平家物語(城方本・八坂系)
巻第十二 P536
重衡のきられ 1201
さるほどにほん三みのちうじやうしげひらのきやうをばいづのくにのぢうにんかののすけむねもちがあづかりたてまつつてこぞよりい
づにぞおはしけるならをほろぼしたまへるがらんのかたきとてたいしゆしきりにまをしければさらばわたし
たてまつれやとてこんどはげん三みよりまさにふだうのばつしいづのくらんどのたいふよりかねうけとりたてまつつてなんとへこそは
わたしけれこんどはみやこのうちへはいれられずやましなよりだいごぢにかかられければひのもしだいに
ちかくなるこのきたのかたとまをすはとりかひのちうなごんこれざねのきやうおんむすめ五でうのだいなごんくにつなのきやうのやうしせんていの
おんめのとだいなごんのすけどのとぞまをしけるさいこくよりたけきぶしのてにわたりふたたびみやこへかへりのぼらせたまひて
はあねのたいふ三みのつぼねとどうしゆくしてこのひのといふところにぞおはしける三みのちうじやうしゆごのぶしに
むかつてのたまひけるはこのひごろおのおのになさけをかけられてわすれがたうはおぼゆれどもいま一どさいごのはうおん
にあづからばやとおもふはいかがあるべきとのたまへばしゆごのぶしどもなにごとにてさふらふやらんとまをしたりけ
れば三みのちうじやうべちのやうはなしひごろあひなれしにようばうのこのひのといふところにありときくP537
うちすぎさまにたちよつてごせのことどももいひおかばやとおもふはいかがあるべきとのたまひければ
しゆごのぶしどもやすきおんことさふらふとてひとさきにまゐつてこれにだいなごんのすけどのとまをすにようばうやおんわた
りさふらふ三みのちうじやうどののならへおんとほりさふらふがいささかごげんざんのためにいらせたまひてさふらふとまをしたりけ
ればきたのかたいづくやいづらとてはしりいでてみたまへばあゐずりのひたたれにをりゑぼしきたるをとこの
やせくろみたるがえんによりゐたるぞそなりけるきたのかたいかにやこれへこれへとのたまへば三み
のちうじやうみすうちかづきていりたまふたがひにてにてをとりくみいかにやといはんとすればなみだに
てしばしはものをものたまはずややあつて三みのちうじやうなみだをおさへてのたまひけるはこんどしげひら
いちのたににていかにもまかりなるべうさふらひしみの一にんいけどりにせられてきやうゐなかひきしろはれうき
はぢをさらしさふらふだにもこころうきにはてはならをほろぼしたるがらんのかたきとてただいまわたされ
さふらふぞやいかばかりかつみふかうさふらはんずらむたとへいかなるおんありさまにてもわたらせたまへしげ
ひらがごせとふらうてたばせたまへとなみだもせきあへずのたまひければきたのかたまことにこぞのきさらぎ六
かのあかつきをかぎりともしらずしてわかれたてまつりぬればやがていかにもなりぬべかりしみのおほいとの
も二ゐどのもきみをばいかでかすてまゐらつさせたまふべきとやうやうにせいしたまひしうへさればと
てまたこのよになきひととなりたまひたりともきこえざりつるほどにたがひにかはらぬすがたをもいま一ど
みえたてまつることもやあらんずらむとおもひてこそいままでもありつれいまよりのちはながきわかれとならんP538
ことこそかなしけれとのたまへば三みのちうじやうたれもかはらぬすがたをたがひにみえたてまつりぬれば
いまはしでのやまぢをもたやすくこえゆきなんとおもふのみこそうれしけれなごりはよをかさねひを
かさぬともつきすまじこれよりなんともほどとほうさふらへばぶしのまつらんもこころなしさらばいとままをし
てとてすでにいでんとしたまへばきたのかためしてさふらふもののしほたれてあまりにみぐるしうさふらへばこれを
めせとてしろこそでにじやうえそへてたてまつらる三みのちうじやうこれをきかへたまひてもときたまひたる
ものをばなからんのちのよのかたみにもごらんぜよとてさしおきたまへばきたのかたなからんのちのよのかた
みにはむなしきふでのすさみこそならんずれとておんすずりとりいだしたまへば三みのちうじやうすみすり
ふでそめて
せきあへずなみだのかかるからころものちのかたみにぬぎぞかへぬる
きたのかたのごへんじには
ぬぎかふるころももいまはなにならず(イ何かせん)けふをかぎりのかたみとおもへば
三みのちうじやうさらばいとままをしてとてすでにうちいでたまへばきたのかたさるにてもいましばしとてひきとどめ
たまへばさのみはいかがとてひきちぎつてぞいでられける三みのちうじやうこころつよくもひきちぎつ
てはいでられけれどもさすがむまをもすすめもやりたまはずただうしろへのみひきかへすここちしてひ
かへひかへぞなかれけるかへりみたまふひのはしだいにとほざかりなんとはまたちかくなりとしよのP539
ひつじのあゆみのちかづくここちしてむまにまかせてうつほどにそのひのくれがたには三みなんとにこそ
いりたまへさるほどになんとのたいしゆ三みのちうじやうどのをうけとりたてまつつてとうだいこうふくりやうじのたいしゆしふゑして
せんぎしけるはそもそもこのしげひらのきやうといつぱぢうぼんのあくにんたるうへ三せん五けいのぎやくざいにもこえしゆいん
かんくわのだうりごくじやうせりせんずるところりやうじのおほがきをひきまはしそののちほりくびにやすべきまたのこぎりに
てやひくべきとせんぎしけるところにそのなかにらうそうどものまをしけるはまことにがらんはめつせしときしゆうとが
いけどりにもしたらばとがめさるべけれどもはるかにほどへてのちぶしがとりこにしたるをうけとりてさや
うにせんことそうとのほふにをんびんならずただぶしにとらせてきづのへんにてきらすべしといひ
ければさらばとてまたぶしのてへこそわたしけれここに三みのさぶらひにむくうまのじようまさときとまをすものあ
りちうじやうすでにきづがはにてきられさせたまふときこえしかばいそぎむちあぶみあはせてはせけるがほどな
うきづがはにはせついていそぎむまよりとんでおりたいぜいのなかをおしわけおしわけおんまへにまゐつて
みたてまつるにただいまをかぎりとみえたまふ三みのちうじやういかにあれはまさときかうれしうもみえたる
ものかないま一どほとけををがみたてまつらばやとおもふはいかがあるべきとのたまひければまさときやすきおんことさふらふ
とてあるみだうにまゐつてみたてまつるにさいはひにみだの三ぞんの三じやくのりふざうにてわたらせたまひけるを
とりたてまつつてすなごのうへにひがしむきにすゑたてまつりまさときがひたたれのくくりをといてほとけのみてに
ゆひつけたてまつり三みのちうじやう五しきのいととなぞらへてこれをひかへたまひてわれはからざるにがらんせうしつP540
のよやうにまどはされてごくぢうこんぽんのことわりにこたへてすゑのつゆもとのしづくとなるためししげ
ひら一にんがとがにてながくあびだいじやうのそこにしづまんことただいまなりただしつたへきくだつたが三ぎやく
ををかししやわうのむだうにちちをがいせしもかへつててんわうによらいのきべちにあづかるごくぢうあくにんむたはうべん
ゆゐしようみだとくしやうごくらくのおんちかひあらたまらせたまはずはひごろのあくぎやうをひるがへし九ほんあんやうのじやう
どへいんぜふしたまへとまをさせたまひさらばとくきれやとてくびをのべてぞうたせられけるひごろ
のあくぎやうのにくさもさることにてきりてのぶしもたいしゆもみなよろひのそでをぞぬらしけるそののちくび
をばたちのきつさきにさしつらぬきたかくさしあげだいおんじやうをあげてさんぬるぢしようのか
せんにほつけじのとりゐのもとにうつたちてひをいだせやとげぢしたりしはこれぞかしとてはんにや
じのだいそとばにくぎづけにこそしたりけれさるほどに三みのちうじやうのきたのかたはひのにおはしけるがあはれ
や三みのたとへくびをこそとらるるともむくろはむなしくかはらにぞすておきたるらんいつてみよと
てくわんおんくわんじやぢざうくわんじや十りきほうしなんどまをすものにこしをかかせてつかはさるあんのごとくむくろ
はむなしうかはらにすておきたるをおんこしにかきのせたてまつつてひのへかへりまゐりたりきたのかたむ
なしきおんてにとりつきたまひてかなしみたまへどかひぞなきさてしもあるべきならねばの
べへおくりたてまつりくびをばなんとのしゆんじようしやうにんしゆとにこうてひのへつかはさるひとつたきぎ
につみこめてけぶりとなしたてまつるこつをばかうやへおくりつかをばひのにぞつかせけるそののちきたのかたP541
はほうかいじよりひじりをしやうじてさまかへひたすら三みのちうじやうのごしやうぜんしよをぞいのられける
大地震の沙汰(あひ) 1202
へいけほろびてのちはくにはこくしにしたがひしやうはりやうけのままなりければみちをかよふにわづらひなくみやこもお
だしかりければじやうげあんどのおもひをなすところにげんりやく二ねん七ぐわつ九かのひのうまのこくばかりにだいち
おびただしううごきてややひさししらかはのうちせきけんのほとり九ぢうのたふよりはじめてだうしやぶつかく
じんをくおほくあるひはやぶれくづれあるひはたふれかたぶいてまたきは一うもなかりけり三十
三げんのとくちやうじゆゐんをも十七けんまでふりたふすあがるほこりはけぶりにおなじてんくらうしてひ
のひかりもみえずらうせうたましひをうしなひてうじうきもをまどはすみやこのうちはまをすにおよばずきんごくゑんごくも
みなかくのごとしだいちさけてはみづをいだしうみかたぶきてはまをひたすやまくづれてはたにをうづみ
いはほくづれてかはをうづむなぎさこぐふねはなみにただよひくがをゆくひづめはあしのたてどをまどは
すとりにあらざればてんをもかけりがたしりうにあらざらばくもへもまたいりがたしこうずゐみなぎりいじこば
たかきをかにあがりてもしばしはさりぬべしみやうくわもえきたらばかはをへだててもなどかた
すからざるべきただせんかたなきはだいぢしんなりまたなにものかまをしだしたりけむおんやうのかみあべのやすちか
いそぎだいりにはせさんじてそうもんしけるはゆふさりのゐねのこくあすのみうまのこくにはだいちかならずP542
うちかへすべしなんどそうもんすときこえしかばそのときにいたつていへのなりしとみかうしのゆるぎはた
たくをみてはおとなしきもののをめきければをさなきものどももおなじうつれてぞむせびける
さるほどにしゆじやうはおふねにめしていけのみぎはにうかばせおはしますそのほかにようゐんみやみやはあるひはおん
こしにめされあるひはおんくるまにめしていづちともなくぎやうけいなるむかしもんとくてんわうのぎようさいかう三
ねん三ぐわつ三かのだいぢしんにはとうだいじのみほとけのみぐしおちさせたまひけむなりまたしゆじやくゐんのぎようてんぎやう四
ねん四ぐわつのだいぢしんにはしゆじやうござしよをいでさせたまひてだいごくでんのまへじやうねいでんのみなみに五ぢやうのあくをく
をつくつてすませたまひけむなりそのときは四ぐわつよりはじめて七ぐわつにいたるまでひびに七八ど
ないし十四五ど廿どばかりゆりけるなんどはきこえしかどもそれはむかしのことなればしらず七八十
ないし九十のひとまでもよのめつするといふことはさすがきのふけふとはきかざりつるものをいかさま
にもこれはへいけのをんりやうかまたはよのそんすべきぜんぺうかとぞじやうげまをしあへりけるさるほどにほふわうは
いまくまのになぬかおんはなまゐらつさせたまひけるがこんどのだいぢしんにごあんじつふりたふされさせたま
ひひとおほくうちころされしよくゑあまたいできにしかばいそぎみやこへくわんぎよなるさるほどにけんれいもんゐん
はひがしやまのふもとよしだのごしよにわたらせたまひけるがこんどのだいぢしんにごしよもやぶれついぢもくづれにしかば
りよくえのかんしきうもんをまぼるだになしあれたるにはのまがきはしげきのべよりもつゆふかくうらむるむしの
こゑまでもことにものあはれにきこえよもながくなりゆくままにいとどおんねざめがちにておのづからP543
うちもまどろませたまはねばむかしのことをばゆめにだにもごらんせず
平大納言の流され 1203
げんりやく二ねん八ぐわつついたちのひかいげんあつてぶんぢぐわんねんとぞまをしけるおなじき十かのひみやこにはぢもくおこなはれて
げんじ六にんじゆりやうになるまづ九らうたいふのはんぐわんよしつねいよのかみたけだのたらうのぶよしするがのかみかがみのじらう
とほみつさがみのかみへんみのくわんじやありよしむさしのかみやすだの三らうよしさだとほたふみのかみおほうちたらうこれよししなののかみとぞ
きこえしおなじき廿三にちにへいけのいけどりくにぐにへながしつかはさるまづへいだいなごんときただのとのくにくらの
かみのぶもとさどのくにさぬきのちうじやうときざねとさのくにひやうぶのせうまさあきさぬきのくに二ゐのそうづせんしんあきのくにほつしようじの
しゆぎやうのうゑんいはみのくにちうなごんのりつしちうくわいむさしのくにきやうじゆばうのあじやりいうゑんはびんごのくにとぞきこえしおなじき廿二
にちのくれがたにへいだいなごんときただにようゐんのわたらせたまひけるよしだのごしよにまゐつてまをされけるはあ
りがひなきみにてさふらへどもみやこにさふらひしほどはつねはおんゆくへをもうけたまはりさふらひしにいまはせめおも
うしてはいしよにおもむきさふらふべし(イなり)いまよりのちいかなるおんありさまにかききなしたてまつらんずらむと
ゆくそらもおぼえずさふらふとなみだもせきあへずまをされたりければにようゐんまことにむかしのなごりとてはそこば
かりこそおはせしにいまよりのちまたたれやのひとかとひとぶらひさふらふべきとておんなみだにむせば
せおはしますこのときただのきやうとまをすはさきのではのかみもとのぶのまごぎようぶのごんのせう(イ兵部権大輔)ときのぶのあそんのこP544
なりけりけんしゆんもんゐんのおんおととこたかくらゐんにもごぐわいせきにておはしければかのやうきひがさいはひしとき
やうこくちうがさかえたりしがごとしにふだうしやうごくのきたのかた二ゐどのにもおんおととにておはしければてんが
のだいせうじともにこのきやうにのたまひあはせられければひとへいくわんぱくとぞまをしけるいましばらくもへいけのよな
らましかばだいじんのさううたがひあらましかはちちときのぶのあそんにもぞうさだいじんをぞおくられける
しそくさねいへときざねもちうせうしやうまであがられけりさればけびゐしのべつたうにもだい三ケどまでなりかへら
せたまひけりこのきやうのちやうむのときはしよこく七だうのせつたうがうたうさんぞくかいぞくとうをめしあつめみぎのひぢをうち
きりうちきりおひはなされければひとあくべつたうとぞまをしける一とせへいけさぬきのやしまにおはせしときみやこよ
りのゐんぜんのおんつかひはながたがかほになみがたといふかなやきをさされたりしもこのきやうのしわざなりさ
るほどにほうわうはこにようゐんのおんことをおぼしめされけるにつけてもいかにもしてこのきやうをばみやこの
うちにたすけおかばやとおぼしめされけれどもひごろのふるまひあまりにばうぢやくぶじんなりければおんいきどほ
りふかかりけりはんぐわんもしたしうなつておはしければなにともしてこのきやうをばみやこのうちにおき
たてまつらばやとはおもはれけれどもわがみさへかまくらのげん二ゐどのにこころよからざるうへほふわうのおんいきどほり
ふかかりければちからおよばせたまはずきたのかたそちのすけどのもひごろよりかかるべしとはおもひまうけら
れしことなれどもさしあたつてはまたかなしくぞおもはれけるはるかにとしたけよはひかたぶいてのち
みやこのうちをいでられけるに一まどもうちおくりたてまつるひと一にんもつきたてまつらずけふをかぎりP545
にみやこのほかへいでられけるこころのうちおしはかられてあはれなりやうやうくだりたまふほどにあふみのくにに
もなりしかばここをばいづくといふぞととひたまへばかただのうらとぞまをしけるまんまんたるおきにひく
あみをみたまひてだいなごん
かへりこむことも(イは)かただにひくあみのめにもたまらぬわがなみだかな
またやうやうくだりたまふほどにのとのくににもなりしかばだいなごんのおはするところはうらのあたりちかきところ
なりければいはのうへうへまつの一もとそびえたつたるをみたまひてだいなごん
しらなみのうちおどろかすいはのうへにねいらでまつのいくよへぬらん
きのふはさいかいのなみのうへにしてをんぞうゑくのくるしみをへんしうのなかにつみけふはほつこくのゆきのしたに
うづもれてあいべつりくのかなしみをこきやうのくもにかさねたりとよみあかしよみくらしてとしつきをおくり
ぞかさねさせたまひける
小原いり 1204
けんれいもんゐんはひがしやまのふもとよしだのごしよにわたらせたまひけるがここはなほみやこちかくてたまぼこのみちゆくひとのひと
めもしげかりなんさればつゆのおんいのちかぜをまたせたまはんほどもいかならむやまのおくのおくへも
いりなばやとはおぼしめされけれどもさるべきたよりもましまさざりけるにあるにようばうのまゐつてまをしP546
けるはをはらのおくじやくくわうゐんとまをすところこそきはめてしづかなるところにてさふらへとまをしければにようゐんこれ
はしかるべきほとけのおんつげにこそとおぼしめしやまざとはもののさびしきことこそあんなれどもよのうきよ
りはすみよかんなるものをとてなくなくおぼしめしたたせたまひけりなにごともむかしにかはりゆくことどもにて
おのづからなさけをかけたてまつるひともなかりけるにいまはれいぜいのだいなごんたかふさのきやうのきたのかた七でうのしゆり
のだいぶのぶたかのにようばうよりぞつねはおんのりものなんどをもさたしまゐらつさせたまひけるころはぶんぢぐわん
ねんながつき廿かあまりのことなればよものこずゑのいろいろなるをごらんじてはるばるとすぎさせたまふにやまかげ
なればにやひもはやくれにけりいつしかそらかきくもりうちしぐれつつこのはみだりがはしの
でらのかねのいりあひのおとすごくしかのねかすかにおとづれてむしのこゑごゑたえだえなりにようゐんじやくくわう
ゐんにまゐらせたまひてみまゐらつさせたまふにさいはひにみだの三ぞんにてぞわたらせたまひけるかたじけなくもわ
がたのみをかけたてまつるほんぞんしかるべきことにおぼしめしてはいをまゐらつさせたまひけるがほつせをとどめてか
うぞまをさせたまひけるてんししやうりやういちもんいうぎとんしようぼだいじやうとうしやうがくとぞまをさせたまひけるき
のふはひがしにむかはせたまひててんせうだいじんぎよくたいあんをんにとごきせいありけふはにしにむかつてみだ
によらいわうじやうごくらくとまをさせたまふぞあはれなるにしのやまのはをごらんぜらるればしたもみぢところどころに
みえわたりりよくらのかきもみぢのやまゑにかくともふでもおよびがたしひがしにはほそたにがはながれつついはにこけ
むしてさびたるところなればまことにすままほしくぞおぼしめすにはのはぎはらしもがれてまがきのきくのかれがれにP547
うつろふいろをごらんじてもただおんみのうへとぞおぼしめすはうぢやうなるごあんじつをむすばせたま
ひてかたはらをごしんしよにこしらへ一まをぶつしよにしつらはれたりちうやてうせきのおんつとめ
ぢやうじふだんのごねんぶつおこたらせたまはずしてつきひをおくらせたまひけりかくてかんなづきなかの五かのくれ
かたににはにちりしくならのはをものふみならしてきこゆればにようゐんひるだにもひとめまれなるやまざとへ
ただいまなにもののきたるやらんしのぶべきものならばしのばばやとおほせければだいなごんのすけどのたちいでて
みたまふにひとにてはなかりけりよにうつくしきをしかの三つつれたるがわたるにてぞありけ
るだいなごんのすけどのかへりまゐらせたまひて
いはねふみたれかはとはむならのはのそよぐはしかのわたるなりけり
とまをさせたまひたりければにようゐんなくなくまどのおんしやうじにあそばしぞつけさせたまひけるかかる
おんつれづれのなかにもなほむかしにおぼしめしなぞらふるおんことどもおほかりけりのきにならべるうゑき
をば七ぢうはうじゆにかたどりいはまにつもるみづをば八くどくすゐとぞおぼしめすちやうしうきうにはなをも
てあそんしあしたかぜきたつてにほひをさそひせいりやうでんにつきをながめしゆふべくもおほうてひかりをかく
すむかしはぎよくろうきんでんのたへなるおんすまひなりしかどもいまはしばひきむすぶいほのうちよそのたもともおさ
へがたしP548
参河守の最後(あひ) 1205
そのころかまくらには九らうたいふのはんぐわんうたるべしとぞきこえしあるときげん二ゐどのみかはのかみをようでご
へんみやこにのぼり九らううちたまへとのたまひければみかはのかみまをされけるはこれはおなじきやうだいのなかとはまをしな
がらことにちぎりをふかうなしさいごくしよしよのかつせんのはかりごとまでも九らうにはすぎずさふらふさればわが
てにかけてうたむことあまりにふびんにぞんじさふらへばじよのじんにおほせつけらるべうもやさふらふらんとまをさ
れたりければげん二ゐどのさてはごへんも九らうどうしんのひとやとていそぎしやうじをちやうとたててぞい
りたまひけるみかはのかみかなはじとやおもはれけんまつたうさなきよしをきしやうもんをもつてまを
されたりければさらばやがていづにこえしゆぜんじにおはせよとのたまへばうけたまはつていづにこ
えしゆぜんじにこそおはしけれかかりけるところにかぢはらげん二ゐどのにまをしけるはみかはのかみどのと九らうた
いふのはんぐわんとご一しよにならせたまひてはゆゆしきおんだいじにてこそさふらはんずれこはいかがおん
はからひさふらふやらんとまをしたりければさらばなんぢいづにこえみかはのかみうてとのたまへばかぢはら
うけたまはつてふし三き五百よきにていづにこえしゆぜんじにこそおしよせたれみかはのかみはあるばうに
おはしけるがこそでにおほくちばかりにてつまどのあひだにおはしけるがやたばねといておしくつろげ
さしつめひきつめさんざんにいたまひけるによせておほくいころさるそののちやだねつきければひとでにP549
かからじとやおもはれけんばうにひかけじがいしてこそうせられけれそののちかぢはらけぶりをし
づめみかはのかみのやけくびとつてかまくらにもてゆきげん二ゐどのにみせたてまつるしんぺうなりとのたまひける
土佐坊が夜討 1206
あるときげん二ゐどのとさばうしやうしゆんをめしてわそうみやこにのぼり九らううてとのたまへばとさばうかしこまつて
まをしけるはさぞたいぜいにてはいかにもかなひさふらふまじしやうしゆんがてぜいばかりにてまかりのぼりさふらはんとてやが
て五十よきにてぞうちたちけるみちすがらをばくまのまうでのていにことよせてみやこにのぼり三でうあぶらのこう
ぢなるところにやどうちとつてぞゐたりけるはんぐわんなんとしてかききいださせたまひたりけんとさばうがの
ぼつたんなればさだめてまゐらむずるものをとてそのひ一にちまたれけれどもまゐらずつぎのひ一にちまた
れけれどもまゐらざりければはんぐわんむさしばうべんけいをめしてとさばうがのぼつたんなるがまゐらぬことこ
そふしぎなれなんぢゆいてとさばうをぐしてまゐれとのたまへばむさしばうかしこまつてうけたまはりとさばうがやどに
ゆきむかひしようしゆんをぐしてまゐりたりはんぐわんやがていであひたいめんしたまひていかにわそうはよし
つねうてとのつかひなとのたまへばとさばうまをしけるはこれはとしごろ七だいしよまうでののぞみさふらひしかどもこのりやう三
ねんはきやうとのさわぎくにぐにのみだれによつてそのぎなくさふらふいまはせけんもしづかになりさふらへばその
しゆくぐわんはたさんためにまかりのぼつてさふらふあひだかまくらどのにもこのよしかくともまをしさふらはねばおんふみなんどもP550
さふらはずいかさまげかうのみちにまゐらむずるここちしてさてまゐらずさふらふとまをしたりければはんぐわんいや
とよまことはよしつねうてとのつかひなとのたまひてけしきおほきにかはつてみえられければとさばうか
なはじとやおもひけんくまののごわうをまをしおろし七まいのきしやうもんをかいてたてまつるはんぐわんこのうへはごん
げんにこそまかせまをさんずれとてとさばうをゆるしてかへされけりとさばうやどにかへりいやいや
このことのびてはかなふまじこんやようちにしたてまつらんとてみちすがらしのうでもたせたるひやうぐとりいだ
しやがて五十よきにてぞうちたちけるはんぐわんのしゆくしよ六でうほりかはのごしよにおしよせあぶらのこうぢおもてなるもんをどうどうとたたいてこれはかまくらどのよりうつてのたいしやううけたまはつてとさばうしやうしゆんがまゐつてさふらふあけられさふらへあけられさふらへとぞまをしけるころは十ぐわつ十七にちのよのことなりければはんぐわんのさぶらひどもはみなきよみづでらまうでして一にんもなかりけりおんかたはらにはしづかとまをすしらびやうしただ一にんぞさふらひけるをりふしはんぐわんはさけにゑひてふしたまへりしづかはんぐわんをおしおどろかしたてまつつてひるのきしやうほうしがまゐりてさふらふにおきさせたまへとまをしたりければはんぐわんさてはとておきたまふまによろひとつてたてまつるうは
おびしめたまふまにたちとつてたてまつるおびたまふまにかぶととつてたてまつるをしめたまふまにゆみとつて
たてまつるはりたまふまにやとつてたてまつるはんぐわんゆみおしはりやかきおひちうもんにいでられたりけれ
ばざふひやうがむまにくらおいてひつたてたりはんぐわんむまにうちのりおほにはにかけむかひあぶみふんばりつつたちあがりだいおんじやうをあげててんぢくしんたんにもにほんわがてうにもたうじよしつねをかたきとてむかはんずるものこそP551おぼえねいかなるものぞなのれやなのれとのたまひてさうなうもんをばひらかれずついぢ
