平家物語(城方本・八坂系)
巻第一
祗園精舎(序文)101
ぎをんしやうじやの・かねのこゑ・しよぎやうむじやうの・ひびきあり・しやらさうじゆの・はなのいろ・しやうじやひつすゐの・ことわりを・あらはす・おごれるものも・ひさしからず・ただはるのよの・ゆめのごとし・たけきものも・つひには・ほろびぬ・ひとへに・かぜのまへのちりに・おなじ・とほくいてうの・せんしようをとぶらふに・しんのてうかう・かんのわうまう・りやうのしうい・たうのろくさん・これらはみな・きうしゆせんくわうの・まつりごとにもしたがはず・たのしみをきはめて・てんかのみだれむことをも・さとられ・いさめをも・おもひよらず・みんかんの・うれふるところをも・しらざりしかば・ひさしからずして・ほろびにし・ものなり・ちかくほんてうを・うかがふに・しようへいにまさかど・てんぎやうにすみとも・かうわのよしちか・へいぢにのぶより・これらは・みな・おごれることも・たけきこころも・とりどりなりしかども・まぢかくは・さきのだいじやうだいじんたひらのあそんきよもりこうと・まをししひとの・ありさまを・つたへうけたまはるこそ・こころもことばも・およばP2
れね・そのせんぞをたづぬるに・くわんむてんわうだいごのわうじ・いつぽんしきぶきやう・かつらばらのしんわう・くだいのこういん・さぬきのかみまさもりのまご・ぎやうぶきやうただもりの・あそんのちやくなんなり・かのしんわうの・おんこたかみのわうは・むくわんむゐにして・うせたまひぬ・そのおんこ・たかもちのわうの・ときより・はじめて・たひらのせいを・たまはつて・かづさのかみに・なりたまひしより・このかた・たちまちわうしをいでて・ひさしく・じんしんに・つらなる・そのおんこ・ちんじゆふのしやうぐんよしもち・のちには・ひたちのたいぜうくにかと・あらたむくにかより・さだもり・これひら・まさのり・まさひら・まさもりに・いたるまで・ろくだいは・しよこくのじゆりやうたりと・いへどもいまだ・てんじやうの・せんせきをば・ゆるされず

殿上闇討102
しかるをただもりの・いまだ・びぜんのかみたりしとき・とばのゐんのごぐわん・とくちやうじゆゐんを・ざうしんして・三拾三げんの・みだうをたて・一千一たいの・みほとけをすゑたてまつる・くやうは・てんしようぐわんねん三ぐわつ十三にちなり・ただもりけんじやうには・けつこくをたまふべきよし・おほせくだされさふらふをりふし・たじまのくにの・あきたりけるをぞ・たまはりける・じやうわう・なほえいかんに・たへずして・うちのしようでんをぞ・ゆるされける・ただもり・とし三拾六にして・はじめて・しようでんす・くものうへびと・これをそねみいきどほつて・おなじきとしの十一ぐわつ廿三にち・五せち・とよのあかりのせちゑのよ・ただもりを・でんじやうにして・やみうちに・せんとぞ・ぎせられける・ただもりこのことをほのぎいて・われ・いうひつの・みにあらず・ぶようの・いへにむまれて・ふりよのはぢに・あはんこと・いへのため・みのため・こころうかるべし・せんずるところ・みをまつたうして・きみに・つかへよと・いふ・P3
ほんもんありとて・かねて・そのよういをいたす・さんだいの・はじめより・いくわんのしたに・おほきなるさやまきを・しどけなげに・さしつつ・ひの・ほのくらきかたに・むかひては・やはらかのかたなをぬきいだし・びんに・ひきあて・ひきあて・したまひけるが・よそよりは・こほりなんどのやうにぞ・みえし・しよにんめをすます・またただもりの・らうどうに・もとは・一もんたりし・むくのかみたひらのさだみつが・まご・しん三らうだいふいへふさがこに・さひやうゑのぜういへさだとまをす・ものあり・とくさの・かりぎぬのしたに・もえぎの・はらまきを・き・ゑふのたち・わきばさんで・でんじやうのこにはに・かしこまつてぞ・さふらひける・くわんしういげ・あやしみをなし・六ゐをもつて・いはせけるは・うつぼばしらよりうち・すずの・つなのへんに・ほいのものの・さふらふは・なにものぞ・らうぜきなり・まかりいでよと・いはせければ・いへさだ・かしこまつてまをしけるは・これはさうでんのしゆ・びぜんのかうのとのの・こんや・これにて・やみうちに・せられたまふべきよしを・つたへうけたまはつて・ならんやうを・みんとて・かくて・さふらへば・えこそ・まかりいづまじけれとて・かしこまつてぞ・さふらひける・これらをよしなしとや・おもはれけん・そのよのやみうち・なかりけり・ただもり・ごぜんの・めしに・ついて・まはれけるに・ひとびと・ひやうしをかつて(イかへて)・いせへいしは・すがめなりけるとぞ・はやされける・このひと・かたじけなくも・かしはばらのてんわうの・みすゑにては・おはしけれども・まぢかくは・むげにくだつて・くわんとも・あさう・みやこの・すまひもうとうとしく・いが・いせに・のみ・ぢうごくふかき・ひとにて・おはしければ・かのくにのうつはもの・へいしにたとへて・いせへいじとは・はやされけり・そのうへ・ただもりのかための・すこし・すがまれ・たりければにや・かやうには・はやされけり・ただもり・いかに・すべきやうも・なうて・いまだ・ぎよいうも・をはらぬ・さきに・ごぜんを・まかりいでられけるに・いかがは・P4
おもはれけん・よこたへ・さされたりつる・かたなをば・ししんでんの・ごごにして・とのもづかさに・あづけおきてぞ・いでられける・あんのごとく・いへさだ・まちうけたてまつつて・さて・いかにさふらふと・まをしければ・ただもりこのことありのままにいひつるほどならばでんじやうまでも・きりのぼらん・ほどのものの・つらたましひ・なりければ・いまは・べちのことなしとて・ひきぐしてぞ・いでられける・五せちには・しらうすやう・こぜんじ(イとうせんし)のかみ・まきあげのふで・ともゑ・かいたる・ふでのぢくなんど・かやうに・さまざま・おもしろきことを・のみこそ・うたひ・はやされしに・なかごろ・だざいのごんのそつすゑなかきやうと・まをすひと・おはしけり・あまりに・いろのくろかりければ・ひと・こくそつとぞ・まをしける・このひとのいまだそのころ・くらんどのとうたりしとき・ごぜんの・めしについて・まはれたるに・ひとびとひやうしを・かへて・あなくろくろ・くろきとうかな・いかなるひとの・うるしぬりけんとぞ・はやされける・ならびに・はくはつなる・でんじやうびとの・まはれけるに・このひとのかたうどと・おぼしくて・あなしろしろ・しろき・ぬしかな・たれ・とらへて・はくを・おしけんとぞ・はやされける・じやうこには・かやうのことども・ありしかども・いまだ・こと・いでこず・まつだい・いかが・あらんずらん・おぼつかなしとぞ・ひとまをしける・あんの・ごとく五せち・はてにしかば・でんじやうには・くぎやうせんぎあり・それ・ゆうけんを・たいして・くえんに・つらなり・ひやうぢやうを・たまはつて・きうちうを・しゆつにふすること・これきやくしきの・れいをまぼる・りんめい・よしある・せんきたり・しかるを・ただもり・さうでんの・らうじうを・ほいの・つはものと・がうして・でんじやうのこにはに・めしおき・そのみは・こしのかたなを・よこたへ・さいて・せちゑの・ざに・つらなる・りやうでう・きたいいまだきかざる・らうぜきなり・ことすでにちようでふせり・ざんくわもつとも・のがれがたし・はやく・みふだP5
をけづつて・けつくわんちやうにんに・おこなはるべき・かと・おのおの・うつたへまをされ・たりければ・じやうわうも・おほきに・おどろきおぼしめして・いそぎ・ただもりを・めして・おんたづねありければ・ただもり・かしこまつて・ちんじまうされけるは・まづ・らうじう・こにはに・しこうのこと・ただもり・かくごつかまつらず・ただし・きんじつ・ひとびとあひたくまるる・しさいあるかのあひだ・さうでんのらうじう・ことを・つたへうけたまはつて・しゆのはぢを・たすけんがために・ただもりには・しらせずして・ひそかに・さんこうのでう・ちからおよばざるしだいなり・なほそのとが・あるべくは・そのみを・めしつかはすべきは(イか)・つぎにかたなのことは・とのもづかさに・あづけおきをはんぬ・かのかたなを・めしいだし・かたなのじつぷに・まかせて・とがの・さう・あるべき(べきレある)かと・まをされたりければ・じやうわう・このぎもつともとて・いそぎ・かのかたなを・めしいだして・えいらんあるに・うへはさやまきの・くろう・ぬつたりけるが・なかは・きがたなに・ぎんぱくをぞ・おしたりける・たうざの・ちじよくを・のがれむが・ために・こしのかたなを・たいするよし・あらはす・といへどもごにちの・そしようを・ぞんじしつて・きがなたを・たいしける・よういの・ほどこそ・しんべうなれ・つぎに・らうじう・こにはにしこうのことかつうは・ぶしの・らうどうのならひなり・されば・これは・ただもりが・とがにはあらずとて・かへつてえいかんに・あづかつしうへは・あへて・ざいくわのさたは・なかりけり

清盛昇進の沙汰(あひの物)103
そのこども・しよゑのすけを・へて・しようでんせしに・ひと・でんじやうのまじはりを・きらふにおよばず・あるときただもり・あかしのうらの・つきみむとて・はりまへ・げかうせられたりけるが・ほどなう・かへりのぼられ・たりければ・ひとびと・あかしP6
のうらの・つきはいかにと・とひたまへば・ただもりのへんじにはありあけのつきもあかしのうらかぜになみばかりこそよるとみえしか
と・まをされたりければ・じやうわうも・おほきにぎよかんあつて・やがてこのうたをば・きんえふしふにぞ・いれられたる・またただもり・せんとうに・かようて・あそばれける・にようばうの・もとに・みなくれなゐのあふぎの・つまに・つきいだしたりけるを・とりわすれて・いでられければ・かたへのにようばうたち・あれは・いづくよりの・つきかげぞや・いでどころ・おぼつかなし・なんど・わらひ・あはれければ・このにようばうくもゐよりただもりきたるつきなればおぼろけにてはいはじとぞおもふ
ことを・ともとかやただもりの・すいたりければ・このにようばうもいふなりけり・かくて・ただもり・にんべい三ねん・しやうぐわつ十五にちに・とし五十八にて・うせたまふ・きよもり・ちやくなんたるによつて・そのあとをつぐ・ほうげんぐわんねんの・七ぐわつに・しゆじやう・じやうわうの・みくにあらそひの・ありしとき・きよもり・しゆじやうの・おんみかたに・さふらひて・くんこうあり・つぎのとしはりまのかみに・うつつて・おなじき三ねんに・だざいだいにになる・またへいぢぐわんねん十二ぐわつに・のぶより・よしともが・むほんのときも・きよもりなほ・みかたにさふらひて・くんこうあり・くんこうひとつにあらず・おんしやうこれなほおもかるべしとて・やがて・じやう三みして・うちつづき・さいしやうゑふのかみ・けんびゐしのべつたう・ちうなごん・だいなごんに・へあがり・あまつさへせうじやうのくらゐにいたる・ないだいじんより・さうを・へず・だいじやうだいじん・じゆ一ゐに・あがり・たまひけり・たいしやうには・あらねども・ひやうぢやうをたまはつて・ずゐじんをめしぐす・れんしやに・のつて・きうちうを・いでいること・ひとへに・しつせいのひとに・おなじP7

童のさた104
だいじやうだいじんは・いちじんに・しはんとして・四かいに・ぎけいせり・みちをろんじ・くにををさめ・いんやうを・やはらげたまへり・そのひとに・あらずんば・けがすべき・くわんならねば・そくけつのくわんとも・なづけられたり・きよもり・そのひとにはあらねども・かやうに・一てん四かいを・たなごころに・にぎりたまひしうへは・ひととかうまをすに・およばず・かくて・にんあん三ねん・十一ぐわつ十二にちに・きよもり・やまひに・をかされ五拾一にて・しゆつけし・ほうみやう・じやうかいとぞ・なのられける・されば・そのしるしにや・しゆくびやうたちどころに・いえて・てんめいを・まつたうし・ひとの・したがひ・つきたてまつることは・ふくかぜのくさきを・なびかすが・ごとし・よのあまねく・あふげることも・ふるあめの・こくどを・うるほすに・ことならず・六はらどのの・一けのきんたちと・だにも・いひてんしかば・くわぞくも・えいえうも・おもてをむかひ・かたを・ならぶるひとも・なし・されば・にふだうのこじうと・へいだいなごんときただのきやうの・この一もん・たらざらんひとは・みな・にんぴにん・たるべしとぞ・のたまひける・されば・いかにもして・このえんゆかりに・むすぼほれむとぞ・しける・えもんの・かきやう・ゑぼしの・ためやうに・いたるまで・なにごとも・みな・六はらやうとだに・いひてんしかば・一てん四かい・これをぞ・まなびける・いかなる・けんわうせいしゆの・おんまつりごと・せつしやう・くわんぱくのごせいばいをも・なにとなく・よに・あまされたるものの・そしり・かたぶき・まをすことは・つねの・ならひなれども・このぜんもん・よさかりのあひだは・いささか・いるがせに・まをすものなし・そのゆゑは・にふだうの・はかりごとに・十四五六のわらんべP8
を・三百よにん・めしあつめ・かみを・かぶろに・きりまはし・あかきひたたれを・きせ・かぶろと・なづけて・めしつかはれけるが・きやう・しらかはに・みちみちて・わうへんしけり・されば・いささかも・へいけの・ことを・いるがせに・まをすものあれば・一にん・ききいださん・ほどこそ・ありけれ・よたうに・ふれめぐり・そのいへに・らんにふし・しざいざふぐを・つゐぶくし・そのやつを・からめとつて・六はらへ・ぐして・まゐる・にふだう・うけとらせ・そくじにうしなはれけり・されば・みちをすぐる・むまくるまも・六はらどのの・かぶろと・だにも・いひてんしかば・みなよきてこそ・とほしけれ・されば・きうもんを・しゆつにふすと・いへどもしやうみやうをたづねらるるに・およばず・けいしの・ちやうり・これがために・めをそばむとも・みえたり

