「芸文稿の会」 関係者の新刊・近刊

浅見 百 著  『句集 緑陰の余白』

                 2016年8月10日、邑書林 発行
        661−0033尼崎市南武庫之荘3−32−1−201
                  電話 06−6423−7819
                 B6判、162頁、定価2500円+税
◆装画:尾崎淳子

◆浅見百句集『緑陰の余白』栞 
 「緑陰の余白」散策 ……… 川村研治
 「余白」の愉快 …………… 吉田美和子
 充実した心境 ……………… 上田信治

  目  次

 序に代えて ………………………………… 岩淵喜代子 ………   1

自序 ………………………………………………………………………  13
岩塩砕き …………………………………………………………………  15
裏通り ……………………………………………………………………  21
重石のやうに ……………………………………………………………  49
一緒くた …………………………………………………………………  95
指輪を廻し ……………………………………………………………… 137
あとがき ………………………………………………………………… 160
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   
浅見百(あさみ もも) 

1940年 東京都新宿区生まれ  本名 優子
1969年 埼玉県川越市に居を定める
2000年 「ににん」同人 
      「鹿火屋」入会 現在退会
2003年 アンソロジー『四季吟詠集』(東京四季出版)に参加
2007年 文芸誌「芸文稿」創刊に参加
2008年 第一句集『時の舟』(文學の森)上梓
2011年 第二句集『それからの私』(文芸社)上梓
俳人協会会員

現住所 350−1101
    埼玉県川越市的場2401−3





『みちの奥の町工場物語』
      齋藤豪盛 著

  平成28(2016)年6月10日
      近世初期文芸研究会 発行
       A5判・142頁・非売品
 
 目  次

一、目黒不動尊 …………………………………    5
二、山形に転校 …………………………………    7
三、東洋酒造と酒との出会い …………………    9
四、川崎電気に入社 ……………………………   11
五、結婚、そして独立 …………………………   13
六、日立多賀工場と西宮さんとの出会い ……   15
七、父の死と銀行 …………………………………  19
八、ハイメカと叶内さん …………………………  24
九、ケンタッキーに行く …………………………  26
十、グレイさんとの出会い ………………………  29
十一、 ご迷惑を掛けて済みません ……………  31
十二、 激動の昭和48年 ………………………  33
十三、 ドルショック ……………………………  35
十四、 契約更新 …………………………………  37
十五、 北工業団地の開発 ………………………  39
十六、 オーストラリアGE ……………………  42
十七、 『可笑記』と先祖 ………………………  45       
十八、 上日枝神社 ………………………………  47         
十九、 塗装と組立工場建設 ……………………  49
二十、 中学校のバレーのコーチになる ………  51
二十一、社員旅行 …………………………………  54
二十二、西宮さんと再会 …………………………  56
二十三、能率機械 …………………………………  59
二十四、ジャパックス ……………………………  62
二十五、MCLの誘致 ……………………………  65
二十六、昭和から平成へ …………………………  67
二十七、自動車電話機 ……………………………  69       
二十八、輸出から撤退 ……………………………  71
二十九、塚田さんと通電 …………………………  75
三十、 最初の携帯電話 …………………………  77
三十一、木村先生と天目 …………………………  79        
三十二、神水会 ……………………………………  82            
三十三、振り返ってみて …………………………  84        
三十四、長井の将来と企業誘致 …………………  86
三十五、誘致への具体的提案 ……………………  88
三十六、人生余話 …………………………………  90
  1、アメリカに情報交換の場があった ……  90
  2、キャパシタ ………………………………  92
  3、ボブさん …………………………………  94
  4、ラスベガス ………………………………  96
  5、ハリケーン ………………………………  98
  6、七人の侍 ………………………………… 100
  7、免許皆伝 ………………………………… 102
  8、殿様拝領の釣竿 ………………………… 104      
三十七、終章 ……………………………………… 107           
  [逃げない]
  [媚びない]
  [恐れない]

  附 録 ………………………………………… 109
  一、『世臣伝』 ………………………………… 109
  二、『相生集』 ………………………………… 117
  三、『梅花軒随筆』 …………………………… 120
  四、斎藤家墓所 ………………………………… 121        
  五、「齋藤筑後守記念碑」 ……………………… 126    
  六、斎藤家略年譜 ……………………………… 129
  七、斎藤豪盛氏との出会い … 深沢秋男 … 138
  八、斎藤家系図 …………………………………  巻末   
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

口 上

 暗黒の戦中から戦後の混乱期に、我々の年代は、食糧難の時代に生き抜き育てる為にやりくりして時代を乗り切った逞しい母親達の後ろ姿を見て育った。
 亦、男達も、やりきれない敗戦の中に農業は開拓、開墾に汗を流し、工業は軍事工場から転換して、蠢くように、遅々と平和産業に切替えていった。昭和四〇年代になると、戦艦大和を造った技術が大型タンカーになり、電子技術がテレビ、トランジスタラジオになっていった。しかし、大正、昭和の初めの日本製品は外国では粗悪品として定着しており、売り込みは大変だったらしい。私か初めてアメリカに行って知ったのは、戦後、カタログを持参してアメリカ全土を回ったセールスマンである。都会では相手にされず、田舎の奥まで入り込み逆に評価が都会に至るようになって初めてメイド・イン・ジャパンが信頼され売れるようになったそうである。我々、地方にあっても同じ苦労をした。
 今回、筆を取ったのは、置賜地方の昭和の時代の工業の変遷を書き残しておきたいからであった。時代の証人として、私の体験を通じての範囲しか網羅出来ないが少しでも時代の背景を含めてご理解頂ければ幸いです。改めて感じるのは、地方迄、工業が行き渡ったのは 一、ファクシミリの発明、二、宅配便の発達、三、高速自動車道の整備と思っています。起稿に当たり、古い手帳を引っ張り出し記憶の断片を繋ぎ合わせて何とか纏める事が出来ました。只、私には本を出す方法が分からないので、先祖、親盛の作品をご研究して下さっている昭和女子大学文学部名誉教授の深沢秋男先生にお願いしました。先生には快くお引受け頂き発刊に至りました。
 齢、八十歳になり若い時お世話になった先輩諸氏はほとんど幽界に在し、ここに改めまして心よりお礼を申し上げ、併せまして深くご冥福をお祈りする次第であります。
 最後に、ご尽力頂いた深沢先生と出版関係の皆様に衷心よりお礼申し上げます。
                      敬白
                          
                       斎 藤  輝 利
                         諱  豪 盛 




『仮名草子の文学的研究』
 田中 宏 著
 
      
       人間の科学新社、2016年1月1日発行
       112−0002 
           東京都文京区小石川 1−7−8
       電話 03−3813−5271 
 
       A5判・504頁・4600円+税

目 次

はじめに …………………………………………………   3

第1章  お伽草子から仮名草子へ ……………………  11
 1、『三人法師』論 ……………………………………  15
 2、『恨の介』論 ………………………………………  48
 3、『露殿物語』の人間像 ……………………………  79

第2章  仮名草子――笑いと諷刺の世界―― ……… 117
第1節 『竹斎』の研究 …………………………… 121
1、 仮名草子『竹斎』 …………………………… 121
2、 『竹斎』と『伊勢物語』 …………………… 149
3、 『竹斎』――作品の魅力―― ……………… 187
第2節 「竹斎本」の研究 …………………………… 211
『竹斎療治之評判』論 …………………… 211

第3章  もじりと座談の世界 ………………………… 249
 1、『犬枕』論 ……………………………………… 253
 2、『醒睡笑』論 …………………………………… 311
 3、『仁勢物語』研究(上・中・下) …………… 351

第4章  仮名草子から浮世草子へ …………………… 443
 1、『醒睡笑』と『本朝桜陰比事』 ………………… 447
 2、『本朝桜陰比事』論
    ――森銑三氏の御論に関して―― …………… 468

あとがき …………………………………………………… 491

索引(人名・書名・主要事項) ………………………… 496

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者紹介

田中 宏(たなか ひろし)


昭和14(1939)年 東京都生まれ
昭和29(1954)年 株式会社講談社入社
昭和37(1962)年 法政大学文学部日本文学科卒業
専攻:日本近世文学 仮名草子
日本近世文学会会員
自宅:〒358-0012埼玉県入間市東藤沢7-8-4

【主要論文】
・仮名草子『竹斎』(「文学研究」、日本文学研究会、1965)
・『恨の介』論(「文学研究」、日本文学研究会、1967)
・『竹斎』と『伊勢物語』(「文学研究」、日本文学研究会、1969)
・『醒睡笑』論(『日本文学の研究―重友毅博士頌寿記念論文集』、
 文理書院、1974)
・『犬枕』論(「文学研究」、日本文学研究会、1982)
・『露殿物語』の人間像(「文学研究」、日本文学研究会、1984)
・『諸艶大鑑』論(「文学研究」、日本文学研究会、1985〜2004)
・『仁勢物語』研究(「近世初期文芸」、近世初期文芸研究会、
 1988〜1989)
・整版本『竹斎』の研究(「近世初期文芸」、近世初期文芸研究
 会、1992〜2000)
・『是楽物語』論(「文学研究」、日本文学研究会、2001〜2004)
・『五輪書』論(「近世初期文芸」、第18号〜25号、2001〜2008)




『芸文集 光 芒』

   安藤武彦 著

  平成26年3月16日発行 
    A4判、240頁、非売品
  発行所 芸文稿の会 埼玉県所沢市榎町3−20
  印刷所 関印刷有限会社 山田美穂子
      岐阜県関市本町3−8
                      
 目  次

 序 文/深沢秋男
 大礒義雄先生書簡

T 論考など

 短冊蒐めこそ実事求是の学であれ
「榛〈はしばみ〉の實」謾想―著作『誹諧初学抄』初刷本のこ
 となど―
 徳元の「紅葉鮒」句 謾考
 されど朝鮮鮒よ 
 道三ゆかりの武将俳諧師 斎藤徳元
 特別展「道三ゆかりの武将俳諧師斎藤徳元」に寄せて
 道三ゆかりの武将俳諧師 斎藤徳元出品目録
 末吉文書所収 影印と翻刻「道節と徳元 往復書状等」
謾考 徳元短冊の補遺(芸文稿第4号)
姫始めの句あれこれ
子安貝考―八丈宝貝也―
 徳元作「有馬在湯日発句収録、へびいちごの句」謾想
 徳元の銀杏の句―岐阜だより―
里村紹巴が酔後寝覚の一首(俳文学研究第53号)
新出の昌琢書状一通―大名家への取次役としての―(俳文学研
 究第50号)  
岡田将監善政の雅文芸
想本寺高政の自筆独吟『釈教之誹諧』註釈考
 ―わが文芸的半生をふり返りつゝ―(近世初期文芸第28号)
呉老追善集『可ら我免』について(会報15号大阪俳文学研究会)
二〇〇八年俳文学展望〈抄〉/〈藤田真一氏〉

U 自分史

ぶらり古本屋―ロチの『日本印象記』―(けやき道創刊号)
異色の自分史
馬籠・流葉・白川郷ヘ
岩村や水引き花が
謾句 丹後・伊根浦再訪
ぎん祖母は母のはゝ様

V 日録抄など

謾稿三吟
敗戦の日の大連と満洲瓦房店秘録十四句
陶玄亭滞豪日録抄(園田学園女子大学『国文学会誌』第18号)
陶玄亭散人日録抄(『芸文稿』第2号)
私のさらば青春―泉 志保子ちゃんよ―
俳句 骨董礼讃(むらさき第14号)
京都キャンパスプラザ張行 賦何人連歌 よよし世吉 等(京都連歌
 の会)
おとうさん/あんどう のぶこ
あとがきにかえて
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
■著者紹介
安藤 武彦(あんどう たけひこ)
昭和8年、大阪府吹田市生まれ。小学校時代は昆虫・園芸少年。
20年夏、敗戦を植民地大連市で体験し、22年、「信濃丸」にて引揚げる。
25年、法政二高に学び、永井荷風などの小説を耽読し、32年、法大文学部日本文学科を卒業。郷里岐阜県多治見市で県立高校国語科教員を勤める傍ら、武将誹諧師斎藤徳元を核に誹諧史の研究に励む。54年からは、園田学園女子大学文学部国文学科に移り、主任教授。平成12年に退職。相愛女子短期大学にも出講(17年間)。京都外国語大学(非)講師(14年間)。岐阜県可児市史編纂古代近世部会委員。
著書に、『斎藤徳元研究』(和泉書院、平14・7)、『武将誹諧師徳元新攷』(和泉書院、平19・11)がある。



『仮名草子集成』第49巻

        深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・
        中島次郎・柳沢昌紀    編
           2013年3月30日,東京堂出版発行
           A5判 344ページ 18000円+税

目 次
  例 言
  凡 例
  『假名草子集成』で使用する漢字の字体について

假名草子集成 第四十九巻 

智恵鑑(万治3年板、10巻10冊、絵入)(承前) ………………………   1
  巻第六 ………………………………………………………………………   3    
  巻第七 ………………………………………………………………………  15 
  巻第八 ………………………………………………………………………  44
  巻第九 ………………………………………………………………………  72
  巻第十 ………………………………………………………………………  92
  解題 …………………………………… 柳沢昌紀 …………………… 287

竹斎(寛永整版本、2巻2冊、絵入) ……………………………………… 107
  上巻 ………………………………………………………………………… 108
  下巻 ………………………………………………………………………… 136
  解題 …………………………………… 入口敦志 …………………… 310

寛文板『竹斎』全挿絵(寛文板、4巻4冊、絵入)………………………… 163
  解題 …………………………………… 中島次郎 …………………… 313

竹斎(奈良絵本、1冊、絵入) ……………………………………………… 179 
  解題 …………………………………… 中島次郎 …………………… 316
                   
長斎記(写本、1冊) ………………………………………………………… 231
  解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 321

長者教(古活字版、1巻1冊) ……………………………………………… 261
  解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 326 

長生のみかど物語(元禄8年板、1巻1冊)………………………………… 269
  解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 332

 第四十八巻『智恵鑑』(巻一〜巻五) 正誤 …… 柳沢昌紀 ………  337

 編者略歴 ……………………………………………………………………… 338
 写真   ……………………………………………………………………… 339
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
【仮名草子集成前責任者】
朝倉治彦(あさくら はるひこ)
大正13年東京生れ。昭和23年国学院大学国文科(旧制)卒、25年同大学
特別研究科(旧制)修。国立上野図書館司書・国立国会図書館司書(昭和61年
依願退職)。元四日市大学教授兼図書館長。仮名草子その他、著編書論文多し。
【編集責任者】
深沢秋男(ふかさわ あきお)
昭和10年生れ。法政大学卒業。昭和女子大学名誉教授。〔主要編著書〕 『可笑記大
成』(共編 笠間書院)『仮名草子研究文献目録』(共編 和泉書院)『仮名草子研究叢
書』(共編 クレス出版)など。

【共編者】
伊藤慎吾(いとう しんご)
昭和47年生れ。国学院大学大学院博士課程修了。現在恵泉女学園大学非常勤講師。
〔主要著書・論文〕 『室町戦国期の文芸とその展開』(三弥井書店)「説話文学
の中の妖怪」(『妖怪学の基礎知識』所収 角川学芸出版)など。
入口敦志(いりぐち あつし)
昭和37年生れ。九州大学大学院博士前期課程修了。現在国文学研究資料館助教。
〔主要編著書〕 『仮名草子話型分類索引』(共編 若草書房)『社家文書の地域史』
(共著 思文閣出版)など。
中島次郎(なかじま じろう)
昭和46年生れ。総合研究大学院大学博士後期課程修了。博士(文学)。現在、
東京家政大学附属女子高等学校非常勤講師。〔主要論文〕 「『淋敷座之慰』の「竹
斎」」(『近世文芸』76号)など。
柳沢昌紀(やなぎさわ まさき)
昭和39年生れ。慶応義塾大学大学院博士課程単位取得退学。現在中京大学教授。
〔主要編著書・論文〕 『江戸時代初期出版年表』(共編 勉誠出版)「甫庵『信長記』
初刊年再考」(『近世文芸』86号)など。



『如儡子百人一首注釈の研究』

  百人一首注釈書叢刊 別巻2
      深沢 秋男著
          平成24年3月20日、和泉書院発行
          A5判、362頁、定価12000円+税

口絵写真
 『砕玉抄』・『百人一首鈔』・『酔玉集』・『百人一首註解』
 『神龍山松岡寺過去帳』・斎藤家位牌

目次

はじめに ……………………………………………………………   @

  研究篇

第一章 研究史 ……………………………………………………   3
  第一節 田中宗作氏の研究 …………………………………   3
  第二節 田中伸氏の研究 ……………………………………   8
  第三節 野間光辰氏の研究 …………………………………  14
  第四節 島津忠夫氏・乾安代氏の研究 ……………………  17

第二章 諸本の書誌 ………………………………………………  29
  第一節 『砕玉抄』 …………………………………………  29
  第二節 『百人一首鈔』 ……………………………………  33
  第三節 『酔玉集』 …………………………………………  37
  第四節 『百人一首註解』 …………………………………  41

第三章 諸本関係の分析 …………………………………………  45
 第一節 序説 ………………………………………………  45
一、はじめに ……………………………………………  45
二、著者・成立年・書写者 ……………………………  46
三、配列順序・使用古注釈 ……………………………  52
四、執筆意図とその特色 ………………………………… 56

第二節 『百人一首鈔』と『酔玉集』 …………………… 62
一、 はじめに …………………………………………… 62
二、 『百人一首鈔』・『酔玉集』歌人配列対照表 …… 63
三、 『百人一首鈔』と『酔玉集』の本文異同 ……… 66
〔一〕 省略・脱落関係 …………………………… 66
〔二〕 漢字・仮名の異同 ………………………… 77
〔三〕 用字の異同 ………………………………… 82
〔四〕 仮名遣いの異同 …………………………… 84
〔五〕 その他の異同 ……………………………… 87
〔六〕 和歌の異同 …………………………………101
〔七〕 まとめ ………………………………………114

 第三節 『百人一首鈔』・『酔玉集』と『百人一首註解』………119
一、 はじめに ……………………………………………119
二、 京大本『百人一首註解』の書誌的問題点 ………120
〔一〕十七番歌・在原業平朝臣の脱文について …120
〔二〕配列について …………………………………122
三、乾安代氏の『百人一首註解』解説 …………………124
四、異同からみた『百人一首註解』の位置 ……………127
〔一〕序説について …………………………………127
〔二〕その他の異同について ………………………130
五、まとめ …………………………………………………127

 第四節 『砕玉抄』と『百人一首鈔』 ………………………140
一、はじめに ………………………………………………140
二、武蔵野美術大学美術館・図書館金原文庫所蔵本概要
       ………………………………………………140
三、 書名「砕玉抄」について …………………………141
四、 『砕玉抄』の歌人配列順序(折丁明細一覧)……141
五、 第七番歌、参議篁の歌 ……………………………146
六、 『砕玉抄』と『百人一首鈔』の関係 ……………149
七、 『砕玉抄』と『百人一首鈔』の異同 ……………150
  〔一〕 『百人一首鈔』の脱落・省略 ……………150
  〔二〕 『砕玉抄』の脱落・省略 …………………152
  〔三〕 その他の異同関係 …………………………152
八、 『砕玉抄』の位置 …………………………………156

