春の日   全


(潁原退蔵編『〔校註〕俳諧七部集』〈昭和16年。明治書院刊〉による)


曙見んとル人/\の戸扣あひて、熱田のかたにゆきぬ。渡し舟さはがしくなりゆく比、并松のかたも見へわたりて、いとのどかなり。重五が枝折をける竹墻ほどちかきにたちより、けさのけしきをおもひ出侍る。
   二月十八日
春めくや人さま/゛\の伊勢まいり 荷兮
 桜ちる中馬ながく連 重五
山かすむ月一時に館立て 雨桐
 鎧ながらの火にあたる也 李風
しほ風によく/\聞ば鴎なく 昌圭
 くもりに沖の岩黒く見へ 執筆
須磨寺に汗の帷子脱かへむ 重五
 をの/\なみだ笛を戴く 荷兮
文王のはやしにけふも土つりて 李風
 雨の雫の角のなき草 雨桐
肌寒み一度は骨をほどく世に 荷兮
 傾城乳をかくす晨明 昌圭
霧はらふ鏡に人の影移り 雨桐
 わや/\とのみ御輿かく里 重五
鳥居より半道奥の砂行て 昌圭
 花に長男の帋鳶あぐる比 李風
柳よき陰ぞこゝらに鞠なきや 重五
 入かゝる日に蝶いそぐなり 荷兮
うつかりと麦なぐる家に連待て 李風
 かほ懐に梓きゝゐる 雨桐
黒髪をたばぬるほどに切残し 荷兮
 いともかしこき五位の針立 昌圭
松の木に宮司が門はうつぶきて 雨桐
 はだしの跡も見へぬ時雨ぞ 重五
朝朗豆腐を鳶にとられける 昌圭
 念仏さぶげに秋あはれ也 李風
穂蓼生ふ蔵を住ゐに侘なして 重五
 我名を橋の名によばる月 荷兮
傘の内近付になる雨の昏に 李風
 朝熊おるゝ出家ぼく/\ 雨桐
ほとゝぎす西行ならば哥よまん 荷兮
 釣瓶ひとつを二人してわけ 昌圭
世にあはぬ局涙に年とりて 雨桐
 記念にもらふ嵯峨の苣畑 重五
いく春を花と竹とにいそがしく 昌圭
 弟も兄も鳥とりにゆく 李風

 

   三月六日野水亭にて
なら坂や畑うつ山の八重ざくら 旦藁
 おもしろふかすむかた/゛\の鐘 野水
春の旅節供なるらん袴着て 荷兮
 口すゝぐべき清水ながるゝ 越人
松風にたをれぬ程の酒の酔 羽笠
 売のこしたる虫はなつ月 執筆
笠白き太秦祭過にけり 野水
 菊ある垣によい子見てをく 旦藁
表町ゆづりて二人髪剃ん 越人
 暁いかに車ゆくすじ 荷兮
鱈負ふて大津の浜に入にけり 旦藁
 何やら聞ん我国の声 越人
旅衣あたまばかりを蚊やかりて 羽笠
 萩ふみたをす万日のはら 野水
里人に薦を施す秋の雨 越人
 月なき浪に重石をく橋 羽笠
ころびたる木の根に花の鮎とらん 野水
 諷尽せる春の湯の山 旦藁
のどけしや筑紫の袂伊勢の帯 越人
 内侍のえらぶ代々の眉の図 荷兮
物おもふ軍の中は片わきに 羽笠
 名もかち栗とぢゞ申上ゲ 野水
大年は念仏となふる恵美酒棚 旦藁
 ものごと無我によき隣也 越人
朝夕の若葉のために枸杞うへて 荷兮
 宮古に廿日はやき麦の粉 羽笠
一夜かる宿は馬かふ寺なれや 野水
 こは魂まつるきさらぎの月 旦藁
陽炎のもへのこりたる夫婦にて 越人
 春雨袖に御哥いたゞく 荷兮
田を持て花みる里に生けり 羽笠
 力の筋をつぎし中の子 野水
漣や三井の末寺の跡とりに 旦藁
 高びくのみぞ雪の山/\ 越人
見つけたり廿九日の月さむき 荷兮
 君のつとめに氷ふみわけ 羽笠

 

   三月十六日、旦藁が田家にとまりて
蛙のみきゝてゆゝしき寝覚かな 野水
 額にあたるはる雨のもり 旦藁
蕨烹る岩木の臭き宿かりて 越人
 まじ/\人をみたる馬の子 荷兮
立てのる渡しの舟の月影に 冬文
 蘆の穂を摺る傘の端 執筆
磯ぎはに施餓鬼の僧の集て 旦藁
 岩のあひより蔵みゆる里 野水
雨の日も瓶焼やらん煙たつ 荷兮
 ひだるき事も旅の一つに 越人
尋よる坊主は住まず錠おりて 野水
 解てやをかん枝むすぶ松 冬文
今宵は更たりとてやみぬ。同十九日、荷兮室にて
咲わけの菊にはおしき白露ぞ 越人
 秋の和名にかゝる順 旦藁
初雁の声にみづから火を打ぬ 冬文
 別の月になみだあらはせ 荷兮
跡ぞ花四の宮よりは唐輪にて 旦藁
 春ゆく道の笠もむつかし 野水
永き日や今朝を昨日に忘るらん 荷兮
 簀の子茸生ふる五月雨の中 越人
紹鴎が瓢はありて米はなく 野水
 連哥のもとにあたるいそがし 冬文
滝壷に柴押まげて音とめん 越人
 岩苔とりの籠にさげられ 旦藁
むさぼりに帛着てありく世の中は 冬文
 莚二枚もひろき我菴 越人
朝毎の露あはれさに麦作ル 旦藁
 碁うちを送るきぬ/゛\の月 野水
風のなき秋の日舟に網入よ 荷兮
 鳥羽の湊のおどり笑ひに 冬文
あらましのざこね筑摩も見て過ぬ 野水
 つら/\一期聟の名もなし 荷兮
我春の若水汲に昼起て 越人
 餅を喰つゝいはふ君が代 旦藁
山は花所のこらず遊ぶ日に 冬文
 くもらずてらず雲雀鳴也 荷兮

