新刊案内(仮名草子関係)
『近世庶民教育と出版文化―「往来物」制作の背景―』
        丹和浩 著

               2005年(平成17年)2月28日 岩田書店発行
               A5判・310頁・定価〔本体6900円+税〕
  目  次 序 章 繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙   5    一 「往来物」に関する先行研究………………………………………   5    二 問題の所在……………………………………………………………   8    三 本論の目的・構成……………………………………………………  10 第一章 「往来物」が採り入れた和歌、及び出版の問題 繙繙繙繙繙  17   はじめに………………………………………………………………………  19  第一節 「往来物」における七夕の歌類題集の利用……………  21    一 「往来物」の巻頭・巻末・頭書の和歌……………………………  21    二 「往来物」の「七夕歌」の背景……………………………………  24    三 類題集の利用…………………………………………………………  27    四 近世堂上派和歌と庶民の子どもたち………………………………  39  第二節 「大坂進状」「同返状」をめぐる出版書肆の問題………………  43    一 改変に関する従来の指摘と本節で明らかにすること……………  43    二 改変過程の変遷と出版事情…………………………………………  45    三 出版統制と伝統の継承………………………………………………  58   付論 『直江状』について…………………………………………………  63 第二章 「往来物」の作者と書肆 繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙  69      ――一九・馬琴の方法と意識及び書肆とのかかわり――   はじめに………………………………………………………………………  71  第一節 十返舎一九の文政期往来物の典拠と教訓意識……………………  73    一 一九の「往来物」についての従来の指摘…………………………  73    二 山口屋藤兵衛版の『和漢三才図会』利用…………………………  75    三 『和漢三才図会』利用の意義………………………………………  85    四 西宮新六版の道中記型の往来物……………………………………  92    五 一九の「往来物」とのかかわり方と教訓………………………… 102  第二節 曲亭馬琴著『雅俗要文』の成立と意義…………………………… 113    一 従来の指摘と問題点………………………………………………… 113    二 本書の成立事情と馬琴の思い……………………………………… 117    三 本書の特色…………………………………………………………… 131    四 本書の意義…………………………………………………………… 145   付論 明治初年の文章表現と馬琴『こがね丸』を中心に…… 151    一 『こがね丸』に関する従来の説の問題点………………………… 151    二 「天明ぶりの黄表紙類」と『こがね丸』の構想………………… 152    三 『こがね丸』の文章表現…………………………………………… 159    四 『こがね丸』刊行当時の文体意識………………………………… 165    五 明治初年の人々と馬琴……………………………………………… 171    六 『狐の裁判』の利用………………………………………………… 178    七 『こがね丸』の価値………………………………………………… 183 資料編 繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙繙 189   女中用文玉手箱……………………………………………………………… 195   民間当用 女筆花鳥文素…………………………………………………… 231   雅俗要文……………………………………………………………………… 251  あとがき………………………………………………………………………… 295  欧文要旨………………………………………………………………………… 巻末 ◎本書は、2002年3月、東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科に提出した学位  請求論文「『往来物』研究――江戸時代の教育と文化――」に加筆修正して、構成を  変えたものである。著者は、本論文によって、博士(教育学)の学位を取得された。

 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる