平家物語 高野本 巻第十一

平家 十一(表紙)
P11001
平家十一之巻 目録
逆櫓       大坂越
八島軍次信最期  那須与一
弓なかし     志度合戦どしいくさ
鶏合       壇浦合戦
遠矢       先帝身投
能登殿最期    内侍所宮古入
つるき      一門大路わたし
かかみ      文のさた
P11002
副将       腰越
大臣殿のきられ  重衡のきられ
P11003
平家物語巻第十一
『逆櫓』S1101
○元暦二年正月十日、九郎大夫判官義経、院
の御所へまい【参つ】て大蔵卿泰経朝臣をもて
奏聞せられけるは、「平家は神明にもはなた
れ奉り、君にもすてられまいらせ【参らせ】て、帝都
をいで、浪のうへ【上】にただよふおちうと【落人】となれり。
しかる【然る】を此三箇年が間、せめ【攻め】おとさ【落さ】ずして、
おほく【多く】の国々をふさげ【塞げ】らるる事、口惜候へば、
今度義経においては、鬼界・高麗・天竺・震旦
P11004
までも、平家をせめ【攻め】おとさ【落さ】ざらんかぎりは、王城へ
かへるべからず」とたのもしげ【頼もし気】に申されけ
れば、法皇おほき【大き】に御感あて、「相構て、夜を
日についで勝負を決すべし」と仰下さる。判
官宿所にかへ【帰つ】て、東国の軍兵どもにの給ひ
けるは、「義経、鎌倉殿の御代官として院宣
をうけ給は【承つ】て、平家を追討すべし。陸は駒の
足のをよば【及ば】むをかぎり、海はろかい【艫櫂】のとづか[* 「とつが」と有るのを他本により訂正]【届か】ん
程せめ【攻め】ゆくべし。すこし【少し】もふた心あらむ人々
P11005
は、とうとう【疾う疾う】これよりかへらるべし」とぞの給ける。
さる程に、八島にはひま【隙】ゆく駒の足はやくし
て、正月もたち、二月にもなりぬ。春の草く
れ【暮れ】て、秋の風におどろき、秋の風やんで、春
の草になれり。をくり【送り】むかへ【向へ】てすでに三と
せ【年】になりにけり。都には東国よりあら手の
軍兵数万騎つい【着い】てせめ【攻め】くだる【下る】ともきこゆ。鎮
西より臼杵・戸次・松浦党同心してをし【押し】わたる【渡る】
とも申あへ【合へ】り。かれをきき、これ【是】をきく【聞く】にも、
P11006
ただ耳を驚かし、きも魂をけすより外の事
ぞなき。女房達は女院・二位殿をはじめま
いらせ【参らせ】て、さしつどい【集ひ】て、「又いかなるうき目をか見
むずらん。いかなるうき事をかきか【聞か】んずらん」と
なげきあひ、かなしみあへ【合へ】り。新中納言知盛卿
の給ひけるは、「東国北国の物共も随分重
恩をかうむ【蒙つ】たりしかども、恩をわすれ契を
変じて、頼朝・義仲等にしたがひき。まして
西国とても、さこそはあらむずらめとおもひ【思ひ】
P11007
しかば、都にていかにもならんと思ひし物を、わが
身ひとつ【一つ】の事ならねば、心よはう【弱う】あくがれ
出て、けふはかかるうき目をみる【見る】口惜さよ」と
ぞの給ひける。誠にことはり【理】とおぼえて哀
なり。同二月三日、九郎大夫判官義経、都を
たて、摂津国渡辺よりふなぞろへして、八
島へすでによせんとす。参川【*三河】守範頼も同日
に都をたて、摂津国神崎より兵船をそろ
へて、山陽道へおもむか【赴か】むとす。同十三日、伊勢
P11008
大神宮・石清水・賀茂・春日へ官幣使をたて
らる。「主上并三種の神器、ことゆへ【故】なうかへり
いらせ給へ」と、神祇館【*神祇官】の官人、もろもろの社司、
本宮本社にて祈誓申べきよし仰下さる。同十
六日、渡辺・神崎両所にて、この日ごろそろへける
舟ども、ともづなすでにとかんとす。おりふし【折節】北
風木をを【折つ】てはげしう吹ければ、大浪に舟どもさ
むざむ【散々】にうちそむぜ【損ぜ】られて、いだすに及ばず。
修理のために其日はとどまる。渡辺には大名小名
P11009
よりあひて、「抑ふないくさ【舟軍】の様はいまだ調練せ
ず。いかがあるべき」と評定す。梶原申けるは、「今度
の合戦には、舟に逆櫓をたて候ばや」。判官「さか
ろとはなんぞ」。梶原「馬はかけんとおもへ【思へ】ば弓手
へも馬手へもまはしやすし。舟はきとをし【押し】もど
すが大事候。ともへ【艫舳】に櫓をたてちがへ、わいかぢ【脇楫】を
いれ【入れ】て、どなた【何方】へもやすうをす【押す】やうにし候ばや」と
申ければ、判官の給ひけるは、「いくさ【軍】といふ
物はひとひき【一引】もひか【引か】じとおもふ【思ふ】だにも、あはひ【間】あし
P11010
ければひく【引く】はつねの習なり。もとよりにげま
うけ【逃げ設け】してはなんのよかるべきぞ。まづ門でのあし
さ【悪しさ】よ。さかろをたてうとも、かへさまろ【返様櫓】をたてうと
も、殿原の舟には百ちやう【梃】千ぢやう【梃】もたて給へ。
義経はもとのろ【櫓】で候はん」との給へば、梶原申
けるは、「よき大将軍と申は、かく【駆く】べき処をば
かけ、ひく【退く】べき処をばひいて、身をまたう【全う】し
てかたき【敵】をほろぼすをもてよき大将軍と
はする候。かたおもむき【片趣】なるをば、猪のしし武者
P11011
とてよきにはせず」と申せば、判官「猪のしし
鹿のししはしら【知ら】ず、いくさ【軍】はただひらぜめ【平攻め】にせめ
てか【勝つ】たるぞ心地はよき」との給へ【宣へ】ば、侍共梶原
におそれ【恐れ】てたかく【高く】はわらは【笑は】ねども、目ひき【引き】は
な【鼻】ひきぎぎめきあへ【合へ】り。判官と梶原と、す
でに同士いくさ【同士軍】あるべしとざざめきあへ【合へ】り。や
うやう日くれ夜に入ければ、判官の給ひけ
るは、「舟の修理してあたらしうなたるに、おの
おの【各々】一種一瓶してゆはひ給へ、殿原」とて、いと
P11012
なむ様にて[* 「にで」と有るのを他本により訂正]舟に物の具いれ【入れ】、兵粮米つみ、馬
どもたてさせて、「とくとく【疾く疾く】つかまつれ」との給ひ
ければ、水手梶取申けるは、「此風はおい手【追手】に
て候へども、普通にすぎたる風で候。奥はさぞ
ふい【吹い】て候らん。争か仕候べき」と申せば、判官
おほき【大き】にいかての給ひけるは、「野山のすへ【末】
にてしに、海河のそこにおぼれてうするも、
皆これせんぜのしゆくごう【宿業】也。海上にいでうかふ【浮う】
だる時風こわき【強き】とていかがする。むかひ風【向ひ風】にわた
P11013
らんといはばこそひが事【僻事】ならめ、順風なるが
すこし【少し】すぎたればとて、是程の御大事にい
かでわたらじとは申ぞ。舟つかまつらずは、一々
にしやつばら射ころせ」と下知せらる。奥州の
佐藤三郎兵衛嗣信・伊勢三郎義盛、片手
矢はげ、すすみ出て、「何条子細を申ぞ。御ぢや
うであるにとくとく仕れ。舟仕らずは一々に射
ころさ【殺さ】んずるぞ」といひければ、水手梶取是
をきき、「射ころさ【殺さ】O[BH れ]んもおなじ事、風こはくは、ただ
P11014
はせじに【馳せ死に】にしねや、物共」とて、二百余艘の舟
のなかに、ただ五艘いで【出で】てぞはしり【走り】ける。のこり
の船はかぜ【風】におそるるか、梶原におづるかして、
みなとどまりぬ。判官の給ひけるは、「人のいで【出で】
ねばとてとどまるべきにあらず。ただの時はか
たき【敵】も用心すらむ。かかる大風大浪に、思ひ
もよらぬ時にをし【押し】よせ【寄せ】てこそ、おもふ【思ふ】かたき
をばうた【討た】んずれ」とぞの給ひける。五艘の舟
と申は、まづ判官の舟、田代冠者、後藤兵衛
P11015
父子、金子兄弟、淀の江内忠俊とてふな奉行【舟奉行】
のの【乗つ】たる舟也。判官の給ひけるは、「おのおの【各々】の
舟に、篝なともひ【点い】そ。義経が舟をほん【本】舟
として、ともへのかがりをまぼれ【守れ】や。火かずお
ほく【多く】見えば、かたき【敵】おそれ【恐れ】て用心してんず」と
て、夜もすがらはしる【走る】程に、三日にわたる処をた
だ三時ばかりにわたりけり。二月十六日の丑剋
に、渡辺・福島をいで【出で】て、あくる卯の時に阿波
『勝浦付大坂越』S1102
の地へこそふき【吹き】つけ【着け】たれ。○夜すでにあけけ
P11016
れば、なぎさに赤旗少々ひらめいたり。判官こ
れ【是】を見て「あはや我等がまうけ【設】はしたりけるは。
舟ひらづけ【平着け】につけ、ふみかたぶけ【傾け】て馬おろ
さむとせば、かたき【敵】の的になてゐ【射】られなんず。
なぎさにつかぬさきに、馬どもおひ【追ひ】おろし
おひ【追ひ】おろし、舟にひき【引き】つけひき【引き】つけおよが【泳が】
せよ。馬の足だち【足立】、鞍づめ【鞍爪】ひたる【浸る】程にならば、
ひたひたとの【乗つ】てかけよ、物共」とぞ下知せられ
ける。五艘の舟に物の具いれ【入れ】、兵粮米つんだり
P11017
ければ、馬ただ五十余疋ぞたてたりける。なぎ
さちかく【近く】なりしかば、ひたひたとうちの【乗つ】て、おめい【喚い】て
かくれば、なぎさに百騎ばかりあり【有り】ける物共、
O[BH しばしも]こらへず、二町ばかりざとひいてぞのきにける。
判官みぎはにう【打つ】た【立つ】て、馬のいき【息】やすめ【休め】て
おはしけるが、伊勢三郎義盛をめし【召し】て、「あの勢
のなかにしかる【然る】べい物やある。一人めし【召し】てまいれ【参れ】。
たづぬべき事あり」との給へ【宣へ】ば、義盛畏てう
け給はり【承り】、只一騎かたき【敵】のなかへかけいり、なに
P11018
とかいひ【言ひ】たりけん、とし四十ばかりなる男の、黒
皮威の鎧きたるを、甲をぬがせ、弓の弦はづ
さ【外さ】せて、具してまいり【参り】たり。判官「なに物【何者】ぞ」との
給へ【宣へ】ば、「当国の住人、坂西の近藤六親家」と申。
「なに家でもあらばあれ、物の具なぬがせそ。やが
て八島の案内者に具せんずるぞ。其男に
目はなつ【放つ】な。にげてゆかばゐ【射】ころせ、物共」とぞ
下知せられける。「ここをばいづくといふぞ」ととは【問は】れ
ければ、「かつ浦と申候」。判官わら【笑つ】て「色代な」と
P11019
の給へ【宣へ】ば、「一定勝浦候。下臈の申やすひについて、
かつらと申候へども、文字には勝浦と書て候」と
申す。判官「是きき給へ、殿原。いくさ【軍】しにむかふ【向ふ】
義経が、かつ浦につく目出たさよ。此辺に平
家のうしろ矢ゐ【射】つべい物はないか」。「阿波民部
重能がおとと【弟】、桜間の介能遠とて候」。「いざ、さらば
け【蹴】ちらし【散らし】てとをら【通ら】ん」とて、近藤六が勢百騎ば
かりがなかより、卅騎ばかりすぐりいだいて、我せ
い【勢】にぞ具せられける。能遠が城にをし【押し】よせ【寄せ】て
P11020
見れば、三方はぬま【沼】、一方は堀なり。堀のかたよりを
し【押し】よせ【寄せ】て、時をどとつくる。城のうち【内】のつは物【兵】共、
矢さき【矢先】をそろへてさしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざん【散々】に
ゐる【射る】。源氏の兵是を事ともせず、甲のしころを
かたぶけ【傾け】、おめき【喚き】さけん【叫ん】でせめ【攻め】入ければ、桜間
の介かなは【叶は】じとやおもひけむ、家子郎等にふ
せき矢【防き矢】ゐ【射】させ、我身は究竟の馬をもたりけ
れば、うちの【乗つ】て希有にして落にけり。判官ふせ
き矢【防き矢】ゐ【射】ける兵共廿余人が頸きりかけて、いくさ
P11021
神【軍神】にまつり、悦の時をつくり、「門でよし」とぞの給
ひける。判官近藤六親家をめし【召し】て、「八島には平
家のせい【勢】いか程あるぞ」。「千騎にはよもすぎ候は
じ」。「などすくなひ【少い】ぞ」。「かくのごとく四国の浦々島々に
五十騎、百騎づつさしをか【置か】れて候。其うへ阿波民
部重能が嫡子田内左衛門教能は、河野四郎
がめせ【召せ】どもまいら【参ら】ぬをせめ【攻め】んとて、三千余騎で伊
与【*伊予】へこえて候」。「さてはよいひまごさんなれ。是より
八島へはいかほど【程】の道ぞ」。「二日路で候」。「さらばかたき【敵】の
P11022
きか【聞か】ぬさきによせよや」とて、かけ足になつ、あゆ
ま【歩ま】せつ、はせつ、ひかへつ、阿波と讃岐とのさかゐ【境】
なる大坂ごえ【大坂越え】といふ山を、夜もすがらこそこえ【越え】ら
れけれ。夜半ばかり、判官たてぶみ【立文】もたる男に
ゆきつれて、物語し給ふ。この男よるの事では
あり、かたき【敵】とは夢にもしら【知ら】ず、みかた【御方】の兵共の
八島へまいる【参る】とおもひけるやらん、うちとけてこま
ごまと物語をぞ申ける。「そのふみ【文】はいづくへぞ」。
「八島のおほい【大臣】殿へまいり【参り】候」。「たがまいらせ【参らせ】らるる
P11023
ぞ」。「京より女房のまいらせ【参らせ】られ候」。「なに事なるらん」
との給へ【宣へ】ば、「別の事はよも候はじ。源氏すでに淀
河尻にいで【出で】うかう【浮う】で候へば、それをこそつげ申され候
らめ」。げにさぞあるらん。是も八島へまいる【参る】が、いまだ案
内をしらぬに、じんじよ【尋所】[B 尋承]せよ」との給へ【宣へ】ば、「これ【是】はたび
たびまい【参つ】て候間、案内は存知して候。御共仕らん」と
申せば、判官「そのふみ【文】とれ」とてふみ【文】ばい【奪ひ】とらせ、「し
やつからめよ。罪つくりに頸なきそ」とて、山なかの
木にしばりつけてぞとほら【通ら】れける。さてふみ【文】を
P11024
あけて見給へば、げにも女房のふみ【文】とおぼしく
て、「九郎はすすどきおのこ【男】にてさぶらふ【候ふ】なれば、大風
大浪をもきらはず、よせさぶらふ【候ふ】らんとおぼえ
さぶらふ。勢どもちらさ【散らさ】で用心せさせ給へ」とぞ
かか【書か】れたる。判官「是は義経に天のあたへ給ふ
文なり。鎌倉殿に見せ申さん」とて、ふかう【深う】お
さめ【納め】てをか【置か】れけり。あくる十八日の寅の刻に、讃
岐国ひけ田【引田】といふ処にうちおりて、人馬のいき
をぞやすめける。それより丹生屋・白鳥、うち過ぎ
P11025
うち過ぎ、八島の城へよせ給ふ。又近藤六親家をめ
し【召し】て、「八島のたち【館】のやう【様】はいかに」ととひ給へば、
「しろしめさ【知ろし召さ】ねばこそ候へ、無下にあさまに候。塩の
ひ【干】て候時は、陸と島の間は馬の腹もつかり候
はず」と申せば、「さらばやがてよせよや」とて、高松
の在家に火をかけて、八島の城へよせ給ふ。八
島には、阿波民部重能が嫡子田内左衛門教能、河
野四郎がめせどもまいら【参ら】ぬをせめ【攻め】んとて、三千余
騎で伊与【*伊予】へこえたりけるが、河野をばうち【討ち】もらし【洩らし】て、
P11026
家子郎等百五十余人が頸きて、八島の内裏へまい
らせ【参らせ】たり。「内裏にて賊首の実検せられん事
然るべからず」とて、大臣殿の宿所にて実検せら
る。百五十六人が首也。頸ども実検しける処に、物
共、「高松のかたに火いで【出で】き【来】たり」とてひしめきあへ【合へ】
り。「ひるで候へば、手あやまちではよも候はじ。かた
き【敵】のよせて火をかけたると覚候。さだめて【定めて】大ぜ
い【大勢】でぞ候らん。とりこめられてはかなう【叶ふ】まじ。とうとう【疾う疾う】め
され候へ」とて、惣門の前のなぎさに舟どもつけ
P11027
ならべたりければ、我も我もとのり給ふ。御所の御舟
には、女院・北の政所・二位殿以下の女房達めされけり。
大臣殿父子は、ひとつ【一つ】舟にのり給ふ。其外の人々
思ひ思ひにとりの【乗つ】て、或は一町ばかり、或は七八段、五
六段などこぎいだしたる処に、源氏のつは物ども、
ひた甲【直甲】七八十騎、惣門のまへのなぎさにつとい
で【出で】き【来】たり。塩ひがた【潮干潟】の、おりふし【折節】塩ひるさかりなれ
ば、馬のからすがしら【烏頭】、ふと腹にたつ処もあり【有り】。それ
よりあさき処もあり【有り】。け【蹴】あぐる【上ぐる】しほ【潮】のかすみと
P11028
ともにしぐらうだるなかより、白旗ざとさし【差し】あげ【上げ】た
れば、平家は運つきて、大勢とこそ見てんげれ。
判官かたき【敵】に小勢と見せじと、五六騎、七八騎、十
『嗣信最期』S1103
騎ばかりうちむれうちむれいできたり。○九郎大夫判官、
其日の装束には、赤地の錦の直垂に、紫すそ
ごの鎧きて、こがねづくりの太刀をはき、きりふ【切斑】
の矢をひ【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓のまなか【真ん中】とて、舟のかたを
にらまへ【睨まへ】、大音声をあげて、「一院の御使、検非違
使五位尉源義経」となのる【名乗る】。其次に、伊豆国の住人
P11029
田代冠者信綱、武蔵国の住人金子十郎家忠、
同与一親範、伊勢三郎義盛とぞ名の【名乗つ】たる。つづゐ【続い】
て名のるは、後藤兵衛実基、子息の新兵衛基
清、奥州の佐藤三郎兵衛嗣信、同四郎兵衛忠信、江
田の源三、熊井太郎、武蔵房弁慶と、声々に名の【名乗つ】
て馳来る。平家の方には「あれゐ【射】とれや」とて、或は
とを矢【遠矢】にゐる【射る】舟もあり、或はさし矢にゐる【射る】舟もあり、
源氏のつは物ども、弓手になしてはゐ【射】てとほり【通り】、馬手
になしてはゐ【射】てとほり【通り】、あげをい【置い】たる舟のかげ【陰】を、馬
P11030
やすめ処【馬休め処】にして、おめき【喚き】さけん【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。後藤兵
衛実基は、ふるつは物【古兵】にてあり【有り】ければ、いくさ【軍】をば
せず、まづ内裏にみだれ【乱れ】いり、手々に火をはな【放つ】て片
時の烟とやきはらふ。おほいとの【大臣殿】、侍どもをめし【召し】て、「抑
源氏が勢いか程あるぞ」。「当時わづかに七八十騎こ
そ候らめ」と申。「あな心うや。髪のすぢを一すぢ
づつわけてとるとも、此勢にはたるまじかりける
物を。なかにとりこめてうたずして、あはて【慌て】て舟に
の【乗つ】て、内裏をやかせつる事こそやすからね。能登
P11031
殿はおはせぬか。陸へあが【上がつ】てひといくさ【軍】し給へ」。「さう
け給【承り】候ぬ」とて、越中次郎兵衛盛次【*盛嗣】をあひ【相】具
して、小舟共にとりの【乗つ】て、やきはらひ【払ひ】たる惣門の
前のなぎさに陣をとる。判官八十余騎、矢ごろ
によせ【寄せ】てひかへたり。越中次郎兵衛盛次【*盛嗣】、舟のお
もてに立いで、大音声をあげて申けるは、「名の
られつるとはきき【聞き】つれども、海上はるかにへだたて、
その【其の】仮名実名分明ならず。けふの源氏の大将軍
は誰人でおはしますぞ」。伊勢三郎義盛あゆま【歩ま】
P11032
せいで【出で】て申けるは、「こともおろかや、清和天皇十代
の御末、鎌倉殿の御弟、九郎大夫判官殿ぞかし」。
盛次【*盛嗣】「さる事あり【有り】。一とせ【年】平治の合戦に、ちち【父】うた【討た】れ
てみなし子にてありしが、鞍馬の児して、後には
こがね商人の所従になり、粮料せをう【背負う】て奥州へ
おち【落ち】まどひし小冠者が事か」とぞ申たる。義盛
「舌のやはらかなるままに、君の御事な申そ。さて
わ人どもは砥浪山のいくさ【軍】におい【追ひ】おとさ【落さ】れ、からき
命いきて北陸道にさまよひ、乞食してなくなく【泣く泣く】
P11033
京へのぼり【上り】たりし物か」とぞ申ける。盛次【*盛嗣】かさね【重ね】
て申けるは、「君の御恩にあきみちて、なんの
不足にか乞食をばすべき。さいふわ人共こそ、
伊勢の鈴鹿山にて山だち【山賊】して、妻子をもや
しなひ、わが【我が】身もすぐる【過ぐる】とはききしか」といひ
ければ、金子の十郎家忠「無益の殿原の雑言
かな。われも人も空言いひ【言ひ】つけ【付け】て雑言せんに
は、誰かはおとるべき。去年の春、一の谷で、武蔵・相
模の若殿原の手なみの程は見てん物を」と
P11034
申処におとと【弟】の与一そばにあり【有り】けるが、いはせも
はてず、十二束二ぶせ、よぴい【引い】てひやうどはなつ【放つ】。盛
次【*盛嗣】が鎧のむないたに、うらかく程にぞたたりける。
其後は互に詞だたかひ【詞戦ひ】とまりにけり。能登守教
経「ふないくさ【舟軍】は様ある物ぞ」とて、よろい直垂は
き【着】給はず、唐巻染の小袖に唐綾威の鎧きて、
いか物づくりの大太刀はき、廿四さいたるたかうす
べう【鷹護田尾】の矢をひ【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓をもち給へり。王
城一のつよ弓【強弓】せい兵【精兵】にておはせしかば、矢さき【矢先】に
P11035
まはる物、い【射】とほさ【通さ】れずといふ事なし。なかにも九
郎大夫判官をゐ【射】おとさ【落さ】むとねらはれけれども、
源氏の方にも心得て、奥州の佐藤三郎兵衛
嗣信・同四郎兵衛忠信・伊勢三郎義盛・源八広
綱・江田源三・熊井太郎・武蔵房弁慶などいふ一
人当千の兵ども、われ【我】もわれ【我】もと、馬のかしら【頭】をたてなら
べて大将軍の矢おもてにふさがりければ、ちか
らおよび【及び】給はず、「矢おもての雑人原そこのき
候へ」とて、さしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざん【散々】にゐ【射】給へば、やに
P11036
はに鎧武者十余騎ばかりゐ【射】おとさ【落さ】る。なかにもま
さきにすすむだる奧州の佐藤三郎兵衛が、
弓手の肩を馬手の脇へつとゐ【射】ぬか【貫か】れて、しばし
もたまらず、馬よりさかさまにどうどおつ。能登殿
の童に菊王といふ大ぢから【大力】のかう【剛】の物あり【有り】。萌
黄おどしの腹巻に、三枚甲の緒をしめて、白柄の
長刀のさやをはづし【外し】、三郎兵衛が頸をとらんと
はしり【走り】かかる。佐藤四郎兵衛、兄が頸をとらせじ
とよぴいてひやうどゐる【射る】。童が腹巻のひきあは
P11037
せ【引き合はせ】をあなたへつとゐ【射】ぬか【貫か】れて、犬居にたふれ【倒れ】ぬ。能登
守これ【是】を見て、いそぎ舟よりとんでおり、左の手
に弓をもちながら、右の手で菊王丸をひ【引つ】さげて、
舟へからりとなげられたれば、かたきに頸はとら
れねども、いた手【痛手】なればしに【死に】にけり。これ【是】はもと
越前の三位の童なりしが、三位うたれて後、お
とと【弟】の能登守につかは【使は】れけり。生年十八歳にぞ
なりける。この童をうたせてあまりにあはれ【哀】にお
もは【思は】れければ、其後はいくさ【軍】もし給はず。判官は佐
P11038
藤三郎兵衛を陣のうしろへかきいれ【入れ】させ、馬よ
りおり、手をとらへて、「三郎兵衛、いかがおぼゆる【覚ゆる】」
との給へ【宣へ】ば、いき【息】のしたに申けるは、「いまはかうと存
候」。「おもひ【思ひ】をく【置く】事はなきか」との給へ【宣へ】ば、「なに事をか
おもひ【思ひ】をき【置き】候べき。君の御世にわたらせ給はん
を見まいらせ【参らせ】で、死に候はん事こそ口惜覚候へ。
さ候はでは、弓矢とる物の、かたき【敵】の矢にあたて
しなん事、もとより期する処で候也。就中に
「源平の御合戦に、奥州の佐藤三郎兵衛嗣信
P11039
といひける物、讃岐国八島のいそにて、しう【主】の御命
にかはりたてま【奉つ】てうた【討た】れにけり」と、末代の物語に
申さ〔れ〕む事こそ、弓矢とる身O[BH に]は今生の面目、冥
途の思出にて候へ」と申もあへ【合へ】ず、ただよはり【弱り】によはり【弱り】
にければ、判官涙をはらはらとながし、「此辺にたと
き僧やある」とて、たづね【尋ね】いだし、「手負のただいま
おち【落ち】いるに、一日経かいてとぶらへ」とて、黒き馬のふ
とう【太う】たくましゐ【逞しい】に、きぶくりん【黄覆輪】の鞍おい【置い】て、かの
僧にたびにけり。判官五位尉になられし時、五位
P11040
になして、大夫黒とよばれし馬也。一の谷のひへ鳥
ごえ【鵯越】をもこの馬にてぞおとさ【落さ】れたりける。弟の四
郎兵衛をはじめとして、これ【是】を見るつは物共みな【皆】
涙をながし、「此君の御ために命をうしなは【失は】ん事、ま
『那須与一』S1104
たく露塵程もおしから【惜しから】ず」とぞ申ける。○さる程
に、阿波・讃岐に平家をそむいて、源氏をまち【待ち】け
る物ども、あそこの峯、ここの洞より、十四O[BH 五]騎、廿騎、
うち【打ち】つれ【連れ】うち【打ち】つれ【連れ】まいり【参り】ければ、判官ほど【程】なく
三百余騎にぞなりにける。「けふは日くれぬ、勝負
P11041
を決すべからず」とて引退く処に、おきの方より
尋常にかざたる小舟一艘、みぎはへむい【向い】てこぎ
よせけり。磯へ七八段ばかりになりしかば、舟をよ
こさまになす。「あれはいかに」とみる【見る】程に、舟のうち
よりよはひ十八九ばかりなる女房の、まこと【誠】にゆう【優】
にうつくしきが、柳のいつつぎぬ【五衣】に、くれなゐ【紅】の
はかま【袴】きて、みな紅の扇の日いだし【出し】たるを、舟
のせがい【船竅zにはさみ【鋏み】たてて、陸へむひ【向い】てぞまねひ【招い】
たる。判官、後藤兵衛実基をめして、「あれはいか
P11042
に」との給へ【宣へ】ば、「ゐよ【射よ】とにこそ候めれ。ただし【但し】大将軍
矢おもてにすすむ【進む】で、傾城を御らんぜば、手たれ
にねらうてゐ【射】おとせ【落せ】とのはかり事【策】とおぼえ候。さも
候へ、扇をばゐ【射】させらるべうや候らん」と申。「ゐ【射】つべ
き仁はみかた【御方】に誰かある」との給へ【宣へ】ば、「上手ども
いくらも候なかに、下野国の住人、那須太郎資
高が子に、与一宗高こそ小兵で候へども、手きき【手利】で
候へ」。「証拠はいかに」との給へ【宣へ】ば、「かけ鳥などをあらが
うて、三に二は必ずゐ【射】おとす物で候」。「さらばめせ」
P11043
とてめされたり。与一其比は廿ばかりのおのこ【男】也。
かち【褐】に、あか地の錦をもておほくび【大領】はた袖【端袖】い
ろえ【彩へ】たる直垂に、萌黄をどし【萌黄縅】の鎧きて、足じ
ろの太刀をはき、きりふ【切斑】の矢の、其日のいく
さ【軍】にゐ【射】て少々のこたりけるを、かしらだかにおひ
なし、うすぎりふ【薄切斑】に鷹の羽はぎまぜたるぬた目
のかぶら【鏑】をぞさしそへたる。しげどう【滋籐】の弓脇に
はさみ【鋏み】、甲をばぬぎたかひもにかけ、判官の
前に畏る。「いかに宗高、あの扇のまなか【真ん中】ゐ【射】て、平
P11044
家に見物せさせよかし」。与一畏て申けるは、「ゐ【射】おほ
せ候はむ事ふ定【不定】に候。ゐ【射】損じ候なば、ながきみ
かた【御方】の御きずにて候べし。一定つかまつらんず
る仁に仰付らるべうや候らん」と申。判官大に
いかて、「鎌倉をたて西国へおもむか【赴か】ん殿原は、
義経が命をそむくべからず。すこし【少し】も子細を存
ぜん人は、とうとう是よりかへらるべし」とぞの
給ひける。与一かさねて辞せばあしかり【悪しかり】なんと
や思けん、「はづれんはしり【知り】候はず、御定で候へば、
P11045
つかまてこそみ【見】候はめ」とて、御まへを罷立。黒
き馬のふとう【太う】たくましゐ【逞しい】に、小ぶさの鞦かけ、
まろぼやすたる鞍おい【置い】てぞの【乗つ】たりける。弓とり
なをし【直し】、手綱かいくり【繰り】、みぎはへむひてあゆま【歩ま】せ
ければ、みかた【御方】の兵共うしろをはるかに見をく【送つ】て、
「この【此の】わかもの【若者】一定つかまつり候ぬと覚候」と申け
れば、判官もたのもしげ【頼もし気】にぞ見給ひける。矢
ごろすこし【少し】とをかり【遠かり】ければ、海へ一段ばかりうちい
れ【入れ】たれども、猶扇のあはひ七段ばかりはあるらむと
P11046
こそ見えたりけれ。ころ【比】は二月十八日の酉刻ばか
りの事なるに、おりふし【折節】北風はげしくて、磯うつ
浪もたかかりけり。舟はゆりあげゆりすゑただ
よへば、扇もくしにさだまら【定まら】ずひらめいたり。おき
には平家舟を一面にならべて見物す。陸に
は源氏くつばみをならべて是をみる【見る】。いづれも
いづれも晴ならずといふ事ぞなき。与一目をふさ
いで、「南無八幡大菩薩、我国の神明、日光権現
宇都宮、那須のゆぜん【湯泉】大明神、願くはあの
P11047
扇のまなか【真ん中】ゐ【射】させてたばせ給へ。これ【是】をゐ【射】そん
ずる物ならば、弓きりおり【折り】自害して、人に二た
び【二度】面をむかふ【向ふ】べからず。いま一度本国へむかへ【向へ】ん
とおぼしめさ【思し召さ】ば、この矢はづさ【外さ】せ給ふな」と、心
のうちに祈念して、目を見ひらひ【開い】たれば、風も
すこし【少し】吹よはり【弱り】、扇もゐ【射】よげにぞなたりける。
与一鏑をとてつがひ、よぴいてひやうどはなつ【放つ】。小
兵といふぢやう十二束三ぶせ、弓はつよし、浦ひ
びく程ながなり【長鳴】して、あやまたず扇のかなめぎ
P11048
は【要際】一寸ばかりをいて、ひふつとぞゐ【射】きたる。鏑は海へ
入ければ、扇は空へぞあがり【上がり】ける。しばしは虚空に
ひらめきけるが、春風に一もみ二もみもまれて、
海へさとぞち【散つ】たりける。夕日のかかやい【輝い】たるに、
みな紅の扇の日いだしたるが、しら浪【白波】のうへ【上】にただ
よひ、うきぬしづみぬゆられければ、奥には平家
ふなばたをたたいて感じたり、陸には源氏ゑび
『弓流』S1105
ら【箙】をたたいてどよめきけり。○あまりの面白さに、感
にたへ【堪へ】ざるにやとおぼしくて、舟のうちよりとし
P11049
五十ばかりなる男の、黒革おどしの鎧きて、白柄
の長刀もたるが、扇たてたりける処にたて
まひ【舞ひ】しめ[B 「しめ」に「スマシイ」と傍書]たり。伊勢三郎義盛、与一がうしろへあ
ゆま【歩ま】せよ【寄つ】て、「御定ぞ、つかまつれ」といひければ、
今度はなかざし【中差】とてうちくはせ【銜はせ】、よぴい【引い】てしや
くび【頸】の骨をひやうふつとゐ【射】て、ふなぞこ【船底】へ
さかさま【逆様】にゐ【射】たをす【倒す】。平家のかた【方】には音もせず、
源氏のかた【方】には又ゑびら【箙】をたたいてどよめきけ
り。「あ、ゐ【射】たり」といふ人もあり、又「なさけなし」といふ
P11050
ものもあり【有り】。平家これをほい【本意】なしとやおもひ【思ひ】けん、
楯つい【突い】て一人、弓もて一人、長刀もて一人、武者三人
なぎさにあがり【上がり】、楯をついて「かたき【敵】よせよ【寄せよ】」とぞま
ねひ【招い】たる。判官「あれ、馬づよ【馬強】ならん若党ども、は
せ【馳せ】よせ【寄せ】てけ【蹴】ちらせ」との給へ【宣へ】ば、武蔵国の住人、
みをの屋の【三穂屋の】四郎・同藤七・同十郎、上野国の住人
丹生の四郎、信乃【信濃】国の住人木曾の中次、五騎つ
れておめい【喚い】てかく。楯のかげ【陰】よりぬりの【塗篦】にくろぼろ【黒母衣】
はい【矧い】だる大の矢をもて、まさきにすすん【進ん】だるみを
P11051
の屋の【三穂屋の】十郎が馬の左のむながひづくしを、ひやう
づばとゐ【射】て、はず【筈】のかくるる【隠るる】ほど【程】ぞゐ【射】こう【込う】だる。屏
風をかへす【返す】様に馬はどうどたふるれ【倒るれ】ば、主は馬
手の足をこえ【越え】て弓手の方へおりたて、やがて太
刀をぞぬい【抜い】たりける。たて【楯】のかげより大長刀うち
ふてかかりければ、みをの屋の【三穂屋の】十郎、小太刀大長
刀にかなは【叶は】じとや思けむ、かいふい【伏い】てにげ【逃げ】ければ、や
がて【軈】つづいてお【追つ】かけ【掛け】たり。長刀でなが【薙が】んずるかとみ〔る〕【見る】
処に、さはなくして、長刀をば左の脇にかいはさみ、
P11052
右の手をさしのべて、みをの屋の【三穂屋の】十郎が甲の
しころをつかま【掴ま】んとす。つかま【掴ま】れじとはしる【走る】。三度
つかみはづい【外い】て、四度のたび【度】むずとつかむ。し
ばしぞたまて[* 下欄に「勘」と注記]見えし、鉢つけ【鉢付】のいた【板】よりふつと
ひつ【引つ】き【切つ】てぞにげ【逃げ】たりける。のこり四騎は、馬をを
しう【惜しう】でかけず、見物してこそゐたりけれ。みをの
屋の【三穂屋の】十郎は、みかた【御方】の馬のかげににげ【逃げ】入て、いき【息】づ
きゐたり。かたき【敵】はおう【追う】てもこ【来】で、長刀杖につき、
甲のしころをさし【差し】あげ【上げ】、大音声をあげて、「日ごろ
P11053
は音にもききつらん、いまは目にも見給へ。これ【是】こそ京
わらんべのよぶなる上総の悪七兵衛景清よ」となの
り【名乗り】すて【捨て】てぞかへりける。平家これ【是】に心地なをし【直し】て、
「悪七兵衛うた【討た】すな。つづけや物共」とて、又二百余人
なぎさにあがり【上がり】、楯をめん鳥羽【雌鳥羽】につきならべて、
「かたき【敵】よせよ【寄せよ】」とぞまねひ【招い】たる。判官これ【是】をみ【見】て、
「やすからぬ事なり」とて、後藤兵衛父子、金子兄
弟をさきにたて、奥州の佐藤四郎兵衛・伊勢[B ノ]
三郎を弓手馬手にたて、田代の冠者をうしろに
P11054
たてて、八十余騎おめい【喚い】てかけ給へば、平家の兵物
ども馬にはのらず、大略かち武者【徒武者】にてあり【有り】けれ
ば、馬にあて【当て】られじとひき【引き】しりぞひ【退い】て、みな舟へ
ぞのりにける。楯は算をちらし【散らし】たる様にさむざむ【散々】に
け【蹴】ちらさ【散らさ】る。源氏のつは物【兵】共、勝にの【乗つ】て、馬のふと
腹ひたる【浸る】程にうち【打ち】いれ【入れ】てせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。判官ふか
入【深入り】してたたかふ【戦ふ】ほど【程】に、舟のうちより熊手をもて、
判官の甲のしころにからりからりと二三度までう
ちかけけるを、みかた【御方】の兵共、太刀長刀でうちの
P11055
けうちのけしける程に、いかがしたりけむ、判官弓をかけ
おとさ【落さ】れぬ。うつぶして鞭をもてかきよせて、とらう
とらうどし給へば、兵共「ただすてさせ給へ」と申けれ
ども、つゐに【遂に】とて、わらう【笑う】てぞかへられける。おとな
どもつまはじき【爪弾き】をして、「口惜き御事候かな、たと
ひ千疋万疋にかへさせ給べき御たらしなりとも、
争か御命にかへさせ給べき」と申せば、判官「弓
のおしさ【惜しさ】にとら【取ら】ばこそ。義経が弓といはば、二人し
てもはり【張り】、若は三人してもはり【張り】、おぢの為朝が弓の
P11056
様ならば、わざともおとし【落し】てとらすべし。■弱たる弓を
かたき【敵】のとりもて、「これ【是】こそ源氏の大将九郎義
経が弓よ」とて、嘲哢せんずるが口惜ければ、命に
かへてとるぞかし」との給へ【宣へ】ば、みな人これ【是】を感じ
ける。さる程に日くれ【暮れ】ければ、ひき【引き】しりぞひ【退い】て、むれ【牟礼】
高松のなかなる野山に陣をぞとたりける。源氏
のつは物【兵】共この三日が間はふさ【臥さ】ざりけり。おととひ【一昨日】
渡辺・福島をいづる【出づる】とて、其夜大浪にゆられてまど
ろまず。昨日阿波[B ノ]国勝浦にていくさ【軍】して、夜もすがら
P11057
なか山【中山】こえ【越え】、けふ又一日たたかひ【戦ひ】くらしたりければ、み
なつかれ【疲れ】はてて、或は甲をまくら【枕】にし、或は鎧の袖、
ゑびら【箙】など枕にして、前後もしら【知ら】ずぞふし【臥し】たり
ける。其なかに、判官と伊勢三郎はねざりけり。
判官はたかき【高き】O[BH 所] にのぼりあが【上がつ】て、敵やよする【寄する】ととを
見【遠見】し給へば、伊勢三郎はくぼき処にかくれゐて、かた
き【敵】よせ【寄せ】ば、まづ馬の腹ゐ【射】んとてまち【待ち】かけたり。平
家の方には、能登守を大将にて、其勢五百余騎、夜
討にせんとしたく【支度】したりけれども、越中次郎兵衛盛
P11058
次【*盛嗣】と海老次郎守方【*盛方】と先陣をあらそふ程に、其
夜はむなしう【空しう】あけにけり。夜討にだにもしたらば、
源氏なにかあらまし。よせ【寄せ】ざりけるこそせめての運
『志渡【*志度】合戦』S1106
のきはめなれ。○あけければ、平家舟にとりの【乗つ】て、
当国志度の浦へこぎしりぞく。判官三百余騎
がなか【中】より馬や人をすぐて、八十余騎追てぞかか
りける。平家是をみ【見】て、「かたき【敵】は小勢なり。なかに
とりこめてうてや」とて、又千余人なぎさにあがり、お
めき【喚き】さけん【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。さる程に、八島にのこり【残り】
P11059
とどま【留まつ】たりける二百余騎のつは物共、おくればせ
に馳来る。平家これ【是】を見て、「すはや、源氏の大勢
のつづくは。なん【何】十万騎かあるらん。とりこめられては
かなふ【叶ふ】まじ」とて、又舟にとりの【乗つ】て、塩にひか【引か】れ、かぜ【風】に
したがて、いづくをさすともなくおち【落ち】ゆき【行き】ぬ。四国はみな
大夫判官におい【追ひ】おとさ【落とさ】れぬ。九国へは入られず。ただ
中有の衆生とぞ見えし。判官志度の浦におり
ゐて、頸ども実検しておはしけるが、伊勢三郎義
盛をめしての給ひけるは、「阿波[B ノ]民部重能が嫡子田
P11060
内左衛門教能は、河野四郎道信【*通信】がめせどもまいら【参ら】
ぬをせめ【攻め】んとて、三千余騎にて伊与【*伊予】へこえたりけるが、
河野をばうち【討ち】もらし【洩らし】て、家子郎等百五十人が頸きて、
昨日八島の内裏へまいらせ【参らせ】たりけるが、けふ是へつく
ときく。なんぢ【汝】ゆきむか【向つ】て、ともかうもこしらへて具
してまいれ【参れ】かし」との給ひければ、畏てうけ給はり【承り】、旗
一流給はてさすままに、其勢わづかに十六騎、みな
しら装束【白装束】にて馳むかふ【向ふ】。義盛、教能にゆきあふ【合う】たり。
白旗、赤旗、二町ばかりをへだててゆらへたり。伊勢[B ノ]
P11061
三郎義盛、使者をたてて申けるは、「これ【是】は源氏の
大将軍九郎大夫判官殿の御内に、伊勢三郎
義盛と申物で候が、大将に申べき事あて、是までま
かり【罷り】むか【向つ】て候。させるいくさ合戦のれう【料】でも候はね
ば、物の具もし候はず。弓矢ももたせ候はず。あ
け【明け】ていれ【入れ】させ給へ」と申ければ、三千余騎のつ
は物共なかをあけ【明け】てぞとほし【通し】ける。義盛、教能にう
ちならべて、「かつきき給てもあるらん。鎌倉殿の御
おとと【弟】九郎大夫判官殿、院宣をうけ給は【承つ】て西国
P11062
へむかは【向は】せ給て候が、一昨日阿波国かつ浦【勝浦】にて、御辺
の伯父、桜間の介うた【討た】れ給ひぬ。昨日八島によせ
て、御所内裏みなやき【焼き】はらひ【払ひ】、おほいとの父子いけ
どり【生捕り】にしたてまつり【奉り】、能登殿は自害し給ひぬ。
其外のきんだち、或はうちじに、或は海にいり【入り】
給ひぬ。余党のわづかにありつるは、志度の浦
にてみなうた【討た】れぬ。御辺のちち、阿波の民部殿は
降人にまいらせ【参らせ】給ひて候を、義盛があづかり【預り】たて
ま【奉つ】て候が、「あはれ、田内左衛門がこれ【是】をば夢にもしら
P11063
で、あすはいくさ【軍】してうた【討た】れまいらせ【参らせ】んずる
むざんさよ」と、夜もすがらなげき給ふがあまり
にいとをしくて、この【此の】事しらせたてまつら【奉ら】んとて、
これ【是】までまかり【罷り】むか【向つ】て候。そのうへは、いくさ【軍】してう
ちじに【討死】せんとも、降人にまい【参つ】てちち【父】をいま一度見
たてまつら【奉ら】んとも、ともかうも御へん【辺】がはからひ
ぞ」といひ【言ひ】ければ、田内左衛門きこゆる【聞ゆる】つは物な
れども、運やつきにけん、「かつきく事にすこし【少し】も
たがは【違は】ず」とて、甲をぬぎ弓の弦をはづい【外い】て、郎等
P11064
にもたす。大将がか様【斯様】にするうへ【上】は、三千余騎のつは
物どもみなかくのごとし。わづかに十六騎に具せら
れて、おめおめと降人にこそまいり【参り】けれ。「義盛が
はかり事【策】まこと【誠】にゆゆしかりけり」と、判官も感じ
給ひけり。やがて田内左衛門をば、物具めされて、
伊勢三郎にあづけらる。「さてあの勢どもはいかに」
との給へ【宣へ】ば、「遠国の物どもは、誰を誰とかおもひ【思ひ】
まいらせ【参らせ】候べき。ただ世のみだれをしづめて、国を
しろしめさ【知ろし召さ】んを君とせん」と申ければ、「尤しかる【然る】べし」とて、
P11065
三千余騎をみな我勢にぞ具せられける。同廿
二日の辰刻ばかり、渡辺にのこりとどま【留まつ】たりける二
百余艘の舟ども、梶原をさきとして、八島の磯に
ぞつきにける。「西国はみな九郎大夫判官にせ
めおとさ【落さ】れぬ。いま【今】はなんのようにか逢べき。会
にあはぬ花、六日の菖蒲、いさかひ【争ひ】はて【果て】てのちぎ
りき【乳切り木】かな」とぞわらひ【笑ひ】ける。判官都をたちたま
ひ【給ひ】て後、住吉の神主長盛、院の御所へまい【参つ】て、
大蔵卿康経[B ノ]【*泰経】朝臣をもて奏聞しけるは、「去十六日
P11066
の丑刻に、当社第三の神殿より鏑矢の声いで【出で】て、
西をさしてまかり【罷り】候ぬ」と申ければ、法皇大に御
感あて、御剣以下、種々の神宝等を長盛して大
明神へまいらせ【参らせ】らる。むかし神功皇后、新羅をせめ【攻め】
給ひし時、伊勢大神宮より二神のあらみさ
きをさしそへさせ給ひけり。二神御舟のともへ【艫舳】に
立て、新羅をやすくせめ【攻め】おとさ【落さ】れぬ。帰朝の後、
一神は摂津国住吉のこほり【郡】にとどまり給ふ。住
吉の大明神の御事也。いま一神は信濃国諏防【*諏訪】の
P11067
こほりに跡を垂る。諏防【*諏訪】の大明神是也。昔の征
伐の事をおぼしめし【思し召し】わすれず、いまも朝の怨敵
をほろぼし給べきにやと、君も臣もたのもしう【頼もしう】
『鶏合壇浦合戦』S1107
ぞおぼしめされける。○さる程に、九郎大夫判官義
経、周防の地におしわた【渡つ】て、兄の参川【*三河】守とひとつに
なる。平家は長門国ひく島【引島】にぞつきにける。源
氏阿波[B ノ]国勝浦について、八島のいくさ【軍】にうちか
ちぬ。平家ひく島【引島】につくときこえ【聞え】しかば、源氏は
同国のうち【内】、おい津【追津】につくこそふしぎ【不思議】なれ。熊野
P11068
別当湛増は、平家へやまいる【参る】べき、源氏へやまいる【参る】
べきとて、田なべ【田辺】の新熊野にて御神楽奏
して、権現に祈誓したてまつる【奉る】。白旗につけと御
たくせん【詫宣】有けるを、猶うたがひをなして、白[B イ]鶏七[B ツ]
赤き鶏七つ、これ【是】をもて権現の御まへにて勝負
をせさす。赤きとり一もかたず。みなまけ【負け】てにげ
にけり。さてこそ源氏へまいら【参ら】んとおもひ【思ひ】さだめ
けれ。一門の物どもあひ【相ひ】もよをし【催し】、都合其勢二千
余人、二百余艘の舟にのりつれて、若王子の
P11069
御正体を舟にのせ【乗せ】まいらせ【参らせ】、旗のよこがみ【横上】には、
金剛童子をかきたてま【奉つ】て、檀【*壇】の浦へよする【寄する】を
見て、源氏も平氏もともにおがむ。されども源
氏の方へつきければ、平家けう【興】さめ【醒め】てぞ
おもはれける。又伊与【*伊予】国の住人、河野四郎道信【*通信】、
百五十艘の兵船にのりつれ【連れ】てこぎ来り、源氏
とひとつ【一つ】になりにけり。判官かたがた【旁々】たのもしう【頼もしう】ち
から【力】つい【付い】てぞおもは【思は】れける。源氏の舟は三千余艘、
平家の舟は千余艘、唐船せうせう【少々】あひまじれり。
P11070
源氏のせい【勢】はかさなれ【重なれ】ば、平家のせいは落ぞゆく。
元暦二年三月廿四日の卯刻に、O[BH 豊前[B ノ]国]門司赤間の関にて
源平矢合とぞさだめ【定め】ける。其日判官と梶原と
すでにどしいくさ【同士戦】せむとする事あり【有り】。梶原申けるは、
「けふの先陣をば景時にたび候へ」。判官「義経がな
くはこそ」。「まさなう候。殿は大将軍にてこそましまし
候へ」。判官「おもひ【思ひ】もよらず。鎌倉殿こそ大将軍よ。
義経は奉行をうけ給【承つ】たる身なれば、ただ殿原
とおなじ事ぞ」との給へ【宣へ】ば、梶原、先陣を所望
P11071
しかねて、「天性この殿は侍の主にはなり難し」と
ぞつぶやきける。判官これをきい【聞い】て、「日本一の
おこの物かな」とて、太刀のつかに手をかけ給ふ。梶原
「鎌倉殿の外に主をもたぬ物を」とて、これ【是】も太刀
のつかに手をかけけり。さる程に嫡子の源太景
季、次男平次景高、同三郎景家、ちち【父】と一所に
よりあふ【合う】たり。判官の景気を見て、奥州佐藤
四郎兵衛忠信・伊勢三郎義盛・源八広綱・江田[B ノ]
源三・熊井太郎・武蔵房弁慶などいふ一人当
P11072
千のつは物【兵】ども【共】、梶原をなかにとりこめて、われう【討つ】と
ら【取ら】んとぞすすみける。されども判官には三浦介
とり【取り】つき【付き】たてまつる【奉る】。梶原には土肥次郎つか
みつき、両人手をすて申けるは、「これ【是】程の大事
をまへにかかへながら、どしいくさ【同士戦】候ば、平家ちからつ
き【付き】候なんず。就中鎌倉殿のかへりきかせ給はん
処こそ穏便ならず候へ」と申せば、判官しづまり
給ひぬ。梶原すすむに及ばず。それよりして
梶原、判官をにくみそめて、つゐに【遂に】讒言してうし
P11073
なひ【失ひ】けるとぞきこえ【聞え】し。さる程に、源平の陣の
あはひ、海のおもて卅余町をぞへだてたる。門
司・赤間・檀【*壇】の浦はたぎりておつる塩なれば、源氏
の舟は塩にむかふ【向う】て、心ならずをし【押し】おとさ【落さ】る。平家
の舟は塩におう【負う】てぞいで【出で】き【来】たる。おき【沖】は塩のはや
けれ【早けれ】ば、みぎは【渚】について、梶原敵の舟のゆきち
がふ処に熊手をうちかけて、おや子【親子】主従十四五人
のり【乗り】うつり【移り】、うち物【打物】ぬい【抜い】て、ともへ【艫舳】にさむざむ【散々】にない【薙い】でま
はる。分どりあまたして、其日の高名の一の筆に
P11074
ぞつきにける。すでに源平両方陣をあはせ【合はせ】て
時をつくる。上は梵天までもきこえ【聞え】、下は海竜神も
おどろくらんとぞおぼえける。新中納言知盛卿舟
の屋形にたちいで、大音声をあげての給ひけ
るは、「いくさ【軍】はけふ【今日】ぞかぎる。物ども、すこし【少し】もしり
ぞく心あるべからず。天竺・震旦にも日本我朝
にもならびなき名将勇士といへども、運命
つきぬれば力及ばず。されども名こそおしけれ【惜しけれ】。
東国の物共によはげ【弱気】見ゆな。いつのために命を
P11075
ばおしむ【惜しむ】べき。これ【是】のみぞおもふ【思ふ】事」との給へ【宣へ】ば、
飛弾【*飛騨】三郎左衛門景経御まへに候けるが、「これ【是】
うけ給はれ【承れ】、侍ども」とぞ下知しける。上総悪七
兵衛すすみ出て申けるは、「坂東武者は馬のうへ【上】
でこそ口はきき候とも、ふないくさ【舟軍】にはいつ調練し
候べき。うを【魚】の木にのぼ【上つ】たるでこそ候はんずれ。一々
にとて海につけ【浸け】候はん」とぞ申たる。越中次郎兵
衛申けるは、「おなじくは大将軍の源九郎にくん
給へ。九郎は色しろう【白う】せい【背】ちいさき【小さき】が、むかば【向歯】のことに
P11076
さしいで【出で】てしるかん【著かん】なるぞ。ただし直垂と鎧をつ
ねにきかふ【着替ふ】なれば、きと見わけ【分け】がたかん也」とぞ
申ける。上総悪七兵衛申けるは、「心こそたけく
とも、その【其の】小冠者、なに程の事かあるべき。片脇
にはさんで、海へいれ【入れ】なん物を」とぞ申たる。新
中納言はか様【斯様】に下知し給ひ、おほい殿【大臣殿】の御まへに
まい【参つ】て、「けふは侍どもけしき【気色】よう見え候。ただし
阿波民部重能は心がはりしたるとおぼえ候。かうべを
はね候ばや」と申されければ、大臣殿「見えたる
P11077
事もなうて、いかが頸をばきる【斬る】べき。さしも奉公
のもの【者】であるものを。重能まいれ【参れ】」とめし【召し】けれ
ば、木蘭地の直垂にあらいがは【洗革】の鎧きて、御まへ
に畏て候。「いかに、重能は心がはりしたるか、けふこそ
わるう見ゆれ。四国の物共に、いくさ【軍】ようせよと下知
せよかし。おくし【臆し】たるな」との給へ【宣へ】ば、「なじかはをくし【臆し】候べ
き」とて、御まへをまかり【罷り】たつ。新中納言、あはれきや
つが頸をうちおとさ【落さ】ばやとおぼしめし【思し召し】、太刀のつか【柄】
くだけよとにぎて、大臣殿の御かた【方】をしきりに
P11078
見給ひけれども、御ゆるされ【許され】なければ、力及ば
ず。平家は千余艘を三手につくる。山賀の兵
藤次秀遠、五百余艘で先陣にこぎむかふ。松
浦党、三百余艘で二陣につづく。平家の君
達、二百余艘で三陣につづき給ふ。兵藤次秀
遠は、九国一番の勢兵にてあり【有り】けるが、我程こそ
なけれども、普通ざまの勢兵ども五百人をす
ぐて、舟々のともへ【艫舳】にたて、肩を一面にならべて、五百
の矢を一度にはなつ【放つ】。源氏は三千余艘の舟
P11079
なれば、せい【勢】のかず【数】さこそおほかり【多かり】けめども、処
々よりゐ【射】ければ、いづくに勢兵ありともおぼ
えず。大将軍九郎大夫判官、まさきにすす【進ん】でた
たかふ【戦ふ】が、楯も鎧もこらへずして、さんざん【散々】にゐ【射】しら
まさる。平家みかた【御方】かち【勝ち】ぬとて、しきりにせめ皷【攻め皷】
『遠矢』S1108
う【打つ】て、よろこびの時をぞつくりける。○源氏の方
にも、和田小太郎義盛、舟にはのらず、馬にうちの【乗つ】
てなぎさにひかへ、甲をばぬいで人にもたせ、あぶ
み【鐙】のはな【鼻】ふみ【踏み】そらし、よぴいてゐ【射】ければ、三町が
P11080
うちと【内外】の物ははづさ【外さ】ずつよう【強う】ゐ【射】けり。そのなかに、
ことにとをう【遠う】ゐ【射】たるとおぼしきを、「その【其の】矢給はらん」
とぞまねひ【招い】たる。新中納言これ【是】をめし【召し】よせて見
給へば、しらの【白篦】に鶴のもとじろ【本白】、こう【鴻】の羽をわりあ
はせ【合はせ】てはい【矧い】だる矢の、十三ぞく【束】ふたつぶせ【二伏】あるに、
くつまき【沓巻】より一束[B 「足」に「束」と傍書]ばかりをいて、和田小太郎平
義盛とうるしにてぞかき【書き】つけたる。平家の方に
勢兵おほし【多し】といへども、さすがとを矢【遠矢】ゐる【射る】物はすく
なかり【少かり】けるやらん、良久しうあて、伊与【*伊予】国の住人仁
P11081
井の紀四郎親清めし【召し】いだされ、この矢を給
はてゐ【射】かへす【返す】。これ【是】も奧よりなぎさへ三町余を
つとゐ【射】わたして、和田小太郎がうしろ一段あまりに
ひかへたる三浦の石左近の太郎が弓手のかいな【腕】
に、したたかにこそたたりけれ。三浦の人共これをみ【見】
て、「和田小太郎がわれにすぎてとを矢【遠矢】ゐる【射る】もの
なしとおもひ【思ひ】て、恥かいたるにくさよ。あれをみよ【見よ】」
とぞわらひ【笑ひ】ける。和田小太郎これ【是】をきき、「やすか
らぬ事也」とて、小船にの【乗つ】てこぎいださせ、平家
P11082
のせい【勢】のなかをさしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さむざむ【散々】にゐ【射】け
れば、おほく【多く】の物どもゐ【射】ころさ【殺さ】れ、手負にけり。又
判官ののり給へる舟に、奥よりしらの【白篦】のおほ矢【大矢】
をひとつ【一つ】ゐ【射】たてて、和田がやうに「こなたへ給はらん」
とぞまねいたる。判官これ【是】をぬかせて見給へば、
しらのに山どり【山鳥】の尾をもてはい【矧い】だりける矢の、
十四そく【束】三ぶせあるに、伊与【*伊予】国住人、仁井紀四郎
親清とぞかきつけたる。判官、後藤兵衛実基
をめし【召し】て、「この矢ゐ【射】つべきもの、みかた【御方】にたれ【誰】かあ
P11083
る」との給へ【宣へ】ば、「甲斐源氏に阿佐里与一殿こそ、勢
兵にてましまし候へ」。「さらばよべ」とてよばれければ、あ
さりの【阿佐里の】与一いできたり。判官の給ひけるは、「おき【沖】
よりこの矢をゐ【射】て候が、ゐ【射】かへせ【返せ】とまねき候。御へ
ん【辺】あそばし【遊ばし】候なんや」。「給は【賜つ】て見候はん」とて、つま
よて、「これ【是】はのがすこし【少し】よはう【弱う】候。矢づか【矢束】もちとみじ
かう【短かう】候。おなじうは義成が具足にてつかまつり候
はん」とて、ぬりごめ藤【塗籠籐】の弓の九尺ばかりあるに、
ぬりの【塗篦】にくろぼろ【黒母衣】はい【矧い】だる矢の、わが大手にをし【押し】
P11084
にぎ【握つ】て、十五そく【束】あり【有り】けるをうちくはせ【銜はせ】、よぴい
てひやうどはなつ【放つ】。四町余をつとゐ【射】わたし【渡し】て、大舟
のへ【舳】にたたる仁井の紀四郎親清がまただなかを
ひやうふつとゐ【射】て、ふなぞこ【船底】へさかさまにゐ【射】たう
す【倒す】。死生をばしら【知ら】ず。阿佐里の与一はもとより
勢兵の手きき【手利】なり。二町にはしる【走る】しか【鹿】をば、
はづさ【外さ】ずゐ【射】けるとぞきこえ【聞え】し。其後源平た
がひに命ををしま【惜しま】ず、おめき【喚き】さけん【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ。
いづれおとれりとも見えず。されども、平家の
P11085
方には、十善帝王、三種の神器を帯してわた
らせ給へば、源氏いかがあらんずらんとあぶなう
おもひ【思ひ】けるに、しばしは白雲かとおぼしくて、虚空に
ただよひけるが、雲にてはなかりけり、主もなき白幡
ひとながれ【一流】まいさがて、源氏の舟のへ【舳】にさほづけ【棹付】の
お【緒】のさはる程にぞ見えたりける。判官、「是は八
幡大菩薩の現じ給へるにこそ」とよろこで、手
水うがひをして、これ【是】を拝したてまつる【奉る】。兵共みなかく
のごとし。又源氏のかた【方】よりいるか【海豚】といふ魚一二千
P11086
はう【這う】で、平家の方へむかひ【向ひ】ける。大臣殿これを御
らんじて、小博士晴信をめし【召し】て、「いるか【海豚】はつねにおほ
けれ【多けれ】ども、いまだかやうの事なし。いかがあるべきとかん
がへ【勘へ】申せ」と仰られければ、「このいるか【海豚】はみ【食み】かへり【返り】候
はば、源氏ほろび候べし。はう【這う】でとほり【通り】候はば、みかた【御方】の
御いくさ【軍】あやうう【危ふう】候」と申もはてねば、平家の舟の
したをすぐにはう【這う】でとほり【通り】けり。「世の中はいまは
かう」とぞ申たる。阿波民部重能は、この三がね
ん【年】があひだ、平家によくよく忠をつくし、度々の
P11087
合戦に命ををしま【惜しま】ずふせき【防き】たたかひ【戦ひ】けるが、子
息田内左衛門をいけどり【生捕り】にせられて、いかにも
かなは【叶は】じとやおもひ【思ひ】けん、たちまちに心がはりして、
源氏に同心してんげり。平家の方にははかりこ
と【策】に、よき人をば兵船にのせ【乗せ】、雑人どもをば唐船
にのせ【乗せ】て、源氏心にくさに唐船をせめ【攻め】ば、なかに
とりこめてうたんとしたく【支度】せられたりけれども、阿
波民部がかへりちう【返り忠】のうへ【上】は、唐船には目もかけず、
大将軍のやつしのり給へる兵船をぞせめ【攻め】たり
P11088
ける。新中納言「やすからぬ。重能めをきてすつ【捨つ】べ
かりつる物を」と、千たび【千度】後悔せられけれどもかな
は【叶は】ず。さる程に、四国・鎮西のつは物共、みな平家を
そむいて源氏につく。いままでしたがひ【従ひ】ついたり
し物共も、君にむか【向つ】て弓をひき、主に対して太刀
をぬく。かの岸につかんとすれば、浪たかくして
かなひ【叶ひ】がたし。このみぎはによらんとすれば、敵
矢さき【矢先】をそろへてまち【待ち】かけたり。源平の国あ
『先帝身投』S1109
らそひ、けふをかぎりとぞ見えたりける。○源氏の
P11089
つは物共、すでに平家の舟にのりうつりけれ
ば、水手梶取ども、ゐ【射】ころさ【殺さ】れ、きりころさ【殺さ】れて、舟
をなをす【直す】に及ばず、舟ぞこにたはれ【倒れ】ふし【伏し】に
けり。新中納言知盛卿小舟にの【乗つ】て御所の御舟に
まいり【参り】、「世のなかは、今はかうと見えて候。見ぐるしか
らん物共みな海へいれ【入れ】させ給へ」とて、ともへ【艫舳】には
しり【走り】まはり、はい【掃い】たり、のごう【拭う】たり、塵ひろい【拾ひ】、手づ
から掃除せられけり。女房達「中納言殿、いくさ【軍】は
いかにやいかに」と口々にとひ給へば、「めづらしきあづ
P11090
ま男【東男】をこそ御らんぜられ候はんずらめ」とて、から
からとわらひ【笑ひ】給へば、「なんでうのただいまのたは
ぶれ【戯れ】ぞや」とて、声々におめき【喚き】さけび【叫び】給ひけ
り。二位殿はこのありさま【有様】を御らんじて、日ごろ
おぼしめし【思し召し】まうけたる事なれば、にぶ色【鈍色】のふた
つ【二つ】ぎぬ【衣】うちかづき、ねりばかま【練袴】のそば【稜】たかくは
さみ【鋏み】、神璽をわきにはさみ【鋏み】、宝剣を腰にさし、主
上をいだきたてま【奉つ】て、「わが身は女なりとも、かたき【敵】
の手にはかかるまじ。君の御ともにまいる【参る】也。御心
P11091
ざしおもひ【思ひ】まいらせ【参らせ】給はん人々は、いそぎつづき給
へ」とて、ふなばたへあゆみ【歩み】いでられけり。主上こと
しは八歳にならせ給へども、御とし【年】の程よりは
るかにねびさせ給ひて、御かたちうつくしく、あた
りもてりかかやく【輝く】ばかり也。御ぐしくろう【黒う】ゆらゆら
として、御せなかすぎさせ給へり。あきれたる
御さまにて、「尼ぜ、われをばいづちへぐし【具し】てゆか
むとするぞ」と仰ければ、いとけなき君にむかひ【向ひ】
たてまつり【奉り】、涙ををさへ【抑へ】て申されけるは、「君はいま
P11092
だしろしめさ【知ろし召さ】れさぶらはずや。先世の十善戒
行の御ちからによて、いま【今】万乗のあるじとむまれ【生れ】
させ給へども、悪縁にひかれて、御運すで【既】につ
きさせ給ひぬ。まづ東にむかは【向は】せ給ひて、伊勢
大神宮に御いとま申させ給ひ、其後西方浄土
の来迎にあづからむとおぼしめし【思し召し】、西にむかは【向は】せ
給ひて、御念仏さぶらふ【候ふ】べし。この国はそくさ
む【粟散】辺ぢ【辺地】とて、心うきさかゐ【境】にてさぶらへ【候へ】ば、極楽
浄土とてめでたき処へぐし【具し】まいらせ【参らせ】さぶらふ【候ふ】ぞ」と、
P11093
なくなく【泣く泣く】申させ給ひければ、山鳩色の御衣に
びんづら【鬢】ゆはせ[M 「ゆはせゆはせ」とあり後の「ゆはせ」をミセケチ]給ひて、御涙におぼれ、ち
いさく【小さく】うつくしき御手をあはせ【合はせ】、まづ東をふし【伏し】おが
み【拝み】、伊勢大神宮に御いとま申させ給ひ、其後
西にむかは【向は】せ給ひて、御念仏ありしかば、二位殿
やがていだき奉り、「浪のしたにも都のさぶらふ【候ふ】
ぞ」となぐさめたてま【奉つ】て、ちいろ【千尋】の底へぞ入給ふ。
悲哉、無常の春の風、忽に花の御すがたをちらし【散らし】、
なさけなきかな、分段のあらき浪、玉体をしづめ
P11094
たてまつる【奉る】。殿をば長生と名づけてながきすみか【栖】と
さだめ、門をば不老と号して、老せぬとざしとかき【書き】[M 「とき」とあり「と」をミセケチ「か」と傍書]
たれども、いまだ十歳のうちにして、底のみくづ【水屑】となら
せ給ふ。十善帝位の御果報、申すもなかなかおろ
か【愚】なり。雲上の竜くだて海底の魚となり給ふ。
大梵高台の閣のうへ【上】、釈提喜見の宮の内、い
にしへは槐門棘路のあひだに九族をなびかし、今
は舟のうち、浪のしたに御命を一時にほろぼし
『能登殿最期』S1110
給ふこそ悲しけれ。○女院はこの御ありさま【有様】を御
P11095
らんじて、御やき石、御硯、左右の御ふところ【懐】に
いれ【入れ】て、海へいらせ給ひたりけるを、渡辺党
に源五馬允むつる[B 「むへる」とあり「へ」に「つ」と傍書][* 下欄に「眤」と注記]、たれ【誰】とはしり【知り】たてまつらね
ども、御ぐしをくま手【熊手】にかけてひき【引き】あげたて
まつる【奉る】。女房達「あなあさまし。あれは女院にて
わたらせ給ぞ」と、声々口々に申されければ、判官
に申て、いそぎ御所の御舟へわたしたてまつる【奉る】。
大納言の佐どの【殿】は、内侍所の御からうと[* 下欄に「唐櫃」と注記]をもて、
海へいら【入ら】んとし給ひけるが、はかま【袴】のすそをふな
P11096
ばたにゐ【射】つけ【付け】られ、け【蹴】まとゐてたふれ【倒れ】給たり
けるを、つはもの【兵】どもとりとどめ【留め】たてまつる【奉る】。さて
武士ども内侍所のじやう【鎖】ねぢきて、すでに御
ふた【蓋】をひらかんとすれば、たちまち【忽】に目くれ、
鼻血たる。平大納言いけどり【生捕り】にせられておはし
けるが、「あれは内侍所のわたらせ給ふぞ。凡夫は
見たてまつら【奉ら】ぬ事ぞ」との給へ【宣へ】ば、兵共みなのき【退き】
にけり。其後判官、平大納言に申あはせ【合はせ】て、も
とのごとくからげおさめ【納め】たてまつる【奉る】。さる程に、平
P11097
中納言教盛卿、修理大夫経盛兄弟、よろひ【鎧】の
うへ【上】にいかりををひ、手をとりくんで、海へぞ入給
ひける。小松の新三位中将資盛、同少将有盛、
いとこの左馬頭行盛、手に手をとりくんで一所に
しづみ給ひけり。人々はか様【斯様】にし給へども、おほい殿【大臣殿】
おやこ【親子】は海にいら【入ら】んずるけしき【気色】もおはせず、ふなば
たに立いで【出で】て四方見めぐらし[* 「めぐりし」と有るのを他本により訂正]、あきれたるさま【様】にて
おはしけるを、侍どもあまりの心うさに、とほるやうに
て、大臣殿を海へつき入たてまつる【奉る】。右衛門督
P11098
これ【是】を見て、やがてとび入給ひけり。みな人は
おもき【重き】鎧のうへ【上】に、おもき【重き】物をおふ【負う】たりいだひ【抱い】た
りしていれ【入れ】ばこそしづめ、この人おや子【親子】はさ
もし給はぬうへ【上】、なまじゐにく[B ッ]きやう【究竟】の水練にて
おはしければ、しづみもやり給はず。大臣殿は
右衛門督しづまばわれもしづまん、たすかり
給はばわれもたすからむとおもひ【思ひ】給ふ。右衛門
督も、ちち【父】しづみ給はばわれもしづまん、たすかり
給はば我もたすからんとおもひ【思ひ】て、たがひに目を
P11099
見かはしておよぎ【泳ぎ】ありき【歩き】給ふ程に、伊勢三
郎義盛、小舟をつとこぎよせ、まづ右衛門
督を熊手にかけてひき【引き】あげたてまつる【奉る】。
大臣殿是をみ【見】ていよいよしづみもやり給はねば、お
なじうとりたてま【奉つ】てげり。大臣殿の御めのと子【乳母子】飛弾【*飛騨】[B ノ]
三郎左衛門景経、小舟にの【乗つ】て義盛が舟にのり
うつり、「我君とりたてまつる【奉る】はなに物【何者】ぞ」とて、太刀
をぬいてはしり【走り】かかる。義盛すでにあぶなうみえ【見え】
けるを、義盛が童、しう【主】をうた【討た】せじとなかにへだた
P11100
る【隔たる】。景経がうつ太刀〔に〕甲のまかう【真甲】うちわられ、二の太刀
にくび【頸】うちおとさ【落さ】れぬ。義盛なを【猶】あぶなうみえ【見え】ける
