五十反
P1087
おくられけり。
そもそもこの法勝寺の執行俊寛僧都と申すは、京極の源大納言雅俊の卿の孫、木寺の法印寛雅の子なり。祖父大納言はさせる弓矢をとる家には有らねども、あまりに腹あしき人にて、三条坊門京極の家の前をば人をもやすく通さず、つねは中門にたたずみて、歯をくひしばり、いかつてのみぞおはしける。かかる人の孫なればにや、俊寛も憎なれども、心もたけく、よしなき謀叛にもくみしてけり。
安元三年三月五日、妙音院殿、太政大臣に転じ給へるかはりに、小松殿、大納言定房の卿を越えて、内大臣にあがり給ふ。やがて大饗おこなはる。大臣の大将めでたかりき。尊者には、大炊の御門の右大臣経宗公とぞ聞こえし。一の上こそ先途なれども、父宇治の悪左府の御例そのはばかり有り。
上古には北面なかりき。白河の院の御時始て置かれてよりこのかた、衛府ども数多侍ひけり。為俊、盛重、童より今犬丸、千寿丸
P1088
とて、これらは左右なききり者にてぞ有りける。鳥羽院の御時も、季範、季頼、父子ともに召し使はれて、つねは伝奏するをりも有りなんど聞こえしかども、皆身のほどを振舞ひてこそ有りしに、今の北面のともがらは、もつてのほかに過分にて、下北面より上北面にあがり、上北面より殿上のまじはりをゆるさるる者もおほかりけり。かくおこなはるる間おごれる心どももつきて、よしなき謀叛にもくみしてんげり。
故少納言入道信西の、もと召し使ひける師光、成景といふ者有り。師光は阿波の国の在庁、成景は京の者、熟根いやしき下臈なり。小舎人童、もしは格勤者なんどにて召し使はれけるが、さかさかしきによりて、師光は左衛門尉、成景は右衛門尉、二人一度に靭負尉になりぬ。信西事にあひしとき、二人ともに出家して、左衛門入道は西光、右衛門入道は西景とて、これらは出家の後も院の御蔵預り[* 「御くらひあつかり」と有るのを他本により訂正]でぞ有りける。
P1089
かの西光が子に師高といふ者有り。これも左右なききり者にて検非違使五位の尉にまで経あがつて、安元元年十二月二十九日、追儺の除目に加賀守にぞなされける。国務をおこなふ間、非法非礼を張行し、神社、仏寺、権門勢家の荘園を没倒して、散々の事共にてぞ有りける。たとへ召公のあとをつぐといふとも、穏便の政をおこなふべかりしが、かく心のままに振舞ふ間、同じき二年夏のころ、国司師高が弟、近藤判官師経、目代にて加賀の国へ下着の始、国府の辺に鵜川といふ山寺有り、折節寺僧ども湯をわかして浴びけるを、乱入して追ひあげ、わが身浴び、雑人ども馬の湯あらひなんどをしける。寺僧いかりをなして、「昔よりこの所に国方の者入部する事なし。先例にまかせてすみやかに入部、押妨をとどめよ」とぞ申しける。「先々の目代は不覚でこそいやしまれたれ。当目代はすべてその儀有るまじ」とて、国方のついでをもつて乱入せんとす。寺僧どもは追ひ出ださんとす。たがひ
P1090
に打ちあひ、張りあひしけるほどに、目代師経が秘蔵しける馬の足をぞうち折りける。その後は、弓箭兵仗を帯して打ちあひ、切りあひ、数刻たたかふ。目代かなはじとや思ひけん、引きしりぞきて、当国の在庁官人、数千人もよほし、鵜川に押し寄せて坊舎一宇ものこさず焼きはらふ。
鵜川と申すは白山の末寺なり。「この事訴へよ」とてすすむ老僧誰々ぞ。智釈、学明、法台坊、性智、学音、土佐の阿闍梨ぞすすみける。白山の三社八院の大衆ことごとくおこりあひ、都合その勢二千余人、同じき七月九日、目代師経がもと近うぞ押し寄せたる。「今日は日暮れぬ。明日のいくさ」とさだめて、その夜は寄せでゆられたり。露ふきむすぶ秋風は射向の袖をひるがへし、雲井を照らすいなづまは兜の星をかがやかす。あくる卯の刻に押し寄せて、鬨をどつとぞつくりける。城のうちには音もせず。人を入れて見〔せ〕ければ、「皆落ちたり」と申す。大衆力及ばで引きしりぞく。