我身の栄花105
わがみのえいぐわを・きはむるのみならず・ちやくししげもり・ないだいじんの・さだいしやう・じなん・むねもり・ちうなごんのうだいしやう・三なんとももり・三ゐのちうしやう・四なんしげひらくらんどのとう・ちやくそんこれもり・四ゐのせうしやうとて・およそ・一もんのくぎやう・十六にん・てんじやうびと・三拾よにん・そのほかしよこくのじゆりやう・ゑふ・しよし・つがふ・六拾よにんなり・よにはまた・ひとなくぞ・みえられける・むかしならのみかどのおんとき・じんぎ五ねんに・てうかに・こんゑのたいしやうを・はじめおきたまひしより・このかた・きやうだいさうに・あひならび・たまふこと・わづかに・三四ケどなり・もんとくてんわうのおんときは・ひだんに・よしふさ・ないだいじんのさだいしやう・みぎに・よしあふ・だいなごんのうだいしやう・これは・かんゐんのさだいじんふゆつぐのおんこなり・しゆじやくゐんのおんときは・ひだんにさねP9
より・をののみやどの・みぎにもろすけ・九でうどのていじんこうのおんこなり・ごれんぜいゐんの・おんときは・ひだんに・のりみち・おほ二でうどの・みぎに・よりむね・ほりかはどの・みだうのくわんぱくのおんこなり・二でうゐんのおんときは・ひだんに・もとふさ・まつどの・みぎに・かねざね・つきのわどの・ほうしやうじどののおんこなり・これみな・せつろくのしんのごしぞん・ぼんにんにおいては・そのれいなし・ひごろは・でんじやうのまじはりを・だにもきらはれ・たまひしひとの・しそんの・いまは・きんじきざつぱうを・ゆり・りようらきんしうを・みにまとひ・あまつさへ・だいじんのたいしやうにいたつて・きやうだい・さうに・あひならびたまふこと・まつだいとは・まをしながら・ふしぎなりし・ことどもなり・また・にふだうしやうごくは・おんむすめも・八にん・ましましけり・それもみな・とりどりに・さいよはひ(イさいはひ)たまふ・一は・さくらまちのちうなごんしげのりきやうに・八さいより・おんやくそくありしが・へいぢのらんに・ひきちがへたてまつりて・のちには・くわざんのゐんの・さだいじんどのの・みだいばんどころに・ならせたまふ・きんだちあまた・ましましけり・そもそも・このさくらまちのちうなごんしげのりきやうと・いふは・こせうなごんにふだうしんせいの・じなんなり・ことに・こころ・すきて・おはしければ・つねは・よしののやまを・こひつつ・ちやうにさくらをうゑおき・そのうちに・やをつくつて・すまれければ・きたるとしの・はるごとに・みるひと・さくらまちとぞ・まをしける・さくらはさいて・七ケにちにちる・ちうなごん・はなのなごりを・をしみたまひて・つねは・あまてるおんかみに・いのりまをされければにや・三七にちまで・なごりあり・きみも・けんわうにて・ましませば・しんも・しんとくを・かがやかし・はなも・こころあればにや・廿かのよはひを・たもちけり・二は・きさきにたたせたまひ・わうじ・ごたんじやうあつて・くわうたいしに・たたせたまひしかば・ひととかうまをすに・およばず・三は・六でうの・せつしやうどのの・きたの・まんどころに・ならせたまふ・たかくらのゐん・ございゐのおんとき・おんははしろとて・三こうになぞらふる・せんじを・かうぶらせたまひ・しらかはP10
どのと・まをして・よには・また・おもきひとにてぞ・ましましける・四は・れんぜいのだいなごんりうばうきやうの・きたのかた・五は・ふげんじどのの・きたのまんどころに・ならせたまふ・六は・七でうのしゆりのだいぶのぶたかのきやうに・あひぐしたまへり・七は・ごしらかはのほうわうへ・まゐらせたまひて・ひとへに・にようごのやうにてぞ・ましましける・これは・あきのくにいつくしまの・ないしのはらの・おんむすめなり・そのほか・九でうゐんのざふし・ときはがはらにも・ひめぎみ一ところ・ましましけり・これは・のちには・おんあねくわざんのゐんどのへ・まゐらせたまひて・じやうらふにようばうにて・らふのおんかたとぞ・まをしける・につぽんあきつしまは・わづかに六拾六ケこく・へいけちぎやうのくに・卅よケこく・すでに・はんこくにおよべり・そのほか・しやうゑんでんばた・いくらといふ・かずをしらず・きらじうまんして・だうじやう・はなのごとし・けんきぐんじゆして・もんぜんにいちをなす・やうしうのこがね・けいしうのたま・ごぐんのあや・しよくかうのにしき・七ちん万ぱう一として・かけたることぞ・なかりける・かだうぶかくのもとゐ・ぎよりようしやくばのもてあそびもの・おそらくは・ていけつもせんとうも・これにはすぎじとぞ・みえし

義王106
むかしは・げんぺいりやうけ・てうかに・めしつかへて・わうくわにも・したがはず・てうけんをかろんずるものあれば・たがひにいましめを・くはへられしかば・よのみだれも・なかりしに・ほうげんにためよしきられ・へいじによしともちうせられしのちは・すゑずゑのげんじ・ありといへども・あるひは・ながされ・あるひは・ちうせられしかば・一かうへいけの・一るゐのみ・はんじやうして・かしらを・さしいだすものも・なし・されば・すゑのよに・なにごとか・あらんとぞ・みえし・かやうににふだうP11
しやうごく・一てん四かいを・たなごころににぎり・たまひしうへは・よのそしりをも・はばからず・ひとの・あざけりをもかへりみず・ふしぎのことをのみ・したまひけり・たとへば・そのころ・きやうちうに・きこえたる・しらびやうし・ぎわう・ぎによとて・おとどいあり・これは・とぢとまをすしらびやうしのむすめなり・にふだうなかにもあねの・ぎわうをさいあいして・にし八でうのしゆくしよに・とりすゑてぞ・おかれたる・かかりければ・いもうとのぎによをも・ひとおもうして・もてなすことは・かぎりなし・ははの・とぢをも・にふだう・だいじのものにしたまひて・よきや・つくつて・とらせ・まいげつついたちごとに・百こく・百くわんを・くるまにて・おくられければ・いへのうちも・ふつきして・たのしいことは・かぎりなし・かかりければ・きやうちうの・しらびやうしども・ぎわうが・さいあいを・うらやむものもあり・また・そねむものも・おほかりけり・うらやむものは・あなめでたの・ぎわうごぜんの・さいはひや・おなじ・あそびものと・ならば・もつとも・かくこそ・あらまほしけれ・いかさまにも・これは・ぎといふ・もじを・なに・つきて・かくは・めでたきやらむ・いざや・われらも・つきてみんとて・あるひは・ぎ一と・つくものもあり・あるひはぎ二と・つくものも・あり・ぎとく・ぎふく・ぎじゆ・ぎはう・なんど・つけけり・そねむものは・なんでう・なにより・もじには・よるべき・なによりもじに・よらむには・たれかは・おとるべき・くわはうは・ただ・なにごとも・むまれがらにてこそ・あれとて・つかぬものも・おほかりけり・そもそも・わがてうに・しらびやうしの・はじまりけることは・とばのゐんのおんとき・しまのせんざい・わかのまへとて・かの二にんが・まひはじめたりけるとかや・はじめは・すゐかんに・たてゑぼし・しろきさやまきを・さして・まひければ・をとこまひと・なづけられたりしを・なかごろより・かたな・ゑぼしを・のけられて・しろき・すゐかんばかりにて・まひければ・しらびやうしとは・p12
なづけられけり・かくて・ぎわう・とりすゑられ・まゐらせて・三とせと・まうしし・はるのころ・またほとけとまうして・いうなる・あそびもの・一にん・いできにけり・これは・かがのくにの・ものとぞ・きこえし・そのころの・きやうちうのじやうげ・むかしより・おほくの・あそびものありつれども・かやうのものは・いまだ・なしとて・こぞつてこれをぞ・もてなしける・あるとき・ほとけごぜん・まをしけるは・われ・てんかに・かくれなしと・いへども・たうじ・ときめきたまふ・へいけ・だいじやうにふだうどのへ・めされぬことこそ・ほに(イほい)なけれ・あそびものの・すゐさんは・なにかは・くるしかるべきとて・あるとき・ほとけくるまにのつて・にし八でうどのへぞ・まゐりたる・ひとまゐつて・ほとけとまをして・いうなる・あそびものの・まゐつてさふらふと・まをしたりければ・にふだう・なんでふ・さやうの・あそびものは・ひとの・めしに・ついてこそ・まゐることにては・あれ・めしもなきところへ・すゐさんしかるべからず・そのうへぎわうが・あらむ・かぎりは・かみともいへ・ほとけともいへ・とうとう・まかりいでよと・いへ・ほとけすげなう・おほせをかうぶつて・はるばると・いでたりけるを・ぎわうごぜんまをしけるは・あそびもののすゐさんは・つねのならひ・としも・いまだ・をさなしとこそ・うけたまはりさふらへ・たまたま・おもひたつて・まゐりて・さふらふに・すげなうおほせを・かうぶつて・いかばかりか・はづかしう・かたはら・いたくも・さふらはん・わが・たてしみちなれば・ひとのうへとも・おぼえず・たとひ・まひを・ごらんじ・うたをこそ・きこしめさずとも・めされて・ごたいめんあつて・かへさせ・おはしまさんは・ありがたき・おなさけにてこそ・さふらはんずれ・ただめさるべしと・まをしたりければ・にふだうさらば・よべとて・よびかへさせ・いであひ・たいめんしたまひて・いかにほとけ・けふのげんざんは・いかにも・あるまじかりつれども・ぎわうが・なにとおもひてやらp13
ん・しきりに・まをすあひだ・めしたるなり・かやうにまた・めされて・こゑを・きかざらんは・むねんなるべし・なにごとにても・いまやう一・うたへかしと・のたまへば・ほとけうけたまはつて・いまやうひとつぞ・うたうたる・きみをはじめて・みるときは・ちよもへぬべし・ひめこまつ・おまへのいけなる・かめをかに・つるこそ・むれゐて・あそぶめれと・これを・二三べん・うたひすまし・たりければ・みなひと・かんじあはれけり・にふだうしやうごくも・おもしろげに・おもひたまひて・わう・わごぜは・いまやうは・じやうずにて・ありけるや・いまやうが・おもしろければ・まひもさだめて・おもしろかるらん・なにごとにても・一ばんさうらは・ばや・つづみうち・めせとて・めされて・一ばん・まはせらる・およそ・このごぜん・としも十六・なるうへ・みめ・かたち・ならびなく・かみのかかり・まひすがた・こゑよく・ふしも・じやうずなれば・なじかは・まひも・そんずべき・こころもおよばずぞ・まうたりける・けんもんのひとびとも・みな・じぼくを・おどろかさずと・いふことなし・にふだう・まひにや・めでたまひけん・ほとけに・こころをぞ・うつされける・てんせいこのにふだうどのは・いらいらしきひとにて・おはしければ・まひのはつるをおそしとや・おもはれけん・はじめのわか一・うたはせ・せめのわか・いまだ・うたひも・はてざるに・ほとけを・いだいて・いりたまふ・ほとけごぜんまをしけるは・わらは・もとより・すゐさんのものにて・すげなう・おほせをかうぶつて・はるばると・いでさふらひしをも・ぎわうごぜんの・まをしじやうに・よつてこそ・めされまゐらせても・さふらへ・おぼしめしわすれぬ・おんことならば・めされてまたは・まゐりさふらふとも・けふは・ただ・いとまをたうで・いださせおはしませと・まをしければ・にふだうすべて・くるしかるまじ・ただ・ともかくも・じやうかいが・ままぞとよ・ただし・ぎわうp14
に・はばかるか・そのぎならば・ぎわうをこそ・いださめと・のたまへば・ほとけごぜん・それまた・こころうく・さふらふべし・わらは・もろともに・めしおかれ・まゐらせんだにも・いかばかりか・はづかしう・かたはらいたくも・さふらふべきに・まして・さやうに・ぎわうごぜんを・いださせおはしまさんは・いよいよ・こころうかるべしと・まをしけれども・にふだう・ぜひをも・いはせず・ぎわう・とうとうまかりいでよとの・つかひ・しきなみに・三どまで・たちければ・ぎわう・すこしも・やすらふべきに・あらずとて・はきのごひ・ちりひろはせ・みぐるしきものども・したためて・すでに・いづべきにぞ・さだまりける・ひごろより・かかるべしとは・おもひまうけし・ことなれども・さすが・きのふけふとも・おぼえず・この三とせがあひだ・すみなれし・しやうじのうちを・いづるにぞ・なごりもをしく・かなしくて・かひなきなみだぞ・ながれける・ぎわう・いでけるが・さるにてもとて・またたちかへり・すみなれししやうじに・かうぞ・かきつけたるもえいづるもかるるもおなじのべのくさいづれかあきにあはではつべき
ぎわう・くるまにのつて・いでけるが・しきりになみだのすすみければいまさらにゆくべき(イいづちともいづべき)かたもおぼえぬになにとなみだのさきにたつらん
と・えいじつつ・ぎわう・しゆくしよにかへり・しやうじのうちに・たふれふし・なくよりほかの・ことぞなき・ははこれを・あやしみて・いかにや・いかにと・とひけれども・へんじを・するにおよばず・ぐしたるをんなに・たづねてぞ・さることありとは・しりてんげるかかりければ・きやうちうの・じやうげ・あはや・ぎわうこそ・にし八でうどのより・いとまたうp15
で・いだされたんなれ・いざやげんざんして・あそばんとて・あるひはふみをつかはす・ひともあり・あるひは・ししやを・つかはすものも・ありけれども・ぎわういまさら・ひとにげんざんして・あそび・たはぶるべきにあらずとて・ふみを・とりあげ・みるにおよばねば・まして・つかひを・あひしらふまでの・ことは・なかりけり・かくてそのとしもくれ・はるのころにも・なりしかば・にふだう・ぎわうがもとへ・ししやをたてて・いかにぎわう・そののちは・なにごとか・ありし・ほとけがあまりに・つれづれげになるに・まゐつて・まひをも・まひ・いまやうをも・うたうて・ほとけなぐさめよと・のたまひ・つかはされたりければ・ぎわう・あまりのこころうさに・へんじにも・およばず・にふだう・かさねてのたまひけるは・いかに・ぎわう・など・ごへんじをば・まをさぬぞ・まゐるまじきか・まゐるまじくは・いささか・そのやうを・すみやかにまをせ・にふだうも・きききつて・はからふむね・ありとぞ・のたまひける・ははのとぢ・あれほどの・おほせなるに・など・ごへんじをば・まをさぬぞ・ぎわう・まゐらんとおもふみちならばこそ・やがて・まゐるとも・まをさめ・まゐらざらんものゆゑに・なにとか・ごへんじをば・まをすべき・めすにまゐらずは・はからふむねありと・のたまふは・みやこのうちを・いださるるか・さらずは・いのちを・めさるるか・これふたつには・よもすぎじ・たとひ・みやこのうちを・いださるるとも・いづくかつひの・すみかなる・たとひ・いのちを・うしなはるるとも・をしかるべき・またいのちかは・一どうきもの
に・おもはれまゐらせて・ふたたびおもてをむかふべきに・あらずとて・なほ・へんたふにも・およばず・ははかさねて・まをしけるは・なんによのえん・しゆくせ・いまだはじめぬ・ことなれや・ちとせまつだいと・ちぎれども・やがて・わかるるなかも・あり・かりそめと・おもへども・ながらへはつる・ひともあり・ただよに・さだめなきは・なんによの・なからひなり・p16
いはんや・わごぜんたちは・あそびものの・一にち二か・めしおかれ・まゐらせんだにも・いかばかりか・ありがたう・さふらふべきに・まして・この三とせが・あひだ・めしおかれまゐらせぬれば・こんじやうのおもひいで・なにごとか・これにすぐべき・めすに・まゐらずば・はからふむねありと・のたまふは・みやこの・うちをこそ・いだされんずらめ・いのちを・めさるるまでのことは・よも・あらじ・たとひ・みやこのうちを・いださるるとも・わごぜんたちは・わかければ・いづくの・うらわ・いはきのうえにても・すぐさんことは・やすかるべし・わらはが・としおいおとろへたるみの・ならはぬひなずまゐを・かねて・おもふこそ・かなしけれ・ただわらはを・みやこのうちにて・すみはてさせんと・おもひたまへ・それぞ・なににも・すぐれたる・こんじやうごせの・けうやうにて・あるべけれと・なみだも・せきあへず・まをしたりければ・ぎわうさらば・まゐるまでにてこそ・あれとて・なくなくたちいで・けるがひとり・まゐらんも・ものうければとて・いもうとの・ぎによをも・ぐしけり・おなじやうなる・しらびやうし・二にん・そうじて・四にん・ひとつくるまに・とりのつて・にし八でうどのへぞ・まゐりたる・にふだう・ひごろ・めされしところより・はるかに・さがりたるところに・ざしきしてこそ・おかれたれ・ぎわう・こは・なにごとの・とがぞや・はては・ざしきを・さへ・さげられつることの・こころうさよ・これに・つけても・なにしにか・まゐりけんと・おもふに・けしきを・ひとに・みえじと・おさふるそでの・したよりも・あまりてなみだぞ・ながれける・ほとけごぜん・ひごろ・めされぬところにても・さふらはず・ただ・これへめさるべし・さらずは・いでて・げんざんせんと・まをしけれども・にふだう・なんでふと・はなつくあひだ・ちからおよばず・そののちにふだう・いであひ・たいめんしたまひて・p17
いかにぎわう・そののちは・なにごとかありし・ほとけが・あまりに・つれづれげなるに・なにごとにても・いまやうひとつ・うたへかしと・のたまへば・ぎわう・まゐるほどにては・ただともかうも・にふだうどのの・おほせにこそと・おもひければ・おつるなみだを・おさへて・いまやう・ひとつぞ・うたうたる・つきふけ・かぜをさまつてのち・こころのおくを・たづぬれば・ほとけもむかしは・ぼんぶなり・われらも・おもへば・ほとけなり・いづれも・ぶつしやうぐせるみを・へだつるのみこそ・おろかなれと・これを二三べん・うたひすましたりければ・みなひと・あはれをぞ・もよほしける・にふだうしやうごく・いしうも・うたうたり・やがて・まひをも・みるべけれども・いささかまぎるること・いできたり・こののちは・めざすとも・つねに・まゐつて・まひをもまひ・いまやうをも・うたうて・ほとけなぐさめよ・えいとぞ・のたまひける・ぎわうしゆくしよに・かへりしやうじの・うちに・たふれふし・なくよりほかの・ことぞなき・おやのめいを・そむかじと・ふたたび・うきみちに・おもむき・はては・ざしきを・さへ・さげられつることの・こころうさよ・なほも・うきよに・ながらへ・あるならば・かさねて・かく・うきことをこそ・みきかんずらめ・かかるついでに・ひのなかみづの・そこへも・いりなばやとぞ・かなしみける・あねみをなげば・いもうとのぎによも・ともにみをなげんと・いふ・ははのとぢ・うらむるもことわりなり・ひごろは・これほどまで・なさけなかりける・ひととは・つゆおもひよらずして・とかう・けうくんして・まゐらせつることの・こころうさよ・あね・みをなげば・いもうとのぎによも・ともにみを・なげんと・いふに・わらはが・としおいおとろへたるみの・ひとり・のこりとどまつて・なににかせん・ともに・みをこそ・なげんずらめ・ただし・しごも・きたらぬ・おやに・みをなげさせんは・五ぎやくざいにてもや・あらむp18
ずらん・みだによらいは・さいはうじやうどを・しやうごんし・一ねん十ねんをも・きらはず・十あく五ぎやくざいをも・みちびかんといふ・ひぐわん・ましますなる四拾八の・せいぐわんのうちに・だい三拾五のぐわんには・われらが・やうに・ぐちもんまうなるものを・みちびかむといふ・ひぐわんましますなり・われらこのたび・おもひで・あるでも・なうて・ふたたび・三づに・しづみなは・また・いつのよにかは・うかぶべき・かほどめでたき・みやうがうに・すがつて・ごくらくじやうどの・ふたいの・はうどに・まゐらんとは・おもひたまはずやと・なみだも・せきあへず・いひければ・ぎわう・まことに・しごも・きたらぬ・おやに・みをなげさせんは・五ぎやくざい・うたがひ・あらずとて・みをなげんことをば・おもひとどまり・二十一にて・さまかへけり・いもうとの・ぎによも・ともにと・ちぎりし・ことなれば・十九にて・さまかへけり・ははのとぢ・あれほどに・さかんなる・ふたりのむすめの・さまを・かふる・よのなかに・わらはが・としおいおとろへたるみの・しらがを・つけても・なににかはせんとて・四十五にて・さまかへけり・三にん・さがのおくなる・やまざとに・ねんぶつまをし・わうじやうけつぢやう・りんじゆしやうねんとぞ・いのりける・かくて・はるすぎ・なつたちぬ・あきのはつかぜ・たちぬれば・ほしあひのそらを・ながめつつ・あまの・とわたる・かぢのはに・おもふことかく・これなれや・ものおもは・ざらんひとだにも・くれゆくあきの・ゆふべは・かなしかるべし・いはんや・ものおもふひとの・こころのうち・おしはかられて・あはれなり・にしのやまのはに・かかるひを・みては・あれこそ・さいはうのじやうどにて・あんなれば・いつか・われらも・かのところにむまれて・ものを・おもはで・すごすらん・これにつけても・むかしのことの・わすられて・つきせぬものは・なみだなり・ひもやうやうしぐれければ・p19
三にんのものども・ひとつところにさしつどひ・ぶつぜんに・はなかうそなへ・ともしび・かすかに・かかげつつ・ねんぶつして・ゐたるところに・とぢふさぎたる・たけのあみどを・ほとほとと・たたくおとしけり・三にんのものども・ねんぶつを・とどめて・いかさまにも・これは・われらがやうに・ぐちもんまうなるものの・ねんぶつして・ゐたるを・をかさんとて・まえんの・きたれるにこそ・ただし・まえんならば・あれほどの・たけのあみどを・おしあけて・いらむことは・やすかるべし・ただすみやかに・あけたらんほどに・たすけば・一ぶつ・たとひ・いのちを・うしなはるるとも・このほど・たのみたてまつる・ねんぶつ・あひかまへて・おこたるなよと・こころに・こころをいましめて・三にん・てにてを・とりくみ・とぢふさぎたる・たけのあみどを・おもひきつて・あけたれば・まえんにては・なかりけり・ほとけごぜんぞ・いできたる・ぎわう・はしりいで・ほとけがたもとに・とりついて・こは・さらに・うつつとも・おぼえさふらはぬものかな・ひるだにも・ひとめまれなる・やまざとへ・ただいまなにとして・きたりたまへると・いひければ・ほとけごぜん・いまさらまをせば・ことあたらしきに・にたり・まをさねばまた・おもはぬに・にたれば・はじめより・まをすぞよ・わらは・もとより・すゐさんのものにて・すげなう・おほせをかうぶつて・はるばると・いでさふらひしをも・わごぜんの・まをしじやうに・よつてこそ・めされまゐらせても・さふらへ・やがてわごぜんの・いだされたまひしこと・かならずひとの・うへとも・おぼえず・いつかまた・わがみのうへにて・あらんずらんと・おもひしに・あはせて・しやうじに・いづれか・あきにあはではつべきと・かきおきたまひし・ふでのあと・やがて・おもひしられてこそ・さふらひしか・いつぞやまた・わごぜんの・めされまゐらせて・いまやう・うたひたまひしとき・ざしきをさへ・さげp20
られ・たまひしことの・こころうさ・まをすばかりも・さふらはず・そののちは・いづくにとも・うけたまはらざりしが・このほど・ききいだしたてまつつて・うらやましきことに・おもひまゐらせ・いかに・いとまを・まをせども・おほかた・ゆるされ・まゐらすることも・さふらはず・つくづくものを・あんずるに・しやばのえいぐわは・ゆめのゆめ・たのしみ・さかえも・なにかせん・にんじんは・うけがたく・ぶつけうにはまた・あひがたし・いづるいき・いるをまたず・かげろふ・いなづまよりも・なほあやうし・かやうのことを・おもふにも・いとどこころの・とどまらずして・このひる・おもひも・かけぬ・ひまのありつるに・にげいでて・かくなりてこそ・まゐりたれとて・かづきたる・きぬを・うちのけ・たるを・みければ・さしも・はなやかなりし・えいぐわのたもとを・ひきかへて・あまになりてぞ・いできたる・ひごろの・とがは・これに・ゆるしたまへ・ゆるさんと・のたまはば・おなじあんじつに・ねんぶつまをし・ともに・ごしやうを・いのるべし・なほゆるさじと・のたまはばこれよりいづかたへも・あしにまかせて・まよひゆき・いかなるらんいはのかど・こけのむしろ・まつがねに・たふれふすまでも・ねんぶつまをしみだ三ぞんの・らいがうに・あづからんと・なみだも・せきあへず・まをしたりければ・ぎわう・あなはづかしの・わごぜんのこころのそこの・いさぎよさよ・ひごろは・これほどまで・おもひたまふひととは・いかでか・つゆほども・しるべき・なにごとも・うきよのなかの・さがなれば・かならず・ひとを・うらみと・おもふべからず・みのうきことをこそ・しるべきに・ややもすれば・わごぜんのことのみ・わすられで・かたごころに・かかつて・こんじやうもごしやうも・なかなかに・しそんじたるやうに・おぼえて・やるかたも・なかりつるに・わごぜんは・なにごとをも・おもひたまp21
はず・としもいまだ・十七とこそ・きくに・ゑどをば・いとひ・じやうどをば・ねがふべしとの・こころこそ・まことの・だうしんじやにては・おはしませ・わらはが・廿一にて・さまかへしをこそ・ひとも・ありがたき・ことにまをし・みながらも・ふしぎのことに・おもひしに・いま・わごぜんの・しゆつけに・くらぶれば・ことのかずにてあらざりけり・ひごろのとがは・なにしにか・つゆほども・のこるべき・いざやさらば・おこなはんとて・四にん・おなじあんじつに・ねんぶつまをし・ともに・ごしやうを・いのりけるが・ちそくこそ・ありけれども・つひには・わうじやうの・そくわいを・とげけるとぞ・うけたまはる・そののちにふだう・ほとけを・うしなうて・てんてを・わかつて・たづねさせられけれども・なかりければ・じやうかいが・ほとけはあまりに・みめがよかりつれば・てんぐが・とりたるに・こそとぞ・のたまひける・そののち・はんとしばかりあつて・ききいだされたりけれども・さやうに・なりたらんずるものをばとて・のちには・たづねさせられず・されば・ごしらかはのほふわうの・ちやうかうだうの・くわこちやうにも・ぎわう・ぎによ・ほとけ・とぢとうが・そんりやうと・一しよに・いれられけるとぞ・うけたまはる・あはれなりし・ことどもなり

二代の后107
とばのゐん・ごあんがののちは・ひやうかく・うちつづいて・しざいるけい・けつくわんちやうにん・つねに・おこなはれて・かいだいも・しづかならず・せけんも・いまだ・らくきよせず・おうほう・ぢやうくわんの・ころほひは・ゐんの・きんじゆしやをば・うちより・いましめらp22
れ・うちの・きんじゆしやをば・ゐんより・いましめられしかば・じやうげ・おそれ・おののいて・やすきここちも・
したまはず・ただ・しんゑんに・のぞんで・はくひようをふむに・おなじ・そのころの・しゆじやうとまをすは・二でうのゐん・じやうわうとまをすは・ごしらかはのゐんの・おんことなり・しゆじやう・じやうくわう・ふしの・おんあひだなりければ・なにごとの・おんへだてかわたらせたまふべき・なれども・おもひのほかのことども・あつて・しゆじやう・つねは・ゐんのおほせをも・まをしかへさせ・おはします・これもただ・げうきにおよんで・ひと・けうあくを・さきとするゆゑなり・そのころ・ひと・じぼくをおどろかし・よもつて・おほきに・そしり・かたぶきまをすことあり・そのゆゑは・こんゑのゐんのきさき・たいくわうたいこうぐうと・きこえさせたまひしは・おほゐのみかどの・うだいじんきんよしこうの・おんむすめなり・せんていに・おくれ・まゐらつさせ・たまひてのちは・ここのへのほか・このゑかはらの・おほみやのごしよに・うつりぞ・すませたまひける・いつしか・さきの・きさいのみやにて・ふるめかしう・かすかなる・おんすまひにてぞ・わたらせたまひける・ぢやうくわんの・ころほひは・おんとし・廿二三にもや・ならせ・おはしましけん・おんさかりも・すこし・すぎさせたまふほどなり・されども・てんかだい一の・びじんの・きこえ・わたらせたまひしかば・しゆじやう・つねは・いろにのみ・そみたる・おんありさまにて・ひそかにかうりよくしに・ぜうし・ぐわいきうに・ひき・もとめしむるにおよんで・ひそかに・おほみやへ・ごえんしよあり・おほみやあへて・ごへんじも・なかりければ・しゆじやうひたすら・ほに・あらはれて・きさき・じゆだいあるべきよしを・だいじんけへ・おほせくださる・このこと・てんかに・おいて・ことなる・しようじなりければ・くぎやう・せんぎあつて・おのおのいけんにいはく・かのそくてんくわうごうは・たいそうのきさき・かうそうくわうてい
のけいぼなり・たいそう・ほうぎよののち・かうそうのきさきに・たちたまへるれいは・きけども・それは・いてうの・せんきたるうへ・p23
べつだんのこと・わがてうには・じんむてんわうよりこのかた・にんわう七拾よだいに・いたらせたまふまで・いまだ・二だいのきさきの・れいをきかずと・しよきやう一どうに・うつたへ・まをされたりければ・じやうくわうもこのぎ・おほきに・しかるべからざるよし・おほせければ・しゆじやうおほせありけるは・てんしに・ぶもなし・われ十ぜんの・よくんに・よつて・いま・ばんじようのはうゐを・たもつ・これらほどのことを・えいりよに・まかせざるべきとて・すでに・ごじゆだいのひを・おんさだめありけるうへは・ちからおよばせたまはず・おほみや・このよし・きこしめされし・ひよりして・なのめならず・おんなげきに・しづませ・おはします・せんていに・おくれまゐらせし・きうじゆのあきの・はじめ・おなじ・くさばのつゆとも・きえ・やがて・いへをも・いでよをも・のがれたらましかば・いま・かかる・うきことを・きかざらましとぞ・おほせける・そののち・ちちのおとど・まゐらせたまひて・やうやうに・こしらへ・まをさせたまひけるは・よに・したがはざるを・もつて・きやうじんとすと・みえたり・すでに・ぜうめいを・くだされぬるうへは・しさいを・まをすに・ところなし・はやはや・ごじゆだい・あるべし・これひとへに・ぐらうを・たすけさせ・おはします・ごかうかうの・おんいたり・なるべし・なんどまをさせたまひたり・けれども・おほみやあへて・ごへんじも・なかりけるが・ややあつて・ちちの・おとどの・ごへんじかと・
おぼしくて・おんすずりのふたに・かうぞ・あそばされけるうきふしにしづみもやらで(イはてぬよ)かはたけのよにためしなきなをやながさむ
よには・いかにしてかは・もれにけむ・いうに・やさしき・ためしにぞ・まをしはべりける・すでにごじゆだいの・ひにも・なりしかば・ちちのおとど・ぐぶの・かんたちめ・しゆつしやのぎしき・こころことに・いだしまゐらつさせ・たまp24
ひけり・おほみやものうきおんいでなりければ・とみにも・いでさせたまはず・はるかに・よふけさよも・なかばすぎてのち・おほみや・なくなく・おんくるまに・たすけ・のせられさせ・たまひけり・ものうき・おんいでなりければ・いろある・ぎよいをば・めさず・しろきおんぞ・十五ばかりぞ・めされける・うちへ・まゐらせたまひては・れいけいでんに・うつりぞ・すませたまひける・おんあさまつりごとを・すすめ・まゐらつさせ・たまふばかりなり・かのししんでんの・くわうきよには・けんじやうの・しやうじをたてられたり・いいん・ていごりん・ぐせいなん・たいこうばう・ろくりせんせい・りせきしば・りしやうぐんがすがたを・さながら・うつせる・しやうじもあり・てなが・あしなが・むまかたのしやうじ・おにのま・をはりのかみ・をののだうふうが・七くわいげんじやうの・しやうじと・かきながせるも・ことわりなり・かのせいりやうでんの・ぐわとのみしやうじには・むかし・かなをかが・うつせるゑんざんの・ありあけのつきも・ありとかや・こゐんの・いまだ・えうちに・わたらせたまひし・そのかみ・なにとなき・おんて・まさぐりに・かき・くもらかさせたまひしがありしながらに・かはらぬを・ごらんじて・さすが・せんていの・おんおもかげ・おんこひしうや・おもひまゐらつさせたまひけむ・かうぞあそばされける・おもひきやうきみながらにめぐりきておなじくもゐのつきをみんとは
そのおんあひだの・おんなからひいひしらず・なにとなく・ものあはれなりし・おんことなり

額打論108
かくてしゆじやうは・えうまんぐわんねんの・はるのころより・つねは・ごふよのおんことと・きこえさせたまひしが・なつのころにも・なp25
りしかば・ことのほかに・おもらせたまひけり・これに・よつて・おほくらのたいふ・いきのかねもりが・むすめのはらに・こんじやう一のみやの・こんねん・二さいに・ならせ・たまふが・わたらせたまひけるを・たいしに・たてまゐらすべしなんどきこえさせたまひしが・おなじき六ぐわつ廿五にちに・にはかに・しんわうのせんじを・かうぶらせたまひ・そのよ・やがて・じゆぜんありしかば・てんか・なにとなう・ものあわてたる・さまなりけり・そのころのいうしよくのひとびとの・まをしあはれけるは・ほんてうに・どうたいのれいを・たづぬるに・せいわてんわう・九さいにて・もんとくてんわうの・おんゆづりを・うけさせたまひしは・かの・しうこうたんの・せいわうに・かはり・なんめんにして・一じつばんきの・おんまつりごとを・をさめたまひしに・なずらへて・ぐわいそちうじんこうえうしゆをふちしまゐらつさせ・たまひし・これせつしやうの・はじめなり・とばのゐん五さい・こんゑのゐん三さい・それをこそ・ひといつしか・なりと・まをししに・これはわづかに・二さいに・ならせたまふ・せんれいなし・ものさわがしとも・おろかなり・おなじき七ぐわつ廿七にちに・しんてい・だいごくでんにして・ごそくゐあり・てんかの・いうきともに・あひまじはつて・よろづなにごとも・とりあへぬ・おんことどもにてぞ・わたらせたまひける・おなじき廿九にちに・じやうわうつひに・ほうぎよならせたまひけり・みくらゐを・さらせたまひては・わづかに卅よにちぞ・ましましける・こんねんは廿三に・ならせ・おはします・つぼめるはなの・ちれるがごとし・ひとびと・おんなごりををしみたてまつつて・八ぐわつ七かまで・おきたてまつりたりしかども・さてしもわたらせたまふべきならねば・くわうりうじの・うしとら・れんたいののおく・ふなをかやまのふもとに・おくりをさめたてまつる・おほみや・二だいのきさきには・たたせたまひしかども・さまでの・おんさいはひもわたらせたまはず・またこのきみに・さへ・おくれ・まゐらつさせ・たまひたりしが・つひに・みぐし・おろさせ・たまひけり・なかにも・ぎをんのべつたうちようけんほういんの・いまだp26
ごんだいそうづにて・やまより・くだられけるが・ごさうそうの・けぶりをみたてまつつて・かうぞ・えいじ・たまひけるつねにみし(イきのふみし)きみがみゆきをけふとへばかへらぬたびときくぞかなしき
かかりける・ごさうそうのよ・えんりやく・こうぶく・りやうじのだいしう・がくうちろんと・いふことを・しいだして・たがひのらうぜきに・およぶ・一てんのきみ・ほうぎよのときは・なんぼく二きやうの・たいしう・ことごとく・ぐぶして・ごむしよの・めぐりにわがてらでらの・がくをうつことあり・まづ・しやうむてんわうのごぐわん・あらそふべきてらなければとて・とうだいじのがくをうつ・つぎに・たんかいこうの・ごぐわんとて・こうぶくじの・がくをうつ・ほくきやうには・こうぶくじにむかへて・えんりやくじの・がくをうつ・つぎに・てんむてんわうのごぐわん・ちしようだいしのさうさうとて・をんじやうじのがくをうつ・しかるを・こんど・さんもんに・いかがはおもひけむ・せんれいを・そむいて・こうぶくじの・うへに・えんりやくじの・がくをうつあひだ・なんとの・たいしう・いきどほり・こうぶくじの・さいこんだうしゆに・くわんおんばう・せいしばうとて二にんのあくそうあり・くわんおんばうは・もえぎのはらまきに・しらえのおほなぎなたの・さやをはづし・せいしばうは・くろいとをどしの・よろひに・おほたちを・ぬき・二にん・はしりかかり・えんりやくじの・がくを・きつて・おとす・きよみづほうしに・ちもんばう・はしりよつて・がくを・さんざんに・きりやぶつてんげり・うれしやみづ・なるはたきのみづひは・てるともたえず・とうたへ・つねに・とうたへと・はやしあげて・わがかたへぞ・はしりかへりける

清水炎上109
一てんのきみ・みよを・はやう・せさせ・おはしまさんときは・いかなる・こころなき・さうもくまでも・うれひたるいろp27
をこそ・あらはすべきに・このあさましさに・じやうげみな・四はうへ・にげちりぬ・おなじき八かのひ・れいのさんもん
のたいしう・またげらくすと・きこえしかば・だいりならびに・ゐんのごしよへ・ぐんびやう・めされけり・きやうちうの・さうどう・なのめならず・また・なにものか・まをしいだしけん・一ゐん・やまのたいしうにおほせて・へいじつゐたうあるべきよし・きこえしかば・へいけのひとびとこは・いかがせんとぞ・さわがれける・こまつどのの・いまだそのころ・さゑもんのかみにて・おはしけるが・たうじ・なにごとによつてか・さやうのおんことの・わたらせたまふべきとは・せいせられけれども・あまりに・あわてて・さわぎ・ののしること・なのめならず・おなじき九かのひ・れいのさんもんの・たいしうすでに・げらくするあひだ・ぶしけんびゐし・にしさかもとに・ゆきむかふを・たいしう・ことともせず・うちやぶつて・らんにふしけるあひだ・一ゐん・ろくはらへ・ごかうなる・へいしやうごくも・さわがれけり・されども・たいしうそぞろなる・せいすゐじに・おしよせたり・おうては・さかおもて・からめてはせいかんじ・うたのなかやまより・よせきたる・きよみづほうし・じやうくわくかまへて・たてこもる・たいしう・おしよせたりければ・ぶんないは・せばかりけり・ひとたまりも・たまらず・おちけり・ふせぐところの・たいしう・卅よにん・うちころさる・そののち・じちうに・みだれいつて・ひをはなつ・だうしやたふめう・ぶつかくそうばう・いちうも・のこさず・やきはらふ・せいすゐじとまをすは・こうぶくじの・まつじなるに・よつて・これは・さんぬる・ごさうそうのよの・くわいけいの・はぢを・きよめんが・ために・やくなりとぞ・まをしける・たいしう・かへりのぼりての・こうてうに・くわんおんや・くわきやうへんじやうちは・いかにと・ふだにかいて・だいもんに・たてたりければ・りやくこふふしぎと・これを・いふなりと・かへりふだにぞ・たてたりける・いかなる・あとなしものの・しわざにてか・ありけむ・をかしかりし・ことどもなり・さるほどに・ことしづまりしかば・一ゐん・ほうぢうじどのp28
へ・くわんぎよなる・さゑもんのかみ・おんともに・まゐられたり・ちちの・おとどは・とどまりたまふ・これは・なほろくはらの・えうじんのためとぞ・おぼえたるさゑもんのかみ・ほどなう・かへりまゐられ・たりければ・ちちのおとど・のたまひけるは・さるにても・一ゐんの・ごかうこそ・おほきにおそれいつて・おぼゆれ・いかさまにもこれは・おほせあはせらるるむねの・あるに・こそと・のたまへば・さゑもんのかみ・ゆめゆめさやうのおんこと・おんことのはに・いださせたまふべからず・ひとに・ちゑつけがほに・なかなか・あしう・さふらひなんず・ただいくたびも・えいりよに・そむかせたまはで・ひとのために・ぜんを・ほどこさせ・おはしまさば・おんみの・おそれ・あるまじうさふらふとて・たたれければ・あはれこの・しげもりほど・なにごとに・つけても・おほやうなるひとは・なかりけりと・ちちのおとども・のたまひける・さるほどに・ほうぢうじどのには・一ゐん・くわんぎよののち・ごぜんに・うとからぬひとびとを・めしてさるにても・つゆ・おぼしめしよらぬ・おんことを・なにものか・まをしいだしたりけむ・ゆめの・やうなることかなと・おほせければ・さいくわうが・まをしけるは・てんに・くちなし・ひとにいはせよと・まをすことのさふらふなれば・へいけ・あまりに・くわぶんに・なりゆき・さふらふのあひだ・ほろぶべき・ぜんぺうにて・てんの・つげにてもや・さふらふらんと・まをしたりければ・ひとびと・これ・よしなし・かべに・みみありとて・おのおのくちをぞ・とぢられける・ことしは・りやうあんなればとて・ごけい・だいじやうゑをも・おこなはれず・けんしゆんもんゐんの・いまだそのころ・ひんがしのおんかたとて・わたらせたまふ・おんはらに・一ゐんの・みことの・こんねん・五さいに・ならせたまふが・わたらせたまひけるが・にはかにしんわうの・せんじを・かうぶらせたまひ・あけければ・かいげんあつて・にんあんぐわんねんとぞ・まをしけるp29

春宮立(あひ)110
きよねん・しんわうの・せんじ・かうぶらせたまひたりし・わうじ・おなじき八ぐわつ十かのひ・とう三でうどのにして・とうぐうに・たたせたまふ・とうぐうと・まをすは・つねはていのみこなり・また・たいしとまをして・しゆじやうの・おんおととの・まうけのきみに・そなはらせたまふことあり・これをば・たいていとも・まをす・しかるにしゆじやう・おんをひ・三さい・とうぐう・おんをぢ・六さい・ぜうぼく・あひかなはせ・たまはず・ただし・一でうゐん七さい・三でうゐん十一さいにして・とうぐうに・たたせたまふ・されば・せんれいなきには・あらずやとぞ・ひとまをしける・しかるに・しゆじやう・二さいにて・みくらゐに・つかせたまひ・五さいと・まをしし・にんあん三ねん二ぐわつ十五にちに・みくらゐを・さらせたまひて・いつしか・ひと・しんゐんとぞ・まをしける・いまだ・ごげんぷくもなくして・だ[い]じやうてんわうのそんがう・かんか・ほんてうに・これや・はじめなるらん・六でうゐんのおんことなり・おなじき三ぐわつ十かのひ・しんてい・だいこくでんにて・ごそくゐあり・こんねんは・八さいに・ならせ・おはします・およそ・このきみの・てうかを・しろしめされけることは・一かう・へいけのはんじやうとぞ・みえし・なかにも・へいだいなごんときただのきやうは・みかどの・ごぐわいせきにて・おはしければ・かのやうきひが・さいはひしとき・やうこくちうが・さかえたりしが・ごとしにんあん四ねん・六ぐわつ十四かに・かいげんあつて・かおうぐわんねんとぞ・まをしける

殿下の乗合111
p30
おなじき・六ぐわつ十七にちに・一ゐん・おんとし四十三にて・ごしゆつけあり・ゐん・ごしゆつけののちも・なほ・ばんきのおんまつりごとを・しろしめされければ・ゐんに・さふらはれける・くぎやうでんじやうびとや・じやうげのほくめんにいたるまで・くわんゐほうろく・みにあまり・たり・されども・ひとのこころの・ならひにて・なほあきたらず・へいのひとびとの・くにをもしやうをも・たまはつたることをば・よに・めざましきことに・おもひあはれそのひと・ほろびなば・そのくには・あきなむ・そのくわんには・なりなん・なんど・うとからぬどちは・さしつどひ・ささやくときも・ありけり・ほうわうも・ないない・おほせけるは・むかしより・てうてきを・たひらぐるもの・おほしと・いへども・かかるれいは・いまだなしさだもり・ひでさとが・まさかどを・ほろぼし・らいぎが・さだたふ・むねたふを・せめ・ぎかが・たけひら・いへひらを・うちたりしにも・けんしやうおこなはるること・わづかに・じゆりやうには・すぎざりき・しかるを・きよもりにふだうが・かく・こころのままに・ふるまふことこそ・しかるべからね・これもただ・よすゑに・なつて・わうはふの・つきぬるにこそと・おぼしめしけれども・ついでも・なければ・おんいましめも・なし・へいけもまた・べつして・てうかを・うらみたてまつることも・なかりけるに・よのみだれ・そめけるこんぽんは・こまつどののじなん・しん三ゐのちうじやうすけもりの・いまだそのころ・ゑちぜんのかみとて・しやうねん十三に・なられける・いんじかおう二ねん・十ぐわつ十六にちに・ゆきははだれに・ふりたりけり・かれのの・けしきのおもしろさに・わかきさぶらひ・二三十き・めしぐして・たかども・あまた・すゑさせつつ・うこんのばば・むらさきの・きたののへんに・うちいでて・うづら・ひばり・おつたておつたて・ひねもすに・かりくらし・はくぼにおよんで・おほみやのおほぢより・こうぢきりに・ろくはらへこそ・かへられけれ・そのときのせうろく・まつどの・なかのみかど・ひがしのとうゐんの・ごしゆくしよを・ぎよしゆつあつて・いうはうもんより・じゆぎよなるべp31
きにて・ひがしのとうゐんを・くだりに・おほゐのみかどを・にしへ・ぎよしゆつなる・ほりかは・ゐのくまのへんにて・すけもり・でんかのぎよしゆつに・はなつきに・まゐりあふ・あまりにてうおんに・のみ・ほこつて・よを・よとも・ひとを・ひととも・せざつしうへ・めしぐしたりける・さぶらひみな・わかきものどもにて・れいぎ・こつぱふをも・ぞんぜず・一せつに・げばも・せず・ぜんぐうみずゐじんども・なにものぞ・らうぜきなり・ぎよしゆつ・のなるに・おりさふらへおりさふらへと・いらひけれども・みみにも・ききいれず・かけわつてこそ・とほりけれ・とののおんともの・ひとびと・くらさはくらし・にふだうのまごとも・つやつや・ぞんぜず・むまより・とつて・ひきおとし・あておとし・すこぶる・ちじよくにおよびけり・すけもり・はふはふ・六はらに・おはして・おほぢ・だいじやうのにふだうどのに・このよしうつたへまをされければ・にふだう・おほきに・いかつて・たとひ・いかなる・でんがにても・わたらせたまへ・にふだうが・あたりをば・一どは・などか・おぼしめし・はばからせたまは・ざるべきに・さやうに・おいさきある・をさなきものどもに・なさけなう・ちじよくを・あたへられける・ことこそ・かへすがへすも・ゐこんなれ・かかることよりして・ひとにも・あざむかるるぞ・このこと・おもひしらせまをさでは・えこそ・あるまじけれとのたまへば・こまつどのの・いまだ・そのころだいなごんのうたいしやうにて・ごぜんに・おはしけるが・このよしを・ききたまひ・ゆめゆめ・さやうのおんこと・おぼしめしよらせたまふべからず・しげもりが・こどもなんど・いひたらむずるものの・でんがのぎよしゆつに・まゐりあうて・のりものより・おりさふらはざりつることこそ・かへすがへすも・びろうには・さふらへ・そのうへ・よりまさ・みつもとなんどいふ・げんじどもに・あざむかれても・さふらはばこそ・一もんのちじよくにても・さふらふべけれ・これはすこしも・くるしうさふらふまじ・いかさまにも・でんがへ・ぶれいのよしをこそ・まをしたうさふらへとてぞ・たたれける・p32
そののちにふだう・こまつどのには・のたまひも・あはせられずして・かたゐなかの・さふらひの・きはめて・こはらかなるが・にふだうの・おほせよりほかは・おそろしき・ことなしと・おもひける・いせのかみかげつなを・さきとして・つがふ六十よにんを・めしてらい廿一にちに・しゆじやう・ごげんぷく・おんさだめの・おんために・でんが・さんだいあらんずる・みちにて・ぜんくうみずゐじんどもが・もとどり・きり・すけもりが・はぢすすぞと・のたまへば・これらかしこまつてうけたまはり・つがふそのせい・三百よきにて・でんがのぎよしゆつを・いまやいまやと・まちうけたてまつる・でんがは・このこと・ゆめにも・しろしめされず・しゆじやう・ごげんぷく・おんさだめ・ごかくわん・はいくわんのおんために・けふより・ごちよくろに・わたらせたまふべきにて・つねのぎよしゆつよりは・ひきつくろはせたまひて・ぜんくうみずゐじんどもに・いたるまで・はなやかにこそ・いでたちたれ・こんどは・たいけんもんより・じゆぎよなるべきにて・なかのみかどをにしへ・ぎよしゆつなる・ほりかは・ゐのくまのへんにて・つはものども・でんがの・ぎよしゆつを・まちえたてまつり・みくるまの・ぜんごさうにて・ときを・どつとぞ・つくりける・けふを・はれと・いでたちたりける・ぜんくうみずゐじんども・ここにおつつめ・かしこにおさへて・もとどりきる・ぜんくう六にんがうち・とうのくらんどたいふたけのりが・もとどりを・きるとては・これは・なんぢが・もとどりと・おもふべからず・しうの・もとどりと・おもふべしと・いひふくめてぞ・きつたりける・ずゐじん十にんが・うち・みぎのふしやうたけもとが・もとどりも・きられにけり・ぐぶのくぎやう・でんじやうびと・くるまの・ものみ・うちわり・むながけ・しりがい・きり・はなつたり・ければ・くものこを・ちらすが・ごとくにぞ・なりにける・すだれかなぐりおとし・とのの・みくるまの・うちへも・ゆみの・はず・つきいれ・なんど・しければ・でんが・あまりの・おそろしさにや・みくるまより・こぼれ・おちさせ・たまひて・あやしの・しづが・p33
こやに・なくなく・たちぞ・しのばせ・たまひける・つはものども・かやうに・さんざんに・しちらし・六はらに・かへりまゐつて・このよし・まをしたり・ければ・にふだう・しんべうなりとぞ・のたまひける・そののち・みくるま・つかまつるものも・なかりければ・いなばの・さいつかひ・とばの・くにひさまるは・げらふなりけれども・さがさがしきによつて・みくるま・つかまつる・せつしやうどのは・さてしも・わたらせたまふべきならねば・おんなほしの・そでにて・おんなみだ・おさへ・させ・たまひつつ・くわんぎよのぎしきの・あさましさ・まをすばかりも・なかりけり・たいしよくくわんたんかいこうのおんことは・なかなかまをすに・およばず・ちうじんこう・せうぜんこうより・このかた・せつしやう・くわんぱくの・かかる・おんめに・あはせたまふおんことは・これ・はじめとぞ・うけたまはる・これぞへいけのあくぎやうの・はじめとは・うけたまはる・そののち・こまつどの・このよしを・ききたまひて・そのとき・ゆきむかうたりける・いせのかみかげつなを・さきとして・つがふ・六十よにんを・かんだうせらる・たとひ・にふだう・ふしぎを・げぢしたまふとも・など・しげもりに・ゆめをば・みせざりけるぞや・およそは・すけもり・きくわいなり・せんだんは・ふたばより・かうばしとこそ・みえたれ・しげもりが・こどもなんど・いひたらんずるものの・ことしは・十二か三に・なるとこそ・おぼゆるに・いまは・れいぎこつぽふをも・ぞんじてこそ・ふるまふべきに・かかる・いひがひなきものを・めしぐして・おほぢ・にふだうのあくみやうをたつ・ふけうのいたり・なんぢひとりに・ありとて・すけもりをも・かんだうし・いせのくにへぞ・おひくだされける・そのころの・きやうちうの・じやうげ・あはれこの・たいしやうほど・なにごとに・つけても・いうに・やさしきひとは・なかりけりと・ほめぬひとこそ・なかりけれ・さるほどに・しゆじやうのごげんぷくも・そのよは・のびぬ・おなじき二十五にちに・ゐんのでんじやうにしてぞ・ごげんぷく・おんさだめは・わたらせたまひける・せつしやうどのは・p34
さてしも・わたらせたまふべき・ならねば・おなじき十一ぐわつ九かのひ・かねせんじを・うけたまはらせ・たまひ・おなじき十三にちに・だいじやうだいじんに・あがりたまふ・おなじき十二ぐわつ二十七にちに・ごはいがの・きこえ・ありしかども・よのなか・にがにがしうぞ・みえし・さるほどに・としくれて・かおうも・三ねんに・なりにけり・

徳大寺厳島詣112
かおう三ねん・しやうぐわつ五かのひ・しゆじやう・てうきんのおんために・ほうぢうじどのへ・ぎやうかうなる・これは・とばのゐん七さいまで・ぎやうかうなりたりし・こんど・そのれいとぞ・きこえし・こんねん十一さいに・ならせおはします・うひかふりのおんすがた・ほうわうも・にようゐんも・いかばかりか・めでたく・おもひ・まゐらつさせ・たまひけん・さるほどに・めうおんゐんの・だいじやうだいじんもろながの・いまだそのころ・ないだいじんのさだいしやうにて・おはしけるが・たいしやうを・じせさせたまふことあり・ときに・とくだいじどの・そのじゆんに・あたりたまへりと・いへりまたくわんざんのゐんの・ちうなごんかねまさのきやうも・しよまうあり・なかのみかどのしんだいなごんなりちかのきやうは・たうじ・きみの・ごちようしんなるうへ・このことしきりに・のぞみまをされけるが・さまざまの・おんいのりどもをぞ・はじめられける・まづ・やはたに・そうをこめて・しんどくの・だいはんにやを・よまれけるに・はんぶにおよんで・をとこやまのかたより・やまばと二・とびきたり・かうらのみやうじんの・おんまへにて・くひあひてこそ・しにけれ・はとは・だいぼさつの・だい一の・ししやなり・ときのけんぎやう・ぎやくせいほういん(イ長清法印)・うちへ・このよし・そうもんす・やがて・じんぎくわんにて・おんうらあり・てんかのさわぎと・うらなひまをす・ただし・てうかの・おんことには・あらず・しんかの・つつしみとぞ・うらなひまをしける・だいP35
なごん・これにも・おそれたまはず・ひるは・ひとめをつつみほかうにて・よなよな・かもの・かみのやしろへ・まゐられけるに・だい三かに・あたりけるよ・げかうして・くるしさにや・うちふされたりけるゆめに・なかのやしろへ・まゐりたるかと・おぼしくて・ごはうでんの・みとおしひらき・うちよりゆゆしうけだかき・みこゑにて・一しゆのうたをぞ・あそばされけるさくらばなかものかはかぜうらむなよちるをばえこそとどむまじ(イとどめざり)けれだいなごんこれにも・なほ・おそれたまはず・なかのやしろに・そうをこめて・七か・ひほうをおこなはせられけるに・けちぐわん・ちかうなつて・わかみやの・うしろなる・おほすぎに・いかづち・おちかかり・ひ・もえつきて・しやだんも・あやうく・みえければ・じんにん・きうにん・ことごとく・おこつて・これを・うちけつてんげり・かみは・ひれいを・うけさせたまはず・だいなごん・ひぶんの・たいしやうを・いのりまをされければにや・かかるふしぎぞ・いできにける・そのころの・ぢよゐぢもくは・ゐん・うち・せつしやうくわんぱくの・ごせいばいにも・あらず・一かう・へいけの・まま・なりければ・とくだいじ・くわざんのゐんも・なりたまはず・にふだうしやうごくのちやくし・こまつどの・ひだんに・うつつて・おんおととの・むねもり・ちうなごんにて・おはしけるが・すはいのじやうらふを・てうをつして・みぎに・くははりたまふこそ・こころも・ことばも・およばれね・とくだいじどのは・一の・だいなごん・くわしよく・えいえう・さいかくいうちやうにて・こえられたまふぞ・ゐこんなる・されば・とくだいじどのは・よの・なりゆくやうを・ごらんぜんとや・おぼしめされけん・だいなごんをば・じしまをされて・しばらく・ろうきよとぞ・きこえし・かの・だいなごんに・ほうこうの・ともがらどものなかに・くらんどのたいふのりはると・まをすものあり・あるよ・だいなごんに・まをしけるは・P36
きみ・ごしゆつけ・なんどもさふらはば・ほうこうのともがらども・みな・まどひものと・なりさふらひなんず・さらむに・とつては・たうじ・あきのいつくしまをば・一かうへいけの・あがめまをされさふらふ・かれへ・おんまゐりあつて・たいしやうの・ごきせいなんども・さふらへかし・くだんのやしろには・ないしとて・いうなる・まひびめどもの・す十にんさふらふなる・これらを・おんもてなしさふらはば・にふだうしやうごく・かへりききたまひて・さだめて・はからはるる・むねもや・さふらはんずらんと・まをしたりければ・とくだいじどの・さらばとて・やがて・しやうじんはじめて・いつくしまへぞ・まゐられける・七か・さんろう・ことゆゑなう・とげさせたまひて・のち・みやこへかへりのぼらせたまひけるに・ないしたち・とくだいじどのの・おんなごりを・をしみたてまつて・ひとひぢまで・おくりたてまつる・とくだいじどの・ないしたちに・あまりに・なごりの・をしう・おぼゆるに・さらば・みやこへ・のぼりたまへかしとて・そのなかに・しかるべき・ないし・十よにん・めしぐして・みやこにのぼり・やうやうのおんもてなし・さまざまの・おんひきでもの・あつて・かへされけり・ないしたち・かへるとて・いさや・われらが・へいけへ・まゐらんとて・にし八でうどのへぞまゐりたる・にふだうしやうごく・やがて・いであひたいめんしたまひて・いかにないしたち・なにごとの・れつさんぞと・のたまへば・さんさふらふ・これは・たうじ・とくだいじどのの・たいしやう・ごきせいのおんために・いつくしまへ・まゐらせたまひて・さふらひつるが・めしぐせさせ・たまひて・やうやうの・おんもてなし・さまざまの・おんひきでものの・さふらひつると・まをしたりければ・にふだうじやうかいが・あがめたてまつる・あきのいつくしま・とくだいじどのの・さやうにたつとみ・たまふこそ・なによりも・ゆうに・ありがたうおぼゆれ・しんめいも・などか・かんおうなかるべきとて・にふだうしやうごくのちやくし・こまつどの・だいなごんのさたいしやうにて・おはしけるを・たいしやうを・じせさせたてまつつて・とくだいじどのへこそ・わたさP37
れけれ・されば・のりはるが・はかりごと・かしこかりける・かうみやうかな

鹿谷(あひ)113
とくだいじどのは・かくこそ・ゆゆしう・おはせしに・なかのみかどの・しんだいなごんなりちかのきやうは・とくだいじ・くわざんのゐんに・こえられたらむは・いかがせん・へいけの・むねもりに・こえられぬるこそ・ゐこんなれ・これも・ただ・へいけの・おもふさまなるが・いたすところなり・されば・いかにもして・へいけを・ほろぼし・わが・ほんまうをとげばやと・おもはれけるこそ・おそろしけれ・ちちのきやうは・このよはひにては・わづかにちうなごんにてこそ・おはししに・これは・そのばつしにて・くらゐ・じやう二ゐ・くわん・だいなごんにあがり・たいこくあまた・たまはりて・しそくしよじうに・いたるまで・くわんゐほうろく・みにあまり・たり・されば・なんの・ふそくにか・かかるこころの・つかれけむ・これひとへに・てんまの・しよゐとぞ・おぼえたる・つねは・ぐわいじんなきところに・よりあひ・よりのき・へいけを・ほろぼさんとの・いとなみのほかは・たじなしとぞ・きこえし・ひがしやまししのたには・しゆんくわんそうづが・りやうなりけるが・うしろは・みゐでらへ・つづいて・くきやうの・じやうくわくなりければ・へいけを・ほろぼし・かしこに・ひきこもらんとぞ・ぎせられける・あるとき・ほうわうも・じやうけんほういんばかりを・めしぐして・ひそかに・かしこへ・ごかうなり・さてこのこと・いかが・あるべきと・おほせければ・ほういん・あな・あさまし・ひとあまた・うけたまはりさふらふ・もし・このことの・てんかへ・もれきこえさふらはば・たんだいま・よのみだれ・いできさふらはんずるものをと・まをされたりければ・だいなごん・けしき・おほきに・かはつて・ごぜんを・まかりいでられけるが・いP38
かがは・せられたりけむ・ごぜんに・たてられたりける・へいじのくちに・かりぎぬの・そでを・かけて・たをされたり・ほうわう・あれは・いかにと・おほせければ・だいなごん・たちかへり・へいじ・たをれさふらひぬとぞ・まをされける・ほうわう・おほきに・ゑつぼに・いらせ・おはしまして・ものども・まゐつて・さるがくつかまつれとおほせければ・へいはんぐわんやすより・ごぜんに・つつとまゐり・へいじの・あまり・おほうさふらふに・もてゑひてこそさふらへ・しゆんくわんが・さてそれをば・なにとかつかまつりさふらふべき・れいのさいくわうがつつとまゐり・へいじをば・くびとるに・しかじとて・へいじのくちをとつて・あなたへはわたす・こなたへは・わたすとてぞ・いりにける・ほういん・あまりのあさましさに・ほうわうを・すすめたてまつりて・いそぎ・ほうぢうじどのへ・くわんぎよなしまをされけり・よりきのしうには・あふみのちうじやうにふだうれんじやう・やましろのかみもとかぬ・しきぶのたいふまさつな・そうはんぐわんのぶふさ・しんへいはんぐわんすけゆき・へいはんぐわんやすより・ほつしようじのしゆぎやうしゆんくわんそうづ・つのくにげんじ・ただのくらんどゆきつなを・さきとして・ほくめんのともがらども・おほく・よりきしてんげり・なかにもただのくらんどゆきつなをば・だいなごん・だいじのものに・したまひて・もしこのこと・しおふする・ほどならば・くににても・しやうにても・こひによるべし・まづゆみぶくろの・れうにとて・しろぎぬ五十たん・おくりつかはさる・そも・じやうこには・ほくめんは・なかりけり・しらかはのゐんのおんときは・すゑしげ・わらはより・せんじゆまる・いまいぬまるとて・これらは・さうなき・きりものなり・また・とばのゐんのおんときは・すゑより・すゑのり・ふしとも・つねは・でんそうすることも・ありなんど・きこえしかども・これらは・みのほどを・ぞんじてこそ・ふるまひしに・このおんときほくめんは・もつてのほかに・くわぶんにて・げほくめんより・じやうほくめんに・あがり・じやうほくめんより・でんじやうの・まじはりをゆるさるるも・ありけり・かくのみ・ふるまひしほどに・これらは・おごれるものどもにて・かやうP39
のことにも・くみしてんげり

鵜川合戦114
かの・ほくめんのともがらどものなかに・もろみつ・なりかげと・まをすものあり・これは・こせうなごんにふだうしんせいのもとに・こんれいわらは・もしは・かくごんしやにて・けしかる・ものにてぞ・さふらひける・されども・さかさかしきによつて・つねは・ゐんの・おんまちにも・かかり・もろみつさゑもんのぜう・なりかげうゑもんのぜうとて・一どに・ゆきへのぜうに・なつて・しんせい・ことに・あひしとき・ともに・しゆつけして・さゑもんのにふだうさいくわう・うゑもんのにふだうさいけいとて・しゆつけののちも・なほ・ゐんのみくらあづかりにてぞ・さふらひける・かのさいくわうがこに・もろたかと・まをすものあり・これも・さうなき・きりものなりければ・けんびいし・五ゐのぜうまで・へあがり・あまつさへ・あんげんぐわんねん十二ぐわつ二十九にちの・つゐなのぢもくに・かがのかみにぞ・ふせられける・したがつて・こくむを・おこなふあひだ・ひほうひれいを・ちやうぎやうし・じんじやふつじ・けんもんせいかの・しやうゑんをもつたうして・さんざんのことどもにてぞ・さふらひける・たとひまた・せうこう(イてうこう)が・あとをこそ・へだつと・いふとも・をんびんのまつりごとをこそ・おこなふべきに・かくのみ・ふるまひしほどに・おなじき二ねんのなつのころ・おととこんどうはんぐわんもろつねを・かがの・もくだいに・さしくださる・もろつね・げちやくのはじめ・こふのへんに・うかはの・ゆせんじとまをす・やまでらあり・もろつねかのてらに・らんにふし・じそうどもの・ゆあびけるを・おひあげ・わがみも・あび・いへのこらうどうをも・おろし・あまつさへ・ざふにんばらを・いれて・むまのゆあらひなんどを・せさせければ・じそうら・おほきに・いかつて・むかしより・このところに・こくはうのものの・にふぶP40
する・やう・なしと・いひければ・もろつねまをしけるは・せんぜんもくだいは・ふかくにてこそ・いやしまれたれ・たう
もくだいに・おいては・まつたく・そのぎ・あるまじ・ただ・せんれいに・まかせて・にふぶのあふばうを・とどめよと・いひければ・じそうら・は・こくはうのものを・つゐしゆつせんとす・こくはうのものは・また・ついでをもつて・らんにふせんと・せしほどに・たがひに・うちあひ・はりあひなんど・しけるほどに・もろつねが・さしも・ひさうしける・むまのあしを・うちをる・のみならず・をがみを・さへに・きつてんげり・もろつね・おほきにいかつて・ただほふに・まかせよといふあひだ・じそうら・きうせんひやうぢやうを・たいして・たがひにいあひ・きりあひなんどしけるほどに・もろつね・かなはじとや・おもひけむ・よにいつて・しゆくしよにひきしりぞき・つぎのひ・もろつね・たうごくの・ざいちやうくわんにん・三千よきを・いんぞつして・うかはに・おしよせたり・ふせぐところのたいしゆ・三百よにん・うちころさる・そののち・ぢちうに・みだれいつて・ひをはなつ・だうしやたふめう・ぶつかくそうばう・一うも・のこさず・やきはらふ・うかはとまをすは・はくさんの・ちうぐうの・まつじなるによつて・三しやならびに・八ゐんのしゆと・さうどうす・八ゐんのしゆとの・ちやうぼんに・ちしやく・がくみやう・はうだいばう・しやうち・がくい・とさのあじやりぞ・すすんだる・つがふそのせい・二千よにん・おなじき七ぐわつ九かのひの・とりのこくには・もくだいもろつねが・たちぢかくこそ・おしよせたれ・けふはひくれぬ・しようぶは・けつせしとて・たいしゆ・そのひは・そのへんなるところに・ひかへたり・つゆふきむすぶ・あきかぜは・いむけのそでを・ひるがへし・くもまを・てらす・いなづまは・かぶとのほしを・かがやかす・もろつね・かなはじとや・おもひけむ・よにげに・してこそ・のぼりけれ・つぎのひの・まんだあした・たいしゆ・おしよせたりけれども・もろつね・おちて・なかりければ・ちからおよばず・ほんざんへ・ひきかへす・せんずるところ・このよしをさんもんへ・うつたへて・くげへ・そうもんせんとて・はくさんめうりごんP41
げんの・しんよを・ひえいざん・ひんがしさかもとへ・ふりたてまつるとぞ・きこえし・おなじき八ぐわつ十一にちの・むまのこくばかりに・めうりごんげんの・しんよ・ひえいざん・ひんがしさかもとへ・つかせたまふと・まをすほどこそ・ありけれ・にはかに・そらかきくもり・ほくこくのかたより・いかづちおびただしう・なりさかり・みやこをさして・なつてゆくに・はくせつ・くだつて・ちをうづみ・さんじやうらくちう・おしなべて・ときはの・やまの・こずゑまでも・みな・しろたへにぞ・なりにける・三ぜんのたいしゆ・ひんがしさかもとに・おりくだり・しんよを・はいしたてまつり・すなはち・きやくじんのやしろへ・いれたてまつる・さんもんに・きやくじんごんげんとまをすは・はくさんごんげんのおんことなり・さたのじやうひは・しらねども・しやうがいのめんぼく・ただこのことのみに・ありかの・うらしまが・七せのまごに・あへりしが・ごとし・たいだい(イたりない)の・ものの・りやうぜんの・ちちをみしに・おなじ・三千のたいしゆ・くびすを・つぎ・七しやのじんにん・そでを・つらね・じじこくこくの・きねんほつせ・こころもことばも・およばれず