を、ならびの舟より堀弥太郎親経、よぴいてひ
やうどゐる【射る】。景経うち甲【内甲】をゐ【射】させてひるむところ【処】
に、堀の弥太郎のりうつて、三郎左衛門にくんで
ふす【伏す】。堀が郎等、主につづい【続い】てのりうつり、景経が
鎧のくさずり【草摺】ひき【引き】あげ、二かたな【二刀】さす。飛弾【*飛騨】の
三郎左衛門景経、きこゆる【聞ゆる】大ぢから【大力】のかう【剛】のもの
なれども、運やつきにけん、いた手【痛手】はをう【負う】つ、敵はあ
P11101
またあり、そこにてつゐに【遂に】うた【討た】れにけり。大臣殿
は生ながらとりあげられ、目の前でめのと子【乳母子】がう
たるるを見給ふに、いかなる心地かせられけん。凡
そ能登守教経の矢さき【矢先】にまはる物こそなかり
けれ。矢だねの有程ゐ【射】つくし【尽くし】て、けふを最後とや
おもは【思は】れけむ、赤地の錦の直垂に、唐綾おどし【唐綾威】
の鎧きて、いかものづくりの大太刀ぬき、しら柄【白柄】
の大長刀のさやをはづし【外し】、左右にもてなぎ【薙ぎ】まはり
給ふに、おもてをあはする物ぞなき。おほく【多く】の物
P11102
どもうた【討た】れにけり。新中納言使者をたてて、「能登
殿、いたう罪なつくり給ひそ。さりとてよきかた
き【敵】か」との給ひければ、「さては大将軍にくめ【組め】ご
さんなれ」と心えて、うちもの【打物】くきみじか【茎短】にとて、
源氏の舟にのりうつりのりうつり、おめき【喚き】さけん【叫ん】
でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。判官を見しり給はねば、物のぐ【物の具】
のよき武者をば判官かとめ【目】をかけて、はせ【馳せ】まは
る。判官もさきに心えて、おもてにたつ様にはしけ
れども、とかくちがひ【違ひ】て能登殿にはくま【組ま】れず。されども
P11103
いかがしたりけむ、判官の舟にのりあたて、あは
やと目をかけてとんでかかるに、判官かなは【叶は】じと
やおもは【思は】れけん、長刀脇にかいはさみ、みかた【御方】の
舟の二丈ばかりのい【退い】たりけるに、ゆらりととび
のり給ひぬ。能登殿ははやわざ【早業】やおとられたり
けん、やがてつづいてもとび給はず。いま【今】はかうとお
もは【思は】れければ、太刀長刀海へなげいれ【入れ】、甲もぬ
いですてられけり。鎧の草ずり【草摺】かなぐりすて、ど
う【胴】ばかりきて、おほ【大】童になり、おほ手をひろ
P11104
げてたたれたり。凡あたりをはら【払つ】てぞ見えた
りける。おそろし【恐ろし】などもおろか【愚】也。能登殿大音声
をあげて、「われとおもは【思は】ん物どもは、よ【寄つ】て教経に
くん【組ん】でいけどりにせよ。鎌倉へくだて、頼朝に
あふ【逢う】て、物ひと詞いはんとおもふ【思ふ】ぞ。よれやよれ」と
の給へ【宣へ】共、よるもの【者】一人もなかりけり。ここに土佐
国の住人安芸郷を知行しける安芸[B ノ]大領実
康が子に、安芸[B ノ]太郎実光とて、卅人がちから【力】も
たる大ぢから【大力】のかう【剛】のもの【者】あり【有り】。われにちともおと
P11105
らぬ郎等一人、おとと【弟】の次郎も普通にはす
ぐれたるしたたか物なり。安芸の太郎、能
登殿を見たてま【奉つ】て申けるは、「いかにたけ
う【猛う】ましますとも、我等三人とりついたらんに、
たとひたけ十丈の鬼なりとも、などかしたがへざ
るべき」とて、主従三人小舟にの【乗つ】て、能登殿の
舟にをし【押し】ならべ、ゑいといひ【言ひ】てのりうつり、甲のしこ
ろをかたぶけ【傾け】、太刀をぬいて一面にう【打つ】てかかる。能
登殿ちともさはぎ【騒ぎ】給はず、まさきにすすんだる
P11106
安芸太郎が郎等をすそ【裾】をあはせ【合はせ】て、海へどう
どけ【蹴】いれ【入れ】給ふ。つづいてよる安芸太郎を弓
手の脇にとてはさみ【鋏み】、弟の次郎をば馬手のわき
にかいはさみ、ひとしめ【一締】しめて、「いざうれ、さらばおO[BH の]れら【己等】
死途の山のともせよ」とて、生年廿六にて海へつ
『内侍所都入』S1111
とぞいり【入り】給ふ。○新中納言「見るべき程の事は
見つ、いまは自害せん」とて、めのと子【乳母子】の伊賀平内
左衛門家長をめし【召し】て、「いかに、約束はたがう【違ふ】まじ
きか」との給へ【宣へ】ば、「子細にや及候」と、中納言に鎧二領
P11107
きせ【着せ】たてまつり【奉り】、我身も鎧二領きて、手をと
りく【組ん】で海へぞ入にける。是をみ【見】て侍共廿余人
おくれ【遅れ】たてまつら【奉ら】じと、手に手をとり【取り】くん【組ん】で、一
所にしづみけり。其中に、越中次郎兵衛・上総五
郎兵衛・悪七兵衛・飛弾【*飛騨】四郎兵衛はなにとし
てかのがれ【逃れ】たりけん、そこをも又落にけり。海上
には赤旗赤じるし【赤印】なげ【投げ】すて、かなぐりすて【捨て】たりけ
れば、竜田河の紅葉ばを嵐の吹ちらし【散らし】たるがごと
し。みぎは【汀】によする【寄する】しら浪【白浪】もうすぐれなゐに
P11108
ぞなりにける。主もなきむなしき【空しき】舟は、塩にひか
れ風にしたがて、いづくをさすともなくゆられゆ
くこそ悲しけれ。生どりには、前の内大臣宗盛公、平
大納言時忠、右衛門督清宗、蔵頭信基、讃岐[B ノ]中
将時実、兵部[B ノ]少輔雅明、大臣殿の八歳になり給ふ
若公【若君】、僧には二位僧都宣真【*全真】・法勝寺執行能
円・中納言律師仲快・経誦房阿闍梨融円、
侍には源大夫判官季貞・摂津[B ノ]判官盛澄・橘
内左衛門季康・藤内左衛門信康・阿波民部
P11109
重能父子、以上卅八人也。菊地【*菊池】次郎高直・原田
大夫種直は、いくさ【軍】以前より郎等どもあひ【相】具して
降人にまいる【参る】。女房には、女院、北の政所、廊の御方、
大納言[B ノ]佐殿、帥のすけ【帥の典侍】殿、治部卿[B ノ]局已下四十三人
とぞきこえ【聞え】し。元暦二年の春のくれ【暮】、いかなる年
月にて一人海底にしづみ、百官波上にうかぶらん。
国母官女は東夷西戎【征戎】の手にしたがひ【従ひ】、臣下卿相は
数万の軍旅にとらはれ【捕はれ】て、旧里にかへり【帰り】給ひし
に、或は朱買臣が錦をきざる事をなげき、或は
P11110
王照君【*王昭君】が胡国におもむき【赴き】し恨もかくやとぞかなし
み給ひける。同四月三日、九郎大夫判官義経、源
八広綱をもて、院御所へ奏聞せられけるは、去三
月廿四日、豊前[B ノ]国田の浦、門司関、長門[B ノ]国檀[B ノ]浦【*壇浦】、赤
間が関にて平家をせめ【攻め】おとし【落し】、三種神器事ゆへ【故】
なくかへし【返し】入奉るよし申されたりければ、院中の
上下騒動す。広綱を御坪のうちへめし【召し】、合戦の次
第をくはしう【詳しう】御尋ありて、御感のあまりに左兵
衛[B ノ]尉になさ[* 「めさ」と有るのを他本により訂正]れけり。「一定かへりいら【入ら】せ給ふかみ【見】て
P11111
まいれ【参れ】」とて、五日O[BH ノ日]、北面に候ける藤判官信盛を西
国へさしつかはさる。宿所へもかへらず、やがて院の
御馬を給は【賜つ】て、鞭をあげ、西をさいてはせ【馳せ】くだる。
同十四日、九郎大夫判官義経、平氏男女のいけ
どり【生捕り】ども【共】、あひぐし【具し】てのぼりけるが、播磨国明石浦
にぞつきにける。名をえたる浦なれば、ふけゆ
くままに月さへのぼり、秋の空にもおとらず。女
房達さしつどひ【集ひ】て、「一とせ【年】これ【是】をとをり【通り】しには、
かかるべしとはおもは【思は】ざりき」などいひて、しのびね【忍び音】に
P11112
なき【泣き】あはれけり。帥のすけ【帥の典侍】殿つくづく月をなが
め給ひ、いとおもひ【思ひ】のこす【残す】事もおはせざりけれ
ば、涙にとこ【床】もうく【浮く】ばかりにて、かうぞ思ひつづけ給ふ。
ながむればぬるる【濡るる】たもとにやどり【宿り】けり
月よ雲井のものがたりせよ W085
雲のうへ【上】に見しにかはらぬ月かげ【月影】の
すむ【澄む】につけてもものぞかなしき【悲しき】 W086
大納言佐殿
我身こそあかしの浦にたびね【旅寝】せめ
P11113
おなじ浪にもやどる月かな W087
「さこそ物がなしう、昔恋しうもおはしけめ」と、判官
物のふなれどもなさけあるおのこ【男】なれば、身に
しみてあはれ【哀】にぞおもは【思は】れける。同廿五日、内侍所しる
し【璽】の御箱、鳥羽につかせ給ふときこえ【聞え】しかば、内
裏より御むかへ【向へ】にまいら【参ら】せ給ふ人々、勘解由小
路[* 「勘解由少路」と有るのを他本により訂正]中納言経房卿・高倉宰相中将泰通・権右中弁
兼忠・左衛門権佐親雅・江浪[B ノ][* 下欄に「榎並」と注記]中将公時・但馬少将教
能、武士には伊豆蔵人大夫頼兼・石川[B ノ]判官代能
P11114
兼・左衛門尉有綱とぞきこえ【聞え】し。其夜の子刻に、
内侍所しるし【璽】の御箱太政官の庁へいらせ給
ふ。宝剣はうせ【失せ】にけり。神璽は海上にうかびたり
けるを、片岡[B ノ]太郎経春がとりあげたてま【奉つ】た
『剣』S1112
りけるとぞきこえ【聞え】し。○吾朝には神代よりつ
たはれる霊剣三あり【有り】。十つか【十握】の剣、あまのはや
きりの剣、草なぎ【草薙】の剣これ【是】也。十つか【十握】の剣は、
大和国いそのかみ【石上】布留の社におさめ【納め】らる。あま
の羽やきりの剣は、尾張国熱田の宮にあり
P11115
とかや。草なぎ【草薙】の剣は内裏にあり。今の宝剣
これ【是】也。この剣の由来を申せば、昔素戔の烏
の尊、出雲国曾我のさとに宮づくりし給ひ
しに、そのところ【所】に八いろの雲常にたちければ、
尊これを御らんじ【御覧じ】て、かくぞ詠じ給ひける。
八雲たつ出雲八えがき【八重垣】つまごめに
やえがき【八重垣】つくるそのやえがき【八重垣】を W088
これ【是】を三十一字のはじめとす。国を出雲と
なづくる事も、すなはちこのゆへ【故】とぞ奉はる【承る】。
P11116
むかし、みこと、出雲国ひの河上にくだり【下り】給ひしと
き、国つの神【国津神】に足なづち手なづちとて夫神
婦神おはします。其子に端正のむすめあり【有り】。ゐな
だ姫と号す。おや子【親子】三人なき【泣き】ゐたり。みこと「いか
に」ととひ給へば、こたえ【答へ】申ていはく、「われにむすめ
八人ありき。みな大蛇のためにのまれぬ。いま一人
のこるところの少女、又のまれんとす。件の大蛇は
尾かしら【頭】ともに八あり【有り】。おのおの【各々】八のみね、八の谷に
はひ【這ひ】はびこれり。霊樹異木せなかにおひ【生ひ】たり。い
P11117
く千年をへたりといふ事をしら【知ら】ず。まなこは日
月の光のごとし。年々に人をのむ【飲む】。おや【親】のまるる
もの【者】は子かなしみ、子のまるるもの【者】はおやかなしみ、
村南村北に哭する声たえず」とぞ申ける。みこと
あはれ【哀】におぼしめし【思し召し】、この少女をゆつ[* 「ゆづ」と有るのを他本により訂正]のつまぐし【爪櫛】
にとりなし、御ぐし【髪】にさしかくさ【隠さ】せ給ひ、八の舟に
酒をいれ【入れ】、美女のすがたをつくてたかき【高き】岡にた
つ。その【其の】かげ【影】酒にうつれり。大蛇人とおもて其かげ
をあくまでので、酔ふし【臥し】たりけるを、尊はき【佩き】
P11118
給へる十つか【十握】の剣をぬいて、大蛇をづだづだにき
り給ふ。其なかに一の尾にいたてきれず。尊あや
しとおぼしめし【思し召し】、たてさまにわて御らんずれば、
一の霊剣あり【有り】。これ【是】をとて天照大神にたてまつ
り給ふ。「これはむかし、高間の原にてわがおとし【落し】たり
し剣なり」とぞの給ひ【宣ひ】ける。大蛇の尾のなかに
あり【有り】ける時は、村雲つねにおほひ【覆ひ】ければ、あま
の村雲の剣とぞ申ける。おおん神【御神】是をえて、あ
め【天】の御門の御たからとし給ふ。豊葦原中津国の
P11119
あるじとして、天孫をくだしたてまつり【奉り】給ひしと
き【時】、この剣をも御鏡にそへてたてまつら【奉ら】せ給ひけ
り。第九代の御門開化天皇の御時までは、ひとつ【一つ】
殿におはしましけるを、第十代の御門崇神天皇[B ノ]
御宇に及で、霊威におそれ【恐れ】て、天照大神を大和
国笠ぬい【笠縫】の里、磯がきのひろきにうつしたてまつ
り【奉り】給ひし時、この剣をも天照大神の社壇にこめ
たてまつら【奉ら】せ給ひけり。其時剣を作りかへて、御
まもり【守り】とし給ふ。御霊威もとの剣にあひおと
P11120
らず。あまの村雲の剣は、崇神天皇より景行
天皇まで三代は、天照大神の社壇にあがめをか【置か】
れたりけるを、景行天皇の御宇四十年六
月に、東夷反逆のあひだ、御子日本武の尊御心も
かう【剛】に、御力も人にすぐれておはしければ、精撰に
あたてあづまへくだり【下り】給ひし時、天照大神へま
い【参つ】て御いとま申させ給ひけるに、御いもうといつ
き【斎】の尊をもて、「謹でおこたる事なかれ」とて、霊剣
を尊にさづけ申給ふ。さて駿河国に下り給ひ
P11121
たりしかば、其ところ【所】の賊徒等「この国には鹿おほ
う【多う】候。狩してあそば【遊ば】せ給へ」とて、たばかりいだし【出し】たて
まつり【奉り】、野に火をはな【放つ】て既にやきころし【殺し】たてま
つら【奉ら】んとしけるに、尊はき【佩き】給へる霊剣をぬい
て草をなぎ給へば、はむけ【刃向】一里がうちは草みな
なが【薙が】れぬ。みこと又火をいださ【出さ】れたりければ、かぜ【風】
たちまちに異賊の方へ吹おほひ【覆ひ】、凶徒ことごと
く【悉く】やけしに【死に】ぬ。それよりしてこそ、あまの村雲の
剣をば草なぎ【草薙】の剣とも名づけられけれ。
P11122
尊猶おく【奥】へせめ【攻め】い【入つ】て、三箇年があひだところどころ【所々】の
賊徒をうちたいらげ【平げ】、国々の凶党をせめ【攻め】したがへ
てのぼらせ給ひけるが、道より御悩つかせ給ひて、
御とし【年】卅と申七月に、尾張国熱田のへん【辺】にてつゐ
に【遂に】かくれ【隠れ】させ給ひぬ。其たましゐ【魂】はしろき【白き】鳥とな
て天にあがり【上がり】けるこそふしぎ【不思議】なれ。いけどり【生捕り】の
ゑびす【夷】共をば、御子たけひこ【武彦】のみこと【尊】をもて、御門
へたてまつら【奉ら】せ給ふ。草なぎ【草薙】の剣をば熱田の
社におさめ【納め】らる。あめの御門[B ノ]御宇七年に、新羅
P11123
の沙門道慶、この剣をぬすんで吾国の宝とせ
むとおもて、ひそかに舟にかくしてゆく程に、波
風巨動して忽に海底にしづまんとす。すなは
ち霊剣のたたりなりとして、罪を謝して先途
をとげず、もとのごとくかへしおさめ【納め】たてまつる【奉る】。し
かる【然る】を天武天皇朱鳥元年に、これ【是】をめし【召し】て内
裏にをか【置か】る。いまの宝剣是也。御霊威いちはや
うまします。陽成院狂病にをかされさせましまし
て、霊剣をぬかせ給ひければ、夜るのおとどひら
P11124
ひらとして電光にことならず。恐怖のあまりにな
げすてさせ給ひければ、みづからはたとな【鳴つ】てさ
やにさされにけり。上古にはかうこそめでたかりし
か。たとひ二位殿腰にさして海にしづみ給ふとも、
たやすううす【失す】べからずとて、すぐれたるあまうど【海人】
ども【共】をめし【召し】て、かづき【潛き】もとめ【求め】られけるうへ【上】、霊仏霊
社にたとき僧をこめ、種々の神宝をささげて
いのり申されけれども、つゐに【遂に】うせにけり。其時の
有識【*有職】の人々申あはれけるは、「昔天照大神、百
P11125
王をまもら【守ら】むと御ちかひあり【有り】ける、其御ちかひい
まだあらたまらずして、石清水の御ながれいま
だつきせざるがゆへ【故】に、天照大神の日輪の光いま
だ地におち【落ち】させ給はず。末代澆季なりとも、帝
運のきはまる程の御事はあらじかし」と申されけ
れば、其なか【中】にある博士のかんがへ申けるは、「むかし
出雲国ひの河上にて、素戔烏の尊にきりこ
ろさ【殺さ】れたてまつし大蛇、霊剣をおしむ【惜しむ】心ざしふか
くして、八のかしら【頭】八の尾を表事として、人王八
P11126
十代の後、八歳の帝となて霊剣をとりかへして、
海底に沈み給ふにこそ」と申す。千いろ【千尋】の海の底、
神竜のたからとなりしかば、ふたたび人間にか
『一門大路渡』S1113
へらざるもことはり【理】とこそおぼえけれ。○さる程に、
二の宮かへりいら【入ら】せ給ふとて、法皇より御むかへ【向へ】
に御車をまいらせ【参らせ】らる。御心ならず平家にとら
れさせ給ひて、西海の浪の上にただよはせ給ひ、三
とせ【年】をすごさ【過さ】せ給ひしかば、御母儀も御めのと【傅】持明
院の宰相も御心ぐるしき事におもは【思は】れけるに、
P11127
別の御事なくかへりのぼらせ給ひたりしかば、
さしつどひてみなよろこびなき【悦び泣き】どもせられ
ける。同廿六日、平氏のいけどり【生捕り】ども【共】京へい
る。みな八葉の車にてぞありける。前後の
すだれをあげ、左右の物見をひらく。大臣殿
は浄衣をき給へり。右衛門督はしろき【白き】直垂
にて、車のしりにぞのら【乗ら】れたる。平大納言時忠
卿の車、おなじくやりつづく。子息讃岐の中将時
実も、同車にてわたさるべかりしが、現所労とて
P11128
わたされず。蔵頭信基は疵をかうぶたりしかば、閑
道より入にけり。大臣殿、さしも花やかにきよげ【清気】にお
はせし人の、あらぬさまにやせ【痩せ】おとろえ【衰へ】給へり。されど
も、四方見めぐらして、いとおもひ【思ひ】しづめるけしき【気色】も
おはせず。右衛門督はうつぶして目も見あげ給はず。
誠におもひ【思ひ】いれ【入れ】たるけしき【気色】也。土肥次郎実平、
木蘭地のひたたれ【直垂】に小具足ばかりして、随兵
卅余騎、車の先後にうちかこ【囲ん】で守護したてま
つる【奉る】。見る人都のうちにもかぎらず、凡遠国
P11129
近国、山々寺々より、老たるも若きも、来りあつ
まれり。鳥羽の南の門・つくり道・四基【*四塚】までひしと
つづいて、いく千万といふかず【数】をしら【知ら】ず。人は顧る
事をえず。車は輪をめぐらす事あたはず。治
承・養和の飢饉、東国・西国のいくさ【軍】に、人だねほろ
びうせ【失せ】たりといへども、猶のこりはおほかり【多かり】けり
とぞ見えし。都をいで【出で】てなか【中】一年、無下にまぢかき
程なれば、めでたかりし事もわすられず。さしも
おそれ【恐れ】おののきし人のけふのありさま【有様】、夢うつつ
P11130
ともわきかねたり。心なきあやしのしづのお【賎男】、しづ
のめ【賎女】にいたるまで、なみだ【涙】をながし袖をしぼらぬは
なかりけり。ましてなれ【馴れ】ちかづき【近付き】ける人々の、いか
ばかりの事をかおもひ【思ひ】けん。年来重恩をかう
むり、父祖のときより祗侯したりし輩の、さすが
身のすてがたさに、おほく【多く】は源氏につゐ【付い】たりし
かども、昔のよしみたちまち【忽】にわする【忘る】べきにも
あらねば、さこそはかなしうおもひ【思ひ】けめ。されば袖を
かほ【顔】にをし【押し】あてて、目を見あげぬ物もおほかり【多かり】
P11131
けり。大臣殿の御牛飼は、木曾が院参の時、車
やりそんじ【損じ】てきら【斬ら】れにける次郎丸がおとと【弟】、三郎
丸なり。西国にてはかり男【仮男】になたりしが、今一度大
臣殿の御車をつかまつらんと思ふ心ざしふかかり【深かり】
ければ、鳥羽にて判官に申けるは、「とねり【舎人】牛飼
など申物は、いふかひなき下臈のはてにて候へば、
心あるべきでは候はねども、年ごろめし【召し】つかは【使は】れ
まいらせ【参らせ】て候御心ざしあさから【浅から】ず。しかる【然る】べう候ば、
御ゆるされ【許され】をかうぶて、大臣殿の最後の御車を
P11132
つかまつり候ばや」とあながちに申ければ、判官「し
さい【子細】あるまじ。とうとう【疾う疾う】」とてゆるされける。なのめなら
ず悦て、尋常にしやうぞき【装束き】、ふところ【懐】よりやり
なは【遣縄】とりいだしつけ【付け】かへ、涙にくれてゆくさきも
みえ【見え】ねども、袖をかほ【顔】にをし【押し】あてて、牛のゆくにま
かせ【任せ】つつ、なくなく【泣く泣く】やてぞまかり【罷り】ける。法皇は六条東
洞院に御車をたてて叡覧あり【有り】。公卿殿上人の
車ども、おなじうたてならべたり。さしも御身ちかう
めし【召し】つかは【使は】れしかば、法皇もさすが御心よはう【弱う】、あは
P11133
れ【哀】にぞおぼしめさ【思し召さ】れける。供奉の人々はただ夢
とのみこそおもは【思は】れけれ。「いかにもしてあの人に
め【目】をもかけられ、詞の末にもかからばやとこそ
おもひ【思ひ】しかば、かかるべしとは誰かおもひ【思ひ】し」とて、上下
涙をながしけり。一とせ【一年】内大臣になてよろこび【悦び】申
し給ひし時は、公卿には花山院の大納言をはじ
めとして、十二人扈従してやりつづけ給へり。殿
上人には蔵人頭親宗以下十六人前駆す。公卿も
殿上人もけふを晴ときらめいてこそありしか。
P11134
中納言四人、三位中将も三人までおはしき。やがて
この平大納言も其時は左衛門督にておはしき。
御前へめされまいらせ【参らせ】て、御引出物給はて、もて
なされ給ひしありさま【有様】、めでたかりし儀式ぞかし。
けふは月卿雲客一人もしたがはず。おなじく檀【*壇】の
浦にていけどり【生捕り】にせられたりし侍共廿余人、し
ろき【白き】直垂きて、馬のうへ【上】にしめ【締め】つけてぞわ
たされける。河原までわたされて、かへ【帰つ】て、大臣殿
父子は九郎判官の宿所、六条堀河にぞおはし
P11135
ける。御物まいらせ【参らせ】たりしかども、むねせきふさが
て、御はしをだにもたてられず。たがひに物はの給
はねども、目を見あはせ【合はせ】て、ひまなく涙をなが
されけり。よるになれども装束もくつろげ給
はず、袖をかたしゐ【片敷い】てふし【臥し】給ひたりけるが、御子
右衛門督に御袖をうちきせ【着せ】給ふをまぼり【守り】
たてまつる【奉る】源八兵衛・江田源三・熊井太郎これ
をみて、「あはれたかき【高き】もいやしきも、恩愛の道
程かなしかり【悲しかり】ける事はなし。御袖をきせ【着せ】たてま
P11136
つり【奉り】たらば、いく程の事あるべきぞ。せめての御
心ざしのふかさ【深さ】かな」とて、たけき【猛き】物のふどももみ
『鏡』S1114
な涙をぞながしける。○同[B 四月イ]廿八日、鎌倉の前兵衛
佐頼朝朝臣、従二位し給ふ。越階とて二階を
するこそありがたき朝恩なるに、これ【是】はすでに
三階なり。三位をこそし給ふべかりしかども、平
家のし給ひたりしをいまう【忌まう】で也。其夜の子刻に、
内侍所、太政官の庁より霊景殿【*温明殿】へいら【入ら】せ給ふ。
主上行幸なて、三が夜臨時の御神楽あり【有り】。右近
P11137
将監小家の能方、別勅をうけ給は【承つ】て、家につた
はれる弓立宮人といふ神楽の秘曲をつかま
て、勧賞かうぶりけるこそ目出けれ。この歌は、祖
父八条判官資忠といし伶人の外は、しれ【知れ】るも
のなし。あまりに秘して子の親方にはをしへ【教へ】ずし
て、堀河天皇御在位の時つたへ【伝へ】まいらせ【参らせ】て死
去したりしを、君親方にをしへ【教へ】させ給ひけり。道を
うしなは【失は】じとおぼしめす【思し召す】御心ざし、感涙おさへ【抑へ】難
し。抑内侍所と申は、昔天照大神、天の岩戸に
P11138
閉こもらむとせさせ給ひし時、いかにもして我御かた
ちをうつしおき【置き】て、御子孫に見せたてまつら【奉ら】ん
とて、御鏡をゐ【鋳】給へり。これ【是】なを【猶】御心にあはずとて、
又い【鋳】かへさせ給ひけり。さきの御鏡は紀伊国
日前国懸の社是也。後の御鏡は御子あまのに
いほみ【天忍穂耳】の尊にさづけまいらせ【参らせ】させ給ひて、「殿
をおなじうしてすみ給へ」とぞ仰ける。さて天照
大神、天の岩戸にとぢこもらせ給ひて、天下
くらやみとなたりしに、やをよろづ代【八百万代】の神た
P11139
ち神あつまり【集まり】にあつま【集まつ】て、岩戸の口にて御神楽
を奏し給ひければ、天照大神感にたえ【堪へ】させ給
はず、岩戸をほそめ【細目】にひらき見給ふに、互にか
ほ【顔】のしろく【白く】見えけるより面白といふ詞ははじま
りけるとぞうけ給はる【承る】。其時こやねたぢから
を【児屋根手力雄】といふ大ぢから【大力】の神よ【寄つ】て、ゑいといひてあけ
給ひしよりしてたて【閉て】られずといへり。さて内
侍所は、第九代の御門開化天皇の御時まで
はひとつ【一つ】殿におはしましけるを、第十代の御門、
P11140
崇神天皇の御宇に及で、霊威におそれ【恐れ】て、別の
殿へうつし【移し】たてまつらせ給ふ。ちかごろ【近来】はうんめい殿【温明殿】に
おはします。遷都・遷幸の後百六十年をへて、
村上天皇の御宇、天徳四年九月廿三日の子刻
に、内裏なかのへ【中重】にはじめて焼亡ありき。火は左衛
門の陣よりいで【出で】き【来】たりければ、内侍所のおはします
雲明殿【温明殿】もほど【程】ちかし。如法夜半の事なれば、内侍も
女官もまいり【参り】あはずして、かしこ所【賢所】をいだしたてま
つる【奉る】にも及ばず。少野宮殿【*小野宮殿】いそぎまいら【参ら】せ給ひ
P11141
て、「内侍所すでにやけさせ給ひぬ。世はいまはかう
ごさんなれ」とて御涙をながさせ給ふ処に、内侍所
はみづから炎のなか【中】をとびいでさせ給ひ、南殿
の桜の梢にかからせおはしまし、光明かくやく【赫奕】として、
朝の日の山の端をいづる【出づる】にことならず。其時小野宮
殿「世はいまだうせ【失せ】ざりけり」とおぼしめす【思し召す】に、よろこ
びの御涙せきあへさせ給はず、右の御ひざをつ
き、左の御袖をひろげて、なくなく【泣々】申させ給ひけ
るは、「昔天照大神百王をまぼら【守ら】んと御ちかひあり【有り】
P11142
ける、其御誓いまだあらたまらずは、神鏡実頼
が袖にやどらせ給へ」と申させ給ふ御詞のい
まだをはらざるさきに、飛うつらせ給ひけり。
すなはち御袖につつんで、太政官の朝所へわたし
たてまつらせ給ふ。ちかごろ【近来】はうんめい殿【温明殿】におはしま
す。この世にはうけ【受け】とり【取り】たてまつら【奉ら】んと思ひよる
人も誰かはあるべき。神鏡も又やどらせ給ふべか
『文之沙汰』S1115
らず。上代こそ猶も目出けれ。○平大納言時忠卿父
子も、九郎判官の宿所ちかうぞおはしける。世の中
P11143
のかくなりぬるうへ【上】は、とてもかうてもとこそ
おもは【思は】るべきに、大納言猶いのち【命】をしう【惜しう】やおも
は【思は】れけん、子息讃岐中将をまねひ【招い】て、「ちらす【散らす】
まじきふみども【文共】を一合、判官にとられてあるぞと
よ。是を鎌倉の源二位に見えなば、人もおほく【多く】損
じ、我身もいのち【命】いけらるまじ。いかがせんずる」と
の給へ【宣へ】ば、中将申されけるは、「判官はおほ方【大方】もなさ
けある物にて候なるうへ【上】、女房などのうちたへ【うち絶え】なげく【歎く】
事をば、いかなる大事をももてはなれ【離れ】ぬとうけ給
P11144
はり【承り】候。なに【何】かくるしう【苦しう】候べき。ひめ君【姫君】達あまたまし
まし候へば、一人見せさせ給ひ、したしうならせおは
しまして後、仰らるべうや候らん」。大納言涙をは
らはらとながい【流い】て、「我世にありし時は、むすめども
をば女御きさきとこそおもひ【思ひ】しか。なみなみの
人に見せんとはかけてもおもは【思は】ざりし物を」とて
なか【泣か】れければ、中将「今はその【其の】事ゆめゆめおぼしめ
し【思し召し】よらせ給ふべからず」とて、「たうぶく【当腹】のひめ君【姫君】の
十八になり給ふを」と申されけれども、大納言それ
P11145
をば猶かなしき【悲しき】事におぼして、さきの腹の姫
君の廿三になり給ふをぞ、判官には見せら
れける。是も年こそすこし【少し】おとなしうおはしけ
れども、みめ【眉目】かたちうつくしう、心ざま【心様】ゆう【優】におは
しければ、判官さりがたうおもひ【思ひ】たてま【奉つ】て、もと
のうへ【上】河越太郎重頼がむすめもありしかども、これ【是】
をば別の方尋常にしつらうてもてなしけり。
さて女房件のふみの事をの給ひいださ【出さ】れたり
ければ、判官あまさへ【剰へ】封をもとかず、いそぎ時忠卿の
P11146
もとへをくら【送ら】れけり。大納言なのめならず悦て、
やがてやき【焼き】ぞすてられける。いかなるふみども【文共】
にてかあり【有り】けん、おぼつかなうぞきこえ【聞え】し。平家
ほろびて、いつしか国々しづまり、人のかよふも煩な
し。都もおだしかり【穏しかり】ければ、「ただ九郎判官ほど【程】の人は
なし。鎌倉の源二位は何事をかしいだしたる。世は
一向判官のままにてあらばや」などいふ事を、源二
位もれ【漏れ】きい【聞い】て、「こはいかに、頼朝がよくはからひて
つはもの【兵】をさしのぼすればこそ、平家はたや
P11147
すうほろびたれ。九郎ばかりしては争か世を
しづむべき。人のかくいふにおご【奢つ】ていつしか世を
我ままにしたるにこそ。人こそおほけれ【多けれ】、平大納言
の聟になて、大納言もてあつかうなるもうけられず。
又世にもはばからず、大納言の聟どり【聟取り】いはれなし。くだ
ても定て過分のふるまひ【振舞】せんずらん」とぞのた
『副将被斬』S1116
まひ【宣ひ】ける。○同五月七日、九郎大夫判官、平氏のい
けどり【生捕り】ども【共】あひぐし【具し】て、関東へ下向ときこえ【聞え】しかば、
大臣殿判官のもとへ使者をたてて、「明日関東へ
P11148
下向とうけ給候。恩愛の道はおもひ【思ひ】きられぬこと【事】
にて候也。いけどり【生捕り】のうちに八歳の童とつけら
れて候しものは、いまだこの【此の】世に候やらん。いま【今】一
度見候ばや」との給ひ【宣ひ】つかはさ【遣さ】れたりければ、
判官の返事には、「誰も恩愛はおもひ【思ひ】きられ
ぬ事にて候へば、誠にさこそおぼしめさ【思し召さ】れ候らめ」
とて、河越小太郎重房があづかりたてま【奉つ】たりけ
るを、大臣殿の許へわか君【若君】いれ【入れ】たてまつる【奉る】べき
よしの給ひければ、人に車かてのせ【乗せ】たてまつり【奉り】、
P11149
女房二人つきたてま【奉つ】たりしも、ひとつ【一つ】車にの
りぐし【具し】て、大臣殿へぞまいら【参ら】れける。わか公【若君】ははる
かにちち【父】を見たてまつり【奉り】給て、よにうれしげに
おぼしたり。「いかにこれ【是】へ」との給へ【宣へ】ば、やがて御ひざ
のうへ【上】にまいり【参り】給ふ。大臣殿、わか公【若君】の御ぐしをかき
なで、涙をはらはらとながい【流い】て、守護の武士どもにの
給ひ【宣ひ】けるは、「これ【是】はおのおの【各々】きき給へ。はは【母】もなき物に
てあるぞとよ。この【此の】子がはは【母】はこれ【是】をうむとて、産を
ばたいらか【平か】にしたりしかども、やがてうちふし【臥し】てなや
P11150
みしが、「いかなる人の腹に公達をまうけ給ふとも、思ひ
かへずしてそだて【育て】て、わらはがかたみ【形見】に御らんぜよ。
さしはな【放つ】て、めのと【乳母】などのもとへつかはす【遣す】な」と
いひし事が不便さに、あの右衛門督をば、朝敵
をたいらげ【平げ】ん時は大将軍せさせ、これをば副
将軍せさせんずればとて、名を副将とつけ
たりしかば、なのめならずうれしげにおもひ【思ひ】て、
すでにかぎりの時までも名をよびなどしてあ
ひせ【愛せ】しが、なぬか【七日】といふにはかなく【果敢く】なりてあるぞ
P11151
とよ。この【此の】子を見るたびごとには、その事がわす
れがたくおぼゆる【覚ゆる】也」とて涙もせきあへ給はねば、
