平家物語(城方本・八坂系)
巻第七 P289
清水の冠者のさた 701
じゆえい二ねんしやうぐわつ廿二にちにさきのないだいじんむねもりこうじゆ一ゐにあがりたまふただしないだいじんをばじしまを
されけりおなじき廿三にちにいせいはしみづをはじめたてまつつて廿二しやにくわんぺいありこれはこんどとうごくひやう
らんのおんいのりのおんためとぞおぼえたるしかいにせんじをなしくだししよこくへゐんぜんをくだされけれどもいつ
かうへいけのげぢとのみこころえてまゐりちかづくものもなしくまのきんぷうせんのそうらなんとほくれいのたいしゆ
いせいはしみづのしんじんきうじんにいたるまでいつかうへいけをそむいてげんじにこころをぞかよはしけるそのころ
かまくらのひやうゑのすけときそとふくわいのことあつてかつせんあるべしとぞきこえしさるほどにかまくらのひやうゑのすけより
ともは十万よきにてかまくらをたつてゑちごのこふにつきたまふきそもそのせい三千よきたうごくよたのじやう
をたつてゑちごとしなののさかひなるくまさかやまにぢんをとるきそひやうゑのすけのかたへししやをたてていかで
かよしなかうたんとはさふらふぞ十らうくらんどどのこそごへんをうらむるしさいありてたうごくにうちこえておはす
なるをよしなかさへすげなうもてなしまをさんずることもいかんぞやなればひきぐしてはさふらふなる
P290
もしそのゆゑかそれならばいしゆあるべしともぞんぜずたうじごへんとよしなかといくさしてへいけにわらは
れんとはおもふべきとのたまひつかはされたりければひやうゑのすけいいやいまこそさやうにまをさるれどもま
ことはよりともうつべきはかりごとをめぐらされけるにこそとてうつてのいちぢんいよいよちかづくよ
しきこえしかばきそかなはじとやおもはれけんしそくしみづのくわんじやよししげとてしやうねん十一さいにな
られけるにうんのもちづきすはふぢさはいげのつはもの五百よきをさしそへてひやうゑのすけのかたへつかはさ
るひやうゑのすけこのうへはいしゆなしとてしみづのくわんじやをぐそくしてかまくらへこそかへられけれさるほどにき
そはゑちごのくににうつていでじやうの四らうとかつせんすこんどもまたじやうの四らういくさににうちまけてではざかひへぞ
おちゆきけるさるほどにへいけはきよねんのふゆよりみやうねんのむまのくさかひについていくさあるべしとふれられた
りければせんやうせんおんなんかいさいかいのつはものどもみなまゐりけりとうかいだうにはとほたふみよりひがしはまゐらずとう
せんだうにはあふみみのひだのつはものまゐりけりほくろくだうにはわかさよりきたはまゐらずそのほかはみなまゐ
りけりされどもいづのくにのぢうにんいとうの九らうすけうぢさがみのくにのぢうにんまたのの五らうかげひさたかはしのはんぐわんながつな
むさしの三らうさゑもんありくにながゐのさいとうべつたうさねもりはへいけのかたにぞさふらひけるさらばまづほくこくへはつ
かうせよやとてたいしやうぐんにはこまつの三ゐのちうしやうこれもりゑちぜんの三ゐみちもりさつまのかみただのりみかはのかみとものりたじ
まのかみつねまさわかさのかみつねとしさぶらひたいしやうにはかづさのたらうはんぐわんただつなひだのたいふのはんぐわんかげたかかはちはんぐわんひでくに
たかはしのはんぐわんながつないとうの九らうすけうぢまたのの五らうかげひさむさしの三らうさゑもんありくにながゐのさいとうべつたうさねもりを
P291
さきとしてつがふそのせい十万よきおなじき四ぐわつ十六にちにみやこをたつてほつこくへはつかうせられけりかたみちを
たまはつてんければあふさかのせきよりはじめてろじにもてやうけんもんせいかのしやうぜいくわんもつをいはず
みないちいちにうばひとるましてしがからさきまののたかしましほつかいづのみちのほとりのいへいへをつゐふく
してとほられければじんみんことごとくにげさんずせんぢんはゑちぜんへすすめばごぢんはいまだあふみのくにかいづの
うらにみちみちたり
経政の竹生島詣 702
なかにもごぢんのたいしやうぐんくわうごぐうのすけけんたじまのかみつねまさはおよそくわんげんのみちにたつしさいげいひとにすぐれてお
はしければかかるよのみだれのなかなれどもなぎさにたちいでまんまんたるかいしやうをみわたせば一のしまありあ
れはいかにとのたまへばあれこそきこえさふらふちくぶじまさふらふよとまをしければいざやさらばわたつてみむとて
さぶらひあんゑもんありのりをはじめとしてそうじてさふらひ五六にんこぶねにとりのりかのしまにわたつてしまのけいきをみたま
ふにこころもことばもおよばれずころはうづき十かあまりのことなればまつにふぢなみさきかかりむらさきのくもかと
うたがはれはつねゆかしきほととぎすをりしりがほにつげわたりかんこくのあうぜつのこゑおいんたりかのじんくわう
どうなんくわぢよをつかはしてふしのくすりをもとめしにわれほうらいをみずばいなやかへらじとてい
たづらにふねのうちにてとしつきをおくりてんすゐべうべうとしてもとむることをえざりけんかのほうらいたうのあり
P292
さまもこれにはすぎじとぞみえしあるきやうのもんにみえたるなんえんぶだいたいかいのひがしにみづうみありそのうちに
こんりんざいよりおひいでたるすゐしやうりんのやまありてんによすむところといへりすなはちかのちくぶしまこれなりべんざいてん
はじゆげせきじやうにあまくだらせたまへりといへりこれはこすゐせきじやうに一そくのかたちをうつしたま
ふつねまさふねよりあがりみやうじんのおんまへにまゐりをがみをまゐらつさせたまひけりそれべんざいてんはわうこ
のによらいほつしんのだいじなりめうおんべんざいてんみなはおのおのべちなりとはまをせどもしゆじやうさいどのおんめぐみひ
としく一どさんけいのともがらもしよぐわんじやうじゆゑんまんすとこそうけたまはれたのもしうこそさふらへとてただ
かたときのほどとはおもはれけれどもそのひもすでにくれければそのよはしまにてぞあかされけるころはうづき
なかの八かのことなればゐまちのつきさしいでてこじやうもてりわたりみやのうちもかがやきておもしろかり
ければつねまさじやうぢうよりびはをまをしおろしよもすがらしらべひきよくをつくされけりかのしやうりつ
のしらべにはみやのうちもすみわたりまことにおもしろかりければみやうじんかんおうやしたまひけんつねまさのそで
のうへにびやくりうげんじてみえたまふつねまさばちさしをさめたまひて
ちはやふるかみにいのりのかなへばやしるくもいろのあらはれにけり
われらこんどてうてきをたひらげてみをまつたうせんことうたがひなしとよろこびてまたふねにとりのつてかい
づのうらにぞあがられける
P293
火うち合戦 703
さるほどにきそはゑちごのこふにありながらゑちぜんのひうちがじやうをぞこしらへさせられけるじやう
のうちにこもるせいとがしのにふだうぶつせいはやしの六らうみつあきらへいせんじのちやうりさいめいゐぎしにふぜんみやさきいしくろうち
だのものどもをさきとしてつがふそのせい六千よきとぞきこえしへいけかしこにおしよせてみたまへば
ひうちもとよりくきやうのじやうくわくなりばんじやくそばたちめぐつてしはうにみねをつらねやまをうしろにしやま
をまへにあつじやうのまへにはのうみがはしんだうがはとてながれたりふたつのかはのおちあひにたいぼくをきつてしが
らみにかきたいせきをたたみあげたりければみづとうざいのやまのねをひたしてひとへにたいかいにのぞむがご
としかげなんざんをひたしてあをうしてくわうやうたりなみせいじつをしづめてくれなゐにしていんりんたりかのこんめい
ちのありさまもこれにはすぎじとぞみえしふねならではたやすくわたすべしともみえざりければへい
けのだいぜいむかひのやまにぢんをとつてむなしくひかずをぞおくられけるなかにもじやうのうちにさふらひける
へいせんじのちやうりさいめいゐぎしへいけにこころざしありければよにいつてやまのねをまはりふみをかいてひき
めにいれへいけのぢんへぞうちいれたるへいけのつはものこれをみてここなるひきめのならぬことこそふしぎ
なれとてとつてみけるになかにふみぞさふらひけるたいしやうぐんにみせたてまつるひらいてみたまへばこのかは
はわうこよりのふちにはあらずいつたんやまがはをせきあげてさふらふよにいつてあしがるどもをつかはしてし

P294
がらみをきりおとさせたまはばみづはほどなくおつべしむまのあしぎきくきやうのところにてさふらふいそぎよせさせ
たまへうしろやにおいてはつかまつらむずるさふらふかうまをすはへいせんじのちやうりさいめいゐぎしがまをしじやうとぞかきた
りけるへいけなのめならずよろこびたまひてよにいつてあしがるどもをつかはしてしがらみをきりおとさせら
れたりければげにもやまかはにてはありみづはほどなくおちにけりへいけしばしのちちにもおよばず十万
よきをおほてからめてふたてにわけてぞよせられけるなかにもじやうのうちにさふらひけるへいせんじのちやうりさい
めいゐぎしてぜい三百よきをひきわけてへいけにちうをぞいたしけるにふぜんみやさきいしぐろうちだのものども
ふせぎたたかふといへどもぶせいたぜいにかなはねばさんざんにうちちらされかがのくににひきしりぞきしらやま
のいちのはしをひきてしらやまかはうちにたてこもるへいけつづいてかがのくににみだれいりとがしはやしが二ケしよのじやう
くわくやきはらひてぞとほられけるへいけのかたのたいしやうぐんにこまつの三ゐのちうしやうこれもりはやむまをたててみやこへ
このよしをまをされたりければのこりとどまりたまへるへいけのゆかりのひとびといさみののしりたまふことなのめ
ならずさるほどにへいけは十万よきをおほてからめてふたてにわけてぞむかはれけるまづおほてのたいしやうぐん
にはこまつ三ゐのちうしやうこれもりゑちぜんの三ゐみちもりみかはのかみとものり三にんたいしやうぐんにてつがふそのせい七まんよきか
がゑつちうのさかひなるとなみやまへぞむかはれけるからめてのたいしやうぐんにはさつまのかみただのりたじまのかみつねまさわかさの
かみつねとし三にんたいしやうぐんにてつがふそのせい三万よきのとゑつちうのさかひなるしほのてへこそむかはれけれ
なかにもひうちがじやうにさふらひけるはやしの六らうみつあきらきそどのへまをしけるはさりともとぞんじさふらひつるひ
P295
うちのじやうをばへいせんじのちやうりさいめいゐぎしがかへりちうによつてねんなうやぶられさふらひぬこんどはへいけ
たいぜいにてむかはれさふらふゑつちうのひろみへうちいづるほどならばいよいよみかたのおんだいじなるべしいよいよよせ
させたまへとまをしたりければきそさてはとておなじき五ぐわつ五かのひ五万よきにてゑちごのこふをぞ
うつたたれけるきそのたまひけるはへいけのたいぜいゑつちうのひろみへうちいづるほどならばさだめてかけあひの
かつせんにてぞあらんずらんかけあひのいくさといふはいきほひのたせうによることなればたいぜいをかさにか
けてはかなふまじまづからめてをむけよやとてをぢの十らうくらんどゆきいへに壱万よきをさしそへて
しほのてへこそむけられけれよしなかがいくさのきちれいには七手(ななて)にわかつものなればとてのこり四万よ
きを六てにわかつまづあしかがのやたのはんぐわんだいよしきよに七千よきをさしそへてきたくろさかへぞむけ
られけるにしなたかなしやまだのじらうこれも七千よきにてみなみくろさかへぞむかひけるひぐちのじらうかね
みつ五せんよきにてくりからのだうのうしろへからめてにこそまはりけれねのゐのこやた五千よきまつ
ながのやなぎはらぐみのきばやしにひきかくすいまゐの四らうかねひら六千よきにてわしのしまをうちわたりひ
のみやばやしにたてこもるきそは一万よきにてくろさかのきたのはづれおやへのわたりをしはに
ふのもりにぢんをとる
木曽の願書 704
P296
きそはかりごとにはたさしをさきにたてよやとてまづはたさしをさきだてらるおなじき五ぐわつ十一
にちのみのこくばかりにくろさかのたうげにはせついてしらはた卅ながればかり一どにはつとさしあげたり
ければへいけのかたにはこれをみてあはやげんじの一ぢんこそむかうたんなれここはやまもた
かうたにもふかう四はうぐわんせきなりければからめてさうなうよもまはさじここにぢんをとれやとて
となみやまのさんちうさるがばばといふところにへいけ七万よきおりゐてぢんをぞとつたりけるきそ
はやはたのしやりやうはにふのもりにぢんどつて四はうをきつとみまはせばなつやまのみねのみどんの
このまよりあけのたまがきほのみえてかたそぎづくりのやしろありまへにとりゐぞたちたりけるきそくに
のあんないしやをめしてあれにみえさせたまふをばいづれのやしろとまをしたてまつるぞまたはいかなるかみを
あがめたてまつりたるぞとのたまへばあれこそやはたをうつしたてまつつてたうごくのしんやはたともまをしまたははにふの
やしろともまをしさふらふなりとぞまをしけるきそなのめならずよろこびたまひててかきにめしぐせられたりけるた
いふばうかくめいをめしてよしなかこそさいはひにうぢがみ八まんだいぼさつのごはうぜんにちかづきたてまつつてかつせんをとげむ
とすれさらむにとつてはかつうはこうだいのためかつうはたうじのきたうのためにぐわんしよをひとふでまゐ
らせばやとおもふはいかがあるべきとのたまへばかくめいこのぎもつともゆゆしうさふらひなんとてむまよりお
りてかからんとすかくめいがそのひのしやうぞくにはかちのひたたれにくろいとをどしのよろひをき三じやく五すんのいか
ものづくりのたちをはき廿四さいたるおほなかぐろのやおひぬりごめどうのゆみわきにはさみつつえびらよりこ
P297
すずりたたうがみをとりいだしきそがまへについひざまづいてぐわんしよをかくす千のつはものこれをみてあつぱれぶん
ぶどものたつしやかなとぞほめたりけるこのかくめいとまをすはもとはじゆけのものなりくらんどみつひろとてくわんがく
ゐんにさふらひけるがしゆつけして三でうばうしんきうとなのつてしばらくなんとにさふらひけるが一とせたか
くらのみやみゐでらへじゆぎよのときさんもんなんとへてふじやうつかはされしそのへんでふをもこのかくめいぞかきたりけ
るそもそもきよもりにふだうはへいしのさうかうぶけのぢんかいなりとかきたりければにふだうおほきにいかつてせんず
るところそのしんきうほうしいけどりにしてしざいにおこなへとのたまへばかくめいなんとにはこらへでほつこくに
おちくだりきそについてかいみやうしそのなをたいふばうかくめいとぞなのりけるかかりしさいじんなりければ
なじかはかきもそんすべきこころもおよばずぞかきたりけるそのぐわんしよにいはく
きみやうちやうらい八まんだいぼさつはじちゐきてうていのほんしよるゐせいめいくんのなうそなりはうそをまもらむがためさうせいをりせん
がために三じんのきんようをおく三じよのけんひをひらきたまへりここにしきりのとしよりこのかたへいしやうこくといふものあつ
てしかいをくわんりやうしばんみんをなうらんせしむこれすでにぶつぽふのあだわうぽふのてきたりよしなかいやしくもきうばの
いへにむまれてわづかにききうのちりをつぐかのばうあくをみるにしりよかへりみるにあたはずうんをてんだうにまかせてみを
こくかになげうちまことにぎへいをおこしてきようきをしりぞけむとすいまたうせんりやうかのぢんをあはすといへどもしそついまだ
いちどのいさみをえざるあひだまちまちのこころおそれたるところにいまいちぢんはたをあぐせんぢやうにしてたちまちに三しよわ
くわうのしやだんをはいすきかんのじゆんじゆくあきらかなりきようとちうりくうたがひなしくわんきなみだこぼれてかつがうきもにそむそう
P298
そふさきのむつのかみみなもとのよしいへのあそんみをそうべうのしぞくにきふしてそのなを八まんたらうとがうせ
しよりこのかたそのもんえふたるもののききやうせずといふことなしよしなかいやしくもそのこういんとしてかうべをかたぶけてとし
ひさしいまこのたいこうをおこすことたとへばえいじのかひをもつてきよかいをはかりたうらうがをのをとつてりうしやにむか
ふがごとししかりといへどもいへのためみのためにしてこれをおこさずきみのためくにのためにしてこれを
おこすこころざしのいたりしんかんあんにあらんをやたのもしいかなよろこばしいかなふしてねがはくはみやうけんゐをくはへりやうしん
ちからをあはせてかつことをいちじにけつしあくを四はうへしりぞけたまへしからばすなはちたんきみやうりよにかなひゆうけんか
ごをなすべくんばまづ一のずゐさうをみせしめたまへ
じゆえい二ねん五ぐわつ十一にち みなもとのよしなかうやまつてまをす
とぞよみあげたる
倶利伽羅 705
きそどのをはじめとして十三にんのうはやのかぶちらを一づつぐわんしよにそへてだいぼさつのごはうぜんにぞをさめけ
る八まんだいぼさつまことのこころざし二つなきところをはるかにせうらんやしたまひけんくものなかよりやまばと二とびきたり
げんじのはたのうへにへんはんすげんじのかたにはこのよしをみていさみののしることなのめならずへいけのつはものどもはこれ
をみてみのけよだつてぞおぼえたるそののちはげんじもすすまずへいけもすすまずりやうはうたてのは
P299
をつきあはせてぞささへたるそのあひわづかに二ちやうばかりはあるらんとぞみえしそののちげんじはかり
ごとにせいひやう十五きをいだして十五のかぶらをへいけのぢんへいいれさすへいけもせいひやう十五きをいだ
して十五のかぶらをいかへさすげんじ卅きをいだして卅のかぶらをいさせければへいけも卅きをいだ
して卅のかぶらをいかへすげんじ五十きをいだせばへいけも五十きをいだし百きをいだせば百きを
いだしあはせりやうはうたてのおもてにさしいでてしようぶをせんとはやりけるをげんじせいしてしようぶをばせさせ
ずかやうにあひしらひひをまちくらしへいけのたいぜいをそばなるたにへおひおとさんとしけるをへい
けはこれをゆめにもしらずしてともにあひしらひひをまちくらしけるこそはかなけれそのよの
ねのこくばかりにひぐちのじらうかねみつ五千よきにてくりからのだうのうしろにまはりあひときをどつ
とぞつくりけるねのゐのこやた五千よきまつながのやなぎはらぐみのきばやしよりをめきさけんではせ
きたるいまゐの四らうかねひら六千よきにてひのみやばやしよりはせちかづくきそは一万よきにておなじう
ときのこゑをぞあはせけるぜんごしまんよきがときのこゑにはやまもかはもただいちどにくづるるか
とぞおぼえたるへいけはおもひもかけぬときのこゑにおどろいてそばなるたにへぞおとしけるきたなしや
かへせやかへせといひけれどもたいぜいのかたぶきぬるはとつてかへすがまれなればおやおとせば
こもおとしあにがおとせばおとともつづくしゆおとせばいへのこらうどうもつづきけりむまにはひと
ひとにはむまおちかさなりおちかさなりせしほどにさしもにふかきたにひとつをへいけのせい七万よきにてうめ
P300
あげたりさればにやがんせんちをながししがいをかをなすとかやわづかにたいしやうぐんこれもりみちもり
ばかりこそからきいのちたすかつてかがのくにへはひかれけれにふだうのばつしみかはのかみとものりもうたれ
たまひぬただつなかげたかもうたれにけりさればにやこのたにのそこいはのはざまにはやのあとかたなのきずあと
のこつていまにありとぞうけたまはるなかにもいづのくにのぢうにんいとうの九らうすけうぢはとし卅四となのつてとつ
てかへしさんざんにたたかうてうたれにけりまたのの五らうかげひさもいつしよにうちじにしてんげり
