ひさご

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
hisago.html

 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
hisago.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qthisago0.html(かなり大きめ)
qthisago1.html(大きめ)
qthisago2.html(中間)
qthisago3.html(小さめ)
qthisago4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『ひさご』は半紙本一冊、元禄三年六月の序があるが、『誹諧書籍目録』によれば元禄三年八月十三日の刊行である。板本は三種存し、一は井筒屋板で題簽に「飛さこ」とあり、第二巻の発句・脇が「いろ/\の名もまきらはし春の草、うたれて蝶の目を覚しぬる」となつて居る。二は同じく井筒屋板で題簽「飛佐古」とあり、右の発句・脇が「いろ/\の名もむつかしや春の草、うたれて蝶の夢はさめぬる」となつたもの、三は其角の手写本によつて新に翻刻した享保二十年乙卯初冬梓行のもので、これは第二巻の発句・脇が一と全く同じである。右の発句と脇とは『赤冊子』にも伝へられ、その形は其角手写本並に第一の板本と一致して居る。従来第二のものが一般に元禄版として取扱はれて居るが、右の如く第二巻の発句・脇の形を異にすること、又板本の体裁板下文字の鮮明の度等から見て、実は第一のものを後に改めて出したものと思はれる。たゞ第一の板木の伝来するものが稀な為、偶々第二のものを元禄版と誤認して居たにすぎない。──本書は第一の原板木によつて翻刻したが、問題の発句と脇との本文は便宜流布本に従つた。──越人の序文等によつて知られる如く、本集は膳所の珍碩の撰である。芭蕉・珍碩・曲水・路通・乙州等の歌仙五巻を収めてある。芭蕉が奥の細道の旅を終へて、翌元禄三年の春を湖南に過してゐる間に成つたものである。前三集が尾張蕉門の手に出たのに対し、これは近江蕉門の新しい興隆を示すものであつた。量から言へば七部集中最も小さい集であるが、風国は『泊船集』の序に「ひさご・さるみのいできて新らしき風流を起し、正風の腸をみせ給ひ、句に千歳不易のすがた一時流行の変格あきらか也」と言ひ、又去来は「贈其角先生書」の冒頭に「故翁奥羽の行脚より都へ越給ひける比、当門の誹諧已に一変す、我が輩笈を幻住庵に荷ひ、棒を落柿舎に受て、略そのおもむきを得たり。ひさご・さるみの是也」(菊の香)と論ずる等、古来『猿蓑』と共に蕉風の円熟期を代表すべきものと認められて居る。たゞ作者が湖南の門人に局限され、発句を全く欠如する点等で、もとより『猿蓑』に数籌を輸せねばならないであらう。(潁原退蔵前掲書解説より)



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com