守護の武士どももみな袖をぞしぼりける。右衛
門督もなき【泣き】給へば、めのとも袖をしぼりけり。良
久しくあて大臣殿「さらば副将、とく【疾く】かへれ、うれしう
見つ」との給へ【宣へ】ども、わか公【若君】かへり給はず。右衛門督
これを見て、涙ををさへ【抑へ】ての給ひけるは、「やや副
将御ぜ、こよひはとくとくかへれ【帰れ】。ただいままらう人【客人】のこ【来】
うずるぞ。あしたはいそぎまいれ【参れ】」との給へ【宣へ】ども、
P11152
ちち【父】の御浄衣の袖にひしととりついて、「いなや、かへ
らじ」とこそなき【泣き】給へ。かくてはるかに程ふれば、
日もやうやうくれ【暮れ】にけり。さてしもあるべき事ならね
ば、めのとの女房いだきとて、御車にのせ【乗せ】たてま
つり【奉り】、二人の女房どもも袖をかほ【顔】にをし【押し】あてて、なく
なく【泣々】いとま申つつ、ともにの【乗つ】てぞいで【出で】にける。おほ
い殿【大臣殿】はうしろをはるかに御らんじ【御覧じ】をく【送つ】て、「日来の恋
しさは事のかずならず」とぞかなしみ給ふ。「この
わか公【若君】は、母のゆひごん【遺言】がむざん【無慙】なれば」とて、めの
P11153
とのもとへもつかはさ【遣さ】ず、あさゆふ御まへにてそ
だて【育て】給ふ。三歳にてうゐかぶり【初冠】きせ【着せ】て、義宗と
ぞなのら【名乗ら】せける。やうやうおい【生ひ】たち【立ち】給ふままに、み
め【眉目】かたちうつくしく、心ざまゆう【優】におはしければ、
大臣殿もかなしう【悲しう】いとをしき事におぼして、西
海の旅の空、浪のうへ【上】、舟のうちのすまゐ【住ひ】にも、
かた時【片時】もはなれ給はず。しかる【然る】をいくさ【軍】やぶれて
後は、けふぞたがひ【互】に見給ひける。河越小太郎、
判官の御まへにまい【参つ】て、「さてわか公【若君】の御事をば、
P11154
なにと御ぱからひ候やらん」と申ければ、「鎌倉ま
でぐし【具し】たてまつる【奉る】に及ばず。なんぢともかうも
これ【是】であひはからへ【計らへ】」とぞの給ひける。河越小太郎
二人の女房どもに申けるは、「大臣殿は鎌倉へ御
くだり【下り】候が、わか公【若君】は京に御とどまりあるべきにて候。
重房もまかり【罷り】下候あひだ、おかた【緒方】の三郎維義【惟義】
が手へわたしたてまつる【奉る】べきにて候。とうとうめさ【召さ】れ
候へ」とて、御車よせたりければ、わか公【若君】なに心【何心】もなう
のり【乗り】給ひぬ。「又昨日のやうにちち【父】御前の御もとへか」
P11155
とてよろこば【喜ば】れけるこそはかなけれ。六条を
東へやてゆく。この女房ども「あはやあやしき物
かな」と、きも魂をけし【消し】て思ける程に、すこし【少し】ひき【引き】
さがて、つはもの【兵】五六十騎が程河原へうち出たり。
やがて車をやりとどめ【留め】て敷皮しき、「おりさせ給
へ」と申ければ、わか公【若君】車よりおり給ひぬ。よに
あやしげにおぼして、「我をばいづちへぐし【具し】てゆか
むとするぞ」ととひ給へば、二人の女房共とかう
の返事にも及ばず。重房が郎等太刀をひき【引き】
P11156
そばめて、左の方より御うしろに立まはり、すで
にきりたてまつら【奉ら】んとしけるを、わか公【若君】見つけ給
ひて、いく程のがる【逃る】べき事のやうに、いそぎめのと【乳母】
のふところ【懐】のうちへぞ入給ふ。さすが心づよう
とりいだしたてまつる【奉る】にも及ばねば、わか公【若君】を
かかへたてまつり【奉り】、人のきく【聞く】をもはばからず、
天にあふぎ地にふしておめき【喚き】さけみける心の
うち、おしはから【推し量ら】れて哀也。かくて時刻はるかに
をし【押し】うつりければ、河越小太郎重房涙をお
P11157
さへ【抑へ】て、「いまはいかにおぼしめされ候とも、かなは【叶は】せ
給候まじ。とうとう」と申ければ、其時めのと【乳母】のふと
ころ【懐】のうちよりひき【引き】いだしたてまつり【奉り】、腰の刀
にてをし【押し】ふせ【伏せ】て、つゐに【遂に】頸をぞかいてげる。た
けき【猛き】物のふどももさすがいは木【岩木】ならねば、みな
涙をながしけり。くび【頸】をば判官のげざん【見参】に
いれ【入れ】んとて取てゆく。めのとの女房かちはだし
にてお【追つ】つい【付い】て、「なにかくるしう【苦しう】候べき。御頸ばかり
をば給はて、後世をとぶらひ【弔ひ】まいらせ【参らせ】ん」と申せば、
P11158
判官もよにあはれ【哀】げにおもひ【思ひ】、涙をはらはらと
ながい【流い】て、「まこと【誠】にさこそはおもひ【思ひ】給ふらめ。もと
もさるべし。とうとう」とてたびにけり。これ【是】をとて
ふところ【懐】にいれ【入れ】て、なくなく【泣く泣く】京の方へかへる【帰る】とぞみ
え【見え】し。其後五六日して、桂河に女房二人身をなげ
たる事あり【有り】けり。一人おさなき【幼き】人のくび【頸】をふ
ところ【懐】にいだひ【抱い】てしづみたりけるは、此わか
公【若君】のめのとの女房にてぞありける。いま一人む
くろをいだひ【抱い】たりけるは、介惜【介錯】の女房也。めの
P11159
とがおもひ【思ひ】きる【切る】はせめていかがせん、かいしやく【介錯】
の女房さへ身をなげけるこそありがたけれ。
『腰越』S1117
○さる程に、おほい殿【大臣殿】は九郎大夫の判官にぐ
せ【具せ】られて、七日のあかつき、粟田口をすぎ給
へば、大内山、雲井のよそにへだたりぬ。関
の清水を見給ひて、なくなく【泣く泣く】かうぞ詠じ給ひける。
都をばけふをかぎりのせきみづ【関水】に
また【又】あふさか【逢坂】のかげやうつさ【映さ】む W089
道すがらもあまりに心ぼそげにおぼしければ、
P11160
判官なさけある人にて、やうやうになぐさめたてま
つる【奉る】。「あひかまへて今度の命をたすけ【助け】てたべ」
との給ひければ、「とをき【遠き】国、はるかの島へもうつ
しぞまいらせ【参らせ】候はんずらん。御命うしなひ【失ひ】たて
まつる【奉る】まではよも候はじ。たとひさるとも、義経が
勲功の賞に申かへて、御命ばかりはたすけ【助け】
まいらせ【参らせ】候べし。御心やすうおぼしめさ【思し召さ】れ候へ」と、た
のもしげ【頼もし気】に申されければ、「たとひゑぞ【蝦夷】が千島な
りとも、かい【甲斐】なき命だにあらば」との給ひける
P11161
こそ口惜けれ。日数ふれば、同廿四日、鎌倉へ
下りつき給ふ。梶原さきだて鎌倉殿に申
けるは、「日本国は今はのこるところ【所】なうしたがひ
たてまつり【奉り】候。ただし御弟九郎大夫判官殿
こそ、つゐの御敵とは見えさせ給候へ。そのゆへ【故】は、
一をもて万をさつす[* 「さんす」と有るのを他本により訂正]とて、「一の谷をうへ【上】の山
よりおとさ【落さ】ずは、東西の木戸口やぶれがたし。い
けどり【生捕り】も死にどり【死に捕り】も義経にこそ見すべき
に、物のよう【用】にもあひ給はぬ蒲殿の方へ見参に
P11162
入べき様やある。本三位中将殿こなたへたば【賜ば】じ
と候ば、O[BH 義経]まい【参つ】て給はるべし」とて、すでにいくさ【軍】[B 「いくさ」に「事イ」と傍書]いで【出で】
き【来】候はんとし候しを、景時が土肥に心をあはせ【合はせ】
て、三位中将殿を土肥次郎にあづけて後こ
そしづまり給て候しか」とかたり申ければ、かま
くら【鎌倉】殿うちうなづいて、「けふ九郎が鎌倉へいる【入る】
なるに、おのおの用意し給へ」と仰られければ、大
名小名はせ【馳せ】あつま【集まつ】て、ほど【程】なく数千騎になり
にけり。金洗沢に関すへ【据ゑ】て、大臣殿父子うけ【受け】と
P11163
り【取り】たてま【奉つ】て、判官をば腰ごえ【腰越】へお【追つ】かへさ【返さ】る。かま
くら【鎌倉】殿は随兵七重八重にすへ【据ゑ】をいて、我身はそ
の【其の】なか【中】におはしましながら「九郎はO[BH 進疾男なれば、]このたたみ【畳】のし
たよりO[BH も]はひ【這ひ】いでんずるもの也。ただし頼朝はせら
るまじ」とぞの給ひける。判官おもは【思は】れけるは、
「こぞの正月、木曾義仲を追討せしよりこの
かた、一の谷・檀【*壇】の浦にいたるまで、命をすてて平
家をせめ【攻め】おとし、内侍所しるし【璽】の御箱事ゆへ【故】
なくかへし【返し】いれ【入れ】たてまつり【奉り】、大将軍父子いけどり【生捕り】
P11164
にして、ぐし【具し】てこれ【是】までくだり【下り】たらんには、たとひ
いかなるふしぎ【不思議】ありとも、一度はなどか対面なか
るべき。凡は九国の惣追補使【*惣追捕使】にもなされ、山陰・
山陽・南海道、いづれに〔て〕もあづけ、一方のかた
めともなされんずるとこそおもひ【思ひ】つるに、わづ
かに伊与【*伊予】国ばかりを知行すべきよし仰られて、
鎌倉へだにも入られぬこそほいなけれ。さ
ればこは何事ぞ。日本国をしづむる事、義
仲・義経がしわざにあらずや。たとへばおなじ
P11165
父が子で、先にむまるる【生るる】を兄とし、後にむまるる【生るる】
を弟とするばかり也。誰か天下をしら【知ら】んにしら【知ら】
ざるべき。あまさへ【剰へ】今度見参をだにもとげ
ずして、おい【追ひ】のぼせ【上せ】らるるこそ遺恨の次第
なれ。謝するところ【所】をしらず」とつぶやかれけれども、
ちからなし。またく不忠なきよし、たびたび起請文
をもて申されけれども、景時が讒言によて、鎌
倉殿もちゐ【用ゐ】給はねば、判官なくなく【泣々】一通の
状をかいて、広基のもとへつかはす【遣す】。
P11166
源[B ノ]義経恐ながら申上候意趣者、御代官の其
一に撰ばれ、勅宣の御使として、朝敵をかたむ
け、会稽の恥辱をすすぐ。勲賞おこなはる
べき処に、思外〔に〕虎口の讒言によて莫太の
勲功を黙せらる。義経おかしなう【無う】して咎をかうむ
る。劫あつて誤なしといへ共、御勘気を蒙るあひだ【間】、
むなしく紅涙にしづむ。讒者の実否をたださ
れず、鎌倉中へ入られざる間、素意をのぶ
るにあたはず、いたづらに数日ををくる【送る】。此時に
P11167
あたてながく恩顔を拝したてまつら【奉ら】ず。骨肉同
胞の義すでにたえ【絶え】、宿運きはめてむなしき【空しき】
にに【似】たる歟。将又先世の業因の感ずる歟。悲
哉、此条、故亡父尊霊再誕し給はずは、誰の人か
愚意の悲歎を申ひらかん、いづれの人か哀憐
をたれられんや。事あたらしき申状、述懐に
似たりといへども、義経身体髪膚を父母に
うけて、いくばくの時節をへず故守殿御他界[* 「御他家」と有るのを他本により訂正]
の間、みなし子となり、母の懐のうちにいだかれて、
P11168
大和国宇多郡におもむき【赴き】しよりこのかた、いまだ一日
片時安堵のおもひ【思ひ】に住せず。甲斐なき命[B を]ば存
すといへども、京都の経廻難治の間、身を在々
所々にかくし、辺土遠国をすみか【栖】として、土民
百姓等に服仕せらる。しかれども高慶たちまち【忽】に純
熟して、平家の一族追討のために上洛せしむる
手あはせ【合はせ】に、木曾義仲を誅戮の後、平氏を
かたむけんがために、或時は峨々たる巌石に
駿馬[* 「髪馬」と有るのを他本により訂正]に鞭う【打つ】て、敵の為に命をほろぼさん事
P11169
を顧みず、或時は漫々たる大海に風波の難を
しのぎ、海底にしづまん事をいたま【痛ま】ずして、
かばねを鯨鯢の鰓にかく。しかのみならず、甲冑
を枕とし弓箭を業とする本意、しかしながら亡
魂のいきどほりをやすめたてまつり、年来の
宿望をとげんと欲する外他事なし。あまさへ【剰へ】
義経五位尉に補任の条、当家の重職何事か
これ【是】にしかん。しかりといへども今愁ふかく歎き切也。
仏神の御たすけ【助け】にあらずより外は、争か愁訴を
P11170
達せん。これによて諸神諸社の牛王宝印の
うらをもて、野心を挿まざるむね、日本国中の
大小の神祇冥道を請じ驚かしたてま【奉つ】て、数通
の起請文をかき【書き】進ずといへども、猶以御宥免な
し。我国は神国也。神は非礼を享給べからず。
憑ところ【処】他に
あらず。ひとへに貴殿広大の慈悲を仰ぐ。便宜を
うかがひ【伺ひ】高聞に達せしめ、秘計をめぐらし、あやま
りなきよしをゆうぜ【宥ぜ】られ、放免にあづからば、積
善の余慶家門に及び、栄花をながく子孫に
P11171
つたへん。仍て年来の愁眉を開き、一期の安
寧をえ【得】ん。書紙につくさず。併令省略候畢。
義経恐惶謹言。元暦二年六月五日源義経
『大臣殿被斬』S1118
進上因幡[B ノ]守殿へとぞかか【書か】れたる。○さる程に、鎌
倉殿大臣殿に対面あり【有り】。おはしける所、庭をひと
つ【一つ】へだててむかへ【向へ】なる屋にすへ【据ゑ】たてまつり【奉り】、簾
のうちより見いだし、比気【*比企】藤四郎義員【*能員】を使
者で申されけるは、「平家の人々に別の意趣
おもひ【思ひ】たてまつる【奉る】事、努々候はず。其上池殿の尼
P11172
御前いかに申給とも、故入道殿の御ゆるされ【許され】
候はずは、頼朝いかでかたすかり候べき。流罪に
なだめ【宥め】られし事、ひとへに入道殿の御恩也。され
ば廿余年までさてこそ罷過候しかども、朝敵
となり給ひて追討すべき由院宣を給はる
間、さのみ王地にはらまれて、詔命をそむくべ
きにもあらねば、力不及。か様【斯様】に見参に入候ぬる
こそ本意に候へ」と申されければ、義員【*能員】この由
申さんとて、御まへにまいり【参り】たりければ、ゐ【居】なをり【直り】
P11173
畏り給ひけるこそうたてけれ。国々の大名小
名なみ【並み】ゐたる其なか【中】に、京の物どもいくらも
あり、平家の家人たりし物もあり、みなつま
はじき【爪弾き】をして申けるは、「ゐ【居】なをり【直り】畏給ひた
らば、御命のたすかり給べきか。西国でいかにも
なり給べき人の、いきながらとらはれて、これ【是】
までくだり【下り】給ふこそことはり【理】なれ」とぞ申ける。
或は涙をながす人もあり。其なか【中】にある人の
申けるは、「猛虎深山にある時は、百獣ふるひ【震ひ】
P11174
おづ。檻井のうちにあるに及で、尾を動[* 左にの振り仮名]かして[B 「動かして」の右に「フツテイ」と傍書]
食をもとむとて、たけひ【猛い】虎のふかい山にある
時は、もも【百】のけだ物おぢおそる【恐る】といへ共、とてお
り【檻】のなか【中】にこめられぬる時は、尾をふて人にむかふ【向ふ】
らんやうに、いかにたけき【猛き】大将軍なれども、か様【斯様】に
なて後は心かはる事なれば、大臣殿もかくお
はするにこそ」と申ける人もありけるとかや。
さる程に、九郎大夫判官やうやうに陳じ申
されけれども、景時が讒言によて鎌倉殿さらに
P11175
分明の御返事もなし。「いそぎのぼらるべし」と
仰られ[B 「仰られ」に「の給ひイ」と傍書]ければ、同六月九日、大臣殿父子具した
てま【奉つ】て都へぞかへり【帰り】のぼられける。大臣殿はい
ますこし【少し】も日数ののぶるをうれしき事におも
は【思は】れけり。道すがらも「ここにてやここにてや」とおぼしけれ
ども、国々宿々うちすぎうちすぎとほり【通り】ぬ。尾張国うつ
み【内海】といふ処あり【有り】。ここは故左馬頭義朝が誅せ
られしところ【所】なれば、これにてぞ一定とおもは【思は】れ
けれども、それをもすぎ【過ぎ】しかば、大臣殿すこし【少し】たの
P11176
もしき【頼もしき】心いで【出で】き【来】て、「さては命のいき【生き】んずるや
らん」との給ひけるこそはかなけれ。右衛門督は
「なじかは命をいくべき。か様【斯様】にあつきころ【比】なれば、頸の
損ぜぬ様にはからひて、京ちかうなてきらんず
るにこそ」とおもは【思は】れO[BH けれ]ども、大臣殿のいたく心ぼそ
げにおぼしたるが心ぐるしさに、さは申されず。
ただ念仏をのみぞ申給ふ。日数ふれば都もちか
づき【近付き】て、近江国しの原【篠原】の宿につき給ひぬ。判
