平家物語(城方本・八坂系)
巻第一
祗園精舎(序分)
ぎをんしやうじやのかねのこゑしよぎやうむじやうのひびきありしやらさうじゆのはなのいろしやうじやひつすゐのことわりをあらはすおごれるものもひさしからずただはるのよのゆめのごとしたけきものもつひにはほろびぬひとへにかぜのまへのちりにおなじとほくいてうのせんしようをとぶらふにしんのてうかうかんのわうまうりやうのしういたうのろくさんこれらはみなきうしゆせんくわうのまつりごとにもしたがはずたのしみをきはめててんかのみだれむことをもさとられいさめをもおもひよらずみんかんのうれふるところをもしらざりしかばひさしからずしてほろびにしものなりちかくほんてうをうかがふにしようへいにまさかどてんぎやうにすみともかうわのよしちかへいぢにのぶよりこれらはみなおごれることもたけきこころもとりどりなりしかどもまぢかくはさきのだいじやうだいじんたひらのあそんきよもりこうとまをししひとのありさまをつたへうけたまはるこそこころもことばもおよばれねそのせんぞをたづぬるにくわんむてんわうだいごのわうじいつぽんしきぶきやうかつらばらのしんわうくだいのこういんさぬきのかみまさもりのまごぎやうぶきやうただもりのあそんのちやくなんなりかのしんわうのおんこたかみのわうはむくわんむゐにしてうせたまひぬそのおんこたかもちのわうのときよりはじめてたひらのせいをたまはつてかづさのかみになりたまひしよりこのかたたちまちわうしをいでてひさしくじんしんにつらなるそのおんこちんじゆふのしやうぐんよしもちのちにはひたちのたいぜうくにかとあらたむくにかよりさだもりこれひらまさのりまさひらまさもりにいたるまでろくだいはしよこくのじゆりやうたりといへどもいまだてんじやうのせんせきをばゆるされず

殿上闇討
しかるをただもりのいまだびぜんのかみたりしときとばのゐんのごぐわんとくちやうじゆゐんをざうしんして三拾三げんのみだうをたて一千一たいのみほとけをすゑたてまつるくやうはてんしようぐわんねん三ぐわつ十三にちなりただもりけんじやうにはけつこくをたまふべきよしおほせくだされさふらふをりふしたじまのくにのあきたりけるをぞたまはりけるじやうわうなほえいかんにたへずしてうちのしようでんをぞゆるされけるただもりとし三拾六にしてはじめてしようでんすくものうへびとこれをそねみいきどほつておなじきとしの十一ぐわつ廿三にち五せちとよのあかりのせちゑのよただもりをでんじやうにしてやみうちにせんとぞぎせられけるただもりこのことをほのぎいてわれいうひつのみにあらずぶようのいへにむまれてふりよのはぢにあはんこといへのためみのためこころうかるべしせんずるところみをまつたうしてきみにつかへよといふほんもんありとてかねてそのよういをいたすさんだいのはじめよりいくわんのしたにおほきなるさやまきをしどけなげにさしつつひのほのくらきかたにむかひてはやはらかのかたなをぬきいだしびんにひきあてひきあてしたまひけるがよそよりはこほりなんどのやうにぞみえししよにんめをすますまたただもりのらうどうにもとは一もんたりしむくのかみたひらのさだみつがまごしん三らうだいふいへふさがこにさひやうゑのぜういへさだとまをすものありとくさのかりぎぬのしたにもえぎのはらまきをきゑふのたちわきばさんででんじやうのこにはにかしこまつてぞさふらひけるくわんしういげあやしみをなし六ゐをもつていはせけるはうつぼばしらよりうちすずのつなのへんにほいのもののさふらふはなにものぞらうぜきなりまかりいでよといはせければいへさだかしこまつてまをしけるはこれはさうでんのしゆびぜんのかうのとののこんやこれにてやみうちにせられたまふべきよしをつたへうけたまはつてならんやうをみんとてかくてさふらへばえこそまかりいづまじけれとてかしこまつてぞさふらひけるこれらをよしなしとやおもはれけんそのよのやみうちなかりけりただもりごぜんのめしについてまはれけるにひとびとひやうしをかつて(イかへて)いせへいしはすがめなりけるとぞはやされけるこのひとかたじけなくもかしはばらのてんわうのみすゑにてはおはしけれどもまぢかくはむげにくだつてくわんともあさうみやこのすまひもうとうとしくいがいせにのみぢうごくふかきひとにておはしければかのくにのうつはものへいしにたとへていせへいじとははやされけりそのうへただもりのかためのすこしすがまれたりければにやかやうにははやされけりただもりいかにすべきやうもなうていまだぎよいうもをはらぬさきにごぜんをまかりいでられけるにいかがはおもはれけんよこたへさされたりつるかたなをばししんでんのごごにしてとのもづかさにあづけおきてぞいでられけるあんのごとくいへさだまちうけたてまつつてさていかにさふらふとまをしければただもりこのことありのままにいひつるほどならばでんじやうまでもきりのぼらんほどのもののつらたましひなりければいまはべちのことなしとてひきぐしてぞいでられける五せちにはしらうすやうこぜんじ(イとうせんし)のかみまきあげのふでともゑかいたるふでのぢくなんどかやうにさまざまおもしろきことをのみこそうたひはやされしになかごろだざいのごんのそつすゑなかきやうとまをすひとおはしけりあまりにいろのくろかりければひとこくそつとぞまをしけるこのひとのいまだそのころくらんどのとうたりしときごぜんのめしについてまはれたるにひとびとひやうしをかへてあなくろくろくろきとうかないかなるひとのうるしぬりけんとぞはやされけるならびにはくはつなるでんじやうびとのまはれけるにこのひとのかたうどとおぼしくてあなしろしろしろきぬしかなたれとらへてはくをおしけんとぞはやされけるじやうこにはかやうのことどもありしかどもいまだこといでこずまつだいいかがあらんずらんおぼつかなしとぞひとまをしけるあんのごとく五せちはてにしかばでんじやうにはくぎやうせんぎありそれゆうけんをたいしてくえんにつらなりひやうぢやうをたまはつてきうちうをしゆつにふすることこれきやくしきのれいをまぼるりんめいよしあるせんきたりしかるをただもりさうでんのらうじうをほいのつはものとがうしてでんじやうのこにはにめしおきそのみはこしのかたなをよこたへさいてせちゑのざにつらなるりやうでうきたいいまだきかざるらうぜきなりことすでにちようでふせりざんくわもつとものがれがたしはやくみふだをけづつてけつくわんちやうにんにおこなはるべきかとおのおのうつたへまをされたりければじやうわうもおほきにおどろきおぼしめしていそぎただもりをめしておんたづねありければただもりかしこまつてちんじまうされけるはまづらうじうこにはにしこうのことただもりかくごつかまつらずただしきんじつひとびとあひたくまるるしさいあるかのあひださうでんのらうじうことをつたへうけたまはつてしゆのはぢをたすけんがためにただもりにはしらせずしてひそかにさんこうのでうちからおよばざるしだいなりなほそのとがあるべくはそのみをめしつかはすべきは(イか)つぎにかたなのことはとのもづかさにあづけおきをはんぬかのかたなをめしいだしかたなのじつぷにまかせてとがのさうあるべき(べきレある)かとまをされたりければじやうわうこのぎもつともとていそぎかのかたなをめしいだしてえいらんあるにうへはさやまきのくろうぬつたりけるがなかはきがたなにぎんぱくをぞおしたりけるたうざのちじよくをのがれむがためにこしのかたなをたいするよしあらはすといへどもごにちのそしようをぞんじしつてきがなたをたいしけるよういのほどこそしんべうなれつぎにらうじうこにはにしこうのことかつうはぶしのらうどうのならひなりさればこれはただもりがとがにはあらずとてかへつてえいかんにあづかつしうへはあへてざいくわのさたはなかりけり

清盛昇進の沙汰(あひの物)
そのこどもしよゑのすけをへてしようでんせしにひとでんじやうのまじはりをきらふにおよばずあるときただもりあかしのうらのつきみむとてはりまへげかうせられたりけるがほどなうかへりのぼられたりければひとびとあかしのうらのつきはいかにととひたまへばただもりのへんじには
ありあけのつきもあかしのうらかぜになみばかりこそよるとみえしか
とまをされたりければじやうわうもおほきにぎよかんあつてやがてこのうたをばきんえふしふにぞいれられたるまたただもりせんとうにかようてあそばれけるにようばうのもとにみなくれなゐのあふぎのつまにつきいだしたりけるをとりわすれていでられければかたへのにようばうたちあれはいづくよりのつきかげぞやいでどころおぼつかなしなんどわらひあはれければこのにようばう
くもゐよりただもりきたるつきなればおぼろけにてはいはじとぞおもふ
ことをともとかやただもりのすいたりければこのにようばうもいふなりけりかくてただもりにんべい三ねんしやうぐわつ十五にちにとし五十八にてうせたまふきよもりちやくなんたるによつてそのあとをつぐほうげんぐわんねんの七ぐわつにしゆじやうじやうわうのみくにあらそひのありしとききよもりしゆじやうのおんみかたにさふらひてくんこうありつぎのとしはりまのかみにうつつておなじき三ねんにだざいだいにになるまたへいぢぐわんねん十二ぐわつにのぶよりよしともがむほんのときもきよもりなほみかたにさふらひてくんこうありくんこうひとつにあらずおんしやうこれなほおもかるべしとてやがてじやう三みしてうちつづきさいしやうゑふのかみけんびゐしのべつたうちうなごんだいなごんにへあがりあまつさへせうじやうのくらゐにいたるないだいじんよりさうをへずだいじやうだいじんじゆ一ゐにあがりたまひけりたいしやうにはあらねどもひやうぢやうをたまはつてずゐじんをめしぐすれんしやにのつてきうちうをいでいることひとへにしつせいのひとにおなじ童のさた
だいじやうだいじんはいちじんにしはんとして四かいにぎけいせりみちをろんじくにををさめいんやうをやはらげたまへりそのひとにあらずんばけがすべきくわんならねばそくけつのくわんともなづけられたりきよもりそのひとにはあらねどもかやうに一てん四かいをたなごころににぎりたまひしうへはひととかうまをすにおよばずかくてにんあん三ねん十一ぐわつ十二にちにきよもりやまひにをかされ五拾一にてしゆつけしほうみやうじやうかいとぞなのられけるさればそのしるしにやしゆくびやうたちどころにいえててんめいをまつたうしひとのしたがひつきたてまつることはふくかぜのくさきをなびかすがごとしよのあまねくあふげることもふるあめのこくどをうるほすにことならず六はらどのの一けのきんたちとだにもいひてんしかばくわぞくもえいえうもおもてをむかひかたをならぶるひともなしさればにふだうのこじうとへいだいなごんときただのきやうのこの一もんたらざらんひとはみなにんぴにんたるべしとぞのたまひけるさればいかにもしてこのえんゆかりにむすぼほれむとぞしけるえもんのかきやうゑぼしのためやうにいたるまでなにごともみな六はらやうとだにいひてんしかば一てん四かいこれをぞまなびけるいかなるけんわうせいしゆのおんまつりごとせつしやうくわんぱくのごせいばいをもなにとなくよにあまされたるもののそしりかたぶきまをすことはつねのならひなれどもこのぜんもんよさかりのあひだはいささかいるがせにまをすものなしそのゆゑはにふだうのはかりごとに十四五六のわらんべを三百よにんめしあつめかみをかぶろにきりまはしあかきひたたれをきせかぶろとなづけてめしつかはれけるがきやうしらかはにみちみちてわうへんしけりさればいささかもへいけのことをいるがせにまをすものあれば一にんききいださんほどこそありけれよたうにふれめぐりそのいへにらんにふししざいざふぐをつゐぶくしそのやつをからめとつて六はらへぐしてまゐるにふだううけとらせそくじにうしなはれけりさればみちをすぐるむまくるまも六はらどののかぶろとだにもいひてんしかばみなよきてこそとほしけれさればきうもんをしゆつにふすといへどもしやうみやうをたづねらるるにおよばずけいしのちやうりこれがためにめをそばむともみえたり

