平家物語 高野本 巻第六


【許諾済】
本テキストの公開については、東京大学文学部国語研究室の許諾を得ています。底本使用・テキスト公開を許可された同研究室に厚く御礼申し上げます。
【注意】
本テキストの利用は個人の研究の範囲内に限られます。本テキストの全体あるいは一部の複写物・複写加工物を、インターネット上で、あるいは出版物(CD−ROM等を含む)として公表する場合には、事前に東京大学文学部国語研究室に翻刻掲載許可願いを申請する必要があります。同研究室の許可を得ない本テキストの公表は禁じられています。翻刻掲載許可願い申請送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1 東京大学文学部国語研究室
【底本】
本テキストの底本は、東京大学文学部国語研究室蔵高野辰之旧蔵『平家物語』(通称・高野本、覚一別本)です。直接には、笠間書院発行の影印本に拠りました。
文責:荒山慶一・菊池真一



平家 六
P06001
平家六之巻 目録
新院崩御   紅葉
葵前     小督
廻文     飛脚到来
入道死去〈 付西八条炎上 并築島 〉 慈心房
祗園女御   州俣合戦 此内国綱沙汰在之
嗄声     横田河原合戦
P06002

P06003
平家物語巻第六
『新院崩御』S0601
○治承五年正月一日のひ、内裏には、東国の兵革、
南都の火災に−よて朝拝とどめられ、主上出御も
なし。物の音もふきならさず、舞楽も、奏せず、
吉野のくず【国栖】もまいら【参ら】ず、藤氏の公卿一人も参ぜら
れず。氏寺焼失に−よてなり。二日のひ、殿上の宴酔も
なし。男女うちひそめて、禁中いまいましう【忌々しう】ぞ見え
ける。仏法王法ともにつきぬる事ぞあさましき。
一院仰-なりけるは、「われ十善の余薫によて
P06004
万乗の-宝位をたもつ【保つ】。四代の帝王をおもへ【思へ】ば
子也、孫也。いかなれば万機の政務をとどめ【留め】られて、
年月ををくる【送る】らむ」とぞ御歎あり【有り】ける。同五日のひ、
南都の僧綱等闕官ぜられ、公請を停止し、所
職を没収せらる。衆徒は老たるもわかきも、或は
い【射】ころさ【殺さ】れきり【斬り】ころさ【殺さ】れ、或は煙の内をいでず、
炎にむせん【咽ん】でおほく【多く】ほろび【亡び】にしかば、わづかにのこる【残る】
輩は山林にまじはり、跡をとどむるもの一人もなし。
興福寺別当花林院僧正永円【*永縁】は、仏像経巻の
P06005
けぶり【煙】とのぼりけるをみ【見】て、あなあさましと
むね【胸】うちさはぎ【騒ぎ】、心をくだかれけるより病-ついて、
いくほどもなくつゐに【遂に】うせ給ぬ。此僧正はゆふ【優】に
なさけ【情】-ふかき人なり。或時郭公のなくをきひ【聞い】て、
きく【聞く】たびにめづらしければほととぎす
いつもはつ音のここち【心地】こそすれ W041
と−いふ歌をようで、初音の僧正とぞいはれ給
ける。ただし、かた【型】の−やうにても御斎会はあるべき
にて、僧名の沙汰有しに、南都の僧綱は闕官-
P06006
ぜられぬ。北京の僧綱を−もておこなはるべき歟と、
公卿僉議あり【有り】。さればとて、南都をも捨はてさせ
給ふべきならねば、三論宗の学匠成法【*成宝】已講が、
勧修寺に忍つつかくれ-ゐたりけるを、めし【召し】いだされて、
御斎会かたのごとくおこなはる。上皇は、おととし
法皇の鳥羽殿におしこめられさせ給し御事、
去年高倉の宮のうた【討た】れさせ給ひし御あり様【有様】、
宮こ【都】うつり【遷り】とてあさましかりし天下のみだれ、
かやうの事ども御心ぐるしうおぼしめさ【思し召さ】れけるより、
P06007
御悩つかせ給ひて、つねはわづらはしう【煩はしう】きこ
え【聞え】させ給ひしが、東大寺・興福寺のほろびぬる
よしきこしめされて、御悩いよいよおもら【重ら】せ給ふ。
法皇なのめならず御歎有し程に、同正月十四
日、六波羅池殿にて、上皇遂に崩御なりぬ。
御宇十二年、徳政千万端詩書仁義の廃
たる道をおこし【起こし】、理世安楽の絶たる跡[B ヲ]継たまふ【給ふ】。
三明六通の羅漢もまぬかれ【免かれ】給はず、現術変
化の権者ものがれ【逃れ】ぬ道なれば、有為無常の
P06008
ならひ【習ひ】なれども、ことはり【理】過てぞおぼえける。
やがてその【其の】夜東山の麓、清閑寺へうつしたて
まつり【奉り】、ゆふべ【夕】のけぶり【煙】とたぐへ、春の霞とのぼら
せ給ひぬ。澄憲法印、御葬送にまいり【参り】あはんと、
いそぎ山よりくだられけるが、はやむなしき【空しき】けぶ
りとならせたまふ【給ふ】をみ【見】まいらせ【参らせ】て、
つねにみ【見】し君が御幸をけふ【今日】とへば
かへら【帰ら】ぬたび【旅】ときくぞかなしき【悲しき】 W042
又ある女房、君かくれさせ給ひぬと承はて、かうぞ
P06009
思ひ−つづけける。
雲の上に行末とをく【遠く】みし月の
ひかり【光】きえぬときくぞかなしき【悲しき】 W043
御年廿一、内には十戒をたもち【保ち】、外には五常
をみだらず、礼儀をただしう-せさせ給ひけり。
末代の賢王にて在ましければ、世のおしみ【惜しみ】たて
まつる【奉る】事、月日の光をうしなへ【失へ】るがごとし。
かやうに人のねがひもかなは【叶は】ず、民の果報も
『紅葉』S0602
つたなき人間のさかひこそかなしけれ。○ゆふ【優】にやさ
P06010
しう人のおもひつき【思ひ付き】まいらする【参らする】かたも、おそらくは
延喜・-天暦の-御門と申共、争か是にまさるべき
とぞ人申ける。大かたは賢王の名をあげ、仁徳の
孝をほどこさせ在ます事も、君御成人の後、
清濁をわかたせ給ひてのうへの事にてこそあるに、
此君は無下に幼主の時より性を柔和にうけ
させ給へり。去る承安の比ほひ、御在位のはじめ
つかた、御年十歳ばかりにもならせたまひ【給ひ】けん、
あまりに紅葉をあひせ【愛せ】させ給ひて、北の陣に
P06011
小山をつか【築か】せ、はじ・かへでのいろ【色】うつくしうもみぢ
たるをうへ【植ゑ】させて、紅葉の-山となづけ【名付け】て、終日に
叡覧あるに、なを【猶】あきだらせ給はず。しかる【然る】をある
夜、野分はしたなうふひ【吹い】て、紅葉みな吹−ちらし【散らし】、
落葉頗る狼籍【*狼藉】也。殿守のとものみやづこ【伴造】朝ぎ
よめすとて、是をことごとく【悉く】はき【掃き】すて【捨て】てげり。
のこれる枝、ちれる木葉をかき−あつめ【集め】て、風
すさまじかりけるあした【朝】なれば、縫殿の-陣
にて、酒あたためてたべ【食べ】ける薪にこそしてん
P06012
げれ。奉行の蔵人、行幸より先にといそぎ
ゆひてみる【見る】に、跡かた【跡形】−なし。いかにととへ【問へ】ばしかしかと
いふ。蔵人大におどろき、「あなあさまし。君のさし
も執し−おぼしめさ【思し召さ】れつる紅葉を、かやう【斯様】にしける
あさましさよ。しら【知ら】ず、なんぢ等只今禁獄流罪
にも及び、わが身もいかなる逆鱗にかあづから【関ら】ん
ずらん」となげく【歎く】ところ【所】に、主上いとどしくよるの
おとどを出させ給ひもあへず、かしこへ行幸なて
紅葉を叡覧なるに、なかりければ、「いかに」と御
P06013
たづね【尋ね】ある【有る】に、蔵人奏すべき方はなし。あり【有り】の
ままに奏聞す。天気ことに御心よげにうちゑま【笑ま】
せ給ひて、「「林間煖酒焼紅葉」と−いふ詩の心をば、
それらにはた【誰】がをしへ【教へ】けるぞや。やさしうも
仕ける物かな」とて、かへて【却つて】叡感[M 「御感」とあり「御」をミセケチ「叡」と傍書]に預し
うへ【上】は、あへて勅勘なかりけり。又安元のころ
ほひ、御方違の行幸あり【有り】しに、さらでだに
鶏人暁唱こゑ【声】、明王の眠をおどろかす程にも
なりしかば、いつも御ねざめがちにて、つやつや
P06014
御寝もならざりけり。況やさゆる【冴ゆる】霜夜の
はげしきに、延喜の聖代、国土の民ども
いかにさむかる【寒かる】らんとて、夜るのおとどにして
御衣をぬがせ給ける事などまでも、おぼし
めし【思し召し】−出して、わが帝徳のいたらぬ事をぞ
御歎有ける。やや深更に及で、程とをく【遠く】人の
さけぶ【叫ぶ】声しけり。供奉の人々はきき【聞き】−つけられ
ざりけれども、主上きこしめし【聞し召し】て、「今さけぶ【叫ぶ】
ものは何ものぞ。きとみ【見】てまいれ【参れ】」と仰ければ、
P06015
うへぶし【上臥し】−したる殿上人、上日のものに仰す。はしり【走り】−
ち【散つ】て尋ぬれば、ある辻にあやしのめのわらは【女童】の、
ながもちのふた【蓋】さげ【提げ】てなく【泣く】にてぞ有ける。
「いかに」ととへば、「しう【主】の女房の、院の御所にさぶら
は【候は】せ給ふが、此程やうやうにしてしたて【仕立て】られたる
御装束、も【持つ】てまいる【参る】ほど【程】に、只今男の二三人
まうで【詣で】-きて、うばひ【奪ひ】とてまかり【罷り】ぬるぞや。
今は御装束があらばこそ、御所にもさぶらはせ
給はめ。又はかばかしうたち【立ち】やどら【宿ら】せ給ふべき
P06016
したしい【親しい】御方もましまさず。此事おもひ【思ひ】−つづ
くるになく【泣く】也」とぞ申ける。さてかのめのわらは【女童】
をぐし【具し】てまいり【参り】、此よし奏聞しければ、主上
きこしめし【聞し召し】て、「あなむざん【無慚】。いかなるもののしわざ【仕業】
にてかあるらん。尭の代の民は、尭の心のすなほ
なるを−もて心とするがゆへ【故】に、みなすなほなり。
今の代の民は、朕が心を−もて心とするがゆへ【故】に、
