平家物語(龍谷大学本)巻第四

【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本(龍谷大学善本叢書13)に拠りました。


P04001
(表紙)
P04003 P269
平家物語巻第四
厳島御幸S0401 治承四年正月一日、鳥羽殿には相国もゆるさず、
法皇もおそれさせ在ましければ、元日元三の
間、参入する人もなし。され共故少納言入道信西
の子息、桜町の中納言重教卿、其弟左京大夫長教
ばかりぞゆるされてまいられける。同正月廿日、東宮
御袴着ならびに御まなはじめとて、めでたき事共
ありしかども、法皇は鳥羽殿にて御耳のよそにぞ
P04004
きこしめす。二月廿一日、主上ことなる御つつがもわた
らせ給はぬを、をしおろしたてまつり、春宮践祚
あり。これは入道相国よろづおもふさまなるが致す
ところなり。時よくなりぬとてひしめきあへり。内
侍所・神璽・宝剣わたしたてまつる。上達部陣
にあつまて、ふるき事共先例にまかせておこな
ひしに、弁内侍御剣とてあゆみいづ。清凉殿の西
おもてにて、泰道の中将うけとる。備中の内侍P270しる
P04005
しの御箱とりいづ。隆房の少将うけとる。内侍所し
るしの御箱、こよひばかりや手をもかけんとおもひあ
へりけん内侍の心のうち共、さこそはとおぼえてあ
はれおほかりけるなかに、しるしの御箱をば少納言
の内侍とりいづべかりしを、こよひこれに手をも
かけては、ながくあたらしき内侍にはなるまじきよし、
人の申けるをきいて、其期に辞し申てとりいで
ざりけり。年すでにたけたり、二たびさかりを期すべ
P04006
きにもあらずとて、人々にくみあへりしに、備中の内
侍とて生年十六歳、いまだいとけなき身ながら、其期に
わざとのぞみ申てとりいでける、やさしかりしためし
なり。つたはれる御物共、しなじなつかさづかさうけとて、新
帝の皇居五条内裏へわたしたてまつる。閑院殿
には、火の影もかすかに、鶏人の声もとどまり、滝口の
文爵もたえにければ、ふるき人々心ぼそくおぼえて、
めでたきいわいのなかに涙をながし、心をいたましむ。
P04007
左大臣陣にいでて、御位ゆづりの事ども仰せしを
きいて、心ある人々は涙をながし袖をうるほす。われと
御位を儲の君にゆづりたてまつり、麻姑射の
山のうちも閑になどおぼしめすさきざきだにも、
哀はおほき習ぞかし。况やこれは、御心ならず
おしをろされさせ給ひけんあはれさ、申もなかなか
おろか也。P271新帝今年三歳、あはれ、いつしかなる
譲位かなと、時の人々申あはれけり。平大納言時忠
P04008
卿は、内の御めのと帥のすけの夫たるによて、
「今度の譲位いつしかなりと、誰かかたむけ申べ
き。異国には、周成王三歳、晋穆帝二歳、我朝には、
近衛院三歳、六条院二歳、これみな襁褓のなかに
つつまれて、衣帯をただしうせざしか共、或は摂
政おふて位につけ、或は母后いだいて朝にのぞむと
見えたり。後漢の高上皇帝は、むまれて百日
といふに践祚あり。天子位をふむ先蹤、和漢かく
P04009
のごとし」と申されければ、其時の有識の人々、「あなを
そろし、物な申されそ。さればそれはよき例どもかや」と
ぞつぶやきあはれける。春宮位につかせ給ひしかば、
入道相国夫婦ともに外祖父外祖母とて、准三
后の宣旨をかうぶり、年元年爵を給はて、上日
のものをめしつかふ。絵かき花つけたる侍共いで
入て、ひとへに院宮のごとくにてぞ有ける。出家入道
の後も栄雄はつきせずとぞみえし。出家の人の
P04010
准三后の宣旨を蒙る事は、保護院のおほ入道殿
兼家公の御例也。同三月上旬に、上皇安芸国厳島へ
御幸なるべしときこえけり。帝王位をすべらせ給ひ
て、諸社の御幸のはじめには、八幡・賀茂・春日などへ
こそならせ給ふに、安芸国までの御幸はいかにと、
人不審をなす。或人の申けるは、P272「白河院は熊野へ
御幸、後白河は日吉社へ御幸なる。既に知ぬ、叡慮に
ありといふ事を。御心中にふかき御立願あり。其上此
P04011
厳島をば平家なのめならずあがめうやまひ給ふ
あいだ、うへには平家に御同心、したには法皇のいつと
なう鳥羽殿にをしこめられてわたらせ給ふ、入道
相国の謀反の心をもやわらげ給へとの御祈念の
ため」とぞきこえし。山門大衆いきどおり申。「石清
水・賀茂・春日へならずは、我山の山王へこそ御幸は
なるべけれ。安芸国への御幸はいつの習ぞや。其儀
ならば、神輿をふりくだし奉て、御幸をとどめたてまつ
P04012
れ」と僉議しければ、これによてしばらく御延引あり
けり。太政入道やうやうになだめ給へば、山門の大衆しづ
まりぬ。同十八日、厳島御幸の御門出とて、入道相国
の西八条の亭へいらせ給ふ。其日の暮方に、前右大
将宗盛卿をめして、「明日御幸の次に鳥羽殿へまいて、
法皇の見参に入ばやとおぼしめすはいかに。相国禅門に
しらせずしてはあしかりなんや」と仰ければ、宗盛卿
涙をはらはらとながいて、「何条事か候べき」と申されければ、
P04013
「さらば宗盛、其様をやがて今夜鳥羽殿へ申せかし」
とぞ仰ける。前右大将宗盛卿、いそぎ鳥羽殿へ
まいて、此よし奏聞せられければ、法皇はあまりに
おぼしめす御事にて、「夢やらん」とぞ仰ける。P273同十
九日、大宮大納言高季卿、いまだ夜ふかうまいて、
御幸もよほされけり。此日ごろきこえさせ給ひつる
厳島の御幸、西八条よりすでにとげさせをはします。
やよひもなか半すぎぬれど、霞にくもる在明の月は
P04014
猶おぼろ也。こしぢをさしてかへる鴈の、雲井に
おとづれ行も、おりふしあはれにきこしめす。いまだ
夜のうちに鳥羽殿へ御幸なる。門前にて御車
よりおりさせ給ひ、門のうちへさしいらせ給ふに、人
まれにして木ぐらく、物さびしげなる御すまひ、
まづあはれにぞおぼしめす。春すでにくれなんとす、
夏木立にも成にけり。梢の花色をとろえて、宮
の鴬声老たり。去年の正月六日、朝覲のために
P04015
法住寺殿へ行幸ありしには、楽屋に乱声を奏し、
諸卿列に立て、諸衛陣をひき、院司の公卿まいり
むかて、幔門をひらき、掃部寮縁道をしき、ただし
かりし儀式一事もなし。けふはただ夢とのみぞお
ぼしめす。重教の中納言、御気色申されたりければ、
法皇寝殿の橋がくしの間へ御幸なて、待まいら
させ給ひけり。上皇は今年御年廿、あけがたの月の
光にはへさせ給ひて、玉体もいとどうつくしうぞみえさせ
P04016
をはしましける。御母儀建春門院にいたくにまいら
させ給たりければ、法皇まづ故女院の御事おぼし
めしいでて、御涙せきあへさせ給はず。両院の御座ちかく
しつらはれたP274り。御問答は人うけ給はるに及ばず。御前には
尼ぜばかりぞ候はれける。やや久しう御物語せさせ給ふ。
はるかに日たけて御暇申させ給ひ、鳥羽の草津より
御舟にめされけり。上皇は法皇の離宮、故亭幽
閑寂寞の御すまひ、御心ぐる
しく御らむじをかせ
P04017
給へば、法皇は又上皇の旅泊の行宮の浪の上、舟の
中の御ありさま、おぼつかなくぞおぼしめす。まこと
に宗廟・八わた・賀茂などをさしをいて、はるばると
安芸国までの御幸をば、神明もなどか御納受なかる
べき。御願成就うたがひなしとぞみえたりける。還御S0402同
廿六日、厳島へ御参着、入道相国の最愛の内侍が
宿所、御所になる。なか二にちをん逗留あて、経会
舞楽おこなはれけり。導師には三井寺の公兼僧正
P04018
とぞきこえし。高座にのぼり、鐘うちならし、表白
の詞にいはく、「九えの宮こをいでて、八えの塩路を
わきもてまいらせ給ふ御心ざしのかたじけなさ」と、
たからかに申されたりければ、君も臣も感涙をもよ
ほされけり。大宮・客人をはじめまいらせて、社々所々へ
みな御幸なる。大宮より五町ばかり、P275山をまはて、滝の宮へ
まいらせ給ふ。公兼僧正一首の歌ようで、拝殿の
柱に書つけられたり。
P04019
雲井よりおちくる滝のしらいとに
ちぎりをむすぶことぞうれしき W016
神主佐伯の景広、加階従上の五位、国司藤原
有綱、しなあげられて加階、従下の四品、院の殿上ゆる
さる。座主尊永、法印になさる。神慮もうごき、太政
入道の心もはたらきぬらんとぞみえし。同廿九日、
上皇御舟かざて還御なる。風はげしかりければ、御
舟こぎもどし、厳島のうち、ありの浦にとどまらせ
P04020
給ふ。上皇「大明神の御名残をしみに、歌つかまつ
れ」と仰ければ、隆房の少将
たちかへるなごりもありの浦なれば
神もめぐみをかくるしら浪 W017
夜半ばかりより浪もしづかに、風もしづまりければ、
御舟こぎいだし、其日は備後国しき名の泊に
つかせ給ふ。このところはさんぬる応保のころおひ、一
院御幸の時、国司藤原の為成がつくたる御所の
P04021
ありけるを、入道相国、御まうけにしつらはれたりしか共、
上皇それへはあがらせ給はず。「けふは卯月一日、衣がへと
いふ事のあるぞかし」とて、おのおの宮この方をおもひ
やりあそび給ふに、岸に色ふかき藤の松にさき
かかりけるを、上皇叡覧あて、隆季の大P276納言を
めして、「あの花おりにつかはせ」と仰ければ、左史生中原
康定がはし舟にのて、御前をこぎとほりけるをめし
て、おりにつかはす。藤の花を[B た]おり、松の枝につけながら
P04022
もてまいりたり。「心ばせあり」など仰られて、御感あり
けり。「此花にて歌あるべし」と仰ければ、隆季[B ノ]大納言
千とせへん君がよはひに藤浪の
松の枝にもかかりぬるかな W018
其後御前に人々あまた候はせ給ひて、御たはぶれご
とのありしに、上皇しろききぬきたる内侍が、国綱卿
に心をかけたるな」とて、わらはせをはしましければ、
大納言大にあらがい申さるるところに、ふみもたる便
P04023
女がまいて、「五条大納言どのへ」とて、さしあげたり。
「さればこそ」とて満座興ある事に申あはれけり。大
納言これをとてみ給へば、
しらなみの衣の袖をしぼりつつ
