新刊案内(仮名草子関係)
『Chikusai il ciarlatano 』 Acura di Laura  Moretti
        『竹斎(イタリア語訳)』ラウラ・モレッテイ 著
        2003年9月,Cafoscarina(イタリア)発行
               B六変形判(20×13センチ),192頁,Euro 10,00 

目 次
 解 説
   読者へ……………………………………………………………………  11
   仮名草子―――便宜的に利用され続けてきた不適切な分類………  12
   前衛的な雑多性―――西鶴以前の近世文学の再検討への試み……  16
   雑多性に伴う純粋な文学ジャンル……………………………………  21
   西鶴以前の作者と読者…………………………………………………  28
   雑多性の成熟―――『竹斎』の場合…………………………………  30
   『竹斎』における旅―――古典文学のトポスの換骨奪胎…………  32
   京都見物における物語のポリホニーとテキスト相互連関性………  45
   不条理喜劇―――藪医者の治療………………………………………  51

 『竹斎』寛永整版本のイタリア語訳………………………………………  67
 用語解説……………………………………………………………………… 177

 〔注記〕◎仮名草子作品のイタリア語訳の最初のもの。また,西洋では仮名草子を
      新しく論じた最初の単行本である。
     ◎巻末の用語解説には,阿弥陀・幕府・町人・腹切・平家物語・秀吉・味
      噌・連歌等の,仮名草子を理解する上で必要な用語を採録して解説を付
      けている。
     ◎ISBN……………88−7543−004−7
     ◎購入出来る場所……WWW.cafoscarina.it

 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる