平家物語 高野本 巻第八

平家 八(表紙)
P08001
平家八之巻 目録
山門御幸    名虎
宇佐行幸付緒環 太宰府落
征夷将軍院宣  猫間
水島合戦    瀬尾最期
室山合戦    鼓判官
法住寺合戦
P08002
P08003
平家物語(へいけものがたり)巻(くわん)第八(だいはち)
『山門御幸(さんもんごかう)』S0801
○寿永(じゆえい)二年(にねん)七月(しちぐわつ)廿四日(にじふしにち)夜半(やはん)ばかり、法皇(ほふわう)は
按察(あぜちの)大納言(だいなごん)資方【*資賢】卿(すけかたのきやう)の子息(しそく)、右馬頭(うまのかみ)資時(すけとき)
ばかり御供(おんとも)にて、ひそかに御所(ごしよ)を出(いで)させ給(たま)
ひ、鞍馬(くらま)へ御幸(ごかう)なる。鞍馬(くらまの)O[BH 寺]僧(じそう)ども「是(これ)は尚(なほ)
都(みやこ)ちかく【近く】てあしう【悪しう】候(さうらひ)なむ」と申(まうす)あひだ、篠(ささ)の
峯(みね)・薬王坂(やくわうざか)な(ン)ど(なんど)申(まうす)さがしき【嶮しき】嶮難(けんなん)を凌(しの)がせ
給(たま)ひて、横河(よかは)の解脱谷(げだつだに)寂場坊(じやくぢやうばう)、御所(ごしよ)に
なる。大衆(だいしゆ)おこ(ッ)て、「東塔(とうだふ)(トウダウ)へこそ御幸(ごかう)あるべけ
P08004
れ」と申(まうし)ければ、東塔(とうだふ)の南谷(みなみだに)円融坊(ゑんゆうばう)(エンユウバウ)御所(ごしよ)に
なる。かかりければ、衆徒(しゆと)も武士(ぶし)も、円融房【*円融坊】(ゑんゆうばう)を
守護(しゆご)し奉(たてまつ)る。法皇(ほふわう)は仙洞(せんとう)をいでて天台山(てんだいさん)に、
主上(しゆしやう)は鳳闕(ほうけつ)をさ(ッ)て西海(さいかい)へ、摂政殿(せつしやうどの)は吉野(よしの)
の奥(おく)(ヲク)とかや。女院(にようゐん)(ニヨウイン)・宮々(みやみや)は八幡(やはた)(ヤワタ)・賀茂(かも)・嵯峨(さが)・うづ
まさ【太秦】・西山(にしやま)・東山(ひがしやま)のかたほとりにつゐ(つい)【付い】て、にげ【逃げ】
かくれさせ給(たま)へり。平家(へいけ)はおち【落ち】ぬれど、源
氏(げんじ)はいまだ入(いり)かはらず。既(すで)に此(この)京(きやう)はぬしなき
里(さと)にぞなりにける。開闢(かいひやく)よりこのかた、O[BH かかる]事(こと)
P08005
あるべしともおぼえず。聖徳太子(しやうとくたいし)の未来記(みらいき)に
も、けふの事(こと)こそゆかしけれ。法皇(ほふわう)天台山(てんだいさん)に
わたらせ給(たま)ふと聞(きこ)えさせ給(たまひ)しかば、馳(はせ)まいら(まゐら)【参ら】
せ給(たま)ふ人々(ひとびと)、其(その)比(ころ)の入道殿(にふだうどの)とは前(さきの)関白(くわんばく)松殿(まつどの)、
当殿(たうどの)とは近衛(こんゑどの)、太政(だいじやう)大臣(だいじん)・左右大臣(さうのだいじん)・内大臣(ないだいじん)・
大納言(だいなごん)・中納言(ちゆうなごん)・宰相(さいしやう)・三位(さんみ)(サンイ)・四位(しゐ)・五位(ごゐ)の殿上人(てんじやうびと)、
すべて世(よ)に人(ひと)とかぞへられ、官(くわん)加階(かかい)に望(のぞみ)をかけ、
所帯(しよたい)・所職(しよしよく)を帯(たい)する程(ほど)の人(ひと)の、一人(いちにん)ももるる
はなかりけり。円融坊(ゑんゆうばう)には、あまりに人(ひと)まいり(まゐり)【参り】
P08006
つどひ【集ひ】て、堂上(たうしやう)・堂下(たうか)・門外(もんぐわい)・門内(もんない)、ひまはざま
もなうぞみちみちたる。山門(さんもんの)繁昌(はんじやう)・門跡(もんぜき)の面
目(めんぼく)とこそ見(み)えたりけれ。同(おなじき)廿八日(にじふはちにち)に、法皇(ほふわう)宮(みや)こ【都】
へ還御(くわんぎよ)なる。木曾(きそ)五万(ごまん)余騎(よき)にて守護(しゆご)し奉(たてまつ)る。
近江源氏(あふみげんじ)山本(やまもと)の冠者(くわんじや)義高(よしたか)、白旗(しらはた)さひ(さい)て先
陣(せんぢん)に供奉(ぐぶ)す。この廿(にじふ)余年(よねん)見(み)えざりつる白
旗(しらはた)の、けふはじめて宮(みや)こ【都】へいる、めづらしかりし
事(こと)どもなり。さるほど【程】に十郎(じふらう)蔵人(くらんど)行家(ゆきいへ)(ユキイヱ)、宇治
橋(うぢはし)をわた(ッ)【渡つ】て都(みやこ)へいる。陸奥(むつの)新判官(しんはんぐわん)(シンハウグワン)義康(よしやす)が
P08007
子(こ)、矢田(やたの)判官代(はんぐわんだい)(ハウグワンダイ)義清(よしきよ)、大江山(おほえやま)(ヲホヱヤマ)をへて上洛(しやうらく)す。摂
津国(つのくに)・河内(かはち)(カウチ)の源氏(げんじ)ども、雲霞(うんか)のごとくにおなじく
宮(みや)こ【都】へみだれ【乱れ】いる。凡(およそ)(ヲヨソ)京中(きやうぢゆう)には源氏(げんじ)の勢(せい)み
ちみちたり。勘解由小路(かでのこうぢ)の中納言(ちゆうなごん)経房卿(つねふさのきやう)・検
非違使(けんびゐしの)(ケビイシノ)別当(べつたう)左衛門督(さゑもんのかみ)実家(さねいへ)(サネイエ)、院(ゐん)(イン)の殿上(てんじやう)の簀
子(すのこ)に候(さうらひ)て、義仲(よしなか)・行家(ゆきいへ)(ユキイヱ)をめす。木曾(きそ)は赤地(あかぢ)の錦(にしき)
の直垂(ひたたれ)に、唐綾威(からあやをどし)の鎧(よろひ)(ヨロイ)きて、いか物(もの)づくりの太
刀(たち)をはき、きりふ【切斑】の矢(や)をひ(おひ)【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓(ゆみ)脇(わき)に
はさみ【鋏み】、甲(かぶと)をばぬぎたかひもにかけて候(さうらふ)。十郎(じふらう)
P08008
蔵人(くらんど)は、紺地(こんぢ)の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に、火(ひ)おどし(をどし)の鎧(よろひ)(ヨロイ)きて、
こがねづくりの太刀(たち)をはき、大(おほ)なか黒(ぐろ)の矢(や)を
ひ(おひ)【負ひ】、ぬりごめどう【塗籠籐】の弓(ゆみ)脇(わき)にはさみ【鋏み】、是(これ)も甲(かぶと)をば
ぬぎたかひもにかけ、ひざまづゐ(ひざまづい)て候(さうらひ)けり。前(さきの)
内大臣(ないだいじん)宗盛公(むねもりこう)以下(いげ)、平家(へいけ)の一族(いちぞく)追討(ついたう)すべき
よし仰(おほせ)(ヲホセ)下(くだ)さる。両人(りやうにん)庭上(ていしやう)に畏(かしこま)(ッ)て承(うけたまは)る。をのをの(おのおの)【各々】
宿所(しゆくしよ)のなきよしを申(まう)す。木曾(きそ)は大膳(だいぜんの)大夫(だいぶ)成
忠(なりただ)が宿所(しゆくしよ)、六条(ろくでう)西(にしの)(ニシノ)洞院(とうゐん)(トウイン)を給(たま)はる。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)は法
住寺殿(ほふぢゆうじどの)(ホウヂウジどの)の南殿(みなみどの)と申(まうす)、萓(かや)の御所(ごしよ)をぞ給(たま)はりける。
P08009
法皇(ほふわう)は主上(しゆしやう)外戚(ぐわいせき)の平家(へいけ)にとらはれさせ給(たまひ)て、西
海(さいかい)の浪(なみ)のうへ【上】にただよはせ給(たま)ふ事(こと)を、御(おん)なげき【歎き】
あ(ッ)て、主上(しゆしやう)并(ならび)に三種(さんじゆの)神器(しんぎ)宮(みや)こ【都】へ返(かへ)しいれ【入れ】
たてまつる【奉る】べき由(よし)、西国(さいこく)へ院宣(ゐんぜん)(インゼン)を下(くだ)されたり
けれども、平家(へいけ)もちゐたてまつら【奉ら】ず。高倉院(たかくらのゐん)
の皇子(わうじ)は、主上(しゆしやう)の外(ほか)三所(みところ)ましましき。二宮(にのみや)を
ば儲君(まうけのきみ)(モウけのきみ)にしたてまつら【奉ら】むとて、平家(へいけ)いざなひま
いらせ(まゐらせ)【参らせ】て、西国(さいこく)へ落(おち)(ヲチ)給(たまひ)ぬ。三(さん)四(し)は宮(みや)こ【都】にましまし
けり。同(おなじき)八月(はちぐわつ)五日(いつかのひ)、法皇(ほふわう)この宮(みや)たちをむかへ【向へ】よ
P08010
せ【寄せ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】給(たま)ひて、まづ三(さん)の宮(みや)の五歳(ごさい)にならせ
給(たま)ふを、「是(これ)へ是(これ)へ」と仰(おほせ)(ヲホセ)ければ、法皇(ほふわう)を見(み)まい
ら(ッ)(まゐらつ)【参らつ】させ給(たま)ひて、大(おほき)にむつからせ給(たま)ふあひだ、「と
うとう【疾う疾う】」とて出(いだ)しまいら(ッ)(まゐらつ)【参らつ】させ給(たま)ひぬ。其(その)後(のち)四(し)の
宮(みや)の四歳(しさい)にならせ給(たま)ふを、「是(これ)へ」と仰(おほせ)ければ、
すこし【少し】もはばからせ給(たま)はず、やがて法皇(ほふわう)(ホウわう)の御(おん)
ひざのうへ【上】にまいら(まゐら)【参ら】せ給(たま)ひて、よにもなつかし
げ【懐しげ】にてぞましましける。法皇(ほふわう)御涙(おんなみだ)をはらはら
とながさせ給(たま)ひて、「げにもすぞろならむも
P08011
のは、かやうの老法師(おいぼふし)(ヲイぼふし)を見(み)て、なにとてかなつかし
げ【懐しげ】にはおもふ【思ふ】べき。是(これ)ぞ我(わが)まこと【誠】の孫(まご)にて
ましましける。故女院(こにようゐん)のおさなをひ(をさなおひ)【少生】にすこし【少し】も
たがは【違は】せ給(たま)はぬ物(もの)かな。かかるわすれがたみ【忘れ形見】
を今(いま)まで見(み)ざりける事(こと)よ」とて、御涙(おんなみだ)せき
あへさせ給(たま)はず。浄土寺(じやうどじ)の二位殿(にゐどの)、その【其の】とき【時】は
いまだ丹後殿(たんごどの)とて、御前(ごぜん)に候(さうら)はせ給(たま)ふが、「さて
御(おん)ゆづりは、此(この)宮(みや)にてこそわたらせおはしましさぶ
らはめ」と申(まう)させ給(たま)へば、法皇(ほふわう)「子細(しさい)にや」とぞ
P08012
仰(おほせ)ける。内々(ないない)御占(みうら)ありしにも、「四(し)の宮(みや)位(くらゐ)につか
せ給(たま)ひては、百王(はくわう)まで日本国(につぽんごく)(ニホンゴク)の御(おん)ぬしたるべし」
とぞかんがへ【勘がへ】申(まうし)ける。御母儀(おんぼぎ)は七条[B ノ](しつでうの)修理(しゆりの)大夫(だいぶ)
信隆卿(のぶたかのきやう)の御娘(おんむすめ)なり。建礼門院(けんれいもんゐん)(ケンレイもんイン)のいまだ中宮(ちゆうぐう)
にてましましける時(とき)、その御方(おんかた)に宮(みや)づかひ給(たま)ひ
しを、主上(しゆしやう)つねはめされける程(ほど)に、うちつづ
き宮(みや)あまたいできさせ給(たま)へり。信隆卿(のぶたかのきやう)御娘(おんむすめ)
あまたおはしければ、いかにもして女御(にようご)后(きさき)にも
なしたてまつら【奉ら】ばやとねがは【願は】れけるに、人(ひと)のしろい
P08013
鶏(にはとり)を千(せん)かう【飼う】つれば、其(その)家(いへ)に必(かなら)ず后(きさき)いできたる
といふ事(こと)ありとて、鶏(にはとり)の白(しろ)いを千(せん)そろへ【揃へ】て
かは【飼は】れたりける故(ゆゑ)にや、此(この)御娘(おんむすめ)皇子(わうじ)あまたう
みまいらせ(まゐらせ)【参らせ】給(たま)へり。信隆卿(のぶたかのきやう)内々(ないない)うれしうはおも
は【思は】れけれども、平家(へいけ)にもはばかり、中宮(ちゆうぐう)にもお
それ【恐れ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、もてなし奉(たてまつ)る事(こと)もおはせざ
りしを、入道(にふだう)相国(しやうこく)の北(きた)の方(かた)、八条(はつでう)の二位殿(にゐどの)「く
るしかる【苦しかる】まじ。われそだてまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、まうけの
君(きみ)にしたてまつら【奉ら】む」とて、御(おん)めのとどもあまた
P08014
つけて、そだてまいらせ(まゐらせ)【参らせ】給(たま)ひけり。中(なか)にも四(し)の宮(みや)
は、二位殿(にゐどの)のせうと、法勝寺(ほつしようじの)(ホツセウジの)執行(しゆぎやう)能円(のうゑん)(ノウエン)法印(ほふいん)(ホウイン)の
やしなひ君(ぎみ)【養ひ君】にてぞ在(まし)ましける。法印(ほふいん)平家(へいけ)に
具(ぐ)せられて、西国(さいこく)へ落(おち)(ヲチ)し時(とき)、あまりにあはて(あわて)【慌て】
さはひ(さわい)で、北方(きたのかた)をも宮(みや)をも京都(きやうと)にすて【捨】をき(おき)ま
いらせ(まゐらせ)【参らせ】て、下(くだ)られたりしが、西国(さいこく)よりいそぎ人(ひと)
をのぼせ【上せ】て、「女房(にようばう)・宮(みや)具(ぐ)しまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、とくとく【疾く疾く】くだ
り【下り】給(たまふ)べし」と申(まう)されたりければ、北方(きたのかた)なのめな
らず悦(よろこび)、宮(みや)いざなひまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、西(にしの)七条(しつでう)なる所(ところ)
P08015
まで出(いで)られたりしを、女房(にようばう)のせうと紀伊守(きのかみ)教光【*範光】(のりみつ)、
「是(これ)は物(もの)のつゐ(つい)【付い】てくるひ給(たま)ふか。此(この)宮(みや)の御運(ごうん)は
只今(ただいま)ひらけさせ給(たま)はんずる物(もの)を」とて、とりとど
め【留め】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】たりける次(つぎ)の日(ひ)ぞ、法皇(ほふわう)より御(おん)む
かへ【向へ】の車(くるま)はまいり(まゐり)【参り】たりける。何事(なにごと)もしかる【然る】べき事(こと)
と申(まうし)ながら、四(し)の宮(みや)の御(おん)ためには、紀伊守(きのかみ)教光【*範光】(のりみつ)
奉公(ほうこう)の人(ひと)とぞ見(み)えたりける。されども四(し)の宮(みや)
位(くらゐ)(クライ)につかせ給(たま)ひて後(のち)、そのなさけをもおぼし
めし【思し召し】いでさせ給(たま)はず、朝恩(てうおん)(テウヲン)もなくして歳月(としつき)を
P08016
をくり(おくり)【送り】けるが、せめてのおもひ【思ひ】のあまりにや、二首(にしゆ)
の歌(うた)をようで、禁中(きんちゆう)(キンチウ)に落書(らくしよ)をぞしたりける。
一声(ひとこゑ)はおもひ【思ひ】出(で)てなけほととぎす
おいそ【老蘇】の森(もり)の夜半(よは)のむかしを W059
籠(こ)のうちもなを(なほ)【猶】うらやまし山(やま)がらの
身(み)のほどかくすゆふがほのやど W060
主上(しゆしやう)是(これ)を叡覧(えいらん)(ヱイラン)あ(ッ)て、「あなむざんや、さればい
まだ世(よ)にながらへ【永らへ】てあり【有り】けるな。けふまでこれ【是】を
おぼしめし【思し召し】よらざりけるこそをろか(おろか)【愚】なれ」とて、朝
P08017
恩(てうおん)(テウヲン)かうぶり、正(じやう)三位(ざんみ)に叙(じよ)せられけるとぞきこえ【聞え】し。
『名虎(なとら)』S0802
○同(おなじき)八月(はちぐわつ)十日(とをかのひ)、院(ゐん)の殿上(てんじやう)にて除目(ぢもく)おこなはる。木曾(きそ)
は左馬頭(さまのかみ)にな(ッ)て、越後国(ゑちごのくに)(エチゴノクニ)を給(たま)はる。其上(そのうへ)朝日(あさひ)の
将軍(しやうぐん)といふ院宣(ゐんぜん)(インゼン)を下(くだ)されけり。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)は
備後守(びんごのかみ)になる。木曾(きそ)は越後(ゑちご)(エチゴ)をきらへば、伊与【*伊予】(いよ)
をたぶ。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)備後(びんご)をきらへば、備前(びぜん)をたぶ。
其(その)外(ほか)源氏(げんじ)十(じふ)余人(よにん)、受領(じゆりやう)・検非違使(けんびゐし)(ケンビイシ)・靭負尉(ゆぎへのじよう)(ユゲノゼウ)・
兵衛尉(ひやうゑのじよう)(ヒヤウエノゼウ)になされけり。同(おなじき)十六日(じふろくにち)、平家(へいけ)の一門(いちもん)百
六十余人(ひやくろくじふよにん)が官職(くわんしよく)をとどめ【留め】て、殿上(てんじやう)のみふだをけ
P08018
づらる。其(その)中(なか)に平(へい)大納言(だいなごん)時忠(ときただ)・内蔵頭(くらのかみ)信基(のぶもと)(ノブトモ)・
讃岐(さぬきの)中将(ちゆうじやう)時実(ときざね)、これ三人(さんにん)はけづられず。それは
主上(しゆしやう)并(ならび)に三種(さんじゆ)の神器(しんぎ)、都(みやこ)へ帰(かへ)しいれ【入れ】奉(たてまつ)るべ
きよし、彼(かの)時忠(ときただ)の卿(きやう)のもとへ、度々(たびたび)院宣(ゐんぜん)(インゼン)を下(くだ)
されけるによ(ッ)て也(なり)。同(おなじき)八月(はちぐわつ)十七日(じふしちにち)、平家(へいけ)は筑
前国(ちくぜんのくに)三(み)かさ【三笠】の郡(こほり)大宰府(ださいふ)【太宰府】にこそ着(つき)給(たま)へ。菊
池(きくちの)二郎(じらう)高直(たかなほ)(タカナヲ)は都(みやこ)より平家(へいけ)の御供(おんとも)に候(さうらひ)ける
が、「大津山(おほつやま)の関(せき)あけてまいらせ(まゐらせ)【参らせ】ん」とて、肥後
国(ひごのくに)にうちこえて、をのれ(おのれ)【己】が城(じやう)にひ(ッ)【引つ】こもり、めせ【召せ】ど
P08019
もめせ【召せ】どもまいら(まゐら)【参ら】ず。当時(たうじ)は岩戸(いはど)の諸境(しよきやう)【*少卿(せうきやう)】大蔵(おほくらの)(ヲホクラの)種直(たねなほ)(タネナヲ)
ばかりぞ候(さうらひ)ける。九州(きうしう)二島(じたう)(ニシマ)の兵(つはもの)どもやがてまいる(まゐる)【参る】
べき由(よし)領状(りやうじやう)をば申(まうし)ながら、いまだまいら(まゐら)【参ら】ず。平
家(へいけ)安楽寺(あんらくじ)へまい(ッ)(まゐつ)【参つ】て、歌(うた)よみ連歌(れんが)して宮(みや)づ
かひ【仕ひ】給(たま)ひしに、本三位(ほんざんみの)中将(ちゆうじやう)重衡卿(しげひらのきやう)、
すみなれしふるき宮(みや)こ【都】の恋(こひ)しさは
神(かみ)もむかしにおもひ【思ひ】しる【知る】らん W061
人々(ひとびと)是(これ)をきい【聞い】てみな涙(なみだ)をながされけり。同(おなじき)廿
日(はつかのひ)法皇(ほふわう)(ホウワウ)の宣命(せんみやう)にて、四宮(しのみや)閑院殿(かんゐんどの)(カンインどの)にて位(くらゐ)につか
P08020
せ給(たま)ふ。摂政(せつしやう)はもとの摂政(せつしやう)近衛殿(こんゑどの)(コンエどの)かはらせ給(たま)は
ず。頭(とう)や蔵人(くらんど)なしをき(おき)て、人々(ひとびと)退出(たいしゆつ)せられけり。三
宮(さんのみや)の御(おん)めのとなきかなしみ、後悔(こうくわい)すれども甲斐(かひ)
ぞなき。「天(てん)に二(ふたつ)の日(ひ)なし、国(くに)にふたりの王(わう)なし」と
申(まう)せども、平家(へいけ)の悪行(あくぎやう)によ(ッ)てこそ、京(きやう)・田舎(ゐなか)(イナカ)に
ふたりの王(わう)は在(まし)ましけれ。昔(むかし)文徳天皇(もんどくてんわう)は、天安(てんあん)
二年(にねん)八月(はちぐわつ)廿三日(にじふさんにち)にかくれさせ給(たま)ひぬ。御子(おんこ)の宮
達(みやたち)あまた位(くらゐ)(クライ)に望(のぞみ)をかけて在(まし)ますは、内々(ないない)御祈(おんいのり)
どもあり【有り】けり。一(いち)の御子(みこ)惟高【*惟喬】親王(これたかのしんわう)をば小原(をばら)の
P08021
王子(わうじ)とも申(まうし)き。王者(わうしや)の財領(ざいりやう)を御心(おんこころ)にかけ、四海(しかい)の
安危(あんき)は掌(たなごころ)の内(うち)に照(てら)し、百王(はくわう)の理乱(りらん)は心(こころ)のうちに
かけ給(たま)へり。されば賢聖(けんせい)の名(な)をもとらせまし
ましぬべき君(きみ)なりと見(み)え給(たま)へり。二宮(にのみや)惟仁
親王(これひとのしんわう)は、其(その)比(ころ)の執柄(しつぺい)忠仁公(ちゆうじんこう)(チウジンコウ)の御娘(おんむすめ)、染殿(そめどの)の后(きさき)の
御腹(おんぱら)也(なり)。一門(いちもんの)公卿(くぎやう)列(れつ)してもてなし奉(たてまつ)り給(たま)ひしか
ば、是(これ)も又(また)さしをき(おき)がたき御事(おんこと)也(なり)。かれは守文
継体(しゆぶんけいてい)の器量(きりやう)あり、是(これ)は万機輔佐(ばんきふさ)の心操(しんさう)あ
り【有り】。かれもこれもいたはしくて、いづれもおぼし
P08022
めし【思し召し】わづらはれき。一宮(いちのみや)惟高【*惟喬】親王(これたかのしんわう)の御祈(おんいのり)は、柿下(かきのもと)
の木(き)【紀】僧正(そうじやう)信済(しんぜい)(シンサイ)とて、東寺(とうじ)の一(いち)の長者(ちやうじや)、弘法大師(こうぼふだいし)(コウボウだいシ)
の御弟子(おんでし)也(なり)。二宮(にのみや)惟仁(これひと)の親王(しんわう)の御祈(おんいのり)には、外祖(ぐわいそ)
忠仁公(ちゆうじんこう)(チウジンコウ)の御持僧(ごぢそう)比叡山(ひえいさん)(ヒヱイさん)の恵良【*恵亮】(ゑりやう)和尚(くわしやう)ぞうけ給(たま)
はら【承ら】れける。「互(たがひ)(タガイ)におとらぬ高僧達(かうそうたち)也(なり)。とみにO[BH こと]ゆき
がたうやあらむずらむ」と、人々(ひとびと)ささやきあへり。
御門(みかど)かくれさせ給(たま)ひしかば、公卿(くぎやう)僉議(せんぎ)あり【有り】。「抑(そもそも)臣
等(しんら)がおもむぱかり(おもんぱかり)をも(ッ)てゑらむ(えらん)【選ん】で位(くらゐ)(クライ)につけ奉(たてまつ)
らん事(こと)、用捨(ようしや)私(わたくし)あるにに【似】たり。万人(ばんじん)脣(くちびる)をかへす【反す】
P08023
べし。しら【知ら】ず、競馬(けいば)相撲(すまふ)(スマウ)の節(せち)(セツ)をとげて、其(その)運(うん)を
しり【知り】、雌雄(しゆう)によ(ッ)て宝祚(ほうそ)をさづけたてまつる【奉る】べし」
と儀定(ぎぢやう)畢(をはん)ぬ。同(おなじき)年(とし)の九月(くぐわつ)二日(ふつかのひ)、二人(ににん)の宮達(みやたち)
右近馬場(うこんのばば)へ行(ぎやう)げい【行啓】あり【有り】。ここに王公(わうこう)卿相(けいしやう)、花(はな)の
袂(たもと)をよそほひ、玉(たま)のくつばみをならべ、雲(くも)の
ごとくにかさなり、星(ほし)のごとくにつらなり給(たま)ひし
かば、此(この)事(こと)希代(きたい)の勝事(しようし)(セウジ)、天下(てんが)の荘(さかんなる)観(みもの)、日来(ひごろ)心(こころ)
をよせ奉(たてまつり)し月卿(げつけい)雲客(うんかく)両方(りやうばう)に引(ひき)わか(ッ)て、手(て)をに
ぎり心(こころ)をくだき給(たま)へり。御祈(おんいのり)の高僧達(かうそうたち)、いづれ
P08024
かそらく【粗略】あらむや。信済(しんぜい)は東寺(とうじ)に壇(だん)をたて、
恵良【*恵亮】(ゑりやう)は大内(たいだい)の真言院(しんごんゐん)(シンゴンイン)に壇(だん)をたてておこなは
れけるに、恵良【*恵亮】(ゑりやう)(ゑリヤウ)和尚(くわしやう)うせたりといふ披露(ひろう)を
なす。信済僧正(しんぜいそうじやう)たゆむ【弛む】心(こころ)もやあり【有り】けむ。恵良【*恵亮】(ゑりやう)(エリヤウ)
はうせたりといふ披露(ひろう)をなし、肝胆(かんたん)をくだひ(くだい)て
祈(いの)られけり。既(すで)に十番(じふばん)競馬(けいば)はじまる。はじめ四番(しばん)、
一宮(いちのみや)惟高【*惟喬】親王(これたかのしんわう)かたせ給(たま)ふ。後(のち)六番(ろくばん)は二宮(にのみや)惟
仁親王(これひとのしんわう)かたせ給(たま)ふ。やがて相撲(すまふ)(スマウ)の節(せち)(セツ)あるべし
とて、惟高【*惟喬】(これたか)の御方(おんかた)よりは名虎(なとら)の右兵衛督(うひやうゑのかみ)と
P08025
て、六十人(ろくじふにん)がちから【力】あらはし【顕はし】たるゆゆしき人(ひと)をぞい
だされたる。惟仁親王家(これひとのしんわうげ)よりは能雄(よしを)の少将(せうしやう)
とて、せいちいさう(ちひさう)【小さう】たえ(たへ)【妙】にして、片手(かたて)にあふべしと
も見(み)えぬ人(ひと)、御夢想(ごむさう)の御告(おんつげ)ありとて申(まうし)うけ
てぞいでられたる。名虎(なとら)・能雄(よしを)よりあふ(あう)【逢う】て、ひしひし
とつまどりしてのき【退き】にけり。しばしあ(ッ)て名虎(なとら)能
雄(よしを)の少将(せうしやう)をと(ッ)てささげて、二丈(にぢやう)ばかりぞなげたり
ける。ただなを(ッ)(なほつ)【唯直つ】てたをれ(たふれ)【倒れ】ず。能雄(よしを)又(また)つ(ッ)とより、
ゑい声(ごゑ)(えいごゑ)をあげて、名虎(なとら)をと(ッ)てふせむとす。
P08026
名虎(なとら)もともに声(こゑ)をいだし【出し】て、能雄(よしを)をと(ッ)てふせむ
とす。いづれおとれりとも見(み)えず。されども、名虎(なとら)
だい【大】の男(をとこ)、かさ【嵩】にまはる【回る】。能雄(よしを)はあぶなう見(み)えければ、二宮(にのみや)
惟仁家(これひとげ)の御母儀(おんぼぎ)染殿(そめどの)の后(きさき)より、御使(おんつかひ)(おんツカイ)櫛(くし)のは【歯】の
ごとくはしり【走り】かさな(ッ)【重なつ】て、「御方(みかた)すでにまけ色(いろ)に見(み)ゆ。い
かがせむ」と仰(おほせ)ければ、恵良【*恵亮】(ゑりやう)和尚(くわしやう)大威徳(だいゐとく)(ダイイトク)の法(ほふ)(ホウ)を
修(しゆ)せられけるが、「こは心(こころ)うき事(こと)にこそ」とて独鈷(とつこ)
をも(ッ)てなづき【脳】をつきくだき、乳和(にゆうくわ)(ニウクワ)して護摩(ごま)
にたき、黒煙(くろけぶり)をたててひともみもまれたりけ
P08027
れば、能雄(よしを)すまう(すまふ)にかちにけり。親王(しんわう)位(くらゐ)につかせ給(たま)
ふ。清和(せいわ)の御門(みかど)是(これ)也(なり)。後(のち)には水穂【水尾】(みづのをの)天王(てんわう)とぞ申(まうし)ける。
それよりしてこそ山門(さんもん)には、いささかの事(こと)にも、
恵良【*恵亮】(ゑりやう)脳(なづき)をくだきしかば、二帝(じてい)位(くらゐ)(クライ)につき給(たま)ひ、尊
伊【尊意】(そんい)智剣(ちけん)を振(ふり)しかば、菅丞(くわんしよう)納受(なふじゆ)し給(たま)ふとも伝(つた)へた
れ。是(これ)のみや法力(ほふりき)(ホウリキ)にてもあり【有り】けん。其(その)外(ほか)はみな天
照太神【大神】(てんせうだいじん)の御(おん)ぱからひとぞ承(うけたま)はる。平家(へいけ)は西国(さいこく)にて
是(これ)をつたへきき、「やすからぬ。三(さん)の宮(みや)をも四(し)の宮(みや)
をもとりまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、落(おち)くだるべかりし物(もの)を」と
P08028
後悔(こうくわい)せられければ、平(へい)大納言(だいなごん)時忠卿(ときただのきやう)、「さらむには、
木曾(きそ)が主(しゆう)にしたてま(ッ)【奉つ】たる高倉宮(たかくらのみやの)御子(おんこ)を、御(おん)めの
と讃岐守(さぬきのかみ)重秀(しげひで)が御出家(ごしゆつけ)せさせ奉(たてまつ)り、具(ぐ)
しまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て北国(ほつこく)へ落(おち)(ヲチ)くだり【下り】しこそ、位(くらゐ)(クライ)にはつか
せ給(たま)はんずらめ」との給(たま)へ【宣へ】ば、又(また)或(ある)人々(ひとびと)の申(まう)さ
れけるは、「それは、出家(しゆつけ)の宮(みや)をばいかが位(くらゐ)にはつ
けたてまつる【奉る】べき」。時忠(ときただ)「さもさうず。還俗(げんぞく)の
国王(こくわう)のためし【例】、異国(いこく)にも先蹤(せんじよう)(センゼウ)あるらむ。我(わが)朝(てう)には、
まづ天武天皇(てんむてんわう)いまだ東宮(とうぐう)の御時(おんとき)、大伴(おほとも)の
P08029
皇子(わうじ)にはばからせ給(たま)ひて、鬢髪(びんぱつ)をそり、芳野(よしの)の
奥(おく)(ヲク)にしのば【忍ば】せ給(たま)ひたりしかども、大伴(おほとも)(ヲホトモ)の皇子(わうじ)
をほろぼして、つゐに(つひに)【遂に】は位(くらゐ)につかせ給(たま)ひき。又(また)
孝謙天皇(かうけんてんわう)も、大菩提心(だいぼだいしん)をおこし、御(おん)かざりをおろ
させ給(たま)ひ、御名(みな)をば法幾爾(ほふきに)と申(まうし)しかども、ふた
たび位(くらゐ)につゐ(つい)【即い】て称徳(しようどく)(セウトク)天皇(てんわう)と申(まうし)しぞかし。まし
て木曾(きそ)が主(しゆう)にしたてまつり【奉り】たる還俗(げんぞく)の宮(みや)、子
細(しさい)あるまじ」とぞの給(たま)ひける。同(おなじき)九月(くぐわつ)二日(ふつかのひ)、法皇(ほふわう)(ホウワウ)よ
り伊勢(いせ)へ公卿(くぎやう)の勅使(ちよくし)をたてらる。勅使(ちよくし)は参議(さんぎ)
P08030
長教(ながのり)とぞ聞(きこ)えし。太政天皇(だいじやうてんわう)の、伊勢(いせ)へ公卿(くぎやう)の勅使(ちよくし)
をたてらるる事(こと)は、朱雀(しゆしやく)・白河(しらかは)・鳥羽(とば)三代(さんだい)の蹤跡(しようぜき)(セウセキ)
ありといへども、是(これ)みな御出家(ごしゆつけ)以前(いぜん)なり。御出家(ごしゆつけ)
『緒環(をだまき)』S0803
以後(いご)の例(れい)は是(これ)はじめとぞ承(うけたまは)る。○さる程(ほど)に、筑紫(つくし)に
は内裏(だいり)つくるべきよし沙汰(さた)ありしかども、いまだ宮(みや)
こ【都】も定(さだ)められず。主上(しゆしやう)は岩戸(いはど)(イワド)の諸境(しよきやう)【*少卿(せうきやう)】大蔵(おほくら)(ヲホクラ)の種
直(たねなほ)(タネナウ)が宿所(しゆくしよ)にわたらせ給(たま)ふ。人々(ひとびと)の家々(いへいへ)は野中(のなか)田(た)
なか【田中】なりければ、あさ【麻】の衣(ころも)はうたねども、とをち【十市】
の里(さと)ともい(ッ)つべし。内裏(だいり)は山(やま)のなかなれば、かの
P08031
木(き)の丸殿(まるどの)もかくやとおぼえて、中々(なかなか)ゆう(いう)【優】なる方(かた)も
あり【有り】けり。まづ宇佐宮(うさのみや)へ行幸(ぎやうがう)なる。大郡司(だいぐんじ)公道(きんみち)
が宿所(しゆくしよ)皇居(くわうきよ)になる。社頭(しやとう)は月卿(げつけい)雲客(うんかく)の居所(きよしよ)に
なる。くわひ廊(らう)(くわいらう)【廻廊】には、五位・六位の官人、庭上(ていしやう)には四国(しこく)
鎮西(ちんぜい)の兵(つはもの)ども、甲冑(かつちう)弓箭(きゆうせん)(キウセン)を帯(たい)して雲霞(うんか)のごと
くになみゐたり。ふりにしあけ【朱】の玉垣(たまがき)、ふたたびか
ざるとぞ見(み)えし。七日(しちにち)参籠(さんろう)のあけがたに、大臣殿(おほいとの)
の御(おん)ために夢想(むさう)の告(つげ)ぞあり【有り】ける。御宝殿(ごほうでん)の
御戸(みと)をし(おし)【押し】ひらきゆゆしくけだかげなる御(おん)こゑ【声】にて、
P08032
世(よ)のなかのうさには神(かみ)もなきものを
なにいのるらむ心(こころ)づくしに W062
大臣殿(おほいとの)うちおどろき、むねうちさはぎ(さわぎ)【騒ぎ】、
さりともとおもふ【思ふ】心(こころ)もむし【虫】の音(ね)も
よはり(よわり)【弱り】はてぬる秋(あき)のくれ【暮】かな W063
といふふる歌(うた)【古歌】をぞ心(こころ)ぼそげに口(くち)ずさみ給(たまひ)ける。
さてださゐ府(ふ)(ださいふ)【太宰府】へ還幸(くわんかう)なる。さる程(ほど)に九月(くぐわつ)十日(とをか)あ
まりになりにけり。荻(をぎ)の葉(は)むけの夕嵐(ゆふあらし)、ひとり
まろね【丸寝】の床(とこ)のうへ【上】、かたしく【片敷く】袖(そで)もしほれ(しをれ)【萎れ】つつ、ふけ
P08033
ゆく秋(あき)のあはれ【哀】さは、いづくもとはいひながら、旅(たび)の空(そら)
こそ忍(しのび)がたけれ。九月(くぐわつ)十三(じふさん)夜(や)は名(な)をえたる月(つき)な
れども、其(その)夜(よ)は宮(みや)こ【都】を思(おも)ひいづる【出づる】涙(なみだ)に、我(われ)から
くもり【曇り】てさやかならず。九重(きうちよう)(きうチヤウ)の雲(くも)のうへ【上】、久方(ひさかた)の月(つき)に
思(おも)ひをのべしたぐひも、今(いま)の様(やう)におぼえて、薩摩
守(さつまのかみ)忠教【*忠度】(ただのり)
月(つき)を見(み)しこぞのこよひの友(とも)のみや
宮(みや)こ【都】にわれをおもひ【思ひ】いづらむ W064
修理(しゆりの)大夫(だいぶ)経盛(つねもり)
P08034
恋(こひ)しとよこぞのこよひの夜(よ)もすがら
ちぎりし人(ひと)のおもひ【思ひ】出(で)られて W065
皇后宮亮(くわうごうぐうのすけ)(クワウゴクウノスケ)経正(つねまさ)
わけてこし野辺(のべ)の露(つゆ)ともきえずして
おもは【思は】ぬ里(さと)の月(つき)をみる【見る】かな W066
豊後国(ぶんごのくに)は刑部卿(ぎやうぶきやう)三位(ざんみ)頼資卿(よりすけのきやう)の国(くに)なりけり。子
息(しそく)頼経(よりつねの)朝臣(あつそん)を代官(だいくわん)にをか(おか)【置か】れたり。京(きやう)より頼経(よりつね)の
の[* 「の」衍字]もとへ、平家(へいけ)は神明(しんめい)にもはなたれたてまつり【奉り】、
君(きみ)にも捨(すて)られまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、帝都(ていと)をいで、浪(なみ)のうへ【上】に
P08035
ただよふおち人(うと)となれり。しかる【然る】を、鎮西(ちんぜい)の者(もの)ど
も【共】がうけ【受け】と(ッ)【取つ】て、もてなすなるこそ奇怪(きつくわい)なれ、当
国(たうごく)においてはしたがふ【従ふ】べからず。一味(いちみ)同心(どうしん)して追出(ついしゆつ)
すべきよし、の給(たま)ひつかはさ【遣さ】れたりければ、頼経(よりつねの)
朝臣(あつそん)是(これ)を当国(たうごく)の住人(ぢゆうにん)、緒方(をかたの)三郎(さぶらう)維義(これよし)に下知(げぢ)
す。彼(かの)維義(これよし)はおそろしき【恐ろしき】ものの末(すゑ)なりけり。たと
へば、豊後国(ぶんごのくに)の片山里(かたやまざと)に昔(むかし)をんな【女】あり【有り】けり。或(ある)
人(ひと)のひとりむすめ、夫(おつと)(ヲツト)もなかりけるがもとへ、母(はは)に
もしら【知ら】せず、男(をとこ)よなよな【夜な夜な】かよふ程(ほど)に、とし月(つき)も
P08036
かさなる程(ほど)に、身(み)もただならずなりぬ。母(はは)是(これ)を
あやしむ(あやしん)で、「汝(なんぢ)がもとへかよふ者(もの)は何者(なにもの)ぞ」ととへ
ば、「くる【来る】をば見(み)れども、帰(かへ)るをばしら【知ら】ず」とぞいひけ
る。「さらば男(をとこ)の帰(かへ)らむとき、しるしを付(つけ)て、ゆかむ
方(かた)をつなひ(つない)で見(み)よ」とをしへ【教へ】ければ、むすめ母(はは)
のをしへ【教へ】にしたが(ッ)て、朝帰(あさがへり)する男(をとこ)の、水色(みづいろ)の狩
衣(かりぎぬ)をきたりけるに、狩衣(かりぎぬ)の頸(くび)かみに針(はり)をさし、
しづ【賎】のをだまき【緒環】といふものをつけ【付け】て、へ【経】てゆく
かたをつなひ(つない)でゆけば、豊後国(ぶんごのくに)にと(ッ)ても日向(ひうが)ざか
P08037
ひ【日向境】、うばだけ【姥岳】といふ嵩(だけ)のすそ、大(おほき)なる岩屋(いはや)のう
ちへぞつなぎいれ【入れ】たる。をんな岩屋(いはや)のくちに
たたずんできけば、おほき【大き】なるこゑ【声】してに
よびけり。「わらはこそ是(これ)まで尋(たづね)まいり(まゐり)【参り】たれ。見
参(げんざん)せむ」といひければ、「我(われ)は是(これ)人(ひと)のすがたに
はあらず。汝(なんぢ)すがたを見(み)ては肝(きも)たましゐ(たましひ)【魂】も身(み)に
そふまじきなり。とうとう【疾う疾う】帰(かへ)れ。汝(なんぢ)がはらめる子(こ)は
男子(なんし)なるべし。弓矢(ゆみや)打物(うちもの)と(ッ)て九州(きうしう)二島(じたう)にな
らぶ者(もの)もあるまじきぞ」とぞいひける。女(をんな)重(かさね)て
P08038
申(まうし)けるは、「たとひいかなるすがたにてもあれ、此(この)日
来(ひごろ)のよしみ何(なに)とてかわする【忘る】べき。互(たがひ)にすがたを
も見(み)もし見(み)えむ」といはれて、さらばとて、岩屋(いはや)の
内(うち)より、臥(ふし)だけは五六尺(ごろくしやく)、跡枕(あとまくら)へは十四五(じふしご)丈(ぢやう)もある
らむとおぼゆる【覚ゆる】大蛇(だいじや)にて、動揺(どうよう)してこそはひ【這ひ】
出(いで)たれ。狩衣(かりぎぬ)のくびかみにさすとおもひ【思ひ】つる
針(はり)は、すなはち大蛇(だいじや)ののぶゑ(のぶえ)にこそさいたりけれ。
女(をんな)是(これ)をみ【見】て肝(きも)たましゐ(たましひ)【魂】も身(み)にそはず、ひき【引き】ぐ
し【具し】たりける所従(しよじゆう)(シヨジウ)十(じふ)余人(よにん)たふれ【倒れ】ふためき、お
P08039
めき(をめき)【喚き】さけむ(さけん)【叫ん】でにげさりぬ。女(をんな)帰(かへり)て程(ほど)なく産(さん)
をしたれば、男子(なんし)にてぞあり【有り】ける。母方(ははかた)の祖父(おほぢ)(ヲヲチ)
太大夫(だいたいふ)そだててみ【見】むとてそだてたれば、いまだ
十歳(じつさい)にもみたざるに、せいおほき【大き】にかほ【顔】ながく、
たけ【丈】たかかり【高かり】けり。七歳(しちさい)にて元服(げんぶく)せさせ、母方(ははかた)
の祖父(おほぢ)を太大夫(だいたいふ)といふ間(あひだ)、是(これ)をば大太(だいた)とこそ
つけたりけれ。夏(なつ)も冬(ふゆ)も手足(てあし)におほき【大き】なる
あかがりひまなくわれければ、あかがり大太(だいた)とぞ
いはれける。件(くだん)の大蛇(だいじや)は日向国(ひうがのくに)にあがめられ給(たま)へる
P08040
高知尾(たかちを)の明神(みやうじん)の神体(しんたい)也(なり)。此(この)緒方(をかた)の三郎(さぶらう)はあ
かがり大太(だいた)には五代(ごだい)の孫(そん)なり。かかるおそろしき【恐ろしき】物(もの)
の末(すゑ)なりければ、国司(こくし)の仰(おほせ)(ヲホセ)を院宣(ゐんぜん)(インゼン)と号(かう)(ガウ)して、
九州(きうしう)二島(じたう)にめぐらしぶみをしければ、しかる【然る】べき
『太宰府落(ださいふおち)』S0804
兵(つはもの)ども維義(これよし)に随(したが)ひつく。○平家(へいけ)いまは宮(みや)こ【都】をさ
だめ、内裏(だいり)つくるべきよし沙汰(さた)ありしに、維義(これよし)が
謀叛(むほん)と聞(きこ)えしかば、いかにとさはが(さわが)【騒が】れけり。平(へい)大納言(だいなごん)[B 新中納言(しんぢゆうなごん)知盛(とももり)イ]
時忠卿(ときただのきやう)申(まう)されけるは、「彼(かの)維義(これよし)は小松殿(こまつどの)の御家人(ごけにん)
なり。小松殿(こまつどの)の君達(きんだち)一所(いつしよ)むかは【向は】せ給(たま)ひて、こしらへ
P08041
て御(ご)らんぜらるべうや候(さうらふ)らん」と申(まう)されければ、
「まこと【誠】にも」とて、小松(こまつ)の新(しん)三位(ざんみの)中将(ちゆうじやう)資盛卿(すけもりのきやう)、五百(ごひやく)余
騎(よき)で豊後国(ぶんごのくに)にうちこえて、やうやうにこしらへ給(たま)へ
ども、維義(これよし)したがひ【従ひ】たてまつら【奉ら】ず。あま(ッ)さへ(あまつさへ)【剰へ】「君達(きんだち)を
も只今(ただいま)ここでとりこめまいらす(まゐらす)【参らす】べう候(さうら)へども、「大事(だいじ)
のなかに小事(せうじ)なし」とてとりこめまいらO[BH せ](まゐらせ)【参らせ】ずは、なに
程(ほど)の事(こと)かわたらせ給(たま)ふべき。とうとう太宰府(ださいふ)へ
帰(かへ)らせ給(たま)ひて、ただ御一所(ごいつしよ)でいかにもならせ給(たま)へ」
とて、追(おつ)(ヲツ)帰(かへ)し奉(たてまつ)る。維義(これよし)が次男(じなん)野尻(のじり)の二郎(じらう)維
P08042
村(これむら)を使者(ししや)で、太宰府(ださいふ)へ申(まうし)けるは、「平家(へいけ)は重恩(ぢゆうおん)(ヂウヲン)
の君(きみ)にてましませば、甲(かぶと)をぬぎ弓(ゆみ)をはづゐ(はづい)て
まいる(まゐる)【参る】べう候(さうら)へども、一院(いちゐん)(いちイン)の御定【*御諚】(ごぢやう)に速(すみやか)に九国内を
追出(おひいだ)(ヲイイダ)しまいらせよ(まゐらせよ)【参らせよ】と候(さうらふ)。いそぎ出(いで)させ給(たま)ふべうや
候(さうらふ)らん」と申(まうし)をく(ッ)(おくつ)【送つ】たりければ、平(へい)大納言(だいなごん)時忠
卿(ときただのきやう)、ひをぐくり【緋緒括】の直垂(ひたたれ)に糸(いと)くず【糸葛】の袴(はかま)立烏帽
子(たてえぼし)(タテヱボシ)で、維村(これむら)にいでむか(ッ)【向つ】ての給(たま)ひけるは、「それ我(わが)君(きみ)
は天孫(てんそん)四十九(ししじふく)世(せ)の正統(しやうとう)、仁王(にんわう)八十一(はちじふいち)代(だい)の御門(みかど)なり。
天照太神【大神】(てんせうだいじん)・正八幡宮(しやうはちまんぐう)も我(わが)君(きみ)をこそまもり【守り】まい
P08043
ら(まゐら)【参ら】させ給(たま)ふらめ。就中(なかんづく)に、故(こ)太政(だいじやう)大臣(だいじん)入道殿(にふだうどの)は、
保元(ほうげん)・平治(へいぢ)両度(りやうど)の逆乱(げきらん)をしづめ、其上(そのうへ)鎮西(ちんぜい)の
者(もの)どもをばうち様(さま)【内様】へこそめされしか。東国(とうごく)・北国(ほつこく)の
凶徒等(きようどら)(ケウトラ)が頼朝(よりとも)・義仲等(よしなから)にかたらはれて、しおほせ
たらば国(くに)をあづけう、庄(しやう)をたばんといふをまこ
ととおもひ【思ひ】て、其(その)鼻豊後(はなぶんご)が下知(げぢ)にしたがはん事(こと)
しかる【然る】べからず」とぞの給(たまひ)ける。豊後(ぶんご)の国司(こくし)刑部
卿(ぎやうぶきやう)三位(ざんみ)頼資卿(よりすけのきやう)はきはめて鼻(はな)の大(おほき)(ヲホキ)におはしけれ
ば、かうはの給(たま)ひけり。維村(これむら)帰(かへり)て父(ちち)に此(この)よしいひ
P08044
ければ、「こはいかに、昔(むかし)はむかし今(いま)は今(いま)、其(その)義(ぎ)ならば
速(すみや)かに追出(おひいだ)(ヲイイダ)したてまつれ【奉れ】」とて、勢(せい)そろふるな(ン)ど(なんど)聞(きこ)
えしかば、平家(へいけ)の侍(さぶらひ)(サブライ)源(げん)大夫(だいふの)(だイウノ)判官(はんぐわん)(ハウグワン)季定(すゑさだ)・摂津(つの)判
官(はんぐわん)(ハウグワン)守澄(もりずみ)「向後(きやうこう)傍輩(はうばい)のため奇怪(きつくわい)に候(さうらふ)。めし【召し】とり候(さうら)
はん」とて、其(その)勢(せい)三千(さんぜん)余騎(よき)で筑後国(ちくごのくに)高野本庄(たかののほんじやう)に発向(はつかう)して、一日(いちにち)一夜(いちや)せめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。されども維義(これよし)が
勢(せい)雲霞(うんか)のごとくにかさなりければ、ちからをよば(およば)【及ば】
でひき【引き】しりぞく。平家(へいけ)は緒方(をかたの)三郎(さぶらう)維義(これよし)が三万(さんまん)
余騎(よき)の勢(せい)にて既(すで)によすと聞(きこ)えしかば、とる物(もの)も
P08045
とりあへず太宰府(ださいふ)をこそ落(お)ち給(たま)へ。さしもた
のもしかり【頼もしかり】つる天満天神(てんまんてんじん)のしめ【注連】のほとりを、心(こころ)ぼ
そくもたちはなれ、駕輿丁(かよちやう)もなければ、そう花(か)【葱花】・
宝輦(ほうれん)はただ名(な)のみききて、主上(しゆしやう)要輿(えうよ)(ヨウヨ)にめされけ
り。国母(こくも)をはじめ奉(たてまつり)て、や(ン)ごとなき女房達(にようばうたち)、袴(はかま)の
そば【稜】をとり、大臣殿(おほいとの)以下(いげ)の卿相(けいしやう)・雲客(うんかく)、指貫(さしぬき)のそ
ば【稜】をはさみ【鋏み】、水(みづ)き【水城】の戸(と)を出(いで)て、かちはだしにて
我(われ)さきに前(さき)にと箱崎(はこざき)の津(つ)へこそ落(おち)(ヲチ)給(たま)へ。おり
ふし(をりふし)【折節】くだる雨(あめ)車軸(しやぢく)のごとし。吹(ふく)風(かぜ)砂(いさご)をあぐとかや。お
P08046
つる涙(なみだ)、ふる雨(あめ)、わきていづれも見(み)えざりけり。住吉(すみよし)・
筥崎(はこざき)・香椎(かすい)・宗像(むなかた)ふしをがみ【拝み】、ただ主上(しゆしやう)旧都(きうと)の
還幸(くわんかう)とのみぞ祈(いの)られける。たるみ山(やま)【垂見山】・鶉浜(うづらばま)な(ン)ど(なんど)
いふ峨々(がが)たる嶮難(けんなん)をしのぎ、渺々(べうべう)たる平沙(へいさ)へぞ
おもむき【赴き】給(たま)ふ。いつならはし【習はし】の御事(おんこと)なれば、御足(おんあし)
よりいづる【出づる】血(ち)は沙(いさご)をそめ、紅(くれなゐ)(クレナイ)の袴(はかま)は色(いろ)をまし、白
袴(しろばかま)はすそ紅(ぐれなゐ)にぞなりにける。彼(かの)玄弉(げんじやう)三蔵(さんざう)の
流砂(りうさ)・葱嶺(そうれい)を凌(しの)がれけんくるしみ【苦しみ】も、是(これ)にはいか
でまさるべき。されどもそれは求法(ぐほふ)(グホウ)のためなれば、
P08047
自他(じた)の利益(りやく)もあり【有り】けん、是(これ)は怨敵(をんでき)のゆへ(ゆゑ)【故】なれば、
後世(ごせ)のくるしみ【苦しみ】かつおもふ【思ふ】こそかなしけれ。原田(はらだの)大夫(たいふ)
種直(たねなほ)(タネナヲ)は、二千(にせん)余騎(よき)で平家の御ともにまいる(まゐる)【参る】。山鹿
兵藤次(ひやうどうじ)秀遠(ひでとほ)(ヒデトヲ)、数千騎(すせんぎ)で平家の御むかひにま
いり(まゐり)【参り】けるが、種直(たねなほ)(タネナヲ)・秀遠(ひでとほ)(ヒデトヲ)以外(もつてのほか)に不和(ふわ)になりけれ
ば、種直(たねなほ)(タネナヲ)は、あしかりなんとて道(みち)より引(ッ)かへす。あし
屋の津といふところをすぎさせ給ふにも、「これは
我らが宮(みや)こ【都】より福原(ふくはら)(フクワラ)へかよひしとき、里の名なれば」
とて、いづれの里よりもなつかしう、今さらあはれを
P08048
ぞもよをさ(もよほさ)れける。新羅(しんら)・百済(はくさい)・高麗(かうらい)・荊旦(けいたん)、雲(くも)の
はて海(うみ)のはてまでも落(おち)ゆかばやとはおぼしけれ
ども、浪風(なみかぜ)むかふ(むかう)【向う】てかなは【叶は】ねば、兵藤次(ひやうどうじ)秀遠(ひでとほ)(ヒデトヲ)にぐせ【具せ】
られて、山賀(やまが)の城(じやう)にぞこもり給(たま)ふ。山賀(やまが)へも敵(てき)
よすと聞(きこ)えしかば、小舟(こぶね)どもにめし【召し】て、夜(よ)もすがら豊
前国(ぶぜんのくに)柳(やなぎ)が浦(うら)へぞわたり給(たま)ふ。ここに内裏(だいり)つくる
べきよし汰汰(さた)ありしかども、分限(ぶんげん)なかりければ
つくられず、又(また)長門(ながと)より源氏(げんじ)よすと聞(きこ)えしかば、
海士(あま)を舟(ぶね)【小舟】にとりのりて、海(うみ)(アマ)にぞうかび給(たま)ひけ
P08049
る。小松殿(こまつどの)の三男(さんなん)左(ひだん)(ヒダリ)の中将(ちゆうじやう)清経(きよつね)は、もとより
何事(なにごと)もおもひ【思ひ】いれ【入れ】たる人(ひと)なれば、「宮(みや)こをば源
氏(げんじ)がためにせめ【攻め】おとさ【落さ】れ、鎮西(ちんぜい)をば維義(これよし)がため
に追出(おひいだ)(ヲイイダ)さる。網(あみ)にかかれる魚(うを)のごとし。いづくへゆか【行か】
