平家物語 高野本 巻第八

平家 八(表紙)
P08001
平家八之巻 目録
山門御幸    名虎
宇佐行幸付緒環 太宰府落
征夷将軍院宣  猫間
水島合戦    瀬尾最期
室山合戦    鼓判官
法住寺合戦
P08002
P08003
平家物語巻第八
『山門御幸』S0801
○寿永二年七月廿四日夜半ばかり、法皇は
按察大納言資方【*資賢】卿の子息、右馬頭資時
ばかり御供にて、ひそかに御所を出させ給
ひ、鞍馬へ御幸なる。鞍馬O[BH 寺]僧ども「是は尚
都ちかく【近く】てあしう【悪しう】候なむ」と申あひだ、篠の
峯・薬王坂など申さがしき【嶮しき】嶮難を凌がせ
給ひて、横河の解脱谷寂場坊、御所に
なる。大衆おこて、「東塔へこそ御幸あるべけ
P08004
れ」と申ければ、東塔の南谷円融坊御所に
なる。かかりければ、衆徒も武士も、円融房【*円融坊】を
守護し奉る。法皇は仙洞をいでて天台山に、
主上は鳳闕をさて西海へ、摂政殿は吉野
の奥とかや。女院・宮々は八幡・賀茂・嵯峨・うづ
まさ【太秦】・西山・東山のかたほとりにつゐ【付い】て、にげ【逃げ】
かくれさせ給へり。平家はおち【落ち】ぬれど、源
氏はいまだ入かはらず。既に此京はぬしなき
里にぞなりにける。開闢よりこのかた、O[BH かかる]事
P08005
あるべしともおぼえず。聖徳太子の未来記に
も、けふの事こそゆかしけれ。法皇天台山に
わたらせ給ふと聞えさせ給しかば、馳まいら【参ら】
せ給ふ人々、其比の入道殿とは前関白松殿、
当殿とは近衛、太政大臣・左右大臣・内大臣・
大納言・中納言・宰相・三位・四位・五位の殿上人、
すべて世に人とかぞへられ、官加階に望をかけ、
所帯・所職を帯する程の人の、一人ももるる
はなかりけり。円融坊には、あまりに人まいり【参り】
P08006
つどひ【集ひ】て、堂上・堂下・門外・門内、ひまはざま
もなうぞみちみちたる。山門繁昌・門跡の面
目とこそ見えたりけれ。同廿八日に、法皇宮こ【都】
へ還御なる。木曾五万余騎にて守護し奉る。
近江源氏山本の冠者義高、白旗さひて先
陣に供奉す。この廿余年見えざりつる白
旗の、けふはじめて宮こ【都】へいる、めづらしかりし
事どもなり。さるほど【程】に十郎蔵人行家、宇治
橋をわた【渡つ】て都へいる。陸奥新判官義康が
P08007
子、矢田判官代義清、大江山をへて上洛す。摂
津国・河内の源氏ども、雲霞のごとくにおなじく
宮こ【都】へみだれ【乱れ】いる。凡京中には源氏の勢み
ちみちたり。勘解由小路の中納言経房卿・検
非違使別当左衛門督実家、院の殿上の簀
子に候て、義仲・行家をめす。木曾は赤地の錦
の直垂に、唐綾威の鎧きて、いか物づくりの太
刀をはき、きりふ【切斑】の矢をひ【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓脇に
はさみ【鋏み】、甲をばぬぎたかひもにかけて候。十郎
P08008
蔵人は、紺地の錦の直垂に、火おどしの鎧きて、
こがねづくりの太刀をはき、大なか黒の矢を
ひ【負ひ】、ぬりごめどう【塗籠籐】の弓脇にはさみ【鋏み】、是も甲をば
ぬぎたかひもにかけ、ひざまづゐて候けり。前
内大臣宗盛公以下、平家の一族追討すべき
よし仰下さる。両人庭上に畏て承る。をのをの【各々】
宿所のなきよしを申す。木曾は大膳大夫成
忠が宿所、六条西洞院を給はる。十郎蔵人は法
住寺殿の南殿と申、萓の御所をぞ給はりける。
P08009
法皇は主上外戚の平家にとらはれさせ給て、西
海の浪のうへ【上】にただよはせ給ふ事を、御なげき【歎き】
あて、主上并に三種神器宮こ【都】へ返しいれ【入れ】
たてまつる【奉る】べき由、西国へ院宣を下されたり
けれども、平家もちゐたてまつら【奉ら】ず。高倉院
の皇子は、主上の外三所ましましき。二宮を
ば儲君にしたてまつら【奉ら】むとて、平家いざなひま
いらせ【参らせ】て、西国へ落給ぬ。三四は宮こ【都】にましまし
けり。同八月五日、法皇この宮たちをむかへ【向へ】よ
P08010
せ【寄せ】まいらせ【参らせ】給ひて、まづ三の宮の五歳にならせ
給ふを、「是へ是へ」と仰ければ、法皇を見まい
ら【参らつ】させ給ひて、大にむつからせ給ふあひだ、「と
うとう【疾う疾う】」とて出しまいら【参らつ】させ給ひぬ。其後四の
宮の四歳にならせ給ふを、「是へ」と仰ければ、
すこし【少し】もはばからせ給はず、やがて法皇の御
ひざのうへ【上】にまいら【参ら】せ給ひて、よにもなつかし
げ【懐しげ】にてぞましましける。法皇御涙をはらはら
とながさせ給ひて、「げにもすぞろならむも
P08011
のは、かやうの老法師を見て、なにとてかなつかし
げ【懐しげ】にはおもふ【思ふ】べき。是ぞ我まこと【誠】の孫にて
ましましける。故女院のおさなをひ【少生】にすこし【少し】も
たがは【違は】せ給はぬ物かな。かかるわすれがたみ【忘れ形見】
を今まで見ざりける事よ」とて、御涙せき
あへさせ給はず。浄土寺の二位殿、その【其の】とき【時】は
いまだ丹後殿とて、御前に候はせ給ふが、「さて
御ゆづりは、此宮にてこそわたらせおはしましさぶ
らはめ」と申させ給へば、法皇「子細にや」とぞ
P08012
仰ける。内々御占ありしにも、「四の宮位につか
せ給ひては、百王まで日本国の御ぬしたるべし」
とぞかんがへ【勘がへ】申ける。御母儀は七条[B ノ]修理大夫
信隆卿の御娘なり。建礼門院のいまだ中宮
にてましましける時、その御方に宮づかひ給ひ
しを、主上つねはめされける程に、うちつづ
き宮あまたいできさせ給へり。信隆卿御娘
あまたおはしければ、いかにもして女御后にも
なしたてまつら【奉ら】ばやとねがは【願は】れけるに、人のしろい
P08013
鶏を千かう【飼う】つれば、其家に必ず后いできたる
といふ事ありとて、鶏の白いを千そろへ【揃へ】て
かは【飼は】れたりける故にや、此御娘皇子あまたう
みまいらせ【参らせ】給へり。信隆卿内々うれしうはおも
は【思は】れけれども、平家にもはばかり、中宮にもお
それ【恐れ】まいらせ【参らせ】て、もてなし奉る事もおはせざ
りしを、入道相国の北の方、八条の二位殿「く
るしかる【苦しかる】まじ。われそだてまいらせ【参らせ】て、まうけの
君にしたてまつら【奉ら】む」とて、御めのとどもあまた
P08014
つけて、そだてまいらせ【参らせ】給ひけり。中にも四の宮
は、二位殿のせうと、法勝寺執行能円法印の
やしなひ君【養ひ君】にてぞ在ましける。法印平家に
具せられて、西国へ落し時、あまりにあはて【慌て】
さはひで、北方をも宮をも京都にすて【捨】をきま
いらせ【参らせ】て、下られたりしが、西国よりいそぎ人
をのぼせ【上せ】て、「女房・宮具しまいらせ【参らせ】て、とくとく【疾く疾く】くだ
り【下り】給べし」と申されたりければ、北方なのめな
らず悦、宮いざなひまいらせ【参らせ】て、西七条なる所
P08015
まで出られたりしを、女房のせうと紀伊守教光【*範光】、
「是は物のつゐ【付い】てくるひ給ふか。此宮の御運は
只今ひらけさせ給はんずる物を」とて、とりとど
め【留め】まいらせ【参らせ】たりける次の日ぞ、法皇より御む
かへ【向へ】の車はまいり【参り】たりける。何事もしかる【然る】べき事
と申ながら、四の宮の御ためには、紀伊守教光【*範光】
奉公の人とぞ見えたりける。されども四の宮
位につかせ給ひて後、そのなさけをもおぼし
めし【思し召し】いでさせ給はず、朝恩もなくして歳月を
P08016
をくり【送り】けるが、せめてのおもひ【思ひ】のあまりにや、二首
の歌をようで、禁中に落書をぞしたりける。
一声はおもひ【思ひ】出てなけほととぎす
おいそ【老蘇】の森の夜半のむかしを W059
籠のうちもなを【猶】うらやまし山がらの
身のほどかくすゆふがほのやど W060
主上是を叡覧あて、「あなむざんや、さればい
まだ世にながらへ【永らへ】てあり【有り】けるな。けふまでこれ【是】を
おぼしめし【思し召し】よらざりけるこそをろか【愚】なれ」とて、朝
P08017
恩かうぶり、正三位に叙せられけるとぞきこえ【聞え】し。
『名虎』S0802
○同八月十日、院の殿上にて除目おこなはる。木曾
は左馬頭になて、越後国を給はる。其上朝日の
将軍といふ院宣を下されけり。十郎蔵人は
備後守になる。木曾は越後をきらへば、伊与【*伊予】
をたぶ。十郎蔵人備後をきらへば、備前をたぶ。
其外源氏十余人、受領・検非違使・靭負尉・
兵衛尉になされけり。同十六日、平家の一門百
六十余人が官職をとどめ【留め】て、殿上のみふだをけ
P08018
づらる。其中に平大納言時忠・内蔵頭信基・
讃岐中将時実、これ三人はけづられず。それは
主上并に三種の神器、都へ帰しいれ【入れ】奉るべ
きよし、彼時忠の卿のもとへ、度々院宣を下
されけるによて也。同八月十七日、平家は筑
