冬の日

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
fuyunohi.html

 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
fuyunohi.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qtfuyu0.html(かなり大きめ)
qtfuyu1.html(大きめ)
qtfuyu2.html(中間)
qtfuyu3.html(小さめ)
qtfuyu4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『冬の日』は半紙本一冊、貞享元年刊、井筒屋板である。撰者は阿誰軒の編『誹諧書籍目録』には芭蕉作とあるが、実は『花見車』(轍士撰、元禄十五年刊)に言ふ如く荷兮の撰で、芭蕉の校閲を経て上梓したものであらう。芭蕉が貞享元年の冬、かの野ざらし紀行の旅の帰途、尾張の名古屋に立寄つて同地の野水・荷兮・重五・杜国等と催した歌仙五巻表八句を収めた集である。題簽に「尾張五歌仙」とあるのはその故である。風国は夙く『泊船集』の序に「連歌は冬の日といふ五貸せんにひゞき」といひ、



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com