平家物語(龍谷大学本)巻第十


【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本(龍谷大学善本叢書13)に拠りました。

P10001
(表紙)
P10003 P2237
平家物語巻第十
首渡S1001寿永三年二月七日、摂津国一の谷にてうた【討た】
れし平氏の頸ども、十二日に宮こ【都】へいる【入る】。平
家にむすぼほれたる人々は、我方ざまにいかな
るうき目をかみ【見】んずらんと、なげきあひかなし
みあへ【合へ】り。なかにも大覚寺にかくれゐ給へる
小松三位中将維盛卿の北の方、ことさら
おぼつかなく思はれける。「今度一谷にて一門の
P10004
人々のこりすくなううた【討た】れ給ひ、三位中将と
いふ公卿一人、いけどりにせられてのぼるなり」と
きき給ひ、「この人はなれ【離れ】じ物を」とて、ひきか
づきてぞふし給ふ。或女房のいできて申けるは、
「三位中将殿と申は、これの御事にてはさぶら
はず。本三位中将殿の御事なり」と申ければ、
「さては頸どものなか【中】にこそあるらめ」とて、なを【猶】心
やすうもおもひ【思ひ】給はず。同十三日、大夫判官
P10005
仲頼、六条河原にいでむか【向つ】て、頸どもうけ【受け】とる【取る】。
東洞院がしのとうゐん)の大路P2238を北へわたして獄門の木に
かけらるべきよし、蒲冠者範頼・九郎冠者
義経奏聞す。法皇、此条いかがあるべからんと
おぼしめし【思し召し】わづらひて、太政大臣・左右の大臣・
内大臣・堀河大納言忠親卿に仰あはせらる。五人
の公卿申されけるは、「昔より卿相の位にのぼる
物の頸、大路をわたさるる事先例なし。
P10006
就中此輩は、先帝の御時、戚里の臣として
久しく朝家につかうまつる。範頼・義経が申状、
あながち御許容あるべからず」と、おのおの一同に
申されければ、渡さるまじきにてあり【有り】けるを、
範頼・義経かさねて奏聞しけるは、「保元の
昔をおもへ【思へ】ば、祖父為義があた、平治のいにしへ
を案ずれば、ちち義朝がかたき也。君の御いき
どをり【憤り】をやすめたてまつり【奉り】、父祖の恥をきよ
P10007
めんがために、命をすてて朝敵をほろぼす。
今度平氏の頸ども大路をわたされずは、
自今以後なんのいさみあてか凶賊をしりぞ
けんや」と、両人頻にうたへ【訴へ】申あひだ、法皇ちか
らおよば【及ば】せ給はで、つゐに【遂に】わたされけり。みる【見る】人
いくらといふかずをしらず。帝闕に袖をつらねし
いにしへは、おぢをそるる【恐るる】輩おほかり【多かり】き。巷に
かうべをわたさるる今は、あはれみかなしまずと
P10008
いふ事なし。小松の三位中将維盛卿の若君、
六代御前につきたてま【奉つ】たる斎藤五、斎藤六、
あまりのおぼつかなさに、さまをやつしてみ
ければ、頸どもは見しりたP2239てまたれども、三位
中将殿の御頸は見え給はず。されどもあまりに
かなしくて、つつむにたへ【堪へ】ぬ涙のみしげかり
ければ、よその人目もおそろしさ【恐ろしさ】に、いそぎ大覚寺
へぞまひり【参り】ける。北方「さて、いかにやいかに」ととひ
P10009
給へば、「小松殿の君達には、備中守殿の御頸ばか
りこそみえ【見え】させ給ひ候つれ。其外はそんぢやう
その頸、その御頸」と申ければ、「いづれも人のうへ
ともおぼえず」とて、涙にむせび給ひけり。ややあて、
斎藤五涙ををさへて申けるは、「この一両年
はかくれゐ候て、人にもいたくみしられ候はず。いま
しばらくも見まいらす【参らす】べう候つれども、よにくはしう
案内しり【知り】まいらせ【参らせ】たる物の申候つるは、「小松殿の
P10010
君達は、今度の合戦には、播磨と丹波のさかゐ【境】
で候なるみくさ【三草】の山をかためさせ給て候けるが、
九郎義経にやぶられて、新三位中将殿・小松
少将殿・丹後侍従殿は播磨の高砂より御舟
にめし【召し】て、讃岐の八島へわたらせ給て候也。何と
してはなれ【離れ】させ給て候けるやらん、御兄弟の御
なかには、備中守殿ばかり一谷にてうた【討た】れさせ
給て候」と申ものにこそあひ【逢ひ】て候つれ。「さて小松
P10011
三位中将殿の御事はいかに」ととひ候つれば、「それ
はいくさ【軍】以前より大事の御いたはりとて、八島
に御渡候あひだ、このたびはむかは【向は】せ給候はず」と、
こまごまとこそ申候つれ」と申ければ、「それもわ
れら【我等】が事をあまりにおもひ【思ひ】なげP2240き給ふが、病
となりたるにこそ。風のふく日は、けふもや舟に
のり給らんと肝をけし、いくさ【軍】といふ時は、ただ
いまもやうた【討た】れ給らんと心をつくす。ましてさや
P10012
うのいたはりなんどをも、たれか心やすうもあ
つかひたてまつる【奉る】べき。くはしうきかばや」との給へば、
若君・姫君、「など、なんの御いたはりとはとは【問は】ざり
けるぞ」とのたまひけるこそ哀なれ。三位中将
もかよふ心なれば、「宮こ【都】にいかにおぼつかなく
おもふ【思ふ】らん。頸どものなか【中】にはなくとも、水におぼ
れてもしに、矢にあたてもうせぬらん。この世に
ある物とはよもおもは【思は】じ。露の命のいまだなが
P10013
らへ【永らへ】たるとしら【知ら】せたてまつらばや」とて、侍一人
したて【仕立て】て宮こ【都】へのぼせられけり。三の文をぞ
かかれける。まづ北方への御ふみ【文】には、「宮こ【都】にはかた
きみちみちて、御身ひとつのおきどころだにあ
らじに、おさなき【幼き】物どもひきぐし【具し】て、いかにか
なしう【悲しう】おぼすらん。これへむかへ【向へ】たてま【奉つ】て、ひと
ところ【一所】でいかにもならばやとはおもへ【思へ】ども、我身
こそあらめ、御ため心ぐるしくて」などこまごまと
P10014
かきつづけ、おくに一首の歌ぞあり【有り】ける。
いづくともしらぬ逢せのもしほ草
かきをく【置く】跡をかたみとも見よ W073
おさなき【幼き】人々の御もとへは、「つれづれをばいかにして
かなぐさ【慰】み給らん。いP2241そぎむかへ【向へ】とらんずるぞ」
と、こと葉もかはらずかいてのぼせられけり。この
御ふみ【文】どもを給はて、つかひ【使ひ】宮こ【都】へのぼり、北方に
御文まいらせ【参らせ】たりければ、今さら又なげきかな
P10015
しみ給ひけり。つかひ【使ひ】四五日候て、いとま申。北方
なくなく御返事かき給ふ。若公姫君筆をそめ【染め】
て、「さてちち【父】御ぜんの御返事はなにと申べきや
らん」ととひ給へば、「ただともかうも、わ御ぜんたち
のおもは【思は】んやうに申べし」とこその給ひけれ。
「などやいままでむかへ【向へ】させ給はぬぞ。あまりに恋
しく思ひまいらせ【参らせ】候。とくとくむかへ【向へ】させ給へ」
と、おなじこと葉にぞかかれたる。この御ふみ【文】
P10016
どもを給はて、つかひ【使ひ】八島にかへりまいる【参る】。三位中
将、まづおさなき【幼き】人々の御文を御らんじてこそ、いよいよ
せんかたなげにはみえ【見え】られけれ。「抑これより穢土
を厭にいさみなし。閻浮愛執の綱つよければ、浄土
をねがふも物うし。ただこれよりやまづたひ【山伝ひ】
に宮こ【都】へのぼて、恋しきものどもをいま一度
みもし、見えての後、自害をせんにはしかじ」とぞ、
なくなくかたり給ひける。内裏女房S1002 P2242同十四日、いけどり【生捕り】本三位
P10017
中将重衡卿、六条を東がし)へわたされけり。小八葉
の車に先後の簾をあげ、左右の物見をひらく。
土肥次郎実平、木蘭地の直垂に小具足ばかり
して、随兵卅余騎、車の先後にうちかこで守
護したてまつる。京中の貴賎これをみて、「あないと
をし、いかなる罪のむくひぞや。いくらもまします
君達のなかに、かくなり給ふ事よ。入道殿にも
二位殿にも、おぼえの御子にてましまひしかば、
P10018
御一家の人々もおもき【重き】事におもひ【思ひ】たてまつ
り【奉り】給ひしぞかし。院へも内へもまひり【参り】給ひし時
は、老たるも若も、ところ【所】ををき、もてなしたて
まつり【奉り】給ひし物を。これは南都をほろぼし
給へる伽藍の罰にこそ」と申あへ【合へ】り。河原まで
わたされて、かへ【帰つ】て、故中御門藤中納言家成卿の
八条堀川の御だう【堂】にすゑたてま【奉つ】て、土肥二郎【*次郎】
守護したてまつる【奉る】。院御所より御使に蔵人
P10019
左衛門権佐定長、八条堀河へむかは【向は】れけり。赤衣
にて剣笏をぞ帯したりける。三位中将は紺
村滋の直垂に、立烏帽子ひきたてておはし
ます。日ごろは何ともおもは【思は】れざりし定長を、
いまは冥途にて罪人共が冥官に逢へる心地
ぞせられける。仰下されけるは、「八島へかへりたくは、
一門のなかへいひ【言ひ】おく【送つ】て、三種の神器を宮こ【都】へ
返しいれ【入れ】たてまつれ【奉れ】。しからば八島へかへさ【返さ】るべしと
P10020
の御気色で候」と申。三位中将申されけるは、「重
衡千P2243人万人が命にも、三種の神器をかへ
まいらせ【参らせ】んとは、内府以下一門の物共、一人もよも
申候はじ。もし女性にて候へば、母儀の二品なんど
やさも申候はんずらん。さは候へども、居ながら院
宣をかへしまいらせ【参らせ】ん事、其おそれ【恐れ】も候へば、申
おく【送つ】てこそみ候はめ」とぞ申されける。御使は
平三左衛門重国、御坪の召次花方とぞき
P10021
こえ【聞え】し。私のふみはゆるさ【許さ】れねば、人々のもとへも
詞にて事づけ給ふ。北方大納言佐殿へも御詞にて
申されけり。「旅のそらにても、人はわれになぐさみ、
我は人になぐさみたてまつり【奉り】しに、ひき別て後、
いかにかなしう【悲しう】おぼすらん。「契はくちせぬ物」と申
せば、後の世にはかならず【必ず】むまれ【生れ】逢たてまつらん」と、
なくなく【泣く泣く】ことづけ給へば、重国も涙ををさへてたち
にけり。三位中将の年ごろめし【召し】つかは【使は】れける侍に、
P10022
木工右馬允知時といふものあり。八条[B ノ]女院に候
けるが、土肥次郎がもとにゆきむか【向つ】て、「これは中将殿
に先年めし【召し】つかは【使は】れ候しそれがし【某】と申物にて
候が、西国へも御共仕べきよし存候しかども、八条[B ノ]
女院に兼参の物にて候あひだ、ちからおよば【及ば】でま
かりとどまて候が、けふ大路でみまいらせ【参らせ】候へば、目もあて
られず、いとをしうおもひたてまつり【奉り】候。しかる【然る】
べう候者、御ゆるされ【許され】を蒙て、ちかづき【近付き】まひり【参り】候て、
P10023
今一度見参にいり、昔がたりをも申て、なぐ
さめまいらせ【参らせ】ばやと存候。させるP2244弓矢とる身で
候はねば、いくさ【軍】合戦の御供を仕たる事も候はず、
ただあさゆふ祗候せしばかりで候き。さり
ながら、猶おぼつかなうおぼしめし【思し召し】候者、腰の
刀をめし【召し】おかれて、まげて御ゆるされ【許され】を蒙候ばや」
と申せば、土肥次郎なさけあるおのこ【男】にて、「御一
身ばかりは何事か候べき。さりながらも」とて、腰
P10024
の刀をこひ【乞ひ】とていれ【入れ】てげり。右馬允なのめならず
悦て、いそぎまい【参つ】てみたてまつれ【奉れ】ば、誠に思ひいれ【入れ】
給へるとおぼしくて、御すがたもいたくしほれ【萎れ】
かへ【返つ】てゐたまへる御ありさまをみたてまつる【奉る】に、知時
涙もさらにおさへがたし。三位中将もこれを
御らんじて、夢に夢みる【見る】心地して、とかうの事も
のたまはず。ただなく【泣く】より外の事ぞなき。やや
久しうあて、昔いまの物語どもし給ひて後、
P10025
「さてもなんぢして物いひ【言ひ】し人は、いまだ内裏
にとやきく」。「さこそうけ給候へ」。「西国へくだりし
時、ふみをもやらず、いひおく事だになかりし
を、世々の契はみないつはりにてあり【有り】けりとお
もふ【思ふ】らんこそはづかしけれ。ふみ【文】をやらばやと
思は。たづね【尋ね】てゆきてんや」との給へば、「御ふみ【文】を給はて
まいり【参り】候はん」と申。中将なのめならず悦て、や
がてかい【書い】てぞたう【賜う】だりける。守護の武士ども
P10026
「いかなる御ふみ【文】にて候やらん。いだしまいらせ【参らせ】じ」と
申。中将「みせよ【見せよ】」との給へば、みせ【見せ】てげり。「くるしう【苦しう】
候まじ」とてとらせけり。知P2245時もて内裏へま
いり【参り】たりけれども、ひるは人めのしげければ、その
へんちかき小屋に立入て日をくらし、局の
下口へんにたたずできけば、この人のこゑ【声】と
おぼしくて、「いくらもある人のなかに、三位中将
しもいけどり【生捕り】にせられて、大路をわたさるる
P10027
事よ。人はみな奈良をやきたる罪のむくひ
といひあへ【合へ】り。中将もさぞいひし。「わが心におこて
はやかねども、悪党おほかり【多かり】しかば、手々で)に火を
はなて、おほく【多く】の堂塔をやきはらふ。末の露本の
しづくとなるなれば、われ一人が罪にこそならんずら
め」といひしが、げにさとおぼゆる」とかきくどき、さ
めざめとぞなか【泣か】れける。右馬允「これにもおもは【思は】れ
けるものを」といとをしうおぼえて、「物申さう」どいへば、
P10028
「いづくより」ととひ給ふ。「三位中将殿より御文の候」と
申せば、年ごろははぢてみえ【見え】給はぬ女房の、せめ
ての思ひのあまりにや、「いづらやいづら」とてはしり【走り】
いで【出で】て、手づからふみをとてみ【見】給へば、西国よりとら
れてありしありさま、けふあすともしらぬ身
のゆくゑ【行方】などこまごまとかきつづけ、おくには一
首の歌ぞあり【有り】ける。
涙河うき名をながす身なりとも
P10029
いま一たびの逢せともがな W074
女房これをみ【見】給ひて、とかうの事もの給はず、
ふみをふところ【懐】にひき入て、ただなくより外の
事ぞなき。やや久しうあて、さてもあるべき
ならねば、御かP2246へり事あり。心ぐるしういぶせくて、
二とせををくり【送り】つる心のうちをかき給ひて、
君ゆへ【故】にわれもうき名をながすとも
そこ【底】のみくづ【水屑】とともになりなん W075
P10030
知時もてまいり【参り】たり。守護の武士ども、又「見まいらせ【参らせ】
候はん」と申せば、みせ【見せ】てげり。「くるしう【苦しう】候まじ」とて
たてまつる【奉る】。三位中将これをみて、いよいよ
思ひやまさり給ひけん、土肥二郎【*次郎】にの給ひ
けるは、「年来あひぐし【具し】たりし女房に、今一度
対〔面〕して、申たき事のあるはいかがすべき」との給
へば、実平なさけあるおのこ【男】にて、「まこと【誠】に女房な
どの御事にてわたらせ給候はんは、なじかはくるしう【苦しう】
P10031
候べき」とてゆるしたてまつる【奉る】。中将なのめならず
悦て、人に車か【借つ】てむかへ【向へ】につかはし【遣し】たりければ、
女房とりもあへずこれにの【乗つ】てぞおはしたる。ゑん【縁】
に車をやりよせて、かくと申せば、中将車よせ
にいで【出で】むかひ【向ひ】給ひ、「武士どものみ【見】たてまつる【奉る】に、おり
させ給べからず」とて、車の簾をうちかづき、手に
手をとりくみ、かほにかほをおしあてて、しばしは
物もの給はず、ただなくより外の事ぞなき。
P10032
やや久しうあて中将の給ひけるは、「西国へくだ
りし時、今一度みまいらせ【参らせ】たう候しかども、おほ
かたの世のさはがしさ【騒がしさ】に、申べきたよりもなく
てまかりくだり候ぬ。其後はいかにもして御ふみ【文】
をもまいらせ【参らせ】、P2247御かへり事をもうけ給はり【承り】たう
候しかども、心にまかせぬ旅のならひ【習ひ】、あけくれ
のいくさ【軍】にひまなくて、むなしくとし月をおく
り【送り】候き。いま又人しれぬありさまをみ候は、ふた
P10033
たびあひみたてまつる【奉る】べきで候けり」とて、袖を
かほにおしあてて、うつぶしにぞなられける。たがひの
心のうち、おしはかられてあはれ【哀】也。かくてさ夜も
なか半になりければ、「この比は大路の狼籍【*狼藉】に候に、
とうとう【疾う疾う】」とてかへしたてまつる【奉る】。車やりいだせば、
中将別の涙ををさへて、なくなく【泣く泣く】袖をひかへつつ、
逢ことも露の命ももろともに
こよひばかりやかぎりなるらん W076
P10034
女房なみだををさへつつ、
かぎりとてたちわかるれば露の身の
君よりさきにきえぬべきかな W077
さて女房は内裏へまいり【参り】給ひぬ。其後は守護
の武士どもゆるさねば、ちからおよば【及ば】ず、時々御文
ばかりぞかよひける。この女房と申すは、民部
卿入道親範のむすめ也。みめかたち世にすぐ
れ、なさけふかき人也。されば中将、南都へ
P10035
わたされてきられ給ぬときこえ【聞え】しかば、や
がてさまをかへ、こき墨染[* 「黒染」と有るのを高野本により訂正]にやつれはて、彼後世
菩提をとぶらはれけるこそ哀なれ。P2248八島院宣S1003さるほど【程】に、
平三左衛門重国、御坪のめしつぎ花方、八島に
まい【参つ】て院宣をたてまつる【奉る】。おほいとの以下一門の
月卿雲客よりあひ給ひて、院宣をひらかれ
けり。一人聖体、北闕の宮禁をいで【出で】て、諸州に幸じ、
三種の神器、南海・四国にうづもれて数年をふ【経】、
P10036
尤も朝家のなげき、亡国の基也。抑彼重衡
卿は、東大寺焼失の逆臣也。すべからく頼朝
朝臣申請る旨にまかせて、死罪におこなはるべし
といへども、独り親族にわかれて、已にいけどり【生捕り】と
なる。籠鳥雲を恋るおもひ【思ひ】、遥に千里の南
海にうかび、帰雁友を失ふ心、さだめて九重の
中途に通ぜんか。しかれば則三種の神器を
かへし入たてまつら【奉ら】んにおひては、彼卿を寛宥
P10037
せらるべき也。者院宣かくのごとし。仍執達如
件。寿永三年二月十四日大膳大夫成忠が
うけ給はり【承り】進上平大納言殿へとぞかかれたる。P2249
請文S1004大臣殿・平大納言のもとへは院宣のおもむき【趣】を
申給ふ。二位殿へは御ふみ【文】こまごまとかいてまいら
せ【参らせ】られたり。「いま一度御らんぜんとおぼしめし【思し召し】
候はば、内侍所の御事を大臣殿によくよく申
させをはしませ。さ候はでは、この世にてげんざんに入
P10038
べしとも覚候はず」などぞかかれたる。二位殿は
これをみ【見】給ひて、とかうの事もの給はず、ふみを
ふところ【懐】にひき【引き】いれ【入れ】て、うつぶしにぞなられける。
まこと【誠】に心のうち、さこそはをはしけめとおし
はから【推し量ら】れて哀なり。さる程に、平大納言時忠卿
をはじめとして、平家一門の公卿殿上人より
あひ給ひて、御請文のおもむき【趣】僉議せらる。
二位殿は中将のふみをかほにおしあてて、人々の
P10039
なみゐたまへるうしろの障子をひきあけて、
大臣殿の御まへにたをれ【倒れ】ふし、なくなく【泣く泣く】の給ひける
は、「あの中将が京よりいひをこし【遣こし】たる事のむ
ざんさよ。げにも心のうちにいかばかりの事を
思ひゐたるらん。ただわれにおもひ【思ひ】ゆるして、
内侍所を宮こ【都】へかへしいれ【入れ】たてまつれ【奉れ】」との給へば、
大臣殿「誠に宗盛もさこそは存候へども、さすが
世のきこへ【聞え】もいふかいなう候。且)は頼朝がおもは【思は】ん
P10040
事もはづかしう候へば、左右なう内侍所をかへ
し入たてまつる【奉る】事はかなひ【叶ひ】P2250候まじ。其うへ、帝王
の世をたもた【保た】せ給ふ御事は、ひとへに内侍所の
御ゆへ【故】也。子のかなしいも様にこそより候へ。且)は
中将一人に、余の子ども、したしゐ【親しい】人々をば、さて
おぼしめし【思し召し】かへ【替へ】させ給べき歟」と申されければ、
二位殿かさねてのたまひけるは、「故入道にお
くれて後は、かた時も命いきてあるべしともお
P10041
もは【思は】ざりしかども、主上かやうにいつとなく
旅だたせ給ひたる御事の御心ぐるしさ、又君を
も御代にあらせまいらせ【参らせ】ばやなどおもふ【思ふ】ゆへ【故】に
こそ、いままでもながらへ【永らへ】てありつれ。中将一の
谷で生どりにせられぬとききし後は、肝
たましゐ【魂】も身にそはず。いかにしてこの世にて
いま一度あひみる【見る】べきとおもへども、夢にだに
みえ【見え】ねば、いとどむねせきて、ゆみづ【湯水】ものどへ
P10042
入られず。いまこのふみをみて後は、いよいよ思ひ
やりたる方もなし。中将世になき物ときかば、
われも同みちにおもむか【赴か】んと思ふ也。ふたたび
物をおもは【思は】ぬさきに、ただわれをうしなひ【失ひ】
給へ」とて、おめき【喚き】さけび【叫び】給へば、まこと【誠】にさこそは
おもひ【思ひ】給ふらめと哀におぼえて、人々涙をながし
つつ、みなふしめ【伏目】にぞなられける。新中納言
知盛の意見に申されけるは、「三種の神器を
P10043
都へかへし入たてま【奉つ】たりとも、重衡をかへし
給はらん事ありがたし。ただはばかりなくその様
を御請文に申さるべうや候らん」と申されけれ
ば、大臣殿「此儀尤もしかる【然る】べし」とP2251て、御請文申
されけり。二位殿はなくなく【泣く泣く】中将の御かへり事
かき給ひけるが、涙にくれて筆のたてどもお
ぼえねども、心ざしをしるべにて、御文こまごまと
かいて、重国にたび【賜び】にけり。北方大納言佐殿は、
P10044
ただなくより外の事なくて、つやつや御かへり
事もしたまはず。誠に御心のうちさこそは思ひ
給ふらめと、おしはから【推し量ら】れて哀也。重国も狩衣の
袖をしぼりつつ、なくなく【泣く泣く】御まへをまかりたつ。平
大納言時忠は、御坪のめし次花方をめし【召し】て、
「なんぢは花方歟」。「さん候」。「法皇の御使におほく【多く】
の浪路をしのいでこれまでまひり【参り】たるに、
一期が間のおもひでひとつあるべし」とて、花
P10045
方がつら【頬】に「浪方」といふやいじるし【焼印】おぞせ
られける。宮こ【都】へのぼりたりければ、法皇これを
御らんじて、「よしよしちからおよば【及ば】ず。浪方ともめせ【召せ】
かし」とて、わらは【笑は】せおはします。今月十四日の院
宣、同廿八日讃岐国八島の磯に致来。謹以て)承
るところ如件。
ただしこれにつゐ【付い】てかれを案ずるに、通盛卿
以下当家数輩、摂州一谷にして既に誅せられ
P10046
おはぬ。何ぞ重衡一人の寛宥を悦べきや。
夫我君は、故高倉院の御譲をうけさせ給ひ
て、御在位すでに四ケ年、政と堯舜の古風
をとぶらふところ【所】に、東夷北狄党をむすび、
群をなして入洛のあひだ、且)は幼P2252帝母后
の御なげき尤もふかく、且)は外戚近臣のい
きどをり【憤り】あさからざるによて、しばらく九
国に幸ず。還幸なからんにおいては、三種の神器
P10047
いかでか玉体をはなちたてまつる【奉る】べきや。それ臣は
君をもてこころとし、君は臣をもて体とす。君
やすければすなはち臣やすく、臣やすけれ
ばすなはち国やすし。君かみにうれふれば
臣しもにたのしまず。心中に愁あれば
体外によろこびなし。曩祖平将軍貞
盛、相馬小次郎将門を追討せしよりこの
かた、東八ケ国をしづめて子々孫々につたへ、
P10048
朝敵の謀臣を誅罰して、代々世々にいたる
まで朝家の聖運をまもり【守り】たてまつる【奉る】。しかれ
ば則亡父故太政大臣、保元・平治両度の
合戦の時、勅命ををもう【重う】して、私の命をか
ろう【軽う】す。ひとへに君の為にして、身のために
せず。就中彼頼朝は、去平治元年十二月、父
左馬頭義朝が謀反によて、頻に誅罰せ
らるべきよし仰下さるといへども、故入道
P10049
相国慈悲のあまり申なだめ【宥め】られしとこ
ろ【所】也。しかる【然る】に昔の洪恩をわすれ、芳意を
存ぜず、たちまちに狼羸の身をもて猥に
蜂起の乱をなす。至愚のはなはだしき
事申てあまりあり。早く神明の天罰
をまねき、ひそかに敗跡の損滅を期する者
歟。夫日月は一物の為にそのあきらかなること
をくらうせず。明王は一人がためにその法を
P10050
まげず。一悪をもて其善をすてず、P2253小瑕を
もて其功をおおふ【覆ふ】事なかれ。且)は当家数代
の奉公、且)は亡父数度の忠節、思食忘ずは
君かたじけなく四国の御幸あるべき歟。時に
臣等院宣をうけ給はり、ふたたび旧都にかへ【帰つ】て
会稽の恥をすすがん。若然らずは、鬼界・高
麗・天竺・震旦にいたるべし。悲哉、人王
八十一代の御宇にあたて、我朝神代の霊宝、
P10051
つゐに【遂に】むなしく異国のたからとなさん歟。よ
ろしくこれらのおもむき【趣】をもて、しかる【然る】べき様に
洩奏聞せしめ給へ。宗盛誠恐頓首謹言寿
永三年二月廿八日従一位平朝臣宗盛が請
文とこそかかれたれ。戒文S1005三位中将これをきい【聞い】て、
「さこそはあらんずれ。いかに一門の人々わるく
おもひけん」と後悔すれどもかひぞなき。げ
にも重衡卿一人ををしみて、さしもの我朝
P10052
の重宝三種の神器をかへし【返し】いれ【入れ】たてまつる【奉る】
べしともおぼえねば、この御請文のおもむき【趣】は、
兼てよりおもひ【思ひ】まうけ【設け】られたりしかども、いまだ
左右をP2254申されざりつる程は、なにとなう
いぶせくおもは【思は】れけるに、請文すでに到来して、
関東〔へ〕下向せらるべきにさだまりしかば、なん
のたのみ【頼み】もよはり【弱り】はてて、よろづ心ぼそう、宮
こ【都】の名残も今更おしう【惜しう】〔ぞ〕おもは【思は】れける。三位中
P10053
将、土肥二郎【*次郎】をめし【召し】て、「出家をせばやと思ふは
いかがあるべき」との給へば、実平このよしを九郎
御曹司に申す。院御所へ奏聞せられたりけ
れば、「頼朝に見せて後こそ、ともかうもはからは
め。只今は争かゆるすべき」と仰ければ、此よし
を申す。「さらば年ごろ契たりし聖に、今一
度対面して、後生の事を申談ぜばやとお
もふ【思ふ】はいかがすべき」との給へば、「聖をば誰と申候や
P10054
らん」。「黒谷の法然房と申人なり」。「さてはくるし
う【苦しう】候まじ」とて、ゆるしたてまつる【奉る】。中将なの
めならず悦て、聖を請じたてま【奉つ】て、なくなく【泣く泣く】
申されけるは、「今度いきながらとらはれて候けるは、
ふたたび上人の見参にまかり入るべきで候
けり。さても重衡が後生、いかがし候べき。身
の身にて候し程は、出仕にまぎれ、政務にほだ
され、■慢【*驕慢】の心のみふかくして、かつて当来の昇
P10055
沈をかへりみず。況や運つき、世みだれてより
このかたは、ここにたたかひ【戦ひ】、かしこにあらそひ、人
をほろぼし、身をたすからんとおもふ【思ふ】悪心のみ
遮て、善心はかつて発らず。就中に南都炎
上の事、王命といひ、武命といひ、君につ
かへ、世にしたがふP2255はう【法】のがれ【逃れ】がたくして、衆徒
の悪行をしづめんがためにまかりむか【向つ】て候し
程に、不慮に伽藍の滅亡に及候し事、力及ばぬ
P10056
次第にて候へども、時の大将軍にて候し上は、
せめ一人に帰すとかや申候なれば、重衡一人が
罪業にこそなり候ぬらめと覚え候。かつうはか
様【斯様】に人しれずかれこれ恥をさらし候も、し
かしながらそのむくひとのみこそおもひ【思ひ】しられ
て候へ。いまはかしらをそり、戒をたもち【保ち】なんとし
て、ひとへに仏道修行したう候へども、かかる
身にまかりなて候へば、心に心をもまかせ候はず、
P10057
けふあすともしらぬ身のゆくゑ【行方】にて候へば、いか
なる行を修して、一業たすかるべしともおぼ
えぬこそくちをしう候へ。倩ら一生の化行
をおもふ【思ふ】に、罪業は須弥よりもたかく、善業は
微塵ばかりも蓄へなし。かくてむなしく命
おはりなば、火穴湯の苦果、あへて疑なし。ね
がはくは、上人慈悲ををこし【起こし】あはれみを垂て、かかる
悪人のたすかりぬべき方法候者、しめし【示し】
P10058
給へ」。其時上人涙に咽で、しばしは物ものたまはず。
良久しうあて、「誠に受難き人身を受ながら、
むなしう三途にかへり給はん事、かなしんで
も猶あまりあり。しかる【然る】をいま穢土をいとひ、
浄土をねがは【願は】んに、悪心をすてて善心を発
しまさん事、三世の諸仏もさだめて随喜
し給ふべし。それについて、出離のみち【道】まちまち
なりといへども、末法濁乱の機には、称名をもP2256て
P10059
すぐれたりとす。心ざしを九品にわかち、行を
六字につづめて、いかなる愚智闇鈍の物も唱
ふるに便りあり。罪ふかければとて、卑下し
給ふべからず、十悪五逆廻心すれば往生をとぐ。
功徳すくなければとて望をたつ【絶つ】べからず、一念
十念の心を致せば来迎す。「専称名号至西方」
と尺して、専ら名号を称すれば、西方にいたる。
「念々称名常懺悔」とのべて、念々に弥陀を
P10060
唱ふれば、懺悔する也とおしへ【教へ】たり。「利剣即
是弥陀号」をたのめ【頼め】ば、魔閻ちかづか【近付か】ず。「一声称
念罪皆除」と念ずれば、罪みなのぞけりと見え
たり。浄土宗の至極、おのおの略を存じて、大
略これを肝心とす。ただし往生の得否は信心
の有無によるべし。ただふかく信じてゆめゆめ
疑をなし給ふべからず。若このおしへ【教へ】をふかく信
じて、行住坐臥時処諸縁をきらはず、三業
P10061
四威儀において、心念口称をわすれ給はずは、畢
命を期として、この苦域の界をいで【出で】て、彼不退
の土に往生し給はん事、何の疑かあらんや」と教
化し給ひければ、中将なのめならず悦て、「この
つゐでに戒をたもた【保た】ばやと存候は、出家仕り候
はではかなひ【叶ひ】候まじや」と申されければ、「出家せぬ
人も、戒をたもつ【保つ】事は世のつねのならひ【習ひ】也」とて、
額にかうぞり【髪剃】をあてて、そるまねをして、十戒
P10062
をさづけられければ、中将随喜の涙をながひ【流い】て、
これをうけたもち【保ち】給ふ。上人もよろづ物あはれ【哀】に
おぼえP2257て、かきくらす【暮す】心地して、なくなく【泣く泣く】戒をぞ
とか【説か】れける。御布施とおぼしくて、年ごろつねに
おはしてあそば【遊ば】れけるさぶらひ【侍】のもとにあづけ
をか【置か】れたりける御硯を、知時してめし【召し】よせて、上人
にたてまつり【奉り】、「これをば人にたび【賜び】候はで、つねに御
目のかかり候はんところ【所】におかれ候て、それがしが
P10063
物ぞかしと御らん【覧】ぜられ候はんたびごとに、おぼし
めし【思し召し】なずらへて、御念仏候べし。御ひまには、経をも
一巻御廻向候者、しかる【然る】べう候べし」など、なくなく【泣く泣く】申
されければ、上人とかうの返事にも及ばず、これ
をとてふところ【懐】にいれ【入れ】、墨染の袖をしぼり
つつ、なくなく【泣く泣く】かへり給ひけり。この硯は、親父入道
相国砂金をおほく【多く】宋朝の御門へたてまつり【奉り】
給ひたりければ、返報とおぼしくて、日本和田の
P10064
平大相国のもとへとて、おくら【送ら】れたりけるとかや。
名をば松蔭とぞ申ける。海道下S1006 さる程に、本三位中将
をば、鎌倉の前兵衛佐頼朝、しきりに申され
ければ、「さらばくださるべし」とて、土肥二郎【*次郎】実平
が手より、まづ九郎御曹司の宿所へわたし
たてまつる【奉る】。同三月十日、梶原平三景時にぐせ【具せ】
られて、鎌倉へこそP2258くだられけれ。西国よりいけ
どり【生捕り】にせられて、宮こ【都】へかへるだに口おしき【惜しき】に、
P10065
いつしか又関の東がし)へおもむか【赴か】れけん心のうち、をし
はから【推し量ら】れて哀也。四宮河原になりぬれば、ここは
むかし、延喜第四の王子蝉丸の関の嵐に心を
すまし【澄まし】、琵琶をひき給ひしに、伯雅【*博雅】の三位と
云し人、風のふく日もふかぬ日も、雨のふる夜も
ふらぬ夜も、三とせがあひだ、あゆみ【歩み】をはこび、た
ち【立ち】きき【聞き】て、彼の三曲をつたへけんわら屋のとこ【床】
のいにしへも、おもひ【思ひ】やられてあはれ【哀】也。合坂山【*逢坂山】を
P10066
うちこえて、勢田の唐橋駒もとどろにふみな
らし、ひばりあがれ【上がれ】る野路のさと、志賀の浦
浪春かけて、霞にくもる鏡山、比良の高根を
北にして、伊吹の嵩も近づきぬ。心をとむ【留む】とし
なけれども、あれて中々やさしきは、不破の
関屋の板びさし、いかに鳴海の塩ひがた【干瀉】、涙に
袖はしほれ【萎れ】つつ、彼在原のなにがしの、唐衣
きつつなれにしとながめけん、参川【*三河】の国八
P10067
橋にもなりぬれば、蛛手に物をと哀也。浜名の橋
をわたり給へば、松の梢に風さえ【冴え】て、入江にさはぐ【騒ぐ】
浪の音、さらでも旅は物うきに、心をつくす夕
まぐれ、池田の宿にもつき給ひぬ。彼宿の長者
ゆや【熊野】がむすめ、侍従がもとに其夜は宿せられけり。
侍従、三位中将を見たてま【奉つ】て、「昔はつてにだに
おもひ【思ひ】よらざりしに、けふはかかるところ【所】にいら【入ら】せ
給ふふしぎさ【不思議さ】よ」とて、一首の歌をたてまつる【奉る】。P2259
P10068
旅のそらはにふ【埴生】のこやのいぶせさに
ふるさといかにこひしかるらん W078
三位中将返事には、
故郷も恋しくもなしたびの空
宮こ【都】もつゐのすみかならねば W079
中将「やさしうもつかまたる物かな。この歌のぬ
しはいかなる物やらん」と御尋あり【有り】ければ、景時畏て
申けるは、「君はいまだしろしめさ【知ろし召さ】れ候はずや。あ
P10069
れこそ八島の大臣殿、当国のかみでわたらせ
給ひし時、めされまいらせ【参らせ】て、御最愛にて候しが、
老母をこれにとどめ【留め】をき、しきりにいとまを申
せども、給はらざりければ、比はやよひのはじめ
なりけるに、
いかにせん宮こ【都】の春もおしけれ【惜しけれ】ど
なれし吾妻の花やちるらん W080
と仕て、いとまを給てくだりて候し、海道一の
P10070
名人にて候へ」とぞ申ける。宮こ【都】をいで【出で】て日数ふ
れば、やよひもなか半すぎ、春もすでにくれなん
とす。遠山の花は残の雪かとみえ【見え】て、浦々
島々かすみわたり、こし方行末の事どもお
もひつづけ給ふに、「さればこれはいかなる宿業の
うたてさぞ」との給ひて、ただつきせぬ物は涙
なり。御子の一人もおはせぬ事を、母の二位殿
もなげき、北方大納言佐殿もほいなきこと
P10071
にして、よろづの神ほとけにいのり申され
けれども、そのしるしなし。「かしこうぞなかり
ける。子だにあらましかば、いかにP2260心ぐるしからん」
との給ひけるこそせめての事なれ。さや【小夜】の中山
にかかり給ふにも、又こゆべしともおぼえねば、
いとどあはれ【哀】のかずそひて、たもとぞいたくぬれ
まさる。宇都の山辺の蔦の道、心ぼそくも
うちこえて、手ごし【手越】をすぎてゆけば、北にとを
P10072
ざか【遠ざかつ】て、雪しろき【白き】山あり。とへば甲斐のしら根【白根】
といふ。其時三位中将おつる涙ををさへて、かう
ぞおもひ【思ひ】つづけ給ふ。
おしから【惜しから】ぬ命なれどもけふまでぞ
