続猿蓑  上、下



続猿蓑集 巻之上


八九間空で雨降る柳かな  芭蕉
 春のからすの畠ほる声  沾圃
初荷とる馬子もこのみの羽織きて  馬●(クサカンムリ+「見」)
 内はどさつく晩のふるまひ  里圃
きのふから日和かたまる月の色  沾
 狗脊かれて肌寒うなる  蕉
渋柿もことしは風に吹れたり  里
 孫が跡とる祖父の借銭  ●(クサカンムリ+「見」)
脇指に替てほしがる旅刀  蕉
 煤をしまへばはや餅の段  沾
約束の小鳥一さげ売にきて  ●(クサカンムリ+「見」)
 十里ばかりの余所へ出かゝり  里
笹の葉に小路埋ておもしろき  沾
 あたまうつなと門の書つけ  蕉
いづくへか後は沙汰なき甥坊主  里
 やつと聞出す京の道づれ  ●(クサカンムリ+「見」)
有明におくるゝ花のたてあひて  蕉
 見事にそろふ籾のはへ口  沾
春無尽まづ落札が作大夫  ●(クサカンムリ+「見」)
 伊勢の下向にべつたりと逢  里
長持に小挙の仲間そは/\と  沾
 くはらりと空の晴る青雲  蕉
禅寺に一日あそぶ砂の上  里
 槻の角のはてぬ貫穴  ●(クサカンムリ+「見」)
浜出しの牛に俵を運ぶ也  蕉
 なれぬ娵にはかくす内証  沾
月待に傍輩衆のうちそろひ  ●(クサカンムリ+「見」)
 籬の菊の名乗さま/゛\  里
むれて来て栗も榎もむくの声  沾
 伴僧はしる駕のわき  蕉
削やうに長刀坂の冬の風  里
 まぶたに星のこぼれかゝれる  ●(クサカンムリ+「見」)
引立て無里に舞するたをやかさ  蕉
 そつと火入におとす薫  沾
花ははや残らぬ春のたゞくれて  ●(クサカンムリ+「見」)
 瀬がしらのぼるかげろふの水  里



雀の字や揃ふて渡る鳥の声  馬●(クサカンムリ+「見」)
 てり葉の岸のおもしろき月  沾圃
立家を買てはいれば秋暮て  里圃
 ふつ/\なるをのぞく甘酒  ●(クサカンムリ+「見」)
霜気たる蕪喰ふ子ども五六人  沾
 莚をしいて外の洗足  里
悔しさはけふの一歩の見そこなひ  ●(クサカンムリ+「見」)
 請状すんで奉公ぶりする  沾
よすぎたる茶前の天気きづかはし  里
 有ふりしたる国方の客  ●(クサカンムリ+「見」)
何事もなくてめでたき駒迎  沾
 風にたすかる早稲の穂の月  里
台所秋の住居に住かへて  ●(クサカンムリ+「見」)
 座頭のむすこ女房呼けり  沾
明はつる伊勢の辛洲のとし籠り  里
 簔はしらみのわかぬ一徳  ●(クサカンムリ+「見」)
俵米もしめりて重き花盛  沾
 春静なる竿の染●(イトヘン+「盧」)  里
鶯の路には雪を掃残し  ●(クサカンムリ+「見」)見
 しなぬ合点で煩ふて居る  沾
年々に屋うちの者と中悪く  里
 三崎敦賀の荷のかさむ也  ●(クサカンムリ+「見」)
汁の実にこまる茄子の出盛て  沾
 あからむ麦をまづ刈てとる  里
日々に寺の指図を書直し  ●(クサカンムリ+「見」)
 殿のお立のあとは淋しき  沾
銭かりてまだ取つかぬ小商  里
 卑下して庭によい料理くふ  ●(クサカンムリ+「見」)
肌入て秋になしけり暮の月  沾
 顔にこぼるゝ玉笹の露  里
此盆は実の母のあと問て  ●(クサカンムリ+「見」)
 有付て行出羽の庄内  沾
直のしれた帷子時のもらひ物  里
 聞て気味よき杉苗の風  ●(クサカンムリ+「見」)
花のかげ巣を立雉子の舞かへり  沾
 あら田の土のかはくかげろふ  里



いきみ立鷹引すゆる嵐かな  里圃
 冬のまさきの霜ながら飛  沾圃
大根のそだゝぬ土にふしくれて  芭蕉
 上下ともに朝茶のむ秋  馬●(クサカンムリ+「見」)
町切に月見の頭の集め銭  沾
 荷がちら/\と通る馬次  里
知恩院の替りの噂極りて  ●(クサカンムリ+「見」)
 さくらの後は楓わかやぐ  沾
爼の鱸に水をかけながし  里
 目利で家はよい暮しなり  ●(クサカンムリ+「見」)
状箱を駿河の飛脚請とりて  沾
 まだ七つにはならぬ日の影  里
草の葉にくぼみの水の澄ちぎり  ●(クサカンムリ+「見」)
 伊駒気づかふ綿とりの雨  沾
うき旅は鵙とつれ立渡り鳥  里
 有明高う明はつるそら  ●(クサカンムリ+「見」)
柴舟の花の中よりつと出て  沾
 柳の傍へ門をたてけり  里
百姓になりて世間も長閑さよ  ●(クサカンムリ+「見」)
 ごまめを膳にあらめ片菜  沾
賣物の渋紙づゝみおろし置  里
 けふのあつさはそよりともせぬ  ●(クサカンムリ+「見」)
砂を這ふ●(クサカンムリ+「棘」)の中の絡線の声  沾
 別を人がいひ出せば泣  里
火燵の火いけて勝手をしづまらせ  ●(クサカンムリ+「見」)
 一石ふみし碓の米  沾
折々は突目の起る天気相  里
 仰に加減のちがふ夜寒さ  ●(クサカンムリ+「見」)
月影にことしたばこを吸てみる  沾
 おもひのまゝに早稲で屋根ふく  里
手払に娘をやつて娵のさた  ●(クサカンムリ+「見」)
 参宮の衆をこちで仕立る  沾
花のあと躑躅のかたがおもしろい  里
 寺のひけたる山際の春  ●(クサカンムリ+「見」)
冬よりはすくなうなりし池の鴨  沾
 一雨降てあたゝかな風  里



猿蓑にもれたる霜の松露哉  沾圃
 日は寒けれど静なる岡  芭蕉
水かゝる池の中より道ありて  支考
 篠竹まじる柴をいたゞく  維然
鶏があがるとやがて暮の月  蕉
 通りのなさに見世たつる秋  考
盆じまひ一荷で直ぎる鮨の魚  然
 昼寐の癖をなをしかねけり  蕉
聟が来てにつともせずに物語  考
 中国よりの状の吉左右  然
朔日の日はどこへやら振舞れ  蕉
 一重羽織が失てたづぬる  考
きさんじな青葉の比の椴楓  然
 山に門ある有明の月  蕉
初あらし畠の人のかけまはり  考
 水際光る浜の小鰯  然
見て通る紀三井は花の咲かゝり  蕉
 荷持ひとりにいとゞ永き日  考
こち風の又西に成北になり  然
 わが手に脈を大事がらるゝ  蕉
後呼の内儀は今度屋敷から  考
 喧嘩のさたもむざとせられぬ  然
大せつな日が二日有暮の鐘  蕉
 雪かき分し中のどろ道  考
来る程の乗掛は皆出家衆  然
 奥の世並は近年の作  蕉
酒よりも肴のやすき月見して  考
 赤鶏頭を庭の正面  然
定らぬ娘のこゝろ取しづめ  蕉
 寐汗のとまる今朝がたの夢  考
鳥籠をつらりとおこす松の風  然
 大工づかひの奥に聞ゆる  蕉
米搗もけふはよしとて歸る也  考
 から身で市の中を押あふ  蕉
此あたり弥生は花のけもなくて  然
 鴨の油のまだぬけぬ春  考



   今宵譜
                野盤子 支考
今宵は六月十六日のそら水にかよひ、月は東方の乱山にかゝげて、衣裳に湖水の秋をふくむ。されば今宵のあそび、はじめより尊卑の席をくばらねど、しば/\酌てみだらず。人そこ/\に涼みふして野を思ひ山をおもふ。たま/\かたりなせる人さへ、さらに人を興ぜしめむとにあらねば、あながちに弁のたくみをもとめず、唯萍の水にしたがひ、水の魚をすましむるたとへにぞ侍りける。阿叟は深川の草庵に四年の春秋をかさねて、ことしはみな月さつきのあはいを渡りて、伊賀の山中に父母の古墳をとぶらひ、洛の嵯峨山に旅ねして、賀茂祇園の涼みにもたゞよはず。かくてや此山に秋をまたれけむと思ふに、さすが湖水の納涼もわすれがたくて、また三四里の暑を凌て、爰に草鞋の駕をとゞむ。今宵は菅沼氏をあるじとして、僧あり俗あり、俗にして僧に似たるものあり。その交のあはきものは、砂川の岸に小松をひたせるがごとし。深からねばすごからず、かつ味なうして人にあかるゝなし。幾年なつかしかりし人々の、さしむきてわするゝににたれど、おのづからよろこべる色人の顔にうかびて、おぼへず鶏啼て月もかたぶきけるや。まして魂祭る比は、阿叟も古さとの方へと心ざし申されしを、支考はいせの方に住ところ求て、時雨の比はむかへむなどおもふなり。しからば湖の水鳥の、やがてばら/\に立わかれて、いつか此あそびにおなじからむ。去年の今宵は夢のごとく、明年はいまだきたらず。今宵の興宴何ぞあからさまならん。そゞろに酔てねぶるものあらば、罰盃の数に水をのませんと、たはぶれあひぬ。

夏の夜や崩て明し冷し物  芭蕉
 露ははらりと蓮の縁先  曲翠
鶯はいつぞの程に音を入て  臥高
 古き革籠に反故おし込  維然
月影の雪もちかよる雲の色  支考
 しまふて銭を分る駕かき  芭蕉
猪を狩場の外へ追にがし  翠
 山から石に名を書て出す  高
飯櫃なる面桶にはさむ火打鎌  然
 鳶で工夫をしたる照降  考
おれが事哥に読るゝ橋の番  蕉
 持仏のかほに夕日さし込  翠
平畦に菜を蒔立したばこ跡  考
 秋風わたる門の居風呂  然
馬引て賑ひ初る月の影  高
 尾張でつきしもとの名になる  蕉
餅好のことしの花にあらはれて  翠
 正月ものゝ襟もよごさず  高
春風に普請のつもりいたす也  然
 藪から村へぬけるうら道  考
喰かねぬ聟も舅も口きいて  蕉
 何ぞの時は山伏になる  翠
笹づとを棒に付たるはさみ箱  高
 蕨こはばる卯月野ゝ末  蕉
相宿と跡先にたつ矢木の町  考
 際の日和に雪の気遣  然
呑ごゝろ手をせぬ酒の引はなし  翠
 着かえの分を舟へあづくる  高
封付し文箱来たる月の暮  蕉
 そろ/\ありく盆の上臈衆  考
虫籠つる四条の角の河原町  然
 高瀬をあぐる表一固  翠
今の間に鑓を見かくす橋の上  高
 大きな鐘のどんに聞ゆる  然
盛なる花にも扉おしよせて  考
 腰かけつみし藤棚の下  高