かだましきもの朝にあて罪をおかす【犯す】。是わが
恥にあらずや」とぞ仰ける。「さてとら【取ら】れつらん
P06017
きぬは何いろ【色】ぞ」と御たづね【尋ね】あれば、しかしかの
いろと奏す。建礼門院のいまだ中宮にて在
ましける時なり。その【其の】御方へ、「さやうのいろ【色】したる
御衣や候」と仰ければ、さきのよりはるか【遥】にうつ
くしきがまいり【参り】たりけるを、くだんのめのわらは【女童】
にぞたまは【給は】せける。「いまだ夜ふかし。又さるめ【目】にもや
あふ」とて、上日のものをつけ【付け】て、しう【主】の女房の
つぼね【局】までをくら【送ら】せましましけるぞかたじけ
なき【忝き】。されば、あやしのしづのお【賎男】しづのめ【賎女】にいた
P06018
るまで、ただ此君千秋万歳の宝算をとぞ
『葵前』S0603
祈たてまつる【奉る】。○中にもあはれ【哀】なりし御事は、
中宮の御方に候はせ給ふ女房のめし【召し】−つかひ【使ひ】ける
上童、おもは【思は】ざる外、竜顔に咫尺する事あり【有り】
けり。ただよのつねのあからさまにてもなくして、
[M 主上つねはめさ【召さ】れけり。]まめやかに御心ざしふかか
り【深かり】ければ、しう【主】の女房もめし【召し】−つかは【使は】ず、かへて【却つて】主の如
くにぞいつき【傅き】−もてなしける。そのかみ、謡詠にいへる
事あり【有り】。「女をうん【産ん】でもひいさん【悲酸】する事なかれ。
P06019
男をうんでも喜歓-する事なかれ。男は功にだも
報ぜられず。女は妃たり」とて、后にたつといへり。
「この人、女御后とももてなされ、国母仙院とも
あふが【仰が】れなんず。めでたかりけるさひわゐ【幸】かな」
とて、其名をば葵のまへ【前】といひければ、内々は
葵女御などぞささやきける。主上是をきこし
めし【聞し召し】て、其後はめさ【召さ】[M れ]ざりけり。御心ざしのつき【尽き】ぬる
にはあらず。ただ世のそしり【謗】をはばから【憚から】せ給ふに−
よて也。されば御ながめ【眺】がちにて、よる【夜】のおとどに
P06020
のみぞいら【入ら】せ給ふ。其時の関白松殿、「御心ぐるし
き事にこそあむなれ。申なぐさめまいらせ【参らせ】ん」
とて、いそぎ御参内あて、「さやうに叡虜に
かからせましまさん事、何条事か候べき。件の
女房とくとくめさ【召さ】るべしと覚候。しなたづね【尋ね】らるる
に及ばず。基房やがて猶子に仕候はん」と奏せ
させ給へば、主上「いさとよ。そこに申事はさる−事
なれども、位を退て後はままさるためし【例】もあん
なり。まさしう在位の時、さやうの事は後代の
P06021
そしりなるべし」とて、きこしめし【聞し召し】もいれ【入れ】ざり
けり。関白殿ちから【力】およば【及ば】せたまは【給は】ず、御涙を
おさへて御退出あり【有り】。其後主上、緑の薄様の
ことに匂ふかかり【深かり】けるに、古き事なれ共おぼし
めし【思し召し】−いで【出で】て、あそばさ【遊ばさ】れける。
しのぶれ【忍ぶれ】どいろに出にけりわがこひ【恋】は
ものやおもふ【思ふ】と人のとふまで W044
此御手習を、冷泉少将隆房給はり-つゐ【継い】で、
件の葵のまへ【前】に給はせたれば、かほ【顔】うち−あかめ【赤め】、
P06022
「例ならぬ心ち【心地】いで【出で】-きたり」とて、里へ帰り、うち−
ふす【臥す】事五六日して、ついに【遂に】はかなく【果敢く】なりにけり。
「君が一日の恩のために、妾が百年の身をあやま
つ」ともかやうの事をや申べき。昔唐の太宗
の、貞仁機【*鄭仁基】が娘を元観殿にいれんとし給ひし
を、魏徴「かのむすめ已に陸士に約せり」といさめ申
しかば、殿にいるる【入るる】事をやめられけるには、すこし【少し】も
『小督』S0604
たがは【違は】せたまは【給は】ぬ御心ばせなり。○主上恋慕の
御おもひ【思ひ】にしづませをはします。申なぐさめ
P06023
まいらせ【参らせ】んとて、中宮の御かたより小督殿と
申女房をまいらせ【参らせ】らる。此女房は桜町の中納言
重範の卿の御むすめ、宮中一の美人、琴の上
手にてをはしける。冷泉大納言隆房卿、いまだ
少将なりし時、みそめたりし女房也。少将はじめは
歌をよみ、文をつくし【尽くし】、こひ【恋】-かなしみたまへ【給へ】ども【共】、
なびく気色もなかりしが、さすがなさけ【情】に
よはる【弱る】心にや、遂にはなびきたまひ【給ひ】けり。され共
今は君にめさ【召さ】れまいらせ【参らせ】て、せんかたもなく
P06024
かなしさ【悲しさ】に、あかぬ別の涙には、袖しほたれ【潮垂れ】て
ほし【乾し】-あへず。少将よそながらも小督殿み【見】たて
まつる【奉る】事もやと、つねは参内せられけり。おはし
ける局の辺、御簾のあたりを、あなたこなたへ
行-とをり【通り】、たたずみ−ありき【歩き】たまへ【給へ】ども、小督殿
「われ君にめさ【召さ】れんうへ【上】は、少将いかにいふとも【共】、詞
をもかはし、文をみる【見る】べきにもあらず」とて、つて
のなさけ【情】をだにもかけられず。少将もしやと
一首の歌をよう【詠う】で、小督殿のおはしける御簾の
P06025
内へなげ【投げ】いれ【入れ】たる。
おもひ【思ひ】−かねこころはそら【空】にみちのくの
ちか【千賀】のしほがま【塩釜】ちかき【近き】かひなし W045
小督殿やがて返事もせばやとおもは【思は】れけ
めども、君の御ため、御うしろ【後】めたうやおもは【思は】れ
けん、手にだにとてもみ【見】たまは【給は】ず。上童にとらせ
て、坪のうちへぞなげ【投げ】いだす【出す】。少将なさけ【情】なう
恨しけれども【共】、人も〔こそ〕みれ【見れ】とそら【空】-おそろしう【恐ろしう】
おもは【思は】れければ、いそぎ是をと【取つ】てふところ【懐】に
P06026
入てぞ出られける。なを【猶】たちかへ【立ち返つ】て、
たまづさ【玉章】を今は手にだにとら【取ら】じとや
さこそ心におもひ【思ひ】すつ【捨つ】とも W046
今は此世にてあひみ【見】ん事もかたければ、
いき【生き】てものをおもは【思は】んより、しな【死な】んとのみぞねが
は【願は】れける。入道相国これをきき、中宮と申も
御むすめ也、冷泉少将聟也。小督殿にふたりの
聟をとられて、「いやいや、小督があらんかぎりは
世中よかるまじ。めし【召し】−いだし【出し】てうしなは【失は】ん」とぞ
P06027
のたまひ【宣ひ】ける。小督殿もれ【漏れ】−きひ【聞い】て、「我身の事
はいかでもあり【有り】なん。君の御ため御心ぐるし」
とて、ある暮がたに内裏を出て、ゆくゑ【行方】も
しら【知ら】ずうせたまひ【給ひ】ぬ。主上御歎なのめならず。
ひる【昼】はよる【夜】のおとどにいら【入ら】せ給ひて、御涙にのみ
むせび、夜るは南殿に出御なて、月の光を
御覧じてぞなぐさま【慰さま】せ給ひける。入道相国
是をきき、「君は小督ゆへ【故】におぼしめし【思し召し】−しづま【沈ま】せ
たまひ【給ひ】たんなり。さらむにと【取つ】ては」とて、御かひ
P06028
しやく【介錯】の女房達をもまいらせ【参らせ】ず、参内し給ふ
臣下をもそねみ給へば、入道の権威にはば
かて、かよふ人もなし。禁中いまいましう【忌々しう】ぞみえ【見え】
ける。かくて八月十日あまりになりにけり。
さしもくま【隈】なき空なれど、主上は御涙に
くもり【曇り】つつ、月の光もおぼろにぞ御覧ぜられ
ける。やや深更に及で、「人やある、人やある」とめさ【召さ】れ
けれども【共】、御いらへ【答へ】申ものもなし。弾正少弼[B 「少」に「大歟」と傍書]仲
国、其夜しも御宿直にまい【参つ】て、はるかにとをう【遠う】
P06029
候が、「仲国」と御いらへ【答へ】申たれば、「ちかう【近う】まいれ【参れ】。仰
下さるべき事あり【有り】」。何事やらんとて、御前
ちかう参じたれば、「なんぢもし小督がゆくゑ【行方】や
しり【知り】たる」。仲国「いかでかしり【知り】まいらせ【参らせ】候べき。ゆめゆめ
しり【知り】まいらせ【参らせ】ず候」。「まことやらん、小督は嵯峨の
へんに、かた折戸【片折戸】とかやしたる内にあり【有り】と申もの
のあるぞとよ。あるじ【主】が名をばしら【知ら】ずとも、
尋てまいらせ【参らせ】なんや」と仰ければ、「あるじ【主】が名を
しり【知り】候はでは、争かたづね【尋ね】まいらせ【参らせ】候べき」と申
P06030
せば、「まこと【誠】にも」とて、竜顔より御涙をながさせ
たまふ【給ふ】。仲国つくづくと物をあんずる【案ずる】に、まこと
にや、小督殿は琴ひき【弾き】たまひ【給ひ】しぞかし。
此月のあかさに、君の御事おもひいで【思ひ出で】まいら
せ【参らせ】て、琴ひきたまは【給は】ぬ事はよもあらじ。
御所にてひき【弾き】たまひ【給ひ】しには、仲国笛の役に
めさ【召さ】れしかば、其こと【琴】の音はいづくなりとも
きき【聞き】−しら【知ら】んずるものを。又嵯峨の在家いく程か
あるべき。うちまは【廻つ】てたづね【尋ね】んに、などか聞出
P06031
さざるべきとおもひ【思ひ】ければ、「さ候はば、あるじが名は
しら【知ら】ずとも【共】、もし【若】やとたづね【尋ね】まいらせ【参らせ】てみ【見】候はん。
ただし尋あひまいらせ【参らせ】て候とも【共】、御書を給
はらで申さんには、うは【上】の空にやおぼしめさ【思し召さ】れ
候はんずらん。御書を給はてむかひ【向かひ】候はん」と
申ければ、「まこと【誠】にも」とて、御書をあそばひ【遊ばい】
てたう【賜う】だりけり。「竜【*寮】の御馬にの【乗つ】てゆけ」とぞ
