平家物語 高野本 巻第二

【許諾済】
本テキストの公開については、東京大学文学部国語研究室の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同研究室に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物として公表する場合には、事前に東京大学文学部国語研究室に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同研究室の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1 東京大学文学部国語研究室
【底本】
本テキストの底本は、東京大学文学部国語研究室蔵高野辰之旧蔵『平家物語』です。直接には、笠間書院発行の影印本に拠りました。
文責:荒山慶一・菊池真一


平家 二(表紙)
P02001
平家二之巻 目録
座主流     一行阿闍梨之沙汰
西光被斬    小教訓
少将乞請    教訓状
烽火之沙汰   新大納言流罪
阿古屋の松   成親死去
徳大寺厳島詣  山門滅亡
善光寺炎上   康頼祝
卒都婆流    蘇武
P02002

P02003
平家物語巻第二
  『座主流』S0201
○治承元年五月五日[B ノヒ]、天台座主明雲大僧正、
公請を停止せらるるうへ、蔵人を御使にて、
如意輪の御本尊をめし【召し】かへひ【返い】て、御持僧を
改易せらる。則使庁の使をつけて、今度神
輿内裏へ振たてまつる【奉る】衆徒の張本をめさ
れける。加賀国に座主の御坊領あり【有り】。国司
師高是を停廃の間、その宿意によて大衆
をかたらひ、訴詔【*訴訟】をいたさる。すでに朝家の御
P02004
大事に及よし、西光法師父子が讒奏によて、法
皇大に逆鱗あり【有り】けり。ことに重科におこなは
るべしときこゆ。明雲は法皇の御気色あしかり【悪しかり】
ければ、印鑰をかへしたてま【奉つ】て、座主を辞し
申さる。同十一日、鳥羽院の七の宮、覚快法親
王天台座主にならせ給ふ。これは青連院の
大僧正行玄の御弟子也。おなじき【同じき】十二日、先座主所
職をとどめ【留め】らるるうへ、検非違使二人をつけて、
井に蓋をし、火に水をかけ、水火のせめに
P02005
およぶ【及ぶ】。これによて、大衆なを【猶】参洛すべきよし【由】聞え
しかば、京中又さはぎ【騒ぎ】あへり。同十八日、太政大臣以
下の公卿十三人参内して、陣の座につき、先の
座主罪科の事儀定あり【有り】。八条中納言長方卿、
其時はいまだ左大弁宰相にて、末座に候はれ
けるが、申されけるは、「法家の勘状にまかせて、死
罪一等を減じて遠流せらるべしとみえ【見え】て候へ
共、前座主明雲大僧正は顕密兼学して、浄
行持律のうへ、大乗妙経を公家にさづけたて
P02006
まつり【奉り】、菩薩浄戒を法皇にたもた【保た】せ奉る。御経の
師、御戒の師、重科におこなはれん事、冥の照覧
はかりがたし。還俗遠流をなだめ【宥め】らるべきか」と、はば
かるところ【所】もなう申されければ、当座の公卿みな
長方の義に同ずと申あはれけれ共、法皇の
御いきどをり【憤り】ふかかり【深かり】しかば、猶遠流に定らる。太政
入道も此事申さんとて、院参せられたりけれ共、
法皇御風の気とて御前へもめされ給はねば、
ほいなげにて退出せらる。僧を罪する習とて、土
P02007
円をめし【召し】返し、還俗せさせたてまつり【奉り】、大納言大
輔藤井の松枝と俗名をぞつけられける。此明
雲と申は、村上天皇第七の皇子、具平親王より
六代の御すゑ【末】、久我大納言顕通卿の御子也。まこ
と【誠】に無双の磧徳、天下第一の高僧にておはし
ければ、君も臣もたとみ給ひて、天王寺・六勝寺
の別当をもかけ給へり。されども陰陽頭安陪【*安倍】
泰親が申けるは、「さばかりの智者の明雲となのり【名乗り】
たまふこそ心えね。うへに日月の光をならべて、した【下】に
P02008
雲あり【有り】」とぞ難じける。仁安元年弐月廿日、天台座
主にならせ給ふ。同三月十五日、御拝堂あり【有り】。中堂の
宝蔵をひらかれけるに、種々の重宝共の中に、ほ
う【方】一尺の箱あり【有り】。しろひ【白い】布でつつまれたり。一生
不犯の座主、彼箱をあけて見給ふに、黄紙にか
けるふみ一巻あり【有り】。伝教大師未来の座主の
名字を兼てしるしをか【置か】れたり。我名のある所ま
でみて、それより奥をば、見ず、もとのごとくにまき
返してをか【置か】るる習也。されば此僧正もさこそおは
P02009
しけめ。かかるたとき人なれ共、先世の宿業を
ばまぬかれ給はず。哀なりし事ども【共】也。同廿一日、
配所伊豆国と定らる。人々様々に申あはれけれ
共、西光法師父子が讒奏によて、かやうにおこな
はれけり。やがてけふ都のうち【内】をおひ【追ひ】出さるべし
とて、追立の官人白河の御房【*御坊】にむか【向つ】て、おひ【追ひ】
奉る。僧正なくなく【泣く泣く】御坊を出て、粟田口のほとり、
一切経の別所へいらせ給ふ。山門には、せんずる処
我等が敵は西光父子に過たる者なしとて、彼等親
P02010
子が名字をかひ【書い】て、根本中堂におはします十二神
将のうち、金毘羅大将の左の御足のした【下】にふま
せ奉り、「十二神将・七千夜叉、時刻をめぐらさず西光
父子が命をめし【召し】とり給へや」と、おめき【喚き】さけん【叫ん】で呪
咀しけるこそ聞もおそろしけれ【恐ろしけれ】。同廿三日、一切経の
別所より配所へおもむき【赴き】給ひけり。さばかんの法
務の大僧正程の人を、追立の鬱使がさき【先】に
けたて【蹴立て】させ、けふ【今日】をかぎりに都を出て、関の
東へおもむか【赴か】れけん心のうち、おしはから【推し量ら】れて哀
P02011
也。大津の打出の浜にもなりしかば、文殊楼の軒端
のしろじろとして見えけるを、ふため【二目】とも見給はず、
袖をかほにおし【押し】あてて、涙にむせび給ひけり。山門
に、宿老磧徳をほし【多し】といへども、澄憲法印、其時は
いまだ僧都にておはしけるが、余に名残をおしみ【惜しみ】奉り、
粟津まで送りまいらせ【参らせ】、さてもあるべきならねば、
それよりいとま申てかへられけるに、僧正心ざしの
切なる事を感じて、年来狐心中[M 「御」を非とし「狐」と傍書]に秘せられた
りし一心三観の血脈相承をさづけらる。此法は釈
P02012
尊の附属、波羅奈国の馬鳴比丘、南天竺の竜
樹菩薩より次第に相伝しきたれるを、けふの
なさけにさづけらる。さすが我朝は粟散辺
地の境、濁世末代といひながら、澄憲これを附属
して、法衣の袂をしぼりつつ、宮こ【都】へ帰のぼられける
心のうちこそたとけれ。山門には大衆おこ[B ッ]て僉議
す。「[B 抑]義真和尚よりこのかた、天台座主はじめ【*はじま】て五
十五代に至るまで、いまだ流罪の例をきかず。倩
事の心を案ずるに、延暦の比ほひ、皇帝は帝都
P02013
をたて、大師は当山によぢのぼ【上つ】て四明の教法を
此所にひろめ給ひしよりこのかた、五障の女人跡
たえ【絶え】て、三千の浄侶居[M を]しめたり。峰には一乗
読誦年ふりて、麓には七社の霊験日新なり。
彼月氏の霊山は王城の東北、大聖の幽崛也。この
日域の叡岳も帝都の鬼門に峙て、護国の霊地
也。代々の賢王智臣、此所に壇場をしむ。末代なら
んがらに、いかんが当山に瑕をばつくべき。心うし」とて、
おめき【喚き】さけぶ【叫ぶ】といふ程こそあり【有り】けれ、満山の大衆
P02014
  『一行阿闍梨之沙汰』S0202
みな東坂本へおり下る。 ○[B 十禅師権現の御前にて、大衆又僉議す。]「抑我等粟津に行むか【向つ】て、
貫首をうばひとどめ【留め】奉るべし。但追立の鬱使・両
送使【*令送使】あんなれば、事ゆへ【故】なくとりえ【取得】たてまつら【奉ら】ん
事ありがたし。山王大師の御力の外はたのむ【頼む】方
なし。誠に別の子細なく取え【得】奉るべくは、ここ【爰】にて
まづ瑞相をみせ【見せ】しめ給へ」と、老僧共肝胆をくだ
いて祈念しけり。ここに無動寺法師乗円律師
が童、鶴丸とて、生年十八歳になるが、身心をくるしめ【苦しめ】
五体に汗をながひ【流い】て、俄にくるひ出たり。「われ十禅
P02015
師権現のりゐさせ給へり。末代といふ共、争か我山の
貫首をば、他国へはうつさるべき。生々世々に心うし。
さらむにとては、われこのふもと【麓】に跡をとどめ【留め】て
もなににかはせん」とて、左右の袖をかほにおし【押し】
あてて、涙をはらはらとながす。大衆これをあやしみ
て、「誠に十禅じ【十禅師】権現の御詫宣にて在さば、我等しる
しをまいらせ【参らせ】ん。すこし【少し】もたがへ【違へ】ずもとのぬしに返した
べ」とて、老僧共四五百人、手々にも【持つ】たる数珠共を、十
禅師の大床のうへへぞなげ【投げ】あげたる。此物ぐるひはし
P02016
り【走り】まはてひろひ【拾ひ】あつめ【集め】、すこし【少し】もたがへ【違へ】ず一々にもと
のぬしにぞくばりける。大衆神明の霊験あら
たなる事のたとさに、みなたな心をあはせ【合はせ】て随
喜の感涙をぞもよほし[M 「もよをし」とあり「を」をミセケチ「ほ」と傍書]ける。「其儀ならば、ゆきむ
か【向つ】てうばひとどめ【留め】たてまつれ【奉れ】」といふ程こそあり【有り】
けれ、雲霞の如くに発向す。或は志賀辛崎の
浜路にあゆみ【歩み】つづける大衆もあり【有り】、或山田矢ばせの
湖上に舟おしいだす衆徒もあり【有り】。是をみ【見】て、さしもき
びしげなりつる追立の鬱使・両送使【*令送使】、四方へ皆逃
P02017
さりぬ。大衆国分寺へまいり【参り】むかふ【向ふ】。前座主大におどろ
ひて、「勅勘の者は月日の光にだにもあたらずとこ
そ申せ。何况や、いそぎ都のうちを追出さるべしと、
院宣・宣旨のなりたるに、しばしもやすらふべから
ず。衆徒とうとう【疾う疾う】かへり【帰り】のぼり給へ」とて、はしちかうゐ出て
の給ひけるは、「三台槐門の家をいで【出で】て、四明幽渓の窓
に入しよりこのかた、ひろく円宗の教法を学して、顕
密両宗をまなびき。ただ吾山の興隆をのみおも
へ【思へ】り。又国家を祈奉る事おろそかならず。衆徒をは
P02018
ぐくむ心ざし【志】もふかかり【深かり】き。両所山王[B 「王」に「上イ」と傍書]定て照覧し給
ふらん。身にあやまつ事なし。無実の罪によて遠流
の重科をかうぶれば、世をも人をも神をも仏をも
恨み奉ること【事】なし。これまでとぶらひ【訪ひ】来給ふ衆徒の
芳志こそ報つくしがたけれ」とて、香染の御衣の
袖しぼりもあへ給はねば、大衆もみな涙をぞながし
ける。御輿さしよせて、「とうとうめさるべう候」と申ければ、
「昔こそ三千の衆徒の貫首たりしか、いまはかかる流人
の身になて、いかんがやごとなき修学者、智恵ふか
P02019
き大衆達には、かきささげられてのぼるべき。縦の
ぼるべき[M 「縦のぼるべき縦のぼるべき」とあり、後の「縦のぼるべき」をミセケチ]なり共、わらんづなどいふ物し
ばりはき、おなじ様にあゆみ【歩み】つづい【続い】てこそのぼらめ」と
てのり給はず。ここに西塔の住侶、戒浄坊の阿闍
梨祐慶といふ悪僧あり【有り】。たけ七尺ばかりあり【有り】ける
が、黒革威の鎧の大荒目にかね【鉄】まぜたるを、草摺
なが【草摺長】にきなして、甲をばぬぎ、法師原にもたせつつ、
しら柄【白柄】の大長刀杖につき、「あけ【開け】られ候へ」とて、大衆
の中をおし分おし分、先座主のおはしける所へつとまいり【参り】
P02020
たり。だい【大】の眼を見いからかし、しばしにらまへ奉り、「その御心
でこそかかる御目にもあはせ給へ。とうとうめさるべう候」
と申ければ、おそろしさ【恐ろしさ】にいそぎのり給。大衆とり
え【取得】奉るうれしさに、いやしき法師原にはあらで、やごと
なき修学者どもかきささげ奉り、おめき【喚き】さけ【叫ん】での
ぼりけるに、人はかはれ共祐慶はかはらず、さきごし【前輿】かひ【舁い】
て、長刀の柄もこし【輿】の轅もくだけよととる【執る】ままに、
さしもさがしき東坂、平地を行が如く也。大講堂の
庭に輿かきすへ【据ゑ】て、僉議しけるは、「抑我等粟津に
P02021
行向て、貫首をばうばい【奪ひ】とどめ【留め】奉りぬ。既に勅勘を
蒙て流罪せられ給ふ人を、とりとどめ【留め】奉て貫首
にもちひ【用ひ】申さん事、いかが有べからん」と僉議す。戒
浄房ノ阿闍梨、又先のごとくにすすみ出て僉議
しけるは、「夫当山は日本無双の霊地、鎮護国家
の道場、山王の御威光盛にして、仏法王法牛角也。
されば衆徒の意趣に至るまでならびなく、いや
しき法師原までも世もてかろしめず。况や智恵高
貴にして三千の貫首たり。今は徳行おもう【重う】して一山
P02022
の和尚たり。罪なくしてつみをかうぶる、是山上洛中の
いきどほり【憤り】、興福・園城のあざけり【嘲】にあらずや。此時顕
密のあるじをうしな【失つ】て、数輩の学侶、蛍雪のつとめ
おこたらむこと【事】心うかるべし。せんずる【詮ずる】所、祐慶張本に
称ぜられて、禁獄[B 流]罪もせられ、か[B う]べをはね【刎ね】られ
