平家物語(龍谷大学本)巻第二

【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本(龍谷大学善本叢書 13)に拠りました。

文責:荒山慶一・菊池真一



(表紙)
(目録)無し


P02141
P141
平家物語巻第二
『座主流』S0201治承元年五月五日、天台座主明雲大僧
正、公請を停止せらるるうへ、蔵人を御使
にて、如意輪の御本尊をめしかへひて、御持
僧を改易せらる。則使庁の使をつけ
て、今度神輿内裏へ振たてまつる衆
徒の張本をめされけり。加賀国に座主
の御房領あり。国司師高是を停廃の間、
P02142
その宿意によて大衆をかたらひ、訴詔
をいたさる。すでに朝家の御大事に及よし、
西光法師父子が讒奏によて、法皇大
に逆鱗ありけり。ことに重科におこなはる
べしときこゆ。明雲は法皇の御気色あ
しかりければ、印鑰をかへしたてまつ
て、座主を辞し申さる。同十一日、鳥羽院
の第七の宮、覚快法親王天台座主に
P02143
ならせ給ふ。是は青連院の大僧正、行玄の
御弟子也。同十一日、前座主所職をとどめらる
るうへ、検非違使二人をつけて、井にふた
をし、火に水をかけ、水火のせめにをよぶ。
これP142によて、大衆猶参洛すべき由聞えし
かば、京中又さはぎあへり。同十八日、太政大臣
以下の公卿十三人参内して、陣の座につき
て、前の座主罪科の事儀定あり。八条
P02144
中納言長方卿、其時はいまだ左大絅宰相に
て、末座に候けるが、申されけるは、「法家の
勘状にまかせて、死罪一等を減じて遠流せ
らるべしと見えてて候へども、前座主明雲
大僧正は顕密兼学して、浄行持律の
うへ、大乗妙経を公家にさづけ奉り、菩
薩浄戒を法皇にたもたせ奉る。御経の
師、御戒の師、重科におこなはれん事、冥
P02145
の照覧はかりがたし。還俗遠流をなだめ
らるべきか」と、はばかる所もなう申され
ければ、当座の公卿みな長方の義に同ず
と申あはれけれども、法皇の御いきどをり
ふかかりしかば、猶遠流に定らる。太政入道
も此事申さむとて、院参せられけれ共、
法皇御風のけとて御前へもめされ給は
ねば、ほいなげにて退出せらる。僧を罪
P02146
するならひとて、度縁をめしかへし、還俗
せさせ奉り、大納言大輔藤井松枝と俗
名をぞつけられける。此明雲と申は、村
上天皇第七の皇子、具平親王より六
代の御末、久我大納言顕通卿の御子也。誠
に無双の硯徳、天下第一の高僧にておは
しければ、君も臣もたとみ、〔天〕王寺・六勝寺
の別当をもかけ給へり。されども陰陽頭
P02147
安陪P143泰親が申けるは、「さばかりの智者の明雲
と名のり給こそ心えね。うへに日月の光
をならべて、下に雲あり」とぞ難じける。仁安
元年二月廿日、天台座主にならせ給。同三
月十五日、御拝堂あり。中堂の宝蔵をひら
かれけるに、種々の重宝共の中に、方一尺
の箱あり。しろい布にてつつまれたり。一
生不犯の座主、彼箱をあけて見給に、
P02148
黄紙にかけるふみ一巻あり。伝教大師
未来の座主の名字を兼てしるしをかれ
たり。我名のある所までみて、それより
奥をば、見ず、もとのごとくにまき返し
てをかるるならひ也。されば此僧正もさ
こそおはしけめ。かかるたとき人なれども、
前世の宿業をばまぬかれ給はず。あはれ
なりし事共也。同廿一日、配所伊豆国と定
P02149
らる。人々様々に申あはれけれども、西光法
師父子が讒奏によて、かやうにおこなは
れけり。やがてけふ都の内を追出さる
べしとて、追立の官人白河の御房にむか
ひ、をひ奉る。僧正なくなく御坊を出て、粟
田口のほとり、一切経の別所へいらせ給ふ。山門
には、せんずる所、我等が敵は西光父子に過た
る者なしとて、彼等親子が名字をかいて、
P02150
根本中堂におはします十二神将の内、金毘
羅大将の左の御足の下にふませ奉り、「十
二神将・七千夜叉、時刻をめぐらさず西光父
子が命をめしとり給へや」と、おめきP144さけん
で呪咀しけるこそ聞もおそろしけれ。同
廿三日、一切経の別所より配所へおもむき給
けり。さばかんの法務の大僧正ほどの人を、
追立の鬱使がさきにけたてさせ、今日を
P02151
かぎりに都を出て、関の東へおもむかれけ
ん心のうち、をしはかられてあはれ也。大津
の打出の浜にも成しかば、文殊楼の軒端
のしろじろとしてみえけるを、ふた目とも見
給はず、袖をかほにをしあてて、涙にむせび
給けり。山門には、宿老碩徳おほしといへども、
澄憲法印、其時はいまだ僧都にておはしけ
るが、余に名残をおしみ奉り、粟津まで
P02152
送りまいらせ、さても有べきならねば、それ
よりいとま申てかへられけるに、僧正心ざしの
切なる事を感じて、年来御心中に秘せら
れたりし一心三観の血脈相承をさづ
けらる。此法は釈尊の附属、波羅奈国の馬鳴
比丘、南天竺の竜樹菩薩より次第に相伝
しきたれる、けふのなさけにさづけらる。
さすが我朝は粟散辺地の境、濁世末代
P02153
といひながら、、澄憲これを附属して、法衣
の袂をしぼりつつ、都へ帰のぼられける心
のうちこそたとけれ。山門には大衆おこ
て僉議す。「義真和尚よりこのかた、天台座
主はじまて五十五代に至るまで、いまだるざ
いの例をきかず。倩事の心をあむずるに、
延暦の比ほひ、皇帝は帝都をたて、大
師は当山によぢのぼて四明の教法を此P145
P02154
所にひろめ給しよりこのかた、五障の女人跡
たえて、三千の浄侶居をしめたり。嶺には
一乗読誦年ふりて、麓には七社の霊験日
新なり。彼月氏の霊山は王城の東北、大聖の
幽崛也。此日域の叡岳も帝都の鬼門に
峙て、護国の霊地也。代々の賢王智臣、此
所に壇場をしむ。末代ならむがらに、いかんが当山
に瑕をばつくべき。心うし」とて、おめきさけぶ
P02155
といふ程こそありけれ、満山の大衆みな東坂
本へおり下る。『一行阿闍梨之沙汰』S0202「抑我等粟津にゆきむかひて、
貫首をうばひとどめ奉るべし。但追立の
鬱使・令送使あんなれば、事故なくとりえ
たてまつらん事ありがたし。山王大師の御
力の外はたのむかたなし。誠に別の子細
なくとりえ奉るべくは、爰にてまづ瑞相
を見せしめ給へ」と、老僧ども肝胆をくだ
P02156
いて祈念しけり。ここに無動寺法師乗円
律師がわらは、鶴丸とて、生年十八歳になるが、
身心をくるしめ五体に汗をながひて、俄に
くるひ出たり。「われに十禅師権現のりゐ
させ給へり。末代といふ共、いかでか我山の
貫首をば、他国へはうつさるべき。生々世々にP146
心うし。さらむにとては、われ此ふもとに跡を
とどめても何かはせむ」とて、左右の袖をか
P02157
ほにをしあてて、涙をはらはらとながす。大衆こ
れをあやしみて、「誠に十禅師権現の御
詫宣にてましまさば、我等しるしをまいらせむ。
すこしもたがへずもとのぬしに返したべ」
とて、老僧ども四五百人、手々にもたる数珠
共を、十禅師の大床のうへへぞなげあげた
る。此物ぐるひはしりまはてひろひあつめ、
すこしもたがへず一々にもとのぬしにぞ
P02158
くばりける。大衆神明の霊験あらたなる
事のたとさに、みなたな心を合て随喜
の涙をぞもよほしける。「其儀ならば、ゆきむ
かてうばひとどめ奉れ」といふ程こそありけれ、
雲霞の如くに発向す。或は志賀辛崎の
はま路にあゆみつづける大衆もあり、或は
山田矢ばせの湖上に舟をしいだす衆徒
もあり。是を見て、さしもきびしげなりつる
P02159
追立の鬱使・令送使、四方へ皆逃さりぬ。大
衆国分寺へ参り向。前座主大におどろひ
て、「勅勘の者は月日の光にだにもあたら
ずとこそ申せ。何况や、いそぎ都の内を追
出さるべしと、院宣・宣旨の成たるに、しばしも
やすらふべからず。衆徒とうとう帰りのぼり給
へ」とて、はしぢかうゐ出ての給ひけるは、「三台
槐門の家を出て、四明幽渓の窓に入しより
P02160
このかた、ひろく円宗の教法を学して、顕
密両宗をまなびき。ただ吾山のP147興隆を
のみ思へり。又国家を祈奉る事おろそか
ならず。衆徒をはぐくむ志もふかかりき。
両所山王さだめて照覧し給ふらん。身に
あやまつことなし。無実の罪によて遠流
の重科をかうぶれば、世をも人をも神をも
仏をも恨み奉る事なし。これまでとぶらひ
P02161
来り給ふ衆徒の芳志こそ報じ申がたけ
れ」とて、香染の御衣の袖しぼりもあへ給は
ねば、大衆もみな涙をぞながしける。御
輿さしよせて、「とうとうめさるべう候」と申
ければ、「昔こそ三千の衆徒の貫首たり
しか、いまはかかる流人の身と成て、いかむがや
ごとなき修学者、智恵ふかき大衆たち
には、かきささげられてのぼるべき。縦のぼるべ
P02162
きなり共、わらむづなどいふ物しばりはき、
おなじ様にあゆみつづひてこそのぼらめ」と
てのり給はず。ここに西塔の住侶、戒浄房
の阿闍梨祐慶といふ悪僧あり。たけ七
尺ばかり有けるが、黒革威の鎧の大荒目に
かねまぜたるを、草摺長にきなして、甲
をばぬぎ、法師原にもたせつつ、白柄の大
長刀杖につき、「あけられ候へ」とて、大衆の
P02163
中ををし分をし分、前座主のおはしける所へ
つと参り、大の眼をいからかし、しばしにらまへ
奉り、「その御心でこそかかる御目にもあ
はせ給へ。とうとうめさるべう候」と申けれ
ば、おそろしさにいそぎのり給。大衆とり得
奉るうれしさに、いやしき法師原にはあら
で、やごとなき修学者P148どもかきささげ奉
り、おめきさけでのぼりけるに、人はかはれ
P02164
ども祐慶はかはらず、さき輿かいて、長刀の柄
もこしの轅もくだけよととるままに、さしも
さがしき東坂、平地を行が如く也。大講堂の
庭にこしかきすへて、僉議しけるは、「抑我等
粟つに行向て、貫首をばうばひとどめ
奉りぬ。既に勅勘を蒙て流罪せられ
給ふ人を、とりとどめ奉て貫首に用ひ
申さむ事、いかが有べからむ」と僉議す。戒浄房
P02165
の阿闍梨、又先の如くにすすみ出て僉議し
けるは、「夫当山は日本無双の霊地、鎮護国
家の道場、山王の御威光盛にして、仏法王
法牛角也。されば衆徒の意趣に至るま
でならびなく、いやしき法師原までも世も
てかろしめず。况や智恵高貴にして三千の
貫首たり。いまは徳行をもうして一山の和尚
たり。罪なくしてつみをかうぶる、是山上洛中
P02166
のいきどをり、興福・園城の朝にあらずや。此
時顕密のあるじを失て、数輩の学侶、蛍雪
のつとめおこたらむ事心うかるべし。詮ずる
所、祐慶張本に処せられて、禁獄流罪も
せられ、かうべを刎られん事、今生の面目、
冥途の思出なるべし」とて、双眼より涙をは
らはらとながす。大衆尤々とぞ同じける。
それよりしてこそ、祐慶はいか目房とはいは
P02167
れけれ。其弟子に恵慶法師をば、時の人こい
かめ房とぞ申ける。P149大衆、前座主をば東塔
の南谷妙光坊へ入奉る。時の横災をば権化
の人ものがれ給はざるやらん。昔大唐の一行
阿闍梨は、玄宗皇帝の御持僧にておはし
けるが、玄宗の后楊貴妃に名を立給へり。昔
もいまも、大国も小国も、人の口のさがなさは、
跡かたなき事なりしか共、其疑によて果羅
P02168
国へながされ給。件の国へは三の道あり。林池
道とて御幸みち、幽地道とて雑人のかよふ
道、暗穴道とて重科の者をつかはす道也。
されば彼一行阿闍梨は大犯の人なれば
とて、暗穴道へぞつかはしける。七日七夜が間、
月日の光を見ずして行道也。冥々とし
て人もなく、行歩に前途まよひ、深々として
山ふかし。只澗谷に鳥の一声ばかりにて、苔の
P02169
ぬれ衣ほしあへず。無実の罪によて遠流
の重科をかうぶる事を、天道あはれみ給
て、九曜のかたちを現じつつ、一行阿闍梨
をまもり給。時に一行右の指をくひきて、
左の袂に九曜のかたちを写れけり。和漢両
朝に真言の本尊たる九曜の曼陀羅是也。
『西光被斬』S0203 大衆、前座主を取とどむる由、法皇きこし
めして、いとどやすからずぞ覚しP150めされける。
P02170
西光法師申けるは、「山門の大衆みだりがはし
きうたへ仕事、今にはじめずと申ながら、今度は
以外に覚候。是ほどの狼籍いまだ承り及候
はず。よくよく御いましめ候へ」とぞ申ける。身の
只今亡びんずるをもかへりみず、山王大
師の神慮にもはばからず、かやうに申て宸
襟をなやまし奉る。讒臣は国をみだるとい
へり。実なる哉。叢蘭茂からむとすれども、秋
P02171
風是をやぶり、王者明かならむとすれば、讒
臣これをくらうす共、かやうの事をや申べき。
此事、新大納言成親卿已下近習の人々に
仰合られて、山せめらるべしと聞えしかば、
山門の大衆、「さのみ王地にはらまれて、詔命を
そむくべきにあらず」とて、内々院宣にした
がひ奉る衆徒も有など聞えしかば、前座主
明雲大僧正は妙光房におはしけるが、大衆
P02172
二心ありときいて、「つゐにいかなるめにかあはん
ずらむ」と、心ぼそ気にぞの給ひける。され共
流罪の沙汰はなかりけり。新大納言成親卿は、
山門の騒動によて、私の宿意をばしばらく
をさへられけり。そも内義支度はさまざま
なりしかども、義勢ばかりでは此謀反かなふ
べうもみえざりしかば、さしもたのまれたり
ける多田蔵人行綱、此事無益也と思心
P02173
つきにけり。弓袋の料にをくられたりける
布共をば、直垂かたびらにP151裁ぬはせて、家子
郎等どもにさせつつ、めうちしばだたいてゐた
りけるが、倩平家の繁昌する有さまを
みるに、当時たやすくかたぶけがたし。由な
き事にくみしてげり。もし此事もれぬる
ものならば、行綱まづ失はれなんず。他人の
口よりもれぬ先にかへり忠して、命いかうど
P02174
思心ぞつきにける。同五月廿九日のさ夜ふけ
がたに、多田蔵人行綱、入道相国の西八条の亭
に参て、「行綱こそ申べき事候間、まいて候へ」と
いはせければ、入道「つねにもまいらぬものが
参じたるは何事ぞ。あれきけ」とて、主馬
判官盛国を出されたり。「人伝には申まじ
き事なり」といふ間、さらばとて、入道みづから
中門の廊へ出られたり。「夜ははるかに
P02175
ふけぬらむと。只今いかに、何事ぞや」とのた
まへば、「ひるは人めのしげう候間、夜にまぎれ
てまいて候。此程院中の人々の兵具をと
とのへ、軍兵をめされ候をば、何とかきこし
めされ候」。「夫は山攻らるべしとこそきけ」
と、いと事もなげにぞの給ひける。行綱ちかう
より、小声になて申けるは、「其儀では候はず。
一向御一家の御うへとこそ承候へ」。「さて夫をば
P02176
法皇もしろしめされたるか」。「子細にや及び候。
成親卿の軍兵めされ候も、院宣とてこそ
めされ候へ。俊寛がとふるまうて、康頼がかう
申て、西光がと申て」などいふ事共、始より
ありのままにはさし過P152ていひちらし、「いとま
申て」とて出にけり。入道大におどろき、大
声をもて侍どもよびののしり給ふ。聞
もおびたたし。行綱なまじひなる事申出
P02177
して、証人にやひかれんずらむとおそろし
さに、大野に火をはなたる心地して、人も
おはぬにとり袴して、いそぎ門外へぞ逃出け
る。入道、先貞能をめして、「当家かたぶけうす
る謀反の輩、京中にみちみちたん也。一門の
人々にもふれ申せ。侍共もよほせ」との給
へば、馳まいてもよほす。右大将宗盛卿、三位
中将知盛、頭中将重衡、左馬頭行盛以下の人々、
P02178
甲胃をよろひ、弓箭を帯し馳集る。其ほか
軍兵雲霞のごとくに馳つどふ。其夜のうちに
西八条には、兵共六七千騎もあるらむとこそみえ
たりけれ。あくれば六月一日也。まだくらかり
けるに、入道、検非違使安陪資成をめして、「き
と院の御所へ参れ。信成をまねひて申さう
ずるやうはよな、「近習の人々、此一門をほろぼし
て天下をみだらんとする企あり。一々に召とて
P02179
たづね沙汰仕るべし。それをば君もしろしめ
さるまじう候」と申せ」とこその給ひけれ。資
成いそぎ御所へはせ参り、大膳大夫信成
よびいだいて此由申に、色を失ふ。御前へ
まいて此由奏問しければ、法皇「あは、これら
が内々はかりし事のもれにけるよ」と覚しめ
すにあさまし。さるにても、「こは何事ぞ」とP153
ばかり仰られて、分明の御返事もなかりけり。
P02180
資成いそぎ馳帰て、入道相国に此由申せば、
「さればこそ。行綱はまことをいひけり。この事
行綱しらせずは、浄海安穏に有べしや」とて、
飛騨守景家・筑後守貞能に仰て、謀反の
輩からめとるべき由下知せらる。仍二百余き、
三百余騎、あそこここにをしよせをしよせからめとる。
太政入道まづ雑色をもて、中御門烏丸の
新大納言成親卿の許へ、「申合べき事あり。
P02181
きと立より給へ」との給ひつかはされたり
ければ、大納言我身の上とは露しらず、
「あはれ、是は法皇の山攻らるべき事
御結構あるを、申とどめられんずるにこそ。
御いきどをりふかげ也。いかにもかなふまじ
きものを」とて、ないきよげなる布衣たを
やかにきなし、あざやかなる車にのり、侍三
四人めしぐして、雑色牛飼に至るまで、つね
P02182
よりも引つくろはれたり。そも最後とは後に
こそおもひしられけれ。西八条ちかうなてみ給
へば、、四五町に軍兵みちみちたり。「あなおび
たたし。何事やらん」と、むねうちさはぎ、車
よりおり、門の内にさし入て見給へば、内にも
兵どもひまはざまもなうぞみちみちたる。中
門の口におそろしげなる武士共あまた待う
けて、大納言の左右の手をとてひぱり、「いま
P02183
しむべう候やらむ」と申。入道相国簾中より
見P154出して、「有べうもなし」との給へば、武士共十
四五人、前後左右に立かこみ、縁の上にひ
きのぼせて、ひとま〔なる〕所にをしこめてげり。
大納言夢の心ちして、つやつやものも覚え
給はず。供なりつる侍共をしへだてられて、
ちりぢりに成ぬ。雑色・牛飼色をうしなひ、牛・
車をすてて逃さりぬ。さる程に、近江中将入道
P02184
蓮浄、法勝寺執行俊寛僧都、山城守基兼、
式部大輔正綱、平判官康頼、宗判官信房、新
平判官資行もとらはれて出来たり。西光
法師此事きいて、我身のうへとや思けむ、鞭
をあげ、院の御所法住寺殿へ馳参る。平家の
侍共道にて馳むかひ、「西八条へめさるるぞ。きと
まいれ」といひければ、「奏すべき事があて法
住寺殿へ参る。やがてこそ参らめ」といひけれ
P02185
共、「にくひ入道かな、何事をか奏すべき。さな
いはせそ」とて、馬よりとて引おとし、ちうに
くくて西八条へさげて参る。日のはじめより根
元与力の者なりければ、殊につよういましめて、
坪の内にぞひすへたる。入道相国大床にたて、
「入道かたぶけうどするやつがなれるすがたよ。
しやつここへ引よせよ」とて、縁のきはに引
よせさせ、物はきながらしやつらをむずむず
P02186
とぞふまれける。「もとよりをのれらがや
うなる下臈のはてを、君のめしつかはせ給ひ
て、なさるまじき官職をなしたび、父子共
に過分のふるまひP155するとみしにあはせて、
あやまたぬ天台座主流罪に申おこな
ひ、天下の大事引出いて、剰此一門亡ぼすべ
き謀反にくみしてげるやつ也。有のままに
申せ」とこその給ひけれ。西光もとより
P02187
すぐれたる大剛の者なりければ、ちとも色も
変ぜす、わろびれたるけひきもなし。居なを
りあざわらて申けるは、「さもさうず。入道殿こ
そ過分の事をばの給へ。他人の前はしらず、
西光がきかん所にさやうの事をば、えこその
給ふまじけれ。院中につかはるる身なれば、
執事の別当成親卿の院宣とて催されし
事に、くみせずとは申べき様なし。それはくみし
P02188
たり。但、耳にとまる事をもの給ふものかな。
御辺は故刑部卿忠盛の子でおはせしかども、
十四五までは出仕もし給はず。故中御門藤
中納言家成卿の辺に立入給しをば、京わ
らはべは高平太とこそいひしか。保延の比、大
将軍承り、海賊の張本卅余人からめ進ぜら
れし賞に、四品して四位の兵衛佐と申し
しをだに、過分とこそ時の人々は申あはれ
P02189
しか。殿上のまじはりをだにきらはれし人
の子で、太政大臣まで成あがたるや過分なる
らん。侍品の者の受領検非違使になる
事、先例傍例なきにあらず。なじかは過分
なるべき」と、はばかる所もなう申ければ、入道
あまりにいかて物もの給はず。しばしあて「しや
つが頸左右なうきるな。よくよくいましめよ」と
ぞの給ひけP156る。松浦太郎重俊承て、足手を
P02190
はさみ、さまざまにいためとふ。もとよりあらが
ひ申さぬうへ、糾問はきびしかりけり、残なう
こそ申けれ。白状四五枚に記せられ、やがて、「しや
つが口をさけ」とて口をさかれ、五条西朱雀に
してきられにけり。嫡子前加賀守師高、尾
張の井戸田へながされたりけるを、同国の
住人小胡麻郡司維季に仰てうたれぬ。次男
近藤判官師経禁獄せられたりけるを、
P02191
獄より引出され、六条河原にて誅せらる。その
弟左衛門尉師平、郎等三人、同く首をはね
られけり。是等はいふかひなき物の秀て、い
ろうまじき事にいろひ、あやまたぬ天台座
主流罪に申おこなひ、果報やつきにけむ、
山王大師の神罰冥罰をたちどころに
かうぶて、かかる目にあへりけり。『小教訓』S0204 新大納言、ひとま
なる所にをしこめられ、あせ水になりつつ、
P02192
「あはれ、これは日来のあらまし事のもれきこ
えけるにこそ。誰もらしつらむ。定て北面の
者共が中にこそ有らむ」など、思はじ事なう案
じつづけておはしけるに、うしろのかたより
足をとのたからかにしければ、すは只今わ
が命をうしなはんとて、P157もののふ共が参るに
こそとまち給ふに、入道みづからいたじき
たからかにふみならし、大納言のおはしけるうし
P02193
ろの障子をさとあけられたり。素絹の衣の
みじからかなるに、白き大口ふみくくみ、ひじりづ
かの刀をしくつろげてさすままに、以外いか
れるけしきにて、大納言をしばしにらまへ、「抑
御辺は平治にもすでに誅せらるべかりしを、内
府が身にかへて申なだめ、頸をつぎたてまし
はいかに。何の遺恨をもて、此一門ほろぼすべき
由御結構は候けるやらん。恩をしるを人とは
P02194
いふぞ。恩をしらぬをちく生とこそいへ。然
共当家の運命つきぬによて、むかへ奉また
り。日来の御結構の次第、直に承らむ」とぞ
の給ひける。大納言「またくさる事候はず。人
の讒言にてぞ候らん。よくよく御尋候へ」と申
されければ、入道いはせもはてず、「人やあ
る、人やある」とめされければ、貞能参りたり。「西
光めが白状まいらせよ」と仰られければ、もてま
P02195
いりたり。これをとて二三返をし返をし返よみ
きかせ、「あなにくや。此うへをば何と陳ずべき」
とて、大納言のかほにさとなげかけ、障子をちや
うどたててぞ出られける。入道、猶腹をすへ
かねて、「経遠・兼康」とめせば、瀬尾太郎・難波
二郎、まいりたり。「あの男とて庭へ引おとせ」
との給へば、これらはさうなうもしたてま
つらず、畏て、「小松殿の御気色いかが候はんずP158ら
P02196
ん」と申ければ、入道相国大にいかて、「よしよし、を
のれらは内府が命をばをもうして、入道が仰
をばかろうしけるごさんなれ。其上は力及はず」
との給へば、此事あしかりなんとやおもひけん、
二人のもの共立あがり、大納言を庭へ引お
とし奉る。其時入道心ちよげにて、「とてふせ
ておめかせよ」とぞの給ひける。二人の者共、
大納言の左右の耳に口をあてて、「いかさまに
P02197
も御声のいづべう候」とささやいてひきふせ
奉れば、二こゑ三声ぞおめかれける。其体冥
途にて、娑婆世界の罪人を、或は業のはか
りにかけ、或は浄頗梨のかがみにひきむ
けて、罪の軽重に任つつ、阿防羅刹が呵嘖
すらんも、これには過じとぞみえし。蕭樊とら
はれとらはれて、韓彭にらきすされたり。兆錯戮
をうけて、周儀つみせらる。たとへば、蕭何・樊
P02198
噌・韓信・彭越、是等は高祖の忠臣なりしか共、
小人の讒によて過敗の恥をうく共、かやうの
事をや申べき。新大納言は我身のかくなるに
つけても、子息丹波少将成経以下、おさな
き人々、いかなるめにかあふらむと、おもひやる
にもおぼつかなく、さばかりあつき六月に、
装束だにもくつろげず、あつさもたへがた
ければ、むねせきあぐる心ちして、あせも
P02199
涙もあらそひてぞながれける。「さり共小松殿は
思食はなたじ物を」との給へども、誰して申
べし共覚え給はず。P159小松のおとどは、其後遥
に程へて、嫡子権亮少将車のしりにのせつ
つ、衛府四五人、随身二三人召具して、兵一人
もめしぐせられず、殊に大様げでおはした
り。入道をはじめ奉て、人々皆おもはずげに
ぞ見給ひける。車よりおり給所に、貞能
P02200
つと参て、「などこれ程の御大事に、軍兵共
をばめしぐせられ候はぬぞ」と申せば、「大事とは
天下の大事をこそいへ。かやうの私ごとを大事
と云様やある」との給へば、兵杖を帯し
たる者共も、皆そぞろいてぞみえける。「そも
大納言をばいづくにをかれたるやらん」とて、
ここかしこの障子引あけ引あけ見給へば、
ある障子のうへに、蜘手ゆふたる所あり。ここ
P02201
やらむとてあけられたれば、大納言おはし
けり。涙にむせびうつぶして、めも見あはせ給
はず。「いかにや」との給へば、其時みつけ奉
り、うれしげに思はれたるけしき、地獄に
て罪人どもが地蔵菩薩を見奉らむも、
かくやとおぼえてあはれ也。「何事にて候や
らん、かかるめにあひ候。さてわたらせ給へば、
さり共とこそたのみまいらせ候へ。平治にも
P02202
既誅せらるべきで候しが、御恩をもて頸をつ
がれまいらせ、正二位の大納言にあがて、歳す
でに四十にあまり候。御恩こそ生々世々にも報
じつくしがたう候へ。今度も同はかひなき
命をたすけさせおP160はしませ。命だにいきて候
はば、出家入道して高野粉川に閉籠り、一
向後世菩提のつとめをいとなみ候はむ」と申
されければ、「さは候共、よも御命失ひ奉る
P02203
まではよも候はじ。縦さは候とも、重盛かうで
候へば、御命にもかはり奉るべし」とて出られけ
り。父の禅門の御まへにおはして、「あの成親卿
うしなはれん事、よくよく御ぱからひ候べし。先
祖修理大夫顕季、白川院にめしつかはれて
よりこのかた、家に其例なき正二位の大
納言にあがて、当時君無双の御いとおしみな
り。やがて首をはねられん事、いかが候べからむ。
P02204
都の外へ出されたらむに事たり候なん。北野
天神は時平のおとどの讒奏にてうき名を
西海の浪にながし、西宮の大臣は多田の満仲
が讒言にて恨を山陽の雲によす。これ皆
延喜の聖代、安和の御門の御ひが事とぞ申
つたへたる。上古猶かくのごとし、况や末代に
をいてをや。賢王猶御あやまりあり、况や
凡人にをいてをや。既に召をかれぬるうへは、
P02205
いそぎうしなはれずとも、なんのくるしみか候べき。
「刑の疑はしきをばかろんぜよ。功のうたがはし
きをばをもんぜよ」とこそみえて候へ。事あた
らしく候へども、重盛彼大納言が妹に相ぐし
て候。維盛又聟なり。かやうにしたしく成て
候へば申とや、おぼしめされ候らん。其儀では候
はず。世のため、君のため、家のための事を
もて申候。一P161とせ、故少納言入道信西が執権
P02206
の時に相あたて、我朝には嵯峨皇帝の御時、
右兵衛督藤原仲成を誅せられてよりこ
のかた、保元までは君廿五代の間おこなはれ
ざりし死罪をはじめてとりおこなひ、宇治の
悪左府の死骸をほりおこいて実験せら
れし事などは、あまりなる御政とこそ覚え
候しか。さればいにしへの人々も、「死罪をおこ
なへば海内に謀反の輩たえず」とこそ申
P02207
伝て候へ。此詞について、中二年あて、平治に
又信西がうづまれたりしをほり出し、首を
刎て大路をわたされ候にき。保元に申行ひし
事、いくほどもなく身の上にむかはりにきと思
へば、おそろしうこそ候しか。是はさせる朝敵に
もあらず。かたがたおそれ有べし。御栄花残る所
なければ、覚しめす事有まじければ、子々
孫々までも繁昌こそあらまほしう候へ。父祖の
P02208
善悪は必子孫に及ぶとみえて候。積善の家に
余慶あり、積悪の門に余殃とどまるとこそ
承はれ。いかさまにも今夜首を刎られん事、然
べうも候はず」と申されければ、入道相国げに
もとや思はれけむ、死罪は思ひとどまり給ひぬ。
其後おとど中門に出て、侍共にの給ひけるは、
「仰なればとて、大納言左右なう失ふ事有べか
らず。入道腹のたちのままに、物さはがしき事
P02209
し給ひては、後に必くやみ給ふべし。僻事
してわれうらむな」との給へば、兵共皆舌をP162ふ
ておそれをののく。「さても経遠・兼康がけさ
大納言に情なうあたりける事、返々も奇怪
也。重盛がかへり聞ん所をば、などかははばからざる
べき。かた田舎のもの共はかかるぞよ」との給へ
ば、難波も瀬尾もともにおそれ入たりけり。
おとどはかやうにの給ひて、小松殿へぞ帰られける。
P02210
さる程に、大納言の供なりつる侍共、中御門烏丸
の宿所へはしり帰て、此由申せば、北方以下の
女房達、声もおしまずなきさけぶ。「既武士
のむかひ候。少将殿を始まいらせて、君達も皆
とらせさせ給ふべしとこそ聞え候へ。急ぎいづ
方へもしのばせ給へ」と申ければ、「今はこれほ
どの身に成て、残りとどまるとても、安穏に
て何にかはせむ。只同じ一夜の露ともきえん事
P02211
こそ本意なれ。さてもけさはかぎりとしらざ
りけるかなしさよ」とて、ふしまろびてぞなか
れける。既武士共のちかづく由聞えしかば、
かくて又はぢがましく、うたてきめをみむも
さすがなればとて、十に成給ふ女子、八歳の
男子、車に取のせ、いづくをさすともなく
やり出す。さても有べきならねば、大宮をの
ぼりに、北山の辺雲林院へぞおはしける。
P02212
其辺なる僧坊におろしをき奉り、をくりの
もの共も、身々のすてがたさにいとま申て帰
けり。今はいとけなきおさなき人々ばかり残
りゐて、み事とふ人もなくしておはしけん
北方の心のうち、をしはかP163られて哀也。暮行
かげを見給ふにつけては、大納言の露の
命、此夕をかぎりなりと思ひやるにも、きえ
ぬべし。女房侍おほかりけれ共、物をだにとり
P02213
したためず、門をだにもをしも立ず。馬ど
もは厩になみたちたれども、草かふもの一人
もなし。夜明れば、馬・車門にたちなみ、賓客
座につらなて、あそびたはぶれ、まひおどり、
世を世とも思給はず、近きあたりの人は
物をだにたかくいはず、おぢをそれてこそ
昨日までも有しに、夜の間にかはるありさま、
盛者必衰の理は目前にこそ顕れけれ。楽
P02214
つきて悲来るとかかれたる江相公の筆の
あと、今こそ思しられけれ。『少将乞請』S0205丹波少将成経は、
其夜しも院御所法住寺殿にうへ臥して、
いまだ出られざりけるに、大納言の侍共、い
そぎ御所へはせ参て、少将殿よび出し
奉り、此由申に、「などや宰相のもとより、今
までしらせざるらむ」との給ひもはてねば、
宰相殿よりとて使あり。此宰相と申は、
P02215
入道相国の弟也。宿所は六波羅の惣門の内
なれば、門脇の宰相とぞ申ける。丹波の
少将にはしうと也。「何事P164にて候やらん、入道
相国のきと西八条へ具し奉れと候」といは
せられたりければ、少将此事心得て、近習
の女房達よび出し奉り、「よべ何となう世
の物さはがしう候しを、例の山法師の下るか
など、よそに思ひて候へば、はや成経が身の
P02216
うへにて候けり。大納言よさりきらるべう候
なれば、成経も同座にてこそ候はむずらめ。
いま一度御前へまいて、君をも見まいらせた
う候へ共、既にかかる身に罷成て候へば、憚存候」
とぞ申されける。女房達御前ヘまいて、此由
奏せられければ、法皇大におどろかせ給ひ
て、「さればこそ。けさの入道相国が使にはや
御心得あり。あは、これらが内々はかりしことの
P02217
もれけるよ」と覚しめすにあさまし。「さるに
てもこれへ」と御気色有ければ、参られたり。
法皇も御涙をながさせ給ひて、仰下さるる
旨もなし。少将も涙に咽で、申あぐる旨もな
し。良ありて、さても有べきならねば、少将袖
をかほにあてて、泣々罷出られけり。法皇はうし
ろを遥に御覧じをくらせ給ひて、「末代こそ
心うけれ。これかぎりで又御覧ぜぬ事もや
P02218
あらむずらん」とて、御涙をながさせ給ふぞ
かたじけなき。院中の人々、少将の袖をひかへ、
袂にすがて名残をおしみ、涙をながさぬは
なかりけり。しうとの宰相のもとへ出られたれ
ば、北方はちかう産すべき人にておはしけP165るが、今
朝より此歎をうちそへては、既命もたえ入
心ちぞせられける。少将御所を罷いづるより、
ながるる涙つきせぬに、北方のありさまをみた
P02219
まひては、いとどせんかたなげにぞみえられ
ける。少将のめのとに、六条といふ女房あり。
「御ちに参りはじめさぶらひて、君をちのなか
よりいだきあげまいらせ、月日のかさなる
にしたがひて、我身の年のゆく事をば歎
ずして、君のおとなしうならせ給ふ事をのみ
うれしう思ひ奉り、あからさまとはおもへ共、既
廿一年ははなれまいらせず。院内へまいらせ
P02220
給ひて、をそう出させ給だにも、おぼつかな
う思ひまいらするに、いかなる御目にかあはせ給
はむずらむ」となく。少将「いたうな歎ひそ。宰相
さておはすれば、命ばかりはさり共こいうけ
給はむずらむ」となぐさめ給へ共、人めもしらず
なきもだへけり。西八条より使しきなみに
有ければ、宰相「ゆきむかふてこそ、ともかう
もならめ」とて出給へば、少将も宰相の車の
P02221
しりにのりてぞ出られける。保元平治より
このかた、平家の人々たのしみさかへのみあ
て、愁歎はなかりしに、此宰相ばかりこそ、よし
なき聟故にかかる歎きをばせられけれ。
西八条ちかうなて車をとどめ、まづ案内を
申入られければ、太政入道「丹波少将をば、此
内へはいれらるべからず」との給ふ間、其辺ちか
き侍の家におろしをきつつ、宰相P166ばかりぞ門の
P02222
内へは入給ふ。少将をば、いつしか兵共打かこんで、
守護し奉る。たのまれたりつる宰相殿には
はなれ給ひぬ。少将の心のうち、さこそは
便なかりけめ。宰相中門に居給ひたれば、
入道対面もし給はず、源大夫判官季貞を
もて申入られけるは、「由なきものにしたしう
成て、返々くやしう候へ共、かひも候はず。相具し
させて候ものが、此ほどなやむ事の候なるが、
P02223
けさより此歎をうちそへては、既命もたえ
なんず。何かはくるしう候べき。少将をばしばらく
教盛にあづけさせおはしませ。教盛かうで候へ
ば、なじかはひが事せさせ候べき」と申されければ、
季貞まいて此由申す。「あはれ、例の宰相が、物に
心えぬ」とて、とみに返事もし給はず。ややあり
て、入道の給ひけるは、「新大納言成親、この一
門をほろぼして、天下を乱らむとする企あり。此
P02224
少将は既彼大納言が嫡子也。うとふもあれしたし〔う〕も
あれ、えこそ申宥むまじけれ。若此謀反とげ
ましかば、御辺とてもおだしうやおはすべきと
申せ」とこその給ひけれ。季貞かへりまいて、此
由宰相に申ければ、誠ほいなげで、重て申
されけるは、「保元平治よりこのかた、度々の合
戦にも、御命にかはりまいらせむとこそ存候へ。
此後もあらき風をばまづふせき参らせ候
P02225
はんずるに、たとひ教盛こそ年老て候とも、
わかき子共あまた候へば、一方の御固にP167はなどか
ならで候べき。それに成経しばらくあづからうど
申すを御ゆるされなきは、教盛を一向二心
ある者とおぼしめすにこそ。是ほどうしろめた
う思はれまいらせては、世にあても何にかはし
候べき。今はただ身のいとまをたまはて、出家入道
し、かた山里にこもり居て、一すぢに後世菩
P02226
提のつとめをいとなみ候はん。由なき浮世の
まじはり也。世にあればこそ望もあれ、望のか
なはねばこそ恨もあれ。しかじ、うき世をいとひ、実
の道に入なんには」とぞの給ひける。季貞ま
いて、「宰相殿ははや覚しめしきて候。ともかう
もよき様に御ぱからひ候へ」と申ければ、其時入
道大におどろいて、「さればとて出家入道まで
はあまりにけしからず。其儀ならば、少将をばし
P02227
ばらく御辺に預奉ると云べし」とこその給ひ
けれ。季貞帰まいて、宰相に此由申せば、「あ
はれ、人の子をばもつまじかりける物かな。我子
の縁にむすぼほれざらむには、是ほど心を
ばくだかじ物を」とて出られけり。少将待うけ奉て、
「さていかが候つる」と申されければ、「入道あまりに
腹をたてて、教盛にはつゐに対面もし給はず。
かなふまじき由頻にの給ひけれ共、出家入道
P02228
まで申たればにやらん、しばらく宿所にをき奉
れとの給ひつれども、始終よかるべしともおぼえ
ず」。少将「さ候へばこそ、成経は御恩をもてP168しばし
の命ものび候はんずるにこそ。夫につき候ては、
大納言が事をばいかがきこしめされ候」。「それまでは
思ひもよらず」との給へば、其時涙をはらはらとな
がいて、「誠に御恩をもてしばしの命いき候はんずる
事は、然べう候へ共、命のおしう候も、父を今一度
P02229
見ばやと思ふ為也。大納言がきられ候はんにお
いては、成経とてもかひなき命をいきて何
にかはし候べき。ただ一所でいかにもなるやうに
申てたばせ給ふべうや候らん」と申されけれ
ば、宰相よにも心くるしげにて、「いさとよ。御辺の
事をこそとかう申つれ。それまではおもひもよら
ね共、大納言殿の御事をば、今朝〔内〕のおとどやうやう
に申されければ、それもしばしは心安いやうに
P02230
こそ承はれ」との給へば、少将泣々手を合てぞ
悦ばれける。子ならざらむ者は、誰か只今我身の
うへをさしをひて、是ほどまでは悦べき。誠の契
はおやこの中にぞありける。子をば人のもつ
べかりける物かなとぞ、やがて思ひかへされける。
さて今朝のごとくに同車して帰られけり。宿
所には女房達、しんだる人のいきかへりたる
心ちして、さしつどひて皆悦泣共せられけり。P169
P02231
『教訓状』S0206太政入道は、かやうに人々あまたいましめをいて
も、猶心ゆかずや思はれけん、既赤地の錦
の直垂に、黒糸威の腹巻の白がな物うたる
むな板せめて、先年安芸守たりし時、神拝の
次に、霊夢を蒙て、厳島の大明神よりうつつに
給はられたりし銀のひる巻したる小長刀、常の
枕をはなたず立られたりしを脇にはさみ、中
門の廊へぞ出られける。そのきそくおほかた
P02232
ゆかしうぞみえし。貞能をめす。筑後守貞能、木
蘭地の直垂にひおどしの鎧きて、御前に畏て
候。ややあて入道の給ひけるは、「貞能、此事いかが
おもふ。保元に平〔右〕馬助をはじめとして、一門半過の
新院のみかたへまいりにき。一宮の御事は、故刑
部卿殿の養君にてましまいしかば、かたがた見
はなちまいらせがたかし〔か〕ども、故院の御遺誡に
任て、みかたにてさきをかけたりき。是一の奉
P02233
公なり。次平治元年十二月、信頼・義朝が院内を
とり奉て、大内にたてごもて、天下くらやみと
成たりしに、入道身を捨て凶徒を追落し、
経宗・惟方をめし警しに至るまで、既に君
の御為に命をうしなはんとする事、度々にをよ
ぶ。縦人なんと申共、七代までは此一門をば争か
捨させ給ふべき。それに、成親P170と云無用の
いたづら者、西光と云下賎の不当人めが申
P02234
事につかせ給て、此一門亡すべき由、法皇の御
結構こそ遺恨の次第なれ。此後も讒奏す
る者あらば、当家追討の院宣下されつとお
ぼゆるぞ。朝敵と成てはいかにくゆ共益有まじ。
世をしづめん程、法皇を鳥羽の北殿へうつし
奉るか、然ずは、是へまれ御幸をなしまいらせむと
思ふはいかに。其儀ならば、北面の輩、矢をも一い
んずらん。侍共に其用意せよと触べし。大方
P02235
は入道、院がたの奉公おもひきたり。馬にくらをか
せよ。きせなが取出せ」とぞの給ひける。主馬
判官盛国、いそぎ小松殿へ馳まいて、「世は既かう
候」と申ければ、おとど聞もあへず、「あははや、成親
卿が首を刎られたるな」との給へば、「さは候はね
共、入道殿きせながめされ候。侍共皆うたて、ただ
今法住寺殿へよせんと出たち候。法皇をば
鳥羽殿へをしこめまいらせうど候が、内々は鎮西
P02236
の方へながしまいらせうど議せられ候」と申ければ、
おとど争かさる事有べきと思へ共、今朝の禅門
のきそく、さる物ぐるはしき事も有らんとて、
車をとばして西八条へぞおはしたる。門前にて車
よりおり、門の内へさし入て見給へば、入道腹巻
をき給ふ上は、一門の卿相雲客数十人、各
色々の直垂に思ひ思ひの鎧きて、中門の廊に
二行P171に着座せられたり。其外諸国の受領・
P02237
衛府・諸司などは、縁にゐこぼれ、庭にもひしと
なみゐたり。旗ざほ共ひきそばめひきそばめ、馬の腹帯
をかため、甲の緒をしめ、只今皆うたたむずる
けしきどもなるに、小松殿烏帽子直衣に、
大文の指貫そばとて、ざやめき入給へば、事外
にぞ見えられける。入道ふしめになて、あはれ、れ
いの内府が世をへうする様にふるまふ、大に諫ば
やとこそ思はれけめども、さすが子ながらも、内に
P02238
は五戒をたもて慈悲を先とし、外には五常をみ
ださず、礼義をただしうし給ふ人なれば、あのすが
たに腹巻をきて向はん事、おもばゆうはづかし
うや思はれん、障子をすこし引たてて、素絹の
衣を腹巻の上にあはてぎにき給ひける
が、むないたの金物のすこしはづれてみえけ
るを、かくさうど、頻に衣のむねを引ちがへ引ちがへ
ぞし給ひける。おとどは舎弟宗盛卿の座上に
P02239
つき給ふ。入道もの給ひ出す旨もなし。おとども
申出さるる事もなし。良あて入道の給ひけるは、
「成親卿が謀反は事の数にもあらず。一向法皇の
御結構にて有けるぞや。世をしづめん程、法皇
を鳥羽の北殿へうつし奉るか、然ずは是へまれ
御幸をなしまいらせんと思ふはいかに」との給へば、
おとど聞もあへずはらはらとぞなかれける。入道「い
かにいかに」とあきれ給ふ。おとど涙をおさへて申
P02240
されけるは、「此仰承候に、P172御運ははや末に成ぬと
覚候。人の運命の傾かんとては、必悪事を思ひ
立候也。又御ありさま、更にうつつ共覚え候はず。さ
すが我朝は辺地粟散の境と申ながら、天照
大神の御子孫、国のあるじとして、天児屋根尊
の御末、朝の政をつかさどり給ひしより以来、太
政大臣の官に至る人の甲冑をよろふ事、礼
義を背にあらずや。就中御出家の御身也。
P02241
夫三世の諸仏、解脱幢相の法衣をぬぎ捨
て、忽に甲冑をよろひ、弓箭を帯しまし
まさん事、内には既破戒無慙の罪をまねく
のみならずや、外には又仁義礼智信の法に
もそむき候なんず。かたがた恐ある申事にて
候へ共、心の底に旨趣を残すべきにあらず。まづ
世に四恩候。天地の恩、国王の恩、父母の恩、衆
生の恩是也。其中に尤おもきは朝恩也。普天
P02242
の下、王地にあらずといふ事なし。されば彼潁川の
水に耳をあらひ、首陽山に薇をおし賢人も、勅
命そむきがたき礼義をば存知すとこそ
承はれ。何况哉先祖にもいまだきかざし太政
大臣をきはめさせ給ふ。いはゆる重盛が無才
愚闇の身をもて、蓮府槐門の位に至る。しかの
みならず、国郡半過て一門の所領となり、田園
悉一家の進止たり。是希代の朝恩にあら
P02243
ずや。今これらの莫大の御恩を忘て、みだ
りがはしく法皇を傾け奉らせ給はん事、天
照大神・正八幡宮の神慮にも背候なんず。日
本は是神国也。神は非礼を享給はず。P173然ば
君のおぼしめし立ところ、道理なかばなきに
あらず。中にも此一門は、朝敵を平げて四海
の逆浪をしづむる事は無双の忠なれば、その
賞に誇る事は傍若無人共申つべし。聖徳太
P02244
子十七ケ条の御憲法に、「人皆心あり。心各執あり。
彼を是し我を非し、我を是し彼を非す、是非
の理誰かよく定むべき。相共に賢愚なり。環
の如くして端なし。ここをもて設人いかると云共、
かへて我とがをおそれよ」とこそみえて
候へ。しかれ共、御運つきぬによて、謀反既
あらはれぬ。其上仰合らるる成親卿め
しをかれぬる上は、設君いかなるふしぎ
P02245
をおぼしめしたたせ給ふとも、なんのおそれ
か候べき。所当の罪科おこなはれん上は、退
いて事の由を陳じ申させ給ひて、君
の御ためには弥奉公の忠勤をつくし、民
のためにはますます撫育の哀憐をいた
させ給はば、神明の加護にあづかり、仏陀
の冥慮にそむくべからず。神明仏陀感応
あらば、君もおぼしめしなをす事、などか候は
P02246
ざるべき。君と臣とならぶるに親疎わくか
たなし。道理と僻事をならべんに、争か道理
につかざるべき」。P174『烽火之沙汰』S0207 「是は君の御ことはりにて
候へば、かなはざらむまでも、院御所法住寺
殿を守護しまいらせ候べし。其故は、重盛
叙爵より今大臣の大将にいたるまで、しかし
ながら君の御恩ならずと云事なし。其恩の