前国三かさ【三笠】の郡大宰府【太宰府】にこそ着給へ。菊
池二郎高直は都より平家の御供に候ける
が、「大津山の関あけてまいらせ【参らせ】ん」とて、肥後
国にうちこえて、をのれ【己】が城にひ【引つ】こもり、めせ【召せ】ど
P08019
もめせ【召せ】どもまいら【参ら】ず。当時は岩戸の諸境【*少卿】大蔵種直
ばかりぞ候ける。九州二島の兵どもやがてまいる【参る】
べき由領状をば申ながら、いまだまいら【参ら】ず。平
家安楽寺へまい【参つ】て、歌よみ連歌して宮づ
かひ【仕ひ】給ひしに、本三位中将重衡卿、
すみなれしふるき宮こ【都】の恋しさは
神もむかしにおもひ【思ひ】しる【知る】らん W061
人々是をきい【聞い】てみな涙をながされけり。同廿
日法皇の宣命にて、四宮閑院殿にて位につか
P08020
せ給ふ。摂政はもとの摂政近衛殿かはらせ給は
ず。頭や蔵人なしをきて、人々退出せられけり。三
宮の御めのとなきかなしみ、後悔すれども甲斐
ぞなき。「天に二の日なし、国にふたりの王なし」と
申せども、平家の悪行によてこそ、京・田舎に
ふたりの王は在ましけれ。昔文徳天皇は、天安
二年八月廿三日にかくれさせ給ひぬ。御子の宮
達あまた位に望をかけて在ますは、内々御祈
どもあり【有り】けり。一の御子惟高【*惟喬】親王をば小原の
P08021
王子とも申き。王者の財領を御心にかけ、四海の
安危は掌の内に照し、百王の理乱は心のうちに
かけ給へり。されば賢聖の名をもとらせまし
ましぬべき君なりと見え給へり。二宮惟仁
親王は、其比の執柄忠仁公の御娘、染殿の后の
御腹也。一門公卿列してもてなし奉り給ひしか
ば、是も又さしをきがたき御事也。かれは守文
継体の器量あり、是は万機輔佐の心操あ
り【有り】。かれもこれもいたはしくて、いづれもおぼし
P08022
めし【思し召し】わづらはれき。一宮惟高【*惟喬】親王の御祈は、柿下
の木【紀】僧正信済とて、東寺の一の長者、弘法大師
の御弟子也。二宮惟仁の親王の御祈には、外祖
忠仁公の御持僧比叡山の恵良【*恵亮】和尚ぞうけ給
はら【承ら】れける。「互におとらぬ高僧達也。とみにO[BH こと]ゆき
がたうやあらむずらむ」と、人々ささやきあへり。
御門かくれさせ給ひしかば、公卿僉議あり【有り】。「抑臣
等がおもむぱかりをもてゑらむ【選ん】で位につけ奉
らん事、用捨私あるにに【似】たり。万人脣をかへす【反す】
P08023
べし。しら【知ら】ず、競馬相撲の節をとげて、其運を
しり【知り】、雌雄によて宝祚をさづけたてまつる【奉る】べし」
と儀定畢ぬ。同年の九月二日、二人の宮達
右近馬場へ行げい【行啓】あり【有り】。ここに王公卿相、花の
袂をよそほひ、玉のくつばみをならべ、雲の
ごとくにかさなり、星のごとくにつらなり給ひし
かば、此事希代の勝事、天下の荘観、日来心
をよせ奉し月卿雲客両方に引わかて、手をに
ぎり心をくだき給へり。御祈の高僧達、いづれ
P08024
かそらく【粗略】あらむや。信済は東寺に壇をたて、
恵良【*恵亮】は大内の真言院に壇をたてておこなは
れけるに、恵良【*恵亮】和尚うせたりといふ披露を
なす。信済僧正たゆむ【弛む】心もやあり【有り】けむ。恵良【*恵亮】
はうせたりといふ披露をなし、肝胆をくだひて
祈られけり。既に十番競馬はじまる。はじめ四番、
一宮惟高【*惟喬】親王かたせ給ふ。後六番は二宮惟
仁親王かたせ給ふ。やがて相撲の節あるべし
とて、惟高【*惟喬】の御方よりは名虎の右兵衛督と
P08025
て、六十人がちから【力】あらはし【顕はし】たるゆゆしき人をぞい
だされたる。惟仁親王家よりは能雄の少将
とて、せいちいさう【小さう】たえ【妙】にして、片手にあふべしと
も見えぬ人、御夢想の御告ありとて申うけ
てぞいでられたる。名虎・能雄よりあふ【逢う】て、ひしひし
とつまどりしてのき【退き】にけり。しばしあて名虎能
雄の少将をとてささげて、二丈ばかりぞなげたり
ける。ただなを【唯直つ】てたをれ【倒れ】ず。能雄又つとより、
ゑい声をあげて、名虎をとてふせむとす。
P08026
名虎もともに声をいだし【出し】て、能雄をとてふせむ
とす。いづれおとれりとも見えず。されども、名虎
だい【大】の男、かさ【嵩】にまはる【回る】。能雄はあぶなう見えければ、二宮
惟仁家の御母儀染殿の后より、御使櫛のは【歯】の
ごとくはしり【走り】かさな【重なつ】て、「御方すでにまけ色に見ゆ。い
かがせむ」と仰ければ、恵良【*恵亮】和尚大威徳の法を
修せられけるが、「こは心うき事にこそ」とて独鈷
をもてなづき【脳】をつきくだき、乳和して護摩
にたき、黒煙をたててひともみもまれたりけ
P08027
れば、能雄すまうにかちにけり。親王位につかせ給
ふ。清和の御門是也。後には水穂【水尾】天王とぞ申ける。
それよりしてこそ山門には、いささかの事にも、
恵良【*恵亮】脳をくだきしかば、二帝位につき給ひ、尊
伊【尊意】智剣を振しかば、菅丞納受し給ふとも伝へた
れ。是のみや法力にてもあり【有り】けん。其外はみな天
照太神【大神】の御ぱからひとぞ承はる。平家は西国にて
是をつたへきき、「やすからぬ。三の宮をも四の宮
をもとりまいらせ【参らせ】て、落くだるべかりし物を」と
P08028
後悔せられければ、平大納言時忠卿、「さらむには、
木曾が主にしたてま【奉つ】たる高倉宮御子を、御めの
と讃岐守重秀が御出家せさせ奉り、具
しまいらせ【参らせ】て北国へ落くだり【下り】しこそ、位にはつか
せ給はんずらめ」との給へ【宣へ】ば、又或人々の申さ
れけるは、「それは、出家の宮をばいかが位にはつ
けたてまつる【奉る】べき」。時忠「さもさうず。還俗の
国王のためし【例】、異国にも先蹤あるらむ。我朝には、
まづ天武天皇いまだ東宮の御時、大伴の
P08029
皇子にはばからせ給ひて、鬢髪をそり、芳野の
奥にしのば【忍ば】せ給ひたりしかども、大伴の皇子
をほろぼして、つゐに【遂に】は位につかせ給ひき。又
孝謙天皇も、大菩提心をおこし、御かざりをおろ
させ給ひ、御名をば法幾爾と申しかども、ふた
たび位につゐ【即い】て称徳天皇と申しぞかし。まし
て木曾が主にしたてまつり【奉り】たる還俗の宮、子
細あるまじ」とぞの給ひける。同九月二日、法皇よ
り伊勢へ公卿の勅使をたてらる。勅使は参議
P08030
長教とぞ聞えし。太政天皇の、伊勢へ公卿の勅使
をたてらるる事は、朱雀・白河・鳥羽三代の蹤跡
ありといへども、是みな御出家以前なり。御出家
『緒環』S0803
以後の例は是はじめとぞ承る。○さる程に、筑紫に
は内裏つくるべきよし沙汰ありしかども、いまだ宮
こ【都】も定められず。主上は岩戸の諸境【*少卿】大蔵の種
直が宿所にわたらせ給ふ。人々の家々は野中田
なか【田中】なりければ、あさ【麻】の衣はうたねども、とをち【十市】
の里ともいつべし。内裏は山のなかなれば、かの
P08031
木の丸殿もかくやとおぼえて、中々ゆう【優】なる方も
あり【有り】けり。まづ宇佐宮へ行幸なる。大郡司公道
が宿所皇居になる。社頭は月卿雲客の居所に
なる。くわひ廊【廻廊】には、五位・六位の官人、庭上には四国
鎮西の兵ども、甲冑弓箭を帯して雲霞のごと
くになみゐたり。ふりにしあけ【朱】の玉垣、ふたたびか
ざるとぞ見えし。七日参籠のあけがたに、大臣殿
の御ために夢想の告ぞあり【有り】ける。御宝殿の
御戸をし【押し】ひらきゆゆしくけだかげなる御こゑ【声】にて、
P08032
世のなかのうさには神もなきものを
なにいのるらむ心づくしに W062
大臣殿うちおどろき、むねうちさはぎ【騒ぎ】、
さりともとおもふ【思ふ】心もむし【虫】の音も
よはり【弱り】はてぬる秋のくれ【暮】かな W063
といふふる歌【古歌】をぞ心ぼそげに口ずさみ給ける。
さてださゐ府【太宰府】へ還幸なる。さる程に九月十日あ
まりになりにけり。荻の葉むけの夕嵐、ひとり
まろね【丸寝】の床のうへ【上】、かたしく【片敷く】袖もしほれ【萎れ】つつ、ふけ
P08033
ゆく秋のあはれ【哀】さは、いづくもとはいひながら、旅の空
こそ忍がたけれ。九月十三夜は名をえたる月な
れども、其夜は宮こ【都】を思ひいづる【出づる】涙に、我から
くもり【曇り】てさやかならず。九重の雲のうへ【上】、久方の月に
思ひをのべしたぐひも、今の様におぼえて、薩摩
守忠教【*忠度】
月を見しこぞのこよひの友のみや
宮こ【都】にわれをおもひ【思ひ】いづらむ W064
修理大夫経盛
P08034
恋しとよこぞのこよひの夜もすがら
ちぎりし人のおもひ【思ひ】出られて W065
皇后宮亮経正
わけてこし野辺の露ともきえずして
おもは【思は】ぬ里の月をみる【見る】かな W066
豊後国は刑部卿三位頼資卿の国なりけり。子
息頼経朝臣を代官にをか【置か】れたり。京より頼経の
の[* 「の」衍字]もとへ、平家は神明にもはなたれたてまつり【奉り】、
君にも捨られまいらせ【参らせ】て、帝都をいで、浪のうへ【上】に
P08035
ただよふおち人となれり。しかる【然る】を、鎮西の者ど
も【共】がうけ【受け】と【取つ】て、もてなすなるこそ奇怪なれ、当
国においてはしたがふ【従ふ】べからず。一味同心して追出
すべきよし、の給ひつかはさ【遣さ】れたりければ、頼経
朝臣是を当国の住人、緒方三郎維義に下知
す。彼維義はおそろしき【恐ろしき】ものの末なりけり。たと
へば、豊後国の片山里に昔をんな【女】あり【有り】けり。或
人のひとりむすめ、夫もなかりけるがもとへ、母に
もしら【知ら】せず、男よなよな【夜な夜な】かよふ程に、とし月も
P08036
かさなる程に、身もただならずなりぬ。母是を
あやしむで、「汝がもとへかよふ者は何者ぞ」ととへ
ば、「くる【来る】をば見れども、帰るをばしら【知ら】ず」とぞいひけ
る。「さらば男の帰らむとき、しるしを付て、ゆかむ
方をつなひで見よ」とをしへ【教へ】ければ、むすめ母
のをしへ【教へ】にしたがて、朝帰する男の、水色の狩
衣をきたりけるに、狩衣の頸かみに針をさし、
しづ【賎】のをだまき【緒環】といふものをつけ【付け】て、へ【経】てゆく
かたをつなひでゆけば、豊後国にとても日向ざか
P08037
ひ【日向境】、うばだけ【姥岳】といふ嵩のすそ、大なる岩屋のう
ちへぞつなぎいれ【入れ】たる。をんな岩屋のくちに
たたずんできけば、おほき【大き】なるこゑ【声】してに
よびけり。「わらはこそ是まで尋まいり【参り】たれ。見
参せむ」といひければ、「我は是人のすがたに
はあらず。汝すがたを見ては肝たましゐ【魂】も身に
そふまじきなり。とうとう【疾う疾う】帰れ。汝がはらめる子は
男子なるべし。弓矢打物とて九州二島にな
らぶ者もあるまじきぞ」とぞいひける。女重て
P08038
申けるは、「たとひいかなるすがたにてもあれ、此日
来のよしみ何とてかわする【忘る】べき。互にすがたを
も見もし見えむ」といはれて、さらばとて、岩屋の
内より、臥だけは五六尺、跡枕へは十四五丈もある
らむとおぼゆる【覚ゆる】大蛇にて、動揺してこそはひ【這ひ】
出たれ。狩衣のくびかみにさすとおもひ【思ひ】つる
針は、すなはち大蛇ののぶゑ(のぶえ)にこそさいたりけれ。
女是をみ【見】て肝たましゐ【魂】も身にそはず、ひき【引き】ぐ
し【具し】たりける所従十余人たふれ【倒れ】ふためき、お
P08039
めき【喚き】さけむ【叫ん】でにげさりぬ。女帰て程なく産
をしたれば、男子にてぞあり【有り】ける。母方の祖父
太大夫そだててみ【見】むとてそだてたれば、いまだ
十歳にもみたざるに、せいおほき【大き】にかほ【顔】ながく、
たけ【丈】たかかり【高かり】けり。七歳にて元服せさせ、母方
の祖父を太大夫といふ間、是をば大太とこそ
つけたりけれ。夏も冬も手足におほき【大き】なる
あかがりひまなくわれければ、あかがり大太とぞ
いはれける。件の大蛇は日向国にあがめられ給へる
P08040
高知尾の明神の神体也。此緒方の三郎はあ
かがり大太には五代の孫なり。かかるおそろしき【恐ろしき】物
の末なりければ、国司の仰を院宣と号して、
九州二島にめぐらしぶみをしければ、しかる【然る】べき
『太宰府落』S0804
兵ども維義に随ひつく。○平家いまは宮こ【都】をさ
だめ、内裏つくるべきよし沙汰ありしに、維義が
謀叛と聞えしかば、いかにとさはが【騒が】れけり。平大納言[B 新中納言知盛イ]
時忠卿申されけるは、「彼維義は小松殿の御家人
なり。小松殿の君達一所むかは【向は】せ給ひて、こしらへ
P08041
て御らんぜらるべうや候らん」と申されければ、
「まこと【誠】にも」とて、小松の新三位中将資盛卿、五百余
騎で豊後国にうちこえて、やうやうにこしらへ給へ
ども、維義したがひ【従ひ】たてまつら【奉ら】ず。あまさへ【剰へ】「君達を
も只今ここでとりこめまいらす【参らす】べう候へども、「大事
のなかに小事なし」とてとりこめまいらO[BH せ]【参らせ】ずは、なに
程の事かわたらせ給ふべき。とうとう太宰府へ
帰らせ給ひて、ただ御一所でいかにもならせ給へ」
とて、追帰し奉る。維義が次男野尻の二郎維
P08042
村を使者で、太宰府へ申けるは、「平家は重恩
の君にてましませば、甲をぬぎ弓をはづゐて
まいる【参る】べう候へども、一院の御定【*御諚】に速に九国内を
追出しまいらせよ【参らせよ】と候。いそぎ出させ給ふべうや
候らん」と申をく【送つ】たりければ、平大納言時忠
卿、ひをぐくり【緋緒括】の直垂に糸くず【糸葛】の袴立烏帽
子で、維村にいでむか【向つ】ての給ひけるは、「それ我君
は天孫四十九世の正統、仁王八十一代の御門なり。
天照太神【大神】・正八幡宮も我君をこそまもり【守り】まい
P08043
ら【参ら】させ給ふらめ。就中に、故太政大臣入道殿は、
保元・平治両度の逆乱をしづめ、其上鎮西の
者どもをばうち様【内様】へこそめされしか。東国・北国の
凶徒等が頼朝・義仲等にかたらはれて、しおほせ
たらば国をあづけう、庄をたばんといふをまこ
ととおもひ【思ひ】て、其鼻豊後が下知にしたがはん事
しかる【然る】べからず」とぞの給ける。豊後の国司刑部
卿三位頼資卿はきはめて鼻の大におはしけれ
ば、かうはの給ひけり。維村帰て父に此よしいひ
P08044
ければ、「こはいかに、昔はむかし今は今、其義ならば
速かに追出したてまつれ【奉れ】」とて、勢そろふるなど聞
えしかば、平家の侍源大夫判官季定・摂津判
官守澄「向後傍輩のため奇怪に候。めし【召し】とり候
はん」とて、其勢三千余騎で筑後国高野本庄に発向して、一日一夜せめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。されども維義が
勢雲霞のごとくにかさなりければ、ちからをよば【及ば】
でひき【引き】しりぞく。平家は緒方三郎維義が三万
余騎の勢にて既によすと聞えしかば、とる物も
P08045
とりあへず太宰府をこそ落ち給へ。さしもた
のもしかり【頼もしかり】つる天満天神のしめ【注連】のほとりを、心ぼ
そくもたちはなれ、駕輿丁もなければ、そう花【葱花】・
宝輦はただ名のみききて、主上要輿にめされけ
り。国母をはじめ奉て、やごとなき女房達、袴の
そば【稜】をとり、大臣殿以下の卿相・雲客、指貫のそ
ば【稜】をはさみ【鋏み】、水き【水城】の戸を出て、かちはだしにて
我さきに前にと箱崎の津へこそ落給へ。おり
ふし【折節】くだる雨車軸のごとし。吹風砂をあぐとかや。お
P08046
つる涙、ふる雨、わきていづれも見えざりけり。住吉・
筥崎・香椎・宗像ふしをがみ【拝み】、ただ主上旧都の
還幸とのみぞ祈られける。たるみ山【垂見山】・鶉浜など
いふ峨々たる嶮難をしのぎ、渺々たる平沙へぞ
おもむき【赴き】給ふ。いつならはし【習はし】の御事なれば、御足
よりいづる【出づる】血は沙をそめ、紅の袴は色をまし、白
袴はすそ紅にぞなりにける。彼玄弉三蔵の
流砂・葱嶺を凌がれけんくるしみ【苦しみ】も、是にはいか
でまさるべき。されどもそれは求法のためなれば、
P08047
自他の利益もあり【有り】けん、是は怨敵のゆへ【故】なれば、
後世のくるしみ【苦しみ】かつおもふ【思ふ】こそかなしけれ。原田大夫
種直は、二千余騎で平家の御ともにまいる【参る】。山鹿
兵藤次秀遠、数千騎で平家の御むかひにま
いり【参り】けるが、種直・秀遠以外に不和になりけれ
ば、種直は、あしかりなんとて道より引かへす。あし
屋の津といふところをすぎさせ給ふにも、「これは
我らが宮こ【都】より福原へかよひしとき、里の名なれば」
とて、いづれの里よりもなつかしう、今さらあはれを
P08048
ぞもよをされける。新羅・百済・高麗・荊旦、雲の
はて海のはてまでも落ゆかばやとはおぼしけれ
ども、浪風むかふ【向う】てかなは【叶は】ねば、兵藤次秀遠にぐせ【具せ】
られて、山賀の城にぞこもり給ふ。山賀へも敵
よすと聞えしかば、小舟どもにめし【召し】て、夜もすがら豊
前国柳が浦へぞわたり給ふ。ここに内裏つくる
べきよし汰汰ありしかども、分限なかりければ
つくられず、又長門より源氏よすと聞えしかば、
海士を舟【小舟】にとりのりて、海にぞうかび給ひけ
P08049
る。小松殿の三男左の中将清経は、もとより
何事もおもひ【思ひ】いれ【入れ】たる人なれば、「宮こをば源
氏がためにせめ【攻め】おとさ【落さ】れ、鎮西をば維義がため
に追出さる。網にかかれる魚のごとし。いづくへゆか【行か】
ばのがる【逃る】べきかは。ながらへ【永らへ】はつべき身にもあらず」
とて、月の夜心をすまし【澄まし】、舟の屋形にたち【立ち】いで【出で】て、
やうでう【横笛】ねとり【音取】朗詠してあそば【遊ば】れけるが、閑に
経よみ念仏して、海にぞしづみ給ひける。男
女なきかなしめども甲斐ぞなき。長門国は新
P08050
中納言知盛卿の国なりけり。目代は紀伊刑部大夫
道資といふものなり。平家の小舟どもにのり給
へる由承て、大舟百余艘点じて奉る。平家これ
に乗うつり四国の地へぞわたられける。重能が沙
汰として、四国の内をもよをして、讃岐の八島に
かたのやうなるいた屋【板屋】の内裏や御所をぞつくら
せける。其程はあやしの民屋を皇居とする
に及ばねば、舟を御所とぞ定めける。大臣殿以
下の卿相・雲客、海士の篷屋に日ををくり【送り】、しづ【賎】
P08051
がふしど【臥処】に夜をかさね、竜頭鷁首を海中に
うかべ【浮べ】、浪のうへ【上】の行宮はしづかなる時なし。月を
ひたせる潮のふかき愁にしづみ、霜をおほへ【覆へ】る
蘆の葉のもろき命をあやぶむ。洲崎にさは
ぐ【騒ぐ】千鳥の声は、暁恨をまし、そはゐにかかる梶の
音、夜半に心をいたま【痛ま】しむ。遠松に白鷺のむれ
ゐるを見ては、源氏の旗をあぐるかとうたがひ、野
鴈の遼海になくを聞ては、兵どもの夜もすがら
舟をこぐかとおどろかる。清嵐はだえ【肌】ををかし、翠
P08052
黛紅顔の色やうやうおとろへ、蒼波眼穿て、外
都望郷の涙をさへ【抑へ】難し。翠帳紅閨にかはれ
るは、土生の小屋のあしすだれ【蘆簾】、薫炉の煙に
ことなるは、蘆火たく屋のいやしきにつけても、
女房達つきせぬ物おもひ【思ひ】に紅の涙せきあへ
ねば、翠の黛みだれつつ、其人とも見え給
『征夷将軍院宣』S0805
はず。○さる程に鎌倉の前右兵衛佐頼朝、ゐな
がら征夷将軍の院宣を蒙る。御使は左史生[* 「左吏生」と有るのを他本により訂正]
中原泰定とぞ聞えし。十月十四日関東へ下
P08053
着。兵衛佐の給けるは、「頼朝年来勅勘を蒙た
りしかども、今武勇の名誉長ぜるによて、ゐな
がら征夷将軍の院宣を蒙る。いかんが私でう
け【受け】とり【取り】奉るべき。若宮の社にて給はらん」とて、
若宮へまいり【参り】むかは【向は】れけり。八幡は鶴が岡にたた
せ給へり。地形石清水にたがは【違は】ず。廻廊あり、楼
門あり、つくり道十余町見くだしたり。「抑院宣
をばたれ【誰】してかうけ【受け】とり【取り】奉るべき」と評定あり【有り】。
「三浦介義澄してうけ【受け】とり【取り】奉るべし。其故は、八ケ
P08054
国に聞えたりし弓矢とり、三浦平太郎為嗣が
末葉也。其故父大介は、君の御ために命を
すてたる兵なれば、彼義明が黄泉の迷暗
をてらさむがため」とぞ聞えし。院宣の御使
泰定は、家子二人、郎等十人具したり。院宣
をばふぶくろ【文袋】にいれ【入れ】て、雑色が頸にぞかけさせ
たりける。三浦介義澄も家子二人、郎等十人具
したり。二人の家子は、和田三郎宗実・比木【*比企】の藤
四郎能員なり。十人の郎等をば大名十人して、
P08055
俄に一人づつしたて【仕立て】けり。三浦の介が其日の
装束には、かち【褐】の直垂に、黒糸威の鎧きて、
いか物づくりの大太刀はき、廿四さいたる大中黒
の矢をひ【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓脇にはさみ【鋏み】、甲をぬぎ
高ひもにかけ、腰をかがめて院宣をうけ【受け】とる【取る】。
泰定「院宣うけ【受け】とり【取り】奉る人はいかなる人ぞ、
名のれや」といひければ、三浦介とは名のらで、本
名を三浦の荒次郎義澄とこそなの【名乗つ】たれ。
院宣をば、らん箱【乱箱】にいれ【入れ】られたり。兵衛佐に奉る。
P08056
ややあて、らんばこ【乱箱】をば返されけり。おもかりければ、
泰定是をあけてみる【見る】に、沙金百両いれ【入れ】られ
たり。若宮の拝殿にして、泰定に酒をすすめ
らる。斎院次官親義陪膳す。五位一人亦送【役送】を
つとむ。馬三疋ひかる。一疋に鞍をい【置い】たり。大宮の
さぶらひたしかのの工藤一臈資経【*祐経】是をひく。ふる
き萱屋をしつらうて、いれ【入れ】られたり。あつ綿【厚綿】の
きぬ二両、小袖十重、長持にいれ【入れ】てまうけたり。
紺藍摺白布千端をつめり。盃飯ゆたかにし
P08057
て美麗なり。次日兵衛介【兵衛佐】の館へむかふ【向ふ】。内外
に侍あり、ともに十六間なり。外侍には家子郎
等肩をならべ、膝を組でなみゐたり。内侍には
一門源氏上座して、末座に大名小名なみ
ゐたり。源氏の座上に泰定をすへ【据ゑ】らる。良あ
て寝殿へ向ふ。ひろ廂に紫縁の畳をしひて、泰
定をすへ【据ゑ】らる。うへ【上】には〔高麗縁の畳をしき、〕御簾たかくあげさせ、兵衛
佐どの出られたり。布衣に立烏帽子也。貌【*顔】大に、
せいひきかり【低かり】けり。容貌悠美にして、言語分明也。
P08058
まづ子細を一じのべ給ふ。「平家頼朝が威勢に
おそれ【恐れ】て宮こをおち【落ち】、その跡に木曾の冠
者、十郎蔵人うちいりて、わが高名がほに官加階
をおもふ【思ふ】様になり、剰へ国をきらひ申条、奇怪
也。奥の秀衡が陸奥守になり、佐竹四郎高義
が常陸守になて候とて、頼朝が命にしたがはず。いそ
ぎ追討すべきよしの院宣を給はるべう候」。左史
生申けるは、「今度泰定も名符まいらす【参らす】べう候
が、御使で候へば、先罷上て、やがてしたためてまいら
P08059
す【参らす】べう候。おとと【弟】で候史の大夫重能も其義を申
候」。兵衛佐わら【笑つ】て、「当時頼朝が身として、各の
名符おもひ【思ひ】もよらず。さりながら、げにも申されば、
さこそ存ぜめ」とぞの給ひける。軈今日上洛す
べきよし申ければ、けふばかりは、逗留あるべし
とてとどめ【留め】らる。次日兵衛佐の館へむかふ【向ふ】。萌
黄の糸威の腹巻一両、しろう【白う】つくたる太刀一
振、しげどう【滋籐】の弓、野矢そへてたぶ。馬十三疋ひ
かる。三疋に鞍をひ【置い】たり。家子郎等十二人に、直
P08060
垂・小袖・大口・馬鞍にをよび【及び】、荷懸駄卅疋あり【有り】け
り。鎌倉出の宿より鏡の宿にいたるまで、宿
々に十石づつの米ををか【置か】る。たくさんなるに
『猫間』S0806
よて、施行にひきけるとぞ聞えし。○泰定都へ
のぼり院参して、御坪の内にして、関東のやう
つぶさに奏聞しければ、法皇も御感あり【有り】けり。
公卿殿上人も皆ゑつぼにいり給へり。兵衛佐
はかうこそゆゆしくおはしけるに、木曾の左馬
頭、都の守護してあり【有り】けるが、たちゐの振舞
P08061
の無骨さ、物いふ詞つづき【詞続き】のかたくななる事かぎ
りなし。ことはり【理】かな、二歳より信濃国木曾
といふ山里に、三十まですみなれたりしかば、
争かしる【知る】べき。或時猫間中納言光高卿といふ人、
木曾にの給ひあはすべき事あておはしたりけり。
郎等ども「猫間殿の見参にいり申べき事あり
とて、いらせ給ひて候」と申ければ、木曾大にわら【笑つ】
て、「猫は人にげんざうするか」。「是は猫間の中納言
殿と申公卿でわたらせ給ふ。御宿所の名とおぼえ候」
P08062
と申ければ、木曾「さらば」とて対面す。猶も猫間殿
とはえいはで、「猫殿のまれまれ【稀々】わゐたるに、物よそへ」
とぞの給ひける。中納言是をきい【聞い】て、「ただいまあ
るべうもなし」との給へ【宣へ】ば、「いかが、けどき【食時】にわゐたるに、
さてはあるべき」。何もあたらしき物を無塩といふと
心えて、「ここにぶゑん【無塩】のひらたけ【平茸】あり、とうとう【疾う疾う】」といそ
がす。ねのゐ【根井】[B ノ]小野太陪膳す。田舎合子のきはめて
大に、くぼかりけるに、飯うづたかくよそゐ、御菜三種
して、ひらたけ【平茸】のしる【汁】でまいらせ【参らせ】たり。木曾がまへ
P08063
にもおなじ体にてすへ【据ゑ】たりけり。木曾箸とて
食す。猫間殿は、合子のいぶせさにめさざりければ、
「それは義仲が精進合子ぞ」。中納言めさでもさす
があしかる【悪しかる】べければ、箸とてめすよししけり。木曾是
を見て、「猫殿は小食におはしけるや。きこゆる【聞ゆる】猫
おろしし給ひたり。かい給へ」とぞせめたりける。中
納言かやうの事に興さめて、のたまひ【宣ひ】あはすべき
ことも一言もいださず、軈いそぎ帰られけり。木曾
は、官加階したるものの、直垂で出仕せん事ある
P08064
べうもなかりけりとて、はじめて布衣とり、装束
烏帽子ぎはより指貫のすそまで、まこと【誠】にかた
くななり。されども車にこがみ【屈み】のんぬ。鎧とて
き、矢かきをひ【負ひ】、弓もて、馬にのたるにはに【似】もに
ずわろかりけり。牛車は八島の大臣殿の牛車
なり。牛飼もそなりけり。世にしたがふ習ひなれ
ば、とらはれてつかは【使は】れけれども、あまりの目ざ
ましさに、すゑ【据ゑ】かう【飼う】たる牛の逸物なるが、門いづ
る【出づる】時、ひとすはへあてたらうに、なじかはよかるべき、
P08065
飛でいづる【出づる】に、木曾、車のうちにてのけに
たふれ【倒れ】ぬ。蝶のはねをひろげたるやうに、左
右の袖をひろげて、おきむおきむとすれども、
なじかはおきらるべき。木曾牛飼とはえいはで、
「やれ子牛こでい【健児】、やれこうしこでい【健児】」といひければ、
車をやれといふと心えて、五六町こそあがかせた
れ。今井の四郎兼平、鞭あぶみをあはせ【合はせ】て、お【追つ】
つゐ【付い】て、「いかに御車をばかうはつかまつるぞ」としか
り【叱り】ければ、「御牛の鼻がこはう候」とぞのべたりける。牛
P08066
飼なかなをり【仲直り】せんとや思ひけん、「それに候手が
たにとりつかせ給へ」と申ければ、木曾手がたに
むずととりつゐ【付い】て、「あぱれ支度や、是は牛こで
い【牛健児】がはからひか、殿のやう【様】か」とぞとふ【問う】たりける。さて院
御所にまいり【参り】つゐ【付い】て、車かけはづさ【外さ】せ、うしろより
をり【降り】むとしければ、京者の雑色につかは【使は】れけるが、
「車には、めされ候時こそうしろよりめされ候へ。をり【降り】
させ給ふには、まへよりこそをり【降り】させ給へ」と申け
れども、「いかで車であらむがらに、すどをり【素通り】をばすべ
P08067
き」とて、つゐに【遂に】うしろよりをり【降り】てげり。其外おかし
き事どもおほかり【多かり】けれども、おそれ【恐れ】て是を申
『水島合戦』S0807
さず。○平家は讃岐の八島にありながら、山陽道
八ケ国、南海道六ケ国、都合十四箇国をぞうちと
りける。木曾左馬頭是をきき、やすからぬ事なり
とて、やがてうつて【討手】をさしつかはす【遣す】。うつて【討手】の大将には
矢田判官代義清、侍大将には信濃国の住人海
野の弥平四郎行広、都合其勢七千余騎、山陽
道へ馳下り、備中[B ノ]国水島がとに舟をうかべ【浮べ】て、八島
P08068
へ既によせむとす。同閏十月一日、水島がとに小
船一艘いできたり。あま舟【海士舟】釣舟かと見る程に、
さはなくして、平家方より朝の使舟なりけり。
是を見て源氏の舟五百余艘ほし【干し】あげたるを、
おめき【喚き】さけむ【叫ん】でおろしけり。平家は千余艘
でおしよせたり。平家の方の大手の大将軍に
は新中納言知盛卿、搦手の大将軍には能登守教
経なり。能登殿のたまひ【宣ひ】けるは、「いかに者共、いく
さ【軍】をばゆるに仕るぞ。北国のやつばらにいけどら【生捕ら】
P08069
れむをば、心うしとはおもは【思は】ずや。御方の舟を
ばくめ【組め】や」とて、千余艘がとも綱・へづな【舳綱】をくみあ
はせ【合はせ】、中にむやゐ【舫】をいれ【入れ】、あゆみ【歩み】の板をひ
き【引き】わたしひき【引き】わたしわたひ【渡い】たれば、舟のうへ【上】はへいへい【平々】
たり。源平[* 「源氏」と有るのを他本により訂正]両方時つくり、矢合して、互に舟どもお
しあはせ【合はせ】てせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。遠きをば弓でゐ【射】、近きをば、
太刀できり、熊手にかけてとるもあり、とらるる
もあり、引組で海にいるもあり、さしちがへて
死ぬるもあり【有り】。思ひ思ひ心々に勝負をす。源氏
P08070
の方の侍大将海野の弥平四郎うた【討た】れにけり。
是をみ【見】て大将軍矢田の判官代義清主従七
人小舟に乗て、真前にすす【進ん】で戦ふ程に、いかがした
りけむ、船ふみ沈めて皆死にぬ。平家は鞍をき
馬【鞍置き馬】を舟のうちにたてられたりければ、舟差よ
せ、馬どもひき【引き】おろし、うちのりうちのりおめい【喚い】てかけけ
れば、源氏の勢、大将軍はうた【討た】れぬ、われさきに
とぞ落行ける。平家は水島のいくさ【軍】に勝て
『瀬尾【*妹尾】最期』S0808
こそ、会稽の恥をば雪めけれ。○木曾の左馬
P08071
頭是をきき、やすからぬ事なりとて、一万騎で
山陽道へ馳下る。平家の侍備中国の住人妹
尾太郎兼康は、北国の戦ひに、加賀国住人
倉光の次郎成澄が手にかかて、いけどり【生捕り】にせら
れたりしを、成澄が弟倉光の三郎成氏にあづ
けられたり。きこゆる【聞ゆる】甲【*剛】の者、大ぢから【大力】なりけ
れば、木曾殿「あたらおのこをうしなふ【失なふ】べきか」と
て、きら【斬ら】ず。人あひ心ざまゆう【優】に情あり【有り】ければ、倉
光もねむごろにもてなしけり。蘇子荊【*蘇子卿】が胡国に
P08072
とらはれ、李少卿が漢朝へ帰らざりしがごとし【如し】。とをく【遠く】
異国に付る事は、昔の人のかなしめりし処也と
いへり。韋環【*■】・鴨【*毳】の膜【*幕】もて風雨をふせき【防き】、腥【*羶】肉・
駱【*酪】がつくり水【作水】もて飢渇にあつ。夜るはいぬる事
なく、昼は終日につかへ、木をきり草をからずといふ
ばかりに随ひつつ、いかにもして敵をうかがひ【伺ひ】打
て、いま一度旧主を見たて奉らむと思ひける
兼康が心の程こそおそろしけれ【恐ろしけれ】。或時妹尾太郎、
倉光の三郎にあふ【逢う】て、いひけるは、「去五月より、
P08073
甲斐なき命をたすけ【助け】られまいらせ【参らせ】て候へば、
誰をたれとかおもひ【思ひ】まいらせ【参らせ】候べき。自今以後
御いくさ【軍】候ば、真前かけ【駆け】て木曾殿に命をまい
らせ【参らせ】候はん。兼康が知行仕候し備中の妹尾は、
馬の草飼よい所で候。御辺申て給はらせ給へ」と
いひければ、倉光此様を申す。木曾殿「神妙の
事申ごさんなれ。さらば汝妹尾を案内者にし
て、先くだれ。誠に馬の草なんどをもかまへさせ
よ」との給へ【宣へ】ば、倉光三郎かしこまり悦で、其勢
P08074
卅騎ばかり、妹尾太郎をさきとして、備中へぞ下け
る。妹尾が嫡子小太郎宗康は、平家の御方に候。
父が木曾殿よりゆるさ【許さ】れて下るときこえ【聞え】しかば、
年来の郎等どももよほしあつめ【集め】、其勢五十騎
ばかりでむかへ【向へ】にのぼる程に、播磨の国府でゆき
あふ【逢う】て、つれて下る。備前国みつ石の宿にとど
ま【留まつ】たりければ、妹尾がしたしき者共、酒をもたせて
出きたり。其夜もすがら悦のさかもりしけるに、あ
づかり【預り】の武士倉光の三郎、所従ともに卅余人、し
P08075
ゐ【強ひ】ふせ【臥せ】ておこしもたてず、一々に皆さしころし【殺し】て
げり。備前[B ノ]国は十郎蔵人の国なり。其代官の
国府にあり【有り】けるをも、おし【押し】よせ【寄せ】てう【打つ】てげり。「兼
康こそいとま給て罷下れ、平家に心ざし思ひ
まいらせ【参らせ】む人々は、兼康を先として、木曾殿の下
給ふに、矢ひとつ【一つ】ゐ【射】かけ奉れ」と披露しければ、
備前・備中・備後三箇国の兵ども、馬・物具しかる【然る】
べき所従をば、平家の御方へまいらせ【参らせ】て、やす
みける老者共、或は柿の直垂につめひも【詰紐】し、
P08076
或は布の小袖にあづまおり【東折】し、くさり腹巻つづ
りきて、山うつぼ【山靭】・たかゑびら【竹箙】に矢ども少々さし、かき
をひ【負ひ】かきをひ【負ひ】妹尾が許へ馳集る。都合其勢二千余人、
妹尾太郎を先として、備前国福りうじ【福隆寺】縄手、
ささ【篠】のせまり【迫り】を城郭にかまへ、口二丈ふかさ【深さ】二丈
に堀をほり、逆もぎ引、高矢倉あげ、かいだて【垣楯】か
き、矢さき【矢先】をそろへて、いまやいまやと待かけたり。
備前国に十郎蔵人のをか【置か】れたりし代官、妹尾
にうた【討た】れて、其下人共がにげて京へ上る程に、播
P08077
磨と備前のさかひふなさか【舟坂】といふ所にて、木曾殿
にまいり【参り】あふ。此由申ければ、「やすからぬ。きて捨べ
かりつる物を」と後悔せられければ、今井の四郎
申けるは、「さ候へばこそ、きやつがつらだましゐ【面魂】ただ
もの【唯者】とは見候はず。ちたび【千度】きらうど申候つる物を、
助けさせ給て」と申。「思ふに何程の事かあるべき。
追懸て討て」とぞのたまひ【宣ひ】ける。今井四郎「まづ
下て見候はん」とて、三千余騎で馳下る。ふくりう
寺【福隆寺】縄手は、はたばり【端張】弓杖一たけばかりにて、とをさ【遠さ】は
P08078
西国一里也。左右は深田にて、馬の足もをよば【及ば】ね
ば、三千余騎が心はさきにすすめども、馬次第に
ぞあゆま【歩ま】せける。押よせて見ければ、妹尾太郎
矢倉に立出て、大音声をあげて、「去五月より今
まで、甲斐なき命を助られまいらせ【参らせ】て候をのをの【各々】の
御芳志には、是をこそ用意仕て候へ」とて、究竟の
つよ弓【強弓】勢兵数百人すぐりあつめ【集め】、矢前をそ
ろへてさしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざんにゐる【射る】。おもてを
向べき様もなし。今井四郎をはじめとして、楯・
P08079
祢[B ノ]井・宮崎三郎・諏方【*諏訪】・藤沢などいふはやりを【逸男】
の兵ども、甲のしころをかたぶけて、射ころさ【殺さ】
るる人馬をとりいれ【入れ】ひき【引き】いれ【入れ】、堀をうめ、おめき【喚き】
さけむ【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。或は左右の深田に打い
れ【入れ】て、馬のくさわき【草脇】・むながいづくし・ふと腹などに
たつ所を事ともせず、むらめかい【群めかい】てよせ【寄せ】、或は谷ふ
け【谷深】をも嫌はず、懸いり懸いり一日戦暮しけり。夜に
いりて妹尾が催しあつめ【集め】たるかり武者ども【駆武者共】、皆せ
め【攻め】おとさ【落さ】れて、たすかる者はすくなう、うたるる
P08080
者ぞおほかり【多かり】ける。妹尾太郎篠のせまり【迫り】の城
郭を破られて、引退き、備中国板倉川のはた【端】
に、かいだて【垣楯】かいて待懸たり。今井四郎軈をし【押し】よ
せ【寄せ】責ければ、山うつぼ【山靭】・たかゑびら【竹箙】に矢種のある程
こそふせき【防き】けれ、みな射つくしてげれば、われ
さきにとぞ落行ける。妹尾太郎ただ主従三
騎にうちなされ、板倉川のはたにつゐ【着い】て、みど
ろ山のかたへ落行程に、北国で妹尾いけどり【生捕り】に
したりし倉光の次郎成澄、おとと【弟】はうた【討た】れぬ、「や
P08081
すからぬ事なり。妹尾においては又いけどり【生捕り】に仕候はん」
とて、群にぬけてをう【追う】てゆく。あはひ【間】一町ばかりに
追付て、「いかに妹尾殿、まさなうも敵にうしろをば見
する物かな。返せやかへせ」といはれて、板倉川を
西へわたす河中に、ひかへて待懸たり。倉光馳来
て、おしならべむずと組で、どうどおつ。互におと
らぬ大力なれば、うへ【上】になり、したになり、ころび
あふ程に、川岸に淵のあり【有り】けるにころびいりて、
倉光は無水練なり、妹尾はすぐれたる水練なり
P08082
ければ、水のそこ【底】で倉光をとてをさへ【抑へ】、鎧の草
摺ひき【引き】あげ、つか【柄】もこぶし【拳】もとをれ【通れ】とをれ【通れ】と三刀さい
て頸をとる。我馬は乗損じたれば、敵倉光が馬に
乗て落行程に、妹尾が嫡子小太郎宗康、馬に
はのらず、歩行にて郎等とつれ【連れ】て落行程に、
いまだ廿二三の男なれども、あまりにふとて一
町ともえはしら【走ら】ず、物具ぬぎすててあゆめ【歩め】ども
かなは【叶は】ざりけり。父は是をうち捨て、十余町こそ
逃のびたれ。郎等にあふ【逢う】ていひけるは、「兼康は
P08083
千万の敵にむか【向つ】て軍するは、四方はれ【晴れ】ておぼゆる
が、今度は小太郎をすててゆけばにや、一向前
がくらうて見えぬぞ。たとひ兼康命いきて、ふた
たび平家の御方へまいり【参り】たりとも、どうれい【同隷】ども
「兼康いまは六十にあまりたる者の、いく程の命
をおしう【惜しう】で、ただひとりある子を捨ておち【落ち】けるや
らん」といはれむ事こそはづかしけれ」。郎等申
けるは、「さ候へばこそ、御一所でいかにもならせ給へと
申つるはここ候。かへさ【返さ】せ給へ」といひければ、「さらば」とて
P08084
取てかへす【返す】。小太郎は足かばかりはれ【腫れ】てふせ【臥せ】り。「な
むぢがえお【追つ】つかねば、一所で打死せうどて帰たるは、
いかに」といへば、小太郎涙をはらはらとながい【流い】て、「此身
こそ無器量の者で候へば、自害をも仕候べきに、我
ゆへ【故】に御命をうしなひ【失ひ】まいらせ【参らせ】む事、五逆罪にや候
はんずらむ。ただとうとう【疾う疾う】のびさせ給へ」と申せども、
「思ひきたるうへ【上】は」とて、やすむ処に、今井の四
郎まさきかけて、其勢五十騎ばかりおめい【喚い】て追
かけたり。妹尾太郎矢七つ八つ射のこしたるを、
P08085
さしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さむざむ【散々】に射る。死生はしら【知ら】ず、
やにはに敵五六騎射おとす【落す】。其後打物ぬいて、
先小太郎が頸打おとし【落し】、敵の中へわていり、さむ
ざむ【散々】に戦ひ、敵あまたうちとて、つゐに【遂に】打死し
てげり。郎等も主にちともおとらず戦ひけるが、
大事の手あまたをひ【負ひ】、たたかひつかれ【疲れ】て自害せ
むとしけるが、いけどり【生捕り】にこそせられけれ。中一日あ
てしに【死に】にけり。是等主従三人が頸をば、備中国
鷺が森にぞかけたりける。木曾殿是を見給
P08086
ひて、「あぱれ剛の者かな。是をこそ一人当千の兵と
もいふべけれ。あたら者どもを助けてみ【見】で」とぞ
『室山』S0809
のたまひ【宣ひ】ける。○さる程に、木曾殿は備中国万寿
の庄にて勢ぞろへして、八島へ既によせむとす。
其間の都の留守にをか【置か】れたる樋口次郎兼光、
使者をたてて、「十郎蔵人殿こそ殿のましまさ
ぬ間に、院のきり人【切り人】して、やうやうに讒奏せられ
候なれ。西国の軍をば暫さしをか【置か】せ給ひて、いそ
ぎのぼらせ給へ」と申ければ、木曾「さらば」とて、夜
P08087
を日につゐ【継い】で馳上る。十郎蔵人あしかり【悪しかり】なん
とやおもひ【思ひ】けむ、木曾にちがはむと丹波路に
かかて、播磨国へ下る。木曾は摂津国をへて、みや
こ【都】へいる。平家は又木曾うたむとて、大将軍には
新中納言知盛卿・本三位中将重衡、侍大将には、越
中次郎兵衛盛次【*盛嗣】・上総五郎兵衛忠光・悪七兵
衛景清・都合其勢二万余騎、千余艘の舟に
乗、播磨の地へおしわたりて、室山に陣をとる。十
郎蔵人、平家と軍して木曾と中なをり【仲直り】せん
P08088
とやおもひ【思ひ】けむ、其勢五百余騎で室山へこそをし【押し】
よせ【寄せ】たれ。平家は陣を五つにはる。一陣越中[B ノ]次郎
兵衛盛次【*盛嗣】二千余騎、二陣伊賀平内左衛門家
長二千余騎、三陣上総五郎兵衛・悪七兵衛三千
余騎、四陣本三位中将重衡三千余騎、五陣新
中納言知盛卿一万余騎でかためらる。十郎蔵人行
家五百余騎でおめい【喚い】てかく。一陣越中次郎兵衛盛
次【*盛嗣】、しばらくあひしらう様にもてなひて、中をざと
あけてとをす。二陣伊賀平内左衛門家長、おな
P08089
じうあけてとをしけり。三陣上総五郎兵衛・悪七
兵衛、ともにあけてとをしけり。四陣本三位中将重
衡卿、是もあけていれ【入れ】られけり。一陣より五陣まで
兼て約束したりければ、敵を中にとりこめて、一度
に時をどとぞつくりける。十郎蔵人今は遁るべ
き方もなかりければ、たばかられぬとおもひ【思ひ】て、おもて【面】も
ふらず、命もおしま【惜しま】ず、ここを最後とせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。平
家の侍ども、「源氏の大将にくめや」とて、我さきにとすすめども、さすが十郎蔵人にをし【押し】ならべてくむ
P08090
武者一騎もなかりけり。新中納言のむねとたのま【頼ま】
れたりける紀七左衛門・紀八衛門・紀九郎などいふ兵
ども、そこにて皆十郎蔵人にうちとられぬ。かくし
て十郎蔵人、五百余騎が纔に卅騎ばかりにうちな
され、四方はみな敵なり、御方は無勢なり、いかにして
のがる【逃る】べしとは覚えねど、おもひ【思ひ】きて雲霞のごとく【如く】
なる敵のなかをわてとをる【通る】。されども我身は手
もをはず、家子郎等廿余騎大略手負て、播
磨国高砂より舟に乗、をし【押し】いだひ【出い】て和泉国
P08091
にぞ付にける。それより河内へうちこえて、長野
城にひ【引つ】こもる。平家は室山・水島二ケ度のいくさ【軍】
『皷判官』S0810
に勝てこそ、弥勢はつきにけれ。○凡京中には源
氏みちみちて、在々所々にいりどり【入り捕り】おほし【多し】。賀茂・八
幡の御領ともいはず、青田を苅てま草にす。人の
倉をうちあけて物をとり、持てとをる【通る】物をうば
ひ【奪ひ】とり、衣裳をはぎとる。「平家の都におはせし時は、
六波羅殿とて、ただおほかた【大方】おそろしかり【恐ろしかり】しばかり也。
衣裳をはぐまではなかりし物を、平家に源氏
P08092
かへおとり【替へ劣り】したり」とぞ人申ける。木曾の左馬頭
のもとへ、法皇より御使あり【有り】。狼籍【*狼藉】しづめよと仰
下さる。御使は壱岐守朝親【*知親】が子に、壱岐判官朝
泰【*知康】といふ者也。天下にすぐれたる皷の上手であ
りければ、時の人皷判官とぞ申ける。木曾
対面して、先御返事をば申さで、「抑わとのを皷判
官といふは、よろづの人にうた【打た】れたうたか、はられ
たうたか」とぞとふ【問う】たりける。朝泰【*知康】返事にをよば【及ば】ず、
院御所に帰りまい【参つ】て、「義仲おこの者で候。只今朝
P08093
敵になり候なんず。いそぎ追討せさせ給へ」と申け
れば、法皇さらばしかる【然る】べき武士にも仰付られずし
て、山の座主・寺の長吏に仰られて、山・三井寺の
悪僧どもをめされけり。公卿殿上人のめされける勢
と申は、むかへつぶて【向へ礫】・いんぢ【印地】、いふかひなき辻冠
者原・乞食法師どもなりけり。木曾左馬頭、
院の御気色あしう【悪しう】なると聞えしかば、はじめは
木曾にしたがふたりける五畿内の兵ども、皆そ
むゐて院方へまいる【参る】。信濃源氏村上の三郎判
P08094
官代、是も木曾をそむゐて法皇へまいり【参り】けり。今
井四郎申けるは、「是こそ以外の御大事で候へ。されば
とて十善帝王にむかい【向ひ】まいらせ【参らせ】て、争か御合戦
候べき。甲をぬぎ弓をはづゐて、降人にまいら【参ら】せ
給へ」と申せば、木曾大にいかて、「われ信濃を出し時、
をみ【麻績】・あひだ【会田】のいくさ【軍】よりはじめて、北国には、砥浪山・
黒坂・篠原、西国には福立寺【福隆寺】縄手・ささ【篠】のせまり【迫り】・板
倉が城を責しかども、いまだ敵にうしろを見せず、た
とひたとひ十善帝王にてましますとも、甲をぬぎ、
P08095
弓をはづい【外い】て降人にはえこそまいる【参る】まじけ
れ。たとへば都の守護してあらむものが、馬一疋
づつかう【飼う】てのら【乗ら】ざるべきか。いくらもある田ども
からせて、ま草にせんを、あながちに法皇のとが
め給ふべき様やある。兵粮米もなければ、冠者
原共がかたほとりにつゐ【付い】て、時々いりどり【入り捕り】せんは
何かあながちひが事【僻事】ならむ。大臣家や宮々の御所へ
もまいら【参ら】ばこそ僻事ならめ。是は皷判官が凶害
とおぼゆるぞ。其皷め打破て捨よ。今度は義
P08096
仲が最後の軍にてあらむずるぞ。頼朝が帰きか
む処もあり、軍ようせよ。者ども」とてう【打つ】たち【立ち】け
り。北国の勢ども皆落下て、纔に六七千騎ぞ
あり【有り】ける。我軍の吉例なればとて、七手につくる。
先樋口次郎兼光、二千騎で、新熊野のかたへ
搦手にさしつかはす【遣す】。のこり六手は、をのをの【各々】がゐた
らむずる条里小路より川原へいで【出で】て、七条河
原にてひとつ【一つ】になれと、あひづ【合図】をさだめ【定め】て出立
けり。軍は十一月十九日の朝なり。院[B ノ]御所法住寺
P08097
殿にも、軍兵二万余人まいり【参り】こもり【籠り】たるよし聞え
けり。御方のかさじるし【笠印】には、松の葉をぞ付たり
たる。木曾法住寺殿の西門にをし【押し】よせ【寄せ】てみれ【見れ】ば、
皷判官朝泰【*知康】軍の行事うけ給【承つ】て、赤地の
錦の直垂に、鎧はわざとき【着】ざりけり。甲斗ぞ
きたりける。甲には四天をかいて、をし【押し】たりけり。
御所の西の築墻【築垣】の上にのぼ【上つ】て立たりけるが、
片手にはほこ【矛】をもち、片手には金剛鈴をもて、金
剛鈴を打振打振、時々は舞おり【折】もあり【有り】けり。若き
P08098
公卿殿上人「風情なし。朝泰【*知康】には天狗ついたり」とぞ
わらは【笑は】れける。大音声をあげて、「むかしは宣旨をむ
か【向つ】てよみければ、枯たる草木も花さきみ【実】なり、悪鬼
悪神も隨ひけり。末代ならむがらに、いかんが十善
帝王にむかひ【向ひ】まいらせ【参らせ】て弓をばひくべき。汝等が
はなたん矢は、返て身にあたるべし、ぬかむ太刀は身をきるべし」などとののしりければ、木曾「さないは
せそ」とて、時をどとつくる。さる程に、搦手にさしつ
かはし【遣し】たる樋口次郎兼光、新熊野の方より時の
P08099
こゑ【声】をぞあはせ【合はせ】たり。鏑のなかに火をいれ【入れ】て、法住
寺殿の御所に射たて【立て】たりければ、おりふし【折節】風は
はげしし、猛火天にもえあが【上がつ】て、ほのを【炎】は虚空に
ひまもなし。いくさ【軍】の行事朝泰【*知康】は、人よりさきに
落にけり。行事がおつるうへ【上】は、二万余人の官軍
ども、我さきにとぞ落ゆきける。あまりにあはて【慌て】
さはひ【騒い】で、弓とる者は矢をしら【知ら】ず、矢をとる者は弓
をしら【知ら】ず、或は長刀さかさまについて、我足つき
つらぬく者もあり、或は弓のはず物にかけて、えはづ
P08100
さ【外さ】で捨てにぐる者もあり【有り】。七条がすゑは接津【摂津】国
源氏のかためたりけるが、七条を西へおち【落ち】て行。かね
て【予て】軍いぜん【以前】より、「落人のあらむずるをば、用意して
うちころせ」と、御所より披露せられたりけれ
ば、在洛の者共、屋ねい【屋根】に楯をつき、おそへ【押へ】の石をと
りあつめ【集め】て、待懸たるところ【所】に、摂津国源氏のお
ち【落ち】けるを、「あはや落人よ」とて、石をひろい【拾ひ】かけ、さん
ざん【散々】に打ければ、「これは院がたぞ、あやまち仕る
な」といへども、「さないはせそ。院宣であるに、ただ打
P08101
ころせ打ころせ」とて打間、或は馬をすてて、はうはう【這ふ這ふ】に
ぐるもの【者】もあり、或はうちころさ【殺さ】るるもあり【有り】けり。
八条がすゑは山僧かためたりけるが、恥あるものは
うち死し、つれなきものはおち【落ち】ぞゆく。主水正親
成薄青の狩衣のしたに、萌黄[B 威]の腹巻をき
て、白葦毛なる馬にのり、河原をのぼりに落
てゆく。今井四郎兼平を【追つ】かかて、しや頸の骨
を射てゐ【射】おとす。清大外記頼成が子なりけり。
「明行道【明経道】の博士、甲冑をよろふ事しかる【然る】べからず」とぞ
P08102
人申ける。木曾を背て院方へまい【参つ】たる信濃源氏、
村上三郎判官代もうた【討た】れけり。是をはじめて
院方には、近江中将為清・越前守信行も射こ
ろされて頸とられぬ。伯耆守光長・子息判官
光経、父子共にうた【討た】れぬ。按察大納言資方【*資賢】卿
の孫播磨少将雅方【*雅賢】も、鎧に立烏帽子で軍
の陣へいでられたりけるが、樋口次郎に生どり
にせられ給ぬ。天台座主明雲大僧正、寺の
長吏円慶法親王も、御所にまいり【参り】こもらせ
P08103
給ひたりけるが、黒煙すでに【既に】をし【押し】かけければ、御
馬にめし【召し】て、いそぎ川原へいでさせ給ふ。武士
どもさむざむ【散々】に射たてまつる。明雲大僧正、円慶
法親王も、御馬よりゐ【射】おとさ【落さ】れて、御頸とられさせ
給ひけり。豊後の国司刑部卿三位頼資卿も、御所
にまいり【参り】こもられたりけるが、火は既にをし【押し】かけた
り、いそぎ川原へ逃出給。武士の下部ども【共】に衣
裳皆はぎとられ、まぱだか【真裸】でたたれたり。十一月十九
日のあしたなれば、河原の風さこそすさまじかり
P08104
けめ。三位こじうとに越前法眼性意といふ僧あり【有り】。
其中間法師軍見んとて河原へいでたりけるが、
三位のはだかでたたれたるに見あふ【逢う】て、「あなあさまし」
とてはしり【走り】より、此法師は白小袖二に衣きたりけ
るが、さらば小袖をもぬいできせたてまつれ【奉れ】かし、さは
なくて、衣をひぬいでなげかけたり。短き衣うつほ
にほうかぶて、帯もせず。うしろさこそ見ぐるしかり
けめ。白衣なる法師ともにぐし【具し】ておはしけるが、さらば
いそぎもあゆみ【歩み】給はで、あそこ爰に立とどまり、「あれ
P08105
はたが家ぞ、是は何者が宿所ぞ、ここはいづく
ぞ」と、道すがらとは【問は】れければ、見る人みな手を
たたゐてわらひ【笑ひ】あへり。法皇は御輿にめし【召し】て他
所へ御幸なる。武士どもさんざん【散々】に射たてまつる【奉る】。
豊後少将宗長、木蘭地の直垂に折烏帽子
で供奉せられたりけるが、「是は法皇の御幸
ぞ。あやまちつかまつるな」との給へ【宣へ】ば、兵ども
皆馬よりをり【降り】てかしこまる。「何者ぞ」と御尋あ
り【有り】ければ、「信濃国住人矢島の四郎行綱」と
P08106
なのり【名乗り】申。軈御輿に手かけまいらせ【参らせ】、五条内裏
にをし【押し】こめたてま【奉つ】て、きびしう守護し奉る。主上は
池に船をうかべ【浮べ】てめされけり。武士どもしきりに
矢をまいらせ【参らせ】ければ、七条侍従信清・紀伊守
教光【*範光】御舟に候はれけるが、「是はうちのわたらせ
給ふぞ、あやまち仕るな」とのたまへ【宣へ】ば、兵ども皆
馬よりをり【降り】てかしこまる。閑院殿へ行幸なし
奉る。行幸の儀式のあさましさ、申も中々を
『法住寺合戦』S0811
ろか【愚】なり。○院方に候ける近江守[B 「近江守」に「源蔵人イ」と傍書]仲兼、其勢五十
P08107
騎ばかりで、法住寺殿の西の門をかためてふ
せく【防く】処に、近江源氏山本冠者義高馳来た
り、「いかにをのをの【各々】は、誰をかばはんとて軍をばし
給ふぞ。御幸も行幸も他所へなりぬとこそ承
はれ」と申せば、「さらば」とて、敵の大勢のなか【中】へおめ
い【喚い】てかけいり、さんざん【散々】に、戦ひ、かけやぶ【破つ】てぞとを
り【通り】ける。主従八騎にうちなさる。八騎がうちに、河
内のくさか[B 日下]党、加賀房といふ法師武者あり【有り】け
り。白葦毛なる馬の、きはめて口こはきにぞの【乗つ】たり