ん事、今生の面目、冥途の思出なるべし」とて、双
眼より涙をはらはらとながす。大衆尤も尤もとぞ同
じける。それよりしてこそ、祐慶はいかめ房とはいは
れけれ。其弟子に恵慶【*慧恵】律師[M 「法師」とあり、「法」を非とし「律」と傍書]をば、時の人こいかめ
P02023
房とぞ申ける。大衆、先座主をば東塔の南谷妙
光坊へ入奉る。時の横災は権化の人ものがれ給はざ
るやらん。昔大唐の一行阿闍梨は、玄宗皇帝の
御持僧【護持僧】にておはしけるが、玄宗の后楊貴妃に名
をたち【立ち】給へり。昔もいまも、大国も小国も、人の口の
さがなさは、跡かたなき事なりしか共、其疑によて
果羅国へながされ給ふ。件の国へは三の道あり【有り】。
輪池道とて御幸道、幽地道とて雑人のかよふ
道、暗穴道とて重科の者をつかはす【遣す】道也。されば
P02024
彼一行阿闍梨は大犯の人なればとて、暗穴道へぞ
つかはし【遣し】ける。七日七夜が間、月日の光をみ【見】ずして行道
也。冥々として人もなく、行歩に前途まよひ、深々と
して山ふかし。只澗谷に鳥の一声ばかりにて、苔の
ぬれ衣ほしあへず。無実の罪によて遠流の重
科をかうむる[M 「かゝむる」とあり「ゝ」をミセケチ「う」と傍書]事を、天道あはれみ給ひて、九耀
のかたちを現じつつ、一行阿闍梨をまぼり【守り】給ふ。
時に一行右の指をくひきて、左のたもと【袂】に九耀
のかたちをうつさ【写さ】れけり。和漢両朝に真言の本
P02025
  『西光被斬』S0203
尊たる九耀の曼陀羅是也。 ○[B 去程に山門の]大衆、先座主をとり【取り】とど
むるよし【由】、法皇きこしめし【聞し召し】て、いとどやすからずぞおぼし
めされける。西光法師申けるは、「山門の大衆みだり
がはしきうたへ【訴へ】仕事、今にはじめずと申ながら、今度
は以外に覚候。これ程の狼籍【*狼藉】いまだ承り及候はず。
よくよく御いましめ候へ」とぞ申ける。身のただいま【只今】ほろ
び【亡び】んずるをもかへりみず、山王大師の神慮にもはば
からず、か様【斯様】に申て神禁をなやまし奉る。讒臣は
国をみだるといへり。実哉。叢蘭茂か覧とすれども、
P02026
秋風これをやぶり、王者明かな覧とすれば、讒臣こ
れをくらう【暗う】す共、かやうの事をや申べき。此事、新
大納言成親卿以下近習の人々に仰あはせ【合はせ】られ
て、山せめ【攻め】らるべしと聞えしかば、山門の大衆、「さのみ
王地にはらまれて、詔命をそむくべきにあらず」と
て、内々院宣に随ひ奉る衆徒もあり【有り】など聞えし
かば、前座主明雲大僧正は妙光房におはしける
が、大衆ふた心あり【有り】ときい【聞い】て、「つゐに【遂に】いかなる目にか
あはむず覧」と、心ぼそげにぞの給ひける。され
P02027
共流罪の沙汰はなかりけり。新大納言成親卿は、山門
の騒動によて、私の宿意をばしばらくおさへられ
けり。そも内義したく【支度】はさまざまなりしか共、義勢ばかり
では此謀反かなふ【適ふ】べうも見えざりしかば、さしもたのま【頼ま】
れたりける多田蔵人行綱、此事無益なりとお
もふ【思ふ】心つきにけり。弓袋のれう【料】におくら【送ら】れたりけ
る布共をば、直垂かたびらに裁ぬはせて、家子郎
等どもにきせつつ、目うちしばだたいてゐたりけるが、倩
平家の繁昌する有様をみる【見る】に、当時たやすく
P02028
かたぶけ【傾け】がたし。よし【由】なき事にくみしてげり。若此事
もれ【漏れ】ぬる物ならば、行綱まづうしなは【失は】れなんず。他人
の口よりもれ【漏れ】ぬ先にかへり忠【返り忠】して、命いか【生か】うどおもふ【思ふ】
心ぞつきにける。同五月廿九日のさ夜ふけがたに、多
田蔵人行綱、入道相国の西八条の亭に参て、「行
綱こそ申べき事候間、まい【参つ】て候へ」といはせければ、入
道「つねにもまいら【参ら】ぬ者が参じたるは何事ぞ。あれき
け」とて、主馬判官盛国をいださ【出ださ】れたり。「人伝には
申まじき事なり」といふ間、さらばとて、入道みづから
P02029
中門の廊へ出られたり。「夜ははるかにふけぬらむ。ただ
今【只今】いかに、何事ぞや」との給へ【宣へ】ば、「昼は人目のしげう候
間、夜にまぎれてまい【参つ】て候。此程院中の人々の兵
具をととのへ、軍兵をめされ候をば、何とかきこし
めさ【聞し召さ】れ候」。「それは山攻らるべしとこそきけ」と、いと事
もなげにぞの給ひける。行綱ちかう【近う】より、小声に
なて申けるは、「其儀では候はず。一向御一家の御上とこそ
承候へ」。「さてそれをば法皇もしろしめさ【知ろし召さ】れたるか」。「子細
にやおよび【及び】候。成親卿の軍兵めされ候も、院宣と
P02030
てこそめさ【召さ】れ候へ。俊寛がとふるまう【振舞】て、康頼がかう申
て、西光がと申て」などいふ事共、はじめ【始め】よりあり【有り】
のままにはさし過ていひ散し、「いとま申て」とて出に
けり。入道大に驚き、大声をもて侍共よびのの
しり給ふ[B 事]、聞もおびたたし【夥し】。行綱なまじひなる事
申出して、証人にやひかれんず覧とおそろしさ【恐ろしさ】
に、大野に火をはなたる心ち【心地】して、人もおは【追は】ぬに
とり袴して、いそぎ門外へぞにげ【逃げ】出ける。入道、ま
づ【先】貞能をめし【召し】て、「当家かたぶけ【傾け】うどする謀反
P02031
のともがら【輩】、京中にみちみちたん也。一門の人々にもふ
れ申せ。侍共もよをせ」との給へば、馳まはてもよをす。
右大将宗盛卿、三位中将知盛[M 「具盛」とあり「具」をミセケチ「知」と傍書]、頭中将重衡、左馬
頭行盛以下の人々、甲胃をよろひ、弓箭を帯し
馳集る。其外軍兵雲霞の如くに馳つどふ【集ふ】。其
夜のうちに西八条には、兵共六七千騎もあるら
むとこそ見えたりけれ。あくれば六月一日[B ノ]也。いま
だくらかり【暗かり】けるに、入道、検非違使安陪資成を
めし【召し】て、「きと院の御所へまいれ【参れ】。信成【*信業】をまねひ【招い】
P02032
て申さ[B ン]ずるやうはよな、「近習の人々、此一門をほろぼ
して天下をみだらんとするくわたて【企て】あり【有り】。一々にめし【召し】
とて尋ね沙汰仕るべし。それをば君もしろしめさ【知ろし召さ】る
まじう候」と申せ」とこその給ひけれ。資成いそぎ
御所へはせまいり【参り】、大膳大夫信成【*信業】よびいだひ【出だい】て此
由申に、色をうしなふ【失ふ】。御前へまい【参つ】て此由奏聞
しければ、法皇「あは、これらが内々はかりし事の
もれ【漏れ】にけるよ」とおぼしめす【思し召す】にあさまし。さる
にても、「こは何事ぞ」とばかり仰られて、分明の御
P02033
返事もなかりけり。資成いそぎ馳帰て、入道相国に
此由申せば、「さればこそ。行綱はまことをいひけり。こ
の事行綱しらせずは、浄海安穏にある【有る】べしや」とて、
飛弾【*飛騨】守景家・筑後守貞能に仰て、謀反の輩
からめとるべき由下知せらる。仍二百余余騎、三百余き、
あそこここにおし【押し】よせおし【押し】よせからめとる。太政入道まづ雑
色をもて、中御門烏丸の新大納言成親卿の許
へ、「申あはす【合はす】べき事あり【有り】。きと立より給へ」との給ひ
つかはさ【遣さ】れたりければ、大納言我身のうへ【上】とは露
P02034
しら【知ら】ず、「あはれ、是は法皇の山攻らるべきよし御結構あ
るを、申とどめられんずるにこそ。御いきどをり【憤り】ふか
げなり。いかにもかなう【叶ふ】まじき物を」とて、ないきよげ【萎清気】
なる布衣たをやかにきなし、あざやかなる車に
のり、侍三四人めし【召し】具して、雑色牛飼に至るまで、つ
ねよりもひき【引き】つくろは【繕は】れたり。そも最後とは後
にこそおもひ【思ひ】しられけれ。西八条ちかうなてみ【見】給
へば、四五町に軍兵みちみちたり。「あなおびたたし【夥し】。
何事やらん」と、むねうちさはぎ【騒ぎ】、車よりおり、門の
P02035
うち【内】にさし入て見給へば、うち【内】にも兵共ひま【隙】はざま
もなうぞみちみちたる。中門の口におそろしげ【恐ろし気】なる
武士共あまた待うけて、大納言の左右の手をと
てひ【引つ】ぱり、「いましむべう候哉覧」と申。入道相国簾
中より見出して、「ある【有る】べうもなし」との給へば、武士共
十四五人、前後左右に立かこみ、ゑん【縁】のうへ【上】にひき
のぼせ【上せ】て、ひとまなる所におし【押し】こめてげり。大納言
夢の心地して、つやつや物もおぼえ【覚え】給はず。供なり
つる侍共おし【押し】へだてられて、ちりぢりになりぬ。雑色・
P02036
牛飼いろ【色】をうしなひ【失ひ】、牛・車をすてて逃さりぬ。さる
程に、近江中将入道蓮浄、法勝寺執行俊寛僧
都、山城守基兼、式部大輔正綱、平判官康頼、
宗判官信房、新平判官資行もとらはれて
出来たり。西光法師此事きい【聞い】て、我身のうゑ【上】とや
思けん、鞭をあげ、院の御所法住寺殿へ馳ま
いる【参る】。平家の侍共道にて馳むかひ【向ひ】、「西八条へめさ
るるぞ。きとまいれ【参れ】」といひければ、「奏すべき事が
あて法住寺殿へまいる【参る】。やがてこそまいら【参ら】め」といひけ
P02037
れ共、「にくひ入道かな、何事をか奏すべかんなる。さな
いはせそ」とて、馬よりとてひきおとし【落し】、ちう【宙】にくく【括つ】て西
八条へさげてまいる【参る】。日のはじめより根元よりき【与力】の
者なりければ、殊につよう【強う】いましめて、坪の内にぞ
ひすへ【引つ据ゑ】たる。入道相国大床にたて、「入道かたぶけ【傾け】う
どするやつがなれるすがたよ。しやつここへひき【引き】よせ
よ」とて、ゑん【縁】のきはにひき【引き】よせさせ、物はき【履】なが
らしやつらをむずむずとぞふまれける。「本よりを[B の]
れら【己等】がやうなる下臈のはてを、君のめし【召し】つかは【使は】せ
P02038
給ひて、なさるまじき官職をなしたび、父子共に過分
のふるまひすると見しにあはせて、あやまたぬ天
台の座主流罪に申おこなひ、天下の大事ひき【引き】出い
て、剰此一門ほろぼす【亡ぼす】べき謀反にくみしてげるや
つなり。あり【有り】のままに申せ」とこその給ひけれ。西光
もとよりすぐれたる大剛の者なりければ、ちとも
色も変ぜず、わろびれたる気いき[B 「い」に「シ」と傍書]【景色】もなし。ゐ【居】なを
り【直り】あざわら【笑つ】て[* 「あざわれて」と有るのを他本により訂正]申けるは、「さもさうず。入道殿こそ
過分の事をばの給へ。他人の前はしら【知ら】ず、西光が
P02039
きかんところ【所】にさやうの事をば、えこその給ふまじけれ。
院中にめしつかは【使は】るる身なれば、執事の別当成親
卿の院宣とてもよをさ【催さ】れし事に、くみせずとは
申べき様なし。それはくみしたり。但、耳にとどまる事
をもの給ふ物かな。御辺は故刑部卿忠盛の子で
おはせしかども、十四五までは出仕もし給はず。故中
御門藤中納言家成卿の辺にたち【立ち】入給しをば、京
童部は高平太とこそいひしか。保延の比、大将軍
承り、海賊の張本卅余人からめ進ぜられし[B 勧]賞
P02040
に、四品して四位の兵衛佐と申ししをだに、過分と
こそ時の人々は申あはれしか。殿上のまじはりをだ
にきらわれし人の子で、太政大臣までなりあが【上がつ】た
るや過分なるらむ。侍品の者の受領検非違使
になる事、先例傍例なきにあらず。なじかは過分
なるべき」と、はばかる所もなう申ければ、入道あま
りにいかて物も[B の]給はず。しばしあて「しやつが頸さ
う【左右】なうきるな。よくよくいましめよ」とぞの給ひける。
松浦太郎重俊承て、足手をはさみ【鋏み】、さまざまに
P02041
いためとふ。もとよりあらがひ申さぬうゑ【上】、糾問はき
びしかりけり、残なうこそ申けれ。白状四五牧に記
せられ、やがて、「しやつが口をさけ」とて口をさかれ、五
条西朱雀にしてきられにけり。嫡子前加賀守
師高、尾張の井戸田へながされたりけるを、同国
の住人小胡麻郡司維季に仰てうた【討た】れぬ。次
男近藤判官師経禁獄せられたりけるを、獄
より引いださ【出ださ】れ、六条河原にて誅せらる。其弟左
衛門尉師平、郎等三人、同く首をはねられけり。
P02042
これら【是等】はいふかい【甲斐】なき物の秀て、いろう【綺ふ】まじき事に
いろひ【綺ひ】、あやまたぬ天台座主流罪に申おこなひ、
果報やつきにけん、山王大師の神罰冥罰を
  『小教訓』S0204
立どころにかうぶて、かかる目にあへりけり。○新大納
言は、ひと間【一間】なる所におし【押し】こめられ、あせ水になり
つつ、「あはれ、是は日比のあらまし事のもれ【漏れ】聞え
けるにこそ。誰もらし【洩らし】つらん。定て北面の者共
が中にこそある【有る】らむ」など、おもは【思は】じ事なうあんじ【案じ】
つづけておはしけるに、うしろのかたより足をと【音】
P02043
のたからかにしければ、すはただ今【只今】わがいのち【命】をうし
なは【失は】んとて、物のふ【武士】共がまいる【参る】にこそと待給ふに、入
道みづからいたじき【板敷】たからか【高らか】にふみならし、大納言の
おはしけるうしろの障子をさとあけられたり。そ