重き事をおもへば、千顆万顆の玉にも
P02247
こえ、其恩のふかき事を案ずれは、一入再
入の紅にも過たらん。しかれば、院中にまい
りこもり候べし。其儀にて候はば、重盛が身
にかはり、命にかはらんと契たる侍共少々候
らん。これらをめしぐして、院御所法住寺
殿を守護しまいらせ候はば、さすが以外の
御大事でこそ候はんずらめ。悲哉、君の御た
めに奉公の忠をいたさんとすれば、迷
P02248
慮八万の頂より猶たかき父の恩、忽に
わすれんとす。痛哉、不孝の罪をのがれん
とおもへば、君の御ために既不忠の逆臣
となりぬべし。進退惟きはまれり、是
非いかにも弁がたし。申うくるところ〔の〕詮は、
ただ重盛が頸をめされ候へ。院中をも守
護しまいらすべからず、院参の御供をも仕る
べからず。かの蕭何は大功かたへにこえたるに
P02249
よて、官大相国に至り、剣を帯し沓をは
きながら殿上にのぼる事をゆるされし
か共、叡慮にそむく事あれば、高祖おもう
警てふかう罪せられにき。かやうの先蹤を
おP175もふにも、富貴といひ栄花といひ、朝恩と
いひ重職といひ、旁きはめさせ給ひぬ
れば、御運のつきむこともかたかるべきに
あらず。富貴の家には禄位重畳せり、ふた
P02250
たび実なる木は其根必いたむとみえ
て候。心ぼそうこそおぼえ候へ。いつまでか
命いきて、みだれむ世をも見候べき。只末
代に生をうけて、かかるうき目にあひ候重
盛が果報の程こそつたなう候へ。ただ今侍
一人に仰付て、御坪のうちに引出されて、
重盛が首のはねられん事は、安いほどの
事で〔こそ〕候へ。是をおのおの聞給へ」とて、直衣
P02251
の袖もしぼるばかりに涙をながしかきくどかれ
ければ、一門の人々、心あるも心なきも、みな
鎧の袖をぞぬらされける。太政入道も、た
のみきたる内府はかやうにの給ふ、力も
なげにて、「いやいや、これまでは思もよりさ
うず。悪党共が申事につかせ給ひて、ひが
事などやいでこむずらんと思ふばかりで
こそ候へ」との給へば、「縦いかなるひが事出
P02252
き候とも、君をば何とかしまいらせ給ふべ
き」とて、ついたて中門に出て、侍共に仰ら
れけるは、「只今重盛が申つる事共をば、
汝等承はらずや。今朝よりこれに候うて、かや
うの事共申しづめむと存じつれ共、あ
まりにひたさはぎにみえつる間、帰りたり
つるなり。院参の御供にをいては、重盛が
頸のめされむを見て仕れ。さらば人まい
P02253
れ」とて、小松殿へぞ帰られける。P176主馬判官
盛国をめして、「重盛こそ天下の大事を別
して聞出したれ。「我を我とおもはん者
共は、皆物ぐして馳まいれ」と披露せよ」
との給へば、此由ひろうす。おぼろけにては
さはがせ給はぬ人の、かかる披露のあるは
別の子細のあるにこそとて、皆物具して
我も我もと馳まいる。淀・はづかし・宇治・岡の屋、
P02254
日野・勧条寺・醍醐・小黒栖、梅津・桂・大原・しづ
原、せれうの里と、あぶれゐたる兵共、或は
よろいきていまだ甲をきぬもあり、或は
矢おうていまだ弓をもたぬもあり。片
鐙ふむやふまずにて、あはてさはいで馳
まいる。小松殿にさはぐ事ありと聞えしかば、
西八条に数千騎ありける兵共、入道に
かうとも申も入ず、ざざめきつれて、皆小
P02255
松殿へぞ馳たりける。すこしも弓箭にたづ
さはる程の者、一人も残らず。其時入道大
に驚き、貞能をめして、「内府は何とおもひて、
これらをばよびとるやらん。是でいひつる様
に、入道が許へ射手などやむかへんずらん」と
の給へば、貞能涙をはらはらとながいて、「人も
人にこそよらせ給ひ候へ。争かさる御事候べき。
申させ給ひつる事共も、みな御後悔ぞ候
P02256
らん」と申ければ、入道内府に中たがふて
はあしかりなんとやおもはれけむ、法皇むかへ
まいらせんずる事もはや思とどまり、腹
巻ぬぎをき、素絹の衣にけさうちかけ
て、いと心にもおこらぬ念珠してこそおはし
けれ。P177小松殿には、盛国承て着到つけけ
り。馳参たる勢ども、一万余騎とぞしる
いたる。着到披見の後、おとど中門に出て、
P02257
侍共にの給ひけるは、「日来の契約をたが
へず、まいりたるこそ神妙なれ。異国に
さるためしあり。周幽王、褒■女+以と云最愛の
后をもち給へり。天下第一の美人也。
されども幽王の心にかなはざりける事は、
褒■女+以咲をふくまずとて、すべて此后わら
う事をし給はず。異国の習には、天下に
兵革おこる時、所々に火をあげ、大鼓をうて
P02258
兵をめすはかり事あり。是を烽火と名づ
けたり。或時天下に兵乱おこて、烽火をあ
げたりければ、后これを見給ひて、「あな
ふしぎ、火もあれ程おほかりけるな」と
て、其時初てわらひ給へり。この后一たび
ゑめば百の媚ありけり。幽王うれしき事に
して、其事となうつねに烽火をあげ給ふ。
諸こう来るにあたなし。あたなければ則
P02259
さんぬ。かやうにする事度々に及べば、まいる
ものもなかりけり。或時隣国より凶賊
おこて、幽王の都をせめけるに、烽火を
あぐれども、例の后の火にならて兵もま
いらず。其時都かたむいて、幽王終にほろ
びにき。さてこの后は野干となてはし
りうせけるぞおそろしき。か様の事がある
時は、自今以後もこれよりめさむには、かく
P02260
のごとくまいるべし。重盛不思議の事を聞
出してめしつるなり。されども其事聞なを
しつ。僻事にてありけり。とうP178とう帰れ」とて
皆帰されけり。実にはさせる事をも聞出
されざりけれども、父をいさめ申され
つる詞にしたがひ、我身に勢のつくかつか
ぬかの程をもしり、又父子戦をせんとには
あらねども、かうして入道相国の謀反の心を
P02261
もや、やはらげ給ふとの策也。君君たらず
と云とも、臣もて臣たらずば有べからず。
父父たらずと云共、子もて子たらずば有
べからず。君のためには忠あて、父のため
には孝あり。文宣王のの給ひけるにた
がはず。君も此よしきこしめして、「今にはじめ
ぬ事なれ共、内府が心のうちこそはづか
しけれ。怨をば恩をもて報ぜられたり」
P02262
とぞ仰ける。「果報こそめでたうて、大臣の
大将に至らめ、容儀体はい人に勝れ、才智
才覚さへ世にこえたるべしやは」とぞ、時の
人々感じあはれける。「国に諫る臣あれば
其国必やすく、家に諫る子あれば其家
必ただし」といへり。上古にも末代にもありが
たかりし大臣也。『大納言流罪』S0208同六月二日、新大納言成
親卿をば公卿の座へ出し奉り、御物まいらせ
P02263
たP179りけれども、むねせきふさがて御はしを
だにもたてられず。御車をよせて、とう
とうと申せば、心ならずのり給ふ。軍兵ども
前後左右にうちかこみたり。我方の者
は一人もなし。「今一度小松殿にみえ奉らばや」
との給へ共、それもかなはず。「縦重科を
蒙て遠国へゆく者も、人一人身にそへぬ
者やある」と、車のうちにてかきくどかれ
P02264
ければ、守護の武士共も皆鎧の袖を
ぞぬらしける。西の朱雀を南へゆけば、
大内山も今はよそにぞ見給ける。とし比
見奉りし雑色牛飼に至るまで、涙をな
がし袖をしぼらぬはなかりけり。まして都に
残りとどまり給ふ北方、おさなき人々の
心のうち、おしはかられて哀也。鳥羽
殿をすぎ給ふにも、此御所へ御幸なり
P02265
しには、一度も御供にははづれざりし物
をとて、わが山庄すはま殿とて有し
をも、よそにみてこそとおられけれ。南の
門に出て、舟をそしとぞいそがせける。「こは
いづちへやらむ。おなじううしなはるべくは、
都ちかき此辺にてもあれかし」との給ひける
ぞせめての事なる。ちかうそひたる武士を
「たそ」ととひ給へば、「難波次郎経遠」と申。
P02266
「若此辺に我方さまのものやある。舟に
のらぬ先にいひをくべき事あり。尋
てまいらせよ」との給ひければ、其辺
をはしりまはて尋けれ共、我こそ大納
言殿の方と云者一人もなし。「我世なり
し時は、P180したがひついたりし者共、一二千
人もありつらん。いまはよそにてだにも、
此有さまを見をくる者のなかりけるか
P02267
なしさよ」とてなかれければ、たけきもののふ
共もみな袖をぞぬらしける。身にそふもの
とては、ただつきせぬ涙ばかり也。熊野ま
うで、天王寺詣などには、ふたつがはらの、
三棟につくたる舟にのり、次の舟二三
十艘漕つづけてこそありしに、今はけ
しかるかきすゑ屋形舟に大幕ひかせ、見
もなれぬ兵共にぐせられて、けふをかぎ
P02268
りに都を出て、浪路はるかにおもむかれ
けむ心のうち、おしはかられて哀也。其
日は摂津国大もつの浦に着給ふ。新大
納言、既死罪に行はるべかりし人の、流罪に
宥られけることは、小松殿のやうやうに申さ
れけるによて也。此人いまだ中納言にて
おはしける時、美濃国を知行し給ひしに、
嘉応元年の冬、目代右衛門尉正友が
P02269
もとへ、山門の領、平野庄の神人が葛を売
てきたりけるに、目代酒に飲酔て、くず
に墨をぞ付たりける。神人悪口に及
ぶ間、さないはせそとてさんざんにれうり
やくす。さる程に神人共数百人、目代が
許へ乱入す。目代法にまかせて防けれ
ば、神人等十余人うちころされ、是に
よて同年の十一月三日、山門の大衆飫しう
P02270
蜂起して、国司成親卿を流罪に処せられ、
目代右衛門尉正友を禁獄せらるべき由P181
奏聞す。既成親卿備中国へながさるべき
にて、西の七条までいだされたりしを、君
いかがおぼしめされけん、中五日あてめしかへ
さる。山門の大衆飫しう呪咀すと聞え
しか共、同二年正月五日、右衛門督を兼し
て、検非違使の別当になり給ふ。其時
P02271
姿方・兼雅卿こえられ給へり。資方卿はふ
るい人、おとなにておはしき。兼雅卿は栄花
の人也。家嫡にてこえられ給ひけるこそ
遺恨なれ。是は三条殿造進の賞也。
同三年四月十三日、正二位に叙せらる。その
時は中御門中納言宗家卿こえられ給へ
り。安元元年十月廿七日、前中納言より
権大納言にあがり給ふ。人あざけて、「山門の
P02272
大衆には、のろはるべかりける物を」とぞ
申ける。されども今はそのゆへにや、かかる
うき目にあひ給へり。凡は神明の罰も
人の呪咀も、ときもあり遅もあり、不同
なる事共也。同三日、大もつの浦へ京より
御使ありとてひしめきけり。新大納言
「是にり失へとにや」と聞給へば、さはなく
して、備前の児島へながすべしとの御使
P02273
なり。小松殿より御ふみあり。「いかにもして、み
やこちかき片山里にをき奉らばやと、
さしも申つれどもかなはぬ事こそ、世にある
かひも候はね。さりながらも、御命ばかりは申
うけて候」とて、難波がもとへも「かまへてよく
よく宮仕へ御心にたがうな」と仰られつかはし、
旅のよそほいこまごまと沙汰しをP182くられ
たり。新大納言はさしも忝うおぼしめされ
P02274
ける君にもはなれまいらせ、つかのまもさ
りがたうおもはれける北方おさなき人々
にも別はてて、「こはいづちへとて行やらん。
二度こきやうに帰て、さひしを相みん事も
有がたし。一とせ山門の訴詔によてなが
されしを、君おしませ給ひて、西の七条よ
りめし帰されぬ。これはされば君の御
警にもあらず。こはいかにしつる事ぞや」と、天
P02275
にあふぎ地にふして、泣かなしめ共かひぞな