ばのがる【逃る】べきかは。ながらへ【永らへ】はつべき身(み)にもあらず」
とて、月(つき)の夜(よ)心(こころ)をすまし【澄まし】、舟(ふね)の屋形(やかた)にたち【立ち】いで【出で】て、
やうでう【横笛】ねとり【音取】朗詠(らうえい)してあそば【遊ば】れけるが、閑(しづか)に
経(きやう)よみ念仏(ねんぶつ)して、海(うみ)にぞしづみ給(たま)ひける。男
女(なんによ)なきかなしめども甲斐(かひ)(カイ)ぞなき。長門国(ながとのくに)は新(しん)
P08050
中納言(ぢゆうなごん)知盛卿(とももりのきやう)の国(くに)なりけり。目代(もくだい)は紀伊(きいの)刑部(ぎやうぶの)大夫(たいふ)(タイウ)
道資(みちすけ)といふものなり。平家(へいけ)の小舟(こぶね)どもにのり給(たま)
へる由(よし)承(うけたまは)(ッ)て、大舟(おほふね)百(ひやく)余艘(よさう)(ヨソウ)点(てん)じて奉(たてまつ)る。平家(へいけ)これ
に乗(のり)うつり四国(しこく)の地(ち)へぞわたられける。重能(しげよし)が沙
汰(さた)として、四国(しこく)の内(うち)をもよをし(もよほし)て、讃岐(さぬき)の八島(やしま)に
かたのやうなるいた屋(や)【板屋】の内裏(だいり)や御所(ごしよ)をぞつくら
せける。其(その)程(ほど)はあやしの民屋(みんをく)を皇居(くわうきよ)とする
に及(およ)ばねば、舟(ふね)を御所(ごしよ)とぞ定(さだ)めける。大臣殿(おほいとの)以
下(いげ)の卿相(けいしやう)・雲客(うんかく)、海士(あま)の篷屋(とまや)に日(ひ)ををくり(おくり)【送り】、しづ【賎】
P08051
がふしど【臥処】に夜(よ)をかさね、竜頭(りようどう)(レウドウ)鷁首(げきしゆ)(ゲキシウ)を海中(かいちゆう)(カイチウ)に
うかべ【浮べ】、浪(なみ)のうへ【上】の行宮(かうくう)はしづかなる時(とき)なし。月(つき)を
ひたせる潮(うしほ)のふかき愁(うれひ)(ウレイ)にしづみ、霜(しも)をおほへ【覆へ】る
蘆(あし)の葉(は)のもろき命(いのち)をあやぶむ。洲崎(すさき)にさは
ぐ(さわぐ)【騒ぐ】千鳥(ちどり)の声(こゑ)は、暁(あかつき)恨(うらみ)をまし、そはゐ(そはひ)にかかる梶(かぢ)の
音(おと)(ヲト)、夜半(よは)に心(こころ)をいたま【痛ま】しむ。遠松(ゑんしよう)(エンセウ)に白鷺(はくろ)のむれ
ゐるを見(み)ては、源氏(げんじ)の旗(はた)をあぐるかとうたがひ、野
鴈(やがん)の遼海(れうかい)になくを聞(きき)ては、兵(つはもの)どもの夜(よ)もすがら
舟(ふね)をこぐかとおどろかる。清嵐(せいらん)はだえ(はだへ)【肌】ををかし、翠
P08052
黛(すいたい)紅顔(こうがん)の色(いろ)やうやうおとろへ、蒼波(さうは)眼(まなこ)穿(うげ)て、外
都(ぐわいと)望郷(ばうきやう)の涙(なんだ)をさへ(おさへ)【抑へ】難(がた)し。翠帳(すいちやう)紅閨(こうけい)にかはれ
るは、土生(はにふ)の小屋(こや)のあしすだれ【蘆簾】、薫炉(くんろ)の煙(けぶり)に
ことなるは、蘆火(あしび)たく屋(や)のいやしきにつけても、
女房達(にようばうたち)つきせぬ物(もの)おもひ【思ひ】に紅(くれなゐ)(クレナイ)の涙(なんだ)せきあへ
ねば、翠(みどり)の黛(まゆずみ)みだれつつ、其(その)人(ひと)とも見(み)え給(たま)
『征夷将軍(せいいしやうぐんの)院宣(ゐんぜん)』S0805
はず。○さる程(ほど)に鎌倉(かまくら)の前(さきの)右兵衛佐(うひやうゑのすけ)(うひやうエノスケ)頼朝(よりとも)、ゐな
がら征夷将軍(せいいしやうぐん)の院宣(ゐんぜん)(インゼン)を蒙(かうむ)る。御使(おんつかひ)は左史生[* 「左吏生」と有るのを他本により訂正](さししやう)
中原(なかはらの)泰定(やすさだ)とぞ聞(きこ)えし。十月(じふぐわつ)十四日(じふしにち)関東(くわんとう)へ下
P08053
着(げちやく)。兵衛佐(ひやうゑのすけ)の給(たまひ)けるは、「頼朝(よりとも)年来(ねんらい)勅勘(ちよつかん)を蒙(かうぶり)た
りしかども、今(いま)武勇(ぶよう)の名誉(めいよ)長(ちやう)ぜるによ(ッ)て、ゐな
がら征夷将軍(せいいしやうぐん)の院宣(ゐんぜん)(インゼン)を蒙(かうぶ)る。いかんが私(わたくし)でう
け【受け】とり【取り】奉(たてまつ)るべき。若宮(わかみや)の社(やしろ)にて給(たま)はらん」とて、
若宮(わかみや)へまいり(まゐり)【参り】むかは【向は】れけり。八幡(はちまん)は鶴(つる)が岡(をか)にたた
せ給(たま)へり。地形(ちけい)石清水(いはしみづ)(イワシミヅ)にたがは【違は】ず。廻廊(くわいらう)あり、楼
門(ろうもん)あり、つくり道(みち)十(じふ)余町(よちやう)見(み)くだしたり。「抑(そもそも)院宣(ゐんぜん)(インゼン)
をばたれ【誰】してかうけ【受け】とり【取り】奉(たてまつ)るべき」と評定(ひやうぢやう)あり【有り】。
「三浦介(みうらのすけ)義澄(よしずみ)してうけ【受け】とり【取り】奉(たてまつ)るべし。其(その)故(ゆゑ)(ユヘ)は、八ケ
P08054
国(はつかこく)に聞(きこ)えたりし弓矢(ゆみや)とり、三浦(みうらの)平太郎(へいたらう)為嗣(ためつぐ)が
末葉(ばつえふ)(バツヨウ)也(なり)。其(その)故(こ)父(ちち)大介(おほすけ)(ヲホスケ)は、君(きみ)の御(おん)ために命(いのち)を
すてたる兵(つはもの)なれば、彼(かの)義明(ぎめい)が黄泉(くわうせん)の迷暗(めいあん)
をてらさむがため」とぞ聞(きこ)えし。院宣(ゐんぜん)(インゼン)の御使(おんつかひ)(おんツカイ)
泰定(やすさだ)は、家子(いへのこ)(イエノコ)二人(ににん)、郎等(らうどう)十人(じふにん)具(ぐ)したり。院宣(ゐんぜん)(インゼン)
をばふぶくろ【文袋】にいれ【入れ】て、雑色(ざふしき)(ザウシキ)が頸(くび)にぞかけさせ
たりける。三浦介(みうらのすけ)義澄(よしずみ)も家子(いへのこ)(イエノコ)二人(ににん)、郎等(らうどう)十人(じふにん)具(ぐ)
したり。二人(ににん)の家子(いへのこ)は、和田(わだの)三郎(さぶらう)宗実(むねざね)・比木【*比企】(ひき)の藤
四郎(とうしらう)能員(よしかず)なり。十人(じふにん)の郎等(らうどう)をば大名(だいみやう)十人(じふにん)して、
P08055
俄(にはか)に一人(いちにん)づつしたて【仕立て】けり。三浦(みうら)の介(すけ)が其(その)日(ひ)の
装束(しやうぞく)には、かち【褐】の直垂(ひたたれ)に、黒糸威(くろいとをどし)の鎧(よろひ)(ヨロイ)きて、
いか物(もの)づくりの大太刀(おほだち)はき、廿四(にじふし)さいたる大中黒(おほなかぐろ)
の矢(や)をひ(おひ)【負ひ】、しげどう【滋籐】の弓(ゆみ)脇(わき)にはさみ【鋏み】、甲(かぶと)をぬぎ
高(たか)ひもにかけ、腰(こし)をかがめて院宣(ゐんぜん)(インゼン)をうけ【受け】とる【取る】。
泰定(やすさだ)「院宣(ゐんぜん)(インゼン)うけ【受け】とり【取り】奉(たてまつ)る人(ひと)はいかなる人(ひと)ぞ、
名(な)のれや」といひければ、三浦介(みうらのすけ)とは名(な)のらで、本
名(ほんみやう)を三浦(みうら)の荒次郎(あらじらう)義澄(よしずみ)とこそなの(ッ)【名乗つ】たれ。
院宣(ゐんぜん)(インゼン)をば、らん箱(ばこ)【乱箱】にいれ【入れ】られたり。兵衛佐(ひやうゑのすけ)(ひやうエノスケ)に奉(たてまつ)る。
P08056
ややあ(ッ)て、らんばこ【乱箱】をば返(かへ)されけり。おもかりければ、
泰定(やすさだ)是(これ)をあけてみる【見る】に、沙金(しやきん)百両(ひやくりやう)いれ【入れ】られ
たり。若宮(わかみや)の拝殿(はいでん)にして、泰定(やすさだ)に酒(しゆ)をすすめ
らる。斎院(さいゐんの)(サイインノ)次官(しくわん)親義(ちかよし)陪膳(はいぜん)す。五位(ごゐ)一人(いちにん)亦送【役送】(やくそう)を
つとむ。馬(むま)三疋(さんびき)ひかる。一疋(いつぴき)に鞍(くら)をい(おい)【置い】たり。大宮(おほみや)の
さぶらひた(ッ)しかのの工藤(くどう)一臈(いちらふ)(いちヨウ)資経【*祐経】(すけつね)是(これ)をひく。ふる
き萱屋(かやや)をしつらうて、いれ【入れ】られたり。あつ綿(わた)【厚綿】の
きぬ二両(にりやう)、小袖(こそで)十重(とかさね)、長持(ながもち)にいれ【入れ】てまうけたり。
紺藍摺(こんあゐずり)(コンアイズリ)白布(しろぬの)千端(せんだん)をつめり。盃飯(はいはん)ゆたかにし
P08057
て美麗(びれい)なり。次(つぎの)日(ひ)兵衛介【兵衛佐】(ひやうゑのすけ)(ひやうエノすけ)の館(たち)へむかふ【向ふ】。内外(うちと)
に侍(さぶらひ)(サブライ)あり、ともに十六(じふろく)間(けん)なり。外侍(とさぶらひ)(トサブライ)には家子(いへのこ)(イエノコ)郎
等(らうどう)肩(かた)をならべ、膝(ひざ)を組(くん)でなみゐたり。内侍(うちさぶらひ)には
一門(いちもんの)源氏(げんじ)上座(しやうざ)して、末座(ばつざ)に大名(だいみやう)小名(せうみやう)なみ
ゐたり。源氏(げんじ)の座上(ざしやう)に泰定(やすさだ)をすへ(すゑ)【据ゑ】らる。良(やや)あ(ッ)
て寝殿(しんでん)へ向(むか)ふ。ひろ廂(びさし)に紫(むらさきの)縁(へり)の畳(たたみ)をしひ(しい)て、泰
定(やすさだ)をすへ(すゑ)【据ゑ】らる。うへ【上】には〔高麗縁(かうらいべり)の畳(たたみ)をしき、〕御簾(みす)たかくあげさせ、兵衛
佐(ひやうゑのすけ)(ひやうエノスケ)どの出(いで)られたり。布衣(ほうい)に立烏帽子(たてえぼし)也(なり)。貌(かほ)【*顔】大(おほき)に、
せいひきかり【低かり】けり。容貌(ようばう)(ヨウバイ)悠美(いうび)(ユウビ)にして、言語(げんぎよ)分明(ふんみやう)也(なり)。
P08058
まづ子細を一じのべ給ふ。「平家(へいけ)頼朝(よりとも)が威勢(ゐせい)(イセイ)に
おそれ【恐れ】て宮(みや)こをおち【落ち】、その跡(あと)に木曾(きそ)の冠
者(くわんじや)、十郎(じふらう)蔵人(くらんど)うちいりて、わが高名(かうみやう)がほに官(くわん)加階(かかい)
をおもふ【思ふ】様(やう)になり、剰(あまつさ)へ国(くに)をきらひ申(まうす)条(でう)、奇怪(きつくわい)
也(なり)。奥(おく)(ヲク)の秀衡(ひでひら)が陸奥守(むつのかみ)になり、佐竹(さたけの)四郎(しらう)高義(たかよし)
が常陸守(ひたちのかみ)にな(ッ)て候(さうらふ)とて、頼朝(よりとも)が命(めい)にしたがはず。いそ
ぎ追討(ついたう)すべきよしの院宣(ゐんぜん)(インゼン)を給(たま)はるべう候(さうらふ)」。左史
生(さししやう)申(まうし)けるは、「今度(こんど)泰定(やすさだ)も名符(みやうぶ)まいらす(まゐらす)【参らす】べう候(さうらふ)
が、御使(おんつかひ)(おんツカイ)で候(さうら)へば、先(まづ)罷上(まかりのぼり)て、やがてしたためてまいら
P08059
す(まゐらす)【参らす】べう候(さうらふ)。おとと【弟】で候(さうらふ)史(し)の大夫(たいふ)(たイウ)重能(しげよし)も其(その)義(ぎ)を申(まうし)
候(さうらふ)」。兵衛佐(ひやうゑのすけ)(ひやうエノスケ)わら(ッ)【笑つ】て、「当時(たうじ)頼朝(よりとも)が身(み)として、各(おのおの)(ヲノヲノ)の
名符(みやうぶ)おもひ【思ひ】もよらず。さりながら、げにも申(まう)されば、
さこそ存(ぞん)ぜめ」とぞの給(たま)ひける。軈(やがて)今日(こんにち)上洛(しやうらく)す
べきよし申(まうし)ければ、けふばかりは、逗留(とうりう)あるべし
とてとどめ【留め】らる。次(つぎの)日(ひ)兵衛佐(ひやうゑのすけ)の館(たち)へむかふ【向ふ】。萌
黄(もえぎ)の糸威(いとをどし)の腹巻(はらまき)一両(いちりやう)、しろう【白う】つく(ッ)たる太刀(たち)一
振(ひとふり)、しげどう【滋籐】の弓(ゆみ)、野矢(のや)そへてたぶ。馬(むま)十三(じふさん)疋(びき)ひ
かる。三疋(さんびき)に鞍(くら)をひ(おい)【置い】たり。家子(いへのこ)(イエノコ)郎等(らうどう)十二人(じふににん)に、直
P08060
垂(ひたたれ)・小袖(こそで)・大口(おほくち)(ヲホクチ)・馬鞍(むまくら)にをよび(および)【及び】、荷懸駄(にかけだ)卅疋(さんじつぴき)あり【有り】け
り。鎌倉出(かまくらいで)の宿(しゆく)より鏡(かがみ)の宿(しゆく)にいたるまで、宿
々(しゆくじゆく)に十石(じつこく)づつの米(よね)ををか(おか)【置か】る。たくさんなるに
『猫間(ねこま)』S0806
よ(ッ)て、施行(せぎやう)にひきけるとぞ聞(きこ)えし。○泰定(やすさだ)都(みやこ)へ
のぼり院参(ゐんざん)(インザン)して、御坪(おつぼ)の内(うち)にして、関東(くわんとう)のやう
つぶさに奏聞(そうもん)しければ、法皇(ほふわう)(ホウワウ)も御感(ぎよかん)あり【有り】けり。
公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)も皆(みな)ゑつぼにいり給(たま)へり。兵衛佐(ひやうゑのすけ)
はかうこそゆゆしくおはしけるに、木曾(きそ)の左馬
頭(さまのかみ)、都(みやこ)の守護(しゆご)してあり【有り】けるが、たちゐの振舞(ふるまひ)(フルマイ)
P08061
の無骨(ぶこつ)さ、物(もの)いふ詞(ことば)つづき【詞続き】のかたくななる事(こと)かぎ
りなし。ことはり(ことわり)【理】かな、二歳(にさい)より信濃(しなのの)国(くに)木曾(きそ)
といふ山里(やまざと)に、三十(さんじふ)まですみなれたりしかば、
争(いかで)かしる【知る】べき。或(ある)時(とき)猫間(ねこまの)中納言(ちゆうなごん)光高卿(みつたかのきやう)といふ人(ひと)、
木曾(きそ)にの給(たま)ひあはすべき事(こと)あ(ッ)ておはしたりけり。
郎等(らうどう)ども「猫間殿(ねこまどの)の見参(げんざん)にいり申(まうす)べき事(こと)あり
とて、いらせ給(たま)ひて候(さうらふ)」と申(まうし)ければ、木曾(きそ)大(おほき)(ヲホキ)にわら(ッ)【笑つ】
て、「猫(ねこ)は人(ひと)にげんざうするか」。「是(これ)は猫間(ねこま)の中納言
殿(ちゆうなごんどの)と申(まうす)公卿(くぎやう)でわたらせ給(たま)ふ。御宿所(ごしゆくしよ)の名(な)とおぼえ候(さうらふ)」
P08062
と申(まうし)ければ、木曾(きそ)「さらば」とて対面(たいめん)す。猶(なほ)も猫間殿(ねこまどの)
とはえいはで、「猫殿(ねこどの)のまれまれ【稀々】わゐ(わい)たるに、物(もの)よそへ」
とぞの給(たま)ひける。中納言(ちゆうなごん)是(これ)をきい【聞い】て、「ただいまあ
るべうもなし」との給(たま)へ【宣へ】ば、「いかが、けどき【食時】にわゐ(わい)たるに、
さてはあるべき」。何(なに)もあたらしき物(もの)を無塩(ぶえん)といふと
心(こころ)えて、「ここにぶゑん(ぶえん)【無塩】のひらたけ【平茸】あり、とうとう【疾う疾う】」といそ
がす。ねのゐ【根井】[B ノ]小野太(こやた)陪膳(はいぜん)す。田舎(ゐなか)(イナカ)合子(がふし)(ガウシ)のきはめて
大(おほき)に、くぼかりけるに、飯(はん)うづたかくよそゐ(よそひ)、御菜(ごさい)三種(さんじゆ)
して、ひらたけ【平茸】のしる【汁】でまいらせ(まゐらせ)【参らせ】たり。木曾(きそ)がまへ
P08063
にもおなじ体(てい)にてすへ(すゑ)【据ゑ】たりけり。木曾(きそ)箸(はし)と(ッ)て
食(しよく)す。猫間殿(ねこまどの)は、合子(がふし)(ガウシ)のいぶせさにめさざりければ、
「それは義仲(よしなか)(ヨシナガ)が精進(しやうじん)合子(がふし)(ガウシ)ぞ」。中納言(ちゆうなごん)めさでもさす
があしかる【悪しかる】べければ、箸(はし)と(ッ)てめすよししけり。木曾(きそ)是(これ)
を見(み)て、「猫殿(ねこどの)は小食(せうじき)におはしけるや。きこゆる【聞ゆる】猫(ねこ)
おろしし給(たま)ひたり。かい給(たま)へ」とぞせめたりける。中
納言(ちゆうなごん)かやうの事(こと)に興(きよう)(ケウ)さめて、のたまひ【宣ひ】あはすべき
ことも一言(ひとこと)もいださず、軈(やがて)いそぎ帰(かへ)られけり。木曾(きそ)
は、官(くわん)加階(かかい)したるものの、直垂(ひたたれ)で出仕(しゆつし)せん事(こと)ある
P08064
べうもなかりけりとて、はじめて布衣(ほうい)とり、装束(しやうぞく)(シヤウソク)
烏帽子(えぼし)ぎはより指貫(さしぬき)のすそまで、まこと【誠】にかた
くななり。されども車(くるま)にこがみ【屈み】のんぬ。鎧(よろひ)(ヨロイ)と(ッ)て
き、矢(や)かきをひ(おひ)【負ひ】、弓(ゆみ)も(ッ)て、馬(むま)にの(ッ)たるにはに【似】もに
ずわろかりけり。牛車(うしくるま)は八島(やしま)の大臣殿(おほいとの)の牛車(うしくるま)
なり。牛飼(うしかひ)(ウシカイ)もそなりけり。世(よ)にしたがふ習(なら)ひなれ
ば、とらはれてつかは【使は】れけれども、あまりの目(め)ざ
ましさに、すゑ【据ゑ】かう【飼う】たる牛(うし)の逸物(いちもつ)なるが、門(かど)いづ
る【出づる】時(とき)、ひとすはへ(ひとすはゑ)あてたらうに、なじかはよかるべき、
P08065
飛(とん)でいづる【出づる】に、木曾(きそ)、車(くるま)のうちにてのけに
たふれ【倒れ】ぬ。蝶(てふ)(テウ)のはねをひろげたるやうに、左
右(さう)の袖(そで)をひろげて、おきむおきむとすれども、
なじかはおきらるべき。木曾(きそ)牛飼(うしかひ)(ウシカイ)とはえいはで、
「やれ子牛(こうし)(コウジ)こでい【健児】、やれこうしこでい【健児】」といひければ、
車(くるま)をやれといふと心(こころ)えて、五六町(ごろくちやう)こそあがかせた
れ。今井(いまゐ)の四郎(しらう)兼平(かねひら)、鞭(ぶち)あぶみをあはせ【合はせ】て、お(ッ)【追つ】
つゐ(つい)【付い】て、「いかに御車(おんくるま)をばかうはつかまつるぞ」としか
り【叱り】ければ、「御牛(おうし)の鼻(はな)がこはう候(さうらふ)」とぞのべたりける。牛
P08066
飼(うしかひ)(うしカイ)なかなをり(なかなほり)【仲直り】せんとや思(おも)ひけん、「それに候(さうらふ)手(て)が
たにとりつかせ給(たま)へ」と申(まうし)ければ、木曾(きそ)手(て)がたに
むずととりつゐ(つい)【付い】て、「あ(ッ)ぱれ(あつぱれ)支度(したく)や、是(これ)は牛(うし)こで
い【牛健児】がはからひか、殿(との)のやう【様】か」とぞとふ(とう)【問う】たりける。さて院(ゐんの)(インノ)
御所(ごしよ)にまいり(まゐり)【参り】つゐ(つい)【付い】て、車(くるま)かけはづさ【外さ】せ、うしろより
をり(おり)【降り】むとしければ、京(きやうの)者(もの)の雑色(ざふしき)(ザウシキ)につかは【使は】れけるが、
「車(くるま)には、めされ候(さうらふ)時(とき)こそうしろよりめされ候(さうら)へ。をり(おり)【降り】
させ給(たま)ふには、まへよりこそをり(おり)【降り】させ給(たま)へ」と申(まうし)け
れども、「いかで車(くるま)であらむがらに、すどをり(すどほり)【素通り】をばすべ
P08067
き」とて、つゐに(つひに)【遂に】うしろよりをり(おり)【降り】て(ン)げり。其(その)外(ほか)おかし
き(をかしき)事(こと)どもおほかり【多かり】けれども、おそれ【恐れ】て是(これ)を申(まう)
『水島合戦(みづしまかつせん)』S0807
さず。○平家(へいけ)は讃岐(さぬき)の八島(やしま)にありながら、山陽道(せんやうだう)
八ケ国(はつかこく)、南海道(なんかいだう)六ケ国(ろくかこく)、都合(つがふ)(ツガウ)十四(じふし)箇国(かこく)をぞうちと
りける。木曾(きその)左馬頭(さまのかみ)是(これ)をきき、やすからぬ事(こと)なり
とて、やがてうつて【討手】をさしつかはす【遣す】。うつて【討手】の大将(だいしやう)には
矢田(やたの)判官代(はんぐわんだい)(ハウグワンダイ)義清(よしきよ)、侍大将(さぶらひだいしやう)(さぶらイだいしやう)には信濃国(しなののくに)の住人(ぢゆうにん)海
野(うんの)の弥平(やへい)四郎(しらう)行広(ゆきひろ)、都合(つがふ)(ツガウ)其(その)勢(せい)七千(しちせん)余騎(よき)、山陽
道(せんやうだう)へ馳下(はせくだ)り、備中[B ノ]国(びつちゆうのくに)水島(みづしま)がとに舟(ふね)をうかべ【浮べ】て、八島(やしま)
P08068
へ既(すで)によせむとす。同(おなじき)(ヲナジキ)閏(うるふ)(ウルウ)十月(じふぐわつ)一日(ひとひのひ)、水島(みづしま)がとに小
船(こぶね)一艘(いつさう)(いつソウ)いできたり。あま舟(ぶね)【海士舟】釣舟(つりぶね)かと見(み)る程(ほど)に、
さはなくして、平家方(へいけがた)より朝(てう)の使舟(つかひぶね)(ツカイブネ)なりけり。
是(これ)を見(み)て源氏(げんじ)の舟(ふね)五百(ごひやく)余艘(よさう)(ヨソウ)ほし【干し】あげたるを、
おめき(をめき)【喚き】さけむ(さけん)【叫ん】でおろしけり。平家(へいけ)は千(せん)余艘(よさう)(ヨソウ)
でおしよせたり。平家(へいけ)の方(かた)の大手(おほて)の大将軍(たいしやうぐん)に
は新中納言(しんぢゆうなごん)知盛卿(とももりのきやう)、搦手(からめて)の大将軍(たいしやうぐん)には能登守(のとのかみ)教
経(のりつね)なり。能登殿(のとどの)のたまひ【宣ひ】けるは、「いかに者共(ものども)、いく
さ【軍】をばゆるに仕(つかまつ)るぞ。北国(ほつこく)のやつばらにいけどら【生捕ら】
P08069
れむをば、心(こころ)うしとはおもは【思は】ずや。御方(みかた)の舟(ふね)を
ばくめ【組め】や」とて、千(せん)余艘(よさう)(ヨソウ)がとも綱(づな)・へづな【舳綱】をくみあ
はせ【合はせ】、中(なか)にむやゐ(むやひ)【舫】をいれ【入れ】、あゆみ【歩み】の板(いた)をひ
き【引き】わたしひき【引き】わたしわたひ(わたい)【渡い】たれば、舟(ふね)のうへ【上】はへいへい【平々】
たり。源平[* 「源氏」と有るのを他本により訂正](げんぺい)両方(りやうばう)時(とき)つくり、矢合(やあはせ)(ヤアワセ)して、互(たがひ)(タガイ)に舟(ふね)どもお
しあはせ【合はせ】てせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。遠(とほ)(トヲ)きをば弓(ゆみ)でゐ(い)【射】、近(ちか)きをば、
太刀(たち)できり、熊手(くまで)にかけてとるもあり、とらるる
もあり、引組(ひつくん)で海(うみ)にいるもあり、さしちがへて
死(し)ぬるもあり【有り】。思(おも)ひ思(おも)ひ心々(こころごころ)に勝負(しようぶ)(セウブ)をす。源氏(げんじ)
P08070
の方(かた)の侍大将(さぶらひだいしやう)(サブライだいシヤウ)海野(うんの)の弥平(やへい)四郎(しらう)うた【討た】れにけり。
是(これ)をみ【見】て大将軍(たいしやうぐん)矢田(やた)の判官代(はんぐわんだい)(ハウグワンダイ)義清(よしきよ)主従(しゆうじゆう)(シユジウ)七
人(しちにん)小舟(こぶね)に乗(のり)て、真前(まつさき)にすす(ン)【進ん】で戦(たたか)ふ程(ほど)に、いかがした
りけむ、船(ふね)ふみ沈(しづ)めて皆(みな)死(し)にぬ。平家(へいけ)は鞍(くら)をき
馬(むま)(くらおきむま)【鞍置き馬】を舟(ふね)のうちにたてられたりければ、舟(ふね)差(さし)よ
せ、馬(むま)どもひき【引き】おろし、うちのりうちのりおめい(をめい)【喚い】てかけけ
れば、源氏(げんじ)の勢(せい)、大将軍(たいしやうぐん)はうた【討た】れぬ、われさきに
とぞ落(おち)(ヲチ)行(ゆき)ける。平家(へいけ)は水島(みづしま)のいくさ【軍】に勝(かつ)て
『瀬尾【*妹尾】(せのを)最期(さいご)』S0808
こそ、会稽(くわいけい)の恥(はぢ)をば雪(きよ)めけれ。○木曾(きそ)の左馬
P08071
頭(さまのかみ)是(これ)をきき、やすからぬ事(こと)なりとて、一万騎(いちまんぎ)で
山陽道(せんやうだう)へ馳下(はせくだ)る。平家(へいけ)の侍(さぶらひ)備中国(びつちゆうのくに)(ビツチウノくに)の住人(ぢゆうにん)(ヂウにん)妹
尾(せのをの)太郎(たらう)兼康(かねやす)は、北国(ほつこく)の戦(たたか)ひに、加賀国(かがのくにの)住人(ぢゆうにん)(ヂウニン)
倉光(くらみつ)の次郎(じらう)成澄(なりずみ)が手(て)にかか(ッ)て、いけどり【生捕り】にせら
れたりしを、成澄(なりずみ)が弟(おとと)(ヲトト)倉光(くらみつ)の三郎(さぶらう)成氏(なりうじ)にあづ
けられたり。きこゆる【聞ゆる】甲(かう)【*剛】の者(もの)、大(だい)ぢから【大力】なりけ
れば、木曾殿(きそどの)「あ(ッ)たらおのこ(をのこ)をうしなふ【失なふ】べきか」と
て、きら【斬ら】ず。人(ひと)あひ心(こころ)ざまゆう(いう)【優】に情(なさけ)あり【有り】ければ、倉
光(くらみつ)もねむごろ(ねんごろ)にもてなしけり。蘇子荊【*蘇子卿】(そしけい)が胡国(ここく)に
P08072
とらはれ、李少卿(りせうけい)が漢朝(かんてう)へ帰(かへ)らざりしがごとし【如し】。とをく(とほく)【遠く】
異国(いこく)に付(つけ)る事(こと)は、昔(むかし)の人(ひと)のかなしめりし処(ところ)也(なり)と
いへり。韋(をしかはの)環【*■】(たまき)・鴨【*毳】(かも)の膜【*幕】(ばく)も(ッ)て風雨(ふうう)をふせき【防き】、腥【*羶】(なまぐさき)肉(しし)・
駱【*酪】(らく)がつくり水(みづ)【作水】も(ッ)て飢渇(きかつ)にあつ。夜(よ)るはいぬる事(こと)
なく、昼(ひる)は終日(ひめもす)につかへ、木(き)をきり草(くさ)をからずといふ
ばかりに随(したが)ひつつ、いかにもして敵(てき)をうかがひ【伺ひ】打(うつ)
て、いま一度(いちど)旧主(きうしゆ)を見(み)たて奉(たてまつ)らむと思(おも)ひける
兼康(かねやす)が心(こころ)の程(ほど)こそおそろしけれ【恐ろしけれ】。或(ある)時(とき)妹尾(せのをの)太郎(たらう)、
倉光(くらみつ)の三郎(さぶらう)にあふ(あう)【逢う】て、いひけるは、「去(さんぬる)五月(ごぐわつ)より、
P08073
甲斐(かひ)なき命(いのち)をたすけ【助け】られまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て候(さうら)へば、
誰(たれ)をたれとかおもひ【思ひ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】候(さうらふ)べき。自今(じごん)以後(いご)
御(おん)いくさ【軍】候(さうらは)ば、真前(まつさき)かけ【駆け】て木曾殿(きそどの)に命(いのち)をまい
らせ(まゐらせ)【参らせ】候(さうら)はん。兼康(かねやす)が知行(ちぎやう)仕(つかまつり)候(さうらひ)し備中(びつちゆう)(ビツチウ)の妹尾(せのを)は、
馬(むま)の草飼(くさがひ)(クサガイ)よい所(ところ)で候(さうらふ)。御辺(ごへん)申(まうし)て給(たま)はらせ給(たま)へ」と
いひければ、倉光(くらみつ)此(この)様(やう)を申(まう)す。木曾殿(きそどの)「神妙(しんべう)の
事(こと)申(まうす)ごさんなれ。さらば汝(なんぢ)妹尾(せのを)を案内者(あんないしや)にし
て、先(まづ)くだれ。誠(まこと)に馬(むま)の草(くさ)なんどをもかまへさせ
よ」との給(たま)へ【宣へ】ば、倉光(くらみつの)三郎(さぶらう)かしこまり悦(よろこん)で、其(その)勢(せい)
P08074
卅騎(さんじつき)ばかり、妹尾(せのをの)太郎(たらう)をさきとして、備中(びつちゆう)(ビツチウ)へぞ下(くだり)け
る。妹尾(せのを)が嫡子(ちやくし)小太郎(こたらう)宗康(むねやす)は、平家(へいけ)の御方(おんかた)に候(さうらふ)。
父(ちち)が木曾殿(きそどの)よりゆるさ【許さ】れて下(くだ)るときこえ【聞え】しかば、
年来(としごろ)の郎等(らうどう)どももよほしあつめ【集め】、其(その)勢(せい)五十騎(ごじつき)
ばかりでむかへ【向へ】にのぼる程(ほど)に、播磨(はりま)の国府(こふ)でゆき
あふ(あう)【逢う】て、つれて下(くだ)る。備前国(びぜんのくに)みつ石(いし)の宿(しゆく)にとど
ま(ッ)【留まつ】たりければ、妹尾(せのを)がしたしき者共(ものども)、酒(さけ)をもたせて
出(いで)きたり。其(その)夜(よ)もすがら悦(よろこび)のさかもりしけるに、あ
づかり【預り】の武士(ぶし)倉光(くらみつ)の三郎(さぶらう)、所従(しよじゆう)(シヨジウ)ともに卅(さんじふ)余人(よにん)、し
P08075
ゐ(しひ)【強ひ】ふせ【臥せ】ておこしもたてず、一々(いちいち)に皆(みな)さしころし【殺し】て(ン)
げり。備前[B ノ]国(びぜんのくに)は十郎(じふらう)蔵人(くらんど)の国(くに)なり。其(その)代官(だいくわん)の
国府(こふ)にあり【有り】けるをも、おし【押し】よせ【寄せ】てう(ッ)【打つ】て(ン)げり。「兼
康(かねやす)こそいとま給(たまは)(ッ)て罷下(まかりくだ)れ、平家(へいけ)に心(こころ)ざし思(おも)ひ
まいらせ(まゐらせ)【参らせ】む人々(ひとびと)は、兼康(かねやす)を先(さき)として、木曾殿(きそどの)の下(くだり)
給(たま)ふに、矢(や)ひとつ【一つ】ゐ(い)【射】かけ奉(たてまつ)れ」と披露(ひろう)しければ、
備前(びぜん)・備中(びつちゆう)・備後(びんご)三箇国(さんがこく)の兵(つはもの)ども、馬(むま)・物具(もののぐ)しかる【然る】
べき所従(しよじゆう)(シヨジウ)をば、平家(へいけ)の御方(おんかた)へまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、やす
みける老者共(らうしやども)、或(あるい)は柿(かき)の直垂(ひたたれ)につめひも【詰紐】し、
P08076
或(あるい)は布(ぬの)の小袖(こそで)にあづまおり(あづまをり)【東折】し、くさり腹巻(はらまき)つづ
りきて、山(やま)うつぼ【山靭】・たかゑびら(たかえびら)【竹箙】に矢(や)ども少々(せうせう)さし、かき
をひ(おひ)【負ひ】かきをひ(おひ)【負ひ】妹尾(せのを)が許(もと)へ馳(はせ)集(あつま)る。都合(つがふ)(ツガウ)其(その)勢(せい)二千(にせん)余人(よにん)、
妹尾(せのをの)太郎(たらう)を先(さき)として、備前国(びぜんのくに)福(ふく)りうじ(ふくりゆうじ)【福隆寺】縄手(なはて)、
ささ【篠】のせまり【迫り】を城郭(じやうくわく)にかまへ、口(くち)二丈(にぢやう)ふかさ【深さ】二丈(にぢやう)
に堀(ほり)をほり、逆(さか)もぎ引(ひき)、高矢倉(たかやぐら)あげ、かいだて【垣楯】か
き、矢(や)さき【矢先】をそろへて、いまやいまやと待(まち)かけたり。
備前国(びぜんのくに)に十郎(じふらう)蔵人(くらんど)のをか(おか)【置か】れたりし代官(だいくわん)、妹尾(せのを)(せのヲノ)
にうた【討た】れて、其(その)下人共(げにんども)がにげて京(きやう)へ上(のぼ)る程(ほど)に、播
P08077
磨(はりま)(マリマ)と備前(びぜん)のさかひふなさか【舟坂】といふ所(ところ)にて、木曾殿(きそどの)
にまいり(まゐり)【参り】あふ。此(この)由(よし)申(まうし)ければ、「やすからぬ。き(ッ)て捨(すつ)べ
かりつる物(もの)を」と後悔(こうくわい)せられければ、今井(いまゐ)(イマイ)の四郎(しらう)
申(まうし)けるは、「さ候(さうら)へばこそ、きやつがつらだましゐ(つらだましひ)【面魂】ただ
もの【唯者】とは見(み)候(さうら)はず。ちたび【千度】きらうど申(まうし)候(さうらひ)つる物(もの)を、
助(たす)けさせ給(たまひ)て」と申(まうす)。「思(おも)ふに何程(なにほど)の事(こと)かあるべき。
追(おつ)(ヲツ)懸(かけ)て討(う)て」とぞのたまひ【宣ひ】ける。今井(いまゐの)四郎(しらう)「まづ
下(くだ)(ッ)て見(み)候(さうら)はん」とて、三千(さんぜん)余騎(よき)で馳下(はせくだ)る。ふくりう
寺(じ)(ふくりゆうじ)【福隆寺】縄手(なはて)(ナワテ)は、はたばり【端張】弓杖(ゆんづゑ)(ユンヅエ)一(ひと)たけばかりにて、とをさ(とほさ)【遠さ】は
P08078
西国(さいこく)一里(いちり)也(なり)。左右(さう)は深田(ふかた)にて、馬(むま)の足(あし)もをよば(およば)【及ば】ね
ば、三千(さんぜん)余騎(よき)が心(こころ)はさきにすすめども、馬(むま)次第(しだい)に
ぞあゆま【歩ま】せける。押(おし)(ヲシ)よせて見(み)ければ、妹尾(せのをの)太郎(たらう)
矢倉(やぐら)に立出(たちいで)て、大音声(だいおんじやう)(だいヲンコエ)をあげて、「去(さんぬる)五月(ごぐわつ)より今(いま)
まで、甲斐(かひ)(カイ)なき命(いのち)を助(たすけ)られまいらせ(まゐらせ)【参らせ】て候(さうらふ)をのをの(おのおの)【各々】の
