平家物語(龍谷大学本)巻第一

【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本(龍谷大学善本叢書 13)に拠りました。

文責:荒山慶一・菊池真一



(表紙)
P01003
(目録)
一巻 
一 祇園精舎
二 殿上暗打  しかるを忠盛ヨリ
三 鱸  太政大臣は一人にヨリ
四 禿の沙汰  かくて清盛公ヨリ
五 吾身之栄花  吾身の栄花を極るヨリ
六 二代后  されども鳥羽院ヨリ
七 額打論  一天の君崩御ヨリ
P01004
八 清水炎上  御門かくれさせヨリ
九 殿下乗合  仁安三年ヨリ
十 厳嶋詣  嘉応三年ヨリ 但此奥二ノ巻ニアリ
十一 師子谷之謀反 徳大寺花山院ヨリ
十二 鵜河合戦  然るによつて師光ヨリ [* 相当文無し ]
十三 願立  御裁断おそかりければヨリ
十四 御輿振  さるほどにヨリ
十五 内裏炎上  蔵人左少弁兼光ヨリ
P01005
P83
平家物語(へいけものがたり)巻(くわん)第一(だいいち)
『祇園精舎(ぎをんしやうじや)』S0101
祇園精舎(ぎをんしやうじや)の鐘(かね)の声(こゑ)、諸行無常(しよぎやうむじやう)の響(ひびき)あり。
娑羅双樹(しやらさうじゆ)の花(はな)の色(いろ)、盛者必衰(じやうしやひつすい)のことはり(ことわり)【理】を
あらはす。おご【奢】れる人(ひと)も久(ひさ)しからず。只(ただ)春(はる)の
夜(よ)の夢(ゆめ)のごとし。たけき者(もの)も遂(つひ)(つゐ)にはほろびぬ、
偏(ひとへ)に風(かぜ)の前(まへ)の塵(ちり)に同(おな)じ。遠(とほ)(とを)く異朝(いてう)をとぶ
らへば、秦(しん)の趙高(てうかう)、漢(かん)の王莽(わうまう)、梁(りやう)の周伊【*朱■】(しうい)、唐(たう)の
禄山(ろくさん)、是等(これら)は皆(みな)旧主(きうしゆ)先皇(せんくわう)の政(まつりごと)にもしたがはず、
P01006
楽(たのし)みをきはめ、諫(いさめ)をもおもひいれ【思ひ入れ】ず、天下(てんが)の
みだれむ事(こと)をさとらずして、民間(みんかん)の愁(うれふ)る
所(ところ)をしらざ(ッ)しかば、久(ひさ)しからずして、亡(ばう)じ
にし者(もの)どもなり。近(ちか)く本朝(ほんてう)をうかがふに、承平(しようへい)(せうへい)の
将門(まさかど)、天慶(てんぎやう)の純友(すみとも)、康和(かうわ)の義親(ぎしん)、平治(へいぢ)の信頼(しんらい)、
おご【奢】れる心(こころ)もたけき事(こと)も、皆(みな)とりどりにこそ
ありしかども、まぢかくは、六波羅(ろくはら)[B の]入道(にふだう)(にうだう)前太政
大臣(さきのだいじやうだいじん)平(たひらの)(たいらの)朝臣(あそん)清盛公(きよもりこう)と申(まうし)し人(ひと)のありさま、
P01007
伝承(つたへうけたまは)るこそ心(こころ)も詞(ことば)も及(およ)(をよ)ばれね。P84其(その)先祖(せんぞ)を尋(たづ)
ぬれば、桓武天皇(くわんむてんわう)第五(だいご)の皇子(わうじ)、一品式部卿(いつぽんしきぶきやう)葛原
親王(かづらはらのしんわう)九代(くだい)の後胤(こういん)(こうゐん)、讃岐守(さぬきのかみ)正盛(まさもり)が孫(まご)、刑部卿(ぎやうぶきやう)忠盛(ただもりの)
朝臣(あそん)の嫡男(ちやくなん)なり。彼(かの)親王(しんわう)の御子(みこ)高視【*高見】(たかみ)の王(わう)、無官(むくわん)
無位(むゐ)にしてうせ給(たまひ)ぬ。其(その)御子(みこ)高望(たかもち)の王(わう)の時(とき)、始(はじめ)て
平(たひら)(たいら)の姓(しやう)を給(たまはつ)て、上総介(かづさのすけ)になり給(たまひ)しより、忽(たちまち)に王
氏(わうし)を出(いで)て人臣(じんしん)につらなる。其(その)子(こ)鎮守府将軍(ちんじゆふのしやうぐん)
義茂【*良望】(よしもち)、後(のち)には国香(くにか)とあらたむ。国香(くにか)より正盛(まさもり)に
P01008
いたるまで、六代(ろくだい)は諸国(しよこく)の受領(じゆりやう)たりしかども、
二 殿上(てんじやう)の仙籍(せんせき)(せんセキ)をばいまだゆるされず。 『殿上(てんじやうの)闇討(やみうち)』S0102 しかるを
忠盛(ただもり)備前守(びぜんのかみ)たりし時(とき)、鳥羽院(とばのゐん)(とばのいん)の御願(ごぐわん)得長寿
院(とくぢやうじゆゐん)(とくぢやうじゆいん)を造進(ざうしん)して、三十三間(さんじふさんげん)の御堂(みだう)をたて、一千一体(いつせんいつたい)の
御仏(おんほとけ)をすへ(すゑ)【据ゑ】奉(たてまつ)る。供養(くやう)は天承(てんしよう)(てんせう)元年(ぐわんねん)三月(さんぐわつ)十三日(じふさんにち)なり。
勧賞(けんじやう)には闕国(けつこく)を給(たま)ふべき由(よし)仰下(おほせくだ)されける。
境節(をりふし)(おりふし)但馬国(たじまのくに)のあきたりけるを給(たび)にけり。上
皇(しやうくわう)御感(ぎよかん)のあまりに内(うち)の昇殿(しようでん)(せうでん)をゆるさる。忠盛(ただもり)
P01009
三十六(さんじふろく)にて始(はじめ)て昇殿(しようでん)(せうでん)す。雲(くも)の上人(うへびと)是(これ)を猜(そね)み、同(おなじ)き
年(とし)の十二月(じふにぐわつ)廿三日(にじふさんにち)、五節豊明(ごせつとよのあかり)の節会(せちゑ)の夜(よ)、忠盛(ただもり)を
闇打(やみうち)にせむとぞ擬(ぎ)せられける。忠盛(ただもり)是(これ)を伝聞(つたへきき)て、
「われ右筆(いうひつ)(ゆうひつ)の身(み)にあらず、武勇(ぶよう)の家(いへ)にむま【生】れて、
今(いま)不慮(ふりよ)の恥(はぢ)P85にあはむ事(こと)、家(いへ)の為(ため)身(み)の為(ため)心(こころ)う
かるべし。せむずる(せんずる)所(ところ)、身(み)を全(まつたう)(ま(ツ)たふ)して君(きみ)に仕(つかふ)と
いふ本文(ほんもん)あり」とて、兼(かね)て用意(ようい)をいたす。参
内(さんだい)のはじめより、大(おほき)なる鞘巻(さやまき)を用意(ようい)して、
P01010
束帯(そくたい)のしたにしどけなげにさし、火(ひ)の
ほのぐらき方(かた)にむか(ッ)て、やはら此(この)刀(かたな)をぬき
出(いだ)し、鬢(びん)にひきあてられけるが氷(こほり)な(ン)どの様(やう)に
ぞみえ【見え】ける。諸人(しよにん)目(め)をすましけり。其上(そのうへ)忠盛(ただもり)の
郎等(らうどう)、もとは一門(いちもん)たりし木工助(むくのすけ)平貞光(たひらのさだみつ)(たいらのさだみつ)が孫(まご)、
しん【進】の三郎大夫(さぶらうだいふ)(さぶらふだゆう)家房(いへふさ)【*季房(すゑふさ) 】が子(こ)、左兵衛尉(さひやうゑのじよう)(さひやうゑのぜう)家貞(いへさだ)といふ
者(もの)ありけり。薄青(うすあを)のかり【狩】衣(ぎぬ)のしたに萠黄威(もよぎをどし)(もよぎおどし)の
腹巻(はらまき)をき、弦袋(つるぶくろ)つけたる太刀(たち)脇(わき)ばさむ(ばさん)で、
P01011
殿上(てんじやう)の小庭(こには)に畏(かしこまつ)てぞ候(さうらひ)(さふらひ)ける。貫首(くわんじゆ)以下(いげ)あやしみを
なし、「うつほ柱(ばしら)よりうち、鈴(すず)の綱(つな)のへんに、布
衣(ほうい)の者(もの)の候(さうらふ)はなに者(もの)ぞ。狼籍【*狼藉】(らうぜき)なり。罷出(まかりいで)よ」と六位(ろくゐ)を
も(ッ)てい【言】はせければ、家貞(いへさだ)申(まうし)けるは、「相伝(さうでん)の主(しゆう)(しう)、備
前守殿(びぜんのかみのとの)、今夜(こよひ)闇打(やみうち)にせられ給(たまふ)べき由(よし)承(うけたまはり)候(さうらふ)
あひだ、其(その)ならむ様(やう)をみ【見】むとて、かくて候(さうらふ)(さふらふ)。えこそ
罷出(まかりいづ)まじけれ」とて、畏(かしこまつ)て候(さうらひ)ければ、是等(これら)を
よしなしとやおもは【思は】れけむ、其(その)夜(よ)の闇打(やみうち)なかりけり。
P01012
忠盛(ただもり)御前(ごぜん)のめしにま【舞】はれければ、人々(ひとびと)拍子(ひやうし)を
かへて、「伊勢平氏(いせへいじ)はすがめなりけり」とぞはや
されける。此(この)人々(ひとびと)はかけまくもかたじけなく、柏
原天皇(かしはばらのてんわう)の御末(おんすゑ)とは申(まうし)ながら、中比(なかごろ)は都(みやこ)のすま
ゐ(すまひ)もうとうとしく、地下(ぢげ)にのみ振舞(ふるまひ)(ふるまい)な(ッ)て、いせ【伊勢】の
国(くに)に住国(ぢゆうこく)(ぢうこく)ふか【深】かりしかば、其(その)国(くに)のうつはものに
事(こと)よせて、伊勢平氏(いせへいじ)とぞP86 申(まうし)ける。其上(そのうへ)忠盛(ただもり)
目(め)のすがまれたりければ、か様(やう)にははやされ
P01013
けり。いかにすべき様(やう)もなくして、御遊(ぎよいう)(ぎよゆふ)もいまだ
をはらざるに、偸(ひそか)に罷出(まかりいで)らるるとて、よこ【横】だへ
さされたりける刀(かたな)をば、紫震殿【*紫宸殿】(ししんでん)の御後(ごご)にして、
かたえ(かたへ)の殿上人(てんじやうびと)のみ【見】られける所(ところ)に、主殿司(とのもづかさ)を
めしてあづけをき(おき)てぞ出(いで)られける。家貞(いへさだ)待(まち)
うけたてま(ッ)て、「さていかが候(さうらひ)(さふらひ)つる」と申(まうし)ければ、
かくともいはまほしう思(おも)はれけれども、いひ
つるものならば、殿上(てんじやう)まで【迄】もやがてきりのぼらむ
P01014
ずる者(もの)にてある間(あひだ)(あいだ)、別(べち)の事(こと)なし」とぞ答(こたへ)
られける。五節(ごせち)には、「白薄様(しろうすやう)、こぜむじ(こぜんじ)の紙(かみ)、巻
上(まきあげ)の筆(ふで)、鞆絵(ともゑ)かいたる筆(ふで)の軸(ぢく)」なむど、さまざま
面白(おもしろき)事(こと)をのみこそうた【歌】ひまはるるに、中比(なかごろ)
太宰権帥(ださいのごんのそつ)季仲卿(すゑなかのきやう)といふ人(ひと)ありけり。あまりに
色(いろ)の黒(くろ)かりければ、みる【見る】人(ひと)黒帥(こくそつ)とぞ申(まうし)(もうし)ける。
其(その)人(ひと)いまだ蔵人頭(くらんどのとう)なりし時(とき)、五節(ごせち)にまはれ
ければ、それも拍子(ひやうし)をかへて、「あなくろぐろ、くろき
P01015
頭(とう)かな。いかなる人(ひと)のうるしぬりけむ」とぞはや
されける。又(また)花山院(くわさんのゐんの)前太政大臣(さきのだいじやうだいじん)忠雅(ただまさ)公(こう)、いまだ
十歳(じつさい)と申(まうし)し時(とき)、父(ちち)中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)忠宗卿(ただむねのきやう)にをく(おく)【遅】れ
たてま(ッ)て、みなし子(ご)にておはしけるを、故中御
門(こなかのみかどの)藤中納言(とうぢゆうなごん)(とうぢうなごん)家成卿(いへなりのきやう)、いまだ播磨守(はりまのかみ)たりし時(とき)、
聟(むこ)にとりて声花(はなやか)にもてなされければ、それも
五節(ごせち)に、「播磨(はりま)よねはとくさ【木賊】か、むくの葉(は)か、人(ひと)の
きらをみがくは」とぞはやされける。P87「上古(しやうこ)には
P01016
か様(やう)にありしかども事(こと)いでこず、末代(まつだい)
いかがあらむずらむ。おぼつかなし」とぞ人(ひと)申(まうし)
ける。案(あん)のごとく、五節(ごせち)はてにしかば、殿上人(てんじやうびと)
一同(いちどう)に申(まう)されけるは、「夫(それ)雄剣(ゆうけん)を帯(たい)して公宴(こうえん)に列(れつ)し、
兵杖【*兵仗】(ひやうぢやう)を給(たまはり)て宮中(きゆうちゆう)(きうちう)を出入(しゆつにふ)(しゆつにう)するは、みな格式(かくしき)の
礼(れい)をまもる。綸命(りんめい)よしある先規(せんぎ)なり。然(しかる)を
忠盛(ただもりの)朝臣(あそん)、或(あるい)は相伝(さうでん)の郎従(らうじゆう)(らうじう)と号(かう)して、布衣(ほうい)の
兵(つはもの)を殿上(てんじやう)の小庭(こには)にめしをき(おき)、或(あるい)は腰(こし)の刀(かたな)を
P01017
横(よこだ)へさいて、節会(せちゑ)の座(ざ)につらなる。両条(りやうでう)希
代(きたい)いまだきかざる狼籍【*狼藉】(らうぜき)なり。事(こと)既(すで)に重
畳(ちようでふ)(てうでう)せり、罪科(ざいくわ)尤(もつとも)のがれがたし。早(はや)く御札(みふだ)を
けづ(ッ)て、闕官(けつくわん)停任(ちやうにん)ぜらるべき」由(よし)、をのをの(おのおの)
訴(うつた)へ申(まう)されければ、上皇(しやうくわう)大(おほき)に驚(おどろき)(をどろき)おぼしめし、
忠盛(ただもり)をめして御尋(おんたづね)あり。陳(ちん)[B 「陣」に「陳」と傍書]じ申(まうし)けるは、「まづ
郎従(らうじゆう)(らうじう)小庭(こには)に祗候(しこう)の由(よし)、全(まつた)く覚悟(かくご)仕(つかまつら)ず。但(ただし)近日(きんじつ)
人々(ひとびと)あひたくまるる子細(しさい)ある歟(か)の間(あひだ)(あいだ)、年来(としごろ)の
P01018
家人(けにん)事(こと)をつたへきく歟(か)によ(ッ)て、其(その)恥(はぢ)を
たすけむが為(ため)に、忠盛(ただもり)にしら【知ら】れずして
偸(ひそか)に参候(さんこう)(さんかう)の条(でう)、力(ちから)及(およ)(をよ)ばざる次第(しだい)也(なり)。若(もし)猶(なほ)(なを)其(その)咎(とが)
あるべくは、彼(かの)身(み)をめし進(しん)ずべき歟(か)。次(つぎ)に刀(かたな)の
事(こと)、主殿司(とのもづかさ)にあづけをき(おき)をは(ン)ぬ(をはんぬ)。是(これ)をめし出(いだ)
され、刀(かたな)の実否(じつぷ)について咎(とが)の左右(さう)あるべき
か」と申(まうす)。しかるべしとて、其(その)刀(かたな)を召(めし)出(いだ)して叡
覧(えいらん)(ゑいらん)あれば、うへは鞘巻(さやまき)の黒(くろ)くぬりたりけるが、
P01019
なか【中】は木刀(きがたな)に銀薄(ぎんぱく)をぞおしたりける。「当座(たうざ)の
恥辱(ちじよく)をのがれむが為(ため)に、刀(かたな)を帯(たい)する由(よし)あ
らはすといへども後P88日(ごにち)の訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)を存知(ぞんぢ)(ぞんじ)して、
木刀(きがたな)を帯(たい)しける用意(ようい)のほどこそ神妙(しんべう)なれ。
弓箭(きゆうせん)(きうせん)に携(たづさは)らむ者(もの)のはかりことは、尤(もつとも)かうこそ
あらまほしけれ。兼(かねては)又(また)郎従(らうじゆう)(らうじう)小庭(こには)に祇候(しこう)(しかう)の条(でう)、
且(かつ)は武士(ぶし)の郎等(らうどう)の習(ならひ)なり。忠盛(ただもり)が咎(とが)にあらず」とて、
還(かへつ)て叡感(えいかん)(ゑいかん)にあづか(ッ)しうへは、敢(あへ)て罪科(ざいくわ)の沙汰(さた)も
P01020
なかりけり。 『鱸(すずき)』S0103 其(その)子(こ)ども、諸衛(しよゑ)の佐(すけ)になる。昇殿(しようでん)(せうでん)
せしに、殿上(てんじやう)のまじはりを人(ひと)きらふに及(およ)(をよ)ばず。
其比(そのころ)忠盛(ただもり)、備前国(びぜんのくに)より都(みやこ)へのぼりたりけるに、
鳥羽院(とばのゐん)「明石浦(あかしのうら)はいかに」と、尋(たづね)ありければ、
あり明(あけ)の月(つき)も明石(あかし)の浦風(うらかぜ)に
浪(なみ)ばかりこそよるとみえ【見え】しか W001
と申(まうし)たりければ、御感(ぎよかん)ありけり。此(この)歌(うた)は金葉集(きんえふしふ)(きんえうしう)
にぞ入(いれ)られける。忠盛(ただもり)又(また)仙洞(せんとう)に最愛(さいあい)の女房(にようばう)を
P01021
も【持】(ッ)てかよはれけるが、ある時(とき)其(その)女房(にようばう)のつぼねに、
妻(つま)に月(つき)出(いだ)したる扇(あふぎ)を忘(わすれ)て出(いで)られたりければ、
かたえ(かたへ)の女房(にようばう)たち、「是(これ)はいづくよりの月影(つきかげ)ぞや。出(いで)どころ
おぼつかなし」とわらひあはれければ、彼(かの)女房(にようばう)、
雲井(くもゐ)よりただもりきたる月(つき)なれば
おぼろけにてはい【言】はじとぞおもふ【思ふ】  W002 P89
とよみたりければ、いとどあさからずぞ思(おも)はれ
ける。薩摩守(さつまのかみ)忠教【*忠度】(ただのり)の母(はは)是(これ)なり。にるを友(とも)とかやの
P01022
風情(ふぜい)に、忠盛(ただもり)もすいたりければ、彼(かの)女房(にようばう)もゆう(いう)【優】
なりけり。かくて忠盛(ただもり)刑部卿(ぎやうぶのきやう)にな(ッ)て、仁平(にんぺい)三年(さんねん)
正月(しやうぐわつ)十五日(じふごにち)、歳(とし)五十八(ごじふはち)にてう【失】せにき。清盛(きよもり)嫡男(ちやくなん)
たるによ(ッ)て、其(その)跡(あと)をつぐ。保元(ほうげん)元年(ぐわんねん)(ぐはんねん)七月(しちぐわつ)に宇治(うぢ)の
左府(さふ)代(よ)をみだり給(たまひ)し時(とき)、安芸守(あきのかみ)とて御方(みかた)に
て勲功(くんこう)ありしかば、播磨守(はりまのかみ)にうつ(ッ)て、同(おなじき)三年(さんねん)太
宰大弐(ださいのだいに)になる。次(つぎ)に平治(へいぢ)元年(ぐわんねん)十二月(じふにぐわつ)、信頼卿(のぶよりのきやう)が
謀叛(むほん)の時(とき)、御方(みかた)にて[B 「に」の下に「な」と傍書]賊徒(ぞくと)をうちたいら(たひら)【平】げ、勲功(くんこう)
P01023
一(ひとつ)にあらず、恩賞(おんしやう)是(これ)おもかるべしとて、次(つぎ)の年(とし)正
三位(じやうざんみ)に叙(じよ)せられ、うちつづき宰相(さいしやう)、衛府督(ゑふのかみ)、検非
違使別当(けんびゐしのべつたう)(けんびいしのべつたう)、中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)、大納言(だいなごん)に経(へ)あが(ッ)て、剰(あまつさ)へ烝相【丞相】(しようじやう)(せうじやう)の
位(くらゐ)にいたる。左右(さう)を経(へ)ずして内大臣(ないだいじん)より太
政大臣(だいじやうだいじん)従一位(じゆいちゐ)にあがる。大将(だいしやう)にあらねども、兵杖【*兵仗】(ひやうぢやう)を
給(たまはつ)て随身(ずいじん)をめし具(ぐ)す。牛車(ぎつしや)輦車(れんじや)の宣
旨(せんじ)を蒙(かうぶつ)て、のりながら宮中(きゆうちゆう)(きうちう)を出入(しゆつにふ)(しゆつにう)す。偏(ひとへ)に
三 執政(しつせい)の臣(しん)のごとし。「太政大臣(だいじやうだいじん)は一人(いちじん)に師範(しはん)として、
P01024
四海(しかい)に儀(ぎ)けい【刑】せり。国(くに)ををさめ道(みち)を論(ろん)じ、陰
陽(いんやう)(ゐんやう)をやはらげおさむ(をさむ)【治む】。其(その)人(ひと)にあらずは則(すなはち)かけ
よ」といへり。されば即闕(そくけつ)の官(くわん)とも名付(なづけ)たり。其(その)人(ひと)
ならではけがすべき官(くわん)(くはん)ならねども、一天(いつてん)四海(しかい)を
掌(たなごころ)の内(うち)ににぎられしうへ[M 「うへ」をミセケチ、「か」と傍書]は、子細(しさい)に及(およ)(をよ)ばず。平家(へいけ)
か様(やう)に繁昌(はんじやう)せられけるも、熊野権現(くまののごんげん)の御
利生(ごりしやう)とぞきこえし。其(その)故(ゆゑ)(ゆへ)は、P90古(いにし)へ清盛公(きよもりこう)(きよもりかう)いまだ
安芸守(あきのかみ)たりし時(とき)、伊勢(いせ)の海(うみ)より船(ふね)にて熊野(くまの)へ
P01025
まい(まゐ)【参】られけるに、おほきなる鱸(すずき)の船(ふね)に踊入(をどりいり)(おどりいり)
たりけるを、先達(せんだち)申(まうし)けるは、「是(これ)は権現(ごんげん)の御利生(ごりしやう)也(なり)。
いそぎまい(まゐ)【参】るべし」と申(まうし)ければ、清盛(きよもり)のたまひけるは、
「昔(むかし)、周(しう)の武王(ぶわう)の船(ふね)にこそ白魚(はくぎよ)は躍入(をどりいり)(おどりいり)たりけるなれ。
是(これ)吉事(きちじ)なり」とて、さばかり十戒(じつかい)をたもち、精
進潔斎(しやうじんけつさい)の道(みち)なれども、調味(てうみ)して家子侍共(いへのこさぶらひども)に
くはせられけり。其(その)故(ゆゑ)(ゆへ)にや、吉事(きちじ)のみうちつづ
いて、太政大臣(だいじやうだいじん)まで【迄】きはめ給(たま)へり。子孫(しそん)の官途(くわんど)(くはんど)も竜(りよう)(れう)の
P01026
雲(くも)に昇(のぼ)るよりは猶(なほ)(なを)すみやかなり。九代(くだい)の先蹤(せんじよう)(せんじやう)を
四 こえ給(たま)ふこそ目出(めでた)けれ。 『禿髪(かぶろ)』S0104 かくて清盛(きよもり)公(こう)、仁安(にんあん)三年(さんねん)
十一月(じふいちぐわつ)十一日(じふいちにち)、年(とし)五十一(ごじふいち)にてやまひにをかされ、存
命(ぞんめい)の為(ため)に忽(たちまち)に出家入道(しゆつけにふだう)(しゆつけにうだう)す。法名(ほふみやう)(ほうめい)は浄海(じやうかい)とこそ
名(な)のられけれ。其(その)しるしにや、宿病(しゆくびやう)たちどころに
いへ(いえ)て、天命(てんめい)を全(まつたう)す。人(ひと)のしたがひつく事(こと)、
吹(ふく)風(かぜ)の草木(さうもく)をなびかすが如(ごと)し。世(よ)のあまねく
仰(あふ)げる事(こと)、ふる雨(あめ)の国土(こくど)をうるほすに同(おな)じ。
P01027
六波羅殿(ろくはらどの)の御一家(ごいつか)の君達(きんだち)といひて(ン)しかば、花
族(くわそく)も栄耀(えいゆう)(ゑいゆう)も面(おもて)をむかへ肩(かた)をならぶる人(ひと)なし。
されば入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)のこじうと、平(へい)大納言(だいなごん)時忠卿(ときただのきやう)の
のたまひけるは、「此(この)P91一門(いちもん)にあらざらむ人(ひと)は皆(みな)人
非人(にんぴにん)なるべし」とぞのたまひける。かかりしかば、いかなる
人(ひと)も相構(あひかまへ)て其(その)ゆかりにむすぼほれむとぞ
しける。衣文(えもん)(ゑもん)のかきやう、鳥帽子(えぼし)(ゑぼし)のためやうより
はじめて、何事(なにごと)も六波羅様(ろくはらやう)といひて(ン)げれば、
P01028
一天四海(いつてんしかい)の人(ひと)皆(みな)是(これ)をまなぶ。又(また)いかなる賢王(けんわう)賢
主(けんじゆ)の御政(おんまつりごと)も、摂政(せつしやう)関白(くわんばく)(くはんばく)の御成敗(ごせいばい)も、世(よ)にあま
されたるいたづら者(もの)な(ン)どの、人(ひと)のきかぬ所(ところ)にて、
なにとなうそしり傾(かたぶ)け申(まうす)事(こと)はつねの習(ならひ)なれ
ども、此(この)禅門(ぜんもん)世(よ)ざかりのほどは、聊(いささか)いるかせにも
申(まうす)者(もの)なし。其(その)故(ゆゑ)(ゆへ)は、入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)のはかりことに、
十四五六(じふしごろく)の童部(わらはべ)を三百人(さんびやくにん)揃(そろへ)て、髪(かみ)を禿(かぶろ)に
きりまはし、あかき直垂(ひたたれ)をきせて、めし
P01029
つかはれけるが、京中(きやうぢゆう)(きやうぢう)にみちみちて往反(わうへん)し
けり。をのづから(おのづから)平家(へいけ)の事(こと)あしざまに申(まうす)
者(もの)あれば、一人(いちにん)きき出(いだ)さぬほどこそありけれ、
余党(よたう)に触廻(ふれまは)して其(その)家(いへ)に乱入(らんにふ)(らんにう)し、資財(しざい)雑
具(ざふぐ)(ざうぐ)を追捕(ついほ)し、其(その)奴(やつご)を搦(からめ)と(ッ)て、六波羅(ろくはら)へゐて
まい(まゐ)【参】る。されば目(め)にみ、心(こころ)にしる【知る】といへども、詞(ことば)にあ
らはれて申(まうす)者(もの)なし。六波羅殿(ろくはらどの)の禿(かぶろ)といひて(ン)
しかば、道(みち)をすぐる馬(むま)・車(くるま)もよぎてぞとほりける。
P01030
禁門(きんもん)を出入(しゆつにふ)(しゆつにう)すといへども姓名(せいめい)を尋(たづね)らるるに
及(およ)(をよ)ばず京師(けいし)(ケイシ)の長吏(ちやうり)是(これ)が為(ため)に目(め)を側(そばむ)(ソバム)とみえ【見え】
たり。P92『吾身(わがみの)栄花(えいぐわ)』S0105 吾身(わがみ)の栄花(えいぐわ)(ゑいぐわ)を極(きはむ)るのみならず、一門(いちもん)共(とも)に
繁昌(はんじやう)して、嫡子(ちやくし)重盛(しげもり)、内大臣(ないだいじん)の左大将(さだいしやう)、次男(じなん)
宗盛(むねもり)、中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)の右大将(うだいしやう)、三男(さんなん)具盛【*知盛】(とももり)、三位中将(さんみのちゆうじやう)(さんみのちうじやう)、嫡孫(ちやくそん)
維盛(これもり)、四位少将(しゐのせうしやう)、惣(そう)じて一門(いちもん)の公卿(くぎやう)十六人(じふろくにん)、殿上人(てんじやうびと)
卅(さんじふ)余人(よにん)、諸国(しよこく)の受領(じゆりやう)(じゆれう)、衛府(ゑふ)、諸司(しよし)、都合(つがふ)(つがう)六十(ろくじふ)余人(よにん)
なり。世(よ)には又(また)人(ひと)なくぞみえ【見え】られける。昔(むかし)奈良
P01031
御門(ならのみかど)の御時(おんとき)、神亀(じんき)五年(ごねん)、朝家(てうか)に中衛(ちゆうゑ)(ちうゑ)の大将(だいしやう)を
はじめをか(おか)【置か】れ、大同(だいどう)四年(しねん)に中衛(ちゆうゑ)(ちうゑ)を近衛(こんゑ)と改(あらため)
られしより以降(このかた)、兄弟(けいてい)左右(さう)に相並(あひならぶ)事(こと)纔(わづか)に
三四箇度(さんしかど)なり。文徳天皇(もんどくてんわう)の御時(おんとき)は、左(ひだり)に良房(よしふさ)、右
大臣(うだいじん)の左大将(さだいしやう)、右(みぎ)に良相(よしすけ)、大納言(だいなごん)の右大将(うだいしやう)、是(これ)は閑院(かんゐん)の
左大臣(さだいじん)冬嗣(ふゆつぎ)の御子(おんこ)なり。朱雀院(しゆしやくゐん)の御宇(ぎよう)には、左(ひだり)に
実頼(さねより)小野宮殿(をののみやどの)、右(みぎ)に師資(もろすけ)九条殿(くでうどの)、貞仁【*貞信】(ていじん)公(こう)の
御子(おんこ)なり。後冷泉院(ごれんぜいのゐん)の御時(おんとき)は、左(ひだり)に教通(のりみち)大二条殿(おほにでうどの)、
P01032
右(みぎ)に頼宗(よりむね)堀河殿(ほりかはどの)、御堂(みだう)の関白(くわんばく)(くはんばく)の御子(おんこ)なり。二条院(にでうのゐんの)
御宇(ぎよう)には、左(ひだり)に基房(もとふさ)松殿(まつどの)、右(みぎ)に兼実(かねざね)月輪殿(つきのわどの)、
法性寺殿(ほふしやうじどの)(ほうしやうじどの)の御子(おんこ)なり。是(これ)皆(みな)摂禄(せつろく)の臣(しん)の御子息(ごしそく)、
凡人(ぼんにん)にとりては其(その)例(れい)なし。殿上(てんじやう)の交(まじはり)をだに
きらはれし人(ひと)の子孫(しそん)にて、禁色雑袍(きんじきざつぱう)をゆり、
綾羅錦繍(りようらきんしう)(れうらきんしう)を身(み)にまとひ、大臣(だいじん)の大将(だいしやう)にな(ッ)て
兄弟(けいてい)左右(さう)に相並(あひならぶ)事(こと)、末代(まつだい)とはいひながら不思
議(ふしぎ)なりし事(こと)どもなり。P93其(その)外(ほか)御娘(おんむすめ)八人(はちにん)おはしき。
P01033
皆(みな)とりどりに、幸(さいはひ)給(たま)へり。一人(いちにん)は桜町(さくらまち)の中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)重教【*成範】
卿(しげのりのきやう)の北(きた)の方(かた)にておはすべかりしが、八歳(はつさい)の時(とき)約
束(やくそく)斗(ばかり)にて、平治(へいぢ)(へいじ)のみだれ以後(いご)引(ひき)ちがへられ、
花山院(くわさんのゐん)の左大臣殿(さだいじんどの)の御台盤所(みたいはんどころ)にならせ給(たまひ)て、
君達(きんだち)あまたましましけり。抑(そもそも)此(この)重教【*成範】卿(しげのりのきやう)を桜
町(さくらまち)の中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)と申(まうし)ける事(こと)は、すぐれて心(こころ)数奇(すき)給(たま)へる
人(ひと)にて、つねは吉野山(よしのやま)をこひ、町(まち)に桜(さくら)をうへ(うゑ)ならべ、
其(その)内(うち)に屋(や)をたててすみ給(たまひ)しかば、来(く)る年(とし)の春(はる)毎(ごと)に
P01034
みる【見る】人(ひと)桜町(さくらまち)とぞ申(まうし)ける。桜(さくら)はさいて七箇日(しちかにち)に
ちるを、余波(なごり)を惜(をし)(おし)み、あまてる【天照】御神(おんがみ)に祈(いの)り
申(まう)されければ、三七(さんしち)日(にち)まで【迄】余波(なごり)ありけり。君(きみ)も
賢王(けんわう)にてましませば、神(かみ)も神徳(しんとく)を耀(かかや)かし、花(はな)も
心(こころ)ありければ、廿日(はつか)の齢(よはひ)をたもちけり。一人(いちにん)は后(きさき)に
たたせ給(たま)ふ。王子(わうじ)御誕生(ごたんじやう)ありて皇太子(くわうたいし)にたち、
位(くらゐ)につかせ給(たまひ)しかば、院号(ゐんがう)かうぶらせ給(たまひ)て建
礼門院(けんれいもんゐん)とぞ申(まうし)ける。入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)の御娘(おんむすめ)なるうへ、
P01035
天下(てんが)の国母(こくも)にてましましければ、とかう申(まうす)に
及(およ)(をよ)ばず。一人(いちにん)は六条(ろくでう)の摂政殿(せつしやうどの)の北政所(きたのまんどころ)にならせ
給(たま)ふ。高倉院(たかくらのゐん)御在位(ございゐ)の時(とき)、御母代(おんぱはしろ)(おんハハシロ)とて准三后(じゆんさんごう)の
宣旨(せんじ)をかうぶり、白河殿(しらかはどの)とておもき人(ひと)にて
ましましけり。一人(いちにん)は普賢寺殿(ふげんじどの)の北政所(きたのまんどころ)にならせ
給(たま)ふ。一人(いちにん)は冷泉大納言(れんぜいのだいなごん)隆房卿(たかふさのきやう)の北方(きたのかた)、一人(いちにん)は七条
修理大夫(しつでうのしゆりのだいぶ)信隆卿(のぶたかのきやう)に相具(あひぐ)し給(たま)へり。又(また)安芸国(あきのくに)
厳島(いつくしま)の内侍(ないし)が腹(はら)に一人(いちにん)おはせしは、後白河法皇(ごしらかはのほふわう)(ごしらかはのほうわう)へ
P01036
まい(まゐ)【参】らせ給(たまひ)て、女御(にようご)のやうでましましける。
其(その)外(ほか)九条院(くでうのゐん)の雑仕(ざふし)(ざうし)P94常葉(ときは)が腹(はら)に一人(いちにん)、是(これ)は花山院
殿(くわさんのゐんどの)に上臈女房(じやうらうにようばう)にて、廊(らう)の御方(おんかた)とぞ申(まうし)ける。
日本秋津島(につぽんあきつしま)は纔(わづか)に六十六箇国(ろくじふろくかこく)、平家知行(へいけちぎやう)の
国(くに)卅(さんじふ)余箇国(よかこく)、既(すで)に半国(はんごく)にこえたり。其(その)外(ほか)庄園(しやうゑん)(しやうえん)
田畠(でんばく)いくらといふ数(かず)を知(しら)ず。綺羅(きら)充満(じゆうまん)(じうまん)して、
堂上(たうしやう)花(はな)の如(ごと)し。軒騎(けんき)群集(くんじゆ)して、門前(もんぜん)市(いち)を
なす。楊州(やうしう)の金(こがね)、荊州(けいしう)の珠(たま)、呉郡(ごきん)の綾(あや)、蜀江(しよくかう)(しよくこう)の
P01037
錦(にしき)、七珍万宝(しつちんまんぼう)一(ひとつ)として闕(かけ)たる事(こと)なし。歌堂
舞閣(かたうぶかく)の基(もとゐ)(もとひ)、魚竜爵馬(ぎよりようしやくば)(ぎよれうしやくば)の翫(もてあそび)もの、恐(おそら)くは帝闕(ていけつ)も
六 仙洞(せんとう)も是(これ)にはすぎじとぞみえ【見え】し。[* 『祇王(ぎわう)』S0106は、底本に無し。 ] 『二代后(にだいのきさき)』S0107 昔(むかし)より今(いま)に
至(いた)るまで【迄】、源平(げんぺい)両氏(りやうし)朝家(てうか)に召(めし)つかはれて、王
化(わうくわ)(わうクワ)にしたがはず、をのづから(おのづから)朝権(てうけん)をかろむずる(かろんずる)
者(もの)には、互(たがひ)にいましめをくはへしかば、代(よ)のみだれも
なかりしに、保元(ほうげん)に為義(ためよし)きられ、平治(へいぢ)(へいじ)に義朝(よしとも)
誅(ちゆう)(ちう)せられて後(のち)は、すゑずゑの源氏(げんじ)ども或(あるい)(あるひ)は流(なが)され、
P01038
或(あるい)(あるひ)はうしなはれ、今(いま)は平家(へいけ)の一類(いちるい)のみ繁昌(はんじやう)して、
頭(かしら)をさし出(いだ)す者(もの)なし。いかならむ末(すゑ)の代(よ)まで【迄】も
何事(なにごと)かあらむとぞみえ【見え】し。されども、鳥羽院(とばのゐん)
御晏駕(ごあんか)の後(のち)は、兵革(へいがく)(へいカク)うちつづき、死罪(しざい)・流刑(るけい)・
闕官(けつくわん)・停任(ちやうにん)つねにおこなはP108れて、海内(かいだい)(かいタイ)もしづか
ならず、世間(せけん)もいまだ落居(らくきよ)せず。就中(なかんづく)に永暦(えいりやく)(ゑいりやく)
応保(おうほう)の比(ころ)よりして、院(ゐん)の近習者(きんじゆしや)をば内(うち)より
御(おん)いましめあり、内(うち)の近習者(きんじゆしや)をば院(ゐん)よりいま
P01039
しめらるる間(あひだ)(あいだ)、上下(じやうげ)おそれをののいてやすい
心(こころ)もなし。ただ深淵(しんゑん)(しんえん)にのぞむ(のぞん)で薄氷(はくひやう)をふむに
同(おな)じ。主上(しゆしやう)上皇(しやうくわう)(しやうくはう)、父子(ふし)の御(おん)あひだには、何事(なにごと)の
御(おん)へだてかあるべきなれども、思(おもひ)のほかの事(こと)
どもありけり。是(これ)も世(よ)澆季(げうき)に及(およん)(をよん)で、人(ひと)梟
悪(けうあく)をさきとする故(ゆゑ)(ゆへ)也(なり)。主上(しゆしやう)、院(ゐん)の仰(おほせ)をつねに
申(まうし)かへさせおはしましけるなかにも、人(ひと)耳目(じぼく)を
驚(おどろ)(をどろ)かし、世(よ)も(ッ)て大(おほひ)にかたぶけ申(まうす)事(こと)ありけり。
P01040
故近衛院(ここんゑのゐん)の后(きさき)、太皇太后宮(たいくわうたいこうくう)(たいくはうたいこうくう)と申(まうし)しは、大炊御門(おほいのみかど)の
右大臣(うだいじん)公能公(きんよしこう)の御娘(おんむすめ)也(なり)。先帝(せんてい)にをく(おく)【遅】れたて
まつらせ給(たまひ)て後(のち)は、九重(ここのへ)(ここのえ)の外(ほか)、近衛河原(こんゑかはら)の
御所(ごしよ)にぞうつりすませ給(たまひ)ける。さきのきさ
いの宮(みや)にて、幽(かすか)なる御(おん)ありさまにてわたらせ
給(たまひ)しかば、永暦(えいりやく)(ゑいりやく)のころほひは、御年(おんとし)廿二三(にじふにさん)に
もやならせ給(たまひ)けむ、御(おん)さかりもすこしすぎ【過】
させおはしますほどなり。しケれども【*しかれども】、天下(てんが)
P01041
第一(だいいち)の美人(びじん)のきこえましましければ、主上(しゆしやう)
色(いろ)にのみそ【染】める御心(おんこころ)にて、偸(ひそか)に行力使【*高力士】(かうりよくし)(カウリヨクシ)に
詔(ぜう)じて、外宮(ぐわいきゆう)(ぐわいきう)にひき求(もと)めしむるに及(およん)(をよん)で、
此(この)大宮(おほみや)へ御艶書(ごえんしよ)あり。大宮(おほみや)敢(あへ)てきこしめしも
いれ【入れ】ず。さればひたすらはや【早】ほにあらはれて、
后(きさき)御入内(ごじゆだい)あるべき由(よし)、右大臣家(うだいじんげ)に宣旨(せんじ)を下(くだ)さる。
此(この)事(こと)天下(てんが)にをいて(おいて)ことなる勝事(せうし)なれば、公卿
僉議(くぎやうせんぎ)あり。をのをの(おのおの)意見(いけん)をいふ。「先(まづ)P109異朝(いてう)の先蹤(せんじよう)(せんぜう)を
P01042
とぶらふに、震旦(しんだん)の則天皇后(そくてんくわうこう)は唐(たう)の太宗(たいそう)の
きさき、高宗皇帝(かうそうくわうてい)(かうそうくはうてい)の継母(けいぼ)なり。太宗(たいそう)崩御(ほうぎよ)の
後(のち)、高宗(かうそう)の后(きさき)にたち給(たま)へる事(こと)あり。是(これ)は異
朝(いてう)の先規(せんぎ)たるうへ、別段(べちだん)の事(こと)なり。しかれども
吾(わが)朝(てう)には、神武天皇(じんむてんわう)より以降(このかた)人皇(にんわう)七十(しちじふ)余代(よだい)に
及(およぶ)(をよぶ)まで、いまだ二代(にだい)の后(きさき)にたたせ給(たま)へる例(れい)を
きかず」と、諸卿(しよきやう)一同(いちどう)に申(まう)されけり。上皇(しやうくわう)も
しかるべからざる由(よし)、こしらへ申(まう)させ給(たま)へば、主上(しゆしやう)
P01043
仰(おほせ)なりけるは、「天子(てんし)に父母(ぶも)なし。吾(われ)十善(じふぜん)(ぢうぜん)の戒功(かいこう)に
よ(ッ)て、万乗(ばんじよう)(ばんぜう)の宝位(ほうゐ)をたもつ。是(これ)ほどの事(こと)、などか
叡慮(えいりよ)(ゑいりよ)にまかせ【任せ】ざるべき」とて、やがて御入内(ごじゆだい)の
日(ひ)、宣下(せんげ)せられけるうへは、力(ちから)及(およ)(をよ)ばせ給(たま)はず。大宮(おほみや)
かくときこしめされけるより、御涙(おんなみだ)にしづ
ませおはします。先帝(せんてい)にをく(おく)【遅】れまい(まゐ)【参】らせにし
久寿(きうじゆ)の秋(あき)のはじめ、同(おな)じ野(の)の露(つゆ)ともきえ、
家(いへ)をもいで世(よ)をものがれたりせば、かかるうき
P01044
耳(みみ)をばきかざらましとぞ、御歎(おんなげき)ありける。父(ちち)の
おとどこしらへ申(まう)させ給(たまひ)けるは、「「世(よ)にしたがは
ざるをも(ッ)て狂人(きやうじん)とす」とみえ【見え】たり。既(すで)に詔命(ぜうめい)を
下(くだ)さる。子細(しさい)を申(まうす)にところ【所】なし。ただすみやかに
まい(まゐ)【参】らせ給(たまふ)べきなり。もし王子(わうじ)御誕生(ごたんじやう)ありて、
君(きみ)も国母(こくも)といはれ、愚老(ぐらう)も外祖(ぐわいそ)とあふがる
べき瑞相(ずいさう)にてもや候(さうらふ)らむ。是(これ)偏(ひとへ)に愚老(ぐらう)を
たすけさせおはします御孝行(ごかうかう)の御(おん)いたり
P01045
なるべし」と申(まう)させ給(たま)へども、御返事(おんぺんじ)もなかりけり。
大宮(おほみや)其比(そのころ)なにとなき御P110手習(おんてならひ)の次(ついで)(つゐで)に、
うきふしにしづみもやらでかは竹(たけ)の
世(よ)にためしなき名(な)をやながさむ W004
世(よ)にはいかにしてもれけるやらむ、哀(あはれ)にやさ
しきためしにぞ、人々(ひとびと)申(まうし)あへりける。既(すで)に御
入内(ごじゆだい)の日(ひ)になりしかば、父(ちち)のおとど、供奉(ぐぶ)のかん
だちめ、出車(しゆつしや)の儀式(ぎしき)な(ン)ど心(こころ)ことにだしたて【出立】まい(まゐ)【参】らせ
P01046
給(たまひ)けり。大宮(おほみや)ものうき御(おん)いでたちなれば、と
みにもたてまつらず。はるかに夜(よ)もふけ、さ夜(よ)もなかばにな(ッ)て後(のち)、御車(おんくるま)にたすけ
のせられ給(たまひ)けり。御入内(ごじゆだい)の後(のち)は麗景殿(れいけいでん)にぞ
ましましける。ひたすらあさまつりごとをすすめ
申(まう)させ給(たま)ふ御(おん)ありさまなり。彼(かの)紫震殿【*紫宸殿】(ししんでん)の
皇居(くわうきよ)には、賢聖(げんじやう)の障子(しやうじ)をたてられたり。伊尹(いいん)・
鄭伍倫【*第伍倫】(ていごりん)・虞世南(ぐせいなん)、太公望(たいこうばう)・角里先生(ろくりせんせい)・李勣(りせき)・
P01047
司馬(しば)、手(て)なが足(あし)なが・馬形(むまがた)の障子(しやうじ)、鬼(おに)の間(ま)、季将軍(りしやうくん)が
すがたをさながらうつせる障子(しやうじ)也(なり)。尾張守(をはりのかみ)小野
道風(をののみちかぜ)が、七廻賢聖(しつくわいげんじやう)の障子(しやうじ)とかけるもことはり(ことわり)【理】とぞ
みえ【見え】し。彼(かの)清凉殿(せいりやうでん)の画図(ぐわと)(ぐはと)の御障子(みしやうじ)には、昔(むかし)
金岡(かなをか)がかきたりし遠山(ゑんざん)のあり明(あけ)の月(つき)もありと
かや。故院(こゐん)のいまだ幼主(えうしゆ)(ようしゆ)ましましけるそのかみ、な
にとなき御手(おんて)まさぐりの次(ついで)(つゐで)に、かきくもら
かさせ給(たまひ)しが、ありしながらにすこしもたがはぬを
P01048
御(ご)らむ(らん)【覧】じて、先帝(せんてい)の昔(むかし)もや御恋(おんこひ)しくおぼし
めされけん、P111
おもひ【思ひ】きやうき身(み)ながらにめぐりきて
おなじ雲井(くもゐ)の月(つき)をみ【見】むとは W005
其(その)間(あひだ)(あいだ)の御(おん)なからへ、いひしらず哀(あはれ)にやさし
かりし御事(おんこと)也(なり)。『額打論(がくうちろん)』S0108 さるほどに、永万(えいまん)(ゑいまん)元年(ぐわんねん)(ぐはんねん)の春(はる)の
比(ころ)より、主上(しゆしやう)御不予(ごふよ)の御事(おんこと)ときこえさせ
給(たまひ)しかば、夏(なつ)のはじめになりしかば、事(こと)のほかに
P01049
おもらせ給(たま)ふ。是(これ)によ(ッ)て、大蔵大輔(おほくらのたいふ)(ほくらのたゆふ)伊吉兼盛(いきのかねもり)が
娘(むすめ)の腹(はら)に、今上(きんじやう)一宮(いちのみや)の二歳(にさい)にならせ給(たま)ふがましましけるを、
太子(たいし)にたてまい(まゐ)【参】らせ給(たま)ふべしときこえし程(ほど)に、
同(おなじき)六月(ろくぐわつ)廿五日(にじふごにち)、俄(にはか)に親王(しんわう)の宣旨(せんじ)くだされて、や
がて其(その)夜(よ)受禅(じゆぜん)ありしかば、天下(てんが)なにとなうあはて(あわて)
たるさまなり。其(その)時(とき)の有職(いうしよく)(ゆうしよく)の人々(ひとびと)申(まうし)あはれ
けるは、本朝(ほんてう)に童体(とうてい)の例(れい)を尋(たづぬ)れば、清和天皇(せいわてんわう)
九歳(くさい)にして文徳天皇(もんどくてんわう)の御禅(ごぜん)をうけさせ給(たま)ふ。
P01050
是(これ)は彼(かの)周旦(しうたん)の成王(せいわう)にかはり、南面(なんめん)にして一日(いちじつ)
万機(ばんき)の政(まつりごと)ををさめ給(たまひ)しに准(なぞら)へて、外祖(ぐわいそ)(ぐはいそ)忠仁公(ちゆうじんこう)(ちうじんこう)
幼主(えうしゆ)(ようしゆ)を扶持(ふち)し給(たま)へり。是(これ)ぞ摂政(せつしやう)のはじめなる。
鳥羽院(とばのゐん)五歳(ごさい)、近衛院(こんゑのゐん)三歳(さんざい)にて践祚(せんそ)あり。かれを
こそいつしかなりと申(まうし)しに、是(これ)は二歳(にさい)にならせ
給(たま)ふ。先例(せんれい)なし。物(もの)さは(さわ)【騒】がしともおろかなり。P112さるほどに、
同(おなじき)七月(しちぐわつ)廿七日(にじふしちにち)、上皇(しやうくわう)つゐに(つひに)【遂に】崩御(ほうぎよ)なりぬ。御歳(おんとし)廿
三(にじふさん)、つぼめる花(はな)のちれるがごとし。玉(たま)の簾(すだれ)、錦(にしき)の
P01051
帳(ちやう)のうち、皆(みな)御涙(おんなみだ)にむせばせ給(たま)ふ。やがて其(その)
夜(よ)、香隆寺(かうりゆうじ)(かうりうじ)のうしとら、蓮台野(れんだいの)の奥(おく)、船岡山(ふなをかやま)に
おさめ(をさめ)【納め】奉(たてまつ)る。御葬送(ごさうそう)の時(とき)、延暦(えんりやく)・興福(こうぶく)両寺(りやうじ)の
大衆(だいしゆ)、額(がく)うち論(ろん)と云(いふ)事(こと)しいだして、互(たがひ)に狼籍【*狼藉】(らうぜき)に
七 及(およ)(をよ)ぶ。一天(いつてん)の君(きみ)崩御(ほうぎよ)な(ッ)て後(のち)、御墓所(みはかどころ)へわたし
奉(たてまつ)る時(とき)の作法(さほう)は、南北(なんぼく)二京(にけい)の大衆(だいしゆ)悉(ことごと)く供奉(ぐぶ)して、
御墓所(みはかどころ)のめぐりにわが寺々(てらでら)の額(がく)をうつ事(こと)あり。
まづ聖武天皇(しやうむてんわう)の御願(ごぐわん)、あらそふべき寺(てら)なければ、
P01052
東大寺(とうだいじ)の額(がく)をうつ。次(つぎ)に淡海公(たんかいこう)の御願(ごぐわん)とて、
興福寺(こうぶくじ)の額(がく)をうつ。北京(ほつきやう)には、興福寺(こうぶくじ)にむかへて
延暦寺(えんりやくじ)の額(がく)をうつ。次(つぎ)に天武天皇(てんむてんわう)の御願(ごぐわん)、
教大【*教待】和尚(けうだいくわしやう)・智証大師(ちしようだいし)の草創(さうさう)とて、園城寺(をんじやうじ)の額(がく)を
うつ。しかるを、山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)いかがおもひ【思ひ】けむ、先例(せんれい)を
背(そむき)て、東大寺(とうだいじ)の次(つぎ)、興福寺(こうぶくじ)のうへに、延暦寺(えんりやくじ)の
額(がく)をうつあひだ、南都(なんと)の大衆(だいしゆ)、とやせまし、
かうやせましと僉議(せんぎ)する所(ところ)に、興福寺(こうぶくじ)の
P01053
西金堂衆(さいこんだうじゆ)、観音房(くわんおんばう)(くはんをんばう)・勢至房(せいしばう)とてきこえたる
大悪僧(だいあくそう)二人(ににん)ありけり。観音房(くわんおんばう)(くはんをんばう)は黒糸威(くろいとをどし)(くろいとおどし)の腹巻(はらまき)に、
しら柄(え)の長刀(なぎなた)くきみじかにとり、勢至房(せいしばう)は萠
黄威(もえぎをどし)(もえぎおどし)の腹巻(はらまき)に、黒漆(こくしつ)の大太刀(おほだち)も(ッ)て、二人(ににん)つ(ッ)と
走出(はしりいで)、延暦寺(えんりやくじ)の額(がく)をき【切】(ッ)ておとし、散々(さんざん)に打(うち)わり、
「うれしや水(みづ)、なるは滝(たき)の水(みづ)、日(ひ)はて【照】るともたえずと
うたへ」とはやしつつ、南都(なんと)の衆徒(しゆと)のなかへぞ
入(いり)にける。P113『清水寺(きよみづでら)炎上(えんしやう)』S0109 山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)、狼籍【*狼藉】(らうぜき)をいたさば手(て)むかへ
P01054
すべき所(ところ)に、ふかうねらう(ねらふ)方(かた)もやありけむ、
ひと詞(ことば)もいださず。御門(みかど)かくれさせ給(たまひ)ては、心(こころ)
なき草木(さうもく)までも愁(うれい)たる色(いろ)にてこそある
べきに、此(この)騒動(さうどう)のあさましさに、高(たかき)も賎(いやしき)も、
肝(きも)魂(たましひ)(たましゐ)をうしな(ッ)て、四方(しはう)へ皆(みな)退散(たいさん)す。同(おなじき)廿九日(にじふくにち)の
午剋(むまのこく)斗(ばかり)、山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)緩(おびたたし)う下洛(げらく)すときこえ
しかば、武士(ぶし)検非違使(けんびゐし)(けんびいし)、西坂下(にしざかもと)に、馳向(はせむかつ)て防(ふせき)
けれども、事(こと)ともせず、をし(おし)やぶ(ッ)て乱入(らんにふ)(らんにう)す。
P01055
何者(なにもの)の申出(まうしいだ)したりけるやらむ、「一院(いちゐん)山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)に
仰(おほせ)て、平家(へいけ)を追討(ついたう)せらるべし」ときこえし
ほどに、軍兵(ぐんびやう)内裏(だいり)に参(さん)じて、四方(しはう)の陣頭(ぢんどう)を
警固(けいご)す。平氏(へいじ)の一類(いちるい)、皆(みな)六波羅(ろくはら)へ馳集(はせあつま)る。
一院(いちゐん)もいそぎ六波羅(ろくはら)へ御幸(ごかう)なる。清盛公(きよもりこう)其比(そのころ)
いまだ大納言(だいなごん)にておはしけるが、大(おほき)に恐(おそ)れさ
は(さわ)【騒】がれけり。小松殿(こまつどの)「なにによ(ッ)てか只今(ただいま)さる事(こと)
あるべき」としづめられけれども、上下(じやうげ)ののしりさは(さわ)【騒】ぐ事(こと)
P01056
緩(おびたた)し。山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)、六波羅(ろくはら)へはよせずして、すぞ
ろなる清水寺(せいすいじ)におしよせて、仏閣(ぶつかく)僧坊(そうばう)一宇(いちう)も
のこさず焼(やき)はらふ。是(これ)はさんぬる御葬送(ごさうそう)の
夜(よ)の会稽(くわいけい)の恥(はぢ)を雪(きよ)めむが為(ため)とぞきこえし。
清水寺(せいすいじ)は興福寺(こうぶくじ)の末寺(まつじ)なるによ(ッ)てなり。清
水寺(せいすいじ)やけたりける朝(あした)、「や(ッ)、観音(くわんおん)(くはんをん)火坑(くわけう)変成
池(へんじやうち)はいかに」と札(ふだ)を書(かき)て、大門(だいもん)の前(まへ)にたてたり
ければ、P114次日(つぎのひ)又(また)、「歴劫(りやくこふ)(りやくこう)不思議(ふしぎ)力(ちから)及(およ)(をよ)ばず」と、かへしの
P01057
札(ふだ)をぞう(ッ)たりける。衆徒(しゆと)かへりのぼりにければ、
一院(いちゐん)六波羅(ろくはら)より還御(くわんぎよ)なる。重盛卿(しげもりのきやう)斗(ばかり)ぞ御(おん)
ともにはまい(まゐ)【参】られける。父(ちち)の卿(きやう)はまい(まゐ)【参】られず。猶(なほ)(なを)
用心(ようじん)の為(ため)かとぞきこえし。重盛(しげもりの)卿(きやう)御送(おんおくり)(おんをくり)より
かへられたりければ、父(ちち)の大納言(だいなごん)のたまひけるは、「
一院(いちゐん)の御幸(ごかう)こそ大(おほき)に恐(おそ)れおぼゆれ。かけても
思食(おぼしめし)より仰(おほせ)らるる旨(むね)のあればこそ、かうはきこゆ
らめ。それにもうちとけ給(たまふ)まじ」とのたまへば、
P01058
重盛卿(しげもりのきやう)申(まう)されける、「此(この)事(こと)ゆめゆめ御(おん)けしき
にも、御詞(おんことば)にも出(いだ)させ給(たまふ)べからず。人(ひと)に心(こころ)づけ
がほに、中々(なかなか)あしき御事(おんこと)也(なり)。それにつけても、
叡慮(えいりよ)(ゑいりよ)に背(そむき)給(たま)はで、人(ひと)の為(ため)に御情(おんなさけ)をほど
こさせましまさば、神明(しんめい)三宝(さんぼう)加護(かご)あるべし。さらむに
と(ッ)ては、御身(おんみ)の恐(おそ)れ候(さうらふ)まじ」とてたたれければ、
「重盛卿(しげもりのきやう)はゆゆしく大様(おほやう)なるものかな」とぞ、父(ちち)の
卿(きやう)ものたまひける。一院(いちゐん)還御(くわんぎよ)(くはんぎよ)の後(のち)、御前(ごぜん)にうと
P01059
からぬ近習者達(きんじゆしやたち)あまた候(さうら)はれけるに、「さても
ふし議(ぎ)の事(こと)を申出(まうしいだ)したるものかな。露(つゆ)も思食(おぼしめし)
よらぬものを」と仰(おほせ)ければ、院中(ゐんぢゆう)(ゐんぢう)のきりものに
西光法師(さいくわうほふし)(さいくわうほうし)といふ者(もの)あり。境節(をりふし)(おりふし)御前(ごぜん)ちかう候(さうらひ)
けるが、「天(てん)に口(くち)なし、にん(人)をも(ッ)ていはせよと申(まうす)。
平家(へいけ)以外(もつてのほか)に過分(くわぶん)に候(さうらふ)あひだ、天(てん)の御(おん)ぱからひ
にや」とぞ申(まうし)ける。人々(ひとびと)「此(この)事(こと)よしなし。壁(かべ)に耳(みみ)あり。
おそろしおそろし」とぞ、P115申(まうし)あはれける。『東宮立(とうぐうだち)』S0110 さるほどに、其(その)年(とし)は
P01060
諒闇(りやうあん)なりければ、御禊(ごけい)大嘗会(だいじやうゑ)もおこなはれず。
同(おなじき)十二月(じふにぐわつ)廿四日(にじふしにち)、建春門院(けんしゆんもんゐん)、其比(そのころ)はいまだ東宮(とうぐう)【*東(ひがし)】の御
方(おかた)と申(まうし)ける、御腹(おんぱら)に一院(いちゐん)の宮(みや)のましましけるが、
親王(しんわう)の宣旨(せんじ)下(くだ)され給(たま)ふ。あくれば改元(かいげん)あ(ッ)て仁安(にんあん)と
号(かう)す。同年(どうねん)の十月(じふぐわつ)八日(やうかのひ)、去年(きよねん)親王(しんわう)の宣旨(せんじ)蒙(かうぶ)らせ
給(たまひ)し皇子(わうじ)、東三条(とうさんでう)にて春宮(とうぐう)にたたせ給(たま)ふ。春
宮(とうぐう)は御伯父(おんをぢ)(おんおぢ)六歳(ろくさい)、主上(しゆしやう)は御甥(おんをひ)(おんおい)三歳(さんざい)、詔目(ぜうもく)にあひ
かなはず。但(ただし)寛和(くわんわ)二年(にねん)に一条院(いちでうのゐん)七歳(しちさい)にて御即位(ごそくゐ)、
P01061
三条院(さんでうのゐん)十一(じふいつ)歳(さい)にて春宮(とうぐう)にたたせ給(たま)ふ。先例(せんれい)
なきにあらず。主上(しゆしやう)は二歳(にさい)にて御禅(おんゆづり)をうけさせ
給(たま)ひ、纔(わづか)に五歳(ごさい)と、申(まうし)二月(にぐわつ)十九日(じふくにち)、東宮(とうぐう)践祚(せんそ)
ありしかば、位(くらゐ)をすべらせ給(たまひ)て、新院(しんゐん)とぞ
申(まうし)ける。いまだ御元服(ごげんぶく)もなくして、太上天皇(だいじやうてんわう)の
尊号(そんがう)あり。漢家(かんか)本朝(ほんてう)是(これ)やはじめならむ。仁
九 安(にんあん)三年(さんねん)三月(さんぐわつ)廿日(はつかのひ)、新帝(しんてい)大極殿(だいこくでん)にして御即
位(ごそくゐ)あり。此(この)君(きみ)の位(くらゐ)につかせ給(たまひ)ぬるは、いよいよ平家(へいけ)の
P01062
栄花(えいぐわ)(ゑいぐわ)とぞみえ【見え】し。御母儀(おぼぎ)建春門院(けんしゆんもんゐん)と申(まうす)は、
平家(へいけ)の一門(いちもん)にてましますうへ、とりわき入道相
国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)の北方(きたのかた)、二位殿(にゐどの)の御妹(おんいもうと)(おんいもふと)也(なり)。平大納言(へいだいなごん)P116時忠卿(ときただのきやう)と申(まうす)も
女院(にようゐん)の御(おん)せうと【兄】なれば、内(うち)の御外戚(ごぐわいせき)なり。内外(ないげ)に
つけたる執権(しつけん)の臣(しん)とぞみえ【見え】し。叙位(じよゐ)除目(ぢもく)(じもく)と申(まうす)も
偏(ひとへ)に此(この)時忠卿(ときただのきやう)のままなり。楊貴妃(やうきひ)が幸(さいはひ)(さいわひ)し時(とき)、楊
国忠(やうこくちゆう)(やうこくちう)がさかへ(さかえ)【栄】しが如(ごと)し。世(よ)のおぼえ、時(とき)のきら、めでた
かりき。入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)天下(てんが)の大小事(だいせうじ)をのたまひあはせ
P01063
られければ、時(とき)の人(ひと)平関白(へいくわんばく)とぞ申(まうし)ける。『殿下(てんがの)乗合(のりあひ)』S0111 さるほどに、
嘉応(かおう)元年(ぐわんねん)七月(しちぐわつ)十六日(じふろくにち)、一院(いちゐん)御出家(ごしゆつけ)あり。御出
家(ごしゆつけ)の後(のち)も万機(ばんき)の政(まつりごと)をきこしめされしあひだ、
院(ゐん)内(うち)わく方(かた)なし。院中(ゐんぢゆう)(ゐんぢう)にちかくめしつかはるる
公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)、上下(じやうげ)の北面(ほくめん)にいたるまで【迄】、官位(くわんゐ)(くはんゐ)捧
禄【俸禄】(ほうろく)皆(みな)身(み)にあまる斗(ばかり)なり。されども人(ひと)の心(こころ)のな
らひなれば、猶(なほ)(なを)あきだらで、「あ(ッ)ぱれ、其(その)人(ひと)のほろび
たらば其(その)国(くに)はあきなむ。其(その)人(ひと)うせたらば其(その)官(くわん)にはなりなむ」
P01064
な(ン)ど、うとからぬどちはよりあひよりあひささやき
あへり。法皇(ほふわう)(ほうわう)も内々(ないない)仰(おほせ)なりけるは、「昔(むかし)より代々(だいだい)の朝
敵(てうてき)をたいら(たひら)【平】ぐる者(もの)おほしといへども、いまだ加様(かやう)の
事(こと)なし。貞盛(さだもり)・秀里【*秀郷】(ひでさと)が将門(まさかど)をうち、頼義(よりよし)が貞
任(さだたふ)(さだたう)・宗任(むねたふ)(むねたう)をほろぼし、義家(よしいへ)が武平【*武衡】(たけひら)・家平【*家衡】(いへひら)をせめ
たりしも、勧賞(けんじやう)おP117こなはれし事(こと)、受領(じゆりやう)には
すぎざりき。清盛(きよもり)がかく心(こころ)のままにふるまう(ふるまふ)
こそしかるべからね。是(これ)も世(よ)末(すゑ)にな(ッ)て王法(わうぼふ)(わうぼう)のつき
P01065
ぬる故(ゆゑ)(ゆへ)なり」と仰(おほせ)なりけれども、つゐで(ついで)なければ御(おん)
いましめなし。平家(へいけ)も又(また)別(べつ)して、朝家(てうか)を恨(うらみ)奉(たてまつ)る
事(こと)もなかりしほどに、世(よ)のみだれそめける根本(こんぼん)は、
去(いん)じ嘉応(かおう)二年(にねん)十月(じふぐわつ)十六日(じふろくにち)、小松殿(こまつどの)の次男(じなん)新三位(しんざんみの)
中将(ちゆうじやう)(ちうじやう)資盛卿(すけもりのきやう)、其(その)時(とき)はいまだ越前守(ゑちぜんのかみ)とて十三(じふさん)に
なられけるが、雪(ゆき)ははだれにふ(ッ)たりけり、枯野(かれの)の
けしき誠(まこと)に面白(おもしろ)かりければ、わかき侍(さぶらひ)ども卅(さんじつ)騎(き)
斗(ばかり)めし具(ぐ)して、蓮台野(れんだいの)や紫野(むらさきの)、右近馬場(うこんのばば)に
P01066
うち出(いで)て、鷹(たか)どもあまたすへ(すゑ)【据ゑ】させ、鶉(うづら)雲雀(ひばり)を
お(ッ)たて【追つ立て】お(ッ)たて【追つ立て】、終日(ひねもすに)かり暮(くら)し、薄暮(はくぼ)に及(および)(をよび)て六
波羅(ろくはら)へこそ帰(かへ)られけれ。其時(そのとき)の御摂禄(ごせつろく)は松殿(まつどの)
にてましましけるが、中御門(なかのみかど)東洞院(ひがしのとうゐん)の御所(ごしよ)より
御参内(ごさんだい)ありけり。郁芳門(いうはうもん)(ゆうはうもん)より入御(じゆぎよ)あるべきにて、
東洞院(ひがしのとうゐん)を南(みなみ)へ、大炊御門(おほいのみかど)を西(にし)へ御出(ぎよしゆつ)なる。資盛
朝臣(すけもりのあそん)、大炊御門猪熊(おほいみかどのゐのくま)にて、殿下(てんが)の御出(ぎよしゆつ)にはな
づき【鼻突】にまい(まゐ)【参】りあふ。御(お)ともの人々(ひとびと)「なに者(もの)ぞ、狼籍【*狼藉】(らうぜき)なり。
P01067
御出(ぎよしゆつ)のなるに、のりものよりおり候(さうら)へおり候(さうら)へ」といら(ッ)て
けれども、余(あま)りにほこりいさみ、世(よ)を世(よ)ともせざり
けり【*ける】うへ、めし具(ぐ)したる侍(さぶらひ)ども、皆(みな)廿(にじふ)より内(うち)の
わか者(もの)どもなり。礼儀(れいぎ)骨法(こつぽふ)弁(わきま)へたる者(もの)一人(いちにん)も
なし。殿下(てんが)の御出(ぎよしゆつ)ともいはず、一切(いつせつ)下馬(げば)の礼儀(れいぎ)
にも及(およ)(をよ)ばず、かけやぶ(ッ)てとほらむとする間(あひだ)、
くらさは闇(くら)し、つやつや入道(にふだう)(にうだう)の孫(まご)ともしらず、又(また)
少々(せうせう)はP118知(しり)たれどもそらしらずして、資盛朝臣(すけもりのあそん)を
P01068
はじめとして、侍(さぶらひ)ども皆(みな)馬(むま)よりと【取】(ッ)て引(ひき)おとし、
頗(すこぶ)る恥辱(ちじよく)に及(および)(をよび)けり。資盛朝臣(すけもりのあそん)はうはう(はふはふ)六波羅(ろくはら)へ
おはして、おほぢの相国禅門(しやうこくぜんもん)に此(この)由(よし)う(ッ)た【訴】へ申(まう)され
ければ、入道(にふだう)(にうだう)大(おほき)にいか(ッ)て、「たとひ殿下(てんが)なりとも、浄海(じやうかい)が
あたりをばはばかり給(たまふ)べきに、おさなき(をさなき)【幼き】者(もの)に左右(さう)
なく恥辱(ちじよく)をあたへられけるこそ遺恨(ゐこん)(いこん)の次第(しだい)
なれ。かかる事(こと)よりして、人(ひと)にはあざむかるるぞ。
此(この)事(こと)おもひ【思ひ】しらせたてまつらでは、えこそあるまじ
P01069
けれ。殿下(てんが)を恨(うらみ)奉(たてまつ)らばや」とのたまへば、重盛卿(しげもりのきやう)
申(まう)されけるは、「是(これ)はすこしもくる【苦】しう候(さうらふ)まじ。頼政(よりまさ)・
光基(みつもと)な(ン)ど申(まうす)源氏(げんじ)どもにあざむかれて候(さうら)はんは、
誠(まこと)に一門(いちもん)の恥辱(ちじよく)でも候(さうらふ)べし。重盛(しげもり)が子(こ)どもとて
候(さうら)はんずる者(もの)の、殿(との)の御出(ぎよしゆつ)にまい(まゐ)【参】り逢(あう)(あふ)て、
のりものよりおり候(さうら)はぬこそ尾籠(びろう)に候(さうら)へ」とて、其(その)時(とき)
事(こと)にあふ(あう)たる侍(さぶらひ)どもめしよせ、「自今以後(じごんいご)も、汝等(なんぢら)
能々(よくよく)心(こころ)うべし。あやま(ッ)て殿下(てんが)へ無礼(ぶれい)の由(よし)を
P01070
申(まう)さばやとこそおもへ【思へ】」とて帰(かへ)られけり。其後(そののち)
入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)、小松殿(こまつどの)には仰(おほせ)られもあはせず、片田舎(かたゐなか)
の侍(さぶらひ)どもの、こはらかにて入道殿(にふだうどの)(にうだうどの)の仰(おほせ)より外(ほか)は、
又(また)おそろしき事(こと)なしと思(おも)ふ者(もの)ども、難波(なんば)・瀬尾(せのを)(せのお)を
はじめとして、都合(つがふ)(つがう)六十(ろくじふ)余人(よにん)召(めし)よせ、「来(きたる)廿
一日(にじふいちにち)、主上(しゆしやう)御元服(ごげんぶく)のさだめの為(ため)に、殿下(てんが)御出(ぎよしゆつ)
あるべかむなり。いづくにても待(まち)うけ奉(たてまつ)り、前
駆(せんぐ)御随身(みずいじん)どもがもとどP119りき(ッ)て、資盛(すけもり)が恥(はぢ)
P01071
すすげ」とぞのたまひける。殿下(てんが)是(これ)を夢(ゆめ)にも
しろしめさず、主上(しゆしやう)明年(みやうねん)(めうねん)御元服(ごげんぶく)、御加冠(ごかくわん)
拝官(はいくわん)の御(おん)さだめの為(ため)に、御直盧(ごちよくろ)に暫(しばら)く
御座(ござ)あるべきにて、常(つね)の御出(ぎよしゆつ)よりもひき
つくろはせ給(たま)ひ、今度(こんど)は待賢門(たいけんもん)より入御(じゆぎよ)
あるべきにて、中御門(なかのみかど)を西(にし)へ御出(ぎよしゆつ)なる。猪熊堀
河(ゐのくまほりかは)のへんに、六波羅(ろくはら)の兵(つはもの)ども、ひた【直】甲(かぶと)三百余
騎(さんびやくよき)待(まち)うけ奉(たてまつ)り、殿下(てんが)をなかにとり籠(こめ)まい(まゐ)【参】らせて、
P01072
前後(ぜんご)より一度(いちど)に、時(とき)をど(ッ)とぞつくりける。前駆(せんぐ)
御随身(みずいじん)どもがけふをはれとしやうぞひ(しやうぞい)【装束い】たるを、
あそこに追(おひ)(をひ)かけここに追(おつ)(をつ)つめ、馬(むま)よりと(ッ)て
引(ひき)おとし、さむざむ(さんざん)【散々】に陵礫(りようりやく)(れうりやく)して、一々(いちいち)にもと
どりをきる。随身(ずいじん)十人(じふにん)がうち、右(みぎ)の府生(ふしやう)武基(たけもと)が
もとどりもきられにけり。其(その)中(なか)に、藤蔵人
大夫(とうくらんどのたいふ)(とうくらんどのたゆう)隆教(たかのり)がもとどりをきるとて、「是(これ)は汝(なんぢ)が
もとどりと思(おも)ふべからず。主(しゆう)(しう)のもとどりと思(おも)ふべし」と
P01073
いひふくめてき(ッ)て(ン)げり。其後(そののち)は、御車(おんくるま)の内(うち)へも
弓(ゆみ)のはずつ【突】きいれ【入れ】な(ン)どして、簾(すだれ)かなぐりおとし、
御牛(おうし)の鞦(しりがい)・胸懸(むながい)きりはなち、かく散々(さんざん)にし
ちらして、悦(よろこび)の時(とき)をつくり、六波羅(ろくはら)へこそま
い(まゐ)【参】りけれ。入道(にふだう)(にうだう)「神妙(しんべう)なり」とぞのたまひける。御
車(おんくるま)ぞひには、因幡(いなば)のさい【先】使(つかひ)、鳥羽(とば)の国久丸(くにひさまる)と云(いふ)
おのこ(をのこ)【男】、下臈(げらう)なれどもなさけある者(もの)にて、泣々(なくなく)
御車(おんくるま)つか【仕】ま(ッ)て、中御門(なかのみかど)の御所(ごしよ)へ還御(くわんぎよ)なし奉(たてまつ)る。
P01074
束帯(そくたい)の御袖(おんそで)にて御涙(おんなみだ)ををさへ(おさへ)つつ、還御(くわんぎよ)の
儀式(ぎしき)あさましさ、申(まうす)も中々(なかなか)おろかなり。
大織冠(たいしよくくわん)(たいしよくくはん)・淡海公(たんかいこう)の御事(おんこと)はあげて申(まうす)に及(およば)(をよば)P120ず、
忠仁公(ちゆうじんこう)(ちうじんこう)・昭宣公(しやうぜんこう)より以降(このかた)、摂政(せつしやう)関白(くわんばく)(くはんばく)のかかる
御目(おんめ)にあはせ給(たま)ふ事(こと)、いまだ承及(うけたまはりおよば)(うけたまはりをよば)ず。是(これ)こそ
平家(へいけ)の悪行(あくぎやう)のはじめなれ。小松殿(こまつどの)こそ大(おほき)に
さは(さわ)【騒】がれけれ。ゆきむかひたる侍(さぶらひ)ども皆(みな)勘
当(かんだう)せらる。「たとひ入道(にふだう)(にうだう)いかなるふし議(ぎ)を下地(げぢ)し
P01075
給(たま)ふとも、など重盛(しげもり)に夢(ゆめ)をばみせ【見せ】ざりけるぞ。
凡(およそ)(をよそ)は資盛(すけもり)奇怪(きくわい)なり。栴檀(せんだん)は二葉(ふたば)よりかうばしと
こそみえ【見え】たれ。既(すで)に十二三(じふにさん)にならむずる者(もの)が、今(いま)は
礼儀(れいぎ)を存知(ぞんぢ)(ぞんち)してこそふるまう(ふるまふ)べきに、か様(やう)に
尾籠(びろう)を現(げん)じて、入道(にふだう)(にうだう)の悪名(あくみやう)をたつ。不孝(ふかう)の
いたり、汝(なんぢ)独(ひと)りにあり」とて、暫(しばら)くいせ【伊勢】の国(くに)に
を(ッ)(おつ)【追つ】くださる。されば此(この)大将(だいしやう)をば、君(きみ)も臣(しん)も御感(ぎよかん)
ありけるとぞきこえし。『鹿谷(ししのたに)』S0112 是(これ)によ(ッ)て、主上(しゆしやう)御
P01076
元服(ごげんぶく)の御(おん)さだめ、其(その)日(ひ)はのびさせ給(たまひ)ぬ。同(おなじき)
廿五日(にじふごにち)、院(ゐん)の殿上(てんじやう)にてぞ御元服(ごげんぶく)のさだめは
ありける。摂政殿(せつしやうどの)さてもわたらせ給(たまふ)べきな
らねば、同(おなじき)十一月(じふいちぐわつ)九日(ここのかのひ)、兼宣旨(けんせんじ)をかうぶり、十四日(じふしにち)太
政大臣(だいじやうだいじん)にあがらせ給(たま)ふ。やがて同(おなじき)十七日(じふしちにち)、慶申(よろこびまうし)
ありしかども、世中(よのなか)にがにがしうぞみえ【見え】し。さるほどに
ことしも暮(くれ)ぬ。あくれば嘉応(かおう)三年(さんねん)正月(しやうぐわつ)五日(いつかのひ)、
主上(しゆしやう)御元服(ごげんぶく)あッて、P121同(おなじき)十三日(じふさんにち)、朝覲(てうきん)の行幸(ぎやうがう)ありけり。
P01077
法皇(ほふわう)(ほうわう)・女院(にようゐん)待(まち)うけまい(まゐ)【参】らせ給(たまひ)て、叙爵(うひかうぶり)(うゐかうぶり)の
御粧(おんよそほひ)もいか斗(ばかり)らうたくおぼしめされけむ。
入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)の御娘(おんむすめ)、女御(にようご)にまい(まゐ)【参】らせ給(たま)ひけり。御年(おんとし)
十五歳(じふごさい)、法皇(ほふわう)(ほうわう)御猶子(ごゆうし)の儀(ぎ)なり。其比(そのころ)、妙音院(めうおんゐん)(めうをんゐん)殿(どの)の
太政(だいじやう)のおほいどの、内大臣(ないだいじん)の左大将(さだいしやう)にてましまし
けるが、大将(だいしやう)を辞(じ)し申(まう)させ給(たま)ふ事(こと)ありけり。
時(とき)に徳大寺(とくだいじ)の大納言(だいなごん)実定卿(しつていのきやう)、其(その)仁(にん)にあたり
給(たま)ふ由(よし)きこゆ。又(また)花山院(くわさんのゐん)の中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)兼雅卿(かねまさのきやう)も
P01078
所望(しよまう)あり。其(その)外(ほか)、故中御門(こなかのみかど)の藤(とうの)大納言(だいなごん)家成卿(かせいのきやう)の
三男(さんなん)、新大納言(しんだいなごん)成親卿(なりちかのきやう)もひらに申(まう)されけり。院(ゐん)の
御気色(ごきしよく)よかりければ、さまざまの祈(いのり)をぞはじめ
られける。八幡(やはた)に百人(ひやくにん)の僧(そう)をこめて、信読(しんどく)の大
般若(だいはんにや)を七日(しちにち)よませられける最中(さいちゆう)(さいちう)に、甲良(かうら)(かはら)の大明
神(だいみやうじん)(だいめうじん)の御(おん)まへなる橘(たちばな)の木(き)に、男山(をとこやま)(おとこやま)の方(かた)より山鳩(やまばと)三(みつ)
飛来(とびきたつ)て、くひあひてぞ死(しに)にける。鳩(はと)は八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の
第一(だいいち)の仕者(ししや)なり。宮寺(みやてら)にかかるふしぎなしとて、時(とき)の
P01079
検校(けんげう)、匡清法印(きやうせいほふいん)(きやうせいほうゐん)奏聞(そうもん)す。神祇官(じんぎくわん)にして御占(みうら)
あり。天下(てんが)のさは(さわ)【騒】ぎとうらなひ申(まうす)。但(ただし)、君(きみ)のつつしみに
非(あら)ず、臣下(しんか)のつつしみとぞ申(まうし)ける。新大納言(しんだいなごん)
是(これ)におそれをもいたさず、昼(ひる)は人目(ひとめ)のしげ
ければ、夜(よ)なよな歩行(ほかう)にて、中御門烏丸(なかのみかどからすまる)の宿
所(しゆくしよ)より賀茂(かも)の上(かみ)の社(やしろ)へ、なな夜(よ)つづけてまい(まゐ)【参】られ
けり。なな【七】夜(よ)に満(まん)ずる夜(よ)、宿所(しゆくしよ)に下向(げかう)して、
くる【苦】しさにうちふし、ち(ッ)とまどろみ給(たま)へる夢(ゆめ)に、
P01080
賀茂(かも)の上(かみ)の社(やしろ)へまい(まゐ)【参】りたるとおぼしくて、P122御宝殿(ごほうでん)の
御戸(みと)おしひらき、ゆゆしくけだかげなる御声(みこゑ)にて、
さくら花(ばな)かもの河風(かはかぜ)うらむなよ
ちるをばえこそとどめざりけれ W006
新大納言(しんだいなごん)猶(なほ)(なを)おそろれ【*おそれ】をもいたさず、かも【賀茂】の上(かみ)の
社(やしろ)に、ある聖(ひじり)をこめて、御宝殿(ごほうでん)の御(おん)うしろなる
杉(すぎ)の洞(ほら)に壇(だん)をたてて、拏吉尼(だぎに)の法(ほふ)(ほう)を百日(ひやくにち)
おこなはせられけるほどに、彼(かの)大椙(おほすぎ)に雷(いかづち)おち
P01081
かかり、雷火(らいくわ)緩(おびたたし)うもえあが(ッ)て、宮中(きゆうちゆう)(きうちう)既(すで)にあや
うく(あやふく)みえけるを、宮人(みやびと)どもおほく走(はしり)あつま(ッ)て、
是(これ)をうちけつ。さて彼(かの)外法(げほう)おこなひける
聖(ひじり)を追出(ついしゆつ)せむとしければ、「われ当社(たうしや)に百
日(ひやくにち)参籠(さんろう)の大願(だいぐわん)あり。けふは七十五日(しちじふごにち)になる。ま(ッ)たく
いづまじ」とてはたらかず。此(この)由(よし)を社家(しやけ)より
内裏(だいり)へ奏聞(そうもん)しければ、「只(ただ)法(ほふ)(ほう)にまかせて追出(ついしゆつ)
せよ」と宣旨(せんじ)を下(くだ)さる。其(その)時(とき)神人(じんにん)しら杖(つゑ)(つえ)をも(ッ)て、
P01082
彼(かの)聖(ひじり)がうなじをしらげ、一条(いちでう)の大路(おほち)より南(みなみ)へ
おひ【追ひ】だして(ン)げり。神(かみ)非礼(ひれい)を享(うけ)給(たま)はずと
申(まうす)に、此(この)大納言(だいなごん)非分(ひぶん)の大将(だいしやう)を祈(いのり)申(まう)されければ
にや、かかるふしぎ【不思議】もいできにけり。其比(そのころ)の
叙位(じよゐ)除目(ぢもく)と申(まうす)は、院(ゐん)内(うち)の御(おん)ぱからひにも
非(あら)ず、摂政(せつしやう)関白(くわんばく)(くはんばく)の御成敗(ごせいばい)にも及(およ)(をよ)ばず。只(ただ)一向(いつかう)
平家(へいけ)のままにてありしかば、徳大寺(とくだいじ)・花山院(くわさんのゐん)(くはさんのゐん)もなり
給(たま)はず。入道相国(にふだうしやうこく)(にうだうしやうこく)の嫡男(ちやくなん)小松殿(こまつどの)、大納言(だいなごん)の右大将(うだいしやう)にて
P01083
おはしけるが、左(さ)にうつりて、次男(じなん)宗盛(むねもり)中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)に
ておはせしが、数輩(すはい)の上臈(じやうらう)を超越(てうをつ)(てうおつ)して、右(みぎ)に
くははられP123けるこそ、申(まうす)斗(はかり)もなかりしか。中(なか)にも徳大
寺殿(とくだいじどの)は一(いち)の大納言(だいなごん)にて、花族(くわそく)(くはソク)栄耀(えいゆう)(ゑいゆう)、才学(さいかく)雄長(ゆうちやう)、
家嫡(けちやく)(ケちやく)にてましましけるが、超(こえ)られ給(たまひ)けるこそ遺
恨(ゐこん)(いこん)なれ。「さだめて御出家(ごしゆつけ)な(ン)どやあらむずらむ」と、
人々(ひとびと)内々(ないない)は申(まうし)あへりしかども、暫(しばらく)世(よ)のならむ
様(やう)をもみ【見】むとて、大納言(だいなごん)を辞(じ)し申(まうし)て、籠居(ろうきよ)とぞ
P01084
きこえし。新大納言(しんだいなごん)成親卿(なりちかのきやう)のたまひけるは、
十一 「徳大寺(とくだいじ)・花山院(くわさんのゐん)(くはさんのゐん)に超(こえ)られたらむはいかがせむ。平家(へいけ)の
次男(じなん)に超(こえ)らるるこそやすからね。是(これ)も万[B ツ](よろづ)おもふ【思ふ】
さまなるがいたす所(ところ)なり。いかにもして平家(へいけ)を
ほろぼし、本望(ほんまう)をとげむ」とのたまひけるこそ
おそろしけれ。父(ちち)の卿(きやう)は中納言(ちゆうなごん)(ちうなごん)まで【迄】こそいた
られしか、其(その)末子(ばつし)にて位(くらゐ)正二位(じやうにゐ)、官(くわん)大納言(だいなごん)に
あがり、大国(だいこく)あまた給(たま)は(ッ)て、子息(しそく)所従(しよじゆう)(しよじう)朝恩(てうおん)(てうをん)に
P01085
ほこれり。何(なに)の不足(ふそく)にかかる心(こころ)つかれけむ。是(これ)偏(ひとへ)に
天魔(てんま)の所為(しよゐ)とぞみえ【見え】し。平治(へいぢ)には越後中将(ゑちごのちゆうじやう)(ゑちごのちうじやう)とて、
信頼卿(のぶよりのきやう)に同心(どうしん)のあひだ、既(すで)に誅(ちゆう)(ちう)せらるべかり
しを、小松殿(こまつどの)やうやうに申(まうし)て頸(くび)をつぎ給(たま)へり。
しかるに其(その)恩(おん)(をん)をわすれ【忘れ】て、外人(ぐわいじん)もなき所(ところ)に
兵具(ひやうぐ)をととのへ、軍兵(ぐんびやう)をかたらひをき(おき)、其(その)営(いとな)みの
外(ほか)は他事(たじ)なし。東山(ひがしやま)のふもと【麓】鹿(しし)の谷(たに)と云(いふ)所(ところ)は、
うしろは三井寺(みゐでら)につづいてゆゆしき城郭(じやうくわく)にてぞ
P01086
ありける。俊寛僧都(しゆんくわんそうづ)(しゆんくはんそうづ)の山庄(さんざう)あり。かれにつねは
よりあひよりあひ、平家(へいけ)ほろP124ぼさむずるはかりことをぞ
廻(めぐ)らしける。或時(あるとき)法皇(ほふわう)(ほうわう)も御幸(ごかう)なる。故少納言入道(こせうなごんにふだう)(こせうなごんにうだう)
信西(しんせい)が子息(しそく)、浄憲法印(じやうけんほふいん)(じやうけんほうゐん)御供(おんとも)仕(つかまつ)る。其(その)夜(よ)の酒宴(しゆえん)に、
此(この)由(よし)を浄憲法印(じやうけんほふいん)(じやうけんほうゐん)に仰(おほせ)あはせられければ、「あなあ
さまし。人(ひと)あまた承(うけたまはり)候(さうらひ)ぬ。只今(ただいま)もれきこえて、
天下(てんが)の大事(だいじ)に及(および)(をよび)候(さうらひ)なむず」と、大(おほき)にさは(さわ)【騒】ぎ申(まうし)
ければ、新大納言(しんだいなごん)けしきかはりて、さ(ッ)とたたれけるが、
P01087
御前(ごぜん)に候(さうらひ)ける瓶子(へいじ)をかり【狩】衣(ぎぬ)の袖(そで)にかけて引(ひき)
たう(たふ)【倒ふ】されたりけるを、法皇(ほふわう)(ほうわう)「あれはいかに」と仰(おほせ)
ければ、大納言(だいなごん)立(たち)かへり【帰り】て、「平氏(へいじ)たはれ候(さうらひ)ぬ」とぞ
申(まう)されける。法皇(ほふわう)(ほうわう)ゑつぼにいらせおはして、「者(もの)ども
まい(まゐ)【参】(ッ)て猿楽(さるがく)つかまつれ」と仰(おほせ)ければ、平判官(へいはんぐわん)(へいはんぐはん)康
頼(やすより)まい(まゐ)【参】りて、「ああ、あまりに平氏(へいじ)のおほう候(さうらふ)に、
もて酔(ゑひ)(えひ)て候(さうらふ)」と申(まうす)。俊寛僧都(しゆんくわんそうづ)「さてそれをば
いかが仕(つかまつ)らむずる」と申(まう)されければ、西光法師(さいくわうほふし)(さいくわうほうし)「頸(くび)を
P01088
とるにはしかず」とて、瓶子(へいじ)のくびをと(ッ)てぞ
入(いり)にける。浄憲法印(じやうけんほふいん)(じやうけんほうゐん)あまりのあさましさに、
つやつや物(もの)を申(まう)されず。返々(かへすがへす)もおそろしかりし
事(こと)どもなり。与力(よりき)の輩(ともがら)誰々(たれたれ)ぞ。近江中将(あふみのちゆうじやう)(あふみのちうじやう)入道(にふだう)(にうだう)
蓮浄(れんじやう)俗名(ぞくみやう)成正(なりまさ)、法勝寺執行(ほつしようじのしゆぎやう)(ほつせうじのしゆぎやう)俊寛僧都(しゆんくわんそうづ)、
山城守(やましろのかみ)基兼(もとかぬ)、式部大輔(しきぶのたいふ)雅綱(まさつな)、平判官(へいはんぐわん)康頼(やすより)、
宗判官(むねはんぐわん)信房(のぶふさ)、新平判官(しんぺいはんぐわん)資行(すけゆき)、摂津国(つのくにの)源氏(げんじ)
多田蔵人(ただのくらんど)行綱(ゆきつな)を始(はじめ)として、北面(ほくめん)の輩(ともがら)おほく
P01089
与力(よりき)したりけり。P125『俊寛(しゆんくわんの)(しゆんかんの)沙汰(さた)鵜川軍(うかはいくさ)』S0113 此(この)法勝寺(ほつしようじ)(ほつせうじ)の執行(しゆぎやう)と申(まうす)は、
京極(きやうごく)の源(げん)大納言(だいなごん)雅俊(がしゆん)の卿(きやう)の孫(まご)、木寺(こでら)の法印(ほふいん)(ほうゐん)
寛雅(くわんが)(くはんが)には子(こ)なりけり。祖父(そぶ)大納言(だいなごん)させる弓箭(きゆうせん)(きうせん)を
とる家(いへ)にはあらねども、余(あまり)に腹(はら)あしき人(ひと)にて、三
条坊門京極(さんでうばうもんきやうごく)の宿所(しゆくしよ)のまへをば、人(ひと)をもやすく
とほさず、つねは中門(ちゆうもん)(ちうもん)にたたずみ、歯(は)をくひしばり、
いか(ッ)てぞおはしける。かかる人(ひと)の孫(まご)なればにや、
此(この)俊寛(しゆんくわん)も僧(そう)なれども、心(こころ)もたけく、おご【奢】れる
P01090
人(ひと)にて、よしなき謀叛(むほん)にもくみしけるにこそ。
新大納言(しんだいなごん)成親卿(なりちかのきやう)は、多田蔵人(ただのくらんど)行綱(ゆきつな)をよ【呼】うで、
「御(ご)へんをば一方(いつぱう)(いつぽう)の大将(たいしやう)に憑(たのむ)なり。此(この)事(こと)[B し]おほせ
つるものならば、国(くに)をも庄(しやう)をも所望(しよまう)によるべし。
まづ弓袋(ゆぶくろ)の料(れう)に」とて、白布(しろぬの)五十(ごじつ)端(たん)送(おく)(をく)られけり。
安元(あんげん)三年(さんねん)三月(さんぐわつ)五日(いつかのひ)、妙音院殿(めうおんゐんどの)(めうをんゐんどの)、太政(だいじやう)大臣(だいじん)に
転(てん)じ給(たま)へるかはりに、大納言(だいなごん)定房卿(さだふさのきやう)をこえて、
小松殿(こまつどの)、内大臣(ないだいじん)になり給(たま)ふ。大臣(だいじん)の大将(だいしやう)めでたかりき。
P01091
やがて大饗(たいきやう)おこなはる。尊者(そんじや)には、大炊御門右大臣(おほいのみかどのうだいじん)
経宗公(つねむねこう)とぞきこえし。一(いち)のかみ【上】こそ先達(せんだち)なれども、
父(ちち)宇治(うぢ)の悪左府(あくさふ)の御例(ごれい)其(その)憚(はばかり)あり。北面(ほくめん)は上古(しやうこ)には
なかりけり。白河院(しらかはのゐん)の御時(おんとき)はじめをか(おか)【置か】れてより
以降(このかた)、衛府(ゑふ)どP126もあまた候(さうらひ)けり。為俊(ためとし)・重盛(しげもり)【*盛重(もりしげ)】
童(わらは)より千手丸(せんじゆまる)・今犬丸(いまいぬまる)とて、是等(これら)は左右(さう)なききり
ものにてぞありける。鳥羽院(とばのゐん)の御時(おんとき)も、季教(すゑのり)・季頼(すゑより)
父子(ふし)ともに朝家(てうか)にめしつかはれ、伝奏(てんそう)するおり(をり)も
P01092
ありな(ン)どきこえしかども、皆(みな)身(み)のほどをばふる
まうてこそありしに、此(この)御時(おんとき)の北面(ほくめん)の輩(ともがら)は、
以外(もつてのほか)に過分(くわぶん)にて、公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)をも者(もの)とも
せず、礼儀(れいぎ)礼節(れいせつ)もなし。下北面(げほくめん)より上北面(じやうほくめん)に
あがり、上北面(じやうほくめん)より殿上(てんじやう)のまじはりをゆるさるる
者(もの)もあり。かくのみおこなはるるあひだ、おご【奢】れる
心(こころ)どもも出(いで)きて、よしなき謀叛(むほん)にもくみ
しけるにこそ。中(なか)にも故少納言(こせうなごん)信西(しんせい)がもとに
P01093
めしつかひける師光(もろみつ)・成景(なりかげ)と云(いふ)者(もの)あり。師光(もろみつ)は
阿波国(あはのくに)の在庁、(ざいちやう)、成景(なりかげ)は京(きやう)の者(もの)、熟根(じゆつこん)いやしき
下臈(げらう)なり。健児童(こんでいわらは)もし【若】は格勤者(かくごしや)な(ン)どにて
召(めし)つかはれけるが、さかざかしかりしによ(ッ)て、師光(もろみつ)は
左衛門尉(さゑもんのじよう)(さゑもんのぜう)、成景(なりかげ)は右衛門尉(うゑもんのじよう)(うゑもんのぜう)とて、二人(ににん)一度(いちど)に
靭負尉(ゆぎへのじよう)(ゆぎえのぜう)になりぬ。信西(しんせい)が事(こと)にあひし時(とき)、二人(ににん)
ともに出家(しゆつけ)して、左衛門入道(さゑもんにふだう)(さゑもんにうだう)西光(さいくわう)・右衛門入道(うゑもんにふだう)(うゑもんにうだう)
西敬(さいけい)とて、是(これ)は出家(しゆつけ)の後(のち)も院(ゐん)の御倉(みくら)あづかり
P01094
にてぞありける。彼(かの)西光(さいくわう)が子(こ)に師高(もろたか)と云(いふ)者(もの)
あり。是(これ)もきり者(もの)にて、検非違使(けんびゐし)(けんびいし)五位尉(ごゐのじよう)(ごゐのぜう)に
経(へ)あが(ッ)て、安元(あんげん)元年(ぐわんねん)(ぐはんねん)十二月(じふにぐわつ)(じふにンぐわつ)二十九日(にじふくにち)、追儺(ついな)(つゐな)の除目(ぢもく)に
加賀守(かがのかみ)にぞなされける。国務(こくむ)ををこなふ(おこなふ)間(あひだ)(あいだ)、非
法(ひほふ)(ひほう)非例(ひれい)を張行(ちやうぎやう)し、神社(じんじや)仏寺(ぶつじ)、権門(けんもん)勢家(せいか)の
庄領(しやうりやう)を没倒(もつたう)し、散々(さんざん)の事(こと)どもにてぞありける。縦(たとひ)せうこう【召公】があとをへだつと云(いふ)とも、穏便(をんびん)の
政(まつりごと)おこP127なふべかりしが、心(こころ)のままにふるまひしほどに、
P01095
同(おなじき)二年(にねん)夏(なつ)の比(ころ)、国司(こくし)師高(もろたか)が弟(おとと)、近藤判官(こんどうのはんぐわん)師経(もろつね)、
加賀(かが)の目代(もくだい)に補(ふ)せらる。目代(もくだい)下着(げちやく)の始(はじめ)、国府(こくふ)の
へんに鵜河(うかは)と云(いふ)山寺(やまでら)あり。寺僧(じそう)どもが境節(をりふし)(おりふし)
湯(ゆ)をわかひ(わかい)てあびけるを、乱入(らんにふ)(らんにう)しておいあげ、
わが身(み)あび、雑人(ざふにん)(ざうにん)どもおろし、馬(むま)あらはせな(ン)ど
しけり。寺僧(じそう)いかりをなして、「昔(むかし)より、此(この)所(ところ)は
国方(くにがた)の者(もの)入部(にふぶ)(にうぶ)する事(こと)なし。すみやかに
先例(せんれい)にまかせ【任】て、入部(にふぶ)(にうぶ)の押妨(あふはう)をとどめよ」とぞ
P01096
申(まうし)ける。「先々(さきざき)の目代(もくだい)は不覚(ふかく)でこそいやしまれ
たれ。当目代(たうもくだい)は、其(その)儀(ぎ)あるまじ。只(ただ)法(ほふ)(ほう)に任(まかせ)よ」と
云(いふ)ほどこそありけれ、寺僧(じそう)どもは国(くに)がたの者(もの)を
追出(ついしゆつ)(つゐしゆつ)せむとす、国(くに)がた【方】の者(もの)どもは次(ついで)(つゐで)をも(ッ)て乱入(らんにふ)(らんにう)
せむとす、うちあひはりあひしけるほどに、
目代(もくだい)師経(もろつね)が秘蔵(ひさう)しける馬(むま)の足(あし)をぞうちおり(をり)ける。
其後(そののち)は互(たがひ)に弓箭(きゆうせん)(きうせん)兵杖【*兵仗】(ひやうぢやう)を帯(たい)して、射(い)(ゐ)あひ
きりあひ数剋(すこく)たたかふ。目代(もくだい)かなはじとや思(おもひ)けん、
P01097
夜(よ)に入(いり)て引退(ひきしりぞ)く。其後(そののち)当国(たうごく)の在庁(ざいちやう)ども催(もよほ)し
あつめ、其(その)勢(せい)一千余騎(いつせんよき)、鵜河(うかは)におしよせて、坊舎(ばうじや)
一宇(いちう)ものこさず焼(やき)はらふ。鵜河(うかは)と云(いふ)は白山(しらやま)の
末寺(まつじ)なり。此(この)事(こと)う(ッ)たへんとてすすむ老僧(らうそう)
誰々(たれたれ)ぞ。智釈(ちしやく)・学明(がくめい)・宝台坊(ほうだいばう)、正智(しやうち)・学音(がくおん)(がくをん)・土佐
阿闍梨(とさのあじやり)ぞすすみける。白山(しらやま)三社(さんじや)八院(はちゐん)の大衆(だいしゆ)悉(ことごと)く
起(おこ)りあひ、都合(つがふ)(つがう)其(その)勢(せい)二千余(にせんよ)人(にん)、七月(しちぐわつ)九日(ここのかのひ)の
暮方(くれがた)に、目代(もくだい)師経(もろつね)が館(たち)ちかう〔こ〕そおしよせたれ。
P01098
けふは日(ひ)暮(くれ)ぬ、あすのいくさとさだめて、其(その)日(ひ)は
よせでゆらへたり。露(つゆ)ふきむすぶ秋風(あきかぜ)は、
ゐ(い)P128むけの袖(そで)を翻(ひるがへ)し、雲井(くもゐ)をてらすいな
づまは、甲(かぶと)の星(ほし)をかかやかす。目代(もくだい)かなはじとや
思(おもひ)けむ、夜(よ)にげにして京(きやう)へのぼる。あくる
卯剋(うのこく)におしよせて、時(とき)をど(ッ)とつくる。城(しろ)の
うちには音(おと)もせず。人(ひと)をいれ【入れ】てみせ【見せ】ければ、
「皆(みな)落(おち)て候(さうらふ)」と申(まうす)。大衆(だいしゆ)力(ちから)及(およ)(をよ)ばで引退(ひきしりぞ)く。さらば
P01099
山門(さんもん)へう(ッ)たへんとて、白山中宮(しらやまちゆうぐう)(しらやまちうぐう)の神輿(しんよ)を
賁(かざ)り奉(たてまつ)り、比叡山(ひえいさん)へふりあげ奉(たてまつ)る。同(おなじき)八月(はちぐわつ)十
二日(じふににち)の午剋(むまのこく)斗(ばかり)、白山(しらやま)の神輿(しんよ)既(すで)に比叡山(ひえいさん)東
坂本(ひがしざかもと)につかせ給(たま)ふと云(いふ)ほどこそありけれ、北国(ほつこく)の
方(かた)より雷(いかづち)緩(おびたたし)う鳴(なつ)て、都(みやこ)をさしてなりのぼる。
白雪(はくせつ)くだりて地(ち)をうづみ、山上(さんじやう)洛中(らくちゆう)(らくちう)おしなべて、
常葉(ときは)の山(やま)の梢(こずゑ)まで皆(みな)白妙(しろたへ)(しろたえ)に成(なり)にけり。『願立(ぐわんだて)』S0114 神
輿(しんよ)をば客人(まらうと)(まらふと)の宮(みや)へいれ【入れ】たてまつる。客人(まらうと)(まらふと)と申(まうす)は
P01100
白山妙利権現(しらやまめうりごんげん)にておはします。申(まう)せば父子(ふし)の
御中(おんなか)なり。先(まづ)沙汰(さた)の成否(じやうふ)はしらず、生前(しやうぜん)の
御悦(おんよろこび)、只(ただ)此(この)事(こと)にあり。浦島(うらしま)が子(こ)の七世(しつせ)の孫(まご)に
あへりしにもすぎ、胎内(たいない)の者(もの)の霊山(りやうぜん)の父(ちち)を
み【見】しにもこえたり。三千(さんぜん)の衆徒(しゆと)踵(くびす)を継(つ)ぎ、七社(しちしや)の
神人(じんにん)袖(そで)をつらぬ。時々剋々(じじこくこく)の法施(ほつせ)P129祈念(きねん)、
言語道断(ごんごだうだん)の事(こと)どもなり。山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)、国司(こくし)
加賀守(かがのかみ)師高(もろたか)を流罪(るざい)に処(しよ)せられ、目代(もくだい)近藤(こんどうの)
P01101
判官(はんぐわん)(はんぐはん)師経(もろつね)を禁獄(きんごく)せらるべき由(よし)奏聞(そうもん)す。御
十二 裁断(ごさいだん)おそかりければ、さも然(しか)るべき公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)は、
「あはれとく御裁許(ごさいきよ)あるべきものを。昔(むかし)より
山門(さんもん)の訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)は他(た)に異(こと)なり。大蔵卿(おほくらのきやう)為房(ためふさ)・太宰
権帥(ださいのごんのそつ)季仲(すゑなか)は、さしも朝家(てうか)の重臣(てうしん)なりしかども、
山門(さんもん)の訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)によ(ッ)て流罪(るざい)せられにき。况(いはん)や
師高(もろたか)な(ン)どは事(こと)の数(かず)にやはあるべきに、子細(しさい)にや及(およぶ)(をよぶ)べき」
と申(まうし)あはれけれども、「大臣(たいしん)は禄(ろく)を重(おもん)じて諫(いさ)めず、
P01102
小臣(せうしん)は罪(つみ)に恐(おそ)れて申(まう)さず」と云(いふ)事(こと)なれば、をのをの(おのおの)
口(くち)をとぢ給(たま)へり。「賀茂河(かもがは)の水(みづ)、双六(すごろく)の賽(さい)、山
法師(やまぼふし)(やまぼうし)、是(これ)ぞわが心(こころ)にかなはぬもの」と、白河院(しらかはのゐん)も仰(おほせ)
なりけり。鳥羽院(とばのゐんの)御時(おんとき)、越前(ゑちぜん)の平泉寺(へいせんじ)を
山門(さんもん)へつけられけるには、当山(たうざん)を帰依(きえ)(きゑ)あさ
からざるによ(ッ)て、「非(ひ)をも(ッ)て理(り)とす」とこそ宣下(せんげ)
せられて、院宣(ゐんぜん)をば下(くだ)されけり。江帥(がうぞつ)匡房
卿(きやうばうのきやう)の申(まう)されし様(やう)に、「神輿(しんよ)を陣頭(ぢんどう)へふり
P01103
奉(たてまつり)てう(ッ)たへ申(まう)さむには、君(きみ)いかが御(おん)ぱからひ
候(さうらふ)べき」と申(まう)されければ、「げにも山門(さんもん)の訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)は
もだしがたし」とぞ仰(おほせ)ける。去(いん)じ嘉保(かほう)二年(にねん)
三月(さんぐわつ)二日(ふつかのひ)、美濃守(みののかみ)源義綱朝臣(みなもとのよしつなのあそん)、当国(たうごく)新立(しんりふ)(しんりう)の
庄(しやう)をたを(たふ)【倒】すあひだ、山(やま)の久住者(くぢゆうしや)(くぢうしや)円応(ゑんおう)(えんおう)を殺
害(せつがい)す。是(これ)によ(ッ)て日吉(ひよしの)の社司(しやじ)、延暦寺(えんりやくじの)の寺官(じくわん)、都
合(つがふ)(つがう)卅(さんじふ)余(よ)P130人(にん)、申文(まうしぶみ)をささげて陣頭(ぢんどう)へ参(さん)じけるを、
後二条関白殿(ごにでうのくわんばくどの)、大和源氏(やまとげんじ)中務権少輔(なかづかさのごんのせう)頼春(よりはる)に
P01104
仰(おほせ)てふせ【防】かせらる。頼春(よりはる)が郎等(らうどう)(らうだう)箭(や)をはなつ。
やにはにゐころ(いころ)【射殺】さるる者(もの)八人(はちにん)、疵(きず)を蒙(かうぶ)る者(もの)十(じふ)余
人(よにん)、社司(しやし)諸司(しよし)四方(しはう)へちりぬ。山門(さんもん)の上綱等(じやうかうら)、子細(しさい)を
奏聞(そうもん)の為(ため)に下洛(げらく)すときこえしかば、武士(ぶし)検
非違使(けんびゐし)(けんびいし)、西坂本(にしざかもと)に馳向(はせむかつ)て、皆(みな)お(ッ)かへす。山門(さんもん)には
御裁断(ごさいだん)遅々(ちち)のあひだ、七社(しちしや)の神輿(しんよ)を根本
中堂(こんぼんちゆうだう)(こんぼんちうだう)にふりあげ奉(たてまつ)り、其(その)御前(おんまへ)にて信読(しんどく)の
大般若(だいはんにや)を七日(しちにち)よ【読】うで、関白殿(くわんばくどの)を呪咀(しゆそ)し奉(たてまつ)る。結願(けちぐわん)の
P01105
導師(だうし)には仲胤法印(ちゆういんほふいん)(ちうゐんほうゐん)、其比(そのころ)はいまだ仲胤供奉(ちゆういんぐぶ)(ちうゐんぐぶ)と
申(まうし)しが、高座(かうざ)にのぼりかねうちならし、表白(へうひやく)の
詞(ことば)にいはく、「我等(われら)なたねの二葉(ふたば)よりおほしたて
給(たま)ふ神(かみ)だち、後[B 二]条(ごにでう)の関白殿(くわんばくどの)に鏑箭(かぶらや)一(ひとつ)はなち
あて給(たま)へ。大八王子権現(だいはちわうじごんげん)」と、た〔か〕らかにぞ祈誓(きせい)し
たりける。やがて其(その)夜(よ)ふしぎ【不思議】の事(こと)あり。八王子(はちわうじ)の
御殿(ごてん)より鏑箭(かぶらや)の声(こゑ)いでて、王城(わうじやう)をさして、な【鳴】(ッ)て
行(ゆく)とぞ、人(ひと)の夢(ゆめ)にはみたりける。其(その)朝(あした)、関白殿(くわんばくどの)の
P01106
御所(ごしよ)の御格子(みかうし)をあけけるに、只今(ただいま)山(やま)よりと(ッ)て
きたるやうに、露(つゆ)にぬれたる樒(しきみ)一枝(ひとえだ)、た(ッ)たり
けるこそおそろしけれ。やがて山王(さんわう)の御(おん)とがめとて、
後二条(ごにでう)の関白殿(くわんばくどの)、おもき御病(おんやまふ)をうけさせ給(たまひ)し
かば、母(はは)うへ、大殿(おほとの)の北(きた)の政所(まんどころ)、大(おほき)になげかせ給(たまひ)つつ、
御(おん)さまをやつし、いやしき下臈(げらう)のまねをして、
日吉社(ひよしのやしろ)に御参籠(ごさんろう)あ(ッ)て、七日七夜(なぬかななよ)P131が間(あひだ)(あいだ)祈(いのり)
申(まう)させ給(たまひ)けり。あらはれての御祈(おんいのり)には、百番(ひやくばん)の
P01107
芝田楽(しばでんがく)、百番(ひやくばん)のひとつもの、競馬(けいば)・流鏑馬(やぶさめ)・相撲(すまふ)
をのをの(おのおの)百番(ひやくばん)、百座(ひやくざ)の仁王講(にんわうかう)、百座(ひやくざ)の薬師講(やくしかう)、
一■手半(いつちやくしゆはん)の薬師(やくし)百体(ひやくたい)、等身(とうじん)の薬師(やくし)一体(いつたい)、並(ならび)に
釈迦(しやか)阿弥陀(あみだ)の像(ざう)、をのをの(おのおの)造立供養(ざうりふくやう)(ざうりうくやう)せられけり。
又(また)御心中(ごしんぢゆう)(ごしんぢう)に三(みつ)の御立願(ごりふぐわん)(ごりうぐわん)あり。御心(おんこころ)のうちの事(こと)
なれば、人(ひと)いかでかしり【知り】奉(たてまつ)るべき。それにふしぎ【不思議】
なりし事(こと)は、七日(なぬか)に満(まん)ずる夜(よ)、八王子(はちわうじ)の御社(おんやしろ)に
いくらもありけるまいりうど(まゐりうど)【参人】共(ども)のなかに、陸奥(みちのく)より
P01108
はるばるとのぼりたりける童神子(わらはみこ)、夜半(やはん)斗(ばかり)
にはかにたえ入(いり)にけり。はるかにかき出(いだ)して
祈(いのり)ければ、程(ほど)なくいきいでて、やがて立(た)(ッ)てまひ
かな【奏】づ。人(ひと)奇特(きどく)のおもひ【思】をなして是(これ)をみる【見る】。
半時(はんじ)斗(ばかり)舞(まう)(まふ)て後(のち)、山王(さんわう)おりさせ給(たまひ)て、やうやう
御詫宣(ごたくせん)こそおそろしけれ。「衆生等(しゆじやうら)慥(たしか)に
うけ給(たま)はれ。大殿(おほとの)の北(きた)の政所(まんどころ)、けふ七日(なぬか)わが
御前(おんまへ)に籠(こも)らせ給(たまひ)たり。御立願(ごりふぐわん)(ごりうぐわん)三(みつ)あり。一(ひとつ)には、
P01109
今度(こんど)殿下(てんが)の寿命(じゆみやう)をたすけてたべ。さも候(さぶら)
はば、したどの【下殿】に候(さぶらふ)もろもろのかたは人(うど)にまじ
は(ッ)て、一千日(いつせんにち)が間(あひだ)(あいだ)朝夕(あさゆふ)みやづかひ申(まう)さむとなり。
大殿(おほとの)の北(きた)の政所(まんどころ)にて、世(よ)を世(よ)ともおぼしめ
さですごさせ給(たま)ふ御心(おんこころ)に、子(こ)を思(おも)ふ道(みち)に
まよひぬれば、いぶせき事(こと)もわすられて、
あさましげなるかたはうどにまじは(ッ)て、一千日(いつせんにち)が間(あひだ)(あいだ)、
朝夕(あさゆふ)みやづかひ申(まう)さむと仰(おほせ)らるるこそ、誠(まこと)に哀(あはれ)に
P01110
おぼしめせ。二(ふたつ)には、大宮(おほみや)の橋(はし)づめより八王子(はちわうじ)の
御社(おんやしろ)まで【迄】、廻廊(くわいらう)つく(ッ)てまい(まゐ)【参】らせP132むとなり。三千(さんぜん)
人(にん)の大衆(だいしゆ)、ふ【降】るにもて【照】るにも、社参(しやさん)の時(とき)いた
はしうおぼゆるに、廻廊(くわいらう)つくられたらば、いかに
めでたからむ。三(みつ)には、今度(こんど)の殿下(てんが)の寿命(じゆみやう)をた
すけさせ給(たま)はば、八王子(はちわうじ)の御社(おんやしろ)にて、法花問
答講(ほつけもんだふかう)(ほつけもんだうかう)毎日(まいにち)退転(たいてん)なくおこなはすべしとなり。いづれも
おろかならねども、かみ二(ふたつ)はさなくともありなむ。
P01111
毎日(まいにち)法花問答講(ほつけもんだふかう)(ほつけもんだうかう)は、誠(まこと)にあらまほしうこそおぼし
めせ。但(ただし)、今度(こんど)の訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)は無下(むげ)にやすかりぬべき
事(こと)にてありつるを、御裁許(ごさいきよ)なくして、神人(じんにん)
宮仕(みやじ)射(い)(ゐ)ころされ、疵(きず)を蒙(かうぶ)り、泣々(なくなく)まい(まゐ)【参】(ッ)て訴(うつた)へ
申(まうす)事(こと)の余(あまり)に心(こころ)うくて、いかならむ世(よ)まで【迄】も
忘(わす)るべしともおぼえず。其上(そのうへ)かれ等(ら)があたる所(ところ)の
箭(や)は、しかしながら和光垂跡(わくわうすいしやく)の御膚(おんはだへ)にた【立】(ッ)たる
なり。まことそらごとは是(これ)をみよ【見よ】」とて、肩(かた)ぬいだるを
P01112
みれ【見れ】ば、左(ひだり)の脇(わき)のした、大(おほき)なるかはらけの口(くち)斗(ばかり)
うげのいてぞみえ【見え】たりける。「是(これ)が余(あまり)に心(こころ)うければ、
いかに申(まうす)とも始終(しじゆう)(しぢう)の事(こと)はかなふまじ。法花
問答講(ほつけもんだふかう)(ほつけもんだうかう)一定(いちぢやう)あるべくは、三(み)とせが命(いのち)をのべて
たてまつらむ。それを不足(ふそく)におぼしめさば力(ちから)及(およ)(をよ)
ばず」とて、山王(さんわう)あがらせ給(たまひ)けり。母(はは)うへは御立願(ごりふぐわん)(ごりうぐわん)の
事(こと)人(ひと)にもかたらせ給(たま)はねば、誰(たれ)もらしつらむと、
すこしもうたがう(うたがふ)方(かた)もましまさず。御心(おんこころ)の
P01113
内(うち)の事共(ことども)をありのままに御詫宣(ごたくせん)ありければ、
心肝(しんかん)にそうて、ことにた(ッ)とくおぼしめし、
泣々(なくなく)申(まう)させ給(たまひ)けるは、「縦(たとひ)ひと日(ひ)かた時(とき)にてさぶ
らふとも、ありがたうこそさぶらふべきに、ましてP133
三(み)とせが命(いのち)をのべて給(たまは)らむ事(こと)、しかるべう
さぶらふ」とて、泣々(なくなく)御下向(おんげかう)あり。いそぎ都(みやこ)へ
い【入】らせ給(たまひ)て、殿下(てんが)の御領(ごりやう)紀伊国(きのくに)に田中庄(たなかのしやう)と
云(いふ)所(ところ)を、八王子(はちわうじ)の御社(おんやしろ)へ寄進(きしん)ぜらる。それより
P01114
して法花問答講(ほつけもんだふかう)(ほつけもんだうかう)、今(いま)の世(よ)にいたるまで【迄】、毎日(まいにち)
退転(たいてん)なしとぞ承(うけたまは)る。かかりしほどに、後二条関
白殿(ごにでうのくわんばくどの)御病(おんやまふ)かろませ給(たまひ)て、もとの如(ごと)くにならせ給(たま)ふ。
上下(じやうげ)悦(よろこび)あはれしほどに、みとせのすぐるは
夢(ゆめ)なれや、永長(えいちやう)(ゑいちやう)二年(にねん)になりにけり。六月(ろくぐわつ)廿一日(にじふいちにち)、
又(また)後二条関白殿(ごにでうのくわんばくどの)、御(おん)ぐし【髪】のきはにあしき御
瘡(おんかさ)いでさせ給(たまひ)て、うちふ【臥】させ給(たま)ひしが、同(おなじき)
廿七日(にじふしちにち)、御年(おんとし)卅八(さんじふはち)にて遂(つひ)(つゐ)にかくれさせ給(たまひ)ぬ。
P01115
御心(おんこころ)のたけさ、理(り)のつよさ、さしもゆゆしき人
人(ひとびと)【*人(ひと)】にてましましけれども、まめやかに事(こと)のきう(きふ)【急】に
なりしかば、御命(おんいのち)を惜(をし)(おし)ませ給(たまひ)ける也(なり)。誠(まこと)に惜(をし)(おし)
かるべし。四十(しじふ)にだにもみたせ給(たま)はで、大殿(おほとの)に
先立(さきだち)まい(まゐ)【参】らせ給(たま)ふこそ悲(かな)しけれ。必(かならず)しも父(ちち)を
先立(さきだつ)べしと云(いふ)事(こと)はなけれども、生死(しやうじ)のをきて(おきて)に
したがふならひ、万徳円満(まんどくゑんまん)の世尊(せそん)、十地究
竟(じふぢくきやう)(ぢうぢくきやう)の大士(だいじ)たちも、力(ちから)及(およ)(をよ)び給(たま)はぬ事(こと)ども也(なり)。
P01116
慈悲具足(じひぐそく)の山王(さんわう)、利物(りもつ)の方便(はうべん)にてましませば、
十三 御(おん)とがめなかるべしとも覚(おぼえ)ず。P134『御輿振(みこしぶり)』S0115 さるほどに、山
門(さんもん)の大衆(だいしゆ)、国司(こくし)加賀守(かがのかみ)師高(もろたか)を流罪(るざい)に処(しよ)
せられ、目代(もくだい)近藤(こんどうの)判官(はんぐわん)師経(もろつね)を禁獄(きんごく)せらる
べき由(よし)、奏聞(そうもん)度々(どど)に及(およぶ)(をよぶ)といへども、御裁許(ごさいきよ)
なかりければ、日吉(ひよし)の祭礼(さいれい)をうちとどめて、安
元(あんげん)三年(さんねん)四月(しぐわつ)十三日(じふさんにち)辰(たつ)の一点(いつてん)に、十禅師(じふぜんじ)(じうぜんじ)・客人(まらうと)(まらふと)・
八王子(はちわうじ)三社(さんじや)の神輿(しんよ)賁(かざ)り奉(たてまつ)て、陣頭(ぢんどう)へ
P01117
ふり奉(たてまつ)る。さがり松(まつ)・きれ堤(づつみ)・賀茂(かも)の河原(かはら)、糾(ただす)・
梅(むめ)ただ・柳原(やなぎはら)・東福院(とうぶくゐん)【*東北院(とうぼくゐん) 】のへん【辺】に、しら大衆(だいしゆ)・神人(じんにん)・
宮仕(みやじ)・専当(せんだう)みちみちて、いくらと云(いふ)数(かず)をしらず。
神輿(しんよ)は一条(いちでう)を西(にし)へいらせ給(たま)ふ。御神宝(ごじんぼう)天(てん)に
かかや【輝】いて、日月(じつげつ)地(ち)に落(おち)給(たま)ふかとおどろかる。
是(これ)によ(ッ)て、源平(げんぺい)両家(りやうか)の大将軍(たいしやうぐん)、四方(しはう)の陣頭(ぢんどう)を
かためて、大衆(だいしゆ)ふせ【拒】くべき由(よし)仰下(おほせくだ)さる。平家(へいけ)には、
小松(こまつ)の内大臣(ないだいじん)の左大将(さだいしやう)重盛公(しげもりこう)、其(その)勢(せい)三千余騎(さんぜんよき)
P01118
にて大宮面(おほみやおもて)の陽明(やうめい)・待賢(たいけん)・郁芳(いうはう)(ゆうはう)三(みつ)の門(もん)を
かため給(たま)ふ。弟(おとと)宗盛(むねもり)・具盛【*知盛】(とももり)・重衡(しげひら)、伯父(をぢ)(おぢ)頼盛(よりもり)・教
盛(のりもり)・経盛(つねもり)な(ン)どは、にし南(みなみ)の陣(ぢん)をかためられけり。源氏(げんじ)には、
大内守護(たいだいしゆご)の源三位(げんざんみ)頼政卿(よりまさのきやう)、渡辺(わたなべ)のはぶく【省】・さ
づく【授】をむねとして、其(その)勢(せい)纔(わづか)に三百余騎(さんびやくよき)、北(きた)の
門(もん)、縫殿(ぬいどの)の陣(ぢん)をかため給(たま)ふ。所(ところ)はひろし勢(せい)は少(すくな)し、
まばらにこそみえ【見え】たりけれ。大衆(だいしゆ)無勢(ぶせい)たるに
よ(ッ)て、北(きた)の門(もん)、縫殿(ぬいどの)の陣(ぢん)より神輿(しんよ)を入(いれ)奉(たてまつ)らんとす。
P01119
頼政P135卿(よりまさのきやう)さる人(ひと)にて、馬(むま)よりおり、甲(かぶと)をぬいで、
神輿(しんよ)を拝(はい)し奉(たてまつ)る。兵(つはもの)ども皆(みな)かくのごとし。
衆徒(しゆと)の中(なか)へ使者(ししや)をたてて、申(まうし)送(おく)(をく)る旨(むね)あり。
其(その)使(つかひ)は渡辺(わたなべ)の長七(ちやうじつ)唱(となふ)と云(いふ)者(もの)なり。唱(となふ)、其(その)日(ひ)は
きちん【麹麈】の直垂(ひたたれ)に、小桜(こざくら)を黄(き)にかへ【返】いたる
鎧(よろひ)(よろい)きて、赤銅(しやくどう)づくりの太刀(たち)をはき、白羽(しらは)の矢(や)
おひ、しげどう【滋籐】の弓(ゆみ)脇(わき)にはさみ、甲(かぶと)をばぬぎ、
たかひも【高紐】にかけ、神輿(しんよ)の御前(みまへ)に畏(かしこまつ)て申(まうし)けるは、
P01120
「衆徒(しゆと)の御中(おんなか)へ源三位殿(げんざんみどの)の申(まう)せと候(ざうらふ)。今度(こんど)
山門(さんもん)の御訴詔【*御訴訟】(ごそしよう)(ごそせう)、理運(りうん)の条(でう)勿論(もちろん)に候(さうらふ)。御成敗(ごせいばい)
遅々(ちち)こそ、よそにても遺恨(ゐこん)(いこん)に覚(おぼえ)候(さうら)へ。さては神
輿(しんよ)入(いれ)奉(たてまつ)らむ事(こと)、子細(しさい)に及(および)(をよび)候(さうら)はず。但(ただし)頼政(よりまさ)無勢(ぶせい)候(ざうらふ)。
其上(そのうへ)あけて入(いれ)奉(たてまつ)る陣(ぢん)よりいらせ給(たまひ)て候(さうら)はば、
山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)は目(め)だりがほしけりな(ン)ど、京童部(きやうわらべ)
が申(まうし)候(さうら)はむ事(こと)、後日(ごにち)の難(なん)にや候(さうら)はんずらむ。
神輿(しんよ)を[B 入(いれ)]奉(たてまつ)らば、宣旨(せんじ)を背(そむ)くに似(に)たり。
P01121
又(また)ふせ【防】き奉(たてまつ)らば、年来(としごろ)医王山王(いわうさんわう)に首(かうべ)をかた
ぶけ奉(たてまつ)て候(さうらふ)身(み)が、けふより後(のち)弓箭(きゆうせん)(きうせん)の道(みち)に
わかれ候(さうらひ)なむず。かれといひ是(これ)といひ、かたがた
難治(なんぢ)の様(やう)に候(さうらふ)。東(ひがし)の陣(ぢん)は小松殿(こまつどの)大勢(おほぜい)でかため
られて候(さうらふ)。其(その)陣(ぢん)よりいらせ給(たまふ)べうや候(さうらふ)らむ」と
いひ送(おく)(をく)りたりければ、唱(となふ)がかく申(まうす)にふせかれて、
神人(じんにん)宮仕(みやじ)しばらくゆらへたり。若大衆(わかだいしゆ)どもは、
「何条(なんでう)其(その)儀(ぎ)あるべき。ただ此(この)門(もん)より神輿(しんよ)を入(いれ)
P01122
奉(たてまつ)れ」と云(いふ)族(やから)おほかりけれども、老僧(らうそう)のなかに
三塔(さんたふ)(さんたう)一(いち)の僉議者(せんぎしや)ときこえし摂津(せつつの)竪者(りつしや)
豪運(がううん)、進(すす)み出(いで)て申(まうし)けるは、「尤(もつと)もさい【言】はれたり。
神輿(しんよ)をさきだP136てまい(まゐ)【参】らせて訴詔【*訴訟】(そしよう)(そせう)を致(いた)さば、大
勢(おほぜい)の中(なか)をうち破(やぶつ)てこそ後代(こうたい)のきこえもあらん
ずれ。就中(なかんづく)に此(この)頼政卿(よりまさのきやう)は、六孫王(ろくそんわう)より以降(このかた)、源
氏(げんじ)嫡々(ちやくちやく)の正棟(しやうとう)、弓箭(きゆうせん)(きうせん)をと(ッ)ていまだ其(その)不覚(ふかく)を
きかず。凡(およそ)(をよそ)武芸(ぶげい)にもかぎらず、歌道(かだう)にもすぐれ
P01123
たり。近衛院(こんゑのゐん)御在位(ございゐ)の時(とき)、当座(たうざ)の御会(ごくわい)あり
しに、「深山花(しんざんのはな)」と云(いふ)題(だい)を出(いだ)されたりけるを、人々(ひとびと)
よみわづらひたりしに、此(この)頼政卿(よりまさのきやう)、
深山木(みやまぎ)のそのこずゑともみえ【見え】ざりし
さくらは花(はな)にあらはれにけり W007
と云(いふ)名歌(めいか)仕(つかまつ)て御感(ぎよかん)にあづかるほどのやさ
男(をとこ)(おとこ)に、時(とき)に臨(のぞん)で、いかがなさけなう恥辱(ちじよく)をば
あたふべき。此(この)神輿(しんよ)かきかへし奉(たてまつれ)や」と
P01124
僉議(せんぎ)しければ、数千人(すせんにん)の大衆(だいしゆ)先陣(せんぢん)より後
陣(ごぢん)まで、皆(みな)尤々(もつとももつとも)とぞ同(どう)じける。さて神輿(しんよ)を
先立(さきだて)まい(まゐ)【参】らせて、東(ひがし)の陣頭(ぢんどう)、待賢門(たいけんもん)より入(いれ)奉(たてまつ)
らむとしければ、狼籍【*狼藉】(らうぜき)忽(たちまち)に出来(いでき)て、武士(ぶし)ども
散々(さんざん)に射(い)(ゐ)奉(たてまつ)る。十禅師(じふぜんじ)(ぢうぜんじ)の御輿(みこし)にも箭(や)ども
あまた射(い)(ゐ)たてたり。神人(じんにん)宮仕(みやじ)射(い)(ゐ)ころされ、衆徒(しゆと)
おほく疵(きず)を蒙(かうぶ)る。おめき(をめき)さけぶ声(こゑ)梵天(ぼんでん)まで【迄】も
きこえ、堅牢地神(けんらうぢじん)も驚(おどろく)(をどろく)らむとぞおぼえける。
P01125
大衆(だいしゆ)神輿(しんよ)をば陣頭(ぢんどう)にふりすて奉(たてまつ)り、泣々(なくなく)
本山(ほんざん)へかへりのぼる。P137『内裏炎上(だいりえんしやう)』S0116 蔵人左少弁(くらんどのさせうべん)兼光(かねみつ)に仰(おほせ)て、
殿上(てんじやう)にて俄(にはか)に公卿僉議(くぎやうせんぎ)あり。保安(ほうあん)四年(しねん)七
月(しちぐわつ)に神輿(しんよ)入洛(じゆらく)の時(とき)は、座主(ざす)に仰(おほせ)て赤山(せきさん)の
社(やしろ)へ入(いれ)奉(たてまつ)る。又(また)保延(ほうえん)四年(しねん)四月(しぐわつ)に神輿(しんよ)入洛(じゆらく)の時(とき)は、
祇園別当(ぎをんのべつたう)に仰(おほせ)て祇園社(ぎをんのやしろ)へ入(いれ)奉(たてまつ)る。今度(こんど)は
保延(ほうえん)の例(れい)たるべしとて、祇園(ぎをん)の別当(べつたう)権大僧都(ごんのだいそうづ)
澄兼【*澄憲】(ちようけん)(てうけん)に仰(おほせ)て、秉燭(へいしよく)に及(およん)(をよん)で祇園(ぎをん)の社(やしろ)へ入(いれ)奉(たてまつ)る。
P01126
神輿(しんよ)にたつ所(ところ)の箭(や)をば、神人(じんにん)して是(これ)を
ぬかせらる。山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)、日吉(ひよし)の神輿(しんよ)を陣頭(ぢんどう)へ
ふり奉(たてまつ)る事(こと)、永久(えいきう)(ゑいきう)より以降(このかた)、治承(ぢしよう)(ぢせう)まで【迄】は六箇
度(ろくかど)なり。毎度(まいど)に武士(ぶし)を召(めし)てこそふせ【防】かるれ
ども、神輿(しんよ)射(い)(ゐ)奉(たてまつ)る事(こと)是(これ)始(はじめ)とぞ承(うけたまは)る。「霊
神(れいしん)怒(いかり)をなせば、災害(さいがい)岐(ちまた)にみ【満】つといへり。おそろし
おそろし」とぞ人々(ひとびと)申(まうし)あはれける。同(おなじき)十四日(じふしにち)夜
半(やはん)斗(ばかり)、山門(さんもん)の大衆(だいしゆ)又(また)下洛(げらく)すときこえしかば、
P01127
夜中(やちゆう)(やちう)に主上(しゆしやう)要輿(えうよ)(ようよ)にめして、院御所(ゐんのごしよ)法住寺
殿(ほふぢゆうじどの)(ほうぢうじどの)へ行幸(ぎやうがう)なる。中宮(ちゆうぐう)(ちうぐう)は御車(おんくるま)にたてまつて
行啓(ぎやうげい)あり。小松(こまつ)のおとど、直衣(なほし)(なをし)に箭(や)おう【負う】て
供奉(ぐぶ)せらる。嫡子(ちやくし)権亮少将(ごんのすけぜうしやう)維盛(これもり)、束帯(そくたい)に
ひらやなぐひおうてまい(まゐ)【参】られけり。関白殿(くわんばくどの)を
始(はじめ)奉(たてまつ)て、太政大臣(だいじやうだいじん)以下(いげ)の公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)、我(われ)も我(われ)もと
は【馳】せまい(まゐ)【参】る。凡(およそ)(をよそ)京中(きやうぢゆう)(きやうぢう)の貴賎(きせん)、禁中(きんちゆう)(きんちう)の上下(じやうげ)、
さは(さわ)【騒】ぎののしる事(こと)緩(おびたた)し。山門(さんもん)には、神輿(しんよ)に
P01128
箭(や)たち、神人(じんにん)(じむにん)宮仕(みやじ)射(い)(ゐ)ころされ、衆徒(しゆと)おほく
疵(きず)をかうぶりしかP138ば、大宮(おほみや)二宮(にのみや)以下(いげ)、講堂(かうだう)中堂(ちゆうだう)(ちうだう)
すべて諸堂(しよだう)一宇(いちう)ものこさず焼払(やきはらつ)て、山野(さんや)に
まじはるべき由(よし)、三千(さんぜん)一同(いちどう)に僉議(せんぎ)しけり。是(これ)に
よ(ッ)て大衆(だいしゆ)の申(まうす)所(ところ)、御(おん)ぱからひあるべしとき
こえしかば、山門(さんもん)の上綱等(じやうかうら)、子細(しさい)を衆徒(しゆと)にふれん
とて登山(とうざん)しけるを、大衆(だいしゆ)おこ(ッ)て西坂本(にしざかもと)より
皆(みな)お(ッ)かへす。平(へい)大納言(だいなごん)時忠卿(ときただのきやう)、其(その)時(とき)はいまだ左衛
P01129
門督(さゑもんのかみ)にておはしけるが、上卿(しやうけい)にたつ。大講堂(だいかうだう)の
庭(には)に三塔(さんたふ)(さんたう)会合(くわいがふ)(くわいがう)して、上卿(しやうけい)をと(ッ)てひ(ッ)ぱらむと
す。「しや冠(かぶり)うちおとせ。其(その)身(み)を搦(からめ)て湖(みづうみ)に
しづめよ」な(ン)どぞ僉議(せんぎ)しける。既(すで)にかうとみえ【見え】
られけるに、時忠卿(ときただのきやう)「暫(しばらく)しづまられ候(さうら)へ。衆徒(しゆと)の
御中(おんなか)へ申(まうす)べき事(こと)あり」とて、懐(ふところ)より小硯(こすずり)たた
うがみをとり出(いだ)し、一筆(ひとふで)かいて大衆(だいしゆ)の中(なか)へ
つかはす。是(これ)を披(ひらい)てみれば、「衆徒(しゆと)の濫悪(らんあく)を
P01130
致(いた)すは魔縁(まえん)の所行(しよぎやう)なり。明王(めうわう)の制止(せいし)を加(くはふ)るは
善政(ぜんぜい)の加護(かご)也(なり)」とこそかかれたれ。是(これ)をみて
ひ(ッ)ぱるに及(およ)(をよ)ばず。大衆(だいしゆ)皆(みな)尤々(もつとももつとも)と同(どう)じて、谷々(たにだに)へ
おり、坊(ばう)々へぞ入(いり)にける。一紙(いつし)一句(いつく)をも(ッ)て三塔(さんたふ)(さんたう)三
千(さんぜん)の憤(いきどほり)(いきどをり)をやすめ、公私(こうし)の恥(はぢ)をのがれ給(たま)へる
時忠卿(ときただのきやう)こそゆゆしけれ。人々(ひとびと)も、山門(さんもん)の衆徒(しゆと)は
発向(はつかう)のかまびすしき斗(ばかり)かとおもひ【思ひ】たれば、
ことはり(ことわり)【理】も存知(ぞんぢ)したりけりとぞ、感(かん)ぜられける。
P01131
同(おなじき)廿日(はつかのひ)、花山院権中納言(くわさんのゐんのごんちゆうなごん)(くわさんのゐんのごんちうなごん)忠親卿(ただちかのきやう)を上卿(しやうけい)にて、
国司(こくし)加賀守(かがのかみ)師高(もろたか)遂(つひ)(つゐ)に闕官(けつくわん)P139ぜられて、尾張(をはり)(おはり)の
井戸田(ゐどた)へながされけり。目代(もくだい)近藤(こんどうの)判官(はんぐわん)(はんぐはん)師経(もろつね)
禁獄(きんごく)せらる。又(また)去(さんぬ)る十三日(じふさんにち)、神輿(しんよ)射(い)(ゐ)奉(たてまつり)し武士(ぶし)
六人(ろくにん)獄定(ごくぢやう)ぜらる。左衛門尉(さゑもんのじよう)(さゑもんのぜう)藤原正純(ふぢはらのまさずみ)、右衛門尉(うゑもんのじよう)(うゑもんのぜう)
正季(まさすゑ)、左衛門尉(さゑもんのじよう)(さゑもんのぜう)大江家兼(おほえのいへかね)、右衛門尉(うゑもんのじよう)(うゑもんのぜう)同(おなじく)家国(いへくに)、
左兵衛尉(さひやうゑのじよう)(さひやうゑのぜう)清原康家(きよはらのやすいへ)、右兵衛尉(うひやうゑのじよう)(うひやうゑのぜう)同(おなじく)康友(やすとも)、
是等(これら)は皆(みな)小松殿(こまつどの)の侍(さぶらひ)(さぶらい)なり。同(おなじき)四月(しぐわつ)廿八日(にじふはちにち)亥剋(ゐのこく)斗(ばかり)、
P01132
樋口富少路【*樋口富小路】(ひぐちとみのこうぢ)より火(ひ)出来(いでき)て、辰巳(たつみ)の風はげ
しう吹(ふき)ければ、京中(きやうぢゆう)(きやうぢう)おほく焼(やけ)にけり。大(おほき)なる
車輪(しやりん)の如(ごと)くなるほむらが、三町(さんぢやう)五町(ごちやう)へだてて
戌亥(いぬゐ)のかたへすぢかへに、とびこえとびこえやけ
ゆけば、おそろしな(ン)どもおろかなり。或(あるい)は具平
親王(ぐへいしんわう)の千種殿(ちくさどの)、或(あるい)は北野(きたの)の天神(てんじん)の紅梅殿(こうばいどの)、
橘逸成(きついつせい)のはひ松殿(まつどの)、鬼殿(おにどの)・高松殿(たかまつどの)・鴨居
殿(かもゐどの)・東三条(とうさんでう)、冬嗣(ふゆつぎ)のおとどの閑院殿(かんゐんどの)、昭宣公(せうぜんこう)の
P01133
堀川殿(ほりかはどの)、是(これ)を始(はじめ)て、昔(むかし)今(いま)の名所(めいしよ)卅(さんじふ)余箇所(よかしよ)、
公卿(くぎやう)の家(いへ)だにも十六(じふろく)箇所(かしよ)まで【迄】焼(やけ)にけり。
其(その)外(ほか)、殿上人(てんじやうびと)諸大夫(しよだいぶ)の家々(いへいへ)はしるすに及(およ)(をよ)ばず。
はては大内(おほうち)にふきつけて、朱雀門(しゆしやくもん)より
始(はじめ)て、応田門【*応天門】(おうでんもん)・会昌門(くわいしやうもん)、大極殿(だいこくでん)・豊楽院(ぶらくゐん)、諸
司(しよし)八省(はつしやう)(はつせう)・朝所(あいだんどころ)、一時(いちじ)が内(うち)に灰燼(くわいじん)の地(ち)とぞ
なりにける。家々(いへいへ)の日記(につき)、代々(だいだい)の文書(もんじよ)、七珍
万宝(しつちんまんぼう)さながら麈灰(ぢんくわい)となりぬ。其(その)間(あひだ)(あいだ)の費(つゐ)へ(つひえ)
P01134
いか斗(ばかり)ぞ。人(ひと)のやけしぬる事(こと)数百人(すひやくにん)、牛馬(ぎうば)の
たぐひは数(かず)を知(しら)ず。是(これ)ただ事(こと)に非(あら)ず、山王(さんわう)の
御(おん)とがめとて、比叡山(ひえいさん)(ひゑいさん)より大(おほき)なる猿(さる)どもが
二三千(にさんぜん)おりくだり、手々(てんで)に松火(まつび)をともひ(ともい)て京中(きやうぢゆう)(きやうぢう)
をやく[M き→く]とぞ、人(ひと)の夢(ゆめ)にはみえ【見え】たりける。P140大極
殿(だいこくでん)は清和天皇(せいわてんわう)の御宇(ぎよう)、貞観(ぢやうぐわん)十八年(じふはちねん)に始(はじめ)て
やけたりければ、同(おなじき)十九(じふく)年(ねん)正月(しやうぐわつ)三日(みつかのひ)、陽成院(やうぜいのゐん)の
御即位(ごそくゐ)は豊楽院(ぶらくゐん)にてぞありける。元慶(ぐわんきやう)(ぐはんきやう)元年(ぐわんねん)(ぐはんねん)
P01135
四月(しぐわつ)九日(ここのかのひ)、事始(ことはじめ)あ(ッ)て、同(おなじき)二年(にねん)十月(じふぐわつ)八日(やうかのひ)にぞつくり
出(いだ)されたりける。後冷泉院(ごれんぜいのゐん)の御宇(ぎよう)、天喜(てんき)五年(ごねん)二
月(にぐわつ)廿六日(にじふろくにち)、又(また)やけにけり。治暦(ぢりやく)四年(しねん)八月(はちぐわつ)十四日(じふしにち)、事
始(ことはじめ)ありしかども、造(つく)り出(いだ)されずして、後冷泉院(ごれんぜいのゐん)崩
御(ほうぎよ)なりぬ。後三条(ごさんでう)の院(ゐん)の御宇(ぎよう)、延久(えんきう)四年(しねん)四月(しぐわつ)
十五日(じふごにち)作(つく)り出(いだ)して、文人(ぶんじん)詩(し)を奉(たてまつ)り、伶人(れいじん)楽(がく)を
奏(そう)して遷幸(せんかう)なし奉(たてまつ)る。今(いま)は世(よ)末(すゑ)にな(ッ)て、
国(くに)の力(ちから)も衰(おとろ)へたれば、其後(そののち)は遂(つひ)(つゐ)につく
P01136
られず。

平家物語(へいけものがたり)巻(くわん)第一 P141


入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com