P1091
「さらば山門へ訴へん」とて、白山の神輿をかざり奉りて、比叡山へ振りあげ奉る。
同じき八月十二日、午の刻ばかりに、「白山の神輿すでに比叡山東坂本につかせ給ふ」といふほどこそ有りけれ、北国のかたより雷おびたたしく鳴つて、都をさして鳴りのぼるに、白雪降りて地をうづみ、山上、洛中おしなべて、常盤の山のこずゑまで皆白妙になりにけり。
神輿を客人の宮へ入れ奉る。客人と申すは白山妙理権現にておはします。思へば、父子の御仲なり。まづ沙汰の成否は知らず、生前の御よろこび、唯この事に有り。浦島が七世の孫にあひたりしにも過ぎ、胎内の者の霊山の父を見しにもこえたり。三千の大衆踵を継ぎ、七社の神人袖をつらね、時々刻々に法施祈念の声たえず。言語道断の事共なり。
山門の上綱等、奏状をささげて、「国司師高流罪に処せられ、目代
P1092
師経を禁獄せらるべき」よし奏聞度々に及ぶといへども、御裁許なかりければ、さも然るべき公卿殿上人は、「あはれ、これはとくとく御裁許有るべきものを。山門の訴訟は他にことなり。大蔵卿為房、太宰権師季仲の卿と申せしは、さしも朝家の重臣なりしかども、山門の訴訟によて流罪せられにき。いはんや師高なんどは事の数にや有るべき」と申し合はれけれども、「大臣は禄を重んじて諫めず、小臣は罪をおそれて申さず」といふ事なれば、おのおの口を閉ぢ給へり。
「賀茂川の水、双六の賽、山法師、これぞわが心にかなはぬ」と、白河の院も仰せなりけるとかや。鳥羽の院の御時、越前の平泉寺を山門につけられけるには、「当山の御帰依あさからざるによつて、非をもつて理とす」と宣下せられてこそ、院宣を下されしか、されば、江の師の申されしやうに、「そもそも神輿を陣頭に振り奉りて、訴訟いたさんときには、君はいかが御はからひ候ふべき」と
P1093
申されければ、「げにも山門の訴訟はもだしがたし」とぞ仰せける。
第九句 北の政所誓願 きたのまんどころせいぐはん
去んぬる嘉保二年三月二日、美濃守源の義綱の朝臣、当国新立の荘を賜ふ間、山の久住者円応を殺害す。これによて日吉の社司、延暦寺の寺官、都合三十余人、申文をささげて陣頭へ参じける。関白殿、大和源氏中務丞頼治に仰せて、これをふせがせらる。頼治が郎等のはなつ矢に、矢庭に射殺さるる者八人、傷をかうぶる者十余人なり。社司、諸司四方へ散りぬ。これによて山門の衆徒子細を奏聞の為に下洛すと聞こえしかば、武士、検非違使、西坂本へ行きむかつて追つかへす。
山門には大衆、七社の神輿を根本中堂に振りあげ奉りて、
P1094
その御前にして真読の大般若を七日読うで、関白殿を呪咀して奉る。結願の導師には中胤法印、高座にのぼり、鉦打ち鳴らし啓白の詞にいはく、「われらが芥子の二葉よりおほし奉る神たち、後二条の関白殿に鏑矢一つはなちあて給へ。大八王子権現」と高らかに祈誓したりけり。やがてその夜不思議の事有りけり。八王子の御殿より鏑矢の声いでて、王城をさして鳴り行くとぞ人の耳には聞こえける。
その朝関白殿の御所の御格子をあげらるるに、唯今山より取つてきたるやうに、露にぬれたる樒一枝御簾にたちけるこそ不思議なれ。その夜よりやがて関白殿、山王の御とがめとて重き御やまひをうけさせ給ひたりしかば、母上、大殿の北の政所大きに御なげきあつて、いやしき下臈のまねをして、日吉の社に七日七夜が間御参籠あつて、祈り申させおはします。まづあらはれての御祈りには、百番の芝田楽、百番のひとつもの、競馬、流鏑、相撲、おのおの百
P1095
番、百座の仁王経、百座の薬師講、一ちやく手半の薬師百体、等身の薬師一体、ならびに釈迦、阿弥陀の像をおのおの造立し供養せられけり。
又御心のうちに三つの御立願有り。御心のうちの事なりければ、人いかでこれを知り奉るべきに、それに不思議なる事には、八王子の御前にいくらも有りける参人の中に、陸奥の国よりはるばるとのぼりたる童巫女の、夜半ばかりに、にはかに絶え入りぬ。はるかにかき出だして祈りければ、やがて立ちて舞ひかなづ。人奇特の思ひをなしてこれを見るに、半時ばかりて舞うて後、山王おりゐさせ給ひて、御託宣こそおそろしけれ。「衆生ら、たしかに承れ。大殿の北の政所は、今日七日、わが御前にこもらせ給ふ。御立願三つ有り。まづ一つには、『今度殿下の寿命をたすけてたばせ給へ。さもさぶらはば、この下殿に侍ふもろもろのかたは人にまじはりて、一千日が間宮仕ひ申さん』となり。大殿の北の政所
P1096
にて、世を世ともおぼしめさですごさせ給ふ御心に、子を思ふ道にまよひぬれば、いぶせき事もわすれて、あさましげなるかたは人にまじはりて、『一千日が間朝夕宮仕へ申さん』と仰せらるるこそ、誠に哀にはおぼしめせ。二つには、『大宮の橋殿より八王子の御社まで、廻廊造りて参らせん』となり。三千の大衆降るにも照るにも、社参のとき、あまりにいたはしければ、廻廊造られたらんは、いかに[* 「いかて」と有るのを他本により訂正]めでたからん。三つには、『八王子の前にて、毎日退転なく法華問答講おこなはすべし』となり。この御願はいづれもおろかならねども、かみ二つはさなくとも有りなん。法華問答講こそ誠に有らましほしくおぼしめせ。但、今度の訴訟はやすかりぬべき事にて有りつるを、神人、宮仕、射殺され、切り殺されて、衆徒おほく傷をかうぶりて、泣く泣く参りて訴へ申すがあまりに心憂くて、いかならん世までもわするべしともおぼしめさず。其上、かれらがはなつ矢は、しかしながら和光垂迹の御
P1097
はだへにたちたるなり。誠そらごとはこれを見よ」とて、肩ぬいだるを見れば、左のわきのしたに、大きなるかはらけの口ほど、うげのいてぞ見えたりける。「これがあまりに心憂くて、いかに申すとも、始終の事はかなふまじ。法華問答講一定有るべくは、三年が命を延べてたてまつらん。それに不足におぼしめさば、力及ばず」とて、山王はあがらせおはします。
母上御心のうちの御立願なれば、人に語らせ給はず。「誰漏らしぬらん」とすこしもうたがふ方もましまさず。御心のうちの事共をありのままに御託宣有りければ、いよいよ心肝に染みて、ことに貴くおぼしめして、泣く泣く申させ給ひけるは、「たとひ一日片時にてさぶらふとも、然るべうこそさぶらふに、まして三年が命を延べて賜はらん事こそ、誠にありがたうさぶらへ」とて、泣く泣く御下向有りけり。やがて都へかへらせ給ひて、殿下の御領、紀伊の国に田中の荘といふ所を、八王子の御社へ永代寄進せられけり。
P1098
されば今の世にいたるまで、法華問答講毎日退転なしとぞ承る。
かかりしほどに、〔後〕二条の関白殿御やまひかろませ給ひて、もとの如くならせ給ふ。上下よろこび合はれしほどに、三年すぐるは夢なれや、永長二年になりにけり。
六月二十一日、又後二条の関白殿、御髪のきはにあしき御瘡出できさせ給ひて、うち臥し給ひしが、同じき二十七日、御年三十八にて遂にかくれさせ給ふ。御心のたけさ、理のつよさ、さしもゆゆしき人にておはしけれども、まめやかに事の急になりしかば、御命を惜しませ給ひけるなり。誠に惜しかるべき四十にだにも満たせ給はで、大殿に先立参らせ給ふこそ悲しけれ。必父を先立べしといふ事はなけれども、生死のおきてにしたがふならひ、万徳円満の世尊、十地究竟の大士たちも、力及ばぬ事共なり。慈悲具足の山王、利物の方便にてましませば、御とがめなかるべしともおぼえず。
P1099
さるほどに、山門の大衆「国司師高流罪に処せられ、目代師経を禁獄せらるべき」よし奏聞度々に及ぶといへども、御裁許なかりければ、十禅師の[*この一字不要]、客人、八王子三社の神輿をかざり奉りけるとぞ聞こえし。
