新刊案内(仮名草子関係)
『江戸の怪異譚・・地下水脈の系譜』
        堤 邦彦 著

                 2004年11月10日・ぺりかん社発行
                 A5判・422頁・定価5800円+税


  目  次    

第一部 仏教唱導と怪異譚 ……………………………………………………   9

 第一章 唱導と文芸の間 ……………………………………………………  11
  T 仏教怪異譚の成立----『奇異雑談集』『因果物語』など ……    13
  U 長篇勧化本の意義----『道成寺霊蹤記』の場合 ………………    27
  V 『死霊解脱物語聞書』の世界 ………………………………………  35
  W 山東京伝『近世奇跡考』と累説話 …………………………………  45

 第二章 仏教説話の近世的位相 ……………………………………………  51
  T 鴛鴦沼伝説の周辺 ……………………………………………………  53
  U 殺生石と源翁和尚----玉藻稲荷を祠った人々 …………………    73
  V 火車説話の変容----鬼の手のゆくえ ……………………………    98
  W 片袖幽霊譚の展開----唱導から文芸・民談へ …………………   108

第二部 怪異小説のながれ …………………………………………………… 137

 第一章 初期怪異小説の成立………………………………………………… 139
  T 怪異小説概観 ………………………………………………………… 141
  U 近世的「物語」の成立と怪異小説----雑談から怪談へ ………   152

 第二章 浮世草子・読本と説話・伝承 …………………………………… 173
  T 『御伽人形』考----初期怪異小説のゆくえ ……………………   175
  U 『金玉ねぢぶくさ』の構想と意義----元禄・宝永の怪異小説…   202
  V 『世間子息気質』と益軒教訓書----町人倫理の文芸化 ……    226
  W 『雨月物語』の伝承世界 …………………………………………  248

第三部 江戸怪談の人間理解 ………………………………………………… 261

 第一章 富と怪異 …………………………………………………………… 263
  T 経済営為と因果応報観----鬼策債から「こんな晩」へ ………   265
  U 両枡の悪報----商道徳と怪異 ……………………………………   299

 第二章 産育と怪異 ………………………………………………………… 317
  T 胎中の鬼----復讐する子供たち …………………………………   319
  U 怪異小説のなかの幽霊女房譚 ……………………………………… 338

 第二章 江戸時代人は何を怖れたか ……………………………………… 345
  T 怪異との共棲----『宿直草』に萌すもの ………………………   347
  U 続・怪異との共棲----『三州奇談』と地方文化の一断面 ……   371
  V 弁惑物読本の登場----人が人を化す話 …………………………   386
  W 恋愛幻談の系譜----佐藤春夫と江戸怪談 ……………………    401

あとがき ………………………………………………………………………… 409
主要索引*巻末





 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる