平家物語(龍谷大学本)巻第九

【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本(龍谷大学善本叢書13)に拠りました。


P09291

P09293 P2164
平家物語巻第九
生ずきの沙汰S0901寿永三年正月一日、院の御所は大膳大夫
成忠が宿所、六条西洞院なれば、御所のてい
しかる【然る】べからずとて、礼儀お[B こ]なはるべきにあらね
ば、拝礼もなし。院の拝礼なかりければ、内裏の
小朝拝もおこなはれず。平家は讃岐国八島
の磯におくりむかへ【向へ】て、元日元三の儀式事よろ
しからず。主上わたらせ給へども、節会もおこ
P09294
なはれず、四方拝もなし。■魚も奏せず。吉野
のくず【国栖】もまいらせ【参らせ】ず。「世みだれたりしかども、都
にてはさすがかくはなかりし物を」とぞ、おのおの
のたまひあはれける。青陽の春も来り、
浦吹風もやはらかに、日影も長閑になり
ゆけど、ただ平家の人々は、いつも氷に
とぢこめられたる心地して、寒苦鳥にことなら
ず。東岸西岸の柳遅速をまじへ、南枝北枝
P09295
梅開落已に異にして、花の朝月の夜、詩歌・
管絃・鞠・小弓・扇合・絵合・草づくし【尽】・虫づくし【尽】、
さまざまP2165興ありし事ども、おもひ【思ひ】いでかたり
つづけて、永日をくらしかね給ふぞ哀なる。同
正月十一日、木曾[B ノ]左馬頭義仲院参して、平家
追討のために西国へ発向すべきよし奏聞す。
同十三日、すでに門いでときこえ【聞え】し程に、東国より前
兵衛佐頼朝、木曾が狼籍【*狼藉】しづめんとて、数万騎の
P09296
軍兵をさしのぼせられけるが、すでに美濃国・伊
勢国につくと聞えしかば、木曾大におどろき、宇治・
勢田の橋をひいて、軍兵共をわかちつかはす【遣す】。折
ふしせい【勢】もなかりけり。勢田の橋へは大手なればとて、
今井[B ノ]四郎兼平八百余騎でさしつかはす【遣す】。宇治
橋へは、仁科・たかなし【高梨】・山田[B ノ]次郎・五百余騎でつかはす【遣す】。
いもあらい【一口】へは伯父の志太[B ノ]三郎先生義教三百
余騎でむかひ【向ひ】けり。東国よりせめ【攻め】のぼる大手の
P09297
大将軍は、蒲[B ノ]御曹司範頼、搦手の大将軍は
九郎御曹司義経、むねとの大名卅余人、都合其
勢六万余騎とぞ聞えし。其比鎌倉殿にいけ
ずき【生食】・する墨【摺墨】といふ名馬あり。いけずき【生食】をば梶
原源太景季しきりに望み申けれども、鎌倉
殿「自然の事のあらん時、物の具して頼朝がのる
べき馬なり。する墨【摺墨】もおとらぬ名馬ぞ」とて梶原
にはする墨【摺墨】をこそたうだりけれ。P2166佐々木四郎
P09298
高綱がいとま申にまい【参つ】たりけるに、鎌倉殿いかがおぼ
しめさ【思し召さ】れけん、「所望の物はいくらもあれども、存知
せよ」とて、いけずき【生食】を佐々木にたぶ。佐々木畏て
申けるは、「高綱、この御馬で宇治河のまさき
わたし候べし。宇治河で死て候ときこしめし【聞し召し】候はば、
人にさきをせられてげりとおぼしめし【思し召し】候へ。いまだ
いきて候ときこしめさ【聞し召さ】れ候はば、定て先陣はしつ
らん物をとおぼしめされ候へ」とて、御まへをまかり
P09299
たつ。参会したる大名小名みな「荒凉の申様かな」
とささやきあへり。おのおの鎌倉をたて、足柄をへて
行もあり、箱根にかかる人もあり、思ひ思ひに
のぼるほど【程】に、駿河国浮島が原にて、梶原源太景季
たかき所にうちあがり、しばしひかへておほく【多く】の馬共
を見ければ、おもひおもひ【思ひ思ひ】の鞍をい【置い】て、色々の鞦かけ、
或はのり口【乗口】にひかせ、或はもろ口【諸口】にひかせ、いく【幾】千万と
いふかずをしら【知ら】ず。引とほし引とほししける中にも、
P09300
景季〔が〕給たるする墨【摺墨】にまさる馬こそなかりけれ
と、うれしうおもひ【思ひ】てみる【見る】ところ【所】に、いけずき【生食】と
おぼしき馬こそいできたれ。黄覆輪の鞍を
いて、小総の鞦かけ、しらあは【白泡】かませ、とねり【舎人】あまた
つゐ【付い】たりけれども、なを【猶】ひきもためず、おどら【躍ら】せて
出きたり。梶原源太うちよて、「それはたが御馬ぞ」。
「佐々木殿の御馬候」。其時梶原「やすからぬ物P2167也。都へ
のぼて、木曾殿の御内に四天王ときこゆる【聞ゆる】今井・
P09301
樋口・楯・祢[B ノ]井にくんで死ぬるか、しからずは西国へ
むかう【向う】て、一人当千ときこゆる【聞ゆる】平家の侍どもと
いくさ【軍】して死なんとこそおもひ【思ひ】つれ共、此御き
そく【気色】ではそれもせんなし。ここで佐々木にひ【引つ】くみさし
ちがへ、よい侍二人死で、兵衛佐殿に損とらせたて
まつら【奉ら】ん」とつぶやいてこそまち【待ち】かけたれ。佐々木四郎は
何心もなくあゆませて出きたり。梶原、おしならべて
やくむ【組む】、むかふさま【向う様】にやあて【当て】おとす【落す】と思ひけるが、まづ
P09302
詞をかけけり。「[B いかに]佐々木殿、いけずき【生食】給はらせ給て
さうな」といひければ、佐々木、「あぱれ、此仁も内々所
望するとききし物を」と、[B きと]おもひ【思ひ】いだし【出し】て、「さ候へば
こそ。此御大事にのぼりさうが、定て宇治・勢田
の橋をばひいて候らん、乗て河わたすべき馬はなし、
いけずき【生食】を申さばやとはおもへ【思へ】ども、梶原殿の申
されけるにも、御ゆるされないとうけ給る【承る】間、まして
高綱が申ともよも給はらじとおもひ【思ひ】つつ、後日には
P09303
いかなる御勘当もあらばあれと存て、暁たたん
とての夜、とねり【舎人】に心をあはせて、さしも御秘蔵
候いけずき【生食】をぬすみすまいてのぼりさうはいかに」
といひければ、梶原この詞に腹がゐて、「ねたい、さらば
景季もぬすむべかりける物を」とて、どとわら【笑つ】て
のき【退き】にけり。P2168宇治川先陣S0902佐々木四郎が給はたる御馬は、黒[* 「墨」と有るのを高野本により訂正]栗毛
なる馬の、きはめてふとう【太う】たくましゐ【逞しい】が、馬をも人
をもあたりをはらてくひければ、いけずき【生食】とつけ
P09304
られたり。八寸の馬とぞきこえ【聞え】し。梶原が給はたる
する墨【摺墨】も、きはめてふとう【太う】たくましき【逞しき】が、まこと【誠】に
黒かりければ、する墨【摺墨】とつけられたり。いづれもお
とらぬ名馬也。尾張国より大手・搦手二手にわかて
せめ【攻め】のぼる。大手の大将軍、蒲[B ノ]御曹司範頼、あい
ともなふ人々、武田[B ノ]太郎・鏡美[B ノ]次郎・一条[B ノ]次郎・板垣の
三郎・稲毛[B ノ]三郎・楾谷[B ノ]四郎・熊谷[B ノ]次郎・猪俣[B ノ]小平六
を先として、都合其勢三万五千余騎、近江国野
P09305
路・篠原にぞつきにける。搦手[B ノ]大将軍は九郎御曹
司義経、おなじくともなふ人々、安田[B ノ]三郎・大内[B ノ]太郎・
畠山[B ノ]庄司次郎・梶原源太・佐々木四郎・糟屋[B ノ]藤太・
渋谷右馬允・平山[B ノ]武者どころをはじめとして、都
合其勢二万五千余騎、伊賀国をへて宇治橋
のつめにぞをし【押し】よせ【寄せ】たる。宇治も勢田も橋を
ひき、水のそこには乱ぐゐ【乱杭】うて、大綱はり、さかも木【逆茂木】
つないでながしかけたり。P2169比はむ月【睦月】廿日あまりの
P09306
事なれば、比良のたかね、志賀の山、むかしながらの
雪もきえ、谷々の氷うちとけて、水は折ふしま
さりたり。白浪おびたたしう【夥しう】みなぎりおち【落ち】、瀬[* 「灘」と有るのを他本により訂正]
まくら【枕】おほき【大き】に滝な【鳴つ】て、さかまく水もはやかり
けり。夜はすでにほのぼのとあけゆけど、河霧
ふかく立こめて、馬の毛も鎧の毛もさだかならず。
ここに大将軍九郎御曹司、河のはたにすすみ出、水の
おもてをみわたして、人々の心をみんとやおもは【思は】れ
P09307
けん、「いかがせん、淀・いもあらゐ【一口】へやまはるべき、水のおち
足【落足】をやまつべき」との給へば、畠山、其比はいまだ生年
廿一になりけるが、すすみいでて申けるは、「鎌倉にてよく
よく此河の御沙汰は、候しぞかし。しろしめさ【知ろし召さ】ぬ海河
の、俄にできても候はばこそ。此河は近江の水海の末
なれば、まつともまつとも水ひまじ。橋をば又誰かわたいて
まいらす【参らす】べき。治承の合戦に、足利又太郎忠綱は、
鬼神でわたしけるか、重忠瀬ぶみ仕らん」とて、丹[B ノ]党
P09308
をむねとして、五百余騎ひしひしとくつばみをなら
ぶるところ【所】に、平等院の丑寅、橘の小島が崎より
武者二騎ひかけ【引つ駆け】ひかけ【引つ駆け】いできたり。一騎は梶原源太景季、
一騎は佐々木四郎高綱也。人目には何ともみえ【見え】ざりけ
れども、内々は先に心をかけたりければ、梶原は
佐々木に一段ばかりぞすすんだる。佐々木四郎「此河は
西国一の大河ぞや。腹帯ののびてみえ【見え】さうぞ。しめ
給へ」といP2170はれて、梶原さもあるらんとや思ひけん、左右
P09309
のあぶみを〔ふみ〕すかし、手綱を馬のゆがみにすて【捨て】、腹帯
をといてぞしめたりける。そのまに佐々木はつとはせ【馳せ】
ぬい【抜い】て、河へざとぞうちいれ【入れ】たる。梶原たばかられ
ぬとやおもひ【思ひ】けん、やがてつづゐ【続い】てうちいれ【入れ】たり。「い
かに佐々木殿、高名せうどて不覚し給ふな。水の
底には大綱あるらん」といひければ、佐々木太刀をぬき、
馬の足にかかりける大綱どもをばふつふつとうちきりうちきり、
いけずき【生食】といふ世一の馬にはの【乗つ】たりけり、宇治河
P09310
はやしといへども、一文字にざとわたいてむかへ【向へ】の岸に
うちあがる【上がる】。梶原がの【乗つ】たりけるする墨【摺墨】は、河なかより
のため【篦撓】がたにおしなされて、はるかのしもよりうち
あげたり。佐々木あぶみふばりたちあがり【上がり】、大音声
をあげて名のりけるは、「宇多[B ノ]天皇より九代の後
胤、佐々木三郎秀義が四男、佐々木四郎高綱、宇
治河の先陣ぞや。われとおもは【思は】ん人々は高綱にくめ
や」とて、おめい【喚い】てかく。畠山五百余騎でやがてわたす。
P09311
むかへ【向へ】の岸より山田次郎がはなつ矢に、畠山馬の
額をのぶか【篦深】にゐ【射】させて、よはれ【弱れ】ば、河中より弓杖を
つゐ【突い】ておりたたり。岩浪甲の手さきへざとおし
あげけれども、事ともせず、水のそこをくぐて、
むかへ【向へ】の岸へぞつきにける。あがら【上がら】んとすれば、うしろ
に物こそむずとひかへたれ。「た【誰】そ」ととへば、「重親」と
こたふ。「いかに大串P2171か」。「さ候」。大串次郎は畠山には烏帽子
子にてぞあり【有り】ける。「あまりに水がはやうて、馬はおし
P09312
ながされ候ぬ。力およば【及ば】で、つきまいらせ【参らせ】て候」といひけ
れば、「いつもわ【我】殿原は、重忠が様なるものにこそた
すけ【助け】られんずれ」といふままに、大串をひ【引つ】さげて、
岸のうへへぞなげ【投げ】あげたる。なげあげられ、ただなを【直つ】
て、「武蔵国の住人、大串[B ノ]次郎重親、宇治河〔かちたち〕の先陣
ぞや」とぞ名の【乗つ】たる。敵も御方もこれをきい【聞い】て、一度に
どとぞわらひ【笑ひ】ける。其後畠山のりかへにの【乗つ】てうちあがる【上がる】。
魚綾の直垂に火おどしの鎧きて、連銭葦毛なる
P09313
馬に黄覆輪の鞍をいての【乗つ】たる敵の、まさきに
すすんだるを、「ここ[B に]かくる【駆くる】はいかなる人ぞ。なのれ【名乗れ】や」と
いひければ、「木曾殿の家の子に、長瀬判官代重
綱」となのる【名乗る】。畠山「けふのいくさ神【軍神】いははん」とて、をし【押し】
ならべてむずととて引おとし【落し】、頸ねぢきて、本田[B ノ]次
郎が鞍のとつけにこそつけさせけれ。これをはじめて、
木曾殿の方より宇治橋かためたるせい【勢】ども、しばし
ささへてふせき【防き】けれ共、東国の大勢みなわたい【渡い】て
P09314
せめ【攻め】ければ、散々にかけなされ、木幡山・伏見をさ
い【指い】てぞ落行ける。勢田をば稲毛[B ノ]三郎重成がはからひ
にて、田上供御の瀬をこそわたしけれ。P2172河原合戦S0903いくさ【軍】やぶ
れにければ、鎌倉殿へ飛脚をもて、合戦の次第を
しるし申されけるに、鎌倉殿まづ御使に、「佐々木はいかに」
と御尋あり【有り】ければ、「宇治河のまさき候」と申す。
日記をひらいて御らんずれば、「宇治河の先陣、佐々木
四郎高綱、二陣梶原源太景季」とこそかか【書か】れたれ。宇治・
P09315
勢田やぶれぬと聞えしかば、木曾左馬頭、最後のいとま
申さんとて、院の御所六条殿へはせ【馳せ】まいる【参る】。御所には
法皇をはじめまいらせ【参らせ】て、公卿殿上人、「世は只今うせなん
ず。いかがせん」とて、手をにぎり、たてぬ願もましまさず。
木曾門前までまいり【参り】たれども、東国の勢すでに
河原までせめ【攻め】入たるよし聞えしかば、さいて奏する旨も
なくてとてかへす【返す】。六条高倉なるところ【所】に、はじめて見そめ
たる女房のおはしければ、それへうちいり最後の名
P09316
ごりおしま【惜しま】んとて、とみにいで【出で】もやらざりけり。いま
まいり【今参】したりける越後[B ノ]中太家光といふものあり。
「いかにかうはうちとけてわたらせ給ひ候ぞ。御敵すでに
河原までせめ【攻め】入て候に、犬死にせさせ給なんず」と申
けれども、なを【猶】出もやらざりければ、「さ候ばまづさきだち【先立ち】
まいらせ【参らせ】て、四手の山でこそ待まいらせ【参らせ】候はめ」P2173とて、腹かき
きてぞ死にける。木曾殿「われをすすむる自害に
こそ」とて、やがてう【打つ】たち【立ち】けり。上野国の住人那波[B ノ]太
P09317
郎広純を先として、其勢百騎ばかりにはすぎざり
けり。六条河原にうちいでてみれ【見れ】ば、東国のせい【勢】とお
ぼしくて、まづ卅騎ばかり出きたり。そのなかに武者二
騎すすんだり。一騎は塩屋[B ノ]五郎維広、一騎は勅使河原
の五三郎有直なり。塩屋が申けるは、「後陣の勢をや
待べき」。勅使河原が申けるは、「一陣やぶれぬれば
残党またからず。ただかけよ」とておめい【喚い】てかく。木曾
はけふをかぎりとたたかへば、東国のせいはわれう【討つ】
P09318
とらんとぞすすみける。大将軍九郎義経、軍兵共に
いくさ【軍】をばせさせ、院御所のおぼつかなきに、守護し
奉らんとて、まづ我身ともにひた【直】甲五六騎、六条殿
へはせ【馳せ】まいる【参る】。御所には大膳大夫成忠、御所の東のつい垣【築垣】
のうへにのぼて、わななくわななくみまはせば、しら旗ざとさし
あげ【差し上げ】、武士ども五六騎のけかぶとにたたかい【戦ひ】なて、ゐむ
け【射向】の袖ふきなびかせ、くろ煙けたて【蹴立て】てはせ【馳せ】まいる【参る】。成忠
「又木曾がまいり【参り】候。あなあさまし」と申ければ、今度ぞ
P09319
世のうせはてとて、君も臣もさはが【騒が】せ給ふ。成忠かさ
ねて申けるは、「只今はせ【馳せ】まいる【参る】武士どもは、かさじるし【笠印】
のかはて候。今日都へ入東国のせい【勢】と覚候」と、申も
はてねば、九郎義経門前へ馳P2174まい【参つ】て、馬よりおり、
門をたたかせ、大音声をあげて、「東国より前兵衛
佐頼朝が舎弟、九郎義経こそまい【参つ】て候へ。あけさせ給へ」と
申ければ、成忠あまりのうれしさに、つゐ垣【築垣】よりいそぎ
おどり【躍り】おるるとて、腰をつき損じたりけれども、
P09320
いたさはうれしさにまぎれておぼえず、はうはう【這ふ這ふ】まい【参つ】て
此由奏聞しければ、法皇大に御感あて、やがて門
をひらかせて入られけり。九郎義経其日の装束には、
赤地の錦の直垂に、紫すそごの鎧きて、くわがた【鍬形】
うたる甲の緒しめ、こがねづくり【黄金作】の太刀をはき、
きりう【切斑】の矢おひ【負ひ】、しげ藤の弓のとりうち【鳥打】を、紙
をひろさ一寸ばかりにきて、左まきにぞまいたり
ける。今日の大将軍のしるしとぞみえ【見え】し。法皇は中
P09321
門のれんじ【櫺子】より叡覧あて、「ゆゆしげなるもの共哉。
みな名のらせよ」と仰ければ、まづ大将軍九郎義
経、次に安田三郎義定、畠山庄司次郎重忠、梶原源
太景季、佐々木四郎高綱、渋谷馬允重資とこそ名の【乗つ】
たれ。義経ぐし【具し】て、武士は六人、鎧はいろいろなりけれども、
つらだましゐ【面魂】事がらいづれもおとらず。大膳大夫成忠
仰を承て、九郎義経を大床のきはへめし【召し】て、合戦[B ノ]
次第をくはしく御尋あれば、義経かしこまて申けるは、
P09322
「義仲が謀叛の事、頼朝大におどろき、範頼・義経
をはじめとして、むねとの兵物卅余人、其勢六万余
騎をまいらせ【参らせ】候。範頼は勢田よりまはり候が、いP2175まだ
まいり【参り】候はず。義経は宇治の手をせめ【攻め】おとい【落い】て、まづ此
御所守護のためにはせ【馳せ】参じて候。義仲は河原を
のぼりにおち【落ち】候つるを、兵物共におはせ候つれば、今は
定てうとり候ぬらん」と、いと事もなげにぞ申たる。
法皇大に御感あて、「神妙也。義仲が余党など
P09323
まい【参つ】て、狼籍【*狼藉】もぞ仕る。なんぢら此御所よくよく守
護せよ」と仰ければ、義経かしこまりうけ給は【承つ】て、四方の
門をかためてまつほど【程】に、兵物共馳集て、程なく一万
騎ばかりになりにけり。木曾はもしの事あらば、法皇
をとりまいらせ【参らせ】て西国へ落くだり、平家とひとつに
ならんとて、力者廿人そろへてもたりけれども、御所には
九郎義経はせ【馳せ】まい【参つ】て守護したてまつる【奉る】由聞えし
かば、さらばとて、数万騎の大勢のなかへおめい【喚い】てかけいる。
P09324
すでにうた【討た】れんとする事度々に及といへども、
かけやぶり【駆け破り】かけやぶり【駆け破り】とほりけり。木曾涙をながい【流い】て、「かかる
べしとだ〔に〕知りたりせば、今井を勢田へはやらざら
まし。幼少竹馬の昔より、死なば一所で死なんと
こそ契しに、ところどころ【所々】でうた【討た】れん事こそかなし
けれ。今井がゆくゑ【行方】をきかばや」とて、河原のぼりに
かくる【駆くる】ほど【程】に、六条河原と三条河原の間に、敵お
そてかかればとてかへしとてかへし、わづかなる小勢にて、
P09325
雲霞の如なる敵の大勢を、五六度までぞお【追つ】かへす【返す】。
鴨河ざとうちわたし、粟田口・松坂にもかかP2176りけり。
去年信濃を出しには五万余騎と聞えしに、
けふ四の宮河原をすぐるには、主従七騎になりに
けり。まして中有の旅の空、おもひ【思ひ】やられて哀也。
木曾最期S0904 木曾殿は信濃より、ともゑ【巴】・山吹とて、二人の便女を
具せられたり。山吹はいたはり【労】あて、都にとどまりぬ。
中にもともゑ【巴】はいろしろく【白く】髪ながく、容顔まこと【誠】に
P09326
すぐれたり。ありがたきつよ弓、せい兵【精兵】、馬のうへ、かち
だち、うち物もては鬼にも神にもあはふどいふ一人
当千の兵也。究竟のあら馬のり、悪所おとし【落し】、
いくさ【軍】といへば、さねよき鎧きせ、おほ太刀・つよ弓も
たせて、まづ一方の大将にはむけられけり。度々の
高名、肩をならぶるものなし。されば今度も、おほく【多く】
のものどもおち【落ち】ゆきうた【討た】れける中に、七騎が内まで
ともゑ【巴】はうた【討た】れざりけり。木曾は長坂をへて丹波
P09327
路へおもむくとも聞えけり。又竜花ごへ【竜花越】にかかて北国へ
ともきこえ【聞え】けり。かかりしかども、今井が行ゑ【行方】をきか
ばやとて、勢田の方へおち【落ち】ゆくほど【程】に、今井四郎兼平
も、八百余騎で勢田をかためたりけるが、P2177わづかに
五十騎ばかりにうちなされ、旗をばまかせて、主のおぼつ
かなきに、宮こ【都】へとてかへす【返す】ほど【程】に、大津のうちで【打出】の浜にて、
木曾殿にゆきあひたてまつる。互になか一町ばかり
よりそれとみし【見知つ】て、主従駒をはやめてよりあふたり。
P09328
木曾殿今井が手をとての給ひけるは、「義仲六条
河原でいかにもなるべかりつれども、なんぢがゆくえ【行方】の
恋しさに、おほく【多く】の敵の中をかけわて、是までは
のがれ【逃れ】たる也」。今井四郎、「御ぢやう【諚】まこと【誠】に忝なう候。
兼平も勢田で打死つかまつるべう候つれども、御行
え【行方】のおぼつかなさに、これまでまい【参つ】て候」とぞ申ける。
木曾殿「契はいまだくちせざりけり。義仲がせい【勢】は
敵にをし【押し】へだてられ、山林にはせ【馳せ】ちて、此辺にもある
P09329
らんぞ。汝がまかせてもた〔せた〕る旗あげさせよ」との給へば、
今井が旗をさしあげ【差し上げ】たり。京よりおつる勢とも
なく、勢田よりおつるものともなく、今井が旗を見
つけて三百余騎ぞはせ集る。木曾大に悦て、「此勢あら
ばなどか最後のいくさ【軍】せざるべき。ここにしぐらうで
見ゆるはたが手やらん」。「甲斐の一条次郎殿とこそ
承候へ」。「せい【勢】はいくらほどあるやらん」。「六千余騎とこそ
聞え候へ」。「さてはよい敵ごさんなれ。おなじう死なば、
P09330
よからう敵にかけ【駆け】あふ【合う】て、大勢の中でこそ打死
をもせめ」とて、まさきにこそすすみけれ。P2178木曾左馬
頭、其日の装束には、赤地の錦の直垂に、唐綾お
どしの鎧きて、くわがたうたる甲の緒しめ、いか物
づくりのおほ太刀はき、石うちの矢の、其日のいくさ【軍】
にい【射】て少々のこたるを、かしらだか【頭高】におい【負ひ】なし、しげ
どう【滋籐】の弓もて、きこゆる【聞ゆる】木曾の鬼葦毛といふ馬
の、きはめてふとう【太う】たくましゐ【逞しい】に、黄覆輪の鞍を
P09331
い【置い】てぞの【乗つ】たりける。あぶみふばりたちあがり【上がり】、大音声
をあげて名のりけるは、「昔はききけん物を、木曾の
冠者、今はみる【見る】らん、左馬頭[B 兼]伊与【*伊予】守、朝日の将軍源
義仲ぞや。甲斐[B ノ]一条次郎とこそきけ。たがいに
よい敵ぞ。義仲うて兵衛佐に見せよや」とて、おめい【喚い】て
かく。一条二郎【*次郎】、「只今なのる【名乗る】は大将軍ぞ。あますなもの
共、もらす【漏らす】な若党、うてや」とて、大ぜいの中にとり【取り】こめ【籠め】て、
我うとらんとぞすすみける。木曾三百余騎、六千余
P09332
騎が中をたてさま・よこさま・蜘手・十文字にかけ【駆け】わ【破つ】て、
うしろへつといでたれば、五十騎ばかりになりにけり。
そこをやぶ【破つ】てゆくほど【程】に、土肥[B ノ]次郎実平二千余
騎でささへたり。其をもやぶ【破つ】て行ほど【程】に、あそこでは
四五百騎、ここでは二三百騎、百四五十騎、百騎ばかりが
中をかけわりかけわりゆくほど【程】に、主従五騎にぞなりにける。
五騎が内までともゑ【巴】はうた【討た】れざりけり。木曾殿「おの
れ【己】はとうとう【疾う疾う】、おんな【女】なれば、いづちへもゆけ。我は打死
P09333
せんと思ふなり。もし人手にP2179かからば自害をせん
ずれば、木曾殿の最後のいくさ【軍】に、女をぐせ【具せ】られ
たりけりなどいはれん事もしかる【然る】べからず」との給ひ
けれ共、猶おち【落ち】もゆかざりけるが、あまりにいはれ
奉て、「あぱれ、よからうかたきがな。最後のいくさ【軍】
してみせ【見せ】奉らん」とて、ひかへたるところ【所】に、武蔵国に、
聞えたる大ぢから、をん田の【御田の】八郎師重、卅騎ばかりで
出きたり。ともゑ【巴】そのなかへかけ入、をん田の【御田の】八郎に
P09334
おしならべ、むずととてひきおとし【落し】、わがの【乗つ】たる鞍の
まへわ【前輪】にをし【押し】つけて、ちともはたらかさ【働かさ】ず、頸ねぢ
きてすててげり。其後物具ぬぎすて、東国の方へ
落ぞゆく。手塚太郎打死す。手塚の別当落に
けり。今井[B ノ]四郎、木曾殿、只主従二騎になての給ひ
けるは、「日来はなにともおぼえぬ鎧が、けふはおもう【重う】
なたるぞや」。今井四郎申けるは、「御身も未つかれ【疲れ】
させ給はず、御馬もよはり【弱り】候はず。なにによてか一両の
P09335
御きせなが【着背長】をおもうはおぼしめし【思し召し】候べき。それは御
方に御せいが候はねば、おく病【臆病】でこそさはおぼしめし【思し召し】候へ。
兼平一人候とも、余の武者千騎とおぼしめせ【思し召せ】。矢
七八候へば、しばらくふせき【防き】矢仕らん。あれに見え候、粟津
の松原と申。あの松の中で御自害候へ」とて、うて
行程に、又あら【新】手の武者五十騎ばかり出きたり。「君は
あの松原へいら【入ら】せ給へ。兼平は此敵ふせき【防き】候はん」と
申ければ、木曾殿の給P2180ひけるは、「義仲宮こ【都】にて
P09336
いかにもなるべかりつるが、これまでのがれ【逃れ】くるは、汝と
一所で死なんとおもふ【思ふ】ため也。ところどころ【所々】でうた【討た】れんよりも、
ひとところ【一所】でこそ打死をもせめ」とて、馬の鼻をなら
べてかけ【駆け】んとし給へば、今井四郎馬よりとびおり、主
の馬の口にとりつゐ【付い】て申けるは、「弓矢とりは年来
日来いかなる高名候へども、最後の時不覚しつれば
ながき疵にて候也。御身はつかれ【疲れ】させ給て候。つづくせい【勢】は
候はず。敵にをし【押し】へだてられ、いふかひなき人〔の〕郎等に
P09337
くみおとさ【落さ】れさせ給て、うた【討た】れさせ給なば、「さばかり日本
国にきこえ【聞え】させ給ひつる木曾殿をば、それがしが
郎等のうちたてま【奉つ】たる」など申さん事こそ口惜う
候へ。ただあの松原へいらせ給へ」と申ければ、木曾
さらばとて、粟津の松原へぞかけ給ふ。今井四郎
只一騎、五十騎ばかりが中へかけ入、あぶみふばりたちあ
がり【上がり】、大音声あげてなのり【名乗り】けるは、「日来は音にも
ききつらん、今は目にも見給へ、木曾殿の御めのと子、今井
P09338
四郎兼平、生年卅三にまかりなる。さるものありとは
鎌倉殿までもしろしめさ【知ろし召さ】れたるらんぞ。兼平うて
見参にいれよ【入れよ】」とて、ゐ【射】のこしたる八すぢの矢を、
さしつめ【差し詰め】引つめさんざん【散々】にゐる【射る】。死生はしら【知ら】ず、やに
わ【矢庭】にかたき八騎ゐ【射】おとす【落す】。其後打物ぬいてあれ
にはせ【馳せ】あひ、これに馳あひ、きP2181てまはるに、面をあはする
ものぞなき。分どりあまたしたりけり。只「ゐ【射】とれ
や」とて、中にとりこめ、雨のふる様にゐ【射】けれども、鎧
P09339
よければうらかかず、あき間をゐ【射】ねば手もおはず。
木曾殿は只一騎、粟津の松原へかけ給ふが、正
月廿一日入あひばかりの事なるに、うす氷ははたり
けり、ふか田【深田】ありともしら【知ら】ずして、馬をざとうち入
たれば、馬のかしらも見えざりけり。あおれ【煽れ】どもあおれ【煽れ】ども、
うてどもうてどもはたらか【働か】ず。今井が行え【行方】のおぼつか
なさに、ふりあふぎ給へるうち甲を、三浦[B ノ]の石田次郎
為久、お【追つ】かかてよぴゐてひやうふつとゐる【射る】。いた手【痛手】な
P09340
れば、まかうを馬のかしらにあててうつぶし給へる
処に、石田が郎等二人落あふて、つゐに【遂に】木曾殿の
頸をばとてげり。太刀のさきにつらぬき、たかく
さしあげ【差し上げ】、大音声をあげて、「この日来日本国に
聞えさせ給つる木曾殿を、三浦[B ノ]石田[B ノ]次郎為久が
うち奉たるぞや」となのり【名乗り】ければ、今井四郎いくさ【軍】し
けるが、是をきき、「いまはたれをかばはんとてかいくさ【軍】をば
すべき。是を見給へ、東国の殿原、日本一の甲【*剛】の者の
P09341
自害する手本」とて、太刀のさきを口に含み、馬
よりさかさまにとび落、つらぬ【貫ぬ】かてぞうせにける。さて
こそ粟津のいくさ【軍】はなかりけれ。P2182樋口被討罰S0905今井が兄、樋口
次郎兼光は、十郎蔵人うたんとて、河内国長野の
城へこえたりけるが、そこにてはうちもらし【洩らし】ぬ。紀伊
国名草にありと聞えしかば、やがてつづゐ【続い】てこえたり
けるが、都にいくさ【軍】ありときい【聞い】て馳のぼる。淀の大渡
の橋で、今井が下人ゆきあふたり。「あな心う【憂】、是は
P09342
いづちへとてわたらせ給ひ候ぞ。君うた【討た】れさせ給ひぬ。
今井殿は自害」と申ければ、樋口[B ノ]次郎涙をはらはらと
ながいて、「是を聞給へ殿原、君に御心ざしおもひ【思ひ】ま
いらせ【参らせ】給はん人々は、これよりいづちへもおち【落ち】行、出家入道
して乞食頭陀の行をもたて【立て】、後世をとぶらひま
いらせ【参らせ】給へ。兼光は宮こ【都】へのぼり打死して、冥途にても
君の見参に入、今井四郎をいま一度みんと思ふぞ」と
いひければ、五百余騎のせい、あそこにひかへここにひ
P09343
かへ落行ほど【程】に、鳥羽の南の門をいでけるには、其
勢わづかに廿余騎にぞなりにける。樋口次郎けふす
でに宮こ【都】へ入と聞えしかば、党も豪家も七条・朱
雀・四塚さまへ馳向。樋口が手に茅野[B ノ]太郎と云もの
あり。四塚にいくらも馳むかふ【向う】たる敵の中へかけ入、
大音声をあげて、「此御中に、甲斐の一条次郎殿の
御手の人や在ます」ととひければ、「あながち一条[B ノ]二郎【*次郎】殿
の手でいくさ【軍】P2183をばするか。誰にもあへかし」とて、どとわらふ【笑ふ】。
P09344
わらは【笑は】れてなのり【名乗り】けるは、「かう申は信濃国諏方【*諏訪】
上宮の住人、茅野[B ノ]大夫光家が子に、茅野太郎光広、
必一条[B ノ]次郎殿の御手をたづぬるにはあらず。おとと【弟】の
茅野[B ノ]七郎それにあり。光広が子共二人、信濃国に候が、
「あぱれわが父はようてや死にたるらん、あしうてや死に
たるらん」となげかん処に、おととの七郎がまへで打死して、
子共にたしかにきかせんと思ため也。敵をばきらふ
まじ」とて、あれに馳あひ是にはせあひ、敵三騎ゐ【射】おとし【落し】、
P09345
四人にあたる敵にをし【押し】ならべ、ひ【引つ】く【組ん】でどうどおち【落ち】、さし
ちがへてぞ死にける。樋口次郎は児玉にむすぼほれたり
ければ、児玉の人共寄合て、「弓矢とるならひ、我も人も
ひろい【広い】中へ入らんとするは、自然の事のあらん時、ひと
まどのいきをもやすめ、しばしの命をもつが【継が】んとお
もふ【思ふ】ため也。されば樋口次郎が我等にむすぼほれけんも、
さこそはおもひ【思ひ】けめ。今度の我等が勲功には、樋口が
命を申うけん」とて、使者をたてて、「日来は木曾
P09346
殿の御内に今井・樋口とて聞え給ひしかども、
今は木曾殿うた【討た】れさせ給ひぬ。なにかくるしかる【苦しかる】
べき。我等が中へ降人になり給へ。勲功の賞に申
かへて、命ばかりたすけ【助け】奉らん。出家入道をもして、
後世をとぶらひまいらせ【参らせ】給へ」といひければ、樋口次郎、
きこゆP2184るつはものなれども、運やつきにけん、児玉党
のなかへ降人にこそなりにけれ。是を九郎御曹司
に申。院御所へ奏聞してなだめ【宥め】られたりしを、
P09347
かたはらの公卿殿上人、つぼね【局】の女房達、「木曾が
法住寺殿へよせて時をつくり、君をもなやまし
まいらせ【参らせ】、火をかけておほく【多く】の人々をほろぼしう
しなひ【失ひ】しには、あそこにもここにも、今井・樋口といふ
こゑ【声】のみこそありしか。是らをなだめ【宥め】られんはくち
おしかる【惜しかる】べし」と、面々に申されければ、又死罪にさだめ
らる。同廿二日、新摂政殿とどめ【留め】られ給ひて、本の摂政
還着し給ふ。纔に六十日のうちに替られ給へば、
P09348
いまだ見はてぬ夢のごとし。昔粟田の関白は、
悦申の後只七ケ日だにこそおはせしか、これは六十
日とはいへども、その内に節会も除目もおこなはれ
しかば、思出なきにもあらず。同廿四日、木曾左馬頭并
余党五人が頸、大路をわたさる。樋口次郎は降人
なりしが、頻に頸のとも【伴】せんと申ければ、藍摺の水
干、立烏帽子でわたされけり。同廿五日、樋口次郎遂に
切[B れ]ぬ。範頼・義経やうやうに申されけれども、「今井・
P09349
樋口・楯・祢[B ノ]井とて、木曾が四天王のそのひとつ也。是ら
をなだめ【宥め】られんは、養虎の愁あるべし」とて、殊に沙汰
あて誅られけるとぞきこえ【聞え】し。つて【伝】にきく【聞く】、虎狼
の国衰へて、諸侯蜂のごとく起し時、沛公先に咸
陽宮に入とP2185いへども、項羽が後に来らん事を恐て、
妻は美人をもおかさず、金銀珠玉をも掠めず、徒に
凾谷の関を守て、漸々にかたきをほろぼして、天下を
治する事を得たりき。されば木曾[B ノ]左馬頭、まづ
P09350
都へ入ると云とも、頼朝朝臣の命にしたがはましかば、彼の
沛公がはかり事にはおとらざらまし。平家はこぞの
冬の比より、讃岐国八島の磯をいでて、摂津国難
波潟へをし【押し】わたり、福原の旧都に居住して、西は
一[B ノ]谷を城郭に構へ、東は生田[B ノ]森を大手の木戸口と
ぞさだめける。其内福原・兵庫・板屋ど【板宿】・須磨にこもる
勢、これは山陽道八ケ国、南海道六ケ国、都合十四ケ国
をうちしたがへてめさるるところ【所】の軍兵也。十万余
P09351
騎とぞ聞えし。一谷は北は山、南は海、口はせばくて奥ひ
ろし。岸たかくして屏風をたてたるにことならず。
北の山ぎはより南の海のとをあさ【遠浅】まで、大石をかさね
あげ、おほ木をきてさかも木【逆茂木】にひき、ふかきところ【所】
には大船どもをそばだてて、かいだて【垣楯】にかき、城の面の
高矢倉には、一人当千ときこゆる【聞ゆる】四国鎮西の兵共、甲
冑弓箭を帯して、雲霞の如くになみ居たり。
矢倉のしたには、鞍置馬共十重廿重にひ【引つ】たてたり。
P09352
つねに大皷をうて乱声をす。一張の弓のいきおひ
は半月胸のまへにかかり、三尺の剣の光は秋の霜
腰の間に横だへたり。たかきところ【所】には赤旗おほく【多く】
うちたてたれば、春風にふかれP2186て天に翻るは、火
炎のもえあがる【上がる】にことならず。六ケ度軍S0906平家福原へわたり給
て後は、四国の兵したがい【従ひ】奉らず。中にも阿波讃岐
の在庁ども、平家をそむいて源氏につかんとし
けるが、「抑我等は、昨日今日まで平家にしたがうたる
P09353
ものの、今はじめて源氏の方へまいり【参り】たりとも、よも
もちゐられじ。いざや平家に矢ひとつゐ【射】かけて、
それを面にしてまいら【参ら】ん」とて、門脇中納言、子息越
前三位、能登守、父子三人、備前国下津井に在ます
と聞えしかば、討たてまつら【奉ら】んとて、兵船十余艘で
よせたりけり。能登守是をきき「にくゐやつ原かな。
昨日今日まで我等が馬の草きたる奴原が、すでに
契を変ずるにこそあんなれ。其義ならば一人も
P09354
もらさ【漏らさ】ずうてや」とて、小舟どもにとりの【乗つ】て、「あます
な、もらす【漏らす】な」とてせめ【攻め】給へば、四国の兵物共、人目ばかりに
矢一射て、のか【退か】んとこそ思ひけるに、手いたうせめ【攻め】られ
たてま【奉つ】て、かなは【叶は】じとやおもひ【思ひ】けん、とをまけ【遠負】にして
引退き、宮こ【都】の方へにげのぼるが、淡路国ふく良【福良】
の泊につきにけり。其国に源氏二人あり。故六条判
官為義が末子、P2187賀茂冠者義嗣・淡路冠者義久
と聞えしを、四国の兵共、大将にたのん【頼ん】で、城郭を構て
P09355
待ところ【所】に、能登殿やがてをし【押し】よせ【寄せ】責給へば、一日
たたかひ【戦ひ】、賀茂冠者打死す。淡路冠者はいた手【痛手】負て
自害してげり。能登殿防矢ゐ【射】ける兵ものども、
百卅余人が頸切て、討手の交名しるい【記い】て、福原へ
まいらせ【参らせ】らる。門脇中納言、其より福原へのぼり給ふ。
子息達は、伊与【*伊予】[B ノ]河野四郎がめせ【召せ】どもまいら【参ら】ぬをせ
め【攻め】んとて、四国へぞ渡られける。先兄の越前三位通
盛卿、[B 阿]波国花園の城につき給。能登守讃岐の八島へ
P09356
渡り給ふと聞えしかば、河野四郎道信【*通信】、安芸国
住人沼田次郎は母方の伯父なりければ、ひとつに
ならんとて、安芸国へをし【押し】わたる。能登守是を
きき、やがて讃岐八島をいでておはれけるが、すでに
備後国蓑島にかかて、次日、沼田[B ノ]城へよせ給ふ。沼田
次郎・河野四郎ひとつになてふせき【防き】たたかふ【戦ふ】。能登
殿やがて押寄責給へば、一日一夜ふせき【防き】たたかひ【戦ひ】、
沼田次郎かなは【叶は】じとや思ひけん、甲をぬいで降人に
P09357
まいる【参る】。河野四郎は猶したがひ【従ひ】奉らず。其勢五
百余騎あり【有り】けるが、わづかに五十騎ばかりにうち
なされ、城をいでて行ほど【程】に、能登殿の侍平八兵
衛為員、二百騎ばかりが中にとりこめられて、主従
七騎にうちなされ、たすけ船【助け船】にのらんとほそ道に
かかて、みぎはの方へおち【落ち】ゆく程に、平八兵[B 衛]が子息讃
岐七郎義範、究竟の弓P2188の上手ではあり、お【追つ】かかて、
七騎をやにわ【矢庭】に五騎ゐ【射】おとす【落す】。河野四郎、ただ主従
P09358
二騎になりにけり。河野が身にかへて思ひける郎
等を、讃岐七郎をし【押し】ならべてく【組ん】でおち【落ち】、とておさへて
頸をかかんとする処に、河野四郎とてかへし、郎等が
うへなる讃岐七郎が頸かき切て、ふか田【深田】へなげいれ【入れ】、大音
声をあげて、「河野四郎越智[B ノ]道信【*通信】、生年廿一、かうこそ
いくさ【戦】をばすれ。われとおもはん人々はとどめよ【留めよ】や」とて、
郎等をかたにひ【引つ】かけ、そこをつとのがれ【逃れ】て小舟に
のり、伊与【*伊予】国へぞわたりける。能登殿、河野をも
P09359
うちもらさ【漏らさ】れたれども、沼田次郎が降人たるをめし【召し】
ぐし【具し】て、福原へぞまいら【参ら】れける。又淡路国住人安摩
六郎忠景、平家をそむいて源氏に心をかよはし【通はし】ける
が、大船二艘に兵粮米・物具つう【積う】で、宮こ【都】の方へのぼる
程に、能登殿福原にて是をきき、小舟十艘ばかり
おしうかべ【浮べ】ておは【追は】れけり。安摩の六郎、西宮の奥にて、
かへしあはせふせき【防き】たたかふ【戦ふ】。手いたうせめ【攻め】られたて
ま【奉つ】て、かなは【叶は】じとや思ひけん、引退て和泉国吹井[B ノ]
P09360
浦につきにけり。紀伊国住人園辺兵衛忠康、是
も平家をそむいて源氏につかんとしけるが、あまの
六郎が能登殿に責られたてま【奉つ】て、吹井にありと
聞えしかば、其勢百騎ばかりで馳来てひとつになる。
能登殿やがてつづゐ【続い】て責給へば、一日一夜ふせP2189きたた
かい【戦ひ】、あまの六郎・そのべの兵衛、かなは【叶は】じとや思ひけん、家
子郎等に防矢ゐ【射】させ、身がらはにげて京へのぼる。
能登殿、防矢ゐ【射】ける兵物共二百余人が頸きりかけて、
P09361
福原へこそまいら【参ら】れけれ。又伊与【*伊予】国住人河野四
郎道信【*通信】、豊後国住人臼杵二郎維高・緒方三郎維
義同心して、都合其勢二千余人、備前国へをし【押し】
渡り、いまぎ【今木】の城にぞ籠ける。能登守是をきき、
福原より三千余騎で馳くだり、いまぎ【今木】の城をせめ【攻め】
給ふ。能登殿「奴原はこはい御敵で候。かさねて勢を
給はらん」と申されければ、福原より数万騎の大勢
をむけらるるよしきこえ【聞え】し程に、城のうちの兵物共、
P09362
手のきはたたかひ、分捕高名しきはめて、「平家は
大勢でまします也。我等は無勢也。いかにもかなふ【叶ふ】
まじ。ここをばおち【落ち】てしばらくいき【息】をつが【継】ん」とて、臼杵
次郎・緒方三郎舟にとりのり、鎮西へおしわたる。河
野は伊与【*伊予】へぞ渡りける。能登殿「いまはう[B つ]べき敵な
し」とて、福原へこそまいら【参ら】れけれ。大臣殿をはじめ
たてま【奉つ】て、平家一門の公卿殿上人より【寄り】あひ給ひて、
能登殿の毎度の高名をぞ一同に感じあはれける。P2190
P09363
三草勢揃S0907正月廿九日、範頼・義経院参して、平家追討
のために西国へ発向すべきよし奏聞しけるに、
「本朝には神代よりつたはれる三の御宝あり。内侍所・
神璽・宝剣これ也。相構て事ゆへ【故】なくかへし【返し】い
れ【入れ】たてまつれ【奉れ】」と仰下さる。両人かしこまりうけ給
は【承つ】てまかり出ぬ。同二月四日、福原には、故入道相国の
忌日とて、仏事形の如くおこなはる。あさゆふのいく
さ【軍】だちに、過ゆく月日はしら【知ら】ねども、こぞ【去年】はことしに
P09364
めぐりきて、うかり【憂かり】し春にも成にけり。世の世にて
あらましかば、いかなる起立塔婆のくはたて【企て】、供仏施僧の
いとなみもあるべかりしか共、ただ男女の君達さしつどひて、
なく【泣く】より外の事ぞなき。其次でに叙位除目おこな
はれて、僧も俗もみなつかさ【司】なされけり。門脇中納言、正二位大
納言に成給ふべきよし、大臣殿より仰られければ、教盛卿、
けふまでもあればあるかのわが身かは
夢のうちにも夢をみる【見る】かな W067
P09365
と御返事申させ給ひて、遂に大納言にもなり給
はず。大外記中原師直が子、周防介師純、大外記になる。
兵部少輔正明、五位蔵人になされて蔵人少輔とぞP2191
いはれける。昔将門が東八ケ国をうちしたがへて、下
総国相馬郡に都をたて、我身を平親王と称して、
百官をなしたりしには、暦博士ぞなかりける。是はそれ
にはにる【似る】べからず。旧都をこそ落給ふといへども、主上
三種の神器を帯して、万乗の位にそなはり給へり。
P09366
叙位除目おこなはれんも僻事にはあらず。平氏す
でに福原までせめ【攻め】のぼて、都へかへり入べきよしき
こえ【聞え】しかば、故郷にのこりとどまる人々いさみよろ
こぶ事なのめならず。二位僧都専親【*全真】は、梶井宮の
年来の御同宿なりければ、風のたよりには申
されけり。宮よりも又つねは御音づれあり【有り】けり。「旅
の空のありさまおぼしめし【思し召し】やるこそ心ぐるし
けれ。都もいまだしづまらず」などあそばひ【遊ばい】て、お
P09367
くには一首の歌ぞあり【有り】ける。
人しれずそなたをしのぶ【忍ぶ】こころをば
かたぶく月にたぐへてぞやる W068
僧都これをかほにをし【押し】あてて、かなしみの泪せきあ
えず。さるほど【程】に、小松の三位中将維盛卿は年へだた
り日かさなるに随ひて、ふるさとにとどめ【留め】をき給し
北方、おさなき【幼き】人々の事をのみなげきかなしみ給ひ
けり。商人のたよりに、をのづから文などのかよふにも、
P09368
北方の宮こ【都】の御ありさま、心ぐるしうきき給ふに、
さらばむかへ【向へ】とて一ところ【一所】でいかにもならばやとは思へ
ども、わが身こそあらめ、人のためいたはしくてなどお
ぼしめP2192し、しのび【忍び】てあかしくらし給ふにこそ、せめて
の心ざしのふかさ【深さ】の程もあらはれけれ。さる程に、
源氏は四日よすべかりしが、故入道相国の忌日とき
い【聞い】て、仏事をとげさせんがためによせず。五日は西ふさ
がり、六日は道忌日、七日の卯剋に、一谷の東西の木
P09369
戸口にて源平矢合とこそさだめけれ。さりながら
も、四日は吉日なればとて、大手搦手の大将軍、軍兵
二手にわかて都をたつ。大手の大将軍は蒲御曹司
範頼、相伴人々、武田太郎信義・鏡美次郎遠光・同
小次郎長清・山名次郎教義・同三郎義行、侍大将には
梶原平三景時・嫡子源太景季・次男平次景高・同三郎
景家・稲毛三郎重成・楾谷四郎重朝、同五郎行重・小
山小四郎朝政・同中沼五郎宗政・結城七郎朝光・佐
P09370
貫四郎大夫広綱・小野寺[B ノ]禅師太郎道綱・曾我太郎
資信・中村太郎時経・江戸四郎重春・玉[B ノ]井[B ノ]四郎資景・
大河津太郎広行・庄三郎忠家・同四郎高家・勝大[B ノ]
八郎行平・久下二郎重光・河原太郎高直・同次郎盛
直・藤田三郎大夫行泰を先として、都合其勢五
万余騎、四日の辰の一点に都をたて、其日申酉[B ノ]剋に
摂津国■陽野に陣をとる。搦手の大将軍は九
郎御曹司義経、同く伴ふ人々、安田三郎義貞・太
P09371
内【*大内】太郎維義・村上判官代康国・田代冠者信綱、侍
大将には土肥次郎実平・子息[B ノ]P2193弥太郎遠平・三浦介
義澄・子息[B ノ]平六義村・畠山庄司次郎重忠・同長野
三郎重清・三浦佐原十郎義連・和田小太郎義盛・
同次郎義茂・同三郎宗実・佐々木四郎高綱・同五
郎義清・熊谷次郎直実・子息小次郎直家・平山武者
所季重・天野次郎直経・小河次郎資能・原三郎清
益・金子十郎家忠・同与一親範・渡柳弥五郎清忠・
P09372
別府小太郎清重・多々羅五郎義春・其子の太郎
光義・片岡五郎経春・源八広綱・伊勢三郎義盛・
奥州[B ノ]佐藤三郎嗣信・同四郎忠信・江田[B ノ]源三・熊井
太郎・武蔵房弁慶を先として、都合其勢一万
余騎、同日の同時に都をたて丹波路にかかり、二日
路を一日にう【打つ】て、播磨と丹波のさかひなる三草の
山の東の山口に、小野原にこそつきにけれ。三草合戦S0908 平家の
方には大将軍小松新三位中将資盛・同少将有盛・
P09373
丹後侍従忠房・備中守師盛、侍大将には、平内兵衛
清家・海老次郎盛方を初として、都合其勢三千
余騎、小野原より三里へだてて、三草の山の西の
山口に陣をとる。其夜の戌の剋ばかり、九郎御曹司、
土肥次郎をめし【召し】て、「平家は是より三里へP2194だてて、三草
の山の西の山口に大勢でひかへたんなるは。今夜夜討に
よすべきか、あすのいくさ【軍】か」との給へば、田代冠者すす
みいでて申けるは、「あすのいくさ【軍】とのべ【延べ】られなば、
P09374
平家勢つき候なんず。平家は三千余騎、御方
の御勢は一万余騎、はるかの理に候。夜うちよかん
ぬと覚候」と申ければ、土肥次郎「いしう申させ
給ふ田代殿かな。さらばやがてよせさせ給へ」とてう【打つ】
たち【立ち】けり。つはもの共「くらさはくらし、いかがせんずる」と
口々に申ければ、九郎御曹司「例の大だい松はいかに」。土
肥次郎「さる事候」とて、小野原の在家に火をぞ
かけたりける。是をはじめて、野にも山にも、草にも
P09375
木にも、火をつけたれば、ひるにはちともおとらずして、
三里の山を越行けり。此田代冠者と申すは、
伊豆国のさきの国司中納言為綱の末葉也。母は
狩野介茂光がむすめをおもふ【思う】てまうけたりし
を、母方の祖父にあづけて、弓矢とりにはしたて【仕立て】た
り。俗姓を尋ぬれば、後三条院第三王子、資仁
親王より五代の孫也。俗姓もよきうへ、弓矢とても
よかりけり。平家の方には其夜夜うちによせ【寄せ】ん
P09376
ずるをばしら【知ら】ずして、「いくさ【軍】はさだめてあすのいく
さ【軍】でぞあらんずらん。いくさ【軍】にもねぶたい【眠たい】は大事
のことぞ。ようね【寝】ていくさ【軍】せよ」とて、先陣はをのづ
から用心するもあり【有り】けれども、後陣のものP2195共、或は
甲を枕にし、或は鎧の袖・ゑびら【箙】などを枕にして、
先後もしら【知ら】ずぞふしたりける。夜半ばかり、源
氏一万騎おしよせて、時をどとつくる。平家の方
にはあまりにあはて【慌て】さはい【騒い】で、弓とるものは矢を
P09377
しら【知ら】ず、矢とるものは弓をしら【知ら】ず、馬にあてられ
じと、なか【中】をあけてぞとほしける。源氏はおち【落ち】行
かたきをあそこにお【追つ】かけ、ここにお【追つ】つめせめ【攻め】ければ、
平氏の軍兵やにわ【矢庭】に五百余騎うた【討た】れぬ。手
おふものどもおほかり【多かり】けり。大将軍小松の新三
位中将・同少将・丹後侍従、面目なうやおもは【思は】れ
けん、播磨国高砂より船にの【乗つ】て、讃岐[B ノ]八島へ渡
給ひぬ。備中守は平内兵衛・海老次郎をめし【召し】ぐし【具し】て、
P09378
一谷へぞまいら【参ら】れける。老馬S0909大臣殿は安芸右馬助能
行を使者で、平家の君達のかたがたへ、「九郎義経
こそ三草の手を責おとひ【落い】て、すでにみだれ入候
なれ。山の手は大事に候。おのおのむかは【向は】れ候へ」との給ひ
ければ、みな辞し申されけり。能登殿のもとへ
「たびたびの事で候へども、御へんむかは【向は】れ候なんや」と
の給ひつかはさ【遣さ】れたりけP2196れば、能登殿の返事には、
