平家物語 高野本 巻第三

【許諾済】
本テキストの公開については、東京大学文学部国語研究室の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同研究室に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に東京大学文学部国語研究室に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同研究室の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1 東京大学文学部国語研究室
【底本】
本テキストの底本は、東京大学文学部国語研究室蔵高野辰之旧蔵『平家物語』(通称・高野本、覚一別本)です。直接には、笠間書院発行の影印本に拠りました。
文責:荒山慶一・菊池真一


平家 三
P03001
平家三之巻 目録
赦文     足摺
御産     公卿揃
大塔建立   頼豪
少将都帰   有王 僧都死去
辻風     医師問答
無文     燈炉之沙汰
金渡     法印問答
大臣流罪   行隆沙汰
P03002
法皇被流   城南離宮
P03003
平家物語巻第三
『赦文』S0301
○治承二年正月一日[B ノヒ]、院御所には拝礼おこなは【行なは】
れて、四日[B ノヒ]朝覲の行幸有けり。O[BH 何事も]例にかはりたる
事はなけれ共、去年の夏新大納言成親卿以下、
近習の人々多くうしなは【失は】れし事、法皇御憤
いまだやまず、世の政も物うくおぼしめさ【思し召さ】れて、御
心よからぬことにてぞ有ける。太政入道も、多田蔵
人行綱が告しらせて後は、君をも御うしろめたき
事に思ひ奉て、うへには事なき様なれ共、下には
P03004
用心して、にがわらひ【苦笑ひ】てのみぞあり【有り】ける。同正月七日[B ノヒ]、
彗星東方にいづ。蚩尤気とも申。又赤気共
申。十八日光をます。去程に、入道相国の御むす
め建礼門院、其比は未中宮と聞えさせ給しが、
御悩とて、雲のうへ【上】天が下の歎きにてぞ有け
る。諸寺に御読経始まり、諸社へ官幣使を立らる。
医家薬をつくし、陰陽術をきはめ、大法秘
法一[B ツ]として残る処なう修せられけり。されども【共】、
御悩ただにもわたら【渡ら】せ給はず、御懐妊とぞ聞えし。
P03005
主上今年十八、中宮は廿二にならせ給ふ。しかれ共、
いまだ皇子も姫宮も出きさせ給はず。もし皇
子にてわたらせ給はばいかに目出たからんとて、平家
の人々はただ今皇子御誕生のある様に、いさみ悦
びあはれけり。他家の人々も、「平氏の繁昌おり【折】
をえたり。皇子御誕生疑なし」とぞ申あはれける。
御懐妊さだまら【定まら】せ給しかば、有験の高僧貴僧
に仰せて、大法秘法を修し、星宿仏菩薩につけ
て、皇子御誕生と祈誓せらる。六月一日[B ノヒ]、中宮
P03006
御着帯あり【有り】けり。仁和寺の御室守覚法親王、
御参内あて、孔雀経の法をもて御加持あり【有り】。天
台座主覚快法親王、おなじうまいら【参ら】せ給て、変
成男子の法を修せらる。かかりし程に、中宮は
月のかさなるに随て、御身をくるしう【苦しう】せさせ給ふ。
一たびゑめば百の媚あり【有り】けん漢の李夫人の、承
陽殿【*昭陽殿】の病のゆか【床】もかくやとおぼえ、唐の楊貴妃、
李花一枝春の雨ををび【帯び】、芙蓉の風にしほれ【萎れ】、女
郎花の露おもげなるよりも、猶いたはしき御さま
P03007
なり。かかる御悩の折節にあはせ【合はせ】て、こはき御物気共、
取いり奉る。よりまし明王の縛にかけて、霊あら
はれ【現はれ】たり。殊には讃岐院の御霊、宇治悪左府の
憶念、新大納言成親卿の死霊、西光法師が悪霊、
鬼界が島の流人共が生霊などぞ申ける。是に
よ[B ッ]て、太政入道生霊も死霊もなだめ【宥め】らるべしと
て、其比やがて讃岐院御追号あて、崇徳天皇と
号す。宇治悪左府、贈官贈位おこなは【行なは】れて、太政大
臣正一位ををくら【送ら】る。勅使は少内記維基とぞ
P03008
聞えし。件の墓所は大和国そうのかん[* 「そう」に「添」、「かん」に「上」と振り漢字]の郡、川上の
村、般若野の五三昧也。保元の秋ほり【掘り】おこし【起こし】て捨
られし後は、死骸路の辺の土となて、年々にただ
春の草のみ茂れり。今勅使尋来て宣命を
読けるに、亡魂いかにうれしとおぼしけん。怨霊は
昔もかくおそろしき【恐ろしき】こと也。されば早良廃太子
をば崇道天皇と号し、井上の内親王をば皇后
の職位にふくす。是みな怨霊を寛【*宥】められしはかり
こと也。冷泉院の御物ぐるはしうましまし、花山の
P03009
法皇の十禅万乗の帝位をすべらせ給しは、基方
民部卿が霊なり[M 「とかや」をミセケチ「なり」と傍書]。三条院の御目も御覧ぜざりしは、
観算供奉が霊とかや[M 「也」をミセケチ「とかや」と傍書]。門脇宰相か様【斯様】の事共伝へ
きい【聞い】て、小松殿に申されけるは、「中宮御産の御祈さま
ざまに候也。なにと申候共、非常の赦に過たる
事あるべしともおぼえ候はず。中にも、鬼界が島
の流人共めし【召し】かへさ【返さ】れたらんほどの功徳善根、争か
候べき」と申されければ、小松殿父の禅門の御まへに
おはして、「あの丹波少将が事を、宰相のあながちに
P03010
歎申候が不便に候。中宮御悩の御こと、承及ごとくんば、殊更
成親卿が死霊など聞え候。大納言が死霊をなだ
め【宥め】んとおぼしめさ【思し召さ】んにつけても、生て候少将をこそ
めし【召し】かへさ【返さ】れ候はめ。人のおもひ【思ひ】をやめさせ給はば、おぼ
しめす【思し召す】事もかなひ【叶ひ】、人の願ひをかなへ【適へ】させ給はば、
御願もすなはち成就して、中宮やがて皇子御
誕生あ[B ッ]て、家門の栄花弥さかん【盛】に候べし」など
申されければ、入道相国、日ごろ【日比】にもに【似】ず事の外
にやはらひ【和らい】で、「さてさて、俊寛と康頼法師が事は
P03011
いかに」。「それもおなじうめし【召し】こそかへさ【返さ】れ候はめ。若一
人も留められんは、中々罪業たるべう候」と申さ
れければ、「康頼法師が事はさる事なれ共、俊
寛は随分入道が口入をも[B ッ]て人となたる物ぞかし。そ
れに所しもこそ多けれ、わが山庄鹿の谷に城
郭をかまへて、事にふれて奇怪のふるまひ【振舞】共が
有けんなれば、俊寛をば思ひもよらず」とぞの給
ける。小松殿かへ[B ッ]【帰つ】て、叔父の宰相殿よび奉り、「少将は
すでに赦免候はんずるぞ。御心やすうおぼしめさ【思し召さ】れ
P03012
候へ」とのたまへば、宰相手をあはせ【合はせ】てぞ悦れける。
「下りし時も、などか申うけ【請け】ざらんと思ひたりげにて、
教盛を見候度ごとには涙をながし候しが不便に候」
と申されければ、小松殿「まこと【誠】にさこそおぼしめさ【思し召さ】れ
候らめ。子は誰とてもかなしければ、能々申候はん」
とて入給ぬ。去程に、鬼界が島の流人共めし【召し】かへさ【返さ】る
べき事さだめ【定め】られて、入道相国ゆるし文【赦文】下されけ
り。御使すでに都をたつ。宰相あまりのうれし
さに、御使に私の使をそへてぞ下されける。よるを
P03013
昼にしていそぎ下れとありしか共、心にまかせぬ海
路なれば、浪風をしのいで行程に、都をば七月下旬に
出たれ共、長月廿日比にぞ、鬼界が島には着にける。
『足摺』S0302
○御使は丹左衛門尉基康といふ者也。舟よりあが【上がつ】て、
「是に都よりながされ給ひし丹波少将殿、[M 法勝
寺執行御房、]平判官入道殿やおはする」と、声々
にぞ尋ける。二人の人々は、例の熊野まうでして
なかりけり。俊寛僧都一人のこ【残つ】たりけるが、是を聞、
「あまりに思へば夢やらん。又天魔波旬の我心をた
P03014
ぶらかさんとていふやらん。うつつ共覚ぬ物かな」と
て、あはて【慌て】ふためき、はしる【走る】ともなく、たをるる【倒るる】共な
く、いそぎ御使のまへに走むかひ【向ひ】、「何事ぞ。是こそ
京よりながされたる俊寛よ」と名乗給へば、雑色が
頸にかけ【懸け】させたる文袋より、入道相国のゆるし文【赦文】
取出いて奉る。ひらいてみれ【見れ】ば、「重科は遠流に
めんず【免ず】。はやく帰洛の思ひをなすべし。中宮御
産の御祈によ[B ッ]て、非常の赦おこなは【行なは】る。然間鬼
界が島の流人、少将成経、康頼法師赦免」とばかり
P03015
かか【書か】れて、俊寛と云文字はなし。らいし【礼紙】にぞあるらん
とて、礼紙をみる【見る】にも見えず。奥よりはし【端】へよみ、
端より奥へ読けれ共、二人とばかりかか【書か】れて、三人
とはかかれず。さる程に、少将や判官入道も出きたり。
少将のと【取つ】てよむにも、康頼入道が読けるにも、二人
とばかりかか【書か】れて三人とはかかれざりけり。夢にこそ
かかる事はあれ、夢かと思ひなさんとすればうつつ
也。うつつかと思へば又夢のごとし【如し】。其うへ二人の人々
のもとへは、都よりことづけ文【言付文】共いくらもあり【有り】けれ
P03016
共、俊寛僧都のもとへは、事とふ文一もなし。されば
わがゆかりの物どもは、宮このうちにあとをとど
めず成にけりと、おもひやるにもしのびがたし。「抑
われら【我等】三人は罪もおなじ罪、配所も一所也。いかなれ
ば赦免の時、二人はめし【召し】かへさ【返さ】れて、一人ここに残るべ
き。平家の思ひわすれかや、執筆のあやまりか。
こはいかにしつる事共ぞや」と、天にあふぎ地に臥
て、泣かなしめ共かひぞなき。少将の袂にすがて、
「俊寛がかく成といふも、御へんの父、故大納言殿
P03017
よしなき謀反ゆへ【故】也。さればよその事とおぼすべ
からず。ゆるされ【許され】なければ、都までこそかなは【叶は】ず[M と云]
共、此舟にのせ【乗せ】て、九国の地へつけO[BH て]給べ。をのをの【各々】の是
におはしつる程こそ、春はつばくらめ、秋は田のも[M 「田のむ」とあり「む」をミセケチ「も」と傍書]【田面】の
鴈の音づるる様に、をのづから古郷の事をも
伝へきい【聞い】つれ。今より後、何としてかは聞べき」と
て、もだえ【悶え】こがれ給ひけり。少将「まこと【誠】にさこそは
おぼしめさ【思し召さ】れ候らめ。我等がめし【召し】かへさ【返さ】るるうれし
さは、さる事なれ共、御有様を見をき奉るに、
P03018
[B さらに]行べき空も覚ず。うちのせ【乗せ】たてま[B ッ]【奉つ】ても上り
たう候が、都の御使もかなふ【叶ふ】まじき由申うへ【上】、ゆる
されもないに、三人ながら島を出たりなど聞えば、
中々あしう【悪しう】候なん。成経まづ罷のぼ[B ッ]【上つ】て、人々にも
申あはせ【合はせ】、入道相国の気色をもうかがう【伺う】て、むかへに
人を奉らん。其間は、此日ごろ【日比】おはしつる様に
おもひ【思ひ】なして待給へ。何としても命は大切の事
なれば、今度こそもれ【漏れ】させ給ふ共、つゐに【遂に】はなどか
赦免なうて候べき」となぐさめたまへ共、人目もし
P03019
ら【知ら】ず泣もだえ【悶え】けり。既に船出すべしとてひしめき
あへば、僧都の[B ッ]【乗つ】てはおりつ、おり【降り】てはの【乗つ】つ、あらまし
事をぞし給ひける。少将の形見にはよるの衾、
康頼入道が形見には一部の法花経をぞとどめ【留め】
ける。ともづなとい【解い】てをし出せば、僧都綱に取つき、
腰になり、脇になり、たけの立まではひか【引か】れて
出、たけも及ばず成ければ、舟に取つき、「さていか
にをのをの【各々】、俊寛をば遂に捨はて給ふか。是程とこそ
おもはざりつれ。日比の情も今は何ならず。ただ理を
P03020
まげてのせ【乗せ】給へ。せめては九国の地まで」とくど
か【口説か】れけれ共、都の御使「いかにもかなひ【叶ひ】候まじ」とて、
取つき給へる手を引のけて、船をばつゐに【遂に】漕
出す。僧都せん方なさに、渚にあがりたふれ【倒れ】ふし、
おさなき【幼き】者のめのとや母などをしたふやうに、足
ずりをして、「是のせ【乗せ】てゆけ、具してゆけ」と、おめき【喚き】
さけべ【叫べ】共、漕行舟の習にて、跡はしら浪【白浪】ばかり也。
いまだ遠からぬ舟なれ共、涙に暮て見えざりけ
れば、僧都たかき【高き】所に走あがり【上がり】、澳の方をぞま
P03021
ねきける。彼松浦さよ姫【松浦佐用姫】がもろこし舟をしたひ
つつ、ひれ【領布】ふりけんも、是には過じとぞみえ【見え】し。舟も
漕かくれ、日も暮れ共、あやしのふしど【臥処】へも帰らず。
浪に足うちあらはせて、露にしほれ【萎れ】て、其夜は
そこにぞあかされける。さり共少将はなさけ【情】ふかき
人なれば、よき様に申す事もあらんずらん
と憑をかけ、その瀬に身をもなげざりける心の
程こそはかなけれ。昔壮里【*早離】・息里【*速離】が海岳山[B 「岳」に「巌」と傍書]へはな
『御産』S0303
たれけんかなしみも、今こそ思ひしられけれ。○去
P03022
程に、此人々は鬼界が島を出て、平宰相の領、肥
前国鹿瀬庄に着給ふ。宰相、京より人を下して、
「年の内は浪風はげしう、道の間もおぼつかなう
候に、それにて能々身いたは[B ッ]て、春にな[B ッ]て上り給へ」
とあり【有り】ければ、少将鹿瀬庄にて、年を暮す。さる
程に、同年の十一月十二日[B ノ]寅剋より、中宮御産
の気ましますとて、京中六波羅ひしめきあへ
り。御産所は六波羅池殿にて有けるに、法皇も
御幸なる。関白殿を始め奉て、太政大臣以下の
P03023
公卿殿上人、すべて世に人とかぞへられ、官加階に
のぞみをかけ、所帯・所職を帯する程の人の、一
人ももるる【洩るる】はなかりけり。先例O[BH も]女御后御産の時に
のぞんで、大赦おこなは【行なは】るる事あり【有り】。大治二年九
月十一日、待賢門院御産の時、大赦あり【有り】き。其例
とて、今度も重科の輩おほく【多く】ゆるさ【許さ】れける中
に、俊寛僧都一人、赦免なかりけるこそうたてけれ。
御産平安、王子御誕生ましまさば[M 「平安にあるならば」とあり「にあるならば」をミセケチ「王子御誕生ましまさば」と傍書]、八幡・平野・大原野などへ
行啓なるべしと、御立願有けり。仙源【*全玄】法印是を
P03024
敬白す。神社は太神宮を始奉て廿余ケ所、仏寺は
東大寺・興福寺以下十六ケ所に御誦経あり【有り】。御
誦経の御使は、宮の侍の中に有官の[M 侍]輩是を
つとむ。ひやうもん【平文】の狩衣に帯剣したる者共が、色
色の御誦経物、御剣御衣を持つづいて、東の台よ
り南庭をわた[B ッ]【渡つ】て、西の中門にいづ。目出たかりし
見物也。小松のおとど【大臣】は、例の善悪にさはが【騒が】ぬ人にて
おはしければ、其後遥に程へて、嫡子権亮少将
以下公達の車共みなやり【遣り】つづけさせ、色々の御衣
P03025
四十領、銀剣七[B ツ]、広ぶたにをか【置か】せ、御馬十二疋ひか【牽か】せ
てまいり【参り】給ふ。O[BH 是は]寛弘に上東門院御産の時、御堂殿
御馬をまいらせ【参らせ】られし其例とぞ聞えし。このお
とど【大臣】は、中宮の御せうと【兄】にておはしけるうへ【上】、父子の
御契なれば、御馬まいらせ【参らせ】給ふもことはり【理】也。五条
大納言国綱【*邦綱】卿、御馬二疋進ぜらる。「心ざしのいたりか、
徳のあまりか」とぞ人申ける。なを【猶】伊勢より始
て、安芸の厳島にいたるまで、七十余ケ所へ神馬を、
立らる。内裏[M 「大内」をミセケチ「内裏」と傍書]にも、竜【*寮】の御馬に四手つけて、数十疋
P03026
ひ【引つ】たて【立て】たり。仁和寺[B ノ]御室は孔雀経の法、天台座
主覚快法親王は七仏薬師の法、寺の長吏円
慶【*円恵】法親王は金剛童子の法、其外五大虚空蔵・
六観音、一字金輪・O[BH 五壇の法、六字加輪・]八字文殊、普賢延命にいたる
まで、残る処なう修せられけり。護摩の煙御所
中にみち、鈴の音雲をひびかし、修法の声身
の毛よだて、いかなる御物の気なり共、面をむかふ【向ふ】
べしとも見えざりけり。猶仏所の法印に仰て、
御身等身の七仏薬師、并に五大尊の像を
P03027
つくり始めらる。かかりしか共、中宮はひまなく
しきらせ給ふばかりにて、御産もとみに成やら
ず。入道相国・二位殿、胸に手ををい【置い】て、「こはいかにせん、
いかにせん」とぞあきれ給ふ。人の物申けれ共、ただ「とも
かうも能様に、能様に」とぞの給ける。「さり共いくさ【軍】の陣
ならば、是程浄海は臆せじ物を」とぞ、後には仰られ[B 「仰られ」に「のたまひ」と傍書]
ける。御験者は、房覚・性雲【*昌雲】両僧正、春尭【*俊堯】法印、豪禅・
実専【*実全】両僧都、をのをの【各々】僧加【*僧伽】の句共あげ、本寺本山の
三宝、年来所持の本尊達、責ふせ【伏せ】責ふせ【伏せ】もま【揉ま】れ
P03028
けり。誠にさこそはと覚えてたとかりける中に、
法皇は折しも、新熊野へ御幸なるべきにて、御
精進の次でなりける間、錦帳ちかく【近く】御座あて、
千手経をうちあげ【上げ】うちあげ【上げ】あそばさ【遊ばさ】れけるにこそ、今
一きは事かは【変つ】て、さしも踊りくるふ御よりまし共
が縛も、しばらくうちしづめ【鎮め】けれ。法皇仰なりけるは、
「いかなる御物気なり共、この老法師がかくて候はん
には、争かちかづき【近付き】奉るべき。就中[M に]今あらはるる
処の怨霊共は、みなわが朝恩によ[B ]て人とな[B ]し物共
P03029
ぞかし。たとひ報謝の心をこそ存ぜず共、豈障碍[*底本 石ヘン無し]を
なすべきや。速にまかり【罷り】退き候へ」とて「女人生産し
がたからん時にのぞんで、邪魔遮生し、苦忍がた
からんにも、心をいたして大悲呪を称誦せば、鬼神
退散して、安楽に生ぜん」とあそばい【遊ばい】て、皆水精【水晶】の
御数珠をし【押し】もませ給へば、御産平安のみならず、
皇子にてこそましましけれ。頭中将重衡、其時は
いまだ中宮亮にておはしけるが、御簾の内よりつと
出て、「御産平安、皇子御誕生候ぞや」と、たからかに
P03030
申されければ、法皇を始まいらせ【参らせ】て、関白殿以下の
大臣、公卿殿上人、をのをの【各々】の助修、数輩の御験者、陰
陽頭・典薬頭、すべて堂上堂下一同にあ[B ッ]と悦あへる
声、門外までどよみて、しばし【暫し】はしづまり【静まり】やらざりけり。
入道相国あまりのうれしさに、声をあげてぞなか【泣か】れ
ける。悦なき【悦び泣き】とは是をいふべきにや。小松殿、中宮
の御方にまいらせ【参らせ】給ひて、金銭九十九文、皇子の
御枕にをき、「天をもてO[BH は]父とし、地をもて[B は]母とさだ
め給へ。御命は方士東方朔が齢をたもち【保ち】、御心には
P03031
天照大神入かはらせ給へ」とて、桑の弓・蓬の矢にて、
『公卿揃』S0304
天地四方を射させらる。○御乳には、前右大将宗盛卿の
北方と定られたりしが、去七月に難産をしてうせ
給しかば、[M 御めのと]平大納言時忠[B ノ]卿の北方、O[BH 帥佐殿]御乳に
まいら【参ら】せ給ひけり。後には帥の典侍とぞ申ける。法
皇やがて還御[B ノ]御車を門前に立られたり。入道相国
うれしさのあまりに、砂金一千両、富士の綿二千
両、法皇へ進上せらる。しかる【然る】べからずとぞ人々[M 内々]ささ
やきあはれける。今度の御産に勝事あまたあり【有り】。
P03032
まづ法皇の御験者。次に后御産の時、御殿の棟より
甑をまろばかす事あり【有り】。皇子御誕生には南へお
とし【落し】、皇女誕生には北[B 「南」に「北」と傍書]へおとす【落す】を、是は北へ落したり
ければ、「こはいかに」とさはが【騒が】れて、取あげて落しなをし【直し】
たりけれ共、あしき御事に人々申あへり。おかしかり
しは入道相国のあきれざま、目出たかりしは小松の
おとど【大臣】のふるまひ【振舞】。ほい【本意】なかりしはO[BH 前ノ]右大将宗盛卿の最
愛の北方にをくれ【遅れ】給[M 「奉」をミセケチ「給」と傍書]て、大納言[B ノ]大将両職を辞して
籠居せられたりし事。兄弟共に出仕あらば、いかに
P03033
目出たからん。次には、七人の陰陽師をめさ【召さ】れて、千度の
御祓仕るに、其中に掃部頭時晴といふ老者あり【有り】。
所従なども乏少なりけり。余に人まいり【参り】つどひ【集ひ】て、た
かんなをこみ、稲麻竹葦の如し。「役人ぞ。あけ【明け】られよ」とて、
をし【押し】分をし【押し】分まいる【参る】程に、右の沓をふみ【踏み】ぬか【抜か】れて、[M 「ぬ」をミセケチ「て」と傍書]そこに
てちと立やすらふが、冠をさへつきおとさ【落さ】れぬ。さばかり
の砌に、束帯ただしき老者が、もとどり【髻】はなてねり
出たりければ、わかき公卿殿上人こらへずして、一同に
ど[B ッ]とわらひ【笑ひ】あへり。陰陽師などいふは、反陪とて
P03034
足をもあだにふまずとこそ承れ。それにかかる不
思儀の有けるO[BH を]、其時はなにとも覚えざりしか共、
後にこそ思ひあはする事共も多かりけれ。御
産によて六波羅へまいら【参ら】せ給ふ人々、関白松殿、太
政大臣妙音院、左大臣大炊御門、右大臣月輪殿、内
大臣小松殿、左大将実定、源大納言定房、三条大納言
実房、五条大納言国綱【*邦綱】、藤大納言[M 「中納言」とあり「中」をミセケチ「大」と傍書]実国、按察使資
方【*資賢】、中[B ノ]御門[B ノ]中納言宗家、花山院中納言兼雅、源中
納言雅頼、権中納言実綱、藤中納言資長、池[B ノ]中納言
P03035
頼盛、左衛門[B ノ]督時忠、別当忠親、左の宰相中将実家、右
の宰相中将実宗。新宰相中将通親、平宰相教盛、
六角宰相家通、堀河宰相頼定、左大弁宰相長方、右
大弁三位俊経、左兵衛督重教【*成範】、右兵衛督光能、皇太
后宮大夫朝方、左京[B ノ]大夫長教【*脩範】、太宰大弐親宣【*親信】、新三
位実清、已上三十三人、右大弁の外は直衣也。不参の人
人には、花山院[B ノ]前[B ノ]太政大臣忠雅公、大宮[B ノ]大納言隆季卿
以下十余人、後日に布衣着して、入道相国の西八条[B ノ]
『大塔建立』S0305
亭へむかは【向は】れけるとぞ聞えし。○御修法の結願に勧賞
P03036
共おこなは【行なは】る。仁和寺[B ノ]御室は東寺[B ノ]修造せらるべし、并に
後七日の御修法、大眼[B 「眼」の左に「元」と傍書]【*大元】の法、灌頂興行せらるべき由
仰下さる。御弟子覚誓[B 「誓」の左に「成」と傍書]【*覚成】僧都、法印に挙せらる。座
主宮は、二品并に牛車の宣旨を申させ給ふ。仁和寺[B ノ]
御室ささへ【支へ】申させ給ふによ[B ッ]て、法眼円良、法印にな
さる。其外の勧賞共毛挙にいとまあらずとぞ
きこえ【聞え】し。中宮は日数へ【経】にければ、六波羅より内裏へ