願立115
さんもんのたいしゆ・そうじやうをささげて・なげきけれども・いまだ・ごしよういんなきあひだ・さもしかるべき・くぎやうでんじやうびとの・のたまひあはれけるは・あはれ・このこと・とうして・ごさいきよあるべきものを・さんもんのそせうは・たにことなり・おほくらきやうためふさ・だざいのそつすゑなかは・てうかの・ちようしんたりしかども・さんもんのそせうによつて・るざいせられき・されば・もろたか・もろつねなんどが・ことは・ことのかずにや・あるべきなんど・のたまひあはれけれども・だいじんは・ろくをおもんじて・いさめず・せうしんは・つみにおそれて・まをさずと・いふことなれば・おのおの・くちをぞ・とぢられける・かもがはのみづ・すごろくP42
のさい・やまほうし・これぞ・まろが・こころには・かなはぬと・しらかはのゐんも・おほせなりけむなる・またとばのゐんのおんとき・ゑちぜんのへいせんじを・さんもんへ・つけられけることも・たうざんのごきえ・あさからざるに・よつて・さんもんのそせうは・ひをもつて・りとせよと・せんぎせられてこそ・ゐんぜんをも・くだされけむなれ・げにも・がうそつきやうばうのきやうの・まをさるる・やうに・たいしゆ・しんよをささげたてまつつて・そせうを・いたさんに・おいては・きみも・いかがは・せさせ・おはしますべきとぞ・ほうわうも・おほせなりけむなる・またほりかはのてんわうのぎよう・かはうぐわんねんの・ふゆのころ・みののかみみなもとのよしつなのあそん・たうごくしんりふのしやうを・たをすに・よつて・やまのきうぢうしや・ゑんおうをせつがいす・これによつて・ひよしのしやし・えんりやくじのじくわん・つがふ三十よにん・しさいを・そうもんのために・ぢんとうへこそ・はつかうすれ・ご二でうのくわんぱくどの・やまとげんじ・なかつかさのせうよりはるに・おほせて・これを・ふせがせらる・よりはるがらうどう・やをはなつ・きずを・かうぶるもの八にん・しするは・四にんなり・しやししよしら・をめきさけんで・四はうへみな・にげちりけり・これによつて・さんもん・おほきにいきどほり・七しやのしんよを・こんぽんちうだうへ・ふりあげたてまつつて・ご二でうのくわんぱくどのを・さまざまに・じゆそしたてまつりけるとぞ・きこえし・あるときまた・三千のたいしゆ・みな・ひんがしさかもとに・おりくだり・八わうじごんげんの・おんまへにて・しんどくのだいはんにやを・よまれけるに・ちういんほういんの・いまだそのころ・ちういんぐぶにて・おはしけるが・かうざに・のぼり・けいびやくの・かねうちならし・けうげの・ことばこそ・おそろしけれ・われらが・なたねの・ふたばより・おほしたちたまふ・かみたちと・しりながら・むしものにあうて・こしからふたまふ(イこしからみたまふ)・ご二でうのくわんぱくどのに・かぶらや・ひとつ・はなちあてたべ・だい八わうじごんげんと・かうじやうに・ののしつたりけるにぞきくP43
ひとみな・みのけ・よだつて・おぼえたる・やがて・そのよの・ねのこくばかりに・八わうじごんげんの・しんでんより・かぶらやのこゑ・いでて・みやこをさして・なつてゆくとぞ・ひとのみみにも・きこえける・つぎのひの・まんだあした・みやこ・にはくわんぱくどの・ごしゆくしよに・おんきやくしの・やくつかまつりけるが・ただいま・やまより・おりて・くだりたるが・ことごとなる・しきみのはな一えだ・つゆに・ぬれたるが・おひいでたり・これおほきに・ふしぎのずゐさうと・まをししほどに・やがてそのころ・ご二でうのくわんぱくどの・さんわうの・おんとがめとて・ごぢうびやうを・うけさせたまひ・やうやうの・ごぐわんさまざまの・おんいのりあり・まづ・ひよしのやしろに・おいて・百ばんの・ひとつもの・百ばんの・しはでんがく・けいば・やぶさめ・すまふ・おのおの・百ばんえんりやくじに・おいて・百ざの・にわうかう・百ざのやくしかう・とうしんのやくしのざう・七たい・しやか・あみだいつちやくしゆはんのざう・おのおの百たいつくり・くやうしたてまつらる・なかにも・くわんぱくどのの・ごぼぎは・きやうごくのおほとのの・きたのまんどころにて・さいあいの・ご一しにて・わたらせたまへば・ごぼぎことに・おんなげきあつて・しのびつつ・ひよしのやしろへ・おんまゐりあつて・七かこれに・ごさんろうあつて・いのりまをさせたまふ・ひと・これをしりたてまつらず・いはんや・ごしんぢうに・三のごぐわんあり・いかでか・ひと・これを・しりたてまつるべき・あるよ・きせんじやうげまゐり・あつまれるなかに・みちのくより・はるばるとたづねのぼりたりける・わらはみこの・こんやはじめて・このみやしろへ・まゐりたりけるが・やはんばかりに・にはかに・ぜつじゆす・じやうげ・こは・いかにと・みるところに・やがていきかへり・われに・八わうじごんげんの・のり・ゐさせ・たまへりとて・たくせんして・いはく・たうじ・くわんぱくどの・かみの・おんとがめとて・ごぢうびやうを・うけさせたまひ・やうやうの・ごぐわんを・たて・さまざまの・おんいのりあり・ごぼぎことに・おんなげきあつて・しのびつつ・このみやしろへ・まゐP44
らせたまひ・七かこれに・ごさんろうあつていのり・まをさせたまふ・ひと・これをしりたてまつらず・いはんや・ごしんぢうの・三のごぐわんをや・いかでか・ひとこれをしりたてまつるべき・まづ・だい一のごぐわんには・こんど・くわんぱくどの・ごぢうびやう・たちどころに・いえさせたまひて・おほとりゐより・はじめて・やしろやしろのはうぜん・八わうじにいたるまで・くわいらう・つくりかけむとなり・第二のごぐわんには・こんどくわんぱくどの・ごじゆみやうちやうをんの・おんことならば・われ・さまをやつし・八わうじの・したどのなる・もろもろの・かたわうどの・なかに・まじはり・にはのちりをはらひ・千にちの・おんみやづかひと・うけたまはるだい三の・ごぐわんには・こんどくわんぱくどのの・ごぢうびやう・たちどころに・いえさせたまひて・八わうじごんげんの・おんまへにて・まいにち・ほつけもんだふかう・おこたりあらじと・うけたまはる・いづれも・いづれもありがたうこそ・きこしめせ・まことに・さんけいのともがらどもの・あしたには・きりをはらひ・ゆふべには・つゆをしのぐに・くわいらうあらんこと・あらまほしうこそ・おぼしめせ・ただし・このしゆとは・なんぎやうくぎやうのこう・つもつて・こんど・しやうじをはなれんと・なれば・いまさらに・くわいらうを・よろこぶべきにも・あらず・だい二のごぐわん・にはのちりを・はらひ・千にちの・おんみやづかひと・うけたまはる・かみは・いつさいしゆじやうを・おぼしめすもただ・おやの・こをおもふが・ごとし・ひごろは・きやうごくのおほとのの・きたのまんどころにて・たまのすだれの・うち・にしきのちやうに・まとはれて・たへなるおんみにて・わたらせ・たまひしかども・こをおもふみちには・まよはせたまふにや・まことに・みるも・いぶせく・あさましげなる・かたわうどの・なかに・まじはり・一にち二かのことならず・一千にちまでの・おんみやづかひをば・かみとしても・いかでか・あはれみたてまつらざるべき・さこそは・おぼしめすらめと・あはれなり・これも・さるおんことにては・さふらへどもだい三のごぐわん・ほつけもんだふかうP45
こそ・まことに・ありがたうさふらへ・われこのやまのふもとに・あとをたれ・いつさいしゆじやうを・どするもひとへに・一じようけちえんのためなり・いちげいつくの・ほうもんだにも・いかばかりか・ありがたかるべきに・まして・まいにち・おこたりなからんことの・めでたさよ・まことに・さもあらば・こんど・くわんぱくどののごぢうびやう・ぢやうごふかぎりとは・まをせども・かみ・かの・おんみに・あひかはつて・みとせの・いのちを・たすけまをさうずるは・いかに・ただしくわんぱくどのの・しやししよしらに・はなち・あてたまふ・やは・かみのこのたいに・あたれりとて・ひだりのそでを・ひきあげたるを・みければ・げにも・やめと・おぼしくて・おほきなるあと・あざやかにみゆ・じやうげ・めを・おどろかし・みな・ずゐきのなみだをぞ・ながしける・そのとき・きたのまんどころ・さんわうの・ごたくぜん・しんじつに・おぼしめしてひとめを・つつませたまはず・きせんのなかに・あらはれいでさせたまひて・おんなみだに・むせばせ・おはします・まことに・たてまをすところの・三の・ぐわん・いづれも・たがひさふらはず・一にち二かのびんだにも・いかばかりか・ありがたかるべきに・まして・三とせがあひだとうけたまはる・こんどの・まゐりの・ごりしやう・ただこのことにこそ・さふらへ・ほつけもんだふかうに・おきさふらひては・おんうたがひさふらふまじと・なみだも・せきあへず・まをさせたまひ・たりければ・おんとものひとびと・さて・いかなるおんことの・わたらせたまひでか・なほもおんいのちの・のびさせたまひさふらふべきと・まをしあはれければ・かみも・三とせののちは・ちからおよばせ・たまはずとて・ごんげん・あがらせたまひけり・やがてつぎのひ・みやこへ・ごげかうあつて・くわんぱくどの・ごぢうだいの・ごけりやう・きのくにたなかのしやうと・いふところを・八わうじへ・ごきしんあつて・まいにち・ほつけもんだふかう・まつだいの・いまに・たえずとこそ・うけたまはる・しんかんは・つきさせたまはずと・P46
ありがたかりし・おんことなり・一にち二かと・せしほどに・三とせのすぐるは・ゆめなれや・かうわぐわんねん六ぐわつ二十一にちの・ゆふべより・くわんぱくどの・またごぢうびやうに・うちぞ・ふさせたまひける・さんわうのおんやくそく・いまのつきひをかぎらせたまふ・ことなれば・ただじこくたうらいを・またせたまふほどに・おなじき二十九にちの・あかつきがた・おんとし・三十八にてつひに・かくれさせたまひけり・みこころのたけさ・りの・つよさ・さしもただしき・ひととこそ・きこえさせたまひたりしかども・まめやかに・ことのきふにも・なりしかば・おんいのちををしませたまひけり・まことに・をしかるべし・いまだ四十をだにも・みたさせ・たまはで・おほとのにさきだち・まゐらつさせ・たまふぞ・あさましき・かならず・おやに・さきだつべしと・いふことには・あらねども・しやうじの・おきてに・したがふならひ・まんとくゑんまんの・せそん・十ちくきやうの・だいしたちも・ちからおよばせたまはず・じひぐそくの・さんわうだいし・りもつのはうべんなれば・とがめさせたまは・ざるべしとも・おぼえず・されば・さんもんのそせうは・おそろしき・ことに・のみこそ・まをしつたへたれ・さるほどに・としくれて・あんげんも・三とせに・なりにけり