御芳志(ごはうし)には、是(これ)をこそ用意(ようい)仕(つかまつ)て候(さうら)へ」とて、究竟(くつきやう)の
つよ弓(ゆみ)【強弓】勢兵(せいびやう)数百人(すひやくにん)すぐりあつめ【集め】、矢前(やさき)をそ
ろへてさしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さんざんにゐる(いる)【射る】。おもてを
向(むかふ)べき様(やう)もなし。今井(いまゐの)四郎(しらう)をはじめとして、楯(たて)・
P08079
祢[B ノ]井(ねのゐ)・宮崎(みやざきの)三郎(さぶらう)・諏方【*諏訪】(すは)・藤沢(ふぢさは)(フヂサワ)な(ン)ど(なんど)いふはやりを【逸男】
の兵(つはもの)ども、甲(かぶと)のしころをかたぶけて、射(い)ころさ【殺さ】
るる人馬(じんば)をとりいれ【入れ】ひき【引き】いれ【入れ】、堀(ほり)をうめ、おめき(をめき)【喚き】
さけむ(さけん)【叫ん】でせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。或(あるい)は左右(さう)の深田(ふかた)に打(うち)い
れ【入れ】て、馬(むま)のくさわき【草脇】・むながいづくし・ふと腹(はら)な(ン)ど(なんど)に
たつ所(ところ)を事(こと)ともせず、むらめかい【群めかい】てよせ【寄せ】、或(あるい)は谷(たに)ふ
け【谷深】をも嫌(きら)はず、懸(かけ)いり懸(かけ)いり一日(いちにち)戦(たたかひ)(タタカイ)暮(くら)しけり。夜(よ)に
いりて妹尾(せのを)が催(もよほ)(モヨヲ)しあつめ【集め】たるかり武者(むしや)ども【駆武者共】、皆(みな)せ
め【攻め】おとさ【落さ】れて、たすかる者(もの)はすくなう、うたるる
P08080
者(もの)ぞおほかり【多かり】ける。妹尾(せのをの)太郎(たらう)篠(ささ)のせまり【迫り】の城
郭(じやうくわく)を破(やぶ)られて、引退(ひきしりぞ)き、備中国(びつちゆうのくに)板倉川(いたくらがは)のはた【端】
に、かいだて【垣楯】かいて待懸(まちかけ)たり。今井(いまゐの)四郎(しらう)軈(やがて)をし(おし)【押し】よ
せ【寄せ】責(せめ)ければ、山(やま)うつぼ【山靭】・たかゑびら(たかえびら)【竹箙】に矢種(やだね)のある程(ほど)
こそふせき【防き】けれ、みな射(い)つくして(ン)げれば、われ
さきにとぞ落(おち)(ヲチ)行(ゆき)ける。妹尾(せのをの)太郎(たらう)ただ主従(しゆうじゆう)(シウジウ)三
騎(さんぎ)にうちなされ、板倉川(いたくらがは)(イタクラカワ)のはたにつゐ(つい)【着い】て、みど
ろ山(やま)のかたへ落(おち)(ヲチ)行(ゆく)程(ほど)に、北国(ほつこく)で妹尾(せのを)いけどり【生捕り】に
したりし倉光(くらみつ)の次郎(じらう)成澄(なりずみ)、おとと【弟】はうた【討た】れぬ、「や
P08081
すからぬ事(こと)なり。妹尾(せのを)においては又(また)いけどり【生捕り】に仕(つかまつり)候(さうら)はん」
とて、群(ぐん)にぬけてをう(おう)【追う】てゆく。あはひ【間】一町(いつちやう)ばかりに
追(おつ)(ヲツ)付(つけ)て、「いかに妹尾殿(せのをどの)、まさなうも敵(てき)にうしろをば見(み)
する物(もの)かな。返(かへ)せやかへせ」といはれて、板倉川(いたくらがは)を
西(にし)へわたす河中(かはなか)に、ひかへて待懸(まちかけ)たり。倉光(くらみつ)馳来(はせきたつ)
て、おしならべむずと組(くん)で、どうどおつ。互(たがひ)におと
らぬ大力(だいぢから)なれば、うへ【上】になり、したになり、ころび
あふ程(ほど)に、川岸(かはぎし)(カワキシ)に淵(ふち)のあり【有り】けるにころびいりて、
倉光(くらみつ)は無水練(ぶすいれん)なり、妹尾(せのを)はすぐれたる水練(すいれん)なり
P08082
ければ、水(みづ)のそこ【底】で倉光(くらみつ)をと(ッ)てをさへ(おさへ)【抑へ】、鎧(よろひ)(ヨロイ)の草
摺(くさずり)ひき【引き】あげ、つか【柄】もこぶし【拳】もとをれ(とほれ)【通れ】とをれ(とほれ)【通れ】と三刀(みがたな)さい
て頸(くび)をとる。我(わが)馬(むま)は乗損(のりそん)じたれば、敵(てき)倉光(くらみつ)が馬(むま)に
乗(のつ)て落(おち)(ヲチ)行(ゆく)程(ほど)に、妹尾(せのを)が嫡子(ちやくし)小太郎(こたらう)宗康(むねやす)、馬(むま)に
はのらず、歩行(ほかう)にて郎等(らうどう)とつれ【連れ】て落行(おちゆく)程(ほど)に、
いまだ廿二三(にじふにさん)の男(をとこ)なれども、あまりにふと(ッ)て一
町(いつちやう)ともえはしら【走ら】ず、物具(もののぐ)ぬぎすててあゆめ【歩め】ども
かなは【叶は】ざりけり。父(ちち)は是(これ)をうち捨(すて)て、十(じふ)余町(よちやう)こそ
逃(にげ)のびたれ。郎等(らうどう)にあふ(あう)【逢う】ていひけるは、「兼康(かねやす)は
P08083
千万(せんまん)の敵(てき)にむか(ッ)【向つ】て軍(いくさ)するは、四方(よも)はれ【晴れ】ておぼゆる
が、今度(こんど)は小太郎(こたらう)をすててゆけばにや、一向(いつかう)前(さき)
がくらうて見(み)えぬぞ。たとひ兼康(かねやす)命(いのち)いきて、ふた
たび平家(へいけ)の御方(おんかた)へまいり(まゐり)【参り】たりとも、どうれい【同隷】ども
「兼康(かねやす)いまは六十(ろくじふ)にあまりたる者(もの)の、いく程(ほど)の命(いのち)
をおしう(をしう)【惜しう】で、ただひとりある子(こ)を捨(すて)ておち【落ち】けるや
らん」といはれむ事(こと)こそはづかしけれ」。郎等(らうどう)申(まうし)
けるは、「さ候(さうら)へばこそ、御一所(ごいつしよ)でいかにもならせ給(たま)へと
申(まうし)つるはここ候(ざうらふ)。かへさ【返さ】せ給(たま)へ」といひければ、「さらば」とて
P08084
取(と)(ッ)てかへす【返す】。小太郎(こたらう)は足(あし)か(ン)ばかりはれ【腫れ】てふせ【臥せ】り。「な
むぢ(なんぢ)がえお(ッ)【追つ】つかねば、一所(いつしよ)で打死(うちじに)せうどて帰(かへり)たるは、
いかに」といへば、小太郎(こたらう)涙(なみだ)をはらはらとながい【流い】て、「此(この)身(み)
こそ無器量(ぶきりやう)の者(もの)で候(さうら)へば、自害(じがい)をも仕(つかまつり)候(さうらふ)べきに、我(われ)
ゆへ(ゆゑ)【故】に御命(おんいのち)をうしなひ【失ひ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】む事(こと)、五逆罪(ごぎやくざい)にや候(さうら)
はんずらむ。ただとうとう【疾う疾う】のびさせ給(たま)へ」と申(まう)せども、
「思(おも)ひき(ッ)たるうへ【上】は」とて、やすむ処(ところ)に、今井(いまゐ)の四
郎(しらう)ま(ッ)さきかけて、其(その)勢(せい)五十騎(ごじつき)ばかりおめい(をめい)【喚い】て追(おつ)(ヲツ)
かけたり。妹尾(せのをの)太郎(たらう)矢(や)七(なな)つ八(や)つ射(い)のこしたるを、
P08085
さしつめ【差し詰め】ひきつめ【引き詰め】さむざむ(さんざん)【散々】に射(い)る。死生(ししやう)はしら【知ら】ず、
やにはに敵(てき)五六騎(ごろくき)射(い)おとす【落す】。其(その)後(のち)打物(うちもの)ぬいて、
先(まづ)小太郎(こたらう)が頸(くび)打(うち)おとし【落し】、敵(てき)の中(なか)へわ(ッ)ていり、さむ
ざむ(さんざん)【散々】に戦(たたか)ひ、敵(てき)あまたうちと(ッ)て、つゐに(つひに)【遂に】打死(うちじに)し
て(ン)げり。郎等(らうどう)も主(しゆう)にち(ッ)ともおとらず戦(たたか)ひけるが、
大事(だいじ)の手(て)あまたをひ(おひ)【負ひ】、たたかひつかれ【疲れ】て自害(じがい)せ
むとしけるが、いけどり【生捕り】にこそせられけれ。中(なか)一日(いちにち)あ(ッ)
てしに【死に】にけり。是等(これら)主従(しゆうじゆう)(シウジウ)三人(さんにん)が頸(くび)をば、備中国(びつちゆうのくに)
鷺(さぎ)が森(もり)にぞかけたりける。木曾殿(きそどの)是(これ)を見(み)給(たま)
P08086
ひて、「あ(ッ)ぱれ(あつぱれ)剛(かう)の者(もの)かな。是(これ)をこそ一人当千(いちにんたうぜん)の兵(つはもの)(ツワモノ)と
もいふべけれ。あ(ッ)たら者(もの)どもを助(たす)けてみ【見】で」とぞ
『室山(むろやま)』S0809
のたまひ【宣ひ】ける。○さる程(ほど)に、木曾殿(きそどの)は備中国(びつちゆうのくに)万寿(まんじゆ)
の庄(しやう)にて勢(せい)ぞろへして、八島(やしま)へ既(すで)によせむとす。
其(その)間(あひだ)の都(みやこ)の留守(るす)にをか(おか)【置か】れたる樋口(ひぐちの)次郎(じらう)兼光(かねみつ)、
使者(ししや)をたてて、「十郎(じふらう)蔵人殿(くらんどどの)こそ殿(との)のましまさ
ぬ間(ま)に、院(ゐん)のきり人(うと)【切り人】して、やうやうに讒奏(ざんそう)せられ
候(さうらふ)なれ。西国(さいこく)の軍(いくさ)をば暫(しばらく)さしをか(おか)【置か】せ給(たま)ひて、いそ
ぎのぼらせ給(たま)へ」と申(まうし)ければ、木曾(きそ)「さらば」とて、夜(よ)
P08087
を日(ひ)につゐ(つい)【継い】で馳上(はせのぼ)る。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)あしかり【悪しかり】なん
とやおもひ【思ひ】けむ、木曾(きそ)にちがはむと丹波路(たんばぢ)に
かか(ッ)て、播磨国(はりまのくに)へ下(くだ)る。木曾(きそ)は摂津国(つのくに)をへて、みや
こ【都】へいる。平家(へいけ)は又(また)木曾(きそ)うたむとて、大将軍(たいしやうぐん)には
新中納言(しんぢゆうなごん)知盛卿(とももりのきやう)・本三位(ほんざんみの)中将(ちゆうじやう)重衡(しげひら)、侍大将(さぶらひだいしやう)(さぶらイだいシヤウ)には、越
中(ゑつちゆうの)(エツちゆうの)次郎兵衛(じらうびやうゑ)盛次【*盛嗣】(もりつぎ)・上総(かづさの)五郎兵衛(ごらうびやうゑ)忠光(ただみつ)・悪(あく)七兵
衛(しつびやうゑ)(しつびやうエ)景清(かげきよ)・都合(つがふ)(ツガウ)其(その)勢(せい)二万(にまん)余騎(よき)、千(せん)余艘(よさう)(ヨソウ)の舟(ふね)に
乗(のり)、播磨(はりま)の地(ち)へおしわたりて、室山(むろやま)に陣(ぢん)をとる。十
郎(じふらう)蔵人(くらんど)、平家(へいけ)と軍(いくさ)して木曾(きそ)と中(なか)なをり(なかなほり)【仲直り】せん
P08088
とやおもひ【思ひ】けむ、其(その)勢(せい)五百(ごひやく)余騎(よき)で室山(むろやま)へこそをし(おし)【押し】
よせ【寄せ】たれ。平家(へいけ)は陣(ぢん)を五(いつ)つにはる。一陣(いちぢん)越中[B ノ](ゑつちゆうの)(エツちゆうの)次郎
兵衛(じらうびやうゑ)盛次【*盛嗣】(もりつぎ)(モリツク)二千(にせん)余騎(よき)、二陣(にぢん)伊賀(いがの)平(へい)内左衛門(ないざゑもん)家
長(いへなが)二千(にせん)余騎(よき)、三陣(さんぢん)上総(かづさの)五郎兵衛(ごらうびやうゑ)・悪(あく)七兵衛(しつびやうゑ)三千(さんぜん)
余騎(よき)、四陣(しぢん)本三位(ほんざんみの)中将(ちゆうじやう)重衡(しげひら)三千(さんぜん)余騎(よき)、五陣(ごぢん)新
中納言(しんぢゆうなごん)知盛卿(とももりのきやう)一万(いちまん)余騎(よき)でかためらる。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)行
家(ゆきいへ)五百(ごひやく)余騎(よき)でおめい(をめい)【喚い】てかく。一陣(いちぢん)越中(ゑつちゆうの)(エツちゆうの)次郎兵衛(じらうびやうゑ)盛
次【*盛嗣】(もりつぎ)、しばらくあひしらう(しらふ)様(やう)にもてなひ(もてない)て、中(なか)をざ(ッ)と
あけてとをす(とほす)。二陣(にぢん)伊賀(いがの)平(へい)内左衛門(ないざゑもん)家長(いへなが)(イエナガ)、おな
P08089
じうあけてとをし(とほし)けり。三陣(さんぢん)上総(かづさの)五郎兵衛(ごらうびやうゑ)・悪(あく)七
兵衛(しつびやうゑ)、ともにあけてとをし(とほし)けり。四陣(しぢん)本三位(ほんざんみの)中将(ちゆうじやう)重
衡卿(しげひらのきやう)、是(これ)もあけていれ【入れ】られけり。一陣(いちぢん)より五陣(ごぢん)まで
兼(かね)て約束(やくそく)したりければ、敵(かたき)を中(なか)にとりこめて、一度(いちど)
に時(とき)をど(ッ)とぞつくりける。十郎(じふらう)蔵人(くらんど)今(いま)は遁(のが)るべ
き方(かた)もなかりければ、たばかられぬとおもひ【思ひ】て、おもて【面】も
ふらず、命(いのち)もおしま(をしま)【惜しま】ず、ここを最後(さいご)とせめ【攻め】たたかふ【戦ふ】。平
家(へいけ)の侍(さぶらひ)ども、「源氏(げんじ)の大将(だいしやう)にくめや」とて、我(われ)さきにとすすめども、さすが十郎(じふらう)蔵人(くらんど)にをし(おし)【押し】ならべてくむ
P08090
武者(むしや)一騎(いつき)もなかりけり。新中納言(しんぢゆうなごん)のむねとたのま【頼ま】
れたりける紀(きの)七左衛門(しちざゑもん)・紀(きの)八衛門(はちゑもん)・紀(きの)九郎(くらう)な(ン)ど(なんど)いふ兵(つはもの)
ども、そこにて皆(みな)十郎(じふらう)蔵人(くらんど)にうちとられぬ。かくし
て十郎(じふらう)蔵人(くらんど)、五百(ごひやく)余騎(よき)が纔(わづか)に卅騎(さんじつき)ばかりにうちな
され、四方(しはう)はみな敵(てき)なり、御方(みかた)は無勢(ぶせい)なり、いかにして
のがる【逃る】べしとは覚(おぼ)えねど、おもひ【思ひ】き(ッ)て雲霞(うんか)のごとく【如く】
なる敵(てき)のなかをわ(ッ)てとをる(とほる)【通る】。されども我(わが)身(み)は手(て)
もをは(おは)ず、家子(いへのこ)(イエノコ)郎等(らうどう)廿(にじふ)余騎(よき)大略(たいりやく)手負(ておう)(テヲウ)て、播
磨国(はりまのくに)高砂(たかさご)より舟(ふね)に乗(のり)、をし(おし)【押し】いだひ(いだい)【出い】て和泉国(いづみのくに)
P08091
にぞ付(つき)にける。それより河内(かはち)(カワチ)へうちこえて、長野
城(ながののじやう)にひ(ッ)【引つ】こもる。平家(へいけ)は室山(むろやま)・水島(みづしま)二ケ度(にかど)のいくさ【軍】
『皷判官(つづみはうぐわん)』S0810
に勝(かつ)てこそ、弥(いよいよ)勢(せい)はつきにけれ。○凡(およそ)(ヲヨソ)京中(きやうぢゆう)には源
氏(げんじ)みちみちて、在々所々(ざいざいしよしよ)にいりどり【入り捕り】おほし【多し】。賀茂(かも)・八
幡(はちまん)の御領(ごりやう)ともいはず、青田(あをた)を苅(かり)てま草(くさ)にす。人(ひと)の
倉(くら)をうちあけて物(もの)をとり、持(もち)てとをる(とほる)【通る】物(もの)をうば
ひ【奪ひ】とり、衣裳(いしやう)をはぎとる。「平家(へいけ)の都(みやこ)におはせし時(とき)は、
六波羅殿(ろくはらどの)とて、ただおほかた【大方】おそろしかり【恐ろしかり】しばかり也(なり)。
衣裳(いしやう)をはぐまではなかりし物(もの)を、平家(へいけ)に源氏(げんじ)
P08092
かへおとり【替へ劣り】したり」とぞ人(ひと)申(まうし)ける。木曾(きそ)の左馬頭(さまのかみ)
のもとへ、法皇(ほふわう)(ホウワウ)より御使(おんつかひ)(おんツカイ)あり【有り】。狼籍【*狼藉】(らうぜき)しづめよと仰(おほせ)(ヲホセ)
下(くだ)さる。御使(おんつかひ)(おんツカイ)は壱岐守(いきのかみ)朝親【*知親】(ともちか)が子(こ)に、壱岐(いきの)判官(はんぐわん)(ハウグワン)朝
泰【*知康】(ともやす)といふ者(もの)也(なり)。天下(てんが)にすぐれたる皷(つづみ)の上手(じやうず)(じやうヅ)であ
りければ、時(とき)の人(ひと)皷判官(つづみはんぐわん)(ツヅミハウグワン)とぞ申(まうし)ける。木曾(きそ)
対面(たいめん)して、先(まづ)御返事(おんぺんじ)をば申(まう)さで、「抑(そもそも)わとのを皷判
官(つづみはんぐわん)といふは、よろづの人(ひと)にうた【打た】れたうたか、はられ
たうたか」とぞとふ(とう)【問う】たりける。朝泰【*知康】(ともやす)返事(へんじ)にをよば(およば)【及ば】ず、
院(ゐんの)(インノ)御所(ごしよ)に帰(かへ)りまい(ッ)(まゐつ)【参つ】て、「義仲(よしなか)おこ(をこ)の者(もの)で候(さうらふ)。只今(ただいま)朝
P08093
敵(てうてき)になり候(さうらひ)なんず。いそぎ追討(ついたう)せさせ給(たま)へ」と申(まうし)け
れば、法皇(ほふわう)(ホウワウ)さらばしかる【然る】べき武士(ぶし)にも仰(おほせ)付(つけ)られずし
て、山(やま)の座主(ざす)・寺(てら)の長吏(ちやうり)(チヤウシ)に仰(おほせ)られて、山(やま)・三井寺(みゐでら)の
悪僧(あくそう)どもをめされけり。公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)のめされける勢(せい)
と申(まうす)は、むかへつぶて【向へ礫】・いんぢ【印地】、いふかひなき辻冠
者原(つじくわんじやばら)(ツヂクワジヤバラ)・乞食(こつじき)法師(ぼふし)(ボウシ)どもなりけり。木曾(きその)左馬頭(さまのかみ)、
院(ゐん)の御気色(ごきしよく)あしう【悪しう】なると聞(きこ)えしかば、はじめは
木曾(きそ)にしたがふ(したがう)たりける五畿内(ごきない)の兵(つはもの)ども、皆(みな)そ
むゐ(そむい)て院方(ゐんがた)(インがた)へまいる(まゐる)【参る】。信濃源氏(しなのげんじ)村上(むらかみ)の三郎(さぶらう)判
P08094
官代(はんぐわんだい)、是(これ)も木曾(きそ)をそむゐ(そむい)て法皇(ほふわう)(ホウワウ)へまいり(まゐり)【参り】けり。今
井(いまゐの)四郎(しらう)申(まうし)けるは、「是(これ)こそ以外(もつてのほか)の御大事(おんだいじ)で候(さうら)へ。されば
とて十善(じふぜん)帝王(ていわう)にむかい(むかひ)【向ひ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、争(いかで)か御合戦(ごかつせん)
候(さうらふ)べき。甲(かぶと)をぬぎ弓(ゆみ)をはづゐ(はづい)て、降人(かうにん)(ガウニン)にまいら(まゐら)【参ら】せ
給(たま)へ」と申(まう)せば、木曾(きそ)大(おほき)(ヲホキ)にいか(ッ)て、「われ信濃(しなの)を出(いで)し時(とき)、
をみ【麻績】・あひだ【会田】のいくさ【軍】よりはじめて、北国(ほつこく)には、砥浪山(となみやま)・
黒坂(くろさか)(クロザカ)・篠原(しのはら)、西国(さいこく)には福立寺【福隆寺】(ふくりゆうじ)(フクリウジ)縄手(なはて)(ナワテ)・ささ【篠】のせまり【迫り】・板
倉(いたくら)が城(じやう)を責(せめ)しかども、いまだ敵(てき)にうしろを見(み)せず、た
とひたとひ十善(じふぜん)帝王(ていわう)にてましますとも、甲(かぶと)をぬぎ、
P08095
弓(ゆみ)をはづい【外い】て降人(かうにん)にはえこそまいる(まゐる)【参る】まじけ
れ。たとへば都(みやこ)の守護(しゆご)してあらむものが、馬(むま)一疋(いつぴき)
づつかう【飼う】てのら【乗ら】ざるべきか。いくらもある田(た)ども
からせて、ま草(くさ)にせんを、あながちに法皇(ほふわう)のとが
め給(たま)ふべき様(やう)やある。兵粮米(ひやうらうまい)もなければ、冠者
原共(くわんじやばらども)(クワジヤバラども)がかたほとりにつゐ(つい)【付い】て、時々(ときどき)いりどり【入り捕り】せんは
何(なに)かあながちひが事(こと)【僻事】ならむ。大臣家(だいじんげ)や宮々(みやみや)の御所(ごしよ)へ
もまいら(まゐら)【参ら】ばこそ僻事(ひがこと)ならめ。是(これ)は皷判官(つづみはんぐわん)(ツヅミハウぐわん)が凶害(きようがい)(ケウガイ)
とおぼゆるぞ。其(その)皷(つづみ)め打破(うちやぶつ)て捨(すて)よ。今度(こんど)は義
P08096
仲(よしなか)が最後(さいご)の軍(いくさ)にてあらむずるぞ。頼朝(よりとも)が帰(かへり)きか
む処(ところ)もあり、軍(いくさ)ようせよ。者(もの)ども」とてう(ッ)【打つ】たち【立ち】け
り。北国(ほつこく)の勢(せい)ども皆(みな)落(おち)(ヲチ)下(くだ)(ッ)て、纔(わづか)に六七千騎(ろくしちせんぎ)ぞ
あり【有り】ける。我(わが)軍(いくさ)の吉例(きちれい)なればとて、七手(ななて)につくる。
先(まづ)樋口(ひぐちの)次郎(じらう)兼光(かねみつ)、二千騎(にせんぎ)で、新熊野(いまぐまの)のかたへ
搦手(からめて)にさしつかはす【遣す】。のこり六手(むて)は、をのをの(おのおの)【各々】がゐた
らむずる条里小路(でうりこうぢ)より川原(かはら)へいで【出で】て、七条河
原(しつでうかはら)にてひとつ【一つ】になれと、あひづ【合図】をさだめ【定め】て出立(いでたち)
けり。軍(いくさ)は十一月(じふいちぐわつ)十九日(じふくにち)の朝(あした)なり。院[B ノ](ゐんの)御所(ごしよ)法住寺
P08097
殿(ほふぢゆうじどの)(ホウジウジどの)にも、軍兵(ぐんびやう)二万(にまん)余人(よにん)まいり(まゐり)【参り】こもり【籠り】たるよし聞(きこ)え
けり。御方(みかた)のかさじるし【笠印】には、松(まつ)の葉(は)をぞ付(つけ)たり
たる。木曾(きそ)法住寺殿(ほふぢゆうじどの)(ホウジウジどの)の西門(さいもん)にをし(おし)【押し】よせ【寄せ】てみれ【見れ】ば、
皷判官(つづみはんぐわん)(ツヅミハウグワン)朝泰【*知康】(ともやす)軍(いくさ)の行事(ぎやうじ)うけ給(たまは)(ッ)【承つ】て、赤地(あかぢ)の
錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に、鎧(よろひ)はわざとき【着】ざりけり。甲(かぶと)斗(ばかり)ぞ
きたりける。甲(かぶと)には四天(してん)をかいて、をし(おし)【押し】たりけり。
御所(ごしよ)の西(にし)の築墻【築垣】(ついがき)の上(うへ)にのぼ(ッ)【上つ】て立(たち)たりけるが、
片手(かたて)にはほこ【矛】をもち、片手(かたて)には金剛鈴(こんがうれい)をも(ッ)て、金
剛鈴(こんがうれい)を打振(うちふり)打振(うちふり)、時々(ときどき)は舞(まふ)おり(をり)【折】もあり【有り】けり。若(わか)き
P08098
公卿(くぎやう)殿上人(てんじやうびと)「風情(ふぜい)なし。朝泰【*知康】(ともやす)には天狗(てんぐ)ついたり」とぞ
わらは【笑は】れける。大音声(だいおんじやう)をあげて、「むかしは宣旨(せんじ)をむ
か(ッ)【向つ】てよみければ、枯(かれ)たる草木(そうもく)も花(はな)さきみ【実】なり、悪鬼(あつき)
悪神(あくじん)も隨(したが)ひけり。末代(まつだい)ならむがらに、いかんが十善(じふぜん)
帝王(ていわう)にむかひ【向ひ】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】て弓(ゆみ)をばひくべき。汝等(なんぢら)が
はなたん矢(や)は、返(かへ)(ッ)て身(み)にあたるべし、ぬかむ太刀(たち)は身(み)をきるべし」な(ン)ど(なんど)とののしりければ、木曾(きそ)「さないは
せそ」とて、時(とき)をど(ッ)とつくる。さる程(ほど)に、搦手(からめて)にさしつ
かはし【遣し】たる樋口(ひぐちの)次郎(じらう)兼光(かねみつ)、新熊野(いまぐまの)の方(かた)より時(とき)の
P08099
こゑ【声】をぞあはせ【合はせ】たり。鏑(かぶら)のなかに火(ひ)をいれ【入れ】て、法住
寺殿(ほふぢゆうじどの)の御所(ごしよ)に射(い)たて【立て】たりければ、おりふし(をりふし)【折節】風(かぜ)は
はげしし、猛火(みやうくわ)天(てん)にもえあが(ッ)【上がつ】て、ほのを(ほのほ)【炎】は虚空(こくう)に
ひまもなし。いくさ【軍】の行事(ぎやうじ)朝泰【*知康】(ともやす)は、人(ひと)よりさきに
落(おち)にけり。行事(ぎやうじ)がおつるうへ【上】は、二万(にまん)余人(よにん)の官軍(くわんぐん)
ども、我(われ)さきにとぞ落(おち)ゆきける。あまりにあはて(あわて)【慌て】
さはひ(さわい)【騒い】で、弓(ゆみ)とる者(もの)は矢(や)をしら【知ら】ず、矢(や)をとる者(もの)は弓(ゆみ)
をしら【知ら】ず、或(あるい)は長刀(なぎなた)さかさまについて、我(わが)足(あし)つき
つらぬく者(もの)もあり、或(あるい)は弓(ゆみ)のはず物(もの)にかけて、えはづ
P08100
さ【外さ】で捨(すて)てにぐる者(もの)もあり【有り】。七条(しつでう)がすゑは接津【摂津】国(つのくに)
源氏(げんじ)のかためたりけるが、七条(しつでう)を西(にし)へおち【落ち】て行(ゆく)。かね
て【予て】軍(いくさ)いぜん【以前】より、「落人(おちうと)のあらむずるをば、用意(ようい)して
うちころせ」と、御所(ごしよ)より披露(ひろう)せられたりけれ
ば、在洛(ざいらく)の者共(ものども)、屋ねい【屋根】に楯(たて)をつき、おそへ【押へ】の石(いし)をと
りあつめ【集め】て、待懸(まちかけ)たるところ【所】に、摂津国(つのくに)源氏(げんじ)のお
ち【落ち】けるを、「あはや落人(おちうと)よ」とて、石(いし)をひろい(ひろひ)【拾ひ】かけ、さん
ざん【散々】に打(うち)ければ、「これは院(ゐん)がたぞ、あやまち仕(つかまつ)る
な」といへども、「さないはせそ。院宣(ゐんぜん)であるに、ただ打(うち)
P08101
ころせ打(うち)ころせ」とて打(うつ)間(あひだ)、或(あるい)は馬(むま)をすてて、はうはう(はふはふ)【這ふ這ふ】に
ぐるもの【者】もあり、或(あるい)はうちころさ【殺さ】るるもあり【有り】けり。
八条(はつでう)がすゑは山僧(さんぞう)かためたりけるが、恥(はぢ)あるものは
うち死(じに)し、つれなきものはおち【落ち】ぞゆく。主水正(もんどのかみ)(モンドウカミ)親
成(ちかなり)薄青(うすあを)の狩衣(かりぎぬ)のしたに、萌黄[B 威](もよぎをどし)の腹巻(はらまき)をき
て、白葦毛(しらあしげ)なる馬(むま)にのり、河原(かはら)をのぼりに落(おち)
てゆく。今井(いまゐの)四郎(しらう)兼平(かねひら)を(ッ)(おつ)【追つ】かか(ッ)て、しや頸(くび)の骨(ほね)
を射(い)てゐ(い)【射】おとす。清大外記(せいだいげき)頼成(よりなり)が子(こ)なりけり。
「明行道【明経道】(みやうぎやうだう)の博士(はかせ)、甲冑(かつちう)をよろふ事(こと)しかる【然る】べからず」とぞ
P08102
人(ひと)申(まうし)ける。木曾(きそ)を背(そむい)て院方(ゐんがた)へまい(ッ)(まゐつ)【参つ】たる信濃源氏(しなのげんじ)、
村上(むらかみの)三郎(さぶらう)判官代(はんぐわんだい)もうた【討た】れけり。是(これ)をはじめて
院方(ゐんがた)には、近江(あふみの)中将(ちゆうじやう)為清(ためきよ)・越前守(ゑちぜんのかみ)信行(のぶゆき)も射(い)こ
ろされて頸(くび)とられぬ。伯耆守(はうきのかみ)光長(みつなが)・子息(しそく)判官(はんぐわん)
光経(みつつね)、父子(ふし)共(とも)にうた【討た】れぬ。按察(あぜちの)大納言(だいなごん)資方【*資賢】卿(すけかたのきやう)
の孫(まご)播磨(はりまの)少将(せうしやう)雅方【*雅賢】(まさかた)も、鎧(よろひ)に立烏帽子(たてえぼし)で軍(いくさ)
の陣(ぢん)へいでられたりけるが、樋口(ひぐちの)次郎(じらう)に生(いけ)どり
にせられ給(たまひ)ぬ。天台座主(てんだいざす)明雲(めいうん)大僧正(だいそうじやう)、寺(てら)の
長吏(ちやうり)円慶(ゑんけい)法親王(ほつしんわう)も、御所(ごしよ)にまいり(まゐり)【参り】こもらせ
P08103
給(たま)ひたりけるが、黒煙(くろけぶり)すでに【既に】をし(おし)【押し】かけければ、御
馬(おんむま)にめし【召し】て、いそぎ川原(かはら)へいでさせ給(たま)ふ。武士(ぶし)
どもさむざむ(さんざん)【散々】に射(い)たてまつる。明雲(めいうん)大僧正(だいそうじやう)、円慶(ゑんけい)
法親王(ほつしんわう)も、御馬(おんむま)よりゐ(い)【射】おとさ【落さ】れて、御頸(おんくび)とられさせ
給(たま)ひけり。豊後(ぶんご)の国司(こくし)刑部卿(ぎやうぶきやうの)三位(さんみ)頼資卿(よりすけのきやう)も、御所(ごしよ)
にまいり(まゐり)【参り】こもられたりけるが、火(ひ)は既(すで)にをし(おし)【押し】かけた
り、いそぎ川原(かはら)へ逃出(にげいで)給(たまふ)。武士(ぶし)の下部(しもべ)ども【共】に衣
裳(いしやう)皆(みな)はぎとられ、ま(ッ)ぱだか【真裸】でたたれたり。十一月(じふいちぐわつ)十九
日(じふくにち)のあしたなれば、河原(かはら)の風(かぜ)さこそすさまじかり
P08104
けめ。三位(さんみ)こじうとに越前(ゑちぜんの)法眼(ほふげん)性意(しやうい)といふ僧(そう)あり【有り】。
其(その)中間(ちゆうげん)法師(ぼふし)軍(いくさ)見(み)んとて河原(かはら)へいでたりけるが、
三位(さんみ)のはだかでたたれたるに見(み)あふ(あう)【逢う】て、「あなあさまし」
とてはしり【走り】より、此(この)法師(ほふし)は白(しろき)小袖(こそで)二(ふたつ)に衣(ころも)きたりけ
るが、さらば小袖(こそで)をもぬいできせたてまつれ【奉れ】かし、さは
なくて、衣(ころも)をひ(ン)ぬいでなげかけたり。短(みじか)き衣(ころも)うつほ
にほうかぶ(ッ)て、帯(おび)(ヲビ)もせず。うしろさこそ見(み)ぐるしかり
けめ。白衣(びやくえ)なる法師(ほふし)ともにぐし【具し】ておはしけるが、さらば
いそぎもあゆみ【歩み】給(たま)はで、あそこ爰(ここ)に立(たち)とどまり、「あれ
P08105
はたが家(いへ)ぞ、是(これ)は何者(なにもの)が宿所(しゆくしよ)ぞ、ここはいづく
ぞ」と、道(みち)すがらとは【問は】れければ、見(み)る人(ひと)みな手(て)を
たたゐ(たたい)てわらひ【笑ひ】あへり。法皇(ほふわう)は御輿(みこし)にめし【召し】て他
所(たしよ)へ御幸(ごかう)なる。武士(ぶし)どもさんざん【散々】に射(い)たてまつる【奉る】。
豊後(ぶんごの)少将(せうしやう)宗長(むねなが)、木蘭地(むくらんぢ)の直垂(ひたたれ)に折烏帽子(をりえぼし)
で供奉(ぐぶ)せられたりけるが、「是(これ)は法皇(ほふわう)の御幸(ごかう)
ぞ。あやまちつかまつるな」との給(たま)へ【宣へ】ば、兵(つはもの)ども
皆(みな)馬(むま)よりをり(おり)【降り】てかしこまる。「何者(なにもの)ぞ」と御尋(おんたづね)あ
り【有り】ければ、「信濃国(しなののくにの)住人(ぢゆうにん)矢島(やしま)の四郎(しらう)行綱(ゆきつな)」と
P08106
なのり【名乗り】申(まうす)。軈(やがて)御輿(おんこし)に手(て)かけまいらせ(まゐらせ)【参らせ】、五条内裏(ごでうのだいり)
にをし(おし)【押し】こめたてま(ッ)【奉つ】て、きびしう守護(しゆご)し奉(たてまつ)る。主上(しゆしやう)は
池(いけ)に船(ふね)をうかべ【浮べ】てめされけり。武士(ぶし)どもしきりに
矢(や)をまいらせ(まゐらせ)【参らせ】ければ、七条(しつでうの)侍従(じじゆう)信清(のぶきよ)・紀伊守(きのかみ)
教光【*範光】(のりみつ)御舟(おんふね)に候(さうら)はれけるが、「是(これ)はうちのわたらせ
給(たま)ふぞ、あやまち仕(つかまつ)るな」とのたまへ【宣へ】ば、兵(つはもの)ども皆(みな)
馬(むま)よりをり(おり)【降り】てかしこまる。閑院殿(かんゐんどの)へ行幸(ぎやうがう)なし
奉(たてまつ)る。行幸(ぎやうがう)の儀式(ぎしき)のあさましさ、申(まうす)も中々(なかなか)を
『法住寺合戦(ほふぢゆうじかつせん)』S0811
ろか(おろか)【愚】なり。○院方(ゐんがた)に候(さうらひ)ける近江守(あふみのかみ)[B 「近江守」に「源蔵人イ」と傍書]仲兼(なかかぬ)、其(その)勢(せい)五十
P08107
騎(ごじつき)ばかりで、法住寺殿(ほふぢゆうじどの)の西(にし)の門(もん)をかためてふ
せく【防く】処(ところ)に、近江源氏(あふみげんじ)山本(やまもとの)冠者(くわんじや)義高(よしたか)馳来(はせき)た
り、「いかにをのをの(おのおの)【各々】は、誰(たれ)をかばはんとて軍(いくさ)をばし
給(たま)ふぞ。御幸(ごかう)も行幸(ぎやうがう)も他所(たしよ)へなりぬとこそ承(うけたま)
はれ」と申(まう)せば、「さらば」とて、敵(てき)の大勢(おほぜい)のなか【中】へおめ
い(をめい)【喚い】てかけいり、さんざん【散々】に、戦(たたか)ひ、かけやぶ(ッ)【破つ】てぞとを
り(とほり)【通り】ける。主従(しゆうじゆう)八騎(はちき)にうちなさる。八騎(はちき)がうちに、河
内(かはち)のくさか[B 日下(クサカベイ)]党(たう)、加賀房(かがばう)といふ法師武者(ほふしむしや)あり【有り】け
り。白葦毛(しらあしげ)なる馬(むま)の、きはめて口(くち)こはきにぞの(ッ)【乗つ】たり
P08108
ける。「此(この)馬(むま)があまりひあひ(ひあい)【悲愛】で、乗(のり)たまるべしともお
ぼえ候(さうら)はず」と申(まうし)ければ、蔵人(くらんど)、「いでさらばわが馬(むま)
に乗(のり)かへよ」とて、栗毛(くりげ)なる馬(むま)のしたお(したを)【下尾】しろい【白い】にのり【乗り】
かへて、ねのゐ【根井】の小野太(こやた)が二百騎(にひやくき)ばかりでささへたる
川原坂(かはらざか)の勢(せい)の中(なか)へ、おめい(をめい)【喚い】て懸(かけ)いり、そこにて
八騎(はちき)が五騎(ごき)はうた【討た】れぬ。ただ主従(しゆうじゆう)三騎(さんぎ)にぞなり
にける。加賀房(かがばう)はわが馬(むま)のひあい【悲愛】なりとて、主(しゆう)の馬(むま)
に乗(のり)かへたれども、そこにてつゐに(つひに)【遂に】うた【討た】れにけり。
源(げん)蔵人(くらんど)の家(いへ)の子(こ)に、信濃(しなのの)次郎(じらう)蔵人(くらんど)仲頼(なかより)といふ
P08109
もの【者】あり【有り】。敵(かたき)にをし(おし)【押し】へだて【隔て】られて、蔵人(くらんど)の
ゆくゑ(ゆくへ)【行方】をしら【知ら】ず、栗毛(くりげ)なる馬(むま)のしたお(したを)【下尾】しろ
い【白い】がはしり【走り】いで【出で】たるを見(み)て、下人(げにん)をよび【呼び】、「ここな
る馬(むま)は源(げん)蔵人(くらんど)の馬(むま)とこそみれ【見れ】。はやうた【討た】れ
けるにこそ。死(し)なば一所(いつしよ)で死(し)なむとこそ契(ちぎり)し
に、所々(しよしよ)でうた【討た】れん事(こと)こそかなしけれ。どの勢(せい)の
中(なか)へかいる【入る】と見(み)つる」。「川原坂(かはらざか)の勢(せい)のなかへこそ
懸(かけ)いらせ給(たま)ひ候(さうらひ)つるなれ。やがてあの勢(せい)の中(なか)
より御馬(おんむま)も出(いで)きて候(さうらふ)」と申(まうし)ければ、「さらば汝(なんぢ)は
P08110
とうとう是(これ)より帰(かへ)れ」とて、最後(さいご)のありさま【有様】故郷(こきやう)へ
いひつかはし【遣し】、只(ただ)一騎(いつき)敵(てき)のなかへ懸(かけ)いり、大音声(だいおんじやう)
あげて名(な)のり【名乗り】けるは、「敦躬【敦実】親王(あつみのしんわう)より九代(くだい)の
後胤(こういん)、信濃守(しなののかみ)仲重(なかしげ)が次男(じなん)、信濃(しなのの)次郎(じらう)蔵人(くらんど)仲
頼(なかより)、生年(しやうねん)廿七(にじふしち)歳(さい)。我(われ)とおもは【思は】ん人々(ひとびと)はよりあへや、
見参(げんざん)せん」とて、竪様(たてさま)・横様(よこさま)・くも手(で)【蜘蛛手】・十文字(じふもんじ)に
懸(かけ)わり懸(かけ)まはり戦(たたか)ひけるが、敵(かたき)あまた打(うち)と(ッ)て、
つゐに(つひに)【遂に】うち死(じに)して(ン)げり。蔵人(くらんど)是(これ)をば夢(ゆめ)にも
しら【知ら】ず、兄(あに)の河内守(かはちのかみ)・郎等(らうどう)一騎(いつき)打(うち)具(ぐ)して、主従(しゆうじゆう)
P08111
三騎(さんぎ)、南(みなみ)をさして落行(おちゆく)ほど【程】に、摂政殿(せつしやうどの)の都(みやこ)を
ば軍(いくさ)におそれ【恐れ】て、宇治(うぢ)へ御出(ぎよしゆつ)なりけるに、木
幡山(こはたやま)にて追(おひ)付(つき)たてまつる【奉る】。木曾(きそ)が余党(よたう)かとおぼ
しめし【思し召し】、御車(おんくるま)[M の]をとどめ【留め】て「何者(なにもの)ぞ」と御尋(おんたづね)あれ
ば、「仲兼(なかかぬ)、仲信(なかのぶ)」となのり申(まうす)。「こはいかに、北国(ほつこく)凶徒(きようど)(ケウト)か
な(ン)ど(なんど)おぼしめし【思し召し】たれば、神妙(しんべう)にまいり(まゐり)【参り】たり。ちかう
候(さうらひ)て守護(しゆご)つかまつれ」と仰(おほせ)ければ、畏(かしこまり)て承(うけたまは)り、
宇治(うぢ)のふけ【富家】殿(どの)までをくり(おくり)【送り】まいらせ(まゐらせ)【参らせ】て、軈(やがて)此(この)人(ひと)
どもは、河内(かはち)へぞ落(おち)ゆきける。あくる廿日(はつかのひ)、木曾(きその)左
P08112
馬頭(さまのかみ)六条川原(ろくでうかはら)にう(ッ)【打つ】た(ッ)【立つ】て、昨日(きのふ)きるところ【所】の頸(くび)ども、
かけならべてしるひ(しるい)【記い】たりければ、六百卅(ろつぴやくさんじふ)余人(よにん)なり。
其(その)中(なか)に明雲(めいうん)大僧正(だいそうじやう)・寺(てら)の長吏(ちやうり)円慶(ゑんけい)法親王(ほつしんわう)の
御頸(おんくび)もかからせ給(たま)ひたり。是(これ)をみる【見る】人(ひと)涙(なみだ)をなが
さずといふ事(こと)なし。木曾(きそ)其(その)勢(せい)七千(しちせん)余騎(よき)、馬(むま)の
鼻(はな)を東(ひがし)へむけ、天(てん)も響(ひび)き大地(だいぢ)もゆるぐ程(ほど)に、時(とき)
をぞ三ケ度(さんがど)つくりける。京中(きやうぢゆう)又(また)さはぎ(さわぎ)【騒ぎ】あへり。
但(ただし)是(これ)は悦(よろこび)の時(とき)とぞきこえ【聞え】し。故(こ)少納言(せうなごん)入道(にふだう)信西(しんせい)
の子息(しそく)宰相(さいしやう)長教(ながのり)、法皇(ほふわう)のわたらせ給(たまふ)五条(ごでう)内
P08113
裏(だいり)にまい(ッ)(まゐつ)【参つ】て、「是(これ)は君(きみ)に奏(そう)すべき事(こと)がある
ぞ。あけてとをせ(とほせ)【通せ】」とのたまへ【宣へ】ども、武士(ぶし)ども【共】
ゆるしたてまつら【奉ら】ず。力(ちから)をよば(およば)【及ば】である小屋(せうをく)にたち【立ち】
いり、俄(にはか)に髪(かみ)そりおろし、法師(ほふし)になり、墨染(すみぞめ)の
衣(ころも)袴(はかま)きて、「此(この)上(うへ)は何(なに)かくるしかる【苦しかる】べき、いれよ【入れよ】」と
の給(たま)へ【宣へ】ば、其(その)時(とき)ゆるし奉(たてまつ)る。御前(ごぜん)へまい(ッ)(まゐつ)【参つ】て、今度(こんど)
うた【討た】れ給(たま)へるむねとの人々(ひとびと)の事(こと)どもつぶさに
奏聞(そうもん)しければ、法皇(ほふわう)御涙(おんなみだ)をはらはらとながさせ
給(たま)ひて、「明雲(めいうん)は非業(ひごふ)(ヒゴウ)の死(し)にすべきものとはお
P08114
ぼしめさ【思し召さ】ざりつる物(もの)を。今度(こんど)はただわがいかにも
なるべかりける御命(おんいのち)にかはり【変り】けるにこそ」とて、御涙(おんなみだ)
せきあへさせ給(たま)はず。木曾(きそ)、家子(いへのこ)郎等(らうどう)召(めし)あつめ【集め】
て評定(ひやうぢやう)す。「抑(そもそも)義仲(よしなか)、一天(いつてん)の君(きみ)にむかひ【向ひ】奉(たてまつり)て
軍(いくさ)には勝(かち)ぬ。主上(しゆしやう)にやならまし、法皇(ほふわう)にやならまし。
主上(しゆしやう)にならうどおもへ【思へ】ども、童(わらは)にならむもしかる【然る】べから
ず。法皇(ほふわう)にならうどおもへ【思へ】ども、法師(ほふし)にならむも
をかしかるべし。よしよしさらば関白(くわんばく)にならう」ど申(まう)
せば、手(て)かきにぐせ【具せ】[* 「くらせ」と有るのを他本により訂正]られたる大夫房(だいぶばう)覚明(かくめい)
P08115
申(まうし)けるは、「関白(くわんばく)は大織冠(たいしよくわん)の御末(おんすゑ)、藤原氏(ふじはらうじ)こそなら
せ給(たま)へ。殿(との)は源氏(げんじ)でわたらせ給(たま)ふに、それこそ叶(かな)
ひ候(さうらふ)まじけれ」。「其上(そのうへ)は力(ちから)をよば(およば)【及ば】ず」とて、院(ゐん)の御厩(みむまや)
の別当(べつたう)にをし(おし)【押し】な(ッ)て、丹後国(たんごのくに)をぞ知行(ちぎやう)しける。
院(ゐん)の御出家(ごしゆつけ)あれば法皇(ほふわう)と申(まうす)。主上(しゆしやう)のいまだ
御元服(ごげんぶく)もなき程(ほど)は、御童形(ごとうぎやう)にてわたらせ給(たま)ふを
しらざりけるこそうたてけれ。前(さきの)関白(くわんばく)松殿(まつどの)の
姫君(ひめぎみ)とりたてま(ッ)【奉つ】て、軈(やがて)松殿(まつどの)の聟(むこ)にをし(おし)【押し】なる。同(おなじき)
十一月(じふいちぐわつ)廿三日(にじふさんにち)、三条(さんでうの)中納言(ちゆうなごん)朝方卿(ともかたのきやう)をはじめとして、
P08116
卿相(けいしやう)雲客(うんかく)四十九人(しじふくにん)が官職(くわんしよく)をとどめ【留め】てお(ッ)【追つ】こめ【籠め】奉(たてまつ)る。
平家(へいけ)の時(とき)は四十三人(しじふさんにん)をこそとどめ【留め】たりしに、
是(これ)は四十九人(しじふくにん)なれば、平家(へいけ)の悪行(あくぎやう)には超過(てうくわ)(テウクハ)せ
り。さる程(ほど)に、木曾(きそ)が狼籍【*狼藉】(らうぜき)しづめんとて、鎌倉(かまくら)の前(さきの)
兵衛佐(ひやうゑのすけ)頼朝(よりとも)、舎弟(しやてい)蒲(かば)の冠者(くわんじや)範頼(のりより)・九郎(くらう)冠者(くわんじや)
義経(よしつね)をさしのぼせ【上せ】られけるが、既(すで)に法住寺殿(ほふぢゆうじどの)焼(やき)
はらひ【払ひ】、院(ゐん)うちとり奉(たてまつり)て天下(てんが)くらやみ【暗闇】にな(ッ)たるよし
聞(きこ)えしかば、左右(さう)なうのぼ(ッ)【上つ】て軍(いくさ)すべき様(やう)もなし。是(これ)
より関東(くわんとう)へ子細(しさい)を申(まう)さんとて、尾張国(をはりのくに)熱田(あつたの)大郡
P08117
司(だいぐんじ)が許(もと)におはしけるに、此(この)事(こと)う(ッ)たへ(うつたへ)【訴へ】んとて、北面(ほくめん)に候(さうらひ)
ける宮内(くない)判官(はんぐわん)公朝(きんとも)・藤(とう)内左衛門(ないざゑもん)時成(ときなり)、尾張国(をはりのくに)に
馳下(はせくだ)り、此(この)由(よし)一々(いちいち)次第(しだい)う(ッ)たへ(うつたへ)【訴へ】ければ、九郎(くらう)御曹司(おんざうし)「是(これ)
は宮内(くない)判官(はんぐわん)の関東(くわんとう)へ下(くだ)らるべきにて候(さうらふ)ぞ。子細(しさい)し
らぬ使(つかひ)はかへしとは【問は】るるとき不審(ふしん)の残(のこ)るに」との
給(たま)へ【宣へ】ば、公朝(きんとも)鎌倉(かまくら)へ馳下(はせくだ)る。軍(いくさ)におそれ【恐れ】て下人(げにん)ども
皆(みな)落(おち)うせたれば、嫡子(ちやくし)の宮内(くない)どころ【所】公茂(きんもち)が十五(じふご)に
なるをぞ具(ぐ)したりける。関東(くわんとう)にまい(ッ)(まゐつ)【参つ】て此(この)よし申(まうし)
ければ、兵衛佐(ひやうゑのすけ)大(おほき)におどろき、「まづ皷判官(つづみはんぐわん)知泰【*知康】(ともやす)が
P08118
不思議(ふしぎの)事(こと)申(まうし)いだし【出し】て、御所(ごしよ)をもやかせまいらせ(まゐらせ)【参らせ】、
高僧(かうそう)貴僧(きそう)をもほろぼしたてま(ッ)【奉つ】たるこそ奇怪(きつくわい)(キクハイ)
なれ。知泰【*知康】(ともやす)においては既(すで)に違勅(いちよく)の者(もの)なり。めし【召し】
つかは【使は】せ給(たま)はば、かさね【重ね】て御大事(おんだいじ)いでき候(さうらひ)なむ
ず」と、宮(みや)こ【都】へ早馬(はやむま)をも(ッ)て申(まう)されければ、皷判
官(つづみはんぐわん)陳(ちん)ぜんとて、夜(よ)を日(ひ)についで、馳下(はせくだ)る。兵衛佐(ひやうゑのすけ)「し
やつにめ【目】な見(み)せそ、あひしらゐ(あひしらひ)なせそ」との給(たま)へ【宣へ】ど
も、日(ひ)ごとに兵衛佐(ひやうゑのすけ)の館(たち)へむかふ【向ふ】。つゐに(つひに)【遂に】面目(めんぼく)なくし
て、宮(みや)こ【都】へ帰(かへ)りのぼりけり。後(のち)には稲荷(いなり)の辺(へん)なる
P08119
所(しよ)に、命(いのち)ばかりいき【生き】てすごしけるとぞ聞(きこ)えし。木曾(きその)
左馬頭(さまのかみ)、平家(へいけ)の方(かた)へ使者(ししや)を奉(たてまつり)て、「宮(みや)こ【都】へ御(おん)の
ぼり候(さうら)へ。ひとつ【一つ】にな(ッ)て東国(とうごく)せめ【攻め】む」と申(まうし)たれば、
大臣殿(おほいとの)はよろこば【喜ば】れけれども、平(へい)大納言(だいなごん)・新
中納言(しんぢゆうなごん)「さこそ世(よ)すゑにて候(さうらふ)とも、義仲(よしなか)にかたらは
れて宮(みや)こ【都】へ帰(かへ)りいらせ給(たま)はん事(こと)、しかる【然る】べうも候(さうら)はず。
十善(じふぜん)帝王(ていわう)三種(さんじゆの)神器(しんぎ)を帯(たい)してわたらせ給(たま)へば、
「甲(かぶと)をぬぎ、弓(ゆみ)をはづい【外い】て降人(かうにん)に是(これ)へまいれ(まゐれ)【参れ】」とは
仰(おほせ)候(さうらふ)べし」と申(まう)されければ、此(この)様(やう)を御返事(おんぺんじ)あり
P08120
しかども、木曾(きそ)もちゐ奉(たてまつ)らず。松殿(まつどの)入道殿(にふだうどのの)許(もと)へ木曾(きそ)
をめし【召し】て「清盛公(きよもりこう)はさばかりの悪行人(あくぎやうにん)たりしかども、希
代(きたい)の大善根(だいぜんごん)をせしかば、世(よ)をもをだしう(おだしう)廿(にじふ)余年(よねん)
たも(ッ)たりしなり。悪行(あくぎやう)ばかりで世(よ)をたもつ【保つ】事(こと)は
なき物(もの)を。させるゆへ(ゆゑ)【故】なくとどめ【留め】たる人々(ひとびと)の官(くわん)
ども、皆(みな)ゆるすべき」よし仰(おほせ)られければ、ひたすらの
あらゑびす(あらえびす)【荒夷】のやうなれども、したがひ【従ひ】奉(たてまつり)て、解官(げくわん)
したる人々(ひとびと)の官(くわん)どもゆるしたてまつる【奉る】。松殿(まつどの)の御
子(おんこ)師家(もろいへ)のとのの、其(その)時(とき)はいまだ中納言(ちゆうなごん)中将(ちゆうじやう)
P08121
にてましましけるを、木曾(きそ)がはからひに、大臣(だいじん)摂政(せつしやう)
になし奉(たてまつ)る。おりふし(をりふし)【折節】大臣(だいじん)あかざりければ、徳大
寺(とくだいじ)左大将(さだいしやう)実定公(しつていこう)の、其(その)比(ころ)内大臣(ないだいじん)でおはしける
をかり【借り】たてま(ッ)【奉つ】て、内大臣(ないだいじん)になし奉(たてまつ)る。いつしか人(ひと)の
口(くち)なれば、新摂政(しんせつしやう)をばかるの大臣(だいじん)とぞ申(まうし)ける。
同(おなじき)十二月(じふにぐわつ)十日(とをかのひ)、法皇(ほふわう)は五条(ごでう)内裏(だいり)をいでさせ給(たま)
ひて、大膳(だいぜんの)大夫(だいぶ)成忠(なりただ)が宿所(しゆくしよ)六条(ろくでう)西(にしの)洞院(とうゐん)へ御
幸(ごかう)なる。同(おなじき)十三日(じふさんにち)歳末(さいまつ)の御修法(みしほ)(みジほ)あり【有り】けり。其(その)次(ついで)に
叙位(じよゐ)除目(ぢもく)おこなはれて、木曾(きそ)がはからひに、人々(ひとびと)の
P08122
官(くわん)どもおもふ【思ふ】さまになしをき(おき)けり。平家(へいけ)は西国(さいこく)
に、兵衛佐(ひやうゑのすけ)は東国(とうごく)に、木曾(きそ)は宮(みや)こ【都】にはり【張り】おこなふ【行ふ】。
前漢(ぜんかん)・後漢(ごかん)の間(あひだ)、王(わう)まう【王莽】が世(よ)をうちと(ッ)て、十八(じふはち)年(ねん)
おさめ(をさめ)【納め】たりしがごとし。四方(しはう)の関々(せきぜき)皆(みな)とぢたれば、
おほやけの御調物(みつぎもの)をもたてまつら【奉ら】ず。私(わたくし)の年
貢(ねんぐ)ものぼらねば、京中(きやうぢゆう)の上下(じやうげ)の諸人(しよにん)、ただ少
水(せうすい)の魚(うを)にことならず。あぶな【危】ながらとし【年】暮(くれ)て、
寿永(じゆえい)もみとせ【三年】になりにけり。
P08123
平家物語(へいけものがたり)巻(くわん)第八(だいはち)