けん【素絹】の衣のみじからかなるに、しろき【白き】大口ふみくくみ、
ひじりづかの刀おし【押し】くつろげてさすままに、以外に
いかれるけしき【気色】にて、大納言をしばしにらまへ、「抑御
辺は平治にもすでに誅せらるべかりしを、内府が
身にかへて申なだめ【宥め】、頸をつぎたてま【奉つ】しはいかに。何の
P02044
遺恨をもて、此一門ほろぼすべき由[B の][M 御]結構は候
けるやらん。恩をしるを人とはいふぞ。恩をしらぬ
をば畜生とこそいへ。しかれ共当家の運命つき
ぬによて、むかへ【向へ】たてま【奉つ】たり。日比のあらまし[M 「御結構」をミセケチ、左に「あらまし」と傍書]の次第、
直にうけ給ら【承ら】ん」とぞの給ひける。大納言「またくさ
る事候はず。人の讒言にてぞ候らむ。よくよく御
尋候へ」と申されければ、入道いはせもはてず、「人
やある、人やある」とめされければ、貞能まいり【参り】たり。「西光めが
白状まいらせよ【参らせよ】」と仰られければ、も【持つ】てまいり【参り】たり。是を
P02045
とて二三遍おし【押し】返しおし【押し】返し読きかせ、「あなにくや。此うへ【上】
をば何と陳ずべき」とて、大納言のかほにさとなげ【投げ】
かけ、障子をちやうどたててぞ出られける。入道、なを【猶】
腹をすゑ【据ゑ】かねて、「経遠・兼康」とめせば、瀬尾太郎・難
波次郎、まいり【参り】たり。「あの男とて庭へ引おとせ【落せ】」と
の給へば、これらはさう【左右】なくもしたてまつら【奉ら】ず。[M 畏て]、「小
松殿の御気色いかが候はんず覧」と申ければ、入道
相国大にいかて、「よしよし、を[B の]れら【己等】は内府が命をばおもう【重う】
して、入道が仰をばかろう【軽う】しけるごさんなれ。其上は
P02046
ちから【力】をよば【及ば】ず」との給へば、此事あしかり【悪しかり】なんとや思ひ
けん、二人の者共たち【立ち】あが【上がつ】て、大納言を庭へひき【引き】
おとし【落し】奉る。其時入道心地よげにて、「とてふせておめ
か【喚か】せよ」とぞの給ひける。二人の者共、大納言の左右
の耳に口をあてて、「いかさまにも御声のいづべう
候」とささやいてひきふせ奉れば、二声三声ぞ
おめか【喚か】れける。其体冥途にて、娑婆世界の罪人
を、或業のはかりにかけ、或浄頗梨の鏡にひき
むけて、罪の軽重に任せつつ、阿防羅刹が呵嘖
P02047
すらんも、これには過じとぞ見えし。蕭樊とらは
れとらはれて、韓彭にらぎすされたり。兆錯[B 「兆措」とあり「措」に「錯」と傍書、「ソ」「サク」両様の振り仮名あり]【*■錯】戮をうけて、
周儀【*周魏】つみせらる。喩ば、蕭何・樊噌・韓信・彭越、是
等は高祖の忠臣なりしか共、小人の讒によて過
敗の恥をうく共、か様【斯様】の事をや申べき。新大納言は
我身のかくなるにつけても、子息丹波の少将成経
以下、おさなき【幼き】人々、いかなる目にかあふらむと、おもひ【思ひ】や
るにもおぼつかなし。さばかりあつき六月に、装束だに
もくつろげず、あつさ【暑さ】もたへ【堪へ】がたければ、むね【胸】せき
P02048
あぐる心地して、汗も涙もあらそひてぞながれ【流れ】ける。「さ
り共小松殿は思食はなたじ物を」と思はれけれども、誰
して申べし共おぼえ【覚え】給はず。小松のおとどは、其後遥
に程へて、嫡子権亮少将[B 維盛を]車のしりにのせ【乗せ】つつ、衛
府四五人、随身二三人めし【召し】ぐし【具し】て、兵一人もめし【召し】ぐせ【具せ】
られず、殊に大様げでおはしたり。入道をはじめ奉て、
人々皆おもは【思は】ずげにぞ見給ひける。車よりおり
給ふ処に、貞能つと参て、「など是程の御大事に、
軍兵共をばめし【召し】ぐせ【具せ】られ候はぬぞ」と申せば、「大事とは
P02049
天下の大事をこそいへ。かやうの私事を大事と云
様やある」との給へば、兵杖を帯したる者共も、皆そ
ぞろいてぞ見えける。「そも大納言をばいづくにを
か【置か】れたるやらん」とて、ここかしこの障子引あけ引あけ見
給へば、ある障子のうへに、蛛手ゆう【結う】たる所あり【有り】。ここや
らんとてあけられたれば、大納言おはしけり。涙に
むせびうつぶして、目も見あはせ給はず。「いかにや」との
給へば、其時みつけ【見付け】奉り、うれしげにおもは【思は】れたるけし
き、地獄にて罪人共が地蔵菩薩を見奉るらんも、
P02050
かくやとおぼえて哀也。「何事にて候やらん、かかる目に
あひ候。さてわたらせ給へば、さり共とこそたのみま
いらせ【参らせ】て候へ。平治にも既誅せらるべかりしを[M 「べきで候しが」とあり「きで候しが」をミセケチ「かりしを」と傍書]、御恩
をもて頸をつがれまいらせ【参らせ】、正二位の大納言にあがつ[M 「あり」とあり「り」をミセケチ「がつ」と傍書]【上がつ】
て、歳既四十にあまり候。御恩こそ生々世々にも報じ
つくしがたう候へ。今度も同はかひなき命をたす
け【助け】させおはしませ。命だにいき【生き】て候はば、出家入道
して高野粉河に閉籠り、一向後世菩提の
つとめをいとなみ候はん」と申されければ、[M さは候共、]
P02051
[B 大臣、「誠にさこそはおぼしめさ【思し召さ】れ候らめ。さ候へばとて、」御命うしなひ【失ひ】奉るまではよも候はじ。縦さは候共、重盛
かうて候へば、御命にもかはり奉るべし]とて出られけり。
父の禅門の御まへにおはして、「あの成親卿うしなは【失は】れん
事、よくよく御ぱからひ候べし。先祖修理大夫顕季、
白河院にめし【召し】つかは【使は】れてよりこのかた、家に其例なき
正二位の大納言にあが【上がつ】て、当時君無双の御いとをし
みなり。やがて首をはねられん事、いかが候べからん。
都の外へ出されたらんに事たり候なん。北野[B ノ]天神
は時平のおとどの讒奏にてうき名を西海の浪に
P02052
ながし、西宮の大臣は多田の満仲が讒言にて恨を
山陽の雲によす。おのおの【各々】無実なりしか共、流罪せ
られ給ひにき。これ皆延喜の聖代、安和の御門
の御ひが事【僻事】とぞ申伝たる。上古猶かくのごとし、況
哉末代にをいてをや。賢王猶御あやまりあり【有り】、況や
凡人にをいてをや。既めし【召し】をか【置か】れぬる上は、いそぎう
しなは【失は】れず共、なんのくるしみか候べき。「刑の疑はし
きをばかろんぜよ。功の疑はしきをばおもんぜよ【重んぜよ】」と
こそみえ【見え】て候へ。事あたらしく候へども、重盛彼大納言
P02053
が妹に相ぐして候。維盛又聟なり。か様【斯様】にしたしくな【成つ】
て候へば申とや、おぼしめさ【思し召さ】れ候らん。其儀では候はず。世
のため、君のため、家のための事をもて申候。一と
せ、故少納言入道信西が執権の時にあひ【相】あたて、
我朝には嵯峨皇帝の御時、右兵衛督藤原仲
成を誅せられてよりこのかた、保元までは君廿五代
の間行れざりし死罪をはじめてとり行ひ、宇治
の悪左府の死骸をほりおこいて実験【*実検】せられし
事などは、あまりなる御政とこそおぼえ【覚え】候しか。されば
P02054
いにしへの人々も、「死罪をおこなへば海内に謀反の輩
たえ【絶え】ず」とこそ申伝て候へ。此詞について、中二年あて、
平治に又信西がうづま【埋ま】れたりしをほり出し、首をは
ね【刎ね】て大路をわたされ候にき。保元に申行ひし事、
幾程もなく身の上にむかはり【向はり】にきとおもへ【思へ】ば、おそ
ろしう【恐ろしう】こそ候しか。是はさせる朝敵にもあらず。かたがた
おそれ【恐れ】ある【有る】べし。御栄花残る所なければ、おぼしめす【思し召す】
事ある【有る】まじけれ共、子々孫々までも繁昌こそあら
まほしう候へ。父祖の善悪は必子孫に及と見えて候。
P02055
積善の家に余慶あり【有り】、積悪の門に余殃とどまる
とこそ承はれ。いかさまにも今夜首をはね【刎ね】られんこ
と【事】、しかる【然る】べうも候はず」と申されければ、入道相国げに
もとやおもは【思は】れけん、死罪はおもひ【思ひ】とどまり給ひぬ。其
後おとど中門に出て、侍共にの給ひけるは、「仰なれ
ばとて、大納言左右なう失ふ事ある【有る】べからず。入道
腹のたちのままに、もの【物】さはがしき【騒がしき】事し給ひては、
後に必くやしみ給ふべし。僻事してわれうらむ【恨む】
な」との給へば、兵共皆舌をふておそれ【恐れ】おののく。「さて
P02056
も経遠・兼康がけさ大納言に情なうあたりける
事、返々も奇怪也。重盛がかへり聞ん所をば、などかははば
からざるべき。片田舎の者共はかかるぞとよ」との給へ
ば、難波も瀬尾もともにおそれ【恐れ】入たりけり。おとどはか
様【斯様】にの給ひて、小松殿へぞ帰られける。さる程に、大
納言のとも【供】なりつる侍共、中御門烏丸の宿所へはし
り【走り】帰て、此由申せば、北方以下の女房達、声もおし
ま【惜しま】ずなき【泣き】さけぶ【叫ぶ】。「既武士のむかひ【向ひ】候。少将殿をはじ
め【始め】まいらせ【参らせ】て、君達も皆とられさせ給ふべしと
P02057
こそ聞え候へ。いそぎ【急ぎ】いづ方へもしのば【忍ば】せ給へ」と申けれ
ば、「今は是程の身にな【成つ】て、残りとどまる身とても、安
穏にて何にかはせん。ただ【只】同じ一夜の露ともきえん
事こそ本意なれ。さても今朝をかぎりとしら【知ら】ざ
りけるかなしさよ」とて、ふしまろびてぞなか【泣か】れけ
る。既武士共のちかづく【近付く】よし【由】聞えしかば、かくて又はぢ【恥】
がましく、うたてき目を見んもさすがなればとて、
十になり【成り】給ふ女子、八歳[B ノ]男子、車にとり【取り】のせ【乗せ】、いづ
くをさすともなくやり【遣り】出す。さてもある【有る】べきならねば、
P02058
大宮をのぼりに、北山の辺雲林院へぞおはしける。
其辺なる僧坊におろしをき奉て、をくり【送り】の者ど
も【共】も、身々の捨がたさにいとま申て帰けり。今はいと
けなきおさなき【幼き】人々ばかりのこり【残り】ゐて、又こと【事】とふ
人もなくしておはしけむ北方の心のうち、おしは
から【推し量ら】れて哀也。暮行陰[B 「陰」に「景」と傍書]を見給ふにつけては、大
納言の露の命、此夕をかぎりなりとおもひ【思ひ】やるに
も、きえぬべし。[B 宿所には]女房侍おほかり【多かり】けれ共、物をだにと
りしたためず、門をだにおし【押し】も立ず。馬どもは厩に
P02059
なみ【並み】たちたれ共、草かふ【飼ふ】者一人もなし。夜明れば、馬・車
門にたちなみ、賓客座につらなて、あそびたはぶれ、
舞おどり【踊り】、世を世とも思ひ給はず、ちかき【近き】あたりの
人は物をだにたかく【高く】いはず、おぢおそれ【恐れ】てこそ昨日
までもあり【有り】しに、夜の間にかはるありさま、盛者必
衰の理は目の前にこそ顕けれ。楽つきて悲来
るとかかれたる江相公の筆の跡、今こそ思しら
  『少将乞請』S0205
れけれ。○丹波少将成経は、其夜しも院の御所法
住寺殿にうへぶし【上臥し】して、いまだ出られざりけるに、
P02060
大納言の侍共、いそぎ御所へ馳まい【参つ】て、少将殿[B を]よび
出し奉り、此由申に、「などや宰相の許より、今まで
しらせざるらん」との給ひも[B 「の給ひし」とあり「し」に「も」と傍書]はてねば、宰相殿より
とて使あり【有り】。此宰相と申は、入道相国の弟也。宿
所は六波羅の惣門の内なれば、門脇の宰相とぞ
申ける。丹波少将にはしうと【舅】也。「何事にて候やらん、
入道相国のきと西八条へ具し奉れと候」といは
せられたりければ、少将此事心得て、近習の女房
達よび出し奉り、「夜部何となう世の物さはがしう【騒がしう】
P02061
候しを、例の山法師の下るかなど、よそにおもひ【思ひ】て候へ
ば、はや成経が身の上にて候けり。大納言よさりき
らるべう候なれば、成経も同罪にてこそ候はんずら
め。今一度御前へまい【参つ】て、君をも見まいらせ【参らせ】たう候へ
共、既かかる身に罷な【成つ】て候へば、憚存候」とぞ申され
ける。女房達御前ヘまい【参つ】て、此由奏せられけれ
ば、法皇大におどろかせ給て、「さればこそ。けさの
入道相国が使にはや御心得あり【有り】。あは、これらが内々
はかりし事のもれ【漏れ】にけるよ」とおぼしめす【思し召す】にあさ
P02062
まし。「さるにてもこれへ」と御気色あり【有り】ければ、まいら【参ら】
れたり。法皇も御涙をながさせ給ひて、仰下さる
る旨もなし。少将も涙に咽で、申あぐる旨もなし。
良有て、さてもある【有る】べきならねば、少将袖をかほに
おし【押し】あてて、泣なく罷出られけり。法皇はうしろを
遥に御覧じをくら【送ら】せ給ひて、「末代こそ心うけれ。
これかぎりで又御覧ぜぬ事もやあらんずらん」
とて、御涙をながさせ給ふぞ忝き。院中の
人々、少将の袖をひかへ、袂にすがて名残ををし
P02063
み【惜しみ】、涙をながさぬはなかりけり。しうとの宰相の許
へ出られたれば、北方はちかう産すべき人にておは
しけるが、今朝より此歎をうちそへては、既命も
たえ【絶え】入心地ぞせられける。少将御所を罷出づるより、
ながるる涙つきせぬに、北方のあり様【有様】を見給ひ
