平家物語(城方本・八坂系)
巻第九 P370
拝礼の沙汰 901
じゆえい三ねんしやうぐわつついたちのひゐんのごしよはだいぜんのだいぶなりただがしゆくしよ六でうにしのとうゐんなりければごしよの
ていしかるべからざるうへはいらいなしゐんのはいらいもなければ八しまのいそにてはるをむかへあらたまのとし
たちかへりたりけれどもせんていましませばしゆじやうとあふぎたてまつれどもこでうはいもおこなはれずはらかもそうせず
よしののくずもまゐらずひのためしもたてまつらずさすがよみだれたりとはいひしかどもみやこにてか
くはなかりしものをとあはれなりせいやうのはるもきたりうらふくかぜもやはらかにいそべものどかになりゆけどもへい
けのひとびとはいつもこほりにとぢこめられたるここちしてただかんくてうにことならずとうがんせいがんのやなぎちそく
をまじへなんしほくしのうめかいらくすでにことにしてはなのあしたつきのよるしいかくわんげんまりこゆみあふぎあはせゑあはせ
くさづくしむしづくしさまざまにけうありしことどもをおもひいでかたりあひてながきひをくらしかねたまふぞ
あはれなる
P371
佐々木と梶原と生数寄摺墨をあらそふ事 902
おなじきむつき十かのひきそのさまのかみよしなかをゐんのごしよへめされてへいけつゐたうのためにさいこくへはつ
かうすべきよしをおほせくださるきそかしこまつてうけたまはりおなじき十六にちにかどでしてあかつきすでにうちたたんとしけ
るにまたとうごくよりのうつてすまんぎにてみののくにいせのくににつきなんときこえしかばきそはかどいでばかり
にてさいこくげかうはとどまりぬきそはそのころ三千よきときこえしがみなはうばうへわかちつかはし
てをりふしせいこそなかりけれまづひぐちのじらうかねみつに五百よきをさしそへてをぢの十らうくらんどゆきいへ
かはちのくにながののじやうにありとききてせめさせんとてつかはしぬいまゐの四らうかねひら七百よきにてせた
のてへこそむけられけれにしなたかなしやまだのじらう五百よきにてうぢのてへこそむかひけれ
しだの三らうせんじやうよしのりほうどうの三らうよしひろつがう三百よきにてよどをふせぎにむかひけりそのころかまくらどのに
はいけずきするすみとてきこゆるめいばありなかにもいけずきとはくろくりげなるむまのふとくたくましきがむまをも
ひとをもよせたてずくひければいけずきとはなづけられたりたけはやきのむまとぞきこえしかまの
おんざうし九らうおんざうしこのむまをしよまうありけれどもかなはずあるときかぢはらげんたかげすゑまゐつてこのむまをまをし
ければひやうゑのすけのたまひけるはこれはよりともがしぜんのとき一のむまにたのんであればかなふまじ
これもおとらぬむまなればとてするすみをぞたまはりけるまたささき四らうたかつなまゐつてこのむまをまをしければP372
ひやうゑのすけのたまひけるはずゐぶんひとびとのまをされつるうへまたかぢはらげんだかげすゑがまをしつるにもたばざんなり
ただしごへんのちちささきのげん三ひでよしはこさまのかうのとののおんいとほしみあさからざりきさればはうげん
へいぢりやうどのかつぜんにいのちをすてたりしひとなりあひついでまたごへんのほうこうしんべうにさふらふこんどうぢがはをば
このむまにのりてわたすべしとていけずきをこそたうだりけれささきしやうがいのめんもくこれにはすぎじとお
もひごぜんをまかりたつていでけるがいかがはおもひけんまたたちかへりこんどたかつなうぢがはにてしした
りときこしめされさふらはばはやひとにさきをせられてんげりとおぼしめされさふらふべしまたいきたりときこ
しめされさふらはばせんぢんはさだめてしたるらんものをとおぼしめされさふらふべしとまをしきつていでければあつ
ぱれくわうりやうのまをしやうかなとぞのたまひけるさるほどにひとびとかまくらをたつてたにやまをうちこえするがのくにうき
じまがはらにかかつてやうやうあゆませゆくほどになかにもかぢはらげんだかげすゑたかきところにうちあがりお
ほくのむまどもをみけるにいく千万といふかずをしらずおもひおもひのくらおかせいろいろのしりがいかけさせて
あるひはのりくちにひかせあるひはもろくちにひかせつつひきとほしひきとほししけるなかにもかげすゑがするすみにま
さるむまこそなかりけれとよろこうでしづかにあよませゆくところにはるかにひきさがつてささき
いけずきにきんぷくりんのくらおかせこぶさのしりがいかけさせてとねりあまたにひかせつつさしもにひろき
うきしまがはらをところもなげにおとらかさせ(イおどろかさせ)しらあわかませちうにかけつていできたるかげすゑあ
たりをはらつてぞみえたりけるかぢはらいけずきがのぼりけるよやあそれはたがおんむまぞささ
P373
きどののおんむまさふらふささきは三らうどのか四らうどのか四らうどののおんむまさふらふとてひきとほすかぢはらこはい
かにかげすゑがまをしつるにはたばでささきにたうづることこそゐこんなれいかさまにもこんど
みやこにのぼりきそどののみうちに四てんわうときこえつるいまゐひぐちたてねのゐにくむかさらすばさい
こくにくだりへいけのかたにさしもおにがみのやうにきこえたるゑつちうのぜんじもりとしじらうびやうゑもりつぎ
かづさのあく七びやうゑかげきよにくむかさらずばのとどのにくみたてまつらんとこそおもひしにささきにお
もひかへられたてまつりていくさしてしなんとはるばるときやうへのぼつてせんなしせんずるところここにてささ
きとひつくんでさしちがへはぢあるさぶらひふたりししてただいまだんじかかへたまふかまくらどのにそんとらせたてまつ
らむとおもひてあひまつところにささきもしだいにちかづいたりかぢはらおしならべてやくむべきまた
むかふさまにあててやおとすとおもひけるがまづことばをぞかけたりけるいかにさふらふささきどの
いけずきたまはつてとなうささきかねてこころえてんげればすこしもさわがずにつことわらひいけず
きをばたまはらぬぞとよそのゆゑはずゐぶんひとびとのまをされつるうへにもたばざんなればましてたかつななん
どがまをすともよもたまはらじまをしてまたたまはざらんはむねんなるべしよしよしかかるてんがのおんだい
じにしうのおんむまやもののぐなんどぬすみたらんはすこしもくるしかるまじきつくわいのおほせをばごにち
にこそうけたまはらんめとおもひてたたむとしつるあかつきとねりをとこにこころをあはせてぬすんでのぼるぞ
かぢはらどのといひければかぢはらこのことばにはらがゐてねつたいさらばかげすゑもぬすむべかりつるものをと
P374
てどつとわらつてぞのきにける
宇治川 903
さるほどにげんじ六万よきををはりのあつたよりおほてからめて二てにわけてぞのぼられけるまづおほての
たいしやうぐんかまのおんざうしのりよりにあひしたがふひとびとにはたけだのたらうのぶよしかがみのじらうとほみつそのこのこじらうながきよ
一でうのじらうただよりいたがきの三らうかねのぶゐざはの五らうのぶみつへんみのくわんじやありよしやすだの三らうよしさださぶらひたいしやうに
はどひのじらうさねひらちやくしのやたらうとほひらいなげの三らうはんがへの四らうもりの五らうひらやまのむしやどころすゑしげを
さきとしてつがふそのせい三万五千よきにてあふみのくにのぢしのはらにぢんをとるからめてのたいしやうぐん九らうおんざう
しよしつねにあひしたがふひとびとにはたしろのくわんじやのぶつなおほうちのたらうこれよしやまなの三らうよしゆきさぶらひたいしやうにははたけやま
のしやうじじらうしげただしやていながのの三らうしげきよおなじきうぢかはごえのたらうしげよりちやくしのこたらうしげふさしぶやのしやう
じしげくにそのこのうまのぜうしげすけかぢはらげんだささきの四らうくまがへのじらうなほざねちやくしのこ二らうなほいへかぢはらへい
じささきの五らうかすやのとうだゐのまたのこへい六のりつなをさきとしてつがふそのせい二万五千よきにていせの
くにをとほりいがのくにをへつつうぢばしのつめにぞおしよせたるむかひのきしにはらんぐひうつてさかも
ぎふさぎみづのそこにはおほづなはへさかもぎつないでながしかけたりければいはなみおびただしう
たきなりしせまくらしきりにみなぎりてさかまくみづもはやかりけりまだうのこくのことなればかはP375
ぎりふかくたちこめてむまのけももののぐのけもさだかにはみえざりけりころはむつきはつかあまりの
ことなればひらのたかねしがのやまむかしながらのゆきげにたにだにのこほりとけあひてみかさはるかにまさ
りたりふねならではたやすくわたすべしともみえざりけりかかりけるところに九らうおんざうしよしつねひとびとのこころ
をみんとやおもはれけんまづかはのはたにうちのぞんでこはいかにとのばらみづのひんをやまつ
べきとのたまふところにここにむさしのくにのぢうにんはたけやまのしやうじじらうしげただしやうねん廿一になりけるがすすみいでてまをし
けるはこはごぢやうともおぼえさふらはぬものかなさしもこのかはのごさたはかまくらどののおんまへにてもさふらひつ
るものをひごろもなきうみかはがけふはじめていできてもさふらはばこそいまさらかくともまをさせたまはめ
あふみのみづうみのすゑなればまてどもまてどもみづひまじはしをもまたたれかかけてもまゐらせさふらふべきさんぬるぢ
しようのかつせんにあしかがのまたたらうただつなが十七さいにてここをわたしけるはおにがみにてはよもさふらはじこん
どはしげただせぶみつかまつりさふらはんつづけやむさしのとのばらとてたんのたう五百よきくつばみひしひしとならぶ
るここにびやうどうゐんのうしとらたちばなのこじまがさきむすぶのみやうじんのおんまへよりむしやこそ二きいできたれ
てきみかたあれはいかにとみるところに一きはかぢはらげんだ一きはささきの四らうきこゆるいけずき
するすみにのりつれてひきかけひきかけぞいできたるひとめにはなにともみえねどもたがひにさきをあらそひける
がかぢはらささきにゆみたけばかりぞすすんだるささきいまはかなはじとやおもひけんまづ
はかりごとになういかにかぢはらどのとうごくにてはとねがはさいこくにてはこのかはをこそにつぽん一二のたいP376
かとはまをせなかにもこのかははうへもしたもはやうてむまのあしたちすくなしあのかぢはらどののむまのはる
びのはるかにのびてさうぞかはなかにてくらのりかへしあやまちしたまふなしめたまへしめたまへといはれ
てかぢはらさもやあるらんとおもひたづなをばむまのゆかみ(イゆみのかみ)にうちおきさうのあぶみを
ふみすかしはるびをといて二しめ三しめひつしめひつしめしけるまにささき一むちあててかは
へさつとぞうちいりたるかぢはらさてはたばかりけるよそのぎならば一どでもたばからるまじき
ぞとておなじうつづいてうちいりたりかはなかまではたがひにおとらずわたしけるがされどもささき
はいけずきとまをすむにのむまにはのつたりかはのあんないはしつたりけりむまのあしにかかるつなをばた
ちをぬいてふつふつとうちきりうちきりさしもにはやきうぢかはなれども一もんじにさつとわたいて
おもふところにうちあげたりかぢはらもつづいてわたしけるがおほづなにむまのりかけのためかたに
おしおとされはるかのしもへぞうちあげたるさてこそせんぢんささき二ぢんかぢはらとにつきにはしるされたれ
そののちささきの四らうたかつなたかきところにうちあがりむちにてよろひのみづなでくだしあぶみふんばりつつたちあがり
だいおんじやうをあげてこれはうだのてんわうに十一だいのこういんあふみのくにのぢうにんささきのげん三ひでよしが四
なん四らうたかつなこんどうぢがはのせんぢんぞやとぞなのつたるけしきまことにあたりをはらつてぞみえ
たりけるそののちはたけやまもつづいてわたしけるがむかひのきしよりやまだのじらうがよつぴいていけ
るやにかはなかにてむまのひたひをのぶかにいさせてむまこらへずしてびやうぶをたふすがやうに
P377
かつはとまるびければはたけやまかなはじとやおもひけんゆんづゑにすがりかはなかにぞおりたつ
たるいはなみしきりにかぶとのてつさきにあたつておしあげおしあげしけれどもこれをことともせず
みづのそこをくぐつてむかひのきしにわたりつくはたけやまがうしろのあたりにおもきもののとりつきければなにものや
らんとふりむいてみけるにだいのをとこのおもよろひきたりけるがながれかかつてとりついたりはたけやま
ごへんはたそおほぐしのじらうしげつなさふらふあまりによわきむまにのりてさふらへばかはなかにておしおとされな
がれかかつてみだりにとりつきまゐらせてさふらふたすけたまへといひければはたけやまかしこうあや
まちしつらういつもごへんたちをばしげただこそたすけまをさんずれといふままにめてのかひな
をさしいだしおほぐしがよろひのうはおびあげまきともにとりぐしてちうにさしあげ二ふり三ふり
うちふつてだん(イきし)のうへへぞなげあげたるおほぐしちうにてたちをぬきまつかうにさしあて
だいおんじやうをあげてこれはむさしのくにのぢうにんおほぐしのじらうたひらのしげつなこんどうぢがはのかちわたりのせんぢんぞやとぞ
なのつたるてきもみかたも一どにどつとぞわらひけるそののちはたけやまもたかきところにうちあがりかはなか
にてむまのひたひをいたりつるやまだのじらうにめをかけて三じやく五すんありけるがうひらといふたちをぬ
きやまだにうつてかかるやまだもぬきあはせてぞうちやうたるはたけやまわかむしややまだおいむしやなりやまだ
はたけやまにきりたてられうけだちにこそなりにけれいかがはしたりけむやまだがうけはづすところを
ゆんでのかたよりめてのわきへかけずきつてぞおとしけるこれをはじめとして二万五千よきのつはものどもも
P378
みなうちいりてぞわたしけるさしもにはやきうぢかはなれどもむまひとにせかれてみづはうへにぞ
たたへたるざふにんばらはむまのしもて(イしたはら)にとりつきとりつきわたしけるがひざよりうへをぬらさぬ
ものもおほかりけりしぶやのうまのじようしげすけかぢはらへいじささきの五らうかすやのとうだゐのまたのこへい六かれ
ら五にんはむまをもはなれゆんづゑをつきはしのけたをぞわたりけるむかひのきしよりやまだがせいさし
つめひきつめさんざんにいけれどもこれをことともせずかぶとのしころをかたぶけよろひのそでをまつかう
にあててさんざんにこそたたかひけれやまたのじらう五百よきにてふせぎたたかふといへどもおちぬう
たれぬせしほどに五十きばかりにうちなされあるひはこはたやまふしみをさしておちゆけばうぢは
ほどなくやぶれにけりせたをばいなげの三らうしげなりがはかりごとにたながみのくごのせをこそわたしけれいま
ゐの四らう七百よきにてふせぎたたかふといへどもぶせいたせいにかなはねばせたもほどなくやぶれに