をへだていあひたりはんぐわんのさぶらひどもはみなきよみづでらまうでしたりけるがたうじはきみのごようじんのをりふし
ぞいざやまゐらむとてうちつれうちつれまゐるほどにあんのごとく六でうおもてにやさけびのおとしければされば
こそとてはせあつまりとさばうをなかにとりこめてぞたたかひけるえだのげん三ひざぐちいさせてひきしりぞく
くまゐたらううちかぶといさせてひきしりぞくそののちはんぐわんもんをひらかせてきつていでさんざんにせめられたり
ければとさばうがせい五十よきとはみえしかどもおちぬうたれぬせしほどにたんごぶらいになりにけ
りとさばうただ一きになつてむまをもはなれおりたつてたたかひけるがかなはじとやおもひけ
んあぶらのこうぢをのぼりににげてゆくむさしばうただ一にんつづいたりきたなしやかへせやかへせ
とておひかけたり五でうをひがしへひがしのどうゐんをのぼりににげゆく三でうをひがしへまてのこうぢをのぼりに
くらまやまへぞにげいりけるはんぐわんはもとこのてらのちごにてわたらせたまへばそのよしみをもつてたいしゆおこ
つてとさばうをいけどりてむさしばうにぞとらせけるむさしばうしやうしゆんをからめとつてみやこにかへりはん
ぐわんのしゆくしよろくでうほりかはのごしよのおんつぼのうちにぞひつすゑたるはんぐわんごらんじてわそうははやくも
きしやうにはうてたるものかなとのたまへばとさばうまをしけるはうつるこそだうりさふらふよあることにかい
てさふらへばとぞまをしけるはんぐわんやがてなんぢをばきつてもすつべけれどもこさまのかみとののおんときこん
わうまるとてさしもふびんにせさせたまひたりしかばそのごぼだいのおんためにいのちをばたすくるぞはやはやP552かまくらへくだるべしとのたまへばとさばうまをしけるはこはくちをしきことをもおほせられさふらふものかなかま
くらどののおんまへをまかりいづるとききみをうちたてまつらずはまつたうまかりくだらじとまをしきつてまかりのぼつてさふらふにきみをこそうちたてまつらざらめあまつさへいのちたすけられまゐらせてふたたびかまくらへまかりくだつてさふらはばなにほどのえいぐわをかつかまつりさふらふべきただごおんにはいそぎかうべをはねさせたまへとまをしたりければはんぐわんさらばとてやがてかはらにひきいだしにしむきにぞひつすゑたるとさばうまをしけるはしやうしゆんはただかみともほとけともかまくらどのをこそたのみたてまつつてはさふらへおなじうはひがしむきにぞきられたうさふらふとまをしたりければさらばとてまたひがしむきにぞひつすゑたるそのときとさばうてをあはせなむかまくらのげん二ゐどのと三どとなへてぞきられけるP552
吉野軍 1207
さるほどにかまくらにはみやこにてとさばううたれたりときこえしかばほうでうの四らうときまさに六万よきのぐん
びやうをさしそへてぞのぼせられけるおなじき十一ぐわつついたちのひ九らうたいふのはんぐわんよしつねゐんのごしよにまゐりおほくらの
きやうやすつねのあそんをもつてまをされけるはよしつねかまくらのげん二ゐにこころよからざるによつてほうでうの
四らうときまさに六万よきのぐんびやうをさしそへてのぼせさふらふうぢせたのはしをひきみやこのうちにてささへ
むことはいとやすうさふらへどもくげゐんちうのおんさわぎなるべしあはれさいこくちんぜいのごけにんのうちへよしつね
P553
みはなつべからざるよしのちやうのおんくだひぶみをくだしたまはりさふらはじやとまをされたりければほうわうこの
ことおほきにおぼしめしわづらはせたまひてしかるべきくぎやうあまためしておほせあはせられけりうちにもほり
かはのだいなごんただちかのきやうのまをされけるはまことによしつねみやこのうちにてささへたらむはくげゐんちうの
さわぎなるべしくにぐにのみだれはふびんにさふらへどもゐんぜんをだにもくだされさふらはじみやこのうちは
おだしかるべきよしをまをされたりければほうわうこのぎもつともとてやがてよしつねみはなつべからざ
るよしのちやうのおんくだしぶみをぞくだされけるはんぐわんゐんぜんたまはつてゐんのごしよをいでせんじやうよしのりくらんどゆきいへ三
にんひとつになつてつがふそのせい五百よきおなじき十一ぐわつ三かのひみやこをたつてさいこくへこそくだられけ
れはんぐわんはかはごえがむすめへいだいなごんときただのきやうのおんむすめをさきとしてきたのかた十二にんもちたまへりいづれをも
みはなちがたうおもはれければみなひきぐしてぞくだられけるかりけるところにつのくにのぢうにんおほた
のたらうたかよしとしまのくわんじやよりもとこのよしをききてあはやはんぐわんどのこそかまくらどのにおんなかたがはせたまひてさい
ごくへくだらせたまふなれにくしそのぎならばこれにてうちとどめたてまつらんとてびんぎのともがら五百よにんを
あひもよほしつのくにみぞくひといふところにじやうくわくかまへてまちうけたてまつるはんぐわんこのよしききたまひてかしこに
おしよせかれらをさんざんにけちらしそのひはつのくにだいもつのうらにぞつきたまひけるつぎのひ卅よさうのふねに
とりのりさいこくへくだらむとしたまひけるに一のすのおきにしてへいけのしりやうやおこりけんむこやま
のあらしはげしくしてふねどもさんざんにふきちらされさんをみだすがごとくにぞなりにける十らうくらんどP554
のふね二さうはいづみのうらにふきよせたりはんぐわんのふね二さうはつのくになにはのうらへぞうちあげたるはん
ぐわんはいかにもしてなみかぜをしづめさいこくへとはおもはれけれどもうちつづきあれければそれよりうら
づたひしてすみよしのはまへぞあがられけるいづみかはちのものどもこのよしをききてたいぜいにてむかふよしきこ
えしかばはんぐわんかなはじとやおもはれけん十二にんのにようばうたちをばすみよしのはまにうちすてそれよりつはもの
卅よにんをひきぐしにようばうにはしづかばかりをめしぐしてよしのやまをさしてぞおちられける十二にん
のにようばうたちはすみよしのまつのもとにそでをかたしきなきゐたまひけるをそのへんのざいちのものどもあはれみたてまつ
つておこしにのせたてまつりよにいつてみやこへおくりたてまつりけるとぞきこえしさるほどにはんぐわんはよしのやまにしの
うでおはしけるをだいしゆおこつてあはやはんぐわんどのこそかまくらどのにおんなかたがはせたまひてこのやま
にしのうでおはすなるいれたてまをしてはかなふまじにくしそのぎならばおひいだしたてまつれやとて
たいぜいにてむかふよしきこえしかばはんぐわんいづくまでかたきにうしろをみすべきとてじがいせんとしたまひ
けるをあうしうのさとう四らうびやうゑただのぶあににてさふらひし三らうひやうゑつぎのぶはやしまにておんいのちにかはり
まゐらせさふらひぬけふはただのぶおんいのちにかはりまゐらせさふらふべしひとまどなりとものびさせたまへとまをしけ
れどもはんぐわんいかでかさることのあるべきとてかさねてじがいせんとしたまひけるをただのぶやうやうにとり
とどめたてまつりければちからおよびたまはずそれよりつはもの十よにんをひきぐしてまたよしのやまをぞしのばれけるただ
のぶははんぐわんのおんきせながをたまはつてぞきたりけるのこり十七にんのつはものどももよせくるかたきをいまやいまやP555
とぞまちかけたるあんのごとくよしののすげうかくばんぜんじをさきとしてたいぜいにておしよせた
りそののちただのぶたかきところにはしりあがりこれはかまくらのげん二ゐどののおとうと九らうたいふのはんぐわんよしつねぞとな
のつてやたはねといておしくつろげさしつめひきつめさんざんにいけるやによせておほくいころさる
よせてのものどもこのよしをみてあはやはんぐわんどのはうちものとつてこそゆゆしうおはすなるにゆみ
をさへよくいたまひけりとぞおそれけるそののちやだねつきければうちもののさやをはづいてきつていで
さんざんにたたかひけるに十七にんはうたれにけりそののちただのぶまたたかきところにはしりあがりこれはまことにはん
ぐわんどのとおもひたてまつるかそれははやきのふよりおちたまひぬこれははんぐわんのみうちにあうしうのさとう四
らうびやうゑただのぶといふものなりがうのもののじがいするをみててほんにせよやとてよろひのうはおびきつての
けはら十もんじにかきやぶるていにもてなしそばなるたにへとびおりてぞおちゆきけるよせてのものども
このよしをみてただのぶがくびとらむとてここをつたひかしこをまはるなんどとしけるまにたに
をこえみねをへだててぞおちのびたるそれよりみやこにのぼりあはたぐちのへんにしのうでぞさふらひけるさる
ほどにほうでうの四らうときまさは六まんよきのぐんびやうをたなびいておなじき十一ぐわつ五かのひみやこにのぼり六
はらにおちつきておはしけるがこのよしをききたまひてたいぜいにてむかふよしきこえしかばただのぶこのよしを
ききてあはたぐちをばしのびつつ三でうまてのこうぢなるところにひごろみそめたるにようばうのもとにたちしのう
でぞさふらひける六はらにはこのよしをききてたいぜいにておしよせたりただのぶはつまどのあひだにさふらひけるが
P556
やたばねといておしくつろげさしつめひきつめさんざんにいけるやによせておほくまとになつてい
ころさるそののちやだねつきければひとでにかからじとやおもひけんしやうじのうちにひきこもりはら十
もんじにかきやぶつたりけれどもなほもしなれざりければかたなのきつさきをくちにふくみえんよりさ
かさまにつらぬかつてぞうせにけるこんねん廿六かたきもこれをみてをしまぬものこそなかりけ
れかくてはんぐわんはよしのやまのみゆきにふみまよひとかくしてたうごくうだのこほりへぞいでられけるそのところ
りうもんのまきはははときはがゆかりなりければはんぐわんかしこにおちつきしばらくいきついてぞおはしけ
るそれよりなんとにのぼりとうだいじのほとりしゆんぜじとまをすやまでらにしのうでおはしけるがその
としのくれにみやこにのぼりふしみふかくさうめづかつらにしやまひがしやまのかたほとりにつのてかくれしのびて
ぞおはしけるつぎのとしのはるのころやまぶししゆぎやうじやのまねをしおひをかけひでひらにふだうをたのみつつ
ほつこくにかかりあうしうへぞくだられけるとぞきこえし
十郎蔵人の沙汰(あひ) 1208
さるほどにせんじやうよしのりはいづみのうらにうちあげられておはしけるがそれよりいがにくだりせんどの
やまでらにしのうでおはしけるをはつとりのげしへい六まさつなはへいけのゆかりのものなりけるがこのよし
をききてびんぎのともがら二百よにんあひもよほしせんどのやまでらにおしよせてときをどつとぞつくりけるよしのりP557
はあるばうにしのうでおはしけるがやたばねといておしくつろげさしつめひきつめさんざんにい
たまひけるによせておほくいころさるそののちやだねつきければひとでにかからじとやおもはれけんばう
にひかけじがいしてこそうせられけれそののちまさつなけぶりにしづめよしのりのやけくびとつてかまくらへもつ
てくだるさてこそはつとりをばあんどしてんげれさるほどに十らうくらんどどのはきのくになぐさをさしてくだ
られけるがいづみのくにやげじたといふところにてげにんのをとこしよらうのここちいできたりとてやどうちと
つてかんびやうしておはしけるをあるじのをとここのよしをみたてまつつてあつぱれこれはたうじふす
まのせんじかうぶりおはすなる十らうくらんどどのにこそとおもひければよにいつてしゆくしよをばしのび
つつみやこにのぼり六はらにまゐつてこのよしまをしたりければほうでうしんべうなりとてかげなるむまにさや
まきそへてぞとらせけるそののちほうでうあるじのをとこをめしてたうじ十らうくらんどどのうつてもからめてもえ
さすべきものはたれかあるべきとのたまへばあるじのをとこさんさふらふさいたふのきただにほうしにひたちばうしやうめいこ
そさふらへほうでうさらばひたちばうめせとてめされけるめされてしやうめいまゐりたりほうでうやがていであひたい
めんしたまひていかにわそうは十らうくらんどどのよくみしりたてまつりたるかとのたまへばよくみしりたてまつつて
さふらふとぞまをしけるほうでうさらば十らうくらんどどのうちてもからめてもえさせよけんじやうはこひによるべし
とのたまへばひたちばうかしこまつてうけたまはりささふらはばちうげん十にんをたまはらむとまをしければほうでうやがてけ
にんのをとこ十にんさしそへあるじのをとこをあんないじやとしていづみのくにやげじたへこそくだされけれ十らうくらんど
P558
どのはもとのやどをばかへてむかひなるところにやどうちとつておはしけるをあるじのをとここれこ
そとをしへければげにんのをとこどもをばかしこここにかくしおきわがみはしげめゆひのひたたれにふしなはめ
のよろひをきおほたちをぬいてきつている十らうくらんどこのよしをみたまひていかにあれはひたちばうとみ
るはひがめかとのたまへばしやうめいさふらふとてきつてかかる十らうくらんどもそばなるたちおつとりぬ
きあはせさんざんにたたかはれけるがひとでにかからじとやおもはれけんしやうじのうちにひきこもりたまへば
しやうめいまさなやごじがいさふらふかたすけまをさんずるものをとてたちをなげすてつつといつてむず
とくむ十らうくらんどもつよしひたちばうもつよかりければたがひにうへになりしたになりころびあ
ふところをここかしこにかくしおきたりけるげにんのをとこどもはせあつまつてうへなるひたちばうがあしになは
をぞかけたりけるこはいかにみかたになはかくるやうやあるといはれてさることさふらふと
てふたりがあしになはをぞかけたりけるそののち十らうくらんどどのをばてとりあしとりもとどりとり
いけどりにこそしたりけれそののちたがひにいきついておはしけるがふたりのたちをめしよせみたまへ
ばひたちばうがたちは四十二しよまできられたりけれども十らうくらんどのたちは一ところもきれずな
んぼうゆきいへはふるまうたるぞとのたまへばしやうめいいまだこれほどてごきおんかたきにはあひまゐらせず
さふらふとぞまをしけるそののちひたちばうあまかはにつつみもたせたりけるほしひとりいだし十らうくらんどどのにも
すすめたてまつりわがみもくひげにんのをとこどもにもくはせそののち十らうくらんどどのをばおこしにのせたてまつつてぐそく
P559
したてまつりひたちばうさきにみやこへひとをのぼせて六はらへこのよしまをしたりければほうでうなのめならずよろこびたま
ひて五百よきにておんむかへにまゐられけるがよどのおほわたりのへんにてまゐりあひたてまつり十らうくらんどどのをうけ
とりたてまつつてよどのあかゐがはらにてつひにきりたてまつつてんげりやがてひたちばうをも十らうくらんどのくびにそ
へてかまくらへこそくだされけれかまくらどのしんぺうなりけんしやうにはながせとてむさしのかさいへぞ
ながされけるつぎのとしのはるのころめしいだしあまりによきかたきうつたるものはゆみやみやうがなきあひださてながし
たりつるなりいまはけんしやうあるべしとてひごろそしようしけるつのくにおほたのしやうをあんどするのみなら
ずたじまのくにはむろのしやうをたまはりけりおなじき七かのひほうでうゐんざんまをしよしつねつゐたうのゐんぜんをまをされければ
やがてよしつねつゐたうのゐんぜんをぞくださるあしたにかはりゆふべにへんずせけんのふぢやうこそかな
しけれおなじき九かのひほうでうまたゐんざんまをしかげゆのこうぢのちうなごんつねふさのきやうをもつてまをされける
はよりともこんどへいけつゐたうのしやうにせんぜられくににこくしをさだめしやうにぢとうをすゑおきたんべつ五しやう
づつのかちようまいをあておこなはるべきよしをまをされたりければほうわうこのことおほきにおぼしめしわづらはせ
たまひてしかるべきくぎやうあまためしておほせあはせられけりなかにも八でうのちうなごんながかたのきやうのまをさ
れけるはおよそてうてきをたひらぐるもののはんごくをたまふといふことはむりやうぎきやうのせつにはみえてさふらへどもより
とものきやうのまをすでうおほきにしかるべからざるよしまをされたりけれどもひたすらつねふさのきやうのとりまをされける
うへほうわうつひににほんこくのそうつゐふくしをぞくだされけるこのつねふさのきやうとまをすはよしだのだいなごんみつふさのきやうのおん
P560
こなりほうわうしよじないげなうおほせあはせられけるによつてじやう二ゐのだいなごんまであがられけりさ
ればほうわうおんとし六十六にておんかくれのときもてんかのたいせうじともにこのきやうにおほせおかれけるとぞうけたまはる
さればかまくらのげん二ゐどのもしよじなにごとをもこのつねふさきやうしてまをされけるとぞきこえし
六代 1209
あるときげん二ゐどのほうでうのもとへししやをたててへいけは一もんひろかりしかばしそんさだめておほかるらん
いかにもしてたづねいだしてうしなはるべしとのたまひつかはされたりければほうでうさてはとてやが
ててんてをわかつてきやうちうをふれられけるはなにものにてもへいけのしそんたづねいだしてまゐらせたらむず
るものにはそしようもしよまうもこひによるべしとふれられたりければそしようもしよまうももちたるものは
おほかりけりへいけのしそんやましますとかしこここをぞたづねけるかならずへいけのしそんならねどもふつうの
ひとのこのじんじやうなるをばとりいだしあれはかのちうしやうどののわかぎみこれはかのせうしやうどののおんこ
なんどまをしければちちははこれをかなしみてまつたうさなきよしをちんじまをしければあれはおちに
てこそさふらへこれはおんめのとにてこそさふらへなんどまをしてぜひをもいはせずおとなしきをば
くびをきりをさなきをばみづにいれつちにうづむはらのうちをさがさぬといふばかりなりははのなげ
きめのとがかなしみまをすばかりもなかりけりそののちほうでうかまくらへひとをたてまつつてこのよしまをさ
P561
れたりければげん二ゐどのさやうにへいけのしそんたづねいだしてうしなはれさふらふことかへすがへすもしん
べうにさふらふただしへいけのちやくちやくこまつの三みのちうじやうこれもりのきやうのちやくし六だいはとしもすこしおとなしかんな
ればいかにもしてたづねいだしてうしなはるべしとのたまひつかはされたりければほうでうさてはとて
やがててんてをわかつてにしやまひがしやまをたづねさせられけれどもなかりければちからおよばずあかつきすで
にかまくらへくだらんといでたたれけるそのよあるにようばうの六はらにまゐつてまをしけるはこのほどおんたづね
さふらふへいけのちやくちやくこまつの三みのちうじやうこれもりのきやうのわかぎみ六だいごぜんのわたらせたまふおんゆくへを
こそうけたまはりいだしてさふらへそのゆゑはにしやまのふもとだいがくじしやうぶたにのばうとまをすところにきたのかたわか
ぎみひめぎみひきぐしまゐらつさせたまひてこの三ねんがあひだすみたまふよしをまをしたりければほうでうさてはと
てくわんとうげかうをとどめてつぎのひのまんだあさひとをつかはしてみせられければつかひしやうぶだに
のばうにたづねいりまがきのひまよりをさなきひとのかひたまへるしろきゑのこのみすのそとさしてはしり
いでけるをとらんとつづいていでられければめのとのにようばうとおぼしくてあなあさましけふこの
ごろひともこそみさふらふにとてとりとどめたてまつるとみおふせてつかひ六はらにかへりこのよし
まをしたりければほうでうさてはとてやがて五百よきのせいにてしやうぶだにのばうにおしよせばうの四はうを七
へ八へにうちかこんでうちへひとをたてまつつてこれにうけたまはりさふらへばへいけのちやくちやくこまつの三みの
ちうじやうこれもりのきやうのわかぎみ六だいごぜんのわたらせたまふよしをうけたまはりいだしてかまくらのげん二ゐのだいくわんほうでうの
P562
四らうときまさとまをすものがおんむかひにまゐつてさふらふとうとうとまをされたりければははうへめのとのにようばうをはじめ
たてまつつていへのうちにありとしあるひとみなきもたましひをうしなつてこゑをあげてぞなかれ
けるこの三とせがあひだすみたまへどもあたりのひとをはばかつてこゑをもすがたをもしのびつつものをもた
かうのたまはざりしかどもいまはのときにもなりしかばたへしのぶべきここちもしたまはずほうでう
もこどもあまたもちたるみにておはしければあないとふしさこそはおもひたまふらめとて
さうなうもみだれいらずつくづくとぞまたれけるひもやうやうくれければほうでうまたうちへ
ひとをたてまつつてこれはべちのしさいもわたらせたまひさふらふまじしばらくよをしづめむほどあづかりまを
せとうけたまはつておんむかひのみこしよういつかまつつてさふらふとうとうとまをされたりければさいとう五さいとう六ばうの
四はうをたちまはりみてははうへのおんまへにまゐつてまをしけるはおほかたつはものどもみちみちていまは
いづかたへもしのばせたまふべきやうもさふらはずこはいかがおんはからひさふらふやらんとまをしたりけれ
ばははうへさらばまづわれをうしなひてさてこのこをばいだせやとてぞなかれけるそののち
わかぎみははうへのおんまへにおはしてまをされけるはなにかはくるしうさふらふべきただとくいでばやと
こそぞんじさふらへそのゆゑはいましばらくもさふらはばおそろしげなるぶしどもがみだれいつてひとびとのう
たてげなるおんありさまをみたてまつらんにつけてもいよいよこころうくさふらふべしたとへ六はらへいでてさふらふ
ともさうなうはよもきられさふらはじいましばらくもさふらはばほうでうとかやにいとまこひかへりまゐ
P563
つてみえまゐらせんとよにもおとなしやかにてぞのたまひけるさてしもあるべきならねばめのとのによう
ばうおきなほりさうぞくしたてまつる二へおりもののひたたれにしろきおほくちをきせたてまつるははうへはく
ろきのじゆずのちひさきをとりいだしたまひてこれはこ三みどののとしごろてなれたまひしじゆずなりこれ
にていまはのときまでもねんぶつまをしちちのわたらせたまふひとつじやうどへまゐらんとねがふべしとぞ
のたまひけるわかぎみさてはははうへにこそはなれまゐらせさふらふともちちのわたらせたまふひとつじやうどへ
まゐらんことこそうれしけれとてぞいでられけるわかぎみははうへめのとのにようばうにたちわかれたまふなごりのをしささ
こそはおもはれけれどもへいけのちやくちやくさるひとのこなりければぶしによわげをみえじとおさ
ふるそでのしたよりもあまりてなみだぞながれけるわかぎみはことし十二になりたまひけるがみめかたちうつ
くしくあたりもてりかがやくほどにおはしければおんむかへのぶしどももみなよろひのそでをぞぬらし
けるおんいもうとのひめぎみことし十になりたまひけるがわかぎみはいづくへぞやわれもまゐらんとてつづ
いていでんとしたまひけるをめのとのにようばうとりとどめたてまつるほうでうもいはきならねばあはれにおもひまゐ
らせけれどもさてしもあるべきならねばわかぎみみこしにのせたてまつつてぐそくしたてまつるさいとう五さいとう六
もかちはだしにて六はらへこそいでにけれわかぎみいでさせたまひてのちきたのかためのとのにようばうにむかつ
てのたまひけるはみなひとのこをまうけてのちはめのとなんどがかたへさしはなつてつかはすこともあるぞ
かしこのこをまうけてのちはよのつねにひとのもたぬこをもちたるやうにひとしれずふたりが
P564
なかにおきてこそあいせしがこのこがとしもすこしおひたつままにこ三みどのにすこしもた
がはざりしかばしかるべきおんかたみにもとおもひこ三みどのにはなれたてまつつてのちはこのこどもをこそ
ひだりみぎにおきてもなぐさみしかいまはひとりはあれどもひとりはなしこのこは十二になるまでたび
ねはこよひはじめなりおとなしきをばくびをきりをさなきをばみづにいれつちにうづむなれば
このこはとしもすこしおとなしかんなればさだめてきりぞせんずらんゆふさりにてやあらんずら
むまたあかつきにてもやあらんずらむさこそはおそろしくもおもふらめとてなきあかしたまひける
ながきふゆのよなれどもかぎりあればやあけにけるあけければさいとう五かへりまゐりたりきたのかたさて
いかにやとのたまへばさんさふらふいままではべちのしさいもわたらせたまひさふらはずわかぎみよりのおんふみさふらふとて
とりいだしてたてまつるきたのかたひらいてみたまへばげにもさいとうがまをすにたがはずかかれたりいままで
はべちのしさいもさふらはずおんこころやすくおぼしめさるべしいつしかよのほどもひとびとこそおんこひし
うおもひまゐらせさふらへなんどぞかかれたるきたのかたさてこのこはなんとあるぞとのたまへばさんさふらふ
ひとのみまゐらせさふらふときはしらぬていにておんわたりさふらふがまたひとのみまゐらせさふらはぬときはかたはらにう
ちむきつねはむつがらせおはしましさふらふとまをしたりければきたのかたそれはまことにさもあるらん
いまみるものもまたみるものもおそろしげなるぶしどもにてひごろみなれたるもの一にんもなしさこ
そはそれにつけてもこなたをこひしとおもふらめとてぞなかれけるさいとう五いましばらく
P565
もさふらへばおんこころもとなくおもひまゐらせさふらふにいそぎかへりまゐるべきよしをまをしたりければははうへしばしや
へんじのあらんずるぞとてみづぐきのあとはなみだにかきくれてそこはかとはおぼえねどもおもふこころ
をしるべしにてなくなくおんふみあそばしてぞたうだりけるさいとう五ごへんじたまはつてなくなくだいがく
じをぞいでにけるおんめのとのにようばうかくてあるにもあられねばだいがくじをばしのびつつまぎれいで
かしこここをぞなきありきけるみちにてひとゆきあひあないとふしさこそはおもひたまふらめこれよ
りおくたかをとまをすところにこそもんがくしやうにんとまをしてたつときひじりのおはすなるがしかもかまくらどの
だいじのひとにしたまふなりさもしかるべきひとのこのじんじやうならんをおんでしにせばとのたまふ