我身の栄花
わがみのえいぐわをきはむるのみならずちやくししげもりないだいじんのさだいしやうじなんむねもりちうなごんのうだいしやう三なんとももり三ゐのちうしやう四なんしげひらくらんどのとうちやくそんこれもり四ゐのせうしやうとておよそ一もんのくぎやう十六にんてんじやうびと三拾よにんそのほかしよこくのじゆりやうゑふしよしつがふ六拾よにんなりよにはまたひとなくぞみえられけるむかしならのみかどのおんときじんぎ五ねんにてうかにこんゑのたいしやうをはじめおきたまひしよりこのかたきやうだいさうにあひならびたまふことわづかに三四ケどなりもんとくてんわうのおんときはひだんによしふさないだいじんのさだいしやうみぎによしあふだいなごんのうだいしやうこれはかんゐんのさだいじんふゆつぐのおんこなりしゆじやくゐんのおんときはひだんにさねよりをののみやどのみぎにもろすけ九でうどのていじんこうのおんこなりごれんぜいゐんのおんときはひだんにのりみちおほ二でうどのみぎによりむねほりかはどのみだうのくわんぱくのおんこなり二でうゐんのおんときはひだんにもとふさまつどのみぎにかねざねつきのわどのほうしやうじどののおんこなりこれみなせつろくのしんのごしぞんぼんにんにおいてはそのれいなしひごろはでんじやうのまじはりをだにもきらはれたまひしひとのしそんのいまはきんじきざつぱうをゆりりようらきんしうをみにまとひあまつさへだいじんのたいしやうにいたつてきやうだいさうにあひならびたまふことまつだいとはまをしながらふしぎなりしことどもなりまたにふだうしやうごくはおんむすめも八にんましましけりそれもみなとりどりにさいよはひ(イさいはひ)たまふ一はさくらまちのちうなごんしげのりきやうに八さいよりおんやくそくありしがへいぢのらんにひきちがへたてまつりてのちにはくわざんのゐんのさだいじんどののみだいばんどころにならせたまふきんだちあまたましましけりそもそもこのさくらまちのちうなごんしげのりきやうといふはこせうなごんにふだうしんせいのじなんなりことにこころすきておはしければつねはよしののやまをこひつつちやうにさくらをうゑおきそのうちにやをつくつてすまれければきたるとしのはるごとにみるひとさくらまちとぞまをしけるさくらはさいて七ケにちにちるちうなごんはなのなごりををしみたまひてつねはあまてるおんかみにいのりまをされければにや三七にちまでなごりありきみもけんわうにてましませばしんもしんとくをかがやかしはなもこころあればにや廿かのよはひをたもちけり二はきさきにたたせたまひわうじごたんじやうあつてくわうたいしにたたせたまひしかばひととかうまをすにおよばず三は六でうのせつしやうどののきたのまんどころにならせたまふたかくらのゐんございゐのおんときおんははしろとて三こうになぞらふるせんじをかうぶらせたまひしらかはどのとまをしてよにはまたおもきひとにてぞましましける四はれんぜいのだいなごんりうばうきやうのきたのかた五はふげんじどののきたのまんどころにならせたまふ六は七でうのしゆりのだいぶのぶたかのきやうにあひぐしたまへり七はごしらかはのほうわうへまゐらせたまひてひとへににようごのやうにてぞましましけるこれはあきのくにいつくしまのないしのはらのおんむすめなりそのほか九でうゐんのざふしときはがはらにもひめぎみ一ところましましけりこれはのちにはおんあねくわざんのゐんどのへまゐらせたまひてじやうらふにようばうにてらふのおんかたとぞまをしけるにつぽんあきつしまはわづかに六拾六ケこくへいけちぎやうのくに卅よケこくすでにはんこくにおよべりそのほかしやうゑんでんばたいくらといふかずをしらずきらじうまんしてだうじやうはなのごとしけんきぐんじゆしてもんぜんにいちをなすやうしうのこがねけいしうのたまごぐんのあやしよくかうのにしき七ちん万ぱう一としてかけたることぞなかりけるかだうぶかくのもとゐぎよりようしやくばのもてあそびものおそらくはていけつもせんとうもこれにはすぎじとぞみえし