仰ける。仲国竜【*寮】の御馬給はて、名月にむち【鞭】を
あげ、そこともしら【知ら】ずあこがれゆく【行く】。をしか【牡鹿】鳴
P06032
此山里と詠じけん、さが【嵯峨】のあたりの秋のころ【比】、
さこそはあはれ【哀】にもおぼえけめ。片折戸−
したる屋をみつけ【見付け】ては、「此内にやおはすらん」と、
ひかへ【控へ】ひかへ【控へ】きき【聞き】けれども【共】、琴ひく所もなかりけり。
御堂などへまいり【参り】たまへ【給へ】る事もやと、釈迦
堂をはじめて、堂々み【見】-まはれども【共】小督殿に
似たる女房だにみえ【見え】たまは【給は】ず。「むなしう【空しう】帰り−
まいり【参り】たらんは、中々まいら【参ら】ざらんよりあしかる【悪しかる】
べし。是よりもいづち【何方】へもまよひ【迷ひ】ゆかばや」と
P06033
おもへ【思へ】ども、いづくか王地ならぬ、身をかくす【隠す】べき
宿もなし。いかがせんとおもひ【思ひ】−わづらう。「まことや、
法輪は程ちかけれ【近けれ】ば、月の光にさそは【誘は】れて、
まいり【参り】たまへ【給へ】る事もや」と、そなたにむかひ【向ひ】て
ぞあゆ〔ま〕【歩ま】せける。亀山のあたりちかく【近く】、松の一むら
あるかた【方】に、かすか【幽】に琴ぞきこえ【聞こえ】ける。峯の
嵐か、松風か、たづぬる【尋ぬる】人のことの音か、おぼつかなく
はおもへ【思へ】ども、駒をはやめてゆく【行く】ほど【程】に、片折戸−
したる内に、琴をぞひき【弾き】−すまされたる。ひかへ【控へ】て
P06034
是をききければ、すこし【少し】〔も〕まがふ【紛ふ】べうもなき小督
殿の爪音也。楽はなん【何】ぞとききければ、夫をおも
ふ【思う】てこふとよむ想夫恋と−いふ楽也。さればこそ、
君の御事おもひ【思ひ】出まいらせ【参らせ】て、楽こそおほ
けれ【多けれ】、此楽をひき給けるやさしさよ。ありがたふ
おぼえて、腰よりやうでう【横笛】ぬきいだし【出だし】、ちとならひ【鳴らい】て、
門をほとほととたたけば、やがてひき【弾き】−やみ給ひ
ぬ。高声に、「是は内裏より仲国が御使にまい【参つ】て候。
あけ【開け】させたまへ【給へ】」とて、たたけども【共】たたけども【共】とがむる
P06035
人もなかりけり。ややあて、内より人のいづる【出づる】
音のしければ、うれしう【嬉しう】おもひ【思ひ】て待ところ【所】に、
じやう【錠】をはづし【外し】、門をほそめ【細目】にあけ、いたひけ【幼気】
したる小女房、かほ【顔】ばかりさし−いだひ【出い】て、「門たがへ【違へ】
でぞさぶらふ【候ふ】らん。是には内裏より御使など
たまはる【賜る】べき所にてもさぶらは【候は】ず」と申せば、
中々返事-して、門たて【閉て】られ、じやう【錠】さされては
あしかり【悪しかり】なんとおもひ【思ひ】て、をし【押し】-あけ【開け】てぞ入に
ける。妻戸のきはのゑん【縁】に居て、「いかに、かやうの
P06036
所には御わたり【渡り】候やらん。君は御ゆへ【故】におぼし
めし【思し召し】−しづませ給ひて、御命もすでにあやうく【危ふく】
こそみえ【見え】させおはしまし候へ。ただうは【上】の空に申
とやおぼしめさ【思し召さ】れ候はん。御書を給てまい【参つ】て
候」とて、とりいだひ【取り出だい】てたてまつる【奉る】。ありつる女房
とりついで、小督殿にまいらせ【参らせ】たり。あけてみ【見】
たまへ【給へ】ば、まことに君の御書也けり。やがて御返
事かき、ひき【引き】-むすび【結び】、女房の装束一かさね【重ね】そへ
て出されたり。仲国、女房の装束をば肩にうち
P06037
かけ、申けるは、「余の御使で候はば、御返事のうへ【上】は、と
かう申にはおよび【及び】候はねども、日ごろ内裏にて
御琴あそばし【遊ばし】し時、仲国笛の役にめされ候し
奉公をば、いかでか御わすれ【忘れ】候べき。ぢき【直】の御返事
を承はらで帰まいら【参ら】ん事こそ、よに口おしう【惜しう】
候へ」と申ければ、小督殿げにもとやおもは【思は】れけん、
みづから返事し給ひけり。「それにもきか【聞か】せ
給ひつらん、入道相国のあまりにおそろしき【恐ろしき】
事をのみ申とききしかば、あさましさに、内裏
P06038
をばにげ【逃げ】−出て、此程はかかるすまゐ【住ひ】なれば、
琴などひく【弾く】事もなかりつれども【共】、さてもある
べきならねば、あすより大原のおく【奥】におもひ【思ひ】−たつ【立つ】
事のさぶらへ【候へ】ば、あるじの女房の、こよひばかりの
名残をおしう【惜しう】で、「今は夜もふけぬ。たち【立ち】きく【聞く】
人もあらじ」などすすむれ【勧むれ】ば、さぞなむかし【昔】の名残も
さすがゆかしくて、手なれし琴をひく【弾く】ほど【程】に、
やすうもきき【聞き】−出されけりな」とて、涙もせきあへ
たまは【給は】ねば、仲国も袖をぞぬらし【濡し】ける。ややあて、
P06039
仲国涙をおさへ【抑へ】て申けるは、「あすより大原の奥
におぼしめし【思し召し】−たつ【立つ】事と候は、御さまなどをかへ【変へ】
させたまふ【給ふ】べきにこそ。ゆめゆめあるべうも候はず。
さて君の御歎をば、何とかしまいらせ【参らせ】給べき。
是ばしいだし【出だし】まいらす【参らす】な」とて、ともにめし【召し】−具し
たるめぶ【馬部】、きつじやう【吉上】などとどめ【留め】をき、其屋を守護-
せさせ、竜【*寮】の御馬にうち【打ち】-の【乗つ】て、内裏へかへり【帰り】−まい
り【参り】たれば、ほのぼのとあけ【明け】にけり。「今は入御も
なりぬらん、誰して申入べき」とて、竜【*寮】の御馬
P06040
つながせ、ありつる女房の装束をばはね馬【跳ね馬】の−
障子になげ【投げ】−かけ、南殿の方へまいれ【参れ】ば、主上は
いまだ夜部の御座にぞ在ましける。「南に翔
北に嚮、寒雲を秋の鴈に付難し。東に出西に
流、只瞻望を暁の月に寄す」と、うちながめ【詠め】
させ給ふ所に、仲国つとまいり【参り】たり。小督殿の
御返事をぞまいらせ【参らせ】たる。君なのめならず御
感なて、「なんぢ【汝】やがてよ【夜】さり具してまいれ【参れ】」と
仰ければ、入道相国のかへり【返り】きき給はんところ【所】は
P06041
おそろしけれ【恐ろしけれ】ども【共】、これ又倫言なれば、雑色・
牛飼・牛・車きよげ【清気】に沙汰-して、さが【嵯峨】へ行むかひ【向ひ】、
まいる【参る】まじきよしやうやう【様々】にのたまへ【宣へ】ども、さまざま
にこしらへて、車にとり−のせ【乗せ】たてまつり【奉り】、内裏
へまいり【参り】たりければ、幽なる所にしのば【忍ば】せて、
よなよな【夜な夜な】めさ【召さ】れける程に、姫宮一所出来させ
給ひけり。此姫宮と申は、坊門の女院の御事也。
入道相国、何としてかもれ【漏れ】−きき【聞き】たまひ【給ひ】けん、「小督
がうせ【失せ】たりと−いふ事、あとかた【跡形】−なき空事なり
P06042
けり」とて、小督殿をとらへ【捕へ】つつ、尼になして
ぞはな【放つ】たる。小督殿出家はもとよりののぞみ【望み】
なりけれども【共】、心ならず尼になされて、年廿三、
こき【濃き】墨染にやつれはてて、嵯峨のへん【辺】にぞすま【住ま】
れける。うたてかりし事ども【共】也。かやう【斯様】の事共に
御悩はつかせ給ひて、遂に御かくれあり【有り】ける
とぞきこえ【聞え】し。法皇はうちつづき御歎のみ
ぞしげかり【滋かり】ける。去る永万には、第一の御子二条院
崩御なりぬ。安元二年の七月には、御孫六条院
P06043
かくれさせ給ぬ。天にすま【住ま】ば比翼の鳥、地に
すまば連理の枝とならんと、漢河の星をさし
て、御契あさから【浅から】ざりし建春門院、秋の霧
におかさ【侵さ】れて、朝の露ときえさせ給ひぬ。年月
はかさなれ【重なれ】ども【共】、昨日今日の御別の−やうに
おぼしめし【思し召し】て、御涙もいまだつき【尽き】せぬに、治承
四年五月には第二の皇子高倉宮うた【討た】れさせ
給ひぬ。現世後生たのみ【頼み】−おぼしめさ【思し召さ】れつる新院さへ
さきだた【先立た】せ給ひぬれば、とにかくにかこつ方なき
P06044
御涙のみぞすすみ【進み】ける。「悲の至て悲しきは、
老て後子にをくれ【後れ】たるよりも悲しきはなし。
恨の至て恨しきは、若して親に先立よりも
うらめしき【恨めしき】はなし」と、彼朝綱の相公の子息澄
明にをくれ【遅れ】て書たりけん筆のあと、今こそ
おぼしめし【思し召し】−知られけれ。さるままには、彼一乗妙
典の御読誦もおこたらせ給はず、三密行法
の御薫修もつもらせ給けり。天下諒闇に
成しかば、大宮人もおしなべて、花のたもとや
P06045
『廻文』S0605
やつれ【窶れ】けん。○入道相国かやうにいたくなさけ【情】なう
ふるまひ【振舞ひ】-をか【置か】れし事を、さすがおそろし【恐ろし】とや
おもは【思は】れけん、法皇なぐさめまいらせ【参らせ】んとて、安芸
の厳島の内侍が腹の御むすめ[M 「すすめ」とあり始めの「す」をミセケチ「む」と傍書]、生年十八に
成たまふ【給ふ】が、ゆう【優】に花やかにおはしけるを、法皇へ
まいらせ【参らせ】らる。上臈女房達あまたゑらば【選ば】れて
まいら【参ら】れけり。公卿殿上人おほく【多く】供奉-して、
ひとへに女御−まいり【参り】の如くにてぞあり【有り】ける。上皇
かくれ【隠れ】させ給ひて後、わづかに二七日だにも
P06046
へざるに、しかる【然る】べからずとぞ、人々内々はささやき
あはれける。さる程に、其比信濃国に、木曾冠
者義仲と−いふ源氏あり【有り】ときこえ【聞え】けり。故六条