つれなきかひのしらね【白根】をもみつ W081
清見が関うちすぎて、富士のすそ野になり
ぬれば、北には青山峨々として、松吹風索々
たり。南には蒼海漫々として、岸うつ浪も茫々
P10073
たり。「恋せばやせぬべし、恋せずもあり【有り】けり」と、
明神のうたひ【歌ひ】はじめ給ひける足柄の山をも
うちこえて、こゆるぎ【小余綾】の森、まりこ河【鞠子河】、小磯、大井
そ【*大磯】の浦々、やつまと【八的】、とがみ【砥上】が原、御輿が崎をもう
ちすぎて、いそがぬ旅とおもへ【思へ】ども、日数やうやう
かさなれば、鎌倉へこそいり給へ。千手前S1007兵衛佐いそ
ぎ見参して、申されけるは、「抑君の御いき
どをり【憤り】をやすめたてP2261まつり、父の恥をきよめん
P10074
とおもひ【思ひ】たちしうへは、平家をほろぼさんの
案のうちに候へども、まさしくげんざん【見参】にいる
べしとは存ぜず候き。このぢやう【定】では、八島の
大臣殿の見参にも入ぬと覚候。抑南都を
ほろぼさせ給ひける事は、故太政入道殿の
仰にて候しか、又時にとての御ぱからひにて候
けるか。もての外の罪業にてこそ候なれ」と
申されければ、三位中将の給ひけるは、「まづ
P10075
南都炎上の事、故入道の成敗にもあらず、
重衡が愚意の発起にもあらず。衆徒の悪
行をしづめんが為にまかりむか【向つ】て候し程に、
不慮に伽藍滅亡に及候し事、力及ばぬ
次第也。昔は源平左右にあらそひて、朝家
の御まもり【守り】たりしかども、近比源氏の運かた
ぶきたりし事は、事あたらしう初めて
申べきにあらず。当家は保元・平治よりこの
P10076
かた、度々の朝敵をたいらげ【平げ】、勧賞身にあまり、
かたじけなく一天の君の御外戚として、一族
の昇進六十余人、廿余年のこのかたは、たのしみ
さかへ【栄え】申はかりなし。今又運つきぬれば、重衡
とらはれてこれまでくだり候ぬ。それについて、
帝王の御かたきをうたるものは、七代まで
朝恩うせ【失せ】ずと申事は、きはめたるひが
事にて候けり。まのあたり故入道は、君の
P10077
御ためにすでに命をうしなは【失は】んとする事度々
に及ぶ。されども纔に其身一代のさいはひ
にて、子孫かやうにまかりなるべしや。されば、
運つきて宮こ【都】を出P2262し後は、かばねを山野に
さらし、名を西海の浪にながすべしとこそ存
ぜしか。これまでくだるべしとは、かけてもおも
は【思は】ざりき。ただ先世の宿業こそ口惜候へ。
ただし「陰道【*殷湯】はかたい【夏台】にとらはれ、文王はゆうり【■里】に
P10078
とらはる」といふ文あり。上古猶かくのごとし。况や
末代においてをや。弓矢をとるならひ【習ひ】、敵の
手にかかて命をうしなふ事、またく恥にて
恥ならず、ただ芳恩には、とくとくかうべをはね
らるべし」とて、其後は物もの給はず。景時こ
れをうけ給は【承つ】て、「あぱれ大将軍や」とて涙
をながす。其座になみ居たる人々みな袖をぞ
ぬらしける。兵衛佐も、「平家を別して私の
P10079
かたきとおもひ【思ひ】たてまつる【奉る】事、ゆめゆめ候はず。
ただ帝王の仰こそおもう【重う】候へ」とぞの給ひける。
「南都をほろぼしたる伽藍のかたきなれば、大
衆さだめて申旨あらんずらん」とて、伊豆国
住人、狩野介宗茂にあづけらる。そのてい、冥途
にて娑婆世界の罪人を、なぬか【七日】なぬか【七日】に十王の
手にわたさるらんも、かくやとおぼえてあはれ【哀】也。
されども狩野介、なさけある物にて、いたくきび
P10080
しうもあたりたてまつら【奉ら】ず。やうやう【様々】にいたはり、
ゆどの【湯殿】しつらひなどして、御ゆ【湯】ひか【引か】せたてまつる【奉る】。
みち〔す〕がらのあせ【汗】いぶせかりつれば、身をきよめて
うしなは【失は】んずるにこそと思はれけるに、よはひ
廿ばかりなる女房の、色しろう【白う】きよげ【清気】にて、ま
こと【誠】にゆう【優】にP2263うつくしきが、めゆい【目結】のかたびら【帷子】に
そめつけ【染付】のゆまき【湯巻】して、ゆどののと【戸】をおし【押し】あ
けてまいり【参り】たり。又しばしあて、十四五ばかりなる
P10081
めのわらは【女童】の、こむらご【紺村濃】のかたびらきて、かみ【髪】はあ
こめだけ【袙丈】なるが、はんざうたらい【半挿盥】にくし【櫛】いれ【入れ】て、
もてまひり【参り】たり。この女房かいしやく【介錯】して、やや
久しうあみ【浴み】、かみ【髪】あらいなどしてあがり【上がり】給ひ
ぬ。さてかの女房いとま申てかへりけるが、「おとこ【男】
などはこちなう【骨無う】もぞおぼしめす【思し召す】。中々おんな【女】は
くるしから【苦しから】じとて、まいらせ【参らせ】られてさぶらふ。
「なに事でもおぼしめさ【思し召さ】ん御事をばうけ給は【承つ】て
P10082
申せ」とこそ兵衛佐殿は仰られ候つれ」。中将「いま
は是程の身になて、何事をか申すべき。ただお
もふ【思ふ】事とては出家ぞしたき」との給ひければ、かへ
りまい【参つ】てこのよしを申す。兵衛佐「それ思ひも
よらず。頼朝が私のかたきならばこそ。朝敵と
してあづかりたてま【奉つ】たる人なり。ゆめゆめあるべ
うもなし」とぞの給ひける。三位中将守護の
武士にの給ひけるは、「さても只今の女房は、ゆう【優】
P10083
なりつるものかな。名をば何といふやらん」ととは【問は】れけ
れば、「あれは手ごし【手越】の長者がむすめで候を、み
め【眉目】かたち心ざま、ゆう【優】にわりなきもので候とて、
この二三ねんめし【召し】つかは【使は】れ候が、名をば千手の前と
申候」とぞ申ける。その夕雨すこしふて、よろづ
物さびしかりけるに、件の女房、琵琶・琴もP2264たせ
てまいり【参り】たり。狩野介酒をすすめたてまつる【奉る】。
我身も家子郎等十余人ひき具してまいり【参り】、
P10084
御まへちかう候けり。千手の前酌をとる。三位
中将すこしうけて、いと興なげにてをはしける
を、狩野介申けるは、「かつきこしめさ【聞し召さ】れてもや
候らん。鎌倉殿の「相構てよくよくなぐさめまいら
せよ【参らせよ】。懈怠にて頼朝うらむ【恨む】な」と仰られ候。宗茂
はもと伊豆国のものにて候あひだ、鎌倉では旅に
候へども、心の及候はんほどは、奉公仕候べし。何事でも
申てすすめまいら【参ら】させ給へ」と申ければ、千手
P10085
酌をさしおいて、「羅綺の重衣たる、情ない事
を奇婦に妬」といふ朗詠を一両反したりければ、
三位中将の給ひけるは、「この朗詠せん人をば、北
野の天神一日に三度かけてまぼらんとちか
はせ給ふ也。されども重衡は、此生ではすてられ
給ひぬ。助音してもなにかせん。罪障かろみ
ぬべき事ならばしたがふべし」との給ひければ、
千手前やがて、「十悪といへども引摂す」といふ朗詠
P10086
をして、「極楽ねがは【願は】ん人はみな、弥陀の名号とな
ふべし」といふ今様を四五反うたひ【歌ひ】すまし【澄まし】たり
ければ、其時坏をかたぶけらる。千手前給はて狩野
介にさす。宗茂がのむ時に、琴をぞひきすま
し【澄まし】たる。三位中将の給ひけるは、「この楽をば普通
には五常楽といへども、重衡がためには後生楽と
こそ観ずべけれ。やがて往生の急をひか【弾か】ん」と
たはぶれ【戯れ】て、琵琶をとり、てんP2265じゆ【転手】をねぢて、
P10087
皇■〔の〕急をぞひかれける。夜やうやうふけて、よろ
づ心のすむ【澄む】ままに、「あら、おもは【思は】ずや、あづまにもこ
れほどゆう【優】なる人のあり【有り】けるよ。何事にても今
ひと【一】声」との給ひければ、千手前又「一樹のかげ
にやどりあひ、おなじながれをむすぶも、みなこれ
先世の契」といふ白拍子を、まこと【誠】におもしろく
かぞへすまし【澄まし】たりければ、中将も「燈闇しては、
数行虞氏の涙」といふ郎詠をぞせられける。た
P10088
とへばこの郎詠の心は、昔もろこしに、漢高祖と
楚項羽と位をあらそひて、合戦する事七十
二度、たたかい【戦ひ】ごとに項羽かちにけり。されどもつゐ
に【遂に】は項羽たたかい【戦ひ】まけてほろびける時、すい【騅】といふ
馬の、一日に千里をとぶに乗て、虞氏といふ后とと
もににげさらんとしけるに、馬いかがおもひ【思ひ】けん、
足をととのへてはたらか【働か】ず。項羽涙をながい【流い】て、「わが
威勢すでにすたれたり。いまはのがる【逃る】べきかた
P10089
なし。敵のおそふは事のかずならず、この后に別
なん事のかなしさよ」とて、夜もすがらなげきかな
しみ給ひけり。燈くらうなりければ、心ぼそうて
虞氏涙をながす。夜ふくるままに軍兵四面に時
をつくる。この心を橘相公の賦につくれるを、三位
中将思ひいでられたりしにや、いとやさしうぞ
きこえ【聞え】ける。さる程に夜もあけければ、武士ども
いとま申てまかりいづ。千手前もかへりP2266にけり。其朝
P10090
兵衛佐殿、境節持仏堂に法花経よう【読う】でをは
しけるところ【所】へ、千手前まいり【参り】たり。佐殿うち
ゑみ給ひて、千手に「中人は面白うしたる物を」と
の給へば、斎院次官親義、おりふし【折節】御前に物かい
て候けるが、「何事で候けるやらん」と申。「あの平家
の人々は、弓箭の外は他事なしとこそ日ごろは
おもひ【思ひ】たれば、この三位中将の琵琶のばちをと【撥音】、
口ずさみ、夜もすがらたちきい【聞い】て候に、ゆう【優】にわり
P10091
なき人にてをはしけり」。親義申けるは、「たれも
夜部うけ給はる【承る】べう候しが、おりふし【折節】いたはる事
候て、うけ給はら【承ら】ず候。此後は常にたちきき候べし。
平家はもとより代々の歌人才人達で候也。
先年此人々を花にたとへ候しに、この三位中将
をば牡丹の花にたとへて候しぞかし」と申されければ、
「誠にゆう【優】なる人にてあり【有り】けり」とて、琵琶の撥音、
朗詠のやう、後までも、有難き事にぞの給ひける。
P10092
千手前はなかなかに物思ひのたねとやなりにけん。
されば中将南都へわたされて、きられ給ひぬと
きこえ【聞え】しかば、やがてさまをかへ、こき墨染にやつれ
はて、信濃国善光寺におこなひすまし【澄まし】て、彼後
世菩提をとぶらひ、わが身も往生の素懐をとげ
けるとぞきこえ【聞え】し。P2267横笛S1008さる程に、小松の三位中将維盛
卿は、身がらは八島にありながら、心は都へかよはれけり。
ふるさとにとどめ【留め】おき給ひし北方おさなき【幼き】人々
P10093
の面影のみ、身に立そひて、わするるひまもなかり
ければ、「あるにかひなき我身かな」とて、元暦元年
三月十五日の暁、しのび【忍び】つつ八島のたち【館】をまぎれ
出て、与三兵衛重景・石童丸といふわらは【童】、舟に心
えたればとて武里と申とねり【舎人】、これら三人をめし【召し】
ぐし【具し】て、阿波国結城の浦より小舟にのり、鳴戸
浦をこぎとほり、紀伊路へおもむき【赴き】給ひけり。和
歌・吹上・衣通姫の神とあらはれ給へる玉津島の
P10094
明神、日前・国懸の御前をすぎて、紀伊の湊にこそ
つき給へ。「これより山づたひ【山伝ひ】に宮こ【都】へのぼて、恋しき
人々をいま一度み【見】もしみえ【見え】ばやとはおもへ【思へ】ども、本
三位中将のいけどり【生捕り】にせられて、大路をわたされ、
京・鎌倉、恥をさらすだに口おしき【惜しき】に、この身
さへとらはれて、父のかばねに血をあやさん事も
心うし」とて、千たび心はすすめども、心に心をから
かひて、高野の御山にまいら【参ら】れけり。高野にとし【年】
P10095
ごろしり【知り】給へる聖あり。三条の斎藤左衛門
大夫茂頼が子に、斎藤滝口時頼といひしもの也。
もとは小松殿の侍也。十三のとし本所へまいり【参り】
たP2268りけるが、建礼門院の雑仕横笛といふおんな【女】
あり、滝口これを最愛す。ちちこれをつたへきい【聞い】て、
「世にあらんもののむこ子【聟子】になして、出仕なんどをも心
やすうせさせんとすれば、世になき物を思ひそめ
て」と、あながちにいさめければ、滝口申けるは、「西王母と
P10096
きこえ【聞え】し人、昔はあて今はなし。東方朔と
いしものも、名をのみききて目にはみず。老少不定
の世のなかは、石火の光にことならず。たとひ人長
命といへども、七十八十をば過ず。そのうちに
身のさかん【盛】なる事はわづかに廿余年也。夢まぼ
ろしの世のなかに、みにくきものをかた【片】時もみて
なにかせん。おもは【思は】しき物をみんとすれば、父の命
をそむくに似たり。これ善知識也。しかじ、うき世
P10097
をいとひ、まこと【誠】の道に入なん」とて、十九の年もとど
りきて、嵯峨の往生院におこなひすまし【澄まし】て
ぞゐたりける。横笛これをつたへきい【聞い】て、「われを
こそすて【捨て】め、さまをさへかへけん事のうらめし
さ【恨めしさ】よ。たとひ世をばそむくとも、などかかくとしら【知ら】
せざらん。人こそ心つよくとも、尋てうらみ【恨み】ん」とお
もひ【思ひ】つつ、あるくれがた【暮方】に宮こ【都】をいで【出で】て、嵯峨の方へ
ぞあくがれゆく。ころはきさらぎ十日あまりの
P10098
事なれば、梅津の里の春風に、よそのにほひもな
つかしく、大井河の月影も、霞にこめておぼろ
也。一かたならぬあはれさも、たれゆへ【故】とこそおもひ【思ひ】
けめ。往生院とはきき【聞き】たれども、さだかにいP2269づれの
房ともしら【知ら】ざれば、ここにやすらひかしこにたた
ずみ、たづね【尋ね】かぬるぞむざん【無慙】なる。すみ【住み】あらしたる
僧坊に、念誦の声しけり。滝口入道が声ときき
なして、「わらはこそこれまで尋まひり【参り】たれ。さまの
P10099
かはりてをはすらんをも、今一度みたてまつら【奉ら】
ばや」と、具したりける女をもていはせければ、滝口
入道むね【胸】うちさはぎ【騒ぎ】、障子のひまよりのぞひ【覗ひ】てみ
れ【見れ】ば、まこと【誠】にたづね【尋ね】かねたるけしきいたはしう
おぼえて、いかなる道心者も心よはく【弱く】なりぬべし。やがて
人をいだし【出し】て、「またくこれにさる人なし。門たがへ【違へ】
てぞあるらん」とて、つゐに【遂に】あはでぞかへし【返し】ける。横笛
なさけなううらめしけれ【恨めしけれ】ども、ちからなう涙を
P10100
おさへてかへりけり。滝口入道、同宿の僧にあふ【逢う】て
申けるは、「これもよにしづかにて、念仏の障碍は
候はねども、あかで別し女に此すまひ【住ひ】をみえ【見え】て候へば、
たとひ一度は心つよくとも、又もしたふ事あら
ば、心もはたらき【働き】候ぬべし。いとま申て」とて、
嵯峨をば出て、高野へのぼり、清浄心院にぞ
ゐたりける。横笛もさまをかへたるよしきこえ【聞え】
しかば、滝口入道一首のうたをおくり【送り】けり。
P10101
そる【剃る】まではうらみ【恨み】しかどもあづさ弓
まこと【誠】の道に入ぞうれしき W082
横笛がかへり事には、
そる【剃る】とてもなにかうらみ【恨み】んあづさ弓
ひきとどむべき心ならねば W083 P2270
よこぶゑ【横笛】はそのおもひ【思ひ】のつもりにや、奈良の法花
寺にあり【有り】けるが、いく程もなくて、つゐに【遂に】はかなく【果敢く】な
りにけり。滝口入道、か様【斯様】の事をつたへきき、いよいよ
P10102
ふかくおこなひすまし【澄まし】てゐたりければ、父も不
孝をゆるしけり。したしき物どもみなもち
ゐて、高野の聖とぞ申ける。三位中将これに尋
あひてみ【見】給へば、都に候し時は、布衣に立烏帽子、
衣文をつくろひ、鬢をなで、花やかなりしおの
こ【男】也。出家の後はけふはじめてみ【見】給ふに、いまだ
卅にもならぬが、老僧姿にやせ衰へ、こき墨染
におなじ袈裟、おもひいれ【思ひ入れ】たる道心者、浦山
P10103
しくやおもは【思は】れけん。晉の七賢、漢の四皓がすみ
けん商山・竹林のありさまも、これにはすぎじ
とぞ見えし。高野巻S1009滝口入道、三位中将をみ【見】たてま【奉つ】て、
「こはうつつともおぼえ候はぬ物かな。八島よりこれ
までは、なにとしてのがれ【逃れ】させ給て候やらん」と
申ければ、三位中将の給ひけるは、「さればこそ。
人なみなみに宮こ【都】をいで【出で】て、西国へおち【落ち】くだり
たりしかども、ふるさとにとどめ【留め】をきしおさ
P10104
なき【幼き】物共の恋しさ、いつ忘るP2271べしともおぼえ
ねば、その物おもふ【思ふ】けしきのいは【言は】ぬにしるく
やみえ【見え】けん、おほい殿も二位殿も、「この人は池の
大納言のやうにふた心あり」などとて思ひへだ
て給しかば、あるにかひなき我身かなと、いとど
心もとどまら【留まら】で、あくがれいで【出で】て、これまではのが
れ【逃れ】たる也。いかにもして山づたひ【山伝ひ】に都へのぼて、
恋しき物どもを今一度見もしみえ【見え】ばやとは
P10105
おもへ【思へ】ども、本三位中将の事口惜ければ、それ
もかなは【叶は】ず。おなじくはこれにて出家して、火
のなか水の底へもいらばやとおもふ【思ふ】也。ただし
熊野へまいら【参ら】んとおもふ【思ふ】宿願あり」との給へば、
「夢まぼろしの世の中は、とてもかくても候
なん。ながき世のやみこそ心うかるべう候へ」
とぞ申ける。やがて滝口入道先達にて、堂々
巡礼して、奥の院へまいり【参り】給ふ。高野山は
P10106
帝城を避て二百里、京里をはなれて無人声、
清嵐【*青嵐】梢をならして、夕日の影しづかなり。八葉
の嶺、八の谷、まこと【誠】に心もすみ【澄み】ぬべし。花の
色は林霧のそこにほころび、鈴のをと【音】は尾上
の雲にひびけり。瓦に松おひ、墻に苔むして、
星霜久しくおぼえたり。抑延喜の御門の
御時、御夢想の御告あて、ひわだ【桧皮】色の御衣を
まいらせ【参らせ】られしに、勅使中納言資隆卿、般若寺
P10107
の僧正観賢をあひぐして、此御山にまいり【参り】、
御廟の扉をひらいて、御衣をきせたてまつら【奉ら】んP2272と
しけるに、霧あつくへだたて、大師をがま【拝ま】れさせ
給はず。ここに観賢ふかく愁涙して、「われ悲母
の胎内を出て、師匠の室に入しよりこの
かた、いまだ禁戒を犯ぜず。さればなどかおがみ【拝み】
たてまつら【奉ら】ざらん」とて、五体を地に投げ、発露啼
泣し給ひしかば、やうやう霧はれて、月の出るが
P10108
如くして、大師をがま【拝ま】れ給ひけり。時に観賢
随喜の涙をながひ【流い】て、御衣をきせたてまつる【奉る】。御ぐし【髪】
のながくおひさせ給ひたりしかば、そり【剃り】たて
まつる【奉る】こそ目出たけれ。勅使と僧正とはおがみ【拝み】た
てまつり【奉り】給へども、僧正の弟子石山の内供淳祐、
其時はいまだ童形にて供奉せられたりけるが、
大師ををがみ【拝み】たてまつら【奉ら】ずしてなげきしづんで
をはしけるが、僧正手をとて、大師の御ひざに
P10109
おしあてられたりければ、其手一期があひだ
かうばしかり【香ばしかり】けるとかや。そのうつり香は、石山の
聖教にうつ【移つ】て、いまにありとぞうけ給はる【承る】。大師、
御門の御返事に申させ給ひけるは、「われ昔
薩■にあひて、まのあたりことごとく【悉く】印明をつ
たふ。無比の誓願ををこし【起こし】て、辺地の異域に侍
べり。昼夜に万民をあはれんで、普賢の悲願に
住す。肉身に三昧を証じて、慈氏の下生をまつ」
P10110
とぞ申させ給ひける。彼摩訶迦葉の■足
の洞に籠て、しづ【翅都】の春風を期し給ふらんも、
かくやとぞおぼえける。御入定は承和二年三
月廿一日、寅の一点の事なれば、すぎにし方も
三百余歳、行末P2273も猶五十六億七千万歳の後、
慈尊出世三会の暁をまたせ給らんこそ久
しけれ。維盛出家S1010 「維盛が身のいつとなく、雪山の鳥のなく【鳴く】
らんやうに、けふよあすよとおもふ物を」とて、涙ぐみ
P10111
給ふぞ哀なる。塩風にくろみ、つきせぬ物思ひ
にやせおとろへて、その人とはみえ【見え】給はねども、
猶よ【世】の人にはすぐれ給へり。其夜は滝口入道
が庵室にかへ【帰つ】て、よもすがら昔今の物がたりをぞ
し給ひける。聖が行儀をみ【見】給へば、至極甚深
の床の上には、真理の玉をみがくらんとみえ【見え】て、
後夜晨朝の鐘の声には、生死の眠をさま
すらんとも覚たり。のがれ【逃れ】ぬべくはかくても
P10112
あらまほしうや思はれけん。あけぬれば東
禅院の智覚上人と申ける聖を請じたて
ま【奉つ】て、出家せんとし給ひけるが、与三兵衛・石
童丸をめし【召し】ての給ひけるは、「維盛こそ人し
れぬおもひ【思ひ】を身にそへ【添へ】ながら、みち【道】せばう【狭う】のがれ【逃れ】
がたき身なれば、むなしうなるとも、このごろは
世にある人こそおほけれ【多けれ】、なんぢらはいかなるあり
さまをしても、などかすぎ【過ぎ】ざるべき。われいかにも
P10113
ならんやうを見はてて、いそぎ宮こ【都】へのぼり、
おのおのが身をもたすけ【助け】、かつうは妻子をも
はP2274ぐくみ、かつうは又維盛が後生をもとぶらへ
かし」との給へば、二人の物どもさめざめとないて、し
ばしは御返事にも及ばず。ややあて、与三兵衛涙
ををさへて申けるは、「重景が父、与三左衛門景康
は、平治の逆乱の時、故殿の御共に候けるが、二条堀
河のへんにて、鎌田兵衛にくん【組ん】で、悪源太に
P10114
うた【討た】れ候ぬ。重景もなじかはおとり候べき。其時は
二歳にまかりなり候ければ、すこしもおぼえ
候はず。母には七歳でおくれ候ぬ。あはれ【哀】をかくべき
したしい【親しい】物一人も候はざりしかども、故大臣殿、
「あれはわが命にかはりたりし物の子なれば」とて、
御まへにてそだて【育て】られまいらせ【参らせ】、生年九と申
し時、君の御元服候し夜、かしらをとり【取り】あげ【上げ】
られまいらせ【参らせ】て、かたじけなく、「盛の字は家
P10115
字なれば五代につく。重の字を松王に」と仰
候て、重景とはつけられまいらせ【参らせ】て候也。父のよう
で死候けるも、我身の冥加と覚候。随分同齢
どもにも芳心せられてこそまかりすぎ候しか。
されば御臨終の御時も、此世の事をばおぼし
めし【思し召し】すて【捨て】て、一事も仰候はざりしかども、重
景御まへちかう【近う】めされて、「あなむざんや。なんぢは
重盛を父がかたみとおもひ【思ひ】、重盛は汝を景康が
P10116
形見とおもひ【思ひ】てこそすごしつれ。今度の除目
に靭負尉になして、おのれ【己】が父景康をよびし
様にめさばやとこそおもひつるに、むなしうなる
こそかなしけれ。相構て少将殿の心にたがふ【違ふ】な」とP2275
こそ仰候しか。さればこの日ごろは、いかなる御事
も候はんには、みすてまいらせ【参らせ】て落べき物とおぼ
しめし【思し召し】候けるか。御心のうちこそはづかしう候へ。「こ
のごろは世にある人こそおほけれ【多けれ】」と仰かうぶり候
P10117
は、当時のごとくは源氏の郎等どもこそ候なれ。
君の神にも仏にもならせ給ひ候なん後、たのし
みさかへ【栄え】候とも、千年の齢をふるべきか。たとひ
万年をたもつ【保つ】とも、つゐに【遂に】はおはりのなかるべき
か。これにすぎたる善知識、なに事か候べき」とて、
手づからもとどりきて、なくなく【泣く泣く】滝口入道にそら
せけり。石童丸もこれをみて、もとゆい【元結】ぎはより
かみ【髪】をきる。これも八よりつきたてま【奉つ】て、重景にも
P10118
おとらず不便にし給ひければ、おなじく滝口
入道にそらせけり。これらがか様【斯様】に先達てなる
をみ【見】給ふにつけても、いとど心ぼそうぞおぼし
めす【思し召す】。さてもあるべきならねば、「流転三界中、
恩愛不能断、棄恩入無為、真実報恩者」と
三反唱へ給ひて、つゐに【遂に】そりおろし給てげり。
「あはれ、かはらぬすがたを恋しき物どもに今一度
みえ【見え】もし、見て後かくもならば、おもふ【思ふ】事あらじ」と
P10119
の給ひけるこそ罪ふかけれ。三位中将も兵衛
入道も同年にて、ことしは廿七歳也。石童丸は
十八にぞなりける。とねり武里をめし【召し】て、「おの
れ【己】はとうとう【疾う疾う】これより八島へかへれ。宮こ【都】へはP2276のぼる
べからず。そのゆへ【故】は、つゐに【遂に】はかくれあるまじけれども、
まさしうこのありさまをきい【聞い】ては、やがてさまを
もかへんずらんとおぼゆるぞ。八島へまい【参つ】て人々
に申さんずるやうはよな、「かつ御らん候しやうに、
P10120
大方の世間も物うきやうにまかりなり候き。
よろづあぢきなさもかずそひ【添ひ】てみえ【見え】候しかば、
おのおのにもしられまいらせ【参らせ】候はで、かくなり候ぬ。
西国で左の中将うせ候ぬ。一谷で備中守う
た【討た】れ候ぬ。われさへかくなり候ぬれば、いかにをのをの【各々】
たよりなうおぼしめさ【思し召さ】れ候はんずらんと、それ
のみこそ心ぐるしう思ひまいらせ【参らせ】候へ。抑唐皮
といふ鎧、小烏といふ太刀は、平将軍貞盛より
P10121
当家につたへて、維盛までは嫡々九代にあひ
あたる。もし不思議にて世もたちなをらば、六代に
たぶべし」と申せ」とこその給ひけれ。とねり武
里「君のいかにもならせをはしまさんやうを見
まいらせ【参らせ】て後こそ、八島へもまいり【参り】候はめ」と申ければ、
「さらば」とてめし【召し】ぐせ【具せ】らる。滝口入道をも善知識
のために具せられけり。山伏修行者のやうにて
高野をばいで【出で】、同国のうち山東へこそ出られ
P10122
けれ。藤代の王子を初として、王子王子ふし
をがみ【拝み】、まいり【参り】給ふ程に、千里の浜の北、岩代の王子の
御前にて、狩装束したる物七八騎が程ゆきあひ
たてまつる【奉る】。すでにからめとられなんずとおぼして、
おのおの腰の刀に手をかけて、腹をきP2277らんとし
給ひけるが、ちかづき【近付き】けれども、あやまつべき気
しきもなくて、いそぎ馬よりおり、ふかう【深う】かしこ
まてとほり【通り】ければ、「みしりたる物にこそ。たれ
P10123
なるらん」とあやしくて、いとど足ばやにさし
給ふ程に、これは当国の住人、湯浅権守宗重が
子に、湯浅七郎兵衛宗光といふもの也。郎等ども
「これはいかなる人にて候やらん」と申ければ、七郎
兵衛涙をはらはらとながい【流い】て、「あら、事もかたじけ
なや。あれこそ小松大臣殿の御嫡子、三位中将
殿よ。八島よりこれまでは、なにとしてのがれ【逃れ】さ
せ給ひたりけるぞや。はや御さまをかへさせ給て
P10124
げり。与三兵衛、石童丸も同じく出家して
御共申たり。ちかうまい【参つ】てげざん【見参】にも入たかり
つれども、はばかりもぞおぼしめす【思し召す】とてとほり【通り】
ぬ。あなあはれ【哀】の御ありさまや」とて、袖をかほに
おしあてて、さめざめとなき【泣き】ければ、郎等どもも
みな涙をぞながしける。熊野参詣S1011やうやうさし給ふ程に、
日数ふれば、岩田河にもかかり給ひけり。「この
河のながれを一度もわたるものは、悪業煩悩無
P10125
始の罪障きゆ【消ゆ】なる物を」と、たのもしう【頼もしう】P2278ぞおぼし
ける。本宮にまいり【参り】つき、証誠殿の御まへに
つゐゐ給ひつつ、しばらく法施まいらせ【参らせ】て、御山
のやうををがみ【拝み】給ふに、心も詞もおよば【及ば】れず。大悲
擁護の霞は、熊野山にたなびき、霊験無双
の神明は、おとなし河【音無河】に跡をたる。一乗修行の
岸には、感応の月くまもなく、六根懺悔の庭には、
妄想の露もむすばず。いづれもいづれもたのもし
P10126
から【頼もしから】ずといふ事なし。夜ふけ人しづまて、啓白
し給ふに、父のおとどのこの御前にて、「命をめし【召し】
て後世をたすけ【助け】給へ」と申されける事までも、
おぼしめし【思し召し】いで【出で】て哀也。「本地阿弥陀如来にてま
します。摂取不捨の本願あやまたず、浄土
へみちびき給へ」と申されける。なかにも「ふるさとに
とどめ【留め】おきし妻子安穏に」といのられけるこそ
かなしけれ。うき世をいとひ、まこと【誠】の道に入給へども、
P10127
妄執は猶つきずとおぼえて哀なりし事共也。
あけぬれば、本宮より舟にのり、新宮へぞまいら【参ら】
れける。かん【神】のくら【蔵】をおがみ【拝み】給ふに、巌松たかくそ
びへ【聳え】て、嵐妄想の夢を破り、流水きよく
ながれて、浪塵埃の垢をすすぐらんとも覚へ
たり。明日の社ふしをがみ【拝み】、佐野の松原さしす
ぎて、那智の御山にまいり【参り】給ふ。三重に漲りお
つる滝の水、数千丈までよぢのぼり、観音の
P10128
霊像は岩の上にあらはれて、補陀落山ともいつ
べし。霞の底には法花読誦の声きこゆ、霊鷲
山とも申つべし。抑権現当山に跡を垂させま
しP2279ましてよりこのかた、我朝の貴賎上下歩を
はこび、かうべをかたむけ、たな心をあはせて、利生に
あづからずといふ事なし。僧侶されば甍をなら
べ、道俗袖をつらねたり。寛和夏の比、花山の
法皇十善の帝位をのがれ【逃れ】させ給ひて、九品の
P10129
浄刹ををこなは【行なは】せ給ひけん、御庵室の旧跡に
は、昔をしのぶ【忍ぶ】とおぼしくて、老木の桜ぞさきに
ける。那智ごもりの僧共のなかに、この三位中将
をよくよく見しりたてま【奉つ】たるとおぼしくて、同
行にかたりけるは、「ここなる修行者をいかなる人
やらんとおもひたれば、小松のおほいとのの御嫡子、
三位中将殿にておはしけるぞや。あの殿のいま
だ四位少将ときこえ【聞え】給ひし安元の春比、法住
P10130
寺殿にて五十御賀のありしに、父小松殿は内
大臣の左大将にてまします、伯父宗盛卿は大
納言の右大将にて、階下に着座せられたり。其外
三位中将知盛・頭中将重衡以下一門の人々、けふ
を晴とときめき給ひて、垣代に立給ひしなか
より、此三位中将、桜の花をかざして青海波
をまう【舞う】て出られたりしかば、露に媚たる花の
御姿、風に翻る舞の袖、地をてらし天もかかやく
P10131
ばかり也。女院より関白殿を御使にて御衣を
かけられしかば、父の大臣座をたち、これを給はて
右の肩にかけ、院を拝したてまつり【奉り】給ふ。面目
たぐひすくなうぞみえ【見え】し。かたえの殿上人、いかP2280
ばかり浦山しうおもは【思は】れけん。内裏の女房達の
なかには、「深山木のなかの桜梅とこそおぼゆれ」
などいはれ給し人ぞかし。只今大臣の大将
待かけ給へる人とこそ見たてまつり【奉り】しに、けふはかく
P10132
やつれはて給へる御ありさま、かねて【予て】はおもひ【思ひ】よら
ざしをや。うつればかはる世のならひ【習ひ】とはいひながら、
哀なる御事かな」とて、袖をかほにおしあててさめざめ
となきければ、いくらもなみゐたりける那知【*那智】ごもり
の僧どもも、みなうち衣【裏衣】の袖をぞぬらしける。維盛入水S1012三の
山の参詣事ゆへ【故】なくとげ給ひしかば、浜の宮
と申王子の御まへより、一葉の舟に棹さして、
万里の蒼海にうかび給ふ。はるかのおき【沖】に山なり【山成】
P10133
の島といふ所あり。それに舟をこぎよせさせ、
岸にあがり【上がり】、大なる松の木をけづて、中将銘跡
をかき【書き】つけらる。「祖父太政大臣平朝臣そん)清盛
公、法名浄海、親父内大臣左大将重盛公、法名
浄蓮、三位中将維盛、法名浄円、生年廿七
歳、寿永三年三月廿八日、那智[B ノ]奥にて入水
す」とかきつけて、又奥へぞこぎいで給ふ。思き
りたる道なれども、今はの時になりぬれば、心ぼそう
P10134
かなしからP2281ずといふ事なし。比は三月廿八日の事
なれば、海路はるかにかすみわたり、あはれをもよほす
たぐひ也。ただ大方の春だにも、くれ行空は物
うきに、况やけふをかぎりの事なれば、さこそ
は心ぼそかりけめ。奥の釣舟の浪にきえ入やう
におぼゆるが、さすがしづみもはてぬをみ【見】給ふ
にも、我身のうへとやおぼしけん。おの【己】が一つら
ひきつれて、今はとかへる雁が音の、越路をさして
P10135
なきゆくも、ふるさとへことづけせまほしく、蘇武
が胡国の恨まで、おもひ【思ひ】のこせるくまもなし。
「さればこは何事ぞ。猶妄執のつきぬにこそ」と
おぼしめし【思し召し】かへして、西にむかひ【向ひ】手をあはせ、念
仏し給ふ心のうちにも、「すでに只今をかぎり
とは、都にはいかでかしるべきなれば、風のたより
のことつて【言伝】も、いまやいまやとこそまたんずらめ。
つゐに【遂に】はかくれ【隠】あるまじければ、此世になき
P10136
ものときい【聞い】て、いかばかりかなげかんずらん」など思
つづけられ給へば、念仏をとどめ【留め】て、合掌をみ
だり、聖にむか【向つ】ての給ひけるは、「あはれ人の身に妻
子といふ物をばもつまじかりける物かな。此世にて
物をおもは【思は】するのみならず、後世菩提のさま
たげとなりけるくちおしさ【口惜しさ】よ。只今もおも
ひ【思ひ】いづる【出づる】ぞや。かやうの事を心中にのこせば、
罪ふかからんなるあひだ、懺悔する也」とぞのたまひ
P10137
ける。聖もあはれ【哀】におぼえけれども、われさへ心よ
はく【弱く】てはかなは【叶は】じとおもひ【思ひ】、涙をし【押し】のP2282ごひ、さら
ぬていにもてないて申けるは、「まこと【誠】にさこそは
おぼしめさ【思し召さ】れ候らめ。たかき【高き】もいやしきも、恩愛
の道はちからおよば【及ば】ぬ事也。なかにも夫妻は一
夜の枕をならぶるも、五百生の宿縁と申候へば、
先世の契あさからず。生者必滅、会者定離は
うき世の習にて候也。末の露もとのしづくの
P10138
ためし【例】あれば、たとひ遅速の不同はありとも、
おくれさきだつ【先立つ】御別、つゐに【遂に】なくてしもや候
べき。彼離山宮の秋の夕の契も、つゐに【遂に】は、
心をくだくはしとなり、甘泉殿の生前の恩
も、をはりなきにしもあらず。松子・梅生、生
涯の恨あり。等覚・十地、なを【猶】生死のおき
てにしたがふ。たとひ君長生のたのしみにほ
こり給ふとも、この御なげきはのがれ【逃れ】させ給ふ
P10139
べからず。たとひ又百年のよわひをたもち【保ち】
給ふとも、この御恨はただおなじ事とおぼし
めさ【思し召さ】るべし。第六天の魔王といふ外道は、欲
界の六天をわがものと領じて、なかにも此界の
衆生の生死をはなるる事をおしみ【惜しみ】、或は妻
となり、或は夫となて、これをさまたぐるに、三世
の諸仏は、一切衆生を一子の如におぼしめし【思し召し】て、
極楽浄土の不退の土にすすめ【進め】いれ【入れ】んとし給ふに、
P10140
妻子といふものが、無始曠劫よりこのかた生死に
流転するきづななるがゆへ【故】に、仏はおもう【重う】いま
しめ給ふ也。さればとて御心よわう【弱う】おぼしめす
べからず。源氏[B ノ]先祖伊与【*伊予】入道頼義は、勅命に
よて奥州のゑびす【夷】貞任・宗任P2283をせめ【攻め】んとて、
十二年があひだに人の頸をきる事一万六千
人、山野の獣、江河の鱗、其いのちをたつ事
いく千万といふかずをしら【知ら】ず。されども、終焉の
P10141
時、一念の菩提心ををこし【起こし】しによて、往生の素懐
をとげたりとこそうけ給はれ【承れ】。就中に、出家の