まいら【参ら】せ給ひけり。此御むすめ后にたた【立た】せ給しかば、
入道相国夫婦共に、「あはれ、いかにもして皇子御誕
P03037
生あれかし。位につけ奉り、外祖父、外祖母とあふが
れん」とぞねがは【願は】れける。わがあがめ奉る安芸の厳島
に申さんとて、月まうでを始て、祈り申されけれ
ば、中宮やがて御懐妊あて、思ひのごとく皇子
にてましましけるこそ目出たけれ。抑平家[M の]安芸
の厳島を信じ始られける事はいかにといふに、鳥羽
院の御宇に、清盛公いまだ安芸守たりし時、安芸
国をもて、高野の大塔を修理せよとて、渡辺の遠
藤六郎頼方を雑掌に付られ、六年に修理をは[B ン]【終ん】
P03038
ぬ。修理をは[B ッ]て後、清盛高野へのぼり、大塔おがみ【拝み】、奥
院へまいら【参ら】れたりければ、いづくより来る共なき老
僧の、眉には霜をたれ、額に浪をたたみ、かせ杖【鹿杖】の
ふたまたなるにすが[B ッ]ていでき【出来】給へり。良久しう
御物語せさせ給ふ。「昔よりいまにいたるまで、此山
は密宗をひかへて退転なし。天下に又も候はず。
大塔すでに修理おはり候たり。さては安芸の厳島、
越前の気比の宮は、両界の垂跡で候が、気比の
宮はさかへ【栄へ】たれ共、厳島はなきが如に荒はて【果て】て候。此
P03039
次に奏聞して修理せさせ給へ。さだにも候はば、官加
階は肩をならぶる人もあるまじきぞ」とて立
れけり。此老僧の居給へる所、異香すなはち
薫じたり。人を付てみせ【見せ】給へば、三町ばかりはみ
え【見え】給[B ヒ]て、其後はかきけつ【消つ】やうに失給[B ヒ]ぬ。ただ人[*「人」に濁点 ]
にあらず、大師にてましましけりと、弥た[B ッ]とくおぼ
えて[M 「おぼしめし」とあり「しめし」をミセケチ「えて」と傍書]、娑婆世界の思出にとて、高野の金堂
に曼陀羅をかか【書か】れけるが、西曼陀羅をば常明法
印といふ絵師に書せらる。東曼陀羅をば清盛
P03040
かかんとて、自筆にかか【書か】れけるが、何とかおもは【思は】れけん、
八葉の中尊の宝冠をばわが首の血をいだい【出い】て
かかれけるとぞ聞えし。さて都へのぼり、院参して
此由奏聞せられければ、君もなのめならず御感
あ[B ッ]て、猶任をのべ【延べ】られ、厳島を修理せらる。鳥居を
立かへ、社々を作りかへ、百八十間の廻廊をぞ造ら
れける。修理をは[B ッ]て、清盛厳島へまいり【参り】、通夜せられ
たりける夢に、御宝殿の内より鬟ゆふ【結う】たる天
童の出て、「これは大明神の御使也。汝この剣をもて
P03041
一天四海をしづめ、朝家の御まもりたるべし」とて、
銀のひるまき【蛭巻】したる小長刀を給はるといふ夢を
みて、覚て後見給へば、うつつに枕がみ【枕上】にぞた【立つ】たりける。
大明神御詫宣あて、「汝しれ【知れ】りや、忘れりや、ある
聖をもていはせし事は。但悪行あらば、子孫までは
かなふ【叶ふ】まじきぞ」とて、大明神あがら【上がら】せ給ぬ。目出た
『頼豪』S0306
かりし[M 御]事[B 共]也。○白河[B ノ]院御在位の御時、京極大殿
の御むすめ后にたたせ給て、兼子【*賢子】の中宮とて、御
最愛有けり。主上此御腹に皇子御誕生あら
P03042
まほしうおぼしめし【思し召し】、其比有験の僧と聞えし三
井寺の頼豪阿闍梨をめし【召し】て、「汝此后の腹に、皇
子御誕生祈申せ。御願成就せば、勧賞はこふ【乞ふ】に
よるべし」とぞ仰ける。「やすう候」とて三井寺にかへり、
百日肝胆を摧て祈申ければ、中宮やがて百日の
うちに御懐妊あて、承保元年十二月十六日、御
産平安、皇子御誕生有けり。君なのめならず
御感あて、三井寺の頼豪阿闍梨をめし【召し】て、「汝が所
望の事はいかに」と仰下されければ、三井寺に戒壇
P03043
建立の事を奏す。主上「これこそ存の外の所望
なれ。一階僧正などをも申べきかとこそおぼしめし【思し召し】
つれ。凡は皇子御誕生あて、祚をつが【継が】しめん事も、
海内無為を思ふため也。今汝が所望達せば、山門
いきどほ【憤つ】て世上しづかなるべからず。両門合戦して、
天台の仏法ほろびなんず」とて、御ゆるされ【許され】もな
かりけり。頼豪口おしい【惜しい】事也とて、三井寺にか
へ【帰つ】て、ひ死【干死】にせんとす。主上大におどろかせ給て、
江帥匡房卿、其比は未美作守と聞えしを召て、
P03044
「汝は頼豪と師檀の契あんなり。ゆい【行い】てこしらへ
て見よ」と仰ければ、美作守綸言を蒙て頼豪が
宿坊に行むかひ【向ひ】、勅定の趣を仰含めんとする
に、以[B ノ]外にふすぼたる持仏堂にたてごもて、おそろ
しげ【恐ろし気】なるこゑ【声】して、「天子には戯の詞なし、綸言汗
のごとし【如し】とこそ承れ。是程の所望かなは【叶は】ざらんに
をいては、わが祈りだし【出し】たる皇子なれば、取奉て
魔道へこそゆかんずらめ」とて、遂に対面もせざり
けり。美作守帰りまい【参つ】て、此由を奏聞す。頼豪は
P03045
やがてひ死【干死】に死にけり。君いかがせんずると、叡慮を
おどろかさせおはします。皇子やがて御悩つかせ給
て、さまざまの御祈共有しか共、かなふ【叶ふ】べしともみえ【見え】
させ給はず。白髪なりける老僧の、錫杖も【持つ】て皇
子の御枕にたたずむと[M 「たたずみ」とあり「み」をミセケチ「むと」と傍書]、人々の夢にも見え、まぼろし
にも立けり。おそろし【恐ろし】などもをろか【愚】なり。去程に、
承暦元年八月六日[B ノヒ]、皇子御年四歳にて遂に
かくれさせ給ぬ。敦文の親王是也。主上なのめな
らず御歎あり【有り】けり。山門に又西京の座主、良信【*良真】大
P03046
僧正、其比は円融房の僧都とて、有験の僧と
聞えしを、内裏へめし【召し】て、「こはいかがせんずる」と仰け
れば、「いつも我山の力にてこそか様【斯様】の御願は成就
する事で候へ。九条[B ノ]右丞相O[BH 師輔公も イ]、慈恵大僧正に契申
させ給しによてこそ、冷泉院の皇子御誕生は
候しか。やすい程の御事候」とて、比叡山にかへりの
ぼり、山王大師に百日肝胆を摧て祈申ければ、
中宮やがて百日の内に御懐妊あて、承暦三年
七月九日、御産平安、皇子御誕生有けり。堀河
P03047
天皇是也。怨霊は昔もおそろしき【恐ろしき】事也。今度
さしも目出たき御産に、O[BH 非常の イ]大赦はおこなは【行なは】れたりといへ
共、俊寛僧都一人、赦免なかりけるこそうたてけれ。
同十二月八日、皇子東宮にたたせ給ふ。傅には、小松内
『少将都帰』S0307
大臣、大夫には池の中納言頼盛卿とぞ聞えし。○明
れば治承三年正月下旬に、丹羽少将成経、O[BH 平判官康頼、]肥前
国鹿瀬庄をた【発つ】て、都へといそがれけれ共、余寒猶
はげしく、海上もいたく荒ければ、浦づたひ【浦伝ひ】O[BH 島づたひ【島伝ひ】]して、
きさらぎ【二月】十日比にぞ備前児島に着給ふ。それ
P03048
より父大納言殿のすみ【住み】給ける所を尋いり【入り】て見
給ふに、竹の柱、ふりたる障子なんどにかき【書き】をか【置か】れ
たる筆のすさみを見給て、「人の形見には手跡に
過たる物ぞなき。書をき給はずは、いかでかこれを
みる【見る】べき」とて、康頼入道と二人、よう【読う】ではなき【泣き】、ないて
はよむ。「安元三年七月廿日[B ノヒ]出家、同廿六日信俊下
向」とかか【書か】れたり。さてこそ源左衛門尉信俊がまいり【参り】
たりけるも知れけれ。そばなる壁には、「三尊来迎便
あり。九品往生無疑」ともかか【書か】れたり。此形見を見給
P03049
てこそ、さすが欣求浄土ののぞみもおはしけりと、限
なき歎の中にも、いささかたのもしげ【頼もし気】にはの給ひけれ。
其墓を尋て見給へば、松の一むらある中に、
かひがひしう壇をついたる事もなし。土のすこし【少し】高
き所に少将袖かきあはせ【合はせ】、いき【生き】たる人に物を申やう
に、泣々申されけるは、「遠き御まもり【守り】とならせおはし
まして候事をば、島にてかすか【幽】に伝へ承りしか
共、心にまかせ【任せ】ぬうき身なれば、いそぎまいる【参る】事も
候はず。成経彼島へながされてO[BH のちの便なさ、一日片時の有がたふこそ候ひしか。さすが]露の命消やらず
P03050
して、二とせ【年】ををく【送つ】てめし【召し】かへさるるうれしさは、さる
事にて候へ共、この世にわたらせ給ふをも見まいらせ【参らせ】
て候ばこそ、命のながき【長き】かひもあらめ。是まではいそ
がれつれ共、いまより後はいそぐべし共おぼえず」
と、かきくどゐてぞなか【泣か】れける。誠に存生の時なら
ば、大納言入道殿こそ、いかに共の給ふべきに、生を
へだてたる習ひ程うらめしかり【恨めしかり】ける物はなし。苔
の下には誰かこたふべき。ただ嵐にさはぐ【騒ぐ】松の響ば
かりなり。其夜はよ【夜】もすがら、康頼入道と二人、墓
P03051
のまはりを行道して念仏申、明ぬればあたらしう
壇つき、くぎぬき【釘貫】せさせ、まへに仮屋つくり、七日七夜
念仏申経書て、結願には大なる卒兜婆をたて、
「過去聖霊、出離生死、証大菩提」とかいて、年号月日
の下には、「孝子[* 孝の左にの振り仮名]成経」とかか【書か】れたれば、しづ山がつの心なき
も、子に過たる宝なしとて、泪をながし袖をしぼら
ぬはなかりけり。年去年来れ共、忘がたきは撫育
の昔の恩、夢のごとく【如く】幻のごとし。尽がたきは恋慕
のいまの涙也。三世十方の仏陀の聖衆もあはれみ
P03052
給ひ、亡魂尊霊もいかにうれしとおぼしけん。「今しばらく念仏の功をもつむ【積む】べう候へ共、都に待
人共も心もとなう候らん。又こそまいり【参り】候はめ」とて、
亡者にいとま申つつ、泣々そこをぞ立れける。草
の陰にても余波おしう【惜しう】やおもは【思は】れけん。O[BH 同]三月十
六日、少将鳥羽へあかう【明かう】ぞ付給ふ。故大納言の山
庄、すはま【州浜】殿とて[M 「にて」とあり「に」をミセケチ「ト」と傍書]鳥羽にあり【有り】。住あらして年
へ【経】にければ、築地はあれどもおほい【覆ひ】もなく、門はあ
れ共扉もなし。庭に立入見給へば、人跡たえ【絶え】て
P03053
苔ふかし。池の辺を見まはせば、秋の山の春風に白波し
きりにおり【織り】かけて、紫鴛白鴎逍遥す。興ぜし人の
恋しさに、尽せぬ物は涙也。家はあれ共、らんもん【羅文】
破て、蔀やり戸もたえ【絶え】てなし。「爰には大納言O[BH 殿]のと
こそおはせしか、此妻戸をばかうこそ出入給しか。あの
木をば、みづからこそうへ【植ゑ】給しか」などいひて、ことの
葉につけて、ちち【父】の事を恋しげにこその給ひけ
れ。弥生なかの六日なれば、花はいまだ名残あり【有り】。楊
梅桃李の梢こそ、折しりがほ【折知顔】に色々なれ。昔の
P03054
あるじはなけれ共、春を忘れぬ花なれや。少将花
のもとに立よ【寄つ】て、桃李不言春幾暮煙霞無跡
昔誰栖 K017ふるさとの花の物いふ世なりせばいかにむ
かし【昔】のことをとは【問は】まし W014この古き詩歌を口ずさみ
給へば、康頼入道も折節あはれ【哀】に覚えて、墨染の
袖をぞぬらしける。暮る程とは待れけれ共、あまり
に名残おしく【惜しく】て、夜ふくるまでこそおはしけれ。深
行ままには、荒たる宿のならひ【習ひ】とて、ふるき軒の板
間より、もる月影ぞくまもなき。鶏籠の山明なん
P03055