判官為義が次男、故帯刀の先生義方【*義賢】が子也。
父義方【*義賢】は久寿二年八月十六日、鎌倉の悪源太
義平が為に誅せらる。其時義仲二歳なりし
を、母なくなく【泣く泣く】かかへて信乃【*信濃】へこえ、木曾中三兼遠
がもとにゆき、「是いかにも-してそだて【育て】て、人になし
てみせ【見せ】たまへ【給へ】」といひければ、兼遠うけ【受け】−と【取つ】て、かひ
P06047
がひしう廿余年養育す。やうやう長大するまま
に、ちから【力】も世にすぐれてつよく、心もならび
なく甲也けり。「ありがたきつよ弓【強弓】、勢兵、馬の上、
かちだち【徒立】、すべて上古の田村・利仁・与五【*余五】将軍、
知頼【*致頼】・保昌・先祖頼光、義家朝臣と−いふ共、争か
是にはまさるべき」とぞ、人申ける。或時めのとの
兼遠をめし【召し】てのたまひ【宣ひ】けるは、「兵衛佐頼朝
既に謀叛をおこし、東八ケ国をうちしたがへ【従へ】
て、東海道よりのぼり、平家をおひ【追ひ】-おとさ【落さ】んと
P06048
すなり。義仲も東山・北陸両道をしたがへて、
今一日も先に平家をせめ【攻め】おとし【落し】、たとへば、
日本国ふたり【二人】の将軍といは【言は】ればや」とほのめ
かしければ、中三兼遠大にかしこまり-悦で、
「其にこそ君をば今まで養育し奉れ。
かう仰らるるこそ、誠に八幡殿の御末ともおぼ
えさせ給へ」とて、やがて謀叛をくはたて【企て】けり。
兼遠にぐせ【具せ】られて、つねは都へのぼり、平家
の人々の振舞、ありさまをも見-うかがひ【窺ひ】けり。
P06049
十三で元服-しけるも、八幡へまいり【参り】八幡大菩薩の
御まへにて、「O[BH 我]四代の祖父義家朝臣は、此御神の
御子となて、名をば八幡太郎と号しき。
かつは其跡ををう【追ふ】べし」とて、八幡大菩薩の御宝前
にてもとどり【髻】とりあげ、木曾次郎義仲とこそ
つゐ【付い】たりけれ。兼遠「まづめぐらし文【廻らし文】候べし」とて、
信濃国には、禰の井【根井】の小野太、海野の行親を
かたらう【語らふ】に、そむく事なし。是をはじめて、信乃【*信濃】一
国の兵物ども【共】、なびかぬ草木もなかりけり。
P06050
上野国に故帯刀先生義方【*義賢】がよしみにて、
田子の郡の兵ども【共】、皆したがひ【従ひ】つきにけり。平家
末になる折をえ【得】て、源氏の年来の素懐を
『飛脚到来』S0606
とげんとす。○木曾と−いふ所は、信乃【*信濃】にとても南の
はし、美乃【*美濃】-ざかひなりければ、都も無下にほど【程】-
ちかし。平家の人々もれ【漏れ】−きひ【聞い】て、「東国のそむく【叛く】
だにあるに、北国さへこはいかに」とぞさはが【騒が】れける。
入道相国仰られけるは、「其もの心-にくからず。おも
へば信乃【*信濃】一国の兵共こそしたがひ【従ひ】−つくと−いふ共、越後
P06051
国には与五【*余五】将軍の末葉、城太郎助長、同四郎
助茂、これらは兄弟共に多勢のもの共なり。仰
くだしたらんずるに、やすう討てまいらせ【参らせ】てん
ず」とのたまひ【宣ひ】ければ、「いかがあらんずらむ」と、内々は
ささやくものもおほかり【多かり】けり。二月一日、越後国[B ノ]住
人城太郎助長、越後守に任ず。是は木曾追
討せられんずるはかり事とぞきこえ【聞え】し。同七日、
大臣以下、家々にて尊勝陀羅尼、不動明王かき【書】
供養-ぜらる。是は又兵乱-つつしみのため也。同九日、
P06052
河内国石河郡に居住したりける武蔵[B ノ]権守入道
義基、子息石河[B ノ]判官代義兼、平家をそむひ
て兵衛佐頼朝に心をかよはかし【通はかし】、已東国へ落
行べきよしきこえ【聞こえ】しかば、入道相国やがて打手
をさし【差し】-つかはす【遣はす】。打手の大将には、源太夫判官季
定、摂津判官盛澄、都合其勢三千余騎で発
向す。城内には武蔵[B ノ]権[B ノ]守入道義基、子息判官
代義兼を先として、其勢百騎ばかりにはすぎ【過ぎ】
ざりけり。時つくり矢合-して、いれ−かへ【入れ替へ】いれ−かへ【入れ替へ】数剋
P06053
たたかふ【戦ふ】。城[B ノ]内の兵ども【共】、手のきは【際】たたかひ【戦ひ】打死
するものおほかり【多かり】けり。武蔵[B ノ]権[B ノ]守入道義基打死
す。子息石河判官代義兼はいた手負ていけ
どり【生捕り】にせらる。同十一日、義基法師が頸都へ入て、
大路をわたさ【渡さ】る。諒闇に賊首をわたさ【渡さ】るる事
は、堀河天皇崩御の時、前対馬守源[B ノ]義親が
首をわたされし例とぞきこえ【聞え】し。○同十二日、
鎮西より飛脚到来、宇佐大宮司公通が申
けるは、「九州のものども【共】、緒方三郎をはじめとして、
P06054
臼杵・戸次・松浦党にいたるまで、一向平家を
そむひて源氏に同心」のよし申たりければ、「東国
北国のそむくだにあるに、こはいかに」とて、手をう【打つ】て
あさみ-あへり。同十六日、伊与【*伊予】国より飛脚到来
す。去年冬比より、河野[B ノ]四郎道清【*通清】をはじ
めとして、四国のものども【者共】みな平家をそむひ
て、源氏に同心のあひだ、備後国住人、ぬか【額】の
入道西寂、平家に心ざしふかかり【深かり】ければ、伊与【*伊予】の
国へおし-わたり、道前・道後のさかひ、高直城に
P06055
て、河野[B ノ]四郎道清【*通清】をうち候ぬ。子息河野[B ノ]四郎
道信【*通信】は、父がうた【討た】れける時、安芸[B ノ]国住人奴田[B ノ]次郎
は母方の伯父なりければ、それ【其れ】へこえ【越え】てあり【有り】-
あはず。河野[B ノ]道信【*通信】ちちをうた【討た】せて、「やすから【安から】ぬ
ものなり。いかにしても西寂を打とらむ」とぞ
うかがひ【伺ひ】ける。額入道西寂、河野[B ノ]四郎道清【*通清】を
う【討つ】て後、四国の狼籍【*狼藉】をしづめ、今年正月十五日に
備後のとも【鞆】へおし-わたり、遊君遊女共めし【召し】−あつめ【集め】
て、あそび【遊び】−たはぶれ【戯れ】さかもり【酒盛】けるが、先後もしら【知ら】ず
P06056
酔−ふし【臥し】たる処に、河野[B ノ]四郎おもひ【思ひ】−き【切つ】たる
ものども【共】百余人あひ語て、ばとおし-よす【押寄す】。西寂
が方にも三百余人あり【有り】ける物共、にはかの事
なれば、おもひ【思ひ】もまうけ【設け】ずあはて【慌て】ふためき
けるを、たて【立て】−あふ【合ふ】ものをばい【射】ふせ【伏せ】、きり【斬り】ふせ【伏せ】、まづ
西寂を生どりにして、伊与【*伊予】国へおし-わたり【押渡り】、父が
うた【討た】れたる高直城へさげ【提げ】もてゆき、のこぎり【鋸】で
頸をき【斬つ】たりともきこえ【聞え】けり。又はつけ【磔】にしたり
『入道死去』S0607
ともきこえ【聞え】けり。○其後四国の兵共、みな河野[B ノ]四郎に
P06057
したがひ【従ひ】−つく。熊野[B ノ]別当湛増も、平家重恩の身
なりしが、それ【其れ】もそむひて、源氏に同心の由
聞えけり。凡東国北国ことごとく【悉く】そむきぬ。南
海西海かくのごとし。夷狄の蜂起耳を驚かし、
逆乱の先表頻に奏す。四夷忽に起れり。世は
只今うせなんずとて、必ず平家の一門ならね共、
心ある人々のなげき【歎き】かなしま【悲しま】ぬはなかりけり。
[B 入道死去イ]○同廿三日、公卿僉議あり【有り】。前[B ノ]右大将宗盛卿申されけるは、
坂東へ打手はむかう【向う】たりといへども【共】、させるしいだし【出し】
P06058
たる事も候はず。今度宗盛、大将軍を承はて
向べきよし申されければ、諸卿色代して、「ゆゆし
う候なん」と申されけり。公卿殿上人も武官に
備はり、弓箭に携らん人々は、宗盛[B ノ]卿を大将軍
にて、東国北国の凶徒等追討すべきよし仰下
さる。同廿七日、前[B ノ]右大将宗盛[B ノ]卿、源氏追討の為に、東
国へ既に門出ときこえ【聞え】しが、入道相国違例の
御心ちとてとどまり給ひぬ。明る廿八日より、重病
をうけ【受け】給へりとて、京中・六波羅「すは、しつる事を」
P06059
とぞささやきける。入道相国、やまひ【病ひ】つき給ひし日
よりして、水をだにのど【咽喉】へも入給はず。身の内の
あつき【熱き】事火をたくが如し。ふし【臥し】たまへ【給へ】る所四五間が
内へ入ものは、あつさ【熱さ】たへ【堪へ】がたし。ただのたまふ【宣ふ】事
とては、「あたあた」とばかり也。すこし【少し】もただ事とは
みえ【見え】ざりけり。比叡山より千手井の水をくみ
くだし、石の舟にたたへ【湛へ】て、それにおり【下り】てひへ【冷え】
たまへ【給へ】ば、水おびたたしく【夥しく】わき【沸き】−あが【上がつ】て、程なく
湯にぞなりにける。もしやたすかり【助かり】たまふ【給ふ】と、
P06060
筧の水をまかせ【任せ】たれば、石やくろがね【鉄】などの
やけ【焼け】たるやうに、水ほどばし【迸ばしつ】てより【寄り】−つか【付か】ず。をのづか
らあたる水はほむらとなてもえ【燃え】ければ、くろ
けぶり殿中にみちみちて、炎うずまひて
あがり【上がり】けり。是や昔法蔵僧都といし人、閻王の
請におもむひ【赴むい】て、母の生所を尋しに、閻王あはれ
み給ひて、獄卒をあひ-そへ【添へ】て焦熱地獄へつか
はさ【遣さ】る。くろがね【鉄】の門の内へさし入ば、流星などの
如くに、ほのを【炎】空へたち【立ち】−あがり【上がり】、多百由旬に及けん
P06061
も、今こそおもひ【思ひ】−しら【知ら】れけれ。入道相国の北の
方、二位の夢にみ【見】給ひける事こそおそろし
けれ【恐ろしけれ】。猛火のおびたたしくもえ【燃え】たる車を、門の