P08108
ける。「此馬があまりひあひ【悲愛】で、乗たまるべしともお
ぼえ候はず」と申ければ、蔵人、「いでさらばわが馬
に乗かへよ」とて、栗毛なる馬のしたお【下尾】しろい【白い】にのり【乗り】
かへて、ねのゐ【根井】の小野太が二百騎ばかりでささへたる
川原坂の勢の中へ、おめい【喚い】て懸いり、そこにて
八騎が五騎はうた【討た】れぬ。ただ主従三騎にぞなり
にける。加賀房はわが馬のひあい【悲愛】なりとて、主の馬
に乗かへたれども、そこにてつゐに【遂に】うた【討た】れにけり。
源蔵人の家の子に、信濃次郎蔵人仲頼といふ
P08109
もの【者】あり【有り】。敵にをし【押し】へだて【隔て】られて、蔵人の
ゆくゑ【行方】をしら【知ら】ず、栗毛なる馬のしたお【下尾】しろ
い【白い】がはしり【走り】いで【出で】たるを見て、下人をよび【呼び】、「ここな
る馬は源蔵人の馬とこそみれ【見れ】。はやうた【討た】れ
けるにこそ。死なば一所で死なむとこそ契し
に、所々でうた【討た】れん事こそかなしけれ。どの勢の
中へかいる【入る】と見つる」。「川原坂の勢のなかへこそ
懸いらせ給ひ候つるなれ。やがてあの勢の中
より御馬も出きて候」と申ければ、「さらば汝は
P08110
とうとう是より帰れ」とて、最後のありさま【有様】故郷へ
いひつかはし【遣し】、只一騎敵のなかへ懸いり、大音声
あげて名のり【名乗り】けるは、「敦躬【敦実】親王より九代の
後胤、信濃守仲重が次男、信濃次郎蔵人仲
頼、生年廿七歳。我とおもは【思は】ん人々はよりあへや、
見参せん」とて、竪様・横様・くも手【蜘蛛手】・十文字に
懸わり懸まはり戦ひけるが、敵あまた打とて、
つゐに【遂に】うち死してげり。蔵人是をば夢にも
しら【知ら】ず、兄の河内守・郎等一騎打具して、主従
P08111
三騎、南をさして落行ほど【程】に、摂政殿の都を
ば軍におそれ【恐れ】て、宇治へ御出なりけるに、木
幡山にて追付たてまつる【奉る】。木曾が余党かとおぼ
しめし【思し召し】、御車[M の]をとどめ【留め】て「何者ぞ」と御尋あれ
ば、「仲兼、仲信」となのり申。「こはいかに、北国凶徒か
などおぼしめし【思し召し】たれば、神妙にまいり【参り】たり。ちかう
候て守護つかまつれ」と仰ければ、畏て承り、
宇治のふけ【富家】殿までをくり【送り】まいらせ【参らせ】て、軈此人
どもは、河内へぞ落ゆきける。あくる廿日、木曾左
P08112
馬頭六条川原にう【打つ】た【立つ】て、昨日きるところ【所】の頸ども、
かけならべてしるひ【記い】たりければ、六百卅余人なり。
其中に明雲大僧正・寺の長吏円慶法親王の
御頸もかからせ給ひたり。是をみる【見る】人涙をなが
さずといふ事なし。木曾其勢七千余騎、馬の
鼻を東へむけ、天も響き大地もゆるぐ程に、時
をぞ三ケ度つくりける。京中又さはぎ【騒ぎ】あへり。
但是は悦の時とぞきこえ【聞え】し。故少納言入道信西
の子息宰相長教、法皇のわたらせ給五条内
P08113
裏にまい【参つ】て、「是は君に奏すべき事がある
ぞ。あけてとをせ【通せ】」とのたまへ【宣へ】ども、武士ども【共】
ゆるしたてまつら【奉ら】ず。力をよば【及ば】である小屋にたち【立ち】
いり、俄に髪そりおろし、法師になり、墨染の
衣袴きて、「此上は何かくるしかる【苦しかる】べき、いれよ【入れよ】」と
の給へ【宣へ】ば、其時ゆるし奉る。御前へまい【参つ】て、今度
うた【討た】れ給へるむねとの人々の事どもつぶさに
奏聞しければ、法皇御涙をはらはらとながさせ
給ひて、「明雲は非業の死にすべきものとはお
P08114
ぼしめさ【思し召さ】ざりつる物を。今度はただわがいかにも
なるべかりける御命にかはり【変り】けるにこそ」とて、御涙
せきあへさせ給はず。木曾、家子郎等召あつめ【集め】
て評定す。「抑義仲、一天の君にむかひ【向ひ】奉て
軍には勝ぬ。主上にやならまし、法皇にやならまし。
主上にならうどおもへ【思へ】ども、童にならむもしかる【然る】べから
ず。法皇にならうどおもへ【思へ】ども、法師にならむも
をかしかるべし。よしよしさらば関白にならう」ど申
せば、手かきにぐせ【具せ】[* 「くらせ」と有るのを他本により訂正]られたる大夫房覚明
P08115
申けるは、「関白は大織冠の御末、藤原氏こそなら
せ給へ。殿は源氏でわたらせ給ふに、それこそ叶
ひ候まじけれ」。「其上は力をよば【及ば】ず」とて、院の御厩
の別当にをし【押し】なて、丹後国をぞ知行しける。
院の御出家あれば法皇と申。主上のいまだ
御元服もなき程は、御童形にてわたらせ給ふを
しらざりけるこそうたてけれ。前関白松殿の
姫君とりたてま【奉つ】て、軈松殿の聟にをし【押し】なる。同
十一月廿三日、三条中納言朝方卿をはじめとして、
P08116
卿相雲客四十九人が官職をとどめ【留め】てお【追つ】こめ【籠め】奉る。
平家の時は四十三人をこそとどめ【留め】たりしに、
是は四十九人なれば、平家の悪行には超過せ
り。さる程に、木曾が狼籍【*狼藉】しづめんとて、鎌倉の前
兵衛佐頼朝、舎弟蒲の冠者範頼・九郎冠者
義経をさしのぼせ【上せ】られけるが、既に法住寺殿焼
はらひ【払ひ】、院うちとり奉て天下くらやみ【暗闇】になたるよし
聞えしかば、左右なうのぼ【上つ】て軍すべき様もなし。是
より関東へ子細を申さんとて、尾張国熱田大郡
P08117
司が許におはしけるに、此事うたへ【訴へ】んとて、北面に候
ける宮内判官公朝・藤内左衛門時成、尾張国に
馳下り、此由一々次第うたへ【訴へ】ければ、九郎御曹司「是
は宮内判官の関東へ下らるべきにて候ぞ。子細し
らぬ使はかへしとは【問は】るるとき不審の残るに」との
給へ【宣へ】ば、公朝鎌倉へ馳下る。軍におそれ【恐れ】て下人ども
皆落うせたれば、嫡子の宮内どころ【所】公茂が十五に
なるをぞ具したりける。関東にまい【参つ】て此よし申
ければ、兵衛佐大におどろき、「まづ皷判官知泰【*知康】が
P08118
不思議事申いだし【出し】て、御所をもやかせまいらせ【参らせ】、
高僧貴僧をもほろぼしたてま【奉つ】たるこそ奇怪
なれ。知泰【*知康】においては既に違勅の者なり。めし【召し】
つかは【使は】せ給はば、かさね【重ね】て御大事いでき候なむ
ず」と、宮こ【都】へ早馬をもて申されければ、皷判
官陳ぜんとて、夜を日についで、馳下る。兵衛佐「し
やつにめ【目】な見せそ、あひしらゐなせそ」との給へ【宣へ】ど
も、日ごとに兵衛佐の館へむかふ【向ふ】。つゐに【遂に】面目なくし
て、宮こ【都】へ帰りのぼりけり。後には稲荷の辺なる
P08119
所に、命ばかりいき【生き】てすごしけるとぞ聞えし。木曾
左馬頭、平家の方へ使者を奉て、「宮こ【都】へ御の
ぼり候へ。ひとつ【一つ】になて東国せめ【攻め】む」と申たれば、
大臣殿はよろこば【喜ば】れけれども、平大納言・新
中納言「さこそ世すゑにて候とも、義仲にかたらは
れて宮こ【都】へ帰りいらせ給はん事、しかる【然る】べうも候はず。
十善帝王三種神器を帯してわたらせ給へば、
「甲をぬぎ、弓をはづい【外い】て降人に是へまいれ【参れ】」とは
仰候べし」と申されければ、此様を御返事あり
P08120
しかども、木曾もちゐ奉らず。松殿入道殿許へ木曾
をめし【召し】て「清盛公はさばかりの悪行人たりしかども、希
代の大善根をせしかば、世をもをだしう廿余年
たもたりしなり。悪行ばかりで世をたもつ【保つ】事は
なき物を。させるゆへ【故】なくとどめ【留め】たる人々の官
ども、皆ゆるすべき」よし仰られければ、ひたすらの
あらゑびす【荒夷】のやうなれども、したがひ【従ひ】奉て、解官
したる人々の官どもゆるしたてまつる【奉る】。松殿の御
子師家のとのの、其時はいまだ中納言中将
P08121
にてましましけるを、木曾がはからひに、大臣摂政
になし奉る。おりふし【折節】大臣あかざりければ、徳大
寺左大将実定公の、其比内大臣でおはしける
をかり【借り】たてま【奉つ】て、内大臣になし奉る。いつしか人の
口なれば、新摂政をばかるの大臣とぞ申ける。
同十二月十日、法皇は五条内裏をいでさせ給
ひて、大膳大夫成忠が宿所六条西洞院へ御
幸なる。同十三日歳末の御修法あり【有り】けり。其次に
叙位除目おこなはれて、木曾がはからひに、人々の
P08122
官どもおもふ【思ふ】さまになしをきけり。平家は西国
に、兵衛佐は東国に、木曾は宮こ【都】にはり【張り】おこなふ【行ふ】。
前漢・後漢の間、王まう【王莽】が世をうちとて、十八年
おさめ【納め】たりしがごとし。四方の関々皆とぢたれば、
おほやけの御調物をもたてまつら【奉ら】ず。私の年
貢ものぼらねば、京中の上下の諸人、ただ少
水の魚にことならず。あぶな【危】ながらとし【年】暮て、
寿永もみとせ【三年】になりにけり。
P08123
平家物語巻第八