けり
河原合戦 904
きそはうぢせたやぶれぬときこえしかばゐんのごしよ六でうどのにまゐりほうわうをとりたてまつりてさい
こくにくだりへいけと一になりてひやうゑのすけうたんとてりきしや廿よにんをすぐつてゐんのごしよ六でうどのへはせ
まゐられけるがてきすでにかはらおもてまでみだれいりたるよしきこえしかばそれよりとつてかへし六でうたかくらな
P379
るところにひごろみそめたるにようばうのもとにたちよつてさいごのなごりをしまれけるにここにゑちごのちうた
みついへとていままゐりのさふらひけるがてきすでにかはらおもてまでみだれいりてさふらふにさやうにうちとけさせ
たまひてはいぬじにせさせおはしましさふらひなんずはやはやうちたたせたまへとまをしけれどもきそなほ
いでやりたまはねばささふらはばみついへにはいとまたびさふらへかしまづさきだちまゐらせてしでのやまにてこそ
まちまゐらせさふらはめとてはら十もんじにかきやぶつてぞうせにけるきそこれはよしなかをすすむるじがいに
こそとてやがてもののぐしてぞうちたたれけるかうづけのくにのぢうにんなはのたらうひろずみをさきとしてそのせい
二百よきにはすぎざりけりきそかはらおもてにうちいでてみたまへばげにもとうごくのたいぜいうんかのごとく
にみちみちたりなかにもわかてのむしやとおぼしくて五十きばかりすすんだりことにむしや二きす
すんだり一きはてつしがはらの五三らうありなほ一きはしほのやの五らうこれひろなりてつしがはらがまをしけるは
ここにひかへてごぢんのせいをやまつべきとまをしければしほのやがまをしけるは一ぢんやぶれぬればざんたうまつた
からずといへりただかけよやとてをめいてかくきそもそのせい二百よきたいぜいのなかにわつ
ていりにしよりひがしへ一わたりきたよりみなみへ一わたりとつてはかへしわつてはとほりさんざんにたたか
ひ一ぱううちやぶつていでたれば二百よきとはみえしかどもおちぬうたれぬせしほどに五十きばかりに
こそなりにけるかかりければ九らうおんざうしよしつねはうぢのておひおとしてのぼられけるがまづごしよ
のおぼつかなければとてしうじう六きゐんのごしよ六でうどのへはせまゐられけるにごしよにはだいぜんのだいぶ
P380
なりただごしよのひがしのついがきにのぼり四はうみめぐらしてみけるにここにむしやの五六きはせまゐるを
みつけてあはやまたきそがかへりまゐりさふらふぞやとまをしたりければほうわうをはじめたてまつりてくぎやうでんじやうびと
やつぼねのにようばうたちにいたるまでこんどぞよのうせはてなるべしとててをにぎりたてぬぐわんもましまさ
ずなりただよつくみていいやこれはきそにてはさふらはずかさじるしのかはつておぼえさふらふ
いかさまにもこれはこんにちまゐるとうごくのげんじどもとおぼえさふらふとまをしもはてぬに九らうおんざうしよしつねごしよのそう
もんにうつたつてだいおんじやうをあげてこれはかまくらのひやうゑのすけよりともがおとうと九らうくわんじやよしつねうぢのておひ
おとしてまゐるよしをまをさせたまふべうもやさふらふらんとまをされたりければなりただこのよしをききていそ
ぎついがきよりとぶほどにあまりにあわててこしをつきそんじてんげりあまりのうれしさにいたさをわすれ
はふはふおんまへにまゐりこのよしをそうしまをしたりければほうわうなのめならずぎよかんありてさらばもんをひらい
ていれよやとてそうもんをひらいてぞいれられたるたいしやうのそのひのしやうぞくにはあかぢのにしきのひたたれにくれなゐ
すそごのよろひをきくはがたうつたる五まいかぶとのををしめこがねづくりのたちをはき廿四さいたるそめはのや
おひしげどうのゆみのとりうちのもとをだんしを一すんにかかせ五ぶにたたんでひだりまきにまいたる
ばかりぞたいしやうのしるしとはみえし、のこり五にんももののぐこそいろいろなりけれどもつらたましひこつ
がらたいしやうにはおとらずほうわうはちうもんのれんじよりえいらんあつてゆゆしげなるものどもがありさまか
な一々になのりせよとおほせければなりただうけたまはつて一々になのらすさんさふらふ一にんはたいしやう九らうよし
P381
つね一にんはあふみのくにのぢうにんささきのげん三ひでよしが四なん四らうたかつな一にんはむさしのくにのぢうにんはたけやまのしやう
じしげよしがこにじらうしげただ一にんはかはごえのたらうしげよりがこにこたらうしげふさ一にんはさがみのくにのぢうにんかぢはら
へい三かげときがこにげんたかげすゑ一にんはしぶやのしやうじしげくにがこにうまのぜうしげすけさふらふとめんめんになのりてかしこまる
そののちほうわうたいしやう九らうよしつねをおほゆかちかうめされてことのしさいをおんたづねありけるにかしこまつてまをしける
はさんさふらふかまくらのひやうゑのすけよりともきそがらうぜきうけたまはつてのりよりよしつねに六万よきのぐんびやうをさし
そへてのぼせさふらふのりよりはせたよりまゐりさふら〔ふ〕がいまだみえさふらはずよしつねはうぢのておひおとしてのぼ
りさふらへばきそは二百きばかりにてかはらおもてにみえさふらひつるをいくさをばつはものどもにせさせよしつね
はまづごしよのおぼつかなさにさてまゐりてさふらふいまはさだめてきそをばうちとりさふらひぬらんとよにも
こともなげにまをされたりければほうわうなのめならずぎよかんあつてさらばなんぢやがてごしよちうをしゆ
ごしまをせよとおほせければよしつねかしこまつてうけたまはりしうじう六きごしよのそうもんにうちたちてきみをしゆ
ごしたてまつるこれをはじめとして十き廿き五十き百きはせまゐるほどにほどなう三千きになつて
ごしよの四もんをかためてしゆごしたてまつりけるにぞほうわうもあんどのみこころつきおぼしめす若(イ若字なし)
くぎやうでんじやうびとやつぼねのにようばうたちにいたるまでちからづきてこそおもはれけれきそはなほもゐんのごしよ六
でうどのにまゐりほうわうをとりたてまつつてさいこくへとはおもはれけれどもごしよにもとうごくのたいぜいまゐりこもり
たるよしきこえしかばまた五十よきとつてかへしたいぜいのかたにかけむかひここをさいごとぞたたかはれ
P382
けるかかるべしとだにしりたらばいまゐをせたへはやらざらましひごろは一しよにとこそ
ちぎりしにところどころにてしなんことこそかなしけれさるにてもいま一どいまゐがゆくへをたづねむとてかはらを
のぼりにかけてゆくてきおつかくればとつてはかへしおつかくればとつてはかへし六でうがはらと三
でうがはらのあひだにて七八どまでこそかへされけれ五十きばかりありつるせいも三十きばかりになるされど
もつひにはてきをおひはらひ三でうがはらをうちわたりあはたぐちへぞいでられけるきそがきよねんしなのをいでし
には五万よきときこえしがけふ四のみやがはらをすぐるにはしうじう七きになりにけりましてちう
うのたびのそらおもひやられてあはれなり七きがなかの一きはともゑといへるをんななり
木曽の最後 905
きそはともゑやまぶきとてふたりのをんなをめしつかはれけるがなかにもともゑとは廿二三のをんなのみめ
かたちよかりけるがあらむまのりのだいりきあくしよおとしのじやうずなりければきそいくさのあるたびごとに
よきよろひきせよきむまにのせて一ぱうのたいしやうにさしむけられけるに一どもふかくはせざりけり
さるほどにきそはながさかにかかつてたんばぢへともきこゆまたりうげごえにかかつてほつこくへおつともきこゆ
されどもきそはいまゐがゆくへをたづねんとてせたのかたへとゆくほどにおほつのうちでのはまにてぞいまゐ
の四らうはいできたるさるほどにいまゐの四らうかねひらは七百よきにてせたへむかうたりけるがそのせいおちうた
P383
れ百きばかりになつてはたをばまいてもたせとつてかへしみやこをさしてのぼるほどに一ちやうばかりよりたがひにさ
ぞとみてんげればりやうはうこまをはやめてよりあうたりきそむまうちならべいまゐがてをとつて
よしなか六でうがはらにていかにもなるべかりつるをなんぢがきやうごのおぼつかなさにおほくのかたきにうしろをみせて
これまできたれるなりとのたまへばいまゐかしこまつてうけたまはりかねひらもせたにてうちじにつかまつるべうさふらひつるを
おんゆくへのおぼつかなさにこれまでまゐりたるよしをまをしたりければきそさてはちぎりはいまだくち
せざりけりよしなかがはたさしは六でうがはらにてうたれぬよしなかがせいはこのへんにもさだめておちつ(イお
ちちり)たるらんなんぢがはたをあげてみよかしとのたまへばいまゐうけたまはつてまいてもたせたりけるしらはたといて
ばつとさしあげたりければきやうよりおちたるせいともなくせたよりちつたるせいともなくいまゐがはたを
みて五き十きづつはせまゐるほどにほどなう五百よきにぞなりにけるきそうれしきものかな
このせいあらばなどかさいごのいくさ一いくさせざるべきあれにしぐらうてみえたるはたがてやらん
かひの一でうどののおんてとこそうけたまはりさふらへせいはいかほどあるやらん七千よきとこそうけたまは
れきそさてはかたきもたぜいにてあんなればあのたいぜいのなかへかけいつてうちじにせんことよとぞよ
ろこばれけるきそどののそのひのしやうぞくにはあかぢのにしきのひたたれにうすがねといふからあやをどしのよろひをきくは
がたうつたる五まいかぶとのををしめこがねづくりのたちをはき廿四さいたるいしうちのやそのひのいくさにうちすて
せうせうのこりたりけるをかしらだかにおふままにぬりごめどうのゆみのまんなかもつてきそのおにあしげときこ
P384
ゆるむまのふとくたくましきにきんぷくりんのくらをおきてうちいりたいぜいのかたにかけむかひあぶみふんばりつつたち
あがりだいおんじやうをあげてひごろはおとにもききけんきそのくわんじやいまはめにもみるらんさまのかみけんい
よのかみあさひのしやうぐんみなもとのよしなかぞかたきは一でうのじらうとこそきけよしなかうちとつてけんじやううけたまはれや
とぞなのられける一でうのじらうこのよしをききていまなのるはたいしやうきそぞあますなもらすなうてや
とてたいぜいがまんなかにとりこめてうちとらんとぞすすみけるきそもそのせい五百よきたいぜいのなかにわ
つていりにしよりひがしへ一わたりきたよりみなみへ一わたりとつてはかへしわつてはとほりさん
ざんにたたかひ一ぱううちやぶつていでたれば五百よきとはみえしかども五十きばかりにぞなりにけるど
ひのじらうさねひらが三百きばかりにてひかへたりけるところをもかけわつていでたればしうじう五きにぞ
なりにける五きがなかにてもともゑはいまだうたれざりけりここにむさしのくにのぢうにんにおんだの八らうためしげ
とておよそ卅にんがちからもつたるだいりきのがうのものありかれがらうどうにむかつてまことやきそどののみ
うちにともゑとてをんなむしやのあんなるぞたとへこころこそたけくともおもふになにほどのことかあるべきおなじ
くはくんでいけどらんとおもふなりわれくむとみばなんぢらすきをあらせずおちあへとてかしこ
ここをかけまはりかけまはりみけるところにここにねりぬきにうめのたちえぬひたるひたたれにもえぎにほひのよろひ
をきくはがたのかぶとのををしめあししろのたちをはき十八さいたるそめはのやおひ二どころどうのゆみもちてつき
げなるむまのふとくたくましきにきんぷくりんのくらおいてのりたりけるむしやをみつけおんだこれやそなるらんと
P385
おもひさしうつぶいてみければかねぐろにうすげしやうをぞしたりけるおんださればこ
そとおもひゆんでのかたをうちすぐるていにもてなしあひつけよつてむずとくむともゑこのよし
をきつとみてめてのうでをさしいだしおんだがよろひのむないたたまかけぼねにとりぐしてちうに
さしあげ二ふり三ふりうちふつてくらのまへわにおしあつるとぞみえしこのひごろさしもきこえ
たりつるおんだがしやくびねぢきつてすててけりらうどうはこれをみておちやうにおよばねばみな
ちりぢりにこそなりけれそののちきそともゑをめしていづくまでかたきにうしろをみすべきな
ればよしなかはただいまこれにてじがいせむとおもふなりなんぢはこれよりいづかたへもおちゆくべしとのたま
へばともゑこはくちをしきことをものたまふものかないづくまでもさいごのおんともつかまつるべきよしをまをしければ
きそなんぢがこころざしのほどはうれしけれどもゆみやとりのさいごのところにてをんなのししたらんにはこうだいのきこえあ
しかるべしただこれよりいづかたへもあしにまかせておちゆきよしなかがごせとぶらうてえさせよ
それぞさいごのともしたりともおもふべきとのたまへばともゑなみだをながしてきよねんしなのをいでしより
いらいだいせうじかつせんにあふこと廿よどかたときはなれまゐらすることもさふらはざりしにいましうの
さいごをみすてていづくをさしておちゆくべきぞやとてさしもたけきともゑなれどもすすむなみだは
せきあへずきそさるにてもとうとうとのたまへばともゑちからおよばずあはづのこくぶんじのみだうのまへに
もののぐぬぎおきたちわきばさみひがしをさしておつるとぞみえしがゆきがたしらずぞなりにけるてづか
P386
のたらううちじにすてづかのべつたうはいたでおひてせたのかたへぞおちゆきけるいまはきそといまゐとばかりなりき
そどのいまゐにむかつてのたまひけるはひごろはなにともおもはざりつるうすがねがけふはなどやらんおも
つておぼゆるぞとのたまへばいまゐいまだおんむまもつかれさふらはずまたおんみもよわらせたまはねば
なにごとによつてか一りやうのおんきせながのおもうはならせたまふべきいまはみかたにつづくおんせいもさふらは
ねばおんこころぼそきにてぞさふらふらんかねひら一きをばよのむしや千きとおぼしめされさふらふべしとまをしたりけ
ればきそおほきにいかつてよしなか六でうがはらにていかにもなるべかりしみのこれまでおちきたりてなんぢと一しよにし
なんいのちのなにごとによつてかをしうてはおくすべきそのぎならばうちじにせんとてまたかけいでむとし
たまひけるをいまゐいそぎむまよりとんでおりきそどののおんむまのみづつきにとりつきたてまつてゆみやとりはひごろ
いかなるかうみやうをしてさふらへどもさいごのところにてあしうさふらへばながきゆみやのおんきずなるべしこのひ
ごろにつぽんこくにきこえさせたまひたるきそどのをばそんぢやうそのくにのたれがしがらうどうのてにかけて
うちまゐらせたりなんどいはれんことこそくちをしけれあれにみえてさふらふをばあはづのまつばらとまをしさふらふあの
まつのうちへいらせたまひしづかにごねんぶつさふらひてごじがいさふらふべしかねひらがえびらにや七八いのこしてさふらへばふせぎや
においてはつかまつらんずるさふらふとておんむまのはなをとつてしきりにおしむけおしむけしければきそちからおよびたまは
ずあはづのまつはらをさしてぞおちられけるころはむつき廿一にちのいりあひばかんのことなればあはづのまつ
もかすみくれぬまたにうすごほりのとぢふさがりたるをしらずしてぬまへむまをうちいれあふれどもあふれどもうて
P387
どもうてどもはたらかずきそはなほもいまゐがゆくへのおぼつかなさにうしろをかへりみたまへばそののちいまゐ
もむまをよせうちのりてたいぜいのなかにかけむかひあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれはしな
ののくにのぢうにんきそのごんのちう三かねとほがこにきそどののおんめのとごいまゐの四らうかねひらとてかまくらどのまでも
しろしめされたんなるぞかねひらうちとつてけんじやううけたまはれやとぞなのりけるてきのかたにはこのよしをききてただ
いまなのるはいまゐの四らうかねひらぞあれいとれやうつとれとてさしつめひきつめさんざんにいけれども
いまゐの四らうかねひらはよろひよければうらかかずすきまをいねばてもおはずいまゐもししやうはしらねども八
のやにてかたき八きまでこそいおとしけれここにとうごくさがみのくにのぢうにんみうらのいしだの二らうもろひさ(イためひさ)
となのつてきそどのをめにかけたてまつりやごろにはせちかづきて三にんばりに十三ぞくのなかざしとつてうち
つがひよつぴいてひやうといるをりふしふりむきたまへるうちかぶとをしたたかにいさせていたでなりければかぶと
のまつかふをくらのまへわにおしあてうつぶしておはしけるところをいしだがらうどうあまたおちあうてき
そどののおんくびをばたまはりてんげりそののちくびをばたちのきつさきにさしつらぬきたかくさしあげだいおんじやう
をあげてこのひごろにつぽんごくにきこえさせたまひたるきそどのをばとうごくさがみのくにのぢうにん三うらのいしだのじらう
もろひさがかうこそうちたてまつりたれやとぞなのりけるいまゐこのよしをきいていまはたれをかばはんとていくさをも
すべきいかにとうごくのひとびとがうのもののじがいするをみててほんにせよやとてむまのうへにてよろひのうはおび
きつてのけはら十もんじにかきやぶつたりけれどもなほもしなれざりければたちのきつさきを
P388
くちにふくみむまよりさかさまにおちつらぬかつてぞうせにけるきそどのは卅一いまゐの四らう卅三
きそといまゐがうたれてぞあはづのいくさはやぶれにける(イやみにける)
樋口が切れ 906
さるほどにひぐちの二らうかねみつはきそどののをぢ十らうくらんどゆきいへかはちのくにながののじやうにありとききてせめむと
てむかうたりけるが十らうくらんどながのをばたつてきのくになぐさにくだつておはしけるをひぐちつ
づいてせめけるにまたみやこにもいくさありとききてそれよりとつてかへしてのぼるほどにいまゐがげにんのをとこども
ひぐちどのにこのよしをまをさんとてかはちをさしてくだりけるがよどのおほわたりのへんにてゆきあうたりひぐちの
二らうさていかにやといひければさんさふらふきみはゆふべあはづのまつばらにてうたれさせおはしましさふらひ
ぬいまゐどのはごじがいとまをすひぐちの二らううちうなづきなみだをはらはらとながしていまはかうござんなれ
これききたまへやひとびときみにおんこころざしおもひあはれむずるひとびとはこれよりかねみつをたいしやうとしてみやこにのぼり
うちじにしたまふべしまたいのちをしからんずるともがらはこれよりいづかたへもおちゆくべしといひければあるひはここにてむま
にものかひあるひはかしこにてかぶとのをしむるなんどして五き十きづつおちゆくほどにとうじ四つかのへんに
てはひぐちがせいわづかに廿よきにぞなりにけるひぐちのじらうけふすでにみやこへいるときこえしかば
たうもかうけとうじ四つかにはせむかふここにひぐちがせいのなかにちののたらうみつよしとまをすものありたいぜいのかたP389
にかけむかひあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれにかひの一でうどののてやましますと
ののしつたりければかたきみかたどつとわらつてこはいかに一でうどののてにてなきはいくさはせられ
ぬことかといひければみつよしもつともいはれたりこれはしなののくにすはのかみのみやにすまひつかまつるちののたいふ
みつひろがこにちののたらうみつよしとまをすものにてさふらふなりまたおとうとにてさふらふちのの七らうはかひの一でうどののみうち
にさふらひしなりまたみつよしがこども二にんすはのかみのみやにのこりとどまつてさふらふがわれうたれたるよしをきいてわがちちは
ようてやししたるらむまたあしうてやうたれたるらんとてなげかんことがふびんさにおなじうは
七らうがまへにてうちじにしてかたらせんとおもふためにこそあれまことはかたきをばきらふまじとてやたばねとい
ておしくつろげさしつめひきつめさんざんにいけるやにやにはにかたき三きいおとしそののちやだねつき
ぬればうちもののさやをはづいてさんざんにきつてまはりけるがかたき二ききつておとしかれこれ五きうちと
つてわがみもよきかたきとひつくんでおちさしちがへてぞしにけるかたきもこれをみてをしまぬもの
こそなかりけれさるほどにひぐちのじらうかねみつをばひごろこだまたうのなかへむこにとつてぞもてなしける
こだまたういひけるはゆみやとつてひろきなかへいるといふはかからんとき一まどのいきをもやすめまたは
いのちたすからんためにこそあれいざやひぐちがいのちをたすけむとてひぐちがもとへこのよしをいひおくりけ
ればひぐちのじらうひごろはさしものつはものなれどもうんやつきけむゆみをはづしかぶとをぬいでかうにんにこそ
なりにけれたいしやうぐんへこのよしをまをすのりよりよしつねゐんへこのよしをそうしまをされたりければほうわうよりは
P390
すでにたすけらるべかりしをにようばうだちのまをしあはれけるはあなあさましきそがきよねんのふゆほうぢうじ
どのへよせたりしときはいまゐひぐちといつしもののこゑのみこそせしかさればそれらをたすけられ
んにはあるひはさまをかへんあるひはみをなげむなんどまをしあはれければほうわうもちからおよばせたまはずまたきる
べきにぞさだまりけるおなじき廿二にちにしんせつしやうをかいえきせられてもとのせつしやうこのゑどのげんちやくしたまふむかし
あはたのくわんぱくどのはおんよろこびまをしののち七ケにちだにこそありけんなれこれは六十にちとはまをせどもそのあひだにせち
ゑもありぢもくもおこなはれきさればおもひでなきにはあらずやとぞひとまをしけるおなじき廿四かにきそが
かうべおほぢをわたさるよたう五にんとぞきこえしまづゐのうへの九らうながせのはんぐわんだいたかなしのくわんじやねのゐ
のこやたいまゐの四らうかねひらとぞきこえしひぐちのじらうかねみつはあゐずりのひたたれにをりゑぼしきてきそがか
うべのともしておほぢをわたされけりおなじき廿五にちに五でうにしのしゆじやかにひきいだしつひにかうべをはねら
れけりさればこれらをたすけられんにはとらをやしなふににたりとことにさたあつてきられけるとぞ
きこえしつでにきくこらうのくにおとろへてしよしやうはちのごとくにおこつしときはいこうさきだつてかんやうきう
へいるといへどもかううがきたらんことをおそれてさいわ(イ財寳)びじんをもおかさずきんぎんしゆぎよくをかすめ
ずいたづらにせきのひがしをまぼつてぜんぜんにかたきをほろぼしつひにてんかをちすることをえたまへり
かんのかうそこれなりさればいまのよしなかもよりともにさきだつてみやこへいるといふともつつしんでよりともがげぢをだに
もまたましかばはいこうがはかりごとにはよにしおとらじものをとぞひとまをしけるさるほどにへいけはさぬきP391
の八しまにおはしけるがみやこにはきそうたれたりときこえしかばたいぜいひきぐして摂津(つ)のくになにはがたへぞ
わたられけるひがしはいくたのもりをおほてのきどぐちとさだめにしは一たにをじやうくわくにかまふそのあひふくはらひやう
ごいたやどすまにこもるせいつがふ十万よきとぞきこえしこれはきよねんのふゆびつちうのみづしまはりまのむろやま二
ケしよのかつせんにうちかつてそのあひだにしたがひつくところのぐんびやうどもなりかの一たにとまをすはくちはせばくておくひろしきた
はやまみなみはみぎはみねたかうしてひとへにびやうぶをそばだてたるにことならずきたはやまのふもとよりうみのとほあさに
いたるまでたいぼくをきりてしがらみにかきたいせきをたたんでかいだてとすうみのとほあさにもおほふねどもす千さう
そばだてかたぶけてかいだてとすじやうくわくの四はうにはくらおきむまども十へはたへにひきたてたりじやうくわくのまへ
にはたかやぐらをかいてうへにもしたにもつはものどもところもなくみちみちたりつねはたいこをうちてらんじやうす
たかきところにはあかはたいく千万といふかずもしらずうつたてたりければはるかぜにもまれててんにひるがへりひとへに
みやうくわのもえのぼるにことならずかたきもこれをみておくしぬべうぞおぼえたる
六箇度合戦 907
さるほどにあはさぬきのものどもこのひごろはへいけにちうをいたしけるがげんじにこころがはりしてんげりかれらが
まをしけるはわれらこのひごろへいけにちうをいたしたればいまさらげんじへまゐりたりともよももちひたまはじいざや
へいけに一やいてそれをおもてにしてまゐらむとてかどわきのへいちうなごんのりもりゑちぜんの三みみちもりのとのかみのりP392
つねふし三にんびぜんのくにしもつゐのうらといふところにおはしけるをかれらこぶね廿よさうにとりのりびぜんのくにに
おしわたりしもつゐのうらにおしよせてときをどつとぞつくりけるのとどのこのよしをみたまひてこのひごろみ
かたにちうをいたしたるものどもがげんじにこころがはりしてんげりにくしそのぎならばあますなもらすなうてやとて
さんざんにうちたまひければこれらのとどのにていたくせめられてかなはじとやおもひけんまたふねにとりのり四
こくをさしてわたりけるがをりふしおほかぜおほなみむかひてたちければあはぢのくににおしわたりふくらのみなとにつきにけ
りまたこのところにげんじ二にんありとぞきこえし一にんはあはぢのくわんじやためしげ一にんはかものくわんじやためのぶとてこれら
はこ六でうのはんぐわんためよしがこどもなりあはさぬきのものどもかれら二にんをたいしやうとしてふくらのみなとにじやうくわく
かまへてたてこもるのとどのこのよしをききたまひてこぶね五十よさうにとりのりあはぢのくににおしわたりふくらのみなとにおし
よせてさんざんにせめられければあはぢのくわんじやうたれにけりかものくわんじやはいたでおひていけどりにこそせら
れけれこれをはじめとしてあはさぬきのものども五十よにんがくびとりていちのたににぞまゐられけるまたあはぢのくに
のぢうにんにあまの六らうただかげ是もげんじにこころざしありければこぶね五さうにとりのりかはじりをさしてわたりけるを
のとどのこのよしをききたまひてにしのみやのおくにてよせあはせあまの六らうがふねをなかにとりこめてさんざんにせめられけ
ればのとどのにていたくせめられてかなはじとやおもひけんいづみのくににおしわたりふけいたがはにぞつき
にけるまたきのくにのぢうにんにそのべのひやうゑただやすこれもげんじにこころざしありければいへのこらうどう六十よにんをひき
ぐしていづみのくににうちこゑあまの六らうと一になりてふけゐたがはにじやうくわくかまへてたてこもるのとどのこのよしをきき
P393
たまひていづみのくににおしわたりふけゐたがはにおしよせてさんざんにせめられければあまの六らうのとどのに
ていたくせめられてかなはじとやおもひけんやおもてをばざふにんばらにふせがせわがみはよにいりてきやうへのぼり
げんじと一にぞなりにけるのとどのあまの六らうをばうちもらされたりけれどもふせぐところのものども百よにんが
くびとつていちのたにへぞまゐらせられけるまたいよのくにのぢうにんにかはのの四らうみちのぶ五百よきにてむほんお
こすときこえしかばのとどのこのよしをききたまひてさぬきのくににおしわたりいよのくににこえたまふかはのこのよし
をききてせうせん百よさうにとりのりあきのくににおしわたりははかたのをぢぬたのじらうとひとつになりて
ぬたのじやうにたてこもるのとどのこのよしききたまひてびんごのくににおしわたりみのじまにつきたまふつぎのひあきの
くににうちこえぬたのじやうにおしよせてさんざんにせめられければぬたのじらうのとどのにていたくせめられて
かなはじとやおもひけんゆみをはづしかぶとをぬいでかうにんにこそなりにけれかはの五十よきにうち
なされぬたなはてにのがれておちけるところをのとどののめのとごにへい八びやうゑとほしげ弐百よきにておつか
けたりかはのとつてかへしさんざんにたたかひしうじう五きになつておちけるところをへい八びやうゑがこにへいはちたらうとほ
かげ五十よきにておつかけたりかはのとつてかへしさんざんにたたかひしうじう二きになりておちけるところをへい八た
らうがいへのこにあべの七らうともなりただ一きにておつかけたりかはのがらうどうとつてかへしあべの七らうと
ひきくんでどうとおつかはのとつてかへしまづうへなるあべの七らうがくびかききつてなげのけしたなるらう
どうとつてひきたてかたにひつかけうらへつつといでまたふねにとりのつて九こくをさしてぞおちゆきけるのとどのP394
かはのをばうちもらされけれどもふせぐところのいへのこらうどう弐百よにんがくびとつていちのたにへぞまゐらせられける
さるほどに九こくのぢうにんうすきのじらうこれたかをがたの三らうこれよしかはのの四らうみちのぶ三にん一になつてつがふその
せい一万よき千よさうのふねにとりのりびぜんまでせめのぼりいまきがじやうにたてこもるのとどのこのよしをききたま
ひてこんどはいちのたにへおんせいをまをさせたまひつがふそのせい三千よきびぜんのくににおしわたりいまきがじやうに
おしよせてときをどつとぞつくりけるじやうのうちにはよせてこぜいとみてんげればきどをひらいてきつていで
さんざんにたたかひけれどものとどのこれをことともしたまはずよるひる三かにさんざんにせめられければいまきがじやうも
やぶれにけりうすきのじらうこれたかをがたの三らうこれよしは九こくをさしてぞおちゆきけるかはのの四らうみちのぶは
またふねにとりのり四こくをさしてぞおちゆきけるのとどのたいしやうどもをばうちもらされたりけれどもふせぐところのつはもの五百
よにんがくびとつて一たにへぞかへられけるおほいとのこんどのとどののところどころのかうみやうをおほきにかんじたまひ
けりさるほどにへいけのひとびとはいちのたににおはしけるがそれよりみやこもほどちかかりければたよりのふみをかよは
してたがひになぐさみあはれけるがなかにも二ゐのそうづせんしんはかぢゐのみやのごどうじゆくにておはしけるが
たびたびまをされけるにあるときのごへんじにみやこもいまだおだしからずなんどあそばされておくには一しゆ
のうたをぞあそばされたる
ひとしれずそなたをおもふこころをばかたぶくつきにたぐえてぞやる
おなじきむつき廿九にちにみやこにはのりよりよしつねをゐんのごしよへめされてへいけつゐたうのためにさいこくへはつかうすべき
P395
よしをおほせくださるおのおのかしこまつてうけたまはりゐんのごしよをまかりいづさるほどにふくはらにはきさらぎ四かはにふ
だうしやうごくのきにちとてへいけの一もんひとつところにさしつどひかたのごとくのぶつじをぞとげられけるあさゆふ
のいくさだちにすぎゆくつきひはしらねどもこぞはことしにめぎり(イめぐり)きてうかりしはるにもなりにけり
よのよならましかばきりふたふばのくはだてぐぶつせそうのいとなみもあるべけれどもいまはなにごとのさたにもおよば
ずただなんによのきんだちさしつどひなくよりほかのことぞなきおなじき五かのひふくはらにはぢもくおこなは
れてだいげきもろなほがこすはうのかみもろずみだいげきになさるひやうぶのせうまさあきくらんどになつてくらんどのせうと
ぞまをしけるそののちおほいとのかどわきのへいちうなごんのりもりきやうのもとへししやをたててこんどのとどののところどころの
かうみやうによつてしやう二ゐのだいなごんにあがりたまふべきよしをのたまひつかはされたりければのりもりのごへん
じには
けふまでもあればあるかのわがみかはゆめのうちにもゆめをみよとや
とてつひになりたまはずむかしまさかどがしもふさのくにさうまのこほりにみやこをたて百くわんをなしたりしには
こよみのはかせぞなかりけるさればこれはそれにはにべからずしゆじやうみやこをいでさせたまふとはまをせども
しんきはうけんないしどころ三しゆのしんきをたいしてましませばぢもくおこなはるることもおんひがごとならずとぞひとまをしけ
るP396
三草の夜討 908
さるほどにげんじのかたにはおなじききさらぎ四かのひいくさあるべしとふれられたりけれどもきさらぎ四かはにふだうしやうごく
のきにちときいてぶつじさまたげんもつみふかかるべし五かはにしふさがり六かはたうこにち七か
のひのうのこくにいちのたにいくたのもりとうざいのきどぐちにてげんぺいたがひにやあはせとぞさだめてんげるされども四かは
きちにちなればかどいでばかりをせよやとてげんじ六万よきをおほてからめて二てにわけてぞむかはれけ
るまづおほてのたいしやうぐんがまのおんざうしのりよりにあひしがたふひとびとにはたけだのたらうのぶよしかがみのじらうとほみつ
そのこのこじらうながきよ一でうの二らうただよりいたがきの三らうかねのぶゐざはの五らうのぶみつへんみのくわんじやありよしやすだの三
らうよしさだやまなの三らうよしゆきさぶらひたいしやうにははたけやまのしやうじじらうしげただしやていながのの三らうしげきよおなじきうぢかはごえの
たらうしげよりちやくしのげんだかげすゑじなんへいじかげたか三らうかげいへこやまのこ四らうともまさながぬまの五らうむねまさゆふき
の七らうとほみつさぬきの四らうたいふひろつなをのでらのぜんじたらうみちつなしやうの三らうただいへおなじき四らうたかいへかはらのたらう
たかなほおなじき二らうもりなほてつしがはらの五三らうありなほしほのやの五らうこれひろささきの三らうもりつなおなじき四らうたかつなおとうと
の五らうよしきよなかむらのたらうときつなそのこのこ四らうありつなしひなのこ四らうありたねえまのこ四らうよしときそがのた
らうすけのぶえどの四らうのぶすけくげのじらうしげみつせうだいの八らうひろつなたまゐの四らうしげつなをさきとしてつがふそのせい
五万よきじゆえい三ねんきさらぎ四かのとらうのこくにみやこをたちてそのひのさるとりのこくにはつのくにこやのに
P397
ぢんをぞとりたりけるからめてのたいしやうぐん九らうおんざうしよしつねにあひしたがふひとびとにはたしろのくわんじやのぶつなおほうちのた
らうこれよしやまなのくわんじやのりよしさぶらひたいしやうにはどひのじらうさねひらちやくしのいやたらうとほひらいなげの三らうしげなりはん
がへの四らうしげとももりの五らうしげゆきくげのごんのかみなほみつあまなの十らうなほつねさはらの十らうよしつらかねこの十らういへ
ただおとうとのよいちちかのりをかべの六やたただずみゐのまたのこへい六のりつなくまがへのじらうなほざねちやくしのこじらうなほいへひら
やまのむしやどころすゑしげをざはのじらうひろゆきおほかはつのたらうよしゆきはらの三らうきよますわたりやなぎのいや五らうきよただたたら
の五らうときはるそのこの四らうみつはるひぢやの三らうたかすけおとうとの五らうたかみつなりたの五らうかげしげべつぷこたらうきよしげ
おんざうしのてらうどうにはあうしうのさとう三らうつぎのぶおなじき四らうただのぶかたをかのたらうちかつねげん八ひろつないせの三らう
よしもりむさしばうべんけいをさきとしてつがふそのせい一万よきおなじきひのおなじときにみやこをたちて二かぢを一
にちにかけてたんばとはりまのさかひなる三くさのやまのひがしのやまぐちをのはらにぢんをぞとつたりけるへいけの
かたにもこのよしをききてさらばまづこれをふせげやとてたいしやうぐんにはこまつのしん三ゐのちうじやうすけもりしんせうしやうあり
もりたんごのじじうただふさびつちうのかみもろもりさぶらひたいしやうにはゑつちうのぜんじもりとしじらうびやうゑもりつぎかづさの五らうびやうゑ
ただみつをさきとしてつがふそのせい三千よきみくさのやまのにしのやまぐちにおしよせてぢんをぞとりたりける
げんぺいたがひに三りのやまをへだててささへたりかかりけるところにそのひのよにいりて九らうおんざうしよしつねど
ひのじらうをめしてへいけは三千よきにてにしのやまぐちをかためたんなるぞこんやようちにやすべきまたあ
すのいくさにてもやあるべきとのたまふところにここにいづのくにのぢうにんたしろのくわんじやのぶつなすすみいでてまをされけ
P398
るはかたきは三千よきみかたは壱万よきおんせいもはるかにまさりたりひるいくさにてはへいけのたいぜいかさなつ
ていよいよみかたのおんだいじなるべしこんやようちよかんぬとおぼえさふらふいかにどひどのいしうもまをさせたまひ
たるたしろどのかなさねひらもずゐぶんかうこそまをしたうさふらひつれはやはやうちたたせたまへとて二かぢを一
にちにうちてむまもひともせめつかれたりけれどもまたむまのはるびをかためかぶとのををしめてぞうつたたれける
そもそもこのたしろのくわんじやとまをすはいづのさきのこくしちうなごんよりつなのあそんのこなりけりいづのくにのぢうにんかのの
すけみつしげがむすめにあひぐしてまうけられたりしをははかたのおほぢにあづけられてぞゆみやとりとはなさ
れたるそのせんぞをたづぬるにご三でうのゐんのだい三のわうじすけひとのしんわうには五だいのすゑなりけりぞくしやう
もよかりけるうへゆみやをとつてもゆゆしかりけりさればいしばしのかつせんのときも一ぱううちやぶつて
はがねをあらはされしひとぞかししかるをこんどかまくらどの九らうがゆくへをみつきたまへとておんざうしに
はそへられたりかかりけるところに九らうおんざうしよしつねまたどひの二らうをめしてれいのおほたいまつはいかにと
のたまへばさることさふらふとてたてをわつてたいまつにしをのはらのざいけにひをぞかけたりけるこれをはじめと
してのにもやまにもくさにもきにもつけたりければひるにはすこしもたがはずへいけはこれをばゆめにも
しらずしていくさにむまねぶればゆゆしきだいじぞこんやはよくねてあすのいくさをせよやとてあるひはえびら
をといてまくらとしあるひはかぶとをふせてまくらとしぜんごもしらずぞうちとけたるそのよのねのこくばかりにう
へのやまよりときをどつとつくつてばつとおとすへいけはおもひもかけぬときのこゑにおどろきてむまよ
P399
くらよたちよかたなよなんどひしめきけるまんなかをげんじ一万よきかけわつてこそとほりけ
れへいけのかたのつはものども五百よにんぞうたれにけるさるほどにへいけのかたのたいしやうぐんしん三ゐどのやしんせうしやうどのや
たんごのかうのとのははりまのたかさごのうらよりおんふねにめしてさぬきの八しまへわたらせおはしましさふらひ
ぬびつちうのかみのとのばかりこそいちのたにへかへらせたまひておほいとのにこのよしまをさせたまひたりければおほいとの
あきのうまのぜうをもつてこんどやまのてのやぶれてさふらふにめんめんむかはるべうさふらふとのたまひつかはされたりけ
れどもおのおのじしまをされけりおほいとのまたのとどののもとへししやをたてこんどやまのてやぶれてさふらふにめん
めんむかはるべうさふらふとまをしさふらへどもおのおのじせられさふらふこんどもまたのとどのむかはるべうさふらふとのたまひつか
はされたりければのとどののごへんじにはいくさのならひわがみひとりのだいじとおもひきつたるだにあは
ひあしければかたきにうしろをみするならひありましてさやうにかねてよりむまのあしぎら(イ足立)のよから
んかたへはむかはむあしからんかたへはむかはじなんどさふらひてはいくさにかつことはひとたびもさふらふまじた
だいくたびもこはからむずるかたへはのりつねをさしむけられさふらへ一ぱううちやぶりてげんざんにいらうずるさふらふとぞ
のたまひけるつかひかへりてこのよしまをしたりければおほいとのなのめならずよろこびたまひてさらばてどもをむけよやとて
しんちうなごんとももりほん三ゐのちうじやうしげひら二にんたいしやうぐんにてつがふそのせい五百よきおほていくたのもりへぞむか
はれけるさつまのかみただのりたじまのかみつねまさわかさのかみつねとし三にんたいしやうぐんにてつがふそのせい四万よきいちのたにの
にしのきどへぞむかはれけるゑちぜんの三ゐみちもりのとのかみのりもり二にんたいしやうぐんにてつがふそのせい一万よき
P400
いちのたにのうしろひえどりごえのたうげへからめてにこそむかはれけれさるほどにゑちぜんの三ゐみちもりはのとどののかりや
かたへきたのかたをむかへてこしかたゆくすゑのことどもをかたりあひてたがひになぐさめあはれけるところにのとどの三
ゐのかたへししやをたててここはこはきところとてのりつねをあんないしやにさしむけられてさふらふがまことにこはかるべ
しうへのやまよりかたきがばつとおとしたらばゆみをもちたりともやをはげまうけてはかなふまじや
をはげさふらふともひきまうけてはかなふまじさやうにうちとけさせたまひてはいぬじにせさせおはしまし
さふらひなんずはやはやうつたたせたまへとのたまひつかはされたりければ三ゐさてはとてきたのかたをば
ふねへおくりたてまつてやがてもののぐしてぞうちたたれけるおなじき五かのひのよにいりてすずめのまつばらみかげ
のまつこやののあたりをみわたせばげんじてんでにとほびをたくはれたるそらのほしのごとしへいけもむか
ひびたけやとてかたのごとくのぢんのかがりをぞたいたりけるふけゆくままにこれをみればかはべのほたるにことならず
鵯越 909
おなじき六かのひのまんだあさ九らうおんざうしよしつねは一万よきのせいを二てにこそわかたれけれまづど
ひのじらうさねひらに七千よきをさしそへてはりまぢのなみうちぎはよりいちのたにのにしのきどぐちへまつさきにこ
そさしむけられけれわがみは三千よきのせいにていちのたにのうしろひえどりごえのたうげにうちのぞんでみたまひける
P401
にたやすくおとすべしともみえざりけりつはものどもこはいかにこれはきこゆるあくしよにてあんなるものをい
かがはせんとぎするところにここにむさしのくにのぢうにんひらやまのむしやどころすゑしげすすみいでてまをしけるはこのやまのあんないを
ばすゑしげこそよくしつてさふらへとまをしたりければおんざうしごへんはとうごくむさしのくににておひそだちたる
ひとのけふはじめてむかふさいこくのやまのあんないはまことしからずとのたまへばひらやまかさねてまをしけるはこはご
ぢやうともおぼえさふらはぬものかなよしのはつせのはなもみぢをばみねどもかじんがしりかたきのこもりたるじやうのうしろのやまの
あんないをばがうのものがしりさふらふとまをしたりければおんざうしこればうじやくぶじんなりとてぞわらはれけるどう
ごくのぢうにんべつぷのこたらうきよしげしやうねん十八さいになりけるがすすみいでてまをしけるはおやのにふだうのをしへさふらひし
はやまごえのかりをもせよまたかたきにもおそはれよみやまにまよひたらんずるときはらうばにたづなむすんでうちか
けたいぜいがまつさきにおひたててゆけかならずみちへいづるとこそをしへさふらひしかとまをしたりければ
おんざうしこれまたやさしうもまをしたるものかなゆきはのはらをうづめどもおいたるむまぞみちはしるといふ
ことありとてしろあしげなるらうば二ひきにたづなむすんでうちかけたいぜいがまつさきにおひたてていまだし
らぬみやまへこそわけいりけれころはきさらぎはじめのことなればみねのしらゆきむらぎえてはなかとみゆる
ところもありたにのうぐひすおとづれてかすみにまよふところもありのぼればはくうん(イ雪)かうかうとしてそびえくだればせいざん
ががとしてきしたかしまつのゆきだにきえやらでこけのほそみちかすかなりあらしにたぐふをりをりはばいくわとも
またいつつべしやまぢにひくれぬればたいぜいみなさんちうにおりゐてぢんをぞとつたりけるかかりけるP402
ところにむさしばうべんけいそのへんなるところよりらうおうを一にんたづねいだしてまゐりたりおんざうしあれはいかにとのたまへ
ばこれはこのやまのとしごろのれふしにてさふらふとまをすおんざうしさてはこのやまのあんないをばよくしつたるらんこれよりへい
けのこもりたるいちのたにのうしろひえどりごえのたうげをおとさばやとおもふはいかがあるべきとのたまへばそれおもひも
よらぬおんことさふらふ三十ぢやうのたに十五ぢやういはさきなんどまをすはひとへにびやうぶをそばだてたるがごとしそのほかおとしあなど
もほつてあひまちまゐらせさふらふなればかちにてだにもゆゆしきおんだいじましておんむまにてはおもひも
よらぬおんことさふらふおんざうしししはあるかししはいくらもさふらふせけんあたたかになりさふらへばくさのふかみに
ふさんとてはりまのししはたんばへこえよのなかさむくなりさふらへばゆきのあさりにはまんとてたんばのししは
はりまのいなみのへいでさふらふとぞまをしけるおんざうしすはすはよかんめるはししのかよはむところなどかむま
のかよはるざるべきやうやあるさらばなんぢやがてあんないじやせよやとのたまへばこれはとしおいていかにもか
なひがたしおんざうしこはあるかさんさふらふさらばそれにあんないじやせさせよとのたまへばうけたまはつてくま
わうまるとてしやうねん十六さいになりけるをおんざうしへたてまつるおんざうしなのめならずよろこびたまひてよきよろひき
せよきむまにのせてやがてあんないじやにこそめしぐせられけれそののちおんざうしかまくらどのにおんなかたがは
せたまひてあうしうひらいづみにてうたれさせたまひしおんときまでもおんともまをしてうちじにしたりしわしのをの四らう
よしひさとはこれなりけりちちをばわしのをのしやうじたけひさとぞまをしけるかかりけるところにむさしのくにのぢうにんくまがへ
のじらうなほざねはおなじき六かのひのよにいりてちやくしのこじらうなほいへをようでいひけるはあすはきこゆる
P403
あくしよをおとさんずればうちこみのいくさにてたれさきといふこともあるまじいざやこよひよもすがらはりまぢの
なみうちぎはにうつていでいちのたにのにしのきどぐちへまつさきにおしよせばやとおもふはいかがあるべきといひ
ければこじらうこのぎもつともゆゆしうさふらひなんずさらばやがてうちたたせたまへとぞまをしけるくまがへひら
やまもうちこみのいくさをばこのまぬものなればゆきてみよとてらうどうをつかはしてみせけるに
あんのごとくひらやまももののぐしてうちたちけるがこんどいちのたにによせたらんにはひとをばしるべからずすゑ
しげにおいてはひつとひくもひくまじきものをひくまじきものをとひとりごとしてぞいでたちけるらうどうがむま
にものかふとてにつくいむまのながぐらひかなとてうちければひらやまききてかうなせそかまくらどの
のおんまへをまかりいづるときこんどさいこくにまかりむかうてさふらはばさだめてうちじにつかまつるべきよしをまをしきつ
ていでたるなりさればそのむまのなごりもこよひばかりぞといふをききてらうどうはしりかへりこのよしかくと
かたりければくまがへさればこそとてぞいでたちけるくまがへがそのよのしやうぞくにはかちのひたたれにくろかは
をどしのよろひをきしろきほろかけてごんだくりげにこそのつたりけれちやくしのこじらうなほいへはおもだかを
一しほすつたるひたたれにひをどしのよろひきせいろうとなづけたるしらつきげにこそのつたりけれはたさしは
きぢんのひたたれにこざくらをきにかへしたるよろひをきしらあしげにこそのつたりけれあすはおとさんずる
あくしよをばゆんでになしめてについてうつほどにとしごろひともかよはぬたゐのはたといふふるみちにかかりてよ
もすがらはりまぢのなみうちぎはにぞうちいでたるどひのじらうさねひらが七千よきにてしほやのはまといふP404
ところにひかへてよのあくるをまちけるところをもまぎれてうちとほりいちのたにのにしのきどぐちへまつさきにこそおし
よせたれいまだねのこくばかりのことなりければじやうのうちにはひかすかにみえてしづまりかへりておとも
せずあまりによふかによせたればうしろにつづくせいもなくたまたまこととふものとてはなぎさによするなみ
のおとすさきの千どりのこゑばかり
熊谷平山が一二の懸 910
くまがへいかにこじらうよがうのものはわれ一にんとおもふべからずこのへんにもさきかけばやとおもふもののい
くらもひかへてよのあくるをまつらんぞいざなのらんとてかいだてのきはにむまのはなつかするほどにおしよ
せあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれはむさしのくにのぢうにんくまがへのじらうなほざねちやくしのこじらう
なほいへこんどいちのたにのせんぢんぞやとぞなのりたるくまがへいまはひらやまもちかづきぬらんものをなうれこじらうといひ
もあへずうしろをかへりみければむしやこそ二きいできたれあれはたそひらやまどのかすゑしげよくまがへどのかなほざね
よいつよりぞよひよりよとぞこたへけるすゑしげもとうによすべかりつるをなりた五らうにたばかられて
いままでちちしてさうつるなりなりたがみちすがらいふやうぞいかにひらやまどのあまりにさきかけはやり
なしたまひそいくさのさきをかくるといふはみかたのせいをごぢんにちかづけてわがかうみやうをもひとのふかくをもたがひ
にみえたればこそせんにてはあれふかいりしてうたれてなにのせんぞといふあひだすゑしげげにもとおP405
もひこさかのすこしありつるにうちあげてむまをくだりかしらにたててみかたのせいをあひまつところに
なりたもともにいそがはしげにていできたりいかさまにもこれにすゑしげにものいはんずるかとおもひた
ればさはなくてすゑしげがかたをすげなげにみなしてうちすぎむとするあひだどこをもつてわぎみはすゑ
しげをばたばかるぞとい〔ひ〕すてて三四たんさきたちたるなりたを五たんばかりひきよけてもみにもうでよせ
たればいまはそのものども十四五ちやうぞさがりたるらんうしろかげをだによにしみたりしものをとかたつて
くまがへひらやまかれこれ五きになつてぞひかへたるくまがへいぜんになのりつれどもまたひらやまがあるにとおもひてかい
たてのきはにむまのはなつかするほどおしよせあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれはむさしの
くにのぢうにんくまがへのじらうなほざねちやくしのこじらうなほいへこんどいちのたにのせんぢんぞやとぞなのりたるじやうちうにはこの
よしをききていざよひよりなのるくまがへおやこひつさげてこんとてすすむつはものにはたれたれぞゑつ
ちうのぜんじもりとしじらうびやうゑもりつぎかづさの五らうびやうゑただみつごとうないさだつなまなべの四らうをさきとしてむねとの
つはもの廿三ききどをひらかせてきつていでさんざんにこそたたかひけれひらやまがそのよのしやうぞくにはしげめゆひのひたたれ
にあかがはをどしのよろひをきうすくれなゐのほろかけてちばのすけのてよりえたりしあかすげにこそのりたりけれ
はたさしはふたつびきりやうのひたたれにあらひがはのよろひをきさびつきげにこそのりたりけれひらやまもさらばなのらばやと
あぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれはさんぬるはうげんへいぢりやうどのかつせんにうちかちてかうみやう
しきはめたるむさしのくにのぢうにんひらやまのむしやどころすゑしげありとはしらずやとののしつたりければじやうのうちにP406
はこのよしをききてこはくまがへばかりかとおもひたればまたひらやまとなのるはてこはしとやおもひけんじやうの
うちへばつとひきしりぞきかたきをとざまになしてぞふせぎけるくまがへおやこはたちのきつさきをまつかふにあてていよ
いよまへへはすすめどもうしろへはひつとあしもひかざりけりくまがへはむまをいさせておりたつてぞたたかひけ
るちやくしのこじらうなほいへもめてのこがひなをいさせむまよりおりちちとならうでぞたつたりけるくまがへい
かにこじらうよておひたるかさんさふらふやぬいてたべといひければふかくにんかなしばしこらへよ
かぶとのしころをつねにうちふれてへんいさすなよろひづきをつねにせよやにうらかかすなとぞ
をしへけるくまがへひごろこじらうをばあらきかぜにもあてじとこそおもひしにいつしかけふいくさばにて
はただしねやしねとぞいさめけるそののちくまがへまただいおんじやうをあげてきよねんのふゆびつちうのみづしま
はりまのむろやま二ケどのいくさにうちかつてかうみやうしきはめたるとののしるなるゑつちうのせんじもりとしじ
らうびやうゑもりつぎかづさのあく七びやうゑかげきよはなきかのとどのはおはせぬかかうみやうをもふかくをもひとによつ
てぞするひとごとにあうてのかうみやうをばえせじものをくまがへにくめやひらやまにおちあへやとののしりけ
れどもこたふるものもなかりけりくまがへはのりかへにのりてぞたたかひけるなかにもゑつちうの二らうびやうゑもりつぎは
こむらごのひたたれにひをどしのよろひをきくはがたうつたる五まいかぶとのををしめいかものづくりのたちをはき廿四さしたる
おほなかぐろのやおひぬりごめどうのゆみもちてれんせんあしげなるむまにきんぷくりんのくらおいてのつたりけるがじやうのうちへひいて
いるくまがへいかにあれはゑつちうのじらうびやうゑとこそみれまさなうもかたきにうしろをみするものかなかへせやP407
かへせといひけれどもいいやさもさうずとてひいているかづさの五らうびやうゑただみつあく七びやうゑかげきよくまがへ
にくまむひらやまにおちあはんとののしりけるをゑつちうのじらうびやうゑきみのおんだいじこれにかぎらじあれほどの
ふてものにあうてくんでうたれてなにのせんぞといふあひだ五らうびやうゑもあく七びやうゑもくまざりけりじやうのうち
よりあめのふるやうにいいだしけるやなりけれどもげんじのせいはすくなくやにもあたらずかけまはる
そのうへじやうのうちにはむまにのりたるはすくなくかちだちはおほかりけりへいけのひとびとののりたるむまはかふことはまれ
なりのることはしげかりけりふねにひさしくたておきたればみなすくんでえりきつたるがごとくなりくまがへひらやまが
のりたるむまはかひにかうたるだいのむまひとむちあてばむまもひともみなけたふされぬべかりければくまがへにく
めやひらやまにくめやくめとののしりけれどもよつくくむものさらになしひらやまははたさしをうたせておほきに
はらをたてじやうのうちにかけいりぶんとりしてこそいでにけれそのあひだにくまがへもむまのいきをやすめこれもじやうのうちにか
けいりぶんどりあまたしてこそいでにけれくまがへさきによせつれどもきどをひらかねばかけいらずひらやまうしろによせ
たれどもきどをひらけばかけいりけりさてこそくまがへひらやまが一ぢん二ぢんをあらそひけれこれをはじめ
としてなりたの五らうかげしげ卅きばかりにていできたりどひのじらうさねひら七千よきにてよせきたるしらはたあかはた
あひまじはつてひいづるほどにぞたたかひけるいちのたにのいくさはさかりなりけれどもおほていくたのもりのいくさはいま
だはじまらず
P408
梶原が二度の懸 911
さるほどにむさしのくにのぢうにんかはらのたらうたかなほおなじきじらうもりなほとてこんどおほていくたのもりにさふらひけるがおなじ
ききさらぎ六かのひのよにいりてかはらのたらうおとうとのじらうをようでいひけるはだいみやうこそわれとてをお
ろさざれどもらうどうのかうみやうによつてくんこうのしようにもあづかれわれらがやうにみふせうなるものはわれとて
をおろさではいかにもかなふまじさればうのこくのやあはせとはさだめられたりしかどもまつがあまりに
ひさしければたかなほは一にんなりともじやうのうちにかけいりうちじにせんとおもふなりごへんはこれよりふるさと
にくだりてさいしどもにこのよしかくとかたるべしといひければもりなほきいてなみだをながしこはくちをしきことをものたま
ふものかなただおとどひさふらふものがあにをかつせんのばにみすててひとりふるさとへくだつたらばなにほどのことかさふらふべ
きこれもいつしよにてうちじにさふらふとまをすかはらのたらうさらばとてかずのかたみをばげにんのをとこにふるさとへくだし
ただおとどひむまをもはなれゆんづゑをつきいくたのもりのさかもぎをのぼりこえてじやうちうへぞいりたりけるまだうし
のこくばかりのことなりければじやうのうちにはひかすかにみえてしづまりかへつておともせずかはらのたらうゆん
づゑをつきだいおんじやうをあげてこれはむさしのくにのぢうにんしのたうにかはらのたらうきさいちのたかなほおなじきじらうもりなほと
てこんどおほていくたのもりのせんぢんぞやとぞなのりたるじやうのうちにはこのよしをききてあつぱれとうごくのつはもの
どもほどたけうやさしかりけるものあらじこのたいぜいのなかへたんだふたりうちいりたればなにほどのことかあP409
るべきたんだおいてあいせよやとてあひしらふものこそなかりけれかはらのたらうやたばねといてお
しくつろげさしつめひきつめさんざんにいけるにじやうのうちのつはものおほくいころさるじやうのうちにはこれをみ
ていやいやこれらこそあいしにくけれそのぎならばあますなもらすなうちとれとてたいぜいうんかのご
とくみだれいづるそのなかにびつちうのくにのぢうにんまなべの四らう五らうとてきやうだいありあにの四らうをばいちのたにに
おかれたりおとうとの五らうはいくたのもりにさふらひけるが三にんばりに十三ぞくのなかさしとつてうちつが
ひよつぴいてひやうといるをりふしかはらがふりあふのいてたつたりけるうちかぶとをしたたかにい
させてひるむところをおとうとのじらうつつとよりあにをかたにひつかけてさかもぎをのぼりこえむとしける
ところをまなべがにのやにひざのふしをしたたかにいさせてきやうだいまくらをならべてどうとふすそののちまなべが
らうどうおちあひてかはらきやうだいがくびをとりてたいしやうぐんにみせたてまつるしんちうなごんとももりあつぱれがうのもののてほんかな
いちにんたうせんともこれらをこそいふべけれあつたらものいましばしいけてみてとぞをしまれけるその
のちかはらがげにんのをとこどもみかたのせいのうちにはしりいりてかはらどのこそただいまじやうのうちへかけいらせたまひてうた
れさせおはしましてさふらへとこゑごゑによばはつたりければかぢはらこのよしをききてぢたいこれはしの
たうのとのばらのふかくにてこそかはらきやうだいをばうたせたれそのぎならばときつくれやとてかぢはらがてぜい五
百よきときをつくりければみかたの五万よきもときをつくるじやうのうちの五万よきもおなじうときのこゑ
をぞあはせたるたがひに十万よきがときのこゑにはてんもひびきだいちもゆるぐばかりなりたがひのときのこゑも
P410
しづまりしかばかぢはらがじなんへいじかげたかちちにはかくともいはずしてじやうのうちへをめいてかくかぢはらし
しやをたててみかたのせい一きもつづかざらんにさきかけたらむずるものにはくんこうあるまじきぞとのたいしやう
ぐんよりのごぢやうにてあるぞといはせければへいじしばらくひかへて
もののふのとりつたへたるあづさゆみひいてはかへすものならばこそ
とまをさせたまへといひすててまたをめいてかくかぢはらさるにてもへいじうたすなかげたかうたすなすす
めやものどもつづけつはものとてかぢはらがてぜい五百よきじやうのうちへをめいてかくじやうのうちにはこれ
をみてかぢはらはとうごくにきこえたるものぞあますなもらすなうちとれとてたいぜいがまんなかにとりこめたり
されどもかぢはらことともせずにしよりひがしへひとわたりきたよりみなみへひとわたりとつてはかへしわつてはとほり
さんざんにたたかひいつぱううちやぶつていでたれば五百よきとはみえしかども五十きばかりにぞなりにける
かぢはらこはいかにげんたがみえぬはといひければらうどうのまをしけるはささふらへばこそげんたどのはきたのやまぎ
はにかけいらせたまひてかたき八きがうちにとりこめられさせたまひてさふらひつるがいまはさだめてうたれてぞまし
ましさふらふらんとまをしければかぢはらきいてなみだをながしかげときいくさしてよにあらんとおもふもこどもをおもふため
なりげんたをうたせてかげときよにありてもなににかはせんさるにてもいまいちどげんたがゆくへを
たづねむとてまたじやうのうちへかけいらんとしけるにたいぜいうんかのごとくにみだれあひてたやすくかけいるべきやうも
なかりければかぢはらたいぜいのかたにかけむかひあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげてこれはむかし八
P411
まんどののおんときではのくにせんぷくかねざはのじやうをせめさせたまひしとき十六さいにてさきをかけゆんでのまなこをいさ
せそのやをぬかでをりかけたうのやをいてがうのざしきにつきたりしかまくらのごん五らうかげまさには
五だいのばちえふさがみのくにのぢうにんかぢはらへい三かげときありとはしらずやとののしりたりければかたきもなにやおそれけ
んはつとあけてぞとほしけるそののちかぢはらまたじやうのうちへかけいりかしこここをかけまはりかけまはりみけ
るにげにもげんたはきたのやまぎはにかけいりかたき八きがうちにとりこめられてかぶとをもはやうちおとされおほわらは
になつて二ぢやうばかりそびえたるいはをうしろにあてここをさいごとたたかひけるかぢはらいかにげんたかげときここに
ありあひかまへてしぬるともかたきによわげみすなとちちにことばをかけられてげんたいよいよかなはへてま
つしぐらにこそたたかひけれかぢはらさるにてもげんたうたすなかげすゑうたすなすすめやものどもつづけ
つはものとてかぢはらがじなんへいじかげたか三らうかげいへおやこ四にんして八きのかたきをうちとりゆみやとりはかくるもひく
もをりにこそよれいざうれげんたとてかいぐしてこそいでにけれそれよりしてぞかぢはらがにど
のかけとぞまをしける
あひ 912
これをはじめとしてたんゐのまたちちぶかはごえむらやまたうのつはものどもなのりかへなのりかへいれかへいれかへせめたたかふげんぺい
たがひにときつくるこゑうみをひびかしやまをうごかすむまのかけちがふおとはいかづちのごとしたちなぎP412
なたのひらめくかげはいなづまにことならずとほきをばゆみにていちかきをばたちにてきるくまでにかけ
てとるもありとらるるもありひつくんでさしちがへしぬるものもありけりあるひはとつておさへ
くびをうるもありとらるるもありあるひはいたでおうたるをかたにひつかけかたはらへひきしりぞくものもありい
まだうすでおひてここをさいごとたたかふものもありけりげんぺいりやうけのつはものどもいづれひまありともみえざりけ

坂落し 913
ここにむさしのくにのぢうにんえどの四らうのぶすけはじやうのうちにみかたありともしらずしてとほやをよつぴいてい
けるにははかたのをぢふぢたの三らうたいふゆきやすがふかいりしてたたかひけるうちかぶとをしたたかにいさせて
ひるむところをじやうのうちよりあはのみんぶしげよしがおとうとさくらばのすけよしとほおちあひてふぢたがくびをばとつてんげり
かかりけるところにいちのたにいくたのもりとうざいのきどぐちばかりにてはいかにもかなふべうもみえざりけるに
九らうおんざうしよしつねは三千よきのせいにておなじききさらぎ七かのひのうのこくにへいけのこもりておはしける
いちのたにのうしろひえどりごえのたうげにうちのぞんでみたまひけるにたやすくおとすべしともみえざりけりせいにやおそれたりけ
むをしか二めか一つへいけのぢんへぞおちたりけるへいけのかたにはこれをみてこはいかにさとちかか
らんししだにもこのたいぜいにおそれてはやまふかくこそいるべきにやまよりししのおちたることこそあやしけれ
P413
いかさまにもこれはからめてのせいのまはるにこそとてさわぎののしることなのめならずここにいよのくにのぢうにんに
たけちのむしやどころきよのりそれはなにものにてもあれかたきのかたよりきたらんずるものをのがすべきやうなしと
てゆみおしはりやかきおひむまひきよせうちのりてまづまつさきにはしりけるをしかのまんなかいてぞ
とどめけるそこしもあくしよなりければたづなをひらくにおよばずゆみのもとをやこしたりけむめ
てのくつばみいけづりてつぎなるししもとどめけりめかをばいてぞとほしけるこころならずかりしたりしし
めせやとのばらといひければゑつちうのぜんじもりとしこのよしをききてせんなきとのばらのただいまのししのいやうか
なやだうなにとぞまをしけるおんざうしはここをおとさんとしたまひけるがまづはかりごとにかげなるむま一
ぴきしらあしげなるむま一ぴき二ひきにたづなむすんでうちかけたいぜいがまつさきにおひおとされたりければ
かげなるむまはいかがはしたりけむあしうとんでこしをつきそんじてんげりしらあしげなるむまはゑつちう
のぜんじもりとしがやかたのまへにさうゐもなくおちつきてみぶるひしてこそたつたりけれへいけのさぶらひどもこの
よしをみつけてさきにししのおちたるだにあやしきにまたぬしもなきくらおきむまの二ひきまでおちたること
こそふしぎなれいかさまにもこれはからめてのせいのちかづくにこそとておほきにさわぎあはれけりおんざうしこの
よしをみたまひてむまはぬしがのりてこころえておとさばよからんずるぞくはくはよしつねはまづおとすぞとて
たづなかいくりたいだいがまつさきにこそおとされけれ三千よきのつはものどももこのよしをみてつづいておとし
けるがそこしもこいしまじりのすなごなりければながれおとしに二ちやうばかりさらさらさつとP414
おとしてすこしだんなるところにゆらへたりそれよりうしろをかへりみければみねたかうしてたやすくかけあ
がるべしともみえざりけりそれよりしもをみわたせばだいばんじやくにこけむしてつるべおとしに十
四五ぢやうぞおとしたるつはものどもこはいかにこれはきこゆるあくしよにてあんなるものをかたきにあうてこそ
しにたけれあくしよにおちてはしにたからずこはいかがはせむとぎするところにここにさがみのくにのぢうにんみうら
のさはらの十らうよしつらしやうねん十八さいになりけるがあぶみふんばりつつたちあがつてまをしけるはわれらがみうらのかたに
てかりせしときはうさぎ一ぴきみつけことり一つおひたててだにあさゆふかやうのところをこそはせありきしかおもへば
これはみうらのかたのばばやとてたづなかいくりたいぜいがまつさきにこそおとしけれ三千よきのつはもの
どももこれをみてまたつづいておとしけるがせんぢんにおとすつはもののかぶとのはちはごぢんにおとすつはもののあぶみのはなに
からりからりとぞあたりけるいむけのそでをひつちがへゆみのはずをとりちがへてあまりのいぶせさに
めをふさぎえいえいごゑをしのびにしてゑつちうのぜんじもりとしがやかたのまへにさうゐもなくおちつきてしら
はた三十ながればかり一どにばつとさしあげときをどつとぞつくりける三千よきがこゑなりしかどもやまびここたへて
十万よきとぞきこえけるここにしなののくにのぢうにんむらかみのじらうはんぐわんだいもとくにがてよりもたてをもつてたい
まつにしゑつちうのぜんじもりとしがやかたにひをぞかけたりけるをりふしきたかぜはげしくしてやかたやかたにくろけぶり
おしかけたりへいけはかならずかたきがいおとしきりおとさざれどもけぶりにむせびむまよりおちてたふれふ
すもしやたすかるとまへのなぎさにおりくだるなぎさにはたすけぶねどもおほかりければおもひおもひひとびとに
P415
とりのりておちゆかばよからんずるをふね一さうにもののぐむしやが四五百にん千にんばかりとりのりておちゆかんに
なじかはよかるべきなぎさ三ちやうばかりおしいだしおほぶね三ざうしづんでひと一にんもたすからずおほいとのこの
よしをみたまひてしかるべきひとをばのるともつぎざまのひとをばのすべからずとのたまへばうけたまはつてしかるべ
きひとののらむとしけるをばてをさづけちからをあはせてひきのせけりまたつぎざまのものののらむとしけるを
ばたちなぎなたにてふなばたをぞながせけるかくあるべしとはしりながらかたきにあうてはしなずしてのせ
じとするふねにのらむとてあるひはかひなきりおとされあるひはゆびなぎおとされそのみはあけになつてなぎさにたふれふしを
めきさけぶことなのめならず
越中の前司が最後 914
のとどのはいちどもふかくしたまはぬひとのこんどやまのてやぶられてめんぼくなくやおもはれけむうす
ずみといふむまにのりただいつきなぎさをにしへおちられけるがはりまのたかさごよりおふねにめしてさぬきのやしま
へわたらせおはしましさふらひぬおんあにゑちぜんの三ゐみちもりはくりげなるむまにのりさぶらひにくんだたきぐち
ときかずばかりをめしぐししうじう二きうちつれてなぎさをにしへおちられけるところをあふみのくにのぢうにんきむらのげん三なりつな
となのりてしうじう七きにておひかけたてまつる三ゐとつてかへしさんざんにたたかひかたき三ききつておとしわがみはきむら
のげん三なりつなにくんでうたれたまひぬなかにもゑつちうのぜんじもりとしはかちのひたたれにひをどしのよろひをきかげ
P416
なるむまにのりただ一きなぎさをにしへおちけるがいづくへゆかばのがるべきかとてかしこここにひかへひかへ
しけるところをここにむさしのくにのぢうにんゐのまたのこへい六のりつなとなのりてあつぱれよからんかたきがないまいちどくま
ばやとおもひかしこここをかけまはりかけまはりみけるところにここにゑつちうのぜんじをみつけてゑしやくもなくひつ
くんでどうとおつゑつちうのぜんじはひとめには三十にんがちからをあらはしけるがないないは六十にんして
あげおろしけるふねをただひとりしてたやすくあげおろしければひと六十にんがちからとぞまをしけるゐのまたもをしか
のつのの一二のくさかりをばたやすくひきもぎなんどしてとうごくにはきこえたるだいりきのがうのものなりける
がゑつちうのぜんじにとつておさへられものをいはんとするにいきいですかたなをぬかんとすれどもてすくん
でぬかれざりければゐのまたこころにおもふやうたうじのりつなをこれほどまでてごめにすべきものこそおぼえ
ねいかさまにもこれはへいけのかたにさしもおにがみのやうにきこえたるゑつちうのぜんじもりとしじらうびやうゑもり
つぎかづさのあく七びやうゑかげきよかさらずばのとどのにこそとおもひければゐのまたいきのしたにてまをしけるはかたきを
ばそんぢやうそのくにのそれがしたれがしなんどなのりなのらせてうたればこそせんにてはさふらへ
ただしいぜんになのつつるはしききたまひてんやといひければゑつちうのぜんじげにもとおもひこれはもとはいち
もんたりしがみふせうなるによりてさぶらひとなりたるゑつちうのぜんじもりとしといふものなりさてなんぢはいかなるものぞ
といひければさんさふらふこれはむさしのくにのぢうにんにゐのまたのこへいろくのりつなとてしやうねん十八さいにまかりなるゑつちうのぜん
じさてはあんへいにおもひすこしおしくつろげさてきこゆるだいりきとはわぎみがことかさんさふらふこんどのいくさ
P417
のやうをみさふらふにげんじかちいくさへいけまけいろにみえさせたまひてさふらへばあはれのりつながいのちをたすけさせお
はしましさふらへかしごいちもんいくたりもおはせよこんどののりつながいくさのくんこうにまをしかへてたすけまをさんず
るものをといひければゑつちうのぜんじきたないわぎみがいひごとかなへいけいまさらげんじたのまんともおもはず
げんじもまたへいけにたのまれむとはよもおもひたまはじとてまたとつておさへてくびをかかんとしけれ
ばゐのまたもさるおそろしきものなりければすこしもさわがずにつことうちわらひなうまさなやかうにん
のくびとるやうやさふらふといはれてゑつちうのぜんじげにもとおもひとつてひつたてよろひについたるすなうちは
らひたのくろのありけるがうしろはごみふかきぬまたのまへはすこしひあがつてはたけのやうなるところに
こしうちかけあしさしおろしよろひむしやが二にんたがひにいきついてゐたりけるところへひとみの四らう三十き
ばかりにていできたるゑつちうのぜんじきたるかたきをめもはなたずまぼりければゐのまたあれはすこしもくるしう
さふらふまじのりつながいとこにひとみの四らうとまをすものにてさふらふがさだめてのりつなをぞたづねさふらふらんといひけれどもゑつ
ちうのぜんじきたるかたきをなほめもはなたずまぼりければゐのまたあつぱれいまいちどくまんずるものを
ひとみちかづかばさりともよもおちあはぬことあらじとおもひてあひまつところにひとみもしだいにちかづいたり
ゐのまたちからあしをふんでつつたちあがりおもひもかけぬゑつちうのぜんじがよろひのむないたはくとついてうしろな
るぬまたへのけにつきたをすだいのをとこのおもよろひきたりけるがてふのはねをひろげたるがごとくに
ておきんおきんとしけるところをゐのまたとつておさへこしのかたなをぬきくさずりをひきあげつかもこぶしも
P418
とほれとほれと三かたなさいてくびをとるそののちくびをばたちのきつさきにさしつらぬきたかくさし
あげだいおんじやうをあげてこのひごろへいけのかたにさしもおにがみのやうにきこえたるゑつちうのぜんじもり
としをばとうごくむさしのくにのぢうにんゐのまたのこへいろくのりつながかうこそうちたれやとぞなのりけるげんじのつはもの
どもこのよしをききて いさみののしることなのめならず
薩摩守の最後 915
なかにもさつまのかみただのりはこんぢのにしきのひたたれにむらさきすそごのよろひをきくはがたうつたるかぶとのををしめこがねづくりのた
ちをはき廿四さいたるきりふのやおひしげどうのゆみもちてつきげなるむまにきんぷくりんのくらをおいてうちのりただ一
きなぎさをにしへおちられけるところをむさしのくにのぢうにんをかべの六やたただずみとなのりてただ一きにておひかけたてまつる
さつまのかみとつてかへしこれはみかたぞあやまちすなとてふりむきたまへるうちかぶとをみければかねくろにう
すげしやうをぞしたまひける六やたたうじみかたにさやうのひとをばみぬものをとていよいよおひかけたてまつ
