平家物語 高野本 巻第四


【許諾済】
本テキストの公開については、東京大学文学部国語研究室の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同研究室に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に東京大学文学部国語研究室に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同研究室の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1 東京大学文学部国語研究室
【底本】
本テキストの底本は、東京大学文学部国語研究室蔵高野辰之旧蔵『平家物語』(通称・高野本、覚一別本)です。直接には、笠間書院発行の影印本に拠りました。
文責:荒山慶一・菊池真一


平家 四
P04001
平家四之巻目録
厳島御幸付還幸   源氏揃
熊野合戦      鼬之沙汰
信連        競
山門牒状      南都牒状〈 同返牒 付永僉議 〉
大衆揃       橋合戦
宮乃御最期     若宮出家
■[* 空+鳥]  三井寺炎上
P04002

P04003
平家物語巻第四
『厳島御幸』S0401
○治承四年正月一日のひ、鳥羽殿には相国もゆる
さ【許さ】ず、法皇もおそれ【恐れ】させ在ましければ、元日元三の
間、参入する人もなし。されども【共】故少納言入道信西
の子息、桜町の中納言重教【*成範】卿、其弟左京大夫
長教【*脩範】ばかりぞゆるさ【許さ】れてまいら【参ら】れける。同正月廿日
のひ、東宮御袴着ならびに御まなはじめ【真魚始め】とて、
めでたき事ども【共】あり【有り】しかども、法皇は鳥羽殿
にて御耳のよそにぞきこしめす【聞し召す】。二月廿一日、
P04004
主上ことなる御つつが【恙】もわたらせ給はぬを、をし【押し】
おろし【下し】たてまつり【奉り】、春宮践祚あり【有り】。これは入道
相国よろづおもふ【思ふ】さまなるが致すところ【所】なり。
時よくなりぬとてひしめきあへり。内侍所・神璽・
宝剣わたしたてまつる【奉る】。上達部陣にあつま【集まつ】て、
ふるき事ども【共】先例にまかせ【任せ】ておこなひし
に、弁内侍御剣とてあゆみ【歩み】いづ。清涼殿の西おも
て【西面】にて、泰通の中将うけ【受け】とる。備中の内侍しるし【璽】の
御箱とりいづ。隆房の少将うけ【受け】とる【取る】。内侍所しるし【璽】の
P04005
御箱、こよひばかりや手をもかけんとおもひ【思ひ】あへり
けむ内侍の心のうちども【共】、さこそはとおぼえて
あはれ【哀】おほかり【多かり】けるなかに、しるし【璽】の御箱をば
少納言の内侍とりいづべかりしを、こよひこれに
手をもかけては、ながくあたらしき内侍には
なるまじきよし、人の申けるをきい【聞い】て、其期に
辞し申てとりいで【出で】ざりけり。年すでにたけ
たり、二たび【二度】さかりを期すべきにもあらずとて、
人々にくみ【憎み】あへりしに、備中の内侍とて生年
P04006
十六歳、いまだいとけなき身ながら、その【其の】期にわざと
のぞみ申てとりいでける、やさしかりしためし【例】
なり。つたはれる御物ども【共】、しなじなつかさづかさうけ【受け】と【取つ】て、
新帝の皇居五条内裏へわたしたてまつる【奉る】。閑院殿
には、火の影もかすか【幽】に、鶏人の声もとどまり、
滝口の文爵もたえ【絶え】にければ、ふるき人々こころ【心】
ぼそくおぼえて、めでたきいわい【祝】のなかに涙を
ながし、心をいたま【痛ま】しむ。左大臣陣にいで【出で】て、御位ゆづり
の事ども仰せしをきい【聞い】て、心ある人々は涙を
P04007
ながし袖をうるほす。われと御位を儲の君にゆづり
たてまつり【奉り】、麻姑射の山のうちの閑になどおぼし
めす【思し召す】さきざきだにも、哀はおほき【多き】習ぞかし。況
やこれは、御心ならずをし【押し】おろさ【下さ】れさせ給ひけん
あはれ【哀】さ、申もなかなかおろかなり。新帝今年は
三歳、あはれ、いつしかなる譲位かなと、時の人々申
あはれけり。平大納言時忠卿は、内の御めのと【乳母】帥の
すけ【帥の典侍】の夫たるによて、「今度の譲位いつしかなりと、
誰かかたむけ申べき。異国には、周成王三歳、晋穆帝
P04008
二歳、我朝には、近衛院三歳、六条院二歳、これみな
襁褓のなかにつつま【包ま】れて、衣帯をただしう【正しう】せざし
かども【共】、或は摂政おふ【負う】て位につけ、或は母后いだい【抱い】
て朝にのぞむとみえ【見え】たり。後漢の高上【*孝殤】皇帝は、
むまれ【生れ】て百日といふに践祚あり【有り】。天子位をふむ先
蹤、和漢かくのごとし」と申されければ、其時の有識【*有職】の
人々、「あなおそろし【恐ろし】、物な申されそ。さればそれは
よき例どもかや」とぞつぶやきあはれける。春宮位に
つかせたまひ【給ひ】しかば、入道相国夫婦ともに外祖父外祖
P04009
母とて、准三后の宣旨をかうぶり、年元年爵を
たまは【賜つ】て、上日のものをめし【召し】つかふ【使ふ】。絵かき花つけたる
侍ども【共】いで入て、ひとへに院宮のごとくにてぞあり【有り】ける。
出家入道の後も栄雄はつきせずとぞみえ【見え】し。
出家の人の准三后の宣旨を蒙る事は、保護院【*法興院】
のおほ【大】入道殿兼家公の御例也。同三月上旬に、上皇
安芸国厳島へ御幸なるべしときこえ【聞え】けり。帝王
位をすべらせ給ひて、諸社の御幸のはじめには、八幡・
賀茂・春日などへこそならせ給ふに、安芸国までの
P04010
御幸はいかにと、人不審をなす。或人の申けるは、
「白河院は熊野へ御幸、後白河は日吉社へ御幸
なる。既に知ぬ、叡慮にあり【有り】といふ事を。御心中に
ふかき御立願あり【有り】。其上此厳島をば平家なのめ
ならずあがめうやまひ給ふあひだ【間】、うへ【上】には平家
に御同心、したには法皇のいつとなう鳥羽殿にをし【押し】
こめられてわたらせ給ふ、入道相国の謀反の心をも
やはらげ給へとの御祈念のため」とぞきこえ【聞え】し。
山門[B ノ]大衆いきどをり【憤り】申。「石清水・賀茂・春日へならずは、
P04011
我山の山王へこそ御幸はなるべけれ。安芸国への
御幸はいつのならひ【習ひ】ぞや。其儀ならば、神輿をふり
くだし奉て、御幸をとどめ【留め】たてまつれ【奉れ】」と僉議
しければ、これによてしばらく御延引あり【有り】けり。
太政入道やうやうになだめたまへ【給へ】ば、山門の大衆しづ
まりぬ。同十七日、厳島御幸の御門出とて、入道
相国の西八条の亭へいら【入ら】せ給ふ。其日の暮方に、
前右大将宗盛[B ノ]卿をめし【召し】て、「明日御幸の次に鳥羽殿
へまい【参つ】て、法皇の見参に入ばやとおぼしめす【思し召す】は
P04012
いかに。相国禅門にしら【知ら】せずしてはあしかりなんや」
と仰ければ、宗盛[B ノ]卿涙をはらはらとながひ【流い】て、
「何条事か候べき」と申されければ、「さらば宗盛、
其様をやがて今夜鳥羽殿へ申せかし」とぞ
仰ける。前右大将宗盛卿、いそぎ鳥羽殿へまい【参つ】
て、此よし奏聞せられければ、法皇はあまりに
おぼしめす【思し召す】御事にて、「夢やらん」とぞ仰ける。
同十九日、大宮[B ノ]大納言高季【*隆季】卿、いまだ夜ふかう【深う】まい【参つ】
て、御幸もよほされけり。此日ごろきこえ【聞え】させ
P04013
給ひつる厳島の御幸、西八条よりすでにとげ
させおはします。やよひ【弥生】もなかばすぎぬれど、
霞にくもる在明の月はなを【猶】おぼろなり。
こしぢ【越路】をさしてかへる鴈の、雲井におとづれ
ゆく【行く】も、折ふし【折節】あはれ【哀】にきこしめす。いまだ
夜のうちに鳥羽殿へ御幸なる。門前にて
御車よりおりさせたまひ【給ひ】、門のうちへさし
いらせ給ふに、人まれにして木ぐらく、物さび
しげなる御すまひ【住ひ】、まづあはれ【哀】にぞおぼし
P04014
めす【思し召す】。春すでにくれなんとす、夏木立にも
成にけり。梢の花色をとろえて、宮の鴬声
老たり。去年の正月六日のひ、朝覲のために
法住寺殿へ行幸あり【有り】しには、楽屋に乱声を
奏し、諸卿列に立て、諸衛陣をひき、院司の
公卿まいり【参り】むか【向つ】て、幔門をひらき、掃部寮縁
道をしき、ただしかり【正しかり】し儀式一事もなし。
けふはただ夢とのみぞおぼしめす【思し召す】。重教【*成範】の
中納言、御気色申されたりければ、法皇寝殿の
P04015
橋がくし【橋隠し】の間へ御幸なて、待まいら【参らつ】させたまひ【給ひ】
けり。上皇は今年O[BH 御年]廿、あけがたの月の光にはへ【映え】
させたまひ【給ひ】て、玉体もいとどうつくしうぞ
みえ【見え】させおはします。御母儀建春門院にいたく
に【似】まいら【参らつ】させたまひ【給ひ】たりければ、法皇まづ故
女院の御事おぼしめし【思し召し】いで【出で】て、御涙せきあへ
させ給はず。両院の御座ちかく【近く】しつらはれたり。
御問答は人うけ【受け】たまはる【賜る】に及ばず。御前には尼ぜ【尼前】ばか
りぞ候はれける。やや久しう御物語せさせ給ふ。
P04016
はるかに日たけて御暇申させ給ひ、鳥羽の
草津より御舟にめされけり。上皇は法皇の離
宮、故亭幽閑寂寞の御すまひ【住ひ】、御心ぐるしく
御覧じをか【置か】せたまへ【給へ】ば、法皇は又上皇の旅泊の
行宮の浪の上、舟の中の御ありさま、おぼつかな
くぞおぼしめす【思し召す】。まこと【誠】に宗廟・八わた【八幡】・賀茂など
をさしをいて、はるばると安芸国までの
御幸をば、神明もなどか御納受なかるべき。
『還御』S0402
御願成就うたがひなしとぞみえ【見え】たりける。○同廿六日、
P04017
厳島へ御参着、入道相国の最愛の内侍が宿所、
御所になる。なか二にち【二日】をん【御】逗留あて、経会舞
楽おこなはれけり。導師には三井寺の公兼【*公顕】僧正
とぞきこえ【聞え】し。高座にのぼり、鐘うちならし、表白の詞にいはく、「九え【九重】の宮こ【都】をいでて、八え【八重】の
塩路をわき【分き】もてまいら【参ら】せたまふ【給ふ】御心ざしの
かたじけなさ」と、たからかに申されたりければ、
君も臣も感涙をもよほさ【催さ】れけり。大宮・客人
をはじめまいらせ【参らせ】て、社々所々へみな御幸なる。
P04018
大宮より五町ばかり、山をまはて、滝の宮へまい
ら【参ら】せ給ふ。公兼【*公顕】僧正一首の歌よう【詠う】で、拝殿の柱に
書つけられたり。
雲井よりおち【落ち】くる滝のしらいと【白糸】に
ちぎり【契り】をむすぶことぞうれしき W016
神主佐伯の景広【*景弘】、加階従上の五位、国司藤原[B ノ]有綱【*菅原在経】、
しな【品】あげられて加階、従下の四品、院の殿上ゆるさ【許さ】る。
座主尊永、法印になさる。神慮もうごき、太政[B ノ]入道
の心もはたらき【働き】ぬらんとぞみえ【見え】し。同廿九日、
P04019
上皇御舟かざて還御なる。風はげしかりければ、
御舟こぎもどし、厳島のうち、ありの浦【蟻の浦】にとど
まら【留まら】せたまふ【給ふ】。上皇「大明神の御名残おしみ【惜しみ】に、
歌つかまつれ」と仰ければ、隆房の少将
たちかへるなごりもありの浦【蟻の浦】なれば
神もめぐみをかくるしら浪【白浪】 W017
夜半ばかりより浪もしづかに、風もしづまりければ、
御舟こぎいだし、其日は備後国しき名【敷名】の泊につかせ
たまふ【給ふ】。此ところ【所】はさんぬる応保のころほひ、一院
P04020
御幸の時、国司藤原の為成がつくたる御所のあり【有り】
けるを、入道相国、御まうけ【設け】にしつらはれたりしか
ども【共】、上皇それへはあがら【上がら】せたまは【給は】ず。「けふは卯月
一日、衣がへ【衣更】といふ事のあるぞかし」とて、おのおの
みやこ【都】の方をおもひ【思ひ】やりあそびたまふ【給ふ】に、岸
にいろ【色】ふかき藤の松にさき【咲き】かかりたりけるを、上皇
叡覧あて、隆季の大納言をめし【召し】て、「あの花おり【折り】
につかはせ【遣せ】」と仰ければ、左史生中原康定がはし
舟にの【乗つ】て、御前をこぎ【漕ぎ】とをり【通り】けるをめし【召し】て、
P04021
おり【折り】につかはす【遣す】。藤の花をたをり【手折り】、松の枝につけ
ながらもてまいり【参り】たり。「心ばせあり【有り】」など仰られて、
御感あり【有り】けり。「此花にて歌あるべし」と仰け
れば、隆季の大納言
千とせへん君がよはひに藤なみの
松のえだ【枝】にもかかりぬるかな W018
其後御前に人々あまた候はせたまひ【給ひ】て、御たは
ぶれごと【戯れ言】のあり【有り】しに、上皇しろき【白き】きぬ【衣】き【着】たる内侍が、
国綱【*邦綱】卿に心をかけたるな」とて、わらは【笑は】せおはしまし
P04022
ければ、大納言大にあらがい申さるるところ【所】に、ふみ【文】
も【持つ】たる便女がまい【参つ】て、「五条大納言どのへ」とて、
さしあげ【差し上げ】たり。「さればこそ」とて満座興ある事に
申あはれけり。大納言これをとてみ【見】たまへ【給へ】ば、
しらなみの衣の袖をしぼりつつ
きみ【君】ゆへ【故】にこそたち【立ち】もまはれね W019
上皇「やさしうこそおぼしめせ【思し召せ】。この返事はある
べきぞ」とて、やがて御硯をくださ【下さ】せ給ふ。大納言
返事には、
P04023
おもひ【思ひ】やれ君がおもかげ【面影】たつなみ【浪】の
よせくるたびにぬるるたもとを W020
それより備前国小島の泊につかせ給ふ。五日のひ、
天晴風しづかに、海上ものどけかりければ、御所
の御舟をはじめまいらせ【参らせ】て、人々の舟どもみな
いだし【出し】つつ、雲の浪煙の波をわけ【分け】すぎさせ給ひ
て、其日の酉剋に、播磨国やまとの浦につかせ
給ふ。それより御輿にめし【召し】て福原へいら【入ら】せおはし
ます。六日は供奉の人々、いま一日も宮こ【都】へとく【疾く】と
P04024
いそがれけれども【共】、新院御逗留あて、福原の
ところどころ【所々】歴覧あり【有り】けり。池の中納言頼盛卿
の山庄、あら田まで御らんぜらる。七日、福原を出
させ給ふに、隆季の大納言勅定をうけ給は【承つ】て、
入道相国の家の賞をこなは【行なは】る。入道の養子丹波
守清国【*清邦】、正下の五位、同入道の孫越前[B ノ]少将資盛、四位
の従上とぞきこえ【聞え】し。其日てら井【寺井】につかせ給ふ。
八日都へいらせ給ふに、御むかへ【向へ】の公卿殿上人、鳥羽の
草津へぞまいら【参ら】れける。還御の時は鳥羽殿へは
P04025
御幸もならず、入道相国の西八条の亭へいらせ給ふ。
同四月廿二日、新帝の御即位あり【有り】。大極殿にて
あるべかりしかども【共】、一とせ炎上の後は、いまだつくり【造り】も
いだされず。太政官の庁にておこなはるべしと
さだめ【定め】られたりけるを、其時の九条殿申させ
給ひけるは、「太政官の庁は凡人家にとらば
公文所てい【体】のところ【所】なり也[* 「也」衍字]。大極殿なからん上は、
紫震殿【*紫宸殿】にてこそ御即位はあるべけれ」と申
させ給ひければ、紫震殿【*紫宸殿】にてぞ御即位は
P04026
あり【有り】ける。「去じ康保四年十一月一日、冷泉院の御
即位紫震殿【*紫宸殿】にてあり【有り】しは、主上御邪気に
よて、大極殿へ行幸かなは【叶は】ざりし故也。其例
いかがあるべからん。ただ後三条の院の延久佳例に
まかせ【任せ】、太政官の庁にておこなはるべき物を」と、人々
申あはれけれども【共】、九条殿の御ぱからひのうへ【上】は、
左右に及ばず。中宮弘徽殿より仁寿殿へうつ
らせ給ひて、たかみくら【高御座】へまいら【参ら】せ給ひける御有
さま【有様】めでたかりけり。平家の人々みな出仕せられ
P04027
けるなかに、小松殿の公達はこぞ【去年】おとど【大臣】うせ給ひ
『源氏揃』S0403
しあひだ、いろ【倚廬】にて籠居せられたり。○蔵人衛門[B ノ]
権佐定長、今度の御即位に違乱なくめで
たき様を厚紙十枚ばかりにこまごまとしるいて、
入道相国の北方八条の二位殿へまいらせ【参らせ】たりければ、
ゑみ【笑】をふくんでぞよろこば【喜ば】れける。かやうにはなやかに
めでたき事ども【共】あり【有り】しかども、世間は猶しづかなら
ず。其比一院第二の皇子茂仁【*以仁】の王と申しは、
御母加賀[B ノ]大納言季成卿の御娘なり。三条高倉に
P04028
ましましければ、高倉の宮とぞ申ける。去じ永万
元年十二月十六日、御年O[BH 十五]にて、忍つつ近衛河原の
大宮の御所にて御元服あり【有り】けり。御手跡うつくしう
あそばし【遊ばし】、御才学すぐれて在ましければ、位にも
つかせ給ふべきに、故建春門院の御そねみ【嫉み】にて、おし
こめ【籠め】られさせたまひ【給ひ】つつ、花のもとの春の遊には、
紫毫をふるて手づから御作をかき、月の前の秋の
宴には、玉笛をふいてみづから雅音をあやつり給ふ。
かくしてあかしくらし給ふほど【程】に、治承四年には、
P04029
御年卅にぞならせ在ましける。其比近衛河原に
候ける源三位入道頼政、或夜ひそかに此宮の御
所にまい【参つ】て、申けること【事】こそおそろしけれ【恐ろしけれ】。「君は
天照大神四十八世の御末、神武天皇より七十八代
にあたらせ給ふ。太子にもたち、位にもつか【即か】せ給ふ
べきに、卅まで宮にてわたらせ給ふ御事をば、
心うしとはおぼしめさ【思し召さ】ずや。当世のてい【体】をみ【見】候に、
うへ【上】にはしたがひ【従ひ】たる様なれども、内々は平家をそね
まぬ物や候。御謀反おこさせ給ひて、平家をほろ
P04030
ぼし、法皇のいつとなく鳥羽殿におしこめられて
わたらせ給ふ御心をも、やすめ【休め】まいらせ【参らせ】、君も位につかせ
給ふべし。これ御孝行のいたりにてこそ候はん
ずれ。もしおぼしめし【思し召し】たたせ給ひて、令旨を下させ給ふ物ならば、悦をなしてまいら【参ら】むずる源氏
どもこそおほう【多う】候へ」とて、申つづく。「まづ京都には、
出羽[B ノ]前司光信が子共、伊賀守光基、出羽[B ノ]判官光長、
出羽[B ノ]蔵人光重、出羽[B ノ]冠者光能、熊野には、故六条[B ノ]判官
為義が末子十郎義盛とてかくれ【隠れ】て候。摂津国には
P04031
多田蔵人行綱こそ候へども【共】、新大納言成親卿の
謀反の時、同心しながらかへりちゆう【返り忠】したる不当人で
候へば、申に及ばず。さりながら、其弟多田[B ノ]二郎朝実【*知実】、
手島の冠者高頼、太田太郎頼基、河内国には、武蔵[B ノ]
権[B ノ]守入道義基、子息石河[B ノ]判官代義兼、大和国には、
宇野七郎親治が子共、太郎有治・二郎清治、三郎
成治・四郎義治・近江国には、山本・柏木・錦古里、
美乃【*美濃】尾張には、山田[B ノ]次郎重広【*重弘】、河辺太郎重直、泉
太郎重光【*重満】、浦野四郎重遠、安食次郎重頼、其
P04032
子[B ノ]太郎重資、木太三郎重長、開田判官代重国、
矢島先生重高、其子[B ノ]太郎重行、甲斐[B ノ]国には、
逸見冠者義清、其子太郎清光、武田太郎信義、
加賀見二郎遠光・同小次郎長清、一条[B ノ]次郎忠頼、
板垣三郎兼信、逸見[B ノ]兵衛有義、武田五郎信光、安田
三郎義定、信乃【*信濃】国には、大内太郎維義【*惟義】、岡田冠者親義、
平賀冠者盛義、其子[B ノ]四郎義信、故[M 「小」をミセケチ「故」と傍書]帯刀先生
義方【*義賢】が次男木曾冠者義仲、伊豆国には、流人前右兵衛
佐頼朝、常陸国には、信太三郎先生義教【*義憲】、佐竹冠者
P04033
正義【*昌義】、其子[B ノ]太郎忠義、同三郎義宗、四郎高義、
五郎義季、陸奥国には、故左馬頭義朝が末子九郎
冠者義経、これみな六孫王の苗裔、多田新発満仲
が後胤なり。朝敵をもたいらげ【平げ】、宿望をとげし
事は、源平いづれ勝劣なかりしかども【共】、今者雲
泥まじはりをへだてて、主従の礼にもなを【猶】おとれ
り。国には国司にしたがひ、庄には領所【*預所】につかは【使は】れ、公事
雑事にかりたてられて、やすひ【安い】思ひも候はず。
いかばかり心うく候らん。君もしおぼしめし【思し召し】たたせ給て、
P04034
令旨をたう【給う】づるもの【物】ならば、夜を日についで
馳のぼり、平家をほろぼさん事、時日をめぐら
すべからず。入道も年こそよ【寄つ】て候とも、子共ひき具
してまいり【参り】候べし」とぞ申たる。宮は此事いかがある
べからんとて、しばし【暫】は御承引もなかりけるが、阿古
丸大納言宗通卿の孫、備後前司季通が子、少納言
維長【*伊長】と申し候〔は〕勝たる相人なりければ、時の人相少
納言とぞ申ける。其人が此宮をみ【見】まひらせ【参らせ】て、「位に
即せ給べき相在ます。天下の事思食はなた【放た】せ給ふ
P04035
べからず」と申けるうへ、源三位入道もかやう【斯様】に申され
ければ、「さてはしかる【然る】べし。天照大神の御告やらん」
とて、ひしひしとおぼしめし【思し召し】たた【立た】せ給ひけり。熊野に
候十郎義盛をめし【召し】て、蔵人になさる。行家と改名
して、令旨の御使に東国へぞ下ける。同四月廿八日、
宮こ【都】をたて、近江国よりはじめて、美乃【*美濃】尾張の
源氏共に次第にふれてゆくほど【程】に、五月十日、伊豆の
北条にくだりつき、流人前[B ノ]兵衛[B ノ]佐殿に令旨たてまつ
り【奉り】、信太三郎先生義教【*義憲】は兄なればとら【取ら】せんとて、
P04036
常陸国信太浮島へくだる。木曾冠者義仲は
甥なればたば【賜ば】んとて、O[BH 東]山道へぞおもむきける。
其比の熊野別当湛増は、平家に心ざしふかかり【深かり】けるが、
何としてかもれ【洩れ】きい【聞い】たりけん、「新宮十郎義盛こそ
高倉宮の令旨給はて、美乃【*美濃】尾張の源氏どもふれ
もよほし、既に謀反ををこす【起こす】なれ。那智新宮の
もの【者】共は、さだめて源氏の方うど【方人】をぞせんずらん。
湛増は平家の御恩を雨【*天】やま【山】とかうむ【蒙つ】たれば、
いかでか背たてまつる【奉る】べき。那智新宮の物共に
P04037
矢一い【射】かけて、平家へ子細を申さん」とて、ひた甲
一千人、新宮の湊へ発向す。新宮には鳥井の法眼・
高坊の法眼、侍には宇ゐ【宇井】・すずき【鈴木】・水屋・かめのこう【亀の甲】、
那知【*那智】には執行法眼以下、都合其勢二千余人なり。
時つくり、矢合して、源氏の方にはとこそゐれ【射れ】、平家
の方にはかうこそいれ【射れ】とて、矢さけび【叫び】の声の退転
もなく、かぶら【鏑】のなり【鳴り】やむひまもなく、三日がほどこそ
たたかふ【戦う】たれ。熊野別当湛増、家子郎等おほく【多く】
うた【討た】せ、我身手おひ、からき命をいき【生き】つつ、
P04038
『鼬之沙汰』S0404
本宮へこそにげのぼりけれ。○さるほど【程】に、法皇は、
「とをき【遠き】国へもながされ、はるかの島へもうつされん
ずるにや」と仰せけれども、城南の離宮にして、
ことしは二年にならせ給ふ。同五月十二日午剋ばか
り、御所中にはゐたち[B 「ゐ」に「い」と傍書]【鼬】おびたたしう【夥しう】はしり【走り】さはぐ【騒ぐ】。
法皇大に驚きおぼしめし【思し召し】、御占形をあそばひ【遊ばい】て、
近江[B ノ]守仲兼、其比はいまだ鶴蔵人とめされける
をめし【召し】て、「この占形も【持つ】て、泰親がもとへゆき、きと
勘がへさせて、勘状をとてまいれ【参れ】」とぞ仰ける。
P04039
仲兼これを給はて、陰陽頭安陪【*安倍】泰親がもとへ
ゆく【行く】。おりふし【折節】宿所にはなかりけり。「白河なるところ【所】へ」と
いひければ、それへたづね【尋ね】ゆき、泰親にあふて
勅定のおもむき【赴き】仰すれば、やがて勘状を
まいらせ【参らせ】けり。仲兼鳥羽殿にかへりまい【参つ】て、門
よりまいら【参ら】うどすれば、守護の武士ども【共】ゆるさ【許さ】ず。
案内はし【知つ】たり、築地をこへ、大床のしたをはう【這う】て、
きり板【切板】より泰親が勘状をこそまいらせ【参らせ】たれ。
法皇これをあけて御らんずれば、「いま三日が
P04040
うち御悦、ならびに御なげき」とぞ申たる。
法皇「御よろこびはしかる【然る】べし。これほどの御身に
なて、又いかなる御難のあらんずるやらん」とぞ
仰ける。さるほど【程】に、前[B ノ]右大将宗盛卿、法皇の御事
をたりふし【垂伏】申されければ、入道相国やうやうおもひ【思ひ】
なを【直つ】て、同十三日鳥羽殿をいだしたてまつり【奉り】、
八条烏丸の美福門院[B ノ]御所へ御幸なしたて
まつる【奉る】。いま三日がうちの御悦とは、泰親これをぞ
申ける。かかりけるところ【所】に、熊野[B ノ]別当湛増飛
P04041