内へやり入たり。前後に立たるものは、或は馬の
面の−やうなるものもあり【有り】、或は牛の面の−やう
なるものもあり【有り】。車のまへには、無と−いふ文字
ばかりぞみえ【見え】たる鉄の札をO[BH ぞ]立たりける。二位殿夢
の心に、「あれはいづくよりぞ」と御たづね【尋ね】あれば、
「閻魔の庁より、平家太政入道殿の御迎にまい【参つ】
P06062
て候」と申。「さて其札は何と−いふ札ぞ」ととは【問は】せ給
へば、「南閻浮提金銅十六丈の盧遮那仏、焼ほろぼ
したまへ【給へ】る罪に−よて、無間の底に堕給ふべきよし、
閻魔の庁に御さだめ【定め】候が、無間の無をばかか【書か】れ
て、間の字をばいまだかかれぬ也」とぞ申ける。
二位殿うちおどろき、あせ水【汗水】になり、是を人々に
かたり給へば、きく【聞く】人みな身の毛よ立けり。霊仏
霊社に金銀七宝をなげ、馬・鞍・鎧甲・弓矢・太刀、
刀にいたるまで、とり【取り】いで【出で】はこび出しいのら【祈ら】れ
P06063
けれども【共】、其しるしもなかりけり。男女の君達
あと枕【後枕】にさし−つどひ【集ひ】て、いかにせんとなげき【歎き】かな
しみたまへ【給へ】ども、かなう【叶ふ】べしともみえ【見え】ざりけり。
同閏二月二日、二位殿あつう【熱う】たへ【堪へ】がたけれども【共】、御枕の
上によ【寄つ】て、泣々のたまひ【宣ひ】けるは、「御ありさま
み【見】たてまつる【奉る】に、日にそへてたのみ【頼み】−ずくなうこそ
みえ【見え】させ給へ。此世におぼしめし【思し召し】−をく【置く】事あらば、
すこし【少し】もののおぼえ【覚え】させ給ふ時、仰をけ【置け】」とぞ
のたまひ【宣ひ】ける。入道相国、さしも日来はゆゆしげに
P06064
おはせしかども、まこと【誠】にくるしげ【苦し気】にて、いき【息】の
下にのたまひ【宣ひ】けるは、「われ保元・平治よりこの【此の】-かた、
度々の朝敵をたいらげ【平げ】、勧賞身にあまり、
かたじけなく【忝く】も帝祖太政大臣にいたり、栄花子
孫に及ぶ。今生の望一事ものこる【残る】処なし。
ただしおもひ【思ひ】をく【置く】事とては、伊豆国の流人、
前兵衛佐頼朝が頸を見ざりつるこそやすから【安から】ね。
われいか【如何】にもなりなん後は、堂塔をもたて、孝養
をもすべからず。やがて打手をつかはし【遣し】、頼朝が首
P06065
をはねて、わがはか【墓】のまへにかく【懸く】べし。それぞ
孝養にてあらんずる」とのたまひ【宣ひ】けるこそ罪
ふかけれ。同四日、やまひ【病ひ】にせめられ、せめての事に
板に水をゐ【沃】て、それにふしまろび【伏し転び】たまへ【給へ】ども【共】、
たすかる【助かる】心ち【心地】もしたまは【給は】ず、悶絶■地-して、
遂にあつち死にぞしたまひ【給ひ】ける。馬車のはせ【馳せ】−
ちがう【違ふ】音、天もひびき大地もゆるぐ程也。一天の
君、万乗のあるじの、いかなる御事在ますとも【共】、
是には過じとぞみえ【見え】し。今年は六十四にぞ
P06066
なりたまふ【給ふ】。老じに【老死に】と−いふべきにはあらねども、
宿運忽につきたまへ【給へ】ば、大法秘法の効験もなく、
神明三宝の威光もきえ、諸天も、擁護し
たまは【給は】ず。況や凡慮におひて【於いて】をや。命にかはり
身にかはらんと忠を存ぜし数万の軍旅は、
堂上堂下に次居たれども【共】、是は目にもみえ【見え】ず、
力にもかかはらぬ無常の殺鬼をば、暫時も
たたかひ【戦ひ】−かへさ【返さ】ず。又かへり【帰り】−こぬ四手の山、みつ瀬河【三瀬河】、
黄泉中有の旅の-空に、ただ一所こそおもむき【赴き】
P06067
給ひけめ。日ごろつくり【作り】-をか【置か】れし罪業ばかりや
獄率となてむかへ【迎へ】に来りけん、あはれ【哀】なりし
事共也。さてもあるべきならねば、同七日、をたぎ【愛宕】
にて煙になしたてまつり【奉り】、骨をば円実法眼
頸にかけ、摂津国へくだり、経の島にぞおさめ【納め】
ける。さしも日本一州に名をあげ、威をふるし
人なれども【共】、身はひとときの煙となて都の空
に立のぼり、かばね【屍】はしばしやすらひて、浜の
砂にたはぶれ【戯れ】つつ、むなしき【空しき】土とぞなりたまふ【給ふ】。
P06068
『築島』S0608
○やがて葬送の夜、ふしぎ【不思議】の事あまたあり【有り】。玉
をみがき金銀をちりばめて作られたりし
西八条殿、其夜にはかにやけ【焼け】ぬ。人の家のやくる【焼くる】は、
つね【常】のならひ【習ひ】なれども、あさましかりし事共
也。何もののしわざにや有けん、放火とぞ聞えし。
又其夜六波羅の南にあたて、人ならば二三十人
がこゑ【声】して、「うれしや水、なる【鳴る】は滝の水」と−いふ
拍子を出してまひ【舞ひ】おどり【踊り】、どとわらう【笑ふ】声しけり。
去る正月には上皇かくれ【隠れ】させ給ひて、天下諒闇
P06069
になりぬ。わづかに中一両月をへだてて、入道相国
薨ぜられぬ。あやしのしづのお【賎男】、しづのめ【賎女】にいたる
までも、いかがうれへ【愁へ】ざるべき。是はいかさまにも
天狗の所為と−いふさた【沙汰】にて、平家の侍のなかに、
はやりを【逸男】の若物【若者】ども【共】百余人、わらう【笑ふ】声について
たづね【尋ね】-ゆいてみれ【見れ】ば、院の御所法住寺殿に、この
二三年院もわたらせたまは【給は】ず、御所−あづかり【預り】
備前前司基宗と−いふものあり【有り】、彼基宗があひ
知たる物ども【共】二三十人、よ【夜】にまぎれて来り集り、
P06070
酒をのみ【飲み】けるが、はじめはかかる折ふしにおと【音】な
せそとてのむ【飲む】程に、次第にのみ酔て、か様【斯様】に
舞-おどり【踊り】けるなり。ばとをし【押し】−よせ【寄せ】て、酒に酔
ども、一人ももらさ【漏らさ】ず卅人ばかりからめて、六波羅へ
い【率】てまいり【参り】、前右大将宗盛卿のをはしける坪の
内にぞひ【引つ】−すへ【据ゑ】たる。事の子細をよくよくたづね【尋ね】-きき
給ひて、「げにもそれほど【程】に酔たらんものをば、きる【斬る】
べきにもあらず」とて、みなゆるさ【赦さ】れけり。人のうせ【失せ】
ぬるあとには、あやしのものも朝夕にかね【鐘】うち
P06071
ならし【鳴らし】、例時懺法よむ事はつね【常】のならひ【習ひ】
なれども【共】、此禅門薨ぜられぬる後は、供仏施僧
のいとなみと−いふ事もなし。朝夕はただいくさ【軍】
合戦のはかり事より外は他事なし。凡は
さい後【最後】の所労のありさまこそうたてけれ共、まこと【誠】
にはただ【凡】人ともおぼえぬ事ども【共】おほかり【多かり】けり。
日吉社へまいり【参り】たまひ【給ひ】しにも、当家他家の公卿
おほく【多く】供奉-して、「摂禄の-臣の春日御参詣、宇
治-いり【入り】などいふとも、是には争かまさるべき」とぞ
P06072
人申ける。又何事よりも、福原の経の島つい【築い】て、
今の世にいたるまで、上下往来の船のわづらひ【煩ひ】
なきこそ目出けれ。彼島は去る応保元年二月
上旬に築はじめ【始め】られたりけるが、同年の八月に、
にはかに大風吹大なみ【浪】たて、みなゆり【淘り】-うしなひ【失なひ】てき。
又同三年三月下旬に、阿波民部重能を奉行
にてつか【築か】せられけるが、人柱たて【立て】らるべしなど、公卿
御僉議有しか共、それは罪業なりとて、石の面に一切
経をかひ【書い】てつか【築か】れたりけるゆへ【故】にこそ、経の島とは名づけ
P06073
『慈心房』S0609
たれ。○ふるひ【古い】人の申されけるは、清盛公は悪人と
こそおもへ【思へ】ども【共】、まことは慈恵僧正の再誕なり。
其故は、摂津国清澄寺と−いふ山寺あり【有り】。彼寺
の住僧慈心房尊恵と申けるは、本は叡山の
学侶多年法花の侍者【*持者】なり。しかる【然る】に、道心を
おこし【起こし】離山-して、此寺に年月ををくり【送り】ければ、
みな人是を帰依-しけり。去る承安二年十二月
廿二日の夜、脇息によりかかり、法花経よみ【読み】たて
まつり【奉り】けるに、丑剋ばかり、夢ともなくうつつ【現】とも【共】
P06074
なく、年五十ばかりなる男の、浄衣に立烏帽子
きて、わらづ【草鞋】はばき【脛巾】したるが、立文をも【持つ】て来れり。
尊恵「あれはいづくよりの人ぞ」ととひ【問ひ】ければ、
「閻魔王宮よりの御使也。宣旨候」とて、立文を
尊恵にわたす。尊恵是をひらい【披い】てみれ【見れ】ば、
■[*口+屈]請、閻浮提大日本国摂津国清澄寺の慈心
房尊恵、来廿六日閻魔羅城大極殿にして、
十万人の持経者を−もて、十万部の法花経を
転読せらるべき也。仍参懃【*参勤】せらるべし。閻王宣に−
P06075
よて、■[*口+屈]請如件[* この下に一、二字分の空白有り]。承安二年十二月廿二日閻魔
の庁とぞかか【書か】れたる。尊恵いなみ【辞み】申べき事なら
ねば、左右なう領状の請文をかひ【書い】てたてまつる【奉る】
とおぼえてさめ【覚め】にけり。ひとへに死去の思を
なして、院主の光影房に此事をかたる。みな【皆】
人寄特【*奇特】のおもひ【思ひ】をなす。尊恵口には弥陀の名
号をとなへ、心には引摂の悲願を念ず。やうやう
廿五日の夜陰に及で、常住の仏前にいたり、
例のごとく脇息によりかか【寄り掛つ】て念仏読経す。子[B ノ]
P06076
剋に及で眠切なるが故に、住房にかへ【帰つ】てうち−
ふす【臥す】。丑剋ばかりに、又先のごとくに浄衣装束
なる男二人来て、「はやはやまいら【参ら】るべし」とすすむる【勧むる】
あひだ、閻王宣を辞せんとすれば甚其恐あり【有り】、