とすれ共、家路はさらにいそがれず。さても有べき
ならねば、むかへ【向へ】に乗物共つかはし【遣し】て待らんも心なし
とて、泣々すはま【州浜】殿を出つつ、都へかへり入[B レ]けん心の
中共、さこそはあはれ【哀】にもうれしう【嬉しう】も有けめ。康頼入
道がむかへ【向へ】にも乗物あり【有り】けれ共、それにはのら【乗ら】で、「今
さら名残の惜きに」とて、少将の車の尻にの【乗つ】て、七
条河原まではゆく【行く】。其より行別けるに、猶行もやら
ざりけり。花の下の半日の客、月[B ノ]前の一夜の友、旅
人が一村雨の過行に、一樹の陰に立よ【寄つ】て、わかるる
P03056
余波もおしき【惜しき】ぞかし。况や是はうかり【憂かり】し島のす
まひ【住ひ】、船のうち、浪のうへ【上】、一業所感の身なれば、先
世の芳縁も浅からずや思ひしられけん。少将は
しうと【舅】平宰相の宿所へ立入給ふ。少将の母うへは
霊山におはしけるが、昨日より宰相の宿所におはし
てまた【待た】れけり。少将の立入給ふ姿を一目みて、「命あ
れば」とばかり[M ぞ]の給て、引かづいてぞ臥給ふ。宰相の
内の女房、侍共さしつどひ【集ひ】て、みな悦なき【悦び泣き】共しけり。
まして少将の北方、めのとの六条が心のうち、さこそは
P03057
うれしかりけめ。六条は尽せぬ物おもひ【思ひ】に、黒かりし髪
もみなしろく【白く】なり、北方さしも花やかにうつくしう
おはせしか共、いつしかやせ【痩せ】おとろへて、其人共みえ【見え】給は
ず。ながされ給し時、三歳にて別しおさなき【幼き】[B 「おさな」に「若君 イ」と傍書]人、お
となしうなて、髪ゆふ【結ふ】程也。又其[M 御]そばに、三ばかり
なるおさなき【幼き】人のおはしけるを、少将「あれはいかに」と
の給へ【宣へ】ば、六条「是こそ」とばかり申て、袖をかほ【顔】にをし【押し】
あてて涙をながしけるにこそ、さては下りし時、心く
るしげなる有さまを見をき【置き】しが、事ゆへ【故】なくそ
P03058
立【育ち】けるよと、思ひ出てもかなしかり【悲しかり】けり。少将はも
とのごとく院にめし【召し】つかは【使は】れて、宰相中将にあがり
給ふ。康頼入道は、東山双林寺にわが山庄のあり【有り】
ければ、それに落つい【着い】て、先おもひ【思ひ】つづけけり。
ふる里の軒のいたま【板間】に苔むして
おもひ【思ひ】しほどはもら【漏ら】ぬ月かな W015
やがてそこに籠居して、うかり【憂かり】し昔を思ひつづ
『有王』S0308
け、宝物集といふ物語を書けるとぞ聞えし。○去
程に、鬼界が島へ三人ながさ【流さ】れたりし流人、二人は
P03059
めし【召し】かへさ【返さ】れて都へのぼりぬ。俊寛僧都一人、うかり【憂かり】
しO[BH 島の] 島守に成にけるこそうたてけれ。僧都のおさなう【幼う】
より不便にして、めし【召し】つかは【使は】れける童あり【有り】。名をば
有王とぞ申ける。鬼界が島の流人、今日すでに
都へ入と聞えしかば、鳥羽まで行むかふ【向う】て見けれ
共、わがしう【主】は見え給はず。いかにと問ば、「それは猶つみ【罪】
ふかしとて、島にのこされ給ぬ」ときい【聞い】て、心うし
などもをろか【愚】也。常は六波羅辺にたたずみありい【歩い】て
聞けれ共、O[BH いつ]赦免あるべし共聞いださ【出さ】ず。僧都の御
P03060
むすめのしのび【忍び】ておはしける所へまい【参つ】て、「このせ【瀬】にも
もれ【漏れ】させ給て、御のぼりも候はず。いかにもして
彼島へわた【渡つ】て、御行衛【行方】を尋まいらせ【参らせ】んとこそ思ひ
なて候へ。御ふみ【文】給はらん」と申ければ、泣々かいてたう【給う】
だりけり。いとまをこふ【乞ふ】共、よもゆるさ【許さ】じとて、父にも
母にもしらせず、もろこし船のともづなは、卯月さ月【五月】
にとく【解く】なれば、夏衣たつ【裁つ】を遅くや思けん、やよひ【弥生】
の末に都を出て、多くの浪路を凌ぎつつ、薩摩潟
へぞ下りける。薩摩より彼島へわたる船津にて、
P03061
人あやしみ、き【着】たる物をはぎ【剥ぎ】とりなどしけれ共、すこ
し【少し】も後悔せず。姫御前の御文ばかりぞ人に見せじ
とて、もとゆひ【元結】の中に隠したりける。さて商人船に
の【乗つ】て、件の島へわた【渡つ】てみる【見る】に、都にてかすか【幽】につたへ
聞しは事のかずにもあらず。田もなし、畠もなし。村
もなし、里もなし。をのづから人はあれ共、いふ詞も聞
しら【知ら】ず。有王島の者にゆきむかて[M 「もしか様【斯様】の者共の中に、わがしう【主】の行え【行方】や
しり【知り】たるものやあらんと」をミセケチ「有王島の者にゆきむかて」と傍書]、「物まうさう」どいへば、「何事」と
こたふ。「是に都よりながされ給し、法勝寺執行御房
P03062
と申人の御行ゑ【行方】やしり【知り】たる」と問に、法勝寺共、執
行共し【知つ】たらばこそ返事もせめ。頭をふて知ずといふ。
其中にある者が心得て、「いさとよ、さ様の人は三人
是に有しが、二人はめし【召し】かへさ【返さ】れて都へのぼりぬ。今一
人はのこされて、あそこ爰にまどひありけ【歩け】共、行ゑ【行方】
もしら【知ら】ず」とぞいひける。山のかたのおぼつかなさに、はる
かに分入、峯によぢ、谷に下れ共、白雲跡を埋で、ゆき
来の道もさだかならず。青嵐夢を破て、その面影も
見えざりけり。山にては遂に尋もあはず。海の辺に
P03063
ついて尋るに、沙頭に印を刻む鴎、澳のしら州【白州】に
すだく浜千鳥の外は、跡とふ物もなかりけり。ある
朝[B タ]、いその方よりかげろふ【蜻蛉】[* 「かげろふ」に「蜻蛉」と振り漢字]などのやうにやせ【痩せ】おとろへ
たる者一人よろぼひ出きたり。もとは法師にて有
けりと覚えて、髪は空さま【空様】へおひ【生ひ】あがり、よろづの
藻くづとりつい【付い】て、おどろ【棘】をいただいたるがごとし【如し】。つぎ
目【継ぎ目】[B 「つき」に「節」と傍書]あらはれ【現はれ】て皮ゆたひ、身にき【着】たる物は絹布のわ
き【別】も見えず。片手にはあらめを[M ひろい【拾ひ】]もち、片手
には[M 網うど【人】に]魚を[M もらふて]もち、歩むやうにはしけ
P03064
れ共、はかもゆかず、よろよろとして出きたり。「都に
て多くの乞丐人み【見】しか共、かかる者をばいまだみ
ず。「諸阿修羅等居在大海辺」とて、修羅の三悪四趣
は深山大海のほとりにありと、仏の解をき給ひた
れば、しら【知ら】ず、われ餓鬼道に迷[B 「尋」の左に「迷」と傍書]来るか」と思ふ程に、
かれも是も次第にあゆみ【歩み】ちかづく【近付く】。もしか様【斯様】のもの
も、わがしう【主】の御ゆくゑ【行方】知たる事やあらんと、「物まう
さう」どいへば、「何ごと」とこたふ。是に都よりながされ給
し、法勝寺執行御房と申人の、御行ゑ【行方】や知たる」と
P03065
問に、童は見忘れたれ共、僧都は争[M 「何とてか」をミセケチ「争」と傍書]忘べきなれば、
「是こそそよ」といひもあへず、手にもて【持て】る物をなげ
捨て、いさご[M 「すなご」とあり「すな」をミセケチ「いさ」と傍書]【砂子】の上にたふれ【倒れ】ふす。さてこそわがしう【主】の
O[BH 御]行ゑ【行方】は[M 「も」をミセケチ「は」と傍書]しり【知り】てげれ。O[BH 僧都]やがてきえ入給ふを、ひざの上
にかきのせ【掻き乗せ】奉り、「有王がまい【参つ】て候。多くの浪路を
しのいで、是まで尋まいり【参り】たるかひもなく、いかに
やがてうき目をば見せさせ給ふぞ」と泣々申けれ
ば、ややあて、すこし【少し】人心ち出き、たすけ【助け】おこされて、
「誠に汝が是まで尋来たる心ざしの程こそ神妙なれ。
P03066
明ても暮ても、都の事のみ思ひゐ【居】たれば、恋しき
者共が面影は、夢にみる【見る】おり【折】もあり【有り】、まぼろしに
たつ時もあり【有り】。身もいたくつかれ【疲れ】よは【弱つ】て後は、夢も
うつつもおもひ【思ひ】わかず。されば汝が来れるも、ただ夢と
のみこそおぼゆれ。もし此事の夢ならば、さめての後
はいかがせん」。有王「うつつにて候也。此御ありさまにて、
今まで御命ののび【延び】させ給て候こそ、不思儀には
覚え候へ」と申せば、「さればこそ。去年少将や判官入道
に捨られて後のたよりなさ、心の中をばただをし
P03067
はかる【推し量る】べし。そのせ【瀬】に身をもなげんとせしを、よしなき
少将の「今一度都の音づれをもまて【待て】かし」など、なぐ
さめをき【置き】しを、をろか【愚】にもし【若し】やとたのみ【頼み】つつ、ながらへ【永らへ】ん
とはせしか共、此島には人のくい物【食ひ物】たへ【絶え】てなき所な
れば、身に力の有し程は、山にのぼ【上つ】て湯黄[B 「湯」に「硫」と傍書]と云物を
とり、九国よりかよふ商人にあひ、くい物【食ひ物】にかへなど
せしか共、日にそへてよはり【弱り】ゆけば、今はその態もせず。
かやうに日ののどかなる時は、磯に出て網人・釣人に、
手をすりひざをかがめて、魚をもらい、塩干の時は
P03068
貝をひろひ【拾ひ】、あらめをとり、磯の苔に露の命を
かけてこそ、けふ【今日】までもながらへ【永らへ】たれ。さらでは浮世を
渡るよすがをば、いかにしつらんとか思ふらん。爰
にて何事もいはばやとはおもへ【思へ】共、いざわが家へ」との
給へ【宣へ】ば、此御ありさまにても家をもち給へるふし
ぎさ【不思議さ】よと思て行程に、松の一村ある中により竹【寄竹】
を柱にして、葦をゆひ、けた【桁】はり【梁】にわたし、上にもした【下】
にも、松の葉をひしと取かけたり。雨風たまるべう
もなし。昔は、法勝寺の寺務職にて、八十余ケ所の
P03069
庄務をつかさどられしかば、棟門平門の内に、四五百
人の所従眷属に囲饒せられてこそおはせしが、ま【目】
のあたりかかるうき目を見給ひけるこそふしぎ【不思議】なれ。
業にさまざまあり【有り】。順現・順生・順後業といへり。僧都
一期の間、身にもちゐる処、大伽藍の寺物仏物に
あらずと云事なし。さればかの信施無慙の罪によて、
『僧都死去』S0309
今生にはや感ぜられけりとぞ見えたりける。○僧都
うつつ【現】にてあり【有り】とおもひ【思ひ】定て、「抑去年少将や判
官入道がむかへ【向へ】にも、是等が文と云事もなし。今汝がた
P03070
よりにも音づれのなきは、かう共いはざりけるか」。有王
涙にむせびうつぶして、しばしはものも申さず。やや
あ【有つ】ておきあがり、泪ををさへ【抑へ】て申けるは、「君の西八条
へ出させ給しかば、やがて追捕官人まい【参つ】て、御内の人々
搦取、御謀反の次第を尋て、うしなひ【失ひ】はて候ぬ。北
方はおさなき【幼き】人を隠しかねまいら【参ら】させ給ひて、鞍馬
の奥にしのば【忍ば】せ給て候しに、此童ばかりこそ時々まい【参つ】
て宮仕つかまつり候しか。いづれも御歎のをろか【愚】なる事
は候はざO[BH り]しか共、おさなき【幼き】人はあまりに恋まいら【参ら】させ
P03071
給て、まいり【参り】候たび毎に、「有王よ、鬼界が島とかやへわれ
ぐし【具し】てまいれ【参れ】」とむつからせ給候しが、過候し二月に、
もがさ[* 「もがさ」に「痘」と振り漢字]と申事に失させ給候ぬ。北方は其御歎と
申、是の御事と申、一かたならぬ御思にしづませ
給ひ、日にそへてよはら【弱ら】せ給候しが、同三月二日の