脚をもて、高倉宮の御謀反のよし宮こ【都】へ申たり
ければ、前右大将宗盛卿大にさはい【騒い】で、入道相国折
ふし【折節】福原におはしけるに、此よし申されたりければ、
ききもあへず、やがて宮こ【都】へはせ【馳せ】のぼり、「是非に
及べからず。高倉宮からめとて、土佐の畑へながせ」と
こそのたまひけれ。上卿は三条大納言実房、識事は
頭弁光雅とぞきこえ【聞え】し。源大夫判官兼綱、出羽[B ノ]
判官光長うけ給は【承つ】て、宮の御所へぞむかひ【向ひ】ける。
この源大夫判官と申は、三位入道の次男也。しかる【然る】を
P04042
この人数にいれ【入れ】られけるは、高倉の宮の御謀反
を三位入道すすめ申たりと、平家いまだしら【知ら】ざり
『信連』S0405
けるによてなり。○宮はさ月【五月】十五夜の雲間の月
をながめさせ給ひ、なんのゆくゑ【行方】もおぼしめし【思し召し】よら
ざりけるに、源三位入道の使者とて、ふみ【文】も【持つ】ていそ
がしげO[BH に]ていでき【出来】たり。宮の御めのと子【乳母子】、六条のすけ【亮】
の大夫宗信、これをとて御前へまいり【参り】、ひらい【開い】て
みる【見る】に、「君の御謀反すでにあらはれ【現はれ】させ給ひて、
土左【*土佐】の畑へながしまいらす【参らす】べしとて、官人共御むかへ【向へ】に
P04043
まいり【参り】候。いそぎ御所をいでさせ給て、三井寺へ
いら【入ら】せをはしませ。入道もやがてまいり【参り】候べし」とぞ
かい【書い】たりける。「こはいかがせん」とて、さはが【騒が】せおはします
ところ【所】に、宮の侍長兵衛尉信連といふ物あり【有り】。
「ただ別の様候まじ。女房装束にていで【出で】させ給へ」
と申ければ、「しかる【然る】べし」とて、御ぐし【髪】をみだし【乱し】、かさね【重ね】
たるぎよ衣【御衣】に一女がさ【市女笠】をぞめさ【召さ】れける。六条の助[B ノ]大夫
宗信、唐笠も【持つ】て御ともつかまつる。鶴丸といふ童、
袋にもの【物】いれ【入れ】ていただい【戴い】たり。譬へば青侍の女を
P04044
むかへ【向へ】てゆくやうにいでたた【出立た】せ給ひて、高倉を北へ
おち【落ち】させ給ふに、大なる溝のあり【有り】けるを、いともの【物】
がるう【軽う】こえさせ給へば、みちゆき人たちとどま【留まつ】て、
「はしたなの女房の溝のこえ【越え】やうや」とて、あやし
げにみ【見】まいらせ【参らせ】ければ、いとどあしばや【足速】にすぎさせ
給ふ。長兵衛尉信連は、御所の留守にぞをか【置か】れたる。
女房達の少々おはしけるを、かしこここへたちしの
ば【忍ば】せて、み【見】ぐるしき物あらばとりした【取認】ためむとてみる【見る】
ほど【程】に、宮のさしも御秘蔵あり【有り】ける小枝ときこえ【聞え】し
P04045
御笛を、只今しもつねの御所の御枕にとり
わすれ【忘れ】させたまひ【給ひ】たりけるぞ、立かへ【帰つ】てもとら【取ら】ま
ほしうおぼしめす【思し召す】、信連これをみ【見】つけて、「あなあさ
まし。君のさしも御秘蔵ある御笛を」と申て、
五町がうちにお【追つ】ついてまいらせ【参らせ】たり。宮なのめ
ならず御感あて、「われしな【死な】ば、此笛をば御棺に
いれよ【入れよ】」とぞ仰ける。「やがて御ともに候へ」と仰ければ、
信連申けるは、「唯今御所へ官人共が御むかへ【迎へ】にまい
り【参り】候なるに、御前に人一人も候はざらんが、無下に
P04046
うたてしう候。信連が此御所に候とは、上下みな
しら【知ら】れたる事にて候に、今夜候はざらんは、それも
其夜はにげ【逃げ】たりけりなどいはれん事、弓矢
とる身は、かりにも名こそおしう【惜しう】候へ。官人ども【共】
しばらくあいしらい候て、打破て、やがてまいり【参り】候
はん」とて、はしり【走り】かへる。長兵衛が其日[B ノ]装束には、
うすあを【薄青】の狩衣のしたに、萠黄威の腹巻をきて、
衛府の太刀をぞはいたりける。三条面の惣門をも、
高倉面の小門をも、ともにひらい【開い】て待かけたり。
P04047
源大夫[B ノ]判官兼綱、出羽判官光長、都合其勢三百
余騎、十五日の夜の子の剋に、宮の御所へぞ押
寄たる。源大夫判官は、存ずる旨あり【有り】とおぼえ
て、はるかの門前にひかへたり。出羽判官光長は、馬に
乗ながら門のうちに打入り、庭にひかへて大音
声をあげて申けるは、「御謀反のきこえ【聞こえ】候によて、
官人共別当宣を承はり[* 「年はり」と有るのを他本により訂正]、御むかへ【向へ】にまい【参つ】て候。いそ
ぎ御出候へ」と申ければ、長兵衛尉大床に立て、「是
は当時は御所でも候はず。御物まうでで候ぞ。何
P04048
事ぞ、こと【事】の子細を申されよ」といひければ、「何条、
此御所ならではいづくへかわたらせ給べかんなる。さな
いは【言は】せそ。下部ども【共】まい【参つ】て、さがし【探し】たてまつれ」と
ぞ申ける。長兵衛尉これをきい【聞い】て、「物もおぼえぬ
官人ども【共】が申様かな。馬に乗ながら門のうちへまいる【参る】
だにも奇怪なるに、下部共まい【参つ】てさがしまいらせ
よ【参らせよ】とは、いかで申ぞ。左兵衛尉長谷部信連が候ぞ。
ちかう【近う】よ【寄つ】てあやまちすな」とぞ申ける。庁の下部
のなかに、金武といふ大ぢから【大力】のかう【剛】の物、長兵衛に
P04049
目をかけて、大床のうゑゑとび【飛び】のぼる。これをみて、
どうれいども十四五人ぞつづい【続い】たる。長兵衛は狩衣の
帯紐ひ【引つ】きてすつる【捨つる】ままに、衛府の太刀なれども【共】、
身をば心えてつくら【造ら】せたるをぬき【抜き】あはせ【合はせ】て、さんざん【散々】
にこそき【斬つ】たりけれ。かたき【敵】は大太刀・大長刀でふる
まへども【共】、信連が衛府の太刀に切たてられて、嵐に
木のは【葉】のちるやうに、庭へさとぞおりたりける。
さ月【五月】十五夜の雲間の月のあらはれ【現はれ】いで【出で】て、あかか
り【明かかり】けるに、かたき【敵】は無案内なり、信連は案内者也。
P04050
あそこの面らう[M 「面道」とあり「道」をミセケチ「らう」と傍書]にお【追つ】かけ【掛け】ては、はたときり【斬り】、ここの
つまりにお【追つ】つめては、ちやうどきる。「いかに宜旨の
御使をばかうはするぞ」といひければ、「宜旨とは
なんぞ」とて、太刀ゆがめばおどり【躍り】のき、おしなをし【直し】、
ふみ【踏み】なをし【直し】、たちどころによき物ども【共】十四五人こそ
きり【斬り】ふせたれ。太刀のさき三寸ばかりうちを【折つ】て、
腹をきらんと腰をさぐれ【探れ】ば、さやまき【鞘巻】おち【落ち】て
なかりけり。ちから【力】およば【及ば】ず、大手をひろげて、高倉
面の小門よりはしり【走り】いでんとするところ【所】に、大長刀
P04051
も【持つ】たる男一人より【寄り】あひたり。信連長刀にのら【乗ら】んと
とんでかかるが、のりそんじ【損じ】てもも【股】をぬいさま【縫様】に
つらぬか【貫ぬか】れて、心はたけく【猛く】おもへ【思へ】ども、大勢の中
にとりこめ【籠め】られて、いけどり【生捕り】にこそせられけれ。
其後御所をさがせども、宮わたらせ給はず。信連
ばかりからめて、六波羅へい【率】てまいる【参る】。入道相国は簾
中にゐたまへ【給へ】り。前右大将宗盛卿大床にたて、信連
を大庭にひ【引つ】すゑ【据ゑ】させ、「まこと【誠】にわ男は、「宣旨とは
なん【何】ぞ」とてき【斬つ】たりけるか。おほく【多く】の庁の下部を
P04052
刃傷殺害したん也。せむずるところ【所】、糾問してよく
よく事の子細をたづね【尋ね】とひ、其後河原にひき
いだいて、かうべ【首】をはね候へ」とぞのたまひける。
信連すこし【少し】もさはが【騒が】ず、あざわら【笑つ】て申けるは、「この
ほどよなよな【夜な夜な】あの御所を、物がうかがひ【伺ひ】候時に、なに
事のあるべきと存て、用心も仕候はぬところ【所】に、
よろう【鎧う】たる物共がうち入て候を、「なに物ぞ」ととひ
候へば、「宜旨の御使」となのり【名乗り】候。山賊・海賊・強盜など
申やつ原は、或は「公達のいら【入ら】せ給ふぞ」或は「宜旨の
P04053
御使」などなのり【名乗り】候と、かねがねうけ給は【承つ】て候へば、
「宜旨とはなんぞ」とて、きたる候。凡は物の具
をもおもふ【思ふ】さまにつかまつり【仕り】、かね【鉄】よき太刀をも
も【持つ】て候ば、官人共をよも一人も安穏ではかへし【返し】
候はじ。又宮の御在所は、いづくにかわたらせ給ふ
らん、しり【知り】まいらせ【参らせ】候はず。たとひしり【知り】まいらせ【参らせ】て
候とも、さぶらひほん【侍品】の物の、申さじとおもひ【思ひ】きてん
事、糾問におよ【及ん】で申べしや」とて、其後は物も
申さず。いくらもなみ【並】ゐたりける平家のさぶらい
P04054
ども【共】、「あぱれかう【剛】の物かな。あたらおのこ【男】をきられ
むずらんむざん【無慚】さよ」と申あへり。其なかにある人の
申けるは、「あれは先年ところ【所】にあり【有り】し時も、大番
衆がとどめ【留め】かねたりし強盜六人、只一人お【押つ】かか【懸つ】て、
四人きり【斬り】ふせ【伏せ】、二人いけどり【生捕り】にして、其時なされ
たる左兵衛尉ぞかし。これをこそ一人当千の
つは物【兵】ともいふべけれ」とて、口々におしみ【惜しみ】あへりければ、
入道相国いかがおもは【思は】れけん、伯耆のひ野【日野】へぞ
ながされける。源氏の世になて、東国へくだり、
P04055
梶原平三景時について、事の根元一々次第に
申ければ、鎌倉殿、神妙也と感じおぼしめし【思し召し】
て、能登国に御恩かうぶりけるとぞきこえ【聞え】し。
『競』S0406
○宮は高倉を北へ、近衛を東へ、賀茂河をわた
らせ給て、如意山へいらせおはします。昔清見原
の天皇のいまだ東宮の御時、賊徒におそは【襲は】れ
させ給ひて、吉野山へいらせ給ひけるにこそ、
をとめ【少女】のすがたをばからせ給ひけるなれ。いま此
君の御ありさまも、それにはたがは【違は】せ給はず。
P04056
しらぬ山路を夜もすがらわけ【分け】いら【入ら】せ給ふに、
いつならはし【習はし】の御事なれば、御あし【足】よりいづる【出づる】血は、
いさごをそめて紅の如し。夏草のしげみがなか
の露けさも、さこそはところせう【所狭う】おぼしめされ
けめ。かくして暁方に三井寺へいら【入ら】せおはし
ます。「かひなき命のおしさ【惜しさ】に、衆徒をたのん【頼ん】で
入御あり【有り】」と仰ければ、大衆畏悦で、法輪院に
御所をしつらひ、それにいれ【入れ】たてま【奉つ】て、かたの
ごとくの供御したて【仕立て】てまいらせ【参らせ】けり。あくれば十六
P04057
日、高倉の宮の御謀叛おこさせ給ひて、うせ【失せ】
させ給ぬと申ほどこそあり【有り】けれ、京中の騒動
なのめならず。法皇これをきこしめして、「鳥羽殿
を御いで【出で】あるは御悦なり。ならびに御歎と
泰親が勘状をまいらせ【参らせ】たるは、これを申けり」とぞ
仰ける。抑源三位入道、年ごろ日比もあれば
こそあり【有り】けめ、ことし【今年】いかなる心にて謀叛をば
おこし【起し】けるぞといふに、平家の次男前[B ノ]右大将宗盛卿、
すまじき事をしたまへ【給へ】り。されば、人の世にあれ
P04058
ばとて、すぞろにすまじき事をもし、いふ
まじき事をもいふは、よくよく思慮あるべき物
也。たとへば、源三位入道の嫡子仲綱のもとに、
九重にきこえ【聞え】たる名馬あり【有り】。鹿毛なる馬のなら
びなき逸物、のり【乗り】はしり【走り】、心むき、又あるべしとも
覚えず。名をば木のした【下】とぞいはれける。前[B ノ]右大
将これをつたへきき、仲綱のもとへ使者たて、「き
こえ【聞え】候名馬をみ【見】候ばや」とのたまひつかはさ【遣さ】れたり
ければ、伊豆守の返事には、「さる馬はも【持つ】て候つれ
P04059
ども、此ほどあまりにのり損じて候つるあい
だ、しばらくいたはら【労ら】せ候はんとて、田舎へつかはし【遣し】
て候」。「さらんには、ちから【力】なし」とて、其後沙汰もなかり
しを、おほく【多く】なみ【並み】ゐ【居】たりける平家の侍共、「あぱれ、
其馬はおととひ【一昨日】までは候し物を。昨日も候ひ
し、けさも庭のりし候つる」など申ければ、
「さてはおしむ【惜しむ】ごさんなれ。にくし。こへ【乞へ】」とて、侍して
はせ【馳せ】させ、ふみ【文】などしても、一日がうちに五六度
七八度などこは【乞は】れければ、三位入道これをきき、
P04060
伊豆守よびよせ、「たとひこがね【黄金】をまろめたる
馬なりとも【共】、それほど【程】に人のこわ【乞は】う物をおし
む【惜しむ】べき様やある。すみやか【速やか】にその馬六波羅へつかは
せ【遣せ】」とこその給ひけれ。伊豆守力およば【及ば】で、一首の
歌をかき【書き】そへて六波羅へつかはす【遣す】。
こひしく【恋しく】はき【来】てもみよ【見よ】かし身にそへ【添へ】る
かげをばいかがはなち【放ち】やるべき W021
宗盛卿歌の返事をばし給はで、「あぱれ馬や。馬は
まこと【誠】によい馬でありけり。されどもあまりに
P04061
主がおしみ【惜しみ】つるがにくきに、やがて主が名のりを
かなやき【鉄焼】にせよ」とて、仲綱といふかなやきを
して、むまや【廐】にたて【立て】られけり。客人来て、「きこえ【聞え】
候名馬をみ候ばや」と申ければ、「その仲綱めに
鞍をい【置い】てひき【引き】だせ、仲綱めのれ、仲綱めうて【打て】、はれ」
などの給ひければ、伊豆守これをつたへ【伝へ】きき、「身に
かへ【代へ】ておもふ【思ふ】馬なれども、権威につゐ【付い】てとら【取ら】るる
だにもあるに、馬ゆへ【故】仲綱が天下のわらはれ
ぐさ【笑はれ草】とならんずるこそやすから【安から】ね」とて、大に
P04062
いきどをら【憤ら】れければ、三位入道これをきき、伊豆守
にむか【向つ】て、「何事のあるべきとおもひ【思ひ】あなづて、
平家の人ども【共】が、さやうのしれ事【痴事】をいふにこそあん
なれ。其儀ならば、いのち【命】いき【生き】てもなにかせん。
便宜をうかがふ【窺う】てこそあらめ」とて、わたくしには
おもひ【思ひ】もたたず、宮をすすめ【勧め】申たりけるとぞ、後には
きこえ【聞え】し。これにつけても、天下の人、小松のおとど【大臣】
の御事をぞしのび【忍び】申ける。或時、小松殿参内の
次に、中宮の御方へまいら【参ら】せ給ひたりけるに、八尺
P04063
ばかりあり【有り】けるくちなはが、おとど【大臣】のさしぬきの
左のりん【輪】をはひ【這ひ】まはりけるを、重盛さはが【騒が】ば、女
房達もさはぎ【騒ぎ】、中宮もおどろかせ給なんずと
おぼしめし【思し召し】、左の手でくちなはのを【尾】をおさへ【抑へ】、
右の手でかしら【頭】をとり、直衣の袖のうちにひき
いれ【引入れ】、ちともさはが【騒が】ず、つゐ立て、「六位や候六位や候」と
めされければ、伊豆守、其比はいまだ衛府蔵人
でおはしけるが、「仲綱」となの【名乗つ】てまいら【参ら】れたりけるに、
此くちなはをたぶ【賜ぶ】。給て弓場殿をへ【経】て、殿上の
P04064
小庭にいでつつ、御倉の小舎人をめし【召し】て、「これ給はれ」
といはれければ、大にかしら【頭】をふてにげさりぬ。
ちから【力】をよば【及ば】で、わが郎等競の滝口をめし【召し】て、これ
をたぶ【賜ぶ】。給はてすててげり。そのあした小松殿よい馬
に鞍をい【置い】て、伊豆守のもとへつかはす【遣す】とて、「さて
も昨日のふるまひ【振舞ひ】こそ、ゆう【優】に候しか。是はのり
一【乗り一】の馬で候。夜陰に及で、陣外より傾城のもとへ
かよは【通は】れむ時、もちゐ【用ゐ】らるべし」とてつかはさ【遣さ】る。
伊豆守、大臣の御返事なれば、「御馬かしこまて
P04065
給はり候ぬ。昨日のふるまひ【振舞ひ】は、還城楽にこそに【似】て
候ひしか」とぞ申されける。いかなれば、小松おとどは
かうこそゆゆしうおはせしに、宗盛卿はさこそ
なからめ、あまさへ【剰へ】人のおしむ【惜しむ】馬こひ【乞ひ】とて、天下の
大事に及ぬるこそうたてけれ。同十六日の夜に入て、
源三位入道頼政、嫡子伊豆[B ノ]守仲綱、次男源大夫[B ノ]
判官兼綱、六条[B ノ]蔵人仲家、其子[B ノ]蔵人太郎仲光
以下、都合其勢三百余騎館に火かけやき【焼き】あげ
て、三井寺へこそまいら【参ら】れけれ。三位入道の侍[B に]、渡辺
P04066
の源三滝口競といふ物あり【有り】。はせ【馳せ】をくれてとど
ま【留まつ】たりけるを、前右大将、競をめし【召し】て、「いかになんぢ
は三位入道のともをばせでとどまたるぞ」と
の給ければ、競畏て申けるは、「自然の事候
はば、まさきかけて命をたてまつら【奉ら】んとこそ、日
来は存て、候ひつれども、何とおもは【思は】れ候けるやら
む、かうともおほせ【仰せ】られ候はず」。「抑朝敵頼政法師
に同心せむとやおもふ【思ふ】。又これにも兼参の物ぞかし。
先途後栄を存じて、当家に奉公いたさんとや
P04067
思ふ。あり【有り】のままに申せ」とこそのたまひければ、
競涙をはらはらとながひ【流い】て、「相伝のよしみは
さる事にて候へども、いかが朝敵となれる人
に同心をばし候べき。殿中に奉公仕うずる候」と
申ければ、「さらば奉公せよ。頼政法師がしけん
恩には、ちともおとるまじきぞ」とて、入給ひぬ。
さぶらひに、「競はあるか」。「候」。「競はあるか」。「候」とて、あした
よりゆふべに及まで祗候す。やうやう日もくれけ
れば、大将いで【出で】られたり。競かしこまて申けるは、
P04068
「三位入道殿三井寺にときこえ【聞え】候。さだめて
打手むけ【向け】られ候はんずらん。心にくうも候はず。三井
寺法師、さては渡辺のしたしい【親しい】やつ原こそ候
らめ[* 「候うめ」と有るのを他本により訂正]。ゑりうち【択討ち】などもし候べきに、の【乗つ】て事にあふ
べき馬の候つる〔を〕、したしい【親しい】やつめにぬすま【盜ま】れて候。
御馬一疋くだしあづかる【預る】べうや候らん」と申ければ、
大将「もともさるべし」とて、白葦毛なる馬の煖廷
とて秘蔵せられたりけるに、よい鞍をい【置い】てぞ
たう【賜う】だりける。競やかた【館】にかへ【帰つ】て、「はや【早】日のくれよかし。
P04069
此馬に打乗て三井寺へはせまいり【参り】、三位入道殿の
まさき【真先】かけて打死せん」とぞ申ける。日もやうやう
くれければ、妻子ども【共】かしこここへ立しのば【忍ば】せて、三
井寺へ出立ける心の中こそむざん【無慚】なれ。ひやうもん【平文】
の狩衣の菊とぢ【菊綴】おほきらか【大きらか】にしたるに、重代のきせ
ながの、ひおどし【緋縅】のよろひに星じろ【星白】の甲の緒をしめ、
いか物づくりの大太刀はき、廿四さい【差い】たる大なかぐろ【中黒】の
矢おひ【負ひ】、滝口の骨法わすれ【忘れ】じとや、鷹の羽にて
はいだりける的矢一手ぞさしそへたる。しげどう【滋籐】の
P04070
弓も【持つ】て、煖廷にうちのり、のりかへ一騎うちぐ
し【具し】、とねり男にもたて【楯】わき【脇】ばさませ、屋形に火かけ
やき【焼き】あげて、三井寺へこそ馳たりけれ。六波羅
には、競が宿所より火いで【出で】きたりとて、ひしめき
けり。大将いそぎいで【出で】て、「競はあるか」とたづね【尋ね】給ふに、
「候はず」と申す。「すは、きやつを手のべ【手延べ】にして、たばから
れぬるは。お【追つ】かけ【掛け】てうて」とのたまへ【宣へ】ども、競はもとより
すぐれたるつよ弓【強弓】せい兵【精兵】、矢つぎばやの手きき【手利】、大ぢから【大力】
の剛[B 「甲」の左に「剛」と傍書]の物、「廿四さいたる矢でまづ廿四人は射ころさ【殺さ】れ
P04071
なんず。おと【音】なせそ」とて、むかふ【向ふ】物こそなかりけれ。
三井寺には折ふし【折節】競が沙汰あり【有り】けり。渡辺党[* 「渡鳥党」と有るのを他本により訂正]
「競をばめし【召し】ぐす【具す】べう候つる物を。六波羅にのこり【残り】
とどま【留まつ】て、いかなるうき目にかあひ候らん」と申ければ、
三位入道心をし【知つ】て、「よもそのもの【物】、無台にとらへ
からめ【搦め】られはせじ。入道に心ざしふかい物也。いまみよ【見よ】、
只今まいら【参ら】うずるぞ」とのたまひもはてねば、競つと
いできたり。「さればこそ」とぞのたまひける。競かしこ
まて申けるは、「伊豆守殿の木の下がかはりに、六波
P04072
羅の煖廷こそとてまい【参つ】て候へ。まいらせ【参らせ】候はん」とて、
伊豆守にたてまつる【奉る】。伊豆守なのめならず
悦て、やがて尾髪をきり、かなやき【鉄焼】して、次の夜
六波羅へつかはし【遣し】、夜半ばかり門のうちへぞおひいれ【追入れ】
たる。馬やに入て馬どもにくひ【食ひ】あひければ、とねり【舎人】
おどろきあひ、「煖廷がまい【参つ】て候」と申す。大将いそ
ぎいで【出で】てみ【見】たまへ【給へ】ば、「昔は煖廷、今は平の宗盛入道」と
いふかなやき【鉄焼】をぞしたりける。大将「やすからぬ競めを、
手のび【手延び】にしてたばかられぬる事こそ遺恨なれ。
P04073
今度三井寺へよせ【寄せ】たらんには、いかにもしてまづ
競めをいけどり【生捕り】にせよ。のこぎり【鋸】で頸きらん」
とて、おどり【躍り】あがりおどり【躍り】あがりいから【怒ら】れけれども、南丁が
『山門牒状』S0407
尾かみ【尾髪】もおい【生ひ】ず、かなやき【鉄焼】も又うせざりけり。○三井寺
には貝鐘ならい【鳴らい】て、大衆僉議す。「近日世上の体
を案ずるに、仏法の衰微、王法の牢籠、まさ
に此時にあたれり。今度清盛入道が暴悪[* 「慕悪」と有るのを他本により訂正]を
いまし〔め〕ずは、何日をか期すべき。宮ここに入御の御
事、正八幡宮の衛護、新羅大明神の冥助にあら
P04074
ずや。天衆地類も影向をたれ、仏力神力も
降伏をくはへまします事などかなかるべき。抑
北嶺は円宗一味の学地、南都は夏臈得度の
戒定也。牒奏のところ【所】に、などかくみ【与】せざるべき」と、
一味同心に僉議して、山へも奈良へも牒状を
こそを〔く〕り【送り】けれ。山門への状云、園城寺牒す、延暦寺
の衙殊に合力をいたして、当寺の破滅を助られ
むとおもふ【思ふ】状右入道浄海、ほしいままに王法をうし
なひ【失ひ】、仏法をほろぼさんとす。愁歎無極ところ【所】に、
P04075
去る十五日[B ノ]夜、一院第二の王子、ひそかに入寺
せしめ給ふ。爰院宣と号していだし【出し】たてまつる【奉る】
べきよし、せめ【責】あり【有り】といへども【共】、出したてまつるにあたはず。
仍て官軍をはなち【放ち】つかはす【遣す】べきむね、聞へあり【有り】。
当寺の破滅、まさに此時にあたれり。諸衆何ぞ
愁歎せざらんや。就中に延暦・園城両寺は、門跡
二に相分るといへども、学するところ【所】は是円頓一
味の教門におなじ。たとへば鳥の左右の翅のごとし【如し】。
又車の二O[BH の]輪に似たり。一方闕けんにおいては、いかでか
P04076
そのなげき【歎】なからんや。者ことに合力をいたして、
当寺の破滅を助られば、早く年来の遺恨
を忘て、住山の昔に復せん。衆徒の僉議かくの如し。
仍牒奏件の如し。治承四年五月十八日大衆等とぞ
『南都牒状』S0408
かい【書い】たりける。○山門の大衆此状を披見して、「こはいかに、
当山の末寺であり【有り】ながら、鳥の左右の翅の如し、又
車の二の輪に似たりと、おさへ【抑へ】て書でう【条】奇怪なり」
とて、返牒ををくら【送ら】ず。其上入道相国、天台座主明雲
大僧正に衆徒をしづめらるべきよしのたまひければ、
P04077
座主いそぎ登山して大衆をしづめ給ふ。かかりし
間、宮の御方へは不定のよしをぞ申ける。又入道相国、
近江米二万石、北国のおりのべぎぬ【織延絹】三千疋、往来に
よせ【寄せ】らる。これをたにだに【谷々】峰々にひかれけるに、俄の
事ではあり【有り】、一人してあまたをとる大衆もあり【有り】、
又手をむなしう【空しう】して一もとらぬ衆徒もあり【有り】。
なに物のしわざにや有けん、落書をぞしたりける。
山法師おりのべ衣【織延衣】うすくして
恥をばえこそかくさ【隠さ】ざりけれ W022
P04078
又きぬにもあたらぬ大衆のよみたりけるやらん、
おりのべ【織延】を一きれ【一切れ】もえぬわれら【我等】さへ
うすはぢ【薄恥】をかくかずに入かな W023
又南都への状に云、園城寺牒す、興福寺[B ノ]衙殊に
合力をいたして、当寺の破滅を助られんと乞状
右仏法の殊勝なる事は、王法をまぼらんがため、王法又長久なる事は、すなはち仏法による。爰に入道
前太政大臣平朝臣清盛公、法名浄海、ほしいままに
国威をひそかにし、朝政をみだり、内につけ外につけ、
P04079
恨をなし歎をなす間、今月十五日[B ノ]夜、一院第二の
王子、不慮の難をのがれ【逃れ】んがために、にはかに入寺せし
め給ふ。ここに院宣と号して出したてまつる【奉る】べきむね、
せめあり【有り】といへども、衆徒一向これをおしみ【惜しみ】奉る。仍彼
禅門、武士を当寺にいれ【入れ】んとす。仏法と云王法[B と]云、
一時にまさに破滅せんとす。昔唐の恵正【*会昌】天子、軍
兵をもて仏法をほろぼさしめし時、清涼山の衆、合
戦をいたしてこれをふせく【防く】。王権猶かくの如し。
何況や謀叛八逆の輩においてをや。就中に
P04080
南京は例なくて罪なき長者を配流せらる。今
度にあらずは、何日か会稽をとげん。ねがは【願は】くは、
衆徒、内には仏法の破滅をたすけ【助け】、外には悪逆の
伴類を退けば、同心のいたり本懐に足ぬべし。
衆徒の僉議かくの如し。仍牒奏如件。治承四年
五月十八日大衆等とぞかい【書い】たりける。南都の大衆、此
状を披見して、やがて返牒ををくる【送る】。其返牒に云、
興福寺牒す、園城寺の衙来牒一紙に載られたり。
右入道浄海が為に、貴寺の仏法をほろぼさんと
P04081
するよしの事。牒す、玉泉玉花、両家の宗義を
立といへども、金章金句おなじく一代教文より
出たり。南京北京ともにもて如来の弟子たり。
自寺他寺互に調達が魔障を伏すべし。抑
清盛入道は平氏の糟糠、武家の塵芥なり。祖父
正盛蔵人五位の家に仕へて、諸国受領の鞭を
とる。大蔵卿為房賀州刺史[* 「判史」と有るのを他本により訂正]のいにしへ、検非所に補し、
修理大夫顕季播磨[B ノ]大守たし昔、厩[B ノ]別当職に
任ず。しかる【然る】を親父忠盛昇殿をゆるさ【許さ】れし時、
P04082
都鄙の老少みな蓬戸瑕瑾をおしみ【惜しみ】、内外の
栄幸をのをの【各々】馬台の辰門に啼く。忠盛青雲
の翅を刷といへども、世の民なを【猶】白屋の種をかろん
ず。名ををしむ青侍、其家にのぞむ事なし。
しかるを去る平治元年十二月、太上天皇一戦の
功を感じて、不次の賞を授給ひしよりこの
かた、たかく相国にのぼり、兼て兵杖【*兵仗】を給はる。
男子或は台階をかたじけなうし、或は羽林に
つらなる。女子或は中宮職にそなはり、或は
P04083
准后の宣を蒙る。群弟庶子みな棘路に
あゆみ【歩み】、其孫彼甥ことごとく【悉く】竹符をさく。しかのみ
ならず、九州を統領し、百司を進退して、
奴婢みな僕従となす。一毛心にたがへ【違へ】ば、王侯と
いへどもこれをとらへ、片言耳にさかふれば、
公卿といへども【共】これをからむ。これによて或は一旦
の身命をのべんがため、或は片時の凌蹂をのが
れ【逃れ】んとおもて万乗の聖主猶緬転の媚を
なし、重代の家君かへて【却つて】膝行の礼をいたす。
P04084
代々相伝の家領を奪ふといへども、じやうさい【上宰】も
おそれ【恐れ】て舌をまき、みやみや【宮々】相承の庄園をとる
といへども【共】、権威にはばかて物いふ事なし。勝に
のるあまり、去年の冬十一月、太上皇のすみかを
追補し、博陸公の身ををし【推し】ながす【流す】。反逆の甚し
い事、誠に古今に絶たり。其時我等、すべからく
賊衆にゆき向て其罪を問べしといへども【共】、或は
神慮にあひはばかり、或は綸言と称するによて、
鬱陶をおさへ【抑へ】光陰を送るあひだ、かさね【重ね】て
P04085
軍兵ををこし【起こし】て、一院第二の親王宮をうちかこ
むところ【所】に、八幡三所・春日の大明神、ひそかに
影向をたれ、仙蹕をささげたてまつり【奉り】、貴寺に
をくり【送り】つけて、新羅のとぼそ【扉】にあづけたて
まつる【奉る】。王法つく【尽く】[* 「つき」と有るのを他本により訂正]べからざるむねあきらけし。随て
又貴寺身命をすてて守護し奉る条、含識
のたぐひ、誰か随喜せざらん。我等遠域にあて、
そのなさけを感ずるところ【所】に、清盛入道尚胸
気ををこし【起こし】て、貴寺に入らんとするよし、ほのかに
P04086
承及をもて、兼て用意をいたす。十八日辰一点
に大衆をおこし【起こし】、諸寺に牒奏し、末寺に下知し、
軍士をゑ【得】て後、案内を達せんとするところ【所】に、
青鳥飛来てはうかん【芳翰】をなげ【投げ】たり。数日の鬱念
一時に解散す。彼唐家清涼一山の■蒭、猶ぶそう【武宗】
の官兵を帰へす。況や和国南北両門の衆徒、
なんぞ謀臣の邪類をはらはざらんや。よくりやうゑん【梁園】
左右の陣をかためて、よろしく我等が進発の
つげを待べし。状を察して疑貽【*疑殆】をなす事
P04087
なかれ。もて牒す。治承四年五月廿一日大衆等と
『永僉議』S0409
ぞかい【書い】たりける。○三井寺には又大衆おこて僉議
す。「山門は心がはりしつ。南都はいまだまいら【参ら】ず。
此事のび【延び】てはあしかり【悪しかり】なん。いざや六波羅にをし【押し】
よせて、夜打にせん。其儀ならば、老少二手にわか
て老僧どもは如意が峰より搦手にむかふ【向ふ】べし。
足がる【足軽】ども【共】四五百人さきだて【先立て】、白河の在家に火を
かけてやき【焼き】あげば、在京人六波羅の武士、「あはや
事いできたり」とて、はせ【馳せ】むかは【向は】んずらん。其時
P04088
岩坂・桜本にひ【引つ】かけ[B 「け」に「へ」と傍書]ひ【引つ】かけ、しばしささへ【支へ】てたたかは【戦かは】んまに、
大手は伊豆守を大将軍にて、悪僧ども【共】六波羅に
をし【押し】よせ、風うへ【風上】に火かけ、一もみ【揉】もうでせO[BH め]【攻め】んに、などか
太政入道やき【焼き】だい【出い】てうた【討た】ざるべき」とぞ僉議しける。
其なかに、平家のいのり【祈り】しける一如房の阿闍梨
真海、弟子同宿数十人ひき具し、僉議の庭に
すすみ【進み】いで【出で】て申けるは、「かう申せば平家のかたうど【方人】
とやおぼしめさ【思し召さ】れ候らん。たとひさも候へ、いかが衆徒の
儀をもやぶり、我等の名をもおしま【惜しま】では候べき。
P04089
昔は源平左右にあらそひ【争そひ】て、朝家の御まぼり
たりしかども、ちかごろは源氏の運かたぶき、平家
世をとて廿余年、天下になびかぬ草木も候はず。
内々のたち【館】のありさまも、小勢にてはたやすう
せめ【攻め】おとし【落し】がたし。さればよくよく外にはかり事をめぐ
らして、勢をもよほし、後日によせ【寄せ】させ給ふべう
や候らん」と、程をのば【延ば】さんがために、ながながとぞ僉
議したる。ここに乗円房の阿闍梨慶秀といふ老
僧あり【有り】。衣のしたに腹巻をき【着】、大なるうちがたな【打刀】
P04090
まへだれ【前垂】にさし、ほうしがしら【法師頭】つつむで、白柄の大長刀
杖につき、僉議の庭にすすみいで【出で】て申けるは、「証拠を
外にひく【引く】べからず。我寺の本願天武天皇は、いまだ
東宮の御時、大友の皇子にはばからせ給ひて、よし野【吉野】
のおくをいで【出で】させ給ひ、大和国宇多郡をすぎ
させ給ひけるには、其勢はつかに十七騎、されども伊賀
伊勢にうちこへ【越え】、美乃【*美濃】尾張の勢をもて、大友の皇子
をほろぼして、つゐに【遂に】位につかせ給ひき。「窮鳥懐に
入、人倫これをあはれむ」といふ本文あり【有り】。自余は
P04091
しら【知ら】ず、慶秀が門徒においては、今夜六波羅に
おしよせて、打死せよや」とぞ僉議しける。円満院
大輔源覚、すすみいで【出で】て申けるは、「僉議はし【端】おほし【多し】。
『大衆揃』S0410
夜のふくるに、いそげやすすめ」とぞ申ける。○搦手に
むかふ【向ふ】老僧ども、大将軍には、源三位入道頼政、乗円
房[B ノ]阿闍梨慶秀、律成房[B ノ]阿闍梨日胤、帥法印
禅智、禅智が弟子義宝・禅房をはじめとして、
都合其勢一千人、手々にたい松も【持つ】て如意が峰へ
ぞむかひ【向ひ】ける。大手の大将軍には嫡子伊豆守
P04092
仲綱、次男源大夫判官兼綱、六条蔵人仲家、其子
蔵人太郎仲光、大衆には円満院の大輔源覚、成
喜院のあら土佐【荒土佐】、律成房[B ノ]伊賀[B ノ]公、法輪院の鬼佐渡、
これらはちから【力】のつよさ、うち物【打物】も【持つ】ては鬼にも神
にもあは【会は】ふどいふ、一人当千のつはもの【兵】也。平等院には
因幡堅者荒大夫、角[B ノ]六郎房、島の阿闍梨、つつ
井【筒井】法師に卿[B ノ]阿闍梨、悪少納言、北[B ノ]院には金光院の
六天狗、式部・大輔・能登・加賀・佐渡・備後等也。松井の
肥後、証南院の筑後、賀屋の筑前、大矢の俊長、五智
P04093
院の但馬、乗円房の阿闍梨慶秀が房人六十人の
内、加賀光乗、刑部春秀【俊秀】、法師原には一来法師に
しか【如か】ざりけり。堂衆にはつつ井【筒井】の浄妙明秀、小蔵[B ノ]尊
月、尊永・慈慶・楽住、かなこぶしの玄永、武士には
渡辺[B ノ]省、播磨[B ノ]次郎、授薩摩[B ノ]兵衛、長七唱、競[B ノ]
滝口、与[B ノ]右馬[B ノ]允、続源太、清・勧を先として、都合其
勢一千五百余人、三井寺をこそう【打つ】たち【立ち】けれ。宮いら【入ら】
せたまひ【給ひ】て後は、大関小関ほり【掘り】きて、堀ほり【掘り】さか
も木【逆茂木】ひい【引い】たれば、堀に橋わたし、さかも木【逆茂木】ひきのくる【引除くる】
P04094
などしける程に、時剋をし【押し】うつ【移つ】て、関地のには鳥【鶏】
なき【鳴き】あへり。伊豆守の給ひけるは、「ここで鳥ない【鳴い】
ては、六波羅は白昼にこそよせ【寄せ】んずれ。いかがせん」と
のたまへ【宣へ】ば、円満院大輔源覚、又さき【先】のごとくすすみ【進み】
いで【出で】て僉議しけるは、「昔秦の昭王のとき、孟嘗君
めし【召し】いましめ【禁】られたりしに、きさきの御たすけ【助け】によて、
兵物三千人をひきぐし【具し】て、にげ【逃げ】まぬかれけるに、
凾谷関にいたれり。鶏なか【鳴か】ぬかぎりは関の戸をひらく
事なし。孟嘗君が三千の客のなかに、てんかつと
P04095
いふ兵物あり【有り】。鶏のなくまねをありがたくしければ、
鶏鳴ともいはれけり。彼鶏鳴たかき【高き】所にはしり【走り】
あがり、にはとりのなく【鳴く】まねをしたりければ、関路
のにはとりきき【聞き】つたへてみななき【鳴き】ぬ。其時関もり【関守】
鳥のそらね【空音】にばかさ【化さ】れて、関の戸あけ【開け】てぞとを
し【通し】ける。これもかたきのはかり事にやなか【鳴か】すらん。
ただよせよ【寄せよ】」とぞ申ける。かかりしほど【程】に五月のみじか
夜、ほのぼのとこそあけ【明け】にけれ。伊豆守の給
ひけるは、「夜うち【夜討】にこそさりともとおもひ【思ひ】つれ共、
P04096
ひるいくさ【昼軍】にはかなふ【叶ふ】まじ。あれよび【呼び】かへせや」とて、
搦手、如意が峰よりよびかへす【返す】。大手は松坂より
とてかへす【返す】。若大衆ども「これは一如房[B ノ]阿闍梨が
なが僉議にこそ夜はあけ【明け】たれ。をし【押し】よせて其坊
きれ【斬れ】」とて、坊をさんざん【散々】にきる。ふせく【防く】ところ【所】の弟子、
同宿数十人うた【討た】れぬ。一如坊阿闍梨、はうはう【這ふ這ふ】六波羅
にまい【参つ】て、老眼より涙をながい【流い】て此由うたへ【訴へ】申
けれ共、六波羅には軍兵数万騎馳あつま【集まつ】て、
さはぐ【騒ぐ】事もなかりけり。同廿三日の暁、宮は「此寺
P04097
ばかりではかなう【適ふ】まじ。山門は心がはり【変り】しつ。南都は
いまだまいら【参ら】ず。後日になてはあしかり【悪しかり】なん」とて、
三井寺をいでさせ給ひて、南都へいら【入ら】せおはします。
此宮は蝉をれ【蝉折れ】・小枝ときこえ【聞え】し漢竹の笛を
ふたつ【二つ】もた【持た】せ給へり。かのせみをれ【蝉折れ】と申は、昔鳥羽
院の御時、こがねを千両宋朝の御門へをくら【送ら】せ
給ひたりければ、返報とおぼしくて、いき【生き】たる蝉
のごとくにふし【節】のついたる笛竹をひとよ【一節】をくら【送ら】せ
たまふ【給ふ】。「いかがこれ程の重宝をさう【左右】なうはゑら【彫ら】すべき」
P04098
とて、三井寺の大進僧正覚宗に仰て、壇上にたて、
七日加持してゑら【彫ら】せ給へる御笛也。或時、高松の中納
言実平【*実衡】卿まい【参つ】て、この御笛をふか【吹か】れけるが、よのつ
ねの笛のやうにおもひ【思ひ】わすれ【忘れ】て、ひざ【膝】よりしも【下】に
おかれたりければ、笛やとがめ【咎め】けん、其時蝉おれ【折れ】に
けり。さてこそ蝉おれ【蝉折れ】とはつけられたれ。笛の
おん【御】器量たるによて、この【此の】宮御相伝あり【有り】けり。
されども、いま【今】をかぎりとやおぼしめさ【思し召さ】れけん、金堂の
弥勒にまいら【参ら】させおはします。竜花の暁、値遇の御
P04099
ためかとおぼえて、あはれ【哀】なし事共也。老僧ども
にはみないとま【暇】たう【賜う】で、とどめ【留め】させおはします。しかる【然る】
べき若大衆悪僧共はまいり【参り】けり。源三位入道の
一類ひきぐし【具し】て、其勢一千人とぞきこえ【聞え】し。乗
円房[B ノ]阿闍梨慶秀、鳩の杖にすがて宮の御まへ
にまいり【参り】、老眼より涙をはらはらとながひ【流い】て申
けるは、「いづくまでも御とも仕べう候へども、齢
すでに八旬にたけて、行歩にかなひ【叶ひ】がたう候。
弟子で候刑部房俊秀をまいらせ【参らせ】候。これ【是】は一とせ
P04100
平治の合戦の時、故左馬頭義朝が手に候ひて、
六条河原で打死に仕候し相模国住人、山内須藤
刑部[B ノ]丞俊通が子で候。いささかゆかり候あひだ、跡ふと
ころ【跡懐】でおうし【生し】たて【立て】て、心のそこまでよくよくし【知つ】て候。
いづくまでもめし【召し】ぐせ【具せ】られ候べし」とて、涙をおさへ【抑へ】て
とどまりぬ。宮もあはれ【哀】におぼしめし、「いつ[B 「つ」に「ツ」と傍書]のよしみ【好】に
『橋合戦』S0411
かうは申らん」とて、御涙せきあへさせ給はず。○宮は
宇治と寺とのあひだにて、六度までをん【御】
落馬あり【有り】けり。これはさんぬる夜、御寝のならざりし
P04101
ゆへ【故】なりとて、宇治橋三間ひきはづし【外し】、平等院にいれ【入れ】
たてま【奉つ】て、しばらく御休息あり【有り】けり。六波羅には、「すはや、
宮こそ南都へおち【落ち】させ給ふなれ。お【追つ】かけ【掛け】てうち【討ち】たて
まつれ【奉れ】」とて、大将軍には、左兵衛[B ノ]督知盛、頭中将重衡、
左馬[B ノ]頭行盛、薩摩守忠教【*忠度】、さぶらひ【侍】大将には、上総守
忠清、其子上総[B ノ]太郎判官忠綱、飛騨守景家、其
子飛騨[B ノ]太郎判官景高、高橋判官長綱、河内[B ノ]判官
秀国、武蔵[B ノ]三郎左衛門有国、越中[B ノ]次郎兵衛尉盛継、
上総五郎兵衛忠光、悪七兵衛景清を先として、
P04102
都合其勢二万八千余騎、木幡山うちこえ【越え】て、宇治
橋のつめにぞおしよせ【寄せ】たる。かたき【敵】平等院にとみ【見】てん
げれば、時をつくる事三ケ度、宮の御方にも時の
声をぞあはせ【合はせ】たる。先陣が、「橋をひい【引い】たぞ、あやまち
すな。橋をひいたぞ、あやまちすな」と、どよみけれども【共】、
後陣はこれをきき【聞き】つけず、われ【我】さき【先】にとすすむ【進む】ほど【程】に、
先陣二百余騎をし【押し】おとさ【落さ】れ、水におぼれ【溺れ】てながれけり。
橋の両方のつめにう【打つ】た【立つ】て矢合す。宮御方には、大矢の
俊長、五智院の但馬、渡辺の省・授・続の源太がい【射】ける
P04103
矢ぞ、鎧もかけず、楯もたまらずとをり【通り】ける。源三位
入道は、長絹のよろひ直垂にしながはおどし【科革縅】の鎧也。
其日を最後とやおもは【思は】れけん、わざと甲はき【着】給はず。
嫡子伊豆守仲綱は、赤地の錦の直垂に、黒糸威の
鎧也。弓をつよう【強う】ひか【引か】んとて、これも甲はき【着】ざりけり。
ここに五智院の但馬、大長刀のさや【鞘】をはづい【外い】て、只一騎
橋の上にぞすすん【進ん】だる。平家の方にはこれをみて、「あれ
い【射】とれや物共」とて、究竟の弓の上手どもが矢さき【矢先】を
そろへて、さしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざん【散々】にいる【射る】。但馬すこし【少し】も
P04104
さはが【騒が】ず、あがる【上る】矢をばついくぐり【潛り】、さがる【下る】矢をばおどり【躍り】
こへ【越え】、むか【向つ】てくるをば長刀でき【斬つ】ておとす【落す】。かたき【敵】もみかた【御方】
も見物す。それよりしてこそ、矢ぎり【矢斬り】の但馬とは
いはれけれ。堂衆のなかに、つつ井【筒井】の浄妙明秀は、かち【褐】
の直垂に黒皮威の鎧きて、五牧甲の緒をしめ、
黒漆の太刀をはき、廿四さい【差い】たるくろぼろ【黒母衣】の矢をひ【負ひ】、
ぬりごめどう【塗籠籐】の弓に、このむ白柄の大長刀とりそへて、
橋のうへ【上】にぞすすん【進ん】だる。大音声をあげて名のり
けるは、「日ごろはおと【音】にもき〔き〕つらむ、いまは目にもみ給へ。
P04105
三井寺にはそのかくれ【隠れ】なし。堂衆のなかにつつ井【筒井】の浄妙
明秀といふ一人当千の兵物ぞや。われとおもはむ
人々はより【寄り】あへや。げざん【見参】せむ」とて、廿四さいたる矢をさし
つめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざん【散々】にいる【射る】。やには【矢庭】に十二人い【射】ころし【殺し】て、
十一人に手おほせ【負せ】たれば、ゑびら【箙】に一ぞのこたる。弓をばから
となげ【投げ】すて、ゑびら【箙】もとひ【解い】てすててげり。つらぬき【貫き】ぬい【脱い】
ではだし【跣】になり、橋のゆきげた【行桁】をさらさらさらとはしり【走り】
り[* 「り」一字衍字]わたる。人はおそれ【恐れ】てわたら【渡ら】ねども、浄妙房が心地には、
一条二条の大路とこそふるまう【振舞う】たれ。長刀でむかふ【向ふ】
P04106
かたき【敵】五人なぎ【薙ぎ】ふせ、六人にあたるかたき【敵】にあふ【逢う】て、
長刀なか【中】よりうちを【折つ】てすて【捨て】てげり。その後太刀を
ぬい【抜い】てたたかふ【戦ふ】に、かたき【敵】は大勢也、くもで【蜘蛛手】・かくなは【角縄】・十
文字、とばうがへり【蜻蛉返】・水車、八方すかさずき【斬つ】たりけり。
やには【矢庭】に八人きりふせ【伏せ】、九人にあたるかたき【敵】が甲の
鉢にあまりにつよう【強う】うち【打ち】あてて、めぬき【目貫】のもとより
ちやうどをれ【折れ】、くとぬけ【抜け】て、河へざぶと入にけり。たのむ【頼む】
ところ【所】は腰刀、ひとへに死なんとぞくるひ【狂ひ】ける。ここに
乗円房の阿闍梨慶秀がめし【召し】つかひ【使ひ】ける。一来法師と
P04107
いふ大ぢから【大力】のはやわざ【早業】あり【有り】けり。つづいてうしろ【後】にたた
かふ【戦ふ】が、ゆきげた【行桁】はせばし【狭し】、そば【側】とをる【通る】べきやうはなし。
浄妙房が甲の手さき【先】に手ををい【置い】て、「[B あイ]しう【悪しう】候、浄妙
房」とて、肩をづんどおどり【躍り】こへ【越え】てぞたたかい【戦ひ】ける。
一来法師打死してんげり。浄妙房はうはう【這ふ這ふ】かへ【帰つ】て、
平等院の門のまへなる芝のうへ【上】に、物ぐ【具】ぬぎすて、
鎧にた【立つ】たる矢め【目】をかぞへたりければ六十三、うらかく
矢五所、されども大事の手ならねば、ところどころ【所々】に
灸治して、かしら【頭】からげ、浄衣き【着】て、弓うちきり【切り】杖に
P04108
つき、ひらあしだ【平足駄】はき、阿弥陀仏申て、奈良の方へぞ
まかり【罷り】ける。浄妙房がわたるを手本にして、三井寺の
大衆・渡辺党、はしり【走り】つづきはしり【走り】つづき、われもわれもと
ゆきげた【行桁】をこそわたりけれ。或は分どり【分捕】して
かへる物もあり【有り】、或はいた手【痛手】おうて腹かききり【切り】、河へ
飛入物もあり【有り】。橋のうへ【上】のいくさ【軍】、火いづる【出づる】程ぞたたかい【戦ひ】
ける。これをみて平家の方の侍大将上総守忠清、
大将軍の御まへにまい【参つ】て、「あれ御らん候へ。橋のうへ【上】の
いくさ【軍】手いたう候。いまは河をわたす【渡す】べきで候が、
P04109
おりふし【折節】五月雨のころで、水まさて候。わたさば
馬人おほく【多く】うせ【失せ】候なんず。淀・いもあらい【一口】へやむかひ【向ひ】候
べき。河内路へやまはり【廻り】候べき」と申ところ【所】に、下野国[B ノ]
住人足利[B ノ]又太郎忠綱、すすみ【進み】いでて申けるは、「淀・いも
あらひ【一口】・河内路をば、天竺、震旦の武士をめし【召し】てむけ【向け】ら
れ候はんずるか。それも我等こそむかひ【向ひ】候はんずれ。目に
かけたるかたき【敵】をうた【討た】ずして、南都へいれ【入れ】まいらせ【参らせ】候
なば、吉野・とつかは【十津川】の勢ども馳集て、いよいよ
御大事でこそ候はんずらめ。武蔵と上野のさかひ【境】に
P04110
とね河【利根河】と申候大河候。秩父・足利なか【仲】をたがひ【違ひ】、つね
は合戦をし候しに、大手は長井〔の〕わたり、搦手は故
我・杉のわたりよりよせ候ひしに、上野国の住人新田[B ノ]
入道、足利にかたらはれて、杉の渡よりよせ【寄せ】んとて
まうけ【設け】たる舟ども【共】を、秩父が方よりみなわら【破ら】れて
申候しは、「ただいま【今】ここをわたさずは、ながき弓矢の
疵なるべし。水におぼれてしな【死な】ばしね。いざわたさん」と
て、馬筏をつくてわたせ【渡せ】ばこそわたしけめ。坂東武者の
習として、かたき【敵】を目にかけ、河をへだつるいくさ【軍】に、
P04111
淵瀬きらふ様やある。此河のふかさ【深さ】はやさ【早さ】、とね河【利根河】に
いくほどのおとりまさりはよもあらじ。つづけや殿原」
とて、まさき【真先】にこそうち【打ち】入れたれ。つづく人共、大胡・大室・
深須・山上、那波[B ノ]太郎、佐貫[B ノ]広綱四郎大夫、小野寺[B ノ]禅師
太郎、辺屋こ【辺屋子】の四郎、郎等には、宇夫方次郎、切生の
六郎、田中の宗太をはじめとして、三百余騎ぞつづき
ける。足利大音声をあげて、「つよき馬をばうは手【上手】に
たて【立て】よ、よはき【弱き】馬をばした手【下手】になせ。馬の足のおよ
ば【及ば】うほどは、手綱をくれてあゆま【歩ま】せよ。はづまば
P04112
かいく【繰つ】ておよが【泳が】せよ。さがら【下ら】う物をば、弓のはず【筈】にとり
つか【付か】せよ。手をとりくみ【組み】、肩をならべてわたすべし。
鞍つぼ【壷】によくのり【乗り】さだま【定まつ】て、あぶみ【鐙】をつよう【強う】ふめ。馬
のかしら【頭】しづま【沈ま】ばひきあげよ。いたうひい【引い】てひ【引つ】かづく【被く】
な。水しとまば、さんづ【三頭】のうへ【上】にのり【乗り】かかれ。馬にはよはう【弱う】、
水にはつよう【強う】あたるべし。河なか【中】で弓ひくな。かたき【敵】いる【射る】
ともあひびき【相引】すな。つねにしころ【錣】をかたぶけよ【傾けよ】。いたう
かたむけ【傾け】て手へんいさすな。かねにわたい【渡い】ておしをと
さ【落さ】るな。水にしなうてわたせ【渡せ】やわたせ【渡せ】」とおきて【掟て】て、
P04113
三百余騎、一騎もながさず、むかへ【向へ】の岸へざとわた
『宮御最期』S0412
す。○足利O[BH 其日の装束にはイ]は朽葉の綾の直垂に、赤皮威の鎧
きて、たか角【高角】うたる甲のを【緒】しめ、こがねづくりの太刀
をはき、きりう【切斑】の矢おひ【負ひ】、しげどう【滋籐】〔の〕弓も【持つ】て、連銭葦
毛なる馬に、柏木に耳づく【木菟】うたる黄覆輪の鞍を
い【置い】てぞの【乗つ】たりける。あぶみふばりたち【立ち】あがり、大音声
あげてなのり【名乗り】けるは、「とをく【遠く】は音にもきき、ちかく【近く】は
目にもみ【見】給へ。昔朝敵将門をほろぼし、勧賞
かうぶし俵藤太秀里【*秀郷】に十代、足利[B ノ]太郎俊綱が子、
P04114
又太郎忠綱、生年十七歳、かやう【斯様】に無官無位なる物
の、宮にむかひ【向ひ】まいらせ【参らせ】て、弓をひき矢を放事、
天のおそれ【恐れ】すくなからず候へども【共】、弓も矢も冥
が【冥加】のほども、平家の御身のうへ【上】にこそ候らめ。三位
入道殿の御かたに、われとおもは【思は】ん人々はより【寄り】あへや、
げざん【見参】せん」とて、平等院の門のうちへ、せめ【攻め】入せめ【攻め】入
たたかひ【戦ひ】けり。これをみて、大将軍左兵衛[B ノ]督知盛、
「わたせ【渡せ】やわたせ【渡せ】」と下知せられければ、二万八千余騎、
みなうちいれ【打ち入れ】てわたしけり。馬や人にせかれて、さば
P04115
かり早き宇治河の水は、かみ【上】にぞたたへ【湛へ】たる。おの