るさつまのかみとつてかへしにつくいやつがみかたといはばいはせよかしとてとつてひきよせむまのうへにて
壱かたなちうにて一かたなおつるところを一かたな三かたなまでさされけれども二かたなはよろひのうへにてとほらず一かたな
はみぎのほうをつきつらぬかれたりけれどもいたでならねばとつておさへくびをかかむとしたまひける
を六やたがわらはおくればせにはせきたりうちがたなのさやをはづいてさつまのかみのかたなもちたまへるかたのかひな
P419
をふつとうちおとしたてまつるさつまのかみいまはかなはじとやおもはれけむやれさらばそこのけにしをがま
んとてひだりのおんてにて六やたがよろひのうはおびむんずとつかうでゆんだけばかりなげのけくわうみやうへん
せう十ぱうせかいねんぶつしゆじやうせつしゆふしやととなへもはてさせたまはぬに六やたいたでならねばおきなほり
さつまのかみのくびをうつくびつつまんとてひたたれをときけるにえびらにむすびつけられたりけるふみをといてみ
ければりよしゆくのはなといふだいにて一しゆのうたをぞかかれける
ゆきくれてこのしたかげをやどとせばはなやこよひのあるじならまし
たひらのただのりとかかれたりしによつてこそさつまのかみとはしりてんげれそののちくびをばたちのきつさきに
さしつらぬきたかくさしあげだいおんじやうをあげてこのひごろへいけのかたにさしもきこえさせたまひたる
さつまのかみのとのをばとうごくむさしのくにのぢうにんをかべの六やたただずみがかうこそうちたてまつつたれやとぞなのりける
かたきもみかたもこのよしをききてあつぱれさつまのかみのとのはかだうにもぶげいにもいうにやさしきたいしやうぐんに
ておはしつるものをとてをしまぬひとこそなかりけれなかにもたじまのかみつねまさはささきの四らうたかつなにく
んでうたれたまひぬわかさのかみつねとしはかぢはらげんだかげすゑにくんでうたれぬあはぢのかみきよふさはかはごえのこたらうしげ
ふさにくんでうたれたまひぬをはりのかみきよさだはかねこの十らういへただにくんでうたれたまひぬなかにもくらんどのたいふ
なりもりはくろきむまにのりただ一きなぎさをにしへおちられけるところをひたちのくにのぢうにんひちやの五らうたかみつとな
のりてただ一きにておひかけたてまつるなりもりとつてかへしむまのあしたてなほすやおそきおしならべてむず
P420
とくんでどうとおつひちやもだいりきなりもりもきこゆるしたたかびとにておはしければたがひにうへになり
したになりころびあふところにあるこいへのまへにふるゐのさふらひけるにころびいりてよろひむしやが二にんしたへ
もおちつかずちうにはたとつまつてぞさふらひけるひちやの三らうおとうとをうしなうて五らうはいづくに
ぞいづくにぞとよばはつたりければはるかのゐのそこにここにといふひちやさしうつぶいてみければおとうとの
よろひはふしなはめかたきのよろひはもえぎにほひなりければおとうとがきたるかぶとのしころをむんずとつかうてえいやつと
いうてひきあげければなりもりもひちやがこしにだきついてぞあがられけるやがてなりもりをばとつ
ておさへてくびをとるこんねんは十六にぞなられける
知章の浜軍 916
こんどおほていくたのもりのたいしやうぐんにはしんちうなごんとももりほん三ゐのちうじやうしげひらのきやうつがふそのせい五万よきに
てひがしにむかひてたたかはれけるところにむさしのくにのぢうにんゐのまたたうのうちよりへいけへししやをたててちうなごんに
まをしけるはきみはひととせむさしのこくしにてわたらせたまへばそのよしみをもつて まをしさふらふいちのたにこそはやや
ぶれてさふらへいまだうしろをばごらんぜられさふらはぬやらんとまをしたりければちうなごんをはじめたてまつつておのおの
うしろをかへりみたまへばげにもくろけぶりてんにみちみちたり五万よきのつはものどももこのよしをみてよろづ
こころぼそくやおもひけんみなちりぢりにこそなりにけれなかにもほん三ゐのちうじやうしげひらのきやうはかち
P421
にしろうきなるいとをもつていはにむらちどりぬうたるひたたれにむらさきすそごのよろひをきやしまのおほいとのよりたまは
られたりけるだうじかげにのりたまふおんめのとごのごとうびやうゑもりながをばひごろのよめなしつきげにぞの
らせけるしうじう二きうちつれてなぎさをにしへおちられけるところにたすけぶねどもおほかりけれどもかたきはうしろにちかづ
くのるべきひまもなかりければちからおよばずみなとがはかるもがはをもうちわたりこまのはやしをゆんでになし
はすのいけをばめてにみていたやどすまをもうちすぎてあかしをさしてぞおちられけるかかりけるところに
むさしのくにのぢうにんしやうの四らうたかいへとなのりてしうじう五きにておひかけたてまつる三ゐのめされたるどうじかげ
はくきやうのめいばなりければたやすくおひつくべしともみえざりけりしやうの四らうかなはじとやおもひけむ
やごろにはせちかづき三にんばりに十三ぞくのなかさしとつてうちつがひよつぴいてひやうといる三ゐ
のめされたりけるどうじかげがさうづにやたちければおんめのとごのごとうびやうゑもりながこのよしをみたてまつつて
わがむまめされまゐらせなんとやおもひけむとつてかへしひがしをさしておちてゆく三ゐいかにやうれもりながよ
ひごろはさはちぎらざりしものをそのむままゐらせよとのたまへどもみみにもききいれずむちをあげてはせて
ゆく三ゐいまはかなはじとやおもはれけんうみへうちいれられけれどもそこしもとほあさにてさう
なうしづむべきやうもなかりければまたなぎさにうちあがりむまよりおりうはおびきつてのけたかひもはづ
しすでにはらをきらんとしたまふところにしやうの四らうたかいへむちあぶみをあはせてはせきたりいそぎむまよりとんでおりなぎなたお
つとりなほしまさなうもごじがいさふらふものかなたすけまゐらせむとてわがむまにかきのせたてまつつておびに
P422
てくらのまへわにしたたかにしめつけたてまつりわがみはのりかへにのつてみかたのせいのうちへぞいりにける
へいけのかたにさしもきこえさせたまひぬるほん三ゐのちうじやうどののいけどりにせられたまひぬるこそくちをしけれ
しんちうなごんとももりはきぎよりようのひたたれにはじのにほひのよろひをきこれもやしまのおほいとのよりたまはられたりけ
るゐのうへぐろにのりたまふおんこむさしのかみともあきらはうきおりもののひたたれにつまにほひのよろひをききかはらげにこそのりたま
ひけれおんめのとごのけんもつたらうよりかたはひしたすきのひたたれにかたしろのよろひをきしらあしげにこそのりたり
けれしうじう三きうちつれてなぎさをにしへおちられけるところにここにこだまたうとおぼしくてうちはのはたささせた
るもの十きばかりにておひかけたてまつるけんもつたらうよりかたはきこゆるゆみのじやうずなりければとつてかへしまづま
つさきにすすんだるはたさしがくびのほねいていおとしけりそののちたいしやうとおぼしきものちうなごんにかかり
たてまつるおんこむさしのかみともあきらなかにへだたりかたきとひきくんでどうとおちかたきのくびかききつておきあが
らんとしたまふところをかたきがわらはおちあひてむさしのかみのくびをとるけんもつたちうおちかさなりてむさしのかみのおんくびたまはつた
るわらはがくびをもとつてんげりそののちよりかたもひざのふしをしたたかにいさせてたたれざり
ければゐながらかたき三ききつておとしわがみもうちじにしてんげりそのまにちうなごんはくきやうのめいばには
のりたまひぬうみのおもて廿よちやうをおよがせておほいとののおんふねへぞまゐられけるふねにところなくして
むまたつべきやうもなかりければそれよりむまをばおひかへさるあはのみんぶしげよしこのよしをみたてまつつてただいまあ
のおんむまかたきのものとなりさふらひなんずたまはつていころしさふらはんとてよつぴいてむかひければちうなごんよしよしそれは
P423
なにのものにもならばなれただいまわれをたすけたらんずるものをいかでかなさけなういころすべきにあるべから
ずとのたまへばちからおよばずはげたるやをさしはづすこのむまぬしのなごりををしむかとおぼしくてふねのあ
たりをおよぎまはりおよぎまはりしけれどものするものもなかりければちからおよばずまたなぎさにおよぎかへりなほもこの
むまぬしのなごりををしむかとおぼえておきのかたをまぼりたかいななきをしつつあしかきしてこそ
たちたりけれやがてこのむまをかはごゑのこたらうしげふさとつておんざうしへたてまつるそれよりしてぞかはごえぐろとは
めされけるこのむまはしなののくにゐのうへよりまゐりたりければゐのうへぐろとなづけてゐんのおんむまやにたてさせられた
りしをやしまのおほいとののないだいじんにあがりたまひておんよろこびまをしのさふらひしときゐんよりくだしたまはられたりし
をおんおとうとのちうなごんにあづけまをされけりちうなごんあまりにこのむまをひざうしてまいげつついたちごとにたいさんぶ
くんをぞまつられけるそののちしんちうなごんとももりおほいとののおんまへにまゐらせたまひてまをさせたまひけるはいま
ははやむさしのかみにもおくれさふらひぬまたよりかたもうたれさふらひぬいかなればこはおやにくむかたきのなかにへ
だたるにいかなるおやなればふたりともなきこのうたるるをみすててとつてかへしさふらはざりつる
ことこそみながらもよくいのちはをしかりけりとおぼえてかへすがへすもくちをしうこそさふらへひとのうへにかやう
のことをみききさふらはんにはいかばかりかもどかしうもこそさふらはんずらめとまをしもはてずなきたま
へばおほいとのむさしのかみはこころもがうにしてよきたいしやうぐんにてさふらひつるものをとておんこゑもんのかみのこん
ねん十六になりたまひけるがおんそばにおはしけるかたをみたまひてむさしのかみはあのゑもんのかみとどうねんなと
P424
てなきたまへばふねのうちのさぶらひどももみなよろひのそでをぞぬらしける
備中守の最後(あひ) 917
かかりけるところにこまつどののすゑのこにびつちうのかみもろもりはしうじう七八にんこぶねにとりのりおきにうかうでいくさの
なりゆき[* この一字不要]くやうをみたまふところにここにしんちうなごんのさぶらひにゑもんのじようしげさだとまをすものありかたきにおひかけられなぎさへ
むいてはせくだりおきなるふねをまぼつていかにあれはびつちうのかみのとののおんふねとこそみまゐら
せてさふらへあはれまゐりさふらはばやとまをしたりければびつちうのかみあれはいかにしげさだかうたすなのせやとて
ふねをなぎさへよせられたりそこしもとほあさにてふねよらざりければむまのふとはらひたるほどにうちいりて
みけるにそのあひわづかにゆんだけばかりはあるらんとぞみえしび〔つ〕ちうのかみいまはかたきのちかづくに
とうのれかしとのたまへばうけたまはつてだいのをとこのおもよろひきたりけるがさしもなきこぶねへおもひのまま
にかはととびのらむにはなじかはよかるべきふねふみかへしてひと壱にんもたすからずはたけやまがらうどう
にほんだのじらうがおちあひてくまでをおろしび〔つ〕ちうのかみをひきあげたてまつつてくびをとるこんねんは十四さい
にぞなられける
敦盛 918
P425
かかりけるところにむさしのくにのぢうにんくまがへのじらうなほざねはあつぱれよからんかたきがないまいちどくまばやとおもひ
かしこここをかけまはりかけまはりみけるところにここにねりぬきにつるぬうたるひたたれにもえぎにほひのよろひをき
くはがたのかぶとのををしめこがねづくりのたちをはき廿四さいたるきりふのやおひしげどうのゆみもちてれんせんあしげなる
むまのふとくたくましきにきんぷくりんのくらをおいてうちのりおきなるふねをまぼつてうみのおもて七八たんがほどうちおよが
せておはしけるむしやをみつけくまがへあつぱれよきたいしやうぐんとこそみまゐらせてさふらへまさなうも
かたきにうしろをばみせさせたまふものかなかへさせたまへかへさせたまへとあふぎをあげてまねきければまねかれてや
がてとつてぞかへされけるなぎさにうちあがらんとしたまふところにくまがへむまのあしたてなほすやおそきお
しならべてむずとくんでどうとおつやがてとつておさへてくびをかかんとしけるがあまりにものよ
わうおぼえければうちかぶとをおしあふのけてみけるにいまだ十六か七かとみえたるこじやうらふの
かねぐろにうすげしやうをぞしたまひたるそのときくまがへなみだをはらはらとながいていとふしや
このひとのちちははさだめてましますらんいくさばへいだしたてていかばかりのことをかおもひたまふらんにはや
うたれたりとききたまひたらばさこそはなげかせたまはむずらめなほざねがこじらうとうちつれていくさを
するだにもおぼつかなきぞかしけさいちのたにのにしのきどへよせたりつるにこじらうがめてのこひぢをのぶ
かにいさせてやぬいてたべといひつるをふかくじんかないましばしこらへとてぬかざりつるが
そののちはたいぜいにおしへだてられてししやうしらずひとのおやのこをおもふならひなほざねがこじらうをおも
P426
ふやうにこそおもひたまふらんにこのひとひとりうちたてまつりたればとてまくべきいくさにかたんずるにもあら
ずまたたすけまをしたればとてそれにはよるべからずあつぱれたすけまゐらせばやとおもひそもそもいかなるひと
にておんわたりさふらふぞなのらせたまへたすけまゐらせんとまをしたりければかういふわぎみはなにものぞま
づなのれといはれてこれはむさしのくにのぢうにんくまがへのじらうなほざねとまをすものにてさふらふなりさてははやなんぢがため
にはよきかたきぞこれはわざわざおもふやうあつてなのらぬなりただしなんぢをさくるにはあらずなのらずとい
ふともはやはやくびをとつてひとにとへよにはまたみしりたるものもあらんずるぞとてつひになのりたまは
ずくまがへあまりにこのひとのしづまりがうにおはするほどをかんじてあつぱれたすけまゐらせばやとおもひうしろ
をきつとみければどひのじらう三百よきばかりにてつづくさきははたけやま五百きばかりにてささへたり
ゆんでのかたをみければかぢはら五拾きばかりにてひかへたりそのほかかはごえもろをかのつはものども六七百きにてかけま
はるくまがへいとふしやたすけまゐらせんとつかまつりさふらへどこのたいぜいのなかにてはたとへなほざねがてをこそのがれさせ
たまひてさふらふともつひにはおんいのちののびさせたまひさふらふまじおなじうはなほざねがてにかけたてまつつてごぼだいをこそ
とぶらひまゐらせさふらはんずれこれもただぜんせのこととおぼしめされさふらふべしとまをしたりければこのひとうち
うなづきたまひけりそののちくまがへめをふさぎこしのかたなをぬきくさずりひきあげ三かたなさいてくびをとるく