功徳莫大なれば、先世の罪障みなほろび給
ひぬらん。たとひ人あて七宝の塔をたてん
事、たかさ卅三天にいたるとも、一日の出家の
功徳には及ベからず。たとひ又百千歳の間
百羅漢を供養したらん功徳も、一日の出家の
功徳には及べからずととか【説か】れたり。つみふかかり【深かり】し
P10142
頼義、心のたけきゆへ【故】に往生とぐ。させる御罪
業ましまさざらんに、などか浄土へまいり【参り】給はざるべ
き。其上当山権現は本地阿弥陀如来にて
まします。はじめ無三悪趣の願より、おはり
得三宝忍の願にいたるまで、一々の誓願、衆生
化度の願ならずといふ事なし。なかにも第十八
の願には「設我得仏、十方衆生、至心信楽、欲生我
国、乃至十念、若不生者、不取正覚」ととか【説か】れ
P10143
たれば、一念十念のたのみ【頼み】あり。ただふかく信
じて、ゆめゆめ疑ひをなし給ふべからず。無二の
懇念をいたし【致し】て、若は十反、若は一反も唱給ふ
物ならば、弥陀如来、六十万億那由多恒河沙
の御身をつづめ、丈六八尺の御かたちにて、観音
勢至無数の聖衆、化仏菩薩、百重千重に
囲繞し、伎楽歌詠じて、只今極楽の東門をい
で【出で】て来迎し給はんずれば、P2284御身こそ蒼海の底に沈
P10144
とおぼしめさ【思し召さ】るとも、紫雲のうへにのぼり給ふべし。
成仏得脱してさとりをひらき給ひなば、娑婆
の故郷にたちかへ【帰つ】て妻子を道びき給はん事、還
来穢国度人天、すこしも疑あるべからず」とて、かね【鐘】
うちならしてすすめたてまつる【奉る】。中将しかる【然る】べき
善知識かなとおぼしめし【思し召し】、忽に妄念をひる
がへして、高声〔に〕念仏百反ばかりとなへつつ、「南
無」と唱る声とともに、海へぞ入給ひける。兵衛入
P10145
道も石童丸も、同じく御名をとなへつつ、つづ
ゐ【続い】て海へぞ入にける。三日平氏S1013とねり武里もおなじく
入らんとしけるを、聖とりとどめ【留め】ければ、ちからおよ
ばず。「いかにうたてくも、御遺言をばたがへ【違へ】たてま
つら【奉ら】んとするぞ。下臈こそ猶もうたてけれ。今は
ただ後世をとぶらひたてまつれ【奉れ】」と、なくなく【泣く泣く】教訓
しけれども、おくれたてまつる【奉る】かなしさに、後の御
孝養の事もおぼえず、ふなぞこにふしまろび、お
P10146
めき【喚き】さけび【叫び】けるありさまは、むかし悉太太子【*悉達太子】の
檀徳山【*檀特山】に入せ給ひし時、しやのく【車匿】とねり【舎人】がこん
でい【■陟】駒を給はて、王宮にかへりしかなしP2285み【悲しみ】も、これ
にはすぎじとぞみえ【見え】し。しばしは舟ををし【押し】ま
はして、うき【浮き】もやあがり給ふとみけれども、
三人ともにふかくしづんでみえ【見え】給はず。いつしか
経よみ念仏して、「過去聖霊一仏浄土へ」と廻向
しけるこそ哀なれ。さる程に、夕陽西に傾き、
P10147
海上もくらくなりければ、名残はつきせずお
もへ【思へ】ども、むなしき舟をこぎかへる。とわたる舟
のかゐのしづく、聖が袖よりつたふ涙、わきて
いづれもみえ【見え】ざりけり。聖は高野へかへりのぼる。
武里はなくなく八島へまいり【参り】けり。御弟新三位中
将殿に御ふみ【文】とり【取り】いだし【出し】てまいらせ【参らせ】たりければ、
「あな心う、わがたのみ【頼み】たてまつる【奉る】程は、人は思ひ
給はざりける口惜さよ。池[B ノ]大納言のやうに
P10148
頼朝に心をかよはし【通はし】て、都へこそおはしたるらめ
とて、大臣殿も二位殿も、我等にも心をおき
給ひつるに、されば那知【*那智】の奥にて身をなげて
ましますごさんなれ。さらばひきぐして一
所にも沈み給はで、ところどころ【所々】にふさん事こそか
なしけれ。御詞にて仰らるる事はなかりしか」
ととひ給へば、「申せと候しは「西国にて左の
中将殿うせさせ給候ぬ。一谷で備中守殿う
P10149
せ給候ぬ。我さへかくなり候ぬれば、いかにたより
なうおぼしめさ【思し召さ】れ候はんずらんと、それのみこそ
心ぐるしう思まいらせ【参らせ】候へ」。唐皮・小烏の事
までもこまごまと申たりければ、「今は我とても
ながらふ【永らふ】べしとも不覚」とて、袖P2286をかほにをし【押し】
あててさめざめとなき給ふぞ、まこと【誠】に事はり【理】と
おぼえて哀なる。故三位中将殿にゆゆしく
に【似】たまひたりければ、みる【見る】人涙をながしけり。
P10150
さぶらひどもはさしつどひ【集ひ】て、只なくより外の
事ぞなき。大臣殿も二位殿も、「この人は池
の大納言のやうに、頼朝に心をかよはし【通はし】て、都へと
こそおもひ【思ひ】たれば、さはおはせざりける物を」とて、
今更又なげきかなしみ給ひけり。四月一日、
鎌倉前兵衛佐頼朝、正下の四位し給ふ。もとは
従下の五位にてありしに、五階をこえ給ふこそ
ゆゆしけれ。これは木曾左馬頭義仲追討の
P10151
賞とぞきこえ【聞え】し。同三日、崇徳院を神とあ
がめたてまつる【奉る】べしとて、むかし御合戦ありし
大炊御門が末に社をたてて、宮うつしあり。院の
御沙汰にて、内裏にはしろしめされずとぞきこ
え【聞え】し。五月四日、池[B ノ]大納言関東へ下向。兵衛佐「御
かたをばまたくおろかに思まいらせ【参らせ】候はず。ただ故
池殿のわたらせ給ふとこそ存候へ。故尼御
前の御恩をば大納言殿に報じたてまつら【奉ら】ん」と
P10152
たびたび誓状をもて申されければ、一門をもひき
わかれておち【落ち】とどまり給ひたりけるが、「兵衛佐
ばかりこそかうはおもはれけれども、自余の源氏
どもはいかがあらんずらん」と、肝たましひをけすP2287
より外の事なくておはしけるが、鎌倉より
「故尼御前をみたてまつる【奉る】と存て、とくとく
げざん【見参】に入候はん」と申されたりければ、大納言
くだり給ひけり。弥平兵衛宗清といふさぶらい
P10153
あり。相伝専一のものなりけるが、あひぐし【具し】ても
くだらず。「いかに」ととひ給へば、「今度の御ともはつか
まつらじと存候。其ゆへ【故】は、君こそかくてわたらせ
給へども、御一家の君達の、西海の浪のうへにただ
よはせ給ふ御事の心うくおぼえて、いまだ安堵し
ても存候はねば、心すこしおとし【落し】すゑ【据ゑ】て、おさま【追つ様】に
まいり【参り】候べし」とぞ申ける。大納言にがにが【苦々】しうはづ
かしうおもひ【思ひ】給ひて、「一門をひきわかれてのこり【残り】
P10154
とどま【留まつ】たる事は、我身ながらいみじとはおもは【思は】
ねども、さすが身もすてがたう、命もをしければ、
なまじゐにとどまりにき。そのうへは又くだら
ざるべきにもあらず。はるかの旅におもむくに、
いかでか見おくら【送ら】であるべき。うけ【請け】ず思はば、おち【落ち】
とどま【留まつ】し時はなどさはいはざしぞ。大小事一向
なんぢにこそいひ【言ひ】あはせ【合せ】しか」との給へば、宗清
居なおり【直り】畏て申けるは、「たかき【高き】もいやしきも、
P10155
人の身に命ばかりおしき【惜しき】物や候。又世をばすつ
れ【捨つれ】ども、身をばすてずと申候めり。御とどまりを
あしとには候はず。兵衛佐もかゐなき命をた
すけ【助け】られまいらせ【参らせ】て候へばこそ、けふはかかる幸にも
あひ候へ。流罪せられ候しときは、故尼御前の仰
にて、P2288しの原【篠原】の宿までうちおく【送つ】て候き。「其事
など今にわすれず」とうけ給【承り】候へば、さだめて御ともに
まかり下て候者、ひきで物、饗応などもし候はん
P10156
ずらん。それにつけても心うかるべう候。西国にわたら
せ給ふ君達、もしは侍どものかへりきかん事、返々
はづかしう候へば、まげて今度ばかりはまかりとど
まるべう候。君はおち【落ち】とどまら【留まら】せ給て、かくてわ
たらせ給ふ程では、などか御くだりなうても候べき。
はるかの旅におもむか【赴か】せ給ふ事は、まこと【誠】におぼ
つかなうおもひ【思ひ】まいらせ【参らせ】候へども、敵をもせめ【攻め】に御
くだり候者、一陣にこそ候べけれども、これはまい
P10157
ら【参ら】ずとも、更に御事かけ【欠け】候まじ。兵衛佐たづね【尋ね】
申され候者、「あひ労[* 「身」と有るのを高野本により訂正]る事あて」と仰候べし」と
申ければ、心ある侍どもはこれをきいて、みな涙を
ぞながしける。大納言もさすがはづかしうはおも
は【思は】れけれども、さればとてとどまるべきにもあら
ねば、やがてたち給ひぬ。同十六日、鎌倉へく
だりつき給ふ。兵衛佐いそぎ見参して、まづ
「宗清は御ともして候か」と申されければ、「おりふし【折節】
P10158
労はる事候て、くだり候はず」との給へば、「いかに、なにを
いたはり候けるやらん。意趣を存候にこそ。むかし
宗清がもとに候しに、事にふれてありがたうあ
たり候し事、今にわすれ候はねば、さだめて御
ともに罷下候はんずらん、とく見参せばやな
ど恋しう存P2289て候に、うらめしう【恨めしう】もくだり候はぬ
物かな」とて、下文あまたなしまうけ【設け】、馬鞍・物
具以下、やうやうの物どもたばんとせられければ、
P10159
しかる【然る】べき大みやう【大名】ども、われもわれもとひきで
もの【引出物】ども用意したりけるに、くだらざりけれ
ば、上下ほひ【本意】なき事におもひ【思ひ】てぞあり【有り】ける。
六月九日、池の大納言関東より上洛し給ふ。
兵衛佐「しばらくかくておはしませ」と申され
けれども、「宮こ【都】におぼつかなくおもふ【思ふ】らん」とて、いそぎ
のぼり給ひければ、庄園私領一所も相違ある
べからず、并に大納言になしかへさるべきよし、法皇
P10160
へ申されけり。鞍置馬【鞍置馬】卅疋、はだか馬卅疋、長持卅
枝に、葉金・染物・巻絹風情の物をいれ【入れ】てたて
まつり【奉り】給ふ。兵衛佐かやうにもてなし給へば、大名小名
われもわれもと引出物をたてまつる【奉る】。馬だにも三百
疋に及べり。命いき給ふのみならず、徳ついてぞ
かへりのぼられける。同十八日、肥後守定能【*貞能】が伯
父、平太入道定次〔を〕大将として、伊賀・伊勢両
国の住人等、近江国へうち出たりければ、源氏[B ノ]末
P10161
葉等発向して合戦をいたす。両国[B ノ]住人等一人も
のこらずうちおとさ【落さ】る。平家重代相伝の家人
にて、昔のよしみをわすれ【忘れ】ぬ事はあはれ【哀】なれども、
おもひ【思ひ】たつこそおほけなけれ。三日平氏とは是也。P2290
さる程に、小松の三位中将維盛卿の北方は、風のた
よりの事つても、たえて久しくなりければ、な
にとなりぬる事やらんと、心ぐるしうぞおも
は【思は】れける。月に一度などは必ずをとづるる物をと
P10162
まち給へども、春すぎ夏もたけぬ。「三位中将、
いまは八島にもおはせぬ物をと申人あり」と
きき【聞き】給ひて、あまりのおぼつかなさに、とかくして
八島へ人をたてまつり【奉り】給ひたりければ、いそぎも
たちかへらず。夏すぎ秋にもなりぬ。七月の末に、
かの使かへりきたれり。北方「さていかにやいかに」と
とひ給へば、「「すぎ候し三月十五日の暁、八島を御
いで候て、高野へまいら【参ら】せ給ひて候けるが、高野に
P10163
て[* 「にや」と有るのを高野本により訂正]御ぐしおろし、それより熊野へまいら【参ら】せをはし
まし、後世の事をよくよく申させ給ひ、那知【*那智】の
奥にて御身をなげさせ給ひて候」とこそ、御とも申
たりけるとねり武里はかたり申候つれ」と申け
れば、北方「さればこそ。あやしとおもひ【思ひ】つる物を」
とて、ひきかづいてぞふし給ふ。若君姫君も声々
になき【泣き】かなしみ給ひけり。若君の御めのとの
女房、なくなく【泣く泣く】申けるは、「これはいまさらおどろかせ
P10164
給ふべからず。日ごろよりおぼしめし【思し召し】まうけたる御
事也。本三位中将殿のやうにいけどり【生捕り】にせられ
て、宮こ【都】へかへらせ給ひたらば、いかばかり心うかるべ
きに、高野にて御ぐしおろし、熊野へまいら【参ら】せ
給ひ、後世の事よくよく申させおはしまし、臨P2291終
正念にてうせさせ給ひける御事、なげきのなか
の御よろこび也。されば御心やすき事にこそお
ぼしめす【思し召す】べけれ。いまはいかなる岩木のはざま
P10165
にても、おさなき【幼き】人々をおおし【生し】たて【立て】まいらせ【参らせ】ん
とおぼしめせ【思し召せ】」と、やうやう【様々】になぐさめ申けれども、
おぼしめし【思し召し】しのび【忍び】て、ながらふ【永らふ】べしともみえ【見え】給はず。
やがてさまをかへ、かたのごとくの仏事をいとなみ、
後世をぞとぶらひ給ひける。藤戸S1014これを鎌倉の兵
衛佐かへりきき給ひて、「あはれ、へだてなくうちむか
ひ【向ひ】ておはしたらば、命ばかりはたすけ【助け】たてま【奉つ】て
まし。小松の内府の事は、おろかにおもひ【思ひ】たてまつ
P10166
ら【奉ら】ず。池の禅尼の使として、頼朝を流罪に申
なだめ【宥め】られしは、ひとへに彼[B ノ]内府の芳恩なり。
其恩争かわするべきなれば、子息たちもおろかに
おもは【思は】ず。まして出家などせられなんうへは、子細にや
及べき」とぞの給ひける。さる程に、平家は讃岐
の八島へかへり給ひて後も、東国よりあら【新】手の
軍兵数万騎、宮こ【都】につゐ【着い】てせめ【攻め】くだるとも
きこゆ。鎮西より臼杵・戸次・松浦党同心P2292
P10167
しておしわたるとも申あへ【合へ】り。かれをきき是
をきくにも、ただ耳ををどろかし、きも魂を
けすより外の事ぞなき。今度一の谷にて
一門の人々のこりすくなくうたれ給ひ、むね
との侍どもなか半すぎてほろびぬ。いまは
ちから【力】つきはてて、阿波民部大夫重能が兄弟、
四国の物どもかたらて、さりともと申けるをぞ、
たかき山ふかき海ともたのみ【頼み】給ひける。女房達は
P10168
さしつどひ【集ひ】て、ただなく【泣く】より外の事ぞなき。かく
て七月廿五日にもなりぬ。「こぞのけふは宮こ【都】を
いでしぞかし。程なくめぐりき【来】にけり」とて、あさ
ましうあはたたしかりし事どもの給ひいだし【出し】
て、なきぬわらひ【笑ひ】ぬぞし給ひける。同廿八日、新
帝の御即位あり。内侍所・神璽・宝剣もなく
して御即位の例、神武天皇よりこのかた八十
二代、これはじめとぞうけ給はる【承る】。八月六日、蒲冠者
P10169
範頼参川【*三河】守になる。九郎冠者義経、左衛門尉に
なさる。すなはち使の宣旨を蒙て、九郎判官とぞ
申ける。さる程に、荻のうは風もやうやう身にしみ、
萩のした露もいよいよしげく、うらむる【恨むる】虫の声々
に、稲葉うちそよぎ、〔木の葉かつちるけしき〕物おもは【思は】ざらんだにも、ふけ
ゆく秋の旅の空はかなしかる【悲しかる】べし。まして平家
の人々の心のうち、さこそはおはしけめとをしは
から【推し量ら】れて哀也。むかしは九えのうちにて、春P2293の花を
P10170
もてあそび、今者八島の浦にして、秋の月に
かなしむ。凡そさやけき月を詠じても、都のこよ
ひいかなるらんとおもひ【思ひ】やり、心をすまし【澄まし】、涙を
ながしてぞあかしくらし給ひける。左馬頭行盛
かうぞおもひ【思ひ】つづけ給ふ。
君すめばこれも雲井の月なれど
猶恋しきは都なりけり W084
同九月十二日、参川【*三河】守範頼、平家追討のため
P10171
に西国へ発向す。相ひ伴ふ人々、足利蔵人
義兼・鏡美小次郎長清・北条小四郎義時・
斎院次官親義、侍大将には、土肥次郎実平・
子息弥太郎遠平・三浦介義澄・子息平六
義村・畠山庄司次郎重忠・同長野三郎
重清・稲毛三郎重成・榛谷四郎重朝・同
五郎行重・小山小四郎朝政・同長沼五郎宗政・
土屋三郎宗遠・佐々木三郎守綱【*盛綱】・八田四郎
P10172
武者朝家・安西三郎秋益・大胡三郎実秀・
天野藤内遠景・比気【*比企】藤内朝宗・同藤四郎
義員【*能員】・中条藤次家長・一品房章玄・土佐房
正俊【*昌俊】、此等を初として都合其勢三万余騎、
宮こ【都】をたて播磨の室にぞつきにける。平家の
方には、大将軍小松[B ノ]新三位中将資盛・同小将
有盛・丹後侍従忠房、侍大将には、飛騨三郎
左衛門景経・越中次郎兵衛盛次【*盛嗣】・上総五郎兵衛
P10173
忠光・悪七兵衛景清をさきとして、五百余
艘の兵船にとりの【乗つ】て、備前[B ノ]小島【*児島】につくときこ
え【聞え】しかば、源氏室をたて、これも備前国西河尻、藤
戸に陣をぞとP2294たりける。源平の陣のあはひ、海のおも
て五町ばかりをへだてたり。舟なくしてはたやすう
わたすべき様なかりければ、源氏の大勢むかひ【向ひ】
の山に宿して、いたづらに日数ををくる【送る】。平家のかた
よりはやりお【逸男】のわか物ども、小舟にの【乗つ】てこぎいださせ、
P10174
扇をあげて「ここわたせ【渡せ】」とぞまねきける。源氏「や
すからぬ事也。いかがせん」といふところ【所】に、同廿五日の
夜に入て、佐々木三郎盛綱、浦の男をひとりかた
らて、しろい小袖・大口・しろざやまき【白鞘巻】などとらせ、
すかしおほせて、「この海に馬にてわたしぬべきと
ころ【所】やある」ととひ【問ひ】ければ、男申けるは、「浦の物ども
おほう【多う】候へども、案内したるはまれに候。このおとこ
こそよく存知して候へ。たとへば河の瀬のやう
P10175
なるところ【所】の候が、月がしらには東がし)に候、月じり
には西に候。両方の瀬のあはひ、海のをもて十町
ばかりは候らん。この瀬は御馬にてはたやすう
わたさせ給ふべし」と申ければ、佐々木なのめならず
悦で、わが家子郎等にもしらせず、かの男とただ
二人まぎれいで、はだかになり、件の瀬のやう
なるところ【所】をわたてみる【見る】に、げにもいたくふかう【深う】
はなかりけり。ひざ【膝】・こし【腰】、肩にたつ【立つ】ところ【所】もあり。
P10176
鬢のぬるるところ【所】もあり。ふかきところ【所】をばおよ
い【泳い】で、あさきところ【所】におよぎ【泳ぎ】つく。男申けるは、
「これ〔よP2295り〕南なみ)は北よりはるかにあさう候。敵、矢さきを
そろへて待ところ【所】に、はだか【裸】にてはかなは【叶は】せ給まじ。
かへらせ給へ」と申ければ、佐々木げにもとてかへり【帰り】
けるが、「下臈はどこともなき物なれば、又人にかたら
はれて案内をもおしへ【教へ】んずらん。我ばかりこそし
ら【知ら】め」とおもひ【思ひ】て、かの男をさしころし【殺し】、頸かき
P10177
切てすててげり。同廿六日の辰刻ばかり、平家又
小舟にの【乗つ】てこぎいださせ、「ここをわたせ【渡せ】」とぞまね
きける。佐々木三郎、案内はかねて【予て】し【知つ】たり、しげめ
ゆい【滋目結】の直垂に黒糸威の鎧きて、しら葦毛【白葦毛】なる
馬にのり、家子郎等七騎、ざとうちいれ【入れ】てわたし
けり。大将軍参川【*三河】守、「あれせいせよ【制せよ】、とどめよ【留めよ】」と
の給へば、土肥次郎実平むち[* 「ふち」と有るのを高野本により訂正]あぶみ【鞭鐙】をあはせ【合せ】て
お【追つ】ついて、「いかに佐々木殿、物のついてくるい【狂ひ】給ふか。
P10178
大将軍のゆるされ【許され】もなきに、狼籍【*狼藉】也。とどまり
給へ」といひ【言ひ】けれども、耳にもきき【聞き】いれ【入れ】ずわたし
ければ、土肥次郎もせいし【制し】かねて、やがてつれ【連れ】て
ぞわたい【渡い】たる。馬のくさわき【草脇】、むながい【胸懸】づくし、ふと腹に
つくところ【所】もあり、鞍つぼこす所もあり。ふかき
ところ【所】はおよが【泳が】せ、あさきところ【所】にうちあがる【上がる】。
大将軍参川【*三河】守これをみて、「佐々木にたばかられ
にけり。あさかり【浅かり】けるぞや。わたせ【渡せ】やわたせ【渡せ】」と
P10179
下知せられければ、三万余騎の大勢みなうち入
れてわたしけり。平家P2296の方には「あはや」とて、舟ど
もおし【押し】うかべ【浮べ】、矢さきをそろへてさしつめ【差し詰め】ひき
つめさんざん【散々】にいる【射る】。源氏のつは物どもこれを事とも
せず、甲のしころをかたむけ、平家の舟にのり
うつりのりうつり、おめき【喚き】さけん【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。源平み
だれあひ、或は舟ふみしづめて死ぬる物もあり、
或は舟ひきかへさ【返さ】れてあはて【慌て】ふためくものもあり。
P10180
一日[B チ]たたかひ【戦ひ】くらして夜に入ければ、平家の舟は
おきにうかぶ。源氏は小島【*児島】にうちあが【上がつ】て、人馬のいき
をぞやすめける。平家は八島へこぎしりぞく。源
氏心はたけく思へども、舟なかりければ、おう【追う】ても
せめ【攻め】たたかはず。「昔より今にいたるまで、馬にて河
をわたすつは物はありといへども、馬にて海をわた
す事、天竺・震旦はしら【知ら】ず、我朝には希代のためし【例】
なり」とて[* 「とぞ」と有るのを他本により訂正]、備前[B ノ]小島【*児島】を佐々木に給はりける。
P10181
鎌倉殿の御教書にものせ【載せ】られけり[* 「ける」と有るのを高野本により訂正]。同廿七日、宮
こ【都】には九郎判官義経、検非違使五位尉にな
されて、九郎大夫判官とぞ申ける。さる程に十
月にもなりぬ。八島には浦吹風もはげしく、磯
うつ浪もたかかり【高かり】ければ、つは物もせめ【攻め】来らず、
商客のゆき【行き】かうもまれなれば、宮こ【都】のつても
きか【聞か】まほしく、いつしか空かきくもり、霰うち
散、いとどきえ入心地ぞし給ひける。都には
P10182
太嘗会【*大嘗会】あるべしとて、御禊の行幸あり【有り】けり。
節下は徳大寺左大将実定公、其比内大臣
にておはしけるが、つとめられけり。おとP2297どし先帝
の御禊の行幸には、平家の内大臣宗盛公節下
にてをはせしが、節下のあく屋【幄屋】につき、前に
竜の旗たててゐ給ひたりし景気、冠ぎは、
袖のかかり、表[B ノ]袴のすそまでもことにすぐれて
みえ【見え】給へり。其外一門の人々三位中将知盛・頭の
P10183
中将重衡以下近衛づかさみつな【御綱】に候はれしには、
又立ならぶ人もなかりしぞかし。けふ〔は〕九郎判官
先陣に供奉す。木曾などにはに【似】ず、以外に京
なれ【馴れ】てはありしかども、平家のなかのゑりくづ【選屑】
よりも猶おとれり。同十一月十八日、大嘗会
とげ【遂げ】をこなは【行なは】る。去る治承養和のころより、諸国
七道の人民百姓等、源氏のためになやまされ、
平家のためにほろぼされ、家かまど【竃】をすてて、春〔は〕
P10184
東作のおもひ【思ひ】をわすれ、秋は西収のいとなみにも
及ばず。いかにしてか様【斯様】の大礼もおこなはるべきな
れども、さてしもあるべき事ならねば、かたのごとく
ぞとげ【遂げ】[B ら]れける。参川【*三河】守範頼、やがてつづゐ【続い】て
せめ【攻め】給はば、平家はほろぶ【滅ぶ】べかりしに、室・高
砂にやすらひて、遊君遊女どもめし【召し】あつめ、あ
そびたはぶれ【戯れ】てのみ月日ををくら【送ら】れけり。東国
の大名小名おほし【多し】といへども、大将軍の下知に
したがふ事なれば力及ばず。ただ国のついへ【費】、
民のわづらひのみあて、ことしも既にくれ
にけり。
平家物語巻第十


入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com