第十句 神輿振り みこしふり
同じき四月十三日、日吉の祭礼をうちとどめて、陣頭へ振り奉る。下り松、柳原、賀茂河原、河合、梅忠、東北院の辺に、白大衆、神人、宮仕、専当みちみちて、いくらといふ数を知らず。神輿は一条を西へ入らせ給ふに、御神宝は天にかがやき、「日月地に落ち給ふか」とおどろかる。これによて源平両家の大将軍に、「四方の陣頭をかためて、大衆をふせぐべき」由仰せ下さる。平家に
P1100
は、小松の内大臣左大将重盛公、三千余騎にて大宮面の陽明・待賢・郁芳三の門をかため給ふ。舎弟宗盛・知盛・重衡、伯父頼盛・教盛・経盛なんどは、西、南の門をかため給ふ。
源氏には大内守護の源三位頼政さきとして、その勢わづかに三百余騎、北の縫殿の陣をかため給ふ。所はひろし、勢はすくなし、まばらにこそ見えたりけれ。
山門〔の〕大衆、無勢たるによつて、北の門、縫殿の陣より神輿を入れ奉らんとす。頼政はさる人にて、いそぎ馬よりおり、兜をぬぎて、手水うがひをして、神輿を拝し奉る。兵どもも皆かくの如し。頼政、大衆の中に言ひ遣はす旨有り。その使には渡辺の長七唱とぞ聞こえし。唱、其日の装束には、麹麈の直垂、小桜を黄にかへしたる鎧着て、赤銅づくりの太刀をはき、二十四さしたる白羽の矢負ひ、滋籐の弓わきにはさみ、兜をぬぎて高紐にかけ、神輿の御前にかしこまり、「しばらくしづまられ候へ。大衆の御中
P1101
へ源三位入道殿の申せと候。『今度山門の御訴訟、御理運の条、勿論に候。但御成敗遅々こそ、よそでも遺恨におぼえ候へ。されば神輿をこの門より入れ奉るべきにて候ふが、しかもひらきて通し奉る門より入らせ給ひて候ふものならば、山門の大衆は目だり顔しけりなんど、京童部の申さん事、後日の難にや候はんずらん。又あけて入れ奉れば、宣旨をそむくに似たり。ふせぎ奉れば、医王山王に頭をかたぶけ奉る身が、ながく弓矢の道にわかれなんず。かれといひ、これといひ、かたがたもつて難儀にこそ候へ。東の陣頭は小松殿大勢かため給ふ。それより入らせ給ふべうも〔や〕候ふらん』と申したりければ、唱がかく言ふにふせがれて、神人、宮仕しばらくここにひかへたり。若大衆、悪僧どもは、「なんでふその儀有るべき。唯この陣より入れ奉れ」と言ふやからもおほかりけれども、老僧どもの中に三塔一の僉議者と聞こえし摂津律師【*竪者】豪運、進み出でて、
P1102
「尤この儀言はれたり。われら神輿を先だてまゐらせて訴訟を致さば、大勢の中を駆け破りてこそ後代の聞こえも有らんずれ。其上この頼政は源氏嫡々の正統、弓矢をとりてはいまだその不覚を聞かず。およそ武芸にもかぎらず、歌道にも又すぐれたり。近衛の院の御時、当座の御会有りしに、『深山の花』といふ題を出だされたりしに、人々皆詠みわづらひたりしに、この頼政、
深山木のそのこずゑとも見えざりし さくらは花にあらはれにけり
といふ名歌をつかまつり、御感にあづかるほどのやさ男に、いかが当座にのぞんで恥辱をあたふべき。この神輿をかきかへし奉れや」と僉議したりければ、数千人の大衆、先陣より後陣にいたるまで皆、「尤、尤」と〔ぞ〕同じけり。
さて神輿をかきかへし奉り、東の陣頭、待賢門より入れ奉らんとするに、狼藉たちまちに出できたりて、武士ども散々
P1103
に射奉り、十禅〔師〕の神輿にも、矢ども数多射たてたり。神人、宮仕射殺され、切り殺され、衆徒おほく傷をかうぶりて、をめきさけぶ声、上は梵天までも聞こえ、下は堅牢地神もおどろきさわがせ給ふらんとぞおぼえける。神輿をば陣頭に振り捨て奉りて、泣く泣く本山へこそ帰りのぼりけれ。
