春の日

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
harunohi.html

 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
harunohi.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qtharu0.html(かなり大きめ)
qtharu1.html(大きめ)
qtharu2.html(中間)
qtharu3.html(小さめ)
qtharu4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『春の日』は半紙本一冊、貞享三年の刊行である。板木には三種の異板があり、一は奥に「京堀川通錦小路上ル町 西村市郎右衛門」とあるもの、二は本文の字体が右よりやゝ大きい異板で、奥に全く書肆名を欠くもの、三は一と同一の板下であるが、書肆が「寺田重徳板」となつて居るものである。この中第二は享保頃の翻刻本と推定される。而して最も多く流布しているのは第一で、従来活字にほんこくされたものも多くこれに拠つて居る。しかし諸種の点から見て、第三が最初の版と認められる(雑誌『懸葵』昭和十二年七月号所載、杉浦正一郎氏『春の日初刷本は寺田重徳板か』参照)。なほ題簽は「春の日」とあるものが古く、後刷本には多く「波留濃日」となつて居る。本書の撰者は明記してないが、『誹諧書籍目録』に言ふ如く荷兮の撰と推定される。荷兮・重五・越人・旦藁・野水等の連句数巻と芭蕉以下尾張・美濃地方俳人の四季発句五十九章とを収めて居る。『冬の日』の後も尾張の門人たちは芭蕉に書を寄せてその指導を仰いで居たので、こゝに再び本集を出すに至つたものであらう。その連句に芭蕉の一座を見ないからと言つても、決して芭蕉がこれに関与する所がなかつたとは言へない。加之かの名高い古池の吟が、その制作はこれよりやゝ遡り得るにしても、とにかく本集に始めて推敲完成された形で発表されてゐる事も、注目されねばならない。『曠野』に与へた芭蕉の序文の意に見ても、『冬の日』につぐべき代表的撰集として当然認めらるべきものである。句風は『冬の日』よりも平明で却つて詩趣の深いものがあり、漸く蕉風の円熟境に向はうとする傾きを示してゐる。題号の『春の日』は『冬の日』と同じく、連句の興行が春の頃であつたのによるのであらう。(潁原退蔵前傾書解説より)



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com