義王
むかしはげんぺいりやうけてうかにめしつかへてわうくわにもしたがはずてうけんをかろんずるものあればたがひにいましめをくはへられしかばよのみだれもなかりしにほうげんにためよしきられへいじによしともちうせられしのちはすゑずゑのげんじありといへどもあるひはながされあるひはちうせられしかば一かうへいけの一るゐのみはんじやうしてかしらをさしいだすものもなしさればすゑのよになにごとかあらんとぞみえしかやうににふだうしやうごく一てん四かいをたなごころににぎりたまひしうへはよのそしりをもはばからずひとのあざけりをもかへりみずふしぎのことをのみしたまひけりたとへばそのころきやうちうにきこえたるしらびやうしぎわうぎによとておとどいありこれはとぢとまをすしらびやうしのむすめなりにふだうなかにもあねのぎわうをさいあいしてにし八でうのしゆくしよにとりすゑてぞおかれたるかかりければいもうとのぎによをもひとおもうしてもてなすことはかぎりなしははのとぢをもにふだうだいじのものにしたまひてよきやつくつてとらせまいげつついたちごとに百こく百くわんをくるまにておくられければいへのうちもふつきしてたのしいことはかぎりなしかかりければきやうちうのしらびやうしどもぎわうがさいあいをうらやむものもありまたそねむものもおほかりけりうらやむものはあなめでたのぎわうごぜんのさいはひやおなじあそびものとならばもつともかくこそあらまほしけれいかさまにもこれはぎといふもじをなにつきてかくはめでたきやらむいざやわれらもつきてみんとてあるひはぎ一とつくものもありあるひはぎ二とつくものもありぎとくぎふくぎじゆぎはうなんどつけけりそねむものはなんでうなによりもじにはよるべきなによりもじによらむにはたれかはおとるべきくわはうはただなにごともむまれがらにてこそあれとてつかぬものもおほかりけりそもそもわがてうにしらびやうしのはじまりけることはとばのゐんのおんときしまのせんざいわかのまへとてかの二にんがまひはじめたりけるとかやはじめはすゐかんにたてゑぼししろきさやまきをさしてまひければをとこまひとなづけられたりしをなかごろよりかたなゑぼしをのけられてしろきすゐかんばかりにてまひければしらびやうしとはなづけられけりかくてぎわうとりすゑられまゐらせて三とせとまうししはるのころまたほとけとまうしていうなるあそびもの一にんいできにけりこれはかがのくにのものとぞきこえしそのころのきやうちうのじやうげむかしよりおほくのあそびものありつれどもかやうのものはいまだなしとてこぞつてこれをぞもてなしけるあるときほとけごぜんまをしけるはわれてんかにかくれなしといへどもたうじときめきたまふへいけだいじやうにふだうどのへめされぬことこそほに(イほい)なけれあそびもののすゐさんはなにかはくるしかるべきとてあるときほとけくるまにのつてにし八でうどのへぞまゐりたるひとまゐつてほとけとまをしていうなるあそびもののまゐつてさふらふとまをしたりければにふだうなんでふさやうのあそびものはひとのめしについてこそまゐることにてはあれめしもなきところへすゐさんしかるべからずそのうへぎわうがあらむかぎりはかみともいへほとけともいへとうとうまかりいでよといへほとけすげなうおほせをかうぶつてはるばるといでたりけるをぎわうごぜんまをしけるはあそびもののすゐさんはつねのならひとしもいまだをさなしとこそうけたまはりさふらへたまたまおもひたつてまゐりてさふらふにすげなうおほせをかうぶつていかばかりかはづかしうかたはらいたくもさふらはんわがたてしみちなればひとのうへともおぼえずたとひまひをごらんじうたをこそきこしめさずともめされてごたいめんあつてかへさせおはしまさんはありがたきおなさけにてこそさふらはんずれただめさるべしとまをしたりければにふだうさらばよべとてよびかへさせいであひたいめんしたまひていかにほとけけふのげんざんはいかにもあるまじかりつれどもぎわうがなにとおもひてやらんしきりにまをすあひだめしたるなりかやうにまためされてこゑをきかざらんはむねんなるべしなにごとにてもいまやう一うたへかしとのたまへばほとけうけたまはつていまやうひとつぞうたうたるきみをはじめてみるときはちよもへぬべしひめこまつおまへのいけなるかめをかにつるこそむれゐてあそぶめれとこれを二三べんうたひすましたりければみなひとかんじあはれけりにふだうしやうごくもおもしろげにおもひたまひてわうわごぜはいまやうはじやうずにてありけるやいまやうがおもしろければまひもさだめておもしろかるらんなにごとにても一ばんさうらはばやつづみうちめせとてめされて一ばんまはせらるおよそこのごぜんとしも十六なるうへみめかたちならびなくかみのかかりまひすがたこゑよくふしもじやうずなればなじかはまひもそんずべきこころもおよばずぞまうたりけるけんもんのひとびともみなじぼくをおどろかさずといふことなしにふだうまひにやめでたまひけんほとけにこころをぞうつされけるてんせいこのにふだうどのはいらいらしきひとにておはしければまひのはつるをおそしとやおもはれけんはじめのわか一うたはせせめのわかいまだうたひもはてざるにほとけをいだいていりたまふほとけごぜんまをしけるはわらはもとよりすゐさんのものにてすげなうおほせをかうぶつてはるばるといでさふらひしをもぎわうごぜんのまをしじやうによつてこそめされまゐらせてもさふらへおぼしめしわすれぬおんことならばめされてまたはまゐりさふらふともけふはただいとまをたうでいださせおはしませとまをしければにふだうすべてくるしかるまじただともかくもじやうかいがままぞとよただしぎわうにはばかるかそのぎならばぎわうをこそいださめとのたまへばほとけごぜんそれまたこころうくさふらふべしわらはもろともにめしおかれまゐらせんだにもいかばかりかはづかしうかたはらいたくもさふらふべきにましてさやうにぎわうごぜんをいださせおはしまさんはいよいよこころうかるべしとまをしけれどもにふだうぜひをもいはせずぎわうとうとうまかりいでよとのつかひしきなみに三どまでたちければぎわうすこしもやすらふべきにあらずとてはきのごひちりひろはせみぐるしきものどもしたためてすでにいづべきにぞさだまりけるひごろよりかかるべしとはおもひまうけしことなれどもさすがきのふけふともおぼえずこの三とせがあひだすみなれししやうじのうちをいづるにぞなごりもをしくかなしくてかひなきなみだぞながれけるぎわういでけるがさるにてもとてまたたちかへりすみなれししやうじにかうぞかきつけたる
もえいづるもかるるもおなじのべのくさいづれかあきにあはではつべき
ぎわうくるまにのつていでけるがしきりになみだのすすみければいまさらにゆくべき(イいづちともいづべき)かたもおぼえぬになにとなみだのさきにたつらんとえいじつつぎわうしゆくしよにかへりしやうじのうちにたふれふしなくよりほかのことぞなきははこれをあやしみていかにやいかにととひけれどもへんじをするにおよばずぐしたるをんなにたづねてぞさることありとはしりてんげるかかりければきやうちうのじやうげあはやぎわうこそにし八でうどのよりいとまたうでいだされたんなれいざやげんざんしてあそばんとてあるひはふみをつかはすひともありあるひはししやをつかはすものもありけれどもぎわういまさらひとにげんざんしてあそびたはぶるべきにあらずとてふみをとりあげみるにおよばねばましてつかひをあひしらふまでのことはなかりけりかくてそのとしもくれはるのころにもなりしかばにふだうぎわうがもとへししやをたてていかにぎわうそののちはなにごとかありしほとけがあまりにつれづれげになるにまゐつてまひをもまひいまやうをもうたうてほとけなぐさめよとのたまひつかはされたりければぎわうあまりのこころうさにへんじにもおよばずにふだうかさねてのたまひけるはいかにぎわうなどごへんじをばまをさぬぞまゐるまじきかまゐるまじくはいささかそのやうをすみやかにまをせにふだうもきききつてはからふむねありとぞのたまひけるははのとぢあれほどのおほせなるになどごへんじをばまをさぬぞぎわうまゐらんとおもふみちならばこそやがてまゐるともまをさめまゐらざらんものゆゑになにとかごへんじをばまをすべきめすにまゐらずははからふむねありとのたまふはみやこのうちをいださるるかさらずはいのちをめさるるかこれふたつにはよもすぎじたとひみやこのうちをいださるるともいづくかつひのすみかなるたとひいのちをうしなはるるともをしかるべきまたいのちかは一どうきものにおもはれまゐらせてふたたびおもてをむかふべきにあらずとてなほへんたふにもおよばずははかさねてまをしけるはなんによのえんしゆくせいまだはじめぬことなれやちとせまつだいとちぎれどもやがてわかるるなかもありかりそめとおもへどもながらへはつるひともありただよにさだめなきはなんによのなからひなりいはんやわごぜんたちはあそびものの一にち二かめしおかれまゐらせんだにもいかばかりかありがたうさふらふべきにましてこの三とせがあひだめしおかれまゐらせぬればこんじやうのおもひいでなにごとかこれにすぐべきめすにまゐらずばはからふむねありとのたまふはみやこのうちをこそいだされんずらめいのちをめさるるまでのことはよもあらじたとひみやこのうちをいださるるともわごぜんたちはわかければいづくのうらわいはきのうえにてもすぐさんことはやすかるべしわらはがとしおいおとろへたるみのならはぬひなずまゐをかねておもふこそかなしけれただわらはをみやこのうちにてすみはてさせんとおもひたまへそれぞなににもすぐれたるこんじやうごせのけうやうにてあるべけれとなみだもせきあへずまをしたりければぎわうさらばまゐるまでにてこそあれとてなくなくたちいでけるがひとりまゐらんもものうければとていもうとのぎによをもぐしけりおなじやうなるしらびやうし二にんそうじて四にんひとつくるまにとりのつてにし八でうどのへぞまゐりたるにふだうひごろめされしところよりはるかにさがりたるところにざしきしてこそおかれたれぎわうこはなにごとのとがぞやはてはざしきをさへさげられつることのこころうさよこれにつけてもなにしにかまゐりけんとおもふにけしきをひとにみえじとおさふるそでのしたよりもあまりてなみだぞながれけるほとけごぜんひごろめされぬところにてもさふらはずただこれへめさるべしさらずはいでてげんざんせんとまをしけれどもにふだうなんでふとはなつくあひだちからおよばずそののちにふだういであひたいめんしたまひていかにぎわうそののちはなにごとかありしほとけがあまりにつれづれげなるになにごとにてもいまやうひとつうたへかしとのたまへばぎわうまゐるほどにてはただともかうもにふだうどののおほせにこそとおもひければおつるなみだをおさへていまやうひとつぞうたうたるつきふけかぜをさまつてのちこころのおくをたづぬればほとけもむかしはぼんぶなりわれらもおもへばほとけなりいづれもぶつしやうぐせるみをへだつるのみこそおろかなれとこれを二三べんうたひすましたりければみなひとあはれをぞもよほしけるにふだうしやうごくいしうもうたうたりやがてまひをもみるべけれどもいささかまぎるることいできたりこののちはめざすともつねにまゐつてまひをもまひいまやうをもうたうてほとけなぐさめよえいとぞのたまひけるぎわうしゆくしよにかへりしやうじのうちにたふれふしなくよりほかのことぞなきおやのめいをそむかじとふたたびうきみちにおもむきはてはざしきをさへさげられつることのこころうさよなほもうきよにながらへあるならばかさねてかくうきことをこそみきかんずらめかかるついでにひのなかみづのそこへもいりなばやとぞかなしみけるあねみをなげばいもうとのぎによもともにみをなげんといふははのとぢうらむるもことわりなりひごろはこれほどまでなさけなかりけるひととはつゆおもひよらずしてとかうけうくんしてまゐらせつることのこころうさよあねみをなげばいもうとのぎによもともにみをなげんといふにわらはがとしおいおとろへたるみのひとりのこりとどまつてなににかせんともにみをこそなげんずらめただししごもきたらぬおやにみをなげさせんは五ぎやくざいにてもやあらむずらんみだによらいはさいはうじやうどをしやうごんし一ねん十ねんをもきらはず十あく五ぎやくざいをもみちびかんといふひぐわんましますなる四拾八のせいぐわんのうちにだい三拾五のぐわんにはわれらがやうにぐちもんまうなるものをみちびかむといふひぐわんましますなりわれらこのたびおもひであるでもなうてふたたび三づにしづみなはまたいつのよにかはうかぶべきかほどめでたきみやうがうにすがつてごくらくじやうどのふたいのはうどにまゐらんとはおもひたまはずやとなみだもせきあへずいひければぎわうまことにしごもきたらぬおやにみをなげさせんは五ぎやくざいうたがひあらずとてみをなげんことをばおもひとどまり二十一にてさまかへけりいもうとのぎによもともにとちぎりしことなれば十九にてさまかへけりははのとぢあれほどにさかんなるふたりのむすめのさまをかふるよのなかにわらはがとしおいおとろへたるみのしらがをつけてもなににかはせんとて四十五にてさまかへけり三にんさがのおくなるやまざとにねんぶつまをしわうじやうけつぢやうりんじゆしやうねんとぞいのりけるかくてはるすぎなつたちぬあきのはつかぜたちぬればほしあひのそらをながめつつあまのとわたるかぢのはにおもふことかくこれなれやものおもはざらんひとだにもくれゆくあきのゆふべはかなしかるべしいはんやものおもふひとのこころのうちおしはかられてあはれなりにしのやまのはにかかるひをみてはあれこそさいはうのじやうどにてあんなればいつかわれらもかのところにむまれてものをおもはですごすらんこれにつけてもむかしのことのわすられてつきせぬものはなみだなりひもやうやうしぐれければ三にんのものどもひとつところにさしつどひぶつぜんにはなかうそなへともしびかすかにかかげつつねんぶつしてゐたるところにとぢふさぎたるたけのあみどをほとほととたたくおとしけり三にんのものどもねんぶつをとどめていかさまにもこれはわれらがやうにぐちもんまうなるもののねんぶつしてゐたるををかさんとてまえんのきたれるにこそただしまえんならばあれほどのたけのあみどをおしあけていらむことはやすかるべしただすみやかにあけたらんほどにたすけば一ぶつたとひいのちをうしなはるるともこのほどたのみたてまつるねんぶつあひかまへておこたるなよとこころにこころをいましめて三にんてにてをとりくみとぢふさぎたるたけのあみどをおもひきつてあけたればまえんにてはなかりけりほとけごぜんぞいできたるぎわうはしりいでほとけがたもとにとりついてこはさらにうつつともおぼえさふらはぬものかなひるだにもひとめまれなるやまざとへただいまなにとしてきたりたまへるといひければほとけごぜんいまさらまをせばことあたらしきににたりまをさねばまたおもはぬににたればはじめよりまをすぞよわらはもとよりすゐさんのものにてすげなうおほせをかうぶつてはるばるといでさふらひしをもわごぜんのまをしじやうによつてこそめされまゐらせてもさふらへやがてわごぜんのいだされたまひしことかならずひとのうへともおぼえずいつかまたわがみのうへにてあらんずらんとおもひしにあはせてしやうじにいづれかあきにあはではつべきとかきおきたまひしふでのあとやがておもひしられてこそさふらひしかいつぞやまたわごぜんのめされまゐらせていまやううたひたまひしときざしきをさへさげられたまひしことのこころうさまをすばかりもさふらはずそののちはいづくにともうけたまはらざりしがこのほどききいだしたてまつつてうらやましきことにおもひまゐらせいかにいとまをまをせどもおほかたゆるされまゐらすることもさふらはずつくづくものをあんずるにしやばのえいぐわはゆめのゆめたのしみさかえもなにかせんにんじんはうけがたくぶつけうにはまたあひがたしいづるいきいるをまたずかげろふいなづまよりもなほあやうしかやうのことをおもふにもいとどこころのとどまらずしてこのひるおもひもかけぬひまのありつるににげいでてかくなりてこそまゐりたれとてかづきたるきぬをうちのけたるをみければさしもはなやかなりしえいぐわのたもとをひきかへてあまになりてぞいできたるひごろのとがはこれにゆるしたまへゆるさんとのたまはばおなじあんじつにねんぶつまをしともにごしやうをいのるべしなほゆるさじとのたまはばこれよりいづかたへもあしにまかせてまよひゆきいかなるらんいはのかどこけのむしろまつがねにたふれふすまでもねんぶつまをしみだ三ぞんのらいがうにあづからんとなみだもせきあへずまをしたりければぎわうあなはづかしのわごぜんのこころのそこのいさぎよさよひごろはこれほどまでおもひたまふひととはいかでかつゆほどもしるべきなにごともうきよのなかのさがなればかならずひとをうらみとおもふべからずみのうきことをこそしるべきにややもすればわごぜんのことのみわすられでかたごころにかかつてこんじやうもごしやうもなかなかにしそんじたるやうにおぼえてやるかたもなかりつるにわごぜんはなにごとをもおもひたまはずとしもいまだ十七とこそきくにゑどをばいとひじやうどをばねがふべしとのこころこそまことのだうしんじやにてはおはしませわらはが廿一にてさまかへしをこそひともありがたきことにまをしみながらもふしぎのことにおもひしにいまわごぜんのしゆつけにくらぶればことのかずにてあらざりけりひごろのとがはなにしにかつゆほどものこるべきいざやさらばおこなはんとて四にんおなじあんじつにねんぶつまをしともにごしやうをいのりけるがちそくこそありけれどもつひにはわうじやうのそくわいをとげけるとぞうけたまはるそののちにふだうほとけをうしなうててんてをわかつてたづねさせられけれどもなかりければじやうかいがほとけはあまりにみめがよかりつればてんぐがとりたるにこそとぞのたまひけるそののちはんとしばかりあつてききいだされたりけれどもさやうになりたらんずるものをばとてのちにはたづねさせられずさればごしらかはのほふわうのちやうかうだうのくわこちやうにもぎわうぎによほとけとぢとうがそんりやうと一しよにいれられけるとぞうけたまはるあはれなりしことどもなり

二代の后
とばのゐんごあんがののちはひやうかくうちつづいてしざいるけいけつくわんちやうにんつねにおこなはれてかいだいもしづかならずせけんもいまだらくきよせずおうほうぢやうくわんのころほひはゐんのきんじゆしやをばうちよりいましめられうちのきんじゆしやをばゐんよりいましめられしかばじやうげおそれおののいてやすきここちもしたまはずただしんゑんにのぞんではくひようをふむにおなじそのころのしゆじやうとまをすは二でうのゐんじやうわうとまをすはごしらかはのゐんのおんことなりしゆじやうじやうくわうふしのおんあひだなりければなにごとのおんへだてかわたらせたまふべきなれどもおもひのほかのことどもあつてしゆじやうつねはゐんのおほせをもまをしかへさせおはしますこれもただげうきにおよんでひとけうあくをさきとするゆゑなりそのころひとじぼくをおどろかしよもつておほきにそしりかたぶきまをすことありそのゆゑはこんゑのゐんのきさきたいくわうたいこうぐうときこえさせたまひしはおほゐのみかどのうだいじんきんよしこうのおんむすめなりせんていにおくれまゐらつさせたまひてのちはここのへのほかこのゑかはらのおほみやのごしよにうつりぞすませたまひけるいつしかさきのきさいのみやにてふるめかしうかすかなるおんすまひにてぞわたらせたまひけるぢやうくわんのころほひはおんとし廿二三にもやならせおはしましけんおんさかりもすこしすぎさせたまふほどなりされどもてんかだい一のびじんのきこえわたらせたまひしかばしゆじやうつねはいろにのみそみたるおんありさまにてひそかにかうりよくしにぜうしぐわいきうにひきもとめしむるにおよんでひそかにおほみやへごえんしよありおほみやあへてごへんじもなかりければしゆじやうひたすらほにあらはれてきさきじゆだいあるべきよしをだいじんけへおほせくださるこのことてんかにおいてことなるしようじなりければくぎやうせんぎあつておのおのいけんにいはくかのそくてんくわうごうはたいそうのきさきかうそうくわうていのけいぼなりたいそうほうぎよののちかうそうのきさきにたちたまへるれいはきけどもそれはいてうのせんきたるうへべつだんのことわがてうにはじんむてんわうよりこのかたにんわう七拾よだいにいたらせたまふまでいまだ二だいのきさきのれいをきかずとしよきやう一どうにうつたへまをされたりければじやうくわうもこのぎおほきにしかるべからざるよしおほせければしゆじやうおほせありけるはてんしにぶもなしわれ十ぜんのよくんによつていまばんじようのはうゐをたもつこれらほどのことをえいりよにまかせざるべきとてすでにごじゆだいのひをおんさだめありけるうへはちからおよばせたまはずおほみやこのよしきこしめされしひよりしてなのめならずおんなげきにしづませおはしますせんていにおくれまゐらせしきうじゆのあきのはじめおなじくさばのつゆともきえやがていへをもいでよをものがれたらましかばいまかかるうきことをきかざらましとぞおほせけるそののちちちのおとどまゐらせたまひてやうやうにこしらへまをさせたまひけるはよにしたがはざるをもつてきやうじんとすとみえたりすでにぜうめいをくだされぬるうへはしさいをまをすにところなしはやはやごじゆだいあるべしこれひとへにぐらうをたすけさせおはしますごかうかうのおんいたりなるべしなんどまをさせたまひたりけれどもおほみやあへてごへんじもなかりけるがややあつてちちのおとどのごへんじかとおぼしくておんすずりのふたにかうぞあそばされける
うきふしにしづみもやらで(イはてぬよ)かはたけのよにためしなきなをやながさむ
よにはいかにしてかはもれにけむいうにやさしきためしにぞまをしはべりけるすでにごじゆだいのひにもなりしかばちちのおとどぐぶのかんたちめしゆつしやのぎしきこころことにいだしまゐらつさせたまひけりおほみやものうきおんいでなりければとみにもいでさせたまはずはるかによふけさよもなかばすぎてのちおほみやなくなくおんくるまにたすけのせられさせたまひけりものうきおんいでなりければいろあるぎよいをばめさずしろきおんぞ十五ばかりぞめされけるうちへまゐらせたまひてはれいけいでんにうつりぞすませたまひけるおんあさまつりごとをすすめまゐらつさせたまふばかりなりかのししんでんのくわうきよにはけんじやうのしやうじをたてられたりいいんていごりんぐせいなんたいこうばうろくりせんせいりせきしばりしやうぐんがすがたをさながらうつせるしやうじもありてながあしながむまかたのしやうじおにのまをはりのかみをののだうふうが七くわいげんじやうのしやうじとかきながせるもことわりなりかのせいりやうでんのぐわとのみしやうじにはむかしかなをかがうつせるゑんざんのありあけのつきもありとかやこゐんのいまだえうちにわたらせたまひしそのかみなにとなきおんてまさぐりにかきくもらかさせたまひしがありしながらにかはらぬをごらんじてさすがせんていのおんおもかげおんこひしうやおもひまゐらつさせたまひけむかうぞあそばされける
おもひきやうきみながらにめぐりきておなじくもゐのつきをみんとは
そのおんあひだのおんなからひいひしらずなにとなくものあはれなりしおんことなり

額打論
かくてしゆじやうはえうまんぐわんねんのはるのころよりつねはごふよのおんことときこえさせたまひしがなつのころにもなりしかばことのほかにおもらせたまひけりこれによつておほくらのたいふいきのかねもりがむすめのはらにこんじやう一のみやのこんねん二さいにならせたまふがわたらせたまひけるをたいしにたてまゐらすべしなんどきこえさせたまひしがおなじき六ぐわつ廿五にちににはかにしんわうのせんじをかうぶらせたまひそのよやがてじゆぜんありしかばてんかなにとなうものあわてたるさまなりけりそのころのいうしよくのひとびとのまをしあはれけるはほんてうにどうたいのれいをたづぬるにせいわてんわう九さいにてもんとくてんわうのおんゆづりをうけさせたまひしはかのしうこうたんのせいわうにかはりなんめんにして一じつばんきのおんまつりごとををさめたまひしになずらへてぐわいそちうじんこうえうしゆをふちしまゐらつさせたまひしこれせつしやうのはじめなりとばのゐん五さいこんゑのゐん三さいそれをこそひといつしかなりとまをししにこれはわづかに二さいにならせたまふせんれいなしものさわがしともおろかなりおなじき七ぐわつ廿七にちにしんていだいごくでんにしてごそくゐありてんかのいうきともにあひまじはつてよろづなにごともとりあへぬおんことどもにてぞわたらせたまひけるおなじき廿九にちにじやうわうつひにほうぎよならせたまひけりみくらゐをさらせたまひてはわづかに卅よにちぞましましけるこんねんは廿三にならせおはしますつぼめるはなのちれるがごとしひとびとおんなごりををしみたてまつつて八ぐわつ七かまでおきたてまつりたりしかどもさてしもわたらせたまふべきならねばくわうりうじのうしとられんたいののおくふなをかやまのふもとにおくりをさめたてまつるおほみや二だいのきさきにはたたせたまひしかどもさまでのおんさいはひもわたらせたまはずまたこのきみにさへおくれまゐらつさせたまひたりしがつひにみぐしおろさせたまひけりなかにもぎをんのべつたうちようけんほういんのいまだごんだいそうづにてやまよりくだられけるがごさうそうのけぶりをみたてまつつてかうぞえいじたまひける
つねにみし(イきのふみし)きみがみゆきをけふとへばかへらぬたびときくぞかなしき
かかりけるごさうそうのよえんりやくこうぶくりやうじのだいしうがくうちろんといふことをしいだしてたがひのらうぜきにおよぶ一てんのきみほうぎよのときはなんぼく二きやうのたいしうことごとくぐぶしてごむしよのめぐりにわがてらでらのがくをうつことありまづしやうむてんわうのごぐわんあらそふべきてらなければとてとうだいじのがくをうつつぎにたんかいこうのごぐわんとてこうぶくじのがくをうつほくきやうにはこうぶくじにむかへてえんりやくじのがくをうつつぎにてんむてんわうのごぐわんちしようだいしのさうさうとてをんじやうじのがくをうつしかるをこんどさんもんにいかがはおもひけむせんれいをそむいてこうぶくじのうへにえんりやくじのがくをうつあひだなんとのたいしういきどほりこうぶくじのさいこんだうしゆにくわんおんばうせいしばうとて二にんのあくそうありくわんおんばうはもえぎのはらまきにしらえのおほなぎなたのさやをはづしせいしばうはくろいとをどしのよろひにおほたちをぬき二にんはしりかかりえんりやくじのがくをきつておとすきよみづほうしにちもんばうはしりよつてがくをさんざんにきりやぶつてんげりうれしやみづなるはたきのみづひはてるともたえずとうたへつねにとうたへとはやしあげてわがかたへぞはしりかへりける

清水炎上
一てんのきみみよをはやうせさせおはしまさんときはいかなるこころなきさうもくまでもうれひたるいろをこそあらはすべきにこのあさましさにじやうげみな四はうへにげちりぬおなじき八かのひれいのさんもんのたいしうまたげらくすときこえしかばだいりならびにゐんのごしよへぐんびやうめされけりきやうちうのさうどうなのめならずまたなにものかまをしいだしけん一ゐんやまのたいしうにおほせてへいじつゐたうあるべきよしきこえしかばへいけのひとびとこはいかがせんとぞさわがれけるこまつどののいまだそのころさゑもんのかみにておはしけるがたうじなにごとによつてかさやうのおんことのわたらせたまふべきとはせいせられけれどもあまりにあわててさわぎののしることなのめならずおなじき九かのひれいのさんもんのたいしうすでにげらくするあひだぶしけんびゐしにしさかもとにゆきむかふをたいしうことともせずうちやぶつてらんにふしけるあひだ一ゐんろくはらへごかうなるへいしやうごくもさわがれけりされどもたいしうそぞろなるせいすゐじにおしよせたりおうてはさかおもてからめてはせいかんじうたのなかやまよりよせきたるきよみづほうしじやうくわくかまへてたてこもるたいしうおしよせたりければぶんないはせばかりけりひとたまりもたまらずおちけりふせぐところのたいしう卅よにんうちころさるそののちじちうにみだれいつてひをはなつだうしやたふめうぶつかくそうばういちうものこさずやきはらふせいすゐじとまをすはこうぶくじのまつじなるによつてこれはさんぬるごさうそうのよのくわいけいのはぢをきよめんがためにやくなりとぞまをしけるたいしうかへりのぼりてのこうてうにくわんおんやくわきやうへんじやうちはいかにとふだにかいてだいもんにたてたりければりやくこふふしぎとこれをいふなりとかへりふだにぞたてたりけるいかなるあとなしもののしわざにてかありけむをかしかりしことどもなりさるほどにことしづまりしかば一ゐんほうぢうじどのへくわんぎよなるさゑもんのかみおんともにまゐられたりちちのおとどはとどまりたまふこれはなほろくはらのえうじんのためとぞおぼえたるさゑもんのかみほどなうかへりまゐられたりければちちのおとどのたまひけるはさるにても一ゐんのごかうこそおほきにおそれいつておぼゆれいかさまにもこれはおほせあはせらるるむねのあるにこそとのたまへばさゑもんのかみゆめゆめさやうのおんことおんことのはにいださせたまふべからずひとにちゑつけがほになかなかあしうさふらひなんずただいくたびもえいりよにそむかせたまはでひとのためにぜんをほどこさせおはしまさばおんみのおそれあるまじうさふらふとてたたれければあはれこのしげもりほどなにごとにつけてもおほやうなるひとはなかりけりとちちのおとどものたまひけるさるほどにほうぢうじどのには一ゐんくわんぎよののちごぜんにうとからぬひとびとをめしてさるにてもつゆおぼしめしよらぬおんことをなにものかまをしいだしたりけむゆめのやうなることかなとおほせければさいくわうがまをしけるはてんにくちなしひとにいはせよとまをすことのさふらふなればへいけあまりにくわぶんになりゆきさふらふのあひだほろぶべきぜんぺうにててんのつげにてもやさふらふらんとまをしたりければひとびとこれよしなしかべにみみありとておのおのくちをぞとぢられけることしはりやうあんなればとてごけいだいじやうゑをもおこなはれずけんしゆんもんゐんのいまだそのころひんがしのおんかたとてわたらせたまふおんはらに一ゐんのみことのこんねん五さいにならせたまふがわたらせたまひけるがにはかにしんわうのせんじをかうぶらせたまひあけければかいげんあつてにんあんぐわんねんとぞまをしける