続猿蓑集 巻之下


   春之部

  花桜
温石のあかるゝ夜半やはつ桜  露沾
寝時分に又みむ月か初ざくら  其角
顔に似ぬほつ句も出よはつ桜  芭蕉
ちか道や木の股くゞる花の山  洞木
角いれし人をかしらや花の友  丈草
花散て竹見る軒のやすさかな  洒堂
  富貴なる酒屋にあそびて、文君が爪音も、酔のまぎれに思ひいでらるゝに
酒部屋に琴の音せよ窓の花  維然
賭にして降出されけりさくら狩  支考
人の気もかく窺はじはつ桜  沾徳
くもる日や野中の花の北面  猿雖
七つより花見におこる女中哉  陽和
見る所おもふところやはつ桜  乙州
咲花をむつかしげなる老木哉  木節
我庭や木ぶり見直すはつ桜  沾荷
二の膳やさくら吹込む鯛の鼻  子珊
蓑虫の出方にひらく桜かな  卓袋
   田家
蒟蒻の名物とはんやま桜  李里
咲かゝる花や飯米五十石  桃首
山門に花もの/\し木のふとり  一桐
ながれ木の根やあらはるゝ花の滝  如雲
花笠をきせて似合む人は誰  其角
はれやかに置床なほす花の春  少年 一鷺
ぬり直す壁のしめりや軒の花  卓袋
一日は花見のあてや旦那寺  沾圃
八重桜京にも移る奈良茶哉  同

  若菜
濡縁や薺こぼるゝ土ながら  嵐雪
梟の啼やむ岨の若菜かな  曲翠
夕波の船にきこゆるなづな哉  孤屋
一かぶの牡丹は寒き若菜かな  尾頭

  梅 附柳
春もやゝ気色とゝのふ月と梅  芭蕉
きさらぎや大黒棚もむめの花  野水
守梅のあそび業なり野老売  其角
里坊に碓きくやむめの花  昌房
投入や梅の相手は蕗のたう  良品
病僧の庭はく梅のさかり哉  曾良
あたらしき翠簾まだ寒し梅花  万乎
薄雪や梅の際まで下駄の跡  魚日
しら梅やたしかな家もなきあたり  千川
寐所や梅のにほひをたて籠ん  大丹
  天神のやしろに詣て
身につけと祈るや梅の籬ぎは  遊糸
それ/゛\の朧のなりやむめ柳  千那
時々は水にかちけり川やなぎ  意元
ちか道を教へぢからや古柳  江東 李由
青柳のしだれくゞれや馬の曲  九節
輪をかけて馬乗通る柳かな  巴丈

  鳥  附魚
鶯に長刀かゝる承塵かな  其角
うぐひすや野は塀越の風呂あがり  史邦
鶯に手もと休めむながしもと  智月
鶯や柳のうしろ藪のまへ  芭蕉
滝壺もひしげと雉のほろゝ哉  去来
春雨や簔につゝまん雉子の声  洒堂
駒鳥の目のさやはずす高根哉  傘下
こま鳥の音ぞ似合しき白銀屋  長虹
燕や田をおりかへす馬のあと  野童
巣の中や身を細しておや燕  少年 峯嵐
雀子や姉にもらひし雛の櫃  槐市
蠅うちになるゝ雀の子飼哉  河瓢
行鴨や東風につれての磯惜み  釣箒
  芳野西河の滝
鮎の子の心すさまじ滝の音  土芳
かげろふと共にちらつく小鮎哉  圃水
しら魚の一かたまりや汐たるみ  子珊
白魚のしろき噂もつきぬべし  山蜂
  深川に遊びて
しら魚をふるひ寄たる四手哉  其角

  春草
なぐりても萌たつ世話や春の草  正秀
若草や松につけたき蟻の道  此筋
春の野やいづれの草にかぶれけん  尼 羽紅
川淀や淡をやすむるあしの角  猿雖
宵の雨しるや土筆の長みじか  闇指
味ひや桜の花によめがはぎ  車来
茨はら咲添ふものも鬼あざみ  荒雀
堤よりころび落ればすみれ哉  馬●(クサカンムリ+「見」)
踏またぐ土堤の切目や蕗の塔  拙侯
ふみたふす形に花さく土大根  乃龍
早蕨や笠とり山の柱うり  正秀
みそ部屋のにほひに肥る三葉哉  夕可
日の影に猫の抓出す独活芽哉  一桐
蒲公英や葉にそぐはぬ花ざかり  圃箔

  猫恋  附胡蝶
我影や月になを啼猫の恋  探丸
うき恋にたへでや猫の盗喰  支考
おもひかねその里たける野猫哉  ミノ 巳百
  白日しづか也
とまりても翔は動く胡蝶かな  柳梅
衣更着のかさねや寒き蝶の羽  維然
蝶の舞おつる椿にうたるゝな  闇指
風吹に舞の出来たる小蝶かな  出羽 重行
昼ねして花にせはしき胡蝶哉  雪窓

  春鹿
振おとし行や広野の鹿の角  沢雉

  春耕
妙福のこゝろあて有さくら麻  木節
苗札や笠縫をきの宵月夜  此筋
千刈の田をかへすなり難波人  一鷺

  桃 附椿
白桃やしづくも落ず水の色  桃隣
金柑はまだ盛なり桃の花  介我
伏見かと菜種の上の桃の花  雪芝
梅さくら中をたるます桃の花  水鴎
花さそふ桃や哥舞伎の脇躍  其角
  江東の李由が祖父の懐旧の法事に、おの/\経文題のほつ句に、弥陀の光明といふ事を
小服綿に光をやどせ玉つばき  角上
穂は枯て台に花咲椿かな  残香
取あげて見るや椿のほぞの穴  洞木
ちり椿あまりもろさに続で見る  野坡

  款冬 附躑躅 藤
山吹や垣に干たる簔一重  闇指
  田家の人に対して
山吹も散るか祭の●(ウオヘン+「尋」)なます  洒堂
掘おこすつゝじの株や蟻のより  雪芝
藪疇や穂麦にとゞく藤の花  荊口

  春月
山の端をちから貌なり春の月  長崎 魯町

  春雨 附春雪 蛙
物よはき草の座とりや春の雨  荊口
咄さへ調子合けり春の雨  乃龍
春雨や唐丸あがる台どころ  游刀
  なにがし主馬が武江の旅店をたづねける時
春雨や枕くづるゝうたひ本  支考
はる雨や光りうつろふ鍛冶が鎚  桃首
淡雪や雨に追るゝはるの笠  風麦
行つくや蛙の居る石の直  風睡

  汐干
のぼり帆の淡路はなれぬ汐干哉  去来
品川に富士の影なきしほひ哉  闇指

  雑春
出がはりやあはれ勧る奉加帳  許六
若草やまたぎ越たる桐の笛  風睡
黒ぼこの松のそだちやわか緑  土芳
かげろふや巌に腰の掛ぢから  配力
小米花奈良のはづれや鍛冶が家  万乎
声毎に独活や野老や市の中  苔蘇
木の芽たつ雀がくれやぬけ参  ミノ 均水
春の日や茶の木の中の小室節  正秀
三尺の鯉はぬる見ゆ春の池  仙化
引鳥の中に交るや田蝶とり  支浪

  三月尽
朧夜を白酒売の名殘かな  支考

  歳旦
若水や手にうつくしき薄氷  少年 武仙
莚道は年のかすみの立所哉  百歳
鶯や雑煮過ての里つゞき  尚白
蓬莱の具につかひたし螺の貝  沾圃
母方の紋めづらしやきそ始  山蜂
  詩にいへる衣裳を顛倒すといふ事を、老父の文に書越し侍れば
元日や夜ふかき衣のうら表  千川
人もみぬ春や鏡のうらの梅  芭蕉
明る夜のほのかに嬉しよめが君  其角
●(キヘン+「喋」の右側)の世阿弥まつりや青かづら  嵐雪
万歳や左右にひらひて松の陰  去来
鶯に橘見する羽ぶきかな  土芳
はつ春やよく仕て過る無調法  風睡
  冬年孫をまうけて
元日やまだ片なりの梅の花  猿雖
子共にはまづ惣領や蔵びらき  蔦雫
背たらおふ物を見せばや花の春  野童
歯朶の葉に見よ包尾の鯛のそり  耕雪
鮭の簀の寒気をほどく初日哉  左柳
はつ春や年は若狭の白比丘尼  前川
枇杷の葉のなを慥也初霞  斜嶺
世の業や髭はあれども若夷  山蜂
濡いろや大かはらけの初日影  任行
元日や置どころなき猫の五器  竹戸
我宿はかづらに鏡すえにけり  是楽
搗栗や餅にやはらぐそのしめり  沾圃
虫ぼしのその日に似たり蔵びらき  圃角



    夏之部

   郭公
暁の雹をさそふやほとゝぎす  其角
ほとゝぎす啼や湖水のさゝ濁  丈草
しら浜や何を木陰にほとゝぎす  曾良
蜀魄啼ぬ夜しろし朝熊山  支考
鳴滝の名にやせりあふほとゝぎす  如雪
燕の居なじむそらやほとゝぎす  蘆本
淀よりも勢田になけかし子規
  此句は石山の麓にて、順礼の吟じて通りけるとや
郭公かさいの森や中やどり  沾圃

  木 附草花
橙や日にこがれたる夏木立  闇指
里々の姿かはりぬなつ木だち  野萩
  園中 二句
此中の古木はいづれ柿の花  此筋
年切の老木も柿の若葉哉  千川
姫百合や上よりさがる蜘蛛の糸  素龍
  題山家之百合
しら雲やかきねを渡る百合花  支考
山もえにのがれて咲やかきつばた  尾頭
冷汁はひへすましたり杜若  沾圃
手のとゞく水際うれし杜若  イガ 宇多都
夏菊や茄子の花は先へさく  拙候
  ばせを庵の即興
昼がほや日はくもれども花盛  沾圃
夕顔や酔てかほ出す窓の穴  芭蕉
夕がほや裸でおきて夜半過  亡人 嵐蘭
藻の花をちゞみ寄たる入江哉  残香
蘭の花にひたひた水の濁り哉  此筋
蓮の葉や心もとなき水離れ  白雪
客あるじ共に蓮の蠅おはん  良品

  瓜
朝露によごれて凉し瓜の土  芭蕉
姫ふりや袖に入ても重からず  至暁

  ぼたん
麁相なる膳は出されぬ牡丹哉  風弦

  早苗
京入や鳥羽の田植の帰る中  長崎 卯七
早乙女に結んでやらん笠の紐  闇指
ふとる身の植おくれたる早苗哉  魚日
田植哥まてなる顔の謳ひ出し  重行
一田づゝ行めぐりてや水の音  北枝
里の子が燕握る早苗かな  支考

  蛍
蚊遣火の烟にそるゝほたるかな  許六
三日月に草の蛍は明にけり  野萩

  納涼
涼しさや竹握り行藪づたひ  半残
無花果や広葉にむかふ夕涼  維然
  深川の庵に宿して
ばせを葉や風なきうちの朝凉  史邦
凉しさや駕籠を出ての縄手みち  望翠
石ぶしや裏門明て夕凉み  長崎 牡年
  漫興 三句
腰かけて中に凉しき階子哉  洒堂
凉しさや椽より足をぶらさげる  支考
生酔をねぢすくめたる凉かな  雪芝
  はせを翁を茅屋にまねきて
凉風も出来した壁のこはれ哉  游刀
いそがしき中をぬけたる凉かな  同
立ありく人にまぎれてすゞみかな  去来
黙礼にこまる凉みや石の上  正秀
職人の帷子きたる夕すゞみ  土芳
凉しさや一重羽織の風だまり  我眉
夜凉やむかひの見世は月がさす  里圃

  盛夏
かたばみや照りかたまりし庭の隅  野萩
李盛る見世のほこりの暑哉  万乎
  藪医者のいさめ申されしに答へ侍る
実にもとは請て寐冷の暑かな  正秀
取葺の内のあつさや棒つかひ  乙州
煤さがる日盛あつし台所  怒風
茨ゆふ垣もしまらぬ暑かな  尾張 素覧
草の戸や暑を月に取かへす  我峯
あつき日や扇をかざす手のほそり  印苔
積あげて暑さいやます畳かな  卓袋
粘になる蚫も夜のあつさかな  里東
立寄ればむつとかぢやの暑かな  沾圃

  竹の子
筍にぬはるゝ岸の崩かな  可誠
若竹や烟のいづる庫裏の窓  曲翠

  五月雨 附夕立
しら鷺や青くもならず黴の中  出羽 不玉
さみだれや蚕煩ふ桑の畑  芭蕉
五月雨や踵よごれぬ磯づたひ  沾圃
夕立にさし合けり日傘  拙候
白雨や蓮の葉たゝく池の蘆  苔蘇
夕だちやちらしかけたる竹の皮  暁烏
ゆふ立に傘かる家やま一町  圃水

  蝉
白雨や中戻りして蝉の声  正秀
きつと来て啼て去りけり蝉のこゑ  胡故
森の蝉凉しき声やあつき声  乙州
蝉啼やぬの織る窓の暮時分  暁烏

  かつを
籠の目や潮こぼるゝはつ鰹  葉拾

  雑夏
昼寐して手の動やむ団かな  杉風
虫の喰ふ夏菜とぼしや寺の畑  荊口
夏痩もねがひの中のひとつなり  イセ 如真
  川狩にいでゝ
じか焼や麦がらくべて柳鮠  文鳥
異草に我がちがほや園の紫蘇  蔦雫
夕闇はほたるもしるや酒ばやし  水鴎
  せばきところに老母をやしなひて
魚あぶる幸もあれ渋うちは  馬●(クサカンムリ+「見」)
梅むきや●(タケカンムリ+「瓜」)かたぶく日の面  望翠
沢瀉や道付かゆる雨のあと  野童
蝸牛つの引藤のそよぎかな  水鴎
  晋の淵明をうらやむ
窓形に昼寐の台や簟  芭蕉
粘ごはな帷子かぶるひるねかな  維然
  貧僧のくるしみ、冬の寒さはふせぐよすがなきに、夏日の納凉は扇一本にして世上に交る
帷子のねがひはやすし銭五百  支考



    穐之部


  名月
名月に麓の霧や田のくもり  はせを
名月の花かと見へて棉畠
  ことしは伊賀の山中にして、名月の夜この二句をなし出して、いづれか是いづれか非ならんと侍しに、此間わかつべからず。月をまつ高根の雲ははれにけりこゝろあるべき初時雨かなと、円位ほうしのたどり申されし麓は、霧横り水ながれて、平田渺々と曇りたるは、老杜が唯雲水のみなりといへるにもかなへるなるべし。その次の棉ばたけは、言葉麁にして心はなやかなり。いはゞ今のこのむ所の一筋に便あらん。月のかつらのみやはなるひかりを花とちらす計にと、おもひやりたれば、花に清香あり月に陰ありて、是も詩哥の間をもれず。しからば前は寂寞をむねとし、後は風興をもつぱらにす、吾こゝろ何ぞ是非をはかる事をなさむ。たゞ後の人なをあるべし。   支考評
名月の海より冷る田簔かな  洒堂
名月や西にかゝれば蚊屋のつき  如行
もの/\の心根とはん月見哉  露沾
ふたつあらばいさかひやせむけふの月  智月
名月や長屋の陰を人の行  闇指
名月や更科よりのとまり客  凉葉
名月や灰吹捨る陰もなし  不玉
中切の梨に気のつく月見哉  配刀
名月や草のくらみに白き花  左柳
明月や遠見の松に人もなし  圃水
おがむ気もなくてたふとやけふの月  山蜂
明月や寝ぬ処には門しめず  風国
名月や四五人乗し●(フネヘン+「帯」)ぶね  需笑
老の身は今宵の月も内でみむ  重友
明月にかくれし星の哀なり  泥芹
  いせの山田にありて、かりの庵をおもひ立けるに
二見まで庵地たづぬる月見哉  支考
芥子蒔と畑まで行む月見哉  空牙
柿の名の五助と共に月みかな  如真
山鳥のちつとも寐ぬや峯の月  宗比
名月や里のにほひの青手柴  木枝
場に居て月見ながらや莚機  利合
明月や声かしましき女中方  丹楓
明月や何もひろはず夜の道  野萩
飛入の客に手をうつ月見哉  正秀
  淀川のほとりに日をくらして
舟引の道かたよけて月見哉  丈草
待宵の月に床しや定飛脚  景桃
  家に三老女といふ事あり。亡父将監が秘してつたへ侍しをおもひ出て
姨捨を闇にのぼるやけふの月  沾圃
露おきて月入あとや塀のやね  馬●(クサカンムリ+「見」)
月影や海の音聞長廊下  牧童
  深川の末、五本松といふ所に船をさして
川上とこの川しもや月の友  芭蕉
十六夜はわづかに闇の初哉  同
いざよひは闇の間もなしそばの花  猿雖