がもしやとまゐつてまをしてみたまへかしとをしへければこのにようばうこれはしかるべきほとけのおんつげに
こそとおもひければいまだしらぬたかをにたづねのぼりもんがくのばうにたづねいりてみければをりふしもん
がくはつとめしてえんにいでられたりややものまをさうといへばひじりなにごととこたふこれはちの
なかよりとりあげいだきそだてまゐらせてさふらふをさなきひとをきのふぶしにとられ
てさふらふぞやあはれさもしかるべくさふらはばこひうけまゐらつさせたまひておんでしに
しまゐらつさせたまへかしとまをしければひじりさてそれはいかなるひとのおんこぞいまはなにをかか
くしまゐらせさふらふべきへいけのちやくちやくこまつの三みのちうじやうこれもりのきやうのわかぎみ六だいごぜんとまをし
てことしは十二にならせおはしましさふらふがみめかたちならびなくこころざまよに
P566
すぐれておはしましさふらへばことにをしうこそとぞまをしけるひじりさてそれをこひうけたら
ば一ぢやうひじりにたぶべきかまをすにやおよびさふらふこひうけまゐらつさせたまひてだにもさふ
らはばただともかうもしやうにんのおんはからひにこそとぞまをしけるひじりさてそのあづかりのぶし
をばたれとかいひつるなにほうでうとかやまをすひとにてさふらふなるややさてはしらぬ
ひとかとこそおもひたればほうでうをばしつたるひとやそのひとのことならばかなはぬまでもまをしてこそみ
めこころやすうおもひたまへとてやがてうちたつて六はらへこそいでられけれこのにようばうだいがくじにかへ
りまゐつてこのよしまをしたりければきたのかたあはれされかしされかしこのこがいのちのたすかりたらんぞひとへには
せのくわんおんのごりしやうにてもあるべきうれしきにもまたつらきにもつきせぬものはなみだなりそののちもん
がく六はらへいでられたりければほうでうやがていであひたいめんしたまひてこのあひだのことどもをややはるかに
おんものがたりありそののちほうでうまをされけるはひじりもさだめてしろしめされたるらんやうにかまくらどのよりへいけ
のしそんたづねいだしてうしなへとうけたまはつてさふらふほどにことごとくたづねいだしてうしなひまゐらせさふらふことときまさ
もこどもあまたもつたるみにてさふらへばまつたうこれをほんいとはぞんじさふらはねどもよにしたがふならひ
ちからおよばざるしだいなりまたへいけのちやくちやくこまつの三みのちうじやうこれもりのきやうのちやくし六だいたづねいだしてうしな
へとうけたまはつてきのふよりむかへまをしてはさふらへどもあまりのいたはしさになんとしたてまつるべき
ひとやらんととかくあんじわづらひてこそさふらへとまをされたりければひじりもそのひとにこそとおもはれ
P567
ければささふらはばそのわかぎみをひとめみまゐらせさふらはばやとのたまへばほうでうやすきおんことさふらふとて
ひじりをわかぎみのおんかたへいれまをされけりひじりしやうじをすこしほそめにあけてみたまへばまことにも
きくにもこえてみめかたちならびなくあたりもてりかがやくほどなりくろきのじゆずのち
ひさきをくりたまひてまことにおもひいれたるおんありさまいたはしくみたてまつるところにわかぎみひじりをみつけ
たてまつつてなんとかおもはれけんやがてなみだにむせびたまへばひじりもあまりのいたはしさにめもあてら
れずしきりになみだのすすみければすみぞめのそでをかほにおしあててしやうじをひきたててぞいでられ
けるそののちもんがくほうでうのまへにゆきむかひすゑのよにいかなるあたのかたきともならばなれいかでか
このひとのいのちをばうしなふべきせんずるところほうでうどのこのひとのいのちを廿かがあひだのべてたべわれかま
くらにくだつてこひうけたてまつらんずるにげん二ゐどのにずりやうのかみつきたまはざらむほどはもんがくが
まをさうずることをばいかでかたがへたまふべきそのゆゑはごへんもさだめてしりたまひたるらんやうにあ
のひとのいまだいづのくにほうでうひるがしまにながされておはせしときもんがくもるにんのみにてはさふらひし
かどもあのひとをよにたてまをさんがためにゐんぜんまをしにふくはらへのぼりしときひとめをはばかるなら
ひよはだいだうにいでひるはやまみちにかかつてよをひについでのぼるほどにあるときはふじかはのみづいで
ておしながされんとせしときもありまたあるときはたかせのふもとにてさんぞくらにいのちをうしなはれん
とせしときもありされどもみをまたうしてみやこにのぼりふくはらのしんとにくだつてゐんぜんまをしてたてまつ
P568
るのみならずれいぶつれいしやにいのりをかけてよにたてまをしたるもんがくがことをばいかでかたがへたまふべき
あひかまへて廿かがあひだはまちたまふべしとてさせるりやうしやうはなけれどもでしのそう一にんめしぐしいそぎむま
にうちのつてかまくらへこそくだられけれさいとう五さいとう六はひじりのおんあとをはるばるとみおくりたてまつつ
てただしやうじんのによらいとのみぞをがみける二にんのものどもだいがくじにかへりまゐつてこのよしまをしたりけれ
ばきたのかたさればこそこの三とせがあひだはせのくわんおんにあゆみをはこびいのるいのりはここぞかししじうのこと
はしらねどもこのこがいのちの二十かがあひだものびんことのうれしさよとてぞなかれける一にち二かと
せしほどに廿かのすぐるはゆめなれやひじりはいまだみえざりけりほうでうもまちかねてあかつきすでにかま
くらへくだらむとこそいでたちけれさいとう五さいとう六はてをにぎれどもかなはずさてしもあるべ
きならねばさいごのいとままをしにだいがくじへぞまゐりけるきたのかたさていかにやとのたまへばさんさふらふひじり
も廿かがあひだとこそまをしてまかりくだつてさふらへどもいまだのぼることもさふらはずほうでうもまちかねて
あかつきすでにかまくらへくだらんとこそいでたつげにさふらへとまをしたりければきたのかたさてこのこはなにと
なるべきぞとのたまへばさんさふらふそれもゆふさりかあかつきのほどに一ぢやうとこそみえさせおはしまし
さふらへそのゆゑはこのほどあづかりまをしてさふらふぶしをばのけられてきのふよりべちのつはもののあづかりまをしてさふらふ
があるひはかたはらにささやくものもさふらふあるひはわかぎみをみたてまつつてなみだにむせぶものもさふらふまたねんぶつ
まをすものもありとぞまをしけるははうへさればとよもしこのひじりのこひうけてもやおそかるらんまた
P569
かなはぬにてもやおそかるらんもしこひうけたらばたとひわがみこそおそくともさきにひとをばのぼ
すべきものぞかしあはれほうでうとかやがもちひつべからむずるおとなしきもののこのこをみちにて
ひじりにゆきあはむところまでぐしてくだれといふもののあれかしものこのひじりのこひうけてもやのぼる
らんにこのこはさきにきられたりときかむことこそかなしけれかまくらのげん二ゐとかやもわがみに
しれてこのこがいのちをたすけんとはよものたまはじさればくわんおんもぢやうごふをばちからおよばせたまは
ずあはれゆめはたのまれざりけるものぞやこのあかつきこのこがしろきむまにのつてきたりつるをいか
にやといはんとすればそのゆめのやがてさめぬるうらめしさにたとへゆめなりともしばしがほども
そはずしてさめぬるゆめこそうたてけれさてはこのこがいのちのたすからんずるかとおもひたればし
ぬべきことのかねてよりみえつることのむざんさよなによりもひとひいでしときいましばらくもさふら
はばほうでうとかやにいとまごひかへりまゐつてみえまゐらせんといひおきしなぐさめことばのおとな
しさよはつかもすでにすぐるまでかなたへもゆかずこなたへもきたらずひとひいでしをかぎりにて
ながきわかれとならむことこそかなしけれきたのかたさてなんぢらはなにとなるべきぞとのたまへばさんさふらふこれ
もわかぎみのともかうもならせたまはんところまでおんともまをしてさふらはんほどにともにうしなはれんはほんい
なりたとへまたたすけられてさふらふともやがてもとどりきつてわかぎみのごぼだいをとぶらひまゐらせんと
かれらふたりはおもひなつてこそさふらへとまをしたりければきたのかたいしうもおもうたりさらばとく
P570
かへつてこのこがゆくすゑをしらせよとのたまへばふたりのものどもさいごのいとままをしてなくなくだいがくじをぞいで
にけるさるほどにほうでうの四らうときまさは六まんよきのぐんぴやうをだなびいてぶんぢぐわんねんしはす十六にちに
みやこをたつてかまくらへこそくだられけれほうでうわかぎみをばみこしにのせたてまつつてぐそくしたてまつるさいとう
五さいとう六をものりかへにのれといひけれどもけふをかぎりのおんともなればとてかちはだしにて
ぞくだりけるそのころのきやうちうのじやうげこのよしをみたてまつつてあないとふしわかぎみのうゐむじやうのさかひ
けふすでにこえゆきたまひなんずとてみななみゐてそでをぞぬらしけるあはだぐちにもなりしかばわ
かふしとぞみたまひけるこまをはやむるぶしあればただいまわがくびうてとのつかひやらんときも
をけしかたはらにささやくものあればただいまさいごやらんとむねさわぐいのちのすゑをまつざかや
四のみやがはらにて一ぢやうときこえしかどもせきやませきでらうちすぎておほつのうちでになりにけりあはづの
はらせたのはしにて一ぢやうときこえしかどものぢしのはらをもうちすぎてそのひはかがみにつきたまふゆふさり
一ぢやうとききしかどもそのよもきらであけにけりあすは一ぢやうとききしかどもそのひもきらでぞくれにけ
るほうでうはいかにもしてとしのうちにかまくらまでといそがれければよをひについでぞくだられける
みのをはりにもなりしかばいとどこころぼそくぞおもはれけるみかはのくにをもうちすぎてとほたふみのくにさよのなか
やますぐるにもまたこゆべしともおぼえねばいとどなみだぞおちまさるうつのやまべのうつつにもゆめ
にみちゆくここちしてひかずやうやうかさなればするがのくに千ぼんのまつばらにこそつきたまへさるほどにせんぼん
P571
のまつのしたにおほまくひきまはさせしきがはしいてわかぎみみこしよりだきおろしたてまつつてしきがはのうへにお
きたてまつるそののちほうでうさいとう五さいとう六をかたはらへよびはなしてのたまひけるはわかぎみをばただいまこれにて
うしなひたてまつるべきにてさふらふなりごへんたちはべちのしさいあるべからずこれよりみやこにのぼりわかぎみのごぼだいを
とぶらひまをさるべしとのたまへば二にんのものどもひごろよりかくあるべしとはおもひまけうしことなれ
どもただいますでにときくからにむねふさがつてめくれつつとかうのへんじにもおよばずそののちほう
でうわかぎみのおんまへにまゐつてまをされけるはかつきこしめされさふらふごとくひじりも廿かがあひだとこそまをし
てまかりくだつてさふらへどもいまだのぼることもさふらはずかねてまたあふみのかがみにてうしなひたてまつれとうけたまはつては
さふらひつれどももしやとひじりにゆきあはんところまでとぞんじこれまでおんともまをしてさふらふなりおなじうはあしがらをも
こしまをしたうはさふらへどもくわんとうのきこえしかるべからざるうへげん二ゐどのもいちごふしよかんのわかぎみをたすけまゐ
らせんとはよもまをされさふらはじただいまこれにてうしなひたてまつるべきにてさふらふなりなにごともおぼしめしおくおんことさふら
はばときまさにもうけたまはれまた二にんのひとびとにもおほせおかれさふらふべしさてもこのあひだのおんなごりこそとなみだ
もせきあへずまをされたりければわかぎみはとかくのへんじもしたまはずただうちうなづきたまふばかり
なりそののちわかぎみさいとう五さいとう六をめしてただいますでにときくぞなんぢらはべちのしさいあらじと
こそおもへこれよりみやこにのぼるべしははうへめのとのにようばうのさだめてわがことをぞとひたまはんずらむその
ときはわれみちにてきられたりとまをすべからずことゆゑなうかまくらまでくだりつきてひとにあづけられた
P572
りとまをすべしそのゆゑはわれみちにてきられたりとききたまひたらばははうへめのとのにようばうのひとしれずなげき
たまはんもなかなかつみふかかるべしたとへのちにはかへりきこしめさるるともあひかまへてこのよしかくと
まをすべからずまたひとしもこそおほきになんぢらがこれまではるばるとおんともまをしたるこころざしのほどこそ
かへすがへすもしんぺうなれあひかまへてそれにつけてもははうへめのとのにようばうにはよくよくおんみやづかひつかまつれ
それぞなににもすぐれたるこんじやうごしやうのけうやうともおもふべきとのたまへばふたりのものどもわかぎみにはな
れたてまつつて一にちへんしながらふべしともおぼえずとてせんぼんのまつのしたすなごのうへにたふれふしこゑ
をあげてぞかなしみけるそののちわかぎみふところよりくわんおんぎやうをとりいだしたまひて二三ぺんがほどよみわた
しおなじうくわんおんのみやうがうをとなへそののちにしにむかひかうじやうにねんぶつす百べんとなへたまひてさらば
とくきれやとてくびをのべてぞまたれけるきりてはかののくどうしげもちとぞきこえししげもちたち
をぬいてひきそばめおんうしろにたちまはりければわかぎみこれをごらんじてみぐしのうしろへゆらゆ
らとさがりたりけるをおんまへへひきこしたまへばす千のつはものこれをみてあないとふしいままで
もおんこころのわたらせたまひけるよとてぶしたけしとまをせどもみなよろひのそでをぞぬらしける
しげもちもながるるなみだにかきくれてたちのうちどもおぼえずいちぢやうしげもちふかくつかまつと
ぞんじさふらふさればじよのじんにおほせつけられさふらへとてなみだにむせびてぞたちたりけるほうでうもせんかた
なげにてあなこころうやいかなるしゆくしふかかかるうきひとにとりかかりたてまつつていまかやうにこころをく
P573
だくこころうさよたれもさこそはおもふらめさらばあれきれこれきれときりてをえらぶところに
ここにはるかのひんがしのかたよりこきすみぞめのころもきたりけるそう一にんしろあしげなるむまにのつてぞいでき
たるこれぞもんがくがでしなりけるみちにてひとゆきあひあないとふしさこそはおもひたまふらめあ
れなるまつのしたにこそへいけのきんだちとまをして十二三ばかりなるよにうつくしきをさなきひとをただ
いまきりたてまつらんとしつれあまりのいたはしさにみたてまつらずしてとほりたりつるよなんどかたりけれ
ばこのそうさてはわかぎみのこれまでくだらせたまふなるがただいまこれにてきられさせたまふにこそと
おもひければいそぎむちあぶみあはせてはせけるがたいぜいのののめくをみてあまりのこころもとなきにきたる
ひがさをぬいてぞまねきたるあれはいかにやうありかまくらどのよりのおんつかひごさんあれとひとりふ
たりまをすほどこそありけれきりてもいそぐことなければ六万よきのつはものどももみなひんがしのかたをぞま
ぼりけるこのそうほどなうきたりぬいそぎむまよりとんでおりたいぜいのなかをおしわけおしわけほうでうのまへ
にゆきむかひかまくらどのよりおんゆるしぶみのさふらふぞとてくびにかけたるふみぶくろよりとりいだしてたてまつるほうでう
ひらいてみたまへばそのじやうにいはく
なかにもへいけのちやくちやくこまつの三ゐのちうじやうこれもりのちやくし六だいたづねいだされさふらふことかへすがへすもしんべうにぞんじさふらふ
ただしたかをのもんがくしやうにんしきりにまをさるるによつてしばらくあづけたてまつるところなりこれにてべちのうたがひ
あるべからずいそぎかのひじりのかたへわたさるべし
P574
ぶんぢぐわんねん十二ぐわつ廿三にち
ほうでうの四らうどのへよりともとこそあそばされたれごじひつなりごはんなりほうでうもたかうはよまれねども
しんべうしんべうとてさしおかれければさいとう五さいとう六はなかなかまをすにおよばずほうでうのいへのこらうどうもみな
よろこびのなみだをぞながしける
初瀬六代 1210
さるほどにもんがくもやうやうおはしたりほうでうやがていであひたいめんしたまひてかねてははつかのあひだとこ
そうけたまはつてはさふらひつれどもおんのぼりもさふらはずまたかまくらよりはひとをのぼせさふらひてあふみのかがみにて
うしなひたてまつれとうけたまはつてはさふらひつれどももしやとごばうにゆきあひたてまつらんところまでとぞんじこれまでおんともまをしては
さふらへどもうしなひたてまつらんとつかまつりさふらふところにかしこうぞあやまちつかまつつてこうかいするらんにとまうされけ
ればもんがくさればとよわれかまくらにくだつてこのことをまをさむとつかまつりさふらへばやがてなすののかりに
いでたまふつきたてまつつてまをせばかまくらにかへつてよきやうにはからはんとのたまふあひだかまくらにてまをせ
ばわそういしうもくだつたりわかみやに七かこもつてごまたけおほみだうに三かこもつてぶつじせよなん
どのたまふあひだこのひとのおんこころにすこしもたがひたてまつつてはもんがくがしよまうもいかでかかなふべきとおもひ
かしこここにまゐりこもりしうちにもわかぎみのごきたうをのみつかまつりさふらひきもんがくげん二ゐどのにこのことを
P575
まをしさふらへばはてはかなふまじとのたまふあひたもんがくこはいかにごへんのいまだいづのくにほうでうひるがしまに
ながされておはせしときもんがくもるにんのみにてはさふらひしかどもごへんをよにたてまをさむがために
ゐんぜんまをしにふくはらへのぼりしときひとめをはばかるならひよるはおほぢにいでひるはやまぢにかかつて
よをひについでのぼるほどにあるときはふじがはのみづいでておしながされんとせしときもありまたあるときは
たかせのふもとにてさんぞくらにいのちをうしなはれんとせしときもありされどもみをまたうしてみやこ
にのぼりふくはらのしんとにくだつてゐんぜんまをしてたてまつるのみならずれいぶつれいしやにいのりをかけてよにた
てまをしたるもんがくがしよまうをたがへたまはんにおいてはごへんのみやうがもおはせうずるかなんどある
ときはおどしたてまつりまたあるときはすかしたてまつつておんてにすみふでをとりあてがふやうにしてこそおんゆ
るしぶみもいだしたれやはたやすかるべきとのたまへばほうでうまことにもとぞおもはれけるそののちほうでう
わかぎみのおんまへにまゐつてまをされけるはもつともおんともつかまつつてまかりのぼりたくはさふらへどもとしのうちにくわんとうに
いささかさたつかまつるべきことのさふらふあひだこんどはまづまかりくだりいかさまにもはるになつてまかりのぼりおんめにかかる
べしとまをされたりければわかぎみのごへんじにはあのひじりのごばうのおんことはなかなかまをすにおよばず
さてもそこのはうしこそいつのよまでもわすれがたけれいかほどにもしやうらくのときはまづげんざんに
いらうずるさふらふとぞのたまひけるそののちもんがくわかぎみうけとりたてまつるほうでうのさたとしてみこしにのせたてまつるひとあ
またつけたてまつつてのぼせまをされけりさいとう五さいとう六をものりかへにのせてぞのぼせられけるさるほど
P576
にもんがくわかぎみうけとりたてまつつていかにもしてとしのうちにみやこまでとはいそがれけれどもつながぬつき
ひなりければをはりのくにせたのうらにてとしくれぬぶんぢも二ねんになりにけりおなじきむつき五かのひもん
がくわかぎみぐそくしたてまつつてみやこにのぼりもんがくのしゆくばう二でうゐのくまのいはがみのばうへいれたてまつるつぎのひわか
ぎみさいとう五さいとう六をおんともにてははうへのおはしけるしやうぶだにのばうにおはしてみまゐらつさせたま
ふにもんこをとぢてたたけどもたたけどもおともせずさいとう五もとよりあんないはしつたりついぢをのぼりこ
えうちへまゐつてみたてまつるにちかうひとのすみたるけしきもなかりけりさいとう五かへりまゐつてこのよしまをし
たりければわかぎみこはいかにわれみちにてきられたりとききたまひてもしふちかはへみをもや
なげておはすらんわがいのちのをしかりつるもいまいちどははうへをみたてまつらんとおもふためにこそあれまことに
さやうになりたまひたらんにおいてはありしせんぼんのまつばらにてともかうもなるべかりつるもの
をとてこゑをあげてぞなかれけるわかぎみのもとかひたまへるしろきゐのこのさふらひけるがわか
ぎみのおんこゑをききつけたてまつつてついぢのかげよりをうちふつてぞむかひけるわかぎみさてはなんぢはいま
だこれにありけるにやあはれなんぢものいふものなりせばひとびとのおんゆくへをとはぬかとてぞなか
れけるそののちちかきあたりのひとにとひたまへばさんさふらふそれはふゆのころよりはせへおんまゐり
にてさふらふとまをしたりければわかぎみなのめならずよろこびたまひいそぎみやこへかへらせたまひてつぎのひさいとう五をおんつかひ
にてはせへくだされけりさるほどにきたのかたはわかぎみのおんことおぼしめしいだしなみだにむせびうつぶしてお
P577
はしけるところへさいとう五つつとまゐりたりきたのかたさていかにやとのたまへばさんさふらふわかぎみをばもん
がくしやうにんのこひうけまゐらつさせたまひてみやこへおんのぼりにてさふらふとまをしたりければきたのかたこはゆめか
やゆめかやとぞのたまひけるそののちははうへのたまひけるはまことにこのくわんおんはぢやうごふをもてんじかへさせたま
ふおんこといまにはじめぬことながらとてやがてよろこびのほつせまゐらつさせたまひいそぎみやこへごげかうあつ
てわかぎみをむかへまゐらつさせたまひてみまゐらつさせたまひけるにもただゆめのここちぞしたまひける
そののちははうへのたまひけるはこんどはならはぬたびのそらにおもむきやせくろみたればしばらく
これにてゆをもあびみをもいたはりたまへかしとはおもへどもまたひじりのごばうのおぼしめさるる
ところもありまづたかをにのぼりたまふべしこれよりたかをもほどちかかりければつねはくだつてみえたまへと
てさいとう五さいとう六をおんともにてたかをにのぼせまをされけりひじりもぜんせのことにやわかぎみなのめならず
いとほしみたてまつつてさいとう五さいとう六をもふぢしははうへめのとのにようばうのかすかなるおんすまひをも
つねはこととひたまひけり
あひ 1211
そのころのせつしやうこのゑどのせつしやうめしかへされさせたまひて九でうどのしんせつしやうにならせたまふさればこの九
でうどのはへいけのほろびよのそんじゆくことをおほきになげきおぼしめされければいんとくむなしからず
P578
やうはうたちまちにひるがへつてつひにはみよをしろしめされけるこそめでたけれ
小原御幸 1212
ごしらかはのほふわうはぶんぢ二ねんのはるのころにようゐんのかんきよのおんすまひごらんぜまほしくやおぼしめされけむ
ごかうとさだめられたりしかどもきさらぎやよひはよかんもはげしくみねのしらゆききえやらでたにのつら
らもうちとけずかくてはるすぎなつのはじめうづき廿かごろにぞやうやうおぼしめしたたせたまひけるしのびのご
かうなりけれどもとくだいじくわざんゐんつちみかどいげくぎやう六にんでんじやうびと八にんそのほかほくめんのともがらどももせうせうめ
しぞぐせられけるをはらどほりをひよしのやしろへとごひろうあつてかのきよはらのふかやぶがふだらくじ
をののくわうたいこうぐうのきうせきをえいらんあつてそれよりおんくるまをとどめてぞおんこしにはめされけるはじめたるご
かうなりければごらんじなれたるかたもなくきうたいはらふひともなしじんせきたえたるほどもかつかつ
おぼしめししられてせれうのさとのほそみちもさこそはおんところせくおぼしめされけめとほやまにかかるしら
くもはちりにしはなのかたみなりあをばにみゆるこずゑにははるのなごりぞをしまるるじやくくわうゐんはいはにこけむ
してふるうつくりなせるせんすゐこだちよしあるさまのみだうなりいらかやぶれてはきりふだんのかうを
たきとばそおちてはつきじやうぢうのともしびをかかぐともかやうのところをやまをすべきみねのあおやぎつゆをふくみてたまを
つらぬくかともうたがはれいけのうきぐさなみにただよひにしきをさらすかとあやまたるなかしまのまつにかか
P579
れるふぢなみこずゑのはなののこるもやへたつくものたえまよりやまほととぎすのひとこゑもけふのみゆき
をまちがほなりさらでだにみやまがくれのならひにておほはらやもりのしたくさしげくあをばま
じりのおそざくらはつはなよりもめづらしくみづのおもにちりしきてよせくるなみもしろたへなりほふわう
かれをえいらんあつて
いけみづにみぎはのさくらちりしきてなみのはなこそさかりなりけれ
ほふわうにようゐんのごあんじつをえいらんあるにかきにはつたあさがほはひかかりへうたんしばしばむなしくさがんえんがちまた
にしげしともいひつべしのきにはしのぶまじりのわすれぐさにはにはよもぎおひしげりれいでうふかくとざせり
あめげんけんがとばそをうるほすともまたいひつべしすぎのふきめもまばらにてしぐれもしももおくつゆ
ももるつきかげにあらそひてたまるべしともみえざりけりうしろはやままへはのべいささをざさに
かぜそよぎよにたへぬみのならひとてうきふししげきたけばしらみやこのかたのことづてはまどほに
ゆへるませがきやわづかにこととふものとてはみねにこづたふましらのこゑしづがつまぎのをののおとこれ
らがおとづれならではまさきのかづらあをつづらくるひとまれなるところなりほうわうにようゐんのごあんじつに
いらせたまひてひとやさふらふひとやさふらふとおほせけれどもをりふしおんいらへまをすものもなかりけるにややあつてらうに一
にんいでてさふらふとぞまをしけるほうわうにようゐんはいづかたへみゆきなりたるぞとおほせければこのうへのやまへ
はなつみにとぞまをしけるほうわうさてははなつみてたてまつりぬべきひと一にんもつきたてまつらざるにこそさ
P580
