浪花聞書

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
naniwa.html

参考文献

本書に言及した論文です。御参照ください。
中井幸比古「近世後期方言集所収の京阪方言語彙の、現代京都方言における使用状況について―『浪花聞書』『皇都午睡』『繁花風土記』『鳥歌話』『物類称呼』―」『方言・音声研究』5(2011.3.31 方言・音声研究会)


作者データ

 作者不明





底本データ

 書名

   『日本古典全集』
 発行年

   1931(昭和6)年
 底本の親本

  帝国図書館の本を東条操が書写したものに拠る。



作品データ

難波方言をいろは順に集めて解説を加えたもの。



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailet8jj5@bma.biglobe.ne.jp