ては、いとどせんかたなげにぞ見えられける。少将〔の〕
めのとに、六条と云女房あり。「御ち【乳】にまいり【参り】はじめ
さぶらひて、君をち【血】のなかよりいだきあげま
いらせ【参らせ】、月日の重にしたがひ【従ひ】て、我身の年のゆく
P02064
事をば歎ずして、君のおとなしうならせ給ふ事
をのみうれしうおもひ【思ひ】奉り、あからさまとはおもへ【思へ】共、
既廿一年はなれ【離れ】まいらせ【参らせ】ず。院内へまいら【参ら】せ給ひ
て、遅う出させ給ふだにも、おぼつかなう思ひまい
らする【参らする】に、いかなる御目にかあはせ給はんずらん」と
なく【泣く】。少将「いたうななげい【歎い】そ。宰相さておはす
れば、命ばかりはさり共こひ【乞ひ】うけ【請け】給はんずらん」と
なぐさめ給へども【共】、人目もしら【知ら】ずなきもだへ【悶え】けり。
西八条より使しきなみにあり【有り】ければ、宰相
P02065
「ゆきむかう【向う】てこそ、ともかうもならめ」とて出給へば、
少将も宰相の車のしりにのてぞ出られける。
保元平治よりこのかた、平家の人々楽み栄
へのみあて、愁へ歎はなかりしに、此宰相ばかりこ
そ、よしなき聟ゆへ【故】にかかる歎をばせられけれ。
西八条ちかうなて車をとどめ【留め】、まづ案内を申
入られければ、太政入道「丹波少将をば、此内へ
はいれ【入れ】らるべからず」との給ふ間、其辺ちかき【近き】侍の
家におろしをきつつ、宰相ばかりぞ門のうち【内】へは
P02066
入給ふ。少将をば、いつしか兵共うち【打ち】かこん【囲ん】で、守護
し奉る。たのま【頼ま】れたりつる宰相殿にははなれ【離れ】給
ひぬ。少将の心のうち、さこそは便なかりけめ。宰相
中門に居給ひたれば、入道対面もし給はず、源
大夫判官季貞をもて申入られけるは、「[B 教盛こそ、]よし【由】な
き者にしたしうな【成つ】て、返々くやしう候へども、かひも
候はず。あひ【相】ぐし【具し】させて候ものが、此程なやむ事の候
なるが、けさよりこの【此の】歎をうちそへては、既命もた
え【絶え】なんず。何かはくるしう【苦しう】候べき。少将をばしばら
P02067
く教盛に預させおはしませ。教盛かうて候へば、なじか
はひが事せさせ候べき」と申されければ、季貞
まい【参つ】て此由申。[B 入道、]「あはれ、例の宰相が、物に心えぬ」と
て、とみに返事もし給はず。ややあ【有つ】て、入道の
給ひけるは、「新大納言成親、此一門をほろぼして、
天下を乱らむとする企あり【有り】。この【此の】少将は既彼
大納言が嫡子也。うとうもあれしたしうもあれ、ゑ
こそ申宥むまじけれ。若此謀反とげましかば、
御へん【御辺】とてもおだしう【穏しう】やおはすべきと申せ」とこ
P02068
その給ひけれ。季貞かへりまい【参つ】て、此由宰相に申
ければ、誠ほい【本意】な【無】げ[B に]て、重て申されけるは、「保元
平治よりこのかた、度々の合戦にも、御命にかは
りまいらせ【参らせ】んとこそ存候へ。此後も荒き風をば
まづふせき【防き】まいら【参ら】せ候はんずるに、たとひ教盛こ
そ年老て候共、わかき子共あまた候へば、一方の御
固にはなどかなら【成ら】で候べき。それに成経しばらくあづ
からうど申を御ゆるされ【許され】なきは、教盛を一向ふた
心【二心】ある者とおぼしめす【思し召す】にこそ。是程うしろめ
P02069
たうおもは【思は】れまいらせ【参らせ】ては、世にあても何にかはし候べ
き。今はただ身のいとまを給て、出家入道し、片
山里にこもり居て、一すぢに後世菩提のつと
めを営み候はん。よし【由】なき浮世のまじはり也。世にあ
ればこそ望もあれ、望のかなは【叶は】ねばこそ恨もあれ。
しかじ、うき世をいとひ、実のみち【道】に入なんには」と
ぞの給ひける。季貞まい【参つ】て、「宰相殿ははやおぼ
しめし【思し召し】きて候。ともかうもよき様に御ぱからひ
候へ」と申ければ、其時入道大におどろゐ【驚い】て、「されば
P02070
とて出家入道まではあまりにけしからず。其儀
ならば、少将をばしばらく御辺に預奉ると云べし」
とこその給ひけれ。季貞帰まい【参つ】て、宰相[B 殿イ]に此
よし【由】申せば、「あはれ、人の子をば持まじかりける
もの【物】かな。我子の縁にむすぼほれざらむには、
是程心をばくだかじ物を」とて出られけり。少
将まち【待ち】うけ奉て、「さていかが候つる」と申されければ、
「入道あまりに腹をたてて、教盛には終に対面も
し給はず。かなふ【叶ふ】まじき由頻にの給ひつれ共、出
P02071
家入道まで申たればにやらん、しばらく宿所に
をき奉れとの給ひつれ共、始終よかるべしと
もおぼえず」。少将「さ候へばこそ、成経は御恩をもて
しばしの命ものび候はんずるにこそ。其につき候ては、
大納言が事をばいかがきこしめさ【聞し召さ】れ候」。「それまではお
もひ【思ひ】もよらず」との給へば、其時涙をはらはらとなが
い【流い】て、「誠に御恩をもてしばしの命もいき【生き】候はんず
る事は、しかる【然る】べう候へ共、命のおしう【惜しう】候も、ちち【父】を今
一度見ばやとおもふ【思ふ】ため【為】也。大納言がきられ候はん
P02072
にをいては、成経とてもかひなき命をいきて何に
かはし候べき。ただ一所でいかにもなる様に申てた
ばせ給ふべうや候らん」と申されければ、宰相よに
も心くるしげ【苦し気】にて、「いさとよ。御辺の事をこそと
かう申つれ。それまではおもひ【思ひ】もよらねども【共】、大
納言殿の御事をば、今朝内のおとどのやうやう
に申されければ、それもしばしは心安いやうにこ
そ承はれ」との給へば、少将泣々手を合てぞ
悦ばれける。子ならざらむ者は、誰かただ今【只今】我
P02073
身の上をさしをひ【置い】て、是ほどまでは悦べき。まこ
と【誠】の契はおや子【親子】のなか【中】にぞあり【有り】ける。子をば
人のもつべかりける物哉とぞ、やがて思ひ返され
ける。さて今朝のごとくに同車[* 「同」に清点、「車」に濁点あり。]して帰られけり。
宿所には女房達、しん【死ん】だる人のいきかへりたる
心して、さしつどひ【集ひ】て皆悦なき【悦泣】共せられけり。
  『教訓状』S0206
○太政入道は、か様【斯様】に人々あまた警をいても、なを【猶】
心ゆかずやおもは【思は】れけん、既赤地の錦の直垂
に、黒糸威の腹巻の白かな物うたるむな板せめ
P02074
て、先年安芸守たりし時、神拝の次に、霊夢
を蒙て、厳島の大明神よりうつつ【現】に給はられ
たりし銀のひるまき【蛭巻】したる小長刀、常の枕を
はなたず立られたりしを脇ばさみ【鋏み】、中門の廊
へぞ出られける。そのきそく【気色】大方ゆゆしうぞみ
え【見え】し。貞能をめす。筑後守貞能、木蘭地の直
垂にひおどしの鎧きて、御まへ【前】に畏て[B ぞ]候[B ける]。ややあて
入道の給ひけるは、「貞能、此事いかが思ふ。保元
に平〔右〕馬助をはじめとして、一門半過て新院
P02075
のみかた【御方】へ[B 「へ」に「に」と傍書]まいり【参り】にき。一宮の御事は、故刑部卿
殿の養君にてましまいしかば、かたがたみ【見】はなち【放ち】
まいらせ【参らせ】がたかしか共、故院の御遺誡に任て、み
かた【御方】にて先をかけ【駆け】たりき。是一の奉公也。次平
治元年十二月、信頼・義朝が院内をとり奉り、
大内にたてごもり、天下くらやみとな【成つ】たりしに、入
道身を捨て凶徒を追落し、経宗・惟方をめし【召し】
警しに至るまで、既君の御ため【為】に命をうしな
は【失は】んとする事、度々に及ぶ。縦人なんと申共、七代
P02076
までは此一門をば争か捨させ給ふべき。それに、成親
と云無用のいたづら者、西光と云下賎の不当人め
が申事につかせ給ひて、この【此の】一門亡すべき由、法皇
の御結構こそ遺恨の次第なれ。此後も讒奏
する者あらば、当家追討の院宣下されつと覚
るぞ。朝敵とな【成つ】てはいかにくゆとも【共】益ある【有る】まじ。世
をしづめん程、法皇を鳥羽の北殿へうつし奉る
か、しから【然ら】ずは、是へまれ御幸をなしまいらせ【参らせ】んと思ふ
はいかに。其儀ならば、北面の輩、矢をも一い【射】てず[B ら]ん。
P02077
侍共に其用意せよと触べし。大方は入道、院がたの
奉公おもひ【思ひ】きたり。馬に鞍をか【置か】せよ。きせなが【着背長】とり【取り】
出せ」とぞの給ひける。主馬判官盛国、いそぎ小松
殿へ馳まい【参つ】て、「世は既かう候」と申ければ、おとど聞
もあへず、「あははや、成親卿が首をはね【刎ね】られたる
な」との給へば、「さは候はね共、入道殿きせながめさ【召さ】れ
候。侍共皆う【打つ】た【立つ】て、只今法住寺殿へよせんと出たち
候。法皇をば鳥羽殿へおし【押し】こめまいらせ【参らせ】うど候が、内々は
鎮西のかた【方】へながしまいらせ【参らせ】うど擬せられ候」と申
P02078
ければ、おとど争かさる事ある【有る】べきとおもへ【思へ】共、今朝の
禅門のきそく【気色】、さる物ぐるはしき事もある【有る】らむ
とて、車をとばして西八条へぞおはしたる。門前にて
車よりおり、門の内へさし入て見給へば、入道腹
巻をき給ふ上は、一門の卿相雲客数十人、お
のおの【各々】色々の直垂に思ひ思ひの鎧きて、中門の
廊に二行に着座せられたり。其外諸国の受
領・衛府・諸司などは、縁に居こぼれ、庭にもひしと
なみ居たり。旗ざほ共ひきそばめひきそばめ、馬の腹帯
P02079
をかため、甲の緒をしめ、只今皆う【打つ】たた【立た】んずるけし
きども【気色共】なるに、小松殿烏帽子直衣に、大文の指
貫そばとて、ざやめき入給へば、事の外にぞみえ【見え】
られける。入道ふし目【伏目】になて、あはれ、例の内府が
世をへうする様にふるまう【振舞ふ】、大に諫ばやとこそおも
は【思は】れけめども、さすが子ながらも、内には五戒をたもて
慈悲を先とし、外には五常をみだらず、礼義をただ
しうし給ふ人なれば、あのすがたに腹巻をきて向
はむ事、おもばゆう【面映う】はづかしうやおもは【思は】れけむ、障子
P02080
をすこし【少し】引たてて、素絹の衣を腹巻の上にあは
てぎ【慌着】にき【着】給ひたりけるが、むないたの金物のす
こし【少し】はづれて見えけるを、かくさ【隠さ】うど、頻に衣の
むねを引ちがへ引ちがへぞし給ひける。おとどは舎弟
宗盛卿の座上につき給ふ。入道もの給ひいだす【出だす】
旨もなし。おとども申いださ【出ださ】るる事もなし。良あて入
道の給ひけるは、「成親卿が謀反は事の数にもあら
ず。一向法皇の御結構にてあり【有り】けるぞや。世をし
づめん程、法皇を鳥羽の北殿へうつし奉るか、しから【然ら】
P02081
ずは是へまれ御幸をなしまいらせ【参らせ】んと思ふはいかに」と
の給へ【宣へ】ば、おとどきき【聞き】もあへずはらはらとぞなかれ
ける。入道「いかにいかに」とあきれ給ふ。おとど涙をおさへ【抑へ】
て申されけるは、「此仰承候に、御運ははや末になり【成り】ぬ
と覚候。人の運命の傾かんとては、必悪事をお
もひ【思ひ】たち【立ち】候也。又御ありさま、更うつつ共おぼえ【覚え】候は
ず。さすが我朝は辺地[B 「地」に「里イ」と傍書]粟散の境と申ながら、天
照大神の御子孫、国のあるじとして、天の児屋根
の尊の御すゑ【末】、朝の政をつかさどり給ひしより
P02082
このかた【以来】、太政大臣の官に至る人の甲冑をよろ
ふ事、礼義を背にあらずや。就中御出家の御
身なり。夫三世の諸仏、解脱幢相の法衣をぬ
ぎ捨て、忽に甲冑をよろひ、弓箭を帯し
ましまさむ事、内には既破戒無慙の罪をまね
くのみならず、外には又仁義礼智信の法にもそ
むき候なんず。かたがた【旁々】恐ある申事にて候へ共、心
の底に旨趣を残すべきにあらず。まづ世に四
恩候。天地の恩、国王の恩、父母の恩、衆生の恩
P02083
是也。其なか【中】に尤重きは朝恩也。普天のした【下】、王地
にあらずと云事なし。されば彼潁川の水に耳を
洗ひ、首陽山に薇をお【折つ】し賢人も、勅命そむき
がたき礼義をば存知すとこそ承はれ。何况哉先
祖にもいまだきか【聞か】ざし太政大臣をきはめさせ給ふ。
いはゆる重盛が無才愚闇の身をもて、蓮府槐
門の位にいたる【至る】。しかのみならず、国郡半は過て一門の
所領となり、田園悉一家の進止たり。これ希代[M 「き代」とあり「き」をミセケチ「希」と傍書]の
朝恩にあらずや。今これらの莫太の御恩を[B 思召]忘て、
P02084
みだりがはしく法皇を傾け奉らせ給はん事、天照
大神・正八幡宮の神慮にも背候なんず。日本は是
神国なり。神は非礼を享給はず。しかれば君のおぼ
しめし【思し召し】立ところ【所】、道理なかばなきにあらず。なか【中】に
も此一門は、[B 代々ノ]朝敵を平げて四海の逆浪をし
づむる事は無双の忠なれども、其賞に誇る
事は傍若無人共申つべし。聖徳太子十七ケ条
の御憲法に、「人皆心あり【有り】。心おのおの【各々】執あり【有り】。彼を是
し我を非し、我を是し彼を非す、是非の理誰
P02085
かよくさだむ【定む】べき。相共に賢愚也。環のごとく【如く】して端
なし。ここをもて設人いかる【怒る】と云共、かへて【却つて】我とがを