こそおんよをいとはせたまはんからにならはぬおんわざはいたはしうこそとおほせければこのあままをしける
はいまめかしきまをしごとにてはさふらへどもしやかはちうてんぢくのあるじじやうぼんだいわうのたいしなりされ
どもかやじやうをいでさせたまひだんとくせんにいらせたまひてたかきみねにはたきぎをとりふかきたににはみづを
むすびゆきをはらひこほりをくだくのみならずなんぎやうくぎやうのごうつもつてつひにしやうがくとげさせたまひ
きいはんやさきのよのしゆくぜんをもまたのちのよのしゆくごふをもおぼしめしさとらせたまひてしやじんのぎやうをしゆしまし
まさむはなんのおんうたがひかさふらふべきとぞまをしけるほうわうこのあまのすがたをつくづくとえいらんあるに
よにもうたてげなるあさのころもをぞきたりけるほうわうふしぎやあのすがたにてもかやうのことをまをす
ことよとおぼしめされてそもなんぢはいかなるものぞとおほせければこのあまなみだにむせびてしばしはご
へんじをもまをさずほうわうかさねてさていかにやいかにとおんたづねありければややあつてこのあまなみだを
おさへてまをしけるはこれはこせうなごんにふだうしんせいのむすめあはのないしとぞまをしけるないしはきの二ゐのむすめ
きの二ゐはまたほうわうのおんめのとこれはおんめのとごにてていせきりようがんにちかづきたてまつりしをばいつしか
おぼしめしわすれてただいまゆめかとおどろきおぼしめすにもりようがんにおんなみだせきあへさせたまはずかたはらの
しやうじをひきあけてえいらんあるにごしんじよとおぼしくてたけのおんさをにかけられたるものはあさのおんころもに
かみのふすまむかしのらんじやのにほひをひきかへてそらだきものとかをりしはふだんかうのけぶりなりまた
かたはらのしやうじをひきあけてえいらんあればらいがうの三ぞんひがしむきにたちたまへるちうそんのみてには五しきのいと
P581
をかけられたりほとけのひだりにふげんのゑざうみぎにぜんだうくわしやうのみえいならびにせんていのごえいをもおなじうか
けぞそへられたるおんまへのつくゑには三ぶきやう八ぢくのめうもん九でふのごしよをもおかれたりなかにも
くわんきやうあそばしかけたるとおぼしくてはんぐわんばかりぞまかれたるそのほかしよきやうのえうもんどもしきしにかきてところ
どころにおされたりなかにもにようゐんのごえいかとおぼしくて
おもひきやみやまのおくにすまひしてくまゐのつきをよそにみんとは
なかにもにやくうぢうごつしやうむしやうじやうどいんじようみだぐわんりきひつしやうあんらくこくともあそばされたりかのおほえのぢやうき
ほうしがごだいさんのふもとしやうやうせんにしてえいじたりけんしやうかはるかにきこゆこうんのうへしやうじゆらいがうすらくじつのまへと
もあそばされたりかのじやうみやうこじのはうぢやうのむろにして三まん三千のゆかをならべ十ぱうのしよぶつをしやう
じまゐらつさせたまひけんおんありさまもこれにはすぎじとぞみえしなかにもごとくだいじのさだいじんじつていこう
なみだをおさへてあしたにはこうがんあつてせいろにほこれどもゆふべにははくこつとなつてかうげんにくちぬ
いにしへはつきにたとへしきみなれどそのひかりなきみやまべのさと
となくなくえいぜられたりけるにぞみなひとそでをばぬらされけるそののちややはるかにあつてうへの
やまよりこきすみぞめのころもきたりけるあま二にんきのねをつたひおりくだるしきみつつじふぢのはなは
なかたみにいれておんひぢにかけられたり一にんはつまぎにわらびをりそへていだきたまへりおんはなかた
みおんひぢにかけさせたまひたるはかたじけなくもにようゐんにてぞわたらせたまひけるつまぎにわらびをりそへていだきたまへ
P582
るはせんていのおんめのとだいなごんのすけどのこれなりにようゐんはほうわうのごかうなりたるよしをきこしめされ
て一ねんのまどのまへにはせつしゆのくわうみやうをごし十ねんのしばのとぼそにはしやうじゆのらいがうをこそまちつるにおも
ひのほかにほうわうのごかうなりたることこそこころうけれきりかすみならばたちもへだたりつゆしもならばときの
まにきえもうせばやとぞおほせけるよひよひごとのあかのみづむすぶたもともしをれつつあかつきおきの
そでのうへにはやまぢのつゆもしげくしてはらひやかねさせたまひけんにようゐんはごあんじつへもいらせ
たまはずまたうしろのやまへもたちもかへらせたまはずしておぼしめしわづらはせたまひてたたせたまへるところにないし
のあままゐりてぞおんはなかたみをばたまはりける
六道 1213
ないしのあままをしけるはおんよをいとはせたまひてまことのみちにいらせたまひぬるうへはなにのおんはばかりか
さふらふべきはやはやごたいめんあつていそぎくわんぎよなしまゐらつさせたまへかしとまをしければ
にようゐんごあんじつにいらせたまひてあさのおんころもをひきかつがせたまひてなくなくおんまへへはまゐらせたまひたり
けれどもほうわうもおほせいださるるむねもなしにようゐんもまたまをしいださせたまふこともなかりけるにややあつて
ほうわうおほせけるはさてもかかるおんありさまにみなしたてまつるべしとはつゆおもひこそよりさふらはざりしか
たうじたれかこととひまゐらせさふらふとおほせければにようゐんいまはこととひさふらふかたとてはれいぜいのだい
P583
なごんたかふさきやうのきたのかた七でうのしゆりのだいぶのぶたかのにようばうよりぞつねはこととひさふらふなるひごろは
このひとびとにとひとぶらはるべしとはつゆおもひこそよりさふらはざりしかとておんなみだいよいよせき
あへさせたまはずにようゐんまたまをさせたまひけるはこのひとびとにおくれさふらひしことはなかなかなげきのなかのよろこ
びなりそのゆゑは五しやう三じうのくをはなれしやかのゆゐていにつらなりびくのしやうみやうをけがし三じに六
こんをさんげして一もんのぼだいをとぶらひさふらふなりにようゐんかさねてまをさせたまひけるはみなひとは
しやうをかへてこそ六だうをみさふらふにこのみはいきながら六だうをこそみてさふらへとまを
させたまひたりければほうわうそれこそおほきにふしんにぞんじさふらへいこくのげんしやう三ざうはさとりのまへ
に六だうをみわがてうのにちざうしやうにんはざわうごんげんのおんちかひによつてこそ六だうをみたりとは
つたへうけたまはつてさふらへさやうにしやうをかへずして六だうをごらんぜむこといかがさふらふべかるらんにようゐんご
ふしんはさることにてはさふらへども六だうのおもむきあらあらなぞらへまをすべしこのみはへいだいしやうごくのむすめ
てんしをこにもちたてまつりたりしかばおほうちやまのはるのはないろいろのころもがへぶつみやうのとしのくれだいじんくわんぱくいげの
くぎやうでんじやうびとにもてなされさふらひしありさま四ぜん六よくのくものうへにして八まんのしよてんにゐねうかつ
がうせらるらむもこれにはすぎじとこそおぼえさふらひしかさてもじゆえいのあきのはじめみやこをばきそよしなか
とかやにおひいだされにしのうみなみぢはるかにただよひさふらひしありさまてんにんの五すゐとこそ
おぼえさふらひしかたのみつる九こくのうちをばをがたの三らうこれよしとかやにおひいだされさんやひろしと
P584
いへどもやすまむとするにところなしみつぎものもたえてなければたみのちからもおよばずぐごは
たまたまそなはれどもみずをもきこしめされずうみにうかべりといへどもそれしほなればのむに
およばずばんすゐうみにありのまんとすればみやうくわとなるくがきだうのしゆじやうのくるしみもこれ
にはすぎじとぞみえしとほきまつにしろさぎのむれゐるをみてはげんじのはたをあぐるかときも
をけしさうかいにやがんのなくをききてはかたきふねをこぐかとおどろかるさてもびつちうのみづしまはりまのむろやま二た
びのいくさにかちぬとてひとびとすこしいろをなほしてさふらひしにまたつのくにいちのたにとかやにして一
もん十よにんむねとのさぶらひ三百よにんほろびさふらひしかばひとびとのなほしそくたいもみえわかずみにはも
ろもろのけだもののかはをまきあしてにはくろがねをのべてまとひつつあさゆふはいくさよばひのたえざりしありさま
たいしやくらごわうのしゆみのみねにしてたがひのゐせいをあらそふらんもこれにはすぎじとぞおもひさふらひし
かひるはいそべのなみにただよひよるはすさきのちどりとともになきあかしなきくらしさふらひしほどに
ながとのくにだんのうらとかやにしてせんていをはじめたてまつつて一もんみないまはかうとてうみにしづみさふらひ
しかばたまたまのこるものどもはふなぞこにいふせられきりふせられてをめきさけびさふらひしありさまけうくわんだい
けうくわんむげんあびのほのほのそこのざいにんもこれにはすぎじとぞおぼえさふらひしかさてもたけきもののふ
のてにわたりふたたびみやこへかへりのぼりさふらひしにはりまのくにあかしのうらとかやにつきてさふ
らひしよのゆめにべうべうたるはまをなぎさにそうてにしへゆけばるりをかざつたるたかきろうのさ
P585
ふらふをまゐつてみさふらへばせんていをはじめたてまつつて一もんみななみゐてどうおんにだいばぼんをよみ
さふらふをここをばいづくといふぞととうてさふらへば二ゐのあまのこゑとおぼしくてりうぐう
じやうとまをすかほどめでたきところにもくはあるかととうてさふらへばこれもいまだちくしやうのく
をはなれぬところにてさふらへばなどかくるしみのなうてはさふらふべきあひかまへてごせとぶらうて
たばせたまへとまをすとおぼえてゆめさめてのちはつねはだいばぼんをようで一もんのぼだいをとぶらひさ
ふらふなりこれすこしも六だうのおもむきにたがひさふらはずやさてはわがみいのちをしからねばあさゆふこれ
をいのることなしただいつのよまでもわすれがたきはせんていのおんおもかげまたこころのをはりのみだれぬさき
にとねがはしきはわうじやうののぞみばかりなりとなくなくまをさせたまひたりければほふわうをはじめたてまつつてぐぶのく
ぎやうでんじやうびとみなそでをぞぬらされけるさるほどにせきやうにしにかたぶけばじやくくわうゐんのかねのこゑけふも
くれぬとうちしられひもいりあひになりしかばほうわうみやこへくわんぎよなるにようゐんはほうわうのおんうしろをはるばる
とみおくりまゐらつさせたまひてごあんじつにかへらせおはしましけるをりふしやまほととぎすしきりにお
とづれてすぎければにようゐん
いざさらばなみだくらべんほととぎすわれもうきよにねをのみぞなく
それよりしてぞほうわうよりつねはこととひまゐらつさせたまひけるとぞうけたまはるにようゐんもごねんぶつ
いよいよおこたらせたまはずしておんとし卅九とまをすにはつひにはりうによかしやうがくのあとをおひゐたいけ
P586
ぶにんのむかしをしたひわうじやうのそくわいをとげさせたまひけるとぞうけたまはるあはれなりしおんことなり
法性寺合戦 1214
さるほどにはんぐわんはあうしうにくだりひでひらにふだうにたづねあはせたまひてわがみかまくらのげん二ゐどのにこころよ
からざるによつてなんぢをたのみてこれまできたれるなりとのたまへばひでひらにふだうかひがひしくもたのまれ
てころもがはやなぎがたちにごしよしつらうておきたてまつるあるときひでひらはんぐわんにまをしけるはせんずるところかまくら
どのにおんなかまをしなほしたてまつらんたとへまたかまくらどのにふだうがまをすむねをごしよういんなくておくをせめさせたまひさふらふ
ともあうしううしうりやうごくのつはもの廿八まんぎにてふせがんずるになどかささへざるべきとよにもたのも
しげにこそまをしけれかかりけるところにはんぐわんのうんやつきにけんぶんぢ四ねん十二ぐわつ十二にちにひでひらにふだう
とし六十六にしてうせにけりちやくしにしきどのたらうやすひらおくのこじらうよりひらいつしかちちがめいをそむきて
あくるぶんぢ五ねん五ぐわつ九かのひ五百よきにてやなぎがたちにおしよせはんぐわんをばつひにうちたてまつつてんげり
やすひらよりひらこのよしをかまくらへまをしたりければかまくらどのいかがはおぼしめされけんさらばおくをもせめら
るべしとてはうじやうゑをば七ぐわつついたちにひきあげおなじき七ぐわつ十八にちに十八まんぎにてかまくらをたちて
あうしうにはつかうし七ぐわつよりかつせんはじめ八ぐわつ九ぐわつ三ケつきがあひだにあうしううしうりやうこくをせめしたが
へやすひらよりひらをさきとしてたたかふものをばうちとりおちゆくものをばたすけられけりそれよりこほりこほりにだいくわんを
P587
すゑおきわがみはいそぎかまくらへこそかへられけれさるほどにかまくらにはこの二三ケねんがあひだはきやうとの
さわぎくにぐにのみだれによつておほやけのごねんぐもたてまつらねばそのおそれありとておほやけのごねんぐたてまつるならびにかまくら
どのはしやうらくとぞきこえしおなじき十一ぐわつ七かのひみやこにのぼり六はらにおちつきたまひておなじき九かのひゐんざんまをし