春宮立(あひ)
きよねんしんわうのせんじかうぶらせたまひたりしわうじおなじき八ぐわつ十かのひとう三でうどのにしてとうぐうにたたせたまふとうぐうとまをすはつねはていのみこなりまたたいしとまをしてしゆじやうのおんおととのまうけのきみにそなはらせたまふことありこれをばたいていともまをすしかるにしゆじやうおんをひ三さいとうぐうおんをぢ六さいぜうぼくあひかなはせたまはずただし一でうゐん七さい三でうゐん十一さいにしてとうぐうにたたせたまふさればせんれいなきにはあらずやとぞひとまをしけるしかるにしゆじやう二さいにてみくらゐにつかせたまひ五さいとまをししにんあん三ねん二ぐわつ十五にちにみくらゐをさらせたまひていつしかひとしんゐんとぞまをしけるいまだごげんぷくもなくしてだ[い]じやうてんわうのそんがうかんかほんてうにこれやはじめなるらん六でうゐんのおんことなりおなじき三ぐわつ十かのひしんていだいこくでんにてごそくゐありこんねんは八さいにならせおはしますおよそこのきみのてうかをしろしめされけることは一かうへいけのはんじやうとぞみえしなかにもへいだいなごんときただのきやうはみかどのごぐわいせきにておはしければかのやうきひがさいはひしときやうこくちうがさかえたりしがごとしにんあん四ねん六ぐわつ十四かにかいげんあつてかおうぐわんねんとぞまをしける

殿下の乗合
おなじき六ぐわつ十七にちに一ゐんおんとし四十三にてごしゆつけありゐんごしゆつけののちもなほばんきのおんまつりごとをしろしめされければゐんにさふらはれけるくぎやうでんじやうびとやじやうげのほくめんにいたるまでくわんゐほうろくみにあまりたりされどもひとのこころのならひにてなほあきたらずへいのひとびとのくにをもしやうをもたまはつたることをばよにめざましきことにおもひあはれそのひとほろびなばそのくにはあきなむそのくわんにはなりなんなんどうとからぬどちはさしつどひささやくときもありけりほうわうもないないおほせけるはむかしよりてうてきをたひらぐるものおほしといへどもかかるれいはいまだなしさだもりひでさとがまさかどをほろぼしらいぎがさだたふむねたふをせめぎかがたけひらいへひらをうちたりしにもけんしやうおこなはるることわづかにじゆりやうにはすぎざりきしかるをきよもりにふだうがかくこころのままにふるまふことこそしかるべからねこれもただよすゑになつてわうはふのつきぬるにこそとおぼしめしけれどもついでもなければおんいましめもなしへいけもまたべつしててうかをうらみたてまつることもなかりけるによのみだれそめけるこんぽんはこまつどののじなんしん三ゐのちうじやうすけもりのいまだそのころゑちぜんのかみとてしやうねん十三になられけるいんじかおう二ねん十ぐわつ十六にちにゆきははだれにふりたりけりかれののけしきのおもしろさにわかきさぶらひ二三十きめしぐしてたかどもあまたすゑさせつつうこんのばばむらさきのきたののへんにうちいでてうづらひばりおつたておつたてひねもすにかりくらしはくぼにおよんでおほみやのおほぢよりこうぢきりにろくはらへこそかへられけれそのときのせうろくまつどのなかのみかどひがしのとうゐんのごしゆくしよをぎよしゆつあつていうはうもんよりじゆぎよなるべきにてひがしのとうゐんをくだりにおほゐのみかどをにしへぎよしゆつなるほりかはゐのくまのへんにてすけもりでんかのぎよしゆつにはなつきにまゐりあふあまりにてうおんにのみほこつてよをよともひとをひとともせざつしうへめしぐしたりけるさぶらひみなわかきものどもにてれいぎこつぱふをもぞんぜず一せつにげばもせずぜんぐうみずゐじんどもなにものぞらうぜきなりぎよしゆつのなるにおりさふらへおりさふらへといらひけれどもみみにもききいれずかけわつてこそとほりけれとののおんとものひとびとくらさはくらしにふだうのまごともつやつやぞんぜずむまよりとつてひきおとしあておとしすこぶるちじよくにおよびけりすけもりはふはふ六はらにおはしておほぢだいじやうのにふだうどのにこのよしうつたへまをされければにふだうおほきにいかつてたとひいかなるでんがにてもわたらせたまへにふだうがあたりをば一どはなどかおぼしめしはばからせたまはざるべきにさやうにおいさきあるをさなきものどもになさけなうちじよくをあたへられけることこそかへすがへすもゐこんなれかかることよりしてひとにもあざむかるるぞこのことおもひしらせまをさではえこそあるまじけれとのたまへばこまつどののいまだそのころだいなごんのうたいしやうにてごぜんにおはしけるがこのよしをききたまひゆめゆめさやうのおんことおぼしめしよらせたまふべからずしげもりがこどもなんどいひたらむずるもののでんがのぎよしゆつにまゐりあうてのりものよりおりさふらはざりつることこそかへすがへすもびろうにはさふらへそのうへよりまさみつもとなんどいふげんじどもにあざむかれてもさふらはばこそ一もんのちじよくにてもさふらふべけれこれはすこしもくるしうさふらふまじいかさまにもでんがへぶれいのよしをこそまをしたうさふらへとてぞたたれけるそののちにふだうこまつどのにはのたまひもあはせられずしてかたゐなかのさふらひのきはめてこはらかなるがにふだうのおほせよりほかはおそろしきことなしとおもひけるいせのかみかげつなをさきとしてつがふ六十よにんをめしてらい廿一にちにしゆじやうごげんぷくおんさだめのおんためにでんがさんだいあらんずるみちにてぜんくうみずゐじんどもがもとどりきりすけもりがはぢすすぞとのたまへばこれらかしこまつてうけたまはりつがふそのせい三百よきにてでんがのぎよしゆつをいまやいまやとまちうけたてまつるでんがはこのことゆめにもしろしめされずしゆじやうごげんぷくおんさだめごかくわんはいくわんのおんためにけふよりごちよくろにわたらせたまふべきにてつねのぎよしゆつよりはひきつくろはせたまひてぜんくうみずゐじんどもにいたるまではなやかにこそいでたちたれこんどはたいけんもんよりじゆぎよなるべきにてなかのみかどをにしへぎよしゆつなるほりかはゐのくまのへんにてつはものどもでんがのぎよしゆつをまちえたてまつりみくるまのぜんごさうにてときをどつとぞつくりけるけふをはれといでたちたりけるぜんくうみずゐじんどもここにおつつめかしこにおさへてもとどりきるぜんくう六にんがうちとうのくらんどたいふたけのりがもとどりをきるとてはこれはなんぢがもとどりとおもふべからずしうのもとどりとおもふべしといひふくめてぞきつたりけるずゐじん十にんがうちみぎのふしやうたけもとがもとどりもきられにけりぐぶのくぎやうでんじやうびとくるまのものみうちわりむながけしりがいきりはなつたりければくものこをちらすがごとくにぞなりにけるすだれかなぐりおとしとののみくるまのうちへもゆみのはずつきいれなんどしければでんがあまりのおそろしさにやみくるまよりこぼれおちさせたまひてあやしのしづがこやになくなくたちぞしのばせたまひけるつはものどもかやうにさんざんにしちらし六はらにかへりまゐつてこのよしまをしたりければにふだうしんべうなりとぞのたまひけるそののちみくるまつかまつるものもなかりければいなばのさいつかひとばのくにひさまるはげらふなりけれどもさがさがしきによつてみくるまつかまつるせつしやうどのはさてしもわたらせたまふべきならねばおんなほしのそでにておんなみだおさへさせたまひつつくわんぎよのぎしきのあさましさまをすばかりもなかりけりたいしよくくわんたんかいこうのおんことはなかなかまをすにおよばずちうじんこうせうぜんこうよりこのかたせつしやうくわんぱくのかかるおんめにあはせたまふおんことはこれはじめとぞうけたまはるこれぞへいけのあくぎやうのはじめとはうけたまはるそののちこまつどのこのよしをききたまひてそのときゆきむかうたりけるいせのかみかげつなをさきとしてつがふ六十よにんをかんだうせらるたとひにふだうふしぎをげぢしたまふともなどしげもりにゆめをばみせざりけるぞやおよそはすけもりきくわいなりせんだんはふたばよりかうばしとこそみえたれしげもりがこどもなんどいひたらんずるもののことしは十二か三になるとこそおぼゆるにいまはれいぎこつぽふをもぞんじてこそふるまふべきにかかるいひがひなきものをめしぐしておほぢにふだうのあくみやうをたつふけうのいたりなんぢひとりにありとてすけもりをもかんだうしいせのくにへぞおひくだされけるそのころのきやうちうのじやうげあはれこのたいしやうほどなにごとにつけてもいうにやさしきひとはなかりけりとほめぬひとこそなかりけれさるほどにしゆじやうのごげんぷくもそのよはのびぬおなじき二十五にちにゐんのでんじやうにしてぞごげんぷくおんさだめはわたらせたまひけるせつしやうどのはさてしもわたらせたまふべきならねばおなじき十一ぐわつ九かのひかねせんじをうけたまはらせたまひおなじき十三にちにだいじやうだいじんにあがりたまふおなじき十二ぐわつ二十七にちにごはいがのきこえありしかどもよのなかにがにがしうぞみえしさるほどにとしくれてかおうも三ねんになりにけり

徳大寺厳島詣
かおう三ねんしやうぐわつ五かのひしゆじやうてうきんのおんためにほうぢうじどのへぎやうかうなるこれはとばのゐん七さいまでぎやうかうなりたりしこんどそのれいとぞきこえしこんねん十一さいにならせおはしますうひかふりのおんすがたほうわうもにようゐんもいかばかりかめでたくおもひまゐらつさせたまひけんさるほどにめうおんゐんのだいじやうだいじんもろながのいまだそのころないだいじんのさだいしやうにておはしけるがたいしやうをじせさせたまふことありときにとくだいじどのそのじゆんにあたりたまへりといへりまたくわんざんのゐんのちうなごんかねまさのきやうもしよまうありなかのみかどのしんだいなごんなりちかのきやうはたうじきみのごちようしんなるうへこのことしきりにのぞみまをされけるがさまざまのおんいのりどもをぞはじめられけるまづやはたにそうをこめてしんどくのだいはんにやをよまれけるにはんぶにおよんでをとこやまのかたよりやまばと二とびきたりかうらのみやうじんのおんまへにてくひあひてこそしにけれはとはだいぼさつのだい一のししやなりときのけんぎやうぎやくせいほういん(イ長清法印)うちへこのよしそうもんすやがてじんぎくわんにておんうらありてんかのさわぎとうらなひまをすただしてうかのおんことにはあらずしんかのつつしみとぞうらなひまをしけるだいなごんこれにもおそれたまはずひるはひとめをつつみほかうにてよなよなかものかみのやしろへまゐられけるにだい三かにあたりけるよげかうしてくるしさにやうちふされたりけるゆめになかのやしろへまゐりたるかとおぼしくてごはうでんのみとおしひらきうちよりゆゆしうけだかきみこゑにて一しゆのうたをぞあそばされけるさくらばなかものかはかぜうらむなよちるをばえこそとどむまじ(イとどめざり)けれだいなごんこれにもなほおそれたまはずなかのやしろにそうをこめて七かひほうをおこなはせられけるにけちぐわんちかうなつてわかみやのうしろなるおほすぎにいかづちおちかかりひもえつきてしやだんもあやうくみえければじんにんきうにんことごとくおこつてこれをうちけつてんげりかみはひれいをうけさせたまはずだいなごんひぶんのたいしやうをいのりまをされければにやかかるふしぎぞいできにけるそのころのぢよゐぢもくはゐんうちせつしやうくわんぱくのごせいばいにもあらず一かうへいけのままなりければとくだいじくわざんのゐんもなりたまはずにふだうしやうごくのちやくしこまつどのひだんにうつつておんおととのむねもりちうなごんにておはしけるがすはいのじやうらふをてうをつしてみぎにくははりたまふこそこころもことばもおよばれねとくだいじどのは一のだいなごんくわしよくえいえうさいかくいうちやうにてこえられたまふぞゐこんなるさればとくだいじどのはよのなりゆくやうをごらんぜんとやおぼしめされけんだいなごんをばじしまをされてしばらくろうきよとぞきこえしかのだいなごんにほうこうのともがらどものなかにくらんどのたいふのりはるとまをすものありあるよだいなごんにまをしけるはきみごしゆつけなんどもさふらはばほうこうのともがらどもみなまどひものとなりさふらひなんずさらむにとつてはたうじあきのいつくしまをば一かうへいけのあがめまをされさふらふかれへおんまゐりあつてたいしやうのごきせいなんどもさふらへかしくだんのやしろにはないしとていうなるまひびめどものす十にんさふらふなるこれらをおんもてなしさふらはばにふだうしやうごくかへりききたまひてさだめてはからはるるむねもやさふらはんずらんとまをしたりければとくだいじどのさらばとてやがてしやうじんはじめていつくしまへぞまゐられける七かさんろうことゆゑなうとげさせたまひてのちみやこへかへりのぼらせたまひけるにないしたちとくだいじどののおんなごりををしみたてまつてひとひぢまでおくりたてまつるとくだいじどのないしたちにあまりになごりのをしうおぼゆるにさらばみやこへのぼりたまへかしとてそのなかにしかるべきないし十よにんめしぐしてみやこにのぼりやうやうのおんもてなしさまざまのおんひきでものあつてかへされけりないしたちかへるとていさやわれらがへいけへまゐらんとてにし八でうどのへぞまゐりたるにふだうしやうごくやがていであひたいめんしたまひていかにないしたちなにごとのれつさんぞとのたまへばさんさふらふこれはたうじとくだいじどののたいしやうごきせいのおんためにいつくしまへまゐらせたまひてさふらひつるがめしぐせさせたまひてやうやうのおんもてなしさまざまのおんひきでもののさふらひつるとまをしたりければにふだうじやうかいがあがめたてまつるあきのいつくしまとくだいじどののさやうにたつとみたまふこそなによりもゆうにありがたうおぼゆれしんめいもなどかかんおうなかるべきとてにふだうしやうごくのちやくしこまつどのだいなごんのさたいしやうにておはしけるをたいしやうをじせさせたてまつつてとくだいじどのへこそわたさ
れけれさればのりはるがはかりごとかしこかりけるかうみやうかな

鹿谷(あひ)
とくだいじどのはかくこそゆゆしうおはせしになかのみかどのしんだいなごんなりちかのきやうはとくだいじくわざんのゐんにこえられたらむはいかがせんへいけのむねもりにこえられぬるこそゐこんなれこれもただへいけのおもふさまなるがいたすところなりさればいかにもしてへいけをほろぼしわがほんまうをとげばやとおもはれけるこそおそろしけれちちのきやうはこのよはひにてはわづかにちうなごんにてこそおはししにこれはそのばつしにてくらゐじやう二ゐくわんだいなごんにあがりたいこくあまたたまはりてしそくしよじうにいたるまでくわんゐほうろくみにあまりたりさればなんのふそくにかかかるこころのつかれけむこれひとへにてんまのしよゐとぞおぼえたるつねはぐわいじんなきところによりあひよりのきへいけをほろぼさんとのいとなみのほかはたじなしとぞきこえしひがしやまししのたにはしゆんくわんそうづがりやうなりけるがうしろはみゐでらへつづいてくきやうのじやうくわくなりければへいけをほろぼしかしこにひきこもらんとぞぎせられけるあるときほうわうもじやうけんほういんばかりをめしぐしてひそかにかしこへごかうなりさてこのこといかがあるべきとおほせければほういんあなあさましひとあまたうけたまはりさふらふもしこのことのてんかへもれきこえさふらはばたんだいまよのみだれいできさふらはんずるものをとまをされたりければだいなごんけしきおほきにかはつてごぜんをまかりいでられけるがいかがはせられたりけむごぜんにたてられたりけるへいじのくちにかりぎぬのそでをかけてたをされたりほうわうあれはいかにとおほせければだいなごんたちかへりへいじたをれさふらひぬとぞまをされけるほうわうおほきにゑつぼにいらせおはしましてものどもまゐつてさるがくつかまつれとおほせければへいはんぐわんやすよりごぜんにつつとまゐりへいじのあまりおほうさふらふにもてゑひてこそさふらへしゆんくわんがさてそれをばなにとかつかまつりさふらふべきれいのさいくわうがつつとまゐりへいじをばくびとるにしかじとてへいじのくちをとつてあなたへはわたすこなたへはわたすとてぞいりにけるほういんあまりのあさましさにほうわうをすすめたてまつりていそぎほうぢうじどのへくわんぎよなしまをされけりよりきのしうにはあふみのちうじやうにふだうれんじやうやましろのかみもとかぬしきぶのたいふまさつなそうはんぐわんのぶふさしんへいはんぐわんすけゆきへいはんぐわんやすよりほつしようじのしゆぎやうしゆんくわんそうづつのくにげんじただのくらんどゆきつなをさきとしてほくめんのともがらどもおほくよりきしてんげりなかにもただのくらんどゆきつなをばだいなごんだいじのものにしたまひてもしこのことしおふするほどならばくににてもしやうにてもこひによるべしまづゆみぶくろのれうにとてしろぎぬ五十たんおくりつかはさるそもじやうこにはほくめんはなかりけりしらかはのゐんのおんときはすゑしげわらはよりせんじゆまるいまいぬまるとてこれらはさうなききりものなりまたとばのゐんのおんときはすゑよりすゑのりふしともつねはでんそうすることもありなんどきこえしかどもこれらはみのほどをぞんじてこそふるまひしにこのおんときほくめんはもつてのほかにくわぶんにてげほくめんよりじやうほくめんにあがりじやうほくめんよりでんじやうのまじはりをゆるさるるもありけりかくのみふるまひしほどにこれらはおごれるものどもにてかやうのことにもくみしてんげり

鵜川合戦
かのほくめんのともがらどものなかにもろみつなりかげとまをすものありこれはこせうなごんにふだうしんせいのもとにこんれいわらはもしはかくごんしやにてけしかるものにてぞさふらひけるされどもさかさかしきによつてつねはゐんのおんまちにもかかりもろみつさゑもんのぜうなりかげうゑもんのぜうとて一どにゆきへのぜうになつてしんせいことにあひしときともにしゆつけしてさゑもんのにふだうさいくわううゑもんのにふだうさいけいとてしゆつけののちもなほゐんのみくらあづかりにてぞさふらひけるかのさいくわうがこにもろたかとまをすものありこれもさうなききりものなりければけんびいし五ゐのぜうまでへあがりあまつさへあんげんぐわんねん十二ぐわつ二十九にちのつゐなのぢもくにかがのかみにぞふせられけるしたがつてこくむをおこなふあひだひほうひれいをちやうぎやうしじんじやふつじけんもんせいかのしやうゑんをもつたうしてさんざんのことどもにてぞさふらひけるたとひまたせうこう(イてうこう)があとをこそへだつといふともをんびんのまつりごとをこそおこなふべきにかくのみふるまひしほどにおなじき二ねんのなつのころおととこんどうはんぐわんもろつねをかがのもくだいにさしくださるもろつねげちやくのはじめこふのへんにうかはのゆせんじとまをすやまでらありもろつねかのてらにらんにふしじそうどものゆあびけるをおひあげわがみもあびいへのこらうどうをもおろしあまつさへざふにんばらをいれてむまのゆあらひなんどをせさせければじそうらおほきにいかつてむかしよりこのところにこくはうのもののにふぶするやうなしといひければもろつねまをしけるはせんぜんもくだいはふかくにてこそいやしまれたれたうもくだいにおいてはまつたくそのぎあるまじただせんれいにまかせてにふぶのあふばうをとどめよといひければじそうらはこくはうのものをつゐしゆつせんとすこくはうのものはまたついでをもつてらんにふせんとせしほどにたがひにうちあひはりあひなんどしけるほどにもろつねがさしもひさうしけるむまのあしをうちをるのみならずをがみをさへにきつてんげりもろつねおほきにいかつてただほふにまかせよといふあひだじそうらきうせんひやうぢやうをたいしてたがひにいあひきりあひなんどしけるほどにもろつねかなはじとやおもひけむよにいつてしゆくしよにひきしりぞきつぎのひもろつねたうごくのざいちやうくわんにん三千よきをいんぞつしてうかはにおしよせたりふせぐところのたいしゆ三百よにんうちころさるそののちぢちうにみだれいつてひをはなつだうしやたふめうぶつかくそうばう一うものこさずやきはらふうかはとまをすははくさんのちうぐうのまつじなるによつて三しやならびに八ゐんのしゆとさうどうす八ゐんのしゆとのちやうぼんにちしやくがくみやうはうだいばうしやうちがくいとさのあじやりぞすすんだるつがふそのせい二千よにんおなじき七ぐわつ九かのひのとりのこくにはもくだいもろつねがたちぢかくこそおしよせたれけふはひくれぬしようぶはけつせしとてたいしゆそのひはそのへんなるところにひかへたりつゆふきむすぶあきかぜはいむけのそでをひるがへしくもまをてらすいなづまはかぶとのほしをかがやかすもろつねかなはじとやおもひけむよにげにしてこそのぼりけれつぎのひのまんだあしたたいしゆおしよせたりけれどももろつねおちてなかりければちからおよばずほんざんへひきかへすせんずるところこのよしをさんもんへうつたへてくげへそうもんせんとてはくさんめうりごんげんのしんよをひえいざんひんがしさかもとへふりたてまつるとぞきこえしおなじき八ぐわつ十一にちのむまのこくばかりにめうりごんげんのしんよひえいざんひんがしさかもとへつかせたまふとまをすほどこそありけれにはかにそらかきくもりほくこくのかたよりいかづちおびただしうなりさかりみやこをさしてなつてゆくにはくせつくだつてちをうづみさんじやうらくちうおしなべてときはのやまのこずゑまでもみなしろたへにぞなりにける三ぜんのたいしゆひんがしさかもとにおりくだりしんよをはいしたてまつりすなはちきやくじんのやしろへいれたてまつるさんもんにきやくじんごんげんとまをすははくさんごんげんのおんことなりさたのじやうひはしらねどもしやうがいのめんぼくただこのことのみにありかのうらしまが七せのまごにあへりしがごとしたいだい(イたりない)のもののりやうぜんのちちをみしにおなじ三千のたいしゆくびすをつぎ七しやのじんにんそでをつらねじじこくこくのきねんほつせこころもことばもおよばれず

願立
さんもんのたいしゆそうじやうをささげてなげきけれどもいまだごしよういんなきあひださもしかるべきくぎやうでんじやうびとののたまひあはれけるはあはれこのこととうしてごさいきよあるべきものをさんもんのそせうはたにことなりおほくらきやうためふさだざいのそつすゑなかはてうかのちようしんたりしかどもさんもんのそせうによつてるざいせられきさればもろたかもろつねなんどがことはことのかずにやあるべきなんどのたまひあはれけれどもだいじんはろくをおもんじていさめずせうしんはつみにおそれてまをさずといふことなればおのおのくちをぞとぢられけるかもがはのみづすごろくのさいやまほうしこれぞまろがこころにはかなはぬとしらかはのゐんもおほせなりけむなるまたとばのゐんのおんときゑちぜんのへいせんじをさんもんへつけられけることもたうざんのごきえあさからざるによつてさんもんのそせうはひをもつてりとせよとせんぎせられてこそゐんぜんをもくだされけむなれげにもがうそつきやうばうのきやうのまをさるるやうにたいしゆしんよをささげたてまつつてそせうをいたさんにおいてはきみもいかがはせさせおはしますべきとぞほうわうもおほせなりけむなるまたほりかはのてんわうのぎようかはうぐわんねんのふゆのころみののかみみなもとのよしつなのあそんたうごくしんりふのしやうをたをすによつてやまのきうぢうしやゑんおうをせつがいすこれによつてひよしのしやしえんりやくじのじくわんつがふ三十よにんしさいをそうもんのためにぢんとうへこそはつかうすれご二でうのくわんぱくどのやまとげんじなかつかさのせうよりはるにおほせてこれをふせがせらるよりはるがらうどうやをはなつきずをかうぶるもの八にんしするは四にんなりしやししよしらをめきさけんで四はうへみなにげちりけりこれによつてさんもんおほきにいきどほり七しやのしんよをこんぽんちうだうへふりあげたてまつつてご二でうのくわんぱくどのをさまざまにじゆそしたてまつりけるとぞきこえしあるときまた三千のたいしゆみなひんがしさかもとにおりくだり八わうじごんげんのおんまへにてしんどくのだいはんにやをよまれけるにちういんほういんのいまだそのころちういんぐぶにておはしけるがかうざにのぼりけいびやくのかねうちならしけうげのことばこそおそろしけれわれらがなたねのふたばよりおほしたちたまふかみたちとしりながらむしものにあうてこしからふたまふ(イこしからみたまふ)ご二でうのくわんぱくどのにかぶらやひとつはなちあてたべだい八わうじごんげんとかうじやうにののしつたりけるにぞきくひとみなみのけよだつておぼえたるやがてそのよのねのこくばかりに八わうじごんげんのしんでんよりかぶらやのこゑいでてみやこをさしてなつてゆくとぞひとのみみにもきこえけるつぎのひのまんだあしたみやこにはくわんぱくどのごしゆくしよにおんきやくしのやくつかまつりけるがただいまやまよりおりてくだりたるがことごとなるしきみのはな一えだつゆにぬれたるがおひいでたりこれおほきにふしぎのずゐさうとまをししほどにやがてそのころご二でうのくわんぱくどのさんわうのおんとがめとてごぢうびやうをうけさせたまひやうやうのごぐわんさまざまのおんいのりありまづひよしのやしろにおいて百ばんのひとつもの百ばんのしはでんがくけいばやぶさめすまふおのおの百ばんえんりやくじにおいて百ざのにわうかう百ざのやくしかうとうしんのやくしのざう七たいしやかあみだいつちやくしゆはんのざうおのおの百たいつくりくやうしたてまつらるなかにもくわんぱくどののごぼぎはきやうごくのおほとののきたのまんどころにてさいあいのご一しにてわたらせたまへばごぼぎことにおんなげきあつてしのびつつひよしのやしろへおんまゐりあつて七かこれにごさんろうあつていのりまをさせたまふひとこれをしりたてまつらずいはんやごしんぢうに三のごぐわんありいかでかひとこれをしりたてまつるべきあるよきせんじやうげまゐりあつまれるなかにみちのくよりはるばるとたづねのぼりたりけるわらはみこのこんやはじめてこのみやしろへまゐりたりけるがやはんばかりににはかにぜつじゆすじやうげこはいかにとみるところにやがていきかへりわれに八わうじごんげんののりゐさせたまへりとてたくせんしていはくたうじくわんぱくどのかみのおんとがめとてごぢうびやうをうけさせたまひやうやうのごぐわんをたてさまざまのおんいのりありごぼぎことにおんなげきあつてしのびつつこのみやしろへまゐらせたまひ七かこれにごさんろうあつていのりまをさせたまふひとこれをしりたてまつらずいはんやごしんぢうの三のごぐわんをやいかでかひとこれをしりたてまつるべきまづだい一のごぐわんにはこんどくわんぱくどのごぢうびやうたちどころにいえさせたまひておほとりゐよりはじめてやしろやしろのはうぜん八わうじにいたるまでくわいらうつくりかけむとなり第二のごぐわんにはこんどくわんぱくどのごじゆみやうちやうをんのおんことならばわれさまをやつし八わうじのしたどのなるもろもろのかたわうどのなかにまじはりにはのちりをはらひ千にちのおんみやづかひとうけたまはるだい三のごぐわんにはこんどくわんぱくどののごぢうびやうたちどころにいえさせたまひて八わうじごんげんのおんまへにてまいにちほつけもんだふかうおこたりあらじとうけたまはるいづれもいづれもありがたうこそきこしめせまことにさんけいのともがらどものあしたにはきりをはらひゆふべにはつゆをしのぐにくわいらうあらんことあらまほしうこそおぼしめせただしこのしゆとはなんぎやうくぎやうのこうつもつてこんどしやうじをはなれんとなればいまさらにくわいらうをよろこぶべきにもあらずだい二のごぐわんにはのちりをはらひ千にちのおんみやづかひとうけたまはるかみはいつさいしゆじやうをおぼしめすもただおやのこをおもふがごとしひごろはきやうごくのおほとののきたのまんどころにてたまのすだれのうちにしきのちやうにまとはれてたへなるおんみにてわたらせたまひしかどもこをおもふみちにはまよはせたまふにやまことにみるもいぶせくあさましげなるかたわうどのなかにまじはり一にち二かのことならず一千にちまでのおんみやづかひをばかみとしてもいかでかあはれみたてまつらざるべきさこそはおぼしめすらめとあはれなりこれもさるおんことにてはさふらへどもだい三のごぐわんほつけもんだふかうこそまことにありがたうさふらへわれこのやまのふもとにあとをたれいつさいしゆじやうをどするもひとへに一じようけちえんのためなりいちげいつくのほうもんだにもいかばかりかありがたかるべきにましてまいにちおこたりなからんことのめでたさよまことにさもあらばこんどくわんぱくどののごぢうびやうぢやうごふかぎりとはまをせどもかみかのおんみにあひかはつてみとせのいのちをたすけまをさうずるはいかにただしくわんぱくどののしやししよしらにはなちあてたまふやはかみのこのたいにあたれりとてひだりのそでをひきあげたるをみければげにもやめとおぼしくておほきなるあとあざやかにみゆじやうげめをおどろかしみなずゐきのなみだをぞながしけるそのとききたのまんどころさんわうのごたくぜんしんじつにおぼしめしてひとめをつつませたまはずきせんのなかにあらはれいでさせたまひておんなみだにむせばせおはしますまことにたてまをすところの三のぐわんいづれもたがひさふらはず一にち二かのびんだにもいかばかりかありがたかるべきにまして三とせがあひだとうけたまはるこんどのまゐりのごりしやうただこのことにこそさふらへほつけもんだふかうにおきさふらひてはおんうたがひさふらふまじとなみだもせきあへずまをさせたまひたりければおんとものひとびとさていかなるおんことのわたらせたまひでかなほもおんいのちののびさせたまひさふらふべきとまをしあはれければかみも三とせののちはちからおよばせたまはずとてごんげんあがらせたまひけりやがてつぎのひみやこへごげかうあつてくわんぱくどのごぢうだいのごけりやうきのくにたなかのしやうといふところを八わうじへごきしんあつてまいにちほつけもんだふかうまつだいのいまにたえずとこそうけたまはるしんかんはつきさせたまはずとありがたかりしおんことなり一にち二かとせしほどに三とせのすぐるはゆめなれやかうわぐわんねん六ぐわつ二十一にちのゆふべよりくわんぱくどのまたごぢうびやうにうちぞふさせたまひけるさんわうのおんやくそくいまのつきひをかぎらせたまふことなればただじこくたうらいをまたせたまふほどにおなじき二十九にちのあかつきがたおんとし三十八にてつひにかくれさせたまひけりみこころのたけさりのつよささしもただしきひととこそきこえさせたまひたりしかどもまめやかにことのきふにもなりしかばおんいのちををしませたまひけりまことにをしかるべしいまだ四十をだにもみたさせたまはでおほとのにさきだちまゐらつさせたまふぞあさましきかならずおやにさきだつべしといふことにはあらねどもしやうじのおきてにしたがふならひまんとくゑんまんのせそん十ちくきやうのだいしたちもちからおよばせたまはずじひぐそくのさんわうだいしりもつのはうべんなればとがめさせたまはざるべしともおぼえずさればさんもんのそせうはおそろしきことにのみこそまをしつたへたれさるほどにとしくれてあんげんも三とせになりにけり

御輿振
あんげん三ねん三ぐわつ五かのひめうおんゐんどのだいじやうだいじんにてんじたまふかはりこまつどのだいなごんさだふさのきやうをこえてないだいじんにあがりたまふめうおんゐんどのおしあげられさせたまひけりいちのかみこそせんどなりしかどもちちあくさふのおんれいそのはばかりありとぞきこえしおなじき十三にちにこまつどのにはだいじんのだいきやうおこなはるそんじやはおほゐのみかどのさだいじんつねむねこうとぞきこえしおなじき四ぐわつにさんもんにはひよしのさいれいをおしとめおなじき十三にちにおほみやろうもんのまへに三たふくわいがふしてこくしかがのかみもろたかるざいにしよせられもくだいもろつねきんごくせらるべきよしどどのそうもんにおよぶといへどもごさいだんおそかりければ十ぜんじきやくじんならびに八わうじ三しやのしんよをかきささげたてまつつてしさいをそうもんのためにぢんとうへこそはつかうすれにしさかもとさがりまつきれつつみただすむめただやなぎはらとうぼくゐんのへんにししつづみのおとおびただしくきこゆじんにんみやししらたいしゆかもがはらにみちみちたりしんよは一でうをにしへみゆきなるごしんはうはてんにかがやききらめきわたつてじつげつちにおちさせたまへるかとぞおぼえたるくわうきよにはげんぺいりやうかのたいしやうぐんちよくをうけたまはつてしはうのもんをかためてだいしゆをふせぐへいじにはこまつどの三千よきにてひんがしおもてのぢんやうめいたいけんいうはうもん三のもんをかためらるうゑもんのかみよりもり一千よきにてみなみおもてのぢんをかためらるへいさいしやうのりもりこれも一千よきにてにしおもてのぢんをかためらるげんじにはだいだいしゆごのげん三みよりまさわたなべのはぶくさづくをさきとしてつがふそのせい三百よききたおもてぬひどののぢんをかためてたいしゆをふせぐおほぢはひろしせいはすくなしまばらにこそはみえたりけれたいしゆぶせいたるにめをかけてきたおもてぬひどののぢんよりしんよをふりいれたてまつらんとすすでにかうとみえけるによりまさきやういかがはおもはれけんゆみをばはづしかぶとをぬいでしんよをはいしたてまつらるたいしやうのかくしけるうへはいへのこらうどうどももみなしたがつてかくのごとしよりまさきやうしばらくしゆとのおんなかへまをすべきむねありとてつかひはわたなべのちやう七となふとぞきこえしとなふがそのひのしやうぞくにはきちんのひたたれにこざくらをきにかへしたるよろひをきこくじつのたちをはき二十四さいたるおほなかぐろのやおひぬりこめどうのゆみわきにはさみつつかぶとをばぬいでたかひもにかけおきみちよりあゆみいでたいしゆのまへにかしこまりこれはげん三ゐどのよりまをせとさふらふこんどさんもんのごそせうりうんのでうもちろんにさふらふただしごさいだんちちこそよそにてもゐこんにぞんじさふらへさてはしんよをこのぢんよりあけていれまゐらせんこといとやすきおんことにてはさふらへどもしかもあけていれまゐらせんぢんよりいらせおはしましたらむはさんもんのたいしゆたいぜいにはおそれてめだれがほをしけるよなんどきやうわらんべのまをさんことごにちのなんにてもやさふらはんずらんまたふせぎまゐらせさふらへばねんらいいわうさんわうにかうべをかたぶけまゐらせたるよりまさがけふよりしてながくゆみやのみちにわかれはてさふらひなんずまたあけてとほしまゐらせさふらへばせんじをそむくににたりかれといひこれといひかたがたなんぢのやうにさふらふひがしおもてのぢんをばこまつどのの三千よきにてかためさせられてさふらふあのぢんよりいらせおはしましたらむはさんわうのごゐくわうもいよいよめでたくしゆとのごいしゆもあらはれてごそせうやがてたつしぬとおぼえさふらふといひおくりたりければとなふがかくまをすにふせがれてじんにんみやししばらくゆらへたりわかたいしゆあくそうどもはなんでふただこのぢんよりしんよをふりいれたてまつれやとせんぎすすでにかうとみえけるにここに三千のちやうぼんつのりつしやがううんすすみいでてまをしけるはわれらこんどしんよをささげたてまつつてそしようをいたさんにおいてはたいぜいのなかうちやぶつていつたらむこそこうだいのきこえもあらんずれそのうへこのよりまさきやうとまをすは六そんわうよりこのかたげんじちやくちやくのしやうとうゆみやをとつててんかになをあぐるのみならずやまとことばにもいうにやさしかんなるぞひととせこんゑのゐんのおんときたうざのごくわいのありしにしんざんのはなといふだいのいでたりしをずゐぶんのひとびとのよみわづらはれたりしをもこのよりまさきやうこそしうかにはよみたりしか
みやまぎのそのこずゑともみえざりしさくらははなにあらはれにけり
とまをすめいかつかまつつてぎよかんにあづかりしそのやさをとこがかためたるもんにこそあんなれいかがなさけなうちじよくをばあたふべきただそのしんよかきかへしたてまつれやとせんぎしければせんぢんよりごぢんにいたるまでみなもつとももつともとぞどうじけるそののちきたののしんよをさきだてたてまつつてひがしのぢんへまはるぶしどもしんばしささへてふせぎけれどもたいしゆことともせずうちやぶつてらんにふしけるあひだたちまちらうぜきいできてたいけんもんかためたるぶし六にんやをはなつそのや十ぜんじごんげんのみこしにたつじんにんみやしいころされしゆとおほくきずをかふむつてをめきさけぶこゑかみはぼんでんまでもきこえしもはけんらうぢじんまでもおどろきさわぎたまふらんとぞおぼえたるそののちさんしやのしんよをばぢんとうにふりすてたてまつつてなくなくほんざんにこそかへりのぼりけれ

内裏炎上
こんどみこしにたつところのやをばじんにんしてぬかせらるそののちだいりにはくらんどのさせうべんかねみつにおほせてせんれいをだいげきもろひさにおんたづねありければもろひさまをしけるはまづはうあん四ねん四ぐわつにしんよじゆらくのときはざすにおほせてせきさんのやしろへいれたてまつらるまたはうえん四ねん四ぐわつにしんよじゆらくのときはぎをんのべつたうにおほせてぎをんのやしろへいれたてまつりたるよしをそうもんすしからばこんどははうえんのれいたるべしとてぎをんのべつたうちようけんにおほせてぎをんのやしろへいれたてまつらるかのやしろのしやししよしらへいしよくにおよんでしんよをうけとりたてまつつてみやしろへいれたてまつるいんじえいきうよりあんげんのいまにいたるまでたいしゆしんよをささげたてまつつてそしようをいたすこと六どなりまいどぶしをもつてこそふせがせらるるにしんよにやいかけたてまつることこれはじめとぞうけたまはるれいしんいかりをなすときはさいがいちまたにみつともいへりおそろしおそろしとぞひとまをしけるおなじき十四かにれいのさんもんのたいしゆまたげらくすときこえしかばだいりならびにゐんのごしよへぐんびやうめされけりきやうちうのさうだうなのめならずさんもんにはじんにんみやしいころされしゆとおほくきずをかうぶりしかばひよしのおほみや二みやえんりやくじのちうだうかうだうすべてしよだうをやきはらつてみなさんりんにまじはるべしとぞ三千一どうにせんぎしけるきみもこのことごしよういんあるべきよしきこえしかばさんもんのじやうかうらもんとのたいしゆにこのよしふれんとてとうざんしけるをたいしゆおほきにいかつてにしさかもとよりおつかへすおなじき二十かのひへいだいなごんときただのきやうのいまだそのころさゑもんのかみにてしやうけいにたたるさんもんのたいしゆだいかうだうのにはにしふゑしてせんぎしけるはせんずるところしやうけいをとつてひつぱりかぶりをうちおとしみづうみへしづめよなんどぞまをしけるすでにかうとみえけるにさゑものかみしばらくしゆとのおんなかへまをすべきむねありとてふところよりこすずりたたうがみをとりいだし一くをかいてたいしゆのなかへぞおくられけるしゆとらんあくをいたすはまえんのしよぎやうめいわうのせいしをくはふるはぜんせいのかごなりとぞかかれたるたいしゆもつとももつともとてたにだににくだりばうばうへこそいりにけれ一し一くをもつて三たふ三千のいきどほりをやすめこうしのはぢをきよめたまふときただのきやうこそやさしけれとさんじやうらくちうおしなべてほめぬひとこそなかりけれおなじき二十三にちにほりかはのだいなごんただちかのきやうをしやうけいにてこくしかがのかみもろたかるざいにしよせられもくだいもろつねきんごくせらるこんどしんよにやいかけたてまつるぶし六にんごくぢやうせらるこれはこまつどののめしつかはれけるところのぐんびやうどもなりおなじき二十八にちのよのねのこくばかりにみやこにはひぐちとみのこうぢよりひいできてをりふしたつみのかぜはげしうふいてきやうちうおほくやけにけりきたののてんじんのこうばいどのぐへいしんわうのちくさどのさい三でうかもゐどのとう三でうそめどのふゆつぎのおとどのかんゐんどのていじんこうのこ一でうせうぜんこうのほりかはどのたちばなのいつせいがはいまつどのおにどのにいたるまでむかしいまのめいしよきうせき二十よケしよくぎやうのしゆくしよだに十七ケしよまでやけにけりそのほかしよだいぶさぶらひのいへいへはなかなかまをすにおよばずしやりんのやうなるほむらが三ちやう五ちやうをへだてつつとびこえとびこえいぬゐをさしてやけゆけばおそろしなんどもおろかなりはてはだいだいにふきつけたりしゆじやくもんよりはじめておうでんもんくわいしやうもんだいごくでんしよし八しやうぶらくゐんあいたんどころくわんのちやうだいがくれうにいたるまでただ一じがあひだのくわいじんのちりとぞなりにけるいへいへのにつきだいだいのもんじよ七ちん万ぱうさながらちりはひとなるそのほかのつひえいくばくぞやひとのやけしぬることす百にんぎうばのたぐひかずをしらずこれただごとにあらずひえいざんよりおほきなるさるどもが一二千おりくだりてんでにたいまつをとぼしてやくとぞひとのゆめにはみえにけるおよそだいごくでんのやきにけるこそあさましけれだいごくでんはせいわてんわうのぎようじやうぐわん十八ねんにやけたりしかばおなじき十九ねんしやうぐわつ三かのひやうぜいゐんのごそくゐはぶらくゐんにてぞとげられけるぐわんぎやうぐわんねんしやうぐわつにことはじめあつておなじき二ねん四ぐわつにつくりいだしたてまつつてせんかうなしたてまつつたりしをまたごれんぜいゐんのぎようてんき五ねん二ぐわつ二十六にちにやけたりしかばぢりやく四ねん八ぐわつにことはじめあつておなじき十ぐわつ十かのひおんむねあげとはさだめられたりしかどもごれんぜんゐんつくりもいだされずしてほうぎよなりぬしかるをご三でうゐんのぎようえんきう四ねん四ぐわつにつくりいだしたてまつつておなじき十五にちにせんかうなしたてまつりれいじんがくをそうしぶんじんしをたてまつるいまはくにのちからもおとろへてそののちはつくりもいだされず

 

入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com