「いくさ【軍】をばわが身ひとつの大事ぞとおもふ【思う】てこそ
P09379
よう候へ。かり【猟】すなどり【漁】などのやうに、足だちのよか
らう方へはむかは【向は】ん、あしからう方へはむかは【向は】じなど候
はんには、いくさ【軍】に勝事よも候はじ。いくたびでも候へ、こは
からう方へは教経うけ給は【承つ】てむかひ【向ひ】候はん。一方ばかりは
うちやぶり候べし。御心やすうおぼしめさ【思し召さ】れ候へ」と、
たのもしげ【頼もし気】にぞ申されける。大臣殿なのめならず
悦て、越中前司盛俊を先として、能登殿に一万
余騎をぞつけられける。兄の越前三位道盛【*通盛】卿あ
P09380
ひぐして山の手をぞかため給ふ。山の手と申は
鵯越のふもと【麓】なり。通盛卿は能登殿のかり屋【仮屋】に北の
方むかへ【向へ】たてま【奉つ】て、最後のなごりおしま【惜しま】れけり。能
登殿大にいかて、「此手はこはひ方とて教経をむけ
られて候也。誠にこはう候べし。只今もうへの山より
源氏ざとおとし【落し】候なば、とる物もとりあへ候はじ。たとひ
弓をもたりとも、矢をはげずはかなひ【叶ひ】がたし。
たとひ矢をはげたりとも、ひか【引か】ずはなを【猶】あしかるべし。
P09381
ましてさ様にうちとけさせ給ては、なんの用にか
たたせ給ふべき」といさめられて、げにもとや思はれ
けん、いそぎ物の具して、人をばかへし給ひけり。
五日の暮がたに、源氏■陽野をたて、やうやう生
田[B ノ]森に責ちかづく【近付く】。雀の松原・御影の松・■陽野
の方をみわたせ【渡せ】ば、源氏手々に陣をとて、とを火【遠火】P2197を
たく。ふけゆくままにながむれば、晴たる空の星
の如し。平家もとを火【遠火】たけやとて、生田森にも
P09382
かたのごとくぞたいたりける。明行ままに見わた
せ【渡せ】ば、山のはいづる【出づる】月の如し。これやむかし沢辺の
蛍と詠じ給ひけんも、今こそ思ひしられけれ。
源氏はあそこに陣とて馬やすめ、ここに陣とて馬
かひ【飼ひ】などしけるほど【程】にいそがず。平家の方には今
やよする【寄する】いまやよする【寄する】と、やすい心もなかりけり。
六日の明ぼのに、九郎御曹司、一万余騎を二手に
わかて、まづ土肥次郎実平をば七千余騎で一の谷
P09383
の西の手へさしつかはす【遣す】。わが身は三千余騎で一谷の
うしろ、鵯越ををとさ【落さ】むと、丹波路より搦手にこそ
まはられけれ。兵物共「これはきこゆる【聞ゆる】悪所であなり。
敵にあふてこそ死にたけれ、悪所におち【落ち】ては
死たからず。あぱれこの山の案内者やあるらん」と、めん
めんに申ければ、武蔵国住人平山武者所すすみ出
て申けるは、「季重こそ案内は知て候へ」。御曹司「わ
どのは東国そだちのものの、けふはじめてみる【見る】西国
P09384
の山の案内者、大にまことしからず」との給へば、平
山かさねて申けるは、「御ぢやう【諚】ともおぼえ候はぬもの
かな。吉野・泊瀬の花をば歌人がしり、敵のこも
たる城のうしろの案内をば、かう【剛】のものがしる候」と
申ければ、是又傍若無人にぞ聞えける。P2198又武蔵
国住人別府[B ノ]小太郎とて、生年十八歳になる小冠〔者〕
すすみ出て申けるは、「父で候し義重法師がおし
へ【教へ】候しは、「敵にもおそはれよ、山越の狩をもせよ、深
P09385
山にまよひたらん時は、老馬に手綱をうちかけて、
さきにお【追つ】たててゆけ。かならず【必ず】道へいづる【出づる】ぞ」とこ
そおしへ【教へ】候しか」。御曹司「やさしうも申たる物かな。
「雪は野原をうづめども、老たる馬ぞ道はしる【知る】」と云
ためし【例】あり」とて、白葦毛なる老馬にかがみ鞍を
き、しろぐつは【白轡】はげ、手綱むすでうちかけ、さきに
お【追つ】たてて、いまだしらぬ深山へこそいり給へ。比はきさ
らぎはじめの事なれば、嶺の雪むらぎえて、
P09386
花かとみゆる所もあり。谷の鴬をとづれて、
霞にまよふところ【所】もあり。のぼれば白雲皓々
として聳へ、くだれば青山峨々として岸高し。
松の雪だにきえやらで、苔のほそ道かすか【幽】なり。
嵐にたぐふおりおり【折々】は、梅花とも又うたが〔は〕る。東
西に鞭をあげ、駒をはやめて行程に、山路に日
くれぬれば、みなおりゐて陣をとる。武蔵房弁
慶老翁を一人ぐし【具し】てまいり【参り】たり。御曹司「あれは
P09387
なにものぞ」ととはれければ、「此山の猟師で候」と申
す。「さては案内し【知つ】たるらん、ありのままに申せ」とこそ
の給ひけれ。「争か存知仕らで候べき」。「是より平家
の城郭一谷へおとさ【落さ】んと思ふはいかに」。「ゆめゆめかなひ【叶ひ】
候まじ。卅丈の谷、十五丈の岩さきなど申とこP2199ろは、
人のかよふべき様候はず。まして御馬などは思ひも
より候はず」。「さてさ様の所は鹿はかよふ【通ふ】か」。「鹿はかよひ
候。世間だにもあたたかになり候へば、草のふかい【深い】にふ
P09388
さ【伏さ】うどて、播磨の鹿は丹波へ[B こえ]、世間だにさむう
なり候へば、雪のあさきにはま【食ま】うどて、丹波の鹿は播
磨のゐなみ野【印南野】へかよひ候」と申。御曹司「さては
馬場ごさむなれ。鹿のかよはう所を馬のかよは
ぬ様やある。やがてなんぢ案内者仕つれ」とぞの給
ける。此身は年老てかなう【叶ふ】まじゐよしを申す。
「汝が子はないか」。「候」とて、熊王といふ童の、生年十八歳に
なるをたてまつる【奉る】。やがてもとどりとりあげ、父をば
P09389
鷲尾庄司武久といふ間、是をば鷲尾[B ノ]三郎義
久と名のらせ、さきうち【先打】せさせて案内者にこそ
具せられけれ。平家追討の後、鎌倉殿に中
たがう【違う】て、奥州でうた【討た】れ給ひし時、鷲尾三郎義
久とて、一所で死にける兵物也。一二之懸S0910六日の夜半ばかり
までは、熊谷・平山搦手にぞ候ける。熊谷次郎、子息
の小次郎をよう【呼う】でいひけるは、「此手は、悪所をおと
さ【落さ】んずる時に、誰さきといふ事P2200もあるまじ。
P09390
いざうれ、是より土肥がうけ給【承つ】てむかう【向う】たる播磨
路へむかう【向う】て、一の谷のまさきかけう」どいひければ、
小次郎「しかる【然る】べう候。直家もかうこそ申たう候つ
れ。さらばやがてよせさせ給へ」と申す。熊谷「ま
ことや平山も此手にあるぞかし。うちこみ【打込】のいくさ【軍】
このまぬ物也。平山がやう見てまいれ【参れ】」とて、下人を
つかはす【遣す】。案のごとく平山は熊谷よりさきに出立
て、「人をばしら【知ら】ず、季重にをいてはひとひき【一引】もひく
P09391
まじゐ物を、ひくまじゐ物を」とひとり言をぞ
し居たりける。下人が馬をかう【飼ふ】とて、「にくい馬の
ながぐらゐ【長食】かな」とて、うちければ、「かうなせそ、其馬の
名ごりもこよひ【今宵】ばかりぞ」とて、う【打つ】たち【立ち】けり。下人
はしり【走り】かへ【帰つ】て、いそぎ此よし告たりければ、「されば
こそ」とて、やがて是もうち出けり。熊谷はかち【褐】のひ
たたれ【直垂】に、あか皮おどしの鎧きて、紅のほろをかけ、
ごんだ栗毛といふきこゆる【聞ゆる】名馬にぞの【乗つ】たりける。
P09392
小次郎はおもだかを一しほ【入】すたる直垂に、ふし
なはめ【節縄目】の鎧きて、西楼といふ白月毛なる馬にの【乗つ】
たりけり。旗さし【差】はきぢん【麹塵】の直垂に、小桜を黄に
かへい【返い】たる鎧きて、黄河原毛なる馬にぞの【乗つ】たり
ける。おとさ【落さ】んずる谷をば弓手にみなし、馬手へ
あゆま【歩ま】せゆく程に、としごろ人もかよはぬ田井の
畑といふふる道【古道】をへて、一の谷の浪うちぎはへぞ
出たりける。一谷ちかく塩屋といふ所に、いまP2201だ夜
P09393
ふかかり【深かり】ければ、土肥次郎実平、七千余騎でひ
かへたり。熊谷は浪うちきはより、夜にまぎれて、
そこをつとうちとほり、一谷の西の木戸口にぞ
おしよせたる。その時はいまだ敵の方にもしづまり
かへ【返つ】てをと【音】もせず。御方一騎もつづかず。熊谷次郎
子息小次郎をよう【呼う】でいひけるは、「我も我もと、先に
心をかけたる人々はおほかる【多かる】らん。心せばう直実
ばかりとは思ふべからず。すでによせたれども、いまだ
P09394
夜のあくるを相待て、此辺にもひかへたるらん、
いざなのら【名乗ら】う」どて、かいだてのきはにあゆま【歩ま】せよ
り、大音声をあげて、「武蔵国住人、熊谷次郎
直実、子息[B ノ]小次郎直家、一谷先陣ぞや」とぞ名の【乗つ】
たる。平家の方には「よし、音なせそ。敵に馬の足を
つからかさ【疲らかさ】せよ。矢だねをゐ【射】つくさせよ」とて、あひし
らふものもなかりけり。さる程に、又うしろに武者
こそ一騎つづいたれ。「たそ」ととへば「季重」とこたふ。
P09395
「とふはたそ」。「直実ぞかし」。「いかに熊谷殿はいつより
ぞ」。「直実は宵よりよ」とぞこたへける。「季重も
やがてつづゐ【続い】てよすべかりつるを、成田五郎にたばから
れて、今まで遅々したる也。成田が「死なば一所で死
なう」どちぎるあひだ、「さらば」とて、うちつれよする【寄する】間、
「いたう、平山殿、さきがけ【先駆】ばやりなし給ひそ。先を
かくるといふは、御方の勢をうしろにおいてかけP2202
たればこそ、高名不覚も人にしら【知ら】るれ。只一騎
P09396
大勢の中にかけいて、うた【討た】れたらんは、なんの詮
かあらんずるぞ」とせいする【制する】あひだ、げにもと思ひ、
小坂のあるをさきにうちのぼせ、馬のかしらを
くだりさまにひ【引つ】たてて、御方の勢をまつところ【所】に、
成田もつづゐ【続い】て出きたり。うちならべていくさ【軍】の様
をもいひあはせんずるかとおもひ【思ひ】たれば、さはなくて、
季重をばすげなげにうちみて、やがてつとはせ【馳せ】
ぬいてとほる間、「あぱれ、此ものはたばかて、先がけうど
P09397
しけるよ」とおもひ【思ひ】、五六段ばかりさきだたるを、あ
れが馬はわが馬よりはよはげ【弱気】なるものをと目を
かけ、一もみもうでお【追つ】ついて、「まさなうも季重ほ
どの物をばたばかり給ふ物かな」といひかけ、うちす
ててよせつれば、はるかにさがりぬらん。よもうしろ
かげ[B を]も見たらじ」とぞいひける。熊谷・平山、かれ
これ五騎でひかへたり。さる程に、しののめやうやう
あけ行ば、熊谷は先になの【名乗つ】たれ共、平山がきくに
P09398
なのら【名乗ら】んとやおもひ【思ひ】けん、又かいだて【垣楯】のきはにあゆま【歩ま】
せより、大音声をあげて、「以前になの【名乗つ】つる武蔵国〔の〕
住人、熊谷次郎直実、子息小次郎直家、一の谷の先
陣ぞや、われとおもは【思は】ん平家のさぶらひどもは直
実におち【落ち】あへ【合へ】や、おち【落ち】あへ【合へ】」とぞののしたる。是を
きい【聞い】て、「いざや、夜もすがらなのる【名乗る】熊谷おや子ひ【引つ】さ
げてこん」とて、すすP2203む平家の侍たれたれぞ、越中次
郎兵衛盛嗣・上総五郎兵衛忠光・悪七兵衛景清・〔後〕藤
P09399
内定経、これをはじめてむねとの兵もの廿余騎、
木戸をひらいてかけ出たり。ここに平山、しげ目
ゆひ【滋目結】の直垂にひ【緋】おどしの鎧きて、二びきりやう【引両】
のほろをかけ、目糟毛といふきこゆる【聞ゆる】名馬にぞの【乗つ】
たりける。旗さしは黒かは威の鎧に、甲ゐくび【猪頸】に
きないて、さび月毛なる馬にぞの【乗つ】たりける。「保元・
平治両度の合戦に先がけたりし武蔵国住
人、平山武者所季重」となの【名乗つ】て、旗さしと二騎馬
P09400
のはなをならべておめい【喚い】てかく。熊谷かくれば平山
つづき、平山かくれば熊谷つづく。たがひにわれをと
ら【劣ら】じといれかへ【入れ換へ】いれかへ【入れ換へ】、もみにもうで、火いづる【出づる】程ぞ
責たりける。平家の侍共手いたうかけられ
て、かなは【叶は】じとやおもひけん、城のうちへざとひき、敵
をとざま【外様】にないてぞふせき【防き】ける。熊谷は馬のふと
腹ゐ【射】させて、はぬれば足をこい【越い】ており立たり。子息
の小次郎直家も、「生年十六歳」となの【名乗つ】て、かいだての