き。明ぬれば既舟おしいだいて下り給ふ
に、みちすがらもただ涙に咽で、ながらふべ
しとはおぼえねど、さすが露の命はきえ
やらず、跡のしら波へだつれば、都は次第に
遠ざかり、日数やうやう重れば、遠国は既近
付けり。備前の児島に漕よせて、民の家
のあさましげなる柴の庵にをき奉る。
P02276
島のならひ、うしろは山、前はうみ、磯の松風
浪の音、いづれも哀はつきせず。『阿古屋之松』S0209 大納言
一人にもかぎらず、警を蒙る輩おほかり
けり。近江中将入道蓮浄P183佐渡国、山城守
基兼伯耆国、式部大輔正綱播磨国、宗判
官信房阿波国、新平判官資行は美作
国とぞ聞えし。其比入道相国、福原の別
業におはしけるが、同廿日、摂津左衛門盛
P02277
澄を使者で、門脇の宰相の許へ、「存る旨あり。
丹波少将いそぎ是へたべ」との給ひつかはさ
れたりければ、宰相「さらば、只ありし時
ともかくもなりたりせばいかがせむ。今更
物をおもはせんこそかなしけれ」とて、福原
へ下り給ふべき由の給へば、少将なくなく
出立給ひけり。女房達は、「かなはぬ物ゆへ、
なをもただ宰相の申されよかし」とぞ
P02278
歎れける。宰相「存る程の事は申つ。世を
捨るより外は、今は何事をか申べき。され共、
縦いづくの浦におはす共、我命のあらむ
かぎりはとぶらひ奉るべし」とぞの給ひけ
る。少将は今年三になり給ふおさなき人
を持給へり。日ごろはわかき人にて、君達な
どの事も、さしもこまやかにもおはせざりし
か共、今はの時になりしかば、さすが心にやかか
P02279
られけん、「此おさなき者を今一度見ばや」と
こその給ひけれ。めのといだいてまいり
たり。少将ひざのうへにをき、かみかきなで、
涙をはらはらとながいて、「あはれ、汝七歳になら
ば男になして、君へまいらせんとこそおもひ
つれ。され共、今は云かひなし。若命いきてお
ひたちたらば、法師P184になり、我後の世と
ぶらへよ」との給へば、いまだいとけなき心に
P02280
何事をか聞わき給ふべきなれ共、うちう
なづき給へば、少将をはじめ奉て、母へめ
のとの女房、其座になみゐたる人々、心あ
るも心なきも、皆袖をぞぬらしける。福
原の御使、やがて今夜鳥羽まで出させ
給ふべきよし申ければ、「幾程ものびざら
む物ゆへに、こよひばかりは都のうちにて
あかさばや」との給へ共、頻に申せば、其夜
P02281
鳥羽へ出られける。宰相あまりにうらめし
さに、今度はのりも具し給はず。おなじき
廿二日、福原へ下りつき給ひたりければ、
太政入道、瀬尾太郎兼康に仰て、備中国
へぞ下されける。兼康は宰相のかへり聞
給はん所をおそれて、道すがらもやうやう
にいたはりなぐさめ奉る。され共少将なぐ
さみ給ふ事もなし。よるひるただ仏の御
P02282
名をのみ唱て、父の事をぞ歎れける。新
大納言は備前の児島におはしけるを、あづ
かりの武士難波次郎経遠「これは猶舟津
近うてあしかりなん」とて地へわたし奉り、備
前・備中両国の堺、にはせて郷有木の別
所と云山寺にをき奉る。備中の瀬尾
と備前の有木の別所の間は、纔五十町
にたらぬ所なれば、丹波少将、そなたの
P02283
風もさすがなつかしうやおもはれけむ。或時
兼康をめして、「是より大納言殿の御渡あ
むなる備前のP185有木の別所へは、いか程の
道ぞ」ととひ給へば、すぐにしらせ奉てはあし
かりなんとやおもひけむ、「かたみち十二三日
で候」と申。其時少将涙をはらはらとながいて、
「日本は昔三十三ケ国にてありけるを、中
比六十六ケ国に分られたんなり。さ云備前・
P02284
備中・備後も、もとは一国にてありける也。又
あづまに聞ゆる出羽・陸奥両国も、昔は六十
六郡が一国にてありけるを、其時十三郡を
さきわかて、出羽国とはたてられたり。
されば実方中将、奥州へながされたり
ける時、此国の名所にあこやの松と云
所を見ばやとて、国のうちを尋ありき
けるが、尋かねて帰りける道に、老翁の
P02285
一人逢たりければ、「やや、御辺はふるい人
とこそ見奉れ。当国の名所にあこやの
松と云所やしりたる」ととふに、「またく
当国のうちには候はず。出羽国にや候らん」。
「さては御辺しらざりけり。世はすゑに
なて、名所をもはやよびうしなひたるに
こそ」とて、むなしく過んとしければ、老
翁、中将の袖をひかへて、「あはれ君は みちの
P02286
くのあこ屋の松に木がくれていづべき
月のいでもやらぬか W008 といふ歌の心を
もて、当国の名所あこ屋の松とは仰
られ候か、それは両国が一国なりし時
読侍る歌也。十二郡をさきわかて後は、
出羽国にや候らん」と申ければ、さらば
とて、実方中将も出羽国にこえてこそ、
あこ屋の松をばP186見たりけれ。筑紫
P02287
の太宰府より都へ■魚+宣の使ののぼるこそ、
かた路十五日とはさだめたれ。既十二三日と
云は、これより殆鎮西へ下向ごさむなれ。
遠しと云とも、備前・備中の間、両三日には
よも過じ。近きをとをう申は、大納言殿の
御渡あんなる所を、成経にしらせじとて
こそ申らめ」とて、其後は恋しけれ共とひ
給はず。『大納言死去』S0210 さる程に、法勝寺の執行俊寛僧
P02288
都、平判官康頼、この少将相ぐして、三人薩摩
潟鬼界が島へぞながされける。彼島は、都
を出てはるばると浪路をしのいで行所也。
おぼろけにては舟もかよはず。島にも人ま
れなり。をのづから人はあれども、此土の人
にも似ず。色黒うして牛の如し。身には頻
に毛おひつつ、云詞も聞しらず。男は鳥帽
子もせず、女は髪もさげざりけり。衣裳な
P02289
ければ人にも似ず。食する物もなければ、
只殺生をのみ先とす。しづが山田を返さ
ねば、米穀のるいもなく、園の桑をとらざ
れば、絹帛のたぐひもなかりけり。島のな
かにはたかき山あり。鎮に火もゆ。硫黄と
云物みちみてり。かるがゆへに硫P187黄が島
とも名付たり。いかづちつねになりあが
り、なりくだり、麓には雨山せし。一日片時、人
P02290
の命たえてあるべき様もなし。さる程に、新
大納言はすこしくつろぐ事もやと思はれ
けるに、子息丹波少将成経も、はや鬼界が
島へながされ給ひぬときいて、今はさのみ
つれなく何事をか期すべきとて、出家の
志の候よし、便に付て小松殿へ申されけれ
ば、此由法皇へ伺申て御免ありけり。やが
て出家し給ひぬ。栄花の袂を引かへて、
P02291
うき世をよそのすみぞめの袖にぞや
つれ給ふ。大納言の北方は、都の北山雲
林院の辺にしのびてぞおはしける。さらぬ
だに住なれぬ所は物うきに、いとどしのば
れければ、過行月日もあかしかね、くらしわ
づらふさまなりけり。女房侍おほかり
けれども、或世をおそれ、或人目をつつむ
ほどに、とひとぶらふ者一人もなし。され共
P02292
その中に、源左衛門尉信俊と云侍一人、情
ことにふかかりければ、つねはとぶらひた
てまつる。或時北方、信俊をめして、「まことや、
これには備前のこじまにと聞えしが、此程き
けば有木の別所とかやにおはす也。いかにも
して今一度、はかなき筆の跡をも奉り、
御をとづれをもきかばや」とこその給ひけ
れ。信俊涙をおさへ申けるは、「幼少より御
P02293
憐を蒙て、かた時もはなれまいらせ候はず。
御下りの時も、P188何共して御供仕うと申候しか
共、六波羅よりゆるされねば力及候はず。め
され候し御声も耳にとどまり、諫られま
いらせし御詞も肝に銘じて、かた時も忘
まいらせ候はず。縦此身はいかなる目にもあ
ひ候へ、とうとう御ふみ給はてまいり候はん」とぞ申
ける。北方なのめならず悦て、やがてかいてぞ
P02294
たうだりける。おさなき人々も面々に御
ふみあり。信俊これを給はて、はるばると
備前国有木の別所へ尋下る。あづかりの
武士難波次郎経遠に案内をいひけれ
ば、心ざしの程を感じて、やがて見参に
いれたりけり。大納言入道殿は、只今も都
の事をの給ひだし、歎きしづんでおはし
ける処に、「京より信俊がまいて候」と申入
P02295
たりければ、「ゆめかや」とて、ききもあへず
おきなをり、「是へ是へ」とめされければ、
信俊まいて見奉るに、まづ御すまひの
心うさもさる事にて、墨染の御袂を見
奉るにぞ、信俊目もくれ心もきえて覚ゆ
る。北方の仰かうむし次第、こまごまと申て、
文とりいだいて奉る。是をあけて見給へ
ば、水ぐきの跡は涙にかきくれて、そこはか
P02296
とはみえねども、「おさなき人々のあまりに
恋かなしみ給ふありさま、我身もつきせ
ぬもの思にたへしのぶべうもなし」など
かかれたれば、日来の恋しさは事の数
ならずとぞかなしみ給ふ。P189かくて四五日過
ければ、信俊「これに候て、最後の御有様
見まいらせん」と申ければ、あづかりの
武士難波次郎経遠、かなうまじき由頻に
P02297
申せば、力及ばで、「さらば上れ」とこその給ひ
けれ。「我は近ううしなはれんずらむ。此世に
なき者ときかば、相構て我後世とぶら
へ」とぞの給ひける。御返事かいてたうだ
りければ、信俊これを給て、「又こそ参り
候はめ」とて、いとま申て出ければ、「汝がまた
こんたびを待つくべしともおぼえぬぞ。
あまりにしたはしくおぼゆるに、しばししばし」との
P02298
給ひて、たびたびよびぞかへされける。さて
もあるべきならねば、信俊涙をおさへつつ、都
へ帰上りけり。北方に御ふみまいらせたり
ければ、是をあけて御覧ずるに、はや出家
し給ひたるとおぼしくて、御ぐしの一ふさ、
ふみのおくにありけるを、ふた目とも見
給はず。かたみこそ中々今はあだなれ
とて、ふしまろびてぞなかれける。おさなき
P02299
人々も、声々になきかなしみ給ひけり。さる
ほどに、大納言入道殿をば、同八月十九日、備
前・備中両国の堺、にはせの郷吉備の中
山と云所にて、つゐにうしなひ奉る。其さ
ひごの有さま、やうやうに聞えけり。酒に毒
を入てすすめたりければ、かなはざりけ
れば、岸の二丈ばかりありける下にひしを
うへて、うへよりつきおとし奉れば、ひしにつらP190
P02300
ぬかてうせ給ひぬ。無下にうたてき事共
也。ためしすくなうぞおぼえける。大納言北
方は、此世になき人と聞たまひて、「いかに
もして今一度、かはらぬすがたを見もし、み
えんとてこそ、けふまでさまをもかへざり
つれ。今は何にかはせん」とて、菩提院と云
寺におはし、さまをかへ、かたのごとく仏事
をいとなみ、後世をぞとぶらひ給ひける。
P02301
此北方と申は、山城守敦方の娘なり。勝た
る美人にて、後白河法皇の御最愛なら
びなき御おもひ人にておはしけるを、成
親卿ありがたき寵愛の人にて、給はられ
たりけるとぞ聞えし。おさなき人々も
花を手折、閼伽の水を結むで、父の後
世をとぶらひ給ふぞ哀なる。さる程に時
うつり事さて、世のかはりゆくありさまは、
P02302
ただ天人の五衰にことならず。『徳大寺之沙汰』S0211  ここに徳大寺
の大納言実定卿は、平家の次男宗盛卿に
大将をこえられて、しばらく寵居し給へり。
出家せんとの給へば、諸大夫侍共、いかがせん
と歎あへり。其中に藤蔵人重兼と云
諸大夫あり。諸事に心えたる人にて、ある月
の夜、実定卿南面の御格子あげさせ、只ひ
とり月に嘯ておはしける処に、なぐP191さめ
