新刊案内(仮名草子関係)
『江戸文学と出版メディア─近世前期小説を中心に』

        冨士昭雄 編

        2001年10月31日,笠間書院発行

               A5判 399ページ 8,500円+税



目 次

<序にかえて>
近世文学と出版機構………………………………冨士昭雄  3

   T 仮名草子と出版メディア
一 竹斎の視点……………………………………入口敦志  26
二 『三河物語』識語改変の理由………………大澤 学  39
    ─写本への統制の可能性─
三 『可笑記』と『甲陽軍鑑』─序説─………深沢秋男  53
四 近世中期における『清水物語』……………柳沢昌紀  68
五 出版統制と排耶書……………………………菊池庸介  83
    ─『吉利支丹物語』・「キリシタン実録群」を軸に─
六 近世初期口頭のメディア……………………花田富二夫 97
    ─浅井了意の周辺─
七 『うしかひ草』と「十牛図」「牧牛図」…湯浅佳子 108
八 板本仏教説話のリアリティー………………小二田誠二124
    ─『死霊解脱物語聞書』再考─

   U 浮世草子と出版メディア

一 転合書としての『好色一代男』……………矢野公和 140
二 西鶴とメディア………………………………中嶋 隆 155
    ─『日本永代蔵』異版をめぐる出版状況─
三 『西鶴俗つれ/\』上梓考…………………篠原 進 172
四 『万の文反古』真偽臆断……………………塩村 耕 186
五 『御前義経記』における『浄瑠璃御前物語』利用…井上和人 209
    ─使用本文の推定と執筆環境─
六 鷺水浮世草子の特質とその板元……………藤川雅恵 222
    ─菱屋治兵衛との確執をめぐつて─
七 赤穂事件虚構化の方法と意味………………杉本和寛 238
    ─享受者の視点をめぐつて─
八 其磧の焦り─『丹波太郎物語』をめぐつて─………佐伯孝弘 248
九 自笑の不安─出版業者として─……………神谷勝広 266

   V 出版メディアとその周辺

一 近世初期刊本小考……………………………和田恭幸 278
二 寛文期における書物の蒐集…………………市古夏生 292
    ─『書籍覚書』による報告─
三 伊勢参宮と出版………………………………倉員正江 305
    ─慶安・宝永のおかげ参りを中心に─
四 「赤穂事件」小考……………………………江本 裕 318
五 噺本に見る閻魔王噺の変遷…………………島田大助 330
六 享保期の吉原と遊里情報……………………丹羽謙治 345

   *  *  *

『奇異雑談集』の成立……………………………冨士昭雄 362
<資料紹介>
『漢和希夷』………………………………………冨士昭雄 378

あとがき……………………………………………………… 398
索引[人名/書名/事項]』……………………(左開き) 4
執筆者一覧』………………………………………(左開き) 2



 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる