延慶本 平家物語 読み下し版(漢字ひらがな交じり)

平家物語 二
P1205(一オ)
一  天台座主明雲僧正被止公請事
二  七宮天台座主に補給ふ事
三  明雲僧正流罪に定る事
四  明雲僧正伊豆国へ被流事
五  山門の大衆座主を奉取返事
六  一行阿闍梨流罪事
七  多田蔵人行綱仲言の事
八  大政入道軍兵被催集事
九  大政入道院御所へ使を進る事
十  新大納言召取事
十一 西光法師搦取事
十二 新大納言を痛め奉る事
十三 重盛大納言の死罪を申宥給ふ事
十四 成親卿の北方の立忍給ふ事
十五 成親卿無思慮事
十六 丹波少将成経西八条へ被召事
十七 平宰相丹波少将を申請給ふ事
十八 重盛父教訓之事
十九 重盛軍兵被集事〈付周幽王事〉
廿  西光頸被切事
P1206(一ウ)
廿一 成親卿流罪事〈付鳥羽殿にて御遊事成親備前国へ着事〉
廿二 謀叛の人々被召禁事
廿三 師高尾張国にて被誅事
廿四 丹波少将福原へ被召下事
廿五 迦留大臣之事
廿六 式部大夫章綱事
廿七 成親卿出家事〈付彼北方備前へ使を被遣事〉
廿八 成経康頼俊寛等油黄嶋へ被流事
廿九 康頼油黄嶋に熊野を祝奉事
卅  康頼本宮にて祭文読事
卅一 康頼が歌都へ伝る事
卅二 漢王の使に蘇武を胡国へ被遣事
卅三 基康が清水寺に籠事〈付康頼が夢の事〉
卅四 成親卿被れ失は給ふ事
卅五 成親卿の北方君達等出家事
卅六 讃岐院之御事
卅七 西行讃岐院の墓所に詣る事
卅八 宇治の悪左府贈官等の事
卅九 三条院の御事
四十 彗星東方に出る事
P1207(二オ)
平家物語第一末
一 〔天台座主明雲僧正公請を止めらるる事〕 S0201
 五月五日、天台座主明雲僧正、公請を止めらる。蔵人を遣して、如意輪の御本尊を召し返し、御持僧を改易せらる。即ち庁の使を付けて、今度神輿を捧げ奉りて陣頭へ参りたる大衆の張本を召さる。「加賀国に座主の御坊領あり。師高是を停廃の間、其の宿意に依りて、門徒の大衆を語らひて訴訟を出だす。已に朝家の御大事に及ぶ」由、西光法師父子讒奏の間、法皇大きに逆鱗ありて、殊に重科に行ふべき由思し召しけり。明雲は、かやうに法皇の御気色あしかりければ、印鎰を返し奉りてP1208(二ウ)座主を辞し申されけり。
 〔二〕 〔七宮、天台座主に補せられ給ふ事〕
  十一日七宮天台座主にならせ給ふ。鳥羽院第七宮故青蓮院大僧正行玄の御弟子也。
 〔三〕 〔明雲僧正流罪に定まる事〕
 十二日、先座主、所職を止めらるるの上、検非違使二人付きて水火の責めに及ぶ。此の事によりて、大衆又奏状を捧げて憤り申す。猶参洛すべき由聞こえければ、内裏并びに法住寺殿に軍兵を召し集めらる。京中の貴賎騒ぎあへり。大臣公卿馳せ参る。
 廿日、「前座主罪科の事、僉議有るべし」とて、太政大臣以下公卿十三人参内して、陣の座に着きて定め申さる。八条中納言長方卿、其の時は右大弁宰相にておはしけるが、P1209(三オ)申されけるは、「法家の勘へ申すに任せて、死罪一等を減じて遠流せらるべしと云へども、明雲僧正は、顕密兼学して浄行持律也。戒珠光明らかにして一天の下に耀き、定水流れ深くして四海の上に澄めり。三密の教法源を究めて、遥かに恵果・法全の古風を扇ぎ、五瓶の智水底を払ひて、遠く不空・無畏の清流を汲む。智恵高貴にして一山の貫首為り。徳行無双にして三千の和尚為り。其の上、明王聖主には一乗法花の師範たり。太政法皇には円頓受戒の和尚たり。御経御戒の師、重科に行はるる事、冥の照覧測り難し。還俗遠流の儀を宥せられば、天下泰平の基たるべきか」と、憚る所無く申されければ、太政大臣師長公より始めて、十三P1210(三ウ)人の公卿、各「長方定め申さるる儀に同ず」と申されけれども、法皇の御鬱り深かりければ、猶流罪に定まりにけり。太政入道も此の事申し止めむとて参られたりけれども、御風の気と仰せられて、御前へも召されざりければ、憤り深くして出でられにけり。
 四 〔明雲僧正伊豆国へ流さるる事〕
 廿一日、前座主明雲僧正をば、僧の流罪せらるる例とて、度縁を召し返されて、大納言大夫藤井松枝と云ふ俗名を付けて、伊豆国へ流さるべき由、宣下せらる。皆人傾き申しけれども、西光法師が無実の讒奏によりてかく行はれけり。其の時、いかなる者か読みたりけん、札に書きて立てたりけり。
  松枝はみなさかもぎに切りはてて山にはざすにすべきものなし
〔五〕 〔山門の大衆、座主を取り返し奉る事〕
 ▼P1211(四オ)衆徒是を聞きて、西光法師父子が名字を書きつつ、根本中堂に御坐す十二神の寅神に当たり給へる金毘羅大将の御足の下にふませ奉りて、「十二神将、七千夜叉、時尅を廻さず、西光師高父子が一魂を召し取り給へ」と呪咀しけるこそ、聞くも怖しけれ。
 「今夜都を出だし奉れ」と院宣きびしくて、追立の検非違使、白川の御坊に参りて其の由を申しければ、廿三日、白川御坊を出でさせ給ひて、伊豆国の配所へ趣き給ふ御有様こそ悲しけれ。昨日までは三千人の貫首と仰がれて、四方輿にこそ乗り給ひつるに、あやしげなる伝馬に結鞍と云ふ物を置きて乗せ奉る。いつくしげ▼P1212(四ウ)なる御手に皆水精の御念珠を持ち給へるを縄手綱に取り具して、前輪にうつぶし入りて、見馴れ給ひし御弟子一人も付き奉らず、門徒の大衆も見送り奉らず、官人共の先に追ひ立てられて、関より東に趣き給ふ御心の内、中有の旅とぞ思し食しける。夢に夢みる心地して、流るる涙に御目くれ、行先も見え給はず。是を見奉る上下の諸人、涙を流さぬはなかりけり。
 日も既に晩れにければ、粟田口の辺、一切経の別所と云ふ所にしばしやすらひ給ふ。夜を待ちあかして、次の日の午時ばかりに、粟津の国分寺の堂に立ち入りて、しばらくやすみ給ふ。
 之に依りて、満山の大衆、一人も残り留まらず東坂本へ下りつつ、十禅師の▼P1213(五オ)御前に集会して僉議しけるは、「抑も我が山は仏日照臨の地、法水交流の砌也。所以に旧学の高才、踝を継ぎて、天台三観の月を翫び、後進の翹楚、林妙を為して、四教権実の玉を瑩く。月氏雲幽かにして、鷲嶺の視聴を西天の昔に隔つと雖も、日域光朗かにして、全く鵞王の大法を東漸の今に得たり。霊山の八万、質を替へて三千余人の学徒に象り、地誦の十界、体を弊して東西楞厳の文巻を捧ぐ。仏日光を和らげて四明の峯に一乗の法を弘め、覚月塵に同じくして、台嶺の麓に八相の機を調ふ。誠に日域無二の霊山、天下無双の勝地也。又、座主和尚とは、仏教の奥旨を究めて、高位の崇斑に昇り、一山の貫首と仰がれて、三▼P1214(五ウ)千の棟梁為り。両界三部は万練の鏡、大日遍照の秘法に陰り無く、一乗五律は深淵の水、仏衆法海の勝文に波静か也。威風遠く扇ぎて、梢を靡かし、慈雲厚く覆ひて、満山潤ひを受く。止観の窓に臂を朽して、多年南岳・天台の源を尋ね、瑜伽の壇に心を澄まして、数歳龍智・龍猛の流を汲む。貫首と云ひ、山上と云ひ、誰か是を軽しめむ。就中、伝教・慈覚・智証三代の御事は申すに及
ばず、義真和尚より以来五十五代、未だ天台座主流罪の例を聞かず。末代と云へども、争か我が山に疵をば付くべき。詮ずる所、三千の大衆、身を我が山の貫首に代へ奉り、命を伊王山王に進らす。粟津へ罷り向かひて、貫首を取り留め奉るべし。但し、追立の官人、領▼P1215(六オ)送使あむなれば、取り得奉らむ事難し。山王大師の御力より外、憑む方なし。事故なく取り得奉るべくは、只今験見せ給へ」 と、三千人の衆徒一同に肝胆を摧きて祈念す。
 良久しくありて、一人の物付き狂ひ出でて、暫く狂ひ躍る。五体より汗を流して申しけるは、「世は末なれども、日月未だ地に落ちず。国は賎しけれども、霊神光を耀かす。爰に貫首明雲は、我が山の法燈、三千の依怙たり。而るを罪なくして他国に遷されむ事、一山の瑕瑾、生々世々に心憂かるべし。さらむに取りては、我此の山の麓に跡を留めてもなにかはせむ。本土へこそ帰らむずらめ」とて、袖を皃におしあててさめざめと泣きければ、大衆是を怪しみて、「実に山王の御詫宣ならば、我等が念珠を▼P1216(六ウ)献りたらむを、少しも違へず、本の主々へ返し給ふべし」とて、衆徒等念珠を同時に宝前へ投げたりければ、物付是を悉く拾ひ集めて、本の主々へ一々に賦り渡してけり。誠に我が山の七社権現の霊験の新たにおはします忝けなさに、大衆涙を流しつつ、「さらばとうとう迎へ奉れや」とて、或いは眇々たる志賀・唐崎の浜路に、小馬に鞭打つ衆徒もあり、或いは漫々たる山田・矢馳の湖上に、舟に棹さす大衆もあり。東坂本より粟津へつづきて、国分寺の堂におはしましける座主を取り留め奉りければ、きびしげなりつる追立の官人もみえず、領送使もいづちか行きぬらむ、失せにけり。
 座主は大きに怖れ給ひて、「勅勘の者は▼P1217(七オ)月日の光にだにもあたらずとこそ申せ。時剋を廻らさず追ひ下さるべき由、宣下せらるるに、暫しもやすらふべからず。衆徒とくとく返り上り給へ」とて、はし近く居出でて宣ひけるは、「三台槐門の家を出でて四明荊蕀の窓に入りしより以来、広く円宗の教法を学して、只我が山の興隆をのみ思ひ、国家を祈り奉る事も疎かならず、門徒を省む志も深かりき。身に誤つ事なし。両所三聖、定めて照覧し給ふらむ。無実の讒奏によりて遠流の重科を蒙る、是先世の宿業にてこそは有らめと思へば、世をも人をも、神をも仏をも、更に恨み奉る事なし。是まで訪ひ来り給へる衆徒の芳心こそ申し尽くしが▼P1218(七ウ)たけれ」とて、涙に咽び給ふ。香染の御袖も絞る計り也。是を見奉りて、そこばくの大衆も皆涙を流す。
 やがて御輿よせて乗せ奉らむとしければ 「昔こそ三千人の貫首たりしかども、今はかかるさまになりたれば、争か止む事無き修学者、智恵深き大徳達には、かかげささげられて、我が山へは帰り登るべき。藁履なむど云ふ物はきて、同じさまに歩みつづきてこそ上り候はめ」とて、乗り給はざりければ、かかる乱逆の中なれども、万づ物哀れなりけるに、西塔の西谷に戒浄房阿闍梨祐慶とて、三塔に聞こえたる悪僧有りけり。二枚甲を居頸にきなし、黒革威の大荒目の草摺長なるに、三尺五▼P1219(八オ)寸の大擲刀の茅の葉の如くなるをつき、「大衆の御中に申し候はむ」とて、さしこえさしこえ分け行きて、座主の御前に参りて、甲を抜ぎて薮の方へがはと投げ入れければ、下部の法師原取りてけり。擲刀脇に挟み、膝をかがめて申しけるは「かやうに御心弱く渡らせ給ふによりて、一山に疵をも付けさせ給ひ、心憂き目をも御覧ぜられ候ふぞかし。貫首は三千人の衆徒に代はりて流罪の宣旨を蒙り給ふに、三千人の衆徒は貫首に代はり奉りて命を失ふとも、何の愁ひかあらむ。とくとく御輿に奉り候ふべし」と申して、座主の御手をむずと取りて御輿にかきのせ奉りければ、座主わななくわななく乗り給ひぬ。やがて祐慶
輿の先▼P1220(八ウ)陣をかく。後陣は若き大衆、行人なむどかき奉る。粟津より鳥の飛ぶが如くして登山するに、祐慶阿闍梨は一度もかはらざりけり。擲刀の柄も奥の長柄も、くだく計りぞ見えたりける。後陣こらへずして各代はりけり。さしもさがしき東坂を、平地を歩むにことならず、大講堂の庭に舁きすゑ奉る。
 粟津へ下らぬ、行歩に叶はぬ老僧共は、「此の事何様に有るべきぞや。日来は一山の貫首と仰ぎ奉りつれども、今は勅勘を蒙り給ひて遠流せらるる人を、横取りに取り留むる事、始終いかが有るべかるらむ」なむど議する輩もありければ、祐慶少しも憚らず、扇開き仕りて、胸おしあけ、胸板きらめかして申しけるは、▼P1221(九オ)「吾が山は是日本無双の霊地、鎮護国家の道場也。山王の御威光弥よ盛りにして、仏法王法牛角也。衆徒の意趣も余山に越え、賎しき小法師原に至るまで、世以て猶軽しめず。何に況や、明雲僧正は、智恵高貴にして一山の和尚たり。徳行無双にして三千の貫首たり。而るを今罪なくして罪を蒙り給ふ事、是併ら山上洛中の鬱り、興福・園城の嘲りか。悲しき哉、此の時に当たりて顕密の主を失ひて、止観の窓の前には螢雪の勤め廃れ、三密の壇の上に護摩の煙絶ゆる事、心憂き事に非ずや。誠に中途にして留め奉る違勅の罪科遁れ難くは、所詮、祐慶、今▼P1222(九ウ)度三塔の張本に差されて禁獄流罪せられ、首を刎ねらるる
事、全く痛み存ずべからず。且は今生の面目、冥途の思ひ出たるべし」と高声に〓りて、双眼より涙を流しければ、満山の衆徒是を聞きて、老いたるも若きも、皆衣の袖を絞りつつ、「尤も尤も」と一同す。やがて座主を舁き奉りて、東塔の南谷妙光坊へ入れ奉る。
 其より、祐慶をば、異名にはいかめ房と名づけたり。其の弟子、恵海律師をば小いかめ、其の弟子、〓慶備前注記を
ば孫いかめと申しけるとかや。
六 〔一行阿闍梨流罪の事〕
 時の横災は権化の人も遁れざりけるにや。大唐の一行阿闍梨は、玄宗皇帝の時、無実の疑ひによりて罪を蒙る事有り▼P1223(一○オ)けり。其の故は、玄宗の后に陽貴妃と云ふ人おはしき。元より仙女なりければ、蓬莱宮へ帰り給ふべき期も近くなりにけり。御〓[女+夫]の楊国忠を召して宣ひけるは、「仏前仏後の中間に生まれて、釈尊慈氏の記別に漏れ、行住坐臥の妄念に沈みて、生死流転の業因を結ぶ。三界処広けれども、皆是有為無常の境、四生形多けれども、又是生者必滅の類なり。これに依つて、十力無畏の尊、寂滅を双林の嵐に任せ、六天浄妙の楽しみ、退役を五衰の露に悲しむ。会者定離の理、東岱の煙に見え、老少不定の習ひ、南門の風に聞こゆ。帝に別れ奉るべき期の近付きたるやらむ、此の程は胸騒ぎ打ちして、はかなき夢のみ見へ ▼P1224(一〇ウ)て、常に心のすむぞとよ」と宣ひければ、「南浮不定の棲、諸尊の妙体を憑み奉り、息災延寿の基、菩薩浄戒に如くは無し。彼の一行は、戒珠を瑩きて光を増し、尸羅を織りて色鮮やかなり。彼を召し請じて三摩耶戒を受けさせ給ふべし」と申しければ、一行を召して道場を飾る。捧ぐる所は山野四季の花、仏前に備へて色鮮やかなり。供ふる所
は草木百薬の香、道場に薫りて匂ひ芳し。然れども「帝の御ゆるされなからむには、輙く戒を授け奉り難き」旨を申さる。其の時、貴妃の宣はく、「和尚は菩薩の行を立てて一切衆生を導き給ふなるに、何ぞ我が身一人に限りて戒を授け給はざるべきや」と恨み給ひければ、「さらば」とて七日七夜菩薩▼P1225(一一オ)浄戒を授け奉らる。
 其の比、安禄山と云ひける大臣、奸心を挿みて、楊国忠を失ひて国の務を執らばやと思ふ心深くして、次でを求めける折節、此の事を漏り聞きて、密かに皇帝に申しけるは、「后既に帝に二心おはしまして、楊国忠に御心を合はせて、一行に近付き給ふ事あむなり。君打ち解け給ふべからず」と。帝、是を聞こし召して、「貴妃我に志浅からず。一行又貴僧也。何故にか、只今猿事あるべき」と思ひ給ひけれども、実否を知り給はむが為に、陽貴妃の真の体を少しも違へず画に書きて献るべき由を一行に仰せらる。一行、大唐一のにせ絵の上手にておわしければ、かかる謀有りとも知り給はず、筆を尽くして貴妃の形を移して進らせらるる程に、いかがしたり▼P1226(一一ウ)けむ、筆を取りはづして、貴妃の臍の程に当たりて墨を付けてけり。「貴妃の膚には黒子と云ふ物のありけるとかや、書きなほさばや」とは思はれけれども、帝「おそし」と責め給ひければ、献りぬ。帝、此を見給ひて、「安禄山は実を云ひけり。一行、貴妃に近付かずは、争でか膚なる黒子をば知るべき」とて即ち一行を火羅国と云ふ国へ流さる。
 件んの国は古き王宮なりければ、彼の国へ下る道三あり。一の道をば林池道と云ふ。此の道は御幸の路也。一の道をば遊池道と名づく。貴賤上下を嫌はず行き通ふ道也。今一の道をば闇穴道と名づけたり。犯科の者出できぬれば流し遣はす路也。此の道は下に水湛々として際なく、上には日月星宿の光もみえ給はず。▼P1227(一二オ)七日七夜空をみずして行く道なり
ければ、冥々として天闇く、行歩に前途の路みへず。深々として人もなく、函谷の鶏の一声もなく、さこそは心細く悲しく思ひ給ひけめ。思ひ遣られて哀れ也。
 一行無実によりて遠流の罪を被る事を天道憐れみ給ひて、九曜の形を現じて守り給ふ。一行随喜の余りに、右の指をくひきりて、左の三衣の袂に九曜の形を写し留め給ひにけり。火羅の図とて吾が朝までも世に流布する九曜の曼荼羅と申すは即ち是也。一行阿闍梨と申すは、龍猛菩薩よりは六代、龍智あざりよりは五代、金剛智三蔵よりは四代、不空三蔵よりは三代、善無畏三蔵の御弟子也。▼P1228(一二ウ)「人を斬る刃は口より出でてこれを斬る。人を殺す種は身より出でてこれを蒔ふ」と云ふ本文に違はず。
 大衆、前座主を取り留め奉るの由、法皇聞こし召して、いとど安からず思召されける上に、西光入道内々申しけるは、「昔より山門の大衆猥き訴訟仕る事は今に始めねども、未だ是程の狼藉承り及ばず。今度ゆるに御沙汰有らば、世は世に
ても有るべからず。能く能く御誡め有るべし」とぞ申しける。身の只今に滅せむずる事をも顧みず、山王の神慮にも憚らず、加様にのみ申して、いとど震襟を悩まし奉る、あさましき事なりけり。「讒臣は国を乱り、妬婦は家を破る」とみへたり。「叢蘭茂らむと欲し、秋風これを敗る。王者明らかならんと欲すれども、讒臣これを蔽す」とも云へり。誠なる哉。此の事を武家に▼P1229(一三オ)仰せけれどもすすまざりければ、新大納言以下の近習の輩、武士を集めて山を責めらるべき由、沙汰ありけり。物にも覚へぬ若き人々、北面の下臈なむどは興ある事に思ひていさみあへり。少しも物の心をも弁へたる人は、只今大事出で来なむず。こは心憂き態哉」と歎きあへり。又、内々大衆をも誘へ、仰せの有ければ、院宣の度々下るもかたじけなければ、王土にはらまれながら詔命を対押(捍)せむも恐れ有りければ、思ひ返し靡き奉る衆徒も有りけり。
 座主は妙光坊に御座しけるが、大衆二心有りと聞き給ひぬれば、「何と成りなむずる身やらむ」とぞ思食されける。▼P1230(一三ウ)
七 〔多田蔵人行綱仲言の事〕
 成親卿は山門の騒動に依つて私の宿意をば押へられけり。そも内議支度はさまざまなりけれども、議勢ばかりにて其の事叶ふべしともみえざりけり。其の中に、多田蔵人行綱、さしも契深くたのまれたりけるが、此の事無益なりと思ふ心付きにけり。さて弓袋の料に新大納言より得たりける五十端の布共、直垂小袴に裁ち縫ひて家の子郎等にきせつつ、目打ちしばたたきて居たりけるが、思ひけるは、「倩ら平家の繁昌する有様を見るに、当時輙く傾け難し。大納言の語らはれたる兵、いく程なし。由無きことに与力してけり。若し此の事漏れぬる物ならば誅せられ▼P1231(一四オ)む事疑ひ無し。甲斐なき命こそ大切なれ。他人の口より漏れぬ先に返り忠して、命生きなむ」と思ひて、五月廿九日夜打ち深けて、大政入道の許へ行き向ひて、「行綱こそ、申すべき事あて、参りて候へ」と申しければ、「常にも参らぬ者の、只今夜中に来たるこそ心得ね。何事ぞ。聞け」とて、平権守盛遠が子、主馬判官盛国を出だされたり。「人づてに申すべき事に非ず。直に見参に入りて申すべし」と申しければ、入道、右馬頭重衡相具して中門の廊に出で合ひて、入道宣ひけるは、「六月無礼とて紐とかせ給へ。入道も白衣に候ふ」とて、
白幡に白大口ふみくくみて、すずしの小袖打ちかけて、左の手に打刀ひさげ▼P1232(一四ウ)て蒲打輪仕はる。「此の夜はまうにふけぬらむ。いかに、何事におはしたるにか」。
 行綱、近々と指し寄りて小音になりてささやき申しけるは、「いと忍びて申すべき事候ひて、昼は人目のつつましさに、態と夜にまぎれて参りて候ふ。院中の人々、兵具をととのへ軍兵を召し集めらるる事をば、知食されて候ふやらむ」と申しければ、「いさ、それは山の大衆を責めらるべしとこそ承れ」と、いと事もなげに宣ひければ、「其の儀にては候はず」とて、日来月来、新大納言を始めとして、俊寛が鹿谷の山庄にて、よりあひよりあひ内議支度しける事、「其は、とこそ申し候ひしか、かくこそ申し候ひしか」と人の吉き事云ひたるをば▼P1233(一五オ)我申したりしと云ひ、我悪口したりしをば人の申したるに語りなし、五十端の布の事をば一端も云ひ出ださず、有りのままには指し過ぎて、やうやうさまざまの事ども取り付けて細かく申しければ、入道大きに驚きて宣ひけるは、「保元平治より以来、君の御為に命を捨つる事、既に度々也。人々いかに申すとも、きみ君にて渡らせ給はば、争でか入道をば子々孫々までも捨てさせ給ふべき。恐れながら、君もくやしくこそ渡らせ給はむずらめ。抑も此の事は、院は一定知ろし食されたるか」と宣ひければ、「子細にや及び候ふ。大納言の軍兵催され候ひしも、院
宣とてこそ催され候ひしか」。其の外も様々の事ども云ひちらして、「暇申して」 ▼P1234(一五ウ)とて帰りにけり。
 入道大声にて侍共をよびて、〓りしかられける気色、門外まで聞こえければ、行綱「慥かなる証人にもぞ立つ」とて、「穴怖し」とて、野に火を付けたる心地して、人もおはぬに、取袴をして怱ぎ馳せ帰りぬ。
八 〔大政入道軍兵催し集めらるる事〕
 入道、貞能を召して、「謀叛の者共の有んなるぞ。侍共きと召し集めよ。一家の人々にも、各ふれ申せ」と宣ひければ、面々に使をはしらかして此の由を申すに、凡そいづれもいづれも騒ぎあひて、我先にと馳せ集まる。右大将宗盛、三位中将知盛、右馬頭重衡を始めとして、人々侍・郎等、各甲冑をよろひ弓箭を帯して馳せつどふ。其の勢雲霞ノ如し。▼P1235(一六オ)夜中に五千余騎になりにけり。
九 〔大政入道院御所へ使を進らする事〕
六月一日、未だほのぐらき程に、入道の検非違使安倍の資成を召して、「院御所へ参りて大膳大夫信業を呼び出だして申さむ様はよな、『近習に候ふ者共の恣に朝恩に誇る余りに、世を乱らむと仕る由承り候へば、尋ね沙汰仕るべし』と申せ」とて進らする。資成怱ぎ院の御所へ参りて、信業を呼び出だして此の由を申しければ、信業色を失ひて、御前に参じて奏聞しけれども、分明の御返事なかりけり。「此の事こそえ御心得なけれ。こは何事ぞ」と計り仰せあり。資成急ぎ馳せ帰りて此の由を申しければ、入道、「よも御返事あらじ。何とかは仰せ有るべき。▼P1236(一六ウ)はや君も知らせ給ひたりけり。行綱は実を云ひけり」とて、いかられけり。
十 〔新大納言召取る事〕
 其の後、雑色を以て、「新大納言の許に行きて、『申し合はせ奉るべき事あり。怱ぎ渡らせ給へ』と申すべし」と宣ひければ、使走り付きて此の様を申す。大納言、「哀れ是は例の山の大衆の事を院へ申さむずるにや。此の事はゆゆしく御憤り深げなり。叶ふまじき物を」など思ひて、我が身の上とはつゆ知り給はで、怱ぎ出でられけるこそはかなけれ。八葉の車の鮮やかなるに、前駈三人、侍三四人召し具して、上きよげなる布衣たをやかにきなして、雑色・牛飼に至るまで、常の出仕よりは少し引きつくろひたる体にて▼P1237(一七オ)ぞ出でられける。其も最後のありきとは、後にこそ思ひ合はせ給
ひけめと哀れ也。
 入道のおはする西八条近くやりよせて、其の程を見給へば、四五丁に軍兵充満せり。「あなおびたたし。何なる事ぞ」と胸打ち騒ぎて、車より下り給ひたれば、門の内にも兵所もなく立ちこみて、只今事の出でたる体也。中門のとに怖しげなる者二人立ち向ひて、大納言の左右の手を取りて、引き張りてうつぶさまに投げ臥せて、「警め奉るべきか」と申す。入道殿、「昨日までは院の御所、私所にても肩を比べし卿相也。今こそ敵とはならむからに」と、いかれる心にもかはゆくや思はれけむ、「しからずとも」とて、つと入り給ひぬ。▼P1238(一七ウ)其の後、兵十余人来たりて、前後左右に立ちかこみ、天にも上げず地にもつけず、中に引きくくつて上へ引きのぼせ奉り、一間なる所におしこめつ。大納言、夢の心地してあきれて物も宣はず。是を見て共に有りつる諸大夫・侍も、雑色・牛飼童も、牛・車を捨てて四方へ逃げ失せぬ。大納言は、六月のさしも熱き比、一間なる所にこめられて、装束もくつろげずおはしければ、あつさたへがたし。涙も汗もあらそひてぞ流れける。「我が日来のあらまし事の聞えにけるにこそ。何なる者の漏らしつらむ。北面の輩の中にぞ有らむ。小松大臣は見え給はぬやらむ。さりとも思
ひ放ち給はじ物を」と思はれけれ▼P1239(一八オ)ども、誰して宣ふべしともなければ、涙をこぼし汗を流してぞおはしける。
十一 〔西光法師搦め取る事〕
 其の後、入道、筑後守家貞・飛騨守景家を召して、「謀叛の輩の其の数あり。北面の者共一人も漏らさず搦め取るべき」由、下知し給ひければ、或ひは一二百騎、或ひは二三百騎、押し寄せ押し寄せ皆搦め取りて、警め置きけり。其の中に左衛門入道西光、根本与力の者なりければ、「構へて搦め逃がすな」とて、松浦太郎重俊が奉りにて、方便を付けて伺ひける程に、院の御所にて人々の事に合ひける事共聞きて、人の上とも覚えず、「あさまし」と思ひて、あからさまに私の宿所に出でて、即ち又御所へ参りけるに、▼P1240(一八ウ)物具したる武士七八人計り先に立ちたり。後の方にも十余人有りと見て、此の世の習なれば、武士には目も見かけず、足ばやに歩みけるを、先に待ち懸けたる武士、「八条入道殿より、『きと立ち寄り給へ。怱ぎ申し合はすべき事あり』と仰せられ候ふ」と云ひければ、西光少し赤面して、にが咲ひて、「公事に付けて申すべき事候ふ。やがて参り候ふべし」と云ひて、歩み過ぎんとするに、後にきつる武士、「やは、入道程の者の何事をかは君に申すべき。世の大事引き出だして、我も人も煩ひあり。物ないはせそ」とて、打ちふせて縄付けて、武士十余人が中に追ひ立てて行きて、八条に
て「かく」と申し入れたりければ、門より内へも入ら▼P1241(一九オ)れず。即ち重俊が 奉りにて、事の発りを尋ねられければ、初めは大きにあらがひ申して、我が身にあやまらぬ由を陳じければ、入道大きに腹を立て、乱形にかけて打ちせためて問ひければ、有る事無き事落ちにけり。白状かかせて判せさせて、入道に奉る。入道、是を見給ひて、「西光取りて参れ」と宣ひければ、重俊が家子郎等、空にも付けず地にも付けず、中にさげて参りたり。やがて面道のまがきの前に引きすゑたり。
 入道は、長絹の直垂に、黒糸威の腹巻に、金作りの太刀、かもめ尻にはきなして、上うらなしふみちぎりて、すのこの辺にたたれたり。其の気色益なげにぞみえられける。さて、西光をにらまへて▼P1242(一九ウ)宣ひけるは、「いかに己程のやつは、入道をば傾けむとはするぞ。元より下臈の過分しつるは、かかるぞとよ。『あれ程の奴原を召し上げて、なさるまじき官職をなしたびて召し仕はせ給ふ間、おやこ共に過分の振舞ひする者哉』とみしに合はせて、罪もおはせぬ天台座主讒し奉りて、遠流に申し行ひて、天下の大事引き出だして、剰へ此の事に根元与力の者と聞き置きたり。其の子細具に申せ」と宣ひければ、西光元よりさるげの者なりければ、少しも色も変ぜず、わるびれたる気色もなくて、あざ咲ひて、「いで後言せむ」とて申しけるは、「院中に召し仕はるる身にて候へば、執事別当新大納言殿の、院宣とて催され▼P1243(二〇オ)候ひし事に、与せずとは争か申し候ふべき。与して候ひき。但し耳に止まる御詞をもつかはせ給ふ者哉。他人の前はしらず、西光が前にては過分の御詞をば、えこそつかはせ給ふまじけれ。見ざりし事か。殿は故刑部卿殿の嫡子にて渡らせ給ひしかども、十四五歳までは
叙爵をだにもし給はず。冠をだにも給はらせ給はで、継母の他の尼公のあはれみて、藤中納言家成卿の許へ時々申しより給ひし時は、『あは、六波羅のふかすみの高平太の通るは』とこそ京童部は指を指して申ししか。其の後、故卿殿、海賊の張本卅余人搦め出だされたりし勲功の賞に、去んじ保延の比かとよ、御年十七か八▼P1244(二○ウ)かの程にて、四位して、四位の兵衛佐に成り給ひたりしをこそ、『ゆゆしき事哉』と世以て傾き申ししか。同じき王孫と云ひながら、数代久しく成り下りて、殿上の交はりをだにも嫌はれて、闇打ちにせられむとし給ひし人の子にて、今忝くも即闕の官を奪ひ取りて、太政大臣に成り上りて、剰へ天下を我がままに思ひ給へり。是をこそ過分とは申すべけれ。侍品の者の受領・検非違使・靭負尉になる事は傍例なきに非ず。なにかは過分なるべき。入道こそ過分よ、入道こそ過分よ」と居長高になりて、詞もたばはず散々に申しければ、入道余りに怒りて物も宣はず。
 暫ありて、「西光め左右なく首切るな。能々▼P1245(二一オ)さひなめ」と宣ひければ、重俊が郎等つとよりて、ふときしもとを以て七十五度の考訊を加へたり。西光心は武かりけれども、本より問ひ損ぜられたる上、枳身にしみて術なかりければ、
残りなく落ちにけり。白状四五枚に記されたり。
 良久しくありて、内の方より人の足音高らかにして来りければ、大納言は、「只今失はれなむずるやらむ」と肝心をけして居られたりけるに、入道、大納言のおはしける後ろの障子をあららかにさつとあけられたり。麁絹の衣の短からかなるに、白き大口ふみくくみて、聖柄の刀をおしくつろげて、大きに怒れるけしきにて、大納言をにらまへて▼P1246(二一ウ)宣ひけるは、「やや大納言殿、一年、平治の逆乱の時、信頼・義朝等に御同心あつて、朝敵となり給ひたりし時、越後中将とて嶋摺の直垂・小袴きて、折烏帽子引き立てて、六波羅の馬屋の前に引きすゑられておはせしかば、罪に定まりて既に誅せられ給ふべきにておはせしを、内府とかくして申し宥めたりしかば、『七代までの守りの神とならむ』と手を合はせて、泣々宣ひし事は忘れ給ひたるな。人はみめ貌のなだらかなるをば人とは申さぬぞ、恩を知るを以て人とは申すぞ。わ殿の様なる者をこそ、人の皮をきたる畜生とはいへ。されば何の科怠によりて、当家を▼P1247(二二オ)滅ぼすべき由の御結構ありけるやらむ。されども微運の尽きざるによりて、此の事顕れて迎へ申したり。日来の御結構の次第、只今直に承り候ふべし」と宣ひければ、大納言
涙を流して、憖(愍)に「身に取りては全く誤りたる事なく候ふ。人の讒言にてぞ候ふらん。委く御尋ねあるべく候ふ」と宣ひければ、入道いはせもはてず、「西光法師が白状まゐらせよ」と宣へば、持て参りたり。入道引き広げて、くりかへし高らかに二返までよまれたり。成親卿を始めとして、俊寛が鹿谷の坊にて平家を滅すべき結構の次第、法皇の御幸、康頼が答返、一事として漏るる所なし。四五枚に記されたり。「是はいかに。此の上は▼P1248(二二ウ)披陳にや及ぶべき。是はどこをあらがふぞ。あらにくや」とて、白状を大納言に投げかけて、障子をはたとたてて返り給ひけるが、猶腹をすゑかね給ひて、
十二 〔新大納言を痛め奉る事〕
 「経遠・兼康はなきか」と宣ひければ、経遠・兼康・季貞・盛国・盛俊なむど参りたりければ、「誰が下知にて、あの大納言をば障子の内へはのぼせけるぞ。あれ坪に引き下ろして取りてふせて、したたかにさいなみて、をめかせよ」と宣ひければ、経遠已下の兵共、つとよりて、大納言を庭に引き落とす。其の中に、季貞は元より情ある者にて、大納言を取りてをさへて、左手にて大納言の頸をつよく▼P1249(二三オ)取る様にして、さすがにつよくとらず、右手にて大納言の胸をおす様にして、つよくおさず、季貞が口を大納言の耳に指しあてて、「入道のきかせ給ひ候ふやうに、只御声を立てて、をめかせ給へ」とささやきければ、大納言声をあげて二声三声をめかれけるを、入道聞き給ひて、「只おし殺せや、おし殺せや」とぞ宣ひける。
 其の有様目もあてられず。地獄にて獄卒・阿防羅刹の浄頗梨の鏡に罪人を引き向けて、前世に造りし所の業によりて呵嘖の杖を加へ、業の秤に懸けて軽重を糺して、「異人の悪を作り、異人の苦報を受くるに非ず。自業自得の果、衆生皆是くの如し」と云ひて、刑罰を行ふ▼P1250(二三ウ)らむもかくやと覚えて無慚也。
 「蕭樊、〓韓彭に囚はれて、〓〓されたり。晁錯、戮を受け、周魏、辜せらる。其の余、命を佐け、功を立つる士、賈諠亜夫の徒、皆信に命世の才なり。将相の具へを抱けり。而るに少人の讒を受け、並びに禍敗の憂へを受く」と云へり。蕭荷・樊会・韓信・彭越、皆高祖の功臣たりしかども、かくのみこそ有りけれ。唐朝にも限らず、我が朝にも保元平治の比はあさましかりし事共も有りしぞかし。新大納言一人にも限るまじ。こはいかがはせむずる」と人歎きあへり。
 かくして季貞のきにけり。大納言半死半生にぞみえられける。
 内大臣、此の後いと久しくありて、烏帽子直垂にて、▼P1251(二四オ)子息の少将車の尻にのせて、衛府四五人、随身二三人計り召し具して、それらも皆布衣にて物具したる者一人も具せずして、のどやかにておはしたり。入道を初め奉りて、人々思
はずに思ひ給へり。「いかに是程の大事の出できたるに」と人々宣ひければ、「何事かは有るべき」と宣ひけるにこそ、
人々皆しらけにけれ。兵具を帯したる者、そぞろきてぞ有りける。
 内府、「さるにても大納言をば何としてけるやらん。今の程には死罪流罪にはよも及ばれじ」と思し召して、見廻し給へば、侍の障子の上に、大なる木を以て、くもでを結ひちがへたる一間なる所あり。日来かかる所有りとも思はぬに、俄にいでき▼P1252(二四ウ)たりければ、「哀、ここに大納言をば籠めたるよな」とおぼして、只今こそとほる由、きとおとなはれたりければ、案の如く大納言くもでの間より内府を見付けて、地獄にて地蔵菩薩を見奉りたらむも、是には過ぎじとうれしくて、「是はいかなる事にて候ふぞ。誤りたる事も候はぬ物を。さておはしませば、さりともとこそ思ひ奉りて候へ」とて、はらはらと泣き給ふも無慚也。
 大臣は「人の讒言にてぞ候ふらむ。御命計りは申し請けばやとこそ思ひ給へども、それもいかが候はんずらむ」と、たのもしげなく宣へば、「心うし。平治の乱の時、失せぬべかりしに、御恩を蒙りて命を生けられ奉りて、正二位大納▼P1253(二五オ)言に至り、年既に四十余りに成り侍りぬ。生々世々に報じ尽し奉り難くこそ思ひ給へ。此の度の命計りを同じくは生けさせ給へ。頭を剃りて、高野粉河にも籠りて、一筋に後世の勤めをせむ」と宣ふも哀れ也。「重盛かくて候へば、さりともと思し召すべし。御命にも代り奉るべし」とてたたれければ、かく宣ふに付けても只甲斐なき涙のみぞ流れける。「少将も召しや取られぬらむ。残り留まる跡の有様もいかなるらむ。少き者共もおぼつかなし」。我が身の御事はさる事にて、是をおぼしつづくるに、胸せきあげて熱さも堪へがたきに、晩るるを待たで、命も絶ゆべくぞ覚しける。内の大臣のおはしつる程は、聊かなぐさむ心地もしつるに、いと詞少なにて▼P1254(二五ウ)帰り給ひて後は、今少し物も怖しく悲しくぞおぼされける。
 〔十三〕 〔重盛大納言の死罪を申し宥め給ふ事〕
 大臣殿、入道の前におはしたりければ、入道宣ひけるは、「大納言の謀叛の事は聞かれたるか」。「さん候ふ。皆承りて候ふ。さて何様なる罪に行はるべきにて候ふやらむ」。「事も愚かや、只今切らむずる物を」と宣ひければ、大臣宣ひけるは、「さては不便の事こそ候ふなれ。大納言を失はん事は、能々御計らひ候ふべし。六条修理大夫顕季卿、白川院に召し仕はれ奉りしより以来、家久しくなりて、既に位正二位、官大納言まで昇りて、当時も君の御いとほしみの者なるを、忽ちに首を刎ねられん事、いかが有るべかるらむ。さる事争か候べき。都の外へ出だされ▼P1255(二六オ)たらむに事足り候ひなん。かくは聞こし食せども、若し僻事にても候はば、弥不便の事に候はずや。北野天神は時平の大臣の讒奏によつて、延喜の御門に流され奉り、西宮大神は多田の新発が讒言によつて、安和の御門に流され給ひき。各無実なりけれども、流罪せられ給ひにき。是皆延喜の聖主、安和の御帝の御僻事とこそ申し伝へたれ。上古猶此くの如し。況や末代を哉。賢王猶御誤りあり。況や凡夫を哉。委く御尋ねも有るべし。能々御思惟も有るべし。物さはがしき事は、後悔先にたたずとこそ申せ。既にかく召し置かれぬる上は、怱
ぎ失れずとても、何の苦しみか有るべき。『罪の疑はしきをば惟れ▼P1256(二六ウ)軽んぜよ。功の疑はしきをば惟れ重んぜよ』とこそ申し伝へて候へ。いかさまにも今夜首を切らむ事は然るべからず」と宣ひければ、入道猶心ゆかず、返事もし給はざりければ、内大臣重ねて申されけるは、「申す旨御承引なくは、先一人に仰せ付けて、先重盛が頸を召さるべく候ふ。其の後御心に任せて振舞ひおはしまし候へ。重盛、彼の大納言の妹に相異して候ふ。惟盛、又大納言の聟也。かやうに親しく罷り成りて候へばとて申すとや思し召され候ふらん。いかにも其の儀にては候はず。世の為、民の為、君の為、家の為を存じて申し候ふ也。一年保元の逆乱の時、故少納言入道信西、適ま執権の時に相当たり、本朝に絶えて久しくなりにし死罪を申し行ひて、▼P1257(二七オ)左府の死骸を実検せられし事なむどは、余りなる御政とこそ覚え候ひしか。古人の申され候ひしは、『死罪を行はるれば、謀叛の輩絶ゆべからず』と。此の詞はたして中二年有りて、平治に事出でて、信西が埋まれたりしを掘りおこして、首を切りて渡しき。保元に行ひし事、忽ちに報ひて、身の上にむかはりにけりと思ひ合はせられて、怖しくこそ候ひし
か。是はさせる朝敵にもあらず。方々怖れ有るべし。御身の御栄花残る所なければ、今は思し召し残す御事なけれども、子々孫々までも繁昌こそあらまほしけれ。『積善の家には余慶あり。積悪の門には余殃留まる』とこそ承れ。周の文王は、大公望に命ぜられて▼P1258(二七ウ)四如己を恐れ、唐の大宗は、張温古を切りて後、五復の奏を用ゐらる。又『善を行へば、則ち徴を休めて之を報ず。悪を行へば、則ち徴を咎めて之に随ふ』なむども申したり。又『世を治むる事は琴をならすが如し。大絃急なる時は、小絃堪えできる』とこそ、天暦の帝も仰せられ候ひけれ」なむど、細々と誘へ申されければ、げにもとや思はれけむ、今夜切るべき事は思ひ宥めて、其の日はくれにけり。
 内大臣はかく誘へおきて帰り給ひけるが、猶心安からず覚えて、さも然るべき侍共を召して宣ひけるは、「仰せなればとて。重盛に云ひ合せずして、左右なく大納言を失ふ事有るべからず。腹の立ち給ふままに物騒しき事あらば、後悔先に立つまじ。僻事▼P1259(二八オ)し出だして、重盛恨むな」と誡められければ、武士共舌を振りて怖ぢあへり。「経遠・兼保なむどが大納言に情なく当たりたりける事、返々奇怪也。されば重盛が返り聞かむ所をば、争か憚らざるべき。忠清・景家体の者ならば、縦入道殿いかに仰せらるとも、かくはよもあらじ。片田舎の者はかかるぞとよ」と宣ひければ、難波二郎・妹尾太郎も恐れ入りたりけり。
十四 〔成親卿の北方の立ち忍び給ふ事〕
 さて大納言の共したりける者共、走り帰りて、「大納言殿は八条殿に召し籠られ給ひぬ。ゆふさり失ひ奉るべしとて、晩るるを待つと承りつる」と、ありつる有様を泣々申しければ、北の方より始めて、▼P1260(二八ウ)男女声を揚げてをめき叫ぶ。さこそ悲かりけめ。理押しはからる。夢かや夢かやと思へども、うつつにてぞ有りける。「いかにかくては渡らせ給ふぞ。
叶はざらむまでも立ち忍ばせ給へ。少将殿を初め奉りて、君達まで召されさせ給ふべしとこそ承りつれ」と、涙もかきあへず申しあひければ、「是程の事になりて、残り留まる身共安穏にてもなむの甲斐かは有るべき。いかにも只一所にて、ともかくもならむこそ本意なれ。けさを限りと思はざりける事の悲しさよ」とて、臥しまろびて泣き給ふ。
 「已に兵来りなむ」と人申しければ、かくて恥がましく有らむ事もさすがなるべければ、「一まどなり▼P1261(二九オ)とも立ち忍び給はん」とて、出で給ふ。尻頭ともなき少き人共取り乗せて、何くを指して行くともなく遣り出だしつ。牛飼、「是はいづちへ仕るべきにて候ふやらん」と申しければ、「北山の方へ」と車の内より宣へば、大宮を上りに北山の雲林院の辺までおはしにけり。其の辺りなる僧坊におろしすゑ奉りて、送りの者共も身々の捨て難ければ、各暇申して帰りにけり。今は甲斐なき少き人々計り留まり居て、憑もしき人一人もなくておはしけむ。北の方の御心の内、押しはかられていとほし。日の晩れ行く影を見給ふに付けても、大納言の露の命、こよひをかぎるなりと思ひ遣られて、消え入る心地ぞせられける。女房・侍共もかちはだしにて、恥▼P1262(二九ウ)をも知らず迷ひ出でにけり。家中の見苦しき物を取りしたたむるにも及ばず。門は扉を開けども、押し立つる又者もなし。馬は馬厩に立つれども、草飼なづる人もなし。夜あくれば車馬門に立ちて、賓客座に列なれり。遊び戯れ舞ひ躍り、世を世とも思はず。近隣の人は物をだにも高くいはず。門前を
                                       ことわリ
すぐる者も怖ぢ恐れてこそ昨日までも有りつるに、夜の間に替はり行く有様、盛者必衰の理、眼の前にこそ顕はれけれ。
 夜も漸くふけければ、大納言は只今失はるべしと聞き給ひければ、「命の有らん事も今計り也。誰にか此の世に思ひおく事云ひおかん。北の方・少き者共もいかがなりぬらん。あはれ、事付を今一度せばや。死なむ▼P1263(三〇オ)事は力及ばぬ事なれども、是が心にかかるこそよみぢの障りなれ」と覚しつづけて、さめざめと泣き給ふも理也。今夜計りの命なれば、「今や今や」と待つ程に、夜も明け方になりにけり。「大納言殿は今夜とこそ聞きつるにいかに。今までは沙汰なきやらん。若御命の助かり給はんずるにや」とて、武士共も悦びあへり。
〔十五〕 〔成親卿無思慮事〕
 大方此の大納言はおほけなく思慮なき心したる人にて、人の聞きとがめぬべき事をも顧み給はず。 常に戯れふかき人にて、墓無き事共をも宣ひ過ごす事も有りけり。
 後白川院の近習者、坊門中納言親信と云ふ人おはしき。父右京大夫信輔朝臣、武蔵守たりし時、彼の国へ下られたりしに儲けられたり▼P1264(三〇ウ)ける子なり。元服して叙爵し給ひたりければ、坂東大夫とぞ申しける。院に候ひ給ひければ、兵衛佐に成りにけり。又坂東兵衛佐なむど申しけるを、ゆゆしく本意なき事に思ひ入れられたりける程に、新大納言、法皇の御前に候はれける時、たはぶれにや、「親信、坂東に何事共か有る」と申されたりければ、取りもあへず、「縄目の色革こそ多く候へ」と返答せられたりければ、成親卿、顔気色少し替はりて、又物も宣はざりけり。人々あまた候はれけり。按察入道資賢も候はれけり。後に宣ひけるは、「兵衛佐はゆゆしく返答したりつる者哉。事の外にこそにがりたりつれ」と申されけるとかや。▼P1265(三一オ)平治の逆乱の時、此の大納言の事に合はれし事を申されたりけり。
十六 〔丹波少将成経西八条へ召さるる事〕
 新大納言の嫡子丹波少将成経、歳廿一になり給ふは、院の御所に上臥して未だ罷り出でられぬ程なりけるに、大納言の御許なりつる侍一人、院の御所へ馳せ参りて申しけるは、「大納言殿は、けさ西八条殿に召し籠められさせ給ぬ。今夜失ひ奉るべきの由、聞へ候ふ。君達も皆召され給ふべしとこそ承りつれ」と申しければ、「こはいかに」とあきれ給ひて、物も覚へ給はず。「さりとも宰相の許よりは、かくと申されんずらん」と思ひ給ひしほどに、宰相の許より使あり。
 「具し奉りて来れと八条より申されたり。と▼P1266(三一ウ)くとく渡り給へ」。こはいかなる事にやあさましとも愚か也。
 少将は近習にておはしける兵衛佐と云ふ女房を尋ね出して、「かかる勝事こそ候ふなれ。夜部より世間物さはがしと承れば、例の山の大衆の下るやらんなむど、余所に思ひて候へば、身の上にて候けり。御前へも参り候ひて今一度君をも見進らせ候べきに、今はかかる身にて候へば、憚り存じ候ひて罷り出で候ひぬと披露せさせ給へ」と宣ふもあへず泣き給ふ。日比、馴れ給ひつる女房達あまた出で来てあさましがりて泣きあへり。「成経八才にて見参に罷り入りてよりは、夜昼候ひて、所労なむどの候はぬ限りは一日も御所へ参らぬ事▼P1267(三二オ)も候はざりつ。君の御いとほしみ忝くて、朝暮に龍顔に咫尺し奉りて、朝恩にのみあき満て明し晩し候ひつるに、何なる目を見るべきにて候やらん、大納言も今夜死罪に行なはるべしと承り候ふ。父のさやうに罷り成り候ひなん上は、成経が身も同罪にこそ行なはれ候はんずらめ」と云ひつづけて狩衣の袖も絞る計り也。余所の袂も絞りあへず。
 兵衛佐、御前に参りて此の由を申されければ、法皇も大きに驚かせ給ひて、「是等が内々謀りし事、漏れにけるよ」など思食すもあさまし。「今朝、相国の使の有つるに、事出ぬとは思食しつ。さるにても是へ」と御気色有りければ、「世は怖しけれども、今一度君をも見奉らん」と思はれければ、御前へ参られたりけ▼P1268(三二ウ)れども、君も仰せ遣りたる方もなし。龍顔より御涙を流させ給ふ。少将も申し述べたる方もなし。袖を顔に押しあてて、罷り出でられぬ。又、門まで遥かに見送りて、御所中の女房達、限りの余波を惜しみ、しぼらぬ袂もなかりけり。法皇も後を遥かに見送らせ給ひて、御涙をのごはせ給ひて、「又、御覧ぜぬ事もや」と思食すぞ忝なき。「末代こそ、うたてく心うけれ。強にかくしもや有べき」とぞ仰せられける。近く召し仕へける人々も、「更に人の上と思ふべきに非ず。何なる事か有らむずらん」と安き心なし。
 少将は、宰相の許へおはしたれば、此の事聞きつるより、少将の北方はあきれ迷ひて物も覚へず、糸惜しき体にてぞおはしける。近く産し▼P1269(三三オ)給ふべき人にて、何となく日比も悩み給ひつるに、かかるあさましき事を聞き給へば、いとど臥し沈み給ふも理也。少将は今朝より流るる涙尽きせぬに、北方の気色を見給ふに、いとどせむかたなくぞおぼさる。「せめては、此の人、身々とならむを見おきて、いかにもならばや」と思されけるも、責めての事と覚えて糸惜し。
 六条とて、年来付き奉りたる乳母の女房有りけり。此の事を聞くより、臥しまろびもだえこがるる事なのめならず。少将の袖に取り付きて、「いかにやいかに、君の血の中におはしまししを取り上げまゐらせて、洗ひ上げ奉りて、糸惜し悲しと思ひそめ奉りしより、冬の寒き朝にはしとねをあたためて据ゑ奉り、夏の熱き夜は冷しき所に臥せ奉りて、明けても晩れても此の御事よりほか、又い▼P1270(三三ウ)となむ事なし。我が年の積もるをばしらず、人となり給はん事をのみ思ひて、夜の明くるをも日の晩るるをも心もとなくて、廿一年を送り、おほし立て奉りて、院内へ参り給ひても、遅くも出で給へば、おぼつかなく恋しくのみ思ひ奉りつるに、こはいづくへおはしますべきぞや。捨てられ奉りて、一日片時も生きて有るべしとこそ覚えね」と、くどき立てて泣く。「げにもさこそ思ふらめ」とおぼせば、少将涙を押さへて、「いたくな思ひそ。我が身誤まらねば、さりともとこそ思へ。宰相さておはすれば、命計りはなどか申し請けられざるべき」となぐさめ給へども、人目もしらず泣き悶ゆるも無慚也。
 八条よりとて使あり。▼P1271(三四オ)「遅し」とあれば、「いかさまにも参り向ひてこそは、ともかくも申さめ」とて宰相出で給へば、車に乗り具して少将も出で給ひぬ。無き人を取り出だす様に見送りて泣きあへり。保元・平治より以来は、平家の人々は、楽しみ栄えは有れども愁歎はなかりつるに、門脇の宰相こそ、由なかりける聟ゆゑに、かかる歎きをせられけるこそ不便なれ。
十七 〔平宰相丹波少将を申し請け給ふ事〕
 八条近く遣り寄せて見れば、其の四五丁に武士充満して、幾千万と云ふ数を知らず。いとど怖しなむどは云ふ計りな
し。少将は是を見給ふに付けても、大納言の御事おぼすぞ悲しき。宰相、車をば門外に留めて案内を申し給へば、「少将をば内へは入れ▼P1272(三四ウ)給ふべからず」 と有りければ、其の辺近き侍の家に下し置きて、宰相内へ入り給ひぬ。見もしらぬ兵あまた来たりて、居めぐりて守り申す。少将は、恃みたりつる宰相は入り給ひぬ、いとど心細く悲し。宰相入りて見給
へば、大方、内の有様、武士共のひそめきあへるさま、誠におびたたし。「教盛こそ参りて候へ。見参に入らん」と宣ひ
けれども、入道出で合ひ給はざりければ、季貞を呼びて宰相申されけるは、「由無き者に親しくなりて、返す返すくやしく候へども、甲斐も候はず。成経に相具して候ふ物、いたくもだえこがれ候が、恩愛の道、力及ばざる事にて、無慚に覚え候ふ。近く産すべき者にて候ふが、いかに候ふやらん、日▼P1273(三五オ)来なやみ候ひつるが、此の歎き打ち副ひ候ひなば、身々ともならぬ先に命も絶え候ひなんず。助けばやと思ひ候ひて、恐れながらかく申し入れ候ふ。成経計りをば申し預かり候はばや。敦盛かくて候へば、争か僻事せさせ候ふべき。おぼつかなく思し召さるべからず」と泣く泣く申し給ふ。季貞此の由を入道に申しければ、よに心得ずげにて、とみに返事も宣はず。宰相、中門にて「いかにいかに」と待ち給ふ。
 良久しくありて入道宣ひけるは、「成親卿、此の一門を滅ぼして、天下を乱らんとする企有りけり。しかれども一家の運尽きぬによつて、此の事顕れたり。少将は既に彼の大納言の嫡子也。親しくおはすとても、えこそ宥め申すまじけれ。彼の企遂げましかば、其れ御辺とても▼P1274(三五ウ)おだしくてや御すべき。いかに御身の上の大事をば、かくは宣ふぞ。聟も子も身に増さるべきかは」と、少しもゆるぎなく宣へば、季貞返り出でて、此の由を申しければ、宰相大きに本意なげに思ひ給ひて、押し返し宣ひけるは、「加様に仰せらる上を重ねて申すは、其の恐れ深けれども、心の中に思はん程の事を残さむも口惜しければ申すぞ。季貞、今一度よくよく申せよ。去る保元・平治両度の合戦にも、身を捨てて御命に替はり奉らんとこそ思ひしか。是より後なりとも、荒き風をば先づ防がむとこそ思ひ給へ。教盛こそ、今は年罷りよりて候へども、若者共あまた候へば、御大事も有らむ時は、などか一方の御国めとも▼P1275(三六オ)ならで候ふべき。夫に教盛が憑み奉りたる程は、つやつや思食され候はざりけり。成経を暫く罷り預からむと申すをおぼつかなく思し召して、御ゆるされのなからむは、既に二心有る者
と思食すにこそ。是程に後めたなき物に思はれ奉りて、世に有りては何にかはすべき。世に有らば又、何計りの事かは有るべき。今は只、身の暇を給はりて、出家入道して片山寺にも籠り居て、後生菩提の勤めを仕るべし。由無き憂き世の交はり也。世に有ればこそ望みもあれ、望みの叶はねばこそ恨みもあれ。如かじ、只世を遁れて実の道に入らんには」と宣へば、季貞にがにがしき事哉と思ひて、此の由を委しく入道に申しければ、「物に心得ぬ人哉」とて、又返事も宣はず。
 季貞申しけるは、「宰相殿は▼P1276(三六ウ)思食し切りたる御気色にて渡らせ給ひ候ふめり。能く能く御計らひ有るべくや候ふらん」と申ければ、其の時入道宣ひけるは、「先づ御出家あるべしと仰せられ候ふなるこそ驚き存じ候へ。大方は是程に恨みられ進らせ候ふべしとこそ存じ候はねども、夫程の仰せに及ばむ上は、少将をば暫く御宿所に置かれ候ふべし」と、
しぶしぶに有りければ、宰相悦びて出で給ひにけり。
 少将はなにとなく憑もしげに思ひて、「いかに」と問ひ給ふも哀れ也。宰相思はれけるは、「あな無慚やな。我が身に替へて申さざらむには、叶ふまじかりつる者の命ぞかし。人の子をあまた持つ事は無益の事かな。我が子の縁にむすぼほれざらんには、人の上の事にこそ見るべき者の事を、身の上になして肝心を消すこそよしな▼P1277(三七オ)けれ」と、おぼされければ、「いさとよ。入道殿の鬱りなのめならず深げにて、教盛には対面もし給はず。叶ふまじき由、度々宣ひつれども、季貞を以て、『出家入道をもせむ』とまで申したりつればやらん、『暫く宿所におき給へ』と計り宣ひつれども、始終よかるべしとも覚えず」と宣ひければ、少将申されけるは、「成経御恩にて一日の命も延び候ひけるにこそ。一日とてもおろかの儀にて候はず。助かり候はん事こそ然るべく候へ。是に付け候ひても、大納言の行方、いかが聞食され候ひつる」と宣ひければ、宰相、「いさとよ。御事をこそ、とかく申し候ひつれ。大納言殿の御事までは心も及ばず」と宣ひければ、げにも理かなと思へども、「大納言、今▼P1278(三七ウ)夜失はれ候はば、御恩にて成経今日計り命生きても、なににかはし候ふべき。死出の山をも諸
共に越へ、片時も遅れじとこそ存じ候へ。同じ御恩にて候はば、大納言のいかにも成り候はん所にて、ともかくも罷り成り候はばや。同じくは、さやうに申し行はせおはしますべくや候ふらん」 とて、さめざめと泣かれければ、宰相又心苦しげにて、「実やらん、大納言の事をば、内のおとど殿とかく申されければ、今夜は延び給ひぬるやらんとこそ、ほのぎきつれ。心安く思ひ給ふべし」と宣ひければ、少将其の時、手を合はせて喜ばれけり。「責めて今夜計りなりとも延び給へかし」とて悦ばれけるを見給ひけるにこそ、宰相、又、「無漸やな。子ならざらん者は、只今誰かは是▼P1279(三八オ)程に、我身の上を差し置いておぼつかなくも思ひ、延びたるを聞きて、身にしみてうれしく思ふべき。実の思ひは父子の志にこそ留めてけれ。子をば人の持つべかりける物を」とぞ、やがて思し返されける。
 さて、宰相は少将を具して帰り給ひければ、宰相の宿所には少将の出で給ひつるよりも、北方を始めとして母上乳母の六条臥し沈みて、「何なる事をか聞かむずらん」と肝心を迷はして思し召しける程に、「宰相帰り給ふ」と云ひければ、いとど胸せき上げて、「打ち捨てておはするにこそ。未だ命もおはせば、何に弥よ心細くおぼすらむ」と悲しく思はれけるに、「少将殿も帰らせ給ふ」と、先に人走り向ひて告げ申したりければ、車寄に出で向かひて、「実かや」とて、又声を整へて泣きあひ給へり。実に宰▼P1280(三八ウ)相、少将乗り具して帰り給へり。後は知らず、帰りおはしたれば、死したる人の蘇生したる様に覚えて悦び泣き共しあはれけり。此の宰相の宿所は門脇とて、六波羅の惣門の内なれば、程隔たらず。入道当時は八条におはしけれども、世も猶つつましくて、門さし、蔀の上計りあけてぞおはしける。
十八 〔重盛父教訓の事〕
 入道は、かやうに人々あまた警めおかれたりけれども、猶心安からず思はれければ、「善悪法皇を先づ迎へ取り奉り
て、此の八条に押し籠めまゐらせて、いづちへも御幸なし奉らむ」と思ふ心、付かれにけり。赤地の錦の直垂に、白金物打ちたる黒糸威の腹巻の胸板責めて、そのかみ安芸守にて神拝せられけ▼P1281(三九オ)る時、厳嶋社より霊夢を蒙りて儲けられたりける、白金の蛭巻したる秘蔵の手鉾の、常に枕を放たざりける、左脇に挟みて、中門の廊につと出でて立たれたり。
其の気色、ゆゆしくぞ見えられける。
 肥後守貞能は、木蘭地の直垂に、緋威の鎧きて、御前に跪いて候ふ。入道、宣ひけるは、「貞能、此の事いかが思ふ。入道が存ずるは僻事か。一年保元の逆乱の時、右馬助を初めとして、親しき者共は半ば過ぎて讃岐院の御方へ参りにき。一宮の御事は、故卿殿の養君にて渡らせ給ひしかば、方々思ひ放ち奉りがたかりしかども、故院の御遺誠に任せて、御方にて先をかけたりき。是一の奉公なりき。次に平▼P1282(三九ウ)治の逆乱の時、信頼・義朝が振舞、入道命を惜しみては叶ふまじかりしを、命を捨てて凶徒を追ひ落として、天下を鎮む。其の後、経宗・惟方を誡めしに至るまで、君の御為に命を捨てむとする事度々也。縦ひ人いかに申すとも、入道が子孫をば争でか捨てさせ給ふべき。されば入道が事を忽緒し申さむ者をば、君も尤も御誡めも有るべきに、誡めらるるまでこそなからめ、大納言が讒に付かせ給ひて、情けなく一門追討せらるべき由の院中の御結構こそ、遺恨の次第なれ。此の事行綱告げ知らせずは、顕るべしや。顕れずは、入道安穏にて有るべしや。猶も北面の下臈共が諌め申す事なむどあらば、当家追討の院宣▼P1283(四○オ)下されぬと覚ゆるぞ。朝敵と成りなむ後は、悔やむに益有るまじ
。世を鎮めん程、仙洞を鳥羽の北殿へ移し奉るか、然らずは御幸を是へなし奉らばやと思ふ也。其の儀ならば、北面の者共の中に、矢をも一筋射出だす者もありぬとおぼゆるぞ。侍共に其の用意せよと触るべし。大方は入道、院方の宮仕へ思ひ切りたり。きせなが共取り出だせ。馬に鞍おかせよ」とぞ下知せられける。
 鳥羽殿への御幸とは聞こえけれども、内々は法皇を西国の方へ流し進らすべき由をぞ議せられける。
 主馬判官盛国、此の気色を見奉りて、小松殿に馳せ参りて、大臣殿に申しけるは、「世は今はかうと見え候ふ。入道殿、既に御きせながを召され候ふ。侍共皆打つ立ち候ふ。法住寺殿へ寄せられ候ふ。鳥羽殿への御▼P1284(四〇ウ)幸とこそ聞こえ候へども、内々は、西国の方へ御幸なるべきにて候ふやらんとこそ、承り候ひつれ。いかに此の御所へは今まで御使ひは候はぬやらん」と、息もつぎあへず申しければ、内大臣大きに騒がれけり。「争でかさしもの事はあるべきとは思へども、今朝の入道殿の御気色、さる物狂はしき事も有らん」と、おぼされければ、内府怱ぎ馳せ来たり給ふ。其の時も同じく甲冑をよろふに及ばず。八葉の召車のけしかるに、子息の惟盛車の尻にのせて、重代伝はりたる唐皮と云ふ鎧、小烏と云ふ大刀、車の内に内々用意して持たれたり。引きさがりて鞍置馬引かせたり。衛府四五人、随身二三人召し具して、深更に及びて、けさの体にて、烏帽▼P1285(四一オ)子直衣にておはしたりけり。
 西八条に指し入りてみられければ、高燈台、侍中門坪々にかき立てて、一門の卿相雲客数十人、各思ひ思ひの鎧直垂に、色々の鎧きて、中門の廊に二行に着座せられたり。衛府・所司・諸国の受領なむどは〓に居こぼれて、壷にもひしと並み居たり。旗棹ども引きそばめ、馬の腹帯をしめて、甲を膝の上に置きて、只今かけ出でむずる体とみえけるに、内大臣直衣にて、大文の指貫のそば取りて、ざやめき入られけり。事の外にこそ見えられけれ。入道此を遥かに見付けて、少し伏し目にこそなられけれ。「例の内府が入道を表する様に振舞ふは」とて、心得ずげに思はれたり。
 内大臣▼P1286(四一ウ)聊も憚る気色なく、ゆらゆらと歩みよつて、中門の廊に着かれたり。弟の右大将宗盛卿より上なる一座に、むずとつかれたり。内府四方を見まはして、「いしげにさう御気色共かな」とて、へし口せられけり。兵杖を帯したる人々も、皆そぞろきてぞ見えられける。客殿を見給へば、大政入道の体、惣じて軽々なり。赤地の錦の直垂に、黒糸威の腹巻きて、左の方には黒糸威の鎧に、白星の甲重ねて置かれたり。右の方には白金の蛭巻したる擲刀立てて、院の御所か、臣家の許へか、只今打ち入りげなる気色なりけるが、入道は是を見給ひて、子ながらも、内には五戒を持ちて、慈悲を先とし、外には五常を▼P1287(四二オ)みだらず、礼義を正しくし給ふ臣なりければ、腹巻を着て相ひ向かはん事の面はゆくや思はれけん、障子を少し引き立てて、腹巻の上に素絹の衣を引き懸けて、胸板の金物のはづれてきらめきてみえけるを隠さむと、頻りに衣の胸を引きちがへ引きちがへぞせられける。内大臣此の気色を見給ひて、「あな口惜し。入道殿には能く天狗付きたりけり」と、うとましくぞ思はれける。
 入道宣ひけるは、「抑も此の間の事を西光法師に委しく相ひ尋ね候へば、成親卿父子が謀叛の企ては枝葉にて候ひけるぞ。真実には法皇の御叡慮より思し食し立たせ給ふ御事にて候ひけり。大方は近来よりいとしもなき近習者共が、折にふれ時に随ひて、さまざまの▼P1288(四二ウ)事を勧め申すなる間、御軽々の君にて渡らせ給ふ。一定天下の煩ひ、当家の大事引き出ださせ給ひぬと覚ゆる時に、法皇を是へ迎へまゐらせて、片辺りに追ひ籠めまゐらせむと存ずる事を、申し合はせ奉らむとて、度々使ひを遣はしつる也」と宣へば、内府、「畏まりて承り候ひぬ」と計りにて、双眼より涙をはらはらと落とし給ふ。入道あさましとおぼして、「こはいかに」と宣へば、内府暫く物も宣はず。
 良久しく有りて、直衣の袖にて涙を拭ひ、鼻打ちかみ宣ひけるは、「なにかの事は知り候はず。先づ御体を見まゐらせ候ふこそ、少しもうつつともおぼえ候はね。さすが吾が朝は、辺地粟散の境と申しながら、天照大神の御子孫、国の▼P1289(四三オ)主として、天児屋根の御末、朝の政を掌り給ひしより以来、太政大臣の位に昇る人、甲冑をよろふ事、輙かるべしとも覚え候はず。方々御憚り有るべく候ふ物を。就中御出家の御身也。夫れ三世諸仏、解脱同相の法衣を脱ぎ捨てて、忽ちに甲冑を帯し坐しまさん事、既に内には破戒無慚の罪を招き給ふのみに非ず、外には又仁・義・礼・智・信の法にも背き候ひぬらんとこそ覚え候へ。能々御栄花尽きて、御世の末に成りて候ふと覚え候ふ間、余りに悲しく覚え候ひて、不覚の涙の先立ち候ふぞや。方々恐れある申し事にて候へども、暫く御心をしづめさせおはしまして、重盛が申し候はん事を具に聞こし召され候ふべし。且は最後の申し状也。心の底に存ぜん程の旨趣を▼P1290(四三ウ)のこすべきに候はず。
 先づ世に四恩と申す事は、諸経の説相不同にして、内外の存知、各別なりと云へども、且く心地観経の第八の巻によらば、一には天地の恩、二には国王の恩、三は師長の恩、四には衆生の恩、是也。是を知るを以て人倫とし、知らざるを以て鬼畜とす。其の中に尤も重きは朝恩也。普天の下、王土に非ずといふこと莫し。率土の浜、王臣に非ずといふこと莫し。されば、彼の穎川の水に耳を洗ひ、首陽山に蕨を折りける賢人も、勅命の背き難き礼義をば存じてこそ候ふなれ。
 忝くも御先祖、桓武天皇の御苗裔、葛原親王の御後胤と申しながら、中比より無下に官途も打ち下りて、纔かに下国の受領をだにもゆるされでこそ候ひけるに、故刑部卿殿、備前国国務の時、鳥羽院御願、▼P1291(四四オ)得長寿院を造進の勧賞によつて、家に久しく絶えたりし内の昇殿をゆるされける時は、万人脣を翻しけるとこそ承り伝へて候へ。何に況や、御身既に先祖にも未だ拝任の跡を聞かざりし、大政大臣の位を極めさせ給ふ。御末又大臣の大将に至れり。所謂重盛なんどが不才愚暗の身を以て、蓮府槐門の位に至る。加之、国郡半ばは一門の所領也。田園悉く家門の進止たり。是希代の朝恩に非ず乎。今是等の莫大の朝恩を忘れて、君を傾け進らせましまさむ事、天照大神・正八幡宮・日月星宿・堅牢地神までも御免されや候ふべき。『君を背く者は、近くは百日、遠くは三年を出でず』とこそ申し伝へたれ。若し又院宣にて謀叛の御企て有りとも、僻事とも存じ候はず。倩ら上古を思ひ候ふに、嚢祖平将軍貞盛、相馬小二郎将門▼P1292(四四ウ)を誅ちたりしも、勧賞を行はれ候ひし事、受領には過ぎざりき。伊与入道頼義が貞任・宗任を誅戮し、陸奥守義家が武衡・家衡を滅ぼしたりしも、いつかは丞相
の位に昇り、不次の賞に預かりたりし。而るを此の一門代々朝敵を追討して、四海の逆浪を鎮むる事は無双の忠なれども、面々の恩賞に於いては、傍若無人とも申しつべし。
 されば、聖徳太子の十七ヶ条の憲法には、『人皆心有り。心各執有り。彼を是すれば我を非し、我を是すれば彼を非す。是非之理、誰か能く定むべき。相ひ共に賢愚なり。環の如くして端無し。是を以て、彼の人嗔ると雖も、還りて我が失を恐れよ』とこそ候へ。之に依つて、君事の次を以つて、奇怪也と思し召さん事は、尤も理りにてこそ候へ。然而御運尽きざる歟に依つて、此の事既に顕れて、仰せ合はせられ候ふ人々、かやうに召し置かれ▼P1293(四五オ)候ひぬ。縦ひ又君いかなる事を思し召し立ち候ふとも、且く何の怖れかはおはしますべき。大納言以下の輩に、所当の罪科行はれ候ひなん上は、退きて事の由を陳じ申させ給ひて、君の御為には弥奉公の忠節を尽くし、民の為には増々撫育の哀憐を致させ給はば、神冥仏陀の擁護浅からず、冥衆善神の加護頻りにして、君の御政引き替へて直になるならば、逆臣忽ちに滅亡し、凶徒即ち退散して、四海波静かに八挺嵐治まらん事、掌を返さんよりも猶速やかなるべし。猥りがはしく法皇を傾け進らせましまさん事、然るべしとも覚え候はず。
 『父命を以て王命を辞せず、王命を以て父命を辞す。家事を以て王事を辞せず、王事を以て家事を辞す』とも侍り。又君と臣とを准らふるに、親疎をわかず君に仕へ奉るは、忠臣の法也。道理と僻事とを准らへんに、争でか▼P1294(四五ウ)道理に付かざらん。是に於いては、君の御道理にて候へば、重盛におきては御院参の御共をば仕るべしとも存じ候はず。叶はざらむまでも、院中を守護し奉らばやとこそ存じ候へ。重盛、初め六位に叙せしより、今三公の末に列なるまで、朝恩を蒙る事、身において頗る過分也。其の重き事を論ずれば、千顆万顆の玉にも越え、其の深き色を案ずるに、一入再入の紅にも過ぎたるらん。然れば重盛、君の御方へ参り候はば、命に替はり身に代はらんと、契り深き恥ある侍、二百余人は相ひ従へて候ふ。此の者共はよも捨て候はじ。
 遠く例をば求むるに及ばず、正しく御覧じ見候ひし事ぞかし。保元逆乱の時、関白殿は内裏に候はせましまし、弟の左大臣殿は新院の御方に候ひ給ふに、▼P1295(四六オ)陸奥判官為義は新院の御方へ参り、子息下野守義朝は内裏に候ひて合戦す。兵いくさ事終へて後、大炊殿は戦場の煙の底になりにしかば、左府は流れ矢に中りて命を失ひ、新院は讃州へ配流せられさせ給ひぬ。其の後大将軍為義は出家入道して、義朝を憑み顕れ、手を合はせて来たりしかば、勲功の賞を進らせ上げて、父が命を平に申ししかども、正しく君を射奉る罪遁れ難きに依つて、死罪に定まりしを、人手にかけじとて、義朝が朱雀の大路に引き出だして、頸を切り候ひしをこそ、同じ勅命の背き難さと申しながら、悪逆無道の至り、口惜しき事哉とこそ、昨日までも見聞き候ひしに、今日は重盛が身の上になりぬとこそ覚え候へ。『君打ち勝たせ給ひ候はば、彼の保元の▼P1296(四六ウ)例に任せて、重盛五逆罪の一分犯し候ひぬ』と覚え候ふこそ、兼ねて心憂く覚え候へ。
 悲しき哉、君の御為に忠を致さむとすれば、迷慮八万の頂猶下れる父の御恩を、忽ちに忘れなんとす。痛ましき哉、不孝の罪を遁れんとすれば、蒼海万里の底猶浅き君の御為に、不忠の逆臣となりぬべし。是と申し、彼と云ひ、思ふに無益の事にて候ふ。只末代に生を受けてかかる憂き目を見る、重盛が果報の程こそ口惜しく候へ。されば、申し請くる所猶御承引なくして、御院参有るべきにて候はば、先づ重盛が首を召され候ふべし。所詮院中をも守護すべからず。又御共をも仕るべからず。申し請くる所は、只首を召さるべきにあり。
 今思し召し合はせさせ御はしまし候へ。御運は一定末になりて候ふと覚え候ふ。人の運の末に臨む時、かやうの謀は思ひ▼P1297(四七オ)立つ事にて候ふなるぞ。老子の書きおかれて候ふ詞こそ、思ひ合はせられ候へ。『功名称ひ遂げて、身を退き位を避れずは、即ち害に遇ふ』と云へり。彼の勲蕭荷は大功を立つる事、傍輩に越えたるに依つて、官大相国に至り、剣を帯し沓をはきながら、殿上に昇る事をゆるされたりき。然而叡慮に背く事有りしかば、高祖重く誡めて、廷尉におろされて罪せらる。論語と申す文には、『郊に道無き時は、富み且つ貴きは恥なり』と云ふ文あり。かやうの先蹤を思ひ合はせ候ふにも、御福貴と云ひ、御栄花と云ひ、朝恩と云ひ、重職と云ひ、一方ならず極めましまして、年久しくなりぬれば、御運の尽きんとてもかたかるべきに非ず。『富貴の家、禄位重畳するは、猶し再実の木のごとし。其の根必ず傷む』とも云へり。心細くこそ覚え候へ。いつまでか命生きて、乱れぬ▼P1298(四七ウ)世をも見候ふべき。只とくとく首を刎ねられ候ふべし。侍一人に仰せて、只今御壺に引き出ださせ給ひて、首を刎ねられむ事、よに安き事にてこそ候はんずれば、是は殿原いかが思ひ給ふ」とて、
直衣の懐よりたたう紙取り出だして、鼻打ちかみ、さめざめと泣く泣く宣ふ。一門の人々より始めて、侍共に致るまで、皆鎧の袖をぞぬらされける。
 「いかに御用ゐなくとも、叶はざらんまでも、各かやうの事をば申さるべきにてこそ候ふに、諌め申さるるまでこそ候はずとも、先づ与しがましく御物具かためられ候ふ事、且は軽々異体の物狂はしき有様、御振舞共哉。かくては世を持ち、子々孫々繁昌して家門の栄花、末憑み無くこそ覚え候へ」と宣ひければ、弟の右大将、赤面してすくみ返りて、汗水になられけり。▼P1299(四八オ)事の外にわろくぞ見えられける。入道もさすが石木ならねば、道理につまりて返事もし給はず。体のはづかしさに、障子の奥へすべり入りておはしけるが、内府の既に立ち給ひけるを見て、しらけぬ体に、「哀れ、ききたる殿の口かな。わ殿も説法し給ふ。暫くおはせよかし。人道も説法して聞かせ申さむ」とぞ宣ひける。内大臣は中門の廊に立ち出でて、さも然るべき侍共にあひて宣ひけるは、「重盛が申しつる事は各きかずや。されば院参の御共に於いては、重盛が頸の切られんを見て後、仕るべしと覚ゆるはいかに。今朝より是に候ひて、叶はざらんまでも諌め申さばやと存じつれども、是等が体余りにひたあはてに見えつる時に、帰りたりつる也。今は憚る所有るべからず。『首を▼P1300(四八ウ)召さるべし』と申しつれば
、其の旨をこそ存ぜめ。但し未ださも仰せられぬは、いかなるべきやらん。さらば人参れ」とて、小松殿へぞ帰られける。
十九 〔重盛軍兵集めらるる事 付けたり周の幽王の事〕
 内大臣帰りはてられければ、盛国を使にて、「重盛、別して天下の大事を聞き出だしたる事あり。我を我と思はん者共は、怱ぎ物具して参るべし。此にて重盛に志の有無は見るべし」と催されければ、是を聞きて、「少の事にはさはぎ給はぬ人の、かかる仰せの有るは」とて、侍共、入道には「かく」とだにも申さで、我先にとぞ馳せ参りける。夜あけにければ、洛中の外、白川・西京・鳥羽・羽束志・醍醐・小栗巣・勧修寺・小原・志津原・瀬料の郷にあぶれ居たりける侍、郎等、古入道までも次第に聞き伝へ聞き伝へして、或いは馬に乗るも▼P1301(四九オ)あり乗らぬもあり、或は鎧きて未だ甲をきぬ者もあり。或は弓持ちて矢負はぬ者もあり、或は矢を負ひて弓をとらぬ者もあり。かやうに我劣らじと馳せ集まりにければ、西八条には、青女房、古尼公、自ら筆取りなんどぞ少々残りたりける。弓馬に携る程の者は一人もなかりけり。入道宣ひけるは、「内府はなにと思ひて是等をば呼び取るやらん」とて、よに心得ずげにて、腹巻ぬぎ置きて、素絹の衣に袈裟打ち懸けて〓行道して、心も発らぬ念誦してうそ打ち吹きて、「内府に中達ひてもよき大事や」とぞ思はれける。
 小松殿には、盛国が奉りにて侍の着到付けけり。侍三千余人、郎等・乗替ともなく、凡その勢二万七千八百余騎とぞ注しける。内大臣は着到披見の後、侍共に対▼P1302(四九ウ)面して宣ひけるは、「日来の契約違へず、かやうに馳せ参り合ひたるこそ、返す返す神妙なれ。重盛不思議の事を聞き出だしたりつる程に、俄にかくは催したりつるなり。されども其の事聞きなほしつ。僻事にて有りけり。とくとく罷り帰られよ。自今以後も、是より催さんには参るべし。返す返す本意なり」とて、皆返されけるが、又宣ひけるは、「是に事なければとて、後に遅参有るべからず。異国にもさるためし有りけり。
 昔、唐国に周の幽王と云ふ帝おはしけり。后をば褒氏とぞ申しける。此の后、生を受け給ひてより以来、咲み給はず。帝此の后を寵愛し給ひける余りに、いかにしてゑませ奉らんと、種々の態をし給ひけれども、つひに▼P1303(五〇オ)ゑみ給はず。或る時、天下に事出でて、烽火を上げ、時を作りて、甲冑をよろへる武者、宮城に充満せり。是を見給ひて、后初めてゑみ給へり。
 烽火とは、大国の習ひ、都に騒ぐ事出で来ぬれば、諸国へ兵を召さむとては、烽火燈炉と名づけて火輪を飛ばす術をして、王城の四方の高き嶺峯にとぼして、諸国の兵を召す也。又は統天輪とも名づけたり。此の烽火出できぬれば、『都に事出できたむなり』とて、国々の兵、城へ馳せ参る。是を飛火とも名づけたるにや。
 其の後、常に后をゑませ奉らむとて、烽火を上げ、時の声を作りしかば、諸国の官軍馳せ参りたりけれども、かかる謀なりければ、各本国へ帰りにけり。東山へ行く官軍は千里の道に小馬をはやめ、西国へ趣くせむだ羅は、八重の塩路を陵ぎけり。南北の国々も此くの如し。
 ▼P1304(五〇ウ)或る時、戎の軍よせて、幽王を滅ぼさんとしけるに、先々の如く烽火を上げ、時の声を合はせしかども、諸国の官兵等、『例の后ゑませ奉らん料にてぞ有るらん』とて、一人もまゐらざりければ、幽王忽ちに滅び給ひてけり。褒氏をば戎の軍取りて帰りぬ。
 其より美人をば傾城とぞ名づけたる。『城を傾く』と云ふ読みあり。此の読みをば、当初は誡められけれども、当世、都には猶傾城とぞよばれける。彼の后、後には尾三つある狐になりて、古き塚へ逃げ去りにけり。狐の、女にばけて人の心をたぶらかすと云ふ事は、本説ある事にや。思ひ合はすべし」とぞ宣ひける。
 内大臣、実にはさせる事も聞き出だされざりけれども、父の入道を諌め申されつる詞に随ひて、我が身に勢の付くか付ぬかの程をもしり、且は又、▼P1305(五一オ)父と軍をせむとには非ず、父の謀叛の心をや思ひ宥め給はむとの謀なるべし。内大臣の存知の旨、文宣公の宣ひけるに違はず、君の為には忠あり、父の為には孝あり。哀れ、ゆゆしかりける人かな。
 法皇此の事を聞こし召して、「今に始めぬ事なれども、重盛が心の中こそ恥ずかしけれ。『讎をば恩を以て報ぜよ』と云ふ文あり。丸ははや讎をば恩にて報ぜられにけり」と仰せありけるとぞ聞こえし。
廿 〔西光頸切らるる事〕
 左衛門入道西光をば、其の夜、松浦太郎重俊に仰せて、朱雀の大路に引き出だして首を刎ねらる。郎等三人、同じく切られにけり。西光は、三位中将知盛の乳母人、紀伊二郎兵衛為範が舅なりければ、知盛、二位殿に付き奉りてたりふし申されけり。為範も、「人手に懸け候はんよりも、▼P1306(五一ウ)申し預かり候ひて誡め候はん」と再三申しけれども、終に叶はず切られにければ、三位中将も為範も世を恨みて、さばかりの騒動なりけれども指しも出で給はざりけり。
廿一〔成親卿流罪の事 付けたり鳥羽殿にて御遊の事 成親備前国へ着く事〕
 二日、成親卿をば、夜漸くあくる程に、公卿の座に出だし奉りて、物まゐらせたりけれども、胸もせき、喉もふさがりて、聊かもめされず。やがて追立の官人参りて車指し寄せ、「とくとく」と申しければ、心ならず乗り給ひぬ。御車の簾を逆まに懸けて、後ろざまに乗せ奉りて、門外へ追出す。先づ火丁一人つとよりて、車より引き落とし奉りて、祝のしもとを三度あて奉る。次に看督長一人よりて、殺害の刀とて二刀突くまねをし奉る。次に山城判官季助、宣命を含め奉る。かかる▼P1307(五二オ)事は人の上にても未だ御覧じ給はじ。増して御身の上にはいつかは習ひ給ふべきと、御心の内、押しはかられて哀れ也。門外よりは軍兵数百騎、車の前後に打かこみて、我が方さまの者は一人もなし。いかなる所へ行くやらんも、知らする人もなし。「内大臣に今一度遇ひ申さで」とおぼしけれども、其も叶はず。身にそへる物は、尽きせぬ涙計りなり。朱雀を南へ行きければ、大内山を顧みてもおぼし出づる事多かりける中にも、かくぞ思ひつづけられける。
  極楽と思ふ雲井を振りすててならくの底へいらん悲しさ
 鳥羽殿を過ぎ給へば、年来仕へ奉りし舎人・牛飼共、なみゐつつ涙を流すめり。「余所の者だにもかくこそあるに、増して都に残り留まる者▼P1308(五二ウ)共、何計悲しかるらん。我世に有りし時従ひ付きたりし者、一二千人も有りけんに、一人だにも身にそふ者もなくて、今日を限りて都を出づるこそ悲しけれ。重き罪を蒙りて遠き国へ行く者も、人一人具せぬ事やは有る」なんど、さまざまに独り言を宣ひて、声も惜しまず泣き給へば、車の尻先に近き兵は鎧の袖をぞぬらしける。鳥羽殿を過ぎ給へば、「此の御所へ御幸の成りしには一度もはづれざりし物を」なんど覚して、我が内の前を通り給へば、よそも見入らですぎ給ふも哀れ也。
 南門を出でぬれば、河鰭にて 「御船の装束、とく」といそがす。「こはいづくへやらむ。失はるべくは只此の程にてもあれかし」とおぼすも、責めての悲しさの余りにや。近く打ちたる武士を、「是はたそ」と問ひ給へば、「経遠」と名乗りけり。▼P1309(五三オ)難波二郎と云ふ者なりけり。「若此の程に我ゆかりの者やあると尋ねてむや。船にのらぬさきに云ひ置くべき事の有るぞ」と宣ひければ、「其の辺近き当りを打ち廻りて尋ねけれども、答ふる者なし」と申しければ、「世に恐れをなしたるにこそ。なじかはゆかりの者なかるべき。命にも代はらむと云ひ契りし者、一二百人も有りけむ物を。余所にても我が有様をみむと思ふ者のなきこそ口惜しけれ」とて涙を流し給へば、武き物の武なれども哀れとぞ思ひける。
 大納言御船に乗り給ひて、鳥羽殿を見渡して、守護の武士に語り給ひけるは、「去んぬる永万の比、法皇あの鳥羽殿へ御幸ありて、終日に御遊有りき。四条太政大臣師長、御琵琶の役を勤めらる。源少将正賢、御笛の役に参ぜらる。葉室の中納言俊▼P1310(五三ウ)賢、篳篥の役に参り給ひ、楊梅三位顕親、笙笛を仕り、盛定・行実、打物を勤めらる。かかりしかば、宮中澄み渉り、群集の諸人感涙を催しき。調子盤渉調にて万秋楽の秘曲を奏せられしに、五六の帖になりしかば、天井の上に琵琶の音、風に聞こゆ。絃々掩抑として声々の思ひあり。閑関たる鴬語は花の下になめらかに、幽咽たる泉流は氷の下になづめり。〓々たる大絃は村雨とぞ覚えし。窃々たる小絃は秘語に似たりしかば、着座の人人は各色を失ふ。君は少しも騒がせ給はず、成親其の時四位少将にて末座に祗候したりしを召されて、『何なる人ぞ』と尋ね申すべき由、仰せ下されしかば、成親畏まりて天井に向かひて、『君は何なる人にて▼P1311(五四オ)渡らせ給ふぞ』と、院宣の趣きを申したりしかば「我は住吉の辺に候ふ拯也」と答へて、やがて琵琶の音もせず、答ふる人も失せたりき。住吉大明神の御影嚮有りけるにや。諸人身の毛竪ちける
ほどに、池の汀に、赤鬼、青き褓をかきて、扇を三本結び立てたり。御遊の楽にめで給ひて、住吉の大明神のかけらせ給ひけるにこそ。其よりしてぞ、すはま殿をば住吉殿とも申しける。
 彼の師長公の琵琶は、神慮にも相応の勝事多かりける中に、或る年、天下旱魃の間、諸寺諸山の浄行持律の僧等に仰せて雨の御祈り有りけれども、露だにもおかずして人々不覚し給ひたりけるに、此の太政大臣日吉の社に参籠せられて祈精あり。種々の秘曲を弾き給ひたりければ、▼P1312(五四ウ)忽ちに空かきくもり、国土に雨くだりて、天下豊饒なりき。
 又、源少将正賢の吹きける笛は、紅葉と云ふ名物也。彼の笛は、昔住吉の大明神、紅葉の比、大井河に御幸して御遊有りけるに、紅葉面白くありけるに交りて、空より降りけるを取らせおはしまして、還御の後、御身を放たれずして御秘蔵有りてもたせ給ひたりけるほどに、内裏守護して還御なるとて落とさせ給ひたりけるを、彼の正賢の先祖に一条の左大臣正親公と申す人、求めてけり。或る時、正親公夢にしめして云はく、「此の笛は、我しかじかして設けたりしを、内裏にて落としたりき。秘蔵の物也。我に返せ」と仰せられければ、正親公申すやう、「求め得て後は、此に過ぎたる宝▼P1313(五五オ)なしと存じ候ふ時に、進らすまじく候ふ。それに奇怪に思し召され候はば、命をめせ」と申したりければ、「さらば、其の笛のかはりに汝が所持の唐本の法花経を進らすべし」と仰せられければ、又申すやう、「笛は今生一旦の翫び、物経は当来世々の資縁にて候へば、笛をこそ進らせ候はめ」と申しけるを、明神あはれと思し食して、経をも笛をもめされざりき。さて身を放たず、弥よ宝物と思ひて持ちたりけるほどに、内裏焼亡の時、いかがしたりけむ、落として失ひてけり。只事にあらず、若は明神の召し返されけ
るにや。其の後設けられたりける笛の、少しもたがはざりければ、是をも紅葉と名付く。今の笛は後の紅葉にてぞ有りける。かやうに有り難き人々御坐しければ、明神の御影嚮も理にこそ▼P1314(五五ウ)覚えしか。かかりし時も、人こそ多かりしかども、成親こそ召しぬかれて君の御使をばしたりしか。
 簫・笛・琴・箜篌・琵琶・鐃・銅〓、其の名区なれども、中道の方便なりければ、皆是本有の妙理也。惣て生きとし生ける者、いづれか音を離れたる。離鴻去雁の囀り、龍吟魚躍の鳴までも、或いは絃の源、或いは管の起り也。声ととのほりぬれば、君の道直也。されば天子も楽を用ゐ給ひて、雅楽の寮を置かれて朝庭の議式に備へらる。淳素に返る御世なれば、安楽の音ぞ目出たき。余たの調の中にも、風香調こそすぐれたれ。今の盤渉調をば、琵琶には風香調と云ふ。されば妙音大士も三昧の琵琶を取り、四徳の形を備へて、左の御手の印像に深き故有りとかや。
 ▼P1315(五六オ)抑も万秋楽は希代の秘曲、楽家の妙調なる故に、神明もここに降臨し、仏陀も是に納受す。故に則ち其の道を重んじて、輙く是を顕さず。次第相承を訪へば、日蔵上人渡唐の時、唱歌を以て、本朝に帰りてぞ、管絃には移されし。弥陀四十八願の荘厳にも、菩薩是を翫び、〓利三十三天の快楽にも、釈提是を舞ひかなづ。実に希代の楽也。
 さても今、朝敵に非ずして配所へ向かふこそ悲しけれ。住吉の大明神、助けさせ給へ」とて、声も惜しまず泣き給へば、経遠を始めとして、多くの武士共、鎧の袖をぞぬらしける。
 熊野詣・天王寺詣なむどには、二瓦の三棟に造りたる船に、次の船二三十艘付きてこそ有りしに、是はけしかるかきすゑ屋形の船に大幕引きまはして、我が方ざまの▼P1316(五六ウ)者は一人もなくて、見もしらぬ兵に乗り具して、いづちともしらずおはしけむ心の内、さこそは悲しかりけめ。今夜は大物と云ふ所に着き給へり。
 新大納言死罪を宥められて流罪に定まりにけりと聞こえければ、さも然るべき人々悦びあはれけり。是は内府の、入道に強ちに申されたりける故とぞ聞こえし。「国に諌臣有れば其国必ず安し。家に諌子有れば其家必ず正し」と云へり。誠なるかなや。此の大納言、宰相か中将かの程にて異国より来りたりける相人に遇ひ給ひたりければ、「官は正二位、大納言に昇り給ふべし。但し獄に入る相のおはするこそ糸惜しけれ」と相したりけるとかや。今思ひ合はせられて不思議也。
 又中納言にておはしける時、尾張国を知り給ひけるに、去んじ▼P1317(五七オ)嘉応元年の冬の比、目代右衛門尉政朝、尾張国へ下るとて杭瀬河に留まりたりけるに、山門の領、美乃国平野庄住人と事出だす事ありけり。平野庄の住人葛を売りけるに、彼の政朝が宿にて直の高下を論じけるに、後には葛に墨を付けたりけるをとがめける程に、互に云ひあがりて神人を刃傷したりける故とぞ聞へし。これに依りて平野庄神人、山門に訴へければ、同年十二月廿四日、大衆起こりて日吉の神輿を陣頭へ捧げて参ず。ふせかせられけれども叶はず。近衛の門より入て建礼門の前に神輿を比べすゑ奉りて、「成親卿を流罪せられ、目代政朝を禁獄せらるべき」由訴へ申しければ、「成親卿備中国へ流され、目代政朝を獄舎へ入れらる▼P1318(五七ウ)べき」由を宣下せらる。大納言既に西の朱雀なる所まで出だされたりける程に、同廿八日、召し返さると聞こえしかば、大衆成親卿をおびたたしく呪咀すと聞こえしかども、同廿九日、本位に復して、やがて中納言に成り返り給ふ。同二年正月五日、右衛門督を兼じて検非違使別当にならる。
 其後も目出く時めき栄え給ひて、去んじ承安二年七月廿一日、従二位し給ひし時も、資賢・兼雅を越え給ひて、資賢は吉き人おとなにておはしき、兼雅は清礼の人なりしに、越えられ給ふも不便なりし事也。是は三条殿造進の賞なり。御移徙の日なりけり。同三年四月十三日、又正二位し給ふ。今度は中御門中納言宗家卿越えられ給ふ。去々年承安▼P1319(五八オ)元年十一月廿八日、第二の中納言を越えて、左衛門督検非違使別当権大納言に上り給ふ。かやうに栄えられければ、人嘲りて、「山門の大衆にはのろはるべかりける物を」とぞ申しける。されども其の積りにや、今かかる目を見給ふぞ怖しき。神明の罰も人の呪咀も、疾きもあり遅きもあり、不同の事なり。
 三日未だ晩れざるに、「京より御使あり」とてひしめくめり。「既に失へとにや」と聞き給へば、「備前国へ」と云ひて、船を出ださるべき由、〓る。内の大臣の許より御文あり。「『都近き山里なむどに置き奉らん』と再三申しつれども、叶はぬ事こそ、世に有る甲斐も候はね。是に付けても世の中あぢきなく候へば、『親に先立ちて後生を助け給へ』とこそ、天道には祈り申し候へ。心に叶ふ命ならば、御身に▼P1320(五八ウ)も替へまほしく思ひ候へども、叶はず。御命計りは申し請けて候ふ。御心長く思し召し候へ。程経ば、入道聞きなほさるる事もやとこそ、思ひ給ひ候へ」とて旅の御用意細々と調へて奉り給へり。難波二郎が許へも御文あり。「あなかしこ、おろかに当たり奉るな。宮仕へ、よくよくすべし。おろかに当
たり申して我うらむな」とぞ仰せられたりける。
 「さばかり不便に思し召されたりつる君をも離れ奉り給て、少き者共を振り捨てて、いづちとて行くらん。今一度都へ帰りて妻子を見ん事有りがたし。一年山の大衆の訴へにて、日吉七社の御輿を振り奉りて、已に朝家の御大事になりておびたたしかりしだにも、西七条に五ヶ日こそ有りしか、其れもやがて御ゆるされありき。是は君の御誡めにもあらず、大衆の▼P1321(五九オ)訴へにてもなし。こはいかにしつる事ぞや」と、天に仰ぎ地に臥して、をめき叫び給へども甲斐なし。
 夜も明けければ、船を指し出だす。道すがらも只涙にのみ咽び給ひて、はかばかしく湯水をだにも喉へ入れ給はねば、ながらふべしとも思ひ給はねども、さすが露の命もきえはて給はず。日数経るままには都のみ恋しく、跡の事のみぞおぼつかなく思ひ給ひける程に、備前小嶋と云ふ所に落着き給へり。民の家のあやしげなる柴の編戸の内へぞ入り給ひにける。後には山、前は礒なれば、松に答ふる嵐の音、岩に摧くる波の声、浦に友呼ぶ浜千鳥、塩路をさ渡るかもめ鳥、適指し入る物とては、都にて詠めし月の光計りぞ、皃がはりもせず澄み渡りける。
 新大納言父子にも限らず、誡めらるる▼P1322(五九ウ)人余ありき。
廿二 〔謀叛の人々召し禁ぜらるる事〕
 近江入道蓮浄をば、土肥二郎実平預かりて常陸国へ遣はす。新平判官資行をば、源大夫判官季定預かりて佐土国へ遣はす。山城守基兼をば、進二郎宗政預かりて淀の宿所に誡め置く。平判官康頼、法勝寺執行俊寛僧都をば、備中国住人妹尾太郎兼康預かりて福原に召し置かる。丹波少将成経をば舅の平宰相に預けらる。
廿三 〔師高尾張国にて誅せらるる事〕
 西光が嫡子、前加賀守師高・同弟左衛門尉師親・其弟右衛門尉師平等、追討すべき由、大政入道下知し給ひければ、武士尾張国の配所井土田へ下りて、河狩を初めて遊君を召し集めて、▼P1323(六〇オ)酒盛りして師高ををびき出だして首を刎ぬべき由を支度したりける程に、五日、師高が母の許より使を下して申しけるは、「『入道殿、八条殿より召し取られ給ひぬ。さりとも院の御所より尋ね御沙汰あらんずらむと待ち給ひし程に、やがて其の晩に打たれ給ひぬ。尾張の公達とても助け給ふべからず。怱ぎ下りて夢見せ奉れ』と宣ひつる」と云ひければ、師高、井戸田をば逃げ出でて、当国鹿野と云ふ所に忍びて居たりけるを、小熊郡司惟長、聞き付けてよせて搦めむとしけるに、師高なかりければ、兵共返らんとしける所に、檀紙にて髪の垢をのごひて捨てたる有りけり。是を見付けてあやしみて、猶能能穴ぐり求めける程に、民の家には、づしと云ふ所あり、其に隠れて師高が居たりけるを、求め出だして搦めむとしければ▼P1324(六〇ウ)自害してけり。郎等に近平四郎なにがしとかや申しける者、一人付きたりけるも同じく自害してけり。師高が首をば小熊郡司取りて六波羅へ献る。其の骸をば、師高が思ひけ
る鳴海宿の君、手づから自ら焼きはぶつて取り納めけるぞ無慚なる。
 西光父子、切れ者にて世を世とも思はず、人を人ともせざりし余りにや、指もやむ事なくおはする人のあやまち給はぬをさへ、さまざま讒奏し奉りければ、山王大師の神罰冥罰立所に蒙て、時尅を廻さずかかる目にあへり。「さみつる事よ。さみつる事よ」とぞ人々申しあへりし。大方は女と下臈とは、さかざかしき様なれども思慮なき者也。西光も下臈の終なりしが、さばかりの君に召し仕はれまゐらせて果報や▼P1325(六一オ)尽きたりけむ。天下の大事引き出して我身もかく成りぬ。あさましかりける事共也。
廿四 〔丹波少将福原へ召し下さるる事〕
 廿日、福原より太政入道平宰相の許へ、「丹波少将是へ渡し給へ。相計らひていづちへも遣はすべし。都の内にては猶あしかるべし」と宣ひたりければ、宰相あきれて、「こはいかなる事にか。人をば一度にこそ殺せ。二度に殺す事やはある。日数も隔たればさりともとこそ思ひつれ。さらば中々有りし時、ともかくも成りたらば再び物は思はざらまし。惜しむとも叶ふまじ」と思はれければ、「とくとく」と宣ひて少将諸共に出で給ふ。「今日までもかく有りつるこそ不思議なれ」と少将宣ひければ、北方も乳母の六条も思ひ儲けたる事なれども、今更に▼P1326(六一ウ)又もだえこがる。「猶も宰相の申し給へかし」とぞ思ひあへる。「存ずる所は委しく申してき。其の上加様に宣はむは力及ばず。今は世を捨つるより外はなにとか申すべき」とぞ宰相は宣ひける。「さりとも御命の失はるる程の事は、よもとぞ覚ゆる。いづくの浦におはすとも訪ね奉らむずる事なれば、たのもしく思ひ給へ」と宣ひけるも哀れ也。
 少将は今年四歳(三歳イ)に成り給ふ男子を持ち給へり。若き人にて、日来は公達のゆくへなむど細かに宣ふ事もなかりけれども、そも恩愛の道の悲しさは、今はの期に成りぬれば、さすが心にやかかられけむ、「少き者今一度みむ」とて呼び寄せられたり。若君少将を見給ひて、いとうれしげにて取り付きたれば、少将かみをかきなでて、「七歳にならば男になして、御所へ進ら▼P1327(六二オ)せむとこそ思ひしかども、今は其の事云ふ甲斐なし。頭かたく生ひたちたらば、法師になりて我が後世を訪へよ」と、おとなに物を云ふやうに、涙もかきあへず宣へば、若君なにと聞きわき給はざるらめども、父の御皃を見上げ給ひて打ちうなづき給ふぞ糸惜しき。是を見て北方も六条も臥しまろびて声も惜しまずをめき叫びければ、若君あさましげにぞおぼしける。今夜は鳥羽までとて怱ぎ給ふ。宰相は出で立ち給ひたりけれども、世の恨めしければとて、此度は伴ひ給はぬに付けても弥心細くぞ思はれける。
 廿二日、少将福原におはし付きたれば、妹尾太郎預かりて、やがて彼が宿所にすゑ奉る。我が方ざまの人は一人も付かざりけり。妹尾、宰相の返り聞き給はん事を思ひける▼P1328(六二ウ)にや、さまざまに労り、志ある様に振る舞ひけれども、なぐさむ方もなし。さるに付けても悲しみは尽きせず。仏の御名のみ唱へて、夜昼泣くより外の事なし。備中国妹尾と云ふ所へ流すべしと聞きければ、少将打ち案じて、「大納言殿は備前国へと聞こゆ。其のあたり近きにや。相見奉るべきにはなけれども、当りの風もなつかしかりなむ」と宣ひけるぞ哀れなる。「責めてはそなたとだに知らん」とて、妹尾太郎に、「我が流されて有らむずる妹尾とかやより、大納言のおはする備前国の児嶋へはいか程の道にて有らむ」と問はれければ、片道僅かに海上三里の道をかくして、「十三日」とぞ申しける。少将是を聞きて思はれけるは、「日本▼P1329(六三オ)秋津嶋は昔は三十三ヶ国にて有りけるを、後に半国づつに分けて六十六ヶ国とす。されば僅の小嶋ぞかし。中にも山陽道にさ程の大国有りとはきかぬ物を。宰府より〓の使の年々に参りしを聞きしも、廿日余りなむどこそ聞きしか。備前・備中両国の間、いかに遠くとも二
三日にはよもすぎじ。是は我が父のおはし所を近しと聞く物ならば、文なむどや通はんずらむとて、知らせじとて云ふよ」と心得給ひてければ、其の後はゆかしけれども問ひ給はず。哀れ也し事也。
廿五 〔迦留大臣の事〕
 昔迦留大臣と申す人おはしき。遣唐使にして異国に渡りて御しけるを、何なる事か有りけん、物いはぬ薬をくはせて▼P1330(六三ウ)五体に絵を書きて、額に燈がひを打ちて、燈台鬼と名づけて火をともす由聞こえければ、其御子に弼宰相と申す人、万里の波を凌ぎ他州の雲を尋ねて見給ひければ、燈鬼涙を流して手の指を食ひ切りてかくぞ書き給ひける。
 我は是日本花京の客  汝は即ち同姓一宅の人
 父と為り子と為る前世の契り  山を隔て海を隔て恋ふる情け辛なり
 年を経て涙を流す蓬蕎の宿  目を遂ひて思ひを馳す蘭菊の親び
 形は他州に破れて燈鬼と成れり  争でか旧里に帰りて斯の身を棄てむ
と書きたり。是を見給ひけむ宰相の心中、何計りなりけむ。遂に御門に申し請けて、帰朝して其の悦びに大和国迦留寺を建▼P1331(六四オ)立すと見えたり。彼は父を助けつれば、孝養の第一也。是は其の詮もなけれども、親子の中の哀れさは、只大納言の事をのみ悲しみて、あけくれ泣きあかし給ひけり。
廿六 〔式部大夫章綱事〕
 式部大夫章綱は、幡磨の明石へ流されたりけるが、増位寺と云ふ薬師の霊地に百日参籠して、都帰の事を肝胆を摧きて祈り申しける程に、百日に満じける夜の夢の内に、
  昨日まで岩間を閉ぢし山川のいつしかたたく谷のしたみづ
と御帳の内より詠ぜさせ給ふと見えて、打ち驚きて聞けば、御堂の妻戸をたたく音しけり。誰なるらんと聞く程に京にて召し仕ひし青侍なりけり。「何に」と問へば、「太政入道殿の御免しの文」とて、持て来れりけり。うれしな▼P1332(六四ウ)むどは云ふ計りなくて、やがて本尊に暇申して出でにけり。有り難かりける御利生也。
二十七 〔成親卿出家の事 付けたり彼北方備前へ使を遣はさるる事〕
 廿三日、大納言は「少し窕ぐ事もや有る」と覚しけれども、いとど重くのみなりて、少将も福原へ召し下さると聞こえければ、体をやつさでつれなく月日をすごさむも恐れあり。「何事を待つぞ。猶世に有らむと思ふか」と、人の思はんもはづかしければ、「出家の志有り」と、内大臣の許へ申し合はせられたりける返事に、「さもし給へかし」と宣ひたりければ、出家し給ひにけり。
 大納言の北の方の北山のすまひ、又押しはかるべし。住みなれぬ山里は、さらぬだに物うかるべし。いと忍びてすまひければ、過ぎ行く月日も晩しかね、明かし煩ふさまなり。女房、侍共も、其の数多かりしかども、身の捨てがたければ、▼P1333(六五オ)世を恐れ人目をつつむ程に、聞き問ふ者もなかりけり。
 源内左衛門信俊と云ふ侍有りけり。万づ情け有りける男にて、時々言問ひ奉る。或る晩方に尋ね参りたりければ、北の方すだれのきは近く召して宣ひけるは、「哀れ、殿は備前児嶋とかやへ流され給ひたりけるが、過ぎぬる比より有木別所と云ふ所におはしますと計りは聞きしかども、世のつつましければ、是より人一人をも下したる事もなし。生きてやおはすらん、死にてや御はすらむ、其の行へも知らず。未だ命生きておはせば、さすが此の当りの事をも何計りかは聞かまほしくおぼさるらん。信俊、何なる有様をもして尋ね参りなむや。文一つをも遣はして返事をも待ち見るならば、限りなき心の内、少しなぐさむ事もやと思ふは、いかがすべき」と宣ひければ、信俊涙を押さへて▼P1334(六五ウ)申しけるは、「誠に年比近く召し仕はれ奉りし身にて候ひしかば、限りの御共をも仕るべくこそ候ひしかども、御下りの御有様、人一人も付き進らせ候べき様なしと承り候ひしかば、力及ばず罷り留まり候ひて、明けても晩れても君の御事より外は何事をかは思ひ候ふべき。召され候ひし御声も耳に留まり、諌められ進らせし御詞も肝に銘じて忘られ候はず。今此の仰せを承る上は、身は何に成り候ふとても罷り下り候ふべし
。御文を給はりて尋ね参らむ」と申しければ、北の方大ひに悦び給ひて、文細かに書きて給ひてけり。若君姫君も面々に父の許への御事づてとて書きて給ひてけり。
 信俊是を取りて児嶋へ尋ね下りて、預かり守り奉る武士に合ひて、「大納言殿の御ゆくへのおぼつかなさに、今一度見奉らんとて、年来の青侍に信俊と申す者、はるばると尋ね▼P1335(六六オ)進らせて参りて候ふ」と申したりければ、武士ども哀れとや思ひけん、ゆるしてけり。参りて見奉れば、土を壁にぬりまはして、あやしげなる柴の庵の内なり。藁のつかなみと云ふ物の上に、僅かに莚一枚敷きてぞすゑ奉りたりける。御すまひの心うさもさる事にて、御体さへ替はりにけり。墨染の袖を見奉るに付きても目もくれ心も消えはてにけり。大納言も今更悲しみの色を増し給ふ。「多くの者共の中に、なにとして尋ね来たりけるぞ」と、宣ひもあへず、こぼるる涙も哀れ也。信俊泣く泣く北の方の仰せらるる次第、細かに申して、御文取り出だしてまゐらせけり。大納言入道、是を見給ひて涙にくれつつ、水くきの跡そこはかともみえわかねども、若君姫君の恋ひ悲しみ給ふ有様、我が御身も又月日を過ぐすべき様もなく、心細く▼P1336(六六ウ)幽かなる御有様を書きつづけ給へるを見給ひては、日来おぼつかなかりつるよりも、げにいとどもだえこがれ給ふ、げに理と覚えて哀れ也。
 信俊二三日は候ひけるが、泣く泣く申しけるは、「かくても付きはてまゐらせて、御有様をも見はて進らせ候はばやと存じ候へども、都も又、見ゆづり進らせ候ふ方も候はざりつる上、罪深く御返事を今一度御覧ぜばやと覚しめされて候ひつるに、空しく程を経候はば、跡もなく験もなくや思し召され候はむずらんと、心苦しく思ひ遣り進らせ候ふ。此の度は御返事を給はりて、持ち参り仕り候ひて、又こそはやがて罷り下り候はめ」と申しければ、大納言はよに余波惜しげには思ひ給ひながら、「誠にさるべし。とくとく帰り上れ。但し汝が今こむ度を待ち付くべき心地もせぬぞ。いかにもな▼P1337(六七オ)りぬと聞かば、後の世をこそ訪はめ」とて、返事細に書き給ひて、御ぐしの有りけるを引きつつみて、「且は是を形見とも御覧ぜよ。ながらへてしも、よも聞きはてられ奉らじ。こむ世をこそは」と心細く書き付け給ひて信俊に給ひてけり。
  行きやらむ事のなければ黒かみを信物にぞやるみてもなぐさめ
と書き止め給へり。若君姫君の御返事共もあり。信俊是を持ちて帰り上りけるが出でもやられず。大納言もさして宣ふべき事は皆尽きにけれども、したはしさの余りに度々是を召し返す。互の心の内、さこそは有りけめと押しはからる。さても有るべきならねば、信俊都へ上りにけり。
 北山へ参じて北の方に御返事奉りたりければ、北の方は 「あなめづらし。い▼P1338(六七ウ)かにいかに。さればいまだ御命は生きておはしましけるな」とて、怱ぎ御返事を引きひろげて見給ふに、御ぐしの黒々として有りけるを、只一目ぞ見給ひける。「此の人はさまかへられにけり」と計りにて、文物も宣はず。やがて引きかづきて臥し給ひぬ。御うつりがも未だ尽きざりければ、指し向かひ奉りたる様にはおぼされけれども、御主は只面影計り也。若君姫君も「いづら、父御前の御ぐしは」とて、面々に取り渡して泣き給ふも無慚也。
信物こそ今はあだなれ是なくはか計り物はおもはざらまし
とぞ詠じ給ひける。
 太政入道此の事を聞き給ひて宣ひけるは、「誰がゆるしにて信俊は下り、大納言は本鳥をば切りけるぞ。かやうの事▼P1339(六八オ)をこそ自由の事とはいへ。流し置きたらば、さてもあらで、不思議なり」とて、小松の大臣には隠し給ひて、経遠が許へ「大納言怱ぎ失ふべし」とぞ、内々宣ひたりける。
 丹波少将をば福原へ召し取りて、妹尾太郎が預かりて備中国へ遣はしけるを、法勝寺執行俊寛僧都・平判官康頼を薩摩国鬼海嶋へ遣はしけるに、此の少将を具して遣はしけり。
 康頼は元より出家の志ありける上、流罪の儀に成りければ、内々小松殿に付き奉りて、人して小松殿の許へ書をかき
て遣はしけり。
 其の状に云はく、「已に暁は配所に趣くべき由、承り候ふ。夫れ苦縁を厭ふは最も出離生死の終り、災難に遇ふことは歎きの中の悦びなるを乎。浄縁を傾く者は亦往生極楽▼P1340(六八ウ)の因、人身を受けたるは悦びの中の悦び也。抑も出家は昔より本望なり。況や左遷の今においてを哉。願はくは途中の海岸の松の下に侍りて、薩〓の遇教、頭の霜を払はんと欲す。
其奈かん。仍りて誠惶誠恐謹言。謹上小松内大臣殿御右下。平判官康頼状」とぞ書きたりける。
 小松殿の御返事には、
  墨ぞめの衣の色ときくからによそのたもともしぼりかねつつ
「やさしの御返事や」とて、康頼泣く泣く薩摩国へぞ趣きける。
摂津国狗林と云ふ所にて、髪を剃りてけり。戒の師には聖音房阿闍梨と申しける老僧也。領送使しきりに怱ぎける間、心静かに説戒なむども聴聞せず、形の如く三帰戒の名字計りを受けて、法▼P1341(六九オ)名聖照とぞ申しける。萌黄の裏つけたるうす香の直垂をぬぎおきて、こき墨ぞめの衣の色落つる涙にしぼりあへず。さて出でさまにかくぞ口ずさみける。
 遂にかくそむきはてぬる世の中をとくすてざりし事ぞくやしき
 此の判官入道の子息に、左衛門尉基康とて、殊に親を思ふ志深き者有りけり。忍びつつ只一人つきめぐりて、領送使に案内を経て、狗の林まで門送りしたりけり。泣く泣く父に向かひて申しけるは、「なかなか只遂の御別れとだに思ひ進らせば、一すぢに思ひ定むる方も候ひなむ。生きながらかく別れ進らする御行末のおぼつかなさ、一日片時も何にして思ひ忍ぶべしとも存じ候はず。定めてさこそおぼしめし候ふ▼P1342(六九ウ)らめ。嶋までこそ候はずとも、今一日も御共申すべく候ふに、世を恐れ候ふ程にかやうに罷り留まり候ふ也。憑み進らせたる父のかやうに成らせ給ひ候はん上は、必ずしも身を全くすべきにて候はねども、人の心を背き候ひてはなかなか御為あしく候ひぬと覚え候へば、暇申して罷り帰らむ」とて、かきもあへずさめざめとぞ泣きける。判官入道、基康が袖を引かへて、「人の身には愛子とて同じ子なれども、殊に志深き子あり。汝は入道が愛子にて、襁褓の時より成人の今に至るまで、恩愛の志未だ尽きず。一日も見ざる時は恋慕の情とこめづらし。十日廿日送りたりとても、帰らむ別れが悲しからざるべきか。人々の御覧ずるも恥づかし。余所目もみぐるし。うれしく此まで送りたり。▼P13
43(七○オ)早々帰り給へ」とて、各袖を絞りつつ、父は南に向ひて行けば、子は都の方へぞ行きける。思ひ切りては行けども、尚もなごりや惜しかりけむ、近き程は互ひにみかへりつつ、父は子の方をみ返り、子は父の方をかへりみける処に、父詞をば出ださず、手あげて子を招きけり。
 基康怱ぎ打ち返りたりければ、父涙を流し、良久しく有りて申しけるは、「心得さすべき事の有りつるを、余りの思の深さに申さざりつるなり。聖照が母儀の尼公の、八十有余に成り給ふが、蓮台野の東に紫野と云ふ所に、草の庵結びておはするぞかしな。念仏申して後世菩提の勤めより外は他念なくして、朝の露、暮の風をまたず、あさがほの日影を待たざる如くして、今日明日とも知り給はぬ人の、只一人馮み給へるが、▼P1344(七〇ウ)たけごろひとしき子の、いつかへるべしとも知らず、遠き嶋の人もかよはぬ所へ流されぬと聞き給ふ物ならば、又打ち憑む方もなき所に残り留り給ひて泣き悲しみ給はん事、恩愛の習ひ、さこそ思ひ給はむずらめ。されば山林に交はりてそぞろに泣きかなしみ給はむほどに、最後の十念にも及ばずして、日比の行業を空くなし給はん事の悲しさよ。さればかくとも申さず暇をも乞ひ奉り、今一度見もし見えもし奉りたかりつれども、見奉る程にては忍ぶとも叶ふまじ。思ふ心色にあらはれて、問ひ給はば、又何とかくしとぐべきならねば、何にもして知らせ奉らじと思ひて出づる事の、心に係かりて覚ゆるぞ。汝も何にもして隠し遂げぬべくは、知らせ奉▼P1345(七一オ)るなよ。