参詣せんとすれば更に衣鉢なし。此おもひ【思ひ】を
なす時、法衣自然に身にまとて肩にかかり、
天より金の鉢くだる。二人の童子、二人の従僧、十人
の下僧、七宝の大車、寺坊の前に現ずる。尊恵
なのめならず悦て、即時に車にのる。従僧等
P06077
西北の方にむか【向つ】て空をかけて、程なく閻魔王
宮にいたりぬ。王宮の体をみる【見る】に、外郭渺々
として、其内曠々たり。其内に七宝所成の
大極殿あり【有り】。高広金色にして、凡夫のほむる
ところ【所】にあらず。其日の法会をは【終つ】て後、請僧
みなかへる【帰る】時、尊恵南方の中門に立て、はるかに
大極殿を見わたせば、冥官冥衆みな閻魔法
王の御前にかしこまる。尊恵「ありがたき参詣也。
此次に後生の事尋申さん」とて、大極殿へ
P06078
まいる【参る】。其間に二人の童子蓋をさし、二人の従
僧箱をもち、十人の下僧列をひいて、やうやう
あゆみ【歩み】ちかづく時、閻魔法王、冥官冥衆みなこと
ごとく【悉く】おり【降り】−むかふ【向ふ】。多聞・持国二人[B ノ]童子に現じ、薬王
菩薩・勇施菩薩二人の従僧に変ず。十羅刹女
十人の下僧に現じて、随逐[* 「随遂」と有るのを他本により訂正]給仕-し給へり。閻王問
てのたまは【宣は】-く、「余僧みな帰り-さん【去ん】ぬ。御房来事
いかん」。「後生の在所承はらん為也」。「ただし【但し】往生不往生は、
人の信不信にあり【有り】」と云々。閻王又冥官に勅て
P06079
の給-く、「此御房の作善のふばこ【文箱】、南方の宝蔵に
あり【有り】。とり出して一生の行、化他の碑文みせ【見せ】奉れ」。
冥官承はて、南方の宝蔵にゆいて、一の文箱を
と【取つ】てまいり【参り】たり。良蓋をひらいて是をことごと
くよみ【読み】−きかす。尊恵悲歎啼泣−して、「ただ
願くは我を哀愍-して出離生死の方法を
をしへ【教へ】、証大菩提の直道をしめしたまへ【給へ】」。其時
閻王哀愍教化-して、種々の偈を誦す。冥
官筆を染て一々に是をかく。
P06080
妻子王位財眷属 死去無一来相親
常随業鬼繋縛我 受苦叫喚無辺際 K052
閻王此偈を誦し-おはて、すなはち彼文を
尊恵に附属す。尊恵なのめならず悦て、「日本の
平大相国と申人、摂津国和多の御崎を点じて、
四面十余町に屋をつくり【作り】、けふの十万僧会の
ごとく、持経者をおほく【多く】■[*口+屈]請して、坊ごとに
一面に座につき説法読経丁寧に勤行を
いたされ候」と申ければ、閻王随喜感嘆-して、
P06081
「件の入道はただ人にあらず。慈恵僧正の化身
なり。天台の仏法護持のために日本に再誕す。
かるがゆへに、われ毎日に三度彼人を礼する
文あり【有り】。すなはち此文をも【持つ】て彼人にたて
まつる【奉る】べし」とて、
敬礼慈恵大僧正 天台仏法擁護者
示現最初将軍身 悪業衆生同利益 K053
尊恵是を給はて、大極殿の南方の中門を
いづる【出づる】時、官士等十人門外に立て車にのせ【乗せ】、
P06082
前後にしたがふ。又空をかけて帰来る。夢の
心ち【心地】-していき【生き】出にけり。尊恵是をも【持つ】て西八
条へまいり【参り】、入道相国にまいらせ【参らせ】たりければ、なの
めならず悦てやうやう【様々】にもてなし、さまざまの
引出物共たう【賜う】で、その勧賞に律師になされ
けるとぞきこえ【聞え】し。さてこそ清盛公をば
『祇園女御』S0610
慈恵僧正の再誕也と、人しり【知り】てげれ。○又ある
人の申けるは、清盛は忠盛が子にはあらず、
まこと【誠】には白河院の皇子也。その【其の】故は、去る永久
P06083
の比ほひ、祇園女御と聞えしさいはひ人【幸人】
おはし【在し】ける。件の女房のすまひ所【住所】は、東山の麓、
祇園のほとりにてぞあり【有り】ける。白河院つねは
御幸なりけり。ある時殿上人一両人、北面少々
めし【召し】−具して、しのび【忍び】の御幸有しに、比はさ月【五月】
廿日-あまりのまだよひ【宵】の事なれば、目ざす
ともしらぬやみ【闇】ではあり【有り】、五月雨さへかきくらし、
まこと【誠】にいぶせかりけるに、件の女房の宿所
ちかく【近く】御堂あり【有り】。御堂のかたはら【傍】にひかりもの【光物】
P06084
いでき【出で来】たり。かしら【頭】はしろかね【銀】のはり【針】をみがき【磨き】
たてたる[* 「らる」と有るのを他本により訂正]やうにきらめき、左右の手とおぼし
きをさし-あげ【差し上げ】たるが、片手にはつち【槌】の−やうなる
ものをもち、片手にはひかる【光る】もの【物】をぞも【持つ】たり
ける。君も臣も「あなおそろし【恐ろし】。是はまこと【誠】の
鬼とおぼゆる【覚ゆる】。手にもて【持て】る物はきこゆる【聞ゆる】うちで【打出】
のこづち【小槌】なるべし。いかがせん」とさはが【騒が】せおはします
ところ【所】に、忠盛其比はいまだ北面の下臈で
供奉したりけるをめし【召し】て、「此中にはなんぢ【汝】ぞ
P06085
あるらん。あのものい【射】もころし【殺し】、きり【斬り】もとどめ【留め】なん
や」と仰ければ、忠盛かしこまり【畏まり】承はてゆき【行き】-
むかふ【向ふ】。内々おもひ【思ひ】けるは、「此もの、さしもたけき【猛き】
物とは見ず。きつね【狐】たぬき【狸】などにてぞある【有る】らん。
是をい【射】もころし【殺し】、きり【斬り】もころし【殺し】たらんは、無下に
念なかるべし。いけどり【生捕り】にせん」とおも【思つ】てあゆみ【歩み】
よる。とばかりあてはさとひかり【光り】、とばかりあては
さとひかり、二三度しけるを、忠盛はしり【走り】−よ【寄つ】て、
むずとくむ【組む】。くま【組ま】れて、「こはいかに」とさはぐ【騒ぐ】。変
P06086
化の−もの【物】にてはなかりけり。はや人にてぞあり【有り】
ける。其時上下手々に火をともひ【点い】て、是を
御らん【覧】じ−見給に、六十ばかりの法師也。たとへば、
御堂の承仕法師であり【有り】けるが、御あかし【燈】まいら
せ【参らせ】んとて、手瓶と−いふ物に油を入てもち、片手
にはかはらけ【土器】に火を入てぞも【持つ】たりける。雨は
ゐ【沃】にい【沃】てふる。ぬれ【濡れ】じとて、かしら【頭】にはこむぎ【小麦】の
わら【藁】を笠の−やうにひき【引き】−むすふ【結う】でかづひ【被い】たり。かはら
けの火にこむぎ【小麦】のわらかかやい【輝い】て、銀の針の−
P06087
やうには見えけるなり。事の−体一々にあら
はれ【露はれ】ぬ。「これをい【射】もころし【殺し】、きり【斬り】もころし【殺し】たらんは、
いかに念なからん。忠盛がふるまひ【振舞】-やうこそ思
慮ふかけれ。弓矢とる身はやさしかり」とて、
その勧賞にさしも御最愛ときこえ【聞え】し
祇園女御を、忠盛にこそたう【賜う】だりけれ。さてかの
女房、院の御子をはらみ【妊み】たてまつり【奉り】しかば、「うめ【産め】らん
子、女子ならば朕が子にせん、男子ならば忠盛が
子にして弓矢とる身にしたてよ【仕立てよ】」と仰けるに、
P06088
すなはち男をうめり。此事奏聞せんとうかが
ひ【窺ひ】けれども【共】、しかる【然る】べき便宜もなかりけるに、
ある時白河院、熊野へ御幸なりけるが、紀伊
国いとが坂【糸鹿坂】と−いふ所に御輿かきすゑ【据ゑ】させ、しばらく
御休息有けり。やぶ【薮】にぬか子のいくらもあり【有り】
けるを、忠盛袖にもりいれ【入れ】て、御前へまいり【参り】、
いもが子ははう【這ふ】程にこそなりにけれ
と申たりければ、院やがて御心得あて、
ただもりとりてやしなひ【養ひ】にせよ W047
P06089
とぞつけ【付け】させましましける。それよりしてこそ
我子とはもてなしけれ。此若君あまりに
夜なき【夜泣】をしたまひ【給ひ】ければ、院きこしめさ【聞し召さ】れて、
一首の御詠をあそばし【遊ばし】てくださ【下さ】れけり。
夜なき【夜泣】−すとただもりたてよ末の代に
きよく【清く】さかふる【盛ふる】こともこそあれ W048
さてこそ、清盛とはなのら【名乗ら】れけれ。十二の歳
兵衛[B ノ]佐になる。十八の歳四品-して四位の兵
衛佐と申しを、子細存知せぬ人は、「花族の人
P06090
こそかふは」と申せば、鳥羽院しろしめさ【知ろし召さ】れて、
「清盛が花族は、人におとらじな」とぞ仰ける。昔も
天智天皇はらみたまへ【給へ】る女御を大織冠に
たまふとて、「此女御のうめ【産め】らん子、女子ならば
朕が子にせん、男子ならば臣が子にせよ」と仰
けるに、すなはち男をうみ給へり。多武峯の本願
定恵和尚是なり。上代にもかかるためし【例】あり【有り】
ければ、末代にも平大相国、まこと【誠】に白河院の御
子にておはしければにや、さばかりの天下の大事、
P06091
都うつりなどいふたやすからぬ事-どもおもひ【思ひ】-
たた【立た】れけるにこそ。同閏[* 「潤」と有るのを他本により訂正]二月廿日、五条大納言国綱【*邦綱】
卿うせ【失せ】たまひ【給ひ】ぬ。平大相国とさしも契ふかう【深う】、心
ざしあさから【浅から】ざりし人なり。せめてのちぎり【契り】の
ふかさ【深さ】にや、同日に病-つい【付い】て、同月にぞうせ【失せ】られ
ける。此大納言と申は、兼資【*兼輔】の中納言より八代
の末葉、前[B ノ]右馬助守国【*盛国】が子也。蔵人にだになら【成ら】ず、
進士雑色とて候はれしが、近衛[B ノ]院御在位の
時、仁平の比ほひ、内裏に俄焼亡出きたり。
P06092
主上南殿に出御有しかども【共】、近衛司一人も参ぜ
られず。あきれてたた【立た】せおはしましたるところ【所】に、