  七 夕
更行や水田の上のあまの河  維然
星合を見置て語れ朝がらす  凉葉
船形リの雲しばらくやほしの影  東潮
たなばたをいかなる神にいはふべき  沾圃
朝風や薫姫の団もち  乙州

  立秋
粟ぬかや庭に片よる今朝の秋  露川
秋たつや中に吹るゝ雲の峯  左次

  穐草
朝露の色透通す桔梗かな  柳梅
細工にもならぬ桔梗のつぼみ哉  随友
女郎花ねびぬ馬骨の姿哉  濁子
をみなへし鵜坂の杖にたゝかれな  馬●(クサカンムリ+「見」)
一筋は花野にちかし畑道  鳥栗
弓固とる比なれば藤ばかま  支浪
  贈芭蕉庵
百合は過芙蓉を語る命かな  風麦
さよ姫のなまりも床しつまぬ花  史邦
枯のぼる葉は物うしや鶏頭花  万乎
鶏頭や鴈の来る時なをあかし  芭蕉
鶏頭の散る事しらぬ日数哉  至暁
折々や雨戸にさはる萩のこゑ  雪芝
蔦の葉や残らず動く秋の風  荷兮
山人の昼寐をしばれ蔦かづら 加賀山中 桃妖
風毎に長くらべけり蔦かづら  杉下

  朝がほ
朝顔の莟かぞへむ薄月夜  田上尼
あさがほの這ふてしだるゝ柳かな  闇指
水も有あさがほたもて錫の舟  風麦
朝貌にしほれし人や鬢帽子  其角

  虫 附鳥
ぎぼうしの傍に経よむいとゞかな  女 可南
竈馬や顔に飛つくふくろ棚  北枝
火の消て胴にまよふか虫の声  正秀
秋の夜や夢と鼾ときり/゛\す  水鴎
みの虫や形に似合し月の影  杜若
蜻蛉や何の味ある竿の先  探丸
蟷螂の腹をひやすか足の上  蔦雫
蓮の実に軽さくらべん蝉の空   示峯
ぬけがらにならびて死る秋のせみ  丈草
雁がねにゆらつく浦の苫屋哉  馬●(クサカンムリ+「見」)
鶺鴒や走り失たる白川原  氷固
粟の穂を見あぐる時や啼鶉  支考
老の名の有ともしらで四十雀  芭蕉

  穐風
秋かぜや二番たばこのねさせ時  游刀
雀子の髭も黒むや秋の風  式之
何なりとからめかし行秋の風  支考
松の葉や細きにも似ず秋の声  風国
をのづから草のしなへを野分哉  圃燕
ふんばるや野分にむかふはしら売  九節
あれ/\て末は海行野分かな  猿雖

  稲妻
独いて留守ものすごし稲の殿  少年 一東
稲妻や雲にへりとる海の上  宗比
明ぼのや稲づま戻る雲の端  土芳
いなづまや闇の方行五位の声  芭蕉

  木実 附菌
団栗の落て飛けり石ぼとけ  為有
炭焼に渋柿たのむ便かな  玄虎
秋空や日和くるはす柿のいろ  洒堂
つぶ/\と箒をもるゝ榎み哉  望翠
はつ茸や塩にも漬ず一盛  沾圃
  伊賀の山中に阿叟の閑居を訪らひて
松茸や都にちかき山の形  維然
まつ茸やしらぬ木の葉のへばりつく  芭蕉

  楓
後屋の塀にすれたり村紅葉  北鯤

  鹿
尻すぼに夜明の鹿や風の音  風睡
寐がへりに鹿おどろかす鳴子哉  一酌

  農業
起しせし人は逃けり蕎麦の花  車庸
木の下に狸出むかふ穂懸かな  買山
さまたげる道もにくまじ疇の稲  如雪
  いせの斗従に山家をとはれて
蕎麦はまだ花でもてなす山路かな  芭蕉
早稲刈て落つきがほや小百姓  乃龍
山雀のどこやらに啼霜の稲  斗従
居りよさに河原鶸来る小菜畠  支考
一霜の寒や芋のずんど刈  同
肌寒き始にあかし蕎麦のくき  維然
百なりていくらが物ぞ唐がらし  木節
  大師河原にあそびて樽次といふものゝ孫に逢ひて
そのつるや西瓜上戸の花の種  沾圃

  菊
翁草二百十日も恙なし  蔦雫
ゑぼし子やなど白菊の玉牡丹  濁子
煮木綿の雫に寒し菊の花  支考
  題画屏
むかばきやかゝる山路の菊の露  兀峯
借りかけし庵の噂やけふの菊  丈草

  暮秋
広沢や背負ふて帰る秋の暮  野水
行秋を鼓弓の糸の恨かな  乙州
行あきや手をひろげたる栗のいが  芭蕉

  雑穐
五六十海老つゐやして●(ウオヘン+「殳」)一ツ  之道
粟がらの小家作らむ松の中  団友
あら鷹の壁にちかづく夜寒かな  畦止
残る蚊や忘れ時出る秋の雨  四友
身ぶるひに露のこぼるゝ靱哉 萩子
更る夜や稲こく家の笑声  万乎
柿の葉に焼みそ盛らん薄箸   桑門 宗波
  本間主馬が宅に、骸骨どもの笛鼓をかまへて能する処を画て、舞台の壁にかけたり。まことに生前のたはぶれなどは、このあそびに殊らんや。かの髑髏を枕として、終に夢うつゝをわかたざるも、只この生前をしめさるゝものなり。
稲妻やかおほのところが薄の穂  芭蕉



    冬之部

  時雨 附霜
この比の垣の結目やはつ時雨  野坡
しぐれねば又松風の只をかず  北枝
けふばかり人も年よれ初時雨  芭蕉
一時雨またくづをるゝ日影哉  露沾
初しぐれ小鍋の芋の煮加減  馬●(クサカンムリ+「見」)
平押に五反田くもる時雨かな  野明
柴売やいでゝしぐれの幾廻り  闇指
椀売も出よ芳野の初時雨  空牙
穴熊の出ては引込時雨かな  為有
更る夜や鏡にうつる一しぐれ  鶏口
石に置て香炉をぬらす時雨哉  野荻
柿包む日和もなしやむら時雨  露川
高みよりしぐれて里は寐時分  里圃
  浮雲をそなたの空にをきにしの日影よりこそあめになりけり
沖西の朝日くり出す時雨かな  沾圃
はつ霜や犬の土かく爪の跡  北鯤
ひとつばや一葉/\の今朝の霜  支考

   元禄辛酉之初冬九日素堂菊園之遊
  重陽の宴を神無月のけふにまうけ侍る事は、その比は花いまだめぐみもやらず、菊花ひらく時則重陽といへるこゝろにより、かつは展重陽のためしなきにしもあらねば、なを秋菊を詠じて人々をすゝめられける事になりぬ。
菊の香や庭に切たる履の底  芭蕉
柚の色や起あがりたる菊の露  其角
菊の気味ふかき境や藪の中  桃隣
八専の雨やあつまる菊の露  沾圃
何魚のかざしに置ん菊の枝  曾良
菊畠客も円座をにじりけり  馬●(クサカンムリ+「見」)
  柴桑の陰士、無絃の琴を翫しをおもふに、菊も輪の大ならん事をむさぼり、造化もうばふに及ばじ、今その菊をまなびて、をのづからなるを愛すといへ共、家に菊ありて琴なし、かけたるにあらずやとて、人見竹洞老人、素琴を送られしより、是を夕にし是を朝にして、あるは声なきに聴き、あるは風にしらべあはせて、自ほこりぬ。
うるしせぬ琴や作らぬ菊の友  素堂

  草 附木
水仙や練塀われし日の透間  曲翠
なを清く咲や葉がちの水仙花  氷固
水仙の花のみだれや藪屋しき  維然
  范蠡が趙南のこゝろをいへる、山家集の題に習ふ。
一露もこぼさぬ菊の氷かな  芭蕉
山茶花は元より開く帰り花  車庸
冬梅のひとつふたつや鳥の声  土芳
山茶花も落てや雪の散椿  露笠

  木葉 附冬枯 凩
おもひなし木の葉ちる夜や星の数  沾徳
星さえて江の鮒ひらむ落葉哉  露沾
冬川や木の葉は黒き岩の間  維然
麓より足ざはりよき木の葉哉  枳風
  本柳坊宗比の庵をたづねて
はいるより先取てみる落葉哉  イセ 一道
枯はてゝ霜にはぢずやをみなへし  杉風
牛の行道は枯野のはじめかな  桃酔
冬枯に去年きて見たる友もなし  乃龍
草枯に手うつてたゝぬ鴫もあり  利牛
野は枯てのばす物なし鶴の首  支考
木がらしや色にも見へず散もせず  智月
凩や背中吹るゝ牛の声  風斤
木枯や刈田の畔の鉄気水  維然
こがらしや藁まきちらす牛の角  塵生

  夷講
ゑびす講酢売に袴着せにけり  芭蕉
恵比須講鶩も鴨に成にけり  利合

  鳥 附いを
 のとの海をみて
塵浜にたゝぬ日もなし浦鵆  句空
追かけて雹にころぶ千鳥かな  蔦雫
小夜ちどり庚申まちの舟屋形  丈草
入海や碇の筌に啼千鳥  闇指
●(「敞」+「毛」)につゝみてぬくし鴨の足  芭蕉
たつ鴨を犬追かくるつゝみかな  乍木
杓汐にころび入べき生海鼠かな  亡人 利雪
うか/\と海月に交るなまこ哉  車庸
見へ透や子持ひらめのうす氷  岱水
一塩にはつ白魚や雪の前  杉風
かくふつや腹をならべて降霰  拙侯
  杜夫魚は河豚の大さにて水上に浮ぶ、越の川にのみあるうをなり。

  冬月 附衾
喰ものや門売ありく冬の月  里圃
あら猫のかけ出す軒や冬の月  丈草
何事も寐入るまでなり紙ふすま  小春
水仙や門を出れば江の月夜  支考

  埋火
埋火や壁には客の影ぼうし  芭蕉
侘しさは夜着を懸たる火燵かな  少年 桃先
自由さや月を追行置炬燵  洞木

  雪
初雪や門に橋あり夕間暮  其角
朝ごみや月雪うすき酒の味  同
雪あられ心のかはる寒さ哉  夕菊
鷦鷯家はとぎるゝはだれ雪  祐甫
雪垣やしらぬ人には霜のたて  蔦雫
ふたつ子も草鞋を出すやけふの雪  支考
片壁や雪降かゝるすさ俵  圃吟
思はずの雪見や日枝の前後  丈草
髪剃は降来る雪か比良のだけ  陽和
伊賀大和かさなる山や雪の花  配力

  神楽
夜神楽に歯も喰しめぬ寒哉  史邦

  鉢たゝき
食時やかならず下手の鉢扣  路草
鉢たゝき干鮭売をすゝめけり  馬●(クサカンムリ+「見」)
娵入の門も過けり鉢たゝき  許六
狼を送りかへすか鉢たゝき  沾圃

  煤掃 附餅つき
煤はきや鼠追込黄楊の中  残香
煤掃やあたまにかぶるみなと紙  黄逸
才覚な隣のかゝや煤見舞  馬●(クサカンムリ+「見」)
煤はきやわすれて出る鉢ひらき  ミノ 闇如
煤掃や折敷一枚踏くだく  維然
餅つきや火をかいて行男部屋  岱水
餅つきやあがりかねたる鶏のとや  嵐蘭
もち搗の手伝ひするや小山伏  馬仏