汝帰りなば、紫野に参りて申すべき事はよな、『人に讒言せられて太政入道殿より御不審を蒙りて候ふ間、しばらく双林寺に籠居し候ふ也。折を伺ひて申し披き候はんずれば、大事はよも候はじ。御心苦しく思し召すべからず。さても御往生の安心は先々申しおきて候ひしかば、夢幻と思し食して、只ねてもさめても無為の浄土に心を懸けましまし、来迎の台にあなうらを踏み給ふべし。決定往生すべき人には、臨終には必ず境界愛と申す魔縁来たりて、或いは親と変じ、夫婦鐘愛の形とも変じ、或いは七珍万宝とも変じて裟婆に心を留むる事の候ふ也。されば親を見ばや、子を見ばやと思ふ心をば、魔縁の所為と思し食して、只一向に西▼P1346(七一ウ)方に心を懸けさせ給ふべし。若し尚しも康頼を恋しと思し食されむ時は、一年書き注して進らせ候ひし往生の私記を御覧候ふべく候ふ』と、能々心得て申すべし」とて袖もしぼる計り也。
 此の紫野と申すは、蓮台野の東に蒼々たる小松原あり。昔念仏の行者侍りき。常に紫の雲の聳えけるによりて、紫野と名付けたり。今も求願往生の人、多く庵を結びて住みけり。康頼入道が母、若くして夫には後れにけり。偏へに往生を求むる志深くして、蓮台野の辺、紫野の松の木隠に庵を結びて功徳池の流れに心をすましてぞ侍りける。少くしては二親におくれ、成人しては夫に後れにき。又三人の子あり。二人は女子にて花やかにうつくしかりし▼P1347(七二オ)かども、無常の風にさそはれて北亡の露と消えにけり。老少不定の堺なれば、始めて驚くべきにはあらねども、恩愛別離の歎きには凡聖同じく袖をしぼる習ひにて、此の尼上、懐旧の涙かはくまもなし。
  むらさきの草のいほりにむすぶ露のかはくまもなき袖の上かな
と読みて、憑む所は康頼計りこそ有りつるに、これかくなりて再び会ふ期を知らず。遠流の身と聞きなば、朝暮の行も打ち捨てられて、往生の障りとならむ事こそ悲しけれ。相構へかくし奉るべし。汝入道を哀れと思はば、雪の中に笋を求むる志をはげまして、紫野へ常に詣り、入道が没後を訪ふと思ひなして、紫野にて常随▼P1348(七二ウ)給仕をも申すべし。此の事より外には大事と思ふ歎きなし」とて、手を合はせてぞ泣きける。
 基康申しけるは、「御信物とて、只一人残り留らせ給ふ祖母の御事なれば、仰せを蒙り侍らずとも、争でか疎略侯ふべき。尤も此の御遺言、肝に銘じて忘れ難く候ふ。罷り帰り候ひなば、やがて常随給仕申すべし」とて、各行きわかれにけり。
 基康、道すがら落つる涙に目もくれて、月日の光もなきがごとし。「有為無常の堺は、父にもおくれ母にも後れて、送りをさめて帰る事は常の習ひなれども、何なる宿報にて、基康は生きたる父を送りすてて帰るらむ」と、独りごとにくどきつつ、流るる涙、道しばのつゆ、払ひもあへず、「道にて若失はれ給はば、屍▼P1349(七三オ)をも誰か隠すべき。生きながら嶋にすてられ給はば、家も無くして何かがすべき。飢ゑてや死に給はむずらん、こごへてや失せ給はむずらん。霜雪ふらば何がせむ。霰ふる夜の岩はざま、塩風はげしき露命のきえむ事、四大は日々におとろへて、今日や明日やと待ち給はん事の心うさ、只一度にわかれなましかば、これほどにちくさに歎きはよもあらじ」と思ひつづけて、馬にまかせて帰り上りけり。
二十八 〔成経康頼俊寛等油黄嶋へ流さるる事〕
 さても、成経以下の人々、世の常の流罪だにも悲しむべし、増して此の嶋の有様、伝え聞きては、各もだえこがれけるこそ無慚なれ。道すがらの旅の空、さこそは哀れを催しけめと、おしはかられて無慚なり。▼P1350(七三ウ)前途に眼を先立つれば、とく行かむ事を悲しみ、旧里に心を通はすれば、早く帰らん事をのみ思ひき。或いは、海辺水駅の幽かなる砌には、蒼波眇々として、恨みの心綿々たり。或いは、山館渓谷の暗き道には、巌路峨々として、悲しみの涙態々たり。さらぬだに旅のうきねは悲しきに、深夜の月の朗らかなるに、夕告鳥幽かに音信れて、遊子残月に行きけむ函谷の有様、思ひ出でられて悲しからずと云ふ事なし。漸く日数経にければ、薩摩国にも着きにけり。是より彼の鬼海嶋へは、日なみを待ちて渡らむとす。
 鬼界嶋は異名也。惣名をば流黄嶋とぞ申しける。端五嶋、奥七嶋とて、嶋の数十二あむなる内、端五嶋は昔より日本に▼P1351(七四オ)随ふ嶋なり。奥七嶋と申すは、未だ此の土の人の渡りたる事なし。端五嶋の中に流黄の出づる嶋々をば、油黄の嶋と名付けたり。さて順風有りければ、彼の嶋へ押し付きて、端五嶋が内、少将をば三の迫の北の油黄嶋、康頼をばあこしきの嶋、俊寛をば白石の嶋にぞ捨て置きける。彼の嶋には、白路多くして石白し。水の流れに至るまで、浪白くして潔し。かかりければにや、白石の嶋と名付けたり。責めて一嶋に捨て置きたらば、なぐさむ方も有るべきに、はるかなる離れ嶋共に捨て置きければ、悲しみなむどは愚か也。されども後には、俊寛も康頼も、とかくして少将の有りける油黄嶋へたどり付きて、互ひに血の涙を流しけり。
 彼の嶋は、嶋のまはり西国廿里の▼P1352(七四ウ)嶋也。其の地乾地にして、田畠もなければ米穀もなし。自ら渚に打ちよせられたる荒和布なむどを取りて、僅かに命を続ぐ計り也。嶋の中に高き山あり。嶺には火もえ、麓には雨降りて、雷鳴る事隙なければ、神をけすより外の事なし。冥途につづきたむなれば、日月星宿の下なりと云へども、寒暑理にも過ぎたり。薩摩潟より遥々と海を渡りて行く道なれば、おぼろけにては人の通ふ事もなし。自ら有る者も、此世の人には似ず。色黒くして牛の如し。身には毛長く生ひたり。絹布の類なければ、着たる物もなし。男と覚しき者は、木の皮をはぎて、はねかづらと云物をし、褒にかき、腰に巻きたれば、男女の形もみ▼P1353(七五オ)えわかず。髪は空さまへ生ひ上りて、天婆夜叉に異ならず。云ふ詞をも、さだかに聞こえず。偏に鬼の如し。何事に付けても、一日片時、命生くべき様もなかりければ、心憂く悲しき事限りなし。
 かかる所へ流し遣はされたれば、少将は只「中々頸を切られたらば、いかがはせむ。生きながら憂目をみる事の心憂き。此の世一つの事にあらじ」とぞ思されける。かやうに心憂き所へ放たれたる各が身の悲しさはさる事にて、旧里に残り留まる父母妻子、此の有様を伝へ聞きて、もだえこがるらむ心の内、思ひやられて無慚也。人の思ひの積るこそ怖しけれ。
 「彼の海漫々として、風皓々たる、雲の浪、煙の濤に咽びたる、蓬莱、方丈、瀛州の三の神山には不死の薬もあむなれば、末も憑みある▼P1354(七五ウ)べし。此の薩摩方、白石あこしき油黄嶋には、何事にかはなぐさむべき」と思ひ遣られて哀れなり。眼に遮る物とては、山の峯に燃え上る焔、耳に満つる物とては、百千万の雷の音、生きながら地獄へ堕ちたる心地して、聞きても只身の毛計りぞ竪ちける。
 少将判官入道は、思ひにも沈みはてず、常には浦々嶋々を見廻りて、都の方をも詠めやる。僧都は余りに悲しみに疲れて、岩の迫に沈み居たり。なぐさむ事とては、常に一所に指しつどひて、尽きせぬ昔物語をのみぞしける。さればとて、一月にもさすが消えうせぬ身なれば、木の葉をかきあつめ、もくづを拾ひて、形の様なる庵を結びてぞ明かし晩らしける。さ▼P1355(七六オ)れども、少将の舅平宰相の領、肥前国加世庄と云ふ所あり。彼こより、折節に付けて形の如くの衣食を訪はれければ、康頼も俊寛も、それにかかりてぞ日を送りける。此の人々、露の命消えやらぬを惜しむべしとにはなけれども、朝な夕なを訪ふべき人一人も従ひ付かぬ身共なれば、いつならはねども、薪を拾はむとて山路に迷ふ時もあり、水を結ばむとて沢辺に疲るるをりもあり。さこそ便りなく悲しかりけめ。押しはかられて無慚也。
 康頼入道は、日にそへて都の恋しさもなのめならず。中にも母の事を思ひ遣るに、いとど為方無く、「流されし時も、かくと知らせまほしかりしかども、聞きては老のなみに▼P1356(七六ウ)歎かん事の労しさに、思ひながら告げざりしかば、今一度みもしみえざりしに、我が有様伝へ聞きては、今までながらへて有らん事も有りがたし」なむど、来し方向後の事まで
も、つくづくと思ひつづけられて、只泣くより外の事ぞなかりける。
〔二十九〕 〔康頼油黄嶋に熊野を祝ひ奉る事〕
 判官入道は、そのかみ熊野権現を信じ奉り、卅三度参詣の志し有りけるが、今十五度をはたさずして此の嶋へ流されたり。宿願をはたさぬ事を口惜しく思はれけり。身は能く朝庭の月にあそむで、心は偏に仏教の玉をみがく。叡山天台の法嶺に登りては、十界互具の花を翫び、高野密教の道場に臨みては、三密喩伽の燈を挑ぐ。況や外典▼P1357(七七オ)においては、九経三史の光にくもりなく、五百余巻の読書の花、亭樹の枝に開きたり。詩歌管絃に心をすまして、風月文道明々たり。かかる名人智徳の人たりと云へども、人間の八苦未だ免れず。過去の宿因恥かしく、今生の歎き遣るせをしらず。「抑も人身を受くる事は、五戒の中の修因也。五戒に何なる誤り有りてか、此程の人苦難にあへるらむ」と不審殊に少なからず。現報とやせむ、宿報とやせむ。不覚の涙つきかねたり。
 丹波少将宣ひけるは、「誠に宿善いみじくおはしければこそ、雲上の月に隣をしめ、鳳闕の花を翫び、松門の風にたはぶれて、法水の流をも汲み給ひけめ。其の上、熊野参詣だにも▼P1358(七七ウ)十余度と承りき。御利生こそなからめ、かかる歎きの塵とならせ給ひぬる事、仏神の御加護、疑ひ実に多し」。康頼入道、「実に仰せの如く熊野山に頭をかたぶけ奉る志し深くして、卅三度参るべき宿願をみてず。三度の御幸に三度ながら望み申して供奉仕りし事も、内心は只宿願の度数と存じ候ひき。私の参詣十五度也。合はせて十八度、今十五度参り候らはで此の難にあへる事、今生の妄念、神明の御利生空しきに似たり」とて、遺恨の涙かきあへず。
 法勝寺の執行此を聞きて、「少将殿も御参詣候ひけるやらむ」と問へば、少将「成経は、未だ一度も参り候はず」と宣へば、僧都▼P1359(七八オ)「俊寛も未だ参り候はず。されば神の名だてにては候へども、度々の参詣空しくして、一度も参らざる輩に同罪同所の身とならせ給ふ事、何のしるしか候ふべき。御恨み、尤も理なり」と宣へば、康頼入道申しけるは「しかも卅三度の宿願は後生菩提とは存ぜず候ふ。只併ら今生の栄花、息災延命と存じ候ひき。身は貧道の身にて、心は大慳慢の心也。然る間、仏法を聞くと申すも、只名聞のため、外典を学ると申すも、若し人の御師徳にもや召され、才人の聞こえあらば、官位加階や進むとのみ思ひ侍りし故也。然りと雖へども、師徳にも召されず、官爵にも進まず。奉公の忠を抽んづと云へども、不次の賞にもあづか▼P1360(七八ウ)らず。事にふれ折に随ひては恨みのみ多くして、心に快き事一つもなし。之に依りて、一向に神明を憑み奉りて栄花を開き候はむとて、卅三度の大願をも発し、十八度の参詣をも遂げで候ひき。何に権現のにくしと思し食しけん。後悔さきにたたず」とて、暫く案じて申しけるは、「太原の白居易、文集七十巻を二部書て、一部をば鉢塔院
の宝蔵に納め、一部をば南禅院の千仏堂に送り奉りて、其の後、件の文集の箱より光明を現ずる事度々也。両院の寺僧怪しみを成して、文集の箱を開けて見る所に、第六十の巻に発願の文あり。其の一々の文字より現るる所の光明也。其の文と申すは、▼P1361(七九オ)朗詠の仏事の詩に、「願はくは今生世俗文字の業、狂言綺語の誤りを以て、翻して当来世々讃仏乗の因、転法輪の縁と為む」とは此也。此の発願の心は、今生世俗の業、狂言綺語の誤りなれども、翻して当来には仏を讃嘆し、法輪を転じて衆生済度の身たらんと改悔懺悔したる発願也。所以に懺悔は吉く滅罪の法なれば、生死の長夜に迷ふべからずと云ふ表示に、発願の文より光明かくやくたり。されば、聖照も今日より昔の安心を翻して、一向に後生菩提の行業に廻向し侍るべし」とぞ申しける。
 さて、此の人々の住所より南の方に五十余町を去りて一の離山▼P1362(七九ウ)あり。蛮岳とぞ申しける。鬼界嶋の住人等 「あの蛮が岳にはえびす三郎殿と申す神を祝ひて岩殿と名付けたり。此の嶋に猛火俄にもえ出でて、住人更に堪へ難き時、種々の供物を捧げて祭り候へば、猛火も定まり大風ものどかに吹きて嶋の住人自ら安堵仕る」とぞ申しける。少将、此を聞きて 「かかるされば、猛火の中、鬼の住所にも神と申す事の侍るらむよ」と宣へば、康頼入道 「申すにや及び候ふ。炎魔王界と申すは鬼の栖、猛火の中にて侍るぞかし。其だにも十王とも申し十神とも名付けて、十体の神、床を並べてすみ給へり。まして此の嶋と申すは、扶桑神国の類嶋なれば、▼P1363(八〇オ)えびす三郎殿も栖み給ふべし。さてもさても、聖照、熊野参詣の宿願、安心こそ不浄に候ひしかども、十八度は参りて侍りき。残る十五度を後生善所の為に岩殿にてはたし候はばやと存じ候ふ。大神も小神も倔請の砌に影嚮し給ふ事にて候へば、権現定めて御納受候ふべし。各は何が思し食す」と申せば、少将は取りあへず「成経もやがて先達にし進らせて参詣仕るべし」と宣ふ。
 俊寛は能々をかしげに思ひて遥かに返事もせず。やや久しくありて申しけるは、「日本は神国と申して、守屋の大臣、神名帳を注したりけるに、『上一万三千』と云へり。其の神名帳の中に、『鬼海の嶋の岩殿』と申す神、未だ見えず。其の上、えびす▼P1364(八〇ウ)三郎殿と申すは、巫女に付きたる有りさま、云ふ甲斐なき者とこそみえて候へ。やはや尋常はかばかしき利生も候はんずる。熊野権現だにも十八度の参詣空しくて、かかる災難に当たり給ひて侍るぞかし。且は古郷に聞き候はむ事、恥づかしく候ふ。『法勝寺の執行程の者のせめての事かな。夷三郎を尊重して、こりをかき、歩みを運びけん事よ』と親疎に申されん事、いとけぎたなく覚え候ふ。次に、後生菩提をば必ずしも神明に申さずとても、念仏読経せば何の不足か候ふべき。『神を神と信ずれば邪道の報ひを受けて永く▼P1365(八一オ)出離の期を知らず』と申したり。『ただ本地阿弥陀如来を念ずれば十悪五逆の窓の前にも来迎し給ふ』とこそ、観経には説きて候ふめれ。抑も、浄土宗の事は俊寛未だ心得ず侍り。ただ鈍根無智の者の為に皆心を一境におく事也。されば方便にして実儀にはあらず。それ仏法の大綱は、顕教も密教も凡聖不二と
談じて、自心の外に仏法もなく神祇もなし。三界唯一心と悟れば、欲界も色界も外にはなく、地獄も傍生も我心より生ず。人中も天上も我心なり。声聞も縁覚も菩提薩〓と申すも、心を離れて外にはなし。凡そ一切衆生、真俗二諦、森羅の方法、我性一心の法に非ずと云ふ事なし。随縁真如の前には迷ひの心を神と名づけ、悟る心を仏とす。迷悟本より外になし。邪正一如の妙理なるをや。さては禅の法門▼P1366(八一ウ)こそ、教外の別伝と申して、言語道断の妙理にて候へ。一代聖教に超過して、八宗九宗の禅頂たり。当時、法勝寺に卿律師本空とて、入唐の禅僧あり。入唐せざりし昔は真言・天台の学匠にて、四種三昧の行者、入壇灌頂の聖にて候ひしが、禅の法門に移り候ひて、無行第一の僧に成りて候ふ也。神をも敬はず、仏をも敬はず、乞者非人なればとて賎しむ事なし。真言・天台・浄土宗の法門をば瓜の皮法門と云ひて大に咲ひ候ふ也。恵能禅師の頒とて常に口ずさみ侍る言には、
  菩提、樹に無く、明鏡、台に非ず。元より一物無し、何ぞ塵垢有らむ。
▼P1367(八二オ)と詠じて、ずず・けさもかけず、仏に花・香をも供せず、念仏も申さず、経をもよまず。『何に坐禅をばし給はぬぞ』と申せば、大に咲ひて、『何事ぞ、坐禅と申す事は、諸教の中に初心の行者の修行する法也。天台宗には止観の坐禅、真言教には阿字観の坐禅、浄土宗には日想観の坐禅等也。禅宗と申す行法有るべからず。沙金能く淤泥に埋むとも金也、錦の袋に裹みたるも金也。禅の法門を一向に証せず。初心の行者、日夜旦暮に座禅すと云へども、全く禅頂の位に登る事なし』。達磨の頒に云はく、
 ▼P1368(八二ウ)座禅して仏を得ば、誰か閑床を卜せざらむ。
とて、達磨は座禅する事なかりき。白浪何幾か浄き、床禅主に帰依す。
  六の根に六の花さくおほぞらをはるばるみれば我が身なりけり
此こそ大座禅の聖よ』とて、五辛酒肉、檀に服し、懈怠無慚の高枕打ちして、臥しぬおきぬし侍る也。げに恵能禅師の頒の文は、俊寛も領解して覚え候ふ。『菩提、樹に無ければ、仏になると云ふ事もなし。明鏡、台に非ざれば、浄土と云ふ事も有るべからず。元より一物なき法なれば、万法皆虚空也。何ぞ塵垢有らむ』と観ずれば、見思塵沙の罪業も夢幻に似たり。まさに知るべし、熊野権現と申すも夷三郎殿と申すも、妄心虚妄の幻化、亀毛兎角の縄蛇」と云ひて、同心同道もせず、俊寛▼P1369(八三オ)はひとり留まりたり。
 俊寛一人岩のはざま松の木陰に留まり居て、諸法の相を観ぜし処に、風俄かに吹きて地震忽ちにきびしくして、一山皆動揺しければ、石岸崩れて大海に入る。其の時、禅門に古き歌あり。思ひ出して詠ず。
  岸崩れて魚を殺す、其の岸未だ苦を受けず。風発りて花を供す、其の風豈仏と成らんや
と申して居たり。
 康頼入道云はく、「御法門の趣は、花厳宗の法界唯一心かと覚え候ふ。されば不変真如の妙理、真妄同空の所談也。ことあたらしく中々申すに及ばず。次に、禅の法門は、仏遂に口音に陳べ給はず。唯、迦葉一人の所証と承る。因果を撥撫するが故に仏教には非ず、仏教にあらざるが故に外道の法門也。▼P1370(八三ウ)底下の凡夫、全く以て信用にたらず。『仏をも敬はず、神をも信ぜず、善根をも修せず、悪業をも憚らず』と談ぜば、一代聖教を皆破滅する大外道と聞こえたり。努々顕露に御披露有るべからず。一切衆生を皆地獄に落さん事、末世の提婆達多、是なるべし。悲しき哉、釈迦善逝の遺弟に非ずは、誰か善神護法の加護をかぶらむや。聖照は鈍根無智の者にて候ふ間、真言教には加持の即身成仏、浄土宗には他力の往生、此を信じて候ふ也。之に依りて十方の浄土も外にあり、八大地獄も外にあり、三世諸仏も外にまします、三所権現も外にましますと信じて候へば、いざさせ給へ、少将殿」とて、二人つれて▼P1371(八四オ)岩殿へぞ参りける。
 彼の岩殿の地形を見るに、谷々峯々を遥かに分け入りて、人跡絶えて鳥の声だにもせぬ処に、河流れ出でたり。音無川に相似たり。其の水上を尋ぬれば、少し打ち晴れたる所あり。大なる岩屋あり。其の上に椙一叢生ひたり。是をば本宮と名づけて、草打ち払ひ、しめ引きまはしたり。又、山を越えて、渚近き椙叢あり。是を新宮と号す。其より奥へ猶尋ね入りてみれば、碧巌高く峙ちて、白浪嶺より流れ下りたり。滝の音、松の風、神さびたる景気、南山飛滝権現の渡らせ給ふ那智の御山に似たりければ、又、苔を打ち払ひ、しめ引きまはして、此の岩かどをば米持金▼P1372(八四ウ)剛・五体王子と名付け奉り、彼の木の本をば一万十万・禅子・聖・児・子守なむど名付けつつ帰りにけり。
 僧都に又「熊野詣の事はいかに」と云ひけれども、僧都猶伴はざりければ、「さらば二人詣でむ」とて、裁ち替ふべき浄衣もなければ、麻の衣を身にまとひて、けがらはしき体なれども、沢辺の水をこりにかきて、精進潔済してぞ詣でける。藤のわらうづをだにもはかざれば、ひたすらのはだしにて人もかよはぬ海岸、鳥だにもをとせぬ深山を泣々つれておはしけむ心の内ぞ哀れなる。
 手にたらひ、身にこたへたる事とては、入江のしほ沢辺の水に、かく▼P1373(八五オ)こり計り也。朝夕は「南無慚愧懺悔六根罪障」と懺悔し、心に心を警めて、僅かに半日に行き帰る路なれど、同じ所を行き帰り行き帰り、白浪さざなみ凌ぎつつ、漫々たる蒼海にただよひ、塩風波間のこりの水、何度と云ふ数を知らず。浦路浜路を行く時は、鹿の瀬・藤代・かぶら坂・十条・高原・滝の尻とも観念し、石岸いはほ高くして、青苔あつくむし、万木枝をまじへて、旧草道をふさげる谷川もあり。東岸西岸を渡る時は、岩田川を思ひ出だして煩悩のあかをすすぎ、近つひ・湯の河・三の河、思ひ遣られて哀れ也。冷しき木陰を行く時は、九品の鳥居を只今とほると思ひなし、大なる木の本に立ち寄りては、上品上生の心地発心門とも観▼P1374(八五ウ)念す。此の山路海岸の間に波間にみゆる石もあり。青黄赤白の石もあり。男女僧形の石もあり。岩のはざま苔の莚、椙の村立、常葉木、目にかかり、心の及ぶ所をば摂津窪津の王子より始めて、八十余所の王子王子とぞ伏し拝み給ひける。