第五節 まとめ ………………………………………………158

第四章 如儡子・百人一首注釈書の意義 …………………………161
第一節 百人一首研究の現状 ………………………………161
第二節 如儡子の百人一首注釈書 …………………………163
第三節 如儡子の百人一首注釈書の特徴 …………………165
一、 歌人配列の特異性 ………………………………165
二、啓蒙的執筆姿勢 ……………………………………166
三、如儡子的表現 ………………………………………171
     四、儒教的立脚地 ………………………………………174
   第四節 百人一首注釈書としての意義 ……………………176


  翻刻篇

 『砕玉抄』(武蔵野美術大学美術館・図書館金原文庫所蔵)

  凡例 …………………………………………………………182
  序説 …………………………………………………………183
1 天智天皇御製 ………………………………………………186
2 持続天皇 ……………………………………………………189
3 柿本人丸 ……………………………………………………191
4 山辺赤人 ……………………………………………………194
5 中納言家持 …………………………………………………197
6 安倍仲麿 ……………………………………………………199
7 参議篁 ………………………………………………………201
8 猿丸太夫 ……………………………………………………205
9 中納言行平 …………………………………………………206
10 在原業平朝臣 ………………………………………………208
11 藤原敏行 ……………………………………………………210
12 陽成院御製 …………………………………………………211
13 小野小町 ……………………………………………………212
14 喜撰法師 ……………………………………………………218
15 僧正遍昭 ……………………………………………………219
16 蝉丸 …………………………………………………………223
17 河原左太臣 …………………………………………………225
18 光孝天皇御製 ………………………………………………227
19 伊勢 …………………………………………………………229
20 元良親王 ……………………………………………………230
21 源宗于 ………………………………………………………232
22 素性法師 ……………………………………………………233
23 菅家 …………………………………………………………235
24 壬生忠岑 ……………………………………………………237
25 凡河内躬恒 …………………………………………………239
26 紀友則 ………………………………………………………240
27 文屋康秀 ……………………………………………………241
28 紀貫之 ………………………………………………………242
29 坂上是則 ……………………………………………………244
30 大江千里 ……………………………………………………245
31 藤原興風 ……………………………………………………247
32 春道列樹 ……………………………………………………250
33 清原深養父 …………………………………………………251
34 貞信公 ………………………………………………………252
35 三条右太臣 …………………………………………………254
36 中納言兼輔 …………………………………………………256
37 参議等 ………………………………………………………257
38 文屋朝康 ……………………………………………………259
39 右近 …………………………………………………………260
40 中納言敦忠 …………………………………………………261
41 平兼盛 ………………………………………………………262
42 壬生忠見 ……………………………………………………263
43 謙徳公…………………………………………………………266
44 中納言朝忠 …………………………………………………268
45 清原元輔 ……………………………………………………269
46 源重之 ………………………………………………………271
47 曽祢好忠 ……………………………………………………272
48 大中臣能宣朝臣 ……………………………………………273
49 藤原義孝 ……………………………………………………274
50 藤原実方朝臣 ………………………………………………275
51 藤原道信 ……………………………………………………276
52 恵慶法師 ……………………………………………………277
53 三条院御製 …………………………………………………279
54 儀同三司母 …………………………………………………280
55 右大将道綱母 ………………………………………………282
56 能因法師 ……………………………………………………283
57 良■法師 ……………………………………………………284
58 西行法師 ……………………………………………………286
59 大納言公任 …………………………………………………288
60 清少納言 ……………………………………………………289
61 和泉式部 ……………………………………………………292
62 大弐三位 ……………………………………………………292
63 赤染衛門 ……………………………………………………294
64 紫式部 ………………………………………………………298
65 伊勢太輔 ……………………………………………………299
66 小式部内侍 …………………………………………………300
67 中納言定頼 …………………………………………………302
68 周防内侍 ……………………………………………………304
69 左京太夫道雅 ………………………………………………305
70 大納言経信 …………………………………………………306
71 大僧正行尊 …………………………………………………307
72 中納言匡房 …………………………………………………309
73 祐子内親王家紀伊 …………………………………………311
74 相模 …………………………………………………………312
75 源俊頼朝臣 …………………………………………………313
76 崇徳院 ………………………………………………………314
77 待賢門院堀川 ………………………………………………315
78 法性寺入道前関白大政太臣 ………………………………316
79 左京太夫顕輔 ………………………………………………317
80 源兼昌 ………………………………………………………318
81 藤原基俊 ……………………………………………………320
82 道因法師 ……………………………………………………322
83 藤原清輔 ……………………………………………………322
84 俊恵法師 ……………………………………………………324
85 後徳大寺左太臣 ……………………………………………325
86 皇太后宮太夫俊成 …………………………………………326
87 皇嘉門院別当 ………………………………………………328
88 殷冨門院太輔 ………………………………………………329
89 式子内親王 …………………………………………………330
90 寂蓮法師 ……………………………………………………331
91 二条院讃岐 …………………………………………………332
92 後京極摂政前大政太臣 ……………………………………333
93 前大僧正慈円 ………………………………………………334
94 参議雅経 ……………………………………………………335
95 鎌倉右太臣 …………………………………………………336
96 正三位家隆 …………………………………………………338
97 権中納言定家 ………………………………………………339
98 入道前大政太臣 ……………………………………………340
99 後鳥羽院御製 ………………………………………………341
100 順徳院御製 …………………………………………………342
奥書 ………………………………………………………………343

あとがき …………………………………………………………347 

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
■著者紹介

深沢秋男(ふかさわ あきお)

昭和10年 山梨県に生まれる。
昭和30年 山梨県立身延高等学校卒業。
昭和37年 法政大学文学部日本文学科卒業。
昭和58年 昭和女子大学専任講師。助教授を経て教授となり、
      平成17年定年退職。
平成20年 昭和女子大学名誉教授。

主要編著書
 『可笑記評判』校訂(昭和45年12月25日、近世初期文芸研究会発行)
 『可笑記大成―影印・校異・研究―』共編著(昭和49年4月30日、笠間書院発行)
 『井関隆子日記』(全3巻)校注(昭和53年11月30日〜昭和56年6月5日、勉誠社発行)
 『桜山本 春雨物語』編(昭和61年2月25日、勉誠社発行)
 『仮名草子集成』(10巻〜22巻、39巻〜)共編(平成元年9月
  30日、平成18年3月15日〜、東京堂出版発行)
 『井関隆子の研究』(平成16年11月1日、和泉書院発行)



『仮名草子集成』第47巻

        深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・
        花田富二夫・安原眞琴・和田恭幸 編
           2011年6月30日,東京堂出版発行
           A5判 260ページ 18000円+税
目 次
  例 言
  凡 例
  『假名草子集成』で使用する漢字の字体について

假名草子集成 四十七巻 

醍醐随筆(寛文10年板、2巻4冊)………………………………   1
  上 …………………………………………………………………   2
  下 …………………………………………………………………  30
 解題 ………………………………………………………………… 221

大仏物語(寛永21年板、2巻2冊) ……………………………  59
  上 …………………………………………………………………  60
  下 …………………………………………………………………  76
 解題 ………………………………………………………………… 230

沢庵和尚鎌倉記(万治2年板、2巻2冊、絵入)…………………  91
  上 …………………………………………………………………  92
  下 ………………………………………………………………… 104
 解題 ………………………………………………………………… 232

糺物語(明暦3年板、2巻2冊、絵入)…………………………… 119
  上 ………………………………………………………………… 120
  下 ………………………………………………………………… 147
 解題 ………………………………………………………………… 244

たにのむもれ木(写本、1冊) …………………………………… 167
 解題 ………………………………………………………………… 248

竹斎東下(写本、1冊) …………………………………………… 185
 解題 ………………………………………………………………… 252

編者略歴 ……………………………………………………………… 254

写真



『浅井了意全集』仮名草子編 3』

        浅井了意全集刊行会 編
        平成23年(2011年)5月 岩田書院発行
        A5判 476頁、18800円+税

浅井了意全集刊行会 編

責任編集委員:江本裕・岡雅彦・花田富二夫・深沢秋男・冨士昭雄・   和田恭幸・渡辺守邦・後小路薫
編集委員:石川透・入口敦志・小川武彦・沙加戸弘・土屋順子・中   島次郎・長谷川泰志・安原真琴・柳沢昌紀・湯浅佳子

本巻責任編集:花田富二夫・土屋順子
翻刻・解題担当:深沢秋男

目 次

凡  例 ……………………………………………………………   2
収録書目細目 ………………………………………………………   7
可笑記評判 …………………………………………………………  17

解  題 …………………………………………………………… 469


浅見 百 著  『句集 それからの私』

                   2011年5月15日、文芸社 発行
                   B6判、182頁、定価1300円+税

◆カバーリトグラフ:尾崎淳子
◆カバーデザイン:國末千加

  目  次

 抒情のさざ波 ………………………………… 清水哲男 ………   1


遠出がしたい ……………………………………………………………   9
霧の中から現るる ………………………………………………………  33
延びたゴム紐 ……………………………………………………………   53
ありなしの風 ……………………………………………………………   71
さんささんさ ……………………………………………………………   91
空も掻けさう ……………………………………………………………  117
首を廻して ………………………………………………………………   137
○△□ ……………………………………………………………………   157
あとがき …………………………………………………………………   180

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者プロフィール    
浅見百(あさみ もも) 
本名 浅見 優子
1940年 東京都新宿区生まれ
2000年 ににん同人 現在退会
      鹿火屋入会 現在退会
2003年 アンソロジー『四季吟詠句集』(東京四季出版)に参加
2007年 文芸誌『芸文稿』創刊に参加
2008年 第一句集『時の舟』(文學の森)上梓
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
灯を点し冬の夕焼け遠くする
枯芝や死に体のふりして居りぬ
うららかやカレーを積んで宇宙船
春の虹顎はづれるぞ河馬のあくび
抜けし歯を埋めし少女の桜なり
少年の乳歯の残る日焼けかな
どうかして遠出がしたい金魚かな
間引菜のまだ伸びようと反り返る
うつむける碧眼一つ水澄める
            自選十句