御輿振116
あんげん三ねん三ぐわつ五か・のひ・めうおんゐんどの・だいじやうだいじんに・てんじたまふ・かはり・こまつどの・だいなごんさだふさのきやうを・こえて・ないだいじんに・あがりたまふ・めうおんゐんどの・おしあげられさせ・たまひけり・いちのかみこそ・せんど・なりしかども・ちち・あくさふの・おんれい・そのはばかりありとぞ・きこえし・おなじき十三にちに・こまつどのには・だいじんの・P47
だいきやう・おこなはる・そんじやは・おほゐのみかどの・さだいじんつねむねこうとぞ・きこえし・おなじき四ぐわつに・さんもんには・ひよしのさいれいを・おしとめ・おなじき十三にちに・おほみやろうもんのまへに・三たふくわいがふして・こくし・かがのかみ・もろたか・るざいにしよせられ・もくだいもろつね・きんごくせらるべきよし・どどのそうもんに・およぶといへども・ごさいだん・おそかりければ・十ぜんじ・きやくじん・ならびに・八わうじ三しやの・しんよを・かきささげたてまつつて・しさいを・そうもんのために・ぢんとうへこそ・はつかうすれ・にしさかもと・さがりまつ・きれつつみ・ただす・むめただ・やなぎはら・とうぼくゐんのへんに・ししつづみの・おとおびただしく・きこゆ・じんにん・みやし・しらたいしゆ・かもがはらに・みちみちたり・しんよは・一でうをにしへ・みゆきなる・ごしんはうは・てんに・かがやき・きらめき・わたつて・じつげつちに・おちさせ・たまへるかとぞ・おぼえたる・くわうきよには・げんぺいりやうかの・たいしやうぐん・ちよくをうけたまはつて・しはうのもんを・かためて・だいしゆを・ふせぐ・へいじには・こまつどの・三千よきにて・ひんがしおもてのぢん・やうめい・たいけん・いうはうもん・三のもんを・かためらる・うゑもんのかみよりもり・一千よきにて・みなみおもてのぢんを・かためらる・へいさいしやうのりもり・これも一千よきにて・にしおもてのぢんを・かためらる・げんじには・だいだいしゆごの・げん三みよりまさ・わたなべの・はぶく・さづくを・さきとして・つがふそのせい・三百よき・きたおもて・ぬひどののぢんを・かためて・たいしゆを・ふせぐ・おほぢは・ひろし・せいは・すくなし・まばらにこそは・みえたりけれたいしゆ・ぶせいたるに・めをかけて・きたおもてぬひどのの・ぢんより・しんよを・ふりいれたてまつらんとす・すでに・かうと・みえけるに・よりまさきやう・いかがは・おもはれけん・ゆみをばはづし・かぶとを・ぬいで・しんよを・はいしたてまつらる・たいしやうの・かく・しけるうへは・いへのこらうどうどもも・みな・したがつて・かくのごとしよりまさきやう・しばらく・P48
しゆとのおんなかへ・まをすべきむねありとて・つかひは・わたなべのちやう七となふとぞ・きこえし・となふが・そのひの・しやうぞくには・きちんのひたたれに・こざくらを・きに・かへしたる・よろひを・き・こくじつの・たちを・はき・二十四さいたる・おほなかぐろのや・おひ・ぬりこめどうのゆみ・わきにはさみつつ・かぶとをば・ぬいで・たかひもに・かけ・おき・みちより・あゆみいで・たいしゆのまへに・かしこまり・これは・げん三ゐどのよりまをせとさふらふ・こんどさんもんの・ごそせう・りうんのでう・もちろんにさふらふ・ただし・ごさいだんちちこそ・よそにても・ゐこんにぞんじさふらへ・さては・しんよを・このぢんより・あけて・いれまゐらせんこと・いとやすきおんことにては・さふらへども・しかも・あけて・いれまゐらせんぢんより・いらせ・おはしましたらむは・さんもんの・たいしゆ・たいぜいには・おそれて・めだれがほを・しけるよなんど・きやうわらんべの・まをさんこと・ごにちの・なんにてもや・さふらはんずらん・またふせぎ・まゐらせさふらへば・ねんらい・いわうさんわうに・かうべを・かたぶけ・まゐらせたるよりまさが・けふよりして・ながく・ゆみやのみちに・わかれはて・さふらひなんず・またあけて・とほしまゐらせさふらへば・せんじをそむくに・にたり・かれといひ・これといひ・かたがたなんぢの・やうにさふらふ・ひがしおもてのぢんをば・こまつどのの・三千よきにて・かためさせられてさふらふ・あのぢんより・いらせおはしましたらむ・は・さんわうのごゐくわうも・いよいよめでたく・しゆとの・ごいしゆも・あらはれて・ごそせう・やがて・たつしぬと・おぼえさふらふといひ・おくりたりければ・となふが・かくまをすに・ふせがれて・じんにんみやし・しばらく・ゆらへたり・わかたいしゆ・あくそうどもは・なんでふただ・このぢんより・しんよをふりいれたてまつれやと・せんぎす・すでに・かうと・みえけるに・ここに・三千のちやうぼん・つの・りつしやがううん・すすみいでて・まをしけるは・われらこんど・しんよを・P49
ささげたてまつつて・そしようを・いたさんに・おいては・たいぜいの・なかうちやぶつて・いつたらむこそ・こうだいのきこえも・あらんずれ・そのうへ・このよりまさきやうとまをすは・六そんわうより・このかた・げんじちやくちやくの・しやうとう・ゆみやを・とつて・てんかに・なをあぐる・のみならず・やまとことばにも・いうに・やさしかんなるぞ・ひととせこんゑのゐんのおんとき・たうざのごくわいの・ありしに・しんざんのはなと・いふだいの・いでたりしを・ずゐぶんのひとびとの・よみわづらはれたりしをも・このよりまさきやうこそ・しうかには・よみたりしかみやまぎのそのこずゑともみえざりしさくらははなにあらはれにけり
と・まをす・めいかつかまつつて・ぎよかんにあづかりし・そのやさをとこが・かためたる・もんにこそ・あんなれ・いかが・なさけなう・ちじよくをば・あたふべき・ただそのしんよ・かきかへし・たてまつれやと・せんぎしければ・せんぢんより・ごぢんにいたるまで・みな・もつとももつともとぞ・どうじける・そののち・きたののしんよを・さきだてたてまつつて・ひがしのぢんへ・まはる・ぶしども・しんばし・ささへて・ふせぎけれども・たいしゆ・ことともせず・うちやぶつて・らんにふしけるあひだ・たちまちらうぜきいできて・たいけんもんかためたる・ぶし六にん・やをはなつ・そのや・十ぜんじごんげんの・みこしに・たつ・じんにんみやし・いころされ・しゆと・おほく・きずをかふむつて・をめきさけぶこゑ・かみはぼんでんまでも・きこえ・しもは・けんらうぢじんまでも・おどろきさわぎたまふらんとぞ・おぼえたる・そののち・さんしやのしんよをば・ぢんとうに・ふりすてたてまつつて・なくなく・ほんざんにこそ・かへりのぼりけれP50

内裏炎上117
こんど・みこしに・たつところの・やをば・じんにんして・ぬかせらる・そののち・だいりには・くらんどのさせうべんかねみつに・おほせて・せんれいを・だいげきもろひさに・おんたづねありければ・もろひさまをしけるは・まづ・はうあん四ねん四ぐわつに・しんよじゆらくのときは・ざすに・おほせて・せきさんのやしろへ・いれたてまつらる・またはうえん四ねん四ぐわつに・しんよじゆらくのときは・ぎをんのべつたうにおほせて・ぎをんのやしろへ・いれたてまつりたるよしをそうもんす・しからば・こんどは・はうえんの・れいたるべしとて・ぎをんのべつたうちようけんに・おほせて・ぎをんのやしろへ・いれたてまつらる・かのやしろの・しやししよしらへいしよくに・およんで・しんよを・うけとりたてまつつて・みやしろへ・いれたてまつる・いんじえいきうより・あんげんのいまに・いたるまで・たいしゆ・しんよを・ささげたてまつつて・そしようを・いたすこと・六どなり・まいど・ぶしを・もつてこそ・ふせがせらるるに・しんよに・やいかけたてまつること・これはじめとぞ・うけたまはる・れいしん・いかりをなす・ときは・さいがい・ちまたに・みつとも・いへり・おそろしおそろしとぞ・ひとまをしける・おなじき十四かに・れいのさんもんのたいしゆ・また・げらくすと・きこえしかば・だいりならびに・ゐんのごしよへ・ぐんびやう・めされけり・きやうちうのさうだう・なのめならず・さんもんには・じんにんみやし・いころされ・しゆとおほく・きずをかうぶりしかば・ひよしのおほみや・二みや・えんりやくじの・ちうだう・かうだう・すべて・しよだうを・やきはらつて・みな・さんりんに・まじはるべしとぞ・三千一どうに・せんぎしける・きみもこのこと・ごしよういんあるべきよし・きこえしかば・さんもんのじやうかうら・もんとのたいしゆに・このよし・ふれんとて・とうざんしけるを・たいしゆおほきにいかつて・にしさかもとより・P51
おつかへす・おなじき二十かのひ・へいだいなごんときただのきやうの・いまだそのころ・さゑもんのかみにて・しやうけいに・たたる・さんもんのたいしゆ・だいかうだうの・にはに・しふゑして・せんぎしけるは・せんずるところ・しやうけいを・とつて・ひつぱり・かぶりをうちおとし・みづうみへ・しづめよなんどぞ・まをしける・すでにかうとみえけるに・さゑものかみ・しばらく・しゆとの・おんなかへ・まをすべき・むねありとて・ふところより・こすずりたたうがみを・とりいだし・一くを・かいて・たいしゆのなかへぞ・おくられける・しゆと・らんあくを・いたすは・まえんのしよぎやう・めいわうのせいしを・くはふるは・ぜんせいのかごなりとぞ・かかれたる・たいしゆ・もつとももつともとて・たにだにに・くだり・ばうばうへこそ・いりにけれ・一し一くをもつて・三たふ三千の・いきどほりを・やすめこうしのはぢを・きよめたまふ・ときただのきやうこそ・やさしけれと・さんじやう・らくちう・おしなべて・ほめぬひとこそ・なかりけれ・おなじき二十三にちに・ほりかはの・だいなごんただちかのきやうを・しやうけいにて・こくし・かがのかみもろたか・るざいに・しよせられ・もくだいもろつねきんごくせらる・こんどしんよに・やいかけたてまつる・ぶし六にん・ごくぢやうせらる・これは・こまつどのの・めしつかはれける・ところの・ぐんびやうどもなり・おなじき二十八にちのよの・ねのこくばかりに・みやこには・ひぐち・とみのこうぢより・ひいできて・をりふし・たつみのかぜはげしうふいて・きやうちうおほく・やけにけり・きたののてんじんの・こうばいどの・ぐへいしんわうの・ちくさどの・さい三でうかもゐどの・とう三でう・そめどのふゆつぎのおとどの・かんゐんどの・ていじんこうのこ一でう・せうぜんこうの・ほりかはどの・たちばなのいつせいが・はいまつどの・おにどのに・いたるまで・むかしいまの・めいしよきうせき・二十よケしよ・くぎやうのしゆくしよだに・十七ケしよまで・やけにけり・そのほか・しよだいぶさぶらひのいへいへは・なかなかまをすにおよばず・しやりんのやうなる・ほむらが・三ちやう五ちやうを・へだてつつ・とびこえとびこえ・いぬゐをさして・やけゆけP52
ば・おそろしなんどもおろかなり・はては・だいだいにふきつけたり・しゆじやくもんより・はじめて・おうでんもんくわいしやうもん・だいごくでん・しよし八しやう・ぶらくゐん・あいたんどころ・くわんのちやう・だいがくれうに・いたるまで・ただ一じがあひだの・くわいじんの・ちりとぞ・なりにける・いへいへのにつき・だいだいのもんじよ・七ちん万ぱう・さながらちりはひと・なる・そのほかの・つひえ・いくばくぞや・ひとのやけしぬること・す百にん・ぎうばのたぐひ・かずをしらず・これただごとに・あらず・ひえいざんより・おほきなる・さるどもが一二千・おりくだりてんでに・たいまつを・とぼして・やくとぞ・ひとのゆめには・みえにける・およそ・だいごくでんの・やきにけるこそ・あさましけれ・だいごくでんは・せいわてんわうのぎよう・じやうぐわん十八ねんに・やけたりしかば・おなじき十九ねんしやうぐわつ三かのひ・やうぜいゐんの・ごそくゐは・ぶらくゐんにてぞ・とげられける・ぐわんぎやうぐわんねんしやうぐわつに・ことはじめあつて・おなじき二ねん四ぐわつに・つくりいだしたてまつつて・せんかう・なしたてまつつたりしを・またごれんぜいゐんの・ぎよう・てんき五ねん・二ぐわつ二十六にちに・やけたりしかば・ぢりやく四ねん八ぐわつに・ことはじめあつて・おなじき十ぐわつ十かのひ・おんむねあげとは・さだめられたりしかども・ごれんぜんゐん・つくりもいだされずして・ほうぎよなりぬ・しかるをご三でうゐんのぎよう・えんきう四ねん四ぐわつに・つくりいだしたてまつつて・おなじき十五にちに・せんかうなしたてまつり・れいじん・がくを・そうし・ぶんじん・しをたてまつる・いまは・くにのちからも・おとろへて・そののちは・つくりも・いだされず

 

入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com