P02303
まいらせんとやおもひけん、藤蔵人まいり
たり。「たそ」。「重兼候」。「いかに何事ぞ」との給へ
ば、「今夜は殊に月さえて、よろづ心のすみ候
ままにまいて候」とぞ申ける。大納言「神妙に
まいたり。余に何とやらん心ぼそうて徒然
なるに」とぞ仰られける。其後何となひ
事共申てなぐさめ奉る。大納言の給ひけ
るは、「倩此世の中のありさまをみるに、平家
P02304
の世はいよいよさかんなり。入道相国の嫡子次
男、左右の大将にてあり。やがて三男知盛、嫡孫
維盛も有ぞかし。かれも是も次第にならば、他
家の人々、大将をいつあたりつぐべし共覚え
ず。さればつゐの事也。出家せん」とぞの給ひ
ける。重兼涙をはらはらとながひて申けるは、
「君の御出家候なば、御内の上下皆まどひ者
になりなんず。重兼めづらしい事をこそ案
P02305
じ出して候へ。喩ば安芸の厳島をば、平家なの
めならずあがめ敬れ候に、何かはくるしう候べき、
彼社へ御まいりあて、御祈誓候へかし。七日斗り
御参籠候はば、彼社には内侍とて、ゆうなる舞
姫共おほく候。めづらしう思ひまいらせて、も
てなしまいらせ候はんずらむ。何事の御祈誓
に御参籠候やらんと申候はば、ありのままに
仰候へ。さて御のぼりの時、御名残おしみ
P02306
まいらせ候はんずらむ。むねとの内侍共をめ
し具して、都まで御のぼり候へ。都へのぼり候
なば、西八条へぞ参候はんずらん。徳大P192寺殿
は何事の御祈誓に厳島へはまいらせ給
ひたりけるやらんと尋られ候はば、内侍ども
ありのままにぞ申候はむずらん。入道相国は
ことに物めでし給ふ人にて、わが崇給ふ
御神へまいて、祈申されけるこそうれしけれ
P02307
とて、よきやうなるはからひもあんぬと
覚え候」と申ければ、徳大寺殿「これこそ思ひ
もよらざりつれ。ありがたき策かな。やがて
まいらむ」とて、俄に精進はじめつつ、厳島へぞ
参られける。誠に彼社には内侍とてゆうなる
女どもおほかりけり。七日参籠せられける
に、よるひるつきそひ奉り、もてなす事
かぎりなし。七日七夜の間に、舞楽も三度
P02308
までありけり。琵琶琴ひき、神楽うたひ
など遊ければ、実定卿も面白事に覚しめ
し、神明法楽のために、いまやう朗詠うたい、
風俗催馬楽など、ありがたき郢曲どもあ
りけり。内侍共「当社へは平家の公達こそ
御まいりさぶらふに、この御まいりこそめづ
らしうさぶらへ。何事の御祈誓に御参籠
さぶらふやらん」と申ければ、「大将を人に
P02309
こえられたる間、その祈のため也」とぞおほ
せられける。さて七日参籠おはて、大明神に
暇申て都へのぼらせ給ふに、名残をを
しみ奉り、むねとのわかき内侍十余人、
舟をしたてて一日路をくり奉る。いとま申
けれ共、さりとてはあまりに名ごりのおし
きに、今一日路、P193今二日路と仰られて、みやこ
までこそ具せられけれ。徳大寺殿の亭へ
P02310
いれさせ給ひて、やうやうにもてなし、さま
ざまの御引出物共たうでかへされけり。内
侍共「これまでのぼる程では、我等がしうの
太政入道殿へ、いかでまいらで有べき」とて、西
八条へぞ参じたる。入道相国いそぎ出あひ給
ひて、「いかに内侍共は何事の列参ぞ」。「徳大
寺殿の御まいりさぶらふて、七日こもらせ
給ひて御のぼりさぶらふを、一日路をくり
P02311
まいらせてさぶらへば、さりとてはあまりに
名ごりのおしきに、今一日路二日路と仰ら
れて、是までめしぐせられてさぶらふ」。「徳
大寺は何事の祈誓に厳島まではまいら
れたりけるやらん」との給へば、「大将の御祈
のためとこそ仰られさぶらひしか」。其時
入道うちうなづいて、「あないとをし。王城にさ
しもたとき霊仏霊社のいくらもまします
P02312
をさしをいて、我崇奉る御神へまいて、祈申
されけるこそ有がたけれ。是ほど心ざし切
ならむ上は」とて、嫡子小松殿内大臣の左
大将にてましましけるを辞せさせ奉り、次
男宗盛大納言の右大将にておはしけるを
こえさせて、徳大寺を左大将にぞなされ
ける。あはれ、めでたかりけるはかりことかな。新
大納言も、かやうに賢きはからひをばし給はで、
P02313
よしなき謀反おこいて、我身も亡、子息所
従に至るまで、かかるうき目をみせ給ふこ
そうたてけれ。P194『山門滅亡堂衆合戦』S0212 さる程に、法皇は三井寺の
公顕僧正を御師範として、真言の秘法
を伝受せさせましましけるが、大日経・金剛
頂経・蘇悉地経、此三部の秘法をうけさせ
給ひて、九月四日三井寺にて御潅頂ある
べしとぞ聞えける。山門の大衆憤申、「むかし
P02314
より御潅頂御受戒、みな当山にしてとげ
させまします事先規也。就中に山王の
化導は受戒潅頂のためなり。しかるを今
三井寺にてとげ〔させましまさば、寺を一向焼払ふべし」とぞ〕申ける。「是無益なり」と
て、御加行を結願して、おぼしめしとどまら
せ給ひぬ。さりながらも猶御本意な
ればとて、三井寺の公顕僧正をめし具し
て、天王寺へ御幸なて、五智光院をたて、
P02315
亀井の水を五瓶の智水として、仏法最
初の霊地にてぞ、伝法潅頂はとげさせまし
ましける。山門の騒動をしづめられんが
ために、三井寺にて御潅頂はなかりしか共、
山上には、堂衆学生不快の事いできて、
かつせん度々に及。毎度に学侶うちおと
されて、山門の滅亡、朝家の御大事とぞ見
えし。堂衆と申は、学生の所従也ける童
P02316
部が法師になたるや、若は中間法師原にて
ありけるが、金剛寿院の座P195主覚尋権僧正
治山の時より、三塔に結番して、夏衆と
号して、仏に花まいらせし者共也。近年
行人とて、大衆をも事共せざりしが、かく
度々の戦にうちかちぬ。堂衆等師主の命
をそむいて合戦を企、すみやかに誅罰せ
らるべきよし、大衆公家に奏聞し、武家に
P02317
触うたう。これによて太政入道院宣を承り、
紀伊国の住人湯浅権守宗重以下、畿
内の兵二千余騎、大衆にさしそへて堂衆
を攻らる。堂衆日ごろは東陽坊にありし
が、近江国三ケの庄に下向して、数多の勢を
率し、又登山して、さう井坂に城をして
たてごもり。同九月廿日辰の一点に、大衆三
千人、官軍二千余騎、都合其勢五千余
P02318
人、さう井坂におしよせたり。今度はさり共
とおもひけるに、大衆は官軍をさきだて
むとし、官軍は又大衆をさきだてんと
あらそふ程に、心々にてはかばかしうもたたか
はず。城の内より石弓はづしかけたりけ
れば、大衆官軍かずをつくいてうたれに
けり。堂衆に語らふ悪党と云は、諸国の
窃盜・強盜・山賊・海賊等也。欲心熾盛に
P02319
して、死生不知の奴原なれば、我一人と
思きてたたかふ程に、今度も又学生いく
さにまけにけり。P196『山門滅亡』S0213其後は山門いよいよ荒は
てて、十二禅衆のほかは、止住の僧侶もまれ
也。谷々の講演磨滅して、堂々の行法も
退転す。修学の窓を閉、坐禅の床をむ
なしうせり。四教五時の春の花もにほはず、
三諦即是の秋の月もくもれり。三百余
P02320
歳の法燈を挑る人もなく、六時不断の
香の煙もたえやしぬらん。堂舎高くそ
びへて、三重の構を青漢の内に挿み、棟
梁遥に秀て、四面の椽を白霧の間に
かけたりき。され共、今は供仏を嶺の
嵐にまかせ、金容を紅瀝にうるほす。夜
の月灯をかかげて、簷のひまよりもり、
暁の露珠を垂て、蓮座の粧をそふ
P02321
とかや。夫末代の俗に至ては、三国の仏法
も次第に衰微せり。遠く天竺に仏跡をと
ぶらへば、昔仏の法を説給ひし竹林精
舎・給孤独園も、此比は狐狼野干の栖と
なて、礎のみや残らん。白鷺池には水たえて、
草のみふかくしげれり。退梵下乗の卒
都婆も苔のみむして傾ぬ。震旦にも天台山・
五台山・白馬寺・玉泉寺も、今は住侶なきさ
P02322
まに荒はてて、大小乗の法門も箱の底に
や朽ぬらん。我朝にも、南都の七大寺荒はて
て、八宗九宗も跡たえ、愛宕護・高雄も、
昔は堂塔軒をならべたりしか共、一夜の
うちに荒にしかば、天狗の棲となりはてぬ。
さればにP197や、さしもやごとなかりつる天台の
仏法も、治承の今に及で、亡はてぬるにや。
心ある人嘆かなしまずと云事なし。離山し
P02323
ける僧の坊の柱に、歌をぞ一首書たりける。
いのりこし我たつ杣の引かへて
人なきみねとなりやはてなむ W009
是は、伝教大師当山草創の昔、阿耨多
羅三藐三菩提の仏たちにいのり申
されける事をおもひ出て、読たりける
にや。いとやさしうぞ聞えし。八日は薬師の
日なれども、南無と唱るこゑもせず、卯月は
P02324
垂跡の月なれ共、幣帛を捧る人もなし。
あけの玉墻かみさびて、しめなはのみや残
らん。『善光寺炎上』S0214其比善光寺炎上の由其聞あり。彼
如来と申は、昔中天竺舎衛国に五種の
悪病おこて人庶おほく亡しに、月蓋長
者が致請によて、竜宮城より閻浮檀金
をえて、釈尊、目蓮長者、心をひとつ
にして鋳あらはし給へる一ちやく手半の弥
P02325
陀の三尊、閻浮提第一の霊像也。仏滅度
の後、天竺にとどまらせ給事五百余歳、仏
法東漸の理にて、百済国にうつらせ給ひ
て、一千歳の後、百済の御門P198斉明王、吾朝の御
門欽明天皇の御宇に及て、彼国より此国へ
うつらせ給ひて、摂津国難波の浦にして
星霜ををくらせ給ひけり。つねは金色の
光をはなたせましましければ、これによて年
P02326
号を金光と号す。同三年三月上旬に、信濃
国の住人おうみの本太善光と云者、都へ
のぼりたりけるが、彼如来に逢奉りたり
けるに、やがていざなひまいらせて、ひるは善光、
如来ををい奉り、夜は善光、如来におはれ
たてまて、信濃国へ下り、みのちの郡に
安置したてましよりこのかた、星霜既に
五百八十余歳、炎上の例はこれはじめとぞ
P02327
承る。「王法つきんとては仏法まづ亡ず」といへ
り。さればにや、「さしもやごとなかりつる霊寺
霊山のおほくほろびうせぬるは、平家
の末になりぬる先表やらん」とぞ申
ける。『康頼祝言』S0215さるほどに、鬼界が島の流人共、つゆの
命草葉のすゑにかかて、おしむべきとには
あらねども、丹波少将のしうと平宰相の
領、肥前国鹿瀬庄より、衣食を常にをく
P02328
られければ、それにてぞ俊寛僧都も康
瀬も、命をいきて過しける。P199康瀬はながさ
れける時、周防室づみにて出家してを
れは、法名は性照とこそついたりけれ。
出家はもとよりの望なりければ、
つゐにかくそむきはてける世間を
とく捨ざりしことぞくやしき W010
丹波少将・康頼入道は、もとより〔熊野信じの人々なれば、「いかにもして此島のうちに〕熊野
P02329
の三所権現を勧請し奉て、帰洛の事をい
のり申さばや」と云に、俊寛僧都は天姓不信
第一の人にて、是をもちいず。二人はおなじ
心に、もし熊野に似たる所やあると、島のう
ちを尋まいるに、或林塘の妙なるあり、紅
錦繍の粧しなじなに。或雲嶺のあやしきあ
り、碧羅綾の色一にあらず。山のけしき、木
のこだちに至るまで、外よりもなを勝たり。
P02330
南を望めば、海漫々として、雲の波煙の浪
ふかく、北をかへりみれば、又山岳の峨々たる
より、百尺の滝水漲落たり。滝の音ことに
すさまじく、松風神さびたるすまひ、飛滝
権現のおはします那智のお山にさにたり
けり。さてこそやがてそこをば、那智のお山と
は名づけけれ。此峯は本宮、かれは新宮、是
はそむぢやう其王子、彼王子など、王子々々の
P02331
名を申て、康頼入道先達にて、丹波少将相
ぐしつつ、日ごとに熊野まうでのまねをし
て、帰洛の事をぞ祈ける。「南無権現
金剛童子、ねがはくは憐みをたれさせ
おはしまして、古郷へかへし入させ給へ。妻子
どもP200をば今一度みせ給へ」とぞ祈ける。
日数つもりてたちかふべき浄衣もな
ければ、麻の衣を身にまとひ、沢辺の
P02332
水をこりにかいては、岩田河のきよきな
がれと思ひやり、高き所にのぼては、発心
門とぞ観じける。まいるたびごとには、康
頼入道のとを申に、御幣紙もなかれば、
花を手折てささげつつ、
維あたれる歳次、治承元年丁酉、月のな
らび十月二月、日の数三百五十余ケ日、吉
日良辰を択で、かけまくも忝く、日本第
P02333
一大領験、熊野三所権現、飛滝大薩■
の教りやう、宇豆の広前にして、信心の
大施主、羽林藤原成経、並に沙弥性照、一心
清浄の誠を致し、三業相応の志を抽て、
謹でもて敬白。夫証城大菩薩は、済度苦
海の教主、三身円満の覚王也。或東方浄
瑠璃医王の主、衆病悉除の如来也。或
南方補堕落能化の主、入重玄門の大士。
P02334
若王子は娑婆世界の本主、施無畏者
の大士、頂上の仏面を現じて、衆生の所願
をみて給へり。是によて、かみ一人よりしも万
民に至るまで、或現世安穏のため、或後生ぜ
んしよのために、朝には浄水を結でぼん
なうのあかをすすぎ、夕には深山に向てほう
がうを唱るに、感応おこたる事なし。峨々たる
嶺のたかきをば、神徳のたかきに喩へ、嶮々たる
P02335
谷のふかきをば、弘誓のふかきに准へて、雲
を分てのぼり、露をしのいで下る。爰に利
益の地をP201たのまずむば、いかんが歩を嶮
難の路にはこばん。権現の徳をあふがずんば、
何かならずしも幽遠の境にましまさむ。仍証
城大権現、飛滝大薩■、青蓮慈悲の眸
を相ならべ、さをしかの御耳をふりたてて、我等が
無二の丹誠を知見して、一々の懇志を納受
P02336
し給へ。然ば則、むすぶ・はや玉の両所権現、
おのおの機に随て、有縁の衆生をみちびき、
無縁の群類をすくはむがために、七宝荘
厳のすみかをすてて、八万四千の光を和
げ、六道三有の塵に同じ給へり。故に定
業亦能転、求長寿得長寿の礼拝、袖
をつらね、幣帛礼奠を捧る事ひま
なし。忍辱の衣を重、覚道の花を捧て、
P02337
神殿の床を動じ、信心の水をすまして、
利生の池を湛たり。神明納受し給はば、所
願なんぞ成就せざらむ。仰願は、十二所権
現、利生の翅を並て、遥に苦海の空にかけ
り、左遷の愁をやすめて、帰洛の本懐を
とげしめ給へ。再拝。とぞ、康頼のとをば
申ける。『卒都婆流』S0216丹波少将・康頼入道、つねは三所
権現の御前にまいて、通夜するおりも
P02338
あP202りけり。或時二人通夜して、夜もすがら
いまやうをぞうたひける。暁がたに、康
頼入道ちとまどろみたる夢に、おきより
白い帆かけたる小船を一艘こぎよせて、
舟のうちより紅の袴きたる女房達
二三十人あがり、皷をうち、こゑを調て、よろ
づの仏の願よりも千手の誓ぞたのも
しき枯たる草木も忽に花さき実なる
P02339
とこそきけ K013 Iと、三べんうたひすまして、
かきけつやうにぞうせにける。夢さめ
て後、奇異の思をなし、康頼入道
申けるは、「是は竜神の化現とおぼえたり。
三所権現のうちに、西の御前と申は、本地
千手観音にておはします。竜神は則千
手の廿八部衆の其一なれば、もて御納
受こそたのもしけれ」。又或夜二人通夜して、
P02340
おなじうまどろみたりける夢に、おき
より吹くる風の、二人が袂に木の葉を
ふたつふきかけたりけるを、何となう
とて見ければ、御熊野の南木の葉に
てぞ有ける。彼二の南木の葉に、一首の
歌を虫ぐひにこそしたりけれ。
千はやぶる神にいのりのしげければ
などか都へ帰らざるべき W011
P02341
康頼入道、古郷の恋しきままに、せめてのは
かりことに、千本の卒都婆を作り、■字の
梵字・年号・月日、仮名実名、二首の歌
をぞかいたりけり。P203
さつまがたおきのこじまに我ありと
おやにはつげよやへのしほかぜ W012
おもひやれしばしとおもふ旅だにも
なをふるさとはこひしきものを W013
P02342
是に浦にもて出て、「南無帰命頂礼、梵
天帝尺、四大天王、けんらふ地神、鎮守諸
大明神、殊には熊野権現、厳島大明神、
せめては一本成共都へ伝てたべ」とて、奥
津しら波のよせてはかへるたびごとに、卒
都婆を海にぞ浮べける。卒都婆を作り
出すに随て、海に入ければ、日数つもれば
卒都婆のかずもつもり、そのおもふ心や便
P02343
の風ともなりたりけむ、又神明仏陀も
やをくらせ給ひけむ、千本の卒都婆のな
かに一本、安芸国厳島の大明神の御まへの
渚にうちあげたり。康頼がゆかりありけ
る僧、しかるべき便もあらば、いかにもして
彼島へわたて、其行衛をきかむとて、西
国修行に出たりけるが、先厳島へぞま
いりける。爰に宮人とおぼしくて、狩ぎぬ
P02344
装束なる俗一人出きたり。此僧何となき
物語しけるに、「夫、和光同塵の利生さまざま
なりと申せども、いかなりける因縁をもて、
此御神は海漫の鱗に縁をむすばせ給
ふらん」ととひ奉る。宮人答けるは、「是は
よな、娑竭羅竜王の第三の姫宮、胎蔵
界の垂跡也」。此島に御影向ありし初より、
済度利生の今に至るまで、甚深〔の〕奇特
P02345
の事共をぞかたりける。さればにや、八社の
御殿甍をならべ、社はわだづみのほとりな
れば、塩のみちP204ひに月こそすむ。しほみ
ちくれば、大鳥居あけの玉墻瑠璃の
如し。塩引ぬれば、夏の夜なれど、御まへの
しら州に霜ぞをく。いよいよたとく覚えて、法
施まいらせて居たりけるに、やうやう日く
れ、月さし出て、塩のみちけるが、そこはか
P02346
となき藻くづ共のゆられよりけるなか
に、卒都婆のかたのみえけるを、何となうとて
見ければ、奥のこじまに我ありと、かきなが
せることのは也。文字をばゑり入きざみ
付たりければ、浪にもあらはれず、あざ
あざとしてぞみえたりける。「あなふしぎ」
とて、これを取て笈のかたにさし、都へ
のぼり、康頼が老母の尼公妻子共が、一条
P02347
の北、紫野と云所に忍つつすみける
に、見せたりければ、「さらば、此卒都婆が
もろこしのかたへもゆられゆかで、なにしにこれ
までつたひ来て、今更物をおもはすらん」
とぞかなしみける。遥の叡聞に及て、法
皇これを御覧じて、「あなむざんや。され
ばいままで此者共は、命のいきてあるに
こそ」とて、御涙をながさせ給ふぞ忝き。小
P02348
松のおとどのもとへをくらせ給ひたり
ければ、是を父の入道相国にみせ奉り
給ふ。柿本人丸は島がくれゆく船を思ひ、
山辺の赤人はあしべのたづをながめ給ふ。
住吉の明神はかたそぎの思をなし、三輪
の明神は杉たてる門をさす。昔素盞
烏尊、三十一字のやまとうたをはじめを
き給ひしよりこのかた、もろもろの神明仏
P02349
陀も、彼詠吟P205をもて百千万端の思ひ
をのべ給ふ。入道も石木ならねば、さすが
哀げにぞの給ひける。『蘇武』S0217入道相国のあは
れみたまふうへは、京中の上下、老たる
もわかきも、鬼界がの島の流人の歌と
て、口ずさまぬはなかりけり。さても千本
まで作りたりける卒都婆なれば、〔さ〕こそ
はちいさうもありけめ、薩摩潟よりはる
P02350
ばると都までつたはりけるこそふしぎ
なれ。あまりにおもふ事はかくしるしある
にや。いにしへ漢王胡国を攻られけるに、はじ
めは李少卿を大将軍にて、三十万騎むけら
れたりけるが、漢王のいくさよはく、胡国の
たたかひこはくして、官軍みなうちほろ
ぼさる。剰大将軍李少卿、胡王のためにい
けどらる。次に蘇武を大将軍にて、五十
P02351
万騎をむけらる。猶漢のいくさよはく、
えびすのたたかひこはくして、官軍皆
亡にけり。兵六十余人いけどらる。其中に、
大将軍蘇武をはじめとして、宗との兵六
百三十余人すぐり出して、一々にかた足をき
ておぱなつ。則死する者もあり、ほどへて死
ぬる者もあり。其なかにされP206共蘇武はし
なざりけり。かた足なき身となて、山に
P02352
のぼては木の実をひろひ、春は沢の根
芹を摘、秋は田づらのおち穂ひろひな
どしてぞ、露の命を過しける。田にいく
らもありける鴈ども、蘇武に見なれて
おそれざりければ、これはみな我古郷へか
よふものぞかしとなつかしさに、おもふ事
を一筆かいて、「相かまへて是漢王に奉
れ」と云ふくめ、鴈の翅にむすび付てぞ
P02353
はなちける。かひがひしくもたのむの鴈、秋
は必こし地より都へ来るものなれば、漢
昭帝上林苑に御遊ありしに、夕ざれの
空薄ぐもり、何となう物哀なりけるおり
ふし、一行の鴈とびわたる。その中に鴈一と
びさがて、をのが翅を結付たる玉童をく
ひきてぞおとしける。官人是をとて、御門に
奉る。披て叡覧あれば、「昔は巌崛の洞
P02354
にこめられて、三春の愁歎ををくり、今は曠
田の畝に捨られて、胡敵の一足となれり。設
かばねは胡の地にさらすと云共、魂は二たび君
辺につかへん」とぞかいたりける。それより
してぞ、ふみをば鴈書ともいひ、鴈札
とも名付たり。「あなむざんや、蘇武がほ
まれの跡なりけり。いまだ胡国にあるに
こそ」とて、今度は李広と云将軍に仰て、
P02355
百万騎をさしつかはす。今度は漢の戦こはく
して、胡国のいくさ破にけり。御方たたかひかち
ぬと聞えしかば、P207蘇武は曠野のなかよりはい出
て、「是こそいにしへの蘇武よ」とぞなのる。十
九年の星霜を送て、かた足はきられな
がら、輿にかかれて古郷へぞ帰りける。蘇武
は十六の歳、胡国へむけられけるに、御
門より給りたりける旗を、何としてかかく
P02356
したりけん、身をはなたずもたりけり。
今取出して御門のげむざんにいれたりけ
れば、きみも臣も感嘆なのめならず。君
のため大功ならびなかりしかば、大国あま
た給はり、其上天俗国と云司を下され
けるとぞ聞えし。李少卿は胡国にとどまて終
に帰らず。いかにもして、漢朝へ帰らむとのみ
なげけども、胡王ゆるさねばかなはず。漢王
P02357
これをしり給はず。君のため不忠のもの
なりとて、はかなくなれる二親が死骸を
ほりおこいてうたせらる。其外六親をみ
なつみせらる。李少卿是を伝きいて、恨
ふかうぞなりにける。さりながらも猶古
郷を恋つつ、君に不忠なき様を一巻の
書に作てまいらせたりければ、「さては不便
の事ごさんなれ」とて、父母がかばねを堀いだい
P02358
てうたせられたる事をぞ、くやしみ給ひけ
る。漢家の蘇武は書を鴈の翅に付て旧
里へ送り、本朝の康頼は浪のたよりに
歌を故郷に伝ふ。かれは一筆のすさみ、〔これは二首の歌、かれは上代、これは末P208代、胡国〕
鬼界が島、さかひをへだて、世々はかはれ
ども、風情はおなじふぜい、ありがたかりし
事ども也。

P02359
平家物語巻第二


入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com