同じき二十五日、院の殿上にて公卿僉議有り。「去んぬる保延【*保安】四年四月【*七月】十三日、神輿入洛のとき、座主に仰せて赤山の社へ入れ奉る。又保安【*保延】四年七月【*四月】に、神輿入洛のときは、祇園の別当に仰せて祇園の社へ入れ奉る。今度は保安【*保延】の例たるべし」とて、祇園の別当に権大僧都澄憲に仰せて、祇園の社へ入れ奉る。山門の大衆、日吉の神輿を陣頭へ振り奉る事、永久よりこのかた、治承までは六箇度なり。されども毎度武士を召してこそふせがせらるるに、かやうに神輿射奉る事は、これ始とぞ承る。「『霊神いかりをなせば、災害ちまたに満つ』といへり。おそろし、
P1104
おそろし」とぞ、人々申し合はれけり。
山門の大衆おびたたしく下落すと聞こえしかば、主上腰輿に召して、夜の間に院の御所法住寺殿へ行幸なる。中宮は御車に召して行啓有り。小松の大臣、直衣[* 「なをい」と有るのを他本により訂正]に矢負うて供奉らせる。嫡子権亮少将維盛、束帯にえびら【*平】やなぐひ負うて参られけり。京中の貴賎、禁中の上下さわぎののじる事おびたたし。されども山門には、神輿に矢たち、神人、宮仕射殺され、切り殺され、衆徒おほく傷をかうぶりしかば、「大宮、二の宮、講堂、中堂、一宇ものこさず焼きはらつて、山林にまじはるべき」よし、三千一同に僉議す。
これによて、「大衆申す所御ばからひ有るべし」と聞こえしほどに、平大納言時忠卿、其時はいまだ左衛門督たりしが、上卿にたつ。大講堂の庭に三塔会合して、上卿をひき張らんとす。「しや冠うち落し、その身をからめとつて湖に沈めよ」なんどぞ申しける。時忠卿さる人にて。いそぎふところより小硯、たたう紙
P1105
を取り出でて、思ふ事一筆書きて、大衆の中へ遣はす。これをあけて見るに、「衆徒の濫悪を致すは魔縁の所行也。明王の制止を加ふるは、善逝の加護なり」とこそ書かれたれ。大衆これを見て、「尤、尤」と同じ、谷々へくだり、坊々へぞ入りにける。一紙一句をもつて、三塔三千のいきどほりをやすめ、公私の恥をのがれ給ひける時忠卿こそゆゆしけれ。
同じき二十日、花山の院の中納言兼雅の卿、上卿にて、国司師高を流罪に処せられ、目代近藤判官師経を獄定せらる。又去んぬる十三日、神輿射奉りし武士六人禁獄せらる。これらは皆小松殿の侍なり。
同じき四月二十八日、樋口富の小路より火出できたりて、京中おほく焼けにけり。折節辰巳の風はげしく吹きければ、大きなる車輪の如くなる炎が、三町、五町をへだてて、飛びこえ、飛びこえ、焼けゆけば、おそろしなんどもおろかなり。或は具平親王
P1106
の千種殿、或は北野の天神の紅梅殿、橘の逸成の蠅松殿、鬼殿・高松殿・鴨居殿・東三条、冬嗣の大臣の閑院殿、昭宣公の堀河殿、昔、いまの名所三十四箇所、公卿の家だに十六箇所まで焼けにけり。殿上人、諸大夫の家々は記すに及ばず。遂には内裏に吹きつけ、朱雀門より始て、応天門、会昌門、大極殿、豊楽門【*豊楽院】、諸司八省、朝所にいたるまで、一時が内に灰燼[* 「はいじん」と有るのを他本により訂正]の地とぞなりにける。家々の日記、代々の文書、七珍万宝さながら麈灰とぞなりぬ。その間の費えいかばかりぞ。人の焼け死ぬる事数百人、牛馬のたぐひ数を知らず。これただごとに有らず、「山王の御とがめ」とて、比叡山より大きなる猿ども二三千おり下りて、手々に松に火をともして、京中を焼くとぞ人の夢には見えたりける。
大極殿は貞観十八年に始て焼けたりければ、同じき十九年正月三日、陽成院の御即位は豊楽院にてぞ有りける。元慶元年四月九日、事始め有りて、同じき二年十月八日にぞ造り出だされける。
P1107
天喜五年二月二十六日に、又焼けにけり。治承【*治暦】四年四月十五日に事始め有りしかども、いまだ造り出だされざるに、後冷泉院崩御なりぬ。後三条の院の御字、延久四年四月十五日に造り出だされて、遷幸なし奉り、文人詩を奉り、伶人楽を奏しけり。いまは世の末になつて国の力もおとろへたれば、その後は遂に造られず。