此国綱【*邦綱】腰輿をかか【舁か】せてまいり【参り】、「か様【斯様】の時は、かかる
御輿にこそめさ【召さ】れ候へ」と奏しければ、主上是に
めし【召し】て出御あり【有り】。「何ものぞ」と御尋有ければ、「進士の
雑色藤原国綱【*邦綱】」となのり【名乗り】申。「かかるさかざかしき
物こそあれ、めし【召し】−つかは【使は】るべし」と、其時の殿下、
法性寺殿へ仰合られければ、御領あまたたび【賜び】
などして、めし【召し】−つかは【使は】れける程に、おなじ御門の
P06093
御代にやはた【八幡】へ行幸有しに、人丁が酒に酔
て水にたふれ【倒れ】−入、装束をぬらし、御神楽遅
々したりけるに、此国綱【*邦綱】「神妙にこそ候はねども【共】、
人丁が装束はもたせて候」とて、一くだりいだ
さ【出ださ】れたりければ、是をえ[B 「み」に「え」と傍書]て御神楽ととのへ【調へ】奏し
けり。程こそすこし【少し】おし【推し】-うつり【移り】たりけれども、
歌のこゑ【声】もすみのぼり【澄み上り】、舞の袖、拍子にあふ【合う】
ておもしろかりけり。物の身にしみて面白事は、
神も人もおなじ心也。むかし天の岩戸をおし【押し】-
P06094
ひらか【開か】れけん神代のことわざまでも、今こそ
おぼしめし【思し召し】−しら【知ら】れけれ。やがて此国綱【*邦綱】の先祖に、
山陰中納言と−いふ人おはしき。其子に助務【*如無】僧
都とて、智恵才学身にあまり、浄行持律の
僧おはし【在し】けり。昌泰の比ほひ、寛平法皇大井河
へ御幸有しに、勧修寺の内大臣高藤公の御子、
泉の大将貞国、小蔵山【*小倉山】の嵐に烏帽子を河へ吹
入られ、袖にてもとどり【髻】をおさへ【抑へ】、せんかたなくて
た【立つ】たりけるに、此助務【*如無】僧都、三衣箱の中より
P06095
烏帽子ひとつ【一つ】とり【取り】−出されたりけるとかや。かの僧
都は、父山陰[B ノ]中納言、太宰大弐になて鎮西へ
くだら【下ら】れ〔け〕る時、二歳なりしを、継母にくんで、あから
さまにいだく【抱く】やうにして海におとし【落し】入、ころさ【殺さ】んと
しけるを、しに【死に】にけるまこと【誠】の母、存生の時、かつら【桂】の
うかひ【鵜飼】が鵜の餌にせんとて、亀をと【取つ】てころ
さ【殺さ】んとしけるを、き【着】給へる小袖をぬぎ、亀にかへ【換へ】、
はなさ【放さ】れたりしが、其恩を報ぜんと、此きみ【君】おとし【落し】
入ける水のうへ【上】にうかれ【浮かれ】来て、甲にのせ【乗せ】てぞ
P06096
たすけ【助け】たりける。それは上代の事なればいかが
有けん、末代に国綱【*邦綱】卿の高名ありがたかりし
事共也。法性寺殿の御世に中納言になる。法性寺
殿かくれさせ給ひて後、入道相国存ずる旨あり【有り】
とて、此人にかたらひ【語らひ】より給へり。大福長者にて
おはしければ、何にてもかならず【必ず】毎日に一種を、
入道相国のもとへをくら【送ら】れけり。「現世のとくひ【得意】、
この人に過べからず」とて、子息一人養子にして、
清国となのら【名乗ら】せ、又入道相国の四男頭中将重衡は、
P06097
かの大納言の聟になり、治承四年の五節は
福原にておこなはれけるに、殿上人、中宮の
御方へ推参あ[B ッ]【有つ】しが、或雲客の「竹湘浦に斑なり」
と−いふ朗詠をせられたりければ、此大納言立
聞-して、「あなあさまし、是は禁忌也とこそ
承はれ。かかる事きく【聞く】ともきかじ」とて、ぬきあし【抜足】-
してにげ【逃げ】−出られぬ。たとへば、此朗詠の心は、むかし【昔】
尭の-御門に二人の姫宮ましましき。姉をば
娥黄といひ、妹をば女英と−いふ。ともに舜の-御
P06098
門の后也。舜の-御門かくれ給ひて、彼蒼梧の野
辺へをくり【送り】たてまつり【奉り】、煙となし奉る時、二人
のきさき【后】名残をおしみ【惜しみ】奉り、湘浦と−いふ所
までしたひ【慕ひ】つつなき【泣き】かなしみ給ひしに、その
涙岸の竹にかか【掛つ】て、まだら【斑】にぞそみ【染み】たりける。
其後もつねは彼所におはし【在し】て、瑟をひいてなぐ
さみ【慰さみ】たまへ【給へ】り。今かの所をみる【見る】なれば、岸の竹は
斑にてたて【立て】り。琴を調べし跡には雲たなびいて、
物あはれ【哀】なる心を、橘相公の賦に作れる也。此大納言は、
P06099
させる文才詩歌うるはしうはおはせざりしか共、
かかるさかざかしき人にて、かやうO[BH の]事までも
聞とがめられけるにこそ。此人大納言まではおもひ【思ひ】
もよらざりしを、母うへ賀茂大明神に歩をは
こび、「ねがは【願は】くは我子の国綱【*邦綱】一日でもさぶらへ【候へ】、
蔵人頭へ【経】させ給へ」と、百日肝胆をくだひて
祈申されけるが、ある夜の夢に、びりやう【檳榔】の−
車をゐて来て、我家の車よせ【車寄せ】にたつ【立つ】と−
いふ夢をみ【見】て、是人にかたり給へば、「それは
P06100
公卿の北方にならせ給べきにこそ」とあはせ【合はせ】たり
ければ、「我年すでに闌たり。今更さやうの
ふるまひ【振舞】あるべしとも【共】おぼえず」とのたまひ【宣ひ】けるが、
御子の国綱【*邦綱】、蔵人[B ノ]頭は事もよろし、正二位大
納言にあがり【上がり】給ふこそ目出けれ。同廿二日、法皇は
院の御所法住寺殿へ御幸なる。かの御所は去る
応保三年四月十五日につくり出されて、新比叡・
新熊野などもまぢかう勧請-し奉り、山水
木立にいたるまでおぼしめす【思し召す】ままなりしが、
P06101
此二三年は平家の悪行によて御幸も
ならず。御所の破壊したるを修理-して、御幸
なし奉べきよし、前右大将宗盛卿奏せられたりければ、
「なん【何】のやう【様】もあるべからず。ただとうとう」とて
御幸なる。まづ故建春門院の御方を御らん【覧】ずれば、
岸の松、汀の柳、年へ【経】にけりとおぼえて、
木だかく【高く】なれるにつけても、太腋の芙蓉、
未央の柳、これにむかふ【向ふ】にいかん【如何】がなんだ【涙】すすま【進ま】
ざらん。彼南内西宮のむかしの跡、今こそおぼし
P06102
めし【思し召し】−しられけれ。三月一日、南都の僧綱等
本官に覆して、末寺庄園もとの如く知行
すべきよし仰下さる。同三日、大仏殿作りはじめ
らる。事始の奉行には、蔵人左少弁行■【*行隆】とぞ
きこえ【聞え】し。此行■【*行隆】、先年やはた【八幡】へまいり【参り】、通夜
せられたりける夢に、御宝殿の内よりびんづら【鬢】
ゆうたる天童のいで【出で】て、「是は大菩薩の使なり。
大仏殿奉行の時は、是をもつべし」とて、
笏を給はると−いふ夢をみ【見】て、さめて後み【見】たま
P06103
へ【給へ】ば、うつつ【現】にあり【有り】けり。「あなふしぎ【不思議】、当時何事あて
か大仏殿奉行にまいる【参る】べき」とて、懐中-して宿
所へ帰り、ふかう【深う】おさめ【収め】てをか【置か】れたりけるが、平家
の悪行に−よて南都炎上の間、此行■【*行隆】、弁の
なかにゑらば【選ば】れて、事始の奉行にまいら【参ら】れける
宿縁の程こそ目出けれ。同三月十日、美乃【*美濃】目代、
都へ早馬を−もて申けるは、東国源氏ども【共】
すでに尾張国までせめ【攻め】−のぼり【上り】、道をふさぎ、
人をとをさ【通さ】ぬよし申たりければ、やがて打手
P06104
をさし−つかはす【遣す】。大将軍には、左兵衛[B ノ]督知盛、左[B ノ]中
将清経、小松[B ノ]少将有盛、都合其勢三万余騎
で発向す。入道相国うせ【失せ】給て後、わづかに五旬を
だにも過ざるに、さこそみだれたる世といひながら、
あさましかりし事どもなり。源氏の方には、大将軍
十郎蔵人行家、兵衛[B ノ]佐のおとと【弟】卿公義円、都合
其勢六千余騎、尾張川をなかにへだてて、源平
両方に陣をとる。同十六日の夜半ばかり、源氏の
勢六千余騎河をわたひ【渡い】て、平家三万余騎が
P06105
中へおめひ【喚い】てかけ入、明れば十七日、寅の剋
より矢合-して、夜の明までたたかう【戦ふ】に、平家
のかた【方】にはちともさはが【騒が】ず。「敵は川をわたひ【渡い】
たれば、馬もののぐ【物具】もみなぬれ【濡れ】たるぞ。それを
しるし【標】でうてや」とて、大勢のなかにとり【取り】こめ【籠め】
て、「あます【余す】な、もらす【漏らす】な」とてせめ【攻め】たまへ【給へ】ば、源氏
の勢のこり【残り】−ずくなふ打-なされ、大将軍行家、
からき【辛き】命いき【生き】て、川よりひがし【東】へひき【引き】−しりぞく【退く】。
卿公義円はふか入【深入り】−してうた【討た】れにけり。平家やがて
P06106
川をわたひ【渡い】て、源氏をお物射にい【射】てゆく。源氏
あそこここでかへし【返し】−あはせ【合はせ】かへし【返し】あはせ【合はせ】ふせき【防き】けれ共、
敵は大勢、みかた【御方】は無勢なり。かなふ【適ふ】べしとも
みえ【見え】ざりけり。「水駅をうしろにする事なかれ
とこそいふに、今度の源氏のはかりこと【策】おろか也」
とぞ人申ける。さる程に、大将軍十郎蔵人
行家、参河【*三河】国にうちこえ【越え】て、やはぎ河【矢作河】の橋
をひき【引き】、かいだて【掻楯】かひて待かけたり。平家やが
て押寄せめ【攻め】たまへ【給へ】ば、こらへ【耐へ】ずして、そこをも
P06107
又せめ【攻め】おとさ【落さ】れぬ。平家やがてつづい【続い】てせめ【攻め】給はば、
三河・遠江の勢は随−つく【付く】べかりしに、大将軍左兵
衛督知盛いたはり【労はり】あて、参河【*三河】国より帰りのぼ
ら【上ら】る。今度もわづかに一陣を破るといへども【共】、
