平家物語(龍谷大学本)灌頂巻

【許諾済】
本テキストの公開については、龍谷大学大宮図書館の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同図書館に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物として公表する場合には、事前に龍谷大学大宮図書館に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同図書館の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125−1 龍谷大学大宮図書館閲覧係
【底本】
本テキストの底本は、龍谷大学大宮図書館所蔵『平家物語』です。直接には、思文閣出版発行の影印本に拠りました。

P13541 P2423
平家灌頂巻
女院出家S1301 建礼門院は、東山の麓、吉田の辺なる所にぞ
立いらせ給ひける。中納言法印慶恵と申ける
奈良法師の坊なりけり。住あらして年久しう
なりにければ、庭には草ふかく、簷にはしのぶ【忍】茂れり。
簾たえ【絶え】閨あらはにて、雨風たまるやうもなし。花
は色々にほへども、あるじとたのむ【頼む】人もなく、月は
よなよな【夜な夜な】さしいれ【入れ】ど、ながめてあかすぬし【主】もなし。
P13542
昔は玉の台をみがき、錦の帳にまとはれて、あかし
暮し給ひしに、いまはありとしある人にはみな
別はてて、あさましげなるくち坊【朽ち坊】にいらせ給ひける
御心の内、おしはから【推し量ら】れて哀なり。魚のくが【陸】にあがれ【上がれ】る
がごとく、鳥の巣をはなれたるがごとし。さるままには、
うかり【憂かり】し浪の上、船の中の御すまゐ【住ひ】も、今は恋しう
ぞおぼしめす【思し召す】。蒼波路遠し、思を西海千里の
雲によせ、白屋苔ふかくして、涙東山一庭の月に
P13543
おつ。かなしともいふはかりなP2424し。かくて女院は文治元
年五月一日、御ぐしおろさせ給ひけり。御戒の師には
長楽寺の阿証房の上人印誓とぞきこえ【聞え】し。
御布施には、先帝の御直衣なり。今はの時までめさ
れたりければ、その御うつり香もいまだうせ【失せ】ず。御かた
みに御らむぜんとて、西国よりはるばると都までも
たせ給ひたりければ、いかならん世までも御身をはなた
じとこそおぼしめさ【思し召さ】れけれども、御布施になりぬ
P13544
べき物のなきうへ、かつうは彼御菩提のためとて、泣々
とりいださせ給ひけり。上人是を給はて、何と奏する
むねもなくして、墨染の袖をしぼりつつ、泣々罷出
られけり。此御衣をば幡にぬう【縫う】て、長楽寺の仏前に
かけられけるとぞ聞えし。女院は十五にて女御の
宣旨をくだされ、十六にて后妃の位に備り、君王の
傍に候はせ給ひて、朝には朝政をすすめ、よるは夜を専
にし給へり。廿二にて皇子御誕生、皇太子にたち、
P13545
位につかせ給ひしかば、院号蒙らせ給ひて、建礼門院
とぞ申ける。入道相国の御娘なるうへ、天下の国母
にてましましければ、世のおもう【重う】し奉る事なのめならず。
今年は廿九にぞならせ給ふ。桃李の御粧猶こまやか
に、芙蓉の御かたちいまだ衰させ給はね共、翡翠
の御かざしつけても何にかはせさせ給ふべきなれば、
遂に御さまをかへさ【返さ】せ給ふ。浮世をいとP2425ひ、まこと【誠】の道に
いらせ給へども、御歎は更につきせず。人々いまはかく
P13546
とて海にしづみし有様、先帝・二位殿の御面影、
いかならん世までも忘がたくおぼしめすに、露の
御命なにしに今までながらへ【永らへ】て、かかるうき目を見る
らんとおぼしめしつづけて、御涙せきあへさせ給
はず。五月の短夜なれども、あかしかねさせ給ひつつ、
をのづからもうちまどろませ給はねば、昔の事は夢に
だにも御らんぜず。壁にそむける残の燈の影かすか【幽】に、
夜もすがら窓うつくらき雨の音ぞさびしかりける。
P13547
上陽人が上陽宮に閉られけむかなしみも、是には
過じとぞ見えし。昔をしのぶ【忍ぶ】つまとなれとてや、も
とのあるじのうつし【移し】うへ【植ゑ】たりけむはな橘の、簷ち
かく風なつかしう【懐しう】かほりけるに、郭公二こゑ【声】三こゑ【声】
をとづれければ、女院ふるき事なれ共おぼしめし【思し召し】出て、
御硯のふたにかうぞあそばさ【遊ばさ】れける。 郭公花たちばな
の香をとめてなくはむかしの人や恋しき W093 女房達
さのみたけく、二位殿・越前の三位のうへのやうに、水の
P13548
底にも沈み給はねば、武のあらけなき【荒けなき】にとらはれて、
旧里にかへり、わかき【若き】もおい【老い】たるもさまをかへ、かたち
をやつし、あるにもあらぬありさまにてぞ、おもひ【思ひ】も
かけぬ谷の底、岩のはざまにあかし暮し給ひける。
すまゐ【住ひ】し宿は皆煙とのぼりにしP2426かば、むなしき【空しき】
跡のみ残りて、しげき野べとなりつつ、みなれ【見馴れ】し人
のとひくるもなし。仙家より帰て七世の孫に
あひけんも、かくやとおぼえて哀なり。さる程に、七月
P13549
九日の大地震に築地もくづれ、荒たる御所もかた
ぶきやぶれて、いとどすませ給ふべき御たよりもなし。
緑衣の監使宮門をまぼるだにもなし。心のままに
荒たる籬は、しげき野辺よりも露けく、おりしり
がほ【折知顔】にいつしか虫のこゑごゑ【声々】うらむる【恨むる】も、哀なり。
夜もやうやうながくなれば、いとど御ね覚がちにて
明しかねさせ給ひけり。つきせぬ御ものおもひ【物思ひ】に、
秋のあはれ【哀】さへうちそひて、しのび【忍び】がたくぞおぼし
P13550
めさ【思し召さ】れける。何事もかはりはてぬる浮世なれば、をの
づからあはれ【哀】をかけ奉るべき草のたよりさへかれ
はてて、誰はぐくみ奉るべしとも見え給はず。
大原入S1302 されども冷泉大納言隆房卿・七条修理大夫信隆卿
の北方、しのび【忍び】つつやうやうにとぶらひ【訪ひ】申させ給ひけり。
「あの人々どものはぐくみにてあるべしとこそ昔は
おもは【思は】ざりしか」とて、女院御涙をながさせ給へば、つき
まいらせ【参らせ】P2427たる女房達もみな袖をぞしぼられける。
P13551
此御すまゐ【住ひ】も都猶ちかく、玉ぼこの道ゆき人の
人目もしげくて、露の御命風を待ん程は、うき【憂き】事
きかぬふかき山の奥のおくへも入なばやとはおぼし
けれども、さるべきたよりもましまさず。ある女房の
まい【参つ】て申けるは、「大原山のおく、寂光院と申所こそ
閑にさぶらへ【候へ】」と申ければ、「山里は物のさびしき事こそ
あるなれども、世のうきよりはすみよかんなる物を」
とて、おぼしめし【思し召し】たたせ給ひけり。御輿などは隆
P13552
房卿の北方の御沙汰あり【有り】けるとかや。文治元年
長月の末に、彼寂光院へいらせ給ふ。道すがら
四方の梢の色々なるを御覧じすぎさせ給ふ程に、
山かげなればにや、日も既くれかかりぬ。野寺の鐘の入
あひの音すごく、わくる草葉の露しげみ、いとど
御袖ぬれまさり、嵐はげしく木の葉みだりがは
し。空かきくもり【曇り】、いつしかうちしぐれつつ、鹿の音
かすか【幽】に音信て、虫の恨もたえだえ【絶え絶え】なり。とにかくに
P13553
とりあつめ【集め】たる御心ぼそさ、たとへやるべきかたも
なし。浦づたひ島づたひせし時も、さすがかくは
なかりしものをと、おぼしめす【思し召す】こそかなしけれ。
岩に苔むしてさびたる所なりければ、すま【住ま】まほし
うぞおぼしめす【思し召す】。露結ぶ庭の萩原霜がれて、
籬の菊のかれがれ【枯れ枯れ】にうつろふ色を御らんじても、御身
の上とやおぼしけん。仏の御前にまいら【参ら】せ給ひP2428て、
「天子聖霊[* 「座霊」と有るのを他本により訂正]成等正覚、頓証菩提」といのり申させ
P13554
給ふにつけても、先帝の御面影ひしと御身にそひ
て、いかならん世にかおぼしめし【思し召し】わすれさせ給ふべき。
さて寂光院のかたはらに方丈なる御庵室を
むすんで、一間を御寝所にしつらひ、一間をば仏
所に定、昼夜朝夕の御つとめ、長時不断の御念仏、
おこたる事なくて月日を送らせ給ひけり。かくて
神無月中の五日の暮がたに、庭に散しく楢の葉を
ふみならして聞えければ、女院「世をいとふところ【所】に
P13555
なにもののとひくるやらむ。あれ見よや、忍ぶべきもの
ならばいそぎしのば【忍ば】ん」とて、みせ【見せ】らるるに、をしか【牡鹿】の
とおる【通る】にてぞあり【有り】ける。女院いかにと御尋あれば、大納
言佐殿なみだをおさへて、
岩根ふみたれかはとは【問は】むならの葉の
そよぐはしかのわたるなりけり W094
女院哀におぼしめし【思し召し】、窓の小障子に此歌を
あそばし【遊ばし】とどめ【留め】させ給ひけり。かかる御つれづれの
P13556
な[B か]におぼしめし【思し召し】なぞらふる事共は、つらき中にも
あまたあり。軒にならべるうへ木【植木】をば、七重宝樹とかた
どれり。岩間につもる水をば、八功徳水[* 「八功徳池」と有るのを高野本により訂正]とおぼしめす【思し召す】。
無常は春の花、風に随て散やすく、有涯は秋の
月、雲に伴て隠れやすし。承陽殿に花を翫し
朝には、風来て匂を散し、長秋宮に月を詠ぜ
し夕には、雲おほ【覆つ】て光をかくす。昔は玉楼金殿に
錦の褥をしき、P2429たへ【妙】なりし御すまゐ【住ひ】なりしか共、
P13557
今は柴引むすぶ草の庵、よそのたもともしほれ【萎れ】
けり。大原御幸S1303 かかりし程に、文治二年の春の比、法皇、建
礼門院大原の閑居の御すまゐ【住ひ】、御覧ぜまほしう
おぼしめさ【思し召さ】れけれども、きさらぎ【二月】やよひ【三月】の程は風
はげしく、余寒もいまだつきせず。峯の白雪消え
やらで、谷のつららもうちとけず。春すぎ夏きたて
北まつりも過しかば、法皇夜をこめて大原の奥へぞ
御幸なる。しのびの御幸なりけれども、供奉の人々、
P13558
徳大寺・花山院・土御門以下、公卿六人、殿上人八人、
北面少々候けり。鞍馬どおり【鞍馬通り】の御幸なれば、清原[B ノ]深
養父が補堕落寺【*補陀落寺】、小野の皇太后宮の旧跡〔を〕叡
覧あて、それより御輿にめされけり。遠山にかかる白雲
は、散にし花のかたみなり。青葉に見ゆる梢には、
春の名残ぞおしま【惜しま】るる。比は卯月廿日あまりの
事なれば、夏草のしげみが末を分いらせ給ふに、はじ
めたる御幸なれば、御覧じなれたるかたもなし。人跡たえ【絶え】
P13559
たる程もおぼしめし【思し召し】しられて哀なり。P2430西の山
の[ふ]もとに一宇の御堂あり。即寂光院是也。
ふるう作りなせる前水木だち、よしあるさま
の所なり。「甍やぶれては霧不断の香をたき、
枢おち【落ち】ては月常住の燈をかかぐ」とも、かやうの所
をや申べき。庭の若草しげりあひ、青柳の
糸をみだりつつ、池の蘋浪にただよひ、錦を
さらすかとあやまたる。中島の松にかかれる藤
P13560
なみの、うら紫にさける色、青葉まじりのをそ
桜【遅桜】、初花よりもめづらしく、岸のやまぶきさき
みだれ、八重たつ雲のたえ間より、山郭公の一声も、
君の御幸をまちがほなり。法皇是を叡覧あて、
かうぞおぼしめし【思し召し】つづけける。
池水にみぎはのさくら散しきて
なみの花こそさかりなりけれ W095
ふりにける岩のたえ間より、おち【落ち】くる水の音
P13561
さへ、ゆへび【故び】よしある所なり。緑蘿[B ノ]牆、翠黛[B ノ]山、画
にかくとも筆もをよび【及び】がたし。女院の御庵室を御
覧ずれば、軒には蔦槿はひかかり【這ひ掛かり】、信夫まじりの
忘草、瓢箪しばしばむなし、草顔淵が巷にしげし。
藜でうふかくさせり、雨原憲が枢をうるほす
ともい【言つ】つべし。杉の葺目もまばらにて、時雨も
霜もをく【置く】露も、もる月影にあらそひて、たまる
べしとも見えざりけり。うしろは山、前は野辺、
P13562
いささをざさ【小笹】に風さはぎ【騒ぎ】、世にたたぬ身のならひ【習ひ】とて、
うきふししげき竹柱、P2431都の方のことづては、ま
どを【間遠】にゆへ【結へ】るませ垣や、わづかにこととふものとては、
峯に木づたふ猿のこゑ【声】、しづ【賎】がつま木のおのの音、こ
れらが音信ならでは、まさ木のかづら青つづら、くる
人まれなる所なり。法皇「人やある、人やある」とめさ【召さ】れ
けれども、おいらへ【御答】申ものもなし。はるかにあて、
老衰たる尼一人まいり【参り】たり。「女院はいづくへ御幸なり
P13563
ぬるぞ」と仰ければ、「此うへの山へ花つみにいらせ給ひ
てさぶらふ【候ふ】」と申。「さやうの事につかへ奉るべき人も
なきにや。さこそ世を捨る御身といひながら、御いたはしう
こそ」と仰ければ、此尼申けるは、「五戒十善の御果報つ
きさせ給ふによて、今かかる御目を御覧ずるにこそ
さぶらへ【候へ】。捨身の行になじかは御身ををしま【惜しま】せ
給ふべき。因果経には「欲知過去因、見其現在果、欲
知未来果、見其現在因」ととかれたり。過去未来の
P13564
因果をさとらせ給ひなば、つやつや御歎あるべからず。悉
達太子は十九にて伽耶城をいで、檀徳山【*檀特山】のふもと【麓】
にて、木葉をつらねてはだえ【膚】をかくし、嶺にのぼりて
薪をとり、谷にくだりて水をむすび、難行苦行の
功によて、遂に成等正覚し給ひき」とぞ申ける。
此尼のあり様を御覧ずれば、きぬ布のわきも見えぬ
物を結びあつめ【集め】てぞき【着】たりける。「あのあり様にても
かやうの事申すふしぎさ【不思議さ】よ」とおぼしめし【思し召し】、「抑
P13565
汝はいかなるP2432ものぞ」と仰ければ、さめざめとないて、しばしは
御返事にも及ばず。良あて涙ををさへて申けるは、
「申につけても憚おぼえさぶらへ【候へ】ども、故少納言入道
信西がむすめ、阿波の内侍と申しものにてさぶらふ【候ふ】也。
母は紀伊の二位、さしも御いとおしみふかう【深う】こそさぶら
ひしに、御覧じ忘させ給ふにつけても、身のおと
ろへぬる程も思ひしられて、今更せむかたなうこそ
おぼえさぶらへ【候へ】」とて、袖をかほにおしあてて、しのび【忍び】
P13566
あへぬさま、目もあてられず。法皇も「されば汝は阿波
の内侍にこそあんなれ。今更御覧じわすれける。
ただ夢とのみこそおぼしめせ【思し召せ】」とて、御涙せきあへ
させ給はず。供奉の公卿殿上人も、「ふしぎ【不思議】の尼かなと
思ひたれば、理にてあり【有り】けり」とぞ、をのをの【各々】申あはれける。
あなたこなたを叡覧あれば、庭の千種露おもく、
籬にたおれ【倒れ】かかりつつ、そとも【外面】のを田【小田】も水こえて、鴫
たつひまも見えわかず。御庵室にいらせ給ひて、
P13567
障子を引あけて御覧ずれば、一間には来迎〔の〕三尊おは
します。中尊の御手には五色の糸をかけられたり。
左には普賢の画像、右には善導和尚并に先
帝の御影をかけ、八軸の妙文・九帖の御書もをか【置か】れ
たり。蘭麝の匂に引かへて、香の煙ぞ立のぼる。彼
浄名居士の方丈の室の内に三万二千[* 「三万三千」と有るのを高野本により訂正]の床を
ならべ、十方の諸仏を請じ奉り給ひけむも、かく
やとぞおぼえける。障子には諸経の要文共、P2433色紙に
P13568
かいて所々におされたり。そのなかに大江の貞基法師が
清凉山にして詠じたりけむ「笙歌遥聞孤雲[B ノ]
上、聖衆来迎[B ス]落日前」ともかかれたり。すこし引
のけて女院の御製とおぼしくて、
おもひ【思ひ】きやみ山のおくにすまゐ【住ひ】して
雲ゐの月をよそに見むとは W096
さてかたはらを御覧ずれば、御寝所とおぼしくて、
竹の御さほにあさ【麻】の御衣、紙の御衾などかけられたり。
P13569
さしも本朝漢土のたへなるたぐひ数をつくして、
綾羅錦繍の粧もさながら夢になりにけり。供奉
の公卿殿上人もをのをの【各々】見まいらせ【参らせ】し事なれば、
今のやうに覚て、皆袖をぞしぼられける。さる程に、
うへの山より、こき墨染の衣きたる尼二人、岩のかけ
路をつたひつつ、おりわづらひ【煩ひ】給ひけり。法皇是を
御覧じて、「あれは何ものぞ」と御尋あれば、老尼涙を
をさへて申けるは、「花がたみ【筐】ひぢにかけ、岩つつじ
P13570
とり具してもたせ給ひたるは、女院にて渡らせ給
ひさぶらふ【候ふ】なり。爪木に蕨折具してさぶらふは、
鳥飼の中納言維実のむすめ、五条大納言国綱【*邦綱】
卿の養子、先帝の御めのと、大納言佐」と申も
あへずなき【泣き】けり。法皇もよに哀げにおぼしめし【思し召し】
て、御涙せきあへさせ給はず。女院は「さこそ世を捨る
御身といひながら、いまかかる御ありさまを見えまいら
せ【参らせ】むずらんはづかしさよ。消もうせばや」とおぼしP2434
P13571
めせどもかひぞなき。よひよひごとのあかの水、結ぶた
もともしほるる【萎るる】に、暁をき【起き】の袖の上、山路の露も
しげくして、しぼりやかね[* 「かさね」と有るのを高野本により訂正]させ給ひけん、山へも
帰らせ給はず、御庵室へもいらせ給はず、御涙にむせ
ばせ給ひ、あきれてたたせましましたる所に、内侍
の尼まいり【参り】つつ、花がたみをば給はりけり。六道之沙汰S1304 「世をいとふ
ならひ【習ひ】、なにかはくるしう【苦しう】さぶらふ【候ふ】べき。はやはや御
たいめんさぶらふて、還御なしまいら【参らつ】させ給へ」と申
P13572
ければ、女院御庵室にいらせ給ふ。「一念の窓の前には
摂取の光明を期し、十念の柴の枢には、聖衆の
来迎をこそ待つるに、思外に御幸なりけるふし
ぎさ【不思議さ】よ」とて、なくなく【泣く泣く】御げんざん【見参】ありけり。法皇此御
ありさまを見まいら【参らつ】させ給ひて、「非想の八万劫、猶
必滅の愁に逢。欲界の六天、いまだ五衰のかなしみ
をまぬかれず。善見城の勝妙の楽、中間禅の高台
の閣、又夢の裏の果報、幻の間のたのしみ、既に
P13573
流転無窮也。車輪のめぐるがごとし。天人の五衰の
悲は、人間にも[* 「には」と有るのを高野本により訂正]候ける物を」とぞ仰ける。P2435「さるにてもたれか
事とひまいらせ【参らせ】候。何事につけてもさこそ古おぼし
めし【思し召し】いで候らめ」と仰ければ、「いづかたよりをとづるる事
もさぶらはず。隆房・信隆の北方より、たえだえ【絶え絶え】申送る
事こそさぶらへ【候へ】。その昔あの人どものはぐくみにてある
べしとは露も思より候はず」とて、御涙をながさせ給へば、
つきまいらせ【参らせ】たる女房達もみな袖をぞぬらされける。
P13574
女院御涙ををさへて申させ給ひけるは、「かかる身に
なる事は一旦の歎申にをよび【及び】候はねども、後生菩提
の為には、悦とおぼえさぶらふ【候ふ】なり。忽に釈迦[* 「尺迦」と有るのを高野本により訂正]の遺弟に
つらなり、忝く弥陀の本願に乗じて、五障三従の
くるしみ【苦しみ】をのがれ【逃れ】、三時に六根をきよめ、一すぢに九品
の浄刹をねがふ。専一門の菩提をいのり、つねは三尊
の来迎を期す。いつの世にも忘がたきは、先帝の御
面影、忘れんとすれども忘られず、しのば【忍ば】んとすれども
P13575
しのば【忍ば】れず。ただ恩愛の道ほどかなしかり【悲しかり】ける事は
なし。されば彼菩提のために、あさゆふのつとめおこたる
事さぶらはず。是もしかる【然る】べき善知識とこそ覚へ
さぶらへ【候へ】」と申させ給ひければ、法皇仰なりけるは、
「此国は粟散辺土なりといへども、忝く十善の余
薫に答へて、万乗のあるじとなり、随分一として
心にかなは【叶は】ずといふ事なし。就中仏法流布の世に
むまれ【生れ】て、仏道修行の心ざしあれば、後生善所
P13576
疑あるべからず。人間のあだなるならひ【習ひ】は、今更おP2436ど
ろくべきにはあらねども、御ありさま見奉るに、
あまりにせむかたなうこそ候へ」と仰ければ、女院重
て申させ給ひけるは、「我平相国のむすめとして
天子の国母となりしかば、一天四海みなたなごころ
のままなり。拝礼の春の始より、色々の衣がへ【衣更】、仏名
の年のくれ、摂禄以下の大臣公卿にもてなされし
ありさま、六欲四禅の雲の上にて八万の諸天に囲繞
P13577
せられさぶらふ【候ふ】らむ様に、百官悉あふが【仰が】ぬものや
さぶらひし。清凉紫宸の床の上、玉の簾のうち
にてもてなされ、春は南殿の桜に心をとめて日を
くらし、九夏三伏のあつき日は、泉をむすびて心を
なぐさめ、秋は雲の上の月をひとり見む事をゆる
さ【許さ】れず。玄冬素雪のさむき夜は、妻を重てあたた
かにす。長生不老の術をねがひ、蓬莱不死の
薬を尋ても、ただ久しからむ事をのみおもへ【思へ】り。
P13578
あけてもくれても楽さかへ【栄え】し事、天上の果報も
是には過じとこそおぼえさぶらひしか。それに寿永
の秋のはじめ、木曾義仲とかやにおそれ【恐れ】て、一門の人々
住なれし都をば雲井のよそに顧て、ふる里を
焼野の原とうちながめ、古は名をのみききし須磨
より明石の浦づたひ、さすが哀に覚て、昼は漫々たる
浪路を分て袖をぬらし、夜は州崎の千鳥と共に
なきあかし、浦々島々よしある所を見しかども、ふる
P13579
里の事はわすれず。かくてよる【寄る】方なかりしは、五衰
必滅のかなしみとこそおぼえさぶらひしか。人間のP2437事は
愛別離苦、怨憎会苦、共に我身にしられて侍らふ。
四苦八苦一として残る所さぶらはず。さても筑前国
太宰府といふ所にて、維義とかやに九国の内をも
追出され、山野広といへども、立よりやすむべき所も
なし。同じ秋の末にもなりしかば、むかしは九重の
雲の上にて見し月を、いまは八重の塩路にながめ
P13580
つつ、あかしくらしさぶらひし程に、神無月の比
ほひ、清経の中将が、「都のうちをば源氏がためにせめ【攻め】おと
さ【落さ】れ、鎮西をば維義がために追出さる。網にかかれる魚
の如し。いづくへゆか【行か】ばのがる【逃る】べきかは。ながらへ【永らへ】はつべき
身にもあらず」とて、海にしづみ侍ひしぞ、心うき
事のはじめにてさぶらひし。浪の上にて日をくら
し、船の内にて夜をあかし、みつぎものもなかりし
かば、供御を備ふる人もなし。たまたま供御はそな
P13581
へむとすれども、水なければまいら【参ら】ず。大海にうかぶと
いへども、うしほ【潮】なればのむ事もなし。是又餓鬼道の
苦とこそおぼえさぶらひしか。かくて室山・水島、ところ
どころのたたかひ【戦ひ】に勝しかば、人々すこし【少し】色なを【直つ】て
見えさぶらひし程に、一の谷といふ所にて一門おほ
く【多く】ほろびし後は、直衣束帯をひきかへて、くろがね
をのべて身にまとひ、明ても暮てもいくさよば
ひ【軍呼】のこゑ【声】たえ【絶え】ざりし事、修羅の闘諍、帝釈の
P13582
諍も、かくやとこそおぼえさぶらひしか。「一谷を攻
おとさ【落さ】れて後、おやは子にをくれ【遅れ】、妻は夫にP2438わかれ、
沖につりする船をば敵の船かと肝をけし、遠き
松にむれゐる鷺をば、源氏の旗かと心をつくす。
さても門司・赤間の関にて、いくさ【軍】はけふを限と見え
しかば、二位の尼申をく【置く】事さぶらひき。「男のいき
残む事は千万が一もありがたし。設又遠きゆかり
はをのづからいきのこりたりといふとも、我等が後世を
P13583
とぶらはむ事もありがたし。昔より女はころさ【殺さ】ぬな
らひ【習ひ】なれば、いかにもしてながらへ【永らへ】て主上の後世をも
とぶらひ【弔ひ】まいらせ【参らせ】、我等が後生をもたすけ【助け】給へ」と
かきくどき【口説き】申さぶらひしが、夢の心地しておぼえ
さぶらひし程に、風にはかにふき、浮雲あつくたな
びいて、兵心をまどはし、天運つきて人の力にをよび【及び】
がたし。既に今はかうと見えしかば、二位の尼先帝を
いだき奉て、ふなばたへ出し時、あきれたる御様にて、
P13584
「尼ぜわれをばいづちへ具してゆかむとするぞ」と仰
さぶらひしかば、いとけなき君にむかひ【向ひ】奉り、涙を
おさへて申さぶらひしは、「君はいまだしろし
めさ【知ろし召さ】れさぶらはずや。先世の十善戒行の御力に
よて、今万乗のあるじとはむまれ【生れ】させ給へども、悪
縁にひかれて御運既につき給ひぬ。まづ東に
むかは【向は】せ給ひて、伊勢大神宮に御いとま申させ
給ひ、其後西方浄土の来迎にあづからむとおぼし
P13585
めし【思し召し】、西にむかは【向は】せ給ひて御念仏侍らふべし。此
国は心うき堺にてさぶらへ【候へ】ば、極楽浄土とてめで
たき所へ具しまいらせ【参らせ】侍らふP2439ぞ」と泣々申さぶ
らひしかば、山鳩色の御衣にびづら【鬢】いはせ給ひ
て、御涙におぼれ、ちいさう【小さう】うつくしい御手を
あはせ、まづ東をふしおがみ【拝み】、伊勢大神宮に御いと
ま申させ給ひ、其後西にむかは【向は】せ給ひて、御念仏
ありしかば、二〔位尼やがて〕[* 〔 〕内は虫食い、高野本により補う]いだき奉て、海に沈し
P13586
御面影、目もくれ、〔心〕も消〔えは〕て[* 〔 〕内は虫食い、高野本により補う]て、わすれんとすれ
ども忘られず、忍ばむとすれどもしのば【忍ば】れず、残とどまる
人々のおめき【喚き】さけび【叫び】し声、叫喚大叫喚のほの
お【炎】の底の罪人も、これには過じとこそおぼえさぶ
らひしか。さて武共にとらはれてのぼりさぶらひし時、
播磨国明石浦について、ちとうちまどろみてさぶらひ
し夢に、昔の内裏にははるかにまさりたる所に、
先帝をはじめ奉て、一門の公卿殿上人みなゆゆし
P13587
げなる礼儀にて侍ひしを、都を出て後かかる所は
いまだ見ざりつるに、「是はいづくぞ」ととひ侍ひし
かば、二位の尼と覚て、「竜宮城」と答侍ひし時、「めで
たかりける所かな。是には苦はなきか」ととひさぶらひし
かば、「竜畜経[* 「竜蓄経」と有るのを高野本により訂正]のなかに見えて侍らふ。よくよく後世をとぶ
らひ【弔ひ】給へ」と申すと覚えて夢さめぬ。其後はいよいよ
経をよみ念仏して、彼御菩提をとぶらひ【弔ひ】奉る。是
皆六道にたがは【違は】じとこそおぼえ侍へ」と申させ給へば、
P13588
法皇仰なりけるは、「異国の玄弉三蔵は、悟の前に
六道を見、吾朝の日蔵上人は、蔵王権現の御力にて
六道を見たりとこそうけ給はれ【承れ】。P2440是程まのあたりに
御覧ぜられける御事、誠にありがたうこそ候へ」とて、御
涙にむせばせ給へば、供奉の公卿殿上人もみな袖を
ぞしぼられける。女院も御涙をながさせ給へば、つき
まいらせ【参らせ】たる女房達もみな袖をぞぬらされける。
女院死去S1305 さる程に寂光院の鐘のこゑ【声】、けふもくれ【暮れ】ぬとうち
P13589
しら【知ら】れ、夕陽西にかたむけば、御名残おしう【惜しう】はおぼし
けれども、御涙ををさへて還御ならせ給ひけり。
女院は今更いにしへをおぼしめし【思し召し】出させ給ひて、
忍あへぬ御涙に、袖のしがらみせきあへさせ給はず。
はるかに御覧じをくら【送ら】せ給ひて、還御もやうやう
のびさせ給ひければ、御本尊にむかひ【向ひ】奉り、「先帝
聖霊、一門亡魂、成等正覚、頓証菩提」と泣々いの
