平家物語(城方本・八坂系)
巻第八 P334 
法皇の山門御幸 801
さるほどにほうわうはくらまにしのうでわたらせたまひけるがここはなほみやこちかくてたまぼこのみちゆくひとのひとめもしげけ
ればとてささのみねやくわうざかなんどまをすけんなんをしのがせたまひさんもんへごかうなりよがはのげだつのたにじやくぢやう
ばうごしよになるたいしゆうただとうたふへこそいらせたまふべけれなんどまをせばとうたふのみなみだにゑんゆうばうごしよに
なるかかりければしゆともぶしもゑんゆうばうのごしよちかうまゐつてきみをしゆごしたてまつるゐんはてんだいざんへ
しゆじやうはぐわいせきのへいけにとらはれてさいこくにせつしやうどのはよしののおくとかやそのほかにようゐんみやみやはにしやまひがし
やまのかたほとりについてかくれしのびてぞおはしけるへいけはみやこをおちぬれどもげんじはいまだ
いりかはらずすでにこのみやこしうなきさととぞなりにけるてんちかいびやくよりこのかたかかるためしはいまだなししやうとくたいし
のみらいきにもけふのことこそゆかしけれさるほどにほうわうはていだいざんにわたらせたまふとまをすほどこそあり
けれはせまゐらせたまふひとびとにはにふだうどのとはさきのくわんぱくすぎどのせつしやうどのとはこのゑどのだいじやうだいじんさうの
だいじんだいなごんちうなごんさいしやうさんみしゐごゐのでんじやうびとすべてくわんかかいにのぞみをかけしよたいしよしよく
P335
をたいするほどのひとのもるるはいちにんもなかりけりゑんゆうばうのたうじやうだうかもんぐわいもんないにいたるまですき
はざまもなくぞみちみちたるさんもんのはんじやうこれひとへにもんぜきのめんもくとぞみえしおなじき廿八にちにほふ
わうみやこにくわんぎよなるきそよしなか五まんよきにてぐぶつかまつるあふみげんじやまもとのくわんじやよしたか一せんよきに
てしらはたささせせんぢんにさふらひけりきのふまでもへいけのあかはたあかじるしきやうちうにみちみちたりし
がいつしかけふはしらはたしろじるしになりにけりこの廿よねんたえたりししらはたのけふはじめてみやこ
へいるめづらしかりしみものなりおなじき廿九にちにゆきいへよしなかをゐんのごしよへめされてへいけつゐたう
のためにさいこくへはつかうすべきよしをおほせくださるおのおのかしこまりてうけたまはりついでをもつてしゆくしよもなきよしを
まをしければきそよしなかにはたいぜんのたいふなりただがしゆくしよ六でうにしのとうゐんをたまはり十らうくらんどゆきいへにはほうぢうじ
どののなんでんとまをすかやのごしよをぞたまはりけるおなじき八ぐわつついたちのひしゆじやうならびにしんじはうけんないしどころ
三しゆのじんきをことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべきよしをへいだいなごんときただのきやうのもとへおほせくださるしゆじやう
のほかたかくらゐんのわうじ三ところましましけりなかにも二のみやをばへいけまうけのきみにしたてまつらむとてとりたてまつ
つてさいこくにくだりぬいまだ三四のみやはみやこにわたらせたまひけりおなじき三かのひしかるべきく
ぎやうさんだいあつてそもそもいづれのみやをかみくらゐにつけまゐらつさせたまふべきとぎぢやうありおなじき三か
のひほうわうこのみやたちをしやうじまゐらつさせたまひてまづ三のみやのことし五さいにならせたまひけるをほう
わうこれへとおほせければあながちにむつからせたまへばとうとうとておんめのとしていだしまゐらつ
P336
させたまひけりそののち四のみやのことし四さいにならせたまひけるをほうわうこれへとおほせければいそぎ
おんひざへまゐらせたまひてよにもなつかしげにみまゐらつさせたまひけりほうわうまことにそぞろならむひと
のこのこのおいほうしをみたまひてはなにとかおもひたまふべきこれこそまことのわがおんまごにてわたらせ
たまへこたかくらのゐんのをさなおひにすこしもたがはせたまはずこれほどのわすれがたみをもちながらいま
までみたてまつらざりつることよとておんなみだにむせばせおはしますおんまへにはしやうどじの二ゐどののさ
まかへてあまぜとめされけるがただひとりさぶらはれけるがさてこのみやのみくらゐにはつかせたまふ
べきにてさふらふやらんとまをさせたまひたりければほうわうしさいにやとぞおほせけるたびたびみ
うらのありけるにも四のみやみくらゐにつかせたまはばてんかおだやかなるべしとぞまをしけるこの
みやたちのごぼぎは七でうのしゆりのだいぶのぶたかのきやうのおんむすめなりこののぶたかのきやうとまをすはおんむすめあまたもちたま
へりいづれにてもいちにんきさきにたてまゐらせばやなんどおもはれけるにあるひとのまをしけるは
しろきにはとり千そろへてかへばおんむすめかならずきさきにたたせたまふなんどかたりければのぶたかのきやうさも
やあるらんとてしろきにはとり千そろへてかはれけるがそのゆゑにやおんむすめひとりちうぐうのおんかたにさぶらは
れけるがほどなううちへめされまゐらせてうちつづきわかみや三ところいできさせたまひけりのぶたかのきやううれ
しうはおもはれけれどもかつうはちうぐうにおそれまゐらせかつうはへいけにはばかりていともてなしまをされざ
りけるに八でうのにようゐんばかりこそなにかはくるしかるべきとてひとあまたつけたてまつつてもてなしP337
まをされけりなかにも四のみやのおんめのとはほつしようじのしゆぎやうのふゑんほういんとぞきこえしほういんみやこをおつ
るとてあまりにあわててみやをもにようばうをもとりわすれていでられけるがみちよりひとをのぼせて
みやいざなひまゐらせてとうとうくだりたまふべきよしをのたまひつかはされたりければこのにようばうみやい
ざなひまゐらせてにしのきやうまでいでられたりけるをこのにようばうのせうときのかみのりみちこはもののつ
いてくるひたまふかこのみやのごうんはたんだいまひらけさせたまはんずるものをとてとりとどめたてまつりたり
けるつぎのひぞほうわうよりのおんむかひのおんのりものはまゐりけるただなにごともしからしめたるおんこととはまをし
ながらきのかみのりみちは四のみやのおんためにはほうこうのものとぞきこえける
名虎 802
おなじき九かのひみやこにはぢもくおこなはれてきそよしなかさまのかみになつてゑちごをたぶ十らうくらんど
ゆきいへをばびんごになさるきそよしなかゑちごをきらへばいよをたぶ十らうくらんどびんごをきらへばびぜん
になさるおなじき十六にちにへいけの一もん百六十三にんをでんじやうのみふだをけづらるなかにもへいだいなごん
ときただくらのかみのぶもとさぬきのちうしやうときざねふし三にんをばけづられずこれはこんどしゆじやうならびにしんじはうけん
ないしどころ三しゆのしんぎをことゆゑなうみやこへかへしいれたてまつるべきよしをこのきやうのもとへおほせくだされけるに
よつてなりさるほどにへいけはうらづたひしまづたひしておなじき八ぐわつ十七にちにはちくぜんのくにみかさのこほり
P338
だざいふにこそつきたまひけれみやこよりおんともにさふらひけるきくちの二らうたかなほおほどやまのせきかためて
まゐらせんとててぜい一千よきをひきぐしてひごのくににうちこえおのがじやうにたてこもつてめせども
めせどもまゐらずいまはみかたにはいはとのしよきやうおほくらのたいふはらだのたいふたねなほばかりぞさふらひけるおなじ
き十九にちにへいけの一もんあんらくじにまうでつつてんじんほうらくのためにうたよみらうえいしてあそばれける
なかにもほん三みのちうしやうしげひら
すみなれしふるきみやこのこひしさにかみもむかしをおもひいづらめ
となくなくよまれたりけるにぞみなひとそでをばぬらされけるおなじきはつかのひみやこにはほうわうのごせん
みやうによつてたかくらゐんの四のみやかんゐんどのにしてみくらゐにつかせたまふもつとも二のみや三のみやこそみくらゐ
にはつかせたまふべきにはるかの四のみやのみくらゐにつかせたまひけるこそふしぎなれしんじはう
けんなくしてせんそのれいこれはじめとぞうけたまはるごとばゐんのおんことなりてんに二のひなしくににふた
りのわうなしとはまをせどもへいけのあくぎやうによつてこそきやうゐなかにふたりのみかどはたちたまへせつしやうは
もとのせつしやうこのゑどのこれはへいけのおんむこにてわたらせたまひしかどもこんどさいこくへくだらせたまはでとど
まらせたまふによつてなり三のみやのおんめのとなきかなしみこうくわいすれどもかひぞなきていわうみくらゐにつ
かせたまふおんことはぼんぶのとかうまをすにはよらざんなりてんせうだいしんしやうはちまんだいぼさつのおんはからひなり
とぞひとまをしけるかやうのことどもはいまにかぎらずむかしもかかるためしのありけるにやもんとくてんわうはてん
P339
あん二ねん八ぐわつ廿三にちにほうぎよなりぬかかりければみこのみやたちあまたみくらゐにのぞみをかけさせ
たまふおんことあり一のみやこれたかのみこはごちやくていにてましませばてんしのくらゐはわれこそとぞおほせけ
る二のみやこれひとのみこはてんしのくらゐをふませたまはんおんことはあににもよらせたまふべからずまたおととに
もよるべからずてんしのくらゐはわれこそとぞおほせけるかかりければたがひにさまざまのおんいのりどもを
ぞはじめられける一のみやこれたかのみこのおんいのりのしにはこうぼふだいしのおんでしとうじのかきのもとのきのそう
じやうしんせいとぞきこえし二のみやこれひとのみこのおんいのりのしにはぐわいそちうじんこうのごぢそうさんもんのゑりやうくわしやう
ぞうけたまはられけるいづれもおとらぬかうそうたちにてとみにことゆかずもやあらんとぞみえし
しかるにゑりやうははかりごとにうせたりといふひろうをなすしんせいすこしたゆむこころもやありけんゑりやうは
うせたりといふひろうをなしていよいよかんたんをくだきてぞいのられけるさるほどにげつけい二つにひきわかれ
てそもそもいづれのみやをかみくらゐにはつけたてまつるべきとぎぢやうありせんずるところはすまひのせちをとげてしようぶ
にまかせみくらゐさだめあるべきとぎぢやうをはりぬあまりにすまひばかりにてはねんなかるべし十ばんのくらべむまあるべ
しとて十ばんのくらべうまのさふらひけるにもはじめ四ばんをば一のみやかたせたまふのち六ばんをば
二のみやかたせたまひけりすでにすまひのせちにもなりしかば一のみやのおんかたよりはなとらのうひやうゑのかみ
とておよそ六十にんがちからもつたるだいりきをぞいだされける二のみやのおんかたよりはいだすべきすまひ
がなくしてよしをのせうしやうとてまことにせいちひさうたへにしてかたてにもあひぬまじきひとさ
P340
れどもごむさうのおんつけありとてみづからまをしこうてぞいでられけるなとらよしをよりあうてすでにしよう
ぶをとげむとすまづしきだいなればつまどりひしひしとしてはなれぬつぎになとらつつとよりよし
ををとつてひつさげちうにさしあげ二ふり三ふりうちふつてえいやつといひて二ぢやうばかり
ぞなげたりけるされどもよしをたちなほつてたふれずちからあしをふんでつつたちあがるつぎ
のたびよしをまたつつとよりえいえいこゑをあげてなとらをとつてふせむとすなとらもともにこゑ
をあげよしををとつてふせむとすいづれおとれりともみえざりけりされどもなとらはだいのをとこ
のしまのごとくなるがかさにまはるよしをうつてにいりてぞみえたりけるもんぜんいちをなして
これをみる二のみやのごぼぎそめどののきさきのおんかたよりおんいのりのしのかたへおんつかひのたつことは
くしのはのごとしだんかにはしりつづいていかにやゑりやうただいまこそかぎりなれさていかにやいかにや
とおほせければゑりやういまはわがやまのぶつぽふさんわうだいしのおんちからのほかはまたたのみたてまつるかたなしとぞまを
されけるゑりやうさるにてもこはこころうきことかなとてとつこをとりなほしかうべをつきわりな
づきをくだいてちをいだしけしにまぜごまにくべあせをながしこくえんをたててひつともみもま
れたりければだいゐとくみやうわうのめされたりけるゑざうのうしがおつとほえてだんじやうをはしりありきけれ
ばさしもかさにまはりつるなとらはすまひにまけにけりかかりければ二のみやこれひとのみこは
おんとし九さいにしてみくらゐにつかせたまふせいわのみかどこれなりまたはみづのをのていともまをしきそれよりして
P341
さんもんにはいささかのこともあればゑりやうなづきをくだけばじていくらゐにつきたまひそんいちけんをふり
しかばかんしやうれいをとどむともまをしつたへたりさればこれたかのみこはかからんよにはとてもかくて
もありなむとておんとし十一さいにしておんよをいとはせたまひえいざんのにしのふもとをののさとといふところに
うつりぞすませたまひけるをののやまさとおのづからとひくるひともなかりしにゆきひら(イ業平)のちうなごんばか
りこそましろのたかをてにすゑてゆきふみわけてはまゐられけれ
大蛇の沙汰 803
そのころぶんごのくにのこくしはぎやうぶきやう三みよりすけなりだいくわんにはしそくのせうしやうよりつなをぞおかれけるある
ときぎやうぶきやう三ゐせうしやうのもとへししやをたててへいけはしゆくはうつきてしんめいにもはなたれたてまつりきみにも
すてられまゐらせてみやこのほかにいでさいかいのなみのうへにただよふおちうどとなれりしかるを九ごくのものども
がうけとつてもてなすことこそしかるべからねただすみやかに九ごくのうちをおひいだしたてまつるべしこれ
よりすけがげぢにはあらずひとへに一ゐんのおほせにてあるぞとのたまひつかはされたりければあるときせうしやう
たうこくのぢうにんをがたの三らうこれよしをめしてのたまひあはせられけりをがたの三らうゐんぜんとがうして九ごく
二たうをもよほしけるにをがたの三らうにしたがひついてところのせい三まんよきとぞきこえしこのをがたの三らうとまをす
はおそろしきもののすゑなりけりたとへばそのころぶんごのくにのかたやまざとにあるものむすめ一にんもちたり
P342
いまだをつともなかりけるがもとへよなよなかよふものありをんなほどなくくわいにんすははこれをあやしめ
なんぢがもとへよなよなかよふものはいかなるものぞととひければきたるをばみれどもかへるをばしらずと
いふははさらばこれをもつてつないでみよとてしづのをだまきといふものにはりをつけてぞとら
せけるあるときまたきてかへるをみればみづいろ(イにぶ色)のかりぎぬをぞきたりけるかりぎぬのくびかみとおぼ
しきところにはりをさしへてゆくかたをつないでみけるにぶんごとひうがのさかひなるうばがたけとい
ふやまのふもとなるおほきなるいはやのうちへぞつなぎいりたりけるをんないはやのくちにたたずんでききけれ
ばはるかのおくにおそろしげなるこゑをもつてによぶおとしけりをんなわらはこそこれまでまゐりて
さふらへいでさせたまへみたてまつらんといひければわれはこれひとのすがたにあらずわがすがたをみるほどに
てはなんぢがきもたましひもみにそふまじきぞわれはこよひなんぢがもとにてきずをかうぶりいのちすでにをはる
べきなりなんぢがうめらんところのこはなんしたるべしゆみやをとつては九ごく二たうにならぶものもある
まじきぞよくそだてよとぞをしへけるそののちいはやのおくよりもたちを一ふりなげいだすをんなかさねて
このひごろあひなれたてまつりぬるうへはなんのおんはばかりかさふらふべきただいでさせたまへみたてまつらむと
いひければさあらばといひてはひいでたるをみればふしたけ四ぢやうばかりなるだいじやのまなこは
じつげつのごとくにてくちにはしゆをさせるかごとししたはくれなゐのはかまをふるにおなじかりぎぬのく
びかみとおぼしきところはすなはちだいじやののどぶえにてぞさふらひけるさいたるはりをばひきぬきてすてながら
P343
をめきさけんでにげかへるそののちだいじやはほどなくしにけりくだんのだいじやとまをすはぶんごとひうがのさかひにいは
はれたまふうばがたけのだいみやうじんこれなりまたはたかちほのみやうじんともまをしきをんなはほどなくさんしたりなん
しにてぞさふらひけるおひたつままにみちからだいにしてちからひとにすぐれたり九のとしははかた
のをぢだいたいふげんぷくせさせなをばだいたとぞまをしけるなつもふゆものやまをはだしにてはしりあ
りきければてにもあしにもおほきなるあかがりのきれたりければみなひとあかがりだいたとぞ
まをしけるこのをがたの三らうとまをすはそのあかがりだいたには五だいのすゑなりかやうにおそろしきもの
のすゑなりければ九ごく二たうをもただひとりしてうちとらばやなむとまをすほどのおほけなきものにてぞ
さふらひけるさるほどにへいけはだざいふにおはしけるがこのよしをききたまひてこはいかがせんとぞさわ
がれけるこのをがたの三らうとまをすはもとこまつどのにめしつかはれけるところのさぶらひなりいづれにてもきん
だち一にんうちこえよきやうにこしらへてみたまへかしなんどのたまひあはれければひとびとこのぎもつともと
てたいしやうぐんにしん三ゐのちうしやうすけもりさちうしやうきよつねしんせうしやうありもりたんごのじじうただふささぶらひたいしやうにはゑつちう
のぜんじもりとしをさきとしてつがふそのせい五百よきぶんごのくににうちこえやうやうにこしらへのたまひけれ
どもをがたの三らう一せつこれをもちゐたてまつらずあまつさへきんだちをもこれにてうちとめまゐらせたくはさふらへども
それもおもふになにほどのことかわたらせたまふべきただだざいふへかへらせたまひてごいつしよにていか
にもならせたまふべしとてそれよりだざいふへおひかへしたてまつりそののちをがたの三らうしそくののじりの二
P344
らうこれむらをもつてへいけへまをしけるはもつともせんぞのしゆにてわたらせたまへばゆみをはづしかぶとをぬいて
かうにんにまゐりたくはさふらへどもこれもまた一ゐんのおほせにてさふらへばちからおよばずただすみやかに九ごくのうちをおん
いであるべうさふらふとまをしおくりたりければへいだいなごんときただひをくくりのひたたれにくずのはかまをきこれむら
にいであひたいめんしたまひてそれわがぎみはてんそん四十九せいのしやうとうにんわう八十一だいにあひあたらせたまへば
てんせうだいじんしやう八まんぐうもさだめてきみをこそしゆごしまゐらつさせたまふらんにゆきいへよしなからがも
しこのことしおふするほどならばくにをあづけんしやうをとらせむといふをまことぞとこころえてそのはなぶんごが
げぢにのみしたがふことこそおほきにこころえられねとぞのたまひけるこのぎやうぶきやうの三ゐとまをすはよにすぐ
れてはなのおほきにおはしければひとはなぶんごとぞまをしけるこれむらかへつてちちにかくとかたりければ
をがたの三らうおほきにいかりてむかしはむかしいまはいまにくしそのぎならば九ごくのうちをおひいだしたてまつれや
とてたいぜいにてむかふよしきこえしかばへいけさらばまづこれをふせがばやとてたいしやうぐんにはしんちう
なごんとももりさつまのかみただのりのとのかみのりつねさぶらひたいしやうにはゑつちうのぜんじもりとしじらうびやうゑもりつぎかづさの五らうびやうゑ
ただみつゑひのじらうもりかたをさきとしてつがふそのせい三千よきぶんごとちくごのさかひなるたかののほんしやうと
いふところにおしよせてさんざんにせめけれどもむぜいたぜいにかなはねばへいけさんざんにうちちらされまただ
ざいふへこそひきしりぞきたまひけれへいけかさねてうつてをむくべけれどもおもへばこれはわたくしごとげん
じといくさせんとてだざいふへこそかへられけれ
P345
太宰府落 804
さるほどにへいけはちくぜんのくにみかさのこほりだざいふにおはしけるがをがたの三らうこれよし三まんよきにてすでに
よすときこえしかばとるものもとりあへたまはずだざいふをこそおちられけれをりふしかよちやうもまゐら
ねばたまのみこしをうちすててしゆじやうはえうよにめされけりこくもをはじめたてまつつて二ゐどのいげのやご
となきにようばうたちははかまのそばをとりおほいどのいげのけいしやううんかくはさしぬきのそばたかくとつてわ
れさきにわれさきにとみづきのとをすぎてはこざきのつへこそおちられけれをりふしくだるあめしやぢくのごとし
ふくかぜいさごをあぐとかやおつるなみだふるあめわきていづれもみえざりけりかのげんじやう三ざうのりうさそう
れいのけんなんをしのがれけむくるしみもこれにはすぎじとぞみえしされどもそれはぐほふのためなれば
らいせのたのみもありこれはをんできのゆゑなればごせのくるしみかつおもふこそかなしけれしんら
はくさいかうらいけいたんまでもわたりなばやとはおもはれけれどもなみかぜむかうてかなはねばひやうとうじひでとほ
にぐせられてやまかのしろにぞこもられけるやまがへもまたてきよすときこえしかばいそぎあまをぶねに
とりのつてよもすがらぶぜんのくにやなぎのうらへぞわたられけるさるほどに九ぐわつも十かあまりになりにけり
をぎのはむけのゆふあらしひとりまろねのとこのうへかたしくそでもしをれつつふけゆくあきのあはれさはい
づくもとはいひながらたびのそらこそしのびがたけれ十三やはことになをえたるつきなれどもそのよ
P346
はみやこをおもひいづるなみだにやわれからくもりてさやかならずかかりけるなかなれどもかいへんのりよはくめづらし
くやおもはれけむなかにもさつまのかみただのり
つきをみしこぞのこよひのとものみやみやこにわれをおもひいづらむ
しゆりのだいぶつねもり
こひしとよこぞのこよひのよもすがらちぎりしひとのおもひいでられて
さまのかみゆきもり
きみすめばこれもくもゐのつきなれどなほこひしきはみやこなりけり
それよりうさへぎやうかうなるしやとうはしゆじやうのくわうきよとなりくわいらうはげつけいうんかくのきよしよとなるていしやうに
は五ゐ六ゐのくわんじんおほとりゐには四こくちんぜいのつはものどもかつちうをよろひきうぜんをたいしてなみゐたり
ふりにしあけのたまがきをふたたびかざるとぞみえし七かさんろうのあかつきがたおほいどののおんために
ごむさうあつてごはうでんのみとおしひらきうちよりゆゆしうけだかきみこゑにて一しゆのうたをぞあ
そばされける
よのなかのうさにはかみもなきものをなにいのるらんこころつくしに(イ心つくしに何いのるらん)
おほいどのうちおどろきむねさわぎこはいかなるべしともおぼえさせたまはずこかなりけれどもかかるをり
ふしをおもひいでたまひて
P347
さりともとおもふこころもむしのねもよわりはてぬるあきのくれかな
やなぎのうらにだいりつくらるべしなんどきこえしかどもぶんげんなければかなはずまたふねにとりのつてうみに
ぞうかびたまひけるなかにもこまつどのの三なんさちうじやうきよつねはみやこをいづるとてさいあいのきたのかたをとどめおき
ていでられけるがせめてのなごりにびんのかみを一むらきつてとどめおきてぞいでられけるあるときかぜの
たよりのおとづれにきたのかたよりおんふみありひらいてみたまへばふみのおくにびんのかみをひとむらまき
ぐして一しゆのうたをぞかかれたる
みるたびにこころつくしのかみなればうさにぞかへすもとのやしろへ
ちうじやうかやうのことどもをおもひたまひふねのやかたにたちいでつきのよこころをすましうたよみらうえいして
あそばれけるがちうじやうはわかけれどもよろづなにごとをもおもひいりたまへるひとにてみやこをばげんじの
ためにおとされぬちんぜいをばこれよしがためにせめいだされてあみにかかれるうをのごとしいづくへゆかば
のがるべきかつひにまたながらへはつべきみならずとてしづかにきやうよみねんぶつしたまひとし二十一とまをす
にはうみにぞしづみたまひけるなんによのきんだちさしつどひかなしみたまへどかひぞなき
あひ 805
そのころながとはしんちうなごんのくになりけるがだいくわんはきのぎやうぶのたいふみちすけとぞきこえしへいけこぶねに
P348
のりたまふよしをききてあきすはうながと三ケごくにまさつみけるふね五百よさうをてんりやうしてへいけへたてまつるへい
けこれにとりのつてさぬきの八しまへぞわたられけるあはのみんぶしげよしがさたとして四こくのうちをもよほし
さぬきの八しまにかたのごとくのいたやのごしよやだいりをぞつくられけるあやしのしづがやをくわうきよと
すべきにあらざればふねをごしよとぞさだめけるおほいどのいげのけいしやううんかくのあまのとまやにひをくらし
しづがふせやによをあかすりようどうげきしゆをかいちうにうかべなみのうへのくわうきよはしづかなるときなしつきをひた
すうしほのふかきうれへにしづみしもをおほへるあしのはのもろきいのちをあやぶめりすさきにさわぐ千どりのこ
ゑあかつきうらみをのこしそばゐにかかるかぢのおとよはにこころをいたましむはくろのゑんしようにむれゐるをみ
てはげんじはたをあぐるかとうたがはれさうかいのやがんのなくをききてはかたきふねをこぐかとおどろかるせい
らんはだへをひたしすゐたいこうがんのいろやうやうおとろへさうはまなこをうがちてぐわいとばうきやうのなみだおさへがたしすゐちやう
こうけいにことなるはにふのこやのあしすだれくんろのけぶりにかはれるあしびたくやのいやしきにつけてもによう
ばうたちのつきせぬおんものおもひにくれなゐのおんなみだせきあへさせたまはねばみどんのまゆずみもみだれつつ
そのひとともみえたまはず
征夷将軍の院宣 806
そのころかまくらのひやうゑのすけよりともせいいたいしやうぐんのゐんぜんをたまはるおんつかひはちやうくわんさししやうなかはらのやすさだとぞきこえし
P349
じゆえい二ねん十ぐわつ四かにくわんとうにげちやくすひやうゑのすけのたまひけるはよりともぶようのめいよちやうぜるによつて
ゐながらせいいしやうぐんのゐんぜんをたまはるさればわたくしにてはいかでかたまはるべき八まんだいぼさつのごはうぜんに
してうけとりたてまつるべしとのたまへばやすさだわかみやへむかふわかみやはつるがをかにたたせたまふほんしやにすこ
しもたがはせたまはずしゆくゐんありくわいらうありつくりみち十よちやうみくだせりおんつかひのやすさだはいへのこ五
にんらうどう十にんめしぐしたりそもそもこんどのゐんぜんをばたれしてかうけとりたてまつるべき三うらのすけよしずみしてうけ
とりたてまつるべしそのゆゑはかれがちちよしあきがくわうせんのめいあんをてらさんがためとぞおぼえたるうけとりてのよし
ずみはいへのこ二にんらうどう十にんめしぐしたりいへのこ二にんは一にんはわだの三らうむねざね一にんはひきのとう
四らうよしかずとぞきこえしらうどう十にんをばだいみやう十にんしてにはかに一にんづついだしたてられたりつがふ十
二にんはひたかぶとなりよしずみはくまかぶとをばちやくすかちのひたたれにくろいとをどしのよろひをき三じやく五すんのいかものづく
りのたちをはき廿四さいたるおほなかぐろのやおひぬりごめどうのゆみわきにはさみつつおきみちより
あゆみいでおんつかひのまへにかしこまるやすさだおんつかひはたそととはれければひやうゑのすけのじにはばかつてや
ありけん三うらのすけとはなのらでほんみやう三うらのあらじらうたひらのよしずみとなのりまをすやがてゐんぜんぶくろらん
ばこにいれていだされたりらんばこをばやがてかへされけりやすさだこれをみたまへばまづしやきん百りやういれられ
たりそののちひやうゑのすけてうづうがひしてかのゐんぜんをぞひらかれけるそのじやうにいはく
五きないとうかいとうさんほくろくせんやうせんおんなんかいさいかいいじやうしよこくはやくよりとものあそんをもつてせいいしやうぐん
P350
たらしむべきことみぎさだいじんせんほうちよくはやくみなもとのあそんをもつてしよこくをせいちしせんによつてこれを
おこなへてへりゐんぜんかくのごとしよつてしつたつくだんのごとし
じゆえい弐ねん九ぐわつのひ[*原本「の」]
さだいしをつきのしゆくねうちうべんふぢはらあそんとぞあそばされたるそののちくわいらうにはかうらいべりのたたみをしきてやすさだに
さけをすすめらるたかつきにさかなおかれたりさいゐんのすけちかよしうけたまはつてこれをけんばいす五ゐ一にんやくそうをつとむく
どうさゑもんすけつねうけたまはつてむま十ぴきひかせらる三びきにくらおかれたりそのひはやすさだをばひやうゑのすけのやかた
へはいれられずふかきかややをしつらうておかれたりまことにはいはんゆたかにしてびれいなるあつ
わたのきぬ二りやうこそで十かさねながもちにいれてまうけたりびけん百ぴきつぎのきぬ三百ぴきあゐずりこん五百たんしろぬの千
だんをつませらるつぎのひやすさだひやうゑのすけのやかたへまかりむかふうちとにさぶらひありともに十六けんなり
うちさぶらひにはげんじしやうざしてばつざにはかまくらうちのしよだいみやうなみゐたりそとさぶらひにはげんじのつはものども
かたをならべひざをくみてなみゐたりめづらしかりしみものなりそののちひろびさしにはむらさきべりのたたみをしきてやすさだに
しやうざせさせらるみすをはんにまかれたりひやうゑのすけはほいにたてゑぼしくずはかまにていでられたり
ひやうゑのすけはせいちひさくようばういうびにしてげんぎよふんみやうなりそののちひやうゑのすけのたまひけるはそもそもへいけ
よりともがめいにおそれてみやこをおちぬるそのあとへゆきいへよしなからがわがかうみやうがうにうちいつてくにをきらひまをしくわんをのぞみまをす
でうあまりにきくわいにさふらふそのときのききがきたうらいすよりともおほきにこころえずまた十らうくらんどどのへきそのくわんじやとかいてさふら
P351
ひしときもへんじをばしてこそさふらひしかまたおくのひでひらがむつのこくしゆになりさたけのくわんじやまさよしがひ
たちのかみになつてさふらふとてよりともがげぢにもしたがふまじきよしをまをしさふらふあはれこのついでにゐんぜんをたまはつてこ
れらをもつゐたうしたうこそさふらへとのたまへばやすさだこれもやがてみやうぶをもまゐらせたくはさふらへど
もわたくしにてはいかにもかなひさふらふまじおととにてさふらふしのたいふしげやすもこのよしまをせとこそさふらひつれ
いかさまにもこんどはまづまかりのぼるべきよしをまをされたりければひやうゑのすけおほきにあざわらひていかで
かよりともなんどがみとしておのおののみやうぶをばたまはるべきさるにてもけふはまづとうりうあれとてそのひは
とどめらるつぎのひやすさだひやうゑのすけのやかたへいとままをしにまかりむかふむま三びきひかせらる一ぴきにくらおかれたりよろひ
三りやうはらまき一りやうこがねづくりのたち一ふり九さいたるのや一こしぬりごめどうのゆみ一ちやうやすさだにこれをたぶそのほか
いへのこらうどうどもにいたるまでおほくちひたたれくつむかばきにおよびけりやすさだかまくらいでのひよりしてあふみの
かがみにつくまでしゆくじゆくに十こくのこめをまうけさせられたりければあまりにたくさんなるままにみちすがらせぎやうひき
てぞのぼられけるやすさだみやこにのぼりゐんのごしよにまゐつてこのよしをそうしまをしたりければほうわうをはじめたてまつ
つてくぎやうでんじやうびとやつぼねのにようばうたちにいたるまでみなゑみをふくみてぞおはしける
猫間(あひ) 807
さるほどにきそはみやこのしゆごにてありながらぜんぶんのあらゑびすにてぞさふらひけるそのころねこまのちう
P352
なごんみつたかのきやうとまをすひときそにいささかのたまひあはすべきことありておはしたりければひとまゐつてねこまのちうな
ごんどのとまをすひといささかごげんざんのためにいらせたまひてさふらふとまをしたりければきそどこなるやとのねこの
ひとにげんざうするやうやあるとのたまへばいいやこれはねこまのちうなごんどのとまをしてくげにておんわた
りさふらふいかさまにもねこまどのとはごしゆくしよのなとおぼえさふらふとまをしけれどもきそなほねこまどのとはえ
いはてねこどののたまたまわいたにいひよそはせよとのたまへばちうなごんいかでかさることのあるべき
とていそぎいでむとしたまひけるをきそどこなるやとのねこどののたまたまわいたにいひよそはせ
ではいかがあるべきしかもけどきなりなましきものをばなにをもみなむえんといふぞと
こころえてをりふしむえんのひらたけもつたりとうとうとてぞいそがせけるややあつてばうりふしたる
いひをうづだかによそひなしあはせ三くさしてねゐのこやたはいぜんしきそがまへにもおなじてい
にぞすゑたりけるきそはしおつとりそれめせねこどのちうなごんくはでもあしかりなむとおもは
れければひきいれのはたにくちをよせむがいぶせさになかをえりめすきそそのがふしき
たなしとおもひたまふなよしなかがしやうじんがふしにてさうものをかいたまへやねこどのかいたまへやねこどの
とてわがみはさしわりつきわりのこりすくなにせめなすちうなごんすこしくうてさしおき
たまへばきそあつぱれきこゆるねこおろしをこそしたまひたれとぞわらひけるちうなごんはきそに
いささかのたまひあはすべきことあつておはしたりけれどもきそがふるまひあまりにばうじやくぶじんなりければなに
P353
ごとのさたにもおよばずしてぞいでられけるそののちきそはゐんざんまをさんとしたまひけるがくわんなり
かかいしたるもののひたたれにてしゆつしすべきやうなしとてはじめていくわんとりつくろふややあつて
きそはくるまにこがみのつてぞいでられけるきそどののおんくるまつかまつるものはひごろ八しまのおほいどのの
めしつかはれしいや二らうまろとぞきこえしきそにせめしたがへられてめしつかはれけることをやす
からずおもひければもんをいづるとてうしにひつとずはえあてたらむになじかはよかるべき
うしはとんでいできそはいつかくるまにのりならふべきなればまのけにたふれてふのはねをひ
ろげたるがごとくにてやれうしこんでいめようしこんでいめよとのたまへどもみみにもききいれず五六ちやうがほどぞ
あがらせたるうしかひここにてきそとなかなほりせむとやおもひけむくるまをとどめそれにさふらふ
てがたとまをすものにとりつかせたまへとまをしたりければきそむんずととりつきかつはとおきなほり
あつぱれしたくやこれは八しまのおほいどののおんはからひかまたはうしこんでいめがしわざかとぞ
のたまひけるかかりけるところにいまゐの四らうかねひらいそぎむちあぶみあはせてはせきたりいかでかやうにおん
くるまをばつかまつるぞといひければあまりにうしのはなのこはうさふらふとぞのべたりけるそののちきそゐんざんまをし
てくるまよりおりむとしたまひけるにざふしきはきやうのものなりければおんくるまにはめされさふらふおんときこそ
あとよりはめされさふらへおりさせたまふおんときにはまへあがりおりさせたまふおんことにてさふらふとまをしたりければき
そどこなるやとのくるまなればとてすどほりすべきやうなしとてなほはつてあとよりこそ
P354
おりられけれきそはみめよきをとこのいろのしろきがよろひとつてうちきせかぶとのををしめむまにうちの
つていでたるにはにずわるかりけりかむりのつけぎはさしぬきのけまはしにいたるまでよろづかたく
ななることおほかりけれどもおそれてひとこれをまをさず
水島合戦 808
きそはそのころさいごくへうつてをぞむけられけるうつてのたいしやうぐんにはあしかがのやだのはんぐわんよしきよふくしやう
ぐんにはうんののいやへい四らうゆきちかをさきとしてつがふそのせい五千よきおなじき十ぐわつ十五にちにみやこをたつてはり
まのくににはせくだりむろやまにぢんをぞとつたりけるへいけのかたにもこのよしをききてさらばまづこれをふせげ
やとてたいしやうぐんにはさひやうゑのかみとももりふくしやうぐんにはのとのかみのりつねさぶらひたいしやうにはゑつちうのぜんじもりとしじらう
ひやうゑもりつぎかづさの五らうひやうゑただみつゑひのじらうもりかたをさきとしてつがふそのせい一まんよき千よさうのふねに
とりのりびつちうのくににおしわたりみづしまがとにぢんをとるおなじき廿九日にげんじもまたびつちうのくににはせくだり
みづしまがたにぢんをとるあくればうるふ十ぐわつついたちのまんだくらきにみづしまがとよりこぶね一さういできたり
あまぶねつりぶねやらんとみるところにへいけのかたよりのしめしのつかひのふねなりけりげんじもくがもほし
あげおいたりけるふねどもをおめきさけんでおしおろすさるほどにへいけのかたのたいしやうぐんさひやう
ゑのかみとももりふねのへにすすみいでだいおんじやうをあげてこの二三ケねんがあひだとうごくほくこくのやつばらにいきなぶりに
P355
せられつることをばこころうしとはおもはずやみかたのふねをくめやとて千よさうのふねのともへをならべ
てくみあはせなかにもやひのつなをいれあよみのいたをひきならべひきならべわたしたりければふねのうへは
へいへいたりげんじのつはものどもはへいけのふねにのりうつりのりうつりてぞたたかひけるうんののいやへい四らうゆきちか
もへいけのふねにのりうつてたたかひけるがいかがはしたりけんたいぜいのなかにとりこめられさんざんに
たたかひてうたれにけりげんじのたいしやうぐんあしかがのやだのはんぐわんだいよしきよはこのよしをみたまひておほきにはら
をたてしうじう七八にんこぶねにとりのりへいけのふねのあたりをおしまはさせさしつめひきつめさ
んざんにいたまひけるがいかがはせられたりけむふねくるりとふみかへしてひと一にんもたす
からずげんじのかたにはたいしやうぐんふくしやうぐんもうたれにければかなはじとやおもひけむまたみづしまがた
にひきしりぞくへいけのかたにはこのよしをみたまひてふねどものりかたぶけのりかたぶけうまどもうみへおひ
おろしおひおろしふなばたにひきつけひきつけおよがせてくらづめひたるほどにもなりしかばひたひたとうちのつ
てくがへをめいてかけあがりおちゆくものどもをここにおひつめかしこにかけつめてうちとりけりげん
じのかたにはふせぎたたかふといへどもむぜいたぜいにかなはねばさんざんにうちちらされのこりすくなに
なりにけりへいけはみづしまがとのいくさにうちかつてぞくわいけいのはぢをばすすぎける
妹尾が最後 809
P356
きそどのこのよしをききたまひておほきにはらをたてこんどはよしなかむかふべしとて三千よきにてぞうちたたれ
けるなかにもへいけのさぶらひにびつちうのくにのぢうにんせのをのたらうかねやすをばさんぬるなつほつこくとなみやまにて
いけどりにせられたりけるをきそいかがはおもはれけむさうなうきらでかがのくにのぢうにんくらみつ
の三らうなりずみにあづけおかれたりけるがあるときせのをくらみつにあうてまことやとのはさいこくげかうとやら
んうけたまはるさらむにとつてはびつちうのせのをはねんらいかねやすがちぎやうのところにてさうがうまのくさかひ
くきやうのところにてさうぞごへんまをしてあづかりたまへかしといひければくらみつきそどのにこのよしをまをすき
そどのさらばごへんさきにくだつてうまのぬかをもよういせよかしとのたまへばくらみつせのををあんないしやとし
てびつちうのせのをへこそくだりけれそしけいがここくにとらはれりせうけいがかんてうへかへらざりしが
ごとくとほくいこくにつけることをばむかしのひとのかなしめりしがごとしといへりおしかはのたまきかも
のばくもつてふううをふせぎなまぐさきししらくのつくりみづもつてきかつにあつしかるによはいぬることなくひるはき
をこりくさをからぬといふばかりにしたがひつきいかにもしてみをまつたうしいま一どへいけへまゐら
んとおもひけるかねやすがこころのうちこそおそろしけれさるほどにせのをがちやくしこたらうむねやすはびつ
ちうのせのをにゐたりけるがちちがくだるよしをききて十四五きにてむかへにのぼるほどにはりまのこふにて
ゆきあひそれよりうちつれくだるほどにびぜんのくにみついしのしゆくにつきたりけるよこたらうむねやすざふかれひかまへ
くらみつにさけをぞしひたりけるくらみつさけにゑひてぜんごもしらずふしたりけるところにせのをおやこし
P357
てさしころしてんげりこれをはじめとしてたたかふものをばうちとりおちゆくものをばたすけけりそのころびぜんは十
らうくらんどのくになりけるがだいくわんのこふのへんにさふらひけるをもうちすぐるとてようちにしてこそと
ほりけれそののちせのをびぜんびつちうりやうごくをふれけるはかねやすこそふしぎのいのちたすかつてこれまで
くだりたれへいけにこころざしおもひあはれんずるひとびとはかねやすをたいしやうとしてきそどののくだるに一やい
よとぞふれたりけるそのころびぜんびつちうりやうごくのものどもはいへのこらうどう三にんもつたるもの二にんをばへいけ
へまゐらせ五にんもつたるものは三にんをばへいけへまゐらせたりければをりふしひとももののぐもなかりけり
たまたまのこるものどもはぬののこそでにあづまおりかきのひたたれにつめひもしくさりはらまきつづりきてあるひはたかえびらに
すがりまた五つ六つあるひはやまうつぼにたけのねのそや十四五かしらだかにおふままにつがふ
そのせい二千よにんびぜんのくにふくりんじなはてささのせまりをほりきつてじやうくわくかまへてたてこもるさるほどに十
らうくらんどのだいくわんのいへのことくらみつがうちもらされのらうどうときそどのにこのよしまをさんとてそれより
うちつれのぼるほどにはりまとつのくにのさかひなるふなさかといふところにてきそどのにまゐりあひこのよしまをしたり
ければいまゐの四らうかねひらがまをしけるはささふらへばこそきやつがつらたましひまなこざしけのやつに
てさふらひつるものをいそぎきらせたまへとまをしさふらひつるはここさふらふかしきそよしよししやつがことなら
ばなにほどのことかあるべきごへんむかうてうてかしとのたまへばいまゐの四らううけたまはつて五百よきに
てはせくだりびぜんのくにふくりんじなはてささのせまりにおしよせたりかのささのせまりとまをすは三ばうはぬま一ぱうはほりなり
P358
けりいまゐほりのかたよりおしよせてときをどつとぞつくりけるくち一のところなりければいまゐが
せい五百きまとになつてぞいられけるいまゐかなはじとやおもひけむそばなるぬまへぞうちいりた
るうまのくさわきむながいつくしにたちけれどもいまゐそをことともせずすぢかひさまにむらめか
してぞよせたりけるじやうのうちにもたかやぐらよりさしつめひきつめさんざんにいけるがその
のちやだねつきければうちもののさやをはづしきどをひらいてきつていでさんざんにたたかひけるがせのを
がせい二千よにんとはみえしかどもおちぬうたれぬせしほどにささのせまりもやぶれにけりせのを百き
ばかりにうちなされいたくらがはをうちわたしむかうのきしにぢんをとるいまゐつづいていたくらがはをもわたしけれ
ばせのをしうじう三にんにうちなされみどろやま(イみとの山)へぞにげいりけるさるほどにせのをがちやくしこたらう
むねやすはしやうねん二十三になりけるがふとりせめたるだいのをとこうまにはなれては一ちやうともはたらきえずらう
どうがまをしけるはただこたらうどのとごいつしよにていかにもならせたまへといひけれどもせのをかれを
うちすて十よちやうぞにげのびたるせのをらうどうにむかつていひけるはひごろかねやすがてきのなかにかけいつていくさを
するには四はうはれておぼゆるがいつしかけふはこたらうをすててゆけばにやらん四はうくらくな
つておぼゆるぞここをおちのびへいけへまゐらんことはやすけれどもさいこくのどうれいどもがあの
としにてこをすてたりなんどいはれむことこそくちをしけれただこたらうと一しよにてうちじにせばや
とおもふぞいかがあるべきといひければらうどうささふらへばこそこたらうどのとごいつしよにていかにも
P359
ならせたまへとまをしつるはここさふらふぞかしかへさせたまへとまをしければせのをさらばとてとつてかへして
みけるにあんのごとくこたらうむねやすはあしかばかにはれてぞいねゐたりけるこたらうがまをしけるは
たとへむねやすこそぶきりやうのものにてこれにてうちじにつかまつりさふらふともなどやひとまどなりとものびさせたまひ
さふらはぬやらんとまをしたりければせのをなんぢと一しよにてうちじにせんとおもふなりとてよろひむしやが三にん
たがひにいきつぎてゐたりけるところへいまゐ五百よきにておしよせたりあはやてきはここにあるはとてたい
ぜいのまんなかにとりこめてわれうちとらむとぞすすみけるせのをもかれこれしうじう三にんうちもののきつさき
をならべてさんざんにたたかひけるがこたらうむねやすいたでおうてみえければせのをひとでにかけじとや
おもひけむくびふつとうちおとしてすててけりそののちせのをもとし五十八となのつててき八ききつておとし
わがみもうちじにしてんげりらうどうもさんざんにたたかひぶんどりあまたして一しよにうちじにしてんげ
りそののちかれら三にんがくびをとつてきそどのにみせたてまつるあつぱれがうのもののてほんかな一にんたう
千ともこれらをこそいふべけれあつたらものいましばしいけてみてとぞをしまれけるそののちかれら三
にんがくびをばたうごくさぎがもりにぞかけさせけるせのをおやこうたれてぞりやうごくのいくさはやぶれにける
室山合戦(あひ) 810
そののちきそはたうごくまじゆのしやうにてせいぞろへしへいけとかせんあるべしときこえしがまたみやこのるすにおか
P360
れたりけるひぐちのじらうかねみつはやうまをたててきそどのにまをしけるは十らうくらんどどのこそゐんのきりびとして
さまざまのござんげんのさふらふなるいそぎのぼらせたまへとまをしたりければきそまづさしあたつたるいくさをば
せさせずそれよりとつてかへしてぞのぼられけるきそはつのくにをへてしやうらくす十らうくらんどこの
よしをききたまひててぜい一千よきをひきぐしてたんばのくにをへてはりまのこふへぞくだられけるさるほどに
へいけは三まんよきにてはりまのくにまでせめのぼりむろやまにぢんをぞとつたりける十らうくらんどこのよしをききたまひ
てここにてへいけと一いくさしきそとなかなほりせんとやおもはれけむ十らうくらんどむろやまにおしよ
せてときをどつとぞつくりけるへいけのかたにはこれをみてうんかのごとくにみだれいで十らうくらんど
一せんよきにて三まんぎがなかにかけいりにしよりひがしへ一わたりきたよりみなみへ一わたりとつてはかへ
しわつてはとほりさんざんにたたかひ一ぱううちやぶつていでたれば一千よきとはみえしかどもおち
ぬうたれぬせしほどに二百よきにぞなりにける十らうくらんどみやこをばきそにおそれはりまはへいけ
にはばかりたかさごのうらよりふねにとりのりいづみのくににおしわたりかはちのくににうちこえながののじやうにた
てこもるへいけはびつちうのみづしまはりまのむろやま二ケどのいくさにうちかつていよいよせいこそつきにけれ
法住寺合戦 811
さるほどにきそはみやこのしゆごにてありながらひたすらのあらえびすにてぞさふらひ(脱字アルカ)かもはちまん
P361
のしやりやうをいはずあをたをかつてまぐさにしだうたふをやぶりたくそのころきやうちうにいくらもあるくらを
やぶりざいはうをはこびとるつじつじにしらはたうつたてうつたてろじにもてやうけんもんせいかのしやうぜいくわん
ものをいはずうばひとるおのづからさしあたつたるしよくじをもせさせずそのひをむなしうせ
させけりへいけのときはろくはらとまをしておそろしきことばかりなりかやうのことはなかりしにいつ
しかげんじへいけにかへおとりしたりとぞひとまをしけるそのころいきのかみともたかがこにいきのはんぐわんともやす
は十のうのもののきこえありしがなかにもすぐれたるつづみのしやうずなりければひとつづみはんぐわんとぞまをしける
あるときほうわうともやすをめしてなんぢきそがもとにゆきてらうぜきしづめよといへとおほせければともやすかしこまつ
てうけたまはりきそがもとにゆきむかひちよくぢやうのおもむきいひふくめけるにきそまづごへんじをばまをさずやとのわ
どのをたうじみなひとのつづみはんぐわんといふはよろづのひとにうたれたうかはられたうかまたなりたまふかと
いひければともやすはききはらあしきをのこにていそぎゐんのごしよにかへりまゐつてきそはむほん
のこころざしさふらふなるものをいそぎつゐたうせさせたまはでとまをしたりければほうわうさらばしかるべきくぎやうでん
じやうびとにもおほせあはせられずしてやまのざすてらのちやうりにおほせてさんもんなんとのあくそうどもをぞめされける
あふみげんじやまもとのくわんじやよしたかしなのげんじむらかみのじらうはんぐわんだいもとくにはごしよがたにぞさふらひけるそのほか
ゆみとつてよからんずるものはみなはせまゐるべしとふれられたりければあるひはむかひつぶていんぢつじくわん
じやばらもしはこつじきほうしにいたるまでみなごしよがたへぞまゐりけるほふぢうじどのにまゐりこもるせい一
P362
万よにんとしるしまをすほうぢうじどののかさじるしにはまつのはをぞしたりけるさるほどにいまゐの四らう
かねひらきそどのにまをしけるはこはまつだいとまをすともいかでかじふぜんのきみにむかひたてまつつてゆみをひきやを
ばはなさせたまふべきただゆみをはづしかぶとをぬいでかうじんにまゐらせたまひさふらへとまをしたりければ
きそどこなるやとのたとへじふぜんのきみにてもわたらせたまへいかでかよしなかがゆみをはづしかぶとをぬいて
かうじんにはまゐるべきみやこのしゆごにてあらんずるほどのもののこま一ぴきのらざるべきかそれにい
くらもあるあをたをかつてまぐさにせむはなじかはくるしかるべき四はうのせきぜきふさがつてわたくし
のねんぐものぼらねばわかたうどもがかひなきいのちたすけんとてきやうちうにいくらもあるくらをやぶり
ひやうらうどりさせんはなじかはくるしかるべきそのほかにようゐんみやみやのわたらせたまふごしよちうへも
まゐらばこそよしなかがらうぜきにてもあらんずれそのうへこのほうわうはさるほつかなきひとにておは
するものをさうなうまゐつてくびうつきられまをしてのせんのなさよよしなかがこぞしなのをいでしより
このかただいせうのいくさかせんにあふこと廿よどされども一どもふかくをせずこんどぞよしなかがさいごのか
せんなるべしよしなかがいくさのきちれいには七てにわかつものなればとてまづいまゐの四らうかねひらに五百
よきをさしそへてれんげわうゐんいまくまのへからめてにこそむけられけれのこり六てもおのおのいたらんずる
ところよりうちいでうちいで一てになれやものどもとてころは十一ぐわつ十九にちのみのこくばかりにきそがせい三
千よき七でうがはらにうちたつてほふぢうじどのへぞさしよせたるさるほどにほふぢうじどのにはつづみはんぐわんとも
P363
やすいくさのぶぎやううけたまはつてさふらひけるがかちのひたたれによろひをばきずかぶとばかりうちきてかぶとの四はうに
は四てんをかいてぞおしたりけるかほにはあかくにをぬりかたてにはこんがうりやうをもちゆくて
にはつるぎをぬきもつてうちふりうちふりまふときもありまたうたひのたまはするときもありくぎやうでんじやうびとふぜい
なしいかさまにもともやすにはてんぐいりかはりたりとぞわらはれけるそののちともやすごしよのひがしの
ついがきにのぼりだいおんじやうをあげてこはまつだいとまをすともいかでかじふぜんのきみにむかひたてまつつてゆみを
ひきやをばはなつべきはなたむずるやはかへつてみにたちぬかんずるつるぎにてはかへつてみをきる
べしとよばはつたりければきそあはやまたれいのつづみめがなりまはるとおぼゆるぞにくしその
ぎならばうちやぶつてくれよやとてごしよのそうもんにおしよせてひをぞかけたりけるともやすは
いくさのぶぎやううけたまはつてさふらひけるがいくさをばせずこのよしをみてついぢよりとびおりてみなみをさしてぞ
にげたりけるそのほかのものどもはあるひはむかひつぶていんぢつじくわんじやばらもしはこつじきほうしなりければ一たま
りもたまらずわれさきにとぞにげたりけるおくれはしるものははやうはしるものにふみたをされ
あとにはしるものにふみころされみかたのたちなぎなたにつらぬかつてしぬるものおほかりけりをか
しかりしことどもなりさるほどにほうわうはけぶりにむせびてわたらせたまひけるがみこしにめされて七でう
をにしへごかうなるつはものどもやをいかけたてまつるくぎやうでんじやうびとらうぜきなり一ゐんのごかうぞとおほせけれ
ばつはものどもみなゆみをひらめてかしこまるこのぢんをばたがかためたるぞとおほせければねゐのこやたさふらふ
P364
とまをすさらばうけとりたてまつつていづかたへなりともごかうなしたてまつれかしとおほせければきそどのにこのよしをまをす
きそどのかしこまつてうけたまはりほふわうをうけとりたてまつつて五でうだいりへごかうなしたてまつるさるほどにしゆじやうはおんふねに
めしていけのみぎはにうかばせおはしましたりけるをつはものどもやをいかけたてまつるくぎやうでんじやうびと
らうぜきなりござふねぞとおほせければつはものどもゆみをひらめてかしこまるさらばうけとりたてまつつていづかたへなりとも
ぎやうかうなしたてまつれかしとおほせければきそかしこまつてうけたまはりしゆじやうをうけとりたてまつつてかんゐんどのへぎやうかうなしたてまつる
さるほどにやまのざすめいうんだいそうじやうもほうぢうじどのにわたらせたまひけるがおんむまにめして七でうをにしへおち
させたまひけるところをひぐちのじらうかねみつよつぴいていころしたてまつりてんげりてらのちやうり八でうのみや
もおなじうおんうまにめして七でうをにしへおちさせたまひけるところをいまゐの四らうかねひらよつぴいていころ
したてまつるもんどのかみさだなりがこせいだいげきちかなりはとくさのかりきぬのしたにもえぎのはらまきをきかげなるうま
にのり七でうをにしへおちけるところをねゐのこやたよつぴていころしてんげりみやうぎやうだうのはかせの
いころされぬるこそあさましけれまたみやうぎやうだうのはかせのかつちうをよろふこともこれはじめとぞうけたまはるなかにも
げんくらんどなかかねおととかはちのかみなかのぶはかはらざかにうつていでさんざんにたたかはれけるところにげんくらんどのらうどうにくさ
ししのかがばうといふものありげんくらんどにまをしけるはあまりのえせうまにのつてさふらへばはかばかし
ういくさもせられさふらはずあはれおんうまにのりかへさふらはばやとまをしたりければげんくらんどのうまをたぶしうの
うまにのりかへたいぜいのなかにわつていりさんざんにたたかうてうたれにけりげんくらんどなかかねおととかはちの
P365
かみなかのぶはいまはごかうぎやうかうもよそへなりぬたれをかばひていくさをもすべきとて一ぱううちやぶつてみなみをさ
してぞおちられけるしなのげんじむらかみのじらうはんぐわんだいもとくにはてぜい参百よきかはらざかにうつていでさん
ざんにたたかひ一ぱううちやぶつてみなみをさしてぞおちゆきけるあふみげんじやまもとのくわんじやよしたかもてぜい五百よきか
はらざかにうつていでさんざんにたたかひひとあまたうたせければかなはじとやおもひけむこれも
みなみをさしてぞおちゆきけるなかにもせつしやうどのはかからんよにはみやこのおんすまひもなにかはせさせたま
ふべきとてみこしにめされうぢどのをさしていらせたまひけるがむしや二きこばたのたうげにてまゐり
あふこはいかなるものとおほせければげんくらんどなかかねおととかはちのかみなかのぶさふらふとまをすさらばおんともにひと一にん
もなきにおんともにさふらへかしとおほせければかしこまつてうけたまはりうぢどのまでおくりたてまつつてそれよりしよりやう
なりければかはちのくにつぼゐをさしてぞくだられけれるそのころのぶんごのくにのこくしぎやうぶきやう三みよりすけは
かはらざかにいくさのけんぶつしておはしけるがまつはだかにはぎなされにしむきにたつてぞおはしける
ころはしもつき十九にちのみのこくばかりのことなりければかはらかぜのはげしさまをすばかりもなかりけりここ
にひごろぎやうぶきやう三みをよくみしりたてまつりけるさぶらひほうしの一にんさふらひけるがこそで二つにころもをぞきた
りけるさらばしたなるこそでをぬいてもきせたてまつらずうへなるころもをぬいでうちきせたてまつる
ぎやうぶきやう三みはたけのたかきをとこのいろのしろきがうつぼごろもうちきてびやくえなるほうしをさきにたて
みなみをさしておはしけるがさらばいそいでもおはせずここはどこぞかしこはたがしゆくしよ
P366
ぞなんどとはれけるこそをかしけれこれをはじめとしてつぼねのにようばうめのわらはかしこここにて
はぎとられをめきさけぶことなのめならずここにげんくらんどのいへのこにしなののじらうよりつなとまをすものあり
かはらざかにうつていでてみけるにしうのうまはあつておはせずひごろは一しよとこそちぎりたてまつりた
るにはやうたれたまひぬるにこそとおもひければたいぜいのかたにかけむかひあぶみふんばりつ
つたちあがりだいおんじやうをあげてこれはげんくらんどのいへのこにしなののじらうよりつなとなのつてやたばねといて
おしくつろげさしつめひきつめさんざんにいけるやにやにはにてき三きいおとしそののちやだね
つきければうちもののさやをはづいてさんざんにきつてまはりけるがてき二ききつておとしわがみもよ
きてきにひきくんでおちさしちがへてぞしにけるてきもこれをみてをしまぬものこそなかりけれこれをはじめ
としてれんげわうゐんいまくまのほうしやうじおほぢやなぎはらざいざいしよしよにてかせんす七でうがすゑをばやまほうしの
かためたりけるが一やもいでにげにけり八でうがすゑをばならほうしのかためたりけるが一いくさも
せでおちにけり九でうがすゑをばつのくにげんじのかためたりけるが一やもいでにげにけりひごろ
ごしよがたよりなにものにてもてきのおちゆかんずるをばうちとめよとふれられたりければそのへんのざいち
のものどもつのくにげんじのおちゆくをてきのおつるぞとこころえてりやうはうのやねゐにあがりおそひのいし
にてぞうちたりけるこれはごしよがたぞあやまちすなといひけれどもさないはせそといふままに
ひろひかけてぞうつたりけるつのくにげんじかなはじとやおもひけむみなうまもののぐをすててぞ
P367
おちゆきけるそののちきそは七でうがはらにうちたつてやはたのかたをふしをがみいけどりどものくびきりかけさ
せなかにもやまのざすてらのちやうりはたつときほうしなればくびをたかううつてかけよやとてたか
ううつてぞかけさせけるそのひのよにいつてさきやうのたいふながのりほうわうのわたらせたまひける五でうの
だいりへまゐられたりけれどもしゆごのぶしきびしうしてもんをもあけざりければしゆくしよにかへりしゆつけ
してつぎのひのまんだあさころもはかまにてぞまゐられけるながのりおんまへちかうまゐられたりければほう
わうさてもきのふのあわたしうあさましかりしことどもをたがひにおほせあはせられてなきぬわらひぬぞし
たまひけるさてもやまのざすてらのちやうりのうたれぬるこそあさましけれこれもただまろがゆゑなり
とぞおほせけるおなじき廿一にちにほうわうをば五でうのだいりをいだしたてまつつてたいぜんのだいぶなりただがしゆくしよ六
でうにしのどうゐんへいれたてまつりしゆしやうをばかんゐんどのをいだしたてまつつて五でうだいりへぎやうかうなしたてまつるきそは
いよいよかつにのつてぞふるまひけるおなじき廿二にちに四十九にんのくわんしよくをとどめておひこめたてまつるおなじ
き廿三にちにせつしやうどのよりはきそをめされてへいけのときも四十三にんのくわんしよくをこそとどめたるにこれは
すでに四十九にんさやうにあくぎやうばかりにてはいかでかよをもをさむべきとおほせければきそ
かしこまつてうけたまはり四十九にんのくわんしよくをことごとくかへしたてまつるきそはぜんぢやうくわんぱくのおんむこにおし
なりけるこそをかしけれきそさらばわうにならばやとおもひけるがそのころのしゆじやうはをさ
なうわたらせたまへばわうにならんずればとていまさらわらはしにならんこともかなふまじき
P368
そさらばゐんにならばやとおもひけるがそのころのゐんはほうわうにてわたらせたまへばゐんにならんず
ればとていまさらにふだうせぬもかなふまじきそくわんぱくとはえいはでさらばはんぱくにもな
れかしひとまゐつてくわんぱくどのにはふぢはらしのおんひとこそならせたまふおんことにてはさふらへげんじにてはい
かにもかなはせたまふべからずとまをしたりければきそさらばとてたんばのくにをちぎやうしてゐんのみ
まやのべつたうにおしなりけるこそをかしけれおなじき廿四かにまつどののおんこもろいへのとのとてしやうねん十
二さいになられけるをきそおんむこにとりたてまつつてたいじんくわんぱく一どにせさせたてまつるをりふしだいじんあか
ざりければとくだいじのさだいじんどのかりたてまつつてだいじんくわんぱく一どにせさせたてまつるきやうもゐなかもむかし
もいまもひとのくちのさがなさはこのもろいへのとのをばみなひとかるのだいじんとぞまをしけるおなじき廿五にちに
ほうわうくないはんぐわんきんときをおんつかひにてきそつゐたうのゐんぜんをかまくらへこそくだされけれさるほどにかまくらに
はこの二三ケねんがあひだはきやうとのさわぎくにぐにのらんによつておほやけのごねんぐもたてまつらねばそのおそれありとて
おほやけのごねんぐたてまつらるならびにのりよりよしつねに一せんよきをさしそへてみやこのしゆごのためにさしのぼせられける
がをはりのくにあつたのうらにてたうりうありくないはんぐわんあつたにくだりこのよしまをされたりければのりより
よしつねわたくしにてはいかにもかなふまじきよしをまをされければくないはんぐわんおなじき十二ぐわつ八かのひかま
くらにくだりつききそつゐたうのゐんぜんをひやうゑのすけにたてまつるひやうゑのすけぜんぶんのあらえびすをみやこのしゆご
にすゑおきてくげゐんちうのおんさわぎこそおほきにおそれいつておぼえさふらへさらばやがてきそつゐ
P369
たうせむとてのりよりよしつねに六まんよきのぐんびやうをさしそへてぞのぼせられけるさるほどに四はうのせきせき
ふさがつてわたくしのねんぐものぼらねばみやこにおはしけるひとびとはただせうすゐのうをのごとしへいけはさい
かいにひやうゑのすけはかまくらにきそはみやこにはかりおこなふたとへばごかんののちてんか三にわかれてぎ
しよくごとがうせしがごとしあぶなながらにとしくれてじゆえいも三ねんにぞなりにける

 

入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com