おそれよ【恐れよ】」とこそみえ【見え】て候へ。しかれ共、御運つきぬ
によて、[B 御]謀反既あらはれ【現はれ】ぬ。其上仰合らるる成親
卿めし【召し】をか【置か】れぬる上は、設君いかなる不思議をおぼ
しめし【思し召し】たたせ給ふ共、なんのおそれ【恐れ】か候べき。所当
の罪科おこなはれん上は、退いて事の由を陳じ
申させ給ひて、君の御ためには弥奉公の忠勤
をつくし、民のためにはますます撫育の哀憐
P02086
をいたさせ給はば、神明の加護にあづかり【預り】、仏陀の
冥慮にそむくべからず。神明仏陀感応あらば、君も
おぼしめしなをす事、などか候はざるべき。君と臣
とならぶるに親疎わく【分く】かたなし。道理と僻事をな
  『烽火之沙汰』S0207
らべんに、争か道理につかざるべき」。○「是は君の御こと
はり【理】にて候へば、かなは【叶は】ざらむまでも、院の御所法住
寺殿を守護しまいらせ【参らせ】候べし。其故は、重盛叙爵
より今大臣の大将にいたるまで、併君の御恩なら
ずと[B 云]事なし。其恩の重き事をおもへ【思へ】ば、千顆万顆
P02087
の玉にもこえ、其恩の深き事[M 「事」をミセケチ「色イ」と傍書]を案ずれば、一
入再入の紅にも[B 猶]過たらん。しかれば、院中にま
いり【参り】こもり候べし。其儀にて候はば、重盛が身にか
はり、命にかはらんと契たる侍共少々候らん。こ
れらをめし【召し】ぐし【具し】て、院御所法住寺殿を守護
しまいらせ【参らせ】候はば、さすが以外の御大事でこそ候はん
ずらめ。悲哉、君の御ために奉公の忠をいたさん
とすれば、迷慮【*迷盧】八万の頂より猶たかき父の
恩、忽にわすれんとす。痛哉、不孝の罪をの
P02088
がれ【逃れ】んとおもへ【思へ】ば、君の御ために既不忠の逆臣と
なりぬべし。進退惟谷れり、是非いかにも弁
がたし。申うくるところ〔の〕詮は、ただ重盛が頸をめされ
候へ。[B さ候はば、]院中をも守護しまいらす【参らす】べからず、院参の
御供をも仕るべからず。かの蕭何は大功かたへにこ
えたるによて、官大相国に至り、剣を帯し沓を
はきながら殿上[* 「殿」に清点、「上」に濁点あり。]にのぼる事をゆるさ【許さ】れしか共、
叡慮にそむく事あれば、高祖おもう【重う】警てふ
かう【深う】罪せられにき。か様【斯様】の先蹤をおもふにも、富
P02089
貴といひ栄花といひ、朝恩といひ重職といひ、
旁きはめさせ給ひぬれば、御運のつきんこ
ともかたかるべきにあらず。富貴の家には
禄位重畳せり、ふたたび実なる木は其根必い
たむとみえ【見え】て候。心ぼそうこそおぼえ候へ。いつま
でか命いきて、みだれむ世をも見候べき。只末代
に生をうけて、かかるうき目にあひ候重盛が果
報の程こそ拙う候へ。ただ今侍一人に仰付て、御坪
のうちに引出されて、重盛が首のはねられん事
P02090
は、安い程の事でこそ候へ。是をおのおの聞給へ」とて、直
衣の袖もしぼる[B 「しぼり」とあり「り」に「る」と傍書]ばかりに涙をながしかきくどかれけ
れば、一門の人々、心あるも心なきも、皆[B よろひ【鎧】の]袖をぞぬ
らされける。太政入道も、たのみ【頼み】きたる内府はかや
うにの給ふ、力もなげにて、「いやいや、これまでは思も
よりさうず。悪党共が申事につかせ給ひて、
僻事などやいでこむずらんと思ふばかりでこそ
候へ」との給へ【宣へ】ば、[B 大臣、]「縦いかなるひが事【僻事】出き候とも、君をば
何とかしまいらせ【参らせ】給ふべき」とて、ついたて中門に
P02091
出て、侍共に仰られけるは、「只今重盛が申つる事共を
ば、汝等承はらずや。今朝よりこれに候うて、かやうの
事共申しづめむと存じつれ共、あまりにひたさ
はぎ【騒ぎ】に見えつる間、帰りたりつるなり。院参の
御供にをいては、重盛が頸のめさ【召さ】れむを見て仕
れ。さらば人まいれ【参れ】」とて、小松殿へぞ帰られける。主
馬判官盛国をめし【召し】て、「重盛こそ天下の大事
を別して聞出したれ。「我を我とおもは【思は】ん者共
は、皆物ぐ【具】して馳まいれ【参れ】」と披露せよ」との給へ【宣へ】ば、
P02092
此由ひろう【披露】す。おぼろけにてはさはが【騒が】せ給はぬ人の、
かかる披露のあるは別の子細のあるにこそとて、
皆物具して我も我もと馳まいる【参る】。淀・はづかし[B 「はづかし」に「羽束瀬」と傍書]【羽束師】・宇治・
岡の屋、日野・勧条寺【*勧修寺】・醍醐・小黒栖、梅津・桂・大
原・しづ原、せれう【芹生】の里に、あぶれゐたる兵共、或
よろい【鎧】きていまだ甲をきぬもあり【有り】、或は矢お
うていまだ弓をもたぬもあり【有り】。片鐙ふむやふ
まずにて、あはて【慌て】さはい【騒い】で馳まいる【参る】。小松殿に
さはぐ【騒ぐ】事あり【有り】と聞えしかば、西八条に数千騎あり【有り】
P02093
ける兵共、入道にかうとも申も入ず、ざざめき[M 「ざざめてき」とあり「て」をミセケチ]つ
れて、皆小松殿へぞ馳たりける。すこし【少し】も弓箭
に携る程の者、一人も残らず。其時入道大に
驚き、貞能をめし【召し】て、「内府は何とおもひ【思ひ】て、これ
らをばよび【呼び】とるやらん。是でいひつる様に、入道が
許へ討手などやむかへ【向へ】んずらん」との給へ【宣へ】ば、貞能
涙をはらはらとながい【流い】て、「人も人にこそよらせ給ひ
候へ。争かさる御事候べき。[B 今朝是にて]申させ給ひつる事
共も、みな御後悔ぞ候らん」と申ければ、入道内府
P02094
に中たがふ【違う】てはあしかり【悪しかり】なんとやおもは【思は】れけん、法
皇むかへ【向へ】まいらせ【参らせ】んずる事も、はや思とどまり、腹
巻ぬぎをき、素絹の衣にけさ【袈裟】うちかけて、い
と心にもおこらぬ念珠してこそおはしけれ。小松
殿には、盛国承て着到つけけり。馳参たる勢ど
も、一万余騎とぞしるいたる。着到披見の後、
おとど中門に出て、侍共にの給ひけるは、「日来の
契約をたがへ【違へ】ず、まいり【参り】たるこそ神妙なれ。異
国にさるためし【例】あり【有り】。周幽王、褒■[女+以]と云最愛の
P02095
后をもち給へり。天下第一の美人也。されども幽
王の心にかなは【叶は】ざりける事は、褒■[女+以]咲をふくまず
とて、すべて此后わらう【笑ふ】事をし給はず。異国の習に
は、天下に兵革おこる時、所々に火をあげ、大鼓をう
て兵をめすはかり事あり【有り】。是を烽火と名づけ
たり。或時天下に兵乱おこて、烽火をあげたり
ければ、后これを見給ひて、「あなふしぎ【不思議】、火もあれ
程おほかり【多かり】けるな」とて、其時初てわらひ【笑ひ】給へり。
この后一たびゑめば百の媚あり【有り】けり。幽王うれし
P02096
き事にして、其事となうつねに烽火をあげ
給ふ。諸こう【侯】来るにあた【仇】なし。あた【仇】なければ則さん【去ん】
ぬ。かやうにする事度々に及べば、まいる【参る】者もなかり
けり。或時隣国より凶賊おこて、幽王の都をせ
め【攻め】けるに、烽火をあぐれども、例の后の火になら
て兵もまいら【参ら】ず。其時都かたむいて、幽王終に亡
にき。さてこの后は野干となてはしり【走り】うせける
ぞおそろしき【恐ろしき】。か様【斯様】の事がある時わ、自今以後も
これよりめさんには、かくのごとくまいる【参る】べし。重盛
P02097
不思議の事を聞出してめし【召し】つるなり。されども
其事聞なをし【直し】つ。僻事にてあり【有り】けり。とうとう帰
れ」とて皆帰されけり。実にはさせる事をも聞
出されざりけれども、父をいさめ申されつる詞
にしたがひ【従ひ】、我身に勢のつくかつかぬかの程をも
しり、又父子軍[M 「戦」をミセケチ「軍」と傍書]をせんとにはあらね共、かうして入道
相国の謀反の心をもや、やはらげ給ふとの策也。
君君たらずと云とも、臣もて臣たらずばある【有る】べからず。
父父たらずと云共、子もて子たらずば有べからず。君
P02098
のためには忠あて、父のためには孝あり【有り】[B と]、文宣王の
の給ひけるにたがは【違は】ず。君も此よしきこしめし【聞し召し】て、
「今にはじめぬ事なれ共、内府が心のうちこそは
づかしけれ。怨をば恩をもて報ぜられたり」とぞ
仰ける。「果報こそめでたうて、大臣の大将にいた
ら【至ら】め、容儀体はい人に勝れ、才智才学さへ世に
こえたるべしやは」とぞ、時の人々感じあはれける。
「国に諫る臣あれば其国必やすく、家に諫る
子あれば其家必ただし」といへり。上古にも末代
P02099
  『大納言流罪』S0208
にもありがたかりし大臣也。○同六月二日[B ノヒ]、新大納言
成親卿をば公卿の座へ出し奉り、御物まいらせ【参らせ】たり
けれども、むねせきふさがて御はしをだにもたて
られず。御車をよせて、とうとうと申せば、心なら
ずのり給ふ。軍兵共前後左右にうちかこみた
り。我方の者は一人もなし。「今一度小松殿に見
え奉らばや」との給へ【宣へ】ども【共】、それもかなは【叶は】ず。「縦重
科を蒙て遠国へゆく者も、人一人身にそへぬ
者やある」と、車のうちにてかきくどか【口説か】れければ、
P02100
守護の武士共も皆鎧の袖をぞぬらしける。西
の朱雀を南へゆけば、大内山も今はよそにぞ
見給ける。としごろ【年比】見なれ奉[B り]し雑色牛飼
に至るまで、涙をながし袖をしぼらぬはなかりけ
り。まして都に残とどまり給ふ北方、おさな
き【幼き】人々の心のうち、おしはから【推し量ら】れて哀也。鳥
羽殿をすぎ給ふにも、此御所へ御幸なりし
には、一度も御供にははづれざりし物をとて
わが山庄すはま【州浜】殿とてあり【有り】しをも、よそに
P02101
みてこそとおら【通ら】れけれ。[B 肩に「鳥羽のイ」と傍書]南の門に出て、舟をそ
し【遅し】とぞいそがせける。「こはいづちへやらん。おな
じううしなは【失は】るべくは、都ちかき【近き】此辺にてもあれ
かし」との給ひけるぞせめての事なる。ちかう
そひたる武士を「た【誰】そ」ととひ給へば、「難波次
郎経遠」と申。「若此辺に我方さまのものや
ある。舟にのらぬ先にいひをく【置く】べき事あり【有り】。
尋てまいらせよ【参らせよ】」との給ひければ、其辺をはしり【走り】
まはて尋けれども【共】、我こそ大納言殿の方と云
P02102
者一人もなし。「我世なりし時は、したがひ【従ひ】ついたりし
者ども【共】、一二千人もあり【有り】つらん。いまはよそにて
だにも、此有さまを見をくる【送る】者のなかりける
かなしさよ」とてなか【泣か】れければ、たけき【猛き】もののふ
共もみな袖をぞぬらしける。身にそふ物とては、
ただつきせぬ涙ばかり也。熊野まうで、天王寺
詣などには、ふたつがはら【二龍骨】の、三棟につくたる舟に
のり、次の舟二三十艘漕つづけてこそあり【有り】し
に、今はけしかる[B 「けしかり」とあり「り」に「る」と傍書]かきすゑ【舁き据え】屋形舟に大幕ひ
P02103
かせ、見もなれぬ兵共にぐせ【具せ】られて、けふをかぎ
りに都を出て、浪路はるかにおもむか【赴か】れけん
心のうち、おしはから【推し量ら】れて哀也。其日は摂津国
大もつ【大物】の浦に着給ふ。新大納言、既死罪
に行はるべかりし人の、流罪に宥られけるこ
とは、小松殿のやうやうに申されけるによて也。
此人いまだ中納言にておはしける時、美濃国
を知行し給ひしに、嘉応元年の冬、目代
右衛門尉正友がもとへ、山門の領、平野庄
P02104
の神人が葛を売てきたりけるに、目代酒に
飲酔て、くずに墨をぞ付たりける。神人悪
口に及ぶ間、さないは【言は】せそとてさむざむ【散々】にれう
りやく【陵轢、陵礫】す。さる程に神人共数百人、目代が許
へ乱入す。目代法にまかせ【任せ】て防ければ、神人等
十余人うちころさ【殺さ】る[M 「うちころされ」とあり「れ」をミセケチ「る」と傍書]。是によて同年の十一
月三日、山門の大衆飫しう蜂起して、国司成
親卿を流罪に処せられ、目代右衛門尉正友
を禁獄せらるべき由奏聞す。既成親卿
P02105
備中国へながさるべきにて、西の七条までいださ
れたりしを、君いかがおぼしめさ【思し召さ】れけん、中五日
あてめし【召し】かへさ【返さ】る。山門の大衆飫しう呪咀すと
聞えしか共、同二年正月五日、右衛門督を兼じ
て、検非違使の別当になり給ふ。其時資方【*資賢】・
兼雅卿こえられ給へり。資方【*資賢】卿はふるい【古い】人、おとな
にておはしき。兼雅卿は栄花の人也。家嫡にて
こえられ給ひけるこそ遺恨なれ。是は三条殿
造進の賞也。同三年四月十三日、正二位に叙せ
P02106
らる。其時は中御門[B ノ]中納言宗家卿こえられ給
へり。安元元年十月廿七日、前中納言より権大
納言にあがり【上がり】給ふ。人あざけ[B ッ]て、「山門の大衆に
は、のろはるべかりける物を」とぞ申ける。され
ども今はそのゆへ【故】にや、かかるうき目にあひ給
へり。凡は神明の罰も人の呪咀も、とき【疾き】も
あり【有り】遅もあり【有り】、不同なる事共也。同三日、大もつ【大物】
の浦へ京より御使あり【有り】とてひしめきけり。新
大納言「是にて失へとにや」と聞給へば、さはな
P02107