P09401
きはに馬の鼻をつかする程に、責寄てたたかい【戦ひ】ける
が、弓手のかいな【腕】をゐ【射】させて馬よりとびおり、父と
ならでたたりけり。「いかに小次郎、手おふたか」。「さ候」。「つね
に鎧づきせよ、うらかかすな。しころをかたぶけよ、う
ちかぶとゐ【射】さすな」とぞおしへ【教へ】ける。熊谷は鎧にたた
る矢共かなぐりすてて、城のうちをにらまへ、大音声
をあげて、P2204「こぞの冬の比鎌倉をいでしより、命を
ば兵衛佐殿にたてまつり【奉り】、かばねをば一谷でさら
P09402
さんとおもひ【思ひ】きたる直実ぞや。「室山・水島二ケ
度[B ノ]合戦に高名したり」となのる【名乗る】越中次郎兵衛
はないか、上総五郎兵衛、悪七兵衛はないか、能登殿は
ましまさぬか。高名も敵によてこそすれ。人ごと
にあふ【逢う】てはえせじものを。直実におち【落ち】あへ【合へ】やお
ち【落ち】あへ【合へ】」とののしたり。是をきい【聞い】て、越中次郎兵衛、
このむ装束なれば、こむらご【紺村濃】の直垂にあか【赤】皮
おどしの鎧きて、白葦毛なる馬にのり、熊谷に
P09403
目をかけてあゆま【歩ま】せよる。熊谷おや子は、中を
わられじと立ならんで、太刀をひたひにあて、うし
ろへはひとひき【一引】もひかず、いよいよまへへぞすすみける。
越中次郎兵衛かなは【叶は】じとやおもひ【思ひ】けん、とてかへす【返す】。熊
谷是をみて、「いかに、あれは越中次郎兵衛とこそ見
れ。敵にはどこをきらはふぞ。直実におしならべて
くめやくめ」といひけれども、「さもさうず」とてひ【引つ】かへす【返す】。
悪七兵衛是をみて、「きたない殿原のふるまいやう
P09404
かな」とて、すでにくまむとかけ出けるを、鎧の袖を
ひかへて「君の御大事これにかぎるまじ。あるべうも
なし」とせいせ【制せ】られてくまざりけり。其後熊谷は
のりかへにの【乗つ】ておめい【喚い】てかく。平山も熊谷親子が
たたかふ【戦ふ】まぎれに、馬のいきやすめて、是も又つづ
いたり。平家の方には馬にの【乗つ】たる武者はすくなし、
矢倉のうへの兵P2205共、矢さきをそろへて、雨のふる様に
ゐ【射】けれども、敵はすくなし、みかた【御方】はおほし、勢に
P09405
まぎれて矢にもあたらず、「ただおしならべてくめや
くめ」と下知しけれ共、平家の馬はのる事はしげ
く、かう【飼ふ】事はまれなり、船にはひさしう【久しう】たて【立て】たり、
よりきたる様なりけり。熊谷・平山が馬は、かい【飼ひ】にかう【飼う】
たる大の馬共なり、ひとあてあてば、みなけたおさ【倒さ】れ
ぬべき間、おしならべてくむ武者一騎もなかり
けり。平山は身にかへて思ける旗さしをゐ【射】させて、
敵の中へわていり、やがて其敵をとてぞ出たり
P09406
ける。熊谷も分捕あまたしたりけり。熊谷さき
によせたれど、木戸をひらかねばかけいらず、
平山後によせたれど、木戸をあけたればかけ
入ぬ。さてこそ熊谷・平山が一二のかけをばあらそひ
けれ。二度之懸S0911さるほど【程】に、成田五郎も出きたり。土肥次郎
まさきかけ、其勢七千余騎、色々の旗さしあ
げ【差し上げ】、おめき【喚き】さけ【叫ん】で責たたかふ【戦ふ】。大手生田の森にも
源氏五万余騎でかためたりけるが、其勢の中に
P09407
武蔵国住人、河原太郎・河原次郎といふものあり。
河原太郎弟の次郎をよう【呼う】でいひけるは、「大名は
われと手をおろさP2206ね共、家人の高名をもて名
誉す。われら【我等】はみづから手をおろさずはかなひ【叶ひ】がたし。
敵をまへにをき【置き】ながら、矢ひとつだにもゐ【射】ずして、
まちゐたるがあまりに心もとなう覚ゆるに、高直は
まづ城のうちへまぎれ入て、ひと矢ゐ【射】んと思ふ也。
されば千万が一もいき【生き】てかへらん事ありがたし。
P09408
わ殿はのこりとどま【留まつ】て、後の証人にたて」といひ
ければ、河原次郎泪をはらはらとながい【流い】て、「口惜い
事をものたまふ物かな。ただ兄弟二人あるものが、
兄をうたせておととが一人のこりとどま【留まつ】たらば、いく
程の栄花をかたもつ【保つ】べき。所々でうた【討た】れんより
も、ひとところ【一所】でこそいかにもならめ」とて、下人ども
よびよせ、最後のありさま妻子のもとへいひつか
はし【遣し】、馬にものらずげげをはき、弓杖をつゐ【突い】て、生
P09409
田森のさかも木【逆茂木】をのぼりこえ、城のうちへぞ入
たりける。星あかりに鎧の毛もさだかならず。河
原太郎大音声をあげて、「武蔵国住人、河原太郎
私〔市〕[B ノ]高直、同次郎盛直、源氏の大手生田森の先陣
ぞや」とぞなの【名乗つ】たる。平家の方には是をきい【聞い】て、
「東国の武士ほどおそろしかり【恐ろしかり】けるものはなし。是
程の大勢の中へただ二人いたらば、何程の事をか
しいだすべき。よしよししばしあひせよ【愛せよ】」とて、うたん
P09410
といふものなかりけり。是等おととい【兄弟】究竟の弓の
上手なれば、さしつめひきつめさんざん【散々】にゐる【射る】間、「にく
し、うてや」といふ程こそあり【有り】けれ、西P2207国に聞え
たるつよ弓せい兵【精兵】、備中国住人、真名辺[B ノ]四郎・
真名辺五郎とておととい【兄弟】あり。四郎は一[B ノ]谷にをか【置か】
れたり。五郎は生田森にあり【有り】けるが、是をみて
よぴいてひやうふつとゐる【射る】。河原太郎が鎧のむ
ないたうしろ【後】へつとゐ【射】ぬかれて、弓杖にすがり、
P09411
すくむところ【所】を、弟の次郎はしり【走り】よて是をかた
にひ【引つ】かけ、さかも木【逆茂木】をのぼりこえんとしけるが、
真名辺が二の矢に鎧の草摺のはづれをゐ【射】させ
て、おなじ枕にふしにけり。真名辺が下人落あふ【逢う】て、
河原兄弟が頸をとる。是を新中納言の見参
に入たりければ、「あぱれ剛の者かな。是をこそ
一人当千の兵ともいふべけれ。あたら者どもを
たすけ【助け】てみで」とぞの給ひける。其時下人共、
P09412
「河原殿おととい【兄弟】、只今城のうちへまさきかけて
うた【討た】れ給ひぬるぞや」とよばはり【呼ばはり】ければ、梶原
是をきき、「私の党の殿原の不覚でこそ、河原
兄弟をばうたせたれ。今はとき【時】よく成ぬ。よせ
よや」とて、時をどとつくる。やがてつづいて五万余
騎一度に時をぞつくりける。足がるどもにさかも
木【逆茂木】取のけさせ、梶原五百余騎おめい【喚い】てかく。次男
平次景高、余にさきをかけんとすすみければ、父
P09413
の平三使者をたてて、「後陣の勢のつづかざらん
に、さきかけたらん者は、勧賞あるまじき由、大将
軍のおほせぞ」といひければ、平次しばしP2208ひかへて
「もののふのとりつたへたるあづさ弓
ひいては人のかへるものかは W069
と申させ給へ」とて、おめい【喚い】てかく。「平次うたすな、
つづけやもの共、景高うたすな、つづけや者共」とて、
父の平三、兄の源太、同三郎つづいたり。梶原五百余
P09414
騎、大勢のなかへかけいり、さんざん【散々】にたたかひ【戦ひ】、わづ
かに五十騎ばかりにうちなされ、ざとひい【退い】てぞ出たり
ける。いかがしたりけん、其なかに景季は見えざり
けり。「いかに源太は、郎等共」ととひければ、「ふか
入してうたれさせ給て候ごさめれ」と申。梶原平
三これをきき、「世にあらむと思ふも子共がため、源
太うたせて命いきても何かせん、かへせや」とて
とてかへす。梶原大音声をあげてなのり【名乗り】けるは、
P09415
「昔八幡殿、後三年の御たたかい【戦ひ】に、出羽国千福
金沢の城を攻させ給ひける時、生年十六歳で
まさきかけ、弓手の眼を甲の鉢付の板にゐ【射】
つけられながら、当の矢をゐ【射】て其敵をゐ【射】おとし【落し】、
後代[* 「後氏」と有るのを高野本により訂正]に名をあげたりし鎌倉権五郎景正が
末葉、梶原平三景時、一人当千の兵ぞや。我とおも
は【思は】ん人々は、景時うて見参にいれよ【入れよ】や」とて、おめい【喚い】て
かく。新中納言「梶原は東国にきこえ【聞え】たる兵ぞ。あ
P09416
ますな、もらす【漏らす】な、うてや」とて、大勢のなかに
とりこめて責給へば、梶原まづわが身のうへをば
しら【知ら】ずして、「源太はP2209いづくにあるやらん」とて、数万
騎の大勢のなかを、たてさま・よこさま・蛛手・十
文字にかけわりかけまはりたづぬるほど【程】に、
源太はのけ甲にたたかい【戦ひ】なて、馬をもゐ【射】させ、かち
立になり、二丈ばかり有ける岸をうしろにあて【当て】、
敵五人が中に取籠られ、郎等二人左右に立て、
P09417
面もふらず、命もおしま【惜しま】ず、ここを最後とふせき【防き】
たたかふ【戦ふ】。梶原これを見つけて、「いまだうた【討た】れざ
りけり」と、いそぎ馬よりとんでおり、「景時ここに
あり。いかに源太、しぬる【死ぬる】とも敵にうしろをみ
すな」とて、親子して五人のかたきを三人うとり、
二人に手おほせ、「弓矢とりはかくる【駆くる】もひくも折に
こそよれ、いざうれ、源太」とて、かい具してこそ
出きたれ。梶原が二度のかけとは是也。坂落S0912是を初て、
P09418
秩父・足利・三浦・鎌倉、党には猪俣・児玉・野
井与・横山・にし【西】党・都筑党・私[B ノ]党の兵共、惣
じて源平乱あひ、入かへ入かへ、名のりかへ名のりかへおめ
き【喚き】さけぶ【叫ぶ】声、山をひびかし、馬の馳ちがふ音は
いかづちの如し。ゐ【射】ちがふる矢は雨のふるにこと
ならず。手負をば肩にかけ、うしろへひきしり
ぞくもあP2210り。うすで【薄手】おふ【負う】てたたかふ【戦ふ】もあり。いた
手【痛手】負て討死するものもあり。或はおしならべて
P09419
くんでおち【落ち】、さしちがへて死ぬるもあり、或はとて
おさへて頸をかくもあり、かかるるもあり、いづれひ
まありとも見えざりけり。かかりしか共、源氏大
手ばかりではかなふ【叶ふ】べしとも見えざりしに、九郎
御曹司搦手にまはて七日の明ぼのに、一谷の
うしろ鵯越にうちあがり【上がり】、すでにおとさ【落さ】んとし
給ふに、其勢にや驚たりけん、大鹿二妻鹿一、
平家の城郭一谷へぞ落たりける。城のうちの
P09420
兵ども是をみて、「里ちかから【近から】ん鹿だにも、我等
におそれ【恐れ】ては山ふかうこそ入べきに、是程の
大勢のなかへ、鹿のおちやう【落ち様】こそあやしけれ。
いかさまにもうへの山より源氏おとす【落す】にこそ」とさ
はぐ【騒ぐ】ところ【所】に、伊予[* 「伊豆」と有るのを他本により訂正]国住人、武知の武者所清教、
すすみ出て、「なんでまれ、敵の方より出きたらん物
をのがすべき様なし」とて、大鹿二[B ツ]いとどめ【留め】て、妻鹿
をばゐ【射】でぞとをしける。越中前司「せんない殿原
P09421
の鹿のゐやう【射様】かな。只今の矢一では敵十人はふせ
か【防か】んずるものを。罪つくりに、矢だうなに」とぞせい
し【制し】ける。御曹司城郭遥に見わたいておはしけるが、
「馬共おとい【落い】てみん」とて、鞍をき馬【鞍置馬】をおい【追ひ】おとす【落す】。或は
足をうちお【折つ】て、ころんでおつ、或はさうゐ【相違】なく落て
行もあり。鞍をき馬【鞍置馬】三疋、越中前司が屋形の
うへに落つゐ【着い】て、身ぶるいしてP2211ぞ立たりける。御
曹司是をみて「馬共はぬしぬしが心得ておとさ【落さ】うに
P09422
はそんずまじゐぞ。くはおとせ【落せ】、義経を手本に
せよ」とて、まづ卅騎ばかり、まさきかけておとさ【落さ】れ
けり。大勢みなつづゐ【続い】ておとす【落す】。後陣におとす【落す】人々
のあぶみのはなは、先陣の鎧甲にあたるほどなり。
小石まじりのすなごなれば、ながれおとし【流落】に二町
ばかりざとおとい【落い】て、壇なるところ【所】にひかへたり。そ
れよりしもをみくだせば、大盤石の苔むしたるが、
つるべおとし【落し】に十四五丈ぞくだたる。兵共ここぞ
P09423
最後と申てあきれてひかへたるところ【所】に、佐原
十郎義連すすみ出て申けるは、「三浦の方で我等は
鳥ひとつたて【立て】ても、朝ゆふかやうの所をこそはせあ
