ひさご  膳所


(潁原退蔵編『〔校註〕俳諧七部集』〈昭和16年。明治書院刊〉による)


江南の珍碩我にひさごを送レり。これは是水漿をもり酒をたしなむ器にもあらず、或は大樽に造りて江湖をわたれといへるふくべにも異なり。吾また後の恵子にして用ることをしらず。つら/\そのほとりに睡り、あやまりて此うちに陥る。醒てみるに、日月陽秋きらゝかにして、雪のあけぼの闇の郭公もかけたることなく、なを吾知人ども見えたきりて、皆風雅の藻思をいへり。しらず是はいづれのところにして、乾坤の外なることを、出てそのことを云て、毎日此内にをどり入。

 元禄三 六月
               越智越人

 

 

花見

木のもとに汁も鱠も桜かな 翁
 西日のどかによき天氣なり 珍碩
旅人の虱かき行春暮て 曲水
 はきも習はぬ太刀の●(「革」+「背」。ひきはだ) 翁
月待て仮の内裏の司召 碩
 籾臼つくる杣がはやわざ 水
鞍置る三歳駒に秋の來て 翁
 名はさま/゛\に降替る雨 碩
入込に諏訪の涌湯の夕ま暮 水
 中にもせいの高き山伏 翁
いふ事を唯一方え落しけり 碩
 ほそき筋より恋つのりつゝ 水
物おもふ身にもの喰へとせつかれて 翁
 月見る顏の袖おもき露 碩
秋風の船をこはがる波の音 水
 鴈ゆくかたや白子若松 翁
千部読花の盛の一身田 碩
 巡礼死ぬる道のかげろふ 水
何よりも蝶の現ぞあはれなる 翁
 文書ほどの力さへなき 碩
羅に日をいとはるゝ御かたち 水
 熊野みたきと泣給ひけり 翁
手束弓紀の関守が頑に 碩
 酒ではげたるあたま成覽 水
双六の目をのぞくまで暮かゝり 翁
 仮の持仏にむかふ念仏 碩
中/\に土間に居れば蚤もなし 水
 我名は里のなぶりもの也 翁
憎れていらぬ躍の肝を煎 碩
 月夜/\に明渡る月 水
花薄あまりまねけばうら枯て 翁
 唯四方なる草庵の露 碩
一貫の銭むつかしと返しけり 水
 医者のくすりは飲ぬ分別 翁
花咲けば芳野あたりを欠廻 水
虻にさゝるゝ春の山中 碩
  翁 十二
  珍碩十二
  曲水十二

 

いろ/\の名もむつかしや春の草 珍碩
 うたれて蝶の夢はさめぬる 翁
蝙蝠ののどかにつらをさし出て 路通
 駕籠のとをらぬ峠越たり 同
紫蘇の実をかますに入るゝ夕ま暮 碩
 親子ならびて月に物くふ 同
秋の色宮ものぞかせ給ひけり 通
 こそぐられてはわらふ俤 同
うつり香の羽織を首にひきまきて 碩
 小六うたひし市のかへるさ 同
鮠釣のちいさく見ゆる川の端 通
 念仏申ておがむみづがき 同
こしらえし薬もうれず年の暮 碩
 庄野ゝ里の犬におどされ 同
旅姿稚き人の嫗つれて 通
 花はあかいよ月は朧夜 同
しほのさす縁の下迄和日なり 碩
 生鯛あがる浦の春哉 同
此村の広きに医者のなかりけり 荷兮
 そろばんをけばものしりといふ 越
かはらざる世を退屈もせずに過 兮
 また泣出す酒のさめぎは 人
ながめやる秋の夕ぞだゞびろき 兮
 蕎麦真白に山の胴中 人
うどんうつ里のはづれの月の影 兮
 すもゝもつ子のみな裸むし 人
めづらしやまゆ烹也と立とまり 兮
 文珠の智恵も槃特が愚痴 人
なれ加減又とは出来ひしほ味噌 兮
 何ともせぬに落る釣棚 人
しのぶ夜のおかしうなりて笑出ス 兮
 逢ふより顔を見ぬ別して 同
汗の香をかゝえく衣をとり残し 人
 しきりに雨はうちあけてふる 同
花ざかり又百人の膳立に 兮
 春は旅ともおもはざる旅 同
   珍碩九
   翁 一
   路通八
   荷兮十
   越人八

 


   城下

鉄炮の遠音に曇る卯月哉 野径
 砂の小麦の痩てはら/\ 里東
西風にますほの小貝拾はせて 泥土
 なまぬる一つ餬ひかねたり 乙州
碁いさかひ二人しらける有明に 怒誰
 秋の夜番の物もうの声 珍碩
女郎花心細気におそはれて 筆
 目の中おもく見遣がちなる 野径
けふも又川原咄しをよく覚へ 里東
 顔のおかしき生つき也 泥土
馬に召神主殿をうらやみて 乙州
 一里こぞり山の下苅 怒誰
見知られて岩屋に足も留られず 泥土
 それ世は泪雨としぐれと 里東
雪舟に乗越の遊女の寒さうに 野径
 壱歩につなぐ丁百の銭 乙州
月花に庄屋をよつて高ぶらせ 珍碩
 煮しめの塩のからき早蕨 怒誰
くる春に付ても都わすられず
 半気違の坊主泣出す 珍碩
のみに行居酒の荒の一●(ウマヘン+「操」の右側) 乙州
 古きばくちののこる鎌倉 野径
時/\は百姓までも烏帽子にて 怒誰
 配所を見廻ふ供御の蛤 泥土
たそがれは船幽霊の泣やらん 珍碩
 連も力も皆座頭なり 里東
から風の大岡寺縄手吹透し 野径
 虫のこはるに用叶へたき 乙州
糊剛き夜着にちいさぎ御座敷て 泥土
 夕辺の月に菜食嗅出す 怒誰
看経の嗽にまぎるゝ咳気声 里東
 四十は老のうつくしき際 珍碩
髪くせに枕の跡を寐直して 乙州
 酔を細めにあけて吹るゝ 野径
杉村の花は若葉に雨気づき 怒誰
 田の片隅に苗のとりさし 泥土
  野径六
  里東六
  泥土六
  乙州六
  怒誰六
  珍碩五
  筆 一

 


   雑

亀の甲烹らるゝ時は鳴もせず 乙州
 唯牛糞に風のふく音 珍碩
百姓の木綿仕まへば冬のきて 里東
 小哥そろゆるからうすの縄 探志
独寐て奥の間ひろき旅の月 昌房
 蟷螂落てきゆる行燈 正秀
秋萩の御前にちかき坊主衆 及肩
 風呂の加減のしづか成けり 野径
鶯の寒き声にて鳴出し 二嘯
 雪のやうなるかますごの塵 乙州
初花に雛の巻樽居ならべ 珍碩
 心のそこに恋ぞありける 里東
御簾の音に吹そこなひし笛の役 探志
 寐ごとに起て聞ば鳥啼 昌房
銭入の巾着下て月に行 正秀
 まだ上京も見ゆるやゝさむ 及肩
蓋に盛鳥羽の町屋の今年米 野径
 雀を荷ふ籠のぢゝめき 二嘯
うす曇る日はどんみりと霜おれて 乙州
 鉢いひならふ声の出かぬる 珍碩
染て憂木綿袷のねずみ色 里東
 撰あまされて寒きあけぼの 探志
暗がりに薬鑵の下をもやし付 昌房
 伝馬を呼る我まわり口 正秀
いきりたる鑓一筋に挟箱 及肩
 水汲かゆる鯉棚の秋 野径
ざは/\と切籠の紙手に風吹て 二嘯
 奉加の序にもほのか成月 乙州
喰物に味のつくこそ嬉しけれ 珍碩
 煤掃うちは次に居替る 里東
目をぬらす禿のうそにとりあげて 探志
 こひにはかたき最上侍 昌秀
手みじかに手拭ねぢて腰にさげ 正秀
 縄を集る寺の上茨 及肩
花の比昼の日待に節ご着て 野径
 さゝらに狂ふ獅子の春風 二嘯
   乙州四
   珍碩同
   里東四
   探志同
   昌房同
   正秀同
   及肩同
   野径同
   二嘯同

 

 

   田野

畦道や苗代時の角大師 正秀
 明れば霞む野鼠の顔 珍碩
觜ぶとのわやくに鳴し春の空 同
 かまゑおかしき門口の文字 秀
月影に利休の家を鼻に懸 同
 度/\芋をもらはるゝなり 碩
虫は皆つゞれ/\と鳴やらむ 秀
 片足/\の木履たづぬる 碩
誓文を百もたてたる別路に 秀
 なみだぐみけり供の侍 碩
須磨はまだ物不自由なる台所 秀
 狐の恐る弓かりにやる 碩
月氷る師走の空の銀河 秀
 無理に居たる膳も進まず 碩
いらぬとて大脇指も打くれて 秀
 独ある子も矯鷄に替ける 碩
江戸酒を花咲度に恋しがり 秀
 あいの山弾春の入逢 同
雲雀啼里は厩糞かき散し 碩
 火を吹て居る禅門の祖父 秀
本堂はまだ荒壁のはしら組 碩
 羅綾の袂しぼり給ひぬ 秀
歯を痛人の姿を絵に書て 碩
 薄雪たはむすゝき痩たり 秀
藤垣の窓に紙燭を挟をき 碩
 口上果ぬいにざまの時宜 秀
たふとげに小判かぞふる革袴 碩
 秋入初る肥後の隈本 秀
幾日路も苫で月見る役者船 碩
 す布子ひとつ夜寒也けり 秀
沢山に兀め/\と叱られて 碩
 呼ありけども猫は帰らず 秀
子規御小人町の雨あがり 碩
 やしほの楓木の芽萌立 秀
散花に雪踏挽づる音ありて 碩
 北野ゝ馬場にもゆるかげろふ 秀
  正秀十九
  珍碩十七


         寺町二条上ル町
           井筒屋庄兵衛板

 

 

 

(底本奥付)
昭和十六年二月十日印刷
昭和十六年二月十八日発行
〔校註〕俳諧七部集
定価 金 壱円五拾銭
著者  潁原退蔵
発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
    三樹退三
印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
    亀谷良一
印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
    日東印刷株式会社
発行所 東京市神田区錦町一丁目
    振替口座東京四九九一番
    〔株式会社〕明治書院
      電話神田(25)二一四七番
             二一四八番
             二一四九番

 

 

 

はじめにもどる
登録作品リスト(五十音別)にもどる
登録作品リスト(作者別)にもどる
登録作品リスト(時代別)にもどる


---------------

J−TEXT MAIL: kikuchi@j-text.com