くして、備前の児島へながすべしとの御使なり。
小松殿より御ふみ【文】あり【有り】。「いかにもして、都ちかき【近き】
片山里にをき奉らばやと、さしも申つれど
もかなは【叶は】ぬ事こそ、世にあるかひも候はね。さ
りながらも、御命ばかりは申うけて候」とて、難波
がもとへも「かまへてよくよく宮仕へ御心にたが
う【違ふ】な」と仰られつかはし【遣し】、旅のよそほい【粧】こまごま
と沙汰しをくら【送ら】れたり。新大納言はさしも
忝うおぼしめさ【思し召さ】れける君にもはなれま
P02108
いらせ【参らせ】、つかのまもさりがたうおもは【思は】れける北方
おさなき【幼き】人々にも別はてて、「こはいづちへとて行
やらん。二度こきやう【故郷】に帰て、さいし[M 「さひし」とあり「さひ」をミセケチ「さい」と傍書]【妻子】を相みん事
も有がたし。一とせ山門の訴詔【*訴訟】によてながさ
れしを、君おしま【惜しま】せ給ひて、西の七条よりめし【召し】
帰されぬ。これはされば君の御警にもあらず。
こはいかにしつる事ぞや」と、天にあふぎ地に
ふして、泣かなしめ共かひぞなき。明ぬれば既
舟おしいだいて下り給ふに、みちすがらもただ
P02109
涙に咽で、ながらふ【永らふ】べしとはおぼえねど、さすが
露の命はきえやらず、跡のしら浪【白浪】へだつれ
ば、都は次第に遠ざかり、日数やうやう重れば、
遠国は既近付けり。備前の児島に漕よせて、
民の家のあさましげなる柴の庵にをき
奉る。島のならひ【習ひ】、うしろは山、前はうみ、磯の
  『阿古屋之松』S0209
松風浪の音、いづれも哀はつきせず。○大納言
一人にもかぎらず、警を蒙る輩おほかり【多かり】けり。
近江中将入道蓮浄佐渡国、山城守基兼伯
P02110
耆国、式部大輔正綱播磨国、宗判官信房、阿
波国、新平判官資行は美作国とぞ聞えし。其
比入道相国、福原の別業におはしけるが、同廿日[B ノヒ]、摂
津左衛門盛澄を使者で、門脇の宰相の許へ、「存
る旨あり【有り】。丹波少将いそぎ是へたべ」との給ひつ
かはさ【遣さ】れたりければ、宰相「さらば、只あり【有り】し時、とも
かくもなりたりせばいかがせむ。今更物をお
もは【思は】せんこそかなしけれ」とて、福原へ下り給ふ
べきよし【由】の給へ【宣へ】ば、少将なくなく【泣く泣く】出[B 立]給ひけり。
P02111
女房達は、「かなは【叶は】ぬ物ゆへ【故】、なを【猶】もただ宰相の申
されよかし」とぞ歎れける。宰相「存る程の
事は申つ。世を捨るより外は、今は何事をか
申べき。され共、縦いづくの浦におはす共、我命
のあらんかぎりはとぶらひ【訪ひ】奉るべし」とぞの
給ひける。少将は今年三になり給ふおさな
き【幼き】人を持給へり。日ごろはわかき人にて、君達
などの事も、さしもこまやかにもおはせざりし
か共、今はの時になりしかば、さすが心にやかか
P02112
られけん、「此おさなき【幼き】者を今一度見ばや」と
こその給ひけれ。めのと【乳母】いだい【抱い】てまいり【参り】たり。少
将ひざのうへにをき、かみかきなで、涙をはら
はらとながい【流い】て、「あはれ、汝七歳にならば男にな
して、君へまいらせ【参らせ】んとこそおもひ【思ひ】つれ。され
共、今は云かひなし。若命いきておひたちた
らば、法師になり、我後の世とぶらへよ」との給
へ【宣へ】ば、いまだいとけなき心に何事をか聞わ
き給ふべきなれ共、うちうなづき給へば、少
P02113
将をはじめ奉て、母うへ【母上】めのとの女房、其座に
なみゐたる人々、心あるも心なきも、皆袖をぞ
ぬらしける。福原の御使、やがて今夜鳥羽まで出
させ給ふべきよし申ければ、「幾程ものびざら
む物ゆへ【故】に、こよひばかりは都のうちにてあかさ
ばや」との給へ【宣へ】共、頻に申せば、其夜鳥羽へ出ら
れける。宰相あまりにうらめしさ【恨めしさ】に、今度はのり
も具し給はず。おなじき廿二日、福原へ下りつ
き給ひたりければ、太政入道、瀬尾太郎兼
P02114
康に仰て、備中国へぞ下されける。兼康は宰
相のかへり聞給はん所をおそれ【恐れ】て、道すがらも
やうやうにいたはりなぐさめ奉る。され共少将なぐ
さみ給ふ事もなし。よる昼【夜昼】ただ仏の御名を
のみ唱て、父の事をぞ歎れける。新大納言
は備前の児島におはしけるを、あづかり【預り】の武士
難波次郎経遠「これは猶舟津近うてあしかり【悪しかり】
なん」とて地へわたし奉り、備前・備中両国の
堺、にはせ[B 「は」に「ワ」と傍書]【庭瀬】の郷有木の別所と云山寺にをき
P02115
奉る。備中の瀬尾と備前の有木の別所の
間は、纔五十町にたらぬ所なれば、丹波少将、そなた
の風もさすがなつかしう【懐しう】やおもは【思は】れけむ。或時
兼康をめし【召し】て、「是より大納言殿の御渡あんな
る備前の有木の別所へは、いか程の道ぞ」とと
ひ給へば、すぐにしらせ奉てはあしかり【悪しかり】なんとや
おもひ【思ひ】けむ、「かたみち十二三日で候」と申。其時少
将涙をはらはらとながい【流い】て、「日本は昔三十三ケ
国にてあり【有り】けるを、中比六十六ケ国に分られ
P02116
たんなり。さ云備前・備中・備後も、もとは一国に
てあり【有り】ける也。又あづまに聞ゆる出羽・陸奥両
国も、昔は六十六郡が一国にてあり【有り】けるを、其時
十二郡をさきわかて、出羽国とはたてられたり。
されば実方中将、奥州へながされたりける時、
此国の名所にあこ屋【阿古屋】の松と云所を見ばやとて、
国のうちを尋ありき【歩き】けるが、尋かねて帰りける
道に、老翁の一人逢たりければ、「やや、御辺は
ふるい【古い】人とこそ見奉れ。当国の名所にあこ
P02117
や【阿古屋】の松と云所やしりたる」ととふに、「またく当国
のうちには候はず。出羽国にや候らん」。「さては
御辺しらざりけり。世はすゑになて、名所をも
はやよびうしなひ【失ひ】たるにこそ」とて、むなしく
過んとしければ、老翁、中将の袖をひかへ
て、「あはれ君はみちのくのあこ屋【阿古屋】の松に木
がくれていづべき月のいでもやらぬか W008といふ
歌の心をもて、当国の名所あこや【阿古屋】の松とは
仰られ候か、それは両国が一国なりし時読侍る
P02118
歌也。十二郡をさきわかて後は、出羽国にや候らん」
と申ければ、さらばとて、実方中将も出羽国に
こえてこそ、あこ屋【阿古屋】の松をば見たりけれ。筑
紫の太宰府より都へ■[魚+宣]の使ののぼるこ
そ、かた路十五日とはさだめたれ。既十二三日と云は、
これより殆鎮西へ下向ごさむなれ。遠しと云
とも、備前・備中の間、両三日にはよも過じ。近きを
とをう【遠う】申すは、大納言殿の御渡あんなる所を、成
経にしらせじとてこそ申らめ」とて、其後は恋
P02119
  『大納言死去』S0210
しけれ共とひ給はず。○さる程に、法勝寺の執
行俊寛僧都、平判官康頼、この少将相ぐし
て、三人薩摩潟鬼界が島へぞながされける。
彼島は、都を出てはるばると浪路をしのいで行
所也。おぼろけにては舟もかよはず。島にも人
まれなり。をのづから人はあれども、此土の人に
も似ず。色黒うして牛の如し。身には頻に毛
おひつつ、云詞も聞しら【知ら】ず。男は鳥帽子もせず、
女は髪もさげざりけり。衣裳なければ人にも
P02120
似ず。食する物もなければ、只殺生をのみ先と
す。しづが山田を返さねば、米穀のるいもなく、
園の桑をとらざれば、絹帛のたぐひもなかり
けり。島のなかにはたかき山あり【有り】。鎮に火もゆ。
硫黄[B 「ユ」に「イ」と傍書]と云物みちみてり。かるがゆへに硫黄が
島とも名付たり。いかづちつねになりあがり【上がり】、なり
くだり、麓には雨しげし。一日片時、人の命たえ【堪へ】
てあるべき様もなし。さる程に、新大納言はすこ
し【少し】くつろぐ【寛ぐ】事もやとおもは【思は】れけるに、子息
P02121
丹波少将成経も、はや鬼界が島へながされ給
ひぬときい【聞い】て、今はさのみつれなく何事をか
期すべきとて、出家の志の候よし、便に付て
小松殿へ申されければ、此由法皇へ伺申て
御免あり【有り】けり。やがて出家し給ひぬ。栄花
の袂を引かへて、浮世をよそに[M 「よその」とあり「の」をミセケチ「に」と傍書]すみぞめ
の袖にぞやつれ給ふ。大納言の北方は、都の
北山雲林院の辺にしのび【忍び】てぞおはしける。
さらぬだに住なれぬ所は物うきに、いとどしの
P02122
ば【忍ば】れければ、過行月日もあかしかね、くらしわづ
らふさまなりけり。女房侍おほかり【多かり】けれども、
或世をおそれ【恐れ】、或人目をつつむほど【程】に、とひと
ぶらふ者一人もなし。され共其中に、源左衛
門尉信俊と云侍一人、情ことにふかかり【深かり】ければ、
つねはとぶらひ【訪ひ】奉る。或時北方、信俊をめ
し【召し】て、「まことや、これには備前のこじまにと聞
えしが、此程きけば有木の別所とかやにおは
す也。いかにもして今一度、はかなき筆のあと【跡】
P02123
をも奉り、御をとづれをもきかばや」とこその
給ひけれ。信俊涙をおさへ【抑へ】申けるは、「幼少より
御憐を蒙て、かた時もはなれまいらせ【参らせ】候はず。
御下りの時も、何共して御供仕うど申候しか
共、六波羅よりゆるさ【許さ】れねば力及候はず。めされ
候[*「候」は「か」とも読める 「候」と傍書]し御声も耳にとどまり、諫られまいらせ【参らせ】し御
詞も肝に銘じて、かた時も忘まいらせ【参らせ】候はず。縦
此身はいかなる目にもあひ候へ、とうとう御ふみ【文】給
はてまいり【参り】候はん」とぞ申ける。北方なのめなら
P02124
ず悦で、やがてかい【書い】てぞたうだりける。おさなき【幼き】
人々も面々に御ふみ【文】あり【有り】。信俊これを給はて、
はるばると備前国有木の別所へ尋下る。[B 先]あ
づかり【預り】の武士難波次郎経遠に案内をいひけ
れば、心ざしの程を感じて、やがて見参にいれ【入れ】
たりけり。大納言入道殿は、只今も都の事
をの給ひ[B い]だし【出し】、歎きしづんでおはしける処に、
「京より信俊がまい【参つ】て候」と申入たりければ、「ゆ
めかや」とて、ききもあへずおきなをり、「是へ
P02125
是へ」とめされければ、信俊まい【参つ】て見奉るに、
まづ御すまひ【住ひ】の心うさもさる事にて、墨染
の御袂を見奉るにぞ、信俊目もくれ心もき
えて覚ける。北方の仰かうむ【蒙つ】し次第、こまごま
と申て、御ふみ【文】とりいだいて奉る。是をあけて
見給へば、水ぐきの跡は涙にかきくれて、そ
こはかとはみえ【見え】ねども、「おさなき【幼き】人々のあまり
に恋かなしみ給ふありさま、我身もつき
せぬもの思にたへ【堪へ】しのぶ【忍ぶ】べうもなし」などかか
P02126
れたれば、日来の恋しさは事の数ならずと
ぞかなしみ給ふ。かくて四五日過ければ、信俊
「これに候て、[B 御]最後の御有さま【有様】見まいらせ【参らせ】ん」と
申ければ、あづかり【預り】の武士難波次郎経遠、か
なう【叶ふ】まじきよし【由】頻に申せば、力及ばで、「さらば
上れ」とこその給ひけれ。「我は近ううしなは【失は】れん
ずらむ。此世になき者ときかば、相構て我後世
とぶらへ」とぞの給ひける。御返事かいてたう
だりければ、信俊これを給て、「又こそ参り候
P02127
はめ」とて、いとま申て出ければ、[B 大納言、]「汝が又こ【来】んたびを
待つくべしともおぼえぬぞ。あまりにしたはし
くおぼゆる【覚ゆる】に、しばししばし」との給ひて、たびたび
よびぞかへさ【返さ】れける。さてもあるべきならねば、
信俊涙をおさへ【抑へ】つつ、都へ帰のぼり【上り】けり。北
方に御ふみ【文】まいらせ【参らせ】たりければ、是をあけて
御覧ずるに、はや出家し給ひたるとおぼしく
て、御ぐし【髪】の一ふさ、ふみのおくにあり【有り】けるを、
ふた目とも見給はず。かたみこそ中々今は
P02128
あたなれとて、ふしまろびてぞなか【泣か】れける。お
さなき【幼き】人々も、声々になきかなしみ給ひけり。
さる程に、大納言入道殿をば、同八月十九日、
備前・備中両国の堺、にはせ[B 「は」に「ワ」と傍書]【庭瀬】の郷吉備の
中山と云所にて、つゐに【遂に】うしなひ【失ひ】奉る。其さひ
ご【最後】の有様、やうやうに聞えけり。酒に毒を入て
すすめたりけれ共、かなは【叶は】ざりければ、岸の二
丈ばかりあり【有り】ける下にひしをうへ【植ゑ】て、うへより
つきおとし【落し】奉れば、ひしにつらぬ【貫ぬ】かてうせ給ひ
P02129
ぬ。無下にうたてき事共也。ためし【例】すくなうぞおぼ
えける。大納言[B の]北方は、此世になき人と聞たま
ひて、「いかにもして今一度、かはらぬすがたを見も
し、見えんとてこそ、けふまでさまをもかへざり
つれ。今は何にかはせん」とて、菩提院と云寺に
おはし、さまをかへ、かたのごとく[B の]仏事をいとなみ、
後世をぞとぶらひ【弔ひ】給ひける。此北方と申は、
山城守敦方の娘なり。勝たる美人にて、後白河
法皇の御最愛ならびなき御おもひ【思ひ】人にてお
P02130
はしけるを、成親卿ありがたき寵愛の人にて、給
はられたりけるとぞ聞えし。おさなき【幼き】人々も