ひ、つゐに【遂に】はかなく【果敢く】ならせ給ぬ。いま姫御前ばかり、
奈良の姑御前の御もとに御わたり候。是に御文
給はてまい【参つ】て候」とて、取いだいて奉る。あけて見給へ
ば、有王が申にたがは【違は】ず書れたり。奥には、「などや、
P03072
三人ながされたる人の、二人はめし【召し】かへさ【返さ】れてさぶらふ【候ふ】に、
今まで御のぼりさぶらはぬぞ。あはれ、高もいやしき
も、女の身ばかり心うかり【憂かり】ける物はなし。おのこ【男】[M 「おのこゝ【男子】」とあり「ゝ」をミセケチ]の身にて
さぶらはば、わたらせ給ふ島へも、などかまいら【参ら】でさぶ
らふ【候ふ】べき。この有王御供にて、いそぎのぼらせ給へ」と
ぞかか【書か】れたる。O[BH 僧都此文をかほにをし【押し】あてて、しばしは物ものたまは【宣は】ず。良あつて、]「是見よ有王、この子が文の書やうのは
かなさよ。をのれ【己】を供にて、いそぎのぼれと書たる事
こそうらめしけれ【恨めしけれ】。心にまかせ【任せ】たる俊寛が身ならば、
何とてかO[BH 此島にて]三とせ【三年】の春秋をば送るべき。今年は十二
P03073
になるとこそ思ふに、是程はかなく【果敢く】ては、人にも見え、
宮仕をもして、身をもたすく【助く】べきか」とてなか【泣か】れける
にぞ、人の親の心は闇にあらね共、子を思ふ道にま
よふ程もしら【知ら】れける。「此島へながされて後は、暦もな
ければ、月日のかはり行をもしら【知ら】ず。ただをのづから【自】花
のちり【散り】葉の落るを見て春秋をわきまへ、蝉の
声麦秋を送れば夏とおもひ【思ひ】、雪のつもるを冬と
しる。白月黒月のかはり行をみて、卅日をわきまへ、
指をお【折つ】てかぞふれば、今年は六になるとおもひ【思ひ】つるお
P03074
さなき【幼き】者も、はや先立けるごさんなれ。西八条へ出
し時、この子が、「我もゆかう」どしたひ【慕ひ】しを、やがて帰らふ
ずるぞとこしらへをき【置き】しが、今の様におぼゆる【覚ゆる】ぞや。
其を限りと思はましかば、今しばしもなどか見ざら
ん。親となり、子となり、夫婦の縁をむすぶも、みな
此世ひとつ【一つ】にかぎらぬ契ぞかし。などさらば、それらが
さ様に先立けるを、今まで夢まぼろしにもしら【知ら】
ざりけるぞ。人目も恥ず、いかにもして命いか【生か】うど思し
も、これらを今一度見ばやと思ふためなり。姫が事計[M 「こ姫が事」をミセケチ「計」と傍書]
P03075
こそ心ぐるしけれ共、それは[M 「も」をミセケチ「は」と傍書]いき身【生き身】なれば、
歎きながらもすごさ【過さ】んずらん。さのみながらへ【永らへ】て、を
のれ【己】にうき目を見せんも、我身ながらつれなかるべし」
とて、をのづからの食事を[M も]とどめ【留め】、偏に弥陀の名
号をとなへて、臨終正念をぞいのら【祈ら】れける。有王わ
た【渡つ】て廿三日と云に、其庵りのうちにて遂におはり
給ぬ。年卅七とぞ聞えし。有王むなしき【空しき】姿に取
つき、天に仰ぎ地に伏て、泣かなしめ共かひぞなき。
心の行程泣あき【飽き】て、「やがて後世の御供仕べう候へ共、
P03076
此世には姫御前ばかりこそ御渡候へ、後世訪ひまいら
す【参らす】べき人も候はず。しばしながらへ【永らへ】て御菩提[M 「後世」をミセケチ「御菩提」と傍書]訪ひまいら
せ【参らせ】候はん」とて、ふしどをあらため【改め】ず、庵をきり【切り】かけ、
松のかれ枝【枯れ枝】、蘆の枯葉を取おほひ【覆ひ】、藻塩のけぶりと
なし奉り、荼■[田+比]事をへ[* 「を」に「終」と振り漢字]【終へ】にければ、白骨をひろひ【拾ひ】、
頸にかけ、又商人船のたよりに九国の地へぞ着にけ
る。O[BH それよりいそぎ都へのぼり、]僧都の御むすめのおはしける所にまい【参つ】て、有し様、
始よりこまごまと申。「中々御文を御覧じてこそ、
いとど御思ひはまさらせ給て候しか。O[BH 件の島には]硯も紙も候はね
P03077
ば、御返事にも及ばず。おぼしめさ【思し召さ】れ候し御心の内、
さながらむなしうてやみ候にき。今は生々世々を送、
他生曠劫をへだつ共、いかでか御声をもきき、御姿を
も見まいら【参ら】させ給ふべき」と申ければ、ふしまろび、こゑ
も惜ずなか【泣か】れけり。やがて十二の年尼になり、奈良
の法華寺に勤[* 左にの振り仮名]すまし【澄まし】て、父母の後世を訪ひ給ふぞ
哀なる。有王は俊寛僧都の遺骨を頸にかけ、高
野へのぼり、奥院に納めつつ、蓮花谷にて法師になり、
諸国七道修行して、しう【主】の後世をぞ訪ける。か様【斯様】に
P03078
人の思歎きのつもり【積り】ぬる平家の末こそおそろし
『飆』S0310
けれ【恐ろしけれ】。○同五月十二日午剋ばかり、京中には辻風おびたた
しう【夥しう】吹[* 「明」と有るのを他本により訂正]て、人屋おほく【多く】顛到す。風は中御門京極より
おこ【起こつ】て、末申の方へ吹[* 「明」と有るのを他本により訂正]て行に、棟門平門を吹ぬ
い[M 「ぬき」とあり「き」をミセケチ「い」と傍書]て、四五町十町吹もてゆき、けた【桁】・なげし【長押】・柱などは
虚空に散在す。桧皮ふき板【葺板】のたぐひ、冬の木葉の
風にみだるるが如し。おびたたしう【夥しう】なり【鳴り】どよむ音[M 「事」をミセケチ「音」と傍書]、
彼地獄の業風なり共、これには過じとぞみえ【見え】し。ただ
舎屋の破損するのみならず、命を失なふ人も多
P03079
し。牛馬のたぐひ数を尽して打ころさ【殺さ】る。是ただ
事にあらず、御占あるべしとて、神祇官にして
御占あり【有り】。「今百日のうちに、禄ををもんずる【重んずる】大臣の
慎み別しては天下の大事、並に仏法王法共に傾
て、兵革相続すべし」とぞ、神祇官陰陽寮共に
『医師問答』S0311
うらなひ申ける。○小松のおとど、か様【斯様】の事共を聞給
て、よろづ心ぼそうやおもは【思は】れけん、其比熊野参
詣の事有けり。本宮証誠殿の御前にて、夜も
すがら敬白せられけるは、「親父入道相国の体をみる【見る】に、
P03080
悪逆無道にして、ややもすれば君をなやまし奉る。
重盛長子として、頻に諫をいたすといへ共、身
不肖の間、かれもて服膺せず。そのふるまひ【振舞】をみる【見る】
に、一期の栄花猶あやうし。枝葉連続して、親を
顕し名を揚げん事かたし。此時に当て、重盛い
やしうも思へり。なまじいに列して世に浮沈せん
事、敢て良臣孝子の法にあらず。しかじ、名を逃れ
身を退て、今生の名望を抛て、来世の菩提を求
めんには。但凡夫薄地、是非にまどへるが故に、猶心ざし
P03081
を恣にせず。南無権現金剛童子、願くは子孫繁栄
たえ【絶え】ずして、仕て朝廷にまじはるべくは、入道の悪心
を和げて、天下の安全を得しめ給へ。栄耀又一期
をかぎ[B ッ]【限つ】て、後混恥に及べくは、重盛が運命をつづめて、
来世の苦輪を助け給へ。両ケの求願、ひとへに冥助
を仰ぐ」と肝胆を摧て祈念せられけるに、燈籠
の火のやうなる物の、おとどの御身より出て、ばと消
るがごとく【如く】して失にけり。人あまた見奉りけれ共、
恐れて是を申さず。又下向の時、岩田川を渡られ
P03082
けるに、嫡子権亮少将維盛以下の公達、浄衣のした【下】
に薄色のきぬを着て、夏の事なれば、なにとな
う河の水に戯給ふ程に、浄衣のぬれて、きぬ【衣】に
うつ【移つ】たるが、偏に色のごとくに見えければ、筑後守貞
能これを見とがめて、「何と候やらん、あの御浄衣の
よにいまはしき【忌はしき】やうに見えさせおはしまし候。めし【召し】
かへらるべうや候らん」と申ければ、おとど、「わが所願既に
成就しにけり。其浄衣敢てあらたむべからず」とて、
別して岩田川より、熊野へ悦の奉幣をぞ
P03083
立られける。人あやしと思ひけれ共、其心をえず。
しかる【然る】に此公達、程なくまこと【誠】の色をき【着】給けるこそ
ふしぎ【不思議】なれ。下向の後、いくばくの日数を経ずして、
病付給ふ。権現すでに御納受あるにこそとて、療
治もし給はず、祈祷をもいたされず。其比宋朝より
すぐれたる名医わた[B ッ]【渡つ】て、本朝にやすらふことあり【有り】。境
節入道相国、福原の別業におはしけるが、越中守[B 「守」に「前司」と傍書]盛
俊を使者で、小松殿へ仰られけるは、「所労弥大事
なる由其聞えあり【有り】。兼又宋朝より勝たる名医
P03084
わたれり。折節悦とす。是をめし【召し】請じて医療
をくはへ【加へ】しめ給へ」と、の給ひつかはさ【遣さ】れたりければ、小
松殿たすけ【助け】おこされ、盛俊を御前へめし【召し】て、「まづ
「医療の事、畏て承候ぬ」と申べし。但汝も承
れ。延喜御門はさばかの賢王にてましましけれ
共、異国の相人を都のうちへ入させ給たりけるをば、
末代までも賢王の御誤、本朝の恥とこそみえ【見え】けれ。
况や重盛ほどの凡人が、異国の医師を王城へ
いれ【入れ】ん事、国の辱にあらずや。漢高祖は三尺の剣
P03085
を提て天下を治しかども、淮南[* の右にの振り仮名]の黥布を討し時、
流矢にあたて疵を蒙る。后呂太后、良医をむかへ【向へ】て
見せしむるに、医のいはく、「此疵治しつべし。但五十
斤[* 「十」に圏濁点]の金をあたへば治せん」といふ。高祖の給はく、「われ
まもり【守り】のつよか[B ッ]【強かつ】し程は、多くのたたかひ【戦ひ】にあひ[* 「あひ」に「逢」と振り漢字]て疵
を蒙りしか共、そのいたみなし。運すでに尽ぬ。命
はすなはち天にあり【有り】。縦偏鵲といふ共、なんの益か
あらん。しかれ[M 「しから」とあり「ら」をミセケチ「れ」と傍書]ば又かねを惜むに似たり」とて、五十こむ【斤】
の金を医師にあたへながら、つゐに【遂に】治せざりき。先
P03086
言耳にあり【有り】、今もて甘心す。重盛いやしくも九卿に
列して三台にのぼる。其運命をはかるに、もて天心に
あり【有り】。なんぞ天心を察ずして、をろか【愚】に医療をいた
はしうせむや。所労もし定業たらば、いれう【医療】をくはう【加ふ】
共ゑき【益】なからんか。又非業たらば、療治をくはへ【加へ】ず共たすかる事をうべし。彼耆婆が医術及ばずして、
大覚世尊、滅度を抜提河の辺に唱ふ。是則、定業
の病いやさ【癒さ】ざる事をしめさ【示さ】んが為也。定業猶医療
にかかはる【拘はる】べう候ば、豈尺尊【*釈尊】入滅あらんや。定業又[M 治]
P03087
治するに堪ざる旨あきらけし。治するは仏体也、療
するは耆婆也。しかれば重盛が身仏体にあらず、
名医又耆婆に及べからず。たとひ四部の書をかが
みて、百療に長ずといふ共、いかでか有待の穢身を救
療せん。たとひ五経の説を詳にして、衆病をいや
すと云共、豈先世の業病を治せんや。もしかの医術
によて存命せば、本朝の医道なきに似たり。医術
効験なくんば、面謁所詮なし。就中本朝鼎臣の外
相をも[B ッ]て、異朝富有の来客にまみえ【見え】ん事、
P03088
且は国の恥、且は道の陵遅也。たとひ重盛命は
亡ずといふ共、いかでか国の恥をおもふ【思ふ】心を存ぜざらん。
此由を申せ」とこその給ひけれ。盛俊福原に帰り
まい【参つ】て、此由泣々申ければ、入道相国「是程国の恥
を思ふ大臣、上古にもいまだきかず。まして末代に
あるべし共覚えず。日本に相応せぬ大臣なれば、
いかさまにも今度うせ【失せ】なんず」とて、なくなく【泣く泣く】急ぎ都