  歳暮 附節季候 衣配
こねかへす道も師走の市のさま  曾良
門砂やまきてしはすの洗ひ髪  里東
売石やとつてもいなず年の暮  草土
猿も木にのぼりすますやとしの暮  車来
大年や親子たはらの指荷ひ  万乎
袴きぬ聟入もありとしの昏  李由
年の市誰を呼らん羽織どの  其角
打こぼす小豆も市の師走哉  正秀
引結ぶ一つぶ銀やとしの暮  荻子
桶の輪のひとつあたらし年のくれ  猿雖
天鵞毛のさいふさがして年の暮  維然
浜萩に筆を結せてとしの暮
  此句は図司呂丸が羽ぐろより京にのぼるとて伊勢にまうで侍りければ、そのとしの暮かゝる事もいひ残して、今はなき人とはなりし。
盗人にあふた夜もあり年の暮  芭蕉
余所に寐てどんすの夜着のとし忘  支考
漸に寐所出来ぬ年の中  土芳
節季候や弱りて帰る藪の中  尚白
節季候の拍子をぬかす明屋哉  少年 桃後
裁屑は末の子がもつきぬ配  山蜂
一しきり啼て静けし除夜の鶏  利合

  雑 冬
小屏風に茶を挽かゝる寒さ哉  斜嶺
植竹に河風さむし道の端  土芳
井の水のあたゝかになる寒哉  李下
寒声や山伏村の長つゝみ  仙杖
霜ばしらをのがあげしや土龍  圃仙
火燵より寝に行時は夜半哉  雪芝
山陰や猿が尻抓く冬日向  コ谷
爼板に人参の根の寒さ哉  沾圃
菊刈や冬たく薪の置所  杉風



    釈教之部 附追善 哀傷
 
  涅槃
涅槃像あかき表具も目にたゝず  沾圃
ねはん会や皺手合る珠数の音  芭蕉
山寺や猫守り居るねはむ像  不撤
貧福のまことをしるや涅槃像  山蜂

  灌仏
灌仏やつゝじならぶる井戸のやね  曲翠
散花や仏うまれて二三日  不玉
灌仏や釈迦と提婆は従弟どし  之道

  魂祭
喰物もみな水くさし魂まつり  嵐雪
寐道具のかた/\やうき魂祭  去来
やま伏や坊主をやとふ玉祭  沾圃
  甲戌の夏大津に侍しを、このかみのもとより消息せられければ、旧里に帰りて盆会をいとなむとて
家はみな杖にしら髪の墓参  芭蕉
  悼少年 二句
かなしさや麻木の箸もおとななみ  維然
その親をしりぬその子は秋の風  支考
  かまくらの龍口寺に詣て
首の座は稲妻のするその時か  木節
はか原や稲妻やどる桶の水  支梁

  御影講
柚も柿もおがまれにけり御影講  沾圃

  臘八
腸をさぐりて見れば納豆汁  許六
何のあれかのあれけふは大師講  如行

  雑題
  洛東の真如堂にして、善光寺如来開帳の時
凉しくも野山にみつる念仏哉  去来
有ると無きと二本さしけりけしの花  智月
けし畠や散しづまりて仏在世  乙州
ものゝふに川越問ふや富士まうで  望翠
手まはしに朝の間凉し夏念仏  野坡
食堂に雀啼なり夕時雨  支考



    旅之部
 
  送別
  元禄七年の夏、ばせを翁の別を見送りて
麦ぬかに餅屋の見世の別かな  荷兮
別るゝや柿喰ひながら坂の上  維然
  許六が木曾路におもむく時
旅人のこゝろにも似よ椎の花  芭蕉

  留別
  洛の惟然が宅より故郷に帰る時
鼠ども出立の芋をこかしけり  丈草
鮎の子のしら魚送る別哉  芭蕉
  甲斐のみのぶに詣ける時、宇都の山辺にかゝりて
年よりて牛に乗りけり蔦の路  木節
稲づまや浮世をめぐる鈴鹿山  越人
にべもなくつゐたつ蝉や旅の宿  野径
  出羽の国におもむく時、みちのくのさかひを過て
そのかみは谷地なりけらし小夜碪  公羽
十団子も小つぶになりぬ秋の風  許六
大名の寐間にもねたる夜寒哉  同
  くま野路
くるしさも茶にはかつへぬ盆の旅  曾良
つばくらは土で家する木曾路哉  猿雖
明ぼのはたちばなくらし旅姿  我峯
煎りつけて砂路あつし原の馬  史邦
  回国の心ざしも漸々伊勢のくにゝいたりて
文台の扇ひらけば秋凉し  亡人 呂丸
我蒲団いたゞく旅の寒かな  沾圃
  常陸の国あしあらひといふ所に行暮て、やどり求んとせしに、その夜はさる事ありとて宿をかさゞりければ、一夜別時の軒の下にかゞまりふして
椽に寐る情や梅に小豆粥  支考
はつ瓜や道にわづらふ枕もと  同
  元禄三年の冬、粟津の草庵より武江におもむくとて、嶋田の駅塚本が家にいたりて
宿かりて名をなのらするしぐれかな  芭蕉



続猿蓑は芭蕉翁の一派の書也。何人の撰といふ事をしらず。翁遷化の後、伊賀上野、翁の兄、松尾なにがしの許にあり。某懇望年を経て、漸今歳の春本書をあたえ、世に広むる事をゆるし給へり。書中或は墨けしあるひは書入等のおほく侍るは、草稿の書なればなり。一字をかえず、一行をあらためず、その書其手跡を以て直に板行をなす物也。

  元禄十一寅五月吉日     いづゝ屋庄兵衛書  重勝