猿蓑

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
sarumino.html


 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
sarumino.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qtsaru0.html(かなり大きめ)
qtsaru1.html(大きめ)
qtsaru2.html(中間)
qtsaru3.html(小さめ)
qtsaru4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『猿蓑』は半紙本二冊、元禄四年刊─『俳諧書籍目録』によれば元禄四年七月三日刊─井筒屋板である。初刷本は其角の序の終に「元禄辛未歳五月下弦 雲竹書」とあり、それだけで一丁となつて居る為、後刷本には多くこの一丁を除いて居る。撰者は去来・凡兆の二人である。内容は丈艸の跋に「分四序作六巻」とある如く、全体を六巻に分つて、第四巻まで発句を冬・夏・秋・春の順に類聚し、第五巻の連句も同じ順に歌仙四巻を収め、最後の第六巻には幻住庵記と几右日記を載せてある。芭蕉が元禄三四年の交、湖南と京師とを来往して居る間に、去来・凡兆二人の門弟を董督しつゝ成つたので、当時師弟が本集の編纂に如何に力を尽したかは、『去来抄』や『旅寝論』等に去来自ら語つて居る。一字の校正一句の取捨をもなほ忽せにしなかつたのである。されば体裁の完備、内容の充実、共に相待つて正に七部集中の白眉とすべく、或はこれを「俳諧の古今集」(許六『宇陀法師』)と称し、或はこゝに至つて「全く花実を備ふ」(支考『発願文』)と評したのも、誠に至当の言であつた。流行の新しさはもとよりこゝに止まるべきではないが、芭蕉の所謂不易流行の体はこの集に於て真に確立したと言つて宜しい。(潁原退蔵前掲書解説より)



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com