りけ【歩け】。三浦の方の馬場や」とて、まさきかけて
おとし【落し】ければ、兵共みなつづゐ【続い】ておとす【落す】。ゑいゑい声
をしのび【忍び】にして、馬にちからをつけておとす【落す】。余りの
いぶせさに、目をふさいでぞおとし【落し】ける。大方人
のしわざとは見えず。ただ鬼神の所ゐとぞみえ【見え】
P09424
たりける。おとし【落し】もはてねば、時をどとつくる。三千
余騎が声なれど、山[B びこ]こたへて十万余騎とぞ聞え
ける。村上の判官代康国が手より火を出し、平家
の屋形、かり屋【仮屋】をみな焼払ふ。おりふし【折節】風ははげ
しし、くろ煙おしかくれば、平氏の軍兵共余にあ
はて【慌て】さはい【騒い】で、若やたすかると前の海へぞおほく【多く】
馳いりける。汀にはまうけ船【設け船】いくらもあり【有り】けれ
ども、わP2212れさきにのらうど、舟一艘には物具したる
P09425
者共が四五百人、千人ばかりこみ【込み】のら【乗ら】うに、なじかは
よかるべき。汀よりわづかに三町ばかりおしいだひ【出い】
て、目のまへに大船三艘しづみにけり。其後は
「よき人をばのす共、雑人共をばのすべからず」とて、
太刀長刀でなが【薙が】せけり。かくする事とはしり【知り】ながら、
のせ【乗せ】じとする船にとりつき【取り付き】、つかみつき、或はうで【腕】
うちきられ、或はひぢ【肘】うちおとさ【落さ】れて、一谷の汀に
あけ【朱】になてぞなみ【並み】ふし【臥し】たる。能登守教経は、
P09426
度々のいくさに一度もふかく【不覚】せぬ人の、今度は
いかがおもは【思は】れけん、うす黒といふ馬にのり、西を
さい【指い】てぞ落給ふ。播磨国明石浦より船に乗て、
讃岐の八島へわたり給ひぬ。越中前司最期S0913大手にも浜の手にも、
武蔵・相模の兵共、命もおしま【惜しま】ずせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。新
中納言は東にむか【向つ】てたたかい【戦ひ】給ふところ【所】に、山の
そはよりよせける児玉党使者をたてま【奉つ】て、「君
は武蔵国司でましまし候し間、是は児玉の者共が
P09427
申候。御うしろをば御らん候はぬやらん」と申。新
中納言以下の人々、うしろをかへP2213りみ給へば、くろ
煙おしかけたり。「あはや、西の手はやぶれにけるは」と
いふ程こそ久しけれ、とる物もとりあへず我
さきにとぞ落行ける。越中前司盛俊は、山の
手の侍大将にて有けるが、今はおつ【落つ】ともかなは【叶は】じとや
思ひけん、ひかへて敵を待ところ【所】に、猪俣小平六
則綱、よい敵と目をかけ、鞭あぶみをあはせて馳
P09428
来り、おしならべむずとくう【組う】でどうどおつ。猪俣は
八ケ国にきこえ【聞え】たるしたたか者也。か【鹿】の角の一二[B ノ]くさ
かりをばたやすうひ【引つ】さき【裂き】けるとぞ聞えし。越中
前司は二三十人が力わざをするよし人めには見え
けれ共、内々は六七十人してあげおろす船を、只一
人しておしあげおしおろす程の大力也。されば
猪俣をとておさへてはたらかさ【働かさ】ず。猪俣したに
ふし【臥し】ながら、刀をぬかうどすれども、ゆび【指】はだかて
P09429
刀のつかにぎる【握る】にも及ばず。物をいはうどすれ共、
あまりにつよう【強う】おさへられてこゑ【声】も出ず。すでに
頸をかかれんとしけるが、ちから【力】はおとたれ共、心は
かう【剛】なりければ、猪俣すこしもさはが【騒が】ず、しばらく
いきをやすめ、さらぬてい【体】にもてなして申けるは、
「抑なの【名乗つ】つるをばきき給ひて〔か〕。敵をうつといふは、
われもなの【名乗つ】てきかせ、敵にもなのらせて頸をと
たればこそ大功なれ。名もしらぬ頸とては、何にか
P09430
し給ふべき」といはれて、げにもとや思ひけん、「是は
もと平家の一門たりしが、身不P2214肖なるによて
当時は侍になたる越中前司盛俊といふ者也。
わ君はなにものぞ、なのれ【名乗れ】、きかう」どいひければ、
「武蔵国住人、猪俣小平六則綱」となのる。「倩此世
間のありさまをみる【見る】に、源氏の御方はつよく、平
家の御方はまけいろ【負色】にみえ【見え】させ給ひたり。今は
主の世にましまさばこそ、敵のくびとてまいらせ【参らせ】
P09431
て、勲功勧賞にもあづかり給はめ。理をまげて
則綱たすけ【助け】給へ。御へんの一門なん十人もおはせよ、
則綱が勲功の賞に申かへてたすけ【助け】奉らん」といひ
ければ、越中前司大にいかて、「盛俊身こそ不肖な
れ共、さすが平家の一門也。源氏たのま【頼ま】うどは思はず。
源氏又盛俊にたのま【頼ま】れうどもよもおもは【思は】じ。にく
い君が哉」とて、やがて頸をかかんとしければ、
猪俣「まさなや、降人の頸かくやうや候」。越中前司
P09432
「さらばたすけ【助け】む」とてひきおこす。まへは畠のやうに
ひあが【上がつ】て、きはめてかたかりけるが、うしろは水田の
ごみふかかり【深かり】けるくろ【畔】のうへに、二人の者共腰う
ちかけていきづきゐたり。しばしあて、黒革威の
鎧きて月毛なる馬にの【乗つ】たる武者一騎はせ来る。
越中前司あやしげにみければ、「あれは則綱が
したしう【親しう】候人見四郎と申者で候。則綱が候をみて
まうでくると覚候。くるしう【苦しう】候まじ」といひながら、
P09433
あれがちかづいたらん時に、越中前司にくんだらば、
さり共おち【落ち】あはんずらんと思ひてP2215待ところ【所】に、一段
ばかり近づいたり。越中前司初めはふたりを一目づつ
見けるが、次第にちかうなりければ、馳来る敵を
はたとまも【守つ】て、猪俣をみぬひまに、ちから足を
ふんでつゐ立あがり【上がり】、ゑいといひてもろ手をもて、
越中前司が鎧のむないた【胸板】をばぐとつゐ【突い】て、うしろ
の水田へのけにつき【突き】たをす【倒す】。おき【起き】あがら【上がら】んとする
P09434
所に、猪俣うへにむずとのりかかり、やがて越中前
司が腰の刀をぬき、鎧の草摺ひきあげて、つかも
こぶしもとおれ【通れ】とおれ【通れ】と三刀さいて頸をとる。さる程に
人見[B ノ]四郎おち【落ち】あふ【合う】たり。か様【斯様】の時は論ずる事も
ありとおもひ【思ひ】、太刀のさきにつらぬき、たかくさしあ
げ【差し上げ】、大音声をあげて、「此日来鬼神と聞えつる
平家の侍越中前司盛俊をば、猪俣[B ノ]小平六則
綱がうたるぞや」となの【名乗つ】て、其日の高名の一の筆
P09435
にぞ付〔に〕ける。忠教【*忠度】最期S0914薩摩守忠教【*忠度】は、一谷の西手の大将
軍にておはしけるが、紺地[B ノ]錦の直垂に黒糸お
どしの鎧きて、黒馬のふとう【太う】たくましきに、ゐか
け地【沃懸地】の鞍をい【置い】て乗給へり。其勢百騎ばかりが中に
うちかこまれていとさはが【騒が】ず、ひかへひかへ落給ふを、
猪P2216俣党に岡辺六野太忠純、大将軍とめ【目】をかけ、
鞭あぶみをあはせて追つき奉り、「抑いかなる人で
在まし候ぞ、名のらせ給へ」と申ければ、「是はみ[B か]た【御方】ぞ」とて
P09436
ふりあふぎ給へるうちかぶとより見いれ【入れ】たれば、
かねぐろ也。あぱれみかた【御方】にはかねつけたる人はない
物を、平家の君達でおはするにこそと思ひ、おし
ならべてむずとくむ。是をみて百騎ばかりある兵共、
国々のかり武者なれば、一騎も落あはず、われさきに
とぞ落行ける。薩摩[* 「薩磨」と有るのを高野本により訂正]守「にくいやつかな。みかた【御方】
ぞといはばいはせよかし」とて、熊野そだち大ぢからの
はやわざにておはしければ、やがて刀をぬき、六野太を
P09437
馬の上で二刀、おち【落ち】つく所で一刀、三刀までぞつか【突か】
れたる。二刀は鎧のうへ【上】なればとをら【通ら】ず、一刀はうち甲
へつき入られたれ共、うす手【薄手】なればしな【死な】ざりけるを
とておさへて、頸をかかんとし給ふところ【所】に、六野太
が童をくれ【遅れ】ばせに馳来て、打刀をぬき、薩摩守の
右のかいな【腕】を、ひぢのもとよりふつときり【斬り】おとす【落す】。
今はかうとやおもは【思は】れけん、「しばしのけ【退け】、十念となへん」
とて、六野太をつかうで弓だけばかりなげ【投げ】のけられ
P09438
たり。其後西にむかひ【向ひ】、高声に十念となへ、「光明
遍照十方世界、念仏衆生摂取不捨」との給もはてねば、
六野太うしろよりよて薩摩守の頸をうつ。よい大将軍
うたりと思ひけれ共、名をば誰ともしら【知ら】ざりけるに、
ゑびら【箙】にむすびP2217つけられたるふみをといて見れば、
「旅宿花」と云題にて、一首の歌をぞよまれたる。
行くれて木の下かげをやどとせば
花やこよひのあるじならまし W070
P09439
忠教【*忠度】とかかれたりけるにこそ、薩摩守とはしり【知り】て
げれ。太刀のさきにつらぬき、たかく【高く】さしあげ【差し上げ】、大
音声をあげて、「此日来平家の御方にきこえ【聞え】させ
給ひつる薩摩守殿をば、岡辺六野太忠純がうちたて
ま【奉つ】たるぞや」と名のりければ、敵もみかた【御方】も是をき
い【聞い】て、「あないとおし、武芸にも謌道【*歌道】にも達者にて
おはしつる人を、あたら大将軍を」とて、涙をながし
袖をぬらさぬはなかりけり。重衡生捕S0915本三位中将重衡卿は、
P09440
生田森の副将軍にておはしけるが、其勢みな落
うせて、只主従二騎になり給ふ。三位中将其日の装束
には、かち【褐】にしろう【著う】黄なる糸をもて、むら【群】千鳥ぬう
たる直垂に、紫すそご【裾濃】の鎧きて、童子鹿毛と
いふきこゆる【聞ゆる】名馬にのり給へり。めのと子の後藤
兵衛盛長は、しげ目ゆい【滋目結】の直垂に、ひ【緋】おどしの鎧
きて、三位中将の秘蔵せられたりける夜目なし
月毛にのせ【乗せ】られP2218たり。梶原源太景季・庄四郎高
P09441
家、大将軍と目をかけ、鞭あぶみをあはせてお【追つ】
かけたてまつる【奉る】。汀にはたすけ舟【助け舟】いくらもあり【有り】け
れども、うしろより敵はお【追つ】かけたり、のがる【逃る】べきひ
まもなかりければ、湊河・かるも河をもうちわたり、
蓮の池をば馬手にみて、駒の林を弓手になし、
板屋ど【板宿】・須磨をもうちすぎて、西をさいてぞ落
たまふ。究竟の名馬にはのり給へり、もみふせたる
馬共お【追つ】つくべしともおぼえず、ただのびにのび
P09442
ければ、梶原源太景季、あぶみふばり立あがり【上がり】、
もしやと遠矢によぴいてゐ【射】たりけるに、三位中
将馬のさうづ【三頭】[B を]のぶか【篦深】にゐ【射】させて、よはる【弱る】ところ【所】に、後
藤兵衛盛長、わが馬めされなんずとや思ひけん、鞭を
あげてぞ落行ける。三位中将是をみて、「いかに盛長、
年来日ごろさはちぎらざりしものを。我を捨て
いづくへゆくぞ」との給へ共、空きかずして、鎧に
つけたるあかじるし【赤印】かなぐりすて【捨て】、ただにげ【逃げ】にこそ
P09443
逃たりけれ。三位中将敵は近づく、馬はよはし【弱し】、海へ
うちいれ【入れ】給ひたりけれ共、そこしも[* 「すこしも」と有るのを高野本により訂正]とをあさ【遠浅】にて
しづむべきやうもなかりければ、馬よりおり、鎧のうは
帯【上帯】きり、たかひもはづし、物具ぬぎすて、腹を
きらんとし給ふところ【所】に、梶原よりさきに庄四郎
高家、鞭あぶみをあはせて馳来り、いそぎ馬より
飛おり、「まさなう候、いづくまでも御共仕らん」とて、我
馬にかきのせ【乗せ】たてまつり【奉り】、鞍のP2219まへわ【前輪】にしめつけ、
P09444
わが身はのりかへに乗てぞかへりける。後藤兵
衛はいき【息】ながき【長き】究竟の馬にはの【乗つ】たりけり、そこをば
なく逃のびて、後には熊野法師、尾中[B ノ]法橋をた
のん【頼ん】でゐたりけるが、法橋死て後、後家の尼公訴
訟のために京へのぼりたりけるに、盛長とも【供】して
のぼたりければ、三位中将のめのと子にて、上下にはお
ほく【多く】見しら【知ら】れたり。「あなむざん【無慚】の盛長や、さしも不
便にし給ひしに、一所でいかにもならずして、思ひも
P09445