 

   追加

   三月十九日舟泉亭
山吹のあぶなき岨のくづれ哉 越人
 蝶水のみにおるゝ岩はし 舟泉
きさらぎや餅洒すべき雪ありて 聴雪
 行幸のために洗ふ土器 螽髭
朔日を鷹もつ鍛冶のいかめしく 荷兮
 月なき空の門はやくあけ 執筆


昌陸の松とは尽ぬ御代の春 利重
元日の木の間の競馬足ゆるし 重五
初春の遠里牛のなき日哉 昌圭
けさの春海はほどあり麦の原 雨桐
門は松芍薬園の雪さむし 舟泉
鯉の音水ほの闇く梅白し 羽笠
舟/\の小松に雪の残けり 旦藁
曙の人顔牡丹霞にひらきけり 杜国
腰てらす元日里の睡リかな 犀夕
星はら/\かすまぬ先の四方の色 呑霞
けふとても小松負ふらん牛の夢 聴雪
朝日二分柳の動く匂ひかな 荷兮
先明て野の末ひくき霞かな 同
芹摘とてこけて酒なき瓢哉 旦藁
   のがれたる人の許へ行とて
見かへれば白壁いやし夕がすみ 越人
古池や蛙飛こむ水のをと 芭蕉
傘張の睡リ胡蝶のやどり哉 重五
山や春墻根/\の酒ばやし 亀洞
花にうづもれて夢より直に死んかな 越人
   春野吟
足跡に桜を曲る菴二つ 杜国
麓寺かくれぬものはさくらかな 李風
榎木まで桜の遅きながめかな 荷兮
   餞別
藤の花たゞうつぶいて別哉 越人
山畑の茶つみをかざす夕日かな 重五
蚊ひとつに寐られぬ夜半ぞ春のくれ 同


ほとゝぎすその山鳥の尾は長し 九白
郭公さゆのみ焼てぬる夜哉 李風
かつこ鳥板屋の脊戸の一里塚 越人
うれしさは葉がくれ梅の一つ哉 杜国
若竹のうらふみたるゝ雀かな 亀洞
傘をたゝまで蛍見る夜哉 舟泉
   武蔵坊をとぶらふ
すゞかけやしてゆく空の衣川 商露
   逢坂の夜は、笠見ゆるほどに明て
馬かへておくれたりけり夏の月 聴雪
   老●(ミミヘンに「冉」)曰知足之足常足
夕がほに雑水暑き藁屋哉 越人
箒木の微雨こぼれて鳴蚊哉 柳雨
はゝき木はながむる中に昏にけり 塵交
萱草は随分暑き花の色 荷兮
蓮池のふかさわするゝ浮葉かな 同
暁の夏陰茶屋の遅きかな 昌圭
夏川の音に宿かる木曾路哉 重五
   譬喩品ノ三界無安猶如火宅といへる心を
六月の汗ぬぐひ居る台かな 越人


脊戸の畑なすび黄はみてきり/゛\す 旦藁
   貧家の玉祭
玉まつり柱にむかふ夕かな 越人
雁きゝて又一寐入する夜かな 雨桐
雲折/\人をやすむる月見哉 芭蕉
山寺に米つくほどの月夜哉 越人
瓦ふく家も面白や秋の月 野水
   八島をかける屏風の絵をみて
具足着て顔のみ多し月見舟 野水
   待恋
来ぬ殿を唐黍高し見おろさん 荷兮
   閑居増恋
秋ひとり琴柱はづれて寐ぬ夜かな 荷兮
朝皃はすゑ一りんに成にけり 舟泉


馬はぬれ牛は夕日の村しぐれ 杜国
   芭蕉翁を宿し侍りて
霜寒き旅寐に蚊屋を着せ申 大垣住如行
雪のはら蕣の子の薄かな 昌碧
馬をさへながむる雪のあした哉 芭蕉
行燈の煤けぞ寒き雪のくれ 越人
   芭蕉翁をおくりてかへる時
この比の氷ふみわる名残かな 杜国
   隠士にかりなる室をもうけて
あたらしき茶袋ひとつ冬籠 荷兮

  貞享三丙寅年仲秋下浣   寺田重徳板

 

 

(底本奥付)
昭和十六年二月十日印刷
昭和十六年二月十八日発行
〔校註〕俳諧七部集
定価 金 壱円五拾銭
著者  潁原退蔵
発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
    三樹退三
印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
    亀谷良一
印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
    日東印刷株式会社
発行所 東京市神田区錦町一丁目
    振替口座東京四九九一番
    〔株式会社〕明治書院
      電話神田(25)二一四七番
             二一四八番
             二一四九番

 

 

 

はじめにもどる
登録作品リスト(五十音別)にもどる
登録作品リスト(作者別)にもどる
登録作品リスト(時代別)にもどる


---------------

J−TEXT MAIL: kikuchi@j-text.com