花を手折、閼伽の水を結んで、父の後世を
とぶらひ【弔ひ】給ふぞ哀なる。さる程に[B 「さる程」に「かくて」と傍書]時うつり
事さて、世のかはりゆくありさまは、ただ天人の五
  『徳大寺之沙汰』S0211
衰にことならず。○ここに徳大寺の大納言実
定卿は、平家の次男宗盛卿に大将をこえられ
て、しばらく寵居し給へり。出家せんとの給へ【宣へ】ば、
諸大夫侍共[M 「諸大夫侍共」をミセケチ、左に「御内の上下」と傍書]、いかがせんと歎あへり。其中に藤蔵
P02131
人[B 大夫]重兼と云諸大夫あり【有り】。諸事に心えたる者[M 「人」をミセケチ「者」と傍書]にて[B 有けるが]、
ある月の夜、実定卿南面の御格子あげさせ、
只ひとり月に嘯ておはしける処に、なぐさめ
まいらせ【参らせ】んとやおもひ【思ひ】けん、藤蔵人まいり【参り】
たり。「たそ」[B とのたまへ【宣へ】ば、]「重兼候」。「いかに何事ぞ」との給へ【宣へ】ば、
「今夜は殊に月さえ【冴え】て、よろづ心のすみ候まま
にまい【参つ】て候」とぞ申ける。大納言「神妙にま
い【参つ】たり。余に何とやらん心ぼそうて徒然なる
に」とぞ仰られける。其後何となひ【無い】事共申て
P02132
なぐさめ奉る。大納言の給ひけるは、「倩此世の
中のありさまを見るに、平家の世はいよいよ
さかん【盛】なり。入道相国の嫡子次男、左右の大将
にてあり【有り】。やがて三男知盛、嫡孫維盛もある【有る】ぞ
かし。かれも是も次第にならば、他家の人々、大将
に[M 「を」をミセケチ「に」と傍書]いつあたりつくべし共おぼえ【覚え】ず。さればつゐ
の事也。出家せん」とぞの給ひける。重兼涙
をはらはらとながひ【流い】て申けるは、「君の御出家候
なば、御内の上下皆まどひ者になり[B 候ひ]なんず。
P02133
重兼めづらしい事をこそ案じ出して候へ。喩ば安
芸の厳島をば、平家なのめならずあがめ敬れ
候に、何かはくるしう【苦しう】候べき、彼社へ御まいり【参り】あて、御
祈誓候へかし。七日ばかり御参籠候はば、彼社には
内侍とて、ゆう【優】なる舞姫共おほく【多く】[B 「く」に「う」と傍書]候。めづら
しう思ひまいらせ【参らせ】て、もてなしまいらせ【参らせ】候はん
ずらん。何事の御祈誓に御参籠候やらんと申
候はば、あり【有り】のままに仰候へ。さて御のぼりの時、御
名残おしみ【惜しみ】まいらせ【参らせ】候はんずらん。むねとの内侍共
P02134
をめし【召し】具して、都まで御のぼり候へ。都へのぼり候
なば、西八条へぞ参候はんずらん。徳大寺殿は
何事の御祈誓に厳島へはまいら【参ら】せ給ひたり
けるやらんと尋られ候はば、内侍共あり【有り】のままに
ぞ申候はむずらん。入道相国はことに物めで
し給ふ人にて、わが崇給ふ御神へまい【参つ】て、
祈申されけるこそうれしけれとて、よきやう
なるはからひもあんぬと覚候」と申ければ、
徳大寺殿「これこそおもひ【思ひ】もよらざりつれ。
P02135
ありがたき策かな。やがてまいら【参ら】む」とて、俄に精
進はじめつつ、厳島へぞまいら【参ら】れける。誠に彼
社には内侍とてゆう【優】なる女どもおほかり【多かり】けり。
七日参籠せられけるに、よるひる【夜昼】つきそひ奉
り、もてなす事かぎりなし。七日七夜の間に、舞
楽も三度まであり【有り】けり。琵琶琴ひき、神楽
うたひ【歌ひ】など遊ければ、実定卿も面白事におぼ
しめし【思し召し】、神明法楽のために、いまやう【今様】朗詠うたひ【歌ひ】、
風俗催馬楽など、ありがたき郢曲どもあり【有り】けり。
P02136
内侍共「当社へは平家の公達こそ御まいり【参り】さぶら
ふに、この御まいり【参り】こそめづらしうさぶらへ【候へ】。何事の
御祈誓に御参籠さぶらふ【候ふ】やらん」と申ければ、
「大将を人にこえられたる間、その祈のため也」と
ぞ仰られける。さて七日参籠おはて、大明神に
暇申て都へのぼらせ給ふに、名残ををしみ奉
り、むねとのわかき内侍十余人、舟をしたて【仕立て】て一
日路ををくり【送り】奉る。いとま申けれ共、さりとては
あまりに名ごりのおしき【惜しき】に、今一日路、今二日
P02137
路と仰られて、都までこそ具せられけれ。徳大
寺殿の亭へいれ【入れ】させ給ひて、やうやうにもてなし、
さまざまの御引出物共たうでかへさ【返さ】れけり。内侍
共「これまでのぼる程では、我等がしう【主】の太政入道
殿へ、いかでまいら【参ら】である【有る】べき」とて、西八条へぞ参じ
たる。入道相国いそぎ出あひ給ひて、「いかに内侍共は
何事の列参ぞ」。「徳大寺殿の御まいり【参り】さぶらふて、七
日こもらせ給ひて御のぼりさぶらふ【候ふ】を、一日路をく
り【送り】まいらせ【参らせ】てさぶらへ【候へ】ば、さりとてはあまりに名残の
P02138
おしき【惜しき】に、今一日路二日路と仰られて、是までめし【召し】
ぐせ【具せ】られてさぶらふ【候ふ】」。「徳大寺は何事の祈誓
に厳島まではまいら【参ら】れたりけるやらん」との給
へば、「大将の御祈のためとこそ仰られさぶらひ
しか」。其時入道うちうなづいて、「あないとをし。王
城にさしもたとき霊仏霊社のいくらもまし
ますをさしをいて、我崇奉る御神へまい【参つ】て、
祈申されけるこそ有がたけれ。是ほど心ざし切
ならむ上は」とて、嫡子小松殿内大臣の左大将にて
P02139
ましましけるを辞せさせ奉り、次男宗盛大納
言の右大将にておはしけるをこえさせて、徳大寺
を左大将にぞなされける。あはれ、めでたかりけ
るはかりこと【策】かな。新大納言も、か様【斯様】に賢きはから
ひをばし給はで、よしなき謀反おこいて、我身も
亡、子息所従[*「従」は「徒」とも読める]に至るまで、かかるうき目をみせ【見せ】
  『山門滅亡堂衆合戦』S0212
給ふこそうたてけれ。○さる程に、法皇は三井
寺の公顕僧正を御師範として、真言の秘
法を伝受せさせましましけるが、大日経・金剛
P02140
頂経・蘇悉地経、此三部の秘法[B 「法」に「経」と傍書]をうけさせ給
ひて、九月四日[B ノヒ]三井寺にて御灌頂あるべしと
ぞ聞えける。山門の大衆憤申、「昔より御灌頂
御受戒、みな当山にしてとげさせまします
事先規也。就中に山王の化導は受戒灌
頂のためなり。しかる【然る】を今三井寺にてとげ
させましまさば、寺を一向焼払ふべしとぞ」
申ける。[B 法皇、]「是無益なり」とて、御加行を結願して、
おぼしめし【思し召し】とどまら【留まら】せ給ひぬ。さりながらも猶
P02141
御本意なればとて、三井寺の公顕僧正をめ
し【召し】具して、天王寺へ御幸なて、五智光院を
たて、亀井の水を五瓶の智水として、仏
法最初の霊地にてぞ、伝法灌頂はとげさせ
ましましける。山門の騒動をしづめられんが
ために、三井寺にて御灌頂はなかりしか共、山
上には、堂衆学生不快の事いできて、かつ
せん【合戦】度々に及。毎度に学侶うちおとされて、
山門の滅亡、朝家の御大事とぞ見えし。堂衆
P02142
と申は、学生の所従也ける童部が法師にな
たるや、若は中間法師原にてあり【有り】けるが、[B 一とせ]金剛
寿院の座主覚尋権僧正治山の時より、三
塔に結番して、夏衆と号して、仏に花ま
いらせ【参らせ】し者共也。近年行人とて、大衆をも事
共せざりしが、かく度々の軍[M 「戦」をミセケチ「軍」と傍書]にうちかちぬ。堂衆
等師主の命をそむいて合戦を企。すみやか
に誅罰せらるべきよし、大衆公家に奏聞
し、武家に触うたう【訴ふ】。これによて太政入道院
P02143
宣を承り、紀伊国の住人湯浅権守宗重以
下、畿内の兵二千余騎、大衆にさしそへて堂
衆を攻らる。堂衆日ごろは東陽坊にあり【有り】しが、
近江国三ケ【三箇】の庄に下向して、数多の勢を率
し、又登山して、さう井坂【早尾坂】に城[B 槨]を構[M 「し」をミセケチ「構」と傍書]てたて
ごもる[M 「たてごもり」とあり「り」を非とし「る」と傍書]。同九月廿日[B ノヒ]辰の一点に、大衆三千人、官
軍二千余騎、都合其勢五千余人、さう井坂【早尾坂】
におしよせたり。今度はさり共とおもひ【思ひ】けるに、
大衆は官軍をさきだてんとし、官軍は又大
P02144
衆をさきだて【先立て】んとあらそふ程に、心々にて
はかばかしうもたたかはず。城の内より石弓
はづし【外し】かけたりければ、大衆官軍かずをつく
いてうた【討た】れにけり。堂衆に語らふ悪党と云は、
諸国の窃盜・強盜・山賊・海賊等也。欲心熾盛
にして、死生不知の奴原なれば、我一人と思きて
たたかふ【戦ふ】程に、今度も又学生いくさ【軍】にまけにけ
  『山門滅亡』S0213
り。○其後は山門いよいよ荒はてて、十二禅衆の
ほかは、止住の僧侶も希也。谷々の講演磨滅
P02145
して、堂々の行法も退転す。修学の窓を閉、
坐禅の床をむなしう【空しう】せり。四教五時の春[B ノ]花
もにほはず、三諦即是の秋の月もくもれり。
三百余歳の法燈を挑る人もなく、六時不断の
香の煙もたえ【絶え】やしぬらん。堂舎高くそびへ【聳え】て、
三重の構を青漢の内に挿み、棟梁遥に
秀て、四面の椽を白霧の間にかけたりき。
され共、今は供仏を嶺の嵐にまかせ【任せ】、金容を
紅瀝にうるほす。夜の月灯をかかげて、簷
P02146
のひまよりもり、暁の露珠を垂て、蓮座
の粧をそふとかや。夫末代の俗に至ては、三国の
仏法も次第に衰微せり。遠く天竺に仏跡を
とぶらへば、昔仏の法を説給ひし竹林精舎・給
孤独園も、此比は狐狼野干の栖となて、礎のみ
や残らん。白鷺池には水たえ【絶え】て、草のみふかく
しげれり。退梵下乗の卒都婆も苔のみ
むして傾ぬ。震旦にも天台山・五台山【御台山】・白馬寺・
玉泉寺も、今は住侶なきさまに荒はてて、大小
P02147
乗の法門も箱の底にや朽ぬらん。我朝にも[M 「には」とあり「は」をミセケチ「も」と傍書]、
南都の七大寺荒はてて、八宗九宗も跡たえ【絶え】、
愛宕護・高雄も、昔は堂塔軒をならべたり
しか共、一夜のうちに荒にしかば、天狗の棲と
なりはてぬ。さればにや、さしもやごとなかりつる
天台の仏法も、治承の今に及で、亡はてぬる
にや。心ある人嘆かなしまずと云事なし。離山
しける僧の坊の柱に、歌をぞ一首かい【書い】たりける。
いのりこし我たつ杣のひき【引き】かへて
P02148
人なきみねとなりやはてなむ W009
これは、伝教大師当山草創の昔、阿耨多羅
三藐三菩提[*「藐」は底本は「」]の仏たちにいのり申されける
事をおもひ【思ひ】出て、読たりけるにや。いとやさしう
ぞ聞えし。八日は薬師の日なれ共、南無と唱るこゑ【声】
もせず、卯月は垂跡の月なれ共、幣帛を捧る
人もなし。あけの玉墻かみさびて、しめなは【注連縄】のみや
  『善光寺炎上』S0214
残らん。○其比善光寺炎上の由其聞あり【有り】。彼如
来と申は、昔中天竺舎衛国に五種の悪病
P02149
おこて人庶おほく【多く】亡しに、月蓋長者が致請によ
て、竜宮城より閻浮檀金をえて、釈尊、目蓮
長者、心をひとつ【一つ】にして鋳あらはし給へる一ちや
く手半の弥陀の三尊、閻浮提第一の霊像也。
仏滅度の後、天竺にとどまら【留まら】せ給事五百余歳、
仏法東漸の理にて、百済国にうつらせ給ひて、
一千歳の後、百済の御門斉明王【*聖明王】、吾朝の御門
欽明天皇の御宇に及で、彼国よりこの【此の】国へうつ
らせ給ひて、摂津国難波の浦にして星霜を
P02150
をくら【送ら】せ給ひけり。つねは金色の光をはなたせ
ましましければ、これによて年号を金光と号す。
同三年三月上旬に、信濃国の住人おうみ【麻績】の本
太善光と云者、都へのぼりたりけるが、彼如来に
逢奉りたりけるに、やがていざなひまいらせ【参らせ】て、ひ
るは善光、如来ををい【負ひ】奉り、夜は善光、如来
におはれたてま【奉つ】て、信濃国へ下り、みのち【水内】の郡[* 「都」と有るのを他本により訂正]
に安置したてま【奉つ】しよりこのかた、星霜既に
五百八十余歳、炎上の例はこれはじめとぞ承
P02151
る。「王法つきんとては仏法まづ亡ず」といへり。さ
ればにや、「さしもやごとなかりつる霊寺霊山の
おほく【多く】ほろびうせぬるは、平家[M 「平家」をミセケチ「王法」と傍書]の末になり
  『康頼祝言』S0215
ぬる先表やらん」とぞ申ける。○さるほど【程】に、
鬼界が島の流人共、露の命草葉のす
ゑにかかて、おしむ【惜しむ】べきとにはあらね共、丹波
少将のしうと平宰相の領、肥前国鹿瀬庄
より、衣食を常にをくら【送ら】れければ、それにて
ぞ俊寛僧都も康頼も、命をいきて過しける。
P02152
康頼はながされける時、周防室づみ【室積】にて出家
してげれば、法名は性照とこそついたりけれ。
出家はもとよりの望なりければ、
つゐに【遂に】かくそむきはてける世間を
とく捨ざりしことぞくやしき W010
丹波少将・康頼入道は、もとより熊野信じの
人々なれば、「いかにもして此島のうちに」熊野の
三所権現を勧請し奉て、帰洛の事を祈
申さばやと云に、俊寛僧都は天姓【*天性】不信第一
P02153
の人にて、是をもちい【用】ず。二人はおなじ心に、もし熊
