炭俵

データの所在

 HTMLファイル(読み仮名省略版)
sumidawa.html


 テキストファイル
  (自己解凍式。ダウンロード後、ダブルクリックすれば
   テキストデータになります)
sumidawa.EXE


 縦書き表示(「QTView」による)
qtsumi0.html(かなり大きめ)
qtsumi1.html(大きめ)
qtsumi2.html(中間)
qtsumi3.html(小さめ)
qtsumi4.html(更に小さめ)

初めにQTViewのプラグイン版をダウンロード・セットアップしておく必要があります。
QTViewのダウンロード




作者データ

 松尾芭蕉 等

   芭蕉は、1644(寛永21)〜1694(元禄7)





底本データ

 書名

  『〔校註〕俳諧七部集』(〔 〕内は角書)
 編著者

   潁原退蔵
1894年(明治27)〜1948年(昭和23)
 発行年月日

   昭和十六年(1941)二月十八日
 発行所

   明治書院
 底本の奥付

   昭和十六年二月十日印刷
   昭和十六年二月十八日発行
   〔校註〕俳諧七部集
   定価 金 壱円五拾銭
   著者  潁原退蔵
   発行者 東京市神田区錦町一丁目十六番地
       三樹退三
   印刷者 東京市本郷区真砂町三十六番地
       亀谷良一
   印刷所 東京市本郷区真砂町三十六番地
       日東印刷株式会社
   発行所 東京市神田区錦町一丁目
       振替口座東京四九九一番
       〔株式会社〕明治書院
         電話神田(25)二一四七番
                二一四八番
                二一四九番





作品データ

 『炭俵』は半紙本二冊、元禄七年刊、京の井筒屋・江戸の本屋藤助の合梓にかゝる。野坡・孤屋・利牛の共撰である。芭蕉が元禄五六年の交、「栖去之弁」を草し「閉関之説」を作つて居た頃、彼は俗に在つて俗を脱すべき工夫に専念して居たのであつた。かくして彼が到達した境地が、即ち所謂軽みの新風であつた。『炭俵』は実にこの芭蕉晩年の軽みを代表するものとして知られて居る。だからこゝに『猿蓑』以後に於ける芭蕉の新しい歩みは、最もよく示されて居るわけである。たゞ芭蕉の所謂軽みは、あくまでも「高く心を悟つて俗に帰る」(三冊子)心境から発したものでなければならぬ。然るに野坡の徒は必ずしもこの芭蕉の真意に徹せず、単に世俗的な流行の軽きを追ふ傾があつた。為に芭蕉歿後浅膚卑俗の調がこゝから発するに至つたのは、誠に遺憾とすべきである。



諸本・研究史





入力者

菊池真一





[はじめにもどる]


E-Mailkikuchi@j-text.com