 奉幣御神楽なむどの事こそ叶はずとも、王子王子の御前にて、なれこ舞計りは心の及ぶ程に仕るべしとて、少将は天性無骨の仁にて、形の如くのかひなざし、康頼入道は洛中無双の上手なり。魍魎鬼神もとらけて、慈悲納受を垂らむとぞ舞ひける。少将も毎度にはらはらとぞ泣き給ひける。
                                 おはしま
 此くの如くして、彼の本宮証誠殿の御前に詣でつつ、「本地あみだ如来▼P1375(八六オ)にて御坐す、十悪五逆をも捨て給はぬ御誓ひあむなれば、遠近にはよるまじ、心の至誠なるをこそ、権現金剛童子も哀れとは思し食さむずらめ」と思ひて、「南無日本第一大霊験熊野三所権現、和光の恵みを施して、今一度都へ帰させ給へ」と肝胆を摧きてぞ申されける。康頼は子息左衛門尉基康が示し知らせける夢想の事なむど思ひ出して、大江の匡房が無常の筆をぞ思ひつづけける。「生死の嶮路定め難し、老少何れの時をか期すべき。亡魂徒に避りて、野外の崇廟幽々として、彼の感陽宮の煙り〓々たり。雲と作りて何れの方へ去りしぞや。思へば皆夢の如きなり」と観じて、二人本宮を出でて、新▼P1376(八六ウ)宮へ伝ひて那智山へ詣でけり。
 遥かに浜路を詠むれば、前路眇々として、眼渇仰の虚に窮り、海上茫茫として、涙悲願の月に浮かぶ。一心称名の音声を風浪の韻響に揚げて、多所饒益の本誓を水月の感応に仰ぐ。心中に心澄み、信心誠に起り、波上の思ひ静かにして、哀傷暗に催す。兼ねて彼の景気を思へば、涙連々として留まらず。遮りて其の慈悲を計れば、心念々に勇み有り。幼稚若少の昔より盛年長大の今に至るまで、丹誠を権現の宝前に抽きんでて、懇志を垂跡の霊窟に凝らす。星霜多く重なれり。機感何ぞ疑はむ。
 三の山の奉幣遂げにければ、悦びの道に成りつつ、切目の王子のなぎの▼P1377(八七オ)葉を稲荷の椙に取り替へて、今はくろめに着きぬと思ひて下向し給ひけり。
 かく詣づる事、其年の八月より怠らざる程に、次の年の九月中旬にも成りにけり。
 〔三十〕 〔康頼本宮にて祭文読む事〕
 或る日、二人伴ひて彼の本宮に詣でて、法施をつくづくとたむけ奉りて、「和光利益本誓たがはず、我等が勤念の信の実を照見し給ひて、清盛入道の無道の悪心を和らげて、必ず都へ帰し入れ、再び妻子を相見せ給へ。已に参詣十五度に満じぬ」と、肝胆をくだいて一心に丹誠を抽きんでたり。殊更に神の御なごりをしく、御前にて常葉木の枝を三つ折り立てて、三所権現の御影向とぞ敬ひ給ひける。其の御▼P1378(八七ウ)前にて、「卅三度の結願なれば、身の能を仕り候ふべし。聖照が第一の能には、今様こそ候ひしか」とて、神祇の巻の今様の内に、一つは、
  仏の方便なりければ、神祇の威光たのもしや
  叩けば必ずひびきあり、あふげばさだめて花ぞさく
と歌ひて、「此は本宮証誠殿に進らせ候ふ。今一つは両所権現に廻向し進らせ候ふべし」とて、
  白露は月の光に、黄を沾す化へあり
  権現舟に棹さして、むかへのきしによする白波
とぞ歌ひたりける。「権現舟に棹さして、むかへの岸によする白浪」と、未だうたひもはてぬ時、よもの山には吹かざるに、すずしき▼P1379(八八オ)風俄かに吹き出でて、三所権現の常葉木の枝、〓々(ひつひつ)として動揺する事やや久し。聖照感涙をおさへて、
一首の歌をぞ読みたりける。
  神風や祈る誠のきよければ心の雲をふきやはらはむ
少将も泣く泣く、
  ながれよるいわうの嶋のもしほ草いつかくまのにめぐみ出づべき
其の時又、不思議の瑞相出で来たる。比は秋の末つかたの事なれば、たのむの雁のまれなるべきにはなけれども、東の方より雁三つ飛び来りて、一つは俄に谷の底へ飛び入りて、又もみえず。今二つは、此の人々の上より取り返して、東の方へぞ飛び帰りける。康頼入道此をみて、
  ▼P1380(八八ウ)白波やたつたの山をけふこへて花の都にかへるかりがね
と読みて、各立ちて帰雁を七度づつ礼拝したりけり。其の上、少将は、判官入道をも七度礼し給ひたりければ、入道
「此は何に」と問ひ奉るに、少将、「入道殿の御計らひにて、十五度の参詣も遂げぬ。神の御利生にて、再び都に帰らむ事、併ら入道殿の御恩なるべし」とて泣き給へば、入道も「あな哀れや」とて泣く。
 さて、入道、浦のはまゆふ御幣にはさみ、山すげと云草をしでにたれて、清き砂を金の散供とし、御前にすすみ出で、左の膝をたて、右の足を片敷きて、思ふ意趣をつづけつつ、之を読む。其の詞に云く、
  ▼P1381(八九オ)謹話再拝々々。維当たれる年次は治承二年歳次戊戌、月の并びは十月二月、日の数は三百五十余ヶ日、八月廿八日己未、吉日良辰を撰び定めて、掛けまくも忝く坐す、日本第一大霊験、熊野三所権現並びに王子眷属等の宇津の広前に、信心の大施主、羽林藤原成経並びに沙弥聖照等、各定恵の掌を合はせ、信心の礼黙を捧げ、竭仰の頭を傾け、観念清謹の沙金を献ず。其の懇志の至り、発願の趣き、故何んとなれば、夫れ、神明は本地を顕し奉る時、威光いよいよ増進す。感応の光、厳重也。之に依りて、今忝く三所権現の本地本誓を讃嘆し奉らんと欲するのみ。
 竊かに惟れば、本宮証誠殿は、昔珊提嵐国の主、無上念王と申しし時、▼P1382(八九ウ)菩提心を発し給ひしより以後、五劫思惟の大願已に成就し坐して、今安養浄土の教主、来迎引摂の妙体也。所以に、摂取不捨の光明は、能く一念称名の行者を照し、済度群萌の船筏は、必ず九品蓮台の宝池に寄す。剰へ、広大慈悲の水は雨のごとく灑き、風のごとく戦す。将又、垂跡応化の榊葉に、和光利物の影を宿し給へり。風香、証誠殿と名づけ奉ることは、本地清涼の風冷しくして、三尊来迎の雲聳き、極重最下の水渇きぬれば、九品正覚の花新た也。不取正覚の秋の夕には、十劫成道の菓を結び、諸仏証誠の暁の月は、一切迷凡の疑ひを謝す。此則ち、釈尊の金言也。権現此の勝利を示さんが為に、忝く御名を証誠大権現と号すのみ。名詮自性也。何れの衆生か、権現の本誓を疑ひ奉らんや。願はくは、権現の本誓重▼P1383(九〇オ)願不虚、聖照等が臨終寿焉の時、必ず応に引摂の蓮を開かせ給ふべきのみ。
 次に新宮は、是れ本地東方の教主、浄瑠璃浄土の主也。十二大願成就の如来、衆病悉除の願、世に越え給へり。憑しきかな、伊王善逝。人間八苦の中には、病苦尤も勝れたり。何れの衆生か、病患を受けざる。誰が家にか、渇仰の頭を傾けざらむや。悲しきかな、聖照等、当時の心中の体、更に身上の病患にも過ぎたり。願はくは和光同塵の光、速やかに左遷流罪の闇を照らし坐して、将に古郷恋慕の胸の病を助け給ふべし。
 次に那智飛瀧権現は、千手千眼の霊地、弥陀左脇の補属、大悲闡提の尊容也。仰ぎ願はくは、聖照等、拙くも衆生有苦の嶋に放たれ、憑み奉る所は三称我名の権現也。早く不往救者の▼P1384(九〇ウ)船に棹さして、将に不取正覚の都に引導し給ふべし。抑も三五夜中の新月、色は能く二千里の外を照らすと雖も、未だ深泥濁河の水には宿らず。設ひ草葉の露、野守の鏡為りと雖も、清く澄める時は、必ず明月影を宿さずと云ふ事無し。
 之に依りて、今忝く権現の本誓を推察し奉るに、熊野三所の光は、純、日本紀州の霊地、無漏の郡音無里に社壇の甍を列ね、纓の玉垣、錦を曝すと雖も、聖照等が崛請の水、潔し。和光同塵の影、何ぞ此に浮かばざらんや。庶幾くは、三所権現、若一王子、一万の眷属十万金剛童子、四所明神、五体王子、満山の護法天等、禅師・聖・児・子守、勧請十五所、飛行夜叉、八大金剛童子、新宮飛鳥・神倉等の部類眷属、急難の中に能く施無畏の方便を廻らし、入道大相▼P1385(九一オ)国の為に、免除慈悲の心を発さしめ給へと也。若し聖照等が今度の所願、円満成就せざれば、敢へて神明の威光を以て、誰か之を仰ぎ奉らむ。一度参詣の功徳すら、尚ほ以て悪趣を離る。何に況や、卅三度の参詣に於いてをや。返々も現世安穏の利益、後生菩提の発願、成就円満々々々々再拝々々
とぞ読みたりける。
〔三十一〕 〔康頼が歌都へ伝はる事〕
 祭文読み畢はりにければ、いつよりも信心肝に銘じ、五体に汗いよだちて、権現金剛童子の御影嚮、忽ちにある心地して、山風すごく吹きおろし、木々の梢もさだかならず。木葉かつちりけるに、ならの葉の二つ、康頼入道が膝に散りかかりたりけるが、虫のくひたる姿にてあやしかりければ、入道是を取りて、打ち返し打ち返しよくよく▼P1386(九一ウ)みるに、文字のすがたにぞ見ないたる。一つには「帰雁二」と虫食ひたり。「あらふしぎの事や」と思ひて、少将にみせ奉りけるに、「げに不思議の事哉」とて居たるに、今一つを取りてみるに、是も又文字の体とみ成して、「是御覧候へ」とて少将に奉るに、一首の歌にてぞ有りける。
  ちはやぶる神に祈りのしげければなどか都へ帰らざるべき
康頼入道、「是御覧候へ」とて、少将に奉りたれば、少将取りて見て 「あら不思議や。今は権現の御利生に預りて、都へ帰らむ事は一定なり」とて、弥祈念せられけるに、康頼入道申しけるは、「入道が家は、蜘蛛だにも▼P1387(九二オ)さがり候ひぬ
れば、昔より必ず悦びを仕り候ふが、今朝の道にくもの落ちかかりて候ひつる間、権現の御利生にて、少将殿の召し帰されさせ給はん次に、入道も都へ帰り候はんずるにやと思ひて候ひつるなり。但し『帰雁二』とよまれて候ふこそあやしく候へ。いかさまにも残り留まる人の候はんずると覚え候ふ」とて、涙を流しければ、少将も「誠に」とて、涙を流してぞ下向せられける。
 康頼は、あやしげなる草堂のまねかたを造りて、浦人嶋人の集りたる時は、念仏を勧めて、同音に申させて、念仏を拍子にて乱拍子を舞ひけり。阿弥陀の三字のいみじき事をば知らねども、此の舞の面白さに是をはやすとて、心▼P1388(九二ウ)ならず念仏をぞ申しける。彼の草堂は嶋人共がよりあひ所にて、今に有りとかや。狂言綺語の誤りを以て、西方六字の名を唱へ、翻して当来世々讃仏乗の因、転法輪の縁とするこそ哀れなれ。
  思ひ遣れしばしと思ふ旅だにもなほ旧里は恋しき物を
  薩摩方をきの小嶋に我有と親にはつげよ八重のしほ風
此の二首の歌の下に、平判官康頼法師、「心あらむ人は、是を御覧じては、康頼が旧里へ送り給へ」とぞ、卒都婆ごとに書きたりける。書き終はりて後に、天に仰ぎ誓ひけるは、「願はくは、上は梵天・帝釈、四大天王、下は閻羅王界、堅牢地神、別しては▼P1389(九三オ)日本第一大霊験熊野証誠一所両所権現、一万十万金剛童子、日吉山王、巌嶋大明神、哀れみを垂れ思し食して、我が書き捨つる言の葉、必ず日本の地へ付けさせ給へ」と祈念して、西風の吹く度には、此の卒都婆を八重の塩にぞ投げ入れける。其の祈念や答へけむ、其の思ひや波風と成りけむ、漫々たる海上なれども、同じ流れの末なれば、浪に引かれ、風にさそはれて、遥かの日数を経て、卒都婆一本、熊野新宮の湊へ寄りたりけり。浦人取りて、熊野別当の許へ持ちて行きたりけれども、見とがむる人もなくてやみにけり。
 又、卒都婆一本、安芸国巌嶋の大明神の御前にぞよりたりける。哀れなりける▼P1390(九三ウ)事は、康頼がゆかりなりける僧の、康頼西海の波に流されぬと聞きければ、余りの無慚さに、なにとなく都をあくがれ出でて西国の方へ修行しける程に、「便りの風もあらば、彼の嶋へも渡りて死生をも聞かばや」と思ひけれども、おぼろけにては舟も人も通ふ事なし、自ら商人なむどの渡るも、「遥かに順風を待ちてこそ渡れ」なむど申しければ、輙く尋ね渡るべき心地もせず。「さなくは何にもして其の音信をだにも聞かばや。死生も穴倉し。いかがはすべき」なむど思ひ煩ひて、安芸国までは下りけり。便宜なりければ、巌嶋社へぞ詣でにける。
 明神の渡らせまします所は、昼は塩干て嶋となり、夜は塩満ちて海となる。▼P1391(九四オ)「夫和光同塵の利生さまざまなりと云へども、何なりける因縁にてか、此の明神は、海畔の 鱗に縁を結び給ふらむ」と思ふも哀れにて、其の日は此の社に候ひけり。「抑も此の御神をば、平家の入道大臣、殊に崇敬し奉り給ふぞかし。されば、平家の憤り深き人をかやうに思へば、神もいかが思し食すらむ」と、神慮も怖しくて、ぬさも取り敢へぬ程なれば、終日に法施をぞ奉りける。「嶋へ渡らむ事こそかたからめ、康頼がゆくへ聞かせ給へ」なむど祈り申しける程に、日も晩方になりにければ、月出でて塩の満ちけるに、そこはかともなきもくづ共の流れよりける中に、小さきそとばの様なる物の見えければ、「あやしや、なにやらむ」とて、取りて見れば、彼の二首の▼P1392(九四ウ)歌をぞ書きたりける。
 是を見て、哀れの事やと思ひて、悦びの法施を奉り、をいの肩に指して、都へ持ちて登りて、康頼が母の、一条より上、紫野と云ふ所に有りけるに、とらせたりければ、妻子集りて、各あちとりこちとり是を見て、悲しみの涙を流しける程に、新宮の湊によりたりける卒都婆も、熊野より出でける山臥に付きて、同日都へ伝はりたりけるこそ不思議なれ。縦ひ一丈二丈の木なりとも、油黄嶋にて漫々たる海に入れたらむが、新羅・高麗・百済・鶏旦へもゆられゆかで、安芸国、又新宮までよるべしやは。まして渚に打ち寄せられたるもくづの中に交はりたるこけらと云ふ物を▼P1393(九五オ)拾ひ集めて、千本まで造りたりけるそとばなれば、いかに大なりとも、一尺二尺にはよもすぎじ。文字はえり入れきざみ付けたりければ、波にもあらはれず、あざあざとして油黄嶋より都まで伝はりけるこそ不思議なれ。余りに思ふ事は、かく程なく叶ひけるも哀れ也。
 「康頼、三年の命きえやらで、都へ文を伝へたり」とて、此の二首の歌を都に披露しければ、彼の卒都婆を召し出だして叡覧あり。「誠に康頼法師が文なりけり。少しもまがふべくもなし。露命消えやらで、未だ彼の嶋に有りける事の無慚さよ」とて、法皇龍顔より御涙を流させ給ひけるぞ、かたじけなき。昔、大江定基が出家の後、彼の大唐国にして、仏生国の阿▼P1394(九五ウ)育大王の造り給へる八万四千基の石の塔の内、日本江州の石塔寺に一基留まる事を、彼の振旦国にして書き顕はしたりける事の、幡磨国増位寺とかやへ流れよりたりけるためしにも、此の有がたさは劣らざりける物をやと哀れ也。
三十二 〔漢王の使に蘇武を胡国へ遣はさるる事〕
 昔、唐国に漢武帝と申す帝ましましけり。王城守護の為に数万の栴陀羅を召されたりけるに、其の期すぎけるに、胡国の狄申しけるは、「我等胡国の狄と申しながら、〓田の畝に生を禀けて、朝夕聞こゆる物とては、旅雁哀猿の夜の声、憂きながらすごき庵の軒ばになるる物とては、黄蘆苦竹の風の音。適賢王の聖主に会ひ奉りて、▼P1395(九六オ)帰国の思ひ出なにかせむ。願はくは、君三千の后を持ち給へり。一人を給はりて胡城に帰らむ」と申しければ、武帝是を聞き給ひて、「いかがすべき」と歎き給ふ。「所詮、三千の后の其の形を絵に書きて、顔よきを留めて、あしきをたばむ」と定まりぬ。
 王照君と申すは、朝夕寵愛甚だしく、容顔美麗の人なりき。鏡の影を憑みて黄金を送らざる故に、あらぬ形にうつされて、九重の都を立ち離れ、万里の越地に趣きし、別れのいまだ悲しき。玄城長くとざせり、しばしば胡門の暮の堤に驚く。胡国いづくむか有る、早く両京の暁の夢を破る。羅雲忽ちに絶えて、旅の思ひつながれず。漢月漸く傾きて、愁眉も開かざりけ▼P1396(九六ウ)れば、習はぬ旅の奥までも、絞りかねたる袖の上に、尽きせぬ涙計りこそ、袂をしたひけるかな。遠山の緑の黛も、胡国の雪に埋もれ、蘭じゃの昔の匂ひも、左斎の風に跡を消す。帝京を離れて謫居して、徒らに胡城に臥せる夜は、昔の事を夢に見る。夢になける涙は、欄干として色探し。楓葉荻花の風の音、索々として身にしみ、遠波曲江の月の影、茫々として心澄む。五陵の時より翫び、手なれし琵琶にたづさひて、泣くより外の事なし。家留ては空しく漢の荒門となり、身は化して徒らに胡の朽骨とならむ事を、朝夕歎き給ひき。
 ▼P1397(九七オ)見る度に鏡のかげのつらきかなかからざりせばかからましやは
 武帝此の事をやすからず思ひ給ひて、李陵と云ふ兵を大将軍として、胡国を責めにつかはす。其の勢僅かにして千騎にすぎざりけり。李陵胡国に行きて、微力を励まして責め戦ふと云へども、魚驪鶴翼の陣、官軍利することを得ず。星旄電戟の威ひ、逆類勝に乗るに似たり。而る間官軍滅びて、終に狄の為に李陵取られて、胡国の王単宇に仕はる。
 武帝是を聞き給ひて、「年来はかくは思はざりしかばこそ、大将軍に撰び遣はしつるに、さては二心ありける物を。やすからず」とて、李陵が母を責め殺し、父が墓を掘りて、其の死骸を打つ。是のみならず、▼P1398(九七ウ)親類兄弟、皆武帝の為に罪せらる。李陵是を伝へ聞きて、悲しみをのべて云はく、「我思ひき。胡国追討の使に撰ばれし時は、彼の国を亡ぼして君の為に忠を致さむとこそ思ひしか。されども軍敗れて、胡王が為にとらはれて仕はると云へども、朝夕隙を何ひて、胡王を滅ぼして、日来の怨を報ぜむとこそ思ひしに、今かかる身になりぬる上は」とて、胡王を憑みて年月を送る。武帝是を聞き給ひて、李陵を呼び給へども来ず。
 さても漢王軍に負け給ひぬる事を安からず思し食して、漢の天漢元年に、又李将軍と云ふ者と、蘇子荊と云ふ兵とを差し遣はす。蘇子荊と申すは、今の蘇武是也。蘇武が十六歳に成りけるを、右大▼P1399(九八オ)臣に成して、二人を大将軍として、又胡国を責めに遣はしけるに、蘇武を近く召し寄せて、軍の旗を賜はるとて武帝宣ひけるは、「此の旗をば、汝が命と共に持つべし。汝若戦場にして死せば、相構へて此の旗をば我が許へ返すべし」と、宣命を含められけり。
 さて蘇武胡国へ行きて狄を責めけれども、胡城に戦ふ師さ、狄の勢強くして、官軍又落とされぬ。大将軍を始めとして、宗との者卅余人、生け取られぬ。蘇武其の内なりければ、皆片足をぞ折られける。即ち死する者もあり。又二三日、
四五日に死する者もあり。或いは、甲斐なき命生きて年月を送る者もあり。
 古京の妻子の恋しき事、日夜旦暮にわすれず。▼P1400(九八ウ)瓢箪屡ば空し、草顔淵が巷に滋し。藜〓深く鎖せり、雨原憲が枢を湿しけむも、是には過ぎじとぞ覚えし。彼は僅かにはにふの小屋もありければこそ、雨も枢を湿し、草も巷に滋かりけめ。此は草葉を引き結ぶ、あやしの柴のやどりもなければ、只野沢田中にはい行きて、春はくわいを堀り、秋は落穂を拾ひてぞ、あけくれはすぐしける。禽獣鳥類のみ朋となれりければ、常には羊の乳を飲みて、明かし晩しけり。秋のたのむの雁も他国に飛び行けども、春は越地に帰る習ひあり。是はいつを期するとしなければ、只泣くより外の事なし。
  ▼P1401(九九オ)帰る雁隔つる雲の余波まで同じ跡をぞ思ひつらねし
 さても生死無常の悲しさは、刹利をもきらはぬ山風に、日の色薄くなりはてて、思はぬ外の浮雲に、武帝隠れ給ひぬ。龍楼、竹〓、後宮、卿相、侍臣、雲客、誰も思ひは深草の露より滋き涙にて、同じ煙の内にもと、もゆる思ひは切なれど、照帝位を受け給ひて、蘇武を尋ねに遣はす。「早失せにき」と偽り答へける間、「未だ有りと計りだに、古里人に聞かればや」とは思へども、〓田の畝に住む身なれば、甲斐なく是にも会はざりけり。牡羊に乳を期して、歳化空しく重なりて、僅かにいけるに似たれども、漢の節を失はず。
  ▼P1402(九九ウ)言の下には暗に骨を滑す火を生し、咲みの中には偸に人を刺す刀を鋭ぐいかにもして胡王単于を滅ぼして古京へ帰らむと思へども、力及ばず過ごしけり。
 朝暮に見馴れし雁の、春の空を迎へて、都の方へ飛び行きけるに、蘇武、右の指をくひ切りて、其の血を以て柏葉に一詞を書きて、雁の足に結び付けて云ひけるは、「一樹の影に宿り、一河の流れを渡る、皆是先世の契りなり。何に況んや己は肩を並べて年久し。争か此の愁ひを訪はざらむ」とて、雁に是をことづけぬ。
 折節御門上林薗に御幸して、霞める四方を打ち詠め、千草の花を見給ふに、雁一行飛び来たりて、遥かの雲の上にはつねの聞こゆるかと覚ゆるに、一の雁▼P1403(一〇〇オ)程無く飛び下る。あやしと叡覧を経るに、結び付けたる書をくひほどきて落としたりけるを、官人是を取りて、照帝に献る。帝自ら叡覧を経給ふに、其の詞に云く、
 「昔は巌穴の洞に籠められて、徒らに三春の愁歎を送り、今は〓田の畝に放たれて、空しく胡狄の一足を聞く。設ひ
 身は留まりて胡地に朽つとも、魂は還りて再び漢君に仕へむ」
とぞ書きたりける。