野に似たる所やあると、島のうちを尋まはる
に、或林塘の妙なるあり【有り】、紅錦繍の粧しな
じなに、或雲嶺のあやしきあり【有り】、碧羅綾の色一
にあらず。山のけしき【景色】、木のこだちに至るまで、外
よりもなを【猶】勝たり。南を望めば、海漫々として、
雲の波煙の浪ふかく、北をかへり見れば、又山岳
の峨々たるより、百尺の滝水[M 「レウスイ」とあり「レ」をミセケチ「リ」と傍書]漲落たり。滝の
音ことにすさまじく、松風神さびたるすまひ【住ひ】、
P02154
飛滝権現のおはします那智のお山にさに【似】た
りけり。さてこそやがてそこをば、那智のお山と
は名づけけれ。此峯は本宮、かれは新宮、是は
そんぢやう其王子、彼王子など、王子王子の名を
申て、康頼入道先達にて、丹波少将相ぐしつ
つ、日ごとに熊野まうでのまねをして、帰洛の
事をぞ祈ける。「南無権現金剛童子、ねが
は【願は】くは憐みをたれさせおはしまして、古郷へ
かへし入させ給ひて[M 「給へ」とあり「へ」をミセケチ「ひて」と傍書]妻子[M 共]をも今一度みせ【見せ】給
P02155
へ」とぞ祈ける。日数つもり【積り】てたちかふ【裁替】べき浄
衣もなければ、麻の衣を身にまとひ、沢
辺の水をこりにかいては、岩田河のきよき
流とおもひ【思ひ】やり、高き所にのぼ【上つ】[B 「のほ」に「上」と傍書]ては、発心
門とぞ観じける。まいる【参る】たびごとには、康頼
入道のと【祝言】を申に、御幣紙もなかれ【*なけれ】ば、花を
手折てささげつつ、
維あたれる歳次、治承元年丁酉、月のなら
び十月二月、日の数三百五十余ケ日、吉日良
P02156
辰を択で、かけまくも忝く、日本第一大領験、熊
野三所権現、飛滝大薩■の教りやう【教令】、宇
豆の広前にして、信心の大施主、羽林藤原
成経、并に沙弥性照、一心清浄の誠を致し、三
業相応の志を抽て、謹でもて敬白。夫証誠
大菩薩は、済度苦海の教主、三身円満の覚
王也。或東方浄瑠璃医王の主、衆病悉除
の如来也。或南方補堕落能化の主、入重玄
門の大士。若王子は娑婆世界の本主、施無
P02157
畏者の大士、頂上の仏面を現じて、衆生の所願を
みて給へり。是によて、かみ【上】一人よりしも【下】万民
に至るまで、或現世安穏のため、或後生善
処のために、朝には浄水を結で煩悩のあか【垢】を
すすぎ、夕には深山に向て宝号を唱るに、感応
おこたる事なし。峨々たる嶺のたかきをば、神徳
のたかきに喩へ、嶮々たる谷のふかきをば、弘
誓のふかきに准へて、雲を分てのぼり、露をし
のいで下る。爰に利益の地をたのま【頼ま】ずむば、
P02158
いかんが歩を嶮難の路にはこばん。権現の徳をあ
ふがずんば、何必しも幽遠の境にましまさむ。仍
証誠大権現、飛滝大薩■、青蓮慈悲の眸を
相ならべ、さをしか【小牡鹿】の御耳をふりたてて、我等が無二の
丹城を知見して、一々の懇志を納受し給へ。然
則、むすぶ【結】・はや玉【早玉】の両所権現、おのおの機に随
て、有縁の衆生をみちびき、無縁の群類を
すくはんがために、七宝荘厳のすみか【栖】をすてて、
八万四千の光を和げ、六道三有の塵に同じ
P02159
給へり。故に定業亦能転、求長寿得長寿の
礼拝、袖をつらね、幣帛礼奠を捧る事ひ
まなし。忍辱の衣を重、覚道の花を捧て、神
殿の床を動し、信心の水をすまして、利生の池を
湛たり。神明納受し給はば、所願なんぞ成就せざ
らん。仰願は、十二所権現、利生の翅を並て、遥
に苦海の空にかけり、左遷の愁をやすめて、帰
洛の本懐をとげしめ給へ。再拝。とぞ、康頼の
  『卒都婆流』S0216
と【祝詞】をば申ける。○丹波少将・康頼入道、つねは三所
P02160
権現の御前にまい【参つ】て、通夜するおり【折】もありけり。
或時二人通夜して、夜もすがらいまやう【今様】をぞ
うたひ【歌ひ】ける。暁がたに、康頼入道ちとまどろみ
たる夢に、おきより白い帆かけたる小船を一
艘こぎよせて、舟のうちより紅の袴きたる
女房達二三十人あがり【上がり】、皷をうち、こゑ【声】を調て、
よろづの仏の願よりも千手の誓ぞたのも
しき【頼もしき】枯たる草木【くさき】も忽に花さき実なるとこ
そきけ K013 I と、三べんうたひ【歌ひ】すまし【澄まし】て、かきけつ【消つ】
P02161
やうにぞうせにける。夢さめて後、奇異の思
をなし、康頼入道申けるは、「是は竜神の化現
とおぼえたり。三所権現のうちに、西の御前
と申は、本地千手観音にておはします。竜
神は則千手の廿八部衆の其一なれば、もて
御納受こそたのもしけれ【頼もしけれ】」。又或夜二人通夜
して、おなじうまどろみたりける夢に、おき
より吹くる風の、二人が袂に木の葉をふたつ【二つ】
ふきかけたりけるを、何となうと【取つ】て見ければ、
P02162
御熊野の南木の葉にてぞ有ける。彼二の南
木の葉に、一首の歌を虫くひにこそしたりけれ。
千はやふる神にいのりのしるけれ[M 「しげけれ」とあり「げけ」をミセケチ「るけ」と傍書]ば
などか都へ帰らざるべき W011
康頼入道、古郷の恋しきままに、せめてのはかりこと【策】
に、千本の卒都婆を作り、■字の梵字・年
号・月日、仮名実名、二首の歌をぞかいたりけり【*ける】。
さつまがたおきのこじまに我あり【有り】と
おやにはつげよやへ【八重】のしほかぜ W012
P02163
おもひ【思ひ】やれしばしとおもふ【思ふ】旅だにも
なを【猶】ふるさとはこひしきものを W013
是を浦にも[B ッ]て出て、「南無帰命頂礼、梵天帝
尺、四大天王、けんらふ【堅牢】地神、[B 王城ノ]鎮守諸大明神、殊
には熊野権現、厳島大明神、せめては一本成共
都へ伝てたべ」とて、奥津しら浪【白浪】のよせてはかへ
るたびごとに、卒都婆を海にぞ浮べける。卒
都婆を作り出すに随て、海に入ければ、日数つ
もれば卒都婆のかずもつもり【積り】、そのおもふ【思ふ】心や
P02164
便の風ともなりたりけむ、又神明仏陀もやを
くら【送ら】せ給ひけむ、千本の卒都婆のなかに一本、
安芸国厳島の大明神の御まへの渚にうち
あげたり。康頼がゆかりあり【有り】ける僧、しかる【然る】べ
き便もあらば、いかにもして彼島へわたて、[M 其]
其 行ゑ【行方】をきかむとて、西国修行に出たりけるが
[M が]、先厳島へぞまいり【参り】たりける。爰に宮人と
おぼしくて、狩衣装束なる俗一人いで【出で】きたり。
此僧何となき物語しけるに、「夫、和光同塵の
P02165
利生さまざまなりと申せども、いかなりける因縁
をもて、此御神は海漫の鱗に縁をむすばせ給
ふらん」ととひ奉る。宮人答けるは、「是はよな、娑
竭羅竜王の第三の姫宮、胎蔵界の垂跡
也」。此島に御影向あり【有り】し初より、済度利生の
今に至るまで、甚深奇特の事共をぞかたり
ける。さればにや、八社の御殿甍をならべ、社はわ
だづみのほとりなれば、塩のみちひに月[M こ]
ぞ[M 「こそ」の「こ」をミセケチ]すむ。しほみちくれば、大鳥居あけ【朱】の玉
P02166
墻瑠璃の如し。塩引ぬれば、夏の夜なれど、御
まへのしら州に霜ぞをく【置く】。いよいよたとく【尊く】おぼえ【覚え】
て、法施まいらせ【参らせ】て居たりけるに、やうやう日く
れ、月さし出て、塩のみちけるが、そこはかと
なき藻くづ共のゆられよりけるなかに、卒
都婆のかたのみえ【見え】けるを、何となうとて見ければ、
奥のこじまに我あり【有り】と、かきながせることのは也。
文字をばゑり入きざみ付たりければ、浪に
もあらは【洗は】れず、あざあざとしてぞみえ【見え】たりける。「あ
P02167
なふしぎ【不思議】」とて、これを取て笈のかた【肩】にさし、都への
ぼり、康頼が老母の尼公妻子共が、一条の北、紫
野と云所に忍つつすみけるに、見せたり
ければ、「さらば、此卒都婆がもろこしのかたへもゆ
られゆかで、なにしにこれまでつたひ来て、今
更物をおもは【思は】すらん」とぞかなしみける。遥の
叡聞に及で、法皇これを御覧じて、「あなむざん
や。さればいままで此者共は、命のいきてあるに
こそ」とて、御涙をながさせ給ふぞ忝き。小松の
P02168
おとどのもとへをくら【送ら】せ給ひたりければ、是
を父の入道相国に見せ奉り給ふ。柿本人
丸は島がくれゆく【島隠れ行く】船をおもひ【思ひ】、山辺の赤人は
あしべのたづをながめ給ふ。住吉の明神はかた
そぎの思をなし、三輪の明神は杉たてる門
をさす。昔素盞烏尊、三十一字のやまと
うたをはじめをき給ひしよりこのかた、もろもろ
の神明仏陀も、彼詠吟をもて百千万端の
思ひをのべ給ふ。入道も石木ならねば、さすが
P02169
  『蘇武』S0217
哀げにぞの給ひける。○入道相国のあはれみた
まふうへは、京中の上下、老たるもわかきも、鬼界
が[M 「かの」とあり「の」をミセケチ]島の流人の歌とて、口ずさまぬはなかり
けり。さても千本まで作りたりける卒都
婆なれば、さこそはちいさう【小さう】もあり【有り】けめ、薩摩潟
よりはるばると都までつたはりけるこそふし
ぎ【不思議】なれ。あまりにおもふ【思ふ】事はかくしるし【徴】あるにや。
いにしへ漢王胡国を攻られけるに、はじめは李少
卿を大将軍にて、三十万騎むけられたりけるが、
P02170
漢王のいくさ【軍】よはく【弱く】、胡国のたたかひ【戦ひ】こはくして、
官軍みなうちほろぼさる。剰大将軍李少卿、
胡王のためにいけどら【生捕ら】る。次に蘇武を大将軍に
て、五十万騎をむけらる。猶漢のいくさ【軍】よはく【弱く】、
えびすのたたかひ【戦ひ】こはくして、官軍皆亡にけり。
兵六千余人[M 「六十」の「十」を非とし「千」と傍書]いけどら【生捕ら】る。その【其の】なか【中】に、大将軍蘇
武をはじめとして、宗との兵六百三十余人すぐり
出して、一々にかた足をきてお【追つ】ぱなつ【放つ】。則死する
者もあり【有り】、程へて死ぬる者もあり【有り】。其なかにされ共
P02171
蘇武はしなざりけり。かた足なき身となて、山に
のぼ【上つ】ては木の実をひろひ、春は沢の根芹を
摘、秋は田づら【田面】のおち穂【落ち穂】ひろひ【拾ひ】などしてぞ、露
の命を過しける。田にいくらもあり【有り】ける鴈ども、
蘇武に見なれ【馴れ】ておそれ【恐れ】ざりければ、これはみな
我古郷へかよふものぞかしとなつかしさ【懐しさ】に、おもふ【思ふ】
事を一筆かいて、「相かまへて是漢王に奉れ」と
云ふくめ、鴈の翅にむすび付てぞはなち【放ち】け
る。かひがひしくもたのむ【田面】の鴈、秋は必こし地【越路】より
P02172
都へ来るものなれば、漢昭帝上林苑に御遊
あり【有り】しに、夕ざれの空薄ぐもり、何となう物
哀なりけるおりふし【折節】、一行の鴈とびわたる。その
中に鴈一とびさがて、をの【己】が翅に結付たる玉
章をくひきてぞおとし【落し】ける。官人是をとて、御
門に奉る。披て叡覧あれば、「昔は巌崛の洞に
こめられて、三春の愁歎ををくり【送り】、今は曠田の
畝に捨られて、胡敵の一足となれり。設かばね
は胡の地にちらす[B 「地ら」の左に「散」と傍書]と云共、魂は二たび【二度】君辺
P02173
につかへん」とぞかいたりける。それよりしてぞ、
ふみをば鴈書ともいひ、鴈札とも名付たる。
「あなむざんや、蘇武がほまれの跡なりけり。いま
だ胡国にあるにこそ」とて、今度は李広と云
将軍に仰て、百万騎をさしつかはす【遣す】。今度は
漢の戦こはく[B 「はく」に「強」と傍書]して、胡国のいくさ【軍】破にけり。
御方たたかひ【戦ひ】かちぬと聞えしかば、蘇武は曠野の
なかよりはい【這ひ】出て、「是こそいにしへの蘇武よ」
とぞなのる【名乗る】。十九年の星霜を送て、かた足は
P02174
きられながら、輿にかかれて古郷へぞ帰りける。
蘇武は十六の歳、胡国へむけられけるに、御門
より給りたりける旗を、何としてかかくした
りけん、身をはなたずも【持つ】たりけり。今取出
して御門のげむざん【見参】にいれ【入れ】たりければ、き
みも臣も感嘆なのめならず。君のため大
功ならびなかりしかば、大国あまた給はり、其
上天俗国[B 「天俗」に「典属」と傍書]と云司を下されけるとぞ聞え
し。李少卿は胡国にとどま【留まつ】て終に帰らず。い
P02175
かにもして、漢朝へ帰らんとのみなげけども、胡
王ゆるさねばかなは【叶は】ず。漢王これをしり給
はず。君のため不忠のものなりとて、はか
なく【果敢く】なれる二親が死骸をほりおこい【起い】てうた【打た】
せらる。其外六親をみなつみせらる。李少卿
是を伝きい【聞い】て、恨ふかう【深う】ぞなりにける。さり
ながらも猶古郷を恋つつ、君に不忠なき様
を一巻の書に作てまいらせ【参らせ】たりければ、「さ
ては不便の事ごさんなれ」とて、父母がかばね
P02176
を堀【*掘】いだいてうたせられたる事をぞ、くやし
み給ひける。漢家の蘇武は書を鴈の
翅につけ【付け】て旧里へ送り、本朝の康頼は浪の
たよりに歌を故郷に伝ふ。かれは一筆のすさみ、
これは二首の歌、かれは上代、これは末代、胡国
鬼界が島、さかひをへだて、世々はかはれ共、風
情はおなじふぜい、ありがたかりし事ども也。

平家物語巻第二
P02177