君ゆへにこそ立もまはれね W019
上皇「やさしうこそおぼしめせ。この返事はあるべき
ぞ」とて、やがて御硯をくださせ給ふ。大納言返事
には、
P04024
おもひやれ君が面かげたつ浪の
よせくるたびにぬるるたもとを W020
それより備前国小島の泊につかせ給ふ。五日、天晴
風しづかに、海上ものどけかりければ、御所の御舟を
はじめまいらせP277て、人々の舟どもみないだしつつ、雲
の波煙の浪をわけすぎさせ給ひて、其日の酉
剋に、播摩国やまとの浦につかせ給ふ。それより御
輿にめして福原へいらせおはします。六日は供奉の
P04025
人々、いま一日も宮こへとくといそがれけれ共、新院
御逗留あて、福原のところどころ歴覧ありけり。池
の中納言頼盛卿の山庄、あら田まで御らんぜらる。七日、
福原をいでさせ給ふに、隆季の大納言勅定をうけ
給はて、入道相国の家の賞をこなはる。入道の養子
丹波守清門、正下の五位、同入道の孫越前少将
資盛、四位の従上とぞきこえし。其日てら井につ
かせ給ふ。八日都へいらせ給ふに、御むかへの公卿殿上人、
P04026
鳥羽の草津へぞまいられける。還御の時は鳥羽
殿へは御幸もならず、入道相国の西八条の亭へいらせ
給ふ。同四月廿二日、新帝の御即位あり。大極殿にて
あるべかりしか共、一とせ炎上の後は、いまだつくりもいださ
れず。太政官の庁にておこなはるべしとさだめら
れたりけるを、其時の九条殿申させ給けるは、「太
政官の庁は凡人家にとらば公文所ていのとこ
ろ也。大極殿なからん上者、紫震殿にてこそ御即位は
P04027
あるべけれ」と申させ給ひければ、紫震殿にてぞ御
即位はありける。「去じ康保四年十一月一日、冷
泉院の御即位紫震殿にてありしは、主上御
邪気によP278て、大極殿へ行幸かなはざりし故也。其例
いかがあるべからん。ただ後三条の院の延久佳例に
まかせ、太政官の庁にておこなはるべき物を」と、人々
申あはれけれ共、九条殿の御ぱからひのうへは、左右に
及ばず。中宮弘徽殿より仁寿殿へうつらせ給ひ
P04028
て、たかみくらへまいらせ給ひける御ありさまめ
でたかりけり。平家の人々みな出仕せられける
なかに、小松殿の公達はこぞおとどうせ給ひし
あひだ、いろにて籠居せられたり。源氏揃S0403蔵人衛門権佐
定長、今度の御即位に違乱なくめでたき様を
厚紙十枚ばかりにこまごまとしるいて、入道相国の
北方八条の二位殿へまいらせたりければ、ゑみをふ
くんでぞよろこばれける。かやうに花やかにめでたき
P04029
事共ありしかども、世間は猶しづかならず。其比一
院第二の皇子茂仁の王と申しは、御母加賀大
納言季成卿の御娘也。三条高倉にましましけ
れば、高倉の宮とぞ申ける。去じ永万元年
十二月十六日、御年十五にて、忍つつ近衛河原の大
宮の御所にて御元服ありけり。御手P279跡うつくしう
あそばし、御才学すぐれて在ましければ、位にもつか
せ給ふべきに、故建春門院の御そねみにて、おしこめ
P04030
られさせ給ひつつ、花のもとの春の遊には、紫毫
をふるて手づから御作をかき、月の前の秋の宴
には、玉笛をふいて身づから雅音をあやつり給ふ。
かくしてあかしくらし給ふほどに、治承四年には、御
年卅にぞならせ在ましける。其比近衛河原に候ける
源三位入道頼政、或夜ひそかに此宮の御所にまいて、
申ける事こそおそろしけれ。「君は天照大神四十八世
の御末、神武天皇より七十八代にあたらせ給ふ。
P04031
太子にもたち、位にもつかせ給ふべきに、卅まで宮
にてわたらせ給ふ御事をば、心うしとはおぼしめさ
ずや。当世のていを見候に、うへにはしたがいたるやう
なれども、内々は平家をそねまぬ物や候。御謀反おこ
させ給ひて、平家をほろぼし、法皇のいつとなく
鳥羽殿におしこめられてわたらせ給ふ御心をも、やす
めまいらせ、君も位につかせ給ふべし。これ御孝行
のいたりにてこそ候はんずれ。もしおぼしめしたたせ
P04032
給ひて、令旨をくださせ給ふ物ならば、悦をなして
まいらむずる源氏どもこそおほう候へ」とて、申つづ
く。「まづ京都には、出羽前司光信が子共、伊賀守
光基、出羽判官光長、出羽蔵人光重、出羽冠者
光能、熊野には、故六条判官為義が末子十郎P280義盛
とてかくれて候。摂津国には多田蔵人行綱こそ候へ共、
新大納言成親卿の謀反の時、同心しながらかゑり
忠したる不当人で候へば、申に及ばず。さりながら、其弟
P04033
多田二郎朝実、手島の冠者高頼、太田太郎頼基、
河内国には、武蔵権守入道義基、子息石河判官代
義兼、大和国には、宇野七郎親治が子共、[B 太郎]有治・二郎
清治、三郎成治・四郎義治・近江国には、山本・柏木・錦
古里、美乃尾張には、山田次郎重広、河辺太郎重直、
泉太郎重光、浦野[B ノ]四郎重遠、安食次郎重頼、其子[B ノ]
太郎重資、木太[B ノ]三郎重長、開田[B ノ]判官代重国、矢島
先生重高、其子[B ノ]太郎重行、甲斐国には、逸見冠者
P04034
義清、其子太郎清光、武田太郎信義、加賀見[B ノ]二郎
遠光・同小次郎長清、一条[B ノ]次郎忠頼、板垣三郎
兼信、逸見[B ノ]兵衛有義、武田五郎信光、安田三郎
義定、信乃の国には、大内太郎維義、岡田冠者親義、
平賀冠者盛義、其子[B ノ]四郎義信、帯刀[B ノ]先生義方が
次男木曾冠者義仲、伊豆国には、流人前右兵衛佐
頼朝、常陸国には、信太三郎先生義教、佐竹[B ノ]冠者
正義、其子太郎忠義、同三郎義宗、四郎高義、五郎
P04035
義季、陸奥国には、故左馬頭義朝が末子九郎冠者
義経、これみな六孫王の苗裔、多田新発ち)満仲が
後胤なり。朝敵をもたいらげ、宿望をとげし事は、
源平いづれ勝劣なかりしか共、今は雲泥まじはり
をへだてて、主従の礼にも猶おとれり。国には国司に
しP281たがひ、庄には領所につかはれ、公事雑事にかりたて
られて、やすひおもひも候はず。いかばかりか心うく候らん。
君もしおぼしめしたたせ給て、令旨をたうづる物ならば、
P04036
夜を日についで馳のぼり、平家をほろぼさん事、
時日をめぐらすべからず。入道も年こそよて候ども、
子共ひきぐしてまいり候べし」とぞ申たる。宮はこ
の事いかがあるべからんとて、しばしは御承引もなかり
けるが、阿古丸大納言宗通卿の孫、備後前司季通が
子、少納言維長と申し候〔は〕勝たる相人也ければ、時の
人相少納言とぞ申ける。其人がこの宮をみまいらせて、
「位に即せ給べき相在ます。天下の事思召はなたせ
P04037
給ふべからず」と申けるうへ、源三位入道もか様に申され
ければ、「[B さては]しかるべき天照大神の御告やらん」とて、ひし
ひしとおぼしめしたたせ給ひけり。熊野に候十郎
義盛をめして、蔵人になさる。行家と改名して、
令旨の御使に東国へぞ下ける。同四月ぐわつ)廿八日、宮こ
をたて、近江国よりはじめて、美乃尾張の源氏共に
次第にふれてゆく程に、五月十日、伊豆の北条にくだり
つき、流人前兵衛佐殿に令旨たてまつり、信太[B ノ]三郎
P04038
先生義教は兄なればとらせんとて、常陸国信太[B ノ]浮
島へくだる。木曾冠者義仲は甥なればたばんとて、
山道へぞおP282もむきける。其比の熊野の別当湛増は、
平家に心ざしふか〔か〕りけるが、なにとしてかもれきい
たりけん、「新宮十郎義盛こそ高倉宮の令旨給
はて、美乃尾張の源氏どもふれもよほし、既に謀反を
をこすなれ。那智新宮の物共は、さだめて源氏の
方うどをぞせんずらん。湛増は平家の御恩を雨
P04039
やまとかうむたれば、いかでか背たてまつるべき。那知
新宮の物共に矢一いかけて、平家へ子細を申さん」とて、
ひた甲一千人、新宮の湊へ発向す。新宮には鳥井
の法眼・高坊の法眼、侍には宇ゐ・すずき・水屋・かめ
のこう、那知には執行法眼以下、都合其勢二千
余人なり。時つくり、矢合して、源氏の方にはとこそ
いれ、平家の方にはかうこそいれとて、矢さけびの
声の退転もなく、かぶらのなりやむひまもなく、三日が
P04040
ほどこそたたかふたれ。熊野別当湛増、家子
郎等おほくうたせ、我身手おひ、からき命をい
きつつ、本宮へこそにげのぼりけれ。鼬之沙汰S0404さるほどに、法
皇は、「とをき国へもながされ、はるかの島へもうつ
されんP283ずるにや」と仰せけれども、城南の離宮にし
て、ことしは二年にならせ給ふ。同五月十二日午剋計、
御所中にはゐたちおびたたしうはしりさはぐ。法
皇大に驚きおぼしめし、御占形をあそばいて、近江
P04041
守仲兼、其比はいまだ鶴蔵人とめされけるをめし
て、「この占形もて、泰親がもとへゆけ。きと勘がへさせて、
勘状をとてまいれ」とぞ仰ける。仲兼これを給はて、陰
陽頭安陪泰親がもとへ行。おりふし宿所にはなかり
けり。「白河なるところへ」といひければ、それへたづねゆき、
泰親にあふて勅定のおもむき仰すれば、やがて勘状
をまいらせけり。仲兼鳥羽殿にかへりまいて、門より
まいらうどすれば、守護の武士共ゆるさず。案内はした
P04042
り、築地をこへ、大床のしたをはうて、きり板より
泰親が勘状をこそまいらせたれ。法皇これをあけて
御らんずれば、「いま三日がうち御悦、ならびに御なげき」
とぞ申たる。法皇「御よろこびはしかるべし。これほど
の御身になて、又いかなる御難のあらんずるやらん」
とぞ仰ける。さるほどに、前右大将宗盛卿、法皇の
御事をたりふし申されければ、入道相国[Bやうやう]おもひな
おて、同十三日鳥羽殿をいだしたてまつり、八条
P04043
烏丸の美福門院御所へ御幸なしたてまつる。
いま三日がうちの御悦とは、泰P284親これをぞ申ける。
かかりけるところに、熊野別当湛増飛脚をもて、高
倉宮の御謀反のよし宮こへ申たりければ、前右大
将宗盛卿大にさはいで、入道相国おりふし福原に
おはしけるに、此よし申されたりければ、ききもあへず、
やがて宮こへはせのぼり、「是非に及べからず。高倉
宮からめとて、土佐の畑へながせ」とこその給ひけれ。
P04044
上卿は三条大納言実房、識事は頭弁光雅とぞ
きこえし。源大夫判官兼綱、出羽判官光長うけ
給はて、宮の御所へぞむかひける。この源大夫判官
と申は、三位入道の次男也。しかるをこの人数にいれ
られけるは、高倉の宮の御謀反を三位入道すすめ
申たりと、平家いまだしらざりけるによて也。信連S0405宮は
さ月十五夜の雲間の月をながめさせ給ひ、なん
のゆくゑもおぼしめしよらざりけるに、源三位入道
P04045
の使者とて、ふみもていそがしげでいできたり。宮の
御めのと子、六条のすけの大夫宗信、これをとて御
前へまいり、ひらいP285てみるに、「君の御謀反すでにあら
はれさせ給ひて、土左の畑へな[B か]しまいらすべしとて、
官人共御むかへにまいり候。いそぎ御所をいでさせ
給て、三井寺へいらせをはしませ。入道もやがてまいり
候べし」とぞかいたりける。「こはいかがせん」とて、さはがせおは
しますところに、宮の侍長兵衛尉信連といふ物
P04046
あり。「ただ別の様候まじ。女房装束にていでさせ
給へ」と申ければ、「しかるべし」とて、御ぐしをみだし、かさね
たるぎよ衣に一めがさをぞめされける。六条[B ノ]助
の大夫宗信、唐笠もて御ともつかまつる。鶴丸と
いふ童、袋に物いれていただいたり。青侍の女を
むかへてゆくやうにいでたたせ給ひて、高倉を北
ゑおちさせ給ふに、溝のありけるを、いと物がるうこえ
させ給へば、みちゆき人がたちとどまて、「はしたなの
P04047
女房の溝のこえやうや」とて、あやしげにみまい
らせければ、いとどあしばやにすぎさせ給ふ。長兵衛
尉信連は、御所の留守にぞおかれたる。女房達の
少々おはしけるを、かしこここへたちしのばせて、見ぐる
しき物あらばとりしたためんとてみる程に、宮のさし
も御秘蔵ありける小枝ときこえし御笛を、只今
しもつねの御所の御枕にとりわすれさせ給たり
けるぞ、立かへてもとらまほしうおぼしめす、信連
P04048
これをみつけて、「あなあさまし。君のさしも御秘
蔵ある御笛を」と申P286て、五町がうちにおついてまいらせ
たり。宮なのめならず御感あて、「われしなば、此笛をば
御棺にいれよ」とぞ仰ける。「やがて御ともに候へ」と仰け
れば、信連申けるは、「只今御所へ官人共が御むかへに
まいり候なるに、御前に人一人も候はざらんが、無下に
うたてしう覚候。信連が此御所に候とは、上下みなし
られたる事にて候に、今夜候はざらんは、それも其夜は
P04049
にげたりけりなどいはれん事、弓矢とる身は、かり
にも名こそおしう候へ。官人共しばらくあいしらいて、
打破て、やがてまいり候はん」とて、はしりかへる。長兵衛が
其日装束には、うすあをの狩衣のしたに、萠黄
威の腹巻をきて、衛府の太刀をぞはいたりける。
三条面の惣門をも、高倉面の小門をも、ともにひ
らいて待かけたり。源大夫判官兼綱、出羽判官光長、
都合其勢三百余騎、十五日の夜の子の剋に、宮
P04050
の御所へぞ押寄たる。源大夫判官は、存ずる旨
ありとおぼえて、はるかの門前にひかへたり。出羽判
官光長は、馬に乗ながら門のうちに打入り、庭
にひかへて大音声をあげて申けるは、「御謀反のきこえ候
によて、官人共別当宣を承はり、御むかへにまいて候。
いそぎ御出候へ」と申ければ、長兵衛尉大床に立て、
「これは当時は御所でも候はず。御物まうでで候ぞ。何P287事
ぞ、事の子細を申されよ」といひければ、「何条、此御所
P04051
ならではいづくへかわたらせ給べかんなる。さないはせそ。
下部共まいて、さがしたてまつれ」とぞ申ける。長兵衛
尉これをきいて、「物もおぼえぬ官人共が申様かな。
馬に乗ながら門のうちへまいるだにも奇怪くわい)なるに、
下部共まいてさがしまいらせよとは、いかで申ぞ。左兵
衛尉長谷部信連が候ぞ。ちかうよてあやまち
すな」とぞ申ける。庁の下部のなかに、金武といふ大
ぢからのかうの物、長兵衛に目をかけて、大床のうゑゑ
P04052
とびのぼる。これをみて、どうれいども十四五人ぞ
つづいたる。長兵衛は狩衣の帯紐ひきてすつる
ままに、衛府の太刀なれ共、身をば心えてつくらせ
たるをぬきあはせて、さんざんにこそきたりけれ。
かたきは大太刀・大長刀でふるまへ共、信連が衛府
の太刀に切たてられて、嵐に木の葉のちるやうに、
庭へさとぞおりたりける。さ月十五夜の雲間の月
のあらはれいでて、あかかりけるに、かたきは無案内なり、
P04053
信連は案内者也。あそこの面道におかけては、はた
ときり。ここのつまりにおつめては、ちやうどきる。「いかに
宜旨の御使をばかうはするぞ」といひければ、「宜旨
とはなんぞ」とて、太刀ゆがめばおどりのき、おしなをし、
ふみなをし、たちどころによき物共十四五人こそ
きりふせたれ。太刀のさP288き三寸ばかりうちをて、腹を
きらんと腰をさぐれば、さやまきおちてなかりけり。
ちからおよばず、大手をひろげて、高倉面の小門より
P04054
はしりいでんとするところに、大長刀もたる
男一人よりあひたり。信連長刀にのらんととん
でかかるが、のりそんじてももをぬいざまにつら
ぬかれて、心はたけくおもへども、大勢のなかに
とりこめられて、いけどりにこそせられけれ。其後
御所をさがせども、宮わたらせ給はず。信連ばかり
からめて、六波羅へいてまいる。入道相国は簾中にゐ
給へり。前右大将宗盛卿大床にたて、信連を大庭に
P04055
ひすへさせ、「まことにわ男は、「宣旨とはなむぞ」とて
きたりけるか。おほくの庁の下部を刃傷殺害
したん也。せむずるところ、糾問してよくよく事
の子細をたずねとひ、其後河原にひきいだいて、
かうべをはね候へ」とぞの給ひける。信連すこしも
さはがず、あざわらて申けるは、「このほどよなよな
あの御所を、物がうかがい候時に、なに事のあるべきと
存て、用心も仕候はぬところに、よろうたる物共がうち
P04056
入て候を、「なに物ぞ」ととひ候へば、「宜旨の御使」となの
り候。山賊・海賊・強盜など申やつ原は、或は「公達
のいらせ給ふぞ」或は「宜旨の御使」などなのり候と、
かねがねうけ給て候へば、「宜旨とはなんぞ」とて、きた候。
凡者物の具をもおもふさまにつかまつり、P289かねよき
太刀をももて候ば、官人共をよも一人も安穏ではかへ
し候はじ。又宮の御在所は、いづくにかわたらせ給ふら
む、しりまいらせ候はず。たとひしりまいらせて候とも、
P04057
さぶらひほんの物の、申さじとおもひきてん事、
糾問におよで申べしや」とて、其後は物も申
さず。いくらもなみゐたりける平家のさぶらい共、
「あぱれかうの物かな。あたらおのこをきられんずらん
むざんさよ」と申あへり。其なかにある人の申けるは、
「あれは先年ところにありし時も、大番衆がとどめ
かねたりし強盜六人、只一人おかかて、四人きりふせ、
二人いけどりにして、其時なされたる左兵衛尉ぞかし。
P04058
これをこそ一人当千のつは物ともいふべけれ」
とて、口々におしみあへりければ、入道相国いかがおも
はれけん、伯耆のひ野へぞながされける。源氏の
世になて、東国へくだり、梶原平三景時について、
事の根元一々次第に申ければ、鎌倉殿、、神妙也
と感じおぼしめして、能登国に御恩かうぶり
けるとぞきこえし。競S0406 P290宮は高倉を北へ、近衛を東へ、
賀茂河をわたらせ給て、如意山へいらせおはし
P04059
ます。昔清見原の天皇のいまだ東宮の御時、
賊徒におそはれさせ給ひて、吉野山へいらせ給ひ
けるにこそ、をとめのすがたをばからせ給ひける
なれ。いま此君の御ありさまも、それにはたがはせ
給はず。しらぬ山路を夜もすがらわけいらせ給ふ
に、いつならはしの御事なれば、御あしよりいづる血は、
いさごをそめて紅の如し。夏草のしげみがなかの
露けさも、さこそはところせうおぼしめされけめ。
P04060
かくして暁方に三井寺へいらせおはします。「かひ
なき命のおしさよ、衆徒をたのんで入御あり」と
仰ければ、大衆畏悦て、法輪院に御所をしつらい、
それにいれたてまて、供御したててまいらせけり。
あくれば十六日、高倉の宮の御謀叛おこさせ給
て、うせさせ給ぬと申ほどこそありけれ、京中の
騒動なのめならず。法皇これをきこしめて、
「鳥羽殿を御いであるは御悦なり。ならびに御歎と
P04061
泰親が勘状をまいらせたるは、これを申けり」とぞ仰ける。
抑源三位入道、年ごろ日比もあればこそありけめ、こ
としいかなる心にて謀叛をばおこしけるぞといふに、
平家の次男前[B ノ]右大将宗盛卿、すまじき事をし
給へり。されば、人の世にあればとて、すぞろにすま
じき事をもし、いふP291まじき事をもいふは、よくよく
思慮あるべき物也。たとへば、源三位入道の嫡子仲綱
のもとに、九重にきこえたる名馬あり。鹿毛なる
P04062
馬のならびなき逸物、のりはしり、心むき、又
あるべしとも覚えず。名をば木のしたとぞいはれ
ける。前右大将これをつたへきき、仲綱のもとへ使者
たて、「きこえ候名馬をみ候ばや」との給ひつかはされ
たりければ、伊豆守の返事には、「さる馬はもて候つれ
ども、此ほどあまりにのり損じて候つるあひだ、
しばらくいたはらせ候はんとて、田舎へつかはして候」。
「さらんには、ちからなし」とて、其後沙汰もなかりしを、
P04063
おほくなみなみいたりける平家の侍共、「あぱれ、其馬は
おととひまでは候し物を。昨日も候し、けさも庭のり
し候つる」など申ければ、「さてはおしむごさんなれ。にく
し。こへ」とて、侍してはせさせ、ふみなどしても、一日が
うちに五六度七八度などこはれければ、三位入道
これをきき、伊豆守よびよせ、「たとひこがねをま
ろめたる馬なり共、それほどに人のこわう物をおし
むべき様やある。すみやかにその馬六波羅へ
P04064
つかはせ」とこその給ひけれ。伊豆守力およばで、
一首の歌をかきそへて六波羅へつかはす。