なかにもびつちうのくにのぢうにんせのをのたらうかねやすへいせんじのちやうりさいめいゐぎしはいけどりにこそせられけれ
せのをのたらうかねやすをばきそいかがはおもはれけむさうなうきらでかがのくにのぢうにんくらみつの三
らうなりずみにあづけおかれたりへいせんじのちやうりさいめいゐぎしをばきそがまへにひつすゑにくしそのほう
しきれとてきらせられけりそのほかいけどり三千よにんがくびきりかけさせいまはおもふことなしただし
をぢの十らうくらんどゆきいへに一万よきをさしそへてしほのてへむけつるこそおぼつかなけれいざやゆきて
みむとて四万よきがうちあらて二万よきをひきぐしてゑつちうのくにひみのみなとをうちわたさんと
したまひけるがをりふししほさしみちてふかさあささをしらざりけるにたいふばうかくめいがはかりごとに
くらおきむま十ぴきばかりにたつなむすんでうちかけたいぜいがまつさきにおひいれたりければくらつめひた
るほどにてむかひのきしにわたりつつさてはあさかりけるぞやわたせやとてきそあらて二万よき
うちいりてぞわたしけるしほのてにうちのぞんでみたまへばあんのごとく十らうくらんどいくさにうちまけ
P301
ひきしりぞきむまのいきをやすめたまふところにきそあらて二万よきをいれかへてさんざんにこそせめられけれへい
けきそにていたうせめられてかなはじとやおもはれけんかがのくににひきしりぞきあだかしのはらに
ぢんをとるきそつづいてかがのくににみだれいりあだかしのはらにてかつせんす五ぐわつ廿三にちむまの
こくばかりのことなりければくさもゆるがずてらすひにげんぺいたがひにいりみだれさんざんにせめたたか
ひけるにへんしんよりあせながれみづをいだすにことならずここにてへいけ三千よきうたれにけりげんじ
も二千よきほろびにけりへいけはしよしよのいくさにうちまけてみなちりぢりになつてぞのぼら
れける
実盛が最後 706
ここにおちゆくせいのうちにむしや三きとつてかへしさんざんにこそたたかひけれ一きはたかはしのはんぐわんながつな
一きはむさしの三らうざゑもんありくに一きはながゐのさいとうべつたうさねもりとぞきこえしなかにもたかはしのはんぐわんなが
つなはゑつちうのくにのぢうにんにふぜんのこたらうとくんでおちけるところをにふぜんがいとこゑちごのくにのぢうにんなんでう
のじらうおちあひてたかはしがくびをばとつてけりむさしの三らうざゑもんありくにはむまをもいさせおりた
つてたたかひけるがや二三十すぢいたてられたちをつゑにつきかたきのかたをにらまへてたちすくみ
にこそしたりけれいまはながゐのさいとうべつたうただいつきになつてかへしあはせかへしあはせさんざんに
P302
こそたたかひけれここにげんじのかたよりむしや一きはせきたりみかたのせいはみなおちゆきさふらふにただ
一きのこりとどまつていくさするひとこそおぼつかなけれいかなるひとぞなのれやなのれといひければ
かういふわぎみはなにものぞまづなのれといはれてこれはしなののくにのぢうにんてづかのたらうかな
さしのみつもりとぞなのりたるひごろよりさるひとありとはききおよびたりこれはわざとおもふやうあつて
なのらぬなりただしなんぢをさぐるにはあらずよれあへやくまんとてむまうちならべひつくんで
どうとおつさねもりこころはたけうおもへどもいたでどもをばおうたりけりそのうへおいむしやなりければ
つひにてづかがしたになつてぞうたれけるてづかくびとつてきそどののおんまへにまゐりみつもりこそきい
のくせものとあうてくんでうつてまゐりてさふらへたいしやうぐんかとみさふらへばつづくせいもさふらはずまたは
むしややらんとぞんじさふらへばにしきのひたたれをきてさふらひつるさいこくぶしきないのつはものやらんとききさふらへ
ばこゑはばんどうごゑにてさふらふとまをしたりければきそどのあなむざんもしそれはながゐのさいとうべつたうさね
もりにてもやあるらんそれならばよしなかがかうづけへこえたりしときをさなめにみしかばしら
がのすこしかすほなりしがいまは七十にもあまりしらがにこそならむずるにびんはつのく
ろきはたれなるらんひぐちのじらうかねみつはねんらいのとくいなればみしりたるらんひぐちめせとてめされ
けりひぐちこのくびをただひとめみてあなむざんこれはまことにながゐのさいとうべつたうさねもりにてさふらひ
けるぞやきそさてびんひげのくろきはいかにとのたまひければひぐちのじらうなみだをはらはらとな
P303
がいてさんさふらふそのやうをまをさんとつかまつりさふらへばあまりにあはれにおぼえてまづかねみつがふかく
のなみだのさきだちさふらふなりさればゆみやとりはただかりそめのところにてものちまでのおもひでのことばをば
かねてまをしおくべきことにてさふらふなりさねもりひごろかねみつにあうてのつねはうちとけものがたりにわれ六十
にあまりいくさばにいでんときはびんひげをすみにそめうとおもふなりそのゆゑはわかとのばらにあらそつてさ
きをかけんもおとなげなしまたおいむしやとてひとにあなづられんもくちをしかるべしなんどまをしてさふら
ひしがさてはそめてさふらひけるぞやあらはせてごらんじさふらへとなみだもせきあへずまをしたりけ
ればきそどのまことにもとてかがのくになりあひのいけにてあらはせてみたまへばげにもはくはつに
こそなりにけれさねもりまたにしきのひたたれをきさふらひけることはさねもりみやこをいづるとておほいとの
にまをしけるはひととせとうごくのあんないしやつかまつつてやひとつをだにもいすてずしてするがのかんばら
よりにげのぼりてさふらふこともさねもり一にんがみのうへにてはさふらはねどもおいのはてのちじよくただこのことにこそ
さふらへこんどほくこくにまかりむかうてさふらはばさだめてうちじにつかまつるべしあはれにしきのひたたれをおんゆる
されさふらへかしそのゆゑはさねもりもとはゑちぜんのものにてさふらふがきんねんしよりやうについてむさしのながゐにきよ
ぢうつまつりさふらひきさてこそながゐのさいとうとはめされさふらへこきやうへはにしきをきてかへれとまをすことのさふらふ
ものをなんどやうやうにまをしたりければおほいとのはさることありとてかんじてゆるしたまひけり
むかしのけんしんはにしきのたもとをくわいけいざんにひるがへしいまのさねもりはにしきをきてそのなをほつこくのちまたにあぐと
P304
かやへいけさんぬる四ぐわつにみやこをいでられしには十万よきおなじき五ぐわつにかへりのぼりたまふにはただ三万
よきさしもはなやかにてみやこをいでしひとびとのくちもせぬなをばうきよにとどめおきそのみは
こしぢのすゑのちりとなるこそかなしけれみかはのかみとものりもかへりたまはずただつなかげたかもかへらずながれ
をつくしてすなどるときはおほくのうをうといへどもめいねんにはうをなしはやしをやきてかるとき
はおほくのけだものうといへどもめいねんにはけだものなしのちをぞんじてせうせうはのこさるべかりけるもの
をとぞみなひとまをしあはれける
玄ムの沙汰(あひ) 707
かづさのかみただきよはちやくしたらうはんぐわんただつなをうたせておほいとのにいとままをししゆつけとんせいしてんげりおととひだの
かみかげいへもちやくしたいふのはんぐわんかげたかをうたせこれもしゆつけにふだうしてんげるみやこのうちはまをすにおよばず
きんごくゑんごくのものどももあるひはおやをうたせこにわかれをつとにはなれもんとをとぢてかなしみけりこれ
ひとへにうむなんのたたかひにあひおなじおなじき六ぐわつついたちのひだいりにはさいしゆじんぎのおほなかとみのさだとしを
でんじやうのしもくちへめされてこんどひやうらんしづまらばいせへぎやうかうなるべきよしをおほせくださるさだとし
かしこまりうけたまはつてまかりいづそもそもいせだいじんぐうとまをしたてまつるはむかしたかまのはらよりみののくにいぶき
のたけへあまくだらせたまひたりしをすゐにんてんわう廿五ねん三ぐわつついたちのひいせのくにわたらへのこほりいすず
P305
のかはかみしたづいはねにしておほみやばしらをふとしきたてていはひそめまゐらせてよりこのかたにつぽん六十よしう三
千七百五十よしやのなかにはすぐれたまへるおんかみなりされどもよよのみかどのりんかうはなかりしに
むかしならのみかどのおんときさだいじんふひとのまごしきぶきやううまかひのこにだざいのせうにけんさひやうゑのかみふぢ
はらのひろつぎといふひとはおそろしきひとなりけりたとへばてんぴやう十五ねん十ぐわつにひぜんのくにまつらのこほりに
してす万のひやうかくをそつしてこくかをあやぶめんとせしときみかどおほののあづまうどをたいしやうとしてひろ
つぎつゐたうのおんいのりのおんためにはじめていせへぎやうかうなるさればそのばうりやうあれてつねにおそろしきことども
おほかりけりおなじきてんぴやう十八ねん六ぐわつ三かのひちくぜんのくにみかさのこほりだざいふのくわんぜんおんじくやうのだう
しはなんとのげんばうそうじやうとぞきこえしげんばうかうざにのぼりけいびやくのかねうちならしせつぽふせんとしけ
るににはかにそらかきくもりいかづちおびただしうなりさかりだうのむねをけやぶつてげんばうのうへにおち
かかりそのくびをとつてくものうちへぞいりにけるおそろしなんどもおろかなりこれはげんばうひろつぎを
てうぷくせられたりけるによつてなりおなじきてんぴやう十九ねん正ぐわつ十五にちのむまのこくばかりにこうふくじ
のなんだいもんにはしやれたるかうべにげんばうといふめいをかきてそらよりおとし千にんばかりがこゑに
てくものうちにいちどにどつとわらふこゑしけりきくひとみなみのけよだつてぞおぼえたるこのひろ
つぎとまをすはひぜんのくにまつらよりみやこへ一にちにうつむまをもちたまへりさればさいごのときもかのむまにうち
のつてかいちうへかけいりてぞうせられけるさればそのりやうをあがめてひぜんのくにまつらのこほりにいははれたまふ
P306
かがみのみやうじんこれなりこのげんばうとまをすはむかしきびのだいじんにつたうのときほつさうしうをわがてうへわたしたりしひとなり
そのときにたうじんがげんばうとはかへりてばうすといふこゑありいかさまにもこのひときてうののちことにあ
ふべしとまをしたりしにたがはずむかしさがのてんわうのおんときへいぜいのせんていよをみだらんと
せさせたまひしときみかど第三(だいさん)のひめみやをかものさいゐんにたてまゐらつさせたまひけりそれよりさい
ゐんはじまりけりまたしゆじやくゐんのぎようてんぎやう七ねんにすみともつゐたうのおんいのりのおんためにやはたのりんじ
のまつりをはじめらるへいけかやうのことどもをれいとしてさまざまのおんいのりどもをぞはじめられける
木曽山門の牒状 708
おなじき六ぐわつ八かのひきそはゑちぜんのこふにつきてまづいまゐひぐちたてねのゐをめしてわれらこん
どきんごくをへてこそしやうらくすべきにれいのさんもんのたいしゆへいけのかたうどしてふせぐこともやあら
んずらんうちやぶつてとほらんことはやすけれどもへいけこそぶつぽふをもしらじきみをなやましたてまつ
れそのしゆごのためにしやうらくせんよしなかがしゆとにむかつてかつせんせんことおとらぬにのまひなるべし
これこそゆゆしきやすだいじなれこはいかがはからふとのはらたちといひければたいふばうかくめいがまをし
けるはさんもんはこれ三千しゆといちみどうしんにあるべからずないないはみかたにこころざしをぞんずるしゆと
もせうせうさふらふらんまづてふじやうをつかはしてごらんじさふらへかししさいはへんてふにみえさふらふべしとまをし
P307
たりければきそこのぎもつともとてやがててふじやうをかくめいにかかせてさんもんへこそおくられけれその
じやうにいはく
みなもとのよしなかおそれながらつつしみてまをしあげさふらふつらつらへいけのあくぎやくをおもふにさんぬるはうげんへいぢよりこのかた
ながくじんしんのれいをうしなふしかりといへどもきせんてをつかねしそあしをいただくほしいままにていゐをしんだいし
あくまでこくぐんをりやりやうすだうりひりをろんぜずうざいむざいをきらはずけんもんせいかをつゐふくし
そのしさいをとりてみだりがはしくらうどうにあたへかのしやうゑんをもつしうしてほしいままにしそんにはぶくなかんづくいんじ
ぢしよう三ねん十一ぐわつにほうわうをせいなんりきうにおしこめたてまつりはくろくをせいかいのぜつゐきにうつしたてまつる
しゆしよものいはずだうろめをもつてすしかのみならずおなじき四ねん五ぐわつに一ゐんだい二のみこたかくらのみやの
しゆかくをうちかこみてここのへのこうぢんをおどろかさしむここにていしひぶんのがいをのがれんがために三ゐでら
へじゆぎよのときよしなかせんじつりやうしをたまはつてさんらくをくはだてんとほつするところをんてきちまたにみちてよ
さんみちをうしなふきんきやうのげんじなほさんこうせずいはんやわれらゑんきやうにおいてをやなかんづくをんじやうはぶげんせばき
によつてなんとへおもむかしめたまふすなはちげん三ゐよりまさにふだううぢばしにおいてめいをかろんじぎをおもん
じて一せんのこうをはげますといへどもたせいのせめをまぬかれずげいがいをこがんのこけにうづみせいめい
をちやうかのなみにながしをはんぬりやうしのおもむききもにめいじどうるゐのかなしみたましひをうしなふこれによりてとうごく
ほくこくのげんじらさんらくをくはだてんとすそのなかによしなかそのしゆくいをたつせんがためにいんじとしのあきはたを
P308
あげつるぎをとつてしんしうをいでしひゑちごのくにのぢうにんじやうの四らうながもちすまんのひやうかくをそつしてはつかう
せしむるあひだよしなかよこたがはらにはせむかつてかつせんすよしなかわづかに三千のつはものをもつてかの二万のぐん
びやうをやぶりをはんぬしかるをふうぶんひろきにおよんでかさねてへいしのたいしやう十まんのひやうかくをそつしてほくろく
にはつかうすゑつしうかしうのうしうとなみくろさかしほあだかしのばらいげのじやうくわくにおいてすケど
のかつせんにおよぶはかりごとをゐあくのうちにめぐらしてかつことをしせきのもとにえたりうちてはかならずふく
しせむればかならずくだるたとへばあきのかぜのばせうをやぶるにことならずふゆのしものぐんえふをからすに
あひおなじこれよしなかがぶりやくにあらずひとへにしんめいぶつだのたすけなりへいしすでにはいぼくのうへはさんらくをくはだてん
とすいまえいがくのふもとをへてまさにらくやうのちまたにいるべきなりこのときにいたつてひそかにぎたいありそのゆゑ
いかんとなればそもそもてんだい三千しゆとげんじにどうしんかへいけによりきかもしかのあくとをたすけらるべ
くんばしゆとにむかつてかつせんすべしもしかつせんにおよばばえいがくのめつばうくびすをめぐらすべからずかなしいかなへい
けしんきんをなやましたてまつりぶつぽふをほろぼすあひだあくぎやくをしづめむがためにぎへいをおこすところにたちまちに三千のしゆとに
むかつてふりよのかつせんにおよばむことをいたましいかないわうさんわうにはばかりたてまつつてかうていにちりうせしめば
てうていくわんたいのしんとしてぶりやくかきんのそしりをのこさんことをしんたいにまよひてかくのごとくあんないをけいするところなり
こひねがはくは三千しゆとかみのためほとけのためきみのためくにのためにしてげんじにどうしんしてへいけをほろ
ぼしこうくわによくせんこんたんのいたりにたへずよしなかきようくわうきんげん
P309
じゆえい二ねん六ぐわつのひ
しんじやう ゑくわうゐんのりつしのごばうへとぞかかれける
山門よりの返牒 709
そののちさんもんにはこのじやうをひけんしてあるひはげんじにどうしんせむといふしゆともありあるひはへいけによりきせ
んといふたいしゆもありそのなかにらうそうどものまをしけるはわれらはむねとこんりんしやうわうてんちやうちきうといのりたてまつ
るものなりしかるにへいけはたうだいのごぐわいせきさんもんにおいてききやうをいたさるされどもあくぎやくほふにも
ればんしんこれをそむきたりきんねんよりはくにぐにへうつてをつかはすといへどもへいけかへつていぞくのために
ほろぼされうんめいすでにつきなんとすげんじはしよしよのいくさにうちかちてうんめいすでにひらけなんとすなんぞさん
もんひとりしゆくうんつきぬるへいけのかたうどしてげんじをそむかんやねがはくはわれらけふよりしてへいけちぐ
のぎをひるがへしげんじがふりよくすべきよしを一みどうしんにせんぎしてそののちかのへんてふをもおくりけるそのじやうに
いはく
さんぬる十かのひのてふじやうおなじき十六にちたうらいひえつのところにすじつのうつねんいちじにかいさんすここにへい
けるゐねんにおよんでせじやうさわぎやむことなしことじんこうにありゐしつすることあたはず(イ詳にあたはず)それえいざん
はていととうぼくのかみとしてこくかせいひつのせいきをいたすしかりといへども一てんひさしくかのえうげきにをかされし
P310
かいしづかにそのあんぜんをえずけんみつのほふりなきがごとしおうごのじんゐしばしばすたるここにきかたまたまるゐだいぶび
のいへにむまれてたうじさいはひにせいせんのじんたりあらかじめきぼうをめぐらしてぎへいをおこすところにそのらういまだりやうねん
をすぎざるにそのなすでに七だうにほどこすこくかのためるゐかのためにぶこうをかんじぶりやくをかんずわがやまのしゆと
かつかつもつてしようえつすかくのごとくならばさんじやうのせいきむなしからざることをよろこびかいだいのけいごおこた
りなきことをしりぬしゆとらがしんちうただけんさつをたれよじじたじじやうぢうのぶつぽふほんしやまつしやさいそん
のしんめいいまけうほふのふたたびさかえんことをよろこびそうきやうのふるきにふくせんことをさだめてずゐきしたまふらむみやう
にはまたいわうぜんせいのししやとしてきやうぞくつゐたうのゆうしにあひくははりけんにはまた三千しゆとしばらくしゆ
がくさんきやうのきんせつをやめてあくりよちばつのくわんぐんをたすけしめむしくわん十じようのぼんふうはかんりよわてうのほかには
らひゆか三みつのほふうはじぞくをげうねんのふるきにかへさんしゆとせんぎかくのごとしつらつらこれをさつ
せよ
じゆえい二ねん六ぐわつのひ だいしゆら
とぞかきたりける
平家の一門日吉の社へ連署の願書 710
これによつてげんじの一ぢんすでにちかづきしよしきこえしかばへいけのひとびとこはいかがせんとぞさわ
P311
がれけるなんとみゐでらはうつぷんをふくめるをりふしなればかたらふともよもなびかじさんもんはたうけ
においてふちうをぞんぜずたうけまたさんもんにおいてうらみをむすばねばひよしのやしろへれんしよのぐわんしよをこめ
たてまつつて三千しゆとをかたらはんとて一もん十よにんれんしよのぐわんしよをかいてひよしのやしろへこそおく
られけれそのぐわんしよにいはく
うやまつてまをすひよしのやしろをうぢがみとさだめえんりやくじをうぢでらとがうしていつかうてんだいのぶつぽふをあふぐべきこと
みぎたうけ一ぞくのともがらことにきせいするむねありそれえいざんはくわんむてんわうのぎようだいしにつたうきてうののちかの
たうざんによぢのぼりこのところにしやなのたいかいをひろめたまひしよりいらいふかくぶつぽふはんじやうのれいくつとしてもつぱら
ちんごこくかのだうぢやうにそなふここにいづのくにのるにんさきのうひやうゑのごんのすけよりともみのとがをくいず
かへつててうけんをあざけるそのかんぼうにくみしどうしんをいたすげんじらゆきいへよしなかいげたうをむすんでかずありりん
きやうゑんきやうすこくをそうりやうしとぎどこうばんぶつをあふりやうせしむこれによつてかつはるゐだいくんこうのあとをおひ
かつはたうじきうばのげいにまかせてしきりにつゐざいをこふぎよりんかくよくのぢんくわんぐんりをえずせいぼでんげきのゐげき
るゐかつにのるににたりいましんめいぶつだのかびにあらずんばいづれのひかほんげきのきようらんをしずめむこ
れによりていつかうてんだいのぶつぽふをあふぎてひとへにひよしのしんおんをたのまんまくのみいかにいはんやしん
らがなうそをおもへばかたじけなくもほんぐわんのよえいといひつべしいよいよそうちようすべしいよいよくぎやうすべしこの
しそんにつたへてながくしつだせしさんもんによろこびあらばいちもんのよろこびとししやけにいきどほりあらば一
P312
かのいきどほりとしぜんにつけあくにつけともによろこびをなしおなじくうれひをいだかんとうしはまたかす
がのやしろこうふくじをうぢがみうぢでらとそんそうしてひさしくほつそうだいじようのしうにきえすたうけはまたひよしの
やしろえんりやくじをうぢがみうぢでらとききやうしてあらたにゑんじつとんごのをしへにちぐせんかれはむかしの
ゐせきなりきみのためにえいかうをおもふこれはいまのせいきなりいへのためにしきりにつゐばつをこふあふぎねがはくは
さんわう七しやわうじけんぞくとうざいまんざんごほふしやうしゆ十二だいぐわんにつくわうげつくわういわうぜんぜい十二しんしやうおのおのむ
にのたんぜいをてらしゆゐ一けんおうをたれたまへじやほふげきしんのぞくてをくんもんにつかねぼうぎやくざんがいのともがらかばねを
きやうどにのこさんかわれらがこんぜいぶつしんあにすてめやよつてたうけ一ぞくのともがらいくどうおんにれいをなしきせい
かくのごとしじゆ三ゐうこんゑのちうじやうけんさぬきのかみたひらのすけもりじゆ三ゐちうぐうのごんのちうしやうけん
ゑちぜんかみのたひらのみちもりじやう三ゐさこんゑのちうじやうけんいよのかみたひらのこれもりじやう三ゐさこんゑのちうじやうけんはり
まのごんのかみたひらのしげひらじやう三ゐゑもんのかみけんこんゑのきやうとほたふみのかみたひらのきよむねさんぎじやう三ゐしゆり
のごんのだいぶけんかがゑつちうのかみたひらのつねもりせいいたいしやうぐんじゆ二ゐぎやうごんちうなごんけんさひやうゑの
かみたひらのとももりじゆ二ゐぎやうごんちうなごんけんひぜんのかみたひらののりもりじやう二ゐぎやうごんだいなごんけんさゑもんの
かみたひらのときただじやう二ゐぎやうごんだいなごんけんではむつのかみたひらのよりもりじゆ一ゐさきのないだいじんたひらのむねもり
うやまつてまをす
じゆえい二ねん六ぐわつのひ
P313
きん(きん二字愆カ)きんじやうざすそうじやうのごばうへとぞかかれたる
主上の都落 711
さんわうだいしあはれみをたれさせたまひおなじう三千のだいしゆちからをあはせよとなりたいしゆわれらせんじつげんじ
にどうしんのうへはいまさらひるがへすべきにあらずとてへんてふにもおよばずなかにもひごのかみさだよしはちんぜい
のむほんたひらげてきくちへつきまつらたう三千よきをひきぐしておなじき七ぐわつ十八にちにみやこに
つくこんどもちんぜいはしたがへどもとうごくほくこくはいまだしづまりもやらざりけりおなじき廿二にちのよの
ねのこくばかりに六はらへんにはかにだいちをうちかへすがごとくにしんどうしむまにくらおきはらおびし
めしざいさふぐをとうざいへはこびかくすあけてのちきこえしはみのげんじにさどのゑもんのじようしげ
としとまをすものありこれはさんぬるはうげんにちんぜいの八らうためともがいくさにまけておちゆきけるをあふみのくにいし
だふにてからめとりてそのときゑもんのじようにはなされたりためともからめたりとていちもんのげんじにはにくまれて
へいけをかたらひけるがこのよのやはんばかりに六はらにはせまゐつてまをしけるはきそよしなかあふみのくに
までみだれいり五万よきのせいにてひがしさかもとにみちみちてひとをもやすくとほさずたての六らう
ちかただたいふのばうかくめいてんだいざんにきほひのぼりそうぢゐんをじやうくわくとしてさんそうらひとつになつてすでに
みやこへみだれいりさふらふぞやとまをしたりければへいけさらばまづこれをふせげやとてたいしやうぐんにはさひやうゑの
P314
かみとももりほん三ゐのちうしやうしげひら二にんたいしやうぐんにてつがふそのせい二千よにんやましなをふせぎにむかはれけ
りさつまのかみただのりたじまのかみつねまさわかさのかみつねとし三にんたいしやうぐんにてつがふそのせい三千よきせたのてへ
こそむかはれけれゑちぜんの三ゐみちもりのとのかみのりつね二にんたいしやうぐんにてつがふそのせい一千よきうぢ
をふせぎにむかはれけりさるほどにそのくらんどゆきいへ一万よきにてうぢぢよりみやこへいるともきこえけり
あしかがのやたのはんぐわんだいよしきよ五千よきにてたんばのくによりおほえやまをへてしやうらくすともきこえけりその
ほかつのくにかはちげんじどもひとつになりてよどかはじりよりみだれいるともきこえけりへいけこのうへはみやこのう
ちにてこそともかうもならむずれさらばてどもよびかへせとてうぢせたのてをもみなよ
びかへされけるていとみやうりのちにはとりなきてやすきことなしをさまれるよだにかくのごとしいはんやみだれ
たるよにおいてをやよしののやまのおくのおくへもいりなばやとはおぼしめされけれどもしよこく七だうことごとくや
ぶれにしかばいづくのうらかおだしかるべきさんがいむあんゆによくわたくによらいのきんげん一じようのめうもんなれ
ばなじかはすこしもまがふべきおなじき廿三にちのさよふけがたにおほいとのにようゐんのわたらせたまひ
ける六はらいけどのへまゐらせたまひてまをさせたまひけるはこのよのなかのありさまはいまははやか
うにこそさふらへひとびとはみやこのうちにてともかうもなるべきよしをのたまへどもまのあたりひとびとにうき
めをみせまゐらせんこともいかんぞやなればひとまどなりともごかうぎやうかうをもさいこくのか
たへとおもひなつてこそさふらへとまをさせたまひたりければにようゐんただともかうもそこのおん
P315
はからひにこそとてぎよいのおんたもとにあまるおんなみだせきあへさせたまはねばおほいとのもなほしの
そでしぼるばかりにぞみえられけるへいけゐんをもうちをもとりたてまつつてさいこくのかたへといふこと
をほうわうもないないしろしめされてもやありけむおなじき廿四かのくれがたにあぜちのだいなごんすけかたのきやう
のしそくうまのかみすけときばかりをおんともにてひそかにくらまのかたへごかうなるひとこれをしりたてまつら
ずここにへいけのさぶらひにきちないさゑもんすゑやすといふものありさがさがしきによつてつねはゐんのおんまへに
もめしつかはれけるがそのよしもゐんのごしよにおんとのゐまをしさふらひけるがつねのごしよのかたなにと
なうさざめきあひにようばうたちのしのびねにうちなきなんどしたまひけるをなにごとやらんときくほどに
ほうわうのごしよにもわたらせたまはねばいづかたへごかうなりたるやらむとまをすこゑにききなしあなあさ
ましやとおもひいそぎ六はらへはしりまゐつてこのよしまをしたりければおほいとのいかでかさるおん
ことのわたらせたまふべきとはのたまひけれどもいそぎおんむまにめしゐんのごしよにはしりまゐつてみま
ゐらつさせたまふにげにもほうわうわたらせたまはずにようばうたちには二ゐどのたんごどのをはじめたてまつつて
ひとところもわたらせたまはずおほいとのさていかにやいかにとおんたづねありけれどもたれおんゆくへしりま
ゐらせたりとまをすひとひとりもなかりけりさるほどにほうわうのごしよにもわたらせたまはぬとまをすほど
こそありけれきやうちうのさうどうなのめならずいはんやへいけのひとびとのさわぎあはれけるありさまおの
づからいへいへにかたきうちいりたりともかぎりあればこれにはすぎじとぞみえしへいけゐんをもうちをも
P316
とりたてまつつてさいこくへとはおもはれけれどもほうわうのかくすてさせおはしましけるうへはたのむこの
もとにあめのたまらぬここちぞしたまひけるさてしもあるべきならねばいまはぎやうかうばかりをなりとも
なしまゐらせよやとておなじき廿五にちのうのこくにたまのみこしをさしよせまゐらせたりければしゆじやう
はこんねん六さいにならせおはしましけるがなにごころもなうぞめされけるへいだいなごんときただのきやうのきたの
かたそちのすけどのぞごどうよにはまゐられけるなかにもへいだいなごんときただのきやううけたまはつてしんじはうけんない
しどころいんやくときのふだすずかにいたるまでみなとりたてまつれやとげぢせられけれどもあまりにあわててとり
おとすもののみおほかりけりへいだいなごんときただくらのかみのぶもとさぬきのちうしやうときざねおやこ三にんばかりこそい
くわんただしうしてぎやうかうにはぐぶせられけれそのほかおほゐとのをはじめたてまつつてこんゑづかさみつなのすけ
にいたるまでかつちうをよろひきうせんをたいしてぐぶせられけり七でうをにしへしゆじやつかをみなみへぎやうかうなるゆめ
のやうなるおんことなりさるほどにかんてんすでにひらけてくもとうれいにたなびきあけがたのつきしろくさ
えけいめいまたいそがはしひととせみやこうつしとてにはかにあわただしかりしことどもはかかるべきぜん
べうともいまこそおもひしられけれ
あひ 712
なかにもせつしやうどのはとうじのみなみへもんまでぎやうかうにぐぶせさせおはしましけるがいかなるおんことかわた
P317
らせたまひけんかすがのだいみやうじんのおんつげありとてそれよりおんくるまをとつてかへしおほみやをのぼ
りにきたやまのへんちそくゐんどのへいらせたまひけり
維盛の都落 713
なかにもこまつの三ゐのちうじやうこれもりのきやうはひごろよりおもひまうけられしことなれどもさしあたつて
はまたかなしくぞおもはれけるこのきたのかたとまをすはこなかのみかどのしんだいなごんなりちかのきやうのおんむすめにて
おはしけれどもちちにもははにもおくれたまひてみなしごにてはおはしけれどもたうがんつゆにほころ
びこうふんおもてにこびをなしりうはつかぜにみだるるよそほひまでもたぐひすくなくぞみえられけるわかぎみ
六だいごぜんとてこんねん十になりたまふひめぎみやしやごぜんとて八になりたまふおはしますあるとき三ゐ
のちうしやうきたのかたにむかつてのたまひけるはこれもりこそひごろまをしさふらひつるやうにいちもんにぐせられて
さいこくのかたへおちゆきさふらへいづくまでもひきぐしたてまつるべけれどもみちにもかたきあひまつなればたひら
かにとほらんこともかたければさてとどめおきたてまつるなりもしまたいづくのうらわにもこころやすうおちついて
さふらはばそれよりひとをむかへにたてまつるべしたとへこれもりまたこのよになきものとなりたるとききたまふともさ
まなんどかへさせたまふべからずいかならんひとにもみみえてみをもたすけあのをさなきもの
どもをもはごくみたまふべしよのつねのならひなればなさけをかけたてまつるひともなどかはなかるべ
P318
きなんどやうやうにこしらへおきたまへどもきたのかたにはとかくのへんじもしたまはずひきか
つぎてぞなかれける三ゐのちうじやうすでにいでんとしたまへばきたのかた三ゐのそでにすがつてみやこに
はちちもなしははもなしすてられたてまつつてそのゆゑはまたたれにかはみゆべきにいかならんひとにもみ
えよなんどうけたまはるこそうらめしけれひごろはおんこころざしあさからぬやうにもてなしたまへばたれもひと
しれずふかうたのみたてまつつておなじのはらのつゆともきえおなじそこのみくづともならんとこそちぎ
りしにいつのまにかはりぬるひとのこころぞやさればさよのねざめのむつごともみないつはりになりに
けりせめてわがみひとりならばすてられたてまつるみのほどをおもひしりてもとどまりなん
あのをさなきものをばたれにみゆづりいかになれとてとどめおきたまふぞやなさけなうもすてたまふものかなと
てかつうはうらみかつうはしたひつつなきたまひけるにも三ゐのちうじやうまたきたのかたにむかつてのたまひけるは
まことにこれもり十五ひとは十三のとしよりたがひにみそめみえそめたてまつつてことしはすでに十二ねんひ
のなかみづのそこへもともにいりともにしづみかぎりあるわかれぢまでもおくれさきだたじとこそまをして
さふらひしかどもこんどはかくこころうきかつせんのにはへうちいでさふらへばあのをさなきものどもをさへひきぐして
うきめをみせんこともいかんぞやなればさてとどめおきたてまつるなりそのうへこんどはよういもつかまつらずあひ
かまへてむかへをたてまつるべしとてちうもんにてもののぐしすでにいでんとしたまへばわかぎみはしりいで
ちちのよろひのさうのそでくさずりにとりつきたまひてこはいづちとてわたらせたまひさふらふぞやわれもまゐ
P319
らんわれもゆかんとしたひつつなきたまひけるにぞ三ゐのちうじやううきよのきづなとはおもはれけり
さるほどに三ゐのおととしん三ゐのちうじやうすけもりさちうじやうきよつねしんせうしやうありもりたんごのぢじうただふさびつちうのかみもろもり
きやうだい五にんむまにのりながらおほにはにひかへたまひてぎやうかうははやはるかにのびさせたまひてさふらふにいかに
やいままでのちさんとこゑごゑにまをされたりければ三ゐのちうじやうさてはとてむまにうちのりていでられけ
るがさるにてもとてまたひきかへしえんのきはにこまうちよせゆみのはずにてみすをきつとかきあげたま
ひてあれごらんぜよや千万のかたきのなかをこそわつてもとほりさふらはめあのをさなきものどもが
あまりにしたひさふらふをとかうこしらへおかんとつかまつりつるほどにぞんぐわいのちさんとのたまひもあへずなみだにむせ
びたまへばきやうだい五きのひとびともみなよろひのそでをぞぬらされけるまた三ゐのさぶらひにさいとう五さいとう六とて
あには十九おととは十七になるさぶらひありこれはさんぬるなつほつこくかがのくににてうちじにしたりしなが
ゐのさいとうべつたうさねもりがこどもなり三ゐのおんむまのみづつきにとりつきたてまつつていづくまでもまゐるべ
きよしをまをしければ三ゐのちうじやうわざとなんぢらをばおもふやうあつてさてとどめおくなりあの六だいがまた
たれをかはたのむべきただまげてとどまれとのたまへばかれらちからおよばずなみだをおさへて
とどまりけり三ゐのちうじやうすでにうちいでたまへばきたのかたひごろはこれほどまでなさけなかりけるひととはつゆおも
ひこそよらざりしかとてひとのきくをもはばからずみすのきはにたふれふしこゑをあげてぞなか
れけるわかぎみひめぎみにようばうたちのなきたまひけるこゑごゑのはるかのもんぐわいにまでもきこえければ三ゐのちうじやうこころ
P320
つよくもこしらへおきてはいでられけれどもさすがむまをもすすめもやりたまはずただうしろのみ
ひきかへすここちしてひかへひかへぞなかれけるひとはいつのひのいつのときにはかならずかへりきた
るべしとそのごをさだめおくだにもさしあたつてはまづかなしきぞかしいはんやこのひとびとはけふ
をかぎりただいまばかりのわかれなればさこそはなごりをしかりけめわかぎみひめぎみのなきたまひけるこゑごゑのはるか
のみみのそこにとどまつてこんどさいかいのたびのそらふくかぜたつなみにつけてもきくやうにこそおも
はれけれ
池の大納言都にとどまらるる事(あひ) 714
さるほどににふだうのおとといけのだいなごんよりもりはいけどのにひかけさせてぜい三百よきはたささせとうじのみなみ
のもんまでぎやうかうにぐぶせられたりけるがいかがはおもはれけむとつてかへしはたをばま
いてもたせおほみやをのぼりにきたやまのほとりときはのゐんどのへまゐりこもられけりこんどだいなごんのときはの
ゐんどのへまゐられけるゆゑをいかにまをすににようゐんのおんめのとぢみやうゐんのさいしやうどのにあひぐせられたりける
によつてなりそののちだいなごんにようゐんのおんまへにまゐつてまをされけるはしぜんのこともさふらはばたすけさ
せおはしませとまをされたりければにようゐんいざとよたうじはよがよにてもあらばこそとよ
にもたのもしげなうぞおほせけるなかにもゑつちうのじらうびやうゑもりつぎおほいとののおんまへにまゐりかしこまつて
P321
まをしけるはこんどいけどののとどまらせたまふによつておほくのさぶらひどものつきたてまつつてとどまりさふらふがあ
まりににくうおぼえさふらふいけどのまではおほきにおそれいつておぼえさふらへばさぶらひどものなかへやひとついか
けさふらはばやとまをしたりければおほいとのよしよしそのぎさなくともひごろのぢうおんをわすれてとど
まらんずるやつばらはなかなかいふにおよばずとぞのたまひけるおほいどのさてもまつどののきんたちだちはい
かにとのたまへばそれもいまだひとところもみえさせたまはずとまをしたりければしんちうなごんとももりおほい
とののおんまへにまゐらせたまひてまをさせたまひけるはみやこをいでていまだいちにちをだにもすぎざるにひと
びとのこころのかはりゆくこそなによりもつてうたてけれこれにつけてもみやこのうちにてともかうもな
りぬべかりつるものをとておほいとののかたをつらげにみてぞなかれけるまことにもとぞおもはれけ
るこんどよりもりのきやうのみやこにとどまられけるゆゑをいかにとまをすにかまくらのひやうゑのすけのかたより八まんだいぼ
さつもごせうらんさふらへいけどのにおきたてまつつていしゆおもひたてまつらざるよしをたびたびのたまひのぼせられける
うへうつてののぼるたびごとにいけどのにむかひたてまつつてゆみばしひくなやへいびやうゑにむかつてやば
しはなつなとのたまひけるをたのみにてとどまられけるとぞきこえしたとへひやうゑのすけこそさやうに
はうしんしたまふともじよのものどもはなにとかおもふべきいちもんにはおくれたまひぬなみにもいそにもつか
ぬここちぞしたまひける
P322
経政の都落 715
なかにもくわうごぐうのすけけんたじまのかみつねまさはえうせうよりにんわじおむろのごしよにさふらはれければいちもんのひと
びとにはさきだつてよにまぎれみやこをいでにんわじどのへぞまゐられけるそのみちよくかんのみにておはし
ければさうなうおんまへへはまゐられずひとしてことのしさいをまをされたりければみやなにかはく
るしかるべきいまいちどこれへとおほせければつねまさおんまへにまゐりかしこまりなみだをはらはらとながいてえうどうの
いにしへはこのごしよにしこうつかまつつてごおんみにあまりまかりうけたまはりさふらひききうゐんにほうこうのとき
もつねはさんじさふらひしにいまはいちもんのきようとにさそはれてさいかいのなみのうへにただよふおちうどと
なりぬべうさふらへばまたいつのよにかへりまゐるべきそのごもさだめがたうさふらふさても十三のとしよりくだ
しあづかりさふらひつるおんびはをばかたときみをはなたじとこそぞんじさふらひしかどもいまゐなかのちり
にまじへそうかいのそこのみくづとなさむこともあまりにくちをしうさふらへばまづかへしおきまゐらせさふらふ
なりもしたうけのよともなつてふたたびみやこへかへりのぼることもさふらはばそのときはかならずくだしあづかりさふらふべ
しとてさぶらひあんゑもんのぜうありのりをめしてからにしきのふくろにいれてもたせられたりけるおんびはをめしよせて
みやのおんまへにさしおくとてよにもなごりをしげにみえられければみやかうぞおほせける
あかずしてわかるるきみがなごりをばのちのかたみにつつみてぞおく
P323
つねまさかしこまつてうけたまはり
くれたけのかけひのみづのかはらねばなほすみあかぬみやのうちかな
さてしもあるべきならねばつねまさいとままをしていでられけりみやもまたいつのよにかごらんぜらるべき
なればおんなみだにむせばせおはしますそのほかごしよちうのひとびとつねまさのそでにすがりたもとにとりつきみな
なみだをぞながされけるなかにもはむろのだいなごんみつよりのきやうのしそくだいなごんのほういんぎやうけいはつねまさのこ
じにておはしければことになごりををしみたてまつつてかつらがはのほとりまでうちおくりてかへられけるがつねまさ
のそでをひかへて
あはれなりおいきわかぎもやまざくらおくれさきだち(イたつ)はなはのこらじ
つねまさひきかへし
たびごろもよなよなそでをかたしきておもひとほくもわれはゆくかな(イ思へば我は遠く行くなり)
ほういんかへりたまへばつねまさむらさきぢのにしきのひたたれにもえぎにほひのよろひをきてたつがしらのかぶとのををしめあししろ
のたちをはき廿四さいたるきりふのやおひしげどうのゆみもつてつきげなるむまにきんぷくりんのくらお
いてのりたまふまいてもたせられたりけるあかはたといてはつとさしあげたりければここかしこにひか
へてまちたてまつる二き三き五き十きうちよりうちよりみなおんともつかまつりほどなう百きばかりになつて
かつらがはのみぎはをくだりによのほのぼのとあけければやまざきせきとのゐんにいでたまふおよそこのつねまさは
P324
くわんげんのみちにたつしさいげいすぐれておはしければなによりもみやこにとどめおかれしおんびはのゆくへをのみぞ
おもはれけるまことにをしかるべしわがてうにまたそのたぐひあるべからざるてうはうなりそのゆゑはむかしにんめいてんわうのぎよう
かじやう三ねんにかもんのかみていびんがにつたうしてだいたうのびはのはかせれんしようぶにあひ三きよくをさうでんしてき
てうのときげんしやうせいざんししのまろとて三めんのびはをさうでんしてこそわたりけれとかいにてなみかぜはげし
かりければりうじんのおそれありとてなかにもししのまろをばかいていにしづむげんしやうせいざんはことゆゑなくぞ
わたりけるそれよりだいりにとどまつてよよのみかどのおんたからとなるなかにもむらかみのてんわうのぎよう
てんとく四ねんのあきのなかばにみかどせいりやうでんのつきのえんにしてかのげんしやうをあそばされけるに三五やちうのしん
げつしろくさえりやうふうさつさつのよふかきにけにんあまくだつてしやうかゆゆしくつかまつるみかどいつごらん
じなれたるものともおぼしめされねばそもなんぢはいかなるものぞとおほせければかのけにんこれはだいたう
のびはのはかせれんしようぶとまをすものなりかもんのかみていびんがにつたうして三きよくをつたへしにいまいつきよくををし
みてつたへざりしによつてまだうにおちてちんりんすいまかしこをすぎゆくにみかどのおんびはをうけたはまつ
てまゐりよりてさふらふなりすなはちかのひきよくをばかたじけなくもてんしにさづけたてまつつてまだうのくるしみをばのがるべしとて
おんまへにたてられたるせいざんをとつてかきならしじやうげんせきじやうのしらべとまをすひきよくをばかたじけなくも
てんしにさづけたてまつつてかきけすやうにぞうせにけるそれよりかのせいざんをばいよいよごひさうありけるを
あるときだいりよりおむろへまゐらつさせたまひけりしかるをえうどうのごさいあいのうへみちのたつしやにておは
P225
しければくだしあづかられけるとぞうけたまはるこのひと十七のとしうさのはうじやゑのちよくしにたつてかの
おんびはをともなひ九しうにげかうし八まんだいぼさつのごはうぜんのつきのえんにしてかのせいざんをひかれける
にあやしのともがらもみみをおどろかしとものみやびともみなりよくいのそでをぞぬらしけるせいざんはこれ
しだんのかふひつじのかはのばちめんのゑになつやまのこのまもりくるありあけのつきをかかれたりしによりて
こそせいざんとはなづけられけれ
薩摩守の都落 716
なかにもさつまのかみただのりはいづくよりかはかへられけむさぶらひ五きわらは一にんめしぐして五でうの三
ゐしゆんぜいのきやうのもとにおはしてみたまふにもんこをとぢたりさつまのかみむまよりおりもんをほとほととたたい
てこれはただのりとまをすものがいささかまをすべきことあつてまゐつてさふらふもんをばなあけられさふらひそこのきはまで
たちよらせたまふべうもやさふらふらんとまをされければ三ゐそのひとならばくるしかるまじもんをあけよと
てひらいてたいめんあるさつまのかみはこんぢのにしきのひたたれにこぐそくばかりせられたりけるがなほこ
ぐそくをもとつてひとにもたせられたりことのていなにとなうものあはれなりさつまのかみまをされけるはとしごろまをし
うけたまはりさふらひしのちはそりやくをぞんぜずとはまをしながらこのりやう三ねんはきやうとのさわぎくにぐにのみだ
れひとへにたうけのみのうへにてさふらへばつねはまゐりよることもさふらはずきみみやこをいでさせたまひぬるうへは
P326
いまはのべにかばねをさらさむずるよりほかはまたごするかたもさふらはずさてもちよくせんあるべきよしうけたまは
りさふらひしにいくほどなうてよのみだれいできそのさたなくさふらふことただいつしんのなげきとこそぞんじさふらへもし
よしづまつてのちちよくせんのさたさふらはばこのうちにいつしゆなりともごおんにかうぶつてくさのかげにてもとほ
きおんまぼりとなりまゐらせさふらはめとてふところよりまきものひとつとりいだししゆんぜいのきやうにたてまつらるひらい
てみたまへば百しゆのうたをぞかかれたる三ゐいまにはじめぬおんこととはまをしながらかかるそうげきのなか
にもおぼしめしわすれぬおんこころざしこそいうにありがたうぞんじさふらへちよくせんにおいてはぐしんうけたまはり
さふらへばそりやくをぞんずまじうさふらふとまをされたりければさつまのかみなのめならずよろこびたまひていまはのべに
かばねをさらさばさらせさうかいのそこにしづまばしづめこんじやうにおもひおくこともさふらはずたとへこのよの
わかれこそただいまばかりにてさふらふともらいせにてはかならずいちぶつじやうどのえんとまゐりあひまゐらせさふらふべし
さらばいとままをしてとてなみだをおさへていでられけり三ゐもあはれにてさつまのかみのうしろをはるばると
みおくりなみだをおさへているそののちさつまのかみはもんぜんにてもののぐしむまにうちのりていでられければいづ
くよりかきたりけんさぶらひ二三百きがほどいできたつてさつまのかみをなかにとりこめたてまつつておとしたてまつるときに
ただのりのこゑとおぼしくてせんどほどとほしおもひをがんざんのゆふべのくもにはすとたからかにえいぜられたり
けるにぞまことにすごくみにしみてのちのよまでもわすれがたみとなられけるこそあはれなれげにもよ
しづまつてのちちよくせんのさたありいまのせんざいしふこれなりそのうちにさつまのかみのうたいつしゆぞいれられたる
P327
こころざしせつなりしかばあまたもいればやとはおもはれけれどもそのみちよくかんのひとにておはしければわざと
みやうじをばあらはされずよみびとしらずとぞいれられたるこきやうのはなといふだいをもつてよまれ
たりしうたなり
さざなみやしがのみやこはあれにしをむかしながらのやまざくらかな
そのみちよくかんのひととはまをしながらくちをしかりしことどもなりさるほどにこまつの三ゐのちうじやうこれもりきゃうだい六きうち
つれてつがふそのせい五百よきつくりみちにうつていでこまをはやめてうつほどによどのむつだがはらの
へんにてぞぎやうかうにおつつきたてまつる
福原落 717
おほいとの三ゐのちうじやうをみつけたまひてなどやいままでのちさんとのたまへば三ゐのちうじやうさればこそ
あのをさなきものどもがあまりにしたひさふらふをとかうこしらへおかんとつかまつりつるほどにとのたまへば
あなこころつよやなどひきぐしたまはぬぞとのたまへば三ゐのちうじやうゆくすゑとてもたのもしからずさふらへ
ばとてとふにつらさのなみだをぞながされけるこそあはれなれへいけみやこをおつるとて六はらどのこ
まつどのにし八でうにひをかけたりければくろけぶりてんにみちみちてひのひかりもみえざりけりあるひはせい
しゆりんかうのちなりほうけつむなしくいしずゑをのこしらんよただあとをとどむあるひはこうひいうえんのみぎりなり
P328
せつぱうのあらしこゑかなしみえきていのつゆいろうれふあるひはさうきやうふちやうのもとゐよくりんてうしよのたちえんらんのすみかたじち
のけいえいむなしくしてへんしのくわいじんとなれりいはんやらうじうのをくしやにおいてをやいはんやざふにんのほうひつ
においてをやよえんのおよぶところざいざいしよしよす十ちやうなりきやうごほろびてけいきよくありこそだいのつゆじやうじやうた
りぼうしんおとろへてこらうなしかんやうきうのけぶりへいげいをかくしけむもこれにはすぎじとぞみえし
ひごろはかんこく二かうのさかしきをかたくせしかどもほくてきのためにこれをやぶられこうがけいいの
ふかきをおもんしかどもとういのためにこれをとられたりあにはかりきやたちまちにれいぎのみやこを
せめいだされなくなくむちのさかひにみをよせむとはきのふはくものうへにしてあめをくだすしんりうた
りけふはいちくらのほとりにしてみづをうしなふこぎよたりはうげんへいぢのむかしはへいけはるのはなと
さかえしがえいじゆ二ねんのいまはまたあきのもみぢとおちはてぬそのころみやこにさふらひけるとうごくのだいみやう
にははたけやまのしやうじしげよしおととをやまだのべつたうありしげうつのみやのさゑもんともつななりさんぬるぢしようのころより
めしうどにてみやこにさふらひけるをおほいどのみやこをいづるとてかれら三にんがくびをはねんとのたまひける
をへいだいなごんとしんちうなごんのまをされけるはたとへかれら十にん百にんがくびをはねさせたまひてさふらふとも
ごうんつきさせたまひなばみよをめされんことありがたしそのうへかれらはとうごくにこどもあまたもつて
さふらへばかれらがなげかんずるあとこそまことにふびんにさふらへばただまげてたすけさせおはしませとのたま
ひあはれければおほいどのもこのうへはちからおよびたまはずかれら三にんよどのすまひのつじまでぎやうかうのおんとも
P329
つかまつりいづくまでもまゐるべきよしをまをしければおほいとのかれらがこどもはとうごくにのみあんな
ればなんぢがたましひは一かうとうごくにのみぞあるらんからだばかりめしぐしてなんのせんかあるべきも
したうけのよともなつてふたたびみやこへかへりのぼることあらばそのときはいそぎまゐるべしただまげて
とどまれとのたまへばかれらちからおよばずなみだをおさへてとどまりけりこれもこの廿よねんのしゆなりけれ
ばさこそなごりをしかりけめへいけはやまざきせきどのゐんにしてたまのみこしをかきすゑてをとこやまを
ふしをがみなむきみやうちやうらい八まんだいぼさつしゆじやうをはじめたてまつつてわれらをいま一どみやこへかへしいれさ
せたまへとまをさせたまふぞあはれなるおちゆくへいけはたれだれぞまづさきのないだいじんむねもりゑもんのかみきよむね
へいだいなごんときただへいちうなごんのりもりしんちうなごんとももりしゆりのたいふつねもりほん三ゐのちうじやうしげひらこまつの三ゐちうじやう
これもりゑちぜんの三ゐみちもりしん三ゐのちうじやうすけもりでんじやうびとにはくらんどのかみのぶもとさぬきのちうじやうときざねひやうぶのせう
まさあきさまのかみゆきもりさちうじやうきよつねしんせうしやうありもりたんごのじじうただふささつまのかみただのりたじまのかみつねまさわかさのかみつね
としあはぢのかみきよふさをはりのかみきよさだのとのかみのりつねびつちうのかみもろもりむさしのかみともあきらくらんどのたいふなりもりたいふあつもり
そうがうには二ゐのそうづせんしんほつしようじしゆぎやうのうゑんちうなごんりつしちうくわいきやうじゆばうのあじやりいうゑんさぶらひにはげん
たいふのはんぐわんすゑさだつのはんぐわんもりずみきちないさゑもんすゑやすとうないびやうゑすゑくにをさきとして一もん百六十三にん
むねとのさぶらひ三百よにんつがふそのせい七千よにんこれらはこの二三ケねんがあひだとうごくほつこくどどのいくさにうち
もらされてわづかにのこるところなりなかにもこまつの三ゐのちうじやうこれもりのほかはおほいとのをはじめたてまつつてみな
P330
さいしをひきぐしてぞくだられけるそのほかつぎざまのものどもはこうゑそのごをしらざればみなうちすてうちすて
ぞくだりけるあるひはとしのひごろのよしみなじかはわするべきなればゆくもとどまるもただ
うしろをのみかへりみてさきへはすすみもやらざりけるおのおのうしろをかへりみたまへ
ばくろけぶりてんにみちみちたりなかにもさつまのかみただのり
はかなしなぬしはくもゐをわかるればやどはけぶりとたちのぼるかな(イのぼるなり)
しゆりのたいふつねもり
ふるさとをやけののはらとかへりみてすゑもけぶりのなみぢをぞゆく
みやこをばただ一ぺんのえんぢんにへだてつつぜんとばんりのくもぢにおもむきたまふこころのうちおしはかられ
あはれなりなかにもちくごのかみさだよしはかはじりにげんじありとききてけちらさんとて七千よきにてむ
かうたりけるがひがごとなりければとつてかへしみやこをさしてのぼるほどによどのおほわたりのへんにて
ぎやうかうにまゐりあひいそぎむまよりとんでおりおほいとののおんまへにまゐりかしこまつてまをしけるはこはいづく
をさしていらせたまひさふらふやらんさいこくのかたへいらせたまひてさふらはばおちうどとてかしこここのの
べにかばねをさらさせたまはんずるおんことをばこころうしとはおぼしめされさふらはずやとまをしたりければ
おほいとのさだよしはいまだしらずやきそよしなかあふみのくにまでみだれいり五万よきのせいにてひがしさかもと
にみちみちてひとをもたやすくとほさずたての六らうちかただたいふばうかくめい一千よきにててんだいさんにきほひの
P331
ぼりそうぢゐんをじやうくわくとしてさんそうら一になつてすでにみやこへみだれいるあひだひとびとはみやこのうちにてと
もかうもなるべきやうをのたまへどもまのあたりひとびとにうきめをみせまゐらせんこともいか
んぞやなればひとまどなりともさいこくのかたへとおもふまでにてこそあれとのたまへばささふらはば
さだよしにはいとまたびさふらへかしとててぜい三百よきをひきわけてみやこにのぼりにし八でうのやけあとにおほ
まくひきまはさせ一やしゆくしたりけれどもかへりのぼりたまふへいけのきんたち一にんもおはせざりけれ
ばゆくすゑたのもしからずやおもひけむまたげんじのひづめにかけじとやこまつどののはかほらせあた
りのつちをばかもがはへながしこつをばかうやさんへおくりわがみをばへいけとうしろあはせに
なつてとうごくのかたへぞくだりけるなかにもうつのみやのさゑもんともつなはさんぬるぢしようのころよりめしうどに
てみやこにさふらひけるをさだよしあづかつてことのほかにはうしんほどこしたりしかばそのおんをわすれ
じととうごくにぐしくだりなのめならずいとほしみけるとぞきこえしさるほどにへいけはにしのうみ
八へのしほぢにひをくらしいそべのとこのくさまくらいりえこぎゆくかいのしづくつゆもなみだにあらそひてたもとも
さらにほしあへずあけければふねにさをさすひともありこまにむちうつものもありおもひおもひここ
ろごころにおちぞゆくそのひのくれがたにつのくにふくはらにこそつきたまへさるほどにへいけはふくはらのきうり
におちつきたまひておほいとのまづむねとのさぶらひ三百よにんをめしてしやくぜんのいへによけいつきしやくあく
のよわうみにおよぶゆゑにしんめいにもはなれたてまつりきみにもすてられまゐらせてみやこのほかにい
P332
でなみのうへにただよふおちうどとなりぬるうへはなんのたのみかあるべきされどもあるひはきんしんのよしみた
にことなるもありあるひはぢうだいはうおんのこれふかきもあり一じゆのかげにやどるもぜんせのちぎりあさか
らず一かのながれをむすぶもたしやうのえんなほふかしいはんやなんぢら一たんかたらひをなすもんかくにあ
らずすでにるゐそさうでんのけにんなりかもんはんじやうのいにしへはおんはによつてわたくしをねがひきたのしみつ
きてかなしみきたるなんぞしりよをめぐらしてはうおんをむくいざらむやしゆじやうみやこをいでさせたまふと
はまをせどもしんじはうけんないしどころ三しゆのじんきをたいしてましませばののすゑやまのおくまでも
ぎやうかうのおんともつかまつらんとはおもはずやとかきくどいてのたまひければさぶらひどももみなしうるゐして
まをしけるはいかなるこころなきとりけだものにいたりさふらふまでもおんをはうじとくをむくうこころざしはみなさふらふ
なるものをいはんやわれらひととしていかでかごおんをわすれまゐらせさふらふべきこの廿よねんがあひださいしをはご
くみしよじうをかへりみさふらふこともひとつとしてごおんならずといふことなしさればくものはてうみ
のはてまでもぎやうかうのおんともつかまつるべきよしをいくどうおんにまをしたりければおほいとのも二ゐどのも
ちからつきてこそおもはれけれへいけそのよはふくはらのきうりにて一やをこそあかされけれをりふし
あきのはじめのつきはしものゆみはりなりしんかうくうやしづかにしてたびねのとこのくさまくらつゆもなみだにあらそ
ひてただもののみぞかなしきいつかへるべしともおぼえねばこにふだうしやうごくのつくりおきたまひしはるは
はなみのをかのごしよあきはつきみのはまのごしよばばどの二かいのさじきどのゆきのごしよかやのごしよひとびとの
P333
いへいへ五でうのだいなごんくにつなのきやうのうけたまはつてつくらせられしさとだいりいつしか三とせにあれはてて
あきのくさもんをとぢきうたいみちをふさぐかはらにまつおひかきにつたしげりだいかたぶいてこけむせり
まつかぜのみやかよふらんすだれたえねやあらはにてつきかげのみぞさしいりけるあけければしゆじやうをはじめ
たてまつつてへいけみなふねにとりのりうみにぞうかびたまひけるみやこをいでしほどこそなけれどもこれもなごり
はをしかりけりなかにもたじまのかみつねまさはぎやうかうにぐぶすとて
みゆきするすゑもみやことおもへどもなほなぐさまぬなみのうへかな
きのふはとうざんのせきのふもとにくつばみをならべて十万よきけふはさいかいのなみのうへにしてともづなをといて七
千よにんうらうらしましますぎゆけばあまのたくものゆふけぶりをのへのしかのあかつきのこゑなぎさなぎさによする
なみのおとそでにやどかるよはのつきちぐさにすだくむしのこゑすべてめにみみみにふるることのひと
つとしてあはれをもよほしこころをいたましめずといふことなしうんかいちんちんとしてせいてんすでにくれな
んとすこたうにせきぶへだてつつつきかいしやうにうかぶきよくほのなみをわけしほにひかれてゆくふねははんてんのくも
にさかのぼるひかずふればみやこはさんせんほどをへだてつつをんごくはまたちかくなるはるばるきぬと
おもふにもつきせぬものはなみだなりなみのうへにしろきとりのむれゐるをみてはかれならんむかし
ありはらのちうじやうのすみだがはらにてこととひけんなもむつまじきみやこどりにやとあはれなりじゆえい二ねん七
ぐわつ廿五にちのうのこくにへいけみやこをおちはてぬ



 

入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com