残党をせめ【攻め】ねば、しいだし【出し】たる事なきが如し。
平家は、去々年小松のおとど【大臣】薨ぜられぬ。今年又
入道相国うせ給ひぬ。運命の末になる事あら
はなりしかば、年来恩顧の輩の外は、随-つく
ものなかりけり。東国には草も木もみな源氏
P06108
『嗄声』S0611
にぞなびき【靡き】ける。○さる程に、越後国の住人、城[B ノ]太郎
助長、越後守に任ずる朝恩のかたじけなさに、
木曾追討のために、都合[B 「都合」に「其勢イ」と傍書]三万余騎、同六月
十五日門出-して、あくる十六日の卯剋にすでに
う【打つ】−たた【立た】んとしけるに、夜半ばかり、俄に大風吹、大雨
くだり【下り】、雷おびたたしう【夥しう】なて、天霽て後、雲井に
大なる声のしはがれ【嗄れ】たるを−もて、「南閻浮提金銅
十六丈の盧遮那仏、やき【焼き】ほろぼし【亡ぼし】たてまつる【奉る】平家
のかたうど【方人】する物ここにあり【有り】。めし【召し】−とれ【捕れ】や」と、三声
P06109
さけん【叫ん】でぞとをり【通り】ける。城太郎をはじめとして、
是をきくものみな身の毛よだちけり。郎等ども
「是程おそろしひ【恐ろしい】天の告の候に、ただ理をまげ
てとどまら【留まら】せ給へ」と申けれども【共】、「弓矢とる物の、
それによるべきやう【様】なし」とて、あくる十六日卯[B ノ]剋に
城をいで【出で】て、わづかに十余町ぞゆい【行い】たりける。黒雲
一むら【群】立来て、助長がうへ【上】におほふ【覆ふ】とこそみえ【見え】けれ、
俄に身すくみ【竦み】心ほれて落馬-してげり。輿に
かき−のせ【乗せ】、館へ帰り、うちふす事三時ばかりして
P06110
遂に死にけり。飛脚を−もて此由都へ申
たりければ、平家の人々大にさはが【騒が】れけり。
同七月十四日、改元あて養和と号す。其日
筑後守貞能、筑前・肥後両国を給はて、鎮西の
謀叛たいらげ【平げ】に西国へ発向す。其日又非常大
赦おこなはれて、去る治承三年にながされ給
ひし人々みなめし【召し】−かへさ【返さ】る。松殿[B ノ]入道殿下、備前国
より御上洛、太政大臣妙音院、尾張国よりのぼ
らせ給。按察大納言資方【*資賢】卿、信乃【*信濃】国より帰洛
P06111
とぞ聞えし。同廿八日、妙音院殿御院参。去る
長寛の帰洛には、御前の簀子にして、賀王〔恩〕・還
城楽をひか【弾か】せ給しに、養和の今の帰京には、
仙洞にして秋風楽をぞあそばし【遊ばし】ける。いづれも
いづれも風情おり【折】をおぼしめし【思し召し】よらせ給けん、御心の
程こそめでたけれ。按察大納言資方【*資賢】卿も其日
院参せらる。法王「いかにや、夢の−様にこそおぼし
めせ【思し召せ】。ならは【習は】ぬひな【鄙】のすまひ【住ひ】-して、詠曲なども
今はあとかた【跡形】あらじとおぼしめせ【思し召せ】ども【共】、今やう【今様】
P06112
一あらばや」と仰ければ、大納言拍子と【取つ】て、「信乃【*信濃】に
あん[* 「なん」と有るのを他本により訂正]なる木曾路川」と−いふ今やう【今様】を、是は見給ひ
たりしあひだ【間】、「信乃【*信濃】に有し木曾路川」とうたは【歌は】れ
『摸田河原合戦【*横田河原合戦】』S0612
けるぞ、時にと【取つ】ての高名なる。○八月七日、官の庁に
て大仁王会おこなはる。これは将門追討の例
とぞ聞えし。九月一日、純友追討の例とて、
くろがね【鉄】の鎧甲を伊勢大神宮へまいらせ【参らせ】らる。
勅使は祭主神祇の権大副大中臣定高【*定隆】、都を
たて近江国甲賀の駅よりやまひ【病ひ】つき、伊勢の-
P06113
離宮にして死にけり。謀反の輩調伏の為に、
五壇法承はておこなはれける降三世の大阿闍梨、
大行事の彼岸所にしてね死【寝死に】にし〔に〕【死に】ぬ。神明も
三宝も御納受なしと−いふ事いちしるし。又太
元【*大元帥】法承はて修せられける安祥寺の実玄阿闍
梨が御巻数を進たりけるを、披見せられければ、
平氏調伏のよし注進したりけるぞおそろしき【恐ろしき】。
「こはいかに」と仰ければ、「朝敵調伏せよと仰下さる。
当世の体をみ【見】候に、平家もぱら【専ら】朝敵とみえ【見え】
P06114
給へり。仍是を調伏す。何のとがや候べき」とぞ
申ける。「此法師奇怪也。死罪か流罪か」と有しが、
大小事の怱劇にうちまぎれて、其後沙汰
もなかりけり。源氏の代となて後、鎌倉殿「神妙
也」と感じおぼしめし【思し召し】て、その勧賞に大僧正に
なされけるとぞ聞えし。同十二月廿四日、中宮院
号かうぶら【蒙ら】せ給ひて、建礼門院とぞ申ける。
主上いまだ幼主の御時、母后の院号是−はじめ
とぞうけたまはる【承る】。さる程に、養和も二年に成に
P06115
けり。二月廿一日、太白昴星ををかす。天文要録に
云、「太白昴星を侵せば、四夷おこる」といへり。又「将軍
勅命を蒙て、国のさかひ【境】をいづ【出づ】」とも【共】みえ【見え】たり。
三月十日、除目おこなはれて、平家の人々大略
官加階したまふ【給ふ】。四月十五日、前[B ノ]権少僧都顕真、
日吉[B ノ]社にして如法に法花経一万部転読する
事有けり。御結縁の為に法皇も御幸なる。
何ものの申出したりけるやらん、一院山門の大衆に
仰て、平家を追討せらるべしときこえ【聞え】し程に、
P06116
軍兵内裏へ参て四方の陣頭を警固す。
平氏の一類みな六波羅へ馳集る。本三位中将
重衡卿、法皇の御むかへに、其勢三千余騎で、日
吉の社へ参向す。山門に又聞えけるは、平家山
せめ【攻め】んとて、数百騎の勢を率して登山すと
聞えしかば、大衆みな東坂本におり下て、「こは
いかに」と僉議す。山上洛中の騒動なのめならず。
供奉の公卿殿上人色をうしなひ【失ひ】、北面のもの【者】のなかに
はあまりにあはて【慌て】さはひで、黄水つくものおほ
P06117
かり【多かり】けり。本三位中将重衡卿、穴太の辺にて
法皇むかへ【迎へ】-とり【取り】まいらせ【参らせ】て、還御なし奉り、「かく
のみあらんには、御物まうで【詣で】なども、今は御心にまか
す【委す】まじき事やらん」とぞ仰ける。まこと【誠】には、山門
大衆平家を追討せんと−いふ事もなし。平家山
せめ【攻め】んと−いふ事もなし。是跡形なき事共也。
「天魔のよくあれ【荒れ】たるにこそ」とぞ人申ける。同四月
廿日、臨時に廿二社に官幣あり【有り】。是は飢饉疾疫
に−よて也。五月廿四日、改元あて寿永と号す。
P06118
其日又越後国住人城の四郎助茂、越後守に
任ず。兄助長逝去の間、不吉也とて頻に辞し
申けれども【共】、勅命なればちから【力】不及。助茂を
長茂と改名す。同九月二日、城[B ノ]四郎長茂、木曾
追討の為に、越後・出羽、相津四郡の兵共を引
率-して、都合其勢四万余騎、木曾追討の為
に信濃国へ発向す。同九日、当国横田河原に
陣[* 「陳」と有るのを他本により訂正]をとる。木曾は依田城に有けるが、是をきひ【聞い】
て依田城をいで【出で】て、三千余騎で馳向。信乃【*信濃】源氏、
P06119
井上[B ノ]九郎光盛がはかり事【謀】に、にはかに赤旗を
七ながれ【流】つくり【作り】、三千余騎を七手にわかち、あそこ
の峯、ここの洞より、あかはた【赤旗】ども手々にさし-あげ【差し上げ】
てよせ【寄せ】ければ、城の四郎是をみ【見】て、「あはや、此国
にも平家のかたうど【方人】する人あり【有り】けりと、ちから【力】つき【付き】
ぬ」とて、いさみ【勇み】-ののしるところ【所】に、次第にちかう【近う】
成ければ、あひ図【合図】をさだめ【定め】て、七手がひとつ【一つ】に
なり、一度に時をどとぞ作ける。用意したる
白旗ざとさし-あげ【差し上げ】たり。越後の勢共是をみ【見】て、
P06120
「敵なん【何】十万騎有らん。いかがせん」といろ【色】をうしなひ【失ひ】、
あはて【慌て】ふためき、或は川にお【追つ】ぱめられ、或は悪所に
おひ−おとさ【落さ】れ、たすかるものはすくなう【少なう】、うた【討た】るるものぞ
おほかり【多かり】ける。城[B ノ]四郎がたのみ【頼み】−きたる越後の山の
太郎、相津の乗丹房などいふきこゆる【聞ゆる】兵共、そこ
にてみなうた【討た】れぬ。我身手おひ、からき【辛き】命いきつつ、
川につたうて越後国へ引−しりぞく【退く】。同十六日、都には
平家是をば事共したまは【給は】ず、前[B ノ]右大将宗盛卿、大納言
に還着-して、十月三日内大臣になり給ふ。同七日悦申
P06121
あり【有り】。当家の公卿十二人扈従せらる。蔵人[B ノ]頭以下の殿上
人十六人前駆-す。東国北国の源氏共蜂のごとくに
起あひ、ただ今【只今】都へせめ【攻め】のぼら【上ら】んとするに、かやう【斯様】に
浪のたつ【立つ】やらん、風の吹やらんもしら【知ら】ぬ体にて、花
やかなりし事共、中々いふ-かひ-なうぞみえ【見え】たり
ける。さる程に、寿永二年に成にけり。節会以下
常のごとし。内弁をば平家の内大臣宗盛公つとめ
らる。正月六日、主上朝覲の為に、院御所法住寺
殿へ行幸なる。鳥羽院六歳にて、朝覲[B ノ]行幸、
P06122
其例とぞきこえ【聞え】し。二月廿二日、宗盛公従一位
し給ふ。やがて其日内大臣をば上表-せらる。兵乱-つつし
み【慎み】のゆへ【故】とぞきこえ【聞え】し。南都北嶺の大衆、熊野
金峯山の僧徒、伊勢大神宮の祭主神官に
いたるまで、一向平家をそむひて、源氏に心を
かよはし【通はし】ける。四方に宣旨をなしくだし、諸国に
院宣をつかはせ【遣せ】ども、院宣宣旨もみな平家の下
知とのみ心得て、したがひ【従ひ】つくものなかりけり。
P06123

平家物語巻第六