かけぬ尼公の共したるにくさよ」とて、つまはじき
をしければ、盛長もさすがはづかしげにて、扇を
かほにかざしけるとぞ聞えし。敦盛最期S0916いくさ【軍】やぶれに
ければ、熊谷次郎直実、「平家[B ノ]君達たすけ船【助け船】に
のらんと、汀の方へぞおち【落ち】給らん。あはれ、よからう
大将軍にくまばや」とて、磯の方へあゆま【歩ま】するとこ
ろ【所】に、ねりぬき【練貫】に鶴ぬう【縫う】たる直垂に、萌黄の
匂の鎧きて、くはがた【鍬形】うたる甲の緒しめ、こがねづ
P09446
くりの太刀をはき、きりう【切斑】の矢おひ【負ひ】、しげ藤の弓
もて、連銭葺毛なる馬に黄覆輪の鞍をいて
の【乗つ】たる武者一騎、沖なるP2220舟にめ【目】をかけて、海へざと
うちいれ【入れ】、五六段ばかりおよがせたるを、熊谷「あれは
大将軍とこそ見まいらせ【参らせ】候へ。まさなうも敵にうし
ろをみせ【見せ】させ給ふものかな。かへさ【返さ】せ給へ」と扇をあげ
てまねきければ、招かれてとてかへす【返す】。汀にうちあが
ら【上がら】むとするところ【所】に、おしならべてむずとくん【組ん】で
P09447
どうどおち【落ち】、とておさへて頸をかかんと甲をおし
あふのけて見ければ、年十六七ばかりなるが、うす
げしやう【薄化粧】してかねぐろ也。我子の小次郎がよはひ
程にて容顔まこと【誠】に美麗也ければ、いづくに刀を
立べしともおぼえず。「抑いかなる人にてましまし
候ぞ。なのら【名乗ら】せ給へ、たすけ【助け】まいらせ【参らせ】ん」と申せば、「汝は
た【誰】そ」ととひ給ふ。「物そのもので候はね共、武蔵国住人、
熊谷次郎直実」と名のり申。「さては、なんぢにあふ【逢う】ては
P09448
なのる【名乗る】まじゐぞ、なんぢがためにはよい敵ぞ。名のら
ずとも頸をとて人にとへ。みし【見知】らふずるぞ」とぞ
の給ひける。熊谷「あぱれ大将軍や、此人一人うち
たてま【奉つ】たり共、まく【負く】べきいくさ【軍】に勝べき様もなし。
又うちたてまつら【奉ら】ず共、勝べきいくさ【軍】にまくること
よもあらじ。小次郎がうす手【薄手】負たるをだに、直実
は心ぐるしうこそおもふ【思ふ】に、此殿の父、うた【討た】れぬとき
い【聞い】て、いかばかりかなげき給はんずらん、あはれ、たすけ【助け】たて
P09449
まつら【奉ら】ばや」と思ひて、うしろ【後】をきとみければ、土肥・
梶原五十騎ばかりでつづいたり。熊谷涙をおP2221さへて
申けるは、「たすけ【助け】まいらせ【参らせ】んとは存候へ共、御方の軍
兵雲霞の如く候。よものがれ【逃れ】させ給はじ。人手に
かけまいらせ【参らせ】んより、同くは直実が手にかけまいら
せ【参らせ】て、後の御孝養をこそ仕候はめ」と申ければ、「ただ
とくとく【疾く疾く】頸をとれ」とぞの給ひける。熊谷あまりに
いとおしくて、いづくに刀をたつべしともおぼえず、
P09450
め【目】もくれ心もきえ[* 「くれ」と有るのを高野本により訂正]はてて、前後不覚におぼえけれ
ども、さてしもあるべき事ならねば、泣々頸をぞ
かいてげる。「あはれ、弓矢とる身ほど口惜かりける
ものはなし。武芸の家に生れずは、何とてかかる
うき目をばみる【見る】べき。なさけなうもうちたてまつる【奉る】
物かな」とかきくどき、袖をかほにおしあててさめざめ
とぞ泣ゐたる。良久うあて、さてもあるべきならねば、
よろい【鎧】直垂をとて、頸をつつまんとしけるに、錦の
P09451
袋にいれ【入れ】たる笛をぞ腰にさされたる。「あないとお
し、この暁城のうちにて管絃し給ひつるは、この人々
にておはしけり。当時みかた【御方】に東国の勢なん万騎か
あるらめども、いくさ【軍】の陣へ笛もつ人はよもあらじ。
上臈は猶もやさしかりけり」とて、九郎御曹司[B ノ]見
参に入たりければ、是をみる【見る】人涙をながさずと
いふ事なし。後にきけば、修理大夫経盛の子息
に大夫篤盛【*敦盛】とて、生年十七にぞなられける。それ
P09452
よりしてこそ熊谷が発心のおもひ【思ひ】はすすみけれ。
件の笛はおほぢ【祖父】忠盛笛の上手にて、鳥羽院より
給はP2222られたりけるとぞ聞えし。経盛相伝せられたり
しを、篤盛【*敦盛】器量たるによて、もたれたりけると
かや。名をばさ枝【小枝】とぞ申ける。狂言綺語のことはり【理】
といひながら、遂に讃仏乗の因となるこそ哀なれ。
知章最期S0917門脇中納言教盛卿の末子蔵人大夫成盛【*業盛】は、常
陸国住人土屋五郎重行にくんでうた【討た】れ給ひぬ。
P09453
修理大夫経盛の嫡子、皇后宮亮経正は、たすけ
船【助け船】にのらんと汀の方へ落給ひけるが、河越小
太郎重房が手に取籠られてうた【討た】れ給ひぬ。
其弟若狭守経俊・淡路守清房・尾張守清定、
三騎つれて敵のなかへかけ入、さんざんにたたかひ【戦ひ】、分捕
あまたして、一所で討死してげり。新中納言知盛
卿は、生田森大将軍にておはしけるが、其勢み
な落うせて、今は御子武蔵守知明【*知章】、侍に監物太郎
P09454
頼方、ただ主従三騎になて、たすけ船【助け船】にのらんと
汀の方へ落給ふ。ここに児玉党とおぼしくて、
うちわ【団扇】の旗さい【挿い】たる者共十騎ばかり、おめい【喚い】て
お【追つ】かけ奉る。監物太郎は究竟の弓の上手ではあり、
まさきにすすんだる旗さし【差】がしや頸のほねをひやう
ふつとゐ【射】て、馬よりさかP2223さまにゐ【射】おとす【落す】。そのなかの
大将とおぼしきもの、新中納言にくみ奉らんと
馳ならべけるを、御子武蔵守知明【*知章】中にへだたり、
P09455
おしならべてむずとくんでどうどおち【落ち】、とておさへ
て頸をかき、たち【立ち】あがら【上ら】んとし給ふところ【所】に、敵が童
おちあふ【逢う】て、武蔵守の頸をうつ。監物太郎おち【落ち】
かさな【重なつ】て、武蔵守うち【討】たてま【奉つ】たる敵が童をもうて
げり。其後矢だねのある程ゐ【射】つくし【尽し】て、うち【打ち】物ぬ
いてたたかひ【戦ひ】けるが、敵あまたうちとり、弓手のひ
ざのくちをゐ【射】させて、たち【立ち】もあがら【上ら】ず、ゐ【居】ながら討死
してげり。このまぎれに新中納言は、究竟の名馬
P09456
には乗給へり。海のおもて廿余町およがせて、大臣殿
の御船につき給ひぬ。御舟には人おほく【多く】こみ
の【乗つ】て、馬たつべき様もなかりければ、汀へお【追つ】かへす【返す】。
阿波民部重能「御馬敵のものになり候なんず。ゐ【射】
ころし【殺し】候はん」とて、かた手矢はげて出けるを、新中納
言「何の物にもならばなれ。わが命をたすけ【助け】たらん
物を。あるべうもなし」との給へば、ちから【力】及ばでゐ【射】ざり
けり。この馬ぬしの別をしたひつつ、しばしは船を
P09457
もはなれ【離れ】やらず、沖の方へおよぎけるが、次第に
遠くなりければ、むなしき汀におよぎかへる。足
たつ程にもなりしかば、猶船の方をかへりみて、二
三度までこそいななきけれ。其後くが【陸】にあが【上がつ】てや
すみけるを、河越小太郎重房とて、院へまいらせ【参らせ】
たりければ、やがて院の御P2224厩にたてられけり。もとも【最も】
院の御秘蔵の御馬にて、一の御厩にたてられたりし
を、宗盛公内大臣になて悦申の時給はられたり
P09458
けるとぞ聞えし。新中納言にあづけられたり
しを、中納言あまりに此馬を秘蔵して、馬の
祈のためにとて、毎月つゐたち【朔日】ごとに、泰山府
君をぞまつられける。其故にや、馬の命ものび、
ぬしのいのちもたすけ【助け】けるこそめでたけれ。此馬は
信乃【*信濃】国井[B ノ]上だち【立】にてあり【有り】ければ、井上黒とぞ
申ける。後には河越がとてまいらせ【参らせ】たりければ、
河越黒とも申けり。新中納言、大臣殿の御まへに
P09459
まい【参つ】て申されけるは、「武蔵守におくれ候ぬ。監物
太郎うたせ候ぬ。今は心ぼそうこそまかりなて候へ。
いかなる子はあて、親をたすけ【助け】んと敵にくむ【組む】をみ【見】
ながら、いかなるおや【親】なれば、子のうたるるをたすけ【助け】ず
して、かやうにのがれ【逃れ】まい【参つ】て候らんと、人のうへ【上】で候はば
いかばかりもどかしう存候べきに、よう命はおしゐ【惜しい】物で
候けると今こそ思ひしら【知ら】れて候へ。人々の思はれん心
のうち共こそはづかしう候へ」とて、袖をかほにおし【押し】
P09460
あててさめざめと泣給へば、大臣殿是をきき給ひて、
「武蔵守の父の命にかはられけるこそありがた
けれ。手もきき【利き】心もかう【剛】に、よき大将軍にてお
はしつる人を。清宗と同年にて、ことしは十六な」とて、
御子衛門督のおはしける方P2225を御らんじて涙ぐみ
給へば、いくらもなみゐたりける平家の侍共、心あるも
心なきも、皆鎧の袖をぞぬらしける。落足S0918小松殿の
末子、備中守師盛は、主従七人小舟にの【乗つ】ておち【落ち】給ふ
P09461
所に、新中納言の侍清衛門公長といふ者馳来て、
「あれは備中守殿の御舟とこそみ【見】まいらせ【参らせ】候へ。まい
り【参り】候はん」と申ければ、船を汀にさしよせたり。大の
男の鎧きながら、馬より舟へがはと飛のらうに、
なじかはよかるべき。舟はちゐさし【小さし】、くるりとふみ
かへしてげり。備中守うきぬしづみぬし給ひける
を、畠山が郎等本田次郎、十四五騎で馳来り、熊
手にかけてひきあげ奉り、遂に頸をぞかいて[*この三字不要]
P09462
かいてげる。生年十四歳とぞ聞えし。越前三位
通盛卿は山手の大将軍にておはしけるが、其日の
装束には、あか地の錦の直垂に、唐綾おどしの鎧
きて、黄河原毛なる馬に白覆輪の鞍をいて
乗給へり。うち甲をゐ【射】させて、敵におしへだてられ、
おとと【弟】能登殿にははなた【離た】れ給ひぬ、しづか【静か】ならん所
にて自害せんとて、東にむか【向つ】て落給ふ程に、近江P2226
国住人佐々木木村三郎成綱、武蔵国住人玉井
P09463
四郎資景、かれこれ七騎が中にとりこめられて、
遂にうた【討た】れ給ひぬ。其ときまでは侍一人
つき奉たりけれ共、それも最後の時はおち【落ち】あはず。
凡そ東西の木戸口、時をうつす程也ければ、源平
かずをつくゐ【尽くい】てうた【討た】れにけり。矢倉のまへ、逆も木【逆茂木】
のしたには、人馬のししむら【肉】山のごとし。一谷の小篠
原、緑のいろをひきかへ【替へ】て、うす紅にぞ成にける。
一谷・生田森、山のそは、海の汀にてゐ【射】られきら【斬ら】れて
P09464
死ぬるはしら【知ら】ず、源氏の方にきりかけ【懸け】らるる頸共
二千余人也。今度うた【討た】れ給へるむねとの人々には、
越前三位通盛・弟蔵人大夫成盛【*業盛】・薩摩守忠教【*忠度】・武
蔵守知明【*知章】・備中守師盛・尾張守清定・淡路守清房・
修理大夫経盛嫡子皇后宮亮経正・弟若狭守
[M 守]経俊・其弟大夫篤盛【*敦盛】、以上十人とぞ聞えし。いくさ【軍】
やぶれにければ、主上をはじめたてま【奉つ】て、人々みな御
船にめし【召し】て出給ふ心のうちこそ悲しけれ。塩に
P09465
ひかれ、風に随て、紀伊路へおもむく船もあり。
葦屋の沖に漕いでて、浪にゆらるる船もあり。或は
須磨より明石の浦づたひ、泊さだめぬ梶枕、
かたしく袖もしほれ【萎れ】つつ、朧にかすむ春の月、
心をくだかぬ人ぞなき。或は淡路のせとを漕とをり【通り】、
絵島が磯にただよへば、波路かすか【幽】P2227に鳴わたり、友
まよ[B は]せるさ夜千鳥、是もわが身のたぐひかな。行
さき未いづくとも思ひ定めぬかとおぼしくて、
P09466
一谷の奥にやすらふ舟もあり。か様【斯様】に風にまかせ、
浪に随て、浦々島々にただよへば、互に死生もしり【知り】
がたし。国をしたがふる事も十四ケ国、勢のつく
ことも十万余騎、都へちかづく【近付く】事も纔に一日の道
なれば、今度はさり共とたのもしう【頼もしう】思はれけるに、
一谷をも責おとさ【落さ】れて、人々みな心ぼそうぞなられける。

* 小宰相身投S0919 は、龍谷大学本には無し。



入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com