びつつまんとてひたたれをときければふえをぞこしにさされたるくまがへいとふしやこのあかつきじやうの
うちにふえのねのしつるははやこのひとのふきたまひけりねざしてことにおもしろかりつるものかなとうごくに
P427
千万のつはものありといふともいくさばなんどへふえもつものこそあるまじけれあはれみやこのひとほどいうにやさしかりける
ことあらじあはれゆみやとるみのならひほどくちをしかりけるものあらじわがこころにまかせたるみならばなどかこのひと
ひとりたすけざるべきとてかたてにはくびをもちかたてにはゆんづゑにすがりなみだにむせびてしばしは
むまにものらざりけりのちにひとにたづぬればしゆりのだいぶつねもりのすゑのこたいふあつもりとてしやうねん十七にぞ
なられけるふえはこえだとてめいよのふえなりつるをつねもりこのひときりやうたるによつてさづけられけると
ぞうけたまはるくまがへががほつしんはこのひとゆゑとぞうけたまはるさるほどにいくさやぶれにしかばへいけみなふねにとり
のりあるひはあしやのおきにかかつてきぢへおもむくふねもありあるひはあはぢのせとをこぎすぎてしまがくれゆくふねも
ありいまだいちのたにのおきにただよふふねもありうらうらしまじまおほければたがひのししやうをさだめがたしへいけうみにしづんで
しぬるはかずしらずくがにはたさををゆひわたしかけしるすくび三千よとぞきこえしいちのたにいくた
のもりきたのやまぎはみなみのなぎさとうざいのきどぐちやぐらのほかさかもぎのもとにいふせられきりふせられたるひと
むまのししむらやまのごとしいちのたにのをささはらみどりのいろをひきかへてうすくれなゐにぞなりにけるへいけくにを
なびくることも十四ケこくまたせいのしたがひつくことも十万よきこれよりみやこへはわづかに一にちのみちぞかしこんど
はさりともとおもはれつるいちのたにをもやぶられてこころぼそくぞおもはれける
小宰相の身なげ 919 P428
こんどつのくにいちのたににてうたれたまひしひとびとにはゑちぜんの三ゐみちもりさつまのかみただのりたじまのかみつねまさわかさの
かみつねとしあはぢのかみきよふさをはりのかみきよさだびつちうのかみもろもりむさしのかみともあきらくらんどのたいふなりもりたいふあつもり十にんとぞきこ
えし十のくびみやこへいるならびにゑつちうのぜんじもりとしがかうべもおなじくきやうへぞのぼりけるなかにもほん三ゐのちうじやう
しげひらきやうはひとりいけどりにせられたまひけり二ゐどのこのよしききたまひてゆみやとりのいくさばにてしぬるは
つねのならひなれどもあはれやあの三ゐのちうじやうがひとりいけどりにせられていかばかりのことをかおもふら
んとてぞなかれけるきたのかただいなごんのすけどのはさまかへんとしたまひけるをおほいとのも二ゐどのも
きみをばいかでかすてまゐらつさせたまふべきとやうやうにせいしたまひしうへこんどはさまをもかへたまは
ずふししづみてぞおはしけるそのほかいちのたににてうたれたまひしひとびとのきたのかたたいりやくさまをぞか
へられけるなかにもゑちぜんの三ゐみちもりのさふらひにぐんだたきぐちときかずとまをすものきたのかたのおんまへにまゐつて
まをしけるはうへにはけさみなとがはのすそにてかたき七きがなかにとりこめられさせたまひてうたれさせおはしま
してさふらひぬことにてをおろしてうちまゐらせてさふらふをばあふみのくにのぢうにんきむらのげん三なりつなとこそまをして
さふらひつれこれもやがておんともまをしていかにもまかりなるべうさふらひしみのかねてのおほせにはわれいかになりた
りともごせのおんともつかまつらんとおもふべからずあひかまへてきたのおんかたのおんゆくへをみつきまゐらせよと
おほせさふらひつるほどにかひなきいのちたすかつてこれまでまゐりてさふらふとまをしたりければきたのかたはとかくの
へんじをもしたまはずひきかづきてぞなかれける一ぢやうこのひとうたれたまひぬとききながらもしこのことの
P429
ひがごとにてもやあらむずらむまたいきてかへらるることもやおはせむずらむとただかりそめにいでたる
ひとをまつらむやうにこの三四かがあひだはまたれけるこそあはれなれされどもいまはむなしきひかずも
すぎゆきてもしやのたのみもつきければこころぼそくぞおもはれけるきさらぎ十三にちいちのたにより八しまへ
わたられけるあかつきがたきたのかためのとのにようばうにむかつてのたまひけるはあはれや三ゐのあすうちいでんとてのよ
さしもいくさばへわらはをむかへてゆみやとりのいくさばへいづるはつねのならひなれどもこんどはしなんず
るやらんよにもこころぼそくおぼゆるぞやさてもみちもりがはかなきなさけにみやこのうちをさそはれいでな
らはぬたびのそらにおもむきすでにふたとせをおくらんずるにいささかもおもひこめたるいろのおはせざりつることこそ
いつのよまでもわすれがたけれなんとかくみも(イいひつづけ身も)ただならずさへなりたることをよろ
こびてみちもり三十になるまでこといふものもなかりつるにさてはうきよのわすれがたみのあらんずるにこ
そただしかくいつとなきなみのうへふねのうちのすまひなればみみともならんときのこころぐるしさをばいかがはす
べきなんどいひおきしことのはははかなかりけるかねごとかなありし六かのあかつきをかぎりとだ
にもしりたらばなどのちのよとちぎらざるべきあひそめしそのよのちぎりさへいまはなかなかうらめし
くてかのひかるげんじのたいしやうのおぼろづくよのないしのかみこきでんのほそどのもわがみのうへにおもふぞや
まどろめばゆめにみえさむればおもかげにたつぞとよさればみみともなりてのちをさなきものをそ
だておきなきひとのかたみにみむほどにおもひのかずはまさるともなぐさむことはよもあらじながらへ
P430
たればおもはぬふしもあるぞとよくさのかげにてみむもうかるべしさればかかるついでに
ひのなかみづのそこへもいりなばやとおもひさだめてあるぞとよかきおきたるふみをばみやこへたてまつりたまへご
せのことどもまをしたりしやうぞくをばいかならんひじりにもたうでわがごせとふらひたまへなによりもそこのなご
りこそいつのよまでもわすれがたけれなんどこしかたゆくすゑのことどもをかきくどいてのたまへばめのと
のにようばうひごろはひとのまゐつてものまをすときだにもはかばかしうごへんじのなきひとのこよひしもかく
こしかたゆくすゑのことどもをかきくどいてのたまふはまことにひのなかみづのそこへもいりたまふべきひとやらんと
かなしくてまをしけるはこんどいちのたににてうたれたまひしひとびとのきたのかたのおんなげきいづれかおろかにさ
ふらふべきされどもみなおんさまをこそかへさせたまひてさふらへ六だう四しやうはまちまちにさふ
らふなればいづれのみちへかおもむかせたまひてさふらふらんにひとつみちへむまれあひまゐらつ
させたまはんことはかたかるべしなかにもみもただならずさへなりたるひとのししたるはことにつみ
ふかしとこそうけたまはりさふらへさればみみともならせたまひてのちをさなきひとをそだておきまゐらつ
させたまひてなきひとのおんかたみにごらんぜむにそれになほもおんんこころのゆかずはそのときこそさま
をもかへなきひとのごぼだいをもとぶらひまゐらつさせたまはんずれたとひちいろのそこにしづませたま
ふともともにわらはをひきぐしてこそいらせたまはんずれなんどやうやうに(イさまざまに)かなしみければ
きたのかたあしうきこえぬとやおもはれけんまことはおもひのあまりにこそいひつれこのよははるかにふけぬら
P431
んいざやねなんとのたまへばめのとのにようばうさりともとうれしくておんそばによりふしたりけるが
しばらくまどろみたるまにきたのかたやはらおきなほりふなばたへこそいでられけれまんまんたるかいしやうなれ
ばいづくをにしとはしらねどもつきのいるさのやまのはをそなたやらむとおもひやりしづかにねんぶつし
たまへばおきのしらすになくちどりともまよはすかとおぼしきにあまのとわたるかぢのおとかすかに
きこゆるえいやごゑいとどあはれやまさるらんなむさいはうごくらくせかいのけうしゆみだによらいあかでわかれし
いもせのならひらいせにてはかならずひとつはちすとかきくどきなむととなふるこゑともになみのそこ
にぞいりたまふきさらぎ十三にちいちのたにより八しまへわたられけるあかつきがたのことなりければみなひとねいり
てこれをしらざりけるにならびのふねにかぢとりのひとりふねこいでさふらひけるがこのよしをみたてまつつてあはれあさま
しあのおんふねににようばうのただいまうみへいらせたまひぬるはとまをすこゑにめのとおどろきそばをさぐりたてまつ
れどもましまさずあれあれとかなしみければそのときみなひとおきあひふねをとどめうみにいりてさがし
たてまつれどもましまさずさらでだにはるのよはならひにかすむものなればよものむらくもうかれき
てつきひきかくすよはなれやあはのなるとのくせとしてみつしほひくしほはやければおんぞもなみも
しろくしてかづけどもかづけどもつきおぼろにてみえざりけりややあつてかづきあげたてまつりければねり
いろのふたつぎぬにしろきはかまをきたまへりみぐしもはかまもしほたれてとりあげたれどもかひぞなきめのとにようばう
むなしきおんてにとりつきたてまつつてきみのちのなかにわたらせたまひしをとりあげいだきそだてまゐらせて
P432
よりこのかたかたときはなれまゐらすることもさふらはずみやこをおんいでのときもおいたるおやをふりすてて
これまでおんともまをしたるかひもなくいかでかかかるうきめをばみせたまひさふらふやらんたとひぢやうごふにてわたら
せたまひさふらふともしやうあるおんこゑをもありしむかしのおんすがたをもいま一どみせたまへとやうやうにか
なしみけれどもわづかにかよひしいきもたえつひにことぎえはてさせたまひけりいづくをさしておちつくべ
しともおぼえずさてしもあるべきならねば三ゐのきせながの一りやうのこりたりけるにおしまとめたてまつつ
てまたうみへかへしいれたてまつるめのとのにようばうこんどはおくれじとつづいていらむとしけるをひととりとどめ
ければちからおよばずふなぞこにたふれふしをめきさけぶことなのめならずせめておもひのあまりにや
みづからかみをはさみおとし三ゐのおとうとちうなごんのりつしちうくわいにそらせたてまつりなくなくかいをぞたもちける
をとこにわかるるをんなのさまをかふるはつねのことみをなぐるまでのことはためしすくなきことどもなりちうしんは
じくんにつかへずていぢよりやうふにまみえずともかやうのことをやまをすべきこのきたのかたとまをすはことうのぎやうぶ
きやうのりかたのおんむすめじやうせいもんゐんにこさいしやうどのとぞまをしけるしかるをゑちぜんの三ゐみちもりいまだそのころちうぐう
のすけにてさふらはれけるがこのにようばうを一めみそめたてまつつておもひにこころをそめうたをよみふみをつくし
としつきこひかなしまれけれどもなびくけしきもなかりしかば三ゐみとせとまをすにいまをかぎりのふみをかきて
としごろとりつたへたりけるにようばうにたうだりければごしよへもちてまゐるほどにをりふしこざいしやうどのさとよりごしよへまゐ
られけるみちにてゆきあひたてまつつておんくるまのそばをはしりすぐるやうにてこのふみをくるまのうちへなげいれてぞしの
P433
びけるこざいしやうどのただいまこのふみをくるまのうちへなげいれたるものはいかなるものぞとおんたづねありけれどもおんとも
のものどももみなしらぬよしをぞまをしけるこざいしやうどのさすがこのふみをくるまのうちにおくにおよばねばはかまのこし
にはさみつつごしよにまゐりさふらはれけるほどにところしもこそおほきににようゐんのごぜんにしもこのふみを
おとされたりにようゐんこれをごらんじつけさせたまひてごしよちうのにようばうだちをめしてめづらしきものをこそもとめ
たれこのふみのぬしはたれなるらんとおほせければめんめんによろづのかみやほとけにかけてみなしらぬよしをぞ
まをされけるそのなかにもこざいしやうどのばかりこそかほうちあかめそばむいてしばしはものをもまをされ
ずにようゐんかさねてさていかにやいかにとおんたづねありければあのみちもりのとばかりぞまをされけるにようゐんも
かねてよりそのことありとはしろしめされけれどもふみをひらいてえいらんあるにくんろのけぶりもなつか
しくふでのたてどもゆゑびよしあるさまにて一しゆのうたをぞかかれたる
わがこひはほそだにがはのまるきばしふみかへされてぬるるそでかな
にようゐんこれはいまだあはぬをうらみたるふみなりあなこころつよやなどなびきたまはぬぞあまりにひとのこころつよきも
みをなきものとなすなるものをなかごろをののこまちときこえしはみめかたちならびなくこころざまよ
にすぐれたりしかばみるひときくひとのこころをいたましめずといふことなしされどもこころつよき
なをやとりたりけむのちにはひとのおもひのつもりとてせきでらのほとりにすまひしてゆききのたみにものをこ
ひやどにくもらぬつきをばなみだにつゆにうかべつつあめをもらさぬわざもなくかぜをふせぐ
P434
たよりもなしのべのわかなさはのねぜりをつみてこそつゆのいのちはささへけれよにはかかるためしのある
ぞよとはやなびきたまへみづからへんじせんとてかたじけなくもにようゐんよりごへんじありとかや
ただたのめほそだにがはのまるきばしふみかへしてはおちざらめやは
三ゐかたじけなくもにようゐんよりたまはらせたまひてなのめならずちようあいせられけるにまたこまつどののじなんしん三ゐのちう
じやうすけもりいまだそのころせうしやうにてせちゑにまゐられたりけるがこのにようばうを一めみそめたてまつつておもひにこころを
そめうたをよみふみをつくしとしつきこひかなしまれけれどもなびくけしきもなかりしにはやゑちぜんの三
ゐのうへになりたまひぬときこえしかばすけもりのきたのかたうきやうのだいぶのつぼねとてちうぐうのおんかたにさぶらは
れけるがこのよしをつたへききたまひてそねましきこころにや一しゆのうたをぞおくられける
いかばかりきみなげくらんこころそめしやまのもみぢをひとにをられて
すけもりのへんじには
なにとげにひとのをりけるもみぢばにこころうつしておもひそめけむ
これもなかなかいうにやさしきためしにぞまをしつたへたるみめはさいはひのはななれば三ゐかたじけなくもにようゐんよりたまはら
せたまひてこんどさいかいのたびのそらまでもひきぐしたてまつつてつひにはおなじみちにおもむかれけるこそあはれなれ

 

入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com