『斎藤親盛(如儡子)伝記資料』

     深沢 秋男 著

      平成22年10月25日、近世初期文芸研究会発行
      B5判・102頁 非売品


 目 次

一、はじめに ………………………………………………………  2


二、子孫の記録――『世臣伝』・『相生集』の記述―― ……  3
 イ、『世臣伝』の記述
 ロ、『相生集』の記述


三、斎藤親盛(如儡子)出生の地・酒田 ……………………… 10
イ、初代・斎藤光盛
ロ、二代・斎藤広盛                  
一、斎藤筑後守関係文書(年貢皆済状・棟札等)
斎藤筑後関係地域一覧
二、斎藤筑後守と酒田筑後町(記録・地図)
   1、明暦二年・酒田絵図
   2、元禄九年・酒田惣御町絵図
   3、亀崎惣絵図(元禄十年頃)
   4、元禄以後絵図
   5、近代酒田市街図等
 ハ、三代・斎藤親盛(如儡子)            
   1、はじめに
   2、酒田時代――最上家親に近侍――
     『徳川実紀』の記録
     最上家と斎藤家の関連年表
   3、酒田を離れて以後の親盛


四、斎藤家の菩提寺・松岡寺とその墓所 …………………… 62                
 イ、神龍山松岡寺
 ロ、斎藤家の墓所(第一次改葬、第二次改葬、現在の墓所)


五、斎藤家の過去帳・位牌 ……………………………………… 71                                                   
イ、松岡寺過去帳 
1、松岡寺過去帳・@ 第二世・湛宗祖海編
   2、松岡寺過去帳・A 第四世・震宗水編
   3、松岡寺過去帳・B 満願寺第十六世・大隈正光氏編
 ロ、松岡寺位牌
 ハ、斎藤家位牌
 ニ、斎藤家、過去帳・位牌の記録


六、斎藤親盛(如儡子)関係略年譜 …………………………… 84            


七、斎藤親盛(如儡子)の著作 ………………………………… 93


 あとがき ……………………………………………………… 101


  ◎斎藤親盛(如儡子)関係者生没一覧  (巻末) 

  ◎斎藤親盛(如儡子)関係系図     (巻末) 




宮島 鏡 著 『マイケル・ジャクソン 新伝説』
  2009年9月15日、道出版株式会社発行
B6判、182頁、定価1200円+税

もくじ

はじめに 3

T ジャクソン・ファイブの誕生  11
   五歳のリード・ボーカル …………………… 12
   ジャクソン・ファイブの誕生 …………………… 15
   八ドルのギャラ ………………………… 18

U ジャクソン・ファイブの快進撃  21
   「神がここにいなさい」って言うんだ ……………………… 22
   ダイアナ・ロスと出会う ………………………… 25
   モータウン・レコードのオーディション ………………………… 26
   ハリウッド’パレス ………………………… 29
   イメージ・アワード受賞 ………………………… 31

V ソロになるマイケル・ジャクソン  35
   求められなくなったジャクソン・ファイブ ………………………… 36
   ソロ歌手マイケル・ジャクソン ………………………… 37
   モータウン・レコードを離れる ………………………… 38
   ジャクソンズ ………………………… 39
   案山子 ………………………… 41

W 進んでいくソロ・キャリア  43
   ワールド・ツァー ………………………… 44
   したたかなマイケル ………………………… 45
   クインシー・ジョーンズの存在 ………………………… 46
   にせもの嫌いのマイケル ………………………… 49

V ベスト・ヒットの時代  53
   スリラーの時代 ………………………… 54
   バッドの時代 ………………………… 64
   デンジャラスの時代 ………………………… 69

Y デンジャラス・ツアー  73
   デンジャラス・ツアーの中断 ………………………… 74
   マイケルの子ども論 ………………………… 78
   マイケルファンはペプシを飲まない ………………………… 81

Z マイケルのアーティスト・イズム  85
   スターが住んでいる家の地図 ………………………… 86
   自己規制 ………………………… 87
   本能は神 ………………………… 88
   五歩だけ先に ………………………… 90
   マイケルの執心 ………………………… 90
   ベジタブル・ジュース ………………………… 91
   現実逃避 ………………………… 92
   マイケルの肌 ………………………… 93
   マイケルの未発表曲 ………………………… 94

[ マイケルの音楽ルーツ  97
   マイケルの音楽ルーツ ………………………… 98
   マイケルの音楽はどう作られるか ………………………… 100
   ポールとマイケルの確執 ………………………… 101

\ マイケルの性質  103     
   マイケルの友だち ………………………… 104
   マイケルのアイドルたち ………………………… 105
   ルーブル美術館とクラシック ………………………… 106
   ラベル貼りは人種差別 ………………………… 107
   掌のスパゲティ ………………………… 108
   マイケルはゲーム・ジャンキー? ………………………… 109

X ラスト・マイケル 111
   インヴィンシブルについて ………………………… 112
   一位は音楽家としての勲章なのか …………………… 114
   公平な裁判を懇望 ……………………… 117

XT DVD「ヒストリー(History)」  121
    DVD「ヒストリーT」 ………………………… 122
    DVD「ヒストリーT」収録曲 ………………………… 123
    DVD「ヒストリーU」 ………………………… 133
    ヒストリー・エピソード ………………………… 144
    韓国のマイケル ………………………… 149

XU 追悼  151
    わたしのマイケル …………………………… 152
    変人 …………………………… 154
    変なヤツ …………………………… 156
    失われた子ども時代 ………………………… 157
    クリスマスの告白 ………………………… 158
    父母の愛憎 ………………………… 161
    お悔やみの手紙 ………………………… 162

XV マイケルふたたび  163
    博愛の詞 ……………………… 164
    マイケルのサウンド ……………………… 167
    マイケルの望んだ世界 ………………………… 169
    ロック讃美 ………………………… 171
    いのちの歌声 ………………………… 174

 おわりに  176
 参考文献  180
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
宮島 鏡(みやじま・かがみ)
1979年、広島県廿日市市生まれ。
17歳のときに、『生きる言葉』(葉文社)でデビュー。
CGアニメ映画「海のオーロラ」の主題歌の作詞を担当するなど活発な音楽活動の他、
著書に『祈りと儀式の本格恋まじない』(宝島社)、『少女愛』(作品社)など多数。



浅見 百 著  『句集 時の舟』

                   平成20年9月20日、文学の森 発行

                   B6判、202頁、定価2600円(含、税)

 

目 次

 

序に代えて ……………………………………… 清水哲男 ………   1

 

逢へぬ間に ……………………………………………………………   7

上がる下がると …………………………………………………………  27

うす目蓋 ………………………………………………………………   51

眠らねば ………………………………………………………………   79

無口な人のポケットに …………………………………………………  101

手を上げてはいと答へる ………………………………………………  121

正座のしびれ …………………………………………………………   145

四方に弾く ……………………………………………………………   171

 

跋〜無口な人のポケットに …………………… 吉田美和子 ……   194

 

あとがき ………………………………………………………………   198

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

あとがき

 

  白梅や見る人もなし今日の雨

 

小学校六年生、家の前の親しくしていたおばさんが亡くなった。その時に詠んだ句である。それから五十年以上経ても忘れない、初めての一句であった。

その後生活に子育てに追われ、俳句のことは忘れていた。ただ好きな文学の勉強はひとりで細々と続けてはいた。

慢性疾患のため早期退職、恩師の文学講座にも出られる余裕が出来た。その中で芭蕉、蕪村、また天明期の俳人などについても勉強させていただいた事が、今こうして俳句を詠むきっかけにもなった。

六十歳の手習いに節目ごとにチャンスがあたえられ、お陰でここまで来ることが出来た。

 「鹿火屋」の荻窪教室の諸先輩、「ににん」に於いては一から教えていただいた。

私に過ぎたるものは素晴らしい先輩の方々、多方面にわたる友人の声援である。お陰でここまで来ることが出来ました。

 またこの集の出版にあたって、清水哲男氏、尾崎淳子氏、吉田美和子氏、文學の森のスタッフなど多くの方々にお世話になりました。

稚拙ながらこの句集を献呈させて頂き、皆様に深い感謝とお礼を申し上げます。

 

カバー作品「時の舟」への賛

 

   春の夢羅針盤なき時の舟

 

 二〇〇三年尾崎淳子氏の「時の舟」を展覧会場で拝見した時から心に残る作品であった。帆もなくホァンと浮かんでいる。私の記憶にあるような無いような海とも空ともつかぬ空間に漂っている。

 私はもう人生の折返し点を遠に過ぎている。過ぎ去った時間は取り戻せないが、これからどんな航路が待っているのか、どこへ碇を降ろすのか、楽しみでもあり不安でもある。

 残された時間はどれ程なのかも知らず春の夢は頼りないのだ。

 

俳号「百」(もも) について

 

 自然に触れることが大好きな私は身近なところで土をいじり植物を楽しみ、多種少量の野菜を家人と共に栽培し食している。百姓と云う言葉が好きだ。

それに母方の祖父は百(ひゃく)太郎と云う名であった。私は良くも悪くもその遺伝子の影響を強くうけていると思うことがしばしばある。心機一転するにあたって俳号を「百」とした。

 

 平成二十年七月二十日

                                         浅見 百

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  炎天や遺跡ひそかに崩れゆく

  蛍待つ誰も小声になつてをり

  鬼あざみ立ち枯れたるも鬼あざみ

  雪積むや眠りに戻る即身仏

  嫁ぐ日の鏡の中に冬薔薇

  秋夜長額の写真のずれてをり

  影一つ我にもありし後の月

  春うらら上がる下がると京の街

  子規堂の硯の乾く春の昼

  春愁の片耳垂れし兎かな

 

              自選十句