恋しくはきてもみよかし身にそへる
かげをばいかがはなちやるべき W021 P292
宗盛卿歌の返事をばし給はで、「あぱれ馬や。馬は
まことによい馬でありけり。されどもあまりに主
がおしみつるがにくきに、やがて主が名のりをかな
やきにせよ」とて、仲綱といふかなやきをして、
P04065
むまやにたてられけり。客人来て、「きこえ候
名馬をみ候ばや」と申ければ、「その仲綱めに鞍お
いてひきだせ、仲綱めのれ、仲綱めうて、はれ」など
の給ひければ、伊豆守これをつたへきき、「身に
かへておもふ馬なれども、権威につゐてとらるる
だにもあるに、馬ゆへ仲綱が天下のわらはれぐ
さとならんずるこそやすからね」とて、大にいきど
をられければ、三位入道これをきき、伊豆守にむ
P04066
かて、「何事のあるべきとおもひあなづて、平家の
人共が、さやうのしれ事をいふにこそあんなれ。其儀
ならば、いのちいきてもなにかせん。便宜をうかがふ
てこそあらめ」とて、わたくしにはおもひもたたず、宮を
すすめ申たりけるとぞ、後にはきこえし。これにつ
けても、天下の人、小松のおとどの御事をぞしのび
申ける。或時、小松殿参内の次に、中宮の御方へま
いらせ給ひたりけるに、八尺ばかりありけるくちなはが、
P04067
おとどのさしぬきの左のりんをはひまはりけるを、
重盛さはがば、女房達もさはぎ、中宮もおどろか
せ給なんずとおぼしめし、左の手でくP293ちなはの
ををさへ、右の手でかしらをとり、直衣の袖のう
ちにひきいれ、ちともさはがず、つゐ立て、「六位や候六位や候」
とめされければ、伊豆守、其比はいまだ衛府蔵人
でをはしけるが、「仲綱」となのてまいられたりけるに、
此くちなはをたぶ。給て弓場殿をへて、殿上の
P04068
小庭にいでつつ、御倉の小舎人をめして、「これ
給はれ」といはれければ、大にかしらをふてにげさ
りぬ。ちからをよばで、わが郎等競の滝口をめ
して、これをたぶ。給はてすててげり。そのあした
小松殿よい馬に鞍おいて、伊豆守のもとへつかはす
とて、「さても昨日のふるまいこそ、ゆうに候しか。是は
のり一の馬で候。夜陰に及で、陣外より傾城の
もとへかよはれん時、もちゐらるべし」とてつかはさる。
P04069
伊豆守、大臣の御返事なれば、「御馬かしこまて
給はり候ぬ。昨日のふるまいは、還城楽にこそにて候
しか」とぞ申されける。いかなれば、小松おとどはかう
こそゆゆしうおはせしに、宗盛卿はさこそなからめ、
あまさへ人のおしむ馬こひとて、天下の大事に
及ぬるこそうたてけれ。同十六日の夜に入て、源
三位入道頼政、嫡子伊豆守仲綱、次男源大夫
判官兼綱、六条[B ノ]蔵人仲家、其子蔵人太郎
P04070
仲光以下、都合其勢三百余騎館に火かけ
やきあげて、三井寺へこそまいられけれ。P294三位入道
の侍に、源三滝口競といふ物あり。はせおくれ
てとどまたりけるを、前右大将、競をめして、「いかに
なんぢは三位入道のともをばせでとどまたるぞ」
との給ければ、競畏て申ける、「自然の事候はば、
まさきかけて命をたてまつらんとこそ、日来は
存て、候つれども、何とおもはれ候けるやらん、かうとも
P04071
おほせられ候はず」。「抑朝敵頼政法師に同心せ
むとやおもふ。又これにも兼参の物ぞかし。先途
後栄を存じて、当家に奉公いたさんとや
おもふ。ありのままに申せ」とこその給ひければ、競
涙をはらはらとながいて、「相伝のよしみはさる事に
て候へども、いかが朝敵となれる人に同心をばし候べき。
殿中に奉公仕うずる候」と申ければ、「さらば奉公
せよ。頼政法師がしけん恩には、ちともおとるまじき
P04072
ぞ」とて、入給ひぬ。さぶらひには、「競はあるか」。「候」。「競はある
か」。「候」とて、あしたより夕に及まで祗候す。やうやう
日もくれければ、大将いでられたり。競かしこまて
申けるは、「三位入道殿三井寺にときこえ候。さだめて
打手むけられ候はんずらん。心にくうも候はず。三井
寺法師、さては渡辺のしたしいやつ原こそ候ら
め。ゑりうちなどもし候べきに、のて事にあふべき
馬の候つる〔を〕、したしいやつめにぬすまれて候。御馬
P04073
一疋くだしあづかるべうや候らん」と申ければ、P295大将
「もともさるべし」とて、白葦毛なる馬の煖廷とて
秘蔵せられたりけるに、よい鞍おいてぞたう
だりける。競やかたにかへて、「はや日のくれよ
かし。此馬に打乗て三井寺へはせまいり、三位
入道殿のまさきかけて打死せん」とぞ申ける。
日もやうやうくれければ、妻子共かしこここへたち
しのばせて、三井寺へ出立ける心のうちこそむざん
P04074
なれ。ひやうもんの狩衣の菊とぢおほきら
かにしたるに、重代のきせなが、ひおどしのよろひ
に星じろの甲の緒をしめ、いか物づくりの大
太刀はき、廿四さいたる大なかぐろの矢おひ、滝
口の骨法わすれじとや、鷹の羽にてはい
だりける的矢一手ぞさしそへたる。しげどう
の弓もて、煖廷にうちのり、のりかへ一騎う
ちぐし、とねり男にもたてわきばさませ、屋形に
P04075
火かけやきあげて、三井寺へこそ馳たりけれ。
六波羅には、競が宿所より火いできたりとて、ひ
しめきけり。大将いそぎいでて、「競はあるか」とたづね
給ふに、「候はず」と申す。「すわ、きやつを手のべにして、
たばかられぬるは。おかけてうて」との給へども、競は
もとよりすぐれたるつよ弓せい兵、矢つぎばやの
手きき、大ぢからの甲の物、「廿四さいたる矢でまづ
廿四人は射ころされなんず。おとなせそ」とて、むかふ
P04076
物こそなかりけれ。P296三井寺にはおりふし競が沙汰
ありけり。渡辺党「競をばめしぐすべう候つる
物を。六波羅にのこりとどまて、いかなるうき目
にかあひ候らん」と申ければ、三位入道心をして、「よも
その物、無台にとらへからめられはせじ。入道に心ざし
ふかい物也。いまみよ、只今まいらずるぞ」との給ひ
もはてねば、競つといできたり。「さればこそ」とぞの
給ひける。競かしこまて申けるは、「伊豆守殿の木の
P04077
したがかはりに、六波羅の煖廷こそとてまいて
候へ。まいらせ候はん」とて、伊豆守にたてまつる。伊
豆守なのめならず悦て、やがて尾髪をきり、かな
やきして、次の夜六波羅へつかはし、夜半ばかり
門のうちへぞおひいれたる。馬やにいて馬どもに
くひあひければ、とねりおどろきあひ、「煖廷がまいて候」
と申す。大将いそぎいでて見給へば、「昔は煖廷、今は平
の宗盛入道」といふかなやきをぞしたりける。大将「や
P04078
すからぬ競めを、手のびにしてたばかられぬる事
こそ遺恨なれ。今度三井寺へよせたらんには、いか
にもしてまづ競めをいけどりにせよ。のこぎりで
頸きらん」とて、おどりあがりおどりあがりいかられけれども、南
丁が尾かみもおいず、かなやきも又うせざりけり。P297
山門牒状S0704 三井寺には貝鐘ならいて、大衆僉議す。「近日世上の
体を案ずるに、仏法の衰微、王法の牢籠、まさに
此時にあたれり。今度清盛入道が暴悪をいまし
P04079
めずば、何日をか期すべき。宮ここに入御の御事、
正八幡宮の衛護、新羅大明神の冥助にあらずや。
天衆地類も影向をたれ、仏力神力も降伏
をくはへまします事などかなかるべき。抑北嶺は
円宗一味の学地、南都は夏臈得度の戒定也。
牒奏のところに、などかくみせざるべき」と、一味同心に
僉議して、山へも奈良へも牒状をこそおくり
けれ。山門への状云、園城寺牒す、延暦寺の衙殊に
P04080
合力をいたして、当寺の破滅を助られんとお
もふ状右入道浄海、ほしいままに王法をうしなひ、
仏法をほろぼさんとす。愁歎無極ところに、去る
十五日の夜、一院第二の王子、ひそかに入寺せし
め給ふ。爰院宣と号していだしたてまつるべき
よし、せめありといへ共、出したてまつるにあたはず。
仍て官軍をはなちつかはすべきむね、聞へあり。当
寺の破滅、まさに此時にあたれり。諸衆何ぞ愁歎
P04081
せざらんや。就中に延暦・園P298城両寺は、門跡
二に相分るといへども、学するところは是円頓一
味の教門におなじ。たとへば鳥の左右の翅の如し。
又車の二の輪に似たり。一方闕けんにおいては、
いかでかそのなげきなからんや。者ことに合力いた
して、当寺の破滅を助られば、早く年来の
遺恨を忘て、住山の昔に復せん。衆徒の僉議
かくの如し。仍牒奏件の如し。治承四年五月十八日
P04082
大衆等とぞかいたりける。南都牒状S0408 山門の大衆此状を披
見して、「こはいかに、当山の末寺でありながら、鳥の左
右の翅の如し、又車の二の輪に似たりと、おさへて
書でう奇怪也」とて、返牒ををくらず。其上入道
相国、天台座主明雲大僧正に衆徒をしずめらる
べきよしの給ひければ、座主いそぎ登山して
大衆をしづめ給ふ。かかりし間、宮の御方へは不定の
よしをぞ申ける。又入道相国、近江米二万石、北国の
P04083
おりのべぎぬ三千疋、往来によせらる。これを
たにだに峯々にひかれけるに、俄P299の事ではあり、
一人してあまたをとる大衆もあり、又手をむな
しうして一もとらぬ衆徒もあり。なに物のしわ
ざにや有けん、落書をぞしたりける。
山法師おりのべ衣うすくして
恥をばえこそかくさざりけれ W022
又きぬにもあたらぬ大衆のよみたりけるやらん、
P04084
おりのべを一きれもえぬわれらさへ
うすはぢをかくかずに入かな W023
又南都への状に云、園城寺牒す、興福寺[B ノ]衙殊
に合力をいたして、当寺の破滅を助られんと
乞状右仏法の殊勝なる事は、王法をまぼらんが
ため、王法又長久なる事は、すなはち仏法による。
爰に入道前太政大臣平朝臣そん)清盛公、法名浄海、
ほしいままに国威をひそかにし、朝政をみだり、内に
P04085
つけ外につけ、恨をなし歎をなす間、今月
十五日[B ノ]夜、一院第二の王子、不慮の難をのが
れんがために、にはかに入寺せしめ給ふ。ここに院
宣と号して出したてまつるべきむね、せめあり
といへども、衆徒一向これををしみ奉る。仍彼禅門、
武士を当寺にいれんとす。仏法と云王法〔と〕云、一
時にまさに破滅せんとす。昔唐の恵正天子、
軍兵をもて仏法をほろぼさしめし時、清凉山
P04086
の衆、合戦をいたしてこP300れをふせく。王権猶
かくの如し。何况や謀叛八逆の輩においてをや。
就中に南京は例なくて罪なき長者を配
流せらる。今度にあらずは、何日か会稽をとげん。
ねがはくは、衆徒、内には仏法の破滅をたすけ、外には
悪逆の伴類を退けば、同心のいたり本懐に足
ぬべし。衆徒の僉議かくの如し。仍牒奏如件。治
承四年五月十八日大衆等とぞかいたりける。南都
P04087
の大衆、此状を披見して、やがて返牒ををくる。
其返牒に云、興福寺牒す、園城寺の衙来牒
一紙に載られたり。右入道浄海が為に、貴寺の
仏法をほろぼさんとするよしの事。牒す、玉泉
玉花、両家の宗義を立といへども、金章金句お
なじく一代教文より出たり。南京北京ともにもて
如来の弟子たり。自寺他寺互に調達が魔
障を伏すべし。抑清盛入道は平氏の糟糠、武
P04088
家の塵芥なり。祖父正盛蔵人五位の家に仕へ
て、諸国受領の鞭をとる。大蔵卿為房賀州刺
史のいにしへ、検非所に補し、修理大夫顕季
播磨[B ノ]大守たし昔、厩[B ノ]別当職に任ず。P301しかるを
親父忠盛昇殿をゆるされし時、都鄙の老少
みな蓬戸瑕瑾ををしみ、内外の栄幸をのをの
馬台の辰門に啼く。忠盛青雲の翅を刷と
いへども、世の民なを白屋の種をかろんず。名をを
P04089
しむ青侍、其家にのぞむ事なし。しかるを去る
平治元年十二月、太上天皇一戦の功を感じて、不
次の賞を授給ひしよりこのかた、たかく相国に
のぼり、兼て兵杖を給はる。男子或は台階をかた
じけなうし、或は羽林につらなる。女子或は中官
職にそなはり、或は准后の宣を蒙る。群弟庶子
みな棘路にあゆみ、其孫彼甥ことごとく竹符をさく。
しかのみならず、九州を統領し、百司を進退
P04090
して、奴婢みな僕従となす。一毛心にたがへば、王
侯といへどもこれをとらへ、片言耳にさかふれば、
公卿といへ共これをからむ。これによて或は一旦
の身命をのべんがため、或は片時の凌蹂をのが
れんとおもて万乗の聖主猶緬転の媚をなし、
重代の家君かへて膝行の礼をいたす。代々相
伝の家領を奪ふといへども、しやうさいもおそれ
て舌をまき、みやみや相承の庄園をとるといへ共、
P04091
権威にはばかて物いふ事なし。勝にのるあまり、
去年の冬十一月、太上皇のすみかを追補し、博陸
公の身ををしながす。反逆の甚しい事、誠に古今
に絶たり。其時我等、すべからく賊衆にゆき向て
其罪を問べしといへ共、或は神慮P302にあひはばかり、
或は綸言と称するによて、鬱陶をおさへ光陰を
送るあひだ、かさねて軍兵ををこして、一院第二
の親王宮をうちかこむところに、八幡三所・春日
P04092
の大明神、ひそかに影向をたれ、仙蹕をささげ
たてまつり、貴寺におくりつけて、新羅のとぼ
そにあづけたてまつる。王法つくべからざるむねあ
きらけし。随て又貴寺身命をすてて守護し
奉る条、含識のたぐひ、誰か随喜せざらん。我等
遠拭にあて、そのなさけを感ずるところに、清盛
入道尚胸気ををこして、貴寺に入らんとするよし、
ほのかに承及をもて、兼て用意をいたす。十八日
P04093
辰一点に大衆ををこし、諸寺に牒奏し、末寺
に下知し、軍士をゑて後、案内を達せんとする
ところに、青鳥飛来てはうかんをなげたり。数日
の鬱念一時に解散す。彼の唐家清凉一山の
■蒭しゆ)、猶ぶそうの官兵を帰へす。况や和国南
北両門の衆徒、なんぞ謀臣の邪類をはらはざら
むや。よくりやうゑん左右の陣をかためて、
よろしく我等が近発のつげを待べし。状を察し
P04094
て疑貽をなす事なかれ。もて牒す。治承四年
五月廿一日大衆等とぞかいたりける。P303永僉議S0409 三井寺には又
大衆おこて僉議す。「山門は心がはりしつ。南都はい
まだまいらず。此事のびてはあしかりなん。いざや六
波羅におしよせて、夜打にせん。其儀ならば、老少
二手にわかて老僧どもは如意が峯より搦手に
むかふべし。足がる共四五百人さきだて、白河の在
家に火をかけてやきあげば、在京人六波羅の武士、
P04095
「あはや事いできたり」とて、はせむかはんずらん。其時
岩坂・桜本にひかけひかけ、しばしささへてたたかはん
まに、大手は伊豆守を大将軍にて、悪僧共六波
羅におしよせ、風うへに火かけ、一もみもうでせ
めんに、などか太政入道やきいだいてうたざるべき」とぞ
僉議しける。其なかに、平家のいのりしける一如房の
阿闍梨真海、弟子同宿数十人ひきぐし、僉議の庭
にすすみいでて申けるは、「かう申せば平家のかたうどと
P04096
やおぼしめされ候らん。たとひさも候へ、いかが衆徒の儀
をもやぶり、我寺の名をもおしまで候べき。昔は源
平左右にあらそひて、朝家の御まぼりたりしか
ども、ちかごろは源氏の運かたぶき、平家世をとて
廿余年、天下になびかぬ草木も候はず。内々のたち
のありさまも、小勢にてはたやすうせめおとしがたP304し。
さればよくよく外にはかり事をめぐらして、勢をもよほし、
後日によせさせ給ふべうや候らん」と、程をのばさんが
P04097
ために、ながながとぞ僉議したる。ここに乗円房の
阿闍梨慶秀といふ老僧あり。衣のしたに腹巻
をき、大なるうちがたなまへだれにさし、ほうしがし
らつつむで、白柄の大長刀杖につき、僉議の庭にすす
みいでて申けるは、「証拠を外にひくべからず。我等
の本願天武天皇は、いまだ東宮の御時、大友の皇子
にはばからせ給ひて、よし野のおくをいでさせ給ひ、
大和国宇多郡をすぎさせ給ひけるには、其勢
P04098
はつかに十七騎、されども伊賀伊勢にうちこへ、
美乃尾張の勢をもて、大友の皇子をほろぼして、
つゐに位につかせ給ひき。「窮鳥懐に入。人輪これ
をあはれむ」といふ本文あり。自余はしらず、慶秀
が門徒においては、今夜六波羅におしよせて、打死
せよや」とぞ僉議しける。円満院大輔源覚、すすみ
いでて申けるは、「僉議はしおほし。夜のふくるに、いそげや
すすめ」とぞ申ける。大衆揃S0410 搦手にむかふ老僧ども、大将軍
P04099
には、源三位入道頼政、乗円房[B ノ]阿闍梨慶秀、P305律
成房[B ノ]阿闍梨日胤、帥法印禅智、禅智が弟子義
宝・禅永をはじめとして、都合其勢一千人、手々で)に
たい松もて如意が峯へぞむかひける。大手の
大将軍には嫡子伊豆守仲綱、次男源大夫判官兼綱、
六条蔵人仲家、其子蔵人太郎仲光、大衆には円満
院の大輔源覚、成喜院の荒土佐、律成房[B ノ]伊賀公、
法輪院の鬼佐渡、これらはちからのつよさ、うち
P04100
物もては鬼にも神にもあはふどいふ、一人当千の
つは物也。平等院には因幡堅者荒大夫、角[B ノ]六郎房、
島の阿闍梨、つつ井法師に卿[B ノ]阿闍梨、悪少
納言、北[B ノ]院には金光院の六天狗、式部・大輔・能登・
加賀・佐渡・備後等也。松井の肥後ご)、証南院の筑後、
賀屋[B ノ]筑前、大矢の俊長、五智院の但馬、乗円房[B ノ]
阿闍梨慶秀が房人六十人の内、加賀光乗、刑部
春秀、法師原には一来法師にしかざりけり。堂衆
P04101
にはつつ井の浄妙明秀、小蔵[B ノ]尊月、尊永・慈慶・
楽住、かなこぶしの玄永、武士には渡辺[B ノ]省、播磨[B ノ]
次郎授、薩摩[B ノ]兵衛、長七唱、競[B ノ]滝口、与[B ノ]右馬允、
続源太、清・勧を先として、都合其勢一千五百
余人、三井寺をこそうたちけれ。宮いらせ給ひて
後は、大関小関ほりきて、堀ほりさかも木ひいた
れば、堀に橋わたし、さかも木ひきのくるなどしける
程に、時剋おしうつて、関地のには鳥なきあへり。
P04102
伊豆守の給ひけるは、「ここで鳥ないては、六波羅は
白P306昼にこそよせんずれ。いかがせん」との給へば、円
満院大輔源覚、又さきのごとくすすみいでて
僉議しけるは、「昔秦の昭王のとき、孟嘗君めし
いましめられたりしに、きさきの御たすけによて、
兵物三千人をひきぐして、にげまぬかれけるに、
凾谷関にいたれり。鶏なかぬかぎりは関の戸を
ひらく事なし。孟嘗君が三千の客のなかに、てん
P04103
かつといふ兵物あり。鶏のなくまねをありがたく
しければ、鶏鳴ともいはれけり。彼鶏鳴たかき
ところにはしりあがり、にはとりのなくまねをし
たりければ、関路のにはとりききつたへてみななきぬ。
其時関もり鳥のそらねにばかされて、関の戸
あけてぞとをしける。これもかたきのはかり事にや
なかすらん。ただよせよ」とぞ申ける。かかりし程に五月
のみじか夜、ほのぼのとこそあけにけれ。伊豆守の給
P04104
ひけるは、「夜うちにこそさりともとおもひつれ
ども、ひるいくさにはかなふまじ。あれよびかへせや」
とて、搦手、如意が峯よりよびかへす。大手は松坂
よりとてかへす。若大衆ども「これは一如房阿闍梨
がなが僉議にこそ夜はあけたれ。おしよせて其坊
きれ」とて、坊をさんざんにきる。ふせくところの弟子、
同宿数十人うたれぬ。一如坊阿闍梨、はうはう六波
羅にまいて、老眼より涙をながいて此由うたへ
P04105
申けれ共、六波羅には軍兵数万騎馳あつまて、
さはぐ事もなかりけり。P307同廿三日の暁、宮は「この寺
ばかりではかなうまじ。山門は心がはりしつ。南都は
いまだまいらず。後日になてはあしかりなん」とて、三
井寺をいでさせ給ひて、南都へいらせおはし
ます。此宮は蝉をれ・小枝ときこえし漢竹の
笛をふたつもたせ給へり。かのせみおれと申は、昔
鳥羽院の御時、こがねを千両宋朝の御門へおく
P04106
らせ給たりければ、返報とおぼしくて、いきたる
蝉のごとくにふしのついたる笛竹をひとよお
くらせ給ふ。「いかがこれ程の重宝をさうなうはゑら
すべき」とて、三井寺の大進僧正覚宗に仰て、壇上に