づからもはづるる水には、なにもたまらずながれ【流れ】けり。
雑人どもは馬のした手【下手】にとりつき【取り付き】わたり【渡り】ければ、
ひざ【膝】よりかみ【上】をばぬらさぬ物もおほかり【多かり】けり。いかが【如何】
したりけん、伊賀・伊勢両国の官兵、馬いかだ【筏】をし【押し】
やぶら【破ら】れ、水におぼれて六百余騎ぞながれける。
萌黄・火威・赤威、いろいろの鎧のうきぬしづみ【沈み】ぬ
ゆられけるは、神なび山【神南備山】の紅葉ばの、嶺の嵐に
さそはれて、竜田河の秋のくれ【暮】、いせきにかかて
P04116
ながれ【流れ】もやらぬにことならず。其中にひおどし【緋縅】の
鎧き【着】たる武者が三人、あじろにながれ【流れ】かかてゆられ
けるを、伊豆守み【見】たまひ【給ひ】て、
伊勢武者はみなひおどし【緋縅】のよろひきて
宇治のあじろ【網代】にかかりぬるかな W024
これらは三人ながら伊勢国の住人也。黒田[B ノ]後平
四郎、日野[B ノ]十郎、乙部[B ノ]弥七といふ物あり。其なかに
日野の十郎はふる物にてあり【有り】ければ、弓のはず【弭】を
岩のはざまにねぢたて【立て】てかきあがり、二人の物共をも
P04117
ひき【引き】あげて、たすけ【助け】たりけるとぞきこえ【聞え】し。おほ
ぜい【大勢】みなわたし【渡し】て、平等院の門のうちへいれかへ【入れ換へ】いれかへ【入れ換へ】
たたかい【戦ひ】けり。この【此の】まぎれに、宮をば南都へさきだて【先立て】
まいらせ【参らせ】、源三位入道の一類のこて、ふせき【防き】矢い【射】給ふ。
三位入道七十にあまていくさ【軍】して、弓手のひざ口【膝口】を
い【射】させ、いたで【痛手】なれば、心しづかに自害せんとて、平等院
の門の内へひき退て、かたき【敵】おそい【襲ひ】かかりければ、
次男源大夫判官兼綱、紺地の錦の直垂に、唐綾
威の鎧きて、白葦毛なる馬にのり、父をのばさんと、
P04118
かへし【返し】あはせ【合はせ】かへし【返し】あはせ【合はせ】ふせき【防き】たたかふ【戦ふ】。上総太郎判官がい【射】け
る矢に、兼綱うち甲【内甲】をい【射】させてひるむところ【所】に、上総
守が童次郎丸といふしたたか物、をし【押し】ならべてひ【引つ】
く【組ん】で、どうどおつ【落つ】。源大夫判官はうち甲【内甲】もいた手【痛手】
なれども【共】、きこゆる【聞ゆる】大ぢから【大力】なりければ、童をとておさへ【抑へ】
て頸をかき、立あがら【上ら】んとするところ【所】に、平家の兵物
ども十四五騎、ひしひしとおち【落ち】かさな【重なつ】て、ついに【遂に】兼綱を
ばう【討つ】てげり。伊豆守仲綱もいた手【痛手】あまたおひ、平等
院の釣殿にて自害す。その頸をば、しも河辺【下河辺】の
P04119
藤三郎清親と【取つ】て、大床のしたへぞなげ入ける。
六条[B ノ]蔵人仲家、其子蔵人太郎仲光も、さんざん【散々】に
たたかひ、分どり【分捕】あまたして、遂に打死してげり。
この仲家と申は、小【*故】帯刀[B ノ]の先生義方【*義賢】が嫡子也。みな
し子にてあり【有り】しを、三位入道養子にして不便にし給
ひしが、日来の契を変ぜず、一所にて死ににけるこそ
むざんなれ。三位入道は、渡辺[B ノ]長七唱をめし【召し】て、「わが頸
うて」とのたまひければ、主のいけくび【生首】うたん事の
かなしさに、涙をはらはらとながひ【流い】て、「仕ともおぼえ
P04120
候はず。御自害候て、其後こそ給はり候はめ」と申
ければ、「まこと【誠】にも」とて、西にむかひ【向ひ】、高声に十念
となへ、最後の詞ぞあはれ【哀】なる。
埋木のはな【花】さく事もなかりしに
身のなるはて【果】ぞかなしかり【悲しかり】ける W025
これを最後の詞にて、太刀のさきを腹につきたて、
うつぶさま【俯様】につらぬか【貫ぬかつ】てぞうせ【失せ】られける。其時に歌よむ
べうはなかりしかども、わかう【若う】よりあながちにすい【好い】たる
道なれば、最後の時もわすれ給はず。その頸をば
P04121
唱取て、なくなく【泣く泣く】石にくくり【括り】あはせ【合はせ】、かたき【敵】のなかを
まぎれいで【出で】て、宇治河のふかきところ【所】にしづめて
げり。競の滝口をば、平家の侍共、いかにもしていけ
どり【生捕り】にせんとうかがひ【伺ひ】けれども、競もさきに心え
て、さんざん【散々】にたたかひ【戦ひ】、大事の手おひ、腹かきき【切つ】て
ぞ死にける。円満院の大輔源覚、いまは宮もはる
かにのびさせ給ひぬらんとやおもひけん、大太刀
大長刀左右にも【持つ】て、敵のなかうちやぶり、宇治
河へとんでいり、物の具一もすてず、水の底をくぐて、
P04122
むかへ【向へ】の岸にわたりつき、たかきところ【所】にのぼり
あがり、大音声をあげて、「いかに平家の君達、これ
までは御大事かよう」とて、三井寺へこそかへ
り【帰り】けれ。飛騨守景家はふるO[BH 兵]物【古兵】にてあり【有り】ければ、
このまぎれに、宮は南都へやさきだたせ給ふらん
とて、いくさ【軍】をばせず、其勢五百余騎、鞭あぶみ
をあはせ【合はせ】てお【追つ】かけたてまつる【奉る】。案のごとく、宮は
卅騎ばかりで落させ給ひけるを、光明山の鳥
居のまへにてお【追つ】つきたてまつり【奉り】、雨のふるやう【様】に
P04123
い【射】まひらせ【参らせ】ければ、いづれが矢とはおぼえねど、宮
の左の御そば腹に矢一すぢたちければ、御馬より
落させ給て、御頸とられさせ給ひけり。これを
みて御共に候ける鬼佐渡・あら土佐【荒土佐】・あら大夫【荒大夫】、理智
城房の伊賀公、刑部俊秀・金光院の六天狗、いつの
ために命をばおしむ【惜しむ】べきとて、おめき【喚き】さけん【叫ん】で
打死す。そのなか【中】に宮の御めのと子【乳母子】、六条[B ノ]大夫宗
信、かたき【敵】はつづく、馬はよはし【弱し】、に井野の池へ飛で
いり、うき草【浮草】かほ【顔】にとりおほひ【覆ひ】、ふるひ【震ひ】ゐ【居】たれば、
P04124
かたき【敵】はまへ【前】をうちすぎ【過ぎ】ぬ。しばしあて兵物ども【共】
の四五百騎、ざざめいてうちかへり【帰り】けるなか【中】に、浄衣
き【着】たる死人の頸もないを、しとみ【蔀】のもとにかいて
いで【出で】きたりけるを、たれ【誰】やらんとみ【見】たてまつれ【奉れ】ば、
宮にてぞ在ましける。「われしな【死な】ば、この笛をば御
棺にいれよ【入れよ】」と仰ける、小枝ときこえ【聞え】し御笛も、
いまだ御腰にささ【挿さ】れたり。はしり【走り】いで【出で】てとり【取り】もつき【付き】ま
いらせ【参らせ】ばやとおもへ【思へ】ども、おそろしけれ【恐ろしけれ】ばそれもかな
は【叶は】ず、かたき【敵】みな【皆】かへ【帰つ】て後、池よりあがり、ぬれ【濡れ】たる
P04125
物どもしぼりき【着】て、なくなく【泣く泣く】京へのぼりたれば、
にくま【憎ま】ぬ物こそなかりけれ。さるほど【程】に、南都の
大衆ひた甲七千余人、宮の御むかへ【向へ】にまいる【参る】。先陣
は粉津【*木津】にすすみ、後陣はいまだ興福寺の南大
門にゆらへたり。宮ははや光明山の鳥居のまへに
てうた【討た】れさせ給ぬときこえ【聞え】しかば、大衆みな力
及ばず、涙ををさへてとどまりぬ。いま五十町
ばかりまち【待ち】つけ給はで、うた【討た】れさせ給けん宮の御
『若宮出家』S0413
運の程こそうたてけれ。○平家の人々は、宮并に
P04126
三位入道の一族、三井寺の衆徒、都合五百余人が
頸、太刀長刀のさきにつらぬき【貫き】、たかく【高く】さしあげ【差し上げ】、
夕に及て六波羅へかへり【帰り】いる。兵物共いさみののしる
事、おそろし【恐ろし】などもおろか也。其なかに源三位
入道の頸は、長七唱がと【取つ】て宇治河のふかきところ【所】に
しづめ【沈め】てげれば、それはみえ【見え】ざりけり。子共の頸
はあそこここよりみな尋いださ【出さ】れたり。なか【中】に宮
の御頸は、年来まいり【参り】よる人もなければ、み【見】しり
まいらせ【参らせ】たる人もなし。先年典薬頭定成こそ、
P04127
御療治のためにめさ【召さ】れたりしかば、それぞみ【見】し
り【知り】まいらせ【参らせ】たるらんとて、めさ【召さ】れけれども【共】、現所労
とてまいら【参ら】ず。宮のつねにめさ【召さ】れける女房とて、
六波羅へたづね【尋ね】いだされたり。さしもあさから【浅から】ず
おぼしめさ【思し召さ】れて、御子をうみまいらせ【参らせ】、最愛あり【有り】
しかば、いかでか[* 「いみてか」と有るのを他本により訂正]み【見】そんじ【損じ】たてまつる【奉る】べき。只一目み【見】ま
いらせ【参らせ】て、袖をかほ【顔】にをし【押し】あてて、涙をながされける
にこそ、宮の御頸とはしり【知り】てげれ。此宮ははうばう
に御子の宮たちあまたわたら【渡ら】せ給ひけり。
P04128
八条[B ノ]女院に、伊与【*伊予】守盛教がむすめ、三位[B ノ]局とて候
はれける女房の腹に、七歳の若宮、五歳の姫宮
在ましけり。入道相国、おとと【弟】、池の中納言頼盛卿を
もて、八条[B ノ]女院へ申されけるは、「高倉の宮の御子
の宮達のあまたわたらせ給候なる、姫宮の御事は
申に及ばず、若宮をばとうとういだし【出し】まいら【参ら】させ給へ」と
申されたりければ、女院御返事には、「かかるきこえ【聞え】
のあり【有り】し暁、御ちの人などが心おさなう【幼う】ぐし【具し】たて
ま【奉つ】てうせ【失せ】にけるにや、またく此御所にはわたらせ給P04129
はず」と仰ければ、頼盛卿力及ばで此よしを入道相
国に申されけり。「何条其御所ならでは、いづく【何処】へかわた
らせ給べかんなる。其儀ならば武士どもまい【参つ】てさがし
奉れ」とぞのたまひける。この中納言は、女院の御
めのと子【乳母子】宰相殿と申女房にあひ具して、つねに
まいり【参り】かよは【通は】れければ、日来はなつかしう【懐しう】こそお
ぼしめされけるに、此宮の御事申しにまいら【参ら】れたれ
ば、いまはあらぬ人のやう【様】にうとましう【疎ましう】〔ぞ〕おぼしめさ【思し召さ】れ
ける。若宮、女院に申させ給ひけるは、「これ程の御大事に
P04130
及候うへ【上】は、つゐに【遂に】のがれ【逃れ】候まじ。とうとういださ【出さ】せ
おはしませ」と申させ給ければ、女院御涙をはらはら
とながさ【流さ】せ給ひて、「人の七八は、何事をもいまだ
おもひ【思ひ】わか【分か】ぬ程ぞかし。それにわれゆへ【故】大事の
いできたる【出来る】事を、かたはらいたくおもひ【思ひ】て、かやうに
のたまふ【宣ふ】いとおしさよ。よしなかりける人を此六
七年手ならし【馴らし】て、かかるうき目をみる【見る】よ」とて、
御涙をせきあへさせ給はず。頼盛卿、宮いだし【出し】まひ
ら【参ら】させ給ふべきよし、かさね【重ね】て申されければ、
P04131
女院ちから【力】およば【及ば】せ給はで、つゐに【遂に】宮をいだし【出し】まひ
ら【参ら】させ給ひけり。御母三位の局、今をかぎりの別
なれば、さこそは御名残おしう【惜しう】おもは【思は】れけめ。
なくなく【泣く泣く】御衣きせ【着せ】奉り、御ぐし【髪】かきなで【撫で】、いだし【出し】まいら
せ【参らせ】給ふも、ただ夢とのみぞおもは【思は】れける。女院をはじ
め【始め】まいらせ【参らせ】て、局の女房、め【女】の童にいたるまで、涙を
ながし袖をしぼらぬはなかりけり。頼盛卿宮うけ【受け】
とりまひらせ【参らせ】、御車にのせ【乗せ】奉て、六波羅へわたし
奉る。前[B ノ]右大将宗盛卿、此宮をみ【見】まいらせ【参らせ】て、父の
P04132
相国禅門の御まへにおはして、「なにと候やらん、此宮
をみ【見】たてまつる【奉る】があまり【余り】にいとおしう思ひまひ
らせ【参らせ】候。り【理】をまげて此宮の御命をば宗盛にたび【賜び】
候へ」と申されければ、入道「さらばとうとう出家をせさ
せ奉れ」とぞのたまひける。宗盛卿此よしを八条[B ノ]
女院に申されければ、女院「なにのやう【様】もあるべから
ず。ただ【只】とうとう」とて、法師になし奉り、尺子【*釈氏】にさだ
まら【定まら】せ給ひて、仁和寺の御室の御弟子になしまいら【参ら】O[BH さ]せ
給ひけり。後には東寺の一の長者、安井の宮の僧
P04133
『通乗之沙汰』S0414
正道尊と申しは、此宮の御事也。○又奈良にも[B 御イ]一所