しやう二ゐのだいなごんにあがりたまふひやうゑのぜう十人ゆきへのぜう十にんともに三十にんをめしつかはるべき
よしをおほせくだされければこれよりともがためにはあまりにくわぶんのいたりなるべしとて十五にんをばじしまをされて
のこり十五にんをぞめしつかはれけるおなじき廿二にちにをはらののぎやうかうのおんともつかまつりうだいしやうにあ
がりたまふさるほどにかまくらどのはたいしやうだいなごんりようくわんをじしまをされておなじき十二ぐわつ三かのひかまくらへ
こそくだられけれさるほどに六だいどのはたかをにおはしけるが十四五にもなりたまひしかばいよい
よみめかたちならびなくこころさまよにすぐれておはしければきたのかたよのよならましかばいまは
はやこのゑづかさにてこそあらんずれなんどのたまひけるぞいとほしききたのかたいまはよのおそろ
しきにとうとうしゆつけしたまへかしなんどのたまひけれどももんがくしきりにをしみたてまつつて十七のとしのはるの
ころしゆつけしたまふべきにてかみをかたのまはりにきりまはしさいとう五さいとう六もおなじすがたにいでた
つてかうやにのぼりたきぐちにふだうにたづねあはせたまひてしかじかといつしひとのこなりしがかくなりた
るよしをかたりたまへばたきぐちにふだうこのわかぎみのおんすがたをつくづくとみたてまつるにこ三みどのにすこしもたが
はせたまはねばいよいよいとほしくおもひたてまつつて二三にちとどめたてまつりだうだうじゅんれいしたまひつ
P588
つそののちたきぐちにふだうをせんだちにてくまのへまゐらせたまひ三のおやまのごさんけいことゆゑなうとげさせたまひ
てのちはまのみやのおまへよりまんまんたるおきをみたまひてちちのしづみたまひしあとときくからによせ
くるおきのしらなみもなつかしげにぞみたまひけるそれよりみやこへごげかうあつてたかをにのぼりしゆつけし
たまひて三ゐのぜんじとまをしておこなひすましてぞおはしけるさるほどにこまつどのの五なんたんごのじ
じうただふさはこの五六ケねんがあひだはびつちうのみやうちといふところにしのうでおはしけるがきのくににうちこえ
ゆあさの七らうびやうゑむねみつをたのみつつゆあさにこそおはしけれおなじきくにのぢうにんくまののべつたうたんそうこのよ
しをきいてたいぜいにておしよせたりゆあさもとよりくきやうのじやうくわくなりければさうなうおつべきやうも
なかりけるにみなとをさしふさぎひやうらうぜめにせめければゆあさかなひがたうぞみえしたんごのじじうどの
ゆあさにむかつてのたまひけるはたとへわがみこそあらめおのおのをさへまどひものとなさんことこそくちをしけ
れただわらはをかまくらへぐしてくだりたまへとのたまへどもゆあさいかでかさることのあるべきとてふせぎけるが
かなはぬせにもなりしかばたんごのじじうどのをぐそくしたてまつつてかまくらにくだりまつたうさなきよしをちんじ
まをしたりけるによつてこそゆあさをばあんどしてんげれそののちかまくらどのたんごのじじうどのにいであひたい
めんしたまひてこさまのかうのとののごぼだいのおんためにおんいのちばかりをばたすけたてまつるべしはやはやみやこへかへ
りのぼりたまへとのたまへばたんごのじじうどのなのめならずよろこびたまひてみやこへかへりのぼらせたまひけるにかまくらどのい
かがはおぼしめされけんおつさまにひとをのぼせてたんごのじじうどのをばあふみのくにしのはらにてつひ
P589
にきりたてまつつてけりさるほどにけんきう三ねん三ぐわつ三かのひとうだいじくやうあるべしとぞきこえしかかりけれ
ばかまくらどのもごけいごのためにしやうらくありきたのかたもごけちえんのためにしやうらくとぞきこえしとうだいじくやう
ことゆゑなうとげさせたまひてのちみやこへのぼらせたまひけるにならざかにてあやしきをとこ二にんありかまくらどの
はたけやまをめしてあのうちにあやしきをとこ二にんありいちいちにめしとつてことのしさいをたづねさふらへとのたまへばはたけやま
かしこまつてうけたまはりあみがさきたるをとこ二にんをめしとつてことのしさいをとひけるにさんさふらふ一にんはか
づさの五らうびやうゑただみつ一にんはさつまのひやうゑのぜうさだやすさふらふごしやうらくのみちすがらもねらひたてまつりたるよしをまをしけ
ればさてはとてきづがはにてぞきられけるさるほどにこまつどののすゑのこにとさのかみむねざねは三さいの
としよりおほゐのみかどのさふにやうせられいまはたにんのごとくにておはしけるをかまくらどのなんとし
てかききいださせたまひたりけんたづねたまふよしきこえしかばとさのかみかなはじとやおもはれけんとし十八
にてしゆつけしならにくだりしゆんじようしやうにんをたのみつつゆざうにぞおはしけるしゆんじようしやうにんはかひがひ
しくもたのまれたてまつつてゆざうにおきたてまつりたりしがわたくしにてはいかにもかなふまじとてこのよしを
かまくらへまをされたりければかまくらどのさらばぐしてくだりたまへこれにてよきやうにはからはんと
のたまふあひだしゆんじようしやうにんとさのにふだうをぐそくしてかまくらへこそくだられけれとさのにふだうとてもたす
かるまじとてなんとをいでしひよりしてゆみづをだにものみいれたまはず十四かとまをすにはあしがらのやま
をこゆるとてひじににこそはしたまひけれしゆんじようしやうにんこのよしをかまくらへまをされたりければ
P590
かまくらどのあなおそろしそのごころにてはいかなることをかおもひたまはんずらむおそろしおそろしとぞのたまひけ
るさるほどにへいけのしそんははやみなたえぬるかとおもひたればしんちうなごんとももりのすゑのこにいがの
たいふともただはへいけみやこをおちられけるとき三さいになられけるをおんめのとごのきの二らうたいふためかたとりたてまつ
つていがにくだりせんどのやまでらにしのうでおはしけるが十四のとししのびつつみやこにのぼりひ
そかにげんぷくしいがのたいふともただとぞなのられけるそののちはほうじやうじ一のはしたけのうちなるところにと
ころをしめてぞおはしけるかかりければへいけのうちもらされの一もんさぶらひどもこのよしをきいてほうじやう
じ一のはしへぞまゐりけるゑつちうのじらうびやうゑもりつぎかづさのあく七びやうゑかげきよきの二らうたいふがこひやうゑのた
らうひやうゑのじらうをさきとしてむねとのつはもの廿九にんぞこもりけるひるはほりのはしをひきよるははしをぞ
わたさせけるかかりければきやうちうのらうぜきもつてのほかにぞさふらひけるそのころ一でうの二ゐどのにふだふよしやす
のきやうのきたのかたはかまくらどののおんいもうとにておはしければかまくらへひとをくだしてこのあひだのきやうちうのらうぜきも
つてのほかにさふらへばとのゐのものたまはるべきよしをのたまひつかはされたりければしんひやうゑのぜうもときよに
たいぜいをつけそへてのぼらせらるもときよみやこにのぼり六はらにおちつきてさふらひけるがこのよしをきいてたいぜいにて
おしよせたりかの一のはしとまをすはくきやうのじやうくわくなりければたやすくおつべきやうぞなきよせてのいるや
はたけにはあたれどもひとにはあたらずじやうのうちよりあめのふるやうにいけるやによせておほくまと
になつていころさるもときよかなはじとやおもひけんほうじやうじのまへなるざいけをこぼつてほり
P591
にむめはしとしてきつているじやうのうちにもたかやぐらよりさしつめひきつめさんざんにいけるが
そののちやだねつきければうちもののさやをはづしきどをひらいてきつていでさんざんにたたかひけるに廿
五にんはうたれにけりなかにもゑつちうのじらうびやうゑもりつぎかづさのあく七びやうゑかげきよはくつきやうのにげじやうずなりけ
ればかはらざかにうつていでさんざんにたたかひぶんどりあまたして一ぱううちやぶつてみなみをさしてぞおちゆきけ
るいがのたいふともただはこそでにおほくちばかりにてつまどのあひだにおはしけるがひとでにかからじとやおも
はれけんしやうじのうちにひきこもりじがいしてこそうせられけれおんめのとごのきのじらうたいふためかたもたち
にひかけともただのおんしがいにちかづきたてまつりひごろは一しよにとちぎりたてまつりしことなればとてはら十もん
じにかきやぶりおなじまくらにふしにけりそののちもときよけぶりをしづめともただのやけくびとつて一
でうにもちてゆき二ゐにふだうどのにみせたてまつるしんべうなりとはのたまへどもともただのおんくびみしりたてまつりたるもの
ぞなかりけるここにしんちうなごんとももりのきたのかたぢぶきやうのつぼねはさいこくよりたけきもののふのてに
わたりふたたびみやこへかへりのぼらせたまひてはにんわじのほとりにかくれしのびてぞおはしける
これぞさだめてみしりたまひたるらんとてたづねいだしたてまつるこのにようばうあるくびを一めみてこれも三さいのとしよ
りわかれたりしかばいまはいかでかみしるべきさるにてもこれやそなるらんとてなみだにむせ
ばれけるにぞともただのくびとはしりてんげるなかにもゑつちうの二らうびやうゑもりつぎはたじまにくだりけひ
のごんのかみがむこになつてぞゐたりけるたじまのしゆごあだちの三らうざゑもんとほもとこのよしをきいてたい
P592
ぜいにておしよせたりじらうびやうゑも一ぱううけとつてたたかひけるがいかがはしたりけんたいぜいのなかにとり
こめられていけどりにこそせられけれやがてけひのごんのかみをもじらうびやうゑにそへてかまくらへこそ
くだしけれけひのごんのかみはまつたうさなきよしをちんじまをしければゆるされけりそののちゑつちうのじ
らうびやうゑをおつぼのうちにめしいだしかまくらどのなどなんぢほどのもののいたづらにいけどられぬるぞとのたまへば
さんさふらふいかにもしてみをまつたうしきみをうちたてまつらんとねらひまをしさふらひしにいまはうんつきて
いたづらにいけどられさふらひぬるうへはちからおよびさふらはずただごおんにはいそぎかうべをはねさせたまへとまをしたり
ければさらばとてゆゐのはまにてぞきられけるさるほどにあはのみんぶふしをばわだにあづけお
かれたりけるがかほどにへいけのさぶらひどもざいざいしよしよにてむほんおこすときこえしかばゆくすゑしかるべか
らずとてあはのみんぶふしをば三うらのはまにてぞきられけるこれはけんきう八ねん十ぐわつのことなりさるほどに
かまくらどのも一ごかぎりおはしければにやしやうぢぐわんねんむつき十三にちにおんとし五十三にてうせたまふ
かかりければしゆじやうみくらゐをさらせたまひてみこつちみかどのゐんにさづけまゐらつさせたまひけりじやう
わうみくらゐにわたらせたまひしほどはさしもけんわうせいしゆのおんきこえわたらせたまひしがみくらゐをさらせ
たまひてのちはいつしかよこしまにならせおはしますあそびをこのませたまひてはいやしきふぢよに
なずらへぶけいをこのませたまひてはしよこくのつはものどもをめしあつめほくめんとなづけてめしつかはるごわう
けんかくをこのんじかばてんかにきずをかふむるものおほくそわうさいえうをあいせしかばきんちうにうゑてし
P593
ぬるをんなおほしかみにこのめばしももすなはちしたがふならひこれひとへによのそんずべきぜんぺうかとぞ
ひとまをしけるそのころのぢよゐぢもくはゐんうちせつしやうくわんぱくのごせいばいにもあらず一かうきゃうの二ゐの
つぼねのままなりければとひのうれへぞおほかりけるさるほどにもんがくはたかくらのゐんの二みやをみくらゐ
につけたてまつらむとてしよこくのぶしをぞかたらひけるじやうわうこのよしをつたへきこしめされてくわんにん
すけかねにおほせてもんがくをば二でういはがみにてからめとりおきのくにへぞながされけるもんがくはいるのことをやすか
らずおもひければなんでふこのぎちやうくわんじやにおいてはわれゐたらむずるところへむかへんずるものをむかへんずるものを
とをどりあがりをどりあがりぞまをしけるこのごとばゐんとまをしたてまつるはをさなうよりぎちやうのたまにすかせたま
ひければみなひとぎちやうくわんじやとぞまをしけるさればそのゆゑにやじようきうにことおこりくわんとうよりのそしやう
のためにおきへながされさせたまひけりさるほどにもんがくはとし八十八にしておきのくににてひじにに
こそしたりけれさるほどに六だいどのは三みのぜんじとまをしておこなひすましてたかをにおはしけ
るをさるひとのこなりさるもののでしなりゆくすゑしかるべからずとてたかをにてからめとりかまくらにくだし
をかべの三らうざゑもんうけとつてむつらざかにてきりたてまつる十二より廿九までたすかりたまふことはひとへ
にはせのくわんおんのごりしやうとぞきこえし三みのぜんじきられてへいけのしそんはたえにけり


入力者:荒山慶一



[はじめにもどる]

[『平家物語』データシートにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com