たて、七日加持してゑらせ給へる御笛也。或時、高松
の中納言実平卿まいて、この御笛をふかれけるが、よの
つねの笛のやうにおもひはすれて、ひざよりしも
におかれたりければ、笛やとがめけん、其時蝉をれに
P04107
けり。さてこそ蝉をれとはつけられたれ。笛のおん
器量たるによて、此宮御相伝ありけり。されども、
いまをかぎりとやおぼしめされけん、金堂の弥勒に
まいらさせおはします。竜花の暁、値遇の御ためかと
おぼえて、あはれなし事共也。老僧どもにはみないとまたう
で、とどめさせおはします。しかるべき若大衆悪僧どもは
まいりけり。源三位入道の一類ひきぐして、其勢
一千人とぞきこえし。乗円房[B ノ]阿闍梨慶秀、鳩の
P04108
杖にすがて宮の御まへにまいり、老眼より涙をP308
はらはらとながいて申けるは、「いづくまでも御とも仕
べう候へども、齢すでに八旬にたけて、行歩にかな
いがたう候。弟子で候刑部房俊秀をまいらせ候。是は
一とせ平治の合戦の時、故左馬頭義朝が手に候ひ
て、六条河原で打死仕候し相模国住人、山内須藤
刑部丞俊通が子で候。いささかゆかり候あひだ、跡ふと
ころでおうしたてて、心のそこまでよくよくして候。いづ
P04109
くまでもめしぐせられ候べし」とて、涙ををさへてとど
まりぬ。宮もあはれにおぼしめし、「いつのよしみに
かうは申らん」とて、御涙せきあへさせ給はず。橋合戦S0411 宮は
宇治と寺とのあひだにて、六度までをん落馬
ありけり。これはさんぬる夜、御寝のならざりしゆへ
なりとて、宇治橋三間ひきはづし、平等院にいれたて
まて、しばらく御休息ありけり。六波羅には、「すはや、
宮こそ南都へおちさせ給ふなれ。おかけてうちたて
P04110
まつれ」とて、大将軍には、左兵衛督知盛、頭中将重衡、
左馬頭行盛、薩摩守忠教、さぶらひ大将には、上総
守忠清、其子上総太郎判官忠綱、飛騨守景家、
其子飛騨太郎判官景高、高橋判官長P309綱、河内判
官秀国、武蔵三郎左衛門有国、越中次郎兵衛尉
盛継、上総五郎兵衛忠光、悪七兵衛景清を先と
して、都合其勢二万八千余騎、木幡山うちこえ
て、宇治橋のつめにぞおしよせたる。かたき平等院
P04111
にとみてんげれば、時をつくる事三ケ度、宮の御方にも
時の声をぞあはせたる。先陣が、「橋をひいたぞ、あや
まちすな。橋をひいたぞ、あやまちすな」と、どよみ
けれ共、後陣はこれをききつけず、われさきにと
すすむほどに、先陣二百余騎おしをとされ、水に
おぼれてながれけり。橋の両方のつめにうたて矢
合す。宮の御方には、大矢の俊長、五智院の但馬、
渡辺の省・授・続の源太がゐける矢ぞ、鎧もかけず、
P04112
楯もたまらずとほりける。源三位入道は、長絹のよ
ろひ直垂にしながはおどしの鎧也。其日を最後
とやおもはれけん、わざと甲はき給はず。嫡子伊豆守
仲綱は、赤地の錦の直垂に、黒糸威の鎧也。弓を
つようひかんとて、これも甲はきざりけり。ここに
五智院の但馬、大長刀のさやをはづいて、只一人
橋の上にぞすすんだる。平家の方にはこれをみて、
「あれゐとれや物共」とて、究竟の弓の上手どもが
P04113
矢さきをそろへて、さしつめひきつめさんざんに
ゐる。但馬すこしもさはがず、あがる矢をばつゐく
ぐり、さがる矢をばおどりこへ、むかてくるをば長刀で
きておとす。かたきもみかたも見物P310す。それよりして
こそ、矢きりの但馬とはいはれけれ。堂衆のなかに、
つつ井の浄妙明秀は、かちの直垂に黒皮威の鎧
きて、五枚甲の緒をしめ、黒漆〔の〕太刀をはき、廿四さい
たるくろぼろ〔の〕矢おひ、ぬりこめどうの弓に、このむ白
P04114
柄の大長刀とりそへて、橋のうへにぞすすんだる。
大音声をあげて名のりけるは、「日ごろはをとにも
ききつらん、いまは目にもみ給へ。三井寺にはそのかくれ
なし。堂衆のなかにつつ井の浄妙明秀といふ一人
当千の兵物ぞや。われとおもわん人々はよりあへや。げ
ざんせん」とて、廿四さいたる矢をさしつめひきつめ
さんざんにゐる。やにはに十二人ゐころして、十一人に
手おほせたれば、ゑびらに一ぞのこたる。弓をばからと
P04115
なげすて、ゑびらもといてすててげり。つらぬき
ぬいではだしになり、橋のゆきげたをさらさら
さらとはしりわたる。人はおそれてわたらねども、
浄妙房が心地には、一条二条の大路とこそふるまう
たれ。長刀でむかふかたき五人なぎふせ、六人に
あたるかたきにあふて、長刀なかよりうちをてすてて
げり。その後太刀をぬいてたたかふに、かたきは大勢なり、
くもで・かくなは・十文字、とばうかへり・水車、八方すか
P04116
さずきたりけり。やにはに八人きりふせ、九人に
あたるかたきが甲の鉢にあまりにつよう打あてて、
めぬきのもとよりちやうどP311をれ、くとぬけて、河へ
ざぶと入にけり。たのむところは腰刀、ひとへに死
なんとぞくるいける。ここに乗円房の阿闍梨慶秀
がめしつかいける。一来法師といふ大ぢからのはやわざ
ありけり。つづいてうしろにたたかふが、ゆきげたはせ
ばし、そばとほるべきやうはなし。浄妙房が甲の手さ
P04117
きに手ををいて、「あしう候、浄妙房」とて、肩をづんど
おどりこへてぞたたかいける。一来法師打死してん
げり。浄妙房はうはうかへて、平等院の門のまへなる
芝[B ノ]うへに、物ぐぬぎすて、鎧にたたる矢めをかぞへ
たりければ六十三、うらかく矢五所、されども大事
の手ならねば、ところどころに灸治して、かしらからげ、浄衣
きて、弓うちきり杖につき、ひらあしだはき、阿弥陀
仏申て、奈良の方へぞまかりける。浄妙房がわたるを
P04118
手本にして、三井寺の大衆・渡辺党、はしりつづ
きはしりつづき、われもわれもとゆきげたをこそ
わたりけれ。或は分どりしてかへる物もあり、或はいた
手おうて腹かききり、河へ飛入物もあり。橋のうへ
のいくさ、火いづる程ぞたたかいける。これをみて平
家の方の侍大将上総守忠清、大将軍の御まへに
まいて、「あれ御らん候へ。橋のうへのいくさ手いたう候。
いまは河をわたすべきで候が、おりふし五月雨のころで、
P04119
水まさて候。わたP312さば馬人おほくうせ候なんず。淀・
いもあらいへやむかひ候べき。河内路へやまはり候べき」
と申ところに、下野国[B ノ]住人足利[B ノ]又太郎忠綱、すすみ
いでて申けるは、「淀・いもあらい・河内路をば、天竺、震旦の
武士をめしてむけられ候はんずるか。それも我等こそ
むかひ候はんずれ。目にかけたるかたきをうたず
して、南都へいれまいらせ候なば、吉野・とつかはの勢
ども馳集て、いよいよ御大事でこそ候はんずらめ。
P04120
武蔵と上野のさかゐ[B に]とね河と申候大河候。
秩父・足利なかをたがひ、つねは合戦をし候しに、
大手は長井〔の〕わたり、搦手は故我杉のわたりより
よせ候しに、上野国の住人新田[B ノ]入道、足利にか
たらはれて、杉の渡よりよせんとてまうけたる
舟共を、秩父が方よりみなわられて申候しは、「ただ
いまここをわたさずは、ながき弓矢の疵なるべし。
水におぼれてしなばしね。いざわたさん」とて、馬筏
P04121
をつくてわたせばこそわたしけめ。坂東武者の
習として、かたきを目にかけ、河をへだつるい
くさに、淵瀬きらふ様やある。此河のふかさはやさ、
とね河にいくほどのおとりまさりはよもあらじ。つづ
けや殿原」とて、まさきにこそ打入れたれ。つづく
人共、大胡・大室・深須・山上、那波[B ノ]太郎、佐貫[B ノ]広綱
四郎大夫、小野寺[B ノ]禅師太郎、辺屋この四郎、郎等には、
宇夫方次郎、切生の六郎、田中の宗太をはじめと
P04122
しP313て、三百余騎ぞつづきける。足利大音声をあげ
て、「つよき馬をばうは手にたてよ、よはき馬をばした
手になせ。馬の足のおよばうほどは、手綱をくれて
あゆませよ。はづまばかいくておよがせよ。さがらう
物をば、弓のはずにとりつかせよ。手をとりくみ、
肩をならべてわたすべし。鞍つぼによくのり
さだまて、あぶみをつようふめ。馬のかしらしづ
まばひきあげよ。いたうひいてひかづくな。水しと
P04123
まば、さんづのうへにのりかかれ。馬にはよはう、水には
つようあたるべし。河なかで弓ひくな。かたきゐる
ともあひびきすな。つねにしころをかたぶけよ。
いたうかたむけて手へんいさすな。かねにわた
いておしをとさるな。水にしなうてわたせやわ
たせ」とおきてて、三百余騎、一騎もながさず、むかへ
の岸へざとわたす。宮御最期S0412 足利は朽葉の綾の直垂に、赤
皮威の鎧きて、たか角うたる甲のをしめ、こが
P04124
ねづくりの太刀をはき、きりうの矢おひ、しげどう
弓もて、連銭葦毛なる馬に、柏木に耳づく
うたる黄覆輪の鞍おひてぞのたりける。
あぶみふP314ばりたちあがり、大音声あげてなのり
けるは、「とをくは音にもきき、ちかくは目にもみ給へ。
昔朝敵将門をほろぼし、勧賞かうぶし俵藤
太秀里に十代、足利[B ノ]太郎俊綱が子、又太郎忠綱、
生年十七歳、か様に無官無位なる物の、宮にむか
P04125
いまいらせて、弓をひき矢を放事、天のおそ
れすくなからず候へ共、弓も矢も冥がのほども、
平家の御身のうへにこそ候らめ。三位入道[B 殿]の御
かたに、われとおもはん人々はよりあへや、げざんせん」
とて、平等院の門のうちへ、せめ入せめ入たたかいけり。
これをみて、大将軍左兵衛督知盛、「わたせやわ
たせ」と下知せられければ、二万八千余騎、みなう
ちいれてわたしけり。馬や人にせかれて、さばかり
P04126
早き宇治河の水は、かみにぞたたへたる。おのづから
もはづるる水には、なにもたまらずながれけり。雑人
どもは馬のした手にとりつきとりつきわたりければ、
ひざよりかみをばぬらさぬ物もおほかりけり。いかが
したりけん、伊賀・伊勢両国の官兵、馬いかだおし
やぶられ、水におぼれて六百余騎ぞながれける。
萌黄・火威・赤威、いろいろの鎧のうきぬしづみぬ