へ上られけり。同七月廿八日、小松殿出家し給ぬ。法名は
浄蓮とこそつき【付き】給へ。やがて八月一日[B ノヒ]、臨終正念に住
P03089
して遂に失給ぬ。御年四十三、世はさかりとみえ【見え】つるに、
哀なりし事共也。「入道相国のさしもよこ紙をやら【破ら】れ
つるも、此人のなをし【直し】なだめ【宥め】られつればこそ、世もお
だしかり【隠しかり】つれ。此後天下にいかなる事か出こ【来】んず
らむ」とて、京中の上下歎きあへり。前右大将宗盛
卿のかた様の人は、「世は只今大将殿へまいり【参り】なん
ず」とぞ悦ける。人の親の子を思ふならひはをろ
か【愚】なるが、先立だにもかなしき【悲しき】ぞかし。いはんや是は
当家の棟梁、当世の賢人にておはしければ、恩愛
P03090
の別、家の衰微、悲でも猶余あり【有り】。されば世には
良臣をうしなへ【失へ】る事を歎き、家には武略のすた
れ【廃れ】ぬる事をかなしむ。凡は此おとど【大臣】文章うるはし
うして、心に忠を存じ、才芸すぐれて、詞に徳を兼
『無文』S0312
給へり。○天性このおとど【大臣】は不思議の人にて、未来の
事をもかねて【予て】さとり給けるにや。去四月七日の夢
に、見給けるこそふしぎ【不思議】なれ。たとへば、いづく共しらぬ
浜路を遥々とあゆみ【歩み】行給ふ程に、道の傍に大なる
鳥居の有けるを、「あれはいかなる鳥居やらん」と、問
P03091
給へば、「春日大明神の御鳥井也」と申。人多く群集
したり。其中に法師の頸を一さしあげ【差し上げ】たり。「さてあの
くびはいかに」と問給へば、「是は平家太政入道殿[M の御
頸を]、悪行超過し給へるによて、当社大明神のめし【召し】
とらせ給て候」と申と覚えて、夢うちさめ、当家は
保元平治よりこのかた、度々の朝敵をたひらげて、
勧賞身にあまり、かたじけなく一天の君の御外
戚として、一族の昇進六十余人。廿余年のこのかた
は、たのしみさかへ【栄え】、申はかりもなかりつるに、入道の悪行
P03092
超過せるによて、一門の運命すでにつき【尽き】んずる
にこそと、こし方行末の事共、おぼしめし【思し召し】つづけ
て、御涙にむせばせ給ふ。折節妻戸をほとほとと打
たたく。「た【誰】そ。あれきけ【聞け】」との給へ【宣へ】ば、「瀬尾太郎兼
康がまい【参つ】て候」と申。「いかに、何事ぞ」との給へ【宣へ】ば、「只
今不思議の事候て、夜の明候はんがをそう【遅う】覚え
候間、申さんが為にまい【参つ】て候。御まへの人をのけ【除け】ら
れ候へ」と申ければ、おとど【大臣】人を遥にのけて御対面
あり【有り】。さて兼康見たりける夢のやうを、始より終〔まで〕
P03093
くはしう【詳しう】語り申けるが、おとど【大臣】の御覧じたりける御
夢にすこし【少し】もたがは【違は】ず。さてこそ、瀬尾太郎兼
康をば、「神にも通じたる物にて有けり」と、おとど【大臣】
も感じ給ひけれ。其朝嫡子権亮少将維盛、院[B ノ]
御所へまいら【参ら】んとて出させ給たりけるを、おとど【大臣】よ
び奉て、「人の親の身としてか様【斯様】の事を申せば、
きはめておこがましけれ共、御辺は人の子共の中
には勝てみえ【見え】給ふ也。但此世の中の有様、いかがあ
らむずらんと、心ぼそうこそ覚れ。貞能はないか。
P03094
少将に酒すすめよ」との給へば、貞能御酌にまいり【参り】
たり。「この盃をば、先少将にこそとら【取ら】せたけれ共、
親より先にはよものみ【飲み】給はじなれば、重盛まづ取あ
げて、少将にささん」とて、三度うけ【受け】て、少将にぞさされ
ける。少将又三度うけ給ふ時、「いかに貞能、引出物せ
よ」との給へ【宣へ】ば、畏て承り、錦の袋にいれ【入れ】たる御太刀
を取出す。「あはれ、是は家に伝はれる小烏といふ太刀
やらん」など、よにうれしげに思ひて見給ふ処に、
さはなくして、大臣葬の時もちゐる無文の太刀に
P03095
てぞ有ける。其時少将けしき【気色】[M はと]かはて、よにいま
はしげ【忌はし気】にみ【見】給ければ、おとど【大臣】涙をはらはらとながい【流い】て、
「いかに少将、それは貞能がとが【咎】にもあらず。其故は
如何にといふに、此太刀は大臣葬の時もちゐる無文
の太刀也。入道いかにもおはせん時、重盛がはい【佩い】て供せん
とて持たりつれ共、今は重盛、入道殿に先立奉らん
ずれば、御辺に奉るなり」とぞの給ひける。少将是
を聞給て、とかうの返事にも及ばず。涙にむせびう
つぶして、其日は出仕もし給はず、引かづきてぞふし
P03096
給ふ。其後おとど【大臣】熊野へまいり【参り】、下向して病つき、幾
程もなくして遂に失給ひけるにこそ、げにもと思ひ
『燈炉之沙汰』S0313
しられけれ。○すべて此大臣は、滅罪生善の御心ざしふ
かう【深う】おはしければ、当来の浮沈をなげいて、東山の麓
に、六八弘誓の願になぞらへて、四十八間の精舎をたて、
一間にひとつ【一つ】づつ、四十八間に四十八の燈籠をかけ【懸け】られ
たりければ、九品の台、目の前にかかやき【輝き】、光耀鸞
鏡をみがいて、浄土の砌にのぞめるがごとし。毎月十
四O[BH 日十]五O[BH 日]を点じて、当家他家の人々の御方より、みめ【眉目】
P03097
ようわかう【若う】さかむ【壮】なる女房達を多く請じ集め、
一間に六人づつ、四十八間に二百八十八人、時衆にさだ
め、彼両日が間は一心O[BH 果報の]称名声絶ず。誠に来迎引摂
のO[BH 悲]願もこの所に影向をたれ、摂取不捨の光も此大臣
を照し給ふらんとぞみえ【見え】し。十五日の日中を結願と
して大念仏有しに、大臣みづから彼行道の中に
まじは[B ッ]て、西方にむかひ【向ひ】、「南無安養教主弥陀善逝、三
界六道の衆生を普く済度し給へ」と、廻向発願
せられければ、みる【見る】人慈悲をおこし、きく物感涙を
P03098
もよほしけり。かかりしかば、此大臣をば燈籠大臣と
『金渡』S0314
ぞ人申ける。○又おとど【大臣】、「我朝にはいかなる大善根をしを
い【置い】たり共、子孫あひついでとぶらはむ[M 「う」をミセケチ「む」と傍書]事有がたし。他
国にいかなる善根をもして、後世を訪はればや」とて、
安元の此ほひ、鎮西より妙典といふ船頭をめし【召し】の
ぼせ【上せ】、人を遥にのけ【除け】て御対面あり【有り】。金を三千五
百両めし【召し】よせて、「汝は大正直の者であんなれば、五百
両をば汝にたぶ。三千両を宋朝へ渡し、育王山へまい
らせ【参らせ】て、千両を僧にひき、二千両をば御門へまいら
P03099
せ【参らせ】、田代を育王山へ申よせて、我後世とぶらはせよ」
とぞの給ける。妙典是を給はて、万里の煙浪を凌
ぎつつ、大宋国へぞ渡りける。育王山の方丈仏照
禅師徳光にあひ奉り、此由申たりければ、随喜
感嘆して、千両を僧にひき、二千両をば御門へ
まいらせ【参らせ】、おとど【大臣】の申されける旨を具に奏聞せられ
たりければ、御門大に感じおぼしめし【思し召し】て、五百町
の田代を育王山へぞよせ【寄せ】られける。されば日本の大
臣平[B ノ]朝O[BH 臣]重盛公の後生善処と祈る事、いまに絶ず
P03100
『法印問答』S0315
とぞ承る。○入道相国、小松殿にをくれ【遅れ】給て、よろづ心
ぼそうや思はれけん、福原へ馳下り、閉門してこそ
おはしけれ。同十一月七日の夜戌剋ばかり、大地おびたた
しう動てやや久し。陰陽頭安陪【*安倍】泰親、いそぎ内裏
へ馳まい【参つ】て、「今度の地震、占文のさす所、其慎みかろ
から【軽から】ず。当道三経の中に、根器経の説を見候に、
「年をえ【得】ては年を出ず、月をえ【得】ては月を出ず、日を
え【得】ては日を出ず」とみえ【見え】て候。以外に火急候」とて、はら
はらとぞ泣ける。伝奏の人も色をうしなひ【失ひ】、君も
P03101
叡慮をおどろかさせおはします。わかき公卿殿上人は、
「けしからぬ泰親が今の泣やうや。何事の有べき」
とて、わらひ【笑ひ】あはれけり。され共、この【此の】泰親は晴明五代の
苗裔をうけて、天文は淵源をきはめ、推条掌をさす
が如し。一事もたがは【違は】ざりければ、さす【指】の神子とぞ
申ける。いかづち【雷】の落かかりたりしか共、雷火の為に
狩衣の袖は焼ながら、其身はつつが【恙】もなかりけり。上代
にも末代にも、有がたかりし泰親也。同十四日、相国
禅門、此日ごろ福原におはしけるが、何とかおもひ【思ひ】なられ
P03102
たりけむ、数千騎の軍兵をたなびいて、都へ入
給ふ由聞えしかば、京中何と聞わきたる事は
なけれ共、上下恐れおののく。何ものの申出したり
けるやらん、「入道相国、朝家を恨み奉るべし」と披
露をなす。関白殿内々きこしめさ【聞し召さ】るる旨や有けん、
急ぎ御参内あて、「今度相国禅門入洛の事は、
ひとへに基房亡すべき結構にて候也。いかなる目に逢
べきにて候やらん」と奏せさせ給へば、主上大におどろ
かせ給て、「そこにいかなる目にもあはむは、ひとへにただ
P03103
わがあふにてこそあらんずらめ」とて、御涙をながさ
せ給ふぞ忝き。誠に天下の御政は、主上摂録の
御ぱからひにてこそあるに、こはいかにしつる事共ぞや。
天照大神・春日大明神の神慮の程も計がたし。同
十五日、入道相国朝家を恨み奉るべき事必定と
聞えしかば、法皇大におどろかせ給て、故少納言入道信
西の子息、静憲法印を御使にて、入道相国のもとへ
つかはさ【遣さ】る。「近年、朝廷しづかならずして、人の心も
ととのほら【整のほら】ず。世間もO[BH 未]落居せぬさまに成行事、
P03104
惣別につけて歎きおぼしめせ【思し召せ】共、さてそこにあれば、
万事はたのみ【頼み】おぼしめし【思し召し】てこそあるに、天下をしづむ
るまでこそなからめ、嗷々なる体にて、あま[B ッ]さへ【剰へ】朝家
を恨むべしなどきこしめす【聞し召す】は、何事ぞ」と仰つかはさ【遣さ】
る。静憲法印、御使に西八条の亭へむかふ【向ふ】。朝より夕
に及ぶまで待れけれ共、無音也ければ、さればこそ
と無益に覚えて、源大夫判官季貞をもて、勅定
の趣きいひ入させ、「いとま申て」とて出られければ、其時
入道「法印よべ」とて出られたり。喚かへい【返い】て、「やや法印御
P03105
房、浄海が申処は僻事か。まづ内府が身まかり【罷り】候
ぬる事、当家の運命をはかるにも、入道随分悲
涙ををさへ【抑へ】てこそ罷過候へ。御辺の心にも推察し
給へ。保元以後は、乱逆打つづいて、君やすい御心もわた
らせ給はざりしに、入道はただ大方を取おこなふ【行ふ】ばかりで
こそ候へ、内府こそ手をおろし、身を摧て、度々の逆
鱗をばやすめ【休め】まいらせ【参らせ】て候へ。其外臨時の御大事、
朝夕の政務、内府程の功臣有がたうこそ候らめ。爰
をもて古を思ふに、唐の太宗は魏徴にをくれ【遅れ】て、
P03106
かなしみのあまりに、「昔の殷宗は夢のうちに良
弼をえ、今の朕はさめ〔て〕の後賢臣を失ふ」といふ
碑の文をみづから書て、廟に立てだにこそかなし
み給ひけるなれ。我朝にも、ま近く見候し事ぞ
かし。顕頼民部卿が逝去したりしをば、故院殊に
御歎あ[B ッ]て、八幡行幸延引し、御遊なかりき。惣[* 左にの振り仮名]て臣下
の卒するをば、代々〔の〕御門みな御歎ある事でこそ
候へ。さればこそ、親よりもなつかしう【懐しう】、子よりもむつまし
きは、君と臣との中とは申事にて候らめ。され共、内
P03107
府が中陰に八幡の御幸あて御遊あり【有り】き。御歎の