らせ給ひけり。むかしは東にむかは【向は】せ給ひて、「伊勢
P13590
大神宮、正八幡大菩薩、天子宝算、千秋万歳」と
申させ給ひしに、今はひきかへて西にむかひ【向ひ】、手を
あはせ、「過去聖霊、一仏浄土へ」といのらせ給ふこそ悲
しけれ。御寝所の障子にかうぞあそばさ【遊ばさ】れける。
このごろはいつならひてかわがこころ
大みや人【大宮人】のこひしかるらむ W097 P2441
いにしへも夢になりにし事なれば
柴のあみ戸もひさしから【久しから】じな W098
P13591
御幸の御供に候はれける徳大寺左大臣実定公、御
庵室の柱にかきつけられけるとかや。
いにしへは月にたとへし君なれど
そのひかりなきみ山辺のさと W099
こしかた行末の事共おぼしめし【思し召し】つづけて、御涙に
むせばせ給ふ折しも、山郭公音信ければ、女院
いざさらばなみだくらべむ郭公
われもうき世にねをのみぞなく W100
P13592
抑壇浦にていきながらとられし人々は、大路を
わたして、かうべをはねられ、妻子にはなれて、
遠流せらる。池の大納言の外は一人も命をいけ
られず、都にをか【置か】れず。されども四十余人の女房達
の御事、沙汰にもをよば【及ば】ざりしかば、親類に
したがひ【従ひ】、所縁についてぞおはしける。上は玉の簾
の内までも、風しづかなる家もなく、下は柴の枢
のもとまでも、塵おさまれ【納まれ】る宿もなし。枕をならべ
P13593
しいもせ【妹背】も、雲ゐのよそにぞなりはつる。やし
なひたてしおや子【親子】も、ゆきがたしらず別けり。
しのぶ【忍ぶ】おもひ【思ひ】はつきせねども、歎ながらさてこそ
すごされけれ。是はただ入道相国、一天四海を掌に
にぎて、上は一人をもおそれ【恐れ】ず、下は万民をも顧ず、
死罪流刑、おもふ【思ふ】さまに行ひ、世をも人をも憚
かられざりしがP2442いたす所なり。父祖の罪業は子
孫にむくふ【報ふ】といふ事疑なしとぞ見えたり
P13594
ける。かくて年月をすごさせ給ふ程に、女院御
心地例ならずわたらせ給ひしかば、中尊の御手の
五色の糸をひかへつつ、「南無西方極楽世界教主
弥陀如来、かならず引摂し給へ」とて、御念仏あり
しかば、大納言佐の局・阿波内侍、左右によ【寄つ】て、
いまをかぎりのかなしさに、こゑ【声】もおしま【惜しま】ずなき
さけぶ【叫ぶ】。御念仏のこゑ【声】やうやうよはら【弱ら】せましましければ、
西に紫雲たなびき、異香室にみち、音楽
P13595
そら【空】にきこゆ。かぎりある御事なれば、建久二
年きさらぎの中旬に、一期遂におはらせ給ひ
ぬ。きさいの宮の御位よりかた時もはなれまいらせ【参らせ】
ずして候なれ給しかば、御臨終の御時、別路に
まよひしもやるかたなくぞおぼえける。此女房
達は昔の草のゆかりもかれはてて、よるかたも
なき身なれ共、おりおり【折々】の御仏事営給ふぞ哀なる。
遂に彼人々は、竜女が正覚の跡をおひ、韋提
P13596
希夫人の如に、みな往生の素懐をとげける
とぞ聞えし。
平家灌頂巻P2443
P13597[* 以下の〔 〕内は虫食い、高野本により補う]
于時応安四年 亥辛 三月十五日、平家物
語一部十二巻付灌頂、当流之師説、伝受之
秘决、一字不闕以口筆令書写之、譲与定
一検校訖。抑愚質余算既過七旬、浮命
難期後年、而一期之後、弟子等中雖為一句、
若有廃忘輩者、定及諍論歟。仍為備
後証、〔所令〕書留之也。此本努々不可出他
所、又不可〔及〕他人之披見、附属弟子之
P13598
外者、雖〔為〕同朋并弟子、更莫令書
取之。凡此〔等〕条々〔背〕炳誡之者、仏神
三宝冥罰可蒙厥躬而已。
沙門覚一
P13599 P2444



入力者:荒山慶一

校正者:菊池真一

[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com