在ましけり。御めのと讃岐守重秀が御出家せさせ
奉り、ぐし【具し】まいらせ【参らせ】て北国へ落くだりたりしを、
木曾義仲上洛の時、主にしまひらせ【参らせ】んとてぐし【具し】
奉て宮こ【都】へのぼり、御元服せさせまいらせ【参らせ】たりしかば、
木曾の宮とも申けり。又還俗の宮とも申けり。
後には嵯峨のへん野依にわたらせ給しかば、
野依の宮とも申けり。昔通乗といふ相人あり【有り】。
宇治殿・二条殿をば、「君三代の関白、ともに御年
P04134
八十と申たりしもたがは【違は】ず。帥のうちのおとど【大臣】を
ば、「流罪の相まします」と申たりしもたがは【違は】ず。聖
徳太子の崇峻天皇[* 崇の左にの振り仮名]を「横死の相在ます」と申
させ給ひたりしが、馬子の大臣にころさ【殺さ】れ給ひ
にき。さもしかる【然る】べき人々は、必ず相人としもに
あらねども、かうこそめでたかりしか、これは相少納言
が不覚にはあらずや。中比兼明親王・具平親王
と申しは、前中書王・後中書王とて、ともに
賢王聖主の王子にてわたらせ給ひしかども、
P04135
位にもつか【即か】せ給はず。されどもいつしかは謀叛を
おこさ【起こさ】せ給ひし。又後三条院の第三の王子、資仁【*輔仁】の
親王も御才学すぐれてましましければ白河院
いまだ東宮にてましまいし時、「御位の後は、この
宮を位にはつけ【即け】まいら【参ら】させ給へ」と、後三条[B ノ]院御遺
詔あり【有り】しかども【共】、白河院いかがおぼしめさ【思し召さ】れけん、つゐに【遂に】
位にもつけまいら【参ら】させ給はず。せめての御事には、
資仁【*輔仁】親王の御子に源氏の姓をさづけ【授け】まいら【参らつ】させ
給ひて、無位より一度に三位に叙して、やがて
P04136
中将になしまいら【参ら】させ給ひけり。一世の源氏、無位
より三位する事、嵯峨の皇帝の御子、陽成
院の大納言定卿の外は、これはじめとぞうけ給はる【承る】。
花園左大臣有仁公の御事也。高倉の宮御謀叛
の間、調伏の法うけたまは【承つ】て修せられける高僧達
に、勧賞をこなはる。前右大将宗盛卿の子息侍従
清宗、三位して三位[B ノ]侍従とぞ申ける。今年纔に
十二歳。父の卿もこのよはひ【齢】では兵衛[B ノ]佐にてこそ
おはせしか。忽に上達め【上達部】にあがり給ふ事、一の人の
P04137
公達の外はいまに承及ばず。源[B ノ]茂仁【*以仁】・頼政法師
父子追討の賞とぞ除書にはあり【有り】ける。源[B ノ]茂仁【*以仁】
とは高倉宮を申けり。まさしゐ太政【*太上】法皇の王子
をうち【討ち】たてまつる【奉る】だにあるに、凡人にさへなしたて
『■[*空+鳥]』S0415
まつるぞあさましき。○抑源三位入道と申は、
摂津守頼光に五代、三川【*三河】守頼綱が孫、兵庫頭
仲正【*仲政】が子也。保元の合戦の時、御方にて先をかけ
たりしか共、させる賞にもあづから【与ら】ず。又平治の逆乱
にも、親類をすて【捨て】て参じたりしか共、恩賞これおろ
P04138
そか也。大内守護にて年ひさしう【久しう】あり【有り】しかども【共】、
昇殿をばゆるさ【許さ】れず。年たけよはひ【齢】傾て後、
述懐の和歌一首よう【詠う】でこそ、昇殿をばゆるさ【許さ】れけれ。
人しれず大内山のやまもり【山守】は
木がくれ【隠れ】てのみ月をみる【見る】かな W026
この歌によて昇殿ゆるさ【許さ】れ、正下[B ノ]四位にてしばらく
あり【有り】しが、三位を心にかけつつ、
のぼるべきたよりなき身は木のもとに
しゐをひろい【拾ひ】て世をわたるかな W027
P04139
さてこそ三位はしたりけれ。やがて出家して、
源三位入道とて、今年は七十五にぞなられける。
此人一期の高名とおぼえし事は、近衛院御
在位の時、仁平のころほひ、主上よなよな【夜な夜な】おびへ【怯え】
たまぎらせ給ふ事あり【有り】けり。有験の高僧貴
僧に仰て、大法秘法を修せられけれども、其しるし
なし。御悩は丑の剋ばかりであり【有り】けるに、東三条
の森の方より、黒雲一村たち【立ち】来て御殿の
上におほへ【覆へ】ば、かならず【必ず】おびへ【怯え】させ給ひけり。これに
P04140
よて公卿僉義あり【有り】。去る寛治の比ほひ、堀河天
皇御在位の時、しかのごとく主上よなよな【夜な夜な】おびへ【怯え】
させ給ふ事あり【有り】けり。其時の将軍義家朝臣、
南殿の大床に候はれけるが、御悩の剋限に及で、
鳴絃する事三度の後、高声に「前陸奥守
源[B ノ]義家」と名の【名乗つ】たりければ、人々皆身の毛よだ
て、御悩おこたらせ給ひけり。しかれ【然れ】ばすなはち
先例にまかせ【任せ】て、武士に仰せて警固あるべし
とて、源平両家の兵物共のなかを撰ぜられ
P04141
けるに、頼政をゑらび【選び】いだされたりけるとぞきこえ
し。其時はいまだ兵庫頭とぞ申ける。頼政申
けるは、「昔より朝家に武士ををか【置か】るる事は、
逆反の物をしりぞけ違勅の物をほろぼさんが
為也。目にもみえ【見え】ぬ変化のもの【物】つかまつれと仰
下さるる事、いまだ承及候はず」と申ながら、勅定
なればめし【召】に応じて参内す。頼政はたのみ【頼み】
きたる郎等遠江国[B ノ]住人井[B ノ]早太に、ほろのかざき
り【風切】はいだる矢おは【負は】せて、ただ一人ぞぐし【具し】たりける。
P04142
我身はふたへ【二重】の狩衣に、山鳥の尾をもてはいだる
とがり矢二すぢ【筋】、しげどう【滋籐】の弓にとりそへて、
南殿の大床に祗候[B す]。頼政矢をふたつ【二つ】たばさみ【手挟み】
ける事は、雅頼卿其時はいまだ左少弁にて
おはしけるが、「変化の物つかまつらんずる仁は頼政ぞ
候」とゑらび【選び】申されたるあひだ、一の矢に変化の物
をいそんずる【射損ずる】物ならば、二の矢には雅頼の弁の
しや頸の骨をい【射】んとなり。日ごろ人の申にたがは【違は】ず、
御悩の剋限に及で、東三条の森の方より、
P04143
黒雲一村たち【立ち】来て、御殿の上にたなびいたり。
頼政きとみあげ【見上げ】たれば、雲のなかにあやしき
物の姿あり【有り】。これをいそんずる【射損ずる】物ならば、世に
あるべしとはおもは【思は】ざりけり。さりながらも矢
と【取つ】てつがひ【番ひ】、南無八幡大菩薩と、心のうちに祈
念して、よぴい【引い】てひやうどいる【射る】。手ごたへして
はたとあたる。「ゑ【得】たりをう」と矢さけび【叫び】をこそ
したりけれ。井の早太つとより、おつる【落つる】ところ【所】を
と【取つ】ておさへ【抑へ】て、つづけさま【続け様】に九がたな【刀】ぞさい【刺い】たり
P04144
ける。其時上下手々に火をともい【点い】て、これを御
らんじみ【見】給ふに、かしら【頭】は猿、むくろは狸、尾はくち
なは、手足は虎の姿なり。なく声■[*空+鳥]にぞに【似】たり
ける。おそろし【恐ろし】などもをろか【愚】なり。主上御感のあま
りに、師子王といふ御剣をくださ【下さ】れけり。宇治の
左大臣殿是をたまはり【賜り】つい【継い】で、頼政にたばんとて、
御前〔の〕きざはし【階】をなから【半】ばかりおり【降り】させ給へるとこ
ろ【所】に、比は卯月十日あまりの事なれば、雲井
に郭公二声三こゑ音づれてぞとをり【通り】ける。
P04145
其時左大臣殿
ほととぎす名をも雲井にあぐる【上ぐる】かな
とおほせ【仰せ】られかけたりければ、頼政右の膝をつき、
左の袖をひろげ、月をすこしそばめ【側目】にかけつつ、
弓はり月【弓張り月】のいるにまかせ【任せ】て W028
と仕り、御剣を給てまかり【罷り】いづ【出づ】。「弓矢をとてならび【双び】
なきのみならず、歌道もすぐれたりけり」とぞ、
君も臣も御感あり【有り】ける。さてかの変化の物を
ば、うつほ舟【空舟】にいれ【入れ】てながさ【流さ】れけるとぞきこえ【聞え】し。
P04146
去る応保のころほひ、二条院御在位の時、■[*空+鳥]と
いふ化鳥禁中にない【鳴い】て、しばしば震襟【*宸襟】をなやます
事あり【有り】き。先例をもて頼政をめさ【召さ】れけり。比は
さ月【五月】廿日あまりの、まだよひ【宵】の事なるに、■[*空+鳥]ただ
一声をとづれて、二声ともなか【鳴か】ざりけり。目ざす
とも【共】しら【知ら】ぬやみではあり【有り】、すがた【姿】かたちもみえ【見え】
ざれば、矢つぼ【矢壷】をいづくともさだめがたし。頼政
はかりこと【策】に、まづおほかぶら【大鏑】をとてつがひ【番ひ】、■[*空+鳥]の
声しつる内裏のうへ【上】へぞいあげ【射上げ】たる。■[*空+鳥]かぶら【鏑】の
P04147
をと【音】におどろいて、虚空にしばしひらめい【*ひひめい】たり。
二の矢に小鏑とてつがひ、ひいふつとい【射】き【切つ】て、■[*空+鳥]と
かぶら【鏑】とならべ【並べ】て前にぞおとし【落し】たる。禁中ざざめき
あひ、御感なのめならず。御衣をかづけ【被け】させ給ひ
けるに、其時は大炊御門の右大臣公能公これを
給はりつゐで、頼政にかづけ給ふとて、「昔の養
由は雲の外の鴈をい【射】き。今の頼政は雨の中
に■[*空+鳥]をい【射】たり」とぞ感ぜられける。
五月やみ名をあらはせるこよひ【今宵】かな
P04148
と仰られかけたりければ、頼政
たそかれ時もすぎ【過ぎ】ぬとおもふ【思ふ】に W029
と仕り、御衣を肩にかけて退出す。其後伊豆
国給はり、子息仲綱受領になし、我身三位して、
丹波の五ケ[B ノ]庄、若狭のとう宮河知行して、さて
おはすべかりし人の、よしなき謀叛おこいて、宮
をもうしなひ【失ひ】まいらせ【参らせ】、我身もほろびぬるこそ
『三井寺炎上』S0416
うたてけれ。○日ごろは山門の大衆こそ、みだり【猥り】がはしき
うたへ【訴へ】つかまつる【仕まつる】に、今度は穏便を存じてをと【音】も
P04149
せず。「南都・三井寺、或は宮うけ【請け】とり奉り、或は宮
の御むかへ【迎へ】にまいる【参る】、これもて朝敵なり。されば三井
寺をも南都をもせめ【攻め】らるべし」とて、同五月廿七
日、大将軍には入道の四男頭中将重衡、副将
軍には薩摩守忠度、都合其勢一万余騎
で、園城寺へ発向す。寺にも堀ほり、かいだて【掻楯】
かき、さかも木【逆茂木】ひい【引い】て待かけたり。卯剋に矢合
して、一日たたかひ【戦ひ】くらす【暮す】。ふせく【防く】ところ【所】大衆以下
の法師原、三百余人までうた【討た】れにけり。夜いくさ【軍】
P04150
になて、くらさ【暗さ】はくらし、官軍寺にせめ【攻め】入て、火を
はなつ【放つ】。やくる【焼くる】ところ【所】、本覚院、成喜院【*常喜院】・真如院・
花園院、普賢堂・大宝院・清滝院【青龍院】、教大【*教待】和尚[B ノ]
本坊ならびに本尊等、八間四面の大講堂、鐘
楼・経蔵・灌頂堂、護法善神の社壇、新熊野の
御宝殿、惣て堂舎塔廟六百三十七宇、大津の
在家一千八百五十三宇、智証のわたし【渡し】給へる
一切経七千余巻、仏像二千余体、忽に煙となる
こそかなしけれ。諸天五妙のたのしみも此時ながく
P04151
つき【尽き】、竜神三熱のくるしみ【苦しみ】もいよいよさかん【盛】なるらん
とぞみえ【見え】し。それ三井寺は、近江の義大領が
私の寺たりしを、天武天皇によせ【寄せ】奉て、御願と
なす。本仏もかの御門の御本尊、しかる【然る】を生身
弥勒ときこえ【聞え】給し教大【*教待】和尚百六十年おこな
ふて、大師に附属し給へり。都士多天上摩尼
宝殿よりあまくだり、はるかに竜花下生の
暁をまた【待た】せ給ふとこそきき【聞き】つるに、こはいかにし
つる事ども【共】ぞや。大師此ところ【所】を伝法灌頂の
P04152
霊跡として、ゐけすい【井花水】の三をむすび給しゆへ【故】に
こそ、三井寺とは名づけたれ。かかるめでたき
聖跡なれども【共】、今はなに【何】ならず。顕密須臾に
ほろびて、伽藍さらに跡もなし。三密道場も
なければ、鈴の声もきこえ【聞え】ず。一夏の花もなけ
れば、阿伽のをと【音】もせざりけり。宿老磧徳の名
師は行学におこたり、受法相承の弟子は又
経教にわかれんだり。寺の長吏円慶【*円恵】法親王、
天王寺の別当をとどめ【留め】らる。其外僧綱十三人
P04153
闕官ぜられて、みな検非違使にあづけらる。
悪僧はつつ井【筒井】の浄妙明秀にいたるまで卅余
人ながされけり。「かかる天下のみだれ、国土のさは
ぎ【騒ぎ】、ただ事ともおぼえず。平家の世末になり
ぬる先表やらん」とぞ、人申ける。

平家物語巻第四
P04154