色、一事も是をみず。たとひ入道がかなしみを御
あはれみなく共、などか内府が忠をおぼしめし【思し召し】忘れ
させ給ふべき。たとひ内府が忠をおぼしめし【思し召し】忘
れさせ給共、いかでか入道が歎を御あはれみなから
む。父子共に叡慮に背候ぬる事、今にをいて面
目を失ふ、是一。次に、越前[B ノ]国をば子々孫々まで御
変改あるまじき由、御約束あ[B ッ]てO[BH 下]給は[B ッ]て候しを、
内府にをくれ【遅れ】て後、やがてめO[BH しかへ]され候事は、なむ【何】の
P03108
過怠にて候やらむ、是一[B ツ]。次に、中納言闕の候し
時、二位[B ノ]中将の所望候しを、入道随分執申し
か共、遂に御承引なくして、関白の息をなさるる
事はいかに。たとひ入道非拠を申おこなふ【行ふ】共、一度
はなどかきこしめし【聞し召し】入ざるべき。申候はんや、家嫡
といひ、位階といひ、理運左右に及ばぬ事を引ち
がへさせ給ふは、ほい【本意】なき御ぱからひとこそ存候へ、是
一[B ツ]。次に、新大納言成親卿以下、鹿谷により【寄り】あひ
て、謀反の企候し事、ま[B ッ]たく私の計略にあらず。
P03109
併君御許容あるによて也。事新き[M 「いまめかしき」をミセケチ「事新き」と傍書]申事にて候へ共、七代までは此一門をば、いかでか捨させ給ふべき。それに入道七旬に及て、余命いくばくならぬ一期の内にだにも、ややもすれば、亡すべき由御ぱからひあり【有り】。申候はんや、子孫あひついで朝家にめしつかは【使は】れん事有がたし。凡老て子を失は、枯木の枝なきにことならず。今は程なき浮世に、心を費しても何かはせんなれば、いかでも有なんとこそ思ひなて候へ」とて、且は腹立し、且は落涙し
P03110
給へば、法印おそろしう【恐ろしう】も又哀にも覚えて、汗水
になり給ぬ。此時はいかなる人も、一言の返事に及
がたき事ぞかし。其上我身も近習の仁也、鹿谷に
より【寄り】あひたりし事は、まさしう見きか【聞か】れしかば、其
人数とて、只今もめし【召し】や籠られむずらんと思ふ
に、竜の鬚をなで、虎の尾をふむ心ち【心地】はせられけ
れ共、法印もさるおそろしい【恐ろしい】人で、ちともさはが【騒が】ず。
申されけるは、「誠に度々の御奉公浅からず。一旦
恨み申させまします旨、其謂候。但、官位といひ
P03111
俸禄といひ、御身にとては悉く満足す。しかれば
功の莫大なるを、君御感あるでこそ候へ。しかる【然る】を
近臣事をみだり、君御許容あり【有り】といふ事は、
謀臣の凶害にてぞ候らん。耳を信じて目を疑ふ
は、俗の常のへい【弊】也。少人の浮言を重うして、朝
恩の他にことなるに、君を背きまいら【参ら】させ給はん
事、冥顕につけて其恐すくなからず候。凡天心は
蒼々としてはかりがたし。叡慮さだめて其儀
でぞ候らん。下として上にさかふる【逆ふる】事、豈人臣
P03112
の礼たらんや。能々御思惟候べし。詮ずるところ【所】、
此趣をこそ披露仕候はめ」とて出られければ、いく
らもなみゐ【居】たる人々、「あなおそろし【恐ろし】。入道のあれ程
いかり給へるに、ちとも恐れず、返事うちしてたた【立た】
るる事よ」とて、法印をほめぬ人こそなかりけれ。
『大臣流罪』S0316
法印御所へまい【参つ】て、此由奏聞せられ[M 「し」○を非とし「せられ」と改める]ければ、法皇も道
理至極して、仰下さるる方[B 「方」に「旨」と傍書]もなし。同十六日、入道
相国此日ごろ【日比】思立給へる事なれば、関白殿を始
め奉て、太政大臣已下の公卿殿上人、四十三人が
P03113
官職をとどめ【留め】て、追籠らる。関白殿をば大宰帥に
うつして、鎮西へながし奉る。「かからん世には、とてもかく
ても有なん」とて、鳥羽の辺ふる河【古河】といふ所にて
御出家あり【有り】。御年卅五。「礼儀よくしろしめし【知ろし召し】、く
もり【曇り】なき鏡にてわたらせ給ひつる物を」とて、
世の惜み奉る事なのめならず。遠流の人の道
にて出家しつるをば、約束の国へはつかはさぬ事で
ある間、始は日向国へと定られたりしか共、御出
家の間、備前国O[BH 府ノ]辺、井ばさまといふ所に留め奉る。
P03114
大臣流罪の例は、左大臣曾我のあかえ【赤兄】、右大臣豊
成、左大臣魚名、右大臣菅原、かけまくも忝く北野
の天神の御事也。左大臣高明公、内大臣藤原[B ノ]伊周公
に至るまで、既に六人。され共摂政関白流罪の例は
是始めとぞ承る。故中殿御子二位中将基通は、入
道の聟にておはしければ、大臣関白になし奉る。去
円融院の御宇、天禄三年十一月一日、一条摂政謙徳公
うせ【失せ】給しかば、御弟堀河関白仲義【*忠義】、其時は未従二位[B ノ]
中納言にてましましけり。其御弟ほご院【法興院】の大入道殿、
P03115
其比は大納言の右大将にておはしける間、仲義【*忠義】公は
御弟に越られ給ひしか共、今又越かへし奉り、内
大臣正二位にあが【上がつ】て、内覧宣旨蒙らせ給ひたり
しをこそ、人耳目をおどろかしたる御昇進とは申
しに、是はそれには猶超過せり。非参儀二位[B ノ]中将
より大中納言を経ずして、大臣関白になり給ふ
事、いまだ承り及ばず。普賢寺殿の御事也。上卿
の宰相・大外記・大夫史にいたるまで、みなあきれたる
さまにぞみえ【見え】たりける。太政大臣師長は、つかさをとど
P03116
め【留め】て、あづまの方へながされ給ふ。去保元に父悪左[B ノ]
おほい【大臣】殿の縁座によて、兄弟四人流罪せられ給
しが、御兄[* 左にの振り仮名]右大将兼長、御弟左[M の]中将隆長、範長
禅師三人は帰洛[* 「帰路」と有るのを他本により訂正]を待ず、配所にてうせ【失せ】給ぬ。是は
土佐の畑にて九かへりの春秋を送りむかへ【向へ】、長寛二
年八月にめし【召し】かへさ【返さ】れて、本位に復す[M 「復し」とあり「し」をミセケチ「す」と傍書]。次の年正二位
して、仁安元年十月に前中納言より権大納言に
あがり給ふ。折節大納言あか【空か】ざりければ、員の外にぞ
くははら【加はら】れける。大納言六人になること是始也。又前
P03117
中納言より権大納言になる事も、後山階大臣躬守【*三守】
公、宇治[B ノ]大納言隆国卿[* 隆国の左にの振り仮名]の外は未承り及ばず。管絃の
道に達し、才芸勝れてましましければ、次第の昇進
とどこほらず、太政大臣まできはめさせ給て、又いか
なる罪の報にや、かさね【重ね】てながされ給ふらん。保元
の昔は南海土佐へうつされ、治承の今は東関[M 尾張]
尾張国とかや。もとよりつみ【罪】なくして配所の月を
みんといふ事は、心あるきはの人の願ふ事なれば、
おとど【大臣】あへて事共し給はず。彼唐太子[B ノ]賓客白楽
P03118
天、潯陽江の辺にやすらひ給けん其古を思遣、鳴
海潟、O[BH 塩]路遥に遠見して、常は朗月を望み、浦風に
嘯、琵琶を弾じ、和歌を詠じて、なをざり【等閑】がてらに
月日を送らせ給ひけり。ある時、当国第三の宮
熱田明神に参詣あり【有り】。その夜神明法楽のため
に、琵琶引、朗詠し給ふに、所もとより無智の境
なれば、情をしれ【知れ】るものなし。邑老・村女・漁人・野叟、
首をうなたれ、耳を峙といへども【共】、更に清濁をわか
ち、呂律をしる事なし。され共、胡巴琴【*瓠巴琴】を弾ぜしかば、
P03119
魚鱗踊ほどばしる[B 「る」に「り」と傍書]。虞公歌を発せしかば、梁麈う
ごきうごく。物の妙を究る時には、自然に感を催す理
なれば、諸人身の毛よだて、満座奇異の思をなす。
やうやう深更に及で、ふがうでう【風香調】の内には、花芬馥の
気を含み、流泉の曲の間には、月清明の光をあら
そふ。「願くは今生世俗文字の業、狂言綺語誤をも
て」といふ朗詠をして、秘曲を引給へば、神明感応
に堪へずして、宝殿大に震動す。「平家の悪行
なかりせば、今此瑞相をいかでか拝むべき」とて、
20
おとど【大臣】感涙をぞながされける。按察大納言資方【*資賢】
卿[B ノ]子息右近衛少将兼讃岐守源[B ノ]資時、両の官を
留めらる。参議皇太后宮O[BH 左に「権」]大夫兼右兵衛[B ノ]督藤原[B ノ]
光能、大蔵卿右京大夫兼伊予守高階康経【*泰経】、蔵
人左少弁兼中宮[B ノ]権大進藤原[B ノ]基親、三官共に
留らる。「按察大納言資方【*資賢】卿、子息右近衛[B ノ]少将、孫
の右少将雅方【*雅賢】、是三人をばやがて都の内を追出
さるべし」とて、上卿藤大納言実国、博士判官中原[B ノ]
範貞に仰て、やがて其日都のうちを追出さる。
P03121
大納言の給けるは、「三界広しといへ共、五尺の身をき
所【置き所】なし。一生程なしといへ共、一日暮しがたし」とて、
夜中に九重の内をまぎれ出て、八重たつ雲の
外へぞおもむか【赴か】れける。彼大江山や、いく野【生野】の道に
かかりつつ、丹波国村雲と云所にぞ、しばしはやすらひ
給ける。其より遂には尋出されて、信濃[B ノ]国とぞ
『行隆之沙汰』S0317
聞えし。○前[B ノ]関白松殿の侍に江[B ノ]大夫判官遠成といふ
ものあり【有り】。是も平家心よからざりければ、既に六波羅
より押寄て搦取らるべしと聞えし間、子息江
P03122
左衛門尉家成打具して、いづち共なく落行けるが、
稲荷山にうちあがり、馬より下て、親子いひ合せ
けるは、「東国の方へ落くだり、伊豆国の流人、前[B ノ]右兵
衛[B ノ]佐頼朝をたのま【頼ま】ばやとは思へ共、それも当時は
勅勘の人で、身ひとつ【一つ】だにもかなひ【叶ひ】がたうおはす
也。日本国に、平家の庄園ならぬ所やある。とても
のがれ【逃れ】ざらんもの【物】ゆへ【故】に、年来住なれたる所を人に
みせ【見せ】んも恥がましかるべし。ただ是よりかへて、六波
羅よりめし【召し】使あらば、腹かき切て死なんにはしかじ」
P03123
とて、川原坂の宿所へとて取て返す。あん【案】のごとく、
六波羅より源大夫判官季定【*季貞】、摂津判官盛澄、ひ
た甲三百余騎、河原坂の宿所へ押寄て、時をど
とぞつくりける。江大夫判官えん【縁】に立出て、「是御
覧ぜよ、をのをの【各々】。六波羅ではこの様申させ給へ」とて、
館に火かけ、父子共に腹かききり【切り】、ほのほ【炎】の中にて
焼死ぬ。抑か様【斯様】に上下多く亡損ずる事をいかにと
いふに、当時関白にならせ給へる二位[B ノ]中将殿と、前
の殿の御子三位[B ノ]中将殿と、中納言御相論の
P03124
故と申す。さらば関白殿御一所こそ、いかなる御目に
もあはせ【合はせ】給はめ、四十余人までの、人々の事に逢
べしやは。去年讃岐院の御追号、宇治の悪左
府の贈官贈位有しか共、世間は猶しづか【静か】ならず。
凡是にも限るまじかんなり。「入道相国の心に天
魔入かはて、腹をすへ【据ゑ】かね給へり」と聞えしかば、「又
天下いかなる事か出こ【来】んずらん」とて、京中上下
おそれ【恐れ】おののく。其比前[B ノ]左少弁行高【*行隆】と聞えしは、
故中山中納言顕時卿の長男也。二条院の御世には、
P03125
弁官にくははてゆゆしかりしか共、此十余年は
官を留められて、夏冬の衣がへ【衣更】にも及ばず、朝暮
の■も心にまかせ【任せ】ず。有かなきかの体にておはし
けるを、太政入道「申べき事あり【有り】。きと立より給へ」
との給つかはさ【遣さ】れたりければ、行高【*行隆】「此十余年は何
事にもまじはらざりつる物を。人の讒言したる
旨あるにこそ」とて、大におそれ【恐れ】さはが【騒が】れけり。北方公
達も「いかなる目にかあはんずらん」と泣かなしみ給ふ
に、西八条より使しきなみに有ければ、力及ばで、
P03126
人に車か【借つ】て西八条へ出られたり。思ふには似ず、入
道やがて出むかふ【向う】て対面あり【有り】。「御辺の父の卿は、
大小事申あはせ【合はせ】し人なれば、をろか【愚】に思ひ奉らず。
年来籠居の事も、いとおしうおもひ【思ひ】たてま【奉つ】し
か共、法皇御政務のうへ【上】は力及ばず。今は出仕し給へ。
官途の事も申沙汰仕るべし。さらばとう帰られ
よ」とて、入給ぬ。帰られたれば、宿所には女房達、しん【死ん】
だる人の生かへりたる心ち【心地】して、さしつどひ【集ひ】てみな
悦泣共せられけり。太政入道、源大夫判官季貞を
P03127
もて、知行し給べき庄園状共あまた遣はす。まづ
さこそ有らめとて、百疋百両に米をつむでぞ送
られける。出仕の料にとて、雑色・牛飼・牛・車まで
沙汰しつかはさ【遣さ】る。行高【*行隆】手の舞足の踏どころ【所】も
覚えず。「是はされば夢かや、夢か」とぞ驚かれける。
同十七日、五位の侍中に補せられて、左少弁になり
帰り給ふ。今年五十一、今更わかやぎ給ひけり。
『法皇被流』S0318
ただ片時の栄花とぞみえ【見え】し。○同廿日、院[B ノ]御所
法住寺殿には、軍兵四面を打かこむ。「平治に信頼が
P03128
したりし様に、火をかけて人をばみな焼殺さるべ
し」と聞えし間、上下の女房めのわらは、物をだに
うちかづかず、あはて【慌て】騒で走りいづ。法皇も大にお
どろかせおはします。前右大将宗盛卿御車を
よせて、「とうとうめさ【召さ】るべう候」と奏せられければ、法
皇「こはされば何事ぞや。御とがあるべし共おぼし
めさ【思し召さ】ず。成親・俊寛が様に、遠き国遥かの島へも
うつし【移し】やらんずるにこそ。主上さて渡せ給へば、政務
に口入する計也。それもさるべからずは、自今以後さらで
P03129
こそあらめ」と仰ければ、宗盛[B ノ]卿「其儀では候はず。
世をしづめん程、鳥羽殿へ御幸なしまいらせ【参らせ】んと、
父の入道申候」。「さらば宗盛やがて御供にまいれ【参れ】」と
仰けれ共、父の禅門の気色に恐れをなしてまいら【参ら】
れず。「あはれ、是につけても兄の内府には事[B ノ]外に
おとりたりける物かな。一年もかかる御目にあふべ
かりしを、内府が身にかへて制しとどめ【留め】てこそ、今
日までも心安かりつれ。いさむる者もなしとて、か
やうにするにこそ。行末とてもたのもしから【頼もしから】ず」と
P03130
て、御涙をながさせ給ふぞ忝なき。さて御車にめさ【召さ】
れけり。公卿殿上人、一人も供奉せられず。ただ北
面の下臈、さては金行といふ御力者ばかりぞまいり【参り】
ける。御車の尻には、あまぜ【尼前】一人まいら【参ら】れたり。この
尼ぜ【尼前】と申は、やがて法皇の御乳の人、紀伊[B ノ]二位の
事也。七条を西へ、朱雀を南へ御幸なる。あやしの
しづのを【賎男】賎女にいたるまで、「あはや法皇のながさ【流さ】れ
させましますぞや」とて、泪をながし、袖をしぼらぬは
なかりけり。「去七日の夜の大地震も、かかるべかりける
P03131
先表にて、十六洛叉の底までもこたへ、乾牢地神の[B 「の」に「も」と傍書]
驚きさはぎ【騒ぎ】給ひけんも理かな」とぞ、人申ける。さて
鳥羽殿へ入せ給たるに、大膳[B ノ]大夫信成【*信業】が、何として
まぎれ【紛れ】まいり【参り】たりけるやらむ、御前ちかう候けるを
めし【召し】て、「いかさまにも今夜うしなは【失なは】れなんずとおぼし
めす【思し召す】ぞ。O[BH 御行水をめさばやとおぼしめす【思し召す】は]いかがせんずる」と仰ければ、さらぬだに
信成【*信業】、けさより肝たましい【魂】も身にそはず、あきれ
たるさまにて有けるが、此仰承る忝なさに、狩衣
に玉だすきあげ、小柴墻壊、大床のつか柱わり
P03132
などして、水くみ【汲み】入、かたのごとく御湯しだい【仕出い】てまい
らせ【参らせ】たり。又静憲法印、入道相国の西八条の亭に
ゆいて、「法皇の鳥羽殿へ御幸なて候なるに、御前
に人一人も候はぬ由承るが、余にあさましう覚え
候。何かは苦しう候べき。静憲ばかりは御ゆるされ【許され】候
へかし。まいり【参り】候はん」と申されければ、「とうとう。御房は
事あやまつまじき人なれば」とてゆるさ【許さ】れけり。法
印鳥羽殿へまい【参つ】て、門前にて車よりおり、門の
内へさし入給へば、折しも法皇、御経をうちあげうちあげ
P03133
あそばさ【遊ばさ】れける。御声もことにすごう【凄う】〔ぞ〕聞えさせ給ける。
法印のつとまいら【参ら】れたれば、あそばさ【遊ばさ】れける御経に
御涙のはらはらとかからせ給ふを見まいらせ【参らせ】て、
法印あまりのかなしさに、旧苔【裘苔】の袖をかほ【顔】にをし【押し】
あてて、泣々御前へぞまいら【参ら】れける。御前にはあま
ぜ【尼前】ばかり候はれけり。「いかにや法印御房、君は昨日
のあした【旦】、法住寺にて供御きこしめさ【聞し召さ】れて後は、よべも今朝もきこしめし【聞し召し】も入ず。長夜すがら御
寝もならず。御命も既にあやうくこそ見え
P03134
させおはしませ」との給へ【宣へ】ば、法印涙ををさへ【抑へ】て申
されけるは、「何事も限りある事にて候へば、平
家たのしみさかへ【栄え】て廿余年、され共悪行法に
過て、既に亡び候なんず。天照大神・正八幡宮いかで
か捨まいら【参ら】させ給ふべき。中にも君の御憑あ
る日吉山王七社、一乗守護の御ちかひあらたま【改ま】
らずは、彼法華八軸に立かけてこそ、君をばま
もり【守り】まいら【参ら】させ給ふらめ。しかれば政務は君の
御代となり、凶徒は水の泡ときえ【消え】うせ候べし」
P03135
など申されければ、此詞にすこし【少し】なぐさま【慰さま】せおはし
ます。主上は関白のながされ給ひ、臣下の多く
亡ぬる事をこそ御歎あり【有り】けるに、剰法皇鳥羽
殿にをし【押し】籠られさせ給ふときこしめさ【聞し召さ】れて後は、
つやつや供御もきこしめさ【聞し召さ】れず。御悩とて常は
よるのおとどにのみぞいら【入ら】せ給ける。きさいの宮【后の宮】
をはじめまいらせ【参らせ】て、御前の女房たち、いかなるべし
共覚え給はず。法皇鳥羽殿へ押籠られさせ
給て後は、内裏には臨時の御神事とて、主上
P03136
夜ごとに清凉殿の石灰壇にて、伊勢太神宮を
ぞ御拝あり【有り】ける。是はただ一向法皇の御祈也。二
条[B ノ]院は賢王にて渡らせ給しか共、天子に父母
なしとて、常は法皇の仰をも申かへさ【返さ】せましまし
ける故にや、継体の君にてもましまさず。されば
御譲をうけさせ給ひたりし六条院も、安元二
年七月十四日、御年十三にて崩御なりぬ。あさ
『城南之離宮』S0319
ましかりし御事也。○「百行の中には孝行をもて
先とす。明王は孝をもて天下を治」といへり。されば
P03137
唐堯は老衰へたる母をた[B ッ]とび、虞舜はかたくなな
る父をうやまふとみえたり。彼賢王聖主の先
規を追はせましましけむ叡慮の程こそ目出け
れ。其比、内裏よりひそかに鳥羽殿へ御書あり【有り】。
「かからむ世には、雲井に跡をとどめ【留め】ても何かはし候べき。
寛平の昔をもとぶらひ【訪ひ】、花山の古をも尋て、
家を出、世をのがれ【逃れ】、山林流浪の行者共なりぬ
べうこそ候へ」とあそばさ【遊ばさ】れたりければ、法皇の御返事
には、「さなおぼしめさ【思し召さ】れ候そ。さて渡らせ給ふこそ、
P03138
ひとつ【一つ】のたのみ【頼み】にても候へ。跡なくおぼしめし【思し召し】なら
せ給ひなん後は、なんのたのみか候べき。ただ愚老
がともかうもなら【成ら】むやうをきこしめし【聞し召し】はて【果て】させ給
ふべし」とあそばさ【遊ばさ】れたりければ、主上此御返事
を竜顔にをし【押し】あてて、いとど御涙にしづませ給ふ。
君は舟、臣は水、水よく船をうかべ【浮べ】、水又船をくつがへ
す。臣よく君をたもち【保ち】、臣又君を覆す。保元平
治の比は、入道相国君をたもち【保ち】奉るといへ共、安
元治承のいまは又君をなみしたてまつる【奉る】。史
P03139
書の文にたがは【違は】ず。大宮[B ノ]大相国、三条[B ノ]内大臣、葉室
大納言、中山[B ノ]中納言も失られぬ。今はふるき人と
ては成頼・親範ばかり也。この人々も、「かからむ世には、
朝につかへ身をたて、大中納言を経ても何かはせ
ん」とて、いまださかむ【盛】なし人々の、家を出、よ【世】を
のがれ【逃れ】、民部卿入道親範は大原の霜にともな
ひ、宰相入道成頼は高野の霧にまじはり、一向
後世菩提のいとなみの外は他事なしとぞき
こえ【聞え】し。昔も商山の雲にかくれ、潁川の月に心を
P03140
すます【澄ます】人もあり【有り】ければ、これ豈博覧清潔に
して世を遁たるにあらずや。中にも高野にお
はしける宰相入道成頼、か様【斯様】の事共を伝へきい【聞い】
て、「あはれ、心どう【利う】も世をばのがれ【逃れ】たる物かな。かくて
聞も同事なれ共、まのあたり立まじはて見
ましかば、いかに心うからん。保元平治のみだれを
こそ浅ましと思しに、世すゑ【末】になればかかる事
も有けり。此後猶いか計の事か出こ【来】むずらむ。
雲を分てものぼり、山を隔ても入なばや」とぞの
P03141
給ける。げに心あらん程の人の、跡をとどむべき世
共みえ【見え】ず。同廿三日、天台座主覚快法親王、頻に御
辞退あるによて、前座主明雲大僧正還着せら
る。入道相国はかくさんざん【散々】にし散されたれ共、御女
中宮にてまします、関白殿と申も聟也。よろづ
心やすう【安う】や思はれけむ、「政務はただ一向主上の御
ぱからひたるべし」とて、福原へ下られけり。前[B ノ]右大
将宗盛卿、いそぎ参内して此由奏聞せられけ
れば、主上は「法皇のゆづりましましたる世ならば
P03142
こそ。ただとうとう執柄にいひ【言ひ】あはせ【合はせ】て、宗盛とも
かうもはからへ【計らへ】」とて、きこしめし【聞し召し】も入ざりけり。法皇
は城南の離宮にして、冬もなかばすごさ【過さ】せ給へ
ば、野山の嵐の音のみはげしく【烈しく】て、寒庭の月
のひかり【光り】ぞさやけき。庭には雪のみ降つもれ共、跡
ふみつくる人もなく、池にはつららとぢ【閉ぢ】かさね【重ね】て、
むれ【群れ】ゐし鳥もみえ【見え】ざりけり。おほ寺【大寺】の鐘の
声、遺愛寺のきき【聞き】を驚かし、西山の雪の色、
香炉峯[* 香の左にの振り仮名]の望をもよほす。よる【夜】霜に寒き砧の
P03143
ひびき、かすか【幽】に御枕につたひ、暁氷をきしる
車の跡、遥に門前によこ【横】たはれり。巷を過る
行人征馬のいそがはし【忙がはし】げなる気色、浮世を渡る有
様もおぼしめし【思し召し】しら【知ら】れて哀也。「宮門をまもる【守る】蛮
夷のよるひる警衛をつとむるも、先の世のいか
なる契にて今縁を結ぶらん」と仰なりけるぞ
忝なき。凡物にふれ事にしたがて、御心をいた
ま【痛ま】しめずといふ事なし。さるままにはかの折々
の御遊覧、ところどころ【所々】の御参詣、御賀のめで
P03144
たかりし事共、おぼしめし【思し召し】つづけて、懐旧の
御泪をさへ【抑へ】がたし。年さり年来て、治承も四年
になり【成り】にけり。

平家物語巻第三