 是を御覧じけるに、帝限り無く哀れと思し食して、歎きの御涙おさへがたし。「蘇武未だ生きて有りける物を」とて、永律と云ふ賢き兵を大将軍として、百万騎の勇士を卒して胡国を責め給ふに、今度は胡国敗られて、単于も既に失せにけり。永律、▼P1404(一〇〇ウ)照君を取り返し、蘇子荊を尋ね得たり。
 蘇武は片足は折れたれども、十九年の星霜を経て、古郷へ帰り上りしに、李陵余波を惜しみて云はく、「我が身年来君の御為に二心なし。就中、胡国追討の大将軍に撰ばれ奉りし事、面目の一つ也。然れども、宿運のしからしむる事にや、御方の軍敗れて胡国の王にとらはれぬ。されども如何にもして胡王を滅ぼして、漢帝の御為に忠を致さむとこそ思ひしに、今母を罪せられ奉り、父が死骸を掘りおこして、打ちせため給ひけむ。亡魂いかが思ひけむ。悲しとも愚か也。又親類兄弟に至るまで、一人も残らず皆罪せらるる事、歎きの中の歎き也。故郷を▼P1405(一〇一オ)隔てて、只異類をのみ見る事の悲しき」とて、李陵、蘇武が許へ五言の詩を送れり。其の詞に云はく、「手を携へて河梁に上る。遊子暮に何くにか之く。二〓倶に北に飛び、一〓独り南に翔る。余は自ら斯の館に留まり、子は今故郷に帰る」。是れ五言の詩の始め也。
此の心をよめるにや、
  同じ江にむれゐる鴨の哀れにも返る波路を飛びおくれぬる
 蘇武十九年の間、胡国北海の辺に栖みしかば、万里遼海の波の音を聞きては、遺愛寺の暁の鐘になぞらへ、四五朶山の冬の梢を見ては、香炉峯の雪かと誤たる。飛花落葉の転変を見ては、春秋の遷り替はる事を知ると云へども、博士陰陽の仁にも近付かざれば、日月の行途を知らず。▼P1406(一〇一ウ)故郷に帰り旧宅に行きたれば、蘇武去りし年より帰京の今の年まで、旧妻愁ひの余りにや、毎年一の衾を調へて、棹に並べて懸けおけり。細かに是を算ふれば、十九にてぞ有りける。
是よりしてぞ、蘇武去りて十九年とは知りにける。
 急ぎ御門に参りて、李陵が詩を奉る。帝是を御覧じて、哀れとおぼしけれど甲斐もなし。先帝の御時給はりし旗を懐より取り出して、御方の軍敗れて、胡王単于にとらはれて〓田の畝に放たれて、年月悲しかりつる事、又李陵が愁歎せし事、かきくどき細かに語り申せば、御門悲涙せ▼P1407(一〇二オ)きあへ給はず。蘇武生年十六歳にして胡国へ越き、三十四にして旧都へ帰りたりしに、白髪の老翁にてぞ有りける。後には典属国と云ふ官を給はつて君に仕へ奉り、遂に神爵元年に、年八十余まで有りて死にけり。
 さればにや、是よりして文をば雁書とも云ひ、雁札とも名付けたり。使をば雁使ともいへるとかや。又雁の足に結び付けたりけるが、玉の様に円かりければ、玉づさとも申す也。
  へだてこし昔の秋にあはましやこしぢの雁のしるべならずは
と、源の光行が詠ぜしも理とぞ覚ゆる。
 蘇武は胡国に入りて、賓雁に書を繋げて再び林〓の花を翫び、康頼は小嶋に栖みて蒼▼P1408(一〇二ウ)波に歌を流して遂に故郷の月を見る。彼は漢明の胡国、是は我が国の油黄、彼は唐国の風儀にて思ひを述ぶる詩をあやつり、是は本朝の源流にて心を養ふ歌を詠ず。彼は雁の翅の一筆の跡、是は卒都婆の銘の二首の歌。彼は雲路を通ひ、是は浪の上を伝ふ。彼は十九年の春秋を送り迎へ、是は三ヶ年の夢路の眠り覚めたり。李陵は胡国に留まり、俊寛は小嶋に朽ちぬ。上古末代はかはり、境ひ遼かに遠くは隔たれども、思ふ心は一にして、哀れは同じ哀れ也。
三十三 〔基康が清水寺に籠る事 付けたり康頼が夢の事〕
 康頼が嫡子、平左衛門尉基康は、摂津小馬林まで、父が共して見送りたりけるが、康頼出家してけれ▼P1409(一〇三オ)ば、基康泣く泣く小馬林より都へ還り上りて、やがて精進潔済して、百ヶ日清水寺へ参詣す。法花経の廿八品の其の中に、信解品を毎日に読み奉りて、百日が間、隔夜する折りもあり、夙夜する時もあり。「願はくは、大慈大悲の千手千眼、『枯れたる木草も花さき菓なるべし』と御誓ひあむなり。されば此の身を替へずして、二度父に合はせさせ給へ」と、三千三百三十三度の礼拝をまゐらせけり。既に八十余日も積もりけるに、油黄嶋に流されたる判官入道の或る夜の夢に、海上を遥かに詠めやれば、白き帆懸けたる船の奥の方より漕ぎ来るとみる程に、次第に近く漕ぎ寄るをみれば、我が子の▼P1410(一○三ウ)左衛門尉基康、其の船に乗りたりけり。其の白帆に文字あり。「妙法蓮花経信解品」とぞ書きたりける。猶次第に近くよるをよくよくみれば、船にはあらずして、白馬にぞ基康は乗りたりけると見て、打ち驚き、なにと有る妄想やらむと怪しくて、汗おしのごひて、人にも語らざりけり。康頼都帰りの後にこそ、子息基康に初めて語りける。観音の御変化は白馬に現ぜさせ給ふとかや。
偏へに是、基康が祈念感応して、観音の御利生にて都へは帰り上りにけり。又、小嶋に崇め奉りし権現の御本地も、観音の本師▼P1411(一○四オ)弥陀如来也。師弟哀れを施して、今都へ上りぬと、父子共に感涙をぞ流しける。
三十四 〔成親卿失はれ給ふ事〕
 大納言入道は、少将も油黄嶋へ流され、其の弟共の少く御するも、安堵せず、ここ彼こに逃げ隠れ給ふなむど聞き給ひて、いとど心憂く悲しくて、日に随ひては思ひ沈みて、身も既によはりてみえ給ひける上、怱ぎ失ひ奉るべき由、承りにければ、或る時、経遠が許に大納言入道の呵嘖に付きたりける智明と申しける僧、大納言に申しけるは、「是は海中の嶋にて候ふ間、何事に付けてもすみうく候ふに、此より北に経遠が所領近く候ふ所に、吉備中山、細谷川なむど▼P1412(一〇四ウ)申して、名ある所候ふ。彼の所に、有木別所と云ふ、いたひけしたる山寺の候ふこそ、山水木立優なる所にて候へ。其へ渡らせ給ひ候へかし。渡し進らせ候はん」と申しければ、大納言入道げにもとおぼして、「ともかくも計らひにこそ随はめ」と宣ひければ、彼の山寺に難波太郎俊定が作り置きたりける僧房の有りけるを借りて、渡しすゑ奉りてけり。初めはとかく労り奉る由にて、同七月十九日に、坊の後に穴を深く堀らせて、穴の底にひしを植ゑて、上に仮橋を渡して、其の上に土をはねかけて、年来ふみ付けたる道の様にこしらへて置きたりけるを、▼P1413(一〇五オ)大納言入道、知り給はで、通りさまに其の上を歩み給ふと
て、落ち入り給ひたりけるを、用意したりける事なれば、やがて土を上にはねかけて埋み奉りにけり。隠しけれども、世に披露しけり。
三十五 〔成親卿の北方君達等出家の事〕
 北の方、此の由を聞き給ひけむ心の内こそ悲しけれ。「『黄泉何なる所ぞ、一たび往きて還らず。其の台何れの方ぞ、再び会ふに期無し。書を懸けて訪はむと欲すれば、則ち存没路隔てて、飛雁通ぜず。衣を擣ちて寄せむと欲すれば、生死界異にして、意馬徒らに疲れぬ』と云へり。替らぬ体を今一度みゆることもやとてこそ、憂き身ながら髪も付けて有りつれども、今は云ふに甲斐なし」とて、自ら▼P1414(一○五ウ)御ぐしを切り給ひてけり。雲林院と申して寺の有りけるに、忍びて参り給ひてぞ、戒をも持ち給ひける。又其の寺にてぞ、形の如くの追善なむども営みて、彼の菩提を訪ひ奉り給ひける。若君闘伽の水を結び給ける日は、姫君は樒をつみ、姫君水を取り給ふ日は、若君花をたをりなむどして、父の後世を訪ひ給ふも哀れ也。時移り事定まりて、楽しみ尽き、悲しみ来る。只天人の五衰とぞみえし。されども、大納言の妹、内大臣の北の方より、折りに触れてさまざまの贈りものありけり。是を見る人、涙を流さぬはなし。なき跡までも内大臣の御志の深さこそやさしけれ。
 成親卿は、若きより▼P1415(一〇六オ)次第の昇進かかはらず、家に未だなかりし大納言に至り、栄花先祖にこえ給へり。目出たかりし人の、いかなる宿業にて、かかるうき目を見給ひて、再び故郷へも帰り給はず、終に配所にて失せ給ひにけむ。
 其の最後の有様も、都にはさまざまに聞こえけり。歎きの日数積もりて、やせ衰へて思ひ死にに死に給ひたりとも聞こゆ。又、酒に毒を入れてすすめ奉りたりとも沙汰し、又、おきに漕ぎ出でて海へ入れ奉りたりとも申しけり。とかく云ひささやきける程に、不思議なりける事は、経遠が最愛の娘二人あり。七月下旬の比より一度に病付きて、はてには▼P1416(一〇六ウ)物に狂ひて、竹の中へ走り入りて、竹の切りくひにたふれ懸かりて、つらぬかれて、二人ながら一度に死にけり。忽ちに報いにけるこそおそろしけれ。
三十六 〔讃岐院の御事〕
 廿九日、讃岐院御追号あり崇徳院と申す。此の院と申すは、去んぬる保元元年に、悪左府頼長公の勧めに依りて世を乱りましましし御事也。其の合戦の庭を逃げ出でさせ御しまして、仁和寺の寛遍法務の御坊へ御幸なりたりけるが、讃岐国へ移されまします由を聞きて、其の比西行と聞こえし者、かくぞ思ひつづけし。
  ことのはの情絶えぬる折節に有り合ふ身こそ悲しかりけれ
  ▼P1417(一〇七オ) しき嶋や絶えぬる道になくなくも君とのみこそ跡をしのばめ
 新院、讃岐へ御下向あり。当国国司参行朝臣の沙汰として、鳥羽の草津より御船に召し、四方打ちつけたる御屋形の内に、月卿雲客の御身近く随ひ奉る一人もなし。只女房二三人ぞ、泣き悲しみながら仕へ奉りける。御屋形は開く事もなければ、月日の光もへだたりぬ。
 道すがら、浦々嶋々、由ある所々をも御覧ぜず、空しく過ぎさせましませば、御心のなぐさむ方もなし。取磨の浦と聞こし食しては、行平中納言、もしほたれつつ歎きけむ心の中を思し食しやられ、淡路嶋と聞こし召しては、昔大炊の▼P1418(一〇七ウ)廃帝の、彼の嶋に遷されつつ、思ひにたへず失せ給ひけむも、今は我が身の御上と思し食す。日数の経るままには都の遠ざかり行くも心細く、況や一宮の御事、思し食し出づるに付けては、いとど消え入る御心地なり。「なにしに今までながらへて、かかる思ひに咽ぶらむ。只水の沫ともきえ、底のみくづともたぐひなばや」とぞ思し食す。
 昔、河辺の逍遥のありしには、龍頭鷁首の御船を浮かべて錦の纜を解き、王公卿相前後に囲遶して、詩歌管絃の興を
催しき。今は海尾船の苫屋形の下にうづもれつつ、南海の外へ趣かせまします、生死苦海の有様こそ、返す返す▼P1419(一〇八オ)も哀れなれ。遠く異朝を検れば、正邑王賀は故国へ帰り、玄宗皇帝は蜀山に遷されき。近く吾が朝を尋ぬれば、安孝天皇は継子に殺され、崇峻天皇は逆臣に犯され給ひき。十善の君、万乗の主、先世の宿業は力及ばぬ事ぞかしと、思し食しなぞらへけるこそ、責めての事とは覚えしか。
 されども、つながぬ月日なれば、泣々讃岐へつき給ひぬ。当国志度郡直嶋に御所を立てて、すゑ奉る。彼の嶋は、国の地にはあらずして、海の面を渡る事、二時計りを隔てたり。田畠もなし、住民もなし。実にあさましき御すまゐとぞ見えし。長き一宇の屋を立てて、方一丁の築垣あり。▼P1420(一〇八ウ)南に門を一つ立てて、外より鎖を指したりけり。国司を始めとして、あやしの民に至るまで、恐れを成して言問ひ参る人もなし。浦路を渡るさよ千鳥、松を払ふ風の音、磯辺によする波の音、叢にすだく虫の音、何れも哀れを催し、涙を流さずと云ふ事なし。紫蓋峯の嵐疎かなり、雲七百里の外に収まり、曝泉浪を布きて冷しく、月四十尺の余りに澄めり。幽思窮まらず、深巷に人無きの処、愁腸断へなむと欲す、閑窓に月有るの時とかや。
 是より又、当国の在庁一の庁官、野大夫高遠が堂に移り給ひたりけるが、後には鼓の岡に御所立ててぞ渡らせ給ひける。
 かくて年▼P1421(一○九オ)月をすごさせましますに、御身には何事も先世の事と思し食すとも、女房達は何の顧みにも及ばず、都を恋ふる心なのめならず、落つる涙は紅に変じ、押さふる袖は朽ちぬ計り也。是れを御覧ずるに付けては、何事も御心弱くなりて、相構へて申し宥めらるべき由、御人わろく関白殿へ度々仰せ事有りけれども、返事にもおよばず。責めての御事に思し召されけるは、「我、天照大神の苗裔を受けて天子の位を沓み、忝く太上天皇の尊号を蒙りて、紛陽の居を卜めき。春は春の遊びに随ひ、秋は秋の興を催し、韶陽の花を翫び、長秋の月を詠じ、久しく▼P1422(一〇九ウ)仙洞の楽しみに誇りて、又思ひ出無きに非ず。如何なる罪の報ひにて、遥かの嶋に放たれて、かかる悲しみを含むらむ。境ひ南北に有らざれば、旅雁縁書の便りを得難し。政陰陽を別かざれば、烏頭馬角の変有り難し。懐土の思ひ最深し。望郷の鬼とこそならむずらめ。天竺・振旦より日本吾が朝に至るまで、位を争ひ国を論じて、叔父甥合戦を致し、兄弟闘諍を起せども、果報の勝劣に随ひて、叔父も負け、兄もまく。然りと雖も、時移り事去つて、罪を謝し讎を飜すは王道の恵み無偏の情也。されば奈良の先帝、内侍督
の勧めに依つて世を▼P1423(一一○オ)乱り給ひしかども、出家せられしかば流罪には及ばざりき。況んや是れは責めらるべきの由聞きしかば、其の難を遁るる方もやと防きし計りなり。さしも罪深かるべしとも覚えず。是程の有様にては、帰り上りてもなにかせむ。今は生きても何の益かあらむ」とて、御ぐしもめさず、御爪をも切らせ給はず、柿の頭巾・柿の御衣を召しつつ、御指より血をあやし、五部の大乗経をあそばして、御室へ申させ給ひけるは、「形の如く墨付に、五部の大乗経を三ヶ年間書き奉りて候ふを、貝鐘の声も聞えぬ国に棄て置き奉らむ事、うたてく候。此の御▼P1424(一一○ウ)経ばかり、都近き八幡・鳥羽の辺にも置きてたばせ給へ」と申させ給ひければ、御室より関白殿へ申させ給ふ。関白殿より内裏へ申させ給ひければ、少納言入道信西、「争でかさる事は候ふべき」と大きに諌め申しければ、御経をだにもゆるし奉る事なかりけり。
 これに依つて、新院、深く思食されけるは、「我勅の責め遁れ難くして、既に断罪の法に伏す。今に於いては恩謝を蒙るべきの由、強ちに望み申すと雖も、許容無きの上は不慮の行業になして、彼の讎を報ひむ」と思食して、御経を御前に積み置きて、御舌のさきをくひきらせ給ひて、其の血を以て軸の本毎に御▼P1425(一一一オ)誓状をあそばしける。「吾れ此の五部の大乗経を三悪道に投げ籠めて、此の大善根の力を以て日本国を滅ぼす大魔縁とならむ。天衆地類必ず力を合はせ給へ」と誓はせ給ひて、海底に入れさせ給ひにけり。怖しくこそ聞こえし。
 かくて九年を経て、御歳四十六と申しし長寛二年八月廿六日、志度の道場と申す山寺にして終に崩御なりにけり。やがて白峯と申す所にて焼き上げ奉る。其の煙は都へやなびきけむ。御骨をば高野山へ送れとの御遺言有りけれども、いかが有りけむ、そも知らず。御墓所をば、やがて白峯にぞ構へ奉りける。此の君、当国▼P1426(一一一ウ)にて崩御なりにしかば、讃岐院と号し奉りけり。
 新院の御子重仁親王は御出家ありて後は、花山院法印元性と申しき。新院崩御の事、都へ聞えて、御服奉らむとしける時、入道法親王より、「いつより召され候ぞ」と問ひ申させ給ひたりければ、宮、御涙をおさへつつ、かくぞ御返事にはありける。
  憂きながら其の松山の信物には今夜ぞ藤の衣をばきる
一宮とて寵きかしづき奉りしに、思はぬ外の御有様にならせ給ひにしこそ悲しけれ。我が御身ながらも、さこそ心憂く思し食されけめと哀れ也。
▼P1427(一一二オ)三十七 〔西行、讃岐院の墓所に詣づる事〕
 仁安三年の冬比、西行法師、後には大法房円位上人と申しけるが、諸国修行しけるが、此の君崩御の事を聞きて四国へ渡り、さぬきの松山と云ふ所にて、「是は新院の渡らせ給ひし所ぞかし」と思ひ出で奉りて、参りたりけれども其の御跡もみえず。松葉に雪ふりつつ道を埋みて、人通りたるあともなし。直嶋より支度と云ふ所に遷らせ給ひて三年久しくなりにければ 理なり。
  吉しさらば道をば埋め積もる雪さなくは人の通ふべきかは
  松山の波に流れてこし船のやがて空しくなりにける哉
と打ち詠じて、白峯の御墓へ尋ね参りたりけるに、▼P1428(一一二ウ)あやしの国人の墓なむどの様にて草深くしげれり。是を見奉るに涙も更に押へがたし。昔は一天四海の君として南殿に政を納め給ひしに、八元八〓の賢臣、左に候し右に随ひ奉りき。王公卿相雲の如く霞の如くして、万邦の随ひ奉る事、草の風に靡くが如くなりき。されば二六金殿の間には朝夕玉楼を瑩き、長生仙洞の中には綾羅錦繍にのみまつはされてこそ明かし晩し給ひしに、今は八重のむぐらの下に臥し給ひけむ事、悲しとも愚か也。一旦の災忽ちに起りつつ、九重の花洛を出でて千里の外に移されて、終を遠境に告げ給へり。先世の御▼P1429(一一三オ)宿業と云ひながら、哀れなりし事ぞかし。御墓堂とおぼしくて、方間の構へ有れども修理修造もなければ、ゆがみ傾きて樢葛はいかかり、況んや法花三昧勤むる禅侶もなければ、貝鐘の音もせず。事問ひ参る人もなければ、道ふみつけたる方もなし。昔は十善万乗の主、錦帳を九重の月に耀かし、今は懐土望郷の魂、玉体を白峯の苔に混ず。朝露に跡を尋ね、秋の草泣きて涙を添へ、嵐に向かひて君を問へば、老檜悲しみて心を傷ましむ。仙儀も見えず、只朝の雲も夕べの月をのみ見、法音も
聞えず、又松の響き鳥の語るをのみ聞く。軒傾きて暁の風猶危く、甍破れて暮の雨▼P1430(一一三ウ)防き難し。宮も藁屋もはてしなければ、かくても有りぬべき。世の中などつくづく昔今の御有様、とかく思ひつづくるに、不覚の涙ぞ押へがたき。かくぞ思ひつづけける。
よしやきみ昔の玉の床とてもかからむ後はなににかはせむ
 さて松の枝にて庵結びて、七日不断念仏申して罷り出でけるが、庵の前なる松にかくぞ書き付けける。
  ひさにへて我が後の世を問へよ松跡忍ぶべき人しなければ
三十八 〔宇治の悪左府贈官等の事〕
 八月三日、宇治の左大臣、又贈官贈位の事あり。勅使少納言惟基、彼の御墓所へ詣りて、宣命を捧げて太政大臣正一位を贈らるる由読み上げらる。御墓▼P1431(一一四オ)は大和国添上郡河上村般若野の五三昧也。昔保元の合戦の時、流れ矢に当たりて失せ給ひぬと風聞しけれども、正しく実否を聞食さざりければ、滝口師光・資行・能盛三人を遣はして実検せらる。其の墓を掘りをこしたれば、七月のさしも熱き折節に十余日にはなりぬ、何とてかは其の形とも見へ給ふべき。余りにかはゆき様なりければ、各々面をそばめてのきにけり。
 昔、宮中を出入し給ひしには、紅顔粧ひ濃かにして春の花の色を恥ぢ、異香かをりなつかしくして妓廬の煙薫を譲り、妙なる勢ひなりしかば、御目にまみへ御詞に▼P1432(一一四ウ)懸からむとこそ思ひしに、只今の御有様こそ口惜しけれ。色相ひ変異して〓脹爛壊し給へり。支節分散して膿血溢れ流れたり。悪香充満して不浄出現せり。余りかはゆく目もあてられざりければ、重ねて見るに及ばず。此の人々は帰りにけり。御不審の残る所はさる事なれども、墳墓を掘りうがち、死骸を実検せらるる事は、少納言入道信西が計らひに諸事随はせ給ふと云ひながら、情なくこそ聞えしか。此の報ひにや、信西、平治の最後の有様少しもたがはざりき。怖しかりし事共也。
 昔堀りをこして棄てられ給ひにし▼P1433(一一五オ)後は、死骸路の頭の土となりて、年々に春の草のみしげれり。今、朝の使尋ね行きて勅命を伝へてむ。亡魂いかがおぼしけむ、穴倉なし。思ひの外なる事共ありて、世間も静かならず。「是直事に非ず。偏へに怨霊の致す所なり」と人々申されければ、加様に行はれけり。冷泉院の御物狂はしくましまし、花山の法皇の御位をさらせ給ひ、三条院の御目のくらくおはしまししも、元方民部卿の怨霊の崇りとこそ承れ。
三十九 〔三条院の御事〕
 抑三条院の御目も御覧ぜられざりけるこそ心うかりけれ。只人の見まゐらせけるには、御眼なむど▼P1434(一一五ウ)もいときよらかに、聊かも替らせ給ひたる事渡らせ給はざりければ、虚事の様にぞ見へさせ給ひける。伊勢の斎宮の立たせ給ふに別れのくし刺させ給ひては、互ひに御らむじかへる事はいむ事にてあむなるに、此の院は指し向かはせ給ひたりけるを見まひらせてこそ渡らせ給ひけれ。此れを人みまゐらせてこそ、「さればこそ」と申しける。
 昔も今も怨霊は怖しき事なれば、光仁天皇の第二の御子、甲良の廃太子は崇道天皇と号し、聖武天皇妾〓井上の親王は皇后の職位に補し給ふ。是れ皆怨霊を▼P1435(一一六オ)宥められし謀なり。
四十 〔彗星東方に出る事〕
 同じき十二月廿四日、彗星東方に出づ。「又いかなる事の有らむずるやらむ」と、人怖ぢあへり。「彗星は、五行の気、五星の変。内に大兵有り、外に大乱有り」と云へり。

 平家物語第一末
 ▼(一一六オ)         (花押)
 ▼P1436(一二一オ)一一六ウ  裏表紙見返
   シヨにち
    暑日
    夏の日の異名なり。