官なさけふかき人なれば、三日路より人を先
P11177
だてて、善知識のために、大原の本性房湛豪
といふ聖を請じ下されたり。昨日まではおや子【親子】
一所におはしけるを、けさよりひき【引き】はな【放つ】て、別の
ところ【所】にすへ【据ゑ】たてまつり【奉り】ければ、「さてはけふを最後
にてあるやらん」と、いとど心ぼそうぞおもは【思は】れける。大
臣殿涙をはらはらとながひ【流い】て、「そもそも【抑】右衛門督はい
い[* 「い」1字衍字]づくに候やらん。手をとりくんでもをはり、たとひ
頸はおつとも、むくろはひとつ【一つ】席にふさ【臥さ】んとこそ思
つるに、いきながらわかれぬる事こそかなしけれ。十七
P11178
年が間、一日片時もはなるる事なし。海底にしづま
でうき名をながすも、あれゆへ【故】なり」とてなか【泣か】れけ
れば、聖もあはれ【哀】におもひ【思ひ】けれども、我さへ心よは
く【弱く】てはかなは【叶は】じとおもひ【思ひ】て、涙をし【押し】のごひ【拭ひ】、さらぬ
ていにもてないて申けるは、「いまはとかくおぼしめ
す【思し召す】べからず。最後の御ありさま【有様】を御らんぜ【御覧ぜ】むに
つけても、たがひ【互】の御心のうちかなしかる【悲しかる】べし。
生をうけさせ給てよりこのかた、たのしみさかへ【栄え】、
昔もたぐひすくなし。御門の御外戚にて丞
P11179
相の位にいたらせ給へり。今生の御栄花一
事ものこるところなし。いま又かかる御目にあは
せ【合はせ】給ふも、先世の宿業なり。世をも人をも
恨みおぼしめす【思し召す】べからず。大梵王宮の深禅定
のたのしみ、おもへ【思へ】ば程なし。いはんや電光朝
露の下界の命においてをや。■利天の憶千
歳【*億千歳】、ただ夢のごとし。卅九年をすぐさせ給ひけ
むも、わづかに一時の間なり。たれか嘗たりし
不老不死の薬、誰かたもち【保ち】たりし東父西母が
P11180
命、秦の始皇の奢をきはめしも、遂には麗山【*驪山】の
墓にうづもれ【埋もれ】、漢の武帝の命ををしみ【惜しみ】給ひ
しも、むなしく杜陵の苔にくちにき。「生あるも
のは必滅す。釈尊いまだ栴檀の煙をまぬかれ【免かれ】
給はず。楽尽て悲来る。天人尚五衰の日に
あへり」とこそうけ給はれ【承れ】。されば仏は、「我心自空、
罪福無主、観心無心、法不住法」とて、善も悪も
空なりと観ずるが、まさしく仏の御心にあひかな
ふ【叶ふ】事にて候也。いかなれば弥陀如来は、五劫が間、
P11181
思惟して、発がたき願を発しましますに、いかな
る我等なれば、億々万劫が間生死に輪廻して、
宝の山に入て手を空うせん事、恨のなかの恨、
愚なるなかの口惜い事に候はずや。ゆめゆめ余
念をおぼしめす【思し召す】べからず」とて、戒たもた【保た】せたてま
つり【奉り】、念仏すすめ【進め】申。大臣殿しかる【然る】べき善知識
かなとおぼしめし【思し召し】、忽に妄念翻へして、西にむかひ【向ひ】手
をあはせ【合はせ】、高声に念仏し給ふところ【処】に、橘右馬允
公長、太刀をひき【引き】そばめて、左のかたより御うしろ
P11182
に立まはり、すでにきりたてまつらんとしければ、大
臣殿念仏をとどめ【留め】て、「右衛門督もすでにか」との給
ひけるこそ哀なれ。公長うしろへよるかと見えしかば、
頸はまへにぞ落にける。善知識のひじり【聖】も涙に
咽び給ひけり。たけき【猛き】もののふも争かあはれ【哀】と
おもは【思は】ざるべき。ましてかの公長は、平家重代の
家人、新中納言のもとに朝夕祗候の侍也。「さ
こそ世をへつらうといひながら、無下になさけな
かりける物かな」とぞみな人慚愧しける。其後右
P11183
衛門督をも、聖前のごとくに戒たもた【保た】せたてま
つり【奉り】、念仏すすめ申。「大臣殿の最後いかがおはし
ましつる」ととは【問は】れけるこそいとをしけれ。「目出たう
ましまし候つるなり。御心やすうおぼしめさ【思し召さ】れ候へ」と申
されければ、涙をながし悦て、「今はおもふ【思ふ】事なし。さら
ばとう」とぞの給ひける。今度は堀[B ノ]弥太郎きて
げり。頸をば判官もたせて都へいる。むくろをば公
長が沙汰として、おや子【親子】ひとつ【一つ】穴にぞうづみける。
さしも罪ふかくはなれ【離れ】がたくの給ひければ、かやうに
P11184
してんげり。同廿三日、大臣殿父子のかうべ都へいる。検
非違使ども、三条河原にいで向てこれ【是】をうけ【受け】とり【取り】、
大路をわたして左の獄門の樗の木にぞかけた
りける。O[BH 昔より]三位以上の人の頸、大路をわたして獄門に
かけらるる事、異国には其[B ノ]例もやあるらん、吾
朝にはいまだ先蹤をきかず。されば平治に信頼
はO[BH さばかりの]悪行人たりしかば、かうべをばはねられたりし
かども、獄門にはかけられず。平家にとてぞかけ
られける。西国よりのぼ【上つ】てはいき【生き】て六条を東へ
P11185
わたされ、東国よりかへ【帰つ】てはしん【死ん】で三条を西へ
わたされ給ふ。いきての恥、しんでの恥、いづれもお
『重衡被斬』S1119
とらざりけり。○本三位中将重衡卿は、狩野介宗
茂にあづけられて、去年より伊豆国におは
しけるを、南都[B ノ]大衆頻に申ければ、「さらばわた
せ【渡せ】」とて、源三位入道頼政の孫、伊豆蔵人大夫頼
兼に仰て、遂に奈良へぞつかはし【遣し】ける。都へは入
られずして、大津より山科どほり【山科通り】に、醍醐路を
へてゆけば、日野はちかかり【近かり】けり。此重衡卿の北方
P11186
と申は、鳥飼の中納言惟実のむすめ、五条大納
言国綱【*邦綱】卿の養子、先帝の御めのと【乳母】大納言佐
殿とぞ申ける。三位中将一谷でいけどり【生捕り】にせ
られ給ひし後も、先帝につきまいらせ【参らせ】てお
はせしが、檀【*壇】の浦にて海にいらせ給しかば、もののふ
のあらけなき【荒けなき】にとらはれて、旧里にかへり【帰り】、姉
の大夫三位に同宿して、日野といふところ【所】にお
はしけり。中将の露の命、草葉の末にかかて
きえやらぬときき給へば、夢ならずして今一
P11187
度見もし見えもする事もやとおもはれけれど
も、それもかなは【叶は】ねば、なく【泣く】より外のなぐさめなく
て、あかし【明かし】くらし給ひけり。三位中将守護の武士
にの給ひけるは、「この【此の】程事にふれてなさけふ
かう【深う】芳心おはしつるこそありがたううれしけれ。
同くは最後に芳恩かO[BH う]ぶりたき事あり【有り】。我は
一人の子なければ、この世におもひ【思ひ】をく【置く】事な
きに、年来あひぐし【具し】たりし女房の、日野といふ
ところ【所】にありときく。いま一度対面して、後生の
P11188
事を申をか【置か】ばやとおもふ【思ふ】也」とて、片時のいとま
をこは【乞は】れけり。武士どもさすが岩木ならねば、お
のおの涙をながしつつ「なにかはくるしう【苦しう】候べき」と
て、ゆるしたてまつる【奉る】。中将なのめならず悦て、「大納言
佐殿の御局はこれにわたらせ給候やらん。本三
位中将殿の只今奈良へ御とほり【通り】候が、立ながら見
参に入ばやと仰候」と、人をいれ【入れ】ていは【言は】せければ、
北方きき【聞き】もあへず「いづらやいづら」とてはしり【走り】
いで【出で】て見給へば、藍摺の直垂に折烏帽子き【着】た
P11189
る男の、やせくろみ【黒み】たるが、縁によりゐたるぞ
そなりける。北方みす【御簾】のきはちかく【近く】よ【寄つ】て、「いか
に夢かやうつつか。これへ入給へ」との給ひける
御声をきき給ふに、いつしか先立物は涙也。
大納言佐殿目もくれ心もきえはてて、しばしは
物もの給はず。三位中将御簾うちかづいて、
なくなく【泣く泣く】の給ひけるは、「こぞの春、一の谷でいかに
もなるべかりし身の、せめての罪のむくひにや、
いきながらとらはれて大路をわたされ、京鎌倉、
P11190
恥をさらすだに口惜きに、はて【果】は奈良の大衆
の手へわたされてきらるべしとてまかり【罷り】候。いかに
もして今一度御すがたを見たてまつら【奉ら】ばやと
おもひ【思ひ】つるに、いまは露ばかりもおもひ【思ひ】をく【置く】事な
し。出家してかたみ【形見】にかみ【髪】をもたてまつら【奉ら】ばやと
おもへ【思へ】ども、ゆるされ【許され】なければ力及ばず」とて、
ひたい【額】のかみをすこし【少し】ひき【引き】わけて、口のおよぶ【及ぶ】
ところ【所】をくひきて、「これ【是】をかたみ【形見】に御らんぜ
よ」とてたてまつり【奉り】給ふ。北方は、日来おぼつか
P11191
なくおぼしけるより、いま一しほかなしみの色を
ぞまし給ふ。「まこと【誠】に別たてまつり【奉り】し後は、越前
三位のうへ【上】の様に、水の底にもしづむべか
りしが、まさしうこの世におはせぬ人ともき
か【聞か】ざりしかば、もし不思儀にて今一度、かはら【変ら】ぬ
すがたを見もし見えもやするとおもひ【思ひ】てこそ、
うき【憂き】ながらいま【今】までもながらへ【永らへ】てありつるに、
けふ【今日】をかぎりにておはせんずらんかなしさよ。いまま
でのび【延び】つるは、「もしや」とおもふ【思ふ】たのみ【頼み】もありつる
P11192
物を」とて、昔いまの事どもの給ひかはすにつ
けても、ただつきせ【尽きせ】ぬ物は涙也。「あまりに御す
がたのしほれ【萎れ】てさぶらふ【候ふ】に、たてまつりかへよ」と
て、あはせ【合はせ】の小袖に浄衣をいださ【出さ】れたりければ、
三位中将これ【是】をきかへて、もとき【着】給へる物ど
もをば、「形見に御らんぜよ【御覧ぜよ】」とてをか【置か】れけり。北
方「それもさる事にてさぶらへ【候へ】ども、はかなき筆
の跡こそながき世のかた見【形見】O[BH にて]さぶらへ【候へ】」とて、御硯
をいださ【出さ】れたりければ、中将なくなく【泣く泣く】一首の
P11195[* 以下の二丁が錯簡のため置き換えます。]
歌をぞかかれける。
せきかねて泪のかかるからころも【唐衣】
後のかたみにぬぎ【脱ぎ】ぞかへぬる W090
女房ききもあへず
ぬぎかふる【変ふる】ころも【衣】もいま【今】はなにかせん
けふ【今日】をかぎりのかたみとおもへ【思へ】ば W091
「契あらば後世にてはかならず【必ず】むまれ【生れ】あひたてま
つら【奉ら】ん。ひとつ【一つ】はちす【蓮】にといのり【祈り】給へ。日もたけ
ぬ。奈良へもとをう【遠う】候。武士のまつ【待つ】も心なし」とて、
P11196
出給へば、北方袖にすがて「いかにやいかに、しばし」とて
ひき【引き】とどめ【留め】給ふに、中将「心のうちをばただおし
はかり【推し量り】給ふべし。されどもつゐに【遂に】のがれ【逃れ】はつべき
身にもあらず。又こ【来】ん世にてこそ見たてまつ
ら【奉ら】め」とていで【出で】給へども、まことに此世にてあひみ【見】ん
事は、これ【是】ぞかぎりとおもは【思は】れければ、今一度たち
かへりたくおぼしけれども、心よはく【弱く】てはかなは【叶は】じ
と、おもひ【思ひ】きてぞいでられける。北方御簾の
きはちかく【近く】ふし【臥し】まろび【転び】、おめき【喚き】さけび【叫び】給ふ御声
P11193
の、〔門の〕外まではるかにきこえ【聞え】ければ、駒をもさらに
はやめ給はず。涙にくれてゆくさきも見えねば、
中々なりける見参かなと、今はくやしうぞおもは【思は】
れける。大納言佐殿やがてはしり【走り】ついてもおは
しぬべくはおぼしけれども、それもさすがなれ
ば、ひき【引き】かづいてぞふし給ふ。南都の大衆うけ【受け】
と【取つ】て僉議す。「抑此重衡卿は大犯の悪人たる
うへ【上】、三千五刑のうちにもれ【漏れ】、修因感果の道理極
上せり。仏敵法敵の逆臣なれば、東大寺・興福寺
P11194
の大垣をめぐらして、のこぎりにてやきるべき、堀
頸にやすべき」と僉議す。老僧どもの申されける
は、「それも僧徒の法に穏便ならず。ただ守護の
武士にたう【賜う】で、粉津【*木津】の辺にてきらすべし」とて、武
士の手へぞかへしける。武士これ【是】をうけ【受け】と【取つ】て、粉津
河【*木津川】のはたにてきらんとするに、数千人の大衆、
見る人いくらといふかず【数】をしら【知ら】ず。三位中将
のとしごろ【年来】めし【召し】つかは【使は】れける侍に、木工右馬[B ノ]允
知時といふ物あり【有り】。八条女院に候けるが、最後
P11197
を見たてまつら【奉ら】んとて、鞭をう【打つ】てぞ馳たりけ
る。すでに只今きりたてまつら【奉ら】むとするとこ
ろ【処】にはせ【馳せ】つゐ【着い】て、千万立かこう【囲う】だる人のなか【中】を
かきわけかきわけ、三位中将のおはしける御そば
ちかうまいり【参り】たり。「知時こそただ今【只今】O[BH 御]最後の御
ありさま【有様】見まいらせ【参らせ】候はんとて、是までまいり【参り】
てこそ候へ」となくなく【泣く泣く】申ければ、中将「まこと【誠】に心
ざしのほど【程】神妙也。仏ををがみ【拝み】たてま【奉つ】てきら
ればやとおもふ【思ふ】はいかがせんずる。あまりに罪ふかう【深う】
P11198
おぼゆる【覚ゆる】に」との給へば、知時「やすい御事候や」とて、
守護の武士に申あはせ【合はせ】、そのへん【辺】におはしける
仏を一体むかへ【向へ】たてま【奉つ】て出きたり。幸に阿弥
陀にてぞましましける。河原のいさごのうへ【上】に立
まいらせ【参らせ】、やがて知時が狩衣の袖のくくり【括り】を
といて、仏の御手にかけ、中将にひかへさせたて
まつる【奉る】。これ【是】をひかへたてまつり【奉り】、仏にむかひ【向ひ】たて
ま【奉つ】て申されけるは、「つたへきく、調達が三逆を
つくり、八万蔵の聖教をO[BH 焼イ]ほろぼしたりしも、遂に
P11199
は天王如来の記■にあづかり【預り】、所作の罪業まこ
と【誠】にふかしといへども、聖教に値遇せし逆縁くち【朽ち】
ずして、かへて【却つて】得道の因となる。いま重衡が逆罪を
おかす事、またく愚意の発起にあらず、只世に
随がふことはり【理】を存斗也。命をたもつ【保つ】物誰か王命
を蔑如する、生をうくる物誰か父の命をそむ
かん。かれといひ、これ【是】といひ、辞するにところ【所】なし。
理非仏陀の照覧にあり【有り】。抑罪報たちどころ
にむくひ、運命只今をかぎりとす。後悔千万、
P11200
かなしんでもあまりあり。ただし三宝の境界は慈
悲を心として、済度の良縁まちまち也。唯縁楽
意、逆即是順、此[B ノ]文肝に銘ず。一念弥陀仏、即滅
無量罪、願くは逆縁をもて順縁とし、只今の
最後の念仏によて九品託生をとぐべし」とて、
高声に十念となへ【唱へ】つつ、頸をのべてぞきらせ
られける。日来の悪行はさる事なれ共、いまの
ありさま【有様】を見たてまつる【奉る】に、数千人の大衆も
守護の武士も、みな涙をぞながしける。その【其の】頸
P11201
をば、般若寺大鳥井【*大鳥居】の前に釘づけ【釘付け】にこそかけた
りけれ。治承の合戦の時、ここにう【打つ】た【立つ】て伽藍をほ
ろぼし給へる故也。北方大納言佐殿、かうべをこそ
はね【刎ね】られたりとも、むくろをばとりよせて孝
養せんとて、輿をむかへ【向へ】につかはす【遣す】。げにもむく
ろをばすて【捨て】をきたりければ、とて輿にいれ【入れ】、日野へ
かい【舁い】てぞかへりける。これ【是】をまちうけ見給ひける北
方の心のうち、をしはから【推し量ら】れて哀也。昨日まではゆゆ
しげにおはせしかども、あつき【暑き】ころなれば、いつしかあらぬ
P11202
さまになり給ひぬ。さてもあるべきならねば、其辺に
法界寺といふ処にて、さるべき僧どもあまたかた
らひて孝養あり【有り】。頸をば大仏のひじり俊乗
房にとかくの給へ【宣へ】ば、大衆にこう【乞う】て日野へぞ
つかはし【遣し】ける。頸もむくろも煙になし、骨をば高野へ
をくり【送り】、墓をば日野にぞせられける。北方もさ
まをかへ、かの後生菩提をとぶらはれけるこそ哀
なれ。

P11203
平家物語巻第十一