ゆられけるは、神なび山の紅葉ばの、嶺の嵐にさそ
P04127
はれて、竜田河の秋の暮、いせきにかかてながれも
やらぬにことならず。其中にひをどしの鎧きたる
武者が三人、あじろにながれかかP315てゆられけるを、伊
豆守み給ひて、
伊勢武者はみなひをどしのよろひきて
宇治の網代にかかりぬるかな W024
これは三人ながら伊勢国の住人也。黒田[B ノ]後平四郎、
日野[B ノ]十郎、乙部[B ノ]弥七といふ物なり。其なかに日野
P04128
の十郎はふる物にてありければ、弓のはずを岩のは
ざまにねぢたててかきあがり、二人の物共をもひき
あげて、たすけたりけるとぞきこえし。おほぜい
みなわたして、平等院の門のうちへいれかゑいれかゑたた
かいけり。此まぎれに、宮をば南都へさきだてまいらせ、
源三位入道の一類のこて、ふせき矢ゐ給ふ。三位
入道七十にあまていくさして、弓手のひざ口をゐ
させ、いたでなれば、心しづかに自害せんとて、平等院
P04129
の門の内へひき退て、かたきおそいかかりければ、
次男源大夫判官兼綱、紺地の錦の直垂に、唐綾
威の鎧きて、白葦毛なる馬にのり、父をのばさん
と、かへしあはせかへしあはせふせきたたかふ。上総太郎判官が
ゐける矢に、兼綱うち甲をゐさせてひるむとこ
ろに、上総守が童次郎丸といふしたたか物、おしならべ
ひくで、どうどおつ。源大夫判官はうち甲もいた手
なれ共、きこゆる大ぢからなりければ、童をとておさへ
P04130
て頸をかき、P316たちあがらんとするところに、平家の
兵物ども十四五騎、ひしひしとおちかさなて、つゐに
兼綱をばうてげり。伊豆守仲綱もいた手あまた
おひ、平等院の釣殿にて自害す。その頸をば、しも
河辺の藤三郎清親とて、大床のしたへぞなげ入
ける。六条蔵人仲家、其子蔵人太郎仲光も、さんざん
にたたかひ、分どりあまたして、遂に打死してげり。
この仲家と申は、帯刀[B ノ]先生義方が嫡子也。みなし
P04131
子にてありしを、三位入道養子にして不便にし
給ひしが、日来の契を変ぜず、一所にて死にに
けるこそむざんなれ。三位入道は、渡辺長七唱〔を〕
めして、「わが頸うて」との給ひければ、主のいけくび
うたん事のかなしさに、涙をはらはらとながいて、
「仕ともおぼえ候はず。御自害候はば、其後こそ給はり
候はめ」と申ければ、「まことにも」とて、西にむかひ、高
声に十念となへ、最後の詞ぞあはれなる。
P04132
埋木の花さく事もなかりしに
身のなるはてぞかなしかりける W025
これを最後の詞にて、太刀のさきを腹につき
たて、うつぶさまにつらぬかてぞうせられける。
其時に歌よむべうはなかりしかども、わかうより
あながちにすいたる道なれば、最後の時もわすれ
給はず。その頸をば唱取て、なくなく石にくくり
あはせ、かたきのなかをまぎれいでて、宇治河の
P04133
ふかきところにしP317づめけり。競の滝口をば、平家の
侍共、いかにもしていけどりにせんとうかがひけれ
ども、競もさきに心えて、さんざんにたたかひ、大事
の手おひ、腹かききてぞ死にける。円満院[B ノ]大輔
源覚、いまは宮もはるかにのびさせ給ぬらんとや
おもひけん、大太刀大長刀左右にもて、敵のなか
うちやぶり、宇治河へとんでいり。物の具一も
すてず、水の底をくぐて、むかへの岸にわたり
P04134
つき、たかきところにのぼりあがり、大音声を
あげて、「いかに平家の君達、これまでは御大事か
よう」とて、三井寺へこそかゑりけれ。飛騨守景家
はふる兵物にてありければ、このまぎれに、宮は南都へ
やさきだたせ給ふらんとて、いくさをばせず、其勢
五百余騎、鞭あぶみをあはせておかけたてまつる。
案のごとく、宮は卅騎ばかりで落させ給ひけるを、
光明山の鳥居のまへにておつきたてまつり、
P04135
雨のふる様にゐまいらせければ、いづれが矢とはおぼえ
ねど、宮の左の御そば腹に矢一すぢたちければ、
御馬より落させ給て、御頸とられさせ給ひけり。
これをみて御共に候ける鬼佐渡・荒土左・あら
大夫、理智城房の伊賀公、刑部俊秀・金光院の
六天狗、いつのために命をばおしむべきとて、お
めきさけんで打死す。P318その中に宮の御めのと子、
六条[B ノ]大夫宗信、かたきはつづく、馬はよはし、に井の
P04136
の池へ飛でいり、うき草かほにとりおほひ、ふる
ゐゐたれば、かたきはまへをうちすぎぬ。しばしあて
兵物共の四五百騎、ざざめいてうちかへりける中に、
浄衣きたる死人の頸もないを、しとみのもとにかいて
いできたりけるを、たれやらんとみたてまつれば、宮
にてぞ在ましける。「われしなば、この笛をば御棺に
いれよ」と仰ける、小枝ときこえし御笛も、いまだ御
腰にさされたり。はしりいでてとりもつきまいらせ
P04137
ばやとおもへども、おそろしければそれもかなはず、かた
きみなかへて後、池よりあがり、ぬれたる物ども
しぼりきて、なくなく京へのぼりたれば、にくまぬ
物こそなかりけれ。さる程に、南都の大衆ひた甲
七千余人、宮の御むかへにまいる。先陣は粉津に
すすみ、後陣はいまだ興福寺の南大門にゆらへ
たり。宮ははや光明山の鳥居のまへにてうたれさせ
給ぬときこえしかば、大衆みな力及ばず、涙ををさへて
P04138
とどまりぬ。いま五十町ばかりまちつけ給はで、うたれ
させ給けん宮の御運のほどこそうたてけれ。P319若宮出家S0413 平家
の人々は、宮並に三位入道の一族、三井[B 寺]の衆徒、都合
五百余人が頸、太刀長刀のさきにつらぬき、た
かくさしあげ、夕に及て六波羅へかゑりいる。兵物
どもいさみののしる事、おそろしなどもおろか也。
其なかに源三位入道の頸は、長七唱がとて宇治河
のふかきところにしづめてげれば、それは見えざり
P04139
けり。子共の頸はあそこここよりみな尋いだされ
たり。[B 中に]宮の御頸は、年来まいりよる人もなければ、
見しりまいらせたる人もなし。先年典薬頭定成
こそ、御療治のためにめされたりしかば、それぞ見
しりまいらせたるらんとて、めされけれ共、現所労
とてまいらず。宮のつねにめされける女房とて、
六波羅へたづねいだされたり。さしもあさからず
おぼしめされて、御子をうみまいらせ、最愛あり
P04140
しかば、いかでか見そんじたてまつるべき。只一目見
まいらせて、袖をかほにおしあてて、涙をながされ
けるにこそ、宮の御頸とはしりてげれ。此宮は
はうばうに御子の宮たちあまたわたらせ給ひけり。
八条女院に、伊与守盛教がむすめ、三位局とて候
はれける女房の腹に、七歳の若宮、五歳のP320姫宮
在ましけり。入道相国おとと、池の中納言頼盛卿を
もて、八条[B ノ]女院へ申されけるは、「高倉の宮の御子の
P04141
宮達のあまたわたらせ給候なる、姫宮の御事は申
に及ばず、若宮をばとうとういだしまいらさせ給へ」と
申されたりければ、女院御返事には、「かかるきこえの
ありし暁、御ちの人などが心おさなうぐしたてまて
うせにけるにや、またく此御所にはわたらせ給
はず」と仰ければ、頼盛卿力及ばでこのよしを入道相国
に申されけり。「何条其御所ならでは、いづくへかわた
らせ給べかんなる。其儀ならば武士どもまいてさがし
P04142
奉れ」とぞの給ひける。この中納言は、女院の御めのと
子宰相殿と申女房にあひぐして、つねにまいり
かよはれければ、日来はなつかしうこそおぼしめされ
けるに、此宮の御事申しにまいられたれば、いまは
あらぬ人の様にうとましう〔ぞ〕おぼしめされける。
若宮、女院に申させ給ひけるは、「これほどの御大事
に及候うへは、つゐにのがれ候まじ。とうとういださせ
をはしませ」と申させ給ければ、女院御涙をはらはらと
P04143
ながさせ給ひて、「人の七八は、何事をもいまだお
もひわかぬ程ぞかし。それにわれゆへ大事の
いできたる事を、かたはらいたくおもひて、かやうに
の給ふいとおしさよ。よしなかりける人を此六七年
手ならして、かかるうき目をみるよ」とて、御涙せ
きあへさせ給はず。P321頼盛卿、宮いだしまいらさせ
給ふべきよし、かさねて申されければ、女院ちから
およばせ給はで、つゐに宮をいだしまいらさせ給
P04144
ひけり。御母三位の局、今をかぎりの別なれば、さ
こそは御名残おしうおもはれけめ。なくなく御衣
きせ奉り、御ぐしかきなで、いだしまいらせ給ふも、
ただ夢とのみぞおもはれける。女院をはじめまいらせ
て、局の女房、めの童にいたるまで、涙をながし
袖をしぼらぬはなかりけり。頼盛卿宮うけとり
まいらせ、御車にのせ奉て、六波羅へわたし奉る。
前右大将宗盛卿、此宮をみまいらせて、父の相国
P04145
禅門の御まへにおはして、「なにと候やらん、此宮を
見たてまつるがあまりにいとをしうおもひまいらせ候。
りをまげて此宮の御命をば宗盛にたび候へ」と
申されければ、入道「さらばとうとう出家をせさせ
奉れ」とぞの給ひける。宗盛卿此よしを八条[B ノ]女院
に申されければ、女院「なにのやうもあるべからず。只
とうとう」とて、法師になし奉り、尺子にさだまら
せ給ひて、仁和寺の御室の御弟子になしまいらせ
P04146
給ひけり。後には東寺の一の長者、安井の宮の
僧正道尊と申しは、此宮の御事也。P322通乗之沙汰S0414 又奈良
にも一所在ましけり。御めのと讃岐守重秀が
御出家せさせ奉り、ぐしまいらせて北国へ落く
だり[B たり]しを、木曾義仲上洛の時、主にしまいらせん
とてぐし奉て宮こへのぼり、御元服せさせま
いらせたりしかば、木曾が宮とも申けり。又還俗の
宮とも申けり。後には嵯峨のへん野依にわた
P04147
らせ給しかば、野依の宮とも申けり。昔通乗と
いふ相人あり。宇治殿・二条殿をば、「君三代の関
白、ともに御年八十と申たりしもたがはず。帥のうち
のおとどをば、「流罪の相まします」と申たりしも
たがはず。聖徳太子の崇峻天皇を「横死の相
在ます」と申させ給ひたりしが、馬子の大臣にころ
され給ひにき。さもしかるべき人々は、かならず相人と
しもにあらねども、かうこそめでたかりしか、これは
P04148
相少納言が不覚にはあらずや。中比兼明親王・具平
親王と申しは、前中書王・後中書王とて、ともに
賢王聖主の王子にてわたらせ給しかども、位にも
つかせ給はず。されどもいつかは謀叛ををこさせ給ひし。
又後三条院の第三の王子、資仁の親王も御才学
すぐれてましましければ白河院いまだ東宮にて
ましまいし時、「御位の後P323は、この宮を位にはつけま
いらさせ給へ」と、後三条[B ノ]院御遺詔ありしか共、白河院
P04149
いかがおぼしめされけん、つゐに位にもつけまいらさせ
給はず。せめての御事には、資仁[B ノ]親王の御子に源氏
の姓をさづけまいらさせ給ひて、無位より一度に三
位に叙して、やがて中将になしまいらさせ給ひけ
り。一世の源氏、無位より三位する事、嵯峨の皇
帝の御子、陽院の大納言定卿の外は、これはじめ
とぞうけ給はる。花園[B ノ]左大臣有仁公の[B 御]事也。高倉
の宮御謀叛の間、調伏の法うけ給はて修せられける
P04150
高僧達に、勧賞をこなはる。前右大将宗盛卿の子息
侍従清宗、三位して三位[B ノ]侍従とぞ申ける。今年
纔に十二歳。父の卿もこのよはひでは兵衛佐にて
こそをはせしか。忽に上達めにあがり給ふ事、一の
人の公達の外はいまだ承及ばず。源[B ノ]茂仁・頼政法師
父子追討の賞とぞ除書にはありける。源[B ノ]茂仁とは
高倉宮を申けり。まさしゐ太政法皇の王子を
うちたてまつるだにあるに、凡人にさへなしたてま
P04151
つるぞあさましき。P324■[*空+鳥]S0415 抑源三位入道と申は、摂津守
頼光に五代、三川守頼綱が孫、兵庫頭仲政が子也。
保元の合戦の時、御方にて先をかけたりしかども、
させる賞にもあづからず。又平治の逆乱にも、親類
をすてて参じたりしか共、恩賞これおろそか也
き。大内守護にて年ひさしうありしか共、昇殿
をばゆるされず。年たけよはひ傾て後、述懐の
和歌一首ようでこそ、昇殿をばゆるされけれ。
P04152
人しれず大内山のやまもりは
木がくれてのみ月をみるかな W026
この歌によて昇殿ゆるされ、正下[B ノ]四位にてしば
らくありしが、三位を心にかけつつ、
のぼるべきたよりなき身は木のもとに
しゐをひろひて世をわたるかな W027
さてこそ三位はしたりけれ。やがて出家して、源
三位入道とて、今年は七十五にぞなられける。此
P04153
人一期の高名とおぼえし事は、近衛院御在
位の時、仁平のころほひ、主上よなよなおびへた
まぎらせ給ふ事ありけり。有験の高僧貴僧
に仰て、大法秘法を修せられけれども、其
しるしなし。御悩は丑の剋ばかりでありけるに、東
三P325条の森の方より、黒雲一村立来て御殿
の上におほへば、かならずおびへさせ給ひけり。これに
よて公卿僉義あり。去る寛治の比ほひ、堀河天
P04154
皇御在位の時、しかのごとく主上よなよなおびへ
させ給ふ事ありけり。其時の将軍義家朝臣そん)、
南殿の大床に候はれけるが、御悩の剋限に及で、
鳴絃する事三度の後、高声に「前陸奥守源
義家」と名のたりければ、人々皆身の毛よだて、
御悩おこたらせ給ひけり。しかればすなはち先例
にまかせて、武士に仰せて警固あるべしとて、
源平両家の兵物共のなかを撰せられけるに、
P04155
頼政をゑらびいだされたりけるとぞきこえし。
其時はいまだ兵庫頭とぞ申ける。頼政申けるは、
「昔より朝家に武士をおかるる事は、逆反の物を
しりぞけ違勅の物をほろぼさんが為也。目にも
みえぬ変化の物つかまつれと仰下さるる事、い
まだ承及ばず」と申ながら、勅定なればめしに応
じて参内す。頼政はたのみきたる郎等遠江国[B ノ]住
人井[B ノ]早太に、ほろのかざぎりはいだる矢おはせて、
P04156
ただ一人ぞぐしたりける。我身はふたへの狩衣に、
山鳥の尾をもてはいだるとがり矢二すじ、しげ
どうの弓にとりそへて、南殿の大床に祗候〔す〕。
頼政矢をふたつたばさみける事は、雅頼卿其時は
いまだ左少弁にておはしけるが、「変化の物つかま
つらんずるP326仁は頼政ぞ候」とゑらび申されたる
あひだ、一[B ノ]矢に変化の物をゐそんずる物ならば、
二[B ノ]矢には雅頼の弁のしや頸の骨をゐんと
P04157
なり。日ごろ人の申にたがはず、御悩の剋限に
及で、東三条の森の方より、黒雲一村立来
て、御殿の上にたなびいたり。頼政きとみあげ
たれば、雲のなかにあやしき物の姿あり。これを
ゐそんずる物ならば、世にあるべしとはおもはざり
けり。さりながらも矢とてつがひ、南無八幡大菩
薩と、心のうちに祈念して、よぴいてひやう
どゐる。手ごたへしてはたとあたる。「ゑたりをう」と
P04158
矢さけびをこそしたりけれ。井の早田つとより、
おつるところをとておさへて、つづけさまに九かた
なぞさいたりける。其時上下手々で)に火をとも
いて、これを御らんじみ給ふに、かしらは猿、むく
ろは狸、尾はくちなは、手足は虎の姿なり。なく声
■ [*空+鳥]にぞにたりける。おそろしなどもをろか也。
主上御感のあまりに、師子王といふ御剣をくだ
されけり。宇治の左大臣殿是を給はりついで、
P04159
頼政にたばんとて、御前〔の〕きざはしをなからばかり
おりさせ給へるところに、比は卯月十日あまりの
事なれば、雲井に郭公二声三こゑ音づれ
てぞとほりける。其時左大臣殿
ほととぎぎす名をも雲井にあぐるかなP327
とおほせられかけたりければ、頼政右の膝をつき、
左の袖をひろげ、月をすこしそばめにかけつつ、
弓はり月のゐるにまかせて W028
P04160
と仕り、御剣を給てまかりいづ。「弓矢をとてな
らびなきのみならず、歌道もすぐれたりけり」とぞ、
君も臣も御感ありける。さてかの変化の物
をば、うつほ舟にいれてながされけるとぞきこ
えし。去る応保のころほひ、二条院御在位の
時、■[*空+鳥]といふ化鳥禁中にないて、しばしば震襟を
なやます事ありき。先例をもて頼政をめされ
けり。ころはさ月廿日あまりの、まだよひの事
P04161
なるに、■[*空+鳥]ただ一声おとづれて、二声ともなかざり
けり。目さす共しらぬやみではあり、すがたかた
ちもみえざれば、矢つぼをいづくともさだめがたし。
頼政はかりことに、まづおほかぶらをとてつがひ、■[*空+鳥]
の声しつる内裏のうへへぞいあげたる。■[*空+鳥]かぶら
のをとにおどろいて、虚空にしばしひらめいたり。
二の矢に小鏑とてつがひ、ひふつとゐきて、■[*空+鳥]
とかぶらとならべて前にぞおとしたる。禁中ざざ
P04162
めきあひ、御感なのめならず。御衣をかづけさせ
給ひけるに、其時は大炊御門の右大臣公能公
これを給はりつゐで、頼政にかづけ給ふとて、「昔の
養由は雲の外の鴈をいき。今の頼政はP328雨のう
ちに■[*空+鳥]をゐたり」とぞ感ぜられける。
五月やみ名をあらはせるこよひかな
と仰られかけたりければ、頼政
たそかれ時もすぎぬとおもふに W029
P04163
と仕り、御衣を肩にかけて退出す。其後伊豆国
給はり、子息仲綱受領になし、我身三位して、
丹波の五ケ[B ノ]庄、若狭のとう宮河知行して、さて
おはすべかりし人の、よしなき謀叛おこいて、宮
をもうしなひまいらせ、我身もほろびぬるこそ
うたてけれ。三井寺炎上S0416 日ごろは山門の大衆こそ、みだりがはし
きうたへつかまるに、今度は穏便を存じて
をともせず。「南都・三井寺、或は宮うけとり奉り、
P04164
或は宮の御むかへにまいる、これもて朝敵なり。
されば三井寺をも南都をもせめらるべし」とて、
同五月廿七日、大将軍には入道〔の〕四男頭中将重衡、
副将軍には薩摩守忠教、都合其勢一万余騎
で、園城寺へ発向す。寺にも堀ほり、かいだP329てか
き、さかも木ひいてまちかけたり。卯剋に矢合
して、一日たたかひくらす。ふせくところ大衆以下
の法師原、三百余人までうたれにけり。夜い
P04165
くさになて、くらさはくらし、官軍寺にせめ入て、
火をはなつ。やくるところ、本覚院、成喜院・真如院・
花園院、普賢堂・大宝院・清滝院、教大和尚[B ノ]
本坊ならびに本尊等、八間四面の大講堂、鐘楼・
経蔵・潅頂堂、護法善神の社壇、新熊野の
御宝殿、惣て堂舎塔廟六百三十七宇、大津
の在家一千八百五十三宇、智証のわたし給へる
一切経七千余巻、仏像二千余体、忽に煙と
P04166
なるこそかなしけれ。諸天五妙のたのしみも此
時ながくつき、竜神三熱のくるしみもいよいよ
さかんなるらんとぞみえし。それ三井寺は、近江
の義大領が私の寺たりしを、天武天皇によせ
奉て、御願となす。本仏もかの御門の御本尊、
しかるを生身弥勒ときこえ給ひし教大和尚百六
十年おこなふて、大師に附属し給へり。都士
多天上摩尼宝殿よりあまくだり、はるかに竜
P04167
花下生の暁をまたせ給ふとこそききつるに、
こはいかにしつる事共ぞや。大師このところを
伝法潅頂の霊跡として、ゐけすいの三をむ
すび給しゆへにこそ、三井寺とは名づけたれ。
かかるめでたき聖跡なれ共、今はなにならず。顕
密須臾にほろびて、伽藍さらに跡もなし。三密
道場もなけP330れば、鈴の声もきこえず。一夏の花
もなければ、阿伽のをともせざりけり。宿老磧
P04168
徳の名師は行学におこたり、受法相承の弟子は
又経教にわかれんだり。寺の長吏円慶法
親王、天王寺別当をとどめらる。其外僧綱十
三人闕官ぜられて、みな検非違使にあづけらる。
悪僧はつつ井の浄妙明秀にいたるまで三十
余人ながされけり。「かかる天下のみだれ、国土
のさはぎ、ただ事ともおぼえず。平家の世の
末になりぬる先表やらん」とぞ、人申ける。
P04169
平家物語巻第四



入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com