あら野

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
arano.html

 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
arano.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qtarano0.html(かなり大きめ)
qtarano1.html(大きめ)
qtarano2.html(中間)
qtarano3.html(小さめ)
qtarano4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『曠野』は半紙本三冊、元禄二年刊、井筒屋板である。前二集に引続いてまた荷兮の撰ぶ所である。全部を八巻二冊に分つて発句七百三十五句を集め、外に員外一冊を添へて歌仙九巻・半歌仙一巻を収めてある。発句の分類は普通の四季類題別の外、始に花・郭公・月・雪等特別の題を設け、終に名所・旅・述懐等の部目を立てるなど、体裁の上には特に意を用ゐた跡が著しい。従前の二集に比して内容の尨大と形式の整備とを見、又芭蕉が特に序文を与へて居るのなどから考へて、荷兮が本集を撰ぶのに相当の抱負をもち、少からぬ努力をした事が窺はれる。たゞ惜しむらくは、作品の包容の度が広きにすぎて、やゝ雑駁の感を免れない事である。とはいへ芭蕉の言にしても、この書が『冬の日』・『春の日』についで蕉風宣揚の一時期を画すべきものであつた事は認められる。「曠野」の題号も、新しく華を去つて実に就かうとする理想を、こゝに象徴したものであつた。(潁原退蔵前掲書解説より)



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com